Saint Thomas Aquinas聖トマス·アクィナス

Advanced Information 高度情報

St. Thomas Aquinas was a Philosopher, theologian, doctor of the Church (Angelicus Doctor), patron of Catholic universities, colleges, and schools.聖トマス·アクィナスは、哲学者、神学者、教会の医師(ドクターAngelicus)、カトリック大学、カレッジ、学校のパトロンだった。 Born at Rocca Secca in the Kingdom of Naples, 1225 or 1227; died at Fossa Nuova, 7 March, 1274.フォッサヌオーで亡くなった、1274年3月7日、ナポリ王国のロッカSecca、1225年または1227年に生まれた。

I. LIFE I. LIFE

The great outlines and all the important events of his life are known, but biographers differ as to some details and dates.偉大なアウトラインと、彼の人生のすべての重要なイベントが知られているが、伝記作家は、いくつかの詳細や日程に関しては異なります。 Death prevented Henry Denifle from executing his project of writing a critical life of the saint.死は聖人の重要な生活を書いている彼のプロジェクトを実行してからヘンリーデニフレを防いだ。 Denifle's friend and pupil, Dominic Prümmer, OP, professor of theology in the University of Fribourg, Switzerland, took up the work and published the "Fontes Vitae S. Thomae Aquinatis, notis historicis et criticis illustrati"; and the first fascicle (Toulouse, 1911) has appeared, giving the life of St. Thomas by Peter Calo (1300) now published for the first time.デニフレの友人や教え子、ドミニクPrümmer、OP、フリブール、スイスの大学で神学教授は、仕事を手に取り、 "FontesヴィテS·トーメAquinatis、notis historicisらcriticis illustrati"を発行し、そして第一分冊(トゥールーズ、 1911)今初めて公開ピーター·カロ(1300)によって聖トマスの命を与えて、登場している。 From Tolomeo of Lucca .ルッカのTolomeoから。 . . we learn that at the time of the saint's death there was a doubt about his exact age (Prümmer, op. cit., 45).我々は、聖人の死の時に彼の正確な年齢(Prümmer、前掲書、45)に疑問があったことを学ぶ。 The end of 1225 is usually assigned as the time of his birth. 1225年の終わりには、通常、彼の誕生の時間として割り当てられます。 Father Prümmer, on the authority of Calo, thinks 1227 is the more probable date (op. cit., 28).父Prümmerは、カロの権威で、1227年は、より可能性の高い日(前掲。、28)だと思っています。 All agree that he died in 1274.すべては、彼が1274年に亡くなっていることに同意するものとします。

Landulph, his father, was Count of Aquino; Theodora, his mother, Countess of Teano. Landulph、彼の父親は、アキノの伯爵だったテオドラ、彼の母、Teanoの伯爵。 His family was related to the Emperors Henry VI and Frederick II, and to the Kings of Aragon, Castile, and France.彼の家族は皇帝ヘンリー六世とフリードリヒIIへ、そしてアラゴン、カスティーリャ、そしてフランス王に関係していた。 Calo relates that a holy hermit foretold his career, saying to Theodora before his birth: "He will enter the Order of Friars Preachers, and so great will be his learning and sanctity that in his day no one will be found to equal him" (Prümmer, op. cit., 18). ( "彼は修道士の説教師の注文を入力していただくと、とても素晴らしいが、彼の時代に、誰も彼を等しくすることが見出されません彼の学習と尊厳になるだろう":Caloのは、彼の出生前にテオドラに言って、聖なる隠者は彼のキャリアを予告していることに関し、 Prümmer、前掲書、18)。 At the age of five, according to the custom of the times, he was sent to receive his first training from the Benedictine monks of Monte Cassino. 5歳の時、倍の習慣に従って、彼はモンテ·カッシーノのベネディクト会修道士から、彼の最初の訓練を受けるために送られた。 Diligent in study, he was thus early noted as being meditative and devoted to prayer, and his preceptor was surprised at hearing the child ask frequently: "What is God?"勉強に励んで、彼はこのように早期に瞑想と祈りをテーマにしたものとして注目された、と彼の教師は、子供が頻繁に頼む聴力に驚いた: "神とは何ですか?" About the year 1236 he was sent to the University of Naples. 1236年について、彼はナポリ大学に送られた。 Calo says that the change was made at the instance of the Abbot of Monte Cassino, who wrote to Thomas's father that a boy of such talents should not be left in obscurity (Prümmcr, op. cit., 20). Caloのは、変更がそのような才能の男の子が不分明(Prümmcr、前掲書、20)に残されるべきでないことトーマスの父親に手紙を書いたモンテ·カッシーノ、アボットのインスタンスで行われたという。 At Naples his preceptors were Pietro Martini and Petrus Hibernus.ナポリで彼の意味づけは、ピエトロ·マティーニとペトリュスHibernusでした。 The chronicler says that he soon surpassed Martini at grammar, and he was then given over to Peter of Ireland, who trained him in logic and the natural sciences.年代記は、彼はすぐに文法でマティーニを突破しました、そして、彼は、その後ロジックと自然科学の中で彼を訓練したアイルランドのピーターに引き継が与えられたことを述べています。 The customs of the times divided the liberal arts into two courses: the Trivium, embracing grammar, logic, and rhetoric; the Quadrivium, comprising music, mathematics, geometry, and astronomy . ;四学科であって、音楽、数学、幾何学、天文学、文法、論理、修辞学を受け入れトリヴィアム、:時代の習慣には、2つのコースに文系を分けた。 . . . Thomas could repeat the lessons with more depth and lucidity than his masters displayed.トーマスは彼のマスターが表示されたよりも深さと明快レッスンを繰り返すことができます。 The youth's heart had remained pure amidst the corruption with which he was surrounded, and he resolved to embrace the religious life.若者の心は彼が囲まれたときの腐敗の中に純粋なままになっていたし、彼は宗教的な生活を受け入れることを決意した。

Some time between 1240 and August, 1243, he received the habit of the Order of St. Dominic, being attracted and directed by John of St. Julian, a noted preacher of the convent of Naples. 1240年、8月、1243年の間にいくつかの時間は、彼はセントジュリアン、ナポリの修道院の指摘説教のジョンに惹かれ、指示されて、聖ドミニクの注文の習慣を受け取った。 The city wondered that such a noble young man should don the garb of poor friar.市はこのような高貴な若い男が貧しい修道士の服装を着るべきであると疑問に思いました。 His mother, with mingled feelings of joy and sorrow, hastened to Naples to see her son.喜びと悲しみの複雑な感情を抱いて彼の母親は、息子を見てナポリに駆けつけた。 The Dominicans, fearing she would take him away, sent him to Rome, his ultimate destination being Paris or Cologne.ドミニカは、彼女が彼を奪うことを恐れ、ローマ、パリやケルンである彼の究極の目的地に彼を送った。 At the instance of Theodora, Thomas's brothers, who were soldiers under the Emperor Frederick, captured the novice near the town of Aquapendente and confined him in the fortress of San Giovanni at Rocca Secca.テオドラのインスタンスでは、皇帝フリードリヒの下で兵士だったトーマスの兄弟は、Aquapendenteの町の近くの初心者を捕獲し、ロッカSeccaでサン·ジョバンニの要塞で彼を閉じ込めた。 Here he was detained nearly two years, his parents, brothers, and sisters endeavouring by various means to destroy his vocation.ここで彼は2年近く拘束された、彼の両親、兄弟、姉妹が自分の使命を破壊するために様々な手段によって努める。 The brothers even laid snares for his virtue, but the pure-minded novice drove the temptress from his room with a brand which he snatched from the fire.兄弟も彼の美徳のためにわなを築いたが、心の純粋な初心者は彼が火からひったくらブランドと彼の部屋からの誘惑を運転した。 Towards the end of his life, St. Thomas confided to his faithful friend and companion, Reginald of Piperno, the secret of a remarkable favour received at this time.彼の人生の終わりに向かって、聖トマスは彼の忠実な友人や仲間、ピペルノのレジナルド、この時点で受信顕著賛成の秘密を打ち明けた。 When the temptress had been driven from his chamber, he knelt and most earnestly implored God to grant him integrity of mind and body.誘惑する女は、彼の部屋から駆動されたときに、彼はひざまずいて、最も熱心に彼の心と体の整合性を付与するために神に懇願した。 He fell into a gentle sleep, and, as he slept, two angels appeared to assure him that his prayer had been heard.彼は穏やかな眠りに落ち、そして、彼は眠っていたとして、2人の天使が彼の祈りが聞かれていたことを彼に保証するために登場しました。 They then girded him about with a white girdle, saying: "We gird thee with the girdle of perpetual virginity."そして、彼らは言って、白いガードルをもって彼を約巻いた: "我々は永遠の処女のガードルとのtheeを授ける" And from that day forward he never experienced the slightest motions of concupiscence.その日から前方に彼は強欲のわずかな動きを経験したことがない。

The time spent in captivity was not lost.監禁に費やされた時間は失われませんでした。 His mother relented somewhat, after the first burst of anger and grief; the Dominicans were allowed to provide him with new habits, and through the kind offices of his sister he procured some books - the Holy Scriptures, Aristotle's Metaphysics, and the "Sentences" of Peter Lombard.彼の母親は怒りと悲しみの最初のバーストの後、多少折れ、ドミニコ会は、新たな習慣をもって彼を提供することを許され、彼の妹の計らいで彼はいくつかの書籍を調達された - 聖書、アリストテレスの形而上学、と "文章を"ピーターロンバード。 After eighteen months or two years spent in prison, either because his mother saw that the hermit's prophecy would eventually be fulfilled or because his brothers feared the threats of Innocent IV and Frederick II, he was set at liberty, being lowered in a basket into the arms of the Dominicans, who were delighted to find that during his captivity "he had made as much progress as if he had been in a studium generale" (Calo, op. cit., 24).彼の母親は彼の兄弟たちは無実の静脈とフリードリヒ2世の脅威を恐れたための隠者の予言が結局成就またはされることを見たので、18ヶ月または2年のいずれか、刑務所で過ごした後、彼は中にバスケットに下げられて、自由に設定した。 "彼はスタジアムジェネラルであったかのように多くの進歩として作った"(カロ、前掲書、24)彼の中に捕らわれていることを見つけるために喜んでいたドミニコ会の武器。

Thomas immediately pronounced his vows, and his superiors sent him to Rome.トーマスはすぐに彼の誓いを宣告、彼の上司はローマに彼を送った。 Innocent IV examined closely into his motives in joining the Friars Preachers, dismissed him with a blessing, and forbade any further interference with his vocation.無実のIVは、修道士の説教に参加することに彼の動機に吟味祝福をもって彼を退け、彼の職業とそれ以上の干渉を禁じている。 John the Teutonic, fourth master general of the order, took the young student to Paris and, according to the majority of the saint's biographers, to Cologne, where he arrived in 1244 or 1245, and was placed under Albertus Magnus, the most renowned professor of the order.ジョン注文のチュートン、第四マスター一般には、パリに若い学生を連れて、聖人の伝記作家の大半は、彼が1244年または1245年に到着し、ケルンによると、アルベルトゥスマグヌス、最も有名な教授の下に置かれました注文の。 In the schools Thomas's humility and taciturnity were misinterpreted as signs of dullness, but when Albert had heard his brilliant defence of a difficult thesis, he exclaimed: "We call this young man a dumb ox, but his bellowing in doctrine will one day resound throughout the world."学校トーマスの謙虚さと寡黙でくすみの兆候と誤解さが、アルバートは難しい論文の彼の華麗な守備を聞いたとき、彼は叫んだされた: "我々は、この若者うすのろ呼ぶが、彼は教義で次にわたって1日に鳴り響くは意志世界。 "

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
In 1245 Albert was sent to Paris, and Thomas accompanied him as a student. 1245年にアルバートはパリに送られた、とトーマスは、学生として彼に同行した。 In 1248 both returned to Cologne. 1248年に両方がケルンに戻った。 Albert had been appointed regent of the new studium generale, erected that year by the general chapter of the order, and Thomas was to teach under him as Bachelor.アルバートは、新しいスタジアムジェネラルの摂政に任命秩序全般の章で、その年に建てられ、トマスは学士として彼の下で教えることになったされていた。 (On the system of graduation in the thirteenth century see ORDER OF PREACHERS -- II, A, 1, d). (13世紀の卒業のシステムでは説教師の順序を参照してください - II、A、1、d)である。 During his stay in Cologne, probably in 1250, he was raised to the priesthood by Conrad of Hochstaden, archbishop of that city.ケルンに滞在している間に、おそらく1250年に、彼はHochstadenのコンラッドは、その都市の大司教によって聖職に上げた。 Throughout his busy life, he frequently preached the Word of God, in Germany, France, and Italy.彼の忙しい生活の中、彼は頻繁にドイツ、フランス、イタリアでは、神の言葉を説いた。 His sermons were forceful, redolent of piety, full of solid instruction, abounding in apt citations from the Scriptures.彼の説教は聖書からの引用のaptにたくさんの、力強い信心深さのしのばせる、固体の命令でいっぱいだった。

In the year 1251 or 1252 the master general of the order, by the advice of Albertus Magnus and Hugo a S. Charo (Hugh of St. Cher), sent Thomas to fill the office of Bachelor (sub-regent) in the Dominican studium at Paris. 1251年または1252年にオーダーのマスター一般、アルベルトゥスマグヌスとヒューゴのアドバイスS·チャロ(聖ヒューシェール)によって、ドミニカ共和国スタジアムで学士のオフィス(サブ摂政)を埋めるためにトーマスを送信パリで。 This appointment may be regarded as the beginning of his public career, for his teaching soon attracted the attention both of the professors and of the students.彼の教えはすぐに教授と学生の両方の注目を集め、この任命は、彼の公共のキャリアの始まりとみなすことができる。 His duties consisted principally in explaining the "Sentences" of Peter Lombard, and his commentaries on that text-book of theology furnished the materials and, in great part, the plan for his chief work, the "Summa theologica".彼の任務は、大部分は、彼の主な作品、 "総合的研究論文theologica"の計画に、材料を内装の神学その教科書でピーター·ロンバードの "文章"、そして彼の論評を説明するとで主に構成されていました。

In due time he was ordered to prepare himself to obtain the degree of Doctor in Theology from the University of Paris, but the conferring of the degree was postponed, owing to a dispute between the university and the friars.時が来れば彼はパリ大学で神学博士の学位を取得するために自分自身を準備するよう命じられたが、学位の授与は、大学、修道士の間の紛争により、延期された。 The conflict, originally a dispute between the university and the civic authorities, arose from the slaying of one of the students and the wounding of three others by the city guard.紛争、大学と市民の当局との間の紛争は、本来、生徒の一人の殺害や市内ガードによって3人の負傷から生じたものである。 The university, jealous of its autonomy, demanded satisfaction, which was refused.その自律性に嫉妬大学は、拒否された満足度を、要求した。 The doctors closed their schools, solemnly swore that they would not reopen them until their demands were granted, and decreed that in future no one should be admitted to the degree of Doctor unless he would take an oath to follow the same line of conduct under similar circumstances.医師は、自分の学校を閉鎖し厳粛に彼は同じような下での行動と同じ行に従うことを宣誓をしないかぎり、自分たちの要求が許可され、将来的には誰も博士の学位を認めてはならないことを法令として布告されるまで、彼らはそれらを再オープンしないと誓った状況。 The Dominicans and Franciscans, who had continued to teach in their schools, refused to take the prescribed oath, and from this there arose a bitter conflict which was at its height when St. Thomas and St. Bonaventure were ready to be presented for their degrees.自分の学校で教えることを続けていたドミニコ会とフランシスコ会は、所定の宣誓を拒否し、このことから、聖トマスと聖ボナヴェントゥラは、学位のために提示する準備ができたとき、その高さにあった苦い紛争が生じた。 William of St-Amour extended the dispute beyond the original question, violently attacked the friars, of whom he was evidently jealous, and denied their right to occupy chairs in the university.サン·アムールのウィリアムは、元の質問を超えて紛争を拡大し、激しく彼は明らかに嫉妬していた人の修道士を攻撃し、大学で椅子を占有する権利を否定した。 Against his book, "De periculis novissimorum temporum" (The Perils of the Last Times), St. Thomas wrote a treatise "Contra impugnantes religionem", an apology for the religious orders (Touron, op. cit., II, cc. vii sqq.).彼の著書、 "デpericulis novissimorum temporum"(最終タイムズの危険)に対して、聖トマスは論文 "コントラimpugnantes religionem"、宗教的な受注(Touron、前掲の謝罪を書いている。、Ⅱ、CC。VII sqq名)。 The book of William of St-Amour was condemned by Alexander IV at Anagni, 5 October, 1256, and the pope gave orders that the mendicant friars should be admitted to the doctorate.サン·アムールのウィリアムの本はアナーニでアレキサンダー4世、1256年10月5日、法王に非難された托鉢修道士が博士に入院する必要があることを命じられた。

About this time St. Thomas also combated a dangerous book, "The Eternal Gospel" (Touron, op. cit., II, cxii).今回は、セントトーマスはまた、 "永遠の福音"(Tou​​ron、前掲書、Ⅱ、cxii)は危険な本を戦う。 The university authorities did not obey immediately; the influence of St. Louis IX and eleven papal Briefs were required before peace was firmly established, and St. Thomas was admitted to the degree of Doctor in Theology.大学当局は、直ちにこれに従わず、平和がしっかりと確立される前にセントルイスIXと11ローマ法王のブリーフの影響が必須でしたが、聖トマスは神学博士の学位に入院した。 The date of his promotion, as given by many biographers, was 23 October, 1257.できるだけ多くの伝記作家によって与えられた彼の昇進の日付は、1257年10月23日だった。 His theme was "The Majesty of Christ".彼のテーマは "キリストの陛下"だった。 His text, "Thou waterest the hills from thy upper rooms: the earth shall be filled with the fruit of thy works" (Psalm 103:13), said to have been suggested by a heavenly visitor, seems to have been prophetic of his career.彼のテキストは、 "汝は汝の上部の部屋から丘をwaterest:地球は、なたの作品の果物で満たされなければならない"(詩篇103:13)、天国の訪問者によって提案されたと言われて、彼のキャリアの予言だったようだ。 A tradition says that St. Bonaventure and St. Thomas received the doctorate on the same day, and that there was a contest of humility between the two friends as to which should be promoted first.伝統は、聖ボナヴェントゥラ、聖トマスは同じ日に博士号を受け取ったことを言うと最初に推進すべきであるとして、二人の友人の間で謙遜のコンテストがあったこと。

From this time St. Thomas's life may be summed up in a few words: praying, preaching, teaching, writing, journeying.この時からセントトーマスの人生は、いくつかの言葉を要約することができる:、祈り説教、教育、執筆、旅する。 Men were more anxious to hear him than they had been to hear Albert, whom St. Thomas surpassed in accuracy, lucidity, brevity, and power of exposition, if not in universality of knowledge.男性は、彼らがセントトーマスではないにしても知識の普遍性、正確性、明快、簡潔、そして博覧会の力を上回ってアルバートを聞いてきたよりも彼を聞くことがより切望していた。 Paris claimed him as her own; the popes wished to have him near them; the studia of the order were eager to enjoy the benefit of his teaching; hence we find him successively at Anagni, Rome, Bologna, Orvieto, Viterbo, Perugia, in Paris again, and finally in Naples, always teaching and writing, living on earth with one passion, an ardent zeal for the explanation and defence of Christian truth.パリは、彼女自身として彼を主張した。教皇はそれらの近くに彼がいることを望んだ。注文のstudiaは、彼の教えの恩恵を享受するために熱心であった。それゆえ私たちはアナーニ、ローマ、ボローニャ、オルヴィエート、ヴィテルボ、ペルージャ相次いで彼を見つけるにもう一度、最後にナポリのパリは、常に教育と書き込み、1情熱、キリスト教の真理の説明と、防衛のための熱烈な熱意をもって、地球上に生きている。 So devoted was he to his sacred task that with tears he begged to be excused from accepting the Archbishopric of Naples, to which he was appointed by Clement IV in 1265.そこで彼は、涙を浮かべて、彼はその彼が1265年にクレメントIVによって任命されたため、ナポリの大司教を受け入れることから免除されるように懇願したという彼の神聖なタスクに専念しました。 Had this appointment been accepted, most probably the "Summa theologica" would not have been written.この任命は、 "総合的研究論文theologica"が書き込まれなかっただろうおそらく、受け入れられた。

Yielding to the requests of his brethren, he on several occasions took part in the deliberations of the general chapters of the order.彼の兄弟の要求に屈服して、彼はいくつかの機会に注文の総支部の審議に参加しました。 One of these chapters was held in London in 1263.これらのいずれかの章は1263年にロンドンで開催されました。 In another held at Valenciennes (1259) he collaborated with Albertus Magnus and Peter of Tarentasia (afterwards Pope Innocent V) in formulating a system of studies which is substantially preserved to this day in the studia generalia of the Dominican Order (cf. Douais, op. cit.).もう彼はドミニコ会(参照Douais、opのstudia generaliaにおいて実質的にこの日に保存されている研究のシステムを定式化する際にTarentasiaのアルベルトゥスマグヌスとピーター(その後インノケンティウスV)とのコラボレーションヴァランシエンヌ(1259)で開催された中で前出)。

It is not surprising to read in the biographies of St. Thomas that he was frequently abstracted and in ecstasy.それは、彼が頻繁に抽象化されたことをセントトーマスの伝記と有頂天になって読むことは驚くべきことではない。 Towards the end of his life the ecstasies became more frequent.彼の人生の終わりに向かって有頂天が増えてしまいました。 On one occasion, at Naples in 1273, after he had completed his treatise on the Eucharist, three of the brethren saw him lifted in ecstasy, and they heard a voice proceeding from the crucifix on the altar, saying "Thou hast written well of me, Thomas; what reward wilt thou have?"彼は彼の論文を完成させた後にある時、ナポリで1273年には、聖体に、兄弟の3人は、彼はエクスタシーで持ち上げ見て、彼らは祭壇の十字架上から進んで声を聞いた、 "あなたは私のことをよく書かれてくださったと言って、トーマス、なんの報い萎凋病は持っている "? Thomas replied, "None other than Thyself, Lord" (Prümmer, op. cit., p. 38).トーマスは、 "あなた自身にほかなら、主を"と答えていません(Prümmer、前掲書、p。38)。 Similar declarations are said to have been made at Orvieto and at Paris.同様の宣言はオルヴィエートで、パリで行われていると言われています。

On 6 December, 1273, he laid aside his pen and would write no more. 1273年12月6日に、彼は彼のペンを脇に置いて、これ以上は書かないだろう。 That day he experienced an unusually long ecstasy during Mass; what was revealed to him we can only surmise from his reply to Father Reginald, who urged him to continue his writings: "I can do no more. Such secrets have been revealed to me that all I have written now appears to be of little value" (modica, Prümmer, op. cit., p. 43).その日彼はミサの間に異常に長いエクスタシーを経験した彼に明らかにされたものを我々は唯一の彼の返事から彼の文章を続けるために彼を促した父レジナルドに推測することができます: "私はこれ以上できることはないような秘密があることを私に明らかにされてきた。私が書いたすべては今(モーディカ、Prümmer、前掲書、p。43) "ほとんど価値があるように見えます。 The "Summa theologica" had been completed only as far as the ninetieth question of the third part (De partibus poenitentiae). "総合的研究論文theologicaは"第三部(デpartibus poenitentiae)のうちの90質問までしか完成していた。

Thomas began his immediate preparation for death.トーマスは死のための彼の即時の準備を始めた。 Gregory X, having convoked a general council, to open at Lyons on 1 May, 1274, invited St. Thomas and St. Bonaventure to take part in the deliberations, commanding the former to bring to the council his treatise "Contra errores Graecorum" (Against the Errors of the Greeks).グレゴリーx、一般理事会を召集した、5月1日にリヨンで開くため、1274年には、議会に彼の論文 "コントラerrores Graecorum"を(持って来るために、前者を指揮し、審議に参加するために聖トマスと聖ボナヴェントゥラを招待ギリシアのエラーを防ぐ)。 He tried to obey, setting out on foot in January, 1274, but strength failed him; he fell to the ground near Terracina, whence he was conducted to the Castle of Maienza, the home of his niece the Countess Francesca Ceccano.彼は1月、1274年で、徒歩でお出かけ、服従しようとしましたが、強さが彼を失敗した、彼はテッラチーナ近くの地面に落ち、そこから彼はMaienza、彼の姪伯爵夫人フランチェスカCeccanoの自宅の城に行った。 The Cistercian monks of Fossa Nuova pressed him to accept their hospitality, and he was conveyed to their monastery, on entering which he whispered to his companion: "This is my rest for ever and ever: here will I dwell, for I have chosen it" (Psalm 131:14).フォッサ·ヌオーヴァのシトー修道会の修道士は彼が彼の仲間に囁いている入力に、彼らのおもてなしを受け入れるために彼を押され、彼は彼らの修道院に伝えられた: "これは永遠に私の残りの部分である:私はそれを選択しているため、ここで私は、そこにとどまるであろう"(詩篇131:14)。 When Father Reginald urged him to remain at the castle, the saint replied: "If the Lord wishes to take me away, it is better that I be found in a religious house than in the dwelling of a lay person."父レジナルドは、城のままに彼を求めたとき、聖人は答えた: "主は私を奪うしたいなら、それは一般人の住居に比べて、私は宗教家で発見されることをお勧めします。" The Cistercians were so kind and attentive that Thomas's humility was alarmed.シトーはトーマスの謙虚さが心配されたことをとても親切で気配りだった。 "Whence comes this honour", he exclaimed, "that servants of God should carry wood for my fire!" "神のしもべたちは私の火のために木材を運ぶ必要があることを!"彼は叫んだ、 "そこからはこの名誉を来る" At the urgent request of the monks he dictated a brief commentary on the Canticle of Canticles.僧侶たちの緊急の要請で彼は賛美歌の雅歌についての簡単な解説を決定。

The end was near; extreme unction was administered.終わりは近くだった;終油の秘跡を投与した。 When the Sacred Viaticum was brought into the room he pronounced the following act of faith:神聖餞別が部屋に運び込まれたとき、彼は信仰の次の行為を発音:

If in this world there be any knowledge of this sacrament stronger than that of faith, I wish now to use it in affirming that I firmly believe and know as certain that Jesus Christ, True God and True Man, Son of God and Son of the Virgin Mary, is in this Sacrament .この世界に存在する信仰のそれよりも強いこの聖餐式の知識がある場合は、私はしっかりとそのイエス·キリスト、真の神と真の男は、神の御子との息子のような特定のを信じて、知っていることを肯定し、それを使えるようになりたい聖母マリアは、この聖餐式になっています。 . . I receive Thee, the price of my redemption, for Whose love I have watched, studied, and laboured.私は勉強し、誰の愛、私は見ているため、私の償還価格のTheeを受信し、こじつけ。 Thee have I preached; Thee have I taught.わたしはあなたを説いてきた。汝は、私が教えてきました。 Never have I said anything against Thee: if anything was not well said, that is to be attributed to my ignorance.わたしはあなたに対して何を言ったことがありません:何も私の無知に起因することを、言っていなかった場合。 Neither do I wish to be obstinate in my opinions, but if I have written anything erroneous concerning this sacrament or other matters, I submit all to the judgment and correction of the Holy Roman Church, in whose obedience I now pass from this life.どちらも私は私の意見に頑固になりたくありませんが、私は、この聖餐式またはその他の事項に関する誤ったものを書かれている場合、私は、その従順で、私は今、この生活から渡す、神聖ローマ教会の判断と補正にすべて提出してください。

He died on 7 March, 1274.彼は1274年3月7日に死亡した。 Numerous miracles attested his sanctity, and he was canonized by John XXII, 18 July, 1323.数々の奇跡は、彼の尊厳を証明し、彼はヨハネ二十二世、1323年7月18日によって列聖された。 The monks of Fossa Nuova were anxious to keep his sacred remains, but by order of Urban V the body was given to his Dominican brethren, and was solemnly translated to the Dominican church at Toulouse, 28 January, 1369.フォッサ·ヌオーヴァの僧侶たちは、彼の神聖な遺跡を維持することを切望していたが、アーバンVの順にボディが彼のドミニカの兄弟に与えられた、と厳粛トゥールーズ、1369年1月28日にドミニカ教会に翻訳されました。 A magnificent shrine erected in 1628 was destroyed during the French Revolution, and the body was removed to the Church of St. Sernin, where it now reposes in a sarcophagus of gold and silver, which was solemnly blessed by Cardinal Desprez on 24 July, 1878. 1628年に建立された壮大な神社は、フランス革命時に破壊され、本体は7月24日に厳粛に枢機卿デプレによって祝福されたそれが今では金と銀の石棺で休息聖セルナン、教会に削除された、1878年。 The chief bone of his left arm is preserved in the cathedral of Naples.左腕のチーフ骨は、ナポリの大聖堂に保存されます。 The right arm, bestowed on the University of Paris, and originally kept in the St. Thomas's Chapel of the Dominican church, is now preserved in the Dominican Church of S. Maria Sopra Minerva in Rome, whither it was transferred during the French Revolution.パリの大学を授け、もともとドミニコ教会の聖トーマス教会に保管右腕が、現在ローマのサンタマリアソプラミネルヴァドミニコ教会に保存され、どこがそれはフランス革命中に移した。 A description of the saint as he appeared in life is given by Calo (Prümmer, op. cit., p. 401), who says that his features corresponded with the greatness of his soul.彼は人生に登場したとして聖人の説明は彼の特徴は、彼の魂の偉大さと一致したと言うカロ(Prümmer、前掲書、p。401)で与えられる。 He was of lofty stature and of heavy build, but straight and well proportioned.彼は高尚な身長のと重いビルドのだったが、ストレートとよく均整。 His complexion was "like the colour of new wheat": his head was large and well shaped, and he was slightly bald.彼の顔色は "新しい小麦の色のように"であった:彼の頭は大きく、よく形だったし、彼は少しはげていた。 All portraits represent him as noble, meditative, gentle yet strong.すべての肖像画は、高貴な瞑想、穏やかまだ強いとして彼を表しています。 St. Pius V proclaimed St. Thomas a Doctor of the Universal Church in the year 1567.聖ピウスVはセントトーマスに年間1567のユニバーサル教会博士と宣言した。 In the Encyclical "Aeterni Patris", of 4 August, 1879, on the restoration of Christian philosophy, Leo XIII declared him "the prince and master of all Scholastic doctors". 4の回勅 "Aeterni Patris"では、8月、1879年には、キリスト教の哲学の回復に、レオ13世は彼を "すべての修学医師の王子とマスター"を宣言しました。 The same illustrious pontiff, by a Brief dated 4 August, 1880, designated him patron of all Catholic universities, academies, colleges, and schools throughout the world.ブリーフ日付1880年8月4日、彼に世界のすべてのカトリック大学、専門学校、大学、学校の後援者を指定しても同じ輝かしい法王、。

IIa.第IIa。 WRITINGS (GENERAL REMARKS)文章(総論)

Although St. Thomas lived less than fifty years, he composed more than sixty works, some of them brief, some very lengthy.セントトーマス未満50年住んでいたが、彼は以上の60作品は、いくつかの非常に長い、短い、それらのいくつかを作曲しました。 This does not necessarily mean that every word in the authentic works was written by his hand; he was assisted by secretaries, and biographers assure us that he could dictate to several scribes at the same time.これは、必ずしも本物の作品内のすべ​​ての単語が彼の手によって書かれたという意味ではありません。彼は秘書の援助を受けて、そして伝記作家は、彼は、同時に複数の筆記者に指示することができること、を確保しました。 Other works, some of which were composed by his disciples, have been falsely attributed to him.彼の弟子たちによって構成されていたそのうちのいくつかは、他の作品は、偽って彼に起因している。

In the "Scriptores Ordinis Praedicatorum" (Paris, 1719) Fr. "Scriptores Ordinis Praedicatorum"(パリ、1719)FRで。 Echard devotes eighty-six folio pages to St. Thomas's works, the different editions and translations (I, pp. 282-348). Echardセントトーマスの作品は、他のエディションや翻訳(私は、282から348頁)に八十から六フォリオページを割いています。 Touron (op. cit., pp. 69 sqq.) says that manuscript copies were found in nearly all the libraries of Europe, and that, after the invention of printing, copies were multiplied rapidly in Germany, Italy, and France, portions of the "Summa theologica" being one of the first important works printed. Touron(前掲。頁69 sqq名は)の部分は、その原稿のコピーは、ヨーロッパのほぼすべてのライブラリで発見された、その、印刷の発明後、コピーはドイツ、イタリア、フランスで急速に乗じたと言う印刷された最初の重要な作品の一つである "総合的研究論文theologica"。 Peter Schöffer, a printer of Mainz, published the "Secunda Secundae" in 1467.ピーター·シェフェール、マインツのプリンタは、1467年に "セクンダのSecundae"を発行しました。 This is the first known printed copy of any work of St. Thomas.これはセントトーマスのどんな仕事の最初の知られている印刷されたコピーです。 The first complete edition of the "Summa" was printed at Basle, in 1485. "総合的研究"の最初の完全版は、1485年に、バーゼルで印刷されました。 Many other editions of this and of other works were published in the sixteenth and seventeenth centuries, especially at Venice and at Lyons.これと他の作品の多くは、他のエディションは、特にヴェネツィアでとライオンズは、16世紀と17世紀に出版された。 The principal editions of all the work (Opera Omnia) were published as follows: Rome, 1570; Venice, 1594, 1612, 1745; Antwerp, 1612; Paris, 1660, 1871-80 (Vives); Parma, 1852-73; Rome, 1882 (the Leonine).すべての作業の主要エディション(オペラオムニア)は次のように発行されています:ローマ、1570年、ヴェネツィア、1594年、1612年、1745年、アントワープ、1612年、パリ、1​​660年、1871年から1880年(ビーブ)、パルマ、1852年から1873年、ローマ1882年(レオニー)。 The Roman edition of 1570, called "the Piana", because edited by order of St. Pius V, was the standard for many years. "ピアーナ"と呼ばれる1570年のローマ版は、聖ピオ五世の命令により編集されたので、多くの年の標準でした。 Besides a carefully revised text it contained the commentaries of Cardinal Cajetan and the valuable "Tabula Aurea" of Peter of Bergamo.慎重に改訂されたテキストのほかに、それは枢機卿Cajetanの論評とベルガモのピーターの貴重な "タブラ·アウレア"を含んでいた。 The Venetian edition of 1612 was highly prized because the text was accompanied by the Cajetan-Porrecta commentaries .テキストはCajetan-Porrectaの論評を伴っていたので、1612年のベネチア版は非常に珍重された。 . . . The Leonine edition, begun under the patronage of Leo XIII, now continued under the master general of the Dominicans, undoubtedly will be the most perfect of all.レオ十三世の庇護の下で始まったレオニー版は、現在、ドミニカのマスター一般の下で継続間違いなくすべての最も完璧になります。 Critical dissertations on each work will be given, the text will be carefully revised, and all references will be verified.各作業上の重要な論文が与えられると、テキストは慎重に改訂され、すべての参照が検証されます。 By direction of Leo XIII (Motu Proprio, 18 Jan., 1880) the "Summa contra gentiles" will be published with the commentaries of Sylvester Ferrariensis, whilst the commentaries of Cajetan go with the "Summa theologica".レオ13世(教皇自発教令、1880年1月18日)の方向によって "スンマコントラ異邦人"はシルベスターFerrariensisの論評で公開され、Cajetanの論評は、 "総合的研究論文theologica"で行く一方。

The latter has been published, being volumes IV-XII of the edition (last in 1906).後者はボリューム版のIV-XII(1906年最後の)されて、公開されています。 St. Thomas's works may be classified as philosophical, theological, scriptural, and apologetic, or controversial.セントトーマスの作品は哲学的、神学的、聖書、と申し訳なさそうな、または物議として分類することができる。 The division, however, cannot always be rigidly maintained.分裂は、しかし、常に厳格に維持することはできません。 The "Summa theologica", eg, contains much that is philosophical, whilst the "Summa contra gentiles" is principally, but not exclusively, philosophical and apologetic. "総合的研究論文theologica"、例えば、非常に哲学的であることが含まれており、 "総合的研究コントラ異邦人"をしながら、哲学と申し訳なさそうな主ですが、排他的ではない。 His philosophical works are chiefly commentaries on Aristotle, and his first important theological writings were commentaries on Peter Lombard's four books of "Sentences"; but he does not slavishly follow either the Philosopher or the Master of the Sentences (on opinions of the Lombard rejected by theologians, see Migne, 1841, edition of the "Summa" I, p. 451).彼の哲学的な作品は、主にアリストテレスの論評であり、彼の最初の重要な神学的な著作は、 "文章"のピーターロンの4冊の本を論評であった、しかし、彼は盲目的によって拒否ロンバードの意見で哲学や文章(のマスターのいずれかに従っていません神学者は、 "総合的研究"私は、pのミーニュ、1841年版を参照してください。451)。

IIb.第IIb。 WRITINGS (HIS PRINCIPAL WORKS)文章(彼の主な作品)

Amongst the works wherein St. Thomas's own mind and method are shown, the following deserve special mention:作品の特徴とセントトーマス自身の心と方法が示されている中で、以下のは特筆に値する。

(1) "Quaestiones disputatae" (Disputed Questions) -- These were more complete treatises on subjects that had not been fully elucidated in the lecture halls, or concerning which the professor's opinion had been sought. (1) "Quaestiones disputatae"(係争質問) - これらは、完全に講義室で解明、または求められていた教授の意見に関するされていなかった科目を、より完全な論文だった。 They are very valuable, because in them the author, free from limitations as to time or space, freely expresses his mind and gives all arguments for or against the opinions adopted.それらの中に、時間や空間になどの制限から自由に著者は、自由に彼​​の心を表現し、あるいは採択の意見に対して、すべての引数を与えるので、彼らは、非常に貴重なものです。 These treatises, containing the questions "De potentia", "De malo", "De spirit. creaturis", "De anima", "De unione Verbi Incarnati", "De virt. in communi", "De caritate", "De corr. fraterna", "De spe", "De virt. cardinal.", "De veritate", were often reprinted, eg recently by the Association of St. Paul (2 vols., Paris and Fribourg, Switzerland, 1883).これらの論文は、 "デ、潜在"、 "デ·マロ"の質問を含む、 "デ精神。creaturis"、 "デ·アニマ"、 "デunione Verbi Incarnati"、 "デVIRT。コミュニケーションに"、 "デcaritate"、 "デCORR。fraterna "、"デSPE "、"デVIRT。枢機卿 "、"デveritate "、しばしば(2 vols学です。、パリとフリブール、スイス、1883年)聖パウロ協会が最近、例えば再版された。

(2) "Quodlibeta" (may be rendered "Various Subjects", or "Free Discussions") -- They present questions or arguments proposed and answers given in or outside the lecture halls, chiefly in the more formal Scholastic exercises, termed circuli, conclusiones, or determinationes, which were held once or twice a year. (2) "Quodlibetaは"( "様々な科目"、または "フリーディスカッション"レンダリングされてもよい) - 彼らは講義室や外で与えられた質問や引数提案とその回答を紹介し、主に、より正式な学力の演習で、circulusの複数形と呼ばれる、 conclusiones、または年に1回か2回開催されましたdeterminationes、。

(3) "De unitate intellectus contra Averroistas" -- This opusculum refuted a very dangerous and widespread error, viz., that there was but one soul for all men, a theory which did away with individual liberty and responsibility. (3) "デunitate intellectusコントラAverroistas" - この小曲は、すなわち、非常に危険かつ広範なエラーを否定し、すべての男性のためのひとつの魂、個人の自由と責任を持って廃止した理論があったが、その。 (See AVERROES) (イブン=を参照)

(4) "Commentaria in Libros Sententiarum" (mentioned above) -- This with the following work are the immediate forerunners of the "Summa theologica". (4) "ジャンルSententiarumでCommentaria"(上述) - これは、次の作業では、 "総合的研究論文theologica"の直接の先駆者です。

(5) "Summa de veritate catholicae fidei contra gentiles" (Treatise on the Truth of the Catholic Faith, against Unbelievers) -- This work, written at Rome, 1261-64, was composed at the request of St. Raymond of Pennafort, who desired to have a philosophical exposition and defence of the Christian Faith, to be used against the Jews and Moors in Spain. (5) "総合的研究論文デveritate catholicae信仰のコントラ異邦人"(不信心者に対しては、カトリックの信仰の真実考) - ローマ、1261年から1264年に書かれたこの作品は、、、Pennafort聖レイモンドの依頼で作曲された人はスペインのユダヤ人、ムーア人に対して使用することは、キリスト教の信仰の哲学博覧会と防衛を持つことが望ましい。 It is a perfect model of patient and sound apologetics, showing that no demonstrated truth (science) is opposed to revealed truth (faith).それは真実を実証(科学)は、真実を明らかに(信仰)に反対されていないことを示す、患者とサウンド弁証の完璧なモデルです。 The best recent editions are those of Rome, 1878 (by Uccelli), of Paris and Fribourg, Switzerland, 1882, and of Rome, 1894.最高の最新版は、パリとフリブール、スイスで、1882年のローマ、1878(Uccelliによる)のものや、ローマ、1894年現在のものです。 It has been translated into many languages.それは多くの言語に翻訳されています。 It is divided into four books: I. Of God as He is in Himself; II.彼は自分自身になっているとして、神のI.、II:それは4冊に分かれています。 Of God the Origin of Creatures; III.神の生き物の起源;Ⅲ。 Of God the End of Creatures; IV.神の創造物の終了;Ⅳ。 Of God in His Revelation.彼の黙示録の神の。 It is worthy of remark that the Fathers of the Vatican Council, treating the necessity of revelation (Constitution "Dei Filius", c. 2), employed almost the very words used by St. Thomas in treating that subject in this work (I, cc. iv, V), and in the "Summa theologica" (I:1:1).それは、啓示の必要性(憲法 "デイFilius"、C 2)の治療、バチカン公会議の教父ことはほぼ非常に言葉が(私は、この作品では、その対象を治療するにはセントトーマスによって使用される採用発言の価値がある。ccのIV、V)であり、 "総合的研究論文theologica"(私で1:1)。

(6) Three works written by order of Urban IV -- (6)都市IVの順に書かれた3つの作品を -

The "Opusculum contra errores Graecorum" refuted the errors of the Greeks on doctrines in dispute between them and the Roman Church, viz., the procession of the Holy Ghost from the Father and the Son, the primacy of the Roman pontiff, the Holy Eucharist, and purgatory. "小曲コントラerrores Graecorum"はそれらとは、カトリック教会、すなわち、父から聖霊の行列と息子、ローマ教皇の優位性、聖体の間の紛争での教義上のギリシアの誤りを論破、および煉獄。 It was used against the Greeks with telling effect in the Council of Lyons (1274) and in the Council of Florence (1493).これはライオンズ(1274)の理事会と評議会フィレンツェ(1493)の効果を伝えるとギリシア人に対して使用された。 In the range of human reasonings on deep subjects there can be found nothing to surpass the sublimity and depth of the argument adduced by St. Thomas to prove that the Holy Ghost proceeds from the Father and the Son (cf. Summa I:36:2); but it must be borne in mind that our Faith is not based on that argument alone. 36:2:深いテーマに関する人間の推論の範囲内で、父と息子(参照スンマ私から聖霊が進むことを証明する聖トマスによって提示さ引数の崇高さと深さをしのぐことは何もあり見つけることができない)、しかしそれは私たちの信仰は、単独でその引数に基づいていないことに留意しなければならない。

"Officium de festo Corporis Christi". "Officiumデフェスト白癬クリスティ"。 Mandonnet (Ecrits, p. 127) declares that it is now established beyond doubt that St. Thomas is the author of the beautiful Office of Corpus Christi, in which solid doctrine, tender piety, and enlightening Scriptural citations are combined, and expressed in language remarkably accurate, beautiful, chaste, and poetic. Mandonnet(Ecrits、頁127)、それが今セントトーマス固体教義、入札信心深さ、そして啓発的な聖書の引用が組み合わされたコーパスクリスティの美しいオフィスの著者であることは疑う余地なく確立され、言語で表現されることを宣言します著しく、正確美しく、貞淑な、そして詩的。 Here we find the well-known hymns, "Sacris Solemniis", "Pange Lingua" (concluding in the "Tantum Ergo"), "Verbum Supernum" (concluding with the "O Salutaris Hostia") and, in the Mass, the beautiful sequence "Lauda Sion".ここでは、よく知られている賛美歌を見つけ、 "Sacris Solemniis"、 "Pangeリンガ"( "Tantumエルゴ"の締結)、 "Verbum Supernum"( "O Salutaris Hostia"と結び)と、ミサで、美しいシーケンス "ラウダシオン"。 In the responses of the office, St. Thomas places side by side words of the New Testament affirming the real presence of Christ in the Blessed Sacrament and texts from the Old Testament referring to the types and figures of the Eucharist.オフィスの応答では、聖トマスは聖体の種類と、図面を参照し、旧約聖書から御聖体とテキストで、キリストの本当の存在を肯定する新約聖書の側の言葉を並べて配置します。 Santeuil, a poet of the seventeenth century, said he would give all the verses he had written for the one stanza of the "Verbum Supernum": "Se nascens dedit socium, convescens in edulium: Se moriens in pretium, Se regnans dat in praemium" -- "In birth, man's fellow-man was He, His meat, while sitting at the Board: He died his Ransomer to be, He reigns to be his Great Reward" (tr. by Marquis of Bute). "SE nascens dedit socium、eduliumでconvescens:pretium中のSe moriens、Seのregnans DAT praemiumでSanteuil、17世紀の詩人が、彼は" Verbum Supernum "の1スタンザのために書かれたすべての詩を与えるだろうと述べた" - "出産では、男の仲間の男が彼だった、彼の肉は、理事会の前に座っている間:彼はであるために彼の人質が死亡し、彼は偉大な報奨 "(ビュート侯爵によってtr.)になるように君臨。 Perhaps the gem of the whole office is the antiphon "O Sacrum Convivium" (cf. Conway, "St. Thomas Aquinas", London and New York, 1911, p. 61).おそらく、オフィス全体の宝石はアンティフォンの "O仙骨コンヴィヴィウム"(参照コンウェイ、 "聖トマス·アクィナス"、ロンドン、ニューヨーク、1911年、p。61)です。

The "Catena Aurea", though not as original as his other writings, furnishes a striking proof of St. Thomas's prodigious memory and manifests an intimate acquaintance with the Fathers of the Church. "カテナ·アウレア"は、彼の他の著作と同様にオリジナルではないものの、セントトーマス島の並外れた記憶力の顕著な証拠をfurnishesと教会の長老たちとの親密な交際を明示する。 The work contains a series of passages selected from the writings of the various Fathers, arranged in such order that the texts cited form a running commentary on the Gospels.作品はテキストが福音書で実行されている解説を形成して引用したような順序で配列の様々な、父親の文章から選択された通路のシリーズが含まれています。 The commentary on St. Matthew was dedicated to Urban IV.マタイの解説はアーバンIVに捧げられた。 An English translation of the "Catena Aurea" was edited by John Henry Newman (4 vols., Oxford, 1841-1845; see Vaughan, op. cit., vol. II,) pp. 529 sqq.. "カテナ·アウレア"の英訳はジョン·ヘンリー·ニューマン(。。。4 vols学、オックスフォード、1841年から1845年;ヴォーンを参照して、前掲、VOL II)によって編集された頁529 sqq名..

(7) The "Summa theologica"-- This work immortalized St. Thomas. (7) "総合的研究論文theologica" - セントトーマス島の不死この作品。 The author himself modestly considered it simply a manual of Christian doctrine for the use of students.著者自身は控えめに学生の使用のために、キリスト教の教義のマニュアル、単にそれを考慮した。 In reality it is a complete scientifically arranged exposition of theology and at the same time a summary of Christian philosophy (see SUMMÆ).現実には、神学の完全な科学的に配置された博覧会であると同時にキリスト教哲学の要約で(summaの複数形を参照してください)​​。 In the brief prologue St. Thomas first calls attention to the difficulties experienced by students of sacred doctrine in his day, the causes assigned being: the multiplication of useless questions, articles, and arguments; the lack of scientific order; frequent repetitions, "which beget disgust and confusion in the minds of learners". 、科学的な秩序の欠如、頻繁に繰り返し、 "その無駄な質問、記事、および引数の乗算:セントトーマス島が最初に割り当てられている原因は、彼の日の神聖な教義の学生が経験した困難に注意を促す簡単なプロローグで学習者の心の中に生む嫌悪と混乱 "。 Then he adds: "Wishing to avoid these and similar drawbacks, we shall endeavour, confiding in the Divine assistance, to treat of these things that pertain to sacred doctrine with brevity and clearness, in so far as the subject to he treated will permit."その後、彼は付け加えた: "これらと同様の欠点を回避したがって、我々はこれまでのところ、彼は治療の対象としてで簡潔さと明晰さを持つ神聖な教義に関係が許すことをこれらの事を治療するために、神の援助に忌憚ない、努めるものとする。 "

In the introductory question, "On Sacred Doctrine", he proves that, besides the knowledge which reason affords, Revelation also is necessary for salvation first, because without it men could not know the supenatural end to which they must tend by their voluntary acts; secondly, because, without Revelation, even the truths concerning God which could be proved by reason would be known "only by a few, after a long time, and with the admixture of many errors".それなしで、男性はsupenatural終わりが彼らの自発的な行為によって傾向がある必要がありますしているかを知ることができなかったので、入門の質問では、 "神聖な教義では"と、彼は理由が支払う知識のほかに、ヨハネの黙示録にも救い第一に必要である、ことを証明している。第二に、ために、ヨハネの黙示録せず、理性によって証明することができる神に関する真理があっても "久しぶりに、多くのエラーの混合物と、ほんの数によって"知られているだろう。 When revealed truths have been accepted, the mind of man proceeds to explain them and to draw conclusions from them.明らかに真理が受理されたとき、男は進むの心はそれらを説明すると、そこから結論を導き出すこと。 Hence results theology, which is a science, because it proceeds from principles that are certain (Answer 2).それは確信している原理から進行するので(回答2)、科学である従って結果の神学、。 The object, or subject, of this science is God; other things are treated in it only in so far as they relate to God (Answer 7).この科学のオブジェクト、または被験体は、神であり、他のものはこれまでのところ、彼らは神(回答7)に関連するだけでそれに扱われます。 Reason is used in theology not to prove the truths of faith, which are accepted on the authority of God, but to defend, explain, and develop the doctrines revealed (Answer 8).理由は、神の権威に受け入れられている信仰の真理を証明することではなく、守る説明し、(回答8)を明らかにした教義を開発しない神学で使用されています。 He thus announces the division of the "Summa": "Since the chief aim of this sacred science is to give the knowledge of God, not only as He is in Himself, but also as He is the Beginning of all things, and the End of all, especially of rational creatures, we shall treat first of God; secondly, of the rational creature's advance towards God (de motu creaturae rationalis in Deum); thirdly, of Christ, Who, as Man, is the way by which we tend to God."こうして彼は、 "総合的研究"の一部門を発表: "この神聖な科学の主な目的は、彼は自分自身であるだけでなく、神の知識を与えることであるだけでなく、彼はすべての物事の始まりであるように、そして年末以降すべての、特に合理的な生き物で、私たちは神の第一治療しなければならない。第二に、神に向かって合理的なクリーチャーの事前の(デMOTU creaturae rationalisデウムで)第三に、人間として、方法ですが、キリストの我々は傾向があることで神に。 " God in Himself, and as He is the Creator; God as the End of all things, especially of man; God as the Redeemer -- these are the leading ideas, the great headings, under which all that pertains to theology is contained.神ご自身であり、彼は創造主であるとして、特に男性のすべての物事の終わりとしての神、;救い主としての神 - これらは、神学にすべてのことに関するものが含まれている下で有数のアイデア、偉大な見出しです。

(a) Sub-divisions (a)は、サブディビジョン

The First Part is divided into three tracts:最初の部分は、3管に分かれています。

On those things which pertain to the Essence of God;神の本質に関係するそれらの事について;

On the distinction of Persons in God (the mystery of the Trinity);神の人物の区別について(トリニティの謎);

On the production of creatures by God and on the creatures produced.神による創造物の生産にと上の生き物は作り出した。

The Second Part, On God as He is in the End of man, is sometimes called the Moral Theology of St. Thomas, ie, his treatise on the end of man and on human acts.彼は男の果てにあるように第二部は、神では、時にはセントトーマスの道徳的な神学、すなわち、人間の終わりにと人間の行為で彼の論文と呼ばれています。 It is subdivided into two parts, known as the First Section of the Second (I-II, or 1a 2ae) and the Second of the Second (II-II, or 2a 2ae).なお、第2の第一部(I-II、または1a 2AE)と第二の二(II-II、または2a 2AE)として知られている2つの部分に分割されています。

The First of the Second.第二の最初の。 The first five questions are devoted to proving that man's last end, his beatitude, consists in the possession of God.最初の5つの質問は、その男の最後の終わりを証明に専念している、彼の至福は、神の所有物で構成されています。 Man attains to that end or deviates from it by human acts, ie by free, deliberate acts.男はその末尾に達し、又はフリー、故意の行為によって人間の行為、すなわちによってそこから逸脱する。 Of human acts he treats, first, in general (in all but the first five questions of the I-II), secondly, in particular (in the whole of the II-II).人間の行為の彼は(II-IIの全体の中で)特に、第二に、(すべてがI-IIの最初の5つの質問で)一般的には、まず、扱います。 The treatise on human acts in general is divided into two parts: the first, on human acts in themselves; the other, on the principles or causes, extrinsic or intrinsic, of those acts. 、他、原理や原因について、外因性または内因性、これらの行為の最初の、それ自体が人間の行為に:一般的には人間の行為に関する論文は二つの部分に分かれています。 In these tracts and in the Second of the Second, St. Thomas, following Aristotle, gives a perfect description and a wonderfully keen analysis of the movements of man's mind and heart.これらの管に、第二の第二で、聖トマスは、アリストテレスに従って、完璧な説明と、人間の心と心の動きを見事に鋭い分析を提供します。

The Second of the Second considers human acts, ie, the virtues and vices, in particular.第二の第二は、特に人間の行為、すなわち、美徳と悪徳を考慮する。 In it St. Thomas treats, first, of those things that pertain to all men, no matter what may be their station in life, and, secondly, of those things that pertain to some men only.それだけで何人かの人に関係するものの、その生活の中でそれらの駅になるかもしれないものに関係なく、すべての人に関係し、かつ、第二に、それらのものの最初のセントトーマスお菓子、、。 Things that pertain to all men are reduced to seven headings: Faith, Hope, and Charity; Prudence, Justice, Fortitude, and Temperance. 、プルーデンス、正義、剛毅、節制と信仰、希望、そしてチャリティ:すべての人に関係するものは7見出しに縮小されます。 Under each title, in order to avoid repetitions, St. Thomas treats not only of the virtue itself, but also of the vices opposed to it, of the commandment to practise it, and of the gift of the Holy Ghost which corresponds to it.各タイトルの下に、繰り返しを避けるために、聖トマスは美徳そのもののでなく、それとは対照的に悪徳の、それを実践するための戒め、そしてそれに対応して聖霊の賜物ではないだけに扱います。 Things pertaining to some men only are reduced to three headings: the graces freely given (gratia gratis datae) to certain individuals for the good of the Church, such as the gifts of tongues, of prophecy, of miracles; the active and the contemplative life; the particular states of life, and duties of those who are in different states, especially bishops and religious.アクティブと観想的な生活、自由に奇跡のような予言の舌の贈り物として、教会の善のために特定の個人に(グレーシア無償datae)指定された美神:何人かの人に関係するものは唯一の3つの見出しに還元される、特に生活の状態、および異なる状態、特に司教や宗教にある者の職務。

The Third Part treats of Christ and of the benefits which He has conferred upon man, hence three tracts: On the Incarnation, and on what the Saviour did and suffered; On the Sacraments, which were instituted by Christ, and have their efficacy from His merits and sufferings; On Eternal Life, ie, on the end of the world, the resurrection of bodies, judgment, the punishment of the wicked, the happiness of the just who, through Christ, attain to eternal life in heaven.第三部では、キリストのそれ故に彼は人間に授けた利益、3管の扱い:化身であり、救い主がやったと苦しんだものに、キリストによって設立された秘跡、で、と彼からその効力を有するメリットと苦しみ、永遠のいのちを、すなわち、世界の終わりに、体の復活、判断力、悪しき者の処罰、キリストを通して、天国で永遠の命を達成するだけで、誰の幸せ。

Eight years were given to the composition of this work, which was begun at Rome, where the First Part and the First of the Second were written (1265-69).八年は、第1部分と第2の第一は、(1265年から1269年)に書かれたローマで始まっ​​たこの作品の構図、に与えられた。 The Second of the Second, begun in Rome, was completed in Paris (1271).ローマに始まった第二の第二は、パリ(1271年)に完成しました。 In 1272 St. Thomas went to Naples, where the Third Part was written, down to the ninetieth question of the tract On Penance (see Leonine edition, I, p. xlii). 1272年にセントトーマスダウン苦行で管のうちの90の質問(レオニー版、私は、p。XLIIを参照)に、第三の部分が書かれていたナポリに行ってきました。 The work has been completed by the addition of a supplement, drawn from other writings of St. Thomas, attributed by some to Peter of Auvergne, by others to Henry of Gorkum.仕事が他者によるGorkumのヘンリーに、オーヴェルニュのピーターにいくつかによって帰、セントトーマス島の他の文章から引き出さサプリメントを添加することにより完成されたものである。 These attributions are rejected by the editors of the Leonine edition (XI, pp. viii, xiv, xviii).これらの帰属は、レオニー版(XI、頁VIII、14、18)の編集者によって拒否されます。 Mandonnet (op. cit., 153) inclines to the very probable opinion that it was compiled by Father Reginald de Piperno, the saint's faithful companion and secretary. Mandonnet(前掲。、153)が、それが父レジナルド·デピペルノ、聖人の忠実なコンパニオンと幹事がコンパイルされた可能性が非常に意見に傾きます。

The entire "Summa" contains 38 Treatises, 612 Questions, subdivided into 3120 articles, in which about 10,000 objections are proposed and answered.全体の "総合的研究"が約10,000異議が提案され、回答されている3120記事に分割し、38の論文は、612の質問が含まれています。 So admirably is the promised order preserved that, by reference to the beginning of the Tracts and Questions, one can see at a glance what place it occupies in the general plan, which embraces all that can be known through theology of God, of man, and of their mutual relations .だから見事にトラクツと質問の先頭を参照することによって、人は、それが人間の神の神学を通して知ることができるすべてのことを、包含する一般的なプランで占めどのような場所が一目でわかります、という約束の順序は保持され、ある及びそれらの相互関係の。 . . "The whole Summa is arranged on a uniform plan. Every subject is introduced as a question, and divided into articles. . . . Each article has also a uniform disposition of parts. The topic is introduced as an inquiry for discussion, under the term Utrum, whether -- eg Utrum Deus sit? The objections against the proposed thesis are then stated. These are generally three or four in number, but sometimes extend to seven or more. The conclusion adopted is then introduced by the words, Respondeo dicendum. At the end of the thesis expounded the objections are answered, under the forms, ad primum, ad secundum, etc." "全体の総合的研究論文は、均一プラン上に配置されている。すべての被験者は、質問のように紹介され、記事に分かれています。....それぞれの記事はまた、部品の均一な気質を持っています。トピックは用語の下、議論のための調査として導入されUtrumは、どうか - ?例えばUtrumデウス座る提案論文に対する反論は、次に記載されているこれらは、一般的に数が3または4であるが、時には7以上に及ぶ採択の結論は、単語によって導入される、Respondeoのdicendum。。異議を唱えた論文の最後に "次中広告、広告隔など、フォームの下に、回答されてい . . . . The "Summa" is Christian doctrine in scientific form; it is human reason rendering its highest service in defence and explanation of the truths of the Christian religion. "総合的研究"は科学的な形でキリスト教の教義であり、それは防衛とキリスト教の宗教の真理の説明では、その最高のサービスをレンダリングする人間の理性です。 It is the answer of the matured and saintly doctor to the question of his youth: What is God?それは彼の青年の質問に成熟し、聖人のような医者の答えです:神とは何ですか? Revelation, made known in the Scriptures and by tradition; reason and its best results; soundness and fulness of doctrine, order, conciseness and clearness of expression, effacement of self, the love of truth alone, hence a remarkable fairness towards adversaries and calmness in combating their errors; soberness and soundness of judgment, together with a charmingly tender and enlightened piety -- these are all found in this "Summa" more than in his other writings, more than in the writings of his contemporaries, for "among the Scholastic doctors, the chief and master of all, towers Thomas Aquinas, who, as Cajetan observes (In 2am 2ae, Q. 148, a. 4) 'because he most venerated the ancient doctors of the Church in a certain way seems to have inherited the intellect of all'" (Encyclical, "Aeterni Patris", of Leo XIII).ヨハネの黙示録は、聖書と伝統によって知らされ、その理由と、その最高の結果;教義の健全性と満ちる、順序、簡潔さと表現の明晰さ、自己の消失、それ故に一人で真実の愛、敵に向かって顕著公平かつ冷静に自分のエラーとの闘い;判断の冷静さと健全性を、一緒に魅力的な入札と悟りを開い信心深さと - これらはすべて、多くの彼の他の著作に比べて、この "総合的研究"の中に彼の同時代の書物よりも、学力の間に "のためのものです医師は、すべてのマスターチーフと、特定の方法で教会の古代の医師たちが継承しているようだ、彼が最も尊敬ためCajetanが観察として、(2AM 2AEで、Q 148、図4) '塔トマス·アクィナス、すべての "知性"(回勅、 "レオ13世Aeterni Patris")。

(b) Editions and Translations (b)のエディションと翻訳

It is impossible to mention the various editions of the "Summa", which has been in constant use for more than seven hundred years.以上の700年のために常時使用されている "総合的研究"、の各種エディションを言及することは不可能です。 Very few books have been so often republished.非常にいくつかの書籍は、それほど頻繁に再版されています。 The first complete edition, printed at Basle in 1485, was soon followed by others, eg, at Venice in 1505, 1509, 1588, 1594; at Lyons in 1520, 1541, 1547, 1548, 1581, 1588, 1624,1655; at Antwerp in 1575. 1485年にバーゼルで印刷最初の完全版は、間もなく1505年のヴェネツィアでの他人、例えば、1509年、1588年、1594年に続いた; 1520年ライオンズ、1541、1547、1548、1581、1588、1624,1655で、少なくとも1575年アントワープ。 These are enumerated by Touron (op. cit., p. 692), who says that about the same time other editions were published at Rome, Antwerp, Rouen, Paris, Douai, Cologne, Amsterdam, Bologna, etc. The editors of the Leonine edition deem worthy of mention those published at Paris in 1617, 1638, and 1648, at Lyons in 1663, 1677, and 1686, and a Roman edition of 1773 (IV, pp. xi, xii).これらは、ほぼ同時期に、他のエディションはローマ、アントワープ、ルーアン、パリ、ドゥエ、ケルン、アムステルダム、ボローニャ等での編集者を発表したと言うTouron(前掲書、p。692)で列挙されますレオニー版は、1663年にリヨンで、1677年を1617年にパリで出版された、1638年、そして1648年に言及に値するものとみなし、1686年、および1773年のローマ版(IV、頁XI、XII)。 Of all old editions they consider the most accurate two published at Padua, one in 1698, the other in 1712, and the Venice edition of 1755.すべての古いエディションの彼らは1712年で1698年の1つで、他の、そして1755年のヴェネツィア版、パドヴァで公開され、最も正確な2を考えてみましょう。 Of recent editions the best are the following: the Leonine; the Migne editions (Paris, 1841, 1877); the first volume of the 1841 edition containing the "Libri quatuor sententiarum" of Peter Lombard; the very practical Faucher edition (5 vols. small quarto, Paris, 1887), dedicated to Cardinal Pecci, enriched with valuable notes; a Roman edition of 1894.レオニー;ミーニュエディション(パリ、1841、1877);ピーターロンの "liberの複数形quatuor sententiarum"を含む1841年版の第一巻、非常に実用的なファウチャー版(5 vols学:最新版のベストは以下の通りです。貴重なノートを豊かに枢機卿ペッチに捧げ小四つ折り、パリ、1​​887); 1894年のローマ版。 The "Summa" has been translated into many modern languages as well. "総合的研究"は、同様に多くの近代的な言語に翻訳されました。

IIc. IIc型。 WRITINGS (METHOD AND STYLE)文章(METHODおよびスタイル)

It is not possible to characterize the method of St. Thomas by one word, unless it can be called eclectic.それは折衷的に呼び出すことができない限り、1つの単語でセントトーマスの方法を特徴づけることはできません。 It is Aristotelean, Platonic, and Socratic; it is inductive and deductive; it is analytic and synthetic.それは、アリストテレス、プラトン、ソクラテスとであり、それは帰納と演繹的であり、それは分析と合成です。 He chose the best that could he found in those who preceded him, carefully sifting the chaff from the wheat, approving what was true, rejecting the false.彼は慎重に偽を拒否し、本当だった何承認、小麦から籾殻をふるい、彼に先行した人たちで発見できる最高のを選びました。 His powers of synthesis were extraordinary.合成の彼の力は並外れていた。 No writer surpassed him in the faculty of expressing in a few well-chosen words the truth gathered from a multitude of varying and conflicting opinions; and in almost every instance the student sees the truth and is perfectly satisfied with St. Thomas's summary and statement.いいえ作家は真実が意見を変えると競合多数から集められたいくつかのよく選ばれた言葉で表現するの教員の中で彼を上回っていません、そしてほとんどすべてのインスタンスで学生は真実を見て、完璧に聖トーマスサマリーおよびステートメントに満足しています。 Not that he would have students swear by the words of a master.彼は、学生がマスターの言葉を誓うだろうしないこと。 In philosophy, he says, arguments from authority are of secondary importance; philosophy does not consist in knowing what men have said, but in knowing the truth (In I lib. de Coelo, lect. xxii; II Sent., D. xiv, a. 2, ad 1um).哲学では、彼によれば、当局からの引数は二次的な重要性であり、哲学は何としている男性は知っているだけでは、しかし、私libに真実を(知っているではありませんデCoelo、講XXII;。IIは送信され、D. XIV、。 2、広告1um)。 He assigns its proper place to reason used in theology (see below: Influence of St. Thomas), but he keeps it within its own sphere.彼は神学で使用理由(下記参照:セントトーマス島の影響)への適切な場所を割り当てますが、彼は独自の球体内にそれを保持しています。 Against the Traditionalists the Holy See has declared that the method used by St. Thomas and St. Bonaventure does not lead to Rationalism (Denzinger-Bannwart, n. 1652).伝統主義に対してローマ法王庁は、聖トマスと聖ボナヴェントゥラで使用されている方法は、(デンツィンガー - bannwart、nである。1652)合理主義につながるものではないと宣言しました。 Not so bold or original in investigating nature as were Albertus Magnus and Roger Bacon, he was, nevertheless, abreast of his time in science, and many of his opinions are of scientific value in the twentieth century.アルベルトゥスマグヌスとロジャー·ベーコンがそうであったような性質を検討する上でとても大胆または原本ではなく、彼は、それにもかかわらず、科学の彼の時間に遅れないようだったし、彼の意見の多くは、20世紀に科学的な価値がある。 Take, for instance, the following: "In the same plant there is the two-fold virtue, active and passive, though sometimes the active is found in one and the passive in another, so that one plant is said to be masculine and the other feminine" (3 Sent., D. III, Q. ii, a 1).例えば、次の安全措置を講じ:時々アクティブが1と別のパッシブで発見されても "同じ植物で1工場が男らしいとも言われるように、アクティブとパッシブ、2倍の美徳がある(3が送信されます、D. III、Q.二、1) "他の女性。

The style of St. Thomas is a medium between the rough expressiveness of some Scholastics and the fastidious elegance of John of Salisbury; it is remarkable for accuracy, brevity, and completeness.セントトーマスのスタイルは、いくつかのスコラの大まかな表現力とソールズベリーのジョンの潔癖な優雅さとの間の媒体であり、それは正確さ、簡潔さ、そして完全性のために顕著である。 Pope Innocent VI (quoted in the Encyclical, "Aeterni Patris", of Leo XIII) declared that, with the exception of the canonical writings, the works of St. Thomas surpass all others in "accuracy of expression and truth of statement" (habet proprietatem verborum, modum dicendorum, veritatem sententiarum).インノケンティウスVIは(レオ13世の回勅、 "Aeterni Patris"で引用)(habet正規の文章を除いて、セントトーマス島の作品は "文の表現の正確さと真実"に他のすべてを凌駕する、と宣言したproprietatem verborum、modum dicendorum、veritatem sententiarum)。 Great orators, such as Bossuet, Lacordaire, Monsabré, have studied his style, and have been influenced by it, but they could not reproduce it.そのようなBossuet、ラコルデール、モンサブレなど偉大な雄弁家は、彼のスタイルを研究してきたし、それに影響されてきたが、彼らはそれを再現することができませんでした。 The same is true of theological writers.同じことは、神学的な作家の真実である。 Cajetan knew St. Thomas's style better than any of his disciples, but Cajetan is beneath his great master in clearness and accuracy of expression, in soberness and solidity of judgment. Cajetanは弟子たちの誰よりも優れたセントトーマスのスタイルを知っていたが、Cajetanは判断の冷静さと堅実さの式の透明性と正確さで、彼の偉大なマスター、下にあります。 St. Thomas did not attain to this perfection without an effort.聖トマスは、努力せずに、この完璧に達成しなかった。 He was a singularly blessed genius, but he was also an indefatigable worker, and by continued application he reached that stage of perfection in the art of writing where the art disappears.彼は単独で祝福された天才であったが、彼はまた、不屈の労働者であり、継続的なアプリケーションによって、彼は芸術が消える場所書く技術で完成度のその段階に達している。 "The author's manuscript of the Summa Contra Gentiles is still in great part extant. It is now in the Vatican Library. The manuscript consists of strips of parchment, of various shades of colour, contained in an old parchment cover to which they were originally stitched. The writing is in double column, and difficult to decipher, abounding in abbreviations, often passing into a kind of shorthand. Throughout many passages a line is drawn in sign of erasure" (Rickaby, Op. cit., preface: see Ucelli ed., "Sum. cont. gent.", Rome, 1878). "スンマコントラ異邦人の著者の原稿は現存大部分にまだある。それはバチカン図書館に今ある。原稿は、彼らが最初にステッチされたために、古い羊皮紙のカバーに含まれる色の様々な色合いの羊皮紙のストリップ、、で構成されています。書き込みはしばしば速記の種類に渡して、たくさんの略語で、二列になっており、解読することが困難な多くの通路を通してラインが消去の印に描かれている "(Rickaby、前掲、序文:。Ucelli edを参照してください。 。、 "合計。CONT。紳士。"、ローマ、1878)。

III. Ⅲ。 INFLUENCES EXERTED ON ST.影響は、STに加わる。 THOMAS THOMAS

How was this great genius formed?この偉大な天才はどのように作られたのですか? The causes that exerted an influence on St. Thomas were of two kinds, natural and supernatural. (セントトーマス島)の影響力を行使原因は、2種類の自然と超自然のだった。

A. Natural Causes A.老衰

(1) As a foundation, he "was a witty child, and had received a good soul" (Wisdom 8:19). (1)基盤として、彼は "気の利いた子供だったし、良い魂受けていた"(知恵​​の午前8時19分)を。 From the beginning he manifested precocious and extraordinary talent and thoughtfulness beyond his years.最初から彼は彼の年を超えて早熟と非凡な才能と心遣いを明示した。

(2) His education was such that great things might have been expected of him. (2)彼の教育は素晴らしいものが彼に期待されているかもしれないようなものであった。 His training at Monte Cassino, at Naples, Paris, and Cologne was the best that the thirteenth century could give, and that century was the golden age of education.彼のナポリのモンテ·カッシーノでのトレーニング、、パリ、ケルンは13世紀には与えることができることが最高だったし、その世紀は教育の黄金時代だった。 That it afforded excellent opportunities for forming great philosophers and theologians is evident from the character of St. Thomas's contemporaries.それは偉大な哲学者や神学を形成するための絶好の機会を与えたということは、聖トマスの同時代の文字からも明らかである。 Alexander of Hales, Albertus Magnus, St. Bonaventure, St. Raymond of Pennafort, Roger Bacon, Hugo a S. Charo, Vincent of Beauvais, not to mention scores of others, prove beyond all doubt that those were days of really great scholars.アレキサンダーのヘールズ、アルベルトゥスマグヌス、聖ボナヴェントゥラ、Pennafort聖レイモンド、ロジャー·ベーコン、ヒューゴ·Sチャロ、ボーヴェのヴァンサン、それらは本当に偉大な学者の日々だったことをすべての疑いを超えて証明する、他人のスコアを述べないため。 (See Walsh, "The Thirteenth, Greatest of Centuries", New York, 1907.) The men who trained St. Thomas were his teachers at Monte Cassino and Naples, but above all Albertus Magnus, under whom he studied at Paris and Cologne. (ニューヨーク、1907年、 "世紀のグレイ、13"を、ウォルシュを参照してください)​​セントトーマスを訓練男性がモンテ·カッシーノ、ナポリでの彼の教師であったが、すべてのアルベルトゥスマグヌスの上に、誰の下で彼はパリとケルンで学びました。

(3) The books that exercised the greatest influence on his mind were the Bible, the Decrees of the councils and of the popes, the works of the Fathers, Greek and Latin, especially of St. Augustine, the "Sentences" of Peter Lombard, the writings of the philosophers, especially of Plato, Aristotle, and Boethius. (3)彼の心に最も大きな影響力を行使し、本は特にセントオーガスティン、ピーター·ロンバードの "文章"、ギリシャ語、ラテン語、聖書、協議会と教皇の布告は、父の作品だった特に、プラトン、アリストテレス、そしてボエティウスの哲学者の文章、。 If from these authors any were to be selected for special mention, undoubtedly they would be Aristotle, St. Augustine, and Peter Lombard.これらの作家から、いずれかが特筆するために選択されることになっているなら、間違いなく彼らはアリストテレス、聖アウグスティヌス、そしてピーターロンだろう。 In another sense the writings of St. Thomas were influenced by Averroes, the chief opponent whom he had to combat in order to defend and make known the true Aristotle.別の意味ではセントトーマスの文章はイブン=ルシュド、彼は真のアリストテレスを守り、存在を認識させるために戦うために持っていたチーフ相手に影響を受けた。

(4) It must be borne in mind that St. Thomas was blessed with a retentive memory and great powers of penetration. (4)それは、聖トマスが良い記憶力と浸透の列強に恵まれたことに留意しなければならない。 Father Daniel d'Agusta once pressed him to say what he considered the greatest grace he had ever received, sanctifying grace of course excepted.父ダニエルD'アグスタは、かつて彼が除外もちろんグレースsanctifying、彼がこれまで受けていた最大の恵みを考慮したものを言うために彼を押した。 "I think that of having understood whatever I have read", was the reply. "私は私が読んでいるものは何でも理解したのだと思う"というのが答えだった。 St. Antoninus declared that "he remembered everything be had read, so that his mind was like a huge library" (cf. Drane, op. cit., p. 427; Vaughan, op. cit., II, p. 567). (;ヴォーン、前掲、第二は、p 567。。。427 pの参照Drane、前掲)聖アントニヌスは "彼はすべてのものが彼の心は巨大な図書館のようだったので、読んでいたことを思い出した"と宣言した。 The bare enumeration of the texts of Scripture cited in the "Summa theologica" fills eighty small-print columns in the Migne edition, and by many it is not unreasonably supposed that he learned the Sacred Books by heart while he was imprisoned in the Castle of San Giovanni. "総合的研究論文theologica"で引用聖書のテキストの裸の列挙はミーニュ版で80小プリントカラムに充填され、多くの人にそれが不当に彼が城に幽閉されていた間、彼は心で神聖な書籍のことを学んだことが想定されていませんサン·ジョバンニ。 Like St. Dominic he had a special love for the Epistles of St. Paul, on which he wrote commentaries (recent edition in 2 vols., Turin, 1891).聖ドミニクのように彼は彼が論評を書いているセントポール、(2 vols学における最近の版。、トリノ、1891)の書簡のための特別な愛を持っていた。

(5) Deep reverence for the Faith, as made known by tradition, characterizes all his writings. (5)フェイス用ディープ畏敬の念は、伝統的に知らせたように、すべての彼の文章を特徴付ける。 The consuetudo ecclesiae -- the practice of the Church -- should prevail over the authority of any doctor (Summa II-II:10:12). consuetudoのecclesiaの - 教会の実践 - 任意の医師の権威(:10:12スンマのII-II)に優先する必要があります。 In the "Summa" he quotes from 19 councils, 41 popes, and 52 Fathers of the Church. "総合的研究"で、彼は19の協議会は、41教皇は、教会の52父親から引用している。 A slight acquaintance with his writings will show that among the Fathers his favourite was St. Augustine (on the Greek Fathers see Vaughan, op. cit., II, cc. iii sqq.).彼の文章と若干の知人が父親の間で彼のお気に入りは、聖アウグスティヌス(ギリシャ語の祖先でヴォーン、前掲書、Ⅱ、CCを参照してください。III sqq名)であったことが表示されます。

(6) With St. Augustine (II De doctr. Christ., c. xl), St. Thomas held that whatever there was of truth in the writings of pagan philosophers should be taken from them, as from "unjust possessors", and adapted to the teaching of the true religion (Summa I:84:5). (6)聖アウグスティヌス(IIデdoctr。キリストは、c。XL)で、聖トマスは、 "不当な占有者"から、異教の哲学者の文章の真実があったものは何でもそれらから取られるべきであると判示し、真の宗教の教え(:84:5スンマI)に適応した。 In the "Summa" alone he quotes from the writings of 46 philosophers and poets, his favourite authors being Aristotle, Plato, and, among Christian writers, Boethius. "総合的研究"だけでも、彼は彼の好きな作家は、アリストテレス、プラトン、そして、キリスト教の作家のうち、ボエティウスされ、46の哲学者や詩人の文章から引用している。 From Aristotle he learned that love of order and accuracy of expression which are characteristic of his own works.アリストテレスから、彼は彼自身の作品に特徴的な表現の順序と正確さのその愛を学んだ。 From Boethius he learned that Aristotle's works could be used without detriment to Christianity.ボエティウスから、彼はアリストテレスの作品はキリスト教を損なうことなく使用することができるということを学びました。 He did not follow Boethius in his vain attempt to reconcile Plato and Aristotle.彼はプラトンとアリストテレスを和解させるための彼の無駄な試みでボエティウスに従っていませんでした。 In general the Stagirite was his master, but the elevation and grandeur of St. Thomas's conceptions and the majestic dignity of his methods of treatment speak strongly of the sublime Plato.一般的にStagiriteは主人でしたが、標高と威厳聖トーマスの概念と治療の彼の方法の雄大な尊厳、崇高プラトンの強く話す。

B. Supernatural Causes B.超常現象は、原因

Even if we do not accept as literally true the declaration of John XXII, that St. Thomas wrought as many miracles as there are articles in the "Summa", we must, nevertheless, go beyond causes merely natural in attempting to explain his extraordinary career and wonderful writings.我々は文字通り本当の "総合的研究"の記事があるとして、聖トマスは多くの奇跡のように精巧に作られヨハネ二十二世の宣言を受け入れない場合でも、我々は、それにもかかわらず、彼の並外れた経歴を説明しようとする際に、単に自然の原因を越えなければなりませんそして素晴らしい文章。

(1) Purity of mind and body contributes in no small degree to clearness of vision (see St. Thomas, "Commentaries on I Cor., c. vii", Lesson v). (1)心と体の純度は、ビジョンの明確さ( "Iコリントに解説する。は、c。VII"セントトーマスを参照してください、レッスンv)に少なからず貢献しています。 By the gift of purity, miraculously granted at the time of the mystic girdling, God made Thomas's life angelic; the perspicacity and depth of his intellect, Divine grace aiding, made him the "Angelic Doctor".奇跡的に神秘的な環状剥皮の際に付与された純度の賜物によって、神はトーマスの人生は天使のような作られた、彼の知性の洞察力と深さ、助ける神の恵みは、彼を "天使の医者"を作りました。

(2) The spirit of prayer, his great piety and devotion, drew down blessings on his studies. (2)祈りの精神、彼の偉大な信心深さと献身は、彼の研究に祝福を下描きました。 Explaining why he read, every day, portions of the "Conferences" of Cassian, he said: "In such reading I find devotion, whence I readily ascend to contemplation" (Prümmer, op. cit., p. 32).彼は毎日、読んで理由を説明し、カッシアの "会議"の部分は、彼は言った:(Prümmer、前掲は、p 32。) "そのような読書では、私は容易に熟考に昇る献身、そこを見つける"。 In the lessons of the Breviary read on his feast day it is explicitly stated that he never began to study without first invoking the assistance of God in prayer; and when he wrestled with obscure passages of the Scriptures, to prayer he added fasting.彼のごちそうの日に読んで聖務日課のレッスンでは、それは明らかに彼は最初の祈りの中で神の援助を起動せずに勉強し始めたことがないことを記載したものであること、彼は祈りに、聖書の無名の通路と格闘したとき、彼は空腹時追加された。

(3) Facts narrated by persons who either knew St. Thomas in life or wrote at about the time of his canonization prove that he received assistance from heaven. (3)事実のいずれかの生活の中でセントトーマスを知っていたか、彼は天からの援助を受けたことを証明する彼の列聖の頃に書いた人物がナレーション。 To Father Reginald he declared that he had learned more in prayer and contemplation than he had acquired from men or books (Prümmer, op. cit., p. 36).父レジナルドに彼は彼が(Prümmer、前掲書、p。36)は、男性あるいは書籍から取得していたよりも祈りと黙想でより多くのことを学びましたことを宣言した。

These same authors tell of mysterious visitors who came to encourage and enlighten him.これらの同じ著者は、彼を励まし、啓発してきた神秘的な訪問者の教え。 The Blessed Virgin appeared, to assure him that his life and his writings were acceptable to God, and that he would persevere in his holy vocation.聖母マリアは、彼の人生と彼の文章は神に受け入れられるものであったことを彼に保証するために登場し、彼が彼の神聖な職業に辛抱だろう。 Sts. STS。 Peter and Paul came to aid him in interpreting an obscure passage in Isaias.ペテロとパウロはイザヤの不明瞭な一節を解釈する際に、彼を助けるために来た。 When humility caused him to consider himself unworthy of the doctorate, a venerable religious of his order (supposed to be St. Dominic) appeared to encourage him and suggested the text for his opening discourse (Prümmer, op. cit., 29, 37; Tocco in "Acta SS.", VII Mar.; Vaughan, op. cit., II, 91).謙虚さは、彼が博士号の自身は値しない考慮する原因となったときに、彼のために由緒ある宗教は、(聖ドミニクのはず)彼を奨励するために登場し、開会の談話(Prümmer、前掲、29、37のテキストを提案した。。 "アクタSS"のトッコ、VII 3月;。ヴォーン、前掲、II、91)。 His ecstasies have been mentioned.彼の陶酔が言及されています。 His abstractions in presence of King Louis IX (St. Louis) and of distinguished visitors are related by all biographers.国王ルイ9世(セントルイス)の存在下で、著名な訪問者の彼の抽象化は、すべての伝記作家によって関連している。 Hence, even if allowance be made for great enthusiasm on the part of his admirers, we must conclude that his extraordinary learning cannot be attributed to merely natural causes.したがって、引当金は彼のファンの一部に大きな熱意のために作られる場合であっても、我々は彼の非凡な学習は、単に自然の原因に起因することはできませんと結論しなければなりません。 Of him it may truly be said that he laboured as if all depended on his own efforts and prayed as if all depended on God.彼のそれは本当にすべてが自分自身の努力に依存しており、すべてが神に依存しているかのように祈っているかのように彼はこじつけと言われるかもしれない。

IVa. IVa期。 INFLUENCE OF ST. STの影響。 THOMAS (ON SANCTITY)トーマス(神聖ON)

The great Scholastics were holy as well as learned men.偉大なscholasticsは神聖であっただけでなく、男性のことを学びました。 Alexander of Hales, St. Albertus Magnus, St. Thomas, and St. Bonaventure prove that learning does not necessarily dry up devotion.アレキサンダーのヘールズ、聖アルベルトゥスマグヌス、セントトーマス、聖ボナヴェントゥラは学習が必ずしも献身を乾燥されていないことを証明。 The angelic Thomas and the seraphic Bonaventure represent the highest types of Christian scholarship, combining eminent learning with heroic sanctity.天使のようなトーマスとセラフのボナヴェントゥラは英雄的尊厳と著名な学習を組み合わせることで、キリスト教の奨学金の最高のタイプを表します。 Cardinal Bessarion called St. Thomas "the most saintly of learned men and the most learned of saints".枢機卿ベッサリオンセントトーマス "学んだ男性の最も気高い、最も聖人を知った"と呼ばれる。 His works breathe the spirit of God, a tender and enlightened piety, built on a solid foundation, viz.彼の作品は、神の霊、強固な基盤、すなわち上に構築された入札及び賢明な信心深さを、呼吸する。 the knowledge of God, of Christ, of man.男のキリストの神の知識、。 The "Summa theologica" may he made a manual of piety as well as a text-book for the study of theology (Cf. Drane, op. cit., p. 446). "総合的研究論文theologica"彼は神学の研究(参考Drane、前掲書、p。446)のための信心深さのマニュアルだけでなく、教科書を作ったことがあります。 St. Francis de Sales, St. Philip Neri, St. Charles Borromeo, St. Vincent Ferrer, St. Pius V, St. Antoninus constantly studied St. Thomas.聖フランシスドセールス、聖フィリップネリ、聖チャールズボロメオ、セントビンセントフェレル、聖ピオ五世、聖アントニヌスは絶えずセントトーマスを検討した。 Nothing could be more inspiring than his treatises on Christ, in His sacred Person, in His life and sufferings.何も彼の人生と苦しみ、彼の神聖な人で、キリストに彼の論文よりも感動的であることができなかった。 His treatise on the sacraments, especially on penance and the Eucharist, would melt even hardened hearts.秘跡に関する彼の論文は、特に苦行と聖体にも、硬化した心を溶かしてしまうだろう。 He takes pains to explain the various ceremonies of the Mass ("De ritu Eucharistiae" in Summa III:83), and no writer has explained more clearly than St. Thomas the effects produced in the souls of men by this heavenly Bread (Summa III:79).彼は、ミサの様々な儀式を( "デritu Eucharistiae"総合的研究IIIでは:83)説明するの痛みをとり、全く作家がより明確セントトーマスより説明していないこの天のパンで男性の魂の中で生じる影響(スンマIII :79)。 The principles recently urged, in regard to frequent Communion, by Pius X ("Sacra Trid. Synodus", 1905) are found in St. Thomas (Summa III:79:8, III:80:10), although he is not so explicit on this point as he is on the Communion of children.彼はそうではありませんが、原則は最近ピオ十世( "。サクラTRID Synodus"、1905)セントトーマス島で発見された(80:10:79:8、Ⅲ大全III)で、頻繁な聖体に関して、要請彼は子供の聖体拝領にあるとして、この点について明示。 In the Decree "Quam Singulari" (1910) the pope cites St. Thomas, who teaches that, when children begin to have some use of reason, so that they can conceive some devotion to the Blessed Sacrament, they may be allowed to communicate (Summa III:80:9).令 "Quam Singulari"(1910)、子どもたちはその理由のいくつかの使用を持っているを開始するときに、彼らは聖体にいくつかの献身を想像することができ、それらは通信を許可することができることを教示している法王CITESセントトーマス、(でスンマIII:80:9)。 The spiritual and devotional aspects of St. Thomas's theology have been pointed out by Father Contenson, OP, in his "Theologia mentis et cordis".聖トマスの神学の精神と祈りの側面は、彼の "テオmentisらコーディス"で、父Contenson、OPによって指摘されている。 They are more fully explained by Father Vallgornera, OP, in his "Theologia Mystica D. Thomae", wherein the author leads the soul to God through the purgative, illuminative, and unitive ways.彼らは、より完全に、著者は、下剤明るく、および結合力の方法を介して神に魂を導くことを特徴彼の "テオミスティ·D·トーメ"の父Vallgornera、OPによって説明される。 The Encyclical Letter of Leo XIII on the Holy Spirit is drawn largely from St. Thomas, and those who have studied the "Prima Secundae" and the "Secunda Secundae" know how admirably the saint explains the gifts and fruits of the Holy Ghost, as well as the Beatitudes, and their relations to the different virtues Nearly all good spiritual writers seek in St. Thomas definitions of the virtues which they recommend.聖霊にレオ13世の回勅は、主にセントトーマスから引き出され、 "プリマSecundae"と "セクンダSecundae"を研究してきた人々は聖人のように、聖霊の賜物や果物を説明方法見事に知っているよく別の美徳への山上の垂訓、およびそれらの関係など、ほぼすべての良い精神的な作家は、彼らがお勧め美徳のセントトーマスの定義で求める。

IVb. IVb期。 INFLUENCE OF ST. STの影響。 THOMAS (ON INTELLECTUAL LIFE)トーマス(知的生活ON)

Since the days of Aristotle, probably no one man has exercised such a powerful influence on the thinking world as did St. Thomas.セントトーマスがしたようにアリストテレスの時代から、おそらく誰も男が考える世界に、このような強力な影響力を行使したことはありません。 His authority was very great during his lifetime.彼の権威は彼の一生の間に非常に大きかった。 The popes, the universities, the studia of his order were anxious to profit by his learning and prudence.教皇は、大学は、彼のためにstudiaは、彼の学習と思慮して利益を切望していました。 Several of his important works were written at the request of others, and his opinion was sought by all classes.彼の重要な作品のいくつかは、他人の求めに応じ書かれていたし、彼の意見はすべてのクラスで求められていました。 On several occasions the doctors of Paris referred their disputes to him and gratefully abided by his decision (Vaughan, op. cit., II, 1 p. 544).いくつかの場面で、パリの医師は彼に彼らの紛争を呼び、感謝して彼の決断(ヴォーン、前掲書、Ⅱ、1頁544)によって守ら。 His principles, made known by his writings, have continued to influence men even to this day.彼の原則は、彼の著作で知られて作られても、この日に男性に影響を与え続けてきた。 This subject cannot be considered in all its aspects, nor is that necessary.この主題は、そのすべての側面で考慮、またその必要があることはできません。 His influence on matters purely philosophical is fully explained in histories of philosophy.純粋に哲学的な問題について彼の影響力は完全に哲学史の中で説明されています。 (Theologians who followed St. Thomas will be mentioned in THOMISM. See also ORDER OF PREACHERS -- II, A, 2, d) His paramount importance and influence may be explained by considering him as the Christian Aristotle, combining in his person the best that the world has known in philosophy and theology. (セントトーマスに続いて神学をthomismので言及されても、説教師の順序を参照してください - II、A、2、d)は彼の最も重要かつ影響力は、彼の人のベストを組み合わせ、クリスチャンアリストテレスとして彼を考慮することによって説明されるかもしれない世界は哲学と神学で知られていること。 It is in this light that he is proposed as a model by Leo XIII in the famous Encyclical "Aeterni Patris".それは彼が有名な回勅 "Aeterni Patris"にレオ13世モデルとして提案されていることを、この光である。 The work of his life may be summed up in two propositions: he established the true relations between faith and reason; he systematized theology.彼の人生の仕事は二つの命題に要約することができる:彼は信仰と理性の間の真の関係を確立し、彼の神学体系。

(1) Faith and Reason (1)信仰と理性

The principles of St. Thomas on the relations between faith and reason were solemnly proclaimed in the Vatican Council.信仰と理性の関係についてセントトーマスの原則は、厳粛にバチカン公会議で宣言された。 The second, third, and fourth chapters of the Constitution "Dei Filius" read like pages taken from the works of the Angelic Doctor.憲法の第2、第3、および第4章では、 "デイFiliusは"天使の医者の作品から取られたページのように読める。 First, reason alone is not sufficient to guide men: they need Revelation; we must carefully distinguish the truths known by reason from higher truths (mysteries) known by Revelation.まず、理由だけでは、男性を誘導するために十分ではありません:彼らはヨハネの黙示録を必要とする、我々は慎重に啓示によって知られているより高い真理(謎)からの理由で知られて真理を区別する必要があります。 Secondly, reason and Revelation, though distinct, are not opposed to each other.第二に、理性と啓示は、異なるものの、互いに対向していません。 Thirdly, faith preserves reason from error; reason should do service in the cause of faith.第三に、信仰はエラーから理由を保持し、その理由は、信仰の原因でサービスを行う必要があります。 Fourthly, this service is rendered in three ways:第四に、このサービスは、次の3つの方法でレンダリングされます:

reason should prepare the minds of men to receive the Faith by proving the truths which faith presupposes (praeambula fidei);理由は、その信仰を前提(praeambula信仰の)真実を証明することによって、信仰を受けるように人の心を準備する必要があります;

reason should explain and develop the truths of Faith and should propose them in scientific form;理由は説明し、信仰の真理を開発し、科学的な形にして提案しなければならないべきである;

reason should defend the truths revealed by Almighty God.その理由は、全能の神によって明らかにされた真理を守るべきである。

This is a development of St. Augustine's famous saying (De Trin., XIV, c. i), that the right use of reason is "that by which the most wholesome faith is begotten . . . is nourished, defended, and made strong."これは、栄養です...理由の正しい使い方は、その最も健全な信仰が生まれたことである "であること、擁護聖アウグスティヌスの有名な諺(デtrin。、XIVは、c。i)の開発であり、強力な製" These principles are proposed by St. Thomas in many places, especially in the following: "In Boethium, da Trin. Proem.", Q. ii, a.これらの原則は、特に次のように、多くの場所で、聖トマスによって提案されています。 "Boethiumでは、ダ·TRIN前置き。" Q.二、。 1; "Sum. cont. gent.", I, cc. 1; "合​​計CONT紳士。。。"と、私は、CC。 iii-ix; Summa I:1:1, I:1:5, I:1:8, I:32:1, I:84:5. III-IX;スンマ私:1:1、I:1:5、I:1:08、I:32:1、I:84:5。 St. Thomas's services to the Faith are thus summed up by Leo XIII in the Encyclical "Aeterni Patris": "He won this title of distinction for himself: that singlehanded he victoriously combated the errors of former times, and supplied invincible arms to put to rout those which might in after times spring up. Again, clearly distinguishing, as is fitting, reason and faith, he both preserved and had regard for the rights of each; so much so, indeed, that reason, borne on the wings of Thomas, can scarcely rise higher, while faith could scarcely expect more or stronger aids from reason than those which she has already obtained through Thomas."信仰へのセントトーマスのサービスは、このように回勅 "Aeterni Patris"でレオ十三世によって加算されています: "彼は彼自身のための区別のこのタイトルを獲得した:singlehanded彼は勝ち誇って昔のエラーを戦う、とに入れて無敵の武器を供給したこと敗走、彼の両方がそれぞれの権利を考慮した後で時間が春までの繰り返しになりますが、はっきりと区別する、フィッティング、理性と信仰がそのまま保存され、持っていたかもしれないもの;あまりにも多いので、実際のところ、トーマスの翼に乗って、その理由が負担信仰はほとんど彼女がすでにトーマスを通じて得たもの以外の理由からより多くのまたはより強力な補助を期待することができなかったものの、ほとんど、上昇することはできません。 "

St. Thomas did not combat imaginary foes; he attacked living adversaries.聖トマスは虚数敵と戦うしなかった、彼は生きている敵を攻撃した。 The works of Aristotle had been introduced into France in faulty translations and with the misleading commentaries of Jewish and Moorish philosophers.アリストテレスの作品は不完全な翻訳に、ユダヤ人とムーア人の哲学者の誤解を招くような論評を持つフランスに導入された。 This gave rise to a flood of errors which so alarmed the authorities that the reading of Aristotle's Physics and Metaphysics was forbidden by Robert de Courçon in 1210, the decree being moderated by Gregory IX in 1231.これには、アリストテレスの物理学と形而上学の読み込みが1210のロバート·デ·Courçon、1231年にグレゴリー9世によって緩和される法令により禁止されている当局を警戒させ、エラーの洪水を引き起こした。 There crept into the University of Paris an insidious spirit of irreverence and Rationalism, represented especially by Abelard and Raymond Lullus, which claimed that reason could know and prove all things, even the mysteries of Faith.パリ大学、特にその理由があっても、すべてのものは、信仰の謎を知っていると証明することができたと主張アベラードとレイモンドルルスで表さ不遜かつ合​​理主義の陰湿な精神、そこに忍び込んだ。 Under the authority of Averroes dangerous doctrines were propagated, especially two very pernicious errors: first, that philosophy and religion being in different regions, what is true in religion might be false in philosophy; secondly, that all men have but one soul.イブン=危険な教義の権威の下に、特に二つの非常に致命的なエラーが伝播された:第一に、さまざまな地域にある哲学と宗教は、どんな宗教に真であることは哲学で偽かもしれないこと、第二に、すべての人が、1つの魂を持っていること。 Averroes was commonly styled "The Commentator", but St. Thomas says he was "not so much a Peripatetic as a corruptor of Peripatetic philosophy" (Opusc. de unit. intell.).イブン=ルシュドは、一般的に "コメンテーター"をスタイリングしますが、聖トマスは(Opusc.デ·ユニット。intell。)彼は "巡回哲学のNYPD15分署としてそんなに巡回しない"だったと言いました。 Applying a principle of St. Augustine (see I:84:5), following in the footsteps of Alexander of Hales and Albertus Magnus, St. Thomas resolved to take what was true from the "unjust possessors", in order to press it into the service of revealed religion.それを押し込むために、アレキサンダーのヘールズとアルベルトゥスマグヌスの後を継いで、聖トマスは "不当な占有者"から本当だったものを取ることを決意:聖アウグスティヌスの原理を応用(84:5私を参照してください)啓示宗教のサービス。 Objections to Aristotle would cease if the true Aristotle were made known; hence his first care was to obtain a new translation of the works of the great philosopher.真アリストテレスが知られていた場合アリストテレスへの反論は止むだろう。故に彼の最初のケアが偉大な哲学者の作品の新しい翻訳を得ることであった。 Aristotle was to be purified; false commentators were to be refuted; the most influential of these was Averroes, hence St. Thomas is continually rejecting his false interpretations.アリストテレスは、精製されることになっていた、偽コメンテーターは論破されてましたが、これらはあったイブン=ルシュドの最も影響力のある、それ故に聖トマスは絶えず彼の誤った解釈を拒否しています。

(2) Theology Systematized (2)システム化神学

The next step was to press reason into the service of the Faith, by putting Christian doctrine into scientific form.次のステップでは、科学的な形に、キリスト教の教義を置くことによって、信仰のサービスに理由を押すことでした。 Scholasticism does not consist, as some persons imagine, in useless discussions and subtleties, but in this, that it expresses sound doctrine in language which is accurate, clear, and concise.一部の人は無駄な議論と微妙で、想像するが、これでは、それは、正確でわかりやすく、かつ簡潔な言語で健全な教義を表現したものとスコラは、成り立たない。 In the Encyclical "Aeterni Patris" Leo XIII, citing the words of Sixtus V (Bull "Triumphantis", 1588), declares that to the right use of philosophy we are indebted for "those noble endowments which make Scholastic theology so formidable to the enemies of truth", because "that ready coherence of cause and effect, that order and array of a disciplined army in battle, those clear definitions and distinctions, that strength of argument and those keen discussions by which light is distinguished from darkness, the true from the false, expose and lay bare, as it were, the falsehoods of heretics wrapped around by a cloud of subterfuges and fallacies".回勅 "Aeterni Patris"レオ十三世は、シクストゥス5世(ブル "Triumphantis"、1588)の言葉を引用して、哲学の正しい使い方に我々は敵に修学神学はとても手ごわい作るもの貴族天分 "のお世話になっていることを宣言します真実の "ため"の戦いで統制のとれた軍隊の順序や配列が、それらの明確な定義や区別、引きの強さと光によるもの熱心な議論が区別されていることを、原因と結果のその準備コヒーレンス暗闇から、真からfalseの場合、 "言ってみれば、異端の虚偽がsubterfugesの誤謬となるクラウドにより巻きつけ、公開し、裸に横たわっていた。 When the great Scholastics had written, there was light where there had been darkness, there was order where confusion had prevailed.混乱が勝ったところで闇があった場所偉大なscholasticsが書かれていたときに、光があった、注文がありました。 The work of St. Anselm and of Peter Lombard was perfected by the Scholastic theologians.聖アンセルムとピーターのロンバードの仕事は修学神学者によって完成されました。 Since their days no substantial improvements have been made in the plan and system of theology, although the field of apologetics has been widened, and positive theology has become more important.弁証のフィールドが広がっており、正の神学がますます重要になってきているものの、その日以来、実質的な改善は、神学の計画とシステムで行われていません。

IVc. IVC。 INFLUENCE OF ST. STの影響。 THOMAS (HIS DOCTRINE FOLLOWED)トーマス(彼の教義は続きます)

Within a short time after his death the writings of St. Thomas were universally esteemed.短時間のうちに彼の死の後のセントトーマスの文章は普遍的に評価された。 The Dominicans naturally took the lead in following St. Thomas.ドミニカは当然セントトーマスを次のようにリードを奪った。 The general chapter held in Paris in 1279 pronounced severe penalties against all who dared to speak irreverently of him or of his writings.彼のことや彼の文章の不敬に話すことを敢えてすべての人に対して1279顕著な厳しい罰則にパリで開催された一般的な章。 The chapters held in Paris in 1286, at Bordeaux in 1287, and at Lucca in 1288 expressly required the brethren to follow the doctrine of Thomas, who at that time had not been canonized (Const. Ord. Praed., n. 1130).の章では、1287年にボルドーで、1286年にパリで開催され、ルッカで1288で明示兄弟は、その時点で(Const.オード。プレード。、nである。1130)列聖されていなかったトーマスの教義に従うことが必要です。 The University of Paris, on the occasion of Thomas's death, sent an official letter of condolence to the general chapter of the Dominicans, declaring that, equally with his brethren, the university experienced sorrow at the loss of one who was their own by many titles (see text of letter in Vaughan, op. cit., II, p. 82).パリ大学は、トーマスの死を契機に、宣言する、ドミニカの一般的な章にお悔やみの公式書簡を送り、その兄弟たちと同じように、多くのタイトルで、独自のだったものが失われたときに、大学の経験豊富な悲しみ(ヴォーン、前掲の手紙の本文を参照してください。、Ⅱ、頁82)。 In the Encyclical "Aeterni Patris" Leo XIII mentions the Universities of Paris, Salamanca, Alcalá, Douai, Toulouse, Louvain, Padua, Bologna, Naples, Coimbra as "the homes of human wisdom where Thomas reigned supreme, and the minds of all, of teachers as well as of taught, rested in wonderful harmony under the shield and authority of the Angelic Doctor".回勅 "Aeterni Patris"レオXIIIに、トーマスは最高を治めた人間の知恵の家庭、すべての心 "としてパリ​​、サラマンカ、アルカラ、ドゥエ、トゥールーズ、ルーベン、パドヴァ、ボローニャ、ナポリ、コインブラの大学に言及教師の同様のように教えられて、 "天使のような医者の盾と権限の下で素晴らしいハーモニーで休んだ。 To the list may be added Lima and Manila, Fribourg and Washington.リストにリマ、マニラ、フリブールとワシントンを添加してもよい。

Seminaries and colleges followed the lead of the universities.神学校や大学は、大学の先導に従った。 The "Summa" gradually supplanted the "Sentences" as the textbook of theology. "総合的研究"が徐々に神学の教科書として "文章"に取って代わら。 Minds were formed in accordance with the principles of St. Thomas; he became the great master, exercising a world-wide influence on the opinions of men and on their writings; for even those who did not adopt all of his conclusions were obliged to give due consideration to his opinions.心はセントトーマスの原理に従って形成された、彼は男性の意見とその文章で世界的な影響力を行使し、偉大なマスターになった、彼の結論のすべてを採用しなかった人でものために与えることが義務づけられてい彼の意見に配慮。 It has been estimated that 6000 commentaries on St. Thomas's works have been written.それは、セントトーマスの作品に6000論評が書かれていると推定されている。 Manuals of theology and of philosophy, composed with the intention of imparting his teaching, translations, and studies, or digests (études), of portions of his works have been published in profusion during the last six hundred years and today his name is in honour all over the world (see THOMISM).彼の指導、翻訳、研究を付与することを意図して作曲神学と哲学のマニュアル、またはダイジェスト(エチュード)は、彼の作品の一部の最後の600年の間に豊富に掲載されており、今日の彼の名前は名誉である世界中(thomismのを参照してください)​​。

In every one of the general councils held since his death St. Thomas has been singularly honoured.彼の死のセントトーマスが単独で表彰されていますので、一般的な審議会開催の一人一人にある。 At the Council of Lyons his book "Contra errores Graecorum" was used with telling effect against the Greeks.ライオンズの理事会で、彼の著書 "コントラerrores Graecorum"はギリシア人に対してその効力を伝える​​と共に使用されました。 In later disputes, before and during the Council of Florence, John of Montenegro, the champion of Latin orthodoxy, found St. Thomas's works a source of irrefragable arguments.後の紛争では、フィレンツェ公会議前および実行中に、モンテネグロのジョン、ラテン正統のチャンピオン、聖トーマス教会が否定し得ない引数のソースを働く見つけた。 The "Decretum pro Armenis" (Instruction for the Armenians), issued by the authority of that council, is taken almost verbatim from his treatise, "De fidei articulis et septem sacramentis" (see Denzinger-Bannwart, n. 695). "DecretumプロArmenis"(アルメニア人のための教育)、その評議会の機関から発行されたが、彼の論文からほぼ逐語的に取られ、 "デ信仰のarticulisらセプテムsacramentis"(デンツィンガー - bannwart、nである。695を参照)。 "In the Councils of Lyons, Vienne, Florence, and the Vatican", writes Leo XIII (Encyclical "Aeterni Patris"), "one might almost say that Thomas took part in and presided over the deliberations and decrees of the Fathers contending against the errors of the Greeks, of heretics, and Rationalists, with invincible force and with the happiest results." "ライオンズの協議会、ヴィエンヌ、フィレンツェ、バチカンでは、"レオ13世(回勅 "Aeterni Patris")を書き込み、 "1はほぼThomasが参加した審議を主宰し、競合に対しては、父の政令と言うかもしれない無敵の力を持つと幸せな結果と異端、と合理のギリシアのエラー、、。 "

But the chief and special glory of Thomas, one which he has shared with none of the Catholic doctors, is that the Fathers of Trent made it part of the order of the conclave to lay upon the altar, together with the code of Sacred Scripture and the decrees of the Supreme Pontiffs, the Summa of Thomas Aquinas, whence to seek counsel, reason, and inspiration.しかし、トーマスは、彼がカトリック医師のnoneを使って共有している1、主任と特別栄光はトレントの祖先はそれコンクラーベの注文の一部が神聖な啓典のコードと一緒に、祭壇の上に置くとさせることです最高裁教皇、トマス·アクィナスの神学大全、弁護人は、その理由、そしてインスピレーションを求めてそこからの政令。 Greater influence than this no man could have.この男なしよりも大きい影響が及ぼす可能性があります。

Before this section is closed mention should be made of two books widely known and highly esteemed, which were inspired by and drawn from the writings of St. Thomas.このセクションが閉じられる前に言及が触発され、聖トマスの文章から引き出され、広く知られており、高い評価を受けて2冊の本で作られるべきである。 The Catechism of the Council of Trent, composed by disciples of the Angelic Doctor, is in reality a compendium of his theology, in convenient form for the use of parish priests.エンジェリック博士の弟子が作曲公教要理トレントの評議会は、教区司祭の使用のための便利な形で、実際には彼の神学の大要である。 Dante's "Divina Commedia" has been called "the Summa of St. Thomas in verse", and commentators trace the great Florentine poet's divisions and descriptions of the virtues and vices to the "Secunda Secundae".ダンテの "神曲"は、 "詩のセントトーマスの総合的研究"と呼ばれ、コメンテーターは "セクンダSecundae"を美徳と悪徳の偉大なフィレンツェの詩人の部門と説明をトレースしました。

IVd. IVD。 INFLUENCE OF ST. STの影響。 THOMAS (APPRECIATION)トーマス(高)

(1) In the Church (1)教会で

The esteem in which he was held during his life has not been diminished, but rather increased, in the course of the six centuries that have elapsed since his death.彼は彼の生命の間に開催された自尊心は減少ではなく、彼の死から経過した6世紀の過程で、増加されていません。 The position which he occupies in the Church is well explained by that great scholar Leo XIII, in the Encyclical "Aeterni Patris", recommending the study of Scholastic philosophy: "It is known that nearly all the founders and framers of laws of religious orders commanded their societies to study and religiously adhere to the teachings of St. Thomas. . . To say nothing of the family of St. Dominic, which rightly claims this great teacher for its own glory, the statutes of the Benedictines, the Carmelites, the Augustinians, the Society of Jesus, and many others, all testify that they are bound by this law." "それは宗教的な受注の法律のほぼすべての起業家とフレーマが命じていることが知られている:彼は教会の中で占める位置はよくスコラ哲学の研究を推薦、回勅" Aeterni Patris "でその偉大な学者レオ13世によって説明される彼らの社会は勉強して、宗教的に聖トマスの教えに固執する...当然、自身の栄光のために、この偉大な教師、ベネディクト会の法令、カルメル会、アウグスティノを主張聖ドミニクの家族の何も言わないためにする、イエスや他の多くの社会は、すべての彼らは、この法律に縛られていると証言。 " Amongst the "many others" the Servites, the Passionists, the Barnabites, and the Sulpicians have been devoted in an especial manner to the study of St. Thomas.の中で "他の多くの" Servites、Passionists、Barnabites、そしてSulpiciansはセントトーマスの研究に無二の方法で専念してきました。 The principal ancient universities where St. Thomas ruled as the great master have been enumerated above.聖トマスは巨匠として支配校長古代の大学は上記に列挙されています。 The Paris doctors called him the morning star, the luminous sun, the light of the whole Church.パリの医師は彼に明けの明星、明るい日、教会全体の光と呼ばれる。 Stephen, Bishop of Paris, repressing those who dared to attack the doctrine of "that most excellent Doctor, the blessed Thomas", calls him "the great luminary of the Catholic Church, the precious stone of the priesthood, the flower of doctors, and the bright mirror of the University of Paris" (Drane, op. cit., p. 431). "その最も優秀な医者、祝福されたトーマス"の教義を攻撃するためにあえて人々を弾圧するパリのスティーブン、司教は、彼を "偉大なカトリック教会の指導者、聖職者の貴重な石、医師の花、および呼び出しパリ大学の明るい鏡 "(Drane、前掲書、p。431)。 In the old Louvain University the doctors were required to uncover and bow their heads when they pronounced the name of Thomas (Goudin, op. cit., p. 21).古いルーヴァン大学の医師は、彼らがトーマスの名前(Goudin、前掲書、p。21)を発音するときに頭を発見し、お辞儀をする必要がありました。

"The ecumenical councils, where blossoms the flower of all earthly wisdom, have always been careful to hold Thomas Aquinas in singular honour" (Leo XIII in "Aeterni Patris"). "この世のすべての知恵の花花は、常に単数形に因んでトマス·アクィナスを保持するために慎重にされているエキュメニカル協議会は、"( "Aeterni Patris"でレオ十三世)。 This subject has been sufficiently treated above.この主題が十分に上記の処理されている。 The "Bullarium Ordinis Praedicatorum", published in 1729-39, gives thirty-eight Bulls in which eighteen sovereign pontiffs praised and recommended the doctrine of St. Thomas (see also Vaughan, op. cit., II, c. ii; Berthier, op. cit., pp. 7 sqq.). 。。ベルティエ; 1729年から1739年に発表された "大勅書集Ordinis Praedicatorum"は、18ソブリン教皇は、聖トマス(ヴォーン、前掲、Ⅱ、C IIも参照の教義を賞賛し、推奨する三〇から八ブルズを与える前掲書頁7 sqq名)。 These approbations are recalled and renewed by Leo XIII, who lays special stress on "the crowning testimony of Innocent VI: `His teaching above that of others, the canons alone excepted, enjoys such an elegance of phraseology, a method of statement, a truth of proposition, that those who hold it are never found swerving from the path of truth, and he who dare assail it will always be suspected of error (ibid.).'" Leo XIII surpassed his predecessors in admiration of St. Thomas, in whose works he declared a remedy can be found for many evils that afflict society (see Berthier, op. cit., introd.).これらapprobationsはイノセントVIの戴冠証言 "特別なストレスを産​​むレオ13世によって呼び戻され、リニューアルされています:`他人のその上彼の教えは、参事が単独除いて、語法のような優雅さ、文の方法、真実を楽しんでいます命題の、その、それが真実の道から大きく曲がる決して発見され、それを襲撃あえて彼は常にエラー(同上)の疑いがあるでしょう。 '"レオ十三世は、聖トマスの賞賛に彼の前任者を上回っ保持者その作品の彼は(ベルティエ、前掲書、Introd学を参照してください)​​の救済手段は、社会を苦しめる多くの弊害のために見つけることができますと宣言した。 The notable Encyclical Letters with which the name of that illustrious pontiff will always be associated show how he had studied the works of the Angelic Doctor.その輝かしい教皇の名前は常に関連付けられる顕著な回勅の手紙は、彼は天使のような医者の作品を勉強していた方法を示しています。 This is very noticeable in the letters on Christian marriage, the Christian constitution of states, the condition of the working classes, and the study of Holy Scripture.これは、キリスト教の結婚、状態のキリスト教憲法、労働者階級の状態、教典の研究上の文字で非常に顕著である。 Pope Pius X, in several letters, eg in the "Pascendi Dominici Gregis" (September, 1907), has insisted on the observance of the recommendations of Leo XIII concerning the study of St. Thomas.教皇ピオ十世は、いくつかの手紙で、 "PascendiドミニシGregis"(9月、1907)においては、例えば、セントトーマス島の研究に関するレオ十三世の勧告の遵守を主張してきた。 An attempt to give names of Catholic writers who have expressed their appreciation of St. Thomas and of his influence would be an impossible undertaking; for the list would include nearly all who have written on philosophy or theology since the thirteenth century, as well as hundreds of writers on other subjects.セントトーマスの謝意を表明したカトリック作家と彼の影響力の名前を与えようとするのは不可能な作業になるだろう。リストについては、ほぼ13世紀以来、哲学や神​​学に書かれたすべての人だけでなく、数百人を含んでいるでしょう他の科目で作家の。 Commendations and eulogies are found in the introductory chapters of all good commentaries.表彰と賛辞はすべての良い論評の冒頭の章に記載されています。 An incomplete list of authors who have collected these testimonies is given by Father Berthier (op. cit., p. 22).これらの証言を収集している著者の不完全なリストが父ベルティエ(前掲書、p 22)で与えられる。 . . .

(2) Outside the Church (2)教会の外

(a) Anti-Scholastics -- Some persons have been and are still opposed to everything that comes under the name of Scholasticism, which they hold to be synonymous with subtleties and useless discussions. (a)抗スコラ - 一部の人がされており、まだ彼らは微妙な無駄な議論と同義に保持スコラの名前の下に来るすべてのものに反対している。 From the prologue to the "Summa" it is clear that St. Thomas was opposed to all that was superfluous and confusing in Scholastic studies.プロローグから "総合的研究"には、セントトーマスは余計と修学研究で混乱したことすべてに反対していたことは明らかである。 When people understand what true Scholasticism means, their objections will cease.人々は真のスコラが何を意味するのか理解したとき、彼らの反論はやめるでしょう。

(b) Heretics and Schismatics -- "A last triumph was reserved for this incomparable man -- namely, to compel the homage, praise, and admiration of even the very enemies of the Catholic name" (Leo XIII, ibid.). (b)は、異端とのschismaticsは - "最後の勝利は、この比類のない人のために予約された - すなわち、敬意、賞賛、そしてカトリックの名のも、非常に敵の賞賛を強要する"(レオ13世は、同書)。 St. Thomas's orthodoxy drew upon him the hatred of all Greeks who were opposed to union with Rome.聖トーマス教会の正統性は彼にローマで組合に反対されたすべてのギリシャ人の憎しみを描いた。 The united Greeks, however, admire St. Thomas and study his works (see above Translations of the "Summa").団結したギリシア人は、しかし、( "総合的研究"の翻訳上記参照)セントトーマスを賞賛し、彼の作品を研究しています。 The leaders of the sixteenth-century revolt honoured St. Thomas by attacking him, Luther being particularly violent in his coarse invectives against the great doctor. 16世紀の反乱の指導者たちは、ルターは偉大な医師に対する彼の粗いinvectivesで特に暴力的であること、彼を攻撃することによって、セントトーマスに名誉を与えた。 Citing Bucer's wild boast, "Take away Thomas and I will destroy the Church", Leo XIII (ibid.) remarks, "The hope was vain, but the testimony has its value".ブツァーの野生の自慢を引用して、 "トーマスを連れ去って、私は教会を破壊します"、レオ13世(同上)の発言は、 "希望は無駄だったが、証言はその値を持っています"。

Calo, Tocco, and other biographers relate that St. Thomas, travelling from Rome to Naples, converted two celebrated Jewish rabbis, whom he met at the country house of Cardinal Richard (Prümmer, op. cit., p. 33; Vaughan, op. cit., I, p. 795). 。。Caloの、トッコ、および他の伝記作家は、ローマからナポリへの移動聖トマスは、彼は枢機卿リチャード(Prümmer、前掲、pのカントリー·ハウスで会った2有名なユダヤ教のラビが、変換した関係33;ヴォーン、オペアンプ前掲、私は、p。795)。 Rabbi Paul of Burgos, in the fifteenth century, was converted by reading the works of St. Thomas.ブルゴスのラビ·ポールは、15世紀に、聖トマスの作品を読むことによって変換された。 Theobald Thamer, a disciple of Melancthon, abjured his heresy after he had read the "Summa", which he intended to refute.彼は反論することを意図し "総合的研究"を読んだ後にシオボールドThamer、Melancthonの弟子は、彼の異端をabjured。 The Calvinist Duperron was converted in the same way, subsequently becoming Archbishop of Sens and a cardinal (see Conway, OP, op. cit., p. 96).カルビンデュペロンは(コンウェイ、OP、前掲書を参照してください。頁96)その後サンスと枢機卿大司教になって、同じ方法で変換されました。

After the bitterness of the first period of Protestantism had passed away, Protestants saw the necessity of retaining many parts of Catholic philosophy and theology, and those who came to know St. Thomas were compelled to admire him.プロテスタンティズムの最初の期間の苦味が亡くなった後、プロテスタントはカトリックの哲学と神学の多くの部分を保持する必要性を見て、セントトーマスを知って来た人たちは、彼を賞賛せざるを得ない。 Überweg says "He brought the Scholastic philosophy to its highest stage of development, by effecting the most perfect accommodation that was possible of the Aristotelian philosophy to ecclesiastical orthodoxy" (op. cit., p. 440). Überwegは(前掲書、p。440) "彼は教会の正統性へのアリストテレスの哲学の可能性がありました、最も完璧な宿泊施設を行うことにより、開発の最高段階にスコラ哲学を持って来た"と言う。 R. Seeberg in the "New Schaff-Herzog Religious Encyclopedia" (New York, 1911) devotes ten columns to St. Thomas, and says that "at all points he succeeded in upholding the church doctrine as credible and reasonable" (XI, p. 427). "新シャフ - ヘルツォーク宗教百科事典"(ニューヨーク、1911)のR.ゼーベルクセントトーマスに10列を充て、及び(XI、p "の全ての点で、彼は信用できると合理的に教会の教義を守ることに成功しました"と述べている。 。427)。

For many years, especially since the days of Pusey and Newman, St. Thomas has been in high repute at Oxford.長年にわたり、特にピュージーとニューマンの時代から、聖トマスはオックスフォードでの高い評判になっています。 Recently the "Summa contra gentiles" was placed on the list of subjects which a candidate may offer in the final honour schools of Litterae Humaniores at that university (cf. Walsh, op. cit., c. xvii).最近では "スンマコントラ異邦人は"候補者は、その大学(参照ウォルシュ、前掲書は、c。XVII)で人文科学の最後の名誉の学校に提供するかもしれないサブジェクトのリストに置かれました。 For several years Father De Groot, OP, has been the professor of Scholastic philosophy in the University of Amsterdam, and courses in Scholastic philosophy have been established in some of the leading non-Catholic universities of the United States.数年前から父デホート、OPは、アムステルダム大学でスコラ哲学の教授を務めている、とスコラ哲学のコースは、米国の大手非カトリック大学のいくつかで確立されている。 Anglicans have a deep admiration for St. Thomas.英国国教会は、セントトーマスへの深い感心を持っています。 Alfred Mortimer, in the chapter "The Study of Theology" of his work entitled "Catholic Faith and Practice" (2 vols., New York, 1909), regretting that "the English priest has ordinarily no scientific acquaintance with the Queen of Sciences", and proposing a remedy, says, "The simplest and most perfect sketch of universal theology is to be found in the Summa of St. Thomas" (vol. II, pp. 454, 465). "カトリックの信仰と実践"(2 vols学です。、ニューヨーク、1909年)と題する彼の作品の章 "神学の研究"におけるアルフレッド·モーティマーは、 "英語の司祭は通常科学の女王との科学的な知人を持っていない"ことを後悔と、救済策を提案し、(体積II、頁454、465)、 "普遍的神学の最も簡単で最も完璧なスケッチはセントトーマスの総合的研究で発見される"と言う。

V. ST. V. ST。 THOMAS AND MODERN THOUGHTトーマスと近代思想

In the Syllabus of 1864 Pius IX condemned a proposition in which it was stated that the method and principles of the ancient Scholastic doctors were not suited to the needs of our times and the progress of science (Denzinger-Bannwart, n. 1713). 1864年のシラバスではピオ九世は、それが古代の医師修学の方法と原理は我々の時代と科学の進歩(デンツィンガー - bannwart、nである。1713)のニーズに合っていなかったと述べているされた命題を非難した。

In the Encyclical "Aeterni Patris" Leo XIII points out the benefits to be derived from "a practical reform of philosophy by restoring the renowned teaching of St. Thomas Aquinas".回勅 "Aeterni Patris"レオXIIIに給付が "聖トマス·アクィナスの有名な教えを復元することにより、哲学の実践的改革"に由来すると指摘している。 He exhorts the bishops to "restore the golden wisdom of Thomas and to spread it far and wide for the defence and beauty of the Catholic Faith, for the good of society, and for the advantage of all the sciences".彼は、 "トーマスの黄金の知恵を復元し、広範囲にカトリック信仰の防衛と美しさのため、社会の利益のために、すべての科学の利点のためにそれを広めるために"に司教をexhortsの。 In the pages of the Encyclical immediately preceding these words he explains why the teaching of St. Thomas would produce such most desirable results: St. Thomas is the great master to explain and defend the Faith, for his is "the solid doctrine of the Fathers and the Scholastics, who so clearly and forcibly demonstrate the firm foundations of the Faith, its Divine origin, its certain truth, the arguments that sustain it, the benefits it has conferred on the human race, and its perfect accord with reason, in a manner to satisfy completely minds open to persuasion, however unwilling and repugnant".聖トマスの教えは、最も望ましい結果を生むであろう理由を直ちにこれらの言葉の前に勅のページでは、彼は説明しています:聖トマスは信仰を説明し、守るために偉大なマスターであり、彼のために "は、父の固体教義で非常に明確かつ強制的な理由で信仰の確固たる基盤は、その神の起源は、その特定の真実、それを維持する引数、それが人類に与えた恩恵と、その完全な一致を示し、スコラ、完全に心を満足させる方法は、 "しかし、不本意と気に食わない、説得に開く。 The career of St. Thomas would in itself have justified Leo XIII in assuring men of the nineteenth century that the Catholic Church was not opposed to the right use of reason.セントトーマスの経歴は、それ自体がカトリック教会が理由の右側の使用に反対されなかった、19世紀の男たちを確保するにはレオ十三世を正当化していただろう。 The sociological aspects of St. Thomas are also pointed out: "The teachings of Thomas on the true meaning of liberty, which at this time is running into license, on the Divine origin of all authority, on laws and their force, on the paternal and just rule of princes, on obedience to the highest powers, on mutual charity one towards another -- on all of these and kindred subjects, have very great and invincible force to overturn those principles of the new order which are well known to be dangerous to the peaceful order of things and to public safety" (ibid.).セントトーマスの社会学的側面も指摘されています: "トマスの教えを、この時点で法律と自分の力で、すべての権威の神の起源には、ライセンスに実行されている自由、本当の意味で、父方の上そしてちょうど別に向かって相互チャリティー1で、最高権力に従順で、君主の支配 - これらと類似の科目のすべてに、十分に危険であることが知られている新秩序のこれらの原則を覆す非常に大きいと無敵の力を持っている物事の平和的秩序へと公共の安全 "(同上)へ。

The evils affecting modern society had been pointed out by the pope in the Letter "Inscrutabili" of 21 April, 1878, and in the one on Socialism, Communism, and Nihilism ("The Great Encyclicals of Leo XIII", pp. 9 sqq.; 22 sqq.).現代社会に影響を与えることの弊害は手紙21の "Inscrutabili" 4月、1878年、および社会主義、共産主義、とニヒリズム( "レオ13世の回勅グレート"、頁9 sqq名で一つに法王が指摘されていた。 ; 22 sqq名)。 How the principles of the Angelic Doctor will furnish a remedy for these evils is explained here in a general way, more particularly in the Letters on the Christian constitution of states, human liberty, the chief duties of Christians as citizens, and on the conditions of the working classes (ibid., pp. 107, 135, 180, 208).どのように天使の医者の原理はこれらの弊害のための救済策を提示しますと、より具体的には手紙の状態のキリスト教の憲法上の、一般的な方法でここで説明されて、人間の自由、市民としてのキリスト教徒の長の職務、および条件に関する労働者階級(同上、107頁、135、180、208)。

It is in relation to the sciences that some persons doubt the reliability of St. Thomas's writings; and the doubters are thinking of the physical and experimental sciences, for in metaphysics the Scholastics are admitted to be masters.それは一部の人は、聖トマスの著作の信頼性を疑うことが科学に関連する場合に限られることと疑う人は、形而上学にスコラがマスターになるように認められているため、物理的および実験科学を考えている。 Leo XIII calls attention to the following truths: (a) The Scholastics were not opposed to investigation.レオ13世は、次の真理への注意を喚起する。(a)スコラが捜査に反対していませんでした。 Holding as a principle in anthropology "that the human intelligence is only led to the knowledge of things without body and matter by things sensible, they well understood that nothing was of greater use to the philosopher than diligently to search into the mysteries of nature, and to be earnest and constant in the study of physical things" (ibid., p. 55).人間の知性は、唯一の賢明な物事によって身体と物質なしに物事の知識につながっていることを "人類学の原理として保持し、彼らも何も自然の神秘に検索するために勤勉により哲学者に大きい役に立たなかったことを理解し、物理的なもの "(同上、頁55)の研究に本格的かつ一定になるように。 This principle was reduced to practice: St. Thomas, St. Albertus Magnus, Roger Bacon, and others "gave large attention to the knowledge of natural things" (ibid., p. 56).セントトーマス、セントアルベルトゥスマグヌス、ロジャー·ベーコン、そして他の人が(同上、P 56) "自然なものの知識に大きな注意を払った":この原則は練習に減少した。 (b) Investigation alone is not sufficient for true science. (b)は、単独で調査が真の科学のために十分ではありません。 "When facts have been established, it is necessary to rise and apply ourselves to the study of the nature of corporeal things, to inquire into the laws which govern them and the principles whence their order and varied unity and mutual attraction in diversity arise" (p. 55). "事​​実が確立されているとき、それは多様性の中の順序と様々な団結と相互引力が発生し、それらを支配する法則や原理でwhenceに尋ねるために、肉体物事の本質の研究に自分自身を上昇して適用する必要がある"(頁55)。

Will the scientists of today pretend to be better reasoners than St. Thomas, or more powerful in synthesis?今日の科学者はセントトーマス、または合成で、より強力なより良い推論のふりをするのだろうか? It is the method and the principles of St. Thomas that Leo XIII recommends: "If anything is taken up with too great subtlety by the Scholastic doctors, or too carelessly stated; if there be anything that ill agrees with the discoveries of a later age or, in a word, is improbable in any way, it does not enter into our mind to propose that for imitation to our age" (p. 56). 、病気後の時代の発見と一致するものが存在する場合は、 "何かが修学医師があまりにも偉大な繊細さに取り、またはあまりにも不用意に明記されている場合:これは、レオ十三世が推奨する方法と聖トマスの原則であるまたは、一言で言えば、どのような方法でもありそうですが、それは "我々の時代に模倣のためにそれを提案することを私たちの心に入らない(56ページ)。 Just as St. Thomas, in his day, saw a movement towards Aristotle and philosophical studies which could not be checked, but could be guided in the right direction and made to serve the cause of truth, so also, Leo XIII, seeing in the world of his time a spirit of study and investigation which might be productive of evil or of good, had no desire to check it, but resolved to propose a moderator and master who could guide it in the paths of truth.ただで見て、レオ13世なので、また、セントトーマス島のように、彼の時代に、アリストテレスと確認できなかった哲学の研究に向けた動きを見たが、正しい方向に導くことができ、真実の原因を提供するために作られ彼の時間の悪や善の生産かもしれない研究や調査の精神の世界は、それを確認する願望を持っていませんが、真実の道にそれを導くことができる司会とマスターを提案することを決議しました。 No better guide could have been chosen than the clear-minded, analytic, synthetic, and sympathetic Thomas Aquinas.は良いガイドは、明確な志向の分析、合成、および交感神経トマス·アクィナスより選ばれていませんでした。 His extraordinary patience and fairness in dealing with erring philosophers, his approbation of all that was true in their writings, his gentleness in condemning what was false, his clear-sightedness in pointing out the direction to true knowledge in all its branches, his aptness and accuracy in expressing the truth -- these qualities mark him as a great master not only for the thirteenth century, but for all times.人の道を踏み外した哲学者、彼らの著作の中で本当だったことがすべての彼の賛同を得る、偽だったか非難の彼の優しさ、そのすべての支店で、真の知識に方向性を指摘することには、彼の卓見、彼の手腕との対応で彼の非凡な忍耐と公平これらの資質は、13世紀のためだけでなく、偉大なマスターとして彼をマークしますが、すべての回 - 真実を表現する精度。 If any persons are inclined to consider him too subtle, it is because they do not know how clear, concise, and simple are his definitions and divisions.どんな人が、彼があまりにも微妙考慮するように傾斜している場合、彼らは明確、簡潔、単純な彼の定義と分割したものかわからないので、それはです。 His two summae are masterpieces of pedagogy, and mark him as the greatest of human teachers.彼の2 summaの複数形は、教育学の傑作であり、人間の最も偉大な教師として彼をマークします。 Moreover, he dealt with errors similar to many which go under the name of philosophy or science in our days.さらに、彼は我々の時代における哲学や科学の名の下に移動した多くのようなエラーに対処した。 The Rationalism of Abelard and others called forth St. Thomas's luminous and everlasting principles on the true relations of faith and reason.アベラードなどの合理主義は、信仰と理性の真の関係に聖トーマス明るく永遠の原則を呼んだ。 Ontologism was solidly refuted by St. Thomas nearly six centuries before the days of Malebranche, Gioberti, and Ubaghs (see Summa I:84:5). Ontologismはしっかりとほぼ6世紀マルブランシュ、ベルティ、およびUbaghs(:84:5スンマIを参照)の数日前に聖トマスによって論破されました。 The true doctrine on first principles and on universals, given by him and by the other great Scholastics, is the best refutation of Kant's criticism of metaphysical ideas (see, eg, "Post. Analyt.", I, lect. xix; "De ente et essentia", c. iv; Summa I:17:3 corp. and ad 2um; I:79:3; I:84:5; I:84:6 corp and ad 1um; I:85:2 ad 2um; I:85:3 ad 1um, ad 4um; Cf. index to "Summa": "Veritas", "Principium", "Universale").彼は、他の偉大なscholasticsによって与えられた第一原理上と普遍性についての真の教義は、形而上学的思想カントの批判の最高の反論である(例えば、 "ポストAnalyt。"と、私は、講XIX; "デエンテらessentia "、C IV;大全I:17時03社と広告2um、I:79:3、I:84:5、I:84:6コープや広告1um、私:85:2広告2um 、私:85:3広告1um、広告4um、 "総合的研究"にCFインデックス: "ベリタス"、 "Principium"、 "Universale")。 Modern psychological Pantheism does not differ substantially from the theory of one soul for all men asserted by Averroes (see "De unit. intell." and Summa I:76:2; I:79:5).現代の心理学的な汎神論=ルシュドによってアサートされ、すべての人のためのひとつの魂( "。。intellデ·ユニット":;:79:5 76:2私見てスンマI)の理論と大きく異なることはありません。 The Modernistic error, which distinguishes the Christ of faith from the Christ of history, had as its forerunner the Averroistic principle that a thing might be true in philosophy and false in religion.歴史のキリストから信仰のキリストを区別する現代的なエラーは、その先駆者としての事は宗教の哲学と偽の真の可能性があることAverroistic原則を持っていた。

In the Encyclical "Providentissimus Deus" (18 November, 1893) Leo XIII draws from St. Thomas's writings the principles and wise rules which should govern scientific criticism of the Sacred Books.回勅 "Providentissimusデウス"(1893年11月18日)にレオ13世はセントトーマスの文章から神聖な書籍の科学的批判を支配すべき原則と賢明なルールを描画します。 From the same source recent writers have drawn principles which are most helpful in the solution of questions pertaining to Spiritism and Hypnotism.同じソースから最近の作家心霊と催眠術に関連する質問の溶液中で最も有用である原則を描きました。 Are we to conclude, then, that St. Thomas's works, as he left them, furnish sufficient instruction for scientists, philosophers, and theologians of our times?我々は、セントトーマスの作品は、彼がそれらを残していることとして、その後、結論科学者、哲学者、そして私たちの時代の神学者のために十分な命令を提出するのですか? By no means.まさか。 Vetera novis augere et perficere -- "To strengthen and complete the old by aid of the new" -- is the motto of the restoration proposed by Leo XIII.ヴェテラノビスaugereらperficere - "新しいの助けを借りて強化し、古いものを完了するために" - レオ十三世によって提案された修復のモットーです。 Were St. Thomas living today he would gladly adopt and use all the facts made known by recent scientific and historical investigations, but he would carefully weigh all evidence offered in favour of the facts.セントトーマスは、彼が喜んで採用し、最近の科学的、歴史的研究で知られて行われたすべての事実を使用することになり、今日生きていたが、彼は慎重に事実の好意で提供されるすべての証拠が重さになる。 Positive theology is more necessary in our days than it was in the thirteenth century.肯定的な神学は、それが13世紀にあったよりも我々の時代に多くのことが必要である。 Leo XIII calls attention to its necessity in his Encyclical, and his admonition is renewed by Pius X in his Letter on Modernism.レオ13世は、彼の回勅で、その必要性に注意を喚起し、彼の忠告は、モダニズムの彼の手紙にピウスXによって更新されます。 But both pontiffs declare that positive theology must not be extolled to the detriment of Scholastic theology.しかし、両方の教皇は正の神学はスコラ神学を犠牲にして絶賛されてはならないことを宣言します。 In the Encyclical "Pascendi", prescribing remedies against Modernism, Pius X, following in this his illustrious predecessor, gives the first place to "Scholastic philosophy, especially as it was taught by Thomas Aquinas", St. Thomas is still "The Angel of the Schools".回勅 "Pascendi"では​​、この彼の輝かしい前任者に続いて、モダニズム、ピウスXに対して救済を処方する、 "それはトマス·アクィナスによって教えられた、特にとして、スコラ哲学"への最初の場所を与え、聖トマスはまだの "天使です学校 "。

Publication information出版物の情報
Written by DJ Kennedy. DJケネディによって書かれた。 Transcribed by Kevin Cawley.ケビンコーリー転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.カトリック百科事典は、14巻。 Published 1912. 1912年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.ニヒルのObstat、1912年7月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです