Christology キリスト

General Information 総合案内

Although it is true that there was a basic difference between Jesus' message of the kingdom and the post Easter church's message of him as the saving act of God, all of Jesus' words and work imply a Christology.にもかかわらずそれがあったのは事実だが、基本的な違いはイエスのメッセージの王国や教会の復活祭の後、彼のメッセージを保存するとして、神の行為は、すべてのイエスの言葉や仕事を意味するchristology 。 Thus the critical quest for the historical Jesus yields a sufficient basis for the message of the post Easter church and is therefore necessary to legitimate it.したがって、重要な歴史的な探求のために十分な根拠は、イエスキリストのメッセージの利回りは、復活祭の後に合法的な教会とは、そのために必要なことです。

Message of the Post Easter Churchイースター教会のメッセージの投稿

The Christology of the earliest Palestinian Christian community apparently had two focuses. It looked backward to the earthly life of Jesus as prophet and servant of God and forward to his final return as Messiah (Acts 3:21). Meanwhile Jesus was thought of as waiting inactively in heaven, to which he was believed to have ascended after the resurrection (Acts 1:9).最古のは、パレスチナ人のキリスト教社会christologyどうやら2つの中心にいた。 後方を見て、この世の生活の預言者と神のしもべとして、イエスと彼の前方に救世主として確定申告( 3時21行為) 。いっぽう、イエスを待っていたとして考えて不活発に天国には、彼がこれを考えられているが即位した後、復活(行為の午前1時09分) 。

Soon their experience of the Holy Spirit, whose descent is recorded in Acts 2, led the early Christians to think in terms of a two stage Christology: the first stage was the earthly ministry and the second stage his active ruling in heaven.聖霊は、彼らの経験をすぐには、行為者の子孫は、 2に記録され、初期のキリスト教徒を主導したことを考える点で、 2つのステージchristology :最初の段階では、この世の部と第二段階で、天国で彼の積極的な判決だ。 This two stage Christology, in which Jesus is exalted as Messiah, Lord, and Son of God (Acts 2:36; Romans 1:4), is often called adoptionist.この2つのステージchristology 、イエス様は、高貴で救世主としては、主よ、神と息子( 2時36行為;ローマ人への手紙1時04分) 、養子論信奉者は往々に呼ばれています。 It is not the Adoptionism of later heresy, however, for it thinks in terms of function rather than being.養子論ではないが、後で異端、しかし、それよりも機能面で考えている。 At his exaltation to heaven Jesus began to function as he had not previously.イエスは彼の高揚を天に向かって始めたとしての機能が以前に彼がいない。 Another primitive Christological affirmation associates the birth of Jesus with his Davidic descent, thus qualifying him for the messianic office at his exaltation (for example, Romans 1:3).別の原始christologicalアソシエイツ肯定して彼のイエスキリストの誕生davidic降下、こうして彼は、予選で彼の高揚救世主事務所(例えば、ローマ人への手紙1時03分) 。 This introduced the birth of Jesus as a Christologically significant moment.これを導入したとして、イエスキリストの誕生の瞬間christologically重要です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
As Christianity spread to the Greek speaking world between AD 35 and 50, further Christological perspectives were developed.ギリシャ語で言えば、キリスト教世界に広がっている広告の35と50の間には、さらなるchristological視点が開発された。 The sending - of - the - Son pattern was one of them.送信-- -息子は、1つのパターンにしてください。 This pattern is threefold: (1) God sent (2) his Son (3) in order to.このパターンは、三重: ( 1 )神に送られる( 2 ) 、 ( 3 ) 、息子のために。 . . (with a statement of the saving purpose - for example, Galatians 4:4 - 5). (声明では、貯蓄の目的-たとえば、ガラテヤ人への手紙4時0 4分- 5) 。 The birth narratives of Matthew and Luke combine the Davidic descent with the sending - of - the - Son Christology.マシューとルークの誕生の体験談を組み合わせるdavidic降下して送信する-の- -息子c hr istology。 Another major development of this period is the identification of Jesus as the incarnation of the heavenly wisdom of Jewish speculation (Prov. 8:22 - 31; Sir. 24:1 - 12; Wisd. 7:24 - 30).もう一つの主要な開発には、この期間の権化として、イエスキリストの同定、天上の知恵ユダヤ人の憶測( prov. 8時22 -3 1;卿。 2 4:1- 12 ;w i sdです。7時2 4 -3 0) 。

Hence a three stage Christology emerges: the preexistent wisdom or Logos (Word), who was the agent of creation and of general revelation and also of the special revelation of Israel, becomes incarnate in the life and death of Jesus of Nazareth, and then in the resurrection and exaltation returns to heaven (Php. 2:6 - 11; Col. 1:15 - 20; Heb. 1:1 - 3; John 1:1 - 14).したがって3つのステージに現れchristology :元からの知恵やロゴ(ワード)は、代理店を設立していたとの全般でも、特別啓示啓示とイスラエルのは、生と死の化身になるのナザレのイエスは、それからで天国の復活と高揚を返す( php. 2時06 -1 1;大佐1 :15- 20 ;h e b。1 : 1-3 ;ヨハネ1:1 -14 )。 With this three stage Christology there is a shift from purely functional interpretation to the question of the being or person of Jesus.この3つのステージでは、シフトchristologyそこから純粋に機能的な解釈しているかの質問にイエスの人です。 Thus the later phases of the New Testament lay the ground for the Christological controversies of the Patristic Age.後の段階では、このように横たわって地面には、新約聖書の論争christological年齢patristic 。

Christological Controversies of the Patristic Age christological論争は、年齢patristic

The rise of Gnosticism as a Christian deviation began in the 2d century and led to the development of Docetism, the view that the humanity of Jesus was apparent rather than real.キリスト教グノーシス主義の台頭としては、二次元偏差世紀が始まったとキリスト仮の開発を主導して、人類は、イエスキリストとの見解を明らかにというよりは本物だ。 Catholic Christianity insisted on his true humanity - hence the statement in the Apostles' Creed, "conceived by the Holy Ghost, born of the Virgin Mary."彼の真の人間性を主張してキリスト教のカトリック-したがって、その声明は、使徒信条は、 "聖霊の考えでは、聖母マリアが生まれています。 "

In the 3d and 4th centuries there were some who continued to question the full humanity of Jesus and others who questioned his full deity.三次元とは、いくつかの人の続きがあった4世紀にもわたって、全人類の質問にイエスキリストを他の人と彼の完全な神のような存在に疑問です。 When Arius (Arianism) denied that the preexistent Son, or Word, was fully God, the Council of Nicea (325) formulated a creed (the Nicene Creed) containing the phrases "of one substance with the Father" and "was made man."時アリウス(アリウス主義)を否定し、元からの息子、またはワードは、完全に神は、評議会の策定するnicea ( 325 )信条(ニカイア信条)を含むフレーズ"の1つの物質の父"と"男は前です。 " Next, Apollinarius, anxious to assert the Son's deity, taught that the Logos replaced the human spirit in the earthly Jesus (Apollinarianism).次に、 apollinarius 、神の息子の不安を主張し、教えたことは、人間の精神のロゴは、この世に置き換えイエス( apollinarianism ) 。 This teaching was condemned at the Council of Constantinople (381).この授業は、死刑囚は、コンスタンティノポリス公会議( 381 ) 。

Next, the theologians of the School of Antioch were so anxious to maintain the reality of Jesus' humanity that they seemed to compromise his deity.次に、その学校のアンティオキアの神学者が不安を維持するための現実をイエスの人類のように妥協して彼の神です。 Thus Theodore of Mopsuestia and his pupil Nestorius separated the deity from the humanity almost to the point of denying the unity of his person.こうしてモプスエスティアのテオドロスと彼の弟子の神nestorius区切りの点から、人類のほとんどが彼の人格を否定するの団結です。 To preserve this unity the Council of Ephesus (431) affirmed that Mary was the "God bearer" (Theotokos, later popularly rendered as "Mother of God").この評議会の結束を維持するのエフェソス( 431 )メアリーは断言し、 "神の無記名" ( theotokos 、後で広くとしてレンダリングさ"の母神"を参照) 。 Eutyches from the Alexandrian school then claimed that the two natures of Christ were, at the incarnation, fused into one.それから学校からeutychesアレクサンドリアと主張していた2つのキリストの性質は、その化身、ヒューズを1つです。 This view was ruled out at the Council of Chalcedon (451), which insisted that Christ was one person in two natures (divine and human) "without confusion, without change, without division and without separation."このビューは、評議会は、排除chalcedon ( 451 )で、一人の人間と主張していた2つの性質キリスト(神と人間) "の混乱なしには、変更することなく、無課と分離せず"と述べた。

Modern Christologies generally start "from below" rather than "from above," finding Jesus first to be truly human, and then discovering his divinity in and through his humanity: "God was in Christ, reconciling the world to himself" (2 Cor. 5:19).近代christologies通常スタート"の下から"というより"上からは、 "イエス様を最初に見つけるのが真の人間は、自分の神性を発見すると、それから彼の人間性を通じて: "神は、キリストは、世界中の人々に自分自身の和解" ( 2うわっ。 5時19分) 。

Bibliography 文献情報
R H Fuller, The Foundations of New Testament Christology (1965); F Hahn, The Titles of Jesus in Christology (1969). rhフラーは、新約聖書の基盤christology ( 1965 ) ; fハーンは、イエスキリストのタイトルでchristology ( 1969 ) 。


Christology christology

Advanced Information 高度情報

NT Christology NTのchristology

In the NT the writers indicate who Jesus is by describing the significance of the work he came to do and the office he came to fulfill. NTの作家たちは、イエスキリストを示すのは、その仕事の意義を説明しているのか、彼は事務所を果たす彼がやって来ている。 Amidst the varied descriptions of his work and office, always mainly in terms of the OT, there is a unified blending of one aspect with another, and a development that means an enrichment, without any cancellation of earlier tradition.彼の作品の中で、様々な説明やオフィスでは、いつものotの点で、主には、 1つの側面を統合して別のブレンディング、そして開発する手段を濃縮して、以前の伝統のキャンセルなし。

Jesus in the Gospelsイエスは、 gospels

His humanity is taken for granted in the Synoptic Gospels, as if it could not possibly occur to anyone to question it.彼の人間観福音書では当たり前のgospels 、まるでそれを誰にも起こる可能性ができなかったことを質問した。 We see him lying in the cradle, growing, leaning, subject to hunger, anxiety, doubt, disappointment, and surprise (Luke 2:40; Mark 2:15; 14:33; 15:34; Luke 7:9), and finally to death and burial.我々のゆりかごに横たわっている彼を参照して、成長し、傾いた、件名に飢え、不安、疑念、失望、および驚き(ルカ2:40 ;マーク2時15分、 14時33分; 15:34 ;ルーク7時09分) 、および最後に死と埋葬している。 But elsewhere his true humanity is specifically witnessed to, as if it might be called in question (Gal. 4:4; John 1:14), or its significance neglected (Heb. 2:9, 17; 4:15; 5:7 - 8; 12:2).しかし、他の場所を目撃したのは、特に彼の真の人間性を、まるでそれが問題と呼ばれるかもしれない( gal. 4時04分;ジョン1時14分) 、またはその意義を無視された( heb. 2時09分、 17 ;午前4時15分; 5 : 7 -8 ;午前1 2時0 2分) 。

Besides this emphasis on his true humanity, there is nevertheless always an emphasis on the fact that even in his humanity he is sinless and also utterly different from other men and that his significance must not be sought by ranking him alongside the greatest or wisest or holiest of all other men.それを除けば、彼の真の人間性重視して、そこはあるにもかかわらず、いつもという事実を強調しても、彼の人間性にも彼は全く違うsinlessとして他の男性と彼の意義を求めてはならない最大のランキングや賢明な彼の横または神聖他のすべての男性です。 The virgin birth and the resurrection are signs that here we have something unique in the realm of humanity.処女懐胎と復活の兆しがここには何か私たちは、人類の固有の領域です。 Who or what he is can be discovered only by contrasting him with others, and it shines out most clearly when all others are against him.誰か何かを発見できる彼は彼だけで、他の対照は、 299日とすることを明確にする際に他のすべての大半が反対した。 The event of his coming to suffer and triumph as man in our midst is absolutely decisive for every individual he encounters and for the destiny of the whole world (John 3:16 - 18; 10:27 - 28;12:31; 16:11; 1 John 3:8).このイベントに来て、彼の勝利に苦しむと男としての私たちの中には絶対に決定的ごとに個々の出会いと彼は、世界全体の運命(ジョン3 : 16 -1 8; 1 0:27- 28 ;1 2 :31;1 6 : 11 ; 1ジョン3時08分) 。

In his coming the kingdom of God has come (Mark 1:15).彼が神の国に来るのが来て(マーク午前1時15分) 。 His miracles are signs that this is so (Luke 11:20).彼は今、この兆候が奇跡(ルカ11:20 ) 。 Woe, therefore, to those who misinterpret them (Mark 3:22 - 29).悲痛、したがって、人の誤解をして(マーク3時22 -2 9) 。 He acts and speaks with heavenly regal authority.彼は天国のような行為をして堂々とした権威が喋る。 He can challenge men to lay down their lives for his own sake (Matt. 10:39).彼は男性の挑戦を横たえる自分自身のために自らの命を( matt. 10:39 ) 。 The kingdom is indeed his own kingdom (Matt. 16:28; Luke 22:30).その王国は、確かに彼自身の王国( matt. 16 : 28 ;ルカ22:30 ) 。 He is the One who, in uttering what is simply his own mind, at the same time utters the eternal and decisive word of God (Matt. 5:22, 28; 24:35).彼は、自分たちは、どのような偽造証書使用の罪では、単に自分自身の心の中は、これと同時に、決定的なuttersの永遠の神のみことば( matt. 5時22分、 28 ; 24:35 ) 。 His word effects what it proclaims (Matt. 8:3; Mark 11:21) as God's word does.彼の言葉には何の影響proclaims ( matt. 8時03分;マーク11:21 )神の言葉としてしている。 He has the authority and power even to forgive sins (Mark 2:1 - 12).彼は、権威や権力にも様々な罪を許す(マーク2:1 -1 2) 。

Christキリスト

His true significance can be understood only when his relationship to the people in whose midst he was born is understood.彼の本当の意味を理解できるときだけに、人々は彼の関係者の中で彼は、生まれたときは、理解しています。 In the events that are set motion in his earthly career God's purpose and covenant with Israel is fulfilled.イベントは、モーションに設定することが彼のキャリアのこの世の神の目的は果たさイスラエルと約束しています。 He is the One who comes to do what neither the people of the OT nor their anointed representatives, the prophets, priests, and kings, could do.彼は、 1つの人のことは何もないとなると、人々は、彼らの聖なるot代表も、預言者、プリースト、およびキングス、離れました。 But they had been promised that One who would rise up in their own midst would yet make good what all of them had utterly failed to make good.だがかれらに約束していた一人で立ち上がると、自分の中ではまだすべての良いものを作るのに失敗していた全く良いです。 In this sense Jesus of Nazareth is the One anointed with the Spirit and power (Acts 10:38) to be the true Messiah or Christ (John 1:41; Rom. 9:5) of his people.この意味では、 1つの聖なるナザレのイエスの精神とされる電力(行為10:38 )または、真の救世主キリスト(ジョン1 : 41 ; ROMのです。 9時05分)彼の人々だ。 He is the true prophet (Mark 9:7; Luke 13:33; John 1:21; 6:14), priest (John 17; Heb.), and king (Matt. 2:2; 21:5; 27:11), as, e.g., his baptism (Matt. 3:13ff.) and his use of Isa.彼は真の預言者ムハンマド(マーク9時07分;ルーク13 : 33 ;ジョン1 : 21 ;午前6時14分) 、司祭(ヨハネ17 ; heb 。 ) 、および王( matt. 2時02分、 21時05分、 27日: 11 ) 、として、例えば、彼の洗礼( FFのmatt. 3時13分です。 )と彼のISAを使用します。 61 (Luke 4:16 - 22) indicate. 61 (ルーク4 : 16 -2 2)を示しています。

In receiving this anointing and fulfilling this messianic purpose, he receives from his contemporaries the titles Christ (Mark 8:29) and Son of David (Matt. 9:27; 12:23; 15:22; cf. Luke 1:32; Rom. 1:3; Rev. 5:5).これを受けて、このanointing救世主と目的を達成しつつ、彼は彼の契約から受け取ると、キリストのタイトル(マーク8時29分)と息子のデビッド( matt. 9時27分; 12:23 ;午前15時22分; cf 。ルーク1 : 32 ; ROMのです。 1 : 03 ;牧師5時05分) 。

But he gives himself and receives also many other titles which help to illuminate the office he fulfilled and which are even more decisive in indicating who he is.しかし、彼は自分自身と他の多くのタイトルを受信するにも助けを照らす彼のオフィスに満足している彼はさらに多くの人が決定的に示す。 A comparison of the current messianic ideas of Judaism with both the teaching of Jesus himself and the witness of the NT shows that Jesus selected certain features of messianic tradition which he emphasized and allowed to crystallize round his own person.救世主のアイデアを比較するのは、現在のユダヤ教でイエスの両方を教えることは、自分自身との目撃者によると、 NTの救世主イエスキリストの伝統を選択した特定の機能を具体化すると強調したと認められ、自分の人ラウンド。 Certain messianic titles are used by him and of him in preference to others, and are themselves reinterpreted in the use he makes of them and in the relationship he gives them to himself and to one another.救世主は、特定のタイトルで使用されて彼と彼の好みを、他人とは、彼自身の解釈は、それらを使用すると、それらにして彼は自分自身との関係を一つにした。 This is partly the reason for his "messianic reserve" (Matt. 8:4; 16:20; John 10:24; etc.).これは一つの理由は、彼の"救世主積立金" ( matt. 8時04分、 16時20分;ジョン10:24 ;等) 。

Son of Man男の息子

Jesus used the title "Son of man" of himself more than any other.タイトルに使われてイエス"と息子の男"は、他の自分自身を超える。 There are passages in the OT where the phrase means simply "man" (e.g., Ps. 8:5), and at times Jesus' use of it corresponds to this meaning (cf. Matt. 8:20).通路には、どこのフレーズを意味ot単に"男" (例えば、しまう。 8時05分) 、そして時にイエス'の使用に対応して、このことを意味する( cf.マットです。 8時20分) 。 But the majority of contexts indicate that in using this title Jesus is thinking of Dan.しかし、大多数のコンテキストで使用して、このタイトルによりますと、イエスは、思考のダンです。 7:13, where the "Son of man" is a heavenly figure, both an individual and at the same time the ideal representative of the people of God.午前7時13分、どこに、 "息子の男"は、天国の図は、両方すると同時に、個々の担当者には理想的な神の民のです。 In the Jewish apocalyptic tradition this Son of man is regarded as a preexistent one who will come at the end of the ages as judge and as a light to the Gentiles (cf. Mark 14:62).終末論は、ユダヤ教の伝統は、この男の息子であると見なされて、元からある人が来て1つの時代の終わりとして判断すると、光をgentiles ( cf.マーク14:62 ) 。

Jesus sometimes uses this title when he emphasizes his authority and power (Mark 2:10; 2:28; Luke 12:19).時にはイエスを強調するときに、このタイトルを使って自分の権威や権力(マーク2時10分、 2時28分;ルカ12:19 ) 。 At other times he uses it when he is emphasizing his humility and incognito (Mark 10:45; 14:21; Luke 19:10; 9:58).またある時に彼が使用しているときに彼は彼の謙虚さを強調するとお忍び(マーク10:45 ;午前14時21分;ルーク19 : 10 ;午前9時58分) 。 In the Gospel of John the title is used in contexts which emphasize his preexistence, his descent into the world in a humiliation which both conceals and manifests his glory (John 3:13 - 14; 6:62 - 63; 8:6ff.), his role of uniting heaven and earth (John 1:51), his coming to judge men and hold the messianic banquet (John 5:27; 6:27).ヨハネによる福音書では、タイトルを強調する彼の先在のコンテキストで使用されて、彼の子孫を屈辱の世界には、両方のManifestsを隠し、彼の栄光(ヨハネ3 : 13 -1 4; 6 :62- 63 ;F Fの午前8時0 6分です。)は、自分の役割を果たすの団結天と地(ジョン1時51分) 、彼の今後を判断する男たちとパーティを開くの救世主(ジョン5 : 27 ;午前6時27分) 。

Though "Son of man" is used only by Jesus of himself, what it signified is otherwise expressed, especially in Rom.かかわらず"息子の男"は、イエスキリストが自分自身によってのみ使用され、どのような意味がそうでないことを表明し、特にROMのです。 5 and 1 Cor. 5と1うわっ。 15, where Christ is described as the "man from heaven" or the "second Adam." 15日は、どこにイエスキリストがいわれて"天国から来た男"または、 "第二のアダムです。 " Paul here takes up hints in the Synoptic Gospels that in the coming of Christ there is a new creation (Matt. 19:38) in which his part is to be related to and contrasted with that of Adam in the first creation (cf., e.g., Mark 1:13; Luke 3:38).ここでは最大のヒントは、ポール共観福音キリストgospelsことで、今後の新たな創造がある( matt. 19時38分)の部分で彼とは対照的に関連して、アダムは、最初の創造( cf. 、例えば、マーク午前1時13分;ルーク3時38分) 。 Both Adam and Christ have the representative relationship to the whole of mankind that is involved in the conception "Son of man."アダムとキリストの両方の代表的な関係を持つことは、人類全体に関与して受胎"男の息子である"と述べた。 But Christ is regarded as One whose identification with all mankind is far more deep and complete that of Adam.しかし、キリストは、自分の身分証明書と見なされるとは、はるかに深いと全人類のアダム完了しています。 In his redeeming action salvation is provided for all mankind.彼の欠点を補うために提供さは、全人類の救済措置です。 By faith in him all men can participate in a salvation already accomplished in him.彼を信じていることに参加するすべての人を救い、すでに達成していた。 He is also the image and glory of God (2 Cor. 4:4, 6; Col. 1:15) which man was made to reflect (1 Cor. 11:7) and which Christians are meant to put on in participating in the new creation (Col. 3:10).彼はまた、神の栄光のイメージ( 2うわっ。 4時04分、 6 ;大佐1時15分)に反映さ男は前に( 1うわっ。 11時07分)とこれをかけるという意味では、キリスト教徒に参加して新しい創造(大佐3時10分) 。

Servant使用人

Jesus' self identification with men is brought out in passages that recall the suffering servant of Isaiah (Matt. 12:18; Mark 10:45; Luke 24:26).イエスの自己男性の身分証明書を出すには、通路をもたらした苦しみの使用人のリコールイザヤ書( matt. 12:18 ;マーク10:45 ;ルカ24:26 ) 。 It is in his baptismal experience that he enters this role (cf. Matt. 3:17 and Isa. 42:1) of suffering as the One in whom all his people are represented and who is offered for the sins of the world (John 1:29; Isa. 53).それは彼の洗礼を経験して彼はこの役に入る( cf.マットです。 3時17分とのISA 。 42:1 )の苦しみとして、彼のすべての人々が1つで表さ誰と誰が提供する様々な罪のために、世界(ジョン1 : 29 ;のISA 。 53 ) 。 Jesus is explicitly called the "servant" in the early preaching of the church (Acts 3:13, 26; 4:27, 30), and the thought of him as such was also in Paul's mind (cf. Rom. 4:25; 5:19; 2 Cor. 5:21).イエスは明示的に呼ばれ、 "使用人"の初めには、教会の説教(行為3時13分、 26 ; 4:27 、 30 ) 、そして、このように考えても、彼の心の中のポール( cf. ROMのです。 4:25 ;午前5時19分; 2うわっ。 5時21分) 。

In the humiliation of his self identification with our humanity (Heb. 2:17; 4:15; 5:7; 2:9; 12:2) he fulfills the part not only of victim, but also of high priest, offering himself once for all (Heb 7:27; 9:12; 10:10) in a self offering that brings about forever a new relationship between God and man.彼は、屈辱を我々人類の自己同定( heb. 2時17分、 4時15分、 5時07分、 2時09分、 12時02分)達成の部分だけでなく、彼の犠牲者は、司祭が高いだけでなく、自分自身を提供する一度にすべての( heb 7時27分、 9時12分; 10:10 )については、自らを提供することにより、神との間に新たな関係を永遠にする男だ。 His "baptism," the fulfillment of which he accomplishes in his early career culminating in his cross (cf. Luke 12:50), is his self sanctification to his eternal priesthood, and in and through this self sanctification his people are sanctified forever (John 17:19; Heb. 10:14).彼の"洗礼は、 "彼の充足感を達成するのは彼の初期のキャリア最高潮に達する彼の十字架( cf.ルカ12:50 ) 、彼は、彼の自己清浄化して永遠の聖職者は、これとは、自己清浄化を通じて彼の永遠の人々が神聖化(ジョン17 : 19 ; heb 。 10:14 ) 。

Son of God神の子

The title "Son of God" is not used by Jesus himself to the same extent as "Son of man" (though cf., e.g., Mark 12:6), but it is the name given to him (cf. Luke 1:35) by the heavenly voice at his baptism and transfiguration (Mark 1:11; 9:7), by Peter in his moment of illumination (Matt. 16:16), by the demons (Mark 5:7) and the centurion (Mark 15:39).タイトルの"神の子"イエスではない自分自身で使用されるように、同じ程度"と息子の男" (ただし、 cf 。 、例えば、マルク12時06分)が、それは彼に与えられた名前( cf.ルーク1 : 35 )で、天の声で彼の洗礼と変貌(マーク1 : 11 ;午前9時07分)は、彼の瞬間に照明されたピーター( matt. 16時16分) 、悪魔される(マーク5時07分)と百人隊長(マーク15時39分) 。

This title "Son of God" is messianic.このタイトルの"神の子"は、救世主です。 In the OT, Israel is the "son" (Exod. 4:22; Hos. 11:1). otで、イスラエルのは、 "息子" ( exod. 4時22分; hos 。 11時01分) 。 The king (Ps. 2:7; 2 Sam. 7:14) and possibly the priests (Mal. 1:6) are also given this title.王( ps. 2時07分、 2サムです。 7時14分) 、そしてたぶん、プリースト( mal. 1時06分)にも、このタイトルを与えています。 Jesus, therefore, in using and acknowledging this title is assuming the name of One in whom the true destiny of Israel is to be fulfilled.イエスは、したがって、このタイトルを使用するとは認めていると仮定して1つの名前では、イスラエル人の真の運命を果たされる。

But the title also reflects the unique filial consciousness of Jesus in the midst of such a messianic task (cf. Matt. 11:27; Mark 13:32; 14:36; Ps. 2:7).しかし、タイトルにもユニークな雑種の意識を反映して、イエスの中で、このような救世主的なタスク( cf.マットです。 11:27 ;マーク13:32 ;午前14時36分;しまう。 2時07分) 。 This has the profoundest Christological implications.これは、 profoundest christological意味合いです。 He is not simply a son but the Son (John 20:17).彼は単純ではないが、息子の息子(ヨハネ20時17分) 。 This consciousness, which is revealed at high points in the Synoptic Gospels, is regarded in John as forming the continuous conscious background of Jesus' life.この意識が、これは明らかでは、総観gospelsポイント高い、と見なすことでは、継続的意識の形成の背景としてジョンイエス'生活です。 The Son and the Father are one (John 5:19, 30; 16:32) in will (4:34; 6:38; 7:28; 8:42; 13:3) and activity (14:10) and in giving eternal life (10:30).父親は、息子との1つ(ジョン5時19分、 30 ;午前16時32分)には、 ( 4時34分、 6時38分、 7時28分、 8時42分、 13時03分)とアクティビティ( 14:10 )永遠の命を与え( 10:30 ) 。 The Son is in the Father and the Father in the son (10:38; 14:10).父と息子は、父親は、息子( 10:38 ; 14:10 ) 。 The Son, like the Father, has life and quickening power in himself (5:26).息子は、父親のように、電源をかきたてられる自分自身の人生とは( 5時26分) 。 The Father loves the Son (3:35; 10:17; 17:23 - 24) and commits all things into his hands (5:35), giving him authority to judge (5:22).大好きな父の息子( 3時35分; 10:17 ;午前17時23 -2 4)とコミットするすべてのものを自分の手で( 5時3 5分) 、判断する権限を与えてくれた(午前5時2 2分) 。 The title also implies a unity of being and nature with the Father, uniqueness of origin and preexistence (John 3:16; Heb. 1:2).タイトルにも意味があると自然と団結して、父親は、独自性の起源と先在(ジョン3 : 16 ; heb 。 1時02分) 。

Lord

Though Paul also uses the title "Son of God," he most frequently refers to Jesus as "Lord," This term did not originate with Paul.ポールでは、タイトルにもかかわらず"神の息子は、 "彼は、最も頻繁にイエスキリストを指し、 "主よ、 "この用語はなかったポールに由来しています。 Jesus is addressed and referred to in the Gospels as Lord (Matt. 7:21; Mark 11:3; Luke 6:46).イエスは自分宛とgospelsとして参照されて、主( matt. 7時21分、 11時03分マーク;ルーク6時46分) 。 Here the title can refer primarily to his teaching authority (Luke 11:1; 12:41), but it can also have a deeper significance (Matt. 8:25; Luke 5:8).ここでは主に彼のタイトルを教えて参照できる権限(ルーク11 : 01 ; 12:41 )が、それより深い意義があることも( matt. 8時25分;ルーク5時08分) 。 Though it is most frequently given to him after his exaltation he himself quoted Ps.最も頻繁にかかわらずそれは彼に与えられた後に彼は彼自身が高揚引用符でしまう。 110:1 and prepared for this use (Mark 12:35; 14:62).そしてこれを使用するために準備110:1 (マーク12:35 ; 14:62 ) 。

His lordship extends over the course of history and all the powers of evil (Col. 2:15; 1 Cor. 2:6 - 8; 8:5; 15:24) and must be the ruling concern in the life of the church (Eph. 6:7; 1 Cor. 7:10, 25).彼の支配の歴史の流れを拡張するとすべての悪の力(大佐2 : 15 ; 1うわっ。 2時06分-8 ;午前8時0 5分、 1 5時2 4分)の判決をしなければならないとの懸念は、人生の教会( eph. 6時07分; 1うわっ。 7時10分、 25 ) 。 2:6 - 8; 8:5; 15:24) and must be the ruling concern in the life of the church (Eph. 6:7; 1 Cor. 7:10, 25). 2時06分-8 ;午前8時0 5分、 1 5時2 4分)の判決をしなければならないとの懸念は、人生の教会( e ph.6時0 7分; 1うわっ。 7時1 0分、 2 5) 。 As Lord he will come to judge (2 Thess. 1:7).主に彼が来るように判断する( 2 thess 。 1時07分) 。

Though his work in his humiliation is also the exercise of lordship, it was after the resurrection and ascension that the title of Lord was most spontaneously conferred on Jesus (Acts 2:32ff.; Phil. 2:1 - 11) by the early church.彼の作品でも彼の屈辱は、支配権の行使も、それは後に復活して昇天のタイトルと主イエスは、最も自然に協議して( 2時32分FFの行為です。 ;フィル。 2:1 -1 1)で、初期の教会。 They prayed to him as they would pray to God (Acts 7:59 - 60; 1 Cor. 1:2; cf. Rev. 9:14, 21; 22:16).かれらに祈っても彼を神に祈る(行為7時59 -6 0; 1うわっ。 1 : 0 2; c f。牧師9時1 4分、 2 1;午前2 2時1 6分) 。 His name as Lord is linked in the closest association with that of God himself (1 Cor. 1:3; 2 Cor. 1:2; cf. Rev. 17:14; 19:16; and Deut. 10:17).彼の名前としては、リンクの主は、神に最も近い協会にして自分自身( 1うわっ。 1 : 03 ; 2うわっ。 1 : 02 ; cf 。牧師17時14分、 19時16分;とdeut 。 10:17 ) 。 To him are referred the promises and attributes of the "Lord" God (Kyrios, LXX) in the OT (cf. Acts 2:21 and 38; Rom. 10:3 and Joel 2:32; 1 Thess. 5:2 and Amos 5:18; Phil. 2:10 - 11 and Isa. 45:23).彼には、約束と属性を参照して、 "主よ"と神( kyrios 、 70 )は、 ot ( cf.行為2時21分、 38 ; ROMのです。ジョエル2時32分、 10時03分; 1 thess 。 5時02分、アモス5時18分;フィル。 2時10 -1 1及びI SA。 4 5:23) 。 To him are freely applied the language and formulas which are used of God himself, so that it is difficult to decide in a passage like Rom.彼には、言語や数式を自由に適用するのに使用され、神自身、それを決めるのは難しいROMには、通路のようです。 9:5 whether it is the Father or the Son to whom reference is made. 9時05分かどうかは、父の息子を誰かに言及がなされています。 In John 1:1, 18; 20:28; 2 Thess.ヨハネ1:1で、 18 ;午前20時28分; 2 thess 。 1:12; 1 Tim. 1 : 12 ; 1ティム。 3:16; Titus 2:13; and 2 Pet. 3 : 16 ;タイタス2時13 ;と2つのペットです。 1:1, Jesus is confessed as "God." 1:1は、イエスキリストが告白として"神"と述べた。

Word単語

The statement, "The Word became flesh" (John 1:14), relates Jesus both to the Wisdom of God in the OT (which has a personal character, Prov. 8) and to the law of God (Deut. 30:11 - 14; Isa. 2:3) as these are revealed and declared in the going forth of the Word by which God creates, reveals himself, and fulfills his will in history (Ps. 33:6; Isa. 55:10 - 11; 11:4; Rev. 1:16).この声明は、 "肉の言葉になった" (ヨハネ1時14分)は、イエスキリストの両方に関連して、神の知恵ot (これには、個人的なキャラクターは、地方8 )とは、神の法則( deut. 30:11 -1 4;のI SAです。 2時0 3分)としては、これらは明らかに行く来たりすると宣言したが、神の言葉を作成し、自分自身によると、彼は、歴史の中で達成( p s.3 3:6;のI SA。 4 1:08- 11 ;午前11時04分;牧師1時16分) 。 There is here a close relationship between word and event.ここには、単語間の緊密な関係とイベントです。 In the NT it becomes clearer that the Word is not merely a message proclaimed but is Christ himself (cf. Eph. 3:17 and Col. 3:16; 1 Pet. 1:3 and 23; John 8:31 and 15:17). NTのは、明確にして送ったら、その言葉だけではないというメッセージは、キリストが自ら宣言( cf. eph 。大佐3時17分、 3時16分; 1ペットです。 1時03分、 23 ;ジョン8時31分、 15 : 17 ) 。 What Paul expresses in Col. 1, John expresses in his prologue.どのような言葉で表現し、大佐1ポールは、彼のプロローグジョン表現しています。 In both passages (and in Heb. 1:1 - 14) the place of Christ as the One who in the beginning was the agent of God's creative activity is asserted.両方の通路(とはheb 。 1:1 -1 4)の代わりに、キリスト者として、 1つのエージェントでは、初めに神の創造的活動がアサートされます。 In bearing witness to these aspects of Jesus Christ it is inevitable that the NT should witness to his preexistence.軸受の側面には、イエスキリストの証人のは避けられないことを目の当たりにして彼は、先在NTのです。 He was "in the beginning" (John 1:1 - 3; Heb. 1:2 - 10).彼は"初め" (ヨハネ1:1 -3 ; h eb。 1時0 2- 10 )。

His very coming (Luke 12:49; Mark 1:24; 2:17) involves him in deep self abasement (2 Cor. 8:9; Phil. 2:5 - 7) in fulfillment of a purpose ordained for him from the foundation of the world (Rev. 13:8).彼の非常に来(ルカ12:49 ;マーク午前1時24分、 2時17分)には、彼は自分の深い屈辱( 2うわっ。 8時09分;フィル。 2時05分-7 )で定められた目的を達成するために彼から財団は、世界(牧師13時08分) 。 In the Gospel of John he gives this testimony in his own words (John 8:58; 17:5, 24).ヨハネによる福音書は、この証言を与え彼は、自分自身の言葉(ヨハネ8時58分、 17時05分、 24 ) 。

Yet while his coming from the Father involves diminution of his Godhead, there is nevertheless a subordination of the incarnate Son to the Father in the relationship of love and equality which subsists between the Father and the Son (John 14:28).彼の父親が来ていないから、彼の神性の減少は、そこには従属の化身にもかかわらず、父親は、息子に愛と平等の関係をどのsubsists父と息子の間に(ジョン14 : 28 ) 。 For it is the Father who sends and the Son who is sent (John 10:36), the Father who gives and the Son who receives (John 5:26), the Father who ordains and the Son who fulfills (John 10:18).それは誰のための父と息子の送信者が送信されます(ヨハネ10:36 )は、父親と息子たちを受け取る(ジョン5時26分)は、父親と息子たちordains達成(ヨハネ10:18 ) 。 Christ belongs to God who is the Head (1 Cor. 3:23; 11:13) and in the end will subject all things to him (1 Cor. 15:28).キリスト者は、神の頭に属します( 1うわっ。 3時23分; 11:13 )とは、最終的にすべてのことを彼に服従( 1うわっ。 15時28分) 。

Patristic Christology patristic christology

In the period immediately following the NT, the apostolic fathers (A D 90 - 140) can speak highly of Christ.すぐには、次のNTの期間は、ローマ教皇の父親( 90広告-1 40)キリストの賛嘆することです。 We have a sermon beginning: "Brethren, we ought so to think of Jesus Christ, as of God, as the Judge of the quick and the dead" (2 Clement).我々は、説教の終わりの始まり: "兄弟は、我々にすべきだと思うので、イエスキリストは、神としては、裁判官としては、生者と死者" ( 2クレマン) 。 Ignatius with his emphasis on both the true deity and humanity of Christ can refer to the "blood of God."彼の両方に重点を置いてイグナティウス神と人類の真のキリストのことを参照して"神の血液です。 " Even if their witness falls short of this, there is a real attempt to combat both Ebionitism, which looked on Christ as a man born naturally, on whom the Holy Spirit came at his baptism, and also docetism, which asserted that the humanity and sufferings of Christ were apparent rather than real.彼らの証人が不足している場合でも、この滝では、本物のebionitism両方に対処しようとし、これを見て一人の男として生まれ、キリスト当然のことながら、誰が彼の洗礼聖霊は、キリスト仮とでも、これと主張して、人類の苦しみキリストが見掛けよりもリアルだ。

The apologists of the next generation (e.g., Justin, c. 100 - 165, and Theophilus of Antioch) sought to commend the gospel to the educated and to defend it in face of attacks by pagans and Jews.の擁護者が、次世代の(例えば、ジャスティン千佳子100 -1 65、およびテオフィロスのアンティオキア)を求められて福音を称賛を守るための教育を受けたとされたことで多神教徒とユダヤ人の攻撃に直面しています。 Their conception of the place of Christ was determined, however, rather by current philosophical ideas of the logos than by the historic revelation given in the gospel, and for them Christianity tends to become a new law or philosophy and Christ another God inferior to the highest God.その概念は、キリストの場所が決定、しかし、現在の哲学的な考えでは、というよりもロゴスの歴史的な啓示された福音書は、与えられた、としてキリスト教になりがちになるため、新しい法律や哲学とキリスト神の下に別で最も高い神です。

Melito of Sardis at this time, however, spoke clearly of Christ as both God and man, and Irenaeus, in meeting the challenge of Gnosticism, returned also to a more biblical standpoint, viewing the person of Christ always in close connection with his work of redemption and revelation, in fulfillment of which "he became what we are, in order that he might make us to become even what he is himself." melitoのサルディス現時点では、しかし、はっきりとキリストのスポークとして神と人間の両方、およびirenaeus 、会議室での挑戦グノーシス主義は、聖書の中の、もっと上の観点から返されるも、キリストの視聴者にはいつも彼の仕事と密接に関連して、ヨハネの黙示録の償還や、充足感の中で"彼は私たちが、私たちのために作ることになるかもしれない彼は何も彼は自分自身だ。 " He thus became the new Head of our race and recovered what had been lost in Adam, saving us through a process of "recapitulation."こうして彼は、私たちの頭のレースと新たな回復には何が失われたアダムは、私たちの過程を通じて貯蓄"反復"と述べた。 In thus identifying himself with us he is both true God and true man.私たちはこのようにして彼は自分自身の識別の両方を真の神と真の男だ。 Tertullian also made his contribution to Christology in combating Gnosticism and the various forms of what came to be known as monarchianism (dynamism, modalism, Sabellianism), which has reacted in different ways against the apparent worship of Christ as a second God beside the Father. tertullianも彼の貢献をする前にchristologyグノーシス主義と闘うに来たとされる様々な形態のものとして知られてモナルキア主義(ダイナミズム、 modalism 、サベリウス主義)は、さまざまな方法での反応が明白に反対する2番目の神として崇拝するキリストの父の横にある。 He was the first to teach that the Father and Son are of "one substance," and spoke of three persons in the Godhead.彼が最初に教えることは、父親と息子の"物質の1つだ"と、 3人は、神性スポークです。

Origen had a decisive influence in the development of Christology in the East.原産地は、決定的な影響を与えるの開発には、東christology 。 He taught the eternal generation of the Son from the Father and used the term homoousios.彼は、永遠の世代の教えから、父と息子の任期homoousios使用されています。 Yet at the same time his complicated doctrine included a view of Christ as an intermediate being, spanning the distance between the utterly transcendent being of God and this created world.しかしそれと同時に彼の複雑な教義を眺めキリスト含まれている中間体として、スパニングの間の距離を超越全く作成され、神とこの世界です。 Both sides in the later Arian controversy, which began c.アリウス主義論争の両側には、それ以降、始まったc. 318, show influences which may be traced to Origen. 318 、ショートレースしている場合があります原産地の影響です。

Arius denied the possibility of any divine emanation, or contact with the world, or of any distinction within the Godhead.アリウスの可能性を否定して神の放射能、または接触している世界、または任意の区別内の神性。 Therefore the Word is made out of nothing before time.従ってその言葉は、無から有を前に時間前。 Though called God, he is not very God.神と呼ばかかわらず、彼は非常に神ではない。 Arius denied to Christ a human soul.キリストの人間の魂を否定するアリウス。 The Council of Nicaea (325) condemned Arius by insisting that the Son was not simply the "first born of all creation" but was indeed "of one essence with the Father."そのニカイア公会議( 325 )アリウスされた死刑囚の息子ではないと主張して、単に"最初に生まれたのすべての創造"だったが、実際に"自分の父の本質です。 " In his long struggle against Arianism, Athanasius sought to uphold the unity of essence of the Father and Son by basing his argument not on a philosophical doctrine of the nature of the Logos, but on the nature of the redemption accomplished by the Word in the flesh.彼の長い闘いアリウス主義、アタナシウスの結束を維持することの本質を求めて、父親と息子を根拠にしていない彼の議論は、哲学的教義の性質のロゴが、その性質上、償還成し遂げて、単語の肉。 Only God himself, taking on human flesh and dying and rising in our flesh, can effect a redemption that consists in being saved from sin and corruption and death, and in being raised to share the nature of God himself.神のみぞ自身は、人間の肉を服用して上昇すると死にかけていると私たちの肉は、償還して構成することで効果が罪から救われると腐敗と死、そして自然の中で育った神の自分自身を共有しています。

After Nicaea the question was raised: If Jesus Christ be truly God, how can he be at the same time truly man?ニカイアの疑問が提起した後:もしイエスキリストが真の神は、彼にはどうすればそれと同時に本当に人間ですか? Apollinaris tried to safeguard the unity of the person of the God - man by denying that he had complete manhood.アポリナリスを保護しようとした人は、神の団結-男の完全な男らしさを否定していた。 He assumed that man was composed of three parts: body, irrational or animal soul, and rational soul or intellect (nous).彼と仮定して男は3つの部分で構成:ボディは、不合理や動物の魂は、知性や理性や魂(知性)です。 In Jesus the human nous was displaced by the divine Logos.イエスは、人間の知性は、神のロゴス避難した。 But this denied the true reality of Christ's humanity and indeed of the incarnation itself and therefore of the salvation.しかし、この現実を否定してキリストの真の人間性と実際には、そのための権化そのものとは、救いだ。 The most cogent objection to it was expressed by Gregory of Nazianzus: "The unassumed is the unhealed."最も説得力の反対を表明していたナジアンゾスの聖グレゴリオス: " unassumedは、治癒していない"と述べた。 Christ must be true man as well as true God.キリストしなければならないだけでなく、真の神真の男だ。 Apollinaris was condemned at Constantinople in 381.アポリナリスコンスタンティノープルでは、死刑囚は381です。

How, then, can God and man be united in one person?方法については、その後、米国では、神と人間が一人ですか? The controversy became focused on Nestorius, Bishop of Constantinople, who refused to approve the use of the phrase "mother of God" (Theotokos) as applied to Mary, who, he asserted, bore not the Godhead but "a man who was the organ of the Godhead." nestorius集中して論争になったのは、コンスタンティノープル大主教は、人の承認を拒否して使用するフレーズ"神の母" ( theotokos )として適用されるメアリーさんは、彼は主張は、口径の神性がない"と一人の男が、臓器神性のです。 " In spite of the fact that Nestorius clearly asserted that the Godman was one person, he seemed to think of the two natures as existing side by side and so sharply distinguished that the suffering of the humanity could not be attributed to the Godhead.にもかかわらずnestoriusという事実を明確に主張して一人の神人は、彼のことを考えるように見えたとして、既存の2つの性質を大幅に並んで、今の苦しみを区別して、人類の神性に起因することができなかった。 This separation was condemned, and Nestorius's deposition at the Council of Ephesus (431) was brought about largely by the influence of Cyril in reasserting a unity of the two natures in Cyril in reasserting a unity of the two natures in Christ's person so complete that the impassible Word can be said to have suffered death.これは、死刑囚の分離、およびnestoriusの沈着は、評議会のエフェソス( 431 )がもたらした影響を大きくしたreassertingシリルでは、 2つの性質が団結し、団結reassertingシリルでは、 2つの性質を完全にキリストのような人は、平気な単語を持つことができます苦しんで死と述べた。 Cyril sought to avoid Apollinarianism by asserting that the humanity of Christ was complete and entire but had no independent subsistence (anhypostasis).シリルapollinarianismさを避けるために求められて主張し、キリストの人間性が完全ではない、しかし全体の独立した自給自足( anhypostasis ) 。

A controversy arose over one of Cyril's followers, Eutyches, who asserted that in the incarnate Christ the two natures coalesced in one.シリルの1つ以上の論争が起きたの信者は、 eutyches 、誰と主張しては、キリストの化身合体した2つの性質の1つです。 This implied a docetic view of Christ's human nature and called in question his consubstantiality with us.この黙示的には、キリストの人間の本性doceticビューと呼ばれる彼のconsubstantialityで質問してください。 Eutychianism and Nestorianism were finally condemned at the Council of Chalcedon (451), which taught one Christ in two natures united in one person or hypostasis, yet remaining" without confusion, without conversion, without division, without separation." eutychianismとnestorianism死刑囚は、評議会が最終的にchalcedon ( 451 )で、キリストの教えの1つで1人で2つの性質または下位ユナイテッドは、まだ残りの"混乱なしには、変換せずには、分割せずには、分離せず"と述べた。

Further controversies were yet to arise before the mind of the church could be made up as to how the human nature could indeed retain its complete humanity and yet be without independent subsistence.さらなる議論されていないが、心の中に生じる前に、教会の前にする可能性があるとして、人間の本性が実際にどのように保持することなく、完全に独立していない人類の生存とします。 It was Leontius of Byzantium who advanced the formula that enabled the majority to agree on an interpretation of the Chalcedonian formula.それは、高度な数式leontiusのビュザンティオン人の大多数に同意した上で有効になって解釈のフォーミュラchalcedonian 。 The human nature of Christ, he taught, was not an independent hypostasis (anhypostatic), but it was enhypostatic, i.e., it had its subsistence in and through the Logos.キリストの人間の本性は、彼を教え、無所属ではない下位( anhypostatic )が、それはenhypostatic 、すなわち、その生存していたとのロゴを介しています。

A further controversy arose as to whether two natures meant that Christ had two wills or centers of volition.さらなる議論が生じたとしての性質を2つの意味があるかどうかは、キリストの2つの遺言や意志センターです。 A formula was first devised to suit the monothelites, who asserted that the God - man, though in two natures, worked by one divine - human energy.最初に考案されたのに合わせて、フォーミュラmonothelites 、誰と主張して、神-男は、 2つの性質にかかわらず、 1つの作業によって神-人間のエネルギーです。 But finally, in spite of the preference of Honorius, Bishop of Rome, for a formula asserting "one will" in Christ, the Western church in 649 decreed that there were "two natural wills" in Christ, and this was made the decision of the whole church at the sixth ecumenical council at Constantinople in 680, the views of Pope Honorius I being condemned as heresy.しかし、最後に、好みのホノリウスのにもかかわらず、司教のローマでは、フォーミュラを主張する" 1つは、 "キリストは、西洋の教会で649命令があった"と2つの天然遺言"で、キリストは、これは前の決定と教会では、全体の6番目で680コンスタンティノープル公会議で、法王ホノリウス私の意見は異端として非難されています。

Further Developmentさらなる発展

The theologians of the Middle Ages accepted the authority of patristic Christology and allowed their thought and experience to be enriched by Augustine's stress on the real humanity of Christ in his atoning work, on his important as our example in humility, and on mystical experience.中世の神学者の受け入れpatristic christologyの権威とされる可自分の考えや経験を強調しているの濃縮された本物の人間アウグスティヌスのキリストatoning彼の仕事は、彼の重要な例として、私たちの謙虚さは、神秘的な体験としています。 But this emphasis on the humanity of Christ tended to be made only when he was presented in his passion as the One who mediates between man and a distant and terrible God.しかし、この傾向に重点を置いてキリストの人類の前に提示された場合のみ、彼は彼の情熱の一つとして、仲介者の男性との間に遠いと恐ろしい神です。 In their more abstract discussion of the person of Christ there was a tendency to present One who has little share in our real humanity.抽象的な議論は、より多くの人がキリストを提示する傾向があった1つは、ほとんどの人が私たちの真の人間性を共有する。 The humanity of Jesus, however, became the focus of mystical devotion in Bernard of Clairvaux, who stressed the union of the soul with the Bridegroom.イエスの人類は、しかし、神秘的な献身の焦点になったクレールボーバーナードのは、人の魂を強調して、労働組合の花婿です。

At the Reformation, Luther's Christology was based on Christ as true God and true man in inseparable unity.改革では、ルーサーのchristologyとしては、キリストに基づいて真の神とは切っても切れない真の男団結しています。 He spoke of the "wondrous exchange" by which, through the union of Christ with human nature, his righteousness becomes ours, and our sins become his.彼は、 "驚くほど交換"とされたが、労働組合を通じて、キリストの人間の本性には、彼が我々の正義は、彼と私たちの罪となる。

He refused to tolerate any thinking that might lead to speculation about the God - man divorced either from the historical person of Jesus himself or from the work he came to do and the office he came to fulfill in redeeming us.彼はどんな考えを容認することを拒否して憶測については、神につながるかもしれない-のいずれかから、歴史的な離婚歴のある人の男イエス自身または彼がやって来てから作業を行うと、オフィスに来て私たちを果たすの欠点を補う。 But Luther taught that the doctrine of the "communication of attributes" (communicatio idiomatum) meant that there was a mutual transference of qualities or attributes between the divine and human natures in Christ, and developed this to mean a mutual interpenetration of divine and human qualities or properties, verging on the very commingling of natures which Chalcedonian Christology had avoided.しかし、ルターの教義を教えたことは、 "コミュニケーションの属性" ( communicatio idiomatum )という意味があることは、相互の間の転移の資質や属性の神と人間の性質は、キリストは、これを開発したとの相互浸透を意味する神と人間の相互の資質またはプロパティでは、非常にverging混入していたの性質を避けたchalcedonian christology 。 In Lutheran orthodoxy this led to a later controversy as to how far the manhood of the Son of God shared in and exercised such attributes of divine majesty, how far it was capable of doing so, and how far Jesus used or renounced these attributes during his human life.ルター派正統主義を主導して、後からこの論争がどの程度までの男らしさを共有し、神の御子神の行使などの属性陛下は、能力がどの程度までそれはそうすることで、イエスキリストとどのように使用されるまで自分の中にこれらの属性または放棄人間の生活です。

Calvin also approved of the orthodox Christological statements of the church councils.カルビンにも、承認済みのステートメントは、正統派教会協議会christological 。 He taught that when the Word became incarnate he did not suspend nor alter his normal function of upholding the universe.彼は言葉を教えられることになったとき、彼の化身サスペンドもしなかった彼の正常な機能を変更し、宇宙の支持です。 He found the extreme statements of Lutheran Christology guilty of a tendency toward the heresy of Eutyches, and insisted that the two natures in Christ are distinct though never separate.ルター派の過激な発言を見つけた彼を有罪とする傾向に向かってchristology異端のeutyches 、と主張して、 2つの別個の性質にかかわらず、キリストは、決して別です。 Yet in the unity of person in Christ, one nature is so closely involved in the activities and events which concern the other that the human nature can be spoken of as if it partook of divine attributes.団結していない人で、キリストは、 1つの性質は非常に密接に関与しての活動やイベントを懸念して、他の人間の本性のことのように話されることができますpartakeの神の属性です。 Salvation is accomplished not only by the divine nature working through the human but is indeed the accomplishment of the human Jesus, who worked out a perfect obedience and sanctification for all men in his own person (the humanity being not only the instrument but the "material cause" of salvation).救いは達成されるだけでなく、神の性質は、実際の作業を通じて、人間が人間の成し遂げたことは、イエスキリストは、完璧に勤めて服従させるために、すべての男性には、自分自身の神聖な人(だけでなく、人類がその楽器が、 "材料原因"との救い) 。 This salvation is worked out in fulfillment of the threefold office of prophet, priest, and king.救世充足感が働いたが、このうちの事務所は、三重の預言者、司祭、および王です。

There is here a divergence between the Lutheran and Reformed teaching.ここには、ルター派と改革派の間に発散教える。 The Lutherans laid the stress upon a union of two natures in a communion in which the human nature is assumed into the divine nature. lutheransレイアウトは、労働組合のストレスには、 2つの性質の聖体拝領で、人間の本性は、神の性質と仮定しています。 The Reformed theologians refused to think of an assumption of the human nature into the divine, but rather of an assumption of the human nature into the divine person of the Son, in whom there was a direct union between the two natures.神学を拒否し、改心すると思うのは、人間の本性を想定神ではなく、人間の本性を前提には、神の人の息子は、誰があったが、 2人の間に直接的な労働組合の性質です。 Thus, while keeping to the patristic conception of the communicatio idiomatum, they developed the concept of the communicatio operationum (i.e., that the properties of the two natures coincide in the one person) in order to speak of an active communion between the natures without teaching a doctrine of mutual interpenetration.したがって、受胎patristicを残しながら、 communicatio idiomatum 、彼らが開発のコンセプトは、 communicatio operationum (すなわち、それは、 2つのプロパティは、一人の人間の特性に合わせて)のためには積極的に話すことなく聖体拝領の間の性質教える教義の相互相互貫入する。

The importance of the communicatio operationum (which also came to be taken up by Lutherans) is that it corrects the rather static way of speaking of the hypostatic union in patristic theology, by seeing the person and the work of Christ in inseparable unity, and so asserts a dynamic communion between the divine and human natures of Christ in terms of his atoning and reconciling work. communicatio operationumの重要性(これも取り上げられるlutheransに来た)は、それを修正するといえば、やや静的な方法で沈下patristicユニオン神学は、その仕事を見て、人とは切っても切れないキリストの団結、そして今主張する神と人間の間の動的な性質の聖体拝領キリストの点で彼の仕事atoningと和解した。 It stresses the union of two natures for his mediatorial operation in such a way that this work proceeds from the one person of the God - man by the distinctive effectiveness of both natures.労働組合の性質の2つのことを強調するために、彼の仲裁の操作をするような方法で、この作品の収益は一人の人間の神-人間の両方の効果によって、独特の性質です。 In this light the hypostatic union is seen as the ontological side of the dynamic action of reconciliation, and so incarnation and atonement are essentially complementary.この光の沈下が見られ、労働組合側は、ダイナミックなアクションの存在論の和解は、今の権化と償いとは、本質的に補完します。

Since the early nineteenth century the tendency has been to try to depart from the Chalcedonian doctrine of the two natures on the ground that this could not be related to the human Jesus portrayed in the Gospels, and that it made use of terms which were alien both to Holy Scripture and to current modes of expression. 19世紀の初め以来の傾向が見られるchalcedonian教義を逸脱してみてください、この2つの性質上できませんでしたが、地面に関連して、人間イエスgospels描かれ、そしてそれを使用する前に、両方の条件がエイリアン教典や現在のモードを表現しています。 Schleiermacher built up a Christology on the basis of finding in Christ a unique and archetypal consciousness of utter filial dependence on the Father.シュライエルマッハー組み立てられたchristologyに基づいて、キリストの所見で、固有の原型と雑種の依存度を全く意識の父です。 In Lutheran Christology there was a further important development, the attributes of the humanity of Jesus being regarded as limiting those of his deity, according to the "kenotic" theory of Thomasius.ルター派があったchristologyでのさらなる発展に重要な、イエスの属性の人間と見なされている彼の神制限者によると、 " kenotic "トマジウスの理論です。 On this view, the Word, in the incarnation, deprived himself of his "external" attributes of omnipotence, omnipresence, and omniscience, yet still retained the "essential" moral attributes.このビューを表示して、その言葉は、その化身、奪われた彼自身の"外部"の属性を全能、遍在し、全知、依然として留保の"本質的な"道徳的な属性です。 Though always remaining God, he ceased to exist in the form of God.残りの神かかわらず、いつも、彼はやんだが、神の形で存在しています。 Even his self consciousness as God was absorbed in the single awakening and growing consciousness of the God - man.彼の自己意識だったとしても、神に熱中して1つの目覚めとは、神の意識の高まり-男です。

Ritschl, too, stressed the importance of the ethical attributes of the person of Christ and of refusing to speculate beyond the revelation of God found in the historic Jesus, who must have for us the value of God and whose perfect moral nature is both human and divine.リッチュルは、あまりにも、倫理的な重要性を強調し、その人の属性をキリストと推測するのを拒否して神の啓示を超えて、歴史的に見られるイエスは、人のために私たちの価値をする必要がありますが、神と人間との両方が完璧な徳性神です。 Early in the twentieth century modern conceptions of personality and scientific and philosophical doctrines of evolution enabled theologians to produce further variations in the development of nineteenth century Christology. 20世紀初めには、近代的概念を科学的かつ哲学的教説の性格や神学者を生み出す有効になってさらなる進化パターンは、 19世紀の発展christology 。

The middle years of the twentieth century saw a return to the use of the Chalcedonian doctrine of the two natures, particularly as interpreted in the Reformed tradition, and a realization that this apparently paradoxical formula is meant to point toward the mystery of the unique relationship of grace set up here between the divine and human in the person and work of the God - man.年間で、 20世紀半ばの復帰をのこぎりでの使用は、 2つの性質chalcedonian学説は、特に改革派としては、伝統を解釈し、実現することを意図してこの点は明らかに矛盾した数式の謎に向かって、ユニークな関係ここでセットアップする神の恵みと人間の間に働くのは、人と神-男です。 This mystery must not be thought of apart from atonement, for it is perfected and worked out in history through the whole work of Christ crucified and risen and ascended.このミステリーから離れてはならないものであると考え償いは、それが完成して働いて全体の仕事の歴史を通じて、キリストの十字架につけられ、上昇と昇っている。 To share in this mystery of the new unity of God and man in Christ in some measure is also given to the church through the Spirit.この謎を共有し、新しい神との結束を測るの男でもいくつかのキリスト教会を介しての精神を与えられた。 This means that our Christology is decisive in determining our doctrine of the church and of the work of sacraments as used in the church. christologyこれは、我々は我々の決定的な教義を決定すると、その仕事は、教会の秘跡としての教会で使用されています。 Our Christology must indeed indicate the direction in which we seek to solve all theological problems where we are dealing with the relation of a human event or reality to the grace of God in Christ.確かに方向性を示す必要がありますchristology我々が我々のすべての神学的な問題の解決を模索してどこに対処する私たちは、人間関係のイベントや現実には、キリストを神の恩寵です。 In this Christological pattern the whole of our theological system should find its coherence and unity.このパターンchristological我々の神学システム全体のコヒーレンスを見つけると団結すべきだ。

Nor must this mystery be thought of in abstraction from the person of Jesus shown to us in the Gospels in the historical context of the life of Israel.もしなければ、この謎を抽象化したものであると考えの人から私たちは、イエスキリストを示すgospels 、歴史的な文脈の中で、イスラエルの生活です。 The human life and teaching of the historical Jesus have to be given full place in his saving work as essential and not incidental or merely instrumental in his atoning reconciliation.そして、人間の生命を教えることは、歴史的なイエスは彼に与えられた場所に保存するフル欠かせないとして働くだけではなく、偶発的または和解atoning彼のインストゥルメンタルです。 Here we must give due weight to modern biblical study in helping us to realize both what kind of a man Jesus was and yet also to see this Jesus of history as the Christ of faith, the Lord, the Son of God.ここで我々を与える必要があります聖書の勉強のために体重を現代の両方を実現する協力いただき、どのような一人の男を参照してもそれにもかかわらず、イエスは、この歴史のイエスキリストの信仰としては、主よ、神の御子です。 Through the study of his office and work we come to understand how his humanity is not only truly individual but is also truly representative.執務室の研究を通して、どのように自分の仕事を理解して来るだけではない人間でも真に真にしかし、個々の担当者です。

Modern theological discussion continues to be a witness to the centrality of Jesus Christ himself in matters of faith and is dominated by the two closely related questions: "Who is Jesus Christ?"現代の神学的議論を続けている目撃者を中心に、自分自身の点ではイエスキリストの信仰とは密接な関係に支配され、 2つの質問: "誰がイエスキリストですか? " and "What has he done for the world?"そして"彼はどのように行われます世界のですか? " The context in which these questions are raised has, however, changed.この文脈では、これらの質問に引き上げたが、しかし、変更されました。 In the nineteenth century many of the radical restatements of Christological belief were often felt to imply a rejection of orthodox faith, and were argued for as such.は、 19世紀の多くは、抜本的な信念がしばしばrestatementsのchristological拒絶反応を感じた正統派の信仰を意味する、とはこのように主張したためだ。 It is often claimed today, however, that restatements of this type, if they arise from a sincere response to Jesus, deserve to be regarded as valid modern interpretations of the same truth to which the older statements bore witness in their day.と主張することはしばしば今日では、しかし、このタイプのrestatements 、もし彼らから生じる誠意ある対応をして、イエスは、有効と見なされるに値する近代的解釈には、真理と同じ口径の目撃者は、 1日の古いステートメントです。 Those who formulated the earlier creeds, it is held, were expressing in their statements simply their own contemporary experience of being redeemed by Jesus.処方は、前の人の信条は、開かれたことが、彼らの発言が表現されているだけで、自分の経験を現代のイエスキリストによって換金されます。 Their statements need not be interpreted literally in order to be confessed truly, even if their language continues to be occasionally used.彼らの発言を文字通りに解釈する必要がないためには真に告白には、たとえ続けているが、時々自分の言語で使用されています。

It is held, moreover, that modern man with his secular and scientific outlook cannot possibly be asked seriously to think of the universe as providing the background necessary to give credibility to talk of a preexistent Son of God descending into our midst from heaven and finally ascending.開かれたことは、また、現代人にして彼の世俗的かつ科学的な展望ことができない可能性を真剣に考えるように頼まれることは、宇宙の背景として提供する必要があるとのうわさに信憑性を与える元から神の息子である私たちの中に天から降下するそして最後昇順。 The early church, when it affirmed such things of Jesus, was simply using the pictures given by current religious myths of the time in order to give expression to the new liberty and self understanding given to them as they found themselves addressed by God as Jesus, especially in the proclamation of his cross.初期の教会は、イエスのときにこのようなことを肯定することは、与えられた画像を使用していただけで宗教的な神話は、現在の時間を与えるためには、新自由と自己表現を理解して与えられたとして、神として取り組むべき彼ら自身が見つかりましたイエスは、特に、彼の十字架宣言した。 Some church theologians believe that what the early witnesses meant by their statements can today be adequately reexpressed without recourse even to talk of an incarnation.教会の神学者と思われるいくつかの初期の目撃者には何の意味も記述されること今日reexpressed遡求さえ十分に話をする形になっています。 Discontent continues to be expressed, exactly as it was in last century, with words like "essence," "substance," and "nature."不満を表明し続けているが、それを正確には、前世紀には、言葉のように"エッセンス" 、 "物質" 、そして"自然"と述べた。 It is claimed that these are now mere dictionary terms of no current use in making meaningful statements.それは単なる辞書と主張してこれらは今現在使用していない点で有意義なステートメントを作ることだ。

In the midst of such desire to express the meaning of Christ in new ways, Jesus is often spoken of simply as an agent through whose mediation and example we are enabled to find authentic self expression and new being, and enter into a meaningful experience of reality and the world.真っただ中にこのような願望を表明する新たな方法で、キリストの意味は、単にイエスは往々に話されるの調停者としての代理人を介して、我々の例を見つけるが有効になっている本物の新たな自己表現とは、有意義な経験をすると、現実に入るそして、世界です。 Doubt is raised about our need for his continuing work and ministry.我々の必要性について疑問が提起さと彼の仕事の継続部です。 Even when we are directed to his person, it is as if to One who is symbolic of something else, and who points entirely beyond himself.たとえ我々は彼の人宛てには、それを1つの場合には、象徴的なのは、何か他の人は、自分自身との人のポイントを完全に超えています。 We seem at times to be confronted by an Arianism content to affirm that the Son is simply "of like substance" with the Father, at times with a docetism for which the reality of the human nature is of little importance.我々が直面したように見える時にアリウス主義にコンテンツを断言することは、単に息子"のような物質"として父は、時々 、キリスト仮どれをのためには、人間の本性は、現実にはほとんどの重要性です。

Much recent NT study has, however, been undertaken in the belief that the Gospels do provide us with sufficient historical detail about Jesus to give us a reliable picture of the kind of man he actually was.最近のNTの多くの研究が、しかし、その信念に着手していたことをお知らせgospels十分な歴史的な詳細については、我々の信頼性を与えるイエスキリストの絵実際には彼のような男だ。 The importance of regaining such a genuine understanding of his humanity as a basis for our Christology has been stressed.このような真の回復の重要性を理解するために彼の人間として、私たちの基礎christology強調されています。 Wolfhart Pannenberg has criticized Karl Barth and others who have followed him for beginning their Christological thought from the standpoint of God himself: i.e., by first assuming the Trinity and the incarnation, and then arguing downward, viewing the humanity of Jesus against this transcendent background.ボルフハルトパネンベルクは、カールバルトや他の人の批判が続いて彼を始めchristological思想の立場から見れば、自分自身の神:つまり、最初に仮定さの権化のトリニティとし、次に下向きの主張は、人類の表示背景を超越すると、このイエスです。 Pannenberg himself believes that such initial presupposition of the divinity of Jesus will involve us inevitably in a Christology marked by disjunction and paradox, and will pose insoluble problems in relation to the unity of his person.パネンベルク自身は考えているような初期の前提にかかわる私たちは、必然的にイエスの神性を分離するとマークされてchristologyパラドックス、ポーズを取るとは、不溶性の問題と関連して彼の人の団結です。 Moreover, it will obscure our understanding of his true humanity.しかも、それは私たちの理解を自分の本当の無名の人間です。

Pannenberg seeks to form a "Christology from below," moving upward from Jesus' life and death toward his transformation in his resurrection and exaltation through the grace of God.パネンベルクシークを形成する"とは以下のとおりchristologyからは、 "感動上方からイエスの生と死に向かって彼は彼の復活と高揚変態神の恩寵を介しています。 Pannenberg believes that there are legendary elements in the Gospel history (e.g., the virgin birth).パネンベルクは、伝説的な要素があると考えている福音の歴史(例えば、処女懐胎) 。 He stresses the need to interpret Jesus and his death from the standpoint of our own experience of history as well as from the standpoint of the OT.彼はイエスと解釈する必要性を強調し、彼の死の立場から見れば、私たち自身の経験だけでなく、歴史の視点から見れば、 ot 。 Karl Rahner, on the Roman Catholic side, also pursues a Christology beginning with the humanity of Jesus and based on anthropology.カールラーナーには、ローマカトリック側は、また、人間性を追求するchristology始まるイエスと人類学に基づいています。

We have to question whether the NT accounts of Jesus allow us to make such a one sided approach and to follow such a method.私たちはイエスの質問を許可するかどうかを私たちはNTのアカウントを作るような1つのアプローチと側面がこのような方法に従ってください。 Consistently Jesus is presented in the Gospels as one who is both truly man and truly God.常にgospelsとしては、イエスキリストが提示さの両方を1つの誰が真に真に人間と神です。 The first witnesses did not try to present him to us in a manhood existing apart from the mystery of his unique union with God.最初の目撃者に提示しようとしなかった彼に、私たちは、既存の男らしさを除けば、彼独特の労働組合と神の謎だ。 It does not seem possible, therefore, that we ourselves should have access to the reality to which they are pointing unless we try to gasp him in the strange interpenetration of these two aspects that seems to mark their accounts of him.それがないように見える可能性が、したがって、アクセスできるようにして、私たち自身が現実になっているのを指してハッと息をのむしようとしない限り、我々は彼の奇妙な相互浸透は、これら2つの側面をマークして自分の口座には彼のようだ。 That the "Word became flesh" seems to imply that we cannot have the flesh apart from the Word nor the Word apart from the flesh.は、 "言葉になった肉"を意味するようにすることはできませんが、肉は別にその言葉から離れてもその言葉を引き裂いた。

What the Gospel writers intended to give us in their witness must therefore determine both our own approach and the method we adopt in our investigation.福音の作家は何を意図してくれたのは、目撃者の両方を決める必要があります従って我々の独自のアプローチを採用すると、我々は我々の調査方法です。 Hans Frei has more recently produced a study in Christology in which he attempts to face the problems of our approach to the Gospel narratives.ハンスフレイにはもっと最近の研究で作らchristologyは彼の問題に直面しようとして我々のアプローチの体験談福音です。 He insists that Jesus Christ is known to the Christian believer in a manner that includes personal knowledge but also at the same time surpasses it mysteriously.彼はイエスキリストは、知られていると主張して、キリスト教信者が含まれるような方法で個人的な知識だけでなく、同時にそれを上回ります不思議です。 Moreover, "we can no longer think of God except as we think of Jesus at the same time nor of Jesus except in reference to God."さらに、 "我々はもはや神の考えを除き、我々の考えるそれと同時に、イエスキリストを除いても、神を引き合いに出す"と述べた。 Frei also insists that while we can think of other people rightly without them being present, we cannot properly think of Jesus as not being present.フレイも考えることができると主張している間、他の人々が存在して正しいことなく、適切に考えることはできないとして、イエスキリストが存在しない。 We cannot indeed know his identity without being in his presence.確かに自分のアイデンティティを知っていることはできませんが、彼の存在なし。

R S Wallace rsウォレス
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
H R Mackintosh, The Person of Christ; D M Baillie, God Was in Christ; O Cullmann, The Christology of the NT; E Brunner, The Mediator; L B Smedes, The Incarnation, Trends in Modern Anglican Thought; H Relton, A Study in Christology; K Barth, Church Dogmatics; R G G , I; H Vogel, Gott in Christo and Christologie; M Fonyas, The Person of Jesus Christ in the Decisions of the Ecumenical Councils; W Pannenberg, Jesus, God and Man; H W Frei, The Identity of Jesus Christ; E Schillebeeckx, Christ, Jesus, and Jesus and Christ; R A Norris, The Christological Controversy; J A Dorner, History of the Development of the Doctrine of the Person of Christ.マッキントッシュ時間は、その人のキリスト;機DM baillie 、神は、キリスト; oクルマンは、 christologyのはNT ; eブルンナーは、メディエーター; smedesポンドは、顕現、聖公会の動向は、近代思想; h relton 、研究christology ; kバルトは、教会の教義学; rgg 、私; hフォーゲルは、クリストとゴットでchristologie ; fonyas mには、イエスキリストという人間の普遍的な協議会の決定;ワットパネンベルクは、イエスキリストは、神と人間; hwフレイは、 identityイエスキリスト; eスケレベクス、キリストは、イエスキリストは、イエスキリストとキリストと;ラーノリスは、 christological論争; jaドルナー、その教義の発展の歴史は、キリストの人物です。


Christology christology

Catholic Information カトリック情報

Christology is that part of theology which deals with Our Lord Jesus Christ.神学部christologyのは、わたしたちの主イエスキリストを扱った。 In its full extent it comprises the doctrines concerning both the person of Christ and His works; but in the present article we shall limit ourselves to a consideration of the person of Christ.それは、フル構成の範囲に関する双方の人がキリスト教説と彼の作品;しかし、現在の記事の中に自分自身をわたしたちは限度額を考慮して、キリストの人です。 Here again we shall not infringe on the domain of the historian and Old-Testament theologian, who present their respective contributions under the headings JESUS CHRIST, and MESSIAS; hence the theology of the Person of Jesus Christ, considered in the light of the New Testament or from the Christian point of view, is the proper subject of the present article.ここで再び我々の領域を侵害するものではないとは、旧新約聖書神学史家は、現在、それぞれの貢献者イエスキリストの見出しの下に、そしてmessias ;したがって、その人の神学は、イエスキリストは、光の考えは、新約聖書あるいは、キリスト教の観点から、適切な主題は、現在の記事です。

The person of Jesus Christ is the Second Person of the Most Holy Trinity, the Son or the Word of the Father, Who "was incarnate by the Holy Ghost of the Virgin Mary and was made man."その人は、イエスキリストの2番目の人は、ほとんどのホーリートリニティー、息子は、父親の言葉や、人"の化身では、聖霊は前に、聖母マリアと男は言った。 " These mysteries, though foretold in the Old Testament, were fully revealed in the New, and clearly developed in Christian Tradition and theology.これらの謎が、旧約聖書の前から予報では、完全に明らかにされた、新しい、そして伝統とキリスト教神学を明確に開発された。 Hence we shall have to study our subject under the triple aspect of the Old Testament, the New Testament, and Christian Tradition.従って我々は、我々の研究テーマの下には、旧約聖書のアスペクトトリプル、新約聖書は、キリスト教の伝統とします。

OLD TESTAMENT旧約聖書

From what has been said we understand that the Old Testament is not considered here from the viewpoint of the Jewish scribe, but of the Christian theologian.どのように理解されてからは、旧約聖書によると我々は考えていないという観点から、ここにユダヤ人の筆記体ではなく、キリスト教神学者です。 Jesus Christ Himself was the first to use it in this way by His repeated appeal to the Messianic passages of the prophetic writings.イエスキリストは、自分自身を最初に使用することをこのように繰り返される彼の救世主に訴えるものがある通路の予言記述します。 The Apostles saw in these prophecies many arguments in favour of the claims and the teachings of Jesus Christ; the Evangelists, too, are familiar with them, though they appeal less frequently to them than the patristic writers do.これらの予言は、使徒を見た多くの引数の主張を支持し、イエスキリストの教え;の伝道者でも、それらを知っているとは、かれらをアピールして頻度を減らすことよりも、 patristic作家です。 Even the Fathers either state the prophetic argument only in general terms or they quote single prophecies; but they thus prepare the way for the deeper insight into the historical perspective of the Messianic predictions which began to prevail in the eighteenth and nineteenth centuries.どちらかの状態にしても、父親の予言的な議論だけで見積もりが必要ですか、大まかに言えば1つの予言;だがかれらはこのようにするための地ならしをより深い洞察力を、歴史的な観点から始まったの救世主に勝つの予測は、 18および19世紀にもわたっている。 Leaving the statement of the historical development of the Messianic prophecies to the writer of the article MESSIAS, we shall briefly call attention to the prophetic predictions of the genealogy of Christ, of His birth, His infancy, His names, His offices, His public life, His sufferings, and His glory.声明は、歴史的な発展を出て行くのは、その作家の救世主予言をmessias記事は、簡潔に注意するよう呼び掛けるわれは予言の予測は、キリストの系譜は、彼の誕生は、彼の幼年時代、彼の名前は、彼のオフィスでは、彼の公的生活は、彼の苦悩、そして彼の栄光です。

(1) References to the human genealogy of the Messias are quite numerous in the Old Testament: He is represented as the seed of the woman, the son of Sem, the son of Abraham, Isaac, and Jacob, the son of David, the prince of pastors, the offspring of the marrow of the high cedar (Genesis 3:1-19; 9:18-27; 12:1-9; 17:1-9; 18:17-19; 22:16-18; 26:1-5; 27:1-15; Numbers 24:15-19; 2 Samuel 7:1-16; 1 Chronicles 17:1-17; Jeremiah 23:1-8; 33:14-26; Ezekiel 17). ( 1 )を参照して、人間のmessias系譜は、旧約聖書の中には非常に多くの:彼は、女性として表さの種子は、息子のセム、アブラハムの息子、イスハーク、とジェイコブは、息子のデビッドは、プリンスオブ牧師は、その子孫は、骨髄の高いスギ(創世記3:1-19 ; 9:18-27 ; 12:1-9 ; 17:1-9 ; 18:17-19 ; 22:16-18 ; 26:1-5 ; 27:1-15 ;数字24:15-19 ; 2サミュエル7:1-16 ; 17:1-17クロニクル1 ;エレミア23:1-8 ; 33:14-26 ;エゼキエル17 ) 。 The Royal Psalmist extols the Divine genealogy of the future Messias in the words: "The Lord hath said to me: Thou art my son, this day have I begotten thee" (Ps. ii, 7).ロイヤルextols賛美歌の系譜は、将来の神の言葉messias : "かれらによると、主に私:なた私の息子は、この日は私ひとり子なた" ( ps. 2世は、 7 ) 。

(2) The Prophets frequently speak of the birth of the expected Christ. ( 2 )預言者は、頻繁に話すキリストの誕生の見通し。 They locate its place in Bethlehem of Juda (Micah 5:2-14), they determine its time by the passing of the sceptre from Juda (Genesis 49:8-12), by the seventy weeks of Daniel (ix, 22-27), and by the "little while" mentioned in the Book of Aggeus (ii, 1-10).ベツレヘムの場所に位置してjuda (ミカ5:2-14 )は、かれらの通過時間を決めるのは、セプターからjuda (創世記49:8-12 )は、 70週間のダニエルされる( 9世、二十二から二十七まで)とし、 "しばらくの間"の本の中では言及aggeus ( ⅱ 、 1-10 ) 。 The Old-Testament seers know also that the Messias will be born of a Virgin Mother (Isaiah 7:1-17), and that His appearance, at least His public appearance, will be preceded by a precursor (Isaiah 40:1-11; Malachi 4:5-6).古い-テスタメントゼールスmessiasされることも知っているのバージン生まれの母親(イザヤ書7:1-17 ) 、そして、彼の外観は、少なくとも公共の場に現れた彼は、その直前になる前駆体(イザヤ書40:1-11 ;マラキ4:5-6 ) 。

(3) Certain events connected with the infancy of the Messias have been deemed important enough to be the subject of prophetic prediction. ( 3 )特定のイベントに接続している乳児期の重要なmessiasみなしてきたのに十分な予言予測の対象となる。 Among these are the adoration of the Magi (Ps. lxxxi, 1-17), the slaughter of the innocents (Jeremiah 31:15-26), and the flight into Egypt (Hosea 11:1-7).これらは、礼拝の間では、東方の三博士( ps. 81は、 1月17日)は、罪なき者の殺りく(エレミア31:15-26 ) 、そしてエジプトへの逃避(ホセア書11:1-7 ) 。 It is true that in the case of these prophecies, as it happens in the case of many others, their fulfilment is their clearest commentary; but this does not undo the fact that the events were really predicted.それは事実だが予言は、これらの例は、偶然にも他の多くの例では、彼らの達成は、その明確な解説;でも元に戻すことはないという事実を、このイベントには本当に予測。

(4) Perhaps there is less need of insisting on the predictions of the better known Messianic names and titles, seeing that they involve less obscurity. ( 4 )必要があるはずだと主張して以下の予測は、よく知られて救世主の名前とタイトルは、彼らを見巻き込む少なくひっそりとしています。 Thus in the prophecies of Zacharias the Messias is called the Orient, or, according to the Hebrew text, the "bud" (iii; vi, 9-15), in the Book of Daniel He is the Son of Man (vii), in the Prophecy of Malachias He is the Angel of the Testament (ii, 17; iii, 6), in the writings of Isaias He is the Saviour (li, 1; lii, 12; lxii), the Servant of the Lord (xlix, 1), the Emmanuel (viii, 1-10), the Prince of peace (ix, 1-7).予言のは、このように呼ばれているこのmessiasツァハリアス、オリエント、または、ヘブライ語のテキストによると、この"芽" ( ⅲ ; viのは、 9月15日)は、本の中では彼は、息子のダニエルの男( 7 ) 、 malachiasの予言が、彼は、天使の遺言( ⅱ 、 17 ; IIIのは、 6 ) 、彼の執筆中には、救い主isaias (李は、 1 ; 52 、 12 、 62 )は、使用人の主( 49 、 1 )は、エマニュエル( 8 、 1-10 ) 、平和の王子( 9 、 1-7 ) 。

(5) The Messianic offices are considered in a general way in the latter part of Isaias (lxi); in particular, the Messias is considered as prophet in the Book of Deuteronomy (xviii, 9-22); as king in the Canticle of Anna (1 Samuel 2:1-10) and in the royal song of the Psalmist (xliv); as priest in the sacerdotal type Melchisedech (Genesis 14:14-20) and in the Psalmist's words "a priest forever" (cix); as Goel, or Avenger, in the second part of Isaias (lxiii, 1-6); as mediator of the New Testament, under the form of a covenant of the people (Isaiah 42:1; 43:13), and of the light of the Gentiles (Isaiah 49). ( 5 )事務所の救世主とみなさする一般的な方法では、後者の部分isaias ( 61 ) ;特に、預言者と見なさmessiasは本の中では、申命記( 18 、 9月22日) ;としては、賛美歌の王様アンナ( 1サミュエル2:1-10 )とは、王室の歌は、賛美歌( 44 ) ;として司祭は、聖職型melchisedech (創世記14:14-20 )とは、賛美歌の言葉を"永遠の司祭" ( cix ) ;としてゴエル、またはアベンジャー、第二部にisaias ( 63 、 1-6 ) ;としてメディエーターは、新約聖書は、下のフォームには、約束の人々の(イザヤ書42:1 ; 43:13 ) 、および、その光は、 gentiles (イザヤ書49 ) 。

(6) As to the public life of the Messias, Isaias gives us a general idea of the fulness of the Spirit investing the Anointed (xi, 1-16), and of the Messianic work (Iv). ( 6 )のように、国民生活のmessias 、 isaiasの基本的な考えは私たちには、その精神を投資し、聖なるfulness ( xi 、 1-16 ) 、および( ⅳ )は、救世主的な仕事です。 The Psalmist presents a picture of the Good Shepherd (xxii); Isaias summarizes the Messianic miracles (xxxv); Zacharias exclaims, "Rejoice greatly, O daughter of Sion", thus predicting Christ's solemn entrance into Jerusalem; the Psalmist refers to this same event when he mentions the praise out of the mouth of infants (viii).賛美歌女性の絵が描かれ、グッドシェファード( 22 ) ; isaias要約奇跡の救世主( 35 ) ;ツァハリアスexclaims 、 "大いに喜ぶ、なたの娘シオン"は、このように厳粛に入ると予測しキリストのエルサレム;賛美歌を指し、これと同じイベント彼を称賛する際には、口の中に記載して乳幼児( 8 ) 。 To return once more to the Book of Isaias, the prophet foretells the rejection of the Messias through a league with death (xxvii); the Psalmist alludes to the same mystery where he speaks of the stone which the builders rejected (cxvii).一度に復帰して、より多くの書籍isaias 、 foretellsの預言者を介してmessiasリーグでは、拒絶反応して消滅( 27 ) ; alludesの賛美歌の謎を、同じ場所で、彼はその石が喋るの建設を拒否( cxvii ) 。

(7) Need we say that the sufferings of the Messias were fully predicted by the prophets of the Old Testament? ( 7 )必要な苦しみは、私たちの言うことは十分に予想されるmessias旧約聖書の預言者ですか? The general idea of the Messianic victim is presented in the context of the words "sacrifice and oblation thou wouldst not" (Ps. xxxix); in the passage beginning with the resolve "Let us put wood on his bread" (Jeremiah 11), and in the sacrifice described by the prophet Malachias (i).被害者の基本的な考えは、救世主の文脈の中で提示された単語"を犠牲にしていない奉納なたwillの二人称単数" ( ps. 39 ) ;は、初めに通過して解決する"としてみましょう木材は、パンを入れる" (ジェレマイア11 )は、とは、預言者を犠牲に記述されるmalachias (よい) 。 Besides, the series of the particular events which constitute the history of Christ's Passion has been described by the prophets with a remarkable minuteness: the Psalmist refers to His betrayal in the words "the man of my peace . . . supplanted me" (xl), and Zacharias knows of the "thirty pieces of silver" (xi); the Psalmist praying in the anguish of his soul, is a type of Christ in His agony (Ps. liv); His capture is foretold in the words "pursue and take him" and "they will hunt after the soul of the just" (Ps. lxx; xciii); His trial with its false witnesses may be found represented in the words "unjust witnesses have risen up against me, and iniquity hath lied to itself" (Ps. xxvi); His flagellation is portrayed in the description of the man of sorrows (Isaiah 52:13; 53:12) and the words "scourges were gathered together upon me" (Ps. xxxiv); the betrayer's evil lot is pictured in the imprecations of Psalm 108; the crucifixion is referred to in the passages "What are these wounds in the midst of thy hands?"それに加えて、このシリーズは、特定のイベントを構成し、キリストの受難の歴史記述されてきたが、注目すべきは、預言minuteness :裏切りの賛美歌を指しますが、彼の言葉に"その男は私の平和。 。 。 supplanted私" ( 40 ) 、およびツァハリアス知っているのは" 30点のシルバー" ( xi ) ;賛美歌を祈って、彼の魂は、苦悩のは、キリストは、彼の苦しみの種類( ps.リヴ) ;前から予報では、彼の言葉をキャプチャする"と追及彼を取る"と"かれらは魂を狩る後には、単に" ( ps. 70 ; 93 ) ;彼の裁判で、虚偽の目撃者の言葉で表さ見つかるかも知れません"私に対する不当な目撃者が著しく増加して、かれらにうそをつき、不法行為それ自体" ( ps. 26 ) ;彼の鞭毛の説明の中で描かれ、その男の悲しみ(イザヤ書52:13 ; 53:12 )との言葉に"わたしの災いが集まった" ( ps. 34 ) ;の裏切り者の悪写真では、たくさんのimprecations詩編108 ;はりつけは、参照されて、その通路"とは何の真っただ中には、これらの傷は、なたの手ですか? " (Zechariah 13), "Let us condemn him to a most shameful death" (Wisdom 2), and "They have dug my hands and my feet" (Ps. xxi); the miraculous darkness occurs in Amos 8; the gall and vinegar are spoken of in Psalm 68; the pierced heart of Christ is foreshadowed in Zach., xii. (ゼカリヤ13 )は、 "彼を非難するみましょう最も恥ずべき死" (知恵2 ) 、そして"彼らは私の手と足掘り" ( ps. 21 ) ;の奇跡的な暗闇が発生アモス8 ;のギャルと酢話されるのでは、詩篇68 ;のピアスキリストの心臓部では、ザックforeshadowed 。 、 12世です。 The sacrifice of Isaac (Genesis 21:1-14), the scapegoat (Leviticus 16:1-28), the ashes of purification (Numbers 19:1-10), and the brazen serpent (Numbers 21:4-9) hold a prominent place among the types prefiguring the suffering Messias.イサクを犠牲にし(創世記21:1-14 )は、身代わり(レビ記16:1-28 )は、遺灰の精製(数字19:1-10 ) 、厚かましいと蛇(数字21:4-9 )ホールド目立つ位置prefiguring種類の苦しみの中にmessias 。 The third chapter of Lamentations is justly considered as the dirge of our buried Redeemer.第3章では、当然の哀歌ダージュオブ見なされて、私たちの救い主埋まっています。

(8) Finally, the glory of the Messias has been foretold by the Prophets of the Old Testament. ( 8 )最後に、その栄光のmessiasされる前から予報され、旧約聖書の預言者です。 The context of such phrases as "I have risen because the Lord hath protected me" (Psalm 3), "My flesh shall rest in hope (Psalm 15), "On the third day he will raise us up" (Hosea 5:15, 6:3), "O death, I will be thy death" (Hosea 13:6-15a), and "I know that my Redeemer liveth" (Job 19:23-27) referred the devout Jewish worshipper to something more than a merely earthly restoration, the fulfilment of which began to be realized in the Resurrection of Christ. This mystery is also implied, at least typically, in the first fruits of the harvest (Leviticus 23:9-14) and the delivery of Jonas from the belly of the fish (Jonah 2). Nor is the Resurrection of the Messias the only element of Christ's glory predicted by the Prophets. Psalm 67 refers to the Ascension; Joel, ii, 28-32, to the coming of the Paraclete; Is., Ix, to the call of the Gentiles; Mich., iv, 1-7, to the conversion of the Synagogue; Dan., ii, 27-47, to the kingdom of the Messias as compared with the kingdom of the world. Other characteristics of the Messianic kingdom are typified by the tabernacle (Exodus 25:8-9; 29:43; 40:33-36; Numbers 9:15-23), the mercy-seat (Exodus 25:17-22; Psalm 79:1), Aaron the high priest (Exodus 28:1; 30:1; 10; Numbers 16:39-40), the manna (Exodus 16:1-15; Psalm 77:24-25), and the rock of Horeb (Exodus 17:5-7; Numbers 20:10-11; Psalm 104:41). A Canticle of thanksgiving for the Messianic benefits is found in Is., xii.このような文脈の中のフレーズとして"私は主に上昇したため、かれらを保護僕" (詩篇3 )は、 "私の残りの肉は、希望を持って(詩篇15 )は、 " 3日目は、彼は私たちを育てる" (ホセア書5時15分は、午前6時03分) 、 "おお、死は、私があなたの死" (ホセア書13 : 06 - 15a ) 、および"私の救い主は承知して生きる" (仕事19:23-27 )を参照してもっと熱心なユダヤ教の崇拝単にこの世の復旧するよりも、その達成に始まったが、キリストの復活を実現しています。このミステリーでも黙示のは、少なくとも、通常、最初の果実の収穫(レビ記23:9-14 )と、配達のジョナス腹からは、魚(ジョナ2 )です。 messiasもが、復活のキリストの栄光の要素だけでは、預言予言される。詩編67を指しているため昇天;ジョエルは、 2世、二八〜三二、聖霊が、今後は、 ;は。 、 9世は、コールして、 gentiles ;ミシガン州4 、 1-7 、コンバージョンには、シナゴーグ;ダン。 、 2世、二十七から四十七まで、王国を比較して、王国としてmessias世界のです。その他の特徴は、王国の救世主に代表される幕屋(出エジプト記25:8-9 ; 29:43 ; 40:33-36 ;数字9:15-23 )は、慈悲席(出エジプト記25:17 - 22 ;詩編79:1 ) 、アーロンの大祭司(出エジプト記28:1 ; 30:1 ; 10 ;数字16:39-40 )は、マナ(出エジプト記16:1-15 ;詩編77:24-25 )は、そして、岩のホレブ(出エジプト記17:5-7 ;数字20:10-11 ;詩編104:41 ) 。 、賛美歌の感謝祭のためには、救世主的なメリットが見つかりました。 、 12世です。

The Books of the Old Testament are not the only source from which the Christian theologian may learn the Messianic ideas of pre-Christian Jewry.この書籍は、旧約聖書のソースからだけではない可能性が、キリスト教神学を学ぶ事前に救世主キリスト教ユダヤ民族のアイデアです。 The Sibylline oracles, the Book of Enoch, the Book of Jubilees, the Psalms of Solomon, the Ascensio Moysis, the Revelation of Baruch, the Fourth Book of Esdras, and several Talmudic and Rabbinic writings are rich depositories of pre-Christian views concerning the expected Messias.みこoraclesのは、この本のイノックは、その本のjubilees 、ソロモンの詩篇、 ascensio moysisのは、ヨハネの黙示録のバルークは、第4冊のエスドラス書、およびいくつかの記述は、豊富なdepositoriesラビtalmudicとの事前の意見を聴取するキリスト教予想messias 。 Not that all of these works were written before the coming of Christ; but, though partially post-Christian in their authorship, they preserve a picture of the Jewish world of thought, dating back, at least in its outline, centuries before the coming of Christ.これらすべてのことが書かれた作品の到来を前に、キリスト;しかし、キリスト教の後の部分でも自分の原作者は、かれらの絵が描かれ、ユダヤ人を守る世界の思想は、までさかのぼる、少なくともその輪郭は、何世紀の到来を前にキリストです。

NEW TESTAMENT新約聖書

Some modern writers tell us that there are two Christs, as it were, the Messias of faith and the Jesus of history.いくつかの近代作家聞かせくださいがあることは、 2つのキリストは、言ってみれば、その信仰と、イエスキリストのmessiasの歴史があります。 They regard the Lord and Christ, Whom God exalted by raising Him from the dead, as the subject of Christian faith; and Jesus of Nazareth, the preacher and worker of miracles, as the theme of the historian.かれらの主とキリストに関しては、高貴な神の死者を引き上げてから彼は、キリスト教の信仰の対象として;とナザレのイエスは、説教者と労働者の奇跡は、歴史学者としてのテーマです。 They assure us that it is quite impossible to persuade even the least experienced critic that Jesus taught, in formal terms and at one and the same time, the Christology of Paul, that of John, and the doctrines of Nicæa, of Ephesus, and of Chalcedon.彼らを確保して私たちを説得することが、かなり不可能なことでさえ、イエスキリスト以上教えた経験豊富な評論家は、正式な条件とは、 1つのと同時に、そのchristologyのポールは、ジョンが、その教説のnicæa 、エフェソス、そして、 chalcedon 。 Otherwise the history of the first Christian centuries appears to these writers to be quite inconceivable.そうでなければ、キリスト教の歴史の最初の世紀にもわたって表示されるこれらの作家が非常に想像しています。 The Fourth Gospel is said to lack the data which underlie the definitions of the first ecumenical councils and to supply testimony that is not a supplement, but a corrective, of the portrait of Jesus drawn by the Synoptics.福音書によると、第4は、データが不足して根底にあるの定義については、最初のエキュメニカル協議会を供給するとの証言を補完することではないのですが、矯正は、イエスキリストの肖像画が描かれたsynopticsされる。 These two accounts of the Christ are represented as mutually exclusive: if Jesus spoke and acted as He speaks and acts in the Synoptic Gospels, then He cannot have spoken and acted as He is reported by St. John.これらの2つのアカウントでは、キリストは、相互に排他的で表現される:もしイエススポークや行動行為としては、彼が喋ると総観gospels 、それから彼と行動することはできません。話さとして報告された彼は聖ヨハネです。 We shall here briefly review the Christology of St. Paul, of the Catholic Epistles, of the Fourth Gospel, and the Synoptics.われは、ここで簡単に確認してchristologyの聖パウロは、カトリック教徒の書簡は、第4福音書、およびsynoptics 。 Thus we shall give the reader a complete Christology of the New Testament and at the same time the data necessary to control the contentions of the Modernists.こうしてわたしたちは、読者には、新約聖書の完全なchristologyすると同時に、データを制御するのに必要な主張は、 modernists 。 The Christology will not, however, be complete in the sense that it extends to all the details concerning Jesus Christ taught in the New Testament, but in the sense that it gives His essential characteristics taught in the whole of the New Testament. christologyされませんが、しかし、それが完全に拡張しているという意味でイエスキリストの教えのすべての詳細に関しては、新約聖書ではなく、その意味で彼の本質的な特徴を与えることを教えたのは、全体の新約聖書です。

(1) Pauline Christology ( 1 )ポーリーンchristology

St. Paul insists on the truth of Christ's real humanity and Divinity, in spite of the fact that at first sight the reader is confronted with three objects in the Apostle's writings: God, the human world, and the Mediator.聖パウロの真実性を主張してキリストの真の人間性と神性は、事実にもかかわらず、ひと目で、読者は、 3つのオブジェクトに直面して使徒の記述:神は、人間の世界では、との仲介役です。 But then the latter is both Divine and human, both God and man.ところが、その後、後者は神と人間の両方には、神と人間の両方です。

(a) Christ's Humanity in the Pauline Epistles (は)キリストの人類は、パウロの書簡

The expressions "form of a servant", "in habit found as a man", "in the likeness of sinful flesh" (Philippians 2:7; Romans 8:3) may seem to impair the real humanity of Christ in the Pauline teaching.これらの表現は"フォームの使用人" 、 "一人の男としての習慣が見つかりました" 、 "罪深い肉の肖像" (ピリピ人への手紙2 : 07 ;ローマ人への手紙8時03分)のように見えるかもしれませんが、本物の人間性を損なうキリストの教えは、ポーリーン。 But in reality they only describe a mode of being or hint at the presence of a higher nature in Christ not seen by the senses, or they contrast Christ's human nature with the nature of that sinful race to which it belongs.しかし、現実に彼られているかのみを記述するモードの存在をほのめかすの高い自然で見られるのは、キリストの感覚は、かれらのコントラストやキリストの人間の本性を罪深いレースの性質をしてそれに属しています。 On the other hand the Apostle plainly speaks of Our Lord manifested in the flesh (1 Timothy 3:16), as possessing a body of flesh (Colossians 1:22), as being "made of a woman" (Galatians 4:4), as being born of the seed of David according to the flesh (Romans 1:3), as belonging according to the flesh to the race of Israel (Romans 9:5).その半面、はっきりと喋るの使徒たちの主は、明らかに肉( 1ティモシー3時16分)は、体の肉を所持する(コロサイ人への手紙1時22分) 、として"前の女" (ガラテヤ人への手紙4時04分)は、人間が生まれては、種子の肉によると、デビッド(ローマ人への手紙1時03分) 、肉として所属してレースによると、イスラエルの(ローマ人への手紙9時05分) 。 As a Jew, Jesus Christ was born under the Law (Galatians 4:4).ユダヤ人としては、法の下のイエスキリストが生まれた(ガラテヤ人への手紙4時04分) 。 The Apostle dwells with emphasis on Our Lord's real share in our physical human weakness (2 Corinthians 13:4), on His life of suffering (Hebrews 5:8) reaching its climax in the Passion (ibid., 1:5; Philippians 3:10; Colossians 1:24).銀製の棲むに重点を置いて、私たちの主の本当のシェアは、物理的な人間の弱さ( 2コリンチャンス13時04分)は、彼の人生の苦しみ(ヘブル人への手紙5時08分)で最高潮に達し、情熱( ibid. 、 1 : 05 ;ピリピ人への手紙3 : 10 ;コロサイ人への手紙1時24分) 。 Only in two respects did Our Lord's humanity differ from the rest of men: first in its entire sinlessness (2 Corinthians 5:21; Galatians 2:17; Romans 7:3); secondly, in the fact that Our Lord was the second Adam, representing the whole human race (Romans 5:12-21; 1 Corinthians 15:45-49).私たちだけでは主に2つの点で大きく異なるの人類の残りの部分から男性:最初は、全体sinlessness ( 2コリンチャンス5時21分;ガラテヤ人への手紙2 : 17 ;ローマ人への手紙7時03分) ;第二に、事実は、わたしたちの主は2番目のアダムは、人類全体を表す(ローマ人への手紙5:12-21 ; 1コリンチャンス15:45-49 ) 。

(b) Christ's Divinity in the Pauline Epistles ( b )には、キリストの神性パウロの書簡

According to St. Paul, the superiority of the Christian revelation over all other Divine manifestations, and the perfection of the New Covenant with its sacrifice and priesthood, are derived from the fact that Christ is the Son of God (Hebrews 1:1 sq.; 5:5 sq.; 2:5 sq.; Romans 1:3; Galatians 4:4; Ephesians 4:13; Colossians 1:12 sq.; 2:9 sq.; etc.).聖パウロによれば、その優位性は、キリスト教の神の啓示以上の他のすべての症状を呈しており、その完成度を犠牲にしては、新しい契約と聖職に就く、という事実に由来するには、キリストは神の御子(ヘブル人への手紙1:1 sq 。 ;午前5時05 sq 。 ;午前2時05 sq 。 ;ローマ人への手紙1 : 03 ;ガラテヤ人への手紙4 : 04 ;エペソ4時13分;コロサイ人への手紙1時12 sq 。 ;午前2時09 sq 。 ;等) 。 The Apostle understands by the expression "Son of God" not a merely moral dignity, or a merely external relation to God which began in time, but an eternal and immanent relation of Christ to the Father.使徒を理解し、表現される"神の子"だけではなく、道徳的尊厳、あるいは単に外部から始まったと関連して、時間の神ではなく、永遠とキリストの内在的な関係を父親です。 He contrasts Christ with, and finds Him superior to, Aaron and his successors, Moses and the Prophets (Hebrews 5:4; 10:11; 7:1-22; 3:1-6; 1:1).彼は対照的に、キリストは、彼に優れているとか、アーロンと彼の後継者は、モーゼと預言者(ヘブル人への手紙5時04分; 10:11 ; 7:1-22 ; 3:1-6 ; 1:1 ) 。 He raises Christ above the choirs of angels, and makes Him their Lord and Master (Hebrews 1:3; 14; 2:2-3), and seats Him as heir of all things at the right hand of the Father (Hebrews 1:2-3; Galatians 4:14; Ephesians 1:20-21).彼は、キリストの上に引き上げ合唱団の天使たちは、かれらの主と彼とマスター(ヘブル人への手紙1時03分、 14 ; 2:2-3 ) 、およびすべてのものの相続人としての彼の席では、右手の父親(ヘブル人への手紙1 : 2-3 ;ガラテヤ人への手紙4 : 14 ;エペソ1:20-21 ) 。 If St. Paul is obliged to use the terms "form of God", "image of God", when he speaks of Christ's Divinity, in order to show the personal distinction between the Eternal Father and the Divine Son (Philippians 2:6; Colossians 1:15), Christ is not merely the image and glory of God (1 Corinthians 11:7), but also the first-born before any created beings (Colossians 1:15), in Whom, and by Whom, and for Whom all things were made (Colossians 1:16), in Whom the fulness of the Godhead resides with that actual reality which we attach to the presence of the material bodies perceptible and measurable through the organs of our senses (Colossians 2:9), in a word, "who is over all things, God blessed for ever" (Romans 9:5).聖パウロの使用が義務付けられている場合の条件の"神の形" 、 "神のイメージ"は、キリストの神性のときに彼が喋るためには、個人的な違いを見せるために、神の永遠の父と息子(ピリピ人への手紙2 : 06 ;コロサイ人への手紙1時15分) 、キリストのイメージだけではないと神の栄光( 1コリンチャンス11時07分)は、生まれだけでなく、最初に作成する前にすべての生き物(コロサイ人への手紙1時15分)は、誰が、誰とでは、とはすべてのものがあった人(コロサイ人への手紙1時16分)は、誰が常駐してfulnessの神性を添付して実際の現実に我々の存在を気付かれない遺体の材料や測定を通じて、我々の感覚器官(コロサイ人への手紙2時09分) 、一言で言えば、 "すべての人がやり直すことは、神の祝福は永遠に" (ローマ人への手紙9時05分) 。

(2) Christology of the Catholic Epistles ( 2 )は、カトリック教徒の書簡christology

The Epistles of St. John will be considered together with the other writings of the same Apostle in the next paragraph.聖ヨハネの書簡で検討されるとともに、他の記述は、使徒と同じで、次の段落です。 Under the present heading we shall briefly indicate the views concerning Christ held by the Apostles St. James, St. Peter, and St. Jude.わたしたちは、現在の見出しの下に簡潔に示して意見を聴取する開かれたキリストの使徒セントジェームズは、聖ペテロと聖ジュード。

(a) The Epistle of St. James ( a )その信徒のセントジェームズ

The mainly practical scope of the Epistle of St. James does not lead us to expect that Our Lord's Divinity would be formally expressed in it as a doctrine of faith.その主な実用的な範囲は、信徒の鉛セントジェームズはないと予想して私たちを私たちの主の神性なることを正式に表明し、信仰の教義として。 This doctrine is, however, implied in the language of the inspired writer.この学説は、しかし、黙示の言語では、触発された作家です。 He professes to stand in the same relation to Jesus Christ as to God, being the servant of both (i, 1): he applies the same term to the God of the Old Testament as to Jesus Christ (passim). professesに立つ彼は、同じようにイエスキリストの神と関連して、両方の使用人が、 (私は、 1 ) :彼は、同じ期間に適用して神としては、旧約聖書に、イエスキリスト(ここかしこ) 。 Jesus Christ is both the sovereign judge and independent lawgiver, who can save and can destroy (iv, 12); the faith in Jesus Christ is faith in the lord of Glory (ii, 1).イエスキリストは、双方の主権と独立裁判官立法者は、誰が保存して破壊すること( ⅳ 、 12 ) ;の信仰はイエスキリストは、主の栄光を信じている( 2 、 1 ) 。 The language of St. James would be exaggerated and overstrained on any other supposition than the writer's firm belief in the Divinity of Jesus Christ.セントジェームズの言語となるoverstrained誇張して、他の作家の仮定よりも強い信念は、イエスキリストの神性です。

(b) Belief of St. Peter ( b )に聖ペテロの信念

St. Peter presents himself as the servant and the apostle of Jesus Christ (1 Peter 1:1; 2 Peter 1:1), who was predicted by the Prophets of the Old Testament in such a way that the Prophets themselves were Christ's own servants, heralds, and organs (1 Peter 1:10-11).聖ペテロの女性としての自分自身の使用人とイエスキリストの使徒( 1ペテロ1:1 ; 2ピーター1:1 )は、誰が予測される旧約聖書の預言者のような方法で、キリストの預言者自身が自分の使用人、 heralds 、および臓器( 1ペテロ1:10-11 ) 。 It is the pre-existent Christ who moulds the utterances of Israel's Prophets to proclaim their anticipations of His advent.事前に存在することは、キリスト者の発言は、イスラエルの預言者moulds 、彼らの期待に彼の到来を宣言した。 St. Peter had witnessed the glory of Jesus in the Transfiguration (2 Peter 1:16); he appears to take pleasure in multiplying His titles: Jesus Our Lord (2 Peter 1:2), our Lord Jesus Christ (ibid., i, 14, 16), the Lord and Saviour (ibid., iii, 2), our Lord and Saviour Jesus Christ (ibid., i, 1), Whose power is Divine (ibid., i, 3), through whose promises Christians are made partakers of the nature of God (ibid., i, 4).聖ペテロは、イエスキリストの栄光を目撃変貌( 2ピーター1時16分) ;彼が表示されたら喜びを掛けて彼のタイトルを取る:私たちの主イエス( 2ピーター1時02分)は、わたしたちの主イエスキリスト( ibid. 、私、 14 、 16 ) 、そして、主の救い主( ibid. 、 3世、 2 )は、わたしたちの主イエスキリストを救い主( ibid. 、私は、 1 ) 、そのパワーは、神( ibid. 、私は、 3 )は、その約束を介しキリスト教徒は、神の前に自然のpartakers ( ibid. 、私は、 4 ) 。 Throughout his Epistle, therefore, St. Peter feels, as it were, and implies the Divinity of Jesus Christ.彼の信徒を通して、したがって、聖ペテロの気持ちは、言ってみれば、イエスキリストの神性を意味しています。

(c) Epistle of St. Jude ( C参照)の信徒聖ジュード

St. Jude, too, introduces himself as the servant of Jesus Christ, through union with whom Christians are kept in a life of faith and holiness (1); Christ is our only Lord and Saviour (4), Who punished Israel in the wilderness and the rebel angels (5), Who will come to judgment surrounded by myriads of saints (14), and to Whom Christians look for the mercy which He will show them at His coming (21), the issue of which will be life everlasting.セントジュードは、あまりにも、自分自身を紹介するイエスキリストの使用人としては、労働組合を介して人のキリスト教徒が信仰生活に保管してあるとホーリネス( 1 ) ;救世主イエスキリストは私たちだけの主と( 4 )は、イスラエル人の荒野の中に罰せられる天使たちの反乱( 5 )とは、誰が来て審判に囲まれて無数の聖人( 14 ) 、そしてキリスト教徒を探す人のなすがままにして彼が来る彼はショー( 21 )は、この問題は永遠の生命される。 Can a merely human Christ be the subject of this language?キリストは、単に人間の件名にこの言語ですか?

(3) Johannean Christology ( 3 ) johannean christology

If there were nothing else in the New Testament to prove the Divinity of Christ, the first fourteen verses in the Fourth Gospel would suffice to convince a believer in the Bible of that dogma.があった場合には、ほかの何よりも新約聖書キリストの神性を証明するのは、最初の14人は4番目の印が十分ゴスペル聖書の信奉者を説得するのが定説だ。 Now the doctrine of this prologue is the fundamental idea of the whole Johannean theology.今のプロローグは、この学説は、全体の基本的なアイデアjohannean神学です。 The Word made flesh is the same with the Word Who was in the beginning, on the one hand, and with the man Jesus Christ, the subject of the Fourth Gospel on the other.という言葉を前にして肉は、同じ単語の先頭にいたのは、片手では、イエスキリストと、その男は、 4番目の件名は、他の福音です。 The whole Gospel is a history of the Eternal Word dwelling in human nature among men.全体の福音書は、住居の歴史は永遠の言葉の中に人間の本性の男性です。

The teaching of the Fourth Gospel is also found in the Johannean Epistles. 4番目の人に教えることは、福音書はまたjohanneanの書簡が見つかりました。 In his very opening words the writer tells his readers that the Word of life has become manifest and that the Apostles had seen and heard and handled the Word incarnate.彼の言葉は非常に開放して、読者の作家の言葉を伝える彼の人生とは、使徒となってマニフェストを見たことがあると聞いたの化身という言葉を扱っています。 The denial of the Son implies the loss of the Father (1 John 2:23), and "whosoever shall confess that Jesus is the Son of God, God abideth in him and he in God" (ibid., iv, 15).この拒否の息子は、父親の喪失を意味する( 1ジョン2時23分) 、および"誰でも告白しては、神の御子イエスキリストは、神が彼と彼は、神の存在をabideth " ( ibid. 、 4世、 15 ) 。 Towards the end of the Epistle the writer is still more emphatic: "And we know that the Son of God is come: and he hath given us understanding that we may know the true God, and may be in his true Son. This is the true God and life eternal" (ibid., v, 20). 20世紀末には、より多くの信徒は、まだその作家断固たる: "と、神の息子であることが分かっているが来る:かれ与えられたと理解して我々が知っている私たちの真の神、そして彼の本当の息子かもしれない。これは、永遠の生命と真の神" ( ibid. 、 v 、 20 ) 。

According to the Apocalypse, Christ is the first and the last, the alpha and the omega, the eternal and the almighty (i, 8; xxi, 6; xxii, 13).黙示録によると、キリストは、最初と最後は、アルファとオメガは、永遠とオールマイティ(私は、 8 ;二十一、 6 、 22 、 13 ) 。 He is the king of kings and lord of lords (xix, 16), the lord of the unseen world (xii, 10; xiii, 8), the centre of the court of heaven (v, 6); He receives the adoration of the highest angels (v, 8), and as the object of that uninterrupted worship (v, 12), He is associated with the Father (v, 13; xvii, 14).彼は、キングオブキングスとの主な貴族( 19 、 16 )は、主には、目に見えない世界( 12世は、 10 ; 13世は、 8 )は、天の中心部の裁判所( 5 、 6 ) ;彼の愛情を受け取る最高の天使( 5 、 8 ) 、延々と続くとして崇拝の対象として、 ( 5 、 12 )は、関連付けられている彼は、父親( 5 、 13 、 17 、 14 ) 。

(4) Christology of the Synoptists ( 4 ) christologyのsynoptists

There is a real difference between the first three Evangelists and St. John in their respective representations of our Lord.本物の違いがある最初の3つの聖ヨハネの伝道者と私たちの主は、それぞれ表明した。 The truth presented by these writers may be the same, but they view it from different standpoints.真実を提示されたこれらの作家と同じかもしれないが、それらは別の観点から見ることです。 The three Synoptists set forth the humanity of Christ in its obedience to the law, in its power over nature, and in its tenderness for the weak and afflicted; the fourth Gospel sets forth the life of Christ not in any of the aspects which belong to it as human, but as being the adequate expression of the glory of the Divine Person, manifested to men under a visible form.この3つの定めるsynoptists人類は、キリストの法律に従って、その権力の性質上、その優しさとは、弱いと罹災;第4福音書送付しないで、キリストの生涯のいずれかの側面に属する人間としてではなく、適切な表現としては、神の栄光の人が、男性の下で、目に見える形で明らかにしています。 But in spite of this difference, the Synoptists by their suggestive implication practically anticipate the teaching of the Fourth Gospel.しかし、この違いにもかかわらず、彼らのsynoptists思わせぶりな含意を教えることは、事実上、 4番目の福音を予想する。 This suggestion is implied, first, in the Synoptic use of the title Son of God as applied to Jesus Christ.この提案には、黙示のは、第一に、使用中の総観としては、タイトルの神の息子であるイエスキリストに適用されます。 Jesus is the Son of God, not merely in an ethical or theocratic sense, not merely as one among many sons, but He is the only, the well-beloved Son of the Father, so that His son-ship is unshared by any other, and is absolutely unique (Matthew 3:17, 17:5; 22:41; cf. 4:3, 6; Luke 4:3, 9); it is derived from the fact that the Holy Ghost was to come upon Mary, and the power of the Most High was to overshadow her (Luke 1:35).神の御子イエスキリストは、倫理的または神政するだけではない意味では、多くの人の息子のうちの一つとしてだけではないが、彼だけは、最愛の人の息子の父親は、息子のように、他の船には、共有された、とは絶対に固有の(マタイ3時17分、 17時05分、 22時41分; cf 。 4:3 、 6 ;ルーク4:3 、 9 ) ;という事実に由来することは、聖霊に来ていたメアリー、および、電源は、最も高いの影を彼女(ルーク1時35分) 。 Again, the Synoptists imply Christ's Divinity in their history of His nativity and its accompanying circumstances; He is conceived of the Holy Ghost (Luke, 1, 35), and His mother knows that all generations shall call her blessed, because the mighty one had done great things unto her (Luke 1:48).繰り返しますが、キリストの神性のsynoptists意味で彼らの歴史とその添付生まれの彼の状況;彼は、聖霊の考え(ルーク、 1 、 35 )は、知っていると彼の母親に電話してすべての世代には、彼女の祝福は、その理由の1つは無敵彼女の偉大なこと行わかれ(ルーク1時48分) 。 Elisabeth calls Mary blessed among women, blesses the fruit of her womb, and marvels that she herself should be visited by the mother of her Lord (Luke 1:42-43).女性の間で通話を祝福メアリーエリザベートは、彼女の子宮blesses 、果物、そして驚異を訪問しなければならないことによって、彼女自身の母親は彼女の主(ルカによる福音書1:42-43 ) 。 Gabriel greets Our Lady as full of grace, and blessed among women; her Son will be great, He will be called the Son of the Most High, and of His kingdom there will be no end (Luke 1:28, 32).ガブリエルを迎えた私たちの恵みいっぱいのレディとしては、女性の間で祝福;偉大される彼女の息子は、彼の息子がコールされるため、最も高い、と彼の王国の余地はないと端(ルーク1 : 28 、 32 ) 。 As new-born infant, Christ is adored by the shepherds and the Magi, representatives of the Jewish and the Gentile world.新しい幼児として生まれ、キリストが崇拝される羊飼いと東方の三博士は、ユダヤ教の代表者たちの世界とのジェンティーレ。 Simeon sees in the child his Lord's salvation, the light of the Gentiles, and the pride and glory of his people Israel (Luke 2:30-32).シメオンは、子供を見て彼の主の救いは、光のgentiles 、彼の栄光と誇りとイスラエルの人々 (ルカによる福音書2:30-32 ) 。 These accounts hardly fit in with the limits of a merely human child, but they become intelligible in the light of the Fourth Gospel.これらのアカウントのほとんどに溶け込む人間の限界は、単に子供が、それらは理解できるとなる第4福音書に照らしている。

The Synoptists agree with the teaching of the Fourth Gospel concerning the person of Jesus Christ not merely in their use of the term Son of God and in their accounts of Christ's birth with its surrounding details, but also in their narratives of Our Lord's doctrine, life, and work. synoptistsに同意するの教示に関する福音書第4人は、イエスキリストだけではないという用語を使用すると、神の息子で自分の口座には、キリストの誕生とその周辺の詳細については、自分の体験談だけでなく、私たちの主の教義は、人生、および仕事です。 The very term Son of Man, which they often apply to Christ, is used in such a way that it shows in Jesus Christ a self-consciousness for which the human element is not something primary, but something secondary and superinduced.男の息子はとても任期は、これを適用することが多いわけで、キリストは、そのような方法が使用され、イエスキリストにあることを示して自意識過剰で、人間のための主要な要素ではないが、何かセカンダリとsuperinduced 。 Often Christ is simply called Son (Matthew 11:27; 28:20), and correspondingly He never calls the Father "our" Father, but "my" Father (Matthew 18:10, 19, 35; 20:23; 26:53).しばしばキリストと呼ばれるのは、単に息子(マタイ11:27 ; 28:20 ) 、それに対応とは決して彼の父親を呼び出して"私たちの"父が、 "私"の父親(マタイ18 : 10 、 19 、 35 、 20 : 23 ; 26 : 53 ) 。 At His baptism and transfiguration He receives witness from heaven to His Divine Son-ship; the Prophets of the Old Testament are not rivals, but servants in comparison with Him (Matthew 21:34); hence the title Son of Man implies a nature to which Christ's humanity was an accessory.彼は自分の洗礼を受け取る側の証人と変貌して天から彼の神の息子-船;旧約聖書の預言者のライバルではないが、彼の使用人に比較して(マタイ21 : 34 ) ;したがって、そのタイトルが示すように自然に男の息子これは、人類のキリストのアクセサリーです。 Again, Christ claims the power to forgive sins and supports His claim by miracles (Matthew 9:2-6; Luke 5:20, 24); He insists on faith in Himself (Matthew 16:16, 17), He inserts His name in the baptismal formula between that of the Father and the Holy Ghost (Matthew 28:19), He alone knows the Father and is known by the Father alone (Matthew 11:27), He institutes the sacrament of the Holy Eucharist (Matthew 26:26; Mark 14:22; Luke 22:19), He suffers and dies only to rise again the third day (Matthew 20:19; Mark 10:34; Luke 18:33) He ascends into Heaven, but declares that He will be among us till the end of the world (Matthew 28:20).繰り返しますが、キリストの力と主張して罪を許すことによって、彼の主張をサポート奇跡(マタイ9:2-6 ;ルーク5時20分、 24 ) ;彼は自分自身の信念を主張して(マタイ16 : 16 、 17 ) 、彼は自分の名前を挿入洗礼式では、父との間に聖霊(マタイ28:19 ) 、彼の父親と知っているだけでは、一人の父親で知られる(マタイ11:27 ) 、彼は、塾の秘跡聖体( 26マシュー: 26 ;マーク14 : 22 ;ルーク22時19分)は、彼が死ぬと苦痛を被って再び上昇して3日目のみ(マタイ20 : 19 ;マーク10:34 ;ルーク18 : 33 )彼は天国へ上昇するが、彼は宣言して私たちの間では、この世の終わりまで(マタイ28:20 ) 。

Need we add that Christ's claims to the most exalted dignity of His person are unmistakably clear in the eschatological discourses of the Synoptists?我々の主張を追加する必要がありますが、キリストの尊厳を、最も高貴な人は、紛れもなく明確には、彼の終末論synoptistsディスコースとは? He is the Lord of the material and moral universe; as supreme lawgiver He revises all other legislation; as final judge He determines the fate of all.彼は、主材料とは、道徳的な宇宙;最高立法者としての彼は他のすべての修正法案;としての最終的な判断をすべて彼の運命を決定する。 Blot the Fourth Gospel out of the Canon of the New Testament, and you still have in the Synoptic Gospels the identical doctrine concerning the person of Jesus Christ which we now draw out of the Four Gospels; some points of the doctrine might be less clearly stated than they are now, but they would remain substantially the same.ブロットによる福音書第4のうち、キヤノンは、新約聖書とは、共観福音書には、まだまだgospels 、その人と同じドクトリンに関するイエスキリストの今を引き出すのが我々の4つのgospels ;ドクトリンは、いくつかの点を明確に少ないかもしれない彼らは今よりも、かれらは、実質的に同じままだ。

CHRISTIAN TRADITIONキリスト教の伝統

Biblical Christology shows that one and the same Jesus Christ is both God and man.聖書の中の1つchristology示していると、同じイエスキリストは、神と人間の両方です。 While Christian tradition has always maintained this triple thesis that Jesus Christ is truly man, that He is truly God, and that the Godman, Jesus Christ, is one and the same person the heretical or erroneous tenets of various religious leaders have forced the Church to insist more expressly now on the one, now on another element of her Christology.キリスト教の伝統を維持しながらも、常にこの論文で、イエスは真にトリプル男は、神にして彼は本当に、神人として、イエスキリストは、自分と同じ人は、異端や様々な宗教指導者が誤った教義を強制教会今すぐこちらに明示して1つの主張は、今では彼女のもう一つの要素christology 。 A classified list of the principal errors and of the subsequent ecclesiastical utterances will show the historical development of the Church's doctrine with sufficient clearness.校長のリストに分類すると、エラーが表示さ発言が、その後の教会の歴史的な教会の教義を開発して、十分な透明です。 The reader will find a more lengthy account of the principal heresies and councils under their respective headings.より多くの読者を見つけるのは非常に長いアカウントには、校長との協議会の下に、それぞれの見出しheresies 。

(1) Humanity of Christ ( 1 )人類のキリスト

The true humanity of Jesus Christ was denied even in the earliest ages of the Church.イエスキリストは、真の人間性を否定しても、最古の教会の年齢層だ。 The Docetist Marcion and the Priscillianists grant to Jesus only an apparent body; the Valentinians, a body brought down from Heaven. docetist marcion 、イエスキリストのみを許可すると明らかにpriscillianists体;のvalentinians 、天から、体を破滅させています。 The followers of Apollinaris deny either that Jesus had any human soul at all, or that He possessed the higher part of the human soul, they maintain that the Word supplies either the whole soul in Christ, or at least its higher faculties.アポリナリスの信者のどちらかを否定することは、イエスがどんな人間の魂のすべて、または保有して彼は、人間の魂の高い部分は、彼らの言葉の供給を維持して全体の魂は、キリストのどちらか、あるいは少なくともその高い能力です。 In more recent times it is not so much Christ's true humanity as His real manhood that is denied.比較的最近になっていないことはそんなにキリストの真の人類としては、彼の真の男らしさを否定しています。 According to Kant the Christian creed deals with the ideal, not with the historical Jesus; according to Jacobi, it worships Jesus not as an historical person, but as a religious ideal; according to Fichte there exists an absolute unity between God and man, and Jesus was the first to see and teach it; according to Schelling, the incarnation is an eternal fact, which happened to reach in Jesus its highest point, according to Hegel, Christ is not the actual incarnation of God in Jesus of Nazareth but the symbol of God's incarnation in humanity at large.カントによると、キリスト教の信条に扱っているのは理想的ではなく、歴史的なイエス;ヤコビによると、歴史上の人物として崇拝イエスいないが、宗教的な理想として;フィヒテによると、神が存在すると男の間に絶対的な団結して、イエスは、最初にそれを参照してくださいと教える;シェリングによると、永遠の権化は、実際には、イエスキリストが起こっているかの高値に達するには、ヘーゲルによると、キリストは神の化身ではなく、実際のナザレのイエスが、シンボル神の化身が人類全体です。 Finally, certain recent Catholic writers distinguish between the Christ of history and the Christ of faith, thus destroying in the Christ of faith His historical reality.最後に、最近のカトリック作家の区別が特定のキリストキリストの信仰の歴史とは、このように自分の信仰を破壊するのは、キリストの歴史的現実です。 The New Syllabus (Proposit, 29 sq.) and the Encyclical "Pascendi dominici gregis" may be consulted on these errors.新しいシラバス( proposit 、 29 sq 。 )と、回勅" pascendiドミニシgregis "と相談してこれらのエラーかもしれない。

(2) The Divinity of Christ ( 2 )キリストの神性

Even in Apostolic times the Church regarded a denial of Christ's Divinity as eminently anti-Christian (1 John 2:22-23; 4:3; 2 John 7).ローマ教皇の回でも、キリスト教会と見なすことを拒否著しく反キリスト教の神として( 1ヨハネ2:22-23 ; 4:3 ; 2ジョン7 ) 。 The early martyrs, the most ancient Fathers, and the first ecclesiastical liturgies agree in their profession of Christ's Divinity.初期の殉教者は、古代の祖先の大半は、最初の教会とは自分の職業に同意liturgiesキリストの神性です。 Still, the Ebionites, the Theodotians, the Artemonites, and the Photinians looked upon Christ either as a mere man, though singularly enlightened by Divine wisdom, or as the appearance of an æon emanating from the Divine Being according to the Gnostic theory; or again as a manifestation of the Divine Being such as the Theistic and Pantheistic Sabellians and Patripassians admitted; or, finally, as the incarnate Word indeed, but the Word conceived after the Arian manner as a creature mediating between God and the world, at least not essentially identical with the Father and the Holy Ghost.それでも、そのebionites 、 theodotians 、 artemonites 、キリストのいずれかを見下ろしていましたphotiniansと同程度に、単なる男は、神の知恵で悟りを開いた非常にかかわらず、あるいは外観としては、神から発せæonれグノーシス主義の理論によると、 ;または再度症状としては、神のように有神論汎神論sabelliansとpatripassiansと認めた;かは、最終的には、単語の化身として、実際には、しかし、その言葉アリウス主義方法として考えられた後、神との間で調停生き物の世界では、本質的には、少なくとも父と同じで、聖霊のです。 Though the definitions of Nice and of the subsequent councils, especially of the Fourth Lateran, deal directly with the doctrine concerning the Most Holy Trinity, still they also teach that the Word is consubstantial with the Father and the Holy Ghost, and thus establish the Divinity of Jesus Christ, the Word incarnate.かかわらず、ニースとの定義については、その後の協議会は、特に第4ラテラン、直接取引をして、最もホーリートリニティーに関する学説は、まだ彼らにもその言葉を教えることは、父と同本質と聖霊のは、こうして確立神性イエスキリストは、その言葉の化身。 In more recent times, our earliest Rationalists endeavoured to avoid the problem of Jesus Christ; they had little to say of him, while they made St. Paul the founder of the Church.比較的最近には、我々の最古rationalists endeavouredイエスキリストの問題を避けるために、彼らはほとんどないと言って、彼が、かれらの前に聖パウロ教会の創立者だ。 But the historical Christ was too impressive a figure to be long neglected.しかし、キリストの歴史的な印象を図にはあまりにも長い間無視されている。 It is all the more to be regretted that in recent times a practical denial of Christ's Divinity is not confined to the Socinians and such writers as Ewald and Schleiermacher.それはこちらのすべての最近の回では後悔して実用的な拒否するキリストの神性ではないとsociniansに限局して、このような作家としてエワルドとシュライエルマッハー。 Others who profess to be believing Christians see in Christ the perfect revelation of God, the true head and lord of the human race, but, after all, they end with Pilate's words, "Behold, the man".他の人のキリスト教徒と公言されると信じ、キリストを参照して完璧な神の啓示では、真の主、人類の頭とは、結局のところ、彼らの最後の言葉をpilate 、 "見よ、この男" 。

(3) Hypostatic Union ( 3 )労働組合沈下

His human nature and His Divine nature are in Jesus Christ united hypostatically, i.e. united in the hypostasis or the person of the Word.彼と彼の人間の本性には、イエスキリストの神の性質ユナイテッドhypostatically 、すなわちユナイテッドは、下位またはその人の言葉です。 This dogma too has found bitter opponents from the earliest times of the Church.あまりにもこの教義が見つかりました太古の時代からの激しい反対派教会です。 Nestorius and his followers admitted in Christ one moral person, as a human society forms one moral person; but this moral person results from the union of two physical persons, just as there are two natures in Christ. nestoriusとその部下を認めた道徳的な人物で、キリストの1つは、 1つの形として、人間社会の道徳的な人物;しかし、この道徳的な人物の結果から、 2つの物理的な労働組合の人と同様に、キリストには2つの性質です。 These two persons are united, not physically, but morally, by means of grace.これらの2つの米国人たちは、肉体的には、しかし、道徳的には、猶予されたの手段です。 The heresy of Nestorius was condemned by Celestine I in the Roman Synod of A. D. 430 and by the Council of Ephesus, A.D. 431, the Catholic doctrine was again insisted on in the Council of Chalcedon and the second Council of Constantinople.異端のnestoriusに非難されるのは、ローマ教会会議セレスタインよいとされる430の広告エペソ評議会は、 431の広告は、カトリックの教義を再び主張していたのは、評議会の第2コンスタンティノポリス公会議とchalcedon 。 It follows that the Divine and the human nature are physically united in Christ.それは、以下のとおりです神と人間の本性には、物理的にユナイテッドは、キリストです。 The Monophysites, therefore, believed that in this physical union either the human nature was absorbed by the Divine, according to the views of Eutyches; or that the Divine nature was absorbed by the human; or, again, that out of the physical union of the two resulted a third nature by a kind of physical mixture, as it were, or at least by means of their physical composition.そのmonophysites 、したがって、物理的な労働組合と信じて、このどちらかに吸収されるのは、神の人間の本性によると、意見eutyches ;たりして、人間の神の性質が吸収されるか、また、そのうち、物理学連合その結果、 3番目の2つの物理的な性質によってある種混合物は、言ってみれば、あるいは少なくとも彼らの物理的な組成を意味する。 The true Catholic doctrine was upheld by Pope Leo the Great, the Council of Chalcedon, and the Fifth Ecumenical Council, A.D. 553.カトリック教義の真の支持はレオの偉大さは、評議会chalcedon 、および第5回エキュメニカル協議会は、 553の広告です。 The twelfth canon of the last-named council excludes also the view that Christ's moral life developed gradually, attaining its completion only after the Resurrection.キヤノンは、昨年、第12回協議会を除くと名付けられたとの見方をキリストの道徳的にも人生の開発を徐々には、完成した後にのみ達成し、復活した。 The Adoptionists renewed Nestorianism in part because they considered the Word as the natural Son of God, and the man Christ as a servant or an adopted son of God, thus granting its own personality to Christ's human nature. adoptionistsリニューアルnestorianismの部分とみなされるため、天然の息子として、神の言葉は、キリストとその男の養子として、あるいは神の使用人は、このように、独自の個性を付与キリストの人間の本性だ。 This opinion was rejected by Pope Adrian I, the Synod of Ratisbon, A.D. 782, the Council of Frankfort (794), and by Leo III in the Roman Synod (799).このローマ法王の意見は拒否されるエイドリアン私は、この会議のratisbon 、広告782 、フランクフォートの評議会( 794 ) 、およびローマ教会会議では、レオ3世( 799 ) 。 There is no need to point out that the human nature of Christ is not united with the Word, according to the Socinian and rationalistic views.必要はない、と指摘している人間の本性をキリストの言葉ではないユナイテッドは、合理主義との意見によると、ソッツィーニ。 Dorner shows how widespread among Protestants these views are, since there is hardly a Protestant theologian of note who refuses its own personality to the human nature of Christ.ドルナープロテスタントの間でこれらの見解を示して広範囲には、プロテスタントの神学者からは、ほとんどの人の注意を拒否し、独自の個性をキリストの人間の本性だ。 Among Catholics, Berruyer and Günther reintroduced a modified Nestorianism; but they were censured by the Congregation of the Index (17 April, 1755) and by Pope Pius IX (15 Jan., 1857).カトリック教徒の間で、再修正berruyerとギュンターnestorianism ;だがかれらは問責される信徒の指数( 1755年4月17日)とさピウス9世( 1857年1月15日) 。 The Monophysite heresy was renewed by the Monothelites, admitting only one will in Christ and thus contradicting the teaching of Popes Martin I and Agatho and of the Sixth Ecumenical Council.異端のキリスト単性論monothelitesリニューアルされた、 1つのみ認めるが、キリストの教えと矛盾こうしてローマ教皇のマーティンと私とagathoエキュメニカル協議会の第6回です。 Both the schismatic Greeks and the Reformers of the sixteenth century wished to retain the traditional doctrine concerning the Word Incarnate; but even the earliest followers of the Reformers fell into errors involving both the Nestorian and the Monophysite heresies.ギリシア人との分離の両方の改革派を取り入れたいとは、 16世紀の伝統的な教義を保持に関する単語の化身;しかし、改革派の信者でも最も早くともにエラーが落ちたとネストリウス派のキリスト単性論heresies 。 The Ubiquitarians, for example, find the essence of the Incarnation not in the assumption of human nature by the Word, but in the divinization of human nature by sharing the properties of the Divine nature.そのubiquitarians 、例えば、見つけるの権化の本質ではなく、人間の本性と想定される単語ではなく、人間の本性のdivinizationのプロパティでは、神の性質を共有します。 The subsequent Protestant theologians drifted away farther still from the views of Christian tradition; Christ for them was the sage of Nazareth, perhaps even the greatest of the Prophets, whose Biblical record, half myth and half history, is nothing but the expression of a popular idea of human perfection.その後のプロテスタントの神学者が切れたまだ遠くから眺めキリスト教の伝統;キリストのためにかれらは、セイジナザレのは、おそらく最大の預言者でさえ、その聖書の記録は、半分神話と歴史の半分は、しかし、表現するのは何も人気人間のアイデアの完成です。 The Catholic writers whose views were derogatory either to the historical character of the Biblical account of the life of Christ or to his prerogatives as the God-man have been censured in the new Syllabus and the Encyclical "Pascendi dorninici gregis".軽蔑的な見解は、カトリック作家のどちらかを、歴史的なキャラクターは、聖書の中のアカウントでは、キリストの生涯や彼の特権を神として非難してきた人と、回勅、新シラバス" pascendi dorninici gregis " 。

Publication information Written by A.J. aj書かれた文献情報 Maas.マース。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラスj.ポッター転写された。 Dedicated to the Sacred Heart of Jesus Christ The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.ひたむきに、イエスキリストの聖心カトリック百科事典は、 14巻です。 Published 1912.日付1912 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.公認は、 12年7月1日です。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

For Christology consult the following:相談するために、以下のchristology :

Patristic Works: ATHANASIUS, GREGORY NAZIANZUS, GREGORY OF NYSSA, BASIL, EPIPHANIUS wrote especially against the followers of Arius and Apollinaris; CYRIL OF ALEXANDRIA, PROCLUS, LEONTIUS BYZANTINUS, ANASTASIUS SINAITA, EULOGIUS OF ALEXANDRIA, PETER CHRYSOLOGUS, FULGENTIUS, opposing the Nestorians and Monophysites; SOPHRONIUS, MAXIMUS, JOHN DAMASCENE, the Monothelites; PAULINUS OF AQUILEIA, ETHERIUS, ALCUIN, AGOBARDUS, the Adoptionists. patristic作品:アタナシウス、グレゴリーnazianzus 、グレゴリーのnyssa 、バジル、聖エピファニオス書きましたが、特に対アリウス信者とアポリナリス;シリルアレクサンドリア、 proclus 、 leontius byzantinus 、アナスタシオスsinaita 、 eulogiusアレクサンドリアのは、ピータークリソログス、フルゲンチウス、と反対してnestorians monophysites ;ソフロニオス、マクシムス、ジョンダマスコは、 monothelites ; aquileiaパウリヌスは、 etherius 、 alcuin 、 agobardus 、 adoptionists 。 See P. G. and P. L. Scholastic writers: ST.パプアニューギニアや学業を参照してくださいpl作家:セントです。 THOMAS, Summa theol., III, QQ.トーマスは、総合的研究論文theol 。 、 3世、 qq 。 I-lix; IDEM, Summa contra gentes, IV, xxvii-lv; In III Sentent.; De veritate, QQ.私- 59 ;同著者は、総合的研究論文コントラgensの複数形、 4世は、二十七-左心室;で3世sentent 。 ;デveritate 、 qq 。 xx, xxix; Compend, theol., QQ. XX社は、 29 ; compend 、 theol 。 、 qq 。 cxcix-ccxlii; Opusc., 2; etc.; BONAVENTURE, Breviloquium, 1, 4; In III Sentent.; BELLARMINE, De Christo capite totius ecclesioe controvers., I, col. cxcix - ccxlii ; opusc 。 、 2 ;等; bonaventure 、 breviloquium 、 1 、 4 ;で3世sentent 。 ;ベラルミーノ、デクリストcapite totius ecclesioe controvers 。 、私は、 col 。 1619; SUAREZ, De Incarn., opp. 1619 ;スアレス、デincarn 。 、 opp 。 XIV, XV; LUGO, De lncarn., op. 14 、 15 ;ルーゴ、デlncarn 。 、 opです。 III. Ⅲ 。 Positive Theologians: PETAVIUS, Theol.肯定的な神学者:ペタヴィウス、 theol 。 dogmat., IV, 1-2; THOMASSIN, De Incarn., dogm. dogmat 。 、 4 、 1-2 ; thomassin 、デincarn 。 、 dogm 。 theol., III, IV. theol 。 、 3世、 4世です。

Recent Writers:最近の作家:

FRANZELIN, De Verbo Incarn. franzelin 、デverbo incarn 。 (Rome, 1874); KLEUTGEN, Theologie der Vorzeit, III (Münster, 1873); JUNGMANN, De Verbo incarnato (Ratisbon, 1872); HURTER, Theologia dogmatica, II, tract. (ローマ、 1874 ) ;クロイトゲン、 theologieデアvorzeit 、 3世(ミュンスター、 1873 ) ;ユングマン、デverbo incarnato ( ratisbon 、 1872 ) ;保護するものは、 theologia dogmatica 、 2世、路です。 vii (Innsbruck, 1882); STENTRUP, Proelectiones dogmaticoe de Verbo incarnato (2 vols., Innsbruck, 1882); LIDDON, The Divinity of Our Lord (London, 1885); MAAS, Christ in Type and Prophecy (2 vols., New York, 1893-96); LEPIN, Jésus Messie et Fils de Dieu (Paris, 1904).第VII (インスブルック、 1882 ) ; stentrup 、 proelectiones dogmaticoeデverbo incarnato ( 2 vols 。 、インスブルック、 1882 ) ;リドンは、神がわたしたちの主(ロンドン、 1885 ) ;マースは、キリストの種類と予言( 2 vols 。 、新しいヨークは、 1893年から1896年) ; lepin 、フィルスデjésus messie et dieu (パリ、 1904年) 。

See also recent works on the life of Christ, and the principal commentaries on the Biblical passages cited in this article.最近の作品は、人生も参照してくださいキリストは、聖書の中で、校長の論評は、この記事の文章を引用しています。 For all other parts of dogmatic theology see bibliography at the end of this section (I.).すべての他の部分で独断的な神学文献を参照してください年末には、この項の( i. ) 。


Also, see:また、参照してください:
Jesus イエス
Christ キリスト
God
Bible 聖書
Christianity キリスト教
The Arising of Jesus イエスが生じる

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです