Tomb of the Blessed Virgin Mary聖母マリアの墓

Catholic Information カトリックの情報

The tomb of the Blessed Virgin is venerated in the Valley of Cedron, near Jerusalem.聖母マリアの墓はエルサレムに近く、Cedronの谷で崇拝されています。 Modern writers hold, however, that Mary died and was buried at Ephesus.現代作家メアリーが死亡し、エフェソスに埋葬された、しかし、そのままにします。 The main points of the question to be taken into consideration are as follows.考慮すべき問題の主なポイントは次のとおりです。

Testimony in favor of Jerusalemエルサレムに有利な証言

The apocryphal works of the second to the fourth century are all favourable to the Jerusalem tradition.四世紀に第二の作り話の作品は、すべてエルサレムの伝統に有利である。 According to the "Acts of St. John by Prochurus", written (160-70) by Lencius, the Evangelist went to Ephesus accompanied by Prochurus alone and at a very advanced age, ie after Mary's death. "Prochurusによって聖ヨハネの行為"、Lenciusで(160から70)によると書かれた、エバンジェリストはメアリーの死の後、すなわち、単独で、非常に高度な年齢でProchurus伴うエフェソスに行きました。 The two letters "B. Inatii missa S. Joanni", written about 370, show that the Blessed Virgin passed the remainder of her days at Jerusalem. 370について書かれた二通の手紙 "B InatiiミサS. Joanni"は、聖母マリアがエルサレムに彼女の日の残りの部分を通過したことを示している。 That of Dionysius the Areopagite to the Bishop Titus (363), the "Joannis liber de Dormitione Mariae" (third to fourth century), and the treatise "De transitu BM Virginis" (fourth century) place her tomb at Gethsemane.ディオニュシオスのその司教タイタス(363)、 "Joannis LIBERデDormitione Mariae"(4世紀の三番目)と、論文 "デtransitu BMおとめ"(4世紀)場所ゲッセマネで彼女の墓にアレオパギタ。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
From an historical standpoint these works, although apocryphal, have a real value, reflecting as they do the tradition of the early centuries.歴史的観点から見ると、これらの作品は、作り話が、それらは早期世紀の伝統を反映したそうであるように、本当の価値を持っています。 At the beginning of the fifth century a pilgrim from Armenia visited "the tomb of the Virgin in the valley of Josaphat", and about 431 the "Breviarius de Hierusalem" mentions in that valley "the basilica of Holy Mary, which contains her sepulchre". 5世紀の初めにはアルメニアからの巡礼者は "ヨザファトの谷の聖母マリアの墓"を訪れ、431について "BreviariusデHierusalem"は、その谷 "彼女の墓が含まれている聖母マリアのバシリカ"に言及。 Thenceforth pilgrims of various rites repaired thither to venerate the empty tomb of Mary.その時以来、様々な儀式の巡礼者がメアリーの空の墓をあがめるようにあちらの方を修理した。

St. Gregory of Tours, St. Modestus, St. Sophronius, Patriarch of Jerusalem, St. Germanus, Patriarch of Constantinople, St. Andrew, Bishop of Crete, John of Thessalonica, Hippolytus of Thebes, and Venerable Bede teach this same fact and bear witness that this tradition was accepted by all the Churches of East and West.聖グレゴリーのツアー、セントはModestus、セントソフロニオス、エルサレム、聖オセール、コンスタンティノープル総主教、セントアンドリュー、クレタ島の司教、テサロニケのジョン、テーベのヒッポリュトスの家長、そして由緒あるビードは、これと同じ事実を教え、この伝統は、東と西のすべての教会に受け入れられたことを物語っています。 St. John Damascene, preaching on the feast of the Assumption at Gethsemane, recalls that, according to the "Euthymian History", III, xl (written probably by Cyril of Scythopolis in the fifth century), Juvenal, bishop of Jerusalem, sent to Constantinople in 452 at the command of the Emperor Marcian and Pulcheria, his wife, the Shroud of the Blessed Virgin preserved in the church of Gethsemane (PG, XCVI, 747-51).ゲッセマネで昇天の饗宴に説教ダマスコの聖ヨハネは、 "Euthymian史"によれば、III XL(5世紀にScythopolisのシリルおそらく書かれている)、幼、エルサレムの司教は、に送られたことを想起皇帝マルキアヌスとプルケリア、彼の妻、ゲッセマネ(PG、九十六、747から51まで)の教会に保存されて聖母マリアの聖骸布のコマンドで452コンスタンティノープル。 The relic has since been venerated in that city at the Church of Our Lady of Blachernae.遺物は、以来Blachernaeの聖母教会でその都市に崇拝されています。

Testimony in favor of Ephesusエフェソスに有利な証言

There was never any tradition connecting Mary's death and burial with the city of Ephesus.エフェソスの都市とメアリーの死と埋葬を結ぶ任意の伝統が全くなかった。 Not a single writer or pilgrim speaks of her tomb as being there; and in the thirteenth century Perdicas, prothonotary of Ephesus, visited "the glorious tomb of the Virgin at Gethsemane", and describes it in his poem (PG, CXXXIII, 969). (PG、CXXXIII、969)、13世紀のPerdicasで、エフェソス首席書記官は、 "ゲッセマネでの聖母の栄光の墓"を訪れ、彼の詩の中でそれを説明し、そうでない単一のライターや巡礼者はそこにいるように彼女の墓のことを話す。 In a letter sent in 431 by the members of the Council of Ephesus to the clergy of Constantinople we read that Nestorius "reached the city of Ephesus where John the Theologian and the Mother of God, the Holy Virgin, were separated from the assembly of the holy Fathers", etc. Tillemont has completed the elliptical phrase by adding arbitrarily, "have their tombs".コンスタンティノープルの聖職者のエフェソスの評議会のメンバーによって431に送られた手紙では、ネストリウスが "ヨハネと神の母、聖母は、のアセンブリから分離したエフェソスの都市に到達したことを読み取る聖なる父 "自分の墓を持っている"などティユモンは、任意に追加することで、楕円形のフレーズを完了しました "。

He is followed by a few writers.彼は数人のライターが続いている。 According to the meditations of Sister Catherine Emmerich (d. 1824), compiled and published in 1852, the Blessed Virgin died and was buried not at Ephesus but three or four leagues south of the city. 1852年にコンパイルされ、公開されシスターカトリーヌエメリッヒ(民主党1824)、の瞑想によると、聖母マリアが死亡し、街の南部にエフェソスが、3つまたは​​4つのリーグではない埋葬された。 She is followed by those who accept her visions or meditations as Divine revelations.彼女は神の啓示のように彼女のビジョンや瞑想を受け入れる人々が続いている。 However, St. Brigid relates that at the time of her visit to the church of Gethsemane the Blessed Virgin appeared to her and spoke to her of her stay of three days in that place and of her Assumption into Heaven.しかし、聖ブリジッドは、ゲッセマネの教会への彼女の訪問時には、聖母マリアが彼女の前に現れて、その場所で3日間の彼女の滞在をし、彼女の昇天天国への彼女に話を聞いたことがある。 The revelations of Ven.ヴェンの啓示。 Maria d'Agreda do not contradict those of Catherine Emmerich.マリアD'Agredaはカトリーヌエメリッヒのものと矛盾しない。

The Church of the Sepulchre of Maryメアリーの墳墓教会

As the soil is considerably raised in the Valley of the Cedron, the ancient Church of the Sepulchre of Mary is completely covered and hidden.土壌がかなりCedronの谷で育っているように、マリアの墓の古代教会は完全に覆われて隠されています。 A score of steps descend from the road into the court (see Plan: B), at the back of which is a beautiful twelfth century porch (C).美しい12世紀のポーチ(C)となっている裏で、:ステップの得点は、(Bプランを参照)法廷に道路から降りる。 It opens on a monumental stairway of forty-eight steps.それは48個のステップの記念碑的な階段で開きます。 The twentieth step leads into the Church built in the fifth century, to a great extent cut from the rock.第二十ステップは、岩から切り出されかなりの程度まで、5世紀に建てられた教会につながる。 It forms a cross of unequal arms (D).それは不平等な武器(D)のクロスを形成している。 In the centre of the eastern arm, 52 feet long and 20 feet wide is the glorious tomb of the Mother of Christ.東のアームの中心に、52フィート長さおよび20フィートワイドはキリストの母の栄光の墓です。 It is a little room with a bench hewn from the rocky mass in imitation of the tomb of Christ.それは、キリストの墓のイミテーションの岩塊から杣ベンチと小さな部屋です。 This has given it the shape of a cubical edicule, about ten feet in circumference and eight feet high.これは、円周で約10フィートと8フィートが高い、それを立方体の小建造物の形状を与えている。 Until the fourteenth century the little monument was covered with magnificent marble slabs and the walls of the church were covered with frescoes.十四世紀まで少し碑は壮大な大理石のスラブで覆われていたとは、教会の壁はフレスコ画で覆われていた。 Since 1187 the tomb has been the property of the Muslim Government which nevertheless authorizes the Christians to officiate in it. 1187年以来、墓にもかかわらず、キリスト教徒はそれの担当を認可イスラム教徒政府の財産​​となっています。

Publication information Written by Barnabas Meistermann.バルナバMeistermannによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Scott Anthony Hibbs.スコットアンソニーヒブズ転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.カトリック百科事典は、14巻。 Published 1912. 1912年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.ニヒルのObstat、1912年7月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです