Anglican Communionアングリカンコミュニオン

General Information 総合案内

The Anglican Communion is a worldwide fellowship of independent churches derived from the Church of England.アングリカンコミュニオンのは、全世界の独立教会フェローシップ教会から派生したイングランド。 The communion has 70 provinces, located on every continent, with some 430 dioceses, and approximately 27 million members.聖体拝領には、 70の省は、すべての大陸に位置して、いくつかの430 dioceses 、約27万人の会員とします。 Although independent, the member churches acknowledge a common heritage including the Book of Common Prayer, the Thirty Nine Articles, and the threefold ministry of Bishops, Priests, and Deacons. The bishops meet every ten years, at the invitation of the archbishop of Canterbury, in the Lambeth Conference.独立したにもかかわらず、教会のメンバー共通の遺産を認める共通の祈りの本含め、 39の記事、そして、三重の部の司教、司祭、およびdeacons 。会うごとに10年間の司教には、招待状のカンタベリー大主教は、ランベス会議でいます。 Cooperation between the member churches is facilitated by the Anglican Consultative Council, with its secretary general and with the archbishop of Canterbury as president.メンバー間の協力が促進される聖公会教会協議会は、事務総長とは、カンタベリー大主教の社長としてのです。 Regional councils link provinces within specific geographical regions.地域内の特定の地理的地域の地方協議会のリンクです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The Anglican Communion is committed to the reunion of all Christian churches.アングリカンコミュニオンの再会がコミットして、すべてのキリスト教教会です。 In 1888 the Lambeth Conference adopted as its basis for reunion a Quadrilateral, by which it defined those things essential to any church: 1888ランベス会議で、その根拠として採用するための四辺形の再会は、それに定義された任意の教会ではそういったことが不可欠である:
  1. "The Holy Scriptures of the Old and New Testaments, as 'containing all things necessary to salvation,' and as being the rule and ultimate standard of faith"; "聖書は、旧約聖書と新約、 'を含む必要なすべてのものを救い、 'とされ、最終的な標準ルールと信仰" ;
  2. "The Apostles' Creed, as the Baptismal Symbol; and the Nicene Creed, as the sufficient statement of the Christian faith"; "使徒信条は、シンボルとしての洗礼;ニカイア信条とし、十分な声明としては、キリスト教信仰" ;
  3. "The two Sacraments ordained by Christ Himself - Baptism and the Supper of the Lord - ministered with unfailing use of Christ's words of Institution, and of the elements ordained by Him"; "の2つの秘跡キリスト自身によって定められた-との夕食は、主の洗礼- mi nistered尽きないキリストの言葉を使うの機関、そして彼の要素によって定められた";
  4. "The Historic Episcopate, locally adapted in the methods of its administration to the varying needs of the nations and peoples called of God into the Unity of His Church." "この歴史的なbishopの地位は、ローカルに適応している手法は、行政のさまざまなニーズには、国と人民の団結を神と呼ばれる彼の教会です。 "

John E BootyジョンE戦利品

Bibliography 文献情報
M Marshall, The Anglican Church Today and Tomorrow (1984); S Neill, Anglicanism (1977).マーシャルmには、今日と明日の聖公会( 1984 ) ;秒ネイル、聖公会( 1977 ) 。


Anglican Communionアングリカンコミュニオン

General Information 総合案内

The Anglican Communion is a worldwide fellowship of national and regional churches in communion with the Church of England and the archbishop of Canterbury.アングリカンコミュニオンは、世界の国と地域の教会の交わりの中で、教会の聖体拝領のイングランドとのカンタベリー大主教。 With about 385 dioceses throughout the world, the total membership of the churches, including the Episcopal church in the United States, is approximately 73 million. dioceses 、世界中で約385 、会員数の合計は、教会、聖公会を含め、米国は約73000000です。 Intended to promote mutual understanding and cooperation in common tasks, the Communion unites churches that share a common heritage and subscribe to the Lambeth Quadrilateral of 1884.相互の理解と協力を促進する目的で共通の課題は、教会の聖体拝領unites共通の遺産を共有することや四角形の1884ランベスを購読しています。 The Quadrilateral, a statement of the doctrines considered essential from the Anglican standpoint, upholds the catholic and apostolic faith and order of the Christian church as found in Scripture, the sacraments of baptism and the Eucharist, the Apostles' Creed and Nicene Creed, and episcopal government (see Bishop).この四辺形は、声明では、聖公会の教説の観点から必要不可欠と考え、ローマ教皇のupholdsカトリックとは、キリスト教の信仰と秩序を教会として発見さ啓典、聖体の秘跡の洗礼とは、使徒信条ニカイア信条とし、米国聖公会政府(司教を参照してください) 。 All the churches use the Book of Common Prayer, reformed and adapted to the needs of the times and of particular locales.教会のすべての書籍を使用して、共通の祈りは、改革派と、時代のニーズに適合していると、特定のロケールです。

Although the Anglican Communion has existed since the 16th and 17th centuries, when the Church of England established foreign missions, its effective function as a communion of independent churches began in 1867.アングリカンコミュニオンが存在したにもかかわらず、 16世紀から17世紀以来、イングランドの教会を設立する際、外国人のミッションは、その効果的な機能として、独立した教会の聖体拝領1867年に始まっている。 In that year, the first Lambeth Conference, an assembly of the bishops of the whole Anglican Communion under the presidency of the archbishop of Canterbury, was held at Lambeth Palace, London.その年には、最初のランベス会議では、アセンブリの司教アングリカンコミュニオン全体の大統領の下では、カンタベリー大主教、ランベス宮殿で開かれた、ロンドンです。 A conference has met there about every ten years since then to deal with doctrinal, disciplinary, and ecumenical matters, as well as missionary responsibilities.そこで会った会見では、約10年ごとに対処して以来、教義上、懲戒、およびエキュメニカル事柄だけでなく、宣教師の責任です。 Much of the agenda has concerned the unity of the church.議題は、関係者の多くは、教会の団結です。 In 1948, the Lambeth Conference heralded the birth of the Church of South India, which united certain Anglican dioceses with non-Anglican churches in that area. 1948年生まれのランベス会議での発表は、教会の南インドは、米国聖公会のdioceses特定非アングリカン教会が出ています。 The Lambeth Conference of 1968 established the Anglican Consultative Council under the presidency of the archbishop of Canterbury.ランベス会議で、協議会の下に1968年に設立したのが聖公会カンタベリー大主教は、大統領の職。 The council, composed of 60 representatives from every part of the Anglican Communion who meet every two to three years, is intended to supply guidance on policy matters of importance to the Communion, to forward ecumenical relations, and to provide cooperation in missionary work.評議会は、各団体からの代表で構成さは、 60アングリカンコミュニオン会う人ごとに2時58年間、指導をしては、政策の意図を供給するの重要事項の聖体拝領して、エキュメニカルな関係を転送し、布教活動の協力を提供しています。 Regional councils are also active in South America, East Asia, the South Pacific, and North America, with more to be established.地域協議会にも積極的には、南米、東南アジア、南太平洋、および北米では、こちらを確立しています。 These councils were created to promote better communication among the churches of a given area and to advance cooperative planning efforts.これらのより良いコミュニケーションを促進する協議会が作られた教会のうち、ある特定の地域の協同組合の計画的な取り組みを進めるとしています。

John Everitt Bootyジョンエベリット戦利品


Anglican Communionアングリカンコミュニオン

Advanced Information 高度情報

The Anglican Communion is a worldwide fellowship of churches in communion with the Archbishop of Canterbury (England) and whose bishops are invited each decade (except during wartime) to the Lambeth Conference held in London since 1867.アングリカンコミュニオンは、全世界の教会の交わりの中で、カンタベリー大主教聖体拝領(イングランド)との司教は、 10年ごとに招待(戦時中を除く)して以来、ロンドンのランベス会議が開かれた1867 。 Anglicans hold that theirs is the church of NT times and the early church, reformed in the sixteenth century and waiting for the reunion of all Christians. anglicans保留してかれらには、教会の教会NTの初期の時代とは、改革とは、 16世紀のすべてのキリスト教徒の再会を待っています。

Bishops are the chief officers of Anglican churches, with arch - bishops or presiding bishops functioning as "first among equals" with national or provincial responsibilities and administrative authority.司教は、聖公会の教会の主任役員、弓-首席司教や司教として機能する"と最初のうちに等しい"として国家または地方行政当局の責任です。 Only bishops may ordain clergy and consecrate other bishops.司教の聖職者のみを命じる可能性と他の司教を奉献。 Some dioceses have assistant bishops called coadjutor or suffragan bishops.いくつかのdioceses補佐司教が司教と呼ばれる助手や副監督。 The latter does not automatically succeed the diocesan bishop, whereas the coadjutor does.自動的に成功していない後者の監督管区の司教が、その助手している。

The basic unit in the church is the parish with its congregation and rector.基本的な単位では、教区の教会の信徒とレクターです。 A mission may be a congregation dependent upon a parish (or diocese).ミッションに依存する可能性があります教区信徒(または監督管区) 。 The diocese is that group of parishes and missions under a bishop whose representatives meet each year for a diocesan convention (or council). parishesの監督管区のは、グループの代表者と会うのミッションの下で、毎年の司教監督管区は、条約(または評議会) 。 Each parish and mission is represented by laity as well as clergy, and laity are represented on all the significant governing committees.と使命は、各教区の信者たちによって表されるだけでなく、聖職者、と信者たちは、すべての重要な統治委員会を代表している。 Bishops are elected at these conventions or councils in most Anglican churches, but some bishops are still appointed, as in the case of the Church of England and many mission dioceses.司教は、これらの規則や審議会で当選したほとんどの聖公会教会が、いくつかはまだ司教任命は、教会の例としては、イングランドと多くの使命dioceses 。

The Book of Common Prayer, in one of its many derived forms, is used by all Anglican churches. この本の共通の祈りの1つでその多くの派生フォームは、すべての聖公会の教会が使用されています。 It is regarded as the distinctive embodiment of Anglican doctrine following the principle of "the rule of prayer is the rule of belief" (lex orandi, lex credendi).それは、独特の体現者と見なされて次の聖公会の教義の原則"のルールは、ルールの信念の祈り" ( Lexのorandi 、 Lexのcredendi ) 。 The section of the Prayer Book called the Ordinal, by which clergy are ordained following their vows, is especially crucial for doctrinal standards.このセクションでは、書籍の祈りと呼ばれ、通常は、これによって定められた聖職者は、次の自分の誓いを、教義上の基準は、特に重要なためです。 The Holy Scripture is declared to be the Word of God and to contain all that is necessary to salvation.その教典が宣言されると、神のみことばを救済するために必要なすべてが含まれています。 The Nicene and Apostles' Creeds are accepted as confessing the faith of Scripture and classical Christianity.そのニカイアと使徒信条は告白として受け入れ古典典とキリスト教の信仰です。

The Thirty nine Articles, dating from the Elizabethan settlement in the sixteenth century, are not required for explicit assent in most of the communion, but they are generally bound with the Prayer Book and regarded as an important historical statement and document. 39の記事、付き合ってからは、 16世紀のエリザベス女王の和解は、明示的な同意は必須ではありませんが、ほとんどの聖体拝領、束縛していますが、それらは通常、書籍の祈りと見なされる歴史的に重要な声明や文書です。 These articles explicitly reject the doctrine of transubstantiation and affirm the doctrines of justification by faith, the Trinity, and the person of Christ as "very God and very Man."これらの記事を明示的に拒否する教義の代用と断言するのは他力本願教説は、トリニティは、キリストのような人と、 "非常に非常に神と男は言った。 "

The worship in Anglican churches varies widely but is characterized by an attempt to follow the liturgical year; that is, to read the prescribed lessons designed to emphasize that portion of revelation from advent and the nativity (Christmas) through the manifestation of Christ to the Gentiles (Epiphany), Lent, Easter, and Pentecost.聖公会の教会の礼拝堂で異なりますが、広くする試みに従うことを特徴とする1年間の典礼;では、所定のレッスンを読むことを目的とした部分を強調すると、生まれのヨハネの黙示録からアドベント(クリスマス)を介して、キリストの現れgentiles (エピファニー) 、レント、イースター、聖霊降臨。 Worship is decisively biblical in that readings from both testaments are required at all normal services.聖書の中では、決定的に崇拝して読みtestamentsの両方からのすべての正常なサービスでは必須です。 The Prayer Book is saturated with Scripture in the phrases of the prayers, the versicles and responses, the canticles, and the Psalter (book of Psalms).この本は飽和して啓典の祈りは、祈りのフレーズは、 versiclesとの回答は、雅歌、そしてpsalter (詩篇) 。

The Lord's Supper, or Holy Eucharist, is generally regarded as the central service, and gradually over the last century has come to be held with increasing frequency. 主の晩餐、または聖体は、通常と見なされるが、中央サービス、および過去1世紀が来て徐々に開催される頻度が増加しています。 The norm for the public worship is to stand to sing, sit to listen, and kneel to pray.ノルムを崇拝するのは、国民のためにスタンドを歌うのは、座って話を聞いて、ひざまずいて祈る。 In recent revisions the Prayer Book has seen its most substantial changes from the sixteenth century work of Thomas Cranmer.最近の改正で、祈りの本を見てきたから、 16世紀で最も大幅な変更作業のトーマスクランマー。 The chief characteristics of the new books are flexibility, with options ranging from forms virtually identical to the traditional books to others which are exceedingly informal, replacing "thou" with "you" in addressing God, and giving modern synonyms for more obscure terms.主な特徴は、新しい本は、柔軟性で、事実上のフォームに至るまでと同じオプションの他には、非常に伝統的な書籍を非公式に置き換えて、 "なた"と"あなた"神のアドレッシングでは、現代の類義語を与えるとあいまいな用語を参照しています。 In addition, the new revisions attempt to include more lay and congregational participation than was possible in the sixteenth century, when a literate congregation could not be assumed.加えて、この新しい試みのリビジョンを含めるよりももっとレイと会衆の参加が可能で、 16世紀は、信徒ができなかったときに造詣が深いことが仮定します。 The revisions have, however, met with considerable resistance on the part of many who feel the language to be inferior to Cranmer's and that some of the changes have unfortunate doctrinal implications.この改正は、しかし、かなりの抵抗に会いしているように感じる部分が多くの人のクランマーの言語より劣っているとされることが不幸な教義上のいくつかの変更を意味します。

The overall practical effect of this growing diversity among the Prayer Books will likely lead to more emphasis on Anglican identity being drawn from the pan Anglican communion with the Archbishop of Canterbury than on the use of a common Prayer Book as has been the case in the past.実用的な効果の全体のうち、この多様性の高まりにつながる可能性の祈りの書籍は、聖公会のアイデンティティをより重視して描かれてから、鍋アングリカンコミュニオンのカンタベリー大主教よりも、共通の祈りを使用する上での本としては、過去の症例。

The basic intention of Anglican worship is expressed in the Prayer Book: "to render thanks for the great benefits that we have received at his hands, to set forth his most worthy praise, to hear his most holy word, and to ask those things which are requisite and necessary, as well as for the body as the soul."聖公会の礼拝堂は、基本的な意思を表明し、祈りの本: "には、偉大な恩恵に感謝して受け取った我々は彼の手で、最も立派な称賛を定める彼は、彼の最も神聖な言葉を聞いて、そしてそれらのものを求めるとは、必要な要件だけでなく、体としての魂のために。 " This is sought to be done with all the majesty, solemnity, and aesthetic quality possible, while at the same time making the mystery and awe as accessible and relevant as can be done to any and all conditions.これは、全てのことを求められ、陛下は、厳粛さは、審美的な品質を可能とし、それと同時に、その謎と畏怖の念と関連性の高いとしてアクセスできるようにすることもよく行われ、すべての条件を設定します。

The wide diversity within Anglicanism is reflected by the astonishing growth and evangelical character of the church in East Africa, the highly sacramental and Anglo Catholic tradition of the Province of South Africa, the liberal spirit and discomfort with classical expressions of orthodoxy on the part of the authors of The Myth of God Incarnate, and the conservative evangelicals who retain an unyielding loyalty to Scripture and the Thirty nine Articles.聖公会内の広大な多様性が反映されるのは、驚くべき成長と福音派教会のキャラクターは、東アフリカでは、高英聖礼典のカトリックの伝統と南アフリカ共和国の州のは、リベラルな精神と不快感を表現してクラシックの正統性には、著者は、神話の神の化身、人と保守的なevangelicals啓典に忠誠を維持するとの不退転の39の記事です。

C F Allison cfアリソン
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
P C Hughes, The Anglican Reformers; S Neill, Anglicanism; More and Cross, Anglicanism; W Temple, Doctrine in the Church of England.パソコンヒューズは、聖公会の改革派;秒ネイル、聖公会;こちらと十字架は、聖公会;ワット寺院、教会の教義は、イングランドです。


Anglicanism聖公会

Catholic Information カトリック情報

A term used to denote the religious belief and position of members of the established Church of England, and of the communicating churches in the British possessions, the United States (see EPISCOPAL CHURCH), and elsewhere.という言葉を使われることを表し、宗教的信念と位置の英国国教会のメンバーは、との通信は、英国教会の財産では、米国(聖公会を参照してください) 、および他の場所です。 It includes those who have accepted the work of the English Reformation as embodied in the Church of England or in the offshoot Churches which in other countries have adhered, at least substantially, to its doctrines, its organization, and its liturgy.利用することが含まれて仕事を持っている人は、英語の改革の象徴としてイングランド教会や教会の分派が、他の国では忠実に守って、少なくとも大幅には、その教説には、その組織、およびその典礼です。 Apart from minor or missionary settlements, the area in which Anglicanism is to be found corresponds roughly with those portions of the globe which are, or were formally, under the British flag.マイナーまたは宣教師入植地から離れては、この地域で発見される聖公会はほぼ対応しているこれらの部分のグローブ、または正式には、英国の旗の下に。

BELIEFS信念

To form a general idea of Anglicanism as a religious system, it will be convenient to sketch it in rough outline as it exists in the Established Church of England, bearing in mind that there are differences in detail, mainly in liturgy and church-government, to be found in other portions of the Anglican communion.聖公会の基本的な考えを形成するシステムとして、宗教的なことになりますので、都合の良いことをスケッチすることで大筋としては、英国国教会が存在する、ベアリングには違いがあることを念頭に置いての詳細については、主に典礼と教会-政府は、にも認められて他の部分のアングリカンコミュニオン。

The members of the Church of England are professed Christians, and claim to be baptized members of the Church of Christ.イングランドのメンバーは、教会のキリスト教徒が公言した、と主張されるバプテスマを受け、キリスト教会の会員となっています。

They accept the Scriptures as contained in the Authorized Version, as the Word of God.彼らを受け入れるとして、聖書に含まれて欽定訳聖書は、神のみことばです。

They hold the Scriptures to be the sole and supreme rule of faith, in the sense that the Scriptures contain all things necessary to salvation and that nothing can be required of anyone as an article of faith which is not contained therein, and cannot be proved thereby.かれらは聖書を開くとされる唯一の信仰の最高のルールであるという意味で、必要なすべてのものが含まれ、聖書は救いを必要として、誰にも何もないことができます記事として信仰そこに含まれることではありませんが、それを証明することはできません。

They accept the Book of Common Prayer as the practical rule of their belief and worship, and in it they use as standards of doctrine the three Creeds &151; the Apostles', the Nicene, and the Athanasian.彼らの共通の祈りを受け入れるブック実用的なルールとして、彼らの信念と崇拝し、彼らはそれを使用ドクトリンの3つの基準として、使徒信条&151; 'は、ニカイア、とアタナシウス。

They believe in two sacraments of the Gospel &151; Baptism and the Lord's Supper -as generally necessary to salvation.彼らは、福音を信じる&151; 2つの秘跡洗礼と主の晩餐-として通常必要に救いだ。

They claim to have Apostolic succession and a validly ordained ministry, and only persons whom they believe to be thus ordained are allowed to minister in their churches.彼らの主張には、正規に定められた同省使徒継承し、彼らを信じる者のみに定められたこうして大臣は、教会が認められている。

They believe that the Church of England is a true and reformed part, or branch, or pair of provinces of the Catholic Church of Christ.彼らは教会のイングランドと信じては、真の改革や団体、または支店、またはペアのカトリック教会は、キリストの道です。

They maintain that the Church of England is free from all foreign jurisdiction.彼らは教会を維持することから、すべての外国人管轄イングランドは無料です。

They recognize the King as Supreme Governor of the Church and acknowledge that to him "appertains the government of all estates whether civil or ecclesiastical, in all causes."キング知事として認識して彼らの最高の教会と認めることを彼に" appertainsエステーツかどうか、政府のすべての市民や教会は、すべての原因となる"と述べた。

The clergy, before being appointed to a benefice or licensed to preach, subscribe and declare that they "assent to the Thirty-nine Articles, and to the Book of Common Prayer, and of Ordering of Bishops, priests, and deacons, and believe the doctrine of the Church of England as therein set forth to be agreeable to the Word of God".の聖職者は、任命される前に免許を説く聖職または、登録と宣言すること"に同意する39の記事は、その本との共通の祈りを、とのご注文の司教、司祭、およびdeacons 、と信じて英国教会の教義としては、そこに規定される神のみことばに快い" 。

One of the Articles (XXV) thus subscribed approves the First and Second Book of Homilies as containing "a godly and wholesome doctrine necessary for these times", and adjudges them to be read in churches "diligently and distinctly". 1つの記事( 25 )こうして申し込んで承認を発する第1および第2本を含むとして"健全な教義とするために必要なこれらの信仰心の厚い倍"とし、かれらにも読んでadjudges教会"と明らかにいそしむ" 。

To these general characteristics we may add by way of corrective that while the Bible is accepted much latitude is allowed as to the nature and extent of its inspiration; that the Eucharistic teaching of the Prayer Book is subject to various and opposed interpretations; that Apostolic succession is claimed by many to be beneficial, but not essential, to the nature of the Church; that the Apostles' Creed is the only one to which assent can be required from the laity, and that Articles of Religion are held to be binding only on the licensed and beneficed clergy.これらの全般的特性を追加することがありますが是正された方法で利用している間はずっと緯度聖書には、許可としての性質とその程度のインスピレーション; eucharistic教示して、件名には、さまざまな祈りの本と反対の解釈;その使徒継承多くの主張には有益であると判断されたが、本態性はなく、自然には、教会;は、使徒信条は、 1つのみを必要とされることから、俗人に同意し、その記事を結合される宗教の上にのみが行われます。聖職者の許諾とbeneficed 。

CHIEF GOVERNMENT政府のチーフ

Inside these outlines, which are necessarily vague, the constitution of the Church of England has been largely determined by the events which attended its settlement under the Tudors.これらの輪郭内部で、これは必ずしもはっきりしない、憲法には、イングランドの教会が大きく左右さ集落の下でのイベントに出席したtudors 。

Original Loyalty to Romeローマに忠誠を元

Before the breach with Rome under Henry VIII there was absolutely no doctrinal difference between the faith of Englishmen and the rest of Catholic Christendom, and "Anglicanism", as connoting a separate or independent religious system, was unknown.ローマの前に違反してヘンリー8世の下にあった教義上の違いは全くないが、イギリス人の信仰とキリスト教のカトリックの残りの部分、および"聖公会"は、独立系としてconnotingまたは宗教上のシステムを個別には、未知だった。

The name Ecclesia Anglicana, or English Church, was of course employed, but always in the Catholic and Papal use of the term as signifying that part or region of the one Catholic Church under the jurisdiction of the Pope which was situated in England, and precisely in the same way as the Church in Scotland was called the Ecclesia Scotticana, the Church in France, the Ecclesia Gallicana, and the Church in Spain the Ecclesia Hispanica. ecclesia anglicanaの名前、または英語の教会は、もちろん採用されたが、いつもと教皇は、カトリック教徒としての意味という用語を使用して、 1つの団体や地域の管轄下にあるカトリック教会の法王に位置していたイングランド、そして正確にと同じように、スコットランド教会では、 ecclesia scotticanaと呼ばれる、フランスの教会では、 ecclesia gallicana 、およびスペインでは、教会ecclesia hispanica 。 That such national or regional appellations were a part of the style in the Roman Curia itself, and that they in no sense could have implied any indication of independence from Rome, is sufficiently well known to all who are familiar with pre-Reformation records.そのような国または地域の呼称は、スタイルの一部は、ローマ教皇庁は、それ自体は、彼らとその意味ではない可能性があるローマからの独立を黙示のいかなる兆候は、よく知られているすべての人が十分に精通しては、事前に記録を刷新した。

Pope Honorius III, in 1218, in his Bull to King Alexander speaks of the Scottish Church (Ecclesia Scotticana) as "being immediately subject to the Apostolic See" (Papal Letters I, 60).法王ホノリウス3世は、 1218 、彼の雄牛には、スコットランドの教会が喋る王アレクサンダー( ecclesia scotticana )として"すぐに服従しているローマ教皇の詳細については、 " (ローマ法王の手紙私は、 60 ) 。

The abbots and priors of England in their letter to Innocent IV, in 1246, declared that the English Church (Ecclesia Anglicana) is "a special member of the Most Holy Church of Rome" [Matthew Paris (Rolls Series), IV, 531]. abbotsとイングランドのpriorsの手紙を自分の無実の静脈内では、 1246 、と宣言され、英語の教会( ecclesia anglicana )は、 "特別なメンバーで、最も神聖なローマの教会" [マシューパリ(ロールシリーズ) 、 4 、 531 ] 。

In 1413 Archbishop Arundel, with the assent of Convocation, affirmed against the Lollards the faith of the English Church in a number of test articles, including the Divine institution of the Papacy and the duty of all Christians to render obedience to it (Wilkins, Concilia, III, 355). 1413大司教アランデルでは、同意を招集して、アファームドlollardsに対する教会の信仰は、英語では、多くのテスト項目は、教育機関を含め、ローマ教皇の神とキリスト教徒のすべての義務を服従させることをレンダリング(ウィルキンス、 concilia 、 3 、 355 ) 。

In 1521, only thirteen years before the breach, John Clerk, the English Ambassador at Rome, was able to assure the Pope in full consistory that England was second to no country in Christendom, "not even to Rome itself", in the "service of God: and of the Christian Faith, and in the obedience due to the Most Holy Roman Church" (Clerks' oration, ed. Jerome Emser). 1521は、わずか13年前の違反、ジョン店員は、英語の大使はローマでは、法王を保証することができたことで完全に教皇枢密イングランドキリスト教国ではない2番目には、 "ローマそのものにもない"とは、 "サービス神:とは、キリスト教の信仰とは、服従させるために、最も神聖ローマ帝国の教会" (店員'話法、エド。ジェロームエムザー) 。

After the Act of Royal Supremacy (1534)ロイヤル行為の後の覇権を握る( 1534 )

The first point of severance was clearly one of Erastianism.最初のポイントの1つは明らかerastianism退職。 When news of the papal decision against the divorce reached England, Henry VIII gave his assent to four anti-papal statutes passed in Parliament in the spring of 1534, and in November the statute of the Royal Supremacy declared the King to be Supreme Head of the English Church (without the limiting clause of 1532), and an oath was prescribed, affirming the Pope to have no jurisdiction in the realm of England.ニュースは、ローマ法王の決定に反対するときに、離婚に達したイングランド、ヘンリー8世の同意を与えた彼の反ローマ法王の4つの法令に議会を通過1534年の春には、昨年11月の法令との覇権を握るの王室の王と宣言される最高の頭の英語の教会(無制限条項は、 1532年) 、および所定の宣誓書は、肯定のローマ法王に管轄権がないのは、イングランドの領域です。 The actual ministry of preaching and of the sacraments was left to the clergy, but all the powers of ecclesiastical jurisdiction were claimed by the sovereign.実際の秘跡省の説教とは、左には、聖職者が、教会の管轄権のすべての権限が領有権を主張し、主権を有する。

The Act of Supremacy required that the King, as Supreme Head of the Church, "shall have full power and authority from time to time to visit, repress, redress, reform, order, correct, restrain, and amend all such errors, heresies, abuses, offences, contempt, enormities whatsoever they be which by any manner, spiritual authority or jurisdiction ought or may be lawfully reformed" (26 Henry VIII, i).必須の覇権を握るのは、国王の行為は、最高の頭の教会としては、 "完全な権能および権限を有するものとは、時々を訪問し、抑圧、是正する、改革は、注文は、正しいことは、抑制は、このようなすべてのエラーを修正すると、 heresies 、乱用、犯罪、侮辱、彼らがどのenormitiesの如何によってどのような方法では、精神的な権威や合法的に管轄権をするべきか改心したかもしれない" ( 26ヘンリー8世は、私) 。

The bishops were made to sue out their faculties from the King, and, that the meaning of this humiliation should be unmistakable, the very form of the license granted them affirmed the plain Erastian principle that the Crown was the source of their jurisdiction, "seeing that all authority of jurisdiction, and indeed jurisdiction of all kinds, both that which is called ecclesiastical and that which is secular, is originally derived from the royal power, as from the Supreme Head and foundation, and source of magistracy within our Kingdom" (Wilkins, Concilia, III, 799),司教は、彼らの能力を出す前に、スーの王から、そして、このことの意味を間違えようのない屈辱をしなければならないと、非常に肯定形で、かれらのライセンスを付与してクラウン平野erastian原理の源は、彼らの管轄は、 "見て管轄区域は、すべての権限は、すべての種類の管轄権を実際には、両方の教会と呼ばれていることは、世俗のものは、ロイヤルから派生した電力は、もともとは、財団からの最高の頭と、およびソースmagistrateの管轄地域内での私たちの王国" (ウィルキンス、 concilia 、 3世、 799 ) 、

The bishops and clergy in convocation were forbidden to make canons except when the King, by his "Letters of Business", gave them permission to do so, and even then the canons so made were to have effect only when approved by the King.司教と聖職者で、招集が禁じられている場合を除いて、王を規範は、彼の"ビジネスの手紙"は、かれらの許可を与えたことは、その時でさえ、規範としていたので前に承認された場合にのみ効果があるの王です。

Another statute secured to the Crown the absolute control in the appointment of bishops.別の法令を確保して絶対的なコントロールは、クラウンの司教に任命した。 The chapters were bound under penalties of Proemunire to elect the person named by the King and no other, and the Archbishop was bound under the same shameful penalties to consecrate the person so named within twenty days after receipt of the King's writ (Significavit) commanding him to do so.各章の下に縛られたproemunire罰則の名前の人を選出しておらず、他のキングされる、との大司教の下では、同じ恥ずべきバウンド罰則の人にささげるために20日間内に名前を受領した後、国王の令状( significavit )司令ギフトそうです。 This enactment, which an Anglican bishop in recent times has aptly described as "the Magna Charta of tyranny" remains in force to the present day.この法律の制定は、最近では、聖公会の司教としては、適切に説明する"暴政のマグナ薬包紙の" 1日から現在までの力が残っている。 Within the last few years the Law Courts have ruled that no opposition to the episcopal confirmation of a person nominated by the Crown can be allowed.ここ数年内に裁判所は、法の支配に反対していないことを確認する人がノミネートされた米国聖公会のクラウンは許されない。

Thus the chief note of Henrician settlement is the fact that Anglicanism was founded in the acceptance of the Royal, and the rejection of the Papal Supremacy, and was placed upon a decidedly Erastian basis.したがって、主任は、和解の注意henrician聖公会が設立されたという事実を受け入れることは、ロイヤルのは、拒絶反応とは、ローマ法王の覇権を握るのは、きっぱりとerastian根拠を課された。

When the Act of Royal Supremacy, which had been repealed by Queen Mary, was revived by Elizabeth, it suffered a modification in the sense that the Sovereign was styled "Supreme Governor" instead of "Supreme Head".ロイヤル行為の覇権を握るときには、廃止されていたクイーンメリーは、復活されたエリザベスは、修正することに悩んでいるという意味では、ソブリンスタイル"最高知事"の代わりに"最高の頭" 。 In a subsequent "Admonition", Elizabeth issued an interpretation of the Royal Supremacy, to the effect that she laid claim "to no power of ministry of divine offices in the Church".は、その後の"勧告"は、エリザベス発行するロイヤルの覇権を握るの解釈は、その効果を主張して彼女レイアウト"をしていて、電源部のオフィスでは、神の教会" 。 At the same time she reasserted in the full the claim made by Henry VIII as to the Authority of the Crown in matters ecclesiastical, and the great religious changes made after her accession were carried out and enforced in a royal visitation commissioned by the royal authority.それと同時に彼女は、フルreassertedのクレームを作ったヘンリー8世の権威としての教会の問題王冠では、偉大な宗教と彼女の後に行われた変更の強制加入を実施したと面会するロイヤルロイヤル権限を委託された。

In 1628, Charles I, in a Royal Declaration prefixed to the Articles, stated that it belonged to the kingly office "to conserve and maintain the Church committed to our charge, in unity of religion and the bond of peace", and decreed that differences arising as to the external policy of the Church were to be settled in Convocation, but its ordinances were to be submitted to the Crown for approval, which would be given to them if they were not contrary to the laws of the land. 1628は、チャールズ私は、接頭辞を宣言するロイヤル記事は、その下に記載して、堂々とオフィス"を保全し、教会の維持にコミットして我々の担当は、宗教の団結と平和のきずな"は、定められたこととの違い対外政策に起因するとして、教会の定着に招集されるが、しかし、その条例が王冠に提出するための承認は、かれらが与えられていなければ、彼らはその土地の法律に反している。

Archbishop Laud, in 1640, had a series of canons drawn up in Convocation and duly published, but this attempt at spiritual independence was speedily suppressed.賛美大司教は、 1640は、一連の規範が招集と正式に立案された日付は、しかし、この試みは、精神的な独立を抑圧スピーディーです。 The indignation of Parliament was so great that he himself begged leave to withdraw them, and the House of Commons passed a resolution unanimously declaring that "the Clergy in Convocation assembled has no power to make any canons or constitutions whatsoever in matters of doctrine, discipline or otherwise to bind the Clergy and laity of the land without the common consent in Parliament" (Resolution, 16 December, 1640).議会の憤りがあまりにも偉大なことは彼自身がかれらは許しを請う休暇を撤回する、との決議案を全会一致で下院を通過すると宣言して"組み立て招集の聖職者ではないことを言うのは力の点では規範や憲法学説の如何、または規律それ以外にバインドして、土地の聖職者や信者たちの共通の同意なしに、議会で" (決議案は、 1640年12月16日) 。

The Effect of Royal Supremacyロイヤルの覇権を握るの効果

The effect of the legislation under Henry VIII, revived by Elizabeth, and confirmed in subsequent reigns, has been, as Lord Campbell pointed out in his famous Gorham judgment, in April, 1850, to locate in the Crown all that decisive jurisdiction which before the Reformation had been exercised by the Pope.その効果は、立法のヘンリー8世の下で、復活されたエリザベスは、その後の確認のために君臨してきた、と指摘して彼の有名なキャンベル主gorham判断は、 4月には、 1850は、すべての王冠を見つけることは、決定的な管轄権を前にしてローマ法王が行使されるの改革です。 Until the year 1833, the Crown exercised this supreme jurisdiction through a special body called the Court of Delegates. 1833年までは、クラウン管轄権行使を通じて、この特別なボディと呼ばれる最高裁判所の代議員。 Its members were appointed under the great Seal, and consisted of lay judges, with whom might be associated a number of bishops or clergymen.そのメンバーに任命された国璽の下で、裁判員を構成し、関連する数多くの人かもしれない司教や牧師。 In 1833 this Court was abolished, and its powers were transferred to the King in Council.これで1833裁判所が廃止、転勤になるとその権限は、理事会の王様です。 Hence matters which come under its purview are now decided by the King upon the advice of that part of the Privy Council which is known as the Judicial Committee.したがって問題は、今すぐに来ることを決めたの下にその範囲内でのアドバイスをして、王の上の部分には、枢密院司法委員会として知られています。 The statute (2 and 3 William IV, xcii) expressly states that its decisions are final, and are not subject to any commission of review.その法令( 2と3のウィリアム4世、 92 )に明示的に述べられて、最終的な決定は、任意の委員会の対象ではないとの確認が行われます。

It must be observed that this tribunal does not profess theoretically to decide articles of faith, or to pronounce upon the abstract orthodoxy or heterodoxy of opinions.法廷観察しなければならないことはないと公言して、この記事の信仰を決めるため、理論的に、あるいは抽象的な正統性を発音する時、または異教の意見です。 "Its duty extends only to the consideration of that which is by law established to be the doctrine of the Church of England, upon the due and legal construction of there Articles and formularies" (Gorham decision, March 1850). "その義務を拡張のみを考慮していることにも、法律の制定されるのは、教会の教義イングランドは、法律上の建設のため、ある記事やformularies " ( gorham決定は、 1850年3月) 。 But upon this ground the Crown decided that the views of Mr. Gorham, whose notorious rejection of the doctrine of baptismal regeneration had shocked his bishop and scandalized the Tractarians, were "not contrary or repugnant to the declared doctrine of the Church of England as by law established".しかし、この地上にはクラウンgorham氏の見解とすることを決定して、その教義の洗礼名うての拒絶反応のショックを受けていた彼の司教とscandalized再生のtractarians 、れた"に反していないかを気に食わないのは、教会の教義を宣言したとしてイングランド法の確立" 。 Numerous protests and appeals were made by high Churchmen, but all attempts to reverse the decision were unavailing, and Mr. Gorham duly received institution to the benefice which his bishop had refused him.多くの抗議行動が行われると控訴国教徒高いが、すべての意思決定は無益な試みを逆にし、正式にgorhamミスター封土を受けた機関はこれを拒否した彼の司教だった。 In like manner in 1849, when vehement opposition was made to the appointment of Dr. Hampden to the See of Hereford, the Prime Minister of the day insisted on the right of the Crown, and the Vicar-General of the Archbishop ruled that no exception could be suffered against one whom the Crown had duly nominated, and the Court of Queen's Bench sustained his ruling. 1849のようなやり方では、激しい反対する際には前の選任を参照してくださいハンプデンのヘレフォード博士は、小泉首相のこの日の右には、王冠を主張しており、大司教司教総代理は、例外なしに支配して誰に対して1つの可能性が苦しんでいたのクラウン正式にノミネートされ、彼の持続的な裁判所の判決女王のベンチ。

Thus, whatever views or aspirations have been held theoretically by Anglican divines on the spiritual authority of the Anglican Church, the Royal Supremacy remains an effective reality, and the Crown, supported by Parliament and the Law Courts, both as to the doctrines which may be taught, and the persons who shall be put in office to teach them, has possession of the practical and substantial control.したがって、どのような意見や願望が開催された聖公会の神学者によって、理論的には、精神的な権威の聖公会は、王室の覇権を握る遺跡の効果的な現実は、クラウンとは、同法でサポートされて議会と裁判所は、両方の教説としてれる可能性があります教えは、人やオフィスに入れるものを教えることは、現実的かつ実質的には、コントロール所持。 It is characteristic of the Anglican Reformation that the supreme and far reaching regulative jurisdiction which was exercised by the Holy See was, after the severance from Rome, taken over, to all intents and purposes, by the Crown, and was never effectively entrusted to the Anglican Spirituality, either to the Primate, or to the Episcopate, or even to Convocation.それは、聖公会の改革の特徴として最高に至るまでに寄付された調節的管轄権を行使されるローマ法王庁は、退職後にローマからは、引き継いで、すべての点から見ても、クラウンされる、とは決して効率的に委託して聖公会の霊性は、霊長類のどちらかに、またはbishopの地位を、あるいは招集している。 As a result, there is to this day the lack of a living Church Spiritual Authority which has been to the Anglican Church a constant source of weakness, humiliation, and disorder.その結果、この日には、精神的な権威の欠如教会生活をされて、定数の源聖公会の弱点は、屈辱、および障害です。

In 1904 a royal commission was appointed to investigate the complaints against ecclesiastical discipline, and in July 1906, it issued its report, in which it points out that at no time in the past have the laws of public worship been uniformly observed, and recommends the formation of a Court which while exercising the Royal Jurisdiction, would be bound to accept the episcopate on questions of doctrine or ritual. 1904年に王立委員会が任命して教会の規律に対する苦情を調査し、 1906年7月には、その報告書を発行することは、それを指摘している時間はないが過去には、法律の奉拝一様観測され、そしてお勧めして形成の王立裁判所の管轄権を行使ながら、束縛を受け入れるだろうbishopの地位上の教義や儀式の質問です。 This, if granted, would be the first step towards the partial emancipation of the Spirituality from the thraldom of the civil power, in which it has been held for more than three centuries.これは、もし与え、最初の一歩となる部分に向かって奴隷の状態から解放の霊は、市民パワーは、それ以上の3つが行われました世紀にもわたっている。 It will be observed that Anglicanism as a religious system is separable from the doctrine of Royal Supremacy, which is an outcome of its union with the State, and of the circumstances of the English Reformation.聖公会として観察されることから、宗教上の教義を分離システムは、ロイヤルの覇権を握るのは、その結果については、労働組合の状態にしても、そのような状況は、英語の改革です。 In countries outside of England the Wales Anglican Churches exist, and, it is said, all the more prosperously from being untrammelled by the State connection.イングランド、ウェールズ、国の聖公会教会の外に存在し、そして、それは、より多くのすべてのprosperously untrammelledされている状態に接続してください。 But even in those countries the decisive voice in the government of the Anglican Church is not entrusted to the Episcopate alone, and in some of them the lay power in the synods has made itself felt, and has shown that it can be as really a master as any Tudor sovereign invested with royal supremacy.しかし、これらの国々でさえ、決定的な声で、政府は、聖公会bishopの地位を委託だけではない、とレイは、いくつかの電源では、それ自体フェルトsynods 、とは示されているとして、実際にはマスターすることができますチューダーとして任意の覇権を握るロイヤルソブリン投資しています。 The supremacy of the Spirituality in the domain of doctrine, as the sole guarantee of true religious liberty, is still lacking in the Anglican system, and the problem of supplying it remains unsolved, if not insoluble.精神世界の覇権を握るのは、ドメインの教義は、単独としての真の宗教の自由を保証するのは、聖公会のシステムには、まだ不足しており、供給は、依然として未解決の問題が、そうでなければ不溶性です。

DOCTRINAL AND LITURGICAL FORMULARIES教理や典礼formularies

The doctrinal position of the Anglican Church, in like manner, can only be adequately studied in its history, which divides itself into a number of stages or periods.聖公会の教義上の位置は、同じように、十分に勉強したことによってのみ、その歴史は、それ自体をいくつかの段階に分けまたはピリオド。 The first, or Henrician, period (1534-47) includes the breach with Rome, the setting up of an independent national church, and the transfer of the supreme Church authority from the Papacy to the Crown.最初の、またはhenrician 、期間( 1534年から1547年)が含まれてローマに違反して、セットアップするのは、独立国家教会は、教会との転送は、最高の権威をローマ教皇の冠からです。 The Edwardian (1547-53) and the Elizabethan (1558-1603) periods carried the work of separation much further.のエドワード朝( 1547年から1553年)と、エリザベス女王( 1558年から1603年)の仕事の分離帯運ばはるかに進んでいる。 Both accepted the Henrician basis of rejection of the Papacy and erection of the Royal Supremacy, but built upon it the admission of the doctrinal and liturgical changes which make up mainly the Anglican Reformation, and brought the nation within the great Protestant movement of the sixteenth century.拒絶反応の両方を利用し、ローマ教皇の基礎henrician架設は、王室の覇権を握ると、ビルドアップしかしそれは、教義上の入場料や典礼の聖公会の主な変更内容を刷新する、とのおかげで、国家内で16世紀の偉大なプロテスタントの動き。

First Period: Henry VIII (1534-1547)第1期:ヘンリー8世( 1534-1547 )

Although the policy of Henry VIII, after the breach with Rome, was ostensibly conservative, and his ideal seemed to be the maintenance of a Catholic Church in England, minus the Pope, it is incontestable that in other ways his action was in fatal contradiction to his professions.ヘンリー8世の政策にもかかわらず、違反した後で、ローマでは、保守派は、表向きは、自分の理想とみられるが、カトリック教会は、イングランドのメンテナンスは、マイナスの法王、それは彼の行動を疑うことに他の手段では、致命的な矛盾を彼の職業です。

Influence of English Protestant Sympathizers.英語のプロテスタントの支持に影響を与える。 - By raising to power, and by maintaining in positions of unique influence, his three great agents, Thomas Cromwell, Thomas Cranmer, and Edward Seymour, all of whom were always, and as openly as they dared, in sympathy with the Reformation, Henry VIII, whether by intention or the by the indifference of his latter days, undoubtedly prepared the way and opened the gates to the Protestantism which came in under Edward and Elizabeth. -電源を引き上げて、ポジションを維持するとしたユニークな影響を与えるのは、彼の偉大な3つの代理店、トーマスクロムウェル、トーマスクランマー、エドワードシーモアとは、すべての人には、いつも、彼らとして公然と敢えてとしては、改革に同情して、ヘンリーVIIIや意図されたかどうか、彼の晩年の無関心さは、疑う余地の道と覚悟して門を開けに来たプロテスタントの下で、エドワードとエリザベス。

Influence of German Protestants.ドイツのプロテスタントの影響です。 - In 1535 Henry sent agents to negotiate an agreement with the Reformers in Germany, and in 1537 he was led by Cromwell, in connivance with Cranmer, into further negotiations with the Protestant princes assembled at Smalkald. -1 535年にヘンリー送ら代理店と契約を結んで、改革派との交渉、ドイツ、そして1 537年に彼が率いるクロムウェル、クランマーと共謀して、さらなる交渉をして組み立て、プロテスタント諸侯s malkald。 He wrote to Melanchthon to congratulate him on the work which he had done for religion, and invited him to England.メランヒトンにお祝いの言葉を書いた彼は、仕事のために彼は宗教を完了し、彼をイングランドに招待します。 Melanchthon was unable to come, but in 1538 three German divines, Burkhardt, Boyneburg, and Myconius, were sent to London, where they remained some months, and held conferences with the Anglican bishops and clergy.メランヒトンに来ることができませんでしたが、 1538年にドイツの3つの神学者、 burkhardt 、 boyneburg 、およびmyconius 、ロンドンに送られるが、どこにもいくつか残ってヵ月間、そして聖公会で開かれた会議で、司教や聖職者です。 The Germans presented as a basis of agreement a number of Articles based on the Lutheran Confession of Augsburg.ドイツの契約書を提示する根拠として、記事の数に基づいて、ルター派のアウクスブルク告白。 On the doctrinal part of these Articles, the first thirteen, both parties came to an agreement (Letter of Myconius to Cromwell, 8 September, 1538).教義上の部分は、これらの記事は、最初の13人は、両当事者が合意して来た( myconiusの手紙をクロムウェルは、 1538年9月8日) 。 On the second part, the "Abuses" (viz., private Masses, celibacy of the Clergy, invocation of Saints) the King would not give way, and finally dissolved the conference.第2部では、 "侵害" ( viz. 、民間の大衆には、独身の聖職者は、聖人の呼び出し)の王はない道を譲る、そして最後の会見で解散した。 Although the negotiations thus formally came to an end, the Thirteen Articles on which agreement with the Germans had been made were kept by Archbishop Cranmer, and afterwards by Archbishop Parker, and were used as test articles to which the preachers whom they licensed were required to subscribe.にもかかわらず、このように正式に交渉が終わり、 13項目で合意していたドイツ人大司教クランマーによって保管されていたし、その後をパーカー大司教は、テストとして使われていたとの記事には、説教師が彼らに必要なライセンスを取得購読ください。 Eventually they became the nucleus of the Articles of Religion which were authorized under Edward VI and Elizabeth.結局彼らは、宗教の核は、記事の下に認可されたエドワードviとエリザベスです。 Hence the almost verbal correspondence between these Articles and the Lutheran Confession of Augsburg, from which they were originally taken.したがって、これらの記事との間の通信のほとんど口頭の自白のアウクスブルクルター派は、当初から撮影された。

Second Period: Edward VI (1547-1553)第2期:エドワード6世( 1547-1553 )

By the death of Henry VIII (27 January, 1547) the main obstacle to the reforming influence was removed.ヘンリー8世の死去された( 1547年1月27日)の主な障害に影響を与えるの改質が取り外されました。 With the accession of Edward VI, who had been brought up in the reformed faith, with Seymour, also a Protestant, omnipotent in the Council, and Cranmer, now able to show his hand and work his will, the party of the Reformation became possessed of all the resources of national power, and during the five years of the reign (1547-53) remained triumphantly in the ascendant.エドワード6世の即位して、育てていた人は、改革派の信仰は、シーモア、プロテスタントでも、全能のは、評議会、およびクランマーは、彼の手を見せるようになりましたが、彼の仕事は、党の刷新が保有国力のすべてのリソース、および5年間の治世中( 1547年から1553年)日の出の勢いで勝ち誇ったように残っています。 This period witnessed the introduction of the great doctrinal and liturgical changes.この期間の導入を目撃したと典礼教義上の大きな変化だ。

Denial of the Sacrifice of the Mass. - One of the cardinal principles of the Reformation which the German delegates had brought over in 1538 was that "the Mass is nothing but a Communion or synaxis" (Tunstall's Summary, M.S. Cleop. E. V., 209).拒否を犠牲にし、ミサ-1つの原則で、基本的な改革が、ドイツの代表団は、 1 538年に渡来していたこと"ではなく、聖体拝領のミサや集会は何もない" (タンストールの概要は、 m sc leop。 e .対、 209 ) 。 Cranmer vehemently upheld this conception of the Eucharist.この概念は、支持クランマー聖体躍起になっています。 One of the first Acts under Edward VI was the introduction of a new English Communion Service, which was to be inserted at the end of the Mass, and which required Communion to be given under both kinds. 1つのエドワード6世の下での最初の行為は、英語聖餐新しいサービスの導入、これが最後に挿入されるの質量は、これに必要とされる聖体拝領の両方の種類の下に与えられた。 This was soon after followed by a Book of Common Prayer, with a Communion Service entirely taking the place of the Latin Mass. Cranmer was the chief author of this book.この直後には、共通の祈りが続きます。帳、拝領のサービスを完全に取って代わるのラテン語ミサクランマーは、この本の著者のチーフです。 Whether it ever received the assent of Convocation has been questioned, but it was approved by Parliament in 1549.これまでに受け取ったことに同意するかどうかは疑問視されて招集が、それは議会で承認された1549 。 Gardiner, Bishop of Winchester, in opposing Cranmer's denial of the Real Presence and of the Sacrifice of the mass, argued that even certain passages in the new Prayer Book implied the acceptance of these doctrines; whereupon Cranmer and his fellow-reformers drew up a new Prayer Book, still more Protestant in tone and character.ガーディナー、ウィンチェスター大主教は、クランマーの反対では、本物の存在を否定すると、大量の犠牲には、特定の通路と主張しても、新しい本を祈り黙示の受諾これらの教説;するとクランマーと仲間にするために新しい改革派ドリュー祈りの本は、まだこちらのトーンとプロテスタントのキャラクターです。 In it the order of the parts of the Communion Service was considerably altered, and the passages used by Gardiner as apparently favouring the Catholic doctrine were studiously eliminated, or so changed as to preclude in future any such interpretation, and all allusion to Altar or Sacrifice was carefully omitted (Gasquet and Bishop, Edward VI and the Book of Common Prayer, 289).それは、パーツの注文では、聖餐式はかなり変化した、と明らかにfavouring通路として使用され、カトリック教義ガーディナーstudiously取り除かれた、または変更されたので、将来どのような解釈を排除し、またはすべてを犠牲に言及して祭壇省略された場合は注意深く(ガスケと司教は、この本のエドワードviと共通の祈り、 289 ) 。 In 1552, this, the second Prayer Book of Edward VI, was authorized by Parliament. 1552で、これは、 2番目の祈りの本エドワードviのは、議会では認可されています。 A new Ordinal or Order for making bishops, priests, and deacons was compiled, from which in like manner all mention of the sacrificial office of the priesthood was rigorously excluded.新たな秩序を作る順序や司教、司祭、 deaconsがコンパイルと、中からどのような方法ですべてのいけにえの事務所に言及したのは、厳密に除外する聖職に就く。 It was approved by Parliament in 1552.議会で承認されていた1552 。 In 1551, quite in harmony with this liturgical reform, an Order in Council issued to Bishop Ridley required the altars to be torn down, and movable tables substituted, while a statement of reasons was to be made to the people explanatory of the change, namely, "that the form of a table may more move and turn the simple from the old superstition of the Mass and to the right use of the Lord's Supper". 1551年には、非常に調和して、この典礼改革では、評議会の命令を発行するのに必要なビショップリドリー取り壊された祭壇には、可動式のテーブルと置換は、声明の中の理由が考えられますが、国民に説明される前には、変更、すなわちは、 "表形式では、 5月からこちらに移動し、コンピュータの単純な古い迷信の質量として使用する権利は、主の晩餐" 。

Suppression of Catholic practices.カトリックの慣行を抑制します。 - By Royal Proclamations and episcopal visitations, a multitude of Catholic practices and sacramentals, such as lights, incense, holy water, and palms, were suppressed. -と宣言されたロイヤルエピスコパル参観は、多くのカトリックs acramentals慣行とは、ライトなど、線香、聖水、および手のひらは、抑圧された。 These reforms, proceeding tentatively but rapidly, were initiated and carried out mainly by Cranmer and his set, and the reflected his beliefs and that of this fellow-reformers.これらの改革は、急速に進んで暫定的には、主に実施が開始されるとセットクランマーと彼は、自分の信念を反映し、この男の改革派としています。 The 42 Articles.記事の42 。 - In 1553, a royal decree was issued requiring the bishops and clergy to subscribe forty-two Articles of Religion which embodied in great part what had been contained in the Thirteen Articles agreed upon with the Germans. -1 553年には、必要とする勅令が出されたの司教と4 2の記事を購読する聖職者の大部分は何の宗教を具体化していた1 3人の記事に含まれてドイツで合意しています。 The article on the Eucharist had been significantly changed to agree, as Hooper attests, with the teachings of the Swiss reformer, Bullinger.その記事を大幅に変更していた聖体に同意、 attestsフーパーとしては、スイスの教えを改質、ブリンガー。

Third Period: Elizabeth I (1558-1603)第3期:エリザベスよい( 1558-1603 )

In November, 1558, Queen Elizabeth succeeded Queen Mary, and immediately proceeded to restore the work of Henry VIII and Edward VI.昨年11月、 1558年、エリザベス女王に成功したクイーンメリーは、その仕事を復元すると、すぐに進み、ヘンリー8世やエドワードviのです。

Based on Prayer Book of 1552. 1552冊の祈りに基づいています。 - The new settlement of religion was based, not on the First Prayer Book of 1549, but on the more Protestant one of 1552. -宗教は、新しい決済ベースではなく、祈りは、最初の1 549冊のではなく、より多くのプロテスタント1 552の1つです。 The latter was adopted with a few slight modifications, and it remains for the most part substantially unchanged to the present day.後者は、若干の修正により、数採択して、それを大幅に変更されていない遺跡の大部分を、現在の日です。 The statement that Pius IV offered to approve the Prayer Book is devoid of all historical foundation.ピウス4世の声明を提供することを承認するための祈りの本はすべての歴史的な基盤を欠いている。 It has not a vestige of contemporary evidence to support it.現代の痕跡がないことを示す証拠をサポートしている。 Camden, the earliest Anglican historian who mentions it, says: "I never could find it in any writing, and I do not believe any writing of it to exist. To gossip with the mop is unworthy of any historian" (History, 59).カムデンは、最古の歴史学者たちアングリカン言及することは、書かれています: "私は決して可能性を見つけることで任意の文章は、任意の文章と私は信じていないことが存在しています。ゴシップをモップで掃除しては、いかなる史家値しない" (歴史は、 59 ) 。 Fuller, another Anglican historian, describes it as the mere conjecture "of those who love to feign what they cannot find".フラーは、別の聖公会の歴史学者は、単なる憶測を記述することとして、 "どのような人たちの愛を持っているふりをして彼らを見つけることができません" 。

The 39 Articles.記事の39 。 - In 1563 the Edwardian Articles were revised in Convocation under Archbishop Parker. -エドワード朝の記事で、 1 563年に改訂された大主教パーカーの下に招集。 Some were added, others altered or dropped, and the number was reduced to Thirty-eight.いくつか追加されましたが、他の改変または破棄され、その数は38に減っています。 In 1571, the XXIXth Article, despite the opposition of Bishop Guest, was inserted, to the effect that the wicked do not eat the Body of Christ. 1571年には、 xxixth記事では、ユーザーの司教の反対にもかかわらず、挿入された、という趣旨の、邪悪なキリストの体を食べちゃ駄目よ。 The Articles, thus increased to Thirty-nine, were ratified by the Queen, and the bishops and clergy were required to assent and subscribe thereto.この記事は、このように増加し、 39 、女王さまが批准される、との司教と聖職者の同意が必要としてそこを購読します。

Calvinistic Influence. calvinisticに影響を与える。 - During the whole of Elizabeth's long reign, the prevailing tone of Anglican teaching and literature was decidedly Genevan and Calvinistic (Dr. Prothero, English Hist. Rev., October, 1886). -全体の中の長いエリザベス治世は、現行の聖公会のトーンと文学を教えていたと明らかにジュネーヴc alvinistic(プロザロ博士は、英語シーッ。牧師は、 1 0月、 1 886) 。 In 1662 a reaction set in against Puritanism, and the Prayer Book, which had been suppressed during the Commonwealth, was brought back and subjected to revision in Convocation and Parliament. 1662年にはピューリタニズムに対する反応を舞台に、そして祈りの本は、抑圧されていた期間中、連邦、帰されるとは、対象と議会を招集して改正しています。 The amendments made were numerous, but those of doctrinal significance were comparatively few, and of a kind to emphasize the Episcopal character of Anglicanism as against Presbyterianism.改正前には、数多くの、しかし、それらの教義上の意義が比較的少ない、とのある種のキャラクターを強調するために、聖公会聖公会の長老制として反対する。 The most notable were the reinsertion, with altered wording, of the Black Rubric (omitted by Elizabeth) and the introduction in the form of the words, "for the office of a Bishop" and "for the office of a Priest", in the Service of Ordination.最も注目すべきは、再挿入し、変化の文言は、その黒と朱書き(省略されたエリザベス)の導入という形で、言葉で、 "オフィスのためのビショップ"と"は、オフィスの司祭"は、サービスの聖職叙任。

Anglican Formularies.アングリカンformularies 。 -

The historic meaning and doctrinal significance of the Anglican formularies can only be determined by the candid and competent examination of the evidence as a whole,この歴史的な意味とは、聖公会の教義上の意義formularies決定されることによってのみ、率直な証拠とは、有能な審査全体としては、

first, by the study of the plain meaning of the text;第一に、この研究では、プレーンテキストの意味;

secondly, by the study of the historical setting and the circumstances in which they were framed and authorized;第二に、設定されると、研究は、歴史的な状況と認定された骨組;

thirdly, by the known beliefs of their chief authors and of those by whom they were accepted;第三に、彼らの長さは、おなじみの著者との信念を誰かれらはそれらの受け入れ;

fourthly, by comparison with the Catholic pre-Reformation formularies which they supplanted;第四に、事前に比較して、カトリック教徒が彼らの改革formularies supplanted ;

fifthly, by the study of their sources and the exact value of their doctrinal terminology as found in the controversies of the time; fifthly 、彼らのソースを勉強されると、正確な値が見つかりました彼らの教義上の用語としては、議論の時間;

sixthly-if the examination is not to be hopelessly narrow-by the study of general Reformation in Europe, of which the English Reformation, albeit with local and national characteristics, was both a part and a result. - sixthly審査ではない場合はどうしようも狭される一般的な改革によって、ヨーロッパの研究は、そのうちの英語の改革は、たとえしているローカルおよび全国の特性は、両方の団体との結果だった。

Here it is only possible to state the conclusions arising from such an inquiry in briefest outline.ここでしかできないことが、結論から発生してこのような状態でちょっとお問い合わせアウトラインです。

CONNECTION WITH THE PARENT MOVEMENT OF REFORMATION改革の動きに関連して、親

There can be no doubt that the English Reformation is substantially a part of the great Protestant Reformation upheaval of the sixteenth century, and that its doctrine, liturgy, and chief promoters were to a very considerable extent derived from, and influenced by, the Lutheran and Calvinistic movements on the Continent.疑いの余地はないが、英語の改革は、実質的には、偉大なプロテスタント団体は、 16世紀の激変改革、そしてその教義、典礼、およびチーフ発起人には、非常にかなりの程度に由来し、左右される、とのルター派calvinistic動きは、大陸です。

First Bond: Personal最初の債券:個人

There was first of all the living or personal connection.そこは、まず第一に、個人の生活や接続してください。 The great English Reformers who took the leading part in the work of Reformation in England &151; Cranmer, Barlow, Hooper, Parker, Grindal, Scory, May, Cox, Coverdale, and many others-were men who lived and laboured amongst the Protestants of the Continent, and remained in constant and cordial touch and communication with them.改革派の人の偉大な英語では、メインの部分の作業のイングランド&151;クランマー改革で、バーロウ、フーパー、パーカー、グリンダル、 scory 、 5月、コックスは、カバーデイルや他の多くの人に住んでいた男性との間に、プロテスタントのlaboured大陸、および定数と心のこもったままで触れると通信している。 (See Original Letters of the Reformation.) Reciprocally, continental reformers, like Peter Martyr and Martin Bucer, were welcomed to England and made professors of Divinity at the universities. (元の文字の改革を参照してください。 )相互は、大陸の改革派は、殉教者のようなピーターとマーティンブツァー、歓迎していたイングランドとは、神の前に大学の教授です。 Others, like John a Lasco, and Paul Fagius, become the friends and guests of Cranmer.他は、ジョンのようにlasco 、 fagiusとポールは、友人やゲストのクランマーなる。

Second Bond: Doctrinal 2番目ボンド:教理

A second bond was the adoption of the same essential doctrines.第二ボンドは、養子縁組の本質的な教説と同じです。 The great principles and tenets set forth in the works of Luther, Melanchthon, and Calvin, or Zwingli, are reproduced with or without modifications, but substantially, and often almost verbatim in the literature of the English Reformation.偉大な教義の原則と規定されてルーサー作品は、メランヒトン、およびカルビン、またはツウィングリ、修正せずには、複製が、実質的で、よく文学のほとんどは、英語の逐語的な改革です。 The chief doctrines which are essentially and specifically characteristic of the Protestant Reformation as a whole are the following nine:教説の長さとは、本質的にプロテスタントの改革の具体的な特徴は、全体として、以下の9つ:

rejection of the Papacy,ローマ教皇の拒絶反応、

denial of the Church Infallibility;拒否の教会の無謬性;

Justification by Faith only;他力本願のみ;

supremacy and sufficiency of Scripture as Rule of Faith;支配権を握ると十分な啓典として信仰;

the triple Eucharistic tenet [viz.教義のトリプルeucharistic [ viz 。 (a) that the Eucharist is a Communion or Sacrament, and not a Mass or Sacrifice, save in the sense of praise or commemoration; (b) the denial of Transubstantiation and worship of the Host; (c) the denial of the sacrificial office of the priesthood and the propitiatory character of the Mass]; (に)たりして聖体拝領聖餐式は、質量や犠牲ではない、という意味の褒め言葉や保存を記念し、 ( b )に仕え、拒否の代用とは、ホスト; ( C参照)は、いけにえの事務所は否定聖職に就くとの機嫌取りのキャラクターは、質量] ;

the non-necessity of auricular Confession;耳介の自白以外の必要性;

the rejection of the invocation of the Blessed Virgin and the Saints;拒絶反応の呼び出しには、聖母マリアと聖人;

the rejection of Purgatory and omission of prayers for the dead;煉獄の拒絶反応や死者のための祈りの脱落;

the rejection of the doctrine of Indulgences.後の拒絶反応の学説におぼれることです。

To these may be added three disciplinary characteristics which are founded on doctrine:これらの3つの懲戒を泳いだ5月に設立している教義の特徴:

the giving of Communion in both kinds;聖体拝領を与えることの両方の種類;

the substitution of tables for altars; andテーブルの置換用の祭壇;と

the abolition of monastic vows and the celibacy of the clergy.修道誓願の廃止とは、聖職者の独身です。

These twelve doctrines and practices of the continental Reformation have undoubtedly, though not always in the same measure, entered into the fibre of the English Reformation, and have all found expression, more or less emphatic, in the Anglican formularies. 12教説や慣行は、これらの改革は間違いなく大陸は、いつもと同じ測定するわけではありませんが、英語を入力すると、ファイバーの改革は、すべての発見や表現が、多かれ少なかれ強調して、聖公会は、 formularies 。 Hence, while the name "Protestant" is not found in the Prayer Book, it is used in the Coronation Service when the King promises to maintain "the Protestant religion as by law established".したがって、その中に名前を"プロテスタント"が見つからない場合は、書籍の祈りは、それが使用された際に、王の即位のサービスを維持すると約束して"と、プロテスタントの宗教法として確立された" 。 It was from the beginning popularly applied to the Anglican beliefs and services.それは初めからアングリカン広く適用されることを信条とサービスです。 In the Act of Union the Churches of England and Ireland are styled "the Protestant Episcopal Church", a name still retained by the Anglican Church in America.労働組合の行為は、英国とアイルランドには、教会のスタイル"のプロテスタント監督教会"は、まだ名前はアメリカ聖公会に保持されています。

Third Bond: Liturgical 3番目ボンド:典礼

A third bond between the Reformation on the continent and that which took place in England is to be found in the actual composition of the formularies.債券の間の3分の1は、大陸の改革が行われたものとされ、イングランドは、実際の組成は、 formularies 。 The Anglican Articles owe much, through the Thirteen Articles, to the Confession of Augsburg, and also to the Confession of Wurtemberg.聖公会の記事を借りているくらいのは、 13の記事を通じて、自白のアウクスブルクには、自白のwurtembergともしています。 Notable portions of the baptismal, marriage, and confirmation services are derived from the "Simplex et Pia Deliberatio" which was compiled by the Lutheran Hermann von Wied, with the aid of Bucer and Melanchthon.特筆すべき部分は、洗礼、結婚、そして確認から派生したサービスは、 "シンプレックスet deliberatioぴあ"のルター派コンパイルされていたヘルマンフォンウィート、ブツァーとメランヒトンの力を借りている。 That a considerable part of the Anglican ordinal (without the distinctive form for each Order) is found in Bucer's "Scripta Anglica", has been pointed out by the late Canon Travers Smith.そのかなりの部分は、聖公会の順序(なしで、独特な形で、各命令)が発見さブツァーの" scripta anglica "と、指摘され、後半でキヤノントラバーズスミスさんです。

Conclusion結論

In this triple bond-personal, doctrinal, and liturgical &151; the continental and Anglican Reformations are, amid many and notable differences, substantially and inseparably interwoven as parts of one and the same great religious movement.この三重結合-個人的な、教義上、および典礼&151;アングリカンreformations 、コンチネンタルとは、多くの中で顕著な違いとは、かなりの部分と密接に織り交ぜるとして1つの偉大な宗教的な運動と同じです。

USE OF LITURGICAL REFORM TO DENY THE SACRIFICE典礼改革の使用を否定するの犠牲

The comparison of the Anglican Prayer Book and Ordinal with the Pre-Reformation formularies which they replaced leads to a second conclusion which in harmony with the above.その本との比較は、聖公会の礼拝順序を事前に置き換えてformularies改革につながると調和して、 2番目は、上記の結論だ。 On making an analysis of what has been removed, and what has been retained, and what has been altered, it becomes unmistakably apparent that the main motive which determined and guided the construction of the new liturgy was the same as that which inspired the whole Reformation movement, namely: the determination to have the Lord's Supper regarded only as a Sacrament or Communion, and not as a Sacrifice, and to remove whatever indicated the sacrificial character of the Eucharist, or the Real, Objective Presence, in the Catholic sense, in which Christ is worshipped in the Host.製造を分析して何が削除され、留保されてきたことと、変化したとされてきたことは、紛れもなく、それは明らかにして、メインの動機に導かの建設を決意し、新たな典礼に触発されたのと同じで、全体の改革運動、すなわち:その決意を夕食と見なすことは、主の聖餐式や聖餐のみとしては、いけにえとしてではなく、どのような指示を削除するとキャラクターの聖体のいけにえ、またはその実、客観的プレゼンスは、カトリック教徒の感覚では、これは、キリスト崇拝には、ホストです。

The Catholic liturgical forms, missal, breviary, pontifical, were in possession and had been in actual use for centuries.典礼カトリックフォームは、ミサ典は、聖務日課書は、教皇は、所持していたが、実際に使用するための世紀にもわたっている。 In making a liturgical reform, it was by the necessity of the case impossible that the changes made should not have reference to them, standing as they did, in the relation of terminus a quo to a terminus ad quem of reformation.典礼改革を作ることは、それは不可能で、その必要性は、事件の前に、変更内容を参考にしてはいけないが、かれらのように立って、関係の第一期限は、最終期限の改革をする。 If the Sarum Missal, Breviary, and Pontifical are placed side by side with the Anglican Prayer Book and Ordinal, and a comparison made of the corresponding parts, the motive, drift, and intention of the framers are clearly revealed.ミサ典sarum場合は、聖務日課書、および配置と並んで教皇は、聖公会の礼拝順序書籍とは、前に比較すると、対応する部品が、その動機は、ドリフト、との意向を明らかにframersは明らかです。

In the Catholic Pontifical, in the Ordination services there are twenty-four passages which express with clearness the Catholic Sacerdotium, or sacrificial character of the office and work of the priesthood.カトリックは、教皇は、聖職叙任サービスは、 2004年には透明の通路を表明してカトリックsacerdotium 、あるいはいけにえのキャラクターは、オフィスや仕事の聖職に就く。 Of these not one was allowed to remain in the Anglican Ordinal.これらの1つは認められていないのは、聖公会の順序のままです。

In the Ordinary of the Mass alone there are some twenty-five points in which the sacrificial nature of the Eucharist and the Real Presence of Christ as a Victim are expressed or implied.一人では、通常は、いくつかありますが、大量25得点で、いけにえの性質の聖体とキリストの真の犠牲者としての存在または黙示的に表明しています。 All these have been suppressed and eliminated in the Anglican Communion Service, and passages of a Reformational or non-committal character substituted.そして、これらすべての抑圧が撤廃され、アングリカンコミュニオンサービス、および通路の改良の置換または非遂行キャラクターです。

Thus, with regard to no less than forty-nine places, the new formularies bear the mark of deliberate exclusion and of anti-sacrificial and anti-sacerdotal significance.したがって、と関連して49未満のない場所では、この新しいformulariesクマのマークのいけにえの故意の排除や反聖職の意義と反です。 (See The Tablet, London, 12 June, 1897.) (錠を参照して、ロンドン、 1897年6月12日です。 )

DEVELOPMENT AND PARTIES開発や政党

Although the Anglican Articles and liturgy have been practically unchanged since 1662, it was inevitable that the life and thought of a religious body like the Church of England should present the note of development, and that such development should eventually out grow, or at least strain, the historic interpretation of the formularies, and the more so because there has been no living authority to adapt or readjust them to the newer needs or aspirations.にもかかわらず、聖公会の記事や典礼てきた1662年以来実質的に変わっていない、それは避けられないと考えたのでは、宗教上の生命体のような存在に注意すべきイングランド教会の開発、およびそのような開発は、最終的に成長する、または少なくともひずみは、この歴史的な解釈のformularies 、そして、こちらが行われていないため、今の生活に適応する権限を調整したりして新しいニーズや願望です。

The development may be said to have been guided by three main influences.によると、開発してきたかもしれない3つの主な影響力に導かれている。

There has been the deep-seated attachment to the principles of the Reformation in which the Anglican settlement was founded, and the determination to preserve the standards of belief and worship then established.根深いされ、そこに添付された改革の原則は、聖公会の和解が設立され、その基準を維持する決意を信念と崇拝次に設立。 This loyalty to the Protestant character of the Anglican Church has produced the Low Church, or Evangelical, school of Anglicanism.このキャラクターに忠誠をプロテスタントの聖公会の教会が生み出されたの低い、または福音派は、聖公会の学校です。

A second influence is that of rationalism, which, both in England and in Germany, has acted as a solvent of Protestantism, especially in the form of destructive biblical criticism, and which, often in the effort to sublimate religion, has induced an aversion to all that is dogmatic, supernatural, or miraculous. 2番目に影響を与えることは、合理主義が、これは、イングランドとドイツの両方では、溶媒としての行動はプロテスタント、特に破壊的な聖書の批判という形で、これは、頻繁に昇華させる努力をする宗教には嫌悪感を誘発するすべてのことは、独断的な、超自然的、または奇跡だ。 Its exponents, who are numerous, learned, and influential, are generally classed as the Broad Church, or the Latitudinarian, school of Anglican religious thought.そのexponents 、多くの人は、学び、そして影響力は、分類としては、通常の広い教会は、自由主義や、学校での宗教思想アングリカン。

A third influence which made itself felt upon Anglicanism, and one more vital and more penetrating and progressive than the other two, has been that of Catholicism, whether as reflected in Catholic antiquity or as beheld in the actual Catholic and Roman Church. 3番目の前に自らの影響力を感じた時聖公会、および1つのより多くの重要な洞察力と進歩よりも、もっと他の2つは、カトリシズムてきたことを、できる限り反映できるかどうかカトリック教徒としてbeholdの過去過去分詞で、実際の古代ローマカトリック教会です。 The effect of this influence may be traced in what has been called the historic High Church party.その効果に影響を与えるかもしれないが、このトレースには、何と呼ばれてきた歴史的な教会の高いパーティーです。 A number of Anglican bishops and divines in the seventeenth and eighteenth centuries, while bitterly opposed to Rome, and loyally Protestant, stood above the prevailing low level of churchmanship, and put forward higher and philocatholic views, in the matters of Church authority, belief, and worship.数多くの聖公会の司教や神学者は、 17および18世紀にもわたって、激しく反対している間ローマでは、プロテスタントとloyally 、現行の上に立っていた低レベルのchurchmanship 、前方に置くphilocatholic高いとの意見は、教会の権威の問題で、信念は、と仕えています。 Although comparatively few in number, and vehemently assailed by their fellow churchmen, they were destined to serve as a point d'appui for a subsequent development.数の上では比較的少ないにもかかわらず、彼らの仲間に襲われると躍起になって国教徒は、かれらは運命に拠点としての役目を果たすために、後続の開発です。 Such writers as Bishop Andrews (d. 1626), Bishop Overall (d. 1644), Bishop Montague (d. 1641), Archbishop Laud (d. 1644), Archbishop Bramhall (d. 1663), Dr. Thorndike (d. 1672), Bishop Ken (d. 1711), Dr Waterland (d. 1740), may be regarded as representative of this section.このような作家としての司教アンドリュース( d. 1626年) 、ビショップ全体( d. 1644 ) 、ビショップモンタギュー( d. 1641年) 、大司教賛美( d. 1644 ) 、大司教ブラムホール( d. 1663 ) 、博士ソーンダイク( d. 1672 ) 、ビショップケン( d. 1711 ) 、ドクターウォーターランド( d. 1740 ) 、 5月は、この項の代表者と見なされています。

OXFORD MOVEMENTオックスフォード運動

(See also OXFORD MOVEMENT.) (オックスフォード運動も参照してください。 )

In 1833 a strong current of popular opinion directed against the Anglican Church aroused in its defense the zeal of a small band of Oxford students and writers, who gradually gathered under the informal leadership of John Henry Newman. 1833現在の人気は、強い反対意見の聖公会監督は、守備の熱意興奮して、小さなバンドのオックスフォード大学の学生や作家、徐々に集まった人のリーダーシップの下での非公式のジョンヘンリーニューマン。 Among these were John Keble, C. Marriott, Hurrell Froude, Isaac Williams, Dr. Pusey, and W.G. Ward.これらの中にはジョンキーブル千佳子マリオット、ハレルフルード、アイザックウィリアムス、ドクターピュージー、およびwg病棟です。 Their object was to make good for the Anglican Church its claim to the note of Catholicity.彼らの良いオブジェクトを作るためには、聖公会のメモの普遍性を主張した。 Their task led them to look both behind and outside the sphere of the Reformation.彼らのタスクを主導して見ると外部の両方の背後には、改革の球です。

By forming a catena of Anglican High Church divines of the seventeenth and eighteenth centuries on one side, and a catena of certain Fathers on the other, it was hoped that a quasi-continuous chain of Catholic tradition could be made to connect the Anglican Church of their day with Catholic antiquity.カテナの聖公会の高さを形成する神学者は、 17の教会と18世紀にもわたって1つの面では、ある特定の祖先とカテナは、他のは、それは期待して、準連続チェーンの可能性があるカトリックの伝統を接続する前に、聖公会の彼らの一日を大昔のカトリックです。 Translations of the Fathers, works on liturgy, the festivals of the "Christian Year", and above all a memorable series of "Tracts for the Times", conveyed with telling force the newer and broader conceptions of churchmanship which entered into the spirit of the defenders.翻訳には、父のは、典礼に取り組んで、このフェスティバルは、 "キリスト教の年"とし、上記のすべての思い出に残るシリーズ"は、回路"は、新しいものと伝えられたと言っ力をより広範な概念をchurchmanshipの精神に入力し、守備です。

In "Tract 90" an attempt was made, somewhat on the lines of Sancta Clara, to show that the Anglican Articles might in certain aspects be reconciled to the teaching of the Council of Trent. "路90 "とする試みは前には、多少は、行のsanctaクララは、聖公会の記事かもしれないということを示すのに仲直りして、特定の側面を教えることは、評議会のトレント。 The result was a doctrinal and devotional crisis such as England had not witnessed since the Reformation, and the Oxford or Tractarian movement, during the twelve years from Keble's sermon on "National Apostasy", in 1833, to Newman's conversion in 1845, formed a historic epoch in the annals of Anglicanism.その結果は、祈りの教義上の危機やイングランドなどの目撃以来、改革はない、とのオックスフォードまたはtractarian運動は、 12年間の中からキーブルのような説教して"国立背教"は、 1833 1845は、歴史的に形成エポック聖公会の年代記です。 The fact that the work of the movement was informally a study de Ecclesiâ brought both the writers and their readers more directly face to face with the claims of the Church of Rome.という事実には、非公式の仕事の動きを研究デecclesiâもたらした作家とその両方をより多くの読者に直接顔を合わせることで、ローマの教会の主張だ。

A large number of those who took part in the movement, and notably its great leader, became Catholics, while others, in remaining Anglicans, gave a new and pro-Catholic direction and impulse to Anglican thought and worship.数多くの人々が参加したこの運動は、特にその偉大な指導者とは、カトリック教徒が、他は、残りのanglicansでは、プロとは、カトリック教徒の新しい方向性や衝動を崇拝思想とアングリカン。 It may be said that in the case of Newman, Oakley, Wilberforce, Ward, and a host of others, the research of the nature of Catholicity and the rule of faith brought them to realize the need of the living voice of a Divine magisterium (the regula proxima fidei), and failing to find it in the Anglican episcopate, they sought it where alone it could be found.それによると、 5月には、例ニューマン、オークレー、ウィルバーフォース、病棟、および他のホストは、この研究は、自然の普遍性と信仰を持って、ルールの必要性を実現するには、神の声オブザリビングmagisterium (信仰のプロキシマケンタウリの規制) 、および失敗したアングリカンbishopの地位を見つけることで、彼らはどこを求めたことだけかもしれないが見つかりました。

Others, like Pusey, Marriott, Keble, sought what they called the voice of the "Church" in the inanimate formularies (or regula remota) which, after all, was merely adding the Fathers, the liturgies, and conciliar definitions to the Scripture as the area over which they still used, after the manner of true Protestants, their private judgement.他、ピュージーのように、マリオットは、キーブルは、どのよう求めたと呼ばれる彼らの声は、 "教会"は、無生物formularies (または規制remota )が、結局のところ、単に追加していた父親は、 liturgies 、およびconciliar典として定義してまだ使われてやり直すの面積は、後の真のプロテスタントの態度は、彼らの私的な判断だ。 The same principle is always more or less at work and goes as far now as then to sift those who come from those who stay.同じ原理は、常に多かれ少なかれ、職場と当時としては今までに寄付さをふるいにかけてから来る人滞在者です。 [If we bear in mind that by "Church" was thus meant the silent self-interpreted formularies (or regula remota), and by "Bishops" the living magisterium (or regula proxima) sought in Anglicanism, we shall feel that there is a great truth contained in Pusey's well-known saying, three years after the secession of Newman: "I am not disturbed, because I never attached any weight to bishops. It was perhaps the difference between Newman and me. He threw himself upon the bishops and they failed him. I threw myself on the English Church and the Fathers, as under God, her support" (Letter to C. Marriott, 2 January, 1848)]. [もし我々を心に留めて"教会"の意味は、このように解釈さサイレント自己formularies (または規制remota )とされた"司教"リビングmagisterium (または規制プロキシマケンタウリ)聖公会を求めたが、わたしたちは感じることがある偉大な真実に含まれてピュージーのよく知られたと言って、 3年後の国家分裂のニューマン氏: "私は動揺していないので、私は決して体重を添付して任意の司教。それはおそらく、ニューマン氏と私の違いです。投げた時、自分自身と司教彼のことはできなかった。投げた私自身は、英語、父親の教会とは、神のもとで、彼女のサポート" (手紙をc.マリオットは、 1848年1月2日) ] 。

ANGLICAN REVIVAL聖公会復活

Although the Oxford movement is regarded as having come to a close at the conversion of Dr. Newman in 1845, a large section of the Anglican public had been much too profoundly stirred by its ideals ever to return to the narrowness of the religious horizons which were bounded by the Reformation.にもかかわらず、オックスフォード運動と見なされることが来るのはこれで終わりには、コンバージョンニューマン博士は1845は、聖公会大セクションでは、あまりにも深くていた公共かくはんされるまでに戻るには、その理念は、宗教的な地平狭された有界刷新される。 Its influence has survived in the unceasing flow of converts to the Catholic Faith, and is shown in the Anglican Church itself by the notable change of belief, temperament, and practice which is known as the Anglican Revival.その影響力は生き残ったの切れ間カトリック信仰の流れに変換して、示されているとは、聖公会の顕著な変化は、自分自身の信念は、気質、との練習が復活アングリカンとして知られています。 The last fifty years (1860-1910) have witnessed the development of an influential and growing school of religious thought which, amid the inconsistencies of its position, has steadily laboured to Catholicize the Church of England.最後の50年( 1860年から1910年)が目撃したの発展と成長にも影響力の学校の宗教思想には、その矛盾の中での立場は、普遍化は着実にlabouredイングランド教会です。 It has set up the claim, hopelessly untenable in the face of historical evidence, that the Anglican Church is one and continuous with the Ancient Catholic Church of the country, and is an integral portion of the Catholic Church of today.クレームセットアップすることが、どうしようも支持できない歴史的証拠に直面し、それは一つの聖公会と連続してその国の古代のカトリック教会は、部分積分とは、今日のカトリック教会です。 It professes to be able to give to Anglicans all that the Catholic Church gives to her members, save communion with the Holy See. professesを与えることができるようにして、すべてのカトリック教会anglicans彼女の会員を与え、保存して、聖なる聖体拝領を参照してください。 Through possessing neither the learning nor the logic of the Tractarians, it exercises a wider and more practical influence, and has won the favour of a large body of the Anglican public by importing into the Anglican services something of the beauty and power which it has borrowed from Catholic teaching and ritual.どちらの学習を通じて所持しtractariansの論理にも、それより広い、より実践的な演習に影響を与える、とは、ウォンの恩恵は、大規模なボディは、聖公会聖公会の公共サービスをインポートするか、それは、美しさと力を借りたカトリックの教えや儀式からです。 At the same time it has in many centers earned the respect and attachment of the masses by the example of zeal and self-sacrifice given by its clergy.それと同時に、それは多くの利益を尊重するセンターや添付ファイルの例では、大衆の熱意と自己犠牲の聖職者で与えられた。

It was natural that this advance section of the Anglican Church should seek to ratify its position, and to escape from its fatal isolation, by desiring some scheme of corporate reunion and especially by endeavouring to obtain some recognition of the validity of its orders.それは当然のこと、このセクションでは、聖公会進出を模索すべきとの立場を批准し、その致命的な孤立からの脱出には、いくつかのスキームを欲しさで、特に企業の再会endeavouringの妥当性の認識を得るには、いくつかの注文です。 With the truest charity, which consists in the candour of truth, Pope Leo XIII in his Encyclical on Unity, pointed out that there can be no reunion expect on the solid basis of dogmatic unity and submission to the divinely instituted authority of the Apostolic See.で、本当の慈善団体で構成は、キャンダーの真実は、彼の教皇レオ13世回勅して団結し、あり得ないということを指摘し、強固な基盤の再会を期待しての独断的な団結と神の提出を導入したのは、ローマ教皇の権威を参照してください。 In September, 1896, after a full and exhaustive inquiry, he issued a Bull declaring Anglican Orders to be "utterly null and void", and in a subsequent Brief addressed to the Archbishop of Paris, he required all Catholics to accept this judgment as "fixed, settled, and irrevocable" (firmum, ratum et irrevocabile). 9月には、 1896年、全面的かつ綿密な調査の後、彼は、雄牛に発行される命令を宣言アングリカン"全く無効とする"とし、簡単な宛てには、その後、パリの大司教、彼は、この判決を受け入れることに必要なすべてのカトリック教徒として"固定、定着し、取り返しのつかない" ( firmum 、 ratum et irrevocabile ) 。

The Anglican Revival continues to reiterate its claim and to appropriate to itself, where practical, whatever in Catholic doctrine, liturgy, and practice, church vestments or church furniture, it finds helpful to its purpose.聖公会復活し続けているとの主張をあらためて表明した適切な自体には、実用的な場所は、カトリック教義が何であれ、典礼、そして、実際には、教会の服や教会の家具は、その目的に役立つことを見つける。 By the Lambeth judgment of 1891 it acquired a public sanction for many of its innovations. 1891ランベス判断される公的な制裁を買収することは、多くの革新的です。 Since then it has gone further, and holds that no authority in the Church of England can override things which are authorized by "Catholic consent".それ以来、さらなる行った、と権威を保持していないことを上書きすることで、イングランド教会に認可されているものは"カトリックの同意" 。 It stands thus in the illogical and unhistorical position of a system which is philocatholic in its views and aspirations, but hopelessly committed to heresy and to heretical communication, and built upon an essentially Protestant foundation.筋の通らないことは、このようにスタンドとは、システムのどの位置には、歴史的でないphilocatholicの見解や願望が、どうしようもコミットして異端を異端とのコミュニケーションは、本質的にプロテスタントの基礎とビルドアップする。 Although to Catholics its very claim is an impious usurpation of what belongs of right to the Catholic Church alone, it fulfils an informal mission of influencing English public opinion, and of familiarizing the English people with Catholic doctrines and ideals.にもかかわらず、非常にクレームには、カトリック教徒不敬に属し、どのような権利を剥奪カトリック教会だけで、それになす非公式日本語世論に影響を及ぼすの使命は、英語の習熟を持つ人々との教説やカトリックの理念です。

Like the Oxford movement, it educates more pupils than it can retain, and works upon premises which cannot but carry it in the long run farther than it is willing to go.オックスフォードのような動きは、より多くの生徒に比べて教育を保持することができますし、敷地内に作品を運ぶことはできませんが、長い目で見ればそれよりももっと遠くに行くことは喜んでいます。 A branch theory which is repudiated by the principal branches, or a province theory which is unknown to the rest of the provinces, and a continuity theory of which more than twelve thousand documents in the Record Office and the Vatican Library are the overwhelming refutation, cannot form a standing ground which is other than temporary and transitional.枝説を否認したが、校長の支店、または未知の道の理論が、他の地方には、連続性とする説が12000を超えるレコード会社との文書が、図書館には、バチカンの圧倒的な反論は、することはできません立って地面を形成する以外には、テンポラリと移行します。 In the meantime, its work amongst the masses is often a species of catechumenate for Catholicism, and in all cases it is an active solvent and a steady undoing of the English Reformation.それまでの間、その作業の間には往々に大衆のための一種です。 catechumenateカトリシズム、そしてそれはすべてのケースに積極的に溶媒とは、英語で着実に改革を元に戻す。

STATISTICS統計

The number of Catholics in the world (1910) is said to exceed 230,000,000 (estimates by M. Fournier de Flaix, see The American Statistical Association Quarterly for March 1892).は、世界のカトリック信者数( 1910年)を超えるといわ230000000 (推計さm.フルニエデflaix 、四半期ごとの統計協会を参照して、アメリカの1892年3月) 。 The number belonging to the Greek and Eastern Churches is about 100,000,000.ギリシャ語の数と東方教会に属しているのは約100000000です。 The number of Anglicans in all countries is something less than 25,000,000.数anglicans未満のすべての国では何か25000000 。 Thus the relative proportion of those three Christian bodies which are sometimes grouped as being Episcopalian in constitution may be fairly stated by the three figures 23, 10, 2.5.したがって、これらの3つの相対的割合の遺体をキリスト教の聖公会では、いくつかのグループ分けされる可能性がかなり憲法に記載された3つの数字23 、 10 、 2.5です。 The growth of Anglicanism has followed mainly upon the expansion of the Anglo-Saxon race.聖公会の成長が続いて主の拡大は、アングロサクソンのレースです。 Its area may be said to include, besides the three nucleal countries (England, Ireland, Scotland), six others, namely: the United States, Canada, Australia, New Zealand, South Africa, and India.そのエリアに含まれているかもしれない、上述の3つのnuclealカ国(英国、アイルランド、スコットランド)は、 6つの他、すなわち:米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、そしてインドです。 But the bulk of its membership, in fact more than two-thirds, is to be found in England.しかし、バルクの会員数は、実際の3分の2以上がイングランドにも認められています。 In all the other countries of its areas it is in a minority of the Christian population.他の国々の中のすべての分野では少数派のキリスト教徒の人口です。 In five of them-Ireland, Scotland, the United States, Canada, and India &151; its numbers are considerably exceeded by those of the Catholic Church.かれらの中に5つのアイルランド、スコットランドでは、米国、カナダ、およびインド&151;さを超えて、これらの数字はかなりのカトリック教会です。 Its foreign missions are very generously supported, and have extended their activity far into the heathen countries.その外国人は非常に多大なご支援任務は、彼らの活動を延長して遠くの国々への異教徒。 The following table is compiled from comparatively recent statistics.次の表では、比較的最近の統計情報からコンパイルされます。 The numbers given are of members, except when it is stated to be of communicants.会員番号が与えられたのは、それが記載される場合を除いて、 communicants 。 The ratio of communicants to members may be anything between 1 in 3 and 1 in 8. communicants会員の比率を1 5月3日の間に何かを1で8 。

COUNTRYTOTAL CHRISTIAN POPULATIONNUMBER OF ANGLICANS
England32,526,075Between 13 and 17 millions or 2,223,207 communicants
Ireland4,458,775581,089
Scotland4,472,103134,155 (Epis. Ch of Scotland &151; Year Book, 1906)
United States76,303,387823,066 communicants
Canada5,371,051680,346
Australia3,774,2821,256,673
New Zealand 772,719315,263
South Africa1,135,735Under 300,000 or 48,487 communicants
India2,923,241453,462

The foregoing statistics concerning the Christian population of England and her dependencies are, with the exception of Australia and New Zealand, taken from the Census, 1901 (British Empire Official Year Book, which is also to be consulted for the Anglican population of Ireland, Canada, New Zealand, and India).ただし、前述のキリスト教徒の人口統計に関する彼女のイングランドとの依存関係は、オーストラリアとニュージーランドを除いて、撮影から、国勢調査は、 1901年(大英帝国の関係者の本年度は、相談のためにも、アイルランド聖公会の人口は、カナダ、ニュージーランド、日本、インド) 。 The figures for the Christian populations of Australia, in 1901, and New Zealand are given respectively in "Whitaker's Almanac", 1906, which includes 6,851 aborigines, and the "New Zealand year Book", 1904, which excludes the Maoris.この数字は、オーストラリアのクリスチャン人口は、 1901年、ニュージーランドには、それぞれに与えられた"とウィテカーの年鑑"は、 1906年、 6851原住民が含まれており、 " 1年間ニュージーランドの本"は、 1904年のmaorisを除く。 The Christian population of the United States is based on the Abstract of the twelfth Census, and that of South Africa on the European population, 1904, as contained in "Whitaker's Almanac", 1906.米国の人口は、キリスト教に基づいて、抽象的なのは、第12回国勢調査は、南アフリカ共和国とは、欧州の人口は、 1904年に含まれるとして"ホイッタカーの年鑑" 、 1906 。 For several decades there has been no return of religious denominations in the British Government Census.数十年の返還が行われていないが、英国政府の国勢調査の宗教宗派。 The Church of England is popularly estimated to include about 17,000,000.通俗的には、イングランドの教会を含めると推定約17000000です。 Its official "Year Book" (1906), which is also the authority for the number of communicants in the United States and South Africa, gives the number of communicants in England, as 2,223,207.その関係者"の本年度" ( 1906 ) 、これはまた、当局は、数communicants 、米国および南アフリカでは、与えcommunicants 、イングランドの数は、 2223207 。 This multiplied by 6 would give a membership of 13,339,242.これを掛けて6人の会員が実現すれば、 13339242 。 The same authority give the number of baptisms as 615,621.同じ権限を与えるとして数baptisms 615621 。 This, upon the usual multiple of 22.5, would give a membership of 13,860,000.これは、複数の時、いつもの22.5 、実現すれば、 13860000人の会員がいます。 The number belonging to the Church of England would thus seem to be between thirteen and seventeen millions.その数は、イングランドの教会に属しているためとみられる13人の間に17百万人です。 For the number of Anglicans in Australia in 1901, refer again to "Whitaker's Almanac", 1906. anglicans数は、 1901年にオーストラリアでは、再度参照して"ホイッタカーの年鑑" 、 1906 。

Publication information Written by J. Moyes. j. moyes書かれた文献の情報です。 Transcribed by Nicolette Ormsbee.ニコレットormsbee転写される。 The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.カトリック百科事典は、ボリュームi.日付1907 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, March 1, 1907.公認は、 1907年3月1日です。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

Wilkins, Concilia (London, 1737); Calendar of State Papers: Henry VII (London, 1862 sqq.); Edward VI (1856 sqq.); Elizabeth (ibid., 1863 sqq.); Prothero, Sclect Statutes; Cardwell, Documentary Annals (Oxford, 1844); Cranmer, Works; Gairdner, History of the Church of England in the XVIth Century; Dixon, Hist.ウィルキンス、 concilia (ロンドン、 1737 ) ;カレンダーの状態ペーパー:ヘンリー7世(ロンドン、 1862 sqq 。 ) ;エドワード6世( 1856 sqq 。 ) ;エリザベス( ibid. 、 1863 sqq 。 ) ;プロザロ、 sclect法令;カードウェル、ドキュメンタリーannals (オックスフォード、 1844 ) ;クランマー、作品;ゲアドナー、教会の歴史は、イングランドxvith世紀;ディクソン、シーッ。 of Church of England (London, 1878-1902); Wakeman, Introduct.イングランドの教会(ロンドン、 1878年から1902年) ;ウェイクマン、 introduct 。 to Hist.シーッしています。 of Church of England (London 1897); Cardwell, History of Conferences (London, 1849); Gibson, the Thirty-nine Articles; Browne, Hist.イングランドの教会(ロンドン1897 ) ;カードウェル、歴史会議(ロンドン、 1849 ) ;ギブソンは、 39の記事;ブラウン、シーッ。 of the Thirty-nine Articles; Keeling, Liturgiae Britannicae; Gasquet and Bishop, Edward VI and the Book of Common Prayer (London, 1891); Dowden, The Workmanship of the Prayer Book; Bulley, Variations of the Communion and Baptismal Offices; Brooke, Privy Council Judgements; Seckendorff, History of Lutheranism; Janssen, History of the German People, V, VI; Original Letters of the Reformation (Parker Series); Zurich Letters (Cambridge, 1842-43); Benson, Archbishop Laud (London, 1887); Church, The Oxford Movement (London and New York, 1891); Newman, Apologia; Liddon, Life of Pusey (London and New York, 1893-94), III; Benson, Life of Archbishop Benson記事は、 39 ;コートジボワール、 liturgiae britannicae ;ガスケと司教は、この本のエドワードviと共通の祈り(ロンドン、 1891 ) ;ダウデン、その出来映えは、祈りの本; bulley 、バリエーションは、聖餐と洗礼事務所;ブルック、枢密院の判断;ゼッケンドルフ、ルター主義の歴史;ヤンセンは、ドイツの人々の歴史、 v 、 viの;元の文字の改革(パーカーシリーズ) ;チューリッヒの手紙(ケンブリッジは、 1842年から1843年) ;ベンソン、賛美大司教(ロンドン、 1887 ) ;教会には、オックスフォード運動(ロンドンやニューヨーク、 1891 ) ;ニューマン氏は、弁明;リドンは、人生のピュージー(ロンドンやニューヨーク、 1893年から1894年) 、 3世;ベンソンは、人生の大司教ベンソン


Also, see:また、参照してください:
The Thirty Nine Articles 39の記事

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです