Dualism二元論

General Information 総合案内

Dualism is any theory or system of thought that recognizes two and only two independent and mutually irreducible principles or substances, which are sometimes complementary and sometimes in conflict. Dualisms are distinguished from Monisms, which admit only one element or kind of element, and from Pluralisms, which admit more than two elements or kinds of elements. The polarities of a dualism are distinguished from the thesis and antithesis of a Dialectic, in that the former are stable and mutually exclusive and the latter are dynamic, always tending toward synthesis.二元論システムの思想や理論は、任意の2つのことを認識し、相互に2つの独立しただけ既約原則や物質、これは、いくつかの相補的で、時には対立した。 monisms区別dualismsは、これを認めるような要素の1つだけの要素や、よりpluralismsは、これ以上の2つの要素を認めるかの種類の要素がある。 polaritiesの二元論の論文とは区別さアンチテーゼの弁証法は、その前には安定しており、相互に排他的で、後者は、動的に向かって常にtending合成です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Dualisms are of two basic kinds, metaphysical and epistemological. Metaphysical dualisms admit two substances, such as world and God, or two principles, such as good and evil, as a means of explaining the nature of reality. Descartes argued a metaphysical dualism between mind - thinking substance - and body - extended substance. dualismsは、 2つの基本的な種類、形而上学と認識論です。 形而上dualisms 2つの物質を認めるなど、世界と神、または2つの原則には、善と悪など、自然の一つの手段としての現実を説明しています。デカルト形而上学と主張するの間に心の二元論-思考物質-と体-拡張物質です。 He held that all elements of reality are ultimately one or the other of these two heterogeneous substances.彼は現実に行われたことは、最終的にすべての要素の1つまたは他の不均質な物質は、これら2つです。 Epistemological dualisms use two substances or principles, such as consciousness and phenomena or subject and object, to analyze the knowing process. 2つの物質の使用または認識論dualisms原則は、このような現象としての意識や件名やオブジェクトとは、プロセスを分析することを知っています。 In general, an epistemological dualist distinguishes that which is immediately present to the perceiving mind from the retrospective determination of the real object known.一般的に、認識論dualist区別するものは、ただちに知覚の心からのプレゼントには、本物のオブジェクトを決意遡及知られている。

Plato's being and becoming, Aristotle's form and matter, Kant's noumena and phenomena, yin and yang in Chinese philosophy and the traditional issues of God and man, space and time, and nature and nurture are among other famous dualisms.プラトンの存在となることは、アリストテレスのフォームと言えば、カントのnoumenonの複数形や現象は、陰と陽は中国の伝統的な哲学とは、神と人間の問題は、空間と時間、およびその他の自然との間では有名なdualismsを育てる。

Donald Gotterbarnドナルドgotterbarn

Bibliography 文献情報
A O Lovejoy, The Revolt Against Dualism (1930).アナログ出力ラブジョイは、反旗を翻して二元論( 1930 ) 。


Dualism二元論

Advanced Information 高度情報

Dualism is a theory in interpretation which explains a given situation or domain in terms of two opposing factors or principles.二元論では、理論的解釈が与えられた状況を説明し、 2つの点で反対またはドメインまたは原則要因です。 In general, dualisms are twofold classifications which admit of no intermediate degrees.一般的には、二重の分類を認めるdualismsは中間度ではない。 There are three major types: metaphysical, epistemological or epistemic, and ethical or ethicoreligious.そこには、 3つの主要なタイプ:形而上学、認識論または認識様態、および倫理的またはethicoreligious 。

Metaphysical dualism asserts that the facts of the universe are best explained in terms of mutually irreducible elements.形而上二元論宇宙の主張する事実を説明して最善の条件は、相互に既約な要素がある。 These are often considered to be mind and matter, or as by Descartes, thought and extension.これらの精神とは、しばしば問題と見なされる、あるいはされたとしてデカルトは、思考や拡張子が。 Mind is usually conceived as conscious experience, matter as occupying space and being in motion.心の考えとしては、通常の経験を意識し、物質としての空間を占領され、モーションです。 They are thus two qualitatively different orders of reality.こうして彼らは質的に異なる2つの数量の現実だ。

Epistemological dualism is an analysis of the knowing situation which holds that the idea or object of judgment is radically other than the real object.認識論的二元論は、状況を分析するのを知って、アイデアやオブジェクトを保持することの根本的な判断は、他よりも本物のオブジェクトです。 The "object" of knowledge is held to be known only through the mediation of "ideas." "オブジェクト"の知識が行われたとの仲立ちのみで知られる"と考えています。 " This type of thinking raises the important question of the manner in which knowledge can bridge the gap between the idea of an object and the object itself.このタイプの思考は、重要な問題を提起方法で、知識のギャップを埋めることを考えており、そのオブジェクトのオブジェクトそのものです。

Ethical or ethicoreligious dualism asserts that there are two mutually hostile forces or beings in the world, the one being the source of all good, the other the source of all evil. The most clear cut type of ethicoreligious dualism is that of the ancient Iranian religion, usually associated with the name of Zoroaster, in which Ahura Mazda and Ahriman represent the projection into cosmology, respectively, of the forces of good and evil. 倫理的または二元論ethicoreligious主張には2つの相互敵対勢力や生き物の世界は、 1つのすべてのソースがいいが、そのほかのすべての悪の源です。 ethicoreligious最もクリアカットタイプの二元論のは、イランの宗教は、古代は、通常の名前に関連付けられてゾロアスター、アフラマズダで表すと、投影さahriman宇宙論は、それぞれ、善と悪の勢力のです。 The universe becomes the battleground for these opposing beings, identified respectively with light and darkness.宇宙の戦場になるのに反対するためにこれらの生き物は、光と闇の中でそれぞれ発見した。 More moderate forms of dualism pervade most religions, expressed, for example, by the distinction between sacred and profane, or by the analysis of reality in terms of yang and yin in Chinese thought.より穏健な形の二元論みなぎる最も宗教、表現、たとえば、聖と俗の区別される、あるいは現実を分析される点で、中国の殷ヤンと考えています。

Christian theology generally accepts a modified moral dualism, recognizing God as supremely good and Satan as a deteriorated creature bent everywhere upon the intrusion of evil. This, however, is not dualism in the sense of its usual definition, since Christian theology does not consider Satan to be ultimate or original, and sees him ultimately excluded from the universe. キリスト教神学受け付けます通常、変更された道徳的二元論は、神として認識極めて良好で、悪魔のような生き物が悪化して侵入悪の至る所曲がっていますが、二元論ではないという意味で、いつもの定義は、キリスト教神学以来検討していないサタン究極のオリジナルされるか、そして最終的に彼を見て、宇宙から除外されます。

H B Kuhnクーンのhb
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
D Runes, Dictionary of Philosophy. d runes 、辞書の哲学だ。


Dualism二元論

Catholic Information カトリック情報

(From Latin duo, two). (ラテンデュオからは、 2つ) 。

Like most other philosophical terms, has been employed in different meanings by different schools.他のほとんどのような哲学的には、別の意味で採用されてきた学校によって異なる。

First, the name has been used to denote the religious or theological system which would explain the universe as the outcome of two eternally opposed and coexisting principles, conceived as good and evil, light and darkness, or some other form of conflicting powers.第一に、その名が使用されてシステムを表し、これは、宗教や神学の結果として、宇宙を説明する2つの原則を永遠に反対すると共存は、善と悪の考えとしては、光と闇の中、または他の何らかの形式の相反する大国です。 We find this theory widely prevalent in the East, and especially in Persia, for several centuries before the Christian Era.この理論は私たちを見つけるの東に広く普及し、その中でも特にペルシャには、数世紀前の時代にキリスト教のです。 The Zend-Avesta, ascribed to Zoroaster, who probably lived in the sixth century B.C.ゾロアスター教の経典には、ゾロアスター生得的には、住んでいる人は、おそらく紀元前6世紀 and is supposed to be the founder or reformer of the Medo-Persian religion, explains the world as the outcome of the struggle between Ormuzd and Ahriman.としているはずの創始者や宗教改革者のmedo -ペルシア語、説明の結果として、世界ormuzdとの間の闘争のahriman 。 Ormuzd is infinite light, supreme wisdom, and the author of all good; Ahriman is the principle of darkness and of all evil. ormuzdは無限の光は、最高の知恵と、著者のすべての良い; ahrimanとは、暗闇の中のすべての悪の原則です。 In the third century after Christ, Manes, for a time a convert to Christianity, developed a form of Gnosticism, subsequently styled Manichaeism, in which he sought to fuse some of the elements of the Christian religion with the dualistic creed of Zoroastrianism (see MANICHAEISM and ZOROASTER).キリストは、第3世紀後には、死者の霊は、キリスト教に改宗するための時間を、先進グノーシス主義の一形態であり、スタイルmanichaeismその後、彼はいくつかの要素を求めたがヒューズは、キリスト教の宗教の二元的な信条のゾロアスター教( manichaeismを参照してくださいそしてゾロアスター) 。 Christian philosophy, expounded with minor differences by theologians and philosophers from St. Augustine downwards, holds generally that physical evil is the result of the necessary limitations of finite created beings, and that moral evil, which alone is evil in the true sense, is a consequence of the creation of beings possessed of free wills and is tolerated by God.キリスト教哲学には、わずかな違いを詳しく説明して神学者と哲学者から下方聖アウグスティヌスは、物理的な悪を保持しては、通常の結果有限責任制限の作成に必要な生き物は、道徳的な悪として、これだけでは真の意味での悪さは、生き物の創造的帰結として、自由に取り付かれて、神の意志とは、許容される。 Both physical and moral evil are to be conceived as some form of privation or defect of being, not as positive entity.悪の両方の物理的および道徳的には、何らかの形で考えられるか欠陥が不自由ではなく、肯定的なエンティティとして。 Their existence is thus not irreconcilable with the doctrine of theistic monism.彼らの存在は、このようにしていないの教義有神論一元論相いれない。

Second, the term dualism is employed in opposition to monism, to signify the ordinary view that the existing universe contains two radically distinct kinds of being or substance -- matter and spirit, body and mind.第二に、その用語に反対を一元論二元論が採用され、通常の表示を意味して、既存の宇宙が含まれている種類の異なる2つの根本的または物質-物質と精神、身体と心です。 This is the most frequent use of the name in modern philosophy, where it is commonly contrasted with monism.これは、最も頻繁に使用する名前は、近代哲学は、どこにあるかよく一元論対照的だ。 But it should not be forgotten that dualism in this sense is quite reconcilable with a monistic origin of all things.しかし、それを忘れてはならない二元論この意味ではかなりの起源monistic調停ですべてのことです。 The theistic doctrine of creation gives a monistic account of the universe in this sense.教義の有神論monisticアカウントの作成には、この意味での宇宙です。 Dualism is thus opposed to both materialism and idealism.二元論的唯物論とは、このように両方の理想主義に反対しています。 Idealism, however, of the Berkeleyan type, which maintains the existence of a multitude of distinct substantial minds, may along with dualism, be described as pluralism.理想主義は、しかし、そのberkeleyanタイプを維持する多数の別個の存在を実質的心は、 5月二元論と共に、多元主義として記述される。

Historically, in Greek philosophy as early as 500 B.C.歴史的には、紀元前500早ければギリシャ哲学 we find the Eleatic School with Parmenides as their chief, teaching a universal unity of being, thus exhibiting a certain affinity with modern German monism.私たちの学校を見つけるパルメニデスエレア学派の主任として、指導するための普遍的団結している、このように出展して、特定の親和性現代ドイツの一元論。 Being alone exists.いるだけで存在しています。 It is absolutely one, eternal, and unchangeable.それは絶対に1つは、永遠の、そして不変です。 There is no real becoming or beginning of being.レアルがないかの先頭になっている。 Seeming changes and plurality of beings are mere appearances.外観上の変更とは、単なる外見複数個の生き物です。 To this unity of being, Plato opposed an original duality--God and unproduced matter, existing side by side from all eternity.この団結している、プラトンに反対する元双対-神と未制作の問題は、既存のすべての永遠から並んでいます。 This matter, however, was conceived as indeterminate, chaotic, fluctuating, and governed by a blind necessity, in contrast with mind which acts according to plan.この件に関しては、しかし、考えとしては不定、カオス、変動は、目の不自由な必要性に支配されると、心の行為とは対照的によると、計画しています。 The order and arrangement are due to God.配列の順序とは、神のために。 Evil and disorder in the world have their source in the resistance of matter which God has not altogether vanquished.障害悪とは、世界が彼らの源は、神の抵抗していない事を完全に打ち負かされる。 Here we seem to have a trace of the Oriental speculation.ここで我々の痕跡があるように、東洋の憶測です。 Again there is another dualism in man.二元論で再びそれには別の男だ。 The rational soul is a spiritual substance distinct from the body within which it dwells, somewhat as the charioteer in the chariot.魂は、精神的、合理的な身体の内に異なる物質の棲むそれは、いくぶんとしては、戦車chariotの御者。 Aristotle is dualistic on sundry important topics.アリストテレスは、さまざまな重要なトピックを二重にした。 The contrast between the fundamental conceptions of matter and form--a potential and an actualizing principle--runs through all branches of his system.コントラストの問題との間の基本的な概念フォーム-実現する可能性があるとの原則-すべての枝に自分のシステムを介して実行されます。 Necessarily coeternal with God, Who is pure actuality, there has existed the passive principle of matter, which in this sense, however, is mere potentiality.必ずしも永遠に共存して、神は、純粋な人は、実際は、そこには、受動的原理の物質の存在は、その意味では、しかし、潜在的可能性は、単なる。 But further, along with God Who is the Prime Mover, there must also have existed from all eternity the World moved by God.しかし、さらに、神とともに人の原動力は、そこにも存在する必要がありますから、世界のすべての永遠の神を動かされる。 In his treatment of cognition Aristotle adopts the ordinary common-sense view of the existence of individual objects distinct from our perceptions and ideas of them.彼の治療の認知アリストテレス普通の常識的な見解を採用し、個々のオブジェクトの存在を我々の認識やアイデアをよりはっきりしてください。 Man is an individual substantial being resulting from the coalescence of the two principles--form (the soul) and matter.男は、個々の結果から、実質的には、 2つの原則を合体-フォーム(魂)との問題です。

Christianity rejected all forms of a dual origin of the world which erected matter, or evil, or any other principle into a second eternal being coexistent with God, and it taught the monistic origin of the universe from one, infinite, self-existing spiritual Being who freely created all things.キリスト教を拒否し、すべての形態の二重の起源は、世界の問題を建立、あるいは悪、またはその他の原則を2番目に共存している永遠の神、そして、それを教えmonisticから宇宙の起源の一つは、無限のは、自己の既存の精神的な存在すべての人を自由に作成したものです。 The unfamiliar conception of free creation, however, met with considerable opposition in the schools of philosophy and was abandoned by several of the earlier heresies.なじみのない自由な創造の概念は、しかし、反対派は、学校で会ってかなりの哲学とは、いくつかの以前のheresies見捨てられる。 The neo-Platonists sought to lessen the difficulty by emanastic forms of pantheism, and also by inserting intermediate beings between God and the world.ネオプラトン学派の難しさを求めたemanasticを減らすの形態の汎神論は、中間体を挿入することにより、また、神との間に世界の生き物です。 But the former method implied a materialistic conception of God, while the latter only postponed the difficulty.しかし、元法黙示的唯物受胎する神は、延期の難しさが、後者のみです。 From the thirteenth century, through the influence of Albertus Magnus and still more of St. Thomas Aquinas, the philosophy of Aristotle, though subjected to some important modifications, became the accredited philosophy of the Church. 13世紀から、アルベルトゥスマグヌスの影響を通じて、より多くの聖トマスアクィナスと依然、アリストテレスの哲学は、いくつかの重要な修正を対象にかかわらず、その教会は、公認の哲学だ。 The dualistic hypothesis of an eternal world existing side by side with God was of course rejected.永遠の世界の二元的な仮説は、既存の神と並んでは、もちろん、拒否された。 But the conception of spiritual beings as opposed to matter received fuller definition and development.しかし、精神的な生き物としての概念に反対してフラーの定義と開発の問題を受け取った。 The distinction between the human soul and the body which it animates was made clearer and their separability emphasized; but the ultra-dualism of Plato was avoided by insisting on the intimate union of soul and body to constitute one substantial being under the conception of form and matter.人間の魂の区別をすることと、体は前にはっきりとその分離animates強調;しかし、超プラトンの二元論を主張して回避された親密な労働組合の魂と体を構成する1つの形で実質的概念の下にいると事です。

The problem of dualism, however, was lifted into quite a new position in modern philosophy by Descartes.二元論の問題は、しかし、非常に新しい位置が解除されるデカルトは、近代哲学です。 Indeed, since his time it has been a topic of central interest in philosophical speculation.確かに、自分の時間されて以来、話題の中心に関心を哲学的思索。 His handling of two distinct questions, the one epistemological, the other metaphysical, brought this about.彼の2つの別個の質問の取り扱いは、 1つの認識論は、他の形而上学は、これを持ってきた約です。 The mind stands in a cognitional relation to the external world, and in a causal relation to the changes within the body.スタンドで、心cognitionalと関連して、外部世界では、との因果関係は、身体の内に、変更内容です。 What is the precise nature of each of these relations?どのような性質を正確には、これらの各関係ですか? According to Descartes the soul is res cogitans.デカルトによると、魂は、解像度cogitans 。 Its essence is thought.その本質的には考えています。 It is simple and unextended.それは単純で延ばされていない。 It has nothing in common with the body, but is connected with it in a single point, the pineal gland in the centre of the brain.それは何も体に共通して、しかしそれは、 1つのポイントに接続して、松果体は脳の中心部です。 In contrast with this, the essence of matter lies in extension.これとは対照的に、問題の本質にある拡張子が。 So the two forms of being are utterly disparate.このため、 2つの形態が全く異種れている。 Consequently the union between them is of an accidental or extrinsic character.したがって、それらの間で、労働組合は、偶発的または外因性のあるキャラクターです。 Descartes thus approximates to the Platonic conception of charioteer and chariot.こうしてデカルトのプラトニックな概念をapproximatesや戦車chariotの御者。 Soul and body are really two merely allied beings.魂と体が本当に連合の2つだけ存在します。 How then do they interact?それからかれらはどのように相互作用? Real reciprocal influence or causal interaction seems impossible between two such disparate things.本当の因果関係や相互に影響を与えるような本質的に異なる2つの間の相互作用は不可能だとのことです。 Geulincx and other disciples of Descartes were driven to invent the hypothesis of occasionalism and Divine assistance, according to which it is God Himself who effects the appropriate change in either body or mind on the occasion of the corresponding change in the other.ゲーリンクスや他の弟子のデカルトの仮説を考案していたの駆動偶因論と神の援助によると、それが自分たちの神の影響で、適切な変更は、どちらかの体や心の変化に対応する機会が、他のです。 For this system of miraculous interferences Leibniz substituted the theory of pre-established harmony according to which God has coupled pairs of bodies and souls which are destined to run in parallel series of changes like two clocks started together.このシステムのために奇跡的な干渉置換ライプニッツの理論によると、事前に確立さの調和の神が結合したペアの遺体と魂を並列に実行しているシリーズの運命にある2つのクロックを開始するように変更します。 The same insoluble difficulty of psycho-physical parallelism remains on the hands of those psychologists and philosophers at the present day who reject the doctrine of the soul as a real being capable of acting on the body which it informs.サイコ-不溶性の難しさ、同じ物理的な並列処理遺跡は、心理学者や哲学者の手現今では、人の魂を拒否する教義として、本物の演技をして身体能力があることを通知されます。 The ultra-dualism of Descartes was immediately followed on the Continent by the pantheistic monism of Spinoza, which identified mind and matter in one infinite substance of which they are merely "modes."デカルトは二元論の超大陸された直後にスピノザ汎神論一元論のは、 1つの問題が発見さ精神と物質の無限になっているに過ぎない"モードです。 "

The cognitional question Descartes solves by a theory of knowledge according to which the mind immediately perceives only its own ideas or modifications.デカルトの問題が解決されるcognitional知識の理論によると、すぐに心が、独自のアイデアや改造perceivesのみです。 The belief in an external world corresponding to these ideas is of the nature of an inference, and the guaranteeing of this inference or the construction of a reliable bridge from the subjective world of thought to the objective world of material being, was thenceforth the main problem of modern philosophy.という信念に基づいて、外部の世界に対応するには、これらのアイデアの性質を推論し、この推論の保証や信頼性の橋を建設することから、世界の主観的客観的世界の物質と考えられているのは、主な問題は、その時以来近代哲学です。 Locke similarly taught that the mind immediately apprehends only its own ideas, but he assumed a real external world which corresponds to these ideas, at least as regards the primary qualities of matter.同様にロックして心を教え、独自のアイデアをすぐにapprehendsだけが、彼の本当の想定外の世界に対応するこれらのアイデアは、少なくともプライマリとしての資質の問題に関してです。 Berkeley, accepting Locke's assumption that the mind immediately cognizes only its own ideas, raised the question: What grounds have we for believing in the existence of a material world corresponding to those ideas?バークレー校は、ロックを受け入れる心のすぐcognizesのみを想定して、独自のアイデア、引き上げたの質問:どのような根拠が我々の存在を信じ、それらの物質世界に対応する考えですか? He concludes that there are none.彼の結論があることは、なしです。 The external cause of these ideas is God Who awakens them in our minds by regular laws.これらのアイデアの原因は、外部の人の神が私たちの心を起こして定期的な法律です。 The dualistic opposition between mind and matter is thus got rid of by denying an independent material world.野党間の二元的な問題は、このように心とは独立した物質を取り除くことによって世界を否定しています。 But Berkeley still postulates multitude of real substantial minds distinct from each other and apparently from God.しかし、本当のバークレーまだかなり多数の公準お互いに心をはっきりと明らかに神から与えられたからだ。 We have thus idealistic pluralism.こうして私たちは理想主義的多元主義です。 Hume carried Berkeley's scepticism a step farther and denied the existence of permanent spiritual substances, or minds, for grounds similar to those on which Berkeley rejected material substances.ヒューム運ばバークレー校のscepticism歩進めて、永久的な精神と物質の存在を否定して、あるいは心は、これを根拠に似ている物質材料バークレー校を拒否した。 All we know to exist are ideas of greater or less vividness.すべての存在は、我々のアイデアを知っているのかあまり大きく鮮やかだ。 Kant repudiates this more extreme scepticism and adopts, at least in the second edition of his chief work, a form of dualism based on the distinction of phenomena and noumena.このもっと極端なscepticism repudiatesカントと採用し、 2番目のモードは、少なくとも彼の作業主任は、二元論の一形態の違いに基づいて、現象とnoumenonの複数形。 The mind immediately perceives only its own representations.すぐに心を表明、独自のperceivesのみです。 These are modified by innate mental forms.これらは生来の精神的な形で変更された。 They present to us only phenomena.彼らは私たちにのみ存在する現象だ。 But the noumena, the things-in-themselves, the external causes of these phenomenal representations, are beyond our power of cognition.しかし、 noumenonの複数形は、そのこと自体では、これらの現象の原因を、外部の表明は、我々の力は、認知を超えています。 Fichte rejected things-in-themselves outside the mind, and reduced the Kantian dualism to idealistic monism.フィヒテ拒否されたことで自らの心の外では、理想と減額のカントの二元論を一元論です。 The strongest and most consistent defenders of dualism in modern philosophy have been the Scotch School, including Reid, Stuart, and Hamilton.最強の守備陣との整合性二元論で最も近代的哲学が、学校のスコッチなど、レイド、スチュアート、およびハミルトン。 Among English writers in more recent times Martineau, McCosh, Mivart, and Case have carried on the same tradition on similar lines.英語の作家の中でさらに多く最近タイムズマーティノー、マコッシュ、マイバート、およびケースは、同じ伝統の上に運ば似たような行です。

The problem of dualism, as its history suggests, involves two main questions:二元論の問題は、その歴史を暗示するように、 2つの主要な質問には:

Does there exist a material world outside of our minds and independent of our thought?世界に存在する物質は私たちの心の外に我々の独立した思考とは?

Supposing such a world to exist, how does the mind attain to the cognition of it?仮定そのような世界が存在し、その心はどのように認識して、それを達成するか?

The former question belongs to epistemology, material logic, or general philosophy; the latter to psychology.元の質問に属します認識論は、材料の論理、あるいは一般的な哲学;心理学で、後者です。 It is true that dualism is ultimately rejected by the materialist who reduces conscious states to functions, or "aspects" of the brain; but objections from this standpoint will be more suitably dealt with under materialism and monism.二元論ことは事実だが、最終的に拒否される州唯物論者を意識して機能を減らし、あるいは"側面"の脳;しかし、このような観点から反論されるとこちら一元論的唯物論の下で適切に処理しています。 The idealist theory since Berkeley, in all its forms, maintains that the mind can only know its own states or representations, and that what we suppose to be an independent, material world is, in the last analysis, only a series of ideas and sensations plus belief in the possibility of other sensations.バークレー以来の理想主義の理論は、あらゆる形態のは、心の中でのみ維持して、独自の州または表明知っている、我々は何としているが、独立して、材料の世界が、最後の分析では、一連のアイデアや感覚だけプラスの可能性を、他の感覚を信じることです。 Our conviction of the objective reality of a vivid consistent dream is analogous to our conviction of the validity of our waking experience.我々の信念は、現実を客観的に類似して、鮮やかな整合性の夢は、我々の信念の妥当性を我々の経験起きている。 Dualism affirms, in opposition to all forms of idealism, the independent, extramental reality of the material world.二元論肯定は、あらゆる形態の理想主義に反対し、独立、超精神的、物質世界の現実だ。 Among its chief arguments are the following:その引数は、以下のうちのチーフ:

Our belief in the existence of other minds is an inference from their bodies.我々の信念は、他の心の存在は、自分の体から推論する。 Consequently the denial of an external material world involves the rejection of all evidence for the existence of other minds, and lands the idealist in the position of "Solipsism".したがって、拒否する外部材料には、拒絶反応を世界のすべての他の心が存在する証拠は、理想主義者と土地の位置は、 "自己中心主義"だ。

Physical science assumes the existence of a material world, existing when unperceived, possessing various properties, and exerting various powers according to definite constant laws.物理的な存在を仮定して、材料科学の世界では、既存の人目に付かないときには、様々なプロパティを所持し、様々な権限を行使する法律によると、明確な定数です。 Thus astronomy describes the movements of heavenly bodies moving in space of three dimensions, attracting each other with forces inversely proportioned to the square of the distance.こうして天文学説明して天体の動きを3次元の空間を移動し、お互いに誘致して逆釣り合いのとれた軍の距離の2乗に比例しています。 It postulates the movement and action of such bodies when they are invisible as well as when they are visible through long periods of time and over vast areas of space.それ公準このような天体の動きや行動のときは、目に見えないときは、目に見えるだけでなく、長い年月を介して広大な地域とするスペースが必要です。 From these assumptions it deduces future positions and foretells eclipses and transits many years ahead.これらの仮定からforetells eclipsisの複数の位置や将来のことdeducesと何年も前に通過した。 Observations carried out by subsequent generations verify the predictions.その後の世代の観察を行っている予測を検証しています。 Were there not an extramental world whose parts exist and act in a space and time truly mirrored by our cognitions and ideas, such a result would be impossible.世界の超精神的ではありませんがそこに存在する部品や行動をとることによって、我々の空間と時間を真にcognitionsミラーやアイデアは、このような結果は不可能だ。 The branches of science dealing with sound, light, heat, and electricity are equally irreconcilable with idealism.木の枝には、科学の対処の音、光、熱、および電気的観念論が均等に相いれない。 The teachings of physiology and psycho-physics become peculiarly absurd in the idealist theory.生理学の教えになると妙に不条理サイコ-物理学の理論は、理想主義者です。 What, for instance, is meant by saying that memory is dependent on modifications in the nervous substance of the brain, if all the material world, including the brain, is but a collection of mental states?どのような、例えば、と言っては、という意味では、メモリに依存して修正し、脳内の神経物質のは、もし世界のすべての物質は、脳を含め、精神状態はただのコレクションですか? Psychology similarly assumes the extramental reality of the human body in its account of the growth of the senses and the development of perception.超精神心理学を仮定して現実には、同様に人間の体内には、アカウントの感覚の成長と発展を認識した。 Were the idealist hypothesis true its language would be meaningless.理想主義者は、その言語でも意味が真の仮説です。 All branches of science thus presuppose and confirm the dualistic view of common sense.こうして、科学のすべての支店二元的な見方を仮定すると常識を確認してください。

Granted, then, the truth of dualism, the psychological question emerges: How does the mind come to know the material world?当然、次には、真実の二元論は、心理的な問題がはっきりする:心は、どうやって来るの材料を知っている世界ですか? Broadly speaking there are two answers.大まかに言えばそこには2つの回答です。 According to one the mind immediately perceives only its own representations or ideas and from these it infers external material objects as the cause of these ideas.心を一つによると、すぐにのみperceives表明や独自のアイデアや外部からのinfersこれらのことの原因物質として、これらのアイデアのオブジェクトです。 According to the other, in some of its acts it immediately perceives extended objects or part of the material world.によると、他のは、すぐには、いくつかの行為をすることperceives拡張オブジェクトまたは団体名世界の材料です。 As Hamilton says: "What we directly apprehend is the Non-ego, not some modification of the Ego".ハミルトンとして書かれています: "我々は、非自我を逮捕直接ではなく、いくつかの修正のエゴ" 。 The theory which maintains an immediate perception of the non-ego he calls natural dualism or natural realism.その理論を維持するの即時の知覚自我彼は、非天然二元論通話や天然リアリズム。 The other, which holds a mediate cognition of the non-ego, as the inferred cause of a representation immediately apprehended, he terms hypothetical dualism or hypothetical realism.そのほか、認知の調停を保持するのは非自我は、原因を推測する表現として、すぐに逮捕、彼または仮想的な二元論的リアリズム仮想的な用語です。 The doctrine of immediate or presentative perception is that adopted by the great body of Scholastic philosophers and is embodied in the dictum that the idea, concept, or mental act of apprehension is non id quod percipitur sed medium quo res percipitur -- not that which is perceived but the medium by which the object itself is perceived.その教義の即時または知覚presentativeで採択されたのは、偉大な哲学者や体の修学のことわざが具体化して考え、コンセプトは、不安や精神的な行為以外のID quod percipitur sedでは、そこから解像度媒体percipitur -というものはないしかし、認知媒体自体が認知されるオブジェクトです。 This seems to be the only account of the nature of knowledge that does not lead logically to idealism; and the history of the subject confirms this view.このアカウントと思われるだけでは、知識の性質を論理的にリードしていない観念論;と服従の歴史は、この見解を確認した。 But affirmation of the mind's capacity for immediate perception of the non-ego and insistence on the distinction between id quod and id quo percipitur, do not dispose of the whole difficulty.しかし、心の能力を肯定するために即座に認識、非自我と主張して区別すると身分証明書のID quod percipiturそこから、全体を処分する難しさはありません。 Modern psychology has become genetic.現代の遺伝学的心理学となっています。 Its interest centres in tracing the growth and development of cognition from the simplest and most elementary sensations of infancy.その利息センターの成長と発展を追跡中から最も単純な認知と幼児期の最も基本的な感覚です。 Analysis of the perceptive processes of a later age, e.g.鋭敏なプロセスを分析して、後の時代には、例えば、 apprehension of size, shape, solidity, distance, and other qualities of remote objects, proves that operations seemingly instantaneous and immediate may involve the activity of memory, imagination, judgment, reasoning, and subconscious contributions from the past experience of other senses.逮捕のサイズ、形、堅さ、距離、およびその他の資質のリモートオブジェクトは、瞬間的と思われる証明して業務活動の即時のメモリを巻き込む可能性は、想像力、判断力、推理は、過去の経験から、潜在意識の貢献、他の感覚です。 There is thus much that is indirect and inferential in nearly all the percipient acts of mature life.このように多くのことは、間接的には、ほぼすべての知覚と推論の中高年の生活行為です。 This should be frankly admitted by the defender of natural dualism, and the chief psychological problem for him at the present day is to sift and discriminate what is immediate and direct from what is mediate or representative in the admittedly complex cognitional operations of normal adult life.これをしなければならないのディフェンダーを率直に認め、自然二元論は、心理的な問題や、チーフ向けギフト現今では、どのような差別をふるいにかけるとは、直接の担当者からは何ですかメディエイトcognitional複雑な操作は、確かに正常な成人の人生です。

Publication information Written by Michael Maher.マイケルマーハー書かれた文献の情報です。 Transcribed by Robert H. Sarkissian.ロバートh.サーキシアン転写された。 The Catholic Encyclopedia, Volume V. Published 1909.カトリック百科事典は、ボリュームの対日付1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, May 1, 1909.公認は、 09年5月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

IN FAVOUR OF NATURAL DUALISM:--RICKABY, First Principles of Knowledge (New York and London, 1901); CASE, Physical Realism (New York and London, 1881); UEBERWEG, Logic, tr.自然の恵みの二元論: -r ickaby、最初の原則の知識(ニューヨーク、ロンドン、 1 901) ;場合は、物理的なリアリズム(ニューヨーク、ロンドン、 1 881) ;ユーベルベーク、ロジック、 t r。 (London, 1871); HAMILTON, Metaphysics (Edinburgh and London, 1877); McCOSH, Exam. (ロンドン、 1871 ) ;ハミルトンは、形而上学(エディンバラやロンドン、 1877 ) ;マコッシュ、試験です。 of Mill (New York, 1875); MARTINEAU, A Study of Religion (Oxford, 1888): MIVART, Nature and Thought (London, 1882); MAHER, Psychology (New York and London, 1908); FARGES, L'Objectivit de la Perception (Paris, 1891).のミル(ニューヨーク、 1875 ) ;マーティノー、宗教に関する研究(オックスフォード、 1888 ) :マイバート、自然と思考(ロンドン、 1882 ) ;マーハー、心理学(ニューヨーク、ロンドン、 1908 ) ; fargesとL' objectivitデラ知覚(パリ、 1891 ) 。

AGAINST NATURAL DUALISM:--BERKELEY, Principles of Human Knowledge, ed.自然に対する二元論: -バークレー校は、原則人間の知識は、エドです。 FRASER (Oxford, 1871): ed.フレーザー(オックスフォード、 1871 ) :エド。 KRAUTH (Philadelphia, 1874); MILL, An Exam. krauth (フィラデルフィア、 1874 ) ;ミルは、試験に合格する。 of Sir W. Hamilton (London, 1865); BRADLEY, Appearance and Reality (New York and London, 1899).サーウィリアムハミルトン(ロンドン、 1865 ) ;ブラッドリーは、外観と現実(ニューヨーク、ロンドン、 1899 ) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです