Theosophy神智学協会

Catholic Information カトリックの情報

(Theosophia = "wisdom concerning God") (Theosophia = "神に関する知恵")

Theosophy is a term used in general to designate the knowledge of God supposed to be obtained by the direct intuition of the Divine essence.神智学は、神の本質の直接的な直感によって得られることになって、神の知識を指定するために一般的に使用される用語です。 In method it differs from theology, which is the knowledge of God obtained by revelation, and from philosophy, which is the knowledge of Divine things acquire by human reasoning.方法では、それは啓示によって得られた知識の神であり、哲学から、どれが人間の推論によって獲得する神聖なものの知識である神学とは異なります。 It is often incorrectly confounded with mysticism, for the latter is properly the thirst for the Divine, the aspiration for the invisible, and hence a natural manifestation of the religious sentiment.これは、しばしば誤って後者に対して適切にそれ故に神の渇き、目に見えないために吸引し、宗教的感情の自然な現れであり、神秘主義と混同されています。 By intuition or illumination the initiated Theosophists are considered to be in harmony with the central principle of the universe.直感や照明によって開始Theosophistsは、宇宙の中心原理との調和にあるとみなされます。 This knowledge of the secret forces of nature of the true relation between the world and man frees them from the ordinary limitations of human life, and gives them a peculiar power over the hidden forces of the macrocosm.世界と人間の間の真の関係の性質の秘密の力のこの知識は、人間の生活の通常の制限からそれらを解放し、彼らに大宇宙の隠された力以上特有の力を与える。 Their exceptional faculties are alleged as experimental proof of their superior science: they are the only guarantee of the truth of their teaching.その卓越した能力は、その優れた科学の実験的証拠として主張されている:彼らは彼らの教えの真実の唯一の保証です。 They are said to transmit this truth by way of revelation.彼らは啓示の方法によって、この真実を伝えると言われています。 Thus theosophy appeals to tradition but not in the Christian sense.キリスト教の伝統的な意味ではなく、このように神智学控訴。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
(1) India is the home of all theosophic speculation. (1)インドは、すべての接神論の憶測のホームです。 Oltramere says that the directive idea of Hindu civilization is theosophic. Oltramereはヒンドゥー文明のディレクティブのアイデアは神論であることを述べています。 This development covers a great many ages, each represented in Indian religious literature.この開発は、非常に多くの年齢層、インドの宗教文献で表される各をカバーしています。 There are formed the basic principles of theosophy.神智学の基本原理が形成されている。 Knowledge of the occult laws in nature and in life, the intuitive method, superhuman powers, hostility to established religion are not all equally apparent in each age, but are present conjunctively or separately through the whole course of its history.自然と生活の中でオカルト法律、直感的な方法で、超人的な力を、確立された宗教への敵意の知識はそれぞれの時代でも同じように明らかにならないが、その歴史の全過程を通じてconjunctivelyまたは別々に存在する。 The early Brahmanic writings contain the germs, which have gradually developed into a rich vegetation of ideas and beliefs.初期のバラモンの文章は徐々にアイデアや信念の豊かな植生へと発展している細菌が含まれています。 These ideas are organized into systems, not however homogeneous or autonomous but mixed with other belief.これらのアイデアは、他の信仰を持つただし、同種または自律が、混合されていないシステムに編成されます。 Then they leave the schools to act upon the masses, either in forming a religion, eg Buddhism, or in penetrating popular religions already existing, eg Hinduism.その後、彼らは学校が宗教、例えば仏教を形成するのにするか、既存の人気の宗教、例えばヒンドゥー教を貫くのいずれかで、大衆に作用するようにしておきます。 Thus the Upanishads teach: that the individual soul is identical with the universal soul, hence the doctrine of advaita, ie non-duality; that the individual existence of the soul is a state of suffering, hence the doctrine of samsara, ie metempsychosis; that the individual soul is delivered from suffering by its reunion with the universal soul, a reunion realized by seizing the consciousness of identity with it, hence the doctrine of moksa, ie salvation.したがってウパニシャッドは教える:個々の魂が故に普遍的な魂、アドヴァイタ、すなわち非二元性の法理と同一であること、個々の魂の存在が故に、輪廻、すなわち輪廻転生の教義苦しみの状態であること、その個々の魂が故に普遍的魂は、それとの同一性の意識を掌握することによって実現再会、牧使、すなわち救いの教義との再会によって苦しみから配信されます。 The basic doctrines of the Vedanta and Saukhya systems are monistic Pantheism, intuition as the supreme means to reach truth, metempsychosis, the world of sense is only a very little part of the category of things, the theory and method of salvation strictly intellectual.ヴェーダーンタとSaukhyaシステムの基本的な教義を一元的汎神論、至高の真理、輪廻転生を達成する手段としての直感ですが、感覚の世界は唯一のもののカテゴリの非常に小さな部分、厳密に知的救いの理論と方法です。 These systems developed form the Upanishads.これらのシステムは、ウパニシャッドを形成して開発しました。 The final development is the Yoga.最終的な開発は、ヨガです。 Yoga, ie "one who fits himself, or exercises", refers to the exercises practiced to free the soul from the body, which to it is like a string to a bird.ヨガ、すなわち "自分に合うもの、または演習"は、それに鳥への文字列のようなものです肉体から魂を解放するために実施演習を指します。 Some of these exercises were: to rid one's self of moral faults (though the masters do not agree as to what these faults are); to sit in certain painful postures, check the breath, and reduce thought to a minimum by staring at the tip of the nose; to place the soul in a particular part of the body, and so gradually acquire mastery over it, or, rather, let the soul, the true self, acquire mastery over the body; to stave and learn to subsist on air or even without it; to concentrate thought by meditation, ie to think of nothing.これらの演習の一部は次のとおりだった:(マスターがこれらの障害が何であるかのように同意しないが)道徳的な断層の一つの自己を取り除くために、、一定の痛みを伴う姿勢で座って息をチェックして、先端を凝視することによって最小限に思った減らすために鼻、体の特定の部分に魂を置くなど徐々にその上支配を獲得するには、あるいは、むしろ、魂、真の自己は、体の上に支配を獲得しましょう​​。食い止めると空気で生活することを学ぶあるいはそれなしで、瞑想によって考え集中して、何を考えること、すなわち。 Thyana, the highest state of which is the cataleptic trance samadhi, in which the mind is suppressed but the soul is in full activity. Thyana、最高の状態では、心を抑えても、魂がフル活動でされている強硬トランス三昧です。 In this sate the person is a mahatma, ie master-soul and can enjoy a temporary release from the body which it leaves to go roaming about, performing wonderful feats on material nature and controlling other less powerful souls.この状態での人はマハトマ、すなわちマスターの魂であり、それは物質的性質に素晴らしい偉業を実行し、他のより強力な魂を制御する、約ローミング行き葉体からの一時的なリリースを楽しむことができます。 This latter was the secret of the Yoga's real power and was supposed to be done by a transfer of soul.この後者は、ヨガの本当の力の秘密だったと魂の転送によって行われることになっていた。 When the soul re-enters the body, the Yoga wakes and is like other people.魂が肉体を再入力したときに、ヨガはウェイクアップし、他の人のようなものです。 By repeated exercises the soul can become so strong that is secures perpetual release from the body, thus, according to the older Yoga teaching, it flies to heaven where it enjoys great happiness, riding in a celestial car attended by lovely women and music; but with the latter Yogas, on breaking all bodily bonds it formed immediate absorption into the Supreme Soul.繰り返し練習することによって魂が古いヨガの教えによると、このように、身体から確保永遠のリリースであるので、強くなることができる、それはそれは素敵な女性と音楽が出席した天の車に乗って、偉大な幸福を楽しんで天国に飛ぶ、しかし後者のヨーガでは、すべての身体の結合を破壊する上では、最高の魂を即座に吸収を形成した。

(2) Theosophic teaching comes to the front in the third period of Greek philosophy. (2)接神論を教えることは、ギリシャ哲学の3時間目には前面に表示されます。 Hence it is found in the Jewish-Greek philosophy with the neo-Platonists.したがって、それは、ネオプラトンとユダヤ系ギリシャ哲学に含まれています。 The theosophic atmosphere due to the influence of the Orient is plainly shown in Plotinus.東洋の影響を受けて神論の雰囲気がはっきりプロティノスに示されている。 The Gnostic systems reveal more theosophy than theology and in the Jewish Kabbala is found a theosophy mixed with various forms of magic and occultism.グノーシス主義のシステムでは、神学よりも神智学を明らかにし、ユダヤ教のカバラの魔法と神秘学の様々な形で混合神智学であることが判明した。 The Renaissance brought into modern thought neo-Platonism and the Kabbala, eg Reuchlin (d. 1492), Agrippa (d. 1535), Cardano (d. 1576), Paracelsus (d.1540), Weigel (d. 1588).ルネッサンスは近代思想のネオプラトン哲学とカバラ、例えばロイヒリン(民主党1492)、アグリッパ(民主党1535)、カルダーノ(民主党1576)、パラケルスス(d.1540)、ワイゲル(民主党1588)に持ち込ま。 More important is the teaching of Jakob Böhme (d.1624).さらに重要なのはヤコブ·ベーメ(d.1624)の教えです。 He taught that the "eternal dualism" of God is the ultimate cause of all evil; that there is a "dark" negative principle in God, which evil element makes manifest His goodness.悪の要素がマニフェスト彼の良さを作る神で "暗い"負の原理は、そこにあることを、彼は神の "永遠の二元論"はすべての悪の究極の原因であることを教えてくれました。 Without this there would be no revelation.これなしでは啓示はないだろう。 Further, were it not for this principle God could not know Himself.さらに、それは、神がご自身を知ることはできない、この原理のためではありませんでした。 Böhme's teaching influenced Baader, Schelling, and Gegel.ベーメの教えはバーダー、シェリング、Gegelに影響を与えた。 Theosophic principles colour the theology of Swedenborg, and are found in the group of modern thinkers, especially neo-Hegelians, who claim that the existence of God is know by direct intuition or by a special faculty of the soul.神論の原則は、スウェーデンボルグの神学を色付けし、神の存在が直接直観によって、または魂の特別な教員による知っていると主張し、特に近代的な思想家、ネオHegeliansのグループで発見されています。

A new importance of these teachings in modern thought is due to the school of Modern theosophy dating from the foundation of the Theosophical Society in New York City by Madame Blavatsky in 1875.近代思想におけるこれらの教示の新しい重要性は1875年にマダム·ブラヴァツキーによってニューヨークで神智学協会の基礎から交際現代神智学の学校のためである。 She is the chief and only authority for the revelation of so-called Tibetan occultism.彼女はいわゆるチベットの神秘の啓示のチーフとだけ権威です。 AP Sinnett however used the term Esoteric Buddhism. APのSinnett、しかし長期的密教を使用していました。 They claimed to have the true solution for the problems of the universe and of man from the Upanishads and Buddhist Sutras through Oriental savants, mahatmas, the faithful depositories of a profound and superhuman wisdom.彼らは宇宙の、東洋学者、mahatmas、深遠で、超人的な知恵を忠実に寄託を通じてウパニシャッドと仏教の経典から来た男の問題のための真のソリューションを持っていると主張した。 In fact, a great part of their nomenclature is derived from India, and they seek there for a justification of teachings drifting about in modern thought and derived to a great extent, if not wholly, from neo-Platonic and Jewish sources through the Renaissance.実際には、それらの命名法の大部分はインドに由来する、と彼らはネオプ​​ラトンとユダヤ人の源からルネッサンスを通して、そうでない場合は完全に、近代思想について漂流教えの正当化のためにそこを求めると大幅に由来する。 The objects of the society are: to form the nucleus of a universal brotherhood of humanity without distinction of race, creed, sex, caste, or colour; to encourage the study of comparative religion, philosophy, and science; to investigate the unexplained laws of nature and the powers latent in man.社会のオブジェクトは次のとおりです。人種、信条、性別、カースト、または色の区別なく、人類の普遍的な兄弟愛の核を形成するために、比較宗教学、哲学、科学の研究を奨励するために、原因不明の法律を調査する自然と人間の潜在力。 This last clause gives occasion to include magic, the occult, the uncanny, and the marvelous in any and every form.この最後の句は、魔法、オカルト、神秘的な、そして、任意およびすべてのフォームには不思議を含むように機会を与える。 Madame Blavatsky, with Colonel Olcott, went to India in 1878.オルコット大佐とマダム·ブラヴァツキーは、1878年にインドに行きました。 Shortly afterwards her frauds were exposed through letters written by her and published by Columb and his wife, who had been in her service.まもなく彼女の詐欺は、彼女が書いた手紙を介して公開されると彼女のサービスにあったコラムズと彼の妻、出版された。 This was acknowledged by the London Society of Psychical Research, which in Nov., 1884 sent R. Hodgson, of St. John's College, Cambridge to investigate (Edmund Garrett, "Isis very much Unveiled", London, 1895; Francis Podmore, "Studies in Psychical Research").フランシスPodmore "、これは11月、1884年(エドモンド·ギャレット、"非常にベールイシス "、ロンドン、1895年調査にセントジョンズ大学のR.ホジソン、ケンブリッジを送った心霊研究のロンドン協会によって認められた心霊研究 "の研究)。 In spite of this, however, the teaching was continued and propagated by her disciples Mrs. Besant, Col. Olcott, AP Sinnett, and others.これにもかかわらず、しかし、指導を継続したと彼女の弟子夫人ベザント、大佐オルコット、APのSinnett、他人に伝播されます。

Modern theosophy claims to be a definite science.現代の神智学は、明確な科学であることを主張する。 Its teachings are the product of thought, and its source is consciousness, not any Divine revelation.その教えは、思考の産物であり、その源は意識ではなく、任意の神の啓示です。 As a science it is supposed to be based on investigation and experimentation of the occult laws in nature and in human life.科学としてそれは自然と人間の生活の中でオカルトの法律の調査と実験に基づいていることになっています。 Only those qualified for the inquiry can grasp these laws and they gain from this knowledge certain superhuman powers.唯一の照会のための資格のあるものは、これらの法律を把握することができると彼らはこの知識を特定の超人的な力から利益を得る。 Mrs. Besant calls it the great synthesis of life, ie of religion, science, and philosophy, as old as thoughtful humanity, proclaimed in a new form suited to the present time.夫人ベザントは、現時点に適した新たな形で宣言し、思慮深い人間性と同じくらい古い、宗教、科学、哲学、すなわち、それは人生の大きな合成を呼び出します。 Its aim is that spirit is and can become the master of matter.その目的は、精神があるということですし、物質のマスターになることができます。 Hence it is considered as a protest against materialism which teaches that thought and feeling are the results of the aggregations of matter.したがって、それは思考と感情は、物質の集計の結果であることを教示している唯物論に対する抗議として考えられている。 Theosophy on the contrary sees in matter an instrument of life, and in thought the creative and moulding power of matter.逆に神智学は、物質生活の道具を見て、そして、物質の創造と造形力を思った。

The basic teaching of theosophy is the universal brotherhood of humanity.神智学の基本的な教えは、人類の普遍的な兄弟愛です。 Hence springs the preaching of toleration to all persons and to all varieties of belief, eg Buddhists, Christians, Atheists, It considers the different religions as methods adopted by man in the search for God.したがって、すべての人へと信念のすべての品種、例えば仏教徒、キリスト教徒、無神論者に寛容の説教をスプリングス、それは神の検索で人によって採用方法として異なる宗教を考慮します。 They are of necessity various, because men differ in temperament, type, needs, and stages of evolution.男性は気質、タイプ、ニーズ、および進化の段階が異なっているので、彼らは、様々な必要に迫られています。 Hence they are different and imperfect expressions of truth.したがって、彼らは、真実の異なると不完全な式です。 As such it says: "we cannot afford to lose any of the world's religions, for each has its partial truth and its characteristic message which the perfect man must acquire."このように、それは言う: "それぞれが部分的真実と完璧な男には、取得する必要があり、その特徴的メッセージを持っている私たちが、世界の宗教のどれかを失うわけにはいかない。" Hence theosophy appeals to men as the great peacemaker, for it teaches that all religions mean one and the same thing, or rather that they are all branches of a single tree.したがって神智学の偉大な調停者としての男性にアピールする、それはすべての宗教はそれらが単一のツリーのすべてのブランチであること1と同じもの、あるいはむしろを意味することを教示しているため。 In this sense it attacks comparative mythology which tries to show that religion was originally the fruit of man's ignorance wand will disappear with the increase of knowledge, whereas in fact religion comes from Divine knowledge, ie theosophy.この意味では、実際の宗教で神の知識、すなわち神智学から来ているのに対し、宗教は本来、人間の無知の杖の果実は知識の増加とともに消えた示そうとしています比較神話学を攻撃する。

The principle of universal brotherhood rest upon the 'solidarity' of all living, of all that is, in the one life and one consciousness.一つの命と1意識の中に、つまりすべてのすべての生きているの '連帯'時八紘一宇の残りの原理。 Solidarity springs from the belief in the immanence of God, the only and external life manifested in the multiplicity of creation.神の内在の信念から連帯スプリングス、創造の多様性に現れるだけで、外部の人生。 All forces are external; there is no supernatural, except the superhuman and supersensuous, ie powers greater that those normally exercised by man, which, however, can be developed.すべての力が外部になるので、超自然は大きい超人とsupersensuous、すなわち権力を除いて、ありません、通常、しかし、開発することができる男が行使するもの。 Ignorance therefore makes the miracle.無知ゆえの奇跡を行います。 Hence there is on personal God, and for this reason Madame Blavatsky and Mrs. Besant say that theosophy is more readily embraced by Atheists and Agnostics.したがって、そこに個人的な神であり、この理由のためにマダムブラヴァツキー夫人とベザントは、神智学をより容易に無神論者と不可知論者によって受け入れられていると言う。 Hence also Colville could teach that the spirit or soul in man is the only real and permanent part of his being; everything else pertaining to him is illusory and transitory.彼に付随する他のすべては幻と一過性であり、従ってまたコルヴィルは人間の精神や魂は彼の存在の唯一の現実的かつ恒久的な一部であることを教えることができる。 Solidarity, ie the common life pervading all things, is thus made the basis of morality.連帯、すなわち、すべてのものを遍満共通の生活は、このように道徳の基礎を作られています。 Hence a wrong done to one is done to all, as eg an injury inflicted on one part of the human organism results in pain diffused and felt throughout.したがって、1に行わ間違っがすべてに行われ、拡散などの痛みで、人間の生物の結果の一部に損傷を与えたなど、全体を通して感じた。 At the same time we are told that God is good and man immortal, that the "immanence of God justifies religion", ie the search after Him, that all things move to good and to man's benefit, that man must understand and co-operate with the scheme of things.同時に、我々は "神の内在が宗教を正当化する"ことを、神が良いと男は不滅であると言われて、すなわち、すべての物事が良いに、人間の利益のために動く彼の後に検索が、その男は理解しなければならないと協働物事の成り立ちを持つ。

Man has seven aspects, or rather is being composed of seven principles.男は7つの側面を持っている、というかむしろ7つの原則で構成されています。 These are viewed in two groups: the Quarternary, corresponding to our animal nature, ie soul and body, the mortal part of man, the products of evolution; and the Triad, corresponding to our spiritual nature, ie spirit, for theosophists say that Christian philosophy hold the threefold division of body; soul, and spirit in man.これらは2つのグループで表示されています:第四、私達の動物の性質に対応する、すなわち魂と体、男は、進化の産物の定命部と、トライアド、theosophistsのための私達の精神的な性質、すなわち精神に対応すると、そのキリスト教の言う魂は、男で精神;哲学は三倍体の分裂を開催しています。 The Quaternary is made up of Sthula Sharira, ie physical body; Linga Sharira, ie astral double; Prana, ie principle of life; Kama, ie our passional nature.第四紀はSthula Sharira、すなわち物理的なボディで構成され、リンガSharira、すなわちアストラル二重;プラーナ、生命の原理すなわち、カーマ、私たちの情熱的な性質、すなわち。 The Triad is composed of: Manas, ie mind or the thinker; Buddhi, ie the dwelling-place of spirit; Atnir, ie spirit.トライアドの構成は次のとおりです。マナス、すなわち心や思想家、菩提、すなわち精神の住居場所; Atnir、すなわち精神。 Hence we find Atnir-Buddhi used conjointly.したがって、私たちはAtnir·ブッディが相まって使用されて見つける。 This Triad is called the Immortal Triad.このトライアドは不滅トライアドと呼ばれています。 It is united to the Quaternary by Manas, in itself viewed as Higher Manas, sending out a Ray, which as Lower Manas is imbedded in Karma.それはマナス第四紀に統一され、それ自体が低いとしてマナスがカルマに埋め込まれているレイを、送り出す、高等マナスと見なす。 Thus Kama-Manas is the link joining our animal to our spiritual nature, and is the battle-ground of life's struggles.したがってカーマ·マナスは、私たちの精神的な性質のために我々の動物に入社リンクであり、人生の苦闘の戦い - グランドです。 Man is primarily divine, a spark of the Divine life; this living flame passing out from the Central Fire, weaves for itself coverings within which it dwells and thus becomes the Triad, the Atma-Buddhi-Manas, the Immortal Self.男は、神の生命の火花主に神であり、この生きている炎は、それが宿るので、トライアド、アートマ - 菩提 - マナス、不滅の自己なる内にそれ自身のための敷物中央火災、織り方から出て渡します。 This sends out its Ray, which becomes encased in grosser matter, in the Kamic body, in the Astral Double, and in the physical body.これは、グロッサー問題で、Kamic体内で、二重のアストラルで、物理的な身体に包まなり、そのレイを送出します。 The Astral Double, ie rarer matter, the exact double of the physical body, plays a great part in spiritualistic phenomena.二重のアストラル、すなわち珍しい物質、物理的な身体の正確な二重は、唯心論的な現象に大きな役割を果たしています。 The Manas is the real I, the reincarnating ego makes the human personality.マナスは、本当の私ですが、転生自我は人間の人格を作る。 The Quaternary as a whole is viewed as the Personality, ie the shadow of the self.全体としては第四紀の人格として見られる、自己の影、すなわち。 In fact each principle or aspect may be considered a Personality in so far as it undervalues Atma, ie throws its shadow over Atma, ie the One Eternal Existence.実際にはそれぞれの原理や側面はこれまでのところそれはアートマを過小として、すなわちアートマ上で影をスローでパーソナリティと考えられるかもしれません、一つの永遠の存在、すなわち。 The seer however knows that Atma is the one reality, the essence of all things, that Atma-Buddhi is the Universal One Soul, itself an aspect of Atma, that Atma-Buddhi-Manas is the individual mind or Thinker, that the shadow of Manas, our Atma-Buddhi, makes men say "my soul" and "thy soul", whereas in reality we are all one with Atma, the Unknown Root.先見者は、しかし、アートマ - 菩提 - マナスは、個々の心や思想家であること、アートマ - 菩提自体が、アートマの側面ユニバーサル一つの魂であることを、そのアートマがひとつの現実、すべての物事の本質であることを知っていることの影マナス、私たちのアートマ - 菩提は、現実には、我々はすべてのアートマを持つもの、未知のルートであるのに対し、男性は、 "私の魂"と "汝の魂"と言うことができます。 After death all of the Manasic Ray that is pure and unsoiled gradually disentangles itself, carrying with it such of life's experiences as are of a nature fit for assimilation with the Higher Ego.死後純粋で汚されていないですManasicレイのすべてが徐々に自分自身をdisentangles、人生の経験のようなそれに運ぶよう高い自我との同化のための自然のフィットである。 The Manasic Ego united to Atma-Buddhi passes into the Devachonic state of consciousness, rapt in blissful dreams coloured by the experiences of the earth-life.アートマ - 菩提へManasic自我ユナイテッドは地球の生命の経験によって着色された幸せな夢の中で意識、うっとりのDevachonic状態に渡します。 This state is a continuation of the earth-life shorn of its sorrows, and a completion of its noble and pure wishes.この状態は、その悲しみを奪わ地球生命、その高貴で純粋な願いの完成の続きです。

Theosophy is not only a basis of religion; it is also a philosophy of life.神智学は、宗教の基盤であるだけでなく、それはまた、人生の哲学である。 As such, its main teachings are reincarnation and the law of Karma.このように、その主な教えは輪廻転生とカルマの法則です。 Karma is the outcome of the collective life, a law of ethical causation.カルマは、倫理的な因果律集団生活の結果である。 In the past incarnation the ego had acquired certain faculties, set in motion certain causes.過去の化身で自我が一定の運動の原因で設定された特定の学部を、取得しています。 The effect of these causes and of causes set in motion in previous incarnations and not yet exhausted are its Karma and determine the conditions into which the ego is reborn.これらの原因のと以前の化身のモーションに設定され、まだ尽きない原因の効果は、そのカルマであり、自我が生まれ変わった先の条件を決定する。 Thus inequalities of natural gifts, eg genius, of temperament and of character are explained.こうして自然の贈り物、例えば天才の、気質のと文字の不等式が説明されています。 The law of progress is the law of involution and evolution, the returning of the Divine Spark into a unity with Spirit through various reincarnations, which are viewed as a process of purification.進捗の法則が退縮し、進化の法則であり、精製過程として見ている様々な生まれ変わりを通じて、スピリットとの一体に神の火花の復帰。 Sin, poverty, and misery are the fruits of ignorance, and are gradually removed as the spirit in us becomes freed from earthly dross.罪や貧困、不幸は無知の果実である、と私たちの精神は、この世ドロスから解放につれて徐々に削除されます。 There is no heaven nor Hell.天国にも地獄は存在しません。 Death is the passage from this state of life to another.死は人生のこの状態から別の状態への通路である。 There is an evolution behind and before, with absolute certainty of final attainment for every human soul, ie to be one with the Absolute.背後に進化前と、すべての人間の魂のための最終的な達成の絶対的な確信を持って、絶対と一つであること、すなわちがあります。 As man advances in this process his spirit becomes stronger, and can develop latent powers, not shown in ordinary mortals.この過程で男性が進むにつれて、彼の精神が強くなり、普通の人間には示されていない潜在力を開発することができます。

Criticism批判

In of a Christian ethical phraseology, theosophy in reality is a form of pantheism, and denies a personal God and personal immortality.キリスト教の倫理的な言い方では、現実には神智学は、汎神論の一形態であり、個人的な神との個人的な不死を拒否します。 Its appeal to the spiritual in man, and its striving after union with the Divine are based upon a contradictory metaphysic, an imaginary psychology, a system of ethics which recognizes no free-will, but only the absolute necessity of Karma.神との合一後の男性の精神的な、その努力へのアピールは相反する基本原理、架空の心理学、全くの自由意志を認識しない倫理の体系が、カルマの唯一の絶対的な必要性に基づいています。 No evidence or proof is given for its teaching except the simple statements of its leaders.証拠や証明はその指導者の単純な文を除き、その指導のために与えられていない。 The denial of a personal God nullifies its claim to be a spiritualistic philosophy.個人的な神の否定は、その主張は唯心哲学であると無効になります。 Judging it as presented by its own exponents, it appears to be a strange mixture of mysticism, charlatanism, and thaumaturgic pretension combined with an eager effort to express its teaching in words which reflect the atmosphere of Christian ethics and modern scientific truths.独自の指数によって提示されたとして、それを判断すると、それは神秘主義、いかさま、キリスト教倫理と現代の科学的真理の雰囲気を反映した言葉でその教えを表現するための熱心な努力と組み合わせて魔術師プリテンションの奇妙な混合物であることが表示されます。

Publication information Written by John T. Driscoll.ジョンT.ドリスコルによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Virginia Mokslaveskas-Funkhouser.バージニアMokslaveskas-ファンクハウザー転写されています。 Dedicated to Tess Olivia The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.テスオリビアカトリック百科事典は、14巻に専念。 Published 1912. 1912年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.ニヒルのObstat、1912年7月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography 参考文献
Wright, Modern Theosophy (Boston and New York, 1894): Besant, Theosophical Manuals (London, New York and Madras, 1892); Lectures on the History of Religons: Catholic Truth Society: V, Theosophy (London and New York, 1911); Hull, Theosophy and Christianity (Catholic Truth Society); De Grandmaison, Le Lotus Bleu in series Science et Religion (Paris); Busnelli, Manuale di Teosofia (Rome, 1910); Oltramere L'historie des idées théosophiques dans l'Inde (Paris); Clarke in The Month (Jan., Feb., March, 1897).ライト氏は、現代の神智学(ボストン、ニューヨーク、1894年):ベザント、神智マニュアル(ロンドン、ニューヨーク、マドラス、1892); Religonsの歴史講座:カトリック真理学会:V、神智学(ロンドンやニューヨーク、1911) 、ハル、神智学とキリスト教(カトリック真理学会);デGrandmaison、シリーズ科学ら宗教(パリ)のル·コルドン·ブルーロータス、Busnelli、ManualeディTeosofia(ローマ、1910); Oltramere L'歴史書デidéesthéosophiquesDANS L'Indeの(パリ);月間におけるクラーク(1月、2月、3月、1897)。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです