Theodoret theodoretの

Catholic Information カトリックの情報

Bishop of Cyrus and theologian, born at Antioch in Syria about 393; died about 457.サイラスと393についてシリアのアンティオキアで生まれた神学者、大主教は、死亡した約457。

He says himself that his birth was an answer to the prayers of the monk Macedonius ("Hist. rel.", IX; Epist. lxxi).彼は彼の誕生僧Macedonius(; Epist LXXI "。シーッrel"を、IX)の祈りに答えていたことを彼自身語っています。 On account of a vow made by his mother he was dedicated from birth to the service of God and was brought up and educated by the monks Macedonius and Peter.彼の母親によって作ら誓いのアカウントで彼は生まれたときから神への奉仕のために捧げられたと育ち、僧侶Macedoniusとピーターに教育された。 At a very early age he was ordained lector.非常に早い年齢で彼は講師に任命された。 In theology he studied chiefly the writings of Diodorus of Tarsus, St. John Chrysostom, and Theodore of Mopsuestia.神学では、彼は主にタルススのディオドロス、聖ヨハネクリュソストモス、およびモプスエスティアのテオドロスの著作を研究した。 Theodoret was also well trained in philosophy and literature. theodoretのは哲学や文学にもよく訓練されていた。 He understood Syriac as well as Greek, but was not acquainted with either Hebrew or Latin.彼はシリアだけでなく、ギリシャ語を理解しますが、ヘブライ語やラテン語のいずれかに精通されていません。 When he was twenty-three years old and both parents were dead, he divided his fortune among the poor (Epist. cxiii; PG, LXXXIII, 1316) and became a monk in the monastery of Nicerte not far from Apamea, when he lived for seven years, devoting himself to prayer and study.彼は23年間だったと両親が死んだとき、彼は貧しい(Epist. cxiii、PG、LXXXIII、1316)の中で彼の幸運を分けて、彼が住んでいたそう遠くないアパメアからNicerte修道院の修道士になった7年、祈りと研究に専念。 Much against his will about 423 he was made Bishop of Cyrus.ずっと423についての彼の意志に反して彼はキュロスの司教ました。 His diocese included nearly 800 parishes and was suffragan of Hierapolis.彼の教区では、約800の教区が含まれており、ヒエラポリスの副監督だった。 A large number of monasteries and hermitages also belonged to it, yet, notwithstanding all this, there were many heathen and heretics within its borders.修道院や庵の多数もそれに属していた、まだ、このすべてにもかかわらず、その境界内の多くの異教徒や異端がありました。 Theodoret brought many of these into the Church, among others more than a thousand Marcionites. theodoretのは千Marcionites以上とりわけ、教会の中に、これらの多くをもたらした。 He also destroyed not less than two hundred copies of the "Diatessaron" of Tatian, which were in use in that district ("Hæret. fab.", I, xix; PG, LXXXIII, 372).彼はまた、(、PG、LXXXIII、372 "。Hæretファブ"、私、19)は、その地区で使用されていたのtatianの "Diatessaron"、のではない未満200コピーを破壊した。 He often ran great risks in his apostolic journeys and labours; more than once he suffered ill-usage from the heathen and was even in danger of losing his life.彼はしばしば彼の使徒の旅や労働者に大きなリスクを走った;回以上、彼は異教徒から虐待使用を被っても自分の命を失う危険にさらされていた。 His fame as a preacher was widespread and his services as a speaker were much sought for outside of his diocese; he went to Antioch twenty-six times.説教師としての彼の名声は広まっていたとスピーカーとして彼のサービスは、多くの彼の教区の外のために求められていた、彼はアンティオキア二〇から六回に行ってきました。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Theodoret also exerted himself for the material welfare of the inhabitants of his diocese. theodoretのはまた彼の教区の住民の物質的福祉のためにご自身を与えた。 Without accepting donations (Epist. lxxxi) he was able to build many churches, bridges, porticos, aqueducts, etc. (Epist. lxxxi, lxxviii, cxxxviii).寄付を受けいれる(Epist.八十一)がなければ、彼は多くの教会、橋、柱廊、水路等(Epist.八十一、七十八、cxxxviii)を構築することができました。

Towards the end of 430 Theodoret became involved in the Nestorian controversy. 430 theodoretのの終わりに向かってネストリウス派の論争に関わるようになった。 In conjunction with John of Antioch he begged Nestorius not to reject the expression Theotókos as heretical (Mansi, IV, 1067).ジョンのアンティオキアと一緒に、彼は異端として式神の母(マンシ、IV、1067)拒否しないのnestoriusを頼んだ。 Yet he held firmly with the other Antiochenes to Nestorius and to the last refused to recognize that Nestorius taught the doctrine of two persons in Christ.まだ彼はをnestoriusとネストリウスがキリストで二人の教義を教えていることを認識することを拒否し、最後に他のAntiochenesでしっかりと開催しました。 Until the Council of Chalcedon in 451 he was the literary champion of the Antiochene party. 451カルケドン公会議まで、彼はアンティオキア党の文学チャンピオンだった。 In 436 he published his 'Anatropé (Confutation) of the Anathemas of Cyril to which the latter replied with an Apology (PG, LXXVI, 392 sqq.). 436年、彼は後者が謝罪(PG、LXXVI、392 sqq名。)と答えたためにシリルのAnathemasの彼の 'Anatropé(論破)を公開しました。 At the Council of Ephesus (431) Theodoret sided with John of Antioch and Nestorius, and pronounced with them the deposition of Cyril and the anathema against him.エフェソス公会議で(431)theodoretのは、アンティオキアとのnestoriusジョンに味方し、彼らとシリルの堆積と彼に対する破門を宣告。 He was also a member of the delegation of "Orientals", which was to lay the cause of Nestorius before the emperor but was not admitted to the imperial presence a second time (Hefele-Leclerq, "Hist. des Conc.", II, i, 362 sqq.).また、彼は皇帝の前のnestorius原因を築くためだった "東洋人"の代表団の一員であったが、皇室の存在度目(ヘーフェレ-Leclerqに入院していなかった "シーッ。デ濃"、2世、私は、362 sqq名)。 The same year he attended the synods of Tarsus and Antioch, at both of which Cyril was again deposed and anathematized.同じ年、彼はシリルが再び退陣アナテマたの両方で、タルススとアンティオキアのsynodsに出席した。 Theodoret after his return to Cyrus continued to oppose Cyril by speech and writing.サイラスへの彼のリターンの後theodoretのは言論や書き込みによってシリルに反対し続けた。 The symbol (Creed) that formed the basis of the reconciliation (c. 433) of John of Antioch and others with Cyril was apparently drawn up by Theodoret (PG, LXXXIV, 209 sqq.), who, however, did not enter into the agreement himself because he was not willing to condemn Nestorius as Cyril demanded.シリルとジョンのアンティオキアと他人の和解の基礎(紀元前433)が形成され、シンボル(信条)が明らかにしかし、中に入らなかった、theodoretの(PG、八十四、209 sqq名。)によって策定された協定自身、彼はシリルが要求としてのnestoriusを非難しても構わないと思っていなかったため。 It was not until about 435 that Theodoret seems to have become reconciled with John of Antioch, without, however, being obliged to agree to the condemnation of Nestorius (Synod. cxlvii and cli; Epist. clxxvi).それはnestoriusの非難(; Epist clxxvi Synod. cxlviiおよびCLI)に同意することが義務付けされている、しかし、なしで、theodoretのは、ジョンのアンティオキアと和解になったと思われる約435までではなかった。 The dispute with Cyril broke out again when in 437 the latter called Diodorus of Tarsus and Theodore of Mopsuestia the real originators of the Nestorian heresy. 437で、後者はネストリウス派の異端のモプスエスティアのタルススとセオドアのディオドロス本当の創始者と呼ばれたときにシリルとの論争が再び勃発した。 Theodore entered the lists in their defence.セオドアは彼らの防衛のためにリストに入った。 The bitterness with which these polemics were carried on is shown both by the letter and the speech of Theodoret when he learned of the death in 444 of the Patriarch of Alexandria (Epist. clxxx).彼はアレクサンドリア(Epist. clxxx)の総主教の444に死を知ったときに、これらの論争がオンに運ばれたときの苦味は、両方のtheodoretの文字と音声で表示されます。

The episcopate of Dioscurus, the successor of Cyril, was a period of much trouble for Theodoret. Dioscurus bishopの地位、シリルの後継者は、theodoretのための多くのトラブルの時代であった。 Dioscurus, by the mediation of Eutyches and the influential Chrysaphius, obtained an imperial edict which forbade Theodoret to leave his diocese (Epist. lxxix-lxxxii). Dioscurusは、Eutychesや有力Chrysaphiusの調停により、theodoretの彼の教区(Epist. LXXIX - 八十二)を残すことを禁止詔勅を得た。 In addition Theodoret was accused of Nestorianism (Epist. lxxxiii-lxxxvi); in answer to this attack he wrote his most important polemical work, called "Eranistes".さらにtheodoretのはネストリウス派(Epist. LXXXIII-八十六)の罪に問われたが、この攻撃に答えて彼は "Eranistes"と呼ばれる彼の最も重要な論争の仕事を、書いた。 Theodoret was also considered the prime mover of the condemnation of Eutyches by the Patriarch Flavian. theodoretのも家長フラウィウスによってEutychesの非難の原動機と考えられていた。 In return Dioscurus obtained an imperial decree in 449 whereby Theodoret was forbidden to take any part in the synod of Ephesus (Robber Council of Ephesus).戻りDioscurusでtheodoretのはエフェソスの教会会議(エフェソス強盗評議会)の任意の部分を取ることを禁じられたことにより449で勅令を得た。 At the third session of this synod Theodoret was deposed by the efforts of Dioscurus and ordered by the emperor to re-enter his former monastery near Apamea.この会議のtheodoretの第三セッションでDioscurusの努力によって解任されたとアパメアの近くに彼のかつての修道院を再入力する必要が皇帝によって命じた。 Better times, however, came before long.良い時間は、しかし、ずっと前に来た。 Theodoret appealed to Pope Leo who declared his deposition invalid, and, as the Emperor Theodosius II died the following year (450), he was allowed to re-enter his diocese.皇帝テオドシウス2世は、(450)、彼は彼の教区を再入力させて頂きました翌年死亡したとしてtheodoretのは、彼の沈着無効を宣言した人の教皇レオに訴えた、と。 In the next year, notwithstanding the violent opposition of the Alexandrine party, Theodoret was admitted as a regular member to the sessions of the Council of Chalcedon, but refrained from voting.来年には、アレキサンダーパーティの猛烈な反対にもかかわらず、theodoretのは、カルケドン公会議のセッションにレギュラーメンバーとして認められていましたが、投票を控えた。 At the eighth session (26 Oct., 451), he was admitted to full membership after he had agreed to the anathema against Nestorius; probably he meant this agreement only in the sense: in case Nestorius had really taught the heresy imputed to him (Mansi, VII, 190).彼はネストリウスに対して破門に合意した後に第8回会合(10月26日、451)で、彼は完全な加盟を認められた。おそらく彼は唯一の意味で、この契約を意味:場合にnestoriusは本当に彼に帰属異端を教えていた(マンシ、第VII、190)。 It is not certain whether Theodoret spent the last years of his life in the city of Cyrus, or in the monastery where he had formerly lived.それはtheodoretのはサイラスの街で彼の生命の最後の年を過ごしたか、彼が以前住んでいた修道院であるかどうかは定かではない。 There still exists a letter written by Pope Leo in the period after the Council of Chalcedon in which he encourages Theodoret to co- operate without wavering in the victory of Chalcedon (PG, LXXXIII, 1319 sqq.).まだ彼はカルケドン公勝利(PG、LXXXIII、1319 sqq名。)に揺らめくことなく協力するtheodoretの奨励たカルケドン公会議後の期間に教皇レオによって書かれた手紙が存在する。 The writings of Theodoret against Cyril of Alexandria were anathematized during the troubles that arose in connexion with the war of the Three Chapters.シリルアレクサンドリアのに対してtheodoretのの文章は3つの章戦争と関わりで生じたトラブルの中にアナテマた。

WRITINGS

A. Exegetical A.解釈の

Theodoret wrote brief treatises in the form of questions and answers on special passages of the Octateuch, four Books of Kings, and two Books of Paralipomenon (PG, LXXX, 75-858). theodoretの質問とOctateuch、王の4本、そして歴代の2冊の本(PG、LXXX、75から858)の特別な通路で回答の形で簡潔な論文を書いた。 He wrote commentaries covering the whole books on: The Psalms (PG, LXXX, 857-1998, and LXXXIV, 19-32), written before 436 (Epist. lxxxi); Canticles (PG, LXXXI, 27-214); the Greater Prophets, Daniel and Ezechiel before 436, Isaias and Jeremias before 448, of which the commentary on Isaias has been lost, excepting some fragments preserved in the "Catenæ"; the Minor Prophets before 436 (PG, LXXXI, 495-1988); and the Epistles of St. Paul, written before 448 (PG, LXXXII, 35-878). ;賛美歌(PG、八十一、27から214);グレーター436(Epist.八十一)前に書かれた詩篇(PG、LXXX、857から1998、そして八十四、19から32まで)、:彼は上の全体の本をカバーする論評を書いた預言者、ダニエルとEzechiel 436、イサイアスとイェレミアス前448の前に、イザヤの解説が "catenaの複数形"に保存されていくつかの断片を除いて、失われたうち、436の前に小預言者(PG、八十一、495から1988)、および448(PG、八十二、35から878)の前に書かれた聖パウロの書簡。

B. Apologetic申し訳なさそうB.

"Græcarum affectionum curatio" (Remedy for the diseases of the Greeks), twelve books, written before 437, "the last and probably also the most complete of the numerous apologies which Greek antiquity has produced" (Bardenhewer, "Patrologie", 3rd ed., 1910, p. 327). "Græcarumaffectionum curatio"(ギリシア人の疾患の治療薬)、437前に書かれた12冊、 "最後のそしておそらくまた古代ギリシャが生産した数々の謝罪の中で最も完全な"(Bardenhewer、 "Patrologie"、第3版。、1910年、p。327)。 "De divina Providentia", ten sermons, probably his best work, in which he proves the administration of Divine Providence from the physical, moral, and social systems of the world. "デ·ヴィProvidentia"、10説教は、おそらく彼の最高の仕事は、その中で彼は、世界の物理的、道徳的、社会システムから神の摂理の管理を証明します。

C. Dogmatico-Polemical C. Dogmatico-論争

"Refutatio duodecim Anathematum", against St. Cyril; it has been preserved in Cyril's answer (PG, LXXVI, 392 sqq.; Latin by Marius Mercator, PL, XLVIII, 972 sqq.). "Refutatio duodecim Anathematum"、聖シリルに対して、それはシリルの答え(;マリウスメルカトル、PL XLVIIIラテン語、972 sqq名、PG、LXXVI、392 sqq名)に保存されています。 "De Sancta et vivifica Trinitate" (PG, LXXV, 1147-90), and "De Incarnatione Domini" (ib., 1419-78); these two last mentioned treatises have been proved by A. Ehrhard to have been written by Theodoret (see bibliography). "デタナらvivifica Trinitate"(PG、LXXV、1147年から1190年)、および "デincarnationeドミニ"(ib.、1419年から1478年);これら2最後に言及した論文はtheodoretのが書かれたA.エールハルトによって証明されている(参考文献を参照)。 "Eranistes seu Plymorphos" (PG, LXXXIII, 27-l336), written in 448 in the form of three dialogues between an Orthodox (Theodoret) and a beggar (Eutyches); these dialogues sought to prove that the Divinity of Christ is (a) unchangeable, (b) unmixed with humanity, (c) incapable of suffering. "Eranistes SEU Plymorphos"(PG、LXXXIII、27-l336)は、正教会(theodoretの)と乞食(Eutyches)の間の3つの対話の形で448で書かれてあり、これらの対話は、(キリストの神性であることを証明しようとした)不変の、(b)は、人類の苦しみの(c)は無能で何も混ぜられていない。 In the fourth book the first three are briefly summed up in syllogisms. 4冊目の本では、最初の3つは簡単にsyllogismsで要約されています。 "Hæreticarum fabularum compendium" in five books (ib., 336-556); the first four contain a brief summary of heresies up to the time of Theodoret, and the last book contrasts them with Catholic faith and morals. 5冊の "Hæreticarumfabularumの大要"(ib.、336から556まで)は、最初の4つは、最大theodoretの時に異端の簡単な要約が含まれており、最後の本は、カトリックの信仰と道徳とそれらを対比しています。

D. Historical Dの歴史

"Historia Ecclesiastica" (PG, LXXXII, 881-1280) treats in five books the period from Arius up to 429. "ヒストリアEcclesiasticaは"(PG、八十二、881から1280)5冊までアリウスから429までの​​間で扱います。 In this work Theodoret used Eusebius, Rufinus, Socrates, Sozomenus, Philostorgius, as well as documents long since lost.この作業theodoretのでユーセビアス、ルフィヌス、ソクラテス、Sozomenus、Philostorgiusならびに失って以来、長い文書を使用していました。 As an ecclesiastical historian, however, he is inferior to his predecessors.教会の歴史家として、しかし、彼は彼の前任者よりも劣っている。 "Historia religiosa" (ib., 1283-1522) contains the biographies of thirty celebrated ascetics or hermits; the treatise "De divina charitate" forms the close of the work. "ヒストリアreligiosa"(ib.、1283年から1522年)は30有名な禁欲主義者や隠者の伝記を含んでいます。論文 "デディビナcharitateは"仕事の終わりを形成している。

E. Letters大腸菌の手紙

Theodoret's lettters are of much value, both for his personal history and for that of his era. theodoretのletttersのは、彼の個人的な歴史のために、彼の時代のものの両方にとって、非常に価値がある。 Cf. CF。 PG, LXXXIII, 1173-1494, and Sakkelion, "Forty-eight Letters of Theodoret of Cyrus" (Athens, 1885). PG、LXXXIII、1173-1494、およびSakkelion、 "キュロスのtheodoretのの48の手紙"(アテネ、1885)。

F. Lost Writings F.は文章を忘れました

"Opus mysticum", in twelve books; "Responsiones ad quæstiones magorum persarum" (Epist. lxxxii and cxiii), five "Sermones in laudem S. Johannis Chrysostomi", of which the fragments are to be found in Photius, "Bibl.", 273; and other "Sermones". 12冊の "オーパスmysticum"; "Responsiones広告quæstionesmagorum persarum"(Epist.八十二とcxiii)、5 "laudem S.ヨハネスChrysostomiでSermones"、フラグメントは、photiusはで見つけられるべきであるそのうちの "Bibl。" 、273、および他の "Sermones"。 Von Harnack ("Texte und Untersuchungen", NF 6, IV, 1901) assigned the "Responsiones ad quæstiones" to Diodorus of Tarsus, but a manuscript of the tenth century, edited by Papadopulos Kerameus (St. Petersburg, 1895), ascribes the work to Theodoret (see A. Erhard in "Byzantinische Zeitschrift", VII, 1898, 609 sqq.). Papadopulos Kerameus(サンクトペテルブルク、1895年)によって編集されたタルススのディオドロスに "Responsiones広告quæstiones"が、10世紀の原稿を、割り当てられたフォン·ハルナック( "TEXTEウントUntersuchungen"は、NF 6、IV、1901)、帰し( "Byzantinische Zeitschrift"のA.エアハード、第VII、1898年、609 sqq名を参照してください。)theodoretのに働いています。

DOCTRINE教義

In hermeneutics Theodoret followed the principles of the Antiochene school, but avoided the bias of Theodore of Mopsuestia.解釈学theodoretのでアンティオキア学派の原則に従ったが、モプスエスティアのテオドロスの偏りを避けた。 In his Christology also he followed the terminology of Diodorus and Theodore, and saw in the teaching of Cyril a revival of Apollinarianism.また、彼のキリスト論では、彼はディオドロスとセオドアの用語に続いて、シリルの授業にApollinarianismの復活を見た。 He would never acknowledge that the teaching of Nestorius presupposed the acceptance of two persons in Christ or, as Cyril believed, necessarily led to it.彼はnestoriusの教えはキリストのうちに二人の受け入れを前提としたり、シリルが信じとして、必ずしもそれにつながったことを認めることはない。

Publication information Written by Chrysostom Baur.クリュソストモスバウアによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by WGKofron. WGKofron転写されています。 In memory of Fr. Frのメモリに保存されます。 John Hilkert, Akron, Ohio -- Fidelis servus et prudens, quem constituit Dominus super familiam suam The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.ジョンHilkert、アクロン、オハイオ州 - フィデリservusらprudens、quem constituit Dominusスーパーfamiliam suamカトリック百科事典は、14巻。 Published 1912. 1912年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.ニヒルのObstat、1912年7月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography 参考文献
TILLEMONT, Mémoires, XV (Paris, 1700-13), 207-340; CAVE, Hist.ティユモン、Mémoires、XV(パリ、1700年から1713年)、207から340まで、CAVE、シーッ。 lett., I (Oxford, 1740-43), 405 sqq.; CEILLIER, Auteurs sacrés, X (Paris, 1729-63), 19-142; NEANDER, Church History, ed. lett、私(オックスフォード、1740年から1743年)、405 sqq名;。CEILLIER、Auteurssacrés、X(パリ、1729年から1763年)、19から142まで;ネアンダー、教会史、エド。 CLARK, IV (Edinburgh, 1851-58), 141-247; NEWMAN, Trials of Theodoret in Hist. CLARK、IV(エジンバラ、1851年から1858年)、141から247;ニューマン、シーッでtheodoretのの予選。 Sketches, III (2 vols., London, 1890), 307-62; GLUBOKOVSKIJ, Der seelige Theodoret, Bischof von Cyrus (2 vols., Moscow, 1890), in Russian; SPECHT, Der exegetische Standpunkt des Theodor von Mopsuestia u.スケッチ、Ⅲ(2 vols学、ロンドン、1890)、307から62、ロシア語でGLUBOKOVSKIJ、デアseelige theodoretの、ビショフフォン·サイラス(2 vols学、モスクワ、1890年。);シュペヒト、デアexegetische Standpunktデ·テオドール·フォン·モプスエスティアU。 Theodoret von Cyrus … (Munich, 1871); SALTET, Les sources de l'Eranistes de Théodoret in Revue d'Histoire Ecclés., VI (Louvain, 1905), 289-303, 513-536, 741-754; GÜLDENPENNING, Die Kirchengesch. theodoretのフォン·サイラス...(ミュンヘン、1871); SALTET、レソースドゥEranistesデtheodoretのでレヴューD'Histoireエクルズは、VI(ルヴァン、1905)、289から303まで、513から536まで、741から754;GÜLDENPENNING、ダイKirchengesch。 des Theodoret von Kyrrhos, Eine Untersuchung über Quellen (Halle, 1889); SCHULTE, Theodoret von Cyrus als Apologet (Vienna, 1904); EHRHARD, Die Cyrill von Alexandrien zugeschriebene Schrift Perí tês toû kuríon 'enandropéseos, ein Werk Theodorets von Cyrus (Tübingen, 1888); MAHÉ, Les anathématismes de S. Cyrille d'Aléxandrie et les évêques orientaux du patriarchat d'Antioche in Revue d'Hist.シュルテ、theodoretのフォン·サイラスALS Apologet(ウィーン、1904);、エールハルト、ダイCyrillフォンAlexandrien zugeschriebene Schrift PERI TES TOUkuríon 'enandropéseos、EIN WERK Theodoretsフォン·サイラス(テュービンゲンデtheodoretのフォンKyrrhos、アイネUntersuchungはQuellen(ハレ、1889)ユーバー、1888);マヘ、レanathématismesデS.シリルD'レヴューD'シーッでAléxandrieET LESévêquesorientauxデュpatriarchat D'Antioche。 Eccl., VII (Louvain, 1906), 505-542; BERTRAM, Theodoreti Episcopi Cyrensis Doctrina christologica (Hildesheim, 1883). Eccl、VII(ルヴァン、1906)、505から542;バートラム、Theodoreti Episcopi Cyrensisどちりchristologica(ヒルデスハイム、1883)。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです