Gift of Tongues異言の賜物

Catholic Information カトリックの情報

(Glossolaly, glossolalia). (Glossolaly、異言)。

A supernatural gift of the class gratiae gratis datae, designed to aid in the outer development of the primitive Church.原始教会の外側の開発を支援するために設計されたクラスgratiae無償datae、超自然の贈り物。 The theological bearing of the subject is treated in the article CHARISMATA.被写体の神学的なベアリングは、記事CHARISMATAに扱われます。 The present article deals with its exegetical and historical phases.本論文は、その解釈の、歴史的な段階を扱っています。

St. Luke relates (Acts 2:1-15) that on the feast of Pentecost following the Ascension of Christ into heaven one hundred and twenty disciples of Galilean origin were heard speaking "with divers tongues, according as the Holy Ghost gave them to speak."聖ルカは、天国へのキリストの昇天後に聖霊降臨祭のごちそうにガリレイの起源の120弟子たちはダイバーの舌で "話すこと聞いたこと(使徒2:1-15)に関するものである聖霊が話せるようにそれらを与えによるとして" Devout Jews then dwelling at Jerusalem, the scene of the incident, were quickly drawn together to the number of approximately three thousand.敬虔なユダヤ人は、エルサレム、事件の現場、少なくとも住居は迅速約3000の数に合わせて描かれていました。 The multitude embraced two religious classes, Jews and proselytes, from fifteen distinct lands so distributed geographically as to represent "every nation under heaven".多数がいわゆる "天の下のすべての国"を表すために、地理的に分散した15の別個の土地からの2つの宗教のクラス、ユダヤ人と改宗者を受け入れた。 All were "confounded in mind" because every man heard the disciples speaking the "wonderful things of God" in his own tongue, namely, that in which he was born.すべての人が、弟子たちは、彼自身の言葉で "神の素晴らしいもの"を話すと聞いているので、すべてがその中で彼が生まれたこと、すなわち、 "心に混同"されていました。 To many the disciples appeared to be in a state of inebriation, wherefore St. Peter undertook to justify the anomaly by explaining it in the light of prophecy as a sign of the last times.弟子たちが酩酊状態にあるように見えた多くの人にとって、何のために聖ペテロは、最後の回の印として預言の光の中でそれを説明することにより、異常を正当化することを約束した。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The glossolaly thus described was historic, articulate, and intelligible.このように記載glossolalyは、歴史的な歯切れ、そして分かりやすいでした。 Jerusalem was then as now a polyglottal region and could easily have produced one hundred and twenty persons who, in the presence of a cosmopolitan assemblage, might express themselves in fifteen different tongues.エルサレムは、今ではその後polyglottal領域であったと容易にコスモポリタン群集の存在下で、15の異なる舌で自分を表現するかもしれませんが、120人を生産している可能性があります。 Since the variety of tongues is attributed to the group and not to individuals, particular disciples may not have used more than their native Aramaic, though it is difficult to picture any of them historically and socially without at least a smattering of other tongues.舌の様々なグループではなく個人にに起因しているので、それは歴史的にも社会的に他の舌の少なくとも片言せずに、それらのいずれかを想像することは困難であるものの、特定の弟子たちは、彼らの母国アラム語以上のものを使用していない可能性があります。 The linguistic conditions of the country were far more diverse than those of Switzerland today.国の言語学的条件はスイスのもの今日よりもはるかに多様であった。 The number of languages spoken equalled the number of those in which the listeners "were born".と話されている言語の数は、リスナーが "生まれてきた"しない、人の数に匹敵した。 But for these Greek and Aramaic would suffice with a possible admixture of Latin.しかし、これらのギリシャ語とアラム語のためのラテン語の可能な混合物と十分でしょう。 The distinction of "tongues" (v. 6, dialektos; v. 11, glossa) was largely one of dialects and the cause of astonishment was that so many of them should be heard simultaneously and from Galileans whose linguistic capacities were presumably underrated. "舌"(動6 dialektos;対11、グロッサ)の区別は、主に方言の一つであったと驚きの原因があるので、それらの多くが同時に聞こえなければならないということでしたし、その言語能力おそらく過小評価されたガリラヤから。 It was the Holy Ghost who impelled the disciples "to speak", without perhaps being obliged to infuse a knowledge of tongues unknown.それはおそらく未知の舌の知識を注入することが義務付けされずに、 "話すように"弟子を駆り立て聖霊だった。 The physical and psychic condition of the auditors was one of ecstasy and rapture in which "the wonderful things of God" would naturally find utterance in acclamations, prayers or hymns, conned, if not already known, during the preceding week, when they were "always in the temple", side by side with the strangers from afar, "praising and blessing God" (Luke 24:52-53).監査役の物理的および精神的な状態は、すでに知られていない場合、彼らがいたとき、 "神の素晴らしいものが"自然に "、前の週の間に、だまさ、acclamations、祈りや賛美歌で発声を見つけるだろうした恍惚と歓喜の一つであったいつも神殿で "遠くから見知らぬ人と並んで、"賞賛し、神の祝福 "(ルカ24:52-53)。

Subsequent manifestations occurred at Caesarea, Palaestina, Ephesus, and Corinth, all polyglottal regions.その後の症状は、カイザリア、Palaestina、エフェソス、およびコリント、すべてpolyglottal地域で発生した。 St. Peter identifies that of Caesarea with what befell the disciples "in the beginning" (Acts 11:15).聖ペテロ(使徒11:15) "初めに"弟子に起こったものとカイザリアのものを識別し​​ます。 There, as at Ephesus and Jerusalem, the strange incident marked the baptism of several converts, who operated in groups.そこに、エフェソスとエルサレムのような、奇妙な事件がいくつかのグループで運営さ改宗の洗礼をマーク。 Corinth, standing apart in this and other respects, is reserved for special study.これと他の点で離れて立っているコリントは、特別研究のために予約されています。

In post-Biblical times St. Irenæus tells us that "many" of his contemporaries were heard "speaking through the Spirit in all kinds (pantodapais) of tongues" ("Contra haer.", V, vii; Eusebius, "Hist. eccl.", V, vii).ポスト聖書の時代の聖エイレナイオスは、彼と同時代の "多"は聞いていたことを教えてくれる "すべての種類の聖霊を通して話す(pantodapais)の舌"( "魂斗haer。"、V、VII、ユーセビアス、 "シーッeccl。 "、V、VII)。 St. Francis Xavier is said to have preached in tongues unknown to him and St. Vincent Ferrer while using his native tongue was understood in others.聖フランシスコ·ザビエルは、他人に理解されていた彼の母国語を使用しながら、彼には未知の舌とセントビンセントフェラーで説教したと言われている。 From this last phenomenon Biblical glossolaly differs in being what St. Gregory Nazianzen points out as a marvel of speaking and not of hearing.この最後の現象聖書glossolalyから聖グレゴリーnazianzen、聴覚のスピーキングの驚異ではないと指摘している何である点で異なる。 Exegetes observe too that it was never used for preaching, although Sts. exegetes年はそれがSTSが、説教のために使用されなかったということも観察します。 Augustine and Thomas seem to have overlooked this detail.アウグスティヌスとトマスは、この詳細を見落としているように見える。

St. Paul's Concept (I Corinthians 12-14).-For the Biblical data thus far examined we are indebted to the bosom friend and companion of St. Paul - St. Luke. 。-FOR - 聖ルカ聖パウロのコンセプト(コリント人への手紙12-14)聖書のデータは、これまで我々は、聖パウロの親友と仲間の世話になって調べた。 That being true, the views of St. Paul on supernatural glossolaly must have coincided with those of St. Luke.本当であることを、超自然glossolalyに聖パウロの見解は聖ルカのものと一致している必要があります。

Now St. Paul had seen the gift conferred at Ephesus and St. Luke does not distinguish Ephesian glossolaly from that of Jerusalem.今すぐ聖パウロはエフェソスと聖ルカに授与贈り物はエルサレムのそれからエペソglossolalyを区別していない見ていた。 They must therefore have been alike and St. Paul seems to have had both in mind when he commanded the Corinthians (14:37) to employ none but articulate and "plain speech" in their use of the gift (9), and to refrain from such use in church unless even the unlearned could grasp what was said (16).したがって、それらは同様にあったにちがいないと聖パウロは、コリンチャンス(14:37)のいずれを採用していませんが、明確に、ギフトの使用についての "プレーンスピーチ"(9)と、自制するように命じたときに心の中で両方を持っているようだ教会の中でそのような使用からも無学(16)と言われていたかを把握できない限り。 No tongue could be genuine "without voice" and to use such a tongue would be the act of a barbarian (10, 11).無舌 "声なし"本物である可能性があり、そのような舌を使用するためには、野蛮人(10、11)の行為はないだろう。 For him the impulse to praise God in one or more strange tongues should proceed from the Holy Ghost. It was even then an inferior gift which he ranked next to last in a list of eight charismata.彼は1つまたは複数の奇妙な舌で神を賛美するためにインパルスが聖霊から続行する必要がありますそれは、その時でさえ、彼は8 charismataのリストの最後に次のランク劣る贈り物だった。 It was a mere "sign" and as such was intended not for believers but for unbelievers (22). それは単なる"記号"であったそのようなものとしてではなく信者のためではなく、不信心者 (22) のために意図されていた

Corinthian Abuses (I Corinthians 14 passim).-Medieval and modern writers wrongly take it for granted that the charism existed permanently at Corinth &151; as it did nowhere else-and that St. Paul, in commending the gift to the Corinthians, therewith gave his guaranty that the characteristics of Corinthian glossolaly were those of the gift itself.コリントの虐待(コリント人への手紙14ここかしこ)は中世と現代の作家が間違ってそれがどこに行ったようにカリスマが&151;コリントで永久に存在していたことを誰とコリント人への贈り物を賞賛で聖パウロは、それに与えたのは当然のことを取る彼の保証コリントglossolalyの特性は、贈り物自体のものであったこと。 Traditional writers in overlooking this point place St. Luke at variance with St. Paul, and attribute to the charism properties so contrary as to make it inexplicable and prohibitively mysterious.セントポールとの差異、それは不可解と法外に神秘的にするように反してカリスマプロパティに属性でこの点場所聖ルカを見下ろすの伝統的な作家。 There is enough in St. Paul to show us that the Corinthian peculiarities were ignoble accretions and abuses.コリント式の特殊性が卑しい沈着や虐待であったことを私達に示すためにセントポールに十分にある。 They made of "tongues" a source of schism in the Church and of scandal without (14:23).彼らは(14:23)なしで教会やスキャンダルの "舌"の分裂の原因を作った。 The charism had deteriorated into a mixture of meaningless inarticulate gabble (9, 10) with an element of uncertain sounds (7, 8), which sometimes might be construed as little short of blasphemous (12:3).カリスマは、時には不敬の少し短い(12:3)と解釈されるかもしれない不確かな音の要素(7,8)で無意味な口がきけないガーガーと鳴くの混合物(9、10)に悪化した。 The Divine praises were recognized now and then, but the general effect was one of confusion and disedification for the very unbelievers for whom the normal gift was intended (14:22, 23, 26).神の称賛を今して認識されますが、一般的な効果は、通常の贈り物は意図されていた誰のために非常に不信者のための混乱とdisedification(14:22、23、26)の一つであった。 The Corinthians, misled not by insincerity but by simplicity and ignorance (20), were actuated by an undisciplined religious spirit (pneuma), or rather by frenzied emotions and not by the understanding (nous) of the Spirit of God (15).不誠実ではなく、シンプルさと無知(20)によるものに惑わさコリント書は、しつけられていない宗教的な精神(霊)によって、あるいはむしろ、神の御霊の理解(ヌース)(15)で熱狂的な感情ではなく、によって作動した。 What today purports to be the "gift of tongues" at certain Protestant revivals is a fair reproduction of Corinthian glossolaly, and shows the need there was in the primitive Church of the Apostle's counsel to do all things "decently, and according to order" (40).何今日は特定のプロテスタントのリバイバルでの "異言の賜物"であると主張している(コリントglossolalyの公正な再現であり、すべての物事を行うには、使徒の弁護人の原始教会にあった必要性を示す "礼儀正しくて、注文に応じて" 40)。 Faithful adherence to the text of Sacred Scripture makes it obligatory to reject those opinions which turn the charism of tongues into little more than infantile babbling (Eichhorn, Schmidt, Neander), incoherent exclamations (Meyer), pythonic utterances (Wiseler), or prophetic demonstrations of the archaic kind (see 1 Samuel 19:20, 24).聖書のテキストに忠実に遵守は乳児せせらぎ(アイヒホルン、シュミット、ネアンダー)、支離滅裂な叫び声(マイヤー)、ニシキヘビの発言(Wiseler)、または予言デモより少しに舌のカリスマを回すそれらの意見を拒絶することが義務になります古風な種類の(1サミュエル19:20、24を参照)。 The unalloyed charism was as much an exercise of the intelligence as of the emotions.真のカリスマは、できるだけ多くの感情のように知性の行使だった。 Languages or dialects, now kainais (Mark 16:17) for their present purpose, and now spontaneously borrowed by the conservative Hebrew from Gentile foreigners (eteroglossois, cheilesin eteron, 1 Corinthians 14:21), were used as never before.言語や方言があり、今では本目的のためにkainais(マルコ16:17)、現在は自発的に異邦人の外国人から保守的なヘブライ語(eteroglossois、cheilesin eteron、1コリント14:21)で借りたが、かつてないほど使用されていました。 But they were understood even by those who used them.しかし、彼らはさらにそれらを使用した人には理解された。 Most Latin commentators have believed the contrary, but the ancient Greeks, St. Cyril of Alexandria, Theodoret, and others who were nearer the scene, agree to it and the testimony of the texts as above studied seems to bear them out.ほとんどのラテンコメンテーターが反対のことを信じていたが、古代ギリシア人は、アレクサンドリアの聖シリルtheodoretの、シーン寄りだった他の人が、それとテキストの証言に同意し、上記の研究し、それらを負担しているようだ。

Publication information Written by Thomas A' K. Reilly.トーマス·A "K·ライリーによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Thomas M. Barrett.トーマスM.バレット転写されています。 Dedicated to Elizabeth Brown Knight The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.エリザベス·ブラウンナイトカトリック百科事典は、14巻に専念。 Published 1912. 1912年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.ニヒルのObstat、1912年7月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography 参考文献
CORLUY in JAUGEY, Dict. JAUGEY、dictのCORLUY。 apolegetique (Paris, 1889); MELVILLE, Observationes theologico-exegeticae de dono linguarum etc. (Basle, 1816); HILGENFELD, Die Glossolalie in der alten Kirche (Leipzig, 1850); FOUARD, St. Paul, ses missions (Paris, 1892); BLEEK, Ueber die Gabe etc. in Theologische Studien und Kritiken, II (1829); REUSS, La glossolalie in Revue de theologie, III (Strasburg, 1851); SHEPPARD, The Gift of Tongues in the Early Church in Amer. apolegetique(パリ、1889);メルヴィル、Observationes theologico-exegeticaeデ殿linguarum等(バーゼル、1816);ヒルゲンフェルト、デア·アルテンシュタイン(ライプチヒ、1850)の中で死ぬGlossolalie; FOUARD、セントポール、SESミッション(パリ、1892 ); BLEEK、Ueberダイゲイブ等でTheologische Studien undのKritiken、Ⅱ(1829)、ロイス、レヴュー·ド·神学、Ⅲ(ストラスバーグ、1851)におけるLa glossolalie、シェパード、アメアにおける教会の初めに異言の賜物。 Eccl. Eccl。 Rev., XLII (Philadelphia, May, 1910), 513-22; REILLY, The Gift of Tongues, What was it?牧師、XLII(フィラデルフィア、月、1910)、513から22、ライリー、異言の賜物は、それは何でしたか? in Amer.アメルインチ Eccl. Eccl。 Rev XLIII (Philadelphia, July, 1910), 3-25.改訂XLIII(フィラデルフィア、7月、1910年)、3月25日。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです