Targum, Early History of the Bibleターガム、聖書の初期の歴史

Targums Targums

General Information 一般的な情報

A Targum is any of the Aramaic translations, more or less literal, of portions of the Old Testament used in the synagogues of Palestine and Babylonia.ターガムは、パレスチナとバビロニアのシナゴーグで使用旧約聖書の部分から、多かれ少なかれ、リテラル、アラム語の翻訳のいずれかである。 When, after the Babylonian Captivity in the 6th century BC, Aramaic replaced Hebrew as the generally spoken language, it became necessary to explain the meaning of readings from the Scriptures.紀元前6世紀のバビロン捕囚後に、アラム語は、一般的に話される言語としてヘブライ語を置換したとき、それは、聖書からの測定値の意味を説明することが必要となった。 Only a small portion of the many oral Targums that were produced survived.生き残っ生産された多くの口腔Targumsの小さな部分のみ。 Among these are the originally Judean Targum known as the Targum Onkelos; three late and incomplete Targums, the so-called Jerusalem Targums, on the Pentateuch; the Judean Targum on the Prophets; later fragments of another paraphrase of the Prophets; and Targums on Psalms, Job, Proverbs, the five so-called megillahs (Song of Solomon, Ruth, Lamentations, Esther, Ecclesiastes), Chronicles, and the deuterocanonical additions to Esther.五、上の3つの後期と不完全Targums、いわゆるエルサレムTargums;;預言者でユダヤターガム、預言者の別の言い換えのあとのフラグメント、および詩篇Targums中でもターガムonḳelosとして知られ、もともとユダヤターガムアール、フェラ、箴言、5いわゆるmegillahs(ソロモン、ルース、哀歌、エスター、伝道の歌)、クロニクル、とエスターに第二正典の追加。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Versionバージョン

Advanced Information 高度情報

A Version is a translation of the holy Scriptures.バージョンは、聖書の翻訳である。 This word is not found in the Bible; nevertheless, as frequent references are made in this work to various ancient as well as modern versions, it is fitting that some brief account should be given of the most important of these.この言葉は聖書の中に見つからない場合、それにもかかわらず、頻繁に参照は様々な古代と現代のバージョンにこの作業で作られているとして、それはいくつかの簡単なアカウントがこれらの中で最も重要なものを説明するべきであるとフィッティングです。 These versions are important helps to the right interpretation of the Word.これらのバージョンは、Wordの右の解釈に役立つ重要です。 (See Samaritan Pentateuch article, below.) (以下、サマリア五書の記事を参照してください。)
.


Targumターガム

Catholic Information カトリックの情報

Targum is the distinctive designation of the Aramaic translations or paraphrases of the Old Testament.ターガムは、旧約聖書のアラム語の翻訳または言い換えの独特の呼称である。 After the return from exile Aramaic gradually won the ascendancy as the colloquial language over the slowly decaying Hebrew until, from probably the last century before the Christian era, Hebrew was hardly more than the language of the schools and of worship.亡命アラム語からの復帰が徐々に徐々に減衰ヘブライ語以上口語として優勢を獲得した後、おそらく前世紀からキリスト教の時代の前に、ヘブライ語は、学校の礼拝の言語よりほとんど多くだった、まで。 As the majority of the population ceased to be conversant with the sacred language it became necessary to provide translations for the better understanding of the passages of the Bible read in Hebrew at the liturgical services.人口の大半は神聖な言語に精通してではなくなったとして、それは典礼サービスでは、ヘブライ語で読む聖書の一節をより良く理解するために翻訳を提供することが必要となった。 Thus to meet this need it became customary to add to the portions of the Scriptures read on the Sabbath an explanatory oral translation - a Targum.ターガム - したがって、このニーズを満たすために、それは安息日説明経口翻訳で読む聖書の部分に追加することが通例となった。 At first this was probably done only for the more difficult passages, but as time went on, for the entire text.時間が進むにつれて、最初はこれはおそらく全体のテキストの場合、唯一のより難しいパッセージのために行われましたが。 The "Mishna" gives more elaborate instructions as to the way in which this translating should be done. "mishnaは"この変換が行われるべき方法に、さらに複雑な指示を与える。 According to the "Megillah" (IV, 4), when the lesson to be read aloud was from the "Torah" only one verse was to be read to the translator (Methurgeman).声に出して読まれるためのレッスンが1つだけの詩は翻訳者(Methurgeman)を読み込もうとした "律法"からだった "誇張した説明"(IV、4)による。 When the lesson was from the "Nebi'im" it was permitted to read three to him, unless each verse formed a special division.それぞれの詩は特別な部門を形成しない限り、レッスンは "Nebi'im"からのものであったとき、それは、彼に3を読むことを許された。 The directions also state which portions are to be read aloud but not translated (cf. for instance "Meg.", IV, 10), and a warning is given against translations that are either to free, palliative, allegorical, etc.方向はまたの部分が声を出して読まれるべきであるが(例えば "メグ"、Ⅳ、10の参照)翻訳されていませんどのような状態、および警告には、無料のどちらかにアール翻訳に対して与えられている、姑息、寓話など

Another regulation was that the Targum was not to be written down ("Jer. Meg.", IV, i = fol. 74d).別の規制はターガム( "エレミヤ。メグ"、IV、I = FOL。74dを)書き下すことがないようにということでした。 This prohibition, however, probably referred only to the interpretation given in the synagogue and did not apply to private use or to its employment in study.この禁止は、しかし、おそらく唯一のシナゴーグで与えられた解釈と呼ばれ、私的使用や研究で、その雇用には適用されませんでした。 In any case, written Targums must have existed at an early date.いずれにしても、書かれたTargums早期に存在していなければなりません。 Thus, for instance, one on the Book of Job is mentioned in the era of Gamaliel I (middle of the first century AD), which he, however, was not willing to recognize ("Sabb.", 115a; cf. "Tos. Sabb.", 13, 2=p. 128, ed. Zuckermandel).したがって、例えば、書籍の仕事上の1つの彼は、しかし、( "。SABB"を認識することを望んでいない私でしたガマリエル(紀元1世紀の半ば)、115aの時代に記載されている; CF "TOSは。SABB。 "、13、2 =頁128、エド。Zuckermandel)。 If Matt., xxvii, 46, gives the Aramaic form of Ps., xxi, 2, the last utterance of the Saviour upon the Cross, this shows that even then the Psalms were current among the people in the Aramaic language; moreover, Ephes., iv, 8, has a closer connection with the Targum to Ps., lxvii, 19, than with the Masoretic text. 、また、Ephes;マット、27、46は、PS、XXI、2のアラム語フォーム、十字架救い主の最後の発言、その時でさえ、詩篇は、アラム語の言語の人々の間で現在のあったことを、この番組を与える場合。、4、8はPSターガムとの緊密な接続。、67、19、masoreticテキストよりもを持っています。 In addition, the "Mishna Yadayim", IV, 5, and "Sabb.", XVI, also indicates the early existence of manuscripts of the Targum.また、 "のmishna Yadayim"、4、5、および "SABB。"、XVIは、またターガムの写本の早期存在することを示している。 These manuscripts, however, were only owned privately not officially as for a long period the Targums were without authoritative and official importance in Palestine. Targumsはパレスチナの権威と重要性なしで公式であった長時間のように、これらの写本は、しかし、唯一の個人ではない正式に所有されていました。 This authoritative position was first gained among the Babylonian Jews and through their influence the Targums were also more highly esteemed in Palestine, at least the two older ones.この権威ある地位が最初バビロニアユダヤ人の間に獲得し、彼らの影響力を通じてTargumsは、パレスチナでも少なくとも2古いものより高く評価されたました。 In the form in which they exist at present no Targum that has been preserved goes back further than the fifth century.現時点でそれらが存在する形で保存されていませターガムは、5世紀よりさらに後ろ行くことはありません。 Various indication, however, show the great antiquity of the main contents of many Targums, their theology among other things.様々な適応症は、しかし、多くのTargums、とりわけ彼らの神学の主な内容の大昔を示しています。 That as early as the third century the text, for instance, of the Targum on the Pentateuch was regarded by the synagogue as traditionally settled is evident from the "Mishna Meg.", IV, 10, "Jer. Meg.", 74d, "Hab. Kidd.", 49d, "Tos. Meg.", IV, 41.伝統的に落ち着いたとして三世紀とテキストが、例えば、上の五ターガムシナゴーグによって見なされていたとして早期 "のmishnaメグ。"、4、10、 "エレミヤ。メグ"、74dとから明らかであること"HAB。キッド"、49dは、 "TOS。メグ"、IV 41。 There are Targums to all the canonical books excepting Daniel, Ezra, and Nehemiah; for some books of the Bible there are several Targums.ダニエル、エズラ、ネヘミヤとを除いて、すべての正典にTargumsがありますが、聖書のいくつかの書籍をいくつかTargumsがあります。 As regards age and linguistic character they may be divided into three classes: (1) Targum of Onkelos and Targum of Jonathan; (2) Jerusalem Targums; (3) Targum on the Hagiographa.に関しては、年齢や言語の文字として、彼らは3つのクラスに分けることができる:(1)オンケロスとジョナサンのターガムのターガム、(2)エルサレムTargums; hagiographaは上の(3)ターガム。

The form of language used in the Targums is called specifically "Targum dialect". Targumsで使用される言語の形式は、具体的には "ターガム方言"と呼ばれています。 It belongs to western Aramaic and more particularly to the Aramaic of Palestine.それは西部のアラム語に関し、より詳細には、パレスチナのアラム語に属します。 Its home in to be sought in Judea, the ancient seat of the learning of the scribes.そのホームユダヤ、律法学者たちの学習の古代の席で求められてインチ It should be borne in mind that this Targumic language does not represent the spoken Aramaic, but is the result of the labours of scholars.これはTargumic言語が話さアラム語を表していないことを念頭に置くが、学者の労働の結果であるべきである。 Consequently the point under discussion turns on a literary Aramaic originally formed in Judea.したがって議論の下のポイントはもともとユダヤに形成文学アラム語をオンにします。 This is particularly true of the two earlier Targums; the later ones show generally an artificially mixed type of language.これは、以前の2 Targumsの特に本当であるし、それ以降のものは、一般に言語の人為的に混合型を示しています。 The traditional pointing of the texts is valueless and misleading: a more certain basis was first offered by manuscripts from Southern Arabia in which the pointing for the vowels was placed above the line.テキストのポインティング伝統は無価値で、誤解を招きます:より一定の根拠は最初の母音のためのポインティングがライン上に置かれた南アラビアからの写本によって提供されていました。 In Arabia the old synagogal custom of reciting the Targum at the religious services had been retained, and consequently more interest was felt there in the pronunciation.サウジアラビアでは宗教的なサービスにターガム暗唱の古いsynagogalカスタムが保持されていた、その結果、より多くの関心が発音にそこに感じられた。 It must be acknowledged, however, that this cannot be regarded as a direct pronunciation of the Palestinian pronunciation; it may have sprung from a formal treatment of the Targum of Onkelos customary among the Babylonian scholars.これはこれはパレスチナの発音を直接発音と見なすことはできないこと、しかし、認めなければならない、それはバビロニアの学者の間で慣習オンケロ​​スのターガムの正式な治療法から生まれた可能性があります。 As regards the method of translation all Targums in common strive to avoid as much as possible anthropomorphisms and anthropopathic terms, as well as other apparently undignified expressions concerning, and descriptive of God.翻訳の方法に関しては、共通のすべてのTargumsはできるだけanthropomorphismsとanthropopathic用語、ならびにに関する他の明らかにみっともない表現として、神の記述を避けるために努力しています。 The Targums are printed in the Rabbinical and Polyglot Bibles, although the two do not always contain the same Targums or an equal number of them. 2は常に同じTargumsまたはそれらの数と同じ数が含まれていませんがTargumsは、ラビとポリグロット聖書で印刷されます。 See below for particulars as to individual editions.個々のエディションに細目としては、下記を参照してください。

I. THE TARGUM OF ONKELOS I.オンケロスターガムの

The official Targum to the Pentateuch is designated by the name of Onkelos.五の公式ターガムオンケロスの名前によって指定される。 In the Babylonian Talmud and in the Tosephta, Onkelos is the name of a proselyte who is mentioned as a contemporay of the elder Gamaliel ("Aboda zara", 11a; cf. "Tos. sabb.", 8=p. 119, ed. Zuckermandel).バビロニアタルムードとTosephtaで、オンケロス11aが、長老ガマリエルのcontemporay( "Abodaザラ"として記載されて改宗者の名前である "。SABB TOS"。、CF 8 = P 119、ED 。Zuckermandel)。 The labours of Onkelos are referred to in "Meg.", 3a, in the following words: "Rab Jeremiya, according to others Rab Hiya bar Abba says: 'According to the statement of Rab Eliezer and Rab Josua, Onkelos the proselyte has said, that is, has orally formulated, the Targum of the Torah'".他によるとラブやあバーアバは言う、 "ラブJeremiya:オンケロスの労働者は、次の言葉で"メグ "、3Aで参照されている"ラブエリエゼルとRabジョシュアの声明によると、改宗をオンケロスと述べている、すなわち、経口的に、律法 '"のターガムを策定しました。 Gaon Sar Shalon (d. 859) was the first who, taking this passage as a basis, called the Pentateuch-Targum the Targum of Onkelos.カオンシャロン·サール(民主党859)は、基礎としてこの一節を取って、誰が最初だった五 - ターガムonḳelosターガムのと呼ばれる。 This he did in an opinion concerning the Targum which he evidently had before him at the time in a written copy.これは、彼が明らかに書かれたコピーでは、一度に彼の前に持っていたターガムに関する意見ではなかった。 The designation that thus arose became customary through its acceptance by Rashi and others.こうして生まれた呼称はラシや他の人がその受け入れを通じて慣習となった。 It is evident, however, that in the passage mentioned ("Meg.", 3a) there has been a confusion with the name of Aquila, the translator of the Bible, for the older parallel passage of the Palestinian Talmud ("Meg.", I, 11 = fol. 71c) says the same of Aquila and his Greek translation of the Bible.それは、パレスチナのタルムード(の古い並列通路のためのアクイラ、聖書の翻訳者、の名前の混乱があった通路に言及したこと( "メグ"を、3a)を、しかし、明らかである "メグ"。 、私は、11 = FOL。71C)アクイラと聖書の彼のギリシャ語訳の同じは言う。 Compare also Midrash, Tanchuma, Mishpatim, 91, 92 (ed. Mantua, 1863, fol. 36b).またミドラーシュ、Tanchuma、Mishpatim、91、92(編マントヴァ、1863年、FOL。36B)と比較してください。 Thus it seems that in Babylonia the old and correct knowledge of the Greek translation of the proselyte Aquila was erroneously transferred to the anonymous Aramaic translation, that consequently Onkelos (instead of Akylas) is a corrupted form or a provincial modification of Aquila.したがって、それはバビロニアで改宗アクイラ、ギリシャ語の翻訳の古さと正しい知識を誤って匿名のアラム語の翻訳に移したように思えますが、その結果としてオンケロス(代わりにAkylasの)破損したフォームまたはアクイラの地方改良したものである。 xxxxx always (five times) for xxxxx.--> It is not necessary to discuss here earlier views concerning this point. xxxxxには常にXXXXX(5回) - >それはここに、この点について、以前の見解を議論する必要はありません。 The effort to prove the existence of an Onkelos distinct from Aquila is still made by Friedmann ("Onkelos and Aquila" in "Jahresber. der Israelit.-theol. Lehranstalt in Wien", 1896), but the proof adduced is not convincing (cf. Blau in "Jewish Quarterly Review," IX, 1897, p. 727 sqq.).アクイラは異なるオンケロスの存在を証明するための努力は、まだ(フリードマン( "ウィーンのJahresber。ファンデIsraelit.-theol。Lehranstalt"、1896年 "オンケロスとアクイラ")によって行われたが、提示さ証拠は説得力がありませんCF "ユダヤ人の四半期レビュー、" IX、1897年、p。727 sqq名インチブラウ)。

Thus it is not known who wrote the Targum named after Onkelos.従ってそれはオンケロスにちなんで名付けられたターガムを誰が書いたかは知られていない。 In any case the Targum, at least the greater part of it, is old, a fact indicated by the connection with Rab Eliezer and Rab Josua, and belongs probably to the second, or it may be to the first century of our era.いずれの場合においてもターガム、少なくともその大部分は、古いですが、実際は、RabエリエゼルとRabジョシュアとの接続によって示され、第二に属し、おそらく、またはそれは私たちの時代の最初の世紀になるかもしれません。 It arose, as the idiom shows, in Judea, but it received official recognition first from the Babylonian Rabbis, and is therefore called by them "our Targum", or is quoted with the formula "as we translate".それは、ユダヤに、イディオムのように、生まれたが、それはバビロニアラビから初の公式認定を受けているため、それらによって "私たちのターガム"と呼ばれている、または "我々が翻訳した"式で引用されます。 Rab Natronay (d. 869) in speaking of this says, that it is not permitted to replace it in the services of the synagogue by any other translation of the Pentateuch.これの話でラブNatronay(民主党869)は、それが五の他の翻訳によってシナゴーグのサービ​​スでそれを置き換えることが許されていないことを言う。 The high reputation of this authorized translation is shown by the fact that it has a Masorah of its own.この認可翻訳の高い評判は、それ自身のMasorahを持っているという事実によって示されている。 The fixing of the written form, and thereby the final settlement of the text as well, should not be assigned to a date before the fifth century.書面の固定、それによって同様にテキストの最終決済は、5世紀前の日付に割り当てるべきではありません。 The language is, in general, an artificial form of speech closely connected with the Biblical Aramaic.言語は、一般的には、密接に聖書のアラム語と接続し、音声の人工的な形です。 It is probably not the spoken Aramaic used as a dialect by the Jewish people, but a copy made by scholars of the Hebraic original, of which the Targum claims to give the most faithful reproduction possible.それはおそらく、ユダヤ人の人々によって方言として使わ話アラム語ではありませんが、コピーはターガムは、可能な限り忠実な再現を与えることを主張し、ヘブライ人のオリジナルの学者が作った。 In doing this the Aramaic language is treated similarly to the Greek in the translation of Aquila, consequently the many Hebraic idioms.これを行うにはアラム語の言語はアクイラ、結果的に多くのヘブライ人の慣用句の翻訳のギリシャと同様に扱われます。 There is no positive proof (Dalman, "Gramm", 13) of a corrupting influence of the Babylonian dialect as Noldeke held ["Semit. Sprachen" (1887), 32; (2nd ed., 1899), 38].ネルデケが保有としてバビロニア方言の破損の影響のない肯定的な証拠(ダルマン、 "グラム"、13)がありません["。Semit Sprachen"(1887)、32、(第2版、1899)、38]。

As regards the character of the translation it is, taken altogether, fairly literal.翻訳の文字に関してはそれは、かなりリテラル、完全に取られます。 Anthropomorphic and anthropopathic expressions are avoided by roundabout expressions or in other ways; obscure Hebrew words are often taken without change into the text; proper names are frequently interpreted, as Shinar-Babylon, Ishmaelites-Arabs; for figurative expressions are substituted the corresponding literal ones.擬人化とanthropopathic表現が回りくどい表現で、あるいは他の方法で回避され、無名のヘブライ語の単語はしばしばテキストに変更せずに撮影され、適切な名前が頻繁に解釈され、シナル·バビロン、イシュマエル·アラブ人として、比喩的な表現に対応するリテラルのものに置換された。 Haggadic interpretation is only used at times, for instance in prophetic passages, as Gen., xlix; Num., xxiv; Deut., xxxii. haggadicの解釈が唯一の大将、49のように、予言通路内のインスタンスのために、時々使用され、テンキー、XXIV;申、XXXII。 This Targum was first printed at Bologna (1482) together with the Hebrew text of the Bible and the commentary of Rashi; later, in the Rabbinical Bibles of Bomberg and Buxtorf, and with a Latin translation in the Complutensian Polyglot (1517), and the Polyglots of Antwerp (1569), Paris (1645), and London (1657). bombergのとブクストルフ、ラビの聖書とComplutensianポリグロット(1517)でラテン語の翻訳と、それ以降、および、このターガムは、まず聖書のヘブライ語のテキストとラシの解説と一緒にボローニャ(1482)で印刷されましたアントワープ(1569)、パリ(1645年)、ロンドン(1657年)のPolyglots。 Among separate editions of the Targum special mention should be made of that printed in 1557 at Sabbioneta.ターガム特筆の別エディションのうちサッビオネータで1557年に印刷されたで作られるべきである。 More modern editions are: Berliner, "Targum Onkelos" (2 vols., Berlin, 1884), in which vol.もっと現代のエディションは以下のとおりです。VOLのベルリナー、 "ターガムonḳelos"(2 vols学、ベルリン、1884年)、。 I contains the text according to the Sabbioneta edition, and vol.私はサッビオネータ版、およびvolによるとテキストが含まれています。 II, elucidations; the Yemanites at Jerusalem have printed with an edition of the Pentateuch (sefer Keter tora) from manuscripts the Arabic translation by Saadya (Jerusalem, 1894-1901), in which publication the vowel pointing above the line has been changed to sublinear pointing; Barnheim, "The Targum of Onkelos to Genesis" (London, 1896), on the text of the Yemen manuscripts. Ⅱ、解明、エルサレムでYemanitesは写本からの五版(sefer Keter寅)で印刷している行の上にポインティング母音がほぼ直線のに変更された刊行物にSaadyaアラビア語翻訳(エルサレム、1894年から1901年)、ポインティング; Barnheim、イエメンの写本のテキストの(ロンドン、1896)、 "創世記にオンケロスのターガム"。 In addition to the Latin translations in the Polyglot Bibles there is one by Fagius (Strasburg, 1546); there is also an English translation by Etheridge, "The Targum of Onkelos and Jonathan ben Uzziel on the Pent., with the Fragments of the Jerusalem Targum", from the Chaldee (2 vols., London, 1862-65).ポリグロット聖書におけるラテン語の翻訳に加えFagius(ストラスバーグ、1546)によって1がある;エスリッジによる英訳もあり、 "ペントでオンケロスとジョナサンベンウジエルのターガムは、エルサレムの断片とChaldeeからターガム "、(2 vols学です。、ロンドン、1862年から1865年)。

THE TARGUM OF JONATHAN (YONATHAN)ジョナサンターガム(YONATHAN)

The Targum to the Prophets (priores, historical books; posteriores, the actual Prophets) now in existence is ascribed to Jonathan ben Uzziel, who is said on the authority of the Babylonian "Megillah", 3a, to have formulated it orally, in accordance with the instructions of Haggai, Zachariah, and Malachi.預言者ターガム(priores、歴史的な書籍、posteriores、実際の預言者)は、現在存在しては、応じて、口頭でそれを策定したとバビロニア "誇張した説明"、3aの権威に言われているジョナサン·ベンウジエル、生得的にハガイ、ザカライア、マラキの指示に従ってください。 This assertion probably means that in his exposition he gives the traditional interpretation that had been handed down from one generation to another since early times.このアサーションは、おそらく彼の博覧会で、彼は昔から1世代から世代へと受け継がれてきた伝統的な解釈を与えることを意味します。 According to the Babylonian "Sukkah" (28a = baba bathra 134a), he was the most noted pupil of the elder Hillel, and is therefore assigned to the first Christian century.バビロニア "仮庵"(28A =ババbathra 134aが)によると、彼は長老ヒレルの最も有名な弟子であったため、キリスト教の最初の世紀に割り当てられています。 The Babylonian Talmud in quoting passages from this Targum ascribes them to Rab Joseph bar Hiya (d. 333), the head of the school at Pumbaditha.このターガムから一節を​​引用しでバビロニアタルムードRabのジョセフバーやあ(民主党333)、Pumbadithaの学校の頭部にそれらを帰し。 Rab Joseph was regarded as a great authority on the tradition of the Targum and his judgment on the translation of many individual passages was eagerly listened to; he may perhaps be considered as the editor of this Targum. Rabのジョセフは、熱心に耳を傾けていた多くの個々の通路の翻訳にターガムと彼の判断の伝統の偉大な権威と見なされていた、彼は多分このターガムのエディタとして考慮されるかもしれない。 For Jonathan as for Onkelos the final settlement of the written form did not occur until the fifth Christian century.ジョナサンのためにオンケロス用として書かれたフォームの最終決済は、第五キリスト教の世紀まで起こらなかった。 Cornill claims to show ("Einleitung", 2nd., ed., 1893, p. 308) that the Targum on the Prophets is older than the Torah-Targum, but the reasons produced are not convincing (cf. Dalman, 15, passim).コルニル預言者ターガム律-ターガムよりも古いですが、生産の理由は(参照ダルマン、15、ここかしこに説得力はないこと( "Einleitung"、第二。編、1893年、p。308)を示していると主張)。 Linguistically, this Targum approaches most closely that of Onkelos; in grammatical construction the two are alike but the words used differ, and this Targum is more paraphrastic.言語学的に、このターガムは、最も密接にそのオンケロスの近づき、文法構造に二人は似ているが、使用される単語が異なっており、このターガムはもっと言い換えです。 In the historical books Jonathan himself is often the expounder, but in the actual prophetic books the exposition is in reality Haggadic.歴史的な書籍ではジョナサン自身はしばしばexpounderですが、実際の予言の本に博覧会は現実haggadicのである。 The religious opinions and theological conceptions of the era that are interwoven are very instructive.織り込まれた時代の宗教的な意見や神学的な概念は、非常に有益である。 The text, further, is not free from later additions; from this cause arise the double translations of which the Targum contains several.さらにテキストは、後で追加さから自由ではないですが、この原因からターガムがいくつか含まれているそのうちの二重翻訳を生じる。 The "Prophetae priores" was the first printed with the Hebrew text and the commentaries of Gimhi and Levi at Leiria, Portugal, in 1494. "Prophetaeのpriores"は、最初1494年に、Leiria、ポルトガルでヘブライ語のテキストとGimhiとレビの論評で印刷されました。 At a later date the whole Targum was printed in the Rabbinical Bibles of Bomberg and Buxdorf and in the Polyglot Bibles of Antwerp, Paris, and London.後日全体ターガムbombergのとBuxdorfのラビの聖書で、アントワープ、パリ、ロンドンのポリグロット聖書で印刷されました。 The last edition is that of de Lagarde, "Prophetae chaldice e fide codicis Reuchliniani" (Leipzig, 1872).前回は、 "Prophetae chaldice電子善意codicis Reuchliniani"(ライプチヒ、1872)デ·ラガルドのことです。 There are supplementary additions to this from an Erfurt manuscript in "Symmicta", I, 139. "Symmicta"と、私は、139でエアフルトの原稿から、これに補足が追加されています。 The Targum to the Haphtarah is to be found in what is called the Pentateuch edition of the Yemanites at Jerusalem. HaphtarahターガムはエルサレムのYemanitesの五版と呼ばれるもので発見される。 English translations are: Pauli, "The Chaldee Paraphrase on the Prophet Isaiah Translated" (London, 1871); Levy, "Targum on Isaiah," I (London, 1889).英語への翻訳は以下のとおりです。パウリ、 "預言者イザヤ訳でChaldee言い換え"(ロンドン、1871);レビー、 "イザヤ書上のターガム、"私(ロンドン、1889)。

II. Ⅱ。 THE JERUSALEM TARGUMSエルサレムTARGUMS

This designation is not correct; the older and more correct name, "Palestinian Targum", is found for instance in the writings of Gaon Hai (d. 1038).この指定が正しくありません。古く、より正しい名前、 "パレスチナター"(民主党1038)カオンハイフォンの著作の中でインスタンスに発見された。 date this designation was displaced by the term xxxxxxx, just as before this the Palestinian Talmud (xxxx xxx xxxx) is called in the writings of Gaon Sar Shalon xxxxxxxxx.--> Fundamentally the language of these Targums is Palestinian Aramaic but of a very mixed type.これまでこの指定は、パレスチナのタルムード(xxxxのxxxのxxxxは)カオンサールシャロンXXXXXXXXXの著作に呼ばれ、ちょうどこの前のように、長期XXXXXXXによって置き換えられた - >基本的にこれらのTargumsの言語がパレスチナのアラム語ですが、非常に混合のタイプ。 Neither of them is homogeneous grammatically and lexically.それらのどちらも文法と語彙的に均質ではありません。 Besides expressions that recall the Galilean dialect of the Palestinian Talmud a preference is shown for imitation of the language of the Targum of Onkelos, while there are also various terms belonging to the language of the Babylonian Talmud.バビロニアタルムードの言語に属する様々な用語も存在する間は、パレスチナのタルムードのガリレオ方言を思い出す表現以外にプリファレンスは、オンケロスのターガムの言語の模倣のために示されている。

A. Targum Yerushalmi I on the Pentateuchを五A.ターガムyerushalmi私

This is generally called the Targum of Jonathan or of the Pseudo-Jonathan, because it is cited in the first printed edition (Venice, 1591) under the name of Jonathan ben Uzziel.それはジョナサンベンウジエルの名の下に、最初の印刷版(ヴェネツィア、1591年)で引用されているため、これは一般的には、ジョナサンのまたは擬似ジョナサンのターガムと呼ばれています。 This designation, however, rests on a mistaken solution of an abbreviation.この指名は、しかし、略称の誤解の上に成り立っている。 The Targum could not have appeared in its present form before the second half of the seventh century.ターガムは七世紀後半の前に、現在の形で登場していることができなかった。 For example (Genesis 21:21), a wife and daughter of Mohammed are mentioned.例(創世記21:21)は、ムハンマドの妻と娘が挙げられる。 Compare also (Genesis 49:26) the position of Esau and Ishmael as representatives of the Mohammedan world. (創世記49:26)も、イスラム教の世界の代表としてエサウとイシュマエルの位置を比較してください。 The Targum covers the entire Pentateuch.ターガムは全体の五をカバーしています。 The only passages that are lacking are: Gen., vi, 15; x, 23; xviii, 4; xx, 15; xxiv, 28; xli, 49; xliv, 30-31; Exod., iv, 8; Lev., xxiv, 4; Num., xxii, 18; xxx, 20b, 21a; xxxvi, 8-9.欠けている唯一の通路は、次のとおりです大将は、viのは、15であり、x、23、18、4、xxは、15; 24、28; XLI、49; 44、30から31、出エジプト、四、8;レフです。 、24、4;ヌム、XXII、18;。XXX、20B、21A、36、8-9。 As to its form it is a free Haggadic treatment of the text, that is, an exposition of rather than a translation.その形態としては、テキストのフリーhaggadicの治療、すなわち、の博覧会ではなく、翻訳したものです。 A large part of it is made up of legendary narratives; there are also dialogues, rhetorical and poetical digressions.その大部分は、伝説の物語で構成され、対話、修辞と詩的な脱線もあります。 The paraphrase also discusses religious and metaphysical conceptions, as was the custom of the Jewish mystics of the seventh century.七世紀のユダヤの神秘主義者の習慣があったように言い換えも、宗教的、形而上学的な概念について説明します。 This Targum was first printed at Venice in 1591.このターガムは、最初1591年にヴェネツィアで印刷されました。 It was also to be found in volume IV of the London Polyglot.それはロンドンポリグロットのボリュームIVに発見されることもあった。 A separate edition of this Targum was edited from the manuscript in the British Museum (manuscript Addit. 27031) by Ginsburger, "Targum Jonathan ben Usiel zum Pentat," (Berlin, 1903).このターガムの別版がGinsburgerによって大英博物館(原稿ADDIT。27031)で原稿から編集された、 "ターガムジョナサンベンUsielツムPentat、"(ベルリン、1903)。 Concerning this codex cf.このコーデックスCFに関する。 Barnstein in "Jew. Quart Rev.", XI (1899), 167 sqq. "ユダヤ人。クアルト牧師"でBarnstein、XI(1899)、167 sqq名。 An English translation has been published by Etheridge (supra).英訳はエスリッジ(前掲)で公開されています。

B. Targum Yerushalmi II B.ターガムyerushalmi II

Targum Yerushalmi on the Pentateuch is also called the Fragmentary targum because the Targum on the entire Pentateuch has not been preserved, but only portions of it on numerous longer and shorter passages, frequently only the Targum on individual verses or parts of such.を五ターガムyerushalmiは、個々の詩、またはそのようなものの部品で唯一ターガム頻繁に、全体を五ターガムが保存されていないため、断片的ターガムと呼ばれるが、多数の長く、短い通路でそれの一部だけされています。 These fragments were first printed in the rabbinical Bible of 1517.これらのフラグメントは、最初1517年のラビの聖書に印刷されました。 In language, method of translation, and exegetical form they are related to the Pseudo-Jonathan.言語、翻訳の方法、解釈の形でそれらが擬似ジョナサンに関連しています。 A perspicuously arranged compilation of the fragments that have been preserved is given by Ginsburger in the "ZDMG", LVII (1903), 67 sqq., and in loc.保存されているフラグメントのperspicuously配置コンパイルは "ZDMG" LVII(1903)、67 sqq名。内、およびlocでGinsburgerによって与えられる。 cit., LVIII (1904), 374 sqq., on a page that came from a geniza or repository in a synagogue for damaged manuscripts.前掲書、五十八(1904)、374 sqq名。、破損した原稿のために会堂にgenizaまたはリポジトリから来たページに表示されます。 A Latin translation from the Venice edition of 1517 was published by Taylor (London, 1649); English tr.英語TR、1517年のヴェネツィア版からラテン語の翻訳は、テイラー(ロンドン、1649)により公開された。 by Etheridge (supra).エスリッジ(前掲)で。 Opinions concerning the connection between the Targums Jerushalmi I and Jerushalmi II agree in general that both are to be traced back to different recensions of an old Jerusalem Targum. Targums Jerushalmi IとIIの間Jerushalmi接続に関する意見は両方とも古いエルサレムターガムの異なるrecensionsにまで遡ることになっていることを一般的に同意するものとします。 This is the view of Zunz (p. 73, and passim), and also that of Geiger, "Urschrift und Udersetzungen der Bibel" (Berlin, 1857), 454.これはツンツのビュー(ページ73と、ここかしこ)であり、また、そのガイガーの "UrschriftウントUdersetzungenファンデBibel"(ベルリン、1857)、454。 Bassfreund (infra) reaches the conclusion that the basis both of the Fragmentary Targum and that of the Pseudo-Jonathan is a complete Jerusalem Targum of post-Talmudic origin, but that the two Targums, Jerushalmi I and II, presuppose the existence of the Targum of Onkelos. Bassfreundは(後述)断章ターガムその基礎は両方の結論に達し、擬似ジョナサンのそれは、ポストtalmudicの起源の完全エルサレムターガムですが、2 Targums、Jerushalmi IおよびIIは、ターガムの存在を仮定することオンケロスの。 The Fragmentary Targum gives from this ancient Jerusalem Targum gives from this ancient Jerusalem Targum, according to Bassfreund, only matter supplementary to Onkelos, while Onkelos and the Jerusalem Targum have been used in preparing the Pseudo-Jonathan.断章ターガムは、この古代のエルサレムターガムから与えオンケロスとエルサレムターガムが疑似ジョナサンを調製する際に使用されてきたが、オンケロスに、Bassfreundによると、この古代エルサレムターガムから問題だけ補助を与える。 In the preface to his edition of the Pseudo-Jonathan (see below) Ginsburger tries to prove that both the Fragmentary Targum and the Pseudo-Jonathan may be traced back to a very ancient Palestinian Targum, which was not influenced by the Targum of Onkelos until a later date.疑似ジョナサン彼の版の序文で(下記参照)Ginsburgerは断片ターガムと疑似ジョナサン両方がオンケロスまでターガムの影響を受けなかった非常に古代パレスチナター、にまで遡ることができることを証明しようとし後日。 The Fragmentary Targum, in Ginsburger's opinion, represents a variant collection, not to Onkelos (as Bassfreund thinks), but to another recensions of that ancient Jerusalem Targum.断章ターガムは、Ginsburgerの意見ではなく、オンケロス(Bassfreundが考えている)に、その古代エルサレムターガムの別のrecensionsに、異形コレクションを表します。 Ginsburger's views will have to be accepted as the more probable. Ginsburgerの見解では、より可能性の高いとして受け入れなければならないでしょう。

C. Targum Yerushalmi III C.ターガムyerushalmi III

Targum Yerushalmi III is the name assigned by Dalman (Gramm., 29) to fragments which are given in old editions of the Pentateuch, as Lisbon (1491), Salonica (1520), Constantinople (1546), Venice (1591), and in several manuscripts Nearly all have been published by Ginsburger, "Das Fragmententargum" (1899), 71-74.ターガムyerushalmi IIIは、リスボン(1491)、サロニカ(1520)、コンスタンティノープル(1546)、ヴェネツィア(1591)、およびのように、五の古い版に記載されているフラグメントにダルマン(Gramm.、29)によって割り当てられた名前です。いくつかの原稿は、ほぼすべてのGinsburger、 "ダスFragmententargum"(1899年)、71から74で公開されています。

D. Other Jerusalem Targums D.その他のエルサレムTargums

There have also been Jerusalem Targums on the Prophets and on individual books of the Hagiographa.また、預言者とのhagiographa個々の書籍にエルサレムTargumsがありました。 As regards the Targums on the Prophets de Lagarde has given Reuchlin's notes from the "Nebi'im Codex" in the introduction (pp. VI-XLII) to his "Prophetae chaldice" (infra).ラガルドデ預言者にTargumsに関しては、彼の "Prophetae chaldice"(後述)の導入部で "Nebi'imコーデックス"(頁VI-XLII)からロイヒリンのノートを与えている。 There are fragments on Josue, Judges, Samuel, Kings, Isaias, Jeremias, Amos, Jonas, Zacharias.ジョスエ、裁判官は、サミュエル、キングス、イサイアス、イェレミアス、アモス、ジョナス、ツァハリアスのフラグメントがあります。 [Cf. [CF。 Bacher in "ZDMG", XXVIII (1874), 1-72; XXIX (1875), 157 sqq., 319 sq.] "ZDMG"でBacher、二十八(1874)、1から72まで; XXIX(1875)、157 sqq名、319平方]。

III. Ⅲ。 TARGUMS ON THE HAGIOGRAPHAのhagiographa ON TARGUMS

They are the work of various authors and have the character more or less of private undertakings, with the production of which the schools had nothing to do.彼らは、様々な作家の作品であり、学校は何の関係もありませんでしたそのうちの生産を、民間事業の多かれ少なかれ文字を持っています。 Linguistically they are to be regarded as the work artificially produced of a late age.言語学的に、彼らは人工的に遅れた年齢に制作した作品と見なすべきである。 They depend in the main on the Jerusalem Targums and probably belong to the same era; the Targum on Chronicles may be somewhat later.彼らはエルサレムTargumsにメインに依存しており、おそらく同じ時代に属しています。クロニクル上ターガムはやや後になるかもしれません。 Three groups are to be distinguished as regards linguistic character and relation to the original text: 3つのグループはよろしく言語の文字、元のテキストとの関係のように区別されるべきである:

(a) Targums to Proverbs, Psalms, and Job; (a)の箴言にTargums、詩篇、そして仕事;

(b) Targums to the five Megilloth, that is Ruth, Esther, Lamentations, Ecclesiastes, Canticles; (b)のTargumsルース、エスター、哀歌、伝道の書、雅歌である5 Megilloth、へ;

(c) Targums to the Books of Chronicles.クロニクルの書籍〜(c)のTargums。

The Targums mentioned under (a) adhere relatively closest to the text of the Bible. (a)の付着で言及Targumsは比較的聖書のテキストに最も近い。 The Targum to Proverbs is in language and contents very dependent on the text of the Syriac Peschitto, and is but little more than a Jewish recension of the same.箴言ターガムは、言語や内容にシリアPeschittoのテキストに非常に依存しており、同じユダヤ人の校訂本以上が、もう少しです。 [Cf. [CF。 Noldeke in "Merx' Archiv fur wissenschaftl. Erforschung des AT", II (1872), 246 sqq.' "Merxの"アルヒーフ毛皮wissenschaftl。ErforschungデAT "、2世(1872年)、246 sqq名。 'ネルデケ Baumgartner, "Etude critique sur l'etat du texte du livre des Proverbes" (Leipzig, 1890), 267 sqq.] Haggadic additions are found only occasionally in the Targum on the Psalms.バウムガルトナー、 "エチュード批評シュールL'クーデターデュTEXTEデュリーヴルデProverbes"(ライプチヒ、1890)、267 sqq名。] haggadicの追加が詩篇ターガムでたまにしか発見されています。 In a number of passages a second translation is introduced with the remark "another Targum".通路の番号の2番目の翻訳が発言 "別ターガム"で導入されています。 The Targum to Job contains many more additions.フェラターガムはより多くの追加が含まれます。 There are also variants of the usual formula of citation, and much oftener than in the Targum on the Psalms.詩篇ターガムより引用、および大いにoftener通常の式の変種もあります。 In style and language this Targum resembles that on the Psalms, consequently both perhaps are the work of the same author.スタイルや言語では、このターガムは詩篇で、結果的に両方は、おそらく同じ作者の作品であることに似ています。

(b) The Targums on the Megilloth are not in reality translations but rather Haggadic commentaries. (b)はMegilloth上Targumsは現実の翻訳ではなく、むしろhaggadicの論評ではありません。 the Biblical text is most clearly evident in the Targums to Ruth and to Lamentations.聖書のテキストは、ルースへと哀歌にTargumsで最も明らかである。 The Targum to Ecclesiastes is a tasteless declamation upon the text on which it is based; that on Canticles is an allegorico-mystical Midrash.伝道の書ターガムはそれが基づいているテキストに応じて無味熱弁です。雅歌にallegorico神秘的ミドラーシュであること。 There are two Targums to Esther, the one closely resembles a paraphrase and has no legends interwoven with it; the other, called Targum scheni, has altogether the character of a Midrash.エスター2 Targumsがあり、1つは密接に言い換えに似ており、それを織り交ぜない伝説を持っていませんが、他の、ターガムscheni呼ばれる、完全にミドラーシュのキャラクターを持っています。 It is only to a small degree a translation; the greater part of it consists of stories, legends, and discourses that have but slight connection with the contents of the book.それは小さな程度翻訳にのみであり、それの大部分は、物語、伝説、そして持っているが、本の内容と若干の接続言説で構成されています。

(c) A Targum on the Books of Chronicles was edited from a manuscript in Erfurt by Matthias Beck (2 pts., Augsburg, 1680-83); a more complete and correct text taken from a manuscript at Cambridge was edited by Wilkins, "Paraphrasis Chaldica in librum priorem et posteriorem Chronicorum" (Amsterdam, 1715). (c)はクロニクルの書籍にターガムマティアス·ベック(2ポイント、アウグスブルク、1680年から1683年)によってエアフルトの原稿から編集された;ケンブリッジで原稿から作成したより完全かつ正確なテキストは "、ウィルキンスによって編集されたlibrum prioremらposteriorem Chronicorum "(アムステルダム、1715年)でParaphrasis Chaldica。 All the Targums to the Hagiographa (excepting Chronicles) were printed for the first time in the Bomberg Bible in 1517; afterwards in the "Polyglots" of Antwerp, Paris, and London.のhagiographa(クロニクルを除く)へのすべてのTargumsは1517 bombergの聖書で初めて印刷された、その後アントワープ、パリ、ロンドンの "Polyglots"インチ A modern edition from the Bomberg text, with Chronicles from the Erfurt Codex, was edited by de Lagarde, "Hagiographa chaldaice" (Leipzig, 1873).エアフルトコデックスからクロニクルbombergのテキストから現代版は、デ·ラガルドによって編集されました "とのhagiographa chaldaice"(ライプチヒ、1873)。

Publication information Written by Fr.神父によって書かれた文献の情報です。 Schühlein. Schühlein。 Transcribed by John D. Beetham.ジョンD. Beethamの転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.カトリック百科事典は、14巻。 Published 1912. 1912年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.ニヒルのObstat、1912年7月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography参考文献

GENERAL: ZUNZ, Die gottesdienstlichen Vortrage der Juden (Berlin, 1832), 61-83; HAUSDORFF, Zur Gesch.一般:ツンツ、ダイgottesdienstlichen VortrageファンデJuden(ベルリン、1832)、61から83、ハウスドルフ、ツアGesch。 der Targumim nach talmudischen Quellen in Monatschr. Monatschrでファンデのtargumim NACH talmudischen Quellen。 fur Gesch.毛皮Gesch。 u. U。 Wissensch. Wissensch。 des Judentums, XXXVIII (1894), 203 sqq., 241 sqq.; MAYBAUM, Die Anthropomorphien u.デJudentums、38(1894)、203 sqq名、241 sqq名;。MAYBAUM、ダイAnthropomorphien U。 Anthropopathien bei Onkelos u. Anthropopathien BEIオンケロスU。 in den spateren Targumim (Breslau, 1878); GINSBURGER, Die Anthropomorphismus in den Thargumim in Jahrbucher fur prot.デンspaterenのtargumim(ブレスラウ、1878)で、GINSBURGER、Jahrbucher毛皮protでデンThargumimでAnthropomorphismusダイ。 Theol. Theol。 (Brunswick, 1891), 262 sqq., 430 sqq. (ブランズウィック、1891)、262 sqq名。、430 sqq名。 As regards the language: DALMAN, Grammatik des judisch-palastinischen Aramaisch (2nd ed., Leipzig, 1905); IDEM, Aramaisch-neuhebr. 、同上、Aramaisch-neuhebrダルマン、Grammatikデjudisch-palastinischen Aramaisch(第2版、ライプチヒ、1905):言語に関しては。 Worterbuch (Frankfort, 1897-1901). Worterbuch(フランクフォート、1897年から1901年)。

I. THE TARGUM OF ONKELOS: KAUTZSCH, Mitteilung uber eine alte Handschr. I.ターガムのオンケロス:カウチ、MitteilungユーバーアイネアルテHandschr。 des Targ.デ·ターグ。 Onk. Onk。 in Cod.コッドインチ Socini, No. 84 (Halle, 1893); BERLINER, Die Massorah zum Targ. Socini、84号(ハレ、1893); BERLINER、ダイMassorahツムターグ。 O. (Leipzig, 1877); LANDAUER, Die Masorah zum O. (Amsterdam, 1896); BREDERECK, Concordanz zum TO (Giessen, 1906); IDEM, Uber die Art der Ubersetzung im T. Onk. O.(ライプチヒ、1877);ランダウアー、ダイMasorahツムO.(アムステルダム、1896); BREDERECK、TO Concordanzツム(ギーセン、1906);同上、ユーバーダイアート·デアUbersetzungイム·T Onk。 in Theol. Theolインチ Studien u. Studien uです。 Kritiken (Gotha, 1901), 351-77. Kritiken(ゴータ、1901)、351から77。 THE TARGUM OF JONATHAN: PRACTORIUS, Das Targum zu Josua nach Yemenischer Uberlieferung (Berlin, 1899); IDEM, Das Targum zum Buch der Richter nach yemen.ジョナサンのターガム:PRACTORIUS、ダスターガム著ジョシュアNACH Yemenischer Uberlieferung(ベルリン、1899);同上、ダスターガムツムブーフデアリヒターNACHイエメン。 Uberlieferung (Berlin, 1900); WOLFSOHN, Das Targum zum Propheten Jeremias in yemen. Uberlieferung(ベルリン、1900); WOLFSOHN、イエメンのダスターガムツムProphetenイェレミアス。 Uberl. Uberl。 (Halle, 1902), ch. (ハレ、1902)は、ch。 i-xii; SILBERMANN, Das Targum zu Ezechiel nach einer sudarabischen Handschrift (Strasburg, 1902), ch. I-XII;ジルバーマン、ダスターガム著Ezechiel NACH einer sudarabischen Handschrift(ストラスバーグ、1902)は、ch。 ix; WRIGHT, Targum zu Jonas (London, 1857); ADLER, Targum to Nahum in Jew. IX; WRIGHT、ターガム著ジョナス(ロンドン、1857); ADLER、ユダヤ人でナホムターガム。 Quart.クォート。 Rev., VII (1895), 630 sqq.; BACHER, Kritische Untersuchungen zum Prophetentargum in ZD MG, XXVIII (1874), I sqq.; KLEIN in loc.牧師は、VII(1895)、630 sqq名; BACHER、ZD MGのKritische UntersuchungenツムProphetentargum、二十八(1874)、私sqq名; LocにKLEIN。 cit., XXIX (1875), 157 sqq.; FRANKEL, Zu dem Targum der Propheten (Breslau, 1872). CIT、XXIX(1875)、157 sqq名;。フランケル、祖のdemターガムファンデPropheten(ブレスラウ、1872)。

TARGUM YERUSHALMI I: SELIGSOHN AND TRAUB, Uber den Geist der Ubersetzung des Jonathan ben Usiel zum Pent.ターガムyerushalmi私:SELIGSOHNとトラウブ、ユーバー·デン·ガイスト·デアUbersetzungデジョナサンベンUsielツムペント。 etc. in Monatschrift fur Gesch. Monatschrift毛皮Geschで等。 u. U。 Wissenschaft des Judentums (1857), 96 sqq., 138 sqq.; MARMORSTEIN, Studien zum Pseudo-Jonathan Targum (Presburg, 1905). WissenschaftデJudentums(1857)、96 sqq名、138 sqq名;。MARMORSTEIN、Studienツム疑似ジョナサンターガム(Presburg、1905)。

TARGUM YERUSHALMI II: GINSBURGER, Das Fragmententargum (Berlin, 1899); (1) Targum according to Cod.ターガムyerushalmiⅡ:GINSBURGER、ダスFragmententargum(ベルリン、1899)、(1)ターガムコッドによる。 110 of the National Library at Paris; (2) variants from Cod.パリの国立図書館の110、(2)変異コッドから。 Vat.バット。 440 and Lips. 440と唇。 1; (3) quotations from old writers; matter supplementary to this work is given by MARX in Zeitschrift fur hebr. 1、(3)古い作家からの引用は、この仕事への補足がZeitschrift毛皮hebrにマルクスによって与えられている問題で。 Bibliographie (1902), 55-58. Bibliographie(1902)、55から58。

TARGUMS YERUSHALMI I & II: BASSFREUND, Das Fragmententargum u. TARGUMS yerushalmiがI&II:BASSFREUND、ダスFragmententargum U。 sein Verhaltnis zu den anderen palast.セインVerhaltnis著デンanderenラスト。 Targumim in Monatschrift fur Gesch. Monatschrift毛皮Geschでのtargumim。 u. U。 Wissenschaft des Judentums, XL (1896), 1 sqq., 49 sqq., 97 sqq., 145 sqq., 241 sqq., 352 sqq., 396 sqq.; GINSBURGER, loc. WissenschaftデJudentums、XL(1896)、1 sqq名、49 sqq名、97 sqq名、145 sqq名、241 sqq名、352 sqq名、396 sqq名;。。。GINSBURGER、LOC。 cit., XLI (1897), 289 sqq., 340 sqq.; preface to Pseudo-Jonathan, ed.前掲、第41回(1897年)、289 sqq名、340 sqq名;。疑似ジョナサン、エドの序文。 IDEM (Berlin, 1903); NEUMARK, Lexikalische Untersuchungen zur Sprache der jerusalemischen Pentat.同上(ベルリン、1903); NEUMARK、Lexikalische UntersuchungenツアSpracheデアjerusalemischen Pentat。 Targume (Berlin, 1905). Targume(ベルリン、1905)。

TARGUM YERUSHALMI III: LEVY, Das Targums zu Koheleth nach sudarab.ターガムyerushalmiⅢ:LEVY、ダスTargums著Koheleth NACH sudarab。 Handschriften (Berlin, 1905); GOLLANCZ, Targum to the Song of Songs (London, 1908), translation; POSNER, Das Targum Rischon zu d. Handschriften(ベルリン、1905);ゴランツ、雅歌(ロンドン、1908)ターガム、翻訳;ポズナー、ダスターガムRischon著D。 bibl. bibl。 B. Esther (Breslau, 1896); DAVID, Das Targum scheni zum B. Esther (Berlin, 1898); TAYLOR, Targ. B.エスター(ブレスラウ、1896); DAVID、ダスターガムscheniツムB.エスター(ベルリン、1898); TAYLOR、ターグ。 prius et posterius in Estheram . Estheramでプリウスら靱帯。 . . in linguam Latinam translatum (London, 1655); GELBHAUS, Das Targum scheni zum B. Esther (Frankfort, 1893). GELBHAUS、ダスターガムscheniツムB.エスター(フランクフォート、1893); linguam Latinam translatum(ロンドン、1655)である。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです