Christianクリスチャン

General Information 総合案内

Christian is the name given by the Greeks or Romans, probably in reproach, to the followers of Jesus.キリスト教は、ギリシアやローマ人への手紙で指定された名前は、おそらく、非難のは、イエスキリストを信奉。 It was first used at Antioch.アンティオキアで最初に使われていた。 The names by which the disciples were known among themselves were " brethren, " " the faithful, " " elect, " " saints, " " believers. "の名前で知られていたが、弟子たち自身の中には、 " 兄弟 " " 忠実 " " 選出 " " 聖人 " " 信仰する者よ。 " But as distinguishing them from the multitude without, the name "Christian" came into use, and was universally accepted.しかし、それらを区別することなく、群衆は、その名前を"キリスト教"を使用するに入ってきた、とは、普遍的に受け入れています。 This name occurs but three times in the New Testament (Acts 11:26; 26:28; 1 Pet. 4:16).しかし、 3回にこの名前が発生した新約聖書(行為11:26 ; 26:28 ; 1ペットです。 4時16分) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Christianityキリスト教

General Information 総合案内

Christianity is the religion of about a billion people whose belief system centers on the person and teachings of Jesus Christ.キリスト教の宗教は、人々の信念体系については、 10億人を中心に、イエスキリストの教えです。 To Christians, Jesus of Nazareth was and is the Messiah or Christ promised by God in the prophecies of the Old Testament (the Hebrew Bible); by His life, death, and Resurrection He freed those who believe in Him from their sinful state and made them recipients of God's saving Grace. Many also await the Second Coming of Christ, which they believe will complete God's plan of salvation.キリスト教徒には、 ナザレのイエスキリストだったとは、救世主または予言は、神が約束されては、旧約聖書 (ヘブライ語聖書) ; によって彼の人生、死、そして彼の復活を信じて彼を解放者と前の状態から自分の罪深い受信者は、神の恵みを保存している。多くも、キリストの再臨の時を待つ彼らは、この計画を信じるのは、神の救いを完了します。 The Christian Bible, or Holy Scripture, includes the Old Testament and also the New Testament, a collection of early Christian writings proclaiming Jesus as lord and savior.キリスト教の聖書の、あるいは教典、旧約聖書とも含まれて新約聖書は、初期キリスト教の収集と記述宣言の主イエスキリストの救い主として。 Arising in the Jewish milieu of 1st century Palestine, Christianity quickly spread through the Mediterranean world and in the 4th century became the official religion of the Roman Empire.環境に起因するのは、ユダヤ人のパレスチナ第1世紀は、キリスト教を介して広がる地中海迅速には、 4世紀の世界とは、ローマ帝国の公式宗教です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Christians have tended to separate into rival groups, but the main body of the Christian Church was united under the Roman emperors.ライバルを分離する傾向にあるキリスト教徒のグループが、本体は、キリスト教の教会はローマ皇帝の下でユナイテッドです。 During the Middle Ages, when all of Europe became Christianized, this main church was divided into a Latin (Western European) and a Greek (Byzantine or Orthodox) branch.中世の間には、すべてのヨーロッパなったchristianizedときは、この教会は主に分けられ、ラテン語、ギリシャ語(西ヨーロッパ)および(または正統派のビザンチン)支店です。 The Western church was in turn divided by the Reformation of the 16th century into the Roman Catholic church and a large number of smaller Protestant churches: Lutheran, Reformed (Calvinist), Anglican, and sectarian.西洋の教会では、改革の電源で割った値には、 16世紀のローマカトリック教会とプロテスタント教会の多くの小規模:ルター派、改革派(カルビン派) 、聖公会、および宗派です。 These divisions have continued and multiplied, but in the 20th century many Christians joined in the Ecumenical Movement to work for church unity.そしてこれらの部門が続いて掛けて、しかし、多くのキリスト教徒は、 20世紀のエキュメニカル運動に参加し、教会の団結のために働く。 This resulted in the formation of the World Council of Churches.この結果、世界教会協議会の形成。 Christianity, a strongly proselytizing religion, exists in all parts of the world.キリスト教は、宗教の布教活動を強力には、世界のすべての部分に存在しています。

Beliefs信念

Certain basic doctrines drawn from Scripture (especially from the Gospels and the letters of Saint Paul), interpreted by the Fathers of the Church and the first four ecumenical councils, historically have been accepted by all three of the major traditions.特定の基本的な教説の中から選ばれた啓典(特にgospelsからの手紙とセントポール) 、と解釈されるの祖先は、最初の4つの教会とエキュメニカル協議会は、歴史的に受け入れられてきた3つのすべての主要な伝統だ。 According to this body of teaching, the original human beings rebelled against God, and from that time until the coming of Christ the world was ruled by Sin.これによると、体の教示する場合、元の人間は、神に反抗気味だったし、その時から来るまでは、世界は、キリストの罪に支配されています。 The hope of a final reconciliation was kept alive by God's Covenant with the Jews, the chosen people from whom the savior sprang.最終的な和解を期待するのは、神の約束を保管して生きているのは、ユダヤ人は、誰から選ばれた人々の救世主に跳びです。 This savior, Jesus Christ, partly vanquished sin and Satan.この救い主は、イエスキリストは、罪と悪魔に打ち負かされる部分です。 Jesus, born of the Virgin Mary by the power of the Holy Spirit, preached the coming of God's Kingdom but was rejected by the Jewish leaders, who delivered Him to the Romans to be crucified.イエス様は、生まれるのは、聖母マリアに、聖霊の力によって、神の王国の到来を説教だったが、拒否されたユダヤ人の指導者は、彼をローマに配達人に十字架につけられています。 On the third day after His death God raised Him up again. 3日目は、彼の死の後、彼を再び神に引き上げた。 He appeared to His disciples, commanding them to spread the good news of salvation from sin and death to all people.彼は彼の弟子が登場して、指揮して、良いニュースを広める罪と死からの救いをすべての人々だ。 This, according to Christian belief, is the mission of Christ's church.これは、キリスト教の信仰によると、今回のミッションは、キリスト教会です。

Christians are monotheists (believers in one God). monotheistsキリスト教徒は、 ( 1つの神を信仰する者よ) 。 The early church, however, developed the characteristic Christian doctrine of the Trinity, in which God is thought of as Creator (Father), Redeemer (Son), and Sustainer (Holy Spirit), but one God in essence.初期の教会は、しかし、開発の特徴は、キリスト教の教義トリニティ、考えただけで、神としては、 クリエーター(父) 、救い主(息子) 、および支持者(聖霊)本質的に、神の1つです。

Christianity inherited and modified the Jewish belief that the world would be transformed by the coming of the Reign of God.更新は、ユダヤ人とキリスト教の信念を継承して、世界に変換される神の治世の到来です。 The Christians held that the bodies of those who had died would rise again, reanimated, and that the righteous would be triumphant, the wicked punished.キリスト教徒開催している人が死亡した遺体は、再び上昇する、 reanimated 、意気揚々として正しいが、邪悪な者を処罰した。 This belief, along with Jesus' promise of "eternal life," developed into a doctrine of eternal rewards (heaven) and punishments (hell) after death.この信念は、イエスキリストと共に'約束の"永遠の生命、 "ドクトリンの開発が進んで永遠の報酬(天国)と処罰(地獄)後に死亡した。 A source of doctrinal uncertainty was whether salvation depended on God's election in advance of a believer's faith, or even in a decision of God before the disobedience and fall of the first man and woman (Predestination).ソースの教義上の不確実性があるかどうかに依存して、神の救いの選挙が行われる前に、信者の信仰、あるいは神の意思決定をする前に、最初の反抗と秋の男と女(宿命) 。

Although Christians today tend to emphasize what unites them rather than what divides them, substantial differences in faith exist among the various churches.今日は何を重視する傾向にあるものの、キリスト教徒unites割り、かれらは何よりも彼らは、かなりの違いがあるの間に存在する様々な教会の信仰です。 Those in the Protestant tradition insist on Scripture as the sole source of God's Revelation. The Roman Catholics and Orthodox give greater importance to the tradition of the church in defining the content of faith, believing it to be divinely guided in its understanding of scriptural revelation.それらは、プロテスタントの伝統として啓典を主張する唯一の神の啓示の源です。ローマカトリック教徒の比重を大きくすると正統派の伝統の中で、教会の信仰の内容を定義すると信じ、神に導かれることを理解し、聖書のヨハネの黙示録です。 They stress the role of ecumenical councils in the formulation of doctrine, and in Roman Catholicism the pope, or bishop of Rome, is regarded as the final authority in matters of belief.彼らエキュメニカル協議会の役割を強調するのは、教義を定式化し、ローマカトリック教で、法王、または司教のローマでは、最終的な権限では、問題と見なされるの信念だ。

Practice練習

Christian societies have exhibited great variety in ethos, from mutual love, acceptance, and pacifism on the one hand, to strict authoritarianism and forcible repression of dissent on the other.キリスト教社会の気風が展示さ多種多様で、相互の愛から、受諾し、片手では、平和主義、権威主義に厳しい弾圧と強制して、他の意見の相違です。 Justification for all of these has been found in various passages in the Bible.正当化するためには、これらすべての通路で発見されましたが、様々なバイブルです。 A prominent feature of the Roman Catholic and Orthodox churches is Monasticism.目立つ特徴は、ローマカトリック教会は、正統派の修道院生活です。

Christians also vary widely in worship.崇拝するキリスト教徒でもばらつきが大きい。 Early Christian worship centered on two principal rites or Sacraments: Baptism, a ceremonial washing that initiated converts into the church; and the Eucharist, a sacred meal preceded by prayers, chants, and Scripture readings, in which the participants were mysteriously united with Christ.初期キリスト教礼拝堂を中心に2つの主要な儀式や秘跡:洗礼、洗濯を開始した儀式に変換するには教会;聖体とは、先行して食事をする神聖な祈り、歌、と啓典を読み、参加者は、神秘的で、キリストユナイテッド。 As time went on, the Eucharist, or Mass, became surrounded by an increasingly elaborate ritual in the Latin, the Greek, and other Eastern churches, and in the Middle Ages Christians came to venerate saints - especially the Virgin Mary - and holy images.時間がたつにつれ、として、聖体、または質量は、ますます手の込んだ儀式になった囲まれ、ラテン語、ギリシャ語、およびその他の東方教会は、キリスト教徒とは、中世に来たあがめる聖人-特に、聖母マリア-と神聖なイメージです。 In the West, seven sacraments were recognized.西の方では、 7つの秘跡が認識されません。 The Protestant reformers retained 2 sacraments - baptism and the Eucharist - rejecting the others, along with devotion to saints and images, as unscriptural.プロテスタントの宗教改革の留保2秘跡-洗礼と聖体-拒否し、他のは、献身的な態度を聖人や画像とともに、聖書に反するようです。 They simplified worship and emphasized preaching.簡体字と強調して説教を崇拝する。

Since the 19th century there has been a certain amount of reconvergence in worship among ecumenically minded Protestants and Roman Catholics, with each side adopting some of the other's practices.されて以来、 19世紀にはある程度の崇拝reconvergenceプロテスタントとローマカトリック教徒の間でecumenically熱心で、両側には、他のいくつかのプラクティスを採用しています。 For example, the Catholic Mass is now in the vernacular.たとえば、カトリックのミサには、今すぐお国言葉。 Among other groups in both traditions, however, the divergence remains great.他のグループの間で両方の伝統は、しかし、この偉大な遺跡発散。 In most Christian churches Sunday, the day of Christ's resurrection, is observed as a time of rest and worship.ほとんどのキリスト教の教会の日曜日、キリストの復活の日は、祝日としては、残りの時間を崇拝するのです。 The resurrection is more particularly commemorated at Easter, a festival in the early spring.特に記念では、より多くの復活のイースターは、春の初めのお祭りです。 Another major Christian festival is Christmas, which commemorates the birth of Jesus.クリスマスのもう一つの主要なキリスト教のお祭りでは、イエスキリストの誕生を記念しています。

Polity政体

Most churches make a distinction between the clergy - those specially ordained to perform spiritual functions - and ordinary believers, or lay people.ほとんどの教会の聖職者の間に差別を作る-特別に定められたこれらの精神的な関数を実行する-と普通の信者や在家の人です。 The Roman Catholic and Orthodox churches have an all male threefold ministry of bishops, priests, deacons, and several minor orders.ローマカトリック教会は、すべての男性と正統三重省の司教、司祭、 deacons 、およびいくつかのマイナー受注。 The Roman Catholic church is headed by the pope, who governs through a centralized bureaucracy (the Papacy) in consultation with his fellow bishops.率いるローマカトリック教会は、法王は、人の規制を通じて、中央集権的な官僚組織(ローマ教皇の)司教仲間に相談している。 In the Orthodox churches and those of the Anglican Communion (which retain the threefold ministry) lay influence is somewhat greater; major decisions are made by the bishops acting as a group with lay consultation, sometimes with votes.これらは、正統派教会とは、アングリカンコミュニオン(三重を保持する省)の影響力は、やや大きいレイ;主要な意思決定によって作られたもので、グループとしての演技の司教協議レイは、ときどきして票を獲得した。 Church government among Lutherans, Reformed, and other Protestants generally involves the laity even more fully, policy being determined either by local congregations or by regional assemblies composed of both clergy and lay people.政府間lutherans教会は、改革派、およびその他のプロテスタントの信者たちは一般的には、もっと完全には、政策決定され、地元congregationsのどちらかまたは両方で構成される地方議会の聖職者や在家の人です。 Most Protestant churches, including some provinces of the Anglican Communion, now permit the ordination of women.ほとんどのプロテスタント教会、アングリカンコミュニオンを含め、いくつかの地方行政は、今や女性の聖職叙任許可しています。

During its early history the Christian church remained independent of any political regime.その初期キリスト教の教会の歴史の中に残って独立のいかなる政治体制です。 From the 4th century to the 18th century, however, churches accepted the protection of emperors, kings, and princes and became closely allied with secular governments. 4世紀から18世紀には、しかし、教会の保護を受け入れた皇帝、国王、君主と密接に関連して世俗的自治体になった。 In some cases monarchs became the leaders of their own national churches.いくつかのケースでは、独自の君主国家の指導者になった教会です。 In the 19th and 20th centuries the trend has once again been in the direction of separation of Church and State, sometimes amicably achieved, sometimes otherwise.は、 19日と20日には再び世紀にもわたっているのトレンドの方向に教会と国家の分離、時には友好的に達成、時にはそれ以外のです。

History of the Early Church初期の教会の歴史

The age of Christian antiquity extends from the beginning of the Christian era (dated from the approximate time of Jesus' birth) through the fall of the western half of the Roman Empire in the 5th century.古代キリスト教の年齢を拡張キリスト紀元の初め頃から(時間はおおよその日付から、イエスの誕生)を介して、秋には、西洋の半数が、 5世紀のローマ帝国。

After Jesus was crucified, his followers, strengthened by the conviction that he had risen from the dead and that they were filled with the power of the Holy Spirit, formed the first Christian community in Jerusalem.キリストはりつけの後、彼の信者は、強化されたと確信していたから上昇し、死者満ちているとは、彼らが、聖霊の力は、キリスト教社会の形成の最初のエルサレムです。 By the middle of the 1st century, missionaries were spreading the new religion among the peoples of Egypt, Syria, Anatolia, Greece, and Italy.第1世紀の半ばまでには、宣教師がどんどん広がって、新しい宗教の人々のうち、エジプト、シリア、アナトリア、ギリシャ、イタリアです。 Chief among these was Saint Paul, who laid the foundations of Christian theology and played a key role in the transformation of Christianity from a Jewish sect to a world religion.セントポールの間では、これらの主任、キリスト教神学者やレイアウトの基盤を再生する重要な役割を果たすのは、キリスト教に変換してから、世界の宗教宗派のユダヤ人です。 The original Christians, being Jews, observed the dietary and ritualistic laws of the Torah and required non Jewish converts to do the same.オリジナルのキリスト教徒は、ユダヤ人が、食事や儀式的な観測の律法と関連法の変換を行うのに必要な非ユダヤ人と同じです。 Paul and others favored eliminating obligation, thus making Christianity more attractive to Gentiles.ポールと他の優遇撤廃する義務は、こうして、キリスト教をより魅力的にgentiles 。 The separation from Judaism was completed by the destruction of the church of Jerusalem by the Romans during the Jewish Revolt of 66 - 70 AD.ユダヤ教からの分離が完成した教会の破壊されたローマ人への手紙の中にエルサレムのユダヤ人の反乱66 -7 0広告です。

After that Christianity took on a predominantly Gentile character and began to develop in a number of different forms.キリスト教を後にした上では圧倒的に開発を始めたジェンティーレキャラクターとは、いくつかの異なる形式です。 At first the Christian community looked forward to the imminent return of Christ in glory and the establishment of the Kingdom.最初は、キリスト教社会の差し迫った楽しみにしキリストの栄光を返すと、王国の設立。 This hope carried on in the 2d century by Montanism, an ascetic movement emphasizing the action of the Holy Spirit.これは、 2次元の世紀を期待して運ばれるモンタヌス、禁欲的な動きを強調して行動するのは聖霊です。 Gnosticism, which rose to prominence about the same time, also stressed the Spirit, but it disparaged the Old Testament and interpreted the crucifixion and resurrection of Jesus in a spiritual sense.グノーシス主義は、バラと同じくらいの時間を卓立、精神を強調しても、それdisparaged旧約聖書の解釈とは、イエスキリストの磔刑と精神的な意味での復活です。 The main body of the church condemned these movements as heretical and, when the Second Coming failed to occur, organized itself as a permanent institution under the leadership of its bishops.本体は、これらの動きを非難した教会や異端として、再臨に失敗したときに発生する、永続的な機関としての組織自体のリーダーシップのもとに、司教です。

Because of their refusal to recognize the divinity of the Roman emperor or pay homage to any god except their own, the Christians were subjected to a number of persecutions by the Roman authorities.彼らの拒絶を認識するためには、神性ローマ帝国皇帝に敬意を表するまたは任意の神を除いて、自分のは、数多くのキリスト教徒が迫害の対象とされるローマ当局。 The most savage of these were the one under Emperor Decius (249 - 51) and that instigated by Diocletian (303 - 13).これらのほとんどは、 1つ下の野蛮人の皇帝デキウス( 249 -5 1)とされたことi nstigatedディオクレティアヌス( 3 03- 13 )。 Many Christians welcomed martyrdom as an opportunity to share in the sufferings of Christ, and Christianity continued to grow despite all attempts to suppress it.多くのキリスト教徒として殉教を歓迎する機会を共有するのは、キリストの受難は、キリスト教と継続的に成長を抑制するにもかかわらず、すべてのことを試みます。 Out of the experience of persecution a controversy grew over whether those who had denied their faith under pressure could be readmitted to communion, and whether the sacraments could be administered validly by clerics who had apostacized.迫害の経験のうち、成長するかどうかについての論争否定していた人たちの信仰の下に圧力を拝領readmitted可能性がある、との秘跡可能性があるかどうかを投与された聖職者の正当なapostacizedていた。 In opposition to the Novatianists and Donatists, the larger church replied affirmatively to both questions. novatianistsとdonatistsに反対して、大規模な教会の両方の質問に答えた肯定しています。

The principal theme of early Christian theological development was the interpretation of the faith in terms of concepts drawn from Greek philosophical thought.主なテーマは、開発の初期キリスト教神学的な解釈は、信仰の面から描かれたギリシャの哲学的思考の概念です。 This process was begun by Saint Justin Martyr, Tertullian, Origen, and other apologists of the 2d and 3d centuries.このプロセスが開始されたジャスティン殉教者聖、 tertullian 、原産地、およびその他の擁護者は、 2Dおよび3D世紀にもわたっている。 Following the recognition of Christianity by Emperor Constantine I in the early 4th century, it was continued in a lengthy controversy about the person of Christ.次の認識されたキリスト教の皇帝コンスタンティヌス私は、 4世紀初めには、長期にわたる論争を続けていた人については、キリストです。 The problem was to defend Christian monotheism against the charge that the church also worshiped Christ as Lord and the Holy Spirit of God promised by Christ.この問題は、キリスト教の一神教を守るために反対worshiped充電しても、キリスト教会の主としての神と聖霊キリストが約束されています。 In one solution, Monarchianism, God the creator was supreme but shared his power with Christ, the Logos or Word. 1つの解決策は、モナルキア主義は、神の創造力は最高しかし、彼の共有して、キリストは、ロゴやワードです。 Another, Modalism, held that the three persons of the Trinity were modes or aspects of the same God.もう一つは、 modalism 、開催していた3人は、三位一体の神モードまたは側面と同じです。 A third, Arianism, like Monarchianism, taught that the Son was inferior to the Father.第三は、アリウス主義は、モナルキア主義のように、教えられたことを、下の息子が父親です。

These doctrines were rejected by the councils of Nicaea (325) and Constantinople (381), which, following the lead of Saint Athanasius, affirmed the equality of the Father, Son, and Holy Spirit, declaring them to be separate persons but of one substance.これらの教説の委員会で拒否されたニカイアコンスタンティノープル( 325 ) 、 ( 381 ) 、これは、以下の鉛の聖アタナシウス、アファームドの平等の父、息子、聖霊は、別の人が宣言しているから、 1つの物質。 The Council of Ephesus (431) condemned Nestorianism, which denied that Mary was the mother of God, and the Council of Chalcedon (451) repudiated Monophysitism, which emphasized the divinity of Christ over his humanity.エフェソスの評議会( 431 ) nestorianism死刑囚は、これを否定し、神の母メアリーは、評議会と否認したキリスト単chalcedon ( 451 )は、キリストの神性を強調して彼の人間性です。

The condemnation of Monophysitism alienated the churches of Egypt, Syria, Mesopotamia, and Armenia, creating dissention in the Eastern Roman (Byzantine) Empire and lessening its ability to withstand the Islamic invasion in the 7th century.キリスト単疎外の非難の教会エジプト、シリア、メソポタミア、アルメニア、意見の相違は、東部の作成ローマ(ビザンチン)帝国と耐える能力が低下したのは、 7世紀のイスラム侵攻した。 The empire, thereafter confined to Anatolia and the Balkans, remained the center of Orthodox Christianity until its demise in the 15th century.エンパイア、その後アナトリアやバルカン半島に限局して、キリスト教正統派の中心部に残ってその崩壊は、 15世紀までです。

In the West, where Roman rule was ended by the Germanic invasions of the 5th century, the church, strengthened by the guidance of such able leaders as Saint Augustine and Pope Gregory I, survived to become the main civilizing influence in Europe during the Middle Ages.西の方では、ローマの支配は終わったどこでは、 5世紀のゲルマン民族の侵略は、その教会は、このような指導を強化することによって、指導者としてのセントオーガスティンとグレゴリウス私は、メインの啓もう的な影響になることを乗り越えたヨーロッパの中世の間。

George H Williamsジョージhウィリアムズ

Bibliography 文献情報
O Chadwick, ed., The Pelican History of the Church (1960 - 70); W H C Frend, The Earth Church (1966); K S Latourette, A History of Christianity (1975); J Pelikan, The Christian Tradition (1971 - 83). oチャドウィック、エド。 、教会の歴史のペリカン( 1960 -7 0) ; w hcフレンドは、地球の教会( 1 966年) ; k sラトゥレット、キリスト教の歴史( 1 975) ; jペリカンは、キリスト教の伝統( 1 971- 83 ) 。


Christianクリスチャン

Advanced Information 高度情報

"Christian," a word formed after the Roman style, signifying an adherent of Jesus, was first applied to such by the Gentiles and is found in Acts 11:26; 26:28; 1 Pet. "キリスト教は、 "言葉を形成した後、ローマのスタイルは、ある意味付着イエスは、最初に適用されたgentilesされるとは、このような行為を発見さ11:26 ; 26:28 ; 1ペットです。 4:16. 4時16分。 Though the word rendered "were called" in Acts 11:26 might be used of a name adopted by oneself or given by others, the "Christians" do not seem to have adopted it for themselves in the times of the apostles.その言葉かかわらずレンダリング"と呼ばれた"とする行為に使われるかもしれない11:26で採択された名前を与えられた自分自身または他のは、 "キリスト教徒"を採択することがないように思えるが、時代を自分のためには、使徒です。 In 1 Pet.中1のペットです。 4:16, the apostle is speaking from the point of view of the persecutor; cf. 4時16分、使徒はの視点から言えば、迫害者; cf 。 "as a thief," "as a murderer." "泥棒としては、 " "殺人者として"と述べた。 Nor is it likely that the appellation was given by Jews.またそれは、与えられたようなものは、ユダヤ人の名称です。 As applied by Gentiles there was no doubt an implication of scorn, as in Agrippa's statement in Acts 26:28. gentilesとして適用さに疑いはないとの含意軽蔑するような行為アグリッパの声明で26:28 。 Tacitus, writing near the end of the first century, says, "The vulgar call them Christians. The author or origin of this denomination, Christus, had, in the reign of Tiberius, been executed by the procurator, Pontius Pilate" (Annals xv. 44).タキトゥスは、書面の最初の世紀の終わり近くには、氏は、 "低俗なキリスト教徒と呼んでいます。著者は、この宗派の起源や、クリストゥス、は、ティベリウスの治世は、実行された代理人、 pontius pilate " ( 15 annals 。 44 ) 。 From the second century onward the term was accepted by believers as a title of honor.オンワード世紀から2番目の任期は、信者として受け入れられる名誉称号。


Christianity in its Relation to Judaismユダヤ教、キリスト教と関連して

Jewish Viewpoint Information ユダヤ教の視点情報

Christianity is the system of religious truth based upon the belief that Jesus of Nazareth was the expected Messiah, or Christ, and that in him all the hopes and prophecies of Israel concerning the future have been fulfilled.このシステムは、キリスト教の宗教的信念に基づいて真理をナザレのイエスは、救世主の期待、あるいは、キリストは、それが彼のすべての希望と未来に関するイスラエルの予言が果たされた。 While comprising creeds which differ widely from one another in doctrine and in practise, Christianity as a whole rests upon the belief in the God of Israel and in the Hebrew Scriptures as the word of God; but it claims that these Scriptures, which it calls the Old Testament, receive their true meaning and interpretation from the New Testament, taken to be the written testimonies of the Apostles that Jesus appeared as the end and fulfilment of all Hebrew prophecy.中から1つで構成さ信条が大幅に異なる教義とは別の練習では、全体としてキリスト教信仰の上に置き、イスラエルとは、ヘブライ語の神として聖書は神のみことば;しかし、これらの聖書と主張して、それを呼び出し旧約聖書は、彼らの真の意味を受け取ると、新約聖書の解釈から、取らされるの書面による証言して、イエスの使徒としての最後に登場したすべてのヘブライ語と予言達成。 It furthermore claims that Jesus, its Christ, was and is a son of God in a higher and an essentially different sense than any other human being, sharing in His divine nature, a cosmic principle destined to counteract the principle of evil embodied in Satan; that, therefore, the death of the crucified Christ was designed by God to be the means of atonement for the sin inherited by the human race through the fall of Adam, the first man; and, consequently, that without belief in Jesus, in whom the Old Testament sacrifice is typified, there is no salvation.また、イエスと主張して、そのキリストは、神の息子だったとは、高いとは、本質的に異なる意味で、他の人間よりも、彼の神の性質を共有し、運命に対抗する宇宙の原理原則には悪の象徴サタン;して、したがって、その死は、キリストが十字架につけられるよう設計された神は、罪の償いの手段によって、人類の継承を通じて、秋のアダムは、最初の男;そして、その結果、イエスキリストを信じることなく、誰旧約聖書の犠牲には、代表は、救いはない。 Finally, Christianity, as a world-power, claims that it represents the highest form of civilization, inasmuch as, having made its appearance when the nations of antiquity had run their course and mankind longed for a higher and deeper religious life, it regenerated the human race while uniting Hebrew and Greek to become the heir to both; and because it has since become the ruling power of history, influencing the life of all nations and races to such an extent that all other creeds and systems of thought must recede and pale before it.最後に、キリスト教は、世界的に電力としては、最高の形で表すと主張してそれには文明のは、 〜だけれども、その外観を前に古代の国が実行するときに彼らのために高いコースとlonged人類の生活と深く宗教は、再生して人類の中にヘブライ語やギリシャ語になって団結して、両方の相続人;となるので、それ以来、政権勢力の歴史は、すべての国々の生活に影響を及ぼすとレースするほどまでに他のすべてのシステムの思想信条としなければ後退すると青白い前のことだ。

These three claims of Christianity, which have frequently been asserted in such a manner as directlyor implicitly to deny to Judaism, its mother religion, the purpose, if not the very right of its continued existence, will be examined from a historical point of view under three heads: (1) the New Testament claim as to the Christship of Jesus; (2) the Church's claim as to the dogmatic truths of Christianity, whether Trinitarian or Unitarian; and (3) the claim of Christianity to be the great power of civilization.これら3つの主張をキリスト教には、頻繁にされてきたこのような主張を否定するようなdirectlyor暗黙のうちにユダヤ教は、宗教の母親は、その目的は、非常に適切でない場合は、その存続される歴史的な観点からの検討の下で3つのヘッド: ( 1 )新約聖書のクレームをchristshipイエスとして、 ( 2 )の主張として、教会の独断的な真理を、キリスト教は、三位一体説を信奉するかどうかをユニテリアン;と( 3 )の主張に、キリスト教の偉大な力文明のです。 The attitude taken by Jews toward Christianity in public debates and in literary controversies will be treated under Polemics and Polemical Literature; while the New Testament as literature and the personality of Jesus of Nazareth will also be discussed in separate articles.ユダヤ人に向かって、キリスト教的な態度を取られるとの公開討論をもとに扱われる文学論争は、論争術や文学論争;ながら、新約聖書の文学としてのナザレのイエスの人格とはまた別の記事で議論されています。

The Messianic Movement.運動の救世主です。

I. It is a matter of extreme significance that the Talmudic literature, which is based on tradition at least a century older than Christianity, has not even a specific name for the Christian belief or doctrine, but mentions it only occasionally under the general category of "Minim" (literally, "distinctive species of belief"), heresies, or Gnostic sects. i.それは極端な問題であることの意義talmudic文学賞、これは、少なくとも一世紀の伝統に基づいて年上キリスト教は、特定の名前すらしていないために、キリスト教の教義や信念が、たまにしか言及することは一般の下で"ミニム" (文字通り、 "独特の種の信念" ) 、 heresies 、またはグノーシス主義の宗派です。 As one of these it could only be regarded in the second century, when Christianity was in danger of being entirely absorbed by Gnosticism.これらの一つとして評価されるかもしれないだけで、第2世紀には、キリスト教のときには完全に吸収されるグノーシス主義の危機に直面しています。 At first it was viewed by the Jews simply as one of the numerous Messianic movements which, aimed against Roman rule, ended tragically for their instigators, and from which it differed only in one singular fact; viz., that the death of the leader, far from crushing the movement, gave, on the contrary, rise to a new faith which gradually, both in principle and in attitude, antagonized as none other the parent faith, and came to manifest the greatest hostility to it.最初はそれを閲覧しただけでは、ユダヤ人の動きの1つとして多数の救世主には、ローマの支配を目的とする、彼らのために悲劇的に終わったinstigators 、そしてそれからの1つの特異な事実だけで異論; viz 。 、それは、指導者の死は、破砕の動きには程遠い、与えた、とは逆に、徐々に上昇して、新しい信仰には、両方の態度を原則とし、他の親なしantagonizedとして信仰し、マニフェストの最大の敵意をして来ています。 There is no indication in Jewish literature that the appearance of Jesus, either as a teacher or as a social or political leader, made at the time a deep or lasting impression on the Jewish people in general.文学の兆候ではないが、ユダヤ人のイエスキリストの外観は、どちらかまたは教師としての社会的または政治的な指導者としては、時間前には、永続的に深い印象を与えるか、ユダヤ人は一般の人々です。 Outside of Galilee he was scarcely known.彼は外ではほとんど知られてガリラヤです。 This at least seems to be the only explanation of the fact that the Talmudic passages, some of which are old, confound Jesus, on the one hand, with Ben Sṭada, who was tried in Lydda-probably identical with Theudas "the magician," the pseudo-Messiah who appeared in 44 (Josephus, "Ant." xx. 5, § 1; Acts v. 36)-and, on the other, with the Egyptian "false prophet" who created a Messianic revolt a few years later ("Ant." xx. 8, § 6; idem, "B. J." ii. 13, § 5; Acts xxi. 38; see Tosef., Sanh. x. 11; Sanh. 67a, 107b; Shab. 104b; Soṭah 47a; compare Matt. xxiv. 11 and 24).少なくとも、このような説明をされるという事実だけで、 talmudic通路は、いくつかの古いが、イエスと混同するには、片方の手で、 sṭadaベン氏は、おそらく同一と試みたがlydda - theudas "魔術師は、 "救世主の疑似出演して44人(ヨセフスは、 "アリです。 " XXのです。 5 、 § 1 ;行為対36 )と、他の上で、エジプトの"偽預言者"を作成した人の数年後に救世主の反乱( "アリです。 " XXのです。 8 、 § 6 ;同著者は、 "ベナン" Ⅱ 。 13 、 § 5 ;行為21 。 38 ;参照してくださいtosef 。 、 sanh 。 Xの11 ; sanh 。 67a 、 107b ; shab 。 104b ; soṭah 47a ;比較マットです。 xxiv 。 11 、 24 ) 。 As to Jesus ben Pandera, or Jesus the pupil of R. Joshua ben Peraḥyah, see Jesus in Jewish Legend.ベンpanderaようにイエスキリストは、イエスキリストの弟子の共和党またはperaḥyahジョシュアベンは、イエスキリストはユダヤ教の伝説を参照してください。

The only reference to Jesus in contemporary Jewish literature is found in Josephus, "Antiquities" xviii.イエスキリストのみを参考にして、現代文学が見つかったヨセフスユダヤ人は、 "骨董品" 18 。 3, § 3, a passage which has been interpolated by Christian copyists, but appears to have originally contained the following words (see Theodore Reinach, in "Rev. Etudes Juives," xxxv. 1-18; A. v. Gutschmid, "Kleine Schriften," 1893, iv. 352): "There was about that time [a certain] Jesus, a wise man; for he was a worker of miracles, a teacher of men eager to receive [new (revolutionary) tidings], and he drew over to him many Jews and also many of the Hellenic world. He was [proclaimed] Christ; and when, on denunciation by the principal men amongst us, Pilate condemned him to be crucified, those that were first [captivated] by him did not cease to adhere to him; and the tribe of Christians, so named after him, is not extinct at this day." 3 、 § 3は、通過してきたキリスト教copyists補間されたが、もともと含まれて表示されたら、次の言葉を(セオドアライナハを参照して、 " etudes juives牧師は、 " 35 。 1-18 ; a.対グートシュミット、 "クラschriften 、 " 1893は、 4世です。 352 ) : "時間があったことについては[特定]イエスキリストは、賢者;彼は、労働者のための奇跡は、男性の熱心な教師を受け取る[新しい(革命)便り]は、ドリュー以上に彼と彼にも多くのユダヤ人と世界の多くは、古代ギリシャです。彼は、キリスト[宣言] ;そしてときには、校長の男性の間で非難される私たちは、彼を非難pilate十字架につけられ、それらが最初に[魅了]彼は彼に固執するのをやめる;と、部族のキリスト教徒ので、彼にちなんで、この日は、絶滅ではない"と述べた。

John the Baptist.ジョンザバプティスト。

The Gospel records agree upon one essential point confirmed by Josephus (l. c. 5, § 2; compare Matt. iii. 1-13; Mark i. 2-9; Luke iii. 1-21; John iii. 22 et seq.; Acts xiii. 24); viz., that the main impulse to the Christian movement was given by John the Baptist, an Essene saint, who-among the many that, by penitence, fasting, and baptisms, prepared themselves for the coming of the Messiah (Luke ii. 25, 36 et seq.; Mark xv. 43; compare ib. ii. 18; Matt. ix. 14, xi. 18; compare Pesiḳ R. xxxiii., xxxiv.; Josephus, "Vita," § 2)-stood forth as the preacher of repentance and "good tidings," causing the people to flock to the Jordan to wash themselves clean of their sins in expectation of the Messianic kingdom.レコードを1つの本質的な合意がなけれ福音によって確定される点ヨセフス( lcを5 、 § 2 ;比較マットです。 Ⅲ 。 1月13日;マークi. 2-9 ;ルークⅢ 。 1月21日;ジョンⅢ 。 22以下参照。 ;行為13 。 24 ) ; viz 。 、インパルスをして、メインの運動は、キリスト教の洗礼者ヨハネ与えられた、 esseneサンは、人のうち、多くのことを後悔して、断食し、 baptisms 、自身の準備のため、今後の救世主(ルークⅡ 。 25 、 36以下参照。 ;マーク15 。 43 ;比較ib 。 Ⅱ 。 18 ;マットです。 9 。 14 、 xi 。 18 ;比較pesiḳ共和党33 。 、 34 。 ;ヨセフスは、 "ヴィータは、 " § 2 ) -立って来たり、説教師としての後悔と"吉報を伝え、 "人々が群れを引き起こして、ヨルダンをきれいに洗って自らの罪を当て込んでは、救世主の王国です。 Some of his followers were known afterward as a class of Baptists under the name "Disciples of John" (Acts viii. 25; xix. 3, 4), and seem partly to have joined the Mandæaus (Brandt, "Die Mandäische Religion," pp. 137 et seq., 218 et seq., 228; see also Hemerobaptists).その後いくつかの彼の信者として知られていたキリスト教バプテストクラスの名前の下に"弟子のジョン" (行為viii 。 25 ; 19 。 3 、 4 ) 、そして部分的にも参加するように見えるmandæaus (ブラントは、 "死ぬmandäische宗教は、 " pp 。 137以下参照。 、 218以下参照。 、 228 ;もhemerobaptistsを参照してください) 。 Jesus, however, being one of John's disciples, the moment the latter had been put in prison stepped to the front as a preacher of the "Kingdom of Heaven" in the very language of his master (Matt. iv. 12 et seq., xiv. 3-5; Mark i. 14).イエスは、しかし、ヨハネの弟子の1つが、その瞬間、後者は刑務所に入れる説教師としての一歩を前面には、 "天国"の主人は、非常に言語( matt. 4世です。 12以下参照。 、 14 。 3-5 ;マークi. 14 ) 。 Still, to the very last he had to admit in his argument with the elders (Matt. xx. 26; Mark xi. 32; compare ib. viii. 28) that John was universally acknowledged prophet, while he was not.それでも、最後に彼は、非常に自分の主張を認めることにして、年長者( matt. XXのです。 26 ;マークxi 。 32 ;比較ib 。 viii 。 28 )とジョンは普遍的に認められた預言者で、彼ではない。 Indeed, Herod Antipas, upon learning of Jesus' miraculous performances, expressed the belief that John the Baptist had risen from the dead (Matt. xiv. 2, xvi. 14; Mark vi. 14).実際、ヘロデアンティパス、その上での学習イエスの奇跡的な公演は、ジョンザバプティスト表明したという信念を持っていたから上昇し、死者( 14 matt. 。 2 、 16 。 14 ;マークviのです。 14 ) 。 Nor did Jesus himself, according to the older records, lay claim to any title other than that of a prophet or worker by the Holy Spirit, like any other Essene saint (Matt. xiii. 57; xxi. 11, 46; Luke vii. 16, 39; xiii. 33; xxiv. 19; John iv. 19, 44; compare Josephus, "B. J." i. 3, § 5; ii. 8, § 12; idem, "Ant." xiii. 10, § 7; Luke ii. 25, 36).イエス自身も、過去の記録によると、他のすべてのタイトルを主張する預言者や労働者に比べて、聖霊によって、聖人のような他のessene ( 13 matt. 。 57 ; 21 。 11 、 46 ;ルカによる福音書第VII 。 16 、 39 、 13 。 33 ; xxiv 。 19 ;ジョン4世です。 19 、 44 ;比較ヨセフスは、 "ベナン" i. 3 、 § 5 ; Ⅱ 。 8 、 § 12 ;同著者は、 "アリ"と述べた。 13 。 10 、 § 7 ;ルークⅡ 。 25 、 36 ) 。 Gradually, however, the fame of Jesus as "healer" and "helper" of those stricken with disease so eclipsed that of John, at least in Galilean circles, that the latter was declared to have been only the forerunner of the one destined to subdue the whole kingdom of Satan-that is, the Elijah of the Messianic kingdom-and a declaration to this effect was finally put into the mouth of John as though made by him at the very start (Mark i. 2, ix. 13, xi. 2-19; Luke i. 17).徐々に、しかし、イエスとしての名声を得る"ヒーラー"と"ヘルパー"を隠蔽してこれらの病気にかかったので、ジョンは、少なくともガリレオ界では、後者は宣言してきただけに、先駆者は、 1つの運命を征服する悪魔の王国全体では、その王国にエリヤの救世主と宣言して、この効果は、口の中に入れて最後のジョンまるで彼の前には、非常に開始された(マークi. 2 、 9世です。 13 、 xi 。 2月19日;ルークi. 17 ) 。

Jesus as a Man of the People.イエスキリストの人々の一人の男として。

Jesus, as a man of the people, deviated from the practise of the Essenes and Pharisees in not shunning contact with the sinners, the Publicans and the despised 'Amha-areẒ, as contaminating, and in endeavoring to elevate them; following the maxim, "They that are whole need not a physician, but they that are sick" (Matt. ix. 12, and parallels; compare Antisthenes, in Diogenes Laertius, vi. 6).イエス様は、一人の男として、人々は、偏から練習していないのでphariseesエッセネ派との接触を避け、罪人は、 publicansと軽蔑' amha - areẓ 、夾雑として、そしてそれらを高める努力を;以下の格言は、 "彼らには、医師全体の必要はありませんが、それらは、病気になること" ( 9世matt. 。 12 、および類似点;比較アンティステネス、ディオゲネスlaertius 、 viのです。 6 ) 。 He felt the calling to preach the gospel to the poor (Luke iv. 16 et seq., after Isa. lxi. 1 et seq.), and truly became the redeemer of the lower classes, who were not slow to lift him to thestation of the Messiah.彼に電話して感じたの貧しい人々に福音を説く(ルーク4世です。 16以下参照。 、後のISAです。 61 。 1以下参照。 )は、真になったとは、下層階級の救い主、ゆっくりしていない人が彼を持ち上げthestationの救世主です。 Still, he apparently made no such claim before his entrance into Jerusalem, as is evidenced by the warning given to the disciples and to the spirits of the possessed not to disclose the secret of his being the Son of David (Matt. xii. 16, xvi. 20; Mark i. 24, iii. 12, viii. 30; Luke iv. 41).それでも、彼はどうやらそのような主張する前に彼の前にエルサレムの入り口には、証明されたとして警告が与えられると、弟子の霊を保有してその秘密を開示しないことが、彼の息子であるデビッド( 12世matt. 。 16 、 16 。 20 ;マークi. 24 、 Ⅲ 。 12 、 viii 。 30 ;ルーク4世です。 41 ) 。 His reference to himself as the "Son of man," after the manner of Dan.彼の参考に自分自身を"男の息子は、 "後の態度のダンです。 vii.第VII 。 13, and Enoch, xlvi. 13日、イノックと、 46 。 2 et seq., in Matt. 2以下参照。 、マットです。 xx. XXのです。 18, and Mark x. 18日、マークXの 33, has no historical value; whereas in Mark ii. 33 、歴史的な価値がない;一方でマークⅡ 。 28 and Matt. 28日とマットです。 viii. viii 。 20 "Son of man" stands for "man" or "myself." 20 "の息子の男"は、 "男"や"自分自身です。 " While the eschatological predictions in Matt.終末論の中でマットの予測です。 xxiv., xxv.; Luke xvii. xxiv 。 、 25 。 ;ルーク17 。 22 et seq., and elsewhere have been taken over literally from Jewish apocalypses and put into the mouth of Jesus, the teachings and doings of Jesus betray, on closer analysis, rather an intense longing after the Messianic time than joy and satisfaction over its arrival. 22以下参照。 、および他の場所からのユダヤ人が引き継いで、文字通りapocalypsesと口の中に入れて、イエスは、イエスキリストの教えの所業を裏切るとは、緊密な分析して、激しいというよりもあこがれ時間後の救世主到着した喜びと満足感をやり直す。 And as the so-called "Lord's Prayer"-an exquisite compilation of Ḥasidic prayer formulas (Luke xi. 1-13; Matt. vi. 9-13; see Charles Taylor, "Sayings of the Jewish Fathers," 1901, p. 176)-is, like the Ḳaddish, a petition rather than a thanksgiving for the Messianic kingdom, so is the entire code of ethics laid down by Jesus for his disciples in the Sermon on the Mount (Matt. v.-vii., x.; Luke vi. 20, xi.-xii., and elsewhere) not a law of conduct for a world rejoicing in a redeemer that has come, but a guide for a few of the elect and saintly ones who wait for the immediate downfall of this world and the rise of another (Matt. x. 23, xix. 28, xxiv. 34-37).そして、いわゆる"主の祈り"の祈り- ḥasidicの絶妙な数式のコンパイル(ルークxi 。 1月13日;マットです。 viのです。 9月13日;参照してくださいチャールズテイラーは、 "ことわざは、ユダヤ人の祖先は、 " 1901 、 p. 176 )には、そのようなḳaddish 、請願書ではなく、感謝祭のために救世主の王国は、今は全体の倫理綱領のため敷設されたイエスキリストの弟子山上の垂訓( matt.対-第VII 。 、 × 。 ;ルークviのです。 20 、 xi. - 12世です。 、および他の場所)を行うための法則ではありませんが、歓喜身請けして、世界が来て、ガイドのためではなく、数人の当選者と聖人のようなものは、当面の失脚を待つこの世界とは別の台頭( matt. Xで、 23 、 19 。 28 、 xxiv 。 34〜37 ) 。 Only later events caused the allusion to the "Son of man" in these sayings to be referred to Jesus.イベントの発生後にのみ言及して、 "男の息子"と呼ばれるこれらのことわざをイエスです。 As a matter of fact, a spirit of great anxiety and unrest permeates the sayings of Jesus and the entire New Testament epoch, as is indicated by such utterances as "Watch, therefore; for ye know not what hour your Lord doth come" (Matt. xxiv. 42, xxv. 13); "The kingdom of God cometh not with observation [that is, calculation], but suddenly, imperceptibly it is among you" (Luke xvii. 20, 21); compare the rabbinical saying: "The Messiah cometh [when least expected], like a thief in the night" (Sanh. 97a, b).実際問題として、大きな不安と不安の精神の下permeates全体のことわざイエスと新約聖書の時代と同じように、そのような発言として示される"と腕時計、したがって;ために、なたがたが知らないことを、なたがたの主は本当に何時間来る" (マット。 xxiv 。 42 、 25 。 13 ) ; "との観測者が神の国が到来していない[つまり、計算]が、突然、いつの間にかそれはあなたの間で" (ルカによる福音書17 。 20 、 21 ) ;比較すると言ってラビ: "救世主来る[際に予想以上]は、泥棒は、夜のように" ( sanh. 97a 、 b )と等価。 See, further, Matt.を参照して、さらに、マットです。 xxiv. xxiv 。 43; I Thess. 43 ;私thess 。 v. 2; II Peter iii.対2 ;ピーター2世3世です。 10; Rev. iii. 10 ;牧師Ⅲ 。 3. 3 。 A number of sayings allude to the sword, to contention, and to violence, which do not altogether harmonize with the gentle and submissive character assigned generally to Jesus.数多くのことわざをほのめかす剣、コンテンションには、暴力とし、これを完全に調和して優しくしないと従順な性格を割り当てられた通常イエスです。 Such are the following: "Think not that I came to send peace on the earth: I came not to send peace, but a sword" (Matt. x. 34, R. V.); "Suppose ye that I am come to give peace on earth? I tell you, Nay; but rather division. . . . The father shall be divided against the son, and the son against the father," etc. (Luke xii. 51-53); "From the days of John the Baptist until now the kingdom of heaven suffereth violence, and the violent take it by force" (Matt. xi. 12)-words hardly reconcilable with the concluding sentences of the chapter: "Come unto me, all ye that labor and are heavy laden. . . . Take my yoke upon you . . . and ye shall find rest" (l.c. xi. 28-30).は、以下のような: "私は考えていないことを送信して、地球の平和:平和を送信しないように来たのですが、剣" ( matt. Xの34 、右心室) ; "私が来ているが、なたがたに平和を与える地球ですか?言っとくけど、いや;はなく、むしろ課。 。 。 。 。父親は、息子の反対に分かれて、反対の父親と息子は、 "等(ルーク12世です。五十一から五十三まで) ; "の時代から、ジョン今までの天国バプテストsuffereth暴力は、暴力を取ると、それを力ずくで" ( xi matt. 。 12 )に調停を結びの言葉はほとんどの文章が、章: "さあわたしは、なたがたをすべての労働者とは、重いラディン。 。 。 。 。私のくびきを取ることにした。 。 。となたがたは休息を見つける" ( lcをxi 。二八から三〇 ) 。 The advice given by Jesus to his disciples to provide themselves each with a sword (Luke xxii. 36; compare ib. verse 49; John xix. 10, though disavowed in Matt. xxvi. 52, 53); the allusion by Simeon the saint to the sword and to the strife as resulting from Jesus' birth (Luke ii. 34, 35); and the disappointment voiced by Cleopas, "We trusted that it had been he which should have redeemed Israel" (Luke xxiv. 21; compare Matt. i. 21, where Jesus is explained as , Joshua, who shall "save his people from sin")-all these point to some action which gave cause for his being handed over to Pontius Pilate as one who was "perverting the nation, and forbidding to give tribute to Cæsar" (Luke xxiii. 2); though the charge was refuted by the saying, "Render unto Cæsar the things that are Cæsar's" (Matt. xxii. 21; Mark xii. 17; Luke xx. 25, R. V.).イエスキリストを与えられたのアドバイスを提供して弟子にしてそれぞれの剣(ルーク22 。 36 ;比較ib 。詩49 ;ジョン19 。 10 、マットにかかわらずdisavowed 。 26 。 52 、 53 ) ;のほのめかしによって、サンシメオン剣との争いをしてから生じるとしてイエスの誕生(ルカ2世です。 34 、 35 ) ; cleopasと失望を表明した、 "私たちは彼を信頼していたはず換金イスラエル" (ルークxxiv 。 21 ;比較マット。私21日、イエスキリストは、どこの説明として、ジョシュアさんは、 "人々が自分の罪を保存" )のいくつかのアクションをポイントして、これらすべての原因を与えたのが彼の引き渡しを受けたpontius pilateの一つとして"国家pervertingは、敬意を表してcæsarを与えると怖い" (ルカによる福音書23 。 2 ) ;かかわらず、料金は、反論されると言って、 "レンダリングcæsarのものは、かれのcæsar " ( 22 matt. 。 21 ;マーク12世です。 17 ;ルークのXXです。 25日、右心室) 。 He was tried and crucified as "King of the Jews" or "Messiah"; and all the alleged charges of blasphemy, in that he called himself "Son of God" in the Messianic sense, or announced the destruction of the Temple, prove, in the light of the ancient Jewish law, to be later inventions (Matt. xxvi. 63-65; Mark xiv. 58; Luke xxii. 70).彼は、十字架につけられしようとしたとして"ユダヤ人の王"または"救世主" ;とすべての疑惑の冒とくの罪で、その彼は自分自身と呼ばれる"神の子"は、救世主的な意味では、同寺の破壊を発表したり、証明は、古代ユダヤ教では、法に照らして、後で発明される( 26 matt. 。六三〜六五;マーク14 。 58 ;ルーク22 。 70 ) 。 See Crucifixion of Jesus.イエスキリストの磔刑を参照してください。

The Risen Christ.キリストの上昇しています。

That the movement did not end with the crucifixion, but gave birth to that belief in the risen Christ which brought the scattered adherents together and founded Christianity, is due to two psychic forces that never before had come so strongly into play: (1) the great personality of Jesus, which had so impressed itself upon the simple people of Galilee as to become a living power to them even after his death; and (2) the transcendentalism, or other-worldliness, in which those penance doing, saintly men and women of the common classes, in their longing for godliness, lived.運動して終了してはりつけしなかったが、信念を出産して、キリストの上昇をもたらしたとの共同創業キリスト教に散在の支持者は、二人のためには精神力の前に来たことのないようにプレーを強く: ( 1 )偉大な懐イエスは、それ自体に感動していたので、単純なガリラヤ湖の人々の生活になるにして電源を後にも彼の死;および( 2 )の超越論的哲学、またはその他の俗事、苦行を行う者は、聖人のような男性と女性は、共通のクラスは、彼らの神を敬うことへのあこがれ、住んでいます。 In entranced visions they beheld their crucified Messiah expounding the Scriptures for them, or breaking the bread for them at their love-feasts, or even assisting them when they were out on the lake fishing (Luke xxiv. 15, 30, 31, 36; John xx. 19, xxi.).彼らのビジョンにうっとりして、聖書expounding救世主beholdの過去過去分詞彼らのために十字架につけられて、またはそれらを破壊して、彼らの愛のためにパンの宴、あるいはそれらを支援する際には、彼らは湖の釣り(ルークxxiv 。 15 、 30 、 31 、 36 ;ジョンXXのです。 19 、 21 。 ) 。 In an atmosphere of such perfect naïveté the miracle of the Resurrection seemed as natural as had been the miracle of the healing of the sick.このような完璧な雰囲気の中で、奇跡の復活naïvetéと同じくらい自然なように見えたが、奇跡の治癒の病気です。 Memory and vision combined to weave the stories of Jesus walking on the water (compare Matt. xiv. 25, Mark vi. 49, and John vi. 19 with John xxi. 1-14), of the transfiguration on the Mount (compare Matt. xvii. 1-13, Mark ix. 2-13, and Luke ix. 29-36 with Matt. xxviii. 16 et seq.), and of his moving through the air to be near the divine throne, served by the angels and the holy (not "wild") beasts ("ḥayyot"), and holding Scriptural combats with Satan (Mark i. 12, 13; Matt. iv. 1-11; compare with Acts vii. 15, vii. 55).記憶とビジョンを織り合わせたウォーキングは、イエスキリストの物語を水(比較マットです。 14 。 25 、 viのマークです。 49 、およびジョンviのです。 19 、ヨハネ21 。 1-14 ) 、変貌して、マウント(比較マット。 17 。 1月13日、 9世マークです。 2月13日、 9世とルーク。二十九から三十六マットしている。 28 。 16以下参照。 )は、彼の引っ越しや空気を通して、神の玉座の近くには、天使たちに提供されるそして、聖なる(いない"野生" )獣( " ḥayyot " ) 、および保有して戦闘聖書サタン(マークi. 12 、 13 ;マットです。 4 。 1-11 ;行為と比較して7月15日、第VII 。 55 ) 。 The Messiahship of Jesus having once become an axiomatic truth to the "believers," as they called themselves, his whole life was reconstructed and woven together out of Messianic passages of the Scriptures.イエスのmessiahship自明の理になることを、一度"信者"と呼ばれる彼ら自身としては、彼の人生は全体の再構築と一緒に編んでは、聖書のうち通路救世主です。 In him all the Testament prophecies had "to be fulfilled" (Matt. i. 22; ii. 5, 15, 17; iii. 3; iv. 14; viii. 17; xii. 17; xiii. 14, 35; xx. 14; xxvi. 56; xxvii. 19; John xii. 38; xiii. 18; xv. 25; xvii. 12; xviii. 9; xix. 24, 36).予言は、彼のすべての新約聖書"を果たされる" ( matt. i. 22 ; Ⅱ 。 5 、 15 、 17 ; Ⅲ 。 3 ;静脈です。 14 ; viii 。 17 ; 12世です。 17 ; 13世です。 14 、 35 ;のXX 。 14 ;二十六。 56 ;二十七。 19 ;ヨハネ12世です。 38 ; 13世です。 18 ; 15 。 25 ; 17 。 12 ; 18 。 9 ; 19 。 24 、 36 ) 。 Thus, according to the Jewish view, shared by many Christian theologians, there grew up, through a sort of Messianic Midrash, the myths of Jesus' birth from a virgin (after Isa. vii. 14), in Bethlehem, the city of David (after Micah v. 1 et seq.; there was a town of Bethlehem also in Galilee, which Grätz identifies with Nazareth; see "Monatsschrift," xxix. 481); the genealogies in Luke iii.したがって、ビューによると、ユダヤ教、キリスト教神学者の多く共有される、そこで育った、ある種の救世主ミドラーシュを通じて、神話は、イエスの誕生からバージン(後のISAです。第VII 。 14 ) 、ベツレヘムでは、その都市のデービッド(後のミカ対1以下参照。 ;があったガリラヤの町ベツレヘムでも、これを識別してgrätzナザレ; "を参照してmonatsschrift 、 " 29 。 481 ) ; genealogiesで、ルークⅢ 。 23-38 andin Matt. 23〜38 andinマットです。 i. 1-17, with the singular stress laid upon Tamar, Rahab, and Ruth, the converted sinners and heathens, as mothers of the elect one (compare Gen. R. ii.; Hor. 10b; Nazir 23b; Meg. 14b); likewise the story of Jesus' triumphal entry into Jerusalem riding upon a young ass (after Zech. ix. 9), and of his being hailed by the people's "Hosanna" (after Ps. cxviii. 26; compare Midr. Teh. to the passage; also Matt. xxi. 1-11, and parallels). 1月17日、レイアウトにして特異応力タマル、 rahab 、ルースは、変換heathens罪人とは、母親としては、 1つの選出(共和党比較大将2世です。 ;水平。 10b ;ナズィール23b ;メグです。 14b ) ;同様の物語が、イエスの勝利への流入を若いロバに乗ってエルサレム(後ツェッヒ。 9 。 9 ) 、そして彼の歓迎され、人々の"ホサナ" (後しまう。 cxviii 。 26 ;比較midr 。 。する通路;もマットです。 21 。 1-11 、および類似点) 。

Similarly, his healing powers were made proofs of his Messiahship (after Isa. xxxv. 5, 6; compare Gen. R. xcv. and Midr. Teh. cxlviii.), also his death on the cross was taken, with reference to Isa.同様に、彼の癒しの力が彼の前に証拠messiahship (後のISAです。 35 。 5 、 6 ;比較大将共和党95 。とmidr 。のです。 cxlviii 。 ) 、また彼の十字架上の死は、を参照してのISA 。 liii. 53 。 and old Essene tradition of the suffering Messiah (Pesiḳ. R. xxxiv.-xxxvii.), to be the atoning sacrifice of the Lamb of God slain for man's sin (John i. 29; Acts viii. 32. Rev. xiii. 8; compare Enoch xc. 8), and his resurrection the beginning of a new life (after Zech. xiv. 5: I Chron. iii. 24; Sibyllines, ii. 242; Matt. xxiv. 30; I Thess. iv. 16).古い伝統や苦しみessene救世主( pesiḳ.共和党xxxiv. - 37 。 ) 、 atoning犠牲にされるのは、神の子羊のために殺された男の罪(ジョンi. 29 ;行為viii 。 32 。牧師13 。 8 ;比較イノック90 。 8 ) 、そして彼の復活の新生活の始まり(後ツェッヒ。 14 。 5 :私chron 。 Ⅲ 。 24 ; sibyllines 、 Ⅱ 。 242 ;マットです。 xxiv 。 30 ;私thess 。 4 。 16 ) 。 Men held their love-feasts in his memory-turned into paschal feasts of the new covenant (Matt. xxvi. 28, and parallels; John xix. 33 et seq.)-and led lives of voluntary poverty and of partial celibacy (Acts ii. 44; Matt. xix. 12).男たちの宴が開かれた彼らの愛の記憶から転身した彼は、新しい契約を復活祭の宴( 26 matt. 。 28 、および類似点;ジョン19 。 33以下参照。 )中心の生活をして自主的な貧困や独身の部分(行為2世。 44 ;マットです。 19 。 12 ) 。

Jesus' Teachings.イエスの教えです。

Out of these elements arose the life-picture of Jesus, shaped after later events and to a great extent reflecting the hostile sentiments entertained against the Jewish people by the new sect when, in the final struggle with Rome, the latter no longer shared the views and destinies of the former.これらの要素のうち、命に立ち上がったイエスキリストの絵は、後で形をした後、イベントや大きな範囲を反映して、ユダヤ人に対する敵対心を楽しまれる際に、新教派、ローマでは、最終的な闘争では、後者の見解を共有して、もはやそして運命の元です。 Many antinomistic views put into the mouth of Jesus have their origin in Pauline-i.e., anti-Judean-circles.多くの意見を入れて、口の中antinomisticイエスは彼らの起源はポーリーン-すなわち、反judean -界です。 Thus the saying, "Not that which goeth into the mouth defileth a man; but that which cometh out of the mouth, this defileth a man" (Matt. xv. 11, and parallels), is irreconcilable with Peter's action and vision in Acts xi.このように、と言って、 "口の中にないものgoの三人称単数defileth一人の男;でも来るもののうち、口の中に、このdefileth一人の男" ( 15 matt. 。 11 、および類似点) 、ピーターの行動とは相いれないとビジョンでの行為xi 。 1-10. 1-10 。 What Jesus actually said and did is difficult to determine.イエス様によると、実際には何を判別するのは困難でした。 Many of his teachings can be traced to rabbinical sayings current in the Pharisaic schools; and many sentences, if not entire chapters, have been taken over from Essene writings (see Didascalia; Essenes; Golden Rule; Jesus of Nazareth; Matthew).足がつくの多くが彼の教えは、現在のことわざをラビpharisaic学校;やその他多くの文章は、全体の支部場合は、上からessene記述がとられた(参照してくださいdidascalia ;エッセネ派;ゴールデンルール;ナザレのイエス;マシュー) 。

On the other hand, there are utterances of striking originality and wondrous power which denote great genius.その半面、発言には目を見張る独創性と驚くほどの偉大な天才の電源を表しています。 He certainly had a message to bring to the forlorn, to "the lost sheep of the house of Israel" (Matt. x. 6, xv. 24), to the outcast, to the lower classes, to the "'am ha-areẓ," to the sinners, and to the publicans.確かに彼は、絶望的なメッセージをもたらすには、 "イスラエルの失われた羊の家" ( matt. Xの6 、 15 。 24 )は、追放されたが、その下のクラスには、 " '時ハ- areẓ 、 "罪人には、 publicansとしています。 And whether the whole life-picture is reality or poetic imagination, in him the Essene ideal reached its culmination.全体とするかどうかは、現実の生活-絵や詩的想像は、彼の理想的なessene絶頂に達している。 But it is not correct to speak, as Christian theologians do, of a possible recognition or an actual rejection of Jesus' Christship by the Jews.しかし、正しいことを話すことは、キリスト教神学者としては、実際には、拒絶反応の可能性の認識やイエス' christshipされたユダヤ人です。 Whatever his greatness as teacher or as friend of the people, this could not establish his claim to the Messianic title; and whether his Galilean followers were justified in according it to him, or the authorities at Jerusalem in denying it and in denouncing him to the Roman prefect-probably more from fear than from spite (John xix. 15)-is not a matter that can be decided from the scanty records (compare Matt. xxvi. 5; Luke xiii. 31; xix. 47, 48; xx. 19; xxiii. 43 with Matt. xxvii. 25-28; Mark xv. 14; Luke xxiii. 23 (see Crucifixion). The vehement language of Jesus, in denouncing Sadducean misrule and the hypocrisy and narrowness of the Pharisaic leaders, was not altogether new and unheard of: it was the privilege of the Essene preachers, the popular Haggadists (See Pharisee and Sadducees). Most of his teachings, a great number of which echo rabbinical sayings, and have been misunderstood or misapplied altogether by the late Gospel compilers (see Gospels, The Four), were addressed to a circle of men who lived in a world of their own, far away from the centers of commerce and industry. His attitude toward Judaism is defined by the words: "Think not that I am come to destroy the law or the prophets: I am not come to destroy, but to fulfil" (Matt. v. 17). The rejection of the Law by Christianity, therefore, was a departure from its Christ, all the New Testament statements to the contrary notwithstanding. He himself declined even the title of "good master," because he wanted to reserve this epithet for God alone ("Matt. xix. 17): Christianity, contrary to all his teaching, turned him into a God.あるいはどのような教師としての彼の友人としての偉大さは、人々は、この彼の主張を確立することができなかったの救世主タイトル;やガリレイ信者が正当かどうかを彼には彼によると、エルサレムを否定したり、捜査当局は彼を非難することとし、ローマの知事よりもより恐怖にもかかわらず、おそらくこちらから(ヨハネ19 。 15 )の問題ではないことを決めたことができるから、わずかなレコード(比較マットです。 26 。 5 ;ルーク13 。 31 ; 19 。 47 、 48 ; XXのです。 19 ; 23 。 43マットしている。 27 。 25から28 ;マーク15 。 14 ;ルーク23 。 23 (はりつけを参照してください) 。 、猛烈な言語で、イエスは、偽善と非難sadducean悪政と、辛くもpharisaic指導者、ではないまったく新しいと知られていない:それは、特権のessene説教師は、人気の高いhaggadists (パリサイ人とsadduceesを参照してください) 。彼の教えのほとんどは、多数のことわざをエコーラビ、またはmisapplied完全に誤解されてきたとされる故ゴスペルコンパイラ( gospelsを参照して、 4つ)は、宛には、サークルの男たちには、独自の世界に住んでいるが、センターから遠く離れたところには商工です。ユダヤ教に対する彼の態度は、言葉によって定義される: "としてよいと考えていない来る時を破壊する法律や預言者:私は来ないを破壊するが、約束して" ( matt.対17 ) 。 、拒絶されたキリスト教は、法の趣旨は、したがって、その出発してからは、キリストは、すべての新約聖書ステートメントのそれとは反対にもかかわらずだ。彼は自分自身のタイトルでも承認されなかった"といいマスターは、 "なぜなら、彼は神に指名手配して準備だけで、このあだ名( "マットです。 19 。 17 ) :キリスト教は、すべて彼の教えに反して、電源が彼を神。

Paul's Antinomistic and Gnostic Views.ポールのantinomisticとグノーシス主義の見解だ。

II. Ⅱ 。 This radical change was brought about by Saul of Tarsus or Paul, the real founder of the Christian Church, though Peter formed the first community of the risen Christ (Matt. xvi. 16; Acts i. 15; I Cor. xv. 5).この根本的な変更がもたらされるの瞼板やポールソールは、本当の創始者は、キリスト教の教会が、ピーターの最初のコミュニティの形成、キリストの上昇( 16 matt. 。 16 ;行為i. 15 ;私うわっています。 15 。 5 ) 。 Having, under the influence of a vision, turned from an earnest persecutor of the new sect into its vigorous champion (Acts ix. 1-14, xxii. 3-16, xxvi. 9-18; I Cor. ix. 1, xv. 8 et seq.; Gal. i. 16), he construed the belief in the atoning death of Christ held by the rest into a system altogether antagonistic to Judaism and its Law, claiming to have received the apostleship to the heathen world from the Christ he beheld in his visions.が、ビジョンの影響下には、電源からの本格的迫害者への積極的な新教派チャンピオン( 9世行為です。 1-14 、 22 。 3月16日、 26 。 9月18日;私うわっ。 9 。 1 、 15 。 8以下参照。 ;ギャル。私16 )は、彼の信念は、解釈atoningキリストの死を保有し、残りのシステムを完全に拮抗してユダヤ教とその法では、使徒の職を受け取ったと主張しても、世界から異教徒彼は彼のビジョンキリストbeholdの過去過去分詞です。 Operating with certain Gnostic ideas, which rendered the Messiah as Son of God a cosmic power, like Philo's "logos," aiding in the world's creation and mediating between God and man, he saw both in the Crucifixion and in the Incarnation acts of divine self-humiliation suffered for the sake of redeeming a world polluted and doomed by sin since the fall of Adam.グノーシス主義の思想が、特定の動作は、レンダリングの救世主として、神の息子、宇宙パワーは、フィロのような"ロゴ、 "支援は、世界の創造神と人間との間で調停、彼は、はりつけの両方を見たとは、神の化身自らの行為屈辱を受けたの欠点を補うために、世界で汚染されたと上がったりの罪以来、秋のアダムです。 Faith alone in Christ should save man, baptism being the seal of the belief in God's redeeming love.一人の男がキリストの信仰を保存すべきは、シールのバプテスマを信じることが、神の愛の欠点を補う。 It meant dying with Christ to sin which is inherited from Adam, and rising again with Christ to put on the new Adam (Rom. vi. 1-4; I Cor. xv.; Gal. iii.-iv.).死にかけていることを意味して、キリストを罪から継承したアダムが、再び上昇して、キリストを身につけなければ、新しいアダム( rom. viのです。 1-4 ;私うわっています。 15 。 ;ギャル。 iii.-iv. ) 。 See Baptism.洗礼を参照してください。

On the other hand, Paul taught, the law of Moses, the seal of which was Circumcision, failed to redeem man, because it made sin unavoidable.その半面、ポール教えは、この法律のムーサーは、封印されたの割礼は、男を償還に失敗し、罪のためには避けて通れないことです。 By a course of reasoning he discarded the Law as being under the curse (Gal. iii. 10 et seq.), declaring only those who believed in Christ as the Son of God to be free from all bondage (Gal. iv.).彼の推論されるコースとして廃棄され、法の下での呪い( gal. Ⅲ 。 10以下参照。 )は、宣言するだけで、キリスト者として考えられて神の御子全ての隷属から解放される( gal. 4世です。 ) 。 In opposition to those who distinguished between full Proselytes and "proselytes of the gate," who only accepted the Noachidian laws (Acts xv. 20), he abrogated the whole Law; claiming God to be the god of the heathen as well as of the Jews (Rom. iii. 29).著名な人々の間に反対してフルproselytesと" proselytesのゲートは、 "利用者のみのnoachidian法律( 15行為です。 20 ) 、彼は全体の廃止法;神と主張されるだけでなく、神は、異教徒のユダヤ人( rom. Ⅲ 。 29 ) 。 Yet in enunciating this seemingly liberal doctrine he deprived faith, as typified by Abraham (Gen. xv. 6; Rom. iv. 3), of its naturalness, and forged theshackles of the Christian dogma, with its terrors of damnation and hell for the unbeliever.だが、この一見リベラルドクトリンenunciating奪われた彼の信仰は、アブラハムに代表されるよう( 15大将。 6 ; ROMのです。 4 。 3 ) 、その自然らし、偽造theshacklesは、キリスト教の教義とし、そのために恐怖と地獄の苦しみ不信心者です。 God, as Father and the just Ruler, was pushed into the background; and the Christ-who in the Gospels as well as in the Jewish apocalyptic literature figured as judge of the souls under God's sovereignty (Matt. xvi. 27, xxv. 31-33; compare Enoch, iv. xiv. et seq.; II Esd. vii. 33 with Rom. xiv. 10; II Cor. v. 10)-was rendered the central figure, because he, as head and glory of the divine kingdom, has, like Bel of Babylonian mythology fighting with the dragon, to combat Satan and his kingdom of evil, sin, and death.神は、ただの支配者としての父と、その背景に追い込まれるが、その人は、キリスト- gospelsだけでなく、文学の終末論的計算としては、ユダヤ人の判事は、神の主権の下での魂( 16 matt. 。 27 、 25 。 31 -33 ;比較イノックは、 4世です。 14 。以下参照。 ;静電気による2世です。第VII 。 ROMを33とした。 14 。 10 ; 2世うわっ。対10 ) -レンダリングの中心人物だったので、彼は、頭と栄光としては、神の王国は、バビロニア神話のようなベルのドラゴンとけんかして、彼の王国を悪と闘う悪魔は、罪と死のです。 While thus opening wide the door to admit the pagan world, Paul caused the influx of the entire pagan mythology in the guise of Gnostic and anti-Gnostic names and formulas.開会中にこのように広い世界への扉を認める異教、ポール全体の流入が原因の神話を装って異教グノーシス主義と反グノーシス主義の名前や数式です。 No wonder if he was frequently assailed and beaten by the officials of the synagogue: he used this very synagogue, which during many centuries had been made the center of Jewish propaganda also among the heathen for the pure monotheistic faith of Abraham and the law of Moses, as the starting-point of his antinomistic and anti-Judean agitations (Acts xiii. 14, xiv. 1, xvii. 1 et seq., xxi. 27).どうりで殴らもし彼が頻繁に攻撃されたとの関係者は、シナゴーグ:彼は非常に使われて、このシナゴーグは、何世紀にもわたっていた時には、中心部のユダヤ人のうち、異教徒の宣伝のためにも、純粋な信仰のアブラハム一神教とモーゼの法則は、彼の出発点として、 antinomisticと反judean agitations ( 13世行為です。 14 、 14 。 1 、 17 。 1以下参照。 、 21 。 27 ) 。

Early Christianity a Jewish Sect.キリスト教、ユダヤ教の宗派の早期です。

For a long time Christianity regarded itself as part of Judaism.キリスト教と見なすことで、長い間の一環としてユダヤ教そのものです。 It had its center in Jerusalem (Irenæus, "Adversus Hæreses, i. 26); its first fifteen bishops were circumcised Jews, they observed the Law and were rather unfriendly to heathenism (Sulpicius Severus, "Historia Sacra," ii. 31; Eusebius, "Hist. Eccl." iv. 5; compare Matt. xv. 26), while they held friendly intercourse with the leaders of the synagogue (see Grätz, "Gesch. der Juden," iv. 373 et seq.; and Ebionites, Minim, and Nazarenes). Many a halakic and haggadic discussion is recorded in the Talmud as having taken place between the Christians and the Rabbis (see Jacob the Gnostic). Probably the Christian Congregation, or Church of the Saints, did not distinguish itself in outward form from the "Ḳehala Ḳaddisha" at Jerusalem, under which name the Essene community survived the downfall of the Temple (Ber. 9b; compare Eccl. R. ix. 9: 'Edah Ḳedoshah). Of course, the destruction of the Temple and of the Judean state and the cessation of sacrifice could not but promote the cause of Christianity (see Justin, "Dial. cum Tryph." xi.); and under the impression of these important events the Gospels were written and accordingly colored. Still, Jew and Christian looked in common for the erection of the kingdom of heaven by the Messiah either soon to appear or to reappear (see Joël, "Blicke in die Religionsgesch." i. 32 et seq.). It was during the last struggle with Rome in the days of Bar Kokba and Akiba that, amidst denunciations on the part of the Christians and execrations on the part of the Jewish leaders, those hostilities began which separated Church and Synagogue forever, and made the former an ally of the arch-enemy. Pauline Christianity greatly aided in the Romanizing of the Church. It gravitated toward Rome as toward the great world-empire, and soon the Church became in the eyes of the Jew heir to Edom (Gen. xxvii. 40). The emperor Constantine completed what Paul had begun-a world hostile to the faith in which Jesus had lived and died. The Council of Nice in 325 determined that Church and Synagogue should have nothing in common, and that whatever smacked of the unity of God and of the freedom of man, or offered a Jewish aspect of worship, must be eliminated from Catholic Christendom.それは、エルサレムセンター( irenæus 、 " adversus hæreses勇26 ) ;初の15割礼ユダヤ人司教が、かれらの観察法と非友好的にはむしろ異教の信仰( sulpiciusセウェルスは、 "サクラhistoria 、 " Ⅱ 。 31 ;ユーセビアスは、 "シーッ。 eccl 。 "静脈です。 5 ;比較マットです。 15 。 26 )が、かれらの指導者たちと友好関係に行われたのシナゴーグ( grätzを参照して、 " gesch 。デアjuden 、 " 4 。 373以下参照。 ;とebionitesは、微小なもの、そしてキリスト教徒) 。 haggadic多くの議論があるとhalakicタルムードとして記録され、キリスト教徒との間で行われ、ラビ(ジェイコブのグノーシス主義を参照してください) 。恐らく、キリスト教の信徒は、教会の聖人や、それ自体を区別しなかった外側からフォームで、 " ḳehala ḳaddisha "エルサレムでは、名前の下にesseneコミュニティーの崩壊を乗り越えた同寺( ber. 9b ;比較eccl 。共和党9世です。 9 : ' edah ḳedoshah ) 。もちろん、その破壊judean寺とは、停止状態と犠牲の原因を促進することができなかったしかし、キリスト教(ジャスティン参照して、 "ダイヤルです。 tryph付きの動いた。 " xi 。 ) ;との印象の下で、これらの重要なイベントとそれに応じて色で書かれたgospels 。それでも、ユダヤ人とキリスト教の共通点を見架設される天国の救世主に表示されるかのどちらかをすぐに再表示( joëlを参照して、 " blickeで死ぬreligionsgesch 。 " i. 32以下参照ください。 ) 。ていた期間中の最後の闘争では、ローマ時代のバーkokbaとアキバして、中のない非難してexecrations部分は、キリスト教徒とユダヤ人の指導者は、団体名は、それらの戦闘が始まったが永遠に区切られた教会は、同盟国とする前に、元のアーチ-敵です。ポーリーン大きくキリスト教の教会の支援でromanizing 。 gravitatedに向かってローマに向かって偉大な世界的帝国としては、すぐにその教会となったユダヤ人の目には、相続人にエドム(大将27 。 40 ) 。天皇コンスタンティノス完了-どのような世界を始めていたポール敵対して暮らしていたと信じているイエスキリストが死亡しています。ニースで325の審議会の決定には、教会の共通点は何もない、としてsmacked何であれ、神との団結自由の男、または提供するユダヤ教の礼拝堂の側面は、キリスト教のカトリックから排除しなければならない。

Paganism Predominant.ペイガニズム優勢です。

Three causes seem to have been at work in making the Pauline system dominant in the Church. 3つの原因となるようにしているが、職場での支配的な教会ポーリーンシステムです。 First, the pagan world, particularly its lower classes, having lost faith in its old gods, yearned for a redeemer, a manlike god, and, on the other hand, was captivated by that work of redeeming love which the Christian communities practised, in the name of Jesus, in pursuance of the ancient Essene ideals (see Charity).第一に、異教の世界では、特にその下層階級は、その昔の神への信仰を失った、 yearned身請けのために、男まさりの神、そして、その一方で、仕事の欠点を補うに魅了されていたが、キリスト教の愛を実践コミュニティには、イエスキリストの名前は、理想を追求は、古代essene (慈善を参照してください) 。 Secondly, the blending of Jewish, Oriental, and Hellenic thought created those strange mystic or Gnostic systems which fascinated and bewildered the minds of the more educated classes, and seemed to lend a deeper meaning to the old beliefs and superstitions.第二に、ブレンディングのユダヤ人は、オリエンタル、およびそれらの奇妙な神秘的な古代ギリシャ思想やグノーシス主義のシステムで作成さに魅了さとキツネにつままれたクラスの心のより多くの教育を受けて、より深い意味を貸すように見えたが、古い信念や迷信。

Woman's Part in the Early Church.女性の教会の初めの部分です。

Thirdly, woman appeared on the scene as a new factor of Church life.第三に、そのシーンに登場した女性としての人生の新たな要因の教会です。 While the women of Syria and of Rome were on the whole attracted by the brightness and purity of Jewish home life, women in the New Testament, and most of all in Paul's life and letters, are prominent in other directions.女性の中には、シリアとのローマでは全体の明るさに魅了された純度のユダヤ人の家庭生活とは、新約聖書の女性で、そのほとんどすべてがポールの人生や手紙は、他の経路では、著名な。 Aside from those visions of Mary Magdalene which lent support to the belief in the Resurrection (Matt. xxviii. 1, and parallels), there was an undisguised tendency on the part of some women of these circles, such as Salome; Thecla, the friend of Paul; and others (see "Gospel of the Egyptians," in Clement, "Stromata," iii. 964; Conybeare, "Apology and Acts of Apollonius and Other Monuments of Early Christianity," pp. 24, 183, 284), to free themselves from the trammels of those principles upon which the sanctity of home rested (see Eccl. R. vii. 26).これらのビジョンは別にメアリーモードリンという信念を支えたのは、復活( 28 matt. 。 1 、および類似点)は、あからさまな傾向があった部分は、これらのいくつかの女性界など、サロメ;セクラは、友人ポール;およびその他(詳細については、 "エジプト人の福音書は、 "クレマンは、 " stromaの複数形は、 " Ⅲ 。 964 ;コニビア、 "謝罪とアポロニオス行為やその他の建造物の早期キリスト教は、 " pp 。 24 、 183 、 284 ) 、自由を束縛してから、これらの原則の尊厳をホームページ上で静養( ecclを参照してください。共和党第VII 。 26 ) 。 A morbid emotionalism, prizing love as "the greatest of all things" in place of truth and justice, and a pagan view of holiness which tended to make life oscillate between austere asceticism (demanding virginity and eunuchism) on the one side, and licentiousness on the other (see Matt. xix. 12; Sulpicius Severus, "Dialogi Duo," i. 9, 13, 15; Eusebius, "Hist. Eccl." vi. 8; Clement, l.c. iii. 4; Cyprian, Ep. iv.; Rev. ii. 14), went hand in hand with Gnosticism.病的な感情的には、 prizingとしての愛"のすべての物事の最大の"真実と正義の代わりに、異教のビューとする傾向があったの神聖さを作る禁欲禁欲生活の間に動揺(処女を要求すると宦官である)は、 1つの面では、として放逸その他(マットを参照してください。 19 。 12 ; sulpiciusセウェルス、 " dialogiデュオ、 " i. 9 、 13 、 15 ;ユーセビアス、 "シーッ。 eccl 。 " viのです。 8 ;クレマンは、 lcをⅢ 。 4 ;シプリアンは、欧州です。 4世。 ;牧師2世です。 14 )は、グノーシス主義と手をつないで行った。 Against this exaggeration of the divine attribute of love and the neglect of that of justice, the Rabbis in the ancient Mishnah seem to utter their warning (Meg. iv. 9; Yer. Ber. i. 3).大げさな言い方をすると、この属性は、神の愛と正義を無視しては、古代ミシュナーのラビのように見える彼らの警告を発する( meg. 4世です。 9 ; yer 。 ber 。私3 ) 。 When, finally, the reaction set in, and Gnosticism both as an intellectual and as a sexual degeneracy (compare Sifre on Num. xv. 39) was checked by a strong counter-movement in favor of positive Christianity, two principles of extraordinary character were laid down by the framers of the Church: (1) the Trinitarian dogma with all its corollaries; and (2) a double code of morality, one for the world-fleeing monks and nuns and the clergy-called the really religious ones-and another for the laity, the men of the world.ときには、最後に、その反応を舞台に、グノーシス主義とすると、両方の性的として知的縮退(シフレー比較してNUM件。 15 。 39 )がチェックされ、強い反対運動に有利な積極的なキリスト教は、 2つの原則のキャラクターが臨時敷設されたのは、教会framers : ( 1 )の三位一体説を信奉してすべてのドグマcorollaries ;および( 2 ) 、二重の倫理コードは、 1つは、世界的に逃走僧侶聖職者や修道女と呼ばれると、本当に宗教的なもの-もう一つは、信者たちは、男性の世界です。

Trinitarianism.三位一体説。

The Trinitarian formula first occurs in Matthew (xxviii. 19, R. V.) in the words spoken by the risen Christ to the disciples in Galilee: "Go ye therefore,and make disciples of all the [heathen] nations, baptizing them in the name of the Father, and of the Son, and of the Holy Ghost"; but it appears to have been still unknown to Paul (I Cor. vi. 11; Acts ii. 38).三位一体説を信奉する方式で、最初に発生マシュー( xxviii. 19 、右心室)は、キリストの言葉を話されるの上昇で、ガリラヤ弟子: "なたがたに行くしたがって、弟子とするすべての国には、 [異教徒]は、かれらの名の命名父親は、息子との、そして、聖霊" ;それにはまだ知られていないが表示されたらポール(私うわっ。 viのです。 11 ;行為Ⅱ 。 38 ) 。

It is quite significant for the historian to observe that, while in the older Gospel (Mark xii. 29) Jesus began reciting the first commandment with the Jewish confession, "Hear, O Israel; the Lord our God, the Lord is one," this verse is omitted in Matt.これは非常に重要では、歴史学者を観察して、中には、古いゴスペル( 12世マークです。 29 )イエスキリストの最初の命令で暗唱を始めたのユダヤ人の自白は、 "聞いて、なたイスラエル;私たちの神、主は、 1つの主は、 "マットが省略された場合に、この詩だ。 xxii. 22 。 37. 37 。 Christ, the preexistent Messiah (Gen. R. i.), being either identified with the Shekinah or divine glory (Rom. ix. 4; Col. i. 27; see Mayor, "Epistle of James," p. 75, notes), or with the "Memra" or "Logos," Philo's second god ("Fragments," ed. Mangey, ii. 625; compare "De Somniis," i. 39-41, ed. Mangey, i. 655 et seq.), was raised by Paul to the rank of a god and placed alongside of God the Father (I Cor. viii. 6, xii. 3; Titus ii. 13; compare I John v. 20); and in II Cor.キリストは、元から救世主(共和党i.大将)は、どちらかが識別され、または神の栄光shekinah ( rom. 9世です。 4 ;大佐i. 27 ;参照してください市長は、 "信徒のジェームズは、 " p. 75 、注意事項) 、または、 " memra "または"ロゴ、 "フィロの2番目の神( "かけらは、 "エド。 mangey 、 Ⅱ 。 625 ;比較"デsomniis 、 " i. 39-41 、エド。 mangey勇655以下参照。 ) 、ポールを提起したが、ランクは、神と神の横に置かれた父(私うわっ。 viii 。 6 、 12世です。 3 ;タイタスⅡ 。 13 ;比較私のジョン対20 ) ;と、 2世うわっ。 xiii. 13 。 14 the Trinity is almost complete. 14日トリニティはほぼ完了しています。 In vain did the early Christians protest against the deification of Jesus ("Clementine Homilies," xvi. 15).無駄な抗議して、初期のキリスト教徒は、イエスの神格化( "クレメンタインを発する、 " 16世です。 15 ) 。 He is in Paul's system the image of God the Father (II Cor. iv. 4; compare I Cor. viii. 6); and, being opposed "to Satan, the god of this world," his title "God of the world to come" is assured.彼は、ポールのシステムのイメージを神の父( ⅱうわっています。 4 。 4 ;比較私うわっ。 viii 。 6 ) ;と、反対に"悪魔には、神が、この世界では、 "彼のタイトルを"神の世界に来る"とは安心です。 However repugnant expressions such as "the blood," "the suffering," and "the death of God" (Ignatius, "Ad Romanos," iii., v. 13; idem, "Ad Ephesios," i. 1; Tertullian, "Ad Praxeam") must have been to the still monotheistic sentiment of many, the opponents of Jesus' deification were defeated as Jewish heretics (Tertullian, l.c. 30; see Arianism and Monarchians).しかし気に食わないのような表現で"血液中には、 " "その苦しみは、 "と"神の死" (イグナティウスは、 "広告ロマノスは、 " Ⅲ 。 、対13 ;同著者は、 "広告ephesios 、 " i. 1 ; tertullian 、 "広告praxeam " )にする必要がありますが、まだ多くの一神教のセンチメントは、反対派のイエスの神格化はユダヤ教の異端として敗北( tertullian 、 lcを30 ;アリウス主義とmonarchiansを参照してください) 。 The idea of a Trinity, which, since the Council of Nice, and especially through Basil the Great (370), had become the Catholic dogma, is of course regarded by Jews as antagonistic to their monotheistic faith and as due to the paganistic tendency of the Church; God the Father and God the Son, together with "the Holy Ghost ["Ruaḥ ha-Ḳodesh"] conceived of as a female being," having their parallels in all the heathen mythologies, as has been shown by many Christian scholars, such as Zimmern, in his "Vater, Sohn, und Fürsprecher," 1896, and in Schrader's "K. A. T."という考えは、トリニティ、これは、評議会以来、ニース、バジルを介して、特に大( 370 ) 、カトリック教義になるが、ユダヤ人としては、もちろん評価されると拮抗して一神教の宗教的な傾向としてpaganisticのために教会;神と神の息子の父親は、一緒に"聖霊の[ " ruaḥハ- ḳodesh " ]として考えられたの女性が、 "自分の類似点が、すべての異教徒の神話は、多くのクリスチャンとして示されてきた学者など、ジマーン、彼の"ファーター、孫、 fürsprecherウントは、 " 1896年、および、シュレイダーの"カット" 1902, p. 1902 、 p. 377; Ebers, in his "Sinnbildliches: die Koptische Kunst," 1892, p. 377 1892 、 p. 10; and others. 10 ;や他のです。

Persecution of Unitarians.迫害unitarians 。

There was a time when the Demiurgos, as a second god, threatened to becloud Jewish monotheism (see Gnosticism and Elisha ben Abuyah): but this was at once checked, and the absolute unity of God became the impregnable bulwark of Judaism. demiurgosいたときがあったのは、 2番目の神としては、ユダヤ教の一神教脅かさを曇らせる(グノーシス主義とエリシャベンabuyahを参照してください) :しかし、これは、一度にチェックし、絶対的な団結難攻不落の砦は、ユダヤ教の神です。 "If a man says: 'I am God,' he lies, and if 'Son of man,' he will repent," was the bold interpretation of Num. "もし一人の男によれば: '私は神には、 '彼はうそをつくしている場合で'息子の男で、 '彼は罪を悔いては、 "大胆な解釈NUM件だった。 xxiii. 23 。 18, given by R. Abbahu with reference to Christianity (Yer. Ta'an. ii. 1, 65b). 18は、与えられた共和党abbahuを参照してキリスト教( yer. ta'an 。 Ⅱ 。 1 、 65b ) 。 "When Nebuchadnezzar spoke of the 'Son of God' (Dan. iii. 25), an angel came and smote him on the face," saying: "Hath God a son?" "ネブカドネザルスポークときは、 '神の子' ( dan. Ⅲ 。 25 )は、天使の顔をして来たと彼を襲った"と言って: "神の息子ですか? " (Yer. Shab. vi. 8d). ( yer. shab 。 viのです。 8d ) 。 In the Church, Unitarianism was suppressed and persecuted whenever it endeavored to assert its birthright to reason; and it is owing chiefly to Justinian's fanatic persecution of the Syrian Unitarians that Islam, with its insistence on pure monotheism, triumphed over the Eastern Church.教会では、いつunitarianismは抑圧と迫害の相続権を主張することを理由に努力;そしてそれは主にユスティニアヌスのせいで狂信的な迫害は、シリアがイスラムunitarians 、純粋な一神教と主張して、勝利の東方教会です。 Henceforth Moslem and Jewish philosophy stood together for the absolute unity of God, not allowing any predicate of the Deity which might endanger this principle (see Attributes); whereas Christian philosophers, from Augustine to Hegel successively, attempted to overcome the metaphysical difficulties involved in the conception of a Trinity (see David Friedrich Strauss, "Glaubenslehre," i. 425-490). moslemあげたと一緒に立っていたユダヤ人の哲学は、絶対的な神の団結し、任意の述語は、神の存在を許していないかもしれないが、この原則を危うくする(属性を参照してください) ;がキリスト教の哲学者、ヘーゲルからアウグスティヌスを相次いで、未遂に関与して困難を克服する形而上受胎のトリニティ(フリードリヒシュトラウスを参照してくださいデイビッドは、 " glaubenslehre 、 " i. 425から490 ) 。

The next radical deviation from Judaism was the worship of the Virgin Mary as the mother of God; the canonical and, still more, the apocryphal writings of the New Testament offering the welcome points of support to justify such a cult.次のラジカルを崇拝するのは、ユダヤ教からの逸脱は、聖母マリアの母としての神;のカノニカルとは、まだ詳細は、うその記述は、新約聖書のサポートを提供してポイントを歓迎するような教団を正当化した。 The Jew could only abhor the medieval adoration of Mary, which seemed to differ little from the worship of Isis and her son Horus, Isthar and Tammuz, Frig and Balder.中世のユダヤ人憎悪しか礼拝のメアリーは、どのように違いがほとんどないから、彼女の息子ホルスとイシス崇拝、タンムーズistharと、オナニーをするとbalder 。 Yet this was but part of the humanization of the Deity and deification of man instituted in the Church in the shape of image-worship, despite synods and imperial decrees, prohibitions and iconoclasm.しかし、まだこの部分は、人間の神と人間の神格化を導入したが、教会の礼拝堂の形のイメージにもかかわらず、皇室令synodsと、因習打破禁止しています。 The cross, the lamb, and the fish, as symbols of the new faith, failed to satisfy the heathen minds; in the terms of John of Damascus, they demanded "to see the image of God, while God the Father was hidden from sight"; and consequently the second commandment had to give way (see "Image-Worship," in Schaff-Herzog, "Encyc.").十字架には、子羊、魚とは、新しい信仰のシンボルとして、異教徒の心を満たすために失敗しました;は、ジョンのダマスカスの条件は、かれらを求めた"神の画像を見るために、神の中に隠されていた父からの光景" ;と2番目の命令は結果的に取って代わられる(詳細については、 "画像に仕え、 "シャフ-ヘルツォークで、 " encyc 。 "を参照) 。 It is no wonder, then, that the Jews beheld idolatry in all this, and felt constrained to apply the law, "Make no mention of the name of other gods" (Ex. xxiii. 13; Mek. to the passage and Sanh. 63b), also to Jesus; so that the name of one of the best and truest of Jewish teachers was shunned by the medieval Jew.不思議ではないこと、そして、偶像崇拝して、すべてのユダヤ人beholdの過去過去分詞これは、同法を適用すると感じた制約は、 "名前には言及しない他の神々 " (例: 23 。 13 ; mek 。 sanhを通過しています。 63b )は、イエスでもして;ように最善の1つの名前と本当のユダヤ人の教師は敬遠され、中世のユダヤ人です。 Still, the Jewish code of law offered some toleration to the Christian Trinity, in that it permitted semi-proselytes ("ger toshab") to worship other divine powers together with the One God (Tosef., Sanh. 63b; Shulḥan 'Aruk, Oraḥ Ḥayyim, 156, Moses Isserles' note).それでも、法のコードを提供し、ユダヤ教、キリスト教のいくつかのトリニティ寛容には、それが許さセミproselytes ( " ger toshab " )他の神を崇拝するとともに、 1つの大国神( tosef. 、 sanh 。 63b ; shulḥan ' aruk 、 oraḥハイム、 156 、モーゼスisserles 'に注意) 。

Medieval Image-Worship.中世のイメージに仕えています。

It was, indeed, no easy matter for the Jew to distinguish between pagan idolatry and Christian image-worship (Shulḥan 'Aruk, Yoreh De'ah, 141).それは、実際には、並大抵ではないことを区別するために、ユダヤ人とキリスト教の異教の偶像崇拝のイメージの崇拝( shulḥan ' aruk 、 yoreh de'ah 、 141 ) 。 Moreover, image-worship went hand in hand with relic-worship and saint-worship; and so the door was opened wide to admit in the guise of saints the various deities of paganism, the policy of the medieval Church being to create a large pantheon of saints, apostles, and angels alongside of the Trinity in order to facilitate the conquest of heathen nations.また、イメージと手をつないで行った崇拝崇拝と聖遺物崇拝;と広いので、ドアが開けられた聖人を認めることを装って、様々な神々のペイガニズム、その政策は、中世の教会を作成するには大規模なパンテオンの聖人、使徒、天使たちと並んでは、トリニティの征服を円滑にするためには異教徒の国です。 In contrast to the uncompromising attitude of Judaism, the Church was ever ready for compromise to win the great multitudes.かたくなな態度とは対照的に、ユダヤ教、教会には、これまでの準備ができて非常に数多くの譲歩を勝ち取る。 It was this spirit of polytheism which led to all those abuses the opposition to which was the chief factor of the Reformation-whose aim and purpose were a return to Pauline Christianity and the New Testament with the help of a deeper study of the Old Testament at the hand of Jewish scholarship (see Luther; Reformation; Reuchlin).それは、この多神教の精神を主導して、すべての人に反対を侵害されたのは、改革の主な要因とその目的の目的は、キリスト教のポーリーンに戻ると新約聖書の力を借りて、より深い研究では、旧約聖書ユダヤ人の手の奨学金(ルーサーを参照してください;改革;ルクラン) 。

Mediatorship of Christ.キリストmediatorship 。

But the Trinitarian dogma rested mainly upon Paul's conception of the mediatorship of Christ.しかし、三位一体説を信奉するドグマ静養の概念は、主にポールmediatorshipキリストです。 For no sooner was the idea of the atoning powerof the death of the righteous (Isa. liii. 4-10; see Atonement) applied to Jesus (Matt. xx. 28; Luke xxii. 37; Acts viii. 32) than Christ became the necessary mediator, "delivering man from the power of Satan and the last enemy-death" (I Tim. ii. 5; Col. i. 13; I Cor. xv. 26).ためには、そのアイデアや否や、 atoning powerofの死を畏れる者( 53 isa. 。 4-10 ;償いを参照してください)を適用し、イエス( matt. XXのです。 28 ;ルーク22 。 37 ;行為viii 。 32 )よりも、キリストになった必要な調停者は、 "電力の配信から来た男は、悪魔との最後の敵に死を" (私のティムです。 Ⅱ 。 5 ;大佐i. 13 ;私うわっています。 15 。 26 ) 。 While Judaism has no room for dualism, since God spoke through the seer, "I formed the light and created the darkness: I make peace and create evil" (Isa. xlv. 7); and while the divine attributes of justice and love, punitive wrath and forgiving mercy, are only contrasted (, Ber. 7a; Philo, "Quis Rerum Divinarum Heres Sit," xxxiv.; Siegfried, "Philo," pp. 213 et seq.), but never divided into separate powers, the world of Satan and the world of Christ are arrayed against each other, and an at-one-ment by the blood of the cross is necessitated in the Pauline system (Col. i. 20; Rom. iii. 25).ユダヤ教の余地がないながら二元論は、神のスポークを介して凡てを見透されるので、 "私の形成の光と闇の作成:私の平和と作成する邪悪な" ( 45 isa. 。 7 ) ;や属性の中に神の正義と愛、懲罰的な怒りと慈悲寛容には、対照的にのみ( 、 ber 。 7aの;フィロは、 " quis rerum divinarum heres座るは、 " 34 。 ;ジークフリートは、 "フィロ、 " pp 。 213以下参照。 ) 、しかし決して分かれて別々の列強は、悪魔の世界とキリストの世界ではお互いに整列する、とされたのは000 - 1つの十字架の血が必要で、ポーリーンシステム(大佐i. 20 ; ROMのです。 Ⅲ 。 25 ) 。

God had to reconcile the world to Himself through the death of Jesus (II Cor. v. 18) and render "the children of wrath" children of His grace (Ephes. ii. 3; Rom. iii. 25, v. 10).神は和解して、世界中の人々に自分自身の死を通してイエス( ⅱうわっ。対18 )と描画する"と、子供たちの怒りを"自分の子供たちのグレース( ephes. Ⅱ 。 3 ; ROMのです。 Ⅲ 。 25 、対10 ) 。 "The love of God required the sacrifice of his own begotten Son" (John iii. 16). "神の愛を必要とし、自分を犠牲に生まれた息子" (ジョンⅢ 。 16 ) 。 This view is regarded as repugnant by the pure monotheistic sentiment of the Jew, itself grounded upon the spirituality and holiness of God, and was opposed by R. Akiba when he, with direct reference to the Christian doctrine, said: "Happy are ye, Israelites! Before whom do ye purify yourselves, and who is the one who purifieth you but your Father in heaven, for it is said: 'Israel's hope ["miḳweh," also interpreted as "source of purification"] is God'" (Jer. xvii. 13; Mishnah Yoma, end).このビューは、一神教の純粋さと見なされて気に食わないのセンチメントは、ユダヤ人は、それ自体の接地時ホーリネス神の霊とは、共和党と反対されたときにアキバで、直接的な言及は、キリスト教の教義氏は: "幸せには、なたがたは、イスラエル人!清めるなたがた自身の前に誰と誰が、誰にでもpurifiethあなたのお父さん、天国では、ためていると言われ: 'イスラエルの希望[ " miḳweh 、 "にも解釈される"ソースの浄化" ]は、神' " ( jer 。 17 。 13 ;ミシュナーyoma 、端) 。 But the whole dogma of Jesus' incarnation and crucifixion has for its background a world of sin and death ruled by Satan and his hosts of demons (II Cor. iv. 4; Ephes. ii. 1, vi. 12 et seq.; II Tim. ii. 26).しかし、全体のドグマがイエスのはりつけの権化とその背景には、世界の罪と死の支配されて悪魔とその軍勢の悪魔( ⅱうわっています。 4 。 4 ; ephes 。 Ⅱ 。 1 、 viのです。 12以下参照。 ; 2世ティムです。 Ⅱ 。 26 ) 。 In fact, the whole coming of Christ is viewed in the New Testament as a battle with Satan (see Matt. iv. 1 et seq., xii. 29; Luke x. 18; John xii. 31; John iii. 8).実際、全体の閲覧に来るのは、新約聖書のキリストとしての戦いでサタン(マットを参照してください。 4 。 1以下参照。 、 12世です。 29 ;ルークXの18 ;ヨハネ12世です。 31 ;ジョンⅢ 。 8 ) 。 The story of Adam's fall, which caused the Book of Wisdom to say (ii. 24) that "through the envy of the devil death came into the world" (compare Ecclus. [Sirach] xxv. 24), was made by Paul (compare II Esdras iii. 7, 21, and Apoc. Baruch, xvii. 3) the keynote of the entire human history (Rom. v. 12).アダムの秋の物語が、この本の知恵を引き起こしたと言って( ii. 24 )は"死を介して、悪魔の羨望の世界に入ってきた" (比較ecclus 。 [シラク] 25 。 24 )は、ポールが作られる(エスドラス書を比較する2世3世です。 7 、 21 、およびapoc 。バルーク、 17 。 3 )全体の基調は、人類の歴史( rom.対12 ) 。 For those of the Rabbis who accepted this view the Law was an antidote against "the venom of the Serpent"-that is, the germ or the inclination to sin ('Ab. Zarah, 22b; Shab. 146a); to Paul, who antagonized the Law, the "breath of the serpent" became a power of sin and everlasting doom of such a nature that none but God Himself, through Christ His son, could overcome it.ラビの人のためには、これらの利用法は、この見解に反対解毒薬"の毒ヘビ" -それは、傾斜したり、罪の胚( ' ABのです。 zarah 、 22b ; shab 。 146a ) ;をポールさんantagonized同法は、 "息の蛇"罪の力になったと、このような自然の永遠の懲罰をして自分自身なしでも神は、キリストを通して、息子は、それを克服する可能性だ。

The Doctrine of Original Sin.原罪の教義のです。

In adopting this view as the doctrine of Original Sin the Church deprived man of both his moral and his intellectual birthright as the child of God (Tertullian, "De Anima," xvi., xl.; Augustine, "De Nuptiis et Concupiscentiis," i. 24, ii. 34; Strauss, "Glaubenslehre," ii. 43 et seq.), and declared all the generations of man to have been born in sin-a belief accepted also by the Lutherans in the Augsburg Confession and by Calvin ("Institutes," II. i. 6-8; Strauss, l.c. ii. 49).このビューで採択原罪の教義として、教会の両方を奪われた男の彼と彼の知的道徳的な神の子として相続権( tertullian 、 "デアニマは、 " 16世です。 、 XLサイズです。 ;アウグスティヌスは、 "デnuptiis et concupiscentiis 、 " i. 24 、 Ⅱ 。 34 ;シュトラウスは、 " glaubenslehre 、 " Ⅱ 。 43以下参照。 )は、すべての世代の男と宣言して生まれてきた信念の罪にも利用されたとさlutheransカルビンのアウクスブルク信仰告白( "塾は、 " 2世。私6-8 ;シュトラウスは、 2世のLC 。 49 ) 。 In vain did Pelagius, Socinus, and the Arminians protest against a view which deprived man of his prerogative as a free, responsible person (Strauss, l.c. p. 53).無駄なでしたpelagius 、 socinus 、 arminiansに抗議するとの見解を奪われた彼の男としての特権を無料で、責任感のある人(シュトラウス、 lcp 53 ) 。 No longer could the Christian recite the ancient prayer of the Synagogue: "My God, the soul which Thou gavest unto me is pure" (Ber. 60b).暗唱する可能性はもはや、キリスト教の祈りは、古代ユダヤ教会堂: "私の神は、あなたの魂をわたしは、純粋なgavest " ( ber. 60b ) 。 And while, in all Hellenistic or pre-Christian writings, Enoch, Methuselah, Job, and other Gentiles of old were viewed as prototypes of humanity, the prevailing opinion of the Rabbis being that "the righteous among the heathen have a share in the world to come" (Tosef., Sanh. xiii. 2; Sanh. 105a; see all the passages and the views of a dissenting minority in Zunz, "Z. G." pp. 373-385), the Church, Catholic and Protestant alike, consigns without exception all those who do not believe in Jesus to the eternal doom of hell (Strauss, l.c. ii. 686, 687).そして中には、事前にすべてのクリスチャンhellenisticまたは記述は、イノック、メトセラ、仕事、およびその他のgentilesの試作品と見なされていた旧人類は、有力な意見のラビしている"と正義のうち、異教徒の世界シェアを持つに来る" ( tosef. 、 sanh 。 13 。 2 ; sanh 。 105a ;すべての通路を参照してください、との見解と少数派の反対でツンツ、 " zg " pp 。三百七十三から三百八十五まで)は、教会は、カトリックとプロテスタントを問わず、 consigns例外なくすべての人々にイエスキリストを信じていないが、地獄に永遠の懲罰(シュトラウスは、 2世のLC 。 686 、 687 ) 。 Christ's descent into hell to liberate his own soul from the pangs of eternal doom became, therefore, one of the fundamentals of the Apostolic creed, after I Peter iii.キリストの子孫を、自分の魂を解放地獄の苦しみから、永遠の懲罰になったのは、このため、 1つのファンダメンタルズは、使徒信条は、私の後のピーターⅢ 。 18, iv. 18日、 4世です。 6 (see Schaff-Herzog, "Encyc." art. "Hell, Christ's Descent into"). 6 (シャフを参照してください-ヘルツォークは、 " encyc 。 "芸術だ"地獄は、キリストの子孫に"を参照) 。 It is obvious that this view of God could not well inculcate kindly feelings toward Jews and heretics; and the tragic fate of the medieval Jew, the persecutions he suffered, and the hatred he experienced, must be chiefly attributed to this doctrine.このビューを表示することは明らかだが、神に反感を抱いて親切に教え込むことができなかった井戸ユダヤ人と異端;悲劇的な運命とは、中世のユダヤ人は、迫害を患っており、彼は経験豊富な憎しみは、主にしなければならない、この教義に起因するものです。

Faith and Reason.信仰との理由だ。

Paul's depreciation of the Law and his laudation of faith (in Christ) as the only saving power for Jew and Gentile (Rom. iii. 28, x. 4; Gal. iii. 7 et seq.) had, in the Middle Ages, an injurious effect upon the mental progress of man.ポールの減価償却費は、法の趣旨と彼の信仰laudation (キリスト)として、電力節約のためにのみユダヤ人とジェンティーレ( rom. Ⅲ 。 28 、 Xの4 ;ギャル。 Ⅲ 。 7以下参照。 )は、中世には、精神的に有害な効果をもたらすの進捗状況の男です。 Faith, as exhibited by Abraham and as demanded of the people in the Old Testament and rabbinical writings, is a simple, childlike trust in God; and accordingly "littleness of faith"-that is, want of perfect confidence in the divine goodness-is declared by Jesus as well as by the Rabbis in the Talmud as unworthy of the true servant and son of God (Gen. xv. 6; Ex. xiv. 31; Num. xiv. 11, xx. 12; Hab. ii. 4; II Chron. xx. 20; Mek. to Ex. xiv. 31; Matt. vi. 30; Soṭah 48b).信仰は、アブラハムとして展示されると、国民の要求としては、旧約聖書とラビの記述は、単純な、神を信じる子供らしい;とそれに応じて"小さい信仰" -それは、完璧な自信を望むのは、神の善良さには、宣言されるだけでなく、イエスキリストは、タルムードのラビの真の使用人として値しないと神の息子( 15大将。 6 ;例です。 14 。 31 ; NUM件。 14 。 11 、 XXのです。 12 ;北陸朝日放送。 Ⅱ 。 4 ; chron 2世です。 XXのです。 20 ; mek 。を例です。 14 。 31 ;マットです。 viのです。 30 ; soṭah 48b ) 。 Paul's theology made faith a meritorious act of saving quality (Rom. i. 16); and the more meritorious it is the less is it in harmony with the wisdom of the wise, appearing rather as "foolishness" (I Cor. i. 18-31).パウロの神学称賛に値する行為を保存する前に信仰の品質( rom. i. 16 ) ;とより多くの称賛に値することは少ないが、それは、知恵と調和して英明でられる、というように表示される"愚かさ" (私うわっ。私18 -31 ) 。 From this it was but one step to Tertullian's perfect surrender of reason, as expressed in, "Credo quia absurdum," or, more correctly, "Credibile quia ineptum; certum est quia impossibile est" (To be believed because it is foolish; certain because impossible"; "De Carne Christi," v.). Blind faith, which renders the impossible possible (Mark ix. 23, 24), produced a credulity throughout Christendom which became indifferent to the laws of nature and which deprecated learning, as was shown by Draper ("History of the Conflict between Science and Religion") and by White ("History of the Warfare of Science with Theology"). A craving for the miraculous and supernatural created ever new superstitions, or sanctioned, under the form of relic-worship, old pagan forms of belief. In the name of the Christian faith reason and research were condemned, Greek philosophy and literature were exterminated, and free thinking was suppressed. Whereas Judaismmade the study of the Law, or rather of the Torah-which is learning, and included science and philosophy as well as religion-the foremost duty of each member of the household (Deut. vi. 7, xi. 19; Josephus, "Contra Ap." ii. §§ 18, 26, 41), medieval Christianity tended to find bliss in ignorance, because knowledge and belief seemed incompatible (Lecky, "History of European Morals from Augustus to Charlemagne," ii. 203-210; idem, "History of the Rise and Influence of the Spirit of Rationalism in Europe," i. 1-201).しかし、このことは、 1つのステップを完璧tertullianの降伏の理由で、表現されるとして、 "クレドquia absurdum 、 "あるいは、もっと正確には、 " credibile quia ineptum ; certum est quia est得ないこと" (信じられているためにそれは愚かな;特定不可能なため、 " ; "デカルネクリスティは、 "対) 。妄信、不可能なことを可能にレンダリング(マーク9 。 23 、 24 )は、キリスト教のせいで生産する信じやすを通して自然の法則に無関心であると学習が推奨されていません、ドレイパーが示される( "歴史は、科学と宗教間の葛藤" )とは、白人( "戦争の歴史は、科学と神学"といいます。 )の奇跡への渇望するまで新たな迷信や超自然的に作成、または認可は、下のフォームに崇拝の遺物は、古い異教の形態の信念だ。キリスト教信仰の名の下、死刑囚の理由と研究が、ギリシャ哲学と文学が根絶し、自由な思考が抑制されます。 judaismmadeの研究では、法の趣旨、というよりは、律法-これは学習し、含まれるだけでなく、科学と宗教哲学の第一の義務-各メンバーは、家庭用( deut. viのです。 7 、 xi 。 19 ;ヨセフスは、 "コントラAPのです。 " Ⅱ 。 § § 18 、 26 、 41 )は、キリスト教の中世の傾向を見つけるの無知ブリスでは、互換性のための知識と信念ように見えた(レッキーは、 "欧州の歴史をシャルルマーニュオーガスタス道徳からは、 " Ⅱ 。二百三から二百十;同著者は、 "歴史は、上昇するとの精神に影響を与える合理主義のヨーロッパでは、 " i.一〜二〇一) 。

It was the resuscitated pagan thinkers, it was the Mohammedan and the Jew, who kept the lamps of knowledge and science burning; and to them in large measure the revival of learning, through scholastic philosophy in the Catholic cloisters and afterward in western Europe in general, is due.それは、蘇生異教の思想家、それは、ユダヤ人とmohammedan 、保管、ランプの知識人と科学の燃焼;として測定することで大規模な学習の復活、スコラ哲学を通して、その後は、西ヨーロッパのカトリックcloisters全般、が原因です。 Not merely the burning of witches and heretics, but the charges, raised by priests and mobs against the Jews, of having poisoned the wells, pierced the consecrated host, and slain innocent children in order to use their blood, can mainly be traced to that stupor of the mind which beholds in every intellectual feat the working of Satanic powers, alliance with which was believed to be bought with blood.燃焼だけではないが、魔女や異端だが、料金は、プリーストとモブに対して提起されたユダヤ人は、毒を持つのウェルズ、ピアス、聖体拝領用のホストは、殺害された無実の子供たちと彼らの血液を使用するためには、次のトレースを主にしてぼうぜん自失の心をbeholdsあらゆる知的作業の悪魔のような大国の偉業は、同盟関係していたとみられる血液を買った。 On the other hand, the Church was ever busy infusing into the popular mind the belief that those rites which served as symbolic expressions of the faith were endowed with supernatural powers, "sacrament" being the Latin word used for "mysterion," the name given to forms which had a certain magic spell for the believer.その一方で、その教会はいつも忙しい人々の心を注入するという信念を持ってこれらの儀式を象徴的な表現では、信仰を務めていた神通力に恵まれている、 "聖餐式"を使用されている単語のラテン語" mysterion 、 "与えられた名前フォームをしていたため、特定の魔法の呪文の信奉者だ。 Both baptism and the eucharist were regarded as miracle-working powers of the Christian faith, on participation in which the salvation of the soul depended, and exclusion from which meant eternal damnation (see the literature in Schaff-Herzog, "Encyc." s.v. "Sacrament").両方の洗礼聖体と見なされていた霊験あらたかな権限は、キリスト教の信仰は、これに参加して、魂の救いに依存する、との意味永遠の苦しみから除外する(文学を参照してくださいシャフ-ヘルツォークは、 " encyc 。 " sv "聖餐式"を参照) 。

Asceticism in the Monasteries.禁欲の修道院。

The expectation by early Christianity of a speedy regeneration of the world by the reappearance of Jesus exerted a strange influence also on the whole moral and social state of humanity.期待されたが、キリスト教の早期再生を迅速に再現された、世界のイエスは、奇妙な影響力を行使しても、人類全体の道徳性や社会性の状態です。 The entire Christian life being a preparation for the world to come (and this change being expected to take place soon; Matt. x. 23; I Cor. i. 7; I Peter i. 13), only those that renounced the joys of the flesh were certain of entering the latter.キリスト教全体の生活に備えているが、世界に来る(この変更が予想されるとすぐに行われる;マットです。 Xの23 ;私うわっ。私7 ;私ピーターi. 13 ) 、それらのことだけの喜びを放棄特定の肉が、後者に入る。 This view gave rise to asceticism in the monasteries, for which genuine religiosity was claimed; while marriage, home, and state, and all earthly comforts, were only concessions to the flesh.このビューを与えた禁欲の修道院の上昇は、本物の信心深さは主張;間の結婚、ホームページ、および状態では、この世のすべてのコンフォートとは、譲歩していた肉だけです。 Henceforth the ideal life for the priest and recluse was to differ from that for the people at large, who were to rank as inferiors (Strauss, l.c. i. 41 et seq.).今後の人生のためには理想的な世捨て人の司祭とは違うことを、人々のための大規模な、人としてのランクをinferiors (シュトラウス、 lci 41以下参照ください。 ) 。 Whereas in Judaism the high priest was not allowed to officiate on the Day of Atonement unless he had a wife that made home sacred to him (Yoma. i. 1, after Lev. xvi. 11, 17), celibacy and virginity were prized as the higher virtues of the Christian elect, contempt of the world with all its material, social, and intellectual pursuits being rendered the ideal of life (see Ziegler, "Gesch. der Ethik," 1886, pp. 192-242).ユダヤ教では認められていない、大祭司が職務を果たす贖罪の日は、妻のことがない限り、彼には彼の前にホームを聖なる( yoma. i. 1 、後レフです。 16 。 11 、 17 )は、独身や処女性が見事に美徳は、キリスト教の選出が高いほど、軽蔑して、世界のすべての材料は、社会的、そして知的な職業には理想的な人生のレンダリング(ツィーグラーを参照して、 " gesch 。デアethik 、 " 1886 、 pp 。 192から242 ) 。 Thus, to the Jew Christendom, from the days of the emperor Constantine, presented a strange aspect.従って、ユダヤ人とキリスト教は、この日からは、天皇コンスタンティンは、不思議な側面を提示する。 The Church, formerly the declared enemy of Rome-Babel (Rev. xvii.), had become her ally, accepting Edom's blessing, "By thy sword shalt thou live" (Gen. xxvii. 40), as her own; and, on the other hand, there appeared her priests ("gallaḥ" = hair-clipped) and monks ("kummarim"), in the guise of the old Hebrew Nazarites and saints, claiming to be the true heirs to Israel's prophecy and priesthood.その教会は、かつての敵と宣言ローマ-バベル( 17牧師です。 )は、彼女の味方になっていた、エドムの祝福を受け入れ、 "なたライブをすれば、なたの剣" (大将27 。 40 )は、彼女自身の;と、上他方、そこに登場彼女のプリースト( " gallaḥ " =ヘアクリップ付き)と僧侶( " kummarim " )は、ヘブライ語を装って、古い聖人nazaritesと主張し、真の相続人になると予言して、イスラエルの聖職に就く。 Indeed, medieval Judaism and Christianity formed the greatest contrast.確かに、中世のユダヤ教とキリスト教の最大のコントラストを形成します。 Children of the same household, invoking the same God and using the same Scriptures as His revealed word, they interpreted differently life and its meaning, God and religion.同じ家庭の子供たちは、同じ神を呼び出して使用して、同じ聖書と明らかに彼の言葉として、彼らの生活とその意味を違った解釈は、神と宗教です。 Their Bible, Sabbath, and festivals, their whole bent of mind and soul, had become widely divergent.彼らの聖書は、安息日、祭りは、自分の心と魂の全体を曲がって、発散が広くなる。 They no longer understood each other.彼らはもはやお互いに理解しています。

Medieval Jewish Views of Christianity.ユダヤ教、キリスト教の中世の見解だ。

Yet, while neither Augustine nor Thomas Aquinas, the chief framers of the Church dogma, nor even Luther and Calvin, the Reformers, had any tolerance for Jew or Moslem, the authorities of the Synagogue accorded to Christianity and Islam a high providential mission in human history.しかし、どちらの中にもトマスアクィナスアウグスティヌスは、教会のドグマのチーフframers 、ルターとカルヴァンでさえも、改革派、ユダヤ人やmoslemためにはどんな公差は、当局は、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教の礼拝堂にふさわしい高摂理には人間の使命歴史です。 Saadia (died 942), the first to examine the Christian dogma, says (in his "Emunot we-De'ot," ii. 5) that, unconcerned by the sensual Trinitarian belief of the common crowd, he would discuss only the speculative value given by Christian thinkers to the Trinity; and so, with penetrating acumen and profound earnestness and love of truth, he endeavors to lay bare either the metaphysical errors of those who, as he says, make of such attributes as life, power, and knowledge separate parts of the Deity, or the defects of the various philosophical constructions of the divinity of Jesus (see Kaufmann, "Gesch. der Attributenlehre," pp. 38-52; Guttmann, "Die Religionsphilosophie des Saadia," pp. 103-113). saadia (死亡942 ) 、キリスト教の教義を調べるために、最初によると、 (彼の" emunot - de'ot我々は、 " Ⅱ 。 5 )して、みだらな無関心される三位一体説を信奉するという共通の信念の群衆の中、彼は、投機筋だけを話し合うキリスト教思想家で指定した値を、トリニティ;そして今、深い洞察力の鋭い洞察力と真実の愛の熱意と、彼は努力をむき出しにする人たちのいずれかのエラー形而上、と彼は言いますが、そのような属性としての人生を、電源ケーブル、および個別部品の知識の神、またはその欠陥は、様々な哲学的建設は、イエスの神性(カウフマンを参照して、 " gesch 。デアattributenlehre 、 " pp 。三八から五二;グットマンは、 "死ぬreligionsphilosophieデsaadia 、 " pp 。 103 - 113 ) 。

Grander still is the view of Christianity taken by Judah ha-Levi in the "Cuzari."キリスト教の見解は、まだgrander取られるユダハ-レビは、 " cuzari 。 " After having rejected as incompatible with reason all the claims of the Trinity and of Christ's origin (i. 5), and remarked that both Christianity and Islam accepted the roots, but not the logical conclusions, of Israel's faith, (iv. 11)-rather amalgamating the same with pagan rites and notions-he declares (iv. 23) that both form the preparatory steps to the Messianic time which will ripen the fruit in which adherents of those faiths, too, will have a share, all the branches thus proving to be "the one tree" of Israel (Ezek. xxxvii. 17; see D. Cassel, "Das Buch Kuzari," 337).後には互換性がないことを拒否の理由としては、請求の範囲のすべてのトリニティとキリストの起源( i. 5 )は、キリスト教とイスラム教との両方を利用しては、ルーツはあったけど、論理的な結論は、イスラエルの信仰は、 ( iv. 11 ) -というと、同じamalgamating -彼は異教の儀式や概念を宣言( iv. 23 )は、双方の手順を実行して、フォームの準備時間が救世主の果実が熟す支持者の宗教でも、シェアがあるが、そのためのすべての支店立証されて"自分の木"は、イスラエル( 37 ezek. 。 17 ;参照してくださいd.カッセル、 " dasブーフkuzari 、 " 337 ) 。 This view is shared by Maimonides, who writes in "Yad," Melakim, xi.このビューは、共有されるmaimonides 、誰の書き込みで" yad 、 " melakim 、 xi 。 4: "The teachings of the Nazarene and the Ishmaelite [Mohammed] serve the divine purpose of preparing the way for the Messiah, who is sent to make the whole world perfect by worshiping God with one spirit: for they have spread the words of the Scriptures and the law of truth over the wide globe; and, whatever of errors they adhere to, they will turn toward the full truth at the arrival of the Messianic time." 4 : "ナザレの教えとはイシュマエルの子孫[モハメド]の神の目的を果たすための準備方法、救世主は、送信者は、全世界の完璧さを神にして1つの精神worshiping :ためには、かれらの言葉が広がる聖書の真理と、法律上のワイドグローブ;とは、どのようなエラーが発生することに固執して、かれらは真実の電源を完全に向かっての到着時間の救世主です。 " And in his Responsa (No. 58) he declares: "The Christians believe and profess in common with us that the Bible is of divine origin and given through Moses, our teacher; they have it completely written down, though they frequently interpret it differently."彼と彼responsumの宣言(第58 ) : "キリスト教徒を信じると公言して私たちの共通点は、聖書は、モーゼを通して与えられた神の起源とは、私たちの先生;彼らはそれを完全に書かれた銘柄が下げ、かれら頻繁に解釈することが違う"と述べた。

The great rabbinical authorities, R. Gershom of Mayence (d. 1040; see "Ha-Ḥoḳer," i. 2, 45); Rashiand his school; the French Tosafists of the twelfth century ('Ab. Zarah, 2a); Solomon ben Adret of Barcelona, of the thirteenth century; Isaac b.偉大なラビ当局は、共和党のゲルショムmayence ( d. 1040 ;参照している" ha - ḥoḳer 、 " i. 2 、 45 ) ; rashiand彼の学校; tosafistsは、 12世紀のフランス( ' ABのです。 zarah 、 2a ) ;ソロモンベン日当たりの良い斜面で、バルセロナは、 13世紀の;アイザックBに Sheshet of the fourteenth century (Responsa No. 119); Joseph Caro (Shulḥan 'Aruk, Oraḥ Ḥayyim, 156, end; Yoreh De'ah, 148; and Ḥoshen Mishpaṭ, 266), and Moses Isserles of the sixteenth century declare that Christians are to be regarded as Proselytes of the Gate and not as idolaters, in spite of their image-worship. 14世紀のsheshet ( responsumの第119 ) ;ヨセフカロ( shulḥan ' aruk 、 oraḥハイム、 156 、エンド; yoreh de'ah 、 148 ;とḥoshen mishpaṭ 、 266 ) 、およびモーゼスisserles宣言して16世紀のキリスト教徒proselytesと見なされるものは、多神教徒としてゲートではなく、自分のイメージを崇拝にもかかわらずだ。 Still more emphatic in the recognition of Christianity, as teaching a belief in the Creator, revelation, retribution, and resurrection, is Joseph Yaabeẓ, a victim of Spanish persecution (1492), who, in his "Ma'amar ha-Aḥdut," iii., goes so far as to assert that "but for these Christian nations we might ourselves have become infirm in our faith during our long dispersion."まだこちらの認識を強調してキリスト教では、制作者としての信念を教えることで、ヨハネの黙示録、報復、そして復活、ジョセフyaabeẓは、スペイン語の迫害の犠牲者( 1492 )氏は、彼の" ma'amarハ- aḥdut 、 " Ⅲ 。は、これまでのように主張するが"しかし、我々はこれらのキリスト教国老衰かもしれないが、私たちの信仰を自分自身の中に分散長い"と述べた。

Christianity Compared with Islam.キリスト教イスラム教と比較している。

The same generous view is taken by his contemporary Isaac Arama ("Aḳedat Yiẓḥaḳ," lxxxviii.).同じ寛大な見解がとられる彼のコンテンポラリーaramaアイザック( " aḳedat yiẓḥaḳ 、 " 88です。 ) 。 Eliezer Ashkenazi (sixteenth century) warns his coreligionists, in his "Ma'ase ha-Shem," written in Turkey, "not to curse a whole Christian nation because a portion wrongs us, as little as one would curse one's own brother or son for some wrong inflicted."エリエゼルアシュケナージ( 16世紀)警告coreligionists彼は、彼の"ハ- shem ma'ase "と書かれてトルコは、 "キリスト教国全体の呪いしないようにする部分を正すために私たちは、ほとんどの一つとしては、自分の弟や息子の呪いいくつかの間違いを招いた"と述べた。 Jacob Emden at the middle of the eighteenth century wrote: "Christianity has been given as part of the Jewish religion by the Apostles to the Gentile world; and its founder has even made the moral laws stricter than are those contained in Mosaism. There are, accordingly, many Christians of high qualities and excellent morals who keep from hatred and do no harm, even to their enemies. Would that Christians would all live in conformity with their precepts! They are not enjoined, like the Israelites, to observe the laws of Moses; nor do they sin if they associate other beings with God in worshiping a triune God. They will receive reward from God for having propagated a belief in Him among nations that never heard His name; for 'He looks into the heart.'ジェイコブエムデンでは、 18世紀の真ん中に書きました: "として指定されてキリスト教、ユダヤ教の宗教団体の使徒とされる世界のジェンティーレ;およびその創始者は、道徳的にも前には、これらの法律よりも厳しいmosaismに含まれています。そこには、したがいまして、多くのキリスト教徒の高い優れた資質と道徳を守る人に悪影響を与えることはしないと憎しみからでも、自分の敵にしています。が住んでいることに準拠してすべてのキリスト教徒は、彼らの戒律!加味されていない、イスラエル人のように、法律を順守するモーゼス;罪すればかれらも他の生き物を関連付けることで、神の三位一体の神worshiping 。かれらは、神から報酬を受け取るためには彼の信念を伝搬する諸国間の彼の名前を聞いたことがない;ために'彼は心臓を検討しています。 ' Yea, many have come forth to the rescue of Jews and their literature" ("Resen Mat'eh," p. 15b, Amsterdam, 1758, and "Leḥem ha-Shamayim" to Ab. v. 17).いや、多くが、罷り出る時には救助のユダヤ人と彼らの文学" ( " resen mat'eh 、 " p. 15b 、アムステルダム、 1758 、および" leḥemハ- shamayim "をABのです。対17 ) 。 Leone del Bene (Judah Asahel Meha-Ṭob) also may be mentioned, who, in his "Kis'ot le-Bet David," 1646, xxiv., xxvi., xlvi., xlviii., compares Mohammedanism with Christianity, and declares the latter as superior, notwithstanding its Trinitarian dogma.レオーネデルベネ(ユダasahel meha - ṭob )かもしれないにも触れたように、人は、彼の"ル- kis'ot賭けデビッドは、 " 1646年、 xxiv 。 、 26 。 、 46 。 、 48 。 、イスラム教とキリスト教の比較、および宣言スーペリア、後者としては、ドグマにもかかわらず、三位一体説を信奉する。 A highly favorable opinion of Jesus is expressed also in a Karaite fragment noted in Steinschneider, "Oẓerot Ḥayyim," Catalogue of the Michael Library, pp.イエスは、非常に好意的な意見を表明するにも記載されてシュタインシュナイダーフラグメントカライ派は、 " oẓerotハイムは、 "マイケルは、図書館カタログ、 pp 。 377 et seq., Hamburg, 1848. 377以下参照。 、ハンブルク、 1848 。 Compare Jew.ユダヤ人を比較した。 Encyc. encyc 。 i. 223, s.v. 223 、 sv Afendopolo. afendopolo 。

The persistent attacks of Christian controversialists against the Jewish belief gave rise, of course, to a number of polemical works, written in self-defense, in which both the Christian dogmas and the New Testament writings are submitted to unsparing criticism.持続的な攻撃には、キリスト教、ユダヤ教の信仰に反対controversialists与えたの上昇は、もちろん、数多くの論争作品には、自己防衛のために書かれ、キリスト教の教義には、両方の記述や、新約聖書には手厳しい批判を提出しています。 Foremost among these-not to mention Naḥmanides' published disputation with Pablo Christiani-is that of Ḥasdai Crescas, who, in a Spanish "tratado" on the Christian creeds (1396), showed the irrationality of the doctrines of Original Sin, the Trinity, the Incarnation, the Virginity of Jesus' Mother, and Transubstantiation, and who investigated the value of baptism and of the New Testament compared with the Old; beginning with the following three axioms: "(1) Reason can not be forced into belief; (2) God Himself can not alter the laws of a priori truth and understanding; (3) God's justice must comprise all His children."真っ先に挙げられるのはもちろんこれらnaḥmanides '日付の論争では、パブロchristiani - ḥasdaiクレスカスのは、人は、スペイン語で" tratado "は、キリスト教の信条( 1396 ) 、非合理見せたのは、教説の原罪は、トリニティ、その化身は、純粋無垢のイエスの母、と変質し、調査の値の人の洗礼は、新約聖書と比較して、古い;初めには、次の3つの公理: " ( 1 )信念を理由に強制することはできません。 ( 2 )神の法律を変えることはできない自分自身の先験的な真理を理解し、 ( 3 )神の正義を構成するすべての子供たちが必要です。 " Another vigorous defender of Judaism against Christianity was Simon ben Ẓemaḥ Duran (1361-1440), who, in his great work, "Magen Abot," reiterates the assertion that Jesus, according to his own words, did not come to abrogate the Law; and then exposes the many self-contradictory statements in the New Testament concerning Jesus.キリスト教、ユダヤ教に対する別の積極的な守備はデュランẓemaḥベンシモン( 1361-1440 )は、人は、彼の偉大な仕事は、 " magen abot 、 "イエスreiteratesという主張は、彼自身の言葉によれば、この法律を廃止したわけではないから;それから公開し、多くの自己矛盾に関する記述は、新約聖書イエスです。 The "Iḳḳarim" of Joseph Albo is (not merely in ch. xxv. of sect. iii., but in its totality) a defense of liberal Jewish thought against Christian dogmatism; and it therefore dwells with especial emphasis on the fact-which all Jewish thinkers from Saadia and Maimonides down to Mendelssohn accentuated-that miracles can never testify to the verity of a belief, because every belief claims them for itself. " iḳḳarim "のジョセフalboは(チャンネルだけではないのです。 25 。の宗派です。 Ⅲ 。 、しかし、その全体)リベラルなユダヤ人の考えに反対するキリスト教の防衛の独断;とすることを特に重視して、そのための棲む事実をすべてユダヤ教の思想家maimonidesダウンしてから、メンデルスゾーンsaadia顕著にして奇跡の真実性を立証することは決して信念は、すべての信念を主張しているためだ。 As to the two Hebrew standard works of New Testament criticism in the Middle Ages, written for apologetic purposes, the "Sefer Niẓẓaḥon" and the "Ḥizzuḳ Emunah," see Mühlhausen; Lippmann, and Isaac ben Abraham Troki.ヘブライ語の標準として2つの作品を、新約聖書の批判は、中世には、申し訳なさそうな目的のために書かれたため、 " sefer niẓẓaḥon "と" ḥizzuḳ emunah 、 "を参照してくださいmühlhausen ;リップマン、ベンアブラハムとアイザックtroki 。

Christianity's Historic Mission.キリスト教の歴史的使命です。

III. Ⅲ 。 To offer to the great Gentile world the Jewish truth adapted to its psychic and intellectual capacities-this was the providential mission of Christianity.ジェンティーレを提供して世界の偉大な真実適合しているユダヤ教の精神や知的能力-これは、キリスト教の神の使命です。 Yet, in order to become a unifying power for all the nations on the globe, shaping and reshaping empires, and concentrating the social, political, and spiritual forces of humanity in a manner never before attempted or dreamed of, it required an inspiring ideal of sublime grandeur and beauty, which should at once fascinate and stir souls to their very depths and satisfy their longings.しかし、統合力になるためには地球上のすべての国々は、整形と帝国を作り直すことは、社会との集中は、政治的、精神的な勢力と、人類の前には決して試みたりする方法を夢見て、それを奮起させる必要が理想崇高な壮大さと美しさ、これは、一度に自分の魂を魅了すると非常に深みをかき混ぜると自分の願望を満たす。 Nothing less than the conquests of Cyrus the Lord's "anointed," called "to subdue nations and to break their prison doors" (Isa. xlv. 1, 2), than Alexander's great empire over the earth, still more than a kingdom that would encompass all that for which Rome and Alexandria and Jerusalem stood-"a kingdom of the people of the saints of the Most High" (Dan. vii. 17-27)-nothing less than this was the goal which they that were told to "go forth and make disciples of all nations" (Matt. xxviii. 19) had in view.何もないの征服未満のキュロスの主の"聖なる"と呼ばれる"と国を征服する彼らの刑務所のドアを破る" ( 45 isa. 。 1 、 2 ) 、アレクサンダーよりも、地球上の大帝国は、いまだに超えることの王国すべてを網羅することはローマとアレキサンドリアとエルサレムに立っていた"と、王国の人々は、聖人の最も高い" (第VII dan. 。一七から二七まで) -何も満たないが、この目標は、彼らが言ったことを"出て行くと弟子のすべての国" ( 28 matt. 。 19 )が表示されます。 The Jewish propaganda, begun in the Babylonian Exile (Isa. xlv. 6; xlix. 6; lvi. 6, 7; lxvi. 21), and systematically pursued in Alexandria and Rome (Matt. xxiii. 15; Schürer, "Gesch." iii. 302 et seq., 420 et seq.), was to be left far behind, and, by battering down the barriers of the Law and the Abrahamic faith, was to be rendered elastic enough to suit the needs of a polytheistic world.ユダヤ教のプロパガンダには、始めは、バビロニア亡命者( 45 isa. 。 6 ; 49 。 6 ; 56 。 6 、 7 ; 66 。 21 ) 、および体系的に追求アレキサンドリアとローマ( 23 matt. 。 15 ; schürer 、 " gesch 。 " Ⅲ 。 302以下参照。 、 420以下参照。 ) 、左に後れを取っていた、とは、虐待された同法の障壁を下げるabrahamic信仰とは、十分な弾性がレンダリングされるのニーズに合わせて、多神世界。

Such was the view of the missionary of Tarsus.このような見方は、瞼板の宣教師のです。

But it was, after all, the glad tidings of the Jew Jesus which won humanity for Abraham's God.しかし、それは、結局のところ、ユダヤ人の吉報は、人類のためにイエスキリストがアブラハムの神ウォン。 Jewish righteousness, "Ẓedaḳab," which is the power of helpful love readjusting social inadequacies, was destined to go forth from the Synagogue in order to lift the burden of wo from suffering humanity and to organize everywhere works ofcharity.ユダヤ教の正義は、 " ẓedaḳab 、 "これは、社会的な不備readjusting愛の力に役立つ、運命には、ユダヤ教の礼拝堂から出て行くためには二つの重荷を持ち上げてからどこでも苦しんでいる人々や作品を整理ofcharity 。 By this the Church, "the congregation of the Lord," conquered the masses of the vast Roman empire, and, as she learned the better to apply the Jewish system (see Essenes) to the larger field opened, achieved ever-increasing wonders with the mighty resources at her disposal.この教会は、 "この集会は、主に、 "大衆には、広大な征服ローマ帝国、そして、彼女を学んだとしてユダヤ人のより良い制度を適用する(エッセネ派を参照してください)フィールドを大きく開けられると、達成して右肩上がりの驚異彼女の処分は、強大な資源です。 The poorhouse, or hospital, "transplanted as a branch of the terebinth of Abraham to Rome."この救貧院や病院には、 "移植としては、枝をテレビンノキローマのアブラハムです。 " (See Charity), became a mighty factor of human beneficence, and moved the deepest forces of the Church to glorious activity. (番号を参照してください) 、無敵の要因になった人間の善行、および移動の最深軍の栄光教会の活動をします。 Christianity, following the matchless ideal of its Christ, redeemed the despised and outcast, and ennobled suffering.キリスト教、キリストは、次の無比の理想は、換金は軽蔑され見捨てられた、と苦しみennobled 。 It checked infanticide and founded asylums for the young; it removed the curse of slavery by making the humblest bondsman proud of being a child of God; it fought against the cruelties of the arena; it invested the home with purity and proclaimed, in the spirit of Ezek.幼児殺害のチェックを設立することとは、若いasylums ;て削除さを増して奴隷の呪いhumblest立替誇りにしている神の子;て戦ったの残虐行為は、アリーナ;ことを投資家に純度と宣言したのは、の精神でのezek 。 xviii. 18 。 and Yer.そしてyer 。 Sanh. sanh 。 iv. 4 。 22a, the value of each human soul as a treasure in the eyes of God; and it so leavened the great masses of the empire as to render the cross of Christ the sign of victory for its legions in place of the Roman eagle. 22aは、それぞれの人間の魂の価値としての神の目には宝物;ので発酵して、大衆には、偉大な帝国を描画するとして、キリストの十字架の勝利のために、多数の署名の代わりに、ローマのイーグル。 The "Galilean" entered the world as conqueror. "ガリレオ"として、世界征服を入力します。 The Church became the educator of the pagan nations; and one race after another was brought under her tutorship.その教会は、異教の国々は、教育者、そしてもう一つは、 1つのレース後の彼女のtutorの地位の下にもたらした。 The Latin races were followed by the Celt, the Teuton, and the Slav.レースが続きますが、ラテンケルト人は、 teuton 、およびスラブ。 The same burning enthusiasm which sent forth the first apostle also set the missionaries aglow, and brought all Europe and Africa, and finally the American continent, under the scepter of an omnipotent Church.同じ情熱を燃やす遣わした使徒の最初のセットの宣教師にも輝いて、そしてすべてのもたらしたヨーロッパやアフリカ、そして最後に、アメリカの大陸では、全能の神の下にある教会の笏。 The sword and the cross paved the way through vast deserts and across the seas, and spread the blessings of a civilization claimed to be Christian because its end was the rule of Christ.剣と十字架の道を開いたを通じて、広大な砂漠と海を横断し、広がりのある文明の利器公言されているため、キリスト教、キリストの支配の終わりだった。

Messianic Promises Not Fulfilled.約束は果たされていない救世主です。

Judaism, however, denies the validity of this claim.ユダヤ教は、しかし、この主張の妥当性を否定しています。 As Isaac Troki (in his "Ḥizzuḳ Emunah," i. 2, 4a, 6) says, "none of the Messianic promises of a time of perfect peace and unity among men, of love and truth of universal knowledge and undisturbed happiness, of the cessation of all wrong-doing, superstition, idolatry, falsehood, and hatred [Isa. ii. 1 et seq., 18; xi. 1-9, lxv. 19, 23; Jer. iii. 17; Ezek. xxxiv. 25, xxxvi. 25 et seq., xxxvii. 26; Zech. xiii. 2, xiv. 9; Zeph. iii. 13] have been fulfilled by the Church."アイザックtrokiとして(彼の" ḥizzuḳ emunah 、 " i. 2 、 4A面、 6 )によれば、 "いずれも、約束の時間の救世主完璧な平和と団結の男性の間では、真実の愛と幸せを乱さない普遍的な知識や、すべての不義の停止、迷信、偶像礼拝、偽り、そして憎悪[のISA 。 Ⅱ 。 1以下参照。 、 18 ; xi 。 1-9 、 65 。 19 、 23 ; jer 。 Ⅲ 。 17 ; ezek 。 34 。 25 、 36 。 25以下参照。 、 37 。 26 ;ツェッヒ。 13 。 2 、 14 。 9 ; zeph 。 Ⅲ 。 13 ]教会が果たされる"と述べた。 On the contrary, the medieval Church divided men into believers and unbelievers, who are to inherit heaven and hell respectively.とは逆に、男性に分かれて、中世の教会の信者と不信心者たちは、それぞれに天国と地獄を受け継ぐ。 With the love which she poured forth as the fountain of divine grace, she also sent forth streams of hatred.彼女の愛を注ぎ来たりして、神の恵みの泉は、彼女の憎しみもストリーム遣わした。 She did not foster that spirit of true holiness which sanctifies the whole of life-marriage and home, industry and commerce-but in Jewish eyes seemed to cultivate only the feminine virtues, love and humility, not liberty and justice, manhood and independence of thought.彼女は本当の精神を育成することをsanctifiesホーリネス全体の生活-結婚と家庭、産業界との商取引のように見えたが、ユダヤ人の目を養うだけのフェミニン美徳は、愛と謙虚さではなく、自由と正義、男らしさと独立性の思想。 She has done much in refining the emotions, unfolding those faculties of the soul which produce the heavenly strains of music and the beauties of art and poetry; but she also did all in her power to check intellectual progress, scientific research, and the application of knowledge.彼女は、感情を精製調べずには、それらのアンフォールディングの生産能力は、魂を天上の品種を愛でるの音楽と美術と詩;しかし、彼女はそれを全部でも彼女のパワーをチェックする知的な進歩、科学研究、およびアプリケーションの知識です。 Her tutorship sufficed as long as the nations under her care were in the infant stage; but as soon as they awoke to self-consciousness and longed for freedom, they burst the shackles of dogma and of ecclesiastical authority.彼女のtutorの地位sufficed限り、国の下では、幼児の段階では彼女のケア;しかし、彼らが目を覚ました時にできるだけ早くlonged自意識過剰と自由のためには、彼らのドグマバーストの足かせと教会の権威のです。 Thus the Church was broken up into churches.こうして、教会は、教会分けられる。 Under the influence of Judaism and of Arabic philosophy, Scholasticism arose, and then came the Reformation; and the process of disintegration continues throughout Protestantism.ユダヤ教の影響下にあるとのアラビア語の哲学は、スコラ学であったと反省し、次に来たの改革;とプロテスタントの過程を通して壊変を続けています。 The tendency of historical inquiry and Biblical criticism is to leave nothing but the picture of the man Jesus, the Jew, as a noble type of humanity, and to return to simple monotheism (see Renan, "Le Judaisme et le Christianisme," 1883; idem, "L'Eglise Chrétienne," 1879, p. 248; Alexander von Humboldt, in Samter, "Moderne Judentaufen," and in A. Kohut, "Alexander von Humboldt und das Judenthum," 1871, p. 176; Berner, "Judenthum und Christenthum," 1891, p. 31; Alphonse de Candolle, in Jellinek, "Franzosen über Juden," 1880, p. 27; Singer. "Briefe Berühmter Christ. Zeigenossen," p. 114. No human individual, however great in his own environment, can, according to the Jewish view, present a perfect ideal of humanity for all ages and phases of life. "No one is holy but God": to this Jewish conception of man Jesus also gave expression (Matt. xix. 17). Man as the image of God requires all the ages and historical conditions of progress to unfold the infinite possibilities of the divine life planted in him. "Each age has its own types of righteousness" (Tan., Miḳeẓ, Vienna ed., p. 48), and only by the blending of all human efforts toward the realization of the true, the good, and the beautiful can the highest perfection be attained at the end of history, "each mount of vision forming a stepping-stone to Zion as the sublime goal" (Midr. Teh. to Ps. xxxvi. 6).お問い合わせの傾向や聖書の歴史を残すの批判は何もない男が、イエスキリストの絵は、ユダヤ人は、高貴なタイプの人間としては、単純に戻るには、一神教(ルナンを参照して、 "ルルjudaisme et christianisme 、 " 1883 ;同著者は、 "レグリーズchrétienne 、 " 1879 、 p. 248 ;アレクサンダーフォンフンボルト、 samter 、 "モデルヌjudentaufen 、 " a.コフートとは、 "アレクサンダーフォンフンボルトウントdas judenthum 、 " 1871 、 p. 176 ;ベルナー、 " judenthumウントchristenthum 、 " 1891 、 p. 31 ;アルフォンスドカンドル、イェリネック、 " franzosen催し物スポンサjudenは、 " 1880年、 p. 27 ;歌手です。 "キリストbriefe berühmter 。 zeigenossen 、 " p. 114 。ありません個々の人間は、ただ偉大で、自分の環境では、ことは、ユダヤ人の見解によると、完璧な理想を提示するために、人類の生活のすべての年齢層との段階だ"しかし、誰もが聖なる神" :このユダヤ教の概念を与えた表現でもイエスマン( matt. 19 。 17 ) 。男としてのイメージを必要と神のすべての年齢層の進捗状況や歴史的な条件は、無限の可能性を開花さ植えられた神の人生なんですよ"それぞれの年齢にはそれぞれ独自のタイプの正義" ( tan. 、 miḳeẓ 、ウィーンエド。 、 p. 48 ) 、およびブレンディングだけで、すべての人間の真の実現に向けての取り組みは、良いし、最高の完成度の美しいことで達成される歴史の終わりには、 "それぞれのビジョンを形成するマウントステッピングザイオン-石に崇高な目標として、 " ( midr.のです。はPSです。 36 。 6 ) 。

Christianity is not an end, but the means to an end; namely, the establishment of the brotherhood of man and the fatherhood of God.キリスト教の終わりではないが、その手段を終わら;すなわち、同胞団の設立は、人間と神の父権。 Here Christianity presents itself as an orb of light, but not so central as to exclude Islam, nor so bright and unique as to eclipse Judaism, the parent of both.キリスト教のプレゼントとしてここにオーブの光そのものではなく、イスラムを除外していないので中心として、またこれをエクリプス明るくユニークなユダヤ教としては、両方の親です。 Moreover, room is left for other spiritual forces, for whatever of permanent value is contained in Brahmanism, especially its modern theistic sects, and in Buddhism (see Eucken, "Der Wahrheitsgehalt der Religion," Leipsic, 1901; Happel, "Die Religiösen und Philosophischen Grundanschauungen der Inder," 1902), and in the theosophic principles derived from it, and for all religious and philosophical systems that may yet be evolved in the process of the ages.また、他の精神的な勢力は、お部屋の左側には、何のための恒久的な値が含まれてバラモン教は、特にその近代的有神論宗派、仏教とは( 1901 ;ハッ、 "死ぬreligiösenウントphilosophischen grundanschauungenデアinder 、 " 1902 ) 、および、接神論の原則に由来すること、およびシステムでは、すべての宗教的かつ哲学的に進化していないかもしれませんが、その過程で年齢です。 In fact, whatever constitutes humanity and bears the image of God, whatever man does in order to unfold the divine life (Gen. i. 27; Lev. xviii. 5; Ps. viii. 6; Job xxviii. 28; Eccl. xii. 13)-that helps to make up the sum of religion.実際に、どのようなイメージを構成する人間とクマの神は、人間がどのように展開するために、神の生命(大将i. 27 ;レフです。 18 。 5 ;しまう。 viii 。 6 ;ジョブ28 。 28 ; eccl 。 12世。 13 )の金額を用意することを助ける宗教だ。

For the modern tendency toward pure theistic and humanitarian views among the various systems of religious thought, see Ethical Culture; Unitarianism.近代的傾向は、純粋な人道主義的有神論と、様々なシステム間の意見の宗教思想は、倫理的な文化を参照してください; unitarianism 。

Kaufmann Kohlerカウフマンコーラー
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ百科事典は、 1901年から1906年の間に出版されます。

Bibliography: 参考文献:
Graetz, Hist.グレーツ、シーッ。 of the Jews, ii., iii., iv., passim; Hamburger, R. B. T. ii., s.v.ユダヤ人は、 2世です。 、 Ⅲ 。 、 4世です。 、各所;ハンバーガー、 rbt Ⅱ 。 、 sv Christenthum; Geiger, Das Judenthum und Seine Gesch. christenthum ;ガイガーは、セーヌ川das judenthumウントgesch 。 1865, i., ii., Supplement; M. Schreiner, Die Jüngsten Urtheile über das Judenthum, 1902; Perles, What Jews May Learn from Harnack, in Jew. 1865勇、 Ⅱ 。 、サプリメント; m.シュライナー、死ぬの催し物スポンサjüngsten urtheile das judenthum 、 1902 ; perles 、ハルナックどのようなユダヤ人から学ぶことは、ユダヤ人です。 Quart.クオート。 Rev. 1902; M. Güdemann, Das Judenthum, 1902; Toy, Judaism and Christianity, 1890; Harnack, History of Dogma, i.-v., Eng.牧師1902 ; m. güdemann 、 das judenthum 、 1902 ;おもちゃ、ユダヤ教、キリスト教、 1890 ;ハルナックは、歴史上の教義、 i.-v. 、エングです。 transl. transl 。 by N. Buchanan; D. Strauss, Die Christliche Glaubenslehre, 1840-41, i., ii.; Chwolson,Die Blutanklage und Sonstige Mittelalterliche Beschuldigungen, pp.ブキャナンによってn. ; d.シュトラウス、 christliche glaubenslehreダイは、 1840年から1841年勇、 Ⅱ 。 ; chwolson 、死ぬblutanklageウントsonstige mittelalterliche beschuldigungen 、 pp 。 1-78, Frankfort-on-the-Main, 1901; Lecky,History of European Morals from Augustus to Charlemagne, 1874, i., ii.; Ziegler, Gesch.一〜七十八、フランクフォートオンザメイン、 1901 ;レッキーは、欧州の歴史から道徳をオーガスタスシャルルマーニュは、 1874勇、 Ⅱ 。 ;ツィーグラー、 gesch 。 der Christlichen Ethik, 1886.デアchristlichen ethik 、 1886 。 David Einhorn, Unterscheidungslehre Zwischen, Judenthum und Christenthum, in Sinai, 1860, pp.デービッドアインホンunterscheidungslehre zwischen 、 judenthumウントchristenthum 、シナイ半島では、 1860 、 pp 。 193 et seq., and 1861, pp. 193以下参照。 、 1861 、 pp 。 100 et seq.K. 100 et seq.k.


Also, see:また、参照してください:
Jesus イエス
Christ キリスト
God
Bible 聖書
The Arising of Jesus イエスが生じる

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです