Congregationalism組合教会主義

General Information 総合案内

Congregationalism, a form of Protestant church organization based on the autonomy of each congregation, emerged as part of the liberal wing of Puritanism in the English Reformation.組合教会は、プロテスタント教会の一形態であり、各組織の自律性に基づいて、信徒は、リベラル派の団体名として登場したのは、英語の改革ピューリタニズムです。 By 1600, many clergymen were calling for reform in the Church of England, arguing that the key to adequate change was to grant local congregations autonomy. 1600によって、多くの牧師は、教会の改革を求めるのイングランドは、適切な変更するための鍵となると主張していたcongregations地方自治を付与する。 These congregationalists opposed Presbyterians, who wished to manage churches by means of district assemblies, and Anglicans, who wanted bishops for the same purpose. congregationalists反対presbyteriansこれらは、教会の管理人を取り入れたいと地区によって、アセンブリ、およびanglicans 、司教たちは、同じ目的を指名手配した。

Those who agreed on the democratic principle of congregational self government, however, differed among themselves about what to do.人々は、民主主義の原則に合意した自己会衆政府は、しかし、何をすべきかについては異論同士です。 Some were called Separatists because they refused to associate with the national church; a notable example was the Pilgrim group, which established (1620) the Plymouth Colony in North America.分離主義者と呼ばれるいくつかの理由が彼らを拒否し、国家の教会関連付けたい;に顕著な例では、巡礼者グループは、これを設立( 1620 )は、北米のプリマス植民地です。 Although others, the non Separatists, did not openly break with the Church of England, increasing persecution led many to emigrate to New England under the auspices of the Massachusetts Bay Company.他にもかかわらず、その以外の分離独立派は、公然と休憩していないイングランド教会は、多くの増加を中心に移住を迫害してニューイングランドの主催の下に、マサチューセッツ湾会社です。 The Separatists who remained in England, where they were called Independents, achieved substantial political influence in the period following the English Civil War (the Commonwealth and Protectorate).英国では依然、分離独立派の人は、どこに無所属と呼ばれる彼らは、政治的影響力を実質的に達成さ次の英語の内戦期間(コモンウェルス保護領) 。 The Restoration in 1660 brought renewed repression, but the Toleration Act of 1689 allowed freedom of worship. 1660もたらした新たな弾圧の復旧には、寛容の行為が、 1689年の自由の崇拝可です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
In New England, Congregationalist churches worked so closely with civil governments in every colony except Rhode Island that no other type of church was allowed in the area until 1690, when English authorities forced them to tolerate other religious groups.ニューイングランドでは、組合教会の教会で働いて今の政府と密接に民事ロードアイランド州ごとにコロニーがないことを除いて他の種類の教会に認められていた1690までの分野では、当局の時に英語を強制して他の宗教団体を容認する。 This relationship is often called theocracy, a situation in which ministers interpreted biblical laws related to general human conduct and town officials enforced them through police power.神権政治と呼ばれるこの関係は、聖書の解釈する状況で、閣僚の法律全般に関連して人間の行動や町の関係者を通じて警察の強制力です。 State government support for Congregationalist churches did not end until 1818 in Connecticut and not until 1834 in Massachusetts.州政府の支援をしなかった組合教会の教会末までに1818コネチカット州やマサチューセッツ州では1834まで。

In 1790, Congregationalists formed the largest, strongest church in America. 1790は、最大級のcongregationalists結成は、アメリカで最強の教会です。 In the 19th century, however, the church failed to grow proportionately with national expansion.は、 19世紀には、しかし、教会に比例して増加して全国展開に失敗しています。 In the 20th century, Congregationalist churches in the United States, Britain, and elsewhere have contributed to the Ecumenical Movement.は、 20世紀には、組合教会の教会は、米国、英国、およびその他のエキュメニカル運動に貢献しています。 In 1957 the U S Congregationalists merged with the Evangelical and Reformed Church to form a single denomination, the United Church of Christ, which in the late 1980s had 1.67 million members. congregationalistsと合併して1957年、米国の福音派と改革派教会を形成し、 1つの宗派は、統一キリスト教会は、 1980年代後半のメンバーは1670000 。

Henry Warner Bowdenヘンリーワーナーbowden

Bibliography 文献情報
P Miller, Errand into the Wilderness (1956); G Nuttall, Visible Saints: The Congregational Way 1640 - 1660 (1957); E Routley, The Story of Congregationalism (1961); H Stout, The New England Soul (1988). pミラーは、お使いの荒野( 1956年) ;グラムナトールは、目に見える聖人: 1640年の会衆の道-1 660( 1 957) ; e r outley、組合教会の物語( 1 961年) ; hスタウトは、ニューイングランドの魂( 1 988) 。


Congregation - (old meaning)集会-(旧という意味)

Advanced Information 高度情報

Congregation, (Heb. kahal), the Hebrew people collectively as a holy community (Num. 15:15).集まった人々は、 ( heb. kahal )は、ヘブライ語の人々の総称として神聖なコミュニティ( num. 15時15分) 。 Every circumcised Hebrew from twenty years old and upward was a member of the congregation.すべての割礼ヘブライ語と上方からは、 20歳のメンバーで、集会です。 Strangers resident in the land, if circumcised, were, with certain exceptions (Ex. 12:19; Num. 9:14; Deut. 23:1-3), admitted to the privileges of citizenship, and spoken of as members of the congregation (Ex. 12:19; Num. 9:14; 15:15).見知らぬ土地に居住して、もし割礼が、特定の例外(例: 12:19 ; NUM件です。 9時14分; deut 。 23:1-3 ) 、市民権を認めている権限、および話さのメンバーとして、信徒(例: 12:19 ; NUM件です。 9時14分、 15時15分) 。 The congregation were summonded together by the sound of two silver trumpets, and they met at the door of the tabernacle (Num. 10:3]) These assemblies were convened for the purpose of engaging in solemn religious services (Ex. 12:27; Num. 25:6; Joel 2:15), or of receiving new commandments (Ex. 19:7, 8).会衆summonded一緒された2つの銀色のトランペットの音、そして彼らに会ったのは、ドアの幕屋( num. 10時03分] )これらの目的のために議会が招集厳粛な宗教的なサービスに従事する(例: 12:27 ; NUM件です。 25:6 ;ジョエル2時15分) 、または新規の戒めを受けて(例: 19時07分、 8 ) 。 The elders, who were summonded by the sound of one trumpet (Num. 10:4), represented on various occasions the whole congregation (Ex. 3:16; 12:21; 17:5; 24:1).年長者は、人が1つのトランペットの音をsummonded ( num. 10時04分)は、さまざまな機会で表さ全体集会(例: 3 : 16 ; 12:21 ;午前17時05分; 24:1 ) 。

After the conquest of Canaan, the people were assembled only on occasions of the highest national importance (Judg. 20; 2 Chr. 30:5; 34:29; 1 Sam. 10:17; 2 Sam. 5:1-5; 1 Kings 12:20; 2 Kings 11:19; 21:24; 23:30).カナンの征服した後、その人たちが集合した上でのみ国家の最高の機会の重要性( judg. 20 ; 2 chr 。 30:5 ; 34:29 ; 1サム。 10:17 ; 2サム。 5:1-5 ; 1キングス12:20 ; 2キングス11:19 ;午前21時24分; 23:30 ) 。 In subsequent times the congregation was represented by the Sanhedrim; and the name synagogue, applied in the Septuagint version exclusively to the congregation, came to be used to denote the places of worship established by the Jews.その後の時代で表されるが、信徒サンヘドリン;シナゴーグの名前と、バージョンを排他的に適用されるセプトゥアギンタ会衆には、使用されることを表して来たの礼拝のユダヤ人によって設立された。 (See Church.) In Acts 13:43, where alone it occurs in the New Testament, it is the same word as that rendered "synagogue" (q.v.) in ver. (教会を参照してください。 ) 13時43分行為は、それが発生しただけではどこ新約聖書は、そのことは、同じ単語としてレンダリング"シナゴーグ" ( qv ) 、 04日Ver 。 42, and is so rendered in ver. 42 、およびレンダリングには、今のバージョン7.3.1.2 43 in R.V. 43で右心室

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Congregationalism組合教会主義

Catholic Information カトリック情報

The retention by the Anglican State Church of the prelatical form of government and of many Catholic rites and ceremonies offensive to genuine Protestants resulted in the formation of innumerable Puritan factions, with varying degrees of radicalism.聖公会の状態に保持される形でprelatical教会は、政府や多くのカトリックの儀式や式典攻勢を正規のプロテスタントの形成につながった無数のピューリタン諸派は、さまざまな程度の急進しています。 The violent measures adopted by Elizabeth and the Stuarts to enforce conformity caused the more timid and moderate of the Puritans to remain in communion with the State Church, though keeping up to the present day an incessant protest against "popish tendencies"; but the more advanced and daring of their leaders began to perceive that there was no place for them in a Church governed by a hierarchy and enslaved to the civil power.採択されたの暴力的な措置を実施するエリザベススチュアートとの適合性と穏健な原因は、より多くの気弱puritans聖体拝領をして国教会にとどまるが、 1日から現在までについていけるようにひっきりなしに抗議する"ローマカトリックの傾向" ;しかし、より高度な大胆な指導者たちと彼らを始めたことを感知する場所がなかったために教会に支配されるようにすることで、市民の力を階層とenslaved 。 To many of them, Geneva was the realization of Christ's kingdom on earth, and, influenced by the example of neighbouring Scotland, they began to form churches on the model of Presbyterianism.かれらの多くは、ジュネーブでは、キリストの王国の実現地球上で、そして、隣国に影響され、スコットランドの例は、形になり始めたとは、教会の長老制モデルです。 Many, however, who had withdrawn from the "tyranny" of the episcopate, were loath to submit to the dominion of presbyteries and formed themselves into religious communities acknowledging "no head, priest, prophet or king save Christ".多くは、しかし、誰が撤退の"暴政"のbishopの地位は、嫌がっていたのに提出することにドミニオンpresbyteriesや宗教的なコミュニティを形成して認め"いいえ頭は、司祭は、キリストの預言者や王を保存" 。 These dissenters were known as "Independents" and in spite of fines, imprisonments, and the execution of at least five of their leaders, they increased steadily in numbers and influence, until they played a conspicuous part in the revolution that cost Charles I his crown and life.これらの反対者として知られていた"無所属"と罰金にもかかわらず、 imprisonments 、少なくとも5つの実行と彼らの指導者たちは、彼らの数字と影響力は着実に増加し、再生するまで、かれらの革命に参加してコスト目立つチャールズ私彼の王冠そして人生です。 The earliest literary exponent of Independence was Robert Brown, from whom the dissenters were nicknamed Brownists.文芸最古の独立性指数のロバートブラウンは、誰からの反対者はbrownists愛称です。 Brown was born in 1550, of a good family, in Rutlandshire, and studied at Cambridge.ブラウンは1550生まれ、家族の良い、 rutlandshire 、ケンブリッジで勉強しています。 About 1580 he began to circulate pamphlets in which the State Church was denounced in unmeasured terms and the duty was inculcated of separating from communion with it.彼は約1580回覧パンフレットを始めた教会は非難された状態では、法外な条件と義務inculcated聖体拝領してから分離することです。 The godly were not to look to the State for the reform of the Church; they must set about it themselves on the Apostolic model.信心深いに目を向けるのは、国家のための改革教会;しなければならないこと自体については、ローマ教皇のセットモデルです。 Brown defines the Church as a "company or number of Christians or believers, who, by a willing covenant made with their God, are under the government of God and Christ, and keep his laws in one holy communion".茶色の教会として定義して"会社やキリスト教徒の数や信仰する者よ、人は、喜んで約束して彼らの前に、神は、神は、キリストのもとで、政府は、 1つの法律と続ける彼の聖体拝領" 。 This new gospel attracted numerous adherents.この新しい福音惹か多数の支持者だ。 A congregation was formed in Norwich which grew rapidly.集まった人々は、成長率が急速に形成されるノリッジ。 Summoned before the bishop's court, Brown escaped the consequences of his zeal through the intervention of his powerful relation, Lord Burghley, and, with his followers, migrated to Holland, the common refuge of the persecuted reformers of all Europe.司教の裁判所に呼び出されることは、彼の熱意がどんな結果をエスケープ茶色の介入彼の強力な関係を通じて、バーリー卿、そして、彼の信者では、オランダに移住して、共通の避難所は、ヨーロッパのすべての改革派を迫害した。 The Netherlands were soon flooded with refugees from England, and large congregations were established in the principal cities.オランダの難民が殺到してからすぐにイングランド、および大規模なcongregationsの主要都市で設立された。 The most flourishing Independent Church was that of Leyden under the direction of John Robinson.最も繁栄していたが、独立した教会の指導の下でライデンジョンロビンソンです。 It was to this congregation that the "Pilgrim Fathers" belonged, who in 1620 set sail in the Mayflower for the New World.それは、この集会には、 "ピルグリムファーザーズ"に属し、 1620人の中で出帆メイフラワーでは、新しい世界です。

The successful establishment of the New England colonies was an event of the utmost importance in the development of Congregationalism, a term preferred by the American Puritans to Independency and gradually adopted by their coreligionists in Great Britain.ニューイングランドの植民地の成功の確立は、極めて重要なイベントの組合教会の開発には、推奨される用語puritansアメリカで採択されたが、徐々に独立してcoreligionistsグレートブリテン。 Not only was a safe haven now opened to the fugitives from persecution, but the example of orderly communities based entirely on congregational principles, "without pope, prelate, presbytery, prince or parliament", was a complete refutation of the charge advanced by Anglicans and Presbyterians that Independency meant anarchy and chaos, civil and religious.安全な避難所だけでなく、今すぐにオープンには、迫害からの逃亡者が、この例の会衆に完全に基づく社会秩序の原則は、 "法王せずには、高位聖職者は、長老会、あるいは議会の王子"は、反論の充電が完了すると詳細をanglicans独立性を意味してpresbyteriansアナーキーとカオスは、市民的及び宗教的です。 In the Massachusetts settlements, "the New England way", as it was termed, developed, not indeed without strifes and dissensions, but without external molestation.入植地は、マサチューセッツ州は、 "ニューイングランドの方法"として呼ばれることが、開発ではなく、実際にdissensionsなしstrifesとは、外部の性的虐待がなくています。 They formed, from the Puritan standpoint, the veritable kingdom of the saints; and the slightest expression of dissent from the Gospel was punished by the ministers was punished with scourging, exile, and even death.彼ら結成、清教徒的な観点からは、根っからの王国は、聖人;との意見の相違から、ささいな表情で処罰されるのは、閣僚による福音書では、罰せられるscourging 、亡命者、さらには死だ。 The importance of stamping out Nonconformity in the American colonies did not escape the vigilance of Archbishop Laud; he had concerted measures with Charles I for imposing the episcopacy upon them, when war broke out between the king and the Parliament.不適合の重要性を根絶し、アメリカの植民地の警戒避難しなかったの大司教賛美;彼が協調して対策を堂々と私の主教団のチャールズかれらは、戦争が勃発したときに、王と議会の間です。 During the Civil War in England, though few in number compared with the Presbyterians, they grew in importance through the ability of their leaders, notably of Oliver Cromwell who gained for them the ascendency in the army and the Commonwealth.イングランドの内戦中には、一部とはいえpresbyteriansと比較して、彼らの能力を介して成長して指導者の重要性、特に、オリバークロムウェルの人のためにそれらを得たのは、陸軍とコモンウェルスascendency 。 In the Westminster Assembly convened by the Long Parliament in 1643, Independency was ably represented by five ministers, Thomas Goodwin, Philip Nye, Jeremiah Burroughs, William Bridge and Sidrach Simpson, known as "The Five Dissenting Brethren", and ten or eleven laymen.ウェストミンスター寺院では、アセンブリに招集される議会での長い1643は、 5つの独立性がうまく表現される閣僚は、トーマスグッドウィン、フィリップナイ、ジェレマイアバローズ、ウィリアムシンプソンsidrach橋と呼ばれる"の5つの同胞反対"とし、 10または11の素人です。 They all took a prominent part in the debates of the Assembly, pleading strongly for toleration at the hands of the Presbyterian majority.彼らは皆、著名な団体が、国会での議論は、弁論を強く寛容では、長老派教会の過半数の手です。 They adopted the doctrinal articles of the Westminster Confession with slight modifications; but as there could be no basis of agreement between them and the Presbyterians regarding church government, a meeting of "elders and messengers" of "the Congregational churches" was held at the Savoy in 1658 and drew up the famous "Savoy Declaration", which was also accepted in New England and long remained as authoritative as such a document could be in a denomination which, theoretically, rejected all authority.彼らの教義上の記事を採択若干の修正により、ウェストミンスター信仰告白;しかし、根拠のない可能性があるとして、それらの間の合意に関するpresbyterians教会と政府は、会議で"年長者と使徒"の"教会の集会"が開かれた。サヴォイそして1658年に策定した有名な"サヴォイ宣言"と、これは、ニューイングランドにも受け入れられるとは依然長い文書として権威ある可能性があるとして、そのような宗派では、理論的には、すべての権限を拒否しています。 From this Declaration we obtain a clear idea of the Congregationalist notion of the Church.この宣言からの明確なアイデアを入手する我々の組合教会は、教会の概念です。

The elect are called individually by the Lord, but "those thus called (through the ministry of the word by His Spirit) he commandeth to walk together in particular Societies or Churches, for their mutual edification and the due performance of that Public Worship which He requireth of them in this world".選出されたのは、主に個別に呼ばれ、しかし"と呼ばれるこれらのこうして(財経部を通じて、その言葉によって彼の精神)と一緒に歩いてcommandeth特に社会や教会は、彼らの相互啓発のためのパフォーマンスとして国民のために彼を崇拝するこのrequirethかれらの世界" 。 Each of these particular churches is the Church in the full sense of the term and is not subject to any outside jurisdiction.これらの各教会は、教会の中の特定の完全ではないとの意味での管轄権の対象外にある。 The officers of the church, pastors, teachers, elders, and deacons, are "chosen by the common suffrage of the church itself, and solemnly set apart by fasting and prayer, with imposition of hands of the eldership of that church, if there be any before constituted therein"; the essence of the call consists in election by the Church.役員は、教会、牧師、教師、年長者、およびdeacons 、は、 "普通選挙で選ばれたのは、教会自体は、厳粛に設定すると離れて断食と祈りによって、按手礼をして教会の長老の地位は、もしあるんですか?そこを構成する前に" ;の本質は、電話での選挙で構成される教会です。 To preserve harmony, no person ought to be added to the Church without the consent of the Church itself.調和を保つのは、何人でなければならないの同意なしに追加して教会の教会そのものです。 The Church has power to admonish and excommunicate disorderly members, but this power of censure "is to be exercised only towards particular members of each church as such".教会には、電源を訓戒と烏合破門されたメンバーは、しかし、この問責力"が行使される特定のメンバーのみに向けた各教会のように" 。 "In case of difficulties or differences, either in point of doctrine or administration, wherein either the churches in general are concerned, or any one church, in their peace, union, and edification, or any member or members of any church are injured in or by any proceeding in censures not agreeable to truth and order, it is according to the mind of Christ that many churches holding one communion together do by their messengers meet in a Synod or Council to consider and give their advice in or about that matter in difference, to be reported to all the churches concerned: Howbeit, these Synods so assembled are not entrusted with any church power properly so called, or with any jurisdiction over the churches themselves, to exercise any censures, either over any churches or persons, or to impose their determination on the churches or officers." "例の困難さや違いは、どちらかがポイントの教義や行政は、そこに一般的にはどちらかの教会関係者、またはいずれか1つの教会は、彼らの平和では、労働組合、および教化、または任意の任意のメンバーや教会のメンバーが負傷ですべての手続きがないか、快いcensures注文を真実とは、心によると、これは、多くのキリスト教会聖餐共同持ち株の1つを満たすことは、使徒たちによって会議や審議会の助言を与えるかを検討し、その問題については、違いは、すべての教会に報告する懸念:それにもかかわらず、これらのsynods組み立てではありませんので任意の教会の権力に委託して適切にいわゆる、または任意の管轄権を自身の教会は、いかなるcensuresを行使は、任意の教会のどちらかまたは人以上、または彼らの決意を課すことは、教会や警察官です。 " If any person, for specified reasons, be dissatisfied with his church, "he, consulting with the church, or the officer or officers thereof, may peaceably depart from the communion of the church wherewith he hath so walked, to join himself to some other church".もしあれば人は、指定の理由は、彼の教会に不満がある"と彼は、教会でのコンサルティング、または、将校や警察官に関連して、平和を逸脱する可能性は、教会の聖体拝領を歩いた何で今かれは、自分自身への参加の他にいくつかの教会" 。 Finally it is stated that "churches gathered and walking according to the mind of Christ, judging other churches (though less pure) to be true churches, may receive unto occasional communion with them such members of these churches as are credibly testified to be godly and to live without offense".それは最後に記載して"とウォーキングによると、教会に集まったキリストの心は、他の教会から判断される(ただし少ないピュア)真の教会は、かれの不定期の聖体拝領を受ける可能性をつけて、これらの教会のメンバーとしては、このような証言をしっかりと信心深い攻撃なしでは生きて" 。

Such are the main principles of Congregationalism regarding the constitution of the church; in doctrine the Congregational teachers were, for the most part, strictly Calvinistic.このような原則は、メインの組合教会は、教会の憲法について;ドクトリンの会衆の教師たちは、大部分のため、厳密にcalvinistic 。 Independent ascendency came to an abrupt close at the death of Cromwell and the restoration of Charles II.独立ascendencyに来たのは、突然の死を閉じるクロムウェルとチャールズ2世の修復です。 The Presbyterians, who had seated the Stuart on his throne, might hope for his favour; there was slight prospect that he would tolerate the democratic tenets of Congregationalism.そのpresbyterians 、装着していた彼の玉座スチュアートは、彼の恩恵を期待するかもしれない;わずかな展望があったことを彼は、民主主義を容認する教義組合教会です。 As a matter of fact Charles and his servile parliament persecuted both forms of dissent.実際問題としてチャールズと彼の卑屈な議会の両方の形態の迫害に異議を申し立てる。 A succession of severe edicts, the Corporation Act, 1661, the Act of Uniformity, 1662, the Conventicle Act, 1663, renewed, 1670, the Five-Mile Act, 1665, and the Test Act, 1673, made existence almost impossible to Nonconformists of all shades of belief.重度のedictsに承継は、会社法は、 1661は、統一法は、 1662年、法の秘密集会は、 1663年、新たに、 1670は、 500マイルの行動は、 1665年、そして、テスト法は、 1673年、前の存在をほとんど不可能nonconformists信念のすべての色合いを呈している。 Yet in spite of persecution, they held out until the eighteenth century brought toleration and finally freedom.まだ迫害にもかかわらず、彼らアウトになるまで開かれた寛容そして最後に、 18世紀の自由をもたらした。 It is characteristic of the Puritans that, notwithstanding the sufferings they had undergone they spurned the indulgence offered by James II, because it tolerated popery; in fact, they were more zealous than the rest of the nation in driving James from the throne.それは、特性puritansことは、彼らの苦しみ受けたにもかかわらず、彼らの悪口を言われたジェームズ2世贖宥提供されるので、容認カトリック;実際に、彼らはより多くの残りの部分よりも熱心で、全国の運転ジェームズ王座からです。 The exclusion of Dissenters from the British universities created a serious problem for the Congregationalists as well as for the Catholics; to the sacrifices which these and other denominations out of communion with the State Church made for the maintenance of academies and colleges conducted according to their respective principles, England, like America, owes that great boon so essential to the well-being of civilized nations, freedom of education.反対者からの除外が深刻な問題を作成した英国内大学のカトリック信者のためだけでなく、 congregationalists ;犠牲にしてこれらの宗派や他の州のうちの教会の前にして聖体拝領を維持するための塾や大学によると、それぞれの実施原則、イングランドは、アメリカのように、大きな恩恵を払うべきそのために欠かせないのウェルビーイングの文明国は、教育の自由だ。 During the eighteenth century, while the clergy of the Established Church, educated and maintained by the State, were notoriously incapable and apathetic, whatever there was of spiritual energy in the nation emanated from the denominational colleges. 18世紀中には、中には、国教会の聖職者は、教育を受けたとされる状態を維持し、悪名高い無能と冷淡が、何があったの精神的なエネルギーを放ってから、全国の大学の宗派です。

Congregational Unions会衆組合

The Congregational churches were at their best while the pressure of persecution served to cement them; this removed, the absence of organization left them an easy prey to the inroads of rationalism and infidelity.会衆教会の中には、圧力をベストな状態で提供されるようにセメント迫害して、これを外した状態で、組織の不在の左側に侵攻して、簡単な獲物の合理主義と不倫している。 Before the end of the eighteenth century many of them lapsed into Unitarianism, alike in England and America.その前に、 18世紀の終わりにのめり込むunitarianismかれらの多くは、イングランドとアメリカが似ている。 A new problem was thus forced upon them, viz.新たな問題は、このように強要して、 viz 。 how to maintain the unity of the denomination without consciously violating their fundamental doctrine of the entire independence of each particular church.結束を維持する方法については、意識的に違反することなく自分の根本的な教義を持つ宗派全体の特定の各教会の独立。 "A Congregational Union of England and Wales", formed in 1833 and revised in 1871, issued a "Declaration of the Faith, Church Order, and Discipline of the Congregational or Independent Dissenters", and provided for annual meetings and a president who should hold office for a year. "イングランドとウェールズ地方の会衆連合"は、結成1833 1871は、発行する"と宣言は、信仰は、教会のために、あるいは会衆と規律の独立反対"とし、提供するための年次会合を抑えようとする大統領事務所は、 1年間です。 American Congregationalism has always been of a more organic character.アメリカン組合教会はいつもより多くの有機キャラクターです。 While persisting in emphasizing the complete independence of particular churches, it has made ample provision, at the expense of consistency, for holding the denomination together.しつこいで、完全な独立性を強調しながら、特定の教会、それは十分な条項は、整合性を犠牲には、宗派を保有している。 No minister is admitted except upon approval of the clerical "association" to which he must belong.時を除いては、大臣の承認を認めていないの事務"協会"を彼に属する必要があります。 To be acknowledged as Congregationalist, a new community must be received into fellowship by the churches of its district.組合教会として認められるには、新しいコミュニティを受領しなければならない教会の交わりによって地区です。 Should a church fall into serious error, or tolerate and uphold notorious scandals, the other churches may withdraw their fellowship, and it ceases to be recognized as Congregationalist.教会に陥るばならない重大なエラーが発生する、または維持する名うての不祥事を容認すると、他の教会の交わりを撤回する可能性は、それが終わると組合教会として認識される。 If a minister is found guilty of gross heresy or evil life, a council summoned to examine his case may, if necessary, withdraw from him the fellowship of the churches.大臣は、有罪の場合、総異端や悪の人生は、彼のケースを検討する可能性を召喚評議会は、必要に応じて、彼から撤退するのは、教会の交わりです。 The statements of Henry M. Dexter, D.D., the historian of his sect ("American Encyclopedia", s.v. "Congregationalism"), prove that there is a marked contrast between Congregational theory and practice.このステートメントのヘンリーm.デクスターは、 ddは、自分の宗派の歴史学者( "アメリカの百科事典" 、 sv "組合教会" )は、著しい対照を証明するには、一つの理論と実践の間に会衆です。 The Congregationalists have been very active in home and foreign mission work and possess eight theological seminaries in the United States viz. congregationalists非常に活発に活動してきた外国人の使命は、仕事と家庭を持つ、米国の8つの神学seminaries viz 。 Andover, Massachusetts; Atlanta, Georgia; Bangor, Maine; New Haven and Hartford, Connecticut; Oberlin, Ohio; Chicago, Illinois; and the Pacific, Berkeley, California.アンドーバー、マサチューセッツ州; 、ジョージア州アトランタ;バンガー、メーン;ニューヘーブンおよびハートフォード、コネチカット州;オバーリン、オハイオ州;シカゴ、イリノイ州;や太平洋、バークレー校、カリフォルニア州です。 Since 1871 national councils, composed of delegates from all the States of the Union, are convened every third year. 1871全国協議会以降、すべての国からの代表で構成さは、労働組合は、 3年ごとに召集されます。 "The Congregational Handbook for 1907" gives the following statistics of the denomination in America: Churches 5931; ministers 5933; members 668,736. "そのために会衆ハンドブック1907 "を、以下の統計では、宗派アメリカ:教会5931 ;大臣5933 ; 668736メンバーです。 Included in this count are Cuba with 6 ministers and 636 members and Porto Rico with 3 ministers and 50 members.キューバでは、このカウントに含まれる6閣僚としてポルトリコ636のメンバーと3閣僚と50のメンバーです。 In England and Wales the statistics for 1907 were: sittings 1,801,447; communicants 498,953; ministers 3197; local preachers 5603.イングランドとウェールズ地方では、 1907年の統計: sittings 1801447 ; communicants 498953 ;大臣3197 ;地元の説教師5603 。 The efforts made in recent years to find a basis for some kind of corporate union between the Congregationalists, the Methodist Protestants, and the United Brethren in Christ have not been successful.近年の努力を見つけるの基礎となるいくつかの種類のcongregationalists企業の労働組合の間では、メソジストプロテスタントは、キリスト兄弟団とユナイテッド成功されていません。

Publication information Written by J.F. Loughlin. jf loughlin書かれた文献の情報です。 Transcribed by Robert H. Sarkissian.ロバートh.サーキシアン転写された。 The Catholic Encyclopedia, Volume IV.カトリック百科事典は、ボリュームの4世です。 Published 1908.日付1908 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat.公認です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

Walker, A History of the Congregational Churches in the United States (New York, 1894); Idem, The Creeds and Platforms of Congregationalism (ibid., 1893); Dexter, The Congregationalism of the last 300 years, as seen in its Literature (ibid., 1880).ウォーカーは、歴史のある教会の会衆は、米国(ニューヨーク、 1894 ) ;同文献は、信条やプラットフォームの組合教会( ibid. 、 1893 ) ;デクスターは、組合教会の最後の300年間で示すように、その文学賞(上に同じ、 1880年) 。 Each of these works contains a good bibliography.これらの各作品良い文献情報が含まれています。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです