Charismatic Movementカリスマ運動

General Information 総合案内

The charismatic movement is an informal international and transdenominational fellowship of Christians who believe that the gifts of the Holy Spirit described by St. Paul in I Cor.そのカリスマ的な動きとは、非公式の国際フェローシップtransdenominationalのキリスト教徒は、信仰する者は、聖霊の贈り物で記述される聖パウロうわっ、私です。 12:4 - 11 and Gal. 12時04 -1 1とギャル。 5:22 - 23 are manifested in these times. The movement works in harmony with the established Christian churches and has been approved by the authorities of many denominations - Protestant, Roman Catholic, and Orthodox. 5時22分-二十三アール時節柄明らかにした。その運動の作品と調和して設立されたキリスト教の教会や当局が承認され、多くの宗派-プロテスタント、ローマカトリック、正統派だ。

Although related to Pentecostalism, the charismatic movement differs in not being denominationally organized and in its refusal to insist upon speaking in tongues as an essential element of authentic Christian experience. Members refer to themselves as charismatic (a term derived from the Greek word for Grace) or as the new Pentecost. にもかかわらずpentecostalism関連して、その違いが反映されてdenominationallyカリスマ的運動の組織化を拒否すると言えば、舌に固執するのに欠かせない要素として本物のクリスチャンの経験です。メンバを参照して自身のカリスマ(ギリシャ語に由来する言葉のための猶予)あるいは、新しい聖霊降臨。 The origins of the movement cannot be precisely identified, but it has gained significant membership since the 1960s.その運動の起源を正確に識別することはできませんが、それは、 1960年代以来のメンバーシップを得た重要です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Paul Merritt Bassettポールメリットバセット

Bibliography 文献情報
R H Culpepper, Evaluating the Charismatic Movement (1987); J MacArthur, The Charismatics (1980); R Quebedeaux, The New Charismatics II (1983). rhカルペッパーは、カリスマ的運動の評価( 1987 ) ; jマッカーサーは、 charismatics ( 1980 ) ; quebedeaux研究は、新しいcharismatics 2世( 1983 ) 。


Charismatic Movementカリスマ運動

Advanced Information 高度情報

The Charismatic Movement is an expression used to refer to a movement within historic churches that began in the 1950s.カリスマ的な運動は、その表現を参照するために使用され、歴史的な教会内の動きが始まったのは1950年代のことです。 In the earlier stages the movement was often termed "neo Pentecostal"; in more recent years it has frequently been referred to as the "charismatic renewal" or the "charismatic renewal movement."この運動は、以前の段階ではしばしば呼ばれる"ネオペンテコステ派" ;さらに近年になると呼ばれることが頻繁にされ、 "カリスマ刷新"または、 "カリスマ刷新運動です。 " Therefore, participants are usually described as "charismatics."したがって、参加者は、通常いわれる" charismatics 。 "

On the American scene it is possible to date significant charismatic beginnings to the year 1960 with the national publicity given to certain events connected with the ministry of Dennis Bennett, at that time Episcopal rector in Van Nuys, California.して、アメリカのシーンを公開することが可能に重大なカリスマ始まり、 1960年に公表して国民に与えられた特定のイベントに接続しているデニスベネット部は、その時点で、米国聖公会のレクターバンナイズは、カリフォルニア州です。 Since then there has been a continuing growth of the movement within many of the mainline churches: first, such Protestant churches as Episcopal, Lutheran, and Presbyterian (early 1960s); second, the Roman Catholic (beginning in 1967); and third, the Greek Orthodox (about 1971).それ以来、成長を続けてきたが、運動の内の多くは、本線の教会:第一に、このような米国聖公会のプロテスタント教会としては、ルター派、長老派教会( 1960年代初め) ;第二に、ローマカトリック( 1967年初め) ;そして第三に、ギリシャの正統派(約1971 ) 。 The charismatic movement has affected almost every historic church and has spread to many churches and countries beyond the United States.カリスマ性の影響を受けるのは、ほぼすべての運動の歴史的な教会や教会や多くの国々に広がっているが、米国を超えています。 This continuing growth has resulted in a multiplicity of national, regional, and local conferences, the production of a wide range of literature, and increasing attention to doctrinal and theological questions both within and outside the movement.この結果、継続的な成長には多様な国家、地域、および地方の会議は、生産、広範な文学、そして教義上の注意を引き上げると神学的な質問内と外の両方の動きです。 The challenge to the churches may be seen in the fact that since 1960 well over one hundred official denominational documents, regional, national, continental, and international, on the charismatic movement have been produced.教会の挑戦を見られるかもしれないという事実を優に超える1960年以来100宗派の公式文書は、地域、国、コンチネンタル、および国際的には、カリスマ的な動きが生産されています。

The immediate background of the charismatic movement is "classical Pentecostalism" dating from the early twentieth century, with its emphasis on baptism with (or in) the Holy Spirit as an endowment of power subsequent to conversion, speaking in tongues as the initial evidence of this baptism, and the continuing validity of the spiritual gifts (charismata) of 1 Cor.カリスマ的な動きの背景には、当面は、 "古典的pentecostalism "付き合ってから、 20世紀初めには、その洗礼を重視して(または) 、聖霊養老の電源として変換してその後は、舌で話すのが、初期の証拠として、この洗礼は、継続的妥当性と精神的な贈り物( charismata )の1うわっ。 12:8 - 10. 12時08 -1 0。 Because of such distinctive emphases these early "Pentecostals", as they came to be called, found no place in the mainline churches (they either freely left or were forced out) and thus founded their own.これらの早期emphasisの複数のためにこのような独特の" pentecostals "と呼ばれるように彼らがやって来て、本線のは、教会の場所を見つけられませんでした(彼らが強制するかのどちらかを自由に左)と、独自こうして設立。 As a result there gradually came into being such "classical" Pentecostal denominations as the Assemblies of God, the Pentecostal Holiness Church, the Church of God (Cleveland, Tennessee), the Church of God in Christ, and the International Church of the Foursquare Gospel.結果としてそこに入ってきたが徐々にこのような"古典"として、議会のペンテコステ派の宗派の神は、ペンテコステ派のホーリネス教会は、教会の神(クリーブランド、テネシー州) 、神は、キリスト教会、そして国際フォースクエア福音教会は、 。

The charismatic movement, while related historically and doctrinally to classical Pentecostalism, has largely stayed within the historic church bodies or has spilled over into interdenominational church fellowships.そのカリスマ的な運動は、歴史的にも教義的に関連している間pentecostalism古典的、歴史的な教会内では、主に滞在した遺体をやり直すかは、各宗派間の教会fellowshipsこぼれた。 In neither case has there been any significant movement toward the classical Pentecostal churches.どちらのケースではあるが、任意の古典的ペンテコステ派教会に向けた重要な動きだ。 Hence today the charismatic movement, despite its "classical" parentage, exists almost totally outside official Pentecostal denominations.したがって今日のカリスマ運動にもかかわらず、その"古典"親子は、ほぼ完全に外部の関係者ペンテコステ派の宗派が存在する。

Special Emphases.特別emphasisの複数形。

Particular emphases are reflected variously in the charismatic movement. emphasisの複数の特定の種々のカリスマ的な動きが反映されます。

Baptism with the Holy Spirit聖霊の洗礼

There is common recognition of baptism with the Holy Spirit as a distinctive Christian experience.共通の認識には、聖霊の洗礼を独特のクリスチャンとしての経験です。 It is viewed as an event wherein the believer is "filled with" the presence and power of the Holy Spirit.イベントとして閲覧することは、そこに信者は、 "満ちている"の存在と、聖霊の力です。 Baptism with the Holy Spirit is understood to result from "the gift of the Holy Spirit," wherein the Spirit is freely "poured out," "falls upon," "comes on," "anoints," "endues" the believer with "power from on high."聖霊は、洗礼を理解してから結果を"聖霊の贈り物は、 "そこには、自由の精神"注ぎ出す" 、 "滝には、 " "来るには、 " " anoints 、 " " endues "の信奉者で"電源からして高くなっています。 " This event / experience is the moment of initiation into the Spirit - filled life.このイベント/経験は、その瞬間の精神を開始-満たされた人生です。 Spirit baptism is said to occur either at the time of conversion (through repentance and forgiveness) or subsequent thereto.精神バプテスマのいずれかで起こるといわれている時点でのコンバージョン(悔い改めと赦しを通して)またはそれ以降。 Baptism with the Holy Spirit, accordingly, is not identified with conversion.バプテスマと聖霊は、それに応じて、識別して変換ではない。 It is viewed as a being filled with the Holy Spirit that brings about powerful witness to Jesus Christ.見なされていることは、聖霊に満たされていたことについては強力な証人に、イエスキリストをもたらす。 Through this Spirit baptism the exalted Christ carries forward his ministry in the church and world.この高貴な精神の洗礼を通してキリスト教会に運ぶの前方部と彼の世界です。

The gift of the Holy Spirit wherein Spirit baptism occurs is understood as an act of God's sovereign grace.そこには、聖霊の贈り物バプテスマの精神として理解する行為が発生したのは、神の恵みの主権です。 Accordingly, the gift may be received only through faith in Jesus Christ, who is the mediator of the gift and the baptism.したがいまして、その贈り物を受け取っただけかもしれない信じているイエスキリストを通して、人は、メディエーターの贈り物と洗礼。 Participants in the charismatic movement emphasize the centrality of Christ (not the Holy Spirit) and the unique instrumentality of faith in him.カリスマ的運動の参加者は、キリストの中心性を強調する(未聖霊)と、独特の尽力では彼を信じています。 It is the same Christ who through his life, death, and resurrection saves and forgives the lost who also through his exaltation to "the right hand of the Father" sends forth the Holy Spirit upon the redeemed.それは彼の人生を通して、同じキリスト者は、死、そして復活のセーブを失った人の罪を許しても、彼の高揚を介して"と、右手の父"と送信して来たり、聖霊換金。 So it is by the same faith that both turning from sin and empowering for ministry are to be received from him.信仰されるので、それは同じことの両方の電源部からの罪のためとされるempowering彼から受け取った。 Charismatics generally hold that conversion and the gift of the Spirit, though both received by faith, may or may not happen at the same time. charismatics保留して通常のコンバージョンとは、精神の贈り物が、信仰の両方を受信された、 5月またはそれと同時に起こることはできません。

The book of Acts is viewed as exhibiting two patterns: a separation (however brief or long) between conversion and the gift of the Holy Spirit (the original 120, the Samaritans, Saul of Tarsus, and the Ephesian twelve), and a simultaneous reception of both (the centurion household in Caesarea).この本の出展と見なされる行為は、 2つのパターン:分離(ただし短いまたは長い)との間の変換は、聖霊の贈り物(オリジナルの120は、サマリア人は、ソールのタルスス、およびephesian 12 ) 、および同時受信する両方(家庭では百人隊長caesarea ) 。 Hence, it is by way of faith, not necessarily at the initial moment, that the gift of the Spirit is received.したがって、これは道の信仰によって、初期の瞬間は、必ずしも、その精神には、贈り物を受け取った。

Participants in the charismatic movement also frequently point to the pattern of Jesus' own life, which includes both his conception by the Holy Spirit and the later descent of the Holy Spirit upon him.カリスマ的な運動にも頻繁に参加し、そのパターンをポイントして、イエス'自分の人生は、彼の両方が含まれて受胎されると、後の聖霊は、聖霊に降下した。 Jesus was therefore both born of the Spirit as Savior and anointed with the Spirit as he began his ministry.したがって、イエスが生まれるの両方を救い主としての精神として公認を始めた彼は彼の省としての精神だ。 So it is said that correspondingly there is needed both a birth of the Spirit for salvation and an anointing of the Spirit for ministry in his name.これによると、それに対応することは、出生時には必要に応じて両方の救済のための精神とその精神をanointing省で彼の名前です。

This leads to the emphasis of charismatics on such matters as prayer, commitment, and expectancy as the context for the gift of the Holy Spirit.リードして、このような問題として重要視して祈りをささげるのcharismatics 、コミットメント、と期待されたコンテキストでは、聖霊の贈り物だ。 So it was with Jesus' life leading up to the descent of the Spirit; also with the 120 disciples who waited in the upper room prior to Pentecost; likewise a number of others according to several additional accounts in the book of Acts.だからそれは、イエスの子孫に到達するまでの人生の精神;もして待っていた120人の弟子は、上部の部屋の前に聖霊降臨;同様に、いくつかの他のアカウントによると、本の中ではいくつかの追加の行為です。 Prayer preceding the reception of the Holy Spirit particularly stands out in the accounts of the Samaritans, Saul of Tarsus, and the centurion household in Caesarea.祈りは、聖霊の前のレセプションで、特に目立つのは、サマリア人のアカウントは、ソールのタルススは、家庭で百人隊長とcaesarea 。 Seeing a similar pattern in the life of Jesus, the original disciples, and the early church, many charismatics affirm that in a spirit of prayer, commitment, and expectancy they were visited by the Holy Spirit.似たようなパターンを見て、イエスキリストの生涯においては、元の弟子、初期の教会とは、多くのcharismatics断言して祈りの精神の下では、コミットメントは、と期待されるかれらは聖霊を訪問しています。 Such an event, it is claimed, did not occur by dint of human effort, not through some work beyond faith; rather it happened to those who in faith were open to receive what God had promised to give.そのようなイベントは、主張することは、発生しなかった人間の努力によってではなく、信仰を介していくつかの仕事を超えて;いうことが起こったかを開いて人々の信仰を受け取ることで、神は何を与えると約束した。

Whereas the basic purpose of Spirit baptism is power for ministry and service, charismatics speak of a number of effects.スピリットが、基本的な目的のための洗礼は、省電力およびサービスは、数多くのcharismaticsの効果を話す。 Since it is the Holy Spirit who is given (not something he gives), many speak primarily of a strong sense of the reality of God, the Holy Spirit dynamically present, bearing witness to Jesus Christ and glorifying the Father.それ以来、聖霊は、誰が与えられた(彼は与えていないか)は、主に話すの多くの現実感の強い神は、聖霊に動的に存在する場合、ベアリングを目撃してイエスキリストの父と美化しています。 There is testimony to an enhanced sense of the Scriptures as the written Word of God, since the same Holy Spirit who inspired them fully is now said to be moving freely in the lives of the believers.そこには証言としての責任感の向上、聖書に書か神のみことばは、聖霊の人のインスピレーションを得たので、同じことは、今や完全に自由に動いているとされるが、信者の生活です。 Many charismatics also testify to an abounding joy, a deeper assurance of salvation, a new boldness for witness to Jesus Christ, and an enriched fellowship with other Christians. charismaticsも多くの証言をするほどの喜びは、救いの保証を深め、新たな目撃者のために、イエスキリストを大胆さ、そして豊かな交わりを持つ他のキリスト教徒です。 On this last point, one of the most noticeable features of the charismatic movement is the sense of koinonia that binds them together not only in a local fellowship but also across ancient denominational barriers.この最後の点で、最も顕著な特徴の一つは、カリスマ的な運動は、かれらの感覚コイノニアホームページバインドすることだけでなく、地元の交わりだけでなく古代の宗派の障壁を横断します。 Accordingly, many claim that the charismatic movement is the true fulfillment of the Lord's prayer to the Father "that they may all be one" (John 17:21).したがいまして、多くのカリスマ的な運動が主張して、真の充足感には、主の祈りの父"としてすべての可能性がある" (ヨハネ17時21分) 。

.

Speaking in Tongues舌に言えば、

In the charismatic movement speaking in tongues, glossolalia, occupies a significant place.カリスマ的に言えば、舌の動きでは、異言のたまも、重要な場所を占有しています。 Speaking in tongues is generally understood to be communication with God in language that is other than one known to the speaker.舌に言えば、通常は通信を理解されることは、神以外の言語で知られている1つのスピーカーが必要です。 A person does the speaking, that is, he freely uses his vocal apparatus, but it is claimed that the Holy Spirit gives the utterance.ある人は、言えば、それは、彼は自分の発声器官を自由に使用するが、それは、聖霊と主張して、発話与えています。 It is viewed as transcendent speech by the enabling of the Holy Spirit.演説を超越したと見なされることは、聖霊の有効です。

Speaking in tongues is considered by some charismatics to be the miraculous utterance of an unlearned foreign language (so in classical Pentecostalism).舌で話すのが考慮されたが、奇跡的にいくつかのcharismatics無学な外国語を発話する(これは古典的pentecostalism ) 。 This is claimed, first, on the basis of the narrative in Acts 1, that since the Scripture says that the disciples "began to speak in other tongues" and "each one heard them speaking in his own language," the disciples must have been speaking the languages or tongues of the listeners.この主張は、第一に、物語の中に基づいて、 1行為、それ以来、啓典によると、弟子"を始めた他の舌で話す"と"一人一人は、自分自身の言葉を耳にして言えば、 "弟子必要がありますが、言えば、言語や舌のリスナーです。 Second, there is the frequently given testimony that on many occasions people have heard their own language spoken by someone who was totally ignorant of what he was saying.第二に、頻繁には、多くの機会を与えられた人々の証言を聞いたことがあるし、自分の言語で話されてくれる人は全く知らなかった彼が何を言っている。 However, many charismatics hold that the otherness of tongues is qualitative rather than quantitative, that "other tongues" are not natural (i.e., human languages) but spiritual.しかし、多くの異質の舌charismatics保留してというよりは、定量的定性的、その"他の舌"自然ではない(すなわち、人間の言語)でも精神的です。 Accordingly, if someone says that he heard a person speaking in his own language, this is viewed as occurring because the Holy Spirit immediately interpreted what was said (hence it was not a hearing of but a hearing in one's own language).したがいまして、もし彼が言うことを聞いたことがある人は、自分自身の言語で言えば、これが発生すると見なされるため、すぐに聖霊は、どのような解釈によると(だからそれは、公聴会の公聴会ではなく、自分自身の言語) 。

From this perspective there is no difference between the tongues referred to in Acts 2 and 1 Cor.この観点から、舌の違いがない行為に参照されて2と1うわっ。 12 - 14. 12 -1 4。 The former were not foreign languages and the latter ecstatic speech; both are utterances of the Holy Spirit that can be understood only when interpreted by the Holy Spirit.前者はなかったし、後者は外国語を聞いて大喜びのスピーチ;両方とも発言は、聖霊に理解ことができると解釈された場合にのみ、聖霊です。 Charismatics who have embraced this understanding of "other tongues" believe that it best harmonizes the biblical witness, that it retains the spirituality of tongues, and that it accords with the empirical fact that there are no concrete data (for example, from the study of recordings of tongues) of an unknown language being spoken. charismaticsたちの理解を受け入れ、この"他の舌"と思われることを、聖書の中の最高の調和の目撃者は、その霊の舌を保持すること、そして実際に経験することで合意して具体的なデータがない(たとえば、研究からレコーディングの舌)は、未知の言語で話されている。

The essential charismatic claim about glossolalia is that this is the vehicle of communication par excellence between man and God.異言のたまもの本質的なカリスマ性の主張については、これは、車両間のコミュニケーション飛び抜けて優秀な人間と神です。 It is the language of transcendent prayer and praise.言語を超越することは、祈りと称賛した。 In tongues there is speech to God which goes beyond the mental into the spiritual.舌を前にした演説では、神を超える精神的に精神的です。 Charismatics frequently state that in tongues there is a fulfillment of the intense desire to offer total praise to God not only with the mind but also with the heart and spirit. charismatics状態にして、頻繁に舌には強烈な欲望の充足感を提供するだけでなく、神の合計を称賛してもして、心と心の精神です。 Therein one goes beyond the most elevated of earthly expressions, even "hosannas" and "hallelujahs", into spiritual utterance: the praise of God in language given by the Holy Spirit.その中の1つが高架を越えて、この世で最も表現でも、 " hosannas "と" hallelujahs "は、精神的に発話:その褒め言葉には、言語で与えられた神の聖霊。 In the regular life of prayer tongues are said to occupy a primary place.舌では、通常の生活を祈りによると、第一位を占める。

Such prayer is identified with praying in the spirit or with the spirit, which, since it is not mental, can be done at all times.そのような祈りが識別して祈ったりして精神の精神で、これは、精神的ではありませんので、いつでもできることです。 This spiritual prayer does not intend to eliminate mental prayer, i.e., prayer with the understanding, but to afford the continuous undergirding and background for all conceptual prayer.この精神的な祈りの精神的な祈りを排除するつもりはない、すなわち、祈りを理解して、それらを背景に余裕の連続undergirdingと、すべての概念的な祈りをささげる。 The ideal is prayer with the spirit and with the mind (in that order).理想的には、祈りの心の精神として(その順番で) 。 Where prayer passes into praise it may likewise be singing with the spirit and singing with the mind.どこにパスを褒めて祈りをささげることがありますが、同様に精神と歌を歌って心です。 For the charismatic movement at large singing in the spirit, singing in tongues, occupies an important place, particularly in situations of community worship.カリスマ的では、大規模な運動の精神で歌って、歌を歌って舌は、重要な場所を占有しており、特に社会状況を崇拝するのです。 Therein both words and melody are free expressions believed to be given spontaneously by the Holy Spirit.そこには、両方の言葉とメロディ表現の自由が与えられると考えられ、聖霊によって自発的です。 This, often combined with more usual singing, is seen as the apex of worship: it is the worship of God in psalms and human and (climatically) spiritual songs.このため、通常より頻繁に組み合わせて歌って、見られては、尖崇拝:それは、神を崇拝するのは、人間と詩篇(気候)の精神的な曲です。

Speaking in tongues is understood to be not irrational but suprational utterance.舌は理解して言えば、非合理的ではないしかし、発話suprational 。 It is not the forsaking of the rational for the nonsensical, hence gibberish, but the fulfillment and transcendence of the rational in the spiritual.それは、合理的ではないのは、無意味なforsaking 、したがってたわ言だが、達成感とは、合理的で、精神的な超越。 Charismatics are not disturbed by linguists who claim that glossolalia has no observable language structure, for if such were the case, speaking in tongues would not be spiritual but rational speech.言語学者ではないcharismatics邪魔されていません異言のたまもの人の主張して観測可能な言語構造は、このような事件が、精神的に言えば、舌ではないが合理的な演説を行いました。 Further, speaking in tongues is not viewed as ecstatic utterance, in the sense of uncontrolled, highly emotional, perhaps frenzied activity.さらに、舌に言えば、熱狂的な発言ではないと見なされ、制御されていないという意味で、非常に感情的には、おそらく激高して活動します。 While containing a strong emotional (even a rational) element, glossolalia runs deeper than the emotions.中に含まれ、強い感情的な(合理的でさえある)要素は、異言のたまもの感情よりも深く失点。 Both reason (or mind) and emotions are aspects of the human psyche (psyche), whether on the conscious or subconscious level.両方の感情の理由(または心)とは、人間の心理的側面(心理)は、潜在意識レベルでいるかどうかを意識している。 Speaking in tongues is thus understood to be transpsychical; it belongs to the realm of the spirit (pneuma).舌では、このように言えば理解されるtranspsychical ;それに属する領域の精神(霊) 。

Most persons in the charismatic movement view speaking in tongues as directly connected with the event of Spirit baptism.ほとんどの人は、カリスマ的に言えば、舌の動きとしてビューに直接接続して、イベントのスピリット洗礼。 The Scriptures in Acts which specifically record speaking in tongues (2:4; 10:46; 19:6) state that it occurred with persons who had just received the gift of the Holy Spirit.聖書の中の行為を具体的に言えば舌の記録( 2時04分; 10:46 ;午前19時06分)の状態が発生したことをしていた人だけでは、聖霊の贈り物を受け取った。 Glossolalia in Acts therefore is closely linked with Spirit baptism, as an immediately ensuing activity.したがって、異言のたまもの行為は、密接な関係があるの精神バプテスマ、その後すぐとして活動。 Hence, most charismatics believe that there can be no speaking in tongues without prior Spirit baptism (this is the opposite of saying that there can be no Spirit baptism without speaking in tongues).したがって、ほとんどのcharismaticsの余地はないと信じては、事前に舌に言えば、バプテスマの精神(これは、逆のことを言っているの余地はないが、無言の精神バプテスマの舌) 。 The reason would seem to follow from the very nature of baptism in the Spirit: a fullness of the Spirit that overflows into transcendent prayer and praise.このような理由から、非常に自然に従うの精神の洗礼:膨満のオーバーフローの精神を超越して祈りをささげると称賛した。 Granted this fullness, the outpouring of the Spirit, glossolalia may be expected.この膨満付与は、ほとばしるの精神は、異言のたまも予想されるかもしれません。 Further, according to Acts when speaking in tongues occurred, the Scriptures state or imply that everyone present did so.さらに、行為によると、舌が発生したときに言えば、皆、聖書は現在の状態または暗示してそうです。 Thus charismatics generally conclude that speaking in tongues is not limited to some, but is the province of all.こうしてcharismatics通常の舌ではないとの結論を下すに限定して言えば、いくつかが、すべての州では。 Also these very tongues may thereafter become an ongoing part of the life of prayer and worship.これらの非常に舌にもなるかもしれませんが進めている団体は、その後の人生の祈りと礼拝のです。

Such tongues are sometimes called "devotional tongues," and are viewed as an important part of the prayer life of the Spirit - baptized believers.と呼ばれるこのような舌は、時には"祈りの舌は、 "とは見なされて、人生の重要な部分を占めるの祈りの精神-信者バプテスマを受けています。

In addition to viewing glossolalia as a concomitant of Spirit baptism and belonging to the Spirit filled life, most charismatics affirm that though one may speak in tongues as a consequence of Spirit baptism, he may not have "the gift of tongues" for ministry in the body of believers.異言のたまもの表示に加えて付随としての精神バプテスマの精神に満ちた人生に属していると、ほとんどのcharismatics断言しても1つの可能性の結果として舌で話す洗礼スピリットは、彼がないかもしれませんが、 "異言の賜物"のための省体の信者です。 This is based not on Acts but on 1 Cor.しかし、これは行為をベースにして1うわっていない。 12, where Paul depicts tongues as one of several manifestations of the Holy Spirit for the common good. 12日、どこに舌を描いてポールの症状の一つとして、いくつかの共通の利益のために聖霊です。

In this situation tongues are to be spoken as the Spirit apportions, by the few not the many, and only when there is one present to interpret.このような状況では、舌に分配されるの精神で話さとしては、少数で、多くのない、としか解釈するときには1つのプレゼントになる。 Though all may be able to speak in tongues (Paul's expressed desire), not all are so directed by the Holy Spirit.かかわらずすべてを話すことができるかもしれません舌(ポールの願望を表明)は、すべての指示されたので、聖霊です。 The phenomenon of tongues is the same, whether in Acts or 1 Cor., whether in the life of prayer or in the body of believers; it is addressed not to men but to God.その現象の舌は、同じ、または行為をするかどうかで1うわっ。 、祈りの生活をするかどうかは、体内の信者;しかし男性しないようにすることは神に宛てています。 However, the practice of tongues is said to be quite different in that what belongs to the life of the Spirit filled believer is not necessarily exercised by him in the Christian fellowship.しかし、練習の舌はかなり異なっているとされるが、どのように属します精神に満ちた人生の信奉者は、必ずしも行使された彼は、クリスチャンフェローシップです。

Finally, there are those in the charismatic movement who place little emphasis on speaking in tongues.最後に、これらの中には、カリスマ的な動きを強調して言えば、ほとんどの人の舌の場所です。 They do not disregard glossolalia, or by any means rule it out, but, focusing almost entirely on 1 Cor.異言のたまも無視していない、または石にかじりついてもルールを出すことではなく、ほぼ全面的に集束1うわっ。 12 - 14, view speaking in tongues as only one of several manifestations of the Holy Spirit. 12 -1 4、 1つだけ表示するように言えば、いくつかの症状を呈して舌の聖霊です。 Hence if one does not speak in tongues, this does not signify any lack of Spirit baptism; it is only that the Holy Spirit has not apportioned to such a person that particular gift.だからもし自分にはない話す舌は、いかなる意味ではない精神の欠如洗礼;それは、聖霊ではないことだけが割り振られると、特定の人にこのような贈り物です。 Such a view, based more on the distribution of gifts in 1 Cor.このようなビューで、ベースの詳細については、贈答品の分配は、 1うわっ。 than the association of glossolalia with Spirit baptism in Acts, is obviously quite different from what has previously been described.異言のたまもの協会よりも精神バプテスマの行為をして、何が違うのは明らかかなり以前に記述されています。 Accordingly, to many other charismatics this failure to relate glossolalia primarily to the gift of the Spirit as its concomitant and as an ensuing expression in the life of prayer and praise is to overlook the basic purpose of tongues.したがいまして、これを他の多くの失敗をcharismatics関連して、主に異言のたまもの贈り物としての精神とその随伴表現としては、その後の人生の祈りと褒められることは、基本的な目的の舌を見落とす。

Spiritual Gifts精神的な贈り物

By definition the charismatic movement is concerned with charismata, the Greek term for "gifts of grace."カリスマ的な運動は、定義されたcharismata心配して、任期は、ギリシャのために"贈り物の恵みを受けている。 " Everywhere throughout the charismatic movement there is the claim that all the charismata, or charisms, mentioned in Scripture are, or should be, operational in the Christian community.カリスマ的運動の至る所にあるという主張は、すべてのcharismata 、またはcharisms 、啓典には言及したりしなければならない、作戦は、キリスト教のコミュニティです。 Whereas in large sectors of Christendom many of the gifts have been viewed as belonging only to first century Christianity, the charismatic movement stresses their continuing importance.キリスト教では大規模なセクターの多くは、贈答品と見なされてきただけに属する第一世紀のキリスト教は、彼らのカリスマ的な運動を継続する重要性を強調しています。 Many charismatics prefer the name "charismatic renewal" to "charismatic movement" to lay emphasis on a renewal of the gifts in our time.多くの方の名前charismatics "カリスマ更新"を"カリスマ運動"を強調して再生して、我々の時間をプレゼントしています。

It is generally recognized that the biblical charismata include a wide range of gifts as described in Rom.これは通常、含まれてcharismata認識して、広範な聖書の贈り物ROMに記載されています。 12:6 - 8; 1 Pet. 12時06分-8 ; 1ペットです。 4:10 - 11; and 1 Cor. 4:10 -1 1;と1うわっ。 12 - 14. 12 -1 4。 (The word "charisma" is also used in Rom. 1:11; 5:15 - 16; 6:23; 1 Cor. 1:7; 7:7; II Cor. 1:11; 1 Tim. 4:14; II Tim. 1:6; "charismata" in Rom. 11:29.) All these gifts, charismatics hold, should be functional in the body of Christ. (その言葉"カリスマ"は、 ROMにも使用されています。 1 : 11 ;午前5時15 -1 6;午前6時2 3分; 1うわっ。 1時0 7分、 7時0 7分;うわっ2世です。 1 : 1 1; 1ティム。 4時1 4分; 2世のティムです。 1 : 06 ; " charismata "は、 ROMです。 11:29です。 )これらすべての贈答品、 charismaticsホールドは、体内で機能しなければならないキリストのだ。 The focal point of charismatics, however, is 1 Cor. charismaticsの焦点は、しかし、うわっ!は1件です。 12 - 14, especially 12:4 - 11. 12 -1 4、特に1 2時0 4- 11 。 They suggest a number of reasons for this:彼らを提案する理由は、この数:

A profile on charismatic understanding of the spiritual gifts would include the following.プロフィールを理解する上での精神的なカリスマには、以下の贈り物です。 All the gifts of the Spirit are viewed as extraordinary, supernatural, and permanent.すべての贈り物と見なされるのは異例の精神は、超自然的、恒久的だ。 The spiritual charismata as described in 1 Cor.霊的なcharismataうわっ1に記載されています。 12:8 - 10 are not arranged in a hierarchy so that "word of wisdom" is the highest and "interpretation of tongues" the least. 12時08 -1 0ではない階層に配置されるので、 "知恵の言葉"とは、最も高い"と解釈舌"最低です。 The greatest gift at a given time is that which edifies most.最大の贈り物は、与えられた時間はほとんどedifiesものです。 All the spiritual gifts, especially prophecy (the direct utterance of God to his people in their own language), are earnestly to be desired (1 Cor. 14:1); thus an attitude of "seek not" about any gifts is a violation of God's intention for his people.すべての霊的な贈り物を、特に予言(神の直接的な発言をした人々は、独自の言語)は、真剣には、希望する( 1うわっ。 14時01分) ;このような態度を取る"シークない"とは、違反行為についてはどんなプレゼント彼の人々のために、神の意志だ。 The gifts of the Spirit, because of their high potency and possible abuse, need to be carefully ordered.贈り物は、その精神は、彼らのために虐待の可能性が高いと効力は、慎重に指示する必要があります。 Abuse, however, does not call for disuse but proper use.虐待は、しかし、廃用はないが適切な利用を呼び掛ける。 The spiritual gifts will not cease until we see him "face to face"; then they will be no longer needed for the edification of the community.霊的な贈り物を中止するまで、我々は彼を参照してください"と顔を合わせる" ;それからかれらは、もはや必要に応じて、啓発のためのコミュニティです。 Love is the "way" of the gifts, without love they profit nothing, and love will endure forever.愛は、 "道"の贈り物は、何もせずに利益を彼らの愛、そして永遠の愛には耐えられない。

A word should be added about the relation of baptism with the Holy Spirit to the gifts of the Spirit.単語が追加されるはずの関係については、聖霊の洗礼をプレゼントして、精神です。 Charismatics often state that baptism in the Spirit is initiation into the dynamic dimension; the gifts of the Spirit are dynamic manifestation. charismaticsしばしば洗礼の精神状態にしては、動的な寸法を開始;の贈り物には、ダイナミックな精神症状です。 Hence baptism with the Spirit is for living in power and glory; the spiritual charismata are works of power and glory.したがって洗礼に住んでいるためには精神力と栄光; charismata精神的には、作品のパワーと栄光です。 Many charismatics affirm that whenever Spirit baptism occurs, the gifts, which are already resident in the Christian community, become all the more freely and fully exercised.多くの洗礼charismaticsスピリットが発生するたびに断言しては、贈答品、これは、すでに住民は、キリスト教社会は、すべてのもっと自由になると完全に行使。

Finally, charismatics generally recognize that spiritual gifts cannot substitute for spiritual fruit.最後に、通常charismatics認識して精神的な霊的な贈り物を代用することはできません果物です。 The fruits of the Spirit, love, joy, peace, etc. (Gal. 5:22), represent the maturation of the believer in Christ.果物の精神は、愛、喜び、平和等( gal. 5時22分)は、成熟度を表すキリストの信奉者だ。 The most immature believer, if he is open to the Holy Spirit, may be Spirit filled and exercising extraordinary gifts, and yet have experienced little of the Spirit's sanctifying grace.最も未熟な信奉者は、もし彼が開いて、聖霊には、臨時の行使かもしれないとスピリットいっぱいの贈り物は、まだ経験を積んだとは、ほとんどの精神sanctifyingグレース。 Such a person needs all the more to grow up into Christ.このようなすべての人のニーズにもっとキリストに育つ。

Evaluations評価

Outside evaluations of the charismatic movement vary today from outright rejection to mixed acceptance.外部評価は、今日からカリスマ的運動によってあからさまな拒絶反応をミックス引き受けています。 The more than one hundred official denominational documents earlier mentioned demonstrate on the whole an increasing openness, but with reservations, to many of its features.宗派100以上の公式文書を発揮する以前の言及が増加して全体の開放性とは関係なく予約は、多くの機能があります。

Critics of the theology of the charismatic movement have expressed disagreements variously.批評家は、神学の意見の相違を表明し、カリスマ的な動きがさまざまです。

J R Williams JRのウィリアムズ

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
Charismatic: D J Bennett, The Holy Spirit and You; L Christenson, Speaking in Tongues and Its Significance for the Church; S Clark, Baptized in the Spirit and Spiritual Gifts; H M Ervin, These Are Not Drunken As Ye Suppose; M Harper, Power for the Body of Christ; K McDonnell, ed., The Holy Spirit and Power: The Catholic Charismatic Renewal; J Rea, The Layman's Commentary on the Holy Spirit; R P Spittler, ed., Perspectives on the New Pentecostalism; L J Cardinal Suenens, A New Pentecost?カリスマ:金大中ベネットは、聖霊とあなた;信用クリステンソンは、舌と言えば、その意義は、教会;秒クラークは、バプテスマを受け、精神的および精神的な贈り物;フムアービンは、これらのではないとして、なたがたいる酔っぱらい;ハーパーmには、電源キリストの体のため; kマクドネル、エド。 、聖霊と権力:カトリックカリスマ刷新; jレーアは、素人の解説は、聖霊;ルピアspittler 、エド。 、新しい視点をpentecostalism ; ljスーネンス枢機卿は、新しい聖霊降臨か? J R Williams, The Era of the Spirit, The Pentecostal Reality, and The Gift of the Holy Spirit Today; A A Hoekema, Holy Spirit Baptism; J F MacArthur, The Charismatics: A Doctrinal Perspective; J R W Stott, The Baptism and Fullness of the Holy Spirit. JRのウィリアムズは、時代の精神には、ペンテコステ派の現実には、聖霊の贈り物と、今日; hoekemaああ、聖霊の洗礼; jfマッカーサーは、 charismatics :教義上の観点; jrwストットは、バプテスマと聖霊充満。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです