Saint Mary Magdalenセントメアリーマグダレン

Catholic Information カトリックの情報

Mary Magdalen was so called either from Magdala near Tiberias, on the west shore of Galilee, or possibly from a Talmudic expression meaning "curling women's hair," which the Talmud explains as of an adulteress.マグダラのマリアはマグダラので、どちらからティベリア付近で、ガリラヤの西の岸に、またはおそらくはタルムードは遊女のように説明してtalmudic表現の意味 "カーリング女性の髪"から呼び出されました。 In the New Testament she is mentioned among the women who accompanied Christ and ministered to Him (Luke 8:2-3), where it is also said that seven devils had been cast out of her (Mark 16:9).新約聖書では、彼女は、それがまた、7つの悪魔が彼女(マルコ16:9)から追放されたと言われて、キリストと神に仕えて(ルカ8:2-3)は、同行した女性で言及されている。 She is next named as standing at the foot of the cross (Mark 15:40; Matthew 27:56; John 19:25; Luke 23:49).彼女は隣の十字架の足元(マタイ27:56、ヨハネ19:25、ルカ23:49マルコ15:40)に立っていると指定されていた。 She saw Christ laid in the tomb, and she was the first recorded witness of the Resurrection.彼女はキリストが墓に敷設見て、彼女は復活の最初に記録された目撃者だった。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The Greek Fathers, as a whole, distinguish the three persons:ギリシャの祖先は、全体として、3人を区別します:

the "sinner" of Luke 7:36-50;ルカによる福音書7:36-50の "罪人";

the sister of Martha and Lazarus, Luke 10:38-42 and John 11; andマーサとラザロ、ルカ10:38-42とジョン11の妹であり、

Mary Magdalen.メアリーマグダレン。

On the other hand most of the Latins hold that these three were one and the same.一方、ラテン系のほとんどは、これらの3つは同じ一つのものであったことを保持する。 Protestant critics, however, believe there were two, if not three, distinct persons.プロテスタントの批評家は、しかし、2つの、そうでない場合は3、異なる人々があったと信じています。 It is impossible to demonstrate the identity of the three; but those commentators undoubtedly go too far who assert, as does Westcott (on John 11:1), "that the identity of Mary with Mary Magdalene is a mere conjecture supported by no direct evidence, and opposed to the general tenour of the gospels."マグダラのマリアとマリアのアイデンティティは直接的な証拠によってサポートされ、単なる憶測であること "が、これらのコメンテーターは間違いなく行き過ぎ主張する人に行く、などウェストコット(ヨハネ11:01)にない、それは3人の身元を証明することは不可能である、そして福音の一般tenourに反対した。 " It is the identification of Mary of Bethany with the "sinner" of Luke 7:37, which is most combatted by Protestants.それは、ほとんどのプロテスタントcombattedされるルーク7時37分の "罪人"とベサニーのメアリーの識別です。 It almost seems as if this reluctance to identify the "sinner" with the sister of Martha were due to a failure to grasp the full significance of the forgiveness of sin.マーサの妹と "罪人"を識別するために、この不本意は罪の赦しの完全な意義を把握するための障害に起因していたかのように思えます。 The harmonizing tendencies of so many modern critics, too, are responsible for much of the existing confusion.非常に多くの現代の批評家の調和的な傾向は、あまりにも、既存の混乱の多くを担当している。

The first fact, mentioned in the Gospel relating to the question under discussion is the anointing of Christ's feet by a woman, a "sinner" in the city (Luke 7:37-50).討議中の問題に関連福音書に言及さ第一という事実は、女性は、市内で "罪人"(ルカ7:37-50)、キリストの足の塗油です。 This belongs to the Galilean ministry, it precedes the miracle of the feeding of the five thousand and the third Passover.これはガリレオ省に属している、それは5000の供給と第三の過越の奇跡の前に表示されます。 Immediately afterwards St. Luke describes a missionary circuit in Galilee and tells us of the women who ministered to Christ, among them being "Mary who is called Magdalen, out of whom seven devils were gone forth" (Luke 8:2); but he does not tell us that she is to be identified with the "sinner" of the previous chapter.その直後に聖ルカはガリラヤでの宣教回路について説明し、それらが "7悪魔が出て行ったからそのうちマグダレンメアリーと呼ばれ、"(ルカ8:2)であることの中で、キリストに仕えた女性のを教えてくれるが、彼彼女は前の章の "罪人"で識別されていることを教えてくれません。 In 10:38-42, he tells us of Christ's visit to Martha and Mary "in a certain town"; it is impossible to identify this town, but it is clear from 9:53, that Christ had definitively left Galilee, and it is quite possible that this "town" was Bethany. 10:38-42で、彼は "ある町に"マルタとマリアにキリストの訪れを告げ、それはこの町を識別することは不可能であるが、それは9時53から明らかなように、キリストが決定的にガリラヤを去っていたこと、そしてそれこの "町"はベサニーだったのは、かなり可能です。 This seems confirmed by the preceding parable of the good Samaritan, which must almost certainly have been spoken on the road between Jericho and Jerusalem.これはほぼ確実にエリコとエルサレムの間の道路で話されている必要があり良きサマリア人のたとえ話先行することによって確認思える。 But here again we note that there is no suggestion of an identification of the three persons (the "sinner", Mary Magdalen, and Mary of Bethany), and if we had only St. Luke to guide us we should certainly have no grounds for so identifying them.しかし、ここで再び我々は3人( "罪人"と、メアリーマグダレン、およびベサニーのメアリー)の識別の提案がないことに注意して、そして私たちを導くためにのみ聖ルカを持っている場合我々は確かにするための根拠を持つべきではないので、それらを識別する。 St. John, however, clearly identifies Mary of Bethany with the woman who anointed Christ's feet (12; cf. Matthew 26 and Mark 14).聖ヨハネは、しかし、はっきりと(; CFマタイ26とマーク14 12)誰が油を注がれたキリストの足の女性とベサニーのメアリーを識別します。 It is remarkable that already in 11:2, St. John has spoken of Mary as "she that anointed the Lord's feet", he aleipsasa; It is commonly said that he refers to the subsequent anointing which he himself describes in 12:3-8; but it may be questioned whether he would have used he aleipsasa if another woman, and she a "sinner" in the city, had done the same.それはすでに11時02で、聖ヨ​​ハネメアリーとして語られたのは驚くべきことです "と、彼女その油そそがれた主の足"、彼aleipsasa、これは、一般的に、彼は彼自身が12時03分に記載している後続の油注ぎを指すといわれています - 8、しかしそれは別の女性と、彼女市内で "罪人"は、同じことをやっていれば、彼はaleipsasa使用しているだろうかどうかを疑問視することができる。 It is conceivable that St. John, just because he is writing so long after the event and at a time when Mary was dead, wishes to point out to us that she was really the same as the "sinner."それは、聖ヨハネは、彼はイベントの後とメアリーが死んだ時に限り、書き込みを行っているという理由だけで、彼女は本当に同じであったことを私たちに指摘したいことが考えられる "罪人"。 In the same way St. Luke may have veiled her identity precisely because he did not wish to defame one who was yet living; he certainly does something similar in the case of St. Matthew whose identity with Levi the publican (5:7) he conceals.彼は確かにアイデンティティレビ居酒屋(5:7)彼との聖マタイの場合に類似した何かを、彼はまだ生きていたものを中傷したくなかったので、同じように聖ルカは正確に彼女のアイデンティティをベールに包まれている可能性があります隠されています。 If the foregoing argument holds good, Mary of Bethany and the "sinner" are one and the same.上記の引数が良い保持している場合は、ベサニーと "罪人"のメアリーは1と同じです。 But an examination of St. John's Gospel makes it almost impossible to deny the identity of Mary of Bethany with Mary Magdalen.しかし、聖ヨハネの福音書の審査は、それがほとんど不可能でマグダラのマリアとベタニアのマリアのアイデンティティを否定することができます。 From St. John we learn the name of the "woman" who anointed Christ's feet previous to the last supper.セントジョンから、我々は最後の晩餐の前の油注がれたキリストの足 "女"の名前を覚える。 We may remark here that it seems unnecessary to hold that because St. Matthew and St. Mark say "two days before the Passover", while St. John says "six days" there were, therefore, two distinct anointings following one another.私たちは、聖ヨハネがお互いに続く2つの別個のanointingsは、したがって、そこにあった "6日"と言いながら、聖マタイ、​​聖マルコは、 "二日前に、過越の祭り"と言うので、それがあると判示するのは不要に思えことをここに発言することができる。 St. John does not necessarily mean that the supper and the anointing took place six days before, but only that Christ came to Bethany six days before the Passover.聖ヨハネは、必ずしも夕食とそそぎ、キリストが過ぎ越しの六日前にベタニヤに来たことを、わずか6日前に開催されましたが、というわけではありません。 At that supper, then, Mary received the glorious encomium, "she hath wrought a good work upon Me . . . in pouring this ointment upon My body she hath done it for My burial . . . wheresoever this Gospel shall be preached . . . that also which she hath done shall be told for a memory of her."その夕食で、その後、メアリーは私に良い仕事を鍛造彼女はかれ "、輝かしい賛辞を受けた...私の体にこの香油を注いで、彼女は私の埋葬のためにそれを行ってかれら...何処をこの福音が宣べ伝えられるであろう...また、彼女がやっているかれらは彼女の記憶に言われなければならないことを。 " Is it credible, in view of all this, that this Mary should have no place at the foot of the cross, nor at the tomb of Christ?それは、このメアリーはまたキリストの墓で、十字架のふもとに場所がないべきであること、このすべてを考慮して、信頼できるのですか? Yet it is Mary Magdalen who, according to all the Evangelists, stood at the foot of the cross and assisted at the entombment and was the first recorded witness of the Resurrection.しかし、それは、すべての伝道者によると、十字架のふもとに立ったと埋葬で支援し、復活の最初に記録された証人であったマグダラのマリアです。 And while St. John calls her "Mary Magdalen" in 19:25, 20:1, and 20:18, he calls her simply "Mary" in 20:11 and 20:16.聖ヨハネが彼女19:25の "マグダラのマリア"、20:1、および20時18を呼び出している間、彼は彼女の夜8時11分と午前20時16分で、単に "メアリー"と呼んでいます。

In the view we have advocated the series of events forms a consistent whole; the "sinner" comes early in the ministry to seek for pardon; she is described immediately afterwards as Mary Magdalen "out of whom seven devils were gone forth"; shortly after, we find her "sitting at the Lord's feet and hearing His words."ビューでは我々が提唱してきた一連のイベントは、一貫性のある全体を形成します。 "7悪魔が出て行った人から出て"と彼女はマグダラのマリアのように、直後に記述されている;、 "罪人"恩赦を求めるために、早期同省で来た直後に、我々は彼女が "主の足もとに座って、彼の言葉を聞いた。"を見つける To the Catholic mind it all seems fitting and natural.カトリック教徒の心に、それはすべてのフィッティングと自然に思える。 At a later period Mary and Martha turn to "the Christ, the Son of the Living God", and He restores to them their brother Lazarus; a short time afterwards they make Him a supper and Mary once more repeats the act she had performed when a penitent.後の時代にマリアとマーサは "キリスト、生ける神の御子"に入れて、彼はそれらを彼らの兄弟ラザロへのリストア、短い時間は、その後彼らは彼女が行っていた行為を彼に夕食を作り、メアリー一回以上の繰り返し後悔している。 At the Passion she stands near by; she sees Him laid in the tomb; and she is the first witness of His Resurrection--excepting always His Mother, to whom He must needs have appeared first, though the New Testament is silent on this point.受難の時、彼女は近くに立って、彼女は彼の墓に敷設見て、彼女は彼の復活の最初の証人です - 新約聖書はこの点に言及していないのに彼は、最初のニーズに登場している必要があります誰に、常に彼の母親を除く。 In our view, then, there were two anointings of Christ's feet--it should surely be no difficulty that St. Matthew and St. Mark speak of His head--the first (Luke 7) took place at a comparatively early date; the second, two days before the last Passover.我々の見解では、その後、キリストの足の2 anointingsがあった - それは確かにマタイ、聖マルコは彼の頭の話すことは困難であるべきではない - (ルカによる福音書7)最初の比較的早い時期に開催されました;最後の過越の祭りの前に第二、二日。 But it was one and the same woman who performed this pious act on each occasion.しかし、それは1とそのたびごとに、この敬虔な行為を実行したときと同じ女性だった。

Subsequent history of St. Mary Magdalen聖マグダラのマリアのその後の歴史

The Greek Church maintains that the saint retired to Ephesus with the Blessed Virgin and there died, that her relics were transferred to Constantinople in 886 and are there preserved.ギリシャの教会は、聖人は、聖母マリアとエフェソスに引退し、彼女の遺物が886コンスタンティノープルに移し、そこに保存されていること、そこに死んだと主張している。 Gregory of Tours (De miraculis, I, xxx) supports the statement that she went to Ephesus.グレゴリーのツアー(デmiraculis、私は、xxx)は、彼女がエフェソスに行ったことを文をサポートしています。 However, according to a French tradition (see SAINT LAZARUS OF BETHANY), Mary, Lazarus, and some companions came to Marseilles and converted the whole of Provence.しかし、フランスの伝統(ベサニーの聖ラザロを参照)によると、メアリーは、ラザロ、およびいくつかの仲間はマルセイユに来て、プロヴァンスの全体を変換しました。 Magdalen is said to have retired to a hill, La Sainte-Baume, near by, where she gave herself up to a life of penance for thirty years.マグダレンは、彼女が30年間の苦行の生活に身をあきらめたことで近くの丘、ラ·サント·ボーム、町に引退したと言われています。 When the time of her death arrived she was carried by angels to Aix and into the oratory of St. Maximinus, where she received the viaticum; her body was then laid in an oratory constructed by St. Maximinus at Villa Lata, afterwards called St. Maximin.彼女の死の時は彼女がAIXに天使と彼女は餞別を受け取った聖マクシミヌスの礼拝堂に行った着いたときに、彼女の体は、その後、その後聖と呼ばれ、ヴィララタで聖マクシミヌスによって構築礼拝堂に置かれたマクシミン。 History is silent about these relics till 745, when according to the chronicler Sigebert, they were removed to Vézelay through fear of the Saracens.歴史年代記Sigebertによると、彼らはサラセン人の恐怖からヴェズレーに除去された745時までこれらの遺物について沈黙している。 No record is preserved of their return, but in 1279, when Charles II, King of Naples, erected a convent at La Sainte-Baume for the Dominicans, the shrine was found intact, with an inscription stating why they were hidden.記録は彼らのリターンの保存されませんが、1279年、チャールズ二世、ナポリ王は、ドミニコ会のためにラ·サント·ボームの修道院を建てたときに、神社は、それらが隠されていた理由を示す碑文と、そのまま発見された。 In 1600 the relics were placed in a sarcophagus sent by Clement VIII, the head being placed in a separate vessel. 1600年遺物はクレメンス8、別の容器に置かれる頭部によって送られた石棺の中に置かれた。 In 1814 the church of La Sainte-Baume, wrecked during the Revolution, was restored, and in 1822 the grotto was consecrated afresh. 1814年にラ·サント·ボームの教会、フランス革命の際に難破し、復元された、と1822年に洞窟が新たに献堂された。 The head of the saint now lies there, where it has lain so long, and where it has been the centre of so many pilgrimages.聖人の頭は今、それがあまりにも長い間レインつた場合には、そこにある、そしてどこにそれは非常に多くの巡礼の中心となっています。

Publication information Written by Hugh T. Pope.ヒュー·T·ポープによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Paul T. Crowley.ポール·T·クロウリー転写されています。 In Memoriam, Sr. Mary Leah, OP and Sr. Mary Lilly, OP The Catholic Encyclopedia, Volume IX.イン·メモリアム、シニアメアリーリア、OPやシニアメアリーリリー、OPのカトリック百科事典は、ボリュームIX。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.ニヒルのObstat、1910年10月1日。 Remy Lafort, Censor.レミlafort、検閲。 Imprimatur.認可。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです