Theodore of Mopsuestiaモプスエスティアのテオドロス

Catholic Information カトリックの情報

Bishop of Mopsuestia in Cilicia and ecclesiastical writer; b.キリキアや教会の作家でプスエスティアの司教と、b。 at Antioch about 350 (thus also known as Theodore of Antioch), of wealthy and prominent parents; d.富裕層や著名な両親のアンティオキアで約350(したがってまたアンティオキアのセオドアとして知られている)、と、d。 428. 428。

I. I.

According to Syrian sources Theodore was the cousin of the somewhat younger Nestorius (Nestle, op. cit. in bibliography); Polychromius, afterwards Bishop of Apamea, was a brother of Theodore.シリアの情報源によるとセオドアがやや年下のnestorius(。ネスレ、前掲文献の)のいとこだった。Polychromius、アパメアのその後ビショップ、セオドアの兄弟だった。 The clever and highly gifted youth received the education in classical literature usual to his station and studied philosophy and rhetoric in the school of the renowned pagan rhetorician Libanius.巧妙かつ高度に才能豊かな若者は彼の駅にいつもの古典文学の教育を受け、有名な異教の修辞のLibaniusの学校で哲学とレトリックを学んだ。 He here became acquainted with his early friends, St. John Chrysostom and Maximus, later Bishop of Seleucia (perhaps as fellow-student).彼はここで彼の初期の友人、聖ヨハネクリュソストモスとマクシムス、セレウキアの後ビショップ(おそらく仲間の学生など)と知り合いになった。 Following the example of Chrysostom (Socrates, "Hist. eccl.", VI, iii), Theodore renounced a secular career when about eighteen years old, and devoted himself to the ascetic life in the school of Diodorus (later Bishop of Tarsus) and Carterius, situated near Antiochia.クリュソストモスの例(ソクラテスは、 "シーッ。eccl。" VI、III)に続いて、セオドアは世俗のキャリアを放棄したときに18歳くらい、とディオドロスの学校(タルソの後ビショップ)で禁欲生活に専念したとアンティオキアの近くに位置しCarterius、。 His youthful and too tempestuous zeal soon grew cold, and, owing chiefly to the memory of Hermione whom he intended to take as wife, he resolved to return to the world (Sozomen, "Hist. eccl.", VIII, 2; Hesychius Hieros., "Hist. eccl." in Mansi, "Concil.", IX, 248).彼の若々しく、あまりに激しい熱意はすぐに彼は妻として取るように意図ハーマイオニーのメモリに起因し、主に、冷たい成長し、彼は、 "シーッeccl。"(Sozomen、世界に戻ることを決意し、第VIII因子、2; Hesychius Hieros 。、 "シーッ。eccl。"マンシで、 "Concil。"、IX、248)。 Chrysostom's grief at this step of his friend was so great that he addressed him two letters or treatises ("Ad Theodorum lapsum" in PG, XLVII, 277 sqq.) to recall him to his early resolution.彼の友人のこの段階でクリュソストモスの悲しみは、彼は彼に二通の手紙や彼の早期解決に彼を思い出すための論文(以下 "広告Theodorum lapsum" PG内、XLVII、277 sqq名)宛ように素晴らしかった。 A little later Theodore did indeed return to the "divine philosophy" of the ascetic monastic life.少し後にセオドアは確かに禁欲的な禁欲生活の "神の哲学"に戻りました。 He quickly acquired a great acquaintance with the Holy Scripture.彼はすぐに教典を持つ偉大な知人を取得しました。 Impetuous and restless of character, he had already, when scarcely twenty years old (at eighteen according to Leontius, "Adv. Incorrupticolas", viii, in PG, LXXXVI, 1364), applied himself to theological compositions.衝動と文字の落ち着きは、彼が時やっと20歳(18時レオンティオス、 "前売。Incorrupticolas"、PG内VIII、、八十六、1364による)、既に持っていた、神学的な組成に専念した。 His first work was the commentary on the Psalms, in which his extreme exegetical tendencies in the sense of an almost exclusively grammatico-historical and realistic explanation of the text is already manifest (see below Theodore's Hermeneutics).彼の最初の仕事は、彼の極端な解釈の傾向にあるテキストのほぼ独占grammatico歴史的かつ現実的な説明はすでにマニフェスト(セオドアの解釈学下記参照)であるという意味では、詩篇の解説だった。 Between 383 and 386 he was ordained priest (perhaps together with Chrysostom) by his early teacher (now bishop) Flavian. 383と386の間に彼は彼の初期の先生(今ビショップ)フラウィウスによって司祭(おそらく一緒クリュソストモスで)任命された。 Theodore soon displayed a very keen interest in the theologico-polemical discussions of the time, writing and preaching against the Origenists, Arians, Eunomians, Apollinarists, magicians, Julian the Apostate, etc. His keen and versatile literary activity won him the name of "Polyhistor" (Sozomen, op. cit., VIII, ii).セオドアはすぐに "彼の鋭いと多彩な文学活動は彼の名を獲得Origenists、おひつじ座、Eunomians、Apollinarists、マジシャン、ジュリアンの背教などに対して書き込みや説教、時間のtheologico-論争の議論に非常に強い関心を示した博識者 "(Sozomen、前掲書、Ⅷ、ⅱ)。 Theodore apparently left Antioch before 392 to join his old teacher Diodorus, who was then Bishop of Tarsus (Hesychius Hier., op. cit., in Mansi, IX, 248).セオドアはどうやらその後タルススの司教(Hesychius HIER。、前掲書、マンシで、IX、248)であった彼の昔の先生ディオドロスに加入する前に、392アンティオキアを残しました。 Probably through the influence of Diodorus he was named Bishop of Mopsuestia in 392, in which capacity he was to labour thirty-six years.おそらくディオドロスを通しての影響を受けて、彼は、彼が労働36年間にあった容量で、392にプスエスティアの司教に選ばれました。 In 394 he attended the Synod of Constantinople, and during its progress preached before the Emperor Theodosius the Great. 394年、彼はコンスタンティノープルの教会会議に出席し、天皇が大王テオドシウス前に、その進行中に説いた。 During the confusion concerning Chrysostom, Theodore remained faithful to his early friend (cf. Chrysostom, "Epp.", cxii, in PG, LII, 668; Latin translation in Facundus, loc. cit., VII, 7).クリュソストモスに関する混乱の間に、セオドアは彼の初期の友人(; Facundusにおけるラテン語の翻訳は、組織委員会前掲、第VII、7。参照クリュソストモス、 "エップ" cxii、PG内、LII、668)に忠実に残っています。 Later (about 421) he received hospitably Julian of Eclanum and other Pelagians, and doubtless allowed himself to be further influenced by their dogmatic errors.後で(421程度)、彼は温かくEclanumのジュリアンや他のpelagiansを受け、確かに自身がさらに彼らの独断的なエラーの影響を受けることができました。 However, he later associated himself with the condemnation of Pelagianism at a synod in Cilicia (Marius Merc. in PL, XLVIII, 1044).しかし、彼は後でキリキア(マリウス傭兵。、PL、XLVIII、1044)の中の教会会議でペラギウスの非難と自分自身を関連付けられている。 He died in 428, the year in which Nestorius succeeded to the episcopal See of Constantinople.彼は428年に亡くなったネストリウスが聖公会のに成功した年には、コンスタンティノープルを参照してください。 During his lifetime Theodore was always regarded as orthodox and as a prominent ecclesiastical author, and was even consulted by distant bishops on theological questions.彼の生涯の中にセオドアはいつも正統派と教会の著名な作家と見なされていた、さらには神学的な質問に遠い司教から相談を受けた。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
II. Ⅱ。 WRITINGS

The most complete list of the writings of Theodore is given by Ebedjesu (d. 1318; see Assemani, "Bibl. orient.", III, 30-36).セオドアの文章の中で最も完全なリストは、(; "。Biblオリエント"アッセマーニ、III、30から36を参照してくださいD. 1318)Ebedjesuで与えられる。 According to this the following works existed in a Syrian translation.これによれば、次の作品は、シリアの翻訳に存在していた。

A. Exegetical Commentaries A.解釈の論評

(a) On the Old Testament: (1) on Genesis, 3 books (Greek fragments in the Nicephoruscatene, Leipzig 1772; Syrian in Sachau, 1-21); (2) on the Psalms, 5 books (Greek fragments in PG, LXVI, 648; Latin translation discovered by Mercati, see bibliography; Greek text discovered by Lietzmann, but not yet edited, cf. ibid.); (3) on the twelve Minor Prophets (extant in its entirety; edited by Mai in PG LXVI, 124-632); (4) on the First and Second Books of Kings, 1 book (lost); (5) on Job, 2 books, dedicated to St. Cyril of Alexandria (only four fragments preserved in PG, loc. cit., 697 sq.); (6) on Ecclesiastes, 1 book (lost); (7) to the four Great Prophets, 4 books (lost). (a)は、旧約聖書の場合:(1)創世記、3冊(Nicephoruscateneでギリシャ語の断片、ライプチヒ1772;ザハウ、1月21日のシリア)、オン(2)詩篇で、5冊の本(PG内のギリシャ語の断片、 LXVI、648; Mercatiによって発見されたラテン語の翻訳は、参考文献を参照してください;。リーツマンによって発見されたギリシャ語のテキストではなく、まだ編集、CF同書); PG LXVIで舞によって編集された、(3)12小預言者(その全体が現存している上に、124から632)、(4)王の第一及び第二の書籍で、1冊(ロスト)、(5)仕事上、2冊、アレクサンドリアの聖キュリロス(にPG、locの中に保存のみ4つのフラグメントを捧げた。前掲書、697平方);(6)伝道の書で、1册(ロスト)、(7)4偉大な預言者、4冊(ロスト)へ。 Assemani adds "Quæstiones et Responsiones in Sacram Scripturam"; the fragments mentioned by the Fifth Œcumenical Council (Mansi, IX, 225) on the Canticle of Canticles are perhaps taken from a letter.アッセマーニは "QuæstionesらResponsionesでSacram Scripturam"が追加され、賛美歌の雅歌第5回公会議(マンシ、IX、225)によって言及フラグメントは多分手紙から取られています。

(b) On the New Testament: (1) on Matthew, I book (fragments in PG, LXVI, 705 sqq.); (2) on Luke, 1 book (fragments, ibid., 716 sqq.); (3) on John, 1 book (fragments, ibid., 728; Syrian, discovered and edited by Chabot, Paris, 1897); (4) on the Acts, 1 book (fragments in PG, LXVI, 785 sq.); (5) on all the Epistles of St. Paul (Greek fragments in PG, LXVI, 188-968) the Epistles to the Galatians, Colossians, Thessalonians, Philemon, Latin edition by HB Swete, Cambridge, 1880-82). (b)は、新約聖書の場合:(1)マシューに、私の本(PG内のフラグメント、LXVI、705 sqq名)、(2)ルークに、1冊(フラグメント、同書、716 sqq名。)、(3)ジョンで、1冊(フラグメント、同書、728;シリア、発見され、シャボー、パリ、1​​897編)、(4)行為で、1本(PG、LXVIのフラグメント、785㎡)、(5)セントポール(PG内のギリシャ語の断片、LXVI、188から968)ガラテヤ人への書簡は、コロサイ人への手紙、テサロニケ、フィレモン、hbスウィート、ケンブリッジ、1880年から1882年ラテン語版)のすべての書簡に。

B. Opascula B. Opascula

(1) "De sacramentis", 1 book (lost); (2) "De fide", 1 book ("Liber ad baptizatos", according to Facundus, op. cit., LX, 3; fragments in Swete, II, 323-27); (3) "De sacerdotio", 1 book (lost); (4) "De Spiritu Sancto", 2 books, against the Macedonians (lost); (5) "De Incarnatione", 15 books (cf. Facundus, IX, 3; Gennadius, 12; written at Antioch about 382-92 against the Apollinarians and Eunomians; Greek fragm. in PG, LXVI, 969 sqq., and Swete, II, 290-3l2); (6) "Contra Eunomium", 2 books (one fragment in Facundus, IX, 3; (7) "Contra dicentes: peccatum naturae inesse" 2 books (cf. Photius, "BibI.", 177); (8) "Contra magicam artem", 2 books (cf. Photius, 81); (9) "Ad monachos", 1 book (lost); (10) "De obscura locutione" 1 book (lost); (11) "De perfectione operum", 1 book (lost); (12) "Contra allegoristas", 5 books (cf. Facundus, III, 6: "De allegoria et historia"); (13) "De Assumente et Assumpto", 1 book (lost); (14) "De legislatione", 1 book (lost). Many unidentified fragments are perhaps taken from lost works. The fifteen hooks "De mysteriis" or "Opus mysticum", mentioned by Assemani (III, 1, 563), are probably identical with the "Codex mysticus" cited by Facundus (III, 2). Concerning the "Symbolum fidei" (Facundus, III, 2; Leontius, PG, LXXXVI, 1367), cf. Fritzsche in PG, LXVI, 73 sqq. Leontius Byzant. ("Advers. Incorr.", xx, in PG, LXXXVI, 1368) says, perhaps with reference to the so-called Nestorian Liturgy, that Theodore had also introduced a new Liturgy. (1) "デsacramentis"、1册(ロスト)、(2) "デfide"、1本(Facundusによると、 "LIBER広告baptizatos"、前掲、LX、3;。スウィート、Ⅱのフラグメント、 323から27まで)、(3) "デsacerdotio"、1册(ロスト)、(4) "デSpiritu Sancto"、2冊、マケドニア(ロスト)に対して、(5) "デincarnatione"、15冊(CF PG、LXVIのギリシャfragm、969 sqq名、そしてスウィート、Ⅱ、290-3L2);; Facundus、IX、3; Gennadius、12; ApollinariansとEunomiansに対して382から92程度アンティオキアで書かれています。(6) "コントラEunomium "、2冊(Facundus、IX 3の1つの断片、(7)"コントラdicentes:peccatum naturae inesse "2冊(参照photiusは、"ビビ "、177)、(8)"コントラmagicamアルテム " 、2冊(参照photiusは、81)、(9) "広告monachos"、1册(ロスト)、(10) "デ·オブスキュラlocutione" 1册(ロスト)、(11) "デperfectione operum"、1本(ロスト)、(12) "コントラallegoristas"、5冊の本(参照Facundus、III、6: "デallegoriaらヒストリア");(13) "デAssumenteらAssumpto"、1册(ロスト)、(14)アッセマーニ(Ⅲ、1、563)で言及​​された "デlegislatione"、1册(ロスト)。多くは正体不明の断片が、おそらく失われた作品から取られます15フック "デmysteriis"または "オーパスmysticum"は、おそらくと同一である"コーデックスmysticus"はFacundus(Ⅲ、2)によって引用された "信仰のSymbolum"(Facundus、Ⅲ、2;レオンティオス、PG、八十六、1367)に関しては。。、CF PG内フリッチェ、LXVI、73 sqq名レオンティオスByzant(。 "Advers。Incorr。"は、PGのxx、、八十六、1368年)は、おそらくセオドアはまた、新しい典礼を導入していた、いわゆるネストリウス派の典礼を参照して、と言います。

C. Letters Cの手紙

These were collected in one volume which is now lost.これらは現在失われている一冊に集めた。

III. Ⅲ。 THEODORE'S DOCTRINEセオドアの教義

A. Hermeneutics and Canon A.解釈学とキヤノン

As regards the Old Testament, Theodore seems to have accepted Flavius Josephus's idea of inspiration and his canon.旧約聖書に関しては、セオドアは、インスピレーションと彼のキヤノンのフラウィウス·ヨセフスの考えを受け入れているようだ。 He rejected as uncanonical the Book of Job, the Canticle of Canticles, the Book of Esdras, and the deutero-canonical books.彼は教会法に従わない本の仕事を、賛美歌の雅歌、エスドラスの帳、およびイザヤ正典として拒否。 From the New Testament he excised the Catholic Epistles (except I Peter and I John) and the Apocalypse (cf. Leontius, loc. cit., III, 13-17, in PG, LXXXVI, 1365-68).新約聖書から、彼はカトリック教徒の書簡(Iペテロとヨハネを除く)と黙示録(参照レオンティオス、PG内LOC前掲、Ⅲ、13-17、、八十六、1365年から1368年)を切除した。 In his explanation of the Holy Writ Theodore employs primarily the prevailing historical and grammatical method of the Antiochene school.聖なる令状セオドアの彼の説明では、主にアンティオキア学派の歴史的勝訴と文法的方法を採用しています。 Of all the Psalms he recognized only ii, vii, xiv, and cx as containing direct prophetic reference to the Messias; the Canticle of Canticles was pronounced by him a vulgar nuptial poem.すべての詩篇の彼はのmessiasに直接予言参照を含むものとしてのみII、VII、14、およびCXを認識し、賛美歌のソロモンの歌は彼によって下品な婚礼の詩を宣告された。

B. Anthropology and Doctrine of Justification B.人類学と正当化の教義

Theodore's doctrine concerning justification gave rise to very grave misgivings, even if we reject the accusations of Leontius (loc. cit., 20-37) as exaggerated.セオドアの教義に関する正当性は、我々は誇張としてレオンティオスの告発(上記引用前掲書、20から37)を拒否する場合でも、非常に重大な懸念を引き起こした。 According to Theodore, the sin of Adam rendered himself and mankind subject to death, because he was then mutable.彼はミュータブルその後だったので、セオドアによると、アダムの罪は、死に自分自身と人類の件名をレンダリングしました。 But that which was the consequence of sin in the case of Adam is in his descendants its cause, so that in consequence of mutability all men in some manner or other sin personally.しかし、アダムの場合には、罪の結果であったことは、彼の子孫で、その原因となっているので、個人的にいくつかの方法または他の罪のすべての男性無常の結果インチ The object of the Redemption was to transfer mankind from this condition of mutability and mortality to the state of immutability and immortality.償還の目的は、可変性と不変性と不死の状態に死亡率のこの状態から人類を転送することであった。 This happened first in the case of Christ, fundamentally by the union with the Logos, to a greater extent at His baptism, and completely at His Resurrection.これは、彼の洗礼であり、完全に彼の復活で大きい程度に、根本的にロゴスとの合一によって、キリストの場合、最初に起こった。 In mankind this change is effected by union with Christ.人類のこの変化は、キリストと共に組合によって行われる。 The union begins in baptism, through which (1) all (personal) sins are remitted, (2) the grace of Christ is granted, which leads us to immutability (sinlessness) and immortality.組合はそれを通して(1)すべての(個人)の罪は(2)キリストの恵みは不変(sinlessness)と不滅に私たちをリードし、付与され、送金され、洗礼に始まる。 At the baptism of children only this second effect occurs.子供の洗礼のみでこの第2の効果は発生します。 That these ideas show a certain resemblance to the fundamental thoughts of Pelagianism is not to be denied; whether, however, Theodore influenced Pelagius and Caelestius (according to Marius Mercator, through the medium of the Syrian Rufinus; PL, XLVIII, 110), or whether these influenced Theodore, is very difficult to determine.これらのアイデアは、ペラギウス主義の基本的な考えには一定の類似性が否定されるべきではないことを示し、かどうか、しかし、影響を受けたセオドアペラギウスとCaelestius(マリウスメルカトルによると、シリアのルフィヌスの媒体を通じて、PL、XLVIII、110)、またはこれらの影響を受けたセオドアかどうか、判断するのは非常に困難です。

C. Christology C.キリスト

Theodore's Christology exercised a more direct and eventful influence on the doctrine of his (mediate) disciple Nestorius.セオドアのchristologyは彼の(仲介)弟子nestoriusの教義に、より直接的に波乱の影響力を行使した。 The contemporary polemics against Arianism and Apollinarianism led the Antiochenes (Diodorus, Theodore, and Nestorius) to emphasize energetically the perfect Divinity and the unimpaired Humanity of Christ, and to separate as sharplv as possible the two natures.アリウス主義とApollinarianismに対する現代的な論争はAntiochenes(ディオドロス、セオドア、およびネストリウス)が精力的に完璧な神とキリストの健常人類を強調するために、できるだけsharplvとして2つの性質を分離するために導いた。 Thus, in a sermon which he delivered at Antioch (perhaps the first as bishop), Theodore vehemently attacked the use of the term theotokos, long employed in ecclesiastical terminology, because Mary was strictly speaking anthropotokos, and only indirectly theotokos.メアリーは厳密anthropotokosを話すと、間接的にしかテオトコスいたのでこのように、彼はアンティオキア(おそらく司教として最初)で配信説教の中で、セオドアは激しく、長い教会の用語で採用任期生神女の使用を攻撃した。 It was only by recalling his words and correcting himself that Theodore could appease the excitement resulting from this view (see John of Antioch, "Epist. ad Theodosium imper." in Facundus Herm., "Pro defensione trium capp.", X, 2; PL, LXXXVII, 771).それは彼の言葉を思い出し、セオドアが(ジョンのアンティオキアを参照して、 "Epist。広告Theodosium imper。" Facundusハームインチ、このビューから得られる興奮をなだめることができること、自分自身を修正することによってのみだった "プロdefensione TRIUM CAPP。"、X 2 、PL、LXXXVII、771)。 It cannot indeed be denied that the Antiochene separation of the natures must result in an improper weakening of the union in Christ.それは確かに性質のアンティオキア学派の分離がキリストにあって、労働組合の弱体化につながる不適切な必要があることは否定できない。 Like Nestorius, Theodore expressly declares that he wished to uphold the unity of person in Christ; perhaps they recognized some distinction between nature and person, but did not know exactly what was the distinguishing factor, and therefore used faulty paraphrases and comparisons, and spoke of the two natures in a way which, taken strictly, presupposed two persons.ネストリウスと同様に、セオドアは、明示、彼はキリストのうちに、人の団結を維持したいと宣言し、おそらく彼らは、自然と人の間にいくつかの区別を認識したが、際立った要因であったかを正確に知らなかったので、故障した言い換えや比較に使用され、スポークの二人を前提とし、厳しく注意、方法の2つの性質。 Thus, according to Theodore, the human nature of Christ was not only passibilis, but also really tentabilis, since otherwise His actual freedom from sin would be the result of His physical union with God, not a merit of His free wilt.したがって、セオドアによると、キリストの人間の本性だけpassibilisはありませんでしたが、また本当にtentabilis、さもなければ以来罪からの彼の実際の自由は神と彼の物理的な労働組合ではなく、彼の自由な萎凋病のメリットの結果であろう。 The union of the human and Divine nature happens not kat ousian nor kat energeian, but kat eudokian (at will), and indeed a eudokia hos en houio, which effects a enosis eis en prosopon.人間と神の性質の労働組合は確かに同盟EIS専用prosoponにも影響eudokia HO​​S専用houioを、KAT ousianもKAT energeianが、KAT eudokianを(意志で)起こらなかった、と。 The two natures form a unity, "like man and wife" or "body and soul". 2つの性質 "肉体と魂" "男と妻のように"や、団結を形成している。 Consequently, according to Theodore, the communicato idiomatum, fundamentally speaking, is also lawful.したがって、セオドア、communicato idiomatum、根本的に話すによると、合法的にも。

IV. Ⅳ。 THE CONDEMNATION OF THE DOCTRINE OF THEODOREセオドアの教義を非難

While during his lifetime (apart from the episode at Antioch) Theodore was regarded as orthodox (cf. Theodoret, "Hist. eccl.", V, xxxix; John of Antioch, in Facundus, II, 2), a loud outcry was raised against him when the Pelagians and Nestorians appealed to his writings.彼の一生の間(離れアンティオキアでのエピソードから)セオドアはオーソドックス(参照theodoretの、 "。。シーッeccl"は、V、39、ジョンのアンティオキア、Facundus、2世、2)として見なされていた間に、大声で抗議の声を上げた彼に対してのpelagiansとのnestoriansは、彼の文章に訴えた時。 The first to represent him as the father of Pelagianism was Marius Mercator in his work "Liber subnotationum in verba Juliani, Praef."ペラギウス主義の父と彼を表現するために最初に彼の作品にマリウスメルカトルだった "バーバジュリアーニ、PraefでLIBER subnotationum。" (about 431; in PL, XLVIII, 111). (約431; PL、XLVIII、111単位)。 He was accused of Nestorianism by Hesychius of Jerusalem in his Church History (about 435) Rabulas of Edessa went so far as to pronounce anathema on Theodore.彼はエデッサのRabulasこれまでにセオドアに破門を発音するように行きました彼の教会史(435程度)にエルサレムのHesychiusでネストリウス派と非難された。 Acting under the influence of the latter, St. Cyril of Alexandria expressed himself in fairly sharp terms concerning Theodore, naming him with Diodorus the "patres Nestorii blasphemæe" ("Ep. lxxi ad Theodosium imp.", in PG. LXXVII, 34l-44); he was, however, unwilling to condemn Theodore, as he had died in peace with the Church.後者の影響の下で行動し、アレクサンドリアの聖シリルディオドロス "patres Nestoriiblasphemæe"( "EP。LXXI広告Theodosium悪童"は、PGインチ七十七、34リットル - で彼を命名、セオドアに関するかなり鋭い言葉で自分自身を表明44)、彼は教会の平和のうちに死亡していたとして、彼は、しかし、セオドアを非難するために不本意だった。 Meanwhile the Nestorian strife passed by without any official action being taken by the Church against Theodore, although his writings stood in higher favour among the Nestorians of Edessa and Nisibis than those of Nestorius himself.彼の文章のnestorius彼自身のものよりもエデッサとニシビスのnestoriansの間で高い支持して立っていたものの、その一方でネストリウス派の争いは、いかなる公式のアクションはセオドアに対して教会によって取られずに通り過ぎた。 The General Council of Chalcedon seemed rather to favour Theodore, when it declared his disciples and admirers, Theodoret and Ibas of Edessa, orthodox, although the latter in his epistle to Maris had referred to Theodore in terms of the highest praise.マリスに彼の信徒で、後者は最高の称賛の言葉でセオドアに言及したものの、カルケドン公一般理事会は、エデッサ、正統派のtheodoretのとIBA、それは彼の弟子やファンを宣言したセオドアを優先するようにというように見えた。 The Monophysitic reaction against the Council of Chalcedon in the sixth century first succeeded in bringing Theodore's person and writings under the ban of the ecclesiastical anathema through the ill-famed dispute of the Three Chapters. 6世紀にカルケドン公会議に対してMonophysitic反応は、最初の3つの章悪名紛争を通して教会の破門の禁止下セオドアの人と文章をもたらすことに成功しました。 Theodore was for the first time condemned as a heretic by the Emperor Justinian in his edict against the Three Chapters (544).セオドアは3つの章(544)に対する彼の勅令に皇帝ユスティニアヌスによって異端として非難初めてだった。 Under the influence of imperial pressure Pope Vigilius composed (553) at Constantinople a document in which sixty propositions taken from Theodore's writing were declared heretical.皇室の圧力教皇Vigiliusの影響を受けてコンスタンティノープル(553)セオドアの文章から取られた60の命題は異端の宣言された文書を作曲しました。 Finally, at the Fifth General Synod (553), at which, however, Vigilius did not participate, the three Chapters, including Theodore's writings and person, were placed under anathema.最後に、しかし、Vigiliusが参加しなかった時フィフス総会(553)で、セオドアの文章や人を含む3つの章は、破門の下に置かれた。 It was only on 8 December that Vigilius, broken with exile, gave his approval to the decrees of the synod. 12月8日に、それは亡命で壊れVigiliusが、教会会議の政令への彼の承認を与えただけだった。 Among the most zealous defenders of Theodore and the Three Chapters, besides Pope Vigilius (until 533), were the African Facundus of Hermiana ("Pro defensione trium capitulorum libri XII", in PL, LXVII, 527 sqq.) and the bishops, Paulinus of Aquileia and Vitalis of Milan.教皇Vigilius(533まで)以外にセオドアと3つの章の中で最も熱心な擁護者の中でも、HermianaのアフリカFacundus(PL 67、527 sqq名の "プロdefensione TRIUM capitulorum liberの複数形XII"、。)と司教は、パウリヌスだったアクイレイアやミラノのビタの。

Publication information Written by Chrysostom Baur.クリュソストモスバウアによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Marjorie Bravo-Leerabhandh.マージョリーブラボー-Leerabhandh転写されています。 In loving memory of my grandmother, Rosario Bravo The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.私の祖母の記憶を愛することで、ロザリオブラボーは、カトリックの百科事典、第14巻。 Published 1912. 1912年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.ニヒルのObstat、1912年7月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography 参考文献
The most complete edition of Theodore's works is given in PG, LXVI, 124 sqq.; see also: SWETE, Theodori Ep.セオドアの作品の中で最も完全な版はPG、LXVI、124 sqq名に与えられる;も参照してください。スウィート、Theodori EP。 Mopsuesteni in epistolas B Pauli. epistolas BパウリでMopsuesteni。 The Latin Version with the Greek Fragments (2 vols., Cambridge, 1880-52)., SACHAU, Theodori Mopsuesteni fragmenta siriaca, (Leipzig, 1169); and some fragments in S. Innocenti ep.ギリシャ語の断片(2 vols学、ケンブリッジ、1880年から1852年)とラテン語のバージョン、ザハウ、Theodori Mopsuesteni fragmenta siriaca、(ライプチヒ、1169);。とS.イノチェンティEPのいくつかの断片。 Maronioe: De his qui unum ex trinitate vel unum Subsistentiam seu personam Dominum nostrum Jesus Christurn dubitant confieri, ed. Maronioe:デ彼のクワイ= UNUM元trinitate VEL UNUM Subsistentiam SEU対人Dominum秘薬イエスChristurn dubitant confieri、エド。 AMELLI in Spicilegium Casinensi I (1888). Spicilegium Casinensi私(1888年)でAMELLI。 148-54. 148から54。 TILLEMONT, Memoires, XII (1732), 433 sqq.; FRIZSCHE, De Theodori Mopsuesteni vita et scriptis (Halle, 1836; reprinted in PG, LXVI. 9 sqq.; SWETE in Dict. Christ. Biog., sv; SPECHT, Der exeget Standpunkt des Theodor u. Theodoret in Auslegung der messian. Weissagungen (Munich, 1871) KIHN Theodore von M. u. Junilius Africanus als Exegeten (Freiburg 1880); ZAHN, Das Neue Testament Theodors v. M. u. der ursprungl Kanon der Syrer in Neue kirchl. Zeitschr., XI (1900), 788-806; DENNEFELD, Der alttestam, Kanon der Antiochen. Schule (Freiburg 1909). 44-61 (Bibl. Studien, 14, 4); BAETHGEN, Der Psalmenkommentar des Theodor v. M. syrischer Bearbeitung in Zeitschr. fur alttestam. Wissenschaft, V (1885) 53-101; VI (1886) 261-88, VII (1887), 1-60; LIETZMANN, Der Psalmenkommentar Theodors v. M. in Sitzungsberichteder kgl. preussichen Akademie der Wissenschaften (1902), 334-46 MERCATI, Un palimpsesto Ambrosiano dei Salmi Esapli (Turin, 1896); cf. ASCOLI, Il codice erlandese dell' Ambrosiana in Archivio glattologico itatiano, V, VI; VON DOBSCHUTZ in American Journal of Theology, II (1898), 353-87; FENDT, Die Christologie des Nesotorius (Kempten, 1910), 9-12; Theodore v. Mopsuesta; NESTLE, Theodor von M. u. Nestorius; Eine Mitteilung aus syrischen Quellen in Theolog. Studien aus Wurttemberg (1881), 210-11.ティユモン、Memoires、XII(1732)、433 sqq名; FRIZSCHE、デTheodori Mopsuesteniヴィータらscriptis(ハレ、1836、PGに再版、LXVI 9 sqq名;。dictのスウィートキリストBiog、SV;。シュペヒト、デア。。Auslegungデアmessian Weissagungenでexeget StandpunktデテオドールU theodoretの(ミュンヘン、1871)KIHNセオドア·フォン·M·U JuniliusアフリカヌスALS Exegeten(フライブルク1880);。ザーン、ダス·ノイエ·聖書Theodors対M·U·デアursprunglカノンファンデ。 。。でノイエkirchl Zeitschr Syrer、XI(1900)、788から806; DENNEFELD、デアalttestam、カノン·デアAntiochenシューレ(フライブルク1909)44から61(Bibl. Studien、14、4);。BAETHGEN、デアPsalmenkommentarデ。。VI(1886)261から88、VII(1887年)、1から60まで;;でリーツマン、デアPsalmenkommentar Theodors対M. Zeitschr毛皮alttestam Wissenschaft、V(1885)53から101でテオドール対M. syrischer Bearbeitung Sitzungsberichteder KGL preussichenアカデミー·デアWissenschaften(1902)、334から46 MERCATI、国連palimpsesto AmbrosianoデイサルミEsapli(トリノ、1896);。CFアスコリ、Archivio glattologico itatiano、V、VIのIl codice erlandeseデルアンブロ; VONドープシュッツにおける神学は、2世(1898)、353から87のアメリカジャーナル、FENDT、ダイChristologieデNesotorius(ケンプテン、1910)、9-12、セオドア対Mopsuesta、ネスレ、テオドール·フォン·M·Uのnestorius;アイネMitteilung AUS syrischen Quellen TheologインチStudien AUSルテンベルグ(1881)、210から11。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです