Bible聖書

General Information 総合案内

The word Bible is derived from the Greek biblia, meaning "books," and refers to the sacred writings of Judaism and Christianity.聖書の言葉は、ギリシャ語に由来biblia 、意味の"本"を指しているため、ユダヤ教、キリスト教の聖典。 The Bible consists of two parts.聖書の2つの部分で構成されます。 The first part, called the Old Testament by Christians, consists of the sacred writings of the Jewish people and was written originally in Hebrew, except for some portions in Aramaic.最初の部分は、旧約聖書と呼ばれるキリスト教徒は、その構成は、ユダヤ教の聖典の人々とは、ヘブライ語で書かれた当初は、いくつかの部分を除いてはアラム語です。 The second part, called the New Testament, was composed in Greek and records the story of Jesus and the beginnings of Christianity.第2部では、新約聖書と呼ばれるのは、ギリシャ語で記録された構成の物語が、イエスキリストとキリスト教の始まりです。 Translated in whole or in part into more than 1,500 languages, the Bible is the most widely distributed book in the world. Its influence on history and culture, including literature and the other arts, is incalculable.翻訳全体または部分的に1500以上の言語では、 聖書には、書籍は、世界で最も広く配布されます。その歴史や文化に影響を与えるなど、他の文学や芸術、は計り知れない。

The Old Testament旧約聖書

Major Themes and Characteristics主要なテーマや特性

The Hebrew Bible, written over a period of more than 500 years, consists of many types of literature and reflects varying points of view.ヘブライ語聖書には、書面上で500年以上もの期間、文学とは、多くの種類のさまざまな視点を反映しています。 It is essentially religious, but, unlike most ancient religious books, the Old Testament is characterized by a strong sense of history; even laws and exhortations are woven into the narratives.それは本質的に宗教的ではなく、古代の宗教とは違ってほとんどの書籍は、旧約聖書は、歴史を特徴とする感の強い;さえexhortations法律や体験談が溶け込んでいる。

The themes are the uniqueness and glory of God (Yahweh), the Covenants he made with Israel, the Law, God's control of history and Israel's special destiny, God's revelation through the Prophets, the nature of humanity, corporate and individual sin and its remedy, and the true worship of God. テーマは、神の栄光の独自性や(ヤハウェ)は、彼のおかげで、イスラエルの約款は、この法律は、神の支配の歴史とイスラエルの特別な運命を、預言者を通して、神の啓示は、人間の本質は、企業や個人の罪とその救済、および、真の神を崇拝するのです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The Hebrews believed that their religion was founded on covenants that God offered them and that they had accepted. Yahweh had agreed to make them his specially chosen people and to protect them, but only if they obeyed his Law. ヘブル人への手紙と信じて、自分たちの宗教を設立して神に約束するものとして提供していたと認めています。ヤハウェ行うことで合意していた自分を守るために特別に選ばれた人々と彼らが、彼の法律に従った場合にのみです。 Covenants were made with Noah, which embraced all humankind, and with Abraham and his descendants; but the most important covenant was revealed to Moses.ノア約款が作られて、すべての人類に受け入れ、アブラハムとその子孫として;しかし、最も重要な約束が明らかにモーゼス。 Later, after the division of the Jews into two kingdoms - Judah and Israel - the people of Judah believed that a special covenant had also been made with King David and his royal descendants.その後、後には、ユダヤ人を2つに分割志-ユダとイスラエル-ユダの人々に信じられている特別な約束されていたにもロイヤルキングデビッドと彼の子孫です。

Yahweh was different from all other deities. Israel was forbidden to worship any other god, and the Mosaic religion perhaps implied that no other existed, although this was not specifically emphasized until the time of the exile during the Babylonian Captivity (587 - 37 BC). ヤハウェは、他のすべての神々異なっている。イスラエルでは禁じられている他の神を崇拝し、宗教のモザイク黙示おそらく他に存在していない、と強調具体的ではないにもかかわらず、この時期になるまでは、亡命中のバビロン捕囚( 587 -紀元前3 7) 。 Other gods personified natural forces or tribes and nations, but Yahweh was supreme over everything.他の神々の化身のような人と自然の部族勢力や国が、すべてやり直すヤハウェが最高です。 Because he controlled history, he could use Assyria or Babylonia to punish a rebellious Israel.なぜなら、彼制御の歴史は、彼が使用バビロニアアッシリアやイスラエルに反抗的にお仕置きをする。 Plentiful crops depended on his will alone and not on the magical rites by which the Baals of Canaan were worshiped. The concept of the Book of Leviticus was that the Hebrews were to be a holy people, separated from all defilement.彼は、豊富な作物に依存していないだけでは、魔法の儀式とされるが、カナンbaalsのworshiped 。 という概念は、この本のレビ記ヘブル人への手紙には、神聖な人々は、すべてのdefilementから隔てられています。

Many laws in the Pentateuch, or Torah, the first five books, were not different from those of surrounding nations.多くの法律は、五、あるいは律法は、最初の5冊は、それらの周辺からはさまざまな国です。 However, some unique commandments were given, without specific rewards and punishments; most important were the Ten Commandments, which have a high ethical content. The Torah (Law) was a complete religious and civil law for the whole nation. It prescribed sacrifices and festivals similar to those of other nations, but the emphasis was on morality. Yahweh was a God of justice. All sin and injustice was an offense against him; and repentance could bring forgiveness.しかし、いくつかのユニークな戒めが与えられたが、これに具体的な報酬と罰則;最も重要なのは、十戒は、高い倫理的なコンテンツがある。 律法(法律)は、完全な宗教と国全体のため民法です。所定の犠牲を払うこととフェスティバルこれらの他の国々と同様に、しかし、道徳性を強調していた。 ヤハウェは、神の正義です。すべての罪と不正義に反する行為は、彼;と後悔赦しをもたらす可能性。

In the Book of Joshua, Yahweh is a God of war who commands the slaughter of the Canaanites, but the Hebrew religion gradually outgrew such a concept, as can be seen in the books of Jeremiah and Jonah. The prophets saw history as an interaction between the living God and his people, and its outcome depended on their obedience. Israel was destined to be a light to the nations, but it always had a special place in God's purpose and love, and the Hebrews always struggled with the two concepts of God's impartial justice and his love toward Israel. Late in the biblical period, writers of Apocalyptic Literature, unlike the earlier prophets, despaired of the normal forces of history and believed that God would put an end to the present age, bringing in a miraculous reign of righteousness.本の中では、ジョシュア、戦争の神ヤハウェは、人の食肉処理のcanaanitesコマンドは、ヘブライ語の宗教が、徐々にそのような概念outgrew 、見られるように、書籍のジェレマイアとジョナ。 預言者間の相互作用の歴史の中で、のこぎり神と神の人々の生活、彼らとその結果に依存して服従させる。れる運命にあるイスラエルは、国の光を当てて、それはいつも特別な場所では、神の愛を目的とし、ヘブル人への手紙は必死で、いつもの神の2つの概念イスラエルの正義と公平に向かって、彼の愛です。 聖書の時代の後期には、絶望的な文学作家は、以前とは違って、預言者は、あきらめても、通常の軍の歴史と信じられている神は、現在の年齢に終止符を打つ、奇跡的に導入するの治世正義だ。

These themes were not systematized into a theology but can be discerned from the literature as a whole, which expresses the hopes, fears, laments, thanksgivings, and even the doubts of the Hebrews. Thus the Book of Job criticizes the popular, facile doctrine of reward and punishment, and the Book of Ecclesiastes often approaches skepticism.これらのテーマを体系的には神学の違いがありませんが、全体としての文学、これ願って表現して、恐怖、 laments 、 thanksgivings 、との疑念さえ、ヘブル人への手紙です。 従ってこの本は、人気のある仕事を批判し、安易な学説賞罰は、その本の伝道の書と頻繁に懐疑的なアプローチです。

.

The Canonそのキヤノン

The canon, or officially accepted list of books in the Hebrew Bible, consists of 24 books according to Jewish reckoning and is divided into three parts: the Law, the Prophets, and the Writings. The Law (Torah), often called the Pentateuch, comprises five books, Genesis through Deuteronomy. 、キヤノン、または書籍リストを正式に認め、ヘブライ語聖書は、 24本の構成によると、ユダヤ人の清算とは、 3つの部分に分かれ:この法律は、預言者、およびその記述します。 この法律(律法)と呼ばれる五、 5本の構成は、創世記申命記を介しています。 The Prophets (Nevi im) are divided into three parts: the earlier prophets (Joshua, Judges, 1 and 2 Samuel, and 1 and 2 Kings); the later prophets (Isaiah, Jeremiah, and Ezekiel); and twelve books called the Minor Prophets because of their brevity. The 11 Writings (Ketuvim) include three poetic books (Psalms, Proverbs, and Job); the five scrolls (Song of Solomon, Ruth, Lamentations, Ecclesiastes, and Esther); an apocalyptic work, Daniel; and Ezra - Nehemiah and 1 and 2 Chronicles. 預言者(イム母斑)は、 3つの部分に分かれ:以前の預言者(ジョシュア、裁判官は、 1と2のサミュエルは、 1と2とキングス) ; 、後の預言者(イザヤ書は、エレミア、エゼキエル) ;と呼ばれる12本のマイナー預言者のために彼らの短いのが良い。 11記述( ketuvim )など3つの詩的な書籍(詩篇、箴言、およびジョブ) ;の5つのスクロール(ソロモンの歌、ルース、哀歌、伝道の書、およびエスター) ;黙示録的な仕事をする、ダニエル;とエズラ-ニーアマイアと1と2クロニクル。

Christian Bibles arrange the books differently. キリスト教の聖書を手配する書籍異なっています。 The Law, or Pentateuch, comes first, then all the historical books. この法律、あるいは五、来る第一に、当時の歴史のすべての書籍です。 These are followed by the poetical, or wisdom, books and finally the prophetic books. これらは続きます詩的、または知恵、そして最後には予言の書籍の書籍です。 Thus Ruth, Chronicles, Ezra, Nehemiah, and Esther appear in the second group and Daniel and Lamentations in the fourth. こうしてルース、クロニクル、エズラ、ニーアマイア、エスター表示されると、 2番目のグループは、 4番目のダニエルと哀歌。

[Editor's Note: Christian Bibles also generally divide apart all of the separate Books, so the Canon is described as being a total of 39 Books, but which are the same text as the 24 Books of the Hebrew Bible. [エディタのメモ:通常、キリスト教の聖書ディバイドも離れて別々のすべての書籍、といわれているため、キヤノンは、合計39本が、これは、同じテキストとしては、ヘブライ語聖書の24冊です。 For example, where the Hebrew Bible counts the Twelve Minor Prophets as one Book, Christian Bibles almost universally count them as twelve Books.]例えば、どこのヘブライ語聖書の12小預言者としてカウント1冊は、キリスト教の聖書のほぼ普遍としてカウントして12冊です。 ]

The Jews never ceased writing religious books. Several books composed in Hebrew or Greek after 300 BC are part of the Septuagint, or Old Greek version, and were regarded as Scripture by many Christians.ユダヤ人は決して宗教的な書籍を執筆やんだ。 数冊の本を構成ギリシャ語、ヘブライ語または団体名の後には、紀元前300セプトゥアギンタは、ギリシア語または古いバージョンでは、啓典とは見なされて、多くのキリスト教徒です。 Roman Catholics and the Orthodox include these books, called Apocrypha or deuterocanonical books, in the Bible. 正統派ローマカトリック教徒を含めると、これらの書籍、または正典外典と呼ばれる、聖書の中です。 Protestants omit them or print them as an appendix to the Bible. プロテスタント省略しているか、付録としてプリントして、聖書をします。

Divisions of the Old Testament部門は、旧約聖書

[The following discussion uses the Christian classification of books.] [次のディスカッションでは、キリスト教の分類書籍です。 ]

Pentateuch

Genesis recounts the creation of the universe and the first human beings, the traditions of the Deluge, and the stories of the patriarchs down to the sojourn of the Hebrews in Egypt and the deaths of Jacob and Joseph. Exodus tells how Moses led the people from Egypt and received the covenant and Law on Mount Sinai. Leviticus is largely a legal code; Numbers continues the story of migration toward the Promised Land. Deuteronomy partly repeats the narrative, recording other laws, and concludes with the death of Moses. ジェネシスの再集計の創出や、宇宙の最初の人間には、伝統の殺到し、ストーリーは、 patriarchsダウンして、エジプトに滞在中のヘブル人への手紙とヨセフとジェイコブが死亡した。 エクソダスモーゼを主導した人々からどのように指示エジプトとの約束を受け取ったと法律上のマウントサイナイ。 レビ記は、主に、法律上のコード; 数字の話を続けて約束の地に向かって移動します。 申命記の物語繰り返される部分は、他の法律の録音は、モーゼの死と結論しています。 It teaches a strict doctrine of corporate reward and punishment.厳格な教義のことを教えて賞罰企業です。

The Pentateuch is based on four principal sources. The oldest, J, was perhaps written in Judah, the southern kingdom, about 950 BC. 五書は、 4つの主要なソースに基づいています。最古のJ氏は、おそらく書かれていたユダは、南部の王国は、紀元前約950 。 Between 900 and 750, another version from Israel, the northern kingdom, was woven in; this is called Ephraim (E) . 900と750の間には、別のバージョンからのイスラエル、北部の王国、編んでは、これは E )のエフライムと呼ばれる。 In the 7th century BC, Deuteronomy, or most of it (D) , was compiled.紀元前7世紀には、申命記、またはほとんどのこと(民主党)は、コンパイルされた。 About 550 BC, during the exile, the final edition of the Torah added a priestly source (P) , some parts of which are very old.紀元前550については、亡命中には、律法の最終版のソースを追加する聖職者の P )は 、いくつかの部分が非常に古い。

Historical Books歴史の本

Joshua tells of a thorough conquest of Canaan, but Judges contains traditions of the Hebrew tribes in the period before the monarchy that reveal the conquest as partial. ジョシュアカナンの征服を徹底的に伝えるのが、 裁判官が含まれ部族の伝統は、ヘブライ語で、その期間を明らかにする前に、君主国として征服部分です。 The books of Samuel are about the founding of the monarchy under Saul and David and contain a magnificent early source for the life of David, probably written about 961 - 22 BC. サミュエルは、書籍の創設については、君主制の下では、デビッドソールを含むと壮大な人生のための早期のデビッド源は、おそらく書かれた約961 -紀元前2 2。 All the above books have been extensively edited by writers who shared the theology of the D source.上記のすべての書籍を編集した作家たちが広く共有され、神学のDソースです。

Ezra and Nehemiah were composed after the exile, when these two leaders restored Judaism in Palestine, and Nehemiah's own memoirs make up much of the latter book. エズラとニーアマイアで構成された後、亡命者は、これらの2つのときに復元ユダヤ教、パレスチナの指導者は、自身の回顧録を作成するとニーアマイアの多くは、後者の本です。 The two Books of Chronicles cover Hebrew history from Ezra's priestly point of view but contain some valuable earlier traditions. Ruth is the story of a foreign woman who became loyal to Israel and was the ancestor of David. Esther is a tale of a Jewish queen of Persia who saved her people from persecution. クロニクル 2冊の本の表紙のヘブライ語の歴史からエズラの聖職者の視点を含むいくつかの貴重なだがそれ以前の伝統だ。 ルースは、外国人女性の物語に忠実な人は、イスラエルとは、祖先のデイビッド。 エスターの物語は、ユダヤ人の女王彼女のペルシャ人の人々からの迫害を保存します。

Poetical, or Wisdom, Books詩的、または知恵は、書籍

Job contains some of the finest poetry in the Bible.最高の仕事を含むいくつかの詩は、聖書です。 Its themes are the problems of suffering and of man's standing before God.そのテーマは、問題の男の苦しみとは、神の前に立っています。 The Psalms were essentially composed for temple worship, although some may be pieces of individual devotion.本質的に構成されたため、 詩篇寺に仕え、個々にもかかわらず、いくつかの断片的な献身かもしれない。 Many are ascribed to David, but some come from an earlier period. Proverbs comprises several collections of ancient wisdom.多くの人は生得的にデビッドが、いくつかの早い時期から来ています。 には、いくつかのコレクションの先人の知恵だ。 Parts of Ecclesiastes are skeptical, but other sections express conventional wisdom. 伝道の書には懐疑的な部分が、他のセクション通念を表明した。 The Song of Solomon is a collection of love poems. ソロモンの歌のコレクションには、愛の詩です。

The Prophets預言者

The great prophets of the 8th century BC were Amos, Hosea, Isaiah, and Micah. They proclaimed God's holiness and his judgment on the idol worship and moral abuses of the Hebrew kingdoms, and called the people back to loyalty to the covenant. Jeremiah, the greatest prophet of the 7th century BC, was unique in recording his inner spiritual struggles and in promising a new covenant.偉大な預言者は、紀元前8世紀のアモス、ホセア書は、イザヤ書、ミカ。ホーリネス彼らの神と宣言して自分の判断や道徳的な偶像崇拝の乱用王国のヘブライ語、と呼ばれる人々に戻るに忠誠を誓約します。 ジェレマイア、最大の預言者は、紀元前7世紀には、ユニークでは、自分の内面の精神的な闘争を記録すると、将来有望な新しい契約です。 Like Isaiah, he opposed military alliances with foreign nations and resistance to the Babylonian invasion. Zephaniah and perhaps Habakkuk belong to the same century. Nahum gloats over the destruction (612 BC) of Nineveh. イザヤ書のように彼は外国人に反対する国との軍事同盟のバビロニアの侵略に抵抗する。ハバククゼパニヤとたぶん、同じ世紀に所属しています。 ナホム gloats以上の破壊(紀元前612 )のニネベ。 The most significant prophets during the period of Babylonian exile were the Ezekiel and the unknown authors of chapters 40 - 55 and 56 - 66 of Isaiah, who encouraged the return of the Jews to the Holy Land and promised a glorious national life. Lamentations reflects the miseries of the exile.預言者期間中に最も重要なのは、 エゼキエルバビロニア亡命作者の支部とは、未知の領域40 -5 55 6- 66イザヤ書は、ユダヤ人たちの帰還を奨励して栄光の聖地と国民生活を約束する。哀歌を反映して苦難の亡命。

The remaining prophets followed the exile. Obadiah is strongly nationalistic; Jonah expresses God's concern for Gentiles as well as Jews. Haggai and Zechariah 1 - 8 reflect the rebuilding of a small temple in Jerusalem. Joel, Zechariah 9 - 14, and Malachi combine the themes of judgment and restoration and have apocalyptic elements. Daniel is an apocalypse from the Maccabean period (c. 164 BC) and promises God's help to the Jews in time of persecution.続いて、残りの預言者の亡命。 オバデヤが強く国粋主義; ジョナ懸念を表明するために、神のユダヤ人だけでなく、 gentiles 。 ハガイとゼカリヤ1 -8月の再構築を反映して、エルサレムの小さな寺院です。ジョエル、ゼカリヤ9 - 14 、マラキを組み合わせると、審判のテーマと終末論的要素を復元している。 maccabean ダニエルは、黙示録からの期間( c. 164 BC )と神の救いの約束の時間には、ユダヤ人を迫害した。

The New Testament新約聖書

Major Themes and Characteristics主要なテーマや特性

Covenant and law are central in the Old Testament, and Jesus Christ is central in the New Testament. The dominant theme is the interpretation of Jesus' nature as Christ or Messiah (the anointed one), Son of man, Son of God, Lord, and Prophet. This was a complete reinterpretation of the Jewish hope for an anointed king descended from David. 約束とは、旧約聖書の法律は、中央、中央とは、イエスキリストは、新約聖書の解釈が支配的なテーマは、 イエスの性質やキリストの救世主として( 1つの聖なる)は、男の息子は、息子の神、主よ、と預言者です。これは、完全な再解釈は、ユダヤ教の聖なる王の子孫から希望するデビッド。 Perhaps before Jesus' death, his disciples had already acclaimed him as Messiah, but they became convinced of this from experiences that proved to them he was again alive.おそらく前にイエスの死後、彼の弟子はすでに救世主として絶賛されて彼が、それらの経験になったと確信してから、この彼は再び生きていることを証明しています。 Thus the Resurrection is the second major theme. The Messiah now came to mean, not a conquering, successful king, but a crucified Lord whose unique relationship to God could be suggested only partially by the titles applied to him.従って、復活は、 2番目の主要なテーマです。救世主今すぐに来たという意味ではなく、征服、成功の王ではなく、主の十字架につけられ、神の特異な関係を提案した可能性がある部分にのみ適用されるタイトルを判断しています。

In explaining and defending their faith, the disciples of Jesus found passages in the Old Testament that they believed were prophecies of his death, resurrection, and nature (for example, Psalm 110:1, Isaiah 53; Daniel 7:13 - 14). They also preserved Jesus' sayings and the stories of his life, which they interpreted in light of their faith. Jesus had proclaimed the gospel ("good news") of the coming reign, or kingdom, of God and carried on a ministry of teaching, forgiveness, and healing. Although much of his teaching agreed with that of other Jews, his more radical and prophetic sayings made enemies.彼らの信仰を守る、分かりやすく説明できるとは、イエスキリストの弟子の通路で発見さ旧約聖書の予言してくれると信じていた彼の死は、復活のは、自然と(たとえば、詩篇110:1 、イザヤ書53 ;ダニエル7時13 -1 4) 。また、保存イエスのことわざや、彼の人生の物語は、彼らが彼らの信仰に照らして解釈されます。 イエスキリストの福音を宣言した( "良いニュース" )の治世の到来、または王国は、神の教えと運ば上で省、赦し、そして癒していますが、ずっと彼のことを教えることで合意して他のユダヤ人は、彼の前にもっと過激なことわざ敵と予言した。 The high priest and his associates feared Jesus as a threat to the established order, and the Roman governor Pontius Pilate was persuaded to have Jesus crucified.大祭司と彼の恐れがイエスアソシエイツとして、既成の秩序を脅かすものには、ローマやpontius pilate知事はイエスキリストが十字架につけ説得している。 Thus, the gospel tradition contains both the message of Jesus and the proclamation of his divine nature.このように、伝統の福音のメッセージの両方が含まれ、イエスは神の本質と宣言した。

Other new experiences of ecstasy and prophecy were interpreted as gifts of the Holy Spirit. Indeed, most books of the New Testament ponder the relation of the old and the new. 新しい経験を他のエクスタシーと予言が聖霊からの授かり物として解釈されます。実際、ほとんどの書籍は、新約聖書の関係をじっくり考えるのは、古いものと新しい。 Christians, and Jesus himself, believed in the same God as other Jews and recognized the authority of the Old Testament.キリスト教徒は、イエス自身とは、神を信じて、同じように他のユダヤ人と旧約聖書の権威を認めています。 Yet Jesus had made radical statements that undermined the separateness of Judaism and led logically to the admission of Gentiles into the community.まだイエス過激な発言していた前に見いだそうとしていたユダヤ教とリードを論理的に分離し、地域社会への入場のgentiles 。 Thus, there emerged a Church embracing Jews and non Jews that was interpreted as based on a new covenant inaugurated by Jesus. Paul, the greatest apostle of the Gentile mission, defended his policies by teaching that the basis for acceptance by God is faith in Jesus Christ; yet Paul did not wish to break continuity with the old religion.したがって、 そこに登場したユダヤ人と非ユダヤ人の教会を抱き締めていたとして解釈して新しい契約に基づいて発足されたイエスです。パウロは、使徒のジェンティーレの最大の使命は、彼の政策を擁護しての基礎を教えることは、神への信仰を受け入れることによって、イエスキリスト;まだポール願いを破る連続していない古い宗教です。

The New Testament contains a strong apocalyptic element.新約聖書の黙示録的な要素が強いが含まれています。 Jesus' parables and sayings regarding the coming reign of God are enigmatic, and it is not certain that he expected the early end of the world; but many original Christians believed they were living in the last age.イエスの例については、今後とことわざには謎めいた神の治世は、特定のではないと予想して彼は、初期のエンドオブザワールド;しかし、多くのキリスト教徒の元に住んでいると考えられていた最後の時代だ。 Nevertheless, much of the moral teaching of the New Testament is aimed at everyday life in this world, and Christian behavior is a constant theme. The New Testament reflects other concerns of community life, including public worship and church organization, but equal emphasis is placed on individual Prayer and communion with God.にもかかわらず、 多くの道徳教育の目的は、新約聖書の日常生活でも、この世界では、キリスト教の行動とは、定数のテーマです。新約聖書の懸念を反映し、他の地域社会の生活は、教会の礼拝と公共機関を含むが、重点が置か等しい個々の祈りと聖体拝領をして、神です。

The New Testament covers a much shorter period of time than the Old Testament, and its interests are fewer and more intense.新約聖書の表紙よりもはるかに短期間のうちに旧約聖書と、より多くの利益が少ないと激しい。 This is partly because Christians had access to the Old Testament and other Jewish books.理由の一つには、キリスト教徒がアクセスできるように旧約聖書のユダヤ人や他の書籍です。 The New Testament was written concisely.新約聖書に書かれた簡潔にします。 Almost no attempt was made to imitate the fashionable literature of the time; yet the writings have great rhetorical power.ほとんどないファッショナブルな試みは前に文学を模倣するのは、時間;だが、偉大な修辞的記述が電源です。 Natural science had little influence.自然科学の影響はほとんどなかった。 The outlook is not unscientific but prescientific; these are writings of faith, not speculation.しかし、非科学的ではない見通しprescientific ;これらは信仰の記述ではなく、投機です。

.

The Canonそのキヤノン

The process by which the canon of the New Testament was formed began in the 2d century, probably with a collection of ten letters of Paul. Toward the end of that century, Irenaeus argued for the unique authority of the portion of the Canon called the Gospels. Acceptance of the other books came gradually.その過程で、キヤノンは、新約聖書形成された2次元の世紀が始まったのは、おそらく、パウロの手紙の収集10 。世紀の終わりごろにして、 irenaeus主張のための固有の権限と呼ばれている部分は、キヤノンgospels 。受け入れ、他の書籍を徐々に来た。 The church in Egypt used more than the present 27 books, and the Syriac speaking churches fewer.エジプトの教会で、現在の27本以上も使われており、シリア語圏の教会が少ない。 The question of an official canon became urgent during the 4th century.キヤノンは、急を要する問題のある関係者は4世紀中です。 It was mainly through the influence of Athanasius, bishop of Alexandria, and because Jerome included the 27 books in his Latin version of the Bible called the Vulgate, that the present canon came to be accepted.それは主の影響力を通じて、アタナシウス、アレクサンドリアの司教、そしてジェローム含まれているため、 27冊の聖書と呼ばれる彼のラテン語のウルガタ聖書のバージョンは、現在のキヤノンに来たことに承認されます。

Divisions of the New Testament部門は、新約聖書

The New Testament consists of four Gospels, the Acts of the Apostles, collections of Epistles, and the Book of Revelation.新約聖書の4つで構成さgospels 、使徒行伝は、コレクションの書簡は、ヨハネの黙示録の本とした。

The Gospelsそのgospels

Originally gospel meant "good news"(Greek evangelion). The term was later applied to books embodying this message. もともとゴスペル意味"良いニュース" (ギリシャ語エヴァンゲリオン) 。任期は、このメッセージの後に適用される書籍embodying 。 These are not biographies but proclamations of the good news in story form.しかし、これらの伝記ではありません宣言では、物語の形の良いニュースだ。 Although all dates for New Testament books are debated, prevailing opinion dates Mark AD 68 - 72, Luke and Matthew c.にもかかわらず本は、新約聖書のすべての日程を議論、有力な意見広告の日程マーク68 -7 2、ルークとマシューc . 85, and John 95 - 100. 85 、ヨハネ95 -1 00。 The first three, called synoptic because they can be compared side by side, have a complicated literary relationship with each other.最初の3つは、共観福音書と呼ばれることができるので比べて並んで、文学的な関係を持つ複雑なお互い。 Probably Matthew and Luke used Mark and a lost document called Q (German Quelle, "source"), consisting mainly of Jesus' sayings. The parables - short illustrative stories told by Jesus, usually reflecting daily life - are prominent in the synoptics. The Gospel of John differs from the others in structure and reflects the theological development of the first century, but it contains traditions independent of the synoptics.おそらくマシューとルーク使用されると、失われた文書と呼ばれるマーク問(ドイツ語quelle 、 "ソース" )は、主イエスから成る'ことわざです。 この例-ショートストーリー説明されたイエスキリストは、通常の日常生活を反映-では、著名なs y noptics。ヨハネによる福音書の構造とは異なって、他の神学的発展を反映しての最初の世紀には、それが含まれsynoptics伝統独立しています。

The Actsその行為

The Acts of the Apostles was evidently written by Luke as a sequel to his Gospel.どうやら、使徒行伝が書かれた彼のルカによる福音書の続編として。 It recounts the traditions of the earliest churches in Palestine and gives the details of Paul's missionary journeys.それは、最古の教会の伝統を再集計では、パレスチナとのパウロの伝道の旅の詳細です。

The Epistlesこの書簡

Two kinds of Epistles are attributed to St. Paul in the New Testament. 2種類の属性には、聖パウロの書簡は、新約聖書です。 Nine of them (ten, if Ephesians is included) are letters addressed by Paul to specific churches and deal mainly with problems of faith, morals, and community life.かれら9人( 10人、エペソ人が含まれている場合)宛ての手紙では、特定の教会やポールに対応して問題点を中心に信仰は、道徳は、人生とコミュニティです。 These letters disclose Paul's interpretation of Christianity and his methods of dealing with pastoral problems.これらの文字を開示するキリスト教パウロの解釈と彼の牧歌的な問題への対処の方法です。 The remainder are not actual letters; rather they are writings in letter form, intended for the whole church or large parts of it.残りではない実際の手紙;むしろ彼らは手紙形式で記述は、意図して全体の教会や大部分だ。 Thus, the pastoral Epistles - 1 and 2 Timothy and Titus - written in Paul's name, contain directions for church leaders and warn against errors in doctrine and behavior.したがって、田園の書簡-1と2のティモシーとタイタス-パウロの名前で書かれ、教会の指導者たちのための指示が含まれ、エラーが教義や行動に警鐘を鳴らす。 Hebrews is a carefully constructed sermon by an unknown author and interprets Christ as high priest and urges fidelity in time of persecution.ヘブル人への手紙の説教とは、慎重に建設されたと解釈する未知の作者としてキリスト大祭司と迫害を求める時に忠実に。

The general, or catholic, Epistles are so called because they are directed to the church as a whole. The Epistle of James emphasizes the importance of good deeds against an empty type of belief that involves no right action. The first Epistle of Peter proclaims joy in the face of persecution and is addressed particularly to congregations with newly baptized members. The Epistles of John resemble the fourth Gospel.一般的な、あるいはカトリック教徒は、いわゆる書簡は、直接アクセスしているため、全体としての教会の信徒のジェームズ善行の重要性を強調して、空のタイプの信念に反対して行動をする権利はない。 proclaimsピーターの最初の信徒の喜びとは、迫害に直面し対処して新たにバプテスマを受け、特にメンバーをcongregations 。 書簡は、ヨハネによる福音書第4に似ています。 St. John teaches the intimate relationship between love of the brotherhood and the true doctrine about Christ; he also attacks division within the church. 聖ヨハネの間の親密な関係を教えるのは、兄弟愛とキリストの真の教義について;彼はまた、教会内の分裂攻撃です。

Revelation啓示

The Book of Revelation was probably written to encourage Christians to be faithful during a persecution under Domitian (AD 81 - 96).この本に書かを奨励するのはおそらくヨハネの黙示録に忠実なキリスト教徒を迫害の中にひとつの下に(広告の81 -9 6) 。 It portrays the future through many symbols, and the prophet expects God's judgment on the Roman Empire, a 1,000 year reign of Christ, and a new heaven and a new Earth.多くのシンボルを描くことを通して、将来は、神と預言者の判断を期待してローマ帝国は、キリストの治世、 1000年、そして新しい天国と新しい地球です。

Versions of the Bible聖書のバージョン

Several Aramaic targums (free translations or paraphrases) of the Old Testament exist; some of them may be older than the Christian Era. いくつかのアラム語targums (無料の翻訳やparaphrases )は、旧約聖書の存在;いくつかのクリスチャンの時代より古いかもしれない。 The Greek Septuagint, whose canon was not strictly defined, was gradually produced during the last three centuries BC. セプトゥアギンタは、ギリシャのは、キヤノンではないが厳密に定義され、徐々には、紀元前3世紀の最後の間に作られる。 An Old Latin version of both Testaments was revised by Jerome, producing the Vulgate. ラテン語の古いバージョンの両方が改正されたジェロームtestaments 、流布本を生産しています。 Ancient versions exist in Syriac, Coptic, Armenian, and other languages. 古代のバージョンに存在するシリア語、コプト語、アルメニア、およびその他の言語で表示できます。

During the Middle Ages, parts of the Bible were put into Anglo Saxon and Middle English.中世の間には、聖書の部分に入っていたアングロサクソンや中世英語です。 The first English versions of the entire Bible were made (1380 - 93) by John Wycliffe and his associates who used the Latin text.英語版では、全体の最初の聖書があった( 1380 -9 3)と彼の仲間たちは、ジョンウィクリフのラテン語テキストを使用されています。 The Reformation gave further impulse to translations into modern languages, notably that of Martin Luther in German and William Tyndale in English.さらに衝撃を与えたの改革現代言語への翻訳が、顕著にして、マーティンルーサーウィリアムティンダルはドイツ語と英語で行われます。 Among later versions are the following: Miles Coverdale's Bible (1535), Matthew's Bible (1537), the Great Bible (1539), Geneva Bible (1560), Rheims - Douai Bible (1582, 1609), King James, or Authorized, Version (1611), English Revised Version (1881 - 85), American Standard Version (1946 - 57), New English Bible (1961 - 70), Jerusalem Bible (1966), New American Bible (1970), Today's English Version (1966 - 76), and the Revised Standard Version (1946 - 1971).それ以降のバージョンの間では次のとおりです:マイルカヴァーデールの聖書( 1535 ) 、マシューの聖書( 1537年)は、偉大な聖書( 1539年) 、ジュネーブ聖書( 1560 ) 、ランス-ドゥエ聖書( 1 582年、 1 609年) 、ジェームズキング、または認可は、バージョン( 1611年) 、英語の改訂版( 1881 -8 5)は、アメリカンスタンダードバージョン( 1 946- 57 )は、新しい英語聖書(1 9 61-7 0) 、エルサレム聖書( 19 6 6)、( 1 9 7 0)新アメリカ訳聖書は、今日の英語版(1 9 6 6- 76 ) 、および標準の改訂版( 1946 -1 971) 。

Interpretation and Study of the Bible聖書解釈と研究

Ancient Interpretations古代の解釈

Ancient Jews and Christians believed their Scriptures to be inspired by God and intended to guide all generations.古代ユダヤ人とキリスト教徒と信じて聖書を神に触発されて、すべての世代のガイドを意図しています。 The interpretative method called Midrash sought to make the biblical message relevant to the actual needs of the community, to remove obscurities and contradictions, to find fulfillments of prophecies, and to answer questions not raised in the Bible by discovering allegorical meanings.ミドラーシュの解釈と呼ばれる方法を求めて聖書のメッセージを作ることに関連し、実際のニーズには、地域社会、 obscuritiesと矛盾を削除し、 fulfillmentsの予言を見つけ、育てられていないとの質問に答えるための聖書の寓話の意味を発見しています。 This process is seen in the Dead Sea Scrolls, the paraphrases, or targums, of the Old Testament, and the writings of the philosopher Philo; and it has influenced New Testament theology.このプロセスは、死海文書に見られるのは、 paraphrases 、またはtargums 、旧約聖書の、との記述は、哲学者フィロ;と新約聖書神学ことが影響を受けた。 The Rabbis used midrash to settle legal problems; it appears in the Talmud as well as in the Midrashim, or homiletical commentaries.ミドラーシュのラビ使われる法律上の問題を解決することに表示されるだけでなく、タルムードmidrashim 、またはhomiletical論評した。

Christians were influenced both by Jewish tradition and by philosophers who explained Greek myths as allegories.キリスト教徒の両方が影響を受けたとされるユダヤ教の伝統としてallegoriesギリシャ神話の哲学者たちの説明だ。 The Alexandrian scholar Origen distinguished literal and allegorical meanings in the Old Testament, and his followers found three or four ways to interpret a specific text. The school of Antioch, represented by commentators such as Theodore of Mopsuestia and the great preacher John Chrysostom, insisted on the natural and literal meaning of Scripture. During the Middle Ages the allegorical method largely prevailed.アレクサンドリアリテラルの著名な学者や原産地は、旧約聖書の寓話の意味は、 3つか4つ見つかったとその部下を解釈する方法を特定のテキストです。 アンティオキア、学校のは、解説者に代表されるような偉大な説教師モプスエスティアのテオドロスヨハネクリュソストモスと、主張して啓典の自然との文字どおりの意味です。中世の間に、寓話法おおむね優勢です。

Modern Study近代的研究

During the Renaissance, a revival of the study of Greek and Latin classics occurred that led Christian scholars to study Hebrew.ルネサンス中で、復活の研究は古典ギリシア語とラテン語が発生してLEDのキリスト教ヘブライ語を勉強する学者だ。 Literary and historical criticism, which had been carried on in ancient times, now received a new impetus.文学や歴史的な批判は、上で行われていた古代には、今すぐに新たな刺激を受けています。 Although the allegorical method never died out in Catholicism and Protestantism, the new learning influenced the study of the Bible, and in the 18th century the techniques of classical studies began to be employed systematically.にもかかわらず、寓話の方法では決してカトリックとプロテスタントが死亡すると、新しい学習の研究は、聖書の影響を受けた、とは、 18世紀の古典的な技術の採用を体系的に研究を始めた。 Improved dictionaries and grammars were part of this process.辞書と文法の改良は、このプロセスの部分です。

Textual Criticism原典批評家

Textual criticism is an important part of biblical interpretation.原典批評家は、聖書の解釈に重要な部分を占めています。 This is the comparison of manuscripts of the Bible in the original languages and versions, including quotations by ancient authors, to determine as nearly as possible the original wording.これは、聖書の中の比較は、元の原稿の言語やバージョンでは、引用された古代の作者を含め、できるだけ近くを決定、元の言葉遣いです。 Literary criticism is the study of the document itself in comparison with other books - biblical and nonbiblical - to disclose the method, style, and purpose of the author; the author's identity; the written and oral sources used by the author; and the date and place of the writing. This has led to theories regarding sources of the Pentateuch and the Gospels, the dating of Paul's letters, and the distinctions between parts of Isaiah.文芸批評は、文書自体の研究に比較して他の書籍-旧約聖書とn onbiblical-を開示の方法やスタイルなどの目的は、作者;が、作者のアイデンティティ;の書面と口頭で使用されるソースの作者;と、日付と場所は、書くことです。 これを受けて、ソースには、理論に関するgospels五とは、出会い系のパウロの手紙は、イザヤ書の部分との違いだ。

Form Criticism様式史的研究

Form criticism studies the oral tradition behind a document.フォームの批判の背後にあるドキュメントタイプの昔からの言い伝えです。 Every oral tradition is modified by the life situations in which it is transmitted, and the stages of change can often be discerned, as in the stories of Abraham and Sarah.昔からの言い伝えが更新されるごとに生活状況で伝送することが、この段階で、頻繁に変更されることの違いのように、アブラハムとサラの物語です。 One may classify the Psalms according to their probable uses in worship. 1つの可能性を分類する詩篇彼らの予想によると、礼拝堂で使用されています。 In the parables of Jesus, the original purpose can be distinguished from the church's interpretations and modifications. Form critics believe that the elements in Jesus' teaching that do not match the interests of Judaism or of the early church reflect his specific point of view.イエスの例では、本来の目的を区別することができますし、教会の解釈を修正した。 フォームに批判的な要素だと信じて、イエスの教えの利害にマッチしていないのは、初期のユダヤ教の教会や特定の視点を反映した。

Redaction Criticism改訂批判

Redaction criticism, the study of editing, assumes that the authors of biblical books had a definite theology and purpose and were not mere collectors of traditions.改訂の批判は、編集の研究は、聖書の中の書籍の著者を前提としていたと明確な目的ではないと神学の伝統単なるコレクターです。 Thus the traits of the writer of a book or a source can be distinguished from those of the materials by observing style and editorial method.こうしてその特徴は、本の著者またはそれらのソースを区別することができます観測されたスタイルとは、素材の編集方法です。 Both form and redaction criticism involve the individual judgments of scholars; perfect agreement cannot be expected.改訂と批判の両方を巻き込む形で、個々の判断の学者;完璧な合意に期待することはできません。

Historical Criticism史的批評

Historical criticism, which is the method of all serious historians, applies all these disciplines to the Bible and takes into account all historical evidence available, in both written documents and archaeological discoveries.歴史的な批判、これは、メソッドのすべての重大な歴史家は、これらすべての分野に適用して、聖書や歴史的な証拠を考慮してすべての利用可能な場合、両方で書かれた文書や考古学的発見。 Thus Ugaritic, Babylonian, Assyrian, Egyptian, Persian, and other records used with the Bible, aid in reconstructing the course of Hebrew history.ウガリットこうして、バビロニア、アッシリア、エジプト、ペルシャ語、およびその他の記録に使用されて聖書には、再建支援中のヘブライ語コースの歴史があります。 New Testament history and the development of early Christian theology are illuminated by studying the documents of the Jewish and Greco Roman religions and Christian writings outside the New Testament.新約聖書の歴史とは、開発の初期キリスト教神学を勉強ライトアップされた文書は、ユダヤ人とキリスト教の宗教とグレコローマン新約聖書の外で記述します。

Sherman E Johnsonシャーマンeジョンソン

Bibliography 文献情報
Old Testament 旧約聖書
B W Anderson, Understanding the Old Testament (1986); G W Coats and B O Long, eds., Canon and Authority (1977); J L McKenzie, The Two Edged Sword (1956); J A Sanders, Torah and Canon (1972); G Von Rad, Old Testament Theology (1962).ボツワナアンダーソン氏は、旧約聖書の理解( 1986 ) ;ギニアビサウボーロングコートとは、 EDS社。 、キヤノンと権限( 1977 ) ; jlマッケンジーは、 2つの刃の剣( 1956年) ; jaサンダースは、律法とキヤノン( 1972 ) ;グラムフォンラートは、旧約聖書神学( 1962年) 。

New Testament 新約聖書
R M Grant, The Formation of the New Testament (1966); H C Kee, Understanding the New Testament (1983); C F D Moule, The Birth of the New Testament (1981); J M Robinson and H Koester, Trajectories through Early Christianity (1971). rmグラントは、新約聖書の形成( 1966 ) ;リンクKeeのは、新約聖書の理解( 1983 ) ;立方フィートマウルは、新約聖書の誕生( 1981 ) ;ジャマイカロビンソンケスターとhは、キリスト教の物体の軌道を介しての早期( 1971 ) 。

History and Criticism 歴史と批判
R Alter and F Kermode, eds., The Literary Guide to the Bible (1987); F F Bruce, History of the Bible in English (1978); C H Dodd, The Bible Today (1946); R E Friedman, Who Wrote the Bible?研究を変えるとfカーモド、 EDS社。 、聖書の文学ガイド( 1987 ) ; FFのブルースは、聖書の歴史、英語( 1978 ) ;チャンネルドッドは、今日の聖書( 1946 ) ;再フリードマンは、聖書を書いたのですか? (1987); R M Grant and D Tracy, A Short History of the Interpretation of the Bible (1984); K Koch, The Growth of Biblical Tradition (1969); N Perrin, What Is Redaction Criticism? ( 1987 ) ; rmグラントとDトレイシーは、短い歴史の解釈は、聖書( 1984 ) ; kコッホは、聖書の伝統の成長( 1969 ) ;なしペランは、どのような批判を改訂? (1969). ( 1969 ) 。


Bible聖書

Advanced Information 高度情報

The English word "Bible" is derived from the Greek biblion, "roll" or "book."英語の単語の"バイブル"とはギリシャ語に由来biblion 、 "ロール"または"ブックです。 " (While biblion is really a diminutive of biblos, it has lost this sense in the NT. See Rev. 10:2 where biblaridion is used for a "little scroll.") More exactly, a biblion was a roll of papyrus or byblus, a reedlike plant whose inner bark was dried and fashioned into a writing material widely used in the ancient world. ( biblion中には、実際には小柄のビブロスは、この感覚が失われることは、 NTのです。 biblaridionを参照してください牧師はどこに使われて、 10時02分"リトルスクロールします。 " )より正確には、ロールのパピルスbiblionまたはbyblusは、 reedlike植物の樹皮の内側には乾燥材や風の文章を古代の世界で広く使われています。

The word as we use it today, however, has a far more significant connotation than the Greek biblion.我々の言葉として使用して今日では、しかし、重要な意味合いよりも、はるかには、ギリシャ語のbiblion 。 While biblion was somewhat neutral, it could be used to designate books of magic (Acts 19:19) or a bill of divorcement (Mark 10:4) as well as sacred books, the word "Bible" refers to the Book par excellence, the recognized record of divine revelation.中には、やや中性biblion 、書籍を指定することに使われる可能性のマジック( 19時19行為)または法案の離縁(マーク10時04分)だけでなく、神聖な書籍は、その言葉"聖書"飛び抜けて優秀な本を指しているため、託宣の記録を認めています。

Although this meaning is ecclesiastical in origin, its roots go back into the OT.この意味の起源は、教会の中にもかかわらず、そのルーツに戻るot 。 In Dan.ダン中です。 9:2 (LXX) ta biblia refers to the prophetic writings. 9時02分( 70 )タビブリア予言的な記述を指しているためだ。 In the Prologue to Sirach it refers generally to the OT Scriptures.プロローグには、通常、シラクのことを指しますot聖書です。 This usage passed into the Christian church (II Clem. 14:2) and about the turn of the fifth century was extended to include the entire body of canonical writings as we now have them.この用途に渡されたキリスト教教会( ⅱクレム。 14時02分) 、約5世紀の変わり目は、体全体の拡張を含めるカノニカル記述として我々が今してください。 The expression ta biblia passed into the vocabulary of the Western church and in the thirteenth century, by what Westcott calls a "happy solecism," the neuter plural came to be regarded as a feminine singular, and in this form the term passed into the languages of modern Europe.タビブリアを渡されたという表現は、西洋の語彙は、 13世紀の教会とは、どのようなウェストコットをコールされた"幸せな破格は、 "複数の中性来たと見なされるフェミニン単数、およびその用語で、このフォームに渡された言語近代ヨーロッパです。 This significant change from plural to singular reflected the growing conception of the Bible as one utterance of God rather than a multitude of voices speaking for him.この重大な変化を単数から複数の高まりを反映して1つの概念としては、聖書の発話ではなく、神のために多数の声を彼に言っている。

The process by which the various books in the Bible were brought together and their value as sacred Scripture recognized is referred to as the history of the canon.このプロセスによって、聖書には、様々な書籍を召集とその値として神聖な啓典と呼ばれることの歴史認識は、キヤノンです。 Contrary to prevailing critical opinion, there existed, prior to the Exile, a large body of sacred literature.批判的な意見を優勢に反して、その存在は、亡命者を前に、大きな体の神聖な文学です。 Moses wrote "all the words of the Lord" in the "book of the covenant" (Exod. 21-23; 24:4, 7).モーゼス書いた"のすべての単語の主"は、 "書籍の約束" ( exod.二十一〜二十三; 24:4 、 7 ) 。 Joshua's farewell address was written "in the book of the law of God" (Josh. 24:26).ジョシュアのお別れのアドレスが書かれた"本の中では、神の法則" ( josh. 24:26 ) 。 Samuel spoke concerning the manner of the kingdom and "wrote it in a book" (I Sam. 10:25).サミュエルに関する発言や態度の王国"と書いたことで本を読む" (私サム。 10:25 ) 。 "Thus saith the Lord" was the common preface to the utterances of the prophets. "こうして、主の言う"とは、共通の序文には、預言者の発言だ。

This revelatory literature, although not reaching a fixed form until late in the second century B.C., was nevertheless regarded from the very first as the revealed will of God and therefore binding upon the people.この天啓の文学、フォームではないが固定されるまでに至る世紀後半には、紀元前2番目は、非常に最初から評価されたにもかかわらず、神の啓示は、そのための人々の上製本。 The "oracles of God" were held in highest esteem, and this attitude toward the Scriptures was quite naturally carried over into the early church. "神のoracles "が開かれた最高の尊敬し、このような態度は、ごく自然に向かって、聖書は、初期の教会に持ち越される。 Few will deny that Jesus regarded the OT as an inspired record of God's self-revelation in history.イエスと見なすことを否定することは、いくつかの着想を得たの記録としてot神の啓示で自己の歴史だ。 He repeatedly appealed to the Scriptures as authoritative (Matt. 19:4; 22:29).彼は、聖書としての権威を繰り返し訴えた( matt. 19時04分、 22時29分) 。 The early church maintained this same attitude toward the OT, but alongside of it they began to place the words of the Lord.この教会を維持し、早期のot同じ態度を取るが、横に置くことになり始めたとは、主の言葉です。 While the OT canon had been formally closed, the coming of Christ had, in a sense, opened it again. otながら、キヤノンは正式に閉鎖され、キリストの到来は、ある意味でオープンしてみてください。 God was once again speaking.再び言えば、神は。 Since the cross was the central redemptive act of God in history, the NT became a logical necessity.以来、クロスは、中央の歴史における神の贖いの行為は、論理的必然性はNTになった。 Thus the voice of the apostles, and later their writings, were accepted as the divine commentary on the Christ event.したがって、使徒の声が、後で自分の記述とは、神が認められて、キリストのイベントを解説しています。

Viewed as a historical process, the formation of the NT canon occupied some 350 years.歴史的なプロセスとして見ると、キヤノンの形成には、 NTのいくつかの350年間占領した。 In the first century the various books were written and began to be circulated through the churches.第一世紀に書かれた様々な書籍や教会を通して循環になり始めた。 The rise of heresy in the second century, especially in the form of Gnosticism with its outstanding spokesman, Marcion was a powerful impulse toward the formation of a definite canon.異端の台頭で、 2番目の世紀には、特にグノーシス主義の形で、未払いの報道官は、強力な衝動marcionは明確なキヤノンの形成に向かっている。 A sifting process began in which valid Scripture distinguished itself from Christian literature in general on the basis of such criteria as apostolic authorship, reception by the churches, and consistency of doctrine with what the church already possessed.ふるいかすを始めたが、有効なプロセスそのものからキリスト教の著名な文学賞典全般的基準に基づいてこのようなローマ教皇の原作者としては、教会の受信される、との整合性をどのような教会の教義をすでに保有しています。 The canon was ultimately certified at the Council of Carthage (397).キヤノンは、最終的には、評議会の認定カルタゴ( 397 ) 。

The claim of the Bible to divine origin is amply justified by its historical influence.その主張は、聖書を神の起源は、その歴史的な影響力を十分に正当化される。 Its manuscripts are numbered in the thousands.その原稿は、数千人の番号です。 The NT had barely been put together before we find translations in Latin, Syriac, and Egyptian. NTのは、我々の前にまとめる辛うじて見つける翻訳され、ラテン語、シリア語、およびエジプトです。 Today there is not a language in the civilized world that does not have the word of God.今日そこではない言語では、文明世界していないが、神のみことばです。 No other book has been so carefully studied or had so much written on it.他の書籍ないか慎重に検討されていたのでそんなに書いてあります。 Its spiritual influence cannot be estimated.その精神的な影響力を推定することはできません。 It is preeminently the Book God's word in man's language.それは神の言葉が卓越して、書籍の男の言語です。

R H Mounce rh mounce
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
F. F. Bruce, The Books and the Parchments; B. F. Westcott, The Bible in the Church; P. R. Ackroyd et al., eds., The Cambridge History of the Bible, 3 vols.; D.E. FFのブルースは、書籍やparchments ;ブルキナファソウェストコットは、聖書の中の教会;広報ackroydら。 、 EDS社。 、聖書の歴史、ケンブリッジ、 3 vols 。 ;デ Nineham, ed., The Church's Use of the Bible; A. Harnack, Bible Reading in the Early Church; N.O. nineham 、エド。 、教会の聖書の使用; a.ハルナック、聖書を読んで、初期の教会;なし Hatch and M.A. Noll, The Bible in America; B. Smalley, The Study of the Bible in the Middle Ages; A. Richardson, The Bible in the Age of Science; J. Barr, The Bible in the Modern World.ノルマハッチとは、アメリカで聖書;スモーリーBには、聖書の研究は、中世; a.リチャードソンは、聖書の時代の科学; j.バールは、聖書には、現代の世界です。


The Bible聖書

Catholic Information カトリック情報

A collection of writings which the Church of God has solemnly recognized as inspired.コレクションの記述は、神の教会を厳粛にインスピレーションを得たとして認識されます。

The name is derived from the Greek expression biblia (the books), which came into use in the early centuries of Christianity to designate the whole sacred volume.その名前の由来は、ギリシャの発現biblia (書籍)で、使用中に入ってきたキリスト教の初期の世紀にもわたって神聖なボリューム全体を指定します。 In the Latin of the Middle Ages, the neuter plural for Biblia (gen. bibliorum) gradually came to be regarded as a feminine singular noun (biblia, gen. bibliae, in which singular form the word has passed into the languages of the Western world. It means "The Book", by way of eminence, and therefore well sets forth the sacred character of our inspired literature. Its most important equivalents are: "The Divine Library" (Bibliotheca Divina), which was employed by St. Jerome in the fourth century; "the Scriptures", "the Holy Scripture" -- terms which are derived from expressions found in the Bible itself; and "the Old and New Testament", in which collective title, "the Old Testament" designates the sacred books written before the coming of Our Lord, and "the New Testament" denotes the inspired writings composed since the coming of Christ.中世には、ラテン語のは、そのための中性複数biblia (大将bibliorum )徐々に来たと見なされるフェミニン単数名詞( biblia 、ゲン。 bibliae 、単数形で渡されたという言葉には、西側世界の言語。ことを意味する"本"は、道の隆起によって、井戸や送付従って我々の着想を得た文学の神聖なキャラクターです。その最も重要な同等以下の通りです: "神の図書館" (蔵書divina ) 、聖ジェロームに雇われていた第4世紀; "聖書"は、 "教典" -用語では、表現の由来は、聖書自体が見つかりました;や"は、古いものと新約聖書"と、集団でのタイトルは、 "旧約聖書"を指定聖なる来る前に書かれた書籍の主よ、と"新約聖書"のインスピレーションを表します来て以来、キリストの記述で構成されます。

It is a fact of history that in the time of Christ the Jews were in possession of sacred books, which differed widely from one another in subject, style, origin and scope, and it is also a fact that they regarded all such writings as invested with a character which distinguished them from all other books.これは、歴史の事実には、キリストの時代、ユダヤ人たちは神聖な本を所持し、これに異論を広く対象から別の1つは、スタイルは、スコープの起源とし、また、そのような事実が彼らのすべての記述として投資評価キャラクターを区別して、他のすべての書籍をしてからです。 This was the Divine authority of every one of these books and of every part of each book.これは、神の1つは、これらの書籍のすべての権限と各書籍のすべての部分です。 This belief of the Jews was confirmed by Our Lord and His Apostles; for they supposed its truth in their teaching, used it as a foundation of their doctrine, and intimately connected with it the religious system of which they were the founders.この信念が確認されたのは、ユダヤ人たちの主とその使徒;はずそのために彼らは、真実を教えることは、彼らの基礎として使用されることドクトリンは、これと密接に関係して、宗教的な制度の創設された。 The books thus approved were handed down to the Christian Church as the written record of Divine revelation before the coming of Christ.こうして承認された書籍を、キリスト教の教会の伝承の記録として書かれたキリストの託宣の前に来る。 The truths of Christian revelation were made known to the Apostles either by Christ Himself or by the Holy Ghost.キリスト教の啓示された真理の使徒のどちらかを知られているのか、自分自身キリスト聖霊のです。 They constitute what is called the Deposit of Faith, to which nothing has been added since the Apostolic Age.彼らは何を構成するのは、預金と呼ばれる信仰は、何をどの年齢に追加されて以来、ローマ教皇のです。 Some of the truths were committed to writing under the inspiration of the Holy Ghost and have been handed down to us in the books of the New Testament.いくつかの真理がコミットして書くことは、聖霊の下にインスピレーション伝承してきたと私たちは、新約聖書の書籍です。 Written originally to individual Churches or persons, to meet particular necessities, and accommodated as they all were to particular and existing circumstances, these books were gradually received by the universal Church as inspired, and with the sacred books of the Jews constitute the Bible.もともと個々の教会や人を書いて、特定の必需品を満たす、としていた彼らは全員収容として、既存の特定の状況下で、これらの書籍は、普遍的教会として徐々にインスピレーションを受けた、として構成し、ユダヤ人の神聖な聖書の書籍です。

In one respect, therefore, the Bible is a twofold literature, made up of two distinct collections which correspond with two successive and unequal periods of time in the history of man. 1つの点で、したがって、聖書には二重の文学賞は、前の2つの別個のコレクションに対応する2つの連続して一定の時間と不平等の歴史の中の男だ。 The older of these collection, mostly written in Hebrew, corresponds with the many centuries during which the Jewish people enjoyed a national existence, and forms the Hebrew, or Old Testament, literature; the more recent collection, begun not long after Our Lord's ascension, and made up of Greek writings, is the Early Christian, or New Testament, literature.これらのコレクションの古い、ほとんどがヘブライ語で書かれては、何世紀に対応して、多くの人々の中で、ユダヤ人国家の存在を享受して、フォームのヘブライ語、または旧約聖書、文学; 、さらに多く最近のコレクションは、始まっていない私たちの主の昇天祭の後の長い、ギリシャ語の前に記述すると、初めには、キリスト教は、新約聖書や、文学です。 Yet, in another and deeper respect, the Biblical literature is pre-eminently one.しかし、別のより深い敬意とは、聖書の中の文学賞は、事前に完ぺきな1つです。 Its two sets of writings are most closely connected with regard to doctrines revealed, facts recorded, customs described, and even expressions used.その2つの記述に関しては、ほとんどの教説を明らかに密接に関連し、事実を記録し、税関で説明する、との表現にも使用されています。 Above all, both collection have one and the same religious purpose, one and the same inspired character.なによりも、両方のコレクションをしてもらうと、同じ宗教上の目的では、 1つの文字と同じインスピレーションを得た。 They form the two parts of a great organic whole the centre of which is the person and mission of Christ.彼らのフォームの2つの部分に大きな有機全体の中心人物とは、キリストの使命です。 The same Spirit exercised His mysterious hidden influence on the writings of both Testaments, and made of the works of those who lived before Our Lord an active and steady preparation for the New Testament dispensation which he was to introduce, and of the works of those who wrote after Him a real continuation and striking fulfilment of the old Covenant.同じ精神に影響力を行使して彼の隠された神秘的な記述の両方のtestaments 、および前には、作品の前に住んでいる人たちの主のための準備に積極的に新約聖書と着実に彼は神の摂理を紹介し、その人たちの作品本物の継続を書いた後に彼の昔の約束達成をそなえています。

The Bible, as the inspired recorded of revelation, contains the word of God; that is, it contains those revealed truths which the Holy Ghost wishes to be transmitted in writing.聖書の、ヨハネの黙示録として、インスピレーションを記録したのは、神のみことばが含まれ;ことは、真実を明らかにすることが含まれ、それらの聖霊の願いを書くことで伝送される。 However, all revealed truths are not contained in the Bible (see TRADITION); neither is every truth in the Bible revealed, if by revelation is meant the manifestation of hidden truths which could not other be known.しかし、すべての真実を明らかに聖書には含まれていない(伝統を参照してください) ;どちらも聖書は、すべての真実を明らかにし、場合によっては、ヨハネの黙示録の症状の隠された真実を意味することができなかった他のことで知られています。 Much of the Scripture came to its writers through the channels of ordinary knowledge, but its sacred character and Divine authority are not limited to those parts which contain revelation strictly so termed.啓典の多くは、その作家に来たのチャンネルを通じて、普通の知識ではなく、神の権威は神聖なキャラクターやそれらに限定されないので厳密に啓示呼ばれる部品が含まれています。 The Bible not only contains the word of God; it is the word of God.聖書に含まれるだけでなく、神のみことば;それは神のみことばです。 The primary author is the Holy Ghost, or, as it is commonly expressed, the human authors wrote under the influence of Divine inspiration.主な著者は、聖霊、あるいは、それはよく表明としては、作者の人間の影響下にある天来の霊感書きました。 It was declared by the Vatican Council (Sess. III, c. ii) that the sacred and canonical character of Scripture would not be sufficiently explained by saying that the books were composed by human diligence and then approved by the Church, or that they contained revelation without error.それはバチカン公会議で宣言される( 3世sess.千佳子ⅱ )は、神聖にして標準の文字を十分に説明された啓典ではないと言っていたの書籍で構成された人間の勤勉さ、それから教会に承認される、または含まれることヨハネの黙示録せずにエラーが発生しました。 They are sacred and canonical "because, having been written by inspiration of the Holy Ghost, that have God for their author, and as such have been handed down to the Church".彼らは神聖にしてカノニカル"なぜなら、書かれたことに触発され、聖霊は、神が彼らのために著者は、このようにしてきたが、教会の伝承" 。 The inerrancy of the Bible follows as a consequence of this Divine authorship.聖書には、以下の通り、間違いのないことの結果として、この神の原作者。 Wherever the sacred writer makes a statement as his own, that statement is the word of God and infallibly true, whatever be the subject-matter of the statement.声明は、神聖な場所には作家としての彼自身は、その声明は、神のみことばと完ぺきに真のは、どのようには、声明の主題です。

It will be seen, therefore, that though the inspiration of any writer and the sacred character of his work be antecedent to its recognition by the Church yet we are dependent upon the Church for our knowledge of the existence of this inspiration.に見られることは、したがって、作家にかかわらず、すべてのインスピレーションと、彼の作品の神聖なキャラクターが先行して認識されるの教会の教会に依存していないために私たちは私たちの知識は、このインスピレーションの存在です。 She is the appointed witness and guardian of revelation.彼女は、証人と後見人のヨハネの黙示録に任命した。 From her alone we know what books belong to the Bible.彼女は何冊知っているからだけで我々のバイブルに所属しています。 At the Council of Trent she enumerated the books which must be considered "as sacred and canonical".トレント評議会は、彼女の本を列挙考慮しなければならない"として神聖にしてカノニカル" 。 They are the seventy-two books found in Catholic editions, forty-five in the Old Testament and twenty-seven in the New.かれらは、 72本でカトリックのエディションが見つかりました、 45は、旧約聖書とは、 2007年に新しい。 Protestant copies usually lack the seven books (viz: Tobit, Judith, Wisdom, Sirach, Baruch, and First and Second Maccabees) and parts of books (viz: Esther 10:4-16:24, and Daniel 3:24-90; 13:1-14:42) which are not found in the Jewish editions of the Old Testament.プロテスタントのコピーを通常の7本の欠如( viz :トビト書、ジュディス、知恵、シラク、バルーク、および第1および第2 maccabees )や部品の書籍( viz :エスター10:4-16:24 、およびダニエル3:24-90 ; 13:1-14:42 )は、ユダヤ人は見つかりませんでしたが、旧約聖書のエディションのです。 The Bible is plainly a literature, that is, an important collection of writings which were not composed at once and did not proceed from one hand, but rather were spread over a considerable period of time and are traceable to different authors of varying literary excellence.聖書は、はっきりと文学、それは、重要な記述がないのコレクションで構成さを一度に1つの手から続行していないのではなくが広がるとは、かなりの期間にわたってさまざまな文芸トレーサビリティを別々の著者が卓越した。 As a literature, too, the Bible bears throughout the distinct impress of the circumstances of place and time, methods of composition, etc., in which its various parts came into existence, and of these circumstances careful account must be taken, in the interests of accurate scriptural interpretation.文学としては、あまりにも、聖書に感銘を与えるベアーズ全体の状況について明確な場所と時間は、メソッドの組成など、さまざまな部分で、入ってきたの存在、およびこれらのアカウントに気を付けられなければならない状況で、中の国益にかなう聖書の正確な解釈です。 As a literature, our sacred books have been transcribed during many centuries by all manner of copyists to the ignorance and carelessness of many of whom they still bear witness in the shape of numerous textual errors, which, however, but seldom interfere seriously with the primitive reading of any important dogmatic or moral passage of Holy Writ.文学としては、我々の聖なる世紀にもわたって多くの書籍が転写された期間中に、あらゆる種類の無知と不注意copyists 、彼らの多くはいまだに多くの証言原文エラーの形、これは、しかし、しかし真剣に干渉してはめったにない原始任意の独断的な読書や道徳的に重要な聖なる令状を通過した。 In respect of antiquity, the Biblical literature belongs to the same group of ancient literature as the literary collections of Greece, Rome, China, Persia, and India.古代の尊重は、聖書に出て、同じグループに属する文学賞文学古代文学のコレクションとして、ギリシャ、ローマ、中国、ペルシャ、インドです。 Its second part, the New Testament, completed about A.D. 100, is indeed far more recent than the four last named literature, and is somewhat posterior to the Augustan age of the Latin language, but it is older by ten centuries than our earliest modern literature.その2つ目の部分は、新約聖書は、完成の約100の広告は、最近は、実際よりもはるかに最後の4つの名前の文学、とは、やや後方には、ラテン語のアウグストゥス帝時代の言語が、それは私たちよりも古いされた最古の10世紀にもわたって近代文学。 As regards the Old Testament, most of its contents were gradually written within the nine centuries which preceded the Christian era, so that its composition is generally regarded as contemporary with that of the great literary works of Greece, China, Persia, and India.旧約聖書に関しては、その内容の大半は、 9世紀にもわたって徐々に書か内で、キリスト教の時代を先行するように、その組成は通常見なされることは、現代の偉大な文学作品で、ギリシャ、中国、ペルシャ、インドです。 The Bible resembles these various ancient literatures in another respect.これらの様々な古代literatures聖書に似て、別の尊重します。 Like them it is fragmentary, i.e. made up of the remains of a larger literature.かれらのようなことは断片的で、すなわち最大の遺骨の前に大きな文学賞です。 Of this we have abundant proofs concerning the books of the Old Testament, since the Hebrew Scriptures themselves repeatedly refer us to more ancient and complete works as composed by Jewish annalists, prophets, wise men, poets, and so on (cf. Numbers 21:15; Joshua 10:13; 2 Samuel 1:18; 1 Chronicles 29:29; 1 Maccabees 16:24; etc.).我々は、この書籍に関する豊富な証拠は、旧約聖書は、ヘブライ語聖書自体を繰り返して以来、こちらを参照して私たちとの完全な作品として構成された古代ユダヤannalists 、預言者は、賢い者は、詩人、といったように( cf.番号21 : 15 ;ヨシュア10:13 ; 2サミュエル1 : 18 ; 29:29クロニクル1 ; 1 maccabees 16 : 24 ;等) 。 Statements tending to prove the same fragmentary character of the early Christian literature which has come down to us are indeed much less numerous, but not altogether wanting (cf. Luke 1:1-3; Colossians 4:16; 1 Corinthians 5:9). tendingステートメントを証明するキャラクターは、同じキリシタン文学断片が、私たちは、確かに降りてくる数多くのはるかに少ないが、完全に欠けていない( cf.ルーク1:1-3 ;コロサイ人への手紙4 : 16 ; 1コリンチャンス5時09分) 。 But, however ancient and fragmentary, it is not to be supposed that the Biblical literature contains only few, and these rather imperfect, literary forms.しかし、しかし古代や断片的ではないと仮定して、聖書の文学賞が含まれるだけの数、およびこれらのやや不完全、文芸フォームです。 In point of fact its contents exhibit nearly all the literary forms met with in our Western literatures together with other peculiarly Eastern, but none the less beautiful.点で、その内容は事実上のほぼすべての文学的な形態を示す会って私たちと一緒に他の妙東部西部literatures 、しかしそれにもかかわらず美しい。 It is also a well-known fact that the Bible is so replete with pieces of transcendent literary beauty that the greatest orators and writers of the last four centuries have most willingly turned to our sacred books as pre-eminently worthy of admiration, study, and imitation.これはよく知られた事実も、聖書は、今でいっぱいの文芸作品を超越して、最大の美しさや作家のorators世紀の最後の4つの電源が入って喜んで我々が最も神聖な書籍として完ぺきな事前に敬服すべきは、研究、およびイミテーションです。 Of course the widest and deepest influence that has ever been, and ever will be, exercised upon the minds and hearts of men remains due to the fact that, while all the other literatures are but man's productions, the Bible is indeed "inspired of God" and, as such, especially "profitable to teach, to reprove, to correct, to instruct in justice" (2 Timothy 3:16).もちろん、心の奥底に広範な影響力やこれまでには、これまでとは、心と心を行使して、男性の遺跡という事実のために、他のすべてのliteratures中には男のプロダクションしかし、聖書には、確かに"神の啓示"と、このように、特に"収益性を教えるのは、非難して、正しいことを、正義を指示し、 " ( 2ティモシー3時16分) 。

Publication information Written by Francis E. Gigot.フランシスe.ジゴ書かれた文献の情報です。 Transcribed by Ernie Stefanik.アーニーシュテファーニク転写される。 The Catholic Encyclopedia, Volume II.カトリック百科事典は、第Ⅱ巻です。 Published 1907.日付1907 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, 1907.公認、 1907 。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


Also, see:また、参照してください:
Versions of the Bible, Septuagint 聖書のバージョンでは、セプトゥアギンタ

Jesus イエス
Christ キリスト
God
Christianity キリスト教


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです