Western Schismウエスタン分裂

Catholic Information カトリックの情報

This schism of the fourteenth and fifteenth centuries differs in all points from the Eastern Schism. 14と15世紀のこの分裂は東部分裂からすべての点で異なっている。 The latter was a real revolt against the supreme authority of the Church, fomented by the ambition of the patriarchs of Constantinople, favoured by the Greek emperors, supported by the Byzantine clergy and people, and lasting nine centuries.後者は、ビザンチン様式の聖職者や人々、そして持続的な9世紀でサポートされているギリシャ語の皇帝が好んコンスタンチノープルの家長の野望によって助長教会の最高権威に対する本当の反乱、、、だった。 The Western Schism was only a temporary misunderstanding, even though it compelled the Church for forty years to seek its true head; it was fed by politics and passions, and was terminated by the assembling of the councils of Pisa and Constance.ウエスタン分裂は、その真の頭を模索する40歳のための教会を強要していても、あくまでも一時的な誤解であったが、政治と情熱によって供給され、ピサとコンスタンスの協議会の組み立てによって終了されました。 This religious division, infinitely less serious than the other, will be examined in its origin, its developments, the means employed to end it, and its ending in 1417 by the election of an undisputed pope.他よりも無限にそれほど深刻この宗教的分裂は、議論の余地のない法王の選挙で、その起源は、その発展、それを終了するために採用を意味し、1417年のエンディングでも調べられます。 From a legal and apologetic standpoint what did the early doctors think of it?法的と申し訳なさそうな観点から早期の医師はそれをどう思いましたか? What is the reasoned opinion of modern theologians and canonists?現代の神学とcanonists理路意見は何ですか? Was the real pope to be found at Avignon or at Rome?アヴィニョンまたはローマで発見される本当の法王だったのですか?

(1) Pope Gregory XI had left Avignon to return to Italy and had re-established the pontifical see in the Eternal City, where he died on 27 March, 1378. (1)教皇グレゴリウス11世はアヴィニョンがイタリアに戻り残っていたと再確立教皇は、彼が1378年3月27日に死亡した永遠の都、で見ていた。 At once attention was directed to the choice of his successor.一度注意は彼の後継者の選択に向けられた。 The question was most serious.質問が最も深刻だった。 Cardinals, priests, nobles, and the Romans in general were interested in it, because on the election to be made by the conclave depended the residence of the future pope at Avignon or at Rome.コンクラーベによってなされるべき選挙でアヴィニョンまたはローマで将来法王の住居を依存しているため枢機卿、司祭、貴族と一般的にローマ人への手紙は、それにも興味があった。 Since the beginning of the century the pontiffs had fixed their abode beyond the Alps; the Romans, whose interests and claims had been so long slighted, wanted a Roman or at least an Italian pope.世紀の初め以来教皇はアルプスを越えて彼らのすみかを修正しました;利害と主張長い間軽視されていたローマ人は、ローマまたは少なくともイタリア人法王を望んでいた。 The name of Bartolommeo Prignano, Archbishop of Bari, was mentioned from the first.バルトロメオPrignano、バーリの大司教の名前は最初から言及された。 This prelate had been Vice-Chancellor of the Roman Church, and was regarded as the enemy of vice, simony, and display.この高位聖職者はローマ教会の副学長だったが、その逆、聖職売買、ディスプレイの敵と見なされていた。 His morals were exemplary and his integrity rigid.彼の道徳は、例示的であったと彼の整合性がリジッド。 He was regarded by all as eligible.彼はすべてとして適格で見なされていた。 The sixteen cardinals present at Rome met in conclave on 7 April, and on the following day chose Prignano.ローマに出席16枢機卿は4月7日にコンクラーベで会って、次の日にPrignanoを選びました。 During the election disturbance reigned in the city.選挙妨害の間に都市を治めた。 The people of Rome and the vicinity, turbulent and easily roused, had, under the sway of circumstances, loudly declared their preferences and antipathies, and endeavoured to influence the decision of the cardinals.ローマおよびその周辺の人々は、乱流、簡単に目を覚まされ、状況の支配下に、大声で自分の好みと反感を宣言し、枢機卿の意思決定に影響を与えるために努力していた。 Were these facts, regrettable in themselves, sufficient to rob the members of the conclave of the necessary freedom of mind and to prevent the election from being valid?心の必要な自由のコンクラーベのメンバーを強奪すると有効なことから選挙を防止するのに十分な自体が遺憾これらの事実は、、でしたか? This is the question which has been asked since the end of the fourteenth century.これは14世紀の終わり以来、頼まれました質問です。 On its solution depends our opinion of the legitimacy of the popes of Rome and Avignon.その解決策にローマとアヴィニョンの教皇の正当性の我々の意見に依存します。 It seems certain that the cardinals then took every means to obviate all possible doubts.それは枢機卿は、すべての可能性に疑問を未然に防ぐためにあらゆる手段を取ったことは確かなようだ。 On the evening of the same day thirteen of them proceeded to a new election, and again chose the Archbishop of Bari with the formally expressed intention of selecting a legitimate pope.同じ日の夕方に、それらの13は、新しい選挙に進み、再び合法的な法王を選ぶの正式表明を意図してバーリの大司教を選んだ。 During the following days all the members of the Sacred College offered their respectful homage to the new pope, who had taken the name of Urban VI, and asked of him countless favours.次の日の間に神聖な大学のすべてのメンバーはアーバンVIの名前を取っていた新法王に敬意を表する彼らの敬意を提供しており、数え切れないほどの恩恵を彼に尋ねた。 They then enthroned him, first at the Vatican Palace, and later at St. John Lateran; finally on 18 April they solemnly crowned him at St. Peter's.そして、彼らは第一バチカン宮殿で、彼に即位し、後ラテランの聖ヨハネで、ついに4月18日に彼らは厳粛にサンピエトロで彼を戴冠。 On the very next day the Sacred College gave official notification of Urban's accession to the six French cardinals in Avignon; the latter recognized and congratulated the choice of their colleagues.非常に次の日に神聖な大学は、アヴィニョンで6フランスの枢機卿に都市への加盟の公式な通知を与え、後者は彼らの同僚の選択肢を認識し、祝福した。 The Roman cardinals then wrote to the head of the empire and the other Catholic sovereigns.ローマの枢機卿はその後帝国と他のカトリックの君主の頭に書いている。 Cardinal Robert of Geneva, the future Clement VII of Avignon, wrote in the same strain to his relative the King of France and to the Count of Flanders.ジュネーブの枢機卿ロバート、アヴィニョンの将来のクレメンス7世は、フランス王親戚へとフランダースのCountと同じ系統に書いている。 Pedro de Luna of Aragon, the future Benedict XIII, likewise wrote to several bishops of Spain.アラゴンのペドロ·デ·ルナ、将来のベネディクト13世は、同様にスペインのいくつかの司教に手紙を書いた。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Thus far, therefore, there was not a single objection to or dissatisfaction with the selection of Bartolommeo Prignano, not a protest, no hesitation, and no fear manifested for the future.これまでのところ、したがって、単一の異議やバルトロメオPrignanoの選択への不満ではなく、抗議、ためらい、そして未来のために現れない恐れがありませんでした。 Unfortunately Pope Urban did not realize the hopes to which his election had given rise.残念なことにウルバヌスは彼の選挙が上昇を与えていたために希望を実現しませんでした。 He showed himself whimsical, haughty, suspicious, and sometimes choleric in his relations with the cardinals who had elected him.彼は自分が、気まぐれな横柄な、疑わしい、と彼を選出していた枢機卿と彼の関係で時々怒りっぽい示した。 Too obvious roughness and blameable extravagances seemed to show that his unexpected election had altered his character.あまりにも明白な粗さとblameableのextravagancesは彼の予想外の選挙は彼の性格を変えたことを示しているように見えた。 St. Catherine of Siena, with supernatural courage, did not hesitate to make him some very well-founded remarks in this respect, nor did she hesitate when there was question of blaming the cardinals in their revolt against the pope whom they had previously elected.シエナの聖カタリナは、超自然的な勇気を持って、彼はこの点ではいくつかの非常に十分な根拠に発言をすることを躊躇しなかったし、また彼らが以前に選出されたローマ教皇に対する彼らの反乱で枢機卿を責めるの質問があったとき、彼女は躊躇しなかった。 Some historians state that Urban openly attacked the failings, real or supposed, of members of the Sacred College, and that he energetically refused to restore the pontifical see to Avignon.アーバンが公然と神聖な大学のメンバーの本当のまたは想定欠点を、攻撃し、彼は精力的にアヴィニョンに見教皇を復元することを拒否したことを一部の歴史家は、状態。 Hence, they add, the growing opposition.したがって、彼らは、成長野党を追加します。 However that may be, none of these unpleasant dissensions which arose subsequently to the election could logically weaken the validity of the choice made on 8 April.しかしそれは、選挙に続いて起こったこれらの不愉快な意見の相違はいずれも論理的に4月8日に行った選択の正当性を弱めることができなかったことかもしれません。 The cardinals elected Prignano, not because they were swayed by fear, though naturally they were somewhat fearful of the mischances that might grow out of delay.当然、彼らは遅延の脱却かもしれmischancesのやや恐ろしいたけれど彼らは、恐怖に振り回されていたので枢機卿Prignanoなく、選出した。 Urban was pope before his errors; he was still pope after his errors.アーバンは彼のエラー前法王だった彼は彼のエラーが発生した後、まだ法王だった。 The passions of King Henry IV or the vices of Louis XV did not prevent these monarchs from being and remaining true descendants of St. Louis and lawful kings of France.アンリ4世やルイ十五世の諸悪の情熱はセントルイスとフランスの合法的な王の真の子孫であると残りからこれらの君主を防ぐことはできませんでした。 Unhappily such was not, in 1378, the reasoning of the Roman cardinals.そのような不幸は、1378年に、ローマの枢機卿の推論ではありませんでした。 Their dissatisfaction continued to increase.彼らの不満は増加し続けた。 Under pretext of escaping the unhealthy heat of Rome, they withdrew in May to Anagni, and in July to Fondi, under the protection of Queen Joanna of Naples and two hundred Gascon lances of Bernardon de la Salle.ローマの不健康な暑さを逃れの口実の下で、彼らはナポリの女王ジョアンナとBernardon·デ·ラ·サールの200ガスコーニュランスの保護の下で、アナーニに、7月にフォンディ5月に撤退した。 They then began a silent campaign against their choice of April, and prepared men's minds for the news of a second election.そして、彼らは4月の彼らの選択に対してサイレントキャンペーンを開始し、第二の選挙のニュースのために準備された男性の心。 On 20 September thirteen members of the Sacred College precipitated matters by going into conclave at Fondi and choosing as pope Robert of Geneva, who took the name of Clement VII. 9月20日に神聖な大学の13人のメンバーはフォンディでコンクラーベに入るとクレメンス7世の名前を取ったジュネーブの法​​王ロバートとして選択することで、事項を沈殿させた。 Some months later the new pontiff, driven from the Kingdom of Naples, took up his residence at Avignon; the schism was complete.数ヵ月後、ナポリ王国から駆動新法王は、アヴィニョンで彼の住居を構えた。分裂が完了した。

Clement VII was related to or allied with the principal royal families of Europe; he was influential, intellectual, and skilful in politics.クレメンス7世は、ヨーロッパの主要な王室の家族と一緒に、または同盟関係していた、彼は、影響力のある知的、政治に巧みであった。 Christendom was quickly divided into two almost equal parties.キリスト教は、すぐに2つのほぼ等しい政党に分かれていた。 Everywhere the faithful faced the anxious problem: where is the true pope?どこでも信者が気になる問題に直面し:真の法王はどこにあるのでしょうか? The saints themselves were divided: St Catherine of Siena, St. Catherine of Sweden, Bl.聖人自体が分けられた:シエナの聖カタリナ、スウェーデンの聖カタリナ、BL。 Peter of Aragon, Bl.アラゴン、Blのピーター。 Ursulina of Parma, Philippe d'Alencon, and Gerard de Groote were in the camp of Urban; St. Vincent Ferrer, Bl.パルマのUrsulina、フィリップD'アランソン、およびジェラールデ·グローテは、都市の収容所であった。セントビンセントフェラー、BL。 Peter of Luxemburg, and St. Colette belonged to the party of Clement.ルクセンブルグのピーター、聖コレットはクレメントの党に属していた。 The century's most famous doctors of law were consulted and most of them decided for Rome.法律の世紀の最も有名な医師の診察を受け、それらのほとんどはローマのために決定しました。 Theologians were divided.神学者が分かれた。 Germans like Henry of Hesse or Langstein (Epistola concilii pacis) and Conrad of Glenhausen (Ep. brevis; Ep. Concordioe) inclined towards Urban; Pierre d'Ailly, his friend Philippe de Maizieres, his pupils Jean Gerson and Nicholas of Clemanges, and with them the whole School of Paris, defended the interests of Clement.都市に向かって傾斜し、ヘッセまたはLangsteinのヘンリー(Epistola conciliiパチス)とGlenhausenのコンラッド(EP Concordioe。Ep.ブレビス);のようなドイツ人ピエール·アイイ、彼の友人フィリップドゥマジエール、Clemangesの弟子ジャン·ジェルソンとニコラス、そして彼らとパリの全校生徒が、クレマンの利益を擁護した。 The conflict of rival passions and the novelty of the situation rendered understanding difficult and unanimity impossible.ライバル情熱の葛藤や状況の目新しさは難しいと全会一致は不可能に理解レンダリング。 As a general thing scholars adopted the opinion of their country.一般的なものとしての学者は自分たちの国の意見を採択した。 The powers also took sides.大国も両側を取った。 The greater number of the Italian and German states, England, and Flanders supported the pope of Rome.イタリアとドイツの州、イングランド、そしてフランダースの数が多いほど、ローマの教皇を支持した。 On the other hand France, Spain, Scotland, and all the nations in the orbit of France were for the pope of Avignon.一方フランスの軌道で、フランス、スペイン、スコットランド、そして、すべての国は、アヴィニョンの法王のためだった。 Nevertheless Charles V had first suggested officially to the cardinals of Anagni the assembling of a general council, but he was not heard.それにもかかわらず、シャルル5世は、まず一般的な審議会の組み立てアナーニの枢機卿に正式に提案したが、彼は聞かれなかった。 Unfortunately the rival popes launched excommunication against each other; they created numerous cardinals to make up for the defections and sent them throughout Christendom to defend their cause, spread their influence, and win adherents.残念ながらライバル教皇はお互いに対して破門を立ち上げ、彼らは離党を補うために、多数の枢機卿を作成し、その原因を守るためにキリスト教を通してそれらを送ったが、彼らの影響力を広げ、信者を獲得。 While these grave and burning discussions were being spread abroad, Boniface IX had succeeded Urban VI at Rome and Benedict XIII had been elected pope at the death of Clement of Avignon.これらの墓と燃え議論が広まったされている間、ボニIXはローマでアーバンVIを成功したとベネディクト13世はアヴィニョンのクレメントの死で法王に選出されていた。 "There are two masters in the vessel who are fencing with and contradicting each other", said Jean Petit at the Council of Paris (1406). "とフェンシングであり、互いに矛盾し、容器内の2つのマスタがあります"、パリの協議会のジャン·プチ(1406)は述べています。 Several ecclesiastical assemblies met in France and elsewhere without definite result.いくつかの教会のアセンブリには、明確な結果はなくフランスや他の場所で会った。 The evil continued without remedy or truce.悪は救済または休戦せずに続けた。 The King of France and his uncles began to weary of supporting such a pope as Benedict, who acted only according to his humour and who caused the failure of every plan for union.フランスと彼の叔父の王は彼のユーモアによるのみ行動し、組合のためにすべての計画の失敗の原因となった人ベネディクトなどの法王を支える疲れ始めた。 Moreover, his exactions and the fiscal severity of his agents weighed heavily on the bishops, abbots, and lesser clergy of France.また、彼のexactionsと彼のエージェントの財政重症度は、司教、修道院長、フランスの低い聖職者に負うところ大であった。 Charles VI released his people from obedience to Benedict (1398), and forbade his subjects, under severe penalties, to submit to this pope.シャルル6世は服従からベネディクト(1398年)に彼の人々を解放し、この法王に提出し、厳しい罰則の下、臣民を禁じた。 Every bull or letter of the pope was to be sent to the king; no account was to be taken of privileges granted by the pope; in future every dispensation was to be asked of the ordinaries.法王のすべての牛や手紙が王に送られることになっていた、全くアカウントは法王によって付与される権限を服用していません。将来的にはすべての神の摂理はオーディナリーに尋ねたことがあった。

This therefore was a schism within a schism, a law of separation.したがって、これは分裂内分裂、分離の法則だった。 The Chancellor of France, who was already viceroy during the illness of Charles VI, thereby became even vice-pope.シャルル6世の病気の時すでに総督であったフランスの首相は、それによってさえ副法王になった。 Not without the connivance of the public power, Geoffrey Boucicaut, brother of the illustrious marshal, laid siege to Avignon, and a more or less strict blockade deprived the pontiff of all communication with those who remained faithful to him.公権力の黙認せず、ジェフリーブーシコール、輝かしいマーシャルの弟は、アヴィニョンに包囲し、多かれ少なかれ厳しい封鎖は彼に忠実に残った人々とのすべての通信の教皇を奪われたわけではありません。 When restored to liberty in 1403 Benedict had not become more conciliating, less obstinate or stubborn. 1403年に自由にリストアするとベネディクトは、少ない頑固だ、頑固以上conciliatingになっていませんでした。 Another private synod, which assembled in Paris in 1406, met with only partial success. 1406年にパリに集まった別のプライベート教会会議は、部分的にしか成功に会った。 Innocent VII had already succeeded Boniface of Rome, and, after a reign of two years, was replaced by Gregory XII.イノセントVIIはすでにローマの宿屋の主人に成功した、そして、2年間の統治の末に、グレゴリウス12世によって置き換えられました。 The latter, although of temperate character, seems not to have realized the hopes which Christendom, immeasurably wearied of these endless divisions, had placed in him.後者は、温帯の文字が、計り知れないほど彼に置かれていたが、これらの無限の部門でうんざりしたキリスト教、希望を実現していないようです。 The council which assembled a Pisa added a third claimant to the papal throne instead of two (1409).ピサを組み立て評議会は代わりに2(1409)ローマ法王の王座に第三原告を追加しました。 After many conferences, projects, discussions (oftentimes violent), interventions of the civil powers, catastrophes of all kinds, the Council of Constance (1414) deposed the suspicious John XXIII, received the abdication of the gentle and timid Gregory XII, and finally dismissed the obstinate Benedict XIII.多くの会議、プロジェクト、議論(時には暴力)の後、市民の力の介入は、すべての種類の災害、コンスタンツ公会議(1414)は、不審なヨハネ二十三世を退位させ、穏やかで臆病なグレゴリウス12世の退位を受け、最終的に却下頑固ベネディクト13世。 On 11 November, 1417, the assembly elected Odo Colonna, who took the name of Martin V. Thus ended the great schism of the West. 1417年11月11日に、マーティンVの名前を取った小戸コロンナが、選出されたアセンブリは、このように西部の大分裂を終えた。

(2) From this brief summary it will be readily concluded that this schism did not at all resemble that of the East, that it was something unique, and that it has remained so in history. (2)この簡潔な要約から、それは容易にこの分裂はまったく東のそれはそれはユニークなものだったし、それが歴史に残っているので、そのことを、似ていないと結論されます。 It was not a schism properly so called, being in reality a deplorable misunderstanding concerning a question of fact, an historical complication which lasted forty years.それは現実には事実上の問題、40年間続いた歴史的合併症に関する嘆かわしい誤解されて、適切ないわゆる分裂ではありませんでした。 In the West there was no revolt against papal authority in general, no scorn of the sovereign power of which St. Peter was the representative.西洋では一般的にはローマ法王の権威に対して何の反乱、聖ペテロが代表だったそのうちの主権のない軽蔑はありませんでした。 Faith in the necessary unity never wavered a particle; no one wished voluntarily to separate from the head of the Church.必要な団結の信仰は、粒子を迷ったことはありません、誰もが頭の教会から分離する自発的に望んでいません。 Now this intention alone is the characteristic mark of the schismatic spirit (Summa, II-II, Q. xxxix, a. 1).今だけこの意図は、分派​​の精神の特徴マーク(スンマ、II-II、Q 39、1)です。 On the contrary everyone desired that unity, materially overshadowed and temporarily compromised, should speedily shine forth with new splendour. Unityは、実質的に見劣りし、一時的に妥協することが望ま反して皆で、スピーディーに新たな素晴らしさと前後輝くはずです。 The theologians, canonists, princes, and faithful of the fourteenth century felt so intensely and maintained so vigorously that this character of unity was essential to the true Church of Jesus Christ, that at Constance solicitude for unity took precedence of that for reform.神学者のcanonists、君主、および14世紀の忠実なので強烈に感じたので、精力的に団結のこの文字が団結のためにボーデン心遣いで改革のためにその子の優先順位を取ったイエス·キリストの真の教会に欠かせないと主張した。 The benefit of unity had never been adequately appreciated till it had been lost, till the Church had become bicephalous of tricephalous, and there seemed to be no head precisely because there were too many.団結の利点は十分に教会がtricephalousの両頭のようになったまでそれは、失われていたまでは認めておらず、あまりにも多くあったので、正確には全く頭がないように思えたことはなかった。 Indeed the first mark of the true Church consists above all in unity under one head, the Divinely appointed guardian of the unity of faith and of worship.確かに真の教会の最初のマークが1頭、信仰と礼拝の結束の神の守護の下で任命された上記のすべての団結で構成されています。 Now in practice there was then no wilful error regarding the necessity of this character of the true Church, much less was there any culpable revolt against the known head.今、実際には真の教会は、この文字の必要性に関していかなる故意のエラーがはるかに少ないが知られている頭部に対するいかなる過失反乱であった場合、ありませんでした。 There was simply ignorance, and among the greater number invincible ignorance regarding the person of the true pope, regarding him who was at that time the visible depositary of the promises of the invisible Head.そこには、単に無知だった、真の法王の人についてのより多くの救いようのない無知の中で、その時点で目に見えないヘッドの約束の可視預託だった彼に関する。 How indeed was this ignorance to be dispelled?この無知がどのように実際に払拭されることになっていた? The only witnesses of the facts, the authors of the double election, were the same persons.事実、ダブル選挙の作家、唯一の目撃者が同じ人だった。 The cardinals of 1378 held successive opinions. 1378年の枢機卿は、連続意見を開催しました。 They had in turn testified for Urban, the first pope elected, on 8 April, and for Clement of Avignon on 20 September.彼らは順番に9月20日に4月8日に、そしてアヴィニョンのクレメンスは、最初の法王が選出され、都市のために証言していた。 Who were to be believed?誰が信じられるためでしたか? The members of the Sacred College, choosing and writing in April, or the same cardinals speaking and acting contradictorily in September?神聖な大学のメンバーは、選択し、4月に書いたり、同じ枢機卿はスピーキングと9月には矛盾して演技? Fondi was the starting point of the division; there likewise must be sought the serious errors and formidable responsibilities.フォンディ除算の出発点であった、同様に重大なエラーと手ごわいの責任をそこに求めなければなりません。

Bishops, princes, theologians, and canonists were in a state of perplexity from which they could not emerge in consequence of the conflicting, not disinterested, and perhaps insincere testimony of the cardinals.司教、王子、神学者、とcanonists彼らは枢機卿の、相反する利害関係のない、そしておそらく不誠実な証言の結果として出てくることができなかったから困惑の状態にあった。 Thenceforth how were the faithful to dispel uncertainty and form a morally sure opinion?しかる後、不確実性を払拭し、道徳的に必ず意見を形成するために忠実な方法でしたか? They relied on their natural leaders, and these, not knowing exactly what to hold, followed their interests or passions and attached themselves to probabilities.彼らは自然の指導者に頼っており、これらは、保持するかを正確に知らず、自分の興味や情熱を追​​ったと確率に自分自身を添付。 It was a terrible and distressing problem which lasted forty years and tormented two generations of Christians; a schism in the course of which there was no schismatic intention, unless exception perhaps be made of some exalted persons who should have considered the interests of the Church before all else.それは、40歳とキリスト教徒の苦しめ2世代続いたひどいと悲惨な問題でした。例外はおそらく教会の利益の前に考慮すべきいくつかの高貴な人々で作られていない限り、分離の意図は、ありませんでしたその過程で分裂他のすべての。

Exception should also be made of some doctors of the period whose extraordinary opinions show what was the general disorder of minds during the schism (N. Valois, I, 351; IV, 501).例外は、臨時の意見分裂(; IV、501 Nのヴァロワ、私は、351)の間に心の一般的な疾患であったかを示す期間の一部の医師からもなされるべきである。 Apart from these exceptions no one had the intention of dividing the seamless robe, no one formally desired schism; those concerned were ignorant or misled, but not culpable.別にこれらの例外は、誰もシームレスローブ、誰も正式に希望の分裂を分割する意図がなかった。関係者は、無知や誤解させたが、責められるべきではありませんでした。 In behalf of the great majority of clergy and people must be pleaded the good faith which excludes all errors and the wellnigh impossibility for the simple faithful to reach the truth.聖職者や人々の大多数の代理ですべてのエラーと真理に到達するためのシンプルな忠実にwellnigh不可能を除外誠意を懇願しなければならない。 This is the conclusion reached by a study of the facts and contemporary documents.これは事実と現代の文書の研究によって到達した結論である。 This King Charles V, the Count of Flanders, the Duke of Brittany, and Jean Gerson, the great chancellor of the university, vie with one another in declaring.このキングチャールズV、フランドル伯、ブルターニュ公とジャンジェルソン、宣言で互いに大学の偉大な宰相、争う。 D'Ailly, then Bishop of Cambrai, in his diocesan synods echoed the same moderate and conciliatory sentiments. D'アイイ、次にカンブレー司教は、彼の教区のsynodsで同じ穏健派と融和的な感情をエコー。 In 1409 he said to the Genoese: "I know no schismatics save those who stubbornly refuse to learn the truth, or who after discovering it refuse to submit to it, or who still formally declare that they do not want to follow the movement for union". 1409年に彼はジェノヴァに言った: "私は何のschismaticsが頑固に真理を学ぶことを拒否する人たちや、それに服従することを拒否する、あるいは、まだ正式に彼らが労働組合のための動きに追従したくないことを宣言した人発見した後、誰を救うん知っている"。 Schism and heresy as sins and vices, he adds in 1412, can only result from stubborn opposition either to the unity of the Church, or to an article of faith.分裂や異端の罪と悪徳のように、彼はどちらか一方のみ教会の結束に、または信仰の記事への頑固な反対に起因することができ、1412年に追加されます。 This is the pure doctrine of the Angelic Doctor (cf. Tshackert, "Peter von Ailli", appendix 32, 33).これは、天使のような医者(参照Tshackert、 "ピーター·フォン·Ailli"、付録32、33)の純粋な教義です。

(3) Most modern doctors uphold the same ideas. (3)最近のほとんどの医師が同じ考えを支持する。 It suffices to quote Canon J. Didiot, dean of the faculty of Lille: "If after the election of a pope and before his death or resignation a new election takes place, it is null and schismatic; the one elected is not in the Apostolic Succession. This was seen at the beginning of what is called, somewhat incorrectly, the Great Schism of the West, which was only an apparent schism from a theological standpoint. If two elections take place simultaneously or nearly so, one according to laws previously passed and the other contrary to them, the apostolicity belongs to the pope legally chosen and not to the other, and though there be doubts, discussions, and cruel divisions on this point, as at the time of the so-called Western Schism, it is no less true, no less real that the apostolicity exists objectively in the true pope. What does it matter, in this objective relation, that it is not manifest to all and is not recognized by all till long after? A treasure is bequeathed to me, but I do not know whether it is in the chest A or in the casket B. Am I any less the possessor of this treasure?"これは、キヤノン·J Didiot、リールの学部長の言葉を引用すれば十分である: "法王の選挙の後、彼の死や辞職の前に新たな選挙が行われる場合、それがnullと分派であり、選出された1は、ローマ教皇ではありません2回の選挙は、法律によると、同時に、またはそれに近いものを行われる場合は承継ますが、これはと呼ばれるものの初めに見られた、多少間違って、唯一の神学的な観点から明らかに分裂していた西部の大分裂、以前に渡さそしてそれらに他の反対は、apostolicityのは、いわゆる西洋の分裂の時のように、それは、合法的に他の法王に選ばれていないに属していて、しかしそこにこの点に疑問、ディスカッション、そして残酷な部門であるapostolicityのが真の法王に客観的に存在することはあまり現実のいや、いや、それほど真実。問題それは何を、この目的の関係で、それがすべてのマニフェストではなく、後にすべての長いまでに認識されていません?宝物が私に遺贈されが、私はそれは胸の中にあるかどうかわからない場合や棺Bには、私、この宝物の持ち主任意の少ないかな? " After the theologian let us hear the canonist.神学者の後に私たちは教会法学者を聞くことができます。 The following are the words of Bouix, so competent in all these questions.次は、すべてのこれらの質問のように有能なBouixの言葉です。 Speaking of the events of this sad period he says: "This dissension was called schism, but incorrectly. No one withdrew from the true Roman pontiff considered as such, but each obeyed the one he regarded as the true pope. They submitted to him, not absolutely, but on condition that he was the true pope. Although there were several obediences, nevertheless there was no schism properly so-called" (De Papa, I, 461).この悲しい期間のイベントといえば、彼は言います: "この意見の相違は、分裂と呼ばれますが、間違って誰もそのようなものとして考え真のローマ教皇から撤退しませんが、それぞれが、彼は真の法王と見なさ1に従った彼らは彼に提出。いくつかのobediencesがあったものの、絶対にしないが、彼は真の法王であったことを条件に。、それにもかかわらず、正しく実行されなく分裂(デ·パパ、私、461) "いわゆるはありませんでした。

(4) To contemporaries this problem was, as has been sufficiently shown, almost insoluble. (4)時代に、この問題が十分にほとんど溶けない、が示されているようだった。 Are our lights fuller and more brilliant than theirs?彼らよりも我々のライトフラーとより鮮やかなのですか? After six centuries we are able to judge more disinterestedly and impartially, and apparently the time is at hand for the formation of a decision, if not definitive, at least better informed and more just. 6世紀の後に我々はより多くの興味を失って、公平に判断することができます、と明らかに時間が少なくともより良い情報と、単なる、決定的な意思決定の形成のために手元にあると、そうでない場合。 In our opinion the question made rapid strides towards the end of the nineteenth century.私どもの意見では質問は、19世紀の終わりに向かって急速な進歩を遂げて。 Cardinal Hergenröther, Bliemetzrieder, Hefele, Hinschius, Kraus, Brück, Funk, and the learned Pastor in Germany, Marion, Chenon, de Beaucourt, and Denifle in France, Kirsch in Switzerland, Palma, long after Rinaldi, in Italy, Albers in Holland (to mention only the most competent or illustrious) have openly declared in favour of the popes of Rome.イタリア、オランダ、アルバースの長いリナルディ後の枢機卿ハーゲン、Bliemetzrieder、ヘーフェレ、ヒンシウス、クラウス、ブルック、ファンク、ドイツで学んだ牧師、マリオン、シェノン、デボークール、フランスのデニフレ、スイスのキルシュ、パルマ、、 (最も有能または輝かしいのみ言及するために)公然とローマの教皇を支持して宣言しています。 Noel Valois, who assumes authority on the question, at first considered the rival popes as doubtful, and believed "that the solution of this great problem was beyond the judgment of history" (I,8).質問に権威を負いノエルヴァロワは、最初は疑わしいとしてライバル教皇とみなされていて、(私は、8) "この偉大な問題の解決は、歴史の判断を超えていたことを"信じていた。 Six years later he concluded his authoritative study and reviewed the facts related in his four large volumes. 6年後、彼は彼の権威ある研究を締結し、彼の4大量に事実関係を検討した。 The following is his last conclusion, much more explicit and decided than his earlier judgment: "A tradition has been established in favour of the popes of Rome which historical investigation tends to confirm".以下は、彼の以前の判決よりもはるかに明示し、決定した彼の最後の結論は: "伝統は歴史的調査、確認のために傾向があるローマ教皇を支持して設立されました。" Does not this book itself (IV, 503), though the author hesitates to decide, bring to the support of the Roman thesis new arguments, which in the opinion of some critics are quite convincing?著者が決めること躊躇けれども、この本自体は(IV、503)、ローマの論文いくつかの批評家の意見に非常に説得力のある新しい引数のサポートに持って来ない? A final and quite recent argument comes from Rome.決勝とかなり最近の議論は、ローマから来ている。 In 1904 the "Gerarchia Cattolica", basing its arguments on the date of the Liber Pontificalis, compiled a new and corrected list of sovereign pontiffs. 1904年LIBER Pontificalisの日に、その引数を基づか "Gerarchiaカットーリカ"は、主権の新しい教皇と補正されたリストをコンパイル。 Ten names have disappeared from this list of legitimate popes, neither the popes of Avignon nor those of Pisa being ranked in the true lineage of St. Peter.十名は、正当な教皇のこのリストから姿を消し、どちらもアヴィニョンの教皇もピサのものは、聖ペテロの真の血統にランクされています。 If this deliberate omission is not proof positive, it is at least a very strong presumption in favour of the legitimacy of the Roman popes Urban VI, Boniface IX, Innocent VII, and Gregory XII.この意図的な不作為が確証されていない場合、それはローマ教皇アーバン六、ボニフェスIX、イノセントVIIおよびグレゴリウス12世の正当性を支持して、少なくとも非常に強い推定です。 Moreover, the names of the popes of Avignon, Clement VII and Benedict XIII, were again taken by later popes (in the sixteenth and eighteenth centuries) who were legitimate.また、アヴィニョン、クレメンス7世とベネディクト13世は、教皇の名前が再び合法的であった後の教皇(16番目と18世​​紀における)によって撮影された。 We have already quoted much, having had to rely on ancient and contemporary testimonies, on those of the fourteenth and fifteenth centuries as on those of the nineteenth and even the twentieth, but we shall transcribe two texts borrowed from writers who with regard to the Church are at opposite poles.我々はすでに、多くの引用符で囲まれた19世紀とさえ第二十のそれらの上と14と15世紀のもので、古代と現代の証言に頼らざるを得なかったが、私たちは教会に関して人の作家から借りた2つのテキストを書き写すものと反対の極にある。 The first is Gregorovius, whom no one will suspect of exaggerated respect for the papacy.最初は誰もがローマ教皇のために誇張された敬意を疑わないでしょうグレゴロビウスです。 Concerning the schismatic divisions of the period he writes: "A temporal kingdom would have succumbed thereto; but the organization of the spiritual kingdom was so wonderful, the ideal of the papacy so indestructible, that this, the most serious of schisms, served only to demonstrate its indivisibility" (Gesch. der Stadt Rom im Mittelalter, VI, 620).時間的な王国がそこに屈しただろう "、しかし精神的な王国の組織は、これは、分裂の最も深刻な、だけに役立っているので、不滅のローマ教皇の理想的なので、素晴らしいものでした:期間の分離の部門について彼は書いているその不可分 "(Gesch.フュッセンロムイムMittelalter VI、620)を示しています。 From a widely different standpoint de Maistre holds the same view: "This scourge of contemporaries is for us an historical treasure. It serves to prove how immovable is the throne of St. Peter. What human organization would have withstood this trial?"広くさまざまな観点からドメース、同じビューを保持している: "同時代のこの惨劇は、私たちのために歴史的な宝物であるそれは、聖ペテロの玉座がいかに不動の証明に役立つ何人間の組織がこの試験に耐えたでしょう。?" (Du Pape, IV, conclusion). (デュ·パプ、IV結論)。

Publication information Written by Louis Salembier.ルイサランビエによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Judy Levandoski.ジュディLevandoski転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume XIII.カトリック百科事典は、13巻。 Published 1912. 1912年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1912.ニヒルのObstat、1912年2月1日。 Remy Lafort, DD, Censor.レミーLaf​​ort、DDは、検閲しています。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです