Saint Matthiasサンマティアス

General Information 一般的な情報

In the New Testament, Matthias was the apostle chosen by lot to replace Judas Iscariot (Acts 1:15-26).新約聖書では、マティアスはイスカリオテを(使徒1:15-26)を置き換えるために抽選で選ばれた使徒であった。 According to one tradition, he preached the gospel in Ethiopia. 1つの伝統によると、彼はエチオピアの福音を説いた。 Feast day: May 14 (Roman); Feb. 24 (other Western); Aug. 9 (Eastern).ごちそうの日:5月14日(ローマン); 2月24日(その他の西洋); 8月9日(東部)です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Saint Matthiasサンマティアス

Catholic Information カトリックの情報

Apostle.使徒。

The Greek Matthias (or, in some manuscripts, Maththias), is a name derived from Mattathias, Hebrew Mattithiah, signifying "gift of Yahweh."ギリシャのマティアス(または、いくつかの原稿で、Maththias)は、意味、Mattathias、ヘブライ語マティテヤから派生した名前である "ヤハウェの贈り物を。" Matthias was one of the seventy disciples of Jesus, and had been with Him from His baptism by John to the Ascension (Acts 1:21-22).マティアスは、イエスの70弟子の一人だった、と昇天(使徒1:21-22)にジョンが彼の洗礼から彼と共にあった。 It is related (Acts 1:15-26) that in the days following the Ascension, Peter proposed to the assembled brethren, who numbered one hundred and twenty, that they choose one to fill the place of the traitor Judas in the Apostolate.それは(使徒1:15-26)関連アセンション後の数日間で、ピーターは、彼らは1つが使徒で裏切り者ユダの代わりを埋めるために選択する120の番号が組み立て兄弟に提案した。 Two disciples, Joseph, called Barsabas, and Matthias were selected, and lots were drawn, with the result in favour of Matthias, who thus became associated with the eleven Apostles.二人の弟子、ジョセフは、Barsabasと呼ばれ、マティアスが選ばれました、そしてたくさんのは、このように11人の使徒と準になったマティアス、賛成の結果、描かれていました。 Zeller has declared this narrative unhistoric, on the plea that the Apostles were in Galilee after the death of Jesus.ツェラーは、使徒たちがイエスの死の後、ガリラヤであったことを口実に、この物語は歴史的でないと宣言しました。 As a matter of fact they did return to Galilee, but the Acts of the Apostles clearly state that about the feast of Pentecost they went back to Jerusalem.実際のところ、彼らはガリラヤに戻りますが、聖霊降臨祭のごちそうについて、彼らはエルサレムに戻ったことを明記使徒の行為をしました。

All further information concerning the life and death of Matthias is vague and contradictory.マティアスの生と死に関するすべての詳細については、漠然として矛盾している。 According to Nicephorus (Hist. eccl., 2, 40), he first preached the Gospel in Judea, then in Ethiopia (that is to say, Colchis) and was crucified. Nicephorus(チャンネルですeccl。、2、40)によると、彼はまず、エチオピアで、ユダヤの福音を宣べ伝え(即ち、コルキス)と、十字架につけられた。 The Synopsis of Dorotheus contains this tradition: Matthias in interiore Æthiopia, ubi Hyssus maris portus et Phasis fluvius est, hominibus barbaris et carnivoris praedicavit Evangelium. interioreÆthiopiaでマティアス、UBI Hyssusマリスポルタスらプリエンファシスfluvius EST、hominibus barbarisらcarnivoris praedicavit福音:Dorotheusのあらすじは、この伝統を含んでいます。 Mortuus est autem in Sebastopoli, ibique prope templum Solis sepultus (Matthias preached the Gospel to barbarians and cannibals in the interior of Ethiopia, at the harbour of the sea of Hyssus, at the mouth of the river Phasis. He died at Sebastopolis, and was buried there, near the Temple of the Sun). SebastopoliでMortuus EST autem、ibique prope templumソリスsepultus(マティアス川のプリエンファシスの河口に、Hyssusの海の港に位置し、エチオピアの内部に野蛮人と人食い人種に福音を宣べ伝えた彼はSebastopolisで死亡した、とあった)太陽​​の神殿近く、そこに埋葬された。 Still another tradition maintains that Matthias was stoned at Jerusalem by the Jews, and then beheaded (cf. Tillemont, "Mémoires pour servir à l'histoire eccl. des six premiers siècles", I, 406-7).さらに別の伝統がマティアスがユダヤ人によってエルサレムに投石した後、斬首されたと主張している(参照ティユモン、私、406から7 "流動servir A L'histoire eccl。デ6はsièclesを初演Mémoires")。 It is said that St. Helena brought the relics of St. Matthias to Rome, and that a portion of them was at Trier.それは、それらの部分はトリアーであったことをセントヘレナローマに聖マティアスの遺物を持ってきたと述べた、とされています。 Bollandus (Acta SS., May, III) doubts if the relics that are in Rome are not rather those of the St. Matthias who was Bishop of Jerusalem about the year 120, and whose history would seem to have been confounded with that of the Apostle.ローマにある遺物ではなく年間約120エルサレムの司教だった聖マティアス誰のものではなく、その歴史のそれと混同されているように見えるならばBollandus(ACTA SS。月、III)は疑問使徒。 The Latin Church celebrates the feast of St. Matthias on 24 February and the Greek Church on 9 August.ローマカトリック教会は、8月9日2月24日と、ギリシャの教会の聖マティアスの饗宴を祝う。 [Note: After this article was written, the Latin Church moved the feast of St. Matthias to 14 May.] [注:この記事が書かれた後に、ローマカトリック教会は、5月14日に聖マティアスの饗宴を移動しました。]

Clement of Alexandria (Strom., III, 4) records a sentence that the Nicolaitans ascribe to Matthias: "we must combat our flesh, set no value upon it, and concede to it nothing that can flatter it, but rather increase the growth of our soul by faith and knowledge".アレクサンドリアのクレメンス(Strom.、III、4)はニコライはマティアスに帰することの文章を記録: "私たちは、私たちの肉と戦うそれにno値を設定し、そこにそれをおだてできることは何を認めるんではなく、むしろ成長を増やす必要があります信仰と知識により、我々の魂 "。 This teaching was probably found in the Gospel of Matthias which was mentioned by Origen (Hom. i in Lucam); by Eusebius (Hist. eccl., III, 25), who attributes it to heretics; by St. Jerome (Praef. in Matth.), and in the Decree of Gelasius (VI, 8) which declares it apocryphal.この授業は、おそらく原産地(Hom.私Lucamにおける)によって言及されたマティアスによる福音書で発見された。異端に属性ユーセビアス(。チャンネルですeccl、III、25)で、で聖ジェローム(Praef.によってMatth。)、それが作り話宣言Gelasius(VI、8)令インチ It is at the end of the list of the Codex Barrocciamus (206).それは、コーデックスBarrocciamus(206)のリストの末尾にある。 This Gospel is probably the document whence Clement of Alexandria quoted several passages, saying that they were borrowed from the traditions of Matthias, Paradoseis, the testimony of which he claimed to have been invoked by the heretics Valentinus, Marcion, and Basilides (Strom., VII, 17).この福音は、おそらく彼らはマティアス、Paradoseis、彼は異端バレンティヌスによって呼び出されたと主張しているの証言、marcionです、とデース(Strom.の伝統から借りたと言って、いくつかの文章を引用したアレクサンドリアの文書でwhenceクレマンですVII、17)。 According to the Philosophoumena, VII, 20, Basilides quoted apocryphal discourses, which he attributed to Matthias. Philosophoumena、第VII、20によれば、彼はマティアスに起因作り話の言説を、引用符で囲まれたデース。 These three writings: the gospel, the Traditions, and the Apocryphal Discourses were identified by Zahn (Gesch. des NT Kanon, II, 751), but Harnack (Chron. der altchrist. Litteratur, 597) denies this identification.これら三つの文章:ゴスペル、伝統、そして作り話言説はザーン(Gesch.デNTのカノン、Ⅱ、751)によって識別されたが、ハルナック(Chron.ファンデaltchrist Litteratur、597)は、この識別を拒否します。 Tischendorf ("Acta apostolorum apocrypha", Leipzig, l85I) published after Thilo, 1846, "Acta Andreae et Matthiae in urbe anthropophagarum", which, according to Lipsius, belonged to the middle of the second century.ティロ後に公開ティッシェンドルフ( "アクタapostolorum外典"、ライプチヒ、l85I)、1846、 "聖人AndreaeらMatthiaeでurbe anthropophagarum"、リプシウスによれば、第2世紀の半ばに属している、。 This apocrypha relates that Matthias went among the cannibals and, being cast into prison, was delivered by Andrew.この外典は、マティアスが人食い人種の間で行って、刑務所に投げ込まれて、アンドリューによって配信されたことに関するものである。 Needless to say, the entire narrative is without historical value.言うまでもなく、全体の物語は歴史的な価値なしです。 Moreover, it should be remembered that, in the apocryphal writings, Matthew and Matthias have sometimes been confounded.また、それがうその記述で、マシューとマティアスが時々混同されている、ことを忘れてはならない。

Publication information Written by E. Jacquier. E. Jacquierによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Joseph P. Thomas.ジョセフPトーマス転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume X. Published 1911.カトリック百科事典、ボリュームX 1911年公開された。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1911.ニヒルのObstat、1911年10月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


Apostle Matthias使徒マティアス

Orthodox Information 正教会情報

(This information may not be of the scholastic quality of the other articles in BELIEVE. Since few Orthodox scholarly articles have been translated into English, we have had to rely on Orthodox Wiki as a source. Since the Wikipedia collections do not indicate the author's name for articles, and essentially anyone is free to edit or alter any of their articles (again, without any indication of what was changed or who changed it), we have concerns. However, in order to include an Orthodox perspective in some of our subject presentations, we have found it necessary to do this. At least until actual scholarly Orthodox texts are translated from the Greek originals!) (この情報は信じていますの他の記事の学力の質ではないかもしれない。少数の正統派学術論文を英語に翻訳されているので、我々はソースとして正教会ウィキに頼らざるを得なかった。Wikipediaのコレクションは、作成者の名前を示すものではありませんので、記事がために、本質的には誰でも自分の記事のいずれかを(再度、変更したり、それを誰が変更した内容の表示のない)を編集したり変更したりして自由である、我々は懸念を持っていますしかし、我々の主題のいくつかでオーソドックスな視点を含めるためにプレゼンテーション、我々はこれを行うことが必要と認めていますが、実際の学術的正統派テキストはギリシャ語の原本から翻訳されるまで、少なくとも!)

The Holy Apostle Matthias was one of the Seventy before he replaced one of the Twelve.彼は十二弟子のひとりを交換する前に、聖なる使徒マティアスは七十一人だった。 Saint Matthias is commemorated on August 9, and on June 30 with the Synaxis of the Glorious and All-Praiseworthy Twelve Apostles of Christ.サンマティアスは、キリストの栄光とオール賞賛十二使徒の集会で8月9日、6月30日に祝われています。

Life人生

Apostle Matthias was born at Bethlehem of the Tribe of Judah.使徒マティアスはユダの部族のベツレヘムで生まれた。 From his early childhood he studied the Law of God under the guidance of St Simeon the God-receiver.幼い頃から彼は聖シメオン神レシーバの指導の下、神の律法を検討した。

When the Lord Jesus Christ revealed himself to the world, St Matthias believed in him as the Messiah, followed constantly after him and was numbered among the Seventy Apostles, whom the Lord "sent them two by two before His face" (Luke 10:1).主イエス·キリストが世界に自分自身を明らかにしたとき、聖マティアス(ルカ10:1、救世主として彼を信じて彼の後を絶えず続いて、主が "彼の顔の前に2で彼らに2を送った" 70人の使徒、された番号のうち、 )。

After the Ascension of the Savior, St Matthias was chosen by lot to replace Judas Iscariot as one of the Twelve Apostles (Acts 1:15-26).救い主の昇天後、聖マティアスは、十二使徒(使徒1:15-26)の一つとして、イスカリオテのユダを置き換えるために抽選で選ばれた。 After the Descent of the Holy Spirit, the Apostle Matthias preached the Gospel at Jerusalem and in Judea together with the other Apostles (Acts 6:2, 8:14).聖霊の降下の後、使徒マティアスは、他の使徒(使徒6時02分、午前8時14分)と一緒にエルサレムに福音を宣べ伝え、ユダヤインチ From Jerusalem he went with the Apostles Peter and Andrew to Syrian Antioch, and was in the Cappadocian city of Tianum and Sinope.エルサレムから、彼はシリアのアンティオキアに使徒ピーターとアンドリューと一緒に行った、とTianum、シノペのカッパドキアの町であった。 Here the Apostle Matthias was locked into prison, from which he was miraculously freed by St Andrew the First-Called.ここで使徒マティアスは、彼が奇跡的にセント·アンドリューまずいわゆるによって解放された、刑務所に閉じ込められていた。

The Apostle Matthias journeyed after this to Amasea, a city on the shore of the sea.使徒マティアスAmasea、海の海岸の街には、この後に旅をしました。 During a three year journey of the Apostle Andrew, St Matthias was with him at Edessa and Sebaste.使徒アンデレの3年間の旅の途中、聖マティアスエデッサとセバステで彼と一緒だった。 According to Church Tradition, he was preaching at Pontine Ethiopia (presently Western Georgia) and Macedonia.教会の伝統によると、彼はポンティーネエチオピア(現西グルジア)とマケドニアで説教された。 He was frequently subjected to deadly peril, but the Lord preserved him to preach the Gospel.彼は頻繁に致命的な危険にさらさたが、主は彼に福音を宣べ伝えるために保存されていた。 Once, pagans forced the saint to drink a poison potion.一度、異教徒は毒のポーションを飲むように聖人を余儀なくされた。 He drank it, and not only did he himself remain unharmed, but he also healed other prisoners who had been blinded by the potion.彼はそれを飲んだ、とだけでなく、彼自身は無傷で残っていたが、彼はまた、薬に目がくらんできた他の囚人達を癒した。 When St Matthias left the prison, the pagans searched for him in vain, for he had become invisible to them.彼が彼らには見えないようになったために聖マティアスは、刑務所を出たとき、異教徒は、無駄に彼を探していました。 Another time, when the pagans had become enraged intending to kill the Apostle, the earth opened up and engulfed them.多神教徒となっていた別の時間が、使徒を殺すためにしようと激怒し、地球は開放し、それらを巻き込んだ。

The Apostle Matthias returned to Judea and did not cease to enlighten his countrymen with the light of Christ's teachings.使徒マティアスはユダヤに戻り、キリストの教えの光で彼の同胞を啓発するのをやめませんでした。 He worked great miracles in the Name of the Lord Jesus and he converted a great many to faith in Christ.彼は、主イエスの名の偉大な奇跡を行ったと、彼はキリストへの信仰に非常に多くを変換しました。 The Jewish High Priest Ananias hated Christ and earlier had commanded the Apostle James, Brother of the Lord, to be flung down from the heights of the Temple, and now he ordered that the Apostle Matthias be arrested and brought for judgment before the Sanhedrin at Jerusalem.ユダヤ人の大神官アナニヤはキリストを憎んだとそれ以前の使徒ジェームズに命じられた、主の兄弟、寺の高台から降りて投げつけたことが、今、彼は使徒マティアスがエルサレムにサンヘドリンの前に判決を逮捕したことを命じ。

The impious Ananias uttered a speech in which he blasphemously slandered the Lord.不敬アナニアは、彼がblasphemously主を中傷する発言を口。 Using the prophecies of the Old Testament, the Apostle Matthias demonstrated that Jesus Christ is the True God, the promised Messiah, the Son of God, Consubstantial and Coeternal with God the Father.旧約聖書の予言を使用して、使徒マティアスは、イエス·キリストが真の神は、父なる神と本質と永遠に共存約束のメシア、神の御子であることを実証した。 After these words the Apostle Matthias was sentenced to death by the Sanhedrin and stoned.これらの言葉の後に使徒マティアスはサンヘドリンによって死刑を宣告され、投石された。 When St Matthias was already dead, the Jews, to hide their malefaction, cut off his head as an enemy of Caesar.聖マティアスがすでに死んでいた時、ユダヤ人は、彼らの悪事を隠すシーザーの敵として彼の頭を切り落とします。 (According to several historians, the Apostle Matthias was crucified, and indicate that he instead died at Colchis.) The Apostle Matthias received the martyr's crown of glory in the year 63. (いくつかの歴史家によると、使徒マティアスが十字架にかけられ、彼は代わりにコルキスで死亡したことを示していました。)使徒マティアスは今年63に栄光の殉教者の冠を受賞しました。

Hymns賛美歌

Troparion (Tone 3) [1] Troparion(トーン3)[1]

O holy Apostle Matthias, Oの神聖な使徒マティアス、
Pray to the merciful God, 、慈悲深い神に祈る
That He may grant to our souls彼は私たちの魂に与える可能性があること
Remission of our transgressions!私たちのそむきの罪の赦しの!

Kontakion (Tone 4) [2] Kontakion(トーン4)[2]

O wonder-worker and Apostle Matthias, Oの不思議 - 労働者と使徒マティアス、
Your words have gone out into all the world,あなたの言葉は、すべての世界に出て行っている
Enlightening men as the sun,太陽のように啓発、男性、
And giving grace to the Churchと教会に恵みを与える
Bringing faith to heathen lands!土地を異教徒の信仰を持って来る!

Sourceソース

Apostle Matthias of the Seventy, August 9 (OCA)七十使徒マティアス、8月9日(OCA)

External links外部リンク

Apostle Matthias, June 30 (OCA)使徒マティアス、6月30日(OCA)
Matthias, Apostle of the 70 (GOARCH)マティアス、70の使徒(GOARCH)
Apostle Matthias Icon and Story使徒マティアスアイコンとストーリー
"The Church of Christ Shall Not Be Impoverished": Sermon on the feast day of Apostle Matthias by St. John Maximovitch "キリストの教会は疲弊してはならない":聖ヨハネMaximovitchによって使徒マティアスのごちそうの日の説教


Saint Matthiasサンマティアス

Coptic Orthodox Information コプト正教会情報

In Acts 1:15-26 we have recorded a meeting of Jesus' followers and the decision to choose a substitute apostle to take the place vacated by Judas Iscariot.使徒1:15-26では、イエスの弟子たちの出会いとイスカリオテのユダによって空いた場所を取る代わりに使徒を選択するための意思決定を記録しました。 "Therefore it is necessary to choose one of the men who have been with us the whole time the Lord Jesus went in and out among us, beginning from John's baptism to the time when Jesus was taken up from us. For one of these must become a witness with us of his resurrection" (1:21-22). "したがって、それは私たちと主イエスがヨハネのバプテスマからイエス·キリストが私たちから取り上げられた時に始めて、私たちの間に出入りする全時間だった男性のいずれかを選択する必要がありますこれらの1つのためにならなければなりません彼の復活の私たちと証人 "(1:21-22)。 The individual must have been with Jesus throughout his public ministry.個人は彼の公共省を通じてイエスとされている必要があります。 The reason for having a replacement is clear - the need to witness.交換をもつ理由は、はっきりしている - 目撃する必要があります。

Among the 120 followers who waited in Jerusalem, there were only two who met the requirements: Barsabbas, known also as Justus, and Matthias. Barsabbas、ユストゥス、とマティアスとしても知られています:エルサレムで待っていた120信者の中でも、要件を満たす2つだけがありました。 Having prayed for guidance from the Spirit, they voted and Matthias was elected.スピリットからの指導のために祈ったので、彼らは投票し、マティアスが選ばれた。 We are not absolutely certain how this drawing of lots was carried out.私たちは、たくさんのこの図面が行われたかを絶対に特定されていない。 One method which the Jews used at the time of Jesus was to write names on pebbles or pieces of broken pottery.ユダヤ人はイエスの時に使用する一つの方法は、小石や壊れた陶器の破片に名前を書くことでした。 The names were then place in a container and shaken until one name flew out.名前は、そのコンテナ内に配置し、1名が飛び出したまで振とうした。 The expression "the lot fell" would seem to suggest this method.式では、この方法を示唆すると思われる "がたくさん落ちた"。 However, the expression "he was added" can also be translated "he was chosen by vote."しかし、発現はまた、翻訳することができます "と、彼が追加されました" "彼が投票によって選ばれた。" Whatever the method, the group was confident that the Lord would make his will known.どのような方法では、グループは、主が彼の意志は知られているになるだろうと確信した。 Matthias was chosen to replace Judas in the Twelve.マティアスは12でユダを交換するために選ばれました。 That is the first time we hear of him and it is also the last time the Bible mentions him.それは我々が彼のことを聞くと、それはまた、聖書は彼に言及し、最後の時間ですが初めてです。

Outside of Scripture: The information concerning the life and death of Matthias is vague and often contradictory.聖書の外:マティアスの生と死に関する情報があいまいで、しばしば矛盾している。 According to Nicephorus, he preached the gospel in Judea and then went to Ethiopia where he was crucified. Nicephorusによると、彼はユダヤの福音を宣べ伝え、それから彼が十字架につけられた場所エチオピアに行ってきました。 The Synopsis of Dorothea says Matthias preached the gospel to barbarians and cannibals in the interior of Ethiopia and that he went to Cappadocia where he died at Sebastopolis.ドロシアのあらすじマティアスはエチオピアの内部における野蛮と人食い人種に福音を宣べ伝え、彼はSebastopolisで死去カッパドキアに行ったことを述べています。 Still another tradition maintains he was stoned at Jerusalem by the Jews and then beheaded because of his allegiance to Christ.まだ別の伝統は、彼がユダヤ人によってエルサレムに投石した後、キリストへの忠誠を維持して斬首された。 To commemorate his martyrdom, Matthias' symbol consists of an open Bible with a double-bladed ax across it.彼の殉教を記念して、マティアス '記号は、それを渡って諸刃の剣のような斧で開いた聖書で構成されています。

James F. KorthalsジェームスF. Korthals



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです