Covenant誓約

General Information 総合案内

A covenant is a mutual agreement between 2 or more persons to do or refrain from doing certain acts.約束は、 2人以上の間で相互の合意を行うことや特定の行為を控える。 Sometimes, this is the undertaking of one of the parties.ときどき、これは、事業の当事者の1つです。 In the Bible, God is regarded as the witness of this pact (Gen. 31:50, 1Sam. 20:8).聖書は、神の証人と見なされるのは、この協定( 31:50大将、 1sam 。 20時08分) 。

In the Old Testament, there are three different types of covenant:旧約聖書の中では、 3種類の誓約:

  1. A two-sided covenant between human parties, both of whom voluntarily accept the terms of the agreement (1Sam. 18:3,4; Mal. 2:14; Obad. 7).人間の二つの側面がある当事者間の契約は、両方の人が自主的に利用規約に同意し協定( 1sam. 18:3,4 ;マルです。 2時14 ; obad 。 7 ) 。
  2. A one-sided disposition imposed by a superior party (Ezek. 17:13,14).片側処分を課せられた優れた党( ezek. 17:13,14 ) 。 In this, God "commands" a covenant which man, the servant, is to obey (Josh. 23:16).その中では、神の"コマンド"男の約束では、使用人は、はに従う( josh. 23:16 ) 。
  3. God's self-imposed obligation, for the reconciliation of sinners to Himself (Deut. 7:6-8; Ps. 89:3,4).神の自らに課した義務は、和解のために自分自身の罪人( deut. 7:6-8 ;しまう。 89:3,4 ) 。

God made several such covenants in the Bible:そのような約款は、神の前にいくつかの聖書:

The prophets foretold a New Covenant (Jer. 31:31-34) which would center in a person (Isa. 42:6; 49:8).前から予報する新しい契約の預言者( jer. 31:31-34 )には、センターは、人( isa. 42:6 ; 49:8 ) 。 In the New Covenant, the Covenant of Grace , man is placed in right relationship to God through Christ (Heb. 7:22; 8:6-13; 2Cor. 3:6-18).は、新しい契約は、 契約の恵みを受けて 、男は、権利関係に置かれて、キリストを通して神( heb. 7時22分; 8:6-13 ; 2cor 。 3:6-18 ) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Covenant誓約

General Information 総合案内

Covenant is a legal concept often used in the Bible as a metaphor to describe the relationship between God and humankind. The biblical usage was derived from ancient secular usage, where covenant meant a binding and solemn agreement between two or more parties. 約束は、法的な概念を頻繁に使用されて聖書を比喩としての神と人間の関係を記述する。聖書の使用法は、古代から派生した世俗の使用量は、どこに結合と厳粛な約束を意味する2つ以上の当事者の間で合意した。 There were different kinds of covenants in the biblical world, however, just as there are different kinds of contracts today.さまざまな種類の約束があったが、聖書の中の世界では、しかし、ちょうどそこにはさまざまな種類の契約を終了。 One type of ancient covenant that serves as a model for certain biblical passages is the royal grant. 1つの種類の古代誓約して、特定のモデルとしての役割を果たしますロイヤルグラントは、聖書の中の通路。 In this type of covenant, a king or other person in authority rewards a loyal subject by granting him an office, land, exemption from taxes, or the like.このタイプの契約では、王の権威や他の人に特典を付与する忠臣彼の事務所は、土地は、税の免除、またはそのようです。 It is typical of such covenants that only the superior party binds himself; conditions are not imposed on the inferior party.これは典型的なのはそのような約款上党のみにバインドして自分自身;条件の下ではない党に課せられた。

Such covenants are also referred to as covenants of promise or unconditional covenants.そのような約款は約款と呼ばれることも無条件の約束や約款です。 The covenants God made with Noah (Gen. 9:8 - 17), Abraham (Gen. 15:18), and David (2 Sam. 7; 23:5) fit this pattern.神の前でノアの約款(大将9時08 -1 7) 、アブラハム(大将1 5時1 8分) 、そしてデビッド( 2サム。 7 ;午前2 3時0 5分)このパターンに適合します。 In each of these cases, it is God alone who binds himself by a solemn oath to keep the covenant.それぞれのケースでは、一人の人にバインドすることは、神によって自分自身の約束を守る厳粛な宣誓を行う。

The Mosaic covenant (Ex. 19 - 24; Deut.; Josh. 24) seems to have been modeled on another type of ancient covenant, the political treaty between a powerful king and his weaker vassal.約束のモザイク(例: 19 -2 4; d eut。 ;ジョシュ。 2 4)をモデルにしてきたように別のタイプの古代の誓約は、政治的な条約の間で、強力な王と臣下の彼の弱い。 Following the standard form of such treaties, God, the suzerain, reminds Israel, the vassal, how God has saved it, and Israel in response accepts the covenant stipulations.標準的な形式は以下のような条約は、神は、宗主国は、イスラエルを連想させると、臣下のは、神がどのように保存することは、これを受け、イスラエルとの契約規定を承認しています。 Israel is promised a blessing for obedience and a curse for breaking the covenant.服従させるためには、イスラエルの祝福を約束するとの約束を破ったことに対する呪いです。

These two different conceptions of covenant, one stressing promise, the other obligation, eventually modified one another.これらの異なる2つの概念を誓約は、 1つの約束を強調し、他の義務は、別の1つの最終更新日です。 Jesus Christ added a third model, that of a last will and testament.イエスキリストの3番目のモデルに追加する、との遺言書です。 At the Last Supper, he interpreted his own life and death as the perfect covenant (Matthew 26:28; Mark 14:24; Luke 22:20). The idea of a covenant between God and humankind lies at the heart of the Bible. This idea explains the selection of the word testament, a synonym for covenant, in naming the two parts of the Bible.最後の晩餐で、彼は自分の生と死の解釈としては完璧な約束(マタイ26:28 ;マーク14 : 24 ;ルーク22時20分) 。 誓約という考えは、神と人間の間に嘘の心臓部のバイブルです。この考えを説明し、その言葉の選定遺言は、契約のシノニムは、 2つの部分では、聖書のネーミングです。

J J M Roberts jjmロバーツ

Bibliography 文献情報
D R Hillers, Covenant: The History of a Biblical Idea (1969); G E Mendenhall, The Tenth Generation: The Origins of the Biblical Tradition (1973); A W Pink, The Divine Covenants (1984).ドクターhillers 、誓約:歴史は、聖書の中のアイデア( 1969 ) ; GEのメンデンホール、第10世代:伝統の起源は、旧約聖書( 1973年) ;アウピンクのは、神の約束( 1984 ) 。


Covenant (noun)誓約(名詞)

Advanced Information 高度情報

Covenant primarily signifies "a disposition of property by will or otherwise."主に誓約を意味する"とするが、その他の財産処分された"と述べた。 In its use in the Septuagint, it is the rendering of a Hebrew word meaning a "covenant" or agreement (from a verb signifying "to cut or divide," in allusion to a sacrificial custom in connection with "covenant-making," e.g., Gen. 15:10, "divided" Jer. 34:18-19).セプトゥアギンタでは、その使用は、それは、ヘブライ語の単語の意味をレンダリングする"約束"や協定(動詞の意味から"ディバイドを切ったり、 "カスタム言及して、いけにえに関連して"誓約決定は、 "例えば、 、 15:10大将は、 "分断" jer 。 34:18-19 ) 。 In contradistinction to the English word "covenant" (lit., "a coming together"), which signifies a mutual undertaking between two parties or more, each binding himself to fulfill obligations, it does not in itself contain the idea of joint obligation, it mostly signifies an obligation undertaken by a single person. 〜と対比して、英語の単語の"約束" ( lit. 、 "合わさる" ) 、これを意味する2つの政党間の相互または複数の事業は、それぞれの義務を果たす結合自身は、それ自体ではないという考えを含んでの共同の義務は、主に着手したことを意味する義務、たった一人です。

For instance, in Gal.例えば、ギャル。 3:17 it is used as an alternative to a "promise" (vv. 16-18). 3時17分の代替手段として使われることがある"約束" ( vv. 16-18 ) 。 God enjoined upon Abraham the rite of circumcision, but His promise to Abraham, here called a "covenant," was not conditional upon the observance of circumcision, though a penalty attached to its nonobservance.神を加味するアブラハムの割礼の儀式が、自分の約束をアブラハムは、ここで言うところの"約束は、 "条件付きではない割礼遵守の上、ペナルティーかかわらず、不順守に接続している。 "

The NT uses of the word may be analyzed as follows: (a) a promise or undertaking, human or divine, Gal.という言葉を使うのはNTかもしれないと分析以下のとおり: (する) 、あるいは仕事の約束は、人間や神は、ギャルです。 3:15; (b) a promise or undertaking on the part of God, Luke 1:72; Acts 3:25; Rom. 3時15分、 ( b )にあることを約束して事業又は団体名神、ルーク1:72 ;行為3 : 25 ; ROMのです。 9:4; 11:27; Gal. 9時04分; 11:27 ;ギャル。 3:17; Eph. 3 : 17 ; eph 。 2:12; Heb. 2 : 12 ; heb 。 7:22; 8:6, 8, 10; 10:16; (c) an agreement, a mutual undertaking, between God and Israel, see Deut.午前7時22分、 8時06分、 8 、 10 ; 10:16 ; ( C参照)合意は、相互の事業は、神とイスラエルの間で、 deutを参照してください。 29-30 (described as a 'commandment,' Heb. 7:18, cf. v. 22); Heb.二十九〜三十(説明するとして、 '命令は、 ' heb 。 7時18分、 cf 。対22 ) ; heb 。 8:9; 9:20; (d) by metonymy, the token of the covenant, or promise, made to Abraham, Acts 7:8; (e) by metonymy, the record of the covenant, 2 Cor. 8時09分、 9時20分;メトニミー(民主党)によっては、トークンの約束、または約束は、アブラハム前には、行為の午前7時08分、 ( E )の換喩によって、そのレコードは、契約は、 2うわっ。 3:14; Heb. 3 : 14 ; heb 。 9:4; cf. 9時04分; cf 。 Rev. 11:19; (f) the basis, established by the death of Christ, on which the salvation of men is secured, Matt.牧師11:19 ;基準( f )には、キリストの死によって設立された、救世では、男性が確保し、マットです。 26:28; Mark 14:24; Luke 22:20; 1 Cor. 26:28 ;マーク14 : 24 ;ルーク22 : 20 ; 1うわっ。 11:25; 2 Cor. 11:25 ; 2うわっ。 3:6; Heb. 3 : 06 ; heb 。 10:29; 12:24; 13:20. 10:29 ; 12:24 ;午前13時20分です。 "This covenant is called the 'new,' Heb. 9:15, the 'second,' 8:7, the 'better,' 7:22. In Heb. 9:16-17, the translation is much disputed. There does not seem to be any sufficient reason for departing in these verses from the word used everywhere else. The English word 'Testament' is taken from the titles prefixed to the Latin Versions." "と呼ばれるこの契約は、 '新しい、 ' heb 。 9時15分、 、 ' 2番目、 '午前8時07分、 、 'より、 ' 7時22分。 heb 。 9:16-17は、係争中の翻訳はずっとです。あるいかなるれていないように十分な理由は、これらの印からの出発という言葉を他のどこでも使用されています。 、英語の単語の'遺言'は、そのタイトルから取ら接頭辞をラテンバージョンです。 "


Covenant (verb)誓約(動詞)

Advanced Information 高度情報

Covenant, lit., "to put together," is used only in the middle voice in the NT, and, means "to determine, agree," John 9:22 and Acts 23:20; "to assent," Acts 24:9; "to covenant," Luke 22:5.約束は、点灯しています。 、 "をまとめ、 "が使用されて音声のみの真ん中には、 NT 、および、手段"を決定、同意は、 "ジョン9時22分、 23時20行為; "に賛同、 "行為24 : 9 ; "を約束、 "ルカによる福音書22 : 05 。 Note: In Matt.注意:マットです。 26:15 the KJV translates histemi, "to place (in the balances)," i.e., to weigh, "they covenanted with"; RV, "they weighed unto." 26:15のkjv変換histemi 、 "を置く(の残高)は、 "すなわち、重さには、 "彼らと契約した" ;右室は、 "彼らの体重がでる。 "


.

Covenant Theology契約神学

Advanced Information 高度情報

The doctrine of the covenant was one of the theological contributions that came to the church through the Reformation of the sixteenth century.この学説は、 1つの神学的貢献を誓約していたが、教会の改革を通じて、 16世紀です。 Undeveloped earlier, it made its appearance in the writings of Zwingli and Bullinger, who were driven to the subject by Anabaptists in and around Zurich.未これに先立って、それは、記述の前に、その外観やブリンガーツウィングリ、駆動していたと、その周辺に服従さanabaptistsチューリッヒ。 From them it passed to Calvin and other Reformers, was further developed by their successors, and played a dominant role in much Reformed theology of the seventeenth century when it came to be known as covenant, or federal, theology.それをかれらから渡されたカルヴィンや他の改革派は、さらなる開発された彼らの後継者は、支配的な役割を果たすとプレーするくらい改心した17世紀の神学されるとして知られて来た時に誓約すること、または連邦政府は、神学です。 Covenant theology sees the relation of God to mankind as a compact which God established as a reflection of the relationship existing between the three persons of the Holy Trinity.契約神学神の関係を見て、人類の神としてのコンパクトさを反映したものとしての地位を確立、既存の関係者の間では、 3つのホーリートリニティー。

This emphasis on God's covenantal dealings with the human race tended to lessen what appeared to some to be harshness in the earlier Reformed theology which emanated from Geneva, with its emphasis on the divine sovereignty and predestination.この取引を重視して、神のcovenantal人類を減らす傾向に出演してどのようなとげとげしされるいくつかの改革派の神学を放っては、以前からジュネーブで、その神の主権と宿命に重点を置いています。 From Switzerland covenant theology passed over into Germany, and from there into the Netherlands and the British Isles.スイスからドイツ契約神学を通過し、そこからすると、英国とオランダの島々です。 Among its early and most influential advocates were, besides Zwingli and Bullinger, Olevianus (Concerning the Nature of the Covenant of Grace Between God and the Elect, 1585), Cocceius (Doctrine of the Covenant and Testaments of God, 1648), and Witsius (The Oeconomy of the Covenants, 1685).その中で最も影響力の擁護派が早いと、それにツウィングリとブリンガー、オレビアヌス(問題の本質は、神との間の契約の恵みを受けて当選、 1585年) 、コクツェーユス( testamentsドクトリンは、神の約束とは、 1648年) 、およびウィツィウス(そのoeconomyの約款は、 1685 ) 。 It was taken up into the Westminister Confession and came to have an important place in the theology of Scotland and New England. westministerを取り上げていたと告白して来たが、重要な場所には、ニューイングランドとスコットランドの神学です。

.

The Covenant of Works約束の作品

Having created man in his own image as a free creature with knowledge, righteousness, and holiness, God entered into covenant with Adam that he might bestow upon him further blessing.男は、自分自身が作成した画像を生き物としての知識を無料で、正義、ホーリネスとは、神を入力すると約束してアダムにして彼は彼のさらなる祝福を授けるかもしれません。 Called variously the Edenic covenant, the covenant of nature, the covenant of life, or preferably the Covenant of Works , this pact consisted of (1) a promise of eternal life upon the condition of perfect obedience throughout a probationary period; (2) the threat of death upon disobedience; and (3) the sacrament of the tree of life, or, in addition, the sacraments of paradise and the tree of the knowledge of good and evil. エデンの園と呼ばれる種々の契約契約の性質は、人生の約束、または約束の作品ができれば、この条約を構成する( 1 )の条件に永遠の命を約束するのは、試用期間を通して完璧な服従させる、 ( 2 ) 、死の脅威に反抗;と( 3 )の聖餐式は、ツリーオブライフ、あるいは、さらに、その木の秘跡の楽園とは、善と悪の知識です。 Although the term "covenant" is not mentioned in the first chapters of Genesis, it is held that all the elements of a covenant are present even though the promise of eternal life is there by implication only.にもかかわらず、用語の"約束"ではないの言及は、創世記第1章は、それが行われたことを誓約の全ての要素が存在するのにもかかわらず、永遠の命を約束された含意があるのみだ。 Before the fall Adam was perfect but could still have sinned; had he retained his perfection throughout the probationary period, he would have been confirmed in righteousness and been unable to sin.アダムは完璧な秋の前には罪を犯しましたしかし、まだ可能性;いた彼は彼の完ぺき留保試用期間を通して、彼は、正義とされ、確認され罪に接続できません。

Inasmuch as he was acting not only for himself but representatively for mankind, Adam was a public person. 〜だけれども彼は、自分で自分の演技だけでなく、人類のために典型的には、アダムは、公的な人です。 His fall therefore affected the entire human race that was to come after him; all are now conceived and born in sin.したがって彼の秋人類全体の影響を受けることは、彼の後に来る;すべての罪は、今すぐに生まれると考えています。 Without a special intervention of God there would be no hope; all would be lost forever.神の特別な介入なしではない希望;すべて永遠に失われるだろう。

The good news, however, is that God has intervened in behalf of mankind with another covenant. Unlike the earlier covenant of works, whose mandate was "Do this and you shall live" (cf. Rom. 10:5; Gal. 3:12), the covenant of grace is bestowed on men in their sinful condition with the promise that, in spite of their inability to keep any of the commandments of God, out of sheer grace he forgives their sin and accepts them as his children through the merits of his Son, the Lord Jesus Christ, on the condition of Faith.良いニュースは、しかし、神が介入したのは、人類の代わりに別の約束しています。 誓約以前の作品とは異なり、委任者は、 "これとは、生きること" ( cf. ROMのです。 10 : 05 ;ギャル。 3 : 12 ) 、その約束を授けたのは、男性は、グレース罪深いことを約束して条件にもかかわらず、彼らのいずれかの戒めておくことができないために、神は、彼の罪を許して薄手の恵みとしての自分の罪や自分の子供たちを受け入れることを通じて、息子のメリットは、主イエスキリストは、信仰上の条件です。

The Covenant of Redemption約束の償還

According to covenant theology, the covenant of grace, established in history, is founded on still another covenant, the covenant of redemption, which is defined as the eternal pact between God the Father and God the Son concerning the salvation of mankind.契約神学によると、この契約の恵みを受けて、設立された歴史を、もう一つは、設立してまだ契約は、契約の償還、これは定義され、永遠の神の父との間の協定の神の息子に関する人類の救いだ。 Scripture teaches that within the Godhead there are three persons, the same in essence, glory, and power, objective to each other.啓典内の神性を教えることには、 3人は、本質的に同じで、栄光に満ちた、および電源は、客観的にお互い。 The Father loves the Son, commissions him, gives him a people, the right to judge, and authority over all mankind (John 3:16; 5:20, 22, 36; 10:17 - 18; 17:2, 4, 6, 9, 24; Ps. 2:7 - 8; Heb. 1:8 - 13); the Son loves the Father, delights to do his will, and has shared his glory forever (Heb. 10:7; John 5:19; 17:5).父親は息子を愛し、手数料彼は、人々のおかげで、その権利を判断し、全人類の権限を持つ(ヨハネ3 : 16 ;午前5時20分、 22 、 36 ; 10:17 -1 8;午後5時0 2分、 4 、 6 、 9 、 24 ;しまう。 2時07分-8 ; h eb。 1時0 8- 13 );の息子の父を愛し、その喜びを行う彼は、彼の栄光とは永遠に共有(h e b.10 :0 7 ;ジョン5 : 19 ;午前17時05分) 。 The Father, the Son, and the Holy Spirit commune with each other; this is one of the meanings of the Christian doctrine of the Trinity.父、子、聖霊と歓談すると、お互い;これは、 1つの意味は、キリスト教の教義トリニティ。

On this foundation covenant theology affirms that God the Father and God the Son covenanted together for the redemption of the human race, the Father appointing the Son to be the mediator, the Second Adam, whose life would be given for the salvation of the world, and the Son accepting the commission, promising that he would do the work which the Father had given him to do and fulfill all righteousness by obeying the law of God.この契約神学上の基礎肯定して神の父と一緒に契約した神の息子のために、人間の償還レースでは、父の仲介役に任命して、息子は、 2番目のアダムは、人生の救いになるために、与えられた世界では、同委員会の息子を受け入れるとは、前途有望なことを彼は、父親の仕事をしているのかは彼に与えられたすべての正義を全うされた神の法則に従う。 Thus before the foundation of the world, within the eternal being of God, it had been determined that creation would not be destroyed by sin, but that rebellion and iniquity would be overcome by God's grace, that Christ would become the new head of humanity, the Savior of the world, and that God would be glorified.このため、財団は、世界の前には、永遠の神の内で、決定して作成されていたことはない罪によって破壊されるが、それを克服するだろう反逆罪と神の恵みによって、キリストになることは、人類の新しいヘッドは、救世主は、世界では、神になると見せかけている。

.

The Covenant of Grace約束の恵みを受けて

This covenant has been made by God with mankind.この契約によって、神と人類の前にされている。 In it he offers life and salvation through Christ to all who believe. Inasmuch as none can believe without the special grace of God, it is more exact to say that the covenant of grace is made by God with believers, or the elect. Jesus said that all those whom the Father had given him would come to him and that those who come would surely be accepted (John 6:37).彼は命と救いを提供することで、キリストを介してすべての信仰する者です。 〜だけれどもなしと思われることなく、特別な神の恩寵、それはもっと正確に言うと約束して作られるのは、神の恵みを信仰する者よ、またはその選出。イエスキリストによるとこれらのすべての人が来て、彼の父親は彼に与えられたとして来る人たちは、必ず受け入れ(ジョン6時37分) 。 Herein is seen the close relation between the covenant of grace and the covenant of redemption, with the former resting on the latter.ここには、緊密な関係を見たとの間の契約は、契約の償還猶予、安静時には、後者の元です。 From eternity the Father has given a people to the Son; to them was given the promised Holy Spirit so that they might live in fellowship with God.父から永遠には、人々に与えられたの息子;を与えられた、と約束していた聖霊に住んでいるかもしれないので、彼らの神と交わりを持つ。 Christ is the mediator of the covenant of grace inasmuch as he has borne the guilt of sinners and restored them to a saving relationship to God (Heb. 8:6; 9:15; 12:24).メディエーターの誓約は、キリストの恵みを受けて〜だけれども彼は、罪悪感にさいなまれる罪人の負担との関係を修復して保存してある神( heb. 8時06分、 9時15分; 12:24 ) 。 He is mediator, not only in the sense of arbitrator, although that is the sense in which the word is used in 1 Tim.彼は調停者、仲裁人の感覚でしかないが、それは、その言葉の意味では使われて1ティム。 2:5, but in the sense of having fulfilled all the conditions necessary for procuring eternal salvation for his people. 2時05分、それまでの感覚を持つために必要なすべての条件を果たさ調達彼の永遠の救いのための人々だ。

Thus Heb.こうしてheb 。 7:22 calls Jesus the "surety" or "guarantee" of the new covenant, which is better than that which came through Moses.午前7時22分の通話イエス"保証"または"保証"の新しい契約は、これに勝るものは、モーゼを通じて来た。 Within the context of this last passage repeated mention is made of God's promise to Christ and his people.この最後の通路のコンテキストの内で繰り返して言及したのは、神の約束をする前に、キリストと彼の人々だ。 He will be their God and they will be his people.彼は彼らの神と彼らの人々が彼のです。 He will bestow on them the grace they need to confess his name and live with him forever; in humble dependence on him for their every need, they will live in trustful obedience from day to day.彼はそれらの恵みを授けることを告白する必要が彼と彼の名前を永遠に生きる;で謙虚な彼には、すべての必要な依存して、かれらは1日に住んでいるから信頼して服従させる日です。 This latter, called faith in Scripture, is the sole condition of the covenant, and even it is a gift of God (Eph. 2:8 - 9).この後者は、 啓典と呼ばれる信仰では、契約の条件は、単独、さらにそれは神の贈り物 ( eph. 2時08分-9 ) 。

Although the covenant of grace includes various dispensations of history, it is essentially one.にもかかわらず、約束の恵みを受けて様々な分配としての歴史が含まれ、それは本質的に1つです。 From the promise in the garden (Gen. 3:15), through the covenant made with Noah (Gen. 6 - 9), to the day that the covenant was established with Abraham, there is abundant evidence of God's grace.庭からの約束は、 (大将3時15分) 、前に誓約を通じて、ノア(大将6 -9 )は、その日のことを誓約して設立されたアブラハムは、十分な証拠があるのは、神の恵みです。 With Abraham a new beginning is made which the later, Sinaitic covenant implements and strengthens.アブラハムは、新たな始まりを前にして、後には、実装およびsinaitic誓約を強化します。 At Sinai the covenant assumes a national form and stress is laid on the law of God.シナイ半島の約束で国家形態を前提とするとストレスには、神の法にレイアウトしています。 This is not intended to alter the gracious character of the covenant, however (Gal. 3:17 - 18), but it is to serve to train Israel until the time would come when God himself would appear in its midst.これを変更する意図はない優雅なキャラクターの約束は、しかし( gal. 3時17 -1 8)が、それは、イスラエルに奉仕して列車が来るまでの時間が表示されるときに、自分自身の中で神です。 In Jesus the new form of the covenant that had been promised by the prophets is manifest, and that which was of a temporary nature in the old form of the covenant disappears (Jer. 31:31 - 34; Heb. 8). While there is unity and continuity in the covenant of grace throughout history, the coming of Christ and the subsequent gift of the Holy Spirit have brought rich gifts unknown in an earlier age.イエスキリストは、新しい形の約束が約束されていたことが明らかな預言者、および一時的な性質のものでは、古い形の誓約消え( jer. 31:31 -3 4; h eb。 8 ) 。ながらそこ団結との契約は継続性の恵みを受けて歴史を通して、キリストの到来や、その後の贈り物は、聖霊が現出する以前の時代には未知の豊かな贈り物です。

These are a foretaste of future blessedness when this present world passes away and the Holy City, the New Jerusalem, comes down out of heaven from God (Rev. 21:2).これらは、将来の前触れの至福の時に、この世界を引き取ると、現在の聖都、新エルサレムは、神からの天のとばりが降りるアウト(牧師21時02分) 。

M E Osterhaven私osterhaven
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
L Berkhof, Systematic Theology; C Hodge, Systematic Theology, II; H Heppe, Reformed Dogmatics; H Bavinck, Our Reasonable Faith; G Schrenk, Gottesreich und Bund in alteren Protestantismus; H H Wolf, Die Einheit des Bundes.信用berkhof 、体系的神学; cホッジ、体系的神学は、 2世; h heppe 、改心教義学; h bavinck 、我々の合理的な信仰;グラムschrenk 、ブントにgottesreichウントalteren protestantismus ; hhオオカミは、死ぬeinheitデbundes 。


Covenant誓約

General Information 総合案内

Covenant, in Old Testament theology, is a compact between God and his worshipers. Covenants were originally developed by the civilizations of the ancient Middle East as a means of regulating relations between social or political entities. 契約は、旧約聖書神学は、神との間には、そのしもべコンパクトです。約款はもともと開発したのは、中東の古代文明の一つの手段としての社会的または政治的なエンティティ間の関係を調整します。 The earliest evidence for covenants comes from Sumer in the 3rd millennium BC.最古の証拠から来るの約款は、 3千年紀シュメール。 In the late Bronze Age (14th century to 13th century BC), covenants were used by the Hittites to define the reciprocal obligations of suzerain and vassal.後半には、青銅器時代(紀元前14世紀から13世紀) 、約款がヒッタイトを定義するのに使用され、相互の義務と臣下の宗主国です。 Covenants often took the form of military treaties and were used to specify the terms of peace between a victor and a defeated foe.約款の形で頻繁には使用されていた軍事条約や平和の条件を指定して、ビクターとの間に敵に敗れる。

The earliest covenant recorded in the Old Testament occurs in Genesis 15:12-21, in which Yahweh pledges himself unconditionally to grant the land of Palestine to Abraham's descendants.最古の誓約に記録され、旧約聖書の創世記15:12-21が発生は、無条件で自分自身の公約を付与ヤハウェパレスチナの土地をアブラハムの子孫です。 Similarly, in 2 Samuel 7:13-17, Yahweh promises to establish the dynasty of King David forever.同様に、 2サミュエル7:13-17で、ヤハウェの約束を確立するための永遠のデビッド王朝の王です。 This type of unilateral pledge is called a promissory covenant, in contrast to the obligatory covenant, such as that made between Yahweh and Moses, in which both parties bind themselves to abide by certain stipulations.このタイプの片側を誓う誓約約束と呼ばれ、お定まりのとは対照的に、 約束は、ヤハウェなどとの間のせいで、ムーサーは、両当事者が特定の規定に従うことにバインドしている。 Exodus 24:7 relates that Moses took "the book of the covenant, and read it in the hearing of the people; and they said, 'All that the Lord has spoken we will do, and we will be obedient.'!"エクソダス24:7モーゼス関連しては"この本は、約束し、それを読んでの聴聞会では、人々 ;かれらによると、 [すべての主が話されることは我々は、我々に従順される。 ' ! " Contemporary scholars believe that "the book of the covenant" includes the section in Exodus from 20:23 through 23:33.現代の学者と信じる"との誓約書"のセクションが含まれてエクソダスから20時23分〜 23時33分です。

From these and other passages in the Pentateuch has arisen the conception of a covenant between Yahweh and the people of Israel, whereby the Israelites were to enjoy the blessing and protection of Yahweh in return for remaining obedient and faithful to him.これらおよびその他の通路からは、五の受胎が起きてヤハウェとの間の契約は、イスラエルの人々は、何を楽しむことが、イスラエル人の祝福と保護のヤハウェに忠実に従順で、残りの見返りにしています。 After the Jews were driven out of Palestine and scattered over the earth, the covenant between the Jews and Yahweh was interpreted by them to include an eventual restoration of their ancient homeland.追い出された後、ユダヤ人のパレスチナと、地球上に散在のは、ユダヤ人との間の契約ヤハウェが含まれて解釈され、最終的に復元して古代の国土です。

According to Christian theology, Jesus Christ, by his death on the cross, made a covenant for the redemption of humanity. Theologians differ about the precise meaning of this covenant, sometimes called the New Covenant or the Covenant of the New Testament. Some believe that Christ's voluntary sacrifice redeemed all; others contend that only those who earn their redemption by faith alone, or by faith and good works, can or will be saved. キリスト教神学によると、イエスキリストは、自分の十字架上の死によって、償還前には、人類のために約束した。神学者の厳密な意味の違いについては、この契約は、 新しい契約と呼ばれたり、ときには契約は、新約聖書です。いくつかのことを信じるキリストのすべての自発的な犠牲換金;他の人たちと戦うことにのみ償還された彼らの信仰を稼ぐだけでも、あるいは信仰と善行によって、できるかが保存されます。


Cov'enant cov'enant

Advanced Information 高度情報

A covenant is a contract or agreement between two parties.契約は、契約または、両党間で合意した。 In the Old Testament the Hebrew word berith is always thus translated.旧約聖書のヘブライ語の単語では、常にこのように翻訳さberith 。 Berith is derived from a root which means "to cut," and hence a covenant is a "cutting," with reference to the cutting or dividing of animals into two parts, and the contracting parties passing between them, in making a covenant (Gen. 15; Jer. 34:18, 19). berithはルートから派生したことを意味する"を切り取り、 "したがって、契約とは、 "切断"を参照して切削や動物を2つの部分に分割し、契約当事者間で通過し、その際に誓約(ゲン。 15 ; jer 。 34:18 、 19 ) 。

The corresponding word in the New Testament Greek is diatheke, which is, however, rendered "testament" generally in the Authorized Version.対応する単語は、新約聖書は、ギリシャ語diatheke 、これは、しかし、レンダ"新約聖書"欽定訳聖書は、通常です。 It ought to be rendered, just as the word berith of the Old Testament, "covenant."レンダリングすることでなければならないと同様に、その言葉は、旧約聖書berith 、 "約束"と述べた。 This word is used (1) of a covenant or compact between man and man (Gen. 21: 32), or between tribes or nations (1 Sam. 11:1; Josh. 9:6, 15).この言葉が使用されては、 ( 1 )の間に男と男の約束やコンパクト(大将21 : 32 ) 、または部族や国の間で( 1サム。 11 : 01 ;ジョシュ。 9時06分、 15 ) 。 In entering into a convenant, Jehovah was solemnly called on to witness the transaction (Gen. 31:50), and hence it was called a "covenant of the Lord" (1 Sam. 20:8).中に入る約束は、エホバの証人は、トランザクションを厳粛に呼ばれて( 31:50大将)と呼ばれていた従って、 "契約は、主に" ( 1サム。 20時08分) 。 The marriage compact is called "the covenant of God" (Prov. 2:17), because the marriage was made in God's name.コンパクトの結婚は"神の約束" ( prov. 2時17分)は、結婚が行われているため、神の名です。 Wicked men are spoken of as acting as if they had made a "covenant with death" not to destroy them, or with hell not to devour them (Isa. 28:15, 18).邪悪な男としては、演技として話されていた場合には、 "死を約束して"を破壊しないようにして、地獄にしないようにしたりして食い入るように見る( isa. 28:15 、 18 ) 。

(2.) The word is used with reference to God's revelation of himself in the way of promise or of favour to men. ( 2 。 )という言葉が使われて、神の啓示を参照して、自分自身の道の恩恵を約束するかの男性です。 Thus God's promise to Noah after the Flood is called a covenant (Gen. 9; Jer.l 33:20, "my covenant").このように、神の約束をした後、ノアの洪水と呼ば誓約(大将9 ; jer.l 33:20 、 "私の約束"を参照) 。 We have an account of God's covernant with Abraham (Gen. 17, comp. Lev. 26:42), of the covenant of the priesthood (Num. 25:12, 13; Deut. 33:9; Neh. 13:29), and of the covenant of Sinai (Ex. 34:27, 28; Lev. 26:15), which was afterwards renewed at different times in the history of Israel (Deut. 29; Josh. 24; 2 Chr. 15; 23; 29; 34; Ezra 10; Neh. 9).我々は神のcovernantして、アカウントのアブラハム( 17大将は、伴奏。レフです。 26:42 ) 、聖職に就くのは、誓約( num. 25:12 、 13 ; deut 。 33:9 ; neh 。 13時29分) 、との約束のシナイ半島(例: 34:27 、 28 ;レフです。 26:15 ) 、リニューアルされた後、別の時間帯は、イスラエルの歴史( deut. 29 ;ジョシュ。 24 ; 2 chr 。 15 ; 23 ; 29 ; 34 ;エズラ10 ; neh 。 9 ) 。 In conformity with human custom, God's covenant is said to be confirmed with an oath (Deut. 4:31; Ps. 89:3), and to be accompanied by a sign (Gen. 9; 17).人間のカスタムに準拠して、神の約束を確認しているとされるが、宣誓書( deut. 4時31分;しまう。 89:3 ) 、および記号に付き添われて(大将9 ; 17 ) 。 Hence the covenant is called God's "counsel," "oath," "promise" (Ps. 89:3, 4; 105:8-11; Heb. 6:13-20; Luke 1:68-75).したがって、その約束は、神と呼ばれるのか。 "助言" 、 "宣誓書" 、 "約束" ( ps. 89:3 、 4 ; 105:8-11 ; heb 。 6:13-20 ;ルーク1:68-75 ) 。 God's covenant consists wholly in the bestowal of blessing (Isa. 59:21; Jer. 31:33, 34).神の約束は、完全に構成さ贈与の祝福( isa. 59:21 ; jer 。 31:33 、 34 ) 。 The term covenant is also used to designate the regular succession of day and night (Jer. 33:20), the Sabbath (Ex. 31:16), circumcision (Gen. 17:9, 10), and in general any ordinance of God (Jer. 34:13, 14).契約期間は、通常の継承を指定するにも使用されて昼と夜( jer. 33:20 )は、安息日(例: 31:16 ) 、割礼(大将17時09分、 10 ) 、および任意の条例の全般神( jer. 34:13 、 14 ) 。 A "covenant of salt" signifies an everlasting covenant, in the sealing or ratifying of which salt, as an emblem of perpetuity, is used (Num. 18:19; Lev. 2:13; 2 Chr. 13:5). "約束の塩"を意味する永遠の約束は、批准には、シールや塩、永遠の象徴として、が使用されます( num. 18 : 19 ;レフです。 2時13 ; 2 chr 。 13時05分) 。

Covenant of Works約束の作品

The Covenant of Works was the constitution under which Adam was placed at his creation.約束の作品は、憲法の下に置かれたアダムは、自分の創造です。 In this covenant, (1.) The contracting parties were (a) God the moral Governor, and (b) Adam, a free moral agent, and representative of all his natural posterity (Rom. 5:12-19).この約束は、 ( 1 )の契約当事者は、神の道徳的な知事(する) 、および( b )アダムは、無料の道徳的な代理店、およびすべての彼の自然後世代表( rom. 5:12-19 ) 。 (2.) The promise was "life" (Matt. 19:16, 17; Gal. 3:12). ( 2 )その約束は、 "生命" ( matt. 19時16分、 17 ;ギャル。 3時12分) 。 (3.) The condition was perfect obedience to the law, the test in this case being abstaining from eating the fruit of the "tree of knowledge," etc. (4.) The penalty was death (Gen. 2:16, 17). ( 3 )の条件はぴったりの服従を法では、このような場合、テストの果物を食べているからabstaining 、 "知恵の木"など( 4 )の違約金が消滅(大将2時16分、 17 ) 。

This covenant is also called a covenant of nature, as made with man in his natural or unfallen state; a covenant of life, because "life" was the promise attached to obedience; and a legal covenant, because it demanded perfect obedience to the law.この契約は、契約の性質とも呼ばれ、人間としての彼の前にして自然や堕落していない状態;する誓約人生のため、 "ライフ"は、約束に接続して服従させる;や法的な契約は、完全な服従を要求したので、同法。 The "tree of life" was the outward sign and seal of that life which was promised in the covenant, and hence it is usually called the seal of that covenant. This covenant is abrogated under the gospel, inasmuch as Christ has fulfilled all its conditions in behalf of his people, and now offers salvation on the condition of faith. It is still in force, however, as it rests on the immutable justice of God, and is binding on all who have not fled to Christ and accepted his righteousness. "ツリーオブライフ"は、外側に署名捺印のことを約束された人生を約束し、そのためのシールと呼ばれることは、通常の約束しています。 この契約の下では、福音を廃止、 〜だけれども、キリストは、すべての条件を果たさ彼は人々を代表して、今すぐオファーして条件救世信仰のです。それはまだ出され、しかし、それにかかっているとして、神の不変の正義は、すべての人を拘束するとはしていない彼の正義に逃亡して、キリストと受け入れた。

Covenant of Grace約束の恵みを受けて

The eternal plan of redemption entered into by the three persons of the Godhead, and carried out by them in its several parts.償還計画を入力すると、永遠の神の三位で、実施されると、かれらはいくつかのパーツです。 In it the Father represented the Godhead in its indivisible sovereignty, and the Son his people as their surety (John 17:4, 6, 9; Isa. 42:6; Ps. 89:3).神性の父で表現することでは、不可分の主権は、彼の息子の人々と、彼らの保証人として(ヨハネ17時04分、 6 、 9 ;のISA 。 42:6 ;しまう。 89:3 ) 。

The conditions of this covenant were,:この契約の条件は、 :

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


.

Covenanters covenanters

Advanced Information 高度情報

The Covenanters were Scottish Presbyterians of the 17th century who subscribed to covenants (or bonds), the most famous being the National Covenant of 1638 and the Solemn League and Covenant of 1643. covenantersいたが、 17世紀にスコットランド人presbyterians約款を購読して(または債券)は、最も有名なのが、国家盟約1638および1643の厳粛なリーグとの約束だ。 The National Covenant opposed the new liturgy introduced (1637) by King Charles I. This led to the abolition of episcopacy in Scotland and the Bishops' Wars (1639-41), in which the Scots successfully defended their religious freedom against Charles.国立誓約導入に反対して新しい典礼( 1637年)されたキングチャールズi.このLEDを廃止司教主教団は、スコットランドとの戦争( 1639年から1641年) 、スコットランド語で、彼らの宗教の自由を擁護するチャールズ正常です。

In the Solemn League and Covenant, the Scots pledged their support to the English parliamentarians in the English Civil War with the hope that Presbyterianism would become the established church in England.厳粛なリーグとの約束は、彼らの支援を約束したスコットランド語、英語の国会議員で、英語の内戦で長老制になるのを期待して英国国教会です。 This hope was not fulfilled.この期待は果たされていない。 In fact, after the Restoration (1660), King Charles II restored the episcopacy and denounced the covenants as unlawful.実際、後の復旧( 1660 ) 、チャールズ2世の復元主教団の約款として違法と非難した。 Three revolts of the Covenanters (1666, 1679, 1685) were harshly repressed. covenantersの3つの反乱( 1666年、 1679年、 1685年)を厳しく抑圧された。 After the Glorious Revolution of 1688, William III reestablished the Presbyterian church in Scotland but did not renew the covenants.名誉革命の後、 1688年、ウィリアム三世再認識しかし、スコットランドの長老教会で、約款を更新しなかった。

Charles H. Hawsチャールズh.ホーズ

Bibliography 文献情報
Cowan, I. B., Scottish Covenanters (1976); Stevenson, D., The Scottish Revolution, 1637-44 (1973).コーワン、 ib 、スコットランドcovenanters ( 1976 ) ;スティーブンソン、 d.は、スコットランドの革命は、 1637年から1644年( 1973 ) 。


Covenant of Works約束の作品

Advanced Information 高度情報

The Covenant of Works, was entered into by God with Adam as the representative of the human race (comp. Gen. 9:11, 12; 17: 1-21), so styled because perfect obedience was its condition, thus distinguishing it from the covenant of grace.約束の作品は、アダムが入力されると、神の代表として、人類( comp.大将9時11分、 12 ; 17日: 1月21日)は、完璧な服従させるためには、そのようなスタイルの条件は、このように区別することから約束の恵みを受けています。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Palestinian Covenantパレスチナの誓約

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 差出人:ホーム聖書の勉強を解説ジェームズm.白黒

Deuteronomy Chapters 29-30申命記29から30支部

The Terms of the Covenant契約の条件は、

c. 30 The Scofield Bible analyzes the Palestinian covenant into seven parts, as follows: Verse 1. 30スコフィールド聖書の7つのパーツを分析し、パレスチナの約束は、以下のとおり:詩1 。 Disperson for disobedience. dispersonに従わなかった。 Compare c. c.比較 28:63-68 and Gen. 15:18. 28:63-68と大将15時18分です。 " 2. Further repentence while in dispersion. " 3. " 2 。さらなる分散後悔しながら" 3 。 Return of the Lord (compare Amos 9:9-14; Acts 15:14-17).戻りの主(比較アモス9:9-14 ;行為15:14-17 ) 。 " 5. Restoration to the land (compare Isa. 11:11, 12; Jer. 23:3-8; Ezek. 37:21-25). " 6. " 5 。修復して、土地(比較のISA 。 11:11 、 12 ; jer 。 23:3-8 ; ezek 。 37:21-25 ) 。 " 6 。 National conversion (compare Hos. 2:14-16; Rom. 11:26, 27).全国のコンバージョン(比較hos 。 2:14-16 ; ROMのです。 11:26 、 27 ) 。 " 7. Judgment on Israel's oppressors (compare Isa. 14:1, 2; Joel 3:1-8; Matt. 25:31-46). " 9. " 7 。判断して、イスラエルのoppressors (比較のISA 。 14時01分、 2 ;ジョエル3:1-8 ;マットです。 25:31-46 ) 。 " 9 。 National prosperity (compare Amos 9:11-14).国家の繁栄(比較アモス9:11-14 ) 。

We are not to suppose that the promises were fulfilled by Israel's restoration from the Babylonian captivity.我々はしないように約束が果たされると仮定し、イスラエルのバビロン捕囚から回復した。 It will be recalled that she was not then scattered "among all the nations" or "unto the utmost parts of heaven."リコールされることに散在していない彼女は"すべての国の間で"または"かれは天に最大限の部分です。 " Moreover, when God recalled them from Babylon, they were not all brought back nor multiplied above their fathers (5), nor were their hearts circumcised to love the Lord (6).しかも、それらを振り返る時にバビロン神は、彼らがない上にすべてを掛けても、自分の父親に帰される( 5 ) 、またかれらの心が割礼を愛し、主の( 6 )です。 It may be said that there was a foreshadowing of the ultimate fulfilment of the prophecy at that time, but nothing more.それによると、あったかもしれないが、究極のforeshadowing予言は、その時点で達成は、こちらでも何もない。 The complete accomplishment is yet to come.完全な成就はまだこれからだ。 Israel is yet to be converted to Jesus Christ as her Messiah, and returned to her land in accordance with what all the prophets teach.イスラエルはまだに変換するために、イエスキリストを救世主として彼女は、彼女の土地に戻ったとは何に基づいてすべての預言者を教える。

Questions 1. 質問 1 。 Name and distinguish between the two covenants mentioned.名前と区別する2つの約款に記載します。 2. 2 。 How many of the Scripture references have you examined under the paragraph "The Need of Eye Salve"?参考文献の多くは、どのように啓典の段落の下にあることを検討"の必要性の眼軟膏"とは? 3. 3 。 Name the seven features of the Palestinian covenant. 7つの特徴は、パレスチナ人の名前を誓約します。 4. 4 。 Why was not the restoration from Babylon the fulfilment of these promises?なぜ復旧ではないから、これらの約束を達成バビロンのですか? 5. 5 。 When will they be fulfilled?彼らが果たされるのはいつですか?


Covenanters covenanters

Catholic Information カトリック情報

The name given to the subscribers (practically the whole Scottish nation) of the two Covenants, the National Covenant of 1638 and the Solemn League and Covenant of 1643.加入者の名前を指定して(実質的に国全体のスコットランド)は、 2つの約款は、ナショナルリーグの厳粛な約束は、 1638と1643との約束だ。 Though the covenants as national bonds ceased with the conquest of Scotland by Cromwell, a number continued to uphold them right through the period following the Restoration, and these too are known as Covenanters.約款にかかわらず、国債やんだオブスコットランドを征服してクロムウェルが、その数は継続的に維持して次の期間を通じて、権利の回復、およびこれらにはあまりにもcovenantersとして知られています。 The object of the Covenants was to band the whole nation together in defense of its religion against the attempts of the king to impose upon it an episcopal system of church government and a new and less anti-Roman liturgy.このオブジェクトは、約款には、国全体で一緒にバンドの宗教に対する防衛の試みは、その上にある聖公会の王を課すシステムの新しい教会と政府と反ローマ典礼少ない。 The struggle that ensued was a struggle for supremacy, viz.: as to who should have the last word, the King or the Kirk, in deciding the religion of the country.闘争の覇権を争うことが起こりましたが、 viz 。 :はずの人としての最後の言葉を、王またはそのカークは、その国の宗教を決める。 How this struggle arose must first be briefly explained.第一に、この闘争をどのように簡潔に説明する必要がありますが起こりました。

The causes of this Protestant conflict between Church and State must be sought in the circumstances of the Scottish Reformation.その原因は、このプロテスタント教会と国家間の葛藤を求めたしなければならない状況では、スコットランドの改革です。 (For a summary of the history of the Scottish reformation down to 1601 see ch. ii of Gardiner's "History of England".) Owing to the fact that Scotland, unlike England, has accepted Protestantism, not at the dictates of her rulers, but in opposition to them, the reformation was not merely an ecclesiastical revolution, but a rebellion. (要約は、スコットランドの改革の歴史は、 1601ダウンしてチャンネルを参照してください。ガーディナーの2世"イングランドの歴史"です。 )おかげという事実にスコットランド、イングランドとは異なり、プロテスタントは受け入れ、彼女のおもむくままにしないで、支配者が、かれらに反対しては、単なる教会の革命改革ではないのですが、反乱。 It was, therefore, perhaps no mere chance that made the Scottish nation, under the guidance of John Knox and later Andrew Melville, adopt that form of Protestantism which was, in its doctrine, farthest removed from Rome, to which their French regents adhered, and which in its theory of church government was most democratic.それは、したがって、単なる偶然のせいで、たぶん、スコットランドのない国は、ジョンノックスの指導の下に、後にアンドリューメルビルは、プロテスタントの形式を採用することが、その教義は、ローマで最も遠いから削除さは、彼らのフランス語指導を忠実に守って、そして教会では、政府が最も民主主義の理論です。 Presbyterianism meant the subordination of the State to the Kirk, as Melville plainly told James VI at Cupar in 1596, on the famous occasion when he seized his sovereign by the sleeve and called him "God's silly vassal".長老制の意味カーク従属の状態にして、はっきりとメルビル氏は、クーパージェームズ六世は1596年、有名な行事は、彼の主権を押収されたときに袖と呼ばれる彼の"神の愚かな臣下" 。 In the church, king and beggar were on an equal footing and of equal importance; king or beggar might equally and without distinction be excommunicated, and be submitted to a degrading ceremonial if he wished to be released from the censure; in this system the preacher was supreme.教会では、王と乞食が対等な立場と等しく重要な;キングや乞食とを区別せずに等しくexcommunicatedかもしれない、と分解に提出する儀式を望んだ場合に発表される彼からの問責;このシステムでは、説教師最高だった。 The civil power was to be the secular arm, the instrument, of the Kirk, and was required to inflict the penalties which the preacher imposed on such as contemned the censure and discipline of the Church.市民パワーは、世俗の腕には、その楽器は、カークのは、必要に負わせるとは、罰則が課せられ、説教師などcontemnedの問責と規律の教会です。 The Kirk, therefore, believed that the Presbyterian system, with its preachers, lay elders, and deacons, kirk sessions, synods, and general assemblies, was the one, Divinely appointed means to salvation, claimed to be absolute and supreme.そのカーク、したがって、信じられているシステムの長老で、その説教師は、レイ年長者、およびdeacons 、カークセッションでは、 synods 、および総会は、その1つは、神の救いの手段を任命した、と主張して絶対に最高です。 Such a theory of the Divine right of Presbytery was not likely to meet with the approval of the kings of the Stuart line with their exaggerated idea of their own right Divine and prerogative.このような神授説ではない可能性を満たすの長老会の承認を得て、王のスチュアートラインには、独自のアイデアを誇張して彼らの権利や特権神です。 Nor could a church where the ministers and their elders in the kirk assemblies judged, censured, and punished all offenders high or low, craftsman or nobleman, be pleasing to an aristocracy that looked with feudal contempt on all forms of labour.教会ではどこも、閣僚の可能性とその年長者は、審査カークアセンブリは、問責は、すべての犯罪処罰高いまたは低いとは、職人や貴族は、貴族にして人好きのする顔をしてすべての形態の労働封建軽蔑している。 Both noble and king were therefore anxious to humble the ministers and deprive them of some of their influence.王希と心配していたの両方を謙虚したがって、それらのいくつかの閣僚と彼らの影響力を奪う。 James VI was soon taught the spirit of the Presbyterian clergy; in 1592 he was compelled formally to sanction the establishment of Presbytery; he was threatened with rebellion if he failed to rule according to the Gospel as interpreted by the ministers.ジェームズ六世はすぐに教えたの長老派教会の聖職者の精神;強制彼は1592年の設立を正式に制裁プレズビテリー;脅迫して彼は彼の反乱に失敗した場合のルールによる福音書によると、閣僚として解釈される。 If his kingly authority was to endure, James saw that he must seek for some means by which he could check their excessive claims.彼は堂々としている場合に耐えるの権威、ジェームズを見たことを彼はいくつかの手段を模索する必要があります彼が自分の過剰請求をチェックします。 He first tried to draw together the two separate representative institutions in Scotland - the Parliament, representing the king and the nobility, and the General Assembly, representing the Kirk and the majority of the nation - by granting the clergy a vote in Parliament.描画しようとする彼の最初の2つの別々の機関の代表がスコットランド-議会は、王や貴族を表す、および国連総会は、カークを表すと、大多数の国-聖職者の投票によって、議会で付与します。 Owing, however, to the hostility of clergy and nobility, the scheme fell through.せいで、しかし、敵意の聖職者や貴族には、その計画は流れた。 James now adopted that policy which was to be so fruitful of disaster;he determined to re-introduce episcopacy in Scotland as the only possible means of brining the clergy to submit to his own authority.ジェームズ現在の政策を採択していたように実りの災害;彼主教団決意を再導入するだけで可能にする手段として、スコットランドbriningの聖職者に、自分の権威を提出しています。 He had already gone some way towards accomplishing his object when his accession to the English throne still further strengthened his resolve.彼はいくつかの方法ではすでに帰ったあとに向けた彼の加盟を達成したときにオブジェクトの英語の玉座まだ彼の決意をさらに強化しています。 For he considered the assimilation of the two Churches both in their form of government and in their doctrine essential to the furtherance of his great design, the union of the two kingdoms.彼の同化を考慮して、 2つの教会の両方の形で政府と彼らの教義の増進のために欠かせない彼の偉大なデザインは、 2つの国の労働組合です。

By 1612, James had succeeded in carrying out the first part of his policy, the re-establishment of diocesan episcopacy. 1612によって、ジェームズの遂行に成功していたら、彼の政策の最初の部分は、監督管区の主教団の再確立します。 Before his death he had also gone a long way towards effecting changes in the ritual and doctrine of Presbyterianism.彼は彼の死を前にも行った方がはるかに効果的な変化の儀式や教義の長老制です。 On Black Saturday, 4 Aug., 1621, the Five Articles of Perth were ratified by the Estates.黒の土曜日に、 1621年8月4日、 5つの記事のパースのエステーツ批准された。 Imposed as these were upon an unwilling nation by means of a packed Assembly and Parliament, they were to be the source of much trouble and bloodshed in Scotland.気の進まないように課せられたこれらの国では、満員の組立や議会の手段は、彼らは多くのトラブルの原因になると流血スコットランド。 Distrust of their rulers, hatred of bishops, and hatred of all ecclesiastical changes was the legacy bequeathed by James to his son.彼らの支配者の不信は、憎しみの司教は、教会や憎悪のすべての変更内容は、彼の息子ジェームズレガシーbequeathedされます。 James had sowed the wind, and Charles I was soon to reap the whirlwind.ジェームズはsowed 、風、そして僕はすぐにチャールズ自業自得である。 Charles' very first action, his "matching himself with the daughter of Heth", i.e., France (see Leighton, "Sion's Plea against Prelacy" quoted by Gardiner, "Hist. of England, ed. 1884, VII, 146), aroused suspicion as to his orthodoxy, and in the light of that suspicion every act of his religious policy was interpreted, wrongly we know, as some subtle means of favoring popery. His wisest course would have been to annul the hated Five Articles of Perth, which to Scotchmen were but so many injunctions to commit idolatry. In spite of concessions, however, he let it be known that the articles were to remain (Row, Historie of the Kirk of Scotland, p. 340; Balfour, Annals, II, 142; Privy Council Register, N. S., I, 91-93). Further, he took the unwise step of increasing the powers of the bishops; five were given a place in the Privy Council; and the Archbishop Spottiswoode was made President of the Exchequer and ordered as Primate to take precedence of every other subject. This proceeding not only roused the indignation of Protestants, who in the words of Row, considered bishops "bellie-gods", but it further offended the aristocracy, who felt themselves thus slighted. But a persecution of the Kirk and its preachers would not have brought about as rebellion. Charles could always count on his subservient bishops, and on the nobles ever willing to humble the ministers. But he now took a step which alienated his only allies. James had always been careful to keep the nobles on his side by lavish grants of the old church lands. By the Act of Revocation, which passed the Privy Seal, 12 October, 1625 (Privy Council Register I, 193), Charles I touched the pockets of the nobility, raised at once a serious opposition, and led the barons to form an alliance with the Kirk against the common enemy, the king. It was a fatal step and proved "the ground-stone of all the mischief that followed after, both to this king's government and family (Balfour, Annals, II, 128).チャールズ'非常に最初の行動は、彼の"自分自身とのマッチングヘースの娘" 、すなわち、フランス(参照してくださいレイトンは、 "シオンの高位聖職者に対する答弁"で引用されるガーディナーは、 "シーッ。イングランド、エド。 1884 、第VII 、 146 ) 、興奮して彼の正統性を疑われる、とのことで、光のすべての行為の疑いで彼の政策は、宗教的な解釈は、間違って知っている我々は、いくつかの微妙な手段としてカトリック追い風が吹いている。彼の賢明なコースが廃止され、憎まれて5つの記事のパースは、 Scotchmanの複数の命令していたのに、非常に多くの偶像礼拝をコミットします。譲歩にもかかわらず、しかし、彼の記事ということを知っていたにとどまる(行、 historieのカークオブスコットランド、 p. 340 ;バルフォー、 annals 、 2世、 142 ;枢密院レジスタは、ナノ秒、私は、九十一から九十三) 。さらに、浅はかなステップで、彼は、司教の権限を拡大; 5人が与えられた場所には、枢密院;スポティスウッド大司教は前社長とは、大蔵省と霊長類を取るよう指示した他の件名ごとの優先順位です。 rousedの憤りだけでなく、この論文のプロテスタントは、人の列の言葉は、司教とみなさ" bellie -神々 "が、それ以上の貴族気分を害したのは、このように侮辱を受ける人自身感じた。しかし、 a persecution of the Kirk and its preachers would not have brought about as rebellion. Charles could always count on his subservient bishops, and on the nobles ever willing to humble the ministers. But he now took a step which alienated his only allies. James had常に注意しておくためのぜいたくな貴族を彼の側では、古い教会の土地無償です。失効される行為、これに合格した御璽は、 1625年10月12日(枢密院登録私は、 193 ) 、チャールズ私のポケットに触れた貴族の家には、深刻な反対意見を一度に引き上げた、との実力を主導したカークの同盟関係を形成するという共通の敵に対しては、王のです。それは、致命的な一歩と証明"と、地面に石のすべての後に続いていたずらして、両方のこの王の政府や家族(バルフォー、 annals 、 2世、 128 ) 。 Thus, before he had set foot in Scotland, Charles had offended every class of his people.したがって、スコットランドに足を踏み入れる前に彼は、彼のチャールズ各クラスの人々は気分を害した。 His visit to Scotland made matters worse; Scotchmen were horrified to see at the coronation service such "popish rags" as "white rochets and white sleeves and copes of gold having blue silk to their foot" worn by the presiding bishops which "bred great fear of inbringing of popery" (Spaulding, Hist. of the Troubles in England and Scotland, 1624-45, I, 36).彼の訪問を前にスコットランド泣き面に蜂; Scotchmanの複数の戴冠式を参照していたサービスを怖がっているような"ローマカトリックのぼろきれ"として" rochetsホワイトゴールドと白袖との対応を自分の足でつなぐことブルー"の議長を務める司教が削られて"育ち偉大な恐怖inbringingのカトリックの" ( spaulding 、シーッ。悩みは、イングランドとスコットランドでは、 1624年から1645年、私は、 36 ) 。 Acts, too, were passed through Parliament which plainly showed the king's determination to change the ecclesiastical system of Scotland.行為でも、議会を通過したが、王の決意をはっきりと示して変更するシステムオブスコットランド教会です。 Scotland was therefore ready for an explosion.スコットランドは、そのための準備ができて爆発した。

The spark was the New Service Book.この新サービスは、書籍の火付け役です。 Both Charles and Laud had been shocked at the bare walls and pillars of the churches, all clad with dust, sweepings, and cobwebs; at the trafficking which went on in the Scottish churches; at the lengthy "conceived prayers" often spoken by ignorant men and not infrequently as seditious as the sermons (Baillie, O. S. B., writing in 1627, cited by William Kintoch, "Studies in Scottish Ecclesiastical History", pp. 23, 24; also, "Large Declaration", p. 16).ショックを受けていたチャールズと賛美の両方のむき出しの壁や柱は、教会は、すべてのほこりクラッドして、荷粉、およびクモの巣;は、人身売買を行った上で、スコットランド教会;は、長い"と考えられた祈り"とよく話される男性の無知そして、往々にして扇動的な説教として( baillie 、 osb 、 1627年の書き込みで、引用されたウィリアムkintoch 、 "スコットランド教会の歴史を学んでいる" 、 pp 。 23 、 24 ;また、 "大規模な宣言" 、 p. 16 ) 。 The king desired to have decency, orderliness, uniformity.希望を持つ王の品位、秩序、均一です。 Hence he ordered a new service book, prepared by himself and Laud, to be adopted by Scotland.したがって彼の本を注文する新サービスは、自分自身が用意したと称賛、スコットランドにも採用される。 The imposition of the New Service Book was a piece of sheer despotism on the part of the king; it had no ecclesiastical sanction whatever, for the General Assembly, and even the bishops as a body, had not been consulted; neither had it any lay authority, for it had not the approval of Parliament; it went counter to all the religious feeling of the majority of the Scottish people; it offended their national sentiment, for it was English.この本は新サービスを押し付けられていることは、一枚の薄手の専制政治団体名は、王;ことはない、どのような教会の制裁は、国連総会のために、そして体でさえ、司教として、相談されていなかった;どちらもそれがどんなレイ権威は、議会の承認を得ていなかったこと;それはすべての宗教的感情のカウンターには、スコットランドの大多数の人々 ;彼らの国民感情を傷つけられたことは、それは、英語です。 Rowe summed up the objections to it by calling it a "Popish-English-Scotish-Mass-Service-Book" (op. cit., p. 398).ロウ要約すると、異議申し立てを行うことを呼び出して、 "ローマカトリック-英語- scotish -質量-サービス-書籍" ( op. cit 。 、 p. 398 ) 。 There could, therefore, be very little doubt as to how Scotland would receive the new liturgy.その可能性は、したがって、非常に小さな疑問として受け取るには、どのようにスコットランドの新しい典礼。 The famous riot at St. Giles, Edinburgh, 23 July, 1637 (account of it in the King's "Large Declaration", and Gordon's "Hist. of Scots Affairs", I, 7), when at the solemn inauguration of the new service, somebody, probably a woman, threw the stool at the deacon's head, was but an indication of the general feeling of the country.暴動で有名なセントジャイルズストリート、エジンバラ、 1637年7月23日(アカウントのことで、国王の"大宣言" 、とゴードンの"シーッ。スコットランドの問題"と、私は、 7 )は、就任式の際には、厳かなこの新サービスは、誰かが、おそらく、女性は、投げたの便は、ディーコンの頭には、しかしを示しているのは、その国全体が感じている。 From all classes and ranks, and from every part of the country except the north-east, the petitions came pouring into the Council for the withdrawal of the liturgy.すべてのクラスから階段を上ると、その国からのすべての部分を除いて北東には、評議会の嘆願書に押し寄せて来たためには、典礼撤退。 Every attempt to enforce the prayer book led to a riot.すべての祈りを強行しようとする本の暴動を主導した。 In a word, the resistance was general.一言で言えば、抵抗は全般です。 The Council was powerless.同会議は無力だ。 It was suggested therefore that each of the four orders - nobles, lairds, burghers, and ministers - should choose four commissioners to represent them and transact business with the Council, and that then the crowd of petitioners should return to their homes.それは、 4つの提案そのためには、各命令-貴族、 l airds、市民、そして閣僚- 4つの委員を代表して決めるべきだとして取引協議会、および、それを支持する群衆の中には、自宅に戻る。 Accordingly, four committees, or "Tables" (Row, pp. 465,6) were chosen, the petitioners dispersed, and the riots in Edinburgh ceased.したがいまして、 4つの委員会、あるいは"テーブル" (行、 pp 。 465,6 )が選ばれた、請求に分散され、エディンバラで暴動やんだ。 But this arrangement also gave the opposition the one thing necessary for a successful action, a government.しかし、この取り決めは、野党にも、一つのことに成功するために必要な措置は、政府のです。 The sixteen could, if only united, direct the mobs effectively. 16可能性は、ユナイテッド場合のみ、直接のモブ効果的です。 The effect of having a guiding hand was at once seen.指導の効果を持つ手を一度は見たことがない。 The demands of the supplicants became more definite and peremptory and on 21 December the Tables presented the Council a collective "Supplication" which not only demanded the recall of the liturgy, but, further, the removal of the bishops from the council on the ground that, as they were parties in the case, they should not be judges (Balfour, Annals, II, 244-5: Rothes, Relation, etc., pp. 26 sqq., gives an account of the formation of the "Tables"). supplicantsの要求には、もっと明確になったと有無を言わせぬとテーブルを提示して、 12月21日の理事会で集団"懇願"を要求しただけでなく、リコールの典礼ではなく、さらには、司教の除去は、地面にしてから、審議会は、かれらは政党としての場合は、裁判官すべきではありません(バルフォー、 annals 、 2世、 244から5まで: rothes 、関係等、 pp 。 26 sqq 。 、アカウントの形成には、 "テーブル" ) 。 The supplicants, in other words, look upon the quarrel between king and subjects as a lawsuit.そのsupplicants 、言い換えれば、目の上のけんか科目としての王との間で訴訟。

Charles' answer to the "Supplication" was read at Sterling, on 19 February, 1638.チャールズ'答えは、 "懇願"とは、読んで、ポンドは、 1638年2月19日です。 He defended the prayer book and declared all protesting meetings illegal and treasonable.彼を擁護の祈りと宣言したすべての書籍と反逆違法な抗議集会。 A counter proclamation had been deliberately prepared by the supplicants and no sooner had the king's answer been read than Lords Home and Lindsay, in the name of the four orders, lodged a formal protestation.カウンタ宣言していたsupplicants故意に用意したとするや否や、王の答えは読んでいたよりもホームとリンゼイ貴族は、 4つの命令の名の下、正式な抗議を提出した。 The same form was gone through in Linlithgow and Edinburgh.同じフォームでは消えていたリンリスゴーとエディンバラを介しています。 By these formal protestations, the petitioners were virtually setting up a government against the government, and as there was no middle party to appeal to, it became necessary to prove to the king that the supplicants, and not he, had the nation behind them.これらの正式な抗議は、請求を設定するが、事実上政府は、政府に反対し、党としてはなかった真ん中にアピールするために、必要なことを証明することになったことを、王supplicants 、と彼は、その背後には、国です。 The means was ready to hand.その手段を手には、準備ができています。 The nobility and gentry of Scotland had been in the habit for entering into "bands" for mutual protection.ジェントリーオブスコットランドの貴族や習慣を入力していたのを"バンド"を相互に保護します。 Archibald Johnson of Warristoun is said to have suggested that such a band or covenant now be adopted, but not as heretofore by nobles and lairds only, but by the whole Scottish people; it was to be a national covenant, taking as its basis the Negative Confession of Faith which had been drawn up by the order of James VI in 1581.アーチボルド氏はジョンソンのwarristounがあると示唆してそのようなバンドを誓約今で採択されるかは、これまでどおりではない貴族とlairdsだけではなく、国民全体のスコットランド;それは、国民に約束して、その根拠として、否定的な服用信仰告白されていたために策定されたのジェームズ六世は1581です。 The great document was composed.偉大なドキュメントが構成されます。 After reciting the reason of the band, that the innovations and evils contained in the supplications had no warrant in the word of God, they promise and swear to continue in the profession and obedience of the aforesaid religion, that we shall defend the same, and resist all those contrary errors and corruptions, according to our vocation, and to the uttermost of that power which God has put in our hands all the days of our life". Yet, whilst uttering oaths that seem scarcely compatible with loyalty to the king, they likewise promised and swore that we shall, to the utmost of our power with our means and lives, stand to the defense of our dread sovereign, his person and authority, in defense of the foresaid true religion, liberties and laws of the kingdom" (Large Declaration, p. 57), and they further swore to mutual defense and assistance.その理由の暗唱をした後、バンドは、技術革新としていたの弊害に含まれてsupplications令状なしで、神の言葉を、かれらの約束を継続すると誓う服従させるのは、前述の職業や宗教、われを守ることと同じ、とこれらすべてのエラーとレジスト反して不正によると、私たちの使命は、遠く離れたとして、その電源を入れる神が私たちの手で私たちの生活のすべての日"です。しかし、偽造証書使用の罪誓い間の互換性がほとんどないと思われる王に忠誠を、彼らと同様に誓った約束してわたしたちは、私たちの力を最大限にして、私たちの生活を意味すると、スタンドを怖がるように我々の主権の防衛のは、彼の人格と権威は、防衛foresaid真の宗教は、自由と法律の王国" (大規模な宣言には、 p. 57 ) 、そして彼らとのさらなる相互防衛援助を誓った。 In these professions of loyalty, the Covenanters, for so we must now call the supplicants, were probably sincere; during the whole course of the struggle the great majority never wished to touch the throne, they only wished to carry out their own idea of the strictly limited nature of the king's authority.これらの職業の忠誠心は、 covenanters 、今すぐに電話をしなければならないので、 supplicants 、が、おそらく誠実な;全体の中の闘争の過程で、大多数は決して触れる王位を取り入れたいと、彼らだけを遂行する独自のアイデアを取り入れたいとは、厳密には、王の権威を自然に限定します。 Charles was the king, and they would obey, if he did as they commanded.チャールズさんは、王は、かれらがわたしに従い、もし彼が命じられたようです。

The success of the Covenant was great and immediate.成功したのは素晴らしいと即時誓約します。 It was completed on 28 February and carried for signature to Greyfriars church.それは2月28日に完了するために署名をグレーフライアー教会と運ばれます。 Tradition tells how the parchment was unrolled on a tombstone in the churchyard and how the people came in crowds weeping with emotion to sign the band.伝統を伝える上でどのように羊皮紙unrolled墓石には、教会の墓地に来た人々がどのように群集と感極まって涙を流し、バンドに署名しています。 This strange seen was soon witnessed in almost every parish in Scotland, if we except the Highlands and the North-East.この奇妙な目撃はすぐに見られるが、ほぼすべての教区スコットランド、もし我々の高地を除くと、北東です。 Several copies of the Covenant were distributed for signature.いくつかのコピーが配布された署名のための約束だ。 "Gentlemen and noblemen carried copies of it in portmantles and pockets requiring subscriptions thereunto, and using their utmost endeavours with their friends in private for to subscribe." "紳士や貴族のコピーを実行することが必要で購読portmantlesやポケットthereunto 、および使用して自分の最大限の努力をして、友達にプライベートを購読します。 " "And such was the zeal of many subscribers, that for a while many subscribed with tears on their cheeks" and it is even said that some did draw their blood, and use it in place of ink to underwrite their name" (Gordon, Scots Affairs, I, 46). Not all, however, were willing subscribers to the Covenant. For many persuasion was sufficient to make them join the cause; other required rougher treatment. All those who refused to sign were not only looked upon as ungodly, but as traitors to their country, as ready to help the foreign invader. And as the greater that the number of subscribers grew, the more imperious they were in exacting subscriptions from others who refused to subscribe, so that by degrees they proceeded to contumelies and reproaches, and some were threatened and beaten who durst refuse, especially in the greatest cities" (Ibid, p. 45). "とこのような熱意は、多くの加入者は、多くの購読してしばらくして自分のほおに涙"ともによると、それは自分の血を引くいくつかは、インクの代わりに使用することとして自分の名前を引き受ける" (ゴードン氏は、スコットランド問題は、私は、 46 ) 。はなくすべては、しかし、喜んで加入していた誓約します。ためには十分な説得力の多くの原因を作ることに加わる;他の治療を必要と荒れています。すべての人たちに署名を拒否していただけでなく、見下ろしていました良俗に反するとして、しかし、自分たちの国を裏切り者としては、侵略者としての外国人を助けるための準備ができています。そして、さらなる加入者数が増加して、かれらは横柄で、より厳格な購読申し込みを拒否してから他の人のように、彼ら薄紙をはぐように進むとcontumelies非難、およびいくつかの人が脅迫や暴行を拒むダースト、特に最大の都市" (上に同じ、 p. 45 ) 。 No blood, however, was shed until the outbreak of the war.血液のない、しかし、小屋までは、戦争の勃発。 Ministers who refused to sign were silenced, ill-treated, and driven from their homes.閣僚の人の署名を拒否していたサイレンサーは、ひどい扱いをし、自宅から駆動します。 Toleration and freedom of conscience was hated by both parties and by none more fanatically than the Scottish Presbyterians.寛容と良心の自由を嫌っていたとされる両当事者はなしpresbyteriansスコットランドよりももっと熱狂的だ。 Scotland was in truth a covenanted nation.スコットランドでは、契約した国の真実です。 A few great land-owners, a few of the clergy, especially the Doctors of Aberdeen who feared that their quiet studies and intellectual freedom would be overwhelmed, stood aloof from the movement.いくつかの大土地所有者は、いくつかの聖職者、特に医師のアバディーンのではないかと危ぶん彼らの静かなタイプの人の自由となる知的圧倒、超然としているから、運動に立っていた。 Many, no doubt, signed in ignorance of what they were doing, some because they were frightened, but more still because they were swayed by an overpowering excitement and frenzy.多くは、間違いなく、彼らがどのような無知ログインしてやっていること、いくつかのためにかれらは驚いて、しかし、彼らがこちらに振り回されているため、依然として圧倒的な興奮と逆上しています。 Neither side could now retreat, but Charles was not ready for war.どちらの側に今すぐ撤退する可能性が、チャールズさんは、戦争の準備ができていない。 So to gain time he made a show of concession and promised a General Assembly.だから彼はショーの時間を得るための総会で譲歩すると約束した。 The Assembly met at Glasgow 21 Nov., and immediately brought matters to a head.アセンブリに会ったのは11月21日グラスゴー、問題があるとすぐに頭をもたらした。 It attacked the bishops, accusing them of all manner of crimes; in consequence Hamilton, as commissioner, dissolved it.司教を攻撃することは、あらゆる種類の犯罪を告発して;帰結ハミルトンでは、コミッショナーとしては、解散しています。 Nothing daunted, the Assembly then resolved that it was entitled to remain in session and competent to judge the bishops, and it proceeded to pull down the whole ecclesiastical edifice built up by James and Charles.少しもひるまずには、アセンブリを解決する権利を有することがセッションにとどまるとの司教の管轄を判断し、それをプルダウンメニュー進み全体の教会とチャールズジェームズエディフィスによって組み立てられた。 The Service Book, Book of Canons, the Articles of Perth were swept away; the episcopacy was declared forever abolished and all assemblies held under episcopal jurisdiction were null and void; the bishops were all ejected and some excommunicated; Presbyterian government was again establis hed.本サービスの書籍は、書籍の規範は、記事のパースがスウェプトアウェイ;主教団は、永遠に廃止すると宣言した米国聖公会の管轄権の下で行われたすべてのアセンブリを無効とするが、いくつかの司教がすべてのイジェクトとexcommunicated ;長老政府が再びestablis hed 。

War was now inevitable.戦争は今避けられない。 In spite of their protestations of loyalty, the Covenanters had practically set up a theory in opposition to the monarchy.抗議にもかかわらず、彼らの忠誠心は、 covenanters理論では実質的に設定するには、君主制に反対しています。 The question at issue, as Charles pointed out in his proclamation, was whether he was to be king or not?係争中の問題は、彼のように指摘したチャールズ宣言は、彼がされるかどうかは、王となかろうか? Toleration was the only basis of compromise possible; but toleration was deemed a heresy by both parties, and hence there was no other course but to fight it out.寛容だけでは、妥協の可能性の基礎;しかし、寛容では異端と判断された両当事者が、これがないとでも他のコースを戦い抜く。 In two short wars, known as the Bishops' Wars, the Covenanters in arms brought the king to his knees, and for the next ten years Charles was only nominally sovereign of Scotland. 2つのショートウォーズ』は、司教として知られる'ウォーズ』は、両腕をもたらしたcovenantersをひざまずか王、チャールズとは、次の10年間で名目上は、ソブリンオブスコットランドのみです。 A united nation could not be made to change its religion at the command of a king.国連する前に変更されることができなかったの宗教では、コマンドの王様です。 The triumph of the Covenants, however, was destined to be short-lived.トリンプは、約款には、しかし、短命だったれる運命にある。 The outbreak of the Civil War in England was soon to break the Covenanting party in twain.内戦が勃発し、イングランドはすぐにパーティーを破るcovenantingトゥエイン。 Men were to be divided between their allegiance to monarchy and their allegiance to the Covenant.男たちは彼らの間に忠誠を分断されるとその君主国に忠誠を誓約します。 Scotchmen in spite of their past actions still firmly adhered to the monarchical form of government, and there cannot be much doubt that they would much rather have acted as mediators between the king and his Parliament than have interfered actively. Scotchmanの複数のアクションにもかかわらず、いまだに過去形の君主にしっかりと付着して政府、および多くの疑問があることはできないというが彼らは多くの行動として彼の王と議会の間の調停がより積極的に干渉した。 But the royalist successes of 1643 alarmed them.しかし、王党派の1643成功して危機感を募らせる。 Presbyterianism would not endure long in Scotland if Charles won.スコットランド長老制ではない場合に耐える長いチャールズウォン。 For this reason the majority of the nation sided with the Parliament, but it was with reluctance that the Covenanters agreed to give the English brotherly assistance.この理由から、大多数の国民議会の両面で、それは気が進まないことで合意してcovenanters英語兄弟の援助を与える。 This assistance they were determined to give only on one condition, namely that England should reform its religion according to the Scottish pattern.かれらは、この決定の援助を与えるだけで1つの条件、すなわちイングランドばならないが、宗教改革によると、スコットランドのパターンです。 To this end England and Scotland entered into the Solemn League and Covenant (17 Aug., 1643).そのためには、厳かに入力されたイングランドとスコットランドリーグと契約( 1643年8月17日) 。 It would have been well for Scotland if she had never entered the League to enforce her own church system on England.スコットランドではよくあることされて入力した場合には決して彼女は彼女自身のリーグを実施して英国教会のシステムです。 If she had been satisfied with a simple alliance and assistance, all would have been well.彼女は満足していた場合、単純な同盟や援助は、すべてがうまくされています。 But by materially helping the English Parliament to win at Marsten Moor she had helped to place the decision of affairs of state in the hands of the army, which was predominantly Independent, and hated presbyters as much as bishops.If the Scotch had recrossed the Tweed in 1646 and had left the Parliament and the army to fight out for themselves the question of ecclesiastical government, England would not have interfered with their religion; but the Covenanters thought it their duty to extirpate idolatry and Baal-worship and establish the true religion in England, and so came in conflict with those who wielded the sword.しかし、物質的援助によって、英語の議会に勝つmarsten原野で助けを置く場所を決定していたの国政の手に委ねられ、陸軍は、主に独立していた、と同じくらいpresbyters憎まれていたrecrossed bishops.ifのスコッチのツイードそして1646年には議会や軍の左アウトのために戦うの教会の問題は、政府が自ら、イングランドはないに干渉して自分たちの宗教; covenanters考えたが、自分の義務を根絶することやバール崇拝と偶像崇拝の真の宗教を確立するイングランド、といったように競合して来た人たちwieldedの剣だ。 The result was that England not only did not become Presbyterian, but Scotland herself became a conquered country.その結果はしていないだけでなく、イングランド長老になるが、スコットランドになった自分の国を征服した。 In military matters the Covenanters were successful in England, but in their own country they were sorely tried for a year (1644) by the brilliant career of Montrose (an account of the career of Montrose in given in A. Lang, Hist. of Scot., III, v).軍事問題で、イングランドcovenanters成功していたが、彼らは自分たちの国を切にしようとしたために、 1年( 1644 )の輝かしい経歴のモントローズ(アカウントのキャリアの中で与えられたモントローズa.ラング、シーッ。のスコット。 、 3世、 5 ) 。 On account of the nature of the troops engaged, the encounters were fought with a vindictive ferocity unknown in the English part of the Civil War.アカウントの性質上、軍隊に従事、執念深い凶暴性をもって戦いに遭遇したが、英語の部分では、未知の内戦。 Not only was the number of slain very great, but both sides slaked their thirst for vengeance in plunder, murder, and wholesale massacres.殺害されただけでなく、数は非常に大きいが、双方slaked復讐のために自分の喉の渇きを略奪、殺人、虐殺や卸売。 In this respect the Covenanters must bear the greater share of the blame.この点では、より大きなシェアをcovenantersしなければクマのせいだ。 The Catholic Celts whom Montrose led undoubtedly committed outrages, especially against their personal enemies the Campbells, during the winter campaigns of Inverlochy (Patrick Gordon, Britane's Distemper, pp. 95 sqq.), but restrained by Montrose, they never perpetrated such perfidy as the Covenanters after Philiphaugh, and the slaughter of three hundred women, "married wives of the Irish".カトリックケルト民族にとって間違いなく誰にコミットモントローズ主導outrages 、特にcampbellsに対する自分の個人的な敵のは、冬の間のキャンペーンinverlochy (パトリックゴードン、 britaneのジステンパー、 pp 。 95 sqq 。 )は、拘束されたモントローズしかし、彼らは決してそのような背信行為としてperpetrated covenanters後philiphaugh 、および300の食肉処理の女性は、 "結婚したのは、アイルランドの妻" 。 Montrose's success and the fact that he was a leader of Scoto-Irish lashed the hatred of the preachers into fury.事実モントローズの成功と、彼はスコットランドゲール語の指導者の説教師に打ちつけ、憎しみフューリー。 They raved for the blood of the Malignants.かれらは、血液中のmalignants raved 。 The preachers, with a fanaticism revoltingly blasphemous, and as ferocious as that of Islam, believed that more blood must be shed to propitiate the Deity (Balfour, Annals, III, 311).この説教師は、狂信主義revoltingly不敬では、生き馬の目を抜くようにして、イスラムとは、血液をしなければならないと信じてより多くの神小屋をpropitiate (バルフォー、 annals 、 3世、 311 ) 。

The victory of Philiphaugh (13 Sept., 1645), removed the immediate danger to the Covenanters and likewise extinguished the last glimmer of hope for the Royalist cause, which had suffered irreparable defeat a few weeks earlier at Naseby. philiphaughの勝利( 1645年9月13日)は、削除しては、当面の危険性と同様に鎮火covenantersの最後のかすかな望みは、王党派の原因は、取り返しのつかない敗北を受けたが、数週間前にネーズビー。 But the very triumph of the Parliamentary forces in England was fatal to the cause of the Solemn League and Covenant.しかし、非常にイングランド軍の勝利は、議会には、致命的な原因は、厳粛なリーグと約束した。 The victory had been gained by the army which was not Presbyterian but independent, and capable now of resisting the infliction of an intolerant and tyrannical church government upon itself and upon England.勝利を得ていたのではないが、陸軍の長老が独立し、現在の能力を与えることに抵抗があると偏狭非道の教会と政府の時にイングランドそのものです。 When, therefore, the Scottish army recrossed the Tweed, February, 1647, it was with its main purpose unfulfilled.ときには、そのため、スコットランドのツイードrecrossed陸軍は、 2月には、 1647年、満たされていないことが主な目的としています。 England had not been thoroughly reformed; heresy, especially in the army, was still rampant.イングランドは徹底的に改良されていない;異端、特に陸軍は、いまだに横行だった。 The Solemn League and Covenant had been a failure, and the Scots had fought in vain.リーグと約束していた厳粛に失敗した場合、戦っていると、スコットランドはむなしい。 Worse than this, the Covenanters themselves were divided.これ以上悪くなると、 covenanters自身が分かれました。 The success of the Covenant had been due to the alliance between the Kirk and the nobility.の成功は約束していたために、貴族同盟との間のカークです。 The latter had joined the cause from jealousy of the authority of the bishops and from fear of the loss of their estates by the Act of Revocation.後者は、嫉妬心から参加した原因は、司教の権威とは、損失の恐怖から彼らの行為エステーツ失効される。 But now, bishops there were none, and the nobility were still in the possession of their estates.でも今は、誰もいなくなった司教は、気高さとはまだ自分の土地を所有しています。 Since the causes for further cooperation were thus wanting, the feudal instincts of the nobility, love of monarchical government, contempt for the lower orders to which the majority of the Kirk belonged, naturally reasserted themselves.以来、さらなる協力が原因でこのように欠けては、封建的な本能の気高さ、愛の君主政体は、侮辱を下げるためには、多数の受注カークに属し、自然reassertedそのものです。 To this must be added their intense jealousy of Argyll, who owed his influence to the support he gave the Kirk.これを追加する必要があります激しいしっとのアーガイル彼らは、自分たちの影響力〜が支払うべき彼は、カークをサポートしています。 a Royalist part began thus to be formed among the Covenanters.したがって、王政主義者団体を始めたcovenantersの間で形成される。 The cleavage in their ranks was shown in the dispute over the question of the surrender of Charles I to the Parliament (1646).階段を上るの割には示されている彼らの問題をめぐる争いは、私には議会の引き渡しチャールズ( 1646 ) 。 Hamilton had pressed the Estates to give the king honour and shelter in Scotland, but Argyll, backed by the preachers, opposed him.ハミルトンが押された王の栄誉を与えるとエステーツシェルタースコットランドではアーガイルしかし、説教師の支援を受けて、彼に反対しています。 There must be no uncovenanted king in Scotland.あってはならない契約によらないでスコットランド王です。 The breach was widened when Charles fell into the hands of the heretical army.違反が広がったときのチャールズの手に落ちてしまった陸軍の異端。 To many, it now seemed best to support the king, for if the army should prove successful, Presbyterianism would be lost.に多く、それをサポートする最良のように見えた今、王は、成功を証明するためには、陸軍の場合は、長老制が失われます。 Accordingly Scottish commissioners Loudoun, Lanark, and Lauderdale visited Charles at Carisbrooke and signed the hopeless and foolish "Engagement" (27 Dec. 1647).したがって委員ラウドンスコットランド、ラナーク、およびローダーデールcarisbrookeと署名を訪れたチャールズは、絶望的と愚かな"包容" ( 1647年12月27日) 。 In Scotland the Engagers had a large following, and a majority in the Estates.スコットランドの中には大規模なengagers以下、およびエステーツで過半数を占める。 In the Parliament the Hamiltonian party could carry all before it and was ready to take immediate action for the king.ハミルトニアン党は、議会の前にしてから、すべての可能性を運ぶ即時行動をとる準備ができていたために、王です。 But the Kirk, with Argyll and some ten nobles, remained immovably on the other side.しかし、カークは、いくつかのアーガイルと10の貴族は、不動の反対側に残っています。 They would not defile themselves by making common cause with the uncovenanted.彼ら自身汚すようにすることではないとの契約によらない共通の原因です。 The preachers cursed and thundered against the Engagers and the levies that were being raised for an invasion of England. thunderedの説教師と呪わengagersと課税に反対していたため、侵攻イングランド育った。 Scotland thus divided against itself had not much chance against the veterans of Cromwell and Lambert.こうしてスコットランド内輪もめしていた退役軍人の反対あまりチャンスクロムウェルとランバート。 After Preston, Wigan, and Warrington (17-19 Aug., 1648) the Scottish Royalist forces were no more.プレストン後は、ウィガン、およびウォリントン( 8月十七から十九、 1648年) 、スコットランドの王室の勢力がこれ以上です。 The destruction of Hamilton's force was a triumph for the Kirk and the anti-Engagers.ハミルトンの破壊力は、勝利のためのカークと反engagers 。 But an event now occurred that once more divided the nation.しかし、イベントが発生したことを今一度、全国より多く分かれている。 On 30 January, 1649, Charles I was executed.して1649年1月30日、チャールズ私が実行されます。 Scotchmen of whatever party looked upon the deed as a crime and as a national insult. Scotchmanの複数政党見下ろしていましたが、どのような犯罪行為をすると、国家侮辱です。 The day after the news reached Scotland, they proclaimed Charles II king, not only of Scotland, but of England and Ireland.その日のニュースに達した後、スコットランド、彼ら宣言国王チャールズ2世は、スコットランドだけでなく、イングランドとアイルランド。 The acceptance of Charles II, however, had been saddled with the condition that he should pledge himself to the two Covenants.チャールズ2世の受入れは、しかし、その条件をはらんでいたことを彼は自分自身の2つの約束を誓う。 After some hesitation, and after the failure of all his hopes to use Ireland as the basis of an invasion of England Charles II swore to the Covenants, 11 June, 1650.ちょっとためらった後、失敗した後、彼の希望をすべての基礎として使用するアイルランドイングランド侵攻を誓ったチャールズ2世の約款は、 1650年6月11日。

To the more extreme portion of the Covenanters, this agreement with the king seemed hypocrisy, an insult to Heaven.極端な部分を、より多くのcovenanters 、本契約書のように見えた偽善王は、天を侮辱する行為だ。 They knew he was no true convert to the Covenants, that he had no intention of keeping them, that he had perjured himself, and they refused to have dealings with the king.彼は真のないことを知っていた約款に変換して、それを維持する意図はない、と彼らは、自分自身偽証していた、と彼らを拒否して取引をする王様です。 Argyll with the more moderate wing, still anxious to avoid a definite rupture with the extremists, had perforce to make concessions to these feelings; he made the unfortunate prince walk through the very depths of humiliation (Peterkin, Records, p. 599).アーガイルしてより多くの穏健派は、まだ明確な破裂して心配するのを避けるために過激派は、必然的に譲歩していたこれらの感情;彼は、非常に不幸な王子どん底に屈辱を歩く( peterkin 、記録によりますと、 p. 599 ) 。 This split was to prove fatal.この分割は、致命的なことを証明した。 Only a united Scotland could have defeated Cromwell.敗北する可能性があるだけクロムウェルスコットランドユナイテッド。 Instead, to propitiate the Deity, Charles was kept apart from the army, and while every available man was wanted to meet the soldiers of Cromwell, the fanatics were "purging" the army of all Royalists and Malignants (op cit. p. 623).その代わりに、神をpropitiateのは、陸軍のチャールズさんは、別に保管し、利用可能なすべての男が指名手配中の兵士たちに会うのクロムウェルは、狂信者は、 "パージ"とroyalists 、陸軍のすべてのmalignants (営業cit 。 p. 623 ) 。 To allow them to fight would be to court disaster.把握できるようになる可能性がある裁判所の災害のために戦う。 How could Jehovah give victory to the children of Israel, if they fought side by side with the idolatrous Amalekites?エホバの勝利を与える可能性をどのように、イスラエルの子孫は、もし彼らの偶像崇拝と並んで戦ったamalekitesですか? The purgings of the army went merrily on daily, and the preachers promised in God's name a victory over the erroneous and blasphemous sectaries. purgings軍隊に行ったのは、楽しそうに毎日、説教師との約束は、神の名を冒とく的な勝利を収めると、誤ったsectaries 。 Like the Scots Cromwell also looked upon war as an appeal to the god of battle, and the judgment was delivered at Dunbar, 3 Sept., 1650.クロムウェルスコットランドのような戦争を見下ろしていましたとしても、神の戦いに訴える、との判断だったダンバー配達では、 1650年9月3日です。 "Surely it's probable the Kirk had done their do. I believe their king will set up upon his own score now." "確かにそれは、カークが予想を済ませている。彼らの王は、セットアップすると信じて、自分のスコアを今しています。 " This was Cromwell's comment upon his victory, and he was right.これは彼の勝利にクロムウェルのコメント、そして彼は正しかった。 The route of Dunbar destroyed the ascendancy of the Covenanters.ダンバールートを破壊し、 covenanters優勢です。 The preachers had promised victory, but Jehovah had sent them defeat.説教師は、勝利を約束したが、エホバが敗北して送信されます。 The extremists, under such leaders as Johnston of Warristoun, James Guthrie, and Patrick Gillespie, attributing their defeat to the unholy alliance with the Malignants grew in vehemence and presented to the Committee of the Estates (30 Oct., 1650) a "Remonstrance" arraigning the whole policy of Argyll's government and refusing to accept Charles as their king "till he should give satisfactory evidence of his real change" (ibid.).過激派は、このような指導者の下でのジョンストンwarristounとしては、ジェームズガスリーは、ガレスピーとパトリックは、自分の敗北を関連付けるの不自然な同盟に成長してmalignants激しさとは、同委員会に提出した土地( 30 1650 )に"抗議" arraigningアーガイルの政府全体の政策を受け入れることを拒否して国王チャールズとして"十分な証拠を与えるまで彼は、彼の本当の変化" ( ibid. ) 。 Seeing his power gone with the "Remonstrants" or "Protesters", Argyll determined definitely to go over to the king; Malignant and Covenanter had joined hands.彼のパワーを見に行った"レモンストラント派"または"抗議"は、アーガイルの所へ行く決意を明らかにキング;悪性と契約者の手が加わった。 In answer to the Remonstrance, the Committee of Estates passed, 25 November, a resolution con demning it and resolved to crown Charles at Scone.の抗議に答えて、同委員会の土地を通過、 11月25日、決議案を解決してから、クラウンコンdemningチャールズで頭をたたく。 On 1 January, 1651, the coronation took place.して1651年1月1日、戴冠式が行われた。 Cromwell's answer was the battle or Worcester, 3 September, 1651.クロムウェルの戦いやウスターの答えは、 1651年9月3日です。 For nine years Scotland was a conquered country kept under by the military saints.スコットランドは、 9年間の国を征服し、軍の下に保管聖人です。 It was a sad time for the Presbyterians.悲しい時は、それはpresbyterians 。 The English soldiers allowed all Protestants, as long as they did not disturb the peace, to worship in their own way.すべての兵士たちの英語のプロテスタント可限り、かれらの平和を乱すしなかった、独自の道を崇拝しています。 In October, 1651, Monk forbade the preachers to impose oaths and covenants on the lieges, and prohibited civil magistrates from molesting excommunicated persons, or seizing their goods, or boycotting them. 10月には、 1651年、僧侶の説教師禁じた誓いを課すとしてlieges約款は、市民や治安判事から禁止されてmolesting excommunicated人は、自分の財や焼き付き、またはボイコットしてください。 Lest the Remonstrants or the Revolutioners, who all the while with increasing bitterness quarrelled as to who was the true inheritor of the Covenants, should cause trouble to the commonwealth, the General Assembly was broken up (July, 1653), and all such assemblies forbidden for the future (Kirkton, Secret and True History of the Church of Scotland, p. 54). revolutionersしないようにしたり、レモンストラント派は、すべての人の中に苦味とけんかして増加していたとして、真の継承の約款は、トラブルの原因には、連邦政府は、国際連合総会には、壊れたアップ( 7月、 1653 ) 、およびすべてのそのようなアセンブリに禁じられて将来のための( kirkton 、真の秘密とは、スコットランド教会の歴史、 p. 54 ) 。

Dunbar, Worcester, and the Cromwellian domination destroyed the ascendancy of the Covenanters.ダンバー、ウスター、破壊と支配の優勢cromwellianのcovenanters 。 But not on that account did the extreme wing, the Remonstrants, abate a jot of their pretensions; they still believed in the eternally binding force of the two Covenants.しかし、そのアカウントにしていないが、極端な翼は、レモンストラント派は、彼らの勢いが衰えるの微量pretensions ;彼らは、永遠に拘束力はまだ考えられては、 2つの約款です。 On the other hand, neither had the king fully learned the lesson from his father's fate.その一方で、どちらも完全には、国王から教訓を学び、父親の運命です。 Like him he considered it his right to force his ecclesiastical views upon his people.彼は彼が好きだと考えて自分の権利を強制的に自分の意見を自分の教会の人々です。 Episcopacy was restored, but without the prayerbook, and the meetings of the synods were forbidden.主教団が修復され、しかしprayerbookなし、とのミーティングのsynodsは禁じられています。 Partly because he had the support of the nobility and gentry, partly because even many Presbyterians had wearied of the strife, and party because of his dishonesty Charles succeeded in gaining his ends, but at the cost of straining to the utmost his relations with his subjects.部分的にサポートするため、彼は、貴族とジェントリーは、疲れもあって、さらに多くの紛争presbyteriansいたし、彼のパーティーのために彼の獲得に成功したチャールズ不正終了すると、費用を負担しますが、彼の関係を最大限に臣下。 It only required the attempt of James II to introduce hated Catholicism into the country to sweep the Stuarts forever from the throne of Scotland.それに必要なだけのジェームズ2世の試みを導入してその国を嫌ってカトリシズムスイープ永遠のスチュアートオブスコットランド王位からです。 The history of the Covenanters from the Restoration to the Revolution is a history of fierce persecution varied with occasional milder treatment to win the weaker members to the moderate side. covenantersの歴史は、復旧してから、革命の歴史は、迫害の激しい変化に富んだ穏やかな治療をして不定期に勝つために弱い穏健派のメンバーを側面です。 As the Covenanters would no longer meet in the churches, they began to meet in their own homes and have private conventicles. covenantersはもはや満たしていないとして、教会で、彼らに会うのが始まったが、自分の家や民間conventicles 。 Against these proceedings an act was passed (1663) declaring preaching by "ousted" ministers seditious, and it was rigorously enforced by quartering soldiers under Sir James Turner in the houses of recusants.これらの訴訟に反対する行為が可決された( 1663年)を宣言説法"失脚した"扇動的な閣僚が、それは厳密に施行された兵士の下に設営ジェームズターナー卿は、家屋のrecusants 。 (For Turner's methods, see Lauderdale papers, II, 82.) Driven from their homes the Covenanters took to holding their gatherings in the open air, in distant glens, known as field-meetings, or conventicles. (ターナーのメソッドを参照してください。ローダーデール論文は、 2世、 82 ) 。 covenanters駆動の自宅からは彼らの集会には、オープンエアの持ち株は、遠い谷間では、フィールドのミーティングとして知られる、またはconventicles 。 The Pentland Rising (1666) was the result of these measures and proved to the Government that its severities had been unsuccessful.ペントランド上昇し( 1666年)は、これらの施策の結果、政府とその重要度を証明していた失敗に終わりました。 On the advice of Lauderdale, Charles issued Letters of Indulgence, June, 1669, and again in August, 1672, allowing such "ousted ministers as had lived peaceably and orderly to return to their livings" (Woodrow, Hist. of the Sufferings, etc. II, 130).ローダーデールアドバイスをして、手紙の耽溺チャールズ発行は、 6月には、 1669 、そして8月に再度、 1672 、認めるような"閣僚として失脚した住んだ彼らの平和と秩序への復帰をリビングズ" (ウッド、シーッ。の苦しみなど。 2世、 130 ) 。 These indulgences were disastrous to the Conventiclers, for many of the ministers yielded and conformed.これらにおぼれることが悲惨なconventiclers 、多くの閣僚と適合さに屈した。 Stung by the secessions the remnant became more irreconcilable; their sermons were simply political party orations denunciatory of kings and bishops.刺された場合は、こちらsecessionsのレムナント相いれない;彼らの説教は単に政党や司教orations denunciatoryオブキングスです。 They were especially wroth against the indulged ministers; they broke into their houses; bullied and tortured them to force them to swear that they would cease from their ministrations.かれらは、特に甘やかされた閣僚に対して激怒;彼らの家に押し入った;いじめれ、拷問を受けたことを強制してからそれらを中止することを誓うministrations 。 These Lauderdale determined to crush by a persecution of utmost severity.ローダーデール決意を取るには、これらの最大限の重大度を迫害した。 Soldiers were quartered in the disaffected districts (the West and South-West), ministers were imprisoned, and finally, as conventicles still increased, a band of half-savage highlanders, "The Highland Host" (Lauderdale Papers, III, 93 sqq.) was let loose on the wretched inhabitants of the Western Lowlands, where they marauded and plundered at will.兵士たちの不満を受けていた地区(西、南-西)は、閣僚が投獄さ、そして最後に、引き続き増加しconventiclesとしては、バンドの高地半サベージは、 "ホストハイランド" (ローダーデール論文は、 3世、 93 sqq 。 )は、悲惨な騒動は、西部の低地の住民は、どこにmaraudedと略奪されます。

The Covenanters now became reckless and wild, for again torn asunder by the "cess" controversy (a dispute arose as to whether it was lawful to pay the tax or "cess" raised for an unlawful object, the carrying on of a Government persecuting the true Kirk) they were but a remnant of the once powerful Kirk, and every year became less capable of effective resistance.無謀となった野生のcovenanters今は、バラバラにされたために再び引き裂かれた"目的税"論争(紛争が生じたとしては、合法的なことをするかどうか、税金を払う"目的税"を提起する違法なオブジェクトは、帳簿上の政府の迫害真のカーク)かれらは、一度ではなく、強力なカークレムナント、毎年となった効果的な抵抗を少なくする能力がある。 They patrolled the country in arms protecting conventicles; and their leaders, Welsh, Cameron and others, went about as "soldiers of Christ", organizing rebellion, even murdering the soldiers of Claverhouse, who was engaged in dispersing the conventicles.彼らの国を巡回している武器の保護conventicles ;とその指導者たちは、ウェールズ、キャメロンと、他人については、 "キリストの兵士"は、組織の反乱でも、兵士たちを殺害したのclaverhouse 、分散していたconventicles従事しています。 The murder of Archbishop Sharpe (2 May, 1679), regarded by them as a glorious action and inspired by the spirit of God, was the signal for a general rising in the Western Lowlands.シャープの大司教殺人事件( 1679年5月2日) 、栄光のアクションとして評価されたことに触発され、神の精神は、全般的上昇は、信号のためには、西側の低地。 In Rutherglen they publicly burnt the Acts of the Government which had overthrown the Covenants, and at Louden Hill, or Drumclog, defeated the troops under Claverhouse. rutherglenかれらの行為は公に焼けていたが、政府転覆の約款は、ヒルとは騒々しく、またはdrumclog 、軍の下での敗北claverhouse 。 It was therefore deemed necessary to send a strong force under Monmouth to suppress the rebellion.だからそれは強い力を送信する必要があると判断の下にモンマスの反乱を抑制しています。 At Bothwell Bridge (22 June, 1679) the insurgents were utterly defeated.でbothwell橋( 1679年6月22日)の勢力が惨敗した。 There followed a third Act of Indulgence which again cut deep into the rank of the Covenanters.そこに続いて3番目の行為を再びカットの奥深くに耽溺ランクのcovenanters 。 But in spite of persecutions and secessions a minority continued faithful to the Covenant and the fundamental principles of Presbyterianism.しかしにもかかわらず、少数派の迫害とsecessions継続の約束に忠実な長老制の根本原則としています。 Under the leadership of Richard Cameron and Donald Cargill, and styling themselves the "Society People", they continued to defy the royal authority.リーダーシップの下でリチャードキャメロンとドナルドカーギル、スタイリングとして、 "社会人"は、王室の権威を無視して継続します。 At Sanquhar they published a declaration, 22 June 1680, (Wodrow, III, 213) disowning the king on the ground of his "perjury and breach of covenant to God and his Kirk". sanquhar日付で、彼らの宣言は、 1680年6月22日、 (ウッドロウ、 3世、 213 )は、地上の王disowning彼の"約束違反や偽証を神と神のカーク" 。 At a conventicle held at Torwood (1680) Cargill solemnly excommunicated the king, the Duke of York, Monmouth, and others (ibid, III, 219).秘密集会で開かれたtorwood ( 1680 ) 、王カーギルexcommunicated厳粛には、デュークオブヨーク、モンマス、およびその他(上に同じ、 3世、 219 ) 。 These proceedings served no further purpose than to embitter parties and make the Government all the more determined to extirpate the sect.これらの手続きを配布していないよりもさらにつらい思いをさせる目的で、政府のすべての政党と根絶の決意をより多くの宗派です。 But what roused the Government more than anything else was the "Apologetical Declaration" (ibid, IV, 148) of October, 1684, inspired by Renwick who had taken up the standard of Cameron.しかし、どのようなroused政府は、何よりも" apologetical宣言" (上に同じ、 4 、 148 )の10月には、 1684年、触発されていたレンウィック撮影すると、標準のキャメロン。 The document threatened that anyone connected with the Government, if caught, would be judged and punished according to his offenses.誰にも脅迫して、ドキュメントに接続している政府は、摘発された場合は、罰せられるだろうと判断よれば、彼は犯罪です。 These threats were carried out by the Cameronians or Renwickites; they attacked and slew dragoons, and punished such of the conformist ministers as they could get hold of.これらの脅威にも実施されるcameroniansまたはrenwickites ; dragoons殺した彼らを攻撃したとし、このように罰せられるの信奉者は、かれら閣僚としての可能性を手に入れる。 It was at this period that the "killing time" properly began.それは、この期間には、 "暇つぶし"を適切に始まった。 Courts of justice were dispensed with and officers having commissions from the Council were empowered to execute anyone who refused to take the oath of abjuration of the Declaration.裁判所の正義dispensedしていたことや役員会からの手数料を実行する権限が誰に就任を拒否して永久離国の宣言だ。 With the accession of James II to the English throne the persecution waxed fiercer.ジェームズ2世が即位して、英語の玉座の迫害を激しくワックスを塗った。 An act was passed which made attendance at field-coventicles a capital offense.合格する行為は、どの分野への出席を前にcoventicles死刑に相当する犯罪だ。 Claverhouse carried out his instructions faithfully, may were summarily executed, while many more were shipped off to the American plantations. claverhouse彼の指示を忠実に実施し、即座に実行する可能性が、中にも出荷するために、より多くのアメリカのプランテーション。 The last victim for the Covenant was James Renwick (Jan., 1688).被害者のための最後の約束だったジェームズレンウィック( 1月、 1688年) 。 His followers kept to their principles and even at the Revolution they refused to accept an uncovenanted king; one last brief day of triumph and vengeance they had, when they "rabbled" the conformist curates.彼らの原則とその部下保管しても彼らは、革命を受け入れることを拒否する契約によらない王; 1つの簡単な一日の最後の勝利と復讐彼らは、かれらが" rabbled "遵法curates 。 The day of the Covenants had long since passed.この日は、約款はとっくの昔に渡されます。 How much the ancient spirit of Presbyterianism was broken was clearly seen by the subservient letter in which James was thanked for the Indulgence of 1687, for allowing all "to serve God after their own way and manner" (Wodrow, IV, 428, note).古代の精神にはどのくらいの長老制が割れていたことが明らかにみられる卑屈に感謝の気持ちを手紙では、ジェームズは、 1687年にふけることは、すべてを認める"とした後、自分の道を神に仕えると態度" (ウッドロウ、 4 、 428 、注) 。 The majority had learned to submit to compromise, and thus at the Revolution the Scottish nation forgot the Covenants and was allowed to retain Presbyterianism.過半数を習ったの妥協案を提出して、こうしては、スコットランドの民族革命や約款に認められていたのを忘れてしまった長老制を維持する。 The strife of a century between Kirk and State had come to an end.一世紀の間の抗争が来たカークや状態を終わらせる。 Both sides in the struggle had in fact won and lost.両側には、実際には闘争ウォンと失われます。 The king had been defeated in his attempt to dictate the religion of his subjects; Presbyterianism became the established religion.王負けていた彼の試みを口述臣民の宗教;長老制の確立した宗教になった。 But it had been equally proved that the subjugation of the State to the Church, the supremacy, political as well as ecclesiastical, of the Kirk, was an impossibility.しかし、同様に立証されていたことは、国家を征服してその教会は、その上の優位には、教会の政治的なだけでなく、カークのは、不可能なことだった。 In this the Covenants had failed.この約款は、失敗しました。

Publication information Written by Noel J. Campbell. j.キャンベルノエルによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by M. Donahue.ドナヒューm.転写される。 The Catholic Encyclopedia, Volume IV.カトリック百科事典は、ボリュームの4世です。 Published 1908.日付1908 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat.公認です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

Lang, A History of Scotland (Edinburgh and London, 1904), vol.ラングは、スコットランドの歴史(エジンバラ、ロンドン、 1904 ) 、 vol 。 III; Hume Brown, History of Scotland (Cambridge, 1905), vol II; Burton, History of Scotland (Edinburgh and London, 1870), vols. 3世;ヒュームブラウンは、スコットランドの歴史(ケンブリッジ、 1905 ) 、基礎編II ;バートン、歴史オブスコットランド(エジンバラとロンドンでは、 1870年) 、 vols 。 VI and VII; Mathieson, Politics and Religion in Scotland (Glasgow, 1902); Steven, History of the Scottish Church (Edinburgh, 1894-96). viと第VII ;マシソンは、政治と宗教のスコットランド(グラスゴー、 1902 ) ;スティーブン、歴史は、スコットランドの教会(エディンバラは、 1894年から1896年) 。 - Contemporary authorities: Row, History of the Kirk of Scotland (1558-1637) (Wodrow Society, 1841); Balfour, Annals of Scotland (to 1652) (Edinburgh, 1824); Baillie, Letters and Journal s (1637-1662) (Bannatyne Club, Edinburgh, 1828-29); Gordon, History of Scots Affairs from 1637 to 1641 (Spaulding Club, Aberdeen, 1841); Peterkin, Records of the Kirk of Scotland (from 1638) (Edinburgh, 1837); Wodrow, The History of the Sufferings of the Church of Scotland from the Restoration to the Revolution (Glasgow, 1830); Kirkton, The Secret and True History of the Church of Scotland (Edinburgh, 1837); Lauderdale Papers (1639-1679) (Camden Society, London, 1884-85). -現代当局:行は、歴史のカークオブスコットランド( 1 558年から1 637年) (ウッドロウ社会では、 1 841) ;バルフォー、スコットランド史( 1 652) (エディンバラには、 1 824) ; b aillie、手紙や日記秒( 1 637年から1 662年) (バナタインクラブ、エジンバラ、 1828年から1829年) ;ゴードンは、スコットランドの歴史問題一六三七から一六四一まで( spauldingクラブ、アバディーン、 1841 ) ; peterkin 、記録には、カークオブスコットランド( 1638 ) (エジンバラから、 1837 ) ;ウッドロウ、辛苦の歴史は、スコットランド教会からの復旧を革命(グラスゴー、 1830 ) ; kirkton 、その秘密とは、真の歴史スコットランド教会(エディンバラ、 1837 ) ;ローダーデール論文( 1639年から1679年) (カムデン社会は、ロンドンでは、 1884年から1885年) 。


Also, see:また、参照してください:
Dispensationalism 天啓的史観
Ultradispensationalism ultradispensationalism
Progressive Dispensationalism プログレッシブ天啓的史観
Covenant Theology 契約神学

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです