Muratorian Canon muratorianキヤノン

Catholic Information カトリックの情報

Also called the Muratorian Fragment, after the name of the discoverer and first editor, LA Muratori (in the "Antiquitates italicae", III, Milan, 1740, 851 sq.), the oldest known canon or list of books of the New Testament.また、発見者と最初の編集者、LAムラトーリ( "Antiquitates italicae"、Ⅲ、ミラノ、1740年において、851㎡)、新約聖書の書籍の最古のカノンまたはリストの名前の後に、muratorianフラグメントと呼ばれる。 The manuscript containing the canon originally belonged to Bobbio and is now in the Bibliotheca Ambrosiana at Milan (Cod. J 101 sup.).キヤノンを含む原稿は、もともとボッビオに所属し、(Cod. J 101が電源。)ミラノのアンブロジアーナ蔵書に入りました。 Written in the eighth century, it plainly shows the uncultured Latin of that time. 8世紀に書かれた、それは明らかに当時の教養のないラテン語を示しています。 The fragment is of the highest importance for the history of the Biblical canon.フラグメントは、聖書のキヤノンの歴史の最重要視される。 It was written in Rome itself or in its environs about 180-200; probably the original was in Greek, from which it was translated into Latin.それは180から200程度ローマ自体またはその周辺で書かれています。おそらく、元は、それがラテン語に翻訳され、そこから、ギリシャ語であった。 This Latin text is preserved solely in the manuscript of the Ambrosiana.このラテン語のテキストは、アンブロの原稿にもっぱら保持されます。 A few sentences of the Muratorian Canon are preserved in some other manuscripts, especially in codices of St. Paul's Epistles in Monte Cassino. muratorianキヤノンのいくつかの文章は特にモンテ·カッシーノでの聖パウロの書簡のCODEC、他のいくつかの写本に保存されています。 The canon consists of no mere list of the Scriptures, but of a survey, which supplies at the same time historical and other information regarding each book.キヤノンは、聖書のですが、それぞれの本について、同時に歴史やその他の情報を供給調査の単なるリストで構成されます。 The beginning is missing; the preserved text begins with the last line concerning the second Gospel and the notices, preserved entire, concerning the third and fourth Gospels.始まりは失われていますが、保存されたテキストは、第二福音書および通知に関する最後の行で始まり、3番目と4番目の福音書について、全体の保存。 Then there are mentioned: The Acts, St. Paul's Epistles (including those to Philemon, Titus and Timothy; the spurious ones to the Laodiceans and Alexandrians are rejected); furthermore, the Epistle of St. Jude and two Epistles of St. John; among the Scriptures which "in catholica habentur", are cited the "Sapientia ab amicis Salomonis in honorem ipsius scripta", as well as the Apocalypses of St. John and St. Peter, but with the remark that some will not allow the latter to be read in the church.するとそこに記載されている:行為は、聖パウロの書簡(フィレモン、ティトゥスとテモテへのものも含め、Laodiceansおよびalexandriansにスプリアスものは拒否されます)、さらに、セントジュードと聖ヨハネの2つの書簡の信徒; "honorem ipsius scriptaでSapientia ABアミーチSalomonis"だけでなく、聖ヨハネと聖ペテロのApocalypsesを引用しているが、いくつかの発言では、後者を許可しないこと "catholica habenturで"聖書の間で教会で読まれる。 Then mention is made of the Pastor of Hermas, which may be read anywhere but not in the divine service; and, finally, there are rejected false Scriptures, which were used by heretics.その後言及は神事のどこにではなく、読むことができるのhermas牧師、から成っている;そして、最後に、異端者によって使用された偽の聖書を、そこに拒否されます。 In consequence of the barbarous Latin there is no complete understanding of the correct meaning of some of the sentences.野蛮なラテンの結果では、文章の一部の正しい意味のない完全な理解はありません。 As to the author, many conjectures were made (Papias, Hegesippus, Caius of Rome, Hippolytus of Rome, Rhodon, Melito of Sardis were proposed); but no well founded hypothesis has been adduced up to the present.筆者としては、多くの推測が(papiasは、Hegesippus、ローマのキーズ、ローマのヒッポリュトス、Rhodon、サルディスのメリート提案された)を行った、しかし、全くよく設立仮説は現在までに提示されていません。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Publication information Written by JP Kirsch. JPキルシュによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Michael C. Tinkler.マイケル·C·ティンクラー転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume X. Published 1911.カトリック百科事典、ボリュームX 1911年公開された。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1911.ニヒルのObstat、1911年10月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです