Adamアダム

General Information インフォメーション

According to the Bible, Adam was the first man.聖書によれば、アダムが最初の人だった。 His name, which means "man" in Hebrew, is probably derived from the Hebrew word for "earth."ヘブライ語で"男"を意味する彼の名前は、おそらくヘブライ語から派生した"地球"。 The first three chapters of Genesis relate that God created Adam from dust, breathed life into him, and placed him in the Garden of Eden, where he lived with his wife, Eve, until they ate the forbidden fruit from the tree of knowledge of good and evil.創世記の最初の3つの章では、神が塵からアダムを作成したことが彼の息を吹き込む関連し、彼らは良いの知識の木から禁断の果実を食べてまで、彼は彼の妻、イヴと住んでいたエデンの園の中で彼を配置善と悪。 The biblical account is similar to Egyptian and Mesopotamian accounts, in which the first man was made from clay, infused with life by a divine being, and placed in a paradise of delight.聖書のアカウントは、されて、神によって生命を吹き込まれるの最初の男は粘土から作られたエジプトやメソポタミアのアカウントに似ていると喜びの楽園に配置されます。


Adamアダム

Advanced Information 高度情報

Adam, red, a Babylonian word, the generic name for man, having the same meaning in the Hebrew and the Assyrian languages.アダムは、赤、バビロニア語、ヘブライ語、アッシリアの言語で同じ意味を持つ人の総称。 It was the name given to the first man, whose creation, fall, and subsequent history and that of his descendants are detailed in the first book of Moses (Gen. 1:27-ch. 5).これは、その作成、秋の最初の人間に与えられた名前、およびその後の歴史とその子孫のことは、モーゼの最初の本(大将1時27チャンネル5)に詳述されていた。 "God created man [Heb., Adam] in his own image, in the image of God created he him; male and female created he them." "神を創った男[。ヘブは、アダム]は、自分自身のイメージでは、神のイメージでは彼に彼を創造し、男性と女性は彼にそれを作成した。" Adam was absolutely the first man whom God created.アダムは絶対神が最初に作成された男だった。 He was formed out of the dust of the earth (and hence his name), and God breathed into this nostrils the breath of life, and gave him dominion over all the lower creatures (Gen. 1:26; 2:7).彼は地球(と、それゆえ、彼の名前)の塵のうちに形成され、神は、この鼻の生命の息吹を吹き込みと(大将1時26分、2時07分)より下位のすべての生き物で、彼に支配権を与えた。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
He was placed after his creation in the Garden of Eden, to cultivate it, and to enjoy its fruits under this one prohibition: "Of the tree of the knowledge of good and evil thou shalt not eat of it; for in the day that thou eatest thereof thou shalt surely die."彼は、それを育成するには、この一禁止の下で、その果実を享受するには、エデンの園で彼の創造の後に配置されました:"善と悪なたはそれを食べられないの知識の木のが一日になたをeatestそのなたは必ず死ぬ。" The first recorded act of Adam was his giving names to the beasts of the field and the fowls of the air, which God brought to him for this end.アダムの最初に記録された行為は、彼がフィールドの獣神はこの目的のために彼に持って、空気の鳥に名前を与えていた。 Thereafter the Lord caused a deep sleep to fall upon him, and while in an unconscious state took one of his ribs, and closed up his flesh again; and of this rib he made a woman, whom he presented to him when he awoke.その後、主は深い眠りに彼の上に落ちて引き起こされると、無意識の状態では、彼の肋骨の一つを取って、再び彼の肉を閉じて、そして、このリブの彼は、彼が目を覚ました時、彼に提示女を作った。 Adam received her as his wife, and said, "This is now bone of my bones, and flesh of my flesh: she shall be called Woman, because she was taken out of Man."アダムは、彼の妻としての彼女を受けて言った、"これが今の骨の骨と肉私の肉である:彼女は男から取られたので、彼女は、女性と呼ばれるものとします。" He called her Eve, because she was the mother of all living.彼女はすべての生き物の母だったので、彼は、彼女のイブと呼ばれる。

Being induced by the tempter in the form of a serpent to eat the forbidden fruit, Eve persuaded Adam, and he also did eat.禁断の果実を食べるのが蛇の形で誘惑によって誘導されるなので、イブはアダムを説得し、彼も食べた。 Thus man fell, and brought upon himself and his posterity all the sad consequences of his transgression.このように人が倒れ、自分自身と彼の子孫彼の罪のすべての悲しい結果にもたらした。 The narrative of the Fall comprehends in it the great promise of a Deliverer (Gen. 3:15), the "first gospel" message to man.秋の物語は、その中に救世主(大将3時15分)、男に"最初の福音書"のメッセージの大きな可能性を理解しない。 They were expelled from Eden, and at the east of the garden God placed a flame, which turned every way, to prevent access to the tree of life (Gen. 3).彼らは、エデンから追放された庭園の東に神は命の木(大将3)へのアクセスを防止するために、あらゆる方法を回した炎を、配置されます。 How long they were in Paradise is matter of mere conjecture.彼らは楽園にいたどのくらいの期間、単なる憶測の問題です。

Shortly after their expulsion Eve brought forth her first-born, and called him Cain.追放イブは、彼女の最初の生まれを産んだ直後、カイン彼を呼んだ。 Although we have the names of only three of Adam's sons, viz., Cain, Abel, and Seth yet it is obvious that he had several sons and daughters (Gen. 5:4).我々はの名前はアダムの息子の3つ、すなわちあるが、カイン、アベル、セスはまだそれは彼はいくつかの息子や娘(大将5:4)いたことは明らかである。 He died aged 930 years.彼は930歳の死亡した。 Adams and Eve were the progenitors of the whole human race.アダムスとイブは人類全体の祖先であった。 Evidences of varied kinds are abundant in proving the unity of the human race.様々な種類の証拠は、人類の結束を証明する豊富です。 The investigations of science, altogether independent of historical evidence, lead to the conclusion that God "hath made of one blood all nations of men for to dwell on all the face of the earth" (Acts 17:26. Comp. Rom. 5:12-12; 1 Cor. 15:22-49). 。科学の調査では、完全に歴史的な証拠から独立して、神(使徒17:26コンプROMの"かれらは地球上のすべての顔にこだわるのために男性の1つ前の血液中のすべての国を作った"という結論を導く5: 12月12日、1コリント15:22-49)。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン辞書の図解)


Adamアダム

Advanced Information 高度情報

The Hebrew word transliterated "Adam" is found about 560 times in the OT.ヘブライ語の単語は、音訳"アダム"とのOTの約560倍であることが判明した。 In the overwhelming majority of cases it means "man" or "mankind."それは"男"という意味例圧倒的多数で"人類"を This is true of some of the references at the beginning of Genesis (in the creation and Eden stories), and many scholars hold that up to Gen. 4:25 all occurrences of "Adam" should be understood to refer to "man" or "the man."これは、創世記の初めに(作成、エデンの話で)での参照の一部に該当する多くの学者は、その交流大将4時25を保持出現するすべての"アダム"または"man"を参照して理解されるべきである"男。" But there is no doubt that the writer on occasion used the word as the proper name of the first man, and it is with this use that we are concerned.しかし、機会に作家が最初の男として、適切な名前の単語を使用した疑いの余地はない、それは我々が懸念しているこの使用しています。 It is found outside Genesis in 1 Chr.これは、1 chrです創世記の外にあります。 1:1 and possibly in other passages such as Deut. 1:01およびdeutなどの他の通路のかもしれない。 32:8 (where "the sons of men" may be understood as "the sons of Adam"), and in some important NT passages. 32:8(ここで、"男性の息子は、""アダムの息子"として理解することができる)、およびいくつかの重要なNTの通路インチ

Adam in OT TeachingアダムのOTで指導

We are told that God created man "in his own image" and that he created them "male and female" (Gen. 1:27), statements made about no other creature.私たちは、神が"自分自身のイメージで"人を創造され、彼は"男性と女性"(大将1:27)で作成したと言われて、ステートメントは他の生き物についてした。 Man was commanded to "be fruitful and multiply, and fill the earth and subdue it" (Gen. 1:28).男は"実り多きものと乗算し、地球を記入し、それを征服する"(大将1:28)命じられた。 He was not to be idle but was given the task of tending the Garden of Eden.彼はアイドル状態であるとはエデンの園を保育の仕事を与えであった。 He was forbidden to eat "of the tree of the knowledge of good and evil" (Gen. 2:15-17).彼は(大将2:15-17)"善と悪の知識の木の"食べることは禁じられていた。 The man was given the privilege of naming all the animals (Gen. 2:20), but no suitable help for him was found among them, so God made woman from a rib taken from the man's body (Gen. 2:21-23).男は、(大将2:20)すべての動物に名前を付けるの特権を与えられた彼のために適切なヘルプは、その中で発見されたので、神は人間の体から採取リブ(大将2:21-23から女性を作った)。 The serpent beguiled the woman into breaking God's command not to eat of the tree of the knowledge of good and evil, and she then persuaded her husband to do likewise.ヘビは、善と悪の知識の木の実を食べていない神の命令を破っに女性をだまし、彼女はその後も同じように彼女の夫を説得した。 They were punished by being expelled from the garden, and in addition the woman was to have pain in childbirth and be subject to her husband, while Adam would find the ground cursed so that it would bring forth thorns and thistles and he would have to toil hard all his days (Gen. 3).彼らは、庭から追放することにより罰せられるほかの女性は出産の痛みを持っているし、彼女の夫を受けることが、アダムは、グランドは、いばらとあざみをもたらすだろうと彼はしなければならない苦労ように呪われて見つけることがしたハードディスクのすべての彼の日(大将3)。 But curse is not all; there is the promise of a Deliverer who will crush the serpent (Gen. 3:15).しかし、呪いがすべてではありません。(大将3:15)蛇を粉砕する救世主の約束がある。 We are told of the birth of two sons of Adam, Cain and Abel; of Cain's murder of Abel (Gen. 4:1-16); and of the birth of Seth (Gen. 4:25).我々は、アダム、カインとアベルの二人の息子の誕生と言われて、アベル(大将4:1-16)のカインの殺人事件の、Sethさんの誕生(大将4:25)および。

The meaning of these passages is disputed.これらの文章の意味が論じられる。 Some OT scholars regard them as primitive myth, giving early man the answers to such questions as "Why do snakes lack legs?"いくつかのOTの学者は"なぜ蛇の欠如脚?"などの質問への回答を初期の人類を与えて、原始的な神話として、それらを考えて or "Why do men die?"または"なぜ人は死ぬ?" Others see them as mythological, but as expressing truths of permanent validity concerned with man's origin and constitution or, as others hold, with "a fall upward."その他、神話としてそれらを参照してくださいしかし、人間の起源と憲法との関係恒久的な妥当性の真理を表現するか、または他の保持するように、と"秋の上方に。" This latter view sees man as originally no more than one of the animals.この後者の見解は、動物の本来は複数の男として見ている。 At this stage he could no more sin than any other animal could.この段階で彼ができる以上の罪以外の動物は、可能性があります。 It was accordingly a significant step forward when man became aware of something he was doing as wrong.これは、男は何か、彼が間違っているようにやっていたのに気付いたときの順に応じて重要な一歩だった。 But it is highly doubtful whether the writer had in mind any such ideas.しかし、それは非常にライターはそのような考えを念頭に置いていたかどうかは疑わしい。 Clearly he thought of Adam and Eve as the first parents of the human race, and he is telling us of God's purpose that those into whom he had breathed "the breath of life" should live in fellowship with him.明らかに彼は、人類の最初の親としてのアダムとイブの考え、彼は神の目的の私たちに語っているこれらのことは誰に彼は"生命の息吹が"彼との交わりに住んでいる必要があります吸い込んだていた。 But Adam and Eve fell from their original blissful state as a result of their first sin.しかし、アダムとイブが最初の罪の結果として、元の幸せな状態から落ちた。 And that sin has continuing consequences for the whole human race.そして、その罪は、人類全体に影響を継続しています。 In later times the magnitude of the fall has sometimes been emphasized by affirming that Adam was originally endowed with wonderful supernatural gifts, lost when he sinned (in Sir. 49:16 Adam is honored "above every living being in the creation"; cf. the medieval stress on Adam's supernatural graces).ているcf、後の時代に秋の大きさがあるアダムはもともと素晴らしい超自然的な贈り物に恵まれていると断言によって強調されており、サー49:16アダムは"作成に生きとし生けるもの全て上記の"光栄です(彼は罪を犯したときに失った。アダムの超甘え中世のストレス)。 But this is speculation.しかし、これは憶測になってしまった。

The creation narratives tell us at least that man is related to the rest of creation (he is made "of dust from the ground," Gen. 2:7; for the beast and the birds cf. vs. 19), and that he is related also to God (he is "in the image of God," Gen. 1:27; cf. 2:7).あの男は、作成の残りの部分に関連している、少なくとも作成の体験談を教えて下さい(彼が行われる"地上からの塵の"大将2時07分、獣や鳥のCFの対19)と、彼はその(; CFの2時07分、彼は大将1時27分"神のイメージは、"です)神にも関連しています。 He has "dominion" over the lower creation (Gen. 1:26, 28), and this is symbolized by his naming of the other creatures.彼は、(大将1:26、28)下の作成上の"支配"を持っている、これは他の生き物の彼の名前に象徴される。 The fall passage speaks of the seriousness of his sin and of its permanent effects.秋の通路は自分の罪とその恒久的な効果の深刻さを語っています。 This is not a topic to which there is frequent reference in the OT, but it underlies everything.これは、トピックされていないのOTで頻繁に参照がされているが、それはすべての根底にあると。 It is a fundamental presupposition that man is a sinner, and this marks off the literature of the Hebrews from other literatures of antiquity.それは人間が罪人と、古代の他の文献からヘブル人への手紙文学offこのマークされていることを基本的な前提である。 The solidarity of Adam with his descendants is in the background throughout the OT writings, as is the thought that there is a connection between sin and death.彼の子孫とアダムの連帯は、罪と死の間の接続があるという考えは、のOT文章全体の背景にある。 Whatever problems this poses for modern expositors, there can be no doubt about the fact that the OT takes a serious view of sins or that sin is seen as part of man's nature.何でこれが現代の解説者のためのポーズの問題、OTは、罪の深刻な視野を持っていることが罪は人間の自然の一部として見られているという事実について疑いの余地はないことができます。

Adam in Intertestamental and NT Thought旧約新約およびNT思想におけるアダム

During the intertestamental period there are some striking expressions of solidarity with Adam, such as Ezra's impassioned exclamation: "O Adam, what have you done? For though it was you who sinned, the fall was not yours alone, but ours also who are your descendants" (II Esd. 7:48 [118]; cf. 3.21; 4:30; Wis. 2:23-24; the blame is assigned to Eve in Sir. 25:24).旧約新約時代エズラの熱のこもった感嘆符などのアダムとの連帯のいくつかの印象的な表現がある:"Oのアダムは、何を行っている、それが罪を犯した人をしたがために、秋はあなただけではなかったが、我々はまた、人はあなたの子孫は、"(ⅱれたESD 7時48分[118];ているcf 3.21; 4時30分、ウィスコンシン州2:23-24;責任は卿のイブに割り当てられている25:24)。 Adam was seen not as a lone sinner, but as one who influenced all mankind.アダムは、全人類に影響を与えたとして、孤独な罪人としては見られた。

In the NT Adam is mentioned in Luke's genealogy (Luke 3:38) and in a similar reference in Jude, where Enoch is "the seventh from Adam" (Jude 14). NTのアダムでルークの系譜(ルカ3:38)とエノクは"アダムから七"は、ジュードは、同様の参照(ジュード14)に記載されている。 Little need be said about these passages.リトルは、これらの通路について語ったする必要はありません。 They simply mention the name of Adam to locate him in his genealogical place.彼らは単に彼の家系の場所に彼を探してアダムの名前を述べる。 There is perhaps an implied reference to Adam but without mention of his name (Matt. 19:4-6; Mark 10:6-8).アダムしかし、彼の名前に言及した(;マーク10:6-8マタイ19:4-6)なしで暗黙の基準は、おそらくありません。 Then there are three important passages with theological import (1 Tim. 2:13-14; Rom. 5:12-21; 1 Cor. 15:22, 45).その後、神学のインポートと3つの重要な通路がある(1ティム2:13-14; ROMの5:12-21、1コリント午前15時22分、45)。

In 1 Tim. 1ティムします。 2:13-14 the subordinate place of woman is argued from two facts: (1) Adam was created first, and (2) Eve was deceived though Adam was not.女性の2:13-14下位の場所は、2つの事実から主張されます:(1)アダムが最初に作成された、(2)アダムではなかったが、イブはだまされた。 This passage presumes that the Genesis stories tell us something of permanent significance about all men and women.この一節は、創世記の物語が私たちにすべての男性と女性の永久的な意義が何かを伝えることを前提としています。

Romans 5 stresses the connection of mankind at large with Adam.ローマ人への手紙は5アダムと大規模で人類の接続を強調している。 It was through that one man that sin came into the world, and the consequence of his sin was death.それは、罪が世界に入ってきたことを示す一人の人間を介して、彼の罪の結果は死だった。 This happened long before the law was given, so death cannot be put down to law-breaking.これは、長い法が与えられた前に、その死は、法律破りに下に置くことはできませんが起こった。 And even though people did not sin in the same way as Adam, they were caught in the consequences of sin: "death reigned from Adam to Moses" (Rom. 5:12-14).そして、人々はアダムと同じ方法で罪をしていないにもかかわらず、彼らは罪の結果で摘発された:(ローマ5:12-14)"死はモーセにアダムから支配"。 This brings Paul to the thought that Adam was a "type" of Christ, and he goes on to a sustained comparison of what Adam did with what Christ did.これは、アダムはキリストの"タイプ"となったという考えにポールをもたらす、と彼はアダムはキリストが何をしたかと何の持続的な比較になります。 There are resemblances, mainly in that both acted representatively so that what each did has incalculable consequences for those he heads.類似があり、主に各々が、彼はヘッドにとって計り知れない影響を持ってやったことの両方が代表的になるように行動したことを確認します。 But the differences are more significant.しかし、違いがより重要である。 Adam's sin brought death and condemnation to all; it made people sinners.アダムの罪のすべてに死と非難を持って、それは人々の罪人を行った。 When law came in, that only increased the trespass.法律は不法侵入を増加させることで、来たとき。 It showed up sin for what it was.それが何だったかそれは罪を認めた。 The end result is disaster.最終結果は災害です。 By contrast Christ brought life and acquittal; such words as "free gift," "grace," and "justification" emphasize the significance of Christ's death.対照的に、キリストがもたらしたでの生活、無罪;"無料プレゼント"、"恵み"と"正当化"キリストの死の意義を強調するような言葉。 The end result is blessing.最終結果は祝福です。 Paul concludes by contrasting the reign of sin in death with the reign of grace "through righteousness to eternal life through Jesus Christ our Lord."ポールは恵みの治世と死の罪の治世を対照的な結論"私たちの主イエスキリストを通して永遠の命と正義を介して。"

In Paul's magnificent treatment of the resurrection we read: "As in Adam all die, so also in Christ shall all be made alive" (1 Cor. 15:22). "アダムのすべてのため、また、キリストのすべてが生かされることになる死ぬように"(1コリント15時22):我々が読んで復活のPaulさんの壮大な治療では。 The thought is not unlike that in Rom.思考はROMのこととは違ってされていません。 5. 5。 Adam was the head of the race and brought death to everyone in it; Christ is the head of the new humanity and brought life to all within it.アダムはレースの頭され、その中に全員に死をもたらした、キリストは、新しい人類の頭であり、その中のすべての人生をもたらした。 Some have argued that the two uses of "all" must refer to the same totality, the entire human race.いくつかはの2つの用途が"すべて"とは、同じ全体に人類全体を参照する必要がありますと主張してきた。 There is no question but that this is the meaning in respect to Adam.ない質問があること、これがアダムに対しての意味です。 The argument runs that similarly Christ raises all from the grave, though some are raised only for condemnation.引数は、いくつかの非難に対してのみ発生しますが、同様に、キリストが墓からすべてを上げることが実行されます。 However, "made alive" seems to mean more than "raised to face judgment."しかし、以上の意味と思われる"生きているが作った""判決に直面して調達している。" It is probably best to understand "made alive" to refer to life eternal, so that "all" will mean "all who are in Christ."それはおそらく最良"すべての"という意味になるように、永遠の生命を参照するために"生きている"を理解することです"キリストにあるすべての。" All these will be made alive, just as all who are in Adam die.これらはすべて人のアダムされているすべてが死ぬと同様に、生きて行われる。

A little later Paul writes, "the first man Adam became a living being'; the last Adam became a life-giving spirit" (I Cor. 15:45).少し後にポールは、書き込み。(私うわっ15:45)"アダムの生きものとなった最初の人間を最後のアダムになったの生活は精神を与える" Adam became "a living being" when God breathed life into him (Gen. 2:7).アダムになった神が息を吹き込むときに"されて生きている"(大将2時07分)。 Physical life was all the life Adam had and all he could bequeath to his posterity.物理的な生活がアダムといたすべての彼は後世に伝えることが、すべての生活でした。 But "the last Adam" gave life in the fullest sense, eternal life.しかし、"最後のアダム"、真の意味で永遠の命を命を与​​えた。 Again there is the thought that Christ cancels out the evil Adam did.再びキリストが悪アダムはなかった相殺という考えがある。 But the emphasis is not negative.しかし、重点はマイナスされていません。 It is on the life Christ gives.これは、キリストが与える生活しています。

The scriptural use of Adam, then, stresses the solidarity of the human race, a solidarity in sin.アダムの聖書の使用は、その後、人類は、罪の連帯の連帯を強調している。 It reminds us that the human race had a beginning and that all its history from the very first is marked by sin.それは人類が始めていたことが、非常に最初からすべての歴史は、罪によってマークされていることを思い出させてくれる。 But "the last Adam" has altered all that.しかし、"最後のアダムは、"すべてのことを変更している。 He has replaced sin with righteousness and death with life.彼は正義と生命と死と罪を置き換えられています。

L Morris Lモリス

(Elwell Evangelical Dictionary) (福音辞書をエルウェル)

Bibliography 書誌
CK Barrett, From First Adam to Last; K. Barth, Christ and Adam; BS Childs, IDB, I, 42-44; WD Davies, Paul and Rabbinic Judaism; J. Jeremias, TDNT, I, 141-43; A. Richardson, An Introduction to the Theology of the NT; H. Seebass, NIDNTT, 1, 84-88; AJM Weddeburn, IBD, I, 14-16. CKのバレットは、最初のアダムから最後に、kのバルトは、キリストとアダム;学士チャイルズ、米州開発銀行、私は、42〜44; WDのデイヴィス、ポールとラビユダヤ教; jをイェレミアス、TDNT、私は、141〜43;Åのリチャードソン、NTの神学を紹介する;時間Seebass、NIDNTT、1、84〜88; AJMのWeddeburn、IBDを、私は、14-16。


Adamアダム

Advanced Information 高度情報

Ad'am, a type. Ad'am、タイプを​​指定します。

The apostle Paul speaks of Adam as "the figure of him who was to come."使徒パウロは、アダムのことを話す"来ていた彼の姿。" On this account our Lord is sometimes called the second Adam.このアカウントでは、わたしたちの主は時々番目のアダムと呼ばれています。 This typical relation is described in Rom.この典型的な関係は、ROMに記載されている。 5:14-19. 5:14-19。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン辞書の図解)


The Last Adam最後のアダム

Advanced Information 高度情報

In I Cor.のは、私うわっ。 15:45 Paul refers to Jesus Christ as "the last Adam" (ho eschatos Adam) in contrast to "the first man Adam" (ho protos anthropos Adam). 15時45ポールは(アダムホられたProtosのアントロポス)"最初の人間アダム"とは対照的に"最後のアダム"(ホeschatosアダム)としてイエスキリストを指します。 In this antithetic paralelism there is a continuity of humanity, but the second person who represents the new humanity so far excels the first that he is described as the one who became an active "life-giving spirit" (pneuma zoopoioun), where the original Adam (Gen. 2:7) became only "a natural living being" (psychen zosan).この相反するparalelismではなく、人類の継続性がある新たな人間性を表す2番目の人はこれまでのところ、彼は(霊zoopoioun)"人生は精神を与える"アクティブになったとして記載されている最初の優れている場合、元のアダムは(大将2時07分)のみ"、天然生活"(psychen zosan)となった。 The contrast is heightened by Paul's pointed antithetic style, setting Adam as over against Christ in I Cor.コントラストが私コーキリストに反対する上で、アダムを設定すると、ポールの先の尖った相反するスタイルで高まっています。 15:46-49: 15:46-49:

First Adam 46: "natural" (psychikon) 47: "the first man" (ho protos anthropos) "from the earth, of dust" (ek ges, choikos) 48: "as was the man of dust, so are those who are of dust" (hoios ho choikos, toioutoi kai hoi choikoi) 49: "as we have borne the image of the man of dust" (kathos ephoresamen ten eikona tou choikou)最初のアダム46:"自然"(psychikon)47:"最初の男"(ホられたProtosのアントロポス)(ekのGESは、choikos)"ダストの大地から"48:"ようものです、ほこりの男の人は誰です"(hoiosホchoikos、toioutoi会フェchoikoi)49:"塵されておりますが、(kathos ephoresamen十eikonaの塔choikou)ダストの男"のイメージを負担したよう

Second Adam 46: "spiritual" (pneumatikon) 47: "the second man" (ho deuteros anthropos) "from heaven" (ex ouranou) 48: "as is the man of heaven, so are those who are of heaven" (hoios ho epouranios, toioutoi kai hoi epouranioi) 49: "we shall also bear the image of the man of heaven" (phoresomen kai ten eikona tou epouraniou)番目のアダムは、46:"精神的な"(pneumatikon)47:"二番目の男"(ホdeuterosのアントロポス)"天から"(元ouranou)48:("として天国の人なので、天のあるものであるときは、"hoios 、toioutoi会フェepouranioi浩epouranios)が49:(phoresomen会十eikonaの塔epouraniou)"我々はまた、天の男のイメージを負担しなければならない"

The same contrast was also made earlier in I Cor.同一コントラストでも、以前の私コーで行われました。 15:21-22 and linked with death and resurrection:第15章21-22と死と復活とリンク:

First Adam 21: "since by a man came death" (epeide gar di' antropou thanatos) 22: "For as in Adam all die" (hosper gar en to Adam pantes apothneskousin)最初のアダムは、21:(epeideガーディ'antropouのタナトス)22"男から死を来た":"は、アダムのすべては死ぬ"(hosperガーenにして、Adam pantes apothneskousin)

Second Adam 21: "so also by a man has come the resurrection of the dead" (kai di' anthropou anastasis nekron) 22: "so also in Christ shall all be made alive" (houtos kai en to Christo pantes zoopoiethesontai)第二のアダム21:(カイジ'anthropouのアナスタシスのnekron)22"今も男の死者の復活を遂げた":"今もイエスキリストのすべてが生かされることになる"(houtos会アンpantes zoopoiethesontaiクリする)

The contrast is expressed again in Rom.対照的には、ROMで再び表現されます。 5:14-19, where Paul describes the first Adam as follows: disobedience, trespass, judgement, condemnation, death, many = all.ポールは、最初のアダムを説明5:14-19には、次のように:不服従、不法侵入、判断、非難、死は、多くの=すべての。 But Jesus Christ as the second Adam is described in the following antithetic terms: obedience, grace, free gift, justification, acquittal, righteousness, life, many/all.しかし、第二アダムとイエスキリストは、次の相反する条件に記載されている:服従を恵み、景品、正当性、無罪、正義、生命、/すべての多く。 The powerful effect of Christ as the second Adam is summed up in one of Paul's favorite expressions, "how much more" (pollo mallon, 5:15, 17, and 8, 10), which makes explicit the Christological implications of the "how much more" in Jesus' own proclamation (Matt. 6:30; 7:11).番目のアダムキリストのように強力な効果は、ポールのお気に入りの表現の1つに加算され、"どのようにはるかに"(ポロマローン、5:15、17、8、10)、明示的にをchristological意味を作る"どのように多くの"イエス自身の宣(; 7時11マタイ6:30)より。 These ideas may also be found in John 5:21-29; Rom. romは、これらのアイデアは、ジョン5:21-29で見つけられるかもしれません。 1:3-5; 6:5-11; II Cor. 1:3-5; 6:5-11;世うわっ。 5:1-4, 17; Phil. 5:1-4、17;フィル。 2:5-11. 2:5-11。

RG Gruenler RGのGruenler
Elwell Evangelical Dictionaryエルウェルは福音辞書

Bibliography 書誌
CK Barrett, From Adam to Last; O. Cullmann, The Christology of the NT; R. Scroggs, The Last Adam; WD Davis, Paul and Rabbinic Judaism. CKのバレットは、最後のアダムから、Oをクルマンは、NTのキリスト、rのスクロッグス、最後のアダム; WDのデイビス、ポールとラビユダヤ教。


Adamアダム

Catholic Information カトリック情報

The first man and the father of the human race.最初の男と、人類の父。

ETYMOLOGY AND USE OF WORD語源や単語の使用

There is not a little divergence of opinion among Semitic scholars when they attempt to explain the etymological signification of the Hebrew adam (which in all probability was originally used as a common rather than a proper name), and so far no theory appears to be fully satisfactory.彼らは、ヘブライ語のアダムの語源意味を(すべての確率で最初に適切な名前ではなく、一般的に使用された)を説明するこれまでのところ理論はと思われるときにユダヤ人の学者たちの間で意見のほとんど相違はありません完全に満足。 One cause of uncertainty in the matter is the fact that the root adam as signifying "man" or "mankind" is not common to all the Semitic tongues, though of course the name is adopted by them in translations of the Old Testament.問題の不確実性の原因のひとつは、"男"または"人類"としての意味ルートアダムの名前は、旧約聖書の翻訳でそれらで採用されているコースも、すべてのユダヤ人の舌に一般的ではないという事実です。 As an indigenous term with the above signification, it occurs only in Phoenician and Sabean, and probably also in Assyrian.上記の意義と先住民族の用語として、それはフェニキアとシバでのみ発生し、おそらくまたアッシリアインチ In Genesis 2:7, the name seems to be connected with the word ha-adamah ("the ground"), in which case the value of the term would be to represent man (ratione materiæ) as earthborn, much the same as in Latin, where the word homo is supposed to be kindred with humus.創世記2時07で、名前はその場合には長期の値は死ぬ運命にある、多くの場合と同じように(ratione materiæを)のマニュアルページを表すためになるワードヘクタール- adamah("グランド")と接続されると思われるワードホモはなっているラテン語は、腐植と親族する。 It is a generally recognized fact that the etymologies proposed in the narratives which make up the Book of Genesis are often divergent and not always philologically correct, and though the theory (founded on Genesis 2:7) that connects adam with adamah has been defended by some scholars, it is at present generally abandoned.これは、創世記を作る物語で提案された起源は、多くの場合とは限らないphilologically正しい発散されていること一般的に認められて事実ですadamahとアダムによって守られている接続の理論(創世記2時07分に設立)が、一部の学者は、それが存在して一般的に放棄さにある。 Others explain the term as signifying "to be red", a sense which the root bears in various passages of the Old Testament (eg Genesis 25:50), as also in Arabic and Ethiopic.他のアラビア語やエチオピアなどにおいても、"赤に"ルートは、旧(創世記25:50など)新約聖書の様々な通路の負担感を意味する用語について説明します。 In this hypothesis the name would seem to have been originally applied to a distinctively red or ruddy race.この仮説での​​名前はもともと独特の赤や血色の良いレースに適用されているように見える。 In this connection Gesenius (Thesaurus, sv, p. 25) remarks that on the ancient monuments of Egypt the human figures representing Egyptians are constantly depicted in red, while those standing for other races are black or of some other colour.この接続ゲゼーニウス(シソーラスは、svは、p. 25)エジプトの古代遺跡のエジプトを代表する人物は、常に他の種族のものに立って黒くしている間、またはいくつかの他の色の赤で示されていることを発言します。 Something analogous to this explanation is revealed in the Assyrian expression çalmât qaqqadi, ie "the black-headed", which is often used to denote men in general.何かが、この説明に類似し、しばしば一般的に男性を表すために使用される"ユリカモメ"すなわち、アッシリア式カルマqaqqadiで明らかにされる。 (Cf. Delitsch, Assyr. Handwörterbuch, Leipzig, 1896, p. 25.) Some writers combine this explanation with the preceding one, and assign to the word adam the twofold signification of "red earth", thus adding to the notion of man's material origin a connotation of the color of the ground from which he was formed.いくつかの作家は、前項のいずれかでこのような説明を組み合わせて、単語のアダム"赤い大地"の二重の意味を割り当てるには、このように人間の概念に追加する(Handwörterbuchは、ライプチヒ、1896年、25ページ。Cf. Delitsch、Assyr)材料の原点、そこから彼が形成された地面の色のニュアンス。 A third theory, which seems to be the prevailing one at present (cf. Pinches, The Old Testament in the Light of the Historical Records and Legends of Assyria and Babylonia, 1903, pp. 78, 79), explains the root adam as signifying "to make", "to produce", connecting it with the Assyrian adamu, the meaning of which is probably "to build", "to construct", whence adam would signify "man" either in the passive sense, as made, produced, created, or in the active sense, as a producer.現在の実勢一(参照ピンチ、古い歴史的記録とアッシリアとバビロニア、1903年の伝説の光、頁78、79旧約聖書)、意味rootとしてアダムを説明すると思われる第三の理論、 "にして、"アッシリアadamuとそれを接続すると、"生産する"、これはおそらく、その意味は、"構築する"、生産、そこからアダムが作ったように、受動的意味のいずれかで"男"意味だろう"構築する" 、作成、またはアクティブな意味では、とプロデューサー。

In the Old Testament the word is used both as a common and a proper noun, and in the former acceptation it has different meanings.旧約聖書の言葉では、適切な名詞共通の両方として使用されている元語義では、異なる意味を持っています。 Thus in Genesis 2:5, it is employed to signify a human being, man or woman; rarely, as in Genesis 2:22, it signifies man as opposed to woman, and, finally, it sometimes stands for mankind collectively, as in Genesis 1:26.このように創世記2時05分には、それは人間、男でも女を意味するために使用される;女性とは対照的に、まれに、創世記2時22分のように、それは人間を意味し、そして、最後に、それは時々のように、総称して人類の略創世記1時26。 The use of the term, as a proper as well as a common noun, is common to both the sources designated in critical circles as P and J. Thus in the first narrative of the Creation (P) the word is used with reference to the production of mankind in both sexes, but in Genesis 5:14, which belongs to the same source, it is also taken as a proper name.適切な用語の使用は、同様に一般的な名詞、単語を参照して使用され、PとJ.したがって作成(P)の最初の物語のように重要な界にある指定された両方のソースに共通です男女ともに、人類の生産が、同じソースに属している創世記5時14分で、それはまた、適切な名前として扱われます。 In like manner the second account of the creation (J) speaks of "the man" (ha-adam), but later on (Genesis 4:25) the same document employs the word as a proper name without the article.同じように作成(J)の2番目のアカウントは"男"(ハ - アダム)が、それ以降は(創世記4:25)と同じドキュメントでは、資料なしに適切な名前という言葉を採用しています上のことを話す。

ADAM IN THE OLD TESTAMENT ADAMの旧約聖書では

Practically all the Old Testament information concerning Adam and the beginnings of the human race is contained in the opening chapters of Genesis.アダムと人類の始まりに関する事実上すべての旧約聖書の情報は、創世記の開口部の章に含まれています。 To what extent these chapters should be considered as strictly historical is a much disputed question, the discussion of which does not come within the scope of the present article.どの程度、これらの章は、厳密には歴史的な考慮されるべき議論が、現在の資料の範囲内で付属していません多くの係争中の問題です。 Attention, however, must be called to the fact that the story of the Creation is told twice, viz.注意ただし、創造の物語が、2回すなわちを語られているという事実を呼び出す必要があります。 in the first chapter and in the second, and that while there is a substantial agreement between the two accounts there is, nevertheless, a considerable divergence as regards the setting of the narrative and the details.最初の章で、2番目の、そのにもかかわらず、かなりの相違は、物語と詳細の設定に関しては、ある2つのアカウント間で実質的な合意があるとき。 It has been the custom of writers who were loath to recognize the presence of independent sources or documents in the Pentateuch to explain the fact of this twofold narrative by saying that the sacred writer, having set forth systematically in the first chapter the successive phases of the Creation, returns to the same topic in the second chapter in order to add some further special details with regard to the origin of man.それは神聖な作家は、連続相の最初の章に記載体系セットを持っているということでこの二重の物語の事実を説明するために独立したソースや文書の五の存在を認識し、嫌がっていた作家のカスタムをされている作成、順序で2番目の章では、同じトピックに戻ります人類の起源についていくつかのより詳細な特別な詳細を追加します。 It must be granted, however, that very few scholars of the present day, even among Catholics, are satisfied with this explanation, and that among critics of every school there is a strong preponderance of opinion to the effect that we are here in presence of a phenomenon common enough in Oriental historical compositions, viz.それは、カトリック教徒の間でも現代の非常に少数の学者は、この説明に満足していること、しかし、付与する必要がありますすべての学校の批評家の間で我々が存在する現在の効果が意見を述べることができる強力な優位性があること東洋の歴史的組成物の現象の共通なことに、すなわち。 the combination or juxtaposition of two or more independent documents more or less closely welded together by the historiographer, who among the Semites is essentially a compiler.組み合わせ以上または少なくとも2つ以上の独立した文書の並置は密接にセムの間で基本的にコンパイラである史料で一緒に溶接される。 (See Guidi, L'historiographie chez les Sémites in the Revue biblique, October, 1906.) The reasons on which this view is based, as well as the arguments of those who oppose it, may be found in Dr. Gigot's Special Introduction to the Study of the Old Testament, Pt. (参照してくださいグイディは、レヴューのbiblique年10月、1906年にはL' historiographieシェレセム。)は、このビューは、誰がそれを反対する人の引数と同様に、根拠とする理由、博士のジゴの特別の導入で見つけることができる旧約聖書は、Ptの研究。 I. Suffice it to mention here that a similar repetition of the principal events narrated is plainly discernible throughout all the historic portions of the Pentateuch, and even of the later books, such as Samuel and Kings, and that the inference drawn from this constant phenomenon is confirmed not only by the difference of style and viewpoint characteristic of the duplicate narratives, but also by the divergences and antinomies which they generally exhibit. I.ば十分は、ナレーション主体のイベントのような繰り返しがはっきりと五のすべての歴史的な部分で識別されていることをここで言及しても、サミュエルとキングスなど、後の書籍の、そのこの定数現象から引き出される推論ダイバージェンスとantinomies彼らは一般的に展示重複物語のスタイルの違いと視点の特性だけではなく確認されただけでなく、で。 Be that as it may, it will be pertinent to the purpose of the present article to examine the main features of the twofold Creation narrative with special reference to the origin of man. 、それは人類の起源を中心に二重の創造の物語の主な特徴を調べるために、本記事の目的に関連する、それは可能性がありますようにということ。


In the first account (Ch. i, ii, 4a) Elohim is represented as creating different categories of beings on successive days.最初のアカウント(第Ⅰ、Ⅱ、4a)とではエロヒムは、連続的な日の人間のさまざまなカテゴリを作成するとして表されます。 Thus the vegetable kingdom is produced on the third day, and, having set the sun and moon in the firmament of heaven on the fourth, God on the fifth day creates the living things of the water and the fowls of the air which receive a special blessing, with the command to increase and multiply.このように野菜王国は、太陽と月を第四の天の大空に設定することは、そして、三日目に生産され、神は、5日の水の生き物と受信空の鳥を作成する特殊な祝福は、次のコマンドで増加し、乗算します。 On the sixth day Elohim creates, first, all the living creatures and beasts of the earth; then, in the words of the sacred narrative,エロヒムは、最初に作成する第六日には、すべての生き物と地の獣してから、神聖な物語の言葉を借りれば、

he said: Let us make man to our image and likeness: and let him have dominion over the fishes of the sea, and the fowls of the air, and the beasts, and the whole earth, and every creeping creature that moveth upon the earth.彼は言った:彼は、空の鳥、獣、そして地球全体、地球に動くすべての忍び寄るクリーチャーと、海の魚支配してみましょう:私たちのイメージと似ている男を作ってみよう。 And God created man to his own image: to the image of God he created him: male and female he created them.そして神は、自分自身のイメージと人間を創った:彼は彼を創造した神のイメージを:男性と女性、彼はそれを作成した。

Then follows the blessing accompanied by the command to increase and fill the earth, and finally the vegetable kingdom is assigned to them for food.その後増加し、地球を記入し、最終的に野菜王国は、食品のためにそれらに割り当てられているコマンドを伴う祝福に従います。 Considered independently, this account of the Creation would leave room for doubt as to whether the word adam, "man", here employed was understood by the writer as designating an individual or the species.独立して考えれば、創造のこのアカウントは使用ここでの単語アダムは、"男"は、個人や種を指定して作家として理解されていたかどうかは疑いの余地を残してです。 Certain indications would seem to favour the latter, eg the context, since the creations previously recorded refer doubtless to the production not of an individual or of a pair, but of vast numbers of individuals pertaining to the various species, and the same in case of man might further be inferred from the expression, "male and female he created them."以前に記録された作品は、個人の、またはペアの生産に疑いは参照するので、特定の兆候が、コンテキストを、例えば、後者を好むように見えるだろうが、様々な種に係る個人の膨大な数の、およびの場合と同じ男はさらに式から推論されるかもしれない"男性と、彼はそれを作成した女性。" However, another passage (Genesis 5:15), which belongs to the same source as this first narrative and in part repeats it, supplements the information contained in the latter and affords a key to its interpretation.しかし、この物語の最初と同じソースに属している部分で、それを繰り返し、別の通路が(創世記5:15)、後者の価格で、その解釈の鍵に含まれている情報を補足するものです。 In this passage which contains the last reference of the so-called priestly document to Adam, we read that Godアダムは、いわゆる聖職者の文書の最後の参照が含まれているこの一節では、我々は神を読む

created them male and female .彼らは男性と女性作成されます。 . . and called their name adam, in the day when they were created.彼らが作成されたとき、その日には、自分の名前のアダムと呼ばれる。

And the writer continues:と筆者は続けて:

And Adam lived a hundred and thirty years, and begot a son to his own image and likeness, and called his name Seth.アダムは百三十年住んでいて、彼自身のイメージと似ていると息子が過去過去分詞は、彼の名前をセスと呼ばれる。 And the days of Adam, after he begot Seth, were eight hundred years and he begot sons and daughters.アダムとの日々は、彼は、セス過去過去分詞の後八百年、彼は息子や娘を過去過去分詞。 And all the time that Adam lived came to nine hundred and thirty years, and he died.とアダムが住んでいたすべての時間九三〇年に来て、彼は死んだ。

Here evidently the adam or man of the Creation narrative is identified with a particular individual, and consequently the plural forms which might otherwise cause doubt are to be understood with reference to the first pair of human beings.ここでは明らかにアダムや人間創造の物語の、特定の個人と識別されるそれ以外の場合は疑いを引き起こす可能性がありますその結果、複数のフォームは、人間の最初のペアを参照して理解されるべきである。

In Genesis, ii, 4b-25 we have what is apparently a new and independent narrative of the Creation, not a mere amplification of the account already given.創世記では、二、4bは- 25私たちは、明らかに作成ではなく、すでに与えられたアカウントの単なる増幅の新しい独立した物語ものを持っています。 The writer indeed, without seeming to presuppose anything previously recorded, goes back to the time when there was yet no rain, no plant or beast of the field; and, while the earth is still a barren, lifeless waste, man is formed from the dust by Yahweh, who animates him by breathing into his nostrils the breath of life.作家確かに、以前に記録したものを、仮定するそうせずにまだ雨は植物や動物のフィールドのあった時間にまでさかのぼります。地球はまだ不毛の、活気のない廃棄物ている間に、男から形成されているその鼻に命の息を吸い込むことによって彼をアニメーション化するヤハウェ、埃の。 How far these terms are to be interpreted literally or figuratively, and whether the Creation of the first man was direct or indirect, see GENESIS, CREATION, MAN.これらの用語は、文字通り、または比喩的に解釈されるものとどのくらい遠くまで、最初の人間の創造は、直接または間接的にされたかどうか、ジェネシス、作成、マニュアルを参照してください。 Thus the creation of man, instead of occupying the last place, as it does in the ascending scale of the first account, is placed before the creation of the plants and animals, and these are represented as having been produced subsequently in order to satisfy man's needs.それは最初のアカウントの昇順規模の場合と同様に占領最後の場所ではなく、人間のための作成、および、植物や動物の作成の前に配置され、その後生産されたものとして、これらのための男のを満たすために表されるニーズ。 Man is not commissioned to dominate the whole earth, as in the first narrative, but is set to take care of the Garden of Eden with permission to eat of its fruit, except that of the tree of the knowledge of good and evil, and the formation of woman as a helpmeet for man is represented as an afterthought on the part of Yahweh in recognition of man's inability to find suitable companionship in the brute creation.男は、最初の物語のように、地球全体を支配して委託されていないの知識の木のことを除いて、その果実を食べる許可を得て、エデンの園の世話をするために設定されている善と悪と、人のための協力者として女性の形成は人間の無力認識のヤハウェの一部に獣類に適切な仲間を見つけるために付け足しとして表されます。 In the preceding account, after each progressive step "God saw that it was good", but here Yahweh perceives, as it were, that it is not good for man to be alone, and he proceeds to supply the deficiency by fashioning the woman Eve from the rib of the man while he is in a deep sleep.前のアカ​​ウントでは、それぞれの進行工程の後で、それは人がひとりでいるのはよくないことであったとしてここにヤハウェは、知覚"神はそれが良い年だった"と、彼は女性をイヴ成形で補って進む男の肋骨から彼は深い眠り中。 According to the same narrative, they live in childlike innocence until Eve is tempted by the serpent, and they both partake of the forbidden fruit.イブは蛇に誘惑されるまで、彼らは両方の禁断の果実の性質が同じ物語によると、彼らは子供のような無邪気さに住んでいます。 They thereby become conscious of sin, incur the displeasure of Yahweh, and lest they should eat of the tree of life and become immortal, they are expelled from the Garden of Eden.彼らはそれによって、主の不快感を招く、罪の意識になり、彼らは命の木を食べる必要が不滅になるしないように、彼らはエデンの園から追放されます。 Henceforth their lot is to be one of pain and hardship, and man is condemned to the toilsome task of winning his sustenance from a soil which on his account has been cursed with barrenness.今後は、その多くは、痛みや苦難の一つであるとされ男は不毛と呪われて自分のアカウントにされている土壌から彼の扶養の勝利の骨の折れる作業に非難される。 The same document gives us a few details connected with our first parents after the Fall, viz.: the birth of Cain and Abel the fratricide, and the birth of Seth. 。カインとアベルの兄弟殺しの誕生、セスの誕生:同じドキュメントでは、私たちに秋、すなわち後に私たちの最初の両親に接続していくつかの詳細を提供します。 The other narrative, which seems to know nothing of Cain or Abel, mentions Seth (Chap. v, 3) as if he were the first born, and adds that during the eight hundred years following the birth of Seth Adam begat sons and daughters.カインまたはアベルの何を知っているようだ、他の物語は、言及して、Seth(Chap. vの3)かのように彼は、最初に生まれ、追加されるセスアダムもうけた息子や娘の誕生後八百年の間。

Notwithstanding the differences and discrepancies noticeable in the two accounts of the origin of mankind, the narratives are nevertheless in substantial agreement, and in the esteem of the majority of scholars they are easiest explained and reconciled if considered as representing two varying traditions among the Hebrews -- traditions which in different form and setting embodied the selfsame central historic facts, together with a presentation more or less symbolical of certain moral and religious truths.相違点と矛盾人類の起源2つのアカウントで顕著にかかわらず、物語は、実質的な合意にもかかわらずです学者の大多数の感情、それらが簡単に説明され、ヘブル人への手紙の中二様々な伝統を表すものとして解釈されます和解 - - 一緒にプレゼンテーション、多かれ少なかれ、特定の道徳的、宗教的真理の象徴と別のフォームと同一の中心部の歴史的事実を具体化設定の伝統。 Thus in both accounts man is clearly distinguished from, and made dependent upon, God the Creator; yet he is directly connected with Him through the creative act, to the exclusion of all intermediary beings or demigods such as are found in the various heathen mythologies.このように、両方のアカウント男は明確に区別されて神の創造に依存し、時、まだ彼が直接すべての中間人間や様々な異教の神話に見られるような神人を排除して、創造的な行為を介して彼と接続されている。 That man beyond all the other creatures partakes of the perfection of God is made manifest in the first narrative, in that he is created in the image of God, to which corresponds in the other account the equally significant figure of man receiving his life from the breath of Yahweh.神の完成度の他のすべての生き物の分かち合いを超えてあの男は、その中で彼は神のイメージで作成される最初の物語、のマニフェスト作成されている他のアカウントから自分の命を受けて人間の平等に有効数字を対応する主の息。 That man on the other hand has something in common with the animals is implied in the one case in his creation on the same day, and in the other by his attempt, though ineffectual, to find among them a suitable companion.一方、あの男は、同じ日に彼の創造の1つの場合は、黙示的動物との共通点が何かをしている彼の試み​​によって、無駄なのに、他の適切なコンパニオンその中で検索します。 He is the lord and the crown of creation, as is clearly expressed in the first account, where the creation of man is the climax of God's successive works, and where his supremacy is explicitly stated, but the same is implied no less clearly in the second narrative.彼は、として明確に人間の創造は、神の連続した​​作品のクライマックスは、ここで彼の覇権を握るのは、明示的に記載されている最初のアカウントで表され藩主と創​​造の冠であり、同じにはそれほど明確暗黙的に指定されます第二の物語。 Such indeed may be the significance of placing man's creation before that of the animals and plants, but, however that may be, the animals and plants are plainly created for his utility and benefit.このような実際のところ、動物や植物のことをする前に、人間の創造を配置することの意義かもしれないが、しかしできること、動物や植物がはっきりと彼のユーティリティと利益のために作成されます。 Woman is introduced as secondary and subordinate to man, though identical with him in nature, and the formation of a single woman for a single man implies the doctrine of monogamy.女性は、二次、人間に従属する、しかし彼と同じ性質のように導入される独身男性のための独身女性の形成は、一夫一婦制の教義を意味する。 Moreover, man was created innocent and good; sin came to him from without, and it was quickly followed by a severe punishment affecting not only the guilty pair, but their descendants and other beings as well.また、男性は無実と良い作成されました。罪は、ないから彼に来てそれはすぐに彼らの子孫、他の生き物だけでなくだけでなく、有罪のペアに影響を与える厳罰が続いた。 (Cf. Bennett in Hastings, Dict. of the Bible, sv) The two accounts, therefore, are practically at one with regard to didactic purpose and illustration, and it is doubtless to this feature that we should attach their chief significance. (ヘイスティングスCf.ベネット、dictのです。聖書の、sv文書)は、2つのアカウントしたがって、教則目的とイラストに関して1つで実質的にされており、それは我々が彼らの最高の意義を添付する必要があることを確かにこの機能することです。 It is hardly necessary to remark in passing that the loftiness of the doctrinal and ethical truths here set forth place the biblical narrative immeasurably above the extravagant Creation stories current among the pagan nations of antiquity, though some of these, particularly the Babylonian, bear a more or less striking resemblance to it in form.これは、これらのいくつかは、特にバビロニアは、負担がここに教義や倫理的真理の高潔さは、項、古代異教の国の中で贅沢な創造の話、現在の上記の計り知れないほどの聖書の物語を置いて設定することをついでに注釈を​​ほとんど必要がある以上形でそれを以下の著しい類似点。 In the light of this doctrinal and moral excellence, the question of the strict historical character of the narrative, as regards the framework and details, becomes of relatively slight importance, especially when we recall that in history as conceived by the other biblical authors, as well as by Semitic writers generally, the presentation and arrangement of facts -- and indeed their entire role -- is habitually made subordinate to the exigencies of a didactic preoccupation.この教義と道徳的な卓越性の観点から、物語の厳格な歴史上の人物の問題は、として、フレームワークおよび詳細に関しては比較的軽度の重要性になり、我々は、歴史の中で、他の聖書の作者によって考え出さのことを思い出して特にだけでなく、一般的にユダヤ人の作家による、プレゼンテーションと配列の事実 - そして実際にそれらの全体の役割 - 常習教則先入観の難局に従属して行われます。

As regards extra-biblical sources which throw light upon the Old Testament narrative, it is well known that the Hebrew account of the Creation finds a parallel in the Babylonian tradition as revealed by the cuneiform writings.旧約聖書の物語に光を投げる余分聖書のソースに関しては、それはよく作成ヘブライ語のアカウントは、くさび形の記述によって明らかにバビロニアの伝統に平行を見つけることが知られている。 It is beyond the scope of the present article to discuss the relations of historical dependence generally admitted to exist between the two cosmogonies.これは、一般的に2 cosmogoniesの間に存在を認めて歴史的な依存関係を議論するため、本資料の範囲を超えています。 Suffice it to say with regard to the origin of man, that though the fragment of the "Creation Epic", which is supposed to contain it, has not been found, there are nevertheless good independent grounds for assuming that it belonged originally to the tradition embodied in the poem, and that it must have occupied a place in the latter just after the account given of the production of the plants and the animals, as in the first chapter of Genesis.それを含むことになっています"創造叙事詩"の断片が発見されていないが、人類の起源に関して言えば十分、それが伝統にもともと所属していたと仮定するとそれにもかかわらず良い独立した理由がある、詩の中で具体化、それは創世記の最初の章では、植物や動物の生産の指定されたアカウントの直後に、後者の場所を占めている必要があります。 Among the reasons for this assumption are:この仮定の理由の中には:

the Divine admonitions addressed to men after their creation, towards the end of the poem;詩の終わりに向かって、その作成後に、男性宛に、神の箴言。

the account of Berosus, who mentions the creation of man by one of the gods, who mixed with clay the blood which flowed from the severed head of Tiamat; a non-Semitic (or pre-Semitic) account translated by Pinches from a bilingual text, and in which Marduk is said to have made mankind, with the cooperation of the goddess Aruru.ティアマトの切断された頭部から流れた粘土血液を混ぜて神のいずれかによって人間の創造を言及Berosusのアカウントは、非(または事前ユダヤ人)ユダヤ人のバイリンガルのテキストからピンチで翻訳を占める、およびのマルドゥクの女神アルルの協力を得て、人類したと言われています。

(Cf. Encyclopedia Biblica, art. "Creation", also Davis, Genesis and Semitic Tradition, pp. 36-47.) As regards the creation of Eve, no parallel has so far been discovered among the fragmentary records of the Babylonian creation story. (参考百科事典Biblica、アート。"天地創造"、また、デイヴィス、創世記とユダヤ人の伝統、頁36から47)イブの作成に関しては、並は、これまでバビロニアの創造物語の断片的な記録の中発見されている。 That the account, as it stands in Genesis, is not to be taken literally as descriptive of historic fact was the opinion of Origen, of Cajetan, and it is now maintained by such scholars as Hoberg (Die Genesis, Freiburg, 1899, p. 36) and von Hummelauer (Comm. in Genesim, pp. 149 sqq.).そのアカウントが、それは、創世記に立っているとして、Cajetanの原産地の意見だった文字通り歴史的事実の記述としなければならないですホバーグは(創世記を、フライブルク、1899年は、p.ダイとしては、現在このような学者によって維持されて36)とフォンHummelauer(Genesim Comm.で、頁149 sqq名)。 These and other writers see in this narrative the record of a vision symbolical of the future and analogous to the one vouchsafed to Abraham (Genesis 15:12 sqq.), and to St. Peter in Joppe (Acts 10:10 sqq.).これらおよびその他の者は、この物語のビジョンの記録を象徴を参照してください将来アブラハムにvouchsafedいずれかに類似した(創世記午後3時12分sqq名)、およびJoppeのサンピエトロ大聖堂(行為午前10時10 sqq名)に。 (See Gigot, Special Introduction to the Study of the Old Testament, pt. I, p. 165, sqq.) (旧約聖書の研究、ptにジゴ、特別な導入を参照してください。私は、p. 165、sqq名です。)

References to Adam as an individual in the later Old Testament books are very few, and they add nothing to the information contained in Genesis.それ以降、旧約聖書の書籍内の個々のアダムへの参照は非常に少なく、彼らは創世記に含まれる情報には何も追加してください。 Thus the name stands without comment at the head of the genealogies at the beginning of I Paralipomenon; it is mentioned likewise in Tobias, viii, 8; Osee, vi, 7; Ecclus., xxxv, 24, etc. The Hebrew adam occurs in various other passages, but in the sense of man or mankind.このように名前が私の初め歴代の系図の先頭にコメントせずに立って、それは、トビアス、八、8、同様に記載されている。Osee、六、七; Ecclusは、35、24などは、ヘブライ語のアダムが発生する様々な他の通路が、男でも、人類の感覚インチ The mention of Adam in Zacharias, xiii, 5, according to the Douay version and the Vulgate, is due to a mistranslation of the original.ドウエーバージョンと聖書によるとザカリヤ、13、5、アダムの言及は、元の誤訳が原因です。

ADAM IN THE NEW TESTAMENT ADAMの新約聖書では

In the New Testament references to Adam as an historical personage occur only in a few passages.歴史上の人物、アダムと新約聖書の参照ではいくつかの通路でのみ発生します。 Thus in the third chapter of St. Luke's Gospel the genealogy of the Saviour is traced back to "Adam who was of God".聖第三章では、ルカによる福音書は救い主の系譜ですしたがって"神のだったアダム"に戻ってトレースされます。 This prolongation of the earthly lineage of Jesus beyond Abraham, who forms the starting point in St. Matthew, is doubtless due to the more universal spirit and sympathy characteristic of our third Evangelist, who writes not so much from the viewpoint of Jewish prophecy and expectation as for the instruction of the Gentile recruits to Christianity.マタイの出発点を形成するアブラハムを超えてイエスキリストは、この世系統のこの延長は、確かにユダヤ人の予言と期待の観点から、そんなには書いて3つ目のエバンジェリスト、より普遍的精神と共感特性に起因するキリスト教にジェンティーレ新入社員の指示のように。 Another mention of the historic father of the race is found in the Epistle of Jude (verse 14), where a quotation is inserted from the apocryphal Book of Enoch, which, rather strange to say, is attributed to the antediluvian patriarch of that name, "the seventh from Adam."レースの歴史の父のもう一つの言及は、二重引用符は、むしろ奇妙なことに、その名前の時代遅れの家長に起因するイノックの偽書から挿入されているジュード(14節)の信徒で見つけられます"アダムから七です。" But the most important references to Adam are found in the Epistles of St. Paul.しかし、アダム、最も重要な参照は、聖パウロの書簡にある。 Thus in 1 Timothy 2:11-14, the Apostle, after laying down certain practical rules referring to the conduct of women, particularly as regards public worship, and inculcating the duty of subordination to the other sex, makes use of an argument the weight of which rests more upon the logical methods current at the time than upon its intrinsic value as appreciated by the modern mind:ティモシー2:11-14、使徒、そのため、1の女性の行動を参照して、特定の実用的なルールを敷設した後、特にとして、公共の崇拝に関しては、他のセックスへの従属の義務をinculcating引数の使用量になりますこれの論理的な方法モダンな心で理解としての本質的な価値に於けるよりも、時の電流によって、よりかかっている:

For Adam was first formed; then Eve.アダムは初めてに形成され、次にエバ。 And Adam was not seduced; but the woman being seduced, was in the transgression.とアダムが誘惑されませんでした。しかし、女性は、誘惑され、罪だった。

A similar line of argument is pursued in I Cor., xi, 8, 9.引数のような行が私うわっで追求されている。は、xi、8、9。 More important is the theological doctrine formulated by St. Paul in the Epistle to the Romans, v, 12-21, and in I Cor., xv, 22-45.さらに重要なのは、ローマの信徒へのセントポールによって定式化神学的教義は、V、12月21日であり、私うわっ、15、22から45インチ In the latter passage Jesus Christ is called by analogy and contrast the new or "last Adam."後者の通路で、イエスキリストが類推さやコントラスト、新規またはによって呼び出され、"最後のアダム。" This is understood in the sense that as the original Adam was the head of all mankind, the father of all according to the flesh, so also Jesus Christ was constituted chief and head of the spiritual family of the elect, and potentially of all mankind, since all are invited to partake of His salvation.これは、元のアダムは、全人類の頭は、すべての肉によると、今もイエスキリストは、チーフと当選者の精神的な家族の長は、潜在的にすべての人類の構成されたの父親だったとして、ある意味で理解されているので、すべて彼の救いを分かち合うに招待されています。 Thus the first Adam is a type of the second, but while the former transmits to his progeny a legacy of death, the latter, on the contrary, becomes the vivifying principle of restored righteousness.したがって、最初のアダムは、2番目のタイプであり、彼の子孫は逆に死を、後者の従来の元を送信しながら、復元された正義のvivifying原則となります。 Christ is the "last Adam" inasmuch as "there is no other name under heaven given to men, whereby we must be saved" (Acts 4:12); no other chief or father of the race is to be expected.キリストは(使徒4:12)"私たちは保存する必要がありますにより男性に与えられた天の下では他の名前があ​​る"だけれども"最後のアダム"です。他の長又はレースの父親が予想される。 Both the first and the second Adam occupy the position of head with regard to humanity, but whereas the first through his disobedience vitiated, as it were, in himself the stirps of the entire race, and left to his posterity an inheritance of death, sin, and misery, the other through his obedience merits for all those who become his members a new life of holiness and an everlasting reward.両方番目のアダムは、全体のレースの血統は、自分自身では、されたとして、彼の子孫の死の継承、罪を左、最初のに対し、彼の不服従は、低質を通してではなく、人類に係るヘッドの位置を占めている最初の、と不幸、誰が彼のメンバーの神聖新しい生命と永遠の報酬となるすべての人のための彼の服従のメリットを介して他の。 It may be said that the contrast thus formulated expresses a fundamental tenet of the Christian religion and embodies in a nutshell the entire doctrine of the economy of salvation.これは、このように定式化コントラストがキリスト教の宗教の根本的な教義を表現すると簡単に言えば、救いの経済全体の教義を体現している可能性があります。 It is principally on these and passages of similar import (eg Matthew 18:11) that is based the fundamental doctrine that our first parents were raised by the Creator to a state of supernatural righteousness, the restoration of which was the object of the Incarnation.これは、これらと私たちの最初の両親は、超自然的正義の状態にCreatorで提起されたことが根本的な教義に基づいて、同様のインポート(マタイ午前18時11分など)の通路を主にされ、復元の化身の目的でした。 It need hardly be said that the fact of this elevation could not be so clearly inferred from the Old Testament account taken independently.これは、ほとんどこの上昇の事実はそれほど明らかに自主的に行って、旧約聖書のアカウントから推測することは可能性があるということが必要です。

ADAM IN JEWISH AND CHRISTIAN TRADITIONユダヤ人とキリスト教の伝統ではADAMの

It is a well-known fact that, partly from a desire to satisfy pious curiosity by adding details to the too meagre biblical accounts, and partly with ethical intent, there grew up in later Jewish as well as in early Christian and Mohammedan tradition a luxuriant crop of legendary lore around the names of all the important personages of the Old Testament.それは、欲望の一部から、あまりにも貧弱な聖書のアカウントに詳細を追加することで、敬虔な好奇心を満たすために部分的に倫理的な意図をもって、初期キリスト教とのmohammedan伝統だけでなくそれ以降のユダヤ人でそこで育った豊かなのは周知の事実である旧約聖書のすべての重要な人物の名の前後には、伝説的な伝承の作物。 It was therefore only natural that the story of Adam and Eve should receive special attention and be largely developed by this process of embellishment.それはアダムとイブの物語は、特別な注意を受け取っていることを主な装飾は、このプロセスによって開発されるためにのみ自然なことでした。 These additions, some of which are extravagant and puerile, are chiefly imaginary, or at best based on a fanciful understanding of some slight detail of the sacred narrative.いくつかの贅沢とたわいもないですこれらの追加は、神聖な物語のいくつかのわずかな詳細を架空の理解に基づいて、主に架空または最高の状態でいる。 Needless to say that they do not embody any real historic information, and their chief utility is to afford an example of the pious popular credulity of the times as well as of the slight value to be attached to the so-called Jewish traditions when they are invoked as an argument in critical discussion.そうではないことは言うまでもないが、実在の歴史的な情報を具現化する彼らの最高のユーティリティは、時代の敬虔な人気の盲信の一例としてもわずかな値のように、彼らがいるときは、いわゆるユダヤ教の伝統に添付をする余裕です批判的な議論の引数として呼び出されます。 Many rabbinical legends concerning our first parents are found in the Talmud, and many others were contained in the apocryphal Book of Adam now lost, but of which extracts have come down to us in other works of a similar character (see MAN).私たちの最初の両親に関する多くのラビの伝説は、タルムードに見られる多くの人が、失われた今​​、アダムの偽書に含まれていたそのうちの抽出物は、似たようなキャラクター(MANを参照してください)​​の他の作品で私たちに降りてくる。 The most important of these legends, which it is not the scope of the present article to reproduce, may be found in the Jewish Encyclopedia, I, art.最もそれを再現する、本資料の範囲ではありませんこれらの伝説、重要なのユダヤ人の百科事典は、私は、芸術で見つけられるかもしれません。 "Adam", and as regards the Christian legends, in Smith and Wace, Dictionary of Christian Biography, sv "アダム"としてスミスとウェイス、キリスト教の伝記は、svの辞書は、キリスト教の伝説に関して

Publication information Written by James F. Driscoll.出版物の情報は、ジェームスF. Driscollさんによって書かれた。 The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.カトリック百科事典第1巻1907を公開。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社。 Nihil Obstat, March 1, 1907.ニヒルのObstat、1907年3月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.そうするレミlafortは、検閲です。 Imprimatur.許可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌

PALIS in VIG., Dict.利息のパリス、dictのです。 de la Bible, sv; BENNETT and ADENEY in HAST., Dict.デラ聖書の、sv;ベネットとアディニーなたで、dictのです。 of the Bible, sv For New Testament references, see commentaries; for Old Testament, GIGOT, Special Introduction to the Study of the Old Testament, I, iv; VON HUMMELAUER, Comm.聖書は、新約聖書の参照のSVの、論評を参照してください。フォンhummelauer、通信、旧約聖書の、ジゴ、老朽化し​​ている私は、四聖書の研究への特別な導入のための。 in Genesis.創世記インチ


Adamアダム

Jewish Viewpoint Information ユダヤ人の視点情報

-Biblical Data:聖書のデータ:

The Hebrew and Biblical name for man, and also for the progenitor of the human race.人類の祖先人のためにヘブライ語と聖書の名前、および他にも。 In the account of the Creation given in Gen. i.大将で指定された創造のアカウントでi. man was brought into being at the close of the sixth creative day, "made in the image of God," and invested with dominion over the rest of the animate world.男は、"神のイメージで作られた"第六創造的な日の近くで持ち込まれていたとアニメーションの世界の残りの部分を支配して投資している。 Man was thus created, male and female, charged to replenish the earth with his own kind and to subdue it to his own uses.男はこのように、男性と女性、自分のような地球を補充するために自分の用途に、それを征服してご利用作成されています。 In Gen.ii. Gen.ii.で a more particular account of man's creation is given.人間の創造のより具体的なアカウントが指定されている。 The scene is in Babylonia, near the confluence of the Euphrates and Tigris rivers, in the country of Eden.シーンはエデンの国では、チグリスユーフラテス川の合流点近く、バビロニアのです。 After the soil had been prepared by moisture "God formed man of the dust of the ground, and breathed into his nostrils the breath of life; and man became a living soul" (Gen. ii. 7).土壌水分によって準備されていた後、"神は、地面のほこりを一人前の男に形成され、その鼻に命の息を吹き、そして人は生きた魂になった"(大将二七)。 He was then placed in a garden planted for him in Eden, to "till and tend it."彼はその後"まで、それを傾向がある"と、エデンの園で彼のために庭に植えに置かれていた Of all that grew in the garden he was permitted to eat freely, except "the fruit of the tree of the knowledge of good and evil."その庭に生えていたすべての彼は除いて、自由に食べていくことを許された"善と悪の知識の木の実"。 Man next made the acquaintance of all the lower animals, learning their qualities, and giving them names.男は、次の、その性質を学習し、それらに名前を付けて、すべての下等動物の知人を行った。 But among these he found no fit companion.しかし、これらの中で彼はフィットの仲間を発見した。 Hence God, by express creative act, made for him a mate, by taking a rib from his side and constructing it into a woman.したがって、神は、彼の側から肋骨を取って、女性にそれを構築することによってチームメイト彼のために作ら明示的創造的な行為、で。

Curse of Disobedience.不服従の呪い。

In Gen. iii.には、大将Ⅲ。 the first chapter in the moral history of mankind is given.人類の道徳的な歴史の中で最初の章が指定されている。 The woman was tempted by the serpent, who told her that if she and her husband would partake of the forbidden fruit their eyes would be opened, and they "would be as gods, knowing good and evil" (Gen. iii. 5).女性は彼女と彼女の夫は、彼らの目が開かれる禁断の果実を分かち合うとなる場合においては彼女に言ったヘビ、誘惑された、彼らは"善と悪を知って、神のようになります"(大将Ⅲ。5)。 She ate of the fruit, and gave to her husband, who also ate of it.彼女は、果物の食べて、また、それを食べた夫に与えた。 This act of disobedience was followed by a divine judgment.不服従のこの行為は神の裁きが続いた。 The serpent was cursed because he had tempted the woman, and between his and her descendants there was to be perpetual enmity.ヘビは、彼は女性を誘惑したため呪われ、彼と彼女の子孫は永久恨みがあるとされたの間。 The woman was condemned to the pangs of child-bearing and to subjection to her husband.女性は出産の苦しみと彼女の夫に服従するに刑を宣告された。 As a punishment for the man the ground was cursed: thorns and thistles were to spring up; hard labor would be needed to insure the production of human food; and toil would be the lot of man from childhood to the grave.地面は男の罰は、呪われたように:いばらとあざみが春していた。重労働が人間の食物の生産を確保するために必要とされる、そして墓に子供のころから人間の多くのだろう苦労。 Finally, the man and his wife were expelled from the garden "to till the ground from which he was taken."最後に、男と彼の妻は"そこから彼が撮影された土を耕すしてください。"庭から追放された Of Adam and his wife, now called "Eve" () because she was the mother of all living () it is only known that after their exile from the garden they had children born to them (see Gen. v. 3, 4).のアダムと、今は庭から亡命した後、それらは子供たちが(大将を対3、4参照)そのために生まれていたことが知られている"イヴ"()、彼女はすべての生き物の母(だったので)と呼ばれる彼の妻、 。 JF McC. JFクライアント。

-In Apocryphal and Rabbinical Literature: -作り話とラビ文学:

While the generic character that the name of Adam has in the older parts of Scripture, where it appears with the article ("the man"), was gradually lost sight of, his typical character as the representative of the unity of mankind was constantly emphasized (compare Sanh. iv. 5; the correct reading in Tosef., Sanh. viii. 4-9):アダムの名前は、記事("男")が表示されます啓典の古い部分に持っている一般的な文字が徐々に常に強調され、人類の団結の代表として彼の典型的な文字を見失っていた(Sanh比較四5;正しい読みをtosefですでは、Sanh八4-9を。。。。。。。):

"Why was only a single specimen of man created first? To teach us that he who destroys a single soul destroys a whole world and that he who saves a single soul saves a whole world; furthermore, in order that no race or class may claim a nobler ancestry, saying, 'Our father was born first'; and, finally, to give testimony to the greatness of the Lord, who caused the wonderful diversity of mankind to emanate from one type. And why was Adam created last of all beings? To teach him humility; for if he be overbearing, let him remember that the little fly preceded him in the order of creation." "人間のただ一つの標本されたのはなぜ最初に作成された私たちを教えるために、彼は独身の魂は、全世界を破壊し、彼は独身の魂は、全世界を節約節約できることに破壊すること;?さらに、順序では人種やクラスは、請求することができること崇高の祖先は、と言って、'私たちの父は、最初に生まれた';と、最後に、つのタイプから発する人類の素晴らしい多様性の原因となった主の偉大さを証明するために、なぜアダムはすべての生き物の最後に作成されています。 ?は彼に謙虚さを教えるために、彼は横柄なことであるならば、彼は少し創造のために彼を前に飛ぶことを覚えておきましょう。"

In a dispute, therefore, as to which Biblical verse expresses the fundamental principle of the Law, Simon ben 'Azkai maintained against R. Akiba-who, following Hillel, had singled out the Golden Rule (Lev. xix. 18)-that the principle of love must have as its basis Gen. v. 1, which teaches that all men are the offspring of him who was made in the image of God (Sifra, Ḳedoshim, iv.; Yer. Ned. ix. 41c; Gen. R. 24).紛争では、それゆえ、聖書の詩は、法、サイモンベン'Azkaiの基本的な原則を表現するこれに対して維持してr.アキバ-ゴールデンルールを選び出していたヒレル、次の人、(Lev. 19です。18)が。ヤーネッド九41cは;。大将愛の原理は、その根拠大将対1、すべての人は神のイメージ(シフラー、Ḳedoshim、第四号に行われた彼の子孫であることを教示しているとして持っている必要がありますrの24)。 This idea, expressed also by Paul in his speech at Athens, "[God] hath made of one blood all nations of men for to dwell on all the face of the earth" (Acts, xvii. 26), found expression in many characteristic forms.このアイデアは、アテネでの演説でポールも表明(七行為は、26日)"地球上のすべての顔にこだわるのために男性の1つ前の血液中のすべての国を作った[神]かれら"を、多くの特性の発現を発見フォーム。 According to Targ.ターグによると。 Yer. yerします。 to Gen. ii.して、大将Ⅱ。 7, God took dust from the holy place (as "the center of the earth"; compare Pirḳe R. Eliezer xi., xx.) and the four parts of the world, mingling it with the water of all the seas, and made him red, black, and white (probably more correctly Pirḳe R. El. xi. and Chronicle of Jerahmeel, vi. 7: "White, black, red, and green-bones and sinews white; intestines black; blood red; skin of body or liver green"); compare Philo, "Creation of the World," xlvii.; Abulfeda, "Historia Ante-Islámica." 7に示すように、神は神聖な場所からほこりを取った(の"地球の中心";共和党r.エリエゼルxiを比較で、xx)、世界の4つの部分を、すべての海の水と一緒に混ざって、行わ彼は、黒、赤と白の(おそらくより正確に共和党エルxiとクロニクルエラフメエルのは、vi 7は:。。。。。"ホワイトは、赤、緑、骨と黒を白筋骨隆々、血液を赤く;黒腸皮膚の体は、肝臓緑;、世界の創造")、フィロを比較する""四十七; Abulfedaを、"ヒストリアアンティ- Islámica" The Sibylline Oracles (iii. 24-26) and, following the same, the Slavonian Book of Enoch find the cosmopolitan nature of Adam, his origin from the four regions of the earth, expressed in the four letters of his name: Anatole (East), Dysis (West), Arktos (North), and Mesembria (South).アナトール(東:みこoraclesは(iii. 24-26)と、同じように続いて、イノックスラボニアの予約は、彼の名前の4つの文字で表現地球の4つの領域から、アダムの国際的な性質を、彼の起源を見つける)、Dysis(西)、Arktos(北)、およびMesembria(南)。 R. Johanan interprets as being an acrostic of (ashes), (blood), and (gall; see Soṭah, 5a).共和党johananになると、(血液)、(灰)のアクロスティックをされて解釈(ノイは、Soṭah、5aを参照)。 But this interpretation seems to have originated in other circles; for we find Isidor of Seville ("De Natura Rerum," ix.) declare that Adam was made of blood (sanguis), gall (cholē), black gall (melancholia), and phlegm: the four parts constituting the temperaments, which correspond to the four elements of nature, as does the microcosm to the macrocosm (see Piper, "Symbolik der Christlichen Kirche," 90, 469).しかし、この解釈は、他の円に起源を持つと思われる。我々が見つけるためのセビリアのイジドール("デナチュラRerum、"9。)アダム(sanguis)血液の行われたことを宣言し、胆嚢(胆嚢)、黒胆汁(うつ病)、および痰は:自然の4つの要素に対応する気性を構成する四つの部分として大宇宙と小宇宙を行う(パイパーを参照してください"SymbolikデアChristlichen Kirche、"90、469)。 R. Meir (second century) has the tradition that God made Adam of the dust gathered from the whole world; and Rab (third century) says: "His head was made of earth from the Holy Land; his main body, from Babylonia; and the various members from different lands" (Sanh. 38a et seq.; compare Gen. R. viii.; Midr. Teh. cxxxix. 5; and Tan., Peḳude, 3, end). rをメイアは、(第2世紀)神は、全世界から集められたダストのアダムを作ったことが伝統を持って、そしてRabの(三世紀)によれば:"彼の頭は聖地から地球のなされた;バビロニアからの彼の本体;別の土地"からの様々なメンバーが(Sanh. 38aは頁;大将共和党viiiを比較; midrですがcxxxixを5;。。。。。とタン、Peḳude、3、終了)。

Two Natures in Adam.アダムの2つの性質。

There are, however, two points of view regarding man's nature presented in the two Biblical stories of man's creation; and they are brought out more forcibly in the Haggadah, and still more so in the older Hellenistic literature.人間の自然人間の創造の二聖書の物語で提示に関するビューの2つの点は、しかし、あるので、彼らはそれ以上の年齢のヘレニズム時代の文学さらにので、、Haggadahより強制的に引き出されます。 "Both worlds, heaven and earth, were to have a share in man's creation; hence the host of angels were consulted by the Lord when He said, 'Let us make man'" (Gen. i. 26, Gen. R. viii.). "両方の世界は、天と地、人間の創造のシェアを持っていた。天使のため、ホストは彼が'私たちは男作ってみよう'を言ったとき主に相談した"(大将i. 26、大将共和党八。) But the old haggadists loved especially to dwell on the glory of God's first-created before his fall.しかし、古いhaggadistsの栄光にこだわる特に愛さ神の最初に作成された彼の秋の前に。 He was "like one of the angels" (Slavonic Book of Enoch, xxx. 11; compare Christian Book of Adam, i. 10; also Papias in Gen. R. xxi.; Pirḳe R. El. xii.; Ex. R. xxxii.; Targ. Yer. Gen. iii. 22).彼はイノックスラヴ語の書籍、xxxは11("天使のような"だった。アダム、キリスト教の予約勇10比較;もpapiasはを大将共和党21で】共和党エル十;。。。。。例研究。参拾】。ターグヤー大将三22)。 "His body reached from earth to heaven [or from one end of the world to the other] before sin caused him to sink" (Ḥag. 12a, Sanh. 38b; compare also Philo, "Creation of the World," ed. Mangey, i. 33, 47). (Ḥag.12aは、Sanh"罪は、彼が沈む原因となった前に彼の体は天地球から[その他の世界の一端から]に達した"38bを;比較もフィロは、エド"世界の創造"Mangeyています。勇33、47)。 "He was of extreme beauty and sunlike brightness" (BB 58a). (BBの58aを)"彼は、極端な美しさとsunlikeの明るされました。" "His skin was a bright garment, shining like his nails; when he sinned this brightness vanished, and he appeared naked" (Targ. Yer. Gen. iii. 7; Gen. R. xi.; Adam and Eve, xxxvii.). "彼の皮膚は爪のように輝いて、明るい服だった。彼はこの明るさが消えて罪を犯したとき、彼は裸にされている"(Targ.ヤー大将三7;。大将共和党xiを】アダムとイブ、37)。 。 When God said: "Let us make man in our image," the angels in heaven, filled with jealousy, said: "What is man that Thou thinkest of him? A creature full of falsehood, hatred, and strife!"神は言った時:"私たちのイメージの男を作ってみましょう、"嫉妬心でいっぱい天国で天使たちは、言った:"!何が男であることを汝彼のthinkest生き物虚偽、憎しみや争いの完全な" But Love pleaded in his favor; and the Lord spoke: "Let truth spring forth from the earth!"しかし、愛は彼に有利な弁護、そして主は話した:"地球から出て真実スプリングをしよう!" (Gen. R. viii.; Midr. Teh. viii.). (大将共和党viii; midrれて八。。。。。)。 Far older, and blended with Babylonian mythology (Isa. xiv. 12), is the story preserved in Adam and Eve, the Slavonic Book of Enoch, xxxi.これまで、古いバビロニアの神話とブレンド(Isa.の14。12)は、アダムとイブ、イノックスラヴ語の本、31で保存の話です。 3-6 (compare Bereshit Rabbati, ed. Epstein, p. 17; Pirḳe R. El. xiii.; Chronicle of Jerahmeel, xxii.; and Koran, sura ii. 34; xv. 30), according to which all the angels were commanded by Michael the archangel to pay homage to the image of God; whereupon all bowed before Adam except Satan, who, in punishment for his rebelliousness, was hurled from his heavenly heights to the depth of the abyss, while his vacant throne was reserved for Adam, to be given to him at the time of the future resurrection. 3月6日には(エド、Bereshit Rabbatiを比較エプスタインは、17ページ;共和党エル13;。エラフメエルのクロニクル、22;とコーラン、ふくらはぎ二34;。五30)で、すべての天使たちによると神のイメージに敬意を払う大天使マイケルが命じられた、彼の空いている王位は予約されている間すると、すべて、彼の反抗の罰では、奈落の底の深さに彼の天の高さから投げていたサタンを除いて、Adam、前にお辞儀アダムのため、将来の復活の時に彼に与えられている。 Henceforth, Satan became the enemy of man, appearing to him in the guise of an angel of light to seduce him (compare II Cor. xi. 14).今後は、サタンが彼を誘惑する光の天使を装って彼に表示される、人間の敵となった(二コーを比較してください。xiを14)。 A somewhat modified midrashic legend (Gen. R. viii.) relates that the angels were so filled with wonder and awe at the sight of Adam, the image of God, that they wanted to pay homage to him and cry "Holy!"やや修正されたのmidrashic伝説が(大将共和党viii。)天使たちがいるので、彼に敬意を払うと泣きしたかったアダムは、神のイメージの光景を見て驚きと畏怖の念に満ちていたことに関し、"聖なる!" But the Lord caused sleep to fall upon him so that he lay like a corpse, and the Lord said: "Cease ye from man, whose breath is in his nostrils: for wherein is he to be accounted of?"しかし、主は、彼は死体のように横たわりように彼の上に落ちて寝原因主によると:"息をその鼻にいる人から、あなたがたをやめます:?前記の彼はの会計処理されていません" (Isa. ii. 22). (Isa.二22)。 Another version (Pirḳe R. El. xi.; Tan., Peḳude, 3) is that all other creatures, marveling at Adam's greatness, prostrated themselves before him, taking him to be their creator; whereon he pointed upward to God, exclaiming: "The Lord reigneth, He is clothed with majesty!"別のバージョン(。共​​和党エル十;タン、Peḳude、3)アダムの偉大さに驚き、他のすべての生き物は、彼が作成されるながら、彼の前にひれ伏したことです。するところの彼は叫び、神に上を向いている: "主王とは、彼は威厳をまとっています!" (Ps. xciii. 1). (Ps.の仇拾参1)。 Still, the Book of Wisdom (ii. 23, 24) seems to allude to the older legend when saying, "God created man for immortality, but through the envy of Satan death entered the world" (compare Josephus, "Ant." i. 1, § 4; Ab. RN i.; Gen. R. xviii., where the serpent is represented as moved by jealousy).それでも、知恵(ii. 23、24)の予約を言うとそれ以上の年齢の伝説にほのめかすように、"神は、不死のマニュアルを作成しましたが、サタンの死の羨望の的は、世界に入ってから"(比較ヨセフスは、"Antのです。"私は1、§ 4;としてABラドン娘i.;大将共和党18、蛇のように)嫉妬によって移動表現されている。

The Fall.秋。

Adam in paradise had angels (agathodæmons or serpents) to wait upon and dance before him (Sanh. 59b, BB 75a, Pirḳe R. El. xii.).楽園のアダムはに待って、彼(Sanh. 59bは、BB 75aが、共和党エル。12。)の前に踊る天使(agathodæmonsまたは蛇)を有していた。 He ate "angel's bread" (compare Ps. lxxiii. 26; Yoma, 75b; Vita Adæ et Evæ, § 4).彼は、"天使のパン"を食べた(psの比較七十三26;。Yoma、75bは、ヴィータAdæらEvæ、§ 4)。 All creation bowed before him in awe.すべての創造は、畏敬の念を抱いて彼の前に頭を下げた。 He was the light of the world (Yer. Shab. ii. 5b); but sin deprived him of all glory.彼は、世界の光であった(2007年06 shabします二5bが。)しかし、罪は、すべての栄光の彼を奪われた。 The earth and the heavenly bodies lost their brightness, which will come back only in the Messianic time (Gen. R. xii.; Vita Adæ et Evæ, § 21; Philo, "Creation of the World," p. 60; Zohar, iii. 83b). 、Zoharさん;ヴィータAdæらEvæ、§ 21;フィロは、"世界の創造は、"p. 60、地球と天体が救世主のような時間だけで帰ってくるの明るさを、(大将共和党十失わⅢ。83b)。 Death came upon Adam and all creation.死は、アダムと、すべての作成時に来た。 God's day being a thousand years (Ps. xc. 4), Adam was permitted to live 930 years-threescore and ten less than one thousand (Book of Jubilees, iv. 28, and Gen. R. xix.), so that the statement "in the day that thou eatest thereof, thou shalt surely die" might be fulfilled.千年をされて神の日(Ps.のxc 4)、アダムは930歳、六十と10未満千生きることを許された(書籍のjubilees、Ⅳ。28、大将共和党19。)ように声明は"そのあなたeatestその日に、なたは必ず死ぬ"が果たされるかもしれない。 The brutes no longer stood in awe of man as their ruler; instead, they attacked him.もはや自分の支配者としての人間の畏敬の念を抱いて立っていた獣ではなく、彼らは彼を攻撃した。 But while sin was of fatal consequence, and the effect of the poison of the serpent is still felt by all following generations, unless they should be released from it by the covenant of Sinai ('Ab. Zarah, 22b; IV Book of Esdras; Apoc. Mosis, xx.; see articles Sin and Fall), the Jewish haggadists emphasize one point not mentioned in the Bible, but of great doctrinal importance in comparison with the teachings of Paul and his followers.しかし、罪の中に、致命的な結果のだったヘビの毒の効果はまだ、次のすべての世代が感じている、彼らはシナイ('ABのツアラー、22bとの契約で、そこから解放する必要がない限り;エスドラスのIVを予約。 。apocですMOSIS社、イグゼクス;)記事罪と秋を参照してください、ユダヤ人haggadistsは、ポールと彼の信者の教えと比較して、聖書に記載されていない一点が、偉大な教義の重要性を強調しています。 The deadly effect of sin can be removed by repentance.罪の致命的な効果は悔い改めによって除去することができる。 Hence, Adam is represented as a type of a penitent sinner.したがって、アダムは後悔している罪人の型として表されます。 Thus, he is described in Vita Adæ et Evæ, as well as by the rabbis of the second century ('Er. 18b; 'Ab. Zarah, 8a; Ab. RN i.; Pirḳe R. El.), as undergoing a terrible ordeal while fasting, praying, and bathing in the river for seven and forty days (seven weeks, Pirḳe R. El.), or twice seven weeks-the shortening of the days after Tishri being taken by Adam as a sign of God's wrath, until after the winter solstice the days again grew longer, when he brought a sacrifice of thanksgiving.受けているとして、このように、彼は番目の世紀(共和党エル。Abツアラー、8aは。; Abラドン娘i.'。Erを18bに')のラビと同様に、ヴィータAdæらEvæに記載されている恐ろしい試練は、祈り、断食しながら入浴七四十日の川(7週間、共和党エル)、または回7週間- Tishri日後の短縮は、神の怒りの印としてアダム取られて日が再び彼は感謝のいけにえを持ってきたとき、長くなり冬至の後まで。 Another view is that when the sun rose the following morning he offered his thanksgiving, in which the angels joined him, singing the Sabbath Psalm (Ps. xcii.).別のビューには、太陽が次の朝のバラとき、彼は安息日詩篇を歌い、その内の天使たちは彼に参加、彼の感謝を提供することです(Ps.の九十二)。 About Adam and the one-horned ox (the Persian gaiomarth), see Kohut, in "ZDMG" xxv.アダムと一角牛(ペルシャgaiomarth)については、"ZDMG"二十五のコフートを参照してください。 78, n. 78番 6. 6。

On account of the Sabbath the sun retained its brightness for the day; but as darkness set in Adam was seized with fear, thinking of his sin.安息日のアカウントでは太陽は日の明るさを保持し、しかし、アダムに設定され闇は自分の罪のことを思い出しながら、恐怖に襲われたように。 Then the Lord taught him how to make fire by striking stones together.その後、主はどのように一緒に印象的な石で火を起こすことを彼に教えた。 Thenceforth the fire is greeted with a blessing at the close of each Sabbath day (Pesiḳ. R. xxiii.; Pirḳe R. El. xx.; similarly, Pes. 54a).その時以来、火災は、各安息日の終了時に祝福をもって迎えです(Pesiḳ.共和党XXIII近くにございます】共和党エルイグゼクス;同様に、ペス54aが)。

When Adam heard the curse, "Thou shalt eat of the herbs of the earth," he staggered, saying: "O Lord, must I and my ass eat out of the same manger?"アダムは呪いを聞いたとき、"汝は、地球のハーブを食べる"と、彼は言って、よろめい:"主よ、私と私のお尻は、同じ桶の外食必要がありますか?" Then the voice of God came reassuringly: "With the sweat of thy brow shalt thou eat bread!"その後、神の声が力強くなった:"あなたの眉shaltなたの汗パンを食べて!" There is comfort in work.快適さは仕事ではありません。 The angels taught Adam the work of agriculture, all the trades, and also how to work in iron (Book of Jubilees, iii. 12; Gen. R. xxiv.; Pes. 54a).天使たちはまた、どのように鉄で動作するようにと、すべての取引アダムの農業の仕事を教えて(;大将共和党二十四】ご予約のjubilees、三12ペス54aが)。 The invention of writing was ascribed to Adam.書き込みの発明は、アダムに生得的でした。

Adam in the Future World.アダムフューチャーワールドインチ

On the day Adam covered his naked body for the first time, he beheld in clothing a mark of human dignity, and offered God a thanksgiving of incense (Book of Jubilees, iii. 22).日アダムは初めて彼の裸​​の体をカバーし、彼は、衣類に人間の尊厳の印を見たし、(予約のjubilees、Ⅲ。22)神に線香の感謝を提供した。 The garments made by God were not of skin, but of light (Gen. R. xx.), and robes of glory were made of the serpent's skin (Targ. Yer. Gen. iii. 21).神によって作ら衣類は、皮膚のされていない光(大将共和党のXXです。)と栄光のローブ(Targ. yerします。大将三21)蛇の皮で作られていた。 Adam, "the first to enter Hades" (Sibylline Oracles, i. 81), was also the first to receive the promise ofresurrection (Gen. R. xxi. 7, after Ps. xvii. 15). Adamはまた、約束ofresurrectionを受け取るために初めて、(みこoracles勇81)"最初は冥王ハーデスを入力して"​​(大将共和党21。7、psの後七を15)。 According to the Testament of Abraham, Adam sits at the gates, watching with tears the multitude of souls passing through the wide gate to meet their punishment, and with joy the few entering the narrow gate to receive their reward.アブラハムの聖書によると、アダムは、涙と彼らの処罰を満たすために全体のゲートを通過するの魂多数のを見て、ゲートに座っている喜びをもっていくつかの彼らの報酬を受け取るために狭い門を入力します。 The Jewish view concerning Adam's sin is best expressed by Ammi (Shab. 55a, based upon Ezek. xviii. 20): "No man dies without a sin of his own. Accordingly, all the pious, being permitted to behold the Shekinah (glory of God) before their death, reproach Adam (as they pass him by at the gate) for having brought death upon them; to which he replies: 'I died with but one sin, but you have committed many: on account of these you have died; not on my account'" (Tan., Ḥuḳḳat, 16).アダムの罪に関するユダヤ人のビューは最高Ammiで表される(ezekです基づいてShab. 55aが、18 20。):"誰もしたがって、信心深い、シェキーナを(栄光を見張るものが許可されているすべての彼自身の罪を犯したことのない死ぬ。彼らの死の神)の前の、非難アダムが(彼らが門のところで彼を渡すなど)のためにそれらに死をもたらした有する、彼が返答する:'私は、1つの罪が死亡し、しかし、あなたは多くを約束している:これらのアカウントの使用死亡している、私のアカウント'"(Tan.、Ḥuḳḳat、16)ではなく。

To Adam are ascribed Ps.アダムにpsの生得的です。 v., xix., xxiv., and xcii.対、19、24。、および九十二。 (Midr. Teh. v. 3; Gen. R. xxii., end; Pesiḳ. R. xlvi.; see Bacher, "Ag. Pal. Amor." ii. 337 et seq.). (midr.します対3;。大将共和党22、エンド;。Pesiḳ共和党xlvi;を参照してくださいBacherさん、"銀パルアモール。"Ⅱ337頁以降を参照。)。 His body, made an object of worship by some semi-pagan Melchisedician sect, according to the Christian Book of Adam, was shown in Talmudic times at Hebron, in the cave of Machpelah (BB 58a, Gen. R. lviii.), while Christian tradition placed it in Golgotha near Jerusalem (Origen, tract 35 in Matt., and article Golgotha).彼の遺体は、一方で、マックピーラの洞窟(BBの58aを、大将共和党五十八)で、ヘブロンでtalmudic回で示された、アダム、キリスト教の本によると、いくつかの半異教Melchisedician宗派の崇拝の目的としたものキリスト教の伝統は、(マットの原産地は、管を35、記事ゴルゴタ)エルサレムの近くゴルゴタで配置されます。 It is a beautiful and certainly an original idea of the rabbis that "Adam was created from the dust of the place where the sanctuary was to rise for the atonement of all human sin," so that sin should never be a permanent or inherent part of man's nature (Gen. R. xiv., Yer. Naz. vii. 56b).それはとても罪の永続的または本質的な部分てはならない"、アダムが聖域は、すべての人間の罪の償いに上昇していた場所の​​ほこりから作成された"と、そのラビは確かにオリジナルのアイデア美しいです人間の自然(大将共和党14。、yerします。Naz。Ⅶ。56bと)。 The corresponding Christian legend of Golgotha was formed after the Jewish one.ゴルゴタの対応、キリスト教の伝説は、ユダヤ人の後に形成された。

Bibliography: 参考文献:
Ginzberg, Die Haggada bei den Kirchenvätern, in Monatsschrift, 1899; Kohut, in ZDMG xxv.ギンズベルク、死ぬHaggadaバイデンKirchenvätern、Monatsschrift、1899年に、コフート、25をZDMGインチ 59-94; Grünbaum, Neue Beiträge zur Semitischen Sagenkunde, pp. 54,79; Dillman, Das Christliche Adambuch; Malan, Book of Adam and Eve, 1882; Bezold, Die Schatzhöhle, 1883, 1888; Siegfried, Philo von Alexandrien. 59〜94; Grünbaum、ノイエBeiträgeのツアのSemitischenのSagenkunde頁54,79;ディルマン、ダスChristlicheのAdambuch;マラン、アダムとイブ、1882年の予約。Bezold、死ぬSchatzhöhle、1883、1888;ジークフリート、フィロフォンAlexandrien。 For further bibliographical references see Schürer, Geschichte, 3d ed.さらに初版はschürerの、Geschichte、3次元は、edを参照してください。 iii. Ⅲ。 288-289.K. 288 - 289.K。

-In Mohammedan Literature: -モハッメダンの文学:

No mention is made of Adam in the early suras of the Koran.言及はないコーランの早期のsurasのアダムで作られています。 Though Mohammed speaks of the creation of man in general from a "clot of blood" or a "drop of water" (suras lxxv. 34, lxxvii. 20, xcvi. 1), it is only in the later Meccan suras that the original creation of man is connected with a particular individual.モハメッドは"血の塊"または"一滴の水"から一般的に人間の創造のことを話すけれど(のsuras七十五34、77。20、九十六の1)、それは後でメッカのsurasだけでは元の人間の創造は、特定の個人と接続されている。 But in these suras the theory is already developed that Satan's designs against man are consequent upon the expulsion of the former from paradise at the time of man's creation.しかし、これらのsurasの理論は、すでに男に対するサタンのデザインは、人間の創造の時に楽園から前者の追放必従されていること開発されています。 Geiger has incorrectly remarked ("Was Hat Mohammed aus dem Judenthume Aufgenommen?" p. 100) that this is not a Jewish idea (see Vita Adæ et Evæ, § 16).ガイガーが誤って述べている("ハットして、Mohammed後宮Judenthume Aufgenommenですか?"ページ100)これは、ユダヤ人の考え方は、(参照してくださいヴィータAdæらEvæ、§ 16)されていないことを確認します。 It belongs also to the cycle of the Christian-Syriac Midrash (see Budge, "The Book of the Bee," p. 21, trans.; Bezold, "Die Schatzhöhle," pp. 5, 6, trans.).それは("ビーの本"バッジを参照してください21ページ、トランス。Bezoldは、"Schatzhöhle死ぬ"頁5、6、トランス)、キリスト教、シリアミドラーシュのサイクルにも属しています。 In the earliest account the name Adam does not occur; nor does Iblis vow vengeance upon a single individual, but rather upon the whole race of mankind:最古のアカウントで名前をアダムは発生しません。また一人の時にイブリースの誓いの復讐を行いますが、人類全体のレースではなく時:

Iblis, the Devil, Respited.イブリースは、悪魔、猶予。

"When thy Lord said to the angels, 'Verily, I am about to create a mortal out of clay; and when I have fashioned him, and breathed into him of My spirit, then fall ye down before him adoring.' "なたがたの主が、天使たちに言ったとき、'本当に、私は粘土の人間のうちを作成しようとしています、そして私は、彼を作らしたとき、彼は絶賛していたの前にあなたがたに該当し、私の精神の彼に息' And the angels adored, all of them save Iblis, who was too big with pride, and was of the misbelievers. Said He, 'O Iblis! what prevents thee from adoring what I have created with My two hands? Art thou too big with pride? or art thou amongst the exalted?'そして天使たちはそれらのすべては、あまりにも誇りを持って大きかった。misbelieversのだったイブリースを保存するには、尊敬。言った彼は​​、'Oのイブリース!私は私の両手で作成したものを絶賛していたからあなたを防止する?アートあなたはあまりにも大きな高貴な中で誇りか、それとも芸術なた?' Said he, 'I am better than he; Thou hast created me from fire, and him Thou hast created from clay.'彼によると、'私は彼よりも優れています。なたは、火の中から私を作成し、彼は、なた粘土から作成されます。' Said He, 'Then go forth therefrom; for verily thou art pelted, and verily upon thee is My curse unto the day of judgment.'彼によると、'次に掲げるそこに行く。あなたは私の呪い、かれらの判断の日です本当になたに投げつけたと、本当に時' Said he, 'My Lord! then respite me until the day when they are raised.'彼によると、彼らが発生したときわたしの主は、その日まで私を猶予!' Said He, 'Then thou art amongst the respited until the day of the stated time.'と言いながら、'記載時間の日まで猶予の中で次になた' Said he, 'Then, by Thy might, I will surely seduce them all together, except Thy servants amongst them who are sincere!'彼は、私は確かに誠実さ、それらの中なたのしもべを除いて、一緒にそれらをすべて魅了する可能性がありますなたのことで、その後!によると、' Said He, 'It is the truth, and the truth I speak; I will surely fill hell with thee and with those who follow thee amongst them all together'" (sura xxxviii. 70-85).彼によると、'これは、真実である私が話す真実は、私はきっとあなたと、誰がそれらすべての中で一緒にあなたに従う者と地獄を記入します'(ふくらはぎ三十八70から85)。"

At a later period Mohammed develops the personal character of the first man and his direct relationship to God, whose vicegerent (khalifah, calif) he is to be on earth.後の期間でモハメッドは、その代理人(ハリファ、カリフォルニア州)、彼は地球上には、神への最初の男と、彼の直接的な関係の個人的なキャラクターを開発しています。 At the same time Satan is represented as being the one who drove Adam from paradise: Adam as Vicegerent of God.アダム神の代理人として:同時に、サタンは、楽園からアダム運転一として表されます。

"And when thy Lord said unto the angels, 'I am about to place a vicegerent in the earth,' they said, 'Wilt Thou place therein one who will do evil therein and shed blood? We celebrate Thy praise and hallow Thee.' "そして、なたの主が、天使たちに言ったとき、私は地球の代理人を置くとしている、彼らはそこにそこに悪事をされ、流された血を1つなたの場所は?我々は、なたの称賛と崇敬なた祝う'と言った。 Said [the Lord], 'I know what ye know not.'サイードは、[主]を、私はあなたがたが知らないことを知って' And He taught Adam the names, all of them; then He propounded them to the angels and said, 'Declare to Me the names of these, if ye are truthful.'と彼はアダムの名前を、それらのすべての教え、それから彼は、天使たちを提唱して言った、'DeclareをMeに、これらの名前を、あなたがたが真実なら' They said, 'Glory be to Thee! no knowledge is ours but what Thou Thyself hast taught us; verily, Thou art the knowing, the wise.'彼らは'栄光は汝することは知識がなたあなた自身のなたが我々に教えた私たちが何です!。本当に、なたは、賢明な知らずによると、' Said the Lord, 'O Adam, declare to them their names'; and when he had declared to them their names He said, 'Did I not say to you, I know the secrets of the heavens and of the earth, and I know what ye show and what ye are hiding?'サイード主よ、'Oのアダムは、彼らに自分の名前を宣言';彼は自分の名前彼によると、'彼らに宣言していたとき私は私が天と地の秘密を知っている、あなたがたに言うと、私は知っていましたかあなたがたのショーがあなたがた何を隠しているかって?' And when He said to the angels, 'Adore Adam,' they adored him save only Iblis, who refused and was too proud, and became one of the misbelievers.そして、彼は天使たちに言ったとき、'崇拝アダムは、彼らが、彼は拒否し、あまりにも誇りに思っていただけイブリースを保存尊敬とmisbelieversの一つになった。

"And He said, 'O Adam, dwell, thou and thy wife, in paradise, and eat therefrom amply as you wish; but do not draw near this tree or ye will be of the transgressors.' "そして、彼は'Oのアダムは、楽園に住んで、あなたとあなたの妻は、あなたが望むように十分にそこから食べる。しかし、反逆者のされ、このツリーまたはあなたがたの近くに描画しないよると、' And Satan made them backslide therefrom, and drove them out from what they were in, and He said, 'Go down, one of you the enemy of the other; and in the earth there are an abode and a provision for a time.'そして、サタンは、その後戻りのそこから作り、彼らがしていたことから追い出した、と彼は言った、ダウンするのいずれかを他の敵移動】と地の住所と時間の定めがある' And Adam caught certain words from his Lord, and He turned toward him; for He is the Compassionate One easily turned. He said, 'Go down therefrom altogether, and haply there may come from Me a guidance, and whoso follows My guidance no fear is theirs, nor shall they grieve'" (sura ii. 29-36). Adamは、彼の主から特定の単語を捕え、彼は彼の方になって、彼は思いやりがある簡単になっているために彼は、完全にそこを降り偶然Meからが来る可能性があります指導をし、誰でもがない恐怖私の指導を次のようによると、'。また、彼らのである彼らは"'憂い(ふくらはぎ二。29から36)。

In sura vii.ふくらはぎ七します。 10 et seq. 10頁以降を参照。 the same story is repeated, though with several additions.同じストーリーは、いくつかの追加もし、繰り返される。 In particular, Mohammed has now learned the manner in which Satan tempted Adam:特に、Mohammedさんは今は、サタンがアダムを誘惑方法を学習している:

Satan Beguiles Adam.サタンはアダムBeguiles。

"But Satan whispered to them to display to them what was kept back from them of their shame, and he said, 'Your Lord has only forbidden you this tree lest ye should be twain angels or should become of the immortals'; and he swore to them both, 'Verily, I am unto you a sincere adviser'; and he beguiled them by deceit, and when they twain tasted of the tree their shame was shown them, and they began to stitch upon themselves the leaves of the garden. And their Lord called unto them, 'Did I not forbid you from that tree there, and say to you, Verily, Satan is to you an open foe?' "しかし、サタンは自分の恥の彼らからkept backされたもの、それらに表示するように耳打ちし、彼によると、'あなたの主は、あなたがたは、またはTWAIN天使しないようにしなければならない仙のなるべきこの木を禁じている'と彼は誓ったそれらの両方に'本当に、私はあなたの誠実なアドバイザーかれています';、彼は彼らが自分の恥は、それらを示されたツリーの味両人ときに、策略によって、それらをだまし、彼らは庭の葉を自分の身に縫うようになった。そして、彼らの主と呼ばれるかれらはそれら、'と、私はそこのツリーからあなたを禁じるかあなたに言う、本当に、サタンはあなたに開いている敵ですか?' They said, 'O our Lord, we have wronged ourselves-and if Thou dost not forgive us and have mercy on us, we shall surely be of those who are lost!'彼らは、'わたしたちの主は、私たちはとなた場合、私たちを許していないなたは、我々は確実に人が失われるものでなければならない私たちに慈悲を持って自分自身を不当な扱いをした!言った He said, 'Go ye down, one of you to the other a foe; but for you in the earth there are an abode and a provision for a season.'彼は他の敵に、ダウンするのいずれかをあなたがたへ。しかし、あなたは地球の住まいとシーズンに向けての定めがあるためによると、' He said, 'Therein shall ye live and therein shall ye die; from it shall ye be brought forth'" (sura vii. 19-24).In suras xvii.彼はそこに、ライブがた死ぬそこにあなたがたは、それは、あなたがたが甦らしなければならないから』と言った。(ふくらはぎ七19-24)"でのsuras七。 63, xviii. 63、18。 48, references are also made to the refusal of Iblis to worship Adam. 48、参照も崇拝アダムにイブリースの拒否に対して行われます。 The latter was created from earth (iii. 51) or from clay (xxxii. 5).後者は(iii. 51)地球から作成された、または粘土(xxxii. 5)から。 That Adam is the first of the prophets is only hinted at in the Koran.それはアダムは預言者の唯一のコーランを示唆されている最初のです。 In the passage (ii. 35) cited above, "And Adam caught certain words [kalimat] from his Lord," the reference may be to a supposed revelation to Adam.通路(ii. 35)は、前掲の"アダムと彼の主から[kalimat]を特定の単語を捕え、"リファレンスは5月アダムになって啓示。 For this reason, in iii.このような理由から、Ⅲ。 30, Mohammed says, "Verily, God has chosen Adam, and Noah, and Abraham's people, and Imram's people [the Christians]"; making Adam the representative of the antediluvian period. 30は、モハメッドによれば、"本当に、神は、アダムを選択しているノア、アブラハムの人々、そして多元物质科学研究所の人々は[キリスト教徒]を";アダム時代遅れの時代の代表となっています。

Adam's Creation.アダムの創造。

To these somewhat meager accounts later Arabic writers and commentators have added various details which find their parallel in the Jewish and Christian Midrash.後でこれらのやや貧弱なアカウント、アラビア語の作家や評論家にはユダヤ人とキリスト教ミドラーシュでの並列を見つける様々な詳細が追加されている。 Ḥamzah al-Ispahani expressly says that a Jewish rabbi in Bagdad, Zedekiah by name, told him, among other things, that Adam was created in the third hour of the sixth day, and Eve in the sixth hour; that they were made to dwell in Gan-Eden (), from which they were expelled after the ninth hour; that God sent an angel to them, who taught Adam how to sow and to perform all the other work connected with agriculture.彼らが住むに行われたことは、ハムザアルIspahaniは、明示的に名前でバグダッド、ゼデキヤのユダヤ人のラビは、第六時間で、アダムは、六日目の3番目の時間で作成されたことを、他のもののうち、イブを彼に言われたことを言う神は彼らに天使を送って、どのように、種をまくと農業と接続しているすべての他の作業を実行するには、アダムを教え、そこからは9時間後に追放されたガン=エデン()インチ The same angel instructed Eve how to perform all manner of household duties.イブの指示と同じ天使がどのように家事のすべての方法を実行します。 The historians Tabari, Masudi, Al-Athir, etc., have evidently culled from similar sources.歴史家はTabari、Masudi、アルAthirなど、明らかに同様のソースからの抜粋です。 They tell us that when God wished to form Adam He sent first Gabriel, then Michael, to fetch soil for that purpose.彼らは、神が彼がその目的のために土を取得するために、最初のガブリエル、マイケル、送信して、Adamを形成することを望んだときに教えて下さい。 The earth, however, refused to give the soil, and yielded only to the Angel of Death, who brought three kinds of soil, black, white, and red.地球は、しかし、土壌を与えることを拒否し、土壌の3種類黒、白、赤もたらした死の天使、にのみが得られた。 Adam's descendants, therefore, belong either to the white, the black, or the red race.アダムの子孫は、したがって、黒、または赤のレースの白のいずれかに属しています。

The soul of Adam had been created thousands of years previously, and at first refused to enter the body of clay.アダムの魂は、以前に何千年も作成されていた、最初の粘土の体内に入ることを拒否で。 God forced it violently through Adam's nose, which caused him to sneeze.神は彼がくしゃみをする原因アダムの鼻を介して激しくそれを余儀なくされた。 As it descended into his mouth, he commenced to utter the praises of God.それは彼の口の中に降りて、彼は全くして開始、神の賞賛する。 He tried to rise; but the soul had not yet descended into his feet.彼は上昇しようとした、しかし魂は彼の足にはまだ降りていませんでした。 When he did stand upright, he reached from earth up to the throne of God, and had to shade his eyes with his hand because of the brilliancy of God's throne.彼は真っすぐに立つのはいつ、彼は、交流、神の御座に地球に達してから、神の御座の輝きのために彼の手で日陰に目を持っていた。 His height was gradually diminished, partly as a punishment for his sin, and partly through grieving at the death of Abel.彼の高さが徐々に、部分的にアベルの死を悲しんで、自分の罪の罰の一部として、減少した。

The Future Unveiled to Him.将来は彼に発表した。

Adam wished to see the generations which were to come from him.アダムは彼から来ていた世代を参照してくださいと思いました。 God drew them all from out of his back; they stood in two rows-one of the righteous, the other of the sinners.神は彼の背中からすべてからそれらを引いた、彼らは、2つの行に立った独善のいずれか、罪人の他の。 When God told Adam the span of life given to each, he was surprised to find that only a small number of years had been allotted to David, and made him a present of forty years; of which present, says the Mohammedan Midrash, a formal document was drawn up and signed.神はアダムをそれぞれに与えられた人生のスパン言うと、彼は、年のわずかな数がダビデに割り当てされていたことを知って驚いた、彼に四十年の本を作った。が存在する、というモハッメダンミドラーシュ、正式な文書が策定され、署名した。

When Adam was driven from paradise, he first alighted on the island of Sarandib (Ceylon).アダムは楽園から駆動されたとき、彼は最初Sarandib(セイロン島)の島にとまった。 Here his footprint (seventy ells long) is still to be seen, as is that of Abraham in Mecca.ここで彼の足跡が(70、長いエルズ)のとおりです、まだ見られるようにされていることをアブラハムのメッカでの。 From Ceylon Adam journeyed to the holy city in Arabia, where he built the Kaaba, having through fasting and silence gained the partial forgiveness of God.セイロンアダムは、断食と沈黙を介して、彼はカーバ神殿を建てサウジアラビアで、聖地へ旅から、神の部分の許しを得た。

Another legend connects the building of the Kaaba with Abraham.別の伝説は、アブラハムとカーバ神殿の建物を接続します。 When the time came for Adam to die, he had forgotten the gift of forty years to David, and had to be reminded of it by the Angel of Death.時間が死ぬことをアダムのために来た時に、彼はダビデに四十年の贈り物を忘れていたと死の天使が、それを思い出す必要があった。 He is said to have been buried in the "Cave of Treasures"-a Christian, rather than a Jewish, idea.彼は、ユダヤ人、アイデアではなく、"宝物の洞窟"にあるキリスト教の埋葬されていると言われています。 Several of these peculiar features are found again in the Pirḳe de-Rabbi Eliezer, a work that was compiled under Arabic influence (Zunz, "GV" 2d ed., pp. 289 et seq.).これらの特有の機能のいくつかは、共和党ドラビエリエゼル、アラビア語の影響下にあるコンパイルされた作品で再び見られる(ツンツ、"gv"二次元エド。頁289頁以降を参照)。

J. Frederic McCurdy, Kaufmann Kohler, Richard Gottheil jのフレデリックマカーディー、カウフマンコーラー、リチャードGottheil
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography: 参考文献:
Koran, suras xxxviii.コー​​ランは、のsuras 38。 71-86. 71〜86。 ii. Ⅱ。 28-32, vii. 28〜32、Ⅶ。 10-18, xv. 10月18日、15。 28-44, xvii. 28から44、17。 63-68, xviii. 63から68、18。 48, xx. 48、xxは。 115, and the commentaries on these passages; Gottwaldt, HamzœIspahanensis Annalium Libri x.これらの通路に115と、論評; Gottwaldt、HamzœIspahanensis Annalium liberの複数形xの pp. 84 et seq.; Tabari, Annales, ii.頁84頁以降を参照】。Tabari、学派、Ⅱ。 115 et seq.; Ibn al-Athir, Chronicon, ed. 115頁以降を参照】。イブヌルアシール、Chronicon、エド。 Tornberg, i. Tornberg勇 19 et seq.; Al-Nawawi, Biographical Dict. 19頁以降を参照;アルNawawi、伝記dictのです。 of Illustrious Men, ed.著名な男性、エド。 Wüstenfeld, pp. 123 et seq.; Yakut, Geographisches Wörterbuch, ed.ビュステンフェルト頁123頁以降を参照】。ヤクート、GeographischesのWörterbuch、エド。 Wüstenfeld, vi.ビュステンフェルト、viのです。 255 (index). 255(index)を使用します。 Compare Geiger, Was Hat Mohammed aus dem Judenthume Aufgenommen ?ガイガー、を比較しHatは、後宮のJudenthumeのAufgenommenをMohammedさんか? pp. 100 et seq.; Weil, Biblische Legenden der Muselmänner, pp. 12 et seq.; Grünbaum, Neue Beiträge zur Semitischen Sagenkunde, pp. 54 et seq., where a large number of rabbinical parallels will be found.G.頁100らseqが;ワイルBiblische LegendenデアMuselmänner頁12頁以降を参照】。Grünbaum、ノイエBeiträgeツアSemitischen Sagenkunde頁54頁以降を参照ここで、ラビの類似点が多数found.Gされます。

-Critical View:クリティカル表示:

According to modern critics, the story of the creation of man is presented in two sources.現代の批評家によると、人間の創造の物語は2つのソースで表示されます。 One of these forms the beginning of the document known as the Priestly Code (P), and the other is written by the so-called Jahvist (J).これらのフォームの聖職者のコード(P)はとして知られているドキュメントの最初の一つで、もう一方は、いわゆるJahvist(J)のによって書かれています。 The former makes the Creation to be the first of a series of stages in the development of the history of Israel and the theocracy, which is the great end of the divine government.前者は、イスラエルと神の政府の大きな目的です神権政治の歴史の発展の段階の一連の最初になるように作成を行います。 Each event is to man a gradation leading up to a final act of Providence.各イベントには、プロビデンスの最終的な行為に至るまでの階調を人間にすることです。 This first stage fitly ends with the making of man in the image of God, which follows upon the creation of light, the sky, the earth, and the sea; of plants, and of animals of the water, the air, and the land.この第一段階は、適時に光、空、地球、そして海の作成時に次の神のイメージで、人間の意思で終わる、水、空気の動物、土地の植物、および。 This narrative as found in the final form of the Hexateuch is interrupted in Gen. ii.この物語は、大将2世で中断さ六書の最終的な形で見つかった。 4 by the second narrator, and is not resumed till Gen. v. 1, where the second stage begins with the "generations [toledot] of Adam."第二語り手の4、第二段階で始まる大将対1まで再開されていません"世代のアダムの[toledot]を。"

The second narrative (Gen. ii. 4-iv.) is the beginning of a history written much earlier than the priestly document.二作目の物語は、(大将二4 -Ⅳ。)かなり早い時期の聖職者のドキュメントよりも書かれて歴史の始まりです。 Its interest centers in Adam not as the first link in the chain of the history of Israel, but as the founder of the human race.アダムとその利息センターはイスラエルの歴史のチェーン内の最初のリンクが、人類の創始者として。 The descriptions are naive and anthropomorphic, telling of man's home in Eden, his divinely given mate, his progress in knowledge, his sin, his banishment from paradise, and the fate of his children.説明は、エデンの男の自宅は、彼の神に与えられたチームメイト、知識の彼の進歩は、彼の罪は、楽園から彼の追放、そして彼の子供たちの運命の占い、ナイーブで擬人化されます。

Etymology of "Adam."の語源は"アダム"。

The etymology of the word "Adam" is of importance.言葉の語源は、"アダム"が重要である。 The writer of Gen. ii.大将2世の作家。 7 gives his own explanation when he says: "God formed man of dust of the ground."彼が言うとき図7は、彼自身の説明を示します:"神は地のちりで人を形成した。" That is to say, the man was called "Man" or "Adam" because he was formed from the ground (adamah).それは、男は"男"または"アダム"彼はグランド(adamah)から形成されたためと呼ばれていたと言うことです。 Compare Gen. iii.三大将比較してください。 19. 19。 This association of ideas is more than an explanation of the word: it is also suggestive of the primitive conception of human life.アイデアのこの関連付けは、単語の説明以上のものです:それはまた、人間の生命の原始的な概念のことを示唆している。 According to the oldest Semitic notions, all nature was instinct with life; so that men not only came from and returned to the earth, but actually partook of its substance.最古のユダヤ人の概念によると、すべての自然は、生命と本能的にされた、男性だけではなくから来たように、地球に戻って、実際にその物質のpartakeの。 The same notion declares itself in the Latin homo and humanus, as compared with humus and the Greek χαμαί, in the German gam (in Bräutigam), and the English groom; also in the Greek έπιχθόνιος and similar expressions.同じ概念は、ドイツカム(ブラウティハム)、および英語新郎の腐植やギリシャχαμαίと比較すると、ラテンホモとhumanusに自分自身を宣言しています。ギリシャέπιχθόνιοςと同様の表現もインチ Modern critics are the less inclined to ridicule this as a mere barbaric fancy now that the doctrine of evolution has made them familiar with the unity of nature.現代の評論家が進化論は、彼らは自然の結束に精通してきたことを今、単なる野蛮な空想として以下になると嘲笑して傾斜している。 This view of the word implies that it was originally not a proper name; for names of persons (for which fanciful etymologies are often given by the sacred writers) are not made up after such a fashion.単語のこのビューには、それが適切な名前は、もともとされていないことを意味し、人の名前(架空の起源は、しばしば神聖な作家によって与えられているのための)のようなファッションの後に行われていません。

A closer examination of the narrative will show that the word is primarily used in a generic sense, and not as the name of an individual.物語の綿密に検討するという言葉は、主に一般的な意味で使用されていることではなく、個人の名前として表示されます。 In Gen. i.の大将i. its use is wholly generic.その使用は完全に一般的です。 In Gen. ii.には、大将Ⅱ。 and iii.およびiii。 the writer weaves together the generic and the personal senses of the word.作家は言葉の個人的な感覚と一緒に一般的な編む。 In all that pertains to the first man as the passive subject of creative and providential action the reference is exclusively generic.創造性と摂理アクションの受動的な対象としての最初の男にすべてのことが関係では、参照を排他的に一般的です。 Indeed, it is doubtful whether "Adam" as a proper name is used at all before Gen. iv.適切な名前は、大将四前に、すべてで使用されるため、実際のところ、"アダム"かどうかは疑わしい。 25 (J) and v. 3 (P). 25(J)と対3(P)を。 Here the same usage is manifest: for in the two opening verses of chap.ここでは、同じ使い方がマニフェストです:二開口部に男の詩です。 v. the word is used generically.対言葉が一般的に使用されています。 It may also be observed that the writer in Gen. ii., iii.また、観察することができることは、三大将2世​​の作家。 always says "the man" instead of "Adam," even when the personal reference is intended, except after a preposition, where, however, a vowel has probably been dropped from the text.常に"男は"の代わりに"アダム"も個人的な基準は、しかし、母音は、おそらくテキストから削除されている前置詞の後を除いて、目的とする場合だ。 The explanation of the variation of usage apparently is that, as in the case of most of the early stories of Genesis, the material of popular tradition, which started with the forming of man out of the earth, was taken up and worked over for higher religious uses by thinkers of the prophetic school.状況の変化の説明は明らかにされジェネシス、地球の男から形成を開始人気の伝統的な素材、初期の物語のほとんどの場合のように取り上げられ、より高いためで働いたこと、予言学校の思想家の宗教使用。 Adam is not referred to in the later Old Testament books, except in the genealogy of I Chron.アダムは永年私の系譜を除いては、後に旧約聖書の書籍に言及されていません。 JF McC. JFクライアント。


Book of Adamアダムの予約

Jewish Viewpoint Information ユダヤ人の視点情報

The Talmud says nothing about the existence of a Book of Adam, and Zunz's widely accepted assertion to the contrary ("GV" 2d ed., p. 136) is erroneous, as appears upon an inspection of the passage in 'Ab.タルムードは逆に、アダムの予約の存在について何もせず、ツンツの広く受け入れられているアサーションを言う("gv"二次元エド。頁136)誤っているとして'の通路Abの検査時に表示されます。 Zarah, 5a, and Gen. R. xxiv.ツアラー、5aを、そして大将共和党24。 2. 2。 There can be no doubt, however, that there existed at an early date, perhaps even before the destruction of the Second Temple, a collection of legends of Adam and Eve which have been partially preserved, not in their original language, but somewhat changed.ことが第二神殿、部分的には、元の言語ではなく、保存されている若干変更アダムとイブの伝説のコレクションの破壊、おそらく前であっても、早い時期に存在していたが、疑いの余地はないことができます。 It is possible to prove that the apocryphas, Apocalypsis Mosis- as Tischendorf, following a copyist's erroneous inscription, called the book-and Vita Adæ et Evæ, and to a certain degree even their Slavonic, Syriac, Ethiopic, and Arabic offshoots, are of identical Jewish origin.それを証明することが可能であることMOSIS社-ティッシェンドルフは、筆耕の誤った碑文に続いて、書籍とVita AdæらEvæと呼ばれる、特定の程度も、そのスラヴ語、シリア語、エチオピア語、アラビア語支流には、さApocalypsis apocryphas、同じユダヤ人の起源。 According to these apocryphal works and to the Eastern and Western forms of the Apocalypsis, the Jewish portion of the Book of Adam must have read somewhat as follows (the parallels in apocryphal and rabbinical literature are placed in parentheses):これらの作り話の作品と東洋とApocalypsis西洋の形態として(作り話とラビ文学の類似点は、括弧内に配置される)次のやや読み取り権限が必要アダム予約のユダヤ人の一部によると:

Adam in the Garden of Eden.アダムはエデンの園インチ

Adam, the handiwork of the Lord (Ab. RN i., end), lived with Eve in the Garden of Eden, which was situated in the East (Book of Enoch, xxxii.; BB 84a).アダムは、東に位置していたエデンの園でエバに住んで主に(厳密にに証明ラドン娘i.、エンド)の手工芸品(この本のイノック、32; BBの84aが形成)。 Their food, which they also distributed to the lower animals (Gen. R. xix. 5), consisted of the fruit of the trees in the garden, the only nourishment then allowed to living beings (Sanh. 59b).彼らはまた、下等動物に配布彼らの食べ物は、(大将共和党19。5)、庭の木の果実の内訳は、唯一の栄養は、その後の生き物(Sanh. 59b)することができました。 For their protection two angels were set apart (Ḥag. 16a), known (Ber. 60b) as or the partakers of the majesty () (kabod), called in Latin virtutes, from virtus, corresponding to kabod.その保護のために二人の天使は、(Ḥag.16a)は離れて設定されて知られている(Ber. 60bが)として、またはヴィルトゥスから、ラテンvirtutesと呼ばれる陛下()(kabod)にあずかる、kabodに対応しています。 But one day when the guarding angels had ascended to heaven to sing their hymn () to the Lord (Ḥul. 91b), Satan thought the time opportune to carry out his evil designs against Adam.しかし、ある日警護の天使たちは天国への主(Ḥul.91bは)への賛美歌を()歌に上っていたとき、サタンは時間をアダムに対する彼の邪悪なデザインを行うために時宜を得たと思った。 Satan hated Adam, for he regarded him as the cause of his fall.彼は彼の秋の原因として彼の考えにサタンは、アダムを嫌っていました。 After God had created man, He ordered all the angels to prostrate themselves before Adam, but Satan rebelled against God's command, despite the direct bidding of Michael "to worship the image of YHW" (), and answered proudly: "If God be angry against me, I will exalt my throne above the stars of God" (compare Isa. xiv. 13).神は人間を創ったした後、彼はアーダムにサジダしてすべての天使を注文したのに、サタンは)"を崇拝するYHWのイメージ"マイケルの直接入札(にもかかわらず、神の命令に逆らった、と誇らしげに答えた:"神は怒っている場合私に対して、私は"神の星よりも私の王座を称賛する(比較のISA。XIVを13)。 Whereupon God "cast him out from heaven with all his host of rebellious angels" (Slavonic Book of Enoch, xxxi. 18, and Mek., Shirah, § 2).すると神は"反抗的な天使の彼のすべてのホストとの天から彼を追い出して"(イノックスラヴ語の本、31 18、およびMEKを、シラ、§ 2)。 And Satan the Adversary (Suk. 52a) selected the serpent for his tool, as it was not only the most subtle of all animals, but also very similar to man, for it had been endowed with hands and legs like him (Gen. R. xix. 1).それは手と彼のような脚(大将Rと恵まれていたのだが、男にだけ、ほとんどすべての動物だけでなく、非常によく似て微妙なことだったように、サタンは敵(Suk. 52a)は、彼のツールの蛇を選択。19。1)。 And Satan spoke to the serpent: "Be my instrument, and through thy mouth will I utter a word which shall enable thee to seduce man" (Pirḳe R. El. xiii.).そして、サタンは蛇に話を聞いた:"私の楽器であると、あなたの口から、わたし全く男を誘惑してあなたを有効にしなければならない言葉"(共和党エル世です。)。 After some pleading the serpent succeeded in persuading Eve to eat of the forbidden fruit of the tree of knowledge-a fig-tree (Gen. R. xv. 7)-which the serpent had shaken for her (Ab. RN i. 4, ed. Schechter).いくつかのイブが知識イチジクの木の禁断の果実を食べるの説得に成功してヘビを訴えかけるような後(大将共和党十7)-蛇は、彼女(厳密にに証明ラドン娘i. 4振盪ていたが、エド。シェクター)。 But the serpent had infused lust into the fruit, and when Eve had eaten of it the sexual desire awoke in her (Slavonic Book of Baruch, xcvii.; Apoc. Abraham, xxiii., and Pirḳe R. El. xxi.), and at the same moment she became aware that she had been undone and "had lost the garment of righteousness in which she had been clothed" (Gen. R. xix. 6, Pirḳe R. El. xiv.).しかし、蛇が、果物を注入欲望を持っていたイブはそれを食べていたときに性的欲求が彼女を目を覚ました(バルークスラヴ語の本、97;。apocですアブラハム、23、および共和党エル二十を。)、および同じ瞬間、彼女は彼女が元に戻されていたこと"とは、彼女が着ていた正義の衣服を失っていた"を知った(大将共和党九を6、共和党エル。14。) Adam, too, after he had eaten of the forbidden fruit, experienced a sense of loss and cried out: "What hast thou done? Thou hast removed me from the glory of the Lord" (Ab. RN i. 6, ed. Schechter).アダムは、あまりにも、彼は禁断の果実は、食べた後に、喪失感を経験し、叫んだ:"完了なたは何なたなたは、主の栄光から私を削除?"厳密にに証明ラドン娘i. 6、エド(シェクターです。 )。

The Divine Verdict.神の評決。

Soon after they had sinned they heard the trumpet-blast (shofar) of Michael ("BH" ed. Jellinek, ii. 61) calling the angels: "Thus saith the Lord, 'Come with me into the Garden of Eden and hear the sentence which I will pass on Adam'" (Gen. R. xix. 8).彼らが罪を犯した後すぐに、彼らはトランペット爆発(ショファル)聞いたマイケル("バーレーン"エドイェリネック、二61。)天使たちを呼び出す:"主はこう言われる、'エデンの園に私と一緒に来て聞いて私はアダム"についての通過する文(大将共和党19。8)。 And the Lord then spoke to Adam, saying: "Where art thou hidden? Dost thou think I can not find thee? Can a house hide itself from its builder? [Targ. Yer. to Gen. iii. 9]. Because thou hast broken my commandment I will inflict seventy-two ailments upon thy body" (Mishnah Neg. i. 4).そして、主は、言って、アダムと話した:???[。大将三号にターグヤー9]。"なたは、どこに隠されて汝は、私はあなたを見つけることができると思う家は、そのビルダーから自身を隠すことができますなたので、私は"あなたの体に七二病気を与えるわたしの命令に壊れてる(ミシュナー負側をおこなえないi. 4)。 And to the woman He said: "Because thou didst not hearken to my commandment I shall multiply thy labor-pains, and vainly [ἐν ματαιοīς of the Greek, by a mistake in reading (habalim) for (ḥabalim) in the Hebrew] thou wilt then confess and cry: 'Lord, save me, and I will not turn any more to carnal sin.'と彼は言った女性:"私はあなたの労働痛みを掛けわたしの戒めに耳を傾けていないあなた酪ため、とむなしく[ギリシャ語のἐνματαιοīς、読書のミスで(habalim)(ḥabalim)ヘブライ語での]なたおれし、告白と叫び:'主よ、わたしを保存し、私は肉の罪によりを有効にしません。' But thy desire shall be again to thy husband" (a midrashic explanation of Gen. iii. 16, based on the hermeneutic rule of semikot-explanation by context-and to be found word for word in Gen. R. xx. 7).しかし、あなたの願望が(大将の三ののmidrashic説明。16、大将共和党xxの単語の状況、発見されるのを言葉でsemikot -説明の解釈学的規則に基づいて7)"もう一度あなたの夫にしなければならない。 Nor did the serpent escape punishment, for it lost its hands and legs (Gen. R. xx. 5), and a spirit of enmity was established between it and man unto the day of judgment; according to Targ.また、その手や足を失ったため、ヘビのエスケープ処罰をしなかったし、敵意の精神は裁きの日は、人間のわたしの間に設立された(大将共和党のXX 5);ターグによると。 Yer. yerします。 Gen. iii.大将Ⅲ。 15, "until the time of Messiah" (see Soṭah, 49b). "救世主の時まで"15日(参照してくださいSoṭah、49bと)。

Adam Exiled from the Garden of Eden.アダムはエデンの園から追放。

However, the heaviest punishment for Adam was his expulsion from the Garden of Eden.しかし、アダムのための最も重い刑罰はエデンの園から追放された。 All his supplications, as well as those of the angels, to mitigate the sentence only induced God to promise him, saying: "If after having left the Garden of Eden thou wilt guard against evil until thou diest" ["be prepared to die" is not correct, being based on the confusion of the Hebrew (wilt die) with the Aramaic (prepared)], "I will raise thee at the time of resurrection" (an old haggadic Targum to Gen. iii. 17, 22, which is also found in Targ. Yer. i. and Gen. R. xx. 10; compare the benediction meḥayye ha-metim (He raises the dead), in Apost. Const. vii. chap. xxxiv). "あなたディーストまで悪とエデンの園のなたガードを左にした後場合は、"["は死ぬことを覚悟する":すべての彼の願いは、同様の天使たちのものと言って、文は神のみが彼を約束するように誘導緩和するために、大将三号に(旧haggadicのターガム"私は復活の時にあなたを発生させます。"アラム語(準備)]とヘブライ語(萎ちょう型)の混乱に基づいている、正しいされていない17、22、どの。また、ヤー1及び大将共和党のXXターグに存在する10;。Apostで(彼は死んで発生)、祝福のmeḥayyeハ - metimを比較宣言七やつxxxiv)。 In the future world God will be among men (Tan., Num. 145, ed. Buber), and the Evil Spirit will be no more (Gen. R. xlviii. 11).未来の世界に、神は、(Tan.、NUM件です。145、エド。ブーバー)男性の間でされる悪霊はもはや(大将共和党の四十八11)となります。

The sentence of God was carried into effect.神の文が有効に実施された。 Banished from the garden, which was henceforward surrounded by a sea of ice (Book of Enoch, Hebrew version; "BH" iv. 132), Adam and Eve settled in the neighborhood of Eden in the East (Gen. R. xxi. 9). henceforward氷の海に囲まれた庭から追放(イノックは、ヘブライ語版の本】"バーレーン"四、132)、アダムとイブは、東アジア(大将共和党21エデンの近所の解決9。 )。 They were no sooner out of their blissful abode than a paralyzing terror befell them.彼らが彼らの幸せな住まいの麻痺恐怖よりもそれらを襲った否やした。 Unaccustomed to the earthly life and unfamiliar with the changes of the day and of the weather-in paradise an eternal light had surrounded them (Gen. R. xi. 2)-they were terrified when the darkness of night began to fall upon the earth ('Ab. Zarah, 8a), and the intercession of God's word () was necessary to explainto them the new order of things.この世の生活に慣れていない、その日のとの変化に慣れていないの天気は楽園で永遠の光は彼らが夜の闇が地球に落下し始めたときにおびえていた(大将共和党xi 2)それらを囲まれていた(は'ABのです。ツアラー、8a)は、神の言葉の執り成し()は物事の新しい秩序explaintoする必要があった。 From this moment the sufferings of life began; for Adam and Eve were afraid to partake of earthly food, and fasted for the first seven days after their expulsion from paradise, as is prescribed in Talmudic law before an imminent famine (Mishnah Ta'anit, i. 6).この瞬間から、人生の苦しみが始まった。アダムとイブのこの世の食べ物を分かち合うのを恐れていたし、楽園から追放した後の最初の7日間の絶食として迫って飢饉(ミシュナーTa'anitする前に、タルムード法で規定されている、 i. 6)。

Repentance of Adam.アダムの悔い改め。

Humiliated and weakened by hunger and suffering, Adam became conscious of the gravity of his sin, for which he was now prepared to atone ('Er. 18b, Gen. R. xxii. 13).屈辱と飢えと苦しみによって弱体化、アダムが、彼は現在、償うために準備された自分の罪の重力、(​​'Erを。18bが、大将共和党22。13)の意識になった。 He, therefore, like Moses, Elijah, and Abraham (Apoc. Abraham, 12), fasted for forty days, during which he stood up to his neck in the waters of the river Gihon (), the name of which is etymologically connected by the writer with the roots "to stoop" and "to pray aloud" (Pirḳe R. El. xx.).彼は、そのため、モーセ、エリヤ、アブラハム(Apoc.アブラハム、12)、四十日間断食のように、その時に彼が)川ギホン(の海域で、彼の首に立ち上がって、そのうちの語源で接続されている名前ルーツを持つ作家が"かがみ"と"声を出して祈って"(共和党エルです。xxを)。 According to the Vita Adæ et Evæ, Adam stood in the Jordan-a version which may be ascribed to the Christian copyists, who, for obvious reasons, wished to represent Adam as having had his baptism in the Jordan, forgetting that since Eve, as they themselves stated, bathed in the Tigris, Adam would have selected another of the rivers of paradise for that purpose.ヴィータAdæらEvæによると、アダムは忘れて、明白な理由は、ヨルダンで彼の洗礼を抱いていた、アダムを表すために望んで、キリスト教泉門は、原因があると思われるヨルダンのバージョンに立っていたものとイブ以来、彼らは自分たちチグリス川を浴び、述べたように、アダムがその目的のために楽園の河川の別を選択しているだろう。

The days of repentance having passed, the twins Cain and Abel were born to Adam and Eve (Gen. R. xxii. 2).後悔の日々が通過した、カインとアベルはアダムとイブ(大将共和党22 2)に生まれた双子。 And soon Cain rose, ran away, and brought a reed to his mother (; compare Gen. R. xxii. 8): "Cain killed his brother with a reed ()"; for, according to the unanimous opinion of the Haggadah, the children of Adam and Eve were born fully developed (Gen. R. xxii. 2).そして、すぐにカインは、バラ逃げて、そして彼の母親にリードをもたらした(;大将共和党22を比較する8):"カインは葦(と弟)を殺した";ため、Haggadahの全員一致の意見によると、アダムとイブの子供たちが完全に(大将共和党22 2)を開発し誕生した。 Eve saw in a dream that Cain had assassinated his brother, and Abel was found slain with a stone (Gen. R. xxii. 8; Book of Jubilees, iv. 31); but the earth refused to receive his blood (Giṭ. 57b).イブは、カインは弟を暗殺したこと夢で見たアベルは、石で殺害された(大将共和党22 8;予約のjubileesを、四31)が、地球は自分の血を受けることを拒んだ(Giṭ.57b )。 As a compensation for the murdered Abel, God promised Adam a son who should "make known everything that thou doest."殺害して、Abelの補償として、神はアダムを約束した"というあなたがよくない知られる全てのものを確認します。"必要の息子

Illness and Death of Adam.病気やアダムの死。

Adam, at the age of nine hundred and thirty years, became very ill; for God had cursed him with seventy-two ailments.アダムは、九三〇歳の時、非常に病気になった、神の七二病気をもって彼を呪わいた。 He sent his son Seth, with Eve, to the Garden of Eden for the oil of healing, to restore him to health (Pirḳe R. El. xxxv).彼は健康に彼を復元するために、癒しの油のエデンの園に、イヴと彼の息子セス、送信(共和党エル。35)。 On his way to paradise Seth was attacked by a wild animal.楽園Sethさんに行く途中で野生動物に襲われています。 Upon Eve's demanding how an animal could dare to attack an image of God, the animal replied that she herself, through her sin, had forfeited the right to rule over the animal kingdom (Pesiḳ. v. 44b, ed. Buber, and Sanh. 106b).イブの動物が神のイメージを攻撃するためにあえてする方法を要求すると、動物は彼女は、彼女の罪を介して、動物の王国(Pesiḳ.対44bと、エド。ブーバー、およびSanh支配する権利を放棄したと答えた。 106bは)。 Not until Seth exclaimed: "Wait until the day of judgment !"ないセスは叫んだまで:"!裁きの日まで待って" or, "Stop! If not, thou wilt be brought to judgment before God" (both readings based on ) did the animal let him go.または、"停止は!れていない場合は、なたが神の前での判断にもたらされる"(両方の測定値に基づいて)動物は彼を行かせていた。 However, the mission of Seth was in vain, for the angel Michael, to whom God had given the control over the human body-for he it was who had gathered the dust for Adam's creation (Midr. Konen, in "BH" ii. 27), told him that his father's life was at an end, and his soul would depart from him within the course of a week.しかし、セスの使命は、神が支配を与えていた誰に天使のマイケルは、無駄だった人間の体は、誰が"バーレーン"第二のアダムの創造のためのダスト(midr.のKonen、集まっていただった彼がしてください。 27)は、彼の父の人生は、最後にされたことを、彼の魂は、週のコース内の彼からの出発と彼に言った。

Funeral of Adam.アダムの葬儀。

Three days after the death of Adam (Gen. R. vii), which took place, as in the case of Moses and Aaron, in the presence of many angels and even in the presence of the Lord, his soul was handed over by God to Michael, who assigned it an abode in the third heaven (Ḥag. 12b) until the day of resurrection.主の御前でも、多くの天使たちの存在下では、ムーサーとハールーンの場合のように、行われたアダムの死は(大将共和党七)、彼の魂は神によって引き渡された3日後それは、復活の日まで、第三の天(Ḥag.12b)との住まい割り当てられてマイケルに。 The body was interred with exceptional honors; the four archangels, Michael, Gabriel, Uriel, and Raphael (in the exact order of enumeration given by the Haggadah; see Kohut, "Angelologie," p. 25), buried it in the neighborhood of paradise, the precise spot being (Pirḳe R. El. xii. and xx.) Hebron near Jerusalem; for the site of the altar in the Temple, whence the dust of Adam was taken, is the gate to paradise.本体は優れた優秀な成績で埋葬された四つの大天使は、マイケル、ガブリエル、ウリエル、ラファエル(Haggadahによって与えられた列挙体の正確な順序で、コフートを参照してください"Angelologieは、"p. 25)の近くにそれを埋め楽園は、されて正確な場所は(共和党エルpirḳe十およびxx。)ヘブロンエルサレムの近く、そこからアダムの塵が行われた寺で、祭壇のサイトのための楽園へのゲートです。 A few days after the interment of Adam by the virtutes, Eve felt that her end was approaching. virtutesアダムの埋葬数日後、イブは彼女の終わりが近づいていたことを感じた。 She called her children together and ordered them to write down the names of the first two human beings on two slabs of clay and stone, for she had learned from Michael that God had decided to bring a flood and a destructive fire over the earth and that only these slabs would escape destruction (Josephus, "Ant." i. 2, § 3).彼女は一緒に彼女の子と呼ばれる粘土と二枚の石の破片の最初の二つの人間の名前を書き留めて、それらを命じたときは、彼女は神が地球上の洪水と破壊的な火災持参することを決定したことをマイケルから学んでいたため、そののみ、これらのスラブは破壊を免れること(ヨセフス、"Antのです。"の経験I. 2、§ 3)。 Eve passed away after a lapse of six days-that is, after the mourning week of Adam-as the (shib'ah) may consist, according to Talmudic law, of six days only and a few moments of the seventh day (M. Ḳ. 19b).イブの経過後に亡くなった六日-の喪に服して週にされていることを、後のアダム(shib'ah)で構成される場合がありますので、唯一の6日間、タルムード法によると七日目(Mのいくつかの瞬間ḳ。19bが)。 Eve was buried by the angels at the side of Adam, and the angels instructed Seth not to mourn more than six days, and to rest and rejoice on the seventh day, for on that same day God and the angels would receive in gladness the soul which is lifted above all earthly matter (Sanh. 65b), and, moreover, rest upon the seventh day was to be the symbol of the resurrection in future ages (Sanh. 97a).イブは、アダムの側に天使によって埋葬された天使たちはセスは、以上の6日間を弔うためには休息して、その同じ日に、神と天使たちは喜びの魂を受け取ることになるため、七日目に喜ぶ指示これは、(Sanh. 65bの)この世のすべての問題上解除され、また、七日目に残りの部分は将来の年齢(Sanh. 97a)の復活の象徴されるようになった。

The reconstruction of the Jewish Book of Adam here attempted may be hypothetical in some points, for neither the Apoc.アダムのユダヤ人の予約の再構築がここにもapocです、いくつかの点で仮想することができるとした。 Mosis nor the Vita can be considered to represent a true copy of the original. MOSIS社もヴィータは、元の真のコピーを表すと考えることができる。 But it makes clear that these two apocryphas are based on the Hebrew or Aramaic Book of Adam and that the latter belongs to the midrashic literature, as many of its allusions can only be explained by the Midrash.しかし、これらの2つのapocryphasは、ヘブライ語やアダムのアラム語の本に基づいていること、後者は、としての言及の多くは、ミドラーシュによって説明することができるmidrashic文学に属していることを明らかにしている。 The legends of Adam with which rabbinical literature abounds seem to point to the same source.これとラビ文学に富むアダムの伝説は、同じソースを指すように思われる。 Thus the statement in Abot de-Rabbi Nathan (i. 6, ed. Shechter) that Eve always addressed Adam as "lord" is apparently not intelligible, until compared with the Vita and the Slavonic Book of Adam, both of which contain similar statements, which, therefore, must have existed in the original, from which they both drew independently of each other.どちらも同様の記述が含まれているヴィータとアダムスラヴ語の本と比較するまでイブは常に"主"、アダムに対処するabotデ-ラビNathanさんでこのようにステートメントは、(i. 6、エド。Shechter)、明らかに理解されていない、これは、したがって、そこからは、互いに独立して描いたオリジナルの中に存在する必要があります。 With regard to the alleged Christian elements and reminiscences of the New Testament in the Apoc.疑惑のキリスト教の要素と思い出新apocですで聖書のを講ずるものとする。 Mosis and Vita they will be sufficiently characterized by the following examples: Apoc. apocです:MOSIS社とVitaは、彼らが十分に次の例で特徴とされます。 Mosis, iii., "Child of Wrath," is based on a haggadic etymology of the name Cain, and has nothing to do with Eph. MOSIS社は、三、"怒りの子"は、名カインのhaggadicの語源に基づいており、エペソとは関係がない。 ii. Ⅱ。 3; and Apoc. 3;とapocです。 Mosis, xix., "Lust is the beginning of all sin," is thoroughly Jewish (see above), and need not therefore have been taken from such a source as James, i. MOSIS社は、19、"ラストはすべての罪の始まりである、"(上記参照)徹底的にユダヤ人である、ジェームズ、などのソースから取得されているので、必要はありませんi. 15. 15。 This, moreover, is the case with all the other alleged Christian passages in the Apoc.これは、また、apocです内の他のすべての疑惑、キリスト教の通路の場合です。 Mosis, which would prove nothing, even if they were of Christian origin; for it can not be surprising to find Christian allusions in the language of a book so widely read among Christians as the Apocrypha.そのように広く外典としてキリスト教徒の間で読んだ本の言語は、キリスト教言及を見つけることは驚くべきことではないことに、彼らは、キリスト教の起源の場合でも、何を証明するMOSIS社。 Even passages where one would expect that a Christian editor or compiler would interject Christological notions are quite free from them; all of which tends to show that neither the Apoc.一は、キリスト教のエディタやコンパイラがをchristological概念は非常にそこから自由に差し挟むことを期待するも、通路、そのすべてのこともapocですを表示する傾向がある。 Mosis nor the Vita was in any way tampered with by Christian writers. MOSIS社もヴィータはキリスト教の作家による改ざんどのような方法だった。

Louis Ginzbergルイギンズベルク
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography: 参考文献:
Schürer, Gesch. schürerの、Gesch。 3d ed., iii., 288 et seq.; Fuchs, in Die Apokryphen und Pseudepigraphen des Alten Testaments (trans. and ed. by E. Kautzsch), ii.三次元、エド三、288頁以降を参照】。Fuchsは、でApokryphenウントPseudepigraphenデアルテンtestaments(trans.とエド大腸菌カウチで)。ダイ、Ⅱ。 506-529; Ginzberg, Die Haggada bei den Kirchenvätern, in Monatsschrift, 1899, pp. 63 et seq. 506〜529;ギンズベルクは、Monatsschrift、1899年に、HaggadaバイデンKirchenväternダイ頁63頁以降を参照。 The most important editions of the Books of Adam are: Apoc.アダムの書籍の中で最も重要なのエディションがあります:apocです。 Mosis, in Apocalypses Apocryphœ, ed. MOSIS社、Apocalypses Apocryphœ、エドインチ Tischendorf, 1866; Vita Adœ et Evœ, ed.ティッシェンドルフ、1866;ヴィータAdœらEvœ、エド。 H. Meyer, in Abhandlungen der Bayrischen Akademie der Wissenschaften; Philosophisch-Philologische Klasse, xiv.笠原マイヤー、AbhandlungenデアBayrischenのアカデミーデアでWissenschaften; Philosophisch - Philologische Klasse、14。 (1878); the Old Slavonic Book of Adam; Jagic, in Denkschriften der Wiener Akademie der Wissenschaften, Philosophisch-Historische Klasse (1893), i. (1878);アダムの古いスラヴ語の本。ヤギッチ、DenkschriftenアンデアウィーンアカデミーデアWissenschaftenでは、Philosophisch - Historische Klasse(1893)勇 et seq., xlii.; Malan, Book of Adam and Eve, translated from the Ethiopic, London, 1882.LG頁以降は、xlii;マラン、アダムとイブの予約エチオピア、ロンドン、1882.LGから翻訳


Also, see:また、参照してください:
Original Sin 原罪
Eden, Eve エデンは、前夜

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです