Sibylline Oraclesみこoracles

Catholic Information カトリックの情報

The name given to certain collections of supposed prophecies, emanating from the sibyls or divinely inspired seeresses, which were widely circulated in antiquity.名前は広く古代に回覧されsibylsまたは神のインスピレーションseeresses、から発せられる、はず予言の特定のコレクションに与えられた。

The derivation and meaning of the name Sibyl are still subjects of controversy among antiquarians.名前シビルの導出と意味はまだantiquarians間で論争の対象となっている。 While the earlier writers (Eurìpides, Aristophanes, Plato) refer invariably to "the sibyl", later authors speak of many and designate the different places where they were said to dwell.以前の作家(エウリピデス、アリストファネス、プラトン)は "シビル"を必ず参照しながら、後で著者が多くの話や彼らが住むと言われていた別の場所を指定します。 Thus Varro, quoted by Lactantius (Div. Instit., L, vi) enumerates ten sibyls: the Persian, the Libyan, the Delphian, the Cimmerian, the Erythræan, the Samarian, the Cumæan, and those of the Hellespont, of Phrygia, and of Tibur.ペルシャ語、リビア、デルフィ、フリギアの暗黒、Erythræan、Samarian、Cumæan、とヘレスポントのもの、、:したがってラクタンティウス(Div. Instit、L、vi)で引用されウァロは、10 sibylsを列挙とティブールの。 The Sibyls most highly venerated in Rome were those of Cumæ and Erythræa.最も高度にローマで崇拝さSibylsはクマエとErythræaのものであった。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
In pagan times the oracles and predictions ascribed to the sibyls were carefully collected and jealously guarded in the temple of Jupiter Capitolinus, and were consulted only in times of grave crises.異教の時代でsibylsに帰さ神託と予測は慎重に採取し、用心深く木星Capitolinusの神殿で守られ、そして唯一の墓危機の時に参考にした。 Because of the vogue enjoyed by these heathen oracles and because of the influence they had in shaping the religious views of the period, the Hellenistic Jews in Alexandria, during the second century BC composed verses in the same form, attributing them to the sibyls, and circulated them among the pagans as a means of diffusing Judaistic doctrines and teaching.なぜならこれらの異教徒の神託によって享受流行のためとsibylsにそれらを関連付ける、同じ形式で詩を作曲し、紀元前2世紀の間に、彼らは時代の宗教観の形成に与えた影響について、アレクサンドリアヘレニズムユダヤ人の、そして拡散J​​udaistic教義や教育の手段としての異教徒間でそれらを配布した。 This custom was continued down into Christian times, and was borrowed by some Christians so that in the second or third century, a new class of oracles emanating from Christian sources came into being.この習慣はキリスト教時代にダウンが継続され、第二または第三世紀には、キリスト教の源から発せられる神託の新しいクラスが中に入ってきたように、いくつかのキリスト教徒によってお借りしました。 Hence the Sibylline Oracles can be classed as Pagan, Jewish, or Christian.したがってみこoraclesは異教、ユダヤ人やキリスト教徒として分類することができます。 In many cases, however, the Christians merely revised or interpolated the Jewish documents, and thus we have two classes of Christian Oracles, those adopted from Jewish sources and those entirely written by Christians.しかし、多くの場合、キリスト教徒は単に改訂またはユダヤ人の文書を補間し、したがって、私たちはクリスチャン神託の二つのクラス、ユダヤ人のソースと完全にキリスト教徒によって書かれたものの中から採択されたものを持っています。 Much difficulty is experienced in determining exactly how much of what remains is Christian and how much Jewish.はるかに難易度はどのくらい残っている何がクリスチャンであるのとどのくらいのユダヤ人を決定する際に経験される。 Christianity and Judaism coincided on so many points that the Christians could accept without modification much that had come from Jewish pens.キリスト教とユダヤ教はユダヤ人のペンから来たクリスチャンは変更せずに多くを受け入れることができるように多くの点で一致した。 It seems clear, however, that the Christian Oracles and those revised from Jewish sources all emanated from the same circle and were intended to aid in the diffusion of Christianity.それは、キリスト教とユダヤ教の神託のソースから改訂それらはすべて同じサークルから放っとキリスト教の普及を支援するために意図されていたことは明らかと思われる。 The Sibyls are quoted frequently by the early Fathers and Christian writers, Justin, Athenagoras, Theophilus, Clement of Alexandria, Lactantius, Augustine, etc. Through the decline and disappearance of paganism, however, interest in them gradually diminished and they ceased to be widely read or circulated, though they were known and used during the Middle Ages in both the East and the West. Sibylsが初期の父親とクリスチャンの作家によって頻繁に引用され、ジャスティン、アテナゴラス、テオフィロス、異教の減少や消失スルーアレクサンドリア、ラクタンティウス、アウグスティヌスなどのクレメンスは、しかし、彼らの関心は徐々に減少し、それらは広くではなくなりました彼らが知られており、東と西の両方で、中世の間に使用されていたが、読み取りまたは回覧した。

Large collections of these Jewish and Christian oracles are still in existence.これらのユダヤ人とキリスト教の神託の大規模なコレクションはまだ存在しています。 In 1545 Xystus Betuleius (Sixtus Birken) published an edition of eight books of oracles with a preface dating from perhaps the sixth century AD At the beginning of the last century Cardinal Mai discovered four other books, which were not a continuation of the eight previously printed, but an independent collection. 1545年に並木のある散歩道Betuleius(シクストゥスBirken)は序文が枢機卿舞以前に印刷8の続きではなかった他の4つの書籍を発見し、前世紀の初めには、おそらく6世紀ADからさかのぼると神託の8冊の版を公開しかし、独立したコレクション。 These are numbered XI, XII, XIII, XIV, in later editions.これらは今後のバージョンにはXI、XII、XIII、XIVを、番号が付けられています。 Alexandre published a valuable edition with a Latin translation (Paris, 1841-56), and a new and revised edition appeared from the pen of Geffcken (Leipzig, 1902) as one of the volumes in the Berlin Corpus.アレクサンドルは、ラテン語の翻訳(パリ、1841年から1856年)で貴重な版を発行し、新規および改訂版では、ベルリンのコーパス内のボリュームの一つとしてゲフケンのペン(ライプチヒ、1902)から登場しました。 In addition to the books already enumerated several fragments of oracles taken from the works of Theophilus and Lactantius are printed in the later editions.既に列挙書籍に加え​​テオフィロスとラクタンティウスの作品から取られた神託のいくつかの断片は、後の版で印刷されます。

In form the Pagan, Christian, and Jewish Oracles are alike.フォームでは、異教、キリスト教、ユダヤオラクルは似ている。 They all purport to be the work of the sibyls, and are expressed in hexameter verses in the so-called Homeric dialect.彼らはすべてのsibylsの仕事を趣旨としている、いわゆるホメロスの方言で6歩格の詩で表現されます。 The contents are of the most varied character and for the most part contain references to peoples, kingdoms, cities, rulers, temples, etc. It is futile to attempt to find any order in the plan which governed their composition.内容は、最も多様な性格のものであり、ほとんどの部分は民族、王国、都市、支配者、寺院などへの参照を含んでいるそれは、その組成を支配計画の中で、どのような順序を見つけることを試みるために無駄です。 The perplexity occasioned by the frequent change of theme can perhaps be accounted for by the supposition that they circulated privately, as the Roman Government tolerated only the official collection, and that their present arrangement represents the caprice of different owners or collectors who brought them together from various sources.テーマの頻繁な変化によって引き起こさパープレキシティは、おそらくローマの政府が唯一の公式のコレクションを容認し、彼らの現在の構成は、からそれらをまとめて別の所有者やコレクターの気まぐれを表していることとして、彼らは、個人的に循環と仮定することによって説明できるさまざまな情報源。 There is in some of the books a general theme, which can be followed only with difficulty.難しさとだけ続くことができる一般的なテーマの本のいくつかである。 Though there are occasionally verses which are truly poetical and sublime, the general character of the Sibylline Oracles is mediocre.真に詩的かつ崇高なアールの詩が時折ありますが、みこoraclesの一般的な文字は、平凡なものです。 The order in which the books are enumerated does not represent their relative antiquity, nor has the most searching criticism been able accurately to determine how much is Christian and how much Jewish.書籍が列挙される順序は、それらの相対的な古さを表すものではありません、そして、最も検索批判はクリスチャンであり、どのくらいのユダヤ人どのくらい正確に決定することができました。

Book IV is generally considered to embody the oldest portions of the oracles, and while many of the older critics saw in it elements which were considered to be Christian, it is now looked on as completely Jewish.予約IVは、一般的に神託の最古の部分を具現化すると考えられ、古い批評家の多くはクリスチャンであると考えられていた要素はそれで見てきたが、現在は完全にユダヤ人のように検索されます。 Book V has given rise to many divergent opinions, some claiming it as Jewish, others as the work of a Christian Jew, and others as being largely interpolated by a Christian.予約Vはいくつかは、キリスト教、ユダヤ人のユダヤ人の仕事として、他の人として、それを主張し、他人主としてキリスト教によって補間されるように、多くの異論に上昇を与えている。 It contains so little that can be considered Christian that it can safely be set down as Jewish.それは、それが安全にユダヤ人のように定めることができることをクリスチャンとみなすことができるので、ほとんど含まれています。 Books VI and VII are admittedly of Christian origin.書籍VIおよびVIIは、確かにキリスト教の起源である。 Some authors (Mendelssohn, Alexandre, Geffcken) describe Book VI as an heretical hymn, but this contention has no evidence in its favour.何人かの著者は(メンデルスゾーン、アレクサンドル、ゲフケン)異端の賛美歌として予約VIを説明しますが、この主張は、その好意で証拠を持っていません。 It dates most probably from the third century.それは三世紀からおそらくさかのぼる。 Books I and II are regarded as a Christian revision of a Jewish original.書籍IおよびIIは、ユダヤ人の元のキリスト教の改定とみなされています。 Book VIII offers peculiar difficulties; the first 216 verses are most likely the work of a second century Jew, while the latter part (verses 217-500) beginning with an acrostic on the symbolical Christian word Icthus is undoubtedly Christian, and dates most probably from the third century.予約VIIIは独特の難しさを提供しています。象徴的なキリスト教のワードIcthusの上の折句と後半部(詩217から500)初めは間違いなくキリスト教徒である、とからおそらくさかのぼる際、最初の216の詩は、最も可能性の高い第二世紀のユダヤ人の仕事です三世紀。 In the form in which they are now found the other four books are probably the work of Christian authors.彼らは今、発見された形で他の4冊は、おそらくキリスト教の作家の作品です。 Books XII and XIII are from the same pen, XII being a revision of a Jewish original.書籍XIIとXIIIは、XIIはユダヤ人の元のリビジョンであること、同じペンからです。 Book XI might have been written either by a Christian or a Jew in the third century, and Book XIV of the same doubtful provenance dates from the fourth century.予約XIは、キリスト教や第三世紀のユダヤ人と、四世紀から同じ疑問来歴日付の予約XIVのいずれかによって書かれている可能性があります。 The general conclusion is that Books VI, VII, and XIII and the latter part of Book VIII are wholly Christian.一般的な結論は、Books VI、VII、およびXIIIとBook VIIIの後半部分は、完全にクリスチャンであるということです。 Books I, II, XI, XII, XIII, and XIV received their present form from a Christian.書籍Ⅰ、Ⅱ、XI、XII、XIII、およびXIVは、キリスト教から、現在の形を受け取った。 The peculiar Christian circle in which these compositions originated cannot be determined, neither can it be asserted what motive prompted their composition except as a means of Christian propaganda.これらの組成物が生成された独特のクリスチャンサークルを決定することはできません、どちらも、それはキリスト教のプロパガンダの手段として除いて、その組成を促し何動機をアサートすることができます。

Publication information Written by Patrick J. Healy.ヒーリーパトリックJ.によって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラス·J·ポッター転写されています。 Dedicated to the Sacred Heart of Jesus Christ The Catholic Encyclopedia, Volume XIII.イエス·キリストは、カトリックの百科事典、第13巻の聖心に捧げた。 Published 1912. 1912年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1912.ニヒルのObstat、1912年2月1日。 Remy Lafort, DD, Censor.レミーLaf​​ort、DDは、検閲しています。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography 参考文献
GEFFCKEN, Komposition u.ゲフケン、Komposition uは。 Entstehungszeit der Oracula Sibyllina (Leipzig, 1902); HARNACK, Gesch. EntstehungszeitファンデOracula Sibyllina(ライプチヒ、1902);ハルナック、Gesch。 der altchrist.デアaltchrist。 Litt.リット。 (Leipzig, 1893), I, pt. (ライプチヒ、1893)、私は、PT。 ii, 581-89; II, pt. II、581から89、II、PT。 ii, 184-89; BARDENHEWER, Gesch. II、184から89; BARDENHEWER、Gesch。 der altkirch.デアaltkirch。 Litt., II (1902-3), 651, 656; SCHÜRER, Gesch. 。リット、Ⅱ(1902から3)、651、656、シューラー、Gesch。 des jud. desはユート。 Volkes, III (Leipzig, 1910), 290 sqq. Volkes、Ⅲ(ライプチヒ、1910)、290 sqq名。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです