Non-Denominational Christian Churches無宗派のキリスト教会

General Information 一般的な情報

Many Christians seem to misunderstand the meaning of the term non-Denominational.多くのクリスチャンは無宗派の用語の意味を誤解しているようだ。 Some seem to think that it means "less than a standard Church" in some way.いくつかは、それが何らかの形で "標準的な教会より小さい"を意味すると考えているようです。 Many think that some central Christian beliefs are left out or somehow that it is a somewhat hollow religious system!多くは、いくつかの中央キリスト教の信仰は、それがやや中空宗教的なシステムであることをどうにかして消したりしていることと思います! Others seem to think that it means somehow "against" standard Christian Churches.他の人が標準的なキリスト教の教会 "に対して"何とかそれが意味することを考えているようだ。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
None of those are true.それらのどれも該当しない。 The term describes something that is actually very simple.この用語は、実際には非常に単純なものを説明します。

Every Denomination of Christian Churches was established with a specific set of beliefs and procedures.キリスト教の教会のすべての宗派が信念や手続きの特定のセットで設立されました。 Some of those beliefs and procedures were based directly on clear wording in the Bible.それらの信念や手続きの一部は聖書の中で明確な文言に直接基づいていた。 But much more was established based on specific interpretations and understandings that the early Church leaders of that Church believed, which were NOT clearly spelled out in the Bible.しかし、はるかは、その教会の初期の教会の指導者たちは明らかに聖書に綴られ​​なかった、と信じて特定の解釈や理解に基づいて設立されました。 Members of that Denomination are required to believe and follow ALL of those beliefs, the ones that were originally based solidly on the Bible and the ones where assumptions and interpretations were applied.その宗派のメンバーは信じて、それらの信念、もともと聖書や仮定や解釈が適用されたものにしっかりと基づいていたもののすべてに従うことが求められている。

We might use an example that actually is not a basis for Denominational differences but which might be illuminating.私たちは、実際に照明かもしれないが、宗派の違いの根拠はない例を使用する場合があります。 Jesus walked and carried the Cross to the location of the Crucifixion.イエスが歩いたとは、はりつけの場所に十字架を運んだ。 All Christians believe that.すべてのキリスト教徒は信じています。 It actually likely that He carried just the crossbar, as virtually all crucified people had to do that, but still that was quite a burden.事実上すべての人々が十字架につけられていることをしなければならなかったように彼は、ちょうどクロスバーを運んだが、それでもそれはかなりの負担であったこと、それは実際に可能性が高い。 (The Roman soldiers had learned more than 50 years earlier that it was a lot of time and trouble to have to have slaves dig a new hole and mount a new upright for each crucified person, so for a long time they had left the upright permanently mounted in the ground, with a provision where the crossbar could then quickly be raised and put in place.) (ローマの兵士は、彼らが直立永久に残っていた昔からそう、それは奴隷が新しい穴を掘って、それぞれの人のために十字架につけられた新しいアップライトをマウントしていなければならないための多くの時間と手間であったこと、50年以上前の学んでいたクロスバーは、迅速に調達し、所定の位置に置くことができる規定を、地面に搭載された。)

Roman Catholics believe that while Jesus was carrying the Cross, He fell, and a woman named Veronica wiped His forehead with a rag.ローマカトリック教徒は、イエスが十字架を運んでいた間、彼は落ちて、ヴェロニカという名前の女性は布で彼の額を拭いたと信じています。 That incident is a central focus in every Catholic Church, even being displayed as one of the Stations of the Cross paintings.あの事件はあってもクロス絵画の駅の1つとして表示されている、すべてのカトリック教会の中心的な焦点となっています。 However, Veronica is NOT in the Bible!しかし、ヴェロニカは、聖書にはありません! In fact, historical evidence seems to suggest that no one even mentioned her for hundreds of years after Jesus!実際には、歴史的な証拠は誰でも、イエスの後に何百年もの間、彼女を言及していないことを示唆しているようだ! Eventually, some documents written hundreds of years later, such as the "Report of Pilate the Procurator concerning our Lord Jesus Christ" described stories that referred to a Veronica (that particular one did not involve Jesus falling or wiping His brow.) Another version, called the Avenging of the Saviour was clearly written in around the eighth century.最終的に、いくつかの文書は、そのような(特に1イエスが落下したり、彼の眉を拭く関与していないことに注意してください。)ヴェロニカにもう一つのバージョンを呼ぶストーリーが記載されている "私たちの主イエス·キリストに関する検察官は、ピラトの報告"として、後何百年も書かれて救い主の復讐と呼ばれる明確第八世紀頃に書かれました。

In any case, Martin Luther established Protestant beliefs by insisting that ONLY the Bible be trusted for such things.いずれの場合においても、マーティン·ルーサーはONLY聖書はそのようなもののために信頼されることを主張し、プロテスタントの信仰を確立した。 Since Veronica is never actually mentioned anywhere in the Bible, therefore Protestants do not believe in the anecdotes attributed to her.ヴェロニカが実際に聖書のどこにも記述されることはありませんので、したがって、プロテスタントは彼女に起因する逸話を信じていない。

In a relatively similar way, Denominational Churches each established specific beliefs and procedures that are not clearly described in the Bible.相対的に同様の方法で、各宗派の教会は明らかに聖書に記載されていない特定の信念や手続きを確立しました。 In this case, though, it is a little different.このケースでは、しかし、それは少し異なっています。 The Bible DOES contain some Scripture that VAGUELY refers to the specific subject.聖書は漠然と特定の対象を意味するいくつかの経典が含まれていません。 No problem exists there.いいえ問題は存在しない。 But such vaguenesses are not good bases of Church beliefs, so the early leaders of each Denomination made specific interpretations, based on specific assumptions, in order to generate clear guidelines for their Church.しかし、彼らの教会のための明確なガイドラインを生成するために、そのようなvaguenessesは、教会の信仰の良い拠点ではないので、各宗派の初期の指導者は、特定の仮定に基づいて、特定の解釈を行った。

Say that a Church wanted to have a policy regarding a subject such as tattoos, or jewelry, or hair length.教会はそのような入れ墨や、ジュエリー、または髪の長さなどの被写体に関する方針を持っていると思ったと言う。 It is possible to find very generalized references in the Bible to such concepts.それはそのような概念に、聖書の中では非常に一般的な参照を見つけることが可能です。 Lev 19:28 has the only mention of the word tattoo, in English.レフ午前19時28分は英語では、単語の入れ墨の唯一言及されています。 However, when one examines the Original Hebrew word nathan (O5414 Strongs) that word has several dozen possible translations, NONE of which is tattoo!しかし、一つの単語が数十可能翻訳を持つ元のヘブライ語の単語ネイサン(O5414強めて)を調べたとき、のいずれもが刺青ではありません! The men who made the English translation around 1610 generated that word in the text. 1610周りに英語の翻訳をした男性は、テキストでその単語を生成しました。 The Bible contains some very vague references which also are considered to be related to the concept of tattoo, 1 Cor 6:15 and 1 Thess 5:23.聖書はまた、タトゥー、1コリント6時15分、1テサロニケの5時23分の概念に関連していると考えられるいくつかの非常に漠然とした参照が含まれています。 Read your Bible to see what you think those Scriptures are talking about and try to see how they could possibly be talking about tattoos!あなたがそれらの聖書の話をしていると思うものを見ると、彼らはおそらくタトゥーについて話してできたかを参照しようとするあなたの聖書を読んでください! It is really only with what would have to be called a stretch, where those Scriptures could be said to forbid tattoos.これは、これらの聖書は入れ墨を禁じると言うことができるストレッチを、呼ばれなければならないものとだけは本当にです。 But many modern Churches forbid tattoos, don't they?しかし、多くの近代的な教会が禁止しているの入れ墨、そうではない? You now know the basis for their belief on that subject!あなたは今その問題について自分の信念のための基礎を知っている!

Each Denomination has similarly established extremely specific beliefs and procedures regarding Baptism, Salvation, Sin, Atonement, the Trinity and many other subjects.各宗派は、同様に非常に具体的な信念や手続き洗礼に関しては、救い、罪、償い、三位一体および他の多くの科目を設置しています。 In many of those cases, they felt the need to apply specific interpretations and to add their own assumptions, in order to generate the specific beliefs that they wanted their Church to have.これらのケースの多くでは、彼らは彼らの教会が持っていると思っている特定の信念を生成するために、特定の解釈を適用すると、自分の仮定を追加する必要性を感じた。

In itself, that might not be anything terrible.それ自体では、それはひどいものではないかもしれません。 However, nearly all Churches do something additional that creates a complication!しかし、ほぼすべての教会は、合併症を作成し、追加の何か! They each absolutely insist that what THEY believe is absolutely and perfectly correct, and they therefore also insist that all Churches that believe anything different are absolutely wrong!彼らは、それぞれ絶対に彼らは何を信じていることは絶対に、完璧に正しいことを主張する、と彼らはそのためにも、別の何かを信じるすべての教会は、絶対に間違っていると主張している!

As a result of this, Denominational Churches seem to spend a lot of their time in criticizing and attacking other Denominations of Protestant Christian Churches!この結果として、宗派の教会はプロテスタントのキリスト教会の他の宗派を批判し、攻撃で自分の時間の多くを費やすように見える! Each seems dead set on trying to claim that they alone know the exact right answers to everything!各々は、彼らが一人ですべてのものへの正確な正しい答えを知っていると主張してしようとしている上に設定死んだ! The consequence is that they are therefore each all forever just throwing mud at other Christian Churches!その結果、彼らはそれゆえ、各すべて永遠にちょうど他のキリスト教会に泥を投げているということです! In an insistence of establishing superiority over all other Churches, there seem few limits to what might be attacked!他のすべての教会の上の優位性を確立するための主張では、攻撃されるかもしれないものにはいくつかの限界があるように見える! So Pentecostal Churches are severely criticized by many other Churches because of their insistence of speaking in Tongues.だから、ペンテコステ派の教会は厳しくため、舌で話すの彼らの主張の多くは他の教会から批判されています。 In exchange, Pentecostal Churches severely criticize all other Christian Churches as inferior for NOT insisting on Tongues!交換では、ペンテコステ派の教会はひどく舌を主張しないための劣るなど、すべての他のキリスト教会を批判!

Who is right in such arguments?このような引数の右は誰ですか? No human can probably ever say, but both sides are forever screaming that they are right and the other side is absolutely wrong.いいえ、人間は、おそらくこれまでと言うことはできませんが、両側は永遠に彼らが正しいものであり、他の側は絶対に間違っていると叫んでいる。

The point being made here is that Denominational Churches seem very intent on trying to find flaw in all other Christian Churches.ここで作られている点は、宗派の教会はすべての他のキリスト教会の欠陥を見つけようとする上で非常に意図に見えるということです。

Non-Denominational Churches are not really any different regarding CORE beliefs, but they have eliminated the peripheral issues from any extended discussion which might cause criticism of other Christians.無宗派の教会は本当に何が違うに関するコアの信念ではありませんが、彼らは他のキリスト教徒の批判を招く可能性のある拡張の議論から周辺の問題を排除している。 Therefore, core subjects such as the Crucifixion or Salvation or the Trinity are thoroughly discussed, but any discussions of divisive issues are minimized or avoided completely.したがって、このようなキリストの磔刑や救いやトリニティなどのコア科目は徹底的に議論されているが、分裂問題のどんな議論が最小化または完全に回避されています。 The reasoning is that where the Bible is clear, we all already agree.推論は、聖書が明らかである場合、我々はすべて、すでに同意していることです。 Where the Bible seems vague, where personal assumptions and interpretations might be required, then such things must not actually belong in a "core&qupt; Christianity!聖書は個人的な仮定や解釈が必要になる可能性がある場合、漠然としたように見える場合には、そのようなものは実際には "コア&qupt;キリスト教に属していなければなりません!



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです