Arguments for the Existence of God引数は、神の存在

General Information 総合案内

Proofs FOR the Existence of God証拠は、神の存在

While theology may take God's existence as absolutely necessary on the basis of authority, faith, or revelation, many philosophers-and some theologians-have thought it possible to demonstrate by reason that there must be a God.神学かかる場合がありますが、神の存在として絶対に必要な権限に基づいて、信仰は、ヨハネの黙示録や、多くの哲学者や神学者にはいくつかの考えを示すことができるようにしなければならない理由があることを、神です。

St. Thomas Aquinas, in the thirteenth century, formulated the famous "five ways" by which God's existence can be demonstrated philosophically: 聖トマスアクィナスは、 13世紀には、処方の有名な" 5つの方法があります"とされる哲学的な神の存在を証明できる:

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Two other historically important "proofs" are the ontological argument and the moral argument. The former, made famous by St. Anselm in the eleventh century and defended in another form by Descartes, holds that it would be logically contradictory to deny God's existence.他の2つの歴史的に重要な"証拠"の存在論は、 道徳的な議論の引数します。前者は、有名になる前には、 11世紀の聖アンセルムと、別のフォームを擁護したデカルトは、論理的に保持することを明らかに矛盾する神の存在を否定しています。 St. Anselm began by defining God as "that [being] than which nothing greater can be conceived."聖アンセルム始めた神として定義された"として[れ]よりも大きいことができますが何も考えています。 " If God existed only in the mind, He then would not be the greatest conceivable being, for we could imagine another being that is greater because it would exist both in the mind and in reality, and that being would then be God.神の心の中にある場合にのみ存在し、それから彼の最大の考えではないが、我々が想像している別の存在が大きいので、両方の心の中にあるとは、実際には、その後には、神としている。 Therefore, to imagine God as existing only in the mind but not in reality leads to a logical contradiction; this proves the existence of God both in the mind and in reality.したがって、既存のを想像するだけで心を神としてではなく、現実につながる論理的矛盾;この神の存在を証明するのは、心と現実の両方です。

Immanuel Kant rejected not only the ontological argument but the teleological and cosmological arguments as well, based on his theory that reason is too limited to know anything beyond human experience.イマニュエルカントの存在論だけでなく、議論を拒否しましたが、目的論と宇宙論の引数としてええと、自分の理論に基づいてその理由はあまりにも限られた人間の経験を超えて何かを知っています。 However, he did argue that religion could be established as presupposed by the workings of morality in the human mind ("practical reason").しかし、宗教の可能性があると主張して、彼はそれを前提として設立される道徳は、人間の心の働き( "実践理性"を参照) 。 God's existence is a necessary presupposition of there being any moral judgments that are objective, that go beyond mere relativistic moral preferences; such judgments require standards external to any human mind-that is, they presume God's mind.神の存在を前提に必要なのは、そこにいかなる道徳的な判断を客観的には、単なる相対論的道徳的な好みを超越して;このような判断基準を外部に必要なすべての人間の心には、かれらの心を神に生意気にも〜する。

Arguments AGAINST God's Existence神の存在を引数に反対

Arguments against God's existence have been given by philosophers, atheists, and agnostics.神の存在に対する引数が与えられたの哲学者、無神論、およびagnostics 。 Some of these arguments find God's existence incompatible with observed facts; some are arguments that God does not exist because the concept of God is incoherent or confused.これらのいくつかの引数を見つける互換性が観測された神の存在を事実;いくつかの引数には、神の概念は存在しないので、神は支離滅裂や混乱しています。 Others are criticisms of the proofs offered for God's existence.他人との批判は、神が存在する証拠を提供しています。

One of the most influential and powerful "proofs" that there is no God proceeds from "The Problem From Evil."の1つで最も影響力と強力な"証拠"があることからの収益の外に神はない"悪の問題からです。 " This argument claims that the following three statements cannot all be true: (a) evil exists; (b) God is omnipotent; and (c) God is all-loving.この引数と主張して、次の3つのすべてのステートメントにすることはできません真:悪が存在する( ) ; ( b )には、全能の神;及び( c )神はすべてを愛する。 The argument is as follows:引数は以下のとおりです:

Another argument claims that the existence of an all-knowing God is incompatible with the fact of free will-that humans do make choices.別の議論が存在すると主張して、神は全知に互換性がないという事実は、人間の自由意志に作るかを選択できます。 If God is omniscient, He must know beforehand exactly what a person will do in a given situation.神は全知場合には、彼は事前に知っている必要があります正確にはどのような人に与えられた状況です。 In that case, a person is not in fact free to do the alternative to what God knows he or she will do, and free will must be an illusion.その場合は、無料で人ではない実際には、神に代わるものは何か知っている彼または彼女は、自由意志でなければならないと錯覚します。 To take this one step further, if one chooses to commit a sin, how can it then be said that one sinned freely?この1つのステップを取るさらに、もし1つを選択して罪を犯すのは、その後にはどうすればそれによると、 1つのsinned自由ですか?

Hume provided powerful critiques of the main arguments for God's existence.ヒューム提供するための強力な批判は、神の存在を主な引数です。 Against the cosmological argument (Aquinas' third argument), he argued that the idea of a necessarily existing being is absurd.宇宙論に対する引数(アクィナス' 3番目の引数)は、彼と主張しているという考えは、必ずしも既存のは、とんでもない。 Hume stated, "Whatever we can conceive as existent, we can also conceive as nonexistent."ヒュームは、 "どんなことができる存在として思い付く、想像することができるようにも存在しない"と述べた。 He also asked why the ultimate source of the universe could not be the entire universe itself, eternal and uncaused, without a God?なぜ彼は、究極のソースも質問できませんでしたが、宇宙全体の宇宙空間自体は、永遠とuncaused 、神なしですか?

Hume also criticized the argument from design (Aquinas' fifth argument).ヒュームの議論からも批判のデザイン(アクィナス' 5番目の引数) 。 In particular, he emphasized that there is no legitimate way we can infer the properties of God as the creator of the world from the qualities of His creation.特に、彼はそこではないと強調して合法的な方法で、神の性質を推測することができるの生みの親として、世界から彼の資質を創出します。 For instance, Hume questioned how we can be sure that the world was not created by a team; or that this is not one of many attempts at creations, the first few having been botched; or, on the other hand, that our world is not a poor first attempt "of an infant deity who afterwards abandoned it, ashamed of his lame performance."例えば、我々がどのようにヒューム事情聴取世界ではないことを確認して作成されたチーム;たりして、この試みではない多くの創造物の1つは、最初の数続けてきたおざなりな;または、その一方で、我々の世界には、貧しい人々の最初の試みではありません"神の人のその後の乳児遺棄することは、彼の足の不自由なパフォーマンス恥じている"と述べた。


Arguments for the Existence of God引数は、神の存在

Advanced Information 高度情報

The arguments for the existence of God constitute one of the finest attempts of the human mind to break out of the world and go beyond the sensible or phenomenal realm of experience. 引数は、神の存在を構成する1つの試みは、最高級の人間の心の世界から抜け出すと驚異的な領域を越えて行くかの経験を賢明です。

Certainly the question of God's existence is the most important question of human philosophy. It affects the whole tenor of human life, whether man is regarded as the supreme being in the universe or whether it is believed that man has a superior being that he must love and obey, or perhaps defy. 確かに神が存在するという問題は、人間の哲学の最も重要な質問です。テノール全体に影響を及ぼすことは人間の生命、と見なされるかどうかは、男は、宇宙の至高の存在と考えられているかどうかの男には、優れていることが必要彼の愛わたしに従い、あるいは食ってかかる。

There are three ways one can argue for the existence of God. そこには、 3つの方法の1つは、神の存在を議論することです。

The A Priori Approachその先験的なアプローチ

This approach is the heart of the famous ontological argument, devised by Anselm of Canterbury though adumbrated earlier in the system of Augustine.このアプローチは、中心部には有名な存在論の引数は、考案されたのカンタベリーアンセルムadumbratedかかわらず初期の段階で、システムのアウグスティヌスです。 This argument begins with a special definition of God as infinite, perfect, and necessary.この引数で始まる特別な神としての無限の定義は、完璧、および必要です。

Anselm said that God cannot be conceived in any way other than "a being than which nothing greater can be conceived."アンセルムすることはできません考えによると、神以外の、いかなる意味においても"これが何もないよりも大きいことができます考えています。 " Even the fool knows what he means by "God" when he asserts, "There is no God" (Ps. 14:1).どのような手段を知っている彼でさえ、ばかにされた"神"を主張したとき、 "神はない" ( ps. 14時01分) 。 But if the most perfect being existed only in thought and not in reality, then it would not really be the most perfect being, for the one that existed in reality would be more perfect. Therefore, concludes Anselm, "no one who understands what God is, can conceive that God does not exist." In short, it would be self contradictory to say, "I can think of a perfect being that doesn't exist," because existence would have to be a part of perfection.しかし、ほとんどの場合、完璧な思考が存在していないだけで実際には、その後のことはない、実際にはほとんど完璧には、 1つのことは、現実に存在してくれたら、もっと完璧です。 従って、アンセルム結論は、 "どのような神を理解していない人は、想像することは、神は存在しません。 "要するに、自己矛盾を言う方が、 "私のことを完璧にしては存在しない"とするために存在しなければならない部分が完成の域に達した。 One would be saying, "I can conceive of something greater than that which nothing greater can be conceived", which is absurd. 1つだろうと述べ、 "私が想像する以上に何かできることを何も考え大きい"と、これはとんでもない。

The ontological argument has had a long and stormy history.存在論の議論はこれまでの長い歴史とストーミー。 It has appealed to some of the finest minds in Western history, usually mathematicians like Descartes, Spinoza, and Leibniz.それにはいくつかの最高級の心に訴えて、西洋史、数学者のように、通常デカルト、スピノザ、ライプニッツ。 However, it fails to persuade most people, who seem to harbor the same suspicion as Kant that "the unconditioned necessity of a judgment does not form the absolute necessity of a thing."しかし、ほとんどの人々を説得することに失敗し、人と同じように疑念を抱くカントとしては、 "無条件の必要性を判断する必要性はない形で、絶対的なものだ。 " That is, perfection may not be a true predicate and thus a proposition can be logically necessary without being true in fact.それは、真の完ぺきされないかもしれませんが、このように提案できると述語論理にも気付かれずに必要な本当の事実です。

The A Posteriori Approach事後のアプローチ

Popular mentality seems to appreciate the a posteriori approach better. The ontological argument can be made without ever appealing to sensation, but the cosmological and teleological arguments require a careful look at the world. 人気の事後的な考え方を評価するようなアプローチより良いです。その存在論的議論が行われることなく魅力を感じ、しかし、宇宙論や目的論の引数を必要とする世界を見て気を付けています。 The former focuses on the cause, while the latter stresses the design of the universe.元の原因に焦点を当てて、強調していますが、後者は、宇宙のデザインです。

The Cosmological Argument引数の宇宙論

This has more than one form.これには2つ以上のフォームです。 The earliest occurs in Plato (Laws, Book X) and Aristotle (Metaphysics, Book VIII) and stresses the need to explain the cause of motion.プラトンの最古が発生する(法律では、書籍x )やアリストテレス(形而上学、書籍8 )と強調、運動の原因を説明する必要があります。 Assuming that rest is natural and motion is unnatural, these thinkers arrived at God as the necessary Prime Mover of all things.と仮定して残りのは当然とは、不自然な動きは、これらの思想家に到着したのに必要な原動力として、神の全能です。 Thomas Aquinas used motion as his first proof in the Summa Theologica (Q.2, Art.3).トマスアクィナス彼の最初の証拠として使用されるモーションの総合的研究論文theologica ( q.2 、 art.3 ) 。 Everything that moves has to be moved by another thing.すべてのことに移動しなければならないもう一つのものを動かされる。 But this chain of movers cannot go on to infinity, a key assumption, because there would then be no first mover and thus no other mover.しかし、このチェーンの引っ越しを無限大に行くことができない、鍵を想定、そこには先発ではないとしていないため他のよく売れている商品です。 We must arrive, therefore, at a first mover, Aquinas concludes, "and this everyone understands to be God."到着しなければならないため、先発で、アクィナス結論は、 "誰もが理解されると、この神です。 "

This argument from motion is not nearly as cogent for our scientific generation because we take motion to be natural and rest to be unnatural, as the principle of inertia states.この引数より説得力のための運動とほぼ同じではない私たちの世代のために我々の科学的に自然と休息を取る動きが不自然には、原則として、慣性の状態だ。 Many philosophers insist that the notion of an infinite series of movers is not at all impossible or contradictory.多くの哲学者の考えを主張して、無限の一連の引っ越しではない、あるいはすべての矛盾不可能です。

The most interesting, and persuasive, form of the cosmological argument is Aquinas's "third way," the argument from contingency. Its strength derives from the way it employs both permanence and change. 最も興味深いのは、説得力とは、宇宙の形式の引数はアクィナスの"第3の道は、 "有事の引数からです。その強さの両方から派生した永続性とその方法を採用することに変更した。 Epicurus stated the metaphysical problem centuries ago: "Something obviously exists now, and something never sprang from nothing."エピクロスは、形而上世紀にもわたってなされた問題: "明らかに何かが存在する今、何かしないと何もないから跳びです。 " Being, therefore, must have been without beginning. が、そのため、必要がなくされ始めています。 An Eternal Something must be admitted by all, theist, atheist, and agnostic. 永遠の何かをする必要があるすべてを認め、有神論、無神論者、不可知論者です。

But the physical universe could not be this Eternal Something because it is obviously contingent, mutable, subject to decay. How could a decomposing entity explain itself to all eternity? If every present contingent thing / event depends on a previous contingent thing / event and so on ad infinitum, then this does not provide an adequate explanation of anything.しかし、物理的な宇宙できませんでしたので、これは、明らかに何か永遠の偶発は、変異は、件名に崩壊した。 自体にはどのように説明するエンティティをすべて分解永遠ですか?もし存在するあらゆるもの偶発/偶発事象に依存して、前のもの/有害事象とだから際限なくして、それからこれでは十分な説明を提供するものです。

Hence, for there to be anything at all contingent in the universe, there must be at least one thing that is not contingent, something that is necessary throughout all change and self established. In this case "necessary" does not apply to a proposition but to a thing, and it means infinite, eternal, everlasting, self caused, self existent. したがって、そこには何も偶発的で、宇宙のすべては、あってはならないことを、少なくとも1つの偶発的ではない、何かして、すべての変更が必要とを通して自己確立します。この場合、 "必要"には適用されませんが、命題をすることは、無限のことを意味すると、永遠には、永遠のは、自己原因は、自己存在しない。

It is not enough to say that infinite time will solve the problem of contingent being.それだけでは不十分だと言って問題を解決する時間が無限偶発れています。 No matter how much time you have, dependent being is still dependent on something.あなたは、どのくらいの時間に関係なく、扶養家族には、まだ何かに依存しています。 Everything contingent within the span of infinity will, at some particular moment, not exist.インフィニティ偶発内のすべてのスパンは、いくつかの特定の瞬間には、存在しない。 But if there was a moment when nothing existed, then nothing would exist now.しかし、もし何もない存在があった瞬間、それから何も今は存在しています。

The choice is simple: one chooses either a self existent God or a self existent universe, and the universe is not behaving as if it is self existent. In fact, according to the second law of thermodynamics, the universe is running down like a clock or, better, cooling off like a giant stove. その選択肢は単純:どちらか1つを選択するか、神の存在を自ら自己の宇宙に存在し、宇宙の行動ではないとして、存在しない場合は、自分で実際には、熱力学の法則によると、 2番目は、宇宙のようにクロックダウンが実行されてまたは、より良い、冷却オフのように巨大なストーブです。 Energy is constantly being diffused or dissipated, that is, progressively distributed throughout the universe.節操のないエネルギーには絶えず拡散または、それは、宇宙全体の漸進配布します。 If this process goes on for a few billion more years, and scientists have never observed a restoration of dissipated energy, then the result will be a state of thermal equilibrium, a "heat death," a random degradation of energy throughout the entire cosmos and hence the stagnation of all physical activity.もし、このプロセスが起こっているため、数十億年よりは、科学者たちは一度もないとの観測が復旧消散エネルギーは、その後の結果が表示される熱平衡状態では、 "熱死は、 "全体のエネルギー分解ランダムコスモスとしたがって、すべての身体活動の停滞。

Naturalists from Lucretius to Sagan have felt that we need not postulate God as long as nature can be considered a self explanatory entity for all eternity. But it is difficult to hold this doctrine if the second law [of thermodynamics] is true and entropy is irreversible.ナチュラリストからサガンルクレティウスを感じたことが私たちの神の公準する必要がない限り、自然のことと見なされるため、すべてのエンティティの自己説明永遠です。 しかし、この教義を保持することが難しい場合、 2番目の法則[熱力学]が真実であり、エントロピーは不可逆。 If the cosmos is running down or cooling off, then it could not have been running and cooling forever. コスモスが実行されている場合は冷却ダウンまたはオフにしてから実行してきたことができなかったと永遠に冷却します。 It must have had a beginning. それは、初めにする必要があります。

A popular retort to the cosmological argument is to ask, "If God made the universe, then who made God?" If one insists that the world had a cause, must one not also insist that God had a cause? 人気のレトルトを要請して、宇宙の引数が、 "もし神の前に、宇宙は、神の前に当時の人ですか? "と主張している場合、世界の1つの原因は、 1つの必要もないと主張して、神が原因ですか? No, because if God is a necessary being, this is established if one accepts the proof, then it is unnecessary to inquire into his origins.いいえ、神のためには、必要な場合には、これは1つの確立を受け入れる場合、プルーフ、それから彼のことは、不必要な起源を調べる。 It would be like asking, "Who made the unmakable being?"なるようにすることを求め、 "人の前にいるのunmakableですか? " or "Who caused the uncausable being?"または"誰uncausableが原因ですか? "

More serious is the objection that the proof is based on an uncritical acceptance of the "principle of sufficient reason," the notion that every event / effect has a cause. If this principle is denied, even if it is denied in metaphysics, the cosmological argument is defanged. より深刻なのは、その証拠は、異議申し立てに基づいて、無批判に合格して"の原則に十分な理由は、 "その概念は、全てのイベント/効果には、原因です。場合は、この原則を否定し、たとえ、形而上学を否定することは、宇宙論引数がdefanged 。 Hume argued that causation is a psychological, not a metaphysical, principle, one whose origins lay in the human propensity to assume necessary connections between events when all we really see is contiguity and succession.ヒュームと主張しては、心理的な因果関係ではなく、形而上は、原則として、 1つの起源レイは、人間の性向を仮定間の接続に必要なすべてのイベントの際には、我々にとって本当に接近と継承を参照してください。 Kant seconded Hume by arguing that causation is a category built into our minds as one of the many ways in which we order our experience.カントヒューム出向されたと主張して因果関係は、私たちの心に組み込まれるのカテゴリの1つとして多くの点で、私たちが私たちの経験を注文した。 Sartre felt that the universe was "gratuitous."サルトル感じたことは、宇宙の"いわれのない"と述べた。 Bertrand Russell claimed that the question of origins was tangled in meaningless verbiage and that we must be content to declare that the universe is "just there and that's all."バートランドラッセルの起源と主張していたという問題が錯綜して無意味な言い回しやコンテンツを宣言しなければならない我々は、宇宙には、 "ただ、それがすべてある"と述べた。

One does not prove the principle of causality easily. It is one of those foundational assumptions that is made in building a world view. 自分にはない因果関係を証明するという原則を容易にします。それはそれらの1つは、基礎的な仮定して作られた世界観を構築する。 It can be pointed out, however, that if we jettison the idea of sufficient reason, we will destroy not only metaphysics but science as well.それが指摘するように、しかし、その考えを断念している場合、我々に十分な理由で、我々は破壊するだけでなく、科学としての形而上学でも十分です。 When one attacks causality, one attacks much of knowledge per se, for without this principle the rational connection in most of our learning falls to pieces.攻撃時に1つの因果関係は、多くの知識を1つの攻撃自体は、この原則のための合理的な接続なしでは私たちの学習のほとんどは滝を粉々に砕く。 Surely it is not irrational to inquire into the cause of the entire universe.確かに不合理ではないことの原因を調査する宇宙全体のです。

The Teleological or Design Argument目的論やデザインの引数

This is one of the oldest and most popular and intelligible of the theistic proofs. It suggests that there is a definite analogy between the order and regularity of the cosmos and a product of human ingenuity. これは最古の一つと理解できるとは、有神論で最も人気のある証拠だ。それには明確な類似性を示唆して注文との間に規則的には、コスモスと人間の知恵の産物だ。 Voltaire put it in rather simplistic terms: "If a watch proves the existence of a watchmaker but the universe does not prove the existence of a great Architect, then I consent to be called a fool."かなり単純化した用語で言えばヴォルテール: "もし、時計の存在を証明する時計メーカーはありませんが、宇宙の偉大な建築家の存在を証明するのは、それから、ばかに同意されると呼ばれる"と述べた。

No one can deny the universe seems to be designed; instances of purposive ordering are all around us. 誰にも否定すると思われる宇宙の設計;ご注文は、すべてのインスタンスを目的私たちの周りです。 Almost anywhere can be found features of being that show the universe to be basically friendly to life, mind, personality, and values.ほとんどどこでもできることを示す発見されている機能には基本的に友好的に宇宙の生命、心、性格、そして価値観です。 Life itself is a cosmic function, that is, a very complex arrangement of things both terrestrial and extraterrestrial must obtain before life can subsist.人生そのものが、宇宙の関数は、それは、非常に複雑な取り決めのことの両方を手に入れる前に地球や地球外生命が存在する必要があります。 The earth must be just the right size, its rotation must be within certain limits, its tilt must be correct to cause the seasons, its land - water ratio must be a delicate balance.地球をしなければならないちょうどいい大きさは、その特定の制限内で回転しなければならない、その正しいことをしなければならないチルト季節の原因は、その土地-水の比率が微妙なバランスをしなければならない。 Our biological structure is very fragile.我々の生物学的構造は非常にもろい。 A little too much heat or cold and we die.ちょっと行き過ぎだと我々暑さや寒さで死亡した。 We need light, but not too much ultraviolet.我々が必要光、紫外線過ぎることはできません。 We need heat, but not too much infrared.我々が必要暑さは、赤外多すぎることはできません。 We live just beneath an airscreen shielding us from millions of missiles every day.私たちが生きてairscreen遮へい私たちのすぐ下にあるから、毎日何百万ものミサイルです。 We live just ten miles above a rock screen that shields us from the terrible heat under our feet. Who created all these screens and shields that make our earthly existence possible?私たちだけで生活して一〇マイル画面の上にある岩の盾私たちから私たちの足の下で過酷な暑さです。 創られた、これらすべての画面と盾が存在する可能性が私たちのこの世のですか?

Once again we are faced with a choice. Either the universe was designed or it developed all these features by chance.再び我々は選択に直面しています。 宇宙のどちらかまたはそれに設計開発されたこれらの機能をすべて偶然。 The cosmos is either a plan or an accident! コスモスは、どちらかの計画や事故!

Most people have an innate repugnance to the notion of chance because it contradicts the way we ordinarily explain things.ほとんどの人々は、生来の嫌悪をするという考えは、相反するチャンスなので、通常の方法で我々を説明することができる。 Chance is not an explanation but an abandonment of explanation.チャンスではないが、説明を放棄説明します。 When a scientist explains an immediate event, he operates on the assumption that this is a regular universe where everything occurs as a result of the orderly procession of cause and effect. Yet when the naturalist comes to metaphysics, to the origin of the entire cosmos, he abandons the principle of sufficient reason and assumes that the cause of everything is an unthinkable causelessness, chance, or fate.当面のイベントを説明する際に、科学者は、彼の動作が可能と仮定して定期的にこれは、宇宙のどこが発生するすべての結果として、原因と結果の整然とした行列です。 ナチュラリストまだ来るときに形而上学は、全体のコスモスの起源には、彼の原則を放棄を前提として十分な理由とは、思いも寄らぬcauselessnessすべての原因は、偶然、あるいは運命なんだ。

Suppose you were standing facing a target and you saw an arrow fired from behind you hit the bull's eye.あなたが直面してターゲットに立っていると後ろから首に矢を見た場合、雄牛の目のヒットです。 Then you saw nine more arrows fired in rapid succession all hitting the same bull's eye.次に矢印を見たナインもっと矢継ぎ早にすべての火力打撃牡牛の目と同じです。 The aim is so accurate that each arrow splits the previous arrow as it hits.その狙いは非常に正確には、各矢印を分割することで、前の矢印安打。 Now an arrow shot into the air is subject to many contrary and discordant processes, gravity, air pressure, and wind. When ten arrows reach the bull's eye, does this not rule out the possibility of mere chance?今矢ショットを宙には、件名に反して、多くの耳障りのプロセスは、重力は、空気の圧力、および風です。 強気に達する時10アロウズの目は、その可能性を排除していないが、これは単なる偶然か? Would you not say that this was the result of an expert archer? あなたは言っていたが、この結果に影響を専門家のアーチャーですか? Is this parable not analogous to our universe? この比喩は、我々の宇宙と類似していないか?

It is objected that the design argument, even if valid, does not prove a creator but only an architect, and even then only an architect intelligent enough to produce the known universe, not necessarily an omniscient being.デザインに反対して議論することは、有効な場合でも、証明がないだけに、制作者の建築家、建築家、さらにはその後だけを生産するのに十分なインテリジェント知らユニバースは、全知にするとは限らない。 This objection is correct. We must not try to prove more than the evidence will allow. We will not get the 100 percent Yahweh of the Bible from any evidence of natural theology. However, this universe of ours is so vast and wonderful we can safely conclude that its designer would be worthy of our worship and devotion.この異議申し立てが正しい。 しなければならないのではないことを証明する証拠を超えるができる。我々はヤハウェの100 %を取得する聖書神学からでも自然な証拠だ。 しかし、この広大な宇宙と私たちはとても素晴らしいことができる安全デザイナーとの結論を下すのは、私たちの礼拝と献身に値する。

Many object that the theory of evolution takes most of the wind out of the design argument.多くのオブジェクトには、進化論のうちのほとんどは、風のデザインの引数です。 Evolution shows that the marvelous design in living organisms came about by slow adaptation to the environment, not by intelligent creation.驚異的なデザインの進化を示している生物については徐々に適応して来た環境では、知的創造していない。 This is a false claim.これは、虚偽の主張だ。 Even if admitted, evolution only introduces a longer time frame into the question of design.認めている場合でも、長い時間枠を紹介するだけの進化をデザインの問題です。 Proving that watches came from a completely automated factory with no human intervention would not make us give up interest in a designer, for if we thought a watch was wonderful, what must we think of a factory that produces watches?腕時計を証明して、完全に自動化された工場から来た人間の介入なしではない私たちに関心をあきらめるデザイナーは、時計を考えた場合には、素晴らしい我々は、何をしなければと思うが、我々の時計を生産工場ですか? Would it not suggest a designer just as forcefully? Religious people have been overly frightened by the theory of evolution.デザイナーが提案することではなかったのと同じように強制? 宗教的な人々が過度におびえる進化論です。

Even the great critics of natural theology, Hume and Kant, betrayed an admiration for the teleological argument.偉大な批評家でさえ、自然神学、カントヒュームとは、目的論を裏切ったの引数に感心しています。 Hume granted it a certain limited validity.ヒューム付与することの妥当性、特定の限られた。 Kant went even further: "This proof will always deserve to be treated with respect. It is the oldest, the clearest and most in conformity with human reason . . . We have nothing to say against the reasonableness and utility of this line of argument, but wish, on the contrary, to commend and encourage it."カントはさらに: "この証拠は常に尊敬に値するを持って対処しています。それは最古のは、明確な理由と人間のほとんどに準拠しています。 。 。我々は何も言うことに対する合理性とユーティリティのこのセリフの引数は、しかし、願いは、むしろその逆で、それを称賛し奨励する"と述べた。

The Moral Argumentその道徳的な議論

This is the most recent of the theistic proofs. The first major philosopher to use it was Kant, who felt that the traditional proofs were defective. これは、最近の有神論証拠です。初のメジャーカント哲学を使用することが、伝統的な証拠を感じたことが不良です。 Kant held that the existence of God and the immortality of the soul were matters of faith, not ordinary speculative reason, which, he claimed, is limited to sensation.カントで開かれたのは、神の存在と霊魂の不滅は信仰の問題ではなく、通常の投機的な理由で、これは、彼は主張は、限定的には感じています。

Kant reasoned that the moral law commands us to seek the summum bonum (highest good), with perfect happiness as a logical result.カントの道徳律理路整然としてコマンドを求める我々の至高善(最も良い)で、論理的な結果として完璧な幸せです。 But a problem arises when we contemplate the unpleasant fact that "there is not the slightest ground in the moral law for a necessary connexion between morality and proportionate happiness in a being that belongs to the world as a part of it."しかし、問題が発生したときに、我々の不快な事実を直視する"ちょっとした地面がないために必要な法律は、道徳的な道徳との間に比例connexion幸せにしている団体として、世界に属している。 " The only postulate, therefore, that will make sense of man's moral experience is "the existence of a cause of all nature, distinct from nature itself," i.e., a God who will properly reward moral endeavor in another world.公準だけで、したがって、それは人間の道徳感を作る体験は、 "すべての存在を自然の原因は、はっきりした性格そのものからは、 "例えば、誰が、神の道徳的な努力に報いる適切な別の世界です。 In a godless universe man's deepest experience would be a cruel enigma.男は、神を恐れぬ宇宙の奥底に残酷な経験ができれば、エニグマ。

In his Rumor of Angels, Peter Berger gives an interesting negative version of the moral argument, which he calls "the argument from damnation."彼の天使たちも葉もないうわさでは、ピーターベルガー興味深い与える負のバージョンの道徳的な議論は、彼の電話"の議論からの天罰だ。 " Our apodictic moral condemnation of such immoral men as Adolf Eichmann seems to transcend tastes and mores; it seems to demand a condemnation of supernatural dimensions.私たちのこのような不道徳な道徳的非難必然として男性のアドルフアイヒマンを超越するような趣味や規範;することを要求するように超自然的な非難の寸法です。

Some deeds are not only evil but monstrously evil; they appear immune to any kind of moral relativizing.しかし、いくつかの邪悪な行為だけではないものすごい悪;彼らがどんな種類の道徳的に表示される免疫relativizing 。 In making such high voltage moral judgments, as when we condemn slavery and genocide, we point to a transcendent realm of moral absolutes.道徳的な判断をこのような高電圧を作ることは、我々として奴隷制度を非難するときや大虐殺は、我々の領域をポイントして道徳的な原理を超越した。 Otherwise, all our moralizing is pointless and groundless.そうでなければ、すべて私たちの教訓的な根拠は、無意味です。 A "preaching relativist" is one of the most comical of self contradictions. "説教相対主義者"は、世界で最もコミカル自己矛盾だ。

Most modern thinkers who use the moral argument continue Kant's thesis that God is a necessary postulate to explain moral experience. Kant thought the moral law could be established by reason, but he called in God to guarantee the reward for virtue. 最も近代的な思想家たちを使用してカントの論文道徳的な議論を続けることは、神の道徳的な経験を説明するのに必要なの公準。カントの道徳的な思考法の確立された理由かもしれないが、彼は神と呼ばれる報酬を保証するための美徳だ。 Modern thinkers do not use God so much for the reward as for providing a ground for the moral law in the first place.近代的な思想家は使用しないで、神のために大きな貢献を報酬として提供するために地面には、道徳的な法律は、第1位です。

The moral argument starts with the simple fact of ethical experience. The pressure to do one's duty can be felt as strongly as the pressure of an empirical object.道徳的な議論を開始して、単純な事実の倫理的な経験をした。 の圧力をかけることができますか1つの義務として、圧力を強く感じたとしての経験オブジェクトです。 Who or what is causing this pressure? It is not enough to say that we are conditioned by society to feel those pressures. 何が原因で誰かの圧力か?それだけでは不十分だと言って私たちはそれらの条件によって社会の圧力を感じています。 Some of the greatest moralists in history have acquired their fame precisely because they criticized the moral failings of their group, tribe, class, race, or nation.いくつかの歴史上最大のmoralists正確には後天性自分の名声を得るために自分の欠点を批判し、道徳的なグループは、部族では、クラスは、レースの間、または国家です。 If social subjectivism is the explanation of moral motivation, then we have no right to criticize slavery or genocide or anything!社会的主観場合は、道徳的な動機付けの説明、そして我々を批判する権利はない大量虐殺や奴隷制度や何か!

Evolutionists attack the moral argument by insisting that all morality is merely a long development from animal instincts.進化論を攻撃されたと主張し、すべての道徳性道徳的な議論は単に動物の本能から、長い開発。 Men gradually work out their ethical systems by living together in social communities.徐々に自分の仕事をする男たちの共同生活の社会的倫理的なシステムではコミュニティです。 But this objection is a two edged sword: if it kills morality, it also kills reason and the scientific method.しかし、この異議申し立ては、 2つの刃の剣:道徳無死亡すれば、その理由と、科学的な方法でも無死亡した。 The evolutionist believes that the human intellect developed from the physical brain of the primates, yet he assumes that the intellect is trustworthy.人間の知性の進化論と考えているから、物理的な脳の発達の霊長類は、まだ彼の知性は信頼できると仮定しています。 If the mind is entitled to trust, though evolved from the lower forms, why not the moral nature also?心の権利を有する場合には信託は、下のフォームから進化かかわらず、なぜ、道徳的な性格でもないですか?

Many people will go part way and accept moral objectivism, but they want to stop with a transcendent realm of impersonal moral absolutes.行く道は、多くの人々や団体を受け入れる客観モラルが、それらを超越してやめたいと思って物的道徳的原理の領域です。 They deny that one must believe in a Person, Mind, or Lawgiver.彼らが必要と思われることを否定する人は、心の、あるいは立法者です。 This seems reductive. It is difficult to imagine an "impersonal mind." How could a thing make us feel duty bound to be kind, helpful, truthful, and loving?このよう還元。 を想像することは難しい"人間味のない心です。 "どのように作ることが私たちの義務を感じる束縛されるような、有用ですが、本当のことを言って、愛情のこもった? We should press on, all the way to a Person, God, the Lawgiver.我々はマスコミでは、すべての人の道を、神は、立法者です。 Only then is the moral experience adequately explained.その後は、道徳的な経験のみを適切に説明している。

The Question of Validityこの質問の妥当性

How valid are all these theistic proofs? This question raises issues in a number of fields: logic, metaphysics, physics, and theory of knowledge. 有神論の有効な方法は、これらすべての証拠?この質問には、いくつかの問題を提起フィールド:論理、形而上学、物理学、および知識の理論です。 Some thinkers like Aquinas feel that the proofs reach the level of demonstration.思想家のような気がして、いくつかの証拠アクィナスのレベルに達するのデモです。 Others like Hume say that we should just suspend judgment and remain skeptics.他のようなヒューム停止すると言うだけで判断しなければならないとして懐疑的なままだ。 Still others like Pascal and Kant reject the traditional proofs but offer instead practical grounds or reasons for accepting God's existence.まだ他パスカルやカントのような伝統的な証拠が申し出を拒否する代わりに、実用的な根拠や理由は、神の存在を受け入れています。 Pascal's famous wager is an appeal to pragmatism; it makes sense, in view of the eternal consequences, to bet on the existence of God.パスカルの有名な賭けには、上訴をプラグマティズム;ことに意味は、永遠の結果を考慮して、神の存在を賭ける。

Paul seems to demand a high view of the theistic proofs when he says that the unbelievers are "without excuse."ポールの需要が高いように表示する際には、有神論証拠によれば、彼は、不信心者たちは、 "言い訳なし"と述べた。 "What can be known about God is plain to them, because God has shown it to them. Ever since the creation of the world his invisible nature, namely his eternal power and deity, has been clearly perceived in the things that have been made" (Rom. 1:19 - 20). "どのようなことで知られる平野には、かれらの神については、それを示すために神がしてください。以来、彼の目に見えない自然の世界の創造、すなわち彼の永遠の神の力とは、はっきりと認識されているもので行われてきた" ( rom. 1時19 -2 0) 。

Paul was not necessarily affirming that the arguments are deductive, analytical, or demonstrative. If someone rejected a proposition of high probability, we could still say that he was "without excuse." The arguments, in their cumulative effect, make a very strong case for the existence of God, but they are not logically inexorable or rationally inevitable. If we define proof as probable occurrence based on empirically produced experiences and subject to the test of reasonable judgment, then we can say the arguments prove the existence of God. ポールは、引数は、必ずしも肯定して演繹的、分析的、または指示した。却下するかどうかの確率が高い命題は、我々がまだ言っていた"と言い訳なし。 " 引数は、彼らの累積的な効果は、非常に強いケースを作る神の存在のため、かれらは容赦なくまたは合理的必然的な論理ではない。もし我々の発生確率を定義する証拠として製作体験や経験に基づいて、テストの対象に妥当な判断を下すのは、 その後の引数を言うことができる、神の存在を証明する。

If God truly exists, then we are dealing with a factual proposition, and what we really want when we ask for proof of a factual proposition is not a demonstration of its logical impossibility but a degree of evidence that will exclude reasonable doubt. Something can be so probable that it excludes reasonable doubt without being deductive or analytical or demonstrative or logically inevitable. 真に神が存在する場合は、次に我々は事実命題に対処し、我々は本当に必要なときに我々は何を求めるの証拠を要求してデモを事実命題ではないのではなく、ある程度の証拠を論理的に不可能なことは、合理的疑いを除外します。何かできるだから概合理的疑いを除外することにも気付かれずに演繹的または論理的分析または指示または避けられない。 We feel that the theistic proofs, excluding the ontological argument, fall into this category.我々は有神論証拠を感じることは、引数を除いて、存在論は、この範疇に入る。

Natural theology, however, can never establish the existence of the biblical God. 自然神学は、しかし、そのことは決して聖書の中の神の存在を確立する。 These proofs may make one a deist, but only revelation will make one a Christian. これらの証拠の1つになるかもしれませんdeist 、自分だけでは、キリスト教のヨハネの黙示録です。 Reason operating without revelation always turns up with a deity different from Yahweh, the Father of Our Lord Jesus Christ. One can confirm this easily by comparing Yahweh with the deities of Aristotle, Spinoza, Voltaire, and Thomas Paine. ヨハネの黙示録な理由なしに動作して電源が入ると、いつもと違うヤハウェの神は、わたしたちの主イエスキリストの父です。これを簡単に確認することを比較することによって、神のヤハウェアリストテレスは、スピノザ、ヴォルテール、およびトマスペイン。

A J Hoover ajフーバー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
J Baillie, Our Knowledge of God; D Burrill, The Cosmological Argument; G H Clark, A Christian View of Men and Things; R E D Clark, The Universe: Plan or Accident? j baillie 、私たちの神の知識; burrill dは、引数の宇宙;ガーナクラークは、キリスト教のビューでは、男性とのこと;赤いクラークは、宇宙:プランや事故ですか? H H Farmer, Towards Belief in God; R Hazelton, On Proving God; J Hick, The Existence of God; D Hicks, The Philosophical Basis of Theism; A J Hoover, The Case for Christian Theism; S Jaki, The Road of Science and the Ways to God; C E M Joad, God and Evil; J Maritain, Approaches to God; E L Mascall, The Openness of Being; G Mavrodes, The Rationality of Belief in God; A Plantinga, ed., The Ontological Argument; R C Sproul, If There Is a God, Why Are There Atheists? hh農夫は、神への信仰に向かっ;研究hazelton 、神を証明; j田舎者は、神の存在; dヒックスは、哲学的基礎有神論; ajフーバーは、キリスト教の場合は有神論;秒jaki 、科学の道方法を神; cemジョードは、神と悪; jマリタンは、神へのアプローチ;エルマスカルは、開放れている; mavrodesグラムは、神への信仰の合理性;するplantinga 、エド。 、引数の存在論;のrc sproul 、もし神には、無神論があるのはなぜですか? A E Taylor, Does God Exist?愛テイラーは、神が存在するか?


The Existence of God神の存在

Catholic Information カトリック情報

The topic will be treated as follows:トピックとして扱われるのは、以下の通りです:

I. As Known Through Natural Reason i.を通じて自然な理由として知られる

A. The Problem Stated A.付録に記載問題

1. 1 。 Formal Anti-Theism正式な反有神論

2. 2 。 Types of Theism種類の有神論

B. Theistic Proofs有神論Bの証拠

1. 1 。 A Posteriori Argument事後引数

(a) The general causality argument ( a )その一般的な因果関係の引数

(b) The argument from design ( b )に、引数から設計

(c) The argument from conscience ( C参照)から、引数の良心

(d) The argument from universal consent (民主党)の引数より普遍的に同意

2. 2 。 A Priori, or Ontological, Argument先験的な、あるいは存在論は、引数

II. Ⅱ 。 As Known Through Faithとして知られて信仰を介し

A. Sacred Scriptures a.神聖な聖書

B. Church Councils Bの教会協議会

C. The Knowability of God c.神のknowability

I. AS KNOWN THROUGH NATURAL REASON i.を通じて自然な理由として知られる

("THE GOD OF THE PHILOSOPHERS") ( "神の哲学" )

A. THE PROBLEM STATED A.付録に記載問題

1. 1 。 Formal Anti-Theism正式な反有神論

Had the Theist merely to face a blank Atheistic denial of God's existence, his task would he comparatively a light one.有神論者には、単に無神論者の顔に何も書かないで、神の存在を否定するのは、彼の仕事の一つは、彼は比較的軽い。 Formal dogmatic Atheism is self-refuting, and has never de facto won the reasoned assent of any considerable number of men.独断的な無神論は、自己の正式な反論は、決してデファクトスタンダードとは、理路整然と同意ウォン相当数の任意の男性です。 Nor can Polytheism, however easily it may take hold of the popular imagination, ever satisfy the mind of a philosopher.また多神教は、しかし、簡単に人気がかかる場合があります。ホールド想像力は、これまでの哲学者の心を満足させる。 But there are several varieties of what may be described as virtual Atheism which cannot be dismissed so summarily.しかし、 5月には、いくつかの種類のものとして記述される仮想無神論を解任することはできませんので即決。

There is the Agnosticism, for instance, of Herbert Spencer, which, while admitting the rational necessity of postulating the Absolute or Unconditioned behind the relative and conditioned objects of our knowledge declares that Absolute to be altogether unknowable, to be in fact the Unknowable, about which without being guilty of contradiction we can predicate nothing at all, except perhaps that It exists; and there are other types of Agnosticism.そこは、不可知論、例えば、ハーバートスペンサーが、これは、合理的な必要性は認めながらpostulatingまたは無条件の絶対条件オブジェクトの背後に我々の相対的な知識と宣言して完全に不可知の絶対的には、実際には不可知には、約有罪とされることなく、すべての矛盾は何もないことができる述語を除いて、たぶんそれが存在すること、そしてそこには他のタイプの不可知論です。 Then again there is Pantheism in an almost endless variety of forms, all of which, however, may be logically reduced to the three following types:それから再び汎神論は、ほぼ無限にはさまざまな形で、そのどれも、しかし、論理的に還元されるかもしれませんが、以下の3つのタイプ:

the purely materialistic, which, making matter the only reality, would explain life by mechanics and chemistry, reduce abstract thought to the level of an organic process deny any higher ultimate moral value to the Ten Commandments than to Newton's law of gravitation, and, finally, identify God Himself with the universe thus interpreted (see MATERIALISM; MONISM);唯物論は純粋に、これは、現実の問題だけで、人生が説明された化学力学とは、抽象的な思考を減らすのレベルの有機的プロセスを否定する究極の道徳的価値が高いの十戒よりもニュートンの万有引力の法則を、そして、最後には、自分自身を識別して、宇宙こうして神の解釈(唯物論を参照してください;一元論) ;

the purely idealistic, which, choosing the contrary alternative, would make mind the only reality, convert the material universe into an idea, and identify God with this all-embracing mind or idea, conceived as eternally evolving itself into passing phases or expressions of being and attaining self-consciousness in the souls of men; andその純粋な理想主義、これは、選択肢を選ぶのに反し、心を作るだけで実際には、宇宙の物質に変換するという考えは、神と識別して、この丸抱えの心やアイデアは、永遠に進化しつつあると考えや表現自体れている段階に渡す自意識過剰とは、魂を達成男性;と

the combined materialistic-idealistic, which tries to steer a middle course and without sacrificing mind to matter or matter to mind, would conceive the existing universe, with which God is identified, as some sort of "double-faced" single entity.唯物論-理想主義を組み合わせて、これにしようとして中道を行くと心を犠牲にすることなく問題を心の問題や、既存の宇宙が想像し、神は発見さは、ある種の"両面" 1つのエンティティです。

Thus to accomplish even the beginning of his task the Theist has to show, against Agnostics, that the knowledge of God attainable by rational inference -- however inadequate and imperfect it may be -- is as true and valid, as far as it goes, as any other piece of knowledge we possess; and against Pantheists that the God of reason is a supra-mundane personal God distinct both from matter and from the finite human mind -- that neither we ourselves nor the earth we tread upon enter into the constitution of His being.これを達成するにも彼の仕事の始まりを示すの有神論は、反対agnostics 、神の知識があることを合理的に達成可能な推論-しかし、不完全かもしれないが不十分-として、真実では有効ですが、今のところは、その他の作品としての我々の知識を有する; pantheists反対して、神との個人的な理由では、神を超えた世俗別個の問題との両方から人間の心からの有限-しても、私たち自身にも、地球に入る時、我々の憲法トレッド彼の存在だ。

2. 2 。 Types of Theism種類の有神論

But passing from views that are formally anti-theistic, it is found that among Theists themselves certain differences exist which tend to complicate the problem, and increase the difficulty of stating it briefly and clearly.しかし、景色を通過してからは、反有神論正式には、それ自体が見つかったことtheistsの間に存在する特定の違いが問題を複雑にする傾向がある、と明記することの難しさを増大させると明らかに簡潔だ。 Some of these differences are brief and clear.これらの違いは、いくつかの簡単なとはっきりしている。

Some of these differences are merely formal and accidental and do not affect the substance of the theistic thesis, but others are of substantial importance, as, for instance, whether we can validly establish the truth of God's existence by the same kind of rational inference (e.g. from effect to cause) as we employ in other departments of knowledge, or whether, in order to justify our belief in this truth, we must not rather rely on some transcendental principle or axiom, superior and antecedent to dialectical reasoning; or on immediate intuition; or on some moral, sentimental, emotional, or æsthetic instinct or perception, which is voluntary rather than intellectual.これらのいくつかの違いとは、単なる偶然ではありません正式に影響を与える物質の有神論論文が、他には実質的に重要な、とは、例えば、正当に確立することができるかどうかを、真理によって神が存在するのと同じような合理的な推論(例えば、より効果を引き起こす)として我々は他の学科の知識を雇用、またはかどうかは、私たちの信念を正当化するためには、この真理を、私たちに依存してはならないという超越的な原理またはいくつかの公理、スーペリア、先行して弁証法的推論;たりして即時直感;たりしていくつかの道徳的、感傷的、情緒的、またはæsthetic本能や知覚、これは自主的というより知的です。

Kant denied in the name of "pure reason" the inferential validity of the classical theistic proofs, while in the name of "practical reason" he postulated God's existence as an implicate of the moral law, and Kant's method has been followed or imitated by many Theists -- by some who fully agree with him in rejecting the classical arguments; by others, who, without going so far, believe in the apologetical expediency of trying to persuade rather than convince men to be Theists.カント否定の名の"純粋理性"有神論古典的推論の正当性の証拠は、名前の中には、 "実践理性"と、神の存在を仮定としては、道徳的な影響を及ぼす法では、カントの法と続いてきたか、多くの模造theists -されたいくつかの人の中に完全に同意して彼を拒否し、古典の引数;された他、人は、これまでのところに行くことなく、 a pologetical便宜を信じているのではなく、説得しようとして納得される男性t heists。 A moderate reaction against the too rigidly mathematical intellectualism of Descartes was to be welcomed, but the Kantian reaction by its excesses has injured the cause of Theism and helped forward the cause of anti-theistic philosophy.穏健な反応に対して、あまりにも堅くデカルトは、数学的な知性を歓迎されるのではなく、カントの過剰反応によって、けがの原因には有神論助けて前方の原因と反有神論哲学です。 Herbert Spencer, as is well known, borrowed most of his arguments for Agnosticism from Hamilton and Mansel, who had popularized Kantian criticism in England, while in trying to improve on Kant's reconstructive transcendentalism, his German disciples (Fichte, Schelling, Hegel) drifted into Pantheism.ハーバートスペンサーは、よく知られているとして、彼の主張の大半を借りた不可知論からマンセルハミルトンとは、カントの批判に普及していたイングランド、改善しようとしている間に再建してカントの超越論的哲学は、彼の弟子ドイツ語(フィヒテ、シェリング、ヘーゲル)いつの間にか汎神論。 Kant also helped to prepare the way for the total disparagement of human reason in relation to religious truth, which constitutes the negative side of Traditionalism, while the appeal of that system on the positive side to the common consent and tradition of mankind as the chief or sole criterion of truth and more especially of religious truth -- its authority as a criterion being traced ultimately to a positive Divine revelation -- is, like Kant's refuge in practical reason, merely an illogical attempt to escape from Agnosticism.カントにも助けをするための地ならしを軽視の合計と関連して宗教上の理由で、人間の真実を、これを構成する伝統の負の側面には、そのシステムの中にアピールして、肯定的な側面を人類共通の同意と伝統のチーフとして、または単独の基準より多く、特に宗教的真実と真理-その権威を基準として、最終的にトレースしている肯定的な託宣-は、カントの避難所のような実用的な理由で、筋の通らない単なる不可知論からの脱出を試みる。

Again, though Ontologism -- like that of Malebranche (d. 1715) -- is older than Kant, its revival in the nineteenth century (by Gioberti, Rosmini, and others) has been inspired to some extent by Kantian influences.再度、かかわらずontologism -マルブランシュのように( d .1 715) -年上のカントは、その復活は、 1 9世紀(ジョベルティ、ロスミーニ、その他)に触発されてある程度の影響をカント哲学です。 This system maintains that we have naturally some immediate consciousness, however dim at first, or some intuitive knowledge of God -- not indeed that we see Him in His essence face to face but that we know Him in His relation to creatures by the same act of cognition -- according to Rosmini, as we become conscious of being in general -- and therefore that the truth of His existence is as much a datum of philosophy as is the abstract idea of being.このシステムを維持して我々はいくつかの当面の意識を自然には、薄暗いしかし最初は、いくつかの直観的な知識や神-実際には彼が我々を参照してください本質的に顔を合わせることしかし、彼が私たちの関係を知っている生き物で、同じ行為の認知-ロスミーニによると、我々として一般的になっている意識している-そしてそのために彼の存在は、真実をデータムと同じくらいの哲学としては、抽象的なアイデアれている。

Finally, the philosophy of Modernism -- about which there has recently been such a stir -- is a somewhat complex medley of these various systems and tendencies; its main features as a system are:最後に、モダニズムの哲学-これについては最近、このようなそこに一石を投じる-やや複雑なメドレーは、これらの様々なシステムや傾向;そのシステムの主な特長として、以下の通りです:

negatively, a thoroughgoing intellectual Agnosticism, and positively, the assertion of an immediate sense or experience of God as immanent in the life of the soul -- an experience which is at first only subconscious, but which, when the requsite moral dispositions are present, becomes an object of conscious certainty.否定的には、徹底した知的不可知論、と肯定的には、当面の感覚や経験を主張するのは、人生の内在的な神としての魂-これは、最初の経験だけ潜在意識が、これは、道徳的な売却r equsiteが存在するときには、が、オブジェクトの確実性を意識しています。

Now all these varying types of Theism, in so far as they are opposed to the classical and traditional type, may be reduced to one or other of the two following propositions:今や、これらすべてのさまざまな種類の有神論は、これまでのところ、古典的に反対しているとして、伝統的なタイプは、 5月に減少して、 1つまたは他の次の2つの命題:

that we have naturally an immediate consciousness or intuition of God's existence and may therefore dispense with any attempt to prove this truth inferentially;私たちは自然にして即座に意識や直感と神が存在する可能性なしで済ますしたがって、この真理を証明するいかなる試みinferentially ;

that, though we do not know this truth intuitively and cannot prove it inferentially in such a way as to satisfy the speculative reason, we can, nevertheless, and must conscientiously believe it on other than strictly intellectual grounds.ことが、私たちはこの真理を知らないことを証明することはできないと直感的にそのような方法でinferentiallyを満たすために投機的な理由として、我々は、にもかかわらず、良心を信じることが必要として厳密に知的以外の理由でだ。

But an appeal to experience, not to mention other objections, is sufficient to negative the first proposition -- and the second, which, as history has already made clear, is an illogical compromise with Agnosticism, is best refuted by a simple statement of the theistic Proofs.しかし、経験をアピールして、他の反対論に言及しないように、十分には、負の最初の命題-そして2番目の、これは、歴史としては、すでに明らかには、不可知論は、不合理な妥協して、最善の反論は、単純なステートメントでは、有神論証拠です。 It is not the proofs that are found to be fallacious but the criticism which rejects them.その証拠ではないことが確認されるが、虚偽の批判を拒否してください。 It is true of course -- and no Theist denies it -- that for the proper intellectual appreciation of theistic proofs moral dispositions are required, and that moral consciousness, the æsthetic faculty, and whatever other powers or capacities belong to man's spiritual nature, constitute or supply so many data on which to base inferential proofs.もちろんそれは真実です-有神論を否認していないこと-そのために、適切な知的有神論感謝の道徳的な証拠が必要に売却し、道徳意識して、教職員のæ s thetic、およびその他の権限や能力をどのように所属して男の精神的な性質は、構成これほど多くのデータを供給するかをベース推論証拠です。 But this is very different from holding that we possess any faculty or power which assures us of God's existence and which is independent of, and superior to, the intellectual laws that regulate our assent to truth in general -- that in the religious sphere we can transcend those laws without confessing our belief in God to be irrational.しかし、これは非常に異なって持ち株を保有することを保証する学部または電源神が存在すると我々が独立し、優れているとは、私たちの知的な同意を規制する法律が真実全般-ことができることは、宗教的な球これらの法律を超越することなく私たちの神への信仰を告白される非合理的だ。 It is also true that a mere barren intellectual assent to the truth of God's existence -- and such an assent is conceivable -- falls very far short of what religious assent ought to be; that what is taught in revealed religion about the worthlessness of faith uninformed by charity has its counterpart in natural religion; and that practical Theism, if it pretends to be adequate, must appeal not merely to the intellect but to the heart and conscience of mankind and be capable of winning the total allegiance of rational creatures.それは事実だが、単なる不毛の知的にも同意して、神の存在を真実だ-とは、このような考えに同意-滝非常にはるかに及ばないものでなければならない宗教的な同意;教わっていることは明らかに宗教の信仰については、けん怠無知された慈善団体には、相手国の自然宗教;として実用的な有神論は、十分なふりをすれば、アピールする必要がありますが、知性だけではないが、人類の良心を心臓に勝つことができるとの合理的な生き物の忠誠の合計です。 But here again we meet with exaggeration and confusion on the part of those Theists who would substitute for intellectual assent something that does not exclude but presupposes it and is only required to complement it.しかし、ここで再びお会いして混乱を誇張して、それらの団体のための知的代用theists誰が同意していない何かを除外することが前提とは、それを補完するだけ必須です。 The truth and pertinency of these observations will be made clear by the following summary of the classical arguments for God's existence.これらの観察の妥当真実とクリアされる前に、古典的な概要は、以下のために、神の存在を引数です。

B. THEISTIC PROOFS有神論Bの証拠

The arguments for God's existence are variously classified and entitled by different writers, but all agree in recognizing the distinction between a priori, or deductive, and a posteriori, or inductive reasoning in this connection.そのために、神の存在を引数とする資格は、多岐に分類された別の作家が、すべてに同意し先験的な認識の違い、あるいは演繹的、および事後、または帰納的推理で、この接続します。 And while all admit the validity and sufficiency of the latter method, opinion is divided in regard to the former.すべての妥当性を認めるとしながら十分な後者の方法では、これと関連し、意見が分かれて元です。 Some maintain that a valid a priori proof (usually called the ontological) is available; others deny this completely; while some others maintain an attitude of compromise or neutrality.いくつかの証拠を維持することは、有効なアプリオリ(通常は、存在論と呼ばれる)が利用可能;他これを完全に否定する;中にいくつかの他の妥協的な態度や中立性を維持する。 This difference, it should be observed, applies only to the question of proving God's actual existence; for, His self-existence being admitted, it is necessary to employ a priori or deductive inference in order to arrive at a knowledge of His nature and attributes, and as it is impossible to develop the arguments for His existence without some working notion of His nature, it is necessary to some extent to anticipate the deductive stage and combine the a priori with the a posteriori method.この違いは、観察しなければならない、という問題にのみ適用されます実際に、神の存在を証明;ためには、彼が自己の存在を認め、それを採用する必要があるか先験的演繹的推論に到着するためには彼の性格や属性の知識、そしてを開発することは不可能であるとして、彼の存在を議論することなく自分の考えをいくつかの作業の性質は、必要なことはある程度予測する演繹的に先験的なステージと組み合わせることで、事後法です。 But no strictly a priori conclusion need be more than hypothetically assumed at this stage.しかし、厳密に先験的な結論を出す必要がない以上、この段階で仮定の仮定。

1. 1 。 A Posteriori Argument事後引数

St. Thomas (Summa Theologica I:2:3; Cont. Gent., I, xiii) and after him many scholastic writers advance the five following arguments to prove the existence of God:セントトマス(総合的研究論文theologica私: 2 : 03 ;があります。ゲント。 、私は、 13 )と彼の後に多くの作家修学事前に以下の5つの引数を神の存在を証明する:

Motion, i.e. the passing from power to act, as it takes place in the universe implies a first unmoved Mover (primum movens immobile), who is God; else we should postulate an infinite series of movers, which is inconceivable.モーションは、すなわち、より力を渡す行為は、宇宙を舞台にして初めて心を動かされないうまくいっていることを意味する(一次movens不動)は、誰が神;他しなければならない公準無限シリーズの引っ越し、これは想像もできない。 For the same reason efficient causes, as we see them operating in this world, imply the existence of a First Cause that is uncaused, i.e. that possesses in itself the sufficient reason for its existence; and this is God.同じ理由では、効率的な原因は、我々としてそれらを参照して動作して、この世界では、意味が存在することが第一の原因uncaused 、すなわち保有してその存在自体には十分な理由;ており、これが神です。 The fact that contingent beings exist, i.e. beings whose non-existence is recognized as possible, implies the existence of a necessary being, who is God.偶発れているという事実に存在する、すなわち非存在は認識されているが、できるだけお察しの存在が必要なのは、誰が神です。

The graduated perfections of being actually existing in the universe can be understood only by comparison with an absolute standard that is also actual, i.e., an infinitely perfect Being such as God.既存の完成度を卒業しているのは、実際に宇宙を理解できるだけで比較しても、絶対的な基準では実際には、すなわち、神のように完璧に無限です。 The wonderful order or evidence of intelligent design which the universe exhibits implies the existence of a supramundane Designer, who is no other than God Himself.素晴らしい秩序またはインテリジェントデザインの証拠を示すように宇宙の展示物の存在を霊界のデザイナーは、他の誰よりも神を自分自身ではない。

To these many Theists add other arguments:これらの多くtheists他の引数を追加:

the common consent of mankind (usually described by Catholic writers as the moral argument),人類共通の同意(通常はカトリック作家として記述される道徳的な議論)は、

from the internal witness of conscience to the supremacy of the moral law, and, therefore, to the existence of a supreme Lawgiver (this may be called the ethical argument, or内部からの目撃者の良心には、道徳的な法律の覇権を握る、とは、したがって、最高の存在を立法者(これは倫理的な議論と呼ばれるかもしれない、あるいは

from the existence and perception of beauty in the universe (the aesthetical argument).存在するとの認識から、宇宙の美しさ( aesthetical引数) 。

One might go on, indeed, almost indefinitely multiplying and distinguishing arguments; but to do so would only lead to confusion. 1つ上に行くかもしれない、実際には、ほぼ無限に増殖すると引数の区別;しかしを行わないと混乱を招くだけだ。

The various arguments mentioned -- and the same is true of others that might be added -- are not in reality distinct and independent arguments, but only so many partial statements of one and the same general argument, which is perhaps best described as the cosmological.様々な引数言及-と、同じことが言えるかもしれないが他人のことを追加-ではないとは別個の独立した引数の現実が、非常に多くの部分のみを1つのステートメントの引数と同じ総長は、これはおそらく最良といわれて宇宙論。 This argument assumes the validity of the principle of causality or sufficient reason and, stated in its most comprehensive form, amounts to this: that it is impossible according to the laws of human thought to give any ultimate rational explanation of the phenomena of external experience and of internal consciousness -- in other words to synthesize the data which the actual universe as a whole supplies (and this is the recognized aim of philosophy) -- unless by admitting the existence of a self-sufficient and self-explanatory cause or ground of being and activity, to which all these phenomena may be ultimately referred.この引数を仮定して因果関係の妥当性の原則や十分な理由とは、その最も包括的フォームに記載され、この金額:それは不可能だ人間の思考法によると、任意の究極の合理的な説明を与えるのは、外部の経験と現象内部の意識-言い換えれば、データを合成し、実際の宇宙全体の物資(これは、認識の目的と理念) -の存在を認めることがない限り、自立していると自明の原因や地上の活性いるとされており、これらすべての現象かもしれない最終的に言及した。

It is, therefore, mainly a question of method and expediency what particular points one may select from the multitude available to illustrate and enforce the general a posteriori argument.それは、したがって、問題は、主にどのような便宜法や特定のポイントの1つを選択して5月から施行する群衆利用できるように説明すると、総事後の引数です。 For our purpose it will suffice to state as briefly as possible我々の目的のために十分な状態にすることは、できるだけ短時間で

the general argument proving the self-existence of a First Cause,総引数の自己の存在を証明する第一の原因は、

the special arguments proving the existence of an intelligent Designer and of a Supreme Moral Ruler, andこの特別な引数の存在を証明するインテリジェントなデザイナーや道徳の最高統治者、および

the confirmatory argument from the general Consent of mankind.確証の引数の同意を得てから、人類全般です。

(a) The general causality argument ( a )その一般的な因果関係の引数

We must start by assuming the objective certainty and validity of the principle of causality or sufficient reason -- an assumption upon which the value of the physical sciences and of human knowledge generally is based.開始されたと仮定してしなければならない客観的確実性と因果関係の妥当性の原則や十分な理由-を想定値の上で、物理科学とは、通常、人間の知識ベースです。 To question its objective certainty, as did Kant, and represent it as a mere mental a priori, or possessing only subjective validity, would open the door to subjectivism and universal scepticism.その客観的確実性に疑問は、カントとしては、それを表すように、単なる精神的な先験的な、あるいは主観的妥当性のみを所持し、主観とは、普遍的に門戸を開くscepticism 。 It is impossible to prove the principle of causality, just as it is impossible to prove the principle of contradiction; but it is not difficult to see that if the former is denied the latter may also be denied and the whole process of human reasoning declared fallacious.を立証することは不可能であるという原則の因果関係は、ちょうどことを証明することは不可能であるという原則に矛盾;ものではないことが分かるように困難な場合、前者は後者の可能性も否定して拒否されると、人間の全過程を宣言した誤った推論。 The principle states that whatever exists or happens must have a sufficient reason for its existence or occurrence either in itself or in something else ; in other words that whatever does not exist of absolute necessity - whatever is not self-existent -- cannot exist without a proportionate cause external to itself; and if this principle is valid when employed by the scientist to explain the phenomena of physics it must be equally valid when employed by the philosopher for the ultimate explanation of the universe as a whole.国家の原則が存在して何かが起こって、十分な理由を持っていなければ、それ自体の存在または発症のどちらか、または何か他;言い換えると、どのような絶対的な必要性は存在しません-どのような自己存在ではない-が存在することはできませんなし比例して外部の原因そのもの;との原則が有効な場合、このときに採用された現象を説明する物理学の科学者と同様にしなければならないときに有効な哲学者のための究極の採用によって、宇宙全体の説明です。 In the universe we observe that certain things are effects, i.e. they depend for their existence on other things, and these again on others; but, however far back we may extend this series of effects and dependent causes, we must, if human reason is to be satisfied, come ultimately to a cause that is not itself an effect, in other words to an uncaused cause or self-existent being which is the ground and cause of all being.我々はこの宇宙に影響を観察すると、特定の物事には、すなわち、自分の存在を他のものに依存するため、およびこれらを他人に再び;しかし、しかしはるか後ろに延長することがありますが、このシリーズの効果や依存性の原因を、我々は、人間の理性場合は、を満たすことは、結局のところに来ることが原因ではない、効果自体は、言い換えれば原因をuncausedまたは自己存在してきているが、地面がすべての原因だ。 And this conclusion, as thus stated, is virtually admitted by agnostics and Pantheists, all of whom are obliged to speak of an eternal something underlying the phenomenal universe, whether this something be the "Unknown", or the "Absolute", or the "Unconscious", or "Matter" itself, or the "Ego", or the "Idea" of being, or the "Will"; these are so many substitutes for the uncaused cause or self-existent being of Theism.そして、この結論は、こうしてとしては、 agnosticsとは、事実上認めた。 pantheistsさは、すべての義務を負うのは誰かに話すのは永遠の驚異的な宇宙の根底には、何かにするかどうかは、この"不明" 、または、 "絶対" 、または"無意識" 、または"問題"自体、あるいは、 "自我" 、または"アイデア"れている、または、 "は、 " ;これらを置換するためには、非常に多くの原因uncausedまたは自己の存在有神論れています。 What anti-Theists refuse to admit is not the existence of a First Cause in an indeterminate sense, but the existence of an intelligent and free First Cause, a personal God, distinct from the material universe and the human mind.どのような反theistsごみの存在を認めることではないが、第一の原因不定意味では、しかし、その存在を無料で、知的で最初の原因は、個人的な神は、宇宙とは別個の材料から、人間の心です。 But the very same reason that compels us to postulate a First Cause at all requires that this cause should be a free and intelligent being.しかし、同じ理由で非常にcompels公準第一の原因は我々に必要なことをすべて無料で、この原因をしなければならないとインテリジェントな存在だ。 The spiritual world of intellect and free will must be recognized by the sane philosopher to be as real as the world of matter; man knows that he has a spiritual nature and performs spiritual acts as clearly and as certainly as he knows that he has eyes to see with and ears to hear with; and the phenomena of man's spiritual nature can only be explained in one way -- by attributing spirituality, i.e. intelligence and free will, to the First Cause, in other words by recognizing a personal God.精神世界の知性の自由意志をしなければならないと認識されるように、良識のある哲学者として、世界の本当の問題;男を知って彼は精神的には、自然と精神的な行為として明確に実行すると知っていることは確かに彼は、彼の目にを聞くと耳にして参照してください;と男の精神的な自然現象を説明することによってのみ一つの方法-を関連付けるスピリチュアリティ、すなわち知性と自由意志は、最初の原因には、言い換えれば、神によって個人を認識する。 For the cause in all cases must be proportionate to the effect, i.e. must contain somehow in itself every perfection of being that is realized in the effect.すべてのケースにおいて大義のために比例して、効果をしなければならない、すなわち、何らかの理由で、それ自体を含める必要があります完ぺきれている全ての効果が実現しています。

The cogency of this argument becomes more apparent if account be taken of the fact that the human species had its origin at a comparatively late period in the history of the actual universe.この議論の説得力を明らかになってきている場合、アカウントを取られるという事実を、人間の種で、その起源は比較的遅い時期、実際の宇宙の歴史の中です。 There was a time when neither man nor any other living thing inhabited this globe of ours; and without pressing the point regarding the origin of life itself from inanimate matter or the evolution of man's body from lower organic types, it may be maintained with absolute confidence that no explanation of the origin of man's soul can be made out on evolutionary lines, and that recourse must be had to the creative power of a spiritual or personal First Cause.どちらもいたときがあった人にも、他の人が住んでいるこの地球の生き物の私たち;とせずに押してポイント自体の生命の起源に関するより無生物の進化の過程や体の男の低い有機種類から、かもしれないが、絶対的な信頼を維持する説明をしていないの起源は人間の魂の進化のラインを出すことが可能で、償還請求しなければならないとしていたが、精神的な創造力や個人的な第一の原因です。 It might also be urged, as an inference from the physical theories commonly accepted by present-day scientists, that the actual organization of the material universe had a definite beginning in time.促したことも可能かもしれない、物理的な理論から推論として広く受け入れられる今日の科学者たちは、実際には、宇宙機構は、材料には、明確な時間の始まりです。 If it be true that the goal towards which physical evolution is tending is the uniform distribution of heat and other forms of energy, it would follow clearly that the existing process has not been going on from eternity; else the goal would have been reached long ago.もしそれが事実だという目標に向かっtendingこれは、物理的な進化は一様分布の暑さと他の形態のエネルギー、それは、既存のプロセスに従うことを明確にされていないから起こっているエタニティ;他の目標は、遠い昔に達してきた。 And if the process had a beginning, how did it originate?そしてもしそのプロセスは、初めには、どのようにして起こることですか? If the primal mass was inert and uniform, it is impossible to conceive how motion and differentiation were introduced except from without, while if these are held to be coeval with matter, the cosmic process, which is ex hypothesi is temporal, would be eternal, unless it be granted that matter itself had a definite beginning in time.プライマル場合には不活性と大量の制服は、どのように想像することは不可能であることを除いてから導入されたモーションと分化せずに、同時代に行われた場合は、これらの物質は、宇宙の過程で、これは時間的な仮説は、永遠には、その件については付与しない限り、それ自体には、明確な時間の始まりです。

But the argument, strictly speaking, is conclusive even if it be granted that the world may have existed from eternity, in the sense, that is, that, no matter how far back one may go, no point of time can be reached at which created being was not already in existence.しかし、引数は、厳密に言えば、それは決定的に付与している場合でも、世界から永遠に存在する可能性がある、という意味で、それは、それは、 1つの可能性がどんなに遠く後ろに行く、時間がない点に達したときのもの作成されていないが、すでに存在しています。 In this sense Aristotle held matter to be eternal and St. Thomas, while denying the fact, admitted the possibility of its being so.この意味で開かれたアリストテレスの問題とされる永遠のセントトマス、その事実を否定しながら、その可能性を認めているようだ。 But such relative eternity is nothing more in reality than infinite or indefinite temporal duration and is altogether different from the eternity we attribute to God.しかし、このような現実に相対永遠には何もないよりももっと時間的無限または不定期間とは全然違うから、永遠に私たちの神の属性です。 Hence to admit that the world might possibly be eternal in this sense implies no denial of the essentially finite and contingent character of its existence.したがって、世界を認めることかもしれない永遠にその意味を意味する可能性がないと否定有限偶発キャラクターは、基本的にその存在します。 On the contrary it helps to emphasize this truth, for the same relation of dependence upon a self-existing cause which is implied in the contingency of any single being is implied a fortiori in the existence of an infinite series of such beings, supposing such a series to be possible.それどころか、この真理を強調するために役立つことは、依存関係のため、同じ時に自己暗示が原因で、既存の有事には、任意の1つは、なおさらの存在を暗示するような無限級数の生き物は、そのような仮定シリーズには可能です。 Nor can it be maintained with Pantheists that the world, whether of matter or of mind or of both, contains within itself the sufficient reason of its own existence. pantheistsに維持することもできますが、世界は、心のかどうか、または両方の問題は、それ自体の内に十分な理由が含まれ、独自の存在です。 A self-existing world would exist of absolute necessity and would be infinite in every kind of perfection; but of nothing are we more certain than that the world as we know it, in its totality as well as in its parts, realizes only finite degrees of perfection.既存の世界は、自己の存在が絶対必要となるあらゆる種類の無限の完成;しかし、我々は何もないが、世界に比べてより多くの特定と知っている我々としては、全体としては、その部分だけでなく、有限度しか実現完ぺきです。 It is a mere contradiction in terms, however much one may try to cover up and conceal the contradiction by an ambiguous and confusing use of language, to predicate infinity of matter or of the human mind, and one or the other or both must be held by the Pantheist to be infinite.それは、単なる言葉の矛盾は、 1つの可能性がかなりカバーしようとすると、矛盾を隠すあいまいな言語を使用すると紛らわしい、無限の述語を、人間の心の問題や、あるいはその両方を1つまたは他の開かれる必要があります。汎神論を無限される。 In other words the distinction between the finite and the infinite must be abolished and the principle of contradiction denied.言い換えれば、有限と無限の区別を廃止しなければならないという原則との矛盾を否定した。 This criticism applies to every variety of Pantheism strictly so called, while crude, materialistic Pantheism involves so many additional and more obvious absurdities that hardly any philosopher deserving of the name will be found to maintain it in our day.この批判を厳密に適用されるごとにさまざまないわゆる汎神論が、原油は、唯物論的汎神論には非常に多くの追加ともっと明白な不条理を明らかにしてほとんどの哲学者の名に値する発見されることが私たちの一日を維持しています。 On the other hand, as regards idealistic Pantheism, which enjoys a considerable vogue in our day, it is to be observed in the first place that in many cases this is a tendency rather than a formal doctrine, that it is in fact nothing more than a confused and perverted form of Theism, based especially upon an exaggerated and one-sided view of Divine immanence (see below, iii).その一方で、理想主義的汎神論に関しては、私たちの一日を楽しんでかなりの流行で、それは、第1位に観察されるケースが多いが、この傾向は、正式な教義ではなく、それ以上のことは何もない事実有神論倒錯した形で、混乱とは、特にベースに誇張されたとする神の内在片側ビュー(下記参照、 ⅲ ) 。 And this confusion works to the advantage of Pantheism by enabling it to make a specious appeal to the very arguments which justify Theism.そして、この作品を混乱汎神論を有効に活用することをアピールして、非常にもっともらしい有神論引数を正当化する。 Indeed the whole strength of the pantheistic position as against Atheism lies in what it holds in common with Theism; while, on the other hand, its weakness as a world theory becomes evident as soon as it diverges from or contradicts Theism.確かに全体の反対の強さの汎神論無神論としての地位を保持することが嘘には、何と共通して有神論;ながら、その一方で、その弱点として、世界の理論が明らかになり次第または矛盾diverges有神論からです。 Whereas Theism, for example, safeguards such primary truths as the reality of human personality, freedom, and moral responsibility, Pantheism is obliged to sacrifice all these, to deny the existence of evil, whether physical or moral, to destroy the rational basis of religion, and, under pretence of making man his own God, to rob him of nearly all his plain, common sense convictions and of all his highest incentives to good conduct.有神論では、例えば、セーフガードの真理として、このような現実を、人間の一次的人格、自由、道義的責任や、汎神論は、これらすべてを犠牲にする義務は、悪の存在を否定するのは、道徳的身体的なものかどうかは、宗教の合理的な基盤を破壊するとは、彼自身の男の下で製造pretenceの神は、彼のほぼすべてを自分の平野ロブは、常識的信念と彼の最高のインセンティブのすべての善行をした。 The philosophy which leads to such results cannot but be radically unsound.このような結果につながるの哲学をすることはできませんしかし、根本的に根拠の薄弱な。

(b) The argument from design ( b )に、引数から設計

The special argument based on the existence of order or design in the universe (also called the teleological argument) proves immediately the existence of a supramundane mind of vast intelligence, and ultimately the existence of God.引数に基づいて、特別な存在で、宇宙の秩序やデザイン(引数とも呼ばれ、目的論)の存在を証明霊界すぐに心の広大な情報、そして最終的には神の存在です。 This argument is capable of being developed at great length, but it must be stated here very briefly.この引数は、偉大な能力が現在開発中の長さは、ここでも非常に簡潔に記載しなければならない。 It has always been a favourite argument both with philosophers and with popular apologists of Theism; and though, during the earlier excesses of enthusiasm for or against Darwinianism, it was often asserted or admitted that the evolutionary hypothesis had overthrown the teleological argument, it is now recognized that the very opposite is true, and that the evidences of design which the universe exhibits are not less but more impressive when viewed from the evolutionary standpoint.それは常に哲学者やお気に入りの引数の両方を擁護して人気の有神論;とはいえ、行き過ぎの中には、前の熱意darwinianism賛成か反対か、または主張していたことを認めたしばしば仮説は、進化の目的論引数転覆でしたが、今で非常に認識して反対のが事実であれば、証拠とは、宇宙のどの展示物の設計ではないというよりも少ないときに印象的な観点から見れば、進化のです。 To begin with particular examples of adaptation which may be appealed to in countless number -- the eye, for instance, as an organ of sight is a conspicuous embodiment of intelligent purpose -- and not less but more so when viewed as the product of an evolutionary process rather than the immediate handiwork of the Creator.特定の例を開始して控訴を適応される可能性があります数えきれないほどの数-の目は、例えば、臓器の光景としては、インテリジェントな目的の実施の態様目立つ-というよりも少なくありませんので、製品として表示している場合は、進化の過程というよりは、当面のクリエーターの仕業だ。 There is no option in such cases between the hypothesis of a directing intelligence and that of blind chance, and the absurdity of supposing that the eye originated suddenly by a single blind chance is augmented a thousand-fold by suggesting that it may be the product of a progressive series of such chances.オプションがないような場合は、仮説の間に、目の不自由なチャンスを演出して知性とは、との不条理されたと仮定して、 1つ目の発祥の突然のチャンスは、目の不自由な増補千倍にされたということを示唆するかもしれないが、製品のこのような機会をプログレッシブシリーズです。 "Natural selection", "survival of the fittest", and similar terms merely describe certain phases in the supposed process of evolution without helping the least to explain it; and as opposed to teleology they mean nothing more than blind chance. "自然淘汰" 、 "適者生存" 、および同様の条件を記述するだけでは、特定のフェーズを支援するはずの進化の過程を説明すること以上;や目的論とは対照的に、その意味以上の何もない盲目のチャンスです。 The eye is only one of the countless examples of adaptation to particular ends discernible in every part of the universe, inorganic as well as organic; for the atom as well as the cell contributes to the evidence available.その目は、数えきれないほどの例の1つだけで終わるの特定の適応を認め、宇宙のあらゆる部分は、有機無機だけでなく;のためだけでなく、細胞の原子に貢献して証拠を入手可能です。 Nor is the argument weakened by our inability in many cases to explain the particular purpose of certain structures or organisms.弱体化されたが、我々の議論もできないことを、多くの場合、特定の目的を説明したり、特定の構造生物です。 Our knowledge of nature is too limited to be made the measure of nature's entire design, while as against our ignorance of some particular purposes we are entitled to maintain the presumption that if intelligence is anywhere apparent it is dominant everywhere.私たちの知識はあまりにも自然に限定される前に、自然の全体を測るのデザインは、私たちの間に反対の無知としていくつかの特定の目的のために我々は権利を維持すると仮定している場合は、支配的な知能は、どこでもどこでも見掛けている。 Moreover, in our search for particular instances of design we must not overlook the evidence supplied by the harmonious unity of nature as a whole.また、私たちの特定のインスタンスを検索するために設計しなければならないのは供給される証拠を見落とす自然の調和のとれた全体として団結しています。 The universe as we know it is a cosmos, a vastly complex system of correlated and interdependent parts, each subject to particular laws and all together subject to a common law or a combination of laws as the result of which the pursuit of particular ends is made to contribute in a marvellous way to the attainment of a common purpose; and it is simply inconceivable that this cosmic unity should be the product of chance or accident.宇宙のは、私たちが知ってコスモスとしては、非常に複雑なシステムの相関と相互依存の部品は、それぞれの法律や特定の件名を全部まとめて共通の法則に服従するかの組み合わせの結果としてどの法律の追求については、特定の終了前に見事なやり方に貢献する共通の目的を達成する;と想定しにくいことは、単にこの宇宙団結しなければならない可能性や事故の産物である。 If it be objected that there is another side to the picture, that the universe abounds in imperfections -- maladjustments, failures, seemingly purposeless waste -- the reply is not far to seek.反対ならば別の側面があることは、その絵には、不完全では、宇宙のabounds -m aladjustments、失敗は、一見無駄な廃棄物-その返信までに寄付を求めるのではない。 For it is not maintained that the existing world is the best possible, and it is only on the supposition of its being so that the imperfections referred to would be excluded.を維持することではないが、既存の世界は可能な限り、そしてそれは仮定の上でのみの不完全性言及しているので、除外するだろう。 Admitting without exaggerating their reality -- admitting, that is, the existence of physical evil -- there still remains a large balance on the side of order and harmony, and to account for this there is required not only an intelligent mind but one that is good and benevolent, though so far as this special argument goes this mind might conceivably be finite.彼らの現実を誇張せずに認める-認め、それは、物理的な悪が存在する-そこには依然として大規模なバランスと調和するためには、側面には、これを説明するために、必要なだけでなく、そこには心が1つには、インテリジェント良好で、慈悲深いが、これまでのところ、この特別な引数としては、この精神に有限ひょっとするかもしれない。 To prove the infinity of the world's Designer it is necessary to fall back on the general argument already explained and on the deductive argument to be explained below by which infinity is inferred from self-existence.際限のないことを証明し、世界のデザイナーを頼みにすることが必要である、と説明して、すでに一般的な議論を演繹的に議論されるインフィニティは、以下に説明するより自己の存在を推測します。 Finally, by way of direct reply to the problem suggested by the objection, it is to be observed that, to appreciate fully the evidence for design, we must, in addition to particular instances of adaptation and to the cosmic unity observable in the world of today, consider the historical continuity of nature throughout indefinite ages in the past and indefinite ages to come.最後に、この問題に直接返信して道の提案に反対されることが観察されることは、完全にその証拠を鑑賞するために、デザイン、しなければならないことに加えて、特定のインスタンスを適応とは、世界の観測可能な宇宙の結束今日では、歴史的連続性を考慮して自然の中で、過去と不定不定年齢の年齢層に来ています。 We do not and cannot comprehend the full scope of nature's design, for it is not a static universe we have to study but a universe that is progressively unfolding itself and moving towards the fulfilment of an ultimate purpose under the guidance of a master mind.我々は完全に理解することができないと自然のスコープの設計は、静的な宇宙のことではないが、我々は宇宙を勉強することは、徐々に向かって移動するアンフォールディング自体とは、究極の目的達成の指導の下にマスターマインドです。 And towards that purpose the imperfect as well as the perfect -- apparent evil and discord as well as obvious good order -- may contribute in ways which we can but dimly discern.そして、その目的に向かっ不完全なだけでなく、完璧-見掛けだけでなく、明白な悪との不和良い注文-どの方法で貢献する可能性がおぼろげに識別することができる。 The well-balanced philosopher, who realizes his own limitations in the presence of nature's Designer, so far from claiming that every detail of that Designer's purpose should at present be plain to his inferior intelligence, will be content to await the final solution of enigmas which the hereafter promises to furnish.バランスの取れた、哲学者は、自分の限界を実現たちは、自然のデザイナーの存在は、これまでより詳細に至るまで主張してデザイナーの目的は、現時点では彼の下に平野インテリジェンス、コンテンツを提供されるのを待つの最終的な解決策をenigmas来世を約束して提出する。

(c) The argument from conscience ( C参照)から、引数の良心

To Newman and others the argument from conscience, or the sense of moral responsibility, has seemed the most intimately persuasive of all the arguments for God's existence, while to it alone Kant allowed an absolute value.ニューマン氏と議論してから他の良心や道義的責任感は、最も密接には、説得力のように見えたのは、神の存在の全ての引数は、それだけでカントを認めながら、絶対値です。 But this is not an independent argument, although, properly understood, it serves to emphasize a point in the general a posteriori proof which is calculated to appeal with particular force to many minds.しかし、この議論ではない、独立、にもかかわらず、正しく理解し、それを提供する点を強調するためには、事後の証拠を総合するとは、特定の計算を訴える多くの精神力を行使している。 It is not that conscience, as such, contains a direct revelation or intuition of God as the author of the moral law, but that, taking man's sense of moral responsibility as a phenomenon to be explained, no ultimate explanation can be given except by supposing the existence of a Superior and Lawgiver whom man is bound to obey.良心のではないことは、このように、直感が含まれ、直接あるいは神の啓示として、著者は、道徳的な法律が、それは、人間の感覚を服用道義的責任として説明される現象は、究極的な説明なしに与えられたことを除いて仮定スーペリアや立法者の存在を束縛に従う人間は誰だ。 And just as the argument from design brings out prominently the attribute of intelligence, so the argument from science brings out the attribute of holiness in the First Cause and self-existent Personal Being with whom we must ultimately identify the Designer and the Lawgiver.と同じように、引数の属性からデザインを放つの知性をもたらすので、その引数の属性から引き出すんホーリネス科学の最初の原因と自己存在している人の個人を識別しなければならないが、最終的なデザイナーとの立法者です。

(d) The argument from universal consent (民主党)の引数より普遍的に同意

The confirmatory argument based on the consent of mankind may be stated briefly as follows: mankind as a whole has at all times and everywhere believed and continues to believe in the existence of some superior being or beings on whom the material world and man himself are dependent, and this fact cannot be accounted for except by admitting that this belief is true or at least contains a germ of truth.確証の引数に基づいて、人類の同意を得て、以下の通り簡潔に記載かもしれない:人類全体としては、いつでもどこでも続けていると信じて、いくつかの存在を信じる優れている人や生き物に男の世界と自分自身には依存性物質は、このような事実を除いて会計処理をすることはできませんとはいえ、この信念が真実か、少なくとも真実の芽生えが含まれています。 It is admitted of course that Polytheism, Dualism, Pantheism, and other forms of error and superstition have mingled with and disfigured this universal belief of mankind, but this does not destroy the force of the argument we are considering.もちろん、そのことは認めた多神教、二元論、汎神論、およびその他の形態のエラーや迷信が混じり、 disfiguredこの人類の普遍的な信念が、これを破壊する力はないが、我々は議論を検討しています。 For at least the germinal truth which consists in the recognition of some kind of deity is common to every form of religion and can therefore claim in its support the universal consent of mankind.少なくとも、胚は、真実で構成さ神の認識は共通して何らかの形ですべての宗教と主張するのを支援することが人類の普遍的に同意した。 And how can this consent be explained except as a result of the perception by the minds of men of the evidence for the existence of deity?これに同意するとの説明を除いてはどうすれば結果として認識されるのは、心の男性の神が存在する証拠? It is too large a subject to be entered upon here -- the discussion of the various theories that have been advanced to account in some other way for the origin and universality of religion; but it may safely be said that, abstracting from revelation, which need not be discussed at this stage, no other theory will stand the test of criticism.それはあまりにも大規模な件名を入力する時ここ-この議論は、様々な理論をしてきたか他の方法でアカウントを詳細には、普遍性の起源と宗教;それによると、 5月に無事、抄録からの啓示は、この段階で議論する必要はありませんが、他の理論は、テストの批判に立つ。 And, assuming that this is the best explanation philosophy has to offer, it may further be maintained that this consent of mankind tells ultimately in favour of Theism.そして、これが最良と仮定して説明を提供する哲学は、それ以上に維持される可能性が示され、この人類の同意を得て最終的に有神論を支持しています。 For it is clear from history that religion is liable to degenerate, and has in many instances degenerated instead of progressing; and even if it be impossible to prove conclusively that Monotheism was the primitive historical religion, there is nevertheless a good deal of positive evidence adducible in support of this contention.それは歴史をより明確にして責任を負わないもの縮退宗教は、多くの場合は、代わりに進行変性;とたとえそれが不可能であることを証明する決定的一神教は、歴史的な原始宗教では肯定的な証拠にもかかわらず、かなりのadducibleこのコンテンションをサポートします。 And if this be the true reading of history, it is permissible to interpret the universality of religion as witnessing implicitly to the original truth which, however much obscured it may have become, in many cases could never be entirely obliterated.そして、もしこれが本当の歴史を読んで、解釈することは許されるの普遍性を暗黙のうちに、元の宗教の真理としてwitnessingそれは、しかし多くの隠さなる可能性があることは、多くの場合、決して完全に消失する可能性だ。 But even if the history of religion is to read as a record of progressive development one ought in all fairness, in accordance with a well-recognized principle, to seek its true meaning and significance not at the lowest but at the highest point of development; and it cannot be denied that Theism in the strict sense is the ultimate form which religion naturally tends to assume.しかし、たとえ宗教の歴史を読むには、漸進的発達の1つの記録として、すべての公平性をするべきでは、十分な認識に基づいて、原則として、その真の意味や意義を求めるわけでは、最低でも最高点の開発;ということは否定できないとして有神論は、厳密な意味では宗教の究極の形を想定する傾向が当然だ。 If there have been and are today atheistic philosophers who oppose the common belief of mankind, these are comparatively few and their dissent only serves to emhasize more strongly the consent of normal humanity.があれば、無神論の哲学者たちは、今日の人類共通の考えに反対する、これらは比較的少ないとの意見の相違のみemhasizeサーブをもっと強く正常な人間の同意を得ている。 Their existence is an abnormality to be accounted for as such things usually are.彼らの存在は、異常される割合は、通常はこのようなことです。 Could it be claimed on their behalf, individually or collectively, that in ability, education, character, or life they excel the infinitely larger number of cultured men who adhere on conviction to what the race at large has believed, then indeed it might be admitted that their opposition would be somewhat formidable.それは彼らに代わって主張して、個別または集団で、その能力は、教育、キャラクターは、彼らの生活やエクセルの培養無限に多くの男性たちにどのような信念に固執して大規模なレースでは信じられて、それから実際にそれを認めたかもしれない野党やや手ごわいだろうということだ。 But no such claim can be made; on the contrary, if a comparison were called for it would be easy to make out an overwhelming case for the other side.しかし、そのような主張が行われる;とは逆に、呼び出された場合を比較するための方が圧倒的なケースを簡単に作成するために、他の側面です。 Or again, if it were true that the progress of knowledge had brought to light any new and serious difficulties against religion, there would, especially in view of the modern vogue of Agnosticism, be some reason for alarm as to the soundness of the traditional belief.あるいはまた、もしそれが本当の進展していた知識を白日の下にさらさいかなる宗教に対する深刻な困難に新しいとは、そこが、特に見解は、現代の流行の不可知論は、いくつかの理由のために、健全性をアラームとしては、伝統的な信念。 But so far is this from being the case that in the words of Professor Huxley -- an unsuspected witness -- "not a solitary problem presents itself to the philosophical Theist at the present day which has not existed from the time that philosophers began to think out the logical grounds and the logical consequences of Theism" (Life and Letters of Ch. Darwin by F. Darwin, II, p. 203).しかし、今までに寄付されているが、このケースでは、教授の言葉をハクスリー-の思いも寄らない証人- "孤独ではありませんが、哲学的な問題が訪れれば有神論現今では、時間がないから存在して哲学者のことを考え始めました論理的根拠とするのは論理的帰結有神論" (生命や手紙のチャンネルです。ダーウィンによってF. Darwinにより、 2世、 p. 203 ) 。 Substantially the same arguments as are used today were employed by old-time sceptical Atheists in the effort to overthrow man's belief in the existence of the Divine, and the fact that this belief has withstood repeated assaults during so many ages in the past is the best guarantee of its permanency in the future.実質的には同じ引数として使用されていた雇われ今日昔の無神論懐疑転覆の努力をする男の信念で、神の存在、およびその事実が、この中に暴行を繰り返した信念には非常に多くの持ちこたえた年齢層では、過去最高のは、将来の永続性を保証します。 It is too firmly implanted in the depths of man's soul for little surface storms to uproot it.それはあまりにもしっかりと植え付けられた男の魂の底では表面嵐を根絶することはほとんどない。

2. 2 。 A Priori, or Ontological, Argument先験的な、あるいは存在論は、引数

This argument undertakes to deduce the existence of God from the idea of Him as the Infinite which is present to the human mind; but as already stated, theistic philosophers are not agreed as to the logical validity of this deduction.この引数を推測する神の存在を引き受けてから、彼のアイデアは無限に存在するとして、人間の精神;しかし、前述のとおり、合意有神論哲学者ではないとして、この控除には、論理の妥当性。 As stated by St. Anselm, the argument runs thus: The idea of God as the Infinite means the greatest Being that can be thought of, but unless actual existence outside the mind is included in this idea, God would not be the greatest conceivable Being since a Being that exists both in the mind as an object of thought, and outside the mind or objectively, would be greater than a Being that exists in the mind only; therefore God exists not only in the mind but outside of it.聖アンセルムに記載されたとして、このように、引数失点:無限のアイデアの神としての最大の手段を考えることができるが、しかし、実際に存在しない限り、心の外では、この考えに含まれ、神の最大の考えではないが以来の両方に存在するが、オブジェクトとしての心の中にある思想は、内外の心を客観的あるいは、より大きいだろうが存在するところは、心の中にあるだけ;したがって神が存在するだけでなく、それ以外の心の中にある。

Descartes states the argument in a slightly different way as follows: Whatever is contained in a clear and distinct idea of a thing must be predicated of that thing; but a clear and distinct idea of an absolutely perfect Being contains the notion of actual existence; therefore since we have the idea of an absolutely perfect Being such a Being must really exist.デカルトの状態で、若干異なる方法で、引数として以下のとおりです:何が含まれるという考えをはっきりと区別することを前提にしなければならないこと;しかしはっきりと区別する完全無欠のアイデアが実際に存在するという概念が含まれ;したがって以来、我々は完全無欠のアイデアが実際にそのような存在に存在する必要があります。

To mention a third form of statement, Leibniz would put the argument thus: God is at least possible since the concept of Him as the Infinite implies no contradiction; but if He is possible He must exist because the concept of Him involves existence. 3番目に言及する形で声明には、引数には、こうしてライプニッツ:神は、少なくとも可能性て以来、彼の概念として、お察しのない無限の矛盾;しかし、もし彼が可能に存在する必要がありますので、彼には彼の存在の概念です。 In St. Anselm's own day this argument was objected to by Gaunilo, who maintained as a reductio ad absurdum that were it valid one could prove by means of it the actual existence somewhere of an ideal island far surpassing in riches and delights the fabled Isles of the Blessed.この日、自身の聖アンセルム議論されたgaunilo反対して、人としての背理法を維持していたことの1つの有効な手段の可能性を証明することによって、実際の理想的な存在のどこかの島をはるかにしのいで、伝説的な富と喜びの島々その恵まれています。 But this criticism however smart it may seem is clearly unsound, for it overlooks the fact that the argument is not intended to apply to finite ideals but only to the strictly infinite; and if it is admitted that we possess a true idea of the infinite, and that this idea is not self-contradictory, it does not seem possible to find any flaw in the argument.しかししかし、この批判は明らかに根拠の薄弱なスマート見えるかもしれませんが、それを見渡せるという事実に、引数を適用する意図ではないだけに、理念を厳密に有限無限;と認めた場合には我々のアイデアを持つ真の無限は、このアイディアではないとして自己矛盾は、可能性を見つけることがないように見えるの引数は、任意の欠陥です。 Actual existence is certainly included in any true concept of the Infinite, and the person who admits that he has a concept of an Infinite Being cannot deny that he conceives it as actually existing.実際には、確かに存在する真の概念に含まれる任意の無限は、その人と認めるところによれば、彼は、無限の概念を彼は理解はしていることを否定することはできないとして、実際の既存のです。 But the difficulty is with regard to this preliminary admission, which if challenged -- as it is in fact challenged by Agnostics -- requires to be justified by recurring to the a posteriori argument, i.e. to the inference by way of causality from contingency to self-existence and thence by way of deduction to infinity.しかし、これと関連して予備的な難しさは、入場料は、障害者の場合-それは実際に挑戦したとしてa gnostics-定期的に正当化される必要とされる事後の引数、すなわち道の因果関係を推論してから有事に自己-道の存在とそこから控除さを無限大です。 Hence the great majority of scholastic philosophers have rejected the ontological argument as propounded by St. Anselm and Descartes nor as put forward by Leibniz does it escape the difficulty that has been stated.したがって、その大多数の修学存在論の哲学者が拒否されたの引数として提唱された聖アンセルムとデカルトもライプニッツとして提示されないことを免れることの困難さに記載されてきた。

II. Ⅱ 。 AS KNOWN THROUGH FAITHとして知られて信仰を介し

("THE GOD OF REVELATION") ( "神の啓示" )

A. Sacred Scriptures a.神聖な聖書

Neither in the Old or New Testament do we find any elaborate argumentation devoted to proving that God exists.新約聖書は、古いコンピュータまたはどちらか見つけることが私たちをテーマにした討論精巧な神の存在を証明しています。 This truth is rather taken for granted, as being something, for example, that only the fool will deny in his heart [Ps.この真理はむしろ当たり前のは、何かとしては、例えば、それを否定するだけでは、彼の心のばか[しまう。 xiii (xiv), 1; lii (liii), 1]; and argumentation, when resorted to, is directed chiefly against polytheism and idolatry. 13世( 14 )は、 1 ; 52 ( 53 ) 、 1 ] ;と論証は、手段ときには、多神教と偶像崇拝に対しては、主に指示されます。 But in several passages we have a cursory appeal to some phase of the general cosmological argument: v.g.しかし、我々はいくつかの通路があるいくつかの段階には、大まかに訴える全般宇宙引数:英領バージン諸島 Ps.しまう。 xviii (xix), 1, xciii (xciv), 5 sqq., Is., xli, 26 sqq.; II Mach., vii, 28, etc.; and in some few others -- Wis. xiii, 1-9; Rom., i, 18,20 -- the argument is presented in a philosophical way, and men who reason rightly are held to be inexcusable for failing to recognize and worship the one true God, the Author and Ruler of the universe. 18 ( 19 ) 、 1 、 93 ( 94 ) 、 5 sqq 。 、 。 、 41 、 26 sqq 。 ;マッハ2世です。 、 7 、 28 、等;や他のいくつかの少数-w is.1 3世は、 1 -9 ; ROMのです。 、私は、 18,20 -引数を提示する哲学的方法では、男たちと正当な理由が行われますができなかったことを弁解できないと認識されると、 1つの真の神を崇拝する、と著者は、宇宙の支配者です。

These two latter texts merit more than passing attention.これらの2つ以上に合格注目に値する後者のテキストです。 Wis., xiii, 1-9 reads: wis. 、 13 、 1-9読み出し:

But all men are vain in whom there is not the knowledge of God: and who by these good things that are seen, could not understand him that is, neither by attending to the works have acknowledged who was the workman: but have imagined either the fire, or the wind, or the swift air or the circle of the stars, or the great water, or the sun and moon, to be the gods that rule the world.しかし、すべての男性には、無駄な知識がない人で、神:これらの良いもので、誰も見たことは、彼のことを理解することができなかったのは、どちらも出席して作品を認めていたが、職人:しかし、どちらかが想像火災、または、風や空気のスウィフトやサークルの星、またはその偉大な水、または、太陽と月は、神々が世界を支配している。 With whose beauty, if they, being delighted, took them to be gods: let them know how much the Lord of them is more beautiful than they: for the first author of beauty made all those things.その美しさでは、もし彼らは、喜んでは、かれらには神々 :かれらの主をどのくらい知っているのは彼ら以上に美しい:美しさのための最初の作者である前にはそういったことがすべてだ。 Or if they admired their power and effects, let them understand by them that he that made them, is mightier than they: for by the greatness of the beauty, and of the creature, the creator of them may be seen, so as to be known thereby.あるいは自分の力や効果を称賛すれば、かれらに理解させ、それを彼のせいで、かれらは、かれらよりも力は:美しさのための偉大さは、その生き物とは、かれらの生みの見られるかもしれないので、とされるが知られています。 But yet as to these they are less to be blamed.しかし、彼らはまだ少ないようにこれらの非難される。 For they perhaps err, seeking God, and desirous to find him.彼らはおそらくerr 、神を求めて、彼を見つけると願っている。 For being conversant among his works, they search: and they are persuaded that the things are good which are seen.彼の作品の中に通じているため、彼らの検索:説得して、彼らは良いが、物事が見られる。 But then again they are not to be pardoned.しかし、その後再び彼らは恩赦に浴するてはならない。 For if they were able to know so much as to make a judgment of the world: how did they not more easily find out the Lord thereof?かれらは知っている場合はそんなにできるようにして判断を下すとしては、世界:どのようにして彼らをより簡単に確認するには、主のものですか?

Here it is clearly taught明らかにこれは、ここで教えられる

that the phenomenal or contingent world -- the things that are seen -- requires a cause distinct from and greater than itself or any of its elements;または偶発は、驚異的な世界-のものは見た-が必要とする以上の異なる原因自体または任意の要素;

that this cause who is God is not unknowable, but is known with certainty not only to exist but to possess in Himself, in a higher degree, whatever beauty, strength, or other perfections are realized in His works, that this conclusion is attainable by the right exercise of human reason, without reference to supernatural revelation, and that philosophers, therefore, who are able to interpret the world philosophically, are inexcusable for their ignorance of the true God, their failure, it is implied, being due rather to lack of good will than to the incapacity of the human mind.この原因は、その人の不可知の神ではないが、確実性は知られていないだけに存在してでも自分自身を保有し、度が高く、どのような美しさ、強さ、またはその他の完成度が実現して彼の作品は、この結論を出すことは可能で人間の理性を行使する権利は、超自然的啓示のリファレンスをせずには、哲学者であり、したがって、世界の人の解釈ができるように達観して、自分の無知のためには許せないの真の神は、彼らの失敗は、それは黙示のは、むしろしている原因を欠く善意よりも、人間の心の無能力。

Substantially the same doctrine is laid down more briefly by St. Paul in Romans 1:18-20:同じ教義を大幅にはもっと簡単に敷設された聖パウロのローマ人への手紙1:18-20 :

For the wrath of God is revealed from heaven against all ungodliness and injustice of those men that detain the truth of God in injustice: because that which is known of God is manifest in them.神の怒りは、天からの啓示に対しては、すべての邪悪さと不当勾留者の男性のことで、神の真理不公平:これは知られているため、これは、神のマニフェストにしてください。 For God hath manifested it unto them.かれらを明らかにすることは、かれらの神です。 For the invisible things of him, from the creation of the world, are clearly seen, being understood by the things that are made, his eternal power also and divinity: so that they are inexcusable.彼は、目に見えないものを、創造の世界から、はっきりと見られるが、理解されていることは、彼の永遠の力でも、神性:それでかれらは許せない。

It is to be observed that the pagans of whom St. Paul is speaking are not blamed for their ignorance of supernatural revelation and the Mosaic law, but for failing to preserve or for corrupting that knowledge of God and of man's duty towards Him which nature itself ought to have taught them.それは、多神教徒を観察して、聖パウロは、誰のために言えば自分の無知のせいではないとの超自然的啓示モザイク法では、しかし、失敗したり、破損して知識を維持するのは、神と人間の義務に向けた彼の性格そのもの教えたしなければならないかもしれない。 Indeed it is not pure ignorance as such they are blamed for, but that wilful shirking of truth which renders ignorance culpable.本当に無知ではない純粋な非難を浴びるように彼らは、それが真実shirking故意過失の無知をレンダリングします。 Even under the corruptions of paganism St. Paul recognized the indestructible permanency of germinal religious truth (cf. Romans 2:14-15).不正の下でも認識さペイガニズム聖パウロの不滅不変の真理の宗教胚( cf.ローマ人への手紙2:14-15 ) 。

It is clear from these passages that Agnosticism and Pantheism are condemned by revelation, while the validity of the general proof of God's existence given above is confirmed.これらをクリアすることは通路から非難されることは、ヨハネの黙示録汎神論不可知論とは、一般的な正当性の中に神が存在する証拠は確認の上に与えられた。 It is also clear that the extreme form of Traditionalism, which would hold that no certain knowledge of God's existence or nature is attainable by human reason without the aid of supernatural revelation, is condemned.それは極端な形でもクリアして伝統には、特定の知識を持っていないことや、神の存在によって人間の自然な理由なしには達成可能な超自然的啓示の助けを借りて、死刑囚がいる。

B. Church Councils Bの教会協議会

What the author of Wisdom and St. Paul and after them the Fathers and theologians had constantly taught, has been solemnly defined by the Vatican Council.どのような知恵と聖パウロの作者であるとかれらの後、父親とは常に神学を教え、厳粛にされて、バチカン公会議で定義されています。 In the first place, as against Agnosticism and Traditionalism, the council teaches (cap. ii, De revelat.)まず第一に、伝統として反対不可知論とは、理事会の教え( cap. 2世は、デrevelat 。 )

that God, the first cause (principium) and last end of all things, can, from created things, be known with certainty by the natural light of human reason (Denz., 1785-old no. 1634)その神は、その第一の原因(原則)と最後の最後にすべてのことは、次は、作成したことから、確実さで知られるが、自然の光が、人間の理性( denz. 、 1785 -古いありません。 1634 )

and in the corresponding canon (can. i, De revelat.) it anathematizes anyone who would sayとは、対応するキヤノン( can.私は、デrevelat 。 )誰が誰にも言うことanathematizes

that the one true God our Creator and Lord, cannot, through the things that are made, be known with certainty by the natural light of human reason (Denz., 1806-old no. 1653). 1つは、私たちの真の神の創造主とは、できない、介してのものは前には、確信を持ってされたことで知られ、自然の光が、人間の理性( denz. 、 1806 -古いありません。 1653 ) 。

As against Agnosticism this definition needs no explanation.不可知論反対する必要はないが、このような説明を定義します。 As against Traditionalism, it is to be observed that the definition is directed only against the extreme form of that theory, as held by Lamennais and others according to which -- taking human nature as it is -- there would not, and could not, have been any true or certain knowledge of God, among men, had there not been at least a primitive supernatural revelation -- in other words, natural religion as such is an impossibility.伝統に反すると、それは観察されることに反対の定義は、極端な形でのみ指示して理論的には、ラムネとして行われたとされた他によると、これ-人間の本性として服用することは-そこはない、とは考えられない、 trueまたは特定の知識がいかなる神のは、男性の間で、そこされていないが、少なくとも原始超自然的啓示-言い換えれば、不可能なことは、このように自然な宗教だ。 There is no reference to milder forms of Traditionalism which hold social tradition and education to be necessary for the development of man's rational powers, and consequently deny, for example, that an individual cut off from human society from his infancy, and left entirely to himself, could ever attain a certain knowledge of God, or any strictly rational knowledge at all.軟らかい参考にはない形の伝統を持つ社会の伝統とされる教育の発展のために必要な人間の推理力、その結果を否定すると、例えば、個々の人間社会から切り離されている彼の初期の段階から、完全に自分自身と左は、特定の知識を達成する可能性も神の、または任意の厳密にはすべての合理的な知識です。 That is a psychological problem on which the council has nothing to say.これは、心理的な問題では、評議会には、何も言うことです。 Neither does it deny that even in case of the homo socialis a certain degree of education and culture may be required in order that he may, by independent reasoning, arrive at a knowledge of God; but it merely affirms the broad principle that by the proper use of their natural reasoning power, applied to the phenomena of the universe, men are able to know God with certainty.どちらもそれを否定することは、ホモsocialis例でもある程度の教育や文化のために必要があるかもしれませんと彼は、独立推論によって、神の知識に到着する;しかし、それだけで肯定して、広範な原理によって、適切な彼らの自然な推理力を使って、適用されるのは、宇宙の現象は、男性の神を知ることができましたが確信を持っています。 In the next place, as against Pantheism, the council (cap. i, De Deo) teaches that God, "since He is one singular, altogether simple and incommutable spiritual substance, must be proclaimed to be really and essentially [re et essentia) distinct from the world most happy in and by Himself, and ineffably above and beyond all things, actual or possible, besides Himself" (Denzinger, 1782-old no. 1631); and in the corresponding canons (ii-iv, De Deo) anathema is pronounced against anyone who would say "that nothing exists but matter"; or "that the substance or essence of God and of all things is one and the same"; or "that finite things both corporeal and spiritual, or at least spiritual, have emanated from the Divine substance; or that the Divine essence by a manifestation or evolution of itself becomes all things; or that God is universal or indefinite being, which by determining itself constitutes the universe of things distinguished into genera, species and individuals" (Denzinger, 1802-4; old no. 1648).は、次の場所には、反対汎神論としては、評議会( cap.私は、デdeo )を教えてその神は、 "彼は1つの単数以来、精神的な物質を完全に交換できない単純では、実際にしなければならないと、本質的に宣言される[再et essentia )よりはっきりとした世界の中で最も幸せな自分自身、そして全ての物事ineffablyの枠を超え、または可能性が実際には、自分自身に加えて" (デンツィンガー、 1782 -古いありません。 1631 ) ;とは、対応する規範( ⅱ - 4世は、デdeo )忌み嫌われるが反対する人は誰でも発音が言う"としてでも何も問題が存在する" ;または"は、物質あるいは全ての物事の本質とは、 1つの神と同じ" ;か"として物事有限肉体と精神の両方、または少なくとも霊的は、ある物質を放ってから、神;たりして、神の本質や発現されるすべてのものになることはそれ自体が進化;たりしている神は、普遍的または不定、これによって、宇宙の構成を決定すること自体に著名な属、種や個人" (デンツィンガー、一千八百二から四まで;古いない。 1648年) 。

These definitions are framed so as to cover and exclude every type of the pantheistic theory, and nobody will deny that they are in harmony with Scriptural teaching.これらの定義には、フレームをカバーするために、あらゆる種類の汎神論の理論を除外し、誰も否定することは、彼らは聖書の教えと調和しています。 The doctrine of creation, for example, than which none is more clearly taught or more frequently emphasized in Sacred Scripture, is radically opposed to Pantheism -- creation as the sacred writers understand it being the voluntary act of a free agent bringing creatures into being out of nothingness.その教義の創出、例えば、これ以上はなしの方がより頻繁に強調して明確に教えたり神聖な啓典、汎神論は、根本的に反対して-創出され、神聖な作家の自発的な行動を理解することは、自由契約選手に持ち込むの生き物を出すがなくなる。

C. The Knowability of God c.神のknowability

It will be observed that neither the Scriptural texts we have quoted nor the conciliar decrees say that God's existence can be proved or demonstrated; they merely affirm that it can be known with certainty.どちらも観測されることが、私たちは聖書を引用テキストconciliar令と言うこともできる、神の存在を証明または実証;彼らだけ断言できることが知られて切れません。 Now one may, if one wishes, insist on the distinction between what is knowable and what is demonstrable, but in the present connection this distinction has little real import. 1つの可能性を今、もし1つの願いは、どのような違いを主張するのは、何が実証できると知り、しかし、現在の接続で、この区別はほとんど実をインポートします。 It has never been claimed that God's existence can be proved mathematically, as a proposition in geometry is proved, and most Theists reject every form of the ontological or deductive proof.それは証明されて主張して、神の存在を証明できる数学的には、形状としては、立証命題では、ほとんどのtheistsを拒否すると、あらゆる形の存在論や演繹的証明です。 But if the term proof or demonstration may be, as it often is, applied to a posteriori or inductive inference, by means of which knowledge that is not innate or intuitive is acquired by the exercise of reason, then it cannot fairly be denied that Catholic teaching virtually asserts that God's existence can be proved.しかしもしその用語やデモの証拠かもしれないが、それには、頻繁には、適用すると、事後または帰納的推論は、これによって生得的な知識や直感的ではないことは、後天的な理由を働かせることによって、それを否定することはできませんがかなりのカトリック事実上、神の存在を教えることを主張できることを証明した。 Certain knowledge of God is declared to be attainable "by the light of reason", i.e. of the reasoning faculty as such from or through "the things that are made"; and this clearly implies an inferential process such as in other connections men do not hesitate to call proof.神は、特定の知識を宣言して達成可能"とされる理由の光" 、すなわち、またはこれを介してからこのような推論能力"のことをする前に" ;と、この推論過程などを明確に示すように、他の男性接続しないで証拠を呼ぶのをためらう。

Hence it is fair to conclude that the Vatican Council, following Sacred Scripture, has virtually condemned the Scepticism which rejects the a posteriori proof.したがって、これは公正を締結してバチカン公会議は、次の神聖な啓典は、これを拒否したが、事実上の死刑囚の事後scepticism証拠です。 But it did not deal directly with Ontologism, although certain propositions of the Ontologists had already been condemned as unsafe (tuto tradi non posse) by a decree of the Holy Office (18 September, 1861), and among the propositions of Rosmini subsequently condemned (14 December, 1887) several reassert the ontologist principle.しかし、これと直接取引するontologismしなかったが、特定の命題は、安全ではないとして非難されていたontologists ( tuto tradi以外のポッセ)令によって、聖なる事務所( 1861年9月18日) 、およびその後のうち、命題のロスミーニ死刑囚( 1887年12月14日) 、再びontologistいくつかの原則です。 This condemnation by the Holy Office is quite sufficient to discredit Ontologism, regarding which it is enough to say hereこれはかなりの非難される神聖なオフィスを起こさせるに十分なontologism 、これに関してはそれで十分と言ってここに

that, as already observed, experience contradicts the assumption that the human mind has naturally or necessarily an immediate consciousness or intuition of the Divine,しては、既に観測されたとして、矛盾を経験すると仮定して、人間の心は、自然や直感必ずしも即座には、神の意識や、

that such a theory obscures, and tends to do away with, the difference, on which St. Paul insists (1 Corinthians 13:12), between our earthly knowledge of God ("through a glass in a dark manner") and the vision of Him which the blessed in heaven enjoy ("face to face") and seems irreconcilable with the Catholic doctrine, defined by the Council of Vienne, that, to be capable of the face to face or intuitive vision of God, the human intellect needs to be endowed with a special supernatural light, the lumen gloriae and finally that, in so far as it is clearly intelligible, the theory goes dangerously near to Pantheism.そのような理論obscures 、廃止する傾向にあると、その違いは、聖パウロが主張して( 1コリンチャンス13時12分)は、私たちの間でこの世の知識神( "を通じて、ガラスの中の暗い態度"を参照) 、そのビジョン彼には、天国の祝福を享受する( "顔を合わせる" )とは相いれないとカトリック教義は、評議会のビエンヌで定義されて、それは、顔を合わせることができるのか、直感的なビジョンを、神は、人間の知性のニーズ超自然に恵まれている特殊な光は、その内腔gloriaeそして最後にして、これまでのように明確に理解することは、その理論が危険なほど近くに汎神論。

In the decree "Lamentabili" (3 July, 1907) and the Encyclical "Pascendi" (7 September, 1907), issued by Pope Pius X, the Catholic position is once more reaffirmed and theological Agnosticism condemned.判決は、 " lamentabili " ( 07年7月3日)と、回勅" pascendi " ( 07年9月7日)は、発行されたピウスXでは、より多くのカトリックの立場を再確認したとは、かつて神学不可知論非難した。 In its bearing on our subject, this act of Church authority is merely a restatement of the teaching of St. Paul and of the Vatican Council, and a reassertion of the principle which has been always maintained, that God must be naturally knowable if faith in Him and His revelation is to be reasonable; and if a concrete example be needed to show how, of logical necessity, the substance of Christianity vanishes into thin air once the agnostic principle is adopted, one has only to point the finger at Modernism.軸受では、我々の件名は、この行為は、単に教会の権威を再表示は、聖パウロの教えとは、バチカン公会議は、その原則とするreassertion常に維持してきた、その神への信仰しなければならない場合には当然知り彼と彼のヨハネの黙示録には、合理的な;とする場合に必要な具体的な方法を示す例では、論理的必然性は、その物質が跡形もなく消えキリスト教原理不可知論者が採用されたら、 1つだけには、モダニズムを指摘した。 Rational theism is a necessary logical basis for revealed religion; and that the natural knowledge of God and natural religion, which Catholic teaching holds to be possible, are not necessarily the result of grace, i.e. of a supernatural aid given directly by God Himself, follows from the condemnation by Clement XI of one of the propositions of Quesnel (prop. 41) in which the contrary is asserted (Denzinger, 1391; old no. 1256).有神論は、合理的に必要な論理的根拠を明らかに宗教;とし、自然の知識や自然の神の宗教は、カトリックの教えを保持される可能性が、グレースは、必ずしもその結果、すなわち超自然的援助を与え、自分自身が直接神は、以下の通りですクレマンxiからの非難をされたのは、 1つの命題のケネル( prop. 41 )がアサートされた反し(デンツィンガー、 1391 ;古いありません。 1256 ) 。

Publication information Written by P.J. Toner. pjトナー書かれた文献の情報です。 Transcribed by Tomas Hancil.トマーシュhancil転写された。 The Catholic Encyclopedia, Volume VI.カトリック百科事典、 viのボリュームです。 Published 1909.日付1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, September 1, 1909.公認は、 09年9月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


Arguments for the Existence of God引数は、神の存在

Personal Thoughts By the Editor of BELIEVE エディタの個人的な考えを信じる

In general, BELIEVE does NOT contain any of MY thoughts or opinions, because BELIEVE is intended so as to present only the best scholarly authorities on religious subjects.一般的には、いずれかが含まれていないと思われる私の考えや意見は、意図したと思われるためだけに存在するようにして最良の学術当局は宗教的な科目です。 However, after 14 years if this presentation ending here, including nine years on the Internet, I see it as potentially useful to include my own thoughts here.しかし、もしこのプレゼンテーションで終わる14年後にここでは、 9年間を含め、インターネット上で、私の見るところで潜在的に有用なように私自身の考えをここに含まれています。 A reader needs to evaluate whether there is any value or not.読者のニーズがあるかどうかを評価するかどうかは任意の値です。


First, Logical Reverse Reasoning第一に、逆に論理的な推論

A person is certainly free to decide whether the Bible has any value or not.ある人は、確かに聖書を自由にするかどうかを決めるかどうかは任意の値です。 A central issue in that matter is usually regarding whether God "inspired" the Bible's human authors.その件については、中央の問題に対処するかどうかについては、通常の神"インスピレーション"聖書の人間の作者です。 Consider the possibilities.その可能性を検討しています。

IF a person does NOT think that God inspired the Bible, or that God doesn't even actually exist, then the Book would seem to have very limited value, and it would certainly not deserve to be the central focus of Faith.もし神だと思う人はありません聖書にインスピレーションを得た、またはその神は存在していないにも実際には、次にようには、その本の価値が非常に限られ、それは確かにいないとされるに値するの信仰の中心です。

On the other hand, if one accepts the idea that God participated in inspiring the Bible, it becomes an important Book.その半面、もし1つの神を受け入れるという考えを奮起させる聖書に参加して、それが、重要な書籍です。 Technically, there would still be three possibilities to consider.厳密に言えば、まだそこには3つの可能性を検討しています。

  1. If God inspired the Bible, and it is all absolutely and precisely true (in its Original language and the Original Manuscripts) and accurate, then we should carefully pay attention to every detail of it.聖書の神のインスピレーションを得た場合、およびすべてのことは絶対にかつ的確真(を元の言語と、元の原稿)かつ正確に、そして慎重にしなければならないのあらゆる細部に注意を払うことです。 Traditionally, this has always been the case for both Christians and Jews.伝統的に、これはいつものキリスト教徒とユダヤ人の両方のケースです。

  2. If God inspired the Bible, but He is Evil, then it is likely to nearly all be untrue.もし神が聖書にインスピレーションを得たが、彼は、邪悪な、そしてそれには、ほぼすべてが事実ではない可能です。 However, no accepted concept of God would see that as possible of Him.しかし、神の概念を受け入れていないことは、可能な限りのギフトを参照してください。

  3. If God inspired the Bible, but it contains both Truths and untruths, and it contains inaccuracies or distortions, this appears to be the only possible assumption of those Christians who feel they can freely select the parts of the Bible they want to obey.もし神が聖書にインスピレーションを得たが、それとuntruths真理の両方が含まれ、誤りが含まれたり歪曲して、これだけで表示される可能性が想定されるこれらのキリスト教徒を感じることができる人は、自由にパーツを選択して、聖書に従うことを望む。 If God is even remotely as Powerful and Considerate and Compassionate as we believe Him to be, would He intentionally include such faults in the Book He provided us as a Guide?もし神がリモートとしても強力で、我々としての思いやりと信じて彼に同情的には、このような欠点が含まれて意図的には、彼は本の中では彼をガイドとして提供してくれましたか? Or, could He be so sloppy as to unintentionally include such flaws in it?または、可能性として彼がこんなにずさんな欠陥がそのようなことを無意識に含めるか?

For this last matter, it seems impossible that the God we know and Worship would be either intentionally deceptive or incompetent.最後に、この問題は、それは不可能だと知っていると私たちは、神を崇拝するのどちらかが故意に虚偽のまたは無能だ。 For, if He was, then the consistency and reliability of our Universe would be an unexpected effort of His.は、もし彼が、その後、我々の宇宙の整合性と信頼性が予期せぬ彼の努力です。 When you step out the door of your house, you might fall into a bottomless pit, rather than stepping out on the sidewalk that you know is there.一歩外に出る際に、お客様の家には、奈落の底に落ちるかもしれません、というよりステッピングアウトして歩道があることが分かっています。

For these reasons, it seems inappropriate to feel that a person could pick and choose various parts of the Bible to accept and obey.これらの理由では、不適切な可能性を感じるようにして、人のさまざまな部分を選択すると、聖書を受け入れることに従う。 If you accept ANY of it as being valid and valuable, then you are implicitly accepting that God participated in its creation.のいずれかを受け入れる場合にも有効と貴重なこととしては、それを受け入れることは、暗黙のうちに、神の創造に参加しています。 And if God participated in the Bible being composed, that seems to necessarily imply that ALL of it was Originally precisely correct and accurate, in its Original language.そしてもし神が参加して聖書で構成され、必ずしもそのようにすべてのことを意味して正しいことを的確かつ正確には、もともとは、オリジナルの言語です。

These observations do not make such claims regarding any specific modern Bible translation.これらの観察にはどうしようもないような請求についての具体的近代聖書の翻訳です。 Given that we see the inconsistencies between Versions, we should certainly be somewhat cautious at totally accepting any one of them.を参照して我々の間に矛盾が与えられたバージョンでは、確かにやや慎重にしなければならないのいずれか1つを完全に受け入れている。 Either use two or more different Bible Versions in your studies, or have a Strongs handy, or both!聖書のいずれかのバージョンを使用する2つ以上の異なるタイプのお客様、またはstrongsハンディがある、またはその両方! As long as you can get to an understanding of what the Original texts said and meant, you will have the true meaning!できる限りの理解を得るには何を意味し、元の文章によると、君は、真の意味!


I sometimes present this in a different way.ときどき私とは違う見方で、このプレゼントです。


Each person must decide for himself/herself regarding a variety of religious subjects.一人一人が自分自身で決める必要があります/自分自身について、さまざまな宗教的な科目です。 Churches and religions and "experts" can give opinions, but that is really what they are, opinions.教会や宗教や"専門家"の意見を与えることが、それが実際にどのような彼らは、意見です。

It seems to me that it is reasonable to ask several logical questions in the pursuit of Truth.このように私にそれを求めるのは、合理的ないくつかの質問には、真理の探究の論理だ。

The first is, does God exist? 最初は、神が存在するか?
If your answer is no, then the subject is pretty much closed!返事がない場合は、件名には、当時かなり閉鎖!

If your answer is yes, He exists, or I think so, then a follow-up question seems logical:もしあなたの答えははい、彼が存在する、またはだと思うので、次に質問には論理的にフォローアップ:

Does God have Principles, Ethics, Morals, Logic? 原則は、神が、倫理、道徳、ロジックですか?
If your answer is no, then we are all in a horrible situation, where God could choose to be irrational, unfair, capricious.返事がない場合は、次に我々はすべての悲惨な状況で、どこを選択する可能性が不合理神は、不公平な、気まぐれです。 There are people who believe this.この人々があると信じています。 But I look at the history of everything that is known.しかし、私の歴史を見ているすべてのことが知られています。 As far as is known, the Sun has risen at the proper time each day, gravity has worked consistently, no buildings or fields or cities just disappear or reappear illogically.知られる限りは、太陽の上昇は、適切な時期には1日には、常に重力が働いて、建物やフィールドがないか、または都市を再現するだけで短絡的に姿を消す。 Based on this rather massive evidence of all history and all experience, I am tempted to think that the Universe appears to be consistent and logical.比較的大規模な証拠に基づいて、このすべてのすべての歴史と経験を、私は誘惑に考えていると思われる宇宙の整合性と論理だ。 That suggests that God does not apply irrational actions or motives.神ということを示唆する不合理な行動や動機には適用されません。 I take that to suggest that He has at least several positive characteristics.私を取ることを示唆して彼には、少なくともいくつかの肯定的な特徴です。 If we grant Him "several" admirable traits, I am willing to accept that He has additional admirable traits which we cannot confirm or deny.もし彼グラント"いくつかの"立派な特徴は、私は喜んで受け入れることを彼には追加の見事な特徴を確認することも否定することはできません。

So, if your answer is yes, He is ethical and moral and logical, then a follow-up question seems logical:ですから、もしあなたの答えははい、彼は、道徳的かつ倫理的な論理は、次にように論理的フォローアップ質問:

Did He participate in the composition of the Bible? 彼は聖書の組成に参加するのですか?
If your answer is no, then you need to explain the specific sequence of events listed in Genesis 1.返事がない場合は、次に説明する必要がありますが、特定の配列のイベントの上場創世記1 。 It has only been in the past hundred years or so that science has begun to establish just when those several events occurred.それに限られては、過去100年あるいは科学始めているので、それらのいくつかのイベントを確立しようとした矢先に発生しています。 Even skeptics agree that the Bible has said that Light came first, for at least 3500 years!聖書にも懐疑的に同意するものとは、光によると、最初に来た、少なくとも3500年! That statement must have seemed odd to many people.声明は奇妙なことに多くの人々がする必要がありますように見えた。 Why Light first?最初の光はなぜですか? Why not Man, to witness everything?なぜ男は、すべてを目撃? Why not the Earth, to stand on?なぜ地球のは、上に立つか? But Genesis 1 starts by saying that Light was first.しかし、創世記1が始まると言うことによって光が初めてです。 It is only in the past hundred years that science has discovered that stars are older than anything else we know, and therefore that their light existed before anything else.これは、過去100年だけでは科学は星を発見して我々が知っている年上のほか、彼らの光が存在する前に、したがって何よりです。 Prior to a hundred years ago, how could anyone have known that? 100年前に先立ち、誰がどのように知られている可能性は? Or even guessed it?あるいは推測ですか? So, if God was NOT involved in composing Genesis 1, how could any ancient human have known to write down that Light came first?ですから、もし神が関与していない植字創世記1 、古代の人間がどのようにあらゆる可能性を書き留めることが知られている光来た最初のですか? (more on this theme below) (このテーマの詳細については下記を参照)

So, if your answer is yes, God is ethical and moral and He participated in the composition of the Bible, then a follow-up question seems logical:ですから、もしあなたの答えははい、神は、道徳的かつ倫理的に参加した彼は聖書の組成は、次にように論理的フォローアップ質問:

Would such an ethical, moral, honorable God have either intentionally put falsehoods or misleading statements in His Book or even permitted the human authors to do such? は、このような倫理的、道徳的、名誉ある神のどちらかが故意に虚偽または誤解を招く発言は著書の中でさえ許されたりしないように、人間の作者ですか?
This represents the INTERESTING part!この部分を表して面白い! Given these seemingly logical questions and conclusions, it would seem that He would have assured that the (Original) Manuscripts of the Bible would have been precisely accurate and Truthful.これらの一見論理的な質問や結論を与え、次のように見えることを彼は安心して原稿(オリジナル)のバイブル正確かつ正確には、本当のことを言ってきた。

This seems to imply that, for an absolute fact, the Flood occurred, David slew Goliath, Moses received the Ten Commandments, and all the rest, EXACTLY as it was presented in those Original Manuscripts.このようにほのめかすことは、絶対的な事実のためには、洪水が発生し、デビッド殺したゴリアテは、モーゼの十戒を受け取った、とすべての残りは、丁度それは、それらの元の原稿を提示しています。

Now, it is well established that Scribes, in copying the roughly three million characters of the text of the Bible, have occasionally made minor errors (which are now known and have been corrected, through a comparison of thousands of early Manuscripts).今、それが十分に確立してscribes 、約3000000文字をコピーして、テキストは、聖書には、マイナーなエラーが時折前に(これは今では知られて訂正され、数千人の早期の比較を通して原稿) 。 Amazingly, that (ongoing) research has also discovered that a few Scribes had (in the first few centuries after Christ) even added some text that was intended as clarifying statements, and those modifications, too, have been largely recognized and corrected.驚いたことに、研究して(継続中)を発見しても、数scribesいた(後には、最初の数世紀にもわたって、キリスト)にもいくつかのテキストが追加されたステートメントの明確化を目的として、およびそれらの修正は、あまりにも、大部分が認められたと訂正されています。

But the point is, all of the central Teachings of the Bible have NOT been altered or mis-copied.しかし、肝心なのは、中央のすべての聖書の教えを改変されていないまたは不適切にコピーされます。 That means that, even without ANY (current) scientific documentation, we can confidently say that the Flood of Noah actually occurred.ことを意味し、科学的でもなく(現在の)マニュアルは、自信たっぷりに言うことができるノアの洪水の中に実際に発生しています。 More than that: If God told us that He took Six Days to create the Universe, that statement MUST be the Truth.以上のこと:もし私たちが、神は6日の間、彼は、宇宙を作成し、その声明は真実をしなければならない。 Otherwise, He was either intentionally telling us a falsehood, or He made an error, or He permitted a central error to exist in the Bible.そうでなければ、彼は故意に告げて、虚偽のどちらか、あるいは彼のおかげで、エラー、または許可する彼は聖書の中心に存在するエラーが発生しています。


Now, none of this actually PROVES anything.さて、このいずれも実際に何かを証明した。 It will always come down to a person's personal choice as to what to believe, a matter of Faith.それはいつでも降りてくる人の個人的な選択肢としては何を信じて、信仰の問題である。 These questions and discussion are only meant to suggest a way to look at the situation, to think through it.これらの質問や議論の方法を提案するのみを意図して状況を見ると、それを考え抜く。 My conclusion from this is that God exists, He is Good, He guided the composition of the Bible and He made sure it was all Correct and Truthful.これは私の結論からして、神が存在するとして、彼はいいが、彼は聖書に導かれたの組成を確認していた彼はすべて正しいと真実です。 So, when many modern Christians see seemingly illogical stories in the Bible, especially things that modern science seems to challenge, I find it sad (and inappropriate) when they then begin to pick through the Bible's contents to decide which parts they want to believe and which they choose to disbelieve.このため、多くの近代とき一見筋の通らない話を参照してくださいキリスト教徒は、聖書の、特に近代科学のようなことに挑戦し、私を見つけること悲しい(や不適切な)を選ぶときに始めるを通じて、それから聖書の内容を決めるため、どの部分を信じてほしいとこれを選択する彼らの存在を信じない。 In a word, Hogwash!一言で言えば、ナンセンス!

As a person who was educated as a serious scientist (my College Degree was in Nuclear Physics), I am familiar with logic and the value in analytical thought and all it has accomplished within the realm of science.としての教育を受けている人は、重大な科学者としての(私の大学の学位は、原子核物理学)は、私は精通して論理と分析的思考とすべての値を達成することは、科学の領域内です。 I have little question regarding that, and accept nearly all of what science has so far figured out.私に関する質問がほとんどないことは、ほぼすべてのものを受け入れるとは、これまでの科学考え出した。 But at the same time, using the same scientific analytical approach, those questions above lead me to totally believe in the Bible.しかしそれと同時に、同じ科学的な分析的なアプローチを使用して、これらの質問の上に鉛を完全に私を信じているのバイブルです。

My Second Line of Reasoning, Regarding Genesis 1私の2行目の論法では、創世記1について

It seems to me, as a scientist, that the Bible contains some solid facts, on which solid scientific conclusions might be based.このように私には、科学者としては、聖書には、いくつかの確固たる事実が含まれ、科学的な結論を出すかもしれない固体をベースにした。 I specifically refer to Genesis 1.私特に創世記1を参照してください。 A number of specific events are mentioned there, IN A SPECIFIC SEQUENCE.特定のイベントには、いくつかの言及は、ある特定の配列です。 I ask that you momentarily ignore the Days references, and simply make a sequential list of the events that you see there.時々刻々を無視していただきますようお願い致します日間参照し、シーケンシャルのリストを作るだけで、そこでイベントを参照してください。 When I was 19 years old, I first made my list, on which I had 14 distinct events, the first being Light and the fourteenth being Man.私は19歳のとき、私の最初の前に私のリストで、私は14別個のイベントでは、最初の14の男が光とします。

First, consider the possibility if God did NOT exist.第一に、可能性を考慮している場合、神は存在しなかった。 That means that some ancient speaker or writer had devised the story of Creation, without ANY help from God.つまり、いくつかの古代のスピーカーまたは考案の物語作家が創造さにも関わらず、神の助けを借りている。 Such a writer had 14 events to mention, right?このような作家に言及していた14日のイベントは、正しいですか? In principle, he could have selected any of the 14 as the first to mention.原則として、彼は可能性があるとして、 14日のいずれかの選択を最初に言及した。 Then he would have 13 left to select from for his second event.それから彼は、彼のための13の左から2番目のイベントを選択しています。 This choice making would continue until he eventually just had one left to choose as the fourteenth.これまで、彼は最終的な選択では引き続き1つだけ残っていたとして、 14を選択しています。

It turns out that this is a large number of possible choices for his (human-written) storyline!ということが分かるこれは、彼のために数多くの選択肢の可能性(人間と書かれた)ストーリー! In fact, the number of choices is referred to in mathematics as 14 factorial (14!).実際には、多くの選択肢としては、参照されて数学の14乗( 14 ! ) 。 That seems like an innocent number, but it is actually HUGE!無実の番号のように思えますが、それは実際に巨大な! It is over 87 billion possible storylines! 87000000000やり直すことが可能なストーリー! (87,178,291,200) ( 87178291200 )

Do you see why this is significant?これは重要なご参照くださいなぜですか? A HUMAN writer would have had to select from over 87 billion possible sequences in writing such a Creation story for Genesis 1.人間の作家がいた可能性を選択してからやり直す87000000000シーケンスを書面でこのような話を創造創世記1 。 To put it a different way, there would have been one chance in 87 billion that a poorly educated ancient writer could have selected the CORRECT actual sequence which really occurred!に言えば、別の方法で、そこに一つのチャンスが87000000000が不十分な教育を受けたことを選択する可能性がある古代の作家が本当に正しい実際のシーケンスが発生! In other words, it is scientifically and statistically IMPOSSIBLE for this to have happened!言い換えれば、それは科学的に不可能なため、この統計が起こった!

It has only been in the last hundred years where science has advanced enough to be able to determine WHEN (in scientific terms) each of those events happened, such as that nearly all stars turn out to be older than the Earth, and therefore "first" in creating starlight (and then sunlight).それに限られて百年の最後の場所では、高度な科学を決定する際に十分にできるようにする(科学的な用語で)それぞれのイベントがあったのは、ほぼすべての星のようなことが判明し、地球に年上、それゆえに"最初に"星明かりの作成(それから日光) 。 And that the appearance of man turns out to be the most recent of those 14 events.男の外観とし、結局は、これらの最新の14のイベントです。 And the relative timing of the other events mentioned in Genesis 1.そして、他のイベントの相対タイミングに記載さ創世記1 。 ASTOUNDINGLY, very recent modern science has CONFIRMED the sequence of those events in Genesis 1, with only (in my opinion) a single minor discrepancy (regarding birds being one step different in the two sequential listings).驚くべきことに、非常に最近の近代科学者の配列が確認されたという創世記のイベントで1日だけで(私の意見で) 、 1つのマイナーの違い(鳥に関しては、 2つの別の1つのステップが順次リスティング) 。 As far as I am concerned, THIS means that modern science has statistically PROVEN that Genesis 1 could NOT have been written by any human, UNLESS God was directly providing information that ancient writer could not have known!私は心配限り、これは、現代科学の創世記には統計的に立証して書かれてきたことができなかった1いかなる人間は、神が直接情報を提供しない限り、古代の作家ができなかったことが知られて!

I realize that this might seem overwhelming.私と実感して、この圧倒的に思えるかもしれない。 So I have a simplified version for you to consider.だから私はあなたを検討するための簡易版です。 Say that, without any reference books, YOU were given the task of writing a story regarding the beginnings of fish, trees, man, large animals and small animals (FIVE events).と言うことは、参考書なしでは、あなたが、与えられた課題について記述するというストーリーの始まり魚、木々は、男は、大規模な動物や小動物( 5つのイベント) 。 It turns out that you could create 5!あなたが作成するということが分かる5 ! or 120 different sequences or storylines for just those five incidents.別のシーケンスまたは120または5つの事件のちょうどそれらのためのストーリーだ。 Think about it!考えてみてくれよ! Which of those five would YOU discuss first?これら5つのうちどれがお話し合う初めてですか? And then second?それから2番目ですか?

Modern science now knows that there was no free oxygen in the early atmosphere, so that plants and trees HAD TO exist before any of the others, BECAUSE plants and trees GIVE OFF OXYGEN into the atmosphere.現代科学の今すぐ知っていることはない自由な雰囲気の中の酸素の初めには、植物や木々のように存在していた他のいずれかの前に、植物や樹木を出すため、大気中の酸素を取り込む。 Did YOU know that, as an "ancient writer"?ということをご存知です、として"古代の作家"とは? No, you could not have!いいえ、あなたができませんでした! It is also now known (rather recently) that the early atmosphere could not have stopped most of the deadly incoming ultraviolet and cosmic rays from getting to the Earth's surface.それは今でも知られて(むしろ最近)は、初期の雰囲気が止まったことができなかったのほとんどは、紫外線や宇宙線からの着信致命的に地球の表面を取得します。 So land-based animals would certainly have soon died.だから土地ベースの動物はすぐには、確かに死亡しています。 It was possible for fish to arise and to multiply and fill the seas, because the water protected them from that radiation.魚を生じることがあり得るとして増殖すると、海を埋めて、それらを保護しているため、水の放射線です。 (The oxygen given off by plants and trees had first gradually gotten dissolved in the water by waves and such). (オフの酸素によって与えられた最初の植物や木々が徐々に溶解して、水を得た波など) 。

See the reasoning?推論を参照してください? IF you were given a lot of scientific evidence, you would have been able to get those five events in the correct sequence.が与えられた場合は、多くの科学的な証拠は、あなたがそれらの5つのイベントを取得することができたのが正しい順序だ。 But if you lived 3500 years ago, without any source of such information, you would have been on your own, and you might have selected ANY of the 120 possible sequences to use in writing your story!しかし、 3500年前に住んでいる場合は、そのような情報源もなく、あなたは、お客様ご自身が、選択したことがあるかもしれません120のいずれかのシーケンスを使用可能にして物語を書く! Even with just five events to mention, you would have had less than 1% chance of getting the order exactly right!ただでさえ5つのイベントに言及していたら、あなたは1 %未満のチャンスがあったの権利を取得するために正確に!


I hope it is noted WHY I felt these personal comments needed to be added (after 14 years of struggling about that!) The reasoning presented here is so recent that it was not available to Augustine or Aquinas or Anselm.私の希望を感じた理由を記載することは必要に応じてこれらの個人的なコメントを泳いだ(後の約14年間の苦闘して! )の推論を提示ここ最近は非常に利用できるようにすることではなかったかアクィナスアウグスティヌスやアンセルム。 I like to think that if they had had access to such recent scientific findings, they might have presented such science-based arguments along with their other approaches!私のようなことを考えることがあった場合にアクセスできるようにこのような最近の科学的な調査結果は、彼らがこのような科学的根拠を提示して彼らの主張に沿って他のアプローチ! In any case, whether of value or not, these are MY personal "Arguments for the Existence of God"!いずれにせよ、するかどうかの値となかろうと、これらは私の個人的な"神の存在を議論する" !


Also, see:また、参照してください:
God

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです