Adoptionism養子論

General Information 総合案内

Adoptionism, or adoptianism, was a theological doctrine propounded in the 8th century by a Spanish bishop, Elipandus of Toledo.養子論、またはadoptianism 、神学的教義が提唱された8世紀のスペイン司教は、トレドelipandusのです。 Concerned to distinguish between the divine and human natures of Christ, Elipandus held that in his divinity Christ was the son of God by nature, but in his humanity by adoption only. The doctrine was opposed by the English scholar Alcuin and condemned as heresy by the Council of Frankfurt (794).関係者を区別するキリストの神と人間の性質は、 その中で行われた彼の elipandus キリストは神の御子神の性質によってではなく、彼の人間性を養子縁組のみです。この学説は反対されると、英語の学者alcuin異端として非難されるフランクフルト評議会( 794 ) 。 Similar views were held by Paul of Samosata and the followers of Monarchianism.似たような景色が行われたとさサモサタのパウロスモナルキア主義の信奉者だ。

Bibliography 文献情報
H Belloc, Great Heresies (1938). h belloc 、偉大なheresies ( 1938 ) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Adoptionism養子論

Advanced Information 高度情報

Put most simply, adoptionism is the theory that Jesus was in nature a man who became God by adoption.最も単純には、養子論だという説がイエスキリストは、自然界に養子縁組された一人の男の神になった。

The earliest extant work which expresses this position is the Shepherd of Hermas, thought to be written by the brother of the bishop of Rome about A D 150.現存最古の作品で表現し、このポジションは羊飼いのhermas 、その兄が書いたと考えられているのは、ローマ司教約150の広告です。 It taught that the Redeemer was a virtuous man chosen by God, and with him the Spirit of God was united.身請けしていたことを教え高潔で選ばれた神男は、彼の精神を神としていたユナイテッドです。 He did the work to which God had called him; in fact, he did more than was commanded. Therefore he was by divine decree adopted as a son and exalted to great power and lordship.彼は、仕事をしていたが、神と呼ばれる彼;実際、彼はそれ以上は命じています。 したがって彼は息子として採択された天命と高貴な偉大な力と支配している。 Adherents of this Christology who were declared heretics in the third century asserted it had at one time been the dominant view in Rome and that it had been handed down by the apostles.このchristology宣言していた支持者は、第3世紀の異端と主張されていたが、一度、ローマの支配的な見解として伝承されていたことで、使徒です。

This view was perpetuated in the second and third century church by the dynamistic monarchians, who taught that Christ was a mere man on whom the power of God came and who was then adopted or constituted the Son of God.このビューは、 2番目と3番目は生まれついてのdynamistic monarchians世紀の教会、キリスト者は、単なる男教えたことを来た人に神の力を採択していたかと神の御子を構成します。 A leader in that general movement was Theodotus, who came to Rome from Byzantium about 190.一般的な運動のリーダーだったことtheodotus 、ローマからビザンチウムに来た約190人。 He taught that Jesus was a man who was born of a virgin through the operation of the Holy Spirit.彼はイエスが教えられたことは、一人の男が生まれたの運営を通じて、バージン聖霊です。 After the piety of his life had been tested, the Holy Spirit descended on him at the baptism.忠義の後、自分の人生がテストされ、彼は、聖霊の洗礼を降りている。 By this means he became Christ and received the power for his special ministry.この意味で、キリストと彼は彼のために特別な省電力を受け取った。 But he was still not fully God; that was achieved through resurrection.しかし、彼はまだ完全に神;復活を通して実現していた。 Theodotus was excommunicated by the Roman Church, and the effort of his followers to found a separate church early in the third century had little success. theodotus excommunicatedされたカトリック教会は、彼の努力とは別の教会の信者を見つけた世紀の早い段階では3番目の成功はほとんどなかった。

Adoptionism was an attempt to explain the divine and human natures in Christ and their relation to each other.養子論を説明する試みは、神と人間の性質は、キリストとその関係をお互いにします。 And as the great Christological debates raged during the fourth and fifth centuries, there were always a few who could be accused of taking this position. christologicalとして、大きな論争と4番から5世紀中に激しい怒りは、そこには、いつも数人の罪に問われる可能性がこのポジションです。 It did not flare again extensively, however, until the latter part of the eighth century, when it produced a commotion in the Spanish and Frankish churches.フレア再び広範囲れていない、しかし、後半になるまで、 8世紀、プロデューサを起こすときは、スペイン語とフランク教会です。

Elipandus, bishop of Toledo from c. elipandus 、司教のトレドからc. 780, in his writings on the Trinity expressed the view that Christ was an adopted son; Felix, bishop of Urgel in the Pyrenees, taught a similar position soon thereafter. 780は、彼の記述では、トリニティとの見解を表明し、キリストは、養子;フェリックスは、大主教は、ピレネーurgel教わって、その後すぐに、同様の立場だ。 Numerous local churchmen opposed them; and their teachings were condemned by three synods under Charlemagne, who assumed the position of ruler of the church in his realm and who was concerned with its unity.多くの地元の国教徒に反対して;とその教えが非難される3つのsynodsシャルルマーニュの下には、人の位置を想定教会では、自分の領域の支配者との結束を心配していた。 Pope Adrian I also became involved, and the recantation of both men was obtained.ローマ法王になったエイドリアン私もかかわっており、男性の両方の取り消しが得られた。 They had a numerous following, however, and extensive efforts were required to bring these people back into the fold.彼らは、数多くの次は、しかし、広範な取り組みが必要とさせるこれらの人々を再びメンバーとして迎え入れる。 The effects of the controversy lasted for decades in Toledo.その論争の影響は数十年にわたって続いたトレド。 Possibly remnants of the old Arian heresy contributed to the popularity of adoptionism at this time.異端アリウス主義の残党の可能性に貢献して、古い養子論現時点では人気です。

A sound refutation of adoptionism was never made, and leanings in that direction appeared in some scholastic writings during the late Middle Ages.養子論は決して健全な反論の前には、そうした方向へと傾斜修学出演していくつかの記述の中に中世後期です。

H F Vos心不全ウォス

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
A Harnack, History of Dogma; A Hauck, S H E R K, I.ハルナックには、歴史のドグマ;するハウクは、 sherk勇


Adoptionism養子論

Catholic Information カトリック情報

Adoptionism, in a broad sense, a christological theory according to which Christ, as man, is the adoptive Son of God; the precise import of the word varies with the successive stages and exponents of the theory.養子論は、広い意味では、どのchristological理論によると、キリストは、人間として、神の息子は、養子;正確にインポートすると、その単語が異なります。漸次その理論とexponents 。 Roughly, we have (1) the adoptionism of Elipandus and Felix in the eighth century; (2) the Neo-Adoptionism of Abelard in the twelfth century; (3) the qualified Adoptionism of some theologians from the fourteenth century on.だいたい、我々は( 1 )の養子論のelipandusとフェリックスは、 8世紀、 ( 2 ) 、ネオ養子論は、 12世紀のアベラード;養子論( 3 )の認定資格は、 14世紀のいくつかの神学上からです。

(1) Adoptionism of Elipandus and Felix in the Eighth Century This, the original form of Adoptionism, asserts a double sonship in Christ: one by generation and nature, and the other by adoption and grace. ( 1 )の養子論elipandusとフェリックスは、 8世紀には、元の形の養子論は、二重の息子であることを主張するキリスト: 1つの世代と自然さ、そして、他の養子縁組や猶予された。 Christ as God is indeed the Son of God by generation and nature, but Christ as man is Son of God only by adoption and grace.キリストとしての神の御子神では、実際の世代と自然が、キリストの人間は神の子として養子縁組と恵みによってのみです。 Hence "The Man Christ" is the adoptive and not the natural Son of God.したがって、 "キリストの男"は、養子ではなく、自然の神の息子である。 Such is the theory held towards the end of the eighth century by Elipandus, Archbishop of Toledo, then under the Mohammedan rule, and by Felix, Bishop of Urgel, then under the Frankish dominion.このような理論は、 20世紀末に開かれた第8世紀elipandusによっては、トレド大司教は、次にmohammedanルールの下では、フェリックスとした、司教のurgel 、そしてフランクの下にドミニオンです。 The origin of this Hispanicus error, as it was called, is obscure. hispanicusの起源は、このエラーは、呼ばれていたとして、は、無名のです。 Nestorianism had been a decidedly Eastern heresy and we are surprised to find an offshoot of it in the most western part of the Western Church, and this so long after the parent heresy had found a grave in its native land.異端東部nestorianismていたと明らかに驚いて我々はそれから派生西部で、最も西側の教会、そしてこの後、そんなに長くは異端の親の墓は、ネイティブの土地を見つけた。 It is, however, noteworthy that Adoptionism began in that part of Spain where Islamism dominated, and where a Nestorian colony had for years found refuge.それは、しかし、その部分に注目して養子論が始まったのはどこイスラミズムスペイン支配し、どこに避難所が見つかりましたネストリウス派のコロニーは何年もいた。 The combined influence of Islamism and Nestorianism had, no doubt, blunted the aged Elipandus's Catholic sense. nestorianismイスラミズムの影響との併用は、まちがいなく、カトリック教徒の感覚の鈍化高齢者elipandus 。 Then came a certain Migetius, preaching a loose doctrine, and holding, among other errors, that the Second Person of the Blessed Trinity did not exist before the Incarnation.やがて、特定のmigetius 、ゆるいドクトリン説教する、と持ち株は、他のエラーのうち、 2番目の人は、祝福してトリニティの権化の前には存在しなかった。 The better to confute this error, Elipandus drew a hard and fast line between Jesus as God and Jesus as Man, the former being the natural, and the latter merely the adoptive Son of God.このエラーを論破するより良い、ハードelipandusドリューとの間で高速回線の神として、イエスマンとイエスとしては、元の自然には、単にし、後者は、神の養子。 The reassertion of Nestorianism raised a storm of protest from Catholics, headed by Beatus, Abbot of Libana, and Etherius, Bishop of Osma. nestorianismのreassertionのカトリック信者からの抗議の嵐を引き上げ、福団長は、アボットのlibana 、およびetherius 、司教のosma 。 It was to maintain his position that Elipandus deftly enlisted the co-operation of Felix of Urgel, known for his learning and versatile mind.それは彼のポジションを維持しelipandus巧みに依頼して、共同で運営urgelフェリックスのは、彼の学習や多才で知られている。 Felix entered the contest thoughtlessly.フェリックス滑る同コンテストに参加しています。 Once in the heat of it, he proved a strong ally for Elipandus, and even became the leader of the new movement called by contemporaries the Haeresis Feliciana.一度は、暑さのことは、彼を証明するための強力な同盟国elipandus 、さらには、運動の指導者と呼ばれるこの新契約のhaeresis feliciana 。 While Elipandus put an indomitable will at the service of Adoptionism, Felix gave it the support of his science and also Punic faith. elipandusながら、不屈の精神で、サービスを入れるの養子論は、フェリックスの支持を与えたことでも彼の科学ポエニ信仰です。 From Scripture he quoted innumerable texts.彼は無数の文章を引用典からです。 In the patristic literature and Mozarabic Liturgy he found such expressions as adoptio, homo adoptivus, ouios thetos, supposedly applied to the Incarnation and Jesus Christ.モサラベ典礼patristic文学とは、このような表現を見つけたadoptio彼は、ホモadoptivus 、 ouios thetos 、化身といわれてイエスキリストに適用されます。 Nor did he neglect the aid of dialectics, remarking with subtilty that the epithet "Natural Son of God" could not be predicated of "The Man Jesus", who was begotten by temporal generation; who was inferior to the Father; who was related not to the Father especially, but to the whole Trinity, the relation in questions remaining unaltered if the Father or the Holy Ghost had been incarnate instead of the Son.彼の助けを借りても無視する弁証法は、 remarkingをしてsubtilty小名"自然の神の息子である"との前提できませんでした"イエスマン"は、人によっては頭生まれた世代;劣っていたが、父;ていた関連のない特に父親には、全体をトリニティしかし、残りの質問の関係で変質していない場合、あるいは聖霊の父の代わりに、息子の化身だった。 Elipandus's obstinacy and Felix's versatility were but the partial cause of the temporary success of Adoptionism. elipandusの頑固さと多才されたが、フェリックスの部分は、一時的な成功の原因を養子論です。 If that offspring of Nestorianism held sway in Spain for wellnigh two decades and even made an inroad into southern France, the true cause is to be found in Islamitic rule, which practically brought to naught the control of Rome over the greater part of Spain; and in the over-conciliatory attitude of Charlemagne, who, in spite of his whole-souled loyalty to the Roman Faith, could ill afford to alienate politically provinces so dearly bought.もしそれnestorianismの子孫のためにスペインで開かれたスウェイwellnigh二十年も前に、フランス南部の襲撃には、真の原因はislamiticルールにも認められ、これに終わる、事実上の支配権をもたらしたローマの大部分を超えるスペイン;と過度に融和的な態度を取るのは、シャルルマーニュは、誰にもかかわらず、彼の誠意のあるローマに忠誠を信仰は、地方政治が悪いと疎遠なので余裕を心から買っています。 Of the two heresiarchs, Elipandus died in his error. 2つのheresiarchsのは、彼が死亡したelipandusエラーが発生しました。 Felix, after many insincere recantations, was placed under the surveillance of Leidrad of Lyons and gave all the signs of a genuine conversion.フェリックスは、多くの不誠実recantations後、 leidradの監視下に置かれたのライオンズとは、正規のコンバージョンのすべての兆候です。 His death would even have passed for a repentant's death if Agobar, Leidrad's successor, had not found among his papers a definite retraction of all former retractions.彼の死でもあるが渡された場合には、後悔の死agobar 、 leidradの後継者は、自分の論文の中では見つかりませんでしたが、明確な退縮のすべての元の取り消し。 Adoptionism did not long outlive its authors.長い役に立たなくなっていない養子論の作者です。 What Charlemagne could not do by diplomacy and synods (Narbonne, 788; Ratisbon, 792; Frankfort, 794; Aix-la-Chapelle, 799) he accomplished by enlisting the services of missionaries like St. Benedict of Aniane, who reported as early as 800 the conversion of 20,000 clerics and laymen; and savants like Alcuin, whose treatises "Adv. Elipandum Toletanum" and "Contra Felicem Urgellensem" will ever be a credit to Christian learning.シャルルマーニュによってどのような外交を行うことができなかったとsynods (ナルボンヌ、 788 ; ratisbon 、 792 ;フランクフォート、 794 ;エクスラシヤペル、 799 ) enlisting彼が達成したように、サービスの宣教師の聖ベネディクトaniane 、早ければ報告者800への変換の聖職者や素人20000 ;とsavants alcuinのような、その論文"前売elipandum toletanum "と"コントラfelicem urgellensem "は、これまでに、キリスト教の信用を学習します。

The official condemnation of Adoptionism is to be found (1) in Pope Hadrian's two letters, one to the bishops of Spain, 785, and the other to Charlemagne, 794; (2) in the decrees of the Council of Frankfort (794), summoned by Charlemagne, it is true, but "in full apostolic power" and presided over by the legate of Rome, therefore a synodus universalis, according to an expression of contemporary chroniclers.同関係者は非難されるが見つかりました養子論( 1 )教皇ハドリアヌスの2つの手紙では、 1つのスペインの司教、 785 、およびそのほかにシャルルマーニュ、 794 、 ( 2 )は、評議会の政令フランクフォート( 794 ) 、召喚されたシャルルマーニュ、それは本当ですが、 "ローマ教皇のフルパワー"との主宰で、ローマの使節は、したがって、 synodus universalisによると、現代の記録を表現します。 In these documents the natural divine filiation of Jesus even as man is strongly asserted, and His adoptive filiation, at least in so far as it excludes the natural, is rejected as heretical.これらの文書は、自然の神として認知イエスマンが強く主張しても、彼の養子と親子関係は、少なくともこれまでのところそれを除くと、自然は、異端としては、拒否された。 Some writers, mainly Protestant, have tried to erase from Adoptionism all stain of the Nestorian heresy.いくつかの作家は、主にプロテスタント、養子論から消去しようとしたが、すべての染色ネストリウス派の異端。 These writers do not seem to have caught the meaning of the Church's definition.これらの作家のないように思えるが摘発されたのは、教会の意味を定義します。 Since sonship is an attribute of the person and not of the nature, to posit two sons is to posit two persons in Christ, the very error of Nestorianism.以来息子であることは、その人の属性ではなく、自然、 2人の息子に置かれているものが置かれている2人は、キリストには、非常にエラーがnestorianism 。 Alcuin exactly renders the mind of the Church when he says, "As the Nestorian impiety divided Christ into two persons because of the two natures, so your unlearned temerity divided Him into two sons, one natural and one adoptive" (Contra Felicem, I, P. L. CI, Col. 136). alcuin正確にレンダリングする際の心の教会と彼は言います、 "として、キリストを2つに分かれてネストリウス派の不信心者のために2つの性質のため、無学な向こう見ずして2人の息子の姿に分かれて、自然と1つ1つの養子" (コントラfelicem 、私は、 pl ci 、大佐136 ) 。 With regard to the arguments adduced by Felix in support of his theory, it may be briefly remarked that (1) such scriptural texts as John, xiv, 28, had already been explained at the time of the Arian controversy, and such others as Rom., viii, 29, refer to our adoption, not to that of Jesus, Christ is nowhere in the Bible called the adopted Son of God; nay more, Holy Scripture attributes to "The Man Christ" all the predicates which belong to the Eternal Son (cf. John 1:18; 3:16; Romans 8:32). adduced引数と関連して、自分の理論を支持されたフェリックスは、かもしれないが簡潔にしては( 1 )このような聖書のテキストとしてジョン、 14 、 28 、説明されていた時点では、アリウス主義論争し、このような他のROMに。 、 VIIIや29は、我々の養子縁組を参照して、しないようにして、イエスは、聖書のキリストはどこにも呼ばれ、神の養子;いやもっと、教典の属性を"キリストの男"に属するすべての述語の永遠息子( cf.ジョン1 : 18 ;午前3時16分;ローマ人への手紙8時32分) 。 (2) The expression adoptare, adoptio, used by some Fathers, has for its object the sacred Humanity, not the person of Christ; the human nature, not Christ, is said to be adopted or assumed by the Word. ( 2 )の発現adoptare 、 adoptio 、使用されるいくつかの祖先は、そのオブジェクトには、神聖な人類のためではなく、その人のキリスト;人間の本性のではなく、キリストが採択されるかによると想定される単語です。 The concrete expression of the Mozarabic Missal, Homo adoptatus, or of some Greek Fathers, ouios thetos, either does not apply to Christ or is an instance of the not infrequent use in early days of the concrete for the abstract.具体的な表現には、モサラベのミサ典、ホモadoptatus 、またはいくつかのギリシャ語の祖先は、 ouios thetos 、またはどちらかには適用されませんが、キリストのインスタンスを使用していないたまには、初期の頃は、具体的な抽象的です。 (3) The dialectical arguments of Felix cease to have a meaning the moment it is clearly understood that, as St. Thomas says, "Filiation properly belongs to the person". ( 3 )の引数のフェリックス弁証法的な意味があるの瞬間を中止することが明確に理解して、セントトマスとしては、 "親子関係を適切に属する人" 。 Christ, Son of God, by His eternal generation, remains Son of God, even after the Word has assumed and substantially united to Himself the sacred Humanity; Incarnation detracts no more from the eternal sonship than it does from the eternal personality of the Word.キリストは、神の息子は、彼の永遠の世代では、遺跡の神の息子である、と仮定した後もその言葉は、自分自身の神聖な人間性を大幅にユナイテッド;権化を損ねてから、これ以上のことは永遠の息子であることから、永遠の人格よりもその言葉です。 (See NESTORIANISM.) ( nestorianismを参照してください。 )

(2) New-Adoptionism of Abelard in the Twelfth Century ( 2 )新たに養子論は、 12世紀のアベラード

The Spanish heresy left few traces in the Middle Ages.いくつかの痕跡が残って、スペインの異端中世です。 It is doubtful whether the christological errors of Abelard can be traced to it. christologicalかどうかは疑わしいのエラーを追跡することができるアベラード。 They rather seem to be the logical consequence of a wrong construction put upon the hypostatical union.むしろ彼らの論理的帰結としてみられるのは間違ってhypostatical置く建設労働組合です。 Abelard began to question the truth of such expressions as "Christ is God"; "Christ is man".アベラード始めた真実を疑問視するような表現として"キリストは神" ; "キリストは、男" 。 Back of what might seem a mere logomachy there is really, in Abelard's mind, a fundamental error.背面には何に思えるかもしれないが本当にそこに、単なる言葉についての論争は、アベラードの心には、根本的なエラーが発生しました。 He understood the hypostatical union as a fusion of two natures, the divine and the human.彼は理解してhypostatical労働組合としての核融合の2つの性質は、神と人間のです。 And lest that fusion become a confusion, he made the sacred Humanity the external habit and adventitious instrument of the Word only, and thus denied the substantial reality of "The Man Christ" -- "Christus ut homo non est aliquid sed dici potest alicuius modi."混乱しないようにして核融合になると、彼のおかげで、外部の人間の神聖な楽器の習慣と不定という言葉だけは、こうして現実を実質的に否定して、 "キリストの男" -"クリストゥスしかし所在不明のホモd icip otesta liquida licuius変成セッド"と述べた。 It is self-evident that in such a theory the Man Christ could not be called the true Son of God.それは自明のことで、このような理論と呼ばれることができなかった男キリストの真の神の息子である。 Was He the adoptive Son of God?彼は神の養子ですか? Personally, Abelard repudiated all kinship with the Adoptionists, just as they deprecated the very idea of their affiliation to the Nestorian heresy.個人的には、アベラードadoptionists否認してすべての親族は、彼らと同じように推奨されていませんが、非常にアイデアを各自のネストリウス派の異端。 But after Abelard's theory spread beyond France, into Italy, Germany and even the Orient, the disciples were less cautious than the master.しかし、後にアベラードの理論を越えて広がるフランス、イタリア、ドイツ、オリエントでさえ、弟子が少なく、より慎重なマスターです。 Luitolph defended at Rome the following proposition -- "Christ, as man, is the natural son of man and the adoptive Son of God"; and Folmar, in Germany, carried this erroneous tenet to its extreme consequences, denying to Christ as man the right to adoration.ローマluitolph擁護で、次の命題-"キリストは、男としては、男の息子は、自然との養子の神" ; f olmarとは、ドイツでは、誤った教義を極論運ばこの結果、キリストを否定して男としての権利を崇拝。 Abelard's new-Adoptionism was condemned, at least in its fundamental principles, by Alexander III, in a rescript dated 1177: "We forbid under pain of anathema that anyone in the future dare assert that Christ as man is not a substantial reality (non esse aliquid) because as He is truly God, so He is verily man."アベラードの新しい死刑囚の養子論が、少なくともその基本的な原則は、アレクサンドル3世によって、日付は、 1177勅語: "我々の痛みを禁じるの下に忌み嫌われることは、将来誰にも思い切っキリストとして主張して実質的現実の男ではない(非実在aliquid )のため、彼は真に神として、だから彼は本当に男です。 " The refutation of this new form of Adoptionism, as it rests altogether on the interpretation of the hypostatical union, will be found in the treatment of that word.反論は、この新しい形の養子論は、このような解釈は、完全に置き、 hypostatical組合は、処理されるのは、その単語が見つかりました。 (See HYPOSTATIC UNION.) (労働組合沈下を参照してください。 )

(3) Qualified Adoptionism of Later Theologians ( 3 )認定資格の後に養子論神学

The formulas "natural Son of God", "adopted Son of God" were again subjected to a close analysis by such theologians as Duns Scotus (1300); Durandus a S. Portiano (1320); Vasquez (1604); Francisco Suárez (1617).その数式"自然の神の息子である" 、 "神の養子"の対象には、再びこのような神学を綿密に分析したとしてドゥンススコトゥス( 1300 ) ;ドゥランドゥス、米portiano ( 1320 ) ;バスケス( 1604年) ;フランシスコスアレス( 1617年) 。 They all admitted the doctrine of Frankfort, and confessed that Jesus as man was the natural and not merely the adoptive Son of God.かれらのすべての教義を認め、フランクフォート、イエスキリストと告白していた男としてだけでなく、自然と神の養子。 But besides that natural sonship resting upon the hypostatical union, they thought there was room for a second filiation, resting on grace, the grace of union (gratia unionis).しかし、自然の息子であることに加えて、安静時hypostatical組合は、彼ら思想親子関係があったため、 2室、休憩してグレースは、労働組合の恩恵(グレーシアunionis ) 。 They did not agree, however, in qualifying that second filiation.同意しなかった彼らは、しかし、予選第2親子関係しています。 Some called it adoptive, because of its analogy with our supernatural adoption.いくつかの養子と呼ばれることは、我々の超自然的理由は、その養子縁組を類推している。 Others, fearing lest the implication of the word adoption might make Jesus a stranger to, and alien from God, preferred to call it natural.他は、その言葉の意味を恐れるの養子縁組をしないようにするかもしれない見知らぬ人にイエスは、神から与えられたとエイリアンは、それをコールするプリファード自然です。 None of these theories runs counter to a defined dogma; yet, since sonship is an attribute of the person, there is danger of multiplying the persons by multiplying the filiations in Christ.上記のいずれの定義の理論上の教義に反する;しかし、以来息子であることは、その人の属性は、その人には危険性を掛けて、キリストを掛けてfiliations 。 A second natural filiation is not intelligible. 2番目の自然を理解する親子関係ではない。 A second adoptive filiation does not sufficiently eschew the connotation of adoption as defined by the Council of Frankfort.第二養子親子関係はないが十分なニュアンスを避け、養子縁組フランクフォート評議会によって定義される。 "We call adoptive him who is stranger to the adopter." "我々は、見知らぬ人に電話して彼を養子に適応した"と述べた。 The common mistake of these novel theories, a mistake already made by the old Adoptionists and by Abelard, lies in the supposition that the grace of union in Christ, not being less fruitful than habitual grace in man, should have a similar effect, viz., filiation.これらの小説の理論の共通の過ちは、すでに間違いによって作られる古いadoptionistsアベラードと、うそをつくと仮定して、労働組合は、キリストの恵みではなく、常習的な優雅さよりも実りが劣っているという男で、同様の効果があるはず、 viz 。は、親子関係です。 Less fruitful it is not, and yet it cannot have the same effect in Him as in us, because to Him it was said: "Thou art my Son, today have I begotten Thee" (Hebrews 1:5); and to us, "You were afar off" (Ephesians 2:13).実りの少ないことではないが、それでも同じような効果を持つことはできませんが、私たちのように彼には、それは彼のためによると: "なた私の息子は、今日は私ひとり子なた" (ヘブル人への手紙1時05分) ;と、私たちは、 "あなたが遠く離れて" (エペソ人2時13分) 。

Publication information Written by J.F. Sollier. jf sollier書かれた文献の情報です。 Transcribed by Bob Knippenberg.ボブknippenberg転写される。 The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.カトリック百科事典は、ボリュームi.日付1907 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, March 1, 1907.公認は、 1907年3月1日です。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです