Theocracy神権政治

Catholic Information カトリックの情報

A form of civil government in which God himself is recognized as the head.神ご自身が頭として認識されている市民の政府の形態。 The laws of the commonwealth are the commandments of God, and they are promulgated and expounded by the accredited representatives of the invisible Deity, real or supposed-generally a priesthood.連邦の法律は、神の戒めであり、それらは本当の、または一般的に目に見えないはずの - 神、神権の認定を受けた代表者によって公布され、解説されています。 Thus in a theocracy civic duties and functions form a part of religion, implying the absorption of the State by the Church or at least the supremacy of the latter over the State.従って神権政治に市民の義務と関数はオーバー状態後者の覇権教会または少なくとも州の吸収を示唆し、宗教の一部を形成する。

The earliest recorded use of the term "theocracy" is found in Josephus, who apparently coins it in explaining to Gentile readers the organization of the Jewish commonwealth of his time.用語 "神権政治"の最も早い記録された使用は、明らかにそれ硬貨ジェンティーレ読者に彼の時代のユダヤ人の連邦の組織を説明するヨセフスで発見されています。 Contrasting this with other forms of government-monarchies, oligarchies, and republics-he adds: "Our legislator [Moses] had no regard to any of these forms, but he ordained our government to be what by a strained expression, may be termed a theocracy [theokratian], by ascribing the power and authority to God, and by persuading all the people to have a regard to him as the author of all good things" (Against Apion, book II, 16).政府君主、oligarchies、そして、他の形態でこれを対照的な共和国 - と彼は付け加えた: "我々の国会議員[モーゼ]は、これらの形式のいずれかに全く考慮しなかったが、彼は緊張した表情で、呼ばれるかもしれない何かであることが我々の政府を命じられる神政[theokratian]、神への力と権威をascribingによって、すべての良いもの "(Apion、ブックII、16に対して)の著者として、彼に敬意を持っているすべての人々を誘導することにより、。 In this connection Josephus enters into a long and rather rambling discussion of the topic, but the entire passage is instructive.この接続ヨセフスで話題の長いというとりとめのない議論に入りますが、全体の通路が有益である。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The extent to which the ideals of the Mosaic theocracy were realized in the history of the Chosen People is a matter of controversy.モザイク神権政治の理念が選ばれた人々の歴史の中で実現された程度は、論争の問題です。 Many eminent scholars are inclined to restrict its sway almost exclusively to the post-exilic period, when unquestionably the hierocratic rule and the ordinances of the Priestly Code were more fully carried into effect than in any of the preceding epochs.多くの著名な学者は、紛れもなくhierocraticルールと聖職者のコードの条例がより完全に前のエポックのいずれかより施行され実施された、追放された後の期間にほぼ独占的にその揺れを制限するために傾斜している。 Be that as it may, and waiving critical discussion of the Old Testament writings with which the solution of the question is intimately connected, attention may be called to the fact that a belief in the theocratic rulership of nations and tribes is, in form more or less crude, characteristic of the common fund of Semitic religious ideas.それは可能性があるということで、質問の解が密接につながっている、または関心が国や部族の神政統治の信念はより形であるという事実のために呼ばれるかもしれないとは、旧約聖書の記述の批判的な議論を放棄セム語の宗教的なアイデアの共通基金の特性、少ない原油。 The various deities were considered as having a territorial jurisdiction, fighting for their respective peoples and defending the lands in which they dwelled.様々な神々は、領土の管轄権を有するそれぞれの人々のために戦って、彼らが宿っている土地を防衛として考えられていた。 This is amply proved by the extant historic and religious records of the Assyrians and Babylonians, and the same idea finds occasional expression in the Old Testament itself (see, for instance, Judges 11:23 sq.; 1 Samuel 26:19; Ruth 1:15-16, etc.).これは十分にアッシリアとバビロニアの現存する歴史的、宗教的な記録によって証明し、同じ考え方は、(参照、例えば、裁判官は11:23平方旧約聖書自体に時折表現を見つけるされ、1サミュエル26:19;ルース1 :15-16など)。 In a passage of the Book of Judges, Gideon is represented as refusing to accept the kingship offered to him by the people after his victory over the Madianites, in terms implying that the establishment of a permanent monarchy would involve disloyalty to the rule of Yahweh.予約の裁判官の通路に、ギデオンは、恒久的な君主制の確立が主のルールに不忠を伴うだろうことを意味している点で、Madianites上の彼の勝利の後、人々が彼に提供王政を受け入れるのを拒否するように表される。 "I will not rule over you, neither shall my son rule over you, but the Lord shall rule over you" (Judges 8:23). (裁判官8時23分) "私はあなたを治めるないでしょう、私の息子ものあなたを支配しますが、主があなたがたを治めなければならないものとする"。 More explicit and stronger expression is given to the same view in the First Book of Kings in connection with the appeal of the people to the aged prophet Samuel to constitute a king over them after the manner of the other nations.より明示的に、より強い表現は、他の国のやり方の後にそれらの上に王を構成する高齢者預言者サムエルに人々の魅力に関連して王の最初の本で、同じビューに指定されています。 The request is displeasing to Samuel and to the Lord Himself, who commands the prophet to accede to the wishes of the people that they may be punished for their rejection of His kingship.リクエストはサムエルに、それらは彼の王位を拒否する彼らのために罰せられる可能性があること人々の願いに応じるために預言者を命じる主ご自身、不快にされています。 "And the Lord said to Samuel: Hearken to the voice of the people in all that they say to thee. For they have not rejected thee, but me, that I should not reign over them" (1 Samuel 8:7). (1サミュエル8時07分): "私は彼らを治めるべきではないと、彼らはあなたを拒否されますが、私にしていないため、彼らがあなたに言うことをすべての人々の声を聞け。そして、主はサムエルに言った。" Again in chap.再びやつインチ xii Samuel, in his final discourse to the people, reproaches them in similar words: "you said to me: Nay, but a king shall reign over us: whereas the Lord your God was your king". XIIサミュエル、人々は、似たような言葉で非難して彼の最後の談話で "あなたは私に言った:主に対し、あなたの神、主があなたがたの王だった:いや、王が私たちに君臨しなければならない"。 And at the call of the prophet the Lord sends thunder and rain as a sign of His displeasure, "and you shall know and see that you yourselves have done a great evil in the sight of the Lord, in desiring a king over you".そして預言者の呼びかけで、主は、彼の不満の印として雷と雨を降らし "とあなたは知っているとあなたがたはあなたがたの上に王を望んで、主の目の前に強大な悪を行っていることを見るであろう"。

The bearing of these passages on the historic institution of the theocracy varies in the estimation of different scholars according to the date assigned by them to the sources to which the passages belong.神権政治の歴史的な機関でこれらの通路の軸受は、通路が属するソースにそれらによって割り当てられた日付に応じて異なる学者の推定に変化します。 Wellhausen and his school, chiefly on a priori grounds, consider them a retouches of the post-exilic period, but it is far more probable that they form a part of a much older tradition, and indicate that a belief in the Lord's kingship over the Chosen People existed prior to the establishment of the earthly monarchy.ヴェルハウゼンと彼の学校、主に先験的な理由で、それらを追放された後の期間のレタッチを考えるが、それは彼らがはるかに古い伝統の一部を形成し、上の主の王政でその信念を示すことがはるかに可能性が高い選ばれた人々が前にこの世の君主制の確立に存在していた。 At the same time, there is no sufficient warrant for assuming on the authority of these texts that the theocratic rule in Israel came to an end with the inauguration of the monarchy, as is plain from the narration of the Lord's covenant with King David and his descendants (2 Samuel 7:1-17).ダビデ王と彼との主の約束のナレーションから明白であると同時に、イスラエルの神政ルールは君主制の発足とともに終焉を迎えたことをこれらのテキストの権威と仮定上のための十分な令状はありません子孫(2サムエル7:1-17)。 According to the terms of this covenant the earthly monarch remains under the control of the heavenly King, and is constituted His vicegerent and representative.この契約の条件によれば、この世の君主は天の王の支配下に置かれたまま、彼の代理人と代表に構成されている。 And this direct dependence of the king on the Lord for wisdom and guidance is assumed throughout the historical records of the Hebrew monarchy.知恵と指導のために主に王のこの直接的な依存性は、ヘブライ語の君主制の歴史的な記録を通して想定されます。 The supreme test of the worthiness of any king to occupy his exalted position is his fidelity to the Lord and His revealed law.彼の高貴な位置を占めるように任意の王の価値の最高のテストでは、主とその法則を明らかにする彼の忠実です。 The historical books, and still more the writings of the prophets, voice the constant belief that God exercised a special and efficient rule over Israel by blessings, punishments, and deliverances.歴史的な書籍であり、さらに預言者の文章は、神が祝福、罰、そしてdeliverancesによってイスラエルの特殊かつ効率的なルールを行使したことを一定の信念を表明。 In the post-exilic period the hierocratic rule became the dominant feature of the Jewish theocracy, and, in spite of its limitations and perversions, it prepared, according to the designs of a wise Providence, the way for the New Dispensation-the Kingdom of Heaven so often mentioned in the Gospels.追放された後の期間にhierocraticルールは、ユダヤ人の神権政治の支配的な特徴となった、と、その限界と倒錯にもかかわらず、それは賢明なプロビデンスの設計によると、新制度 - 王国への道を準備天国はそれほど頻繁に福音書に記載されている。

Publication information Written by James F. Driscoll.ジェームズ·F·ドリスコルによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Herman F. Holbrook.ハーマン·F·ホルブルック転写されています。 Iesus Nazarenus Rex Iudaeorum The Catholic Encyclopedia, Volume XIV. Iesus NazarenusレックスIudaeorumカトリック百科事典は、14巻。 Published 1912. 1912年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.ニヒルのObstat、1912年7月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography 参考文献
VIGOUROUX, Dictionnaire de la Bible, sv VIGOUROUX、Dictionnaireデラ聖書、SV


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです