Saint Simon the Apostleサンシモン使徒

General Information 一般的な情報

Saint Simon the Less, one of the 12 apostles, appears only in the biblical lists of Jesus' disciples.サンシモン経たないうちに、12使徒の一人は、イエスの弟子たちは、聖書の中のリストにのみ表示されます。 Called the Zealot by Luke and called the Cananaean (Aramaic for "zealot") by Matthew and Mark, he may have originally belonged to the Zealots, an extremist group (possibly called the Sicarri) opposed to Roman rule in Palestine.ルーク狂信者と呼ばれ、マシューとマークバイCananaean( "狂信者"のアラム語)と呼ばれる、彼はもともと狂信者、パレスチナでローマの支配に反対過激派グループ(おそらくSicarriと呼ばれる)に属している可能性があります。 Feast day: May 10 (Eastern); Oct. 28 (Western; with Saint Jude).ごちそうの日:5月10日(東部); 10月28日(西洋;セントジュードと)。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Saint Simonサンシモン

Catholic Information カトリックの情報

The name of Simon occurs in all the passages of the Gospel and Acts, in which a list of the Apostles is given.サイモンの名前が福音書と使徒のリストが指定されている行為は、すべての通路で発生します。 To distinguish him from St. Peter he is called (Matthew 10:4; Mark 3:18) Kananaios, or Kananites, and Zelotes (Luke 6:15; Acts 1:13).聖ペテロから彼を区別するために彼が呼ばれた(マタイ10:04;マルコ3:18)Kananaios、またはKananites、とZelotes(ルカ6時15分;行為1:13)。 Both surnames have the same signification and are a translation of the Hebrew qana (the Zealous).両方の姓が同じ意味を持っており、ヘブライ語カナ(ゼラス)の翻訳です。 The name does not signify that he belonged to the party of Zealots, but that he had zeal for the Jewish law, which he practised before his call.名前は、彼は狂信者の党に属したことを意味するものではありませんが、彼は彼が彼の呼び出しの前に練習しユダヤ人の法律のために熱意を持っていたこと。 Jerome and others wrongly assumed that Kana was his native place; were this so, he should have been called Kanaios.ジェロームと他の人が誤ってカナが彼の出身地であったと仮定し、このように、彼が呼ばれているはずKanaiosました。 The Greeks, Copts, and Ethiopians identify him with Nathanael of Cana; the first-mentioned also identify him with the bridegroom of the marriage of Cana, while in the "Chronicon paschale" and elsewhere he is identified with Simon Clopas.ギリシア人は、コプト、エチオピアとはカナのナタナエル彼を識別する;最初に記載も "Chronicon paschale"のときに、カナの結婚の花婿と彼を識別し、他の場所で彼はサイモンClopasで識別されます。

The Abyssinians accordingly relate that he suffered crucifixion as the Bishop of Jerusalem, after he had preached the Gospel in Samaria.アビシニアンは、それに応じて、彼はサマリヤの福音を説教した後、彼は、エルサレムの司教として磔刑を受けたことに関するものである。 Where he actually preached the Gospel is uncertain.彼が実際に説いたところで福音は不明である。 Almost all the lands of the then known world, even as far as Britain, have been mentioned; according to the Greeks, he preached on the Black Sea, in Egypt, Northern Africa, and Britain, while, according to the Latin "Passio Simonis et Judae" -- the 7author of which was (Lipsius maintains) sufficiently familiar with the history of the Parthian Empire in the first century -- Simon laboured in Persia, and was there martyred at Suanir.次に知られている世界のほぼすべての土地は、も限りブリテンとして、言及されてきた。ギリシア人によると、彼はラテン語の "パーシオシモニスによると、エジプト、北アフリカ、英国、しばらくの間、黒海に説教らJudae " - 世紀のパルティア帝国の歴史を持つ十分に精通していたそのうちの7author(リプシウスが維持) - サイモンはペルシャにこじつけて、そこSuanirで殉教した。 However, Suanir is probably to be sought in Colchis.しかし、Suanirはコルキスに求められることでしょう。 According to Moses of Chorene, Simon met his death in Weriosphora in Iberia; according to the Georgians, he preached in Colchis. Choreneのモーセによると、サイモンはイベリアWeriosphora年に彼の死に会った。グルジア人によると、彼はコルキスで説教。 His place of burial is unknown.埋葬の彼の場所は不明です。

Concerning his relics our information is as uncertain as concerning his preaching.彼の遺物に関する我々の情報には、彼の説教に関する限り不確実である。 From Babylon to Rome and Toulouse we find traces of them; at Rome they are venerated under the Altar of the Crucifixion in the Vatican.バビロンからローマとトゥールーズに我々は彼らの痕跡を見つける。ローマで彼らはバチカンのはりつけの祭壇の下に崇拝されています。 His usual attribute is the saw, since his body was said to have been sawed to pieces, and more rarely the lance.彼の体が作品、さらにまれにランスにひきされていると言われて以来、彼のいつもの属性は、のこぎりです。 He is regarded as the patron of tanners.彼は皮なめしの守護聖人とみなされている。 In the Western Church he is venerated together with Jude (Thaddaeus); in the East separately.西洋の教会で彼はジュード(サディーアス)と共に崇拝され、別々に東アジアインチ The Western Church keeps his feast on 28 October; the Greeks and Copts on 10 May.西洋の教会は10月28日に彼のごちそうを保つ; 5月10日にギリシア人とコプト教徒を。

Publication information Written by Klemens Löffler.クレメンスレフラーによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Gerald Morine.ジェラルドMorine転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume XIII.カトリック百科事典は、13巻。 Published 1912. 1912年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1912.ニヒルのObstat、1912年2月1日。 Remy Lafort, DD, Censor.レミーLaf​​ort、DDは、検閲しています。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


Apostle Simon the Zealot使徒シモン

Orthodox Information 正教会情報

(This information may not be of the scholastic quality of the other articles in BELIEVE. Since few Orthodox scholarly articles have been translated into English, we have had to rely on Orthodox Wiki as a source. Since the Wikipedia collections do not indicate the author's name for articles, and essentially anyone is free to edit or alter any of their articles (again, without any indication of what was changed or who changed it), we have concerns. However, in order to include an Orthodox perspective in some of our subject presentations, we have found it necessary to do this. At least until actual scholarly Orthodox texts are translated from the Greek originals!) (この情報は信じていますの他の記事の学力の質ではないかもしれない。少数の正統派学術論文を英語に翻訳されているので、我々はソースとして正教会ウィキに頼らざるを得なかった。Wikipediaのコレクションは、作成者の名前を示すものではありませんので、記事がために、本質的には誰でも自分の記事のいずれかを(再度、変更したり、それを誰が変更した内容の表示のない)を編集したり変更したりして自由である、我々は懸念を持っていますしかし、我々の主題のいくつかでオーソドックスな視点を含めるためにプレゼンテーション、我々はこれを行うことが必要と認めていますが、実際の学術的正統派テキストはギリシャ語の原本から翻訳されるまで、少なくとも!)

The holy, glorious and all-laudable Apostle Simon the Zealot was one of the Twelve Apostles of Jesus Christ, referenced in Matthew 10:2-4 and other places in Holy Scripture.神聖な、栄光とすべて称賛に値する使徒シモンはマタイ10:2-4と教典の他の場所で参照されているイエス·キリストの十二使徒の一人であった。 His feast day is May 10.彼の饗宴日は5月10日です。

Life人生

Simon was born in Cana of Galilee and was one of the Twelve Great Apostles.サイモンは、ガリラヤのカナで生まれ、十二大使徒の一つであった。 He was the bridegroom at the wedding feast where Christ changed the water into wine (John 2:1-11).彼は、キリストはワイン(ヨハネ2:1-11)に水を変え結婚披露宴で新郎だった。 Because of that miracle, St. Simon left his home, parents and bride to follow Christ.そのための奇跡、聖シモンは彼の家は、両親と花嫁がキリストに従うことを残しました。 After Pentecost, he preached the Gospel in Mauritania in Africa.聖霊降臨祭の後、彼はアフリカのモーリタニアで福音を説いた。

He ended his missionary work in Georgia.彼はジョージア州の彼の布教活動を終えた。 St. Simon was tortured and crucified by the pagans in Abkhazia.セントサイモンはアブハジアにおける異教徒によって拷問を受け、十字架につけられた。

Hymns賛美歌

Troparion (Tone 3) Troparion(トーン3)

O holy apostle Simon, Oの神聖な使徒シモン、
entreat the merciful God, 、慈悲深い神に懇願する
to grant our souls forgiveness of transgressions.罪の私たちの魂の赦しを付与することができます。

Kontakion (Tone 2) Kontakion(トーン2)

Let us all bless the eloquent Simon in praise,私たちはすべての賞賛の雄弁なサイモンを祝福しましょう​​、
who sowed the doctrines of wisdom in the hearts of the faithful;誰が忠実なの心の中に知恵の教義をまいた。
for he now stands before the throne of glory彼は今、栄光の御座の前に立っているために
and rejoices with the angels,天使たちと喜ぶ、
as he prays for us all unceasingly.彼はすべての私たちのために絶えず祈るように。

Sourceソース

St. Nikolai Velimirovic, The Prologue of Ohrid聖ニコライVelimirovic、オフリドのプロローグ

External links外部リンク

Apostle Simon Zealotes (OCA)使徒シモンZealotes(OCA)
Simon the Zealot & Apostle (GOARCH)シモン&使徒(GOARCH)
The Holy Apostle Simon, the Zealot (Prologue of Ohrid)聖使徒シモン、盲信者(オフリドのプロローグ)


Simon the Canaanite (Zealot)サイモンカナン(盲信者)

Coptic Orthodox Information コプト正教会情報

Yet another faithful disciples about whom very little has been recorded in Scripture is Simon the Canaanite (Mark 3:18; Matthew 10:4) or Simon the Zealot (Luke 6:15; Acts 1:13).またはシモン(ルカ6:15;行為1:13);非常に小さな聖書に記録された者についてはさらに別の忠実な弟子たちはサイモンカナン(マタイ10時04分マルコ3:18)です。 The two words "Canaanite" and "Zealot" mean the same thing.二つの言葉 "カナン"と "盲信"は同じものを意味します。 "Canaanite" is a Hebrew designation and "Zealot" is a Greek term. "カナン"は、ヘブライ語の呼称であり、 "盲信"はギリシャ語の用語です。 As a result the NIV in its translation has "Zealot" in all four places.結果として、その翻訳におけるNIVはすべての4つの場所で "盲信者"を持っています。

Characteristics of This Discipleこの弟子の特性

JB Phillips in his translation of the New Testament in each of the four lists calls Simon "Simon the Patriot." 4リストのそれぞれの新約聖書は彼の翻訳のJB Phillipsはサイモン "サイモンパトリオット"と呼んでいます。 The term designates him as a member of a political party.この用語は、政党の一員として彼を指す。 A "zealot" was a patriotic Jew willing to rebel against the Roman government. "狂信者"とは、ローマ政府に反抗しても構わないと思っ愛国的ユダヤ人だった。 Their goal was to deliver Judea from the Roman servitude and drive the Roman legions from the country.彼らの目標は、ローマの奴隷状態からユダヤを提供し、国からローマ軍団を駆動することであった。 This party had been organized by a rabid revolutionary, Judas of Galilee, about 20 years before Jesus began his public ministry.イエスは彼の公共省を開始する前に、このパーティーは、20年ほど過激な革命家、ガリラヤのユダが主催されていた。 It had become an underground movement that was ruthless and violent.それは冷酷かつ暴力的であった地下運動になっていた。 Its terrorist program of murder and sabotage did not free the country but resulted in acts of revenge by the Roman officials.殺人と破壊のテロリストそのプログラムは自由な国を行なっていないが、ローマの役人によって復讐の行為をもたらし。

Perhaps Simon initially came to Jesus because he saw in Christ the power his group needed to successfully drive the Romans out.彼はキリストのうちに彼のグループが成功しローマ人を駆逐するのに必要なパワーを見たので、おそらくシモンは当初、イエスのところに来た。 For many Jews, the Messiah was no longer a spiritual Savior but an earthly Conqueror.多くのユダヤ人のために、救世主はもはや精神的な救世主が、地上の征服だった。 Since a zealot was a fanatic and eventually resorted to violence, Simon would have left this cause when he gave up all to follow Jesus.狂信者は狂信的な、最終的に暴力に訴えていたので、彼はイエスに従うために、すべてをあきらめたときに、サイモンはこの原因を残していただろう。 Jesus preached a message of nonviolence (Matthew 5:39, 43-44; 26:52).イエスは非暴力(; 26:52マタイ5:39、43-44)のメッセージを説教。 Simon was transformed by the Jesus and his message.シモンは、イエスと彼のメッセージにより形質転換した。 He was still a Patriot who was willing to work and fight, but now the fight was against the forces of Satan and the kingdom for which he worked belonged to God.彼はまだ仕事と戦うために喜んでいたパトリオットでしたが、今の戦いは、サタンと彼は神に属して働いていたために王国の勢力に反対した。 Throughout history the church has suffered from fanaticism.歴史を通して、教会は狂信に苦しんできた。 At first the church was persecuted, then it became the persecutor.最初は教会が迫害された、それは迫害者となった。 Misguided fanatics, rather than helping, have done great harm to the cause of Christ.むしろ助けより見当違いの狂信者は、キリストの原因に大きな害を行っている。 Our political concerns dare never overshadow our Savior nor cloud his message.我々の政治的懸念が救い主を曇らせることも、彼のメッセージを曇らせることがあえて。 There is little that we can be certain of when it comes to Simon.それはサイモンに来るとき、私たちは、特定のことができることがほとんどありません。 This much we do know - Simon, along with the other apostles witnessed the miracles and teachings of Jesus and the miracle of his Resurrection.我々が知っているこのくらい - サイモン、他の使徒と一緒には奇跡とイエスの教えと彼の復活の奇跡を目撃した。 They were with him at the Last Passover and in the Garden of Gethsemane.彼らは最後の過ぎ越しの時とゲッセマネの園で彼と一緒にいた。 They were present at the time Jesus appeared to Thomas.彼らは、イエスはトマスに現れた時点で存在していた。 All but Judas Iscariot were listed as receiving the Holy Spirit at Pentecost, and all were sent out as witnesses of the Gospel of Christ throughout the earth (Acts 1:8, 13; 2:1-4).すべてが、イスカリオテのユダは、ペンテコステに聖霊を受けとしてリストされていたし、すべては、地球全体のキリストの福音(使徒1:8、13; 2:1-4)の証人として送り出された。 Outside of Scripture, it is claimed that Simon was a determined missionary who preached principally in Mesopotamia, including Parthia and Babylon.聖書の外に、それはサイモンがパルティアとバビロンなど、メソポタミアで、主に説教決定宣教師だったと主張されています。 Eusebius in his Church History names Simon as one of the missionaries "beyond the Ocean to the isles called the Britannia Isles."宣教師の一人として彼の教会史名サイモンでユーセビアス "ブリタニアの島と呼ばれる島々に海を越えて。" This happened after preaching in Egypt and Africa.これはエジプトやアフリカで説教した後に起こった。

The traditions of the early church report he met a martyr's death in Persia, where he and others were sawed in half.初期の教会のレポートの伝統は彼が彼と他の人が半分にひきたペルシャに殉教者の死に会った。

Simon is represented by a fish - he was a fisher of men - resting on top of a book which indicates the gospel he preached.サイモンは魚によって表されます - 彼は男性の漁師だった - 彼は宣べ伝えた福音を示している本の上に休憩。 Sometimes he is represented by a saw because one tradition says he was cut in two during a time of persecution. 1つの伝統は、彼が迫害の時代に半分に切られたと言うので、時々、彼はのこぎりで表されます。

James F. KorthalsジェームスF. Korthals



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです