Ascetical Theology修徳神学

Advanced Information 高度情報

Classically, ascetical theology has been defined as the branch of theology dealing with the ordinary means of Christian perfection, e.g., the disciplined renunciation of personal desires, the imitation of Christ, and the pursuit of charity. 古典、修徳神学が定義されて神学の対処として、支店普通のクリスチャン完ぺきな手段は、例えば、個人的な欲望の放棄の懲戒処分は、キリストの模造が、慈善事業と追求した。 On this level it has been distinguished since the seventeenth century from moral theology (which deals with those duties essential for salvation and thus the avoidance of mortal and venial sins) and mystical theology (which deals with the extraordinary grace of God leading to infused contemplation and is thus a passive reception rather than an active pursuit). The borderline between moral and ascetical theology is hazy at best, while the distinction between it and mystical theology is often denied altogether.このレベルで区別されて以来、 17世紀からの道徳的な神学 (それらの職務を扱うために欠かせないの救いと人間とささいな罪の回避)と神秘神学 (扱っているが、神の恵みの臨時熟視とリードを注入レセプションに消極的というよりは、このように積極的に追求する) 。 修徳神学道徳との間の境界線は、せいぜいぼんやりとしたのに対し、神秘的な神学の区別は往々にしてから、完全に否定しています。

This fact becomes particularly clear when ascetical theology is divided in its usual manner into the purgative, illuminative, and unitive ways. The purgative way, which stresses the cleansing of the soul from all serious sin, clearly overlaps moral theology. このような事実が、特に明確なときには、修徳神学が分かれて下剤を通常の方法で、明るく、および結合力の方法があります。下剤方法は、魂を清めることを強調してからのすべての重大な罪、道徳的な神学を明確に重なっている。 The unitive way, which focuses on union with God, can easily include mystical theology.その結合力の方法で、これを労働組合に焦点を当てて、神は、神秘的な神学でも簡単に含まれています。 Only the illuminative way, the practice of positive Christian virtue, remains uncontested.啓もう的な方法でのみ、キリスト教の実践の肯定的な美徳は、遺跡無。 Yet this threefold division of ascetical theology has been firmly established since Thomas Aquinas, although its roots can be traced to Augustine and earlier. Thus it is wisest to take ascetical theology in its broadest sense, meaning the study of Christian discipline and the spiritual life.まだこの三重修徳神学部にしっかりと確立されて以来トマスアクィナスですが、そのルーツを追跡できるとそれ以前のアウグスティヌス。 従って修徳神学を取ることは、賢明な広い意味で、キリスト教の研究の意味とその精神生活の規律です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

The basis of ascetical theology is in the NT修徳神学の基礎は、 NTの

It was Jesus who spoke of fasting (Matt. 9:15; Mark 9:29), celibacy (Matt. 19:12), and the renunciation of possessions (Matt. 19:21; Mark 10:28; Luke 9:57 - 62; 12:33).それは、イエスの人のスポークの断食( matt. 9時15分;マーク9時29分) 、独身( matt. 19時12分) 、および所有物の放棄( matt. 19 : 21 ;マーク10:28 ;ルーク9時57分-6 2; 1 2:33) 。 More importantly Jesus called for a general self-renunciation, a "taking up" of one's "cross" in order to follow him (Mark 8:34).さらに重要なのは、イエスキリストと呼ばれる一般的な自己放棄は、 "取って"自分の"十字架"に従うためには彼(マーク8時34分) 。 The Sermon on the Mount forms the directive for this lifestyle, closing with a call to a disciplined life (Matt. 7:13 - 27).フォームの山上の垂訓のディレクティブは、このライフスタイルを、閉鎖して人生をコールすることで懲戒処分( matt. 7時13 -2 7) 。 One must also include the call for constant watchfulness (Matt. 24:42; 25:13, or "abiding" in John). 1つの定数を求める必要があります油断のないことも含めて、 ( matt. 24:42 ; 25:13 、または"いつまでも変わらない"と、ジョン) 。 Paul picked up this theme with his call for self discipline (1 Cor. 9:24 - 27), his exhortation to put off the "old man" (Eph. 4:22) or to put to death the flesh (Col. 3:5), and his demand that Christians walk by the Spirit (Rom.8; Gal. 5).このテーマを抽出するポール彼の自己規律を求める( 1うわっ。 9時24 -2 7)は、彼の勧告を延期する"老人" ( e ph.4時2 2分)または死肉を入れる( 3大佐: 5 ) 、そして彼のことを要求されるキリスト教徒の精神を歩く( rom.8 ;ギャル。 5 ) 。 Similar examples could be discovered in James, John, or Peter.似たような例が発見されたジェームズ、ジョン、またはピーターです。 It is the unified witness of the NT that the Christian life is a discipline, a struggle, and that success in this struggle is enabled by the grace of God or his Spirit.それは、 NTの統合は、キリスト教の目撃者は、規律の人生は、闘争は、この闘争として成功を収めるが有効になって神の恵みによって、彼の精神です。

The postapostolic church, beginning, perhaps, with the Shepherd of Hermas, began producing works on how this discipline was to be pursued; that is, how the goal of perfect charity and fellowship with God was to be gained.そのpostapostolic教会は、初めには、たぶん、羊飼いのhermasして、どのように取り組んで生産を始めたが、この規律を追求される;ことは、完璧な慈善事業の目標をどのようにして、神との交わりを得ていた。 Spiritual teaching was quickly connected first with martyrdom as its highest good and then, partially under the influence of Neoplatonism, with virginity as a type of living martyrdom.最初に教えることは、精神的に接続してすぐに殉教の高値として良好で、その後、新プラトン主義の影響下にある部分で、純粋無垢のタイプとして、リビング殉教。 As the church became one with the Roman Empire, it was the monastic movement which took up and defended the rigor of the early period; this was to be the home of ascetical theology for much of the succeeding church history, producing the works of the desert fathers, Basil and the Eastern tradition of spiritual direction, and later the medieval monastic tradition, following in the steps of Augustine.教会の1つになったとして、ローマ帝国では、それは、禁欲的な運動を取り上げたの厳しさと弁明した期間の初め;これは、家庭での修徳神学の多くは、成功のための教会史、砂漠の産生の作品父親は、バジルや東部の伝統の精神的な方向性、およびそれ以降の中世の僧院の伝統には、以下の手順では、アウグスティヌス。

In the Reformation period ascetical theology split into several different streams, some of which were more influenced by the medieval stress on the meditation on and identification with the human life of Christ and others more by the spiritual internalization of the life of Christ in the Devotio Moderna as seen especially in Thomas a Kempis's Imitation of Christ. The most radical stream was the Anabaptist one, which aimed at a disciplined church with primitive purity: the whole church fulfilled the monastic ideal of imitating Christ. The Catholic stream focused more upon a group of elect "first class" Christians (Francis de Sales, Ignatius's Spiritual Exercises), preserving the tradition of deep meditation on the human sufferings of Christ. Lutheran pietism and especially Calvinist Puritanism mediated ascetical theology to their respective traditions with their stress on holy lives (Richard Baxter, and in some respects William Law's Serious Call). 修徳神学の改革期間中、いくつかの異なるストリームに分割され、さらにいくつかに左右されるが、中世のストレスを同定して瞑想して、人間の生命とキリストの精神的な内面化されるともっと他の人生は、キリストのdevotio moderna特に、トーマスとして見られるの模造ケンピスキリスト。 、最も過激なストリームは、再洗礼派の1つは、教会を狙った懲戒処分にする原始的純度:果たさ教会全体の僧院の理想的なキリストのまねだ。 より多くのカトリック教徒を中心にストリームのグループ次期"ファーストクラス"キリスト教徒 (フランシスド売上高は、イグナティウスの精神修養)は、伝統の深さを保持する瞑想して、人間のキリストの受難。 敬けんルター派カルビン派で、特にピューリタニズム修徳神学を仲介して、それぞれの伝統を自分の生活のストレスを聖なる (リチャードバクスター、およびいくつかの重大な法律を尊重ウィリアムコール) 。 Finally, there is the whole holiness tradition, beginning with John Wesley.最後に、全体のホーリネスの伝統、ジョンウェスリー始まる。

If these are classified as radical, catholic, state church, and holiness, one can find a place within these categories for the Quakers and others who, knowingly or unconsciously, repeat the calls of spiritual directors and writers on ascetical theology down the ages (e.g., Richard Foster, Watchman Nee, or George Verwer). これらの過激派に分類される場合は、カトリック、国教会は、ホーリネスとは、 1つの場所を見つけることは、これらのカテゴリ内の他の人のクエーカー教とは、故意あるいは無意識には、精神的な通話を繰り返す修徳神学ダウンして取締役や作家の年齢層(例:は、リチャードフォスター、夜警旧姓、またはジョージverwer ) 。

The common themes of ascetical theology in whatever its clothing are the following:修徳神学では、どのような共通のテーマで、衣料品は次のとおりです:

This last is the unitive way.この最後の方法は、結合力です。 While all of this can become a very individualistic seeking of perfection, the best writers of the tradition are aware of the body of Christ and thus formed their own groups to jointly pursue the goal and / or expected that the pursuit of perfection would lead to a deeper service to the whole body of Christ (e.g., Fenelon).この中にすべてのことになるが、非常に個性的で完成度を求めて、最善の作家の伝統は、キリストの体を認識して、このようにグループを結成して共同で、独自の目標を追求するおよび/または予想さの追求を完ぺきにつながる深いサービスをキリストの体全体(例えば、フェヌロン) 。

In either its narrower classical sense or its broader sense including a large Protestant tradition ascetical theology is essentially that part of moral and pastoral theology which aims at the renewal of individuals and the church, deeper spiritual experience, and true holiness in primitive simplicity.狭い意味での古典のどちらかを含む広い意味でのプロテスタントの伝統修徳神学大部分は、基本的に道徳的なことを目的と司牧神学の更新は、個人や教会には、より深い精神的な体験は、原始的でシンプルさと真のホーリネスです。 As such it is a theological discipline indispensable to the proper functioning of the church.このようにすることは、神学的な規律を適切に機能するのに不可欠な教会です。

P H Davidsペーハーデービズ
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
P Brooks, Christian Spirituality; O Chadwick, Western Asceticism; E Cothenet, Imitating Christ; K R Davis, Anabaptism and Asceticism; A Devine, Manual of Ascetical Theology; R Foster, Celebration of Discipline; F P Harton, The Elements of the Spiritual Life; U T Holmes, A History of Christian Spirituality; K E Kirk, The Vision of God; J Linworsky, Christian Asceticism and Modern Man; R Lovelace, The Dynamics of Spiritual Life; Orthodox Spirituality; L C Shepherd, Spiritual Writers in Modern Times; M Thornton, English Spirituality; Dictionnaire de spiritualite ascetique et mystique; H von Campenhausen, Tradition and Life in the Church; R Williams, Christian Spirituality; O Wyon, Desire for God. pブルックス氏は、キリスト教の精神; oチャドウィックは、西洋の禁欲; e cothenet 、まねキリスト; krデイヴィス、 anabaptismと禁欲;するディバインは、マニュアルの修徳神学;研究フォスター、祝賀会の規律; harton fp 、その要素には、精神的な生活;しかしホームズは、キリスト教の歴史スピリチュアリティ;カークケニア共和国は、神のビジョン; linworsky jは、キリスト教の禁欲主義と近代男;研究ラブレイスは、動力学の精神生活;正統スピリチュアリティ; lcを羊飼いは、精神的な作家は、近代倍;ソーントンmには、英語スピリチュアリティ;辞典デspiritualite ascetique et神秘的雰囲気; campenhausen hフォンは、教会の伝統との生活;研究ウィリアムズは、キリスト教の精神; o wyon 、神の願望です。


Ascetical Theology修徳神学

Catholic Information カトリック情報

Ascetics, as a branch of theology, may be briefly defined as the scientific exposition of Christian asceticism. ascetics 、神学の一分野としては、簡潔に定義されるかもしれないが、キリスト教の禁欲主義科学博覧会です。 Asceticism (askesis, askein), taken in its literal signification, means a polishing, a smoothing or refining.修徳(克己、 askein )は、撮影中のリテラルの意義、意味するものは、研磨、平滑化や精錬する。 The Greeks used the word to designate the exercises of the athletes, whereby the powers dormant in the body were developed and the body itself was trained to its full natural beauty.ギリシア使われる単語を指定して、選手の練習は、体内では、休止状態の列強が開発自体は、体の自然の美しさを画面いっぱいに訓練を受けた。 The end for which these gymnastic exercises were undertaken was the laurel-wreath bestowed on the victor in the public games.最後にはこれらの体操が着手されたローレル-花輪授けたのは、ビクターは、公共のゲームです。 Now the life of the Christian is, as Christ assures us, a struggle for the kingdom of heaven (Matthew 11:12).今の生活には、キリスト教、キリストの保証として私たちは、闘争のために、天国(マタイ11:12 ) 。 To give his readers an object-lesson of this spiritual battle and moral endeavour, St. Paul, who had been trained in the Greek fashion, uses the picture of the Greek pentathlon (1 Corinthians 9:24).彼の読者に与える教訓は、このオブジェクトの道徳的な努力と精神的な戦いは、聖パウロは、訓練を受けていた人は、ギリシャのファッションは、ギリシャ語では、画像のペンタスロン( 1コリンチャンス9時24分) 。 The exercises to be assumed in this combat tend to develop and strengthen the moral stamina, while their aim is Christian perfection leading up to man's ultimate end, union with God.この演習での戦闘を想定される傾向にあるの道徳的なスタミナを発展強化し、彼らの目的は、キリスト教の完成に至るまで人間の究極の目的は、労働組合との神です。 Human nature having been weakened by original sin and ever inclining toward what is evil, this end cannot be reached except at the price of overcoming, with God's grace, many and serious obstacles.人間の本性と原罪を続けてきたこれまでの弱体化に向けて何が悪い傾くことは、この目的に到達することはできません除いては、価格の克服は、神の恵みで、多くの深刻な障害とします。 The moral struggle then consists first of all in attacking and removing the obstacles, that is the evil concupiscences (concupiscence of the flesh, concupiscence of the eyes, and pride of life), which effects of original sin serve to try and test man (Trid., Sess. V, De peccato originali).道徳的な闘争を、まず第一に、次に構成で、障害物を攻撃すると取り外し、それは、邪悪なconcupiscences (強欲の肉は、強欲の目、そして人生のプライド)は、サーブ原罪の影響をテストしようとする男( trid 。 、 sess 。 v 、デpeccato originali ) 。 This first duty is called by the Apostle Paul the putting off of "the old man" (Ephesians 4:22).と呼ばれるこの最初の任務は、先送りされた使徒パウロの"老人" (エペソ4時22分) 。 The second duty, in the words of the same Apostle, is to "put on the new man" according to the image of God (Ephesians 4:24). 2番目の義務は、同じ使徒の言葉では、は、 "男には、新たな"神の画像によると、 (エペソ人4:24 ) 。 The new man is Christ.新しい人間は、キリストです。 It is our duty then to strive to become like unto Christ, seeing that He is "the way, and the truth, and the life" (John 14:6), but this endeavour is based on the supernatural order and, therefore, cannot be accomplished without Divine grace.それは我々の義務それからかれキリストのようになることを努力する、というのがわかると彼は"この方法で、真実とは、人生とは" (ヨハネ14 : 06 )が、これに基づいて、エンデバーは、超自然的秩序とは、したがって、することはできません神の恵みなしでは成し遂げています。 Its foundation is laid in baptism, whereby we are adopted as sons of God through the imparting of sanctifying grace.その基金は、洗礼レイアウトで、私たちは神の息子として採択を通じて、グレースsanctifying impartingのです。

Thenceforth, it must be perfected by the supernatural virtues, the gifts of the Holy Ghost, and actual grace.その時以来、完成しなければならないことによって、超自然的美徳は、聖霊の贈り物が、実際の恵みです。 Since, then, ascetics is the systematic treatise of the striving after Christian perfection, it may be defined as the scientific guide to the acquisition of Christian perfection, which consists in expressing within ourselves, with the help of Divine grace, the image of Christ, by practising the Christian virtues, and applying the means given for overcoming the obstacles.以来、その後、 ascetics論文は、系統的な努力は、キリスト教の完成後には、科学的かもしれないが、ガイドとして定義されたキリスト教の買収を完ぺきには、自分自身で構成さを表現内では、神の恵みの力を借りて、キリストのイメージは、キリスト教の美徳を実践して、適用を妨げる障害を克服するための手段を与えています。 Let us subject the various elements of this definition to a closer examination.件名のお知らせこの定義には様々な要素の緊密な検査です。

A. Nature of Christian Perfection a.キリスト教の性質完ぺき

(1) To begin with, we must reject the false conception of the Protestants who fancy that Christian perfection, as understood by Catholics, is essentially negative asceticism (cf. Seberg in Herzog-Hauck, "Realencyklopädie für prot. Theologie", III, 138), and that the correct notion of asceticism was discovered by the Reformers. ( 1 )を開始して、虚偽を拒否しなければならない概念は、キリスト教プロテスタントの人の空想して完ぺきには、カトリック教徒として理解され、否定的な禁欲主義は本質的に( cf.セバーグヘルツォーク-ハウクは、 "最近登録さrealencyklopädie prot 。 theologie "は、 3世、 138 ) 、およびして、正しい禁欲主義の概念が発見された改革派です。 There can be no doubt as to the Catholic position, if we but hearken to the clear voices of St. Thomas and St. Bonaventure.疑いの余地はないが、カトリック教徒の立場としては、もし我々の声が聞けて、クリアすると聖セントトマスbonaventure 。 For these masters of Catholic theology who never tired of repeating that the ideal of asceticism upheld by them was the ideal of the Catholic past, of the Fathers, of Christ Himself, emphatically state that bodily asceticism has not an absolute, but only a relative, value.これらの巨匠たちのためのカトリック神学口癖のように繰り返すことによって支持していた禁欲主義の理想は理想的なカトリック教徒の過去のは、その祖先は、キリスト自身は、きっぱりと身体の状態にして、絶対的な禁欲主義ではないが、相対的にのみ、値です。 St. Thomas calls it a "means to an end", to be used with discretion.セントトマス通話すること"という意味を終わらせる"と、裁量を使用しています。 St. Bonaventure says that bodily austerities "prepare, foster, and preserve perfection" (ad perfectionem præparans et ipsam promovens et conservans; "Apolog. pauperum", V, c. viii).聖bonaventureによると、身体の耐乏生活"を準備、育成し、完ぺきに保存する" (広告perfectionem præparans et ipsam promovens et conservans ; " apolog 。 pauperum " 、 v千佳子8 ) 。 In proof of his thesis, he shows that to put an absolute value on bodily asceticism would lead to Manichæism.で、卒論の証拠は、彼の絶対値を示している上に、肉体的な禁欲主義manichæismつながる。 He also points to Christ, the ideal of Christian perfection, who was less austere in fasting than John the Baptist, and to the founders of religious orders, who prescribed fewer ascetic exercises for their communities than they themselves practised (cf. J. Zahn, "Vollkommenheitsideal" in "Moralprobleme", Freiburg, 1911, p. 126 sqq.).彼はまた、キリストのポイントには、キリスト教の完成には理想的なのは、断食していたよりも少ない緊縮ジョンザバプティストは、創業者の宗教上の命令として、所定の誰よりも少ない禁欲的な練習を自分たちでは、コミュニティの実践( cf. j.ザーン、 " vollkommenheitsideal "は、 " moralprobleme " 、フライブルク、 1911 、 p. 126 sqq 。 ) 。 On the other hand, Catholics do not deny the importance of ascetic practices for acquiring Christian perfection.その半面、カトリック教徒の重要性を否定しないで修行をするためにキリスト教の完成を獲得した。 Considering the actual condition of human nature, they declare these necessary for the removal of obstacles and for the liberation of man's moral forces, thus claiming for asceticism a positive character.条件を検討し、実際の人間の本性は、かれらを宣言するために必要なこれらの障害物の除去と男の解放のための道徳的な勢力は、このような禁欲主義を主張するための積極的なキャラクターだ。 A like value is put upon those exercises which restrain and guide the powers of the soul.するような値は、これらの演習を置くの権限を抑制するとの魂のガイドです。 Consequently, Catholics actually fulfil and always have fulfilled what Harnack sets down as a demand of the Gospel and what he pretends to have looked for in vain among Catholics; for they do "wage battle against mammon, care, and selfishness, and practise that charity which loves to serve and to sacrifice itself" (Harnack, "Essence of Christianity").その結果、カトリック信者で、いつも約束が果たさ実際にどのような需要ハルナックセットダウンとしては、福音とはどのようなふりを探した彼は無駄なカトリック教徒の間で、かれらは"賃金の戦い富の神、ケア、および身勝手、かつ実践してチャリティサーブを犠牲にして、これ自体が大好き" (ハルナックは、 "キリスト教の本質"を参照) 。 The Catholic ideal, then, is by no means confined to the negative element of asceticism, but is of a positive nature.理想のカトリック教徒は、その後、閉じ込められたものではないが、否定的な要素を禁欲主義が、肯定的な性質がある。

(2) The essence of Christian perfection is love. ( 2 )愛の本質は、キリスト教の完成です。 St. Thomas (Opusc. de perfectione christ., c. ii) calls that perfect which is conformable to its end (quod attingit ad finem ejus).セントトマス(キリストopusc.デperfectione 。千佳子ⅱ )コールが言いなりになることを完璧に終わり(最後ejus quod attingit ) 。 Now, the end of man is God, and what unites him, even on earth, most closely with God is love (1 Corinthians 6:17; 1 John 4:16).さて、人間は神の終わりには、 unites彼とは何でも、地球上で、最も密接にしては、神の愛( 1コリンチャンス6時17分;ヨハネの手紙第4時16分) 。 All the other virtues are subservient to love or are its natural prerequisites, as faith and hope; Love seizes man's whole soul (intellect, will), sanctifies it, and fuses new life into it.卑屈には、他のすべての美徳は、愛や自然の前提条件は、信仰と希望;全体の男の魂seizes愛(知性が) 、 sanctifiesことは、新しい生命を吹き込むと融合しています。 Love lives in all things and all things live in love and through love.愛に住んでいるすべてのものをすべてのものを通して愛と恋に住んでいる。 Love imparts to all things the right measure and directs them all to the last end.愛impartsする権利をすべての物事のすべてを測定して、最後の最後に指示しています。 "Love is thus the principle of unity, no matter how diversified are the particular states, vocations, and labours. There are many provinces, but they constitute one realm. The organs are many, but the organism is one" (Zahn, l. c., p. 146). "愛しているのはそのための団結の原則に関係なく、どのように多様化し、特定の国には、職業、および労働です。地方が多いが、それらを構成する1つの領域です。のは、多くの器官が、 1つの生物は、 " (ザーン、セントルシア、 p. 146 ) 。 Love has, therefore, rightly been called "the bond of perfection" (Colossians 3:14) and the fulfilment of the law (Romans 13:8).愛には、したがって、当然と呼ばれた"とのきずなの完成の域に達した" (コロサイ人への手紙3時14分)と、同法の履行として(ローマ人への手紙13時08分) 。 That Christian perfection consists in love has ever been the teaching of Catholic ascetical writers.キリスト教の愛を完ぺきにして構成され、教員が今までの禁欲的なカトリック作家です。 A few testimonies may suffice.いくつかの証言十分かもしれません。 Writing to the Corinthians, Clement of Rome says (1 Corinthians 49:1): "It was love that made all the elect perfect; without love nothing is acceptable to God" (en te agape ateleiothesan pantes oi eklektoi tou theou dicha agapes ouden euareston estin to theo; Funk, "Patr. apost.", p. 163).コリンチャンスへの書き込みには、ローマのクレメントによれば( 1コリンチャンス49:1 ) : "それはすべての愛を選出することにしたの完璧な;なしには何もない許容して、神の愛"の( ja teぽかんとしてateleiothesan pantes大井eklektoiタウtheou dicha agapes ouden euareston estinをテオ;ファンク、 " patr 。 apost 。 " 、 p. 163 ) 。 The "Epistle of Barnabas" insists that the way of light is "the love of him who created us" (agapeseis ton se poiesanta; Funk, l. c., p. 91), "a love of our neighbour that does not even spare our own life" (agapeseis ton plesion sou hyper ten psychen sou), and it affirms that perfection is nothing else than "love and joy over the good works which testify to justice" (agape euphrosyns kai agalliaseos ergon dikaiosynes martyria). "信徒のbarnabas "と主張しての道の光は、 "私たちの愛のギフトを創られた" (セagapeseisトンpoiesanta ;ファンク、セントルシア、 p. 91 )は、 "私たちの隣人愛さえしていない私たち自身のスペア人生" (ハイパーファミリータイプagapeseisトンplesionごくわずかpsychenごくわずか10 ) 、およびそれ以外は何もない完ぺき肯定して"愛と喜びをやり直す正義の善行を証言する" (ぽかんとしてagalliaseos ergon dikaiosynes martyriumの複数euphrosynsカイ) 。 St. Ignatius never wearies in his letters of proposing faith as the light and love as the way, love being the end and aim of faith ("Ad Ephes.", ix, xiv; "Ad Philad.", ix; "Ad Smyrn.", vi).聖イグナティウス決して彼の手紙疲労の提案として、光と愛の信仰の道としては、恋の終わりを目指している信仰( "広告ephes 。 "は、 9世、 14 ; "の広告philad 。 " 、 9 ; "の広告smyrn "と述べた。 、 vi )のです。 According to the "Didache", love of God and of one's neighbour is the beginning of the "way of life" (c. i), and in the "Epistle to Diognetus" active love is called the fruit of belief in Christ.によると、 "新約聖書"は、神の愛とは、自分の隣人の最初の"生き方" ( c.よい) 、および、 " diognetusの信徒への"と呼ばれる、果物の積極的な愛は、キリストを信じることです。 The "Pastor" of Hermas acknowledges the same ideal when he sets down "a life for God" (zoe to theo) as the sum-total of human existence. "牧師"とは認めhermasセットダウンしたときと同じ理想的な"生活のために神" (ゾーイをテオ)の合計額として、人間の存在です。 To these Apostolic Fathers may be added St. Ambrose (De fuga sæculi, c. iv, 17; c. vi, 35-36) and St. Augustine, who regards perfect justice as tantamount to perfect love.これらの使徒の祖先を追加するかもしれない聖アンブローズ(デフーガsæculi千佳子4世は、 17 ; c. viのは、 35から36まで)と聖アウグスティヌスは、正義の人として完璧に関して完全な愛に等しい。 Both St. Thomas and St. Bonaventure speak the same language, and their authority is so overpowering that the ascetical writers of all subsequent centuries have faithfully followed in their footsteps (cf. Lutz, "Die kirchl. Lehre von den evang. Räten", Paderborn, 1907, pp. 26-99).セントトマスの両方に同じ言語を話すと聖bonaventure 、およびそれらの圧倒的な権限は非常に禁欲的な作家は、その後のすべての世紀にもわたって続いて忠実にはかれらの足跡( cf.ルッツ、 "死ぬkirchl 。 lehreフォンデンevang 。 räten "は、パーダーボルン、 1907 、 pp 。 26〜99 ) 。

However, though perfection is essentially love, it is not true that any degree of love is sufficient to constitute moral perfection.しかし、愛は本質的にも完ぺきには、真実ではないことを十分に愛しているのはどの程度の道徳的な完成度を構成しています。 The ethical perfection of the Christian consists in the perfection of love, which requires such a disposition "that we can act with speed and ease even though many obstacles obstruct our path" (Mutz, "Christl. Ascetik", 2nd ed., Paderborn, 1909).完ぺきには、キリスト教の倫理的な構成で、愛の完成は、どのような処分が必要"としてスピードを持って行動することができるにもかかわらず、多くの障害を緩和する我々の道を妨げる" ( mutz 、 " christl 。 ascetik " 、第2エド。 、パーダーボルン、 1909 ) 。 But this disposition of the soul supposes that the passions have been subdued; for if is the result of a laborious struggle, in which the moral virtues, steeled by love, force back and quell the evil inclinations and habits, supplanting them by good inclinations and habits.しかし、この性質は、魂supposes熱中していることがくすんだ;ために骨の折れる場合は、闘争の結果として、道徳的な美徳では、愛steeledによっては、背面と力を鎮めるために、邪悪な性向や習慣、それらによって良い性向とsupplanting習慣です。 Only then has it really become "a man's second nature, as it were, to prove his love of God at certain times and under certain circumstances, to practise virtue and, as far as human nature may, to preserve his soul even from the slightest taints" (Mutz, l. c., p. 43).その後は、それが本当になるだけ"と一人の男の2番目の性質は、言ってみれば、彼の神の愛を証明する、特定の時間や特定の状況下で、練習を美徳とは、人間の本性限り可能性は、彼の魂を維持するよりも、ささいなtaints " ( mutz 、セントルシア、 p. 43 ) 。 Owing to the weakness of human nature and the presence of the evil concupiscence (fomes peccati: Trid., Sess. VI, can. xxiii), a perfection that would exclude every defect cannot be attained in this life without a special privilege (cf. Proverbs 20:9; Ecclesiastes 7:21; James 3:2).人間の本性の弱さのせいにし、悪の存在強欲( fomes peccati : trid 。 、 sess 。 viのことです。 23 )は、すべての欠陥を除外することを完ぺきに達成することはできませんが、この特別な権限なしの生活( cf.箴言20 : 09 ;伝道の書7 : 21 ;ジェームズ3:2 ) 。 Likewise, perfection, on this side of the grave, will never reach such a degree that further growth is impossible, as is clear from the mind of the Church and the nature of our present existence (status vioe); in other words, our perfection will always be relative.同様に、完ぺきには、その墓のこちら側には、決してそのような度に達することは不可能さらなる成長と同じように、心より明確には、教会と私たちの現在の存在の性質(ステータスvioe ) ;言い換えれば、我々の完ぺき相対的には常にです。 As St. Bernard says: "An unflagging zeal for advancing and a continual struggle for perfection is itself perfection" (Indefessus proficiendi studium et iugis conatus ad perfectionem, perfectio reputatur; "Ep. ccliv ad Abbatem Guarinum").セントバーナードとして書かれています: "とすると、衰えることのない熱意を推進するための継続的闘争を完ぺきには、それ自体の完成" ( indefessus proficiendi留学et iugis意欲広告perfectionem 、 perfectio reputatur ; "欧州。 ccliv広告abbatem guarinum "を参照) 。 Since perfection consists in love, it is not the privilege of one particular state, but may be, and has as a fact been, attained in every state of life (cf. PERFECTION, CHRISTIAN AND RELIGIOUS).完ぺきに恋以来で構成さは、それを1つの特定の特権ではない状態では、しかしかもしれない、とされて事実としては、人生の達成は、すべての州( cf.完ぺきには、キリスト教や宗教) 。 Consequently it would be wrong to identify perfection with the so-called state of perfection and the observance of the evangelical counsels.その結果を識別することが間違って完ぺきにして完全な状態にしている、いわゆると福音派の忠告を遵守しています。 As St. Thomas rightly observes, there are perfect men outside the religious orders and imperfect men within them (Summa theol., II-II, Q. clxxxiv, a. 4).セントトマス正しく観察としては、宗教的には完璧な男性の外の注文や不完全な男性の内にして(総合的研究論文theol 。 、 2世- IIのは、問いclxxxiv 、 a. 4 ) 。 True it is that the conditions for realizing the ideal of a Christian life are, generally speaking, more favourable in the religious state than in the secular avocations.それは本当のことを実現するための条件を理想的なクリスチャン生活を送るのは、一般的に言えば、こちらよりも良好な状態では、世俗的宗教的なavocations 。 But not all are called to the religious life, nor would all find in it their contentment (cf. COUNSELS, EVANGELICAL).しかし全部ではありませんが、宗教的な生活に呼ばれ、また、それはすべて自分の満足を見つける( cf.の相談は、福音派) 。 To sum up, the end is the same, the means are different.を要約すると、結局は同じことは、その意味は異なるものです。 This sufficiently answers Harnack's objection (Essence of Christianity) that the Church considers the perfect imitation of Christ possible only for the monks, while she accounts the life of a Christian in the world as barely sufficient for the attainment of the last end.これは十分な回答の反対ハルナック(キリスト教の本質)は、キリスト教会の可能性を考慮し、完璧な模造の僧侶たちのためだけに、口座間の生活をする彼女は、世界のクリスチャンとしての達成のために十分なぎりぎりの最後の最後です。

(3) The ideal, to which the Christian should conform and towards which he should strive with all his powers both natural and supernatural, is Jesus Christ. ( 3 )には理想的な、キリスト教には、必要に準拠し、彼に向かって懸命に努力すべきすべて彼の両方の自然や超自然の力は、イエスキリストがいます。 His justice should be our justice.彼の正義をしなければならない我々の正義だ。 Our whole life should be so penetrated by Christ that we become Christians in the full sense of the word ("until Christ be formed in you"; Galatians 4:19).私たちの生活をしなければならないので全体に侵入されたことになるのキリスト教徒は、キリストの完全な意味では( "キリストに形成されることになるまで" ;ガラテヤ人への手紙4時19分) 。 That Christ is the supreme model and pattern of the Christian life is proved from Scripture, as e.g.そのパターンをモデル化したり、キリストは、最高の人生とは、キリスト教の聖典からの証明は、例えば、 from John, xiii, 15, and I Peter, ii, 21, where imitation of Christ is directly recommended, and from John, viii, 12, where Christ is called "the light of the world".よりジョン、 13 、 15 、ピーターと私は、 2世は、 21日、キリストが直接どこの模造が推奨し、よりジョン、 VIIIや12は、どこには、キリストと呼ばれる"光の世界" 。 Cf. cf 。 also Rom., viii, 29, Gal., ii, 20, Phil., iii, 8, and Heb., i, 3, where the Apostle extols the excellent knowledge of Jesus Christ, for whom he has suffered the loss of all things, counting them but as dung, that he may gain Christ.またROMにします。 、 VIIIや、 29 、ギャル。 、 2世は、 20日、フィル。 、 3世は、第8項、およびheb 。 、私は、 3 、どこの使徒の優れた知識extolsイエスキリストは、誰のための損失を受けた彼は、すべての物事は、糞としてカウントしてでも、その彼は、キリストを得るかもしれません。 Of the numerous testimonies of the Fathers we only quote that of St. Augustine, who says: "Finis ergo noster perfectio nostra esse debet; perfectio nostra Christus" (P. L., XXXVI, 628; cf. also "In Psalm.", 26, 2, in P. L., XXXVI, 662).は、我々だけ多くの証言を引用して、父親の聖オーガスティン氏によれば: "エッセfinisエルゴnoster perfectioノストラdebet ; perfectioノストラクリストゥス" ( PL法、 36 、 628 ; cf 。また"詩編"と述べた。 、 26 、 2 、 pl 、 36 、 662 ) 。 In Christ there is no shadow, nothing one-sided.キリストの影ではない、何もない片側です。 His Divinity guarantees the purity of the model; His humanity, by which He became similar to us, makes the model attractive.彼の神性を保証します。純度のモデル;彼の人間性は、これによって彼は私たちと同様に、このモデルの魅力です。 But this picture of Christ, unmarred by addition or omission, is to be found only in the Catholic Church and, owing to her indefectibility, will always continue there in its ideal state.しかし、この絵のキリストは、 unmarred添加または不作為によって、発見されるだけでは、カトリック教会とは、彼女のおかげindefectibilityには、そこには常にその理想的な状態を続ける。 For the same reason, the Church alone can give us the guarantee that the ideal of the Christian life will always remain pure and unadulterated, and will not be identified with one particular state or with a subordinate virtue (cf. Zahn, l. c., p. 124).同じ理由のために、私たちの教会だけを与えることを保証するものでは、キリスト教の理想の人生には常に純粋で純粋なまま、発見されていませんので、 1つの特定の州または美徳と部下( cf.ザーン、セントルシア、 p. 124 ) 。 An unprejudiced.公平な。 examination proves that the ideal of Catholic life has been preserved in all its purity through the centuries and that the Church has never failed to correct the false touches with which individuals might have sought to disfigure its unstained beauty.審査証明のカトリック教徒には理想的な生活をして保存されてきたすべての純度世紀を通じて、教会ではないとして正しいことに失敗し、虚偽の個人触れる可能性があるとの外観を台無しにした無染色の美しさを求めています。 The individual features and the fresh colours for outlining the living picture of Christ are derived from the sources of Revelation and the doctrinal decisions of the Church.新鮮な色使いで、個々の機能や生活のための概要は、キリストの絵のヨハネの黙示録のソースから派生したとは、教会の教義上の決定だ。 These tell us about the internal sanctity of Christ (John 1:14; Colossians 2:9; Hebrews 1:9; etc.).これらの内部の尊厳についてお聞かせくださいキリスト(ジョン1 : 14 ;コロサイ人への手紙2 : 09 ;ヘブル人への手紙1 : 09 ;等) 。 His life overflowing with grace, of whose fulness we have all received (John 1:16), His life of prayer (Mark 1:21, 35; 3:1; Luke 5:16; 6:12; 9:18; etc.), His devotion to His heavenly Father (Matthew 11:26; John 4:34; 5:30; 8:26, 29), His intercourse with men (Matthew 9:10; cf. 1 Corinthians 9:22), His spirit of unselfishness and sacrifice, His patience and meekness, and, finally, His asceticism as revealed in his fastings (Matthew 4:2; 6:18).グレースあふれている彼の人生は、我々はすべての受信者fulness (ジョン1時16分)は、彼の人生の祈り(マーク午前1時21分、 35 ;午前3時01分;ルーク5 : 16 ;午前6時12分、 9時18分; etc 。 )は、彼の献身と彼の天上の父(マタイ11:26 ;ジョン4時34分; 5:30 ;午前8時26分、 29 ) 、彼と交際する男性(マタイ9時10分; cf 。 1コリンチャンス9時22分) 、彼unselfishnessと犠牲の精神は、彼の忍耐と温順、そして、最後に、彼は明らかに彼のような禁欲主義fastings (マタイ4時02分、 6時18分) 。

B. Dangers of the Ascetical Life修徳Bには、生命の危険

The second task of ascetical theology is to point out the dangers which may frustrate the attainment of Christian perfection and to indicate the means by which they can be avoided successfully. 2番目の課題は、修徳神学の危険性を指摘して達成を妨げる可能性を示すとキリスト教の完成の域に達したことができる手段を正常に避けるべきです。 The first danger to be noticed is evil concupiscence.最初の危険性に気づいては、邪悪な強欲です。 A second danger lies in the allurements of the visible creation, which occupy man's heart to the exclusion of the highest good; to the same class belong the enticements of the sinful, corrupt world (1 John 5:19), that is, those men who promulgate vicious and ungodly doctrines and thereby dim or deny man's sublime destiny, or who by perverting ethical concepts and by setting a bad example give a false tendency to man's sensuality.第二の危険性があるのは、目に見えるallurements創造は、人間の心を占有することを排除するのが最高の良い;と同じクラスに属するのは、罪深いenticements 、腐敗した世界( 1ヨハネ5時19分) 、つまり、それらの男性悪質な人ととんでもない公布もって薄暗いまたは教説を否定する崇高な運命を背負った男の、あるいは倫理的な概念やperverting者によって設定された例が悪い傾向を与える虚偽の男の官能性です。 Thirdly, ascetics acquaints us not only with the malice of the devil, lest we should fall a prey to his cunning wiles, but also with his weakness, lest we should lose heart.第三に、 ascetics acquaints私たちだけで、悪意のない悪魔は、しないようにしなければならない彼の餌食になる狡猾なワイルズには、自分の弱さだけでなく、心を失うしないようにしなければならない。 Finally, not satisfied with indicating the general means to be used for waging a victorious combat, ascetics offers us particular remedies for special temptations (cf. Mutz, "Ascetik", 2nd ed., p. 107 sqq.).最後に、全般に満足していないという意味を示すために使われるとの戦闘を繰り広げて、勝利は、私たちの特定の救済のための特別オファーascetics誘惑( cf. mutz 、 " ascetik " 、第2エド。 、 p. 107 sqq 。 ) 。

C. Means for Realizing the Christian Ideal c.キリスト教の理想の実現のための手段

(1) Prayer, above all, in its stricter meaning, is a means of attaining perfection; special devotions approved by the Church and the sacramental means of sanctification have a special reference to the striving after perfection (frequent confession and communion). ( 1 )祈りは、なによりも、その厳格な意味では、達成する手段は完ぺき;特別承認され、教会の祈りと聖礼典の清浄化の手段がある特別な努力の後のリファレンスを完ぺきに(頻繁に告白と聖体拝領) 。 Ascetics proves the necessity of prayer (2 Corinthians 3:5) and teaches the mode of praying with spiritual profit; it justifies vocal prayers and teaches the art of meditating according to the various methods of St. Peter of Alcantara, of St. Ignatius, and other saints, especially the "tres modi orandi" of St. Ignatius.祈りの必要性を証明ascetics ( 2コリンチャンス3時05分)と教えるのモードで精神的な利益を祈って;祈りと声楽を教えることを正当化の冥想芸術の様々な方法によると、聖ペテロのアルカンタラ、聖イグナティウス、やその他の聖人、特に"トレス変成orandi "聖イグナティウス。 An important place is assigned to the examination of conscience, and justly so, because ascetical life wanes or waxes with its neglect or careful performance.重要な場所には、審査の良心に割り当てられ、そして当然だから、禁欲的な生活のためには、ワックスwanesまたは怠慢または慎重にパフォーマンスが向上します。 Without this regular practice, a thorough purification of the soul and progress in spiritual life are out of the question.この定期的な練習なしでは、徹底した浄化は、魂と精神生活の進展は論外だ。 It centres the searchlight of the interior vision on every single action: all sins, whether committed with full consciousness or only half voluntarily, even the negligences which, though not sinful, lessen the perfection of the act, all are carefully scrutinized (peccata, offensiones, negligentioe; cf. "Exercitia spiritualia" of St. Ignatius, ed. P. Roothaan, p. 3).それは、インテリアセンターのサーチライトごとに1つのビジョンアクション:全ての罪を、完全に意識しているかどうかにコミット半分しか自主的には、 negligencesでさえ、それは、罪深いわけではありませんが、完成度を下げるの行為は、すべてが慎重に調べ( peccata 、 offensiones 、 negligentioe ; cf 。 " exercitia spiritualia "聖イグナティウス、エド。 p.ロートハーン、 p. 3 ) 。 Ascetics distinguishes a twofold examination of conscience: one general (examen generale), the other special (examen particulare), giving at the same time directions how both kinds may be made profitable by means of certain practical and psychological aids.二重の検査を区別する良心ascetics : 1つの全般( examenジェネラル)は、他の特別( examen particulare )は、どのような方向を与えると同時に収益性の両方の種類によってなされるかもしれないと心理的なエイズの実用的な手段を特定します。 In the general examination we recall all the faults of one day; in the particular, on the contrary, we focus our attention on one single defect and mark its frequency, or on one virtue to augment the number of its acts.我々のすべてのリコールは、全般検査の欠点を1日;は、特定のは、むしろその逆で、我々の注目して我々の焦点の1つ1つの欠陥とその周波数マーク、または1つの美徳をしてその数を増大させる行為だ。

Ascetics encourages visits to the Blessed Sacrament (visitatio sanctissimi), a practice meant especially to nourish and strengthen the divine virtues of faith, hope, and charity.祝福の訪問数を奨励ascetics聖餐式( visitatio sanctissimi )は、特に意味の練習を強化して栄養分とする神の信仰の美徳は、希望、そして慈善団体です。 It also inculcates the veneration of the saints, whose virtuous lives should spur us on to imitation.また、尊敬の聖人inculcates 、その高潔な生活を模倣しては、私たちに拍車を掛ける。 It is plain that imitation cannot mean an exact copying.平野を模倣することは、正確にコピーすることはできないという意味だ。 What ascetics proposes as the most natural method of imitation is the removal or at least the lessening of the contrast existing between our own lives and the lives of the saints, the perfecting, as far as is possible, of our virtues, with due regard to our personal disposition and the surrounding circumstances of time and place. asceticsとしてどのような提案は、最も自然な方法を模倣したり、少なくとも除去コントラストの低下は、私たち自身の生活との間に、既存の人生が、セインツは、完ぺきには、可能な限りは、我々の美徳は、配慮を払う私たちの個人的な性質と、周囲の状況の時間と場所です。 On the other hand, the observation that some saints are more to be admired than imitated must not lead us into the mistake of letting our works be weighted with the ballast of human comfort and ease, so that we at last look with suspicion on every heroic act, as though it were something that transcended our own energy and could not be reconciled with the present circumstances.その半面、観察して、いくつかの聖人が称賛されるよりもこちらを真似てはならないミスリードを取って、私たちを私たちの作品が加重して、人間の快適さとバラストを緩和するように、我々はすべての疑いで見納めをして英雄行動は、まるで何かという壁を越えたことができませんでした私たち自身のエネルギーと仲直りして、現在の状況です。 Such a suspicion would be justified only if the heroic act could not at all be made to harmonize with the preceding development of our interior life.このような疑惑が正当化されることができなかった場合にのみ、すべての英雄的行為に先行して開発を調和させる前に私たちの生活のインテリア。 Christian ascetics must not overlook the Blessed Mother of God; for she is, after Christ, our most sublime ideal.キリスト教asceticsてはいけません母神の祝福を見落とす;ために彼女は、キリストの後には、我々の最も崇高な理想です。 No one has received grace in such fulness, no one has co-operated with grace so faithfully as she.誰もがそのような恵みを受けたfulness 、誰もが共同で運営してグレースだから彼女として忠実です。 It is for this reason that the Church praises her as the Mirror of Justice (speculum justitioe).それはこの理由として、彼女のことを高く評価し、教会の正義のミラー(鏡justitioe ) 。 The mere thought of her transcendent purity suffices to repel the alluring charms of sin and to inspire pleasure in the wonderful lustre of virtue.彼女の並外れた単なる思想の純度を撃退するのに十分罪魅惑の魅力と喜びを触発し、素晴らしい光沢の美徳だ。

(2) Self-Denial is the second means which ascetics teaches us (cf. Matthew 16:24-25). ( 2 )自己否定では、 2番目の意味を教えてascetics私たち( cf.マタイ16:24-25 ) 。 Without it the combat between spirit and flesh, which are contrary to each other (Romans 7:23; 1 Corinthians 9:27; Galatians 5:17), will not lead to the victory of the spirit (Imitatio Christi, I, xxv).闘うことなしに、精神と肉体の間で、お互いに反している(ローマ人への手紙7時23分; 1コリンチャンス9時27分;ガラテヤ人への手紙5時17分)には適用されないの勝利につながるの精神( imitatioクリスティ、私は、二十五) 。 How far self-denial should extend is clear from the actual condition of human nature after the fall of Adam.どの程度まで自己否定を延長すべきは、実際の状態をより明確に人間の本性の崩壊後のアダムです。 The inclination to sin dominates both the will and the lower appetites; not only the intellect, but also the outer and the inner senses are made subservient to this evil propensity.傾斜の両方を支配するのは、罪を下げると、食欲;だけでなく、知性、だけでなく、外側と内側の感覚は、この邪悪な性向を前に卑屈。 Hence, self-denial and self-control must extend to all these faculties.したがって、自己否定と自己制御して、これらすべての能力を延長する必要があります。 Ascetics reduces self-denial to exterior and interior mortification: exterior mortification is the mortification of sensuality and the senses; interior mortification consists in the purification of the faculties of the soul (memory, imagination, intellect, will) and the mastering of the passions.自己否定を軽減ascetics外装と内装難行:外装難行苦行のは、官能性と感覚;インテリア苦行の構成は、精製能力は、魂(メモリには、想像力、知性、さ)と、マスタの熱中している。 However, the term "mortification" must not be taken to mean the stunting of the "strong, full, healthy" (Schell) life; what it aims at is that the sensual passions do not gain the upper hand over the will.しかし、その用語"苦行"を意味してはいけませんし、撮影の阻害"と強いは、完全な、健全な"生活(シェル) ;どのようなことを狙っていないのは、官能的な情熱を得るのは、上部に引き渡す。 It is precisely through taming the passions by means of mortification and self-denial that life and energy are strengthened and freed from cumbersome shackles.順化を通じて正確に熱中していることは、手段のくやしさや自己否定して人生とは、エネルギーの強化や面倒なしがらみから解放されます。 But while the masters of asceticism recognize the necessity of mortification and self-denial and are far from deeming it "criminal to assume voluntary sufferings" (Seeberg), they are just as far from advocating the so-called "non-sensual" tendency, which, looking upon the body and its life as a necessary evil, proposes to avert its noxious effects by wilful weakening or even mutilation (cf. Schneider, "Göttliche Weltordnung u. religionslose Sittlichkeit", Paderborn, 1900, p. 537).だが、マスターズの禁欲苦行の必要性を認識すると自己否定とは程遠いdeemingこと"を仮定する自発的な犯罪者の苦しみ" (ゼーベルク)は、かれらは程遠いと同様の立場を擁護している、いわゆる"非官能的な"傾向は、それは、目の上の生命体を必要悪とは、その有害な影響を回避することが提案されたの弱体化あるいは故意の傷( cf.シュナイダーは、 " göttliche weltordnung米religionslose sittlichkeit " 、パーダーボルン、 1900 、 p. 537 ) 。 On the other hand, Catholics will never befriend the gospel of "healthy sensuality", which is only a pretty-sounding title, invented to cloak unrestricted concupiscence.その半面、カトリック教徒は決して仲良くなるの福音書"健全な官能性"と、これは、かなり響きのタイトルだけは、無制限の強欲外套を発明している。

Special attention is devoted to the mastering of the passions, because it is with them above all else that the moral combat must be waged most relentlessly.特別な配慮を身に付けることに専念するが、熱中しているので、それは、かれらの上には、他のすべての道徳的な戦闘しなければならない最も執拗に繰り広げています。 Scholastic philosophy enumerates the following passions: love, hatred, desire, horror, joy, sadness, hope, despair, boldness, fear, anger.熱中して、以下のスコラ哲学を数えます:愛、憎しみ、欲望、恐怖、喜び、悲しみ、希望、絶望、大胆さ、恐怖、怒り。 Starting from the Christian idea that the passions (passiones, as understood by St. Thomas) are inherent in human nature, ascetics affirms that they are neither sicknesses, as the Stoics, the Reformers, and Kant maintain, nor yet harmless, as was asserted by the Humanists and Rousseau, who denied original sin.キリスト教から始まるという考えを、熱中している( passiones 、として理解されセントトマス)は、人間の本性につきもので、彼らはどちらもsicknesses ascetics肯定して、 stoicsとしては、改革派は、カントを維持し、またまだ無害、主張としては、ルソーhumanistsされると、原罪を否定しています。 On the contrary, it insists that in themselves they are indifferent, that they may be employed for good and for evil, and that they receive a moral character only by the use to which the will puts them.とは逆に、彼らはそれ自体と主張して無関心では、恐らくかれらは善と悪のために雇われる、として受信するだけで、道徳的なキャラクターを配置して使用されています。 It is the purpose of ascetics to point out the ways and means by which these passions can be tamed and mastered, so that, instead of goading the will to sin, they are rather turned into welcome allies for the accomplishment of good.それは、目的のasceticsを指摘してこれらの方法と手段をtamed熱中していると習得できるので、代わりに、その意志をgoading罪は、彼らはむしろ歓迎同盟国へと変わるの達成のために良いです。 And since the passions are inordinate in as far as they turn to illicit things or exceed the necessary bounds in those things which are licit, ascetics teaches us how to render them innocuous by averting or restraining them, or by turning them to loftier purposes.して以来、熱中している限りでは、かれらが背き法外を超える違法なものや、それらに必要な範囲内では、正当なものは、私たちを教えてascetics当たり障りのないことを回避する方法をレンダリングや牽制して、またはそれらをloftier目的を回している。

(3) Labour, also, is subservient to the striving after perfection. ( 3 )労働者は、また、後には、卑屈な努力を完ぺきです。 Untiring labour runs counter to our corrupt nature, which loves ease and comfort.我々のたゆまぬ労働反する腐敗した性質は、簡単かつ快適さを愛しています。 Hence labour, if well-ordered, persistent, and purposeful, implies self-denial.したがって労働者は、十分に注文した場合には、持続的な、そして意味深長、自己否定を意味します。 This is the reason why the Catholic Church has always looked upon labour, both manual and mental, as an ascetic means of no small value (cf. Cassian, "De instit. coenob.", X, 24; St. Benedict, Rule, xlviii, li; Basil, "Reg. fusius tract." c. xxxvii, 1-3; "Reg. brevius tract.", c. lxxii; Origen, "Contra Celsum", I, 28).これは、カトリック教会は常に理由を見下ろしていました労働党は、両方のマニュアルと精神、禁欲的な手段として決して小さな値( cf.カッシア、 "デinstit 。 coenobです" 、 × 、 24 ;聖ベネディクトは、原則として、 48 、李;バジルは、 " reg 。 fusius路です。 " c. 37 、 1-3 ; " reg 。 brevius路"と述べた。千佳子72 ;原産地は、 " celsumコントラ"と、私は、 28 ) 。 St. Basil is even of the opinion that piety and avoidance of labour are irreconcilable in the Christian ideal of life (cf. Mausbach, "Die Ethik des hl. Augustinus", 1909, p. 264).聖バジルは、その意見を尊重する気持ちさえ回避労働党とは相いれないのは、キリスト教の理想的な生活( cf.マウスバハ、 "死ぬethikデhl 。 augustinus " 、 1909 、 p. 264 ) 。

(4) Suffering, too, is an integral constituent of the Christian ideal and pertains consequently to ascetics. ( 4 )苦しんでも、キリスト教は不可欠な成分は、理想的な結果と関係してascetics 。 But its real value appears only when seen in the light of faith, which teaches us that suffering makes us like unto Christ, we being the members of the mystic body of which He is the head (1 Peter 2:21), that suffering is the channel of grace which heals (sanat), preserves (conservat), and tests (probat).しかし、その真の価値に照らして見たときにのみ表示される信仰は、私たちに教えることが私たちのような苦しみをキリストかれは、我々のメンバーが、彼は、神秘的な体のどの頭( 1ピーター2時21分) 、その苦しみは、グレースでは、チャネルの癒( sanat ) 、ジャム( conservat ) 、およびテスト( probat ) 。 Finally, ascetics teaches us how to turn sufferings into channels of heavenly grace.最後に、私たちに変える方法を教えてasceticsチャンネルの苦しみを天の恵みだ。

(5) The Virtues are subjected to a thorough discussion. ( 5 )の長所は、徹底した議論の対象となる。 As is proved in dogmatic theology, our soul receives in justification supernatural habits, not only the three Divine, but also the moral virtues (Trid., Sess. VI, De justit., c. vi; Cat. Rom., p. 2, c. 2, n. 51).証明としては、独断的な神学では、我々の魂の正当性を受け取る超自然的習慣では、 3つの神だけでなく、道徳的なだけでなく、美徳( trid. 、 sess 。 viのは、デjustit 。千佳子viの;猫です。 ROMのです。 、 p. 2千佳子2 、 n. 51 ) 。 These supernatural powers (virtutes infusoe) are joined to the natural faculties or the acquired virtues (virtutes acguisitoe), constituting with them one principle of action.これらの神通力( virtutes infusoe )が合流して、自然学部や後天性の美徳( virtutes acguisitoe )は、 1つの原則を構成して行動している。 It is the task of ascetics to show how the virtues, taking into account the obstacles and means mentioned, can be reduced to practice in the actual life of the Christian, so that love be perfected and the image of Christ receive perfect shape in us.これは、タスクのasceticsの美徳を表示する方法については、障害物や手段を考慮して触れたように、練習を減らすことができるが、実際の生活では、キリスト教のように、愛するキリストの像が完成し、完全な形で私たちを受け取る。 Conformable to the Brief of Leo XIII, "Testem benevolentiæ" of 22 Jan., 1899, ascetics insists that the so-called "passive" virtues (meekness, humility, obedience, patience) must never be set aside in favour of the "active" virtues (devotion to duty, scientific activity, social and civilizing labour); for this would be tantamount to denying that Christ is the perpetual model.レオ13世の言いなりにして、簡単な、 " testem benevolentiæ "の1899年1月22日、 asceticsと主張して、いわゆる"受動的"美徳(温順、謙虚、服従させる、忍耐力)を空けておく必要があります決して支持し、 "アクティブ"美徳(義務的な献身には、科学的な活動は、社会的及び啓もう労働党) ;ために、このことを否定するに等しいだろうキリストは、永遠のモデルだ。 Rather, both kinds must be harmoniously joined in the life of the Christian.むしろ、両方の種類に加入しなければならないとの生活の調和は、キリスト教のです。 True imitation of Christ is never a brake, nor does it blunt the initiative in any field of human endeavour.キリストの真の模倣は決してブレーキは、鈍されないことにもどんな分野で主導権を人間のエンデバーです。 On the contrary, the practice of the passive virtues is a support and aid to true activity.それどころか、その練習は、受動的援助を美徳とは、真の活動をサポートします。 Besides, it not rarely happens that the passive virtues reveal a higher degree of moral energy than the active.それに加えて、めったにないことに消極的になることが美徳度の高い道徳的なエネルギーをあらわにするよりも、アクティブです。 The Brief itself refers us to Matt., xxi, 29; Rom., viii, 29; Gal., v, 24; Phil., ii, 8; Heb., xiii, 8 (cf. also Zahn, l. c., 166 sqq.).私たちは、簡単なマットそのものを指します。 、 21 、 29 ; ROMのです。 、 VIIIや29 ;ギャル。 、 v 、 24 ;フィル。 、 2世、 8 ; heb 。 、 13 、 8 ( cf.もザーン、セントルシア、 166 sqq 。 ) 。

D. Application of the Means in the Three Degrees of Christian Perfection lmitation of Christ is the duty of all who strive after perfection. d.アプリケーションは、 3つの手段は、キリスト教の完成度のlmitationキリストは、すべての人の努力義務の完成後です。 It lies in the very nature of this formation after the image of Christ that the process is gradual and must follow the laws of moral energy; for moral perfection is the terminus of a laborious journey, the crown of a hard-fought battle.うそをつくことは、非常に自然を形成した後、このキリストのイメージとは、プロセスが緩やかな法律に従う必要がありますが、道徳的なエネルギー;ためには、道徳的な完成度は、骨の折れる末端の旅は、クラウンの苛烈な争いだ。 Ascetics divides those who strive after perfection into three groups: the beginners, the advanced, the perfect; and correspondingly sets down three stages or ways of Christian perfection: the purgative way, the illuminative way, the unitive way.努力する人たちの完成後に分けasceticsを3つのグループ:初心者には、高度な、完璧な;とそれに対応する3つのステージセットやキリスト教の完ぺきな方法:下剤方法は、啓もう的な方法では、結合力の方法です。 The means stated above are applied with more or less diversity according to the stage which the Christian has reached.前述の手段を適用して多様性によると、多かれ少なかれ、キリスト教のどの段階に達しています。 In the purgative way, when the appetites and inordinate passions still possess considerable strength, mortification and self-denial are to be practised more extensively.下剤の方法では、まだ熱中しているときに法外な食欲とかなりの強さを持つ、苦行や自己否定にはもっと広く実践される。 For the seeds of the spiritual life will not sprout unless the tares and thistles have first been weeded out.精神的な生活のための種子の発芽しない限りはありませんが、最初のtaresとthistles除草アウトされています。 In the illuminative way, when the mists of passion have been lifted to a great extent, meditation and the practice of virtues in imitation of Christ are to be insisted on.啓もう的なやり方では、霧のときに情熱を解除してきた偉大な範囲では、瞑想の練習の美徳とされるが、キリストの模造が主張しています。 During the last stage, the unitive way, the soul must be confirmed and perfected in conformity with God's will ("And I live, now not I; but Christ liveth in me": Galatians 2:20).期間中の最後の段階では、結合力のように、その魂を確認しなければならないとは、神の完成に準拠して( "生きると私は、今は私;しかし、キリストは私に生きる" :ガラテヤ人への手紙2時20分) 。 Care must, however, be taken not to mistake these three stages for wholly separate portions of the striving after virtue and perfection.ケアしなければ、しかし、このようなミスをしないように取られる3つのステージを完全に分離した後の部分の努力の美徳と完ぺきです。 Even in the second and the third stages there occur at times violent struggles, while the joy of being united with God may sometimes be granted in the initial stage as an inducement for further advance (cf. Mutz, "Aszetik," 2nd ed., 94 sq.).でも2番目と3番目の段階にある時に発生する暴力的な闘争には、ユナイテッドれている間、喜びを神が与えられる可能性があるとして、初期段階の誘因をさらに進めるために( cf. mutz 、 " aszetik 、 "第2エド。 、 94 sq 。 ) 。

E. Relation of Ascetics to Moral Theology and Mysticism e.関係の道徳的な神学と神秘主義をascetics

All these disciplines are concerned with the Christian life and its last end in the next world; but they differ, though not totally, in their mode of treatment.これらすべての学問分野に携わっているクリスチャン生活を送るには、その最後の最後には、次の世界;だがかれらは異なりますが、まったくわけではありませんが、彼らのモードで治療します。 Ascetical theology, which has been separated from moral theology and mysticism, has for its subject-matter the striving after Christian perfection; it shows how Christian perfection may be attained by earnestly exercising and schooling the will, using the specified means both to avoid the dangers and allurements of sin and to practise virtue with greater intensity.修徳神学は、道徳的な神学から分離してきたと神秘主義は、その主題は、キリスト教の完成後に努力;キリスト教の完成の域に達したことを示してどのように達成されるかもしれないと熱心に運動するのは、学校教育は、両方の手段を使って、指定の危険性を避けるためにallurementsの罪と美徳として練習して大強度です。 Moral theology, on the other hand, is the doctrine of the duties, and in discussing the virtues is satisfied with a scientific exposition.道徳的な神学は、その一方で、その教義の任務は、議論の美徳とは、科学的な博覧会に満足しています。 Mysticism treats essentially of "union with God" and of the extraordinary, so-called mystic prayer.神秘主義の本質的に扱われる"労働組合と神"とは、臨時、いわゆる神秘的な祈りをささげる。 Though also those phenomena which are accidental to mysticism, such as ecstasy, vision, revelation, fall within its scope, yet they are by no means essential to the mystic life (cf. Zahn, "Einführung in die christl. Mystik", Paderborn, 1908).にもかかわらず現象が偶発的に神秘主義者は、エクスタシーのような、ビジョン、ヨハネの黙示録、その範囲内で秋には、まだ彼らは、神秘的ではない生活に欠かせない( cf.ザーン、 " einführungで死ぬchristl 。 mystik " 、パーダーボルン、 1908 ) 。 It is true that mysticism includes also matter of ascetics, such as the endeavour of purification, vocal prayer, etc.; but this is done because these exercises are looked upon as preparatory to the mystical life and must not be discarded even in its highest stage.それは事実だがascetics神秘主義の問題が含まれても、そのような努力の精製、ボーカルの祈り等;しかし、これが完了するため、これらの準備としての演習を見下ろしていましたが、神秘的な生活を捨ててはならないとは、最高の舞台でも。 Nevertheless, the mystical life is not merely a higher degree of the ascetical life, but differs from it essentially, the mystical life being a special grace granted to the Christian without any immediate merit on his part.にもかかわらず、生命の神秘的ではないだけに、より高度な禁欲的な生活ではなく、本質的に異なることから、生命の神秘を付与され、特別の猶予もなく、キリスト教団体の即時彼の功績だ。

F. Historical Development of Asceticism f.歴史的発展の禁欲

(1) The Holy Bible ( 1 )の神聖な聖書

Abounds in practical instructions for the life of Christian perfection. abounds実用的な手順については、キリスト教の生活を完ぺきです。 Christ himself has drawn its outlines both as to its negative and positive requirements.自分自身の輪郭が描かれたキリストの両方をクリックしてマイナスと肯定的な要件です。 His imitation is the supreme law (John 8:12; 12:26), charity the first commandment (Matthew 22:36-38; John 15:17); the right intention is that which imparts value to the exterior works (Matthew 5-7), while self-denial and the carrying of the cross are the conditions for His discipleship (Matthew 10:38; 16:24; Mark 8:34; Luke 9:23; 14:27).彼は、最高の模造品法(ジョン8 : 12 ; 12:26 )は、慈善事業の最初の命令(マタイ22:36-38 ;ヨハネ15時17分) ;の右意図は、どの値をimparts外装工事(マタイ5 -7 )は、自己否定との間の運搬のための条件を十字架には、彼の弟子(マタイ10:38 ;午前16時24分;マーク8時34分;ルーク9時23分、 14時27分) 。 Both by His own example (Matthew 4:2) and His exhortations (Matthew 17:20; Mark 9:28) Christ recommended fasting.両方で、自分の例(マタイ4時02分)と彼のexhortations (マタイ17:20 ;マーク9時28分)キリストの断食を推奨します。 He inculcated sobriety, watchfulness, and prayer (Matthew 24:42; 25:13; 26:41; Mark 13:37; 14:37).彼inculcated節酒、油断のないこと、そして祈り(マタイ24:42 、 25:13 、 26:41 ;マーク13時37分、 14時37分) 。 He pointed to poverty as a means of gaining the kingdom of heaven (Matthew 6:19; 13:22; Luke 6:20; 8:14; 12:33; etc.) and counselled the rich youth to relinquish everything and to follow Him (Matthew 19:21).彼は貧しさを指摘し得る手段として、天国(マタイ6時19分、 13時22分;ルーク6 : 20 ;午前8時14分; 12:33 ;等)とcounselled金持ちに従うと青春のすべてを手放す彼(マタイ19時21分) 。 That this was a counsel and not a strict command, given in view of the particular attachment of the youth to the things of this world, is shown by the very fact that the Master had twice said "keep the commandments", and that he recommended the renunciation of all earthly goods only on the renewed inquiry after the means that lead to perfection (cf. Lutz, l. c., against the Protestants Th. Zahn, Bern, Weiss, Lemme, and others).これは、厳密に助言していないコマンドは、指定した特定の添付ファイルを考慮して、この世界の若者のことを、非常には、表示されていた事実が2倍によると、マスター"十戒を守る"として彼を推奨この世のすべての商品を放棄して新たに照会した後にのみ、ということにつながるの完成( cf.ルッツ、セントルシア、対プロテスタント回です。ザーン、ベルン、ワイス、レム、その他) 。 Celibacy for God's sake was praised by Christ as worthy of a special heavenly reward (Matthew 19:12).独身のために、神のためには、キリストとしての価値があると評価される特別な天国の報酬(マタイ19時12分) 。 Yet marriage is not condemned, but the words, "All men take not this word, but they to whom it is given", imply that it is the ordinary state, celibacy for God's sake being merely a counsel.まだ結婚死刑囚ではないが、その言葉は、 "すべての人がこの言葉を取るが、それらを与えられたことは誰"と、意味することは、普通の状態では、独身でいるだけに、神のためにご相談ください。 Indirectly, Christ also commended voluntary obedience as a means for attaining the most intimate union with God (Matthew 18:4; 20:22, 25).間接的、自発的な服従をキリストにも表彰を達成する手段として、最も親密な同盟を神(マタイ18時04分、 20時22分、 25 ) 。 What Christ had outlined in his teachings the Apostles continued to develop.どのようなキリストの使徒は彼の教えに概説して開発を続けています。 It is especially in St. Paul that we find the two elements of Christian asceticism brought out in well-defined terms: mortification of inordinate desires as the negative element (Romans 6:8, 13; 2 Corinthians 4:16; Galatians 5:24; Colossians 3:5), union with God in all our thoughts, words, and deeds (1 Corinthians 10:31; Galatians 6:14; Colossians 3:3-17), and active love of God and our neighbour (Romans 8:35; 1 Corinthians 13:3) as the positive element.それは、特に聖パウロの2つの要素を見つけることがキリスト教の禁欲もたらしたアウトでよく定義用語:苦行の否定的な要素として、法外な欲望(ローマ人への手紙6時08分、 13 ; 2コリンチャンス4時16分;ガラテヤ人への手紙5時24分;コロサイ3時05分) 、労働組合が、すべて私たちの考えを、神は、言葉、そして行い( 1コリンチャンス10:31 ;ガラテヤ人への手紙6 : 14 ;コロサイ人への手紙3:3-17 ) 、そして私たちの積極的な神の愛と隣人(ローマ人への手紙8 : 35 ; 1コリンチャンス13時03分)として、積極的な要素だ。

(2) Fathers and Doctors of the Church ( 2 )医師の父親とその教会

With the Bible as a basis, the Fathers and Doctors of the Church explained particular features of the Christian life in a more coherent and detailed manner.聖書を根拠として、医師の父親とは、特定の機能の説明は、キリスト教の教会生活の中で、より詳細なコヒーレントな態度だ。 The Apostolic Fathers called the love of God and man the sun of Christian life, which, animating all virtues with its vital rays, inspires contempt of the world, beneficence, immaculate purity, and self-sacrifice.ローマ教皇の父と呼ばれ、神の愛と男の太陽のクリスチャン生活を送って、これは、すべての美徳は、生命線animating 、やる気を起こさせる軽蔑の世界では、善行は、無原罪の純度、および自己犠牲です。 The "Didache" (q.v.), which was intended to serve as a manual for catechumens, thus describes the way of life: "First, thou shalt love God, who created thee; secondly, thou shalt love thy neighbour as thyself; whatever thou wishest that it should not be done to thee, do not to others." "新約聖書" ( qv ) 、意図されたマニュアルをcatechumensとしての役目を果たす、このように説明して生き方: "第一に、なたは、神の愛、なたを創ら;第二に、なたの隣人としての愛なたは自分自身;どんななたwishestことではないことが、なたには、他にはありません。 " Following probably the "Didache", the so-called "Epistle of Barnabas", written at the end of the second century, represents the Christian life under the figure of the two ways, that of light and that of darkness.おそらく次の"新約聖書"は、いわゆる"信徒のbarnabas "は、書面による第2世紀末には、キリスト教の人生を表して、下の図の2つの方法で、その光と闇している。 Two Epistles, which purport to come from the pen of St. Clement, but were probably written in the third century, exalt the life of virginity, if grounded on the love of God and accompanied by the corresponding works, as heavenly, divine, and angelic. 2つの書簡は、ペンの趣旨に来るから、聖クレメントが、おそらく3世紀に書かれ、称賛の人生のような純粋無垢は、神の愛に基づいている場合は、対応する動作を伴うとは、天国、神、およびエンジェリック。 We also mention St. Ignatius of Antioch, of whose letters St. Polycarp says that they contain "faith and patience and all edification in the Lord", and the "Pastor" of Hermas, who in the twelve commandments inculcates simplicity, truthfulness, chastity, meekness, patience, continence, confidence in God, and perpetual struggle against concupiscence.我々にも言及したアンティオキア聖イグナティウスのは、その手紙の聖polycarpによれば、かれらを含む"すべての信仰と忍耐とは、主に教化"とし、 "牧師"のhermas 、 12人の戒めinculcatesシンプルで、誠実、貞操は、柔和、忍耐、調節は、神に自信がある、との飽くなき闘い強欲。 With the third century the works on Christian asceticism began to show a more scientific character.第3世紀にキリスト教の禁欲主義に取り組んで、より科学的な性格を示し始めた。 In the writings of Clement of Alexandria and Gregory the Great ("Moral.", XXXIII, c. xxvii; cf. also Cassian, "Coll,", IX, XV) there may be observed traces of the threefold degree which was afterwards systematically developed by Dionysius the Areopagite.クレメントの執筆中には、偉大なアレキサンドリアとグレゴリー( "道徳的だ" 、 33千佳子27 ; cf 。カッシアまた、 "コル"は、 9世、 15 )の痕跡があるかもしれません観測された後、三重の学位を系統的にディオニュシオスアレオパギタによって開発された。 In his "Stromata" Clement sets forth the full beauty and grandeur of "true philosophy".彼の" stromaの複数形"クレマン送付の美しさと素晴らしさフル"真の哲学" 。 It is particularly remarkable that this author delineates, even in its details, what is now known as ethical culture, and that he endeavours to harmonize it with the example given by Christ.このことは特に注目に値することdelineates著者でも、その詳細については、倫理的なものは今の文化として知られる、と彼は努力してそれを調和させるために与えられたキリストの例です。 The life of the Christian is to be ruled in all things by temperance.キリスト教は、人生のすべてを支配されることによって禁酒。 Following out this idea, he discusses in a casuistic form food and drink, dress and love of finery, bodily exercises and social conduct.次のうち、このアイデアは、彼は詭弁的な議論は、食べ物と飲み物をフォームには、派手やかなドレスとの愛は、身体的および社会的な演習を行う。 Beginning with the fourth century, a twofold line of thought is discernible in the works on Christian life: one speculative, laying stress on the union of the soul with God, the Absolute Truth and Goodness; the other practical, aiming principally at instruction in the practice of the Christian virtues.第4世紀初めには、二重線の思想は、キリスト教の生活をして認められるの作品: 1つの投機筋は、労働組合のストレスを敷設して、神の魂は、絶対的な真実と善良で、他の実践を目指して、命令は、主として練習は、キリスト教の美徳だ。 The speculative element prevailed in the mystical school, which owes its systematic development to Pseudo-Dionysius and which reached its highest perfection in the fourteenth century.投機的な要素が優勢とは、神秘的な学校では、その系統的な発展を払うべき偽ディオニシウスと最高値を完ぺきには、 14世紀のです。 The practical element was emphasized in the ascetical school with St. Augustine as its chief representative, in whose footsteps followed Gregory the Great and St. Bernard.実用的な要素を強調したのは、学校では、修徳の首席代表として聖アウグスティヌスは、その偉大な足跡と聖バーナードグレゴリー続いている。

It may suffice to detail the principal points on which the writers prior to the medieval-scholastic period dwelt in their instructions.それが十分なポイントを詳細に、校長を前に、作家では、中世の修学期間の指示に住んでいます。 On prayer we have the works of Macarius the Egyptian (d. 385) and of Tertullian (d. after 220), who supplemented his treatise on prayer in general by an explanation of the Lord's Prayer.我々はこの作品を祈り、エジプトのマカリウス( d. 385 )とのtertullian ( d.後220 )は、彼の論文を補足して全般を祈り、主の祈りの説明です。 To these two must be added Cyprian of Carthage (d. 258), who wrote "De oratione dominica", and St. Chrysostom (d. 407).これらの2つを追加する必要があります。シプリアンカルタゴ( d. 258 ) 、書いた"デorationeドミニカ"で、聖クリュソストモス( d. 407 ) 。 Penance and the spirit of penance were treated by Tertullian (De poenitentia), Chrysostom ("De compunctione cordis", "De poenitentia"), and Cyril of Jerusalem (d. 386) in his second catechetical instruction.苦行と贖罪の精神が治療されるtertullian (デpoenitentia ) 、クリュソストモス( "デcompunctione症" 、 "デpoenitentia " ) 、およびエルサレムの聖キュリロス( d. 386 )で2度目の問答式の命令です。 That the life of the Christian is a warfare is amply illustrated in St. Augustine's (d. 430) "De agone christiano" and in his "Confessions".人生には、キリスト教は、戦争を十分に説明したのは、聖アウグスティヌスの( d. 430 ) "デagone christiano "と、彼の"告白" 。 Chastity and virginity were treated by Methodius of Olympus (d. 311) in his "Convivium", a work in which ten virgins, discussing virginity, demonstrate the moral superiority of Christianity over the ethical tenets of pagan philosophy.貞操処女性が処理されるとのmethodiusオリンパス( d. 311 ) 、彼の"饗宴"は、 10 virgins仕事では、処女を議論し、キリスト教の優位性を実証する道徳的倫理的な教義上の異教の哲学だ。 The same subject is discussed by the following Fathers: Cyprian (d. 258); Gregory of Nyssa (d. 394) in his "De virginitate"; Ambrose (d. 397), the indefatigable eulogist and champion of the virginal life; Jerome in his "Adversus Helvidium de virginitate" and "Ad Eustachium"; Chrysostom (d. 407) in his "De virginitate", who, though extolling virginity as a heavenly life, yet recommends it only as a counsel; Augustine in his works "De continentia", "De virginitate", "De bono viduitatis".同じ件名は、以下の祖先が議論される:シプリアン( d. 258 ) ;グレゴリーのnyssa ( d. 394 ) 、彼の"デvirginitate " ;アンブローズ( d. 397 )は、チャンピオンの不屈の賛辞を述べると、処女の人生;ジェローム彼の" adversus helvidiumデvirginitate "と"広告eustachium " ;クリュソストモス( d. 407 ) 、彼の"デvirginitate "は、人が、処女をextolling天上の人生としては、このイベントをオススメしていないとしてのみ助言;アウグスティヌスは彼の作品"デcontinentia " 、 "デvirginitate " 、 "デボノviduitatis " 。

On patience we have the works of Cyprian, Augustine, and Tertullian's "De patientia", in which he speaks of this virtue as an invalid might speak of health to console himself.忍耐して私たちは、作品のシプリアン、アウグスティヌス、およびtertullianの"デpatientia "は、これで彼が喋るの美徳かもしれないとして無効に話す自分自身の健康状態をコンソールです。 Chrysostom's "De jejunio et eleemosyna" discusses fasting.クリュソストモスの"デjejunio et eleemosyna "断食を議論した。 Almsgiving and good works are encouraged in Cyprian's "De opere et eleemosynis" and in Augustine's "De fide et operibus".施しや善行が奨励さシプリアンの"デopere et eleemosynis "とはアウグスティヌスの"デfide et operibus " 。 The value of labour is explained in "De opere monachorum" by St. Augustine.労働の価値は説明している"デopere monachorum "聖アウグスティヌスされた。 Nor are treatises on the different states of life wanting.また、異なる状態では、人生の論文に欠けています。 Thus St. Augustine's "De bono conjugali" treats of the married state; his "De bono viduitatis" of widowhood.こうして聖アウグスティヌスの"デボノconjugali "と扱われるの結婚状態;彼の"デボノviduitatis "のやもめ暮らしています。 A frequent subject was the priesthood.聖職者は、頻繁に服従する。 Gregory of Nazianzus, in his "De fuga", treats of the dignity and responsibility of the priesthood; Chrysostom's "De sacerdotio" exalts the sublimity of this state with surpassing excellence; St. Ambrose in his "De officiis", while speaking of the four cardinal virtues, admonishes the clerics that their lives should be an illustrious example; St. Jerome's "Epistola ad Nepotianum" discusses the dangers to which priests are exposed; finally, the "Regula pastoralis" of Gregory the Great inculcates the prudence indispensable to the pastor in his dealings with different classes of men.ナジアンゾスの聖グレゴリオスは、彼の"デフーガ"は、扱われるのは、聖職者の尊厳と責任;クリュソストモスの"デsacerdotio "荘厳exalts 、この状態で抜いて優秀;聖アンブローズ彼の"デofficiis "と、言っている間は、 4人の枢機卿の美徳は、 admonishesの聖職者が自分たちの生活をしなければならない輝かしい例;聖ジェロームの" epistola広告nepotianum "については、露出の危険性をどのプリースト;最後に、 "規制pastoralis "のグレゴリー偉大inculcatesのプルーデンスに欠かせない牧師は彼の取引を異なるクラスの男性です。 Of prime importance for the monastic life was the work "De institutis coenobiorum" of Cassian.禁欲生活のための最も重要な仕事だった"とデinstitutis coenobiorum "のカッシア。 But the standard work from the eighth to the thirteenth century was the Rule of St. Benedict, which found numerous commentators.しかし、標準の仕事をしてから、 8番目のルールは、 13世紀の聖ベネディクトは、数多くの評論を見つけた。 Of the saint or rather his Rule St. Bernard says: "lpse dux noster, ipse magister et legifer noster est" (Serm. in Nat. S. Bened., n. 2).むしろ彼は、サンまたは規則によればセントバーナード: " lpseデュックスnoster 、証拠legifer noster et est magister " ( serm.でナッ。米bened 。 、 n. 2 ) 。 Illustrations of the practice of Christian virtues in general were the "Expositio in beatum Job" of Gregory the Great and the "Collationes Patrum" of Cassian, in which the various elements of Christian perfection were discussed in the form of dialogues.イラストは、一般的に練習の美徳は、キリスト教の" expositioでbeatum仕事"のグレゴリー偉大と" collationes patrum "のカッシア、キリスト教が、様々な要素を完ぺきには対話の形で議論されています。

(3) The Medieval-Scholastic Period ( 3 ) -中世の修学期間

The transition period up to the twelfth century exhibits no specially noteworthy advance in ascetical literature.移行期間は、 12世紀までにない特別展示で注目を進める修徳文学です。 To the endeavour to gather and preserve the teachings of the Fathers we owe Alcuin's "De virtutibus et vitiis".エンデバーを収集保存して、その教えは、我々の祖先のalcuin借りている"とデvirtutibus et vitiis " 。 But when in the twelfth century speculative theology was celebrating its triumphs, mystical and ascetical theology, too, showed a healthy activity.しかし、 12世紀には、投機的な神学は、その功績を称える、修徳神学神秘的とは、あまりにも、健康的な活動を示しています。 The results of the former could not but benefit the latter by placing Christian morality on a scientific basis and throwing ascetical theology itself into a scientific form.その結果、元できませんでしたが、後者の利益に配置して、科学的根拠とキリスト教道徳修徳神学自体を科学的な投球フォームです。 The pioneers in this field were St. Bernard (d. 1156) and Hugh and Richard of St. Victor.この分野のパイオニアでは聖バーナード( d. 1156 )とヒューとサンヴィクトルのリシャール。 St. Bernard, the greatest mystical theologian of the twelfth century, also holds a prominent place among ascetical writers, so that Harnack calls the "religious genius" of the twelfth century.セントバーナードは、 12世紀最大の神秘的な神学者は、保有する著名な場所でも禁欲的な作家の間では、ハルナックように呼び出し、 "宗教的な天才"は、 12世紀です。 The basic idea of his works, especially prominent in his treatise "De gratia et libero arbitrio", is that the life of the Christian should be a copy of the life of Jesus.彼の作品の基本的な考え方は、特に顕著である彼の論文"デグレーシアet arbitrioリベロ"は、キリスト教のは、人生の生活をしなければならないのは、イエスキリストのコピーです。 Like Clement of Alexandria, he, too, lays down precepts for the regulation of the necessities of life, as food and dress, and for the implanting of God's love in man's heart, which would sanctify all things ("Apologia", "De præcepto et dispensatione").アレクサンドリアのクレメンスのように、彼は、あまりにも、上向きにダウンの教訓を規制するための生活必需品、食料やドレスとしては、移植とは、神の愛の男の心の中には、すべてのものを浄化( "弁明" 、 "デpræcepto et dispensatione "を参照) 。 Many are the steps by which love ascends till it reaches its perfection in the love for God's sake.多くの人は恋に上昇するまでの手順を完ぺきに達したことは、神の愛のために。 Among his ascetical writings are: "Liber de diligendo Deo", "Tractatus de gradibus humilitatis et superbiæ", "De moribus et officio episcoporum", "Sermo de conversione ad clericos", "Liber de consideratione".彼の禁欲的な記述の中には: "自由デdiligendo deo " 、 " gradibus humilitatis et tractatusデsuperbiæ " 、 "デmoribus et officio episcoporum " 、 " sermoデconversione広告clericos " 、 "自由デconsideratione " 。

Frequent allusions to St. Augustine and Gregory the Great are scattered through the pages of Hugh of St. Victor (d. 1141), so much so that he earned the distinction of being called a second Augustine by his contemporaries.聖アウグスティヌスとグレゴリーallusions頻繁には、非常に散在のページを介してサンヴィクトールのフーゴ( d. 1141 ) 、そんなに稼いだので、彼の傑出していると呼ばれる2番目アウグスティヌスとなる。 He was undoubtedly the first to give to ascetical theology a more or less definite, scientific character.彼は間違いなく修徳神学を最初に与えるには多かれ少なかれ明確な、科学的なキャラクターだ。 The ever-recurring theme of his works is love.刻々と繰り返し、彼の作品のテーマは愛です。 But what he aimed at above all in his writings was to lay bare the psychological bearings of mystical and ascetical theology.しかし、彼は何を狙った彼の記述では、上記のすべてをむき出しにすると、心理的な方向性を見いだすの修徳神学神秘的です。 Noteworthy are his works: "De vanitate mundi", "De laude caritatis", "De mode orandi", "De meditatione".注目すべきは、彼の作品: "デvanitate mundiの複数形" 、 "デロードcaritatis " 、 "デモードorandi " 、 "デmeditatione " 。 His pupil, Richard of St. Victor (d. 1173), though more ingenious and systematic, is yet less intent upon practical utility, except in his work "De exterminatione mali et promotione boni".彼の瞳は、サンヴィクトルのリシャール( d. 1173 )が、より独創的かつ体系は、実用的なユーティリティには、まだ少ないの意図は、彼の作品を除いては"デexterminationeマリet promotioneボニ族" 。 The great theologians of the thirteenth century, who were no less famous for their scholastic "Summæ" than for their ascetical and mystical writings, brought ascetical teaching to its perfection and gave it the definite shape it has retained as a standard for all future times. 13世紀の偉大な神学者は、自分たちのために劣らず有名な学力" summæ "修徳と神秘的な記述よりも自分のためには、禁欲的な指導をもたらしたことは完ぺきとは、明確な形として保持することは、すべての将来のために、標準の倍です。 No other epoch furnishes such convincing proof that true science and true piety are rather a help than a hindrance to each other.他のエポックfurnishes説得力のないこのような証拠を手には、真の科学と真の忠義の妨げになるというよりも、お互いに助けています。 Albert the Great, the illustrious teacher of the great Thomas, who was the first to join Aristotelean philosophy with theology and to make philosophy the handmaid of theology, was at the same time the author of excellent works on ascetics and mysticism, as, e.g., "De adhærendo Deo", the ripest fruit of his mystic genius, and "Paradisus animæ", which was conceived along more practical lines.偉大なアルバートは、高名な先生は、偉大なトーマス氏は、最初に参加してaristotelean哲学と神学のお手伝いを作るの哲学神学は、その作者は、これと同時に、優秀な作品をasceticsと神秘主義、として、例えば、 "デadhærendo deo "は、彼の神秘的な天才ripest果物、および" paradisus animæ "は、もっと現実的なラインに沿って考えていた。 To St. Thomas we owe the ascetic work "De perfectione vitæ spiritualis"; in it he explains the essence of Christian perfection so lucidly that his line of argumentation may even in our days serve as a model.セントトマスを借りている我々の仕事禁欲"デperfectione vitæ spiritualis " ;はキリスト教の本質を説明して彼は完ぺきだから彼のセリフの論証は明快にして私たちの時代でもモデルとしての役目を果たす。 His other works, too, contain ample material of value both for ascetics and for mysticism.彼の他の作品でも、十分な材料の値の両方を含んでasceticsと神秘主義のためだ。

The Seraphic Doctor, St. Bonaventure, "treats of mystic theology", to use the words of Leo XIII, "in a manner so perfect that the unanimous opinion of the most expert theologians regards him as the prince of mystic theologians".セラフの医者のは、聖bonaventure 、 "扱われるの神秘的な神学" 、レオ13世の言葉を使うのは、 "完璧では、満場一致のような方法では、ほとんどの専門家の意見として、彼の神学に関してプリンスオブ神秘的な神学者"だ。 Of his authentic works the following deserve to be mentioned: "De perfectione evangelica", "Collationes de septem donis Spiritus sancti", "Incendium amoris", "Soliloquium", "Lignum vitæ", "De præparatione ad Missam", "Apologia pauperum".彼の本物の作品には、以下の言及に値する: "デperfectione evangelica " 、 "酒精collationesデseptem donis sancti " 、 " incendium amoris " 、 " soliloquium " 、 "ユソウボクvitæ " 、 "デpræparatione広告missam " 、 "弁明pauperum " 。 From the pen of David of Augsburg, a contemporary of these great masters, we have an ascetic instruction for novices in his book entitled "De exterioris et interioris hominis compositione".ペンのデビッドのアウクスブルクからは、これらの巨匠たちの現代、我々は、初心者のための命令は著書の中で禁欲的な権利"デexterioris et interioris hominis compositione " 。 He leads the reader along the three well-known ways, purgative, illuminative, and unitive, purposing to make the reader a spiritual man.彼をリードして読者に沿って3つの方法でよく知られ、下剤、明るくて、結合力、精神的なpurposingを作るのリーダーの男です。 By severely disciplining the faculties of the soul and subordinating the flesh to the spirit, man must restore the original order, so that he may not only do what is good, but likewise do it with ease.重度の能力をつけ、肉の魂と従属の精神には、男の元の秩序を回復する必要がありますので、可能性だけでなく、彼はどのようなものは良いが、同様に行うことを容易にします。 There remains to be mentioned the "Summa de vitiis et virtutibus" of Peraldus (d. c. 1270).そこには言及して、 "総合的研究論文デvitiis et virtutibus "のperaldus (直流1270 ) 。 The fourteenth century is characterized throughout by its mystical tendencies. 14世紀を通して、その神秘的な傾向が特徴です。 Among the works which this period produced, Henry Suso's "Booklet of Eternal Wisdom deserves special mention on account of its highly practical value. Pre-eminent in the fifteenth century were Gerson, Dionysius the Carthusian, and the author of the "Imitation of Christ". Relinquishing the ideals of the mystic writers of the fourteenth century, Gerson attached himself again to the great scholastic writers, thus avoiding the vagaries which had become alarmingly frequent among the mystics. His "Considerationes de theologia mystica" shows that he belongs to the practical school of asceticism. Dionysius the Carthusian is esteemed as a highly gifted teacher of the spiritual life. Both mysticism properly so called and practical asceticism owe valuable works to his pen. To the latter category belong: "De remediis tentationum", "De via purgativa", "De oratione", "De gaudio spirituali et pace interna", "De quatuor novissimis".この期間中に作品を制作、ヘンリーズーゾーの"永遠の知恵の小冊子に値する特別な言及してアカウントの実用的な価値の高いです。事前には、 15世紀には著名なジェルソン、ディオニュシオスのカルトゥジオ修道会、およびその作者は、 "キリストの模倣" 。放棄の理念は、神秘的な作家は、 14世紀は、再び自分自身を添付ジェルソン修学偉大な作家は、このように避け驚くほど頻繁になっていたの気まぐれ神秘主義者の中にいます。彼の" considerationesデtheologia mystica "によると、彼は、現実的に属します修徳学校です。ディオニュシオスのカルトゥジオ修道会は、高度に天賦の才能として評価を受けて精神的な生活のための教師です。両方を正しくいわゆる神秘主義や実用的な禁欲彼のペンを借りている貴重な作品だ。後者のカテゴリに属する: "デremediis tentationum " 、 "デ経由purgativa " 、 "デoratione " 、 "デspirituali et gaudioペース内" 、 "デquatuor novissimis " 。

The "Imitatio Christi", which appeared in the middle of the fifteenth century, deserves special attention on account of its lasting influence. " imitatioクリスティ"は、どの出演して、 15世紀の真ん中には、そのアカウントに値する特別な注意して永続的な影響力です。 "It is a classic in its ascetical unction and perfect in its artistic style" (Hamm, "Die Schönheit der kath. Moral", Munich-Gladbach, 1911, p. 74). "これは、古典的で、禁欲的な慰めとなるものとは、完璧な芸術スタイル" (ハムは、 "死ぬschönheitデアkath 。モラル"は、ミュンヘン- gladbach 、 1911 、 p. 74 ) 。 In four books it treats of the interior spiritual life in imitation of Jesus Christ.これは、書籍では、 4つの精神生活インテリアイエスキリストのイミテーションです。 It pictures the struggle which man must wage against his inordinate passions and perverse inclinations, the indulgence of which sullies his conscience and robs him of God's grace: "Vanity of vanities and all is vanity, except to love God and serve Him alone" (Vanitas vanitatum et omnia vanitas præter amare Deum et illi soli servire: I, i).それが男の闘争の絵に対する彼の法外な賃金熱中している必要がありますあまのじゃくな性向とは、どのsullies贖宥の彼には自分の良心と神の恵み奪わ: "空の空、すべては虚栄心で、神の愛と奉仕を除いてあげようね" ( vanitas愛はすべてvanitas præterアマーレvanitatum et deum et illiソリスservire :私は、私) 。 It advises mortification and self-denial as the most efficacious weapons in this struggle.苦行と自己否定することを勧めて、最も効果的な武器として、この闘争のです。 It teaches man to establish God's kingdom in his soul by the practice of virtues according to the example of Jesus Christ.男を確立することを教えて彼の魂は神の王国の美徳の練習によると、イエスキリストの例です。 It finally leads him to union with Christ by exciting love for him as well as by pointing out the frailty of all creatures: "It is necessary to leave the beloved thing for the beloved, because Jesus wishes to be loved above all things" (Oportet dilectum propter dilectum relinquere, quia Jesus vult solus super omnia amari: II, xvii).最後に彼をリードすることで労働組合とキリストの愛のためにエキサイティングなだけでなく、彼のもろさを指摘することによって、すべての生き物: "最愛のままにしておくことが必要なことのために愛され、愛されるために、イエスの上にすべてのことをしたいと思って" ( oportet dilectum propter dilectum relinquere 、イエスvult quia愛はすべて一人でスーパー俊一: 2世、 17 ) 。 The thoughts of the "Imitation" are thrown into epigrams so simple that they are within the mental grasp of all.その考えは、 "模倣"とは単純に投げ出さepigramsので、精神的に把握されている内のすべての。 Though the book betrays that the author was well versed not only in Scholastic philosophy and theology, but also in the secrets of the mystical life, yet this fact never obtrudes itself on the reader, nor does it obscure the meaning of the contents.この本の著者かかわらずbetraysは精通していないと神学スコラ哲学だけで、だけでなく、その神秘的な生命の秘密は、まだこのような事実は、それ自体は決してobtrudes読者は、意味がありません。また、内容をあいまいにする。 There are a number of quotations from the great doctors Augustine, Bernard, Bonaventure, and Thomas, from Aristotle, Ovid, and Seneca; yet these do not mar the impression that the whole work is the spontaneous outburst of an intensely glowing soul.そこからの引用は、数多くの偉大な医師アウグスティヌス、バーナード、 bonaventure 、とトマスは、アリストテレスから、オービット、およびセネカ;まだこれらはありません全体の印象では、 3月の仕事は、自発的に激しく燃えるような魂のほとばしり。 It has often been said that the teachings of the "Imitation" are "unworldly" and show little appreciation for science.それによると、この教えは、しばしばされ、 "模倣"は、 "世間知らず"と感謝の意を示す科学リトル。 But, to judge the work aright, one must take into consideration the peculiar circumstances of the time.しかし、裁判官の仕事をきちんとして、 1つの特有の事情を考慮に入れる必要がありますが、時間です。 Scholasticism had entered on a period of decline and had lost itself in intricate subtleties; mysticism had gone astray; all classes had been more or less infected with the spirit of licentiousness.スコラ学は衰退期に入ったとは、それ自体が複雑微妙なものをなくした;神秘主義が行ってしまうと道に迷って;多かれ少なかれすべてのクラスに感染していたの精神放逸。 It is conditions like these that give us the key to interpret phrases such as the following: "I would rather feel compunction than know how to define it" (Opto magis sentire compunctionem quam scire ejus definitionem) or "This is the highest wisdom: through contempt of the world to strive for the kingdom of heaven" (Ista est summa sapientia: per contemptum mundi tendere ad regna coelestia).これらの条件を与えることは私たちのように解釈するための鍵となる次のようなフレーズ: "私は良心の呵責を感じるというよりもそれを定義する方法を知っている" (光magis quam sentire compunctionem scire ejus definitionem )または"これは、最高の知恵:を通じて軽蔑するために努力し、世界の天国" (総合的研究論文ista est sapientia : contemptumあたりtendere mundiの複数の広告regnumの複数coelestia ) 。

(4) Modern Times ( 4 )モダンタイムズ

During the sixteenth century St. Teresa and St. Ignatius of Loyola stand out most prominently owing to the wide-felt influence which they exerted upon the religion of their contemporaries, an influence that is still at work through their writings. 16世紀中に聖イグナティウスロヨラ聖テレサと際立っているせいで最も目立つように感じられるのワイド宗教上の影響力を行使するのが彼らの契約は、職場に影響を与えることは、まだ自分の記述を介しています。 The writings of St. Teresa arouse our admiration by the simplicity, clearness, and precision of her judgment.聖テレサの記述を呼び起こす私たちの称賛されたシンプルさ、透明、かつ正確には彼女の判断だ。 Her letters show her to be an enemy of everything that smacks of eccentricity or singularity, sham piety or indiscreet zeal.彼女に彼女の手紙を示すことのすべてを敵に回すsmacks偏心または特異性、見せかけの信心深さや不謹慎な熱意です。 One of her principal works, the "Way to Perfection", though written primarily for nuns, also contains apposite instructions for those who live in the world.彼女の作品の1つ校長は、 "道を完ぺき"とは、主に書かれた修道女かかわらず、適切な手順にも含まれ、世界に住んでいる人のためです。 While teaching the way to contemplation, she yet insists that not all are called to it and that there is greater security in the practice of humility, mortification, and the other virtues.熟考への道を教えている間、彼女は呼ばれていないと主張していないにしてから、すべてがあることは、より大きな安全保障の練習の謙虚さ、くやしさ、そして、他の美徳だ。 Her masterpiece is the "Castle of the Soul", in which she expounds her theory of mysticism under the metaphor of a "castle" with many chambers.彼女の傑作のは、 "魂の城"は、彼女の理論で彼女expounds隠喩神秘主義の下での"城"として多くのチェンバース。 The soul resplendent with the beauty of the diamond or crystal is the castle; the various chambers are the various degrees through which the soul must pass before she can dwell in perfect union with God.その魂の美しさに輝くダイヤモンドの結晶は、お城や;度、様々なチェンバースは、様々な魂を抜けても彼女の前を通過しなければならないことを、神に住んで完璧な労働組合です。 Scattered throughout the work are many hints of inestimable value for asceticism as applied in everyday life.に散在の仕事を通して、計り知れない価値は、多くのヒントとして適用するためには、日常生活に禁欲。 This fact is undoubtedly due to the well-founded conviction of the saint that even in extraordinary states the ordinary means must not be set aside altogether, so that illusions may be guarded against (cf. J. Zahn, "Introduction to Mysticism" p. 213).このような事実は、間違いなく信念のために、十分な根拠には、サンの通常の状態であっても、臨時の手段を完全に空けておくことはできませんので、警備に対する幻想かもしれない( cf. j.ザーンは、 "はじめに神秘主義" p. 213 ) 。

In his "Exercitia spiritualia" St. Ignatius has left to posterity not only a grand literary monument of the science of the soul, but also a method unparalleled in its practical efficacy of strengthening the willpower.彼の" exercitia spiritualia "聖イグナティウスは、左のグランドを後世に文学記念碑だけでなく、科学は、魂が、その中でも、比類のない実用的な手法の有効性を強化する意志です。 The booklet has appeared in numberless editions and revisions and, "despite its modest guise, is in reality a complete system of asceticism" (Meschler).この小冊子は、無数のエディションとのリビジョンと出演して、 "にもかかわらず、緩やかな装い、現実には、システムの完全な禁欲主義" ( meschler ) 。 The four weeks of the Exercises acquaint the exercitant with the three degrees of the spiritual life.知り合いには、 4週間の訓練をして3度のexercitantの精神生活です。 The first week is taken up with cleansing the soul from sin and from its inordinate attachment to creatures.最初の週には、魂を浄化してから取り上げることからその罪や添付ファイルを法外な生き物です。 The second and third weeks lead the exercitant along the illuminative way. 2番目と3番目の週間exercitant鉛啓もう的なやり方に沿っている。 The portrait of Christ, the most lovable of all men, is outlined before his eyes, so that he can contemplate in the humanity the reflex of Divine light and the supreme model of all virtues.キリストの肖像画は、すべての男性に最も愛すべきのは、彼の目の前が概説、沈思黙考することができるように、人類は、神の光を反射し、最高のモデルのすべての美徳だ。 The meditations of the fourth week, the subject of which are the resurrection etc., lead to union with God and teach the soul to rejoice in the glory of the Lord.第4週のmeditations 、それは、復活の話題などは、労働組合につながるとして神の魂を教えるのは、主の栄光を喜ぶ。 It is true, there are many rules and regulations, the sequence is most logical, the arrangement of the meditations follows the laws of psychology; yet these exercises do no violence to the free will, but are meant to strengthen the faculties of the soul.それが事実であれば、そこには多くの規則や規制は、シーケンスは、ほとんどの論理は、この取り決めは、心理学の法則にしたがってmeditations ;まだこれらの演習の自由意志に暴力を振るうことはしない、という意味では、魂の能力を強化しています。 They do not, as has often been asserted, make the exercitant a powerless instrument in the hands of the confessor, nor are they a mystic flight to heaven, accomplished by means of a compulsion which intends a rapid advance in perfection by a mechanical process (Zöckler, "Die Tugendlehre des Christentums", Gütersloh, 1904, p. 335).していない、とは、しばしば主張され、無力な楽器を作るのexercitant懺悔の手に委ねられ、また彼らには、神秘的な飛行を天に向かって、達成したの意向を強制する手段の急速な進歩によって、機械的なプロセスで完成の域に達した( zöckler 、 "死ぬtugendlehreデchristentums " 、 gütersloh 、 1904 、 p. 335 ) 。 Their marked intellectualism, so frequently objected to, in no way constitutes a hindrance to mysticism (Meschler, "Jesuitenaszese u. deutsche Mystik" in "Stimmen aus Maria-Laach", 1912).知性が著しいので、頻繁に反対して、道を構成するものではありません神秘主義の妨げになる( meschler 、 "米jesuitenaszeseドイチェmystik "は、 "マリア- stimmen aus laach " 、 1912 ) 。 On the contrary, they make man's moral will truly free by removing the hindrances, while, by cleansing the heart and by accustoming the mind to meditative prayer, they are an excellent preparation for the mystical life.とは逆に、彼らは、人間のモラルの障害を取り除くことにより、真に自由、中には、心臓に浄化されたとさaccustomingの心を瞑想祈りは、かれらは、素晴らしい神秘的な生活のための準備です。 Louis of Granada, O. P. (d. 1588), also belongs to this period.ルイのグラナダ、営業( d. 1588 ) 、また、この期間に属します。 His work "La guia de pecadores" may justly be styled a book full of consolation for the erring.彼の作品"ギアデラpecadores " 5月いっぱいの本を公正にスタイルは、人の道を踏み外した慰めています。 His "El memorial de la vida cristiana" contains instructions which take the soul from the very beginning and lead her to the highest perfection.彼の"エルデラビダクリスチアナメモリアル"の指示が含まれ、魂を取るそもそも最初から彼女に最高の完成度とリードした。 Louis of Blois (Blosius), O. S. B. (d. 1566), is of a mind kindred to St. Bernard.ルイのブロワ( blosius ) 、 osb ( d. 1566年) 、親族には、セントバーナードの心です。 His "Monile spirituale" is the best known of his numerous works.彼の" monile spirituale "は、彼の数多くの作品で最もよく知られています。 Thomas of Jesus (d. 1582) wrote the "Passion of Christ" and "De oratione dominica".トーマスイエス( d. 1582 )を書いて、 "キリストの受難"と"デorationeドミニカ" 。

A great number of ascetical writers sprang up during the seventeenth century.修徳に、多数の作家の17世紀中に跳びする。 Among them St. Francis de Sales stands out most prominently.聖フランシスデこのうち最も目立つの売り上げが目立つ。 According to Linsemann, the publication of his "Philothea" was an event of historical importance. linsemannによると、彼の出版物" philothea "は、歴史的に重要なイベントをオススメしています。 To make piety attractive and to adapt it to all classes whether living in Court circles, in the world, or in a monastery, this was his aim and in this he succeeded.信心深さと魅力を作ることにすべてのクラスに適応するかどうかを裁判所に住んでいる界では、世界で、あるいは修道院では、これが彼の狙いとは、このことに成功しました。 Of a mild and sweet temperament, he never lost sight of the habits and particular circumstances of the individual.軽度の甘美な気質とは、彼は決して失われた光景とは、特定の状況で、個々の習慣です。 Though unwavering in his ascetical principles, he yet possessed an admirable facility for adapting them without constraint or rigidity.彼の揺るぎない原則修徳かかわらず、彼は立派な施設を保有していないため、剛性の制約なしに適応しています。 In the practice of mortification he recommends moderation and adaptation to one's state of life and to personal circumstances.彼は、練習の苦行をお勧め中庸の状態や適応して自分の人生とは個人的な事情です。 Love of God and of man: this he puts down as the motive power of all actions.神の愛と、男:ダウンAnswersは、この彼の動機として、すべての処置の電源です。 The spirit of St. Francis pervades the whole of modern asceticism, and even today his "Philothea" is one of the most widely read books on asceticism.聖フランシスの精神を現代の禁欲pervades全体、そして彼の今日でも" philothea "は、世界で最も広く読まれて禁欲の書籍です。 "Theotimus", another work of his, treats in the first six chapters of the love of God, the rest being devoted to mystical prayer. " theotimus "は、彼のもう一つの仕事は、最初の6章で扱われるのは、神の愛は、神秘的な祈りをテーマにした残りれています。 His letters, too, are very instructive.彼の手紙は、あまりにも、は非常に有益です。 Attention may be called to the new edition of his works (Euvres, Annecy, 1891 sqq.).注目呼ばれるかもしれないが、彼の作品のニューエディション( euvres 、アネシー、 1891 sqq 。 ) 。 "Il combattimento spirituale" of Scupoli (d. 1610) was spread very widely and earnestly recommended by Francis de Sales. "総書記combattimento spirituale "のscupoli ( d. 1610 )が非常に広く、熱心に推奨されるスプレッドフランシスドセールスです。

To the same period belong the following authors and works.同じ期間に、以下の作者や作品に属しています。 Bellarmine, S.J.ベラルミーノ、スバールバルヤンマイエン (d. 1621): "Gemitus columbæ"; "De ascensione mentis in Deum"; "De arte bene moriendi". ( d. 1621 ) : " gemitus columbæ " ; "デascensione mentisでdeum " ; "デアルテベネmoriendi " 。 Alphonsus Rodriguez, S.J.アルフォンサスロドリゲス、スバールバルヤンマイエン (d. 1616): "Exercicio de perfección y virtudes cristianas" (3 vols., Seville, 1609), which has frequently been re-edited and translated into nearly all languages. ( d. 1616 ) : " exercicioデperfección y virtudes cristianas " ( 3 vols 。 、セビージャ、 1609年)が、頻繁に再編集され、ほぼすべての言語に翻訳されています。 John of Jesus-Mary, O. C. D. (d. 1615): "Teologia Mistica" (Naples, 1607), highly esteemed by Bellarmine and Francis de Sales.ジョンイエス-メアリー、 ocd ( d. 1615 ) : " teologia mistica " (ナポリ、 1607 )は、高い評価を受けてベラルミーノとフランシスデ販売されます。 Alvarez de Paz, S.J.アルバレスデパス、スバールバルヤンマイエン (d. 1620): "De vita spirituali ejusque perfectione" (1608); "De exterminatione mali et promotione boni" (1613); "De inquisitione pacis" (1617), which was frequently re-edited. ( d. 1620 ) : "デヴィータspirituali ejusque perfectione " ( 1608 ) ; "デexterminationeマリet promotioneボニ族" ( 1613 ) ; "デinquisitione pacis " ( 1617年)は、頻繁に再編集された。 Gaudier, S.J. gaudier 、スバールバルヤンマイエン (d. 1620): "De perfectione vitæ spiritualis" (1619; new ed., 3 vols., Turin, 1903-4). ( d. 1620 ) : "デperfectione vitæ spiritualis " ( 1619 ;新しいエド。 、 3 vols 。 、トリノ、 1903〜4 ) 。 La Puente, S.J.ラプエンテ、スバールバルヤンマイエン (d. 1624): "Guia espiritual" (Valladolid, 1609), containing, according to his own statement, a brief epitome of the spiritual life both active and contemplative (prayer, meditation, trials, mortification, practice of virtue); "De la Perfección del Cristiano en todos sus estados" (1612). ( d. 1624 ) : "ギアespiritual " (バリャドリード、 1609 ) 、を含む、彼自身の声明によると、精神的な生活を簡単には、両方のアクティブ縮図と観想(祈り、瞑想、裁判は、苦行、練習の美徳) ; "デラperfecciónデルクリスチアーノen todos sus estados " ( 1612 ) 。 Both works have ever been highly esteemed by all ascetical men and have been translated into many languages.両方の作品がある人は高い評価を受けて、すべての禁欲的な男性とは多くの言語に翻訳されています。 Lessius, S.J.レッシウス、スバールバルヤンマイエン (d. 1623): "De perfectionibus moribusque divinis", a work distinguished both for its scientific and ascetical spirit. ( d. 1623年) : "デperfectionibus moribusque divinis "は、著名な仕事をするために、科学的と禁欲的な精神の両方です。 Nlcholas Lancicius, S.J. nlcholas lancicius 、スバールバルヤンマイエン (d. 1638), past-master in the spiritual life, whose saintly personality is reflected in his writings (new ed., Cracow, 1889 sqq.): "De exteriore corporis compositione"; "De quatuor viis perveniendi ad perfectionem"; "De humanarum passionum dominio": "De mediis ad virtutem"; "De causis et remediis in oratione". ( d. 1638 ) 、マスターは、過去の精神生活は、その聖人のような彼の人柄が反映される記述(新しいエド。 、クラクフ、 1889 sqq 。 ) : "デexteriore脳compositione " ; "デquatuor viis perveniendi広告perfectionem " ; "デhumanarum passionum dominio " : "デmediis広告virtutem " ; "デremediisでcausis et oratione " 。 Greatly valued is his book of meditations: "De piis erga Deum et coelites affectibus"; it has been translated into several languages.非常に大切なのは、彼の著書meditations : "デpiisエルガcoelites affectibus et deum " ;それにはいくつかの言語に翻訳されています。 Schorrer, S.J.: "Synopsis theol. ascet." schorrer 、スバールバルヤンマイエン: "梗概theol 。 ascet 。 " (Dillingen, 1662; rare edition). ( dillingen 、 1662 ;希少エディション) 。 Godinez, S.J.: "Práctica de la teologia mystica" (La Puebla de los Angeles, date-->1681), of which we have a Latin edition together with a commentary by de la Reguera, S.J. godinez 、スバールバルヤンマイエン: " prácticaデラteologia mystica " ( -1 681)は、我々は、ラテン語のどのエディションと一緒に、解説されたデラr eguera、スバールバルヤンマイエン (Rome, 1740). (ローマ、 1740 ) 。

Surin, S.J.スリン、スバールバルヤンマイエン (d. 1665), wrote his important "Catéchisme spirituel" at a time when he was subject to interior trials (cf. Zahn, "Mystik", p. 441). ( d. 1665 ) 、彼の書いた重要な" catéchisme極めて優美な"という時に彼は裁判の対象となるインテリア( cf.ザーン、 " mystik " 、 p. 441 ) 。 The book appeared in many editions and translations, but was placed on the Index.この本に登場し、多くの翻訳版ではなく、インデックスに設置していた。 The edition of Fr.エディションfr 。 Fellon, S.J. fellon 、スバールバルヤンマイエン (1730), and the latest edition of Fr. ( 1730 ) 、および最新版のfr 。 Bouix (Paris, 1882) probably do not fall under this prohibition, because in them the errors have been corrected. bouix (パリ、 1882年)の下で、おそらく、この秋の禁止はありませんので、それらのエラーが修正されています。 After Surin's death appeared: "Les fondements de la vie spirituelle" (Paris, 1667); "Lettres spirituelles" (ib., 1695); "Dialogues spirituels" (ib., 1704).スリンの死の後に登場: "レfondementsデラspirituelle競う" (パリ、 1667 ) ; " lettres spirituelles " ( ib. 、 1695 ) ; "対話spirituels " ( ib. 、 1704 ) 。 Gasper Druzbicki, S.J.あえぐdruzbicki 、スバールバルヤンマイエン (d. 1662), is the author of a considerable number of ascetical works both in Polish and in Latin, many of which were translated into other languages. ( d. 1662 ) 、作者は、相当数の修徳とポーランド語の両方で動作するラテン語では、多くの他の言語に翻訳されていた。 There are two complete editions of his works: one published at Ingolstadt (1732) in two folios, the other at Kalisz and Posen (1681-91).完全には、 2つのエディションの彼の作品: 1日付では2つのfoliosインゴルシュタット( 1732 )は、他でカリシュとポーゼン( 1681年から1691年) 。 Among his numerous works are: "Lapis lydius boni spiritus"; "Considerationes de soliditate veræ virtutis"; "De sublimitate perfectionis"; "De brevissima ad perfectionem via"; "Vota religiosa".彼の数多くの作品の中には: "ラピスlydiusボニ族酒精" ; " considerationesデsoliditate veræ virtutis " ; "デsublimitate perfectionis " ; "デbrevissima広告を経由しperfectionem " ; " vota religiosa " 。 The "Mystica theologia Divi Thomæ" of Thomas à Vallgornera, O.P. (d. 1665), published at Barcelona, (1662 and 1672) and at Turin (1890), is almost exclusively made up of quotations from St. Thomas and is a rich storehouse of ascetical material. " mystica theologia divi thomæ "のトーマスà vallgornera 、営業( d. 1665 ) 、バルセロナ日付で、 ( 1662年および1672年)や、トリノ( 1890年) 、前には、ほぼ例外なくセントトマスから引用するとは、お金持ち雑学の禁欲的な材料です。 From the pen of Cardinal Bona, O. Cist.善意からのペンの枢機卿は、 Oをcist 。 (d. 1674), we have: "Principia et documents vitæ christianæ" (Rome, 1673) and "Manuductio ad coelum" (Rome, 1672 and 1678), both of which works, remarkable for their simplicity and practical utility, were frequently re-edited; the still valuable "De sacrificio Missæ"; "De discretione spirituum"; "Horologium asceticum". ( d. 1674年) 、我々は: "プリンキピアet文書vitæ christianæ " (ローマ、 1673年)や" manuductio広告coelum " (ローマ、 1672および1678年)が、どちら作品は、注目すべきは、シンプルさと実用的な効用は、頻繁には再編集;はまだ貴重な"デsacrificio missæ " ; "デdiscretione spirituum " ; "時計座asceticum " 。 Complete editions of his works appeared at Antwerp, Turin, Venice.完全版では彼の作品に出演アントワープ、トリノ、ベネチア。 Morotius, O. Cist., in his "Cursus vitæ spiritualis" (Rome, 1674; new ed., Ratisbon, 1891), follows closely the lead of St. Thomas. morotius 、 Oをcist 。 、彼の" cursus vitæ spiritualis " (ローマ、 1674年;新しいエド。 、 ratisbon 、 1891 )は、以下の通りと密接に鉛のセントトマス。 The "Summa theologiæ mysticæ" (new ed., 3 vols., Freiburg, 1874) is the best and most widely read work of Philip of the Blessed Trinity (d. 1671), the philosopher among the mystic writers. "総合的研究論文theologiæ mysticæ " (新エド。 、 3 vols 。 、フライブルク、 1874 )は、最高で、最も広く読ま仕事のフィリップは、祝福トリニティ( d. 1671 )は、哲学者のうち、神秘的な作家です。 He wrote in the spirit of St. Thomas, following definite scientific principles and showing their practical application in the spiritual life.彼の精神で書いたセントトマス、科学の原理をはっきりと表示している以下の実用的な応用例は、精神的な生活です。 Anthony of the Holy Ghost, O. C. D. (d. 1674), was a disciple of the author just named.アンソニーは、聖霊は、 ocd ( d. 1674年) 、弟子は、作者の名前だけです。 His "Directorium mysticum" (new ed., Paris, 1904), dominated by the spirit of.彼の" directorium mysticum " (新エド。 、パリ、 1904年) 、精神に支配されている。 his master, was written for the instruction of his pupils.主人は、彼の命令は、生徒向けに書かれています。 He is also the author of the following works: "Seminarium virtutum" (3rd ed., Augsburg and Würzburg, 1750), "Irriguum virtutum" (Würzburg, 1723), "Tractatus de clericorum ac præcipue sacerdotum et pastorum dignitate", etc. (Würzburg, 1676).彼はまた、次の作品の作者: " seminarium virtutum " (第3エド。 、ヴュルツブルクアウクスブルクと、 1750 ) 、 " irriguum virtutum " (ヴュルツブルク、 1723 ) 、 " clericorum交流præcipue sacerdotum et tractatusデpastorum dignitate "などがあります。 (ヴュルツブルク、 1676 ) 。

In the course of the eighteenth century a number of valuable works on asceticism and mysticism were published.コースは、 18世紀は、数多くの貴重な禁欲主義と神秘主義の出版社が取り組んでいる。 To Neumeyer, S.J.をノイマイア、スバールバルヤンマイエン (d. 1765), we owe the "Idea theol. ascet.", a complete, scientifically arranged epitome. ( d. 1765 )は、我々の借りている"という考えtheol 。 ascetだ"と、完全には、科学的に配置さ縮図です。 Rogacci, S.J. rogacci 、スバールバルヤンマイエン (d. 1719), wrote "Del uno necessario", an instruction in the love of God, which ranks high in ascetical literature and was translated into several languages. ( d. 1719 ) 、書きました"デルウノnecessario "は、神の愛の命令で、これは禁欲的な文学賞とは、ランクの高いいくつかの言語に翻訳されています。 Among the best literary productions, and widely read even today, is Scaramelli's (d. 1752) "Direttorio ascetico".最高の文学作品の中に、そして今日でも広く読まれ、 scaramelliのは、 ( d. 1752年) " direttorio ascetico " 。 The author treats asceticism apart from mysticism.禁欲神秘主義から離れて、作者扱います。 A treatise on the virtues is contained in Dirkink, S.J., "Semita perfectionis" (new ed., Paderborn, 1890).論文は、美徳では、含まれてdirkink 、スバールバルヤンマイエン、 " semita perfectionis " (新エド。 、パーダーボルン、 1890 ) 。 Designed along broad lines is the "Trinum perfectum" (3rd ed., Augsburg, 1728) by Michael of St. Catherine.幅広いラインに沿って設計さは、 " trinum perfectum " (第3エド。 、アウクスブルク、 1728年)で、マイケルセントキャサリン。 Katzenberger, O.F.M., wrote "Scientia salutis" (new ed., Paderborn, 1901). katzenberger 、 ofm 、書いた" scientia salutis " (新エド。 、パーダーボルン、 1901 ) 。 Schram's "Institutiones theol. mysticæ" (2 vols.) combines asceticism with mysticism, though the author is at his best in the ascetical parts.シュラムの" institutiones theol 。 mysticæ " ( 2 vols 。 )禁欲と神秘主義を組み合わせたものが、この作者は、自分のベストは、禁欲的な部分があります。 St. Alphonsus Liguori (d. 1787), rightly called the "Apostolic Man", published a large number of ascetic works, full of heavenly unction and tender-hearted piety.聖アルフォンサスリグオーリ( d. 1787年) 、当然と呼ばれる"ローマ教皇の男"は、数多くの出版禁欲作品は、全天の塗油の信心深さと心の優しい。 The best-known and most important of them are: "Pratica di amar Gesù Cristo" (1768), "Visita al SS. Sacramento", perhaps the most widely read of all his ascetical works: "La vera sposa di Gesù Cristo" (1760), a sure guide to perfection for countless souls.最もよく知られるとして最も重要なのは: " praticaディアマーgesù伯" ( 1768年) 、 "アルvisita ss 。サクラメント"は、おそらく最も広く読ま修徳のすべての彼の作品: "ラヴェラsposaディgesù伯" ( 1760 )は、数えきれないほどの魂のために完ぺきガイドを確認します。

Complete treatises on asceticism, published during the nineteenth and twentieth centuries, are the following: Grundkötter, "Anleitung zur christl. Vollkommenheit" (Ratisbon, 1896).論文は完全な禁欲主義は、 19日付と20世紀中には、以下: grundkötter 、 " anleitungツアchristl 。 vollkommenheit " ( ratisbon 、 1896 ) 。 Leick, C. SS. leick千佳子ss 。 R., "Schule der christl. Vollkommenheit" (Ratisbon, 1886), inspired by the writings of St. Alphonsus Liguori.共和党は、 "シューレデアchristl 。 vollkommenheit " ( ratisbon 、 1886 ) 、触発されて、聖アルフォンサスリグオーリ記述します。 Weiss, O. P., "Philosophie der christl. Vollkommenheit" (vol. V of his "Apologie"; Freiburg 1898).ワイス、営業は、 "哲学デアchristl 。 vollkommenheit " ( vol. Vの彼の" apologie " ;フライブルク1898 ) 。 The author is extraordinarily well read, and his conception of the spiritual life is unusually deep.その作者は、並外れてよく読んで、彼の人生は精神的な概念は、いつになくディープ。 Ribet, "L'ascétique chrétienne" (Paris, 1888). ribet 、 " l' ascétique chrétienne " (パリ、 1888 ) 。 Tissot, "La vie intérieure".ティソは、 "ラ競うintérieure " 。 Saudreau, "Les degrés de la vie spirituelle" (Angers, 1896 and 1897), a work full of unction. saudreau 、 "レdegrésデラspirituelle競う" (アンジェは、 1896年および1897 )は、仕事熱心でいっぱいです。 His other works, "Les faits extraordinaires de la vie spirituelle" (1908) and "La vie d'union à Dieu" (1909), belong to mysticism properly so called.彼の他の作品は、 "レデラ競うspirituelle faits extraordinaires " ( 1908 )や"ラ競うd'組合à dieu " ( 1909 ) 、正しくいわゆる神秘主義に属する。 Poulain, S.J., "La grâce d'oraison", though of a mystic character, yet treats of the ordinary method of prayer.プーランは、スバールバルヤンマイエン、 "ラgrâce d'オレゾン"は、神秘的なキャラクターにかかわらず、まだ扱われるの祈りは、通常のメソッドです。 Saudreau and Poulain are reliable throughout and their works are among the best productions in this branch.プーランは、信頼性とsaudreauを通して、彼らの作品は、この支店のうち、最高の作品だ。 Rousset, O. P., "Directorium asceticum" (Freiburg, 1893).ルーセ、営業は、 " directorium asceticum " (フライブルク、 1893 ) 。 Meynard, O. P., "Traité de la vie intérieure" (Paris, 1899), based on St. Thomas. meynard 、営業は、 " traitéデラ競うintérieure " (パリ、 1899年)に基づいて、セントトマス。 Meyer, S.J., "First Lessons in the Science of the Saints" (2nd ed., St. Louis, 1903), translated into several languages.マイヤーは、スバールバルヤンマイエン島は、 "最初の授業は、科学の聖人" (第2エド。 、セントルイス、 1903 )は、複数の言語に翻訳されています。 Francis X. Mutz, "Die christliche Aszetik" (2nd ed., Paderborn, 1909).フランシスmutz Xで、 "死ぬchristliche aszetik " (第2エド。 、パーダーボルン、 1909 ) 。 Joseph Zahn, "Einführung in die christliche Mystik" (Paderborn, 1908), important also for asceticism.ジョセフザーン、 " einführungで死ぬchristliche mystik " (パーダーボルン、 1908 ) 、修徳のためにも重要です。 Berthier, "De la perfection chrétienne et de la perfection religieuse d'après S. Thomas et S. François de Sales" (2 vols., Paris, 1901).ベルティエは、 "デラ完ぺき完ぺき修道女デラchrétienne et d' après米トーマスet米フランソワド売上高" ( 2 vols 。 、パリ、 1901年) 。 A. Devine, "Manual of Ascetical Theology" (London). a.ディバインは、 "マニュアルの修徳神学" (ロンドン) 。 Ryan, "Groundwork of Christian Perfection" (London).ライアンは、 "キリスト教の下地が完成の域に達した" (ロンドン) 。 Buchanan, "Perfect Love of God" (London).ブキャナンは、 "完璧な神の愛" (ロンドン) 。

An exhaustive list of Catholic ascetical writers is given in Migne, "Encycl. théologique", XXVI; "Dict. d'ascéticisme", II, 1467.修徳カトリック作家のリストを徹底的には、与えられたミーニュは、 " encycl 。 théologique " 、 26 ; "辞書です。 d' ascéticisme "は、 2世、 1467 。 Non-Catholic authors: Otto Zöckler, "Die Tugendlehre des Christentums, geschichtlich dargestellt" (Gütersloh, 1904).非カトリック著者:オットーzöckler 、 "死ぬtugendlehreデchristentums 、 geschichtlich dargestellt " ( gütersloh 、 1904 ) 。 W. Hermann, "Der Verkehr des Christen mit Gott" (6th ed., Stuttgart, 1908), and "Die sittlichen Weisungen Jesu" (Göttingen, 1907).ウィリアムヘルマンは、 "デアデクリステンverkehr MITのゴット" (第6回エド。 、シュトゥットガルト、 1908 ) 、および"死ぬsittlichen weisungen主イエス" ( göttingen 、 1907 ) 。 Kähler, "Verkehr mit Christo in seiner Bedeutung für das eigene Leben" (Leipzig, 1904). kähler 、 "最近登録さverkehr MITのクリストで地引き網漁師bedeutung das eigene文化" (ライプツィヒ、 1904 ) 。 Peabody, "Jesus Christ and the Christian Character".ピーボディは、 "イエスキリストとキリスト教のキャラクター"です。 A. Ritschl, "Christiiche Vollkommenheit" (Göttingen, 1902). a.リッチュルは、 " christiiche vollkommenheit " ( göttingen 、 1902 ) 。 Sheldon, "In his Steps -- What Would Jesus do?", widely read in England.シェルダンは、 "彼のステップ-イエスはどうなるの? "は、英国で広く読まれています。

Publication information Written by Franz X. Mutz.フランツmutz Xで書かれた文献の情報です。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラスj.ポッター転写された。 Dedicated to the Sacred Heart of Jesus Christ The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.ひたむきに、イエスキリストの聖心カトリック百科事典は、 14巻です。 Published 1912.日付1912 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.公認は、 12年7月1日です。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク

See also: asceticismも参照してください: 修徳


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです