Calvinismカルヴァン主義

General Information 総合案内

Calvinism, the Protestant religious perspective associated with the work of John Calvin, includes both the teachings of Calvin and the later developments of his world view. Calvin's doctrine was catholic in its acceptance of the Trinity, human sinfulness, and the saving work of Jesus Christ.カルビン主義は、プロテスタントの宗教的な視点に関連付けられて仕事のジョンカルビン、カルビンの教えの両方が含まれ、その後の展開と彼の世界観だ。 カルヴィンの教義は、カトリック教徒の受け入れに関しては、三位一体は、人間の罪深さ、そしてイエスキリストの仕事の節約。 It was Protestant in its commitment to the final authority of the Bible, justification by Grace through faith alone, and the bondage of the will for Salvation. それはプロテスタントのコミットメントを、最終的な権限は、聖書は、信仰を正当化するだけの猶予を介して、そのためには、救世ボンデージのです。 It was distinctly reformed in its stress on the omnipotent sovereignty of God, the need for discipline in the church, and the ethical seriousness of life. それははっきりと強調しているのは、改革派神の全能の主権は、規律の必要性については、教会、そして生命倫理の深刻されます。

The so - called Five Points of Calvinism were formulated by Dutch Reformed theologians at the Synod of Dort (1618 - 19) in response to the teachings of Arminianism.そのため-カルビン主義と呼ばれる5 つのポイントが策定されたオランダ改革派の学者は、会議のドルト( 1 618- 19 )アルミニウス説の教えに対応しています。 The five points teach that教えることの5つのポイント

  1. humankind is spiritually incapacitated by Sin 人類の罪は、精神的に再起不能
  2. God chooses (elects) unconditionally those who will be saved 神に無条件に人を選ぶ(選出)は救われる
  3. the saving work of Christ is limited to those elected ones キリストの仕事の節約に当選者は限られている
  4. God's grace cannot be turned aside 神の恵みにすることはできませんさておき
  5. those whom God elects in Christ are saved forever Predestination これらの神は、キリスト選出する予定説は、永遠に保存する

Early in the 20th century, the German sociologist Max Weber and the English economist R H Tawney put forth the much debated thesis that Calvinism promoted the rise of capitalism. 20世紀の早い段階では、ドイツの社会学者マックスウェーバーとトーニーrh 、英語のエコノミストの多くの議論を出す論文カルビン主義を推進して資本主義の台頭です。 Whether this is true or not, it cannot be denied that Calvinists have been deeply involved in political, social, educational, and economic developments.これが真実かどうかどうか、ということは否定できないことcalvinists深く関与してきた政治的、社会的、教育的、および経済的発展です。 Puritanism in England and America is a product, to one degree or another, of the Calvinistic spirit.イングランドとアメリカピューリタニズムでは、製品、または別の度に1つは、スピリットのcalvinistic 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Calvinism provides the basic doctrinal orientation of the Reformed Churches and Presbyterianism; branches of some other Protestant denominations, such as the Baptists, have also been influenced by Calvinism.カルビン主義の基本的な教義上のオリエンテーションを提供し、改革派教会の長老制と、いくつかの他のプロテスタント宗派の枝のように、キリスト教バプテスト、カルビン主義に影響されてもされています。

Mark A Nollノルに印を付ける

Bibliography 文献情報
A Dakin, Calvinism (1940); J H Leith, Introduction to the Reformed Tradition (1977); J T McNeill, The History and Character of Calvinism, (1967); M Prestwich, ed., International Calvinism (1985); B B Warfield, Calvin and Calvinism (1931); M Weber, The Protestant Ethic and the Spirit of Capitalism (1950).デーキンは、カルビン主義( 1940 ) ;道路公団のリースは、改革派の伝統を導入( 1977年) ;日本たばこ産業マクネイル、キャラクターのカルビン主義の歴史とは、 ( 1967 ) ; mにプレストウィッチ、エド。 、カルビン主義インターナショナル( 1985 ) ; bbウォーフィールド、カルヴィンそしてカルビン主義( 1931年) ; mにウェーバーは、プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神( 1950年) 。


Calvinismカルヴァン主義

Advanced Information 高度情報

John Calvin, often regarded as "the systematizer of the Reformation," was a second generation Protestant Reformer of the sixteenth century who brought together biblical doctrine systematically, in a way that no other Reformer before him had done.ジョンカルビンは、しばしば見なされる"と、組織の改革は、 "第二世代は、 16世紀のプロテスタントの改革者たちを召集聖書の教義を系統的には、他の方法で、改質装置がないことは彼の前に行われます。 At the same time, he was not an ivory tower scholar but a pastor who thought and wrote his theological works always with an eye to the edification of the Christian church.それと同時に、彼は象牙の塔の学者ではありませんが、彼の神学牧師書いた人の思想や作品を見る目がいつもとは、キリスト教の教会教化している。 Although his views have not always been popular and have at times been grossly misrepresented, his system of theology has had a very wide influence down to the present time, as indicated by the fact that all Reformed and Presbyterian churches look back to him as the founder of their biblical - theological doctrinal position.自分の意見をしていないにもかかわらず、ずっと人気が著しく誤って伝えていた時、彼のシステムは、非常に広い神学の影響力を現代に至るまでの時間は、すべての事実が示されるとの改革長老教会の創立者として彼を振り返る彼らの聖書の中-神学的教義上の位置です。

Scripture啓典

The formal principle and source of Calvin's theological system is embodied in the Latin phrase sola Scriptura (Scripture only).ソースは、正式な原則と制度が具体化さカルヴィンの神学solusの女性は、ラテン語のフレーズscriptura (啓典のみ) 。 In a strict sense Calvin was primarily a biblical theologian.厳密な意味では、主に聖書の神学者カルビン。 Trained in the techniques of historicogrammatical exegesis through his humanistic and legal studies, he went to the Scriptures to see what they clearly said.技術訓練を受けたのは、彼の人道主義的および法的historicogrammatical評釈研究を通して、彼は、聖書を明確によると彼らは何を参照してください。 He rejected the medieval fourfold interpretation which allowed allegorizing, spiritualizing, and moralizing, insisting that the literal meaning of the words was to be taken in their historical context.彼の解釈を拒否し、中世の4倍可allegorizing 、 spiritualizing 、および教訓的な、と主張して、その言葉を文字どおりの意味では、彼らの歴史的文脈に服用しています。 On this basis he sought to develop a theology that would set forth in a systematic form the teaching of Scripture.彼は、この基準を開発することを求めたことが規定されて神学を系統的な形で、授業の啓典。 He was, however, no rationalist, for he constantly stressed the fact that while the Bible reveals God and his purposes to us, yet there is always the mystery of the divine Being and counsel which no human thought can penetrate.彼は、しかし、合理主義ない、という事実を強調するために彼は常に聖書の中に明らかに神と神の目的のために、私たちは、まだそこは、いつものミステリーとは、神が人間の思考のない助言を貫通することです。 Deut. deut 。 29:29 was a verse to which he referred many times. 29:29彼は、詩を何度も言及した。

The stress which he laid upon the Scriptures was the result of his belief that they were the Word of God and therefore were the final authority for Christian belief and action.レイアウト上のストレスで彼は聖書の結果は、彼の信念は、彼らが神のみことばが、そのための最終的な権限をキリスト教の信念や行動です。 He did not believe in a doctrine of dictation, although he did on occasion refer to the writers as God's amanuenses, but held that the Holy Spirit in different and often mysterious ways revealed God's will and work and guided the writers in their recording of them.彼はそれを信じないで教義の書き取り、行事にもかかわらず、彼はそれを参照して、神のamanuensisの複数の作家としては、聖霊が行われたことが明らかに異なるとしばしば神秘的な方法で、神の意志と導かれた作品と作家は、録音してください。 Thus, the Bible is authoritative in all matters with which it deals, but it does not deal with everything, such as astronomy.したがって、聖書は、すべての事柄を権威の取引をすることは、すべてが表示されないことに対処するなど、天文学です。 The individual comes to recognize the Bible as the Word of God not primarily because of logical, historical, or other arguments but by the enlightenment of the Holy Spirit's "internal testimony."となると、個々の単語として認識して聖書の神、主のためには論理的、歴史的、またはその他の引数しかし、聖霊によって悟りの"内部証言した。 "

God

This raises the question of how Calvin regarded the God who had so revealed himself.どのようにこの問題を提起していたのでカルヴィンと見なすことを明らかに自分自身の神です。 In this he accepted the historic doctrine of the trinity of God, who is Father, Son, and Holy Spirit, the same in substance and equal in power, and glory.彼は、この歴史的な教義を受け入れたのは、三位一体の神は、誰が父親は、息子、聖霊とは、物質と同じで権力の座に等しい、と栄光です。 Further, he laid great stress upon the fact that God is sovereign.さらに、彼は偉大なストレスをレイアウトするという事実は、主権の神です。 This eternal and completely self sufficient.この永遠と完全に自己十分です。 Therefore, he is not subject either to time or to any other beings, nor is he reducible to spaciotemporal categories for human understanding and analysis.したがって、彼の対象ではないかのどちらかに時間を他の生き物、また彼は、人間の理解のために還元してspaciotemporalカテゴリと分析した。 To his creatures God must always be mysterious, except insofar as he reveals himself to them.彼の神をしなければ、常に神秘的な生き物を除いて、自分自身を知る限り彼は明らかにしてください。

This sovereign God is the source of all that is.このソースは、神の主権は、すべてのことです。 But he is not the source because everything which exists apart from him is an emanation of the divine Being; he is the source of all things because he is their creator.しかし、彼のすべてではありませんが、ソースが存在するため、彼は別の神では、放射能;彼は、すべてのものの源は、彼が自分の創作です。 He has brought everything into existence, including the creation from nothing of both time and space.彼はすべてをもたらしたの存在を含め、設立からの時間と空間の両方の何もない。 How he created everything neither Calvin nor his followers have attempted to explain, for that is in the realm of the mystery of God's action.彼はどのように作成さカルヴィンどちらも彼のすべてを説明しようと信者が、そのためには、その領域内での行動は、神のミステリーだ。 Nor did God create because he was forced to do so by any necessity.彼は神をしなかったため、強制的に作成することにより、任意の必要性です。 He freely created according to his own plan and purpose, which resulted in a universe that was good.彼は自由に作成した計画によると、彼自身の目的は、宇宙につながったのは良いことです。

To Calvin and his followers it is also important to realize that the triune God did not turn away from creation after it was formed, but continues to sustain and maintain its existence and operation.カルヴィンとその部下にも重要なことは、三位一体の神を実感していないことから背き去るの作成後に形成されたが、その存在を維持し続けていると操作を維持します。 The physical laws which govern the material universe are the result of the continual work and action of the Holy Spirit.物理法則に支配する宇宙の物質は、継続的には、仕事や行動の結果は、聖霊です。 Such a doctrine had an important influence on the development of physical science in the late sixteenth and seventeenth centuries, being influential in the thinking of Pierre de la Ramee, Bernard Palissy, and Ambroise Pare in France; Francis Bacon, Robert Boyle, and Isaac Newton in England; and other early physical scientists.このような学説が重要な影響を与える物理科学の発展と第16世紀後半から17世紀にもわたっている、という考え方が有力で、ピエールドラramee 、ベルナールパリッシー、フランスの皮をむくとambroise ;フランシスベーコン、ロバートボイル、およびアイザックニュートンイングランド;およびその他の初期の物理的な科学者です。

As God sovereignly sustains all his creation, so in his providence he rules over and guides it to the accomplishment of his ultimate purposes that all things might be to the glory of God alone (soli Deo gloria).すべて彼の支えとして、神の創造sovereignlyので、彼は彼のルールを超えるとガイドの摂理を成就することが彼の究極の目的のためにすべてのことかもしれないが、神の栄光だけで(ソリスdeoグロリア) 。 This rule included even the free actions of man, so that history might achieve the end which God has determined from all eternity.このルールにも含まれて男の行動の自由は、これを達成することで、検索履歴の終わりかもしれないが、神はすべての永遠から決定されます。 Here again is a mystery which the Calvinist is prepared to accept, since he is prepared to accept the ultimate mystery of God's being and action.再びここでは、カルビン派のミステリーを受け入れる用意があることを、受け入れる準備して以来、彼は神の存在と究極の謎の行動です。

Man

Human beings were created in the image of God, with true knowledge, righteousness, and holiness.人間は神のイメージを作成し、真の知識、正義、およびホーリネスです。 Man saw himself as God's creation, placed in creation as the steward of God's handiwork.自分自身を見た男として、神の創造は、置かれて創造の神の仕業として、スチュワードです。 Being in the image of God, he also had free will, which meant that he had the capacity freely to obey or disobey God's commands.神のイメージが、彼は自由意志でも、これを意味していたの容量を自由に従うか従わない神のコマンドです。 In dealing with man God entered into a covenant relationship with him, promising his favor and blessing, in return for which man was to rule over and subdue nature, recognizing his office as the lord of creation under the sovereign authority of the triune God.神男に対処して契約関係に入った彼は、前途有望な彼の好意と祝福、見返りに支配された男は、自然を征服して、彼の事務所としての認識の下に、創造主の主権は、三位一体の神です。 This is known in Calvinistic theology as the covenant of works.これは神学として知られてcalvinistic誓約の作品です。

Despite this covenant relationship and God's manifest revelation of himself, man chose to think that he could declare his independence of the sovereign God.にもかかわらず、この契約関係とは、神の啓示マニフェスト自身は、男を選んだと思うと彼は彼の独立を宣言する可能性は、主権の神です。 Tempted by Satan, man asserted himself as an independent being worshipping the creature rather than the Creator and thus fell under the judgment of God.悪魔の誘惑では、男アサートされ、無所属で自分自身を崇拝するのではなく、クリエーターの生き物こうして神の判断の下に落ちた。 The outcome was God's condemnation of man, resulting in man's rejection by God, his total corruption, and his bequeathing of this corruption to his descendants throughout history.その結果、男は、神への非難は、結果的に拒絶された男の神は、彼の合計の汚職、腐敗して、このbequeathingと彼の歴史を通して彼の子孫です。 Only by the general or common grace of God man's corruption did not, and does not, work itself out fully or completely in this life.全般だけで、神の恩寵や共通の男の腐敗しなかった、していない、または完全に作業自体は、この生活を完全にアウト。

The sovereign God, however, did not allow his plans and purposes to be frustrated.神の主権は、しかし、彼の計画を許可しなかったとされる欲求不満の目的です。 Already in eternity as part of his secret counsel he had chosen a great number of his fallen creatures for himself, to be reconciled to him.既に永遠の一環として選ばれた彼は、彼の秘密検数多くの生き物のために倒れた彼自身は、彼に仲直りしている。 Why he did so God never reveals, except to say that he chose to do this in his mercy, for he quite justly could have rejected the whole human race for its sins.なぜ、彼はそれを明らかにしないので、神を除いて、彼を選んだことを言うためには、慈悲が、拒否された可能性があるため、彼は非常に公正には、人類全体の罪だ。 In pursuance of this plan and purpose of redemption the Father sent the Son, the second person of the Trinity, into the world to pay the penalty for the sin of the elect and to fulfill completely the righteousness of God's law on their behalf.で、この計画遂行の償還の目的は、父と息子送られる、 2番目の人は、トリニティ、違約金を払うために、世界の罪のためには、当選を果たすと、正義の神の律法を完全に自分の代わりにしています。 In the OT the prophets and patriarchs looked forward to the coming of Christ, trusting in his promised redemption, while in the NT church, which continues down to today, Christians look back to what Christ accomplished for them in history otとは、預言者の到来を楽しみにしpatriarchsキリストは、自分の約束を信じて疑わない償還は、教会の中には、 NTのは、ダウンを続けて今日では、キリスト教徒を振り返る達成のためにどのようなことで、キリストの歴史

To those who are God's chosen ones the Holy Spirit is sent, not only to enlighten them to understand the gospel set forth in the Scriptures but to enable them to accept God's promise of forgiveness.に選ばれた人たちは、神の聖霊が送られるものは、かれらに理解を啓発するだけでなく、福音書に規定されて、聖書を有効にしてでも、神の約束を受け入れることを許しています。 By this "effectual calling" they come to faith in Christ as the one who has redeemed them, trusting in him alone as the one who has met all God's requirements on their behalf.で、この"効果的な呼び出し"から来たの一つとして、キリストを信じている人は換金して、彼を信じて疑わないでは、誰一人として、神のすべての要件を満たして彼らに代わっている。 Thus it is by faith alone (sola fidei) that they are saved, through the regenerating power of the Holy Spirit.こうしてそれだけでは、信仰によって(信仰のsolumの複数形)に保存されている、再生を通じて、聖霊の力です。 Thereafter, as God's people they are to live lives which, while never perfectly holy, should manifest the fact that they are his people, seeking always to glorify him in thought, word, and deed.その後、神のように暮らす人々の生活を彼らは、神聖な中には決して完全には、マニフェストばならないという事実を彼らは彼の人々は、彼を美化する考えを常に求めて、ワード、および証書です。

The Church教会

The life which God's people now live they live as those who are God's covenant people.今の人々の人生を生きる彼らの神として生きる人々ある人たちは、神の約束だ。 From all eternity the sovereign God purposed to make a covenant with his elect in and through their representative, the Son, who in history redeemed them by his spotless life and sacrifice on Calvary's cross.すべて神の永遠の目的から主権を作ると約束して彼を通して彼らの代表を選出し、息子は、人の歴史の中で換金して、自分の人生を犠牲にして非の打ちどころのカルバリーの十字架です。 Therefore, as citizens of his kingdom they are now called to serve him in the world, which they do as the church.したがって、市民としての彼の王国と呼ばれる彼らは今、世界で彼を果たす彼らは、この教会のようです。 This obligation is laid upon both adult believers and their children, for the covenant is made with parents and children, as it was with Abraham and his descendants in the OT and with believers and their descendants in the NT.この義務は、大人の信者やレイアウトの両方に、子どもたちは、親との約束は、子供たちの前では、それはアブラハムとその子孫には、信者たちとその子孫でotとは、 NTのです。 Baptism signifies this entry into the membership of the visible body of Christ's people for both children and adults, although in both cases the baptismal vows taken by the adults may be later repudiated.このエントリの洗礼を意味する会員の人々の目に見えるキリストの体の子供と大人の両方で、どちらの場合にもかかわらず、洗礼成人の誓いを取らされるかもしれない後に否認した。

The Lord's Supper is the continuing sacrament of which Christ's people partake in remembrance of him and of his redemptive work for them.続いて、主の夕食は、キリストの聖礼典の人々が参加する彼と彼の贖いの英霊のために仕事をしてください。 But again, it is only as the elements are received and partaken of in faith that the Holy Spirit blesses those who receive the bread and wine, by making them spiritual participants in the body and blood of the Lord.しかし、繰り返しますが、これはのみの要素として受け取ったとpartakenのでは、聖霊blesses信仰して、パンとワインを受ける人たちは、精神的に参加するようにすることで、体内の血液は、主です。

In the matter of the organization of the church Calvinists have generally agreed on the view that the church is to be governed by elders, those who teach and those who rule or supervise, elected by the church.その件については、組織の教会calvinistsが通常の教会で合意したとの見方をしては、年長者によって統治され、人と人を教えるルールや監督は、教会に選出される。 Some, however, believe that an episcopal form of church government is the proper, or at least the allowable, form of organization.いくつかの、しかし、という確信があるエピスコパル教会政府は、適切な形で、あるいは少なくとも許容は、組織形態です。 But all agree that as far as possible the outward, visible unity of the church should be maintained, for all Christians are members of the one body of Christ.しかし、可能な限りそのすべてに同意するものと、外側には、目に見える教会の結束を維持しなければならない、すべてのキリスト教徒は、キリストの体のメンバーは1つです。 On the other hand, Calvinists have also allowed for the pluriformity of the church, recognizing that the church is not perfect, but have also insisted that there must be basic uniformity or congruence of doctrine.その半面、 calvinistsも可pluriformityのための教会は、教会を認識して、完璧ではないが、あってはならないと主張しても、基本的な画一性や合同の教義です。

Calvinism in Historyカルビン主義の歴史

Although Calvin was the systematizer of the Reformation theology, since his day those who have accepted his structure of theology have continued to develop many of his ideas.にもかかわらず、組織の改革カルヴィン神学は、彼の1日以来の構造を持っている人は彼の神学を受け入れて彼のアイデアの多くは開発を続けています。 During his own lifetime he himself developed his thought in the successive editions of his Institutes of the Christian Religion.自分の生涯の中には彼自身が開発した歴代のエディションの彼の思想は、彼は、キリスト教の宗教機関です。 With the writing of various Calvinistic confessions such as the Heidelberg Catechism (1563), the Canons of the Synod of Dort (1618), and the Westminster Confession and Catechisms (1647 - 48) additions to and further developments in theological thought have appeared.自白して書くことなど、様々なcalvinisticハイデルベルク教要理( 1563年)は、この規範のドルト教会会議は、 ( 1618 ) 、および、ウェストミンスター信仰告白とcatechisms ( 1647 -4 8)を追加し、さらなる発展を神学的思考が現れた。 Various theologians also during the succeeding years have elaborated various points which Calvin had raised but had not fully examined.様々な神学者の中にも様々なポイントを精緻化に成功カルヴィン年が提起したものの、まだ完全に調べた。

The nineteenth century in particular saw a very considerable expansion of Calvinistic thought under the influence of Abraham Kuyper and Herman Bavinck in the Netherlands, Auguste Lecerf in France, and A A Hodge, Charles Hodge, and B B Warfield in the United States.特に19世紀に、非常に相当な拡大を見たcalvinistic思想の影響下にあるアブラハムカイパーとヘルマンbavinck 、オランダには、オーギュストlecerfフランスでは、単3ホッジとは、チャールズホッジ、ウォーフィールドは、米国およびbb 。 The tradition established by these men has been carried on in the present century by John Murray, J Gresham Machen, and Cornelius Van Til in the United States; Herman Dooyeweerd and D H Th Vollenhoven in the Netherlands; and many others in various countries around the world.これらの男たちの伝統が確立された上で行われ、現在の世紀には、ジョンマーレイ』 Jグレシャムマッケン、コルネリウスヴァンゴマとは、米国; dooyeweerdとハーマンは、オランダフォレンホーフェン回dh ;や他の多くの国々で、世界中の様々な。

Calvin's influence has by no means been limited to the theological sphere, however, for the implications of his beliefs even in his own day had a wide influence in other areas of thought.カルビンの影響力は限られたものではないとされ、神学的球は、しかし、自分の信念のためにも意味があるのは、自分自身の一日は、他の分野に影響を与えるのワイド思いました。 His view of the state and the right of the subjects and subordinate magistrates to remove an oppressive ruler helped to lay the foundation for the development of democracy.彼のビューの状態とは、対象とする権利を削除するに圧制的な支配従属治安判事の基礎を築く手助けをした民主主義の発展のためだ。 His views on art have also been important in giving a theological - philosophical foundation for the development of pictorial art in the Netherlands, England, Scotland, and France, to mention only a few countries.彼の見解をアートに与えることも重要な神学的-哲学的基礎絵画芸術の発展のため、オランダには、イングランド、スコットランド、そしてフランスでは、いくつかの国々にのみ言及しています。 Much the same could be said of other fields of human endeavor such as science, economic activity, and social reform.多くの可能性があると述べたが、同じ人間の努力など、他の分野の科学、経済活動、および社会的な改革です。 Moreover his thought has spread beyond the confines of the Western world to exercise an influence in places such as Africa, where Calvinists have gone as missionaries.しかも彼の思想は、西側の境界を越えて広がる世界に影響力を行使するような場所でアフリカでは、どこに行ってしまうcalvinists宣教師として。 In all these ways Calvinism has wielded, and still does wield, an important influence in the world, seeking to set forth the biblical doctrine of God's sovereign grace.カルビン主義の方法では、これらすべてのwielded 、振るうとはまだ、世界に重要な影響を与えるのは、聖書の教義の追求を定める神の恵みの主権です。

W S Reidレイドは、

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
Calvin, The Institutes of the Christian Religion, ed.カルバンは、キリスト教の宗教機関は、エドです。 J T McNeill; J T McNeill, The History and Character of Calvinism; J H Bratt, ed., The Heritage of John Calvin; D E Holwerda, ed., Exploring the Heritage of John Calvin; B B Warfield, Calvin and Calvinism; W Niesel, The Theology of Calvin; J T Hoogstra, ed., John Calvin, Contemporary Prophet; A Kuyper, Lectures on Calvinism; A Lecerf, Etudes Calvinistes; H Clavier, Etudes sur Calvinisme; W H Neuser, ed., Calvinus Theologus; G E Duffield, ed., John Calvin.日本たばこ産業マクネイル;日本たばこ産業マクネイルは、歴史やキャラクターのカルビン主義;道路公団ブラット、エド。 、文化遺産のジョンカルビン;デholwerda 、エド。 、ジョンカルビンの文化遺産の探究; bbウォーフィールド、カルヴィンとカルビン主義;ワットニーゼル、神学のカルヴィン;日本たばこ産業hoogstra 、エド。 、ジョンカルビンは、現代の預言者;するカイパー、講演会をカルビン主義;するlecerf 、 etudes calvinistes ; hクラヴィーア曲集、 etudesスルcalvinisme ; wh neuser 、エド。 、カルウィヌスtheologus ; GEのダッフィールド、エド。 、ジョンcalvinです。


Calvinismカルヴァン主義

Catholic Information カトリック情報

No better account of this remarkable (though now largely obsolete) system has been drawn out than Möhler's in his "Symbolism or Doctrinal Differences."注目すべきは、このアカウントが回らない(ただし、今大きく時代遅れ)システムよりもmöhlerアウトされて描かれたのは彼の"教義上の違いを象徴するものか"と述べた。 The "Institutes of the Christian Religion," in which Calvin depicted his own mind, were never superseded by creed or formulary, though the writer subscribed, in 1540, at Worms to the Confession of Augsburg, i.e. the second revised edition. "塾は、キリスト教の宗教は、 "自分自身の心の中で描かれてカルヴィンは、決して廃止された信条や処方が、その作家申し込んでは、 1540で、ワームのアウクスブルク告白して、すなわち2番目の改訂版です。 To take his bearings in theology we must remember that he succeeded Luther in point of time and was committed to a struggle with Zwingli's disciples at Zurich and elsewhere, known as Sacramentarians, but who tended more and more towards a Christianity without mysteries.彼のベアリングで神学を取ることを覚え彼は成功しなければならない点ルーサーでは、時間との闘いにコミットしてチューリッヒでもどこでツウィングリの弟子で、 sacramentariansとして知られるが、ますます多くの人に向かっていく傾向があったことなくキリスト教の謎だ。 In 1549 he and Farel entered with Bullinger into a moderate view as regarded the Eucharist, the "Consensus Tigurinus," or compact of Zurich, which Bucer also accepted.で、彼とファレル1549ブリンガーを入力して穏健な見解としての聖体と見なすことは、 "コンセンサスtigurinus 、 "やコンパクトのチューリッヒ、これブツァーも受け入れています。 Another compact, of the "pastors of Geneva" strengthened his hands, in 1552, on the subjects of predestination, against Jerome Bolsec, whom he refuted and cast into prison.別のコンパクトでは、 "牧師のジュネーブで"彼の手を強化し、 1552には、教科の宿命、ジェロームボルセクに対しては、心に適う刑務所に投げ込まれると反論した。 Bolsec finally returned to the Catholic Church.最後に、カトリック教会のボルセク返されます。 In 1553 a controversy between the German Lutherans about the Lord's Supper led Calvin to declare his agreement with Melanchthon (the Philippists), but Melanchthon kept silence. 1553年、ドイツの間で論争lutheransについては、主の晩餐を宣言する彼の契約を主導カルヴィンメランヒトン( philippists )が、沈黙メランヒトン保管します。 Further complications ensued when Beza, softening the real doctrine of Geneva, drew nearer still to the Lutheran belief on this head.さらに合併症が起こりましたベザときは、本当の教義の軟化ジュネーブでは、ルター派の信念に近づくにつれまだこの頭です。 Bullinger and Peter Martyr cried down Beza's unauthorized glosses; but Calvin supported his favourite.ブリンガーとピーターは叫びましたダウンベザ殉教者の無認可の注釈;しかし、彼のお気に入りのカルヴィンサポートされています。 Nevertheless, that "declaration" was dropped by Beza when, in company with Farel, he put together a "Confession of the French Church," and fell back on the creed of Augsburg issued in 1530, while not assenting to its 10th article.にもかかわらず、その"宣言"ベザ下落していたときに、会社でファレルが、彼をまとめる"との告白は、フランスの教会、 "信条として落ちた後ろのアウクスブルク発行1530は、 10日間の記事をassentingない。 The Eucharist was to be more than a sign; Christ was truly present in it, and was received by Faith (compare the English Prayer Book, which reproduces his conception).聖体には、以上のサイン;キリストが本当に存在すること、および受信された信仰(祈り比較して英語の本は、彼の概念を再現) 。 Beyond these, on the whole, abortive efforts toward a common understanding, Calvin never went.これらを超えて、全体的に見ると、共通の理解に向けた努力を頓挫、カルビンは行ったことない。 His individual genius demanded its own expression; and he is always like himself, unlike any other.彼の個々の天才、独自の表現を求め、そして彼はいつものように自分自身は、他とは違っている。 The many creeds fell into olivion; but the "Institutes" were recognized more and more as the sum of Reformed Theology.数多くの信条に落ちたolivion ;しかし、 "塾"が認められたとして、ますます多くの改革派の神学の合計です。 It was said after 1560, by the Jesuit St. Peter Canisius, that Calvin appeared to be taking Luther's place even among Germans.それは後に1560によると、聖ペテロのイエズス会カニシウス、カルビン出演して服用されるドイツ人の間でさえルーサーの場所です。 Three currents have ever since held their course in this development of Protestantism:それ以来3つの潮流が、このコースで行われた彼らの開発プロテスタント:

the mystic, derived from Wittenberg; the logical-orthodox, from Geneva; and the heterodox-rationalist, from Zurich (Zwingli), this last being greatly increased, thanks to the Unitarians of Italy, Ochino, Fausto, and Lelioこの神秘的な、由来ヴィッテンベルク;正統派の論理には、よりGeneva ;と、異端の合理主義者は、よりzurich (ツウィングリ)は、この最後のが大幅に増加し、 unitariansのおかげで、イタリア、オキーノ、 fausto 、およびレリオ

Socino. socino 。

To the modern world, however, Calvin stands peculiarly for the Reformation, his doctrine is supposed to contain the essence of the Gospel; and multitudes who reject Christianity mean merely the creed of Geneva.現代の世界には、しかし、妙には、改革カルヴィンスタンドは、彼の教義は、福音の真髄を含む;や数多くの意味を拒否するだけで、キリスト教の信条のジュネーブで開かれます。

Why does this happen?こうなったのはなぜですか? Because, we answer, Calvin gave himself out as following closely in the steps of St. Paul and St. Augustine.なぜなら、我々の回答は、自分自身を与えたとしてカルビン密接には、以下の手順で聖パウロと聖アウグスティヌス。 The Catholic teaching at Trent he judged to be Semi-Pelagian, a stigma which his disciples fix especially on the Jesuit schools, above all, on Molina.トレントのカトリックの教えで判断される修正ペラギウス彼は、彼の弟子に汚点を修正して、特にイエズス会の学校では、なによりも、上モリーナ。 Hence the curious situation arises, that, while the Catholic consent of the East and West finds little or no acknowledgement as an historical fact among assailants of religion, the views which a single Reformer enunciated are taken as though representing the New Testament.したがって、その奇妙な状況が発生すると、その反面、カトリック教徒は、東と西の同意を見つけるほとんどあるいは全くない歴史的事実として確認assailants宗教間では、 1つの改質装置の見解を撮りますenunciatedまるで新約聖書を表す。 In other words, a highly refined individual system, not traceable as a whole to any previous age, supplants the public teaching of centuries.言い換えれば、非常に洗練された個々のシステムではなく、全体としてトレーサビリティを任意の前の時代に、教育の公共supplants世紀にもわたっている。 Calvin, who hated Scholasticism, comes before us, as Luther had already done, in the shape of a Scholastic.カルバンは、人を嫌ってスコラ学は、我々の前に来る、ルーサーはすでに行わとしては、学力の形をした。 His "pure doctrine" is gained by appealing, not to tradition, the "deposit" of faith, but to argument in abstract terms exercised upon Scripture.彼の"純粋なドクトリン"を得た魅力は、伝統をしないようにして"金"の信仰は、抽象的な用語ではなく、引数の啓典を行使する。 He is neither a critic nor a historian; he takes the Bible as something given; and he manipulates the Apostles' Creed in accordance with his own ideas.どちらも評論家でもある彼は史家;彼は、何かのバイブルとして与えられた;操作と彼の使徒信条は、自分のアイデアに基づいています。 The "Institutes" are not a history of dogma, but a treatise, only not to be called an essay because of its peremptory tone. "塾"の歴史上の教義ではないのですが、論文、小論文のみ呼ばれてはならない理由は、その有無を言わせぬ口調だ。 Calvin annihilates the entire space, with all its developments, which lies between the death of St. John and the sixteenth century.カルヴィンannihilates全体の空間で、すべての動向は、死の間にうそをつくと16世紀の聖ヨハネ。 He does, indeed, quote St. Augustine, but he leaves out all that Catholic foundation on which the Doctor of Grace built.彼は、確かに、聖アウグスティヌス見積もりが必要ですが、彼のすべての葉を出すことでは、医師のカトリック財団の恵みを受けて建設した。 The "Institutes of the Christian Religion" are divided into four books and exhibit a commentary on the Apostles' Creed. "塾は、キリスト教の宗教"の4つに分かれて展示する書籍や解説して使徒信条です。

Book I considers God the Creator, the Trinity, revelation, man's first estate and original righteousness.私の本を考慮し、神の創造は、トリニティ、ヨハネの黙示録、初のエステートとオリジナルの正義の男です。

Book II describes the Fall of Adam, and treats of Christ the Redeemer.本を説明して秋のアダム2世は、キリストの贖い主と扱われる。

Book III enlarges on justifying faith, election, and reprobation.書籍IIIの正当な信仰を拡大して、選挙では、と非難した。

Book IV gives the Presbyterian idea of the Church.本の静脈内には、教会の長老考えています。

In form the work differs from the "Summa" of St. Thomas Aquinas by using exposition where the Angelic Doctor syllogizes; but the style is close, the language good Latin of the Renaissance, and the tone elevated, though often bitter.違う形での仕事の"総合的研究論文"聖トマスアクィナスを使用して、天使の博覧会はどこの医者syllogizes ;しかし、スタイルは、近く、ルネサンスは、ラテン語の言語で良い、とのトーン高架が、頻繁に苦い。 Arguments employed are always ostensibly grounded on Scripture, the authority of which rests not upon fallible human reasoning, but on the internal persuasion of the Holy Spirit.引数の就業者は、常に表向き典接地して、権限のない時当てにならない人間の推論を置き、内部説得してでも、聖霊のです。 Yet Calvin is embarrassed at the outset by "unsteady men" who declare themselves enlightened of the same spirit and in no want of Scripture.カルビンはまだ戸惑い冒頭で"非定常男性"を宣言して悟りを開いた人の精神と同じではありませんが、啓典を望む。 He endeavours to refute them by the instance of St. Paul and other "primitive believers," i.e. after all, by Catholic tradition.彼は努力をして論破された聖パウロのインスタンスおよびその他の"原始信仰する者よ、 "つまり、結局、カトリックの伝統をした。 It will be obvious, moreover, that where the "Institutes" affirm orthodox tenets they follow the Councils and the Fathers, while professing reliance on the Bible alone.明らかにされること、また、それはどこの"塾"と断言する正統派の教義に従って、かれらの祖先との協議会には、聖書の中の一人professing依存しています。 Thus we need not rehearse those chapters which deal with the Nicene and Chalcedonian formulas.従って我々のリハーサルを行う必要はないがそれらに対処するニカイア支部や数式chalcedonian 。

We shall best apprehend Calvin's master-thought if we liken it to modern systems of the Unconscious, or of physical predetermination, wherein all effects lie folded up, as it were, in one First Cause, and their development in time is necessitated.わたしたちは最良のマスターを逮捕-カルヴィン例えることを考えた場合に我々のシステムは、無意識の近代的、または物理的な先決のは、そこに全ての効果を折り畳んだうそアップは、言ってみれば、最初の1つの原因は、彼らの開発に時間が必要とします。 Effects are thus mere manifestations, not fresh acts, or in any way due to free will choosing its own course.このような影響は単なる症状ではなく、新鮮な行為、または自由のためには、いかなる意味においても、独自のコースを選ぶ。 Nature, grace, revelation, Heaven, and Hell do but show us different aspects of the eternal energy which works in all things.自然の恵みは、ヨハネの黙示録は、天国と地獄を示すことが私たちの永遠のエネルギーの別の側面についてどの作品ですべてのことです。 There is no free will outside the Supreme.無料ではないが、最高の外です。 Zwingli argued that, since God was infinite being, He alone existed -- there could be no other being, and secondary or created causes were but instruments moved entirely by Divine power.ツウィングリと主張して、神は無限れて以来、彼は一人の存在-他のれていない可能性がある、とセカンダリの原因または作成されたしかし、神の力を完全に楽器を移動します。 Calvin did not go to this length.この長さに行くカルヴィンしなかった。 But he denies freedom to creatures, fallen or unfallen, except it be libertas a coactione; in other words, God does not compel man to act by brute force, yet he determines irresistibly all we do, whether good or evil.しかし、彼の自由を否定する生き物は、倒れた堕落していないかを除いて、 libertasするにcoactione ;言い換えれば、神はない武力で制圧する行為を強要する男は、まだ私たちは彼のすべてを決定たまらなく、いいか悪いかどうかだ。 The Supreme is indeed self-conscious -- not a blind Fate or Stoic destiny; it is by "decree" of the sovereign Lawgiver that events come to pass.最高は、確かに自意識過剰-目の不自由な運命ではありませんか禁欲的な運命;それは、 "令"の法律制定の主権を通過してイベント来ています。 But for such decrees no reason can be rendered.しかし、このような理由もなく令がレンダリングできる。 There is not any cause of the Divine will save Itself.その原因の余地はない神自体が保存されます。 If we ask why has the Almighty acted thus and thus, we are told, "Quia ipse voluit" -- it is His good pleasure.もし我々が求めるのはなぜこのように行動とオールマイティ従って、我々は言った、 "証拠quia voluit " -それは彼の良い喜びです。 Beyond this, an explanation would be impossible, and to demand one is impiety.これを超えては、説明不可能になる、として1つの需要は、不信心。 From the human angle of sight, therefore God works as though without a reason.人間の視角から、したがって、神なしにかかわらず、理由として働いています。 And here we come upon the primal mystery to which in his argument Calvin recurs again and again.そしてここに来て、私たちは彼の議論プライマルミステリーを何度も繰り返して発生するカルビン。 This Supreme Will fixes an absolute order, physical, ethical, religious, never to be modified by anything we can attempt.この修正は、絶対的な秩序の最高は、肉体的、倫理的、宗教的、絶対に修正される何かを試みることができます。 For we cannot act upon God, else He would cease to be the First Cause.神に従って行動することはできないため、他の彼の最初の原因は中止される。 Holding this clue, it is comparatively simple to trace Calvin's footsteps along the paths of history and revelation.この持ち株手掛かり、それは比較的単純なカルビンの足跡をたどる歴史の小道に沿って、ヨハネの黙示録。 Luther had written that man's will is enslaved either to God or to Satan, but it is never free.ルーサーが書かれたのは、あの男は、神へのどちらか、またはenslaved悪魔が、それは決して無料です。 Melanchthon declaimed against the "impious dogma of Free Will," adding that since all things happen by necessity according to Divine predestination, no room was left for it.メランヒトンdeclaimedに対する"不敬な教義の自由意志"を追加して以来すべてのことが起こると必然的に神の予定説によると、部屋には、左側にはないことだ。 This was truly the article by which the Reformation should stand or fall.この記事では、真の改革をすべきか秋に立つ。 God is sole agent.神は、総代理店です。 Therefore creation, redemption, election, reprobation are in such sense His acts that man becomes merely their vehicle and himself does nothing.したがって創出、償還、選挙では、そのような意味では、彼の行為を非難して自分の車の男になると自分自身だけでは何もしない。 Luther, contending with Erasmus, declares that "God by an unchangeable, eternal, infallible will, foresees purposes and effects all things. By this thunderbolt Free Will is utterly destroyed."ルーサー、エラスムス競合して、宣言して"不変の神によって、永遠のは、絶対に正しいが、すべての影響を予測することを目的とします。サンダーボルト自由意志では、全くこの破棄してください。 " Calvin shared Luther's doctrine of necessity to the full; but he embroiled the language by admitting in unfallen Adam a liberty of choice.カルビンルターの教義を共有する必要性をフル;しかし、彼の言葉を認めることの渦中にある自由の女神の選択肢アダム堕落していない。 He was likewise at pains to distinguish between his own teaching and the "nature bound fast in Fate" of the Stoics.同様に苦心して彼は、自分の教えを区別すると、 "自然に急速に縛ら運命"のstoics 。 He meant by liberty, however, the absence of constraint; and the Divine wisdom which he invoked could never be made intelligible to our understanding.彼は自由の意味では、しかし、不在の制約;と、彼は神の知恵を前に呼び出される可能性は決して我々の理解を理解しています。 What he rejected was the Catholic notion of the self-determining second cause.彼はどのような概念を拒否されたのは、カトリック教徒の自己2番目の原因を決定する。 Neither would he allow the doctrine laid down by the Fathers of Trent (Sess. VI Canon 16), that God permits evil deeds, but is not their author.どちらの学説が認められて敷設された彼は、父親のトレント( viのsess.キヤノン16 )は、邪悪な行為を許可して、神が、彼らの作者ではない。 The condemnation struck expressly at Melanchthon, who asserted that the betrayal by Judas was not less properly God's act than the vocation of St. Paul.メランヒトンは、明示的な非難を直撃、誰と主張してユダの裏切りによって適切ではない神の行為よりも少ないの聖パウロの職業です。 But by parity of reasoning it falls upon Calvinism.しかし類推することカルビン主義の滝です。 For the "Institutes" affirm that "man by the righteous impulsion of God does that which is unlawful," and that "man falls, the Providence of God so ordaining" (IV, 18, 2; III, 23, 8).は、 "機関"と断言して"男は神のはずみで、正しいものは違法だ"とし"男の滝は、神の摂理のために任命する" ( ⅳ 、 18 、 2 、 3 、 23 、 8 ) 。 Yet elsewhere Calvin denied this impulse as not in accordance with the known will of the Almighty.このインパルスとして否定していない他のカルヴィンに基づき、知られていないが、オールマイティ。 Both he and Luther found a way of escape from the moral dilemma inflicted on them by distinguishing two wills in the Divine Nature, one public or apparent, which commanded good and forbade evil as the Scripture teaches, the other just, but secret and unsearchable, predetermining that Adam and all the reprobate should fall into sin and perish.彼とルーサーが見つかりました両方からの脱出する方法は、道徳上のジレンマを招いたことは、神の意志によって2つの特徴的な性質は、 1つまたは公共見掛けは、どのよう命じ、善と悪禁じた啓典を教えて、他だけではなく捜し出せない秘密とは、アダムとpredeterminingことのすべての罪に落ちると消滅する無頼漢ばならない。 At no time did Calvin grant that Adam's transgression was due to his own free will.カルヴィン時間でもありませんでした付与していたアダムの罪のために、自分の自由意志です。 Beza traces it to a spontaneous, i.e. a natural and necessary, movement of the spirit, in which evil could not fail to spring up.自発的にすることベザ痕跡、すなわち、自然と必要に応じて、運動の精神には、悪さをバネに失敗することができなかった。 He justifies the means -- sin and its consequences -- by the holy purpose of the Creator who, if there were no one to punish, would be incapable of showing that he is a righteously vindictive God.彼が手段を正当化-罪とその帰結-神聖されるの目的は、クリエーターたちは、自分を罰する人がいなければ、できないということを示すだろう彼は神の正当執念深い。 As, however, man's intent was evil, he becomes a sinner while his Creator remains holy.が、しかし、人間の邪悪な意図は、彼は彼の創作になっている間は神聖な罪人です。 The Reformed confessions will not allow that God is the author of sin -- and Calvin shows deep indignation when charged with "this disgraceful falsehood."自白の改革を許可することはない神は、作者の罪-と深い憤りを示しカルヴィン罪に問われるとき"この不名誉な虚偽"と述べた。 He distinguishes, like Beza, the various intentions concurring to the same act on the part of different agents- but the difficulty cannot well be got over, that, in his view, the First Cause alone is a real agent, and the rest mere instruments.彼は区別は、ベザのように、様々な意図に基づいて行動する同意して、同じ部分を別の代理店にすることはできませんが、難しさは十分以上に、それは、彼の見解は、最初の原因だけでは、本物の代理店、そして残りわずか楽器。 It was objected to him that he gave no convincing reasons for the position thus taken up, and that his followers were swayed by their master's authority rather than by the force of his logic.それは彼に反対して説得力のない理由で、彼はその位置を取らせるため、そして、彼の信者に振り回されていた彼らのマスターの権威を強制されるのではなく彼の論理だ。 Even an admirer, J. A. Froude, tells us:さらに、称賛にコピーしフルードは、教えてくれる:

To represent man as sent into the world under a curse, as incurably wicked-wicked by the constitution of his nature and wicked by eternal decree-as doomed, unless exempted by special grace which he cannot merit, or by any effort of his own obtain, to live in sin while he remains on earth, and to be eternally miserable when he leaves it-to represent him as born unable to keep the commandments, yet as justly liable to everlasting punishment for breaking them, is alike repugnant to reason and conscience, and turns existence into a hideous nightmare.男を代表として、世界に送られる呪いの下で、邪悪な-よこしまな救い難いとして、憲法によって彼の永遠の法令によって自然と邪悪なドゥームド-としては、特別な場合を除き免除猶予されることができない彼のメリットは、あらゆる努力をするか、自分の手に入れるは、罪の中に住んでいる彼は依然地球上で、永遠に惨めなものとされるときに彼の葉を表すことに彼の戒めを維持できないとして生まれ、まだとしての責任を全うして永遠を破った罰は、理性と良心とは似て気に食わない、および電源が存在する忌まわしい悪夢のようだった。 (Short Studies, II, 3.) (ショートタイプは、 2世、 3 。 )

Another way to define the Reformed theology would be to contrast its view of God's eternal decrees with that taken in the Catholic Church, notably by Jesuit authors such as Molina.別の方法を定義するのに対照的になる可能性が改心した神学の見方をして撮影して、神の永遠の令は、カトリック教会は、イエズス会の顕著さモリーナなどの作者です。 To Calvin the ordinances of Deity seemed absolute, i.e. not in any way regardful of the creature's acts, which they predetermined either right or wrong; and thus reprobation -- the supreme issue between all parties -- followed upon God's unconditioned fiat, no account being had in the decree itself of man's merits or demerits.カルビンの条例のように見えたの神を絶対的な、すなわち、いかなる意味においても配慮のない生き物の行為は、善悪のどちらかをあらかじめ決めて;こうして非難-すべての当事者間で、最高の問題-続いて、神の無条件フィアットは、アカウントがない令は、それ自体が、男の長所や短所です。 For God chose some to glory and others to shame everlasting as He willed, not upon foreknowledge how they would act.神の栄光のために、他の人が選んだいくつかの恥として彼は永遠の望みなら、彼らはどのように行動する先見ていない。 The Jesuit school made foreknowledge of "future contingencies" or of what creatures would do in any possible juncture, the term of Divine vision "scientia media" which was logically antecedent (as a condition not a cause) to the scheme of salvation.先見のイエズス会学校の前に"将来の不測の事態に"何かのいずれかの可能性が連接生き物は、その用語の神のビジョン" scientiaメディア"論理的に先行された(条件として、原因ではありません)を、スキームの救いだ。 Grace, said Catholic dogma, was offered to all men; none were excluded from it.グレースは、カトリックの教義によると、すべての人に提供された;から除外されたことなしです。 Adam need not have transgressed, neither was his fall pre-ordained.アダムtransgressedする必要はないが、どちらも秋には、彼の前もって定められた。 Christ died for the whole human race; and every one had such help from on high that the reprobate could never charge their ruin upon their Maker, since he permitted it only, without an absolute decree.全人類のためにキリストが死ん;とごとに1つの手助けをしていたような自堕落な可能性が高いことは決してかれらのメーカーの充電が台無しには、それしか許されて以来彼は、絶対的な命令がなくて。 Grace, then, was given freely; but eternal life came to the saints by merit, founded on correspondence to the Holy Spirit's impulse.グレースは、その後、自由が与えられた;しかし、永遠の命に来たの聖人によるメリットは、通信を設立して、聖霊のインパルス。 All these statements Calvin rejected as Pelagian, except that he would maintain, though unable to justify, the- imputation of the sinner's lapse to human nature by itself.これらのステートメントをすべて拒否されたとしてカルビンペラギウスを除いて、維持することを彼は、正当化できない場合には、罪人の補完は、人間の本性を失効さそのものだ。

To be consistent, this doctrine requires that no prevision of Adam's Fall should affect the eternal choice which discriminates between the elect and the lost.整合性には、この教義を予知する必要がないのアダムの秋には、永遠の選択に影響を及ぼすの当選者との間にどのdiscriminates失われます。 A genuine Calvinist ought to be a supralapsarian; in other terms, the Fall was decreed as means to an end; it did not first appear in God's sight to be the sufficient cause why, if He chose, He might select some from the "massa damnata," leaving others to their decreed doom.カルビン派のはずだが、正規の堕罪前予定説;その他の条件では、秋には、命令を終わらせる手段として、最初に表示されていない、神の光景を理由に、十分な原因は、彼を選んだ場合、彼はいくつかの可能性を選択してから、 "マッサdamnata 、 "他の人が自分の定められた懲罰を残しています。 To this subject St. Augustine frequently returns in his anti-Pelagian treatises, and he lays great emphasis on the consequences to mankind as regards their final state, of God's dealing with them in fallen Adam.この主題聖アウグスティヌスを頻繁に返す彼の反ペラギウス論文は、彼が上向きとの結果を非常に重要視して人類の最終的な状態に関しては、神のアダム対処して倒れた。 But his language, unlike that of Calvin, never implies absolute rejection divorced from foreknowledge of man's guilt.しかし、彼の言語とは違って、カルビンは、決して絶対的な拒絶反応を示すよう先見の男の罪悪感から離婚しています。 Thus even to the African Father, whose views in his latter works became increasingly severe (see "On the Predestination of the Saints" and "On Correction and Grace") there was always an element of scientia media, i.e. prevision in the relation of God with His creatures.そのために、アフリカの父親でも、その意見は彼の作品がますます厳しさを増す後者( "を参照しては、宿命の聖人"と"として補正グレース" )があったが、常にscientiaメディア要素、すなわち神の予知の関係彼の生き物です。 But, to the Reformer who explained Redemption and its opposite by sheer omnipotence doing as it would, the idea that man could, even as a term of knowledge, by his free acts be considered in the Everlasting Will was not conceivable.しかし、改革主義者たちに説明した薄手の償還およびその逆のことをすることは、全能、という考えを男が、任期の知識でさえも、彼の自由な行為と見なされるのは、永遠ではない考えています。 As the Arian said, "How can the Eternal be begotten?"アリウス主義としては、 "どうすれば永遠に生まれたのですか? " and straightway denied the generation of the Word, in like manner Calvin, "How can the contingent affect the First Cause on which it utterly depends?"と否定して一直線世代の単語は、カルビンのような形で、 "どうすれば、不測の影響を与えることを第一の原因は完全に依存ですか? " In the old dilemma, "either God is not omnipotent or man is not self determined," the "Institutes" accept the conclusion adverse to liberty.で、昔のジレンマは、 "どちらかまたは全能の神ではない男ではない自己決定は、 "の"塾"自由の女神を受け入れるという結論に不利だ。 But it was, said Catholics, equally adverse to morals; and the system has always been criticised on that ground.しかし、それは、カトリック信者によると、同様に悪影響を道徳;と、システムは常に批判して地面にしています。 In a word, it seemed to be antinomian.要するに、律法主義者とみられる。

With Augustine the Geneva author professed to be at one.アウグスティヌスのジュネーブで著者の1つになると公言しています。 "If they have all been taken from a corrupt mass," he argued, "no marvel that they are subject to condemnation." "もし彼らがとられてからのすべての腐敗質量は、 "彼は、 "いいえ驚異の非難の対象にされている"と述べた。 But, his critics replied, "were they not antecedently predestined to that corruption?"しかし、彼の批評家はこう答えた。 " antecedently predestinedをしていた人たちは腐敗のですか? " And "is not God unjust in treating His creatures with such cruel mystery?"そして"神の不当な治療ではない彼のこのような残酷な謎の生き物ですか? " To this Calvin answers, "I confess that all descendants of Adam fell by the Divine will," and that "we must return at last to God's sovereign determination, the cause of which is hidden" (Institutes, III, 23, 4).このカルビン回答は、 "私はすべてを告白して減少したアダムの子孫である神は、 "とし"我々は最後に復帰しなければ、神の主権を決意、その原因が隠されて" (塾は、 3世は、 23日、 4 ) 。

"Therefore," he concludes, "some men are born devoted from the womb to certain death, that His name may be glorified in their destruction." "したがって、 "彼の結論は、 "いくつかの胎内からの献身的な男性は、生まれながらにして特定の死後、彼の名前と見せかけて破壊かもしれない"と述べた。 And the reason why such necessity is laid upon them?必要とする理由は、このようなレイアウトかれらは? "Because," says Calvin "life and death are acts of God's will rather than of his foreknowledge," and "He foresees further events only in consequence of his decree that they shall happen." "なぜなら、 "カルビンによれば"生と死は、神の行為というよりは、彼の先見は、 "と"彼はさらなるイベントを予測するだけで、彼の命令に帰結して起こるものだ。 " Finally, "it is an awful decree, I confess [horribile decretum, fateor], but none can deny that God foreknew the future final fate of man before He created him -- and that He did foreknow it because it was appointed by His own ordinance."最後に、 "これはひどい令は、私は告白[ horribile decretum 、 fateor ] 、神foreknewしかし、いずれも将来のことを否定して最終的な男の運命を作成する前に彼は彼-としていたので、彼はそれを予知することによって、自分の任命条例です。 " Calvin, then, is a supralapsarian; the Fall was necessary; and our first parents, like ourselves, could not have avoided sinning.カルビンは、その後、堕罪前予定説は、この秋には、必要な、そして私たちの最初の両親は、私たちのように、避けsinningができませんでした。

So far, the scheme presents a cast-iron logic at whatever expense to justice and morality.これまでのところ、男性のスキームで、どのようなロジック鋳鉄正義と道徳性を犠牲にした。 When it comes to consider human nature, its terms sound more uncertain, it veers to each extreme in succession of Pelagius and Luther.人間の本性を検討することになると、その条件に不確かなサウンドこちらは、極端に承継することを各veers pelagiusとルーサーのです。 In St. Augustine, that nature is almost always viewed historically, not in the abstract hence as possessed by unfallen Adam it was endowed with supernatural gifts, while in his fallen children it bears the burden of concupiscence and sin.聖アウグスティヌスは、歴史的に見ることはほとんど常に自然ではなく、したがって、抽象的な堕落していないアダムとして保有する超自然的な贈り物に恵まれていることが、彼の中で倒れたことベアーズの子供たちの負担と強欲罪です。 But the French Reformer, not conceding a possible state of pure nature, attributes to the first man, with Luther (in Genesis 3), such perfection as would render God's actual grace unnecessary, thus tending to make Adam self-sufficient, as the Pelagians held all men to be.しかし、フランスの改質装置は、譲歩する可能性がない状態で純粋な性質は、属性の最初の男には、ルーサー(創世記3 ) 、このような完ぺきとして実際には、神の恵み不要なレンダリング、こうしてtendingアダム自給自足を作るように、 pelagiansすべての人に開かれた。 On the other hand, when original sin took them once captive the image of God was entirety blotted out.その半面、原罪ときには、神のイメージを捕虜にして一度は、全体ブロットアウト。 This article of "total depravity" also came from Luther, who expressed it in language of appalling power.この記事で、 "全堕落"ともルーサーから来た人には、言語の恐るべきパワーを表明しています。 And so the "Institutes" announce that "in man all which bears reference to the blessed life of the soul is extinct."そして今、 "塾"を発表して"すべての人の人生を祝福のリファレンスをベアーズの魂は、絶滅した"と述べた。 And if it was "natural" in Adam to love God and do justice, or a part of his very essence, then by lapsing from grace he would have been plunged into an abyss below nature, where his true moral and religious being was altogether dissolved.そしてもしそれは"自然"でアダムに、神の愛と正義を行うか、または彼の非常に本質的部分は、次により固定資産増減猶予された彼は、奈落の底には以下のとおり自然の急落は、どこにいた彼の真の道徳や宗教を完全に溶解。 So, at any rate, the German Protestants believed in their earlier period, nor was Calvin reluctant to echo them.だから、いずれにせよ、ドイツのプロテスタントは、それ以前の期間と考えられ、またカルビンは消極的な姿勢をエコーしてください。

Catholics distinguish two kinds of beatitude: one corresponding to our nature as a rational species and to be acquired by virtuous acts; the other beyond all that man may do or seek when left to his own faculties, and in such wise God's free gift that it is due only to acts performed under the influence of a strictly supernatural movement.至福の2つの種類のカトリック信者を区別する: 1つに対応する合理的な種としての我々の性質とされる行為に買収された高潔で、他の人を超えてすべての可能性を模索する際または左には、自分の能力、そしてそのような賢明なことを神の景品原因は、影響力の下に行われた行為のみを厳密には、超自然の動きだ。 The confusion of grace with nature in Adam's essence was common to all the Reformed schools; it is peculiarly manifest in Jansenius, who strove to deduce it from St. Augustine.自然の恵みを受けて混乱して、アダムのエッセンスがすべての改革に共通して学校;ことが妙にヤンセニウスマニフェストは、誰より聖アウグスティヌスstriveの過去形を推測することです。 And, granting the Fall, it leads by direct inference to man's utter corruption as the unregenerate child of Adam.そして、秋の付与、それをリードされた男の直接的な推論全く改心していないとして、児童の腐敗アダム。 He is evil in all that he thinks, or wills, or does.彼は、すべての邪悪なことと思って、または遺言、またはしている。 Yet Calvin allows him reason and choice, though not true liberty.カルヴィン選択できるようにしていない理由で彼は、真の自由わけではありません。 The heart was poisoned by sin, but something remained of grace to hinder its worst excesses, or to justify God's vengeance on the reprobate (over and above their original fault inherited).心臓に毒された罪は、しかし、何かの猶予は依然、最悪の行き過ぎを妨げる、あるいは神の復讐を正当化して無頼漢(上記以上と継承され、元の故障) 。 On the whole, it must be said that the "Institutes" which now and then allow that God's image was not quite effaced in us, deny to mankind, so far as redemption has not touched them, any moral and religious powers whatsoever.全体的に見ると、それによると、しなければならない"と塾"を今すぐできること、それから、神のイメージではないがかなりeffaced私たちは、人類を否定するには、これまで触れていないとして償還して、任意の道徳や宗教的な権限を持っています。 With Calvin as with his predecessor of Wittenberg, heathen virtue is but apparent, and that of the non-Christian merely "political," or secular.で、前任者と同様にカルビンのヴィッテンベルク、異教徒の美徳は見掛けしかし、それだけでは、キリスト教以外の"政治的" 、または世俗的です。 Civilization, founded on our common nature, is in such a view external only, and its justice or benevolence may claim no intrinsic value.文明は、私たちの共通の性質を設立して、このような見解は、外部のみ、または慈善正義とその本質的な価値がないかもしれませんクレーム。 That it has no supernatural value Catholics have always asserted; but the Church condemns those who say, with Baius, "All the works of unbelievers are sinful and the virtues of the philosophers are vices."超自然的価値がないことをカトリック教徒は、常にアサート;しかし、教会の人たちと非難し、 baius 、 "不信心者のすべての作品は罪深いと悪徳の美徳は、哲学者です。 " Propositions equivalent to these are as follows: "Free Will not aided by God's grace, avails only to commit sin," and "God could not have created man at the beginning such as he is now born" (Props. 25, 27, 55, censured by St. Pius V, Oct., 1567, and by Urban VIII, March, 1641).これらは、以下の通りと等価命題: "を使った無料ではない神の恵みによって、罪を犯すavailsだけに、 "と"神が人間を創ったことができなかったの初めに生まれた彼は今のような" ( props. 25 、 27 、 55 、問責された聖ピウスv 、 10月、 1567年、都市部とさVIIIや3月、 1641年) 。 Catholic theology admits a twofold goodness and righteousness -- the one natural, as Aristotle defines it in his "Ethics," the other supernatural inspired by the Holy Ghost.カトリック神学を認め、二重の善良さと正義-自然の1つは、それが彼の定義としてアリストテレス"倫理は、 "超自然に触発され、他の聖霊です。 Calvin throws aside every middle term between justifying faith and corrupt desire.カルヴィン例外さておき正当な信仰との間ごとに中期腐敗願望です。 The integrity of Adam's nature once violated, he falls under the dominion of lust, which reigns in him without hindrance, save by the external grace now and again preventing a deeper degradation.アダムの自然を一度の整合性に違反し、彼の支配下には滝の欲望は、彼を妨げることなく君臨し、外部に保存されると再びグレース今より深い劣化を防ぐ。 But whatever he is or does savours of the Evil One.しかし、彼は何か1つはsavoursの悪です。 Accordingly the system maintained that faith (which here signifies trust in the Lutheran sense) was the first interior grace given and source of all others, as likewise that outside the Church no grace is ever bestowed.それに応じて、システムの信頼を維持して(ここでは、ルター派の信頼感を意味する)が最初に与えられた猶予インテリアや他のすべてのソースは、同様にして教会の外では、これまでの猶予なし授けた。

We come on these lines to the famous distinction which separates the true Church that of the predestined, from the seeming or visible, where all baptized persons meet.我々は、これらの行来るには有名な区別を分離して、真の教会predestinedのは、目に見えるから見せかけたり、どこをすべて満たす人バプテスマを受けています。 This falls in with Calvin's whole theory, but is never to be mistaken for the view held by Roman authorities, that some may pertain to the soul of the Church who are not members of its body.この滝は全体でカルビンの理論は、しかし、そのためには、絶対に間違って表示されたローマで開かれた当局は、いくつかの可能性に関連して、教会の人の魂が、体のメンバーではない。 Always pursuing his idea, the absolute predestinarian finds among Christians, all of whom have heard the Gospel and received the sacraments, only a few entitled to life everlasting.いつも彼のアイデアを追求し、その絶対的なキリスト教徒の間で見つかったpredestinarianは、すべての人に福音を聞いたことがあると受け取ったの秘跡は、ほんの数永遠の生命権利を有する。 These obtain the grace which is in words offered to every one; the rest fill up the measure of their condemnation.これらの恩恵を得るには、 1つの単語ごとに提供して;残りの非難を満タンにして測定する。 To the reprobate, Gospel ordinances serve as a means to compass the ruin intended for them.無頼漢には、条例による福音書としての役目を果たすための手段をコンパスの破滅を意図しています。 Hereby, also, an answer is made possible when Catholics demand where the Reformed Church was prior to the Reformation.ここには、また、前の回答は、可能なときには、カトリック教徒の需要はどこに先立って、改革派教会の改革です。 Calvin replies that in every age the elect constituted the flock of Christ, and all besides were strangers, though invested with dignity and offices in the visible communion.カルヴィン返信して、すべての年齢構成、キリスト教信者を選出し、見知らぬ人すべてに加えていたが、尊厳を持って投資し、オフィスでは、目に見える聖体拝領。 The reprobate have only apparent faith.見掛けだけの無頼漢が信仰です。 Yet they may feel as do the elect, experience similar fervours, and to the best of their judgment be accounted saints.だがかれらは、当選者としての可能性を感じる、似たような経験をfervours 、そして彼らの最善の判断を占め聖人れる。 All that is mere delusion; they are hypocrites "into whose minds God insinuates Himself, so that, not having the adoption of sons, they may yet taste the goodness of the Spirit."すべてのことは、単なる妄想;彼らは偽善者"を自分自身の心の神insinuates 、これは、養子縁組を持っていないの息子たちは、かれらはまだ、善良な味の精神です。 " Thus Calvin explained how in the Gospel many are called believers who did not persevere; and so the visible Church is made up of saints that can never lose their crown, and sinners that by no effort could attain to salvation.こうしてカルヴィンは、どのように説明するには多くの福音書と呼ばれる信者しなかった間断;とするので、目に見える教会は、聖人の前に自分の王冠を失うことは決して、および罪人ではないことを達成する努力が救いだ。

Faith, which means assurance of election, grace, and glory, is then the heritage of none but the predestined.信仰は、総選挙を意味する保証は、グレースは、栄光と、その後の遺産はなししかし、 predestined 。 But, since no real secondary cause exists man remains passive throughout the temporal series of events by which he is shown to be an adopted son of God.しかし、本物の二次以来ない男の原因は受動的に存在する一連のイベントを通して、時間的に表示される彼は神の養子になる。 He neither acts nor, in the Catholic sense co-operates with his Redeemer.どちらも彼の行為は、カトリック教徒の感覚は、彼の救い主と共同で運営しています。 A difference in the method of conversion between Luther and Calvin may here be noted.変換する方法の間に差があるかもしれませんルターとカルヴィンここに注意します。 The German mystic begins, as his own experience taught him, with the terrors of the law.ドイツの神秘主義者が始まれば、彼に教えたとして、自分の経験で、その恐怖は、法の趣旨だ。 The French divine who had never gone through that stage, gives the first place to the Gospel; and repentance, instead of preceding faith, comes after it.フランスの神ネヴァーゴーンを通してしていた段階では、最初の場所を与え福音;と後悔する代わりに、直前の信仰は、後に来ることです。 He argued that by so disposing of the process, faith appeared manifestly alone, unaccompanied by repentance, which, otherwise, might claim some share of merit.だから彼は主張して処分の過程で、信仰を明らかに登場しただけでも、後悔別送で、これは、それ以外の場合、いくつかのシェアを主張するに値するかもしれません。 The Lutherans, moreover, did not allow absolute predestination.そのlutherans 、しかも、絶対的な宿命を許可しなかった。 And their confidence in being themselves justified, i.e. saved, was unequal to Calvin's requirements.彼らの信頼を正当化しているとは、すなわち保存すると、不等には、カルビンの要件です。 For he made assurance inevitable as was its object to the chosen soul.彼は避けられないための保証としての魂は、そのオブジェクトを選択します。 Nevertheless, he fancied that between himself and the sounder medieval scholastics no quarrel need arise touching the principle of justification -- namely, that "the sinner being delivered gratuitously from his doom becomes righteous."にもかかわらず、彼は自分自身との間で架空の音を出すことscholasticsない中世のけんかの正当性の原則に触れる必要が生じる-すなわち、その"根拠もなく、罪人から配信されてドゥームが正しい"と述べた。 Calvin overlooked in these statements the vital difference which accounts for his aberration from the ancient system.カルヴィン見落としては、これらのステートメントを占める重要な違いから、彼の収差古代のシステムです。 Catholics held that fallen man kept in some degree his moral and religious faculties, though much impaired, and did not lose his free will.カトリック教徒が倒れた男に保管して開かれた彼の道徳や宗教に関するある程度の能力が、多くの障害者は、自分の自由意志を失うとはしなかった。 But the newer doctrine affirmed man's total incompetence, he could neither freely consent nor ever resist, when grace was given, if he happened to be predestinate.しかし、最近の学説アファームド男の無能さの合計は、彼がこれまでもどちらも自由に同意レジストは、グレースが与えられたとき、もし彼はたまたま運命です。 If not, justification lay beyond his grasp.そうでない場合は、自分の正当性を把握するレイを超えています。 However, the language of the "Institutes" is not so uncompromising as Luther's had been.しかし、その言語は、 "機関"ではないとして妥協しないのでルーサーていたのです。 God first heals the corrupt will, and the will follows His guidance; or, we may say, cooperates.神は、最初は、腐敗を癒し、そして彼の指導は、以下のとおりです;か、我々が何と言おうと、協力しています。

The one final position of Calvin is that omnipotent grace of itself substitutes a good for an evil will in the elect, who do nothing towards their own conversion but when converted are accounted just.その1つは、最終的な立場の全能の恵みカルヴィン良い代替自体は、悪を選出するためには、何もしない人向けに変換する際には、独自のコンバージョンが占めるだけだ。 In all the original theology of the Reformation righteousness is something imputed, not indwelling in the soul.オリジナルの神学では、すべての改革は何か帰属正義ではなく、魂は、留置。 It is a legal fiction when compared with what the Catholic Church believes, namely, that justice or sanctification involves a real gift, a quality bestowed on the spirit and inherent, whereby it becomes the thing it is called.これは、法律上のフィクションと比較してどのようなときに、カトリック教会と考え、すなわち、それは本当の正義やギフト清浄化、品質を授けたのは、固有の精神とは、何のこととなると呼ばれています。 Hence the Council of Trent declares (Sess. VI) that Christ died for all men, it condemns (Canon XVII) the main propositions of Geneva, that "the grace of justification comes only to the predestinate," and that "the others who are called receive an invitation but no grace, being doomed by the Divine power to evil."したがって、その評議会のトレントを宣言して( sess. vi )のすべての男性にキリストが死んで、それ非難(キヤノン17 )の主な命題のジュネーブでは、その"恵みの運命を正当にのみ来る"とし、 "他の人は、招待状を受け取るの猶予がないと呼ばれる、失敗する運命に神の力を邪悪される"と述べた。 So Innocent X proscribed in Jansenius the statement: "It is Semipelagian to affirm that Christ died for all men, or shed His blood in their behalf."だからヤンセニウスの声明に違反罪なきx : " semipelagianを断言することはすべての人のためにキリストが死んこと、あるいは自分の血で自分の小屋に代わっている。 " In like manner Trent rejected the definition of faith as "confidence in being justified without merit"; grace was not "the feeling of love," nor was justification the "forgiveness of sin," and apart from a special revelation no man could be infallibly sure that he was saved.トレントのような形で信仰を拒否されたの定義として"自信が正当化されメリットなし" ;グレースではない"という感じの愛"は、正当な理由も、 "罪の赦し"とは別に、特別啓示完ぺきにない可能性がある男彼は確信して保存されます。 According to Calvin the saint was made such by his faith, and the sinner by want of it stood condemned, but the Fathers of Trent distinguished a dead faith, which could never justify, from faith animated by charity -- and they attributed merit to all good works done through Divine inspiration.カルヴィンによると、サンは前にこのような彼の信仰によって、と非難している罪人に立っていたことを望むのではなく、父親が死んだトレント著名な信仰が、それは決して正当化は、アニメから信仰された慈善-そして彼らのメリットをすべての原因良い作品天来の霊感を通して行われる。 But in the Genevese doctrine faith itself is not holy.しかし、 genevese信仰教理聖そのものではない。 This appears very singular; and no explanation has ever been vouchsafed of the power ascribed to an act or mean, itself destitute of intrinsic qualities, neither morally good nor in any way meritorious, the presence or absence of which nevertheless fixes our eternal destiny.これが表示されたら非常に特異;そして今までに説明されていないvouchsafed生得的には、電源を意味する行為や、極貧の固有の性質自体は、どちらも道徳的にはどのような方法でも良い勲功は、存在するかしないかにもかかわらず、私たちの永遠の運命を修正します。

But since Christ alone is our righteousness, Luther concluded that the just man is never just in himself; that concupiscence, though resisted, makes him sin damnably in all he does, and that he remains a sinner until his last breath.しかし、キリストの一人が私たちの正義以来、ルーサー結論は、男だけでは決して自分自身だけで、その強欲、抵抗かかわらず、彼はすべての罪言語道断彼は、それまでの彼は彼の最後の息をしている罪人です。 Thus even the "Solid Declaration" teaches, though in many respects toning down the Reformer's truculence.そのためにも、 "固体宣言"を教えては、多くの点では、改質装置の調色ダウンけんか腰。 Such guilt, however, God overlooks where faith is found -- the one unpardonable sin is want of faith.このような罪悪感は、しかし、神の信仰を見渡せる場所が見つからない-不埒な罪の1つは、信仰したいです。 "Pecca fortiter sed crede fortius" -- this Lutheran epigram, "Sin as you like provided you believe," expresses in a paradox the contrast between corrupt human nature, filthy still in the very highest saints, and the shadow of Christ, as, falling upon them, it hides their shame before God. "と強くクレーデpecca fortiterセッド" -このルター派警句は、 "罪の提供に必要と思われるような、 "という言葉で表現するのパラドックス破損して、コントラストの間に人間の本性は、まだ非常に高い聖人汚いし、キリストの影の下、として、かれらの上に落ちると、神の前で恥ずかしい思いを隠している。 Here again the Catholic refuses to consider man responsible except where his will consents; the Protestant regards impulse and enticement as constituting all the will that we have.ここで再度検討し、カトリック教徒の男を拒否して自分の責任を除いては、どこに同意;の衝動とプロテスタントに関しては、その魅力として、我々はすべての構成です。 These observations apply to Calvin -- but he avoids extravagant speech while not differing from Luther in fact.これらの観察に適用さカルビン-しかし、彼のスピーチを超した避けながらルーサーから実際には異なる。 He grants that St. Augustine would not term involuntary desires sin; then he adds, "We, on the contrary, deem it to be sin whenever a man feels any desires forbidden by Divine law -- and we assert the depravity to be sin which produces them" (Institutes, III, 2, 10).助成金聖アウグスティヌスは、彼が罪のない欲望の不随意任期;追加それから彼は、 "我々は、むしろその逆で、罪と判断されるたびに一人の男が任意の欲望を感じて神の法律で禁止されて-そして我々の主張を堕落される罪生成して" (塾は、 3 、 2 、 10 ) 。 On the hypothesis of determinism, held by every school of the Reformers, this logic is unimpeachable.仮説の上決定論は、すべての学校では、改革派によって行われた場合、このロジックは、非の打ちどころのです。 But it leads to strange consequences.しかし、奇妙な結果をもたらすことにつながる。 The sinner commits actions which the saint may also indulge in; but one is saved the other is lost; and so the entire moral contents of Christianity are emptied out.このアクションをコミットしている罪人の聖者に耽溺する可能性も;しかし、 1つは、他の保存が失わ;と道徳的なので、全体の内容をキリスト教には、中身です。 Luther denominated the saint's liberty freedom from the law.ルーサー建ての聖人の自由からの自由法です。 And Calvin, "The question is not how we can be righteous, but how, though unworthy and unrighteous, we may be considered righteous."そしてカルビンは、 "問題は、どのように我々は正しいことができますが、どのようには、値しないとよこしまかかわらず、我々が正しいと考えています。 " The law may instruct and exhort, but "it has no place in the conscience before God's tribunal."と熱心に勧めるよう指示する法律のかもしれませんが、 "それは、神の前で良心のない場所での法廷です。 " And if Christians advert to the law, "they see that every work they attempt or meditate is accursed" (Institutes, III, 19, 2, 4).キリスト教徒と言及している場合、法では、 "彼らは、全ての作業を参照してください彼らの試みは、呪われたか熟考" (塾は、 3世は、 19日、 2 、 4 ) 。 Leo X had condemned Luther's thesis, "In every good work the just man sins."レオxルーサー死刑囚の論文は、 "すべての罪を男だけでいい仕事をしています。 " Baius fell under censure for asserting (Props. 74, 75) that "concupiscence in the baptized is a sin, though not imputed."不信任決議を主張するための下に落ちたbaius ( props. 74 、 75 )は"強欲では、罪のバプテスマを受け、帰属わけではありません。 " And, viewing the whole theory, Catholics have asked whether a sinfulness which exists quite independent of the will is not something substantial, like the darkness of the Manichæans, or essential to us who are finite beings.とは、全体を表示する説は、カトリック教徒が存在するかとの質問に対して、罪深さを独立しては非常に実質的ではない何かのように、暗闇の中のmanichæans 、または有限たちは、私たちにとって必要不可欠な存在です。

At all events Calvin seems entangled in perplexities on the subject, for he declares expressly that the regenerate are "liable every moment at God's judgment-seat to sentence of death" (Instit., III, 2, 11); yet elsewhere he tempers his language with a "so to speak," and explains it as meaning that all human virtue is imperfect.すべてのイベントでは難事カルヴィン絡み合ったように服従して、再生するために彼を宣言して明示的には"神の判断で責任を問われる瞬間ごとに席を死の宣告" ( instit. 、 3 、 2 、 11 ) ;まだ気分彼は彼の別の場所言語をして"を話すので、 "との意味を説明して、すべての人間の美徳としては不完全です。 He would certainly have subscribed to the "Solid Declaration," that the good works of the pious are not necessary to salvation.彼は確かにある購読して、 "固体宣言は、 "良い作品は、信心深いことではない救済する必要がします。 With Luther, he affirms the least transgression to be a mortal sin, even involuntary concupiscence -- and as this abides in every man while he lives, all that we do is worthy of punishment (Instit., II, 8, 68, 59).ルーサーで、彼は肯定される最小限の大罪罪でも、不随意強欲-そしてこれを遵守するとして、この中で彼はすべての人の生活は、私たちはすべてのことは、懲罰に値する( i nstit.、 2世、 8 、 6 8、 5 9) 。 And again, "There never yet was any work of a religious man which, examined by God's severe standard would not be condemnable" (Ibid., III, 14,11).そして再び、 "どんな仕事があるのは決していないが、宗教的な男は、神の厳しい基準で検証さに非難されるべきではない" ( ibid. 、 3 、 14,11 ) 。 The Council of Trent had already censured these axioms by asserting that God does not command impossibilities, and that His children keep His word.トレントの評議会はすでにこれらの公理問責されたコマンドは不可能を主張していない神は、自分の子供たちとその彼の言葉を続ける。 Innocent X did the like when he proscribed as heretical the fifth proposition of Jansenius, "Some commandments of God are impossible to the just who will and endeavour; nor is the grace by which they should become possible given to them."無実のxは、異端として追放したときのように、 5番目のヤンセニウス命題は、 "いくつかの神の戒めだけでは、誰が不可能だとエンデバー;もしなければならないが、猶予されることになる可能性が与えられています。 "

Two important practical consequences may be drawn from this entire view: first, that conversion takes place in a moment -- and so all evangelical Protestants believe; and, second, that baptism ought not to be administered to infants, seeing they cannot have the faith which justifies.実用的な2つの重要な結果をもたらすかもしれないから、この全体に描かれた図:第一に、その瞬間には、コンバージョンが行われる-などのすべての福音を信じるプロテスタント;と、 2番目は、洗礼をするべきことをしないように乳幼児に投与される、見て彼らの信仰をすることはできません。これを正当化した。 This latter inference produced the sect of Anabaptists against whom Calvin thunders as he does, against other "frenzied" persons, in vehement tones.この後者の推論の生産者に対する教団のanabaptistsカルヴィンサンダーズとして彼は、他の反対する"と激高して"人は、猛烈な音です。 Infant baptism was admitted, but its value, as that of every ordinance, varied with the predestination to life or to death of the recipient.幼児洗礼を認めていたが、その値は、どのような条例は、変化に富んだ人生を宿命たりして、受信者に死を。 To Calvinists the Church system was an outward life beneath which the Holy Spirit might be present or absent, not according to the dispositions brought by the faithful, but as grace was decreed. calvinistsの教会を外側には、生命システムの下に存在するかもしれないが、聖霊や欠席ではなくによると、売却される忠実もたらしたが、恵みだったとして定めています。 For good works could not prepare a man to receive the sacraments worthily any more than to be justified in the beginning.良い作品のための準備をすることができなかったの秘跡を受ける人を超える立派にいかなる正当化されるの始まりです。 If so, the Quakers might well ask, what is the use of sacraments when we have the Spirit?もしそうなら、よく聞くかもしれない、クエーカー教は、どのようなときに使用するの秘跡の精神を我々は? And especially did this reasoning affect the Eucharist.その中でも特に、この推論に影響を与える聖体でした。 Calvin employs the most painful terms in disowning the sacrifice of the Mass. No longer channels of grace, to Melanchthon the sacraments are "Memorials of the exercise of faith," or badges to be used by Christians.カルヴィン採用条件で、最も痛ましいdisowningのミサを犠牲にし、もはやチャンネルの恵みを受けて、メランヒトンの秘跡には、 "運動の記念碑の信仰は、 "キリスト教徒やバッジに使用されています。 From this point of view, Christ's real presence was superfluous, and the acute mind of Zwingli leaped at once to that conclusion, which has ever since prevailed among ordinary Protestants.この観点から、キリストの真のプレゼンスは、余計な、とツウィングリ急性心をして結論をまとめて目に飛び込んで、これは普通のプロテスタントの間で優勢以来です。 But Luther's adherence to the words of the Scripture forbade him to give up the reality, though he dealt with it in his peculiar fashion.しかし、ルーサーの順守を禁じた彼の言葉は、啓典をあきらめるという現実が、彼はそれを彼の独特のファッションを扱っています。 Bucer held an obscure doctrine, which attempted the middle way between Rome and Wittenberg.ブツァー開かれた無名の教義は、ローマとの間の道の真ん中を試みたヴィッテンベルク。 To Luther the sacraments serve as tokens of God's love; Zwingli degrades them to covenants between the faithful.ルーサーの秘跡をトークンには神の愛を務める;ツウィングリの間の忠実な約款低下しています。 Calvin gives the old scholastic definition and agrees with Luther in commending their use, but he separates the visible element proffered to all from the grace which none save the elect may enjoy.カルヴィン与え、古い学力の定義とその使用に賛成してcommendingルーサーでは、しかし、彼の目に見える要素proffered分離してから、すべての恵みを享受する可能性が選出なしに保存します。 He admits only two sacraments, Baptism and the Lord's Supper.彼は2つしか認め秘跡、洗礼と主の夕食。 Even these neither contain nor confer spiritual graces; they are signs, but not efficacious as regards that which is denoted by them.これらのいずれもが含まれても精神的な協議美神;彼らは標識には、効き目がないことが示されたに関してしてください。 For inward gifts, we must remember, do not belong to the system, whereas Catholics believe in ordinances as acts of the Man-God, producing the effects within the soul which He has promised, "He that eateth Me shall live by Me."内側へのプレゼントのため、我々は覚えておいて、システムに所属していないが、条例を信じるカトリック信者の男-神の行為であるとは、生産への影響内の魂を約束した彼は、 "彼は私には、生きることeatethですよ"

When the Church's tradition was thrown aside, differences touching the Holy Eucharist sprang up immediately among the Reformers which have never found a reconciliation.投げられたときに、教会の伝統はさておき、聖体の違いに触れてすぐに飛び、改革派の間で和解が発見したことがない。 To narrate their history would occupy a volume.彼らの歴史を物語るには、ボリュームを占領する。 It is notable, however, that Calvin succeeded where Bucer had failed, in a sort of compromise, and the agreement of Zurich which he inspired was taken up by the Swiss Protestants.特筆すべきことは、しかし、どこに成功してカルヴィンブツァーが失敗すると、ある種の妥協案では、スイスのチューリッヒとの契約書に触発された彼はスイスのプロテスタント取り上げられる。 Elsewhere it led to quarrels, particularly among the Lutherans, who charged him with yielding too much.他の場所を中心にけんかすることは、特にlutheransのうち、請求人は彼を降伏過ぎる。 He taught that the Body of Christ is truly present in the Eucharist, and that the believer partakes of it that the elements are unchanged, and that the Catholic Mass was idolatry.キリストの教えは、彼が本当に存在して体の聖体、信奉者であることとし、その要素が変更されていないこと、そして大量のカトリックは偶像崇拝しています。 Yet his precise meaning is open to question.しかし彼の正確な意味に疑問が開いている。 That he did not hold a real objective presence seems clear from his arguing against Luther, as the "black rubric" of the Common Prayer Book argues -- Christ's body, he says, is in heaven.彼は本当のことを行う客観的存在しなかったようだから彼の主張に反対ルーサークリアするように、 "黒朱書き"は、共通の祈りの本を主張-キリストの体、と彼は言いますが、天国です。 Therefore, it cannot be on earth.したがって、地球上ですることはできません。 The reception was a spiritual one; and this perfectly orthodox phrase might be interpreted as denying a true corporal presence.レセプションは、 1つの霊的;と、このフレーズを完璧に正統派として解釈される可能性の存在を否定し、真の伍長。 The Augsburg Confession, revised by its author Melanchthon, favoured ambiguous views -- at last he declared boldly for Calvin, which amounted to an acknowledgment that Luther's more decided language overshot the mark.アウクスブルク信仰告白し、改訂版はその作者メランヒトンは、特別なあいまいな見解-とうとう彼は大胆に宣言したカルビン、これを承認してルーサーの額より多くの言語オーバーランのマークを決めた。 The "Formula of Concord" was an attempt to rescue German Churches from this concession to the so-called Sacramentarians; it pronounced, as Calvin never would have done, that the unworthy communicant receives Our Lord's Body; and it met his objection by the strange device of "ubiquity" -- namely, that the glorified Christ was everywhere. "公式の呼応"を救出する試みは、ドイツの教会から、この譲歩をしている、いわゆるsacramentarians ;と発音することは、決してカルヴィンとしては、これまでには、受信して、私たちの主の聖体拝領にあるまじき体;と反対されることに会った彼の奇妙なデバイスの"遍在" -すなわち、キリストはどこに見せかけています。 But these quarrels lie outside our immediate scope.しかし、これらの争い我々の当面の範囲外でうそをつく。

As Calvin would not grant the Mass to be a sacrifice, nor the ministers of the Lord's Supper to be priests, that conception of the Church which history traces back to the earliest Apostolic times underwent a corresponding change.カルビンはないとして付与されるの質量を犠牲にし、また、閣僚の夕食には、主のプリーストは、その概念は、教会で最古の歴史の痕跡バックトゥザタイムズ受け、ローマ教皇の変化に対応する。 The clergy were now "Ministers of the Word," and the Word was not a tradition, comprising Scripture in its treasury, but the printed Bible, declared all-sufficient to the mind which the Spirit was guiding.今の聖職者は"大臣の言葉は、 "という言葉ではないとする伝統は、啓典は、財務構成は、聖書が、印刷は、すべてを宣言の精神を十分には、心を指導します。 Justification by faith alone, the Bible, and the Bible only, as the rule of faith -- such were the cardinal principles of the Reformation.他力本願だけでは、聖書には、聖書のみで、信仰としてのルール-枢機卿は、このような改革の原則だ。 They worked at first destructively, by abolishing the Mass and setting up private judgment in opposition to pope and bishops.勤務して最初の破壊、大量廃止された民間の判断を設定すると法王と司教に反対しています。 Then the Anabaptists arose.その後、 anabaptistsが起こりました。 If God's word sufficed, what need of a clergy?もし神の言葉sufficed 、聖職者は、何が必要ですか? The Reformers felt that they must restore creeds and enforce the power of the Church over dissidents.改革派感じたことを実施しなければならないの復元力を信条とする反体制派の教会です。 Calvin, who possessed great constructive talent, built his presbytery on a democratic foundation -- the people were to choose, but the ministers chosen were to rule.カルバンは、人の偉大な建設的な才能を持って、彼のプレズビテリー内蔵して民主主義の基礎-を選択し、人々が、しかし、閣僚に選ばれたルールです。 Christian freedom consisted in throwing off the yoke of the Papacy, it did not allow the individual to stand aloof from the congregation.キリスト教の自由を構成し、ローマ教皇のくびきを投げるオフは、許可されていないが、個々の会衆から離れている。 He must sign formulas, submit to discipline, be governed by a committee of elders.彼に署名する必要があります数式は、規律を提出し、委員会の年長者によって統治されています。 A new sort of Catholic Church came into view, professing that the Bible was its teacher and judge, but never letting its members think otherwise than the articles drawn up should enjoin.新しいカトリック教会に入ってきたようなビューで、 professing聖書には、その教師として判断するが、決してそうでないと思うよりも、メンバーに通知した記事に命じて起草すべきだ。 None were allowed in the pulpit who were not publicly called, and ordination, which Calvin regarded almost as a sacrament, was conferred by the presbytery.説教壇には、人の許可なしに公にはないと呼ばれる、と聖職叙任、カルヴィンと見なすことがほぼ聖餐式としては、長老会が協議された。

In his Fourth Book the great iconoclast, to whom in good logic only the Church invisible should have signified anything, makes the visible Church supreme over Christians, assigns to it the prerogatives claimed by Rome, enlarges on the guilt of schism, and upholds the principle, Extra Ecclesiam nulla salus.偉大な作品では4本の聖像は、担当者の論理だけで良いはずの教会の目に見えない何か意味は、目に見える教会の最高以上により、キリスト教徒は、それに割り当てられた特権領有権を主張し、ローマでは、分裂を拡大して罪悪感にさいなまれる、との原則をupholdsは、余分な不salus ecclesiam 。 He will not allow that corrupt morals in the clergy, or a passing eclipse of doctrine by superstition, can excuse those who, on pretence of a purer Gospel, leave it.彼はモラルを腐敗させることはできませんが、聖職者、または日食の教義を通過した迷信、言い訳できる人は、上のpurer pretenceゴスペル、置いている。 The Church is described in equivalent terms as indefectible and infallible.教会には、説明され朽ちないと同等の条件として絶対に正しい。 All are bound to hear and obey what it teaches.すべての束縛を聞いて、わたしに従いどのようなことを教えてください。 Luther had spoken of it with contempt almost everywhere in his first writings; to him the individual guided by the Holy Spirit was autonomous.ルーサー話されて軽蔑していたの至る所でほぼ彼の最初の記述;彼に、聖霊に導かれて、個々の自律的だった。 But Calvin taught his followers so imposing a conception of the body in which they were united as to bring back a hierarchy in effect if not in name.しかし、カルビンの信者に仕込んだので、堂々とは、体内で受胎ユナイテッドとしてかれらは、階層構造を持ち帰る場合には効果がない名前です。 "Where the ministry of Word and Sacraments is preserved," he concludes, "no moral delinquencies can take away the Church's title." "どこの言葉と秘跡省は、保存は、 "彼の結論は、 "いいえ、教会の道徳的な延滞債権のタイトルを奪うことです。 " He had nevertheless, broken with the communion in which he was born.にもかかわらず彼は、壊れたりして聖体拝領で彼が生まれた。 The Anabaptists retorted that they did not owe to his new-fashioned presbytery the allegiance he had cast away -- the Quakers, who held with him by the Inward Light, more consistently refused all jurisdiction to the visible Church. anabaptists言い返したの借りをしていないと、彼の新しい風プレズビテリー忠誠彼はキャストアウェイ-クエーカー教は、人によって開かれた彼の内側への光は、より多くのすべての管轄権を拒否して常に目に見える教会です。

One sweeping consequence of the Reformation is yet to be noticed.抜本改革の一つの帰結には気づいていない。 As it denied the merit of good works even in the regenerate, all those Catholic beliefs and ordinances which implied a Communion of Saints actively helping each other by prayer and self-sacrifice were flung aside.良いことのメリットとして否定しても、再生する作品は、これらすべての信念や条例を暗示するカトリックの聖人の聖体拝領を積極的に支援された互いの祈りと自己犠牲はさておき飛んだ。 Thus Purgatory, Masses for the dead, invocation of the blessed in Heaven, and their intercession for us are scouted by Calvin as "Satan's devices."こうして煉獄は、大衆のために死んでは、呼び出しは、天国に恵まれ、そして私たちは彼らのために仲裁カルヴィンとしてスカウトされた"悪魔のデバイスです。 " A single argument gets rid of them all: do they not make void the Cross of Christ our only Redeemer? 1つの引数を取得するそれらをすべて除去する:かれらは私たちをキリストの十字架のボイド身請けだけですか? (Instit., III, 5, 6). ( instit. 、 3 、 5 、 6 ) 。 Beza declared that "prayer to the saints destroys the unity of God."ベザと宣言した"との祈りを神の聖人の団結を破壊する"と述べた。 The Dutch Calvinists affirmed of them, as the Epicureans of their deities, that they knew nothing about what passes on earth.かれらは、オランダのcalvinistsアファームド、 epicureansとして、彼らの神々は、彼らを知っていたことについては何もない地球上でどのようなパスです。 Wherever the Reformers triumphed, a wholesale destruction of shrines and relics took place.改革派triumphedどこでは、卸売神社や遺跡の破壊が行われた。 Monasticism, being an ordered system of mortification on Catholic principles, offended all who thought such works needless or even dangerous -- it fell, and great was the fall thereof, in Protestant Europe.修道院生活は、システムの苦行を注文している、カトリックの原則は、すべての人の気分を害するような作品思想または不必要な危険でさえある-それは、秋には、偉大なものは、ヨーロッパでプロテスタント。 The Calendar had been framed as a yearly ritual, commemorating Our Lord's life and sufferings, with saints' days filling it up.額に入れていたとして、毎年カレンダーの儀式は、わたしたちの主の命と苦しみを記念し、諸聖人の日充填してください。 Calvin would tolerate the Swiss of Berne who desired to keep the Gospel festivals; but his Puritan followers left the year blank, observing only the Sabbath, in a spirit of Jewish legalism.カルビンは、スイスのベルンの人の希望を容認しておくゴスペルフェスティバル;しかしピューリタンの信者が残っている彼は空白のまま、観察のみの安息日は、ユダヤ教の精神の下で法治。 After such a fashion the Church was divorced from the political order -- the living Christian ceased to have any distinct relation with his departed friends; the saints became mere memories, or were suspected of Popery; the churches served as houses of preaching, where the pulpit had abolished the altar; and Christian art was a thing of the past.このようなやり方では、教会の後に離婚したから、政治的秩序-やんだクリスチャン生活を出発して任意の別個の関係が彼の友人;単なる思い出になったの聖人は、カトリックの疑いがあるかは、住宅を務め、教会の説教は、どこの説教壇には、祭壇の廃止;とキリスト教の芸術は過去のものです。 The Reformers, including Calvin, appealed so confidently to St. Augustine's volumes that it seems only fair to note the real difference which exists between his doctrine and theirs.改革派は、カルビン含めて、自信を訴えただから聖アウグスティヌスのボリュームのみ公正ように注意して本当の自分の教義の違いとかれらの間に存在する。 Cardinal Newman sums it up as follows:ニューマン枢機卿合計して、以下の通り:

The main point is whether the Moral Law can in its substance be obeyed and kept by the regenerate.メインのポイントができるかどうかは、道徳的な法則に従ったと保管される物質を入れ替えた。 Augustine says, that whereas we are by nature condemned by the Law, we are enabled by the grace of God to perform it unto our justification; Luther [and Calvin equally] that, whereas we are condemned by the law, Christ has Himself performed it unto our justification -- Augustine, that our righteousness is active; Luther, that it is passive; Augustine, that it is imparted, Luther that it is only imputed; Augustine, that it consists in a change of heart; Luther, in a change of state.アウグスティヌスによれば、それが我々に非難されるのは自然の法則によって、私たちは神の恵みによって有効になってそれを実行する私たちの正当かれ;ルーサー[やカルヴィン等しく]ことが、我々は非難される同法は、キリストが自ら行うことかれ我々の正当性-アウグスティヌスは、私たちの正義には、アクティブな;ルーサーは、それが消極的;アウグスティヌスは、付与することは、それがルーサーのみ帰属;アウグスティヌスは、それを構成する心変わり;ルーサーは、変化の状態です。 Luther maintains that God's commandments are impossible to man Augustine adds, impossible without His grace; Luther that the Gospel consists of promises only Augustine, that it is also a law, Luther, that our highest wisdom is not to know the Law, Augustine says instead, to know and keep it -- Luther says, that the Law and Christ cannot dwell together in the heart.ルーサーを維持して、神の戒めの男が不可能に追加アウグスティヌスは、彼の猶予なく不可能;ルーサーは、福音書の約束のみで構成さアウグスティヌスは、それもまた、法では、ルーサーは、我々の最高の知恵ではないことを知って、法では、代わりによればアウグスティヌスは、それを知っておくと-ルーサーによれば、法とは、キリストの中心に一緒に住むことはできません。 Augustine says that the Law is Christ; Luther denies and Augustine maintains that obedience is a matter of conscience.アウグスティヌスによれば、同法は、キリスト;ルーサーアウグスティヌス維持を否認して服従させるとは、良心の問題である。 Luther says that a man is made a Christian not by working but by hearing; Augustine excludes those works only which are done before grace is given; Luther, that our best deeds are sins; Augustine, that they are really pleasing to God (Lectures on Justification, ch. ii, 58).ルーサーによると、一人の男の前に、キリスト教のではなく、作業だったのですが、聴聞会;アウグスティヌス除外が完了する前にそれらの作品のみの猶予が与えられた;ルーサー、それは、私たちの罪を行いベスト;アウグスティヌスは、神を喜ばせることが本当に(講義して正当化は、チャンネルです。 2世、 58 ) 。

As, unlike the Lutheran, those Churches which looked up to Calvin as their teacher did not accept one uniform standard, they fell into particular groups and had each their formulary.として、ルター派とは異なり、これらの教会を見上げて自分の教師としてのカルビンを受け入れていない制服の標準の1つは、特定のグループに落ちてしまったと彼らはそれぞれ自分の型にはまった。 The three Helvetic Confessions, the Tetrapolitan, that of Basle, and that composed by Bullinger belong respectively to 1530, 1532, 1536. helveticの3つの自白は、 tetrapolitan 、バーゼルことが、ブリンガーとして構成され、それぞれに属する1530 、 1532 、 1536 。 The Anglican 42 Articles of 1553, composed by Cranmer and Ridley, were reduced to 39 under Elizabeth in 1562.聖公会は1553年の42の記事、クランマーとリドリー構成され、第39条の下では減少し、 1562エリザベスです。 They bear evident tokens of their Calvinistic origin, but are designedly ambiguous in terms and meaning.彼らのトークンに明らかにクマcalvinistic起源は、あいまいな点がdesignedlyとの意味だ。 The French Protestants, in a Synod at Paris, 1559, framed their own articles.フランスのプロテスタント、パリでは、会議で、 1559は、独自の記事を額に入れています。 In 1562 those of the Netherlands accepted a profession drawn up by Guy de Bres and Saravia in French, which the Synod of Dort (1574) approved. 1562オランダでは、利用者が立案した職業サラビアガイドbresとフランス語では、この会議の承認ドルト( 1574 ) 。 A much more celebrated meeting was held at this place 1618-19, to adjudicate between the High Calvinists, or Supralapsarians, who held unflinchingly to the doctrine of the "Institutes" touching predestination and the Remonstrants who opposed them.多くの著名な会議が開かれた1618年から1619年、この場所には、審査員の間に高いcalvinists 、またはsupralapsarians 、果敢に開かれた人のドクトリン"塾"との宿命レモンストラント派の人の心を動かすに反対しています。 Gomar led the former party; Arminius, though he died before the synod, in 1609, had communicated his milder views to Uytenbogart and Episcopius, hence called Arminians. gomarを主導した元党; arminius 、かかわらず、彼の前に亡くなった会議は、 1609年には、彼の穏やかな景色を伝達していたとuytenbogartエピスコピウス、したがってarminians呼ばれています。 They objected to the doctrine of election before merit, that it made the work of Christ superfluous and inexplicable.彼らの教義に反対して総選挙前のメリットは、それは、キリストの余計な仕事と不可解な。 The Five Articles which contained their theology turned on election, adoption, justification, sanctification, and sealing by the Spirit, all which Divine acts presuppose that man has been called, has obeyed, and is converted.神学の5つの項目が含まれてオンになって選挙では、養子縁組は、正当な理由は、神聖化し、封止の精神によって、すべての神と呼ばれる行為を仮定してきた男は、言われたとおりには、変換とは。 Redemption is universal, reprobation due to the sinner's fault and not to God's absolute decree.ユニバーサル償還は、非難のため、罪人のせいではなく、神の絶対的な命令をします。 In these and the like particulars, we find the Arminians coming close to Tridentine formulas.そして、これらのような特徴は、我々の近くに来るarminians見つける数式tridentine 。 The "Remonstrance" of 1610 embodied their protest against the Manichaean errors, as they said, which Calvin had taken under his patronage. "陳情書"の1610マニ教のエラーが具体化して抗議して、かれらによると、彼の下で撮影さカルヴィン愛顧いた。 But the Gomarists renewed his dogmas; and their belief met a favourable reception among the Dutch, French, and Swiss.しかし、彼の教義リニューアルgomarists ;自分の信念との間に会ったの良好な受信オランダ語、フランス語、そしてスイス。 In England the dispute underwent many vicissitudes.イングランドの紛争で波瀾万丈受けています。 The Puritans, as afterwards their Nonconformist descendants, generally sided with Gomar; the High Church party became Arminian.そのpuritans 、その後彼らの反逆児子孫としては、通常、両面でgomar ;アルミニウス説の高い教会のパーティーになった。 Wesley abandoned the severe views of Calvin; Whitefield adopted them as a revelation.ウェズリー遺棄の厳しい意見カルヴィン; Whitefieldの啓示として採択しています。 The Westminster Assembly (1643-47) made an attempt to unite the Churches of Great Britain on a basis of Calvinism, but in vain.アセンブリのウエストミンスター( 1643年から1647年)を前にして団結する試み上で、英国教会のカルビン主義の基盤が、無駄だった。 Their Catechism -- the Larger and the Smaller -- enjoyed authority by Act of Parliament.彼らの公教要理-大きいと小さい-法令で権限を享受しています。 John Knox had, in 1560 edited the "First Book of Discipline," which follows Geneva, but includes a permissive ritual.ジョンノックスは、 1560編集中の"第一冊の規律は、 "ジュネーブで以下のとおりですが、自由放任の儀式が含まれています。 The "Second Book of Discipline" was sent out by a congregation under Andrew Melville's influence in 1572, and in 1592 the whole system received Parliamentary sanction. "第2冊の規律"が送られてアウトされるアンドリューメルビルの影響力の下に集まった人々は1572年、 1592年、全体のシステムや議会の制裁を受けています。 But James I rejected the doctrines of Dort.しかし、ジェームズ1世の教説を拒否しましたドルト。 In Germany the strange idea was prevalent that civil rulers ought to fix the creed of their subjects, Cujus regio, ejus religio.その奇妙な考えは、ドイツで流行して民事支配して彼らの信条を修正してしかるべきだ科目は、 cujusレジオ、宗教ejus 。 Hence an alternation and confusion of formulas ensued down to the Peace of Westphalia in 1648.したがって、数式の交代と混乱が起こりましたダウンして、 1648年の平和のヴェストファーレン。 Frederick III, Count Palatine, put forward, in 1562, the Heidelberg Catechism, which is of Calvin's inspiration.フリードリヒ3世は、パラティン伯、前方には、 1562 、公教要理、ハイデルベルク、これは、カルビンのインスピレーションです。 John George of Anhalt-Dessau laid down the same doctrine in 20 Articles (1597).ジョン、ジョージの敷設anhalt -デッサウの記事と同じドクトリンで20 ( 1597 ) 。 Maurice of Hesse-Cassel patronized the Synod of Dort; and John Sigismund of Brandenburg, exchanging the Lutheran tenets for the Genevese, imposed on his Prussians the "Confession of the Marches."ヘッセカッセルのモーリス- patronizedの会議のドルト; sigismundのブランデンブルクとジョンは、交換のためのルター派教義genevese 、彼のprussians課せられ、 "自白の行進"と述べた。 In general, the reformed Protestants allowed dogmatic force to the revised Confession of Augsburg (1540) which Calvin himself had signed.一般的には、改革派プロテスタント可自白の独断的な力を行使して、改正アウクスブルク( 1540 )カルヴィン自身が登録されます。

Publication information Written by William Barry.ウィリアムバリーによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Tomas Hancil.トマーシュhancil転写された。 The Catholic Encyclopedia, Volume III.カトリック百科事典は、ボリュームⅢ 。 Published 1908.日付1908 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, November 1, 1908.公認は、 08年11月1日です。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


Also, see:また、参照してください:
John Calvin ジャンカルヴァン

Canons of Dort 規範のドルト
Heidelberg Confession ハイデルベルク告白

Westminster Confession ウェストミンスター信仰告白


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです