Baptismバプテスマ

General Information 総合案内

Baptism is a Sacrament of the Christian church in which candidates are immersed in water or water is poured over them in the name of the Father, Son, and Holy Spirit. It is derived from the practice of John the Baptist, who baptized Jesus, and probably from the Jewish tebilah (a ritual bath). Matthew 28:19 calls upon Christians to make disciples and to baptize them. 洗礼は、聖餐式では、候補者たちは、キリスト教の教会や水が注ぎ水に浸漬するために、それらの名の下の父親は、息子と聖霊。慣行に由来することは、バプテストヨハネは、イエスキリストの人のバプテスマを受けて、おそらくユダヤ教からtebilah (入浴する儀式) 。 マタイ28:19呼び掛けたキリスト教徒を弟子に洗礼を施すとしています。

In the early church, baptism was administered after a period of preparation (catechumenate), preferably at Easter.教会の初めには、バプテスマの準備期間の後に投与された( catechumenate )は、できれば、イースター。 It was performed in conjunction with the rites later called confirmation and Eucharist. The effects of baptism were believed to be union with Jesus in his death and Resurrection, forgiveness of sin, the gift of the Holy Spirit, membership in the church, and rebirth to new life in Christ. Some scholars believe infants were included among the candidates from the beginning; others believe that infant baptism began in the 3d century. Today Baptists and Disciples of Christ do not practice infant baptism and do insist on immersion.併用して行われていたが、それ以降の風物詩と呼ばれる聖体確認します。 バプテスマの影響とみられるが連合して彼の死と復活のイエスは、罪の赦し、聖霊の贈り物は、会員は、教会、および再生を新しい人生が、キリストです。学者と思われるいくつかの候補の中に含まれていた乳幼児の先頭から;いると思われる他の3D世紀には、幼児洗礼を始めた。 今日浸礼派教会とキリストの弟子幼児洗礼練習しないと主張して行う浸漬。 Most other churches baptize infants and permit the pouring of water. 他のほとんどの幼児洗礼を施す教会と土砂降りの水を許可しています。 A few Protestant groups, such as the Quakers, reject outward baptism altogether. The Christian rite is in some ways similar to rites of purification used in other religions. プロテスタントのいくつかのグループのように、クエーカー教は、外側に洗礼を完全に拒否する。キリスト教の儀式には、いくつかの点で似ている他の宗教儀式の精製で使用されています。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
L L Mitchellすべてミッチェル

Bibliography 文献情報
G R Beasley - Murray, Baptism in the New Testament (1973); A T Eastman, The Baptizing Community (1982); M Fahey, ed., Catholic Perspectives on Baptism, Eucharist, and Ministry (1986); A Schmemann, Of Water and the Spirit (1974); G Wainwright, Christian Initiation (1969). gr beasley -マレーは、洗礼は、新約聖書( 1 973年) ;イーストでは、コミュニティの命名( 1 982) ; mにフェイヒィ、エド。 、カトリックの洗礼を視るには、聖体、および省( 1 986) ;するs chmemann、水とはスピリット( 1974 ) ;グラムウエインライト、キリスト教の開始( 1969 ) 。


Baptismバプテスマ

Editor's Notes エディタの注意事項

In the normal process of things, one's Salvation is accomplished entirely separately from the Sacrament of Baptism.物事のプロセスは、通常、 1つの操作を行うには完全に別々に救いの洗礼聖餐式からです。 A person proceeds through Regeneration and Justification and becomes Saved.再生を通じて人との名分となる収入に保存されます。 The subject of Baptism is a little different.洗礼の主題とは少し違う。 (And then the lifelong process of Sanctification follows.) (その後の清浄化プロセスの生涯以下の通りです。 )

There are even some different attitudes toward Baptism.そこにはいくつかの異なる姿勢を洗礼。 The very fact that this presentation needs to include around twenty different articles indicates that different Churches have different understandings regarding exactly what is required of a Baptism and what is meant by it.このプレゼンテーションは非常に事実を含める必要があることを示します約20の異なるさまざまな宗派が異なるの記事について理解を正確には何が必要なの洗礼とは何を意味しています。

The actual most "correct" one is called "Believer's Baptism".もっとも、実際の"正しい"と呼ばれる1つは"信者の洗礼" 。 [An entire article about Believer's Baptism is below, and most of these articles refer to it.] This is where, once a person IS Saved, whether as a 'new' Christian or a life-long Church attendee, a (public) Baptism is LATER performed, for that new Believer. [全体についての記事は以下のとおり信者の洗礼は、ほとんどがこれらの記事を参照してください。 ]ここでは、一度に保存する人は、どうかとして、 '新しい'キリスト教や教会の生涯の出席者は、バプテスマ(公共)後に行われるが、そのための新たな信奉者だ。 This Believer's Baptism is certainly actually the Sacrament that Jesus instituted.この信者の洗礼イエスは、確かに、実際の聖餐式を導入した。 It is an after-the-fact public acknowledgement and demonstration that a person has been Saved.これは、事後承認やデモを公開して、その人が保存されています。

There are many Churches and many Christians who consider Baptism to be a sort of "help" toward being Saved.教会や多くのキリスト教徒が多くの人の洗礼を検討されるある種の"ヘルプ"に向かって保存されています。 "Infant Baptism" [see the article below] fits in this category, where a child clearly does not yet fully comprehend all the significance of being Saved or the Sacrament. "幼児洗礼" [以下の記事を参照してください]の発作このカテゴリには、どこにある児童を明確に理解するが、まだ完全に保存されているすべての意義や、聖餐式です。 There can easily be such value, mostly in a psychological basis, but that concept seems clearly somewhat different from what Jesus intended Baptism to represent.このようなことで簡単に価値あるが、そのほとんどが心理学的根拠が、その概念を明確にやや違うように意図イエスキリストの洗礼を表すものです。

Since the only people who would receive a Believer's Baptism are those who have been ALREADY Saved, such people are expected to clearly and fully understand the difference between right and wrong.以来、信者だけ、という人々の洗礼を受けるには保存されているか持っている人は、そのような人たちが予想され、明確かつ十分に理解する善悪の違いです。 Such people also now recognize and understand the many "sins" they had done prior to becoming Saved as a Christian.このような認識と理解を今の人々にも多くの"罪"になる前に終わっていたようにクリスチャンとして保存されます。

The Baptism therefore represents a "washing away" of those past sins (forgiveness for them), allowing the new Christian to have a "clean slate" (called tabula rasa after the Latin for it) without carrying countless earlier guilts and sins.したがって、洗礼を表します"洗濯去る"の過去の罪を(かれらを許し)は、キリスト教の許可を持つ新しい"白紙の状態" (ラテン語で呼ばれることの後タブララサ)なしで数えきれないほど早くguiltsと罪を乗せた。 In addition, the "washing" of the Baptism implies a new "cleanness and purity" suitable for the entrance of a new Indwelling of the Holy Spirit (Holy Ghost) in that individual.加えて、 "洗濯"の洗礼を意味する新しい"清浄度や純度"の入り口に適しているのは、新たな留置聖霊(聖霊)にして個々のです。

The newly Saved Christian (or newly committed or re-committed Christian) therefore benefits from the Baptism regarding both his/her past (forgiveness) and future (guidance by the Spirit).新たに保存したキリスト教(または新たにコミットまたは再献身的なキリスト教徒)したがって給付の両方からの洗礼について彼/彼女の過去と未来(赦し) (精神指導される) 。

The combination of all these effects represents a public indication that the person has fully and totally committed to a Christian Faith.すべての組み合わせは、これらの効果を示して国民を代表する人物とは完全に完全にコミットして、キリスト教の信仰です。 A Church considers this Sacrament to represent a transition to becoming a "full" member of the Church.この教会の聖餐式を考慮になりつつあるの移行を意味する"完全"で、教会のメンバーである。 Where an individual was generally considered a "Seeker" before, now he/she is a Christian, and can take his/her rightful place in the structure of the Church.どこには、概して、個々の"探求者"の前に、今は彼/彼女は、キリスト教、そして取ること彼/彼女の正当な場所では、教会の構造です。

The Sacrament of Baptism reflects on the other of the Two Sacraments that most Protestant Churches administer, the Eucharist.聖礼典の洗礼を反映して、他の2つの秘跡を投与してほとんどのプロテスタント教会は、聖体。 Prior to Baptism, nearly all Churches deny participation in the Eucharist to those present in the Church.洗礼前には、ほぼすべての教会を否定しての参加は、その場に居合わせた人は、教会の聖体。 It is believed that the Eucharist is explicitly intended only for Christians who have been Baptized.聖体があると考えられ、キリスト教徒の人のためには明示的に意図のみバプテスマを受けてきた。

Virtually ALL Christian Churches follow this Sacrament.この聖餐式に従って、ほぼすべてのキリスト教教会です。 It is quite important to all Christian Churches, since Jesus Himself instituted it.それは非常に重要なすべてのキリスト教の教会には、自ら設立以来、イエスだ。

There seem to be two central themes regarding the various disagreements of Churches regarding Baptism, whether young children should be Baptized and the method to be used. 2つの中央にあるように、様々なテーマについての意見の相違の洗礼に関する教会は、幼い子供をしなければならないかどうかの方法を使用すると、バプテスマを受けています。 Regarding young children, the concern is regarding the implications regarding a young child if he/she dies very young.幼い子どもたちについては、その影響についての懸念については、幼い頃にもし彼/彼女が死んだ非常に若い。 The argument for Paedo-Baptism (child Baptism) is to assure that such a child would be Saved and then go to Heaven.ロリコンの洗礼を引数(子供の洗礼)は、このようなことを確実に保存し、次に子供が天国に行く。 However, the early Christian Church had instituted "Household Salvation" [a separate presentation in BELIEVE] which concludes that ALL babies and young children of Christian parents are "automatically" protected (Saved) UNTIL they attain an age at which they are able to make an informed choice for themselves.しかし、初期キリスト教の教会が導入した"家計の救世" ※を個別にプレゼンテーションを信じる]の結論は、すべての赤ちゃんや小さな子供の親たちは、キリスト教の"自動的に"保護(保存)を達成するまで、かれらの年齢でできるようになっているインフォームドコンセントを自分自身で選択する。

As to the precise method to be used in a Baptism Rite, the Bible does not really offer much information.正確な方法としては、洗礼の儀式に使われるには、聖書には本当に多くの情報を提供しています。 Each Church has had to make their own assumptions regarding the interpretations or meanings of certain words in the Bible, and in this way, they have arrived at different procedures.各教会ではこれまでに、独自の解釈や仮定については、聖書の言葉の意味を特定し、このように、彼らは別の手続きに到着した。 In fact, there is a story in the early Christian Church that accentuates this matter.実際、物語の中には、初期キリスト教の教会がこの件に関してaccentuates 。 It seems that a group of men were in the desert, around the second century after Christ, one of whom was a Christian Priest.ているようだが、グループの男たちは、砂漠のは、 2番目の世紀ごろキリストの後には、キリスト教の司祭の一人だった。 An elderly man in the group was not yet a Christian and he began to die, and he asked the Christian Priest to Baptize him.年配の男性は、グループは、キリスト教と彼は、まだ始まったを死なせ、キリスト教の司祭と彼に尋ねた彼に洗礼を施す。 The Priest agreed but there was no water available.しかし、司祭に合意がない水利用可能です。 Due to necessity, the Priest felt that he had to use desert sand in the Baptism Rite!必要性のために、彼は、司祭フェルトを使用することで、砂漠の砂の洗礼の儀式! He therefore did, and the man soon died.したがって彼は、すぐにその男が死亡しています。 When the Priest got back to his Church leaders, he Confessed to them that he had done a Sin in performing a Baptism without water, and they then had extensive discussion regarding whether the "sand Baptism" had actually Saved the man or not and whether the Priest should be condemned.司祭に戻るとき、彼の教会の指導者たちは、彼の告白をしていたの罪を犯すことなく、水の洗礼を実行する、と彼らは広範な議論をするかどうかについては、 "砂の洗礼"となかろうと、男は、実際に保存するかどうかや、司祭糾弾しなければならない。 They eventually concluded that the Priest had done the right thing and that the sand Baptism had been valid and effective.最終結論は、彼らがしたことは正しいことを司祭とし、有効かつ効果的な砂の洗礼だった。 However, they also made clear that water MUST be used in Baptisms except for such extreme circumstances.しかし、彼らにも使用されることを明らかにし、水をしなければならないような極端な状況を除いてbaptisms 。

Many modern Churches have NO tolerance of any procedure other than the one that they perform in their Church.現代の多くの教会がない公差以外のすべての手続きを行うことで、 1つの教会です。 This situation has resulted in many schisms among Protestant Churches which use the different methods described below.このような状況では、多くのschismsプロテスタント教会の間で異なるメソッドを使用して次のとおりです。 Our [BELIEVE and A Christ Walk Church] attitude involves noting that the Lord is Compassionate and Loving, and we are tempted to think that He recognizes as valid ALL Baptisms which are done with the proper solemnity and attitudes of the participants.私たちの[信じるとは、キリスト教会を歩く]の態度に注意していると愛情のこもった思いやりの主は、そのことを考えると私たちは彼の誘惑に有効なすべてのbaptismsとして認識していることで、適切な厳粛さとは、参加者の態度だ。 For example, if a Church insists on immersion Baptism and the situation is regarding an Eskimo in a desolate area of northern Alaska, we think that the Lord would know the potential danger of fully immersing a person in ice-cold water there and that He would recognize as valid a pouring or sprinkling FOR THAT SITUATION.たとえば、教会で洗礼を主張して浸漬すると、状況はエスキモーについては、アラスカ州北部の荒涼たる面積は、我々の主と考えているのは、潜在的な危険性を十分知っている人をimmersing氷のように冷たい水にあることを彼は、土砂降りまたは散水として認識するために有効な状況です。 This would not alter that Church's official position but would simply apply Christian Compassion, which we believe the Lord would endorse.これを変えることはないしかし、教会の公式的な立場は、キリスト教の同情を適用するだけでは、我々の主を支持すると信じています。

Finally, we would note that in the region where Jesus lived, there was not an abundance of water!最後に、私たちはイエス様に注意してその地域のどこに住んでは、豊富な水があったではありません! Other than the Sea of Galilee, the Dead Sea and a very few rivers, available water was limited to what was raised from the few wells in the region.他よりも、ガリラヤ湖、死海や川が、非常に数は、利用可能な水がどのように限定された少数の井戸から引き上げたその地域です。 For early Baptisms that were not near one of those natural bodies of water, it seems hard to imagine that sufficient water for an immersion would always be brought up from wells!早期baptismsされなかったためにそれらの1つの近くに水辺の自然、それを想像し難いように十分な水を浸漬は、いつもより井戸に育つ! (In the hot and dry climate, a font of water would soon evaporate, so it probably could not be re-used for any extended period without fully replacing the water.) So, even though we might want to believe that all early Baptisms were by full immersion, practical issues seem to sometimes preclude that. (暑くて乾燥した気候では、フォントの水がすぐに蒸発するので、おそらく再利用されることはできませんでした任意の期間の延長を交換することなく完全に水です。 )だから、たとえ我々したいと思われるかもしれないが、すべての早期baptisms完全に浸漬された、実践的な問題のように見えることを妨ぐ時には。

I will add a personal thought here, as Editor.私は個人的な考えを追加ここでは、エディタのようです。 It seems to me that the event of a Salvation, and then the event of a (public) Baptism acknowledging the first event, really only needs to involve that one individual and the Lord.思える。このイベントは、救世、それからこのイベントの洗礼を認め(国民)の最初のイベントでは、実際のニーズを侵すことの1つのみと、個々の主です。 The attending Members, and the Priest or Minister, and the Church, certainly all want to believe that their participation is important, but it seems likely that they are all secondary.メンバーの出席は、司祭や大臣とは、教会とは、確かにすべての参加したいということが重要だと思われるが、それをすべて続発していると思われます。 We can certainly count on the Lord to have the proper mindset regarding the Solemnity of the event.確かに、主のことを当てにして、適切な考え方については、イベントの厳粛されます。 That seems to leave it entirely to the attitude of the person being Baptized regarding the effectiveness of a Baptism.そのような態度を離れるのは、それを完全にしている人に洗礼の有効性については、バプテスマを受けています。 For this reason, our small Non-Denominational Church always asks that individual if there is a preference for the method of Baptism.この理由から、私たちの小さな無宗派の教会常に要求して個々の好みがある場合は、メソッドの洗礼。 We therefore are willing to perform a Trine Baptism for one person, an Immersion for another, and a Pouring for a third.従って我々は喜んで実行するための1つの洗礼トライン人は、別の浸漬、そして3番目は、土砂降りです。 We fee that OUR attitude is really not that important, even though we are the ones performing the Rite!我々が我々の入場料は本当にそれほど重要な態度にもかかわらず、我々はその儀式を実行する! As long as the Lord and the individual both agree of the great importance of the Baptism Rite, all the critically important things are provided for.限り、主に同意すると、個々の双方にとって非常に重要なのは、洗礼の儀式は、非常に重要なものはすべてのために提供されます。 (Our Church is aware that we have a very unusual approach to this subject! If no preference is indicated, we generally mention a Pouring Baptism to the individual, but for extremely elderly or ill individuals, we may mention a Sprinkling Baptism. We feel that our function is really quite simple, that we are responsible for performing an immensely important Rite for the Lord and for that individual. (私たちの教会は承知して我々は、非常に異例なことに、このアプローチに服従!選好が示されない場合は、通常、私たちは、土砂降りの洗礼を、個々の言及は、しかし、高齢者や病気のために非常に個人は、我々の可能性に言及散水洗礼。我々が感じる我々は実際にはとても単純な機能を、我々は責任を負うことを実行するための非常に重要な儀式を主として個々のです。


Christian Baptismキリスト教の洗礼

Advanced Information 高度情報

Christian Baptism is an ordinance immediately instituted by Christ (Matt. 28: 19, 20), and designed to be observed in the church, like that of the Supper, "till he come."キリスト教の洗礼は、すぐに条例によって設立されたキリスト( matt. 28 : 19 、 20 ) 、および設計され、教会で観察されるようにして、夕食は、 "彼は来るまでです。 " The words "baptize" and "baptism" are simply Greek words transferred into English. This was necessarily done by the translators of the Scriptures, for no literal translation could properly express all that is implied in them. The mode of baptism can in no way be determined from the Greek word rendered "baptize."その言葉に"洗礼"と"洗礼"は、単にギリシャ語の単語を英語に転送されます。 これは必ずしも行われ、聖書の翻訳者が、適切に表現するためのすべての可能性を直訳なしでは黙示的にしてください。このモードではどうしようもないこと洗礼ギリシャ語の単語から決定されるレンダ"洗礼する"と述べた。 Baptists say that it means "to dip," and nothing else.キリスト教バプテストと言うことを意味する"をディップは、 "と持ちきりだ。 That is an incorrect view of the meaning of the word.間違ったことは、その言葉の意味を表示します。 It means both (1) to dip a thing into an element or liquid, and (2) to put an element or liquid over or on it. Nothing therefore as to the mode of baptism can be concluded from the mere word used. ( 1 )両方のことを意味するものにする要素をディップや液体、および( 2 )の要素を入れるか、またはそれ以上の液体です。 従って何もないように、モードの洗礼結論を下したことができますから、単なる言葉を使用している。

The word has a wide latitude of meaning, not only in the New Testament, but also in the LXX Version of the Old Testament, where it is used of the ablutions and baptisms required by the Mosaic law.その言葉には、広い意味の緯度は、新約聖書だけではなく、 70のバージョンだけでなく、旧約聖書は、どこに使われることは、洗面とbaptismsモザイク法によって必要とされる。 These were effected by immersion, and by affusion and sprinkling; and the same word, "washings" (Heb. 9:10, 13, 19, 21) or "baptisms," designates them all. In the New Testament there cannot be found a single well-authenticated instance of the occurrence of the word where it necessarily means immersion. Moreover, none of the instances of baptism recorded in the Acts of the Apostles (2:38-41; 8:26-39; 9:17, 18; 22:12-16; 10:44-48; 16:32-34) favours the idea that it was by dipping the person baptized, or by immersion, while in some of them such a mode was highly improbable.これらの影響が浸漬された、とさaffusionや散水;と同じ単語は、 "洗濯" ( heb. 9時10分、 13 、 19 、 21 )または" baptisms 、 "それらをすべて指定しています。 新約聖書は、そこが見つかりません認証のインスタンスを1つの井戸の発生は必ずしも意味する単語がどこに浸漬。そのうえ、バプテスマのインスタンスのいずれも、使徒行伝に記録され( 2:38-41 ; 8:26-39 ;午前9時17分、 18 ; 22:12-16 ; 10:44-48 ; 16:32-34 )の恩恵という考えを浸漬していた人物で、バプテスマを受け、または浸漬によって、かれらの中にはいくつかのモードでは、このような非常にありそうにないです。

The gospel and its ordinances are designed for the whole world, and it cannot be supposed that a form for the administration of baptism would have been prescribed which would in any place (as in a tropical country or in polar regions) or under any circumstances be inapplicable or injurious or impossible. Baptism and the Lord's Supper are the two symbolical ordinances of the New Testament. The Supper represents the work of Christ, and Baptism the work of the Spirit. 福音とその条例には、全世界向けに設計、と仮定することはできませんがフォームの運用のための洗礼が処方され、いかなる場所では(としては、熱帯の国または地域で極性や、いかなる状況では有害または不適用または不可能です。バプテスマと主の晩餐には、 2つの象徴的な条例は、新約聖書のキリストの仕事を表して夕食は、その仕事の精神と洗礼。

As in the Supper a small amount of bread and wine used in this ordinance exhibits in symbol the great work of Christ, so in Baptism the work of the Holy Spirit is fully seen in the water poured or sprinkled on the person in the name of the Father, Son, and Holy Ghost. That which is essential in baptism is only "washing with water," no mode being specified and none being necessary or essential to the symbolism of the ordinance.夕食としては、少量のパンとワインの展示で使用されている条例のシンボルキリストの偉大な仕事は、今では洗礼聖霊の働きが完全に水を注ぎ、または振りかけた見られる人物の名の下で、父親は、息子と聖霊の洗礼は、これだけでは欠かせない"洗濯物を水で、 "いいえモードおよびnone指定されたりする必要が欠かせないの条例の象徴です。

The apostles of our Lord were baptized with the Holy Ghost (Matt. 3:11) by his coming upon them (Acts 1:8).わたしたちの主は、使徒のバプテスマを受け、聖霊によって彼の今後( matt. 3時11分)かれら(行為の午前1時08分) 。 The fire also with which they were baptized sat upon them.この火事でもかれらの上に座って、バプテスマを受けていた。 The extraordinary event of Pentecost was explained by Peter as a fulfilment of the ancient promise that the Spirit would be poured out in the last days (2:17).聖霊降臨日の臨時イベントの説明が達成されたとして、ピーターは、古代の精神を約束してアウトになる注ぎ最後の日( 2時17分) 。 He uses also with the same reference the expression shed forth as descriptive of the baptism of the Spirit (33).彼は、同じ用途でも参考にして来たりする上屋として記述式の洗礼の精神( 33 ) 。 In the Pentecostal baptism "the apostles were not dipped into the Spirit, nor plunged into the Spirit; but the Spirit was shed forth, poured out, fell on them (11:15), came upon them, sat on them."洗礼は、ペンテコステ派"の精神を浸した使徒はなかったし、また急に精霊;しかし、小屋の精神が来たり、注ぎ出す、下落して( 11:15 ) 、出くわしました。かれらは、座っている。 " That was a real and true baptism. We are warranted from such language to conclude that in like manner when water is poured out, falls, comes upon or rests upon a person when this ordinance is administered, that person is baptized.それが本物と真の洗礼。 我々はそのような言語に保証を締結してからでは、水を注ぎ出すときのような方法では、滝、または置きに来る人に投与する際に、この条例は、その人がバプテスマを受けています。

Baptism is therefore, in view of all these arguments "rightly administered by pouring or sprinkling water upon the person."洗礼は、したがって、これらのすべての引数を表示する"と正しく投与される土砂降りの雨がぱらつく水の上または人です。 "

The subjects of baptism.この科目の洗礼。

This raises questions of greater importance than those relating to its mode.この疑問を重視したモードに比べて関連している。

(from: The Church, by Professor Binnie, D.D.). (差出人:教会には、ビニー教授は、 dd ) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Baptismバプテスマ

Advanced Information 高度情報

Deriving from the Greek baptisma, "baptism" denotes the action of washing or plunging in water, which from the earliest days (Acts 2:41) has been used as the rite of Christian initiation.由来は、ギリシャのbaptisma 、 "洗礼"を表すの洗浄作用や水の急落で、これより早い日(行為2時41分)として使用されてきたが、キリスト教の儀式を開始します。 Its origins have been variously traced to the OT purifications, the lustrations of Jewish sects, and parallel pagan washings, but there can be no doubt that baptism as we know it begins with the baptism of John. Christ himself, by both precedent (Matt. 3:13) and precept (Matt. 28:19), gives us authority for its observance. On this basis it has been practiced by almost all Christians, though attempts have been made to replace it by a baptism of fire or the Spirit in terms of Matt.その起源を追跡してきたさまざまpurifications otは、ユダヤ教の宗派のlustrations 、およびパラレル異教の洗浄液が、疑いの余地はないと知っている我々としてその洗礼のバプテスマのヨハネから始まる。 キリスト自身は、両方の先例( matt. 3時13分)と処世訓( matt. 28:19 )は、その権威を守ることは私たちです。この基礎練習をされてほぼすべてのキリスト教徒が、それを交換する試みが行われましたによる火災や洗礼の精神でマットの条件です。 3:11. 3時11分です。

In essence the action is an extremely simple one, though pregnant with meaning. It consists in a going in or under the baptismal water in the name of Christ (Acts 19:5) or more commonly the Trinity (Matt. 28:19). 本質的には、非常に単純な1つのアクションが、宿しているという意味だ。それで構成されている、または下に行くのは、水の洗礼、キリストの名の下( 19時05行為)または複数の共通のトリニティ( matt. 28:19 ) 。 Immersion was fairly certainly the original practice and continued in general use up to the Middle Ages.確かに、元の浸漬は、かなり一般的な慣行と継続して使用する中世。 The Reformers agreed that this best brought out the meaning of baptism as a death and resurrection, but even the early Anabaptists did not think it essential so long as the subject goes under the water. The type of water and circumstances of administration are not important, though it seems necessary that there should be a preaching and confession of Christ as integral parts of the administration (cf. Acts 8:37).改革派で合意してから、このベストの意味をもたらしたの死と復活の洗礼としてではなく、早期anabaptistsさえしなかったと思っている限り、主語が不可欠なので、水の下で、水の種類や投与状況ではない重要なのは、必要があるように見えると告白しなければならないキリストの説法の部品としては、政権の積分( cf.行為8時37分) 。 Other ceremonies may be used at discretion so long as they are not unscriptural and do not distract from the true action, like the complicated and rather superstitious ceremonial of the medieval and modern Roman Church.他の式典で使われるかもしれないので裁量されていない限り、聖書に反するものではありませんから、本当のアクションをそらす、むしろ迷信的儀式のように複雑で、中世と現代のカトリック教会です。

Discussion has been raised concerning the proper ministers and subjects of the action. に関する議論を提起されて閣僚や科目の適切なアクションです。

In the first instance there may be agreement with Augustine that Christ himself is the true minister ("he shall baptize you," Matt. 3:11).第一審で合意してあるかもしれないが、キリストアウグスティヌスは、自分自身の真の相 ( "彼は、洗礼を施すことは、 "マットです。 3時11分) 。 But Christ does not give the external baptism directly; he commits this to his disciples (John 4:2). This is taken to mean that baptism should be administered by those to whom there is entrusted by inward and outward calling the ministry of word and sacrament, though laymen have been allowed to baptize in the Roman Church, and some early Baptists conceived the strange notion of baptizing themselves. Normally baptism belongs to the public ministry of the church.しかし、 キリストの洗礼を直接外部わけではありません;彼は、このコミットして、弟子(ヨハネ4時02分) 。これは撮影をしなければならないということで投与されるこれらの洗礼を委任された者には内側と外側部の単語や呼び出し聖餐式が、素人は認められてきたが、ローマ教会で洗礼を施す、およびいくつかの初期の奇妙な概念の命名キリスト教バプテスト考えている。 通常は、国民に属します部の洗礼教会です。

As concerns the subjects, the main difference is between those who practice the baptism of the children of confessing Christians and those who insist upon a personal confession as a prerequisite.懸念の科目としては、人々の間の主な違いは、子供たちの練習の洗礼を告白するキリスト教徒と強く主張する人たちの前提条件として個人的な告白だ。 This point is considered in the two separate articles devoted to the two positions [Editor: presented below] and need not detain us in this exposition of positive baptismal teaching. It may be noted, however, that adult baptisms continue in all churches, that confession is everywhere considered important, and that Baptists often feel impelled to an act of dedication of children.この時点では、 2つの別々の考えをテーマにした2つのポジションの記事[エディタ:提示を表示]を勾留する必要はないと私たちは、この博覧会の積極的な洗礼教えてください。 指摘かもしれないが、しかし、成人baptisms続行して、すべての教会は、その告白どこでも重要な考えは、キリスト教バプテストとして頻繁に感じるimpelled子供たちの献身的行為をする。 Among adults it has been a common practice to refuse baptism to those unwilling to leave doubtful callings, though the attempt of one sect to impose a minimum age of thirty years did not meet with common approval.大人たちの間で共通の練習をすることを拒否され、それらの洗礼を意に沿わぬcallings疑問を残すが、その試みの1つの宗派を課すの最低年齢を30年に共通の承認を満たしていない。 In the case of children, there has been misgiving concerning the infants of parents whose profession of Christian faith is very obviously nominal or insincere.子供たちの例では、不安な気持ちがあったの乳児の両親の職業に関するキリスト教の信仰は非常に明らかに名目または不誠実だ。 The special case of the mentally impaired demands sympathetic treatment, but there is no warrant for prenatal or forced baptisms, and even less for baptism of inanimate objects such as was practiced in the Middle Ages.この例の精神障害を持つ特別な要求に同情的な治療法が、令状がないために妊婦や強制baptisms 、および無生物も少ないために洗礼などでは、中世の練習。

A clue to the meaning of baptism is given by three OT types: the flood (I Pet. 3:19-20), the Red Sea (I Cor. 10:1-2), and circumcision (Col. 2:11-12).バプテスマの意味を手掛かりには、与えられた3つのotの種類:洪水(私のペットです。 3:19-20 ) 、紅海(私うわっ。 10:1-2 ) 、および割礼(大佐2時11分- 12 ) 。 These all refer in different ways to the divine covenant, to its provisional fulfillment in a divine act of judgment and grace, and to the coming and definitive fulfillment in the baptism of the cross.これらのすべてを参照して、神の約束をさまざまな方法では、暫定的にその達成感は、神の恵みの行為と判断し、最終的に充足感が来るとは、十字架の洗礼。 The conjunction of water with death and redemption is particularly apt in the case of the first two; the covenantal aspect is more particularly emphasized in the third.接続詞の水の死や償還のaptでは、特に最初の2つの例; covenantalアスペクトの3番目の方が特に強調しています。

When we come to the action itself, there are many different but interrelated associations.我々の行動自体に来るときは、そこにはさまざまな種類が相互に関係団体です。 The most obvious is that of washing (Titus 3:5), the cleansing water being linked with the blood of Christ on the one side and the purifying action of the Spirit on the other (see I John 5:6, 8), so that we are brought at once to the divine work of reconciliation.最も明白なのは、洗濯(タイタス3時05分)は、水の浄化に関連している上のキリストの血液の浄化作用の片側の精神とは、他の(私のジョンを参照してください5時06分、 8 ) 、だから一度にもたらしたことを私たちは、神の和解の仕事です。 A second is that of initiation, adoption, or, more especially, regeneration (John 3:5), the emphasis again being placed on the operation of the Spirit in virtue of the work of Christ. 2番目は、開始するのは、養子縁組、または、より多く、特に、再生(ジョン3時05分)は、再度強調して配置され、操作の美徳の精神では、キリストの仕事です。

These various themes find common focus in the primary thought of baptism (in the destructive, yet also life-giving, power of water) as a drowning and an emergence to new life, i.e., a death and resurrection (Rom. 6:3-4). But here again the true witness of the action is to the work of God in the substitutionary death and resurrection of Christ. これらの様々なテーマを見つけるの焦点は、共通のプライマリ思想の洗礼(の破壊力は、まだ生命を与えても、パワーの水)として出現して新たな人生を溺死とは、すなわち、死と復活する( rom. 6時03分- 4 ) 。しかし、ここで再び、真の目撃者は、神のアクションは、その仕事をsubstitutionaryは、キリストの死と復活です。 This identification with sinners in judgment and renewal is what Jesus accepts when he comes to the baptism of John and fulfills when he takes his place between two thieves on the cross (Luke 12:50).この身分証明書を更新して罪人では、どのような判断を受け付けますイエスキリストの洗礼に来るとジョンとの間に達成したときに自分の場所に十字架上で2人組の泥棒(ルカ12:50 ) 。 Here we have the real baptism of the NT, which makes possible the baptism of our identification with christ and underlies and is attested by the outward sign. Like preaching and the Lord's Supper, "baptism" is an evangelical word telling us that Christ has died and risen again in our place, so that we are dead and alive again in him, with him, and through him (Rom. 6:4, 11).ここで我々は、 NTの本当の洗礼、これを可能にしてキリストの洗礼私たちの身分証明書と証明されたunderliesとは、外側にサインした。 説法図のように、主との夕食は、 "洗礼"は、キリストの福音を告げて言葉が亡くなりましたそして我々の場所に再び上昇し、死者と生きているので、私たちは再び彼には、彼と、そして彼を通して ( rom. 6時04分、 11 ) 。

Like all preaching, however, baptism carries with it the call to that which we should do in response or correspondence to what Christ has done for us.すべての説教のような、しかし、洗礼を運ぶことにして、コールに応答しなければならないかを我々にどのような対応がなさキリストのために私たちです。 We, too must make our movement of death and resurrection, not to add to what Christ has done, nor to complete it, nor to compete with it, but in grateful acceptance and application. We do this in three related ways constantly kept before us by our baptism: the initial response of repentance and faith (Gal. 2:20); the lifelong process of mortification and renewal (Eph. 4:22-23); and the final dissolution and resurrection of the body (I Cor. 15). This rich signification of baptism, which is irrespective of the time or manner of baptism, is the primary theme that ought to occupy us in baptismal discussion and preaching.我々は、あまりにも私たちの運動をしなければならないの死と復活のではなく、キリストを追加するにはどのようなことをしたり、それを完了し、またそれに対抗して、これで感謝の受入れやアプリケーションです。 私たちは、この3つの関連する方法を常に我々の前に保管私たちの洗礼さ:初期応答の悔い改めと信仰( gal. 2時20分) ;の生涯と再生プロセスの苦行( eph. 4:22-23 ) ;と、最後の解散と復活の体(私うわっ。 15 )です。この豊かな意義の洗礼、これは関係なく、時間や態度の洗礼は、主なテーマは、私たちが洗礼を占有して議論すべきだと説教した。 But it must be emphasized continually that this personal acceptance or entry is not independent of the once for all and substitutionary work of Christ, which is the true baptism.しかし、それを継続しなければならないと強調してこのエントリではない個人的な引受または独立して仕事を一度は皆のためにキリストのsubstitutionary 、これは、真の洗礼。

It is forgetfulness of this point which leads to misunderstanding of the so-called grace of baptism. This may be by its virtual denial. 物忘れすることは、この点を誤解をリードしている、いわゆる恵みの洗礼。この仮想拒否したかもしれない。 Baptism has no grace apart from its psychological effects.バプテスマの猶予がないことからその心理的な影響を離れている。 It is primarily a sign of something that we do, and its value may be assessed only in explicable religious terms.それは何かのサインして、主に私たちは、その価値評価だけで説明できるかもしれない宗教的な用語です。 The fact that spiritual gifts and even faith itself are true gifts of the Holy Spirit, with an element of the mysterious and incalculable, is thus denied.という事実自体には、精神的な贈答品、さらには真の信仰を聖霊からの授かり物で、神秘的な要素は、計り知れないとは、このようには否定しています。

On the other hand, it may be by distortion or exaggeration. Baptism means the almost automatic infusion of a mysterious substance which accomplishes a miraculous but not very obvious transformation. その半面、歪みや誇張表現されることがあります 。バプテスマを意味する謎の物質がほぼ自動注入奇跡的に達成することはできませんが非常に明白な変態です。 It is thus to be regarded with awe, and fulfilled as an action of absolute necessity to salvation except in very special cases.このように評価されることは畏怖して、そして果たさとして救済措置の必要性を絶対的に非常に特殊なケースを除いている。 The true mystery of the Holy Spirit yields before ecclesiastical magic and theological sophistry.ミステリーの真の教会の前には、聖霊の利回りマジックや神学的な詭弁です。

But when baptismal grace is brought into proper relationship to the work of God, we are helped on the way to a fruitful understanding. しかし、適切な時に洗礼の恵みが持ち込ま関係の仕事をして、神は、私たちは実りの手助けをする方法を理解しています。

First, and above all, we remember that behind the external action there lies the true baptism, which is that of the shed blood of Christ. Baptismal grace is the grace of this true reality of baptism, i.e., of the substitutionary work of Christ, or of Christ himself. Only in this sense can we legitimately speak of grace, but in this sense we can and must.第一に、そして何よりも、我々の後ろに外部のアクションを覚えてそこが本当の洗礼、これは血液中には、キリストの小屋です。 洗礼グレースグレースは、この現実を真の洗礼、すなわち、キリストの仕事は、 substitutionary 、あるいは自分自身のキリスト。のみで、この意味では合法的に話すの恵みを受けて我々は、この意味で我々ができることとする必要があります。

Second, we remember that behind the external action there lies the inward operation of the Spirit moving the recipient to faith in Christ's work and accomplishing regeneration to the life of faith. Baptismal grace is the grace of this internal work of the Spirit, which cannot be presumed (for the Spirit is sovereign) but which we dare to believe where there is a true calling on the name of the Lord.第二に、我々の背後に覚えがある嘘の対内対外行動の操作、受信者の精神に感動を信じているキリストの再生を成し遂げることを仕事と生活の信仰です。 洗礼グレースグレースは、この作業は、内部の精神をすることはできません推定(精神は、国家主権を)信じて思い切って我々はどこにでもあるが、真の主の名前をコールしています。

Third, the action itself is divinely ordained as a means of grace, i.e., a means to present Christ and therefore to fulfill the attesting work of the Spirit.第三に、 その行動自体は、神の恵みの一つの手段として定められた、すなわちキリストとそのための手段を提示して仕事を果たすのは、精神attesting 。 It does not do this by the mere performance of the prescribed rite; it does it in and through its meaning. Nor does it do it alone; its function is primarily to seal and confirm, and therefore it does it in conjunction with the spoken and written word. It need not do it at the time of administration; for, under the gracious sovereignty of the Spirit, its fruition may come at a much later date. It does not do it automatically; for, whereas Christ is always present and his grace remains, there are those who respond to neither word nor sacrament and therefore miss the true and inward meaning and power.これを行うことはない、所定の性能は、単なる儀式; されないことで、その意味を介している。それだけではありません。また、その機能は、主にシールを確認すると、それゆえに、それはそれで話されると併用して書かれた言葉だ。それは、時間を必要とすることはないの投与;ためには、優雅な主権の精神の下で、その実を結ぶことになるかもしれませんが、かなり後日です。 ていないことを自動的に行う;ためには、キリストが存在すると彼はいつもグレース遺跡では、どちらの言葉に反応する人たちも聖餐式で、内側の真の意味を見逃すしたがって、および電源です。

When we think in these terms, we can see that there is and ought to be a real, though not a magical, baptismal grace which is not affected greatly by the detailed time or mode of administration. The essentials are that we use it (1) to present Christ, (2) in prayer to the Holy Spirit, (3) in trustful dependence upon his sovereign work, and (4) in conjunction with the spoken word. Restored to this evangelical use, and freed especially from distorting and unhelpful controversy, baptism might quickly manifest again its power as a summons to live increasingly, or even to begin to live, the life which is ours in Christ crucified and risen for us.これらの利用規約にものを考えるときに我々は、我々から見ても、そこは本物でなければならないと、わけではありませんが、魔法は、洗礼の恵みによって大きく影響を受けることではありませんが、詳細な時間やモードの投与。 必需品には、それを使用すること( 1 )を提示キリストは、 ( 2 )は、聖霊の祈りを、 ( 3 )に依存する彼の主権仕事を信頼し、 ( 4 )の戯曲を併用しています。復帰して、この福音を使用し、歪曲からの解放と、特に助けにならない論争には、迅速に洗礼かもしれないマニフェスト再び召喚して、電源としてますますライブ、あるいはライブを開始するには、これは我々の生活の中で私たちキリストの十字架につけられ、上昇しています。

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
G.W.ギニアビサウ Bromiley, Baptism and the Anglican Reformers; J. Calvin, Institutes 4; W.F. bromiley 、聖公会の洗礼と改革派; j.カルビン、塾4 ;ワリスフツナ諸島 Flemington, The NT Doctrine of Baptism; Reports on Baptism in the Church of Scotland; G.R. flemington 、 NTの教義の洗礼;報告書は、スコットランド教会洗礼; gr Beasley-Murray, Baptism in the NT; A. Oepke, TDNT, I, 529-46. beasley -マレー、バプテスマではNT ; a. oepke 、 tdnt 、私は、五二九〜四六。


Baptism (noun)洗礼(名詞)

Advanced Information 高度情報

Baptism, consisting of the processes of immersion, submersion and emergence (from bapto, "to dip"), is used (a) of John's "baptism," (b) of Christian "baptism," see B. below; (c) of the overwhelming afflictions and judgments to which the Lord voluntarily submitted on the cross, e.g., Luke 12:50; (d) of the sufferings His followers would experience, not of a vicarious character, but in fellowship with the sufferings of their Master.洗礼は、液浸プロセスで構成し、水中での出現( baptoからは、 "ディップ" ) 、が使用されます(する)のジョンの"洗礼は、 " ( b )に、キリスト教の"洗礼"を参照してくださいBには以下のとおり; ( C参照)圧倒的な試練とは、主に自主的な判断には、十字架に提出して、例えば、ルーク12:50 ; (民主党)は、その部下の苦しみは、経験ではなく、わが事のキャラクターではなく、彼らの苦しみマスターの交わりを持つ。 Some mss.いくつかのmss 。 have the word in Matt.言葉では、マットです。 20:22-23; it is used in Mark 10:38-39, with this meaning. 20:22-23 ; 10:38-39マークすることが使用され、これを意味しています。


Baptism (noun)洗礼(名詞)

Advanced Information 高度情報

as distinct from baptisma (the ordinance), is used of the "ceremonial washing of articles," Mark 7:4, 8, in some texts; Heb.として区別さbaptisma (条例)が使用されては、 "洗濯の儀式の記事は、 "マーク7時04分、 8は、いくつかのテキスト; heb 。 9:10; once in a general sense, Heb. 9時10分;たまには一般的な意味では、 heb 。 6:2. 6時02分です。


Baptism, Baptize (verb)洗礼は、洗礼を施す(動詞)

Advanced Information 高度情報

"to baptize," primarily a frequentative form of bapto, "to dip," was used among the Greeks to signify the dyeing of a garment, or the drawing of water by dipping a vessel into another, etc. Plutarchus uses it of the drawing of wine by dipping the cup into the bowl (Alexis, 67) and Plato, metaphorically, of being overwhelmed with questions (Euthydemus, 277 D). "を始動させる、 "主に、反復形bapto 、 "をディップは、 "ギリシア人の間で使われていた染めの衣服を意味するのか、図面の水に浸漬さを別の容器等を使用することは、デッサンplutarchus浸漬されたワインをどんぶりカップ(アレクシス、 67 )とプラトンは、例えて、圧倒されているとの質問( euthydemus 、 277 D )となります。 It is used in the NT in Luke 11:38 of washing oneself (as in 2 Kings 5:14, "dipped himself," Sept.); see also Isa.それは、 NTの中で使用されて洗濯をするのルーク11:38 ( 2キングスとしては5時14分、 "浸した自身は、 " 9月) ;のISAも参照してください。 21:4, lit., "lawlessness overwhelms me." 21時04分、点灯しています。 、 "無法状態の私を圧倒する"と述べた。 In the early chapters of the four Gospels and in Acts 1:5; 11:16; 19:4, it is used of the rite performed by John the Baptist who called upon the people to repent that they might receive remission of sins.章の初めには、 4つの行為gospelsと1 : 05 ; 11:16 ;午前19時04分、それが使用されて実行されるの儀式と呼ばれる人のジョンザバプティスト悔悟してかれらの上の人々に罪の赦しを受けるかもしれない。 Those who obeyed came "confessing their sins," thus acknowledging their unfitness to be in the Messiah's coming kingdom.言われたとおりに来た人たち"自分の罪を告白、 "こうしてunfitnessを認めて来るには、救世主の王国です。

Distinct from this is the "baptism" enjoined by Christ, Matt.これは、より明確な"洗礼"キリスト加味され、マットです。 28:19, a "baptism" to be undergone by believers, thus witnessing to their identification with Him in death, burial and resurrection, e.g., Acts 19:5; Rom. 28:19に、 "洗礼"を受けた信者には、このように自分の身分証明書witnessing彼には死を、復活の埋葬とは、例えば、 19時05分行為; ROMのです。 6:3-4; 1 Cor. 6:3-4 ; 1うわっ。 1:13-17; 12:13; Gal. 1:13-17 ; 12:13 ;ギャル。 3:27; Col. 2:12. 3 : 27 ;大佐2時12分。 The phrase in Matt.というフレーズでマットです。 28:19, "baptizing them into the Name" (RV; cf. Acts 8:16, RV), would indicate that the "baptized" person was closely bound to, or became the property of, the one into whose name he was "baptized." 28:19 "と命名して、名前を" (右心室; cf 。行為8時16分、右室) 、はによりますと、 "バプテスマを受け"と密接にバインドされた人、または財産になったのは、彼が自分の名前を"バプテスマを受けています。 " In Acts 22:16 it is used in the middle voice, in the command given to Saul of Tarsus, "arise and be baptize," the significance of the middle voice form being "get thyself baptized." 22時16分、行為の途中で声が使用されて、次のコマンドを与えられるのタルススソールは、 "洗礼が起こると、 "声の意義フォームの真ん中にいる"と自分自身にバプテスマを受け得る"と述べた。 The experience of those who were in the ark at the time of the Flood was a figure or type of the facts of spiritual death, burial, and resurrection, Christian "baptism" being an antitupon, "a corresponding type," a "like figure," 1 Pet.その経験は、箱舟の指導者たちは、洪水時には、図の種類の事実や精神的な死、埋葬、そして復活は、キリスト教の"洗礼"をantituponいる"とし、対応するタイプは、 " a "のような図は、 " 1のペットです。 3:21. 3時21分です。

Likewise the nation of Israel was figuratively baptized when made to pass through the Red Sea under the cloud, 1 Cor.同様に、イスラエルの民は、前を通過するときに比喩的バプテスマを受け、紅海雲の下で、 1うわっ。 10:2. 10時02分です。 The verb is used metaphorically also in two distinct senses: firstly, of "baptism" by the Holy Spirit, which took place on the Day of Pentecost; secondly, of the calamity which would come upon the nation of the Jews, a "baptism" of the fire of divine judgment for rejection of the will and word of God, Matt.比喩的にも使われ、動詞は、 2つの別個の感覚:まず第一に、 "洗礼"を、聖霊は、聖霊降臨祭の日に行われた;第二に、その国の災難になるのは、ユダヤ人の上で、 "洗礼"火の神の裁きのためには、拒絶反応とは、神の言葉は、マットです。 3:11; Luke 3:16. 3 : 11 ;ルーク3時16分です。


Believers Baptism信者の洗礼

Advanced Information 高度情報

Where the gospel is first preached or Christian profession has lapsed, baptism is always administered on confession of penitence and faith.どこかキリスト教の福音書は、最初の職業は失効説教は、洗礼は、いつもの懺悔と信仰告白を投与している。 In this sense believers' baptism, i.e., the baptism of those who make a profession of faith, has been an accepted and persistent phenomenon in the church.その意味で信者の洗礼、すなわち、その洗礼者の信仰の告白を、利用してきたのは、教会での持続的な現象だ。 Yet there are powerful groups among Christians who think that we should go further than this.キリスト教徒の間で強力なグループにはまだ誰しなければならないと思うこれよりもさらに踏み込んでいる。 Believers' baptism as they see it is not merely legitimate; it is the only true baptism according to the NT, especially, though not necessarily, in the form of immersion.信者の洗礼を参照してくださいとして彼らだけではないことは合法的な;それだけでは、真の洗礼によると、 NTでは、特に、必ずしもかかわらず、浸漬の形です。

This is seen first from the precept which underlies its institution.これは最初から見た者の処世訓の機関です。 When Jesus commanded the apostles to baptize, he told them first to make disciples and said nothing whatever about infants (Matt. 28:19). In other words, preaching must always precede baptism, for it is by the word and not the sacrament that disciples are first made. Baptism can be given only when the recipient has responded to the word in penitence and faith, and it is to be followed at once by a course of more detailed instruction.イエスキリストの使徒を命じられたときに洗礼を施す、同相は、それらを最初に行うと弟子については何も言わなかった乳幼児( matt. 28:19 ) 。 言い換えれば、常に先行する必要があります洗礼説教は、その言葉のためとされたことはないが、聖礼典前には、最初の弟子です。バプテスマが与えられたときにのみ対応して、受信者には、単語の懺悔と信仰、そしてそれに続いて一度には、コースの詳細な命令される。

That the apostles understood it in this way is evident from the precedents which have come down to us in Acts.使徒は、このように理解することは、明らかな判例があるから、私たちの行為に降りてくる。 On the day of Pentecost, for example, Peter told the conscience-stricken people to repent and be baptized; he did not mention any special conditions for infants incapable of repentance (Acts 2:38).聖霊降臨祭の日には、たとえば、ピーター氏は、良心に打ちひしがれた人々に悔い改めとによって、バプテスマを受け;は口をつぐんだいかなる後悔できない幼児のための特別条件( 2時38行為) 。 Again, when the Ethiopian eunuch desired baptism, he was told that there could be no hindrance so long as he believed, and it was on confession of faith that Philip baptized him (Acts 8:36ff.).繰り返しますが、その際に希望の洗礼エチオピア宦官は、彼に言われる可能性があることを妨げるものではないと考えられている限り、それは信仰告白をして彼にバプテスマを受け、フィリップ( FFの行為8時36分です。 ) 。 Even when whole households were baptized, we are normally told that they first heard the gospel preached and either believed or received an endowment of the Spirit (cf. Acts 10:45; 16:32-33).全世帯の際には、バプテスマを受けても、我々は彼らを最初に聞いたことは、通常の福音説教または受信すると考えられて養老のいずれかの精神( cf.行為10:45 ; 16:32-33 ) 。 In any case, no mention is made of any other type of baptism.いずれにせよ、言及が作られていないその他の種類の洗礼。

The meaning of baptism as developed by Paul in Rom.バプテスマの意味でROMのポールとして開発された。 6 supports this contention. 6このコンテンションをサポートしています。 It is in repentance and faith that we are identified with Jesus Christ in his death, burial, and resurrection.そして信仰しても、後悔することは、私たちはイエスキリストが彼の死によって識別して、埋葬、そして復活。 To infants who cannot hear the word and make the appropriate response, it thus seems to be meaningless and even misleading to speak of baptism into the death and resurrection of Christ. The confessing believer alone knows what this means and can work it out in his life. In baptism, confessing his penitence and faith, he has really turned his back on the old life and begun to live the new life in Christ. He alone can look back to a meaningful conversion or regeneration and thus receive the confirmation and accept the challenge that comes with baptism. To introduce any other form of baptism is to open the way to perversion or misconception.乳幼児の人にその言葉を聞くことはできないと、適切な対応は、このように思われることさえ無意味と誤解を招くように話すの洗礼をキリストの死と復活です。 信奉者の告白だけで、この手段を知っているとはどのような仕事をして彼の人生。バプテスマでは、彼の懺悔と信仰告白は、彼が実際に電源が背中には、昔の生活を始めて、新しい人生を生きるキリストです。 彼は振り返るだけで有意義な変換や再生をすると、確認のため、同意しての挑戦を受ける洗礼を付属しています。洗礼を導入するのは、他のフォームを開く方法を曲解または誤解です。

To be sure, there is no direct prohibition of infant baptism in the NT.ていることを確認して、直接的な禁止はないが、 NTの幼児洗礼。 But in the absence of direction either way it is surely better to carry out the sacrament or ordinance as obviously commanded and practiced than to rely on exegetical or theological inference for a different administration.しかし、どちらかの方法では、方向性の欠如を遂行することが本当に良いの聖餐式または条例として明らかに頼るよりも練習を命じられたとexegeticalまたは、別の神学的推論を投与します。 This is particularly the case in view of the weakness or irrelevance of many of the considerations advanced.これは特に、ケースを考慮しての弱点や見当違いの多くは、高度な考慮事項です。

Christ's blessing of the children, for example, shows us that the gospel is for little ones and that we have a duty to bring them to Christ, but it says nothing whatever about administering baptism contrary to the acknowledged rule (Mark 10:13ff.).キリストの恵みは、子どもたちは、たとえば、私たちは、福音を示しているとはほとんどないことを我々はそれらをもたらすキリストする義務があるが、それについてはどのようによれば何も洗礼を投与し、認められた規則に反して( 10:13 FFのマークです。 ) 。 Again, the fact that certain characters may be filled with the Spirit from childhood (Luke 1:15) suggests that God may work in infants, but it gives us no warrant to suppose that he normally does so, or that he does so in any given case, or that baptism may be given before this work finds expression in individual repentance and faith.繰り返しますが、特定の文字かもしれないという事実に満ちている子供のころからの精神(ルカ1時15分)乳幼児で働く可能性を示唆して、神が、それは私たちに令状なしと思っているので彼は、通常は、あるいはそのため彼は、いかなる与えられた場合、あるいはその前にこの仕事を与えられるかもしれない洗礼式で個々の悔い改めと信仰を見つけた。 Again, the children of Christians enjoy privileges and perhaps even a status which cannot be ascribed to others.繰り返しますが、キリスト教徒の子供たちの特権を享受しても、おそらく生得的地位を他人にすることはできません。 They are reckoned in some sense "holy" by God (I Cor. 7:14).無視しているいくつかの意味で"神聖"とされた神(うわっ私です。 7時14分) 。 But here too there is no express connection with baptism or the baptismal identification with Jesus Christ in death and resurrection.しかし、あまりにもここではない洗礼またはエクスプレスに関連して、イエスキリストの洗礼を同定死と復活している。

Reference to the household baptisms of Acts is of no greater help. The probability may well be that some of these households included infants, yet this is by no means certain. 家計のリファレンスをbaptismsの行為ではないが大きな助けです。確率かもしれないが、これらの世帯に含まれるいくつかの幼児は、まだこれは特定のものではない。 Even if they did, it is unlikely that the infants were present when the word was preached, and there is no indication that any infants were actually baptized.たとえ彼らは、思いも寄らないことは、乳幼児が存在していたときにその言葉説教、兆候はないとして任意の幼児が実際にバプテスマを受けています。 At very best this could only be a hazardous inference, and the general drift of the narratives seems to be in a very different direction.このベストは非常に危険な推論することしかできなかったが、体験談や講演の大意と思われるのは、非常に異なる方向です。

Nor does it serve to introduce the OT sign of circumcision.サーブを紹介したりもされないことに割礼otのサインです。 There is certainly a kinship between the signs.そこは確かに親族間の兆しだ。 But there are also great differences.しかし、大きな違いもある。 The fact that the one was given to infant boys on a fixed day is no argument for giving the other to all children some time in infancy. 1つは与えられたという事実を、幼児の男の子を固定して一日ではないの引数を与えて、他のすべての子供たちに幼少のころにいくつかの時間です。 They belong, if not to different covenants, at least to different dispensations of the one covenant: the one to a preparatory stage, when a national people was singled out and its sons belonged naturally to the people of God; the other to the fulfillment, when the Israel of God is spiritual and children are added by spiritual rather than natural regeneration.彼らに属していない場合は別の約款には、別の分配には、少なくとも1つの約束:その1つに、準備段階では、全国の人々に白羽の矢が立つとその人の息子が所属している人、自然の神で、他の充足感には、そのときに神はイスラエルの子供たちが精神的というより精神的に追加された自然の再生です。 In any case, God himself gave a clear command to circumcise the male descendants of Abraham; he has given no similar command to baptize the male and female descendants of Christians.いずれにせよ、神は自分自身を明確に割礼を施すコマンドを使っている男性の子孫アブラハム;彼には似たようなコマンドを与えていない、男性と女性の子孫の洗礼キリスト教徒です。

Theologically, the insistence upon believers' baptism in all cases seems better calculated to serve the true significance and benefit of baptism and to avoid the errors which so easily threaten it. theologically 、信者たちの主張に'洗礼すべてのケースより良いように計算して、真の意義と奉仕と利益の洗礼を避けるために、エラーが発生することが、そんなに簡単に脅かす。 Only when there is personal confession before baptism can it be seen that personal repentance and faith are necessary to salvation through Christ, and that these do not come magically but through hearing the word of God.告白する前には個人的なときにのみ洗礼を個人的に見られることも、後悔することが必要であるとの信念を介して、キリストの救いは、来ていないと、これらの魔法しかし、神のみことばを聞いている。 With believers' baptism the ordinance achieves its significance as the mark of a step from darkness and death to light and life. The recipient is thus confirmed in the decision which he has taken, brought into the living company of the regenerate, which is the true church, and encouraged to walk in the new life which he has begun.信仰する者よ、 'バプテスマの条例の印として、その意義を実現する一歩と死を光と闇の中から人生です。 従って、受信者は、この決定が確定コラボレーション彼は、リビングに持ち込んだ会社は、再生するのは、これは、真の教会では、と勇気づけを歩くのは、彼の新しい人生が始まった。

This means that in believers' baptism faith is given its proper weight and sense. The need for faith is recognized, of course, in infant baptism. これは、信者たちの信仰が与えられたバプテスマとその適切な重量感だ。信仰の必要性については認識は、もちろん、幼児洗礼です。 It is contended that infants may believe by a special work of the Spirit, or that their present or future faith is confessed by the parents or sponsors, or that the parents or sponsors exercise vicarious faith, or even that faith is given in, with, or under the administration.それは乳幼児だと思われるかもしれませんが、専門的な仕事の精神は、現在または将来のかということは、信仰を告白した両親やスポンサー、または代償を行使して、両親やスポンサー信仰、あるいは信仰が与えられたことで、しては、または下投与。 Some of these notions are manifestly unscriptural.いくつかのこれらの概念は、明らかに聖書に反する。 In others there is a measure of truth.他人には真実を測るものです。 But none of them meets the requirement of a personal confession of personal faith as invariably fulfilled in believers' baptism.しかし、いずれも個人的な要件に適合して、個人の信仰告白を果たさ信者として常に'洗礼。

Again, believers' baptism also carries with it a genuine, as opposed to a spurious, baptismal grace. The expression of repentance and faith in baptism gives conscious assurance of forgiveness and regeneration and carries with it an unmistakable summons to mortification and renewal. 繰り返しますが、信者の洗礼を運ぶことも、正規のは、スプリアスとは対照的には、洗礼の恵みです。悔い改めと信じているという表現の洗礼を意識し、寛容と保証して再生することは紛れもないと運ぶの召喚を苦行と更新します。 Properly understood, this may also be the case with infant baptism, as in the Reformed churches.正しく理解し、可能性もあるとして幼児洗礼の場合のように、改革派教会です。 But a good deal of embarrassed explanation is necessary to make this clear, and there is always the risk of a false understanding, as in the medieval and Romanist view of baptismal regeneration. Baptism on profession of faith is the only effective safeguard against the dangerous notion that baptism itself can automatically transfer the graces which it represents.しかし、かなりの戸惑いを作るこの明確な説明が必要だ、とは、常にそこに虚偽の危険性を理解し、ビューとしては、中世の洗礼による再生とロマンチスト。 洗礼な信仰告白して効果的な対抗策を講じるだけでは、危険性の概念その洗礼を自動的に転送すること自体、それを表し美神。

To the exegetical and theological considerations there may also be added some less important but noteworthy historical arguments. exegeticalや神学的考察を泳いだにもいくつか残っているかもしれませんそれほど重要で歴史的な議論が注目に値する。 First, there is no decisive evidence for a common Jewish practice of infant baptism in apostolic times.第一に、決定的な証拠がないために、共通のユダヤ人の幼児洗礼の使徒回の練習。 Second, the patristic statements linking infant baptism with the apostles are fragmentary and unconvincing in the earlier stages.第二に、幼児洗礼patristicステートメントのリンクは断片的で、使徒とは、早い段階で納得がいかない。 Third, examples of believers' baptism are common in the first centuries, and a continuing, if supressed, witness has always been borne to this requirement.第三に、信仰する者たちの例として'洗礼は、共通の最初の世紀にもわたって、継続すると、抑圧場合は、目撃者は常にこの要件を負担します。 Fourth, the development of infant baptism seems to be linked with the incursion of pagan notions and practices.第四に、幼児洗礼の開発に関連して侵入と思われる異教の概念や慣行のです。 Finally, there is evidence of greater evangelistic incisiveness and evangelical purity of doctrine where this form of baptism is recognized to be the baptism of the NT.最後に、さらなる証拠があるが、福音伝道のincisiveness純度の教義の洗礼は、このフォームはどこに認識されるのは、 NTの洗礼。

G W Bromileyギニアビサウbromiley

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
K. Barth, The Teaching of the Church Regarding Baptism and Church Dogmatics IV/4; A. Booth, Paedobaptism Examined; A. Carson, Baptism in Its Modes and Subjects; J. Gill, Body of Divinity; J. Warns, Baptism; K. Aland, Did the Early Church Baptize Infants? k.バルトは、教えることに関しては、教会の洗礼や教会の教義学4 / 4 ; a.ブースでは、調べたpaedobaptism ; a.カーソン、バプテスマのモードや科目; j.鰓、体の神性; j.警告は、洗礼; k.オーランドは、初期の教会では幼児洗礼ですか? D. Moody, The World of Truth. d.ムーディは、世界の真実です。


Infant Baptism幼児洗礼

Advanced Information 高度情報

In a missionary situation the first subjects of baptism are always converts.宣教師の状況では常に最初の科目の洗礼に変換します。 But throughout Christian history, attested as early as Irenaeus and Origen with a reference back to the apostles, it has also been given to the children of professing believers.しかし、キリスト教の歴史を通して、早ければirenaeusや原産地証明して、使徒のリファレンスに戻る、ということも分かってprofessing信者の子供たちには与えられています。 This has not been solely on grounds of tradition, or in consequence of a perversion, but for what have been regarded as scriptural reasons.これを根拠にされていないだけに、伝統、または倒錯の帰結するが、聖書と見なされてきたためにどのような原因が考えられます。

To be sure, there is no direct command to baptize infants. ていることを確認して、そこではないコマンドを直接幼児洗礼を施す。 But there is also no prohibition. Again, if we have no clear-cut example of an infant baptism in the NT, there may well have been such in the household baptisms of Acts, and there is also no instance of the children of Christians being baptized on profession of faith. しかし、そこでもない禁止します。繰り返しますが、我々がない場合には、明確な例では、幼児洗礼NTでは、よく残っているかもしれませんが、そのような行為は、家計baptisms 、そしてそこでも例のないが、子供たちのキリスト教徒な信仰告白して、バプテスマを受けています。 In other words, no decisive guidance is given by direct precept or precedent.言い換えれば、決定的ななしの直接指導指針や前例が与えられた。

Yet there are two lines of biblical study which are thought to give convincing reasons for the practice. The first is a consideration of detailed passages or statements from the OT and NT. まだそこには2つの行の聖書の勉強に説得力を与えると考えられている理由の練習。考慮し、最初は、通路やステートメントの詳細、およびNTからot 。 The second is a consideration of the whole underlying theology of baptism as it comes before us in the Bible. 2番目は、全体を考慮してのこととなる基礎的神学の洗礼として我々の前には、バイブルです。

To begin with the detailed passages, we naturally turn first to the types of baptism found in the OT. All these favor the view that God deals with families rather than individuals. When Noah is saved from the flood, his whole family is received with him into the ark (cf. 1 Pet. 3:20-21).詳細な通路を開始して、我々は当然の電源の種類の洗礼を最初に見つけたのは、 ot 。 、これらすべての神を扱っているとの見解を支持するというより個人の家族です。際には、ノアの洪水から救われるのは、彼と彼の家族全員が受け取った箱舟に( cf. 1のペットです。 3:20-21 ) 。 When Abraham is given the covenant sign of circumcision, he is commanded to administer it to all the male members of his house (Gen. 17; cf. Col. 2:11-12 for the connection between baptism and circumcision).アブラハムは、その約束を与えられた時に割礼の兆候は、彼はそれを管理する指令を彼の家のすべてのメンバーの男性( 17大将; cf 。大佐2:11-12バプテスマと割礼の間の接続のため) 。 At the Red Sea it is all Israel (men, women, and children) which passes through the waters in the great act of redemption that foreshadows not only the sign of baptism but the work of God behind it (cf. 1 Cor. 10:1-2).それはすべて、紅海でイスラエル(男性、女性、子供たち)の領海を通過することは、偉大な行為foreshadows償還のサインだけでなく、神の洗礼しかし、その作業の背後にそれ( cf. 1うわっ。 10 : 1-2 ) 。

In the NT the ministry of our Lord is particularly rich in relevant statements. NTのは、わたしたちの主は、特に省の関連性に富んでいるステートメントです。 He himself becomes a child, and as such is conceived of the Holy Spirit.彼は自分自身が子供には、このようにと考えられたのは、聖霊です。 The Baptist, too, is filled with the Spirit from his mother's womb, so that he might have been a fit subject for baptism no less than circumcision very early in life.洗礼は、あまりにも、精神に満ちているが、母親の胎内から、可能性があるので、彼は洗礼されていないため、フィット件名割礼未満の非常に早い段階での生活です。 Later, Christ receives and blesses the little ones (Matt. 19:13-14) and is angry when his disciples rebuff them (Mark 10:14).その後、キリストを受け取ると、小さなものblesses ( matt. 19:13-14 )とは拒絶して怒ったときに、弟子(マーク10:14 ) 。 He says that the things of God are revealed to babes rather than the wise and prudent (Luke 10:21).彼の言うことは、神の啓示されたものではなく、賢明かつ慎重なbabes (ルカ10:21 ) 。 He takes up the statement of Ps.彼はその声明では最大のpsでは。 8:2 about the praise of sucklings (Matt. 21:16).称賛のsucklingsについては、午前8時02分( matt. 21時16分) 。 He warns against the danger of offending against little ones that believe in him (Matt. 18:6), and in the same context says that to be Christians we have not to become adults but to become as children.彼は犯罪の危険に対する警告が発せられたものと信じて彼に反対リトル( matt. 18時06分)とは、同じ文脈によれば、我々は、キリスト教徒に大人になることがないようになる子供たちです。

In the first preaching in Acts it is noticeable that Peter confirms the covenant procedure of the OT with the words: "The promise is unto you, and to your children."説教では、最初の顕著な行為をすることは、ピーターを確認して、契約手続きをして、その言葉ot : "の約束は、なたがたには、あなたの子供としています。 " In the light of the OT background and the similar procedure in proselyte baptisms, there is little reason to doubt that the household baptisms would include any children who might belong to the families concerned. ot背景には、光の改宗baptismsと同様の手順では、疑いの余地はほとんどないことを理由には、すべての子供たちbaptisms世帯に属することで、ご家族の関係かもしれない。

In the epistles children are particularly addressed in Ephesians, Colossians, and probably 1 John. We also have the important statement in 1 Cor.宛の書簡で、エペソ人の子供たちは特に、コロサイ人への手紙は、ジョンと、おそらく1 。 我々の重要な声明でもある1うわっ。 7:14 in which Paul speaks of the children of marriages that have become "mixed" by conversion as "holy." This cannot refer to their civil status, but can only mean that they belong to the covenant people, and therefore will obviously have a right to the covenant sign. 午前7時14分には、ポールが喋る結婚して子供たちが"ミックス"されたコンバージョンとしての"神聖"と述べた。このことができない市民のステータスを参照して、彼らができることを意味するだけで、契約に属する人々 、そしてそのためには、明らかに契約書に署名をする権利があるのだ。

It will be noted that in different ways all these statements bring before us the covenant membership of the children of professing believers. They thus introduce us directly to the biblical understanding of baptism that provides the second line of support for baptizing infants. それに注意してさまざまな方法では、これらのステートメントのすべての会員契約をもたらすのは、我々の前に子供たちの信者professing 。かれらを導入するために、私たちに直接洗礼聖書の理解の2行目のサポートを提供するための乳幼児命名。

As the Bible sees it, baptism is not primarily a sign of repentance and faith on the part of the baptized.それは見てのバイブルとしては、主に洗礼の兆候ではないと信仰しても、後悔する部分は、バプテスマを受けています。 It is not a sign of anything that we do at all.何かの兆候ではないことは私たちは、すべての。 It is a covenant sign (like circumcision, but without blood-shedding), and therefore a sign of the work of God on our behalf which precedes and makes possible our own responsive movement.契約書に署名することは、 (割礼のような、しかしせずに血液をはじく) 、およびそのためのサインを私たちに代わって仕事をして神の前に我々自身の応答の動きを可能とします。

It is a sign of the gracious election of the Father who plans and establishes the covenant.これは、サインをする予定の人の親切な選挙では、父との約束を確立しています。 It is therefore a sign of God's calling.したがってそれは、神の呼び出しのサインです。 Abraham no less than his descendants was first chosen and called by God (Gen. 12:1).アブラハム未満のない彼の子孫が最初に選ばれた神と呼ばれる( 12時01分大将) 。 Israel was separated to the Lord because he himself had said: "I will be your God, and ye shall be my people" (Jer. 7:23). Of all disciples it must be said: "Ye have not chosen me, but I have chosen you" (John 15:16).イスラエルは分離していた彼自身のためによると、主: "私はあなたの神、そしてなたがたは私の人々に" ( jer. 7時23分) 。 しなければならないことのすべての弟子によると: "なたがたは私に選ばれていないが、私が選ばれた場合" (ヨハネ15時16分) 。 The elective will of God in Christ extends to those who are far off as well as nigh, and the sign of it may be extended not only to those who have responded, but to their children growing up in the sphere of the divine choice and calling.神の意志で、選挙で選ばれた人たちは、キリストを拡張するだけでなく、遠方に近付いては、との兆候かもしれないが、延長だけでなく、回答を持っている人は、自分の子供たちが成長していくには、神の領域の選択と呼び出す。

But baptism is also a sign of the substitutionary work of the Son in which the covenant is fulfilled. As a witness of death and resurrection, it attests the death and resurrection of the One for the many without whose vicarious action no work even of repentance and faith can be of any avail. It preaches Christ himself as the One who is already dead and risen, so that all are dead and risen in him (II Cor. 5:14; Col. 3:1) even before the movements of repentance and faith which they are summoned to make in identification with him.しかし、バプテスマのサインでも、 substitutionaryの息子で、仕事の約束が果たされています。 死と復活の証人として、それattestsの死と復活のための1つは、数多くの作品でもなく、その代償行動を後悔していない信仰のいかなることができますのでご了承願います。て説教キリスト者としての自分自身は、すでに死亡しており、上昇したので、すべてが上昇して死亡しており、彼( ⅱうわっ。 5時14分;大佐3時01分)の動きも、後悔する前にもかかわらず、そして信仰されている身分証明書を召喚して、彼を作る。 This substitutionary work is not merely for those who have already believed.このsubstitutionary働く人のためだけではないと考えられている。 It may and must be preached to all, and the sign and seal given both to those who accept it and to the children who will be brought up with the knowledge of what God has already done for them once for all and all-sufficiently in Christ.と説教をしなければならないことがありますすべて、およびその両方に署名捺印を与えられた者たちを受け入れることとして育った子供たちがどのような知識をして、神のためにはすべての手続きを済ませているため、それらをすべて一度に十分で、キリスト。

Finally, baptism is a sign of the regenerative work of the Holy Spirit by which individuals are brought into the covenant in the responsive movement of repentance and faith.最後に、バプテスマの再生の兆しは、聖霊の働きによってもたらされるのでは、個人契約の悔い改めと信仰の動きに対応します。 But the Holy Spirit is sovereign (John 3:8).しかし、聖霊は、ソブリン(ジョン3時08分) 。 He works how and when and in whom he pleases.そして彼は、いつ、どのように動作する心に適う好きです。 He laughs at human impossibilities (Luke 1:37). He is often present before his ministry is perceived, and his operation is not necessarily coextensive with our apprehension of it.彼は人間の笑いを誘う不可能(ルーク1時37分)です。 彼は彼の前には往々に存在する知覚部は、彼の操作とは、必ずしも同一の広がりを持つことで、私たちの不安です。 He does not disdain the minds of the undeveloped as fit subjects for the beginning, or if he so disposes the completion, of his work. So long as there is prayer to the Spirit, and a readiness to preach the evangelical word when the opportunity comes, infants may be regarded as within the sphere of this life-giving work which it is the office of baptism to sign and seal.尊大な態度ではない彼の心の中では、未開発の先頭に適合するための科目、または処分の完成だからもし彼は、彼の仕事ですので、祈りがある限りの精神には、福音とする用意があることを説く言葉のタイミングを見計らっては、乳幼児の範囲内と見なされるかもしれないが、この生命を与えることは、オフィスで仕事をして署名捺印の洗礼。

Where infant baptism, or paedobaptism, as it is sometimes called, is practiced, it is right and necessary that those who grow to maturity should make their own confession of faith. But they do so with the clear witness that it is not this which saves them, but the work of God already done for them before they believed.どこに幼児洗礼、またはpaedobaptism 、時にはとして呼ばれることは、練習は、 それが正しいと成熟する人たちに必要なこと、自分の信仰告白しなければならない。だがかれらの証人をクリアしてそうではないことを、このどのセーブかれらは、しかし、その作業のためにすでに行われる前に彼らの神と考えられています。 The possibility arises, of course, that they will not make this confession, or do so formally.発生の可能性は、もちろん、この告白することはない、または正式にそうです。 But this cannot be avoided by a different mode of administration.しかし、これを回避することはできませんが投与された別のモードです。 It is a problem of preaching and teaching.これは、問題の説教と教えています。 And even if they do not believe, or do so nominally, their prior baptism as a sign of the work of God is a constant witness to call or finally to condemn them.そしてかれらの多くは信じないたとえ、またはそう名目上、自分の事前作業の印として洗礼神の定数は、最後の証人を呼ぶかを非難してください。

On the mission field adult baptism will naturally continue.ミッションフィールドには、成人の洗礼を続けるのは当然だ。 In days of apostasy it can and will be common even in evangelized lands.背教の時代にも共通することができることとされる土地evangelized 。 Indeed, as a witness to the fact that our response is really demanded it is good for the church that there should always be a Baptist section within it.確かに、証人として事実を要求することは私たちの反応がすごく良いために教会があることは、常にバプテストセクション内にあることだ。 But once the gospel has gained an entry into a family or community, there is good scriptural and theological ground that infant baptism should be the normal practice.しかし、一度、ゴスペルを得て、家族や地域社会への参入は、聖書や神学的には良いということを考慮し、通常の幼児洗礼練習しなければならない。

G W Bromileyギニアビサウbromiley

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
G. W. Bromiley, The Baptism of Infants; J. Calvin, Institutes 4.16; O. Cullmann, Baptism in the NT; P.C.ギニアビサウbromiley 、幼児洗礼; j.カルビン、塾4.16 ; Oをクルマン、バプテスマではNT ;パソコン Marcel, The Biblical Doctrine of Infant Baptism; Reports on Baptism in the Church of Scotland; W. Wall, The History of Infant Baptism; J. Jeremias, Infant Baptism in the First Four Centuries; H. Thielicke, The Evangelical Faith, III.マルセルは、聖書の教義の幼児洗礼;報告書は、スコットランド教会洗礼;ウィリアム壁には、幼児洗礼の歴史; j.イェレミアス、幼児洗礼は、最初の4つの世紀にもわたって; h.ティーリケは、福音信仰は、 Ⅲ 。


Lay Baptismレイ洗礼

Advanced Information 高度情報

The NT affords neither precept nor precedent for the administration of baptism except by an ordained minister. From an early period, however, laymen did give baptism where ministers were not available. どちらも、 NTの処世訓に支払うためにも前例の投与によって定められた大臣の洗礼を除いている。早期からの期間中、しかし、素人はどこに洗礼を与える閣僚は利用できません。 The custom was defended by Tertullian and later theologians on the ground that what is received may be passed on, that the sacrament is more important than order, and that the rule of love permits it.カスタムtertullian以降では、神学を擁護して地面に渡されるかもしれないことを受けたものでは、それよりももっと重要なのは、聖礼典注文は、愛とは、ルールが許せている。 Some early authorities insisted on certain qualifications (e.g., monogamy or confirmation), and the medieval church drew up an order of precedence.早期当局はいくつかの特定の資格を主張して(例えば、一夫一婦制かの確認)は、中世の教会とドリュー席次アップする。

Luther approved of the practice, seeing in it an exercise of the priesthood of the laity.ルーサー承認の練習は、見て、それを行使する聖職に就くのは、素人です。 But the Reformed school rejected and suppressed it on the ground that it is not scriptural, destroys good order, and is linked with the false idea of an absolute necessity of baptism.しかし、学校改革と抑圧することを拒否して地上ではないことを聖書は、良い秩序を破壊し、虚偽のアイデアに関連しては、絶対的な必要性の洗礼。 Baptism by midwives was particularly disliked.洗礼助産師は特に嫌われる。 The practice was fully debated in the Church of England, and eventually discontinued after the Hampton Court Conference in 1604.十分に議論されたのは、教会での練習のイングランド、そして結局中止後の会見で1604年ハンプトンコートです。

G W Bromileyギニアビサウbromiley

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
J. Bingham, Works, VIII; G.W. j.ビンガム、作品は、 viii ;ギニアビサウ Bromiley, Baptism and the Anglican Reformers. bromiley 、聖公会の洗礼と改革派です。


Rebaptism rebaptism

Advanced Information 高度情報

During the second century, the church in Asia Minor, faced with considerable heresy, refused to recognize the validity of heretical baptism. 2番目の世紀中には、小アジアの教会では、かなりの異端に直面して、その妥当性を認識するのを拒否して異端の洗礼。 Converts to the orthodox faith from heretical groups were accordingly rebaptized.正統派の信仰に変換してからrebaptized異端のグループはそれに応じている。 The church at Rome, however, took the position that the rite was valid when properly performed, i.e., with the correct formula and with the right intention, despite the erroneous views of its administrator.ローマの教会では、しかし、その位置が有効なときは、適切な儀式が行われ、すなわち、正しい処方をする権利と意図して、誤った見解にもかかわらず、その管理者です。 In North Africa, Tertullian, then Cyprian, would not recognize the baptism of heretics.北アフリカ、 tertullian 、それからシプリアンは、洗礼を認識していないのは、異端です。 Cyprian carried on a bitter controversy with Stephen, bishop of Rome, on this issue.シプリアン運ば上で激しい論争とスティーブン、司教のローマでは、この問題にしています。 An anonymous writing, De rebaptismate, set forth the position of the church at Rome.匿名の書き込みは、ドrebaptismate 、教会の位置を定めるローマです。 It made a distinction between water baptism and Spirit baptism.それは、水の洗礼と精神を区別洗礼。 When a heretic was admitted to the church by the laying on of hands, the Spirit was conveyed, making further application of water unnecessary.異端を認めたときには、教会の手によって敷設して、その精神が伝え、さらなるアプリケーションの水を使う必要がなくなります。

The Roman position was endorsed by the Council of Arles (314) and was championed by Augustine in his controversy with the Donatists.ローマの位置は、評議会の承認を得るアルル( 314 )とは、彼の支持されたアウグスティヌスdonatists論争している。 Its advocates could point to the fact that Scripture contained no instance of rebaptism, that the analogous rite of circumcision was not repeatable, and that the questioning of the legitimacy of heretical baptism made the efficacy of the rite depend upon man rather than God.その点を擁護派が含まれていないという事実を啓典のインスタンスrebaptism 、類似して割礼の儀式の再現ではない、として異端尋問の正当性を前に洗礼の儀式の効果は、男性よりも神に左右されます。 The Council of Trent, in its fourth canon on baptism, reaffirmed the Catholic position.トレントの評議会は、キヤノンでは、 4番目の洗礼は、カトリックの立場を再確認しています。

In Reformation times the Anabaptists insisted on baptism for those who had been baptized in infancy, and this has continued to be the position of the Baptist churches.改革を主張してanabaptists倍に洗礼を幼少のころにバプテスマを受けていた者たちは、これは継続されるとの立場のバプテスト教会です。 The Roman Catholic Church and the Church of England practice what is known as conditional baptism in cases where there is doubt as to the validity of prior baptism.ローマカトリック教会の教会のイングランドとの練習は、どのような条件付き洗礼として知られている場合は、どこにあるの妥当性を疑うように事前の洗礼。 The formula used in the Church of England begins, "If thou art not already baptized, I baptize thee."教会の式で使用されてイングランドが始まれば、 "なたされていない場合、バプテスマを受け、私に洗礼を施すなんじ"と述べた。

E F Harrisonエフハリソン
Elwell Evangelical Dictionary福音エルウェル辞書

Bibliography 文献情報
E. W. Benson, Cyprian; Blunt; H. G. Wood in HERE.ニューベンソン、シプリアン;鈍;らHG木材をここにいます。


Modes of Baptismモードの洗礼

Advanced Information 高度情報

There are, generally speaking, two opinions regarding the proper manner of administering baptism: that only immersion is lawful and that the mode is a matter of indifference. It would not be correct to identify the immersionist as the Baptist position, for some Baptists do not accept the necessity of immersion. そこには、一般的に言えば、 2つの管理に関する意見を適切な方法での洗礼:のみ浸漬しては、合法的とし、モードは、無差別の問題です。れることはない、正しいことを識別するimmersionistバプテスト派の立場としては、いくつかのキリスト教バプテストしない浸漬の必要性を受け入れる。 The early Anabaptists as a rule baptized by pouring, and still today certain writers who strongly condemn infant baptism are indifferent as to mode (e.g., Karl Barth).早期anabaptistsとして土砂降りのルールによって、バプテスマを受け、今もなお特定の作家たちを強く非難するように無関心なモードでは、幼児洗礼(例えば、カールバルト) 。

The immersionist position is founded on three arguments. immersionistの位置は、 3つの引数を設立しています。

The second position is essentially a negative one. 2番目の位置には、基本的に負の1つです。

It denies the immersionist insistence that baptism is rightly administered only by immersion; instead, it contends that in the NT baptism, in its external form, is simply a washing, a cleansing, which can as well be effected by pouring (affusion) or sprinkling (aspersion) as by immersion.洗礼immersionist主張を否定することは、当然の投与によってのみ浸漬;代わりに、 NTの洗礼を主張して、その外付けの形態では、単に洗濯、クレンジング、これに影響されることも土砂降り( affusion )または散水(潅水)に浸漬された。

While there is widespread agreement that baptizein in classical Greek means "to immerse," because baptizein has become a technical theological term in the NT it is maintained that the classical and secular usage cannot by itself be normative.広範な合意している間には手段をbaptizein古典ギリシア語で"をつける、 " baptizeinなっているため、技術的な神学用語を維持することは、 NTの古典とは、それ自体が世俗的規範を使用することはできません。 The term diatheke, for example, universally means "testament" in the Greek of the NT period, but it cannot be given that meaning in its NT usage. diathekeという用語は、たとえば、普遍的手段"遺言"は、ギリシャ語のNTの期間が、それが与えられることを意味することはできませんが、 NTの使い方です。 That in its biblical and theological use baptizein has come to mean simply "to wash" or "to purify with water" is indicated by certain occurrences of the term in the LXX and NT where baptizein cannot mean immerse (Sir. 34:25; Luke 11:38; Acts 1:5; 2:3-4, 17; 1 Cor. 10:1-2; Heb. 9:10-23).を使用することは、旧約聖書と神学単にbaptizeinが来たことを意味する"を洗う"または"は、水を浄化する"とは、特定の事例が示され、任期は、 70とNTの意味はどこbaptizein没頭することはできません( sir. 34:25 ;ルーク11:38 ;行為1 : 05 ; 2:3-4 、 17 ; 1うわっ。 10:1-2 ; heb 。 9:10-23 ) 。 The last text in particular is a reminder that the purificatory water rites of the OT, the biblical antecedents of baptism, were never immersions. It is further maintained that it is at least implausible that certain baptisms recorded in the NT were immersions (Acts 2:41; 10:47-48; 16:33).特に最後のテキストは、リマインダーして水を浄化する儀式のotは、聖書の家系の洗礼は、決してimmersionsいた。 さらなる維持することは信じ難いことは、少なくとも特定baptismsに記録されていたNTのimmersions (行為2 : 41 ; 10:47-48 ;午前16時33分) 。 Nor, it is contended, can appeal be made to the use of the prepositions "in" and "into" which are ambiguous and, if pressed, in Acts 8:38 would require the immersion of both subject and minister.また、それはcontended 、上訴できるが、使用する前には、前置詞"で"と"に"これでは不十分な場合や、押された場合には、午前8時38分には、必要とする行為を浸漬大臣の両方の対象とします。

While baptism certainly signifies union with Christ in his death and resurrection, it is denied that this has relevance for the mode.確かにキリストの洗礼を意味している間、彼の死や労働組合の復活、それは否定して、このモードでは、関連性のためだ。 In Rom.は、 ROMです。 6:6 union with Christ in his crucifixion and in Gal. 6時06分に労働組合とは、キリストが彼のはりつけギャル。 3:27 being clothed with Christ are included in the signification of baptism, but no mode illustrates these aspects of the symbolism of baptism. 3時27分に含まれている服を着て、キリストの洗礼の意義が、このような側面を示していないモードでバプテスマの象徴です。 Further, water is a singularly unlikely symbol for the earth into which one is buried, as the immersionist contends. Actually, sprinkling is as well established in Ezek.さらに、水には、非常に低いため、地球へのシンボルの1つが埋められて、 immersionistとしての主張だ。 実際には、散水には、十分に確立さezek 。 36:25 and Heb. heb 36:25とします。 9:10, 13-14; 10:22. 9時10分、 13-14 ; 10:22です。

It is conceded that immersion was the primary mode in the early church, but it is pointed out that other modes were permitted (cf. Didache 7; Cyprian, Epistle to Magnus 12), the earliest artistic representations depict baptism by pouring (affusion), and that some of the influences contributing to the popularity of immersion well may not have been healthy. In general, the nonimmersionist contends that rigor in matters of form is contrary to the spirit of NT worship, contrary to the universal indifference to the mode of celebrating the Lord's Supper, and subject to the scandal that, in principle, the immersionist depopulates the church of most of its membership and most of its finest sons and daughters. 浸漬することが譲歩して、プライマリモードでは、初めには、教会が、それは指摘している他のモードでは許可されません ( cf.ディダケー7 ;シプリアン、信徒へのマグヌス12 )は、最古の芸術的表現を描く土砂降りの洗礼( affusion )は、そしていくつかの影響を与えることに貢献して人気を浸漬され井戸がないかもしれませんが、元気です。 一般に、その点では硬直nonimmersionist主張してフォームでは、 NTの崇拝の精神に反して、普遍的無関心に反して、このモードを祝うその主の夕食は、スキャンダルの対象となることや、原則として、 immersionist depopulates教会の会員のほとんどは、そのほとんどが最高の息子や娘だ。

R S Rayburn rsレイバーン

Bibliography 文献情報
A. Carson, Baptism, Its Mode and Its Subjects; T.J. a.カーソン、洗礼は、そのモードとその科目;タジキスタン Conant, The Meaning and Use of Baptizein; J. Warns, Baptism; J. Gill, Body of Divinity; A.H. Strong, Systematic Theology; A. Oepke, TDNT, I, 529, 46; B.B. Warfield, "How Shall We Baptize?"コナントは、その意味での使用baptizein ; j.警告は、洗礼; j.鰓、体の神性;あぁ強い、体系的神学; a. oepke 、 tdnt 、私、 529 、 46 ; bbウォーフィールドは、 "どのようにわたしたちに洗礼を施すか? " in Selected Shorter Writings of Benjamin B. Warfield, II; W.G.T.ベンジャミンBには、選択した短い記述ウォーフィールド、 2世; wgt Shedd, Dogmatic Theology; R.L. Dabney, Lectures in Systematic Theology; R. Watson, Theological Institutes; R.G.シェッドは、独断的な神学; rl dabney 、講義で体系的神学;共和党ワトソンは、神学塾;のRG Rayburn, What About Baptism?レイバーンは、洗礼についてはどうですか? J. Murray, Christian Baptism. j.マレーは、キリスト教の洗礼。


Trine (Triune) Immersion Baptismトライン(三位一体)浸漬洗礼

One popular aspect of Baptizing a Christian involves a triple Baptism, called a Trine Baptism or a Triune Baptism.人気の1つの側面に命名するには、キリスト教の洗礼トリプル、バプテスマと呼ばれたりする三位一体の洗礼トライン。 In contrast with a single immersion or a single sprinkling of water, this involves three quickly successive immersions or sprinklings.とは対照的に、 1つ1つまたは少数の水浸漬は、この3つの関係を素早く連続immersionsまたはsprinklings 。

Historical Practice歴史的な練習

There is no evidence that the Jews practiced trine immersion, nor had they doctrinal reason to do so.証拠がないことは、ユダヤ人の練習トライン浸漬し、また彼らは教義上の理由からそうしています。 A threefold scheme is sometimes detected in the sequence of circumcision, baptism and sacrifice, but this sequence is reflected rather in the baptism, confirmation, and first communion of the early Church.三重のスキームでは、検出されたのシーケンスの割礼時には、バプテスマと犠牲ではなく、むしろこの配列は反映洗礼、確認、および最初の聖体拝領は、初期の教会です。

The NT neither commands trine immersion nor provides any example of it. The only possible connection is with the trinity (Mt. 28:19), but single immersion might equally well be deduced from the reported baptizing in the name of Christ. トライン浸漬、 NTのどちらのコマンドも任意の例を提供しています。のみの接続が可能で、トリニティ( mt. 28:19 )が、 1つの浸漬推定されるかもしれないからも同様に報告キリストの名の命名です。

Yet trine immersion is undoubtedly early and seems to have established itself quickly as the common practice, though with no apparent appeal to the Apostles.トライン浸漬は、まだ早いとは間違いないようだが、共通の慣行として定着素早く、見掛けかかわらずなし、使徒に訴える。 Thus the Didache speaks of trine immersion (or affusion): "But if thou hast neither [cold or warm running water], pour water three times [Gk. tris] on the head 'in the Name of the Father, Son and Holy Spirit'" (7:3).したがって、新約聖書のトライン喋るの浸漬(またはaffusion ) : "しかし、どちらの場合になた[寒さや暖か流水]は、 3倍の水を注ぐ[ gk 。トリス]の頭を'父の名の下には、息子と聖霊' " (午前7時03分) 。 Justin Martyr, too, seems to have hinted at trine immersion (Apol. i.61), and it is plainly attested by Tertullian: "And indeed it is not once only, but three times, that we are immersed into the Three Persons, at each several mention of Their names" (nam nec semel, sed ter, ad singula nomina. in personas singulas, tinguimur; Adv. Prax. 26; cf. also De corona 3). The Apostolic Constitutions reiterate: "if any bishop or presbyter does not perform the three immersions of the one admission, but one immersion, which is given into the death of Christ, let him be deprived" (xlvii. 50).ジャスティン殉教者でも、示唆を持つようトライン浸漬( apol. i.61 )は、はっきりと証明されたことはtertullian : "と確かに一度だけではないが、 3回、それを私たちは、三人の浸漬、それぞれ自分の名前をいくつかに言及した" (ナム当社1回、 sedでter 、広告singula nomenの複数形。 singulasでpersonas 、 tinguimur ;前売prax 。 26 ; cf 。またデコロナ3 ) 。 あらためて表明、ローマ教皇の憲法: "もしあればビショップまたは祭司はありませんimmersionsの3つを実行して1つの入場は、 1つの浸漬しかし、これは、キリストの死を与え、ほっておけ奪われる" ( xlvii. 50 ) 。

At a later stage Gregory allowed single immersion, in Spain, thus giving rise to the famous Toledo ruling much cited by the Reformers. 1つのステージを開始するグレゴリー可浸漬は、スペインでは、このように与えて上昇して引用されるくらい有名なトレド政権の改革派です。 This ruling seems to have been in opposition to a false Arian conception of the three persons and to emphasize their essential oneness in deity. In both Western and Eastern Churches trine immersion has continued to be the common practice.この判決に反対してきたように虚偽のアリウス主義の概念は、 3人と彼らの本質的な一体性を強調するために、神のような存在です。 西側と東側の両方に浸漬教会トラインには、共通の練習を続けています。

Reformation Teaching教育改革

The Reformers did not object in principle to trine immersion. For Luther it was a neutral matter. 改革派は原則しなかったオブジェクトトライン浸漬している。ルーサーそれは、中立的な問題のためだ。 Calvin, too, argued for liberty in the matter, although he did not practice trine baptism; he also permitted either immersion or sprinkling (Inst. iv.15.19).カルビンは、あまりにも、自由を主張したため、その件については、ないにもかかわらず、彼はそれを実践トライン洗礼; 彼はまた、許可のいずれかまたは散水浸漬 ( inst. iv.15.19 ) 。 The principle of a primary conformity to what is actually found in Scripture probably influenced Calvin's own practice.適合性の原則には、プライマリが実際にどのような影響を与えた、おそらく啓典見つかったカルヴィン自身の練習。

In England the Sarum Use prescribes dipping, "first on the right side, then the left, then the face."英国での使用sarum prescribes浸漬は、 "最初の右側、次に左側には、当時の顔だ。 " In 1549 the first Book of Common Prayer maintains trine immersion; in the 1552 edition dipping remains, but the three dippings are abandoned as of no true moment. 1549本の中の最初の共通の祈りを維持トライン浸漬;浸漬遺跡は、 1552エディションは、 3つのdippingsしかし、本当のところはないとして捨てています。 T. Becon (ca. 1511-1567) granted that the trine practice is ancient, but he listed it among things indifferent, since "Christ left the manner of baptism free in the church" (Works, 2, ed. J. Ayre for Parker Society [1843-44]). t. becon ( ca. 1511年から1567年)を付与して、トラインの練習は、古代のが、彼のことに無関心の中に記載することは、以来"キリストの洗礼左の方法では、教会の自由" (作品、 2 、エド。 j.用エアパーカー社会[ 1843年から1844年] ) 。 Later opinion tended to harden against the practice.それ以降の意見に反対する傾向が練習ハーデン。 Thus J. Calfhill (ca. 1530-1576), almost certainly erroneously, dismissed it as a "strange invention of Tertullian" (Works, 213, ed. Parker Society). Reformation teaching and practice was generally biased against the custom on the ground that it was an addition with no biblical sanction or true theological weight. A principle of liberty was not abandoned, however, except by the narrower Puritans.こうしてj. calfhill ( ca. 1530年から1576年)は、ほぼ確実に誤って、解任することとして、 "奇妙な発明tertullian " (作品、 213 、エド。パーカー学会) 。 刷新は、通常の授業と練習して地面には、カスタムに対する偏った添加していないことは、聖書の真の神学的制裁や重量です。遺棄原則自由ではない、しかし、狭い範囲を除いてpuritansされる。

The Reformation view seems on the whole to be the most satisfactory.全体の改革に表示されるように、最も満足のいくものです。 Since trine immersion lacks direct biblical support, it is not a binding obligation.聖書の直接的な支援に欠けて以来トライン浸漬は、結合することは義務ではありません。 A different baptismal practice does not affect the sacrament and may be preferred by churches that try to exclude what is not biblically enjoined.別の洗礼聖餐式の練習には影響しませんが推奨されることがあります。教会ではないものを除外してみてくださいbiblically加味。 Nevertheless, trine immersion has impressive historical attestation. It is not devoid of helpful signification and does not corrupt the sacrament. A liberty of judgment may thus be conceded to Churches that maintain the practice.にもかかわらず、歴史的な証明トライン浸漬が印象的だ。 欠いているのではないことに役立つ意義の聖餐式腐敗していません。リバティーの判断をする可能性を維持するために譲歩して、教会の練習をします。 In other words, it belongs to the sphere where each church may and should decide for itself the most appropriate form of fulfilling the scriptural ordinance.言い換えれば、それはどこに属する各教会の球を決めるためには、それ自体が、最も適切な形で充実した条例の聖書です。


Strong's Definitions for (Greek) Biblical Baptism words強いの定義(ギリシャ語)聖書の言葉の洗礼

907 baptizo {bap-tid'-zo} baptizo ( bap - 907 - tid'ホセメルセ)

from a derivative of 911; TDNT - 1:529,92; verbから派生した911 ; tdnt -1 :529,92;動詞

AV - baptize (76), wash 2, baptist 1, baptized + 2258 1; 80動静-洗礼( 7 6)は、洗う2 、バプテスト1 、バプテスマを受け2 258+ 1 ; 8 0

1) to dip repeatedly, to immerse, to submerge (of vessels sunk) 1 )ディップを繰り返し、没頭して、を水浸し(沈んの船舶)
2) to cleanse by dipping or submerging, to wash, to make clean with water, to wash one's self, bathe 2 )浸漬または水没して浄化された、と洗って、水をきれいにして、自分を洗う、入浴
3) to overwhelm 3 )を圧倒


Not to be confused with 911, bapto. 911と混同しないで、 bapto 。 The clearest example that shows the meaning of baptizo is a text from the Greek poet and physician Nicander, who lived about 200 B.C.最も明白な例を示してbaptizoの意味は、テキストnicander医師からは、ギリシャの詩人とは、約200人の住んで紀元前 It is a recipe for making pickles and is helpful because it uses both words.ピクルスの製法をすることが役に立つとは、両方の言葉を使っているためだ。 Nicander says that in order to make a pickle, the vegetable should first be 'dipped' (bapto) into boiling water and then 'baptised' (baptizo) in the vinegar solution. nicanderによれば、漬物を作るためには、まず、野菜に'を付けた' ( bapto )を沸騰したお湯で、それから' baptised ' ( baptizo )は、酢液です。 Both verbs concern the immersing of vegetables in a solution.動詞の懸念の両方を解決immersingの野菜です。 But the first is temporary.しかし、最初は仮設です。 The second, the act of baptising the vegetable, produces a permanent change. 2番目は、その行為baptisingの野菜は、永続的な変化を生成する。

When used in the New Testament, this word more often refers to our union and identification with Christ than to our water baptism.新約聖書の際に使われて、この言葉をより頻繁に身分証明書を指しますが、キリストよりも我々の労働組合と私たちの水の洗礼をした。 e.g.例えば、 Mark 16:16. 16時16マークです。 'He that believes and is baptised shall be saved'. '鵜呑みに保存されるものとはbaptised ' 。 Christ is saying that mere intellectual assent is not enough.キリストは、単なる知的同意ではないと言って十分ではない。 There must be a union with him, a real change, like the vegetable to the pickle!労働組合があるに違いないと彼は、本当の変化は、このような野菜を漬物!

Bible Study Magazine, James Montgomery Boice, May 1989.聖書の勉強マガジンは、ジェームズboiceモンゴメリは、 1989年5月。


908 baptisma {bap'-tis-mah} 908 baptisma ( ) bap' - tis -馬海泳

from 907; TDNT - 1:545,92; n nから907 ; tdnt -1 :545,92; n n

AV - baptism 22; 22動静-洗礼2 2; 2 2

1) immersion, submersion 1 )浸漬、水中に
1a) of calamities and afflictions with which one is quite overwhelmed 1 ) 1つの災害とはかなりの試練を圧倒
1b) of John's baptism, that purification rite by which men on confessing their sins were bound to spiritual reformation, obtained the pardon of their past sins and became qualified for the benefits of the Messiah's kingdom soon to be set up. 1Bの)バプテスマのヨハネのは、清めの儀式をして自分の罪を告白していた男性の精神的な束縛を刷新は、彼らの過去の罪を取得して赦免となったの資格があるの利点は、救世主の王国をすぐにセットアップされる。 This was valid Christian baptism, as this was the only baptism the apostles received and it is not recorded anywhere that they were ever rebaptised after Pentecost.これは有効なキリスト教の洗礼は、これだけでは、使徒の洗礼を受けたことではないとは、彼らがこれまでの任意の場所を記録した後rebaptised聖霊降臨。
1c) of Christian baptism; a rite of immersion in water as commanded by Christ, by which one after confessing his sins and professing his faith in Christ, having been born again by the Holy Spirit unto a new life, identifies publicly with the fellowship of Christ and the church. 1c ) 、キリスト教の洗礼;水に浸漬するよう命じられたの儀式で、キリストは、自分の罪を告白した後、どれと信じているキリストprofessing彼は、続けてきた聖霊によって生まれ変わる新しい人生かれは、公然として識別するの交わりキリスト教会とします。


In Rom.は、 ROMです。 6:3 Paul states we are "baptised unto death" meaning that we are not only dead to our former ways, but they are buried.我々は6時03州のポール" baptised死に至る"を意味することだけでなく、我々は我々の前に死んだの方法がありますが、彼らは埋まっています。 To return to them is as unthinkable for a Christian as for one to dig up a dead corpse!かれらは、思いも寄らぬに戻るには、クリスチャンとしての1つとしては、死んだ死体を掘り出す! In Moslem countries a new believer has little trouble with Moslems until he is publicly baptised. moslemの国々で、新しい信者はほとんど苦労してまで、彼はイスラム教徒を公然とbaptised 。 It is then, that the Moslems' know he means business, and then the persecution starts.次にすることは、イスラム教徒は、 '知っている彼はビジネスを意味し、その後、迫害が起動します。 See also discussion of baptism under No. 907.バプテスマの下での議論も参照してください第907 。


909 baptismos {bap-tis-mos'} 909 baptismos ( bap - tis -モス' )

from 907; TDNT - 1:545,92; n mから907 ; tdnt -1 :545,92; n mの

AV - washing 3, baptism 1; 4動静-洗濯3 、バプテスマ1 ; 4

1) a washing, purification effected by means of water 1 )洗濯は、水を浄化する手段により
1a) of washing prescribed by the Mosaic law (Heb 9:10) which seems to mean an exposition of the difference between the washings prescribed by the Mosaic law and Christian baptism 1 )の洗浄法で規定されたモザイク( heb 9時10分)をどのように意味の違いは、万博の洗浄液を法律で規定されたモザイクとキリスト教の洗礼


910 Baptistes {bap-tis-tace'} 910 baptistes ( bap - tis -草摺' )

from 907; TDNT - 1:545,92; n mから907 ; tdnt -1 :545,92; n mの

AV - Baptist 14; 14動静-バプテスト1 4; 1 4

1) a baptiser 1 ) baptiser
2) one who administers the rite of baptism 2 ) 1つの管理人の洗礼式
3) the surname of John, the forerunner of Christ 3 )姓のジョンは、キリストの先駆者


911 bapto {bap'-to} bap' - 911をbapto ( )

a primary word; TDNT - 1:529,92; vワードは、プライマリ; tdnt -1 :529,92; v

AV - dip 3; 3動静-ディップ3 ; 3

1) to dip, dip in, immerse 1 )をディップ、ディップでは、黙想
2) to dip into dye, to dye, colour 2 )色素をディップには、染料には、色


Not to be confused with 907, baptizo. 907と混同しないで、 baptizo 。 The clearest example that shows the meaning of baptizo is a text from the Greek poet and physician Nicander, who lived about 200 B.C.最も明白な例を示してbaptizoの意味は、テキストnicander医師からは、ギリシャの詩人とは、約200人の住んで紀元前 It is a recipe for making pickles and is helpful because it uses both words.ピクルスの製法をすることが役に立つとは、両方の言葉を使っているためだ。 Nicander says that in order to make a pickle, the vegetable should first be 'dipped' (bapto) into boiling water and then 'baptised' (baptizo) in the vinegar solution. nicanderによれば、漬物を作るためには、まず、野菜に'を付けた' ( bapto )を沸騰したお湯で、それから' baptised ' ( baptizo )は、酢液です。 Both verbs concern the immersing of vegetables in a solution.動詞の懸念の両方を解決immersingの野菜です。 But the first is temporary.しかし、最初は仮設です。 The second, the act of baptising the vegetable, produces a permanent change. 2番目は、その行為baptisingの野菜は、永続的な変化を生成する。


Baptismバプテスマ

Catholic Information カトリック情報

One of the Seven Sacraments of the Christian Church; frequently called the "first sacrament", the "door of the sacraments", and the "door of the Church". 1つは、 7つの秘跡は、キリスト教の教会;頻繁に呼ばれ、 "最初の聖餐式"は、 "ドアの秘跡" 、そして、 "教会の扉" 。

The subject will be treated under the following headings:件名には、次の見出しの下に扱われる:

I. Authoritative Statement of Doctrine i.権威ある声明の教義

II. Ⅱ 。 Etymology語源

III. Ⅲ 。 Definition定義

IV. 4 。 Types種類

V. Institution of the Sacrament対機関の聖餐式

VI. viのです。 Matter and Form of the Sacramentフォームの問題や聖餐式

VII.第VII 。 Conditional Baptism条件付き洗礼

VIII. viii 。 Rebaptism rebaptism

IX. 9 。 Necessity of Baptismバプテスマの必要性

X. Substitutes for the Sacrament Xの代替は、聖餐式

XI. xi 。 Unbaptized Infants幼児洗礼を受けていない

XII. 12世です。 Effects of Baptism効果の洗礼

XIII. 13 。 Minister of the Sacrament大臣は、聖餐式

XIV. 14 。 Recipient of Baptismレシピエントの洗礼

XV. 15 。 Adjuncts of Baptism補助療法の洗礼

XVI, Ceremonies of Baptism 16世は、式典の洗礼

XVII. 17 。 Metaphorical Baptism隠喩洗礼

I. AUTHORITATIVE STATEMENT OF DOCTRINE i.権威ある声明の教義

At the outset we think it advisable to give two documents which express clearly the mind of the Church on the subject of baptism.冒頭我々の2つの文書を与えることが望ましいの心を明確に表明して、教会の洗礼の主題です。 They are valuable, also, as containing a summary of the main points to be considered in the treatment of this important matter.彼らは貴重な、また、主要な点の概要が含まれると見なされるの治療に、この重要な問題だ。 Baptism is defined positively in the one and negatively in the other.洗礼は、積極的には、 1つの定義と否定的で、他のです。

(1) The Positive Document: "The Decree for the Armenians" ( 1 )の肯定的なドキュメント: "アルメニア人のための令"

"The Decree for the Armenians", in the Bull "Exultate Deo" of Pope Eugene IV, is often referred to as a decree of the Council of Florence. "アルメニア人のための令"と、強気で、 " exultate deo "のエウゲニウス4世、と呼ばれることが多いが、審議会令のフィレンツェ。 While it is not necessary to hold this decree to be a dogmatic definition of the matter and form and minister of the sacraments, it is undoubtedly a practical instruction, emanating from the Holy See, and as such, has full authenticity in a canonical sense.中を開く必要はありませんが、この判決を独断的な定義については、問題があるとの秘跡大臣のフォームと、それは確かに現実的な命令は、ローマ法王庁からやって来るのは、このようにと、信ぴょう性には完全な意味では、カノニカル。 That is, it is authoritative.すなわち、それは、権威ある。 The decree speaks thus of Baptism:したがって、令が喋るの洗礼:

Holy Baptism holds the first place among the sacraments, because it is the door of the spiritual life; for by it we are made members of Christ and incorporated with the Church.洗礼式のうち、 1位を保持するための秘跡、なぜならこれは、ドアの精神生活;ために我々はそれを前にして法人の会員とキリスト教会です。 And since through the first man death entered into all, unless we be born again of water and the Holy Ghost, we can not enter into the kingdom of Heaven, as Truth Himself has told us.して以来、初めての男の死を通して入力されたすべての場合を除き、再び我々の水を持って生まれると聖霊は、私たちに入ることができないの天国は、自分自身の真理として私たちは言った。 The matter of this sacrament is true and natural water; and it is indifferent whether it be cold or hot.この聖餐式が真の問題や天然水;とすることは無関心な寒されるかどうかやホットです。 The form is: I baptize thee in the name of the Father and of the Son and of the Holy Ghost.このフォームは:私の名の下に洗礼を施すなんじのは、父と息子と聖霊のです。 We do not, however, deny that the words: Let this servant of Christ be baptized in the name of the Father and of the Son and of the Holy Ghost; or: This person is baptized by my hands in the name of the Father and of the Son and of the Holy Ghost, constitute true baptism; because since the principal cause from which baptism has its efficacy is the Holy Trinity, and the instrumental cause is the minister who confers the sacrament exteriorly, then if the act exercised by the minister be expressed, together with the invocation of the Holy Trinity, the sacrament is perfected.我々は、しかし、否定された単語:この使用人せキリストの名によって、バプテスマを受け、父と息子とは、聖霊;または:この人は私の手によって、バプテスマを受け、父の名の下でその息子とは、聖霊は、真の洗礼を構成;ためにバプテスマ以来、校長からは、その効果の原因は、ホーリートリニティー、インストゥルメンタルの原因とは、人の大臣の聖餐confers外面的には、その後の行為が行使された場合に相で発現されるとともに、三位一体の呼び出しは、聖餐式が完成します。 The minister of this sacrament is the priest, to whom it belongs to baptize, by reason of his office.大臣は、この聖餐式の司祭は、誰に属します洗礼を施すことは、彼のオフィスの理由です。 In case of necessity, however, not only a priest or deacon, but even a layman or woman, nay, even a pagan or heretic can baptize, provided he observes the form used by the Church, and intends to perform what the Church performs.必要な場合には、しかし、司祭や助祭だけでなく、素人でもするかの女、いや、洗礼を施すことでさえ、異教徒や異端者は、提供するという形で使用される彼の教会を遵守し、何を実行すると、教会の意向を実行します。 The effect of this sacrament is the remission of all sin, original and actual; likewise of all punishment which is due for sin.この聖礼典の効果は、寛解のすべての罪は、原本と実際;同様のすべての罪のために刑罰が原因です。 As a consequence, no satisfaction for past sins is enjoined upon those who are baptized; and if they die before they commit any sin, they attain immediately to the kingdom of heaven and the vision of God.その結果、過去に罪はない満足感を加味する人たちは、バプテスマを受け;とすれば死ぬ前にどんな罪を犯す、彼らはすぐに天国に達すると、神のビジョンです。

(2) The Negative Document: "De Baptismo" ( 2 )の負のドキュメント: "デbaptismo "

The negative document we call the canons on baptism decreed by the Council of Trent (Sess. VII, De Baptismo), in which the following doctrines are anathematized (declared heretical):我々は、否定的な文書の規範を定め洗礼されたトレント評議会(第VII sess. 、デbaptismo )で、以下の教説はアナテマ(異端と宣言) :

The baptism of John (the Precursor) had the same efficacy as the baptism of Christ, True and natural water is not necessary for baptism, and therefore the words of Our Lord Jesus Christ "Unless a man be born again of water and the Holy Ghost" are metaphorical.そのバプテスマのヨハネ(の前駆体)は、キリストの洗礼と同じ効果としては、真実ではないために必要な水や自然の洗礼、それゆえに、わたしたちの主イエスキリストの言葉を"しない限り、一人の男に生まれ変わるの水と聖霊"とは隠喩です。 The true doctrine of the sacrament of baptism is not taught by the Roman Church, Baptism given by heretics in the name of the Father and of the Son and of the Holy Ghost with the intention of performing what the Church performs, is not true baptism, Baptism is free, that is, not necessary for salvation.聖餐式は、真の教義を教えられたのではないの洗礼ローマ教会は、異端の洗礼名を与えられたのは、父と息子とは、聖霊を実行して、どのような意図は、教会の実行は、真実ではない洗礼は、洗礼は無料ですが、それは、救済のためには必要ない。 A baptized person, even if he wishes it, can not lose grace, no matter how much he sins, unless he refuses to believe.人にバプテスマを受け、たとえ彼の願いには、恵みを失うことはできない、彼はどのくらいの罪に関係なく、彼を信じようとしない限りです。 Those who are baptized are obliged only to have faith, but not to observe the whole law of Christ.ある人たちは信仰を持つだけが義務付けられ、バプテスマを受け、全体を観察することはできませんが、キリストの法則です。 Baptized persons are not obliged to observe all the precepts of the Church, written and traditional, unless of their own accord they wish to submit to them.バプテスマを受けていない人たちはすべての戒律を遵守する義務は、教会、および繁体字で書かれた、合意しない限り、彼らには、独自の願いを提出しています。

All vows made after baptism are void by reason of the promises made in baptism itself; because by these vows injury is done to the faith which has been professed in baptism and to the sacrament itself.すべての誓いをした後に洗礼された理由は、ボイドは、自らの公約に洗礼;ため、これらの誓いの損傷が行われるの信仰を公言してきたとして洗礼聖餐式そのものだ。 All sins committed after baptism are either forgiven or rendered venial by the sole remembrance and faith of the baptism that has been received.すべての洗礼後に犯した罪は許されるレンダリングされるかのどちらかを許された唯一の英霊とされてきた信仰の洗礼を受けた。 Baptism although truly and properly administered, must be repeated in the case of a person who has denied the faith of Christ before infidels and has been brought again to repentance.真に洗礼にもかかわらず、適切な投与、反復しなければならないの例を否定して信仰を持っている人とキリストの前に持って来られた再び異端を後悔した。 No one is to be baptized except at the age at which Christ was baptized or at the moment of death.バプテスマを受けていないには、 1つを除いては、どの年齢では、キリストの死の瞬間にバプテスマを受けたりします。

Infants, not being able to make an act of faith, are not to be reckoned among the faithful after their baptism, and therefore when they come to the age of discretion they are to be rebaptized; or it is better to omit their baptism entirely than to baptize them as believing on the sole faith of the Church, when they themselves can not make a proper act of faith.乳幼児は、できなかったことを信念に基づく行為を行う、侮れないではないのうち、忠実な彼らの洗礼した後、それゆえに来るときに、彼らは時代の裁量にrebaptized ;またはその洗礼を省略することが完全により良い洗礼を施すようにして信じる信仰は、教会の裏には、かれら自身の適切な行為を行うことはできません信仰です。 Those baptized as infants are to be asked when they have grown up, whether they wish to ratify what their sponsors had promised for them at their baptism, and if they reply that they do not wish to do so, they are to be left to their own will in the matter and not to be forced by penalties to lead a Christian life, except to be deprived of the reception of the Eucharist and of the other sacraments, until they reform.乳幼児としては、これらのバプテスマを受けて育ったように頼まれるときに、彼らは何を批准するかどうかのスポンサーを希望していたため、彼らの洗礼を約束している場合でも返事を希望されないことを行うには、彼らは彼らに置き去りにしてその件については、自身が縛られていないと罰則をリードするクリスチャン生活を除いて、レセプションを奪われると、他の聖体の秘跡までは、かれらの改革です。

The doctrines here condemned by the Council of Trent, are those of various leaders among the early reformers.ここで非難されるの教説トレントの評議会は、これらの様々な指導者たちは、初めのうち、改革派です。 The contradictory of all these statements is to be held as the dogmatic teaching of the Church.ステートメントは、これらすべての矛盾のように開催されるのは、教会の独断的な授業です。

II. Ⅱ 。 ETYMOLOGY語源

The word Baptism is derived from the Greek word, bapto, or baptizo, to wash or to immerse.洗礼という言葉の由来は、ギリシャ語の単語は、 bapto 、またはbaptizo 、黙想を洗ったりしています。 It signifies, therefore, that washing is of the essential idea of the sacrament.ことを意味するため、洗濯物は、その本質的なアイデアは、聖餐式です。 Scripture uses the term baptize both literally and figuratively.啓典では、両方の用語を文字通り、そして比喩的に洗礼を施す。 It is employed in a metaphorical sense in Acts 1:5, where the abundance of the grace of the Holy Ghost is signified, and also in Luke 12:50, where the term is referred to the sufferings of Christ in His Passion.それは比喩的な意味で採用され、 1時05分行為は、どこの豊富な恵みは、聖霊の意味は、ルカ12:50で、また、どこの任期は、キリストの受難に言及して彼の情熱。 Otherwise in the New Testament, the root word from which baptism is derived is used to designate the laving with water, and it is employed, when speaking of Jewish lustrations, and of the baptism of John, as well as of the Christian Sacrament of Baptism (cf. Hebrews 6:2; Mark 7:4).それ以外は、新約聖書、洗礼は、どのルートから派生した言葉が使用されて水を指定してlaving 、就業者とすることは、ユダヤ人といえばlustrationsときには、ジョンとの洗礼だけでなく、キリスト教の洗礼の聖礼典( cf.ヘブル人への手紙6 : 02 ;マーク7時04分) 。 In ecclesiastical usage, however, when the terms Baptize, Baptism are employed without a qualifying word, they are intended to signify the sacramental washing by which the soul is cleansed from sin at the same time that water is poured upon the body.教会の使用状況で、しかし、利用規約に洗礼を施すときには、単語の洗礼予選なしでは就業者は、かれらは、聖礼典の意図を洗うことを意味するから罪を清め、魂はそれと同時にその水が体内につぎ込んだ。 Many other terms have been used as descriptive synonyms for baptism both in the Bible and Christian antiquity, as the washing of regeneration, illumination, the seal of God, the water of eternal life, the sacrament of the Trinity, and so on.他の多くの類義語を表す用語として使われてきたためには、両方の洗礼とキリスト教の聖書の古代、洗濯物の再生としては、照明は、封神は、永遠の命の水は、聖餐式は、トリニティ、といったようになっています。 In English, the term christen is familiarly used for baptize.英語では、その用語が親しクリステン洗礼を施すために使われています。 As, however, the former word signifies only the effect of baptism, that is, to make one a Christian, but not the manner and the act, moralists hold that "I christen" could probably not be substituted validly for "I baptize" in conferring the sacrament.が、しかし、その単語の意味だけの効果を元の洗礼、それは、キリスト教を1つには、この方法ではなく、その行為は、 moralists保留して"私は洗礼名を"正当に置換される可能性はおそらくない"と私に洗礼を施す"協議の聖餐式です。

III. Ⅲ 。 DEFINITION定義

The Roman Catechism (Ad parochos, De bapt., 2, 2, 5) defines baptism thus: Baptism is the sacrament of regeneration by water in the word (per aquam in verbo).ローマ公教要理(広告parochos 、デbapt 。 、 2 、 2 、 5 )を定義するための洗礼:洗礼は、聖餐式の中の水が再生されたワード( 1 aquamでverbo ) 。 St. Thomas Aquinas (III:66:1) gives this definition: "Baptism is the external ablution of the body, performed with the prescribed form of words."聖トマスアクィナス( ⅲ : 66:1 )を与え、この定義: "洗礼は、外部的な清めの体は、実行するには、所定の用紙での言葉だ。 " Later theologians generally distinguish formally between the physical and the metaphysical defining of this sacrament.後で正式に神学者の間の物理的な通常の区別を定義すると、この聖礼典形而上。 By the former they understand the formula expressing the action of ablution and the utterance of the invocation of the Trinity; by the latter, the definition: "Sacrament of regeneration" or that institution of Christ by which we are reborn to spiritual life.かれらに理解される前の公式的な清めの作用を表現すると、発話の呼び出しは、トリニティ;によって、後者は、定義: "聖餐式の再生"または機関のことを私たちは、キリストによって精神生活に生まれ変わった。

The term "regeneration" distinguishes baptism from every other sacrament, for although penance revivifies men spiritually, yet this is rather a resuscitation, a bringing back from the dead, than a rebirth.という言葉を"再生"と区別するごとに他の秘跡洗礼からは、精神的には男性revivifies苦行にもかかわらず、まだこれはむしろ、蘇生法は、背面からの死者をもたらす、より再生します。 Penance does not make us Christians; on the contrary, it presupposes that we have already been born of water and the Holy Ghost to the life of grace, while baptism on the other hand was instituted to confer upon men the very beginnings of the spiritual life, to transfer them from the state of enemies of God to the state of adoption, as sons of God.苦行ではない私たちキリスト教徒;とは逆に、我々はそれを前提とされて生まれると、聖霊の水の恵みを受けて生活して、洗礼している間、他の手は、非常に設立して協議する男性の精神生活の始まりは、状態を転送してから、敵の状態を神の養子縁組は、神の息子のようだ。

The definition of the Roman Catechism combines the physical and metaphysical definitions of baptism.ローマの公教要理の定義については、物理的および形而上学の定義を組み合わせた洗礼。 "The sacrament of regeneration" is the metaphysical essence of the sacrament, while the physical essence is expressed by the second part of the definition, i.e. the washing with water (matter), accompanied by the invocation of the Holy Trinity (form). "聖礼典の再生"とは、本質的には、形而上聖餐式で、物理的なエッセンスが表現される2番目の部分の定義は、すなわち、水で洗う(問題)は、添付されて呼び出しのホーリートリニティー(フォーム) 。 Baptism is, therefore, the sacrament by which we are born again of water and the Holy Ghost, that is, by which we receive in a new and spiritual life, the dignity of adoption as sons of God and heirs of God's kingdom.洗礼は、そのため、我々は生まれ変わるされる聖餐式の水と聖霊のは、それは、私たちが受信されると、新しい精神生活は、養子縁組の尊厳と神の息子の相続人として、神の王国です。

IV. 4 。 TYPES種類

Having considered the Christian meaning of the term "baptism", we now turn our attention to the various rites which were its forerunners before the New Dispensation.キリスト教が、その単語の意味を考える"洗礼"は、今我々の注意を無効にされた様々な儀式を行う前に、新制度で先駆。

Types of this sacrament are to be found among the Jews and Gentiles.このタイプの聖餐式には、ユダヤ人との間でgentilesが見つかりました。 Its place in the sacramental system of the Old Law was taken by circumcision, which is called by some of the Fathers "the washing of blood" to distinguish it from "the washing of water".そのシステムは、神聖な場所で撮影された古い法律は、割礼、これはいくつかの祖先と呼ばれる"血の洗濯"を区別することから、 "洗濯の水"です。 By the rite of circumcision, the recipient was incorporated into the people of God and made a partaker in the Messianic promises; a name was bestowed upon him and he was reckoned among the children of Abraham, the father of all believers.割礼される儀式が、その人たちに組み込まれ、受信者が神の前にすると約束相伴の救世主;授けられた名前は、彼と彼は、子供たちの間で無視アブラハムは、すべての信者の父です。

Other forerunners of baptism were the numerous purifications prescribed in the Mosaic dispensation for legal uncleannesses.洗礼は、他の多くの先駆purifications所定のための法的なモザイク特免uncleannesses 。 The symbolism of an outward washing to cleanse an invisible blemish was made very familiar to the Jews by their sacred ceremonies.洗濯物を象徴するの外側を清めて、目に見えない傷は前になじんで、ユダヤ人を自分の神聖な儀式だ。 But in addition to these more direct types, both the New Testament writers and the Fathers of the Church find many mysterious foreshadowings of baptism.しかし、これらに加えてもっと直接的なタイプは、作家や新約聖書の両方の祖先は、多くの謎foreshadowings教会の洗礼を見つける。 Thus St. Paul (1 Corinthians 10) adduces the passage of Israel through the Red Sea, and St. Peter (1 Peter 3) the Deluge, as types of the purification to be found in Christian baptism.こうして聖パウロ( 1コリンチャンス10 ) adducesを通じて、イスラエルの紅海通過し、聖ペテロ( 1ピーター3 )の洪水は、種類としては、キリスト教の洗礼精製されています。 Other foreshadowings of the sacrament are found by the Fathers in the bathing of Naaman in the Jordan, in the brooding of the Spirit of God over the waters, in the rivers of Paradise, in the blood of the Paschal Lamb, during Old Testament times, and in the pool of Bethsaida, and in the healing of the dumb and blind in the New Testament.その他foreshadowings聖餐式が発見されたのは、祖先のネイアマンの入浴は、ヨルダン、気がめいっているのは、神の御霊の水域は、河川の楽園では、血液中の子羊の復活祭は、旧約聖書の中タイムズは、とは、プールのbethsaida 、とは、目の不自由な癒しのバカとは、新約聖書です。 How natural and expressive the symbolism of exterior washing to indicate interior purification was recognized to be, is plain from the practice also of the heathen systems of religion.表情豊かな自然とはどのような外観を洗うことを示す象徴的な意義が認識されるインテリア精製、平野からは、練習でも、宗教の異教徒のシステムです。 The use of lustral water is found among the Babylonians, Assyrians, Egyptians, Greeks, Romans, Hindus, and others.水の使用が見つかったのうち、 5年に一度babylonians 、 assyrians 、エジプト、ギリシア、ローマ人は、ヒンズー教徒、および他のです。 A closer resemblance to Christian baptism is found in a form of Jewish baptism, to be bestowed on proselytes, given in the Babylonian Talmud (Döllinger, First Age of the Church).キリスト教の洗礼を緊密に似ていることが判明したのは、ユダヤ教の洗礼形で、上に授けたproselytes書かれている、バビロニアタルムード( döllinger 、最初の時代には教会) 。

But above all must be considered the baptism of St. John the Precursor.しかし、上記のすべての考慮しなければならない洗礼の聖ヨハネの前駆体です。 John baptized with water (Mark 1) and it was a baptism of penance for the remission of sins (Luke 3).ジョンは、水でバプテスマを受けていた(マーク1 )とするために洗礼の罪の赦し贖罪(ルーク3 ) 。 While, then, the symbolism of the sacrament instituted by Christ was not new, the efficacy which He joined to the rite is that which differentiates it from all its types.中には、次に、その象徴ではない、キリストの聖礼典によって設立された新しい、その効果が入社してからの儀式は、すべての種類を区別することです。 John's baptism did not produce grace, as he himself testifies (Matthew 3) when he declares that he is not the Messias whose baptism is to confer the Holy Ghost.ジョンの洗礼を生産しなかったグレースは、彼自身として証明(マタイ3 )を宣言した時に彼は彼ではないmessias者協議は、聖霊の洗礼。 Moreover, it was not John's baptism that remitted sin, but the penance that accompanied it; and hence St. Augustine calls it (De Bapt. contra Donat., V) "a remission of sins in hope".しかも、それはジョンの洗礼を送金罪ではなく、苦行を同伴すること;と通話することだから聖アウグスティヌス(デbapt 。コントラドーナット。 、 5 ) "罪の赦しを期待する" 。 As to the nature of the Precursor's baptism, St. Thomas (III:38:1) declares: The baptism of John was not a sacrament of itself, but a certain sacramental as it were, preparing the way (disponens) for the baptism of Christ." Durandus calls it a sacrament, indeed, but of the Old Law, and St. Bonaventure places it as a medium between the Old and New Dispensations. It is of Catholic faith that the Precursor's baptism was essentially different in its effects from the baptism of Christ, It is also to be noted that those who had previously received John's baptism had to receive later the Christian baptism (Acts 19).の前駆体としての性質をの洗礼は、セントトマス( ⅲ : 38:1 )宣言:バプテスマのヨハネは、聖礼典そのものではありませんが、それは、特定の聖礼典としては、準備のための道( disponens )の洗礼キリストです。 "聖餐式ドゥランドゥス通話することは、確かに、しかし、古い法律は、 bonaventure聖所との間の媒体としては、古いものと新しい分配します。それは、カトリックの洗礼前駆体信仰していたから、その影響で、本質的に異なるキリストの洗礼、それは人々に注意してもしていなかったジョンの洗礼を受けた後には、キリスト教の洗礼を受ける(行為19 ) 。

V. INSTITUTION OF THE SACRAMENT対機関の聖餐式

That Christ instituted the Sacrament of Baptism is unquestionable.キリストの洗礼聖餐式を導入したことは、疑う余地のです。 Rationalists, like Harnack (Dogmengeschichte, I, 68), dispute it, only by arbitrarily ruling out the texts which prove it. rationalists 、ハルナックのように( dogmengeschichte 、私は、 68 )は、紛争には、判決を出すだけで、任意のテキストを証明することだ。 Christ not only commands His Disciples (Matthew 28:19) to baptize and gives them the form to be used, but He also declares explicitly the absolute necessity of baptism (John 3): "Unless a man be born again of water and the Holy Ghost, he can not enter into the Kingdom of God."コマンドだけでなく、キリストの弟子(マタイ28:19 )を始動させるという形にし、それらに使われるが、彼の絶対的な必要性を明示的にも洗礼を宣言(ジョン3 ) : "しない限り、一人の男として生まれると、聖なる水を再度幽霊は、彼のことはできませんが神の国に入る"と述べた。 Moreover, from the general doctrine of the Church on the sacraments, we know that the efficacy attached to them is derivable only from the institution of the Redeemer.また、一般からの秘跡は、教会の教義は、我々に接続してそれらの効果を知っていることが導き出せる機関からの救い主のみです。

When, however, we come to the question as to when precisely Christ instituted baptism, we find that ecclesiastical writers are not agreed.ときには、しかし、我々として注目されるように質問を導入したときに、キリストの洗礼を正確には、作家ではないことが判明した教会で合意した。 The Scriptures themselves are silent upon the subject.聖書自体は、件名に沈黙した。 Various occasions have been pointed out as the probable time of institution, as when Christ was Himself baptized in the Jordan, when He declared the necessity of the rebirth to Nicodemus, when He sent His Apostles and Disciples to preach and baptize.さまざまな機会が指摘されて時間の概機関としては、ときとして、バプテスマを受け、キリストは、自分自身のジョーダンは、その必要性を宣言したとき、彼はニコデモの再生には、送信時に彼と彼の使徒と弟子洗礼を説く。

The first opinion was quite a favorite with many of the Fathers and Schoolmen, and they are fond of referring to the sanctification of the baptismal water by contact with the flesh of the God-man.最初の意見をお気に入りにしてはかなりの多くは、父親とschoolmanの複数形、と彼らは気に入っているの洗礼を参照すると、水の清浄化された肉は、神に接触している人です。 Others, as St. Jerome and St. Maximus, appear to assume that Christ baptized John on this occasion and thus instituted the sacrament.他に、聖と聖ジェロームマクシムスは、表示されると仮定して、キリストにバプテスマを受け、こうしてこの機会に導入したジョンの聖餐式です。 There is nothing, however, in the Gospels to indicate that Christ baptized the Precursor at the time of His own baptism.そこは何もない、しかし、そのことを示すgospelsバプテスマを受け、キリストの前駆体いる時点で、自分の洗礼。 As to the opinion that it was in the colloquy with Nicodemus that the sacrament was instituted, it is not surprising that it has found few adherents.そのような意見には、会話をしていたニコデモ聖餐式が導入して、意外なことではないことを支持者にはいくつか見つかりました。 Christ's words indeed declare the necessity of such an institution, but no more.キリストの言葉を確かにこのような施設の必要性を宣言するが、もうない。 It seems also very unlikely that Christ would have instituted the sacrament in a secret conference with one who was not to be a herald of its institution.キリストのようにも非常に低いことが、聖餐式で秘密会議を設立して一人ではないが、ヘラルドの機関です。

The more probable opinion seems to be that baptism, as a sacrament, had its origin when Christ commissioned His Apostles to baptize, as narrated in John 3 and 4.より多くの意見を予想してみられる洗礼、聖餐式としては、その起源は彼の使徒を委託キリストの洗礼を施すときには、ナレーションとして、ジョン3と4 。 There is nothing directly in the text as to the institution, but as the Disciples acted evidently under the instruction of Christ, He must have taught them at the very outset the matter and form of the sacrament which they were to dispense.直接には、テキストは何もないの機関としてではなく弟子として、キリストの指示の下で行動どうやら、彼が教えたのは、非常に問題の発端とフォームの聖餐式を免除された。 It is true that St. John Chrysostom (Hom., xxviii in Joan.), Theophylactus (in cap. iii, Joan.), and Tertullian (De Bapt., c. ii) declare that the baptism given by the Disciples of Christ as narrated in these chapters of St. John was a baptism of water only and not of the Holy Ghost; but their reason is that the Holy Ghost was not given until after the Resurrection.それは事実だが聖ヨハネクリュソストモス( hom. 、二十八、ジョアンです。 ) 、 theophylactus (キャップです。 3世、ジョアンです。 ) 、およびtertullian (デbapt 。千佳子ⅱ )を宣言してキリストの弟子で与えられたバプテスマナレーションとして、これらの章の聖ヨハネは、バプテスマの水だけではなく、聖霊;しかし、その理由の一つは、聖霊の復活の後になるまでは与えていない。 As theologians have pointed out, this is a confusion between the visible and the invisible manifestation of the Holy Spirit.神学者が指摘するように、この混乱の間には、目に見えると、目に見えない聖霊の現れだ。 The authority of St. Leo (Ep. xvi ad Episc. Sicil.) is also invoked for the same opinion, inasmuch as he seems to hold that Christ instituted the sacrament when, after His rising from the dead, He gave the command (Matthew 28): "Go and teach . . . baptizing"; but St. Leo's words can easily be explained otherwise, and in another part of the same epistle he refers to the sanction of regeneration given by Christ when the water of baptism flowed from His side on the Cross; consequently, before the Resurrection.聖の権威レオ( 16世ep.広告episc 。 sicil 。 )が呼び出されたためにも、同じ意見では、 〜だけれども彼は、キリスト設立して、聖餐式を行う際には、彼の上昇から、死んだ後、彼は、コマンド(マシュー28日) : "と教えて行く。 。 。命名" ;しかし、聖レオの言葉を説明することで簡単にそうでなければ、他の部分と同じ制裁を指しているため、彼の信徒の再生時に与えられたキリストの洗礼、水の流れから彼のサイドは、クロス;したがって、その前に復活した。 All authorities agree that Matthew 28, contains the solemn promulgation of this sacrament, and St. Leo does not seem to intend more than this.マシューすべてに同意するものと当局は28日、この聖餐式が含まれ、厳粛な発布し、聖レオ以上にするつもりはありませんが、このように見える。 We need not delay on the arguments of those who declare baptism to have been necessarily established after Christ's death, because the efficacy of the sacraments is derived from His Passion.我々遅延する必要はないと宣言している人の洗礼を引数が必ずしも確立され、キリストの死の後、その効果のための秘跡は、彼の情熱から派生した。 This would prove also that the Holy Eucharist was not instituted before His death, which is untenable.これは、聖体を証明することではないにも設立する前に彼の死は、これは支持できない。 As to the frequent statement of the Fathers that the sacraments flowed from the side of Christ upon the Cross, it is enough to say that beyond the symbolism found therein, their words can be explained as referring to the death of Christ, as the meritorious cause or perfection of the sacraments, but not necessarily as their time of institution.声明として頻繁にして、父親の側からの流れの秘跡キリストの十字架上で、それは十分に発見さの象徴と言ってそこを超えて、自分の言葉で説明できるように言及して、キリストの死は、原因として、勲功完成の域に達したかの秘跡、しかし、必ずしも機関としての自分の時間です。

All things considered, we can safely state, therefore, that Christ most probably instituted baptism before His Passion.すべてを考慮にいれ、我々は安全状態では、したがって、その前にキリストの洗礼たぶん彼の情熱を導入した。 For in the first place, as is evident from John 3 and 4, Christ certainly conferred baptism, at least by the hands of His Disciples, before His Passion.ためには、まず第一に、ジョンとは明らかから3と4は、確かに与えられたキリストの洗礼は、少なくとも彼の弟子たちの手によって、彼の情熱の前です。 That this was an essentially different rite from John the Precursor's baptism seems plain, because the baptism of Christ is always preferred to that of John, and the latter himself states the reason: "I baptize with water . . . [Christ] baptizeth with the Holy Ghost" (John 1).これは本質的に異なることから儀式バプテスマのヨハネのよう平野前駆体は、キリストの洗礼ためには、常に優先にすることや、ジョンは、自分自身の状態と、後者の理由: "私は、水で洗礼を施す。 。 。 [キリスト]をbaptizeth聖霊" (ヨハネ1 ) 。 In the baptism given by the Disciples as narrated in these chapters we seem to have all the requisites of a sacrament of the New Law:洗礼は、与えられたこれらの章の弟子としてナレーションで我々のすべての要件を持つように見えるのは、新しい法律の聖礼典:

the external rite,外部の儀式は、

the institution of Christ, for they baptized by His command and mission, andキリストの機関は、彼のためにバプテスマを受けコマンドを実行して彼らの使命は、と

the conferring of grace, for they bestowed the Holy Ghost (John 1).この協議の恵みを受けて、彼らを授けたの聖霊(ヨハネ1 ) 。

In the second place, the Apostles received other sacraments from Christ, before His Passion, as the Holy Eucharist at the Last Supper, and Holy orders (Conc. Trid., Sess. XXVI, c. i).第2位は、他の秘跡を受けたからキリストの使徒は、彼の情熱を前に、聖体としては、最後の晩餐、および僧籍( conc. trid 。 、 sess 。弐拾六千佳子よい) 。 Now as baptism has always been held as the door of the Church and the necessary condition for the reception of any other sacrament, it follows that the Apostles must have received Christian baptism before the Last Supper.今では常にバプテスマのドアが開かれるよう、必要な条件は、教会やレセプションの他の聖餐式は、以下のとおりですが、使徒がキリスト教の洗礼を受けた最後の晩餐の前に。 This argument is used by St. Augustine (Ep. clxiii, al. xliv) and certainly seems valid.この引数が使用される聖アウグスティヌス( ep. clxiii 、アル。 44 )とは確かに有効なようだ。 To suppose that the first pastors of the Church received the other sacraments by dispensation, before they had received baptism, is an opinion with no foundation in Scripture or Tradition and devoid of verisimilitude.仮定しての最初の牧師は、教会の秘跡を受けて、他の神の摂理は、前に洗礼を受けた彼らは、財団では、啓典のない意見や伝統と迫真性を欠いている。 The Scriptures nowhere state that Christ Himself conferred baptism, but an ancient tradition (Niceph., Hist. eccl, II, iii; Clem. Alex. Strom., III) declares that He baptized the Apostle Peter only, and that the latter baptized Andrew, James, and John, and they the other Apostles.どこ状態にして、聖書は、キリストの洗礼与えられた自分自身ではなく、古代の伝統( niceph. 、シーッ。 eccl 、 2世、 3世;クレム。アレックス。ストレム。 、 ⅲ )宣言して彼は、バプテスマを受け、使徒ペテロのみで、後者は、バプテスマを受けアンドリュー、ジェームズ、ジョン、そして彼らの他の使徒です。

VI. viのです。 MATTER AND FORM OF THE SACRAMENTフォームの問題や聖餐式

(1) Matter ( 1 )問題

In all sacraments we treat of the matter and the form.我々はすべての秘跡を治療すると、フォームの問題です。 It is also usual to distinguish the remote matter and the proximate matter.いつものことも、リモートの問題を区別すると、近接事です。 In the case of baptism, the remote matter is natural and true water.バプテスマの例では、リモートの真の問題は、自然と水です。 We shall consider this aspect of the question first.わたしたちは最初の質問には、このような点を考慮する。

(a) Remote matterリモート物質(する)

It is of faith (de fide) that true and natural water is the remote matter of baptism.それは信仰して真(デfide )と天然水の洗礼は、リモートの問題です。 In addition to the authorities already cited, we may also mention the Fourth Council of the Lateran (c. i).加えて、当局は、すでに引用し、我々にも言及した5月の第4ラテラン公会議( c.よい) 。

Some of the early Fathers, as Tertullian (De Bapt., i) and St. Augustine (Adv. Hær., xlvi and lix) enumerate heretics who rejected water entirely as a constituent of baptism.いくつかの初期の祖先は、 tertullian (デbapt 。 、私)と聖アウグスティヌス( adv. hær 。 、 46および59 )を列挙する異端者を完全に拒否された水の構成成分として洗礼。 Such were the Gaians, Manichians, Seleucians, and Hermians.これらは、 gaians 、 manichians 、 seleucians 、およびhermians 。 In the Middle Ages, the Waldensians are said to have held the same tenet (Ewald, Contra Walden., vi).中世では、 waldensiansが行われたによると、同じ教義を持つ(エワルド、コントラウォールデン。 、 vi )のです。 Some of the sixteenth century reformers, while accepting water as the ordinary matter of this sacrament, declared that when water could not be had, any liquid could be used in its place.いくつかの16世紀の改革派は、水の中に受け入れて、普通の問題として、この聖餐式は、水と宣言したことができなかったときには、任意の液体の可能性がある場所で使用されています。 So Luther (Tischr., xvii) and Beza (Ep., ii, ad Till.).だからルーサー( tischr. 、 17 )とベザ( ep. 、 2世、広告までです。 ) 。 It was in consequence of this teaching that certain of the Tridentine canons were framed.それは教えることで、この結果は、特定の規範がtridentineフレーム構成です。 Calvin held that the water used in baptism was simply symbolic of the Blood of Christ (Instit., IV, xv).カルヴィン開催して、水の洗礼で使用されていただけで、キリストの血の象徴( instit. 、 4世、 15 ) 。

As a rule, however, those sects which believe in baptism at the present time, recognize water as the necessary matter of the sacrament.ルールとしては、しかし、それらの宗派を信じて洗礼現時点では、問題を認識するのに必要な水として、聖餐式です。

Scripture is so positive in its statements as to the use of true and natural water for baptism that it is difficult to see why it should ever be called in question.啓典の発言としては非常に肯定的には、天然水を使用するための真の洗礼を表示することは困難であることを理由にこれまでの質問と呼ばれる。 Not only have we the explicit words of Christ (John 3:5) "Unless a man be born again of water", etc., but also in the Acts of the Apostles and the Epistles of St. Paul there are passages that preclude any metaphorical interpretation.明示的なだけでなく、我々の言葉は、キリスト(ジョン3時05分) "しない限り、一人の男に生まれ変わるの水"などがありますが、また、使徒行伝と聖パウロの書簡のことには何ら通路隠喩的な解釈です。 Thus (Acts 10:47) St. Peter says "Can any man forbid water, that these should not be baptized?"こうして(行為10:47 )聖ペテロによれば"とはどんな男を禁じる水は、これらのバプテスマを受けてはならないか? " In the eighth chapter of the Acts is narrated the episode of Philip and the eunuch of Ethiopia, and in verse 36 we read: "They came to a certain water; and the eunuch said: See, here is water: what doth hinder me from being baptized?"第8章では、このエピソードのナレーション行為は、フィリップと、エチオピアの宦官は、我々を読むと、詩36 : "彼らがやって来て、特定の水;と宦官によると:参照して、ここでは、水:私からは何の妨げとなる蓄えバプテスマを受けいるか? "

Equally positive is the testimony of Christian tradition.同様に肯定的な証言は、キリスト教の伝統だ。 Tertullian (op. cit.) begins his treatise: "The happy sacrament of our water". tertullian ( op. cit 。 )始まる彼の論文: "私たちの幸せな聖餐式の水"です。 Justin Martyr (Apol., I) describes the ceremony of baptism and declares: Then they are led by us to where there is water .ジャスティン殉教者( apol. 、私)の洗礼式を記述したと宣言:その後彼らは私たちが主導してそこには水だ。 . . and then they are laved in the water". St. Augustine positively declares that there is no baptism without water (Tr. xv in Joan.). The remote matter of baptism, then, is water, and this taken in its usual meaning. Theologians tell us consequently that what men would ordinarily declare water is valid baptismal material, whether it be water of the sea, or fountain, or well, or marsh; whether it be clear or turbid; fresh or salty; hot or cold; colored or uncolored. Water derived from melted ice, snow, or hail is also valid. If, however, ice, snow, or hail be not melted, they do not come under the designation water. Dew, sulfur or mineral water, and that which is derived from steam are also valid matter for this sacrament. As to a mixture of water and some other material, it is held as proper matter, provided the water certainly predominates and the mixture would still be called water. Invalid matter is every liquid that is not usually designated true water. Such are oil, saliva, wine, tears, milk, sweat, beer, soup, the juice of fruits, and any mixture containing water which men would no longer call water. When it is doubtful whether a liquid could really be called water, it is not permissible to use it for baptism except in case of absolute necessity when no certainly valid matter can be obtained.それからかれらは水の中laved " 。聖アウグスティヌスを積極的には存在しないことを宣言せずに水の洗礼( 15 、ジョアンtr. 。 ) 。リモート洗礼の問題は、その後、水には、この撮影と、いつもの意味を持つ。神学聞かせください男性は、どのような結果には、通常の水の有効な洗礼を宣言する材料は、れるかどうかは、海の水、または噴水、またはええと、またはマーシュ;れるかどうかを明確にすることや混濁;新鮮または塩辛い;ホットまたはコールド;色またはありのままのです。溶けた氷の水に由来は、雪やひょうにも有効です。場合には、しかし、氷、雪、あられもない溶かしたり、指定していない水の下に来ています。デュー、硫黄やミネラルウォーター、そしてそれは、スチーム由来は、この聖餐式のためにも有効な事です。と水との混合物をいくつかの他の材料は、適切な問題として行われたことは、確かに水を提供して優位と呼ばれる水の混合物はまだです。無効な問題は、あらゆる液体では真の水は、通常の指定です。これらは、石油、唾液、ワインは、涙を流し、牛乳、汗、ビール、スープ、果物、ジュース、水と任意の混合物を含む水を男性は、もはやコール。際には液体の可能性かどうかは疑わしい本当にと呼ばれる水には、それを使うことを許容することではないの洗礼例を除いては絶対的な必要性がない、確かに有効な物質を得ることができます。

On the other hand, it is never allowable to baptize with an invalid liquid.その一方で、それは決して許容して、無効な液体を始動させる。 There is a response of Pope Gregory IX to the Archbishop of Trondhjem in Norway where beer (or mead) had been employed for baptism.反応があるのグレゴリウス9世には、ノルウェーのどこtrondhjem大司教のビール(またはミード)洗礼を採用ていた。 The pontiff says: "Since according to the Gospel teaching, a man must be born again of water and the Holy Ghost, those are not to be considered validly baptized who have been baptized with beer" (cervisia).によれば、司教: "以来の福音書によると、教員は、一人の男の水生まれ変わるしなければならないと聖霊のは、これらの者は、バプテスマを受けていないと見なされる正規バプテスマを受けてきた人にビール" ( cervisia ) 。 It is true that a statement declaring wine to be valid matter of baptism is attributed to Pope Stephen II, but the document is void of all authority (Labbe, Conc., VI).それは本当のことを宣言する声明ワインには、有効な洗礼に起因する問題であるスティーブン2世法王が、この文書のすべての権限がボイド(ラベー静脈、 conc 。 、 vi )のです。

Those who have held that "water" in the Gospel text is to be taken metaphorically, appeal to the words of the Precursor (Matthew 3), "He shall baptize you in the Holy Ghost and fire".持っている人はして開かれた"水"は、福音書のテキストは、比喩的に服用し、言葉に訴えるものがあるの前駆体(マタイ3 )は、 "彼は、洗礼を施すことで、聖霊の火" 。 As "fire" must certainly be only a figure of speech here, so must "water" in the other texts.として"火"確かにする必要がありますが、言葉のあやのみここでは、今しなければ"水"は、他のテキストです。 To this objection, it may be replied that the Christian Church, or at least the Apostles themselves, must have understood what was prescribed to be taken literally and what figuratively.これに反対して、こう答えたことかもしれないが、キリスト教の教会で、あるいは少なくとも、使徒自身は、どのように理解する必要がありますが、どのような処方文字どおり比喩的に服用しています。 The New Testament and church history prove that they never looked on fire as a material for baptism, while they certainly did require water.新約聖書や教会の歴史を証明することは決して目に火を付けるための材料としての洗礼は、水を必要とする際には確かでした。 Outside of the insignificant sects of Seleucians and Hermians, not even heretics took the word "fire" in this text in its literal meaning.外では、ほんのわずかな宗派のseleuciansとhermians 、異端はその言葉すらない"火事"で、このテキストは、文字どおりの意味です。 We may remark, however, that some of the Fathers, as St. John Damascene (Orth. Fid., IV, ix), concede this statement of the Baptist to have a literal fulfillment in the Pentecostal fiery tongues.我々の発言が、しかし、そのいくつかの祖先は、ダマスコの聖ヨハネ( orth.円錐状のピン。 、 4世、 9世)は、この声明は、バプテスト派の敗北には、達成感があるリテラルペンテコステ派の激烈な舌です。 They do not refer it, however, literally to baptism.を参照していないことは、しかし、文字どおりに洗礼。 That water alone is the necessary matter of this sacrament depends of course on the will of Him Who instituted it, although theologians discover many reasons why it should have been chosen in preference to other liquids.水だけで、必要なことはもちろん、左右の問題は、この聖餐式は、誰が彼を設立することは、多くの理由があるにもかかわらず神学者を発見する必要があることが選好され、他の液体を選んだ。 The most obvious of these is that water cleanses and purifies more perfectly than the others, and hence the symbolism is more natural.最も明白なのは、これらの水を浄化cleansesと他よりももっと完璧には、したがって、その象徴するものとは、より自然です。

(b) Proximate matter ( b )に近接物質

The proximate matter of baptism is the ablution performed with water.その主因は、物質的な清めの洗礼を水で行われています。 The very word "baptize", as we have seen, means a washing.非常に単語の"洗礼"は、我々が見られるとして、洗濯物を意味する。

Three forms of ablution have prevailed among Christians, and the Church holds them all to be valid because they fulfill the requisite signification of the baptismal laving.清めの水が優勢との間の3つの形態のキリスト教徒や教会の保持を有効にしてすべての要件を満たすために意義の洗礼laving 。 These forms are immersion, infusion, and aspersion.これらのフォームは浸漬、注入し、潅水。 The most ancient form usually employed was unquestionably immersion.通常、就業者の大半は、紛れもなく古代のフォームに浸漬。 This is not only evident from the writings of the Fathers and the early rituals of both the Latin and Oriental Churches, but it can also be gathered from the Epistles of St. Paul, who speaks of baptism as a bath (Ephesians 5:26; Romans 6:4; Titus 3:5).この記述から明らかなだけではないとの早期の儀式には、父のラテンと東洋の両方の教会が、それに収集することもできるから、聖パウロの書簡は、誰が喋るの洗礼として風呂(エペソ5 : 26 ;ローマ人への手紙6 : 04 ;タイタス3時05分) 。 In the Latin Church, immersion seems to have prevailed until the twelfth century.教会ラテン語では、液浸を持つようになるまで、 12世紀優勢です。 After that time it is found in some places even as late as the sixteenth century.後のことはその時にいくつかの場所で見つかったとして、 16世紀後半にもかかわらずだ。 Infusion and aspersion, however, were growing common in the thirteenth century and gradually prevailed in the Western Church.潅水注入とは、しかし、 13世紀に共通していたの高まりを徐々に優勢とは、西洋の教会です。 The Oriental Churches have retained immersion, though not always in the sense of plunging the candidate's entire body below the water.教会は、東洋の留保浸漬、わけではありませんが、いつもの感覚で、体全体の急落の候補者の下に水だ。 Billuart (De Bapt., I, iii) says that commonly the catechumen is placed in the font, and then water is poured upon the head. billuart (デbapt 。 、私は、 ⅲ )の洗礼志願者によると、通常のフォントが置かれて、それから頭の上に水が注ぐ。 He cites the authority of Goar for this statement.彼の権威を引き合いに出して、この声明goar 。

Although, as we have said, immersion was the form of baptism that generally prevailed in the early ages, it must not thereby be inferred that the other forms of infusion and aspersion were not also employed and held to be valid.にもかかわらず、我々はとしては、浸漬しては、通常の形で優勢の初めに洗礼年齢、推測されることにはならないが、他の形態の注入と潅水はないにも採用されると有効で開かれた。 In the case of the sick or dying, immersion was impossible and the sacrament was then conferred by one of the other forms.で、病人や死にかけている例は、液浸は不可能と協議した後、聖餐式は、他の形態の1つです。 This was so well recognized that infusion or aspersion received the name of the baptism of the sick (baptismus clinicorum).これは非常によく認識して名前を注入または潅水の洗礼を受けた病人( baptismus clinicorum ) 。 St. Cyprian (Epistle 75) declares this form to be valid.聖シプリアン(信徒75 )を宣言し、このフォームを有効とします。 From the canons of various early councils we know that candidates for Holy orders who had been baptized by this method seem to have been regarded as irregular, but this was on account of the culpable negligence supposed to be manifested in delaying baptism until sick or dying.規範からの様々なことが分かっている候補者の早期の協議会僧籍をしていたため、この方法によって、バプテスマを受けてきたと見なされるように不規則な、しかし、これはアカウントの不行き届きはずだ明らかに洗礼を遅らせてまで、病人や死にかけている。 That such persons, however, were not to be rebaptized is an evidence that the Church held their baptism to be valid.そのような人は、しかし、いなかったrebaptizedには、教会で行われたという証拠は、彼らの洗礼を有効とします。 It is also pointed out that the circumstances under which St. Paul (Acts 16) baptized his jailer and all his household seem to preclude the use of immersion.することも指摘している状況下でどのセントポール(行為16 )バプテスマを受け彼の看守とその家族のすべての使用を妨げるように浸漬。 Moreover, the acts of the early martyrs frequently refer to baptizing in prisons where infusion or aspersion was certainly employed.しかも、その行為は、初期の殉教者頻繁に刑務所を参照して命名された確かに雇わどこに注入または潅水。

By the present authorized ritual of the Latin Church, baptism must be performed by a laving of the head of the candidate.儀式は、認可された、現在のローマカトリック教会は、実行される必要があります。 lavingバプテスマの候補者の頭の部分です。 Moralists, however, state that in case of necessity, the baptism would probably be valid if the water were applied to any other principal part of the body, as the breast or shoulder. moralists 、しかし、国家が必要な場合には、洗礼がきっと水が有効な場合に適用されるその他の主要な部分は、体は、乳房や肩。 In this case, however, conditional baptism would have to be administered if the person survived (St. Alphonsus, no. 107).この例では、しかし、条件付き洗礼を投与しなければならない場合、生き残った人(聖アルフォンサス、いいえ。 107 ) 。 In like manner they consider as probably valid the baptism of an infant in its mother's womb, provided the water, by means of an instrument, would actually flow upon the child.彼らのような方法を検討し、おそらく有効なの洗礼としては、乳児の母親の胎内には、水を提供して、楽器によっては、子供が実際に流れている。 Such baptism is, however, later to be repeated conditionally, if the child survives its birth (Lehmkuhl, n. 61).このような洗礼は、しかし、後に繰り返される条件付きで、その場合、出生児生存(レームクール、 n. 61 ) 。

It is to be noted that it is not sufficient for the water to merely touch the candidate; it must also flow, otherwise there would seem to be no real ablution.をすることは十分ではないことに注意して、水に触れるだけで、候補;ばならないの流れでも、それ以外には、実質的な清めていないようである。 At best, such a baptism would be considered doubtful.せいぜい、このような洗礼は疑わしいと見なされる。 If the water touches only the hair, the sacrament has probably been validly conferred, though in practice the safer course must be followed.水に触れている場合にのみ、髪は、与えられた正規の聖餐式には、おそらくされ、より安全なコースでの練習をしなければならない続いている。 If only the clothes of the person have received the aspersion, the baptism is undoubtedly void.服だけの場合は、潅水を受け取った人が、ボイドの洗礼は間違いない。

The water to be employed in solemn baptism should also be consecrated for the purpose, but of this we shall treat in another section of this article.水の洗礼を厳粛に雇われて聖体拝領を目的にしなければならないが、このわたしたちは、別のセクションには、この記事を扱う。 It is necessary in baptizing to make use of a threefold ablution in conferring this sacrament, by reason of the prescription of the Roman ritual.命名することが必要で、三重の清めの水を使おうとする聖餐式で、この協議は、処方された理由は、ローマの儀式です。 This necessarily refers, however, to the liceity, not to the validity of the ceremony, as St. Thomas (III:66:8) and other theologians expressly state.この必ずしも指し、しかし、 liceityには、正当性のない式典には、セントトマス( ⅲ : 66:8 )やその他の神学者に明示的状態です。

The threefold immersion is unquestionably very ancient in the Church and apparently of Apostolic origin.三重の浸漬は、紛れもなく、非常に古代ローマ教皇は、教会の起源と明らかにした。 It is mentioned by Tertullian (De cor. milit., iii), St. Basil (De Sp. S., xxvii), St. Jerome (Dial. Contra Luc., viii), and many other early writers.それは言及さtertullian (デうわっ。 milit 。 、 ⅲ )は、聖バジル(デ特検チームです。米、 27 ) 、聖ジェローム(コントラdial.リュック。 、 8 ) 、そして他の多くの初期の作家です。 Its object is, of course, to honor the three Persons of the Holy Trinity in whose name it is conferred.そのオブジェクトは、もちろん、 3人に敬意を払うためには、三位一体の名前が与えられたことだ。 That this threefold ablution was not considered necessary to the validity of the sacrament, however, is plain.この三重の清めの水ではないことを考慮する必要が妥当である聖餐式が、あっさりしている。 In the seventh century the Fourth Council of Toledo (633) approved the use of a single ablution in baptism, as a protest against the false trinitarian theories of the Arians, who seem to have given to the threefold immersion a significance which made it imply three natures in the Holy Trinity.第4回協議会は、 7世紀のトレド( 633 )を使用することを承認したシングル的な清めの洗礼は、三位一体説を信奉するとして抗議して、虚偽のarians理論は、誰が与えられるように浸漬する意義を前に、三重の3つのことを意味する性質は、ホーリートリニティー。 To insist on the unity and consubstantiality of the three Divine Persons, the Spanish Catholics adopted the single ablution and this method had the approval of Pope Gregory the Great (I, Ep. xliii). consubstantialityを主張して団結し、 3つの神の名は、スペインのカトリック信者と、この方法を採用した単一的な清めの承認を得ていたグレゴリウス偉大な(私は、欧州。 43 ) 。 The Eunomian heretics used only one immersion and their baptism was held invalid by the First Council of Constantinople (can. vii); but this was not on account of the single ablution, but apparently because they baptized in the death of Christ.浸漬は1つしか使用されてeunomian異端とされた彼らの最初の洗礼が行われた無効なコンスタンティノポリス公会議( can.第VII ) ;しかし、これは、 1つのアカウントではなかったして清めの水が、どうやらので、キリストの死、バプテスマを受けています。 The authority of this canon is, moreover, doubtful at best.キヤノンは、この権限は、さらに、せいぜい疑わしいものです。

(2) Form ( 2 )フォーム

The requisite and sole valid form of baptism is: "I baptize thee (or This person is baptized) in the name of the Father and of the Son and of the Holy Ghost."靴底の要件とは、有効な形の洗礼: "私に洗礼を施すなた(または、この人はバプテスマを受け)の名の下には、父と息子と聖霊のです。 " This was the form given by Christ to His Disciples in the twenty-eighth chapter of St. Matthew's Gospel, as far, at least, as there is question of the invocation of the separate Persons of the Trinity and the expression of the nature of the action performed.これは彼の形で与えられたキリストの弟子には、 20のマタイの福音書第8章では、はるかには、少なくとも、との質問には、別の人の呼び出しは、トリニティとは、自然の表情アクション行われている。 For the Latin usage: "I baptize thee", etc., we have the authority of the Council of Trent (Sess. VII, can. iv) and of the Council of Florence in the Decree of Union.ラテン語を使用: "私はあなたに洗礼を施す"など、私たちは、評議会の権限トレント( sess. 7世は、次のです。 ⅳ )とフィレンツェでは、評議会令の労働組合です。 In addition we have the constant practice of the whole Western Church.加えて、我々は全体の定数は、西洋の教会での練習。 The Latins also recognize as valid the form used by the Greeks: "This servant of Christ is baptized", etc. The Florentine decree acknowledges the validity of this form and it is moreover recognized by the Bull of Leo X, "Accepimus nuper", and of Clement VII, "Provisionis nostrae." latinsとして認識するのに有効なのフォームにも使用され、ギリシア: "これは、バプテスマを受け、キリストの使用人"は、フィレンツェの法令等の妥当性を認めることは、このフォームと認識され、さらに強気のレオxは、 " accepimus nuper "は、クレメンス7世とは、 " provisionis nostrae 。 " Substantially, the Latin and Greek forms are the same, and the Latin Church has never rebaptized Orientals on their return to unity.実質的に、フォームは、同じラテン語、ギリシャ語、ラテン語の教会がないと、彼らの復帰をrebaptized orientals団結している。 At one time some Western theologians disputed the Greek form, because they doubted the validity of the imperative or deprecatory formula: "Let this person be baptized" (baptizetur).一度にいくつかの西洋の神学論争は、ギリシャのフォームで、そのために不可欠の妥当性を疑問視したり言い訳のフォーミュラ: "このような人によって、バプテスマを受け" ( baptizetur ) 。 As a matter of fact, however, the Greeks use the indicative, or enuntiative, formula: "This person is baptized" (baptizetai, baptizetur).実際問題として、しかし、直説法を使用して、ギリシア、またはenuntiative 、フォーミュラ: "この人は、バプテスマを受け" ( baptizetai 、 baptizetur ) 。 This is unquestionable from their Euchologies, and from the testimony of Arcudius (apud Cat., tit. ii, cap. i), of Goar (Rit. Græc. Illust.), of Martène (De Ant. Eccl. Rit., I) and of the theological compendium of the schismatical Russians (St. Petersburg, 1799).これは議論の余地がeuchologiesから、との証言からarcudius (アプド猫。 、駿馬がいるところ。 2世は、キャップです。私) 、のgoar ( rit. græc 。イラストです。 ) 、 martène (デアリです。 eccl 。 rit 。 、私)とは、神学schismatical大要は、ロシア(サンクトペテルブルクは、 1799年) 。 It is true that in the decree for the Armenians, Pope Eugene IV uses baptizetur, according to the ordinary version of this decree, but Labbe, in his edition of the Council of Florence seems to consider it a corrupt reading, for in the margin he prints baptizatur.それは事実だが、令は、アルメニア人は、使用baptizeturエウゲニウス4世は、通常版によると、この判決は、ラベー静脈しかし、彼のモードでは、評議会の腐敗したフィレンツェのように読書を検討することは、彼のためのマージン版画baptizatur 。 It has been suggested by Goar that the resemblance between baptizetai and baptizetur is responsible for the mistake. goarされて提案したbaptizetaiとの間に類似してbaptizeturはミスの責任を負う。 The correct translation is, of course, baptizatur.正確な翻訳は、もちろん、 baptizatur 。

In administering this sacrament it is absolutely necessary to use the word "baptize" or its equivalent (Alex. VIII, Prop. damn., xxvii), otherwise the ceremony is invalid.この聖餐式で投与することは絶対に必要な単語を使用する"洗礼"またはそれと同等の( alex. VIIIやprop.くそー。 、 27 )は、そうでなければ、式は無効です。 This had already been decreed by Alexander III (Cap. Si quis, I, x, De Bapt.), and it is confirmed by the Florentine decree.この命令によってはすでにアレクサンドル3世( cap.市quis 、私、 × 、デbapt 。 ) 、そしてそれは、フィレンツェの法令によって確定される。 It has been the constant practice of both the Latin and Greek Churches to make use of words expressing the act performed.練習してきたことの両方の定数の教会ラテン語、ギリシャ語の単語を使おうとする行為を表現行われている。 St. Thomas (III:66:5) says that since an ablution may be employed for many purposes, it is necessary that in baptism the meaning of the ablution be determined by the words of the form.セントトマス( ⅲ : 66:5 )によると、 5月以来の清めの水を多くの目的のために雇用されると、それは必要なことは、清めの水でバプテスマの意味の言葉に基づいて決定されるという形だ。 However, the words: "In the name of the Father", etc., would not be sufficient by themselves to determine the sacramental nature of the ablution.しかし、この言葉: "父の名の下に"など、十分ではないことを決定した聖礼典の性質の清めの水です。 St. Paul (Colossians 3) exhorts us to do all things in the name of God, and consequently an ablution could be performed in the name of the Trinity to obtain restoration of health.聖パウロ(コロサイ人への手紙3 ) exhorts私たちに全能の神の名の下、結果的に行われる可能性が清めの水の名のトリニティを入手し、健康回復した。 Therefore it is that in the form of this sacrament, the act of baptism must be expressed, and the matter and form be united to leave no doubt of the meaning of the ceremony.したがってそれは、この聖餐式の形で、その行為の洗礼を表明しなければならない、との事と疑う余地はない形で団結して、この式典の意味です。

In addition to the necessary word "baptize", or its equivalent, it is also obligatory to mention the separate Persons of the Holy Trinity.加えて、必要な単語の"洗礼" 、またはそれと同等のは、言及することは、別の人にもお定まりのホーリートリニティー。 This is the command of Christ to His Disciples, and as the sacrament has its efficacy from Him Who instituted it, we can not omit anything that He has prescribed.これは、コマンドをキリストの弟子、聖礼典とは、その効果として導入したことから、彼の人は、省略することはできないことは何も彼には所定のです。 Nothing is more certain than that this has been the general understanding and practice of the Church.何もないことは、これよりもさらに特定の全般を理解してきたのは、教会での練習。 Tertullian tells us (De Bapt., xiii): "The law of baptism (tingendi) has been imposed and the form prescribed: Go, teach the nations, baptizing them in the name of the Father and of the Son and of the Holy Ghost." tertullian教えてくれる(デbapt 。 、 13 ) : "この法律の洗礼( tingendi )課せられたとされて所定のフォーム:行く、国を教えるのは、かれらの名の命名には、父と息子とは、聖霊"と述べた。 St. Justin Martyr (Apol., I) testifies to the practice in his time.ジャスティン殉教者聖( apol. 、私)の練習で自分の時間を証明しています。 St. Ambrose (De Myst., IV) declares: "Unless a person has been baptized in the name of the Father and of the Son and of the Holy Ghost, he can not obtain the remission of his sins," St. Cyprian (Ad Jubaian.), rejecting the validity of baptism given in the name of Christ only, affirms that the naming of all the Persons of the Trinity was commanded by the Lord (in plena et adunata Trinitate).聖アンブローズ(デミスト。 、 IV )を宣言: "しない限り、バプテスマを受けてきた人の名前が、父と息子とは、聖霊は、寛解を得ることができない彼は自分の罪を、 "聖シプリアン(広告jubaian 。 )は、妥当性を拒否し、キリストの洗礼名を与えられただけで、肯定して、すべての人のネーミングは、トリニティでは、主の命じ( numの複数et adunata trinitate ) 。 The same is declared by many other primitive writers, as St. Jerome (IV, in Matt.), Origen (De Princ., i, ii), St. Athanasius (Or. iv, Contr. Ar.), St. Augustine (De Bapt., vi, 25).同じことが宣言された他の多くの原始的作家は、聖ジェローム( ⅳ 、マットです。 ) 、原産地(デprinc 。 、私は、 ⅱ )は、聖アタナシウス( or. 4世、 contr 。 ar 。 ) 、聖アウグスティヌス(デbapt 。 、 viのは、 25 ) 。 It is not, of course, absolutely necessary that the common names Father, Son, and Holy Ghost be used, provided the Persons be expressed by words that are equivalent or synonymous.ではないことは、もちろん、絶対に必要なことは共通の名前父親は、息子、聖霊に使われるとは、人々に提供して言葉で表現されることが同等または同義です。 But a distinct naming of the Divine Persons is required and the form: "I baptize thee in the name of the Holy Trinity", would be of more than doubtful validity.しかし、別個の命名者は、神が必要とのフォーム: "私の名の下に洗礼を施すなんじホーリートリニティー"は、妥当性が疑わしい以上です。

The singular form "In the name", not "names", is also to be employed, as it expresses the unity of the Divine nature.この単数形"の名"ではなく"名前"は、採用されることも、それは、神の自然を表現して団結しています。 When, through ignorance, an accidental, not substantial, change has been made in the form (as In nomine patriâ for Patris), the baptism is to be held valid.ときには、無知では、偶発的ではなく、実質は、フォームの変更が行われました( patriâ者社会復帰のためのようにpatris )は、洗礼は有効で開かれる。

The mind of the Church as to the necessity of serving the trinitarian formula in this sacrament has been clearly shown by her treatment of baptism conferred by heretics.その心は、教会の奉仕として、三位一体説を信奉して、その必要性は、この聖餐式を明確に示されてきた彼女の治療の異端バプテスマによって与えられた。 Any ceremony that did not observe this form has been declared invalid.任意の式を観察していないこのフォームで無効と宣言されています。 The Montanists baptized in the name of the Father and the Son and Montanus and Priscilla (St. Basil, Ep. i, Ad Amphil.).バプテスマを受けmontanistsの名の下に、父と息子とモンタナスホテルとプリシラ(聖バジル、欧州です。私は、広告amphil 。 ) 。 As a consequence, the Council of Laodicea ordered their rebaptism.その結果、評議会のラオディケアrebaptism命じている。 The Arians at the time of the Council of Nicæa do not seem to have tampered with the baptismal formula, for that Council does not order their rebaptism. ariansいる時点では、評議会nicæaていないような異物が混入して洗礼式が、彼らのために注文してrebaptism評議会はありません。 When, then, St. Athanasius (Or. ii, Contr. Ar.) and St. Jerome (Contra Lucif.) declare the Arians to have baptized in the name of the Creator and creatures, they must either refer to their doctrine or to a later changing of the sacramental form.ときには、その後、聖アタナシウス( or. 2世、 contr 。 ar 。 lucif )と聖ジェローム(コントラ) 。 arians宣言して、バプテスマを受けて、制作者の名前や生き物は、彼らの教義を参照している必要があるかのどちらかにフォームを変えて、後は、聖礼典です。 It is well known that the latter was the case with the Spanish Arians and that consequently converts from the sect were rebaptized.ことは周知のことで、後者の場合は、スペイン語とariansに変換してから、その結果がrebaptized宗派です。 The Anomæans, a branch of the Arians, baptized with the formula: "In the name of the uncreated God and in the name of the created Son, and in the name of the Sanctifying Spirit, procreated by the created Son" (Epiphanius, Hær., lxxvii).そのanomæans 、枝には、 arians 、バプテスマを受け、フォーミュラ: "の名の下にまだ創造されていないと、神の名の下の息子の作成、およびsanctifying精神の名の下に、息子procreated作成される" (聖エピファニオス、 hær 。 、 77 ) 。

Other Arian sects, such as the Eunomians and Aetians, baptized "in the death of Christ".他の牡羊座生まれの宗派のように、 eunomiansとaetians 、バプテスマを受け"は、キリストの死" 。 Converts from Sabellianism were ordered by the First Council of Constantinople (can. vii) to be rebaptized because the doctrine of Sabellius that there was but one person in the Trinity had infected their baptismal form.サベリウス主義からの注文に変換された第1コンスタンティノポリス公会議( can. 7 ) rebaptizedされるので、教義のサベリウスがあることは、一人の人間が感染していた洗礼トリニティフォームです。 The two sects sprung from Paul of Samosata, who denied Christ's Divinity, likewise conferred invalid baptism. 2つの宗派からひび割れたサモサタのパウロスは、キリストの神性を否定し、同様に与えられた洗礼が無効です。 They were the Paulianists and Photinians.かれらは、 paulianistsとphotinians 。 Pope Innocent I (Ad. Episc. Maced., vi) declares that these sectaries did not distinguish the Persons of the Trinity when baptizing.インノケンティウス私( ad. episc 。 maced 。 、 vi )のsectaries宣言していないこれらの人を区別するときには、トリニティ命名。 The Council of Nicæa (can. xix) ordered the rebaptism of Paulianists, and the Council of Arles (can. xvi and xvii) decreed the same for both Paulianists and Photinians. nicæaの評議会( can. 19 ) rebaptismのpaulianists指示した、とアルルの評議会( 16世とcan. 17 ) paulianistsと定めphotiniansの両方で同じです。 There has been a theological controversy over the question as to whether baptism in the name of Christ only was ever held valid.神学論争があったかどうかという問題とキリストの洗礼の名の下で行われただけだったこれまで有効です。 Certain texts in the New Testament have given rise to this difficulty.特定のテキストは、新約聖書が上昇して、この困難を与えています。 Thus St. Paul (Acts 19) commands some disciples at Ephesus to be baptized in Christ's name: "They were baptized in the name of the Lord Jesus."こうしてセントポール(行為19 )エペソされるコマンドのいくつかの弟子で、バプテスマを受け、キリストの名: "彼らは、バプテスマを受け、主イエスキリストの名前です。 " In Acts 10, we read that St. Peter ordered others to be baptized "in the name of the Lord Jesus Christ". 10行為で、我々聖ペテロを指示して他の人に読んでバプテスマを受け"の名の下、主イエスキリスト" 。 Those who were converted by Philip.指導者たちは、フィリップ変換される。 (Acts 8) "were baptized in the name of Jesus Christ", and above all we have the explicit command of the Prince of the Apostles: "Be baptized every one of you in the name of Jesus Christ, for the remission of your sins (Acts 2). ( 8行為) "は、バプテスマを受け、イエスキリストの名の下" 、そして我々は、上記のすべての明示的なコマンドは、王子の使徒: "によって、バプテスマを受けごとに1つのイエスキリストの名の下には、お客様の様々な罪のため寛解(行為2 ) 。

Owing to these texts some theologians have held that the Apostles baptized in the name of Christ only.これらのテキストのいくつかのせいにして行われた使徒神学者が、バプテスマを受け、キリストの名の下でのみです。 St. Thomas, St. Bonaventure, and Albertus Magnus are invoked as authorities for this opinion, they declaring that the Apostles so acted by special dispensation.セントトマス、セントbonaventure 、およびアルベルトゥスマグヌスとしては、当局に呼び出され、この意見によれば、かれらの使徒と宣言して行動するための特別施しています。 Other writers, as Peter Lombard and Hugh of St. Victor, hold also that such baptism would be valid, but say nothing of a dispensation for the Apostles.他の作家、ピーターとしてサンヴィクトールのフーゴロンバードとは、ホールドでも、このような洗礼は有効ですが、神の摂理のためには何も言わない方が、使徒です。 The most probable opinion, however, seems to be that the terms "in the name of Jesus", "in the name of Christ", either refer to baptism in the faith taught by Christ, or are employed to distinguish Christian baptism from that of John the Precursor.最も確からしいの意見では、しかし、その条件と思われる"イエスキリストの名の下" 、 "キリストの名の下"は、どちらかを参照してキリストの洗礼は、信仰を教えられた、またはは、就業者を区別してからキリスト教の洗礼ジョンの前駆体です。 It seems altogether unlikely that immediately after Christ had solemnly promulgated the trinitarian formula of baptism, the Apostles themselves would have substituted another.全く思いも寄らないよう厳粛に公布していた直後に、三位一体説を信奉するキリストの洗礼式は、別の使徒自身が置換されます。 In fact, the words of St. Paul (Acts 19) imply quite plainly that they did not.事実、聖パウロの言葉の意味(行為19 )かなりはっきりしていない。 For, when some Christians at Ephesus declared that they had never heard of the Holy Ghost, the Apostle asks: "In whom then were you baptized?"ためには、いくつかの際にはキリスト教徒エペソ聞いたことがないと公言していたが、聖霊は、使徒要求: "で使用されていた当時、バプテスマを受け誰ですか? " This text certainly seems to declare that St. Paul took it for granted that the Ephesians must have heard the name of the Holy Ghost when the sacramental formula of baptism was pronounced over them.確かにこのテキストを宣言するようにしてそれを当たり前のこと聖パウロは、エペソ人の名前を耳にしている必要があります聖霊の際には、聖礼典の洗礼式の発音をしてください。

The authority of Pope Stephen I has been alleged for the validity of baptism given in the name of Christ only.スティーヴン法王の権威の正当性を主張されてよいの洗礼キリストの名の下にのみ与えられる。 St. Cyprian says (Ep. ad Jubaian.) that this pontiff declared all baptism valid provided it was given in the name of Jesus Christ.聖シプリアンによれば( ep.広告jubaian 。 )この司教を宣言して提供することが有効なすべての洗礼名は、イエスキリストの与えられた。 It must be noted that the same explanation applies to Stephen's words as to the Scriptural texts above given.それと同じ説明をしなければならないと注意して適用されるステパノの言葉として、聖書のテキストの上に与えられた。 Moreover, Firmilian, in his letter to St. Cyprian, implies that Pope Stephen required an explicit mention of the Trinity in baptism, for he quotes the pontiff as declaring that the sacramental grace is conferred because a person has been baptized "with the invocation of the names of the Trinity, Father and Son and Holy Ghost".しかも、 firmilian 、彼の手紙を聖シプリアン、スティーブンポープを意味して明示的に言及するのに必要な洗礼トリニティでは、引用符では、彼の司教として聖礼典の猶予が与えられたと宣言して、人のためにバプテスマを受けてきた"として呼び出しトリニティの名前は、父と息子と聖霊" 。

A passage that is very difficult of explanation is found in the works of St. Ambrose (Lib. I, De Sp. S., iii), where he declares that if a person names one of the Trinity, he names all of them: "If you say Christ, you have designated God the Father, by whom the Son was anointed, and Him Who was anointed Son, and the Holy Ghost in whom He was anointed."を通過して説明するのは非常に難しいことが判明したのは、作品の聖アンブローズ( lib.私は、デ特検チームです。米、 ⅲ )が、そこには、人の名前を宣言している場合は、 1つのトリニティ、彼はそれらのすべての名前: "と言う場合は、キリストは、神の父に指定する必要が、誰の息子が公認された、と彼の息子たちは、聖なる、誰とで、彼は聖なる聖霊"と述べた。 This passage has been generally interpreted as referring to the faith of the catechumen, but not to the baptismal form.この通路として解釈されて通常の洗礼志願者の信仰を参照すると、フォームの洗礼にはない。 More difficult is the explanation of the response of Pope Nicholas I to the Bulgarians (cap. civ; Labbe, VIII), in which he states that a person is not to be rebaptized who has already been baptized "in the name of the Holy Trinity or in the name of Christ only, as we read in the Acts of the Apostles (for it is one and the same thing, as St. Ambrose has explained)".さらに難しくするのは、応答の説明を私にはブルガリア人の法王ニコラス( cap. civ ;ラベー静脈、 8 )は、彼の状態ではないとされる人たちは、すでにバプテスマを受けrebaptized "の名の下にホーリートリニティーあるいは、キリストの名の下でのみ、我々としては、使徒行伝を読む( 1つは、同じことをすることは、説明としては、聖アンブローズ) "です。 As in the passage to which the pope alludes, St. Ambrose was speaking of the faith of the recipient of baptism, as we have already stated, it has been held probable that this is also the meaning that Pope Nicholas intended his words to convey (see another explanation in Pesch, Prælect. Dogm., VI, no. 389).としては、通路には、ローマ法王alludes 、聖アンブローズはといえば、受信者の洗礼の信仰は、すでに述べたように我々は、予想されて行われたことを意味し、これはまた、彼の言葉を伝えることを意図法王ニコラス(別の説明を参照してくださいペッシュ、 prælect 。 dogm 。 、 viのは、ない。 389 ) 。 What seems to confirm this is the same pontiff's reply to the Bulgarians (Resp. 15) on another occasion when they consulted him on a practical case.これは、どのように確認するのと同じに返信して、ブルガリア人の司教( resp. 15 )は別の機会にして彼に相談するときに実用的なケースだ。 They inquired whether certain persons are to be rebaptized on whom a man, pretending to be a Greek priest, had conferred baptism?彼らは訊ねたrebaptizedされるかどうかを特定の人たちは誰一人の男には、ギリシャ語のふりをする司祭は、洗礼が与えられたか? Pope Nicholas replies that the baptism is to be held valid "if they were baptized, in the name of the supreme and undivided Trinity".ローマ法王ニコラス返信して洗礼は有効で開かれる"バプテスマを受けていた場合には、最高の名の下トリニティと分裂していない" 。 Here the pope does not give baptism in the name of Christ only as an alternative.ここではない、法王の名前は、キリストの洗礼を与えるの代替手段としてのみです。 Moralists raise the question of the validity of a baptism in whose administration something else had been added to the prescribed form as "and in the name of the Blessed Virgin Mary". moralistsの正当性の問題を提起するの洗礼を投与何か他の所定の用紙に追加されていたとして"の名の下に、聖母マリア" 。 They reply that such baptism would be invalid, if the minister intended thereby to attribute the same efficacy to the added name as to the names of the Three Divine Persons.彼らが無効に返信してそのような洗礼は、それを意図している場合は大臣と同じ効果を追加する属性の名前としては、 3つの神の人の名前です。 If, however, it was done through a mistaken piety only, it would not interfere with the validity (S. Alph., n. 111).もし、しかし、それは間違って行わ忠義を介してのみ、その妥当性を妨げることはない(米アルフ川。 、 n. 111 ) 。

VII.第VII 。 CONDITIONAL BAPTISM条件付き洗礼

From the foregoing it is evident that not all baptism administered by heretics or schismatics is invalid.前述から明らかにしていないことが投与されるすべての異端やschismatics洗礼は無効です。 On the contrary, if the proper matter and form be used and the one conferring the sacrament really "intends to perform what the Church performs" the baptism is undoubtedly valid.とは逆に、適切な場合は、フォームの問題の1つに使われるとの協議の聖餐本当に"教会は何を実行する意向を実行する"の洗礼は間違いなく有効です。 This is also authoritatively stated in the decree for the Armenians and the canons of the Council of Trent already given.これはまた、厳然と記載され、令は、アルメニア人は、評議会の規範とトレントすでに与えられた。 The question becomes a practical one when converts to the Faith have to be dealt with.実用的な問題の1つになって、信仰に変換するときに対処しなければならない。 If there were one authorized mode of baptizing among the sects, and if the necessity and true significance of the sacrament were uniformly taught and put in practice among them, there would be little difficulty as to the status of converts from the sects. 1つのモードの認可があれば、宗派間の命名している場合で、その必要性と意義について、聖餐式が真の教えと実践一様このうち、ほとんどの困難があるとしてのステータスに変換してから、宗派です。 But there is no such unity of teaching and practice among them, and consequently the particular case of each convert must be examined into when there is question of his reception into the Church.しかし、このような団結を教えることはないとの間で練習して、そしてその結果、特定の例をそれぞれに変換する際に検討しなければならない問題が彼のレセプションには教会です。 For not only are there religious denominations in which baptism is in all probability not validly administered, but there are those also which have a ritual sufficient indeed for validity, but in practice the likelihood of their members having received baptism validly is more than doubtful.宗教宗派のためだけでなく、そこでは、すべての洗礼は、正規確率投与しないが、そこには、それらも実際には、十分な妥当性の儀式があるが、実際に彼らのメンバーの可能性は、以上の正当な洗礼を受け取って疑わしいものです。 As a consequence converts must be dealt with differently.その結果として、違った対処に変換する必要があります。 If it be certain that a convert was validly baptized in heresy, the sacrament is not repeated, but the ceremonies which had been omitted in such baptism are to be supplied, unless the bishop, for sufficient reasons, judges that they can be dispensed with.特定している場合に変換することは正当な異端バプテスマを受け、聖餐式ではないの反復は、省略されていたが、式典では、このような洗礼を供給される場合を除き、司教は、十分な理由のために、裁判官れることができるとしています。 (For the United States, see Conc. Prov. Balt., I.) If it be uncertain whether the convert's baptism was valid or not, then he is to be baptized conditionally. (米国では、 concを参照してください。地方バルト。勇)に変換するかどうか不確かな場合に有効かどうかの洗礼は、それから彼には、条件付きでバプテスマを受けています。 In such cases the ritual is: "If thou art not yet baptized, then I baptize thee in the name", etc. The First Synod of Westminster, England, directs that adult converts are to be baptized not publicly but privately with holy water (i.e. not the consecrated baptismal water) and without the usual ceremonies (Decr. xvi).そのような場合は、その儀式: "バプテスマを受けていない場合になた、それから私の名前は、なたに洗礼を施す"等の最初のウェストミンスター教会会議、イングランドは、成人向けに変換するよう指示して、バプテスマを受けていないが公にされるしかし、個人的に神聖な水(つまりは、水の洗礼聖体拝領)とせずに、いつもの儀式( decr. 16 ) 。 Practically, converts in the United States are almost invariably baptized either absolutely or conditionally, not because the baptism administered by heretics is held to be invalid, but because it is generally impossible to discover whether they had ever been properly baptized.実質的には、変換には、ほぼ毎回、バプテスマを受け、米国のどちらかまたは絶対条件付きではなく、投与されるため、異端洗礼は無効に行われたが、それは一般的に不可能であるためにこれまで発見されていたかどうかを適切にバプテスマを受けています。 Even in cases where a ceremony had certainly been performed, reasonable doubt of validity will generally remain, on account of either the intention of the administrator or the mode of administration.ケースでも、確かに記念式典が行われ、合理的疑いが残るの妥当性は、通常は、アカウントのいずれかの意図では、管理者または管理モードです。 Still each case must be examined into (S. C. Inquis., 20 Nov., 1878) lest the sacrament be sacrilegiously repeated.まだそれぞれのケースを検討する必要があります(サウスカロライナ州inquis 。 、 1878年11月20日)の記念聖餐式罰当たりにも繰り返される。

As to the baptism of the various sects, Sabetti (no. 662) states that the Oriental Churches and the "Old Catholics" generally administer baptism accurately; the Socinians and Quakers do not baptize at all; the Baptists use the rite only for adults, and the efficacy of their baptism has been called in question owing to the separation of the matter and the form, for the latter is pronounced before the immersion takes place; the Congregationalists, Unitarians and Universalists deny the necessity of baptism, and hence the presumption is that they do not administer it accurately; the Methodists and Presbyterians baptize by aspersion or sprinkling, and it may be reasonably doubted whether the water has touched the body and flowed upon it; among the Episcopalians many consider baptism to have no true efficacy and to be merely an empty ceremony, and consequently there is a well-grounded fear that they are not sufficiently careful in its administration.として、様々な宗派の洗礼を、 sabetti (第662 )は、オリエンタル州の教会とは"昔のカトリック信者"通常、正確に洗礼を施す; sociniansとクエーカー教の洗礼ではありませんすべて;の浸礼派教会のためにのみ使用して大人の儀式は、効果と呼ばれてきた彼らの洗礼を分離問題のせいでは、物質との形で、後者は発音が行われる前に浸漬;のcongregationalists 、 unitariansと必要性を否定するuniversalists洗礼は、したがって、そのずうずうしさとはそれを正確に管理することはありません;メソジストとpresbyteriansの洗礼を潅水または散水し、合理的にできるかどうか危ぶむかもしれないが、水が流れ、その上に触れて体; episcopaliansのうち、多くの洗礼を考慮して真の効果がないとされる単に空の式典では、結果的には、十分に根拠のないことを恐れる彼らは、十分な注意を投与します。 To this may be added, that Episcopalians often baptize by aspersion, and though such a method is undoubtedly valid if properly employed, yet in practice it is quite possible that the sprinkled water may not touch the skin.この5月に追加して、頻繁に洗礼を施すことによってepiscopalians潅水、にもかかわらずこのような場合に有効な方法は、間違いなく正しく採用していない可能性があることが、かなりの練習を振りかけた水の肌に触れることはできません。 Sabetti also notes that ministers of the same sect do not everywhere follow a uniform method of baptizing. sabettiも注意していない大臣は、どこでも同じ宗派の命名法に従うの制服です。

The practical method of reconciling heretics with the Church is as follows:-- If baptism be conferred absolutely, the convert is to make no abjuration or profession of faith, nor is he to make a confession of his sins and receive absolution, because the sacrament of regeneration washes away his past offences.異端の実用的な方法で、教会の和解は以下のとおりです: -洗礼が与えられた場合に絶対には、永久離変換がないかを作るな信仰告白し、また彼には自分の罪を告白すると免除を受けるため、聖餐式彼の過去の犯罪の再生を洗濯している。 If his baptism is to be conditional, he must first make an abjuration of his errors, or a profession of faith, then receive the conditional baptism, and lastly make a sacramental confession followed by conditional absolution.彼の洗礼される場合は、条件付き、永久離彼は、まず自分のエラーが発生する、または職業の信仰は、その後、条件付きの洗礼を受ける、そして最後に告白する聖礼典の条件付き赦免続きます。 If the convert's former baptism was judged to be certainly valid, he is only to make the abjuration or the profession of faith and receive absolution from the censures he may have incurred (Excerpta Rit. Rom., 1878).洗礼の元に変換する場合には有効と判断される確かに、彼は、永久離のみを作るか、信仰と職業の免除を受ける可能性があるから、彼はcensures被った(要約rit 。 ROMのです。 、 1878 ) 。 The abjuration or profession of faith here prescribed is the Creed of Pius IV, translated into the vernacular.ここで、永久離な信仰告白や信条は、所定のピウス4世は、その土地の言葉に翻訳されています。 In the case of conditional baptism, the confession may precede the administration of the rite and the conditional absolution be imparted after the baptism.条件付きで洗礼例は、 5月の前政権の告白は、罪の赦しの儀式との条件付きで付与後の洗礼。 This is often done as a matter of fact, as the confession is an excellent preparation for the reception of the sacrament (De Herdt, VI, viii; Sabetti, no. 725).これは往々に行わ実際問題として、自白としては、優秀なレセプションのための準備の聖餐式(デherdtでvi 、 viii ; sabetti 、いいえ。 725 ) 。

VIII. viii 。 REBAPTISM rebaptism

To complete the consideration of the validity of baptism conferred by heretics, we must give some account of the celebrated controversy that raged around this point in the ancient Church.を完了して妥当性を考慮して与えられたバプテスマによって異端は、いくつかのアカウントを与える必要がありますが、我々の論争が盛ん祝いましたこの時点では、古代教会の周りです。 In Africa and Asia Minor the custom had been introduced in the early part of the third century of rebaptizing all converts from heresy.アフリカやアジアでは、カスタムマイナーで導入していた第3世紀初めの部分から異端rebaptizingすべて変換します。 As far as can be now ascertained, the practice of rebaptism arose in Africa owing to decrees of a Synod of Carthage held probably between 218 and 222; while in Asia Minor it seems to have had its origin at the Synod of Iconium, celebrated between 230 and 235.今すぐ確認できる限りは、アフリカでの練習が起こりましたrebaptism令により、カルタゴで開かれた会議の間に、おそらく218と222 ;ながら、アジアのマイナーようにその起源があったのイコニウム会議では、 230の間を祝いましたそして235 。 The controversy on rebaptism is especially connected with the names of Pope St. Stephen and of St. Cyprian of Carthage.その論争しては、特にrebaptism法王の名前に接続していると聖シプリアン聖ステパノのカルタゴ。 The latter was the main champion of the practice of rebaptizing.後者は、メインのチャンピオンの練習のrebaptizing 。 The pope, however, absolutely condemned the practice, and commanded that heretics on entering the Church should receive only the imposition of hands in paenitentiam.法王は、しかし、絶対に死刑囚は、実際には、異端と命じられたことは、教会の中に入射する按手礼を受けるだけでpaenitentiam 。 In this celebrated controversy it is to noted that Pope Stephen declares that he is upholding the primitive custom when he declares for the validity of baptism conferred by heretics.それは、この論争を祝いましたスティーブンポープ宣言して注意して彼は、原始的支持を宣言したときのためにカスタムの妥当性を協議した異端洗礼。

Cyprian, on the contrary, implicitly admits that antiquity is against his own practice, but stoutly maintains that it is more in accordance with an enlightened study of the subject.シプリアン、逆に、暗黙的に認めることに反対大昔は、自分の練習ではなくstoutlyを維持することはより多くの研究に基づいて、件名目覚めた。 The tradition against him he declares to be "a human and unlawful tradition".彼に対する彼の伝統を宣言される"人間の伝統や違法"とした。 Neither Cyprian, however, nor his zealous abettor, Firmilian, could show that rebaptism was older than the century in which they were living.どちらもシプリアンしかし、彼の熱意も教唆者は、 firmilian 、年上の可能性を示すことrebaptism世紀には彼らが生きています。 The contemporaneous but anonymous author of the book "De Rebaptismate" says that the ordinances of Pope Stephen, forbidding the rebaptism of converts, are in accordance with antiquity and ecclesiastical tradition, and are consecrated as an ancient, memorable, and solemn observance of all the saints and of all the faithful.匿名の同時しかしこの本の著者である"とデrebaptismate "条例によると、ローマ法王のスティーブン、怖いのrebaptismの変換は、大昔には、教会の伝統に基づいて、聖体拝領とは、古代としては、忘れられない、とのすべての厳粛な儀式聖人と、すべての忠実な。 St. Augustine believes that the custom of not rebaptizing is an Apostolic tradition, and St. Vincent of Lérins declares that the Synod of Carthage introduced rebaptism against the Divine Law (canonem), against the rule of the universal Church, and against the customs and institutions of the ancients.聖アウグスティヌスrebaptizingていないと考えているのは、カスタムの伝統は、使徒、と宣言して、セントビンセントのlérinsカルタゴ会議の導入に反対rebaptism神の法( canonem )は、普遍的教会の規則に反して、税関に賛成か反対かと昔の機関です。 By Pope Stephen's decision, he continues, antiquity was retained and novelty was destroyed (retenta est antiquitas, explosa novitas).スティーヴン法王の決定によって、彼は続いていますが、古代や目新しさが破壊された留保( retenta est antiquitas 、 explosa novitas ) 。 It is true that the so-called Apostolic Canons (xlv and xlvi) speak of the non-validity of baptism conferred by heretics, but Döllinger says that these canons are comparatively recent, and De Marca points out that St. Cyprian would have appealed to them had they been in existence before the controversy.それは事実だが、いわゆるローマ教皇の規範( 45および46 )以外の妥当性について話すの洗礼によって与えられた異端、しかしdöllingerによると、これらの規範は、比較的最近、と指摘しているマルカデ聖シプリアンが控訴してかれらはかれらの前に存在して議論されています。 Pope St. Stephen, therefore, upheld a doctrine already ancient in the third century when he declared against the rebaptism of heretics, and decided that the sacrament was not to be repeated because its first administration had been valid, This has been the law of the Church ever since.法王聖ステパノ、したがって、すでに古代の教義を支持するときは、第3世紀の異端と宣言に対するrebaptism 、聖餐式ではないと判断されることを繰り返していたので、最初の投与の有効な場合、この法律は、教会以来です。

IX. 9 。 NECESSITY OF BAPTISMバプテスマの必要性

Theologians distinguish a twofold necessity, which they call a necessity of means (medii) and a necessity of precept (præcepti).二重の神学者を区別する必要性は、かれらをコールする必要性を意味する( mediusの)教訓とする必要がある( præcepti ) 。 The first (medii) indicates a thing to be so necessary that, if lacking (though inculpably), salvation can not be attained.最初の( mediusの)ことを示すために必要なことは、欠けている場合(ただしinculpably )は、救いを達成することはできません。 The second (præcepti) is had when a thing is indeed so necessary that it may not be omitted voluntarily without sin; yet, ignorance of the precept or inability to fulfill it, excuses one from its observance. 2番目の( præcepti )いたときには必要なことなのは確かにされないことがありますので省略せずに自主的に罪;しかし、無知の指針を満たすことができないことや、言い訳をすることからその遵守します。 Baptism is held to be necessary both necessitate medii and præcepti.洗礼はmediusの開催を余儀なくされるとの両方に必要なpræcepti 。 This doctrine is rounded on the words of Christ.この学説は、キリストの言葉を四捨五入しています。 In John 3, He declares: "Unless a man be born again of water and the Holy Ghost, he can not enter into the kingdom of God."ジョン3で、彼は宣言: "しない限り、一人の男に生まれ変わるの水と聖霊のは、彼のことはできませんが神の国に入る"と述べた。 Christ makes no exception to this law and it is therefore general in its application, embracing both adults and infants.キリストを行わないものとすることは、この法律の例外には、アプリケーション全般したがって、大人と幼児の両方を抱き締めている。 It is consequently not merely a necessity of precept but also a necessity of means.この結果だけではないことは、指針の必要性を意味するだけでなく、必要性です。

This is the sense in which it has always been understood by the Church, and the Council of Trent (Sess, IV, cap, vi) teaches that justification can not be obtained, since the promulgation of the Gospel, without the washing of regeneration or the desire thereof (in voto).これは、それはいつもの感覚で理解され、教会、そしてトレントの評議会( sess 、 4世、キャップ、 vi )の正当性を教えることはできません入手して、福音を発布以来、洗濯物の再生またはなしその欲望のために( voto ) 。 In the seventh session, it declares (can. v) anathema upon anyone who says that baptism is not necessary for salvation.第7回のセッションでは、忌み嫌われることを宣言する( can. 5 )によれば、人は誰でも洗礼を救済する必要はありません。 We have rendered votum by "desire" for want of a better word.我々はvotumレンダされた"欲望"他に適当な言葉です。 The council does not mean by votum a simple desire of receiving baptism or even a resolution to do so.というわけではないの理事会で、単純な欲望votumの洗礼を受けたりもする決議をしてそうしています。 It means by votum an act of perfect charity or contrition, including, at least implicitly, the will to do all things necessary for salvation and thus especially to receive baptism. votumされたことを意味する完璧な慈善行為や悔恨を含め、少なくとも暗黙的には、その意志を行うために必要なすべてのものを救い、こうして特に洗礼を受ける。

The absolute necessity of this sacrament is often insisted on by the Fathers of the Church, especially when they speak of infant baptism.この聖餐式の絶対的な必要性を主張して、父親は往々には、教会、特に幼児洗礼のときに話す。 Thus St. Irenæus (II, xxii): "Christ came to save all who are reborn through Him to God - infants, children, and youths" (infantes et parvulos et pueros).こうして聖irenæus ( 2世、 22 ) : "キリストはすべての人を救う神は彼を介して生まれ変わる-幼児、子供、そして若者たち" (インファンテスe tp arvulose tp ueros) 。 St. Augustine (III De Anima) says "If you wish to be a Catholic, do not believe, nor say, nor teach, that infants who die before baptism can obtain the remission of original sin."聖アウグスティヌス( ⅲデアニマ)によれば"をご希望の場合は、カトリック教徒には、信じていない、と言うも、また教えるのは、人が死ぬ前に幼児洗礼原罪の寛解を得ることができるのです。 " A still stronger passage from the same doctor (Ep. xxviii, Ad Hieron.) reads:"Whoever says that even infants are vivified in Christ when they depart this life without the participation of His Sacrament (Baptism), both opposes the Apostolic preaching and condemns the whole Church which hastens to baptize infants, because it unhesitatingly believes that otherwise they can not possibly be vivified in Christ," St. Ambrose (II De Abraham., c. xi) speaking of the necessity of baptism, says:" No one is excepted, not the infant, not the one hindered by any necessity."通路から、依然として強く、同じ医師( 28 ep. 、広告hieron 。 )読み出し: "によれば、誰でも、キリストvivified乳幼児には、この人生に出発するときには参加せずに自分の秘跡(洗礼)で、いずれも反対して、ローマ教皇の説法全体の教会を非難して幼児洗礼をhastens 、ためらわずと考えているので、それ以外のことができない可能性がありますvivifiedキリストは、 "聖アンブローズ( ⅱデアブラハム。千佳子xi )の洗礼といえば、その必要性は、書かれています: "いいえ1つは除いてではなく、幼児ではなく、 1つの任意の必要性を妨げられる"と述べた。

In the Pelagian controversy we find similarly strong pronouncements on the part of the Councils of Carthage and Milevis, and of Pope Innocent I. It is owing to the Church's belief in this necessity of baptism as a means to salvation that, as was already noted by St. Augustine, she committed the power of baptism in certain contingencies even to laymen and women.ペラギウス論争は、我々を見つける発表して同様に強い部分とmilevisカルタゴの委員会、およびインノケンティウスi.のせいにすることは、教会の洗礼の信念で、この必要性を救済する手段としては、すでに指摘されたようだった聖アウグスティヌスは、彼女のパワーにコミット洗礼を素人でも、特定の不測の事態にも女性です。 When it is said that baptism is also necessary, by the necessity of precept (praecepti), it is of course understood that this applies only to such as are capable of receiving a precept, viz.それによると、ときには、洗礼も必要に応じて、必要性を処世訓( praecepti )は、理解することはもちろん、これだけに適用して受信できるようには、処世訓、 viz 。 adults.大人です。

The necessity in this case is shown by the command of Christ to His Apostles (Matthew 28): "Go and teach all nations, baptizing them", etc. Since the Apostles are commanded to baptize, the nations are commanded to receive baptism.この場合は、その必要性は、コマンドが表示されるキリストの使徒を彼(マタイ28 ) : "教えるのすべての国に行くと、命名して"などの洗礼を命じて以来、使徒は、その国の洗礼を受け取ることが命じられた。 The necessity of baptism has been called in question by some of the Reformers or their immediate forerunners.洗礼の必要性が疑問視されるいくつかの改革派の即時またはその先駆です。 It was denied by Wyclif, Bucer, and Zwingli.それは否定さwyclif 、ブツァー、およびツウィングリ。 According to Calvin it is necessary for adults as a precept but not as a means.カルヴィンによると、それは大人としてのために必要な手段として、指針はない。 Hence he contends that the infants of believing parents are sanctified in the womb and thus freed from original sin without baptism.したがって彼は主張して、信者の親たちは、幼児の胎内こうして清められた原罪から解放させずに洗礼。 The Socinians teach that baptism is merely an external profession of the Christian faith and a rite which each one is free to receive or neglect. socinians洗礼を教えることは、外部の専門家だけでは、キリスト教の信仰とは一人一人には無料の儀式や怠慢を受け取る。

An argument against the absolute necessity of baptism has been sought in the text of Scripture: "Unless you eat the flesh of the Son of man and drink his blood, you shall not have life in you" (John 6).絶対に反対する議論の必要性を求められてきた洗礼には、テキストの啓典: "しない限り、お肉を食べるのは、彼の息子の男と酒を飲むの血液は、あなたの人生ではない場合は、 " (ジョン6 ) 。 Here, they say, is a parallel to the text: "Unless a man be born again of water".ここでは、かれらは、平行には、テキスト: "しない限り、一人の男に生まれ変わるの水"です。 Yet everyone admits that the Eucharist is not necessary as a means but only as a precept.まだ誰もが認めることではないの聖体する手段として必要な処世訓としてだけです。 The reply to this is obvious.返信して、これは明白です。 In the first instance, Christ addresses His words in the second person to adults; in the second, He speaks in the third person and without any distinction whatever.第一審では、彼の言葉は、キリストのアドレスを2番目の人の成人;で2番目、 3番目の人は、彼が喋ると区別なく何でも。

Another favorite text is that of St. Paul (1 Corinthians 7): "The unbelieving husband is sanctified by the believing wife; and the unbelieving wife is sanctified by the believing husband; otherwise your children should be unclean; but now they are holy."もう一つのお気に入りのテキストは、聖パウロ( 1コリンチャンス7 ) : "と、懐疑的な夫は妻を信じて神聖化された;との懐疑的な夫の妻は神聖化されると信じ、そうでなければあなたの子供たちの汚れたしなければならない;しかし今彼らは神聖です。 " Unfortunately for the strength of this argument, the context shows that the Apostle in this passage is not treating of regenerating or sanctifying grace at all, but answering certain questions proposed to him by the Corinthians concerning the validity of marriages between heathens and believers.残念ながら、この議論のための強さは、この文脈では、使徒ではない通路の再生治療sanctifyingグレースまたはすべてが、特定の質問に答えることを彼に提案されるコリンチャンスの妥当性に関するheathensと信者の間の結婚。 The validity of such marriages is proved from the fact that children born of them are legitimate, not spurious.結婚では、このような妥当性を立証という事実から生まれた子供たちは、かれらの合法的ではなく、スプリアスです。 As far as the term "sanctified" is concerned, it can, at most, mean that the believing husband or wife may convert the unbelieving party and thus become an occasion of their sanctification.任期限り"神聖化"についていえば、それは、せいぜい、信者の夫や妻を意味して5月に変換するとこのように懐疑的な党の清浄化する機会になる。 A certain statement in the funeral oration of St. Ambrose over the Emperor Valentinian II has been brought forward as a proof that the Church offered sacrifices and prayers for catechumens who died before baptism.声明は、特定の追悼演説で、天皇の聖アンブローズやり直すウァレンティニアヌス2世繰越されて証拠として提示して、教会の礼拝のために犠牲とcatechumens洗礼前に亡くなった。 There is not a vestige of such a custom to be found anywhere.そこではないの痕跡が見つかりましたどこでもこのようなカスタムされる。 St. Ambrose may have done so for the soul of the catechumen Valentinian, but this would be a solitary instance, and it was done apparently because he believed that the emperor had had the baptism of desire.聖アンブローズ可能性があるが、これは、魂ウァレンティニアヌス洗礼志願者が、これができれば、孤独なインスタンスは、それが行われたと明らかに信じられているため、彼は、天皇の洗礼願望があった。 The practice of the Church is more correctly shown in the canon (xvii) of the Second Council of Braga: "Neither the commemoration of Sacrifice [oblationis] nor the service of chanting [psallendi] is to be employed for catechumens who have died without the redemption of baptism."教会での練習は、もっと正確には示されているキヤノン( 17 )の2番目の評議会ブラーガ: "どちらの犠牲を記念し、サービスの[ oblationis ]も歌う[ psallendi ]は、就職のために人が死亡しcatechumensなし償還の洗礼"と述べた。 The arguments for a contrary usage sought in the Second Council of Arles (c. xii) and the Fourth Council of Carthage (c. lxxix) are not to the point, for these councils speak, not of catechumens, but of penitents who had died suddenly before their expiation was completed.逆に利用するために、引数の2番目の協議会を求めたアルル( c. 12世)と第4回協議会カルタゴ( c. 79 )ではない点には、これらの協議会で話すためには、 catechumensていないのではなく、人が死亡したpenitents自分の罪の償いが完了する前に突然です。 It is true that some Catholic writers (as Cajetan, Durandus, Biel, Gerson, Toletus, Klee) have held that infants may be saved by an act of desire on the part of their parents, which is applied to them by some external sign, such as prayer or the invocation of the Holy Trinity; but Pius V, by expunging this opinion, as expressed by Cajetan, from that author's commentary on St. Thomas, manifested his judgment that such a theory was not agreeable to the Church's belief.それは事実だがいくつかのカトリックの作家( cajetanとして、ドゥランドゥス、ビール、ジェルソン、 toletus 、クレー)が開かれることに救われるかもしれない行為乳幼児の親の願いは、団体名は、かれらに適用されたいくつかの外部標識は、またはそのような祈りの呼び出しホーリートリニティー;ピウスvしかし、この意見をexpunging 、 cajetanとして表現される、著者の解説をしてからセントトマス、明らかに彼のこのような理論ではないと判断し、教会の信念に快い。

X. SUBSTITUTES FOR THE SACRAMENT Xの代替は、聖餐式

The Fathers and theologians frequently divide baptism into three kinds: the baptism of water (aquæ or fluminis), the baptism of desire (flaminis), and the baptism of blood (sanguinis).神学者の父親と頻繁に分割する三種類の洗礼:水の洗礼(またはaquæ fluminis )は、欲望の洗礼( flaminis ) 、そして、血の洗礼( sanguinis ) 。 However, only the first is a real sacrament.しかし、最初の部分は本物の聖餐式のみです。 The latter two are denominated baptism only analogically, inasmuch as they supply the principal effect of baptism, namely, the grace which remits sins.後者の2つは類推しか建ての洗礼は、校長効果〜だけれども彼らの洗礼を供給する、すなわち、罪の猶予をremits 。 It is the teaching of the Catholic Church that when the baptism of water becomes a physical or moral impossibility, eternal life may be obtained by the baptism of desire or the baptism of blood.教えることは、そのときには、カトリック教会の洗礼の水または道徳的、物理的に不可能なことが、永遠の命を得られるかもしれないの洗礼の欲望や血の洗礼。

(1) The Baptism of Desire ( 1 )欲望の洗礼

The baptism of desire (baptismus flaminis) is a perfect contrition of heart, and every act of perfect charity or pure love of God which contains, at least implicitly, a desire (votum) of baptism.欲望の洗礼( baptismus flaminis )は、完全な痛恨の心臓には、すべての行為と完璧な慈善事業や純粋な愛の神が含まれ、少なくとも暗黙のうちに、欲望( votum )の洗礼。 The Latin word flamen is used because Flamen is a name for the Holy Ghost, Whose special office it is to move the heart to love God and to conceive penitence for sin.神官が使用されているため、ラテン語の単語神官は、聖霊の名前を、その特別室に移動することは、神を愛する心を罪と懺悔を思い付く。 The "baptism of the Holy Ghost" is a term employed in the third century by the anonymous author of the book "De Rebaptismate". "聖霊の洗礼"は、第3世紀の任期で採用され、匿名でこの本の著者である"とデrebaptismate " 。 The efficacy of this baptism of desire to supply the place of the baptism of water, as to its principal effect, is proved from the words of Christ.この効果を欲望の洗礼を供給する場所の水の洗礼は、その主な効果としては、キリストの言葉が証明さからです。 After He had declared the necessity of baptism (John 3), He promised justifying grace for acts of charity or perfect contrition (John 14): "He that loveth Me, shall be loved of my Father: and I will love him and will manifest myself to him."彼は、その必要性を宣言した後の洗礼(ジョン3 ) 、彼は約束した行為を正当化のための慈善グレースまたは完全な痛恨(ジョン14 ) : "彼は私に愛さで行われるものとして愛され、父:そして、私は彼とは愛のマニフェスト私自身判断しています。 " And again: "If any one love me, he will keep my word, and my Father will love him, and we will come to him, and will make our abode with him."そして再び: "私を愛している場合のいずれか1つ、彼は私の言葉を維持し、私の父は、彼の愛、そして我々は彼に来て、私たちの住まいとなると思う。 " Since these texts declare that justifying grace is bestowed on account of acts of perfect charity or contrition, it is evident that these acts supply the place of baptism as to its principal effect, the remission of sins.これらのテキストの正当性を宣言して以来猶予してアカウントを授けたのは、完璧な慈善行為や悔恨は、これらの行為を供給することは明らかだが、校長の代わりに洗礼を効果としては、罪の赦しです。 This doctrine is set forth clearly by the Council of Trent.この学説は、明確に規定される理事会のトレント。 In the fourteenth session (cap. iv) the council teaches that contrition is sometimes perfected by charity, and reconciles man to God, before the Sacrament of Penance is received.セッションは、 14の審議会( cap. IV )を教えることは、痛恨の完成された慈善時には、 reconciles男を神とは、聖餐式の前には、苦行を受け取った。 In the fourth chapter of the sixth session, in speaking of the necessity of baptism, it says that men can not obtain original justice "except by the washing of regeneration or its desire" (voto).第4章では、 6番目のセッションは、バプテスマの必要性といえば、それによると、男性の元を取得することはできません正義"を除いて再生されるの洗濯またはその欲望" ( voto ) 。 The same doctrine is taught by Pope Innocent III (cap. Debitum, iv, De Bapt.), and the contrary propositions are condemned by Popes Pius V and Gregory XII, in proscribing the 31st and 33rd propositions of Baius.同じ教義を教えられたがインノケンティウス3世( cap. debitum 、 4世は、デbapt 。 ) 、およびその逆に非難される命題はVとグレゴリー教皇ピウス12世は、第31回と33回でproscribing命題のbaius 。

We have already alluded to the funeral oration pronounced by St. Ambrose over the Emperor Valentinian II, a catechumen.我々はすでに追悼演説を示唆して発音された以上、天皇聖アンブローズウァレンティニアヌス2世は、洗礼志願者です。 The doctrine of the baptism of desire is here clearly set forth.この学説は、ここに欲望の洗礼を明確に定める。 St. Ambrose asks: "Did he not obtain the grace which he desired? Did he not obtain what he asked for? Certainly he obtained it because he asked for it."聖アンブローズ要求: "彼には彼の恩恵を得る望ましいですか?彼はないと彼は尋ねたを得るためには何ですか?確かに彼は、そこから得られることを彼は尋ねた。 " St. Augustine (IV, De Bapt., xxii) and St. Bernard (Ep. lxxvii, ad H. de S. Victore) likewise discourse in the same sense concerning the baptism of desire.聖アウグスティヌス( ⅳ 、デbapt 。 、 ep. 22 )と聖バーナード( 77 、広告h.ド米victore )談話と同じ感覚に関する同様の洗礼を望む。 If it be said that this doctrine contradicts the universal law of baptism made by Christ (John 3), the answer is that the lawgiver has made an exception (John 14) in favor of those who have the baptism of desire.それによると、この教義に矛盾の普遍の法則作られるキリストの洗礼(ジョン3 ) 、その答えは、法律制定前には、例外(ヨハネ14 )に賛成の人たちの欲望の洗礼。 Neither would it be a consequence of this doctrine that a person justified by the baptism of desire would thereby be dispensed from seeking after the baptism of water when the latter became a possibility.どちらもなるのだろうが、この教義的帰結として正当化されることで人の洗礼を求める願望があるかられる水の洗礼の後になったときに、後者の可能性だ。 For, as has already been explained the baptismus flaminis contains the votum of receiving the baptismus aquæ.ためには、 baptismusとしては、すでに説明したflaminis含まvotumの受信baptismus aquæ 。 It is true that some of the Fathers of the Church arraign severely those who content themselves with the desire of receiving the sacrament of regeneration, but they are speaking of catechumens who of their own accord delay the reception of baptism from unpraiseworthy motives.それは事実だが、いくつかの教会には、父の法廷に召喚するコンテンツそのものを厳しくして人々の願いを受けて、聖餐式の再生が、彼らはといえば誰catechumensレセプションには、独自の合意の洗礼を遅らせるunpraiseworthy動機からです。 Finally, it is to be noted that only adults are capable of receiving the baptism of desire.最後に、それは大人には、有能なだけに注意して、欲望の洗礼を受けています。

(2) The Baptism of Blood ( 2 )血の洗礼

The baptism of blood (baptismus sanquinis) is the obtaining of the grace of justification by suffering martyrdom for the faith of Christ.その血の洗礼( baptismus sanquinis )は、正当化の恩恵を得ることの苦しみをキリストの信仰のために殉教した。 The term "washing of blood" (lavacrum sanguinis) is used by Tertullian (De Bapt., xvi) to distinguish this species of regeneration from the "washing of water" (lavacrum aquæ).という言葉を"血を洗う" ( lavacrum sanguinis )が使用されてtertullian (デbapt 。 、 16 ) 、この種の再生を区別するから、 "洗濯の水" ( lavacrum aquæ ) 。 "We have a second washing", he says "which is one and the same [with the first], namely the washing of blood." "我々は、 2番目の洗浄" 、と彼は言います。 "のうちの1つで、同じ[で、最初] 、すなわち、血を洗う。 " St. Cyprian (Ep. lxxiii) speaks of "the most glorious and greatest baptism of blood" (sanguinis baptismus).聖シプリアン( ep. 73 )が喋る"との最大の、最も輝かしい血の洗礼" ( sanguinis baptismus ) 。 St. Augustine (De Civ. Dei, XIII, vii) says: "When any die for the confession of Christ without having received the washing of regeneration, it avails as much for the remission of their sins as if they had been washed in the sacred font of baptism."聖アウグスティヌス(デciv 。デイは、 13世、 7世)によれば: "どんなときに告白キリストのために死ぬことなく、洗濯物を受け取ったの再生は、それと同じくらいavails寛解彼らのために罪を洗っていたとすれば、神聖なフォントの洗礼"と述べた。

The Church grounds her belief in the efficacy of the baptism of blood on the fact that Christ makes a general statement of the saving power of martyrdom in the tenth chapter of St. Matthew: "Every one therefore that shall confess me before men, I will also confess him before my Father who is in heaven" (verse 32); and: "He that shall lose his life for me shall find it" (verse 39).教会の信念は、効果の根拠は、彼女の血の洗礼をするという事実を、キリストの総電力の節約声明は、第10章では、殉教のマタイ: "ごとに1つのものを告白して私の前に男性したがって、私は告白する前に私の父は誰も彼には、インヘブン" (詩32 ) ;と: "彼は彼のために命を失うことは、私にはそれを見つける" (詩39 ) 。 It is pointed out that these texts are so broadly worded as to include even infants, especially the latter text.それは指摘しているこれらの表現で書かれた文章はとても広くても乳幼児を含めると、特に後者のテキストです。 That the former text also applies to them, has been constantly maintained by the Fathers, who declare that if infants can not confess Christ with the mouth, they can by act.して、元のテキストにも適用し、絶えず維持されてきたの祖先は、人のことを宣言することができない場合に乳幼児の口キリストを信じると告白して、行動することができるさ。 Tertullian (Adv. Valent., ii) speaks of the infants slaughtered by Herod as martyrs, and this has been the constant teaching of the Church. tertullian ( adv.価。 、 ⅱ )は、乳幼児が喋る殉教者としてヘロデ食肉処理された、とされて、この教えは、教会の定数です。

Another evidence of the mind of the Church as to the efficacy of the baptism of blood is found in the fact that she never prays for martyrs.もう一つの証拠としての心の教会には、血の洗礼の効果が見られるという事実に祈りをささげるために彼女は決して殉教者。 Her opinion is well voiced by St. Augustine (Tr. lxxiv in Joan.): "He does an injury to a martyr who prays for him."彼女の声はよく意見を聖アウグスティヌス( 74 、ジョアンtr. 。 ) : "彼はけがのために祈りをささげる殉教者たちなんですよ" This shows that martyrdom is believed to remit all sin and all punishment due to sin.これに送金を示していると考えられて殉教のすべての罪と罰のすべての罪のために。 Later theologians commonly maintain that the baptism of blood justifies adult martyrs independently of an act of charity or perfect contrition, and, as it were, ex opere operato, though, of course, they must have attrition for past sins.後でよく神学者の血の洗礼を維持することを正当化する行為とは無関係に成人殉教者の慈善団体または完全な痛恨、とは、言ってみれば、元opere operato 、いえ、もちろん、彼らの過去の罪を損耗する必要があります。 The reason is that if perfect charity, or contrition, were required in martyrdom, the distinction between the baptism of blood and the baptism of desire would be a useless one.その理由は、完璧な慈善場合、または痛恨、殉教は必須では、血の洗礼との間の区別の洗礼ができれば、無用の欲望の1つです。 Moreover, as it must be conceded that infant martyrs are justified without an act of charity, of which they are incapable, there is no solid reason for denying the same privilege to adults.また、譲歩しなければならないことは正当化して幼児殉教者慈善行為がなくて、無能されているのは、確かな理由がないの特権を否定して大人と同じです。 (Cf. Francisco Suárez, De Bapt., disp. xxxix.) ( cf.フランシスコスアレス、デbapt 。 、 disp 。 39 。 )

XI. xi 。 UNBAPTIZED INFANTS幼児洗礼を受けていない

The fate of infants who die without baptism must be briefly considered here.死ぬ運命の人の幼児洗礼を簡潔にしなければならないと考えています。 The Catholic teaching is uncompromising on this point, that all who depart this life without baptism, be it of water, or blood, or desire, are perpetually excluded from the vision of God.カトリックの教えは、妥協しないで、この時点で、これは、すべての人の人生に出発することなく洗礼は、水にすること、または血液、あるいは欲望は、永続的には、神のビジョンから除外されます。 This teaching is grounded, as we have seen, on Scripture and tradition, and the decrees of the Church.この授業は、接地さは、我々が見られるとして、啓典と伝統をしており、政令は、教会です。 Moreover, that those who die in original sin, without ever having contracted any actual sin, are deprived of the happiness of heaven is stated explicitly in the Confession of Faith of the Eastern Emperor Michael Palæologus, which had been proposed to him by Pope Clement IV in 1267, and which he accepted in the presence of Gregory X at the Second Council of Lyons in 1274.また、元の罪で死ぬ人が、実際に罪いかなる契約することなく、その幸せを奪われたのは天国では、明示的には信仰告白の東部天皇palæologusマイケルは、彼に提案されていたクレメンス4世は1267 、およびどの彼の存在を認め、時にXグレゴリーライオンズで2番目の評議会1274 。 The same doctrine is found also in the Decree of Union of the Greeks, in the Bull "Lætentur Caeli" of Pope Eugene IV, in the Profession of Faith prescribed for the Greeks by Pope Gregory XIII, and in that authorized for the Orientals by Urban VIII and Benedict XIV.教義にも、同じことが判明したのは、労働組合のギリシア令は、雄牛は、 " lætentur caeli "のエウゲニウス4世は、所定の信仰のためには、職業グレゴリウス13世によって、ギリシア人、そして、そのために認可された都市orientals viii 、ベネディクト14世です。 Many Catholic theologians have declared that infants dying without baptism are excluded from the beatific vision; but as to the exact state of these souls in the next world they are not agreed.多くのカトリック神学者が死にかけていると宣言した幼児洗礼なしには至福直観から除外;しかし、これらの魂の状態を正確には、次の世界で合意されていない。

In speaking of souls who have failed to attain salvation, these theologians distinguish the pain of loss (paena damni), or privation of the beatific vision, and the pain of sense (paena sensus).そういえば、人々が救いを得るに失敗し、これらの神学者の痛みを区別する損失( paena damni ) 、または不自由の至福直観、との痛みの感覚( paena感覚) 。 Though these theologians have thought it certain that unbaptized infants must endure the pain of loss, they have not been similarly certain that they are subject to the pain of sense.これらの神学者が考えても確実に洗礼を受けていない乳幼児の苦しみに耐える必要があります損失は、同様に特定されていないことが、痛みの感覚の対象となる。 St. Augustine (De Pecc. et Mer., I, xvi) held that they would not be exempt from the pain of sense, but at the same time he thought it would be of the mildest form.聖アウグスティヌス(デpecc 。 et merにします。 、私は、 16 )で開かれたことはない痛みの感覚が免除されるのは、しかしそれと同時に、彼は考えた方が、 mildestフォームです。 On the other hand, St. Gregory Nazianzen (Or. in S. Bapt.) expresses the belief that such infants would suffer only the pain of loss.その半面、聖グレゴリーnazianzen ( or.で米bapt 。 )信じているということを表現し、このような乳幼児は、喪失の痛みに苦しむだけです。 Sfondrati (Nod. Prædest., I, i) declares that while they are certainly excluded from heaven, yet they are not deprived of natural happiness. sfondrati ( nod. prædest 。 、私は、私)を宣言している間彼らは確かに天から除外されましたが、かれらの幸福ではない自然を奪われる。 This opinion seemed so objectionable to some French bishops that they asked the judgment of the Holy See upon the matter.この意見にいくつかのように見えたので好ましくないことを要請したフランスの司教の判断に問題は、神聖を参照してください。 Pope Innocent XI replied that he would have the opinion examined into by a commission of theologians, but no sentence seems ever to have been passed upon it.インノケンティウスxi答えたことを明らかにしたが、委員会の意見を検討する神学者が、これまでにない文章が渡されるようにすることです。 Since the twelfth century, the opinion of the majority of theologians has been that unbaptized infants are immune from all pain of sense. 12世紀以来、大多数の神学者の意見をされてから洗礼を受けていない乳幼児は、免疫すべての痛みの感覚です。 This was taught by St. Thomas Aquinas, Scotus, St. Bonaventure, Peter Lombard, and others, and is now the common teaching in the schools.これは教えられた聖トマスアクィナス、 scotus 、聖bonaventure 、ピーターロンバード、そして、他人との共通の授業では今の学校です。 It accords with the wording of a decree of Pope Innocent III (III Decr., xlii, 3): "The punishment of original sin is the deprivation of the vision of God; of actual sin, the eternal pains of hell."言葉遣いをすることで合意令インノケンティウス3世( ⅲ decr 。 、 42 、 3 ) : "懲罰原罪は、神のビジョンを剥奪;の実際の罪は、永遠の地獄の苦しみです。 " Infants, of course, can not be guilty of actual sin.幼児は、もちろん、実際に罪を有罪とすることはできません。

Other theologians have urged that, under the law of nature and the Mosaic dispensation, children could be saved by the act of their parents and that consequently the same should be even more easy of attainment under the law of grace, because the power of faith has not been diminished but increased.他の神学者が求めたことは、法の下での自然との特免モザイクは、子供たちに保存される可能性がある行為をしてその結果、両親と同じもっと簡単に達成しなければならない法の下での恵みは、信仰のためには、電源減退されていませんが増加している。 Common objections to this theory include the fact that infants are not said to be deprived of justification in the New Law through any decrease in the power of faith, but because of the promulgation by Christ of the precept of baptism which did not exist before the New Dispensation.共通の異議申し立てを含め、この理論ではないという事実によると乳幼児を奪われるいかなる名分では、新しい法律を通して信仰の力の低下が、公布されたため、キリストの洗礼を処世訓の前には存在しなかった新しい神の摂理だ。 Nor would this make the case of infants worse than it was before the Christian Church was instituted.また、この例は、幼児より悪いことが、キリスト教の教会では、導入前です。 While it works a hardship for some, it has undoubtedly improved the condition of most.苦難の中にあるいくつかの作品は、その状態を改善することが最も確実です。 Supernatural faith is now much more diffused than it was before the coming of Christ, and more infants are now saved by baptism than were justified formerly by the active faith of their parents.超自然的な信仰は今よりもはるかに拡散することは、キリストの到来を前に、より多くの幼児洗礼は現在、保存されていたよりも正当化される以前は、親の積極的な信仰です。 Moreover, baptism can more readily be applied to infants than the rite of circumcision, and by the ancient law this ceremony had to be deferred till the eighth day after birth, while baptism can be bestowed upon infants immediately after they are born, and in case of necessity even in their mother's womb.しかも、洗礼ことよりももっと容易に適用される幼児の割礼の儀式は、古代の法律とされるこの式典は延期されるまでの8番目の誕生日の翌日で、幼児洗礼を授けられた直後に生まれている、との症例必要に迫られても、自分の母親の胎内。 Finally it must be borne in mind that unbaptized infants, if deprived of heaven, would not be deprived unjustly.最終的に負担しなければならないことを念頭に置いて幼児洗礼を受けていないことは、天国に奪われた場合、奪われた不当ではない。 The vision of God is not something to which human beings have a natural claim.神のビジョンをどの人間ではない何かがある天然クレーム。 It is a free gift of the Creator who can make what conditions He chooses for imparting it or withholding it.これは、景品のクリエーターたち彼はどのような条件を選択できるようにすることや源泉徴収することをimparting 。 No injustice is involved when an undue privilege is not conferred upon a person.過度の不公平がかかわっていないときに、人に与えられた特権ではない。 Original sin deprived the human race of an unearned right to heaven.人類の原罪を奪われた権利を未収天国です。 Through the Divine mercy this bar to the enjoyment of God is removed by baptism; but if baptism be not conferred, original sin remains, and the unregenerated soul, having no claim on heaven, is not unjustly excluded from it.このバーを介して、神の慈悲は、神によって削除されるの楽しみ洗礼;バプテスマではないが与えられた場合、原罪遺跡、 unregenerated魂とは、天がないという主張して、不当ではないことから除外されます。

As to the question, whether in addition to freedom from the pain of sense, unbaptized infants enjoy any positive happiness in the next world, theologians are not agreed, nor is there any pronouncement of the Church on the subject.との質問に、より自由にするかどうかに加えて、痛みの感覚は、幼児洗礼を受けていない任意の肯定的な幸福を享受し、次の世界では、神学者ではないに合意し、またいかなる表明があるのは、教会に服従している。 Many, following St. Thomas (De Malo, Q. v, a. 3), declare that these infants are not saddened by the loss of the beatific vision, either because they have no knowledge of it, and hence are not sensible of their privation; or because, knowing it, their will is entirely conformed to God's will and they are conscious that they have missed an undue privilege through no fault of their own.多くは、次のセントトマス(デマロ、問いv 、 a. 3 ) 、これらの乳幼児を宣言することではないの損失の悲しみを覚えるのは至福直観は、どちらかの知識がないので、それは、彼らの賢明ではないと従って不自由;たりして、知らないうちに、彼らは神の意志には、完全に適合していることを意識し、不当な特権がずれて、自分の落ち度で。 In addition to this freedom from regret at the loss of heaven, these infants may also enjoy some positive happiness.これに加えて自由に天からの損失を遺憾に思うのは、これらの幼児の可能性もいくつかの肯定的な幸福を享受する。 St. Thomas (In II Sent., dist. XXXIII, Q. ii, a. 5) says: "Although unbaptized infants are separated from God as far as glory is concerned, yet they are not separated from Him entirely. Rather are they joined to Him by a participation of natural goods; and so they may even rejoice in Him by natural consideration and love," Again (a. 2) he says: "They will rejoice in this, that they will share largely in the divine goodness and in natural perfections."セントトマス( 2世に送信されます。 、 distのです。 33 、問い2世は、 a. 5 )によれば: "幼児洗礼を受けていないにもかかわらず限りは、神の栄光から分離についていえば、まだ彼から完全に分離されていない。むしろ彼らは、彼に合流して参加される天然品;と喜ぶ可能性もあるので、彼の愛を自然に配慮し、 "再び( a. 2 )と彼は言います: "かれらは喜ぶその中では、大部分を共有することで、彼らは神の善良さ自然と完成度です。 " While the opinion, then, that unbaptized infants may enjoy a natural knowledge and love of God and rejoice in it, is perfectly tenable, it has not the certainty that would arise from a unanimous consent of the Fathers of the Church, or from a favorable pronouncement of ecclesiastical authority.間の意見によれば、その後、幼児洗礼を受けていない可能性を享受すること自然の知識と神の愛と喜ぶことは、完璧には、批判に耐えられる、それは確実ではないことから、全会一致の同意が生じるのは、父の教会で、あるいはより好ましい教会の権威を宣告した。

[Editor's note: On this subject, the 1992 Catechism of the Catholic Church states: "As regards children who have died without Baptism, the Church can only entrust them to the mercy of God, as she does in her funeral rites for them. Indeed, the great mercy of God who desires that all men should be saved, and Jesus' tenderness toward children which caused him to say: "Let the children come to me, do not hinder them," allows us to hope that there is a way of salvation for children who have died without Baptism. All the more urgent is the Church's call not to prevent little children coming to Christ through the gift of holy Baptism."] [編集者注:この問題については、 1992年の公教要理は、カトリック教会の州: "に関しての子供たちが死亡したことなく洗礼は、教会の中でのみに委ねることを神のなすがままに、彼女は彼女の葬儀のためにしてください。本当には、偉大な神の慈悲は、すべての人の男たちの欲望を保存しなければならない、とイエスの優しさが彼を子供たちに向かって言う: "させてから、子供たちの話が来て、彼らを妨げることが、 "私たちにできるようにする方法があることを望む子供たちのための救済なしに洗礼が死亡した。すべての教会では、より多くの緊急の呼び出していない小さな子供たちを防ぐために来て、キリストを通して洗礼式の贈り物です。 " ]

We may add here some brief remarks on the discipline of the Church in regard to unbaptized persons.我々はここにいくつかの簡単な発言を追加して、教会の規律の洗礼を受けていない人と関連しています。 As baptism is the door of the Church, the unbaptized are entirely without its pale.洗礼としては、ドアの教会は、洗礼を受けていないのは、完全になく青白い。 As a consequence:その結果:

Such persons, by the ordinary law of the Church, may not receive Catholic funeral rites.そのような人は、普通の法律では、教会は、カトリックの葬儀を受け取ることはできません。 The reason of this regulation is given by Pope Innocent III (Decr., III, XXVIII, xii): "It has been decreed by the sacred canons that we are to have no communion with those who are dead, if we have not communicated with them while alive."その理由は、この規制は、与えられたインノケンティウス3世( decr. 、 3世は、二十八、 12世) : "それは神聖な規範を定めてきたことを私たちは聖体拝領ではない人たちは死んで、もし我々に伝達していないかれらながら生きている"と述べた。 According to Canon Law (CIC 1183), however, catechumens "are to be considered members of the Christian faithful" as regard funeral rites.法律によると、キヤノン( cic 1183 ) 、しかし、 catechumens "のメンバーと見なされるには、キリスト教に忠実な"と葬礼に関してです。 The Plenary Council of Baltimore also decrees (No. 389) that the custom of burying the unbaptized relatives of Catholics in the family sepulchers may be tolerated.また、本協議会のボルティモア令(第389 )の洗礼を受けていないことは、カスタムの埋葬は、家族親戚のカトリック信者sepulchers許されないかもしれません。 [Editor's note: The 1983 Code of Canon Law excepts an unbaptized child of Catholic parents, if the parents had intended to have him baptized.] [編集者注: 1983年に教会法典exceptsカトリックの洗礼を受けていない子供の親は、意図していた場合、両親が彼にバプテスマを受けています。 ]

A Catholic may not marry an unbaptized person without dispensation, under pain of nullity.カトリックの洗礼を受けていない人と結婚することはできませんなしに分け与え、下の痛み無効です。 This impediment, as far as illiceity is concerned, is derived from the natural law, because in such unions the Catholic party and the offspring of the marriage would, in most cases, be exposed to the loss of faith.この障害は、 illiceity限りは、心配は、自然の法則に由来は、そのような理由で、カトリック党と労組の子孫の結婚は、ほとんどの場合、信仰の喪失にさらされる。 The invalidity of such marriage, however, is a consequence only of positive law.このような結婚を無効、しかし、結果だけが肯定的には、法律です。 For, in the beginning of Christianity, unions between the baptized and unbaptized were frequent, and they were certainly held valid.ためには、キリスト教の初めには、労働組合との間の洗礼を受けていないが頻繁にバプテスマを受け、そして彼らは確かに有効で開かれた。 When, then, circumstances arise where the danger of perversion for the Catholic party is removed, the Church dispenses in her law of prohibition, but always requires guarantees from the non-Catholic party that there will be no interference with the spiritual rights of the partner of the union.ときには、その後、どこに危険が生じる状況では、カトリック教徒倒錯党が取り外された場合、その教会は彼女のdispenses禁止法ではなく、常に必要な保証をしてから、非カトリック党の余地はないと精神的な権利を妨害して、パートナーは、労働組合です。 (See IMPEDIMENTS OF MATRIMONY.) (結婚の障壁を参照してください。 )

In general, we may state that the Church claims no authority over unbaptized persons, as they are entirely without her pale.一般的に、我々が主張していない状態にして、教会の権威をやり直す洗礼を受けていない人で、彼らとしては、完全に彼女の青白いなし。 She makes laws concerning them only in so far as they hold relations with the subjects of the Church.彼女はそれらに関する法律により今までに寄付さだけで、彼らの関係を保持する科目の教会です。

XII. 12世です。 EFFECTS OF BAPTISM効果の洗礼

This sacrament is the door of the Church of Christ and the entrance into a new life.この聖礼典は、キリスト教会のドアが、新しい人生への入り口です。 We are reborn from the state of slaves of sin into the freedom of the Sons of God.生まれ変わった私たちは罪の奴隷状態からの自由を神の息子です。 Baptism incorporates us with Christ's mystical body and makes us partakers of all the privileges flowing from the redemptive act of the Church's Divine Founder.私たちをキリストの洗礼を取り入れて神秘的なボディとは我々のすべての権限をpartakersから流れる神の贖いの行為は、教会の創始者です。 We shall now outline the principal effects of baptism.わたしたちは今、校長の影響アウトライン洗礼。 (1) The Remission of All Sin, Original and Actual This is clearly contained in the Bible. ( 1 )寛解期のすべての罪は、実際にこのオリジナルとは明らかに聖書に含まれています。 Thus we read (Acts 2:38): "Be baptized every one of you in the name of Jesus Christ, for the remission of your sins; and you shall receive the Holy Ghost. For the promise is to you and to your children and to all that are far off, whomsoever the Lord our God shall call."従って我々を読む( 2時38行為) : "によって、バプテスマを受けごとに1つのイエスキリストの名の下には、お客様の様々な罪のため寛解;と聖霊のお客様は、本を受け取る。ためには、あなたとの約束をして子供たちと遠方には、すべてのことを、私たちの神、主のwhosoeverの目的格は、電話してね。 " We read also in the twenty-second chapter of the Acts of the Apostles (verse 16):我々にも読んでは、第2章では、 20使徒行伝(詩16 ) :

Be baptized, and wash away thy sins." St. Paul in the fifth chapter of his Epistle to the Ephesians beautifully represents the whole Church as being baptized and purified (5:25 sq.): "Christ loved the Church, and delivered Himself up for it: that he might sanctify it, cleansing it by the washing of water in the word of life: that he might present it to Himself a glorious Church, not having spot or wrinkle, or any such thing; but that it should be holy and without blemish.によって、バプテスマを受けて、なたの罪を洗い流す。 "聖パウロは、第5章でエペソの信徒への彼の美しく全体を表しているとして、バプテスマを受け教会と精製( 5時25 sq 。 ) : "キリスト教会を愛し、自分自身と配達すること:彼かもしれないことを認可することは、洗濯物の水を浄化することは、人生のワード:プレゼントすることにして彼は自分自身かもしれない、栄光教会では、スポットやしわていないということは、どのようなものか;しかし、しなければならないこと神聖とせずに染みています。

The prophecy of Ezechiel (36:25) has also been understood of baptism: "I will pour upon you clean water, and you shall be cleansed from all your filthiness (inquinamentis), where the prophet is unquestionably speaking of moral defilements.その予言のezechiel ( 36:25 )も理解され、バプテスマ: "私はあなたにきれいな水を注ぐ時、おまえは浄化されるすべてのお客様からのfilthiness ( inquinamentis )は、どこの預言者は、紛れもなく道徳的に言えばdefilements 。

This is also the solemn teaching of the Church.ここはまた、厳かな教会の教えです。 In the profession of faith prescribed by Pope Innocent III for the Waldensians in 1210, we read: We believe that all sins are remitted in baptism, both original sin and those sins which have been voluntarily committed." The Council of Trent (Sess. V., can. v) anathematizes whomsoever denies that the grace of Christ which is conferred in baptism does not remit the guilt of original sin; or asserts that everything which can truly and properly be called sin is not thereby taken away. The same is taught by the Fathers. St. Justin Martyr (Apol., I, Ixvi) declares that in baptism we are created anew, that is, consequently, free from all stain of sin. St. Ambrose (De Myst., iii) says of baptism: "This is the water in which the flesh is submerged that all carnal sin may be washed away.職業は、信仰のために処方してwaldensiansインノケンティウス3世は1210は、我々を読む:私たちは、すべての罪は、洗礼送金では、これらの両方の罪を原罪と自発的にコミットされてきた"と述べた。トレントの評議会( sess. v 。 、できる。 5 ) anathematizes whosoeverの目的格否認してキリストの恵みが与えられたの洗礼を送金していない罪悪感にさいなまれる原罪;またはすべての主張を適切にすることができます真にと呼ばれるが連れ去ら罪ではない。教えたが、同じで、父親のです。ジャスティン殉教者聖( apol. 、私は、 ixvi )宣言して、我々は洗礼をあらためて作成、つまり、その結果、すべての染みの罪から解放されます。聖アンブローズ(デミスト。 、 ⅲ )によれば、洗礼: "これは、水で、肉は、現世の罪をすべて水没して流されているかもしれません。 Every transgression is there buried." Tertullian (De Bapt., vii) writes: "Baptism is a carnal act in as much as we are submerged in the water; but the effect is spiritual, for we are freed from our sins." The words of Origen (In Gen., xiii) are classic: "If you transgress, you write unto yourself the handwriting [chirographum] of sin.すべての罪があるの埋葬"と述べた。 tertullian (デbapt 。 、 7 )書き込み: "洗礼行為は、現世で同じくらい私たちは水の中に埋没さ;しかし、精神的な効果は、私たちのために私たちは罪から解放されます。 "言葉の原産地(大将は、 13 )は、クラシック: "越えている場合は、自分の手書き文字を書くかれ[ chirographum ]の罪です。 But, behold, when you have once approached to the cross of Christ and to the grace of baptism, your handwriting is affixed to the cross and blotted out in the font of baptism." It is needless to multiply testimonies from the early ages of the Church. It is a point on which the Fathers are unanimous, and telling quotations might also be made from St. Cyprian, Clement of Alexandria, St. Hilary, St. Cyril of Jerusalem, St. Basil, St. Gregory Nazianzen, and others.しかし、見よ、一度に接近するときは、キリストの十字架の恵みの洗礼を、お客様の筆跡とは、十字架に貼付して、フォントの洗礼ブロットアウトです。 "不必要なことは、初めから証言を掛け合わ年齢層は、教会です。それは、父親の点では満場一致では、と言っ引用聖シプリアンから作られる可能性もある、アレクサンドリアのクレメンスは、聖ヒラリーは、エルサレムの聖キュリロス聖、聖バジル、聖グレゴリーnazianzen 、および他。

(2) Remission of Temporal Punishment ( 2 )寛解期の時間的な刑罰

Baptism not only washes away sin, it also remits the punishment of sin.洗礼を洗濯して罪だけでなく、それも罪の懲罰remits 。 This was the plain teaching of the primitive Church.これは、平野教会の教えは、原始的です。 We read in Clement of Alexandria (Pædagog., i) of baptism: "It is called a washing because we are washed from our sins: it is called grace, because by it the punishments which are due to sin are remitted."我々は本を読むアレクサンドリアクレマン( pædagog. 、私)の洗礼: "と呼ばれることがあるため、我々は洗濯物を洗ってから私たちの罪:グレースと呼ばれることが、そのために処分されたことが罪のためには、送金です。 " St. Jerome (Ep. lxix) writes: "After the pardon (indulgentiam) of baptism, the severity of the Judge is not to be feared."聖ジェローム( ep. 69 )書き込み: "の後の洗礼恩赦( indulgentiam )は、重症度を判断ではないのではないかと懸念しています。 " And St. Augustine (De Pecc. et Mer., II, xxviii) says plainly: "If immediately [after baptism] there follows the departure from this life, there will be absolutely nothing that a man must answer for [quod obnoxium hominem teneat], for he will have been freed from everything that bound him."と聖アウグスティヌス(デpecc 。 et merにします。 、 2世、 28 )によれば質素: "もし、すぐそこ[後に洗礼]出発してから、以下の通り、この人生は、絶対に何もないことはないだろう一人の男のために答える必要があります[ quod obnoxium人teneat ]は、彼のためにはすべてのことを束縛から解放されていた。 " In perfect accord with the early doctrine, the Florentine decree states: "No satisfaction is to be enjoined upon the baptized for past sins; and if they die before any sin, they will immediately attain to the kingdom of heaven and to the vision of God."完璧な教義を早期に合意して、州のフィレンツェ令: "いいえ満足度が加味されるためにバプテスマを受けて、過去の罪;とすればどんな罪で死ぬ前に、彼らはすぐに達成して天国として神のビジョン"と述べた。 In like manner the Council of Trent (Sess. V) teaches: "There is no cause of damnation in those who have been truly buried with Christ by baptism . . . Nothing whatever will delay their entrance into heaven."評議会のような形で、教えてトレント( sess. 5 ) : "苦しみの原因ではない人たちが真にキリストによって洗礼埋没している。 。 。何もない何であれが遅れて天国への入り口です。 "

(3) Infusion of Supernatural Grace, Gifts, and Virtues ( 3 )注入の超自然の恵みは、贈答品、および美徳

Another effect of baptism is the infusion of sanctifying grace and supernatural gifts and virtues.もう一つの効果は、注入の洗礼sanctifyingや超自然の恵みの贈り物と美徳。 It is this sanctifying grace which renders men the adopted sons of God and confers the right to heavenly glory. sanctifying猶予をレンダリングすることが、この男の人の息子を採択する権利を天の神の栄光とconfers 。 The doctrine on this subject is found in the seventh chapter on justification in the sixth session of the Council of Trent.このテーマに関する学説が見つかったのは、第7章では、 6番目のセッションでは、正当化評議会トレント。 Many of the Fathers of the Church also enlarge upon this subject (as St. Cyprian, St. Jerome, Clement of Alexandria, and others), though not in the technical language of later ecclesiastical decrees.父親は、教会の多くは、この問題にも拡大(聖シプリアンとしては、聖ジェローム、アレクサンドリアのクレメンス、その他)は、技術的な言語わけではありませんが、それ以降は、教会令だ。

(4) Conferral of the Right to Special Graces ( 4 )の権利を授与特別美神

Theologians likewise teach that baptism gives man the right to those special graces which are necessary for attaining the end for which the sacrament was instituted and for enabling him to fulfill the baptismal promises.同様にして洗礼を教える神学者の男性の権利を与えているそれらのために必要な特別な美神達成のための最後の聖餐式を導入したとは、彼のために有効に洗礼の約束を全うしています。 This doctrine of the schools, which claims for every sacrament those graces which are peculiar and diverse according to the end and object of the sacrament, was already enunciated by Tertullian (De Resurrect., viii).この学説は、学校では、それらの美神聖餐式を主張しているごとに特有の終わりによると、多様化し、オブジェクトの聖餐式は、すでにenunciatedされたtertullian (デよみがえらせる。 、 8 ) 。 It is treated and developed by St. Thomas Aquinas (III:62:2).扱われることは、開発された聖トマスアクィナス( ⅲ : 62:2 ) 。 Pope Eugene IV repeats this doctrine in the decree for the Armenians.エウゲニウス4世令繰り返されるため、この学説は、アルメニア人です。 In treating of the grace bestowed by baptism, we presume that the recipient of the sacrament puts no obstacle (obex) in the way of sacramental grace.治療の洗礼を授けたの恵みは、我々の聖餐式では、受信者の障害Answersはない(閂)の道の聖礼典の恵みです。 In an infant, of course, this would be impossible, and as a consequence, the infant receives at once all the baptismal grace.乳児期のは、もちろん、これは不可能、との結果としては、一度にすべての幼児洗礼の恵みを受け取る。 It is otherwise in the case of an adult, for in such a one it is necessary that the requisite dispositions of the soul be present.それ以外のことは、大人の例は、このようなことが必要であることの必要条件の1つは、売却の魂に存在する。

The Council of Trent (Sess. VI, c. vii) states that each one receives grace according to his disposition and co-operation.トレントの評議会( viのsess.千佳子7 )の1つの州には、各受信猶予処分によれば、彼との共同作戦だ。 We are not to confound an obstacle (obex) to the sacrament itself with an obstacle to the sacramental grace.私たちは障害物を混同しないようにして聖餐式(閂)自体の足かせにして、聖礼典の恵みです。 In the first case, there is implied a defect in the matter or form, or a lack of the requisite intention on the part of minister or recipient, and then the sacrament would be simply null.最初のケースでは、黙示的に欠陥があるのは、フォームの問題や、あるいは欠如を意図して、必要な部分または宛先大臣、それから、聖餐式が単にNULLです。 But even if all these essential requisites for constituting the sacrament be present, there can still be an obstacle put in the way of the sacramental grace, inasmuch as an adult might receive baptism with improper motives or without real detestation for sin.しかし、たとえ、これらすべての構成のために必要不可欠な必須の聖餐式が存在する場合、そこに障害物を置くことも可能で、聖礼典の恵みの道のため、 〜だけれども大人の洗礼を受けるかもしれないが、不適切な動機やなしに本当の罪のために嫌う。 In that case the person would indeed be validly baptized, but he would not participate in the sacramental grace.その場合は、正規の人が実際にバプテスマを受け、しかし、彼は、聖礼典の恵みに参加する。 If, however, at a later time he made amends for the past, the obstacle would be removed and he would obtain the grace which he had failed to receive when the sacrament was conferred upon him.もし、しかし、償いをすると、後で彼は、過去に、障害物が取り外されて、彼は手に入れるの猶予を受けるに失敗していたとき、彼に与えられた神聖なものだった。 In such a case the sacrament is said to revive and there could be no question of rebaptism.このような場合によると、聖餐式を復活さがないとの問題があるかもしれないrebaptism 。

(5) Impression of a Character on the Soul ( 5 )印象を与えるのは、キャラクターの魂

Finally, baptism, once validly conferred, can never be repeated.最後に、洗礼は、かつての正当な協議は、決して繰り返されることです。 The Fathers (St. Ambrose, Chrysostom, and others) so understand the words of St. Paul (Hebrews 6:4), and this has been the constant teaching of the Church both Eastern and Western from the earliest times.その祖先(聖アンブローズ、クリュソストモス、その他)のための聖パウロの言葉を理解する(ヘブル人への手紙6時04分) 、そしてこの指導されている定数は、東と西の両方の教会太古の時代からです。 On this account, baptism is said to impress an ineffaceable character on the soul, which the Tridentine Fathers call a spiritual and indelible mark.このアカウントでは、洗礼を感動させるには消せないによるとキャラクターは、魂は、その精神をコールすると、父親tridentine消せないマークです。 That baptism (as well as Confirmation and Holy orders) really does imprint such a character, is defined explicitly by the Council of Trent (Sess. VII, can. ix).その洗礼(と同様の確認や僧籍)実際にはそのような性格の出版社は、明示的に定義されたが、評議会のトレント( sess. 7世は、次のです。 9 ) 。 St. Cyril (Præp. in Cat.) calls baptism a "holy and indelible seal", and Clement of Alexandria (De Div. Serv., xlii), "the seal of the Lord".聖シリル( præp.で猫です。 )コール洗礼する"と消せない聖なるシール" 、およびアレクサンドリアのクレメンス(デディビジョンサーバです。 、 42 )は、 "このシールは、主に" 。 St. Augustine compares this character or mark imprinted upon the Christian soul with the character militaris impressed upon soldiers in the imperial service.聖アウグスティヌス比較して、この刻印の文字やマークして、キリスト教の魂のキャラクターは、帝国軍兵士militaris感心するサービスです。 St. Thomas treats of the nature of this indelible seal, or character, in the Summa (III:63:2).セントトマス扱われるのは、この性質を消せないシール、またはキャラクターは、総合的研究論文は、 ( ⅲ : 63:2 ) 。

The early leaders of the so-called Reformation held very different doctrines from those of Christian antiquity on the effects of baptism.初期の指導者たちは、非常に異なるいわゆる改革で開かれた教説は、大昔からそれらのキリスト教の洗礼の影響です。 Luther (De Captiv. Bab.) and Calvin (Antid. C. Trid.) held that this sacrament made the baptized certain of the perpetual grace of adoption.ルーサー(デcaptiv 。排便。 antid. c. )とカルヴィン( trid 。 )聖餐式の前に行われたが、これは、特定のバプテスマを受け四季咲きの養子縁組の恵みです。 Others declared that the calling to mind of one's baptism would free him from sins committed after it; others again, that transgressions of the Divine law, although sins in themselves, would not be imputed as sins to the baptized person provided he had faith.他の呼び出しを宣言して自分の心の中には、無料で彼から洗礼後に犯した罪;他再び、それは、神のtransgressions法では、それ自体で罪にもかかわらず、様々な罪ではない帰属として提供していた人の信仰、バプテスマを受けています。 The decrees of the Council of Trent, drawn up in opposition to the then prevailing errors, bear witness to the many strange and novel theories broached by various exponents of the nascent Protestant theology.トレントは、評議会の政令、立案、当時の支配に反対して、エラーが発生すると、多くの奇妙な証言や小説broachedされた様々な理論は、新生プロテスタント神学exponents 。

XIII. 13 。 MINISTER OF THE SACRAMENT大臣は、聖餐式

The Church distinguishes between the ordinary and the extraordinary minister of baptism.普通の教会との間の区別の臨時大臣の洗礼。 A distinction is also made as to the mode of administration.区別をするとしても、前政権のモードです。 Solemn baptism is that which is conferred with all the rites and ceremonies prescribed by the Church, and private baptism is that which may be administered at any time or place according to the exigencies of necessity.厳粛な洗礼を与えられたのは、これはすべての儀式や式典で規定された教会、そして民間の洗礼は、いつでも投与される可能性がありますかの難局によると、必要な場所です。 At one time solemn and public baptism was conferred in the Latin Church only during the paschal season and Whitsuntide.で、国民の厳粛な洗礼の1つは、与えられた時間は、ローマカトリック教会の復活祭のシーズン期間中のみと聖霊降臨節です。 The Orientals administered it likewise at the Epiphany.同様に投与することで、エピファニーorientals 。

(1) Ordinary Minister ( 1 )経常大臣

The ordinary minister of solemn baptism is first the bishop and second the priest.普通の大臣の厳粛な洗礼は、最初と2番目の司教司祭。 By delegation, a deacon may confer the sacrament solemnly as an extraordinary minister.された代表団は、 5月に協議の聖餐ディーコン臨時大臣として厳粛です。

Bishops are said to be ordinary ministers because they are the successors of the Apostles who received directly the Divine command: "Go and teach all nations, baptizing them in the name of the Father and of the Son and of the Holy Ghost."Priests are also ordinary ministers because by their office and sacred orders they are pastors of souls and administrators of the sacraments, and hence the Florentine decree declares: "The minister of this Sacrament is the priest, to whom it belongs to administer baptism by reason of his office."司教ていると言われる普通の閣僚があっても、後継者は、使徒たちの神の命令を直接受け取った: "すべての国に行くと教えるのは、かれらの名の命名には、父と息子とは、聖霊よ"プリーストは、そのため、オフィスでも普通の閣僚や受注彼らは神聖な魂と、管理者は、牧師の秘跡、そしてそれ故、フィレンツェ令を宣言: "この聖礼典部長官は、司祭は、誰に洗礼を施すことを理由に属します執務室"と述べた。 As, however, bishops are superior to priests by the Divine law, the solemn administration of this sacrament was at one time reserved to the bishops, and a priest never administered this sacrament in the presence of a bishop unless commanded to do so.が、しかし、司教は、神の優秀さをプリースト法では、この政権の聖餐式の厳粛な時間を予約していたのは1つの司教、司祭は決して投与すると、これは、聖餐式が存在するかしない限り、司教を命じそうしています。 How ancient this discipline was, may be seen from Tertullian (De Bapt., xvii):この規律がどのように古代、見られるかもしれないからtertullian (デbapt 。 、 17 ) :

The right to confer baptism belongs to the chief priest who is the bishop, then to priests and deacons, but not without the authorization of the bishop.洗礼を協議する権利に属する人は、ビショップ住職は、その後にdeaconsプリーストとしますが、司教の許可なし。

Ignatius (Ep. ad Smyr., viii): "It is not lawful to baptize or celebrate the agape without the bishop."イグナティウス( ep.広告smyr 。 、 8 ) : "合法的に洗礼を施すことではない、口を開けたりせずに、ビショップを祝う"と述べた。 St. Jerome (Contra Lucif., ix) witnesses to the same usage in his days: "Without chrism and the command of the bishop, neither priest nor deacon has the right of conferring baptism."聖ジェローム(コントラlucif 。 、 9世)と同じ使い方を目撃した人には彼の日: "なし聖油とは、コマンドの司教、司祭どちらもディーコン協議には、右の洗礼"と述べた。

Deacons are only extraordinary ministers of solemn baptism, as by their office they are assistants to the priestly order.長官は、臨時deaconsのみの厳粛な洗礼は、自分のオフィスでアシスタントをしている聖職者のために。 St. Isidore of Seville (De Eccl, Off., ii, 25) says: "It is plain that baptism is to be conferred by priests only, and it is not lawful even for deacons to administer it without permission of the bishop or priest."聖isidoreのセビージャ(デeccl 、オフにします。 、 2世、 25 )によれば: "それは平野がバプテスマによっては、プリーストのみに与えられた、合法的ではないとさえdeaconsを管理するための許可を得ることなく、司教または司祭"と述べた。 That deacons were, however, ministers of this sacrament by delegation is evident from the quotations adduced. deaconsことが、しかし、閣僚の代表団が明らかにされたこの聖礼典adducedからの引用。 In the service of ordination of a deacon, the bishop says to the candidate: "It behooves a deacon to minister at the altar, to baptize and to preach."本サービスの聖職授与式では、ディーコンは、候補者によれば、ビショップ: "それbehoofの複数のディーコン大臣は、祭壇には、説教を始動させるとしています。 " Philip the deacon is mentioned in the Bible (Acts 8) as conferring baptism, presumably by delegation of the Apostles.フィリップディーコンは、すでにこの聖書(行為8 )協議洗礼としては、おそらくされた代表団は、使徒です。

It is to be noted that though every priest, in virtue of his ordination is the ordinary minister of baptism, yet by ecclesiastical decrees he can not use this power licitly unless he has jurisdiction.それは、すべての司祭に注意しても、彼の聖職授与式では、普通の美徳大臣の洗礼は、教会令によって彼はまだ、この電源を使用することはできません彼には管轄権がない限り合法です。 Hence the Roman Ritual declares: The legitimate minister of baptism is the parish priest, or any other priest delegated by the parish priest or the bishop of the place." The Second Plenary Council of Baltimore adds: "Priests are deserving of grave reprehension who rashly baptize infants of another parish or of another diocese." St. Alphonsus (n. 114) says that parents who bring their children for baptism without necessity to a priest other than their own pastor, are guilty of sin because they violate the rights of the parish priest. He adds, however, that other priests may baptize such children, if they have the permission, whether express, or tacit, or even reasonably presumed, of the proper pastor. Those who have no settled place of abode may be baptized by the pastor of any church they choose.それ故、ローマ宣言の儀式:洗礼の合法的な大臣は、教区司祭、またはその他の司祭または委任された司教は、教区司祭の場所です"の2番目の本会議に追加ボルティモア: "プリーストは軽率に値する人の墓叱責幼児洗礼を施すのか、もう一つ別の教区司教管区です。 "聖アルフォンサス( n. 114 )によると、親たちの必要性をもたらすことなく自分の子供たちのためにバプテスマをする以外に、自分の牧師司祭は、罪を犯した罪は、彼らの権利を侵害するために、教区司祭。彼を追加、しかし、そのような子供たちに洗礼を施すことの他のプリーストが、もし彼らは、許可、急行するかどうか、または暗黙の、あるいは合理的に推定さは、適切な牧師のです。定住者の居所がないかもしれないし、バプテスマを受け彼らは、各教会の牧師を選択しています。

(2) Extraordinary Minister ( 2 )臨時大臣

In case of necessity, baptism can be administered lawfully and validly by any person whatsoever who observes the essential conditions, whether this person be a Catholic layman or any other man or woman, heretic or schismatic, infidel or Jew.必要な場合には、合法的に投与することができます洗礼されたすべての人が正規のものと人の本質的な条件を遵守し、この人物にするかどうかのカトリック素人またはその他の男でも女、または分離の異端、異端やユダヤ人です。

The essential conditions are that the person pour water upon the one to be baptized, at the same time pronouncing the words: "I baptize thee in the name of the Father and of the Son and of the Holy Ghost."して、その人には必要不可欠な条件の1つに水を差すバプテスマを受けて、それと同時に発音の言葉: "私は、なたの名の下に洗礼を施すのは、父と息子と聖霊のです。 " Moreover, he must thereby intend really to baptize the person, or technically, he must intend to perform what the Church performs when administering this sacrament.しかも、彼は実際に洗礼を施す必要がありますつもりその人が、あるいは技術的には、彼は何を実行する必要があります意向を投与し、この際、教会の聖餐式を行う。

The Roman Ritual adds that, even in conferring baptism in cases of necessity, there is an order of preference to be followed as to the minister.ローマの儀式を追加して、バプテスマで協議でも例の必要性は、そこには、好みの順に続いて、大臣としてです。 This order is: if a priest be present, he is to be preferred to a deacon, a deacon to a subdeacon, a cleric to a layman, and a man to a woman, unless modesty should require (as in cases of childbirth) that no other than the female be the minister, or again, unless the female should understand better the method of baptizing.この注文は:司祭に存在する場合は、推奨されるが、彼はディーコンは、副輔祭助祭には、聖職者には素人には、一人の男と女には、慎み深さは必要とされない限り(例として、出産)して以外にはない女性部長官、あるいはまた、女性は理解していなければ、より良い方法を命名。 The Ritual also says that the father or mother should not baptize their own child, except in danger of death when no one else is at hand who could administer the sacrament.儀式の父親や母親もいると語ってはいけない、自分の子供の洗礼を除いて、死の危険にさらされ誰もいない時には人の手が聖餐式です。 Pastors are also directed by the Ritual to teach the faithful, and especially midwives, the proper method of baptizing.牧師は、指示されたにも忠実な儀式を教えるのは、その中でも特に助産師は、適切な命名法です。 When such private baptism is administered, the other ceremonies of the rite are supplied later by a priest, if the recipient of the sacrament survives.このようなときには、民間の洗礼投与は、他の式典の後、儀式が供給される司祭は、受信者の場合は、聖餐式を切り抜ける。

This right of any person whatsoever to baptize in case of necessity is in accord with the constant tradition and practice of the Church.この権利をすべての人に洗礼を施すものでは、例の必要性に合意して定数は、教会の伝統との練習。 Tertullian (De Bapt., vii) says, speaking of laymen who have an opportunity to administer baptism: "He will be guilty of the loss of a soul, if he neglects to confer what he freely can," St. Jerome (Adv. Lucif., ix): "In case of necessity, we know that it is also allowable for a layman [to baptize]; for as a person receives, so may he give," The Fourth Council of the Lateran (cap. Firmiter) decrees: "The Sacrament of Baptism . . . no matter by whom conferred is available to salvation," St. Isidore of Seville (can. Romanus de cons., iv) declares: "The Spirit of God administers the grace of baptism, although it be a pagan who does the baptizing," Pope Nicholas I teaches the Bulgarians (Resp, 104) that baptism by a Jew or a pagan is valid. tertullian (デbapt 。 、 7 )によれば、話す機会を持つ人の素人は洗礼を施す: "彼は、有罪とされる損失の魂は、もし彼neglects彼は自由に何を協議することは、 "聖ジェローム( adv. lucif 。 、 9 ) : "の必要性を例に、我々は知っていることを許容することは素人でも[に洗礼を施す] ;ために、人として受け取りますので、彼を与える可能性は、 "第4ラテラン公会議( cap. firmiter )令: "の洗礼の聖礼典。 。 。いようが利用できるように救いを与えられた者は、 "聖isidoreのセビージャ( can. romanusデ短所だ。 、 IV )を宣言: "の精神に神の恵みの洗礼管理、にもかかわらずそれが異教の命名者は、 "私を教え、ブルガリア人の法王ニコラス(対応は、 104 )に洗礼されたユダヤ人と異教徒が有効です。

Owing to the fact that women are barred from enjoying any species of ecclesiastical jurisdiction, the question necessarily arose concerning their ability to bestow valid baptism.せいには女性が禁じられるという事実を楽しんで任意の種の教会の管轄は、彼らの能力に関する疑問が生じた必ずしも有効な洗礼を授ける。 Tertullian (De Bapt., xvii) strongly opposes the administration of this sacrament by women, but he does not declare it void. tertullian (デbapt 。 、 17 )に強く反対して投与された女性は、この聖餐式が、ボイドは思っていないことを宣言します。 In like manner, St. Epiphanius (Hær., lxxix) says of females: "Not even the power of baptizing has been granted to them", but he is speaking of solemn baptism, which is a function of the priesthood.同じように、聖聖エピファニオス( hær. 、 79 )によると、女性: "の力もないが付与された命名して"と、彼は厳粛な洗礼といえば、これは、関数の聖職に就く。 Similar expressions may be found in the writings of other Fathers, but only when they are opposing the grotesque doctrine of some heretics, like the Marcionites, Pepuzians, and Cataphrygians, who wished to make Christian priestesses of women.似たような表現が記述されて、他の祖先が、グロテスクに反対している場合のみ、いくつかの異端の教義は、このようなmarcionites 、 pepuzians 、およびcataphrygians 、キリスト教priestesses作る人の女性を希望しています。 The authoritative decision of the Church, however, is plain.決定は、教会の権威あるが、あっさりしている。 Pope Urban II (c. Super quibus, xxx, 4) writes, "It is true baptism if a woman in case of necessity baptizes a child in the name of the Trinity."ウルバヌス2世( c.スーパーquibusに、 XXX 、 4 )書き込みは、 "もしそれが本当の女性が洗礼baptizes例の必要性の名の下、子供のトリニティ"と述べた。 The Florentine decree for the Armenians says explicitly: "In case of necessity, not only a priest or a deacon, but even a layman or woman, nay even a pagan or heretic may confer baptism."フィレンツェ令によれば、明示的には、アルメニア人: "必要な場合には、司祭や助祭だけでなく、素人でもするかの女、いや協議する可能性すらある異教や異端洗礼"と述べた。

The main reason for this extension of power as to the administration of baptism is of course that the Church has understood from the beginning that this was the will of Christ.この拡張モジュールの主な理由として、電力の管理には、もちろん、教会の洗礼は、初めから理解しては、これは、キリストのだ。 St. Thomas (III:62:3) says that owing to the absolute necessity of baptism for the salvation of souls, it is in accordance with the mercy of God, who wishes all to be saved, that the means of obtaining this sacrament should be put, as far as possible, within the reach of all; and as for that reason the matter of the sacrament was made of common water, which can most easily be had, so in like manner it was only proper that every man should be made its minister.セントトマス( ⅲ : 62:3 )によれば、絶対的な必要性により、バプテスマの魂を救い、それは神のなすがままに基づいて、すべての人の願いに保存して、それを入手するための手段は、この聖礼典入れるには、できるだけ遠いところには、すべての内に達する;そしてその理由としては、その件については前に共通の水聖餐式は、最も簡単にすることができますが、今のようなやり方では、全ての男だけだったの適切しなければならない前の大臣。 Finally, it is to be noted that, by the law of the Church, the person administering baptism, even in cases of necessity, contracts a spiritual relationship with the child and its parents.最後に、これは注目されることは、この法律によって、教会は、その人の洗礼を投与し、必要な例でも、精神的な契約関係にある児童とその親。 This relationship constitutes an impediment that would make a subsequent marriage with any of them null and void unless a dispensation were obtained beforehand.この関係を構成することは、障害のいずれかを行うことでその後の結婚を無効とする場合を除き、事前に入手した特免いた。 See AFFINITY.親和性を参照してください。

XIV. 14 。 RECIPIENT OF BAPTISMレシピエントの洗礼

Every living human being, not yet baptized, is the subject of this sacrament.すべての人間の生活は、まだバプテスマを受け、件名には、この聖礼典です。

(1) Baptism of Adults ( 1 )大人の洗礼

As regards adults there is no difficulty or controversy.大人に関して論争がないか困難です。 Christ's command excepts no one when He bids the Apostles teach all nations and baptize them.キリストのコマンドexcepts誰も彼の入札の際にすべての国と使徒洗礼を施すことを教える。

(2) Baptism of Infants ( 2 )幼児洗礼

Infant baptism has, however, been the subject of much dispute.幼児洗礼が、しかし、多くの議論の主題とされています。 The Waldenses and Cathari and later the Anabaptists, rejected the doctrine that infants are capable of receiving valid baptism, and some sectarians at the present day hold the same opinion. cathariおよびそれ以降のワルド派とのanabaptists 、その教義を拒否しては、幼児洗礼を受信できる有効な、そしていくつかのsectarians現今では、同じ意見を持っています。

The Catholic Church, however, maintains absolutely that the law of Christ applies as well to infants as to adults.カトリック教会は、しかし、キリストの法則を維持して絶対にも適用されますように幼児から大人まで。 When the Redeemer declares (John 3) that it is necessary to be born again of water and the Holy Ghost in order to enter the Kingdom of God, His words may be justly understood to mean that He includes all who are capable of having a right to this kingdom.そのときに買い戻すことを宣言(ジョン3 )することが必要とされる水の生まれ変わるためには、聖霊が神の国に入るのは、彼の言葉の意味を理解して当然かもしれないがすべて含まれている彼は有能な権利を持つこの王国です。 Now, He has asserted such a right even for those who are not adults, when He says (Matthew 19:14): "Suffer the little children, and forbid them not to come to me: for the kingdom of heaven is for such."今、彼は、そのような権利を主張する人々にとっては大人でも、時と彼は言います(マタイ19時14分) : "に苦しむ子供たちのほとんどは、禁止していないと話が来てから:ためには天国のようだ。 " It has been objected that this latter text does not refer to infants, inasmuch as Christ says "to come to me".後者に反対してきたこのテキストを参照していない乳幼児は、キリストによれば〜だけれども"私に来る" 。 In the parallel passage in St. Luke (18:15), however, the text reads: "And they brought unto him also infants, that he might touch them"; and then follow the words cited from St. Matthew.聖ルカ通路では、パラレル( 18:15 ) 、しかし、そのテキストを読み取ります: "かれらもかれにもたらした乳幼児は、かれらが彼に触れるかもしれない" ;とした後、次の言葉を引用マタイからです。 In the Greek text, the words brephe and prosepheron refer to infants in arms.ギリシャ語のテキストでは、単語やbrephe乳幼児を参照している武器のprosepheron 。

Moreover, St. Paul (Colossians 2) says that baptism in the New Law has taken the place of circumcision in the Old.また、聖パウロ(コロサイ人への手紙2 )洗礼は、新しい法律によれば、その場所の割礼コラボレーションで、古いです。 It was especially to infants that the rite of circumcision was applied by Divine precept.それは、特に乳幼児には、神聖な儀式の割礼指針が適用されます。 If it be said that there is no example of the baptism of infants to be found in the Bible, we may answer that infants are included in such phrases as: "She was baptized and her household" (Acts 16:15); "Himself was baptized, and all his house immediately" (Acts 16:33); "I baptized the household of Stephanus" (1 Corinthians 1:16).もしそれがない、ということは、幼児の洗礼を例に見られる聖書には、我々が含まれて返事をしてそのようなフレーズとしては、乳幼児: "彼女は彼女の家計バプテスマを受け、 " (行為16:15 ) ; "自分自身は、バプテスマを受けて、すぐに全ての彼の家" ( 16時33行為) ; "私はバプテスマを受け、家計のステファヌス" ( 1コリンチャンス1時16分) 。 The tradition of Christian antiquity as to the necessity of infant baptism is clear from the very beginning.古代の伝統としてキリスト教の幼児洗礼は、その必要性を当初から明確にした。 We have given many striking quotations on this subject already, in dealing with the necessity of baptism.与えられた我々はこの問題について、すでに多くの顕著な引用、バプテスマの必要性に対処しています。 A few, therefore, will suffice here.数は、したがって、ここで充分です。

Origen (in cap. vi, Ep. ad Rom.) declares: "The Church received from the Apostles the tradition of giving baptism also to infants".原産地(キャップです。 viのは、欧州です。 ROMの広告です。 )宣言: "使徒教会の伝統の中から受信しても幼児洗礼を与える" 。 St. Augustine (Serm. xi, De Verb Apost.) says of infant baptism: "This the Church always had, always held; this she received from the faith of our ancestors; this she perseveringly guards even to the end."聖アウグスティヌス( serm. xi 、デapost動詞です。 )によれば、幼児洗礼: "この教会は、常に、常に開かれた;この彼女は私たちの祖先の信仰から受け取った;この警備員にも彼女は最後まで我慢強くています。 " St. Cyprian (Ep. ad Fidum) writes: "From baptism and from grace . . . must not be kept the infant who, because recently born, has committed no sin, except, inasmuch as it was born carnally from Adam, it has contracted the contagion of the ancient death in its first nativity; and it comes to receive the remission of sins more easily on this very account that not its own, but another's sins are forgiven it."聖シプリアン( ep.広告fidum )書き込み: "からバプテスマとグレースから。 。 。乳児に保たれてはならない人は、最近で生まれたので、罪関与していないが、除いては、それが生まれた〜だけれどもcarnallyアダムから、それは、契約したのは、古代の感染死は、最初に生まれ;と受け取ることになると、罪の赦しをより簡単にして、このアカウントではなく、独自の非常には、しかし、もう一つの罪が許されたんです"

St.Cyprian's letter to Fidus declares that the Council of Carthage in 253 reprobated the opinion that the baptism of infants should be delayed until the eighth day after birth. st.cyprianさんに手紙を宣言して、信頼できるカルタゴ評議会の意見では、 253 reprobated幼児洗礼まで延期しなければならないの8番目の誕生日の翌日。

The Council of Milevis in 416 anathematizes whosoever says that infants lately born are not to be baptized. 416 anathematizesで、誰でもmilevis評議会によると、最近に生まれた幼児バプテスマを受けてはいけない。

The Council of Trent solemnly defines the doctrine of infant baptism (Sess. VII, can. xiii).トレントの評議会の教義を厳粛に幼児洗礼を定義します( sess. 7世は、次のです。 13 ) 。 It also condemns (can. xiv) the opinion of Erasmus that those who had been baptized in infancy, should be left free to ratify or reject the baptismal promises after they had become adult.また、非難の意見( can. 14 )エラスムスバプテスマを受けていた者たちが幼少のころには、左側の自由を批准したりしなければならないの洗礼を拒否すると約束した後彼らは大人になる。

Theologians also call attention to the fact that as God sincerely wishes all men to be saved, He does not exclude infants, for whom baptism of either water or blood is the only means possible.神学者にも注意するよう呼び掛けるという事実を心から願い、神として保存されるすべての男性には、彼が持っていない乳幼児除外は、誰のために水や血の洗礼は、どちらかの手段のみ可能です。 The doctrines also of the universality of original sin and of the all-comprehending atonement of Christ are stated so plainly and absolutely in Scripture as to leave no solid reason for denying that infants are included as well as adults.その教説の普遍性にもオリジナルとは、すべての罪の償い- comprehendingはっきりとキリストのためには絶対に記載さとして啓典を残すことを否定する理由はない固体乳幼児だけでなく、大人が含まれています。

To the objection that baptism requires faith, theologians reply that adults must have faith, but infants receive habitual faith, which is infused into them in the sacrament of regeneration.信仰の洗礼を必要として反対して、大人の神学者に返信して信仰する必要がありますが、常習的な信仰を受ける乳幼児、これは、聖餐式の注入を再生している。 As to actual faith, they believe on the faith of another; as St. Augustine (De Verb. Apost., xiv, xviii) beautifully says: "He believes by another, who has sinned by another."信仰として実際には、彼らを信じる信仰上の別;として聖アウグスティヌス(デ動詞です。 apost 。 、 14 、 18 )によれば美しく: "と彼は考えて別のは、人によっては、別のsinned 。 "

As to the obligation imposed by baptism, the infant is obliged to fulfill them in proportion to its age and capacity, as is the case with all laws.洗礼を課せられた義務としては、幼児の義務を果たすことは、年齢や能力に比例して、すべての法律としては、このケースにしています。 Christ, it is true, prescribed instruction and actual faith for adults as necessary for baptism (Matthew 28; Mark 16), but in His general law on the necessity of the sacrament (John 3) He makes absolutely no restriction as to the subject of baptism; and consequently while infants are included in the law, they can not be required to fulfill conditions that are utterly impossible at their age.キリストは、それが事実であれば、所定の命令で、実際には大人としての信仰のために必要な洗礼(マタイ28 ;マーク16 ) 、しかし彼は、一般的な法律上の必要性聖餐式(ジョン3 )として、彼は絶対に制限されていないの件名洗礼;乳幼児とその結果が含まれている間は、法では、かれらの条件を満たすことができないことが要求されることは、自分の年齢は全く不可能です。 While not denying the validity of infant baptism, Tertullian (De Bapt., xviii) desired that the sacrament be not conferred upon them until they have attained the use of reason, on account of the danger of profaning their baptism as youths amid the allurements of pagan vice.妥当性を否定していない間に幼児洗礼、 tertullian (デbapt 。 、 18 )を希望してかれらに与えられた神聖なものではない彼らが達成されるまで使用する理由は、自分のアカウントには、危険がprofaningとしての洗礼の中で、若者のallurements異教の副。 In like manner, St. Gregory Nazianzen (Or. xl, De Bapt.) thought that baptism, unless there was danger of death, should be deferred until the child was three years old, for then it could hear and respond at the ceremonies.同じように、聖グレゴリーnazianzen ( or. XLサイズは、デbapt 。 )洗礼考えたことは、死の危険があった場合を除き、繰延しなければならない子供は、 3歳になるまでは、それが聞こえたとの対応のための儀式です。 Such opinions, however, were shared by few, and they contain no denial of the validity of infant baptism.このような意見は、しかし、いくつかの共有されるが、かれらが含まれていない幼児洗礼の正当性を否定するのです。 It is true that the Council of Neocæsarea (can. vi) declares that an infant can not be baptized in its mother's womb, but it was teaching only that neither the baptism of the mother nor her faith is common to her and the infant in her womb, but are acts peculiar to the mother alone.それは事実だが、評議会neocæsarea ( can. vi )の乳児を宣言することはできませんが、バプテスマを受け、母親の胎内が、それはどちらも教えることだけが、母親の洗礼も彼女の信仰が共通して彼女と彼女の乳児胎内ではなく、母親だけでは、特有の行為です。

(3) Baptism of Unborn Infants ( 3 )胎児幼児洗礼

This leads to the baptism of infants in cases of difficult delivery.この幼児洗礼をリードして難産例です。 When the Roman Ritual declares that a child is not to be baptized while still enclosed (clausus) in its mother's womb, it supposes that the baptismal water can not reach the body of the child.ローマの儀式の時に宣言して、子供ではないが、バプテスマを受けながら同封(人数の制限)は、母親の胎内、それは、洗礼supposes水に達することができない体には、子供です。 When, however, this seems possible, even with the aid of an instrument, Benedict XIV (Syn. Diaec., vii, 5) declares that midwives should be instructed to confer conditional baptism.ときには、しかし、このよう可能な限りの援助をもってしても、楽器は、ベネディクト14世( syn. diaec 。 、第VII 、 5 )宣言して助産師と協議しなければならない条件付き洗礼を指示した。 The Ritual further says that when the water can flow upon the head of the infant the sacrament is to be administered absolutely; but if it can be poured only on some other part of the body, baptism is indeed to be conferred, but it must be conditionally repeated in case the child survives its birth, It is to be noted that in these last two cases, the rubric of the Ritual supposes that the infant has partly emerged from the womb.さらにその儀式の時によると、水の流れを頭の上には、乳児の聖餐式は、絶対的に投与される;でも、もしそれができるいくつかの他の部分だけを注ぎ、体は、実際に与えられたバプテスマは、それ必要があります。繰り返される場合は、条件付きで、出生児生存、それは、これらに注意してから最後の2つのケースでは、この儀式supposes朱書きの部分は、幼児が子宮から出ている。 For if the fetus was entirely enclosed, baptism is to be repeated conditionally in all cases (Lehmkuhl, n, 61).胎児に移行するためには、完全に囲まれた場合は、条件付きで繰り返される洗礼は、すべてのケース(レームクール、なし、 61 ) 。

In case of the death of the mother, the fetus is to be immediately extracted and baptized, should there be any life in it.例では、母親の死は、胎児が抽出されるとすぐに、バプテスマを受け、そこにはどんな生活をしてください。 Infants have been taken alive from the womb well after the mother's death.乳幼児がとられた後、生きている井戸から、母親の胎内死。 After the Cæsarean incision has been performed, the fetus may be conditionally baptized before extraction if possible; if the sacrament is administered after its removal from the womb the baptism is to be absolute, provided it is certain that life remains. cæsarean切開が実行された後に、条件付きでバプテスマを受け、胎児に移行するかもしれない前に抽出可能な場合;場合は、投与後の聖餐式子宮から除去されるのは、絶対的な洗礼は、人生の遺跡が提供していることは確かだ。 If after extraction it is doubtful whether it be still alive, it is to be baptized under the condition: "If thou art alive".抽出した後かどうかは疑わしい場合にもまだ生きていること、それは、バプテスマを受けされる条件の下: "もしなた生きている" 。 Physicians, mothers, and midwives ought to be reminded of the grave obligation of administering baptism under these circumstances.医師は、母親と助産師でなければならない重大な義務を想起させ、このような状況の下で洗礼を投与しています。 It is to be borne in mind that according to the prevailing opinion among the learned, the fetus is animated by a human soul from the very beginning of its conception.それは負担されることを念頭に置いての意見によると、現行のうち、学習は、アニメーションでは、人間の魂の胎児から、非常にその構想の始まりです。 In cases of delivery where the issue is a mass that is not certainly animated by human life, it is to be baptized conditionally: "If thou art a man."どこの例で配達されていない問題については、確かに大量のアニメーションを人間の生命、バプテスマを受けされることが条件: "もしなた一人の男。 "

(4) Baptism of Insane Persons ( 4 )非常識な人の洗礼

The perpetually insane, who have never had the use of reason, are in the same category as infants in what relates to the conferring of baptism, and consequently the sacrament is valid if administered.絶え間なく非常識なのは、使用したことがない人の理由は、同じカテゴリーには、乳幼児には、何の関連性の洗礼を協議し、その結果、聖餐式が有効な場合に投与されます。

If at one time they had been sane, baptism bestowed upon them during their insanity would be probably invalid unless they had shown a desire for it before losing their reason.一度にされていた場合にサネは、かれらの洗礼授けられた彼らの中に狂気が無効な場合を除き、おそらく彼らはそれを前に意欲を示してその理由を失う。 Moralists teach that, in practice, this latter class may always be baptized conditionally, when it is uncertain whether or not they had ever asked for baptism (Sabetti, no. 661). moralists教えることは、実際には、このクラスは、常に後者の条件付きでバプテスマを受け、するかどうか不確かなときはこれまで求めていた洗礼( sabetti 、いいえ。 661 ) 。 In this connection it is to be remarked that, according to many writers, anyone who has a wish to receive all things necessary to salvation, has at the same time an implicit desire for baptism, and that a more specific desire is not absolutely necessary.これと関連して発言されることは、多くの作家によると、希望する人は誰でも受け取るには、必要なすべてのものを救い、暗黙的にはそれと同時に洗礼願望は、より具体的であり、絶対に必要な欲求ではない。

(5) Foundlings ( 5 ) foundlings

Foundlings are to be baptized conditionally, if there is no means of finding out whether they have been validly baptized or not. foundlingsには、条件付きでバプテスマを受け、所見がない場合には手段を正当にバプテスマを受けているかどうかにあるとなかろうとされています。 If a note has been left with a foundling stating that it had already received baptism, the more common opinion is that it should nevertheless be given conditional baptism, unless circumstances should make it plain that baptism had undoubtedly been conferred.左側に注意されている場合があることを拾い洗礼を受けたことはすでに、より多くの共通の意見は、それが与えられる条件付きの洗礼ばならないにもかかわらず、事情がない限り平野しなければならないことは間違いないが協議していた洗礼。 O'Kane (no. 214) says that the same rule is to be followed when midwives or other lay persons have baptized infants in case of necessity. o'kane (第214 )によると、同様の規則に従うときにはレイ助産師またはその他の人々が必要な場合に乳幼児バプテスマを受けています。

(6) Baptism of the Children of Jewish and Infidel Parents ( 6 )ユダヤ教の洗礼は、子供たちの両親や異端

The question is also discussed as to whether the infant children of Jews or infidels may be baptized against the will of their parents.という質問をするかどうかについても議論は、ユダヤ人の子供たちや異端児かもしれないが、親が反対バプテスマを受けています。 To the general query, the answer is a decided negative, because such a baptism would violate the natural rights of parents, and the infant would later be exposed to the danger of perversion.一般的なクエリには、その答えは、否定的なことを決めたため、このような自然の洗礼は、親の権利を侵害し、それ以降の乳児は倒錯の危険にさらされる。 We say this, of course, only in regard to the liceity of such a baptism, for if it were actually administered it would undoubtedly be valid.私たちが言うには、もちろん、これと関連し、 liceityだけでこのような洗礼は、実際に投与された場合には間違いなく有効です。 St. Thomas (III:68:10) is very express in denying the lawfulness of imparting such baptism, and this has been the constant judgment of the Holy See, as is evident from various decrees of the Sacred Congregations and of Pope Benedict XIV (II Bullarii).セントトマス( ⅲ : 68:10 )は非常に高速でimpartingこのような洗礼の合法性を否定し、これと判断されている定数は、ローマ法王庁は、政令としては明らかからは、様々な聖なるcongregationsとのベネディクト14世( 2世bullarii ) 。 We say the answer is negative to the general question, because particular circumstances may require a different response.私たちが言うように、否定的な答えは、一般質問には、特別な事情のため、別の対応が必要かもしれません。 For it would undoubtedly be licit to impart such baptism if the children were in proximate danger of death; or if they had been removed from the parental care and there was no likelihood of their returning to it; or if they were perpetually insane; or if one of the parents were to consent to the baptism; or finally, if, after the death of the father, the paternal grandfather would be willing, even though the mother objected.それは間違いなくために正当な洗礼を与える場合、そのような子供たちは死の危険に近接;またはもしかれらが親の世話から取り外されている可能性がないと自分に戻ってそれ;またはもし彼らが絶え間なく非常識;か1つは、親の同意をしていたの洗礼;または最後に、もし、その父の死の後は、父方の祖父が喜んで、母親に反対したにもかかわらずだ。 If the children were, however, not infants, but had the use of reason and were sufficiently instructed, they should be baptized when prudence dictated such a course.もし、子供たちは、しかし、乳幼児ないが、使用するのは、十分な理由と指示したが、彼らにバプテスマを受けて慎重な対応をしなければならないようなコースを命令した。

In the celebrated case of the Jewish child, Edgar Mortara, Pius IX indeed ordered that he should be brought up as a Catholic, even against the will of his parents, but baptism had already been administered to him some years before when in danger of death.著名な例では、ユダヤ人の子供は、エドガーモルタラ、ピウス9世を注文して実際にしなければならないように育てられた彼はカトリック教徒でも、彼の両親に反対の意志が、彼の洗礼を投与され、すでに何年も前にいくつかの死の危険があるとき。

(7) Baptism of the Children of Protestant Parents ( 7 )洗礼は、プロテスタントの子供たちの親

It is not licit to baptize children against the will of their Protestant parents; for their baptism would violate parental right, expose them to the danger of perversion, and be contrary to the practice of the Church.正当に洗礼を施すことではないのは、彼らの子供たちに対する親プロテスタント;親の権利を侵害するために自分の洗礼が、それらを危険にさらす倒錯、そして、練習には、教会に反している。 Kenrick also strongly condemns nurses who baptize the children of Protestants unless they are in danger of death.看護師ケンリック強く非難する人もの子供たちにプロテスタントの洗礼を施すことがなければ死の危険にさらされています。

(8) Baptism with the Consent of Non-Catholic Parents ( 8 )バプテスマの同意を得て、非カトリック教徒の両親

Should a priest baptize the child of non-Catholic parents if they themselves desire it?司祭は、カトリックの洗礼を施すの子供の親以外の場合にそれを自分たちで願望ですか? He certainly can do so if there is reason to hope that the child will be brought up a Catholic (Conc. Prov, Balt., I, decr, x).彼は確かにできるような理由がある場合を期待して子供を育てされるカトリック( conc.地方は、バルト。 、私は、 decr 、 × ) 。 An even greater security for the Catholic education of such child would be the promise of one or both parents that they themselves will embrace the Faith.さらに大きな安全保障のためのカトリック教育などを約束すれば、児童の父母のいずれかまたは両方を受け入れることは、彼ら自身の信念だ。

(9) Baptism of the Dead ( 9 )洗礼オブザデッド

Concerning baptism for the dead, a curious and difficult passage in St. Paul's Epistle has given rise to some controversy.死者のための洗礼に関しては、困難な通路で、好奇心と聖パウロの信徒は、与えられたいくつかの論争に上昇した。 The Apostle says: "Otherwise what shall they do that are baptized for the dead, if the dead rise not again at all? Why are they then baptized for them?"その使徒によれば: "そうでなければどのようなものには死者のためのバプテスマを受け、上昇しない場合は再び死者のすべてのか?なぜ、彼らはその後、バプテスマを受けていますか? " (1 Corinthians 15:29). ( 1コリンチャンス15時29分) 。 There seems to be no question here of any such absurd custom as conferring baptism on corpses, as was practiced later by some heretical sects.ここにあると思われる質問はありません不合理なカスタムとしては、当該協議して洗礼遺体は、その後の練習では、いくつかの異端宗派。 It has been conjectured that this otherwise unknown usage of the Corinthians consisted in some living person receiving a symbolic baptism as representing another who had died with the desire of becoming a Christian, but had been prevented from realizing his wish for baptism by an unforeseen death.このconjecturedてきたことは、それ以外の用途不明のコリンチャンスで構成さを象徴するいくつかの洗礼を受けて生きている人間の代表として他の人が死亡していたキリスト教の欲望になりつつあるのではなくていた彼の願いを実現するための洗礼を阻止されたから、不慮の死。 Those who give this explanation say that St. Paul merely refers to this custom of the Corinthians as an argumentum ad hominem, when discussing the resurrection of the dead, without approving the usage mentioned.このような説明を与える人に過ぎないと言うことを指します聖パウロは、コリンチャンスとして、このカスタム対人論証は、死者の復活を議論する際には、使用量言及せずに同意した。

Archbishop MacEvilly in his exposition of the Epistles of St. Paul, holds a different opinion. macevilly大司教は、彼の博覧会の聖パウロの書簡は、さまざまな意見を保持しています。 He paraphrases St. Paul's text as follows: "Another argument in favor of the resurrection. If the dead will not arise, what means the profession of faith in the resurrection of the dead, made at baptism? Why are we all baptized with a profession of our faith in their resurrection?"彼は聖パウロのテキストparaphrases以下のとおり: "もう1つの引数の復活に賛成です。生じる場合は、死者は、どのような信仰告白の手段は、死者のよみがえり、前に洗礼?理由は、バプテスマを受けて、我々のすべての職業我々の信仰は、復活のですか? " The archbishop comments, as follows:大司教のコメントは、以下のとおり:

It is almost impossible to glean anything like certainty as to the meaning of these very abstruse words, from the host of interpretations that have been hazarded regarding them (see Calmet's Dissertation on the matter).何かを集めることはほとんど不可能のように確実にこれらの非常に難解な言葉の意味は、ホストからの解釈をしてきたことについてhazarded (カルメの論文は、問題を参照してください) 。 In the first place, every interpretation referring the words 'baptized', or 'dead' to either erroneous or evil practices, which men might have employed to express their belief in the doctrine of the resurrection, should be rejected; as it appears by no means likely that the Apostle would ground an argument, even though it were what the logicians call an argumentum ad hominem, on either a vicious or erroneous practice.まず第一に、すべての言葉の解釈に言及'バプテスマを受け' 、 '死'を悪のどちらかまたは誤った慣行は、男性が自分の信念を表明する可能性がある従業員は、復活の教義は、却下しなければならない;として表示されていないこと地上の使徒のようなものを意味する引数は、たとえそれがどのような対人論証の論理学者コールする、または悪質な誤った慣行上のどちらかだ。

Besides, such a system of reasoning would be quite inconclusive.それに加えて、このようなシステムの推論もかなり達しない。 Hence, the words should not be referred to either the Clinics, baptized at the hour of death, or to the vicarious baptisms in use among the Jews, for their departed friends who departed without baptism.したがって、その言葉のいずれかを言及してはならないクリニックは、 1時間で死のバプテスマを受け、または使用中には代償baptisms 、ユダヤ人の間では、故人の友人たちは、出国せずに洗礼。

The interpretation adopted in the paraphrase makes the words refer to the Sacrament of Baptism, which all were obliged to approach with faith in the resurrection of the dead as a necessary condition.採択の解釈により、単語の言い換え聖餐式の洗礼を参照して、これですべてのアプローチが義務付けられ、死者の復活を信じているとして、必要な条件を指定します。 'Credo in resurrectionem mortuorum'. 'クレドでresurrectionem mortuorum ' 。 This interpretation -- the one adopted by St. Chrysostom -- has the advantage of giving the words 'baptized' and 'dead' their literal signification.この解釈-の1つで採択された聖クリュソストモス-その言葉を与えることの利点は、 'バプテスマを受け'と'死んだ'のリテラルの意義です。

The only inconvenience in it is that the word resurrection is introduced.それだけでは不便では、復活という言葉を導入しています。 But, it is understood from the entire context, and is warranted by a reference to other passages of Scripture.しかし、全体の文脈から理解することは、正当化されるとは、他の通路の啓典を参照してください。 For, from the Epistle of the Hebrews (6:2) it appears that a knowledge of the faith of the resurrection was one of the elementary points of instruction required for adult baptism; and hence the Scriptures themselves furnish the ground for the introduction of the word.ためには、信徒からのヘブル人への手紙( 6時02分)が表示されますが、それに関する知識は、復活の信仰がポイントの1つは、初等教育のために必要な成人洗礼;そしてそれ故、聖書そのものの導入のための土台を提供する、ワードです。 There is another probable interpretation, which understands the words 'baptism' and 'dead' in a metaphorical sense, and refers them to the sufferings which the Apostles and heralds of salvation underwent to preach the Gospel to the infidels, dead to grace and spiritual life, with the hope of making them sharers in the glory of a happy resurrection.概には別の解釈では、言葉を理解して'洗礼'と'死'に比喩的な意味では、かれらの苦悩とを指しますが、使徒や救世heraldsの伝道を受けて、異端者は、死者に恵みと精神生活は、製造して交換して、希望の栄光の復活の幸せです。 The word 'baptism' is employed in this sense in Scripture, even by our divine Redeemer Himself -- 'I have a baptism wherewith to be baptized', etc. And the word 'dead' is employed in several parts of the New Testament to designate those spiritually dead to grace and justice.その言葉'洗礼'が採用され、この啓典の意味でも、私たちの神の贖い主によって自分自身-'私には何で洗礼をバプテスマを受け'等を使用し、その言葉'死んだ'は、いくつかのパーツが採用され、新約聖書に霊的に死んだ者を指定すると正義の恵みです。 In the Greek, the words 'for the dead', uper ton nekron that is, on account of or, in behalf of the dead, would serve to confirm, in some degree, this latter interpretation.ギリシャ語では、その言葉の死者のための' 、スーパーnekronトンでは、アカウントの上または、代表して死んで、サーブを確認すると、いくつかの度に、この後者の解釈だ。

These appear to be the most probable of the interpretations of this passage; each, no doubt, has its difficulties.これらのように見えるが、この解釈は、最も確からしい通過;ごとに、まちがいなく、には、困難です。 The meaning of the words was known to the Corinthians at the time of the Apostle.その言葉の意味を知っていた時点で、コリンチャンスの使徒です。 All that can be known of their meaning at this remote period, can not exceed the bounds of probable conjecture.すべてのことができるという意味で、このリモートの既知の期間中、予想を超えることはできません憶測の範囲内です。

(loc. cit., chap. xv; cf. also Cornely in Ep. I Cor.) ( loc. cit 。 、やつです。 15 ; cf 。 cornelyでも欧州です。私うわっています。 )

XV. 15 。 ADJUNCTS OF BAPTISM補助療法の洗礼

(1) Baptistery ( 1 )洗礼堂

According to the canons of the Church, baptism except in case of necessity is to be administered in churches (Conc. Prov. Balt., I, Decree 16).教会法によると、例の必要性を除いては、洗礼を投与される教会( conc.地方バルト。 、私は、令16 ) 。 The Roman Ritual says: "Churches in which there is a baptismal font, or where there is a baptistery close to the church".によれば、ローマの儀式: "教会で洗礼盤がある、あるいはそこには、近くの教会の洗礼堂" 。 The term "baptistery" is commonly used for the space set aside for the conferring of baptism.という言葉を"洗礼堂"とはよく使われるのは、スペースを空けておくための協議の洗礼。 In like manner the Greeks use photisterion for the same purpose -- a word derived from St. Paul's designation of baptism as an "illumination".同じように、ギリシア人は、同じ目的で使用するphotisterion -聖パウロの言葉から派生した名称の洗礼として"照明" 。

The words of the Ritual just cited, however, mean by "baptistery", a separate building constructed for the purpose of administering baptism.儀式だけの言葉を引用し、しかし、という意味で"洗礼堂"は、ビルの建設を個別に管理することを目的と洗礼。 Such buildings have been erected both in the East and West, as at Tyre, Padua, Pisa, Florence, and other places.このような建物が建立され、東と西の両方で、タイヤとしては、パドヴァ、ピサ、フィレンツェ、およびその他の場所です。 In such baptisteries, besides the font, altars were also built; and here the baptism was conferred.このようなbaptisteries 、フォントに加えて、祭壇も内蔵;そしてここでは、協議の洗礼。 As a rule, however, the church itself contains a railed-off space containing the baptismal font.ルールとしては、しかし、それ自体が含まれ、教会の柵の洗礼オフスペースを含むフォントです。 Anciently fonts were attached only to cathedral churches, but at the present day nearly every parish church has a font. anciently教会大聖堂のフォントのみに取り付けられていたが、現今ではほぼすべての教区教会には、フォントです。 This is the sense of the Baltimore decree above cited.これは、法令上の意味でのボルティモア挙げています。 The Second Plenary Council of Baltimore declared, however, that if missionaries judge that the great difficulty of bringing an infant to church is a sufficient reason for baptizing in a private house, then they are to administer the sacrament with all the prescribed rites.ボルティモア宣言した2番目の本協議会は、しかし、宣教師判断している場合は、大きな困難をもたらす教会では、幼児のための十分な理由で、民間住宅命名、それから彼らは聖餐式をして所定のすべての儀式です。

The ordinary law of the Church is that when private baptism is conferred, the remaining ceremonies are to be supplied not in the house but in the church itself.普通の法律は、民間の洗礼は、教会のは、与えられた時には、残りの式典ではない家の中で提供されるが、その教会そのものです。 The Ritual also directs that the font be of solid material, so that the baptismal water may be safely kept in it.この儀式にも指示して、フォントの固体物質は、水の洗礼かもしれないので、それを安全に保管しています。 A railing is to surround the font, and a representation of St. John baptizing Christ should adorn it.手すりをサラウンドでは、フォント、および、表現を飾ることは、キリストの聖ヨハネ命名。 The cover of the font usually contains the holy oils used in baptism, and this cover must be under lock and key, according to the Ritual.の表紙には、通常のフォントが含まれ、聖なる洗礼油で使用されて、このカバーの下にしなければならないとキーロックによると、儀式です。

(2) Baptismal Water ( 2 )水の洗礼

In speaking of the matter of baptism, we stated that true, natural water is all that is required for its validity.洗礼の問題でいえば、我々に記載して真のは、天然水には、その妥当性のすべてのことが必要です。 In administering solemn baptism, however the Church prescribes that the water used should have been consecrated on Holy Saturday or on the eve of Pentecost.厳かに洗礼を投与し、しかしその教会は、水prescribes聖体拝領して使用されるはずだった聖土曜日または聖霊降臨祭の前夜。 For the liceity (not validity) of the sacrament, therefore, the priest is obliged to use consecrated water. liceityためには、聖餐式(未妥当性) 、したがって、司祭は聖水を使用する義務を負う。 This custom is so ancient that we can not discover its origin.この風習は、古代だからその起源を発見することはできません。 It is found in the most ancient liturgies of the Latin and Greek Churches and is mentioned in the Apostolic Constitutions (VII, 43).見つかったことは、最も古代のliturgiesは、ラテン語、ギリシャ語使徒教会とは、すでにこの憲法(第VII 、 43 ) 。 The ceremony of its consecration is striking and symbolic.奉献式には、目を見張るのは、象徴的です。 After signing the water with the cross, the priest divides it with his hand and casts it to the four corners of the earth.十字架に署名した後、水では、それを手で割り、司祭と、それを投げかけ大地の四隅。 This signifies the baptizing of all the nations.この意味は、すべての国の命名です。 Then he breathes upon the water and immerses the paschal candle in it.それから彼は、水とimmersesを吸い込んだ時の復活祭のろうそくをしてください。

Next he pours into the water, first the oil of catechumens and then the sacred chrism, and lastly both holy oils together, pronouncing appropriate prayers.彼が降り注ぐ水の横には、まず、石油のcatechumensそれから聖なる聖油を、そして最後に聖なる油の両方を合わせ、適切な祈りを発音します。 But what if during the year, the supply of consecrated water should be insufficient?しかし、どうすれば2003年には、聖水の供給不足しなければならないか? In that case, the Ritual declares that the priest may add common water to what remains, but only in less quantity.その場合は、司祭の儀式を宣言して共通の水を追加してどのような遺跡かもしれませんが、少ない量でのみです。 If the consecrated water appears putrid, the priest must examine whether or not it is really so, for the appearance may be caused only by the admixture of the sacred oils.聖水場合、腐敗が表示されたら、その司祭が必要かどうかを調べることは本当に今は、その外観だけで、混和剤が原因かもしれないが、神聖なオイルです。 If it has really become putrid, the font is to be renovated and fresh water to be blessed by a form given in the Ritual.もし本当に腐敗することが、改装されたとされるフォントは、新鮮な水を祝福される形で与えられたの儀式です。 In the United States, the Holy See has sanctioned a short formula for the consecration of baptismal water (Conc. Plen. Balt., II).米国では、ローマ法王庁が認可短い奉献の洗礼式のために水( conc. plen 。バルト。 、 ⅱ ) 。

(3) Holy Oils ( 3 )聖なる油

In baptism, the priest uses the oil of catechumens, which is olive oil, and chrism, the latter being a mixture of balsam and oil.バプテスマでは、司祭では、石油のcatechumens 、これはオリーブオイル、および聖油、後者がバルサムと油の混合物です。 The oils are consecrated by the bishop on Maundy Thursday.聖体拝領用のオイルは、上の司教聖木曜日。 The anointing in baptism is recorded by St. Justin, St. John Chrysostom, and other ancient Fathers. anointingで記録されたのは、聖洗礼ジャスティンは、聖ヨハネクリュソストモス、およびその他の古代の祖先です。 Pope Innocent I declares that the chrism is to be applied to the crown of the head, not to the forehead, for the latter is reserved to bishops.インノケンティウス私聖油を宣言して適用されるのは、頭の冠ではなく、その額を、後者は予約のために司教です。 The same may be found in the Sacramentaries of St. Gregory and St. Gelasius (Martene, I, i).同じsacramentariesに見られるかもしれないと聖聖グレゴリーgelasius ( martene 、私は、私) 。 In the Greek Rite the oil of catechumens is blessed by the priest during the baptismal ceremony.儀式では、ギリシャのcatechumens油の中には、祝福された洗礼式の司祭。

(4) Sponsors ( 4 )スポンサー

When infants are solemnly baptized, persons assist at the ceremony to make profession of the faith in the child's name.幼児のときには、厳粛にバプテスマを受け、授賞式では、人々を支援する職業を作るのは、子供の名前を信じている。 This practice comes from antiquity and is witnessed to by Tertullian, St. Basil, St. Augustine, and others.大昔から来るとは、このような行為を目撃されたtertullian 、聖バジル、聖アウグスティヌス、および他のです。 Such persons are designated sponsores, offerentes, susceptores, fidejussores, and patrini.そのような人たちは指定sponsores 、 offerentes 、 susceptores 、 fidejussores 、およびpatrini 。 The English term is godfather and godmother, or in Anglo-Saxon, gossip.名付け親用語は、英語のゴッドファーザーとは、アングロサクソンや、ゴシップ。

These sponsors, in default of the child's parents, are obliged to instruct it concerning faith and morals.これらのスポンサーは、デフォルトでは、児童の父母には、それに関する指示する義務を負うのは信仰やモラルです。 One sponsor is sufficient and not more than two are allowed. 1つ以上のスポンサーは十分ではなく二アール可。 In the latter case, one should be male and the other female.後者の場合は、 1つしなければならない、他の男性と女性です。 The object of these restrictions is the fact that the sponsor contracts a spiritual relationship to the child and its parents which would be an impediment to marriage.これらの制限は、そのオブジェクトのスポンサー契約をするという事実に精神的な関係を持つ子供とその親は、結婚への障害になる。 Sponsors must themselves be baptized persons having the use of reason and they must have been designated as sponsors by the priest or parents.スポンサーする必要がありますが、利用者自身によって、バプテスマを受けている必要があるとの理由で指定されてきたの司祭や父母のスポンサーです。 During the baptism they must physically touch the child either personally or by proxy.期間中、子供の洗礼しなければならないのどちらかを物理的にタッチされた個人またはプロキシです。 They are required, moreover, to have the intention of really assuming the obligations of godparents.彼らは必須であり、しかも、その意図を持つ義務godparents本当にいると仮定しています。 It is desirable that they should have been confirmed, but this is not absolutely necessary.しなければならないことが望ましいことが確認されましたが、これは絶対に必要なない。 Certain persons are prohibited from acting as sponsors.演技者としては、特定のスポンサーから禁止されています。 They are: members of religious orders, married persons in respect to each other, or parents to their children, and in general those who are objectionable on such grounds as infidelity, heresy, excommunication, or who are members of condemned secret societies, or public sinners (Sabetti, no. 663).彼らは:宗教的な受注のメンバーは、既婚者で、お互いに尊重し、あるいは親が子供には、一般的な人たちは、このような根拠として好ましくない不倫して、異端、破門、または死刑囚たちは秘密結社のメンバー、または公共罪人( sabetti 、いいえ。 663 ) 。 Sponsors are also used in the solemn baptism of adults.スポンサーは、厳かにも使用されて大人の洗礼。 They are never necessary in private baptism.彼らは絶対に必要な民間の洗礼。

(5) Baptismal Name洗礼名( 5 )

From the earliest times names were given in baptism.太古の時代から洗礼名が与えられたのだ。 The priest is directed to see that obscene, fabulous, and ridiculous names, or those of heathen gods or of infidel men be not imposed.司祭は道理にかなっていないのを見て監督は、極め付きのは、ばかげて名前や、またはそれらの異端の異教の神々や課せ男性ではない。 On the contrary the priest is to recommend the names of saints.それどころか、司祭は、聖人の名前をお勧めします。 This rubric is not a rigorous precept, but it is an instruction to the priest to do what he can in the matter.この厳しい教訓朱書きではないが、それは、司祭に命令して、自分にできることは、問題を行う。 If parents are unreasonably obstinate, the priest may add a saint's name to the one insisted upon.両親は横紙破りの場合、 5月の司祭聖人の名前を追加するには1つの主張を明記。

(6) Baptismal Robe ( 6 )洗礼ローブ

In the primitive Church, a white robe was worn by the newly baptized for a certain period after the ceremony (St. Ambrose, De Myst., c. vii).原始教会で、白い衣を削られていたため、新たにバプテスマを受け、特定の期間の後、記念式典(聖アンブローズ、デミスト。千佳子7 ) 。 As solemn baptisms usually took place on the eves of Easter or Pentecost, the white garments became associated with those festivals.厳粛なbaptismsとしては、通常行わevesのイースターや聖霊降臨日、白い衣関連付けられているそれらのお祭りになった。 Thus, Sabbatum in Albis and Dominica in Albis received their names from the custom of putting off at that time the baptismal robe which had been worn since the previous vigil of Easter.したがって、アルビスsabbatumで自分の名前を受け取ったとアルビスドミニカでは、カスタムの先送りからその時点では、洗礼ローブ着用されていたので、前の徹夜の祈りのイースター。 It is thought that the English name for Pentecost -- Whitsunday or Whitsuntide, also derived its appellation from the white garments of the newly baptized.それは、英語の名前を考えて聖霊降臨-聖霊降臨節聖霊降臨か、またその名称から派生した白い衣装は、新たにバプテスマを受けています。 In our present ritual, a white veil is placed momentarily on the head of the catechumen as a substitute for the baptismal robe.私たちの現在の儀式では、白いベールが置かれた時々刻々の頭の洗礼志願者のための代用品としての洗礼ローブです。

XVI. 16 。 CEREMONIES OF BAPTISM式典の洗礼

The rites that accompany the baptismal ablution are as ancient as they are beautiful.同行の洗礼的な清めの儀式には、彼らは古代のように美しい。 The writings of the early Fathers and the antique liturgies show that most of them are derived from Apostolic times.この記述は、初期のアンティークliturgies祖先とは、ほとんどの人によると、ローマ教皇の回から派生した。

The infant is brought to the door of the church by the sponsors, where it is met by the priest.乳児をもたらしたのは、教会のドアがスポンサーされるが、ここは、司祭が満たされる。 After the godparents have asked faith from the Church of God in the child's name, the priest breathes upon its face and exorcises the evil spirit. godparentsが尋ねたようにした後、教会から神の信仰は、子供の名前は、その時の顔を吸い込んだと住職の悪霊exorcises 。 St. Augustine (Ep. cxciv, Ad Sixtum) makes use of this Apostolic practice of exorcising to prove the existence of original sin.聖アウグスティヌス( ep. cxciv 、広告sixtum )を使ってこの練習の使徒exorcising原罪の存在を証明する。 Then the infant's forehead and breast are signed with the cross, the symbol of redemption.その後、乳児の額と胸には、十字架に署名して、償還の象徴である。 Next follows the imposition of hands, a custom certainly as old as the Apostles.次の次の手を押し付けられていることは、確かに、カスタムとして、使徒として古い。 Some blessed salt is now placed in the mouth of the child.塩は現在、いくつかの祝福の児童の口の中に置かれています。 "When salt", says the Catechism of the Council of Trent "is put into the mouth of person to be baptized, it evidently imports that, by the doctrine of faith and the gift of grace, he should be delivered from the corruption of sin, experience a relish for good works, and be delighted with the food of divine wisdom." "ときに塩"は、評議会によれば、公教要理のトレント"は、口の中に入れて、人にバプテスマを受け、輸入を明らかにして、教義を信仰されると、プレゼントの恵みを受けて、彼は配達しなければならないから、腐敗の罪、を経験するための優れた作品を享受する、と喜んで、食べ物の神の知恵"と述べた。

Placing his stole over the child the priest introduces it into the church, and on the way to the font the sponsors make a profession of faith for the infant.自分の子供を盗んだ上に配置し、教会の司祭を紹介すること、およびその方法をして、フォントのスポンサー信仰の告白は、幼児のです。 The priest now touches the ears and nostrils of the child with spittle.住職の耳や鼻の穴に触れて今の子供がいることで唾。 The symbolic meaning is thus explained (Cat. C. Trid.) "His nostrils and ears are next touched with spittle and he is immediately sent to the baptismal font, that, as sight was restored to the blind man mentioned in the Gospel, whom the Lord, after having spread clay over his eyes, commanded to wash them in the waters of Siloe; so also he may understand that the efficacy of the sacred ablution is such as to bring light to the mind to discern heavenly truth."その象徴的な意味は、このように説明した( cat. c. trid 。 ) "は、彼の鼻の穴と耳の横に触れて唾を送られると、彼はすぐに洗礼盤、それは、復元されたような光景を目の不自由な人の言及は、福音書は、誰主は、彼の目を終え粘土広がり、かれらに命じられたの領海を洗うのシロエ;今も彼のことを理解して、聖なる洗浄効果をもたらすような光が心を天上の真理を識別する"と述べた。 The catechumen now makes the triple renunciation of Satan, his works and his pomps, and he is anointed with the oil of catechumens on the breast and between the shoulders: "On the breast, that by the gift of the Holy Ghost, he may cast off error and ignorance and may receive the true faith, 'for the just man liveth by faith' (Galatians 3:11); on the shoulders, that by the grace of the Holy Spirit, he may shake off negligence and torpor and engage in the performance of good works; 'faith without works is dead' (James 2:26)", says the Catechism.今の洗礼志願者の放棄により、トリプル悪魔は、彼の作品と彼のpomps 、と彼は、石油の聖なるcatechumensとの間には、乳房の肩: "は、乳房のは、そのプレゼントは、聖霊によって、彼は5月にキャスト無知とエラーが発生すると、真の信仰を受ける可能性は、 '信仰によって生きるために、ただの男' (ガラテヤ人への手紙3時11分) ;して肩には、その聖霊の恵みによって、彼は5月の過失を振り払うと、冬眠に従事するその性能の良い作品; '信仰なしで作品は死んで' (ジェームズ2時26分) "によると、公教要理。 The infant now, through its sponsors, makes a declaration of faith and asks for baptism.今の乳児は、スポンサーを通じて、信仰を宣言すると、洗礼を頼んでくる。 The priest, having meantime changed his violet stole for a white one, then administers the threefold ablution, making the sign of the cross three times with the stream of water he pours on the head of the child, saying at the same time: "N___, I baptize thee in the name of the Father and of the Son and of the Holy Ghost."住職は、その間に変えたために、白い1つを盗んだバイオレット、それから、三重の清めの水管理、製造、十字架の印を3倍の水の流れは、彼の頭の子供が降り注ぐ、と言ってそれと同時に: " n___は、私の名の下に洗礼を施すなんじのは、父と息子と聖霊のです。 " The sponsors during the ablution either hold the child or at least touch it.清めの水の中にスポンサーのどちらかまたは少なくとも子供を持つことに触れる。 If the baptism be given by immersion, the priest dips the back part of the head three times into the water in the form of a cross, pronouncing the sacramental words.バプテスマが与えられた場合、浸漬、降下住職の頭の後ろの部分の3倍の水を十字架の形で、聖礼典の単語を発音しています。 The crown of the child's head is now anointed with chrism, "to give him to understand that from that day he is united as a member to Christ, his head, and engrafted on His body; and therefore he is called a Christian from Christ, but Christ from chrism" (Catech.).クラウンは、子供の頭には今聖油公認して、 "彼を与えることを理解して1日からユナイテッドのメンバーとして、彼は、キリストには、彼の頭は、彼の体とengrafted ;だから彼は、キリスト教からキリストと呼ばれる、しかし、キリストから聖油" ( catech. ) 。 A white veil is now put on the infant's head with the words: "Receive this white garment, which mayest thou carry without stain before the judgment seat of Our Lord Jesus Christ, that thou mayest have eternal life. Amen."白いベールは今、乳児の頭の上に置くの言葉: "この白い衣を受け取る、これを運ぶことなく染色mayestなたの座席の前に私たちの主イエスキリストの判断は、永遠の命を持てることmayestなた。アーメン"と述べた。 Then a lighted candle is placed in the catechumen's hand, the priest saying: "Receive this burning light, and keep thy baptism so as to be without blame. Observe the commandments of God; that, when Our Lord shall come to His nuptials, thou mayest meet Him together with all the Saints and mayest have life everlasting, and live for ever and ever. Amen."その後、火をつけたろうそくが置かれ、洗礼志願者の手には、司祭と言って: "この燃える光を受ける、となたの洗礼を維持せずに非難されるようにします。神の戒めを観察する;ことは、わたしたちの主は、来るときに彼のnuptials 、なた彼に会うmayestのすべての聖徒とともに永遠の生命とmayestある、とこれまでとは永遠に生きています。アーメン"と述べた。 The new Christian is then bidden to go in peace.次に、新しいキリスト教は、平和に行く招かれた。

In the baptism of adults, all the essential ceremonies are the same as for infants.大人の洗礼は、すべての必要不可欠な儀式には幼児用と同じです。 There are, however, some impressive additions.が、しかし、いくつかの印象的な追加。 The priest wears the cope over his other vestments, and he should be attended by a number of clerics or at least by two.彼は他の司祭服を着ているのに対応する、と彼はしなければならない数多くの聖職者が出席したかによって、少なくとも2つです。 While the catechumen waits outside the church door, the priest recites some prayers at the altar.洗礼志願者を待つ間、教会のドアの外では、司祭の祈りは、いくつかの祭壇recites 。 Then he proceeds to the place where the candidate is, and asks him the questions and performs the exorcisms almost as prescribed in the ritual for infants.それから彼はその場所で、候補者の収益には、彼の質問や要求を実行しますexorcismsとほぼ同じで、所定の乳幼児のための儀式です。 Before administering the blessed salt, however, he requires the catechumen to make an explicit renunciation of the form of error to which he had formerly adhered, and he is then signed with the cross on the brow, ears, eyes, nostrils, mouth, breast, and between the shoulders.塩の祝福を投与する前に、しかし、彼には、明示的な洗礼志願者を放棄するという形でエラーが発生していた以前に付着し、それから彼は、十字架上の額に署名して、耳、目、鼻の穴、口、乳房は、肩との間のです。 Afterwards, the candidate, on bended knees, recites three several times the Lord's Prayer, and a cross is made on his forehead, first by the godfather and then by the priest.その後、その候補者は、ひざまずいて、数回のrecites 3つの主の祈りは、十字架とは、自分のおでこを前には、まず、それからされるゴッドファーザー司祭。 After this, taking him by the hand, the priest leads him into the church, where he adores prostrate and then rising he recites the Apostles' Creed and the Lord's Prayer.この後、彼の手を取っ、彼をリードし、教会の司祭が、そこには彼の上昇recites adoresサジダし、次に、使徒信条と主の祈りです。 The other ceremonies are practically the same as for infants.式典は、事実上、他の幼児向けのと同じです。 It is to be noted that owing to the difficulty of carrying out with proper splendor the ritual for baptizing adults, the bishops of the United States obtained permission from the Holy See to make use of the ceremonial of infant baptism instead.これは注目されることの難しさのせいにして遂行するための適切な命名の儀式大人の素晴らしさは、米国の司教の許可を得られた神聖な儀式を参照してくださいを使おうとするのではなく、幼児洗礼です。 This general dispensation lasted until 1857, when the ordinary law of the Church went into force.これまで続いた全般特免1857は、普通のときには、教会法の発効を行った。 (See COUNCILS OF BALTIMORE.) Some American dioceses, however, obtained individual permissions to continue the use of the ritual for infants when administering adult baptism. (協議会のボルティモアを参照してください。 )いくつかのアメリカのdioceses 、しかし、個々のパーミッションを得られたの使用を継続するための儀式の時に幼児洗礼成人投与。

XVII. 17 。 METAPHORICAL BAPTISM隠喩洗礼

The name "baptism" is sometimes applied improperly to other ceremonies.名前を"洗礼"他の式典にはときどき、正しく適用されます。

(1) Baptism of Bells ( 1 )バプテスマの鐘

This name has been given to the blessing of bells, at least in France, since the eleventh century.この名前を与えられてきた祝福の鐘は、少なくともフランスでは、 11世紀以来。 It is derived from the washing of the bell with holy water by the bishop, before he anoints it with the oil of the infirm without and with chrism within.に由来することは、ベルに神聖な水で洗浄された司教は、彼の前にして油anointsことなく、優柔不断な聖油内としています。 A fuming censer is then placed under it.発煙香炉の下に置かれたことは、それからです。 The bishop prays that these sacramentals of the Church may, at the sound of the bell, put the demons to flight, protect from storms, and call the faithful to prayer.これらのsacramentals司教は、教会の祈りをささげることが、鐘の音では、悪魔を置く飛行は、嵐から守るため、忠実に祈りをささげると呼ぶ。

(2) Baptism of Ships ( 2 )船舶の洗礼

At least since the time of the Crusades, rituals have contained a blessing for ships.その時以来、少なくとも十字軍は、祝福の儀式用の船が含まれています。 The priest begs God to bless the vessel and protect those who sail in it, as He did the ark of Noah, and Peter, when the Apostle was sinking in the sea.住職begs神の祝福を航行する船舶や人々を守ることに、彼は、ノアの箱舟、そしてピーターは、その時使徒は、海に沈みかかっている。 The ship is then sprinkled with holy water.この船は、次に聖水交えている。

Publication information Written by William H.W.ウィリアム書かれた文献情報hw Fanning.ファニング。 Transcribed by Charles Sweeney, S.J..転写されたチャールズスウィーニー、スバールバルヤンマイエン。 The Catholic Encyclopedia, Volume II.カトリック百科事典は、第Ⅱ巻です。 Published 1907.日付1907 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, 1907.公認、 1907 。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


Baptismバプテスマ

Jewish Viewpoint Information ユダヤ教の視点情報

A religious ablution signifying purification or consecration.宗教的な清めの水の浄化や奉献意味です。 The natural method of cleansing the body by washing and bathing in water was always customary in Israel (see Ablution, Bathing).体の自然浄化法の中の水を洗濯や入浴はいつも慣例で、イスラエル(清めの水を参照して、入浴) 。 The washing of their clothes was an important means of sanctification enjoined on the Israelites before the Revelation on Mt. Sinai (Ex. xix. 10).自分の服を洗濯物の清浄化は重要な意味を加味して、イスラエル人の前に啓示して山シナイ半島(例: 19 。 10 ) 。 The Rabbis connect with this the duty of bathing by complete immersion ("ṭebilah," Yeb. 46b; Mek., Baḥodesh, iii.); and since sprinkling with blood was always accompanied by immersion, tradition connects with this immersion the blood lustration mentioned as having also taken place immediately before the Revelation (Ex. xxiv. 8), these three acts being the initiatory rites always performed upon proselytes, "to bring them under the wings of the Shekinah" (Yeb. l.c.).ラビ接続して、この入浴の義務を完全に浸漬( " ṭebilah 、 " yeb 。 46b ; mek 。 、 baḥodesh 、 3世です。 ) ;として血が混ざって以来、常に伴う浸漬は、この伝統を接続して血液中に浸漬清めること言及直前に行われたとしても、ヨハネの黙示録(例: xxiv 。 8 ) 、これら3つの行為が行われ、始動時の儀式はいつもproselytes 、 "それらをもたらすshekinahの翼の下に" ( yeb.のLC ) 。

With reference to Ezek. ezekを参照してください。 xxxvi. 36 。 25, "Then will I sprinkle clean water upon you, and ye shall be clean," R. Akiba, in the second century, made the utterance: "Blessed art thou, O Israel! Before whom dost thou cleanse thyself? and who cleanses thee? Thy Father in heaven!" 25日、 "それならなたがたは、私振りかけるきれいな水、きれいれるとなたがたは、 "共和党アキバは、第2世紀には、前の発話: "祝福なた、なたイスラエル!前に自分自身を清めてなたドースト誰ですか、誰cleansesなんじですか?なたの父は、天国! " (Yoma viii. 9). ( yoma viii 。 9 ) 。 Accordingly, Baptism is not merely for the purpose of expiating a special transgression, as is the case chiefly in the violation of the so-called Levitical laws of purity; but it is to form a part of holy living and to prepare for the attainment of a closer communion with God.したがいまして、洗礼だけではない特別な目的のために罪expiating 、ケースとしては、主に違反している、いわゆるlevitical純度の法則;しかし、それは神聖な部分を形成するリビングとの達成に向けて準備をして神との接触を抑えています。 This thought is expressed in the well-known passage in Josephus in which he speaks of John the Baptist ("Ant." xviii. 5, § 2): "The washing would be acceptable to him, if they made use of it, not in order to the putting away of some sins, but for the purification of the body; supposing still that the soul was thoroughly purified beforehand by righteousness."このような考えを表明したのは、よく知られて廊下では彼が喋るヨセフスのジョンザバプティスト( "アリ"と述べた。 18 。 5 、 § 2 ) : "洗濯物を受け入れられるだろう彼は、もし彼らの前に使用することではなく、片付けのためには、いくつかの罪ではなく、体の浄化;仮定しても、魂はまだ事前に徹底的に精製された正義"と述べた。

John symbolized the call to repentance by Baptism in the Jordan (Matt. iii. 6 and parallel passages); and the same measure for attaining to holiness was employed by the Essenes, whose ways of life John also observed in all other respects.ジョン象徴のコールは、ヨルダンの洗礼を後悔された( matt. Ⅲ 。 6およびパラレル通路) ;と同じ達成を測定するために雇われ、エッセネ派ホーリネスは、その方法で他のすべての生命を尊重ジョンも観測された。 Josephus says of his instructor Banus, an Essene, that he "bathed himself in cold water frequently, both by night and by day" ("Vita," § 2), and that the same practise was observed by all the Essenes ("B. J." ii. 8, § 5).ヨセフスによれば、彼のインストラクターbanus 、 essene 、その彼は"自分自身bathed冷たい水で頻繁には、夜と昼の両方で" ( "ヴィータは、 " § 2 ) 、そして、同じ練習して観察されたすべてのエッセネ派( "ベナン" Ⅱ 。 8 、 § 5 ) 。 The only conception of Baptism at variance with Jewish ideas is displayed in the declaration of John, that the one who would come after him would not baptize with water, but with the Holy Ghost (Mark i. 8; John i. 27).受胎だけのアイデアは、ユダヤ教の洗礼を分散して表示され、ヨハネの宣言は、 1つは、誰が彼の後に来る洗礼を水ではない、しかし、聖霊(マークi. 8 ;ジョンi. 27 ) 。 Yet a faint resemblance to the notion is displayed in the belief expressed in the Talmud that the Holy Spirit could be drawn upon as water is drawn from a well (based upon Isa. xii. 3; Yer. Suk. v. 1, 55a of Joshua b. Levi).まだかすかに似ているという概念が表示されるのは、タルムード信念を表明して、聖霊に描かれた可能性があるとして描かれた水は井戸から(のISAに基づいています。 12世です。 3 ; yer 。スーク。対1 、 55aのジョシュアBのレビ) 。 And there is a somewhat Jewish tinge even to the prophecy of the evangelists Matthew (iii. 11) and Luke (iii. 16), who declare that Jesus will baptize with fire as well as with the Holy Ghost; for, according to Abbahu, true Baptism is performed with fire (Sanh. 39a).ユダヤ人がかっていて、ややもすると予言の伝道者は、マシュー( iii. 11 )とルーク( iii. 16 )は、イエスキリストが洗礼を施すことを宣言して火災と同様に、聖霊;ため、 abbahuによると、真の洗礼を実行するには火災( sanh. 39a ) 。 Both the statement of Abbahu and of the Evangelists must of course be taken metaphorically.両方の伝道者は、声明のabbahuとしなければならないもちろん比喩です。 The expression that the person baptized is illuminated (φωτισθείς, Justin, "Apologiæ," i. 65) has the same significance as is implied in telling a proselyte to Judaism, after his bath, that he now belongs to Israel, the people beloved of God (Yeb. 47a; Gerim i.).バプテスマを受けてその人の表情はライトアップ( φωτισθείς 、ジャスティンは、 " apologiæ 、 " i. 65 )は、同じ意義としては、ユダヤ教に改宗する黙示的に話し、彼の入浴後、彼は今すぐに属しますが、イスラエルは、最愛の人々神( yeb. 47a ; gerim i. ) 。

According to rabbinical teachings, which dominated even during the existence of the Temple (Pes. viii. 8), Baptism, next to circumcision and sacrifice, was an absolutely necessary condition to be fulfilled by a proselyte to Judaism (Yeb. 46b, 47b; Ker. 9a; 'Ab. Zarah 57a; Shab. 135a; Yer. Kid. iii. 14, 64d).ラビの教えによると、これまで支配の中に存在する同寺( viii pes. 。 8 ) 、洗礼、割礼と犠牲の横には、絶対に必要な条件があるとされるが果たされるユダヤ教に改宗( yeb. 46b 、 47b ;カーです。 9a ; ' ABのです。 zarah 57a ; shab 。 135a ; yer 。キッド。 Ⅲ 。 14 、 64d ) 。 Circumcision, however, was much more important, and, like baptism, was called a "seal" (Schlatter, "Die Kirche Jerusalems," 1898, p. 70).割礼は、しかし、もっと重要だった、とは、バプテスマのように、呼ばれた"シール" (シュラッター、 "死ぬkirche jerusalems 、 " 1898 、 p. 70 ) 。 But as circumcision was discarded by Christianity, and the sacrifices had ceased, Baptism remained the sole condition for initiation into religious life.しかし、キリスト教の割礼は破棄され、犠牲がやんだ、バプテスマの唯一の条件は依然宗教的な生活を開始する。 The next ceremony, adopted shortly after the others, was the imposition of hands, which, it is known, was the usage of the Jews at the ordination of a rabbi.次の式では、採択した直後に、他人の手を押し付けられていることが、これは、ことが知られ、その使用法については、ユダヤ人のラビの聖職叙任。 Anointing with oil, which at first also accompanied the act of Baptism, and was analogous to the anointment of priests among the Jews, was not a necessary condition. anointingに油を、これは最初の行動の洗礼も同行し、塗油のプリーストと類似していたユダヤ人の間では、必要な条件ではない。 The new significance that Christianity read into the word "Baptism," and the new purpose with which it executed the act of Baptism, as well as the conception of its magical effect, are all in the line of the natural development of Christianity.キリスト教の意義をして、新しい単語を読んで"洗礼は、 "新たな目的とする行為を実行して洗礼それだけでなく、その概念は、魔法の効果は、すべての行には、キリスト教の自然な発展だ。 The original form of Baptism-frequent bathing in cold water-remained in use later among the sects that had a somewhat Jewish character, such as the Ebionites, Baptists, and Hemerobaptists (compare Ber. iii. 6); and at the present day the Sabeans and Mandeans deem frequent bathing a duty (compare Sibyllines, iv. 164, in which, even in Christian times, the heathens are invited to bathe in streams).元の形の洗礼-頻繁に冷たい水で入浴中には依然、宗派間の使用後にしていたユダヤ人とはやや性格のように、 ebionites 、キリスト教バプテスト、およびhemerobaptists (比較ber 。 Ⅲ 。 6 ) ;と現今では、 sabeansと頻繁に入浴する義務と判断mandeans (比較sibyllines 、 4世です。 164 、で、キリスト教の時代でも、招待されたのは、入浴中heathensストリーム) 。

Baptism was practised in ancient (Ḥasidic or Essene) Judaism, first as a means of penitence, as is learned from the story of Adam and Eve, who, in order to atone for their sin, stood up to the neck in the water, fasting and doing penance-Adam in the Jordan for forty days, Eve in the Tigris for thirty-seven days (Vita Adæ et Evæ, i. 5-8).実践洗礼は、古代ユダヤ教( ḥasidicまたはessene )は、最初の懺悔の一つの手段として、学んだとしては、アダムとイブの物語から、人は、自分の罪を償うためには、立ち上がって首を水の中には、断食贖罪のアダムとやるためには、ヨルダンの40日間、前夜には、チグリス川を37日間(ヴィータadæ et evæ勇5-8 ) 。 According to Pirḳe R. El. pirḳeによると、共和党エル。 xx., Adam stood for forty-nine days up to his neck in the River Gihon. XXのです。 、アダムのために立っていた49日までには、川の首gihon 。 Likewise is the passage, "They drew water and poured it out before the Lord and fasted on that day, and said, 'We have sinned against the Lord'" (I Sam. vii. 6), explained (see Targ. Yer. and Midrash Samuel, eodem; also Yer. Ta'anit ii. 7, 65d) as meaning that Israel poured out their hearts in repentance; using the water as a symbol according to Lam.同様の通過は、 "彼らドリューアウトする前に水を注ぎ、主のそれと絶食は同日、およびよると、 '我々は罪を犯しました主に対する' " (私サム。第VII 。 6 ) 、説明(ターグを参照してください。 yer 。サミュエルとミドラーシュ、 eodem ;もyer 。 ta'anit Ⅱ 。 7 、 65d )イスラエル注ぎ出すことを意味するとして、その心に返れ;シンボルとして使用して、水によると、ラムです。 ii. Ⅱ 。 19, "Pour out thine heart like water before the Lord." 19日、 "水のようにドッと出て来る前に、主の心臓ザイン"と述べた。 Of striking resemblance to the story in Matt.物語の中のマットに似ています。 iii. Ⅲ 。 1-17 and in Luke iii. 1月17日とルークⅢ 。 3, 22, is the haggadic interpretation of Gen. i. 3 、 22 、大将の解釈は、 haggadic i. 2 in Gen. R. ii. 2大将共和党Ⅱ 。 and Tan., Buber's Introduction, p.そして日焼け。 、ブーバーの導入、 p. 153: "The spirit of God (hovering like a bird with outstretched wings), manifested in the spirit of the Messiah, will come [or "the Holy One, blessed be He! 153 : "神の御霊(翼を広げて空を舞う鳥のように) 、明らかに、救世主の精神では、が来る[または" 1つの神聖な、彼は祝福される! will spread His wings and bestow His grace"] upon Israel," owing to Israel's repentance symbolized by the water in accordance with Lam.彼の翼が広がると彼のグレース授ける" ]時イスラエルは、 "イスラエルのせいで後悔して水に象徴されるラムに基づいています。 ii. Ⅱ 。 19. 19 。 To receive the spirit of God, or to be permitted to stand in the presence of God (His Shekinah), man must undergo Baptism (Tan., Meẓora', 6, ed. Buber, p. 46), wherefore in the Messianic time God will Himself pour water of purification upon Israel in accordance with Ezek.神の御霊を受け取ることは、許されるかをスタンドには、神の存在(彼のshekinah )は、男の洗礼を受ける必要があります( tan. 、 meẓora ' 、 6 、エド。ブーバー、 p. 46 )は、何のためには、救世主の時間神は自分自身の浄化に水を差すezekイスラエルに基づいています。 xxxvi. 36 。 25 (Tan., Meẓora', 9-17, 18, ed. Buber, pp. 43, 53). 25 ( tan. 、 meẓora 'は、 9月17日、 18日、エド。ブーバー、 pp 。 43 、 53 ) 。 In order to pronounce the name of God in prayer in perfect purity,the Essenes () underwent Baptism every morning (Tosef., Yad. ii. 20; Simon of Sens to Yad. iv. 9; and Ber. 22a; compare with Ḳid. 70a, "The Name must be guarded with purity").ためには、神に祈りをささげるの名前を発音パーフェクト純度では、毎朝洗礼受けエッセネ派( ) ( tosef. 、 yad 。 Ⅱ 。 20 ;サイモンのサンスをyad 。 4世です。 9 ;とber 。 22a ;比較してḳid 。 70a 、 "の名前で守られ純度しなければならない"といいます。 ) Philo frequently refers to these acts of purification in preparation for the holy mysteries to be received by the initiated ("De Somniis," xiv.; "De Profugis," vii.; "Quis Rerum Divinarum Heres Sit?" xviii. xxiii.; "Quod Deus Sit Immutabilis," ii.; "De Posteritate Caini," xiv., xxviii.).フィロ頻繁にこれらの行為を指します精製準備のため、受信される神聖な謎を開始した( "デsomniis 、 " 14 。 ; "デprofugis 、 "第VII 。 ; " quis rerum divinarum heres座るか? " 18 。 23 。 ; " quodデウス座るimmutabilis 、 " Ⅱ 。 ; "デposteritate caini 、 " 14 。 、 28 。 ) 。

The Baptism of the proselyte has for its purpose his cleansing from the impurity of idolatry, and the restoration to the purity of a new-born man.改宗の洗礼は、その目的のためには彼のクレンジングから不純物を偶像崇拝し、復旧して、新しいの純度生まれの男です。 This may be learned from the Talmud (Soṭah 12b) in regard to Pharaoh's daughter, whose bathing in the Nile is explained by Simon b.このかもしれないから学んだタルムード( soṭah 12b )フィルアウンの娘と関連し、その入浴では、ナイル川のBに説明しているSimon Yoḥai to have been for that purpose.その目的を達するためにyoḥaiてきた。 The bathing in the water is to constitute a rebirth, wherefore "the ger is like a child just born" (Yeb. 48b); and he must bathe "in the name of God"-"leshem shamayim"-that is, assume the yoke of Gcd's kingdom imposed upon him by the one who leads him to Baptism ("maṭbil"), or else he is not admitted into Judaism (Gerim. vii. 8).入浴は、水の中を構成する再生は、何のために" gerだけでは、子供のように生まれる" ( yeb. 48b ) ;と彼は入浴する必要があります"神の名の下" -" l eshems hamayim" -それは、仮定のヨークのgcdの王国を課せられた彼彼をリードされた1つの人の洗礼( " maṭbil " ) 、または他の彼には、ユダヤ教を認めていません(第VII gerim. 。 8 ) 。 For this very reason the Israelites before the acceptance of the Law had, according to Philo on the Decalogue ("De Decalogo," ii., xi.), as well as according to rabbinical tradition, to undergo the rite of baptismal purification (compare I Cor. x. 2, "They were baptized unto Moses [the Law] in the clouds and in the sea").まさにこの理由で、イスラエル人の前に合格していた法律によれば、フィロは、十戒( "デdecalogo 、 " Ⅱ 。 、 xi 。 )だけでなく、ラビの伝統によれば、この儀式の洗礼を受ける精製(比較私うわっ。 Xの2 、 "彼らは、バプテスマを受けムーサー[法]とは、雲の海"を参照) 。

The real significance of the rite of Baptism can not be derived from the Levitical law; but it appears to have had its origin in Babylonian or ancient Semitic practise.本当の意味の洗礼式に由来することはできませんlevitical法;しかし、それはその起源を持つが表示されたら、古代バビロニアやユダヤ練習しています。 As it was the special service administered by Elisha, as prophetic disciple to Elijah his master, to "pour out water upon his hands" (II Kings iii. 11), so did Elisha tell Naaman to bathe seven times in the Jordan, in order to recover from his leprosy (II Kings v. 10).それは、特別なサービスとして投与されるエリシャは、弟子としての予言をエリヤ主人は、 "彼の手に水を注ぐ" ( ⅱキングスⅢ 。 11 )は、今はエリシャ教えネイアマンジョーダンは、 7回に入浴するためには、彼のハンセン病から回復( ⅱキングス対10 ) 。 The powers ascribed to the waters of the Jordan are expressly stated to be that they restore the unclean man to the original state of a new-born "little child."生得の列強の領海には、ヨルダンには、明示的に記載されることを復元し、元の状態に不浄の男生まれの新たな"リトルチャイルド"と述べた。 This idea underlies the prophetic hope of the fountain of purity, which is to cleanse Israel from the spirit of impurity (Zech. xiii. 1; Ezek. xxxvi. 25; compare Isa. iv. 4).このアイデアの予言underlies希望の噴水の純度、これは、イスラエルからの精神を清めて不純物( zech. 13世です。 1 ; ezek 。 36 。 25 ;比較のISA 。 4世です。 4 ) 。 Thus it is expressed in unmistakable terms in the Mandean writings and teachings (Brandt, "Mandäische Religion," pp. 99 et seq., 204 et seq.) that the living water in which man bathes is to cause his regeneration.このように表現されることは紛れもない用語で記述と教えmandean (ブラントは、 "宗教mandäische 、 " pp 。 99以下参照。 、 204以下参照。 )水で生活してbathes男は、彼の再生を引き起こす。 For this reason does the writer of the fourth of the Sibylline Oracles, lines 160-166, appeal to the heathen world, saying, "Ye miserable mortals, repent; wash in living streams your entire frame with its burden of sin; lift to heaven your hands in prayer for forgiveness and cure yourselves of impiety by fear of God!"この理由は、作家の4番目のみこoracles 、行一六〇から一六六まで、異教徒の世界に訴えるものがある、と言って、 "なたがたは惨めな人間には、悔い改める;洗って生活して全体のフレームは、ストリームの罪の重荷;リフトを天に向かってあなたの手で祈りを治すために自分自身の罪を赦し、不信心で、神への恐怖! " This is what John the Baptist preached to the sinners that gathered around him on the Jordan; and herein lies the significance of the bath of every proselyte.これはどのような罪を犯したジョンザバプティスト説教をして彼には、ヨルダンの周りに集まった;意義はそこにあるとは、バスのすべての改宗。 He was to be made "a new creature" (Gen. R. xxxix).彼は前に"新たな生き物" (大将共和党39 ) 。 For the term φωτιςθεῖς (illuminated), compare Philo on Repentance ("De Pœnitentia," i.), "The proselyte comes from darkness to light."任期は、 φωτιςθεῖς (ライトアップ) 、フィロ比較しても、後悔する( "デpœnitentia 、 " i. ) 、 "闇の中を光の改宗から来ています。 " It is quite possible that, like the initiates in the Orphic mysteries, the proselytes were, by way of symbolism, suddenly brought from darkness into light.それはかなり可能性が、謎のようなorphic開始で、そのproselytesが、象徴的な意義を通って、突然、暗闇に光をもたらしたからだ。 For the rites of immersion, anointing, and the like, which the proselyte has or had to undergo, see Proselyte, Ablution, and Anointing.儀式のために浸漬、 anointingなどが、これには、改宗を受けるかは、改宗を参照して、清めの水、およびanointing 。 K. k.

Kaufmann Kohler, Samuel Kraussカウフマンコーラー、サミュエルクラウス
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ百科事典は、 1901年から1906年の間に出版されます。

Bibliography 文献情報

: E. G. Bengel, Ueber das Alter der Jüd.例:ベンゲル、 ueber das jüdデアを変える。 Proselytentaufe, Tübingen, 1814; M. Schneckenburger, Ueber das Alter der Jüd. proselytentaufe 、 tübingen 、 1814 ; m.シュネッケンブルガー、 ueber das jüdデアを変える。 Proselytentaufe, Berlin, 1828; E. Renan, Les Evangiles, 2d ed., p. proselytentaufe 、ベルリン、 1828 ; e.レナン、レevangiles 、二次元エド。 、 p. 167; idem, Les Apôtres, p. 167 ;同著者、レapôtres 、 p. 96; idem, Marc-Aurèle, p. 96 ;同文献は、絞りかすaurèle 、 p. 527; Schechter, in Jewish Quarterly Review, 1900, xii. 527 ;シェクターは、ユダヤ教の季刊誌の見直しは、 1900年、 12世です。 421; Schürer, Gesch. 421 ; schürer 、 gesch 。 3d ed., iii.三次元エド。 、 Ⅲ 。 129; Edersheim, The Jewish Messiah, ii. 129 ; edersheimは、ユダヤ教の救世主は、 2世です。 745.K. 745.k. S. Kr.米kr 。


Baptismバプテスマ

Orthodox Viewpoint Information オーソドックスな視点の情報

Prayers for the New Born新たに生まれるための祈り

Upon the birth of a child, the parish priest should be invited to the home or hospital to offer prayers for the mother and child.出産時は、教区司祭に招待しなければならないの自宅や病院を母と子に祈りをささげる。 It is the responsibility of the father or the grandparents to notify the priest at the time of birth.それは父の責任の祖父母に通知したり、出産時に司祭です。 Your parish priest depends upon your courtesy so that he may make the proper visitation.お客様のご優待教区司祭かかっているので、彼は5月には適切な面接です。 On the fortieth day after birth, the mother brings the child to church where the priest conducts the service of "40-Day Blessing" or "Sarantismos" for the mother and child.出産後は、 40日には、母親が子供をもたらす教会の司祭どこに行って本サービスの" 40日間の祝福"または" sarantismos "母と子のためです。 "The ritual of the 'churching of women after childbirth has its origin in the Middle Ages. This was the time when the liturgical life of the Church was beginning to expand and develop in imitation of the Biblical patterns. The "Church" must not be understood in an antiquated way (from the Old Testament) in the sense of a legalistic practice. (For further Old Testament knowledge, read the Book of Leviticus, Chapter 12). Rather, the ceremony of churching marks the time when the mother, having recovered physically and emotionally from the birth of her child, and having re-ordered her life around the child's care, will resume her life in the community of the Church again. She comes to the church with her child (and accompanied by her husband) to offer her thanksgiving for her child, and coming to contact with the life-giving glory of God, she asks for the forgiveness of her sins, despite her human weakness, so that she may be 'worthy to partake, uncondemned, of the Holy Mysteries," (that is Holy Communion) once again. "の儀式は、 '出産後の女性誕生感謝の祈りその起源は、中世です。この時期には、人生の教会の典礼を拡大し始めていたとは、聖書の中のパターンの模造品を開発しています。 "教会"とはならない時代遅れのやり方を理解する(旧約聖書から)は、律法の練習という意味です。 (旧約聖書の詳しい知識は、この本を読むのレビ記、第12章) 。むしろ、マルクの誕生感謝の祈りの儀式の時に母親が、こと肉体的精神的に回復したとは彼女の子供の誕生から、再注文して彼女の人生の周りの子どものケアは、彼女の人生を再開して、コミュニティーの教会にしてください。彼女は、彼女となると、教会の子供(と夫を伴う)彼女の感謝祭のために彼女の子供を提供する、と接触して来て、生命を与える神の栄光は、彼女は彼女の罪を赦しを頼んでくるのは、彼女の人間的な弱さにもかかわらず、彼女かもしれないので、 'に参加するに値する、非難されていない、その聖なる謎は、 " (それは聖体拝領)再び。

This ceremony, in imitation of the Old Testament ceremony to which the Mother of God submitted, was done on the fortieth day after the child's birth, but may also take place as close to the fortieth day as possible.この式典では、旧約聖書の中の模造が式典には、母神の提出は、 40日に行われた後、子供の誕生は、 5月にも行われるが、 40日に近くして、できるだけ。 Some request that this take place prematurely to facilitate their personal needs and desire to attend social engagements.この時期を早めて行われるいくつかの要求を円滑にして自分の欲望に出席する個人のニーズや社会的な約束だ。 God in His wisdom ordained that a period of six weeks lapse following childbirth before the mother resumes her life.神は彼の知恵定められた期間の6週間経過して次の出産を再開する前に、彼女の人生の母親です。 Good advice is not to hasten this process.良いアドバイスではありませんが、このプロセスを早める。 During the churching, the priest, in imitation of the elder Simeon (Luke, Chapter 2), takes the child up to the sanctuary, making the sign of the Cross with it and reciting the prayer of St. Simeon (Luke 2:28-32).中に誕生感謝の祈りは、司祭は、模造の長老シメオン(ルカによる福音書は、第2章) 、最大では、子供の聖域、製造、十字架の印の祈りを暗唱してから、聖シメオン(ルカ2時28分- 32 ) 。 Again, inspired by the example of Simeon's encounter with the infant Messiah, for each child has the potential to be great in the sight of the Lord, the act of churching recognizes this and also serves, as with the mother, to introduce the child to the community of faith."再び触発されて、シメオンの例では、幼児の救世主に遭遇して、それぞれの子供のためには、潜在的には、偉大な光景は、主には、誕生感謝の祈りの行為であると認識し、このサーブでも、母親と同様に、子供を紹介したりして信仰のコミュニティです。 "

On the day of churching, the parents and the child are invited to wait in the narthex of the church where they will be greeted by the priest.誕生感謝の祈りの日には、親と子供が待って招待されたのは、教会ナルテックスかれらはどこの住職に迎えられる。 This takes place after the antidoron has been distributed following the Divine Liturgy.この後に行わantidoron次の神の典礼で配布されています。 A call to the church office will help things run smoothly.教会の事務所に電話をスムーズに役立つことを実行しています。

Baptisms baptisms

In the Sacrament of Holy Baptism, a person is incorporated into the crucified, resurrected, and glorified Christ and is reborn to participate in the divine life.聖餐式洗礼式では、ある人物が組み込まれ、十字架につけられ、復活は、キリストと見せかけ生まれ変わるとは、神の生活に参加しています。 Baptism is necessary for salvation (Mark 16:15-16) and in accordance with Holy Tradition must be performed by triple immersion in the name of the Father, the Son, and the Holy Spirit (Matthew 28:18-20), according to the rubrics in the Prayer Book.洗礼は救いのために必要な(マーク16:15-16 )と神聖な伝統に基づいて実行される必要がありますトリプル浸漬の名の父、子、聖霊(マタイ28:18-20 )によると、書籍の祈りのrubrics 。 It is conferred only once.与えられたことは一回だけです。


Also, see:また、参照してください:
Re-Baptism 再洗礼
Sacrament 聖餐
Confirmation 確認

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです