Atonement贖罪

General Information 総合案内

The word atonement, constructed from at and one , means "to set at one" or "to reconcile."償いという言葉は、建設から1つは、手段"の1つに設定する"または"和解している。 " In Christian Theology, atonement denotes the doctrine of the reconciliation of God and man accomplished by the Crucifixion and death of Jesus Christ.キリスト教神学では、償いの教義を表すのは、神と人間の和解が達成したイエスキリストのはりつけと死。

There have been three major theories of atonement: the ransom theory, the Anselmian theory, and the Abelardian theory. これまでの3つの主要な理論の償い:身代金理論は、 anselmian理論は、理論とabelardian 。

Martin Luther, John Calvin, and other Reformers developed the Anselmian theory in the direction of penal substitution. Liberal theologians have reverted to an Abelardian type of explanation.マーティンルーサー、ジョンカルビン、およびその他の改革派を開発anselmian刑法理論の方向に置換します。リベラルな神学者が先祖返りabelardianの種類を説明する。 Gustav Aulen and other Swedish theologians have recently advocated a return to the ransom theory conceived in terms of victory over the powers of evil.スウェーデンのグスタフaulenや他の神学者が最近の理論を提唱する考えに戻り、身代金の点で、悪の力の勝利だ。 Since the doctrine of the atonement has never been defined officially, Christian theologians consider themselves free to work out their own theory along lines consonant with the witness of Scripture.以来、その償いの教義を公式には一度に定義され、キリスト教神学を考慮して自由に仕事をすると、独自の理論に沿って、証人の啓典行子音。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
In Jewish theology, stress is placed on personal acts of atonement; vicarious atonement is given little importance.ユダヤ教神学では、ストレスは、個人的な行為の償いに設置して;代償償いは、ほとんどの重要性を与えています。

Reginald H Fullerレジナルドhフラー

Bibliography 文献情報
V Taylor, Jesus and His Sacrifice (1937) and The Atonement in New Testament Teaching (1940). vテイラーは、イエスキリストと彼の犠牲と償い( 1937 ) ( 1940 ) 、新約聖書の教えです。


Atonement贖罪

General Information 総合案内

Atonement, in Christian theology, is the expiation of sin and the propitiation of God by the incarnation, life, sufferings, and death of Jesus Christ; the obedience and death of Christ on behalf of sinners as the ground of redemption; in the narrow sense, the sacrificial work of Christ for sinners.償いは、キリスト教神学で、罪の償いは、なだめようとした神の化身、耐用年数、苦しみ、そしてイエスキリストの死;服従させると、キリストの死に代わって罪人として、地面の償還;狭義ではは、キリストのために働くのいけにえの罪人です。 In the theology of many, including nearly all Universalists and Unitarians, atonement signifies the act of bringing people to God, in contradistinction to the idea of reconciling an offended God to his creation.多くの神学など、ほぼすべてのuniversalistsとunitarians 、償いを意味する行為を持参して、神の人々は、そのアイデアの和解と対比して、自分の創造を神の気分を害した。

The three principal theories by which theologians attempt to explain the atonement are the following: (1) the Anselmian or sacrificial, that the atonement consists fundamentally in Christ's sacrifice for the sins of humanity; (2) the remedial, that God, through the incarnation, entered into humanity so as to eliminate sin by the ethical process of Christ's life and death and make the human race at one with himself; and (3) the Socinian or moral influence, that Christ's work consists in influencing people to lead better lives. 3つの主要な理論を説明しようとしたが、神学者の償いは次のとおりです: ( 1 ) 、またはanselmianいけにえのは、根本的に構成して、キリストの贖いの犠牲、人類の罪のため、 ( 2 )の救済は、その神は、を通して顕現は、入力された人類の罪をなくすために、倫理的なプロセスとキリストの生涯を、人間の死として自分自身の1つのレースで、 ( 3 )の道徳的な影響を与えるかソッツィーニのは、キリストの仕事をして人々に影響を及ぼす構成でより良い生活をリードしています。 The sacrificial theory takes two general forms: (a) the governmental, that Christ's work was intended to meet the demands of the law of God and make such a moral impression upon humans in favor of the divine government as to render their forgiveness safe; and (b) the satisfaction, that it was intended to satisfy divine justice and make the forgiveness of humanity possible and right.いけにえの理論は、 2つの一般的なフォーム: ( a )その政府は、キリストの仕事のことを意図していた同法の要求に応じるとする神の道徳的な印象を与えるような人間に賛成して政府としての神の許しを描画する彼らの安全;と( b )には満足度は、意図を満足させることは、神の正義と赦しの可能性や、人類の権利です。 Each of these theories has been further developed many times.これらの各理論が開発されてさらに数回です。


Atone'ment atone'ment

Advanced Information 高度情報

This word does not occur in the Authorized Version of the New Testament except in Rom.この言葉は発生しませんが、新約聖書の欽定訳聖書ROMを除いている。 5:11, where in the Revised Version the word "reconciliation" is used. 5時11分、改訂版という言葉はどこで"和解"が使用されています。 In the Old Testament it is of frequent occurrence.旧約聖書の中のことは頻繁に起こることです。 The meaning of the word is simply at-one-ment, i.e., the state of being at one or being reconciled, so that atonement is reconciliation.その言葉の意味では、単に- 000 - 1つ、すなわち、その状態で、 1つまたはが仲直りれているので、その償いは、和解した。 Thus it is used to denote the effect which flows from the death of Christ.このように使われることが効果を表し、キリストの死から流れる。 But the word is also used to denote that by which this reconciliation is brought about, viz., the death of Christ itself; and when so used it means satisfaction, and in this sense to make an atonement for one is to make satisfaction for his offences (Ex. 32:30; Lev. 4:26; 5:16; Num. 6:11), and, as regards the person, to reconcile, to propitiate God in his behalf.しかし、その言葉にも使われることを表しては、この和解がもたらした、 viz 。 、キリストの死そのもの;そしてときに使用されることを意味するので満足度は、この意味で、償いをするための1つのためには、彼の満足度を作る違反(例: 32:30 ;レフです。 4時26分、 5時16分; NUM件です。 6時11分) 、および、その人に関しては、和解には、神が彼に代わってpropitiate 。

By the atonement of Christ we generally mean his work by which he expiated our sins.通常、私たちは、キリストの償いの意味で彼は彼の仕事を私たちの罪をexpiated 。 But in Scripture usage the word denotes the reconciliation itself, and not the means by which it is effected.しかし、啓典の和解を表すという言葉の使用そのものではなく、それが実行されたという意味だ。 When speaking of Christ's saving work, the word "satisfaction," the word used by the theologians of the Reformation, is to be preferred to the word "atonement."保存するときに、キリストの仕事といえば、その言葉"の満足度は、 "という言葉で使用されるのは、改革の神学者は、その言葉には、推奨される"償いです。 " Christ's satisfaction is all he did in the room and in behalf of sinners to satisfy the demands of the law and justice of God.キリストの満足度は、すべての部屋と、彼はそれに代わって、罪人の要求を満たすために、法と正義の神です。 Christ's work consisted of suffering and obedience, and these were vicarious, i.e., were not merely for our benefit, but were in our stead, as the suffering and obedience of our vicar, or substitute.キリストの苦しみと仕事を服従させる構成、およびこれらの代償は、すなわち、私たちの利益のためだけではないが、私たちの代わりに、服従させるとして、私たちの苦しみとラウンドヘイ牧師、または代用。 Our guilt is expiated by the punishment which our vicar bore, and thus God is rendered propitious, i.e., it is now consistent with his justice to manifest his love to transgressors.罪悪感は、我々が我々の教区牧師expiated口径処罰される、とこのように、神がレンダ吉兆は、すなわち、彼のことは、今や一貫して正義を越えた愛を表明する。

Expiation has been made for sin, i.e., it is covered.罪の償いをされて前には、すなわち、それは距離です。 The means by which it is covered is vicarious satisfaction, and the result of its being covered is atonement or reconciliation.手段を満足させることは代償距離は、距離とは、結果の償いや和解れています。 To make atonement is to do that by virtue of which alienation ceases and reconciliation is brought about.償いをするには、これを行うことを美徳と和解がもたらされる疎外停止します。 Christ's mediatorial work and sufferings are the ground or efficient cause of reconciliation with God.キリストの仲裁の仕事とは、地面や効率的な苦しみの原因を神と和解する。 They rectify the disturbed relations between God and man, taking away the obstacles interposed by sin to their fellowship and concord.彼らの神との関係を是正する擾乱男は、障害物を奪い、自分の罪を介在フェローシップと呼応しています。 The reconciliation is mutual, i.e., it is not only that of sinners toward God, but also and pre-eminently that of God toward sinners, effected by the sin-offering he himself provided, so that consistently with the other attributes of his character his love might flow forth in all its fulness of blessing to men.相互の和解は、すなわち、罪人だけではないことを、神に向かって、完ぺきなことだけでなく、神の前に向かって罪人は、罪の提供により、彼は自分自身が提供ので、他の属性を一貫して彼の性格の彼の愛流来たりするかもしれないが、すべての祝福をfulness男性です。

The primary idea presented to us in different forms throughout the Scripture is that the death of Christ is a satisfaction of infinite worth rendered to the law and justice of God (q.v.), and accepted by him in room of the very penalty man had incurred.我々の主要なアイデアを提示して、さまざまな形でこの啓典は、キリストの死は、無限の価値があるの満足度をレンダリング法と正義の神( qv ) 、そして彼を受け入れられる男が部屋には、非常に懲罰を被った。 It must also be constantly kept in mind that the atonement is not the cause but the consequence of God's love to guilty men (John 3:16; Rom. 3:24, 25; Eph. 1:7; 1 John 1:9; 4:9).それを念頭に置いている必要もあります。絶えず保管して償いの原因ではないが、神の愛の結果を有罪の男性(ジョン3 : 16 ; ROMのです。 3時24分、 25 ; eph 。 1 : 07 ; 1ジョン1 : 09 ; 4時09分) 。 The atonement may also be regarded as necessary, not in an absolute but in a relative sense, i.e., if man is to be saved, there is no other way than this which God has devised and carried out (Ex. 34:7; Josh. 24:19; Ps. 5:4; 7:11; Nahum 1:2, 6; Rom. 3:5).その償いと見なされる可能性も必要に応じて、絶対にないが、相対的意味では、すなわち、男は、全体を保存する場合は、これより他に方法はないが、神が考案実施(例: 34:7 ;ジョシュ。 24:19 ;しまう。 5時04分、 7時11分;ナホム1時02分、 6 ; ROMのです。 3時05分) 。 This is God's plan, clearly revealed; and that is enough for us to know.これは神の計画では、明らかに、そしてそのために私たちは十分に知っている。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Atonement贖罪

Advanced Information 高度情報

The expression "to make atonement" is frequent in Exodus, Leviticus, and Numbers, but rare in the rest of the Bible.式"に償いをする"とは頻繁に出エジプト記、レビ記、と数字が、まれで、残りのバイブルです。 The basic idea, however, is widespread.その基本的な考えは、しかし、が広がりつつある。 The need for it arises from the fact that man is a sinner, a truth made plain throughout Scripture but infrequent outside the Bible.そのために必要なことが発生したという事実からは、罪人の男は、真実を前に、平野全体でもたま典外聖書です。

In the OT sin is dealt with by the offering of sacrifice. ot罪で提供されるのは、犠牲に対応しています。 Thus the burnt offering will be accepted "to make atonement" (Lev. 1:4), as also the sin offering and the guilt offering (Lev. 4:20; 7:7) and especially the sacrifices on the day of atonement (Lev. 16).したがって、提供される焦げた受け入れた"として償いをする" ( lev. 1時04分)は、提供するとしても、罪と罪悪感を提供する( lev. 4時20分、 7時07分)で、特に犠牲にして贖罪の日(レフ。 16 ) 。 Of course, sacrifice is ineffective if offered in the wrong spirit.もちろん、効果がない場合には、犠牲精神を間違って提供されています。 To sin "with a high hand" (Num. 15:30), i.e., proudly and presumptuously, is to place oneself outside the sphere of God's forgiveness.罪を"手が高い" ( num. 15:30 ) 、すなわち、 presumptuouslyと誇らしげには、外に身を置くのは、神の許しの球です。 The prophets have many denunciations of the offering of sacrifice as the expression of a repentant and trustful heart is to find atonement.預言者が提供するのは、多くの犠牲のない非難の表現としての信頼の心は後悔と償いを見つける。 Atonement is sometimes made by means other than the sacrifices, such as the payment of money (Exod. 30:12-16) or the offering of life (II Sam. 21:3-6).償いはときどき以外の手段で作られるの犠牲を払うように、お支払いのお金( exod. 30:12-16 )を提供したり、人生の( ⅱサム。 21:3-6 ) 。 In such cases to make atonement means "to avert punishment, especially the divine anger, by the payment of a koper, a ransom,' which may be of money or which may be of life" (L. Morris, The Apostolic Preaching of the Cross, 166).そのような場合に償いをする手段"を回避罰は、特に、神の怒りには、お支払いのコペルによっては、身代金、 'ている場合がありますが、お金や人生のかもしれない" ( l.モリスは、ローマ教皇の説法十字架、 166 ) 。 Throughout the OT sin is serious; it will be punished unless atonement is sought in the way God has provided. otを通して罪は、深刻な;しない限り、処罰されることが求められて償いの方法は、神が提供されます。

This truth is repeated and enlarged upon in the NT.この真理を繰り返したと拡大した時には、 NTのです。 There it is made clear that all men are sinners (Rom. 3:23) and that hell awaits them (Mark 9:43; Luke 12:5).すべてのことがあることを明らかにし、男性は罪人( rom. 3時23分)と心待ちにして地獄にかれら(午前9時43分マーク;ルーク12時05分) 。 But it is just as clear that God wills to bring salvation and that he has brought it in the life, death, resurrection, and ascension of his Son.しかし、それはちょうど、神の意志を明確にしたとして救済をもたらすことは、彼の人生をもたらしました、死、復活、昇天の息子です。 The love of God is the mainspring (John 3:16; Rom. 5:8).主因は、神の愛(ジョン3 : 16 ; ROMのです。 5時08分) 。 We are not to think of a loving Son as wringing salvation from a just but stern Father.私たちは、愛する息子のことを考えていないとして絞れるほどぬれただけでも厳格な父親からの救いだ。 It is the will of the Father that men be saved, and salvation is accomplished, not with a wave of the hand, so to speak, but by what God has done in Christ: "God was in Christ reconciling the world to himself" (II Cor. 5:19), a reconciliation brought about by the death of Christ (Rom. 5:10).それは、男性は、父親に保存して、救いが成し遂げられたとは、手を振っていないので、を話すが、神がどのように行われるキリスト: "神は、キリストの和解の世界を自分自身" (うわっ2世です。 5時19分)が、和解によってもたらされるキリストの死( rom. 5時10分) 。 The NT emphasizes his death, and it is no accident that the cross has come to be accepted as the symbol of the Christian faith or that words like "crux" and "crucial" have come to have the significance that they possess.彼の死はNTの点を強調し、そしてそれは偶然ではないクロスが利用されるようになるの象徴として、その言葉のように、キリスト教の信仰や"十字架"と"非常に重要"と意義を持って来て保有しています。 The cross is absolutely central to salvation as the NT sees it.十字架の中央には、絶対に見ることはNTとしての救いだ。 This is distinctive of Christianity.これは、キリスト教の独特だ。 Other religions have their martyrs, but the death of Jesus was not that of a martyr.他の宗教の殉教者たちが、イエスキリストの死ではないことは、殉教者です。 It was that of a Savior.それはそれで救世主です。 His death saves men from their sins.彼の死の男性から自分の罪をセーブ。 Christ took their place and died their death (Mark 10:45; II Cor. 5:21), the culmination of a ministry in which he consistently made himself one with sinners.キリストは、自分たちの場所と彼らの死が死亡(マーク10:45 ; 2世うわっ。 5時21分)は、南中部では、彼は常に自分自身の1つ前にして罪人です。

The NT does not put forward a theory of atonement, but there are several indications of the principle on which atonement is effected.このNTはありません償いの理論を提唱するが、原則的には、いくつかの兆候が償いが影響しています。 Thus sacrifice must be offered, not the sacrifice of animals, which cannot avail for men (Heb. 10:4), but the perfect sacrifice of Christ (Heb. 9:26; 10:5-10).こうして犠牲に提供しなければならない、動物を犠牲にしていないのは、男性のためにすることはできませんのでご了承願います( heb. 10時04分) 、しかし、キリストの完全な犠牲( heb. 9時26分; 10:5-10 ) 。 Christ paid sin's due penalty (Rom. 3:25-26; 6:23; Gal. 3:13).キリストの罪のため支払った違約金( rom. 3:25-26 ;午前6時23分;ギャル。 3時13分) 。 He redeemed us (Eph. 1:7), paying the price that sets us free (I Cor. 6:20; Gal. 5:1).彼は私たち換金( eph. 1時07分)を払って、我々の価格を設定して自由ではない(私うわっ。 6時20分;ギャル。 5時01分) 。 He made a new covenant (Heb. 9:15).彼のおかげで、新しい契約( heb. 9時15分) 。 He won the victory (I Cor. 15:55-57).彼の勝利ウォン(私うわっ。 15:55-57 ) 。 He effected the propitiation that turns away the warth of God (Rom. 3:25), made the reconciliation that turns enemies into friends (Eph. 2:16).彼の影響をなだめようワース背き去るの神( rom. 3時25分)は、電源が入る前に、和解して敵を友人( eph. 2時16分) 。 His love and his patient endurance of suffering set an example (I Pet. 2:21); we are to take up our cross (Luke 9:23).彼の愛と彼の持久力の患者の苦しみを設定する例(私のペットです。 2時21分) ;我々は我々の十字架を取り上げる(ルーク9時23分) 。 Salvation is many-sided.救いは、多面的です。 But however it is viewed, Christ has taken our place, doing for us what we could not do for ourselves.しかし、ただ閲覧することは、キリストのコラボレーション我々の場所には、私たちができなかったことを私たちは何のために自分自身です。 Our part is simply to respond in repentance, faith, and selfless living.私たちの団体への対応では、単に悔い改め、信仰、そして無私無欲の生活です。

L Morris信用モリス
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
R. S. Franks, The Work of Christ; L. W. Grensted, A Short History of the Doctrine of the Atonement; G. Smeaton, The Doctrine of the Atonement According to Christ and The Doctrine of the Atonement According to the Apostles; V. Taylor, The Atonement in NT Teaching and Forgiveness and Reconciliation; J. Owen, The Death of Death in the Death of Christ; J. Denney, The Death of Christ; A. A. Hodge, The Atonement; J. M. Campbell, The Nature of the Atonement; R. Wallace, The Atoning Death of Christ; J. K. Mozley, The Doctrine of the Atonement; C. R. Smith, The Bible Doctrine of Salvation; L. Morris, The Apostolic Preaching of the Cross; P. T. Forsyth, The Cruciality of the Cross. rsフランクスは、キリストの仕事; lw grensted 、短い歴史の教義の償い; Gをスミートン、その償いの教義の教義によると、キリストと使徒によると、その償い;対テイラーは、その償いNTの指導と赦しと和解し; j.オーウェンは、死の死は、キリストの死; j.デニーは、キリストの死;ああホッジ、その償い;ジャマイカキャンベルは、その性質上、償い;共和党ウォレスは、キリストの死のatoning ; jk mozley 、その教義の償い; crスミス氏は、聖書の教義の救世; l.モリスは、ローマ教皇の説教の十字架; ptフォーサイス、 crucialityのクロス。


Extent of the Atonement, Limited Atonementその償いの範囲は、限られた償い

Advanced Information 高度情報

Although there are variations as to the basic ways in which this subject can be addressed, the choices boil down to two: either the death of Jesus was intended to secure salvation for a limited number or the death of Jesus was intended to provide salvation for everyone. The first view is sometimes called "limited atonement" because God limited the effect of Christ's death to a specific number of elect persons, or "particular redemption" because redemption was for a particular group of people.バリエーションとしてはあるが、基本的にこの方法で解決できる問題は、 2つの選択肢になるまで煮詰める: イエスキリストの死は、どちらかの意図を確保するため、限られた数救世または意図されたイエスキリストの死を提供してまいります救世。ときどきと呼ばれる最初のビューは、 "限られた償い"神のためにキリストの死の効果を限定して、特定の数人を選出する、または"特定の償還"償還のため、特定のグループの人々だった。 The second view is sometimes referred to as "unlimited atonement" or "general redemption" because God did not limit Christ's redemptive death to the elect, but allowed it to be for mankind in general. 2番目のビューを表すものとしては、 "無限の償い"または"全般償還"を制限しなかったため、神に選ばれたキリストの贖いの死が、人類のために許可されること全般です。

Particular Redemption特定の償還

The doctrine that Jesus died for the elect in particular, securing their redemption, but not for the world, arose as the implications of the doctrine of election and the satisfaction theory of the atonement were developed immediately following the Reformation.イエスキリストの教義に死亡したことを選出するために特に、彼らの償還に固定しますが、世界のために、学説が生じたとして、選挙の意味があるの満足度の理論とその償いのすぐ後に続く改革が開発した。 A controversy arose that resulted in the Synod of Dort (1618-19) pronouncing that Christ's death was "sufficient for all but efficient for the elect."その結果、論争が起きたのドルト教会会議( 1618年から1619年)を発音して、キリストの死は"十分に選出するために、すべてが効率的です。 " This did not satisfy many theologians, even some Calvinists, so the controversy has continued to this day.このしなかった多くの神学者を満足させるでも、いくつかのcalvinistsので、この日にこのような論争が続いている。

There are numerous arguments used to defend the doctrine of limited atonement, but the following represent some of the more frequently found. 引数の数が多いの原則を守るために使われて償い限定ではなく、次のいくつかのより頻繁に発見さ表している。

General Redemption総償還

The doctrine of general redemption argues that the death of Christ was designed to include all mankind, whether or not all believe.その教義の総償還主張して、キリストの死は、全人類の設計を含む、すべてのかどうかは信じています。 To those who savingly believe it is redemptively applied, and to those who do not believe it provides the benefits of common grace and the removal of any excuse for being lost. savinglyを信じる人たちに適用することがredemptively 、そしてそれを信じていない人たちの共通の恵みと恩恵を提供して除去するためにあらゆる口実が失われます。 God loved them and Christ died for them; they are lost because they refused to accept the salvation that is sincerely offered to them in Christ.神に愛されて、かれらのためにキリストが死ん;失われるため、彼らは彼らの救いを受け入れることを拒否したことで、キリストは、誠実で提供しています。

Summary概要

Both points of view are trying to preserve something of theological importance.ポイントの両方を表示するには何かの神学的重要性を維持しようとしています。 The defenders of limited atonement are stressing the certainty of God's salvation and the initiative he took in offering it to man.償いには、限られた守備の確実性を強調して、神の救いと、彼は主導権を男に提供しています。 If salvation depended on our work, all would be lost.私たちの仕事の救いに依存している場合は、すべて失われるだろう。 The defenders of general redemption are attempting to preserve the fairness of God and what to them is the clear teaching of Scripture.償還は、守備の全般の公正さを維持しようとすると、神は、彼らに何を教えるの啓典をクリアします。 Salvation is no less certain because Christ died for all.救世ではない特定のためにキリストが死んですべての少ないです。 It is the decision to reject it that brings about condemnation, and faith that puts one in a saving relationship with Christ who died that we might live.それは、それを拒否する決定をもたらすの非難については、信仰を強いるとは、 1つの関係を節約して亡くなったキリスト生きる私たちかもしれない。 E. A. Litton attempts to mediate the two views in this fashion: "And thus the combatants may not be in reality so much at variance as they had supposed. The most extreme Calvinist may grant that there is room for all if they will come in; the most extreme Arminian must grant that redemption, in its full Scriptural meaning, is not the privilege of all men" (Introduction to Dogmatic Theology, p. 236). eaリットンの調停を試みますが、この2つの見解ファッション: "こうして戦闘されないかもしれませんが、現実としてそんなに争っていたはずだ。最も極端なカルビン派の可能性があることを認める場合には、すべての部屋に来る;の最も極端な助成金を償還しなければアルミニウス説は、聖書の意味を完全には、すべての男性の特権ではない" (独断的な神学をはじめ、 p. 236 ) 。

W A Elwell神奈川県エルウェル
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
W. Rushton, A Defense of Particular Redemption; J. Owen, The Death of Death in the Death of Christ; A. A. Hodge, The Atonement; H. Martin, The Atonement; G. Smeaton, The Doctrine of the Atonement According to the Apostles and The Doctrine of the Atonement According to Christ; J. Davenant, The Death of Christ; N. F. Douty, The Death of Christ; A. H. Strong, Systematic Theology; J. Denney, The Death of Christ; J. M. Campbell, The Nature of the Atonement; L. Berkhof, Systematic Theology.ウィリアムラシュトン、ある特定の防衛の償還; j.オーウェンは、死の死は、キリストの死;ああホッジ、その償い; h.マーティンは、その償い; Gをスミートン、その償いによると、ドクトリンの使徒そしてその償いの教義によると、キリスト; j.ダベナント、キリストの死; doutyノーフォーク島は、キリストの死;あぁ強い、体系的神学; j.デニーは、キリストの死;ジャマイカキャンベルは、その性質上、償い; l. berkhof 、体系的神学。


Theories of the Atonement理論の償い

Advanced Information 高度情報

Throughout the Bible the central question is, "How can sinful man ever be accepted by a holy God?"聖書には、中央の質問を通して、 "これまでの男はどうすれば罪深い聖なる神によって受け入れられるのですか? " The Bible takes sin seriously, much more seriously than do the other literatures that have come down to us from antiquity.聖書の罪を真剣には、はるかに深刻なものではないが、他のliteratures大昔から、私たちが降りてくる。 It sees sin as a barrier separating man from God (Isa. 59:2), a barrier that man was able to erect but is quite unable to demolish.それは見てからの罪の男としての障壁を分ける神( isa. 59:2 )は、障壁を立てることができたしかし、あの男はかなりできないを解体しています。 But the truth on which the Bible insists is that God has dealt with the problem.しかし、真実では、聖書の主張は、神がその問題を扱っています。 He has made the way whereby sinners may find pardon, God's enemies may find peace.彼は、前の道を見つけるかもしれません恩赦罪人では、神の平和の敵を見つけるかもしれません。 Salvation is never seen as a human achievement.救いは、人間としての成果を見たことはない。 In the OT sacrifice has a large place, but it avails not because of any merit it has of itself (cf. Heb. 10:4), but because God has given it as the way (Lev. 17:11). otで犠牲には、大規模な場所が、それのためにも立たずには、それ自体に何の利点( cf. heb 。 10時04分)が、神が与えているための方法として、 ( lev. 17:11 ) 。 In the NT the cross plainly occupies the central place, and it is insisted upon in season and out of season that this is God's way of bringing salvation.はっきりとは、 NTの十字架の中央位を占める、と主張することはシーズン中とシーズンオフにはこれは、神の救いをもたらす方法です。 There are many ways of bringing this out.この方法はたくさんあるから持ってくるようだ。 The NT writers do not repeat a stereotyped story. NTの作家の紋切り型の物語ではありません繰り返します。 Each writes from his own perspective.彼自身の観点から、各書き込みます。 But each shows that it is the death of Christ and not any human achievement that brings salvation.しかし、各示していることは、キリストの死とはどんな人間の成果をもたらす救いです。

But none of them sets out a theory of atonement.しかし、いずれもそれらの理論償いを設定する。 There are many references to the effectiveness of Christ's atoning work, and we are not lacking in information about its many - sidedness.そこには多くの効果を参照してatoningキリストの仕事、そして我々は、多くの情報が不足していない-釣り合い。 Thus Paul gives a good deal of emphasis to the atonement as a process of justification, and he uses such concepts as redemption, propitiation, and reconciliation.こうしてポールを強調して、かなりの償いとして正当化する過程で、彼はそのような概念としての償還や、なだめようと和解した。 Sometimes we read of the cross as a victory or as an example.ときどき読んでは、我々の勝利として、またはクロスでは例としてです。 It is the sacrifice that makes a new covenant, or simply a sacrifice.それは、新しい契約を犠牲にすることにより、あるいは単に犠牲です。 There are many ways of viewing it.それを表示する方法はたくさんあるのです。 We are left in no doubt about its efficacy and its complexity.我々は左に間違いないとその効果については、複雑です。 View the human spiritual problem as you will, and the cross meets the need.人間の精神的な問題として表示することは、とのクロスを満たしている必要があります。 But the NT does not say how it does so.しかし、 NTのためにはどのように言っていない。

Through the centuries there have been continuing efforts to work out how this was accomplished.そこを通じて世紀にもわたって努力を続けてきたこれがどのように仕事を成し遂げている。 Theories of the atonement are legion as men in different countries and in different ages have tried to bring together the varied strands of scriptural teaching and to work them into a theory that will help others to understand how God has worked to bring us salvation.在郷軍人会の償いとしての理論は、さまざまな国の人とは違う年齢層を試みたが、様々な本をいっしょにまとめると、聖書を教える仕事をして他人の手助けをすることが理論を理解するにはどのように働いてわたしたちの神の救いだ。 The way has been open for this kind of venture, in part at least, because the church has never laid down an official, orthodox view.してきた道を開くために、この種のベンチャーは、少なくとも部分では、教会がないため、敷設のある関係者は、正統的な見解です。 In the early centuries there were great controversies about the person of Christ and about the nature of the Trinity.世紀の初めに大きな論争があった人物については、キリストとの性質については、トリニティ。 Heresies appeared, were thoroughly discussed, and were disowned. heresies登場は、徹底的に話し合われた、とはdisowned 。 In the end the church accepted the formula of Chalcedon as the standard expression of the orthodox faith.教会での最後の公式chalcedonとして受け入れたのは、正統派の信仰表現は、標準です。 But there was no equivalent with the atonement.しかし等価ではなかったの償いです。 People simply held to the satisfying truth that Christ saved them by way of the cross and did not argue about how this salvation was effected.人々を満足させるだけで行われた彼らの真実が保存されたキリストの十字架の道を主張していない影響についてはどのようにこの救いだった。

Thus there was no standard formula like the Chalcedonian statement, and this left men to pursue their quest for a satisfying theory in their own way.こうして式のような標準がないchalcedonian声明で、この左側の男たちと彼らの探求を追求するために、独自の理論を満足させる方法だ。 To this day no one theory of the atonement has ever won universal acceptance.この日を誰もが今までの理論の償いウォンユニバーサル引き受けています。 This should not lead us to abandon the task.これを捨ててはいけない私たちのタスクをリード。 Every theory helps us understand a little more of what the cross means and, in any case, we are bidden to give a reason of the hope that is in us (1 Pet. 3:15).理論ごとに把握するのに役立ちますもう少しの十字架は何を意味し、いずれにせよ、我々は招かれた理由を与えるのを期待して、私たちは、 ( 1ペットです。 3時15分) 。 Theories of the atonement attempt to do just that.理論だけでは、償いを行うことを試みる。

It would be impossible to deal with all the theories of the atonement that have been formulated, but we might well notice that most can be brought under one or the other of three heads: those which see the essence of the matter as the effect of the cross on the believer; those which see it as a victory of some sort; and those which emphasize the Godward aspect.対処することが不可能に償いは、すべての理論定式化されている、しかし、我々に注意しているかもしれないがもたらした最も下で、他の1つまたは3つのヘッド:これらの問題の本質を参照してください効果としては、十字架上の信者;それらを参照して勝利することとして、いくつかの並べ替え;敬神の側面を強調するものとします。 Some prefer a twofold classification, seeing subjective theories as those which emphasize the effect on the believer, in distinction from objective theories which put the stress on what the atonement achieves quite outside the individual.いくつかの二重の分類を好む、主観的な理論を見て効果を強調するものとしては、信者は、理論を客観的に区別させるストレスからは何の償いを実現して、個々のかなり外です。

The Subjective View or Moral Influence Theory主観的な見方に影響を与えるか、道徳的な理論

Some form of the subjective or moral view is held widely today, especially among scholars of the liberal school.何らかの形で、主観的あるいは道徳的な見解は、広く開かれた今日では、リベラル派の学者たちの間で特に学校です。 In all its variations this theory emphasizes the importance of the effect of Christ's cross on the sinner.この理論は、すべてのパターンの効果の重要性を強調して、キリストの十字架上の罪人です。 The view is generally attributed to Abelard, who emphasized the love of God, and is sometimes called the moral influence theory, or exemplarism.このビューは通常アベラードに起因するものは、神の愛を強調し、道徳的な影響を与えるとは、時には理論と呼ばれる、またはexemplarism 。 When we look at the cross we see the greatness of the divine love.我々の十字架を見るときに私たちは、神の愛の偉大さを参照してください。 this delivers us from fear and kindles in us an answering love.このkindles配信すると私たちは私たちの恐怖から愛に答えることだ。 We respond to love with love and no longer live in selfishness and sin.私たちの愛に応答して、もはや愛と利己主義と罪に住んでいる。 Other ways of putting it include the view that the sight of the selfless Christ dying for sinners moves us to repentance and faith.他の方法のパッティングとの見解を含めることは、その光景を見て死にかけているため、キリスト無私無欲の罪人の動きと私たちの信仰を後悔した。 If God will do all that for us, we say, then we ought not to continue in sin.もし神がすべてのことを我々は、我々と言う、それから我々の罪を継続されないはずだ。 So we repent and turn from it and are saved by becoming better people.だから我々は、悔悟して電源から救われることとなってより良い人たちだ。

The thrust in all this is on personal experience.推力が、これはすべての個人的な経験をしています。 The atonement, seen in this way, has no effect outside the believer.その償いは、このように見られる、信者の外に影響はありません。 It is real in the person's experience and nowhere else.本当のことは、他の人の経験とどこです。 This view has been defended in recent times by Hastings Rashdall in The Idea of Atonement (1919).このビューを擁護してきたが、最近の回でヘイスティングスラシドール償い( 1919年)という考えだ。

It should be said in the first instance that there is truth in this theory.それによると、最初のインスタンスをしなければならないが、この理論には真実がある。 Taken by itself it is inadequate, but it is not untrue.不十分なことが取られる自体が、これは事実ではない。 It is important that we respond to the love of Christ seen on the cross, that we recognize the compelling force of his example.に対応することは重要で、見たのは、キリストの十字架の愛は、我々は認識して、強制力の彼の例です。

Probably the best known and best loved hymn on the passion in modern times is "When I Survey the Wondrous Cross," a hymn that sets forth nothing but the moral view.おそらく、最もよく知られた賛美歌とは、情熱で最高の愛したモダンタイムズは、 "私の素晴らしいクロス調査では、 "賛美歌で送付する道徳的な見解に過ぎないのだ。 Every line of it emphasizes the effect on the observer of surveying the wondrous cross.すべての行に影響を及ぼすことを強調し、オブザーバーの測量の素晴らしいクロス。 It strikes home with force.ホームに強制することストライク。 What it says is both true and important.双方の主張が真実であり、どのような重要なことです。 It is when it is claimed that this is all that the atonement means that we must reject it.それはそれは時と主張しては、これはすべての償いを拒否しなければならないことを意味しています。 Taken in this way it is open to serious criticism.この方法で撮影することが深刻な批判を開いています。 If Christ was not actually doing something by his death, then we are confronted with a piece of showmanship, nothing more.キリストではない場合、実際に何かをされた彼の死は、それから我々は直面して一枚の芝居は、何物でもない。 Someone once said that if he were in a rushing river and someone jumped in to save him, and in the process lost his life, he could recognize the love and sacrifice involved.もし彼が誰かによると、一度に殺到する河川や跳びで彼を保存し、その過程で失われた彼の人生は、彼の愛と犠牲にかかわる可能性を認識しています。 But if he was sitting safely on the land and someone jumped into the torrent to show his love, he could see no point in it and only lament the senseless act.しかし、もし彼がその土地の上に座って無事に飛び込んだとする彼の愛を見せるの奔流は、彼がそれを参照していない点で、無意味な行為と嘆くのみです。 Unless the death of Christ really does something, it is not in fact a demonstration of love.本当にしない限り、キリストの死が何かをすることではない実際のデモの愛です。

The Atonement as Victory勝利の償いとして

In the early church there seems to have been little attention given to the way atonement works, but when the question was faced, as often as not the answer came in terms of the NT references to redemption.教会の初めにもあるようにほとんど注意を払わずに償いの方法で動作するが、その際に直面する問題は、できるだけ頻繁にその答えが入っていない点で、 NTの償還を参照してください。 Because of their sin people rightly belong to Satan, the fathers reasoned.自分の罪のために悪魔に属する人々を正しくは、父親の理路整然とした。 But God offered his son as a ransom, a bargain the evil one eagerly accepted.しかし、神の息子として、身代金提供は、 1つの悪の特売品に熱心に受け入れた。 When, however, Satan got Christ down into hell he found that he could not hold him.ときには、しかし、彼は地獄の悪魔は、キリストを下ろすことができなかったところ、彼は抱っこしています。 On the third day Christ rose triumphant and left Satan without either his original prisoners or the ransom he had accepted in their stead. 3日目にして意気揚々と左のバラキリストサタンなく彼の元捕虜のどちらか、または身代金彼は自分の代わりに利用しています。 It did not need a profound intellect to see that God must have foreseen this, but the thought that God deceived the devil did not worry the fathers.深遠な知性をしなかったことが必要なのを見て、この神を予見する必要がありますが、神にだまされ、悪魔と考えて、父親の心配しなかった。 than Satan as well as stronger.悪魔よりも強くなるだけでなくています。 They even worked out illustrations like a fishing trip: The flesh of Jesus was the bait, the deity the fishhook.イラストのように働いても釣り旅行:イエスは、餌の肉は、神の釣り針です。 Satan swallowed the hook along with the bait and was transfixed.悪魔のフックを呑み込んだtransfixedとともに、餌をまいていた。 This view has been variously called the devil ransom theory, the classical theory, or the fishhook theory of the atonement.このビューを表示されて、悪魔と呼ばれるさまざま身代金理論は、古典的理論、または理論の釣り針の償いです。

This kind of metaphor delighted some of the fathers, but after Anselm subjected it to criticism it faded from view.この種のいくつかは、父の隠喩うれしいが、それ以降アンセルム色あせたからの批判にさらされることに表示されます。 It was not until quite recent times that Gustaf Aulen with his Christus Victor showed that behind the grotesque metaphors there is an important truth.最近の回までではないがかなりaulenグスタフクリストゥスビクターによると、彼の奇怪な比喩の背後には、重要な真実です。 In the end Christ's atoning work means victory.キリストの最後の勝利を意味するatoning仕事です。 The devil and all the hosts of evil are defeated.悪魔と悪のすべてのホストが敗れています。 Sin is conquered.罪が征服した。 Though this has not always been worked into set theories, it has always been there in our Easter hymns.常に働いていないかかわらず、この理論を設定すると、そこには常に私たちのイースターの賛美歌です。 It forms an important element in Christian devotion and it points to a reality which Christians must not lose.このフォームで、重要な要素とキリスト教的な献身を実現することでポイントを失うキリスト教徒するべきではありません。

This view must be treated with some care else we will finish up by saying that God saves simply because he is strong, in other words, in the end might is right.このビューを表示するほかにいくつかの注意しなければならない治療を受けると言うことによって我々は神に最後の仕上げをするのは、彼が強いだけでセーブは、言い換えれば、最後には正しいかもしれない。 This is an impossible conclusion for anyone who takes the Bible seriously.これは、誰でも不可能な結論を出すためには、聖書を真剣にした。 We are warned that this view, of itself, is not adequate.このビューを表示すると警告して我々は、それ自体が、適切ではありません。 But combined with other views it must find a place in any finally satisfying theory.しかし、他の意見を併用することで任意の場所を見つける必要があります最後に満足のいく理論です。 It is important that Christ has conquered.キリストが征服することが重要である。

Anselm's Satisfaction Theoryアンセルムの満足度の理論

In the eleventh century Anselm, Archbishop of Canterbury, produced a little book called Cur Deus Homo?アンセルムは、 11世紀には、カンタベリー大主教は、プロデューサと呼ばれる最新版の書籍を少しデウスホモですか? ("Why did God become Man?"). ( "神になる男はなぜですか? "を参照) 。 In it he subjected the patristic view of a ransom paid to Satan to severe criticism.彼は、それを受けるpatristicビューでは、悪魔に厳しい批判の身代金を支払った。 He saw sin as dishonoring the majesty of God. dishonoring罪としての彼を見た神の威光。 Now a sovereign may well be ready in his private capacity to forgive an insult or an injury, but because he is a sovereign he cannot.今すぐソブリンかもしれないが、彼の準備ができて私的な立場で侮辱やけがを許すが、彼は、彼が主権することはできません。 The state has been dishonored in its head.この状態で、頭の不渡りされています。 Appropriate satisfaction must be offered.適切な満足感を提供する必要があります。 God is the sovereign Ruler of all, and it is not proper for God to remit any irregularity in his kingdom.神は、すべての統治者は、適切ではないとは、神が彼の王国を不規則に送金する。 Anselm argued that the insult sin has given to God is so great that only one who is God can provide satisfaction.アンセルムと主張して、侮辱罪には、神が与えられるようにして偉大な神の人が1つだけの満足感を提供できています。 But it was done by one who is man, so only man should do so.しかし、それは、一人の男が行われるので、男性のみをしなければならないようだ。 Thus he concluded that one who is both God and man is needed.こうして彼は1つの結論を誰が、神と人間の両方が必要です。

Anselm's treatment of the theme raised the discussion to a much higher plane than it had occupied in previous discussions.アンセルムの治療をテーマに議論を提起していたよりもはるかに高い飛行機は、以前の議論を占領した。 Most agree, however, that the demonstration is not conclusive.ほとんどの同意は、しかし、決定的ではないが、デモに参加した。 In the end Anselm makes God too much like a king whose dignity has been affronted.アンセルムは、最終的に神の尊厳を王様のように過ぎてaffrontedされています。 He overlooked the fact that a sovereign may be clement and forgiving without doing harm to his kingdom.彼は見落とされるかもしれないという事実を主権クレマンと彼の王国に害を及ぼすことなく、寛容だ。 A further defect in his view is that Anselm found no necessary connection between Christ's death and the salvation of sinners.彼の意見は、今後の欠陥が見つかっていないアンセルムキリストの死の間の接続を必要と罪人の救いになっています。 Christ merited a great reward because he died when he had no need to (for he had no sin).彼は偉大な報奨がる報われたキリストが死んだときにはなかったため、必要に(罪のために彼はない) 。 But he could not receive a reward, for he had everything.しかし、彼の報酬を受け取ることができなかった、彼はすべてのためだ。 To whom then could he more fittingly assign his reward then to those for whom he had died?そして誰も彼をもっと自分の報酬を割り当てるfittinglyそれから彼は誰のために死んだ人ですか? This makes it more or less a matter of chance that sinners be saved.これにより多かれ少なかれ罪人の問題である可能性が保存される。 Not very many these days are prepared to go along with Anselm.このごろは、あまり多くの準備をしてアンセルムに沿って行く。 But at least he took a very serious view of sin, and it is agreed that without this there will be no satisfactory view.しかし、少なくとも彼は、非常に重大な罪を表示し、合意したことがなく、このビューの余地はないと満足のいくものです。

Penal Substitution刑法置換

The Reformers agreed with Anselm that sin is a very serious matter, but they saw it as a breaking of God's law rather than as an insult to God's honor.アンセルムことに合意し、改革派の罪は、非常に深刻な問題は、かれらがそれを見て、神の律法を破ったとしてではなく、神の名誉を侮辱する行為だ。 The moral law, they held, is not to be taken lightly.道徳の法則は、かれらで開かれた、取られるべきではない、軽くています。 "The wages of sin is death" (Rom. 6:23), and it is this that is the problem for sinful man. "罪の報酬は死" ( rom. 6時23分) 、そしてそれは、この問題のためには、罪深い男です。 They took seriously the scriptural teachings about the wrath of God and those that referred to the curse under which sinners lay.彼らは真剣に、聖書の教えについては、神の怒りと呪いの下に言及してそれらのことを罪人のレイです。 It seemed clear to them that the essence of Christ's saving work consisted in his taking the sinner's place.ように見えたことを明確にして保存して、キリストの仕事の本質を構成している罪人の場所に自分のとっている。 In our stead Christ endured the death that is the wages of sin.私たちの代わりに、キリストの死に耐えることは、罪の報酬です。 He bore the curse that we sinners should have borne (Gal. 3:13).彼は退屈な人の呪いを我々が負担すべき罪人( gal. 3時13分) 。 The Reformers did not hesitate to speak of Christ as having borne our punishment or as having appeased the wrath of God in our place.改革派は、キリストのように話すのをためらう私たちの負担がappeasedとして処罰や、神の怒りに我々の場所です。

Such views have been widely criticized.このような意見を広く批判してきた。 In particular it is pointed out that sin is not an external matter to be transferred easily from one person to another and that, while some forms of penalty are transferable (the payment of a fine), others are not (imprisonment, capital punishment).特にすることは罪ではないということを指摘し、外部の問題を簡単に転送して人から人にうつるとは、いくつかの形態の中には、譲渡罰則(罰金の支払い)は、他ではない(懲役、死刑制度) 。 It is urged that this theory sets Christ in opposition to the Father so that it maximizes the love of Christ and minimizes that of the Father.それは、この理論を設定するよう求めたことに反対して、キリストの父の愛を最大限に発揮できるようにすることを最小限に抑えることは、キリストの父です。 Such criticisms may be valid against some of the ways in which the theory is stated, but they do not shake its essential basis.このような批判に対して有効かもしれないいくつかの方法が記載された理論ではなく、必要不可欠な基盤を揺るがすことはありません。 They overlook the fact that there is a double identification: Christ is one with sinners (the saved are "in" Christ, Rom. 8:1) and he is one with the Father (he and the Father are one, John 10:30; "God was in Christ, reconciling the world to himself," 2 Cor. 5:19).事実を見落とすことがあることは、二重の身分証明書:キリストは、罪人の1つ(の保存には"は、 "キリストは、 ROMのです。 8時01分)で、彼は自分の父親(彼は、自分の父や、ヨハネ10:30 ; "神は、キリストは、世界中の人々に自分自身の和解は、 " 2うわっ。 5時19分) 。 They also overlook the fact that there is much in the NT that supports the theory.見落とすこともあるという事実は、多くの理論ではNTをサポートしています。 It is special pleading to deny that Paul, for example, puts forward this view.手前勝手なことを否定することはポールは、たとえば、このビューを表示するAnswersはフォワード。 It may need to be carefully stated, but this view still says something important about the way Christ won our salvation.慎重に記載しなければならないことがありますが、この見解によればまだ何か重要な方法については、我々の救いキリストウォン。

Sacrifice犠牲

There is much about sacrifice in the OT and not a little in the NT.そこについては、多くの犠牲ot NTのではないことは、ほとんどない。 Some insist that it is this that gives us the key to understanding the atonement.いくつかを主張することは、わたしたちにこのことを理解するための鍵とその償いです。 It is certainly true that the Bible regards Christ's saving act as a sacrifice, and this must enter into any satisfying theory.それに関しては、確かに事実だが、聖書のキリストのいけにえの役目を節約し、これを満足させるには、その理論を入力する必要があります。 But unless it is supplemented, it is an explanation that does not explain.しかし、それは補充されない限り、それは説明する説明をしていない。 The moral view or penal substitution may be right or wrong, but at least they are intelligible.道徳的に表示したり、刑法の善悪を置換かもしれないのですが、少なくとも彼らは理解できる。 But how does sacrifice save?しかし、どのように保存犠牲ですか? The answer is not obvious.その答えは明白です。

Governmental Theory政府の理論

Hugo Grotius argued that Christ did not bear our punishment but suffered as a penal example whereby the law was honored while sinners were pardoned.フーゴーグロティウスキリストしなかったと主張して私たちの罰がクマ被害の例として、刑法ではこの法律は、罪人の中には恩赦に浴する光栄です。 His view is called "governmental" because Grotius envisions God as a ruler or a head of government who passed a law, in this instance, "The soul that sinneth, it shall die."と呼ばれる彼の意見は"政府"の支配者としての神を思い描いているためグロティウスや政府の首班にする法律を可決人は、このインスタンスでは、 " sinneth魂が、それは死ぬ"と述べた。 Because God did not want sinners to die, he relaxed that rule and accepted the death of Christ instead.神のためにしたくはなかった罪人を死なせ、リラックスして彼とルールの代わりに、キリストの死を受け入れています。 He could have simply forgiven mankind had he wanted to, but that would not have had any value for society.彼は人類に許された可能性があるだけで指名手配していた彼が、それはどんな社会的価値があった。 The death of Christ was a public example of the depth of sin and the lengths to which God would go to uphold the moral order of the universe.キリストの死は、公共の例では、罪の深さや長さを神に行くと、宇宙の秩序を維持する道徳的です。 This view is expounded in great detail in Defensio fidei catholicae de satisfactione Christi adversus F. Socinum (1636).このビューはdefensio信仰の中で懇切丁寧に詳しく説明catholicaeデsatisfactioneクリスティadversus f. socinum ( 1636 ) 。

Summary概要

All the above views, in their own way, recognize that the atonement is vast and deep.上記のすべての見解は、独自の方法では、広大なと認識してその償いは深い。 There is nothing quite like it, and it must be understood in its own light.かなりのようなことは何もない、と理解しなければならないことで、独自の光です。 The plight of sinful man is disastrous, for the NT sees the sinner as lost, as suffering hell, as perishing, as cast into outer darkness, and more.罪深い人間は悲惨な窮状には、 NTのためには見て失われた罪人としては、地獄の苦しみとしては、べらぼうには、外側の闇の中に投げ込まれる、とさらに便利です。 An atonement that rectifies all this must necessarily be complex.このrectifiesすべての償いをする必要がありますが必ずしも複雑です。 So we need all the vivid concepts: redemption, propitiation, justification, and all the rest.すべての概念を鮮明にする必要がありますので:償還、なだめ、正当性、その他もろもろ。 And we need all the theories.そして我々のすべての理論にする必要があります。 Each draws attention to an important aspect of our salvation and we dare not surrender any.それぞれの重要な側面に注目して我々の救いと我々に降伏する思い切っていない。 But we are small minded sinners and the atonement is great and vast.しかし、我々は小さな偉大な精神を持った罪人とは、膨大な償いです。 We should not expect that our theories will ever explain it fully.我々は我々の理論は、これまでと予想していないことを十分に説明します。 Even when we put them all together, we will no more than begin to comprehend a little of the vastness of God's saving deed.それらを全部まとめて入れるときにも我々は、我々は理解していない以上、ちょっと始めるのは、神の節約広大な行為だ。

L Morris信用モリス

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
D M Baillie, God Was in Christ; K Barth, The Doctrine of Reconciliation; E Brunner, The Mediator; H Bushnell, The Vicarious Sacrifice; J M Campbell, The Nature of the Atonement; S Cave, The Doctrine of the Work of Christ; R W Dale, The Atonement; F W Dillistone, The Significance of the Cross; J Denney, The Death of Christ and The Christian Doctrine of Reconciliation; R S Franks, The Work of Christ; P T Forsyth, The Cruciality of the Cross and The work of Christ; L Hodgson, The Doctrine of the Atonement; T H Hughes, The Atonement; J Knox, The Death of Christ; R C Moberly, Atonement and Personality; J Moltmann, The Crucified God; L Morris, The Apostolic Preaching of the Cross and The Cross in the NT; R S Paul, The Atonement and the Sacraments; V Taylor, Jesus and His Sacrifice and The Atonement in NT Teaching; L W Grensted, A Short History of the Doctrine of the Atonement; R Wallace, The Atoning Death of Christ. baillie機DM 、神は、キリスト; kバルトは、その教義の和解; eブルンナーは、メディエーター; hブッシュネルは、その代償を犠牲;ジャマイカキャンベルは、その性質上、償い;秒洞くつの中は、その教義は、キリストの仕事; RWにデールは、その償い; dillistone fw 、十字架の意義について; jデニーは、キリストの死と、キリスト教の教義の和解; rsフランクスは、キリストの仕事; ptフォーサイス、 crucialityは、キリストの十字架とその仕事;信用ホジソンは、その教義の償い;回ヒューズは、その償い; jノックスは、キリストの死;のrcモバリー、償いと人格; jモルトマンは、十字架につけられ、神;信用モリスは、ローマ教皇の説教では、十字架と十字架このNT ; rsポールは、その償いと秘跡; vテイラーは、イエスキリストと彼の犠牲とNTの償いに教える; lw grensted 、短い歴史の教義の償い;研究ウォレスは、キリストの死atoning 。


Doctrine of the Atonement償いの教義

Catholic Information カトリック情報

The word atonement, which is almost the only theological term of English origin, has a curious history.償いという言葉は、これは、ほとんどの神学的用語の英語のみの起源は、歴史には、好奇心です。 The verb "atone", from the adverbial phrase "at one" (M.E. at oon), at first meant to reconcile, or make "at one"; from this it came to denote the action by which such reconciliation was effected, e.g.その動詞"償う"と、副詞句から、 " 1つ" (私はoon ) 、最初の和解を意図して、または作る"の1つ" ;から来たことを表し、このことによって、アクションの和解は、どのような影響は、例えば、 satisfaction for all offense or an injury.満足させるために、すべての罪や傷害です。 Hence, in Catholic theology, the Atonement is the Satisfaction of Christ, whereby God and the world are reconciled or made to be at one.それ故に、カトリック神学では、キリストの償いは、満足感で、世界では、神と仲直りされる前に、 1つまたはです。 "For God indeed was in Christ, reconciling the world to himself" (2 Corinthians 5:19). "確かに神は、キリストのために、世界中の人々に自分自身の和解" ( 2コリンチャンス5時19分) 。 The Catholic doctrine on this subject is set forth in the sixth Session of the Council of Trent, chapter ii.この問題については、カトリック教義に規定されてトレント評議会は、 6番目のセッションは、第2章。 Having shown the insufficiency of Nature, and of Mosaic Law the Council continues:自然界の機能不全を示すのは、モザイクの法則とは、評議会が続く:

Whence it came to pass, that the Heavenly Father, the Father of mercies and the God of all comfort (2 Corinthians 1, 3), when that blessed fullness of the time was come (Galatians 4:4) sent unto men Jesus Christ, His own Son who had been, both before the Law and during the time of the Law, to many of the holy fathers announced and promised, that He might both redeem the Jews, who were under the Law and that the Gentiles who followed not after justice might attain to justice and that all men might receive the adoption of sons. whenceパラメータを渡すことが、天国の父が、父の神のすべての快適さとなす( 2コリンチャンス1 、 3 )は、そのときには、時間が来る祝福膨満(ガラテヤ人への手紙4時04分)に送信男性かれイエスキリストは、自分の息子たちが、両方の法律の前の時間中には、法の趣旨とは、多くの神聖な祖先を約束したと発表したとは、ユダヤ人を救うという両方のかもしれない、としていたのは法の下では後に続く人gentiles正義と正義を達成するかもしれないが、すべての男性に養子縁組の息子を受けるかもしれない。 Him God had proposed as a propitiator, through faith in His blood (Romans 3:25), for our sins, and not for our sins only, but also for those of the whole world (I John ii, 2).彼は神としてpropitiator提案は、自分の血液を介して信じている(ローマ人への手紙3時25分)は、私たちの罪のため、私たちの罪のためだけではなく、それらのためだけでなく、全世界の(ヨハネの第2世、 2 ) 。

More than twelve centuries before this, the same dogma was proclaimed in the words of the Nicene Creed, "who for us men and for our salvation, came down, took flesh, was made man; and suffered. "And all that is thus taught in the decrees of the councils may be read in the pages of the New Testament.この12世紀以上も前に、同じドグマ宣言では、単語のニカイア信条は、 "男の人のために我々は我々の救いとは、来た銘柄が下げ、肉は、男は前;と苦しんでいる。 "とは、このようにすべてのことを教え協議会は、政令のかもしれないのページを読んで、新約聖書です。 For instance, in the words of Our Lord, "even as the Son of man is not come to be ministered unto, but to minister, and to give His life a redemption for many" (Matthew 20:28); or of St. Paul, "Because in him, it hath well pleased the Father that all fulness should dwell; and through him to reconcile all things unto himself, making peace through the blood of his cross, both as to the things that are on earth, and the things that are in heaven."例えば、わたしたちの主の言葉は、 "男の息子としてもされるようになるministered典ではないが、しかし大臣、そして彼の人生を与えるために、多くの償還" (マタイ20 : 28 ) ;または聖ポールは、 "彼のためには、それがかれらの父も満足して住むすべてのfulnessばならない;と和解を通じて彼のすべてのものを、かれ自身、彼の十字架の血を通して平和賞は、両方のものとしては、地球上で、そして、物事は、天国にしています。 " (Colossians 1:19-20). (コロサイ人への手紙1:19-20 ) 。 The great doctrine thus laid down in the beginning was further unfolded and brought out into clearer light by the work of the Fathers and theologians.偉大な教義の初めには、このようにのんびりと伸ばしたさらに鮮明に出る光をもたらしたのは、父の仕事や神学者です。 And it may be noted that in this instance the development is chiefly due to Catholic speculation on the mystery, and not, as in the case of other doctrines, to controversy with heretics.かもしれないと注意して、このインスタンスの発展のためには、主には、謎のカトリックの憶測ではなく、他の例としては、教説は、異端と論争をしています。 At first we have the central fact made known in the Apostolic preaching, that mankind was fallen and was raised up and redeemed from sin by the blood of Christ.我々は、中央での最初の既知の事実を前に、ローマ教皇の説教では、人類が落ちたとして育ちましたから換金すると、キリストの血によって罪です。 But it remained for the pious speculation of Fathers and theologians to enter into the meaning of this great truth, to inquire into the state of fallen man, and to ask how Christ accomplished His work of Redemption.しかし、それは、信心深い思索の祖先が残って神学を入力すると、この偉大な真理の意味を、その状態を調べる倒れた男は、どのようにキリストを求めると彼の仕事の償還成し遂げています。 By whatever names or figures it may be described, that work is the reversal of the Fall, the blotting out of sin, the deliverance from bondage, the reconciliation of mankind with God.どのような名前、または数字で説明するかもしれないが、その作品は、逆転の秋には、罪のうち、ブロッティング、束縛からの解放は、神と人類の和解。 And it is brought to pass by the Incarnation, by the life, the sufferings, and the death of the Divine Redeemer.に合格することがもたらしたとされる形になって、人生では、苦しみ、死とは、神の贖い主です。 All this may be summed up in the word Atonement.要約すると、この5月にすべての単語の償いです。 This, is so to say, the starting point.これは、だからと言っては、その出発点です。 And herein all are indeed at one.そしてここには、実際にはすべて1つです。 But, when it was attempted to give a more precise account of the nature of the Redemption and the manner of its accomplishment, theological speculation took different courses, some of which were suggested by the various names and figures under which this ineffable mystery is adumbrated in Holy Scripture.しかし、未遂を与えるときには、より正確には、アカウントの性質の償還や、その達成方法は、神学の憶測が異なるコースは、いくつかの提案されたとされる様々な名前の下では、この数字は筆舌に尽くし難いミステリーでadumbrated教典です。 Without pretending to give a full history of the discussions, we may briefly indicate some of the main lines on which the doctrine was developed, and touch on the more important theories put forward in explanation of the Atonement.ふりを与えることなく完全な歴史の議論は、我々が簡潔に示すいくつかの主要行では、学説が開発し、タッチは、もっと重要な理論を説明するの償いを前方に置く。

(a) In any view, the Atonement is founded on the Divine Incarnation. ( 、 )で任意のビューで、その償いは、神の化身を設立しています。 By this great mystery, the Eternal Word took to Himself the nature of man and, being both God and man, became the Mediator between God and men.この偉大なミステリーでは、自分自身の永遠の言葉には男の性質とは、神と人間の両方には、神と人間の間の仲介役になったのだ。 From this, we have one of the first and most profound forms of theological speculation on the Atonement, the theory which is sometimes described as Mystical Redemption.これより、我々は、最初の1つで、最も深遠な形態の神学的思索して償いは、神秘的な理論では、ときどきいわれて償還します。 Instead of seeking a solution in legal figures, some of the great Greek Fathers were content to dwell on the fundamental fact of the Divine Incarnation.法律上、解決策を模索する代わりに数字では、いくつかの大規模コンテンツにこだわるギリシャ語の祖先は、神の化身の基本的な事実だ。 By the union of the Eternal Word with the nature of man all mankind was lifted up and, so to say, deified.労働組合では、永遠の言葉では、全人類の男の性質を解除すると、だからと言って、 deified 。 "He was made man", says St. Athanasius, "that we might be made gods" (De Incarnatione Verbi, 54). "と彼は前の男"は、聖アタナシウスによれば、 "神々を前にして我々かもしれない" (デincarnatione verbi 、 54 ) 。 "His flesh was saved, and made free the first of all, being made the body of the Word, then we, being concorporeal therewith, are saved by the same (Orat., II, Contra Arianos, lxi). And again, "For the presence of the Saviour in the flesh was the price of death and the saving of the whole creation (Ep. ad Adelphium, vi). "彼の肉体は保存し、無料の前にまず第一に、体の前にその言葉が、それから我々は、それをもってconcorporealれ、保存されるのと同じ( orat. 、 2世、コントラarianos 、 61 ) 。そして再び、 "救世主イエスキリストが存在するというのは、肉の価格は、貯蓄が全体の死と創造( ep.広告adelphium 、 vi )のです。 In like manner St. Gregory of Nazianzus proves the integrity of the Sacred Humanity by the argument, "That which was not assumed is not healed; but that which is united to God is saved" (to gar aproslepton, atherapeuton ho de henotai to theu, touto kai sozetai).聖ナジアンゾスの聖グレゴリオスのような形での整合性は、神聖な人間性を立証された引数は、 "仮定ではないものではない治癒;しかし、これは米国に神が保存" ( aprosleptonガーには、ホデhenotaiをatherapeuton theu 、 toutoカイsozetai ) 。 This speculation of the Greek Fathers undoubtedly contains a profound truth which is sometimes forgotten by later authors who are more intent on framing juridical theories of ransom and satisfaction.この憶測のは、ギリシャの祖先は間違いないが含まれる深遠な真理を忘れてしまった後には、時には作者の意図をより多くの人には法律上のフレーミング理論と満足度の身代金。 But it is obvious that this account of the matter is imperfect, and leaves much to be explained.しかし、このことは明らかだが不完全なアカウントの問題、そして多くの葉を説明している。 It must be remembered, moreover, that the Fathers themselves do not put this forward as a full explanation.しなければならないことを覚え、また、自身の祖先は、この転送しないように十分に説明する。 For while many of their utterances might seem to imply that the Redemption was actually accomplished by the union of a Divine Person with the human nature, it is clear from other passages that they do not lose sight of the atoning sacrifice.彼らの発言の中に多くのことを意味するの償還に思えるかもしれないが、実際は、労働組合が達成した神の人間の本性を持っている人は、それははっきりしていないことから他の通路のatoning犠牲を見失う。 The Incarnation is, indeed, the source and the foundation of the Atonement, and these profound thinkers have, so to say, grasped the cause and its effects as one vast whole.その化身のは、実際には、ソースと同財団の償い、およびこれらの深遠な思想家が、だからと言って、効果の把握とその原因の一つとして、広大な全体のです。 Hence they look on to the result before staying to consider the means by which it was accomplished.したがって彼らの前に滞在して見ていると、結果を検討する手段を成し遂げていた。

(b) But something more on this matter had already been taught in the preaching of the Apostles and in the pages of the New Testament. ( b )にはこの件に関して何かもっと教えては、説教されていたの使徒とは、新約聖書のページです。 The restoration of fallen man was the work of the Incarnate Word.倒れた男は、復元作業の権化の単語です。 "God was in Christ reconciling the world to himself" (2 Corinthians 5:19). "神は、キリストの和解に自分自身の世界" ( 2コリンチャンス5時19分) 。 But the peace of that reconciliation was accomplished by the death of the Divine Redeemer, "making peace through the blood of His cross" (Colossians 1:20).しかし、平和の和解が達成されることは、神の贖い主の死"となり、彼の十字架の血を通して平和" (コロサイ人への手紙1時20分) 。 This redemption by death is another mystery, and some of the Fathers in the first ages are led to speculate on its meaning, and to construct a theory in explanation.この償還された別の謎の死は、父親との最初のいくつかの年齢層が主導の意味を推測する、との理論を説明して建設する。 Here the words and figures used in Holy Scripture help to guide the current of theological thought.ここで、言葉や数字をガイドヘルプで使用され、現在の教典の神学的思考です。 Sin is represented as a state of bondage or servitude, and fallen man is delivered by being redeemed, or bought with a price.罪の状態が表されるまたは地役ボンデージ、と倒れた男は換金で配信され、または購入価格を表示してある。 "For you are bought with a great price" (1 Corinthians 6:20). "あなたは偉大な価格で買っています" ( 1コリンチャンス6時20分) 。 "Thou art worthy, O Lord, to take the book, and to open the seals thereof; because thou wast slain, and hast redeemed to God, in thy blood" (Revelation 5:9). "なたに値する、主よ、この本を取る、と印章を開くために、なたのために殺害された、と神hast換金して、なたの血液" (ヨハネの黙示録5時09分) 。 Looked at in this light, the Atonement appears as the deliverance from captivity by the payment of a ransom.この光を見て、その償いとして表示さから解放されるの救出に身代金の支払いです。 This view is already developed in the second century.このビューを表示する2番目の世紀にはすでに開発された。 "The mighty Word and true Man reasonably redeeming us by His blood, gave Himself a ransom for those who had been brought into bondage. And since the Apostasy unjustly ruled over us, and, whereas we belonged by nature to God Almighty, alienated us against nature and made us his own disciples, the Word of God, being mighty in all things, and failing not in His justice, dealt justly even with the Apostasy itself, buying back from it the things which were His own" (Irenaeus Aversus Haereses V, i). "本当の男の偉大な単語や欠点を補う合理的に我々の血によって彼は、自分自身の身代金を与えたていた者たちに持ち込まボンデージ。背教不当に支配して以来、私たちは、そして、我々が自然に所属された全能の神は、私たちに対する疎外自然の前に我々自身の弟子とは、神のみことばは、すべてが偉大なものだから、失敗していない彼の正義、公正に扱われる背教もってしてもそれ自体は、背面からの買いが、自分のものにすること" ( irenaeus aversus haereses v 、私) 。 And St. Augustine says in well-known words: "Men were held captive under the devil and served the demons, but they were redeemed from captivity. For they could sell themselves. The Redeemer came, and gave the price; He poured forth his blood and bought the whole world. Do you ask what He bought? See what He gave, and find what He bought. The blood of Christ is the price. How much is it worth? What but the whole world? What but all nations?"とはよく知られて聖アウグスティヌスの言葉によれば: "男たちは、悪魔と配信の下で行われた捕虜の悪魔が、かれらは換金捕らわれているからだ。ために彼らが販売しています。 、救い主がやって来て、その価格を与えた;彼は彼の注ぎ来たりそして、全世界の血液買っています。ご依頼彼は何を買ったか?何を参照してください彼は、彼は何を見つけると買っています。血液中には、キリストの価格です。やってみる価値はいくらですか?しかし、全世界の何ですか?しかし、すべての国は何ですか? " (Enarratio in Psalm xcv, n. 5). ( 95 enarratioで詩編、 n. 5 ) 。

It cannot be questioned that this theory also contains a true principle.事情聴取することはできませんが、この理論の真の原則にも含まれています。 For it is founded on the express words of Scripture, and is supported by many of the greatest of the early Fathers and later theologians.を設立して言葉を口にすることは、啓典は、サポートされるとは、多くの祖先の初期と後期の最大の神学者です。 But unfortunately, at first, and for a long period of theological history, this truth was somewhat obscured by a strange confusion, which would seem to have arisen from the natural tendency to take a figure too literally, and to apply it in details which were not contemplated by those who first made use of it.しかし、残念なことに、最初は、神学とするために長い間の歴史は、この奇妙な真実が隠される多少の混乱は、どのようには、自然な傾向が生じてから、あまりにも文字どおりに取る図、および詳細に適用されたことで予定される初のない人たちの前に使用しています。 It must not be forgotten that the account of our deliverance from sin is set forth in figures.忘れてはならないことは、私たちの罪からの解放のアカウントは数字に規定されています。 Conquest, captivity, and ransom are familiar facts of human history.征服は、捕らわれている、との身代金の人類の歴史の事実を知っている。 Man, having yielded to the temptations of Satan, was like to one overcome in battle.男は、悪魔の誘惑に屈したが、 1つ克服しての戦いだったようだ。 Sin, again, is fitly likened to a state of slavery.罪は、再び、適時には、奴隷状態に似ています。 And when man was set free by the shedding of Christ's precious Blood, this deliverance would naturally recall (even if it had not been so described in Scripture) the redemption of a captive by the payment of a ransom.そして自由に設定されるとき男は、キリストの貴重な血を流すことは、このリコールは当然デリヴァランス(だからされていない場合でも説明されていた啓典)の償還に身代金の支払いを拘束された。

But however useful and illuminating in their proper place, figures of this kind are perilous in the hands of those who press them too far, and forget that they are figures.しかし、しかしその便利さや照明の適切な場所には、この種のは、危険な人物の手に委ねられている人の記者が過ぎる、とされている数字を忘れている。 This is what happened here.これはここで何が起こったのです。 When a captive is ransomed the price is naturally paid to the conqueror by whom he is held in bondage.贖いの価格を表示するときには、捕虜には、自然を征服された有給は、開かれた心に適うボンデージ。 Hence, if this figure were taken and interpreted literally in all its details, it would seem that the price of man's ransom must be paid to Satan.したがって、この図は、文字通りに解釈するとすべての詳細を、次のように価格を表示するように見えるのは、男の悪魔の身代金を支払わなければならない。 The notion is certainly startling, if not revolting.その概念は、確かに驚くべきしない場合、胸がむかむかする。 Even if brave reasons pointed in this direction, we might well shrink from drawing the concluslon.勇敢な理由の場合でも、この方向を指し、我々の図面に尻込みするかもしれない井戸concluslon 。 And this is in fact so far from being the case that it seems hard to find any rational explanation of such a payment, or any right on which it could be founded.そしてこれは今までに寄付されている実際のケースでは見つけにくいよう合理的な説明をどのようなお支払い、または任意の右上に設立されるかもしれない。 Yet, strange to say, the bold flight of theological speculation was not checked by these misgivings.しかし、妙な話だが、神学の大胆な憶測が飛んでこれらの懸念がチェックされていない。 In the above-cited passage of St. Irenæus, we read that the Word of God "dealt justly even with the Apostasy itself [i.e. Satan], buying back from it the things which were His own."通路は、上記の聖irenæus 、我々は、神のみことばを読む"背教自体もってしても公正に扱わ[すなわち悪魔]は、背面からの買いが、自分のものにしています。 " This curious notion, apparently first mooted by St. Irenæus, was taken up by Origen in the next century, and for about a thousand years it played a conspicuous part in the history of theology.この奇妙な考えは、明らかにされた最初のmooted聖irenæus 、原産地で取り上げられるが、次の世紀には、約1000年とプレーすることは、歴史の神学部目立つ。 In the hands of some of the later Fathers and medieval writers, it takes various forms, and some of its more repulsive features are softened or modified.いくつかの手には、中世以降の作家の父と、さまざまな形態がかかるし、さらにいくつかの機能が和らぎ、または修正される反発。 But the strange notion of some right, or claim, on the part of Satan is still present.しかし、いくつかの奇妙な概念の権利、または請求については、悪魔の部分は、まだ存在する。 A protest was raised by St. Gregory of Nazianzus in the fourth century, as might be expected from that most accurate of the patristic theologians.抗議が提起された聖ナジアンゾスの聖グレゴリオスで、第4世紀には、予想できるようにしてから、最も正確な神学patristic 。 But it was not till St. Anselm and Abelard had met it with unanswerable arguments that its power was finally broken.しかし、それまではなかったアベラード聖アンセルムと会っていたと主張して反論の余地のないそのパワーは、最後に壊れています。 It makes a belated appearance in the pages of Peter Lombard.そうすることによって、ページの外観を遅ればせながらピーターロンバード。 (c) But it is not only in connection with the theory of ransom that we meet with this notion of "rights" on the part of Satan. ( C参照)しかし、それだけではないの理論に関連して身代金を要求して、この概念を我々に会う"権利"は、悪魔の部分です。 Some of the Fathers set the matter in a different aspect.その件については、いくつかの祖先とは異なる側面を設定します。 Fallen man, it was said, was justly under the dominion of the devil, in punishment for sin.倒れた男で、それによるとは、公正には、悪魔の支配下には、懲罰のために罪です。 But when Satan brought suffering and death on the sinless Saviour, he abused his power and exceeded his right, so that he was now justly deprived of his dominion over the captives.しかし、ときには、悪魔と死の苦しみをもたらしたsinless救い主、彼は彼のパワーと虐待を超えて彼の右には、今すぐので、彼は当然の捕虜に支配を奪われた。 This explanation is found especially in the sermons of St. Leo and the "Morals" of St. Gregory the Great.特に、このような説明が見つかったと説教聖レオ"道徳"聖グレゴリー偉大です。 Closely allied to this explanation is the singular "mouse-trap" metaphor of St. Augustine.密接に関連して、この奇妙な説明は、 "マウストラップ"聖アウグスティヌス比喩です。 In this daring figure of speech, the Cross is regarded as the trap in which the bait is set and the enemy is caught.この大胆な言葉のあやでは、十字架には見なされているトラップで、餌が設定され、敵が摘発された。 "The Redeemer came and the deceiver was overcome. What did our Redeemer do to our Captor? In payment for us He set the trap, His Cross, with His blood for bait. He [Satan] could indeed shed that blood; but he deserved not to drink it. By shedding the blood of One who was not his debtor, he was forced to release his debtors" (Serm. cxxx, part 2). "身請け欺く人が来たと克服。私たちは何かを私たちの救い主捕らえるか?でのお支払いのトラップを設定するために彼は私たちは、彼のクロスは、彼のために血を流す餌です。彼[悪魔]当てることが本当に血液;しかし、彼はそれだけの価値がある酒を控えるようにすることです。一人の血を流すことではない彼の債務は、債務者の彼は彼の放出を余儀なくさ" ( serm. cxxx 、パート2 ) 。

(d) These ideas retained their force well into the Middle Ages. (民主党)これらのアイデアを自分の力を十分に保持中世です。 But the appearance of St. Anselm's "Cur Deus Homo?"しかし、外観の聖アンセルムの"ホモデウス最新版ですか? " made a new epoch in the theology of the Atonement.新時代を前には、神学の償いです。 It may be said, indeed, that this book marks an epoch in theological literature and doctrinal development.ているかもしれないが、実際のところ、この本をマークして、文学や神学的教義上のエポックは開発中です。 There are not many works, even among those of the greatest teachers, that can compare in this respect with the treatise of St. Anselm.多くの作品ではないが、それらの中で最も偉大な教師でさえ、このような点を比較することができるが、論文の聖アンセルム。 And, with few exceptions, the books that have done as much to influence and guide the growth of theology are the outcome of some great struggle with heresy; while others, again, only summarize the theological learning of the age.とは、少数の例外を除いて、これまでの書籍のガイドと同じくらいの成長に影響を及ぼすと神学の結果は、いくつかの偉大な闘争を異端;他、再度、神学のみの学習は、年齢を要約します。 But this little book is at once purely pacific and eminently original.しかし、これをまとめて本にはほとんど完ぺきな太平洋と純粋にオリジナルです。 Nor could any dogmatic treatise well be more simple and unpretending than this luminous dialogue between the great archbishop and his disciple Boso.また任意の独断的な論文がよく、これよりももっとシンプルで気取らない発光間の対話と彼の弟子の偉大な大司教boso 。 There is no parade of learning, and but little in the way of appeal to authorities.パレードの学習がない、とでもほとんどの道の当局者に訴える。 The disciple asks and the master answers; and both alike face the great problem before them fearlessly, but at the same time with all due reverence and modesty.マスターの弟子との回答を要求;との両方を問わず、大きな問題に直面して前に恐れることなく、しかしそれと同時に、畏敬の念と慎み深さ、全ての原因です。 Anselm says at the outset that he will not so much show his disciple the truth he needs, as seek it along with him; and that when he says anything that is not confirmed by higher authority, it must be taken as tentative, and provisional.アンセルム氏は冒頭ほどではないことを示す彼は彼の弟子のニーズに真実を彼は、それを求めるとともに彼と彼の言うことは何もして時に確定される高い権限ではない、として暫定られなければならないこと、および仮です。 He adds that, though he may in some measure meet the question, one who is wiser could do it better; and that, whatever man may know or say on this subject, there will always remain deeper reasons that are beyond him.彼を追加して、いくつかの可能性を測るかかわらず、彼の質問を満たして、自分たちができることは、賢明な改善;として、何か知っていると言う人がこの問題について、依然として深い理由がそこには常に彼には、越えている。 In the same spirit he concludes the whole treatise by submitting it to reasonable correction at the hands of others.彼の精神は、同じ結論に全体の論文を提出することは、合理的な補正が他人の手だ。

It may be safely said that this is precisely what has come to pass.それによると、これは安全かもしれないが来て正確には何を渡す。 For the theory put forward by Anselm has been modified by the work of later theologians, and confirmed by the testimony of truth.アンセルムは、理論を提唱したが、仕事の後で変更された神学者、そして真実の証言によって確定される。 In contrast to some of the other views already noticed, this theory is remarkably clear and symmetrical.とは対照的に気づいて、すでにいくつかの他の見解は、この理論は、非常にはっきりと対称です。 And it is certainly more agreeable to reason than the "mouse-trap" metaphor, or the notion of purchase money paid to Satan.そしてそれは確かに理性よりももっと快い"マウストラップ"隠喩、あるいはお金を払って購入するという考えは、悪魔です。 Anselm's answer to the question is simply the need of satisfaction of sin.アンセルムのは、単にその問題の答えを満足させる必要が罪です。 No sin, as he views the matter, can be forgiven without satisfaction.罪のない、彼の意見の問題として、許されることなく満足させることだ。 A debt to Divine justice has been incurred; and that debt must needs be paid.借金してきた神の裁きを被った;として支払われる債務のニーズにする必要があります。 But man could not make this satisfaction for himself; the debt is something far greater than he can pay; and, moreover, all the service that he can offer to God is already due on other titles.しかし、この男を満足させることができなかったために自分自身;の負債は彼よりもはるかに大きな何かを支払うこと、そして、また、すべてのサービスを提供するのだということを、神のためには、すでに他のタイトルだ。 The suggestion that some innocent man, or angel, might possibly pay the debt incurred by sinners is rejected, on the ground that in any case this would put the sinner under obligation to his deliverer, and he would thus become the servant of a mere creature.いくつかの提案をして罪のない男、または天使、かもしれない罪人の可能性が生じた場合は、債務の支払いを拒否し、地面に置くことで、いずれにせよ、この罪人は、彼の下での義務を救世主は、このようになると、彼は、単なる生き物の使用人。 The only way in which the satisfaction could be made, and men could be set free from sin, was by the coming of a Redeemer who is both God and man.唯一の方法で、満足度の可能性がある前には、男性の可能性があると罪を犯していないセットは、今後の身請けされた人は、神と人間の両方です。 His death makes full satisfaction to the Divine Justice, for it is something greater than all the sins of all rnankind.彼の死は、神の裁きを完全に満足感は、何かをすることがより大きいのすべての罪をすべてrnankind 。 Many side questions are incidentally treated in the dialogue between Anselm and Boso.ちなみに質問には、多くの面で扱わ間の対話とbosoアンセルム。 But this is the substance of the answer given to the great question, "Cur Deus Homo?".しかし、これは、物質を与えられたのは、偉大な質問に答え、 "最新版デウスホモですか? "です。 Some modern writers have suggested that this notion of deliverance by means of satisfaction may have a German origin.いくつかの現代作家が救出されたと示唆して、この概念を満足させる可能性があるという意味のドイツ語起源です。 For in old Teutonic laws a criminal might pay the wergild instead of undergoing punishment.古ゲルマンのための法律で犯罪者かもしれないの贖罪金を支払う代わりに罰を受けています。 But this custom was not peculiar or to the Germans, as we may see from the Celtic eirig, and, as Riviere has pointed out, there is no need to have recourse to this explanation.しかし、このカスタムではないが、ドイツ人特有のか、我々としての可能性を参照してから、ケルトeirig 、および、リヴィエールが指摘するように、償還請求権がないと、この説明をする必要がある。 For the notion of satisfaction for sin was already present in the whole system of ecclesiastical penance, though it had been left for Anselm to use it in illustration of the doctrine of the Atonernent.罪の概念を満足させるためにはすでに存在して、全体のシステムの贖罪教会が、アンセルムされていたためにそれを使うことで左の図は、ドクトリンのatonernent 。 It may be added that the same idea underlies the old Jewish "sin-offerings" as well as the similar rites that are found in many ancient religions.泳いだことがありますが、古いユダヤ人と同じ考えunderlies "罪の提供"だけでなく、似たような古代の儀式には多くの宗教が見つかりました。 It is specially prominent in the rites and prayers used on the Day of Atonement.それは、特別に著名な儀式や贖罪の日の礼拝で使用されています。 And this, it may be added, is now the ordinary acceptance of the word; to "atone" is to give satisfaction, or make amends, for an offense or an injury.そしてこれは、追加するかもしれないが、普通の受入れは、今やその言葉;を"あがなう"は、満足感を与える、または償いは、罪やけがをする。

(e) Whatever may be the reason, it is clear that this doctrine was attracting special attention in the age of St. Anselm. ( E )のどのような理由かもしれないと、はっきりしたことは、この学説は、特別な注意を集めていた時代の聖アンセルム。 His own work bears witness that it was undertaken at the urgent request of others who wished to have some new light on this mystery.クマを目撃して、自分の仕事に着手することが緊急の要請を希望して他の人に新たな光をこのミステリーがいくつかある。 To some extent, the solution offered by Anselm seems to have satisfied these desires, though, in the course of further discussion, an important part of his theory, the absolute necessity of Redemption and of satisfaction for sin, was discarded by later theologians, and found few defenders.ある程度までは、その解決策が提供されるようアンセルムこれらの欲望を満たすことでは、さらなる議論の過程で、自分の理論の重要な部分は、絶対的な必要性を満足させるために罪の償還や、廃棄された後には、神学者、および少数の守備が見つかりました。 But meanwhile, within a few years of the appearance of the "Cur Deus Homo?"しかし一方で、数年以内には、外観は、 "最新版デウスホモですか? " another theory on the subject had been advanced by Abelard.別の説に服従していた先進さアベラード。 In common with St. Anselm, Abelard utterly rejected the old and then still prevailing, notion that the devil had some sort of right over fallen man, who could only be justly delivered by means of a ransom paid to his captor.聖アンセルムを共通にして、完全に拒否された古いアベラードそれからまだ支配的、観念して、悪魔が何らかの権利やり直す倒れた男は、誰が配信された公正な手段のみで、彼の捕獲者の身代金を支払った。 Against this he very rightly urges, with Anselm, that Satan was clearly guilty of injustice in the matter and could have no right to anything but punishment.この彼は非常に正しく衝動に反対し、アンセルムは、有罪の不当性を明確にして悪魔は、物質とは全く違う可能性がある懲罰を受ける権利がない。 But, on the other hand, Abelard was unable to accept Anselm's view that an equivalent satisfaction for sin was necessary, and that this debt could only be paid by the death of the Divine Redeerner.しかし、その半面、アベラードを受け入れることができませんでした。アンセルムの見方を満足させるために相当する罪は、必要に応じて、この債務として支払われることしかできなかったの死によって、神のredeerner 。 He insists that God could have pardoned us without requiring satisfaction.彼は神の可能性があると主張して満足感を必要とせずに恩赦に浴する私たちです。 And, in his view, the reason for the Incarnation and the death of Christ was the pure love of God.そして、彼の見解は、その理由は、キリストの死の権化とは、純粋な愛の神です。 By no other means could men be so effectually turned from sin and moved to love God.他の手段ではない可能性がより効果的に男性の罪のために、神の愛に移動しています。 Abelard's teaching on this point, as on others, was vehemently attacked by St. Bernard.アベラードの授業をこの時点で、他には、躍起になっていたセントバーナードに襲われています。 But it should be borne in mind that some of the arguments urged in condemnation of Abelard would affect the position of St. Anselm also, not to speak of later Catholic theology.しかし、それを念頭に置いて負担しなければならないことがいくつかの引数を促したアベラード非難の立場に影響を与えるのは、聖アンセルムまた、それ以降のカトリック神学しないように話すのだ。

In St. Bernard's eyes it seemed that Abelard, in denying the rights of Satan, denied the "Sacrament of Redemption" and regarded the teaching and example of Christ as the sole benefit of the Incarnation.セントバーナードの目のように見えたことアベラードそれは、悪魔の権利を否定し、否定して"聖餐式の償還"と見なすの指導とキリストの例として、単独の権化の利点です。 "But", as Mr. Oxenham observes, "しかし" 、ミスターオクセナム観察としては、

he had not said so, and he distinctly asserts in his "Apology" that "the Son of God was incarnate to deliver us from the bondage of sin and yoke of the Devil and to open to us by His death the gate of eternal life."彼によるとなかったので、彼の主張をはっきりと彼は"謝罪"は、 "神の御子は、私たちの化身を届けると罪の束縛からくびきを開くには、悪魔と彼の死によって、私たちの永遠の生命のゲートです。 " And St. Bernard himself, in this very Epistle, distinctly denies any absolute necessity for the method of redemption chosen, and suggests a reason for it not so very unlike Abelard's.セントバーナードと自分自身は、この非常に信徒は、絶対的な必要性をはっきりと否定し、いかなる方法償還選ばれた、との理由を提示することではなかったので非常にアベラードのとは違っている。 "Perhaps that method is the best, whereby in a land of forgetfulness and sloth we might be more powerfully as vividly reminded of our fall, through the so great and so manifold sufferings of Him who repaired it." "たぶんそのことが最善の方法で、土地の忘却とは、我々の方がより力強くナマケモノとしての我々の生々しく思い出すの秋には、これを通じて、彼の偉大な人の苦しみやだからマニホールド修理することです。 " Elsewhere when not speaking controversially, he says still more plainly: "Could not the Creator have restored His work without that difficulty? He could, but He preferred to do it at his own cost, lest any further occasion should be given for that worst and most odious vice of ingratitude in man" (Bern., Serm. xi, in Cant.).論議を呼ぶときは別の場所に言えば、まだもっとはっきりと彼は言います: "復元できませんでしたが、彼の作品を創作して困難ですか?彼が、しかし彼は、自分の希望を行うことでコストは、これ以上しないようにして最悪の事態を与えられた機会にしなければならないと恩知らずで最も醜悪な男の副" ( bern. 、 serm 。 xi 、カントです。 ) 。 What is this but to say, with Abelard that "He chose the Incarnation as the most effectual method for eliciting His creature's love?"しかし、何と言っては、これは、アベラードこと"と彼を選んだの権化として、最も効果的な方法を誘発彼の愛の生き物ですか? " (The Catholic Doctrine of the Atonement, 85, 86). (カトリック教義の償い、 85 、 86 ) 。

(f) Although the high authority of St. Bernard was thus against them, the views of St. Anselm and Abelard, the two men who in different ways were the fathers of Scholasticism, shaped the course of later medieval theology. ( f )にもかかわらず、このように高い権威セントバーナードに反対していた、との見解アベラード聖アンセルムは、さまざまな方法で、二人の男の人が、父親のスコラ学は、中世の神学形後の経過です。 The strange notion of the rights of Satan, against which they had both protested, now disappears from the pages of our theologians.その奇妙な概念の権利の悪魔は、かれらがこれに反対両方の抗議は、今の私たちの神学のページから消えています。 For the rest, the view which ultimately prevailed may be regarded as a combination of the opinions of Anselm and Abelard.休息のため、最終的に優勢で、ビューの組み合わせであると見なされるかもしれない、との意見アンセルムアベラード。 In spite of the objections urged by the latter writer, Anselm's doctrine of Satisfaction was adopted as the basis.反対にもかかわらず、後者の作家に迫られて、アンセルムの教義の基礎としての満足感が採択されます。 But St. Thomas and the other medieval masters agree with Abelard in rejecting the notion that this full Satisfaction for sin was absolutely necessary.しかし、他の中世のマスターズセントトマスおよびアベラードに同意するという考えを拒否し、この完全に満足させるためには絶対に必要な罪だ。 At the most, they are willing to admit a hypothetical or conditional necessity for the Redemption by the death of Christ.そのほとんどは、かれらは喜んで仮想的または条件付きで認める必要性は、キリストの死を償還される。 The restoration of fallen man was a work of God's free mercy and benevolence.倒れた男は、復元作業の神の慈悲と博愛無料です。 And, even on the hypothesis that the loss was to be repaired, this might have been brought about in many and various ways.とでも、という仮説に基づいて修理されるの損失は、この可能性があるとされ、多くのさまざまな方法をもたらした。 The sin might have been remitted freely, without any satisfaction at all, or some lesser satisfaction, however imperfect in itself, might have been accepted as sufficient.罪の可能性がある、自由に送金され、満足度でもなくすべて、またはいくつかの小満足度は、それ自体が不完全で、十分な可能性があるとして利用されています。 But on the hypothesis that God as chosen to restore mankind, and at the same time, to require full satisfaction as a condition of pardon and deliverance, nothing less than the Atonement made by one who was God as well as man could suffice as satisfaction for the offense against the Divine Majesty.しかし、神として選ばれたという仮説に基づいて人類を復元し、それと同時に、完全な満足感を必要とする条件として、恩赦デリヴァランス、何も満たないの償い作られるだけでなく、一人の男が、神として十分満足させるための可能性陛下は神に対する犯罪だ。 And in this case Anselm's argument will hold good.そしてこのような場合は、ホールドの引数アンセルム良いです。 Mankind cannot be restored unless God becomes man to save them.人類に復元することはできませんが男を保存しない限り、神にしてください。

In reference to many points of detail the Schoolmen, here as elsewhere, adopted divergent views.多くのポイントを参考に、 schoolmanの複数の詳細は、別の場所としてここには、発散見解を採択した。 One of the chief questions at issue was the intrinsic adequacy of the satisfaction offered by Christ. 1つの質問では、最高の妥当性の問題は、本質的に提供されてキリストの満足度です。 On this point the majority, with St. Thomas at their head, maintained that, by reason of the infinite dignity of the Divine Person, the least action or suffering of Christ had an infinite value, so that in itself it would suffice as an adequate satisfaction for the sins of the whole world.この点について、大多数は、自分の頭でセントトマスでは、維持して、無限の理由では、人間の尊厳は、神は、キリストの苦しみを最小作用や無限の価値を持って来て、それはそれ自体としては十分に適切な満足度は、全世界の罪のためです。 Scotus and his school, on the other hand, disputed this intrinsic infinitude, and ascribed the all-sufficiency of the satisfaction to the Divine acceptation.学校scotusと彼は、その一方で、この係争無限内在し、生得のすべてを満足させるに十分な神を信じることです。 As this acceptation was grounded on the infinite dignity of the Divine Person, the difference was not so great as might appear at first sight.この語義としては、接地して、神の無限の尊厳人は、それほど大きな違いとしては、ひと目で表示されるかもしれません。 But, on this point at any rate the simpler teaching of St. Thomas is more generally accepted by later theologians.しかし、いずれにせよ、この点について簡単に教えるのは、もっと一般的に受け入れられるセントトマス後で神学です。 Apart from this question, the divergent views of the two schools on the primary motive of the Incarnation naturally have some effect on the Thomist and Scotist theology of the Atonement.別にこの質問は、 2つの学校の意見を発散して一次的な動機は、いくつかの効果があるのは当然の権化thomistとscotist神学の償いです。 On looking back at the various theories noticed so far, it will be seen that they are not, for the most part, mutually exclusive, but may be combined and harmonized.振り返ってみると、様々な理論上は気づいてこれまでのところ、それは見たことがない彼らは、その大部分は、相互に排他的ではなく、調和のとれた組み合わせかもしれない。 It may be said, indeed, that they all help to bring out different aspects of that great doctrine which cannot find adequate expression in any human theory.ているかもしれないが、実際のところ、すべてのことを引き出す手助けをして偉大な教義の別の側面についての適切な表現を見つけることができませんが、いかなる人間の理論です。 And in point of fact it will generally be found that the chief Fathers and Schoolmen, though they may at times lay more stress on some favourite theory of their own, do not lose sight of the other explanations.そして実際に見ても、そのことは通常のチーフschoolmanの複数の祖先とは、かれらのストレスを与える可能性はさらにいくつかのお気に入りのレイ回には、独自の理論は、しないで、他の説明を見失う。

Thus the Greek Fathers, who delight in speculating on the Mystical Redemption by the Incarnation, do not omit to speak also of our salvation by the shedding of blood.こうして、ギリシャの祖先は、投機者は、神秘的な喜びで償還される形になって、省略しないでも私たちの救いを話すの血液を排出される。 Origen, who lays most stress on the deliverance by payment of a ransom, does not forget to dwell on the need of a sacrifice for sin.原産地は、ほとんどの人が上向きに救出された強調しているのは、身代金の支払いは、忘れずにこだわるが、罪のために犠牲にする必要がある。 St. Anselm again, in his "Meditations", supplements the teaching set forth in his "Cur Deus Homo?"聖アンセルム繰り返しますが、彼の" meditations " 、サプリメントの教えに規定されて彼の"ホモデウス最新版ですか? " Abelard, who might seem to make the Atonement consist in nothing more than the constraining example of Divine Love has spoken also of our salvation by the Sacrifice of the Cross, in passages to which his critics do not attach sufficient importance.アベラード、その償いを作る人で構成に思えるかもしれないが、何も制約を超える例も話される神の愛が私たちの救いを犠牲にされた十字架には、彼の批評家の文章を添付し、十分な重要性はありません。 And, as we have seen his great opponent, St. Bernard, teaches all that is really true and valuable in the theory which he condemned.そして、我々が見た彼の偉大な対戦相手としては、セントバーナードは、すべてを教えることは本当に貴重な真実とは、彼の理論を非難した。 Most, if not all, of these theories had perils of their own, if they were isolated and exaggerated.もっとも、全部ではないが、これらの危険には、独自の理論には、もし彼らが誇張されて孤立しています。 But in the Catholic Church there was ever a safeguard against these dangers of distortion.しかし、カトリック教会はこれまで、これらの危険性を守るための手段の歪みです。 As Mr. Oxenham says very finely,ミスターとして非常に細かくオクセナムによれば、

The perpetual priesthood of Christ in heaven, which occupies a prominent place in nearly all the writings we have examined, is even more emphatically insisted upon by Origen.キリストは、天国の永遠の聖職者は、目立つ位置を占めるほぼすべての記述で調べた我々は、時によっては、さらに多くの原産地きっぱりと主張した。 And this deserves to be remembered, because it is a part of the doctrine which has been almost or altogether dropped out of many Protestant expositions of the Atonement, whereas those most inclining among Catholics to a merely juridical view of the subject have never been able to forget the present and living reality of a sacrifice constantly kept before their eyes, as it were, in the worship which reflects on earth the unfailing liturgy of heaven.これに値すると思い出したので、その部分は、ほとんどまたは全く教義を中退してきた多くのプロテスタント万博の償いが、それらのほとんどのカトリック信者の間に傾斜するだけでは、法律上の主語を表示できるように行ったことのないforget the present and living reality of a sacrifice constantly kept before their eyes, as it were, in the worship which reflects on earth the unfailing liturgy of heaven. (p. 38)

The reality of these dangers and the importance of this safeguard may be seen in the history of this doctrine since the age of Reformation. As we have seen, its earlier development owed comparatively little to the stress of controversy with the heretics. And the revolution of the sixteenth century was no exception to the rule. For the atonement was not one of the subjects directly disputed between the Reformers and their Catholic opponents. But from its close connection with the cardinal question of Justification, this doctrine assumed a very special prominence and importance in Protestant theology and practical preaching. Mark Pattison tells us in his "Memoirs" that he came to Oxford with his "home Puritan religion almost narrowed to two points, fear of God's wrath and faith in the doctrine of the Atonement". And his case was possibly no exception among Protestant religionists. In their general conception on the atonement the Reformers and their followers happily preserved the Catholic doctrine, at least in its main lines. And in their explanation of the merit of Christ's sufferings and death we may see the influence of St. Thomas and the other great Schoolmen. But, as might be expected from the isolation of the doctrine and the loss of other portions of Catholic teaching, the truth thus preserved was sometimes insensibly obscured or distorted. It will be enough to note here the presence of two mistaken tendencies.

The first is indicated in the above words of Pattison in which the Atonement is specially connected with the thought of the wrath of God. It is true of course that sin incurs the anger of the Just Judge, and that this is averted when the debt due to Divine Justice is paid by satisfaction. But it must not be thought that God is only moved to mercy and reconciled to us as a result of this satisfaction. This false conception of the Reconciliation is expressly rejected by St. Augustine (In Joannem, Tract. cx, section 6). God's merciful love is the cause, not the result of that satisfaction.

The second mistake is the tendency to treat the Passion of Christ as being literally a case of vicarious punishment. This is at best a distorted view of the truth that His Atoning Sacrifice took the place of our punishment, and that He took upon Himself the sufferings and death that were due to our sins.

This view of the Atonement naturally provoked a reaction. Thus the Socinians were led to reject the notion of vicarious suffering and satisfaction as inconsistent with God's justice and mercy. And in their eyes the work of Christ consisted simply in His teaching by word and example. Similar objections to the juridical conception of the Atonement led to like results in the later system of Swedenborg. More recently Albrecht Ritschl, who has paid special attention to this subject, has formulated a new theory on somewhat similar lines. His conception of the Atonement is moral and spiritual, rather than juridical and his system is distinguished by the fact that he lays stress on the relation of Christ to the whole Christian community. We cannot stay to examine these new systems in detail. But it may be observed that the truth which they contain is already found in the Catholic theology of the Atonement. That great doctrine has been faintly set forth in figures taken from man's laws and customs. It is represented as the payment of a price, or a ransom, or as the offering of satisfaction for a debt. But we can never rest in these material figures as though they were literal and adequate. As both Abelard and Bernard remind us, the Atonement is the work of love. It is essentially a sacrifice, the one supreme sacrifice of which the rest were but types and figures. And, as St. Augustine teaches us, the outward rite of Sacrifice is the sacrament, or sacred sign, of the invisible sacrifice of the heart. It was by this inward sacrifice of obedience unto death, by this perfect love with which He laid down his life for His friends, that Christ paid the debt to justice, and taught us by His example, and drew all things to Himself; it was by this that He wrought our Atonement and Reconciliation with God, "making peace through the blood of His Cross". It was by this inward sacrifice of obedience unto death, by this perfect love with which He laid down his life for His friends, that Christ paid the debt to justice, and taught us by His example, and drew all things to Himself; it was by this that He wrought our Atonement and Reconciliation with God, "making peace through the blood of His Cross".

Publication information Written by W.H. Publication information Written by WH Kent. Transcribed by Joseph P. Thomas. The Catholic Encyclopedia, Volume II. Published 1907. New York: Robert Appleton Company. Nihil Obstat, 1907. Remy Lafort, S.T.D., Censor. Remy Lafort, STD, Censor. Imprimatur. +John M. Farley, Archbishop of New York


Atonement贖罪

Jewish Viewpoint Information ユダヤ教の視点情報

The setting at one, or reconciliation, of two estranged parties-translation used in the Authorized Version for "kapparah," "kippurim."この設定を1つ、または和解には、 2つの政党の翻訳で使用されて別居欽定訳聖書のための" kapparah 、 " " kippurim 。 " The root ("kipper"), to make atonement, is explained by W. Robertson Smith ("Old Testament in the Jewish Church," i. 439), after the Syriac, as meaning "to wipe out."ルート( "幅広" ) 、償いをして、ロバートソン氏は説明したウィリアムスミス( "旧約聖書は、ユダヤ教の教会で、 " i. 439 ) 、シリア語の後、としての意味"を消去する"と述べた。 This is also the view taken by Zimmern ("Beiträge zur Kenntniss der Babylonischen Religion," 1899, p. 92), who claims Babylonian origin for both the term and the rite.ここはまた、撮影されたビュージマーン( " beiträgeツアkenntnissデアbabylonischen宗教は、 " 1899年、 p. 92 )は、債権者の両方のバビロニア起源とその用語の儀式です。 Wellhausen ("Composition des Hextateuchs," p. 335) translates "kapparah" as if derived from "kapper" (to cover).ヴェルハウゼン( "組成デhextateuchs 、 " p. 335 )に変換" kapparah "まるでから派生した" kapper " (をカバーする) 。 The verb, however, seems to be a derivative from the noun "kofer" (ransom) and to have meant originally "to atone."動詞は、しかしながら、と思われる名詞から派生した" kofer " (身代金)とはもともと意味を持つ"として償う"と述べた。

Original Meaning.本来の意味です。

Just as by old Teutonic custom the owner of a man or beast that had been killed was to be pacified by the covering up of the corpse with grain or gold ("Wergeld") by the offender (Grimm, "Deutsche Rechts-Alterthümer," p. 740), so Abimelech gives to Abraham a thousand pieces of silver as a "covering of the eyes," in order that his wrongdoing may be over-looked (Gen. xx. 16, R. V.; A. V., incorrectly "he" for "it").同様にカスタムされた古ゲルマンの所有者や獣していた一人の男に殺害されたpacifiedされた死体を隠ぺいしては、穀物やゴールド( " wergeld " )された犯罪者(グリムは、 "ドイチェrechts - alterthümer 、 " p. 740 )は、アブラハムを与えるのでabimelech万枚の銀としては"目を覆うのは、 "自分のためにして不正行為をするかもしれない-顔(大将XXのです。 16 、右心室;動静、誤って"彼"のため"それ"を参照) 。 "Of whose hand have I received any [kofer] bribe [A. V., "taken a ransom"] to blind my eyes therewith?" "私はその手がわいろを受け取ったいかなる[ kofer ] [動静は、 "撮影の身代金" ]それをもって私の目を盲目のですか? " says Samuel (I Sam. xii. 3).サミュエル氏は(私サム。 12世です。 3 ) 。

"Kofer" was the legal term for the propitiatory gift or ransom in case a man was killed by a goring ox: "If there be laid on him a [kofer] ransom [A. V., inaccurately, "a sum of money"] (Ex. xxi. 30); but this "kofer nefesh" (ransom for the life) was not accepted in the case of murder (Num. xxxv. 31, 32). The dishonored husband "will not regard any ransom" ("kofer"; Prov. vi. 35). No man can give a kofer for his brother to ransom him from impending death (Ps. xlix. 8, Hebr.; A. V. 7). At the taking of the census "they shall give every man a ransom for his soul unto the Lord . " kofer "は、法律上の用語を和らげるためのプレゼントや身代金一人の男が殺害された事件で、ゲーリング牛: "もし彼がそこにレイアウトして身代金[ kofer ] [動静、不正確、 "大金" ] (例。 21 。 30 ) ;しかし、この" kofer nefesh " (身代金のための生活)が認められない例は、殺人事件( 35 num. 。 31 、 32 ) 。不渡りの夫は"いかなる点ではないの身代金" ( " kofer " ;地方viのです。 35 ) 。 kofer与えるためには誰にもできない弟を間近に迫った死から彼の身代金( ps. 49 。 8 、 hebr 。 ;動静7 ) 。服用の国勢調査は、 "かれらはすべての人に与える身代金を要求するために、彼の魂がかれの主です。 . . half a shekel" (Ex. xxx. 12, Hebr.). Similarly, Jacob, in order to make his peace with his brother Esau, says, "I will appease ["akapperah"] his [angry] face with the present" (Gen. xxxii. 21, Hebr. [A. V. 20]); that is, "I will offer a kofer." When the blood of the murdered Gibeonites cries to heaven for vengeance, David says: "Wherewith shall I make atonement ["bammah akapper"]?" that is, "With what kind of kofer shall I make atonement?" (II Sam. xxi. 3). "The wrath of a king is as messengers of death: but a wise man will [by some propitiatory offering or kofer] pacify it" (Prov. xvi. 14). Every sacrifice may be considered thus as a kofer, in the original sense a propitiatory gift; and its purpose is to "make atonement ["le kapper"] for the people" (Lev. ix. 7, x. 17).半シケル" (例: xxx 。 12 、 hebr 。 ) 。同様に、ジェイコブは、平和的な関係を作るために彼の兄エサウ、氏は、 "私はなだめる[ " akapperah " ]彼[怒り]で、現在の顔" (大将32 。 21 、 hebr 。 [動静20 ] ) ;それは、 "私はkoferを提供する"と述べた。際に血液中には、復讐のために殺害さgibeonites叫び声を天に向かって、デビッド書かれています: "何でわたし償いを[ " bammah akapper " ] ? "それは、 "わたしkoferして、どのような償いをするのか" ( ⅱサム。 21 。 3 ) 。 "王の怒りには、使徒としての死:しかし賢者は、 [されたいくつかの機嫌取りの提供またはkofer ]をなだめること" ( 16世prov. 。 14 ) 。すべての犠牲と見なされる可能性としてkoferしたがって、ある意味では、元の機嫌取りの贈り物;とその目的は、 "償いをする[ "ルkapper " ]は、人々 " ( 9世lev. 。 7 、 Xの17 ) 。

Connection with Sacrifice.犠牲に接続している。

In the priestly laws, the priest who offers the sacrifice as kofer is, as a rule, the one who makes the Atonement (Lev. i.-v., xvi., etc.); only occasionally is it the blood of the sacrifice (Lev. xvii. 11), or the money offering ("kesef kippurim," Ex. xxx. 15, 16; Num. xxxi. 50), that makes Atonement for the soul; while the act of Atonement is intended to cleanse the person from his guilt ("meḥaṭato," Lev. iv. 26, v. 6-10).聖職者の法律では、住職の犠牲者としてkoferオファーは、原則として、その人のための1つの償い( lev. i.-v. 、 16世です。等) ;のみたまには、血液中には、それを犠牲に( 17 lev. 。 11 )は、そのお金を提供したり( " kesef kippurim 、 "元です。 xxx 。 15 、 16 ; NUM件。 31 。 50 )は、その償いのために魂;ながら、償いの行為は、その意図を浄化する彼の罪悪感から人( " meḥaṭato 、 "レフです。 4 。 26日、対6月10日) 。

In the prophetic language, however, the original idea of the kofer offering had become lost, and, instead of the offended person (God), the offense or guilt became the object of the Atonement (compare Isa. vi. 7, Hebr.: "Thy sin ["tekuppar"] is atoned for [A. V., "purged"]"; Isa. xxvii. 9, Hebr.: "By this, therefore, shall the iniquity of Jacob be atoned for [A. V., "purged"]"; I Sam. iii. 14: "The iniquity of Eli's house shall not be atoned for [A. V., "purged"] with sacrifice nor offering for ever"; Prov. xvi. 6: "By mercy and truth iniquity is atoned for [A. V., "purged"]"); and, consequently, instead of the priest as the offerer of the ransom, God Himself became the one who atoned (Deut. xxi. 8, "Kapper le'amka Israel," "Atone thou for thy people Israel" [Driver, Commentary, "Clear thou thy people"; A. V., "Be merciful, O Lord"]; compare Deut. xxxii. 43, "And he will atone for the land of his people [Driver, Commentary, "Clear from guilt"; A. V., "will be merciful unto his land, and to his people"]; see also Jer. xviii. 23; Ezek. xvi. 63; Ps. lxv. 4, lxxviii. 38, lxxix. 9; II Chron. xxx. 18).予言の言語では、しかし、オリジナルのアイデアを提供するようになり、 kofer失われた、とは、人の代わりに、気分を害した(神)は、犯罪や罪悪感は、オブジェクトの償い(比較のISA 。 viのです。 7 、 hebr 。 : "なたの罪[ " tekuppar " ] atonedためには、 [動静は、 "削除" ] " ;のISAです。 27 。 9 、 hebr 。 : "これによって、したがって、ジェイコブは、不法行為のためにatoned [動静は、 "削除" ] " ;私サム。 Ⅲ 。 14 : "の巣のイーライの家のためのものではないがatoned [動静は、 "削除" ]を犠牲にして提供するためにもこれまで" ;地方です。 16 。 6 : "による不法行為は、慈悲と真理をatoned [動静は、 "削除"]");と、その結果、申込者の代わりに、司祭は、身代金としては、自分自身の神の一人になったatoned ( 21 deut. 。 8 、 "イスラエルkapper le'amka " 、 "なたあがなうなたのために、イスラエルの人々 " [ドライバでは、論評は、 "明確ななたなたの人々 " ;動静は、 "慈悲深きには、主よ" ] ;比較deut 。 32 。 43 、 "と彼は、彼のその土地の人々を償う[ドライバの解説は、 "明確な罪悪感から" ;動静は、 "慈悲深きされるかれの土地、そして彼の人々を" ] ; jerも参照してください。 18 。 23 ; ezek 。 16 。 63 ;しまう。 65 。 4 、 78 。 38 、 79 。 9 ; 2世chron 。 xxx 。 18 ) 。

Atonement Idea Spiritualized.償いスピリチュアライズド考えています。

Thus there is in Scripture a successive spiritualization of the idea of Atonement.そのためには、啓典を浄化する歴代の償いという発想です。 Following the common view, David says (I Sam. xxvi. 19): "If the Lord have stirred thee up against me, let him accept an offering [to appease the anger of God]."以下の共通のビューで、デイビッドによれば(私サム。 26 。 19 ) : "かくはん場合は、なたの主に立てかけてある私は、ほっておけ、贈り物を受け取る[神の怒りをなだめる] 。 " But while this cruder view of sacrifice underlies the form of worship among all Semites (see Robertson Smith, "Religion of the Semites," pp. 378-388), the idea of Atonement in the priestly Torah is based upon a realizing sense of sin as a breaking-away from God, and of the need of reconciliation with Him of the soul that has sinned.だが、この見方を犠牲にunderlies cruder礼拝堂の中のすべてのフォームsemites (参照してくださいロバートソンスミスは、 "宗教のsemites 、 " pp 。三七八〜三八八)は、そのアイデアの聖職者の償いは、律法に基づいて、罪の意識を実現する破壊神-離れとしては、和解とは、必要なことは、彼の魂sinned 。 Every sin-whether it be "ḥeṭ."あらゆる罪-れるかどうか" ḥeṭ 。 " a straying away from the path of right, or "'avon," crookedness of conduct, or "pesha',"-rebellious transgression-is aseverance of the bond of life which unites the soul with its Maker.はぐれたから離れて、右側の道に、あるいは" 'エイボンは、 " crookednessの行為、または" pesha ' 、 " -反抗罪には、債券の生活のaseverance unitesの魂は、どのメーカーです。 "The soul that sinneth, it shall die," says Ezek. " sinnethの魂が、それは死ぬ"とezek 。 xviii. 18 。 20 (compare Deut. xxx. 15-19; Ps. i. 6; Jer. ii. 13). 20 (比較deut 。 xxx 。十五から十九; ps 。私6 ; jer 。 Ⅱ 。 13 ) 。 It is the feeling of estrangement from God that prompts the sinner to offer expiatory sacrifices-not only to appease God's anger by a propitiatory gift, but also to place his soul in a different relation to Him.それは、神からの疎外感を提供することを促すメッセージが罪人犠牲に償いをするだけでなく、神の怒りをなだめる機嫌取りのプレゼントされた、彼の魂だけでなく、別の場所に関係しています。 For this reason the blood, which to the ancients was the life-power or soul, forms the essential part of the sacrificial Atonement (see Lev. xvii. 11).この理由から血液中には、これを、昔の魂は、生命力や、フォームの本質的な部分は、いけにえの償い(レフを参照してください。 17 。 11 ) 。 This is the interpretation given by all the Jewish commentators, ancient and modern, on the passage; compare also Yoma 5a; Zeb.これは、与えられた全てのユダヤ人の解説者の解釈は、古代と現代、通過して;比較でもyoma 5a ; zeb 。 6a, = "There is no Atonement except with blood," with the identical words in Heb. 6.0aが、 = "を除いて償いを血ではない"として同じ言葉でheb 。 ix. 9 。 22, R. V.: "Apart from shedding of blood there is no remission [of sins]." 22日、右室: "血を流すことは別に寛解がない[の罪] 。 " The life of the victim was offered, not, as has been said, as a penalty in a juridical sense to avert Heaven's punishment, not to have man's sins laid upon it as upon the scapegoat of the Day of Atonement, and thus to have the animal die in his place, as Ewald thinks ("Alterthümer," p. 68), but as a typical ransom of "life by life"; the blood sprinkled by the priest upon the altar serving as the means of a renewal of man's covenant of life with God (see Trumbull, "The Blood Covenant," p. 247).被害者の生活が開かれたのは、ない、と述べたとされ、ペナルティーとしては、法律上の意味での懲罰を回避することが天国ではなく、人間の罪を持つようにレイアウトすることの身代わりの贖罪の日、そしてそのためには、彼の場所で死ぬ動物は、エワルドだと思って( " alterthümer 、 " p. 68 )が、身代金としては、典型的な"人生での生活" ;振りかけたされた血液中の祭壇の上の司祭配信する手段として、男の約束を更新人生を神(参照してくださいトランブルは、 "血の盟約、 " p. 247 ) 。 In Mosaic ritualism the atoning blood thus actually meant the bringing about of a reunion with God, the restoration of peace between the soul and its Maker.モザイクatoning儀式主義で、実際にこのように血液をもたらすという意味で再会して、神は、平和の回復がメーカーとの間の魂だ。 Therefore, the expiatory sacrifice was accompanied by a confession of the sins for which it was designed to make Atonement (see Lev. v. 5, xvi. 21; Num. v. 7; compare Maimonides, "Yad," Teshubah, i. 1): "no atonement without confession of sin as the act of repentance," or as Philo ("De Victimis," xi.) says, "not without the sincerity of his repentance, not by words merely, but by works, the conviction of his soul which healed him from disease and restores him to good health."したがって、その償いをする犠牲に付き添われていたの罪を告白することを目的とは、償いをする(レフを参照してください。対5 、 16世です。 21 ; NUM件です。対7 ;比較maimonides 、 " yad 、 " teshubah勇1 ) : "いいえ罪の償いとして告白せずに後悔する行為だ"としてまたはフィロ( "デvictimis 、 " xi 。 )によれば、 "彼の誠意を後悔していないことなく、言葉だけではなく、作品だったのですが、 、 、彼の魂が彼の信念から病気の治癒と彼に良好な健康状態に戻す"と述べた。

Atonement for the Whole People.全体の人々のための償いです。

The sacrificial Atonement, based as it was on the symbolic offering of life for life, assumed a more awful or somber character when a whole community was concerned in the blood-guiltiness to be atoned for.いけにえの償いは、それをベースとしては、生活のためには、象徴的な生活を提供し、もっとひどいと仮定した場合の陰気な性格や社会全体の懸念は、血液中のためにatoned -やましされる。 While, in the time of David, people in their terror had recourse to the pagan rite of human sacrifice (II Sam. xxi. 1-9), the Deuteronomic law prescribed in such a case a mild and yet rather uncommon form of expiation of the murder; namely, the breaking of the neck of a heifer as a substitute for the unknown murderer (Deut. xxi.1-9).中には、その時のデイビッドは、償還請求していた人たちがいて、異教の儀式恐怖の人柱( ⅱサム。 21 。 1-9 )は、このような場合deuteronomic法の規定にもかかわらず、比較的軽度の珍しい形の償い殺人事件;すなわち、その破壊の経産牛の首の代用としては、未知の殺人犯( deut. xxi.1 - 9 ) 。 To the same class belongs the goat in the annual Atonement ritual (Lev. xvi. 7-22), which was to carry away all the sins of the children of Israel into an uninhabited land and was sent out to Azazel in the wilderness, while another goat was killed as usual, and its blood sprinkled to make Atonement for the sanctuary, cleansing it of the uncleanness of all the transgressions of the children of Israel.ヤギが、同じクラスに属するのは、毎年恒例の儀式の償い( 16 lev. 。 7月22日) 、これはすべての罪をさらって行くのを、イスラエルの子孫が送られてアウトに無人の土地とアザゼル荒野の中で、別のヤギが殺されたいつものように、血液とその償いをするために、聖域を振りかけた、クレンジングすることは、すべてのuncleanness 、イスラエルの子孫のtransgressions 。 In the case of the one goat, the doom emanating from unknown and therefore unexpiated sins of the people was to be averted; in the other case the wrath of God at the defilement of His sanctuary -which often implied the penalty of death (Num. i. 53)-was to be pacified.ヤギは、 1つの例は、そのための懲罰とunexpiatedからやって来る未知の人々の罪は回避される;ケースは、他の神の怒りは、彼の聖域- defilement黙示的で、しばしば、死のペナルティー( num. i. 53 ) -だったpacifiedされる。 The very idea of God's holiness, which made either the approach to Mt. Sinai, the seat of God (Ex. xix. 12), the Ark (II Sam. vi. 7), or even the mere sight of God (Isa. vi. 5; Judges xiii. 22), bring death, rendered the ritual of the Day of Atonement the necessary culmination of the whole priestly system of expiation of sin.そのアイデアは非常に神の神聖は、どちらかのアプローチを前に山シナイ半島のは、神の座席(例: 19 。 12 )は、アーク( ⅱサム。 viのです。 7 ) 、あるいは単なる光景でさえ、神( isa. viのです。 5 ;裁判官13 。 22 )は、死をもたらす、レンダリングの贖罪の日の儀式は、南中のに必要なシステム全体の聖職者の罪の償いです。

Repentance and Atonement.後悔と償い。

Yet, while the sacrificial rites were the only means of impressing upon the people God's holiness and the dreadful consequence of man's sinfulness, the idea of the Atonement assumed a far deeper and more spiritual aspect in the lives and teachings of the Prophets.しかし、中には、いけにえの儀式の印象だけを意味する神のホーリネスの人々との恐ろしい帰結男の罪深さは、そのアイデアの償いと仮定するともっと深いところまで精神的な側面では、預言者の生命と教えています。 Neither Hosea, Amos, and Micah, nor Isaiah recognizes the need of any means of reconciliation with God after estrangement by sin, other than repentance.どちらホセア書、アモス、ミカは、イザヤ書も必要なあらゆる手段を認識して、神と和解する疎外された後に罪は、他よりも後悔した。 "Take with you words, and turn to the Lord: say unto him, Take away all iniquity and receive us graciously: so will we render as bullocks the offerings of our lips" (Hosea xiv. 2, Hebr.; compare Amos v. 22-24; Isa. i. 13-17, and the well-known passage, Micah vi. 6-8): "Shall I come before him with burnt offerings, with calves of a year old? . . . Shall I give my first-born for my transgression, the fruit of my body for the sin of my soul? He hath shewed thee, O man, what is good; and what doth the Lord require of thee but to do justly, and to love mercy, and to walk humbly with thy God?"). "とお言葉を取ると、主に救いを求める:言うかれには、すべての不法行為を取り上げると快く受け取る我々 :これは、我々としてレンダリングbullocks 、我々の提供する唇" (ホセア書14 。 2 、 hebr 。 ;比較アモス対二二から二四まで;のISA 。私13-17 、とはよく知られて通過、ミカviのです。 6-8 ) : "私が来る前に彼を提供して焼き、 1歳のふくらはぎですか。 。 。 。わたし与える私の最初の生まれの私の罪のために、私の体のために罪の果実が私の魂の?かれshewedなた、なたの男は、何が良い;そして、主の蓄えが必要なのは何がなたを行う公正には、愛と慈悲には、謙虚にして歩くとなたの神ですか? "を参照) 。

Ezekiel.エゼキエル。

But the prophet Ezekiel-a priest and therefore more deeply penetrated with the sense of sin and purity than other prophets-is not satisfied with the mere negation of ritualism.しかし、司祭や預言者エゼキエル-従ってより深く侵入して、罪の意識や他の預言者よりも純度のではない、単なる否定の儀式主義に満足しています。 Repudiating, like Jeremiah, the idea held by his contemporaries that men undergo punishment on account of their fathers' sins, he lays the greater stress on the fact that the fruit of sin is death, and exhorts the people to cast away their sin and, returning to God, to live (Ezek. xviii. 4-32). repudiating 、エレミアのように、彼のアイデアが保有して契約してアカウントの男性は、自分の父親に罰を受ける'罪は、彼が上向きには、より大きなストレスを与えるという事実には、死の罪の果実、そしてキャストアウェイexhortsの人々に自分の罪とは、神に戻って、生きる( 18 ezek. 。四から三二まで) 。 For him Atonement is wrought by acquiring "a new heart and a new spirit" (ib. 31).彼の償いは、買収によってもたらされた"新しい心と、新しい精神" ( ib. 31 ) 。 In striking contrast with the other prophets, Ezekiel combines the belief in a complicated atoning ritual (as mapped out in Ezek. xl.-xlvi.) with the prophetic, hope in the redeeming power of God's spirit which shall cleanse the people from their impurities and endow them with "a new heart and a new spirit" (xxxvi. 26).著しい対照をなしては、他の預言者、エゼキエル信念を組み合わせたもので、複雑な儀式atoning ( ezekとして策定しています。 xl. - 46 。 )予言して、希望を持って、神の精神力の欠点を補うもので、人々から彼らの不純物を浄化するそしてかれらを授ける"新しい心と、新しい精神" ( xxxvi. 26 ) 。

Moses.モーゼス。

In no one, however, does the most elaborate ritualism of the Atonement sacrifice appear so closely intertwined with the profoundest spiritual conception of God's atoning powers as in Moses the lawgiver himself. 1つではありません、しかし、そのほとんどは手の込んだ儀式主義の償いを犠牲に表示されますので、密接に絡み合うprofoundest精神的な概念で、神のatoningモーゼの立法者としての自分自身の力だ。 When the worship of the Golden Calf had provoked God's wrath to such a degree that He said to Moses, "Let me alone. . . . that I may consume them; and I will make of thee a great nation" (Ex. xxxii. 10), the latter, desirous of making an Atonement for their transgression, asked the Lord to forgive the people's sin, or else to blot Moses' own name out of His book (the book of life); and he persisted in imploring God's pardon even after He had said, "Whosoever hath sinned against me, him will I blot out of my book," until finally, in answer to Moses' entreaty, the full glory of God, His compassionate mercy, His long-suffering and forgiving love, were revealed and Moses' prayer for the people's pardon was granted (Ex. xxxiv. 1-9;Num. xiv. 17-20).崇拝するときには、黄金の子牛が、神の怒りを挑発して彼はそのような学位をモーゼス氏は、 "一人でさせてください。 。 。 。 。それらを消費してよいかもしれません;なたと私は、偉大な国家を作る" (例: 32 。 10 ) 、後者は、製造を望んでいるのは自分の罪の償いは、依頼主の人々の罪を許すこと、あるいは他の人に汚点を残すモーゼの自身の名前で自分の本を出す(本の人生) ;と懇願彼は、神の恩赦に固執後にも彼の言ったことは、 "誰でもかれらに反対sinned私は、彼は私に汚点を残す私の本のうち、 "最後まで、答えをモーゼの哀願は、完全に神の栄光は、彼の思いやりの慈悲は、長い間苦しんできた彼の愛と寛容に、が明らかとモーゼの祈りをささげる人々のために恩赦が与えられる(例: 34 。 1-9 ; NUM件。 14 。十七〜二十) 。 There Moses' own self-abnegating love, which willingly offered up his life for his people, disclosed the very qualities of God as far as they touch both the mystery of sin and the divine forgiveness, and this became the key to the comprehension of the Biblical idea of Atonement.そこモーゼの自身の自己否定的な愛は、彼の人生を喜んで提供するために彼の人々は、神の性質を明らかに非常に限り彼らの両方の神秘に触れると、神の罪の赦し、これは、理解するための鍵とは、聖書の償いという発想です。 The existence of sin would be incompatible with a good and holy God, but for His long-suffering, which waits for the sinner's return, and His condoning love, which turns man's failings into endeavors toward a better life.罪が存在するだろうとの互換性は良好で、聖なる神は、彼のために長い間苦しんできたが、これは罪人の復帰を待つ、と彼の愛condoning 、これが男の欠点をより良い人生を送るに向かって努力します。 Each atoning sacrifice, therefore, must be understood both as an appeal to God's forgiving mercy, and as a monition to the sinner to repentance.各atoning犠牲には、そのため、両方を理解しなければならないとして寛容に神の慈悲をアピールし、罪人として戒告を後悔しています。 "Let the wicked forsake his way and the unrighteous man his thoughts: and let him return unto the Lord, and he will have mercy upon him; and to our God, for he will abundantly pardon" (Isa. lv. 7). "させてから、自分の道を捨てる邪悪な男と、彼のよこしまな考え:そしてかれの主に復帰させなさい、と彼は彼には慈悲、そして私たちの神を、彼は有り余るほどの赦免" (左心室isa. 。 7 ) 。

Substitutes for Sacrifice.置換するために犠牲にした。

It was quite natural that, during the Exile, when no sacrifice could be offered, other means of obtaining forgiveness and peace should be resorted to.それはごく自然なことは、亡命中には、可能性が提供されない場合の犠牲は、他の手段を入手するための手段を寛容と平和をしなければならない。 First of all, prayer rose in value and prominence.まず第一に、バラの祈りと卓立値です。 As Moses interceded for his people, praying and fasting for forty days and forty nights in order to obtain God's pardon (Ex. xxxii. 30; Deut. ix. 18, 25), so did every prophet possess the power of obtaining God's pardon by his prayer.モーゼスintercededとしての彼の人々のため、 40日間の祈りと断食と40夜を得るために、神の恩赦(例: 32 。 30 ; deut 。 9 。 18 、 25 )は、今はそれぞれの預言者の力を持つ神の恩赦を取得彼の祈りをささげる。 Abraham, as a prophet, prayed for the life of Abimelech (Gen. xx. 7); Pharaoh, after a confession of his sin, asked Moses and Aaron to pray to God for the withdrawal of the plague of hail (Ex. ix. 27, 28); acknowledging their sin, the people ask Samuel to intercede for them (I Sam. xii. 19); and Jeremiah is expressly warned: "Pray not thou for this people, neither lift up a cry or prayer for them" (Jer. xi. 14; compare ib. xv. 1).アブラハムは、預言者としては、生活のために祈ってabimelech (大将のXXです。 7 ) ;フィルアウンは、自分の罪を告白した後、ムーサーとハールーンの要請を神に祈るためには、疫病の撤退雹(例: 9 。 27 、 28 ) ;自分の罪を認め、国民のために仲裁を要請してサミュエル(サムよい。 12世です。 19 ) ;とジェレマイアは、明示的に警告: "この人たちのために祈るなたは、どちらかの叫び声を上げて、かれらの祈りを" ( xi jer. 。 14 ;比較ib 。 15 。 1 )です。 See Prayer.祈りを参照してください。

Fasting, Almsgiving, Suffering.断食、施し、苦しんでいます。

The great dedication prayer of King Solomon requires on the part of the sinner only a turning of the face in prayer in the direction of the Temple in order to meet with a response from heaven and with forgiveness of his sin (I Kings viii. 30, 33, 35, 48-50).キングソロモンの祈りの偉大な献身を必要としてその部分だけを旋回している罪人では、顔の方向に祈りをささげるの寺に会うために天からの応答をすると自分の罪を赦し(私キングスviii 。 30 、 33 、 35 、四十八〜五十) 。 The very idea of sacrifice is spurned by the Psalmist (Ps. l. 8-14, li. 12-20 [A. V. 11-19]): "Sacrifice and offering thou dost not desire" (xl. 7 [A. V. 6]); "The sacrifices of God are a broken spirit" (li. 18 [A. V. 17]).振られたのは、非常にアイデアの犠牲にされた賛美歌( ps. l. 8月14日、李です。 12月20日[動静11月19日] ) : "犠牲となたを提供していない欲望" ( xl. 7 [動静6 ] ) ; "起動しなくなってしまったのは、神の犠牲の精神" ( li. 18 [ a.対17 ] ) 。 Throughout the Psalms sincere repentance and prayer form the essentials to Atonement.詩篇を通して心からの悔悟を償いと祈りの形をのべる。 Prayer is "as incense" and "the evening sacrifice" (Ps. cxli. 2); with the Lord is forgiveness, "He shall redeem Israel from all his iniquities" (Ps. cxxx. 4-8).祈りは、 "線香"と"夕方の犠牲" ( ps. cxli 。 2 ) ;と赦しの主は、 "彼は、彼のすべてを償還iniquitiesイスラエルから" ( ps. cxxx 。 4-8 ) 。 Fasting especially appears to have taken the place of sacrifice (Isa. lviii. 1-3; Zach. vii. 5).が表示されますが、特に断食を犠牲に取ってかわって( 58 isa. 。 1-3 ;ザックです。第VII 。 5 ) 。 Another means of Atonement in place of sacrifice is offered to King Nebuchadnezzar by Daniel: "Break off thy sins by almsgiving ["ẓedakah" (A. V., "righteousness")], and thine iniquities by showing mercy to the poor" (Dan. iv. 24, Hebr. [A. V. 27]).償いの代わりに別の手段が提供さを犠牲にしたネブカドネザル王ダニエル: "を断つなたの罪を施し[ " ẓedakah " (房室は、 "正義" ) ] 、およびザインiniquities貧しい人々への慈悲を見せ" ( dan. 4世。 24 、 hebr 。 [動静27 ] ) 。 Most efficacious seemed to be the atoning power of suffering experienced by the righteous during the Exile.最も効果的なように見えたが、力を経験している苦しみatoning畏れる亡命中です。 This is the idea underlying the description of the suffering servant of God in Isa.これは、アイデアの説明の根底に神のしもべの苦しみをISA 。 liii. 53 。 4, 12, Hebr.: 4 、 12 、 hebr 。 :

"The man of sorrows and acquainted with grief. . . he hath borne our pains [A. V., "griefs"], and carried our sorrows. . . . But he was wounded for our transgressions, bruised for our iniquities . . ." "その男の悲しみと悲しみに精通している。 。 。かれ負担我々の痛み[動静は、 "分かち" ] 、そして私たちの悲しみを進めています。 。 。 。 transgressionsしかし、彼は私たちの負傷のため、我々のために傷ついたiniquities 。 。 。 " "The chastisement for [A. V., "of"] our peace was upon him; and with his stripes were we [A. V., "we are"] healed." "そのためにせっかん[動静は、 "の" ]時彼は、私たちの平和;として彼が我々のストライプ[動静は、 "我々は" ]治癒した"と述べた。 "All we like sheep had [A. V., "have"] gone astray; we had [A. V., "have"] turned every one to his own way." "我々のようにすべての羊は[動静は、 "ある" ]道に迷って行った;私たちは[動静は、 "ある" ]ごとに1つの電源が入って、自分のやり方です。 "

"And the Lord hath laid on him the iniquity of us all." "と、かれらの主のレイアウトして、彼は私たちの罪をすべて"と述べた。

"He was cut off out of the land of the living: for the transgression of my people was he stricken." "彼は、その土地を断つアウトオブザリビング:私の罪のために打ちひしがれた人々は彼だ。 " "He bare the sin of many and made intercession for the transgressors." "と彼は裸の前に多くの罪のために仲裁に背く"と述べた。

Post-Biblical Atonement.聖書の後の償いです。

Whoever may have formed the subject of this tragic song-whether Zerubbabel or some other martyr of the Babylonian Exile-the seer, in embodying it in his message of comfort to his people, desired to assure them that of greater atoning power than all the Temple sacrifices was the suffering of the elect ones who were to be servants and witnesses of the Lord (Isa. xlii. 1-4, xlix. 1-7, l. 6).誰でも可能性があるの件名結成するかどうか、この悲劇的な歌- zerubbabelまたはいくつかの他の殉教者のバビロニアに亡命して凡てを見透さ、 embodyingことで、彼のメッセージを彼の人々の快適さ、希望を確実にして、かれらのすべての寺よりも大きい電力atoningは、犠牲者の苦しみに選出されるものと目撃者は、主のしもべ( 42 isa. 。 1-4 、 49 。 1-7 、 l. 6 ) 。 This idea of the atoning power of the suffering and death of the righteous finds expression also in IV Macc.このアイデアは、 atoning力を畏れる者の苦しみと死の表現でも4世macc見つけた。 vi. viのです。 27, xvii. 27 、 17 。 21-23; M. Ḳ.二一から二三; m. ḳ 。 28a; Pesiḳ. 28a ; pesiḳ 。 xxvii. 27 。 174b; Lev. 174b ;レフです。 R. xx.; and formed the basis of Paul's doctrine of the atoning blood of Christ (Rom. iii. 25).共和党のXXです。 ;形成の基礎とポールの教義は、キリストの血をatoning ( rom. Ⅲ 。 25 ) 。 It was the inspiration of the heroic martyrdom of the Ḥasidim or Essenes (Ps. xxix. 2, cxvi. 15; Philo, "Quod Omnis Probus Liber," § xiii.).それは、インスピレーションの殉教の英雄ḥasidimまたはエッセネ派( ps. 29 。 2 、 cxvi 。 15 ;フィロは、 "プロブスquod omnis自由は、 " § 13 。 ) 。 The principle of Atonement by sacrificial blood was, on the whole, adhered to during the second Temple.いけにえの償いの原則によって血液が、全体的に見ると、 2番目の寺の中に付着している。 Job's intercession on behalf of his friends is accompanied by their burnt offering, which is to atone for their sins (Job xlii. 8; compare i. 5).仕事の仲裁に代わって彼の友人は、彼らの焦げた提供を伴う、これは自分の罪を償う(ジョブ42 。 8 ;比較i. 5 ) 。 In the Book of Jubilees Noah and Abraham make Atonement for the earth and for man by means of sacrificial blood (vi. 2, vii. 3, xvi. 22).本の中では、ノアとアブラハムjubilees地球の償いをするための手段とするためのいけにえの血中の男( vi. 2 、第VII 。 3 、 16世です。 22 ) 。 In Sibyllines iii.中sibyllines Ⅲ 。 626 et seq., the heathen are told to offer hecatombs of bulls and rams to obtain God's pardon for their sins (compare Ps. lxxvi. 12; Isa. lvi. 7); but in Sibyllines iv. 626以下参照。 、異教徒には、ブルズと言ったhecatombsラムズを提供し、神の恩赦を得るために自分の罪を(比較しまう。 76 。 12 ;のISAです。 56 。 7 ) ;しかしsibyllines 4世です。 29, 161, the Essene view, deprecating sacrifice, seems to be expressed. 、 29 、 161 、 esseneビューで、犠牲卑下した、と思われる表明しています。 Nevertheless, the conception of Atonement underwent a great change.にもかかわらず、その償いの概念に大きな変化を受けています。 The men of the Great Synagogue-disciples of the Prophets and imbued with the spirit of the Psalms-had made prayer an essential element of the Temple service; and whereas the Ḥasidean liturgy, accentuating divine forgiveness and human repentance, took little notice of sacrifice, the Levites' song and the prayers introduced as parts of the worship lent to the whole sacrificial service a more symbolic character.その男性は、偉大な教会堂には、預言者と弟子の精神に染み込んでは、詩篇の祈りの前に必要不可欠な要素には同寺のサービス; ḥasideanいますが、典礼とは、人間の罪を赦し、神のaccentuating後悔は、ほとんどの通知を犠牲には、そのlevites '歌と祈りの礼拝堂として導入部分全体のいけにえのサービスを貸して、もっと象徴的なキャラクターだ。 Accordingly, each of the two lambs ("kebasim") offered every morning and evening as a burnt-offering (Num. xxviii. 3, 4) was declared by the school of Shammai to be "kobesh," intended "to subdue" the sins of Israel (see Micah vii. 19: "Yikbosh 'avonotenu" = "He will subdue our iniquities," A. V.) during the year until the Day of Atonement should do its atoning work.したがいまして、それぞれの2つの子羊( " kebasim " )を提供し、毎朝と夕方に焦げたとして提供( 28 num. 。 3 、 4 )は、学校のshammaiを宣言される" kobesh 、 "意図"を征服する"イスラエルの罪(第VIIミカを参照してください。 19 : " yikbosh ' avonotenu " = "彼は私たちの征服iniquities 、 "動静)年までの期間中、 atoning贖罪の日の仕事をしなければならない。 By the school of Hillel the lamb was to be "kobes," "to wash Israel clean" from sin; see Isa.ヒレルされる学校には、子羊の" kobes " 、 "イスラエルをきれいに洗って"より罪;のISAを参照してください。 i. 18; Jer. 18 ; jer 。 ii. Ⅱ 。 22; Pesiḳ. 22 ; pesiḳ 。 vi. viのです。 61b; Pesiḳ. 61b ; pesiḳ 。 R. 16 (ed. Friedmann, p. 84) and 81, p.共和党16 (編フリードマン、 p. 84 ) 、 81 、 p. 195; and more especially the notes by Buber and Friedmann, ad loc. 195 ;とより多くの注意を特にフリードマンブーバーとは、広告の場所です。 Compare also the expression "Behold the Lamb of God, which taketh away the sin of the world" (John i. 29).また、表現の比較"見よ、神の子羊、これは、世界taketh去るの罪" (ジョンi. 29 ) 。 "The morning sacrifice atoned for the sins committed during the previous night, the afternoon sacrifice for the sins committed in the daytime" (Tan., Pinḥas, 12). "午前中に犯した罪のための犠牲atonedその前の晩には、いけにえのため、午後の昼間に犯した罪" ( tan. 、 pinḥas 、 12 ) 。

The whole idea of sin was, in fact, deepened.全体構想の罪は、実際には、深化した。 It was regarded rather as a breaking-away from theoriginal sinless state of man as the child of God-which state must be restored-than as a wrong committed against God needing covering up.破ったとして考えていたというtheoriginal - sinlessの状態から離れて、神の子としての人間の状態に復元しなければならないとして、間違ってコミットするよりも、神の必要を隠ぺいしている。 The expressions "temimim" (spotless) and "ben shanah" (of the first year) (Num. xxviii. 3), suggested the thought that sin-laden man should become "spotless like a child of one year" (Pesiḳ. R. l.c.; compare Shab. 89b).これらの表現は" temimim " (非の打ちどころのない)と"ベンshanah " (最初の1年間は、 num. 28 ) ( 3 )は、その考えを提案して必要となる罪を抱えた男"の1年間の非の打ちどころのない子供のように" ( pesiḳ.研究。セントルシア;比較shab 。 89b ) 。 Of course, as a symbolic rite, this mode of cleansing oneself from sin could be, and actually was, replaced by daily baptism and fasting such as were practised by the Ḥasidim-those heroes of prayer who in time of national distress made intercession for the people far more effectively than did the priests in the Temple (Josephus, "Ant." xiv. 2, § 1; xviii. 8, § 4; compare Ta'anit 19a, 20a, 23a).もちろん、象徴的な儀式としては、このモードでは罪の可能性があるから身を浄化し、実際には、毎日の洗礼と置き換えられて断食が実践されるなど、これらの英雄たちの祈り- ḥasidim人で時間前に仲裁のための国民の苦悩人々はそのプリーストよりもはるかに効果的には、寺(ヨセフスは、 "アリ"と述べた。 14 。 2 、 § 1 ; 18 。 8 、 § 4 ;比較ta'anit 19a 、 20a 、 23a ) 。 Still the words of Simon the Just, "The world rests on the Law, worship, and works of benevolence" (Ab. i. 2), retained their validity likewise for the Ḥasidim, who felt the need of an atoning sacrifice (Ned. 10a; Ker. vi. 3).それでも、サイモンの言葉だけでは、 "世界の法則にかかっているのは、崇拝し、作品の博愛" ( ab. i. 2 ) 、その妥当性保持のためḥasidim同様に、その必要性を感じた人の犠牲atoning ( ned. 10a ;ケアです。 viのです。 3 ) 。 It was especially owing to the assistance offered by the "ma'amadot," the chosen representatives of the people, with their fasts and prayers, that the daily sacrifice assumed a more spiritual character, so that to it was applied the passage (Jer. xxxiii. 25): "If my covenant be not maintained day and night [by the service] I would not have made the ordinances of heaven and earth" (Meg. 31b; Ta'anit 27b).それは特に、援助により提供されて" ma'amadotは、 "選ばれた国民の代表者は、彼らの断食をして、祈りをささげ、犠牲と仮定して、毎日、もっと精神的なキャラクター、これを適用することが通過( jer. 33 。 25 ) : "もし私の昼と夜の約束を維持していない[されるサービス]つもりはないが、天と地の条例" ( meg. 31b ; ta'anit 27b ) 。

After the Fall of the Temple.同寺の崩壊後です。

The cessation of sacrifice, in consequence of the destruction of the Temple, came, therefore, as a shock to the people.停止を犠牲には、同寺の破壊的帰結として、来た時、したがって、人々に衝撃を与える。 It seemed to deprive them of the divine Atonement.それは、神のように見えたの償いを剥奪している。 Hence many turned ascetics, abstaining from meat and wine (Tosef., Soṭah, xv. 11; Ab. R. N. iv.); and Joshua ben Hananiah, who cried out in despair, "Wo unto us! What shall atone for us?"そのため多くの電源が入っascetics 、肉やワインよりabstaining ( tosef. 、 soṭah 、 15 。 11 ; ABのです。ラドン娘4世です。 ) ;とジョシュアhananiahベン氏は叫んだ絶望して、 "わたしたちウー!私たちは何を償うものですか? " only expressed the sentiment of all his contemporaries (IV Esd. ix. 36: "We are lost on account of our sins").すべての感情を表明のみとなる( ⅳれたESD 。 9 。 36 : "我々は我々の罪を紛失してアカウント"を参照) 。 It was then that Johanan b.そのときにBのjohanan Zakkai, pointing to Hosea vi. zakkai 、 viのホセア書を指しています。 6 (R. V.), "I desire mercy and not sacrifice," to Prov. 6 (右心室)は、 "私は慈悲と欲望を犠牲にしない"として地方です。 xvi. 16 。 6, "By mercy and truth iniquity is purged [atoned for]," and to Ps. 6 、 "慈悲と真実の巣が削除される[ atoned用] 、 "とはPSです。 lxxxix. 89 。 3 (A. V. 2), "The world is built upon mercy," declared works of benevolence to have atoning powers as great as those of sacrifice. 3 (動静2 )は、 "世界では、ビルドアップの慈悲は、 "作品の慈愛を持つと宣言atoningパワーズの犠牲者と同じくらいすごいです。

Christian Idea of Atonement.キリスト教の償いという発想です。

This view, however, did not solve satisfactorily for all the problem of sin-the evil rooted in man from the very beginning, from the fall of Adam (IV Esd. iii. 20, viii. 118).このビューで、しかし、納得のいく解決しなかった問題のすべての罪のために、邪悪な男に根差した当初から、この秋からのアダム( ⅳれたESD 。 Ⅲ 。 20 、 viii 。 118 ) 。 Hence a large number of Jews accepted the Christian faith in the Atonement by the blood "shed for many for the remission of sins" (Matt. xxvi. 28; Heb. x. 12; Col. i. 20) or in Jesus as "the Lamb of God" (John i. 29; Apoc. of John vii. 14, and elsewhere).したがって、多数のユダヤ人を受け入れ、キリスト教の信仰は、血液中の償いを"当てるためには、多くの罪の赦し" ( 26 matt. 。 28 ; heb 。 Xの12 ;大佐i. 20 )や、イエスを"その神の子羊" (ヨハネi. 29 ; apocです。ジョン7 。 14 、およびその他) 。 It was perhaps in opposition to this movement that the Jewish teachers, after the hope for the rebuilding of the Temple in the second century had ended in failure and wo, strove to develop and deepen the Atonement idea.それは恐らく、この動きに反対して、ユダヤ人の教師が、後に同寺の再建を期待する2番目の世紀とウーは失敗に終わりましたが、その償いを深めるstriveの過去形を開発すると考えています。 R. Akiba, in direct opposition to the Christian Atonement by the blood of Jesus, addressed his brethren thus: "Happy are ye, Israelites. Before whom do you cleanse yourselves, and who cleanses you? Your Father in heaven; for it is said: 'I will sprinkle clean water upon you, and ye shall be clean; from all your filthiness . . . will I cleanse you. A new heart also will I give you, and a new spirit will I put within you'" (Ezek. xxxvi. 26); and again it is said that the Lord, "the hope of Israel" (Jer. xiv. 8), is also a "fountain of water" (a play on the Hebrew word "miḳweh").アキバ共和党は、真っ向から対立するイエスキリスト教の償いを血液中には、彼の兄弟宛したがって: "幸せには、なたがたは、イスラエル人です。浄化する前に誰かしなさい、とcleanses誰ですか?あなたのお父さんは、天国;をしていると言わ: '私は、きれいな水を振りかけるなたがたは、なたがたは、清潔で、すべてのお客様からのfilthiness 。 。 。あなたは私を清めている。新しい心臓は、私は皆さんにも、そして、新しい精神内に入れた場合は、 ' " ( ezek 。 36 。 26 ) ;そして再びそれによると、主は、 "イスラエルの希望" ( 14 jer. 。 8 ) 、はまた"泉の水" (ヘブライ語の単語の上で遊ぶ" miḳweh "を参照) 。 "As the fountain of water purifies the unclean, so does God purify Israel" (Yoma viii. 9). "と泉の水を浄化し、汚れたので、神はイスラエルを清める" ( yoma viii 。 9 ) 。 This doctrine, which does away with all mediatorship of either saint, high priest, or savior, became the leading idea of the Jewish Atonement.この学説は、これを廃止するが、どちらかのすべてのmediatorshipサンは、大祭司、または救い主、メインのアイデアになったのは、ユダヤ教の償いです。

Elements of Atonement.償いの要素です。

Accordingly, Atonement in Jewish theology as developed by the Rabbis of the Talmud, has for its constituent elements: (a) on the part of God, fatherly love and forgiving mercy; (b) on the part of man, repentance and reparation of wrong.したがいまして、償いを開発したのは、ユダヤ教のラビ神学としては、タルムードは、その構成要素のためには: ( )は、神の部分は、愛と寛容に慈悲父親らしい;部分( b )には、男は、間違っても、後悔するとの賠償。 The following exposition will serve to enlighten the reader on these elements:博覧会は、次のサーブを啓発して、これらの要素リーダー:

(a) While God's quality of justice ("middat hadin"), which punishes the wrong-doing, would leave no hope for man, since "there is not a righteous man upon earth that doeth good and sinneth not" (Eccl. vii. 20, R. V.), God's quality of mercy ("middat haraḥamin") has from the very beginning provided repentance as the means of salvation (Gen. R. i, xii.; Pesiḳ. xxv. 158b; Pesiḳ. R. 44; Pes. 54a.) "Thou hast mercy upon all; thou condonest the sins of men in order that they should amend" (Wisdom xi. 23). (する)の中に神の正義の質( " middat hadin " )は、不義を処罰し、希望を残さない男は、以来"正義のある男ではないにしてdoの3人称単数良好で、地球sinnethていない" (第VII eccl. 。 20 、右心室)は、神の慈悲の品質( " middat haraḥamin " )は、当初からの救済手段として提供さ後悔(大将共和党私は、 12世です。 ; pesiḳ 。 25 。 158b ; pesiḳ 。共和党44 ;ペス。 54aです。 ) "なたの慈悲にすべて; condonestなたの罪のために男性を改正しなければならない" (英知xi 。 23 ) 。 "Wherever there are sins and righteous deeds set against each other in the scale of justice, God inclines it toward mercy"(Pesiḳ. xxvi. 167a). "どこでも善行には罪とセットでお互いに反対する正義の規模は、それに向かって斜め神の慈悲" ( 26 pesiḳ. 。 167a ) 。

Divine Mercy.神の慈悲です。

Far from being merely judicial compensation for an outward act, as Weber ("System der Alt-Synagogalen Theologie," pp. 252, 300-304) asserts, the divine mercy is expressly represented by Hillel as working in favor of pardoning those who have no merit: "He who is plenteous in mercy turns the scale of judgment toward mercy" (Tosef., Sanh. xiii. 3; R. H. 17a).司法までに寄付されているだけで外側への補償をする行為は、ウェーバー( "システムのAlt - synagogalenデアtheologie 、 " pp 。 252 、三〇 〇 〜三〇四)の主張は、神の慈悲によって表されるヒレルは、明示的に有利に働く人たちの赦免いいえメリット: "彼は、慈悲深い者の判断に向かって方向転換の規模の慈悲" ( tosef. 、 sanh 。 13 。 3 ; rh 17a ) 。 This quality of mercy is sure to prevail as soon as it is appealed to by the mention of the thirteen attributes with which the Lord appeared to Moses in response to his prayer for forgiveness after the sin of the Golden Calf (R. H. 17b).この品質の慈悲は、できるだけ早く確実に勝つことが不服として言及されるのは、主に出演して13人の属性をムーサーに対応して彼のために祈りをささげる後、罪の赦しの黄金の子牛( rh 17b ) 。 No matter how vile the sinner-be he as wicked as Manasseh or as Ahab-the gate of repentance is open to him (Pesiḳ. xxv. 160b, 162a).(Pesiḳ. xxv. 158b; Yer. Mak. ii. 31d).どんなに卑しい、罪人のように彼の邪悪なマナセまたはahab -としての門を開いて後悔は彼( 25 pesiḳ. 。 160b 、 162a ) 。 ( 25 pesiḳ. 。 158b ; yer 。 mak 。 Ⅱ 。 31d ) 。

"Human Wisdom, when asked, 'What shall be done with the sinner?' "人間の英知は、尋ねられた時は、 'どのように行われるのは、罪人ですか? ] replieth, 'Evil pursueth sinners' (Prov. xiii. 21). Prophecy, when asked, 'What shall be done with the sinner?' replieth 、 '悪の罪人pursueth ' ( prov. 13世です。 21 ) 。予言は、尋ねられた時は、 'どのように行われるのは、罪人ですか? ] replieth, 'The soul that sinneth, it shall die' (Ezek. xviii. 4). The Law, when asked, 'What shall be done with the sinner?' replieth 、 ' sinneth魂が、それは、死ぬ' ( 18 ezek. 。 4 ) 。この法律は、尋ねられた時は、 'どのように行われるのは、罪人ですか? ] replieth, 'Let him bring a guilt-offering and the priest shall atone for him' (Lev. i. 4 [Hebr.]). God himself, when asked, 'What shall be done with the sinner?' replieth 、 'せなさい-罪悪感をもたらすものを提供するとの司祭を償うギフト' ( lev. i. 4 [ hebr 。 ] ) 。神自身は、尋ねられた時は、 'どのように行われるのは、罪人ですか? ] replieth, 'Let him repent, and he will be atoned for; was it not said: "Good and upright is the Lord: therefore will he teach sinners in the way of repentance" (Psalms xxv. 8). For, my children, what do I require of you? "Seek me and live"'" replieth 、 'ほっておけ、後悔する、と彼のためにatoned ;はないと述べたこと: "良好で、垂直には、主:したがって彼は、罪人の道の後悔を教える" (詩篇25 。 8 ) 。ためには、私の子供たちは、何を要求すればよいのですか? "わたしとライブを求める" ' "

Upon these ideas, which can be traced through the entire Apocryphal literature, was based the liturgy of the fast-days, and that of the Day of Atonement in particular; they are probably best expressed in the Ne'ilah prayer of the latter, which, going much further back than the second century (seeYoma 87b, where Rab of Babylonia and R. Johanan of Palestine refer to some portions of it), contains such sentences as the following:これらのアイデアには、追跡することができます作り話の文学全体を通して、ベースの典礼は、高速日間、贖罪の日とし、特に;彼らは、おそらく最もne'ilahの祈りを表明し、後者は、は、後ろに行くよりもはるかに進んで2番目の世紀( seeyoma 87b 、どこのページRab johananバビロニアと共和党のいくつかの部分を参照してパレスチナ)は、このような文章が含まれ、以下のよう:

"Thou offerest thy hand to transgressors, and Thy right hand is stretched out to receive the repentant" (Pes. 119a). "なたofferestなたの手を越えた、となたの右手を伸ばしたが、後悔を受け取る" ( pes. 119a ) 。 "Not in reliance upon our merits do we lay our supplications before Thee, O Lord of all the world, but trusting in Thy great mercy. Thou dost not find delight in the perdition of the world, but Thou hast pleasure in the return of the wicked that they may live." "他力本願ではなく私たちのメリットは我々の前に、なたsupplicationsレイ私たちは、世界のすべての主よ、なたの中でも偉大な慈悲を信じて疑わない。なたが見つからない喜びで、世界の破滅が、なたの喜びの帰還ライブ邪悪なことかもしれません。 "

The saying of the Rabbis, "Higher is the station of the sinner who repenteth than that of him who has never sinned" (Ber. 34b; see Pes. 119a; Luke xv. 10), emanates from the same principle of God's redeeming grace:(Pesiḳ. ib. 162b).と言って、ラビは、 "高い所は、罪人たちは、後悔するだけの人に比べて彼は決してsinned " ( ber. 34b ;ペスを参照してください。 119a ;ルーク15 。 10 )は、同じ原理というものは生まれないから、神の恵みの欠点を補う: ( pesiḳ. ib 。 162b ) 。

"God says, 'Open for me a gate no wider than a needle's eye, and I will open for you a gate through which camps and fortifications can pass'" (Pesiḳ. xxv. 163b). "神によれば、 '私には門を開いて、針の目よりも広いない、と私はあなたのためにオープンゲートを通してキャンプや要塞を渡すこと' " ( 25 pesiḳ. 。 163b ) 。 "When the angels wanted to shut the windows of heaven against the prayer of Menasseh, saying, 'Can a man who set an idol in the Temple repent?' "そのとき、天使たちに窓を閉めて指名手配天国の祈りに対するmenasseh 、と言って、 '一人の男を設定することで、寺悔い改めるアイドルですか? ] God said, 'If I receive him not in his repentance, I shut the door upon all penitents'; and He bored a hole under His throne of Glory to hear his supplication"神によると、 'もし私が彼の良心の呵責を受ける彼は、私のすべてのドアを閉める時penitents ' ;と彼は退屈した彼の玉座の下に穴を開けるの栄光を聞いて彼の懇願"

Repentance.悔い改めています。

(b) On the part of man Atonement is obtained in the first place by repentance, which consists of an outward Confession Of Sins ("widdui," Lev. v. 5; xvi. 21) prescribed for the high priest on the Day of Atonement (Yoma 36b), and for the criminal before his execution, to expiate his sins (Sanh. vi. 2); and recited on penitential and fast days and by proselytes at the time of their admission into the Jewish fold (see "Prayers of Asenath," xiii.-xiv.) also by the dying ("Ebel Zuṭṭarti," in Brüll's "Jahrb." i. 11). ( b )には、男の償いが得られる部分は、第1位を後悔で構成する外側の罪を告白( " widdui 、 "レフです。対5 ; 16世です。 21 )は、所定の日に大祭司償い( yoma 36b ) 、そして彼の前には、犯罪の実行を、自分の罪を罪滅ぼしをする( viのsanh. 。 2 ) ;と後悔しており高速日間読誦している時点でproselytesとされた彼らのユダヤ人の入場を褶曲( "を参照して祈りをささげるアセナスは、 " xiii. - 14 。 )によっても死にかけている( "エーベルzuṭṭarti 、 " brüllの" jahrb 。 " i. 11 ) 。 This is to be the expression of self-reproach, shame, and contrition.これは、表現されるの自戒の念は、恥ずかしい思いをし、痛恨です。 "They must feel shame throughout their whole soul and change their ways; reproaching themselves for their errors and openly confessing all their sins with purified souls and minds, so as to exhibit sincerity of conscience, and having also their tongues purified so as to produce improvement in their hearers" (Philo, "De Execratione," viii.). "しなければならない恥ずかしさを感じる全体を通して自分の魂と自分を変える方法;譴責のために自分自身のすべてのエラーと率直に自分の罪を告白して心と魂を清め、良心の誠意を示すように、精製しても自分の舌を生産するように改善自分の耳をかすが" (フィロは、 "デexecratione 、 " viii 。 ) 。 The verse, "He who sacrifices thank-offerings [A. V., "praise"] glorifies me" (Ps. 1. 23), is taken by the Rabbis as signifying, "He who sacrifices his evil desire while offering his confession of sin ["zobeaḥ todah"] honors God more than if he were praising Him in the world that now is and in the world to come" (Sanh. 43b).この詩は、 "彼は人の犠牲に感謝-提供[動静は、 "褒め言葉" ]美化僕" ( ps. 1 。 23 )は、撮影されたのは、律法学者としての意味は、 "彼は彼の邪悪な欲望の犠牲者を提供しながら自分の罪の告白[ " zobeaḥ todah " ]優等以上もし彼が神を賞賛して今は彼には、世界とは、世界に来る" ( sanh. 43b ) 。 "He who feels bitter shame and compunction over his sins is sure of obtaining pardon" (Ber. 12b; Hag. 5a). "と彼苦味を感じる人以上の彼の罪を恥と思わずに恩赦を取得するのは確実" ( ber. 12b ;鬼ばば。 5a ) 。

Reparation of Wrong.賠償金は間違っています。

But the main stress is laid upon the undoing of the wrong done.しかし、ストレスには、メインのレイアウトを元に戻すには、間違って完了です。 "No sin that still cleaves to the hand of the sinner can be atoned for; it is as if a man would cleanse himself in the water while holding the contaminating object in his hand; therefore it is said, 'He that covereth his sins shall not prosper, but whoso confesseth and forsaketh them shall have mercy" (Prov. xxviii. 13; Ta'anit 16a). "罪のないのは、いまだにクリーブスを手には、罪人のためにできるatoned ;それはまるで一人の男が保有しながら水を浄化するのは、自分自身のオブジェクトを手に夾雑;したがってによるとそれは、 '彼と彼の罪はcoverethプロスパーないが、誰でもconfesseth有するものとしてforsaketh慈悲" ( 28 prov. 。 13 ; ta'anit 16a ) 。 If a man steal a beam and use it in building, he must tear down the building in order to return the stolen thing to its owner: thus of the men of Nineveh it is said, "Let them turn every one from his evil way, and from the violence that is in [cleaves to] their hands" (Jonah iii. 8; Yer. Ta'anit ii. 65b; Bab. B. Ḳ. 66b).一人の男を盗む場合に使用することは建物の梁と、彼はそのビルを崩壊させる必要がありますが、盗まれたことを返すためには、所有者:これは、男性のニネベによるとそれは、 "すべての電源せているだけだから彼の邪悪な方法の1つは、からの暴力とされている[クリーブスを]自分の手で" (ジョナⅢ 。 8 ; yer 。 ta'anit Ⅱ 。 65b ;はBab 。 Bのḳ 。 66b ) 。 Further, repentance consists in abandoning the old ways, and in a change of heart; for it is said "Rend your heart and not your garments, and turn unto the Lord your God" (Joel ii. 13); that is to say, "If you tear your heart, you need not tear your garments over a loss of sons and daughters" (Pesiḳ. xxv. 161b; Yer. Ta'anit, l.c.).さらに、後悔構成で、古い方法を放棄し、心変わりする;ためによるとそれは"あなたの心を引き裂いていないお客様の衣類は、あなたの神、主と悔悟してかれ" (ジョエルⅡ 。 13 ) ;これは、つまり、 "もしあなたの心を破り、お客様の衣類やり直す必要はありません催涙息子や娘の損失" ( 25 pesiḳ. 。 161b ; yer 。 ta'anit 、セントルシア) 。 "They poured out their hearts like water before God" (Yer. Ta'anit ii. 65d). "彼らのように水を注ぎ、その心を神の前で" ( yer. ta'anit Ⅱ 。 65d ) 。 "He who says, 'I will sin and repent; I will sin again and repent again,' will never be allowed time to repent" (Yoma viii. 9). "彼は誰によれば、 '私は罪を悔い改める;私は再び罪を悔い改める再び、 '可時間を後悔することは決してない" ( yoma viii 。 9 ) 。 Repentance rests on selfhumiliation.後悔selfhumiliationにかかっている。 "Adam was too proud to humiliate himself, and was therefore driven from Paradise" (Num. R. xiii. 3). "アダムはあまりにも自分自身を誇りに思って恥をかかせる、とは、したがって駆動からパラダイス" ( 13世num.共和党です。 3 ) 。 "Cain who humbled himself was pardoned" (Pesiḳ. xxv. 160ab; Gen. R. xi., xxii.). "カインは、自分自身の人の恩赦に浴するhumbled " ( 25 pesiḳ. 。 160ab ;大将共和党xi 。 、 22 。 ) 。 "Great is the power of repentance; for it reaches up to the throne of God; it brings healing (Hosea xiv. 5 [A. V. 4]); it turns sins resulting from ill-will into mere errors (according to Hosea xiv, 2 [A. V. 1]); nay, into incentives to meritorious conduct" (Yoma 86ab). "偉大な力は、後悔;ために達するまでに、神の玉座;て治癒をもたらす( 14ホセア書です。 5 [動静4 ] ) ;罪から生じるの電源が悪いことは、単なるエラーが発生する( 14ホセア書によると、 2 [動静1 ] ) ;いや、立派な行為にやる気を起こさせる" ( yoma 86ab ) 。 "He who sincerely repents is doing as much as he who builds temple and altar and brings all the sacrifices" (Lev. R. vii.; Sanh. 43b). "彼がやっている人よろしくお願いrepents同じくらいの人のビルドの寺院や祭壇と彼のすべての犠牲をもたらす" (第VII共和党lev. 。 ; sanh 。 43b ) 。

Prayer, Fasting, and Charity.祈り、断食し、慈善団体です。

Hand in hand with repentance goes prayer.悔い改めの祈りが手をつないでいる。 "It takes the place of sacrifice" (Pesiḳ. xxv. 165b, according to Hosea xiv. 3 [A. V. 2]). "その代わりに犠牲にかかる" ( 25 pesiḳ. 。 165b 、ホセア書によると、 14世です。 3 [動静2 ] ) 。 When God appeared to Moses after the sin of the Golden Calf, He taught him how to offer prayer on behalf of the sinladen community (R. H. 17b).神のムーサーの後に登場したときは、黄金のふくらはぎの罪は、彼の祈りを提供する方法を教えて彼に代わってsinladenコミュニティ( rh 17b ) 。 That prayer is the true service ('Abodah) is learned from Dan.その祈りは、真のサービス( ' abodah )は、ダンから学んだ。 iv. 4 。 24, there having been no other service in Babylonia (Pirḳe R. El. xvi.; Ab. R. N. iv.). 24 、そこにされていない他のサービスでバビロニア(共和党エルpirḳe 。 16 。 ; ABのです。ラドン娘4世です。 ) 。 "As the gates of repentance are always open like the sea, so are [holds R. 'Anan] the gates of prayer" (Pesiḳ. xxv. 157b). "と後悔の門を開いて、いつものように、海には、これは、 [保持共和党'阿南市]祈りの門" ( 25 pesiḳ. 。 157b ) 。

But repentance and prayer are as a rule combined with fasting as a token of contrition, as is learned from the action of King Ahab recounted in I Kings xxi.しかし、悔い改めの祈りと断食の併用は原則として痛恨の印として、アクションとしては、国王から学んだahab recountedで私キングス21 。 27, of the men of Nineveh referred to in Jonah iii. 27日、男性は、参照されてヨナのニネベⅢ 。 7, and of Adam in Vita Adæ et Evæ, 6; Pirḳe R. El. 7 、アダムとはヴィータadæ et evæ 、 6 ; pirḳe共和党エル。 xx.; 'Er. XXのです。 ; ' er 。 18b. 18b 。 Fasting was regarded like "offering up the blood and fat of the animal life upon the altar of God" (Ber. 17a; compare Pesiḳ., ed. Buber, p. 165b, note).断食のように評価された"を提供すると血液中の脂肪は、動物の生活を神の祭壇の上" ( ber. 17a ;比較pesiḳ 。 、エド。ブーバー、 p. 165b 、注意) 。 With these is, as a rule, connected charity, which is "more acceptable to the Lord than sacrifice" (Prov. xxi. 3).これらは、原則として、慈善事業に接続、これは"よりももっと許容して、主の犠牲" ( 21 prov. 。 3 ) 。 On every fastday charity was given to the poor (Sanh. 35a; Ber. 6b).指定されたすべての貧しい人々への慈善fastday ( sanh. 35a ; ber 。 6 ) 。 "Prayer, charity, and repentance, these three together, avert the impending doom" (Yer. Ta'anit ii. 65b). "祈りは、慈善団体、そして後悔は、これらの3つを合わせ、差し迫った破滅を避ける" ( yer. ta'anit Ⅱ 。 65b ) 。 "Repentance and works of benevolence are together the paracletes [pleaders] for man before God's throne (Shab. 32a), and a shield against punishment" (Abot iv. 11). "と後悔するのは、作品の慈善paracletes [ pleaders ]は、神の前の玉座の男( shab. 32a ) 、およびシールドに対する処罰する" ( 4世abot 。 11 ) 。

Suffering as Means of Atonement.償いの手段としての苦しみです。

Another thing considered by the Rabbis as a means of Atonement is suffering.もう一つのものとみなされるのラビの一つの手段としては、苦しみの償いです。 Suffering is more apt than sacrifice to win God's favor and to atone for man (Mek., Yitro, 10; Sifre, Deut. 32; Ber. 5a).苦しみは、より多くのaptを犠牲にして勝つよりも、神の恵みとして償う男( mek. 、 yitro 、 10 ;シフレー、 deut 。 32 ; ber 。 5a ) 。 Poverty also, in so far as it reduces man's physical strength, has atoning power (Pesiḳ. xxv. 165a).貧困にも、これまでのところ、男としての肉体的な強さを軽減することは、電源がatoning ( 25 pesiḳ. 。 165a ) 。 Similar power was ascribed to exile (Sanh. 37b); also to the destruction of the Temple, which was held as a security-a play on the word -for Israel's life (Gen. R. xlii.; Ex. R. xxxi.; Lev. R. xi.).生得的には似たようなパワー亡命( sanh. 37b ) ;も同寺の破壊して開催されたとして、安全保障のためにプレーして、イスラエルの人生ワード( 42大将共和党。 ;例です。共和党31 。 ;レフです。共和党xi 。 ) 。 Above all, death atones for sin (Sifre, Num. 112; Mek., Yitro, 7).なによりも、罪のために死をatones (シフレー、 NUM件です。 112 ; mek 。 、 yitro 、 7 ) 。 "Let my death make atonement for all my sins," say men when dying or in peril (Ber. 60a; Sanh. vi. 2). "死を遊ばせ私のすべての罪を償いをするために、 "男性と言うときに危険にさらされて死にかけているか( ber. 60a ; sanh 。 viのです。 2 ) 。 Particularly the deathof the righteous atones for the sins of the people.特にdeathof畏れるatonesの人々の罪のためです。 "Like the sanctuary, he is taken as security ["mashkon"] for the life of the community" (Tan., Wayaḳhel 9; Ex. R. xxxv. 4; Lev. R. ii.). "聖域のように、彼は取らとしての安全保障[ " mashkon " ]コミュニティの生活のため" ( tan. 、 wayaḳhel 9 ;例です。共和党35 。 4 ;レフです。共和党2世です。 ) 。

Suffering or Death of the Righteous.苦しみや死を畏れる。

That the death of the righteous atones is learned from II Sam.その死を畏れるatones 2世は、サムから学んだ。 xxi. 21 。 14, which says that after the burial of Saul and Jonathan "God was entreated for the land" (Pesiḳ. xxvii. 174b). 14日、これによると、埋葬の後、ソールとジョナサン"と懇願ためには、その土地の神" ( 27 pesiḳ. 。 174b ) 。 "Where there are no righteous men in a generation to atone for the people, innocent school-children are taken away" (Shab. 33b). "どこがない男性は、正義の世代の人々を償うには、罪のない子供たちが学校に連れ去ら" ( shab. 33b ) 。 So also does the suffering of the righteous atone; as in the case of Ezekiel (Sanh. 39a) and Job (Ex. R. xxi.).今でも、正しい者の苦しみはあがなう;例としては、エゼキエル( sanh. 39a )と仕事(例:共和党21です。 ) 。 R. Judah haNasi's suffering saved his contemporaries from calamities (Gen. R. 96).ユダの苦しみを保存hanasi共和党からとなる災害(大将共和党96 ) 。 God is the King whose wrath is, in Prov.神は、王の怒りは、地方です。 xvi. 16 。 14, referred to "as messengers of death," and the wise man who makes Atonement for it is Moses, who pacifies Him by prayer (Ex. R. xliii.). 14日、言及し"死の使徒としては、 "誰と賢者の償いをすることはムーサーは、人によって彼の祈りpacifies (例:共和党43です。 ) 。 The death of Israel at the hands of his persecutors is an atoning sacrifice (Sifre, Deut. 333).イスラエルの死は、彼の迫害者の手には、犠牲atoning (シフレー、 deut 。 333 ) 。

Study of the Torah.律法の研究。

Atoning powers are ascribed also to the study of the Law, which is more effective than sacrifice, especially when combined with good works (R. H. 18a; Yeb. 105a; Lev. R. xxv.). atoning列強は、生得的にも法律を勉強して、これは犠牲よりも効果が、特に優れた作品を併用すれば( rh 18a ; yeb 。 105a ;レフです。共和党25です。 ) 。 The table from which the poor received their share atones for man's sins in place of the altar (see Altar); the wife being the priestess who makes Atonement for the house (Ber. 55a; Tan., Wayishlaḥ, vi.).貧しい人々の表を受け取ってからatonesシェアを所定の位置には、人間の罪を祭壇(祭壇を参照してください) ;の妻がその償いのために、家の人の巫女( ber. 55a ;タン。 、 wayishlaḥ 、 viのです。 ) 。 The meritorious lives of the Patriarchs especially possess a great atoning power (Ex. R. xlix.).命の勲功のatoning patriarchs特に大きな力を持つ(例:共和党49です。 ) 。 The Holy Land itself has atoning qualities for those who inhabit it or are buried in its soil, as is learned from Deut. atoning資質の聖地自体が生息することや人のためには、土の中に埋めて、 deutとしては、学んだからです。 xxxii. 32 。 43, which verse is interpreted "He will make His land an Atonement for His people" (see Sifre, Deut. 333; Gen. R. xcvi.; Ket. 111a; Yer. Kil. ix. 32c). 43 、詩は解釈さ"と彼は、自分の土地を作るために彼の償いの人々 " (参照してくださいシフレー、 deut 。 333 ;大将共和党96 。 ;ケット。 111 ; yer 。吉。 9 。 32c ) 。 On the other hand, the descent of the wicked (heathen) into Gehenna for eternal doom is, according to Isa.その一方で、その子孫は、邪悪な地獄(異教徒)のためには永遠の懲罰によると、のISAです。 xliii. 43 。 (A. V.), an atoning sacrifice for the people of Israel (compare Prov. xxi. 18). (動静)は、イスラエルの民のために犠牲にatoning (比較地方です。 21 。 18 ) 。 "I gave Egypt for thy ransom [kofer], Ethiopia and Seba for thee" (Sifre, Deut. 333; Ex. R. xi.). "私はエジプトのために、なたの身代金[ kofer ]は、エチオピアとなたsebaため" (シフレー、 deut 。 333 ;例です。共和党xi 。 ) 。

Atonement Is Regeneration.償いは、再生します。

The whole idea underlying Atonement, according to the rabbinical view, is regeneration-restoration of the original state of man in his relation to God, called "teḳanah" (R. H. 17a; 'Ar. 15b).根底に償いの全体構想によると、ラビビューで、再生には、元の状態に復元と関連して、神の男と呼ばれる" teḳanah " ( rh 17a ; ' ar 。 15b ) 。 "As vessels of gold or of glass, when broken, can be restored by undergoing the process of melting, thus does the disciple of the law, after having sinned, find the way of recovering his state of purity by repentance" (R. Akiba in Ḥag. 15a). "黄金の船舶やガラスとしては、壊れたときには、復元されることを受けて融解過程で、このように、弟子は、法では、 sinned終え、自分の状態に回復の道を見つけるの純度を後悔" (共和党アキバ中ḥag 。 15a ) 。 Therefore he who assumes a high public office after the confession of his sins in the past is "made a new creature, free from sin like a child" (Sanh. 14a; compare Midr. Sam. xvii., "Saul was as one year old"; I Sam. xiii. 1, A. V. "reigned one year'" R. V. "was thirty years old").したがって彼の高い人を前提とする公職の後、彼の罪を告白し、過去は、 "新たな生き物を前に、子供のように罪を犯していない" ( sanh. 14a ;比較midr 。サム。 17 。 、 "ソールとしては、 1年古い" ;私サム。 13 。 1 、動静"統治1年' "右室"は、 30歳に"を参照) 。 In fact, the Rabbis declare that the scholar, the bridegroom, and the Nasi, as well as the proselyte, on entering their new station in life, are freed from all their sins, because, having by confession of sins, fasting, and prayer prepared themselves for the new state, they are, as it were, born anew (Yer. Bik. iii. 65c, d; Midr. Sam. l.c.).実際、学者のラビを宣言して、花婿は、鼻とは、改宗と同様に、新しい駅で生活して入力して、自分のすべての罪から解放さは、理由は、罪を白状することによって、断食し、祈りをささげる準備自体は、新しい状態では、彼らは、言ってみれば、新たに生まれる( yer. bik 。 Ⅲ 。 65c 、 d ; midr 。サム。セントルシア) 。 This is the case also with the change of name or locality when combined with change of heart (Pesiḳ. xxx. 191a; R. H. 16b).これは、事件の名前を変更しても産地や心の変化を併用すれば( xxx pesiḳ. 。 191a ; rh 16b ) 。 The following classical passage elucidates the rabbinical view as taught by R. Ishmael (of the second century; Yoma, 86a):(compare Mishnah Shebu. i. 1-6).通路elucidates 、以下の古典的見解として教えられた共和党のラビイシマエル(第2世紀; yoma 、 86a ) : (ミシュナー比較shebu 。私1-6 ) 。

"There are four different modes of Atonement. If a man fails to fulfil the duty incumbent upon him in case of a sin of omission, for him repentance suffices, as Jeremiah (iii. 22) says, 'Return, ye backsliding children, and I will heal your backsliding.' "償いは4種類のモードです。一人の男が失敗した場合に課せられた義務を果たし、彼は例の不作為の罪を犯すことは、彼のために十分悔い改め、ジェレマイア( iii. 22 )によれば、 '戻り、逆行なたがたの子供たち、そして逆行して、私は治る。 ' If he has transgressed a prohibitory law-a sin of commission-the Day of Atonement atones: of him the Löw says, 'On this day He shall atone for your sins to cleanse you' (Lev. xvi. 30). If he be guilty of crimes such as entail the death penalty and the like, repentance and the Day of Atone ment can not expiate them unless suffering works as a purifying factor: to this the Psalmist refers when he says, 'I will visit their transgressions with the rod and their iniquities with stripes' (Ps. lxxxix. 33 [A. V. 32]). And if the crime amount to a desecration of the name of God and the doing of great harm to the people at large, nothing but death can be the penalty; as Isaiah (xxii. 14) says, 'Surely this iniquity shall not be atoned for you [A. V. "purged from you"] till ye die, saith the Lord God of Hosts'" Whether the Day of Atonement atoned only for sins committed in error and ignorance or involuntarily (Heb. ix. 7), or also for those committed wilfully with a high hand (Num. xv. 26, 30), whether only after due repentance or without it, is discussed by the Rabbis (Shebu. 13a; Yoma 85b); and the resulting opinion is that just as the scapegoat atoned for all the sins of the nation, whether committed involuntarily or wilfully (Shebu. i. 6), so also does the Day of Atonement, true repentance having the power of turning all sins into mere errors, such as are forgiven to the whole congregation according to Num.もし彼がtransgressedを禁止する法律の罪の贖罪の日の委員会- atones : löwによれば、彼は、 'この日、彼は、あなたたちの罪を償うことを浄化する' ( lev. 16世です。 30 ) 。もし彼に必然的にそのような罪を犯した犯罪のように死刑とは、その日の悔い改めと罪滅ぼしをしていない限り000罪滅ぼしをすることができない苦しみを浄化する要因として働い:賛美歌を指し、このときの彼の言う、 '私は彼らを訪問してtransgressionsロッドそして彼らにはストライプiniquities ' ( ps. 89 。 33 [動静32 ] ) 。金額を犯罪とする場合は、神の名を冒とくし、人々に害を及ぼすことは非常に大規模な、何でもできる死のペナルティー;としてイザヤ書( xxii. 14 )によれば、 '本当にこの不法行為はできないもののためにatoned [動静"あなたから消去" ]なたがたが死ぬまでは、ホストの神、主の言う' "かどうかをその日の犯した罪の償いのためにだけatoned無知でエラーが発生したり非自発( heb. 9世です。 7 ) 、またはそれらのためにもコミットして高いwilfully手( 15 num. 。 26 、 30 )は、後にするかどうかだけやなしに後悔することにより、議論されるのは、ラビ( shebu 。 13a ; yoma 85b ) ;とその結果としての意見は、ただの身代わりatonedのすべての罪のために、国、非自発的にコミットするかどうかwilfully ( shebu. i. 6 )は、今でも、贖罪の日は、真の悔い改めにターニングのパワーをすべての罪を単なるエラーなどには、許された集会によると、全体のNUM件です。 xv. 15 。 26. 26 。 All the greater emphasis is laid on sincere repentance, without which the Day of Atonement is inefficient (Maimonides, "Yad," Teshubah, i. 3).すべてのレイアウトを重視しては、心からの悔悟が、これには、非効率的で、贖罪の日( maimonides 、 " yad 、 " teshubah勇3 ) 。

Annual Redintegration of Man.毎年恒例の男redintegration 。

All the various elements effecting Atonement are in a marked degree combined in the Day of Atonement, to make it the occasion of the great annual redintegration of man.すべての償いには、様々な要素の影響度を組み合わせたマークは、贖罪の日は、その機会を作ることは、毎年恒例のredintegrationの偉大な男だ。 It is called "Shabbat Shabbaton," the holiest of rest-days as the Shabbath of the Sabbatical month (Lev. xxiii. 32), because it was to prepare the people for the festival of harvest joy, the Succoth feast at the close of the agricultural season (Ex. xxiii. 16, xxxiv. 22; Lev. xxiii. 34, xxv. 9, 10; Ezek. xl. 1).それは"安息日shabbatonは、 "神聖な休息の日としては、サバティカルshabbath月( 23 lev. 。 32 )は、人々を準備していたので、お祭りの収穫を喜び、祝宴の終了時のスコテ農業シーズン(例: 23 。 16 、 34 。 22 ;レフです。 23 。 34 、 25 。 9 、 10 ; ezek 。 XLサイズです。 1 )です。 Whereas Ezekiel (xlv. 18-20) intended to have the first and the seventh day of the first month rendered days of Atonement for the year, the Mosaic law ordained that the new moon of the seventh month should be a Sabbath (Lev. xxiii. 24), heralding forth with the trumpet in more solemn sounds than on other new-moon days (Num. x. 10) the holy month; and this was to be followed by the day which was to consecrate both the nation and the sanctuary by imposing atoning rites.一方エゼキエル( xlv. 18-20 )の最初の意図を持つと、 7月1日の最初の1年間レンダ日間の償いのため、法に定められた、モザイクして、 7月の新月にしなければならない安息日( 23 lev. 。 24 ) 、 heralding来たりして、より多くの厳粛なトランペットの音よりも、他の新しい-ムン日( num. Xの10 )の聖月;と続きますが、これは一日にして奉献された国との両方の聖域堂々とした儀式atoning 。 These rites were of a two-fold character.これらの儀式は、 2倍のキャラクターです。

Day of Atonement.贖罪の日です。

Atonement for the people was made in a form without any parallel in the entire sacrificial system, Lev.償いのため、人々は前には、パラレル形式でもなく、システム全体のいけにえのは、レフ。 xvi. 16 。 7-22, or Deut. 7-22 、またはdeut 。 xxi. 21 。 4, perhaps excepted. 4 、たぶん除いている。 A scapegoat, upon which the high priest laid the sins of the people, was sent forth into the wilderness to Azazel (a demon,according to Ibn Ezra on Lev. xvi. 10, related to the goatlike demons, or satyrs, referred to in Lev. xvii. 7; compare Yoma 67b); and its arrival at the rock of Ḥadudo,where it was cast down the precipice, was signalized as the moment of the granting of pardon to the people by the waving of a wisp of snow-white wool in place of one of scarlet, over the Temple gate, crowds of young people waiting on the hills of Jerusalem to celebrate the event by dancing (Yoma iv. 1-8; Ta'anit iv. 8).を身代わり、レイアウト上で、大祭司の罪は、人々は、荒野には、アザゼルを遣わした(悪魔によると、イブンエズラ上レフです。 16 。 10 、悪魔goatlikeに関連して、またはsatyrs 、参照されてレフです。 17 。 7 ;比較yoma 67b ) ;とその岩のḥadudo到着後は、どこの崖下に向けることが、今のところは、信号機としては、恩赦を付与された人々に手を振っひとすじのは、雪のように白い羊毛緋色の場所の1つは、上の山門は、群集の若い人たちを待って、エルサレムの丘でダンスを記念してイベント( 4世yoma 。 1-8 ; ta'anit 4世です。 8 ) 。

Obviously this primitive rite was not of late origin, as is alleged by modern critics, but was a concession rather to ancient Semitic practise, and its great popularity is shown by the men of rank accompanying it, by the cries with which the crowd followed it, and by tales of a miraculous character related in the Mishnah and the Gemara (Yoma 66a, 67a, 68b).この原始的儀式ではないのは明らか後半の起源は、現代の批評家としては、疑惑で、かなりの譲歩をするが、古代ユダヤ練習は、非常に人気とその男性のランクが表示されることに伴う、叫び声をされたことに続いて、群衆、および関連するキャラクターの物語は、奇跡的にミシュナーとゲマラ( yoma 66a 、 67a 、 68b ) 。 On the other hand, the sprinkling by the high priest of the blood of the bullock, the ram, and the second goat, consecrated to the Lord, was in full keeping with the usual Temple ritual, and distinguished itself from the sacrificial worship of other days only by the ministrations of the high priest, who, clad in his fine linen garb, offered the incense and sprinkled blood of each sin-offering upon the Holy of Holies and the veil of the Holy Place for the purification of the whole sanctuary as well as of his own household and the nation.その半面、大祭司の散水されるのは、血液中のブロックは、メモリ、および2番目のヤギは、主の聖体拝領を、完全に足並みをそろえていたが、いつもの寺の儀式、および著名自体から、他のいけにえの崇拝ministrations日間だけでは、大祭司は、人は、彼の細かいリネンの服装に覆われて、血液の提供の香と振りかけた上の各罪の聖なる場所を提供するとの美名の浄化のための聖地としては、全体の聖域家計と同様に、自分の国です。 The impressiveness of these functions, minutely described in Mishnah (Yoma ii.-vii.), has been vividly pictured by Ben Sira, whose words in Ecclus. impressivenessこれらの関数は、 1分おきに記載さミシュナー( yoma ii. - 7です。 ) 、ありありと思い描いてきたベンシーラ川で、その単語ecclus 。 (Sirach) 1. (シラク) 1 。 were embodied in the synagogue liturgy at the close of the 'Abodah.具体化されたのは、近くのシナゴーグ典礼' abodah 。 But while, according to Scripture, the high priest made Atonement (Lev. xvi. 30), tradition transferred the atoning power to God, as was expressed in the high priest's prayer commencing, "Kapper na" (O Lord, atone Thou for the iniquities, the sins, and the transgressions," Yoma iii. 8, iv. 2, vi. 2); interpreting the verse (Lev. xvi. 30): "Through that day He, the Lord, shall atone for you" (Yoma iii. 8; Sifra, Aḥare Mot, viii.).しかし、中には、啓典によると、大祭司の前に償い( 16 lev. 。 30 )は、伝統の異動の電源をatoning神としては、大祭司の祈りを表明しはじめ、 " kapperナ" (主よ、なたを償うiniquities 、その罪、およびtransgressions 、 " yoma Ⅲ 。 8 、 4世です。 2 、 viのです。 2 ) ;通訳の詩( 16 lev. 。 30 ) : "を通してその日の彼は、主よ、あなたは償う" ( yoma Ⅲ 。 8 ; sifra 、 aḥare車検証、 viii 。 ) 。

Great stress was laid on the cloud of incense in which the high priest was enveloped when entering the Holy of Holies; and many mystic or divinatory powers were ascribed to him as he stood there alone in the darkness, as also to the prayer he offered, to the Foundation Stone ("Eben Shetiyah"), on which he placed the censer, and to the smoke of the sacrifice (Yoma, 53a, b et seq.; Tan., Aḥare 3; Lev. R. xx., xxi.; compare Book of Jubilees xii. 16).ストレスには、偉大なレイアウトでは、雲の香に包まれたとき、大祭司聖なる場所に入る; divinatory列強と多くの神秘的なあるいは生得的には彼を闇の中に一人でそこに立っていた彼は、彼の祈りを提供するとしても、同財団に石( "エベンshetiyah " )で、そのときは、香炉に配置し、その犠牲にして煙( yoma 、 53a 、 Bに以下参照。 ;タン。 、 aḥare 3 ;レフです。共和党のXX 。 、 21 。 ;比較jubilees 12世の本です。 16 ) 。 The prayer offered by the high priest (according to Yer. Yoma v. 2; Tan., 'Aḥare 4; Lev. R. xx.) was that the year might be blessed with rain, heat, and dew, and might yield plenty, prosperity, independence, and comfort to the inhabitants of the land.提供されて大祭司の祈り( yerによると。 yoma対2 ;タン。 、 ' aḥare 4 ;レフです。共和党のXXです。 )年には、雨に恵まれているかもしれない、暑さとみずみずしさ、そしてたっぷりかもしれない収率は、繁栄、独立し、その土地の住民を慰めています。

In the course of time the whole Temple ritual was taken symbolically, and more stress was laid on the fasting, the prayers, and the supplications, to which the people devoted the whole day, entreating pardon for their sins, and imploring God's mercy.コースは、全体の時間を取られた寺の儀式を象徴的には、より多くのストレスやレイアウトは、断食は、その祈りは、 supplicationsとされており、人々の献身的な丸一日、自分の罪を恩赦entreating 、神の慈悲と懇願した。 This at least is the view expressed by Philo ("De Septenario," 23), even if it was not yet shared by the people in general, when the Epistle to the Hebrews (ix.) and that of Barnabas (vii.) were written.少なくともこの見解を表明したが、フィロ( "デseptenario 、 " 23 )は、たとえそれが共有されていないのは一般の人々は、そのときの信徒へのヘブル人への手紙( ix. )としていたのbarnabas ( vii. )書いている。 It was after the destruction of the Temple, and through the synagogue, that the Day of Atonement assumed its high spiritual character as the great annual regenerator of Jewish life in connection with New-Year's Day.それは後に同寺の破壊、およびを通じて、シナゴーグ、贖罪の日と仮定して、その高い精神的なキャラクターとして、毎年恒例の窯の偉大なユダヤ人の生活に関連して新しい年の日です。

Day of Sealing God's Decree.封神の判決の日です。

Down to the first century, in Apocalyptical as well as in New Testament writings, the idea of the divine judgment was mainly eschatological in character, as deciding the destiny of the soul after death rather than of men on earth.世紀の最初のダウンには、新約聖書apocalyptical記述されるだけでなく、そのアイデアは、神の裁き終末論では主キャラクターは、魂の運命を決定するというより、男性の死亡後に地球上で。 But under the influence of Babylonian mythology, which spoke of the beginning of the year-"zagmuk"-on the first day of Nisan, as the time when the gods decided the destiny of life (Jensen, "Kosmologie," pp. 84-86, 238), the idea developed also in Jewish circles that on the first of Tishri, the sacred New-Year's Day and the anniversary of Creation, man's doings were judged and his destiny was decided; and that on the tenth of Tishri the decree of heaven was sealed (Tosef., R. H. i. 13; R. H. 11a, 16a), a view still unknown to Philo ("De Septenario," 22) and disputed by some rabbis (R. H. 16a).バビロニア神話の影響下にあるしかし、これは、今年の初めに" zagmuk "には、初日のニッサンは、この時期としては神々の人生の運命を決定(ジェンセンは、 " kosmologie 、 " pp 。 84 - 86 、 238 ) 、そのアイデアを開発しても、ユダヤ教界では、最初のtishri 、新しい年の聖なる日や記念日の創造は、人間の所業と判断された彼の運命が決まった;としては、 10番目の政令tishri密閉された天( tosef. 、 rh i. 13 ; rh 11a 、 16a )は、まだ不明なビューをフィロ( "デseptenario 、 " 22 )と係争中でいくつかのラビ( rh 16a ) 。 Thus, the first ten days of Tishri grew to be the Ten Penitential Days of the year, intended to bring about a perfect change of heart, and to make Israel like new-born creatures (Pesiḳ. xxiii., xxiv.; Lev. R. xxix.), the culmination being reached on the Day of Atonement, when religion's greatest gift, God's condoning mercy, was to be offered to man.したがって、最初の10日間の成長率になるtishriオブザイヤーの10日間ざんげのは、意図して完璧な変化をもたらすの心臓は、イスラエルを作ると生き物のような新しい生まれ( 23 pesiḳ. 。 、 xxiv 。 ;レフです。研究。 29 。 )は、絶頂に達している上、贖罪の日は、宗教のときの最大の贈り物は、神の慈悲condoning 、男に提供していた。 It was on this day that Moses came down from Mount Sinai with the Tables of the Law received in token of God's pardon of the sin of the golden calf, while the whole congregation fasted and prayed.それはこの日にダウンしてから来たマウントサイナイモーゼのテーブルには、法の趣旨を受けて、神の恩赦では、トークンの罪は、黄金の子牛は、全体の信徒間絶食と祈った。 The Day of Atonement was thenceforth made the annual day of divine forgiveness of sin, when Satan, the accuser, failed to find blame in the people of Israel, who on that day appeared pure from sin like the angels (see Seder 'Olam R. vi.; Tan., Ki Tissa, 4; Pirḳe R. El. xlvi.).贖罪の日は、その時以来、毎年恒例の日に神の前に罪の赦し、悪魔のときは、告発人は、失敗の責任を見つけるのは、イスラエルの人々は、その日の出演者は、天使のような純粋な罪から(セーデルを参照してください' olam共和党viのです。 ;タン。 、箕tissa 、 4 ; pirḳe共和党エル。 46 。 ) 。 According to Pirḳe R. El. pirḳeによると、共和党エル。 xxix., the circumcision of Abraham took place on the Day of Atonement, and the blood which dropped down on the very spot where the altar afterward stood in the temple on Moriah is still before the eyes of God to serve as means of Atonement. 29 。 、アブラハムの割礼が行われたのは、贖罪の日は、ドロップダウンとは、血液中には非常にスポットではどこのお寺の祭壇の上に立っていたその後モリアは、まだ神の目の前に償いを務めることを意味します。

A Day of Confiding Joy.一日の喜びを打ち明ける。

Far from being the means of "pacifying an angry God," as suggested by Cheyne ("Encyc. Bibl." s.v.), or from leaving a feeling of uncertainty and dread of suspense concerning God's pardoning love in the heart, as Weber ("Altsynagogale Theologie," p. 321) maintains, these ten days are the days of special grace when the Shekinah is nigh, and God longs to grant pardon to His people (Pesiḳ. xxiv.).までに寄付されている、という意味の"神の怒りを買うpacifying 、 "として提案したチェーンストークス( " encyc 。 bibl 。 " sv ) 、または不確実な気持ちから出発するのを怖がるとサスペンス赦免に関する神の愛の中心には、ウェーバー( " altsynagogale theologie 、 " p. 321 )を維持し、これらの特別な日の10日間の猶予がshekinahときは、近付いては、神と彼の人々に恩赦を付与ロングズ( pesiḳ. xxiv 。 ) 。 The Day of Atonement is the "one day" prepared from the beginning to unite the world divided between the light of goodness and the darkness of sin (Gen. R. ii., iii.), "a day of great joy to God" (Tanna debe Eliyahu R.i.).その贖罪の日は、 " 1日"を準備し始めてから、世界の団結の分断の間の光と闇の中の罪善(大将共和党Ⅱ 。 、 Ⅲ 。 )は、 "一日神の偉大な喜びを" (タンナdebe eliyahu里) 。 "Not depressed and in somber garments as the suppliant appears before the earthly judge and ruler should Israel on New-Year's Day and on the Day of Atonement stand before the Ruler and the Judge on high, but with joy and in white garments betokening a cheerful and confiding spirit" (Yer. R. H. i. 57b). "と意気消沈していない衣類として粛々と表示される前に、この世の嘆願定規ばならないと判断して新しい年のイスラエルの日として贖罪の日の前に立つと判断して高い定規ではなく、喜びと白の衣装で陽気なbetokeningと打ち明けるスピリット" ( yer. rh i. 57b ) 。 Only later generations regarded these white garments, the Sargenes-in which also the dead were dressed in order to appear before the Judge of all flesh full of gladsome hope-as shrouds, and considered them as reminders of death (Yer. R. H. l.c.; Eccl. R. ix. 7; Gen. R. l.c.; Brueck, "Pharisäische Volkssitten," 1368).これらの評価のみを後世白い衣は、 sargenes -死んでも、服を着ていたためには、裁判官の前に表示されるすべての肉-として〜を包んで希望に満ちて喜ばしい、と考えられている死のリマインダ( lcをyer. rh ; eccl 。共和党9世です。 7 ;大将共和党のLC ; brueck 、 " pharisäische volkssitten 、 " 1368 ) 。 "The firstday of Succoth is called the first day [Lev. xxiii. 35] because on it a new record begins, the sins of the year having been wiped off on Atonement Day" (Tan., Emor., 22). "と呼ばスコテfirstdayの初日[レフです。 23 。 35 ]新記録を開始しているため、この1年間続けてきた罪の償いを拭いてオフの日" ( tan. 、 emor 。 、 22 ) 。 The sins of the preceding year therefore, unless they have been repeated, should not be confessed anew (Tosef., Yoma, v. 15; Yoma 86b; Ex. R. lii.).(Yoma viii. 9).は、前の年の罪のため、かれらが繰り返される場合を除き、あらためて告白はならない( tosef. 、 yoma 、対15 ; yoma 86b ;例です。共和党52です。 ) 。 ( yoma viii 。 9 ) 。

"He who says, 'I will sin, and the Day of Atonement shall make atonement for me,' for him the Day of Atonement is of no avail. Only such sins as concern man's relation to God will be pardoned. Sins committed by man against his fellow man are pardoned only after his fellow man's pardon has been obtained; for it is said: 'From all your sins before the Lord ye shall be cleansed' (Lev. xvi. 30), thus excluding sins before man" "彼は誰によれば、 '私は罪、贖罪の日とは、私に償いをするために、 '向けギフトの贖罪の日は役に立たない。のみ罪としてこのような男の関係が懸念される神の恩赦に浴する。犯した罪された男同僚に対する恩赦に浴する男は、同僚の男の赦免した後にのみ取得されて;をしていると言わ: 'からのすべてのお客様になたがたは、主の前に罪を清め' ( lev. 16世です。 30 )は、男の前にこのように罪を除く"

Both Fast-Day and Festal Day.一日一日と祝祭の両方に高速です。

The Day of Atonement has thus a double character; it is both a fast-day and a festal day.したがって、贖罪の日は、二重人格;それは、高速の両方日間の祝祭の日とする。 It comprises the elements of the great fast-day of the year, on which are prohibited all those things from which the people abstained on any other public fast-day, such as eating and drinking, bathing and anointing, the wearing of sandals or shoes, etc. (Yoma 76b and 77a).それは、非常に高速な構成要素日間のオブザイヤーは、これらすべてのものでは禁止されてから、人々は棄権して、他の公共高速日間、食べたり飲んだりするなど、入浴やanointing 、サンダルや靴の着用等( yoma 76bと77a ) 。 Another mode of affliction or penitence, however, is prohibited (Yoma 74b; Sifra, Aḥare, vii.).別のモードの苦悩や懺悔、しかし、ことは禁止され( yoma 74b ; sifra 、 aḥare 、 7世です。 ) 。 There were likewise embodied in the liturgy of the Day of Atonement all those forms of supplications and portions of the liturgy used on public fast-days (Ta'anit iv. 1), including the most characteristic portion recited at sunset, Ne'ilah ("the closing of the gates of the sun").同様に具体化があったの典礼贖罪の日は、これらすべての形態のsupplicationsとして使用される部分は、公共の速い典礼日( ta'anit 4世です。 1 )など、ほとんどの部分を読誦日没の特徴は、 ne'ilah ( "太陽の門の閉鎖"を参照) 。 Of these the confession of sins forms the oldest and most prominent part of each portion of the day's liturgy, the alphabetical order in the catalogue of sins having originated in Ḥasidic circles (Rom. i. 29 et seq.; Didache v.; Shab. 54a) rather than in the Temple liturgy (Sifra i.; Yoma iii. 8).これらの罪を告白フォーム最古の最も顕著な部分と、この日の典礼の各部分には、アルファベット順には、カタログの罪でḥasidic界が発祥(以下参照rom. i. 29 。 ;ディダケー対; shab 。 54a )というよりは、寺の典礼( sifra i. ; yoma Ⅲ 。 8 ) 。 This is to be followed by the "Seliḥot," the appeals to God's forgiveness as expressed in the thirteen Attributes of God as He appeared to Moses on Sinai, promising "Salaḥti," "I have forgiven" (Num. xiv. 18-20).これは続きますが、 " seliḥot 、 "神の許しとして、控訴を表明し、 13人の属性をムーサーの神として登場してシナイ半島彼は、前途有望な" salaḥti 、 " "私は許された" ( 14 num. 。 18-20 ) 。 The reading from the Law of the chapter on the Atonement sacrifice in Lev.読んでから、同法の章でレフを犠牲にして償いです。 xvi., in the morning portion, is followed by the reading from the prophet Isaiah (lvii. 15-lviii. 14) as Hafṭarah, which has been significantly chosen to impress the worshipers with the lesson that the external rite of fasting is valueless without the works of righteousness and beneficence. 16 。 、部分は、午前中は、読書が続きますから、預言者イザヤ書( 15 - 58 lvii. 。 14 )としてhafṭarahされてきた印象を大幅に選ばれたのしもべにしてレッスンをして、外付けの儀式の断食は価値なしこの作品の正義と施しています。

Differing in this respect from any other fast-day, and resembling all Sabbath and festival days, the celebration of the Day of Atonement begins in the synagogue on the preceding evening, in conformity with Lev.この点で、他の違いから急速に一日、祭りの日と似たすべての安息日とは、贖罪の日の祝賀会が始まるのは、シナゴーグでは、前の晩には、レフに準拠しています。 xxiii. 23 。 32 (Yoma 81b). 32 ( yoma 81b ) 。 It probably did so during the time of the Temple (Yoma 19b), but not in the Temple itself (Yoma i. 2).だからそれは、おそらく時間中には、寺( yoma 19b )は、同寺自体ではなく( yoma i. 2 ) 。 This evening service-called Kol-Nidre from its opening formula, which canceled rash vows-with its strongly marked melodies and songs, assumed in the course of time a very impressive character.夕方と呼ばれるこのサービス- kol - nidreからの開会式で中止にしてその誓いの発疹や曲のメロディーを強くマークは、コースの時間を想定し、非常に印象的なキャラクターだ。 On the Day of Atonement itself, the noon or "musaf" (additional) service-presenting as its chief feature the 'Abodah, a graphic description of the whole Atonement service of the Temple-is followed by the afternoon or "Minḥah" service, which begins with the reading from the Law of the chapter on incestuous marriages, with a side-reference, as it were, to Azazel, the seducer to lewdness (Meg. 31a; Tos. ad loc.; Yoma 67b), and as Hafṭarah, the Book of Jonah, containing the great lesson of God's forgiving love extended to Gentiles as well as to Jews.贖罪の日は、それ自体は、正午または" musaf " (追加)サービスの主な機能として提示し' abodah 、グラフィックの説明が全体のサービスの償いに続けて、同寺には午後または" minḥah "サービスは、読書から始まるが、この法律の近親婚の章に進んでは、リファレンス側では、言ってみれば、アザゼルには、色魔にみだらなこと( meg. 31a ;のTOSです。広告の場所です。 ; yoma 67b ) 、およびとしてhafṭarahは、この本のジョナは、偉大な教訓を含む拡張して、神の愛寛容にしてユダヤ人だけでなく、 gentiles 。 This is followed by the Ne'ilah service, in which the main ideas of the day are especially emphasized-repentance conditioning forgiveness, and God's sealing the decree of man for the ensuing year.これは続きますne'ilahサービスは、主要なアイデアで、この日は特に強調-後悔調節赦し、神の封止とその翌年には、法令の男です。 The service ends with a solemn invocation of God's name, the Shema', and the sevenfold exclamation, "The Lord, He is God" (compare I Kings xviii. 39), forming the climax of the continuous devotions of the day.本サービスの呼び出しが終わると、厳粛な神の名は、 shema ' 、 7倍と感嘆符は、 "主よ、彼は神" (比較私キングス18 。 39 )は、連続成形のクライマックスは、祈りの日です。 As a signal of the close of the sacred day, so that the people may know that they can work or eat (Tos. to Shab. 114b), or for other reasons (see Kol Bo, lxx.; Shulḥan 'Aruk, Oraḥ Ḥayyim, 623, 6; Ṭur Oraḥ Ḥayyim, 624), the trumpet is blown once, or, as in Palestine, four times-"Teḳi'ah, Shebarim, Teru'ah, Teḳi'ah" (see Maḥzor Vitry, pp. 345, 356; Abudrahim, "Seder Tef. Yom Kippurim.").信号としては、神聖な一日を閉じるのは、知っている人もいるかもしれないので、仕事や食べることができる( tos.をshab 。 114b ) 、またはほかの理由( kol参照してくださいボー、 70 。 ; shulḥan ' aruk 、 oraḥハイム、 623 、 6 ; ṭur oraḥハイム、 624 ) 、ラッパが吹かれるに1回、または、パレスチナでは、 4倍- " teḳi'ah 、 shebarim 、 teru'ah 、 teḳi'ah " ( maḥzorを参照してくださいヴィトリー、 pp 。 345 、 356 ; abudrahim 、 "テフセーデル。ヨームkippurim 。 "を参照) 。 Either in the Kol-Nidre service, as in Jerusalem, before the main prayers (Schwartz, "Das Heilige Land," p. 336), or after the morning service (Maḥzor Vitry, p. 353; Shulḥan 'Aruk, Oraḥ Ḥayyim, 621, 6), the dead are commemorated, and gifts are offered for their salvation (see Tan., Haazinu, i. ed. Vienna, 1853, p. 28; Pesiḳ. xxvii. 174b, and Roḳeaḥ, quoted in Beth Joseph to Ṭur Oraḥ Ḥayyim, l.c.)-a custom which in the Reform liturgy has been made a more prominent part of the service. kol - nidreサービスのいずれかで、エルサレムのように、主の祈りの前に(シュワルツは、 " das heilige土地は、 " p. 336 ) 、または朝の礼拝の後( maḥzorヴィトリー、 p. 353 ; shulḥan ' aruk 、 oraḥハイムは、 621 、 6 ) 、死者は記念し、プレゼントもご用意して救世(タンを参照してください。 、 haazinu勇エド。ウィーン、 1853 、 p. 28 ; pesiḳ 。 27 。 174b 、およびroḳeaḥ 、ジョセフを引用符でベスṭur oraḥハイム、セントルシア) -カスタムでは、典礼改革されて、より目立つようにするサービスの部分です。 In preparation for the Day of Atonement it is usual to offer gifts of charity, according to Prov.準備のため、贖罪の日のプレゼントを提供することは通常の慈善団体によると、地方です。 x. Xで 2, "Righteousness [charity] delivereth from death," and to go to the cemetery to visit the graves of the dead, a practise taken over from the fast-days (Ta'anit 16a; Yer. Ta'anit ii. 65a). 2 、 "正義[チャリティ]死から救うのは、 "や墓地に移動するには、死者の墓を訪問するのは、練習を引き継いでから、高速日( ta'anit 16a ; yer 。 ta'anit Ⅱ 。 65a ) 。

The custom of bringing candles to burn in the synagogue the whole day, in memory of the dead, may have originated in the desire to light up the otherwise dark synagogue for the recital of prayers and psalms by the pious during the entire night.ろうそくを燃やすには、カスタムの持参で丸一日のシナゴーグ、メモリーオブザデッドでは、可能性があるの発祥は、それ以外の願望を照らし出すために暗いシナゴーグリサイタル詩篇の祈りと夜の全体の中で、信心深い。 This is the one view expressed in Kol Bo lxviii.; but other reasons of a mystic nature are given for it there as well as in Maḥzor Vitry, p.これは、 1つの見解を表明し、 68ボーkol 。 ;しかし、他の理由のためには、神秘的な自然が与えられたことだけでなく、そこにmaḥzorヴィトリー、 p. 340; Abudrahim, l.c.; and Shulḥan 'Aruk, Oraḥ Ḥayyim, 610. 340 ; abudrahim 、セントルシア;とshulḥan ' aruk 、 oraḥハイム、 610 。

Very significant, as showing a deep-rooted desire for some form of atoning sacrifice, is the custom-known already in the time of the Geonim, and found in Asia and Africa (see Benjamin II., "Acht Yahre in Asien und Africa," 1858, p. 273), as well as in Europe (Asheri Yoma viii. 23; Maḥzor Vitry, p. 339; Kol Bo lxviii.; Shulḥan 'Aruk, Oraḥ Ḥayyim, 605), though disapproved by Naḥmanides, Solomon ben Adret, and Joseph Caro (Ṭur Oraḥ Ḥayyim, l.c.)-of swinging over one's head, on or before the eve of Atonement Day, a fowl, usually a rooster or hen; solemnly pronouncing the same to be a vicarious sacrifice to be killed in place of the Jew or Jewess who might be guilty of death by his or her sin.非常に重要な、根深い願望として表示するために犠牲にatoning何らかの形で、カスタムは、すでに知られてgeonimのときには、アジアとアフリカで発見さ(ベンジャミン2世を参照してください。 、 " acht yahreでasienウントアフリカでは、 " 1858 、 p. 273 )されるだけでなく、ヨーロッパ( asheri yoma viii 。 23 ; maḥzorヴィトリー、 p. 339 ; kolボー68 。 ; shulḥan ' aruk 、 oraḥハイム、 605 ) 、不承認とされたnaḥmanidesかかわらず、ソロモンベン日当たりの良い斜面、とヨセフカロ( ṭur oraḥハイム、セントルシア) -の頭越しに体を揺すって、あるいはそれ以前の贖罪の日の前夜には、家禽のは、たいていの場合、または鶏酉;厳粛に発音されると同じ代償を犠牲にして所定の位置に殺されるユダヤ人やユダヤ女性たちは、罪を犯したかもしれない彼または彼女の死によって罪です。 Fishes and plants, also (see Rashi, Shab. 81b), perhaps originally only these, were used in the gaonic time.魚や植物、また(参照してくださいrashi 、 shab 。 81b )は、おそらくこれらはもともとのみ、使用されていた時間gaonic 。 The slaughtered animal or its equivalent was then given to the poor (see Kapparot).食肉処理された動物またはそれと同等のは、当時の貧しい人々に与えられた(カパロットを参照してください) 。 Another custom of similar character is the receiving on the eve of Atonement Day, either in the synagogue or at home-the latter is usually the place in Jerusalem (see Schwartz, l.c.)-of thirty-nine stripes at the hand of a neighboras penalty for one's sins, according to Deut.もう一つは、同じような性格のカスタムの受信贖罪の日の前夜、または自宅のいずれかのシナゴーグ-その場所で、後者は、通常エルサレム(シュワルツを参照してください、セントルシア) -の39のストライプは、手のペナルティーneighboras自分の罪のためによると、 deut 。 xxv. 25 。 3, while reciting the Confession of Sins. 3日間の罪を告白暗唱しています。 (See Maḥzor Vitry, p. 344; Kol Bo, lxviii.; Shulḥan 'Aruk, Oraḥ Ḥayyim, 607.) According to Benjamin II., l.c., people in Persia strip themselves to the loins in order to receive these stripes on the naked body (see Malḳut Schlagen). (参照してくださいmaḥzorヴィトリー、 p. 344 ; kolボー、 68 。 ; shulḥan ' aruk 、 oraḥハイム、 607 。 )によると、ベンジャミンⅡ 。 、セントルシア、ペルシャ人々は自らストリップloinsをしてもらうために、これらのストライプは、裸体( malḳut schlagenを参照してください) 。 This is followed by bathing, so that man may appear pure in both body and soul before God on "the great day."これは入浴後には、男が表示されるので、純粋な肉体と精神の両方で、神の前で"偉大な日です。 "

The Karaite Day of Atonement with its liturgy is to a great extent similar to that of the Rabbinite Jews.贖罪の日のカライ派の典礼は、偉大な範囲内にあるrabbiniteユダヤ人に似ているのだ。 It also begins half an hour before sunset of the preceding day, and lasts until half an hour after sunset of the day itself (see Karaites).また、日没の30分前に始まるのは、前の日に、そして30分まで続くこの日の日没後自体( karaitesを参照してください) 。 The Samaritans, also, adopted the custom of preparing for the day by a purificative bath and of spending the night and the day in the synagogue with prayer and fasting, singing hymns, and reading from the Law (See Samaritans).このサマリア人は、また、カスタムの準備をし採択されたその日の支出purificative浴とは、夜と昼の祈りと断食シナゴーグでは、賛美歌を歌う、と読んでから、法律(サマリアを参照してください) 。

Kaufmann Kohlerカウフマンコーラー
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ百科事典は、 1901年から1906年の間に出版されます。

Bibliography: 参考文献:
Hamburger, R. B. T. i., under Versöhnung und Versöhnungstag; Zunz, S. P. pp.ハンバーガー、 rbt i. 、下versöhnungウントversöhnungstag ;ツンツ、特検pp 。 76-80; Sachs, Die Religiöse Poesic der Juden in Spanien, 1845, pp.七六から八〇 ;マンサックスは、死ぬreligiöse poesicデアjudenでspanien 、 1845 、 pp 。 172 et seq.; Brueck, Pharisäische Volkssitten, 1855, pp. 172以下参照。 ; brueck 、 pharisäische volkssitten 、 1855 、 pp 。 135-146.K. 135 - 146.k 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです