Determinism決定論

General Information 総合案内

Determinism is the theory that all human action is caused entirely by preceding events, and not by the exercise of the Will. In philosophy, the theory is based on the metaphysical principle that an uncaused event is impossible. 決定論は、すべての人間の行動の理論を完全には、前述のイベントが原因、との意志を働かせることによっていない。 、哲学、形而上の理論に基づいて、原則的には、イベントのuncausedのは不可能だ。 The success of scientists in discovering causes of certain behavior and in some cases effecting its control tends to support this principle.科学者たちの成功の原因を発見すると、特定の行動を起こすいくつかのケースで、この原則を支持する傾向に制御します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Disagreement exists about the proper formulation of determinism - a central issue in philosophy that never ceases to be controversial. Physical determinism, which has its origin in the Atomism of Democritus and Lucretius, is the theory that human interaction can be reduced to relationships between biological, chemical, or physical entities; this formulation is fundamental to modern Sociobiology and neuropsychology.意見の相違が存在するの定式化については、適切な決定論-哲学の問題を中心に物議を醸すことは決して停止しています。物理的な決定論は、その起源は、ルクレティウスの原子のデモクリタスとは、人間の相互作用だという説が間の関係性を減らすことができると生物学、化学的、または物理的なエンティティ;この定式化には、現代の社会生物学や神経心理学の基本的です。 The historical determinism of Karl Marx, on the other hand, is transpersonal and primarily economic.カールマルクスの歴史的な決定論が、その半面、トランスとは、主に経済的です。 In contrast to these two formulations, psychological determinism - the philosophical basis of psychoanalysis - is the theory that the purposes, needs, and desires of individuals are central to an explanation of human behavior.これらの2つの製剤とは対照的に、 心理的な決定論 -精神分析の哲学的基礎-という説をその目的のためには、ニーズには、個人の欲望とは、人間の行動を中心に説明しています。 The recent behavioral determinism of B F Skinner is a modification of this view, in that Skinner reduces all internal psychological states to publicly observable behavior. 決定論は、最近の行動のbfスキナーは、このビューの変更は、すべての内部の心理状態を軽減してスキナー観測可能な挙動を公にした。 His stimulus - response account also uses modern statistical and probabilistic analyses of causation.彼の刺激-アカウントでも使用する近代的反応確率統計との因果関係を分析した。

Jean Paul Sartre and other contemporary philosophers have argued that determinism is controverted by introspection, which reveals actions to be the result of our own choices and not necessitated by previous events or external factors.現代の哲学者ジャンポールサルトルやその他の決定論があると主張して内観controvertedによっては、その結果を明らかに処置されるのではなく私たち自身の選択を必要とされる前のイベントや外的要因です。 Determinists respond that such experiences of freedom are illusions and that introspection is an unreliable and unscientific method for understanding human behavior. determinists対応して自由にはそのような経験をして幻想内観とは、信頼性に欠けると人間の行動を理解するための非科学的な方法です。

This view has been modified within the scientific community, however, with the enunciation of the Uncertainty Principle by the physicist Werner Heisenberg.このビューに変更が加えられ、科学コミュニティー内では、しかしながら、と言明した物理学者のヴェルナーハイゼンベルグの不確定性原理です。 Ramifications of his work in quantum mechanics led Heisenberg to assert that the scientist, as much a participant as an observer, interferes with the neutrality and very nature of the object in question.彼の作品に及ぼした影響を主張して量子力学のLEDハイゼンベルグの科学者は、オブザーバーとして参加者と同じくらいには、中立性と非常に干渉して、問題の本質は、オブジェクトです。 His work also questions whether it is possible to determine an objective framework through which one can distinguish cause from effect, and whether one can know an objective effect if one is always a part of its cause.彼の作品にも質問をするかどうかを判別することが可能で、客観的な枠組みを通じてより効果の原因の1つを区別することは、 1つのことを知っているかどうかを客観的効果を1つの場合は、常にその原因の一部です。

Determinism is sometimes confused with Predestination and Fatalism, but as such it asserts neither that human affairs have been prearranged by a being outside the causal order nor that a person has an unavoidable fate. ときどき混同しては、決定論と運命論宿命このようにすることを主張しても人間諸事談合されてきたためにも外の因果関係がある人物には、避けられない運命なんだ。

Jesse G Kalinジェシーグラムkalin

Bibliography 文献情報
B Berofsky, Determinism (1971), and Freedom from Necessity (1988); G Dworkin, Determinism, Free Will and Moral Responsibility (1970); R L Franklin, Freewill and Determinism: A Study of Rival Conceptions of Man (1968); W Heisenberg, Physics and Philosophy (1962); S Hook, ed., Determinism and Freedom (1969); J R Lucas, Freedom of the Will (1970); A I Melden, Free Action (1961); J Monod, Chance and Necessity (1972); B F Skinner, Beyond Freedom and Dignity (1971); E Squires, The Mystery of the Quantum World (1986); G H Von Wright, Causality and Determinism (1974). berofsky Bには、決定論( 1971 ) 、 ( 1988 )と自由の必要性から;グラムドウォーキン、決定論、自由意志と道義的責任( 1970 ) ; rlフランクリンは、 freewillと決定論:概念を研究するライバルの男( 1968年) ;ワットハイゼンベルグは、物理学と哲学( 1962 ) ;秒フック、エド。 、決定論と自由( 1969 ) ; JRのルーカスは、意志の自由( 1970 ) ;藍melden 、自由行動( 1961年) ; jモノは、チャンスと必要性( 1972 ) ;のbfスキナーは、自由と尊厳を超え( 1971 ) ; e squires 、量子の世界の謎( 1986 ) ;ガーナフォンライトは、因果関係や決定論( 1974 ) 。


Will (philosophy) (Free Will)は、 (哲学) (自由意志)

General Information 総合案内

In philosophical discussion, will is usually paired with reason as one of two complementary activities of the mind. 哲学的な議論では、ペアを組んでは、通常は2つの理由の1つとしては、心の活動を補完します。 The will is considered the faculty of choice and decision, whereas the reason is that of deliberation and argument. Thus a rational act would be an exercise of the will performed after due deliberation. と見なされたのは、学部の選択と決断が、その理由は、引数の審議となるため、合理的な行動としては、運動のための審議が行われた後です。

The will has figured prominently in the thought of many philosophers, among them the 19th century thinkers Arthur Schopenhauer and Friedrich Wilhelm Nietzsche.目立つのは、計算では、多くの哲学者の思考は、このうち19世紀の思想家アーサーショーペンハウアーとフリードリッヒウィルヘルムニーチェ。 Historically, debate has centered on the issue of the will's freedom, a question of prime importance for the analysis of human action and moral responsibility.歴史的には、 討論会を中心には、意志の自由の問題で、最重要問題は、人間の行動を分析すると道義的責任です。

Philosophers have often thought that persons are responsible only for those actions that they have the option either to do or not to do or to will or not to will.哲学者が多いと考えてこれらの人々のためにだけに責任があるとは、オプションのいずれかのアクションを行うかどうかを行うかどうかにはしていくと思います。 If all acts, including acts of will, are predetermined, then this option does not appear to exist.もしすべての行為などの行為は、あらかじめ定められたが、その後、このオプションは表示されませんが存在しています。

In the philosophy of mind, the question is whether reasons in the mind are identical with or reducible to events in the brain and, if so, whether physical events determine choices, decisions, and acts.心の哲学では、問題は、心の中にあるかどうかの理由は同じものを還元したり、脳の中のイベントや、もしそうなら、物理的なイベントを決定するかどうかの選択肢は、意思決定、および行為です。 A wide variety of answers has been proposed, including ones derived from Freudian psychoanalysis and the various forms of behaviorism.多種多様な回答を提案してきた、とフロイト派精神分析から派生したものを含め、様々な形態の行動です。 Some philosophers in the analytic tradition have argued that Determinism is a matter of causes and decisions a matter of reasons and that the two are mutually exclusive.いくつかの分析哲学の伝統があると主張して問題の原因を決定論の問題であると判断して2つの理由とは相互に排他的です。 The issue remains controversial.この問題は物議を醸しています。

G S Davis gsデイヴィス

Bibliography 文献情報
D M Armstrong, A Materialist Theory of the Mind (1968); W K Frankena, Ethics (1973); A Kenny, Action, Emotion, and Will (1963); K Lehrer, ed., Freedom and Determinism (1976); G Ryle, The Concept of Mind (1949); R Taylor, Action and Purpose (1966).機DMアームストロングは、唯物論の心( 1968年) ; wkフランケナ、倫理( 1973 ) ;するケニー、アクション、感情、とは、 ( 1963年) ; kレーラー、エド。 、自由と決定論( 1976 ) ;ライルグラムは、心の概念( 1949年) ;研究テイラーは、アクションや目的( 1966 ) 。


Brief Definitions簡単な定義

General Information 総合案内

determinism 決定論
The view that every event has a cause and that everything in the universe is absolutely dependent on and governed by causal laws.との見解を原因としてすべてのイベントには、宇宙のすべてを支配されるとは絶対に因果関係の法律に依存しています。 Since determinists believe that all events, including human actions, are predetermined, determinism is typically thought to be incompatible with free will.すべてのイベントdeterministsと信じて以来、人間の行動を含めて、あらかじめ決められたが、決定論は、通常は互換性がないと考えられている自由意志です。
fatalism 運命論
The belief that "what will be will be," since all past, present, and future events have already been predetermined by God or another all-powerful force.という信念を持って"なるようになるさ"以来のすべての過去、現在、そして将来のイベントがすでにによってあらかじめ定められたまたは別の全能の神の力です。 In religion, this view may be called predestination; it holds that whether our souls go to Heaven or Hell is determined before we are born and is independent of our good deeds.宗教では、このビューと呼ばれるかもしれない宿命;それを保持して天国に行くかどうか私たちの魂は、地獄とは、生まれながらに決定する前に我々は我々の善行独立しています。
free will 自由意志
The theory that human beings have freedom of choice or self-determination; that is, that given a situation, a person could have done other than what he did.という説を人間が選択の自由や自決;ことは、それが与えられた状況で、他の人よりも可能性があること、彼はそれをどのようです。 Philosophers have argued that free will is incompatible with determinism.哲学者には互換性がないと主張して自由意志決定論です。 See also indeterminism.自由意志も参照してください。
indeterminism 不確定
The view that there are events that do not have any cause; many proponents of free will believe that acts of choice are capable of not being determined by any physiological or psychological cause.との見方をしていないイベントには原因不明;多くの支持者の選択の自由意志と思われる行為は、いかなる能力が反映されて生理や心理的な原因によって決定されます。


Freedom, Free Will, and Determinism自由、自由意志と決定論

Advanced Information 高度情報

There are three basic positions concerning man's choices: determinism, indeterminism, and self determinism. Determinism is the belief that all of man's actions are the result of antecedent factors or causes.そこには、 3つの基本的なポジションの男の選択肢について: 決定論、自由意志、および自己決定論です。という信念を持って決定論は、すべての人間の行動の結果は、先行要因または原因です。 Naturalistic determinists, such as Thomas Hobbes and B F Skinner, argue that man's behavior can be fully explained in terms of natural causes. Theistic determinists, such as Martin Luther and Jonathan Edwards, trace man's actions back to God's controlling hand. The opposite position to determinism is indeterminism.写実的なdeterministsなど、トーマスホッブズとのbfスキナーは、人間の行動と主張しても、完全に自然条件の原因を説明しています。 有神論deterministsなど、マーティンルーサージョナサンエドワーズとは、人間の行動をトレースバックして、神の手を制御する。反対の立場を決定論は、不確定です。 On this view there are no causes for man's actions, antecedent or otherwise.このビューがない男の行動を起こすためには、先行またはその他のです。 The final position is self determinism, or free will.最終的なポジションは、 自己決定論、または自由意志です。 This is the belief that man determines his own behavior freely, and that no causal antecedents can sufficiently account for his actions. という信念を持って、この男は、自分の行動を自由に決定因果関係がないことを、彼の行動のアカウント家系は十分です。

Determinism決定論

The belief that man's actions are the result of antecedent causes has been formulated naturalistically and theistically.という信念を持って男の行動の結果は、先行の原因とtheistically naturalistically定式化されています。 The naturalistic view sees human beings as part of the machinery of the universe.人間の写実的なビューを見るの一環として、宇宙の機械です。 In such a world every event is caused by preceding events, which in turn were caused by still earlier events, ad infinitum.このような世界は、あらゆる事象によって引き起こされる直前のイベントは順番にはまだ早いのイベントによって引き起こされる、際限なく。 Since man is part of this causal chain, his actions are also determined by antecedent causes.以来男は、この因果連鎖部分は、彼の行動が原因でも先行に基づいて決定されます。 Some of these causes are the environment and man's genetic make - up.これらのいくつかの原因が、環境や人間の遺伝的作る-アップです。 These are so determinative of what man does that no one could rightly say that a given human action could have been performed otherwise than it in fact was performed.これらは非常に限定していないのはどのような人間に与えられた1つの可能性を正しく言う人間の行動を実行する可能性があることよりも実際にはそうでない行われている。 Thus, according to determinism, Bob's sitting on the brown chair rather than the blue sofa is not a free choice but is fully determined by previous factors.したがって、決定論によると、ボブブラウンいすの上に座っているのではなく、青色のソファではないが完全に自由な選択の余地がない前の要因に基づいて決定されます。

A contemporary example of naturalistic determinism is B F Skinner, the author of Beyond Freedom and Dignity and About Behaviorism.写実的な決定論は、現代の例のbfスキナーは、作者の行動については、自由と尊厳を超えています。 Skinner believes that all human behavior is completely controlled by genetic and environmental factors.スキナーは考えているすべての人間の行動は、遺伝的要因と環境要因を完全に制御されています。 These factors do not rule out the fact that human beings make choices; however, they do rule out the possibility that human choices are free.これらの要因を排除していないという事実を作る人間の選択肢;しかし、彼らは人間の可能性も排除選択肢は無料です。 For Skinner, all human choices are determined by antecedent physical causes.スキナーは、すべての人間の選択肢が先行物理的な原因によって決定されます。 Hence, man is viewed as an instrumental cause of his behavior.それ故に、男は、閲覧した彼の行動の原因としてインストゥルメンタルです。 He is like a knife in the hands of a butcher or a hammer in the grip of a carpenter; he does not originate action but is the instrument through which some other agent performs the action.彼はナイフのような者たちの手では、肉屋やハンマーは、グリップは、大工;は思っていないが、その楽器に由来するアクションを介して他のいくつかのアクションを実行するエージェントです。

A philosophical argument often given for determinism can be stated as follows.決定論哲学の引数を指定することができます記載しばしば以下のとおりです。 All human behavior is either completely uncaused, selfcaused, or caused by something external.すべての人間の行動は、どちらかを完全にuncaused 、 selfcaused 、または外部の何かによって引き起こされる。 Now human behavior cannot be uncaused, for nothing can happen without a cause, nothing cannot cause something.今すぐ人間の行動をすることはできませんuncaused 、原因なしには何もないことが起こり得るのは、何もない何かを起こすことはできません。 Human behavior cannot be self - caused either, for each act would have to exist prior to itself to cause itself, which is impossible.人間の行動をすることはできませんセルフ-のいずれかが原因は、それぞれの行為が存在すること自体を起こす前に自分自身を、これは不可能だ。 Thus the only alternative is that all human behavior must be completely caused by something external.したがって、すべての人間の行動のみを代替しなければならないのは、完全に外部の何かによって引き起こされる。 Naturalistic determinists maintain that such things as heredity and environment are the external causes, whereas theistic determinists believe that God is the external cause of all human behavior. deterministsを維持するものとして、このような写実的な遺伝と環境は、外部の原因が、有神論determinists神を信じることのすべての原因は、外部の人間の行動です。

There are several problems with this argument.この引数は、いくつかの問題が発生します。 First, the argument misinterprets self determinism as teaching that human acts cause themselves.第一に、自己決定論として議論misinterprets教示して人間の行為の原因だ。 Self determinists, for example, do not believe that the plays in a football game cause themselves.自己determinists 、たとえば、とは考えていませんが原因でサッカーの試合でプレーしている。 Rather they maintain that the players execute the plays in a football game.むしろ彼らを維持することで、選手たちのプレーでサッカーの試合を実行しています。 Indeed it is the players that choose to play the game.確かにそれは、選手たちにプレーして、ゲームを選択しています。 Thus the cause of a football game being played is to be found within the players of the game.従ってその原因は、フットボールの試合でプレーした選手たちには、ゲーム内で見つかった。 Self determinists would not deny that outside factors, such as heredity, environment, or God, had any influence.自らを否定することはない外部要因deterministsなど、遺伝、環境、または神は、いかなる影響を及ぼすいた。 However, they would maintain that any one of the people involved in the game could have decided not to play if they had chosen to do so.しかし、彼らは、いずれか1つを維持することに関わっている人は、このゲームをプレイしない可能性があることを決めたもしかれらが選ばれたそうです。

Second, the argument for determinisim is self defeating.第二に、引数は、自己のためdeterminisim破っている。 A determinist must contend that both he and the nondeterminist are determined to believe what they believe.決定論の両方が必要で、彼と戦うことを信じて、どのように決定されます。 nondeterministと彼らは考えています。 Yet the determinist attempts to convince the nondeterminist that determinism is true and thus ought to be believed.だが、そのnondeterminist決定論者を説得しようとしてこのように決定論が真でなければならないと考えられています。 However, on the basis of pure determinism "ought" has no meaning.しかし、純粋に基づいて決定論"をするべき"の意味がない。 For "ought" means "could have and should have done otherwise." "しかるべきだ"とは"今までにそうでなければならない可能性があるとした。 " But this is impossible according to determinism.しかし、これによると、決定論は不可能です。 A way around this objection is for the determinist to argue that he was determined to say that one ought to accept his view.これを回避する方法は、異議申し立ての決定論を主張していたことの1つに決定すべきだと言って自分の意見を受け入れている。 However, his opponent can respond by saying that he was determined to accept a contrary view.しかし、彼の相手に対応できると言うことによって彼は、反対の意見を受け入れることに決定した。 Thus determinism cannot eliminate an opposing position.このように反対の立場を決定論を排除することはできません。 This allows the possibility for a free will position.これにより、可能性は、自由意志の立場だ。

Third, and finally, if naturalistic determinism were true, it would be self defeating, false, or be no view at all.第三に、そして最後には、写実的な決定論が真の場合、それが自分を破って、虚偽、またはすべてのビューではない。 For in order to determine whether determinism was true there would need to be a rational basis for thought, otherwise no one could know what was true or false.決定論のためには本当かどうかを判断するために合理的な根拠が必要になるという考えは、それ以外の誰もが知っているものはtrueまたはfalseです。 But naturalistic determinists believe that all thought is the product of nonrational causes, such as the environment, thus making all thought nonrational.しかし、写実的なdeterministsいると思われる製品は、すべての非合理的思考の原因は、そのような環境では、このように、すべての思考非合理的だ。 On this basis no one could ever know if determinism were true or not.これまで誰もこれに基づき決定論が本当かどうかは知っている場合です。 And if one argued that determinism was true, then the position would be self defeating, for a truth claim is being made to the effect that no truth claims can be made.決定論と主張している場合は、 1つの真実、そして自分の位置を破っては、真実を主張する前には効果がないことを主張できる前に真実です。 Now if determinism is false, then it can be rationally rejected and other positions considered.今すぐ決定論がfalse場合は、次に理性を拒否することができます他のポジションと考えています。 But if it is neither true or false, then it is no view at all, since no claim to truth is being made.しかし、どちらもtrueまたはfalseの場合は、次に表示するすべてのことではない、と主張して以来ない真実が行われます。 In either case, naturalistic determinism could not reasonably be held to be true.いずれの場合も、合理的に写実的な決定論で開かれることができなかったからだ。

Another form of determinism is theistic determinism.別の形で決定論決定論は有神論。 This is the view that all events, including man's behavior, are caused (determined) by God.これは、すべてのイベントを表示することは、人間の行動を含めて、神が引き起こした(決定)された。 One of the more famous advocates of this view was the Puritan theologian Jonathan Edwards. 1つは、より多くの有名な擁護者は、このビューは、ピューリタン神学者ジョナサンエドワーズ。 He maintained that the concept of free will or self determinism contradicted the sovereignty of God.彼のコンセプトを維持して自由意志決定論や自己矛盾の主権神です。 If God is truly in control of all things, then no one could act contrary to his will, which is what self determinism must hold.もし本当に神はすべてのものをコントロールして、それから彼の意思に反して行動することで、これはどのような自己決定論を開く必要があります。 Hence, for God to be sovereign he must cause every event, be it human or otherwise.それ故に、彼は神のために主権を起こす必要がありますすべてのイベント、またはそれ以外の人間がそれだ。

Edwards also argued that self determinism is self contradictory.エドワーズも自己決定論は、自己矛盾すると主張しています。 For if man's will were in equilibrium or indifferent to any given event or decision, then his will would never act.ためには、男性の場合は、均衡または任意のイベントに無関心であるかの決定は、それから彼の行為は絶対に。 Just as a scale cannot tip itself unless an outside force upsets the balance, so man's will could never act unless God moved it.ヒントと同じようにすることはできません自体の規模がない限り、外部勢力のバランスをupsetsので、男の行為は決してしない限りは、神が移動することです。 Thus to speak of human acts as self caused would be like speaking of nothing causing something.このように話すのが人間としての自己の行為が原因と言えば何もないような何かを引き起こしています。 But since every event must have a cause, self determinism, which denies this, must be self contradictory.しかし、あらゆる事象の原因を持っていなければ、自己決定論は、これを否定し、自己矛盾する必要があります。

During Edwards's own day some thinkers objected to his view on the grounds that it ran contrary to the biblical evidence which supported human freedom (e.g., Prov. 1:29 - 31; Heb. 11:24 - 26).日中のいくつかの思想家エドワーズ自身の見解を理由に反対して彼のことを走っ証拠に反して、聖書の中の人間の自由をサポートする(例えば、地方1時29 -3 1; h eb。 1 1:24- 26 )。 Edwards responded in his Freedom of the Will that human freedom is not the power to do what one decides but rather what one desires.彼の自由回答では、エドワーズ氏は、人間の自由ではないが、 1つの電源を行うものではなく、むしろ自分の欲望を決める。 The cause of man's desires is God, and man always acts in accordance with them.男の欲望の原因は、神様と、男はいつもかれらの行為に基づいています。 Thus freedom is not uncaused, which is nonsensical, but caused by God.こうしてuncaused自由ではない、これは無意味ではなく、神によって引き起こされる。

Like naturalistic determinism, theistic determinism may be objected to on several grounds.のような写実的な決定論は、決定論有神論かもしれないいくつかの理由で反対しています。 First, to view freedom as that which one desires is inadequate.第一に、自由にものを見るには不十分な欲望の1つです。 People do not always do what they desire; no one desires to carry out the garbage or clean a dirty oven.彼らはいつもやってくれる人はいない欲望;ない欲望を遂行する1つのゴミや汚れを掃除するオーブンです。 Further, people often desire to do what they do not decide to do, such as taking revenge on someone for wronging them.さらに、人々はしばしば欲望をしていないかどうかを決定する、などの恨みを晴らすwronging服用してください。

Second, according to self determinism, Edwards's position evidences a misunderstanding of free will.第二に、自己決定論によると、エドワーズ氏の立場を誤解の自由意志証拠です。 The acts of free human beings are not uncaused but self caused.自由な人間の行為uncausedしかし、自らが原因ではない。 To say they are self caused is not to say that they arise out of nothing or exist prior to themselves.と言って彼らは自らが原因ではない、と言っているか無から有を生じる前に存在しています。 Such would be an uncaused or self caused being, which is nonsensical.このようなuncausedまたは自己の原因となるが、これは無意味です。 However, self determinism maintains that man's exercise of his freedom is self caused becoming, which is not contradictory.しかし、人間の自己決定論を維持して彼の自由を行使する原因となることは、自己は、矛盾したことではありませんが。 In other words, persons exist and can freely cause their own actions (not their own being).言い換えれば、人々に存在すると、自分の行動を引き起こすことを自由に(独自れていない) 。

Third, Edwards's argument suffers from a faulty view of man.第三に、エドワーズの引数の不良とビューの男に苦しめられている。 Human beings are not like a machine (scale) which cannot be moved until some outside force tips it in one direction or another.機械のような人間ではありません(スケール)に移動することはできませんこれまでいくつかの外部の力を一つの方向または別のヒントです。 Rather, man is a person created in the image of God as a personal living soul (Gen. 1:26 - 27; 2:7), and he retains this image even after the fall (Gen. 9:6; 1 Cor. 11:7).むしろ、男は、神の人が作成した画像は、個人的な生活としての魂(大将1時26 -2 7;午前2時0 7分) 、そして彼のイメージを保持した後にも、この秋( 9時0 6分大将; 1うわっ。 11時07分) 。 This image includes the ability to make choices and act upon them.この画像には、能力と行動選択をすることにしてください。 Hence, since man is personal, it is at best inadequate to illustrate his behavior by impersonal, mechanical models, such as a scale.それ故に、男は、個人的なので、それは、彼の行動を説明する最良の不十分された非人格的、機械的なモデルなど、スケールです。

And fourth, Edwards is mistaken when he argues that human freedom is contrary to God's sovereignty.そして第四に、エドワーズ氏は、人間の自由を主張して誤ったときには、彼は神の主権に反している。 God sovereignly gave man his freedom by creating him a free creature, and God sovereignly continues to allow man to exercise his freedom by sustaining him moment by moment in existence (Col. 1:17).彼の自由を与えたsovereignly神男を作成して、無料の生き物は、神と人間を行使できるようにsovereignly続けている彼の自由される瞬間瞬間に彼の存在を維持できる(大佐1時17分) 。 Thus the sovereignty of God is not thwarted by human freedom but glorified through human freedom.このように、神の主権を挫折させられた人間の自由ではないしかし、見せかけの人間の自由を介しています。 For God gave man free will, he sustains man so he can act freely, and he brings about all his purposes without violating man's free will.神は人間の自由意志で、彼は自由に行動できるように支え男は、自分の目的のためのすべてについて、彼をもたらすことなく男の自由意志に違反しています。 As the Westminister Confession puts it, "Although in relation to the foreknowledge and decree of God, the first cause, all things come to pass immutably and infallibly, yet by the same providence he ordereth them to fall out, according to the nature of second causes, either necessarily, freely, or contingently" (V, ii). westministerとして自白曰く、 "先見もののと関連して、神の命令には、最初の原因は、すべてのものを渡す来ると変わりなく完ぺきには、まだ彼の摂理によって、同じように落ちるorderethによると、 2番目の性質原因は、必ずしもどちらか、自由に、または偶然に" ( 5 、 2 ) 。

Indeterminism不確定

This view contends that human behavior is totally uncaused.このビュー主張して人間の行動とは全くuncaused 。 There are no antecedent or simultaneous causes of man's actions.先行または同時がない男の行動の原因です。 Hence, all of man's acts are uncaused; hence, any given human act could have been otherwise.それ故に、すべての人間の行為がuncaused ;したがって、任意の人間の行為可能性があるそうです。 Some indeterminists extend their view beyond human affairs to the entire universe. indeterminists延長するいくつかのビューを超えて宇宙全体を人間諸事。 In support of the indeterminacy of all events Heisenberg's principle of uncertainty is often invoked.でのサポートは、すべてのイベントハイゼンベルグの不確定性原理の不確実性は往々に呼び出されています。 This principle states that it is impossible to predict where a subatomic particle is and how fast it is moving at any given moment.この原則の状態を予測することは不可能だとどこにある素粒子は、どのくらいの速さで移動することはいかなる瞬間です。 Thus, it is argued, since subatomic events are inherently unpredictable, how much more so are complex human acts.したがって、と主張することは、素粒子のイベントは、本質的に予測不可能なので、今はどのようにはるかに複雑な人間の行為です。 From this they conclude that human and nonhuman events are uncaused.このことから人間と人間ではないとの結論を下すのイベントがuncaused 。 Two noted exponents of indeterminism are William James and Charles Peirce. exponentsの自由意志には2つの有名なチャールズウィリアムジェームズとピアス。

There are at least three problems with this view.そこには、少なくとも3つの問題がこのビューを表示します。 First, Heisenberg's principle does not deal with causality but with predictability.第一に、原理ハイゼンベルグの因果関係はないが、予見可能性に対処します。 Heisenberg maintained that the movement of subatomic particles was unpredictable and unmeasurable; he did not maintain that their movement was uncaused.ハイゼンベルグの運動を維持して電子と原子核が予測できないと測定不能;彼は彼らの運動はuncaused維持しています。 Thus this principle cannot be used to support indeterminism.したがって、この原則を支持する自由意志で使用することはできません。 Second, indeterminism unreasonably denies the principle of causality, namely, that every event has a cause.第二に、自由意志の原則を不当に因果関係を否定する、すなわち、すべてのイベントには、原因をしています。 Simply because one does not know what the cause is, is not proof that an event is not caused.だけでは何のための1つの原因が分かっていないのは、イベントではないのではないという証拠を引き起こした。 Such lack of knowledge only reflects our ignorance.そのような知識が欠如し我々の無知にのみ反映されます。 Third, indeterminism strips man of any responsible behavior.第三に、人間の自由意志いかなる責任ある行動をタップします。 If human behavior is uncaused, then no one could be praised or blamed for anything he did.人間の行動はuncaused場合は、次に誰も何も非難を浴びる可能性があるか、彼はそれを賞賛した。 All human acts would be nonrational and nonmoral, thus no act could ever be a reasonable or responsible one.すべての人間の行為が非合理的道徳に無関係とは、このようにこれまでにない可能性が合理的な行為や責任の1つだ。

Indeterminism is unacceptable for a Christian.キリスト教の不確定するためには受け入れられない。 For if indeterminism is true, then either the existence of God or any causal connection between God and the universe would have to be denied.自由意志では、真の場合は、その後のいずれかまたは任意の因果神の存在を神と宇宙の間の接続は拒否しなければならない。 But clearly a Christian could not hold this, for the Christian position is that God created the world and he providentially sustains it and intervenes in its affairs (Matt. 6:25 - 32; Col. 1:15 - 16).しかし、これを明確に保持することができなかったキリスト教、キリスト教の立場を作成したのは、神の世界providentially支えとしてから、彼はその問題に介入( matt. 6時25 -3 2;大佐1 :15- 16 )。

Self determinism自己決定論

On this view a person's acts are caused by himself.この人の行為をして表示するには、自分自身によって引き起こされる。 Self determinists accept the fact that such factors as heredity and environment often influence one's behavior.自己deterministsという事実を受け入れるような遺伝と環境の要因としてしばしば自分の行動に影響を与える。 However, they deny that such factors are the determining causes of one's behavior.しかし、彼らを否定するような要因は、自分の行動の原因を決定する。 Inanimate objects do not change without an outside cause, but personal subjects are able to direct their own actions.無生物の外では変更しないことを引き起こすことなく、しかし、個人的な科目ができるように、自分の行動を直接です。 As previously noted, self determinists reject the notions that events are uncaused or that they cause themselves.先述のとおり、 determinists自己概念を拒否してuncausedたりしてイベントが原因だ。 Rather, they believe that human actions can be caused by human beings.むしろ、彼らの行動と思われることによって引き起こされる人間の人間です。 Two prominent advocates of this view are Thomas Aquinas and C S Lewis.このビューを表示するには2つの著名な擁護者のトマスアクィナスとcsのルイス。

Many object to self determinism on the grounds that if everything needs a cause, then so do the acts of the will.多くのオブジェクトを自己決定論の根拠にしている場合は、必要なすべての原因は、その後の行為を行うのは、だからです。 Thus it is often asked, What caused the will to act?このように頻繁に聞くことが、どのように行動が原因ですか? The self determinist can respond to this question by pointing out that it is not the will of a person that makes a decision but the person acting by means of his will.自己決定論は、この質問に対応できるようにすることではないことを指摘することによって、人間の意志決定することを意味するが、彼の演技は人です。 And since the person is the first cause of his acts, it is meaningless to ask what the cause of the first cause is.して以来、初めての人は、自分の行為の原因は、それを求めるのは無意味の最初の原因は何が原因です。 Just as no outside force caused God to create the world, so no outside force causes people to choose certain actions.外からの力が原因と同じように、神の世界を作成するため、外部の力のない人々の原因の特定のアクションを選択しています。 For man is created in God's image, which includes the possession of free will.男は、神のために作成した画像は、所有する自由意志が含まれています。

Another objection often raised against self determinism is that biblical predestination and foreknowledge seem to be incompatible with human freedom.別の自己決定論に対する異議提起は、しばしば聖書の先見宿命と人間の自由の互換性がないようだ。 However, the Bible does clearly teach that even fallen man has freedom of choice (e.g., Matt. 23:37; John 7:17; Rom. 7:18; 1 Cor. 9:17; 1 Pet. 5:2; Philem. 14).しかし、聖書が教えることを明確に倒れた男には選択の自由さえ(例えば、マットです。 23 : 37 ;ジョン7 : 17 ; ROMのです。 7時18分; 1うわっ。 9時17分; 1ペットです。 5時02分; philem 。 14 ) 。 Further, the Bible teaches that God predestines in accordance with his foreknowledge (1 Pet. 1:2).さらに、聖書の教えに基づいてpredestinesその神は彼の先見( 1ペットです。 1時02分) 。 Predestination is not based on God's foreknowledge (which would make God dependent upon man's choices) nor is it independent of God's foreknowledge (since all of God's acts are unified and coordinate).予定説に基づいて、神の先見ではない(これは、神に依存する男の選択肢)は、それも独立し、神の先見(以降のすべての行為は、神の統一と座標) 。 Rather, God knowingly determines and determinately knows those who will accept his grace as well as those who will reject him.むしろ、故意に神の決定を受け入れると決然として知っている人たちは、彼の恵みを拒否するだけでなく、人々は彼だ。

A further argument for free will is that God's commandments carry a divine "ought" for man, implying that man can and should respond positively to his commands.さらなる議論を無料では、神の戒めを持ち歩くのは、神の"しかるべきだ"と男は、男示唆したことや自分のコマンドに積極的に対応すべきだ。 The responsibility to obey God's commands entails the ability to respond to them, by God's enabling grace.神のコマンドに従うの責任entails 、それらに対応する能力を、神の恵みを有効にします。 Furthermore, if man is not free, but all his acts are determined by God, then God is directly responsible for evil, a conclusion that is clearly contradicted by Scripture (Hab. 1:13; James 1:13 - 17).また、無料の場合ではない男が、自分の行為が決定されるすべての神、そして悪の神は直接的な責任が、結論を出すことは明らかに矛盾する啓典( hab. 1 : 13 ;ジェームズ1時13 -1 7) 。

Therefore, it seems that some form of self determinism is the most compatible with the biblical view of God's sovereignty and man's responsibility.したがって、何らかの形で自己決定論のようだが、聖書の中の表示に対応して、最も神の主権と人間の責任です。

N L Geisler nlガイスラー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
Augustine, The Free Choice of the Will and On Grace and Free Will; B Holbach, The System of Nature; W James, "The Dilemma of Determinism," in Pragmatism; M Luther, The Bondage of the Will; R Taylor, Metaphysics; A Farrer, The Freedom of the Will.アウグスティヌスは、選択の自由意志とは、恵みと自由意志;バックBには、システムの性質;ワットジェームズは、 "決定論のジレンマは、 "プラグマティズム;ルーサーmには、ボンデージのは、 ;研究テイラー、形而上学;あるファラーは、意志の自由だ。


Determinism決定論

Catholic Information カトリック情報

Determinism is a name employed by writers, especially since J. Stuart Mill, to denote the philosophical theory which holds -- in opposition to the doctrine of free will -- that all man's volitions are invariably determined by pre-existing circumstances.決定論は、採用された名前の作家、特にj.スチュアートミル以来、その哲学理論を保持することを表し-教義に反対して自由意志-それは、常にすべての男のv o litions既存の状況に基づいて決定されます。 It may take diverse forms, some cruder, some more refined.多様な形態かかる場合もありますので、いくつかのcruder 、いくつかのより洗練された。

Biological and materialistic Determinism maintains that each of our voluntary acts finds its sufficient and complete cause in the physiological conditions of the organism.生物学的決定論や唯物私たちの自発的な行為を維持してそれぞれの十分かつ完全な原因を見つけるのは、生理的な条件での微生物のです。 Psychological Determinism ascribes efficiency to the psychical antecedents.精神的心理的な決定論を効率ascribes家系です。 In this view each volition or act of choice is determined by the character of the agent plus the motives acting on him at the time.このビューで、各意志や行動の選択肢が決定される文字は、代理店に加えて彼には、時間的な動機を演技しています。 Advocates of this theory, since Mill, usually object to the names, Necessarianism and Fatalism, on the ground that these words seem to imply some form of external compulsion, whilst they affirm only the fact of invariable sequence or uniform causal connectedness between motives and volition.擁護派は、この理論は、ミル以来、通常のオブジェクトの名前には、運命論宿命論とは、これらの言葉は、地面をほのめかすように何らかの形で外部の衝動は、その事実の間彼らだけ断言不変シーケンスや制服の因果動機や意志のつながり。 Opposed to this view is the doctrine of Indeterminism, or what perhaps may more accurately be called Anti-determinism, which denies that man is thus invariably determined in all his acts of choice.このビューは、教義に反対して、自由意志、あるいはおそらく5月より正確には何と呼ばれる反決定論は、常にこのように決定を否定して、すべての人間は自分の行為を選択してください。 This doctrine has been stigmatized by some of its opponents as the theory of "causeless volition", or "motiveless choice"; and the name Indeterminism, is possibly not the best selection to meet the imputation. stigmatizedされて、この教義によって、いくつかの反対派の理論として、 "正当な理由の意志" 、または" motiveless選択肢" ;や不確定の名前は、最良の選択はない可能性を満たすために帰属します。 The objection is, however, not justified.この異議申し立ては、しかし、詰めていない。 The Anti-determinists, while denying that the act of choice is always merely the resultant of the assemblage of motives playing on the mind, teach positively that the Ego, or Self, is the cause of our volitions; and they describe it as a "free" or "self-determining" cause.反determinists 、選択中の行為を否定して、結果だけでは、いつもの群集の精神的な動機を演奏して、肯定的なことを教えるの自我は、自己または、その原因は、私たちのvolitions ;と説明を入力して彼らを"自由"や"自己決定"の原因だ。 The presence of some reason or motive, they ordinarily hold, is a necessary condition for every act of free choice, but they insist that the Ego can decide between motives.何らかの理由や動機が存在するのは、普通ホールド彼らは、必要な条件は、すべての行為を自由に選択し、それらの間に主張して動機のエゴを決めることです。 Choice is not, they maintain, uniformly determined by the pleasantest or the worthiest motive or collection of motives.選択肢ではない、彼らを維持する、あるいは一様に決定されるpleasantest特に評価の動機や動機のコレクションです。 Nor is it the inevitable consequent of the strongest motive, except in that tautological sense in which the word strongest simply signifies that motive which as a matter of fact prevails.また、必然的な帰結は、それが最も強い動機を除いて、その意味でtautologicalという言葉だけを意味して最強の動機として、実はこれが広がる。 Determinism and the denial of free will seem to be a logical consequence of all monistic hypotheses.決定論と自由意志を否定するようにすべての論理的帰結としてmonistic仮説です。 They are obviously involved in all materialistic theories.彼らは明らかに携わるすべての唯物論です。 For Materialism of every type necessarily holds that every incident in the history of the universe is the inevitable outcome of the mechanical and physical movements and changes which have gone before.必然的唯物論のためにあらゆる種類ごとに事件を保持して、宇宙の歴史の必然的な結果については、機械的および物理的な動きや変更をする前に行ってしまう。 But Determinism seems to be an equally necessary consequence of monistic Idealism.しかし、同様に必要と思われる決定論的帰結として、 monistic観念論だ。 Indeed the main argument against monistic and pantheistic systems will always be the fact of free will.確かに反対論monisticと、メインのシステムは常にその事実汎神論の自由意志です。 Self-determination implies separateness of individuality and independence in each free agent, and thus entails a pluralistic conception of the universe.お察しの自決権を分離独立し、それぞれの個性を自由契約選手は、こうしてentailsする多元的宇宙についての考え方です。 (See DUALISM; MONISM.) In spite of the assertions of Determinists, no true logical distinction can be made between their view and that of Fatalism. (参照してください二元論;一元論です。 )の主張にもかかわらず、 determinists 、真のない論理が行われる間に区別して表示したり、自分の運命論です。 In both systems each of my volitions is as inexorably fated, or pre-determined, in the past conditions of the universe as the movements of the planets or the tides.両方のシステムでは、それぞれのvolitionsとして容赦なく私の運命は、事前に決めたり、宇宙には、過去の条件として、惑星の動きや、潮の流れだ。 The opponents of Determinism usually insist on two lines of argument, the one based on the consciousness of freedom in the act of deliberate choice, the other on the incompatibility of Determinism with our fundamental moral convictions.決定論を主張する反対派は、通常の2行の引数は、 1つの意識に基づいて行動の自由を慎重に選択するのは、他の非互換性の決定論では、我々の基本的な道徳的信条です。 The notions of responsibility, moral obligation, merit, and the like, as ordinarily understood, would be illusory if Determinism were true.責任の概念は、道徳的義務は、メリット、およびそのような、通常理解としては、架空の場合決定論が本当だろう。 The theory is in fact fatal to ethics, as well as to the notion of sin and the fundamental Christian belief that we can merit both reward and punishment.その理論は、実際に致命的な倫理だけでなく、罪の概念を信じているということと、キリスト教の基本的なメリットの両方を賞罰ことができます。 (See FREE WILL; ETHICS; FATALISM.) (参照してください自由意志;倫理;運命論です。 )

Publication information Written by Michael Maher.マイケルマーハー書かれた文献の情報です。 Transcribed by Rick McCarty.リックマッカーティ転写される。 The Catholic Encyclopedia, Volume IV.カトリック百科事典は、ボリュームの4世です。 Published 1908.日付1908 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat.公認です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


Free Will自由意志

Catholic Information カトリック情報

RELATION OF THE QUESTION TO DIFFERENT BRANCHES OF PHILOSOPHY関係の質問を異なるブランチ哲学

HISTORY歴史

Free Will in Ancient Philosophy自由意志で古代の哲学

Free Will and the Christian Religionキリスト教の宗教の自由意志と

Catholic Doctrineカトリック教義

Thomist and Molinist Theories molinist理論とthomist

Free will and the Protestant Reformers自由意志とプロテスタントの宗教改革

Free Will in Modern Philosophy現代哲学の自由意志

THE ARGUMENT引数

Proof証拠

Objections異議申し立て

NATURE AND RANGE OF MORAL LIBERTY自然と道徳的自由の範囲

CONSEQUENCES帰結

The question of free will, moral liberty, or the liberum arbitrium of the Schoolmen, ranks amongst the three or four most important philosophical problems of all time.自由意志の問題は、道徳的自由の女神、またはliberum arbitrium schoolmanの複数のは、 3つか4つの階級の中で最も重要な哲学的問題のすべての時間です。 It ramifies into ethics, theology, metaphysics, and psychology.それをramifies倫理、神学、形而上学、および心理学。 The view adopted in response to it will determine a man's position in regard to the most momentous issues that present themselves to the human mind.このビューに対応して採択することは、一人の男の掲載順位を決定する最も重大な問題と関連して、人間の心に存在しています。 On the one hand, does man possess genuine moral freedom, power of real choice, true ability to determine the course of his thoughts and volitions, to decide which motives shall prevail within his mind, to modify and mould his own character?片手では、正規の道徳的な自由を持つ男が、本当の選択の力は、真の能力を決定する過程で自分の考えやvolitions 、動機を決めるのは、彼の心の内に広がる、自分のキャラクターを改変したり、菌ですか? Or, on the other, are man's thoughts and volitions, his character and external actions, all merely the inevitable outcome of his circumstances?または、他方では、人間の思考やvolitions 、彼のキャラクターと、外部のアクションは、すべての結果だけで、彼の避けられない状況ですか? Are they all inexorably predetermined in every detail along rigid lines by events of the past, over which he himself has had no sort of control?容赦なくみんなには、あらかじめ決められた行ごとに詳細に沿って厳格な過去の出来事によって、彼は自分自身をどのようなコントロールがなかったですか? This is the real import of the free-will problem.これは、本物の輸入自由意志の問題だ。

RELATION OF THE QUESTION TO DIFFERENT BRANCHES OF PHILOSOPHY関係の質問を異なるブランチ哲学

(1) Ethically, the issue vitally affects the meaning of most of our fundamental moral terms and ideas. ( 1 )倫理的には、この問題に影響を及ぼすという意味至極のほとんどは我々の基本的な道徳的な用語やアイデアです。 Responsibility, merit, duty, remorse, justice, and the like, will have a totally different significance for one who believes that all man's acts are in the last resort completely determined by agencies beyond his power, from that which these terms bear for the man who believes that each human being possessed of reason can by his own free will determine his deliberate volitions and so exercise a real command over his thoughts, his deeds, and the formation of his character.責任を持って、メリット、義務、念には、正義、そしてそのような、全く別の意義があると考えているすべての人のための1つの男の行為は、最後の手段を完全に決定される彼の権力機関を超えて、これらの利用規約からのものは、熊男それぞれの人の人間と考えていることを理由に取り付かれて、自分の自由意志決定volitionsと彼の意図を行使するためのコマンドをやり直す本物の自分の考え、自分の行いは、彼の性格の形成とします。

(2) Theology studies the questions of the existence, nature and attributes of God, and His relations with man. ( 2 )神学の存在タイプの質問には、神の性質や属性は、男性と彼の関係です。 The reconciliation of God's fore-knowledge and universal providential government of the world with the contingency of human action, as well as the harmonizing of the efficacy of supernatural grace with the free natural power of the creature, has been amongst the most arduous labours of the theological student from the days of St. Augustine down to the present time.この和解は、神の摂理の普遍的な知識や船首政府は、世界では、人間の行動を有事の他にも、超自然の調和の効果を猶予して、自然の力の自由な生き物は、その中で最も骨の折れるされ、労働神学生時代から現代に至るまでの時間聖アウグスティヌス。

(3) Causality, change, movement, the beginning of existence, are notions which lie at the very heart of metaphysics. ( 3 )因果関係は、変化は、運動は、その存在の始まりは、うそでは、基礎知識を中心に、非常に形而上学。 The conception of the human will as a free cause involves them all.その概念は、人間関係が原因として、それらをすべて無料です。

(4) Again, the analysis of voluntary action and the investigation of its peculiar features are the special functions of Psychology. ( 4 )また、自発的な行動を分析すると、その特有の機能は、捜査の心理学の特別な機能です。 Indeed, the nature of the process of volition and of all forms of appetitive or conative activity is a topic that has absorbed a constantly increasing space in psychological literature during the past fifty years.確かに、その過程で、自然の意志とは、あらゆる形態の活動は、食欲や意欲のあるトピックを吸収するには絶えず増えて文学の中に心理的な空間で、過去50年間です。

(5) Finally, the rapid growth of sundry branches of modern science, such as physics, biology, sociology, and the systematization of moral statistics, has made the doctrine of free will a topic of the most keen interest in many departments of more positive knowledge. ( 5 )最後に、急速な成長の雑現代科学の支店など、物理学、生物学、社会学、道徳的な統計情報の体系化と、その学説は、自由意志の強い関心のあるトピックの中で最も多くの部署が、より肯定的に知識です。

HISTORY歴史

Free Will in Ancient Philosophy自由意志で古代の哲学

The question of free will does not seem to have presented itself very clearly to the early Greek philosophers.自由意志の問題を提示されていないようにそれ自体が非常にはっきりして早期ギリシャの哲学者です。 Some historians have held that the Pythagoreans must have allotted a certain degree of moral freedom to man, from their recognition of man's responsibility for sin with consequent retribution experienced in the course of the transmigration of souls.いくつかの歴史学者が行われる必要がありますpythagoreansして割り当てられた道徳的な自由がある程度の男で、男の責任の認識から自分の罪のためには、経験豊富な帰結報復の輪廻のコースです。 The Eleatics adhered to a pantheistic monism, in which they emphasized the immutability of one eternal unchangeable principle so as to leave no room for freedom.エレア派汎神論一元論に付着するのは、彼らがどのimmutability強調して1つの永遠不変の原理のように自由の余地がない。 Democritus also taught that all events occur by necessity, and the Greek atomists generally, like their modern representatives, advocated a mechanical theory of the universe, which excluded all contingency.デモクリタス教えたことも必然的に発生するすべてのイベントは、通常とは、ギリシャのatomists 、彼らのような近代の代表は、機械的な理論を提唱し、宇宙、すべての偶発性を排除します。 With Socrates, the moral aspect of all philosophical problems became prominent, yet his identification of all virtue with knowledge and his intense personal conviction that it is impossible deliberately to do what one clearly perceives to be wrong, led him to hold that the good, being identical with the true, imposes itself irresistibly on the will as on the intellect, when distinctly apprehended.ソクラテスでは、道徳的な側面のすべての著名な哲学的な問題になった、まだ自分の身分証明書のすべての美徳を彼の強烈な個人的な知識と確信して意図的に行うことは不可能であることを明確にperceives間違っている場合、良いきっかけに彼を保持している、という同じで、真のは、たまらなく課すのは、それ自体としては、知性、逮捕時に明らかにした。 Every man necessarily wills his greatest good, and his actions are merely means to this end.彼の最大の意志万人向き必ずしも良い、と彼の行動は、このための手段に過ぎない。 He who commits evil does so out of ignorance as to the right means to the true good.彼は今のうちに邪悪なコミットを右に無知としての真の意味を良いです。 Plato held in the main the same view.プラトンのメインと同じビューで開かれた。 Virtue is the determination of the will by the knowledge of the good; it is true freedom.美徳は、決定されるのが良いの知識;というのは、本当の自由だ。 The wicked man is ignorant and a slave.この邪悪な男は、無知とスレーブです。 Sometimes, however, Plato seems to suppose that the soul possessed genuine free choice in a previous life, which there decided its future destiny.ときには、しかし、プラトンの魂のようだと仮定して自由に選択する権利を保有する正規の前世は、その将来の運命にあることを決めた。 Aristotle disagrees with both Plato and Socrates, at least in part.両方の意見が合わないプラトンやアリストテレスソクラテス、少なくとも部分的です。 He appeals to experience.彼は控訴を体験しています。 Men can act against the knowledge of the true good; vice is voluntary.男性の知識に逆らって行動することは、真の良い;副は、自発的です。 Man is responsible for his actions as the parent of them.男は、親としての責任を、彼の行動してください。 Moreover his particular actions, as means to his end, are contingent, a matter of deliberation and subject to choice.しかも彼の特定のアクションは、彼の最後の手段としては、偶発的には、問題の審議の対象に選択しています。 The future is not all predictable.予測可能な将来のすべてではない。 Some events depend on chance.いくつかのイベントを機会に依存しています。 Aristotle was not troubled by the difficulty of prevision on the part of his God.アリストテレスではない予知の難しさに悩まされるのは、彼の神の部分です。 Still his physical theory of the universe, the action he allots to the noûs poietkós, and the irresistible influence exerted by the Prime Mover make the conception of genuine moral freedom in his system very obscure and difficult.それでも彼は、宇宙物理理論は、彼の行動allotsをnoûs poietkósのは、非常に魅力的な影響力を行使されると、その概念の真の原動力は彼のシステムを非常にあいまいな道徳的自由と難しいです。 The Stoics adopted a form of materialistic Pantheism.唯物論の一形態であり、汎神論stoics採択した。 God and the world are one.そして、世界は神の1つです。 All the world's movements are governed by rigid law.すべての動きは、世界の法則に支配されて硬直した。 Unvaried causality unity of design, fatalistic government, prophecy and foreknowledge--all these factors exclude chance and the possibility of free will.因果関係の変化のない団結し、デザイン、宿命論政府は、予言と先見-これらの要素のすべての可能性を除外すると、自由意志のチャンスです。 Epicurus, oddly in contrast here with his modern hedonistic followers, advocates free will and modifies the strict determinism of the atomists, whose physics he accepts, by ascribing to the atoms a clinamen, a faculty of random deviation in their movements.エピクロスは、奇妙なことに彼とは対照的に近代的快楽主義を信奉ここでは、修正の擁護者は自由意志とは、厳密な決定論atomists 、その物理学賞彼を受け入れたら、原子をするascribing clinamenさは、学部の偏差は、ランダムな動きだ。 His openly professed object, however, in this point as in the rest of his philosophy, is to release men from the fears caused by belief in irresistible fate.公然と公言したオブジェクト彼は、しかし、この時点での残りの部分としては、彼の哲学は、男性からは、不安を放出によって引き起こされる非常に魅力的な運命を信じることです。

Free Will and the Christian Religionキリスト教の宗教の自由意志と

The problem of free will assumed quite a new character with the advent of the Christian religion.仮定の問題に非常に自由意志で、新しいキャラクターの出現は、キリスト教の宗教です。 The doctrine that God has created man, has commanded him to obey the moral law, and has promised to reward or punish him for observance or violation of this law, made the reality of moral liberty an issue of transcendent importance.教義で、神が人間を創ったのは、彼が命じられた道徳の法則に従うのは、報酬を約束したりして彼を罰するためにこの法律違反の順守や、道徳的な自由の前の現実を超越するのに重要な問題だ。 Unless man is really free, he cannot be justly held responsible for his actions, any more than for the date of his birth or the colour of his eyes.人間は本当に自由がない限り、彼は責任を負うことはできません公正に行われた彼の行動は、いかなる以上は、自分の誕生日や彼の目の色です。 All alike are inexorably predetermined for him.彼のためには、あらかじめ定められた容赦なくすべて似ています。 Again, the difficulty of the question was augmented still further by the Christian dogma of the fall of man and his redemption by grace.繰り返しますが、この問題の難しさは、さらなる増補まだ秋には、キリスト教の教義の男と彼の償還を猶予。 St. Paul, especially in his Epistle to the Romans, is the great source of the Catholic theology of grace.聖パウロは、特にローマの信徒への彼は、偉大な源は、カトリック神学の恵みを受けています。

Catholic Doctrineカトリック教義

Among the early Fathers of the Church, St. Augustine stands pre-eminent in his handling of this subject.初めのうち、父の教会、聖アウグスティヌススタンド事前に著名な彼のこの主題の取り扱いです。 He clearly teaches the freedom of the will against the Manichæeans, but insists against the Semipelageians on the necessity of grace, as a foundation of merit.彼の意志を明確に教えるの自由に対するmanichæeans 、しかし、その必要性を主張して反対semipelageiansの恵みを受けて、財団としてのメリットです。 He also emphasizes very strongly the absolute rule of God over men's wills by His omnipotence and omniscience--through the infinite store, as it were, of motives which He has had at His disposal from all eternity, and by the foreknowledge of those to which the will of each human being would freely consent.彼はまた、非常に強く、絶対的な支配を強調する男性の神の意志によって彼の全能と全知-を通じて、無限店は、言ってみれば、彼は、彼の動機をすべて処分から永遠、そしてそれらをどの先見されるそれぞれの人間が自由意志に同意した。 St. Augustine's teaching formed the basis of much of the later theology of the Church on these questions, though other writers have sought to soften the more rigorous portions of his doctrine.聖アウグスティヌスの形成の基礎教育の多くは、それ以降の教会の神学、これらの質問には、他の作家が唱えられて柔らかくするかかわらず、彼の学説より厳密な部分です。 This they did especially in opposition to heretical authors, who exaggerated these features in the works of the great African Doctor and attempted to deduce from his principles a form of rigid predeterminism little differing from fatalism.彼らは、特にこの異端の作者に反対して、これらの機能は、誰に誇張された作品は、偉大なアフリカの医師から推測すると彼の原則を試みたが、ほとんどの異なる形式の厳格な予定説運命論からです。 The teaching of St. Augustine is developed by St. Thomas Aquinas both in theology and philosophy.聖アウグスティヌスは、教えることによって開発された聖トマスアクィナスの哲学と神学の両方でいます。 Will is rational appetite.食欲には、合理的だ。 Man necessarily desires beatitude, but he can freely choose between different forms of it.至福必ずしも男の欲望が、彼はさまざまな形態の間を自由に選択してください。 Free will is simply this elective power.電力自由意志は、単にこの選挙で選ばれた。 Infinite Good is not visible to the intellect in this life.無限の知性良好ではないが、この人生を目に見える。 There are always some drawbacks and deficiencies in every good presented to us.いくつかの欠点があるとは、常に良好な不備ごとに提示してください。 None of them exhausts our intellectual capacity of conceiving the good.それらの私たちの知的能力の排ガスconceiving良いです。 Consequently, in deliberate volition, not one of them completely satiates or irresistibly entices the will.その結果、故意の意志ではなく、それらの1つの意志を完全にsatiatesまたはたまらなくentices 。 In this capability of the intellect for conceiving the universal lies the root of our freedom.この能力は、普遍的知性のために嘘のルートconceiving 、私たちの自由だ。 But God possesses an infallible knowledge of man's future actions.しかし神は絶対に正しい知識を持って男の未来アクション。 How is this prevision possible, if man's future acts are not necessary?この方法については、予見可能性が、男性の場合は、将来の行為をする必要はありませんか? God does not exist in time.神の時間には存在しません。 The future and the past are alike ever present to the eternal mind as a man gazing down from a lofty mountain takes in at one momentary glance all the objects which can be apprehended only through a lengthy series of successive experiences by travellers along the winding road beneath, in somewhat similar fashion the intuitive vision of God apprehends simultaneously what is future to us with all it contains.将来的には、過去と現在を問わず、これまで一人の男として永遠に心にそびえ立つ山からダウン占いでは、 1つのすべてのオブジェクトをチラッと見ることができるを通じてのみ逮捕長い経験によって様シリーズの歴代の下に沿って曲がりくねった道は、直感的なファッションでやや似てapprehends神のビジョンを同時に私たちは何をしては、今後のすべてのことが含まれています。 Further, God's omnipotent providence exercises a complete and perfect control over all events that happen, or will happen, in the universe.さらに、全能の神の摂理の完全な演習として起こるすべてのイベントを完全に支配して、またはが起こるかは、宇宙の中です。 How is this secured without infringement of man's freedom?どのように担保なしでは、この男の自由を侵害か? Here is the problem which two distinguished schools in the Church--both claiming to represent the teaching, or at any rate the logical development of the teaching of St. Thomas--attempt to solve in different ways.ここでは2つの問題では、教会の名門校-の両方を代表して教えることを主張する、またはいずれにせよ、教えることは、論理の発展のセントトマス-さまざまな方法で解決しようとします。 The heresies of Luther and Calvin brought the issue to a finer point than it had reached in the time of Aquinas, consequently he had not formally dealt with it in its ultimate shape, and each of the two schools can cite texts from the works of the Angelic Doctor in which he appears to incline towards their particular view.ルーサーのheresiesの問題をもたらしたとするカルヴィン細かい点に達していたよりも時間がアクィナスのは、そのため彼は正式に対応していないことは、究極の形状があり、それぞれ2つの学校の教科書から作品を引き合いに出すことは、エンジェリック医師は彼に向かって坂を特定のビューに表示されています。

Thomist and Molinist Theories molinist理論とthomist

The Dominican or Thomist solution, as it is called, teaches in brief that God premoves each man in all his acts to the line of conduct which he subsequently adopts.ドミニカ共和国thomist 、または解決策として呼ばれることは、神の教えを簡潔にして、すべての男premoves各ラインの彼の行為を行う彼はその後に採用されます。 It holds that this premotive decree inclines man's will with absolute certainty to the side decreed, but that God adapts this premotion to the nature of the being thus premoved.それによるとということは、この男の斜めpremotive令で定められた絶対的な確信を側面には、しかし、その神は、この事前の行動に適応しているこのような性質のpremoved 。 It argues that as God possesses infinite power He can infallibly premove man--who is by nature a free cause--to choose a particular course freely, whilst He premoves the lower animals in harmony with their natures to adopt particular courses by necessity.神として保有して主張して彼は完ぺきに無限のパワーpremove男-誰が原因で、無料の性質-特定のコースを自由に選択して、下の動物たちの間で彼p r emoves調和してそれらの特性を採用する必要があって特定のコースです。 Further, this premotive decree being inevitable though adapted to suit the free nature of man, provides a medium in which God foresees with certainty the future free choice of the human being.さらに、この判決が避けられないかかわらずpremotive適合している無料の性質上、スーツの男は、神の予測を提供する媒体に確信を持って、将来の人間を自由に選択しています。 The premotive decree is thus prior in order of thought to the Divine cognition of man's future actions. premotive令は、このように思考するために事前に認知して神の男の未来アクション。 Theologians and philosophers of the Jesuit School, frequently styled Molinists, though they do not accept the whole of Molina's teaching and generally prefer Francisco Suárez's exposition of the theory, deem the above solution unsatisfactory.神学者や哲学者は、イエズス会の学校では、頻繁にmolinistsスタイルは、かれらのモリーナ全体を承認しないと通常の授業を好むの博覧会は、フランシスコスアレス理論的には、満足のいくものと判断、上記の解決策だ。 It would, they readily admit, provide sufficiently for the infallibility of the Divine foreknowledge and also for God's providential control of the world's history; but, in their view, it fails to give at the same time an adequately intelligible account of the freedom of the human will.それは、彼らをあっさり認める、十分に提供するためには、神の先見の無謬性とは、神の摂理のコントロールにも、世界の歴史;しかし、彼らのビューで、それが故障した場合は、同じ時間を与えるのは、自由を十分に理解できるアカウントは、人間がいる。 According to them, the relation of the Divine action to man's will should be conceived rather as of a concurrent than of a premotive character; and they maintain that God's knowledge of what a free being would choose, if the necessary conditions were supplied, must be deemed logically prior to any decree of concurrence or premotion in respect to that act of choice.かれらによると、この関係は、神が人間の行動をしなければならないとの考えというよりも、同時premotiveキャラクター;かれらの知識を維持して、神のものを選択し、無料では、供給された場合に必要な条件は、必要があります。論理的であると判断する前にすべての同意または法令に事前の行動を尊重して行動を選択してください。 Briefly, they make a threefold distinction in God's knowledge of the universe based on the nature of the objects known--the Divine knowledge being in itself of course absolutely simple.簡潔には、かれらを作る三重の区別は、宇宙空間で神の知識に基づいて、既知のオブジェクトの性質-それ自体はもちろん、神の知識が全く単純なものだ。 Objects or events viewed merely as possible, God is said to apprehend by simple intelligence (simplex intelligentia).可能な限りのオブジェクトやイベントを閲覧しただけでは、神様が逮捕さを単純によると知能(シンプレックスintelligentia ) 。 Events which will happen He knows by vision (scientia visionis).どのイベントが起こるかを彼は知っているビジョン( scientia visionis ) 。 Intermediate between these are conditionally future events--things which would occur were certain conditions fulfilled.これらは将来の間の中間条件付きでイベント-特定の条件が発生するものが果たされています。 God's knowledge of this class of contingencies they term scientia media.このクラスは、神の不測の事態にかれらの知識scientiaメディア用語です。 For instance Christ affirmed that, if certain miracles had been wrought in Tyre and Sidon, the inhabitants would have been converted.例えば、キリスト断言し、もし特定の奇跡いた精巧に作られたタイヤやシドンでは、住民が変換されています。 The condition was not realized, yet the statement of Christ must have been true.実現するという条件ではない、しかし、キリストの声明にする必要がありますが本当です。 About all such conditional contingencies propositions may be framed which are either true or false--and Infinite Intelligence must know all truth.不測の事態にそのような条件についてはすべてのフレームが提案される可能性がtrueまたはfalseのどちらか-そしてすべての真実を知っている必要があります知能無限です。 The conditions in many cases will not be realized, so God must know them apart from any decrees determining their realization.この条件を実現されないケースが多いので、知っている必要がありますし、神から離れて自分の実現に任意の政令を決定した。 He knows them therefore, this school holds, in seipsis, in themselves as conditionally future events.したがって彼は知っている彼らは、この学校の保持は、 seipsis 、将来の条件として、自身のイベントです。 This knowledge is the scientia media, "middle knowledge", intermediate between vision of the actual future and simple understanding of the merely possible.この知識は、メディアscientiaは、 "中産知識"は、中間の間で、実際の将来のビジョンとは、単に単純な理解を可能にします。 Acting now in the light of this scientia media with respect to human volitions, God freely decides according to His own wisdom whether He shall supply the requisite conditions, including His co-operation in the action, or abstain from so doing, and thus render possible or prevent the realization of the event.光の演技は、今すぐこのメディアscientia人間volitionsを尊重して、神の知恵を自由に決定するかどうかによると、彼は彼自身の必要条件を供給するなど、彼の行動は、共同での動作、または棄権そうすることは、こうしてレンダリング可能性または、イベントの実現を防ぐためです。 In other words, the infinite intelligence of God sees clearly what would happen in any conceivable circumstances.言い換えれば、神の無限の知性を明確に何が起きるか見て、いかなる状況で考えています。 He thus knows what the free will of any creature would choose, if supplied with the power of volition or choice and placed in any given circumstances.こうして彼は知っておられるすべての生き物は、自由意志を選択し、意志の力に付属している場合や、いかなる状況下に置かれると選択します。 He now decrees to supply the needed conditions, including His corcursus, or to abstain from so doing.彼は今令を供給するのに必要な条件は、彼を含めcorcursus 、あるいはそうすることを慎むこと。 He thus holds complete dominion and control over our future free actions, as well as over those of a necessary character.彼は完全な支配権を保持しこうして私たちの将来の自由な行動をコントロールするだけでなく、それらをやり直す必要なキャラクターだ。 The Molinist then claims to safeguard better man's freedom by substituting for the decree of an inflexible premotion one of concurrence dependent on God's prior knowledge of what the free being would choose.次にmolinist主張して、より良い男の自由を守るために、政令を置き換えて事前の行動の1つは、融通の利かない神様の事前の同意に依存してフリーでは、どのような知識を選択しています。 If given the power to exert the choice.与えられた権限を行使する場合に選択します。 He argues that he exempts God more clearly from all responsibility for man's sins.彼はもっとはっきりと主張して彼は神からの免除の男の罪をすべての責任を負う。 The claim seems to the present writer well founded; at the same time it is only fair to record on the other side that the Thomist urges with considerable force that God's prescience is not so understandable in this, as in his theory.クレームのように、現在の作家の井戸を設立;それと同時にそれは公正のみを記録して、他の側には、かなりの力を求めるthomist予知して、神の理解ではありませんので、このように、自分の理論です。 He maintains, too, that God's exercise of His absolute dominion over all man's acts and man's entire dependence on God's goodwill are more impressively and more worthily exhibited in the premotion hypothesis.彼は維持でも、彼の絶対的な運動をして、神の支配のすべての男と男の行為に依存して、神ののれん全体がもっともっと立派に感心させられるとは、事前の行動仮説を展示します。 The reader will find an exhaustive treatment of the question in any of the Scholastic textbooks on the subject.読者は、完全な治療法を見つけるのは問題では、教科書の学力のいずれかの件名です。

Free will and the Protestant Reformers自由意志とプロテスタントの宗教改革

A leading feature in the teaching of the Reformers of the sixteenth century, especially in the case of Luther and Calvin, was the denial of free will.教えることで、業界を代表する特徴は、 16世紀の改革派は、特にルターとカルヴィン例は、拒否の自由意志だった。 Picking out from the Scriptures, and particularly from St. Paul, the texts which emphasized the importance and efficacy of grace, the all-ruling providence of God, His decrees of election or predestination, and the feebleness of man, they drew the conclusion that the human will, instead of being master of its own acts, is rigidly predetermined in all its choices throughout life.聖書摘みアウトから、特に聖パウロからは、どの教科書の重要性を強調し、効果の恵みを受けて、神の摂理のすべての判決は、彼の宿命令の選挙や、人間の弱さや、彼らドリューという結論に人間は、マスタれているのではなく、独自の行為は、すべての選択肢では、あらかじめ決められた堅く生涯を通してです。 As a consequence, man is predestined before his birth to eternal punishment or reward in such fashion that he never can have had any real free-power over his own fate.その結果、男は、彼の誕生を前にpredestined永遠の懲罰や報奨金などのファッションしていた彼は決してどんなことが本当の自分の運命を超える電力自由です。 In his controversy with Erasmus, who defended free will, Luther frankly stated that free will is a fiction, a name which covers no reality, for it is not in man's power to think well or ill, since all events occur by necessity.彼のエラスムス論争して、無料の弁護人は、ルーサー率直には、フィクションの自由意志に記載して、名前をカバーしていない現実には、男の力ではないと考えるのが良いか悪いは、必然的に発生するすべてのイベント以来です。 In reply to Erasmus's "De Libero Arbitrio", he published his own work, "De Servo Arbitrio", glorying in emphasizing man's helplessness and slavery.エラスムスの返信には"デarbitrioリベロ"と、彼は、自分の仕事を公開、 "デサーボarbitrio " 、 glorying男の無力さを強調し、奴隷制度です。 The predestination of all future human acts by God is so interpreted as to shut out any possibility of freedom.将来の宿命のすべての人間の行為として解釈されるので、神は、あらゆる可能性を閉め出す自由です。 An inflexible internal necessity turns man's will whithersoever God preordains.融通の利かない男の内部には、方向転換の必要性whithersoever神preordains 。 With Calvin, God's preordination is, if possible, even more fatal to free will.カルヴィンとは、神のpreordinationが、もし可能であれば、さらに多くの自由意志に致命的だ。 Man can perform no sort of good act unless necessitated to it by God's grace which it is impossible for him to resist.男を実行するために必要とされない限りないような善意の行為をすることによって、神の恵みが彼に抵抗することは不可能です。 It is absurd to speak of the human will "co-operating" with God's grace, for this would imply that man could resist the grace of God.それは、人間の不条理を話すのは、 "共同営業"して、神の恵みは、あの男が、この意味は、神の恵みに抵抗する。 The will of God is the very necessity of things.神の意志には、非常に必要なことです。 It is objected that in this case God sometimes imposes impossible commands.このような場合に反対することは、神がときどき不可能なコマンドを課す。 Both Calvin and Luther reply that the commands of God show us not what we can do but what we ought to do.カルビンやルターの両方のコマンドを返信して、神を見せていない我々にできることは何でも私たちがすべきことは何です。 In condemnation of these views, the Council of Trent declared that the free will of man, moved and excited by God, can by its consent co-operate with God, Who excites and invites its action; and that it can thereby dispose and prepare itself to obtain the grace of justification.これらの意見を非難し、トレントの評議会は、人間の自由と宣言して、神の感動と興奮を、共同で運営することに同意したが、神は、その人の行動に誘うワクワクさと、そしてそれを処分することができると覚悟正当化の恩恵を得ることです。 The will can resist grace if it chooses.グレースの場合は、レジストできることに同意します。 It is not like a lifeless thing, which remains purely passive.気の抜けたようなものではない、これは純粋に消極的だ。 Weakened and diminished by Adam's fall, free will is yet not destroyed in the race (Sess. VI, cap. i and v).アダムの弱体化と減少した秋、自由意志で破壊されたこのレースは、まだありません( sess. viのは、キャップです。私と5 ) 。

Free Will in Modern Philosophy現代哲学の自由意志

Although from Descartes onward, philosophy became more and more separated from theology, still the theological significance of this particular question has always been felt to be of the highest moment.デカルトからオンワードにもかかわらず、ますます多くの哲学が神学から隔てられ、いまだにこの特定の神学的意義について疑問を感じたのは常に最高の瞬間だ。 Descartes himself at times clearly maintains the freedom of the will (Meditations, III and IV).デカルトは時々自分自身の自由の意志を明確に維持する( meditations 、 3世およびiv ) 。 At times, however, he attenuates this view and leans towards a species of providential determinism, which is, indeed, the logical consequence of the doctrines of occasionalism and the inefficacy of secondary causes latent in his system.時々 、しかし、彼はこの減衰を表示してある種の摂理に向かっleans決定論、これは、実際のところ、その教説の論理的帰結としての無効力偶因論と彼の潜在的原因の続発システムです。

Malebranche developed this feature of Descartes's teaching.この機能の開発マルブランシュデカルトの教示ください。 Soul and body cannot really act on each other.魂と体に基づいて行動することはできません本当にお互い。 The changes in the one are directly caused by God on the occasion of the corresponding change in the other. 1つの変化が直接の原因とされた神の席上で、他の変化に対応する。 So-called secondary causes are not really efficacious.いわゆる二次本当にあらたかな原因ではない。 Only the First Cause truly acts.最初の原因を真に行為のみです。 If this view be consistently thought out, the soul, since it possesses no genuine causality, cannot be justly said to be free in its volitions.このビューを表示する場合に常に考えてみると、魂は、保有していないので、正規の因果関係は、当然とされることはできませんが、 volitions無料です。 Still, as a Catholic theologian, Malebranche could not accept this fatalistic determinism.それでも、カトリック神学者として、このマルブランシュ宿命論決定論を受け入れることができなかった。

Accordingly he defended freedom as essential to religion and morality.したがって彼の自由を擁護したとして宗教や道徳に欠かせない。 Human liberty being denied, God should be deemed cruel and unjust, whilst duty and responsibility for man cease to exist.人間の自由を否定したが、神にしなければならないとみなし残酷な不当な、男性間の義務と責任を負う存在することをやめる。 We must therefore be free.したがって自由にしなければならない。 Spinoza was more logical.スピノザは、複数の論理だ。 Starting from certain principles of Descartes, he deduced in mathematical fashion an iron-bound pantheistic fatalism which left no room for contingency in the universe and still less for free will.特定の原則から始まるデカルトは、数学的なファッションで彼は、鉄の推定に縛られた運命論汎神論有事の余地が残っていないとは、宇宙を無料ではまだ少ない。 In Leibniz, the prominence given to the principle of sufficient reason, the doctrine that man must choose that which the intellect judges as the better, and the optimistic theory that God Himself has inevitably chosen the present as being the best of all possible worlds, these views, when logically reasoned out, leave very little reality to free will, though Leibniz set himself in marked opposition to the monistic geometrical necessarianism of Spinoza.ライプニッツでは、隆起性の原則を十分に与えられた理由は、あの男の教義を選択する必要がありますが、裁判官としての知性のより良い、との楽観論は、必然的に自分自身を神に選ばれ、現在のようにすべての可能な世界最高のは、これらの見解は、論理的に理路整然とするときは、現実にはほとんど休暇を自由意志が、自分自身で設定ライプニッツマークmonistic幾何学的宿命論に反対し、スピノザ。

In England the mechanical materialism of Hobbes was incompatible with moral liberty, and he accepted with cynical frankness all the logical consequences of his theory.英国では、機械的唯物論ホッブズは、道徳的自由の互換性がない、と彼は皮肉な率直利用して自分の理論のすべての論理的帰結です。 Our actions either follow the first appetite that arises in the mind, or there is a series of alternate appetites and fears, which we call deliberation.我々の最初のアクションのいずれかに従って食欲が発生して心の中にある、あるいはシリーズの異なる食欲があるとの懸念は、我々に電話を審議した。 The last appetite or fear, that which triumphs, we call will.最後の食欲や恐怖、功績というものは、我々に電話をします。 The only intelligible freedom is the power to do what one desires.理解できるだけの自由は、自分の欲望の電源を行う。 Here Hobbes is practically at one with Locke.ここでは、実質的には1つのホッブズロックしている。 God is the author of all causes and effects, but is not the author of sin, because an action ceases to be sin if God wills it to happen.神は、作者のすべての原因と影響が、これは、作者の罪は、罪のために行動を停止される場合に、神の意志に起こることです。 Still God is the cause of sin.まだ神は、罪の原因です。 Praise and blame, rewards and punishments cannot be called useless, because they strengthen motives, which are the causes of action.賞罰、報酬と呼ばれる無用の処分することはできませんので、彼らの動機を強化する、それは、行動の原因です。 This, however, does not meet the objection to the justice of such blame or praise, if the person has not the power to abstain from or perform the actions thus punished or rewarded.これは、しかし、その反対を満たしていないせいか、そのような正義を称賛、していない人がいる場合は、電源を慎むことやアクションを実行してこのように罰せられるか報われる。 Hume reinforced the determinist attack on free will by his suggested psychological analysis of the notion or feeling of "necessity".ヒュームの攻撃を強化、自由意志決定論心理的な分析は、提案された彼の考えや気持ち"の必要性"です。 The controversy, according to him, has been due to misconception of the meaning of words and the error that the alternative to free will is necessity.その論争は、彼によると、誤解されてためには、言葉の意味や、エラーが発生して、代替品を自由意志が必要です。 This necessity, he says, is erroneously ascribed to some kind of internal nexus supposed to bind all causes to their effects, whereas there is really nothing more in causality than constant succession.この必要性は、彼によれば、誤って生得的にはいくつかの種類のすべての原因となる内部ネクサス仮定して効果をバインドするが、そこに因果関係は本当に何もないよりももっと定数継承します。 The imagined necessity is merely a product of custom or association of ideas.必要なのは単に想像の産物カスタムまたは協会のアイデアです。 Not feeling in our acts of choice this necessity, which we attribute to the causation of material agents, we mistakenly imagine that our volitions have no causes and so are free, whereas they are as strictly determined by the feelings or motives which have gone before, as any material effects are determined by their material antecedents.我々の感覚ではなく、この行為を選択する必要性は、どの属性を我々の因果関係の材料エージェントは、我々が我々の想像誤っvolitionsがないので原因とは、無料のが、彼らは厳密に決定されるような感情や動機がある以前は、任意の材料として決定される効果は、材料家系です。 In all our reasonings respecting other persons, we infer their future conduct from their wonted action under particular motives with the same sort of certainty as in the case of physical causation.他のすべての人々が私たちの理由づけを尊重し、私たちの将来の推測の下で特定のアクションを行う慣れたから彼らの動機として確信して、同じような例は、物理的な因果関係です。

The same line of argument was adopted by the Associationist School down to Bain and J. S. Mill.同じラインの引数は、会員の学校で採択されたJSミルベインアンドダウンしています。 For the necessity of Hobbes or Spinoza is substituted by their descendants what Professor James calls a "soft determinism", affirming solely the invariable succession of volition upon motive.ホッブズスピノザの必要性やその子孫は、置換されるジェームズコール教授は、どのような"やわらかな決定論"は、肯定の意志だけで、連続して不変の動機です。 J. S. Mill merely developed with greater clearness and fuller detail the principles of Hume.単に開発されたJSミルとフラーの詳細をもっと透明ヒュームの原則です。 In particular, he attacked the notion of "constraint" suggested in the words necessity and necessarianism, whereas only sequence is affirmed.特に、彼を攻撃するという考えは、 "制約"と宿命論の必要性を提案したが、言葉が、配列だけは断言します。 Given a perfect knowledge of character and motives, we could infallibly predict action.完璧な知識を与えられた文字や動機は、いつも我々が行動を予測する。 The alleged consciousness of freedom is disputed.疑惑の意識の自由は、係争中だ。 We merely feel that we choose, not that we could choose the opposite.我々が我々の選択を感じるだけではなく、我々が選択して反対しています。 Moreover the notion of free will is unintelligible.また、自由意志の概念は理解できない。 The truth is that for the Sensationalist School, who believe the mind to be merely a series of mental states, free will is an absurdity.人騒がせをするのは、真実のための学校は、信仰する者の心に、一連の精神状態だけで、自由意志は、不条理です。 On the other side, Reid, and Stewart, and Hamilton, of the Scotch School, with Mansel, Martineau, W.J. Ward, and other Spiritualist thinkers of Great Britain, energetically defended free will against the disciples of Hume.して、他の面では、レイド、とスチュワート氏は、ハミルトンとは、学校では、スコッチで、マンセルは、マーティノー、 wj病棟は、降霊術やその他の偉大な思想家、英国では、精力的に反対の弟子の自由意志擁護ヒューム。 They maintained that a more careful analysis of volition justified the argument from consciousness, that the universal conviction of mankind on such a fact may not be set aside as an illusion, that morality cannot be founded on an act of self-deception; that all languages contain terms involving the notion of free will and all laws assume its existence, and that the attempt to render necessarianism less objectionable by calling it determinism does not diminish the fatalism involved in it.彼らを維持し、より慎重に分析して正当化の議論の意志意識から、それは人類の普遍的確信してこのような事実を空けておくことはできません幻想として、それを設立することはできません道徳上の自己欺瞞する行為;しているすべての言語関連用語の概念に含まれるすべての法律の自由意志の存在を想定し、宿命論を行おうとしてあまり好ましくないことを呼び出すことによって、運命論決定論関与していないことを減少させる。 The truth that phenomenalism logically involves determinism is strikingly illustrated in Kant's treatment of the question.現象論的決定論を論理的には、真実を説明したのは、ひときわカントの治療の問題です。 His well-known division of all reality into phenomena and noumena is his key to this problem also.彼のよく知られた師団のすべての現象や現実には、彼の鍵をnoumenonの複数形でもこの問題を解決します。 The world as it appears to us, the world of phenomena, including our own actions and mental states, can only be conceived under the form of time and subject to the category of causality, and therefore everything in the world of experience happens altogether according to the laws of nature; that is, all our actions are rigidly determined.それが表示されたら、私たちの世界としては、世界の現象は、私たち自身の行動や精神状態を含め、下のフォームに考えられたことによってのみの時間との因果関係のカテゴリを対象とし、それゆえに、世界のすべての経験によると、完全に起こる自然の法則;それは、私たちの行動はすべての決定をこわばらせています。 But, on the other hand, freedom is a necessary postulate of morality: "Thou canst, because thou oughtest."しかし、その一方で、必要な自由は、道徳性の公準: "なたcanの二人称単数、なたoughtestためです。 " The solution of the antinomy is that the determinism concerns only the empirical or phenomenal world.この矛盾を解決するのは、驚異的な決定論の懸念や経験だけの世界だ。 There is no ground for denying liberty to the Ding an sich.グラウンドがないために、自由に物自体を否定しています。 We may believe in transcendental freedom, that we are noumenally free.我々の自由を超越可能性を信じて、私たちはそのnoumenally無料です。 Since, moreover, the belief that I am free and that I am a free cause, is the foundation stone of religion and morality, I must believe in this postulate.以来、しかも、無料で、私は信じているということを私は、無料の原因は、宗教や道徳の礎石、私を信じて、この公準する必要があります。 Kant thus gets over the antinomy by confining freedom to the world of noumena, which lie outside the form of time and the category of causality, whilst he affirms necessity of the sensible world, bound by the chain of causality.こうして取得されたカントの二律背反の世界に閉じ込めnoumenonの複数の自由は、これ以外の形での時間とうそをつくのカテゴリの因果関係は、その必要性を肯定間彼は賢明な世界では、因果関係の鎖に縛られるのです。 Apart from the general objection to Kant's system, a grave difficulty here lies in the fact that all man's conduct--his whole moral life as it is revealed in actual experience either to others or himself--pertains in this view to the phenomenal world and so is rigidly determined.カントを離れてからの異議申立制度全般は、ここには重大な困難があるという事実をすべての人間の行為を-彼の全体としての道徳的な生活を実際に体験することが明らかにどちらかを他人や自分自身-が関係して、このビューと驚異的な世界今は、堅く決意した。

Though much acute philosophical and psychological analysis has been brought to bear on the problem during the last century, it cannot be said that any great additional light has been shed over it.急性かかわらず多くの哲学や心理学的分析を持って来られたクマの問題は、前世紀の間に、どんなことができない、ということは非常に追加されて光を当てるやり直すことです。 In Germany, Schopenhauer made will the noumenal basis of the world and adopted a pessimistic theory of the universe, denying free will to be justified by either ethics or psychology.ドイツでは、ショーペンハウアー前には、世界的には、本体と悲観的な理論を採用し、宇宙の自由意志を否定しても正当化された倫理や心理学のどちらかだ。 On the other hand, Lotze, in many respects perhaps the acutest thinker in Germany since Kant, was an energetic defender of moral liberty.その半面、ロッツェ、おそらく、多くの点ではドイツ以来アキュテスト思想家カントは、道徳的自由の擁護者は、エネルギッシュです。 Among recent psychologists in America Professors James and Ladd are both advocates of freedom, though laying more stress for positive proof on the ethical than on the psychological evidence.最近のアメリカの心理学者の間では、両方の教授ラッドジェームズと自由の擁護派が、より多くのストレスを敷設して倫理よりも肯定的な証拠は、心理的な証拠です。

THE ARGUMENT引数

As the main features of the doctrine of free will have been sketched in the history of the problem, a very brief account of the argument for moral freedom will now suffice.主な機能として、自由意志学説のスケッチが、問題の歴史の中で、非常に簡単なアカウントは、今後十分な議論を道徳的自由です。 Will viewed as a free power is defined by defenders of free will as the capacity of self-determination.閲覧は無料の電源としては、守備の自由意志として定義され、民族自決の容量です。 By self is here understood not a single present mental state (James), nor a series of mental states (Hume and Mill), but an abiding rational being which is the subject and cause of these states.自分がここで、 1つの現在の精神状態を理解していない(ジェームズ) 、また、一連の精神状態(ヒュームとミル)は、合理的ではなく、変わらぬきている原因は、これらの国に服従しています。 We should distinguish between:区別しなければならない:

spontaneous acts, those proceeding from an internal principle (e.g. the growth of plants and impulsive movements of animals);自発的な行為は、これらの論文から、内部の原理(例えば、植物の成長や動物の衝動的な動き) ;

voluntary acts in a wide sense, those proceeding from an internal principle with apprehension of an end (e.g. all conscious desires);自発的な行為は、広い意味では、これらの原則を心配して、内部からの論文の終止符(例えば、すべての意識的な欲望) ;

and, finally those voluntary in the strict sense, that is, deliberate or free acts.そして、最後には、それらの自発的な厳格な意味では、それは、故意または自由な行為だ。

In such, there is a self-conscious advertence to our own causality or an awareness that we are choosing the act, or acquiescing in the desire of it.このようには、私たち自身の自意識の留意因果関係を意識してか、我々はその行為を選択する、またはacquiescingの欲望のことです。 Spontaneous acts and desires are opposed to coaction or external compulsion, but they are not thereby morally free acts.自発的な行為や欲望は、共働や外部の強制に反対して、かれらが道徳的に自由な行為ではない。 They may still be the necessary outcome of the nature of the agent as, e.g.彼らがまだ必要なエージェントの性質の結果として、例えば the actions of lower animals, of the insane, of young children, and many impulsive acts of mature life.動物の行動の引き下げは、非常識なのは、幼い子どもたちは、多くの中高年の生活直情的な行為だ。 The essential feature in free volition is the element of choice--the vis electiva, as St. Thomas calls it.自由意志で、本質的な特徴は、要素の選択-可視e lectiva、セントトマスとして通話することです。 There is a concomitant interrogative awareness in the form of the query "shall I acquiesce or shall I resist? Shall I do it or something else?", and the consequent acceptance or refusal, ratification or rejection, though either may be of varying degrees of completeness.付随的な疑問があるという形では、クエリの意識"わたしわたしレジストまたは黙認ですか、それとも何かほかには、よいですか? " 、およびその結果の受け入れまたは拒絶は、批准又は拒絶反応が、さまざまな程度のどちらかのかもしれない完全であることです。 It is this act of consent or approval, which converts a mere involuntary impulse or desire into a free volition and makes me accountable for it.それは、この行為の同意や承認は、単なる不随意に変換する衝動や欲望を自由意志と責任があることを知っています。 A train of thought or volition deliberately initiated or acquiesced in, but afterward continued merely spontaneously without reflective advertence to our elective adoption of it, remains free in causa, and I am therefore responsible for it, though actually the process has passed into the department of merely spontaneous or automatic activity.列車の思考や意志や意図的に開始さacquiescedでは、しかし、その後引き続き留意反射せずに単に自然の養子縁組を選択することを我々は、無料で遺跡を予期して、私はその責任を負うことは、その過程かかわらず、実際には、理学研究科に合格単に自然や自動活動です。 A large part of the operation of carrying out a resolution, once the decision is made, is commonly of this kind.大部分の操作を遂行する決議案を、決断を下すのは前に一度、この種のは、普通です。 The question of free will may now be stated thus.自由な質問かもしれませんが、今すぐにこのように記載します。 "Given all the conditions requisite for eliciting an act of will except the act itself, does the act necessarily follow?" "与えられた条件のすべての要件を誘発する行為は、その行為自体を除いては、その行為は必然的に従うか? " Or, "Are all my volitions the inevitable outcome of my character and the motives acting on me at the time?"または、 "私はすべての必然的な結果volitions私のキャラクターと演技して私には、時間的な動機ですか? " Fatalists, necessarians, determinists say "Yes". fatalists 、 necessarians 、 determinists言う"はい" 。 Libertarians, indeterminists or anti-determinists say "No. The mind or soul in deliberate actions is a free cause. Given all the conditions requisite for action, it can either act or abstain from action. It can, and sometimes does, exercise its own causality against the weight of character and present motives.自由の擁護、反determinists言うindeterministsまたは"いいえ、心や魂には、慎重な行動を引き起こす無料です。与えられたすべての行動のための必須条件は、いずれかの行為または棄権することができますアクションです。こと、そしてときどきは、独自の運動因果関係に対する動機と現在の体重のキャラクターです。

Proof証拠

The evidence usually adduced at the present day is of two kinds, ethical and psychological--though even the ethical argument is itself psychological.その証拠adduced現今では、通常は2つの種類は、倫理的及び心理的な-にもかかわらず、倫理的な議論は、心理学そのものです。

(1) Ethical Argument ( 1 )倫理的な議論

It is argued that necessarianism or determinism in any form is in conflict with the chief moral notions and convictions of mankind at large.宿命論決定論を主張したりすることは、いかなる形式においても、道徳的な概念と対立して首席で大規模な人類の信念だ。 The actual universality of such moral ideas is indisputable.道徳的なアイデアを実際にはそのような普遍性を疑う。 Duty, moral obligation, responsibility, merit, justice signify notions universally present in the consciousness of normally developed men.義務は、道徳的義務は、責任を持って、メリットは、正義の普遍的に存在する概念を意味する通常、開発者の意識の男性です。 Further, these notions, as universally understood, imply that man is really master of some of his acts, that he is, at least at times, capable of self-determination, that all his volitions are not the inevitable outcome of his circumstances.さらに、これらの概念は、普遍的に理解したとして、暗にあの男は本当に自分の行為をいくつかのマスターは、その彼は、少なくとも時々は、自決する能力が、彼は、すべての必然的な結果ではないvolitions彼の状況です。 When I say that I ought not to have performed some forbidden act, that it was my duty to obey the law, I imply that I could have done so.していないはずだと言って私にはいくつかの公演を禁じられた行為は、私の義務に従うことは、法では、私が私を意味する可能性があるそうです。 The judgment of all men is the same on this point.すべての人の判断は、この時点で同じように表示されます。 When we say that a person is justly held responsible for a crime, or that he deserves praise or reward for an heroic act of self-sacrifice, we mean that he was author and cause of that act in such fashion that he had it in his power not to perform the act.そのときに私たちが言うように人が公正に行われた犯罪の責任を負う、またはその彼は称賛に値するかの英雄的行為に報いるために自己を犠牲にする、ということで我々の作者であり、彼はこのような行為の原因にして彼はそれを彼のファッション電源を実行しないようにする行為だ。 We exempt the insane or the child, because we believe them devoid of moral freedom and determined inevitably by the motives which happened to act on them.我々の非常識免除またはその子供は、かれら欠いていると思われるので、必然的に決定される自由と道徳的な動機に基づいて行動することが起こっているかを。 So true is this, that determinists have had to admit that the meaning of these terms will, according to their view, have to be changed.だから真は、これは、 deterministsがあったことを認めることの意味は、これらの利用規約によれば、彼らのビューで、変更しなければならない。 But this is to admit that their theory is in direct conflict with universal psychological facts.しかし、これは、自分の理論を認めることは、普遍的心理学的な事実に直接競合しています。 It thereby stands disproved.反証が立っている。 Again, it may be urged that, if logically followed out, the determinist doctrine would annihilate human morality, consequently that such a theory cannot be true.再度、求めたことかもしれないが、論理的に続いている場合、全滅させるのは、人間の道徳教義決定論は、このような結果が真の理論することはできません。 (See FATALISM.) (運命論を参照してください。 )

(2) Psychological Argument ( 2 )心理的な議論

Consciousness testifies to our moral freedom.我々の道徳的な意識の自由を証明しています。 We feel ourselves to be free when exercising certain acts.我々が自由に自分自身を感じるときに特定の行為を行使した。 We judge afterwards that we acted freely in those acts.その後我々を判断して、これらの行為に我々を自由に行動します。 We distinguish them quite clearly from experiences, in which we believe we were not free or responsible.かなり明確に区別して我々の経験から、私たちは信じていないが、無料もしくは我々の責任です。 The conviction is not confined to the ignorant; even the determinist psychologist is governed in practical life by this belief.閉じ込められたのではないという信念に無知;決定論者でさえ、心理学者は、実用的な生活の中で、この信念を支配した。 Henry Sidgwick states the fact in the most moderate terms, when he says:ヘンリーシジウィック州で、最も穏健な条件という事実は、時と彼は言います:

Certainly in the case of actions in which I have a distinct consciousness of choosing between alternatives of conduct, one of which I conceive as right or reasonable, I find it impossible not to think that I can now choose to do what I so conceive, however strong may be my inclination to act unreasonably, and however uniformly I may have yielded to such inclinations in the past (Methods of Ethics).確かには、例のアクションを選択する意識を持って明確な代案を行う間、私の構想の一つとしての合理的な権利や、私を見つけることは不可能だと思う私にはどうしたらいいんを選択できるようになりましたので思い付く、しかし私の傾斜を強いかもしれない不当行為は、可能性があると私に屈した一様しかしこのような傾向は、過去に(メソッドの倫理) 。

The force of the evidence is best realized by carefully studying the various mental activities in which freedom is exercised.の力によって実現するのが最善の証拠を慎重に検討し、様々な精神活動の自由は、これを行使しています。 Amongst the chief of these are: voluntary attention, deliberation, choice, sustained resistance to temptation.これらの中には、長:自主的な注目は、審議、選択肢は、持続的な誘惑に抵抗している。 The reader will find them analyzed at length by the authors referred to at the end of this article; or, better still, he can think them out with concrete examples in his own inner experience.かれらの分析で見つけるのリーダーの長さは、作者の末に言及し、この記事;たり、より良いまだ、彼のことをして具体的な例では、自分の内面を経験する。

Objections異議申し立て

The main objection to this argument is stated in the assertion that we can be conscious only of what we actually do, not of our ability to do something else.この引数は、メインに記載され異議を主張することができるだけの意識がどのように実際には我々ではなく、我々の能力を何かほかのです。 The reply is that we can be conscious not only of what we do, but of how we do it; not only of the act but of the mode of the act.その返信できるのは、我々がどのようなことを意識していないだけではなく、私たちはどのようにすること;しかし行為だけでなく、その行為のモードです。 Observation reveals to us that we are subjects of different kinds of processes of thought and volition.観測によると、私たちが、私たちはさまざまな種類の科目の思考のプロセスや意志だ。 Sometimes the line of conscious activity follows the direction of spontaneous impulse, the preponderating force of present motive and desire; at other times we intervene and exert personal causality.ときどき、セリフの方向性を意識し、自発的活動を以下のとおりですインパルスは、現在の動機と欲望の力preponderating ;またある時に我々の介入や個人的な因果関係を発揮します。 Consciousness testifies that we freely and actively strengthen one set of motives, resist the stronger inclination, and not only drift to one side but actively choose it.意識を証明して私たちを自由に設定すると、 1つの動機を積極的に強化し、抵抗の強い傾斜、および1つの側面だけでなく、漂流してでも積極的に選択してください。 In fact, we are sure that we sometimes exert free volition, because at other times we are the subject of conscious activities that are not free, and we know the difference.実際、我々は自由意志を確認して我々を発揮時には、他の時代のために、私たちは活動の対象を意識していない無料で、我々の違いを知っています。 Again, it is urged that experience shows that men are determined by motives, and that we always act on this assumption.繰り返しますが、その経験を促したことが決定される男性は動機を示している、として我々はいつも、この仮定に基づいて行動する。 The reply is that experience proves that men are influenced by motives, but not that they are always inexorably determined by the strongest motive.経験が証明して返信して、男性は動機に左右されるが、彼らは常にしていない容赦なく最強の動機に基づいて決定されます。 It as alleged that we always decide in favour of the strongest motive.我々はいつもそれを決めるよう主張して最強の動機を支持しています。 This is either untrue, or the barren statement that we always choose what we choose.これは真実ではないのいずれか、またはその不毛の声明を我々はいつも我々が選択するものを選択してください。 A free volition is "a causeless volition".自由意志では、 "正当な理由の意志" 。 The mind itself is the cause.心そのものがその原因だ。 (For other objections see FATALISM; ENERGY, THE LAW OF THE CONSERVATION OF; and the works referred to at the end of this article.) (その他の異議を参照してください運命論;エネルギーは、この法律の保全;と言及し、作品の最後にこの記事です。 )

NATURE AND RANGE OF MORAL LIBERTY自然と道徳的自由の範囲

Free will does not mean capability of willing in the absence of all motive, or of arbitrarily choosing anything whatever.自由意志という意味ではありません能力の欠如を喜んですべての動機は、恣意的に選ぶか、どのようなものです。 The rational being is always attracted by what is apprehended as good.合理的に惹かれるのは、いつも何が良いとして逮捕した。 Pure evil, misery as such, man could not desire.純粋な悪は、惨めなように、欲望の男ができなかった。 However, the good presents itself in many forms and under many aspects--the pleasant, the prudent, the right, the noble, the beautiful--and in reflective or deliberate action we can choose among these.しかし、それ自体の良い女性の下で、いろいろな形で、多くの側面-の快適は、慎重な、右には、崇高な、美しい-反射または故意の行為との間でこれらを選択することができます。 The clear vision of God would necessarily preclude all volition at variance with this object, but in this world we never apprehend Infinite Good.明確なビジョンを、神の意志では、必ずしもすべての差異を妨ぐこのオブジェクトは、我々がこの世界では決して良い無限を逮捕した。 Nor does the doctrine of free will imply that man is constantly exerting this power at every waking moment, any more than the statement that he is a "rational" animal implies that he is always reasoning.またその教義は自由意志を意味し、この権力行使の男が絶えず起きている瞬間ごとに、任意の声明を超える彼は、 "合理的な"を意味して彼はいつも動物推論。 Much the larger part of man's ordinary life is administered by the machinery of reflex action, the automatic working of the organism, and acquired habits.多くの普通の男の人生の大きな部分は、機械の反射作用によって投与されると、自動での微生物の作業、および後天性習慣です。 In the series of customary acts which fill up our day, such as rising, meals, study, work, etc., probably the large majority are merely "spontaneous" and are proximately determined by their antecedents, according to the combined force of character and motive.シリーズの慣習的な行為は、私たちの一日を満タンには、上昇するなど、食事、勉強、仕事などは、おそらくその大多数は、単に"自発的"とは、自分の家系に基づいて決定さ近接によると、連合軍のキャラクターと動機です。 There is nothing to arouse special volition, or call for interference with the natural current, so the stream of consciousness flows smoothly along the channel of least resistance.意志を抱かせる特別なことは何もない、あるいは現在の自然を求める干渉して、スムーズに流れるので、意識の流れに沿って、チャネルの抵抗を最小です。 For such series of acts we are responsible, as was before indicated, not because we exert deliberate volition at each step, but because they are free in causa, because we have either freely initiated them, or approved them from time to time when we adverted to their ethical quality, or because we freely acquired the habits which now accomplish these acts.我々はこのような一連の行為の責任は、前に示されたとして、意図的意志を行使しないため、それぞれの段階で我々が、死因があっても無料で、自由に開始したため、我々はそれらのいずれか、または承認してからの時間を時期に我々 adverted彼らの倫理的な品質を、あるいは後天性のため、我々の習慣を今すぐ自由にこれらの行為を達成した。 It is especially when some act of a specially moral complexion is recognized as good or evil that the exertion of our freedom is brought into play.これは特に、いくつかの道徳的な行為は、特別に認められて顔色がいいか悪いのは、私たちの自由がもたらされるの労作を再生します。 With reflective advertence to the moral quality comes the apprehension that we are called on to decide between right and wrong; then the consciousness that we are choosing freely, which carries with it the subsequent conviction that the act was in the strictest sense our own, and that we are responsible for it.道徳的な品質を反射して来る留意して、我々は不安と呼ばれることを決定して正邪をわきまえる;それから意識して、我々は自由に選択し、これを運ぶの信念に基づいて行動するが、その後のことは私たち自身の感覚で最も厳しい、と我々はその責任を負いかねます。

CONSEQUENCES帰結

Our moral freedom, like other mental powers, is strengthened by exercise.我々の道徳的な自由、精神のような他の列強は、運動が強化された。 The practice of yielding to impulse results in enfeebling self-control.衝動に屈服して、練習の成果でも自制心を弱らせる。 The faculty of inhibiting pressing desires, of concentrating attention on more remote goods, of reinforcing the higher but less urgent motives, undergoes a kind of atrophy by disuse.学部の欲望の抑制を押して、より多くの注意を集中リモート品は、緊急の補強が高いほど少ない動機だが、種の中で廃用性萎縮された。 In proportion as a man habitually yields to intemperance or some other vice, his freedom diminishes and he does in a true sense sink into slavery.常習的には一人の男としての割合をintemperanceまたはいくつかの他の副利回りは、彼の自由diminishesと彼は真の意味では、奴隷制度に沈む。 He continues responsible in causa for his subsequent conduct, though his ability to resist temptation at the time is lessened.彼は彼の死因を続け、その後の行動に責任が、彼の能力を誘惑と戦う時には緩和します。 On the other hand, the more frequently a man restrains mere impulse, checks inclination towards the pleasant, puts forth self-denial in the face of temptation, and steadily aims at a virtuous life, the more does he increase in self-command and therefore in freedom.その半面、もっと頻繁に、単なる一人の男の衝動を抑制、快適に向かって傾斜をチェック、 Answersは来たり自己否定に直面し誘惑には、高潔な生活をすることを目的と着実には、彼はより多くのコマンドを実行して自己の増加したがって自由です。 The whole doctrine of Christian asceticism thus makes for developing and fostering moral liberty, the noblest attribute of man.キリスト教の教義禁欲こうして全体の開発と育成するために道徳的自由の女神は、人間の最も気高い属性です。 William James's sound maxim: "Keep the faculty of effort alive in you by a little gratuitous exercise every day", so that your will may be strong to stand the pressure of violent temptation when it comes, is the verdict of the most modern psychology in favour of the discipline of the Catholic Church.ウィリアムジェームズの健全な格言: "教職員の努力を続けることによって生きているのは、ちょっといわれのない毎日運動"は、あなたのように強いかもしれないが、気圧の暴力的な誘惑に立つこととなるときは、評決は、心理学の中で最も近代的恩恵は、規律のカトリック教会です。

Publication information Written by Michael Maher.マイケルマーハー書かれた文献の情報です。 Transcribed by Rick McCarty.リックマッカーティ転写される。 The Catholic Encyclopedia, Volume VI.カトリック百科事典、 viのボリュームです。 Published 1909.日付1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, September 1, 1909.公認は、 09年9月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

The literature of the free-will controversy is enormous, nearly all the leading philosophers having dealt with the problem.この文学賞は、自由意志では、膨大な論争は、ほぼすべての主要な哲学者がこの問題を扱っています。 Perhaps the best general historical treatment of all the branches of the question--fatalism, predestination, necessarianism, determinism--is to be found in FONSEGRIVE, Essai sur le libre arbitre (2nd ed., Paris, 1896).恐らく最も一般的な歴史的な治療法は、支店のすべての質問-運命論、宿命は、宿命論は、決定論-が発見されるfo nsegrive、e s saiスルルリーブルar bitre(第2エド。、パリ、1 8 96年) 。 See also ALEXANDER, Theories of the Will (New York, 1884); JANET AND SEAILLES, History of Problems of Philosophy (tr. New York and London, 1902).も参照してくださいアレクサンダーは、この理論は、 (ニューヨーク、 1884 ) ;セアイユジャネットとは、歴史哲学の問題点( tr.ニューヨーク、ロンドン、 1902 ) 。


Also, see:また、参照してください:
Predestination 宿命
Fatalism 運命論

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです