The Sacrament of Penance聖餐式の贖罪

Catholic Information カトリックの情報

Penance is a sacrament of the New Law instituted by Christ in which forgiveness of sins committed after baptism is granted through the priest's absolution to those who with true sorrow confess their sins and promise to satisfy for the same.苦行は洗礼後に犯した罪の赦しをtrue悲しみに自分の罪を告白し、同じのために満たすことを約束した人々に祭司の罪の赦しを介して付与されたキリストによって設立され、新しい法律の秘跡です。 It is called a "sacrament" not simply a function or ceremony, because it is an outward sign instituted by Christ to impart grace to the soul.それは魂に恵みを与えるためにキリストによって設立外側にサインあるので、それは、 "聖餐式"ではない、単に関数や式と呼ばれています。 As an outward sign it comprises the actions of the penitent in presenting himself to the priest and accusing himself of his sins, and the actions of the priest in pronouncing absolution and imposing satisfaction.外側にサインとして、それは司祭に自分自身を提示し、自分の罪を自分自身を非難する中で後悔のアクション、および赦免を発音すると満足度を課すの司祭のアクションで構成される。 This whole procedure is usually called, from one of its parts, "confession", and it is said to take place in the "tribunal of penance", because it is a judicial process in which the penitent is at once the accuser, the person accused, and the witness, while the priest pronounces judgment and sentence.それは後悔しているが一度告発人である司法プロセスであるため、この手順全体が、通常、 "告白"は、その部品の一つから、と呼ばれ、それは "贖罪の法廷"で行われると言われています司祭は判決と判決を宣告しながら、被告人、証人と。 The grace conferred is deliverance from the guilt of sin and, in the case of mortal sin, from its eternal punishment; hence also reconciliation with God, justification.授与の恵みは、その永遠の刑罰から、大罪の場合には、罪の罪悪感からの救出であり、それゆえ、神との和解、正当化。 Finally, the confession is made not in the secrecy of the penitent's heart nor to a layman as friend and advocate, nor to a representative of human authority, but to a duly ordained priest with requisite jurisdiction and with the "power of the keys", ie, the power to forgive sins which Christ granted to His Church.最後に、自白が必要な管轄と "鍵の力"と後悔している人の心の秘密にも、友人や支持者として素人に、また人間の権威を代表するが、正式に叙任されるしないようにしている、すなわち、キリストが彼の教会に与えられた罪を許すことは電源。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
By way of further explanation it is needful to correct certain erroneous views regarding this sacrament which not only misrepresent the actual practice of the Church but also lead to a false interpretation of theological statement and historical evidence.さらなる説明のために、それは教会の実際の練習を偽るも神学的声明と歴史的な証拠の誤った解釈につながるだけでなく、この聖餐式に関する特定の誤った見解を修正するために入用です。 From what has been said it should be clear: :それは明確であるべきだと述べてきたことから

that penance is not a mere human invention devised by the Church to secure power over consciences or to relieve the emotional strain of troubled souls; it is the ordinary means appointed by Christ for the remission of sin.その苦行は良心を介して電力を確保したり、問題を抱えた魂の精神的負担を和らげるために教会によって考案された、単なる人間の発明ではなく、罪の赦しのためにキリストによって任命された通常の手段である。 Man indeed is free to obey or disobey, but once he has sinned, he must seek pardon not on conditions of his own choosing but on those which God has determined, and these for the Christian are embodied in the Sacrament of Penance.男は確かに従うか従わないは自由ですが、一度、彼が罪を犯した、と彼はない彼自身の選択の条件ではなく、神が判断したものについての恩赦を求めなければならない、とクリスチャンのために、これらは聖餐式の贖罪で具現化されています。

No Catholic believes that a priest simply as an individual man, however pious or learned, has power to forgive sins.いいえカトリック司祭は、単に個々の人間として、しかし敬虔または学んだ、罪を赦す力を持っていると信じていません。 This power belongs to God alone; but He can and does exercise it through the ministration of men.この力は、神だけに属して、しかし彼は、男性の奉仕を通してそれを行使することができません。 Since He has seen fit to exercise it by means of this sacrament, it cannot be said that the Church or the priest interferes between the soul and God; on the contrary, penance is the removal of the one obstacle that keeps the soul away from God.彼は、この聖餐式の手段でそれを行使するのが妥当と見ているので、教会や司祭は、魂と神との間に干渉することを言うことができない、逆に、贖罪は神から離れて魂を保つ一つの障害を除去することである。 It is not true that for the Catholic the mere "telling of one's sins" suffices to obtain their forgiveness.それはカトリックのために単なる "自分の罪を告げるが"彼らの許しを得るために十分であることは事実ではありません。 Without sincere sorrow and purpose of amendment, confession avails nothing, the pronouncement of absolution is of no effect, and the guilt of the sinner is greater than before.心から悲しみと改正の目的は、告白availsは何もせずに、罪の赦しの宣告は何の効果もあり、罪人の罪悪感は以前よりも大きくなっています。

While this sacrament as a dispensation of Divine mercy facilitates the pardoning of sin, it by no means renders sin less hateful or its consequences less dreadful to the Christian mind; much less does it imply permission to commit sin in the future.神の慈悲の摂理として、この聖餐式は、罪の赦免を容易にしながら、決してそれはキリスト教の精神にそれほど憎いまたはその影響が少ない恐ろしい罪をレンダリングし、ましてやそれが将来的に罪を犯すための権限を意味するものではありません。 In paying ordinary debts, as eg, by monthly settlements, the intention of contracting new debts with the same creditor is perfectly legitimate; a similar intention on the part of him who confesses his sins would not only be wrong in itself but would nullify the sacrament and prevent the forgiveness of sins then and there confessed.自分の罪を告白し、彼の一部に類似した意図は、それ自体だけで間違っている可能性がないだろうが、聖餐式を無効でしょう、普通の借金を支払うこととして、例えば、毎月の入植によって、同一の債権者との新たな債務を契約の意図は完全に正当なものであるそしてその場で告白し、罪の赦しを防ぐ。

Strangely enough, the opposite charge is often heard, viz., that the confession of sin is intolerable and hard and therefore alien to the spirit of Christianity and the loving kindness of its Founder.不思議なことに、反対の電荷は、多くの場合、すなわち、聞こえてきます。、罪の告白は耐え難いとハードとキリスト教の精神とその創設者のいつくしみのゆえ外国人であること。 But this view, in the first place, overlooks the fact that Christ, though merciful, is also just and exacting.しかし、このビューには、まず第一に、キリストは、しかし慈悲深いが、公正かつ厳格なもであるという事実を見渡すことができます。 Furthermore, however painful or humiliating confession may be, it is but a light penalty for the violation of God's law.さらに、しかし痛みや屈辱の告白かもしれないが、それは神の律法の違反のために、光のペナルティです。 Finally, those who are in earnest about their salvation count no hardship too great whereby they can win back God's friendship.最後に、彼らの救いについて真剣にいる人々は、彼らが神の友情を取り戻すことができる大きすぎない苦難をカウントしません。

Both these accusations, of too great leniency and too great severity, proceed as a rule from those who have no experience with the sacrament and only the vaguest ideas of what the Church teaches or of the power to forgive sins which the Church received from Christ.聖餐と教会はキリストから受け取った罪を許すことは、教会が教えているのか、電源の唯一vaguestアイデアと経験がない人たちから、原則として進みすぎると寛大すぎる重症度のこれらの非難は、両方。

Teaching of the Church教会の教え

The Council of Trent (1551) declares:トレントの評議会(1551年)が宣言しています。

As a means of regaining grace and justice, penance was at all times necessary for those who had defiled their souls with any mortal sin.恵みと正義を回復する手段として、苦行はどんな大罪で自分の魂を汚した人のために必要なすべての回であった。 . . . Before the coming of Christ, penance was not a sacrament, nor is it since His coming a sacrament for those who are not baptized.キリストの到来前に、苦行は聖餐式ではありませんでした、そして、それは彼が洗礼を受けていない人たちのための聖餐式に来て以来です。 But the Lord then principally instituted the Sacrament of Penance, when, being raised from the dead, he breathed upon His disciples saying: 'Receive ye the Holy Ghost. "あなたがたは、聖霊を受ける:しかし主はその後、主に死者の中からよみがえらされて、贖罪の聖礼典を制定し、彼は言った彼の弟子によって吸い込んだ。 Whose sins you shall forgive, they are forgiven them; and whose sins you shall retain, they are retained' (John 20:22-23). 、彼らがそれらを赦され、その罪は赦さものとし、その罪をあなたが保管しなければならない、彼らは(ヨハネ20:22-23) "が保持されます。 By which action so signal and words so clear the consent of all the Fathers has ever understood that the power of forgiving and retaining sins was communicated to the Apostles and to their lawful successors, for the reconciling of the faithful who have fallen after Baptism.どのアクション信号との言葉は、すべての父親の同意をクリアするようにすることにより、これまでの罪を赦し、保持のパワーは洗礼後に下落している信徒の和解のために、使徒とその後継者に合法的に伝えられたことを理解しています。 (Sess. XIV, c. i)会(14 sess。ⅰ)

Farther on the council expressly states that Christ left priests, His own vicars, as judges (praesides et judices), unto whom all the mortal crimes into which the faithful may have fallen should be revealed in order that, in accordance with the power of the keys, they may pronounce the sentence of forgiveness or retention of sins" (Sess. XIV, c. v)遠い協議明示的に国に忠実に落ちたかもしれないにすべての人間の犯罪はの電力に応じて、その順番で明らかにされるべきである誰かれ裁判官(praesidesらjudices)などキリスト左司祭、彼自身のvicars、そのキーは、彼らは "罪の赦しや保持の判決を言い渡すことができる会(14 sess。ⅴ)

Power to Forgive Sins罪を赦すために電源

It is noteworthy that the fundamental objection so often urged against the Sacrament of Penance was first thought of by the Scribes when Christ said to the sick man of the palsy: "Thy sins are forgiven thee."それは、キリストが麻痺の病人に言ったときにそう頻繁に贖罪の聖押し付け基本異議が最初に筆記者によって考えられていたことは注目すべきである。 "汝の罪は、なたを赦された" "And there were some of the scribes sitting there, and thinking in their hearts: Why doth this man speak thus? he blasphemeth. Who can forgive sins but God only?" "?:罪を赦すことができます誰がなぜこの男はこのように話す彼が蓄えblasphemethはなく、神のみや律法学者たちがそこに座って、彼らの心の中に思考のいくつかはありました?" But Jesus seeing their thoughts, said to them: "Which is easier to say to the sick of the palsy: Thy sins are forgiven thee; or to say, Arise, take up thy bed and walk? But that you may know that the Son of man hath power on earth to forgive sins, (he saith to the sick of the palsy,) I say to thee: Arise, take up thy bed, and go into thy house" (Mark 2:5-11; Matthew 9:2-7). "麻痺の病人に言うことは簡単ですどの:しかし、イエスは彼らに言われた、自分の考えを見てあなたの罪は、なたを赦され、またはあなたのベッドとウォークを取る、立って、言うことしかし、あなたは息子のことを知っているかもしれない?男(麻痺の病人に、彼は言われた、)、罪を赦すために、地球上の電力をかれら私はtheeに言う、起きなたの床を取りあげ、そして汝の家に行く "(マルコ2:5-11、マタイ9: 2-7)。 Christ wrought a miracle to show that He had power to forgive sins and that this power could be exerted not only in heaven but also on earth.キリストは彼が罪を赦す力を持っていたことと、この電力は、天国ではなく、地球上だけでなく発揮させることができることを示すために奇跡を鍛造。 This power, moreover, He transmitted to Peter and the other Apostles.この電力は、また、彼はペトロとほかの使徒たちに伝達される。 To Peter He says: "And I will give to thee the keys of the kingdom of heaven. And whatsoever thou shalt bind upon earth, it shall be bound also in heaven: and whatsoever thou shalt loose on earth, it shall be loosed also in heaven" (Matthew 16:19).ピーターに彼は言います: "そして、私は、天国の鍵をなたに与えると、地球に全くなたのバインドが、それはまた、天にバインドしなければならない。と地球上の緩い一切なた、それはまたで増ししなければならない天国 "(マタイ16:19)。 Later He says to all the Apostles: "Amen I say to you, whatsoever you shall bind upon earth, shall be bound also in heaven; and whatsoever you shall loose upon earth, shall be loosed also in heaven" (Matthew 18:18).後で彼はすべての使徒たちに言う: "アーメン私は全くあなたが地球にバインドしなければならない、天にも拘束されるものと、あなたに言う、そして全くあなたが地球に失うものとし、天にも増ししなければならない"(マタイ夜06時18分) 。 As to the meaning of these texts, it should be noted:これらの文章の意味としては、それに注意する必要があります。

that the "binding" and "loosing" refers not to physical but to spiritual or moral bonds among which sin is certainly included; the more so because the power here granted is unlimited -- "whatsoever you shall bind, . . . whatsoever you shall loose"; "結合"と "失う"は、物理的にではなく、罪は確かに含まれている間に精神的または道徳債券に言及しないこと、より多くのようにここで付与される電力が無制限であるため - "全くあなたは、バインドしなければならない...全くあなたがしなければならない"ゆるい;

the power is judicial, ie, the Apostles are authorized to bind and to loose;電力、すなわち、使徒が結合すると緩やかに​​認可されている司法である;

whether they bind or loose, their action is ratified in heaven.彼らが緩いかどうかをバインドしたり、彼らの行動は天で批准されています。 In healing the palsied man Christ declared that "the Son of man has power on earth to forgive sins"; here He promises that what these men, the Apostles, bind or loose on earth, God in heaven will likewise bind or loose.ここで彼は、天に地球、神に使徒、バインドまたは緩みが同様に何これらの人々を結合するか、または失うことになることを約束して、麻痺の人を癒し、キリストは、 "人の子は罪を許すことは、地球上の力を持っている"と宣言した。 (Cf. also POWER OF THE KEYS.) (KEYS cf.のも電源をオンにします。)

But as the Council of Trent declares, Christ principally instituted the Sacrament of Penance after His Resurrection, a miracle greater than that of healing the sick.評議会のトレントを宣言としてではなく、キリストは主に彼の復活、病人を癒すのそれよりも大きい奇跡の後贖罪の聖礼典を制定しました。 "As the Father hath sent me, I also send you. When he had said this, he breathed on them; and he said to them: Receive ye the Holy Ghost. Whose sins you shall forgive, they are forgiven them; and whose sins you shall retain, they are retained' (John 20:21-23). While the sense of these words is quite obvious, the following points are to be considered: "父がわたしを遣わしたように、私もあなたを送って、彼はこのことを言ったときに、彼は彼らに息、そして彼は彼らに言った、あなたがたは、聖霊を受ける誰あなたがゆるさねば罪には、それらを赦され、そしてその罪。あなたがそれらが(ヨハネ20:21-23) "保持され、保管しなければならないこれらの単語の意味は非常に明白であるが、以下の点が考慮されるべきである:

Christ here reiterates in the plainest terms -- "sins", "forgive", "retain" -- what He had previously stated in figurative language, "bind" and "loose", so that this text specifies and distinctly applies to sin the power of loosing and binding.キリストはここに最も平易な言葉で改めて表明 - "罪"、 "許す"、 "保持" - 彼は以前に比喩的な言葉、 "バインド"と "ルーズ"で述べていたものなので、このテキストを指定し、明確に罪を適用されること失うと結合のパワー。

He prefaces this grant of power by declaring that the mission of the Apostles is similar to that which He had received from the Father and which He had fulfilled: "As the Father hath sent me".使徒の使命は、彼は彼が果たした父とそこから受けていたどのように似ていることを宣言することによって彼は序文電力のこの助成金を "父がわたしを遣わしたように"。 Now it is beyond doubt that He came into the world to destroy sin and that on various occasions He explicitly forgave sin (Matthew 9:2-8; Luke 5:20; 7:47; Revelation 1:5), hence the forgiving of sin is to be included in the mission of the Apostles.のゆえ寛容、今では彼が罪を破壊し、様々な場面で彼が明示的(黙示録1時05分、ルカ5時20分;; 7時47分マタイ9:2-8)罪を許したことにこの世に来た疑いを超えて罪は使徒の使命に含まれるべきである。 Christ not only declared that sins were forgiven, but really and actually forgave them; hence, the Apostles are empowered not merely to announce to the sinner that his sins are forgiven but to grant him forgiveness-"whose sins you shall forgive".キリストは罪が赦されたことを宣言されているが、実際に、実際にそれらを許しただけでなく、それゆえに、使徒は、彼の罪は赦されている罪人に発表するのではなく、彼を赦し、 "その罪は赦さなければならない"を許可するだけではない力を与えている。 If their power were limited to the declaration "God pardons you", they would need a special revelation in each case to make the declaration valid.彼らのパワーが宣言 "神赦免あなた"に限られていた場合、彼らは宣言を有効にするために、それぞれの場合における特別な啓示を必要とするでしょう。

The power is twofold -- to forgive or to retain, ie, the Apostles are not told to grant or withhold forgiveness nondiscriminately; they must act judicially, forgiving or retaining according as the sinner deserves.電源が二つある - 許すことや維持すること、すなわち、使徒はnondiscriminately許しを付与するかどうかを語られていない、彼らは寛容または保持罪人に値するよるとして、司法上行動しなければならない。 The exercise of this power in either form (forgiving or retaining) is not restricted: no distinction is made or even suggested between one kind of sin and another, or between one class of sinners and all the rest: Christ simply says "whose sins".いずれかの形でこの力の行使(寛容または保持)が制限されていません。区別は行われません、あるいは1罪の種類や他の間で、または1つの罪人のクラスとすべての残りの部分との間で提案されている:キリストは単に "その罪"と言う。

The sentence pronounced by the Apostles (remission or retention) is also God's sentence -- "they are forgiven . . . they are retained".使徒(寛解または保持)と発音の文はまた、神の宣告である - "彼らは許されている...彼らは保持されます。"

It is therefore clear from the words of Christ that the Apostles had power to forgive sins.それは、使徒たちが罪を赦す力を持っていたこと、したがって、キリストの言葉からも明らかである。 But this was not a personal prerogative that was to erase at their death; it was granted to them in their official capacity and hence as a permanent institution in the Church -- no less permanent than the mission to teach and baptize all nations.しかし、これは彼らの死に消去することであった個人の特権ではありませんでした、それは教会の恒久的な機関としての公的資格であるため、それらに付与されませんでした - すべての国を教え、洗礼を施すことを使命劣ら永久。 Christ foresaw that even those who received faith and baptism, whether during the lifetime of the Apostles or later, would fall into sin and therefore would need forgiveness in order to be saved.信仰と洗礼を受けた人であって、キリストの予見は、使徒の生涯の間に以降かどうか、罪に陥るであろう、したがって、保存されるために赦しを必要とするでしょう。 He must, then, have intended that the power to forgive should be transmitted from the Apostles to their successors and be used as long as there would be sinners in the Church, and that means to the end of time.彼は、その後、電源を許すことは、使徒からその後継者に送信されるべきであると教会で罪人があるだろう限り、使用することを意図していなければなりません、そして、それは時間の終わりまでを意味します。 It is true that in baptism also sins are forgiven, but this does not warrant the view that the power to forgive is simply the power to baptize.それは洗礼にも罪は赦されていることは事実ですが、これは電源を許すことは、単に洗礼を施す力であるとの見解を保証するものではありません。 In the first place, as appears from the texts cited above, the power to forgive is also the power to retain; its exercise involves a judicial action.最初の場所では、上記のように引用されたテキストから、電源を許すことも保持する力である表示され、その行使は司法作用を伴います。 But no such action is implied in the commission to baptize (Matthew 28:18-20); in fact, as the Council of Trent affirms, the Church does not pass judgment on those who are not yet members of the Church, and membership is obtained through baptism.トレントの評議会は断言として、実際には、教会はまだ教会のメンバーではない人々の判断を通過しないと、メンバーシップがありますが、そのようなアクションが洗礼を施すための手数料(マタイ28:18-20)で示唆されていませんバプテスマによって得られた。 Furthermore, baptism, because it is a new birth, cannot be repeated, whereas the power to forgive sins (penance) is to be used as often as the sinner may need it.罪(苦行)の電源を許すことは罪人がそれを必要とするかもしれないほど頻繁に使用されるのに対し、さらに、洗礼は、それが新たな誕生であるので、繰り返すことはできません。 Hence the condemnation, by the same Council, of any one "who, confounding the sacraments, should say that baptism itself is the Sacrament of Penance, as though these two sacraments were not distinct and as though penance were not rightly called the second plank after shipwreck" (Sess. XIV, can. 2 de sac. poen.).交絡の秘跡、これら二つの秘跡が異なっていなかったと苦行は当然後に第2の板と呼ばれていなかったように見えているかのようにその洗礼自体は、聖餐式の贖罪であると言うべきであり、いずれか "の同じ評議会したがって非難、難破船 "(Sess. XIV、することができます。2デ嚢。POEN)。

These pronouncements were directed against the Protestant teaching which held that penance was merely a sort of repeated baptism; and as baptism effected no real forgiveness of sin but only an external covering over of sin through faith alone, the same, it was alleged, must be the case with penance.これらの基準は、単に繰り返し洗礼のようなものだったという苦行を開催したプロテスタントの教えに対して向けられた、そして洗礼は罪の本当の許しをもたらさず、同じ、単独で信仰を通して、罪の上にカバーする唯一の外部として、それが主張され、なければなりません苦行の場合。 This, then, as a sacrament is superfluous; absolution is only a declaration that sin is forgiven through faith, and satisfaction is needless because Christ has satisfied once for all men.これは、その後、聖餐式としては余計です。赦免は罪は信仰を通して赦されていることを宣言のみであり、すべての人のためにキリストが一度クリアしているので満足度は勿論である。 This was the first sweeping and radical denial of the Sacrament of Penance.これは贖罪の聖礼典の最初の抜本的かつ急進的な否定であった。 Some of the earlier sects had claimed that only priests in the state of grace could validly absolve, but they had not denied the existence of the power to forgive.以前の宗派のいくつかは、神の恵みを受けている状態で唯一の祭司たちは正当に無罪を言い渡すことを主張していたが、それらは電源を許すことの存在を否定していませんでした。 During all the preceding centuries, Catholic belief in this power had been so clear and strong that in order to set it aside Protestantism was obliged to strike at the very constitution of the Church and reject the whole content of Tradition.すべての先行する世紀の間に、この電力でカトリックの信仰はそれを取っておくために、プロテスタントが教会のまさに憲法で打つと伝統の全体の内容を拒否するように義務付けられていたように、明確で強いていた。

Belief and Practice of the Early Church初代教会の信仰と実践

Among the modernistic propositions condemned by Pius X in the Decree "Lamentabili sane" (3 July, 1907) are the following: (1907年7月3日)令 "Lamentabili正気"でピウスXで非難現代的な命題の中では、次のとおりです。

"In the primitive Church there was no concept of the reconciliation of the Christian sinner by the authority of the Church, but the Church by very slow degrees only grew accustomed to this concept. Moreover, even after penance came to be recognized as an institution of the Church, it was not called by the name of sacrament, because it was regarded as an odious sacrament." "原始教会では、教会の権威によってキリスト教罪人の和解の概念はありませんでしたが、非常にゆっくりと徐々に教会が唯一のこの概念に慣れて育った。また、苦行の機関として認識されるようになった後でも、それはいやらしい聖餐式として見なされていたので、教会は、それは、聖餐式の名前で呼ばれていませんでした。 " (46) "The Lord's words: 'Receive ye the Holy Ghost, whose sins you shall forgive, they are forgiven them, and whose sins you shall retain they are retained' (John xx, 22-23), in no way refer to the Sacrament of Penance, whatever the Fathers of Trent may have been pleased to assert." (46) "主の言葉: 'がたはその罪はゆるさねば聖霊を受けるには、それらを赦されて、その罪は、彼らが保持されて保管しなければならない"(ヨハネxxは、22から23)は、決してを参照してください。トレントの父親が主張することを嬉しくされている可能性がどのような贖罪の聖礼典、。 " (47) (47)

According to the Council of Trent, the consensus of all the Fathers always understood that by the words of Christ just cited, the power of forgiving and retaining sins was communicated to the Apostles and their lawful successors (Sess. XIV, c. i).トレントの評議会によると、すべての祖先のコンセンサスは常にキリストの言葉を引用しただけであることを理解、罪を赦し、保持のパワーは、使徒とその後継合法会(14 sess。i)に伝えられた。 It is therefore Catholic doctrine that the Church from the earliest times believed in the power to forgive sins as granted by Christ to the Apostles.したがって、太古の時代から教会は使徒たちに、キリ​​ストによって与えられたとして、その罪を赦し、力を信じているカトリックの教義です。 Such a belief in fact was clearly inculcated by the words with which Christ granted the power, and it would have been inexplicable to the early Christians if any one who professed faith in Christ had questioned the existence of that power in the Church.実際にはそのような信念がはっきりとキリストが権力を付与されていると言葉で教え込まれた、キリストの信仰を公言したいずれかの教会でその力の存在を疑問視していた場合、それは初期のキリスト教徒に不可解だっただろう。 But if, contrariwise, we suppose that no such belief existed from the beginning, we encounter a still greater difficulty: the first mention of that power would have been regarded as an innovation both needless and intolerable; it would have shown little practical wisdom on the part of those who were endeavouring to draw men to Christ; and it would have raised a protest or led to a schism which would certainly have gone on record as plainly at least as did early divisions on matters of less importance.しかし、逆に、我々はそのような信念は、初めから存在しないと仮定した場合、我々はまだ大きな困難に遭遇した:その力の最初の言及は、不必要と耐え難い両方の革新とみなされてきたであろう、それは上に少し実用的な知恵を示しているであろうそれは抗議を提起した以下の重要事項について早期の事業部門が行ったように確かにはっきりと、少なくとも記録に行っただろう分裂につながったであろう。キリストに男性を描くために努力した人々の一部。 But no such record is found; even those who sought to limit the power itself presupposed its existence, and their very attempt at limitation put them in opposition to the prevalent Catholic belief.しかし、そのような記録は見つけられません。さえ自身がその存在を前提とする電力を制限しようとした人と、制限で彼らの試みは非常に普及しているカトリックの信仰に反対してそれらを置く。

Turning now to evidence of a positive sort, we have to note that the statements of any Father or orthodox ecclesiastical writer regarding penance present not merely his own personal view, but the commonly accepted belief; and furthermore that the belief which they record was no novelty at the time, but was the traditional doctrine handed down by the regular teaching of the Church and embodied in her practice.彼らはレコードが全く目新しさはなかった信念がさらにあること、正の種の証拠に移ると、我々は単に彼自身の個人的な見解どんな父またはオーソドックス教会の作家の文は苦行の存在に関することに注意する必要がありますが、一般的に受け入れられている信念当時のが、伝統的な教義は、教会の正規教育口碑と彼女の実際に具現された。 In other words, each witness speaks for a past that reaches back to the beginning, even when he does not expressly appeal to tradition.言い換えれば、各証人は、彼が明示伝統には興味がない場合でも、最初に戻って到達した過去のために語っています。

St. Augustine (d. 430) warns the faithful: "Let us not listen to those who deny that the Church of God has power to forgive all sins" (De agon. Christ., iii).聖アウグスティヌス(民主党430)忠実に警告します: "私たちは神の教会はすべての罪を赦す力を持っていることを否定する人々に耳を傾けないようにしましょう​​"(デアゴンキリスト、iiiは。)。

St. Ambrose (d. 397) rebukes the Novatianists who "professed to show reverence for the Lord by reserving to Him alone the power of forgiving sins. Greater wrong could not be done than what they do in seeking to rescind His commands and fling back the office He bestowed. . . . The Church obeys Him in both respects, by binding sin and by loosing it; for the Lord willed that for both the power should be equal" (De poenit., I, ii,6).聖アンブローズ(民主党397) "一人で彼に寛容に罪の電力を予約することによって、主のために畏敬の念を示すために公言Novatianistsをrebukes。グレーター間違った彼らは彼のコマンドを取り消すとバック​​情事を求めるには何よりも行うことができませんでした教会が結合することによって罪とそれを失うことによって、両方の点で、イエスに従う....彼が授け事務所、主のためには、電源の両方に(。デpoenit、I、II、6) "等しくなければならないという意志。

Again he teaches that this power was to be a function of the priesthood.再び彼はこの力は神権の関数であることだったことを教えています。 "It seemed impossible that sins should be forgiven through penance; Christ granted this (power) to the Apostles and from the Apostles it has been transmitted to the office of priests" (op. cit., II, ii, 12). "それは罪が贖罪を通して赦されるべきであることは不可能に見えた。キリストは使徒たちに、この(パワー)を付与されており、それは司祭のオフィスに送信された使徒から"(前掲、II、II、12)。

The power to forgive extends to all sins: "God makes no distinction; He promised mercy to all and to His priests He granted the authority to pardon without any exception" (op. cit., I, iii, 10).電源を許すことは、すべての罪を広げています: "神は区別されません、彼は、彼は例外なく恩赦に権限を付与されたすべてに、彼の司祭たちに慈悲を約束した"(前掲、I、III、10)。

Against the same heretics St. Pacian, Bishop of Barcelona (d. 390), wrote to Sympronianus, one of their leaders: "This (forgiving sins), you say, only God can do. Quite true: but what He does through His priests is the doing of His own power" (Ep. I ad Sympron, 6 in PL, XIII, 1057).この(寛容に罪)は、あなたが言う、神だけが行うことができます "Quite真:同じ異端セントPacianに対して、バルセロナ(民主党390)の司教は、Sympronianus、彼らの指導者の一人に手紙を書いたが、彼は彼を通して何をするか司祭は彼自身の力 "(Ep.私の広告Sympron、PL、XIII、1057年の6)の仕業である。

In the East during the same period we have the testimony of St. Cyril of Alexandria (d. 447): "Men filled with the spirit of God (ie priests) forgive sins in two ways, either by admitting to baptism those who are worthy or by pardoning the penitent children of the Church" (In Joan., 1, 12 in PG, LXXIV, 722).東アジアでは同期間に、我々はアレクサンドリアの聖キュリロス(民主党447)の証言を持っている: "神の霊(つまり司祭)が充填された男性は、どちらか、2つの方法で、その罪を赦しの洗礼を立派な人を入所させて、または教会の後悔子供 "(ジョアン。、1、PG、LXXIV、722で12)を赦免によって。

St. John Chrysostom (d. 407) after declaring that neither angels nor archangels have received such power, and after showing that earthly rulers can bind only the bodies of men, declares that the priest's power of forgiving sins "penetrates to the soul and reaches up to heaven".どちらも天使も大天使がそのような力を受け、この世の支配者が人の唯一の体を結合することができることを示した後、寛容に罪の司祭の電源が "魂に浸透し、到達したことを宣言したことを宣言した後、聖ヨハネクリュソストモス(民主党407) "天国まで。 Wherefore, he concludes, "it were manifest folly to condemn so great a power without which we can neither obtain heaven nor come to the fulfillment of the promises. . . . Not only when they (the priests) regenerate us (baptism), but also after our new birth, they can forgive us our sins" (De sacred., III, 5 sq.).それゆえ、彼の結論は、 "それは我々が天を得ることも、約束の履行に来る....だけでなく、彼ら(司祭)が私たち(洗礼)を再生成するときすることができますどちらもなしでそう大きな力を非難するために、マニフェスト愚行であったが、また、私たちの新しい誕生した後、彼らは私たちの罪 "(デ神聖。、III、5平方)を許すことができます。

St. Athanasius (d. 373): "As the man whom the priest baptizes is enlightened by the grace of the Holy Ghost, so does he who in penance confesses his sins, receive through the priest forgiveness in virtue of the grace of Christ" (Frag. contra Novat. in PG, XXVI, 1315).聖アタナシウス(民主党373): "司祭baptizesは、聖霊の恵みによって啓発される男として、そう苦行で自分の罪を告白し、彼は、キリストの恵みのおかげで司祭の赦しを通して受け取るん" (Frag.コントラNovat。PG内、XXVI、1315)。

These extracts show that the Fathers recognized in penance a power and a utility quite distinct from that of baptism.これらの抽出物は、父が苦行でパワーと洗礼のそれとはかなり異なる効用を認識したことを示している。 Repeatedly they compare in figurative language the two means of obtaining pardon; or regarding baptism as spiritual birth, they describe penance as the remedy for the ills of the soul contracted after that birth.繰り返し彼らが比喩的な言葉に恩赦を得るための二つの方法を比較し、または精神的な誕生として洗礼に関しては、彼らは、その出生後に契約した魂の病気の治療薬として苦行を記述します。 But a more important fact is that both in the West and in the East, the Fathers constantly appeal to the words of Christ and given them the same interpretation that was given eleven centuries later by the Council of Trent.しかし、より重要な事実は、西洋と東洋の両方で、祖先は絶えずキリストの言葉にアピールし、それらにトレントの評議会によって11世紀後に与えられたのと同じ解釈を与えられたということです。 In this respect they simply echoed the teachings of the earlier Fathers who had defended Catholic doctrine against the heretics of the third and second centuries.この点で、彼らは単に第3および第2世紀の異端に対しては、カトリックの教義を擁護していた以前の父親の教えを繰り返した。 Thus St. Cyprian in his "De lapsis" (AD 251) rebukes those who had fallen away in time of persecution, but he also exhorts them to penance: "Let each confess his sin while he is still in this world, while his confession can be received, while satisfaction and the forgiveness granted by the priests is acceptable to God" (c. xxix).したがって、彼の "デlapsis"(AD 251)の聖シプリアンは、迫害の時に離れて落ちていた人たちをrebukesが、彼はまた苦行にそれらをexhortsの: "彼がこの世界にまだある間、それぞれが自分の罪を告白しましょう​​、彼の告白しながら満足度や司祭によって付与許しは神に受け入れられる一方で、受信することができます "(C. XXIX)。 (See LAPSI.) The heretic Novatian, on the contrary, asserted that "it is unlawful to admit apostates to the communion of the Church; their forgiveness must be left with God who alone can grant it" (Socrates, "Hist. eccl.", V, xxviii). (LAPSIを参照してください。)異端novatianには、逆に、と主張し "それは教会の聖体拝領に背教者を認めることは違法である、彼らの赦しは、単独で、それを付与することができます誰が神に残さなければならない"(ソクラテスは、 "シーッeccl。 "V、二十八)。 Novatian and his party did not at first deny the power of the Church to absolve from sin; they affirmed that apostasy placed the sinner beyond the reach of that power -- an error which was condemned by a synod at Rome in 251 (See NOVATIANISM.) novatianと彼の党は最初に罪から免除する教会の権力を否定しなかった、彼らはその背教がその力の届かない罪人置か断言 - (NOVATIANISMを参照して251年にローマで教会会議で非難されたエラーを。 )

The distinction between sins that could be forgiven and others that could not, originated in the latter half of the second century as the doctrine of the Montanists, and especially of Tertullian.許されるだろ罪と、のmontanistsの教義、特にテルトゥリアヌス​​としての第二世紀後半に起源ができませんでした他の人との区別。 While still a Catholic, Tertullian wrote (AD 200-6) his "De poenitentia" in which he distinguishes two kinds of penance, one as a preparation for baptism, the other to obtain forgiveness of certain grievous sins committed after baptism, ie, apostasy, murder, and adultery.それでもカトリックながら、テルトゥリアヌス​​(紀元200から6)彼は洗礼後に犯した特定の痛ましい罪の赦しを得るために苦行の2種類の洗礼の準備として1、他を区別している彼の "デpoenitentia"、すなわち、背教を書いた、殺人、姦淫。 For these, however, he allows only one forgiveness: "Foreseeing these poisons of the Evil One, God, although the gate of forgiveness has been shut and fastened up with the bar of baptism, has permitted it still to stand somewhat open. In the vestibule He has stationed a second repentance for opening to such as knock; but now once for all, because now for the second time; but never more, because the last time it had been in vain. . . . However, if any do incur the debt of a second repentance, his spirit is not to be forthwith cut down and undermined by despair. Let it be irksome to sin again, but let it not be irksome to repent again; let it be irksome to imperil oneself again, but let no one be ashamed to be set free again. Repeated sickness must have repeated medicine" (De poen., VII). "悪の1つのこれらの毒を見越して、神、赦しのゲートは閉鎖と洗礼のバーつきで固定されているが、やや開いて立って、まだそれを許可した場合:これらは、しかし、彼は1つだけ許しができます。前庭彼はこのようなノックのように開くための第二の悔い改めに駐留しているが、最後の時間は、それが無駄になっていたので....しかし、どのような負担がなければ、それ以上は決して、しかし、今一度、すべてのために、今ので二度目の。それは再び自分自身を危険にさらすに厄介であるものとするが、できるように、第二の悔い改めの債務は、彼の精神は直ちには切り倒さと絶望によって損なわれてしまい、それが再び罪にうんざりとするが、それは再び後悔する厄介なことがないようにしましょう​​としなければならない。誰もが再び自由に設定できるように恥じる。繰り返し酔い薬 "(デPOEN。、VII)を決して繰り返されている必要があります。 Tertullian does not deny that the Church can forgive sins; he warns sinners against relapse, yet exhorts them to repent in case they should fall.テルトゥリアヌス​​は、教会が罪を赦すことを否定しません、彼は再発に対して罪人を警告し、まだ彼らが落ちるといけないから後悔するexhortsの。 His attitude at the time was not surprising, since in the early days the sins above mentioned were severely dealt with; this was done for disciplinary reasons, not because the Church lacked power to forgive.初期の頃に、上記の罪は厳しく対処されて以来、当時の彼の態度は、驚くべきことではなかったし、教会が許して力を欠いていたため、これは、懲戒の理由ではない行われていた。

In the minds, however, of some people the idea was developing that not only the exercise of the power but the power itself was limited.心の中では、しかし、いくつかの人々の考え方は権力の行使そのものが限られていた電力のみならずを開発していました。 Against this false notion Pope Callistus (218-22) published his "peremptory edict" in which he declares: "I forgive the sins both of adultery and of fornication to those who have done penance."この誤った考えに反対法王カリスツス(218から22)は、彼が宣言した彼の "有無を言わせぬ勅令"を発表した: "私は不倫と苦行を行っている人々に姦淫の両方の罪をお許しください。" Thereupon Tertullian, now become a Montanist, wrote his "De pudicitia" (AD 217-22).テルトゥリアヌス​​すると、今モンタヌスとなり、彼の "デpudicitia"(西暦217から22)が書いた。 In this work he rejects without scruple what he had taught as a Catholic: "I blush not at an error which I have cast off because I am delighted at being rid of it . . . one is not ashamed of his own improvement."この作品で彼は、彼がカトリックとして教えられたものを平気で拒否する: "私は私がそれを取り除くであることに嬉しく思いますので、私はキャストオフしているエラーではない赤面... 1は自分の改善を恥じていない。" The "error" which he imputes to Callistus and the Catholics was that the Church could forgive all sins: this, therefore, was the orthodox doctrine which Tertullian the heretic denied.彼はカリスツスとカトリックに帰する "エラーは"教会は、すべての罪を赦すことができたということでした:これは、したがって、テルトゥリアヌス​​異端者が拒否され、正統派の教義であった。 In place of it he sets up the distinction between lighter sins which the bishop could forgive and more grievous sins which God alone could forgive.それの代わりに、彼は司教は許さねー軽い罪と神だけが許さねーもっと悲惨な罪の区別を設定します。 Though in an earlier treatise, "Scorpiace", he had said (c. x) that "the Lord left here to Peter and through him to the Church the keys of heaven" he now denies that the power granted to Peter had been transmitted to the Church, ie, to the numerus episcoporum or body of bishops.以前の論文では、 "Scorpiace"、と彼は言っていたけど(C. x)はその "主はペテロにここを去ったそして彼を通して教会に天国の鍵は、"彼は今、ピーターに付与された電力がに送信されていたことを否定司教のnumerus episcoporum若しくは身体に対する教会、すなわち、。 Yet he claims this power for the "spirituals" (pneumatici), although these, for prudential reasons, do not make use of it.これらは、健全性の理由のために、それを使用することはありませんがしかし、彼は、 "霊歌"(pneumatici)この力を主張している。 To the arguments of the "Psychici", as he termed the Catholics, he replies: "But the Church, you say, has the power to forgive sin. This I, even more than you, acknowledge and adjudge. I who in the new prophets have the Paraclete saying: 'The Church can forgive sin, but I will not do that (forgive) lest they (who are forgiven) fall into other sins" (De pud., XXI, vii).彼はカトリック教徒と呼ばれるように "Psychici"の引数に、彼は答えた: "しかし、教会は、あなたが言う、罪を許す力を持っているこれは私は、あなたが、認めると〜と見なすよりももっと私は新しいで誰。預言者は言っている聖霊: '教会が罪を赦すことができます、しかし、彼ら(赦される)他の罪 "(デPUD、XXI、Ⅶ。)に分類されないように私は(許す)ことを行うことはありません。 Thus Tertullian, by the accusation which he makes against the pope and by the restriction which he places upon the exercise of the power of forgiving sin, bears witness to the existence of that power in the Church which he had abandoned.したがってテルトゥリアヌス​​は、彼が法王に反対し、彼は寛容罪の力の行使に際して配置制限によるなり告発することによって、彼は放棄していた教会で、その力の存在を証明している。

Not content with assailing Callistus and his doctrine, Tertullian refers to the "Shepherd" (Pastor), a work written AD 140-54, and takes its author Hermas to task for favouring the pardon of adulterers. assailingカリスツスと彼の教義に満足していない、テルトゥリアヌス​​は "羊飼い"(牧師)は、AD 140から54まで書かれた作品を指し、姦淫の恩赦を支持するためのタスクにその著者hermasはかかります。 In the days of Hermas there was evidently a school of rigorists who insisted that there was no pardon for sin committed after baptism (Simil. VIII, vi).のhermas日に洗礼後に犯した罪に対する恩赦(Simil. VIII、VI)が存在しなかったと主張しrigoristsの学校は明らかにあった。 Against this school the author of the "Pastor" takes a resolute stand.この学校に対して "牧師"の著者は、毅然とした立場をとっているのです。 He teaches that by penance the sinner may hope for reconciliation with God and with the Church.彼は苦行によって罪人が神と教会との和解を期待可能性があることを教示している。 "Go and tell all to repent and they shall live unto God. Because the Lord having had compassion, has sent me to give repentance to all men, although some are not worthy of it on account of their works" (Simil. VIII, ii). "行って後悔すると、彼らは神に住んでる全てを教えてください。主は慈悲を受けたことがあるのでいくつかは、彼らの仕事のアカウントにそれの価値があるではありませんが、すべての人に悔い改めを与えるために私を遣わされた"(Simil. VIII、II )。 Hermas, however, seems to give but one opportunity for such reconciliation, for in Mandate IV, i, he seems to state categorically that "there is but one repentance for the servants of God", and further on in c. hermasはしかし、与えると思われるが、委任IVのためのそのような和解のための1つの機会には、私は、彼は、さらに、cの上で "しかし、1つの神のしもべのために後悔がある"と断定的に述べているようだ。 iii he says the Lord has had mercy on the work of his hands and hath set repentance for them; "and he has entrusted to me the power of this repentance. And therefore I say to you, if any one has sinned . . he has opportunity to repent once". IIIは、彼は、主が彼の手のわざに慈悲を持っていたと言い、かれら彼らのために悔い改めを設定します "と、彼はこの悔い改めの力を私に委託しており、それゆえ、わたしはあなたに言う、彼が持っている...いずれが罪を犯した場合。一度後悔する機会 "。 Repentance is therefore possible at least once in virtue of a power vested in the priest of God.悔い改めは、神の祭司に帰属パワーのおかげで少なくとも一度ことが可能である。 That Hermas here intends to say that the sinner could be absolved only once in his whole life is by no means a necessary conclusion. hermasはここに罪人は一生に一度だけ免除することができると言うことを予定していることは決して必然的な結論というわけではありません。 His words may well be understood as referring to public penance (see below) and as thus understood they imply no limitation on the sacramental power itself.彼の言葉は、公共の苦行(下記参照)を参照し、としてこのように彼らは聖礼典の電源自体に何ら限定するものではありません理解されるものと理解することができる。 The same interpretation applies to the statement of Clement of Alexandria (d. circa AD 215): "For God being very merciful has vouchsafed in the case of those who, though in faith, have fallen into transgression, a second repentance, so that should anyone be tempted after his calling, he may still receive a penance not to be repented of" (Stromata, II, xiii). 、神は非常に慈悲深い当分の罪、第二の後悔に陥っている人たちは、信仰においても、それらの場合にvouchsafedいる "ようにすべきである:同じ解釈はアレクサンドリアのクレメンス(民主党年頃西暦215)の文に適用されます誰もが彼を呼び出した後に誘惑され、彼はまだを後悔されない苦行 "(stromaの、II、13)を受け取ることがあります。

The existence of a regular system of penance is also hinted at in the work of Clement, "Who is the rich man that shall be saved?", where he tells the story of the Apostle John and his journey after the young bandit.苦行の定期的なシステムの存在はまた、彼が若い山賊の後、使徒ヨハネと彼の旅の物語を告げる場所 "誰が救われる?金持ちである"、クレメントの仕事のヒントがあります。 John pledged his word that the youthful robber would find forgiveness from the Saviour; but even then a long serious penance was necessary before he could be restored to the Church.ジョンは若々しい強盗は救世主から許しを見つけることに彼の言葉を約束し、しかし、彼は教会に復元することができる前にさえ、長い深刻な苦行が必要であった。 And when Clement concludes that "he who welcomes the angel of penance . . . will not be ashamed when he sees the Saviour", most commentators think he alludes to the bishop or priest who presided over the ceremony of public penance.とクレメントは "彼は救い主を見たときの贖罪の天使を歓迎し、彼は...恥じることはないだろう"と結論づけているときに、ほとんどのコメンテーターは、彼が国民の贖罪の儀式を主宰司教や司祭を暗示だと思います。 Even earlier, Dionysius of Corinth (d. circa AD 17O), setting himself against certain growing Marcionistic traditions, taught not only that Christ has left to His Church the power of pardon, but that no sin is so great as to be excluded from the exercise of that power.以前にも、コリントのディオニュシオス(民主党年頃AD 17O)は、特定の成長Marcionistic伝統に対して自分自身を設定することは、キリストが彼の教会に恩赦の力を残していることだけでなく、教えたが、全く罪は対象から除外するように偉大なされていないことその権力の行使。 For this we have the authority of Eusebius, who says (Hist. eccl., IV, xxiii): "And writing to the Church which is in Amastris, together with those in Pontus, he commands them to receive those who come back after any fall, whether it be delinquency or heresy".このために我々は(。チャンネルですeccl、IV、23)は言うユーセビアスの権限を持っている: "そしてAmastrisにある教会への書き込み、一緒にポントスのもので、彼は彼らがいずれかの後に戻ってくる人々を受信するためのコマンド"それは非行や異端であるかどうか、落ちる。

The "Didache" (qv) written at the close of the first century or early in the second, in IV, xiv, and again in XIV, i, commands an individual confession in the congregation: "In the congregation thou shalt confess thy transgressions"; or again: "On the Lord's Day come together and break bread . . . having confessed your transgressions that your sacrifice may be pure." "新約聖書"(QV)はIV、14で、最初の世紀のクローズ時、または第二の初期に書かれており、再びXIVで、iは、会衆内の個々の告白を指揮: "信徒でなたは汝の罪を告白";または再び:"主の日に一緒に来て、パンをちぎる...あなたの犠牲は純粋かもしれないあなたの罪を告白した。 " Clement I (d. 99) in his epistle to the Corinthians not only exhorts to repentance, but begs the seditious to "submit themselves to the presbyters and receive correction so as to repent" (c. lvii), and Ignatius of Antioch at the close of the first century speaks of the mercy of God to sinners, provided they return" with one consent to the unity of Christ and the communion of the bishop".クレメントコリント人のみならず、後悔exhortsのへの彼の信徒へのI(民主党99)、しかしで "長老に自分自身を送信して、後悔するように補正を受ける"(C. LVII)、アンティオキアのイグナティウスする扇動を頼む第一世紀の終わり頃には、罪人に神の慈悲のことを話す、彼らは "キリストと司教の交わりの結束に1同意を得て"を返した。 The clause "communion of the bishop" evidently means the bishop with his council of presbyters as assessors.句は "司教の聖体拝領"は明らかに審査員としてのpresbyters彼の会議で司教を意味します。 He also says (Ad Philadel,) "that the bishop presides over penance".彼はまた、 "司教は苦行を主宰した"(広告Philadel、)と言います。

The transmission of this power is plainly expressed in the prayer used at the consecration of a bishop as recorded in the Canons of Hippolytus: "Grant him, 0 Lord, the episcopate and the spirit of clemency and the power to forgive sins" (c. xvii).この動力の伝達には、はっきりヒッポリュトスの規範に記録されている司教の奉献で使用祈りの中で表現されます:(C. "0主よ、bishopの地位と精神の寛大な処置と罪を許す力は、彼を許可する" XVII)。 Still more explicit is the formula cited in the "Apostolic Constitutions" (qv): "Grant him, 0 Lord almighty, through Thy Christ, the participation of Thy Holy Spirit, in order that he may have the power to remit sins according to Thy precept and Thy command, and to loosen every bond, whatsoever it be, according to the power which Thou hast granted to the Apostles."それでも、より明示的な "ローマ教皇の憲法"(QV)で引用式は次のとおりです。 "汝によると、彼は送金罪に電源を持っている可能性があるために、汝キリスト、汝の聖霊の参加を通じて、、0万軍の主は彼を付与教訓およびThyコマンド、汝が使徒に付与なたパワーに応じて、全くそれは、すべての結合を緩める。 " (Const. Apost., VIII, 5 in P. (i., 1. 1073). For the meaning of "episcopus", "sacerdos", "presbyter", as used in ancient documents, see BISHOP; HIERARCHY. "episcopus"の意味についてはPにおける(Const. APOST、VIII、5(I.、1 1073年)、 "サルセドス"、 "長老"、古代の文書で使用されるように、司教を参照してください;。階層。

Exercise of the Power権力の行使

The granting by Christ of the power to forgive sins is the first essential of the Sacrament of Penance; in the actual exercise of this power are included the other essentials.罪を赦すための電力のキリストによる許可は、聖餐式の贖罪の最初不可欠であり、この電力の実際の練習で他の必需品が含まれています。 The sacrament as such and on its own account has a matter and a form and it produces certain effects; the power of the keys is exercised by a minister (confessor) who must possess the proper qualifications, and the effects are wrought in the soul of the recipient, ie, the penitent who with the necessary dispositions must perform certain actions (confession, satisfaction).など、独自のアカウントの聖餐式は、物質とフォームを持っており、それが一定の効果を生成します。キーの電源は、適切な資格を持っていなければならない大臣(懺悔)によって行使されており、効果がの魂の中にもたらされた受信者、すなわち、必要な処分に一定のアクション(告白、満足感)を実行する必要があり後悔している。

Matter and Form物質とフォーム

According to St. Thomas (Summa, III, lxxiv, a. 2) "the acts of the penitent are the proximate matter of this sacrament".セントトーマス(スンマ、III LXXIV、図2)によれば、 "後悔の行為は、この聖餐式の近接した問題である"。 This is also the teaching of Eugenius IV in the "Decretum pro Armenis" (Council of Florence, 1439) which calls the act's "quasi materia" of penance and enumerates them as contrition, confession, and satisfaction (Denzinger-Bannwart, "Enchir.", 699).これは贖罪の行為の "準マテリア"と呼び、悔恨、告白、そして満足(デンツィンガー - bannwart、 "Enchirとしてそれらを列挙する" DecretumプロArmenis "(評議会フィレンツェ、1439年)にもエウゲニウスIVの教えです。 "、699)。 The Thomists in general and other eminent theologians, eg, Bellarmine, Toletus, Francisco Suárez, and De Lugo, hold the same opinion.一般およびその他の著名な神学者は、例えば、ベラルミーノ、Toletus、フランシスコスアレス、とDe LugoのThomistsは、同じ意見を持つ。 According to Scotus (In IV Sent., d. 16, q. 1, n. 7) "the Sacrament of Penance is the absolution imparted with certain words" while the acts of the penitent are required for the worthy reception of the sacrament.スコトゥス(IVにおいて送信されます、D 16、Q 1は、n。7)によると、後悔している行為は、聖餐式の立派な受信のために必要とされるときに "贖罪の聖礼典は、特定の単語を付与赦し"です。 The absolution as an external ceremony is the matter, and, as possessing significant force, the form.外部の儀式として赦免は大きな力、形を有するものとして、問題であり、。 Among the advocates of this theory are St. Bonaventure, Capreolus, Andreas Vega, and Maldonatus.この理論の支持者の中で聖ボナヴェントゥラ、Capreolus、アンドレアス·ベガ、そしてMaldonatusです。 The Council of Trent (Sess. XIV, c. 3) declares: "the acts of the penitent, namely contrition, confession, and satisfaction, are the quasi materia of this sacrament".トレントの評議会(。Sess. XIV、C 3)宣言: "後悔している人の行為、すなわち悔い改め、告白、そして満足度は、この聖餐式の準マテリアです。" The Roman Catechism used in 1913 (II, v, 13) says: "These actions are called by the Council quasi materia not because they have not the nature of true matter, but because they are not the sort of matter which is employed externally as water in baptism and chrism in confirmation". 1913(II、V、13)で使用されるローマ公教要理は言う: "彼らは真の物質の性質を持っていないが、いないので、これらのアクションは、理事会準マテリアによって呼び出され、彼らは外部で採用されている物質の一種ではないのでバプテスマと確認 "の聖油の水。 For the theological discussion see Palmieri, op.神学的な議論についてはパルミエリ、opを参照してください。 cit., p.前掲書、p。 144 sqq.; Pesch, "Praelectiones dogmaticae", Freiburg, 1897; De San, "De poenitentia", Bruges, 1899; Pohle, "Lehrb. d. Dogmatik". 144 sqq名;ペッシュ、 "Praelectiones dogmaticae"、フライブルク、1897;デサン、 "デpoenitentia"、ブルージュ、1899; Pohle "。Lehrb D Dogmatik"。

Regarding the form of the sacrament, both the Council of Florence and the Council of Trent teach that it consists in the words of absolution.聖餐式の形式については、評議会フィレンツェとトレントの評議会の両方は、それが罪の赦しの言葉で構成されていることを教えています。 "The form of the Sacrament of penance, wherein its force principally consists, is placed in those words of the minister: "I absolve thee, etc."; to these words indeed, in accordance with the usage of Holy Church, certain prayers are laudably added, but they do not pertain to the essence of the form nor are they necessary for the administration of the sacrament" (Council of Trent, Sess. XIV, c. 3). "その力は主に構成され、前記の贖罪の聖餐式のフォームは、大臣のその言葉に配置されている:"私は、なたを免除等 "、これらの言葉に確かに、神聖な教会の用途に応じて、特定の祈りは称賛に値するほど追加されましたが、彼らは、フォームの本質に関係のないも彼らは聖餐の投与 "(評議会トレント、sess。XIV、C 3)のために必要である。 Concerning these additional prayers, the use of the Eastern and Western Churches, and the question whether the form is deprecatory or indicative and personal, see ABSOLUTION.これらの付加的な祈り、東洋と西洋の教会の使用、およびフォームが言い訳や指標と個人的なものであるか否かの問題については、赦免を参照してください。 Cf. CF。 also the writers referred to in the preceding paragraph.また作家が前項に規定する。

Effect効果

"The effect of this sacrament is deliverance from sin" (Council of Florence). (評議会フィレンツェ) "は、この聖餐式の効果は罪からの解放"です。 The same definition in somewhat different terms is given by the Council of Trent (Sess. XIV, c. 3): "So far as pertains to its force and efficacy, the effect (res et effectus) of this sacrament is reconciliation with God, upon which there sometimes follows, in pious and devout recipients, peace and calm of conscience with intense consolation of spirit".多少異なる点で同じ定義(。Sess. XIV、C 3)トレントの評議会で与えられます。 "これまでのところ、その力と有効性に関係するように、この聖餐式の効果は(RESらeffectus)、神との和解ですその上に時々 "、信心深いと信心深いレシピエントにおける、精神の強烈な慰めと平和と良心の冷静が続きます。 This reconciliation implies first of all that the guilt of sin is remitted, and consequently also the eternal punishment due to mortal sin.この和解は、罪の罪悪感が送金されているすべての最初を意味し、結果的にも大罪のために永遠の罰。 As the Council of Trent declares, penance requires the performance of satisfaction "not indeed for the eternal penalty which is remitted together with the guilt either by the sacrament or by the desire of receiving the sacrament, but for the temporal penalty which, as the Scriptures teach, is not always forgiven entirely as it is in baptism" (Sess. VI, c. 14).トレントの評議会を宣言し、苦行か聖餐によって、または聖餐を受け取るの欲望によってではなく、聖書のように時間的なペナルティに対して罪悪感と一緒に送金され、永遠の罰のためではない確かに "満足のパフォーマンスを必要とするそれは洗礼されているように、教えは常に(sess. viのは、c。14) "完全に許されません。 In other words baptism frees the soul not only from all sin but also from all indebtedness to Divine justice, whereas after the reception of absolution in penance, there may and usually does remain some temporal debt to be discharged by works of satisfaction (see below).苦行で赦免を受信した後、通常は(下記参照)作品の満足度によって排出されるいくつかの一時的な借金が残っているかもしれない一方で、他の言葉で洗礼は、すべての罪からだけでなく、神の裁きにすべての債務からだけでなく、魂を解放。 "Venial sins by which we are not deprived of the grace of God and into which we very frequently fall are rightly and usefully declared in confession; but mention of them may, without any fault, be omitted and they can be expiated by many other remedies" (Council of Trent, Sess. XIV, c. 3). "我々は神の恩寵を奪われ、その中に我々は非常に頻繁に落ちるされていないことでささいな罪は当然と有用告白で宣言されていますが、それらに言及し、何らかの故障せず、省略することができ、それらは多くの他の救済によってexpiatedすることができます"(評議会トレント、sess。XIV、C 3)。 Thus, an act of contrition suffices to obtain forgiveness of venial sin, and the same effect is produced by the worthy reception of sacraments other than penance, eg, by Holy Communion.したがって、悔恨で十分という行為は小罪の赦しを得るためには、同様の効果が聖体拝領によって、苦行以外の秘跡に値する受信などによって生成されます。

The reconciliation of the sinner with God has as a further consequence the revival of those merits which he had obtained before committing grievous sin.神と罪人の和解は、さらにその結果として、彼は重大な罪をコミットする前に入手していたそれらのメリットの復活を持っています。 Good works performed in the state of grace deserve a reward from God, but this is forfeited by mortal sin, so that if the sinner should die unforgiven his good deeds avail him nothing.神の恵みを受けている状態で行って良い作品があれば罪人は彼の善行は彼に何も役立たない許されざる者死ぬべきであるように、神から報酬を受けるに値するが、これは大罪で没収されています。 So long as he remains in sin, he is incapable of meriting: even works which are good in themselves are, in his case, worthless: they cannot revive, because they never were alive.だから長い彼は罪の中に残っているとして、彼が値することができない:自体は良い作品があっても、彼の場合には、価値がありません:彼らは復活させることはできませんが、彼らが生きていたことがないので。 But once his sin is cancelled by penance, he regains not only the state of grace but also the entire store of merit which had, before his sin, been placed to his credit.しかし、一度、彼の罪は苦行によってキャンセルされ、彼は神の恵みを受けている状態だけでなく、彼の罪の前に、彼の信用に置かれていたメリットの全体の店舗だけでなく、を取り戻す。 On this point theologians are practically unanimous: the only hindrance to obtaining reward is sin, and when this is removed, the former title, so to speak, is revalidated.この点についての神学者が実質的に全会一致です:報酬を得るための唯一の障害は罪であり、これが削除されたとき、前者のタイトルは、いわば、再検証されます。 On the other hand, if there were no such revalidation, the loss of merit once acquired would be equivalent to an eternal punishment, which is incompatible with the forgiveness effected by penance.一方、そのような再検証、一度獲得したメリットの喪失が存在しなかった場合苦行によってもたらさ赦しとは互換性がありません永遠の刑罰に相当するだろう。 As to the further question regarding the manner and extent of the revival of merit, various opinions have been proposed; but that which is generally accepted holds with Francisco Suárez (De reviviscentia meritorum) that the revival is complete, ie, the forgiven penitent has to his credit as much merit as though he had never sinned.メリットの復活の方法と程度に関する詳細な質問に関しては、様々な意見が提案されている、しかし、一般的に受け入れられていることは、復活が完全であることをフランシスコスアレス(デreviviscentia meritorum)が成り立つ、すなわち、赦さ後悔はしなければならない彼は罪を犯したことがなかったかのように多くのメリットとしての彼の功績によるものです。 See De Augustinis, "De re sacramentaria", II, Rome, 1887; Pesch, op. 、デAugustinisを見る "デ再sacramentaria"、2世、ローマ、1887;ペッシュ、opです。 cit., VII; Göttler, "Der hl. Thomas v. Aquin u. die vortridentinischen Thomisten über die Wirkungen d. Bussakramentes", Freiburg, 1904.前掲、第VII;ゲットラー、フライブルク、1904年 "。。デアHLトーマス​​対Aquin Uダイvortridentinischen ThomistenはWirkungen D Bussakramentesを死ぬユーバー"。

The Minister (ie, the Confessor)大臣(すなわち、懺悔)

From the judicial character of this sacrament it follows that not every member of the Church is qualified to forgive sins; the administration of penance is reserved to those who are invested with authority.この聖餐式の司法の性格からそれは教会ではないすべてのメンバーが罪を赦すために修飾されていることを以下、苦行の投与は、権威をもって投資している人々に予約されています。 That this power does not belong to the laity is evident from the Bull of Martin V "Inter cunctas" (1418) which among other questions to be answered by the followers of Wyclif and Huss, has this: "whether he believes that the Christian . . . is bound as a necessary means of salvation to confess to a priest only and not to a layman or to laymen however good and devout" (Denzinger-Bannwart, "Enchir.", 670). "彼は、キリスト教信じるかどうか:このパワーは信徒に属していないことは、ウィクリフとフスの信奉者によって答えられる他の質問の中でこれを持ってマーティンV"インターcunctas "(1418)のブルからも明らかである。 ..だけではなく、素人に司祭に告白したり、しかし良いと敬虔な素人には "(デンツィンガー - bannwart、"救いの必要な手段としてバインドさEnchir。 "、670)。 Luther's proposition, that "any Christian, even a woman or a child" could in the absence of a priest absolve as well as pope or bishop, was condemned (1520) by Leo X in the Bull "Exurge Domine" (Enchir., 753).ルターの命題は、 "いかなるキリスト教も、女性や子供は、"司祭の不在下で(Enchir.、753ブル "Exurgeドミネ"でレオXで(1520)非難されただけでなく、教皇や司教として無罪を言い渡すことができること)。 The Council of Trent (Sess. XIV, c. 6) condemns as "false and as at variance with the truth of the Gospel all doctrines which extend the ministry of the keys to any others than bishops and priests, imagining that the words of the Lord (Matthew 18:18; John 20:23) were, contrary to the institution of this sacrament, addressed to all the faithful of Christ in such wise that each and every one has the power of remitting sin".トレントの評議会(14 sess。6)は偽との言葉と想像し、司教、司祭よりも他のものへの鍵のミニストリーを広げる福音の真理との差異で、すべての教説 "として非難主(マタイ午前18時18分、午後08時23ジョン)は、一人ひとりが "送金罪の力を持っているような賢明で、キリストのすべての忠実宛、この聖餐式の機関に反していた。 The Catholic doctrine, therefore, is that only bishops and priests can exercise the power.カトリックの教義は、したがって、唯一の司教と司祭が力を行使できるということです。 These decrees moreover put an end, practically, to the usage, which had sprung up and lasted for some time in the Middle Ages, of confessing to a layman in case of necessity.これらはさらに湧い及び必要な場合には素人に告白する、中世にはしばらくの間続いた用法に、実質的に、終止符を打つ布告。 This custom originated in the conviction that he who had sinned was obliged to make known his sin to some one -- to a priest if possible, otherwise to a layman.可能であれば、そうでなければ素人には司祭に - この習慣は罪を犯していた彼はいくつかのいずれかに自分の罪を知ってもらうために余儀なくされたという信念に由来している。 In the work "On true penance and false" (De vera et falsa poenitentia), erroneously ascribed to St. Augustine, the counsel is given: "So great is the power of confession that if a priest be not at hand, let him (the person desiring to confess) confess to his neighbour." "真の苦行と偽の"ワークで(デヴェラらfalsa poenitentia)、誤って聖アウグスティヌスは、生得的に、弁護人は、与えられた: "だから偉大では、司祭が手元にないことがあれば、彼を聞かせている告白の力です(告白することを望んでいる人)は、彼の隣人に告白する。 " But in the same place the explanation is given: "although he to whom the confession is made has no power to absolve, nevertheless he who confesses to his fellow (socio) becomes worthy of pardon through his desire of confessing to a priest" (PL, XL, 1113).しかし、同じ場所で説明が与えられている: "告白がなされた誰に、彼は無罪を言い渡すために電源が入っていませんが、それにもかかわらず、彼の仲間に告白(社会)、彼は司祭に告白し、彼の欲望を通して恩赦に値するものになる"(PL 、XL、1113)。 Lea, who cites (I, 220) the assertion of the Pseudo-Augustine about confession to one's neighbour, passes over the explanation.自分の隣人への告白についての擬似アウグスティヌスの主張を引用している(I、220)Leaは、説明の上を通過する。 He consequently sets in a wrong light a series of incidents illustrating the practice and gives but an imperfect idea of the theological discussion which it aroused.彼は結果的に間違った光の中で練習を示す一連の事件を設定し、与えるが、それは興奮神学的議論の不完全なアイデア。 Though Albertus Magnus (In IV Sent., dist. 17, art. 58) regarded as sacramental the absolution granted by a layman while St. Thomas (IV Sent., d. 17, q. 3, a. 3, sol. 2) speaks of it as "quodammodo sacramentalis", other great theologians took a quite different view.アルベルトゥスマグヌス(IVにおいて送信されます、蒸留17、芸術を。58)セントトーマス(IV送信されます、D 17、Q 3、3、ゾル。2しばらく素人によって付与された聖礼典の赦免と見なすけど) "quodammodo sacramentalis"としてそれを話すのが、他の偉大な神学者は全く異なる見解を示した。 Alexander of Hales (Summa, Q. xix, De confessione memb., I, a. 1) says that it is an "imploring of absolution"; St. Bonaventure ("Opera', VII, p. 345, Lyons, 1668) that such a confession even in cases of necessity is not obligatory, but merely a sign of contrition; Scotus (IV Sent., d. 14, q. 4) that there is no precept obliging one to confess to a layman and that this practice may be very detrimental; Durandus of St. Pourcain (IV Sent., d. 17, q. 12) that in the absence of a priest, who alone can absolve in the tribunal of penance, there is no obligation to confess; Prierias (Summa Silv., sv Confessor, I, 1) that if absolution is given by a layman, the confession must be repeated whenever possible; this in fact was the general opinion. It is not then surprising that Dominicus Soto, writing in 1564, should find it difficult to believe that such a custom ever existed: "since (in confession to a layman) there was no sacrament .アレキサンダーのヘールズ(。スンマ、Q. XIX、デconfessione MEMB、私は、1)それは "罪の赦しの懇願"されていることを言う;聖ボナヴェントゥラ( "オペラ"、第VII、P 345、リヨン、1668年)。素人と、この練習に告白するために1つを義務付けるない教訓がないことスコトゥス(IVは送信され、D 14、qの4。);さえもやむを得ない場合にこのような告白は単に痛恨のサイン義務はありませんが、非常に有害であるかもしれません。セントPourcainのドゥランドゥス(IVは送信され、D 17、Q 12。)贖罪の法廷で無罪を言い渡すことができます一人で司祭の不在下で、告白する義務はありませんこと、Prierias(スンマSILV、赦免が素人によって指定された場合、可能であれば、告白を繰り返さなければならないことsvの懺悔、私は、1);。これは、実際には一般的な意見だったそれはドミニクソトは、1564年に書いていること、次に驚くべきことではない、はずです。 "は聖餐がありませんでした(素人に告白)以降:それは難しいようなカスタムは、これまで存在していたことを信じることを見つける。 . . it is incredible that men, of their own accord and with no profit to themselves, should reveal to others the secrets of their conscience" (IV Sent., d. 18, q. 4, a. 1). Since, therefore, the weight of theological opinion gradually turned against the practice and since the practice never received the sanction of the Church, it cannot be urged as a proof that the power to forgive sins belonged at any time to the laity. What the practice does show is that both people -and theologians realized keenly the obligation of confessing their sins not to God alone but to some human listener, even though the latter possessed no power to absolve.それは自分自身への自発的かつ無利益を持つ男性は、他人に自分の良心 "(IVが送信されます、D 18、qを図4、図1)の秘密を明らかにするべきであると信じられないほどです。ので、それゆえ、神学的な意見の重量が徐々に練習に背を向け、実践が教会の制裁を受けたことがないので、それは罪を赦すために電源が俗人にいつでも所属していた証拠として要請することはできません。ショーはどんな練習ですんその両方人と神学者は、後者は免除する力を保有していないにもかかわらず、熱心に神の一人にではなく、いくつかの人間のリスナーにはない自分の罪を告白の義務を実現しました。

The same exaggerated notion appears in the practice of confessing to the deacons in case of necessity.同じ誇張された概念が必要な場合には執事に告白の練習に表示されます。 They were naturally preferred to laymen when no priest was accessible because in virtue of their office they administered Holy Communion.彼らのオフィスの美徳彼らは聖体拝領を投与したので、彼らは自然にない司祭がアクセスしなかったときに素人が好ましいました。 Moreover, some of the earlier councils (Elvira, AD 300; Toledo, 400) and penitentials (Theodore) seemed to grant the power of penance to the deacon (in the priest's absence).また、以前の協議会の一部(エルビラは、AD 300、トレド、400)とpenitentials(セオドア)が助祭(司祭の不在中)に苦行の力を付与しているようだった。 The Council of Tribur (895) declared in regard to bandits that if, when captured or wounded they confessed to a priest or a deacon, they should not be denied communion; and this expression "presbytero vel diacono" was incorporated in the Decree of Gratian and in many later documents from the tenth century to the thirteenth.そして、この式は "presbytero VEL diaconoが"グラティアヌス令で設立されました。Triburの評議会(895)があれば、彼らは司祭または助祭に告白キャプチャまたは負傷したとき、彼らは聖体拝領を拒否してはならないこと山賊に関して宣言と多くの後の文書​​の第10世紀から第十三へ。 The Council of York (1195) decreed that except in the gravest necessity the deacon should not baptize, give communion, or "impose penance on one who confessed".ヨークの評議会(1195)深刻必需品を除いて助祭は、聖体拝領を与える、洗礼を施すべきではないか "と告白1に苦行を課す"ことを法令として布告した。 Substantially the same enactments are found in the Councils of London (1200) and Rouen (1231), the constitutions of St. Edmund of Canterbury (1236), and those of Walter of Kirkham, Bishop of Durham (1255).実質的に同一の制定は、ロンドン(1200)、ルーアン(1231)の協議会、カンタベリーの聖エドマンド(1236)の憲法、及びカーカムのウォルターのもの、ダラムの司教(1255)に記載されています。 All these enactments, though stringent enough as regards ordinary circumstances, make exception for urgent necessity.すべてのこれらの制定は、普通の状況に関しては十分厳しいのに、緊急の必要のために例外を作る。 No such exception is allowed in the decree of the Synod of Poitiers (1280): "desiring to root out an erroneous abuse which has grown up in our diocese through dangerous ignorance, we forbid deacons to hear confessions or to give absolution in the tribunal of penance: for it is certain and beyond doubt that they cannot absolve, since they have not the keys which are conferred only in the priestly order".そのような例外はポワティエの教会会議(1280)の法令で許可されていない "危険な無知を通じて教区で育った誤乱用を根絶することを望んでいる、我々は、自白を聞くことや、法廷での赦免を与えるために執事を禁じる贖罪: "それは、彼らは聖職者のためにのみ授与されるキーを持っていないので、彼らは、無罪を言い渡すことができないことは確かと疑いを超えているため。 This "abuse" probably disappeared in the fourteenth or fifteenth century; at all events no direct mention is made of it by the Council of Trent, though the reservation to bishops and priests of the absolving power shows plainly that the Council excluded deacons.この "虐待"は、おそらく第十四または15世紀に姿を消した。absolving電力の司教と司祭に予約は理事会が執事を排除し、はっきり示してもすべてのイベントでは直接の言及は、トレントの評議会によってそれは行われません。

The authorization which the medieval councils gave the deacon in case of necessity did not confer the power to forgive sins.中世の協議が必要な場合には助祭を与えた許可は、罪を赦す力を付与しませんでした。 In some of the decrees it is expressly stated that the deacon has not the keys -- claves non habent.クラベス非habent - 政令の一部ではそれが明示的に助祭ではないキーを持っていることが述べられている。 In other enactments he is forbidden except in cases of necessity to "give" or "impose penance", poenitentiam dare, imponere.他の制定に彼は "与える"または、poenitentiamあえて、imponere "苦行を課す"ためやむを得ない場合を除き禁止されています。 His function then was limited to the forum externum; in the absence of a priest he could "reconcile" the sinner, ie, restore him to the communion of the Church; but he did not and could not give the sacramental absolution which a priest would have given (Palmieri, Pesch).司祭の不在で、彼は教会の聖体拝領に彼を戻す、罪人、すなわち "和解"できる;、彼の機能は、その後、フォーラムexternumに限られていましたが、彼はそうしなかったと司祭がそう聖礼典の赦免を与えることができなかった(パルミエリ、ペッシュ)与えている。 Another explanation emphasizes the fact that the deacon could faithfully administer the Holy Eucharist.別の理由としては、助祭は、忠実に聖体を投与することができるという事実を強調している。 The faithful were under a strict obligation to receive Communion at the approach of death, and on the other hand the reception of this sacrament sufficed to blot out even mortal sin provided the communicant had the requisite dispositions.忠実は死が近づくと聖体を受け​​取るために厳格な義務を負うものではあったが、他方で、この聖餐式の受信が必要な処分をしていた聖体拝領を提供しても大罪を消し去るために十分であった。 The deacon could hear their confession simply to assure himself that they were properly disposed, but not for the purpose of giving them absolution.助祭は、単にそれらが適切に配置されたことを自分自身を確保するために彼らの告白を聞くことではなく、彼らに罪の赦しを与える目的のために可能性があります。 If he went further and "imposed penance" in the stricter, sacramental sense, he exceeded his power, and any authorization to this effect granted by the bishop merely showed that the bishop was in error (Laurain, "De l'intervention des laïques, des diacres et des abbesses dans l'administration de la pénitence", Paris, 1897).彼はさらに行って、より厳格な、聖礼典の意味での "自主贖罪"なら、彼は彼の力を上回っており、司教によって与えられたこの効果に任意の承認は、単に(Laurain "と、De L'介入デlaïques、司教に誤りがあったことを示したデdiacresエデabbesses DANS L'政権デラ懺悔 "、パリ、1​​897年)。 In any case, the prohibitory enactments which finally abolished the practice did not deprive the deacon of a power which was his by virtue of his office; but they brought into clearer light the traditional belief that only bishops and priests can administer the Sacrament of Penance.いずれにせよ、最終的に練習を廃止prohibitory制定案は、彼のオフィスのおかげで彼の助祭であった電力を奪っていなかったが、彼らは、より明確な光にのみ司教と司祭は聖餐式の贖罪を管理できること、伝統的な信念を持って来た。 (See below under Confession.) (告白の下に下記を参照してください。)

For valid administration, a twofold power is necessary: the power of order and the power of jurisdiction.有効な投与のために、二重の力が必要です:秩序と管轄の電力のパワー。 The former is conferred by ordination, the latter by ecclesiastical authority (see JURISDICTION).前者は叙階、教会の権威によって、後者(裁判管轄を参照してください)​​により与えられる。 At his ordination a priest receives the power to consecrate the Holy Eucharist, and for valid consecration he needs no jurisdiction.彼の聖職叙任司祭は聖体を奉献するための電力を受け取り、有効な奉献のために彼には管轄権を必要としません。 As regards penance, the case is different: "because the nature and character of a judgment requires that sentence be pronounced only on those who are subjects (of the judge) the Church of God has always held, and this Council affirms it to be most true, that the absolution which a priest pronounces upon one over whom he has not either ordinary or delegated jurisdiction, is of no effect" (Council of Trent, Sess. XIV, c. 7).に関しては苦行のように、ケースは異なっています: "裁きの性質や性格は、その文章が唯一の神の教会が常に開催された被験者(裁判官の)人たちに発音される必要があり、この審議会は、ほとんどのように断言しているためtrueの場合、司祭は、彼はどちらか普通または委任管轄権を持っていない人の上で1つの時に発音赦免は、効果なし "(評議会トレント、sess。XIV、C 7)であること。 Ordinary jurisdiction is that which one has by reason of his office as involving the care of souls; the pope has it over the whole Church, the bishop within his diocese, the pastor within his parish.普通の管轄は、1つの魂のケアを含むものとして、彼のオフィスの理由で持っているということです。法王が教会全体、彼の教区内の司教、彼の教区内の牧師の上にそれを持っています。 Delegated jurisdiction is that which is granted by an ecclesiastical superior to one who does not possess it by virtue of his office.委任管轄は彼のオフィスのおかげでそれを所持していないものに教会の上司によって付与されるものである。 The need of jurisdiction for administering this sacrament is usually expressed by saying that a priest must have "faculties" to hear confession (see FACULTIES).この聖餐式を管理するための管轄権の必要性は、通常、司祭が(学部を参照)の告白を聞いて、 "学部"を持たなければならないと言うことによって表されます。 Hence it is that a priest visiting in a diocese other than his own cannot hear confession without special authorization from the bishop.したがって、それは彼自身以外の教区に訪問司祭は司教からの特別な許可なしに自白を聞くことができないということです。 Every priest, however, can absolve anyone who is at the point of death, because under those circumstances the Church gives all priests jurisdiction.それらの状況下で、教会はすべての司祭の管轄権を与えるので、すべての司祭は、しかし、死の時点では誰でも無罪を言い渡すことができます。 As the bishop grants jurisdiction, he can also limit it by "reserving" certain cases (see RESERVATION) and he can even withdraw it entirely.司教管轄助成金として、彼はまた、 "予約"とは、特定の例(予約を参照)によってそれを制限することができますし、彼もそれを完全に撤回することができます。

Recipient (ie, the Penitent)受信者(すなわち、後悔)

The Sacrament of Penance was instituted by Christ for the remission of Penance was instituted by Christ for the remission of sins committed after baptism.贖罪の聖礼典は、洗礼後に犯した罪の赦しのためにキリストによって設立された贖罪の赦しのためにキリストによって設立されました。 Hence, no unbaptized person, however deep and sincere his sorrow, can be validly absolved.したがって、何洗礼を受けていない人は、しかし深く、誠実な彼の悲しみは、正当に免除することはできません。 Baptism, in other words, is the first essential requisite on the part of the penitent.洗礼は、言い換えれば、後悔している側の第1の必須条件である。 This does not imply that in the sins committed by an unbaptized person there is a special enormity or any other element that places them beyond the power of the keys; but that one must first be a member of the Church before he can submit himself and his sins to the judicial process of sacramental Penance.これは、洗礼を受けていない人が犯した罪で特殊巨大さやキーの力を超えて、それらを配置し、他の要素があることを意味するものではありませんが、彼は自分自身を提出して、彼の前に、その人は最初の教会のメンバーである必要があります聖礼典の贖罪の司法手続きへの罪。

Contrition and Attrition悔恨と脱落

Without sorrow for sin there is no forgiveness. Hence the Council of Trent (Sess. XIV, c. 4): "Contrition, which holds the first place among the acts of the penitent, is sorrow of heart and detestation for sin committed, with the resolve to sin no more". 罪に対する悲しみがなければ許しはありませんトレントの評議会したがって会(14 sess 4):後悔の行為のうち、最初の場所を保持する"悔恨は、と、犯した罪のために心と嫌悪の悲しみである"もう罪を犯さないことを決意する。 The Council (ibid.) furthermore distinguishes perfect contrition from imperfect contrition, which is called attrition, and which arises from the consideration of the turpitude of sin or from the fear of hell and punishment.評議会(同上)がさらに消耗と呼ばれる不完全な痛恨から、完全な痛恨を区別し、それは罪の卑劣の配慮からか、地獄と罰の恐怖から生じる。 See ATTRITION; CONTRITION, where these two kinds of sorrow are more fully explained and an account is given of the principal discussions and opinions.摩滅を参照してください;悲しみのこれらの2つの種類がもっと十分に説明されているとアカウントが元本の議論や意見を説明する悔恨、。 See also treatises by Pesch, Palmieri, Pohle.ペッシュ、パルミエリ、Pohleでも論文を参照してください。 For the present purpose it need only be stated that attrition, with the Sacrament of Penance, suffices to obtain forgiveness of sin.本目的のためには、聖餐式の贖罪と咬耗が、罪の赦しを得るために十分であると述べていることだけが必要です。 The Council of Trent further teaches (ibid.): "though it sometimes happens that this contrition is perfect and that it reconciles man with God before the actual reception of this sacrament, still the reconciliation is not to be ascribed to the contrition itself apart from the desire of the sacrament which it (contrition) includes".トレントの評議会は、さらに、(同上)教えて: "それは時々この悔恨は完璧であり、それがこの聖餐式の実際の受信前に、神と人を調和させることを、まだ和解が痛恨別に自身に帰するようにされていないことが起こるのにそれ(悔恨) "が含まれて聖餐の願望。 In accordance with this teaching Pius V condemned (1567) the proposition of Baius asserting that even perfect contrition does not, except in case of necessity or of martyrdom, remit sin without the actual reception of the sacrament (Denzinger-Bannwart, "Enchir.", 1071).この教えに従い、ピウスVは聖餐式の実際の受信(デンツィンガー - bannwart、なくても(1567)Baiusの命題が必然的にまたは殉教の場合を除いても、完全な痛恨しないと主張し、送金罪を非難 "Enchir。" 、1071)。 It should be noted, however, that the contrition of which the Council speaks is perfect in the sense that it includes the desire (votum) to receive the sacrament.これは、理事会が喋るの悔恨は、それが聖餐を受けたい(votum)が含まれているという意味で完璧であること、しかし、注意すべきである。 Whoever in fact repents of his sin out of love for God must be willing to comply with the Divine ordinance regarding penance, ie, he would confess if a confessor were accessible, and he realizes that he is obliged to confess when he has the opportunity.懺悔がアクセス可能であった場合、実際には神の愛のうち、自分の罪を悔い改めは苦行に関する神の条例を遵守していく必要があります誰でも、すなわち、彼は告白するでしょう、そして、彼は彼が彼は機会があるときに告白する義務があることに気づく。 But it does not follow that the penitent is at liberty to choose between two modes of obtaining forgiveness, one by an act of contrition independently of the sacrament, the other by confession and absolution.しかし、それは後悔して許しを得るには2つのモード、聖餐式の独立悔恨の行為により1、告白と赦しによって、他の間で選択する自由であるということにはなら​​ない。 This view was put forward by Peter Martinez (de Osma) in the proposition: "mortal sins as regards their guilt and their punishment in the other world, are blotted out by contrition alone without any reference to the keys"; and the proposition was condemned by Sixtus IV in 1479 (Denzinger-Bannwart, "Enchir.", 724).このビューは、命題でピーターマルティネス(デOsma)によって提唱された: "人間の罪は、他の世界で自分の罪とその罰に関しては、キーを参照せずに単独で悔恨によって消されています";と命題が非難された1479年シクストゥス4世(デンツィンガー - bannwart、 "Enchir。"、724)で。 Hence it is clear that not even heartfelt sorrow based on the highest motives, can, in the present order of salvation, dispense with the power of the keys, ie, with the Sacrament of Penance.したがって、それは最高の動機に基づいていないとしても心からの悲しみは、救いの存在するためには、聖餐式の贖罪と、鍵の力、すなわちで済ますことができることは明らかである。

Confession (Necessity)告白(必要性)

"For those who after baptism have fallen into sin, the Sacrament of Penance is as necessary unto salvation as is baptism itself for those who have not yet been regenerated" (Council of Trent, Sess. XIV, c. 2). (評議会トレント、sess。XIVは、c。2) "洗礼後に罪に陥っている方は、聖餐式の贖罪はまだ再生していない人のための洗礼自体が救いとして必要である"。 Penance, therefore, is not an institution the use of which was left to the option of each sinner so that he might, if he preferred, hold aloof from the Church and secure forgiveness by some other means, eg, by acknowledging his sin in the privacy of his own mind.苦行は、そのため、彼が適している場合、彼は、、、彼の罪を認めることで、いくつかの他の手段、例えば、別の教会と安全許しから離れて保持している可能性のあるように、各罪人のオプションに残されたままでの使用機関ではない彼自身の心のプライバシー。 As already stated, the power granted by Christ to the Apostles is twofold, to forgive and to retain, in such a way that what they forgive God forgives and what they retain God retains.既に述べたように、使徒にキリストによって与えられた電力は許すことと、彼らが神の赦しを赦し、彼らは神が保持保持どのような方法で、保持するために、2つあります。 But this grant would be nullified if, in case the Church retained the sins of penitent, he could, as it were, take appeal to God's tribunal and obtain pardon.言ってみればしかし、場合に教会が後悔の罪を保持、する場合は、この助成金は無効にされるだろう、と彼は、神の法廷に訴える取ると恩赦を得ることができました。 Nor would the power to retain have any meaning if the sinner, passing over the Church, went in the first instance to God, since by the very terms of the grant, God retains sin once committed so long as it is not remitted by the Church.教会の上を通過する罪人は、神への最初のインスタンスで行った場合、それが教会に送金されていないとして助成金の非常に条件によって、神は一回限り、犯した罪を保持しますので、また保持する力は、どんな意味を持っているでしょう。 It would indeed have been strangely inconsistent if Christ in conferring this twofold power on the Apostles had intended to provide some other means of forgiveness such as confessing "to God alone".キリストが使徒たちに、この二重権力を付与するには、このような "神の一人に"告白として赦しのいくつかの他の手段を提供することを意図していた場合、それは確かに妙に矛盾していただろう。 Not only the Apostles, but any one with an elementary knowledge of human nature would have perceived at once that the easier means would be chosen and that the grant of power so formally and solemnly made by Christ had no real significance (Palmieri, op. cit., thesis X).使徒だけでなく、人間性の基礎知識を持つ人は一度簡単な手段が選択されることとなる正式かつ厳粛にキリストによってなさ権の授与は、本当の意味を(パルミエリ、前掲なかったことを悟っただろう。、論文X)である。 On the other hand, once it is admitted that the grant was effectual and consequently that the sacrament is necessary in order to obtain forgiveness, it plainly follows that the penitent must in some way make known his sin to those who exercise the power.一方、一度は、付与が効果的なであった、その結果、聖餐式の許しを得るために必要であること、それがはっきりと後悔している、いくつかの方法で行うが、権力を行使する人々に自分の罪を知らなければならないことを、次のことを認めている。 This is conceded even by those who reject the Sacrament of Penance as a Divine institution.これはあっても神の機関として、聖餐式の贖罪を拒否する人々によって認めている。 "Such remission was manifestly impossible without the declaration of the offences to be forgiven" (Lea, "History etc.", I, p. 182). (リー、 "歴史"等私は、p。182) "このような寛解が赦されるために犯罪の宣言なしで明らかに不可能なことだった"。 The Council of Trent, after declaring that Christ left his priests as His vicars unto whom as rulers and judges the faithful must make known their sins, adds: "It is evident that the priests could not have exercised this judgment without knowledge of the cause, nor could they have observed justice in enjoining satisfaction if (the faithful) had declared their sins in a general way only and not specifically and in detail" (Sess. XIV, c. 5).キリストは彼のvicarsとして彼のプリーストを去ったことを宣言した後、トレントの評議会は、誰かれの支配者や裁判官として忠実に自分の罪を知ってもらう必要があり、追加されます: "それは司祭が原因の知識がなくても、この判断を行使できなかったことは明らかである、また彼らは、(忠実な)会(14 sess。5) "だけではなく、具体的に一般的な方法でかつ詳細にその罪を宣言していた場合、満足度を禁じるに正義を観察している可能性があります。

Since the priest in the pardoning of sin exercises a strict judicial function, Christ must will that such tremendous power be used wisely and prudently.罪の赦免の司祭は、厳格な司法的機能を発揮するので、キリストがしなければならないような途方もないパワーを賢明かつ慎重に使用することでしょう。 Moreover, in virtue of the grant of Christ the priest can forgive all sins without distinction, quoecumque solveritis.また、キリストの助成金のおかげで司祭は区別quoecumque solveritisせずにすべての罪を赦すことができます。 How can a wise and prudent judgment be rendered if the priest be in ignorance of the cause on which judgment is pronounced?司祭が判決を宣告する原因の無知である場合、どのように賢明かつ慎重な判断がレンダリングすることができますか? And how can he obtain the requisite knowledge unless it come from the spontaneous acknowledgment of the sinner?それは罪人の自発的応答から来ない限り、どのように彼は必要な知識を得ることができますか? This necessity of manifestation is all the clearer if satisfaction for sin, which from the beginning has been part of the penitential discipline, is to be imposed not only wisely but also justly.最初からざんげの規律の一部であった罪、、を満足させるためだけではなく、賢明にも正当に課されるべきである場合、症状のこの必要性は、すべて明確になります。 That there is a necessary connection between the prudent judgment of the confessor and the detailed confession of sins is evident from the nature of a judicial procedure and especially from a full analysis of the grant of Christ in the light of tradition.懺悔の慎重な判断と罪の告白詳細司法手続きの性質から、特に伝統の光の中で、キリストの助成金の完全な分析からも明らかであるとの間の必要な接続が存在すること。 No judge may release or condemn without full knowledge of the case.いいえ裁判官が事件についての完全な知識なしで解放しないか、または非難するかもしれません。 And again the tradition of the earliest time sees in the words of Christ not only the office of the judge sitting in judgment, but the kindness of a father who weeps with the repentant child (Aphraates, "Ep. de Poenitentia", dem. 7) and the skill of the physician who after the manner of Christ heals the wounds of the soul (Origen in PG, XII, 418; PL, Xll, 1086).そして再び早い時間の伝統は、キリストの言葉で判断に座っている裁判官の事務所が、後悔している子(Aphraates、 "EP。デPoenitentia"、DEMと泣く父の優しさだけを見ている。7 )とキリストの方法は魂の傷を癒した後、医師のスキル(PG内の原産地は、XII、418、PL、XLL、1086)。 Clearly, therefore, the words of Christ imply the doctrine of the external manifestation of conscience to a priest in order to obtain pardon.明らかに、それゆえ、キリストの言葉は、恩赦を得るために司祭に良心の外部症状の教義を意味する。

Confession (Various Kinds)告白(各種)

Confession is the avowal of one's own sins made to a duly authorized priest for the purpose of obtaining their forgiveness through the power of the keys.告白は、鍵の力で彼らの許しを得る目的のために正当に権限を祭司になる自分自身の罪の公言です。 Virtual confession is simply the will to confess even where, owing to circumstances, declaration of sin is impossible; actual confession is any action by which the penitent manifests his sin.仮想の告白は単に事情により、罪の宣言は不可能である場合であっても、告白する意志であり、実際の告白は、後悔して自分の罪を明示していることにより、任意のアクションです。 It may be made in general terms, eg, by reciting the "Confiteor", or it may consist in a more or less detailed statement of one's sins; when the statement is complete, the confession is distinct.これは、 "回心の祈り"を暗唱することによって、例えば、一般的な用語でなされるかもしれませんか、またはそれは、自分の罪の多かれ少なかれ詳細な文で構成することができるし、ステートメントが完了したときに、告白は区別されます。 Public confession, as made in the hearing of a number of people (eg a congregation) differs from private, or secret, confession which is made to the priest alone and is often called auricular, ie, spoken into the ear of the confessor.として人々の数(例えば信徒)の公聴会で行われた公開告白は、単独で司祭に作られており、多くの場合、すなわち、耳介と呼ばれ、懺悔の耳に話され、プライベート、または秘密の告白とは異なります。 We are here concerned mainly with actual distinct confession which is the usual practice in the Church and which so far as the validity of the sacrament is concerned, may be either public or private.我々はここで主に普通の教会での練習とこれまでのところ、聖餐式の妥当性が懸念している、パブリックまたはプライベートのどちらかであるかもしれませんです、実際の明確な告白に関心を持っています。 "As regards the method of confessing secretly to the priest alone, though Christ did not forbid that any one, in punishment of his crimes and for his own humiliation as also to give others an example and to edify the Church, should confess his sins publicly, still, this has not been commanded by Divine precept nor would it be prudent to decree by any human law that sins, especially secret sins, should be publicly confessed. Since, then, secret sacramental confession, which from the beginning has been and even now is the usage of the Church, was always commended with great and unanimous consent by the holiest and most ancient Fathers; thereby is plainly refuted the foolish calumny of those who make bold to teach that it (secret confession) is something foreign to the Divine command, a human invention devised by the Fathers assembled in the Lateran Council" (Council of Trent, Sess. XIV, c. 5).他人の例を与えるためにと教会を啓発するとしても、キリストが公然と自分の罪を告白する必要があり、いずれその、彼の罪の罰で、彼自身の屈辱のために禁止していませんでしたが、 "一人で司祭にひそかに告白する方法に関しては、それでも、これは神の教えによって命じられていないそして、それは罪、特に秘密の罪は、公然と告白しなければならないことをすべての人間の法律により判決に賢明であろう。以来、その後、秘密の聖礼典の初めからあった告白、さらには今、教会の用法である神聖な、最も古代の父親の偉大なと満場一致で常に表彰されました、それによってはっきりとそれ(秘密の告白)は神への外国のものであることを教えるために太字にした人々の愚かな中傷に反論しているコマンド、ラテラン評議会 "(評議会トレント、sess。XIVは、c。5)で組み立て父親によって考案された、人間の発明。 It is therefore Catholic doctrine, first, that Christ did not prescribe public confession, salutary as it might be, nor did He forbid it; second, that secret confession, sacramental in character, has been the practice of the Church from the earliest days.したがって、それは、カトリックの教義では、まず、キリストは、それはあるかもしれないとして、有益な公共の自白を処方しなかったし、彼はそれを禁止しなかったこと、第二に、文字で礼典その秘密の告白は、最も初期の頃から教会の慣行となっています。

Traditional Belief and Practice伝統的な信念と実践

How firmly rooted in the Catholic mind is the belief in the efficacy and necessity of confession, appears clearly from the fact that the Sacrament of Penance endures in the Church after the countless attacks to which it has been subjected during the last four centuries.告白の有効性と必要性​​の信念方法しっかりとカトリックの精神に根ざしている、贖罪の聖礼典は、それが最後の4世紀の間に施された無数の攻撃の後に教会に耐えなければならないという事実からはっきりと表示されます。 If at the Reformation or since the Church could have surrendered a doctrine or abandoned a practice for the sake of peace and to soften a "hard saying", confession would have been the first to disappear.改革で、または教会の教義を放棄し、平和のために練習を放棄し、 "ハード格言を"柔らかくするかもしれないので場合、告白は消え最初にあったであろう。 Yet it is precisely during this period that the Church has defined in the most exact terms the nature of penance and most vigorously insisted on the necessity of confession.しかし、それは教会が最も正確な用語で苦行の性質を定義し、最も精力的に告白の必要性を主張したことを、この期間中に正確です。 It will not of course be denied that at the beginning of the sixteenth century confession was generally practised throughout the Christian world.それはもちろん、16世紀の告白の冒頭で、一般的にキリスト教世界全体で実践されたことは否定できません。 The Reformers themselves, notably Calvin, admitted that it had been in existence for three centuries when they attributed its origin to the Fourth Lateran Council (1215).特に自身の改革派、カルビンは、彼らが第4ラテラン評議会(1215)にその起源を帰するとき、それが3世紀にもわたって存在してきたことを認めた。 At that time, according to Lea (op. cit., I, 228), the necessity of confession "became a new article of faith" and the canon, omnis utriusque sexus, "is perhaps the most important legislative act in the history of the Church" (ibid., 230).当時、リー(前掲。、私、228)によると、告白の必要性は "信仰の新しい記事になった"とキヤノン、オムニライトutriusqueセクサス、 "多分の歴史の中で最も重要な立法行為である教会 "(同上、230)。 But, as the Council of Trent affirms, "the Church did not through the Lateran Council prescribe that the faithful of Christ should confess -- a thing which it knew to be by Divine right necessary and established -- but that the precept of confessing at least once a year should be complied with by all and every one when they reached the age of discretion" (Sess., XIV, c. 5).しかし、トレントの評議会は断言ように、 "教会はキリストの忠実な告白すべきことラテラン評議会の処方を通してなかった - それは神の右に必要な、確立されたことであると知っていたもの - しかしで告白その教訓年に一回以上は、彼らが、裁量権の年齢 "(Sess.、XIVは、c。5)に達し、すべての一人一人が遵守すべき。 The Lateran edict presupposed the necessity of confession as an article of Catholic belief and laid down a law as to the minimum frequency of confession -- at least once a year.ラテラン勅令は、カトリックの信仰の告白記事としての必要性を前提と告白の最小周波数に、法律を敷設 - 少なくとも年に一度。

In the Middle Ages中世に

In constructing their systems of theology, the medieval doctors discuss at length the various problems connected with the Sacrament of Penance.神学の自社システムを構築する上で、中世の医師が長々と贖罪の聖礼典と接続されているさまざまな問題を議論する。 They are practically unanimous in holding that confession is obligatory; the only notable exception in the twelfth century is Gratian, who gives the arguments for and against the necessity of confessing to a priest and leaves the question open (Decretum, p. II, De poen., d. 1, in PL, CLXXXVII, 1519-63).彼らはその告白を保持するには実質的に満場一致で義務付けられている、12世紀の唯一の顕著な例外は、司祭に告白の必要性や賛否両論を与え、質問を開いたままにします(Decretum、電話グラティアヌス、第II、デPOEN。 。は、d。、PL、CLXXXVII、1519年から1563年では1)。 Peter Lombard (d. about 1150) takes up the authorities cited by Gratian and by means of them proves that "without confession there is no pardon" .ピーターロンバード(約1150 D.) "告白なしには容赦がない"ことを証明グラティアヌスによって、それらの手段による引用当局を占めている。 . . "no entrance into paradise" (IV Sent., d. XVII, 4, in PL, CXCII, 880-2). "楽園には入学しない"(IVが送信されます、PL CXCII、880から2のd。XVII、4)。 The principal debate, in which Hugh of St. Victor, Abelard, Robert Pullus, and Peter of Poitiers took the leading parts, concerned the origin and sanction of the obligation, and the value of the different Scriptural texts cited to prove the institution of penance.主たる議論は、ここで聖ビクター、アベラード、ロバート若鳥、とポワティエのピーターのヒューは、大手部品を取った義務の起源と制裁を懸念し、別の聖書のテキストの値は、苦行の機関を証明するために引用した。 This question passed on to the thirteenth century and received its solution in very plain terms from St. Thomas Aquinas.この質問は、13世紀に渡され、聖トマス·アクィナスから非常に平易な言葉でその解決策を受け取った。 Treating (Contra Gentes, IV, 72) of the necessity of penance and its parts, he shows that "the institution of confession was necessary in order that the sin of the penitent might be revealed to Christ's minister; hence the minister to whom the confession is made must have judicial power as representing Christ, the Judge of the living and the dead. This power again requires two things: authority of knowledge and power to absolve or to condemn. These are called the two keys of the Church which the Lord entrusted to Peter (Matthew 16:19). But they were not given to Peter to be held by him alone, but to be handed on through him to others; else sufficient provision would not have been made for the salvation of the faithful. These keys derive their efficacy from the passion of Christ whereby He opened to us the gate of the heavenly kingdom".苦行とその部品の必要性の治療(コントラgensの複数形、IV、72)、自白の機関が後悔の罪はキリストの大臣に明らかにされるかもしれないために必要だった "と彼は示しています。故に大臣に告白。。免除したり、非難するための知識と権力の権威これらは主委託教会の二つの鍵と呼ばれています:キリスト、生活の裁判官と死者を表すものとして、司法権を持っている必要があり、この力が再び二つのことを必要とされるピーター(マタイ16:19)しかし、彼らには、単独で、彼によって開催されるピーターに与えられませんでしたが、他の人に彼を通って上に提出することになって、それ以外は十分な規定が忠実なの救いのために作られなかったであろうこれらのキーは。彼は私たちに "天国の門を開いたことにより、キリストの情熱からその有効性を導き出す。 And he adds that as no one can be saved without baptism either by actual reception or by desire, so they who sin after baptism cannot be saved unless they submit to the keys of the Church either by actually confessing or by the resolve to confess when opportunity permits.そして、彼は誰と実際の受信によって、または願望のいずれかによって洗礼なしで保存できることを追加して、彼らはときに機会を告白するか、実際に告白によって、または教会の鍵に解決を提出しない限り、彼らは洗礼後に誰が罪を保存することはできませんので、許す。 Furthermore, as the rulers of the Church cannot dispense any one from baptism as a means of salvation neither can they give a dispensation whereby the sinner may be forgiven without confession and absolution.さらに、教会の支配者としての救いの手段として洗礼からいずれかを分配することはできませんどちらも、彼らは罪人を告白と赦し赦さずにされるかもしれない神の摂理を与えることができます。 The same explanation and reasoning is given by all the Scholastics of the thirteenth and fourteenth centuries.同じ説明と推論は13と14世紀のすべてのscholasticsによって与えられます。 They were in practical agreement as to the necessity of jurisdiction in the confessor.彼らは懺悔で管轄の必要性に実用的に一致した。 Regarding the time at which confession had to be made, some held with William of Auvergne that one was obliged to confess as soon as possible after sinning; others with Albertus Magnus and St. Thomas that it sufficed to confess within the time limits prescribed by the Church (Paschal Time); and this more lenient view finally prevailed.自白がなされなければならなかった時刻に関しては、いくつかのいずれかが罪を犯した後、できるだけ早く告白を余儀なくされたことオーヴェルニュのウィリアムで開催され、それが時間内に告白して十分であることアルベルトゥスマグヌスとセントトーマスと他のものはで規定の範囲教会(復活祭の時間)であり、これより寛大なビューがついに勝った。 Further subjects of discussion during this period were the choice of confessor; the obligation of confessing before receiving other sacraments, especially the Eucharist; the integrity of confession; the obligation of secrecy on the part of the confessor, ie, the seal of confession.懺悔、すなわち、自白のシールの一部に守秘義務、自白の整合性、特に他の秘跡、聖体を受け​​る前に告白する義務があり、この期間中の議論の更なる主題は懺悔の選択だった。 The careful and minute treatment of these points and the frank expression of divergent opinions were characteristic of the Schoolmen but they also brought out more clearly the central truths regarding penance and they opened the way to the conciliar pronouncements at Florence and Trent which gave to Catholic doctrine a more precise formulation.これらの点に注意して分のトリートメントと発散率直な意見式はschoolmanの特徴であったが、彼らはまた、より明確に苦行に関する中央の真理を持ってきて、彼らはカトリックの教義に与えたフィレンツェとトレントの公会議の声明への道を開いたより正確な定式化。 See Vacandard and Bernard in "Dict. de theol. cath.", sv Confession; Turmel, "Hist. de la theologie positive", Paris, 1904; Cambier, "De divina institutione confessionis sacramentalis", Louvain, 1884. "。。Dictのデtheolカテーテル"; Turmel、 "ポジティブシーッデラ神学"、パリ、1​​904; Cambier、 "デ·ヴィinstitutione confessionis sacramentalis"、ルーベン、1884、SVの告白でVacandardとバーナードを参照してください。

Not only was the obligation recognized in the Catholic Church throughout the Middle Ages, but the schismatic Greeks held the same belief and still hold it.中世にカトリック教会で認識義務でしたが、分離のギリシア人は、同じ信念を開催し、まだそれを保持していないだけ。 They fell into schism under Photius in 869, but retained confession, which therefore must have been in use for some time previous to the ninth century.従って、それらは、九世紀以前にしばらく使用されている必要があり、869でphotiusは下分裂に陥ったが、自白を維持した。 The practice, moreover, was regulated in detail by the Penitential Books (qv), which prescribed the canonical penance for each sin, and minute questions for the examination of the penitent.練習は、さらに、それぞれの罪のために正規の苦行、と後悔の検査のための分の質問を規定ざんげの書籍(QV)によって詳細に規定された。 The most famous of these books among the Greeks were those attributed to John the Faster and to John the Monk.ギリシア人の間でこれらの本の中で最も有名なものは、より高速なジョンに起因するとジョン·モンクにした。 In the West similar works were written by the Irish monks St. Columbanus (d. 615) and Cummian, and by the Englishmen Ven.ウエスト同様の作品にアイルランドの僧侶聖コルンバヌス(民主党615)とCummianによってとイギリス人ヴェンによって書かれました。 Bede (d. 735), Egbert (d. 767), and Theodore of Canterbury (d. 690).ビード(民主党735)、エグバート(民主党767)、カンタベリーのセオドア(民主党690)。 Besides the councils mentioned above (Minister) decrees pertaining to confession were enacted at Worms (868), Paris (820), Châlons (813, 650), Tours (813), Reims (1113).上記の協議会のほかに(大臣)パリ(820)、シャロン(813、650)ツアー(813)、ランス(1113)は、ヴォルムス(868)に制定された自白に係る政令。 The Council of Chaleuth (785) says: "if any one (which God forbid) should depart this life without penance or confession he is not to be prayed for". Chaleuthの評議会(785)によれば: "いずれか(どの神が禁止している)苦行や告白せずに、この人生を出発する必要がある場合は、彼はのために祈ったことがありません"。 The significant feature about these enactments is that they do not introduce confession as a new practice, but take it for granted and regulate its administration.これらの制定についての重要な特徴は、それらが新たなプラクティスとして告白を紹介したが、当然それを取ると、その管理を規制しないことです。 Hereby they put into practical effect what had been handed down by tradition.これによって彼らは伝統的に受け継がれていたものを実用的に施行。

St. Gregory the Great (d. 604) teaches "the affliction of penance is efficacious in blotting out sins when it is enjoined by the sentence of the priest when the burden of it is decided by him in proportion to the offence after weighing the deeds of those who confess" (In I Reg., III, v, n. 13 in PL, LXXIX, 207); Pope Leo the Great (440-61), who is often credited with the institution of confession, refers to it as an "Apostolic rule".聖グレゴリーの大(民主党604)は、それはそれの負担行為を計量した後に犯罪に比例して、彼によって決定される司祭の文章が加味されたときの贖罪の苦悩が罪を消し去るに有効である "教えて(。。でI REG、III、V、N、PL、LXXIX、207の13);しばしば自白の機関に入金され教皇レオ大帝(440から61)は、としてそれを指し、 "告白する人々の"ローマ教皇のルール"。 Writing to the bishops of Campania he forbids as an abuse "contrary to the Apostolic rule" (contra apostolicam regulam) the reading out in public of a written statement of their sins drawn up by the faithful, because, he declares, "it suffices that the guilt of conscience be manifested to priests alone in secret confession" (Ep. clxviii in PL, LIV, 1210).カンパニアの司教への書き込みは、彼が(コントラapostolicam regulam) "ローマ教皇のルールに反する"として禁じている忠実な虐待によって描かれ、彼らの罪の書かれた文の公共の場で読み出し、なぜなら、彼は宣言します "と、それが十分であること良心の罪悪感が秘密の告白で単独で司祭 "(PL、LIV、1210 Ep. clxviii)に明らかにされる。 In another letter (Ep. cviii in PL, LIV, 1011), after declaring that by Divine ordinance the mercy of God can be obtained only through the supplications of the priests, he adds: "the mediator between God and men, Christ Jesus, gave the rulers of the Church this power that they should impose penance on those who confess and admit them when purified by salutary satisfaction to the communion of the sacraments through the gateway of reconciliation. "The earlier Fathers frequently speak of sin as a disease which needs treatment, something drastic, at the hands of the spiritual physician or surgeon.神の条例によって、神の慈悲だけ司祭の祈願によって得ることができることを宣言した後、別の手紙(PL、LIV、1011 Ep. cviii)では、彼は付け加えた: "神と人間の間の仲介者、イエスキリスト、教会の支配者、彼らは和解のゲートウェイを介しての秘跡聖体拝領に有益な満足によって精製したときに告白し、それを認める人に苦行を課すべきだとこの力を与えた。 "以前の父親が頻繁に必要とする疾患として罪を語る治療、精神的な医師や外科医の手による抜本的な何か。 St. Augustine (d. 450) tells the sinner: "an abscess had formed in your conscience; it tormented you and gave you no rest. . . . confess, and in confession let the pus come out and flow away" (In ps. lxvi, n. 6).聖アウグスティヌス(d. 450)は、罪人を指示: "膿瘍はあなたの良心​​に形成されていた、それ苦しめ、あなたとお休み....告白し、告白に​​膿が出て来るようにと離れて流れを与えなかった"(PSで。LXVI、nは6)。 St. Jerome (d. 420) comparing the priests of the New Law with those of the Old who decided between leprosy and leprosy, says: "likewise in the New Testament the bishops and the priest bind or loose . . . in virtue of their office", having heard various sorts of sinners, they know who is to be bound and who is to be loosed" . . . (In Matt., xvi, 19); in his "Sermon on Penance" he says: "let no one find it irksome to show his wound vulnus confiteri) because without confession it cannot be healed." St. Ambrose (d. 397): "this right (of loosing and binding) has been conferred on priests only" (De pen., I, ii, n. 7); St. Basil (d. 397): "As men do not make known their bodily ailments to anybody and everybody, but only to those who are skilled in healing, so confession of sin ought to be made to those who can cure it" (Reg. brevior., 229).ハンセン病及びハンセン病との間で決定した人の古いものと新しい法律の祭司たちを比較聖ジェローム(民主党420)、言う: "同様に、新約聖書に司教と司祭のバインドまたはゆるい...彼らのおかげでオフィスは、 "罪人の様々な種類を聞いて、彼らが拘束されることになり、誰が増しすべきか分からない" ...(マットで、16、19);彼の "贖罪の垂訓"に彼は言う: "何を聞かせて告白せずにそれが治癒することができないので1)は、それが厄介な彼の傷vulnus confiteriを表示するために見つける "聖アンブローズ(d. 397):"この権利は、(失うと結合の)(デペン "だけ司祭に授与されました。 I、II、nは7)、聖バジル(民主党397):男性は誰でも、みんなに自分の身体の病気を知ってもらうだけ、治癒に熟練している人々には、そうではありませんように、 "罪の告白があるべきそれを治すことができる人 "(レジスタbrevior。、229)に行われた。

For those who sought to escape the obligation of confession it was natural enough to assert that repentance was the affair of the soul alone with its Maker, and that no intermediary was needed.告白の義務を逃れるために求められている人にとっては、その後悔だけでは、そのメーカーの魂の事件だった、と全く仲介が必要とされなかったことを主張するのに十分な自然なことでした。 It is this pretext that St. Augustine sweeps aside in one of his sermons: "Let no one say I do penance secretly; I perform it in the sight of God, and He who is to pardon me knows that in my heart I repent". "、私は神の御前でそれを実行し、私を許している彼は私の心に私は悔い改めることを知っている誰もが、私は密かに難行苦行を言わないしよう":これは、聖アウグスティヌスは彼の説教の一つに置いてスイープというこの口実です。 Whereupon St. Augustine asks: "Was it then said to no purpose, 'What you shall loose upon earth shall be loosed in heaven?'すると聖アウグスティヌスは、質問: "それは、無目的に言われた"あなたは天国に増ししなければならない地球に失うものとは何? " Was it for nothing that the keys were given to the Church?"それはキーが教会に与えられたことは何のためだった? " (Sermo cccxcii, n. 3, in PL, XXXIX, 1711). (Sermo cccxcii、nは3、PL 39、1711年)。 The Fathers, of course, do not deny that sin must be confessed to God; at times, indeed, in exhorting the faithful to confess, they make no mention of the priest; but such passages must be taken in connection with the general teaching of the Fathers and with the traditional belief of the Church.父親は、当然のことながら、その罪を神に告白しなければならない否定するものではありません。時には、確かに、告白する忠実を勧めるで、彼らは司祭の言及しない、しかし、そのような通路は、一般的な教育との関連で注意しなければなりません父親と教会の伝統的な信念を持つ。 Their real meaning is expressed, eg, by Anastasius Sinaita (seventh century): "Confess your sins to Christ through the priest" (De sacra synaxi), and by Egbert, Archbishop of York (d. 766): "Let the sinner confess his evil deeds to God, that the priest may know what penance to impose" (Mansi, Coll. Conc., XII, 232). "司祭を通してキリストに自分の罪を告白"(デサクラsynaxi)、およびエグバート、ヨーク大司教(民主党766)によって:その本当の意味は、アナスタシオスSinaita(7世紀)が、例えば、表現される "罪人告白しましょう司祭は苦行を課すために何を知っている可能性がありますことを、神に彼の邪悪な行為 "(マンシ、コル。濃、XII、232)。 For the passages in St. John Chrysostom, see Hurter, "Theol. dogmat.", III, 454; Pesch, "Praelectiones", VII, 165.ペッシュ、 "Praelectiones"、第VII、165、聖ヨハネクリュソストモスの通路については、 "。。Theol dogmat"、III、454を保護するものを参照してください。

The Fathers, knowing well that one great difficulty which the sinner has to overcome is shame, encourage him in spite of it to confess.父親は、罪人が克服しなければならない一つの大きな困難は告白するそれにもかかわらず、彼を奨励する、恥であることをよく知っている。 "I appeal to you, my brethren", says St. Pacian (d. 391), ". . . you who are not ashamed to sin and yet are ashamed to confess . . . I beseech you, cease to hide your wounded conscience. Sick people who are prudent do not fear the physician, though he cut and burn even the secret parts of the body" (Paraenesis ad poenit., n. 6, 8). "私は、あなたに私の兄弟たちを訴える"、聖Pacian(民主党391)は言う、 "...あなたは罪を恥じていないで、まだ告白することを恥としている人...私はあなたを懇願し、あなたの傷ついた良心を非表示にすることをやめる彼は身体の秘密部分 "(Paraenesis広告poenit。、N 6、図8)をカットしても焼くのに賢明である。病気の人は、医師を恐れていない。 St. John Chrysostom (d. 347) pleads eloquently with the sinner: "Be not ashamed to approach (the priest) because you have sinned, nay rather, for this very reason approach. No one says: Because I have an ulcer, I will not go near a physician or take medicine; on the contrary, it is just this that makes it needful to call in physicians and apply remedies. We (priests) know well how to pardon, because we ourselves are liable to sin. This is why God did not give us angels to be our doctors, nor send down Gabriel to rule the flock, but from the fold itself he chooses the shepherds, from among the sheep He appoints the leader, in order that he may be inclined to pardon his followers and, keeping in mind his own fault, may not set himself in hardness against the members of the flock" (Hom. "On Frequent Assembly" in PG, LXIII, 463).聖ヨハネクリュソストモス(民主党347)罪人で雄弁に嘆願: "あなたは、まさにこの理由のアプローチのために、いやむしろ、罪を犯したので、アプローチ(司祭)に恥じないことが誰も言っていない:私は潰瘍を持っているので、私は医師の近くに行ったり薬を服用しなくなり、逆に、それが医師に電話して救済策を適用することが入用になることだけでこれである私たち自身が罪に責任があるので、これは我々(プリースト)は、恩赦をどれだけ知っています。神は我々の医師であることが私たちに天使を与え、また群れを支配するガブリエルを下に送りますが、折り畳み自体から、彼は彼が彼が彼を許して傾斜させてもよいことをするために、リーダーを任命する羊の中から、羊飼いを選択しなかった理由念頭に置いて、彼自身の障害を維持信者とは、群れのメンバー "(Hom." PG内の頻繁にアセンブリー上の "六十三、463)に対して硬さの中で自分自身を設定することはできません。

Tertullian had already used the same argument with those who, for fear of exposing their sins, put off their confession from day to day -- "mindful more of their shame than of their salvation, like those who hide from the physician the malady they suffer in the secret parts of the body, and thus perish through bashfulness. . . . because we withhold anything from the knowledge of men, do we thereby conceal it from God? . . . Is it better to hide and be damned than to be openly absolved?" "医師から、彼らが苦しむ病気を隠した人々のように、彼らの救いのよりも自分の恥をもっと意識する - テルトゥリアヌス​​はすでに、彼らの罪を暴露するのを恐れて、日ごとに彼らの告白を先送りにする人々と同じ引数を使用していた身体の秘密の部分で、したがって、恥じらいを通じて滅びる....私たちは、男性の知識から何かを差し控えるので、我々はそれによって神からそれを隠すのですか?...それは良い非表示にすると公然であることよりも、のろわれたか免除? " ("De poenit.", x). ( "デpoenit。"、x)となります。 St. Cyprian (d. 258) pleads for greater mildness in the treatment of sinners, "since we find that no one ought to be forbidden to do penance and that to those who implore the mercy of God peace can be granted through His priests. . . . And because in hell there is no confession, nor can exomologesis be made there, they who repent with their whole heart and ask for it, should be received into the Church and therein saved unto the Lord" (Ep. lv, "Ad Antonian.", n. 29).聖チプリアーノ(民主党258)罪人の治療に大きく温厚ための嘆願、 "我々は誰もが難行苦行をすることを禁止されるべきであること、そして神の平和の慈悲は彼の司祭によって付与でき懇願する人々にはその発見以来。そして...地獄でそこには告白されていない、そして、彼らは彼らの全体の心を持った悔い改めとそれを求めるが、 "(Ep. LV、"かれの主教会に受信され、その中に保存されるべき人は、そこexomologesisを作ることができるので広告アントニア。 "nには、図29)。 Elsewhere he says that many who do not do penance or confess their guilt are filled with unclean spirits; and by contrast he praises the greater faith and more wholesome fear of those who, though not guilty of any idolatrous action, "nevertheless, because they thought of [such action], confess [their thought] in sorrow and simplicity to the priests of God, make the exomologesis of their conscience, lay bare the burden of their soul, and seek a salutary remedy even for wounds that are slight" ("De lapsis", xxvi sqq.).別の場所で、彼はその苦行を行ったり、自分の罪を告白していない人の多くは、汚れた霊に満ちていると言う;と対照的に、彼は大きい信仰と彼らは思ったので、誰が、どんな偶像崇拝の行為で有罪とされていない場合でも、 "それにもかかわらず、それらのより健全な恐怖を称賛[このようなアクションは]、[自分の考え]神の司祭に悲しみとシンプルさを告白し、自分の良心のexomologesisを行い、裸の自分の魂の重荷を置くのと、少しでもアールの傷のために有益な救済策を模索する "("デlapsis "、XXVI sqq名)。 Origen (d. 154) compares the sinner to those whose stomachs are overloaded with undigested food or with excess of humours and phlegm if they vomit, they are relieved, "so, too, those who have sinned, if they conceal and keep the sin within, they are distressed and almost choked by its humour or phlegm. But if they accuse themselves and confess, they at the same time vomit the sin and cast off every cause of disease" (Homil. on Ps. xxxvii, n. 6, in PG, XII, 1386).彼らは罪を隠蔽し続ければ原産地(民主党154)は、罪を犯した人も、そう "、その胃の未消化の食物と一緒に、または体液や痰、彼らが嘔吐した場合、過剰のオーバーロードされて、彼らは救済されるものに罪人を比較彼らは困窮し、ほぼそのユーモアや痰で窒息されています。しかし、彼らは自分自身を非難すると告白するならば、彼らは同時に罪を吐くと病気のすべての原因を脱ぎ捨てる "(Homil. PSに。XXXVII、nである。6、内PGは、XII、1386年)。 St. Irenæus (130-102) relates the case of certain women whom the Gnostic Marcus had led into sin.聖irenæus(130から102)は、グノーシス主義のマーカスが罪につながっていた特定の女性の場合に関連します。 "Some of them", he says, "perform their exomologesis openly also [etiam in manifesto], while others, afraid to do this, draw back in silence, despairing to regain the life of God" ("Adv. haer.", I, xiii, 7, in PG, VII, 591). "そのうちのいくつかは、"彼は言う、 "[マニフェストでetiam]彼らのexomologesis公然とまたを行い、他の人が、これを行うことを恐れて、神の命を取り戻すために絶望、沈黙の中に引き戻すしながら"( "前売。haer。" PGの私、13、7、VII、591)。 This etiam in manifesto suggests at least that they had confessed privately, but could not bring themselves to make a public confession.マニフェストにこのetiamは、彼らが個人的に告白していた少なくともことを示唆しているが、公開告白をするために自分自身を持って来ることができませんでした。 The advantage of confession as against the concealment of sin is shown in the words of St. Clement of Rome in his letter to the Corinthians: "It is better for a man to confess his sins than to harden his heart" (Ep. I, "Ad Cor.", li, 1).罪の隠蔽に対する自白としての利点は、コリント人への手紙でローマの聖クレメントの言葉で示されています:(Ep.私は、 "それは彼の心かたくなに比べて自分の罪を告白する人のために良いです" "広告コリント"、李、1)。

This outline of the patristic teaching shows:教父の教えのこのアウトラインは示します:

that the Fathers insisted on a manifestation of sin as the necessary means of unburdening the soul and regaining the friendship of God;父親は魂を負荷が軽減され、神の友情を取り戻すのに必要な手段として罪の症状を主張していること;

that the confession was to be made not to a layman but to priests;告白はしない素人ではなく司祭に作られることになっていたこと;

that priests exercise the power of absolving in virtue of a Divine commission, ie, as representatives of Christ;その司祭はキリストの代表者として、神の手数料、すなわち美徳のabsolvingの力を行使する。

that the sinner, if he would be saved, must overcome his shame and repugnance to confession.罪人は、彼が救われるならば、彼の恥と告白に嫌悪を克服しなければならない。

And since the series of witnesses goes back to the latter part of the first century, the practice of confession must have existed from the earliest days.証人のシリーズは第一世紀後半にさかのぼるので、そして、告白の練習は黎明期から存在している必要があります。 St. Leo had good reason for appealing to the "Apostolic rule" which made secret confession to the priest sufficient without the necessity of a public declaration.聖レオはpublic宣言を必要とせずに十分な司祭に秘密の告白をした "ローマ教皇のルール"にアピールするための十分な理由を持っていた。 Nor is it surprising that Lactantius (dc 330) should have pointed to the practice of confession as a characteristic of the true Church: "That is the true Church in which there is confession and penance, which applies a wholesome remedy to the sins and wounds whereunto the weakness of the flesh is subject" ("Div. lnst.", IV, 30).また、それはラクタンティウス(DC 330)真の教会の特徴として告白の練習を指摘しているべきであることは驚くべきことである: "それは告白と罪と傷に健全な救済策を適用する苦行が、そこにである真の教会であるwhereuntoは肉の弱さは "("本部lnst。 "、4、30)の対象となります。

WHAT SINS ARE TO BE CONFESSED何の罪は告白しなければならない

Among the propositions condemned by the Council of Trent is the following: "That to obtain forgiveness of sins in the Sacrament of Penance, it is not necessary by Divine law to confess each and every mortal sin which is called to mind by due and careful examination, to confess even hidden sins and those that are against the last two precepts of the Decalogue, together with the circumstances that change the specific nature of the sin; such confession is only useful for the instruction and consolation of the penitent, and of old was practised merely in order to impose canonical satisfaction" (Can de poenit., vii).トレントの評議会に非難される命題のうち、以下のとおりです。 "贖罪の聖礼典の罪の赦しを得るには、それが原因と慎重に検討することによって気にするために呼び出され、一人ひとり大罪を告白し、神の法によって必要はありません、一緒に罪の具体的な性質を変えるような状況であっても、隠された罪と十戒の最後の二つの戒律に反対しているものを告白し、そのような告白は、後悔の命令および慰めのためにのみ有用であり、古いのだった"標準的な満足度を課すためには単に練習(缶デpoenit。、ⅶ)。 The Catholic teaching consequently is: that all mortal sins must be confessed of which the penitent is conscious, for these are so related that noone of them can be remitted until all are remitted.カトリックの教えは、結果的に次のとおりですので、これらはすべてが送金されるまで、それらの誰もが送金することができること関連しているのため後悔して、意識的になっているすべての人間の罪を告白しなければならないこと。 Remission means that the soul is restored to the friendship of God; and this is obviously impossible if there remain unforgiven even a single mortal sin.寛解は魂が神の友情に復元されていることを意味し、そしてつでも大罪許されざる者がまだ残っている場合、これは明らかに不可能である。 Hence, the penitent, who in confession willfully conceals a mortal sin, derives no benefit whatever; on the contrary, he makes void the sacrament and thereby incurs the guilt of sacrilege.それどころか、彼は聖餐式が無効になり、それによって冒涜の罪を被り、それ故に、告白に故意に大罪を隠蔽後悔は、何もメリットは派生しません。 If, however, the sin be omitted, not through any fault of the penitent, but through forgetfulness, it is forgiven indirectly; but it must be declared at the next confession and thus submitted to the power of the keys.場合は、しかし、罪を後悔している任意の落ち度ではなく、省略するが、物忘れを通って、それが間接的に許され、それは次の告白で宣言され、したがって、鍵の力に提出しなければならない。

While mortal sin is the necessary matter of confession, venial sin is sufficient matter, as are also the mortal sins already forgiven in previous confessions.大罪の告白の必要事項であるが、小罪はすでに前の自白赦さ大罪でもあるように、十分な問題である。 This is the common teaching of theologians, in accord with the condemnation pronounced by Leo X on Luther's assertion, 'By no means presume to confess venial sins .これはささいな罪を告白するつけ込むまさか '、ルターの主張にレオと発音非難と一致して、神学者の共通の教えです。 . . in the primitive Church only manifest mortal sins were confessed" (Bull, "Exurge Domine"; Denzinger, "Enchir.", 748). In the constitution "Inter cunctas" (17 Feb., 1304), Benedict XI, after stating that penitents who had confessed to a priest belonging to a religious order are not obliged to reiterate the confession to their own priest, adds: "Though it is not necessary to confess the same sins over again, nevertheless we regard it as salutary to repeat the confession, because of the shame it involves, which is a great part of penance; hence we strictly enjoin the Brothers (Dominicans and Franciscans] to admonish their penitents and in sermons 'exhort them that they confess to their own priests at least once a year, assuring them that this will undoubtedly conduce to their spiritual welfare" (Denzinger, "Enchir.", 470). St. Thomas gives the same reason for this practice: the oftener one confesses the more is the (temporal) penalty reduced; hence one might confess over and over again until the whole penalty is cancelled, nor would he thereby offer any injury to the sacrament" (IV Sent., d. xvii, q. 3, sol. 5 ad 4).原始教会における唯一のマニフェスト人間の罪を告白していた "(ブル" Exurgeドミネ ";デンツィンガー、"。Enchir "、748)。憲法では、"インターcunctas "(1304年2月17日)、ベネディクトXIのことを述べた後、修道会に属する司祭に告白していたのpenitentsが自身の司祭に告白を改めて表明する義務はない、追加されます: "それは何度も何度も同じ罪を告白する必要はありませんが、それにもかかわらず、我々はそれが有益な告白を繰り返すように考えるなぜなら、苦行の大部分であることが含ま恥、の、それゆえ私たちは、厳密に自分のpenitentsを訓戒するブラザーズ(ドミニコ会とフランシスコ会]差し止めると説教 "で、彼らは少なくとも年に一度、自分の司祭に告白したことを熱心に勧める、これは間違いなく彼らの精神的な福祉 "(デンツィンガー、"。Enchir "、470)に導くことを、それらを保証する聖トマスは、この練習のために同じ理由を与える:oftener 1より(時間)ペナルティが減​​少していると告白。故に1上の告白かもしれないし、何度も何度も全体のペナルティが解除されるまでの間、また彼はそれによって聖餐 "(IV送信されます、エ17、Q 3、ゾル。5広告4)に怪我を提供するであろう。

SATISFACTION SATISFACTION

As stated above, the absolution given by the priest to a penitent who confesses his sins with the proper dispositions remits both the guilt and the eternal punishment (of mortal sin).前述したように、適切な処分に自分の罪を告白し、後悔に司祭によって与え赦免は、罪悪感と永遠の罰(大罪)の両方を送金。 There remains, however, some indebtedness to Divine justice which must be cancelled here or hereafter (see PURGATORY). (煉獄を参照してください)​​ここで、または将来キャンセルしなければならない神の裁きへのいくつかの債務は、しかし、そこに残ります。 In order to have it cancelled here, the penitent receives from his confessor what is usually called his "penance", usually in the form of certain prayers which he is to say, or of certain actions which he is to perform, such as visits to a church, the Stations of the Cross, etc. Alms, deeds, fasting, and prayer are the chief means of satisfaction, but other penitential works may also be enjoined.それはここでキャンセルしたために、後悔しては、通常、への訪問など、彼の "贖罪"、通常彼が言うことです特定の祈りの形で、または彼が実行する特定のアクションを、と呼ばれるものを彼の懺悔から受け取る教会は、十字架の道行きなどが施し物、行為、断食し、祈りは満足の主な手段であるが、他のざんげの作品も加味することができる。 The quality and extent of the penance is determined by the confessor according to the nature of the sins revealed, the special circumstances of the penitent, his liability to relapse, and the need of eradicating evil habits.苦行の質と程度は罪の性質に応じて懺悔によって決定され、後悔して、再発への彼の責任、悪習慣を根絶の必要性の特殊な状況を明らかにした。 Sometimes the penance is such that it may be performed at once; in other cases it may require a more or less considerable period, as, eg, where it is prescribed for each day during a week or a month.時には苦行はそれを一度に行うことができるようなもので、その他の場合はそれが週または月の間毎日のために処方されているように、例えば、どこで、多かれ少なかれかなりの期間を必要とするかもしれません。 But even then the penitent may receive another sacrament (eg, Holy Communion) immediately after confession, since absolution restores him to the state of grace.しかし、それでも後悔は赦免の恵みの状態に彼を復元しているので、すぐに告白した後に別の聖餐式(例えば、聖体拝領)を受け取ることがあります。 He is nevertheless under obligation to continue the performance of his penance until it is completed.彼は、それが完了するまで、彼の贖罪のパフォーマンスを継続する義務を負うにもかかわらずです。

In theological language, this penance is called satisfaction and is defined, in the words of St. Thomas: "The payment of the temporal punishment due on account of the offence committed against God by sin" (Suppl. to Summa, Q. xii, a. 3).神学的言語では、この苦行が満足と呼ばれ、定義されている、セントトーマス島の言葉: "罪によって神に対して犯された犯罪のアカウントに起因する一時的な罰の支払い"(総合的研究論文に補遺、Q. XII、 3)。 It is an act of justice whereby the injury done to the honour of God is required, so far at least as the sinner is able to make reparation (poena vindicativa) ; it is also a preventive remedy, inasmuch as it is meant to hinder the further commission of sin (poena medicinalis).それは、これまで罪人が賠償(poena vindicativa)を作ることができる少なくともとして、神の名誉に行わ傷害が必要とされる正義の行為であり、それが邪魔することを意味するだけれども、また、予防薬です罪のさらなるコミッション(poenaのmedicinalis)。 Satisfaction is not, like contrition and confession, an essential part of the sacrament, because the primary effect, ie, remission of guilt and eternal punishment -- is obtained without satisfaction; but it is an integral part, because it is requisite for obtaining the secondary effect -- ie, remission of the temporal punishment.それを得るための必要条件であるので、それは不可欠な部分です。満足せずに得られる - 主効果、すなわち、罪悪感と永遠の罰の赦しがあるため満足度は、悔恨と告白、聖餐式の重要な部分のように、ではない二次的効果 - すなわち、時間的な処罰の寛解。 The Catholic doctrine on this point is set forth by the Council of Trent, which condemns the proposition: "That the entire punishment is always remitted by God together with the guilt, and the satisfaction required of penitents is no other than faith whereby they believe that Christ has satisfied for them"; and further the proposition: "That the keys were given to the Church for loosing only and not for binding as well; that therefore in enjoining penance on those who confess, priests act contrary to the purpose of the keys and the institution of Christ; that it is a fiction [to say] that after the eternal punishment has been remitted in virtue of the keys, there usually remains to be paid a temporal penalty" (Can. "de Sac. poenit.", 12, 15; Denzinger, "Enchir.", 922, 925).この点については、カトリック教義命題を非難トレントの評議会によって定められている:全体の罰は常に罪悪感と一緒に、神によって送金されている "、と彼らは信じているそれによってのpenitents必須満足度は信仰よりも、他ではないことキリストは彼らのために満足している "と、さらなる命題:"キーも同様にバインドするためだけではなく、失うために教会に与えられたことは、それ故に告白する人々に苦行を禁止するには、司祭は、キーの目的に反して行動するそしてキリストの機関;。永遠の罰は、キーのおかげで送金された後、それがフィクション[言いたいこと]は、通常は一時的なペナルティ "(Can.は" de Sacのpoenit "を支払わなければそこに残っている12、15;デンツィンガー、 "Enchir。"、922、925)。 As against the errors contained in these statements, the Council (Sess. XIV, c. viii) cites conspicuous examples from Holy Scripture.これらの声明に含まれているエラーに対するように、理事会は会(14 sess。ⅷ)教典から顕著な例を挙げている。 The most notable of these is the judgment pronounced upon David: "And Nathan said to David: the Lord also hath taken away thy sin: thou shalt not die. Nevertheless, because thou hast given occasion to the enemies of the Lord to blaspheme, for this thing, the child that is born to thee, shall surely die" (2 Samuel 12:13, 14; cf. Genesis 3:17; Numbers 20:11 sqq.).これらの中で最も注目すべきは、ダビデの上に顕著な判断です "とネイサンはダビデに言った:主はまた、汝の罪を連れ去ら:なたは死ぬことなかれそれにもかかわらず、汝のために、悪口を言う、主の敵に与えられた機会を汝ので。この事は、あなたの所に生まれた子は、確かに(; CF創世記3時17;番号sqq名午前20時11分2サムエル12:13、14) "死ななければならない。 David's sin was forgiven and yet he had to suffer punishment in the loss of his child.デビッドの罪が赦され、まだ彼は彼の子供の喪失罰を受けなければならなかった。 The same truth is taught by St. Paul (1 Corinthians 11:32): "But whilst we are judged, we are chastised by the Lord, that we be not condemned with this world".同じ真実は聖パウロ(1コリント11:32)に教示されている: "しかし、我々は判断している間、我々は我々がこの世界と非難しないようにすることを、主によって懲らしめている"。 The chastisement here mentioned is a temporal punishment, but a punishment unto Salvation.ここで言及させっかんは、時間的な罰が、救い罰です。

"Of all the parts of penance", says the Council of Trent (loc. cit.), "satisfaction was constantly recommended to the Christian people by our Fathers". "贖罪のすべての部分の"トレントの評議会(上記引用前掲書)によれば、 "満足度は常に我々の祖先は、キリスト教の人々に推薦されました"。 This the Reformers themselves admitted.この改革派自体は認めている。 Calvin (Instit., III, iv, 38) says he makes little account of what the ancient writings contain in regard to satisfaction because "nearly all whose books are extant went astray on this point or spoke too severely".カルバン(Instit.、III、IV、38)は、彼が古代の文章は "その冊現存しているこの時点で迷ったか、あまりにも深刻な話を聞いたほぼすべての"ので、満足に関して含まれている内容のほとんどないアカウントを作ると言う。 Chemnitius ("Examen C. Trident.", 4) acknowledges that Tertullian, Cyprian, Ambrose, and Augustine extolled the value of penitential works; and Flacius Illyricus, in the "Centuries", has a long list of Fathers and early writers who, as he admits, bear witness to the doctrine of satisfaction. Chemnitius( "。糾明C.トライデント"、4)は、テルトゥリアヌス​​、チプリアーノ、アンブローズ、アウグスティヌスは、ざんげの作品の価値を褒めたたえたことを認め、そしてフラキウス·イリリクス、 "世紀"に、父親と、初期の作家の長いリストを持っています彼は認めているように、満足の教義を物語っています。 Some of the texts already cited (Confession) expressly mention satisfaction as a part of sacramental penance.すでに引用した文章(告白)のいくつかが明示的に聖礼典の苦行の一部として満足に言及。 To these may be added St. Augustine, who says that "Man is forced to suffer even after his sins are forgiven, though it was sin that brought down on him this penalty. For the punishment outlasts the guilt, lest the guilt should be thought slight if with its forgiveness the punishment also came to an end" (Tract. cxxiv, "In Joann.", n. 5, in PL, XXXV, 1972); St. Ambrose: "So efficacious is the medicine of penance that [in view of it] God seems to revoke His sentence" ("De poenit.", 1, 2, c. vi, n. 48, in PL, XVI, 509); Caesarius of Arles: "If in tribulation we give not thanks to God nor redeem our faults by good works, we shall be detained in the fire of purgatory until our slightest sins are burned away like wood or straw" (Sermo civ, n. 4).にそれが彼の上にこのペナルティを倒さ罪であったが、これらは男が彼の罪は赦された後でも、苦しむことを余儀なくされている "と述べている聖アウグスティヌスを添加してもよい。罪悪感を考えることといけない罰は、罪悪感を長持ちについて""(...、nが5、PL 35、1972年、聖アンブローズ罰も終わりTract. cxxiv、 "ジョアンで):"に来て、わずかその赦し場合だから効き目は、その苦行の薬である[それのビュー]で神は彼の文章を取り消すようだ "("デpoenit。 "、1、2、C VI、N 48、PL、XVI、509インチ。);アルルのCaesarius:"我々はしない与える試練である場合私たちのわずかな罪は木材やわら "(Sermo文明、nである。4)のように離れて焼かれるまで、神のおかげでも良い作品で私たちの欠点を償還は、私たちは煉獄の火の中に拘置する。 Among the motives for doing penance on which the Fathers most frequently insist is this: If you punish your own sin, God will spare you; but in any case the sin will not go unpunished. 、しかし、いずれにしても罪は罰を免れないあなた自身の罪を罰するなら、神はあなたを惜しみます:父親は、最も頻繁に主張している苦行を行うための動機の中ではこれです。 Or again they declare that God wants us to perform satisfaction in order that we may clear off our indebtedness to His justice.または再び彼らは、神が、私たちが彼の正義に私たちの債務を完済することがために満足を実行しようとすることを宣言します。 It is therefore with good reason that the earlier councils -- eg, Laodicaea (AD 372) and Carthage IV (397) -- teach that satisfaction is to be imposed on penitents; and the Council of Trent but reiterates the traditional belief and practice when it makes the giving of "penance" obligatory on the confessor.とトレントの評議会が、伝統的な信念と実践時を改めて表明。のpenitentsに課されようとしていることの満足度を教えて - 例えば、Laodicaea(西暦372)、カルタゴⅣ(397) - これは、以前の協議会があることの十分な理由とそのためですそれは懺悔の "苦行"の付与が義務になります。 Hence, too, the practice of granting indulgences, whereby the Church comes to the penitent's assistance and places at his disposal the treasury of Christ's merits.教会は後悔の援助と彼の処分で場所キリストの功績の宝庫になることによって免罪符を与えた場合のそれ故に、あまりにも、練習、。 Though closely connected with penance, indulgences are not a part of the sacrament; they presuppose confession and absolution, and are properly called an extra-sacramental remission of the temporal punishment incurred by sin.彼らは告白と赦しを前提とし、かつ適切に罪が被った時間的な処罰の超聖礼典の寛解と呼ばれ、密接に苦行と接続していますが、おぼれることは聖餐式の一部ではありません。 (See INDULGENCES.) (おぼれるを参照してください。)

SEAL OF CONFESSION告白のシール

Regarding the sins revealed to him in sacramental confession, the priest is bound to inviolable secrecy.罪が聖礼典の告白で彼に啓示に関しては、司祭が不可侵の秘密にバインドされています。 From this obligation he cannot be excused either to save his own life or good name, to save the life of another, to further the ends of human justice, or to avert any public calamity.この義務から彼は、彼自身の人生や良い名前を保存し、別の命を救うために、人間の正義の両端を促進するために、または任意のパブリック災難を回避するためのいずれか免除することはできません。 No law can compel him to divulge the sins confessed to him, or any oath which he takes -- eg, as a witness in court.例えば、法廷で証人として - 法律は彼が彼に告白した罪、または彼が取るすべての誓いを明かすことを強要することはできません。 He cannot reveal them either directly -- ie, by repeating them in so many words -- or indirectly -- ie, by any sign or action, or by giving information based on what he knows through confession.彼は直接それらを明らかにすることはできません - すなわち、非常に多くの言葉でそれらを繰り返すことによって - または間接的に - すなわち、任意の記号やアクションによって、または彼が告白を通じて知っているものに基づいて情報を与えることによって。 The only possible release from the obligation of secrecy is the permission to speak of the sins given freely and formally by the penitent himself.守秘義務からのみ可能リリースは後悔して自分で自由に、正式に与えられた罪の話をする権限です。 Without such permission, the violation of the seal of confession would not only be a grievous sin, but also a sacrilege.このような許可を得ず、自白のシールの違反は重罪のみでなく、冒とくではないでしょう。 It would be contrary to the natural law because it would be an abuse of the penitent's confidence and an injury, very serious perhaps, to his reputation.それは彼の名声を、おそらく、非常に深刻な後悔の自信やけがの乱用になるので、それは自然の法則に反することになる。 It would also violate the Divine law, which, while imposing the obligation to confess, likewise forbids the revelation of that which is confessed.また、告白する義務を課す一方で、同様に告白されているものとの啓示を禁じ、神の法を違反することになります。 That it would infringe ecclesiastical law is evident from the strict prohibition and the severe penalties enacted in this matter by the Church.それは教会法を侵害するということは厳禁と教会によって、この問題に制定された厳しい罰則からも明らかである。 "Let him beware of betraying the sinner by word or sign or in any other way whatsoever. . . we decree that he who dares to reveal a sin made known to him in the tribunal of penance shall not only be deposed from the priestly office, but shall moreover be subjected to close confinement in a monastery and the performance of perpetual penance" (Fourth Lateran Council, cap. xxi; Denzinger, "Enchir.", 438). "彼は、単語や記号によって、またはその他のいかなる方法で罪人を裏切ることに用心しましょう​​...罪を明らかにするためにあえて苦行の法廷で彼に知らせた彼が唯一の聖職者の事務所から退陣してはならないことを私たちは、法令、しかし、さらに "(;デンツィンガー、第4​​ラテラン評議会、​​キャップXXI"。Enchir "、438)修道院と永遠の贖罪のパフォーマンスに閉じ込めを閉じるために受けなければならない。 Furthermore, by a decree of the Holy Office (18 Nov., 1682), confessors are forbidden, even where there would be no revelation direct or indirect, to make any use of the knowledge obtained in confession that would displease the penitent, even though the non-use would occasion him greater displeasure.さらに、聖なる事務所(1682年11月18日)の判決で、告白は、後悔して顰蹙を買うであろう告白で得られた知識のいずれかを利用するために、直接または間接のない啓示はないだろう場合であっても、禁止されている、にもかかわらず、不使用は彼に大きな不満を機会だろう。

These prohibitions, as well as the general obligation of secrecy, apply only to what the confessor learns through confession made as part of the sacrament.これらの禁止だけでなく、秘密の一般的な義務は、懺悔、聖餐式の一部として行われた告白を通して学習したものにのみ適用されます。 He is not bound by the seal as regards what may be told him by a person who, he is sure, has no intention of making a sacramental confession but merely speaks to him "in confidence"; prudence, however, may impose silence concerning what he learns in this way.慎重さは、しかし、何についての沈黙を課すかもしれません彼は、彼は確かです "と、自信の"聖礼典の告白を作るつもりはありませんが、単に彼に話す人が彼に言ったことができるものに関してはシールによってバインドされていません彼はこのように学習します。 Nor does the obligation of the seal prevent the confessor from speaking of things which he has learned outside confession, though the same things have also been told him in confession; here again, however, other reasons may oblige him to observe secrecy.同じ物事でも告白で彼に言われましたけどまたシールの義務は、彼が告白外で学んだ事といえばから懺悔を防ぐのですか、ここで再び、しかし、他の理由が義務付ける彼に秘密を観察することがあります。 The same obligation, with the limitations indicated, rests upon all those who in one way or another acquire a knowledge of what is said in confession, eg, an interpreter who translates for the priest the words of the penitent, a person who either accidentally or intentionally overhears the confession, an ecclesiastical superior (eg, a bishop) to whom the confessor applies for authorization to absolve the penitent from a reserved case.同じ義務は、限界が示されていると、何らかの形での告白の中で述べていることの知識、例えば、司祭のために変換するインタプリタを取得するすべての人々の上に載って後悔している、いずれかの偶然か、人の言葉意図的に懺悔が予約されたケースから後悔を免除するための認可を申請誰に告白、教会の優れた(例えば、司教)を耳に。 Even the penitent, according to some theologians, is bound to secrecy; but the more general opinion leaves him free; as he can authorize the confessor to speak of what he has confessed, he can also, of his own accord, speak to others.でも、後悔している、いくつかの神学者によると、秘密にバインドされますが、より一般的な意見では、彼は自由に残し、彼は彼が告白したのかを話すの懺悔を承認することができますように、彼はまた、自分自身の合意、他の人に話すことができます。 But he is obliged to take care that what he reveals shall cast no blame or suspicion on the confessor, since the latter cannot defend himself.しかし、彼は、後者は自分自身を守ることができないので、彼が明らかにすることに懺悔ないせいか、疑念を唱えてはならないように注意する義務があります。 In a word, it is more in keeping with the intention of the Church and with the reverence due to the sacrament that the penitent himself should refrain from speaking of his confession.一言で言えば、それは教会のつもりでと後悔し彼自身が彼の告白の話を控えるべきだと聖餐式のために畏敬の念を持つの方が多くあります。 Such, undoubtedly, was the motive that prompted St. Leo to condemn the practice of letting the penitent read in public a written statement of his sins (see above); and it needs scarcely be added that the Church, while recognizing the validity of public confession, by no means requires it; as the Council of Trent declares, it would be imprudent to prescribe such a confession by any human enactment.このような、間違いなく、聖レオは後悔して自分の罪を公の書面(上記参照)に読ませるの練習を非難するよう求めた動機だった、そしてそれはほとんど追加されないことが必要であること、教会、公共の妥当性を認識しつつ、告白は、決してそれを必要とします。評議会のトレントを宣言として、それはどんな人間の制定によって、このような告白を処方する軽率であろう。 (For provisions of the civil law regarding this matter, see SEAL OF CONFESSION.) (本件に関する民法の規定については、自白のシールを参照してください。)

PUBLIC PENANCE国民の贖罪

An undeniable proof both of the practice of confession and of the necessity of satisfaction is found in the usage of the early Church according to which severe and often prolonged penance was prescribed and performed.告白の練習の必要性と満足度の両方の決定的な証拠は、重症、頻繁に長時間の苦行が処方と実行されたによると、初期の教会の用法で発見されます。 The elaborate system of penance exhibited in the "Penitentials" and conciliar decrees, referred to above, was of course the outcome of a long development; but it simply expressed in greater detail the principles and the general attitude towards sin and satisfaction which had prevailed from the beginning.贖罪の精巧なシステムは "Penitentials"に出展し、公会議令は、先に言及し、当然のことながら、長い開発の結果であったが、それは単に、より詳細に原則やから勝っていた罪と満足に向かって一般的な態度を表明初め。 Frequently enough the latter statutes refer to the earlier practice either in explicit terms or by reiterating what had been enacted long before.頻繁に十分な後者の法令には、明示的な条件やずっと前に制定されたものを繰り返すのいずれかによって、以前の練習を参照してください。 At times, also, they allude to documents which were then extant, but which have not yet come down to us, eg, the libellus mentioned in the African synods of 251 and 255 as containing singula capitum placita, ie, the details of previous legislation (St. Cyprian, Ep. xxi).時々、また、彼らは、現存しますが、どれがまだ先に降りて来ていないでした書類をほのめかすなど、singula capitum placita、すなわち、以前の法律の詳細を含むとして251と255のアフリカのsynodsで言及libellus (聖シプリアン、EP。XXI)。 Or again, they point to a system of penance that was already in operation and needed only to be applied to particular cases, like that of the Corinthians to whom Clement of Rome wrote his First Epistle about AD 96, exhorting them: "Be subject in obedience to the priests (presbyteris) and receive discipline [correctionem) unto penance, bending the knees of your hearts" (Ep. I "Ad Cor.", lvii).あるいはまた、彼らはコリンチャンスのような誰に、操作に既にあったと特定の例に適用するのみ必要苦行のシステムを指すローマのクレメンスは、それらを勧めると、AD約96彼の最初の手紙を書いた: "の対象となる苦行かれ司祭(presbyteris)への服従と受信規律[correctionem)、あなたの心 "(Ep.私は"広告うわっ。 "LVII)の膝を曲げる。 At the close, therefore, of the first century, the performance of penance was required, and the nature of that penance was determined, not by the penitent himself, but by ecclesiastical authority.終了時に、それゆえ、最初の世紀に、贖罪の性能が要求されており、その苦行の性質は後悔して、自分一人ではないと判断されましたが、教会の権威による。 (See EXCOMMUNICATION.) (破門を参照してください。)

Three kinds of penance are to be distinguished canonical, prescribed by councils or bishops in the form of "canons" for graver offences.苦行には3つの種類が深刻な犯罪のための "参事"の形で協議会や司教の定めるところにより、正規の区別される。 This might be either private, ie, performed secretly or public ie, performed in the presence of bishop, clergy and people.これは、司教、聖職者や人々の存在下で行う民間、すなわち、密かに実行または公共すなわち、どちらかであるかもしれません。 When accompanied by certain rites as prescribed in the Canons, it was solemn penance.規範の定めるところにより、特定の儀式を伴うとき、それは厳粛な苦行だった。 The public penance was not necessarily canonical; it might be undertaken by the penitent of his own accord.国民の贖罪は、必ずしも正規ではありませんでした、それは自分自身の合意の後悔によって行われるかもしれません。 Solemn penance, the most severe of all, was inflicted for the worst offences only, notably for adultery, murder, and idolatry, the "capital sins".厳粛な苦行、すべての中で最も厳しいが、特に不倫や殺人、偶像崇拝、 "資本の罪"のために、唯一の最悪の犯罪のために招いた。 The name of penitent was applied especially to those who performed public canonical penance.後悔している人の名前は、特に公共カノニカル苦行を行った方に適用された。 "There is a harder and more grievous penance, the doers of which are properly called in the Church penitents; they are excluded from participation in the sacraments of the altar, lest by unworthily receiving they eat and drink judgment unto themselves "(St. Augustine, "De utilitate agendae poenit.", ser. cccxxxii, c. iii). (聖アウグスティヌスは、 "ふさわしくないまま、彼らは食べ、かれ自身の判断を飲まないように受信することによって、彼らは祭壇の秘跡への参加から除外されているがあり難しく、もっと悲惨な苦行、きちんと教会のpenitentsで呼び出されているの徒である" "と、De utilitate agendae poenit。" SER。cccxxxiiは、c。ⅲ)。

The penitential process included a series of acts, the first of which was confession.ざんげのプロセスは告白だった最初のうちは一連の行為が含まれていた。 Regarding this, Origen, after speaking of baptism, tells us: "There is a yet more severe and arduous pardon of sins by penance, when the sinner washes his couch with tears, and when he blushes not to disclose his sin to the priest of the Lord and seeks the remedy" (Homil. "In Levit.", ii, 4, in PG, XII, 418).原産地は、洗礼といえば後に、これと関連して、教えてくれる: "苦行によって罪のまだより深刻で困難な恩赦があり、罪人が涙で彼のソファを洗うとき、および彼は司祭に罪を開示しない赤面するとき主とは "(Homil."レヴィットで。 "、2世、4、PG内、XII、418)救済を求めている。 Again he says: "They who have sinned, if they hide and retain their sin within their breast, are grievously tormented; but if the sinner becomes his own accuser, while he does this, he discharges the cause of all his malady. Only let him carefully consider to whom he should confess his sin; what is the character of the physician; if he be one who will be weak with the weak, who will weep with the sorrowful, and who understands the discipline of condolence and fellow-feeling. So that when his skill shall be known and his pity felt, you may follow what he shall advise. Should he think your disease to be such that it should be declared in the assembly of the faithful-whereby others may be edified, and yourself easily reformed-this must be done with much deliberation and the skillful advice of the physician" (Homil. "In Ps. xxxvii", n. 6, in PG, XII, 1386).彼らは非表示にして、彼らの胸の中に自分の罪を保持する場合には、罪を犯しました彼らは、悲痛に苦しめられている "、しかし、彼はこれを行いながら、罪人は、彼自身の告発となった場合、彼は放電すべての彼の病気の原因は、のみましょう:再び彼は言う。彼は慎重に、彼は自分の罪を告白すべき誰に考えてみましょう。何が医師のキャラクターである、彼は弱い弱いとなる1であるならば、誰が悲しんで泣くでしょう、そして誰がお悔やみと仲間の気持ちの規律を理解しています。彼の技術が知られており、彼の同情を感じなければならない時、あなたは彼が助言しなければならないことに従うことができるように彼はあなたの病気を考える必要があり、それが忠実な、それによって他の人が簡単にedified、そしてあなた自身することができるのアセンブリで宣言されるべきであることなどであることが改質された - これは、 "(nは、psのです。XXXVIIで" 6、PG、XII、1386年Homil. ")多くの審議、医師の巧みな助言を行わなければなりません。 Origen here states quite plainly the relation between confession and public penance.原産地はここで告白して国民の贖罪の関係はかなりはっきりと述べています。 The sinner must first make known his sins to the priest, who will decide whether any further manifestation is called for.罪人は、最初に、それ以上の症状が要求されるかどうかを決定する司祭に自分の罪を知ってもらう必要があります。

Public penance did not necessarily include a public avowal of sin.国民の贖罪は、必ずしも罪の公共公言含まれていませんでした。 As St. Augustine also declares, "If his sin is not only grievous in itself, but involves scandal given to others, and if the bishop [antistes] judges that it will be useful to the Church [to have the sin published], let not the sinner refuse to do penance in the sight of many or even of the people at large, let him not resist, nor through shame add to his mortal wound a greater evil" (Sermo cli, n. 3).聖アウグスティヌスはまた宣言しているように、 "彼の罪はそれ自体が唯一の痛ましいはありませんが、他の人に与えられたスキャンダルに関与し、場合司教は[antistes]は、それが教会に有用であろうと判断し[公開されて罪を持っている]、聞かせて罪人が一般の人々でさえ、多くのまたはの目の前に苦行を行うことを拒んではならない、彼は抵抗する、また恥を介して自分の致命傷に大きな悪 "(Sermo CLIは、n 3)を追加しないようにしましょう​​。 It was therefore the duty of the confessor to determine how far the process of penance should go beyond sacramental confession.それは苦行のプロセスは聖礼典の告白を越え行くべきどこまで決定することが懺悔の義務だった。 It lay with him also to fix the quality and duration of the penance: "Satisfaction", says Tertullian, "is determined by confession; penance is born of confession, and by penance God is appeased" (De poenit., viii). 、テルトゥリアヌス​​が言うには、 "満足" "告白によって決定されます。苦行は告白から生まれた、と苦行によって神がなだめている"(デpoenit、Ⅷ。):これは、苦行の質と持続時間を修正するためにも、彼と一緒に横たわっていた。 In the East there existed from the earliest times (Sozomen, HE, VII, xvi) or at least from the outbreak of the Novatianist schism (Socrates, HE, V, xix) a functionary known as presbyter penitentiarius, i, e, a priest especially appointed on account of his prudence and reserve to hear confessions and impose public penance.東洋ではそこには太古の時代から存在していた(Sozomen、彼は、第VII、16)または少なくともNovatianist分裂勃発(ソクラテスは、彼は、V、19)長老penitentiarius、I、Eとして知られている役人、司祭から特に自白を聞くと公共苦行を課すことは、彼の慎重さと予備のアカウントに任命した。 If the confessor deemed it necessary, he obliged the penitent to appear before the bishop and his council [presbyterium) and these again decided whether the crime was of such a nature that it ought to be confessed in presence of the people.懺悔が必要があると認めた場合、彼は司教と彼の評議会[内陣の前に表示されるように後悔しているが義務付け)、これらは再び犯罪は、それが人々の存在下で告白されるべきである、そのような性質のものであったかどうかを決めた。 Then followed, usually on Ash Wednesday, the imposition of public penance whereby the sinner was excluded for a longer or shorter period from the communion of the Church and in addition was obliged to perform certain penitential exercises, the exomologesis.その後、通常灰の水曜日、罪人が教会の交わりから長いまたは短い期間から除外され、加えて、特定のざんげの練習、exomologesisを実行するために余儀なくされたことにより公共の苦行を課すことで、続く。 This term, however, had various meanings: it designated sometimes the entire process of penance (Tertullian), or again the avowal of sin at the beginning or, finally, the public avowal which was made at the end -- ie, after the performance of the penitential exercises.この用語は、しかし、様々な意味を持っていた:それは、最終的には、最後に行われた公開公言冒頭で時々苦行のプロセス全体(テルトゥリアヌス​​)、または再び罪の公言を指定または - パフォーマンスの後、すなわち、ざんげの練習の。

The nature of these exercises varied according to the sin for which they were prescribed.これらの演習の性質は、彼らが処方されたために罪に応じて変える。 According to Tertullian (De poenit., IX), "Exomologesis is the discipline which obliges a man to prostrate and humiliate himself and to adopt a manner of life that will draw down mercy. As regards dress and food, it prescribes that he shall lie in sackcloth and ashes, clothe his body in rags, plunge his soul in sorrow, correct his faults by harsh treatment of himself, use the plainest meat and drink for the sake of his soul and not of his belly: usually he shall nourish prayer by fasting, whole days and nights together he shall moan, and weep, and wail to the Lord his God, cast himself at the feet of the priests, fall on his knees before those who are dear to God, and beseech them to plead in his behalf".テルトゥリアヌス​​(デpoenit。、IX)によると、 "Exomologesisはサジダ男を義務付けて自分に恥をかかせると慈悲を下ろすでしょう人生の態度を採用する学問分野である。よろしくドレスや食品のように、それは彼がうそをつくものと規定している悲しみに沈んで、ぼろの彼の体をまとわ悲しみに彼の魂を沈める、自身の過酷な治療によって、自分の誤りを訂正し、彼の魂のために最も平易な肉や飲み物を使用し、彼の腹ではない:通常、彼はによって祈りを養うものとする断食、全体の日と一緒に夜、彼はうめき声、そして泣く、そしてその神、主に泣き叫ぶ、祭司たちの足で自分自身をキャストしなければならないが、神にとって大切な人の前に彼の膝の上に落下し、彼に嘆願するよう懇願する代わって "。 At a very early period, the exomologesis was divided into four parts or "stations", and the penitents were grouped in as many different classes according to their progress in penance.非常に初期の時代に、exomologesisは4つの部分または "ステーション"に分かれていた、とのpenitentsは苦行で、その進捗状況に応じて、多くの異なるクラスに分類されています。 The lower class, the flentes (weeping) remained outside the church door and besought the intercession of the faithful as these passed into the church.下層階級、flentes(泣きながら)が教会のドアの外にとどまり、これらの教会に渡された信徒の執り成しを懇願した。 The audientes (hearers) were stationed in the narthex of the church behind the catechumens and were permitted to remain during the Mass of the Catechumens, ie, until the end of the sermon. audientesは(聞き手)catechumensの背後にある教会のナルテックスに駐留していたと説教の終わりまでのcatechumensミサ、すなわち、中に残ることを許された。 The substrati (prostrate), or genuflectentes (kneeling), occupied the space between the door and the ambo, where they received the imposition of the bishop's hands or his blessing. substrati(ほふく)、またはgenuflectentesは(ひざまずく)、ドア、彼らが司教の手や彼の祝福の賦課を受けた説教壇、間にスペースを占領した。 Finally, the consistentes were so called because they were allowed to hear the whole Mass without communicating, or because they remained at their place while the faithful approached the Holy Table.信者が聖表に近づいている間、彼らはその場所にとどまっているため、それらが通信したかどうかにかかわらず、ミサ全体を聞くことができましたので、最後consistentesはそう呼ばれていました。 This grouping into stations originated in the East, where at least the three higher groups are mentioned about AD 263 by Gregory Thaumaturgus, and the first or lowest group by St. Basil (Ep. cxcix, e. xxii; ccxvii, c. lvi).聖バジル(; ccxvii、C LVI。Ep. cxcix、電子XXII)によって、少なくとも3つの高いグループはグレゴリー奇跡でAD 263について言及されている東、、最初または最も低いグループに起源ステーションにこのグループ化。 In the West the classification did not exist, or at any rate the different stations were not so clearly marked; the penitents were treated pretty much as the catechumens.西洋では分類は存在しなかった、またはいずれにせよ、別の局がそう明らかにマークされていなかった、のpenitentsはかなりのcatechumensとして扱われていました。 The exomologesis terminated with the reconciliation, a solemn function which took place on Holy Thursday just before Mass. The bishop presided, assisted by his priests and deacons.和解で終了exomologesis、マサチューセッツ州司教は彼の司祭、助祭の援助を受けて、司会の直前に聖木曜日に行われた厳粛な機能。 A consultation (concilium) was held to determine which of the penitents deserved readmission; the Penitential Psalms and the litanies were recited at the foot of the altar; the bishop in a brief address reminded the penitents of their obligation to lead henceforth an upright life; the penitents, lighted candles in hand, were then led into the church; prayers, antiphons and responses were said, and, finally, the public absolution was given.協議(concilium)が再入院に値するのpenitentsかを決定するために開催され、ざんげの詩篇と連祷は、祭壇のふもとに読誦された;短いアドレスの司教は今後直立生活を送るために彼らの義務のpenitentsを思い出した;のpenitents、手に火のついたろうそくが、その後教会に導かれた;祈り、antiphonsとレスポンスは言われた、そして、最後に、公共の赦しが与えられた。 (See Schmitz, "Die Bussbucher u. die Bussdisciplin d. Kirche", Mainz, 1883; Funk in "Kirchenlex.", sv "Bussdisciplin"; Pohle in "Kirchl. Handlex.", sv "Bussdisciplin"; Tixeront, "Hist. des dogmes", Paris, 1905; Eng. tr., St. Louis, 1910.) Regarding the nature of this absolution given by the bishop, various opinions have been put forward. (シュミッツ、 "。。ダイBussbucher UダイBussdisciplin Dシュタイン"、マインツ、1883を参照してください;でファンク、SV "Bussdisciplin" "Kirchenlex。";でPohle、SV "Bussdisciplin" "。Kirchl Handlex。"; Tixeront、 "シーッ。デdogmes "、パリ、1​​905;。。工学TR、セントルイス、1910)司教によって与えられたこの罪の赦しの性質に関しては、さまざまな意見が出されました。 According to one view, it was the remission, not of guilt but of the temporal punishment; the guilt had already been remitted by the absolution which the penitent received in confession before he entered on the public penance. 1ビューによると、それは罪悪感が、時間的な懲罰のではなく、寛解であった;罪はすでに彼は公共の苦行に入る前の後悔の告白で受信赦免に送金されていた。 This finds support in the fact that the reconciliation could be effected by a deacon in case of necessity and in the absence of a priest, as appears from St. Cyprian (Ep. xviii).これは、聖シプリアン(Ep. XVIII)から表示される和解は、必要な場合には、司祭の不在で助祭によって行うことができるという事実にサポートを見つけることができます。

Speaking of those who had received libelli from the martyrs he says: "If they are overtaken by illness, they need not wait for our coming, but may make the exomologesis of their sin before any priest, or, if no priest be at hand, and death is imminent, before a deacon, that thus, by the imposition of his hands unto penance, they may come to the Lord with the peace which the martyrs had besought us by letters to grant."殉教者からlibelliを受けていた人たちといえば、彼は言う: "彼らは病気に追い抜かれている場合、彼らは、何司祭が手元にありませんならば、私たちの来るのを待つ必要はありませんが、任意の司祭の前に自分の罪のexomologesisをすることができるか、そして死は、このように、苦行かれ彼の按手によって、彼らは殉教者が付与する文字によって私達の過去過去分詞していた平和である主に来るかもしれないことを、助祭の前に、目前に迫っている。 " On the other hand, the deacon could not give sacramental absolution; consequently, his function in such cases was to absolve the penitent from punishment; and, as he was authorized herein to do what the bishop did by the public absolution, this could not have been sacramental.一方、助祭聖礼典の赦免を与えることができなかった、結果的に、そのような例の彼の機能は罰から後悔を免除することでした、そして、彼は公共の赦免によって司教がやったように本明細書中に認可されたように、これは持つことができませんでした礼典き。 There is the further consideration that the bishop did not necessarily hear the confessions of those whom he absolved at the time of reconciliation, and moreover the ancient formularies prescribe that at this time a priest shall hear the confession, and that the bishop, after that, shall pronounce absolution.司教は必ずしもそれらの告白を聞いていないことをさらに考慮事項があります心に適う和解の時点で免除、さらに古代の処方は、この時点で司祭が告白を聴かなければならないことを規定し、司教こと、その後、赦免を発音しなければならない。 But sacramental absolution can be given only by him who hears the confession.しかし、聖礼典の赦免は、告白を聞いて彼に与えることができます。 And again, the public penance often lasted many years; consequently, if the penitent were not absolved at the beginning, he would have remained during all that time in the state of sin, incapable of meriting anything for heaven by his penitential exercises, and exposed to the danger of sudden death (Pesch, op. cit., p. 110 sq. Cf. Palmieri, op. cit., p. 459; Pignataro, "De disciplina poenitentiali", Rome, 1904, p. 100; Di Dario, "II sacramento della penitenza nei primi secoli del cristianesimo", Naples, 1908, p. 81).そして再び、国民の贖罪は、しばしば長年続いた後悔は冒頭で免除されていなかった場合、その結果として、彼は、罪の状態にあるすべてのその時間の間に彼のざんげの練習によって天国のために何に値することができないままで、露出しただろう突然死の危険に(ペッシュ、前掲、P 110平方Cfのパルミエリ、前掲、電話459;。。。Pignataro、 "デdisciplina poenitentiali"、ローマ、1904年、P 100;ディ·ダリオ、 "Ⅱサクラメントデッラpenitenzaネイprimi secoliデルcristianesimo"、ナポリ、1908年、p。81)。

The writers who hold that the final absolution was sacramental, insist that there is no documentary evidence of a secret confession; that if this had been in existence, the harder way of the public penance would have been abandoned; that the argument from prescription loses its force if the sacramental character of public penance be denied; and that this penance contained all that is required in a sacrament.最後の赦免は、聖礼典のあったことを保持する作家は、秘密の告白のない証拠書類が存在しないと主張しているが、これは存在していた場合、国民の贖罪難しい方法が放棄されたであろうこと、処方箋からの引数は、そのを失うこと国民の贖罪の聖礼典の文字が強制的に拒否された場合、およびこの苦行は聖餐式に必要なものはすべて含まれていること。 (Boudinhon, "Sur l'histoire de la pénitence" in "Revue d'histoire et de litterature religieuses", II, 1897, p. 306 sq. Cf. Hogan in "Am. Cath. Q. Rev.", July, 1900; Batiffol, "Etudes d'histoire et de theologie positive", Paris, 1902, p. 195 sq.; Vacandard in "Dict. de theol.", sv "Absolution", 156-61; O'Donnell, "Penance in the Early Church", Dublin 1907, p. 95 sq.) While this discussion concerns the practice under ordinary circumstances, it is commonly admitted that sacramental absolution was granted at the time of confession to those who were in danger of death. (Boudinhon、 "AM。キッドソン。Q.牧師"、7月、で "シュールL'histoireデラ懺悔"の "レヴューD'histoireエトデlitterature religieuses"、2世、1897年、p。306平方Cfを。ホーガン1900;をbatiffol、 "エチュードD'histoireエトデ肯定神学"、パリ、1​​902、pは195平方;。 "。Dictのデtheol";オドネル、 "苦行、SV"赦し "、156から61でVacandardこの議論は、通常の状況下で練習にかかわる一方で初代教会 "、ダブリン1907年、p。95㎡)で、それは一般的に聖礼典の赦免は、死の危険にさらされていた人に告白の時に付与されたことを認めている。 The Church, in fact, did not, in her universal practice, refuse absolution at the last moment even in the case of those who had committed grievous sin.教会は、実際には、彼女の普遍的な、実際には、重大な罪を犯した人の場合であっても、最後の瞬間に赦免を拒否しませんでした。 St. Leo, writing in 442 to Theodore, Bishop of Fréjus, says: "Neither satisfaction is to be forbidden nor reconciliation denied to those who in time of need and imminent danger implore the aid of penance and then of reconciliation."聖レオは、442でセオドア、フレジュスの司教への書き込み、言う: "どちらも満足度が禁じられても和解が誰を必要と差し迫った危険の時の苦行の後、和解の援助請うものに拒否されることです。" After pointing out that penance should not be deferred from day to day until the moment "when there is hardly space either for the confession of the penitent or his reconciliation by the priest"; he adds that even in these circumstances "the action of penance and the grace of communion should not be denied if asked for by the penitent" (Ep. cviii, c. iv,in PL, LIV, 1011).その苦行 "は司祭のいずれかによって後悔したり彼の和解の告白のためのスペースがほとんど存在しない場合に"瞬間まで、一日一日に延期されるべきではないと指摘した後、彼は "このような状況であっても苦行のアクションをそのを追加し、後悔している "(Ep. cviii、PL、LIV、1011年のc。IV、)で要求された場合は交わりの恵みを拒否するべきではありません。 St. Leo states expressly that he was applying the ecclesiastical rule (ecclesiastica regula).聖レオは、彼は教会のルール(ecclesiastica規制)を適用したことを明確に述べています。

Shortly before, St. Celestine (428) had expressed his horror at learning that "penance was refused the dying and that the desire of those was not granted who in the hour of death sought this remedy for their soul"; this, he says, is "adding death to death and killing with cruelty the soul that is not absolved" (Letter to the bishops of the provinces of Vienne and Narbonne, c. ii).これは、彼によれば、、、セントセレスティン(428)は "苦行が死にかけていると、それらが与えられなかったの欲望が死に際に誰が自分の魂のためにこの治療法を模索してきた拒否された"ことを学んで彼の恐怖を表明していた直前に"死の死を追加し、残酷で免除されていない魂を殺す"(ヴィエンヌ、ナルボンヌ、C。iiの地方の司教への手紙)されています。 That such a refusal was not in accordance with the earlier practice is evident from the words of the Council of Nicaea (325): "With respect to the dying, the ancient canonical law shall now also be observed, namely, that if any one depart from this life, he shall by no means be deprived of the last and most necessary viaticum" (can. xiii).そのような拒否はニカイア公会議(325)の言葉からも明らかである以前の慣行に従ってなかったこと: "死ぬ、古代の正規の法律に関しては、今も、すなわち、観察されなければならない、その場合、いずれか1日この生活から、彼は決して最後の、そして最も必要な餞別 "(can. XIII)を奪われなければならない。 If the dying person could receive the Eucharist, absolution certainly could not be denied.死にかけている人は聖体を受け​​ることができれば、罪の赦しは確かに否定できない。 If at times greater severity seems to be shown, this consisted in the refusal, not of absolution but of communion; such was the penalty prescribed by the Council of Elvira (306) for those who after baptism had fallen into idolatry.少なくとも倍の重大度が表示されているようであれば、これはありませんが、罪の赦しの聖体拝領、拒否で構成され、そのようには洗礼後に偶像崇拝に陥っていた人のためにエルビラの評議会(306)によって規定ペナルティだった。 The same is true of the canon (22) of the Council of Arles (314) which enacts that communion shall not be given to "those who apostatize, but never appear before the Church, nor even seek to do penance, and yet afterwards, when attacked by illness, request communion".同じことは、聖餐は後でまだ捨てるが、教会の前に現れることはありません、さえも苦行を行うことを求める、と人 "に与えてはならないことを制定するアルルの評議会(314)キヤノン(22)の場合も同様です病気に襲われたとき、 "交わりを要求します。 The council lays stress on the lack of proper disposition in such sinners, as does also St. Cyprian when he forbids that they who "do no penance nor manifest heartfelt sorrow" be admitted to communion and peace if in illness and danger they ask for it; for what prompts them to seek (communion] is, not repentance for their sin, but the fear of approaching death" (Ep. ad Antonianum, n. 23).病気や危険にさらされて、彼らはそれを求めるなら評議会は、そのような罪人で適切な処分の欠如にストレスを産​​む彼は聖餐に入院すると平和 "贖罪もマニフェスト心からの悲しみ何もしない"彼ら誰がすることを禁じたときなども、聖シプリアンを行います;それらが求めるように求められます何のために(聖体拝領]はなく、自分の罪を後悔しますが、死に近づいての恐怖 "(Ep.広告Antonianum、nは23)です。

A further evidence of the severity with which public penance, and especially its solemn form, was administered is the fact that it could be performed only once.国民の贖罪、および特にその厳粛なフォームは、投与された重症度のさらなる証拠は、それが一度だけ実行することができるという事実である。 This is evident from some of the texts quoted above (Tertullian, Hermas).これは、上に引用した文章の一部(テルトゥリアヌス​​、hermasです)から明らかである。 Origen also says: "For the graver crimes, there is only one opportunity of penance" (Hom. xv, "In Levit.", c. ii); and St. Ambrose: "As there is one baptism so there is one penance, which, however, is performed publicly" (De poenit., II, c. x, n. 95). ( "。レヴィットの" CⅡ、Hom. XV) "深刻な犯罪については、苦行の唯一のチャンスがある"と、聖アンブローズ:原産地にも書かれて "1洗礼があるように、1つの苦行があるので、 、これは、しかし、(デpoenit。、Ⅱ、C、X、nは95) "公に実行されます。 St. Augustine gives the reason: "Although, by a wise and salutary provision, opportunity for performing that humblest kind of penance is granted but once in the Church, lest the remedy, become common, should be less efficacious for the sick . . . yet who will dare to say to God: Wherefore dost thou once more spare this man who after a first penance has again bound himself in the fetters of sin?"聖アウグスティヌスは、理由を与える: "賢明かつ有益な規定によって、贖罪のその謙虚な種類を実行するための機会が付与されているものの、しかし、一度教会で、救済しないように、一般的になり、病気にはあまり有効であるべきである...まだ誰が神に言うことを敢えてされます何のためにドーストなたはもう一度スペア第一の苦行の後に再び罪の束縛の中で自分自身をバインドしているこの男 "? (Ep. cliii, "Ad Macedonium"). (Ep. cliii、 "広告Macedonium")。 It may well be admitted that the discipline of the earliest days was rigorous, and that in some Churches or by individual bishops it was carried to extremes.それも初期の頃の規律は厳格であることを認めた、といくつかの教会で、または個々の司教によって、それが極端に運ばれたことをすることができる。 This is plainly stated by Pope St. Innocent (405) in his letter (Ep. vi, c. ii) to Exuperius, Bishop of Toulouse.これははっきりExuperius宛の書簡(Ep. viのは、c。ⅱ)、トゥールーズの司教でイノセント教皇聖(405)によって規定されています。

The question had been raised as to what should be done with those who, after a lifetime of licentious indulgence, begged at the end for penance and communion.質問は勝手気ままな耽溺の生涯の後、苦行と聖体拝領のための終わりに頼んだ人は、それらを用いて何をするべきかのように提起された。 "Regarding these", writes the pope, "the earlier practice was more severe, the later more tempered with mercy. The former custom was that penance should be granted, but communion denied; for in those times persecutions were frequent, hence, lest the easy admission to communion should fail to bring back from their evil ways men who were sure of reconciliation, very rightly communion was refused, while penance was granted in order that the refusal might not be total. . . . But after Our Lord had restored peace to his Churches, and terror had ceased, it was judged well that communion be given the dying lest we should seem to follow the harshness and sternness of the heretic Novatian in denying pardon. Communion, therefore, shall be given at the last along with penance, that these men, if only in the supreme moment of death, may, with the permission of Our Saviour, be rescued from eternal destruction." "これらについて"、法王の書き込み、 "以前の練習は、前者のカスタムは、その苦行を付与すべきであった後は、より慈悲で和らげ、より深刻だったが、交わりが拒否されました、それらの時代にするため迫害はいけないので、それゆえ、高頻度に認められた聖餐に簡単に入場料は非常に正しく聖体苦行は、拒絶が合計でないかもしれないことの順序で付与されたが、拒否されました....​​しかし、私たちの主の後に平和を回復していたが、彼らの邪悪な方法から和解の確信していた男性を持ち帰ることができないはず彼の教会、と恐怖が消滅していたし、それはよく交わりが与えられると判断した我々は恩赦を拒否で異端novatianはの厳しさと厳しさに従っているように見えるといけないから死ぬ。聖体は、したがって、苦行と一緒に最後に与えられなければならないこれらの男性は、死だけの最高の瞬間に、私たちの救い主の許可を得て、永遠の破壊から救出することができる場合である。 "

The mitigation of public penance which this passage indicates continued throughout the subsequent period, especially the Middle Ages.この一節が示す国民の贖罪の緩和は、特にその後の期間、中世を通じて継続。 The office of poenitentiarius had already (390) been abolished in the East by Nestorius, Patriarch of Constantinople, in consequence of a scandal that grew out of public confession. poenitentiariusのオフィスは既に(390)公共の告白の中から生まれたスキャンダルの結果として、のnestorius、コンスタンティノープル総主教によって東アジアで廃止されていた。 Soon afterwards, the four "stations" disappeared, and public penance fell into disuse.その後すぐに、4 "ステーション"は姿を消し、国民の贖罪は、使われなくなった。 ln the West it underwent a more gradual transformation. LN西それは​​より緩やかな変貌を遂げる。 Excommunication continued in use, and the interdict was frequently resorted to.破門は使用中で継続し​​、差止命令が頻繁に訴えた。 The performance of penance was left in large measure to the zeal and good will of the penitent; increasing clemency was shown by allowing the reconciliation to take place somewhat before the prescribed time was completed; and the practice was introduced of commuting the enjoined penance into other exercises or works of piety, such as prayer and almsgiving.苦行の性能は後悔しているの熱意と善意に大規模な措置の残された。増加恩赦は、所定の時間が終了したやや前に和解が行われるのを許容することによって示された、との練習は、他に差し止め苦行を通勤で紹介されましたそのような祈りと施しのように信心深さの演習や作品、。 According to a decree of the Council of Clermont (1095), those who joined a crusade were freed from all obligation in the matter of penance.クレルモンの評議会(1095年)の判決によると、十字軍に加わった人たちは、苦行のうちにすべての義務から解放された。 Finally it became customary to let the reconciliation follow immediately after confession.最後に、和解は告白の直後に記述してみましょうするのが通例となった。 With these modifications the ancient usage had practically disappeared by the middle of the sixteenth century.これらの変更を加えるだけで古代の用法は、実質的に16世紀の半ばまでに消失していた。 Some attempts were made to revive it after the Council of Trent, but these were isolated and of short duration.いくつかの試みがトレントの評議会の後にそれを復活させるために作られたが、これらは分離され、短期間であった。 (See INDULGENCES.) (おぼれるを参照してください。)

IN THE BRITISH AND IRISH CHURCHES英国とアイルランドの教会で

The penitential system in these countries was established simultaneously with the introduction of Christianity, was rapidly developed by episcopal decrees and synodal enactments, and was reduced to definite form in the Penitentials.これらの国のざんげのシステムは、キリスト教の導入と同時に設立され、急速に米国聖公会の政令と宗教会議の制定によって開発され、Penitentialsに明確な形に減少した。 These books exerted such an influence on the practice in Continental Europe that, according to one opinion, they "first brought order and unity into ecclesiastical discipline in these matters" (Wasserschleben, "Bussordnungen d. abendlandischen Kirche", Halle, 1851, p. 4. -- For a different view see Schmitz, "Die Bussbucher u. die Bussdisciplin d. Kirche", Mainz, 1888, p. 187).これらの本は、 "これらの問題の最初の教会の規律に秩序と統一をもたらした"一つの意見によると、彼らは、ことを欧州大陸での実践にそのような影響力を行使する(Wasserschleben、 "Bussordnungen D。abendlandischenシュタイン"、ハレ、1851年、p。 4 - 別のビューではシュミッツを参照して、 "死ぬ死ぬBussbucher U Bussdisciplin Dシュタイン。"、マインツ、1888年、P 187)。 In any case, it is beyond question that in their belief and practice the Churches of Ireland, England, and Scotland were at one with Rome.いずれにせよ、それは彼らの信念と実践、アイルランド、イギリス、スコットランドの教会がローマとの1であったことに疑問を超えています。

The so-called Synod of St. Patrick decrees that a Christian who commits any of the capital sins shall perform a year's penance for each offence and at the end shall "come with witnesses and be absolved by the priest" (Wilkins, "Concilia", I, p. 3).聖パトリックのいわゆる教会会議は、資本の罪を犯し、キリスト教は、各犯罪のために今年の苦行を行うものとし、末尾に "証人が付属しており、司祭によって免除され"なければならない(ウィルキンス、 "Concilia"という布告、私は、p。3)。 Another synod of St. Patrick ordains that "the Abbot shall decide to whom the power of binding and loosing be committed, but forgiveness is more in keeping with the examples of Scripture; let penance be short, with weeping and lamentation, and a mournful garb, rather than long and tempered with relaxations "(Wilkins, ibid., p. 4).聖パトリックの別の教会会議は、アボットが結合し、失うの電源がコミットされて誰に決定しなければならないが、許しは啓典の例と調和してより多くのである "というordains、泣くと嘆きと、苦行が短くすることや、悲しげな服装のではなく、長いと緩和 "(ウィルキンス、前掲書、p。4)で抑え。 For various opinions regarding the date and origin of the synods, see Haddan and Stubbs, "Councils", II, 331; Bury, "Life of St. Patrick", London, 1905.日付とのsynodsの起源について様々な意見については、 "協議会"、2世、331、haddanとスタッブスを参照してください;ベリー、ロンドン、1905年、 "聖パトリックの生涯"。 The confessor was called anmchara (animae carus), ie, "soul's friend".懺悔は "魂の友"、すなわち、anmchara(animaeケーラス)と呼ばれていました。 St. Columba was anmchara to Aidan, Lord of Dalraida, AD 574 (Adamnan's "Life of St. Columba", ed. Reeves, p. lxxvi); and Adamnan was "soul's friend" to Finnsnechta, Monarch of Ireland, AD 675 (ibid., p. xliii).聖コルンバはエイダン、Dalraidaの主は、AD 574(。Adamnanの "聖コロンバの生涯"、エド·リーブス、P LXXVI)にanmcharaだったとAdamnanはFinnsnechtaに "魂の友"、アイルランドの君主は、AD 675(だった同書は、p。XLIII)。 The "Life of St. Columba" relates the coming of Feachnaus to Iona, where, with weeping and lamentation, he fell at Columba's feet and "before all who were present confessed his sins. "聖コルンバの人生は"しだれと嘆きと、彼はコルンバの足もとにひれ伏し、アイオナにFeachnausの到来と "現在の自分の罪を告白していたすべての人の前にも関する。

Then the Saint weeping with him, said to him: 'Arise, my son and be comforted; thy sins which thou hast committed are forgiven; because, as it is written, a contrite and humble heart God doth not despise,'" (ibid., I, 30). The need and effects of confession are explained in the Leabhar Breac: "Penance frees from all the sins committed after baptism.その後、彼と一緒に泣きサンは、彼に言った: 'は、私の息子を発生し、慰められる、汝が犯し汝汝の罪は赦され、それが書かれているように、悔いと謙虚な心を神は軽蔑蓄えがない、ので、' "(同書。。、私、30)告白の必要性と効果がLeabhar Breacで説明されています: "苦行は洗礼後に犯したすべての罪から解放されます。 Every one desirous of a cure for his soul and happiness with the Lord must make an humble and sorrowful confession; and the confession with the prayers of the Church are as baptisms to him.彼の魂と神との幸せのための治療法の一つ一つ望んでは謙虚と哀しい告白をしなければならない、と教会の祈りと告白は彼に洗礼のとおりです。 As sickness injures the body, so sin injures the soul; and as there is a cure for the disease of the body, so there is balm for that of the soul.病気は体を傷つけるようなので、罪は魂を傷つける、そして、身体の病気の治療法があるので、そのための魂のバームがある。 And as the wounds of the body are shown to a physician, so, too, the sores of the soul must be exposed.身体の傷は医師に表示されていると、そう、あまりにも、魂の傷を露出させなければならない。 As he who takes poison is saved by a vomit, so, too, the soul is healed by confession and declaration of his sins with sorrow, and by the prayers of the Church, and a determination henceforth to observe the laws of the Church of God.毒を取り、彼が嘔吐することで、そう、あまりにも、魂は悲しみに告白し、彼の罪の宣言によって癒され、教会の祈りによって救われているように、神の教会の法令を遵守するために今後決定。 . . . Because Christ left to His Apostles and Church, to the end of the world, the power of loosing and binding."キリストは、世界の終わりに、彼の使徒と教会に失うとの結合の力を残しているので。 "

That confession was required before Communion is evident from the penitential ascribed to St. Columbanus, which orders (can. xxx) "that confessions be given with all diligence, especially concerning commotions of the mind, before going to Mass, lest perchance any one approach the altar unworthily, that is, if he have not a clean heart. For it is better to wait till the heart be sound and free from scandal and envy, than daringly to approach the judgment of the tribunal; for the altar is the tribunal of Christ, and His Body, even there with His Blood, judges those who approach unworthily. As, therefore, we must beware of capital sins before communicating, so, also, from the more uncertain defects and diseases of a languid soul, it is necessary for us to abstain and to be cleansed before going to that which is a conjunction with true peace and a joining with eternal salvation".聖体は、特に心の騒乱に関する自白がすべて勤勉で与えられることを注文(can. XXX) "、聖コルンバヌス、生得的にざんげから明らかである前に自白は、任意の一つのアプローチひょっとするといけないので、ミサに行く前に必要であったこと彼はきれいな心を持っていない場合、祭壇はふさわしくないまま、つまり、裁判所の判決を大胆にアプローチするよりも、それは心がスキャンダルと羨望からの音と自由になるまで待つことをお勧めしますでは、。祭壇のための裁判所ですキリストは、彼の死体はあっても、そこに彼の血と、裁判官不相応に近づく人が。として、したがって、我々は、通信を行う前に、資本の罪に用心しなければならないので、また、より多くの不確実な欠陥や気だるい魂の病気から、それは必要である私たちは "真の平和と永遠の救いとの接合と一緒であることに行く前に棄権すると浄化されるようにするため。 In the "Life of St. Maedoc of Ferns" it is said of the murdered King Brandubh: "And so he departed without confession and the communication of the Eucharist." "シダの聖Maedocの生涯"で、それは殺害キングBrandubhから言われています: "そして、彼は告白と聖体の通信せずに出発した。" But the saint restored him to life for a while, and then, "having made his confession and received absolution and the viaticum of the Body of Christ, King Brandubh went to heaven, and was interred in the city of St. Maedoc which is called Ferns, where the kings of that land are buried" (Acta SS. Hib., col. 482).しかし、聖人はしばらくの間、人生に彼を復活させ、その後、 "彼の告白をしたと​​赦しとキリストのからだの餞別を受け、キングBrandubhは天国に行って、呼び出された聖Maedoc市に埋葬されたその土地の王が埋葬されているシダ、 "(ACTA SS。Hibの。は、col。482)。

The metrical "Rule of St. Carthach", translated by Eugene O'Curry, gives this direction to the priest: "If you go to give communion at the awful point of death, you must receive confession without shame, without reserve."ユージンO'Curryによって翻訳韻文 "聖Carthachのルール"は、司祭には、この方向性を与える: "あなたは死の恐ろしい点で交わりを与えるために行く場合は、遠慮せず、恥ずに告白を受けなければなりません。" In the prayer for giving communion to the sick (Corpus Christi Missal) we read: "O God, who hast willed that sins should be forgiven by the imposition of the hands of the priest . . ." (コーパスクリスティミサ)病人への聖体拝領を与えるための祈りの中で私たちを読む: "なたは罪は司祭の按手によって赦されるべきであること意志神よ、..." and then follows the absolution: "We absolve thee as representatives of blessed Peter, Prince of the Apostles, to whom the Lord gave the power of binding and loosing."その後赦免に従います: "我々は、主が結合し、失うの力を与えた人に祝福されたピーターは、使徒のプリンスの代表として、なたを免除する。" That confession was regularly a part of the preparation for death is attested by the Council of Cashel (1172) which commands the faithful in case of illness to make their will "in the presence of their confessor and neighbours", and prescribes that to those who die "with a good confession" due tribute shall be paid in the form of Masses and burial (can. vi, vii).その告白は、定期的に死のための準備の一環だった "彼らの懺悔の存在下および隣人"彼らの意志を作るために病気になった時に忠実に命令カシェルの評議会(1172)によって証明されており、人々にあることを規定していますによるトリビュートがミサと埋葬(can. VI、VII)の形で支払われるものとする "良い告白で"死ぬ。

The practice of public penance was regulated in great detail by the Penitenitials.国民の贖罪の練習はPenitenitialsで非常に詳細に調節した。 That of St. Cummian prescribes that "if any priest refuses penance to the dying, he is guilty of the loss of their souls . . . for there can be true conversion at the last moment, since God has regard not of time alone, but of the heart also, and the thief gained Paradise in the last hour of his confession" (C. xiv, 2).任意の司祭が死にかけに苦行を拒否した場合、彼は最後の瞬間に真の変換が存在することができるために、神は一人の時間を考慮していないので、...彼らの魂の喪失の罪を犯しているが、 "と規定聖Cummianのものまた、心臓の、そして泥棒は彼の告白の最後の時間でパラダイス "(C. XIV、2)を得た。 Other Penitentials bear the names of St. Finnian, Sts.その他Penitentialsは聖Finnian、STSの名を負うものとします。 David and Gildas, St. Columbanus, Adamnan.ダビデとGildas、セントコルンバヌス、Adamnan。 The collection of canons known as the "Hibernensis" is especially important, as it cites, under the head of "Penance" (bk. XLVII), the teaching of St. Augustine, St. Jerome, and other Fathers, thus showing the continuity of the Irish faith and observance with that of the early Church.それが引用として "Hibernensis"として知られている参事のコレクションは、このように連続性を示す、 "贖罪"(bk. XLVII)、聖アウグスティヌス、聖ジェローム、および他のは、父の教えの頭の下に、特に重要である初期の教会のそれとアイルランドの信仰と遵守の。 (See Lanigan, "Eccl. Hist. of Ireland", Dublin, 1829; Moran, "Essays on the Early Irish Church", Dublin, 1864; Malone, "Church Hist. of Ireland", Dublin, 1880; Warren, "The Liturgy and Ritual of the Celtic Church", Oxford, 1881; Salmon, "The Ancient Irish Church", Dublin, 1897.) (ラニガン、 "アイルランドのEcclシーッ。"、ダブリン、1829年参照。、ダブリン、1864モラン、 "初期のアイルランドの教会のエッセイ";マローン、 "教会シーッアイルランド"、ダブリン、1880年、ウォーレン、 "ケルト教会の典礼と儀礼 "、オックスフォード、1881;サーモン、"古代アイルランドの教会 "、ダブリン、1897)。

IN THE ANGLO-SAXON CHURCHアングロサクソン教会で

In the Anglo-Saxon Church penance was called behreowsung, from the verb hreowan, whence our word "to rue".アングロサクソン教会の苦行では動詞hreowan、そこから、 "後悔する"私たちの言葉をbehreowsungと呼ばれていました。 The confessor was the scrift; confession, scrift spraec; and the parish itself was the scriftscir, ie, "confession district" -- a term which shows plainly the close relation between confession and the work of religion in general.懺悔scriftだった告白、scrift spraec、そして教区自体がscriftscir、すなわち、 "自白地区"だった - はっきり告白と一般的に宗教の仕事の間の密接な関係を示している用語。 The practice in England can be traced back to the times immediately following the country's conversion.イングランドの練習はすぐに国の変換後の時代にまで遡ることができる。 Ven.ヴェン。 Bede (HE, IV, 23 [25]) gives the story of Adamnan, an Irish monk of the seventh century, who belonged to the monastery of Coldingham, England.ビード(HE、IV、23 [25])Coldingham、イギリスの修道院に属しAdamnan、7世紀のアイルランドの修道士の物語を与えます。 In his youth, having committed some sin, he went to a priest, confessed, and was given a penance to be performed until the priest should return.彼の若さで、いくつかの罪を犯した、と彼は、司祭に行き告白し、司祭が返すべきまで実行する苦行を与えられた。 But the priest went to Ireland and died there, and Adamnan continued his penance to the end of his days.しかし、司祭はアイルランドに行って、そこで死んだ、とAdamnanは、彼の時代の終わりに彼の苦行を続けた。 When St. Cuthbert (635-87) on his missionary tours preached to the people, "they all confessed openly what they had done, . . . and what they confessed they expiated; as he commanded them, by worthy fruits of penance" (Bede, op. cit., IV, 25).人々に説教伝道ツアーで聖カスバート(635から87)は、 "彼らはすべて、彼らが何をしたか公然と告白した...と何彼らがexpiated告白し、彼は彼らに命じたように、贖罪の立派な果物によって"いつ(ビード、前掲書、IV、25)。 Alcuin (735-804) declares that "without confession there is no pardon" (PL, C, 337); that "he who accuses himself of his sins will not have the devil for an accuser in the day of judgment" (PL, CI, 621); that "he who conceals his sins and is ashamed to make wholesome confession, has God as witness now and will have him again as avenger" (ibid., 622). "自分の罪を自分自身を非難し、彼は裁きの日に告発のための悪魔を持っていないだろう"と(PL; alcuinの(735から804)がPL(A、C、337) "告白なしには容赦がない"ことを宣言しますCI、621); "彼は自分の罪を隠し、健全な告白をするのが恥ずかしいですが、今では証人として神を持ち、復讐者として再び彼を持っているでしょう"(同上、622)という。 Lanfranc (1005-89) has a treatise, "De celunda confessione", ie, on keeping confession secret, in which he rebukes those who give the slightest intimation of what they have heard in confession (PL, CL, 626). Lanfranc(1005年から1089年)は "デcelunda confessione"、すなわち、告白の秘密を維持する上で、彼は彼らが(PL、CL 626)告白で聞いたことのわずかな暗示を与える人をrebukesする、論文を持っています。

The penitentials were known as scrift bocs. penitentialsはscriftのBOCSとして知られていた。 The one attributed to Archbishop Theodore (602-90) says: "The deacon is not allowed to impose penance on a layman; this should be done by the bishop or priests" (bk. II, 2): and further; "According to the canons, penitents should not receive communion until their penance is completed; but we, for mercy's sake, allow them to receive at the end of a year or six months" (I, 12). "助祭は素人に苦行を課すことを許可されていませんが、これは司教や司祭によって行われるべきである"(bk. 2世、2):大司教セオドア(602から90)に起因するものはと言うと、さらに、 "による参事は、彼らのpenitents苦行が完了するまで、聖餐を受けるべきではありません、しかし、我々は、慈悲のために、彼らは年または6ヶ月の終わりに "(私、12)で受け取ることができます。 An important statement is that "public reconciliation is not established in this province, for the reason that there is no public penance"- which shows that the minute prescriptions contained in the penitential were meant for the guidance of the priest in giving penance privately, ie, in confession.重要な文では、 "公共の和解がもはや国民の贖罪がないという理由で、この州で確立されていない"ということです - ざんげの中に含まれる微小な処方箋が個人的苦行を与えることで司祭の指導のために意味されたことを示している、すなわち、告白インチ Among the excerptiones, or extracts, from the canons which bear the name of Archbishop Egbert of York (d. 766), canon xlvi says that the bishop shall hear no cause without the presence of his clergy, except in case of confession (Wilkins, "Concilia", I, 104). excerptiones、または抽出物のうち、ニューヨーク(民主党766)大司教エグバートの名を冠し参事から、キヤノンXLVIは(ウィルキンス、司教は告白の場合を除いて、彼の聖職者の存在なくして、原因を聞いてはならないと言っている"Concilia"と、私は、104)。 His Penitential prescribes (IX) that "a bishop or priest shall not refuse confession to those who desire it, though they be guilty of many sins" (ibid., 126).彼のざんげは、(同上、126) "彼らは多くの罪により有罪であるにもかかわらず司教や司祭は、それを望む人に告白を拒んではならない"と(IX)を規定しています。 The Council of Chalcuth (AD 787): "If any one depart this life without penance or confession, he shall not be prayed for" (can. xx). Chalcuth評議会(AD 787): "いずれかの苦行か、告白せずに、この人生に出発した場合、彼はのために祈ってはならない"(can. xx)を参照してください。 The canons published under King Edgar (960) have a special section "On Confession which begins: "When one wishes to confess his sins, let him act manfully, and not be ashamed to confess his misdeeds and crimes, accusing himself; because hence comes pardon, and because without confession there is no pardon; confession heals; confession justifies" (ibid., 229). The Council of Eanham (1009): "Let every Christian do as behooves him, strictly keep his Christianity, accustom himself to frequent confession, fearlessly confess his sins, and carefully make amends according as he is directed" (can. xvii, Wilkins, ibid., 289). Among the ecclesiastical laws enacted (1033) by King Canute, we find this exhortation: "Let us with all diligence turn back from our sins, and let us each confess our sins to our confessor, and ever [after] refrain from evil-doing and mend our ways" (XVIII, Wilkins, ibid., 303).エドガー王(960)で公開され参事は "始まる告白上:"特別なセクションがある一つは自分の罪を告白したがっているとき、彼は男らしく行動しましょう​​、と自分自身を非難し、彼の悪行と罪を告白することを恥と思うことではないが、それ故に来るので恩赦、と全く容赦がない告白せずにいるため、自白を癒し、告白は正当化 "(同上、229)Eanhamの評議会(1009):"すべてのクリスチャンは彼が、厳密には彼のキリスト教を維持し、頻繁に彼自身を慣らすbehoofの複数形としてやってみましょう告白は、大胆に自分の罪を告白し、彼が指示されると慎重によると償いをする "(。can. 17、ウィルキンス、同上、289)王のカヌートにより(1033)制定の教会法の中で、我々は、この勧告を見つける:"してみましょうすべての注意を払って罪から引き返す、そして私たちそれぞれが私たちの懺悔に罪を告白し、これまで悪やっ遠慮[後]と我々のやり方 "(XVIII、ウィルキンス、同上、303)を修復することができます。

The Council of Durham (c. 1220): "How necessary is the sacrament of penance, those words of the Gospel prove: Whose sins, etc. . . . But since we obtain the pardon of our sins by true confession, we prescribe in accordance with the canonical statutes that the priest in giving penance shall carefully consider the amount of the penance, the quality of the sin, the place, time, cause, duration and other circumstances of the sin; and especially the devotion of the penitent and the signs of contrition."ダラムの評議会(c. 1220): "贖罪の聖餐式はどのように、必要に応じて、福音のその言葉が証明する:誰の罪など...しかし、我々は真の告白によって私たちの罪の許しを得るため、我々は、に規定そして特に後悔しての献身的な努力と、苦行を与えることで、司祭は慎重に苦行の量、罪の質、罪の場所、時間、原因、期間およびその他の事情を考慮しなければならないことを正規の法令に従い悔恨の兆し。 " Similar directions are given by the Council of Oxford (1222), which adds after various admonitions: "Let no priest dare, either out of anger or even through fear of death, to reveal the confession of anyone by word or sign . . . and should he be convicted of doing this he ought deservedly to be degraded without hope of relaxation" (Wilkins, ibid., 595).似たような方向性は、様々な訓戒した後に追加オックスフォードの評議会(1222)、以下の式で与えられます。 "単語や記号で誰の告白を明らかにするために、外に怒りのいずれか、またはあっても死の恐怖を通って、何司祭挑戦してみましょうない...と彼はリラクゼーションの希望 "(ウィルキンス、同上、595)を使用せずに分解されることが当然のはずこれを行うの有罪判決を受けなければならない。 The Scottish Council (c. 1227) repeats these injunctions and prescribes "that once a year the faithful shall confess all their sins either to their own [parish] priest or, with his permission, to some other priest" (can. lvii).スコットランドの評議会(c. 1227)は、これらの差止命令を繰り返し、(can. LVII) "年に一度、忠実な、いくつかの他の司祭に、彼の許可を得て、独自の[教区]司祭のどちらかにすべての罪を告白したりしなければならないこと"も規定しています。 Explicit instructions for the confessor are found in the statutes of Alexander, Bishop of Coventry (1237), especially in regard to the manner of questioning the penitent and enjoining penance.懺悔のための明示的な指示が特に後悔して尋問し、苦行を禁止するの方法に関して、アレクサンダー、コベントリーの司教(1237)の法令で発見されています。 The Council of Lambeth (1261) declares: "Since the sacrament of confession and penance, the second plank after shipwreck, the last part of man's seafaring, the final refuge, is for every sinner most necessary unto salvation, we strictly forbid, under pain of excommunication, that anyone should presume to hinder the free administration of this sacrament to each who asks for it" (Wilkins, ibid., 754).ランベスの評議会(1261年)が宣言: "告白と贖罪の聖餐、難破船に次ぐ厚板、男の船乗り、最後の避難所の最後の部分は、救い最も必要なすべての罪人のためにあるので、我々は厳密に痛みを、禁じる破門、その誰もが "それを要求する(ウィルキンス、同上、754)誰がそれぞれにこの聖餐式の無料管理を阻害すると推定する必要があります。

To give some idea of the ancient discipline, the penalties attached to graver crimes are cited here from the English and Irish Penitentials.古代の学問分野のいくつかのアイデアを与えるために、深刻な犯罪に添付罰則は英語とアイルランドPenitentialsからここに引用されている。 For stealing, Cummian prescribes that a layman shall do one year of penance; a cleric, two; a subdeacon three; a deacon, four; a priest, five; a bishop, six.盗んで、Cummianは素人が苦行の1年間をしなければならないことを規定し、聖職者、2、3副助祭、助祭、4を、司祭、5、司教、6。 For murder or perjury, the penance lasted three, five, six, seven, ten or twelve years according to the criminal's rank.殺人や偽証については、苦行では犯罪者のランクに応じて3、5、6、7、10、または12年を持続させた。 Theodore commands that if any one leave the Catholic Church, join the heretics, and induce others to do the same, he shall, in case he repent, do penance for twelve years.セオドアのいずれかがカトリック教会を残せば、異端に参加するコマンド、および他の人が同じことをするように誘導し、彼は事件に、彼は悔い改めて、12年間の苦行をしなければならない。 For the perjurer who swears by the Church, the Gospel, or the relics of the saints, Egbert prescribes seven or eleven years of penance.教会は、福音書、または聖人の遺物によって誓う偽証については、エグバートは苦行の7または11年を規定しています。 Usury entailed three years; infanticide, fifteen; idolatry or demon-worship, ten.高利貸し3年伴、嬰児殺し、15、偶像崇拝や悪魔崇拝、10。 Violations of the sixth commandment were punished with great severity; the penance varied, according to the nature of the sin, from three to fifteen years, the extreme penalty being prescribed for incest, ie, fifteen to twenty-five years.第六の戒めの違反は偉大な重大で処罰された;苦行は変化し、罪の性質に応じて、3〜15年から、極端なペナルティは二十五年間に近親相姦、すなわち、15のために処方されている。 Whatever its duration, the penance included fasting on bread and water, either for the whole period or for a specified portion.何でもその期間、苦行は全期間または指定した部分のいずれか、パンと水で断食が含まれていた。 Those who could not fast were obliged instead to recite daily a certain number of psalms, to give alms, take the discipline (scourging) or perform some other penitential exercise as determined by the confessor.速く、毎日の詩篇の特定の番号を暗唱するに施しを与えるために、(scourging)規律を取るか、懺悔によって決定されたいくつかの他のざんげの行使を行う代わりに義務付けられていたことができなかった人たち。 (See Lingard, "Hist. and Antiq. of the Anglo-Saxon Church", London, 1845; Thurston, "Confession in England before the Conquest" in "The Tablet", February and March, 1905.) (リンガードを参照して、 "シーッとリュブリャナアングロサクソン教会の。"、ロンドン、1845年、 "タブレット"は、2月と3月、1905年サーストン、 "征服の前にイギリスの告白"。)

CONFESSION IN THE ANGLICAN CHURCH英国国教会、IN告白

In the Anglican Church, according to the rule laid down in the "Prayer Book", there is a general confession prescribed for morning and evening Service, also for Holy Communion; this confession is followed by a general absolution like the one in use in the Catholic Church.英国国教会では、 "祈りの本"に定められたルールに従って、朝と夕方のサービスのために処方の一般的な告白は、聖体拝領のためにも、そこにあり、この告白はで使用されているような一般赦免が続いているカトリック教会があります。 Also in the "Prayer Book" confession is counselled for the quieting of conscience and for the good that comes from absolution and the peace that arises from the fatherly direction of the minister of God.また、 "祈りの本"告白では良心の沈静化のためにと赦しと神の大臣の父親らしい方向から生じる平和から来る良いことのために助言されています。 There is also mention of private confession in the office for the sick: "Here shall the sick person be moved to make a special confession of his sins if he feel his conscience troubled with any weighty matter. After which the priest shall absolve him (if he humbly and heartily desire it) after this sort: 'Our Lord Jesus Christ, who has left the power to his Church' etc."もあり、病気のために、オフィスでプライベート告白の言及: "ここで病人は彼が彼の良心は任意の重要な問題に悩まさ感じた場合は、自分の罪の特別な告白をするために移動しなければならない司祭が彼を免除するものとした後(場合。彼は謙虚に、心からこのソート後)それを望む: "私たちの主イエス·キリスト、彼の教会への電力を残している人"等 " Since the beginning of the Oxford Movement confession after the manner practised in the Catholic Church has become more frequent among those of the High Church party.後のオックスフォード運動の告白が始まって以来カトリック教会で練習方法は高い教会のパーティーのものの間でより頻繁になってきている。 In 1873 a petition was sent to the Convocation of the Archdiocese of Canterbury asking provision for the education and authorization of priests for the work of the confessional. 1873年に請願は告白の仕事のための司祭の教育および承認のための引当金を求めカンタベリー大司教の招集に送信されました。 In the joint letter of the Archbishops of Canterbury and York disapprobation of such course was markedly expressed and the determination not to encourage the practice of private confession openly avowed.カンタベリーとヨークの大司教の共同書簡では、このようなコースの非難が著しく発現したと判定が公然と公言したプライベート告白の練習を奨励するものではない。 The Puseyites replied citing the authority of the "Prayer Book" as given above. Puseyitesは、​​上述したように、 "祈りの本"の権威を引用して答えた。 In our time among the High Church folk one notices confessionals in the churches and one hears of discourses made to the people enjoining confession as a necessity to pardon.教会の高い民族の間で我々の時代では、1つの通知の教会でざんげと1は恩赦に必要なものとして告白を禁止する人に対して行われた言説を聞く。 Those who hear confessions make use generally of the rules and directions laid down in Catholic "Manuals", and especially popular is the "Manual" of the Abbé Gaume (AG Mortimer "Confession and Absolution", London, 1906).自白は特に人気のあるカトリックの "マニュアル"に定められたルールや方向性を、一般的に使用させる、そして聴く人はアッベGaume(AGのモーティマー "告白と赦し"、ロンドン、1906年)の "マニュアル"です。

UTILITY OF CONFESSION告白の効用

Mr. Lea ("A History of Auricular Confession", Vol. II, p. 456) says: "No one can deny that there is truth in Cardinal Newman's argument: 'How many souls are there in distress, anxiety and loneliness, whose one need is to find a being to whom they can pour out their feelings unheard by the world. They want to tell them and not to tell them, they wish to tell them to one who is strong enough to hear them, and yet not too strong so as to despise them'"; and then Mr. Lea adds: "It is this weakness of humanity on which the Church has speculated, the weakness of those unable to bear their burdens . . . who find comfort in the system built up through the experience of the ages", etc. It has been made clear that the Church has simply carried out the mind of Christ: "Whatever you shall loose shall be loosed"; still we do not hesitate to accept Mr. Lea's reason, that this institution answers in large measure to the needs of men, who morally are indeed weak and in darkness.ミスターリーは( "秘密ざんげの歴史"、VOL IIは、p 456)によれば: "誰もニューマン枢機卿の引数の中にこそ真実があることを否定することはできません: '、その苦痛、不安、孤独、でありますどのように多くの魂1が必要、彼らは世界で彼らの気持ちが前代未聞吐露できる相手に幸福を見つけることです。彼らはあまりにもそれをお伝えしたいと思いますし、それらを教えていない、彼らはそれらを聞くのに十分な強さ1にそれらを教えたい、とまだない強いそうとして 'それらを軽蔑する "と、その後ミスターリーが追加されます:"それは、彼らの負担を負担することができ、それらの弱点教会は推測した上で、人類のこの弱点です...構築​​システムに慰めを見つける人年齢の経験を通して "などこれは、教会は、単にキリストの心を実施していることが明らかとなった:" "増ししなければならないあなたが何を失うものとし、まだ我々は氏Leaの理由を受け入れることを躊躇しないで、そのこの機関は、道徳的に本当に弱いと暗闇の中でている男性のニーズに合わせて大規模な措置の答え。 True, Mr. Lea denies the probability of finding men capable of exercising aright this great ministry, and he prefers to enumerate the rare abuses which the weakness of priests has caused, rather than to listen to the millions who have found in the tribunal of penance a remedy for their anxieties of mind, and a peace and security of conscience the value of which is untold.確かに、贖罪の法廷で発見した何百万人に耳を傾けるのではなく、ミスターリーは当たり前、この偉大なミニストリーを行使することのできる男性を見つける確率を否定し、彼は司祭たちの弱点が引き起こした珍しい侵害を列挙することを好む彼らの心の不安、良心の平和と安全の値のための救済策は莫大です。 The very abuses of which he speaks at such length have been the occasion of greater care, greater diligence, on the part of the Church.彼はそのような長さで喋るのは非常に虐待は教会の一部に、大きなケアの機会、大きい勤勉であった。 The few inconveniences arising from the perversity of men, which the Church has met with admirable legislation, should not blind men to the great good that confession has brought, not only to the individual, but even to society.教会は、立派な法律で告白は個々に、それでも社会に限らず、もたらした偉大な善に盲人をべきではありません会った男性のつむじ曲がり、起因するいくつかの不便。

Thinking men even outside the Church have acknowledged the usefulness to society of the tribunal of penance.でも、教会の外で考える男性は苦行の法廷の社会への有用性を認めている。 Amongst these the words of Leibniz are not unknown ("Systema theologicum", Paris, 1819, p. 270): "This whole work of sacramental penance is indeed worthy of the Divine wisdom and if aught else in the Christian dispensation is meritorious of praise, surely this wondrous institution. For the necessity of confessing one's sins deters a man from committing them, and hope is given to him who may have fallen again after expiation. The pious and prudent confessor is in very deed a great instrument in the hands of God for man's regeneration. For the kindly advice of God's priest helps man to control his passions, to know the lurking places of sin, to avoid the occasions of evil doing, to restore ill-gotten goods, to have hope after depression and doubt, to have peace after affliction, in a word, to remove or at least lessen all evil, and if there is no pleasure on earth like unto a faithful friend, what must be the esteem a man must have for him, who is in very deed a friend in the hour of his direst need?" "聖礼典の苦行のこの全体の仕事は確かに神の知恵の価値があるとキリスト教の神の摂理で他いやしくもは賞賛の功績である場合:ライプニッツのこれらの言葉の中で("システマtheologicum "、パリ、1​​819年、P 270)不明ではありません、確かにこの不思議な機関。自分の罪を告白する必要性については、それらをコミット男を抑止し、希望が再び償いの後に落ちているかもしれない人を彼に与えられます。敬虔かつ慎重な懺悔は非常証書の手で素晴らしい楽器です男の再生のための神は、神の司祭の親切なアドバイスについては、男性はうつ病と疑いの後に希望を持って、不正手段で得た品物を復元するために、やって悪の機会を回避するために、罪の潜んでいる場所を知っている、彼の情熱を制御するのに役立ちます削除するか、少なくともすべての悪を軽減するために、一言で言えば、苦悩の後に平和を持っている、忠実な友人、かれのような地球上の喜びが存在しない場合、どんな人が彼のために持っている必要があり自尊心である必要があり、誰が非常に行為である彼direst必要性の時間で友達? "

Nor is Leibniz alone in expressing this feeling of the great benefits that may come from the use of confession.またライプニッツは告白の使用から来るかもしれない大きな利点のこの気持ちを表現する一人です。 Protestant theologians realize, not only the value of the Catholic theological position, but also the need of the confessional for the spiritual regeneration of their subjects.プロテスタントの神学者は、カトリックの神学的立場の値だけでなく、それぞれの科目の精神的な再生のための告白の必要性だけでなく、実現しています。 Dr. Martensen, in his "Christian Dogmatics" (Edinburgh, 1890), p.彼の "キリスト教の教義学"の博士マルテンセン、(エジンバラ、1890)は、p。 443, thus outlines his views: "Absolution in the name of the Father and of the Son and of the Holy Ghost, derived from the full power of binding and loosing which the church has inherited from the apostles, is not unconditional, but depends on the same condition on which the gospel itself adjudges the forgiveness of sins, namely, change of heart and faith. If reform is to take place here, it must be effected either by endeavouring to revive private confession, or, as has been proposed, by doing away with the union between confession and the Lord's Supper, omitting, that is, the solemn absolution, because what it presupposes (personal confession of sin) has fallen into disuse, and retaining only the words of preparation, with the exhortation to self-examination, a testifying of the comfortable promises of the gospel, and a wish for a blessing upon the communicants." "教会は、使徒から継承されたバインディングと失うのフルパワーに由来する父と子と聖霊の名の赦しは、無条件ではありませんが、に依存します:443は、このように彼の見解を概説福音自体は心と信仰の変化、すなわち罪の赦しをadjudgesいる。改革がここに場所を取るのであれば、それはすることで、提案されているように、民間の自白を復活させるために努力してのいずれかによって達成するか、しなければならない同じ条件に自己勧告を、それが何を前提に(罪の個人的な告白)廃れてしまったため、自白と、厳粛な赦免ある主の晩餐、省略して、労働組合との間を廃止して、準備の言葉だけを保持検査、福音の快適約束の証言、そして聖餐時祝福を祈ります。 " Under the head of "Observations" he states: "It cannot easily be denied that confession meets a deep need of human nature. There is a great psychological truth in the saying of Pascal, that a man often attains for the first time a true sense of sin, and a true stayedness in his good purpose, when he confesses his sins to his fellow man, as well as to God. Catholicism has often been commended because by confession it affords an opportunity of depositing the confession of his sins in the breast of another man where it remains kept under the seal of the most sacred secrecy, and whence the consolation of the forgiveness of sins is given him in the very name of the Lord." "観測"の頭の下に彼は述べて: "それは簡単に自白が人間性の深い必要性を満たしていることを否定することはできませんパスカルの格言に大きな心理的な真実があり、男はしばしば、初めて真の意味を達成していること。罪、と彼は彼の仲間の男にだけでなく、神に自分の罪を告白し、彼の良い目的の真stayednessの。カトリックは告白し、それが胸に自分の罪の告白を堆積させる機会を与えるため、しばしば賞賛されているそれは最も神聖な秘密のシール下に保管のままであり、罪の赦しのそこから慰めが主の非常に名前で彼が与えられています。 "他の男の

True, he believes that this great need is met more fully with the kind of confession practised in Lutheranism, but he does not hesitate to add: "It is a matter of regret that private confession, as an institution, meeting as it does this want in a regular manner, has fallen into disuse; and that the objective point of union is wanting for the many, who desire to unburden their souls by confessing not to God only but to a fellowman, and who feel their need of comfort and of forgiveness, which anyone indeed may draw for himself from the gospel, but which in many instances he may desire to hear spoken by a man, who speaks in virtue of the authority of his holy office." "それはプライベート告白その後悔の問題であり、教育機関として、それはこれが欲しいんので、満たす:trueの場合、彼はこの偉大な必要性がルーテル教会で練習告白の一種でより完全に満たされているが、彼は追加することを躊躇してはいけないと考えて正規の方法で、廃れてしまった、そして組合の客観点が唯一の神に告白しないで自分の魂を打ち明けることを望む人は、多くのためではなく、同胞に欠けていることを、誰が慰めのと赦しの彼らの必要性を感じる、誰もが確かに福音から自分のために描くかもしれませんが、その多くの事例では、彼は彼の神聖なオフィスの権威のおかげで話す人によって話されて聞くことを望むかもしれない。 "

Publication information Written by Edward J. Hanna.エドワード·J·ハンナによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Donald J. Boon.ドナルドブーン転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume XI.カトリック百科事典は、ボリュームXI。 Published 1911. 1911年公開された。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1911.ニヒルのObstat、1911年2月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです