Dispensation特免

Advanced Information 高度情報

(Gr. oikonomia, "management," "economy"). ( gr. oikonomia 、 "管理" 、 "経済"を参照) 。 (1.) The method or scheme according to which God carries out his purposes towards men is called a dispensation. There are usually reckoned three dispensations, the Patriarchal, the Mosaic or Jewish, and the Christian. These were so many stages in God's unfolding of his purpose of grace toward men. ( 1 。 )メソッドまたはスキームによると、自分の目的のために行っているが、神と呼ば特免男性に向かっています。 そこは、通常3つの分配として無視は、家父長は、モザイクやユダヤ教、キリスト教とします。これらは非常に多くの段階で、神のアンフォールディング自分の目的に向かって男性の恵みを受けています。 The word is not found with this meaning in Scripture.その言葉の意味では、この啓典は見つかりませんでした。 (2.) A commission to preach the gospel (1 Cor. 9:17; Eph. 1:10; 3:2; Col. 1:25). ( 2 )委員会に福音を説く( 1うわっ。 9時17分; eph 。 1 : 10 ; 3:2 ;大佐1時25分) 。 Dispensations of Providence are providential events which affect men either in the way of mercy or of judgement.分配の摂理摂理のイベントでは男性に影響を与えるかのどちらかの道の慈悲の判断だ。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Dispensation, Dispensationalism天啓、天啓的史観

Advanced Information 高度情報

The Greek words, used about twenty times in the NT, mean "to manage, regulate, administer, and plan the affairs of a household."は、ギリシャの言葉では、使用されては、 NTの約20倍、という意味"を管理、規制、管理、および計画は、家計の担当です。 " This concept of human stewardship is illustrated in Luke 16:1 - 2, where the ideas of responsibility, accountability, and the possibility of change are detailed.この概念を説明したのは、人間の責務ルーク16時01分-2 、そのアイデアはどこの責任、アカウンタビリティ、および変更の可能性が詳しいです。 In other occurrences (Eph. 1:10; 3:2, 9; Col. 1:25) the idea of divine stewardship is prominent, i.e., an administration or plan being accomplished by God in this world.他の事例( eph. 1 : 10 ; 3:2 、 9 ;大佐1時25分)の責務は、著名な神の考え、すなわち、計画が達成されたかを投与し、この世界の神です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Theological Usage神学的な使い方

Building on the idea of God's administration of or plan for the world, dispensationalism describes the unfolding of that program in various dispensations, or stewardship arrangements, throughout the history of the world. The world is seen as a household administered by God in connection with several stages of revelation that mark off the different economies in the outworking of his total program.建物は、神の考えや計画は、行政の世界では、天啓的史観を記述したプログラムを展開して各種の分配、またはアレンジメントの責務は、世界の歴史を通してです。 世界では、家計を投与されると見られて神に関連していくつかのヨハネの黙示録に印を付ける段階では、経済のさまざまなプログラムを完遂彼の合計です。 These economies are the dispensations in dispensationalism. Thus from God's viewpoint a dispensation is an economy; from man's it is a responsibility to the particular revelation given at the time. In relation to progressive revelation, a dispensation is a stage within it. 分配では、これらの経済天啓的史観。従って、神の観点から、経済は、神の摂理; から男のことは、責任を与えられた時に、特定の啓示です。ヨハネの黙示録進行に関連して、ステージ内には、それを分け与えています。 Thus a dispensation may be defined as "a distinguishable economy in the outworking of God's program."このように、神の摂理として定義されたかもしれない"との区別は、経済の神のプログラムを完遂"と述べた。

Number of Dispensations数の分配

At least three dispensations (as commonly understood in dispensationalism) are mentioned by Paul: one preceding the present time (Col. 1:25 - 26), the present arrangement (Eph. 3:2), and a future administration (Eph. 1:10). 少なくとも3つの分配(天啓的史観として広く理解さ)が記載されたポール:現在の1つ前の時間(大佐1時25 -2 6)は、現在の取り決め( e ph.3 :2) 、および将来の政権( e ph.1 : 10 ) 。 These three require a fourth, one before the law, and a prelaw dispensation would seem to need to be divided into pre - and postfall economies. これらの3つを必要とする4番目は、 1つ前の法では、神の摂理と法学部入学準備をしなければならないようだが事前に分かれ-そして経済p ostfall。 Thus five administrations seem clearly distinguishable (at least within a premillennial understanding of Scripture). このように5つの政権を明確に区別できるように見える(少なくとも内で、キリスト再臨の理解啓典) 。 The usual sevenfold scheme includes a new economy after the Noahic flood and another with the call of Abraham. 通常の7倍のスキームが含まれてnoahicニューエコノミーの後に電話して、別の洪水とアブラハム。

Relation to Progressive Revelation進行性の関係を暴露

God did not reveal all truth at one time but through various periods and stages of revelation. This principle of progressive revelation is evident in the Scriptures themselves. 神のすべての真実を明らかにしなかったが、一度の期間を通じて、様々な段階の啓示です。この原理は明らかで、聖書ヨハネの黙示録進行しています。 Paul told his audience on Mars Hill that in a former time God overlooked their ignorance, but now commands all men everywhere to repent (Acts 17:30).火星のポールヒル氏は彼の聴衆を前には、自分の無知を見落として時間を神が、今はどこのコマンドを悔い改めるすべての男性(行為17:30 ) 。 The majestic opening of the book of Hebrews outlines the various means of progressive revelation (Heb. 1:1 - 2).この本の荘厳な開口部の輪郭の様々な手段を進行ヘブル人への手紙ヨハネの黙示録( heb. 1:1 -2 ) 。 One of the most striking verses that show different ways of God's dealing with mankind is John 1:17. 1つのことを示す印をさまざまな方法で最も顕著なのは、神の人類の対処ジョン1時17分です。

The concept of progressive revelation does not negate the unity of the Bible but recognizes the diversity of God's unfolding revelation as essential to the unity of his completed revelation. ヨハネの黙示録進行性の概念を否定しないが、聖書の団結の多様性を認識して、神の啓示として欠かせないアンフォールディング団結して彼の啓示を完了します。

Essential Characteristics本質的な特性

Dispensational theology grows out of a consistent use of the hermeneutical principle of normal, plain, or literal interpretation.神学dispensationalが生えるのうち、一貫hermeneutical原則は、通常の使用は、プレーン、または文字通りの解釈です。 This principle does not exclude the use of figures of speech, but insists that behind every figure is a literal meaning.この原則を除外していない人物の演説の使用が、すべての図と主張して後ろには、文字どおりの意味です。

Applying this hermeneutical principle leads dispensationalism to distinguish God's program for Israel from his program for the church.この天啓的史観hermeneutical原則を適用する販売促進プログラムを区別するために、神のために教会にイスラエルから彼のプログラムです。 Thus the church did not begin in the OT but on the day of Pentecost, and the church is not presently fulfilling promises made to Israel in the OT that have not yet been fulfilled.こうして、教会に開始されていないotしかし、聖霊降臨日の当日、教会ではないとの公約を達成しつつある現在、イスラエルは、 otがまだ残っていることを意味します。

Salvation救済

Doubtless the most frequently heard objection to dispensationalism is that it allegedly teaches several ways of salvation. 恐らく最も頻繁に耳に天啓的史観に反対するのは、それが救いの疑いのあるいくつかの方法を教えてください。 This arises from wrongly considering each dispensation as a way of salvation (therefore, there are five, six, or seven ways) instead of inclusive administrative arrangements which included, among many other things, sufficient revelation so that a person could be right with God. これが発生したから間違って検討する手段として、各特免救世 (したがって、そこには5,6 、または7つの方法があります)ではなく、包括的取り決めを行政含まれており、他の多くのもののうち、ヨハネの黙示録に十分な可能性があるので、人が神の右にしています。 It also comes from a misunderstanding of the use of "law" and "grace" as labels for two of the dispensations, as if to imply that these are two ways of salvation. However, dispensationalists have taught and do teach that salvation is always through God's grace.また、誤解から来るの使用"の法則"と"グレース"の2つのラベルを分配としては、これらのことを意味する場合には2つの方法の救いだ。 しかし、 dispensationalistsが教えたことを教えることとは、常にを通じて救世神の恵みです。

The basis of salvation in every dispensation is the death of Christ; the requirement for salvation in every age is faith; the object of faith is the true God; but the content of faith changes in the various dispensations. To affirm a sameness in the content of faith would of necessity deny progressiveness in revelation. 救世特免ごとの基礎では、キリストの死;救済のための要件は、あらゆる年齢の信仰;のオブジェクトは、真の信仰の神;しかし、信仰の変化に、様々なコンテンツを分配します。同一のコンテンツを断言する信仰の必要性を否定するのは、ヨハネの黙示録進歩しています。 Nondispensationalists may sometimes be guilty of reading the NT back into the OT in order to be able to achieve a uniformity in the content of faith.有罪の場合もありますnondispensationalists NTの読書のためにはotに復帰することができる均一性を実現するには、コンテンツの信仰です。

Origins起源

Often dispensationalism is charged with being recent in origin, and therefore untrue.しばしば天啓的史観の起源は、最近の罪で起訴され、それゆえに真実ではない。 Of course, recency does not mean falsity any more than antiquity guarantees truth.もちろん、虚偽の任意の頻度を超えるという意味ではありません古代の真実を保証します。 Unsystematic dispensational-like statements can be found from the writings of the church fathers on, but as a system dispensationalism did not begin to develop until the early part of the eighteenth century in the writings of Pierre Poiret, John Edwards, and Isaac Watts.非体系的dispensationalのような記述がありますが、教会の祖先からの記述ではなく、それらのシステムとしての開発を開始しなかった天啓的史観になるまで、 18世紀の前半には、記述のピエールポワレ、ジョンエドワーズ、そしてアイザックワッツ。 Though these men set forth dispensational schemes, it was the ministry and writings of John Nelson Darby in the nineteenth century that systematized the concept. His work was the foundation for later dispensationalists such as James H Brookes, James M Gray, C I Scofield, and L S Chafer.これらの男性に定めるスキームdispensationalかかわらず、 それは、ジョンネルソンダービーの記述部とは、 19世紀の概念を体系です。彼の作品は、ジェームズなどの基礎を後でdispensationalists hブルックス、ジェームズmに白黒、 ciスコフィールド、とのLSコガネムシ。

Other Dispensational Schemes他のスキームdispensational

Some covenant theologians (those who view God operating under a single covenant of grace from the fall on) use the concept of different dispensations but as part of the covenant of grace.いくつかの誓約神学者(運転者の下で、 1つのビュー神の恵みを受けてから、尻もちを約束)の概念を使用して、さまざまな分配が約束の一環としての恵みを受けています。 The OT and NT dispensations are readily recognized, though some add dispensations related to the call of Abraham and the giving of the Mosaic law (e.g., Charles Hodge). otとNTの分配が容易に認められたが、いくつかの追加の分配に関連してコールを与えるとは、アブラハムモザイク法(例えば、チャールズホッジ) 。 However, the unifying feature is the covenant of grace and salvation under it, so that any changes from one dispensation to another are in the nature of anticipation in the OT and accomplishment in the NT, rather than distinctive and actual changes in administration.ただし、この機能は、統合の恵みと救いの約束の下には、どのように変化してから別の1つは、神の摂理の性質を見越して、 otとは、 NTの成就ではなく、独特で、実際に変化を投与します。

Though there are several branches of ultra dispensationalism, they are characterized by teaching the existence of two churches within the book of Acts.ウルトラかかわらず天啓的史観には、いくつかの枝には、彼らはその存在を教えることを特徴とする2つの教会内で、書籍の行為です。 One was the Jewish church which began at Pentecost and ended when the second, the body of Christ church, began with the ministry of the apostle Paul at either Acts 9, 13, or 28). 1つは、ユダヤ教の聖霊降臨教会で始まったと2番目の終了時には、キリスト教会のボディは、省から始まった使徒パウロは、どちらかの行為9 、 13 、または28 ) 。 Ultradispensationalists often do not practice water baptism but usually observe the Lord's Supper. ultradispensationalists頻繁にはありませんが、通常の練習を観察する水の洗礼主の夕食。

C C Ryrie受理官庁ライリー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
C B Bass, Backgrounds to Dispensationalism; D P Fuller, Gospel and Law; C N Kraus, Dispensationalism in America; C C Ryrie, Dispensationalism Today; E Sauer, From Eternity to Eternity; C I Scofield, ed., The New Scofield Reference Bible.銀行低音、背景を天啓的史観; dPをフラーは、ゴスペルと法; cnクラウスは、アメリカで天啓的史観;受理官庁ライリー、天啓的史観今日; eザウアー、より永遠に永遠; ciスコフィールド、エド。 、新しいスコフィールドリファレンスバイブルです。


Dispensation特免

Advanced Information 高度情報

Dispensation primarily signifies "the management of a household or of household affairs" (oikos, "a house," nomos, "a law"); then the management or administration of the property of others, and so "a stewardship," Luke 16:2-4; elsewhere only in the epistles of Paul, who applies it主特免意味"家計の管理や家事の" ( oikos 、 "家には、 "ノモスは、 "法律" ) ;その後の管理または他人の財産の管理、そして今"の責務は、 "ルカによる福音書16 :2 - 4 ;のみで、他のポールの書簡は、誰に適用すること

Note: A "dispensation" is not a period or epoch (a common, but erroneous, use of the word), but a mode of dealing, an arrangement, or administration of affairs. Cf.メモ: "神の摂理"ではない期間またはエポック(共通の、しかし誤りは、その言葉を使用する)ではなく、モードでの取引は、配置、または行政の担当です。 cf 。 oikonomos, "a steward," and oikonomeo, "to be a steward." oikonomos 、 "執事"とoikonomeo 、 "スチュワードになる"と述べた。


Dispensation特免

Catholic Information カトリック情報

(Latin dispensatio) (ラテン語dispensatio )

Dispensation is an act whereby in a particular case a lawful superior grants relaxation from an existing law.特免する行為は、特定のケースでは、合法的な法律上の既存の補助金より緩和した。 This article will treat:この記事では、治療:

I. Dispensation in General; i.特免全般;

II. Ⅱ 。 Matrimonial Dispensations.婚姻分配します。

For dispensations from vows see VOWS and RELIGIOUS ORDERS; and from fasting and abstinence, FAST, ABSTINENCE.誓いのために分配からの注文や宗教の誓いを参照してください;から断食と禁欲とは、高速で、禁断です。

I. DISPENSATION IN GENERAL i.特免全般

Dispensation differs from abrogation and derogation, inasmuch as these suppress the law totally or in part, whereas a dispensation leaves it still in vigour; and from epikeia, or a favourable interpretation of the purpose of the legislator, which supposes that he did not intend to include a particular case within the scope of his law, whereas by dispensation a superior withdraws from the power of the law a case which otherwise would fall under it.特免違う特例の廃止や、 〜だけれどもこれらの法律の完全または部分を抑制するが、それはまだ葉特免強勢;とepikeiaから、または、良好な解釈の目的は、国会議員、これsupposesことをするつもりはなかったケースには、特定の法律の範囲内での彼が、神の摂理によって、より優れた電源を担当するケースは、法の下に落ちることは、そうでない。 The raison d'être for dispensation lies in the nature of prudent administration, which often counsels the adapting of general legislation to the needs of a particular case by way of exception.神の摂理の存在を嘘être慎重な政権の本質は、相談していることが多いの適応法制全般のニーズに合わせて、特定の症例を通って例外ではない。 This is peculiarly true of ecclesiastical administration.これは本当の教会の投与格別だ。 Owing to the universality of the Church, the adequate observance by all its members of a single code of laws would be very difficult.教会の普遍性のせいには、すべての構成員の十分な順守されたコードは、 1つの法律は非常に難しい。 Moreover, the Divine purpose of the Church, the welfare of souls, obliges it to reconcile as far as possible the general interests of the community with the spiritual needs or even weaknesses of its individual members.また、神の目的は、教会では、福祉の魂は、和解を義務付けてそれをできるだけ遠いところで、総利益のために、精神的なニーズや地域社会の弱点は、個々のメンバーもいる。 Hence we find instances of ecclesiastical dispensations from the very earliest centuries; such early instances, however, were meant rather to legitimize accomplished facts than to authorize beforehand the doing of certain things.従って我々のインスタンスを見つけるのは非常に早くから教会の分配世紀にもわたって、このような早期のインスタンスは、しかし、熟達した事実を正当化していたというよりも意味を事前に許可することは、特定の物事です。 Later on antecedent dispensations were frequently granted; as early as the eleventh century Yves of Chartres, among other canonists, outlined the theory on which they were based.先行して頻繁に付与された後に分配;早ければ、 11世紀のシャルトルイヴは、他のcanonists間は、その理論上に概説されたベースです。 With reference to matrimonial dispensations now common, we meet in the sixth and seventh centuries with a few examples of general dispensations granted to legitimize marriages already contracted, or permitting others about to be contracted.婚姻分配を参照して、今では普通、我々は、 6,7世紀にもわたって会いして、いくつかの例については、すでに一般的な分配付与契約の結婚を合法化する、または許可される他の契約についてです。 It is not, however, until the second half of the eleventh century that we come upon papal dispensations affecting individual cases.それではない、しかし、後半まで来ることは、 11世紀にローマ法王の分配に影響を与える個々のケースだ。 The earliest examples relate to already existing unions; the first certain dispensation for a future marriage dates from the beginning of the thirteenth century.最古の例に関連して、既存の労働組合;特定の特免の最初の結婚生活のため、将来の日付から13世紀の始まりです。 In the sixteenth century the Holy See began to give ampler faculties to bishops and missionaries in distant lands; in the seventeenth century such privileges were granted to other countries. 16世紀の神聖さを与え始めたampler学部を参照してください司教と宣教師遠い国で、 17世紀は、他の国々にそのような権限が付与されます。 Such was the origin of the ordinary faculties (see FACULTIES, CANONICAL) now granted to bishops.その起源は、このような普通の学部(学部を参照して、正準)今すぐ司教に与えています。

(1) Kinds of Dispensation ( 1 )の種類の特免

(a) A dispensation may be explicit, tacit, or implicit, according as it is manifested by a positive act, or by silence under circumstances amounting to acquiescence, or solely by its connexion with another positive act that presupposes the dispensation. (する) 、神の摂理かもしれない明示、暗黙、または暗黙のは、それは明らかによると肯定的な行為によって、あるいは沈黙された状況の下で総額を黙認、またはそのconnexionだけで行動することを前提にして別の肯定的な神の摂理だ。

(b) It may be granted in foro interno, or in foro externo, according as it affects only the personal conscience, or conscience and the community at large. ( b )に付与されることがありますフォロinterno 、またはフォロexternoで、それによると、個人の良心のみに影響を与え、地域社会や良心と大型。 Although dispensations in foro interno are used for secret cases, they are also often granted in public cases; hence they must not be identified with dispensations in casu occulto.にもかかわらず、フォロinterno分配のために使用される秘密のケースでは、彼らは公共のケースでは往々に与えられる;したがって彼らに分配してはならないcasu occulto識別します。

(c) A dispensation may be either direct or indirect, according as it affects the law directly, by suspending its operation, or indirectly, by modifying the object of the law in such a way as to withdraw it from the latter's control. ( C参照)のいずれかを直接的または間接的かもしれない分け与え、同法に直接影響を及ぼすことによると、その操作を中止、または間接には、このオブジェクトは、法の趣旨を変更するような方法としては、後者のコントロールから撤退することです。 For instance, when a dispensation is granted from the matrimonial impediment of a vow, the pope remits the obligation resulting from the promise made to God, consequently also the impediment it raised against marriage.例えば、神の摂理が付与したときから、障害のある結婚の誓いを立てては、法王remits義務が生じる前に、神の約束は、結果的にも、結婚を妨害することに反対引き上げた。

(d) A dispensation may be in formâ gratiosâ, in formâ commissâ, or in formâ commissâ mixtâ. (民主党)を分け与えformâ gratiosâかもしれないが、 formâ commissâ 、またはformâ commissâ mixtâ 。 Those of the first class need no execution, but contain a dispensation granted ipso facto by the superior in the act of sending it.これらは、ファーストクラスの実行が必要ないが、事実上を含む特免付与されるのが優れていることを送信する行為。 Those of the second class give jurisdiction to the person named as executor of the dispensation, if he should consider it advisable; they are, therefore, favours to be granted.これらの2番目のクラスの管轄権を与えるという名前の人は、神の摂理として執行者は、もし彼はそれを考慮する必要が賢明;彼らは、したがって、恩恵を与えています。 Those of the third class command the executor to deliver the dispensation if he can verify the accuracy of the facts for which such dispensation is asked; they seem, therefore, to contain a favour already granted.これらのコマンドは、 3番目のクラスの特免執行者に届けることができる場合、正確な事実を確認するためには、どのような質問特免;ているように見えます、したがって、すでに恩恵を与え含まれています。 From the respective nature of each of these forms of dispensation result certain important consequences that affect delegation, obreption, and revocation in the matter of dispensations (see DELEGATION; OBREPTION; REVOCATION).それぞれの性質から、これらの各形態の特免特定の結果に影響を与える重要な影響をもたらすの代表団は、 obreption 、および失効については、分配の問題(代表団を参照してください; obreption ;失効) 。

(2) The Dispensing Power ( 2 )電源の調剤

It lies in the very notion of dispensation that only the legislator, or his lawful successor, can of his own right grant a dispensation from the law.うそをつくことは、非常に考えを分け与えて、国会議員にのみ、または自分の合法的な後継者は、自分自身の権利を付与することから、法に分け与えています。 His subordinates can do so only in the measure that he permits.彼の部下だけで測定できるようにして彼が許せ。 If such communication of ecclesiastical authority is made to an inferior by reason of an office he holds, his power, though derived, is known as ordinary.もしそのようなコミュニケーションの教会の権威の下には、前の理由で彼の事務所を保有し、彼の力は、派生かかわらず、普通として知られています。 If it is only given him by way of commission it is known as delegated power.彼に与えられただけの場合は、道の委員会を委任することが電源として知られています。 When such delegation takes place through a permanent law, it is known as delegation by right of law.このような時に代表団を介して行わ恒久法では、それは当然の権利法の代表団として知られています。 It is styled habitual, when, though given by a particular act of the superior, it is granted for a certain period of time or a certain number of cases.それは常習的なスタイルは、ときには、与えられたかかわらず、特定の行為は、スーペリア、それは、特定の時間を与えたり、特定の数の件です。 Finally, it is called particular if granted only for one case.最後に、特別な場合にのみ付与することが呼ばれるための1つのケースです。 When the power of dispensation is ordinary it may be delegated to another unless this be expressly forbidden.普通のときは、電源の特免かもしれないが、この委任を別に明示しない限り、禁じられています。 When it is delegated, as stated above, it may not be subdelegated unless this be expressly permitted; exception is made, however, for delegation ad universitatem causarum i.e. for all cases of a certain kind, and for delegation by the pope or the Roman Congregations.委任する場合は、上記のように、それsubdelegatedされないかもしれませんが明示的に許可しない限り、この;例外は、前には、しかし、代表団のための広告universitatem causarumすなわち、特定の種類のすべての例は、代表団のためとされるローマ教皇またはcongregations 。 Even these exceptions do not cover delegations made because of some personal fitness of the delegate, nor those in which the latter receives, not actual jurisdiction to grant the dispensation, but an appointment to execute it, e.g.これらの例外さえしないでカバーを前に代表団のためには、いくつかの個人的なフィットネス代表も、これらを受け取ると、後者は、実際の管轄権を付与していない特免が、約束を実行して、例えば、 in the case of dispensations granted in formâ commissâ mixtâ (see above).分配例では、付与formâ commissâ mixtâ (上記参照) 。

The power of dispensation rests in the following persons:天啓のパワーを置き、次の人:

(A) The Pope ( a )そのローマ法王

He cannot of his own right dispense from the Divine law (either natural or positive).彼は、自分の権利を調剤することはできませんから、神の法(自然のどちらかまたは正) 。 When he does dispense, e.g.彼は免ずるときには、例えば、 from vows, oaths, unconsummated marriages, he does so by derived power communicated to him as Vicar of Christ, and the limits of which he determines by his magisterium, or authoritative teaching power.からの誓いは、誓い、童貞のまま結婚で、彼はこれによって派生パワー伝達をキリストの教区牧師としての彼は、彼の限界と判断された彼のmagisterium 、指導力や権威です。 There is some diversity of opinion as to the nature of the pope's dispensing power in this respect; it is generally held that it operates by way of indirect dispensation: that is, by virtue of his power over the wills of the faithful the pope, acting in the name of God, remits for them an obligation resulting from their deliberate consent, and therewith the consequences that by natural or positive Divine law flowed from such obligation.そこは、いくつかの意見の多様性としての性質を調剤、法王の電源この点;することは通常の方法で行われたことを間接運営さ特免:それは、彼の力によって美徳の意志に忠実なのは、法王は、演技神の名の下、 remitsかれらの同意を審議する義務が生じるし、それをもって、肯定的な結果をもたらすことによって自然や神のような法律上の義務から流れています。 The pope, of his own right, has full power to dispense from all ecclesiastical laws, whether universal or particular, even from the disciplinary decrees of œcumenical councils.法王は、自分の権利は、完全に電源を免ずるからは、すべての教会法では、普遍的または特定のかどうかも、協議会から懲戒令のœcumenical 。 Such authority is consequent on his primacy and the fullness of his immediate jurisdiction.このような彼の優位性と権威が充満して必従彼の即時管轄。 A part of this power, however, he usually communicates to the Roman Congregations.この部分のパワーは、しかし、彼は、通常の通信をローマcongregations 。

(B) The Bishop ( b )に、ビショップ

Of his ordinary right, the bishop can dispense from his own statutes and from those of his predecessors, even when promulgated in a diocesan synod (where he alone is legislator).彼の普通の権利は、ビショップ免ずることから、自分の法令や彼の前任者からは、公布する場合でも監督管区会議(ここで彼は国会議員だけでは) 。 From the other laws of the Church he cannot dispense of his own right.教会からは、他の法律の彼は、自分の権利調剤することはできません。 This is evident from the nature of dispensation and of diocesan jurisdiction.これは明らかに、神の摂理の性質からの監督管区の管轄です。 A principle maintained by some authors, viz, that the bishop can grant all dispensations which the pope has not reserved to himself, cannot be admitted.作者はいくつかの原則を維持され、 viz 、すべての助成金を分配してビショップを予約していないが、法王自身、認めたことはできません。 But by derived right (either ordinary or delegated according to the terms of the grant) the bishop can dispense from those laws that expressly permit him to do so or from those for which he has received an indult to that effect.だがによって派生する権利(普通または委任のどちらかの条件によると、助成金)を免ずることから、これらの法律の司教が明示的に許可して彼をどのように適用されるため、よりindult彼は、その旨を受け取った。 Moreover, by ordinary right, based on custom or the tacit consent of the Holy See, he may dispense:また、通常の権利に基づいて、カスタムまたは暗黙の了解の神聖を参照して、彼は5月免ずる:

(a) in a case where recourse to the Holy See is difficult and where delay would entail serious danger; ( )は、ケースはどこによらないで、聖なる場所を参照してください遅らせるのは難しいとは、重大な危険性を伴う;

(b) in doubtful cases especially when the doubt affects the necessity of the dispensation or the sufficiency of the motives; ( b )に疑わしいケースで、特に必要があるとき、疑問に影響を及ぼすのか、十分な動機特免;

(c) in cases of frequent occurrence but requiring dispensation, also in frequently occurring matters of minor importance; ( C参照)で頻繁に起こることが必要と特免例は、マイナーでも頻繁に発生する問題の重要性;

(d) in decrees of national and provincial councils, although he may not pronounce a general decree to the contrary; (民主党)は、国家と地方の協議会令は、発音していないにもかかわらず、彼は5月の総令に反して;

(e) in pontifical laws specially passed for his diocese. ( E )の法律で教皇のために特別に渡された彼の監督管区。

It should be always remembered that to fix the exact limit of these various powers legitimate custom and the interpretation of reputable authors must serve as guides.それを解決しなければならないことはいつも正確に覚えてこれらの様々な権限を制限すると、合法的なカスタム評判の良い解釈のガイドを務める著者する必要があります。 Superiors of exempt religious orders (see EXEMPTION) can grant to their subjects, individually, those dispensations from ecclesiastical laws which the bishop grants by his ordinary power.宗教上の上司の命令が免除されます(免除を参照してください)は、それぞれの科目を付与して、個別には、これらの法律を教会の司教からの分配金によって彼の普通の電源です。 When there is question of the rules of their order they are bound to follow what is laid down in their constitutions.質問の際には、彼らのために彼らはルールに従って行き、何が彼らの憲法敷設。

(C) The Vicar-General ( C参照)の司教総代理

He enjoys by virtue of his appointment the ordinary dispensing power of the bishop, also the delegated powers of the latter, i.e. those granted him not personally but as ordinary (according to present discipline, the pontifical faculties known as ordinary); exception is made, however, for those powers which require a special mandate like those of the chapter Liceat, for dealing with irregularities and secret cases.彼は彼の美徳を楽しんで任命されたのは、普通の調剤電源司教は、権限の委任また、後者、すなわちそれらの付与しかし、彼は個人的に普通の(現在の規律によると、普通の教皇として知られて学部) ;の例外は、前には、しかし、これらの権限を委任を必要とするような特別なliceat章では、それらは、不正行為に対処するための秘密のケースとします。 The vicar capitular likewise has all the dispensing power which the bishop has of his own right, or which has been delegated to him as ordinary.同様に、ラウンドヘイ牧師は、教会参事会のすべての電源を調剤司教は、自分自身の権利、または委任をしてきた彼として普通です。

(D) Parish Priest (民主党)教区司祭

By his own ordinary right, founded on custom, he may dispense (but only in particular cases, and for individuals separately, not for a community or congregation) from the observance of fasting, abstinence, and Holy Days.普通で、自分の権利は、カスタム設立して、彼は5月免ずる(だけで特定のケースでは、個人や個別にではなく、コミュニティや信徒)からの順守の断食は、禁欲、および神聖な日です。 He can also dispense, within his own territory, from the observance of diocesan statutes when the latter permit him to do so; the terms of these statutes usually declare the extent of such power, also whether it be ordinary or delegated.調剤することも彼は、彼自身の領土内では、監督管区の法令遵守から許可してほしいときに、後者には、これらの条件の法令の範囲を宣言するなど、通常の電源は、普通または委任れるかどうかも。 Dispensation being an act of jurisdiction, a superior can exercise it only over his own subjects, though as a general rule he can do so in their favour even outside his own territory.特免が管轄する行為は、それを行使する上で、自分の科目のみを超えるが、一般的なルールとして、彼は自分の味方にできることもあるので、自分の領土外です。 The bishop and the parish priest, except in circumstances governed by special enactments, acquire jurisdiction over a member of the faithful by reason of the domicile or quasi-domicile he or she has in a diocese or parish (see DOMICILE).司教は、教区司祭とは、支配される特殊な状況を除いてenactments 、裁判管轄権を獲得したメンバーで、忠実な理由は、本籍または準本籍彼または彼女は、監督管区や教区(本籍を参照してください) 。 Moreover, in their own territory they can use their dispensing power in respect of persons without fixed residence (vagi), probably also in respect of travellers temporarily resident in such territory.また、自国の領土を使用することができます自分の力で調剤の人を尊重することなく固定レジデンス(迷走)は、おそらく一時的にも様に尊敬のような地域に居住している。 As a general rule he who has power to dispense others from certain obligations can also dispense himself.一般的なルールとして、彼は他の人には電力が供給を免ずる自身から特定の義務を免除することも。

(3) Causes for Granting Dispensations ( 3 )分配の原因を付与

A sufficient cause is always required in order that a dispensation may be both valid and licit when an inferior dispenses from a superior's law, but only for the liceity of the act when a superior dispenses from his own law.十分な原因は、常に必要とされる可能性の両方を注文して、神の摂理と正当なときに有効なdispenses下から上の法則ではなく、その行為liceityときに、自分の法律上dispensesからです。 Nevertheless, in this latter case a dispensation granted without a motive would not (in se), except for some special reason, e.g.にもかかわらず、この後者の場合に付与することなく、動機はない特免(セ)は、いくつかの特別な理由を除いては、例えば、 scandal, constitute a serious fault.スキャンダルには、重大な過失を構成する。 One may be satisfied with a probably sufficient cause, or with a cause less than one that, of itself and without any dispensation, would excuse from the law. 1つのかもしれないが、おそらく十分に満足して原因は、以下の1つの原因となったりして、それ自体でもなく、神の摂理は、この法律は、言い訳からです。 It is always understood that a superior intends to grant only a licit dispensation.それは、常に上の意図を理解することを許可する正当な特免のみです。 Therefore a dispensation is null when in the motives set forth for obtaining it a false statement is made which has influenced not only the causa impulsiva, i.e. the reason inclining the superior more easily to grant it, but also the causa motiva, i.e. the really determining reason for the grant in question.したがって、神の摂理がnullのときは、動機に定めることに虚偽の陳述を入手するためには、前の死因が影響を受けただけでなく、衝動性、すなわち、傾斜の上の理由を付与することをより簡単には、その死因motivaだけでなく、実際に決定する、すなわち、理由は、助成金での質問です。 For this, and in general for the information which should accompany the petition, in order that a dispensation be valid, see below apropos of obreption and subreption in rescripts of dispensation.このため、必要な情報を一般的には、同行の請願書は、有効にするためには、神の摂理は、以下を参照してくださいといえば、神の摂理rescripts obreptionと虚偽の陳述をした。 Consequently a false statement or the fraudulent withholding of information, i.e. done with positive intention of deceiving the superior, totally annuls the dispensation, unless such statement bear on a point foreign to the matter in hand.結果的に虚偽の陳述を源泉徴収または詐欺的な情報、すなわちおこなっている肯定的な意図を欺き、スーペリア、全くannuls 、神の摂理は、このような声明をしない限り、外国人にクマの上での問題点を手に持っている。 But if made with no fraudulent intent, a false statement does not affect the grant unless the object of the statement be some circumstance which ought to have been expressed under pain of nullity, or unless it affects directly the motive cause as above described.しかし、詐欺的な意図がない場合は、虚偽の陳述を付与しない限り、影響はありません声明には、いくつかのオブジェクトをしなければならないかもしれない状況の下で痛みを無効に発現され、又は直接影響を及ぼすことがない限り、上記のように説明する動機が原因です。 Even then false statements do not always nullify the grant; for;その時でさえ、いつもうその陳述を無効にする権限はありません;用;

(a) when the dispensation is composed of several distinct and separable parts, that part or element alone is nullified on which falls the obreption or subreption, as the case may be; (する)とき、神の摂理とは異なるいくつかの構成部品の分離は、その部分だけでは要素または無効にしてobreptionまたは虚偽の陳述を滝のように、ケースかもしれない;

(b) when several adequately distinguished motive causes are set forth, the dispensation is null and void only when the obreption or subreption in question affects them all. ( b )にする際にはいくつかの原因を十分に定める著名な動機は、神の摂理は無効としますobreptionまたは虚偽の陳述をした場合にのみ、それらのすべての質問に影響を与えます。

It is enough, moreover, that the accuracy of the facts be verified at the moment when the dispensation is granted.それは十分には、さらに、精度は、現時点ではこれらの事実を確認する際の特免が付与されます。 Therefore, in the case of dispensations ex gratiâ (or in formâ gratiosâ), i.e. granting favours, the facts must be true when the dispensation is expedited; on the other hand, in the case of dispensations in formâ commissâ (and according to the more general opinion, in those in formâ commissâ mixtâ), the causes alleged must be verified only when the dispensation is actually executed.したがって、この例で分配gratiâ元(またはformâ gratiosâ ) 、すなわち、付与の恩恵は、本当の事実をしなければならないときには、迅速に分け与え;その半面、分配の例でformâ commissâ (そしてこちらによると、一般的な意見では、それらの中でformâ commissâ mixtâ )は、その原因を検証しなければならない疑惑は、実際に実行された場合のみ、神の摂理だ。

(4) Form and Interpretation ( 4 )形式と解釈

It is proper, generally speaking, that dispensations be asked for and granted in writing.それは適切には、一般的に言えば、それを分配するように頼まれると書面で付与されます。 Moreover, the Roman Congregations are forbidden, as a rule, to receive petitions for dispensations or to answer them by telegram.また、ローマに禁じられてcongregationsは、原則として、嘆願書を受け取るために分配された電報またはそれらに答えている。 The execution of a dispensation made on receipt of telegraphic information that such dispensation had been granted would be null, unless such means of communication had been officially used by special authorization from the pope.特免実行する前に、このような情報を受け取ったら、電信分け与えていたがNULLに付与しない限り、このような通信手段を正式に使用されていたから、法王の特別認可した。 Except when the interest of a third party is at stake, or the superior has expressed himself to the contrary, the general dispensing power, whether ordinary or delegated, ought to be broadly interpreted, since its object is the common good.興味のある場合を除いて、サードパーティが危険にさらされ、またはその上には自分自身を表明し、逆に、調剤全般の電源は、普通または委任するかどうかは、広く解釈でなければならない、という共通以来、オブジェクトが良いです。 But the actual dispensation (and the same holds true of dispensing power given for a particular case) ought to be strictly interpreted unless it is a question of a dispensation authorized by the common law, or one granted motu proprio (by the superior spontaneously) to a whole community, or with a view to the public good.しかし、実際の特免(と、同じことが言えるのは、特定の調剤電源与えられたケース1 )本来やらなければならないことがある問題を厳格に解釈しない限りは、神の摂理に認可され、共通の法では、 1つまたは付与自発教令(スーペリア自発される)をコミュニティ全体、あるいは公共の利益の観点からしている。 Again, that interpretation is lawful without which the dispensation would prove hurtful or useless to the beneficiary, also that which extends the benefits of the dispensation to whatever is juridically connected with it.繰り返しますが、その解釈は、合法的な人を傷つけることなくこれを証明するかの特免は無用の受益者には、その恩恵を拡張するものでも、神の摂理には、どんなことjuridically接続している。

(5) Cessation of Dispensations ( 5 )分配の停止

(a) A dispensation ceases when it is renounced by the person in whose favour it was granted.特免( )が停止することが放棄されたときにその人に与えられる恩恵だった。 However, when the object of the dispensation is an obligation exclusively resulting from one's own will, e.g.ただし、その際には、オブジェクトを排他的にする義務が生じる特免自らの意志では、例えば、 a vow, such renunciation is not valid until accepted by the competent superior.誓いの言葉は、このような放棄されるまでは有効ではありません受け入れられる有能優れています。 Moreover, neither the non-use of a dispensation nor the fact of having obtained another dispensation incompatible with the former is, in itself, equivalent to a renunciation.しかも、どちらも、神の摂理を使用する以外にも別の事実を得て、元特免互換性がないのは、それ自体は、放棄に相当する。 Thus, if a girl had received a dispensation to marry Peter and another to marry Paul, she would remain free to marry either of them.従って、もし神の摂理を受け取った女の子は、ピーターと結婚すると結婚すると別のポールは、彼女が残るのどちらかを自由に結婚してください。

(b) A dispensation ceases when it is revoked after due notice to the recipient. ( b )に分け与え停止するときは、受信者に通知することにより後に取り消される。 The legislator can validly revoke a dispensation, even without cause, though in the latter case it would be illicit to do so; but without a cause an inferior cannot revoke a dispensation, even validly.正規の国会議員を取り消すことを神の摂理でもなく原因が、後者の場合は、違法なことになるそう;しかし、下を引き起こすことなく、神の摂理を取り消すことができないでも、正規です。 With a just cause, however, he can do so if he has dispensed by virtue of his general powers (ordinary or delegated); not so, however, when his authority extended merely to one particular case, since thereby his authority was exhausted.正当な理由が、しかし、彼はできるようにもし彼が自分の美徳をdispensed全般パワーズ(普通または委任) ;ていないので、しかし、彼の権限を延長する際の1つの特定のケースだけに、それ以来彼の権威は疲れきっている。

(c) A dispensation ceases by the death of the superior when, the dispensation having been granted in formâ commissâ, the executor had not yet begun to execute it. ( C参照) 、神の摂理の死が停止されるときに、スーペリアは、神の摂理にformâ commissâことが許可され、その執行はまだ始まってから実行してください。 But the grant holds good if given ex gratiâ (as a favour) and even, more probably, if granted in formâ commissâ mixtâ.しかし、与えられた権限を保持良い場合gratiâ元(恩恵として) 、さらには、より多くの、おそらく、もしformâ commissâ mixtâ付与されます。 In any case, the new pope is wont to revalidate all favours granted in the immediately previous year by his predecessor and not yet availed of.いずれにせよ、新法王はいつもすぐに再確認するすべての恩恵は、前年付与されていないと、前任者のavailed 。

(d) A conditional dispensation ceases on verification of the condition that renders it void, e.g. (民主党)は、条件付きの特免が停止するとの条件付きでレンダリングして確認することボイドは、例えば、 the death of the superior when the dispensation was granted with the clause ad beneplacitum nostrum (at our good pleasure).スーペリアの死の際に付与していた条項の特免広告beneplacitum売薬(我々の良い快楽) 。

(e) A dispensation ceases by the adequate and total cessation of its motive causes, the dispensation thereupon ceasing to be legitimate. ( E )の特免が停止するとの完全停止されるのに十分な動機が原因には、合法的に分け与えそこでまくる。 But the cessation of the influencing causes, or of a part of the motive causes, does not affect the dispensation.しかし、停止の原因に影響を及ぼす、または団体名は、その原因動機は、神の摂理に影響はありません。 However, when the motive cause, though complex, is substantially one, it is rightly held to cease with the disappearance of one of its essential elements.しかし、そのときの動機原因が、複雑になると、 1つは、実質、それは正しく行われたの消失を中止して、必要不可欠な要素の1つだ。

IIMATRIMONIAL DISPENSATIONS iimatrimonial分配

A matrimonial dispensation is the relaxation in a particular case of an impediment prohibiting or annulling a marriage.婚姻は、神の摂理を緩和する例は、特定の障害またはannulling結婚を禁止します。 It may be granted:付与されることがあります:

(a) in favour of a contemplated marriage or to legitimize one already contracted; (する)を支持する予定の結婚を合法化する1つまたは既に契約;

(b) in secret cases, or in public cases, or in both (see IMPEDIMENTS OF MATRIMONY); ( b )には秘密のケースでは、あるいは公共の場合、または両方で(結婚の障壁を参照してください) ;

(c) in foro interno only, or in foro externo (the latter includes also the former). ( C参照)でフォロinternoのみ、または、フォロexterno (後者が含まれても、元) 。 Power of dispensing in foro interno is not always restricted to secret cases (casus occulti).調剤に力を制限され、常にフォロinterno秘密ではないケース(出来事occulti ) 。

These expressions, as stated above, are by no means identical.これらの式は、上記のように、同じものではないのです。 We shall classify the most important considerations in this very complex matter, under four heads:われは、この分類で最も重要な非常に複雑な問題を考慮し、下に4つのヘッド:

(1) general powers of dispensation; ( 1 )総合力を分け与え;

(2) particular indults of dispensation; ( 2 )特定の特免indults ;

(3) causes for dispensations; ( 3 )原因を分配;

(4) costs of dispensations. ( 4 )コストを分配します。

(1) General Powers of Dispensation ( 1 )総長の権限特免

(A) The Pope ( a )そのローマ法王

The pope cannot dispense from impediments founded on Divine law-except, as above described, in the case of vows, espousals, and non-consummated marriages, or valid and consummated marriage of neophytes before baptism (see NEOPHYTES).法王の障壁を設立してから調剤することはできません神の法を除いては、上記のように説明した、誓いの例では、 espousals 、および非婚consummated 、またはconsummated有効と結婚する前に洗礼の初心者(初心者を参照してください) 。 In doubtful cases, however, he may decide authoritatively as to the objective value of the doubt.疑わしいケースでは、しかし、彼は厳然としての可能性を決めるの客観的価値を疑う。 In respect of impediments arising from ecclesiastical law the pope has full dispensing power.障壁を尊重するのは、法王は、教会法から生じる調剤フルパワーです。 Every such dispensation granted by him is valid, and when he acts from a sufficient motive it is also licit.このような神の摂理ごとに付与された彼は有効ですが、その時彼は、十分な動機から行為をすることも合法です。 He is not wont, however, out of consideration for the public welfare, to exercise this power personally, unless in very exceptional cases, where certain specific impediments are in question. wont彼ではない、しかし、公共の福祉のために配慮するのは、個人的にこの力を行使しない限り、極めて例外的な場合には、特定の障害には、問題の特定の場所です。 Such cases are error, violence, Holy orders, disparity of worship, public conjugicide, consanguinity in the direct line or in the first degree (equal) of the collateral Line, and the first degree of affinity (from lawful intercourse) in the direct line.このような場合は、エラーが発生、暴力、僧籍は、礼拝堂の格差は、公共conjugicide 、または直系血族では、第1度(イコール)は、傍系、との親和性の最初の学位(から合法的性交)は、直通回線。 As a rule the pope exercises his power of dispensation through the Roman Congregations and Tribunals.法王のルールとして、自分の力を分け与え演習を通じて、ローマや仲裁congregations 。

Up to recent times the Dataria was the most important channel for matrimonial dispensations when the impediment was public or about to become public within a short time.最近のdataria回までには結婚のための最も重要なチャネルに分配する際の障害になることについては、公共または公共内で短い時間です。 The Holy Office, however, bad exclusive control in foro externo over all impediments connected with or juridically bearing on matters of faith, e.g.神聖事務所は、しかし、排他制御が悪いフォロexterno以上またはすべての障壁に接続して軸受juridically信仰上の問題は、例えば、 disparity of worship, mixta religio, Holy orders, etc. The dispensing power in foro interno lay with the Penitentiaria, and in the case of pauperes or quasi-pauperes this same Congregation had dispensing power over public impediments in foro externo.格差の礼拝は、宗教のmixta 、僧籍等の電源を調剤してフォロinternoレイpenitentiaria 、および例は、これと同じpauperesまたは準pauperes以上の信徒が国民の障害を調剤電源フォロexterno 。 The Penitentiaria held as pauperes for all countries outside of Italy those whose united capital, productive of a fixed revenue, did not exceed 5370 lire (about 1050 dollars); and as quasi-pauperes, those whose capital did not exceed 9396 lire (about 1850 dollars). penitentiariaとして行われたため、 pauperesイタリア以外のすべての国の人を対象に米資本は、生産は、固定収入は、 5370を超えるしなかったリラ(約1050ドル) ;と準pauperesとしては、 9396人を対象に資本金を超えていないリラ(約1850ドル) 。 It likewise had the power of promulgating general indults affecting public impediments, as for instance the indult of 15 Nov., 1907.同様のことは、電源promulgating全般に影響を及ぼす公共indults障壁は、 indultとしては、例えば1907年11月15日です。 Propaganda was charged with all dispensations, both in foro inferno and in foro externo, for countries under its jurisdiction, as was the Congregation of Extraordinary Ecclesiastical Affairs for all countries depending on it, e.g.プロパガンダの罪で起訴されたすべての分配としては、両方で、フォロexternoフォロインフェルノとは、その国の管轄下には、臨時教会の信徒としては、すべての国を担当することに応じて、例えば、 Russia, Latin America, and certain vicariates and prefectures Apostolic.ロシア、中南米、および特定の都道府県vicariatesと使徒です。

On 3 November, 1908, the duties of these various Congregations received important modifications in consequence of the Constitution "Sapienti", in which Pope Pius X reorganized the Roman Curia.を1908年11月3日は、これらの様々な任務を受け取ったcongregations的帰結として、憲法の重要な変更" sapienti " 、ピウスx再編で、ローマ教皇庁。 Dispensing power from public impediments in the case of pauperes or quasi-pauperes was transferred from the Dataria and the Penitentiaria to a newly established Congregation known as the Congregatio de Disciplinâ Sacramentorum.調剤電源障害の例から公共pauperesまたは準pauperesから転送されたdatariaとpenitentiariaを新設する集会congregatioデdisciplinâ sacramentorumとして知られています。 The Penitentiaria retains dispensing power over occult impediments in foro interno only.調剤penitentiaria保持力の阻害要因にフォロやり直すオカルトinternoのみです。 The Holy Office retains its faculties, but restricted expressly under three heads:その能力を保持、聖なる事務所が、明示的に制限の下に3つのヘッド:

(1) disparity of worship; ( 1 )格差の崇拝;

(2) mixta religio; ( 2 )宗教mixta ;

(3) the Pauline Privilege [see DIVORCE (IN MORAL THEOLOGY)]. ( 3 ) 、ポーリーン特権[離婚を参照してください(道徳的な神学) ] 。

Propaganda remains the channel for securing dispensations for all countries under its jurisdiction, but as it is required for the sake of executive unity, to defer, in all matters concerning matrimony, to the various Congregations competent to act thereon, its function is henceforth that of intermediary.分配チャネルの確保のための宣伝のため、引き続きすべての国の管轄下には、しかし、それは役員の団結のために必要な、延期して、結婚に関するすべての事柄は、様々なcongregations有能に行動してその上には、その機能はしてあげたの中間です。 It is to be remembered that in America, the United States, Canada and Newfoundland, and in Europe, the British Isles are now withdrawn from Propaganda, and placed under the common law of countries with a hierarchy.それはアメリカのことを思い出したには、米国、カナダ、ニューファンドランド、およびヨーロッパでは、英国の島々は現在のプロパガンダから撤退し、共通の法律の下に置かれた国々での階層です。 The Congregation of Extraordinary Ecclesiastical Affairs loses all its powers; consequently the countries hitherto subject to it must address themselves either to the Holy Office or to the Congregatio de Disciplinâ Sacramentorum according to the nature of the impediment.臨時教会の信徒のすべての権限を失う担当;したがって、これまでの国のいずれかの対象となることをしなければ、自分の住所または事務所を聖なるcongregatioデdisciplinâ sacramentorumによると、障害の性質です。

It should be noted that the powers of a Congregation are suspended during the vacancy of the Holy See, except those of the Penitentiaria in foro interno, which, during that time, are even increased.そのことに注意して列強の集会には執行猶予期間中の神聖を参照してください欠員を除き、これらのフォロinterno penitentiariaで、これは、その時間中にはさらに増加しています。 Though suspended, the powers of a Congregation may be used in cases of urgent necessity.執行猶予かかわらず、列強の信徒が使用されて緊急性の例です。

(B) The Diocesan Bishops ( b )に、監督管区の司教

We shall treat first of their fixed perpetual faculties, whether ordinary or delegated, afterwards of their habitual and temporary faculties.わたしたちは彼らの初の治療永久固定学部は、普通または委任するかどうかは、その後の常習者と仮学部です。 By virtue of their ordinary power (see JURISDICTION) bishops can dispense from those prohibent impediments of ecclesiastical law which are not reserved to the pope.彼らの美徳を普通の電源(裁判管轄を参照してください)司教免ずることから、それらの障壁prohibent教会法ではないが、法王を予約した。 The reserved impediments of this kind are espousals, the vow of perpetual chastity, and vows taken in diocesan religious institutes (see RELIGIOUS CONGREGATIONS), mixta religio, public display and solemn blessing at marriages within forbidden times, the vetitum, or interdict laid on a marriage by the pope, or by the metropolitan in a case of appeal.この種の障壁は、予約espousals 、飽くなき純潔の誓いを立てては、宗教的な機関との誓いを撮った監督管区(宗教congregationsを参照してください) 、 mixta宗教は、国民の厳粛な祝福とディスプレイ内では結婚で禁じられタイムズは、 vetitum 、またはレイアウトを禁止する法王の結婚によって、またはされる首都圏でアピールする例です。 The bishop may also dispense from diriment impediments after the following manner: -ビショップ免ずるからの可能性も絶対的婚姻障害の後、次の方法: -

(a) By tacit consent of the Holy See he can dispense in foro interno from secret impediments from which the pope is wont to exercise his power of dispensing, in the three following cases: (する)暗黙の了解の神聖さを参照してください免ずる彼は、秘密の障壁からフォロinternoから、自分の権力を行使法王はいつもの調剤は、以下の3つのケース:

(1) in marriages already contracted and consummated, when urgent necessity arises (i.e. when the interested parties cannot be separated without scandal or endangering their souls, and there is no time to have recourse to the Holy See or to its delegate) - it is, however, necessary that such marriage shall have taken place in lawful form before the Church, and that one of the contracting parties at least shall have been ignorant of the impediment; ( 1 )は、すでに契約したとの結婚consummated 、緊急の必要性が生じたときに(つまり、利害当事者の際に分離することはできませんスキャンダルたりせずに自分の魂を危険にさらすことは、時間がないと償還請求権を持つ神聖にして、代議員または参照してください) -それは、しかし、そのような結婚生活に必要なものは、合法的な形で行われ、教会の前に、契約者とし、少なくとも1つの井の中の障害を有するものとされ;

(2) in marriages about to be contracted and which are called embarrassing (perplexi) cases, i.e. where everything being ready a delay would be defamatory or would cause scandal; ( 2 )契約されるとの結婚については恥ずかしいと呼ばれる( perplexi )のケースでは、すなわちどこにあるすべての準備ができているの遅延の原因となる中傷やスキャンダル;

(3) when there is a serious doubt of fact as to the existence of an impediment; in this case the dispensation seems to hold good, even though in course of time the impediment becomes certain, and even public. ( 3 )のときに重大な疑問があるとして事実上の障害が存在する;この場合は、神の摂理を保持するよういいが、時間の経過にもかかわらず、特定の障害になる、とさえ公共です。 In cases where the law is doubtful no dispensation is necessary; but the bishop may, if he thinks proper, declare authentically the existence and sufficiency of such doubt.疑わしいケースでは、この法律は必要ない特免;しかし、ビショップ可能性は、適切な場合に彼の考えは、確かに存在すると宣言するなど十分な疑問です。

(b) By virtue of a decree of the Congregation of the Inquisition or Holy Office (20 February, 1888) diocesan bishops and other ordinaries (especially vicars Apostolic, administrators Apostolic, and prefects Apostolic, having jurisdiction over an allocated territory, also vicars-general in spiritualibus, and vicars capitular) may dispense in very urgent (gravissimum) danger of death from all diriment impediments (secret or public) of ecclesiastical law, except priesthood and affinity (from lawful intercourse) in the direct line. ( b )には、政令では、信徒の美徳は、異端審問や聖なる事務所( 1888年2月20日)およびその他の司教監督管区ordinaries (特にvicars教皇は、ローマ教皇の管理者、およびprefects教皇は、管轄権を有する地域に割り当てられ、またvicars - spiritualibus全般では、教会参事会とvicars )可能性は非常に緊急免ずる( gravissimum )から死の危険にすべての絶対的婚姻障害(秘密や公共)の教会法では、聖職者との親和性を除いて(から合法的な性交)は、直接的なラインです。

However, they can use this privilege only in favour of persons actually living in real concubinage or united by a merely civil marriage, and only when there is no time for recourse to the Holy See.しかし、この権限のみを使用することができる者を支持したり、実際に住んでいる本物の同棲ユナイテッド民事単に結婚される、とだけの時間がないときには、聖なる償還請求権を参照してください。 They may also legitimize the children of such unions, except those born of adultery or sacrilege.彼らの子供たちを正当化する可能性もそのような組合を除いて、これらの姦通または冒とく生まれ。 In the decree of 1888 is also included the impediment of clandestinity. 1888令では、障害のclandestinityも含まれています。 This decree permits therefore (at least until the Holy See shall have issued other instructions) to dispense, in the case of concubinage or civil marriage, with the presence of the priest and of the two witnesses required by the Decree "Ne temere" in urgent cases of marriage in extremis.したがって、この判決が許せ(少なくとも有するものが発行されるまで、他の手順を参照してください聖なる)を免ずる、同棲中の例や市民の結婚で、住職の存在とは、 2つの法令によって必要とされる人の証人"のNE temere "が急務死の間際に結婚の例です。 Canonists do not agree as to whether bishops hold these faculties by virtue of their ordinary power or by general delegation of the law. canonistsに同意しないようにこれらの能力を保持するかどうかを司教の美徳を普通の電源または総代表団は、法の趣旨だ。

It seems to us more probable that those just described under;それは、私たちだけで詳細に記述して、これらの概下;

(a) belong to them as ordinaries, while those underかれら(の)に所属してordinariesとしては、それらの間の下で

(b) are delegated. ( b )には、委任します。

They are, therefore, empowered to delegate the former; in order to subdelegate the latter they must be guided by the limits fixed by the decree of 1888 and its interpretation dated 9 June, 1889.彼らは、したがって、権限を委譲元;副代表者のためにしなければならない彼らに導かれ、後者は固定される制限令1888およびその解釈日付1889年6月9日。 That is, if it is a question of habitual delegation parish priests only should receive it, and only for cases where there is no time for recourse to the bishop.それは、常習的な問題の場合は、教区司祭団のみ手元に届くか、とだけの時間がないケース償還請求のではなくて。

Besides the fixed perpetual faculties, bishops also receive from the Holy See habitual temporary indults for a certain period of time or for a limited number of cases.永久固定能力に加えて、聖なる司教を参照してから、常習的にも受け取るための仮設indultsために、特定の時間や事件の数は限られています。 These faculties are granted by fixed "formulæ", in which the Holy See from time to time, or as occasion requires it, makes some slight modifications.これらの能力が付与された固定" formulæ "は、神聖さをいつでも参照して、あるいは機会を必要とすることとしては、若干の修正をいくつか。 (See FACULTIES, CANONICAL.) These faculties call for a broad interpretation. (参照してください学部は、標準です。 )これらの能力を求める広範な解釈です。 Nevertheless it is well to bear in mind, when interpreting them, the actual legislation of the Congregation whence they issue, so as not to extend their use beyond the places, persons, number of cases, and impediments laid down in a given indult.それは十分にもかかわらず、心に留めて解釈する際、実際の法制化は、彼らの問題でwhence信徒は、彼らの使用を延長しないような場所を越えて、人々は、多くのケースでは、のんびりとは、特定の障害indult 。 Faculties thus delegated to a bishop do not in any way restrict his ordinary faculties; nor (in se) do the faculties issued by one Congregation affect those granted by another.このように委任する能力を制限するいかなる方法ではありませんビショップ彼の普通の学部;も(セ)は、 1つの学部で発行されたそれらの付与された別の集会に影響を及ぼす。 When several specifically different impediments occur in one and the same case, and one of them exceeds the bishop's powers, he may not dispense from any of them.具体的にいくつかの際に発生するさまざまな障害の一つと同じ場合は、それらを1つの司教の権限を超えて、彼はそれらのいずれかから調剤することはできません。 Even when the bishop has faculties for each impediment taken separately he cannot (unless he possesses the faculty known as de cumulo) use his various faculties simultaneously in a case where, all the impediments being public, one of them exceeds his ordinary faculties, it is not necessary for a bishop to delegate his faculties to his vicars-general; since 1897 they are always granted to the bishop as ordinary, therefore to the vicar-general also.その場合でも、各学部障害司教は彼を別々に撮影することはできません(保有していない限り、彼は学部として知られるデ累積)彼の様々な能力を同時に使用する場合にはどこでは、すべての障壁が公開され、それらの1つは普通の能力を超えて、それはビショップを必要としないため、彼の能力を彼の代表vicars総長; 1897彼らは、常に許可されて以来、普通の司教として、そのためにも、司教総代理です。 With regard to other priests a decree of the holy Office (14 Dec., 1898) declares that for the future temporary faculties may be always subdelegated unless the indult expressly states the contrary.プリースト、他の法令と関連して、聖なる事務所( 1898年12月14日)を宣言して将来のための一時的な能力かもしれないindult明示しない限り、州subdelegated常に逆です。 These faculties are valid from the date when they were granted in the Roman Curia.これらの能力が有効なときに彼らが付与された日からは、ローマ教皇庁。 In actual practice they do not expire, as a rule, at the death of the pope nor of the bishop to whom they were given, but pass on to those who take his place (the vicar capitular, the administrator, or succeeding bishop).実際に練習していないの有効期限は、原則として、法王の死では、ビショップを誰も与えていたが、合格者の上に自分の場所を取る(ラウンドヘイ牧師教会参事は、管理者、または後任司教) 。 Faculties granted for a fixed period of time, or a limited number of cases, cease when the period or number has been reached; but while awaiting their renewal the bishop, unless culpably negligent, may continue to use them provisionally.固定能力を付与するための期間、または、限られた数のケースでは、期間を中止するとき、または数に達している;しかし、彼らの更新を待っている間、ビショップ、 culpably過失がない限り、条件付きで可能性を継続して使用しています。 A bishop can use his habitual faculties only in favour of his own subjects.彼の習慣的な能力を使用することで司教を支持し、自分の科目だけです。 The matrimonial discipline of the Decree "Ne temere" (2 Aug., 1907) contemplates as such all persons having a true canonical domicile, or continuously resident for one month within his territory, also vagi, or persons who have no domicile anywhere and can claim no continuous stay of one month.婚姻は、法令の規律"のNE temere " ( 2 1907 ) contemplatesこのようにすべての人が、真のカノニカル本籍、または連続彼の領土内で、 1カ月間の居住者のため、また迷走、または本籍がない人とはどこでもクレームなし、 1カ月間の滞在連続です。 When a matrimonial impediment is common to both parties the bishop, in dispensing his own subject, dispenses also the other.婚姻障害時には、両当事者が、共通して司教は、彼自身に服従調剤、また、他のdispenses 。

(C) Vicars Capitular and Vicars-General ( C参照) vicars教会参事とvicars総長

A vicar capitular, or in his place a lawful administrator, enjoys all the dispensing powers possessed by the bishop in virtue of his ordinary jurisdiction or of delegation of the law; according to the actual discipline he enjoys even the habitual powers which had been granted the deceased bishop for a fixed period of time or for a limited number of cases, even if the indult should have been made out in the name of the Bishop of N. Considering the actual praxis of the Holy See, the same is true of particular indults (see below).教会参事会の教区牧師は、彼の場所や、合法的な管理者は、調剤のすべての権限を保有して楽しんで、普通の管轄司教は彼の美徳の代表団は、法の趣旨や;によると、実際の規律をして楽しんですら、常習的な権限を付与されていた、故人の司教のための時間や期間を固定するために限られた数のケースでは、たとえindultしなければならなかったの名の前に出すの司教のn.考慮し、実際の実習の神聖を参照して、同じことが言えるの特定indults (以下参照) 。 The vicar-general has by virtue of his appointment all the ordinary powers of the bishop over prohibent impediments, but requires a special mandate to give him common-law faculties for diriment impediments.その司教総代理が任命された彼の美徳のすべての権限は、通常以上の司教prohibent障壁が、特別な権限を与える必要が彼の能力を絶対的婚姻障害内縁。 As for habitual temporary faculties, since they are now addressed to the ordinary, they belong also ipso facto to the vicar-general while he holds that office.常習的な仮の学部としては、これらが、今の通常宛には、彼らに属しても事実上の司教総代理を保持しながら彼は事務所です。 He can also use particular indults when they are addressed to the ordinary, and when they are not so addressed the bishop can always subdelegate him, unless the contrary be expressly stated in the indult.彼は特に使用することもindults宛に、あるときは、普通の、そしてときに解決されていないので、ビショップ副代表者はいつでも彼には、逆に明示的に記載されていない限り、 indult 。

(D) Parish Priests and Other Ecclesiastics (民主党)教区司祭や他のecclesiastics

A parish priest by common law can dispense only from an interdict laid on a marriage by him or by his predecessor.教区司祭に共通の法則によってのみ免ずることから、禁止されたレイアウト上で結婚するか、彼の前任者です。 Some canonists of note accord him authority to dispense from secret impediments in what are called embarrassing (perplexi) cases, i.e. when there is no time for recourse to the bishop, but with the obligation of subsequent recourse ad cautelam, i.e. for greater security; a similar authority is attributed by them to confessors.いくつかの注意canonists権限を免ずるから彼の秘密協定には、何の障害も恥ずかしいと呼ばれる( perplexi )のケースでは、時間がないときにはすなわち償還請求のためのではなくて、しかし、その後の債務の償還請求広告cautelam 、すなわち、より高いセキュリティ;する似たような原因では、かれらの権威をconfessors 。 This opinion seems yet gravely probable, though the Penitentiaria continues to grant among its habitual faculties a special authority for such cases and restricts somewhat its use.しかし、このような意見概重々しく、 penitentiariaかかわらず、続けている間、常習的な能力を付与するための特別な権限を制限するような場合、その使用ややです。

(2) Particular Indults of Dispensation ( 2 )特定の特免indults

When there is occasion to procure a dispensation that exceeds the powers of the ordinary, or when there are special reasons for direct recourse to the Holy See, procedure is by way of supplica (petition) and private rescript.機会を調達する際には、神の摂理には、通常の権限を超えて、あるいは特別な理由がある場合は償還請求権を直接参照して、聖なる、手続き方法によっては、民間勅語supplica (請願)です。 The supplica need not necessarily be drawn up by the petitioner, nor even at his instance; it does not, however, become valid until he accepts it.そのsupplica策定される必要がありますが、必ずしも申立人は、彼のインスタンスでさえも;されない場合は、しかし、彼を受け入れることになるまで有効です。 Although, since the Constitution "Sapienti", all the faithful may have direct recourse to the Congregations, the supplica is usually forwarded through the ordinary (of the person's birthplace, or domicile, or, since the Decree "Ne temere", residence of one of the petitioners), who transmits it to the proper Congregation either by letter or through his accredited agent; but if there is question of sacramental secrecy, it is sent directly to the Penitentiaria, or handed to the bishop's agent under a sealed cover for transmission to the Penitentiaria.にもかかわらず、憲法以来、 " sapienti "は、すべての忠実な可能性があるとの直接リコースcongregations 、 supplicaを介して転送さは、通常普通の(その人の発祥の地、または本籍、または、以来、令"のNE temere "は、居住地の1つその請求)は、誰に転送することによって、適切な信徒の手紙のどちらかまたは認定代理店を通じて彼;しかし、質問があれば、聖礼典の秘密を守ることは、直接に送信されることはpenitentiaria 、または司教の代理店回りをカバーするための下で封を伝送penitentiariaしている。 The supplica ought to give the names (family and Christian) of the petitioners (except in secret cases forwarded to the Penitentiaria), the name of the Ordinary forwarding it, or the name of the priest to whom, in secret cases, the rescript must be sent; the age of the parties, especially in dispensations affecting consanguinity and affinity; their religion, at 1east when one of them is not a Catholic; the nature, degree, and number of all impediments (if recourse is had to the Congregatio de Disciplinâ Sacramentorum or to the Holy Office in a public impediment, and to the Penitentiaria at the same time in a secret one, it is necessary that the latter should know of the public impediment and that recourse has been had to the competent Congregation).その名前を与えるはずだsupplica (ご家族とキリスト教)は、請求(秘密の場合を除いて、転送さpenitentiaria )は、普通の名前を転送すること、またはその人の名前を司祭には、秘密の場合は、必要勅語に送られる;当事者の年齢、特に分配血族との親和性に影響を及ぼす;自分たちの宗教、 1eastときにはそれらの1つではないのカトリック;の性質は、度、およびすべての障壁の数(ならなかった場合は、償還請求congregatioデdisciplinâ sacramentorumたりして、聖なる事務所で、国民の障害、そしてそれと同時にpenitentiariaには、秘密の1つは、後者のことが必要であることは知っておくべきことは、国民の障害とされていたが、有能なリコース信徒) 。 The supplica must, moreover, contain the causes set forth for granting the dispensation and other circumstances specified in the Propaganda Instruction of 9 May, 1877 (it is no longer necessary, either for the validity or liceity of the dispensation, to observe the paragraph relating to incest intercourse, even when probably this very thing had been alleged as the only reason for granting the dispensation). supplicaする必要がありますが、しかも、その原因が含まれ、神の摂理に定める付与およびその他の事情のために指定された命令のプロパガンダ1877年5月9日(それは、もはや必要に応じて、どちらかのための妥当性やliceity分け与え、段落に関連して観察する近親相姦性交していても、おそらく、この非常に申し立てていたことを理由として、付与の特免のみ) 。 When there is question of consanguinity in the second degree bordering on the first, the supplica ought to be written by the bishop's own hand.血族の問題があった場合は、 2番目の境界には、最初の学位は、本来やらなければならないsupplica司教自身の手によって書かれた。 He ought also to sign the declaration of poverty made by the petitioners when the dispensation is sought from the Penitentiaria in formâ pauperum; when he is in any way hindered from so doing he is bound to commission a priest to sign it in his name.君主も貧困の宣言に署名する前に請求されたときには求められてから特免penitentiariaでformâ pauperum ;とき彼は、いかなる意味においても妨げ束縛からそうすることを彼は委員会の司祭に署名することで、彼の名前です。 A false declaration of poverty henceforth does not invalidate a dispensation in any case; but the authors of the false statement are bound in conscience to reimburse any amount unduly withheld (regulation for the Roman Curia, 12 June, 1908).貧困をあげたのは虚偽の申告を無効とする神の摂理はありませんいずれにせよ;しかし、著者は、虚偽の陳述は、良心を束縛させて不当に金額を弁償する(規制のため、ローマ教皇庁は、 1908年6月12日) 。 For further information on the many points already briefly described the reader is referred to the special canonical works, wherein are found all necessary directions as to what must be expressed so as to avoid nullity.詳しい情報は、すでに多くのポイントを簡潔に説明するのリーダーのカノニカル作品は特別な言及して、そこには、必要なすべての経路を見つけたとして何をしなければならないの無効を避けるために表明しています。 When a supplica is affected (in a material point) by obreption or subreption it becomes necessary to ask for a so-called "reformatory decree" in case the favour asked has not yet been granted by the Curia, or for the letters known as "Perinde ac valere" if the favour has already been granted. supplicaときには、影響を受ける(材料は、ポイント) obreptionまたは虚偽の陳述を求めることが必要である、いわゆる"少年院令"に賛成の場合は、質問には、教皇庁によって付与されていない、あるいはそのための手紙として知られる"バレールperinde交流"は、すでに許可されている場合は賛成です。 If, after all this, a further material error is discovered, letters known as "Perinde ac valere super perinde ac valere" must be applied for.もし、すべてこの後、さらなる材料エラーが発見された場合、文字として知られる"スーパーperinde交流バレールバレールperinde交流"を申請しなければならない。 See Gasparri, "Tractatus de matrimonio" (2nd ed., Rome, 1892), I, no.ガスパリを参照して、 " tractatusデmatrimonio " (第2エド。 、ローマ、 1892 ) 、私は、ない。 362. 362 。

Dispensation rescripts are generally drawn up in formâ commissâ mixtâ, i.e. they are entrusted to an executor who is thereby obliged to proceed to their execution, if he finds that the reasons are as alleged (si vera sint exposita).特免rescriptsは概してformâ commissâ mixtâ立案、すなわちかれらは、遺言執行者に委託して続行しては、それを実行する義務は、もし彼を見つけることは、その理由として疑惑(ヴェラsint exposita市) 。 Canonists are divided as to whether rescripts in formâ commissâ mixtâ contain a favour granted from the moment of their being sent off, or to be granted when the execution actually takes place. canonistsようにするかどうかが分かれrescriptsで与えられる恩恵を含むformâ commissâ mixtâ瞬間からオフに送られている、あるいは実際の実行時に付与されるが行われる。 Gasparri holds it as received practice that it suffices if the reasons alleged be actually true at the moment when the petition is presented.ガスパリを受け取ったとして保持することで十分練習している場合は、実際に本当の理由は今のところ疑惑の際には、請願書を提示します。 It is certain, however, that the executor required by Penitentiaria rescripts may safely fulfil his mission even if the pope should die before he had begun to execute it.それは特定の、しかし、その執行を要求して無事5月penitentiaria rescripts彼の任務を果たし、法王は、たとえ彼が死ぬ前にそれを実行し始めています。 The executor named for public impediments is usually the ordinary who forwards the supplica and for secret impediments an approved confessor chosen by the petitioner.遺言執行人の名前を公共の障壁は、通常、普通の人のための秘密の障壁とフォワードのsupplica選ばれた請願者は、承認済みの懺悔。 Except when specially authorized the person delegated cannot validly execute a dispensation before he has seen the original of the rescript.特別に許可された場合を除いて、人の正当な委任を実行することはできません特免見てきた彼の前に、元の勅語。 Therein it is usually prescribed that the reasons given by the petitioners must be verified.そこには、通常与えられた処方している理由の確認を請求しなければならない。 This verification, usually no longer a condition for valid execution, can be made, in the case of public impediments, extra-judicially or by subdelegation.この検証は、通常は、もはや有効な実行するための条件は、次の前に、国民の障害の例は、司法上または追加された- subdelegation 。 In foro interno it can be made by the confessor in the very act of hearing the confessions of the parties.フォロinternoで懺悔することによって作られる聴聞会で、非常に行動するのは、当事者の自白した。 Should the inquiry disclose no substantial error, the executor proclaims the dispensation, i.e. he makes known, usually in writing, especially if he acts in foro externo, the decree which dispenses the petitioners; if the rescript authorizes him, he also legitimizes the children.照会を開示する必要のない実質的エラーは、遺言執行人の特免proclaims 、すなわち彼は知られては、通常は書面で、特にフォロexternoもし彼の行為は、どのdispenses請求令;勅語許可した場合は、彼はまた、子供たちlegitimizes 。 Although the executor may subdelegate the preparatory acts, he may not, unless the rescript expressly says so, subdelegate the actual execution of the decree, unless he subdelegates to another ordinary.にもかかわらず、準備行為の執行副代表が、彼は、明示されない限り勅語によれば、これは、実際の執行副代表者は、法令、 subdelegatesをしない限り、彼は別の普通です。 When the impediment is common to, and known to, both parties, execution ought to be made for both; wherefore, in a case in foro interno, the confessor of one of the parties hands over the rescript, after he has executed it, to the confessor of the other.共通して、障害時には、知られていると、両当事者は、実行前に、両方でなければならない;何のためには、フォロinternoするケースでは、いずれかの当事者の懺悔の上に手を書き直し、彼は、処刑の後には、その他の懺悔のです。 The executor ought to observe with care the clauses enumerated in the decree, as some of them constitute conditions sine quâ non for the validity of the dispensation.執行者ケアのあるべき姿だとの条項を遵守して令に列挙され、それらを構成するいくつかの条件として正弦quâ以外の正当性のために分け与えています。 As a rule, these clauses affecting validity may be recognized by the conditional conjunction or adverb of exclusion with which they begin (e.g. dummodo, "provided that"; et non aliter, "not otherwise"), or by an ablative absolute.ルールとしては、これらの条項の有効性に影響を及ぼす可能性が認識されたり、条件付きの接続詞副詞を排除して彼らを開始する(例: dummodo 、 "提供して" ; et aliter以外は、 "それ以外ない" ) 、または絶対奪格される。 When, however, a clause only prescribes a thing already of obligation by law it has merely the force of a reminder.が、しかし、既に約款の義務のみprescribesすることにも、法律のことが思い出させるだけの力がある。 In this matter also it is well to pay attention to the stylus curiœ, i.e. the legal diction of the Roman Congregations and Tribunals, and to consult authors of repute.また、この件に関しても十分に注意を払うことは、スタイラスcuriœ 、すなわち、法的な言葉遣いは、ローマの裁判所congregationsとは、作者の評判に相談しています。

(3) Causes for Granting Dispensations ( 3 )分配の原因を付与

Following the principles laid down for dispensations in general, a matrimonial dispensation granted without sufficient cause, even by the pope himself, would be illicit; the more difficult and numerous the impediments the more serious must be the motives for removing them.分配のため以下の諸原則に従って一般的に、婚姻特免付与する十分な理由なく、自分自身でさえ、法王によって、違法だろうが、もっと多くの困難や障害が、より深刻な動機を除去しなければならないのだ。 An unjustified dispensation, even if granted by the pope, is null and void, in a case affecting the Divine law; and if granted by other bishops or superiors in cases affecting ordinary ecclesiastical law.筋の通らない分け与え、付与された場合でも、法王は、無効とは、神の法に影響を与える場合がある;や他の司教や上司に付与された場合には普通の教会法に影響を及ぼすケースだ。 Moreover, as it is not supposable that the pope wishes to act illicitly, it follows that if he has been moved by false allegations to grant a dispensation, even in a matter of ordinary ecclesiastical law, such dispensation is invalid.また、それは考えていないことを願い、法王不法行為は、それ以下の通りとされている場合を動かされる彼を付与する虚偽の申し立てを施し、通常の教会の問題であっても法では、このような神の摂理は無効です。 Hence the necessity of distinguishing in dispensations between motive or determining causes (causœ motivœ) and impulsive or merely influencing causes (causœ impulsivœ).したがって、その必要性を区別するかを決定するの原因動機の間で分配( causœ motivœ ) 、または単に直情的な影響を及ぼす原因( causœ impulsivœ ) 。 Except when the information given is false, still more when he acts spontaneously (motu proprio)and "with certain knowledge", the presumption always is that a superior is acting from just motives.虚偽の情報を与えられた場合を除いては、まだもっと自発的行為をしたとき(自発教令)と"と、特定の知識"は、推定ではなくて、いつもより優れた演技だけでは動機です。 It may be remarked that if the pope refuses to grant a dispensation on a certain ground, an inferior prelate, properly authorized to dispense, may grant the dispensation in the same case on other grounds which in his judgment are sufficient.かもしれないが、法王を拒否した場合は、神の摂理を付与して、特定の地面には、高位聖職者の下、適切な権限を免ずる、 5月の特免付与して他のケースと同じで自分の判断には根拠が十分ではありません。 Canonists do not agree as to whether he can grant it on the identical ground by reason of his divergent appreciation of the latter's force. canonistsに同意しないようにすることを許可するかどうかを彼は地面と同じ高さの理由は、後者の彼の力を発散した。 Among the sufficient causes for matrimonial dispensations we may distinguish canonical causes, i.e. classified and held as sufficient by the common law and canonical jurisprudence, and reasonable causes.夫婦の間に十分な原因を区別することがありますカノニカル分配の原因は、すなわち、十分な分類として行われたとされる共通の法とカノニカル法学、および合理的な原因だ。 i.e. not provided for nominally in the law, but deserving of equitable consideration in view of circumstances or particular cases.すなわち提供するためには名目上は、法律ではなく、公平な考察に値する事情や特別なケースを考えている。 An Instruction issued by Propaganda (9 May, 1877) enumerates sixteen canonical causes.宣伝する命令で発行された( 1877年5月9日) 16カノニカル原因を数えます。 The "Formulary of the Dataria" (Rome, 1901) gives twenty-eight, which suffice, either alone or concurrently with others, and act as a norm for all sufficient causes. "処方のdataria " (ローマ、 1901 ) 2008年には、十分には、単独あるいは他と並行して、そして、すべての行動規範として十分な原因です。 They are: smallness of place or places; smallness of place coupled with the fact that outside it a sufficient dowry cannot be had; lack of dowry; insufficiency of dowry for the bride; a larger dowry; an increase of dowry by one-third; cessation of family feuds; preservation of peace; conclusion of peace between princes or states; avoidance of lawsuits over an inheritance, a dowry, or some important business transaction; the fact that a fiancée is an orphan; or has the care of a family; the age of the fiancée over twenty-four; the difficulty of finding another partner, owing to the fewness of male acquaintance, or the difficulty the latter experience in coming to her home; the hope of safeguarding the faith of a Catholic relation; the danger of a mixed marriage; the hope of converting a non-Catholic party; the keeping of property in a family; the preservation of an illustrious or honourable family; the excellence and merits of the parties; defamation to be avoided, or scandal prevented; intercourse already having taken place between the petitioners, or rape; the danger of a civil marriage; of marriage before a Protestant minister revalidation of a marriage that was null and void; finally, all reasonable causes judged such in the opinion of the pope (e.g. the public good), or special reasonable causes actuating the petitioners and made known to the pope, i.e. motives which, owing to the social status of the petitioners, it is opportune should remain unexplained out of respect for their reputation.彼らは:小ささの場所や場所;小ささの場所という事実とあいまって、外にすることはできませんが、十分なダウリー;欠如ダウリー;不全のためのダウリーの花嫁;大きなダウリー;ダウリー増加さの3分の1 ;家族の停止feuds ;保全の平和;君主や国家間の平和的な結論;以上もの訴訟を回避する相続、ダウリー、またはいくつかの重要なビジネストランザクション;という事実には孤児fiancée ;かは、ご家族の介護をする;年齢は、 24以上のfiancée ;別のパートナーを見つけることの困難さは、少数のせいで、知人の男性には、後者の困難を経験したり、彼女の家に来て、その信仰を守ることを期待するのカトリック関係;の危険性結婚の混合;の希望に変換する非カトリック党;の所有権を維持するのは、ご家族で、家族の名誉の保全や、輝かしい;の優秀さとは、当事者のメリット;名誉毀損を避けるべき、あるいは不祥事防止;性交請求の間にすでに行われ、または強姦;の危険性を市民の結婚;プロテスタント大臣の結婚生活の妥当性の再確認をする前に結婚を無効としていた;最後に、すべての合理的な判断の原因は、このような意見は、法王(例えば、公益のために) 、または特別な合理的な請求作動の原因と知られている前ローマ法王、すなわち動機が、社会的地位のせいで請求して、それは時宜を得たためには解明されないまま自分の評判を尊敬しています。 These various causes have been stated in their briefest terms.これらの様々な原因がちょっと条件に記載されています。 To reach their exact force, some acquaintance is necessary with the stylus curiœ and the pertinent works of reputable authors, always avoiding anything like exaggerated formalism.自分の力を正確に達する、いくつかの知人が必要だと関連して、スタイラスcuriœ評判の良い作品の作者は、いつも何かを避けるように誇張された形式です。 This list of causes is by no means exhaustive; the Holy See, in granting a dispensation, will consider any weighty circumstances that render the dispensation really justifiable.このリストの原因には、網羅的ではない;の神聖を参照して、神の摂理に付与する、いかなる重大な事情を考慮することは、神の摂理本当に正当な描画します。

(4) Costs of Dispensations ( 4 )コストの分配

The Council of Trent (Sess. XXIV, cap. v, De ref. matrim.) decreed that dispensations should be free of all charges.トレントの評議会( sess. xxiv 、キャップです。 v 、デ参照ください。 matrim 。 )定められた分配しなければならないことのすべての料金を無料です。 Diocesan chanceries are bound to conform to this law (many pontifical documents, and at times clauses in indults, remind them of it) and neither to exact nor accept anything but the modest contribution to the chancery expenses sanctioned by an Instruction approved by Innocent XI (8 Oct., 1678), and known as the Innocentian Tax (Taxa Innocentiana).束縛をchanceries監督管区は、この法律に準拠して(教皇の文書の多くは、時とindults節では、かれらのことを思い出させる)とどちらが正確にも何かが、ささやかな貢献を受け入れるの衡平法裁判所命令によって承認された費用の認可無実xi ( 1678年10月8日) 、およびinnocentianとして知られる付加価値税(タクサinnocentiana ) 。 Rosset holds that it is also lawful, when the diocese is poor, to demand payment of the expenses it incurs for dispensations.ロセを保持することは合法的にも、その時の監督管区では、貧しい人々は、その費用の支払いを要求するために分配することincurs 。 Sometimes the Holy See grants ampler freedom in this matter, but nearly always with the monition that all revenues from this source shall be employed for some good work, and not go to the diocesan curia as such.ときどき、聖なるグラントamplerの自由を参照してくださいまた、この件に関しては、しかし、いつも近くに戒告このソースからのすべての収入は、就業者のためにいくつかの良い仕事をし、監督管区教皇庁に行かないようにしています。 Henceforth every rescript requiring execution will state the sum which the diocesan curia is authorized to collect for its execution.今後は、すべての実行が必要な状態勅語の合計では、監督管区教皇庁の認可を収集するために実行されます。

In the Roman Curia the expenses incurred by petitioners fall under four heads:ローマ教皇庁は、その費用を請求秋の下に4つのヘッド:

(a) expenses (expensœ) of carriage (postage, etc.), also a fee to the accredited agent, when one has been employed. (する)の運送費( expensœ ) (切手など) 、また、認定代理店手数料を、 1つのときに採用されています。 This fee is fixed by the Congregation in question;この手数料は、固定された問題の集会;

(b) a tax (taxa) to be used in defraying the expenses incurred by the Holy See in the organized administration of dispensations; ( b )には付加価値税(タクサ)をdefrayingの費用に使われる神聖さは、組織の管理分配を参照してください;

(c) the componendum, or eleemosynary fine to be paid to the Congregation and applied by it to pious uses; ( C参照) 、 componendum 、または慈善的な罰金を支払わされることに敬虔な信徒や用途に適用される;

(d) an alms imposed on the petitioners and to be distributed by themselves in good works. (民主党)を施し課せ請求して配布されるとして良い作品です。

The moneys paid under the first two heads do not affect, strictly speaking, the gratuity of the dispensation.有給の下で、最初の2つのヘッドマネー影響することはありません、厳密に言えば、このチップは、神の摂理だ。 They constitute a just compensation for the expenses the petitioners occasion the Curia.彼らを構成するための正当な補償費を請求し、教皇庁の機会です。 As for the alms and the componendum, besides the fact that they do not profit the pope nor the members of the Curia personally, but are employed in pious uses, they are justifiable, either as a fine for the faults which, as a rule, give occasion for the dispensation, or as a check to restrain a too great frequency of petitions often based on frivolous grounds. componendumとしては、施しとは、ほかに利益をしていないという事実にも、法王の教皇庁のメンバーは個人的には、敬虔な用途が採用され、彼らは正当化は、どちらかの欠点として、罰金のためには、原則として、天啓の機会を与えるために、あるいはチェックを抑制するとして、あまりにも偉大な周波数の嘆願書しばしば軽薄な根拠に基づいています。 And if the Tridentine prohibition be still urged, it may be truly said that the pope has the right to abrogate the decrees of councils, and is the best judge of the reasons that legitimize such abrogation. tridentine場合は禁止と促したまだ、かもしれないが、真にによると、法王は、審議会令の権利を破棄する、と判断することが最善の正当化は、このような理由で廃止している。 We may add that the custom of tax and componendum is neither uniform nor universal in the Roman Curia.我々の可能性を追加して、カスタムcomponendum税とは、どちらも普遍的で、ローマ教皇庁の制服です。

Publication information Written by Jules Besson.ジュールズベッソンによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラスj.ポッター転写された。 Dedicated to the Sacred Heart of Jesus Christ The Catholic Encyclopedia, Volume V. Published 1909.ひたむきに、イエスキリストの聖心カトリック百科事典は、ボリュームの対日付1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, May 1, 1909.公認は、 09年5月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

I. Dispensations in General: SUAREZ, De legibus (Naples, 1882), Bk. i.分配全般:スアレス、デlegibus (ナポリ、 1882 ) 、 bk 。 VI, x sqq., and Opera Omnia (Paris, 1856), VI; PYRRHUS CORRADIUS, Praxis dispensationum apostolicarum (Venice, 1699); KONINGS-PUTZER, Commentarium in facultates apostolicas (New York, 1898), pt. viの、 × sqq 。 、そして愛はすべてオペラ座(パリ、 1856 ) 、 viの;ピュロスcorradius 、実習dispensationum apostolicarum (ベニス、 1699年) ;コーニングス- putzer 、 commentariumでfacultates apostolicas (ニューヨーク、 1898 ) 、点 I; the commentators on the Decretals, especially SCHMALZGRUEBER, Jus ecclesiasticum universale (Rome, 1843), Bk.私; decretalsの解説して、特にschmalzgrueber 、出生地ecclesiasticum universale (ローマ、 1843 ) 、 bk 。 I. tit. i.駿馬がいるところ。 ii; WERNZ, Jus decretalium (Rome, 1905), I, tit. 2世;ウェルンツ、出生地decretalium (ローマ、 1905年) 、私は、駿馬がいるところ。 iv, 138; VON SCHERER, Handbuch des Kirchenrechts (Graz, 1898), I, 172; HINSCHIUS.静脈内、 138 ;フォンシェアラー、 handbuchデkirchenrechts (グラーツ、 1898 ) 、私、 172 ;ヒンシウス。 System d.システムd. kath. kath 。 Kirchenr. kirchenr 。 (Berlin, 1869), I. 744, 789; the moral theologies, under the treatise De legibus, particularly ST. (ベルリン、 1869 )勇744 、 789 ; theologies 、道徳的、学術論文デlegibusの下で、特にセントです。 ALPHONSUS LIGUORI, Theologia Moralis (Rome, 1905), I, iv, Dub.アルフォンサスリグオーリ、 theologia moralis (ローマ、 1905年) 、私は、 4世、ダブ。 4; D'ANNIBALE, Summula Theologiœ Moralis (Rome, 1908), I, tr. 4 ; d'アンニーバレ、 summula theologiœ moralis (ローマ、 1908年) 、私は、 tr 。 iii, 220; BALLERINI, Opus Morale (Prato, 1889), I, 363; OJETTI, Synopsis rerum moralium et juris pontificii (Rome, 1904), s. 3世、 220 ; ballerini 、オプス士気(プラト、 1889 ) 、私、 363 ;オイエッティ、梗概moralium et rerumジュリスpontificii (ローマ、 1904年) 、米 v. Dispensatio; THOMASSIN, Ancienne et nouvelle discipline de l'Eglise touchant les bénéfices (Paris, 1725), II, p.対dispensatio ; thomassin 、昔の規律ドレグリーズtouchant etヌーヴェルレbénéfices (パリ、 1725年) 、 2世、 p. II, 1, 3, xxiv-xxix; STIEGLER, Dispensation, Dispensationwesen, und Dispensationsrecht in his Kirchenrecht (Mainz, 1901). 2世は、 1 、 3 、 xxiv - 29 ;スティーグラー、分け与え、 dispensationwesen 、彼のdispensationsrechtウントkirchenrecht (マインツ、 1901 ) 。 I, and in Archiv f.私、そしてarchiv f. kath. kath 。 Kirchenr., LXXVII, 3; FIEBAG, De indole ac virtute dispensationum secundum principia jur. kirchenr 。 、 77 、 3 ; fiebag 、デインドール交流virtute dispensationumよってプリンキピアジュル川です。 canonici (Breslau, 1867). canonici (ブレスラウ、 1867 ) 。

II. Ⅱ 。 Matrimonial Dispensations: PYRRHUS CORRADIUS, op.婚姻分配:ピュロスcorradius 、 opです。 cit.; DE JUSTIS, De dispens. cit 。 ;デjustis 、デdispens 。 matrim. matrim 。 (Venice, 1769); GIOVINE, De dispens. (ベニス、 1769 ) ; giovine 、デdispens 。 matrim. matrim 。 (Naples, 1863); PLANCHARD, Dispenses matrim. (ナポリ、 1863 ) ; planchard 、 dispenses matrim 。 (Angoulème, 1882); FEIJE, De imped. ( angoulème 、 1882 ) ; feije 、デimped 。 et dispens. et dispens 。 matrim. matrim 。 (Louvain, 1885); ZITELLI, De dispens. (ルヴァン、 1885 ) ; zitelli 、デdispens 。 matrim. matrim 。 (Rome, 1887); VAN DE BURGT, De dispens. (ローマ、 1887 ) ;バンデburgt 、デdispens 。 matrim. matrim 。 (Bois-le-Duc, 1865); POMPEN, De dispens. (ボアルデュク、 1865 ) ; pompen 、デdispens 。 et revalidatione matrim. et revalidatione matrim 。 (Amsterdam, 1897); ROUSSET, De sacramento matrimonii (Saint-Jean de Maurienne, 1895), IV, 231; KONINGS-PUTZER, Op. (アムステルダム、 1897 ) ;ルーセ、デサクラメントmatrimonii (サンジャンドmaurienne 、 1895 ) 、 4 、 231 ;コーニングス- putzer 、 opです。 cit., 174 sqq., 376 sqq.; SANCHEZ, De s. cit 。 、 174 sqq 。 、 376 sqq 。 ;サンチェス、ド米 matrimonii sacramento (Viterbo, 1739), Bk. matrimoniiサクラメント(ヴィテルボ、 1739年) 、 bk 。 VIII; GASPARRI, Tract. viii ;ガスパリ、路です。 canonicus de matrimonio (Paris, 1892), I, iv, 186; MANSELLA, De imped. canonicusデmatrimonio (パリ、 1892 ) 、私は、 4世、 186 ; mansella 、デimped 。 matrim. matrim 。 (Rome, 1881), 162; LEITNER, Lehrb. (ローマ、 1881 ) 、 162 ;ライトナー、 lehrb 。 des kath.デkath 。 Eherechts (Paderborn, 1902), 401; SCHNITZER, Kath. eherechts (パーダーボルン、 1902 ) 、 401 ;シュニッツァー、 kath 。 Eherecht (Freiburg, 1898), 496; SANTILEITNER, Prœlectiones juris canonici (Ratisbon, 1899), IV, appendix I; WERNZ, Jus Decretalium (Rome, 1908), IV, tit. eherecht (フライブルク、 1898 ) 、 496 ; santileitner 、 prœlectionesジュリスcanonici ( ratisbon 、 1899 ) 、 4世は、付録私;ウェルンツ、出生地decretalium (ローマ、 1908 ) 、 4世は、駿馬がいるところ。 xxix FREISEN Geschichte des kanon. 29 freisen geschichteデカノン。 Eherechts bis zum Verfall der Glossenlitteratur (Tübingen, 1888), and in Archiv für kath. eherechtsビスツムverfallデアglossenlitteratur ( tübingen 、 1888 ) 、およびarchiv最近登録さkath 。 Kirchenr., LXXVII, 3 sqq., and LXXVIII, 91; ESMEIN, Le mariage en droit canonique (Paris, 1891), II, 315; ZHISMAN, Das Eherecht der orient. kirchenr 。 、 77 、 3 sqq 。 、 78 、 91 ;エスマン、ルmariage en関税canonique (パリ、 1891 ) 、 2世、 315 ; zhisman 、 das eherechtデアオリエント。 Kirche (Vienna, 1864), 190, 712. kirche (ウィーン、 1864 ) 、 190 、 712 。


Also, see:また、参照してください:
Ultradispensationalism ultradispensationalism
Covenant 誓約
Progressive Dispensationalism プログレッシブ天啓的史観
Second Coming of Christ キリストの再臨
Eschatology 終末論
Views of the Millennium 意見は、そのミレニアム
Last Judgement 最終判断
Rapture, Tribulation ラプチャー、試練
Tribulation, Great Tribulation 試練は、大きな試練


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです