Covenant Theology契約神学

Advanced Information 高度情報

The doctrine of the covenant was one of the theological contributions that came to the church through the Reformation of the sixteenth century.この学説は、 1つの神学的貢献を誓約していたが、教会の改革を通じて、 16世紀です。 Undeveloped earlier, it made its appearance in the writings of Zwingli and Bullinger, who were driven to the subject by Anabaptists in and around Zurich.未これに先立って、それは、記述の前に、その外観やブリンガーツウィングリ、駆動していたと、その周辺に服従さanabaptistsチューリッヒ。 From them it passed to Calvin and other Reformers, was further developed by their successors, and played a dominant role in much Reformed theology of the seventeenth century when it came to be known as covenant, or federal, theology. Covenant theology sees the relation of God to mankind as a compact which God established as a reflection of the relationship existing between the three persons of the Holy Trinity.それをかれらから渡されたカルヴィンや他の改革派は、さらなる開発された彼らの後継者は、支配的な役割を果たすとプレーするくらい改心した17世紀の神学されるとして知られて来た時に誓約すること、または連邦政府は、神学です。 契約神学の関係を見る人類の神を神として、コンパクトさを反映したものとしての地位を確立、既存の関係者の間では、 3つのホーリートリニティー。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
This emphasis on God's covenantal dealings with the human race tended to lessen what appeared to some to be harshness in the earlier Reformed theology which emanated from Geneva, with its emphasis on the divine sovereignty and predestination.この取引を重視して、神のcovenantal人類を減らす傾向に出演してどのようなとげとげしされるいくつかの改革派の神学を放っては、以前からジュネーブで、その神の主権と宿命に重点を置いています。 From Switzerland covenant theology passed over into Germany, and from there into the Netherlands and the British Isles.スイスからドイツ契約神学を通過し、そこからすると、英国とオランダの島々です。 Among its early and most influential advocates were, besides Zwingli and Bullinger, Olevianus (Concerning the Nature of the Covenant of Grace Between God and the Elect, 1585), Cocceius (Doctrine of the Covenant and Testaments of God, 1648), and Witsius (The Oeconomy of the Covenants, 1685).その中で最も影響力の擁護派が早いと、それにツウィングリとブリンガー、オレビアヌス(問題の本質は、神との間の契約の恵みを受けて当選、 1585年) 、コクツェーユス( testamentsドクトリンは、神の約束とは、 1648年) 、およびウィツィウス(そのoeconomyの約款は、 1685 ) 。 It was taken up into the Westminister Confession and came to have an important place in the theology of Scotland and New England. westministerを取り上げていたと告白して来たが、重要な場所には、ニューイングランドとスコットランドの神学です。

The Covenant of Works約束の作品

Having created man in his own image as a free creature with knowledge, righteousness, and holiness, God entered into covenant with Adam that he might bestow upon him further blessing.男は、自分自身が作成した画像を生き物としての知識を無料で、正義、ホーリネスとは、神を入力すると約束してアダムにして彼は彼のさらなる祝福を授けるかもしれません。 Called variously the Edenic covenant, the covenant of nature, the covenant of life, or preferably the covenant of works, this pact consisted of (1) a promise of eternal life upon the condition of perfect obedience throughout a probationary period; (2) the threat of death upon disobedience; and (3) the sacrament of the tree of life, or, in addition, the sacraments of paradise and the tree of the knowledge of good and evil. エデンの園と呼ばれる種々の契約契約の性質は、人生の約束、または約束の作品ができれば、この条約を構成する( 1 )の条件に永遠の命を約束するのは、試用期間を通して完璧な服従させる、 ( 2 ) 、死の脅威に反抗;と( 3 )の聖餐式は、ツリーオブライフ、あるいは、さらに、その木の秘跡の楽園とは、善と悪の知識です。 Although the term "covenant" is not mentioned in the first chapters of Genesis, it is held that all the elements of a covenant are present even though the promise of eternal life is there by implication only.にもかかわらず、用語の"約束"ではないの言及は、創世記第1章は、それが行われたことを誓約の全ての要素が存在するのにもかかわらず、永遠の命を約束された含意があるのみだ。 Before the fall Adam was perfect but could still have sinned; had he retained his perfection throughout the probationary period, he would have been confirmed in righteousness and been unable to sin.アダムは完璧な秋の前には罪を犯しましたしかし、まだ可能性;いた彼は彼の完ぺき留保試用期間を通して、彼は、正義とされ、確認され罪に接続できません。

Inasmuch as he was acting not only for himself but representatively for mankind, Adam was a public person. 〜だけれども彼は、自分で自分の演技だけでなく、人類のために典型的には、アダムは、公的な人です。 His fall therefore affected the entire human race that was to come after him; all are now conceived and born in sin.したがって彼の秋人類全体の影響を受けることは、彼の後に来る;すべての罪は、今すぐに生まれると考えています。 Without a special intervention of God there would be no hope; all would be lost forever.神の特別な介入なしではない希望;すべて永遠に失われるだろう。

The good news, however, is that God has intervened in behalf of mankind with another covenant. Unlike the earlier covenant of works, whose mandate was "Do this and you shall live" (cf. Rom. 10:5; Gal. 3:12), the covenant of grace is bestowed on men in their sinful condition with the promise that, in spite of their inability to keep any of the commandments of God, out of sheer grace he forgives their sin and accepts them as his children through the merits of his Son, the Lord Jesus Christ, on the condition of Faith.良いニュースは、しかし、神が介入したのは、人類の代わりに別の約束しています。 誓約以前の作品とは異なり、委任者は、 "これとは、生きること" ( cf. ROMのです。 10 : 05 ;ギャル。 3 : 12 ) 、その約束を授けたのは、男性は、グレース罪深いことを約束して条件にもかかわらず、彼らのいずれかの戒めておくことができないために、神は、彼の罪を許して薄手の恵みとしての自分の罪や自分の子供たちを受け入れることを通じて、息子のメリットは、主イエスキリストは、信仰上の条件です。

The Covenant of Redemption約束の償還

According to covenant theology, the covenant of grace, established in history, is founded on still another covenant, the covenant of redemption, which is defined as the eternal pact between God the Father and God the Son concerning the salvation of mankind.契約神学によると、この契約の恵みを受けて、設立された歴史を、もう一つは、設立してまだ契約は、契約の償還、これは定義され、永遠の神の父との間の協定の神の息子に関する人類の救いだ。 Scripture teaches that within the Godhead there are three persons, the same in essence, glory, and power, objective to each other.啓典内の神性を教えることには、 3人は、本質的に同じで、栄光に満ちた、および電源は、客観的にお互い。 The Father loves the Son, commissions him, gives him a people, the right to judge, and authority over all mankind (John 3:16; 5:20, 22, 36; 10:17 - 18; 17:2, 4, 6, 9, 24; Ps. 2:7 - 8; Heb. 1:8 - 13); the Son loves the Father, delights to do his will, and has shared his glory forever (Heb. 10:7; John 5:19; 17:5).父親は息子を愛し、手数料彼は、人々のおかげで、その権利を判断し、全人類の権限を持つ(ヨハネ3 : 16 ;午前5時20分、 22 、 36 ; 10:17 -1 8;午後5時0 2分、 4 、 6 、 9 、 24 ;しまう。 2時07分-8 ; h eb。 1時0 8- 13 );の息子の父を愛し、その喜びを行う彼は、彼の栄光とは永遠に共有(h e b.10 :0 7 ;ジョン5 : 19 ;午前17時05分) 。 The Father, the Son, and the Holy Spirit commune with each other; this is one of the meanings of the Christian doctrine of the Trinity.父、子、聖霊と歓談すると、お互い;これは、 1つの意味は、キリスト教の教義トリニティ。

On this foundation covenant theology affirms that God the Father and God the Son covenanted together for the redemption of the human race, the Father appointing the Son to be the mediator, the Second Adam, whose life would be given for the salvation of the world, and the Son accepting the commission, promising that he would do the work which the Father had given him to do and fulfill all righteousness by obeying the law of God.この契約神学上の基礎肯定して神の父と一緒に契約した神の息子のために、人間の償還レースでは、父の仲介役に任命して、息子は、 2番目のアダムは、人生の救いになるために、与えられた世界では、同委員会の息子を受け入れるとは、前途有望なことを彼は、父親の仕事をしているのかは彼に与えられたすべての正義を全うされた神の法則に従う。 Thus before the foundation of the world, within the eternal being of God, it had been determined that creation would not be destroyed by sin, but that rebellion and iniquity would be overcome by God's grace, that Christ would become the new head of humanity, the Savior of the world, and that God would be glorified.このため、財団は、世界の前には、永遠の神の内で、決定して作成されていたことはない罪によって破壊されるが、それを克服するだろう反逆罪と神の恵みによって、キリストになることは、人類の新しいヘッドは、救世主は、世界では、神になると見せかけている。

The Covenant of Grace約束の恵みを受けて

This covenant has been made by God with mankind.この契約によって、神と人類の前にされている。 In it he offers life and salvation through Christ to all who believe. Inasmuch as none can believe without the special grace of God, it is more exact to say that the covenant of grace is made by God with believers, or the elect. Jesus said that all those whom the Father had given him would come to him and that those who come would surely be accepted (John 6:37).彼は命と救いを提供することで、キリストを介してすべての信仰する者です。 〜だけれどもなしと思われることなく、特別な神の恩寵、それはもっと正確に言うと約束して作られるのは、神の恵みを信仰する者よ、またはその選出。イエスキリストによるとこれらのすべての人が来て、彼の父親は彼に与えられたとして来る人たちは、必ず受け入れ(ジョン6時37分) 。 Herein is seen the close relation between the covenant of grace and the covenant of redemption, with the former resting on the latter.ここには、緊密な関係を見たとの間の契約は、契約の償還猶予、安静時には、後者の元です。 From eternity the Father has given a people to the Son; to them was given the promised Holy Spirit so that they might live in fellowship with God.父から永遠には、人々に与えられたの息子;を与えられた、と約束していた聖霊に住んでいるかもしれないので、彼らの神と交わりを持つ。 Christ is the mediator of the covenant of grace inasmuch as he has borne the guilt of sinners and restored them to a saving relationship to God (Heb. 8:6; 9:15; 12:24).メディエーターの誓約は、キリストの恵みを受けて〜だけれども彼は、罪悪感にさいなまれる罪人の負担との関係を修復して保存してある神( heb. 8時06分、 9時15分; 12:24 ) 。 He is mediator, not only in the sense of arbitrator, although that is the sense in which the word is used in 1 Tim.彼は調停者、仲裁人の感覚でしかないが、それは、その言葉の意味では使われて1ティム。 2:5, but in the sense of having fulfilled all the conditions necessary for procuring eternal salvation for his people. 2時05分、それまでの感覚を持つために必要なすべての条件を果たさ調達彼の永遠の救いのための人々だ。

Thus Heb.こうしてheb 。 7:22 calls Jesus the "surety" or "guarantee" of the new covenant, which is better than that which came through Moses.午前7時22分の通話イエス"保証"または"保証"の新しい契約は、これに勝るものは、モーゼを通じて来た。 Within the context of this last passage repeated mention is made of God's promise to Christ and his people.この最後の通路のコンテキストの内で繰り返して言及したのは、神の約束をする前に、キリストと彼の人々だ。 He will be their God and they will be his people.彼は彼らの神と彼らの人々が彼のです。 He will bestow on them the grace they need to confess his name and live with him forever; in humble dependence on him for their every need, they will live in trustful obedience from day to day.彼はそれらの恵みを授けることを告白する必要が彼と彼の名前を永遠に生きる;で謙虚な彼には、すべての必要な依存して、かれらは1日に住んでいるから信頼して服従させる日です。 This latter, called faith in Scripture, is the sole condition of the covenant, and even it is a gift of God (Eph. 2:8 - 9).この後者は、 啓典と呼ばれる信仰では、契約の条件は、単独、さらにそれは神の贈り物 ( eph. 2時08分-9 ) 。

Although the covenant of grace includes various dispensations of history, it is essentially one.にもかかわらず、約束の恵みを受けて様々な分配としての歴史が含まれ、それは本質的に1つです。 From the promise in the garden (Gen. 3:15), through the covenant made with Noah (Gen. 6 - 9), to the day that the covenant was established with Abraham, there is abundant evidence of God's grace.庭からの約束は、 (大将3時15分) 、前に誓約を通じて、ノア(大将6 -9 )は、その日のことを誓約して設立されたアブラハムは、十分な証拠があるのは、神の恵みです。 With Abraham a new beginning is made which the later, Sinaitic covenant implements and strengthens.アブラハムは、新たな始まりを前にして、後には、実装およびsinaitic誓約を強化します。 At Sinai the covenant assumes a national form and stress is laid on the law of God.シナイ半島の約束で国家形態を前提とするとストレスには、神の法にレイアウトしています。 This is not intended to alter the gracious character of the covenant, however (Gal. 3:17 - 18), but it is to serve to train Israel until the time would come when God himself would appear in its midst.これを変更する意図はない優雅なキャラクターの約束は、しかし( gal. 3時17 -1 8)が、それは、イスラエルに奉仕して列車が来るまでの時間が表示されるときに、自分自身の中で神です。 In Jesus the new form of the covenant that had been promised by the prophets is manifest, and that which was of a temporary nature in the old form of the covenant disappears (Jer. 31:31 - 34; Heb. 8). While there is unity and continuity in the covenant of grace throughout history, the coming of Christ and the subsequent gift of the Holy Spirit have brought rich gifts unknown in an earlier age.イエスキリストは、新しい形の約束が約束されていたことが明らかな預言者、および一時的な性質のものでは、古い形の誓約消え( jer. 31:31 -3 4; h eb。 8 ) 。ながらそこ団結との契約は継続性の恵みを受けて歴史を通して、キリストの到来や、その後の贈り物は、聖霊が現出する以前の時代には未知の豊かな贈り物です。

These are a foretaste of future blessedness when this present world passes away and the Holy City, the New Jerusalem, comes down out of heaven from God (Rev. 21:2).これらは、将来の前触れの至福の時に、この世界を引き取ると、現在の聖都、新エルサレムは、神からの天のとばりが降りるアウト(牧師21時02分) 。

M E Osterhaven私osterhaven

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
L Berkhof, Systematic Theology; C Hodge, Systematic Theology, II; H Heppe, Reformed Dogmatics; H Bavinck, Our Reasonable Faith; G Schrenk, Gottesreich und Bund in alteren Protestantismus; H H Wolf, Die Einheit des Bundes.信用berkhof 、体系的神学; cホッジ、体系的神学は、 2世; h heppe 、改心教義学; h bavinck 、我々の合理的な信仰;グラムschrenk 、ブントにgottesreichウントalteren protestantismus ; hhオオカミは、死ぬeinheitデbundes 。


Also, see:また、参照してください:
Dispensationalism 天啓的史観
Ultradispensationalism ultradispensationalism
Progressive Dispensationalism プログレッシブ天啓的史観
Covenant 誓約

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです