Crucifixionはりつけ

General Information 総合案内

Crucifixion was a method of execution used by the Romans to punish slaves and foreigners.はりつけは、メソッドの実行に使用され、ローマ人への手紙や外国人の奴隷を罰する。 Hung from a crossbar astride an upright peg, the naked victim was allowed to hang as a public spectacle until dead. No vital organs were damaged, and death was slow agony.クロスバーから垂直にまたがってハングアップするペグは、裸の犠牲者として、公的に認められていた光景をハングアップされるまで死んでいた。 極めて重要な臓器が損傷を受けていない、と死の苦しみは遅い。 Prior to crucifixion, the victim was scourged and made to carry the crossbar to the execution site. はりつけの前には、その前に被害者を運んでいたとscourgedクロスバーを実行するサイトです。 The crucifixion of Jesus Christ followed this order of events (Mark 15:15; John 19:17). イエスキリストの磔刑の順に続いて、このイベント ( 15時15マーク;ヨハネ19時17分) 。

Though closely associated with Rome, crucifixion originated with the Phoenicians and Persians.ローマかかわらず密接に関連付けられている、とペルシャphoeniciansはりつけ発祥している。 It was practiced from the 6th century BC until the 4th century AD.それは、紀元前6世紀から練習まで、 4世紀の広告です。 The Roman emperor Constantine I banned crucifixion in 337.ローマ皇帝コンスタンティヌス私は337はりつけ禁止します。

Because Jesus was crucified, the Cross has assumed theological significance for Christians. キリストはりつけのためには、十字架の神学的意義のためには、キリスト教徒と仮定します。 It symbolizes reconciliation with God through faith in Christ (1 Cor. 1:18 - 25), whose life, death, and Resurrection are proof of God's forgiveness of human sin. それを通して、神への信仰を象徴して、キリストの和解( 1うわっ。 1時18 -2 5)は、人生、死、そして復活は、神の許しを証明人間の罪です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Douglas Ezellダグラスezell


Crucifixionはりつけ

(Editor's Comments) (編集者のコメント)

There appear to be a number of misconceptions regarding the Crucifixion of Jesus.そこに表示される数多くの誤解については、イエスキリストの磔刑です。 Jesus was NOT the first nor the only person to be crucified.イエスだけではないの最初の人にも、十字架につけられています。 The Romans had used that method of execution for at least 70 years before Jesus was Crucified.ローマ人への手紙は、そのメソッドの実行のために使われ、少なくとも70年前にイエスキリストが十字架につけられています。 In around 40 BC, in Rome, a historian recorded that 2,000 people were crucified in a single day, for the entertainment of Quintilius Varus!周りに40 2000人が十字架につけられて、 1日には、娯楽のためのquintiliusウァルス! About 40 years after Jesus' Crucifixion, the Romans crucified around 500 per day in 70 AD.約40年後にイエスのはりつけ、十字架につけられ、ローマ人への手紙70の広告で1日あたり約500人。

Even by Jesus' time, it is clear that they had developed "efficient" methods.イエスでさえ'時間は、彼らが開発したことは明らかだ"と効率的な"メソッドです。 For example, on that day of the 2,000 crucifixions, it seems unlikely that the workers would have had the time to dig 2,000 holes and built 2,000 crosses, just for practical reasons.たとえば、その日は、 2000年crucifixions 、とは考えられないが、労働時間は、 2000年に建てや十字穴を掘る2000年、実用的な理由だけです。 The following articles indicate that it was extremely common for the upright pole to be left in place, at the standard location for the crucifixions, and that Jesus (and the others) almost certainly carried just the horizontal cross-bar, still a heavy burden.それは、次の記事によりますと非常に共通の極には、立位に入れたままにし、そのためには、標準の場所crucifixions 、としてイエス(およびその他)はほぼ確実に運ばだけの、水平のクロスバーは、まだ大きな負担となる。 Once there, the execution crew would have lifted Jesus and the cross-bar up onto the already vertical pole.かつてそこは、イエスキリストの処刑の乗組員が解除するとのクロスバーに入ると、既に垂直極です。

Most modern depictions of the Crucifixion show Jesus being quite high up, but that almost certainly was not the case.最も近代的な〜の描写がかなり高く、イエスキリストの磔刑を表示するが、それはほぼ確実ではないケースです。 Victims of crucifixion generally had their feet just a foot or two above the ground.はりつけの犠牲者は通常、自分の足だけで、地面の上に足または2つです。 Also, part of the "punishment" of crucifixion (and a visible example of that punishment for the community as a whole) was that it was generally an extended process.また、団体名の"懲罰"のはりつけ(可視の例とすることは、社会全体の懲罰)が延長することは通常のプロセスです。 One of the articles below even mention that some crosses had a small "seat" area to partially support the weight of the body, with the intent of extending the suffering further.以下のいずれかの記事でも言及していたいくつかの小さな十字"の席"のエリアに体重をサポートして体の部分は、意図している苦しみをさらに延長する。

These matters are confirmed by a variety of Jewish laws of the time.これらの事項は、法律によって確定される様々なユダヤ人の時間です。 Several dealt with the "official" ways of determining the moment of death such that the body could be taken down.対応して、いくつかの"公式"死の瞬間を決定する方法のように体の可能性が取らダウンしています。 Yev. yev 。 120b mentions that one of those methods of confirmation was when stray animals began to feed on the flesh of the feet and legs, which could be reached because of the legs being close to the ground. 120b言及して確認する方法の1つは、これらの動物を始めたときに野良犬に餌をして、足の肉が、それに達しているため、脚を地面に近い。 Oho.ほーっ。 3:5 mentions ways of determining when the blood had become impure. 3時05分の方法を決定する際に血液中の言及は不純になる。 Many other laws associated with crucifixion existed in Jewish law of the time.関連付けられている他の多くの法律が存在してはりつけ法は、ユダヤ教の時間です。 Tosef, Git 7:1, Git 70b, describe how a person could get a divorce from a person being crucified. tosef 、愚か者7時01分、 70b愚か者は、人が、どのように記述すると離婚する可能性がある人が十字架につけられています。 Interestingly, Yev.面白いことに、 yev 。 16:3, 15c, apparently allowed the possibility that a rich matron could "redeem" a person being crucified to become her husband! 16時03分、 15c 、許可の可能性を明らかにする可能性豊かな寮母"身請けする"と、彼女の夫になる人が十字架につけよ!

Also, a modern misconception is that the spikes were driven through the hands.また、現代のスパイクを誤解していたが、運転手を介しています。 The Romans had discovered much earlier that the skin would just tear away and the person would fall from the cross.かなり早い時期に、ローマ人への手紙を発見していた皮膚を引きはがすだけでは、その人とは、秋からのクロス。 The spikes were certainly driven through the wrist area, between some bones there.スパイクは、確かに駆動を通じて、手首のエリアは、いくつかの骨の間にある。

Finally, as a confirmation of the reality of the Crucifixion of Jesus, Jewish records record the event.最後に、確認としては、現実には、イエスキリストの磔刑のは、ユダヤ人を記録してイベントを記録します。 In the Talmud, Sanh.タルムードでは、 sanh 。 7:4 refers to Him being subjected to halakhah , being "hanged alive".午前7時04分を指しているハラーハーにさらされる、という"絞首刑に生きている" 。 This, along with stoning, was the legal punishment for "leading others astray or practicing sorcery".これは、投石とともに、法的処罰のためには、 "他人を迷わせたり練習をメイン妖術" 。 Sanh. sanh 。 6:4 also refers to the event.このイベントでも6時04分を指しています。


Crucifixionはりつけ

Advanced Information 高度情報

Crucifixion was a common mode of punishment among heathen nations in early times.はりつけは、異教徒の国々の間で共通のモードの懲罰初め倍です。 It is not certain whether it was known among the ancient Jews; probably it was not.ないかどうかを特定することは、古代ユダヤ人の間で知られていた;おそらくそれではない。 The modes of capital punishment according to the Mosaic law were, by the sword (Ex. 21), strangling, fire (Lev. 20), and stoning (Deut. 21).死刑制度のモードの法律によると、モザイクが、その剣によって(例: 21 ) 、絞殺、火災( lev. 20 ) 、そして投石( deut. 21 ) 。 This was regarded as the most horrible form of death, and to a Jew it would acquire greater horror from the curse in Deut.これは、最も恐ろしいと見なされる形で消滅し、ユダヤ人を獲得することは、ホラーからの呪いでdeut大きい。 21:23. 21時23分です。 This punishment began by subjecting the sufferer to scourging.これによって処罰の対象に苦しんでいる人をscourging始めた。 In the case of our Lord, however, his scourging was rather before the sentence was passed upon him, and was inflicted by Pilate for the purpose, probably, of exciting pity and procuring his escape from further punishment (Luke 23:22; John 19:1).例は、わたしたちの主は、しかし、彼はむしろscourgingセンテンスに渡された時、彼の前に、 pilateを招いたとは、その目的のため、おそらく、彼のエキサイティングな同情や調達のさらなる処罰から逃れる(ルーク23 : 22 ;ジョン19 : 1 ) 。

The condemned one carried his own cross to the place of execution, which was outside the city, in some conspicuous place set apart for the purpose.死刑囚の1つは、自分の十字架を運ば実行場所は、市内外では、いくつかの目立つ場所に設定することを目的離れている。 Before the nailing to the cross took place, a medicated cup of vinegar mixed with gall and myrrh (the sopor) was given, for the purpose of deadening the pangs of the sufferer.十字架の前に行われた打ち、カップ1杯のお酢を混ぜた薬用ギャルと没薬(昏眠)が与えられた場合、目的のために、防音装置のつらさに苦しんでいます。 Our Lord refused this cup, that his senses might be clear (Matt. 27:34).わたしたちの主を拒否したこのカップは、明確にして自分の感覚かもしれない( matt. 27:34 ) 。 The spongeful of vinegar, sour wine, posca, the common drink of the Roman soldiers, which was put on a hyssop stalk and offered to our Lord in contemptuous pity (Matt. 27:48; Luke 23:36), he tasted to allay the agonies of his thirst (John 19:29).そのspongefulの酢は、すっぱいワインは、ポスカは、ローマの兵士たちは、共通の飲み物、これは、茎を火にかけると申し出たヒソップ主に同情軽蔑( matt. 27:48 ;ルーク23時36分)は、彼の味を和らげる彼の喉の渇きの苦しみ(ジョン19 : 29 ) 。 The accounts given of the crucifixion of our Lord are in entire agreement with the customs and practices of the Roman in such cases.はりつけのアカウントを与えられたのは、わたしたちの主は、税関や慣行を完全合意してそのような場合は、ローマです。 He was crucified between two "malefactors" (Isa. 53:12; Luke 23:32), and was watched by a party of four soldiers (John 19:23; Matt. 27:36, 54), with their centurion.彼は二人の間に十字架につけられ" malefactors " ( isa. 53:12 ;ルーク23時32分)は、監視対象とされた4つの党の兵士(ジョン19 : 23 ;マットです。 27:36 、 54 )で、彼らの百人隊長。

The "breaking of the legs" of the malefactors was intended to hasten death, and put them out of misery (John 19:31); but the unusual rapidity of our Lord's death (19:33) was due to his previous sufferings and his great mental anguish. "脚の破壊"を意図していたの死期を早めたmalefactors 、およびそれらのうちにミザリー(ジョン19 : 31 ) ;しかし、異例の速さの主の死( 15:58 )だったと彼のために彼の前の苦しみ偉大な精神的苦痛です。 The omission of the breaking of his legs was the fulfilment of a type (Ex. 12:46).破断脱落し、彼の足には、達成の種類(例: 12:46 ) 。 He literally died of a broken heart, a ruptured heart, and hence the flowing of blood and water from the wound made by the soldier's spear (John 19:34).彼は文字通り失恋のため死去、心臓破裂し、したがって、その流れの傷口から血と水で作られる兵士の槍(ジョン19 : 34 ) 。 Our Lord uttered seven memorable words from the cross, namely, (1) Luke 23:34; (2) 23:43; (3) John 19:26; (4) Matt.わたしたちの主からのクロス忘れられない言葉を口に7は、すなわち、 ( 1 )ルーク23時34分、 ( 2 ) 23時43分、 19時26分ジョン( 3 ) 、 ( 4 )マットです。 27:46, Mark 15:34; (5) John 19:28; (6) 19:30; (7) Luke 23:46. 27:46 、 15:34マーク;ジョン19 : 28 ( 5 ) 、 ( 6 ) 19:30 ; ( 7 )ルーク23時46分です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Cross, Crucifixion十字架、はりつけ

Advanced Information 高度情報

The Greek word for "cross," stauros, literally refers to an upright, pointed stake or pale.ギリシャ語の単語のための"クロスは、 " stauros 、文字通りの支柱を指します、株式や淡い指しています。 The word xylon is usually "wood" or "tree." xylonという言葉は、通常"木"または"ツリー"と述べた。 In the NT and in some other literature of the time both frequently refer to a particularly cruel and degrading form of capital punishment known as crucifixion. NTとは、いくつかの他の文学賞は、時間の両方を参照して頻繁に分解すると、特に残酷な形ではりつけ極刑として知られています。 In both canonical and later Christian literature "cross" and "crucifixion" take on a particularly important significance because of their connection with the death of Jesus and his expectations of his disciples.キリスト教の文学カノニカルおよびそれ以降の両方で"十字架"と"はりつけ"を取る上で特に重要な意義を自分のためにイエスキリストの死に関連しての期待と彼の弟子です。 Any understanding of crucifixion in the ancient world must include the facts related to the act itself, its effect upon the victim, and the sociocultural implications attached to it.任意の理解を含める必要があります。はりつけは、古代世界の事実行為自体に関連して、その効果をもたらすの犠牲者は、社会文化的な意味と、それに接続している。

Method of Crucifixionメソッドのはりつけ

Crucifixion involved elevating the condemned upon a pole, some form of frame or scaffolding, or a natural tree, thus exposing him to public view and derision.はりつけにかかわって昇降する極の死刑囚は、何らかの形での足場をフレーム処理、または、または、天然木には、このように彼を国民の露出を表示して物笑いの種だ。 In many cases the individual was put to death through some other means and all or a part of the body (usually the head) then elevated.多くの場合は、個々の死を介していくつかの他の手段を入れると体のすべてまたは一部(通常の頭)それから高架です。 In other circumstances it became the actual means of execution.他の環境で、実際の手段を実行することになった。 Because of both the effect of crucifixion upon the body and the lengthy period which usually elapsed before death, it represented the most painful, cruel, and barbaric form of execution.はりつけのための両方の効果を体の上や死を前に長い期間が経過していた通常は、ほとんど痛みを伴うことを表して、残酷な、野蛮な形で実行しています。 Its roots are lost in history.歴史の中のルーツは失われます。 In one form or another it is known to have been practiced by many groups (such as the Indians, Scythians, Celts, Germani, Britanni, and Taurians) but is most closely associated with the Persians, Carthaginians, Phoenicians, Greeks, and especially the Romans. 1つのフォームまたは別の練習をすることが知られているが、多くのグループ(インディアンスなど、 scythians 、ケルト民族にとって、ジェルマーニ、 britanni 、およびtaurians )だが最も密接に関連付けられているのは、ペルシャ、 carthaginians 、 phoenicians 、ギリシア人は、その中でも特に、ローマ人への手紙。 Some evidence suggests that it may have been associated with religious human sacrifice as well as a means of punishment.いくつかの証拠を示唆していた可能性があることを犠牲に関連付けられている宗教的な人間の一つの手段だけでなく、罰です。

Earlier forms probably involved impaling the condemned on a single pole or suspending him by wedging the head between a "Y" at one end of the implement.射すくめるようにかかわって、おそらく以前のフォーム上で非難された単極または懸濁風化彼の頭の間にある" Y "には、片方の端を実施する。 By NT times there seem to have been several different forms of "crosses" commonly used by the Romans. NTの時代でもあるように、いくつかの異なる形態の"十字"ローマ人への手紙でよく使われています。 In addition to the single pole (crux simplex), most involved the use of at least two separate pieces of wood to construct a frame.加えて、単極(南十字シンプレックス)は、ほとんどかかわって、少なくとも2つの別々の作品を使用して木のフレームを構築する。 However, crucifixion gave executioners opportunity to use their most cruel and sadistic creativity; victims were occasionally hung in grotesque positions by a variety of means.しかし、はりつけの機会を与えたexecutionersサディスティックを使用すると、最も残酷な創造性;犠牲者が時折ハングアップし、さまざまな手段によってグロテスクなポジションです。 The two cross forms most likely used for the execution of Jesus are the St. Anthony's cross (crux commissa), shaped like a "T," or the Latin cross (crux immissa), on which the vertical piece rises above both the horizontal cross-bar (patibulum) and the head of the victim; the statement in Matt.十字架の2つのフォームの実行に使用される最も高いのは、イエスキリストの十字架の聖アンソニー(十字架commissa ) 、のような形の" T " 、または、ラテンクロス(十字架immissa )は、上記では、両方の水平垂直上昇ピースクロス-バー( patibulum )とは、被害者の頭;の声明でマットです。 27:37 (cf. Luke 23:38) that the inscription was placed "over his head" and most ancient tradition favor the latter. 27:37 ( cf.ルーク23時38分)に置かれた碑文は、 "彼の頭を超える"と古代の伝統を最も有利な後者です。

Detailed descriptions of crucifixion are few; writers seem to have avoided the subject.はりつけの詳細な説明には、いくつか;作家の件名は避けられたようだ。 Recent archaeological discoveries, including skeletal remains of a crucifixion in first century Palestine (at Giv'at ha-Mivtar in Jerusalem), have added considerably to knowledge of the act. It seems that the Gospel accounts of the death of Jesus describe a standard Roman procedure for crucifixion.最近の考古学的発見など、はりつけに白骨化した遺体の第一世紀のパレスチナ(エルサレムでgiv'atハ- mivtar )は、大幅に追加されている行為の知識です。 ているようだが、イエスの死は、ゴスペルのアカウントを記述する標準ローマン手続きをはりつけています。 After the pronouncement of sentence, the condemned was required to carry the horizontal piece to the place of execution, always outside the city. The leader of the four-man execution squad led the procession bearing a sign detailing the reason for the execution. 刑の宣告をした後は、死刑囚を運んでは、必要なピースを水平に置くの実行は、常に外の都市です。のリーダーは、 4人の実行部隊を主導する軸受行列の実行署名の理由を詳述した。 There the victim was flogged (this seems to have preceded condemnation in the case of Jesus, possibly to elicit sympathy). The victim's outstretched arms were affixed to the cross-bar by either nails or ropes.そこfloggedの犠牲者は(このような非難が先行する例は、イエスキリストは、多分に同情を誘う) 。 広げ、被害者の両腕をクロスバーが貼付された爪やロープのどちらかだ。 This was then raised and secured to the perpendicular pole (which in some areas may have been left in place permanently, both for convenience and as a warning). A small board or peg may have been provided as sort of a seat to bear some of the weight of the condemned (this actually may have prolonged suffering by prohibiting suffocation). これは確保して、それから引き上げたと垂直極これはいくつかの地域で所定の位置に永久に残っている可能性がある、と警告としての利便性の両方のため) 。ペグの小さな基板や並べ替えの可能性があるとして提供され、いくつかの座席にクマ重量は、死刑囚(これによって、実際の苦しみを禁止窒息長引く可能性がある) 。 The feet were then secured in a manner forcing the knees into a bent position. Contrary to popular contemporary opinion, crosses were not high; the feet were probably only a few inches above the ground. The sign describing the accusation was secured to the cross.の足を確保する方法を余儀なくされた当時の位置にひざを曲げている。 時論人気に反して、高いクロスはなかった;の足は、おそらく、地面の上にはほんの数インチです。告発を記述するのサインが十字架を確保しています。

Death usually came slowly; it was not unusual for persons to survive for days on the cross. Exposure, disease, hunger, shock, and exhaustion were the usual immediate causes of death. 通常はゆっくりと死を来た;珍しいことではない人々のために十字架上で生き残るための日です。暴露、病気、飢餓、ショックは、極度の疲労とは、通常の死亡原因の即時。 Occasionally death was "mercifully" hastened by breaking the legs of the condemned.時折死は、 "幸いに"急いでは、死刑囚の脚を破壊している。 In Jesus' case death came much more swiftly than usual.でイエスの死は、事件で例年よりもはるかに迅速です。 A spear was thrust into his side to assure he was really dead before the body was removed (John 19:31-37). Bodies of the crucified were often left unburied and eaten by carnivorous birds and beasts, thus adding to the disgrace.推力を自分の側には、槍を確実にする前に、彼は本当に死んで体が取り外された(ヨハネ19:31-37 ) 。 遺体は、十字架につけられ左に埋められていないがしばしば肉食鳥や獣に食べていると、このように恥辱を追加しています。

The social stigma and disgrace associated with crucifixion in the ancient world can hardly be overstated.社会的不名誉と恥辱のは、古代の世界に関連付けられてはりつけ誇張されることがほとんどです。 It was usually reserved for slaves, criminals of the worst sort from the lowest levels of society, military deserters, and especially traitors.これは通常、奴隷のために予約さは、並べ替えから、最悪の犯罪者の最低レベルの社会では、軍事deserters 、その中でも特に裏切り者です。 In only rare cases were Roman citizens, no matter what their crime, crucified.まれにしかローマでは市民は、彼らの犯罪にどのように関係なく、十字架につけられています。 Among the Jews it carried an additional stigma. Deut.それは、ユダヤ人の間で行わ汚名を追加します。 deut 。 21:23, "A hanged man is accursed by God," was understood to mean that the very method of death brought a divine curse upon the crucified. Thus, the idea of a crucified Messiah posed a special problem for such Jews as Paul (cf. Gal. 3:13; 1 Cor. 1:27-29). 21時23分、 "絞首刑にされた男は、呪われた神は、 "理解していたということで、非常に法の神の死をもたらした呪いの十字架につけられている。従って、そのアイデアは、十字架につけられ、特別な問題をもたらす救世主としてこのようなユダヤ人のポール( cf 。ギャル。 3時13分; 1うわっ。 1:27-29 ) 。

Significance of the Cross十字架の意義

NT writers assume the historicity of the crucifixion of Jesus and focus their attention upon its significance. NTの作家と仮定史実とは、イエスキリストの磔刑彼らの関心の焦点にその意義です。 In it they understand that he, "who was in the form of God, did not consider equality with God a thing to be grasped at," was willing to "humble himself," take "on the form of a servant," and endure "even the death on the cross" (Phil. 2:6-8).彼らはそれを理解して彼は、 "人は神の形で、平等を考慮していないことを神に把握するには、 "喜んでいた"と謙虚な本人は、 "取る"として使用人の形で、 "と耐える"十字架上の死でさえ、 " ( phil. 2:6-8 ) 。 This demonstrates the ultimate of humiliation and degradation.この究極の屈辱と劣化を示しています。 Yet, they affirm, the crucifixion of Jesus, the Messiah (Christ), was the will and act of God with eternal and cosmic significance.しかし、彼ら断言は、イエスキリストの磔刑、救世主(キリスト) 、神の行為だったとは、宇宙で永遠の意義です。 At the simplest level, the crucifixion of Jesus was the means by which God provided salvation, the forgiveness of sins (cf. 1 Cor. 15:3).最も単純なレベルでは、イエスキリストがはりつけの手段を提供する神の救いは、罪の赦し( cf. 1うわっ。 15時03分) 。 Christ crucified becomes the summary of the Christian message (1 Cor. 2:2).キリストが十字架につけられ、キリスト教のメッセージの概要( 1うわっ。 2時02分) 。 The cross of Jesus, the beloved Son of God, is the supreme demonstration of the love God has for sinful man (cf. John 3:16; 15:16). In Jesus' death God deals concretely with the sin and guilt which offends his holiness and separates man from his Creator.十字架のイエスは、神の最愛の息子、デモは、至上の幸福のための、愛の神は罪深い男( cf.ジョン3時16分、 15時16分) 。 、イエスの死の神を扱って具体的にどの罪と罪悪感を損ねないホーリネスと彼の男から彼の創作を分離します。 Because of the cross God becomes both the righteous and just Judge and, at the same time, the one who makes forgiveness available and justifies believers (cf. Rom. 3:26). 神のために十字架の両方になるだけで正しいと判断すると、それと同時に、一人の信者たちを赦し利用可能と正当化 ( cf. ROMのです。 3時26分) 。 The condemning legal demands set against man have been "canceled," nailed to the cross (Col. 2:14).法律上の要求を非難してきた男の設定に反対"キャンセル"を得たいの十字架(大佐2時14分) 。 The word of the cross is God's word of reconciliation (II Cor. 5:19).その言葉は神の言葉は、十字架の和解( ⅱうわっ。 5時19分) 。

The cross is also the symbol of discipleship.十字架の弟子のシンボルでもある。 To first century Palestinians, who often witnessed the condemned carrying the crossbar to the site of their final torture, Jesus' word, "If any man will come after me, let him take up his cross and follow me" (Mark 8:34; cf. Matt. 10:38; Luke 14:27), must have come with a jolting, graphic impact.第1世紀のパレスチナ人には、頻繁に目撃した人の死刑囚のクロスバーを乗せた彼らの最終的な拷問をサイトには、イエスの言葉は、 "もしあれば私の後の男が来て、自分の十字架を取り上げるせなさいと従いなさい" (マーク8時34分; cf 。マットです。 10:38 ;ルーク14時27分)が付いてくる必要がありますjolting 、グラフィックの影響です。 Jesus insists that the humiliation and suffering that culminated in his crucifixion were to characterize the experience of his followers.イエスと主張して、その結果として、屈辱と苦痛が彼のはりつけの支持者たちが経験を特徴付ける。 "It is," he says, "for the disciple to be like his teacher" (Matt. 10:24). "それは、 "と彼は言います、 "彼のようになるのかは、先生の弟子" ( matt. 10:24 ) 。 Crucifixion becomes a part of the identification between Christ and the believer who is "crucified with Christ" (Gal. 2:20).はりつけになる部分は、身分証明書との間に、キリストの信奉者たちは、 "キリストの十字架につけて" ( gal. 2時20分) 。 The negative side of the characteristics of the new life of the Christian consists in having "crucified" sinful natures and desires (Gal. 5:24).負の側面の特性は、人生の新たな構成で、キリスト教が"十字架につけられ"罪深い性質や欲望( gal. 5時24分) 。

When understood in its historical, social context, Paul's statement that the proclamation of Christ crucified is a "stumbling block" or "scandal" (skandalon) to the Jews and "foolishness" (moria) to the Gentiles is both logical and clear.その歴史を理解する際には、社会的な文脈は、ポールの発言は、キリストの十字架につけられ、宣言は、 "障害"や"スキャンダル" ( skandalon )には、ユダヤ人と"愚か" gentiles ( moria )には、両方の論理とはっきりしている。 Yet for Christians it remains an act and demonstration "of the power and wisdom of God" (1 Cor. 1:23-24).だがそれはキリスト教徒の遺跡やデモをする行為"とは、神の力と知恵" ( 1うわっ。 1:23-24 ) 。

J J Scott, Jr. jjスコットジュニア
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
B. Siede et al., NIDNTT, I, 389-405; J. F. Strange, IDB Supplement, 199-200; M. Hengel, Crucifixion. Bのsiedeら。 、 nidntt 、私は、 389から405 ; jf奇妙には、サプリメントidb 、 199〜200 ; m.ヘンゲル、はりつけています。


Crucify (verb)笑い物にする(動詞)

Advanced Information 高度情報

Crucify signifies (a) "the act of crucifixion," e.g., Matt.笑い物にする意味(する) "はりつけの行為は、 "例えば、マットです。 20:19; (b) metaphorically, "the putting off of the flesh with its passions and lusts," a condition fulfilled in the case of those who are "of Christ Jesus," Gal. 20時19分、 ( b )に例えて、 "この肉を先送りしては、その情熱や私欲には、 "条件を果たさ例は、ある人たちは"イエスキリストは、 "ギャルです。 5:24, RV; so of the relationship between the believer and the world, 6:14. 5時24分、右心室;だから信者との間の関係は、世界では、午前6時14分です。


Crucify (verb)笑い物にする(動詞)

Advanced Information 高度情報

"to crucify with" (su, "for," sun, "with"), is used (a) of actual "crucifixion" in company with another, Matt. "を笑い物にして" (スは、 "のため、 "太陽は、 "を" )は、実際には使用される(する)の"はりつけ"で別の会社では、マットです。 27:44; Mark 15:32; John 19:32 (b) metaphorically, of spiritual identification with Christ in His death, Rom. 27:44 ;マーク15 : 32 ;ジョン19 : 32 ( b )に例えて、キリストの精神的な身分証明書には彼の死は、 ROMのです。 6:6, and Gal. 6時06分、およびギャル。 2:20. 2時20分。


Crucify (verb)笑い物にする(動詞)

Advanced Information 高度情報

(ana, again) is used in Heb. (アナは、再び) hebが使用されています。 6:6 of Hebrew apostates, who as merely nominal Christians, in turning back to Judaism, were thereby virtually guilty of "crucifying" Christ again. 6時06分、ヘブライ語背教者は、名ばかりの人のキリスト教徒としては、ユダヤ教に戻るターニングは、それが事実上の罪を犯した" crucifying "キリストにしてください。


Crucifixionはりつけ

Jewish Viewpoint Information ユダヤ教の視点情報

Crucifixion was the act of putting to death by nailing or binding to a cross.はりつけは、くぎ打ちされて死亡したパッティングの行為またはクロス結合する。 Among the modes of Capital Punishment known to the Jewish penal law, crucifixion is not found; the "hanging" of criminals "on a tree," mentioned in Deut.死刑制度のモードのうち、ユダヤ人の刑法知られているのは、はりつけではないが見つかりました。 "つり"の犯罪者の"木の上で、 " deut言及しています。 xxi. 21 。 22, was resorted to in New Testament times only after lapidation (Sanh. vi. 4; Sifre, ii. 221, ed. Friedmann, Vienna, 1864). 22日は、新約聖書には手段を投石した後にのみタイムズ( viのsanh. 。 4 ;シフレー、 Ⅱ 。 221 、エド。フリードマン、ウィーン、 1864 ) 。 A Jewish court could not have passed a sentence of death by crucifixion without violating the Jewish law.できませんでしたが、ユダヤ人の裁判所で死刑判決を可決されたユダヤ人の法律に違反せずにはりつけています。 The Roman penal code recognized this cruel penalty from remote times (Aurelius Victor Cæsar, 41).ローマの刑法の認識から、この残酷なペナルティーリモートタイムズ(オーリーリアスcæsarビクター、 41 ) 。 It may have developed out of the primitive custom of "hanging" ("arbori suspendere") on the "arbor infelix," which was dedicated to the gods of the nether world.それを開発する可能性があるのは、原始カスタム"つり" ( " arbori suspendere " )は、 "植樹infelix 、 "神々の尽力していた冥途。 Seneca ("Epistola," 101) still calls the cross "infelix lignum."セネカ( " epistola 、 " 101 )のコールのクロスまだ" infelixユソウボク。 " Trees were often used for crucifying convicts (Tertullian, "Apologia," viii. 16).木々が頻繁に使われてcrucifying convicts ( tertullian 、 "弁明は、 " viii 。 16 ) 。 Originally only slaves were crucified; hence "death on the cross" and "supplicium servile" were used indiscriminately (Tacitus, "Historia," iv. 3, 11).もともと奴隷のみが十字架につけられ;したがって"十字架上の死"と" supplicium卑屈な"無差別に使用されていた(タキトゥス、 " historia 、 " 4世です。 3 、 11 ) 。 Later, provincial freedmen of obscure station ("humiles") were added to the class liable to this sentence.その後、無名の地方freedmanの複数の駅( " humiles " )に追加して、このクラスの責任を宣告される。 Roman citizens were exempt under all circumstances (Cicero, "Verr." i. 7; iii. 2, 24, 26; iv. 10 et seq.).ローマのすべての状況のもとで市民が免除されます(シセロは、 " verr 。 " i. 7 ; Ⅲ 。 2 、 24 、 26 ;静脈です。 10以下参照ください。 ) 。 The following crimes entailed this penalty: piracy, highway robbery, assassination, forgery, false testimony, mutiny, high treason, rebellion (see Pauly-Wissowa, "Real-Encyc." s.v. "Crux"; Josephus, "B. J." v. 11, § 1).このペナルティー、次の犯罪entailed :海賊行為は、高速道路の強盗、暗殺、偽造、偽証、反乱、大逆罪、反乱(パウリ-ウィッソーワを参照して、 "実encyc 。 " sv "十字架" ;ヨセフスは、 "ベナン"対11 、 § 1 ) 。 Soldiers that deserted to the enemy and slaves who denounced their masters ("delatio domini")were also punished by death on the cross.敵の兵士や奴隷にして人けのない非難してマスターズ( " delatioドミニ" )も十字架上の死によって罰せられる。

Mode of Execution.モードで実行します。

The crosses used were of different shapes.使用されていた、さまざまな形のクロスです。 Some were in the form of a , others in that of a St. Andrew's cross, , while others again were in four parts, .いくつかの形では、他のことは、聖アンドリューの十字架、 、他の4つのパーツが再び、です。 The more common kind consisted of a stake ("palus") firmly embedded in the ground ("crucem figere") before the condemned arrived at the place of execution (Cicero, "Verr." v. 12; Josephus, "B. J." vii. 6, § 4) and a cross-beam ("patibulum"), bearing the "titulus"-the inscription naming the crime (Matt. xxvii. 37; Luke xxiii. 38; Suetonius, "Cal." 38).このような構成は、より多くの共通の利害関係( " palus " )にしっかりと地面に埋め込まれている( " crucem figere " )に到着する前に、死刑囚の死刑執行の場所(シセロは、 " verr 。 "対12 ;ヨセフスは、 "ベナン"第VII 。 6 、 § 4 )とクロスビーム( " patibulum " )は、ベアリングの"所有権"のネーミングの碑文の犯罪( 27 matt. 。 37 ;ルーク23 。 38 ;スエトニウス、 "カル"と述べた。 38 ) 。 It was this cross-beam, not the heavy stake, which the condemned was compelled to carry to the scene of execution (Plutarch, "De Sera Num. Vind." 9; Matt. ib.; John xix. 17; See Cross).それは、このクロスビームではなく、大量の株式は、これを運ぶのを強要された死刑囚の死刑執行のシーン(プルタルコスは、 "デラセーラNUM件です。 vind 。 " 9 ;マットです。 ib 。 ;ジョン19 。 17 ;十字架を参照してください) 。 The cross was not very high, and the sentenced man could without difficulty be drawn up with ropes ("in crucem tollere, agere, dare, ferre").非常に高いクロスではない、との男の刑を宣告する可能性無造作に描かれたロープ( " crucem tollere 、 agere 、思い切っ、フェレ"を参照) 。 His hands and feet were fastened with nails to the cross-beam and stake (Tertullian, "Adv. Judæos," 10; Seneca, "Vita Beata," 19); though it has been held that, as in Egypt, the hands and feet were merely bound with ropes (see Winer, "B. R." i. 678).彼の手と足がしっかりと固定して爪をクロスビームと杭( tertullian 、 "前売judæos 、 " 10 ;セネカは、 "ベアタヴィータは、 " 19日) ;ことが行われましたが、エジプトでは、手と足をロープで縛られただけで(参照してくださいワイナーは、 " br " i. 678 ) 。 The execution was always preceded by flagellation (Livy, xxxiv. 26; Josephus, "B. J." ii. 14, § 9; v. 11, § 1); and on his way to his doom, led through the most populous streets, the delinquent was exposed to insult and injury.鞭毛は、常に先行して実行(ティトゥスリウィウス、 34 。 26 ;ヨセフスは、 "ベナン" Ⅱ 。 14 、 § 9 ;対11 、 § 1 ) ;として自分の道を自分のドゥームは、最も人口の多い通りのLEDを通じて、非行やけがの侮辱にさらされた。 Upon arrival at the stake, his clothes were removed, and the execution took place.到着後すぐには、出資比率は、彼の服が削除され、処刑が行われた。 Death was probably caused by starvation or exhaustion, the cramped position of the body causing fearful tortures, and ultimately gradual paralysis.死によって引き起こされる飢餓や極度の疲労はおそらく、身体の窮屈な位置恐ろしい拷問を引き起こし、最終的に徐々に麻痺しています。 Whether a foot-rest was provided is open to doubt; but usually the body was placed astride a board ("sedile").残りの足に提供するかどうかは、オープンしていた疑い;しかし、通常の遺体が置かれた板にまたがって( "司祭席"を参照) 。 The agony lasted at least twelve hours, in some cases as long as three days.苦しみ続いたが、少なくとも12時間以内には、いくつかのケースで3日間限りです。 To hasten death the legs were broken, and this was considered an act of clemency (Cicero, "Phil." xiii. 27).死を早めるの脚が壊れ、これは寛大な処置をする行為とみなさ(シセロは、 "フィル"と述べた。 13 。 27 ) 。 The body remained on the cross, food for birds of prey until it rotted, or was cast before wild beasts.体に残って十字架上で、これまでの食品を腐った猛禽類や野生動物たちの前には、キャストです。 Special permission to remove the body was occasionally granted.特別許可を取り外すには、時折体を与えています。 Officers (carnifex and triumviri) and soldiers were in charge.役員( carnifexとtriumviri )と兵士が担当しています。

This cruel way of carrying into effect the sentence of death was introduced into Palestine by the Romans.この残酷な方法で死刑判決を運んで発効、パレスチナでは、ローマ人への手紙に導入されます。 Josephus brands the first crucifixion as an act of unusual cruelty ("Ant." xiii. 14, § 2), and as illegal.ヨセフスブランドの最初の異常な残虐行為としての磔刑( "アリ"と述べた。 13 。 14 、 § 2 ) 、およびとして違法です。 But many Jews underwent this extreme penalty (ib. xx. 6, § 2; "Vita," § 75; "B. J." ii. 12, § 6; 14, § 9; v. 11, § 1; Philo, ii. 529).しかし、この極端な懲罰を受けて多くのユダヤ人( ib. XXのです。 6 、 § 2 ; "ヴィータは、 " § 75 ; "ベナン" Ⅱ 。 12 、 § 6 ; 14 、 § 9 ;対11 、 § 1 ;フィロは、 2世です。 529 ) 。

During the times of unrest which preceded the rise in open rebellion against Rome (about 30-66 B.C.), "rebels" met with short shrift at the hands of the oppressor.不安の時代の中での上昇を開く前に、ローマの反抗(約30から66紀元前)は、 "反乱軍"と会って軽くあしらうことで、迫害者の手に。 They were crucified as traitors.かれらは裏切り者として十字架につけられています。 The sons of Judas the Galilean were among those who suffered this fate.ガリレイユダの息子たちの間で苦しんだ人々が、この運命なんだ。 The details given in the New Testament accounts (Matt. xxvii. and parallels) of the crucifixion of Jesus agree on the whole with the procedure in vogue under Roman law.新約聖書の詳細は、与えられたアカウント( 27 matt. 。と緯線)は、イエスキリストの磔刑の手続きに同意して全体的に見るとローマ法の下で流行しています。 Two modifications are worthy of note: (1) In order to make him insensible to pain, a drink (ὁξος, Matt. xxvii. 34, 48; John xix. 29) was given him. 2つの修正は価値があると注意: ( 1 )を作るために痛みを感じない彼には、飲み物( ὁξος 、マットです。 27 。 34 、 48 ;ジョン19 。 29 )は、彼に与えられた。 This was in accordance with the humane Jewish provision (see Maimonides, "Yad," Sanh. xiii. 2; Sanh. 43a).これはユダヤ教の規定に基づき、動物愛護( maimonidesを参照して、 " yad 、 " sanh 。 13 。 2 ; sanh 。 43Aの)です。 The beverage was a mixture of myrrh () and wine, given "so that the delinquent might lose clear consciousness through the ensuing intoxication."このドリンクは、ワインの混合物没薬( )とは、与えられた"となるように明確な意識を失うかもしれない非行を通じて、その後の中毒です。 " (2) Contrary to the Roman practise of leaving the body on the cross, that of Jesus was removed and buried, the latter act in keeping with Jewish law and custom. ( 2 )に反して、ローマの練習で体を残し、十字架は、イエスキリストが取り外されて、埋没して、後者のユダヤ人の法律に沿って行動するとカスタム。 These exceptions, however, exhaust the incidents in the crucifixion of Jesus that might point to a participation therein, and a regulation thereof, by Jews or Jewish law.これらの例外を除いて、しかし、この事件は、排気はりつけイエスそこに参加することを指しているかもしれないと、規制に関連して、法律によってユダヤ人やユダヤ人です。 The mode and manner of Jesus' death undoubtedly point to Roman customs and laws as the directive power.このモードや態度のイエスの死をポイントしてローマの習慣や法律は間違いないとして、ディレクティブの電源です。

From the Jewish point of view, the crime of which Jesus was convicted by the Jewish priests is greatly in doubt (see Jesus).ユダヤ人の視点から、その犯罪で有罪判決をされるのが、イエスはユダヤ人には大いに疑問プリースト(イエスキリストを参照してください) 。 If it was blasphemy, lapidation should, according to Jewish law, have been the penalty, with suspension from the gallows after death (Mishnah Sanh. iii. 4; Sifre, iii. 221).それは神への冒とく場合には、投石は、ユダヤ教の法律によると、ペナルティーが、死亡した後に絞首台から懸濁液(ミシュナーsanh 。 Ⅲ 。 4 ;シフレー、 Ⅲ 。 221 ) 。 Nor were any of the well-known measures taken (Sanh. vi.)which provide before execution for the contingency of a reversal of the sentence.また、よく知られていたのいずれかにとられた措置( sanh. viのです。 )を提供するために実行する前には、有事の逆転判決。 Neither was the "cross"-i.e., the gallows for hanging-constructed as usual after lapidation, and as ordained in Sanhedrin vi.いずれは、 "十字架" -すなわち、絞首台に投石した後、いつものつり-建設、およびサンヘドリンviのように定められた。 4. 4 。 His hands were not bound as prescribed; the "cross" was not buried with his body (Maimonides, "Yad," Sanh. xv. 9).彼の手は縛らとして処方;の"クロス"ではない彼の遺体を埋葬( maimonides 、 " yad 、 " sanh 。 15 。 9 ) 。 Whether the Jewish law would have tolerated a threefold execution at one and the same time is more than uncertain (Sanh. vi. 4; Sifre, ii. 221).ユダヤ教の法律があるかどうか、三重の実行を容認すると、同じ時間では、 1つ以上の不透明( viのsanh. 。 4 ;シフレー、 Ⅱ 。 221 ) 。

Date of Jesus' Crucifixion.日付のイエスのはりつけです。

The greatest difficulty from the point of view of the Jewish penal procedure is presented by the day and time of the execution.最大の困難の観点からは、刑法上の手続きが提示されたユダヤ人とその日の実行時間です。 According to the Gospels, Jesus died on Friday, the eve of Sabbath. gospelsによると、イエスキリストが死んだ日、安息日の前夜。

Yet on that day, in view of the approach of the Sabbath (or holiday), executions lasting until late in the afternoon were almost impossible (Sifre, ii. 221; Sanh. 35b; Mekilta to Wayaḳhel).だが、その日は、アプローチを考慮して、安息日(または休日) 、処刑で、午後遅くまで消えないがほぼ不可能(シフレー、 Ⅱ 。 221 ; sanh 。 35b ; mekiltaをwayaḳhel ) 。 The Synoptics do not agree with John on the date of the month.ジョンsynopticsに同意しないのは、その月の日付。 According to the latter he died on the 14th of Nisan, as though he were the paschal lamb; but executions were certainly not regular on the eve of a Jewish holiday.彼によると、後者は14日に死亡したのニッサンは、まるで彼は、復活祭の子羊;しかし、処刑は確かに定期的には、ユダヤ教の祝日の前夜。 According to the Synoptics, the date of his death was the 15th of Nisan (first day of Passover), when again no execution could be held (Mishnah Sanh. iv. 1; and the commentaries: Yer. Sanh. ii. 3; Yer. Beẓ. v. 2; Ket. i. 1). synopticsによると、この日の彼の死は、第15回ニッサン(初日のペサハ)は、実行の可能性が開かれたときに再びいいえ(ミシュナーsanh 。 4世です。 1 ;と論評: yer 。 sanh 。 Ⅱ 。 3 ; yer 。 beẓ 。対2 ;ケット。私1 ) 。 This discrepancy has given rise to various attempts at rectification.この違いは、様々な試みを与えられた整流上昇した。 That by Chwolson is the most ingenious, assuming that Jesus died on the 14th, and accounting for the error in Matthew by a mistranslation from the original Hebrew in Matt. chwolsonことは、最も独創的では、死亡したと仮定して、イエスは14日、会計とマシューにエラーが発生したため、元のヘブライ語でマット誤訳からです。 xxvi. 26 。 17 (, due to the omission of the first ; see his "Das Letzte Passamahl Christi," p. 13). 17 (しているためには、最初の脱落;参照してください彼の" das letzte passamahlクリスティ、 " p. 13 ) 。 But even so, the whole artificial construction of the law regarding Passover when the 15th of Nisan was on Saturday, attempted by Chwolson, would not remove the difficulty of an execution occurring on Friday = eve of Sabbath and eve of holiday; and the body could not have been removed as late as the ninth hour (3 P. M.).しかし、たとえそうでは、全体を人工の建設に関する法律ニッサンペサハときは、土曜日の15日、 chwolson未遂では、削除することの困難さはないが発生して実行するの安息日金曜日=イヴとイブの休日;や体の可能性削除されていないが遅ければ9時(午後3時) 。 Bodies of delinquents were not buried in private graves (Sanh. vi. 5), while that of Jesus was buried in a sepulcher belonging to Joseph of Arimathea.滞納者の遺体ではない民間の墓に埋葬( viのsanh. 。 5 )は、イエスキリストが埋没している間は、地下墓所に属しているのジョセフarimathea 。 Besides this, penal jurisdiction had been taken from the Sanhedrin in capital cases "forty years before the fall of the Temple."このほか、刑法の管轄区域から採取していた資本金サンヘドリンケース" 40年前に同寺の秋です。 "

These facts show that the crucifixion of Jesus was an act of the Roman government.このような事実を示すことは、イエスキリストの磔刑ローマ政府の行為だ。 That it was customary to liberate one sentenced to death on account of the holiday season is not corroborated by Jewish sources.それが慣習的に死刑判決を解放して1つのアカウントでは、ホリデーシーズンに確証されたユダヤ人の源ではない。 But many of the Jews suspected of Messianic ambitions had been nailed to the cross by Rome.しかし、ユダヤ人の多くは、疑いが持たれていた救世主の野望を得たい、ローマの十字架によってです。 The Messiah, "king of the Jews," was a rebel in the estimation of Rome, and rebels were crucified (Suetonius, "Vespas." 4; "Claudius," xxv.; Josephus, "Ant." xx. 5, § 1; 8, § 6; Acts v. 36, 37).救世主は、 "ユダヤ人の王は、 "反政府勢力は、ローマの推定では、十字架につけられ、反乱軍が(スエトニウス、 " vespasです" 4 ; "クラウディウスは、 " 25 。 ;ヨセフスは、 "アリです。 " XXのです。 5 、 § 1 ; 8 、 § 6 ;行為対36 、 37 ) 。 The inscription on the cross of Jesus reveals the crime for which, according to Roman law, Jesus expired.イエスキリストの十字架上の碑文によると、犯罪のためにそれは、ローマ法によると、イエスは有効期限が切れています。 He was a rebel.彼は反逆者だ。 Tacitus ("Annales," 54, 59) reports therefore without comment the fact that Jesus was crucified.タキトゥス( "学派は、 " 54 、 59 )のコメントという事実を報告せず従ってイエスが十字架につけられています。 For Romans no amplification was necessary.ローマ人への手紙の増幅が必要ないためだ。 Pontius Pilate's part in the tragedy as told in the Gospels is that of a wretched coward; but this does not agree with his character, as recorded elsewhere (see Süchrer, "Gesch." Index, s.v.). pontius pilateの部分は、悲劇として語られるのは、その悲惨な腰抜けgospels ;しかし、これに同意していない彼のキャラクターは、他の場所として記録さ( süchrerを参照して、 " gesch 。 "指数は、 sv ) 。 The other incidents in the New Testament report-the rending of the curtain, darkness (eclipse of the sun), the rising of the dead from their graves-are apocalyptic embellishments derived from Jewish Messianic eschatology.新約聖書で、他の事件の報告書には、胸が張り裂けるようカーテンは、暗闇(日食)は、彼らの墓から上昇オブザデッドには、絶望的な設備の終末論から派生したユダヤ人の救世主です。 The so-called writs for the execution (see Mayer, "Die Rechte der Israeliten, Athener, und Römer," iii. 428, note 27) are spurious.そのため、いわゆる令状が実行される(参照してくださいメイヤーは、 "死ぬrechteデアisraeliten 、 athener 、ウントレーマー( Romer 、 " Ⅲ 。 428 、注27 )は、スプリアスです。

Kaufmann Kohler, Emil G. Hirschカウフマンコーラー、 Gをエミールハーシュ
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ百科事典は、 1901年から1906年の間に出版されます。

Bibliography 文献情報
Ludwig Philipson, Haben die Juden Jesum Gekreuzigt?ルートヴィヒフィリプソン、 juden jesum gekreuzigt haben死ぬか? 2d ed., reprint, 1902; Hirsch, The Crucifixion from the Jewish Point of View, Chicago, 1892; Chwolson, Das Letzte Passamahl Christi, St. Petersburg, 1892; works of Jewish historians, as Grätz, Jost, etc.; Schürer, Gesch.; commentaries on the Gospels.K.二次元エド。 、再版、 1902 ;ハーシュは、ユダヤ人の視点からはりつけ、シカゴ、 1892 ; chwolson 、 das letzte passamahlクリスティ、サンクトペテルブルク、 1892 ;作品のユダヤ人の歴史学者、 grätzとして、ヨースト等; schürer 、 gesch 。 ; gospels.k論評しています。 E. G. H. egh


Also, see:また、参照してください:
Cross クロス
Seven Words On The Cross 十字架上の七つの言葉
Words Inscribed on the Cross 十字架上の言葉に内接
The Arising of Jesus イエスが生じる

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです