Eschatology終末論

General Information 総合案内

Eschatology, a term of Greek derivation meaning literally "discourse about last things," typically refers to the Judeo Christian doctrine of the coming of the kingdom of God and the transformation or transcendence of history.終末論は、文字通りの意味を導出するギリシャ語の任期"についての談話最後のものは、 " 通常、ユダヤキリスト教の教義を指しているため、今後は、神の国の歴史を超越し、または変換します。

The distinction between transformation and transcendence reflects the difference between Old Testament messianism, which looked for the coming of the kingdom of God within a historical framework, and New Testament apocalypticism, which expected the total dissolution of the world at the last judgment.変態との区別を超越旧約聖書のメシア信仰の違いを反映して、これを探したが神の国の到来は、歴史的な枠組み内では、新約聖書黙示信仰とは、どの予想では、世界全体の解散の最後の判断だ。

The end of history in Western religions, however, is not a cyclical return to a primordial world outside history as it is in the eschatologies of non Western religions, such as Buddhism and Hinduism.西洋の宗教の歴史の終わりには、しかし、循環的ではない、原初の世界に戻ることは、歴史の中で、外のeschatologies西洋以外の宗教は、仏教やヒンドゥー教などです。 In the Judeo Christian tradition, even the dissolution of history is based in a historical future.ユダヤキリスト教の伝統では、解散でさえ、歴史は、歴史的な将来に拠点を置く。 The New Testament concept of Parousia ("coming presence") appears to refer to both the present and the continuing Salvation among believers in Jesus Christ and the literal Second Coming of Christ that will bring an evil world to judgment before salvation.新約聖書の概念parousia ( "来るプレゼンス" )が表示されたら、現在の両方を参照するには、信者たちの間で継続的にイエスキリストの救いと、キリストの再臨のリテラルをもたらすことは、邪悪な世界を救済する前に判断します。 The latter view is reflected in Millenarianism, which also teaches an Antichrist. 後者の見解が反映される至福千年であり、また、キリストの敵を教えてください。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Eschatology has been a revived theme among theologians in the 20th century.終末論を復活されて神学者の間では、 20世紀のテーマです。 The "consistent eschatology" of Johannes Weiss and Albert Schweitzer, the "realized eschatology" of C H Dodd and Rudolf Otto; the "dialectic eschatology" of Karl Barth and Rudolf Bultmann, and the "death of God" eschatology of Thomas J J Altizer and other radical theologians may represent the gamut of interpretation of the biblical concept. "一貫した終末論"のヨハネスヴァイスとアルベルトシュバイツァーは、 "実現した終末論"のチャンネルドッドとルドルフオットー;の"弁証法終末論"のカールバルトとルドルフブルトマン、そして、 "死の神"のトーマスjj altizerおよびその他の終末論急進的神学の全範囲の解釈の可能性を示す、聖書の概念です。

Bibliography 文献情報
T J J Altizer, The Descent into Hell (1970); R K Bultmann, The Presence of Eternity: History and Eschatology (1957); R H Charles, Eschatology: The Doctrine of the Future Life in Israel, Judaism and Christianity (1899 - 1963); M Eliade, Cosmos and History (1959); W H Gloer, ed., Eschatology and the New Testament (1988); D Gowan, Eschatology in the Old Testament (1985); P C Phan, Eternity in Time (1988). tjj altizer 、地獄への降下( 1970 ) ; rkブルトマンは、永遠の存在:歴史と終末論( 1957年) ; rhチャールズは、終末論:その学説は、将来の生活の中、イスラエル、ユダヤ教、キリスト教( 1899 -1 963) ; mにエリアーデ、コスモスや歴史( 1959 ) ; wh gloer 、エド。 、終末論と新約聖書( 1988 ) ; d gowan 、終末論は、旧約聖書( 1985 ) ;パソコンファンは、永遠の時( 1988 ) 。


Eschatology終末論

General Information 総合案内

Eschatology is literally "discourse about the last things," doctrine concerning life after death and the final stage of the world.終末論は、文字通り"談話については、最後のものは、 "死の後の生活に関する教義とは、世界の最終段階です。 The origin of this doctrine is almost as old as humanity; archaeological evidence of customs in the Old Stone Age indicates a rudimentary concept of immortality.この学説はほとんどの起源はとても古い人類;考古学的な証拠を示す税関は、旧石器不滅の初歩的な概念です。 Even in early stages of religious development, speculation about things to come is not wholly limited to the fate of the individual.宗教的な開発の初期段階でも、憶測については完全に限られたものではないにして来るのは、個々の運命だ。 Such devastating natural phenomena as floods, conflagrations, cyclones, earthquakes, and volcanic eruptions have always suggested the possibility of the end of the world.壊滅的な洪水のような自然現象として、 conflagrations 、サイクロン、地震、火山噴火とは、常に可能性を示唆し、世界の終わりだ。 Higher forms of eschatological thought are the product of a complex social organism and an increased knowledge of natural science.終末論の形態の高い製品は、複雑な思考は、社会的な生物や自然科学の知識を増大させる。 Often myths of astrological origin, the concept of retribution, or the hope of deliverance from present oppressions provided the material or motive for highly developed eschatologies.しばしば神話の占星術の起源は、報復の概念、あるいは、希望のプレゼントoppressionsから救出材料や動機を提供してeschatologies高度に発展した。 Prolonged observation of planetary and solar movement made possible the conception of a recurrence, at the end of the present cycle, of the events connected with the origin of the world and a renovation of the world after its destruction.長期化するとの観測惑星の太陽の動きを前に、再発の可能性の概念は、現在のサイクルの終わりには、このイベントに接続しているのは、世界の起源とその破壊した後、世界の革新です。

The development of eschatological speculation, therefore, generally reflects the growth of human intellectual and moral perceptions, the larger social experience of men and women, and their expanding knowledge of nature.投機終末論の発展は、したがって、通常の成長を反映して人間の知的道徳的な認識とは、大きな社会的な経験は、男性と女性は、自然とその知識を拡大しています。 The outward forms of the doctrine of eschatology vary, however, according to the characteristics of the environment and of the peoples.フォームの外側には、終末論の教義によっては、しかし、その特性によると、人々は、環境とします。

Ancient Explanations古代の説明

Belief in a life of the spirit, a substance inhabiting the dead body as long as food and drink are furnished, is typical of primitive eschatology.信念の精神生活の中で、物質に生息する限り、死体を食べたり飲んだりするには家具は、原始的終末論は、典型的なのだ。 The concept of the future life grew richer as civilization advanced and cosmic forces became objects of worship associated with departed spirits.その概念としては、将来の生活を豊かな文明の高度成長となった宇宙軍のオブジェクトに関連付けられて故人の霊を崇拝する。 The belief in judgment after death was introduced when standards of right and wrong were established according to particular tribal customs; the spirits themselves were made subject to the laws of retribution.という信念に基づいて判断した後で死が導入された時に善悪の判断基準を確立税関によると、特定の部族;の霊を前にしていたの報復の対象となる法律です。 Through this twofold development the future life was thus made spiritual and assumed a moral character, as in the eschatology of ancient Egypt.この二重の開発を通じて、将来の人生はこうしてと仮定する前に精神的な道徳的なキャラクターのように、古代エジプトの終末論です。 In Persia and Israel, the old conception of a shadowy existence in the grave, or in some subterranean realm, in general retained its hold.ペルシャとイスラエルでは、古い概念は、謎に包まれた存在は、重大な、あるいは地下のいくつかの領域では、一般的に留保のホールド。 Escape from such an existence, however, into larger life, with the possibility of moral distinctions among individuals, was provided by the conception of a restoration and reanimation of the old body, thus ensuring personal identity.そのような存在からの脱出は、しかし、大規模な人生を、道徳的な可能性を区別して個人間では、提供されていた概念の復活は、昔の体の回復とは、このように個人のアイデンティティを確保するためです。 In other cultures, as in India, the spirit was conceived as entering immediately upon death into another body, to live again and die and become reincarnated in new forms.他の文化の中に、インドでは、考えられるの精神には、直ちに死を別の遺体を入力し、再び生きるとは死ぬreincarnated新しいフォームとなる。 This concept of transmigration, or metempsychosis, made possible the introduction into the future life of subtle moral distinctions, involving not only punishments and rewards for conduct in a previous stage of existence but also the possibility of rising or falling in the scale of being according to present conduct.このコンセプトの移住、または輪廻転生は、前に、将来の生活への導入の可能性の微妙な道徳的な区別は、事件や特典のためだけでなく、処分を行う前の段階で存在する可能性が高まるだけでなく、その規模や落下しているによると、プレゼントを行う。 In spite of the seemingly perfect justice thus administered on every level of being, the never-ending series of births and deaths of the individual may come to appear as an evil; in which case deliverance may be sought from the infinite wheel of existence in Nirvana.にもかかわらず、このように一見完璧な正義を投与されているすべてのレベルでは、いつ終わるとも知れないシリーズで、個々の出生と死亡のように表示されるかもしれませんが、邪悪な;救出される場合が求められかもしれないから、無限に存在ホイールの涅槃。 The ancient Greeks arrived at their eschatology by considering the functions of the mind as a purely spiritual essence, independent of the body, and having no beginning or end; this abstract concept of immortality led to the anticipation of a more concrete personal life after death.古代ギリシアに到着した彼らの終末論を考慮し、心の機能として、純粋に精神的なエッセンスは、身体から独立し、先頭または末尾がない;この抽象的な概念を見越し不滅主導して、より具体的な個人的な生活の後に死亡した。

The ideas held throughout history concerning the future of the world and of humanity are only imperfectly known today.東西古今を問わず、アイデアに関する開かれた世界と人類の未来は今日しか知られて不完全です。 The belief in a coming destruction of the world by fire or flood is found among groups in the Pacific islands as well as among American aborigines; this belief probably did not originate in astronomical speculation, but was rather engendered by some terrifying earthly experience of the past.その信念は、今後、世界の破壊されたことが判明した火災や洪水のグループの間では、太平洋諸島の中だけでなく、アメリカ原住民;おそらくこの信念に由来する天文投機しなかったが、むしろengenderedされたいくつかの恐ろしいこの世では、過去の経験。 The ancient Persians, who adopted the doctrines of their religious teacher Zoroaster, developed the basic idea of the coming destruction of the world by fire into the concept of a great moral ordeal.古代ペルシア人は、自分たちの宗教的な教員採用のゾロアスター教説は、開発の基本的な考え方は、今後の破壊によって、世界に向かって発砲するというコンセプトに基づき、偉大な道徳的な試練だ。 According to this belief, at the end of the world the worshipers of the lord Mazda will be distinguished from all other people by successfully enduring the ordeal of molten metal, and the good will then be rewarded.この信念によると、年末には、世界の主のしもべは、マツダと区別される他のすべての人々の試練を永続的に成功したの溶融金属は、良いとは、次にば報われる。 This concept is found in the Gathas, the earliest part of the Avesta, the bible of Zoroastrianism.この概念は、発見さgathas 、アベスタの最古の部分は、ゾロアスター教の聖書のだ。 It is not certain that the idea of a resurrection from death goes back to the period represent ed by the Gathas.特定のことではないという考えは、死から復活の期間を表すのにまでさかのぼりますエドgathasされる。 But the Greek historian Herodotus seems to have heard of such a Persian belief in the 5th century BC, and Theopompus of Chios, the historian of Philip II, king of Macedon, described it as a Mazdayasnian doctrine.しかし、ギリシャの歴史家ヘロドトス聞いたことがあるようだが、このような信念は、紀元前5世紀ペルシャ、キオスのテオポンポスとは、歴史学者のフィリップ2世は、マケドニアの王様、 mazdayasnian教義として説明することです。

Similarities can be seen between the ancient Greek concepts of heaven and hell and those of Christian doctrine.類似点が見られる古代ギリシャの間に天国と地獄の概念とキリスト教の教義ものです。 The Homeric poems and those of Hesiod show how the Greek mind conceived of the future of the soul in Elysium or in Hades.ホメロスの詩とはどのようには、ギリシャの人の心の考えを示すhesiodの将来の夢は、魂の中でエリュシオンまたはハデス。 Through the Orphic and Eleusinian mysteries this thought was deepened. eleusinianを通してorphicと考えたのは、この謎を深めた。 That the future of nations and the world also played an important role in Greek and Roman thought is evident from the prophecies of the Sibyls.国の将来のことや、世界でも重要な役割を果たしましたギリシャローマの思想とは明らかsibylsからの予言。 An eschatological philosophy dominated the epoch ushered in by the conquests of Alexander the Great, and Greco-Roman thought became suffused with Oriental ideas in its speculation upon the future of the world.終末論哲学の中に支配されるのエポックusheredアレキサンダー大王の征服は、ギリシャローマの思想と東洋思想をsuffusedになった時は、将来、世界の投機です。 In a similar manner the Scandinavian idea of the destruction of the earth by fire and its subsequent renovation under higher heavens-to be peopled by the descendants of the surviving pair, Lif and Lifthrasir (as set forth in the Elder Edda) - reflects an early Nordic interpretation of the idea of hell and heaven.北欧では、同様の方法で地球を破壊するというアイデアは、火災とその後の革新によって高い天の下に満たされるのは、生存の子孫のペアは、 lifとlifthrasir (エルダーとして規定されてエッダ) -を反映し、早期北欧の解釈は、天国と地獄のアイデアです。

Jewish and Christian Beliefsユダヤ人とキリスト教の信仰

In early Israel the "Day of Yahweh" was a coming day of battle that would decide the fate of the people.初めに、イスラエルの"ヤハウェの日"は、今後数日の戦いそれは、人々の運命を決める。 Although the people looked forward to it as a day of victory, prophets such as Amos, Hosea, Isaiah, Micah, Zephaniah, and Jeremiah feared that it would bring near or complete destruction, associating it with the growing military threat from Assyria.にもかかわらず、人々に楽しみにして、一日の勝利は、預言者のようなアモス、ホセア書は、イザヤ書、ミカ、ゼパニヤ、およびジェレマイアをもたらす恐れが近いことを明らかに完全に破壊するか、関連付けることで、アッシリアからの軍事的脅威の高まりです。 To Jeremiah, this forecast of judgment was the criterion of true prophethood.エレミアには、この予報の判断基準は、真の預言です。 Later, the books containing their pronouncements were interpolated with prophecies of prosperity, which themselves constituted significant signs of the expansion of eschatological hopes.その後、彼らの公式見解を含む書籍の繁栄を予言していた補間、これを構成して重要な兆候終末論の拡大を願っています。 The Book of Daniel voices the hope that the kingdom of the world will be given to the saints of the Most High, the Jewish people.この本のダニエルの声を期待して、王国の世界には与えられ、最も高い聖人は、ユダヤ教の人々だ。 A celestial representative, probably the archangel Michael, is promised, who, after the destruction of the beast representing the Hellenistic kingdoms of the Middle East, will come with the clouds and receive the empire of the world.天体の代表では、おそらく、大天使マイケルは、約束したが、誰が、それ以降は、獣の破壊を表すhellenistic 、中東の王国、雲が来ると受信して、世界の帝国。 No messiah appears in this apocalypse.この黙示録の救世主が表示されていない。 The first distinct appearance of this deliverer and king is in the Song of Solomon.この独特の外観の最初の救世主とは、キングソロモンの歌です。

After the conquest of Palestine by the Roman general Pompey the Great in 63 BC, the Jews longed for a descendant of the line of David, king of Israel and Judah, who would break the Roman yoke, establish the empire of the Jews, and rule as a righteous king over the subject nations.パレスチナ征服された後、ローマ紀元前63全般ポンペイの偉大さは、ユダヤ人の子孫のためにlongedセリフのデビッドは、イスラエルとユダの王は、ローマのくびきを破る者は、帝国を確立するのは、ユダヤ人、および規則正義の王として国に服従する。 This desire ultimately led to the rebellion in AD 66-70 that brought about the destruction of Jerusalem.この欲望の反乱では、広告を最終的に主導して66から70エルサレムの破壊をもたらした。 When Jesus Christ proclaimed the coming of the kingdom of heaven, it was natural, therefore, that despite his disavowal, he should be understood by some to be a claimant to the kingship of the Jews.イエスキリストの到来を宣言したときの天国、それは当然、したがって、それにもかかわらず、彼のdisavowal 、彼は理解しなければならないとされるいくつかの社会保障受給者には、ユダヤ人の王です。 His disciples were convinced that he would return as the Messiah upon the clouds of heaven.彼の弟子確信していた彼は、救世主として復帰時、天の雲です。 It is unlikely, however, that the final judgment and the raising of the dead were ever conceived by an adherent of the Jewish faith as functions of the Messiah.思いも寄らないことが、しかし、最終的な判断をして引き上げると、これまでの死者が付着する考えは、ユダヤ教の信仰の救世主として機能します。

In Christian doctrine, eschatology has traditionally included the second advent of Christ, or Parousia, the resurrection of the dead, the last judgment, the immortality of the soul, concepts of heaven and hell, and the consummation of the kingdom of God.キリスト教の教義では、 2番目の終末論は、伝統的に含まれてキリストの出現、またはparousia 、死者のよみがえり、最後の判断は、霊魂の不滅、天国と地獄の概念とは、神の国の成就です。 In the Roman Catholic church, eschatology includes, additionally, the beatific vision, purgatory, and limbo.ローマカトリック教会では、終末論が含まれ、さらに、至福直観、煉獄、中途半端です。

Although the great creeds of Christendom affirm the belief in a return to the son of God to judge the living and the dead, and in a resurrection of the just and the unjust, Christianity through the centuries has shown wide variation in its interpretation of eschatology.にもかかわらず、偉大な信条は、キリスト教の信仰を断言する神の息子に戻り、生活者と死者を判断するのは、ただの復活とは、理にかなっていないとは、キリスト教の世紀を通じて、幅広い変化を見せては、終末論の解釈です。 Conservative belief has usually emphasized a person's destiny after death and the way in which belief in the future life affects one's attitude toward life on earth.保守的な信念には、通常の運命を強調する人が死亡した後、どのような信念とは、将来の生活に影響を及ぼす地球上で自分の人生に対する態度だ。 Occasionally certain sects have predicted the imminent end of the world.時折、特定の宗派が差し迫ったエンドオブザワールドと予測した。

Islam adopted from Judaism and Christianity the doctrine of a coming judgment, a resurrection of the dead, and everlasting punishments and rewards.ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の教義からの採択は、今後の判断は、死者のよみがえり、永遠の処分や特典です。 Later, contact with Persian thought greatly enriched Islamic eschatology.その後、接触して大幅に強化したペルシアイスラム思想終末論です。 Especially important was the belief in the reincarnation of some great prophet from the past.特に重要なのは、いくつかの生まれ変わりの信念は、過去の偉大な預言者からです。 Time and again the world of Islam has been stirred by the expectation of Mahdi, the Muslim messiah, to reveal more fully the truth, or to lead the faithful into better social conditions on earth.イスラム世界の時刻と再びかくはんされ、期待されたマハディイスラム教徒の救世主は、より完全に真実を明らかに、またはをリードし、地球上で忠実により良い社会の条件です。 Iran and Africa have had many such movements.イランやアフリカの多くのこのような動きがあった。

Current Attitudes現在の態度

Liberal Christian thought has emphasized the soul and the kingdom of God, more often seeing it as coming on earth in each individual (evidenced by what was believed to be the steady upward progress of humankind) than as an apocalyptic event at the end of time.リベラルな思想は、キリスト教の魂と強調して、神の王国は、より頻繁に見に来ることが地球上で個々の(何が証明されたとみられる人類の進歩の着実な上昇)よりも年末のイベントとして終末論的な時間です。 Twentieth-century theological thought has tended to repudiate what many scholars have felt to be an identification of Christian eschatology with the values of Western civilization. 20世紀の神学的思考を否定する傾向が多くの学者がどのような感じになるの同定とキリスト教の終末論西洋文明の価値観だ。 In the second half of the 20th century, eschatology was equated by some theologians with the doctrine of Christian hope, including not only the events of the end of time but also the hope itself and its revolutionizing influence on life in the world.は、 20世紀後半には、いくつかの終末論は同等で神学を期待してキリスト教の教義のデータだけでなく、イベントの最後に希望の時間だけでなく、人生そのものとその影響力は、世界革命です。 The most eloquent exponent of this eschatology is the German theologian Jürgen Moltmann.この指数は、最も雄弁な終末論は、ドイツの神学者ユルゲンモルトマン。

In modern Judaism the return of Israel to its land, the coming of the Messiah, the resurrection of the dead, and everlasting retribution are still expected by the Orthodox, but the more liberal base the religious mission of Israel upon the regeneration of the human race and upon hope for immortal life independent of the resurrection of the body.イスラエルのユダヤ教は、近代にその土地の返還は、今後の救世主は、死者のよみがえり、永遠に続くと予想される正統派の報復はまだだが、こちらイスラエルのリベラルな基盤の上に宗教的な使命は、人類の再生不滅の人生のために希望と独立して体の復活です。


Eschatology終末論

Advanced Information 高度情報

Eschatology is traditionally defined as the doctrine of the "last things" (Gr. eschata), in relation either to human individuals (comprising death, resurrection, judgment, and the afterlife) or to the world.終末論は、この学説は、伝統的に定義される"最後のもの" ( gr. eschata )は、個人の人間関係のどちらかを(成る死は、復活のは、判断力、そして死後)かを世界に。 In this latter respect eschatology is sometimes restricted to the absolute end of the world, to the exclusion of much that commonly falls within the scope of the term.後者は、この制限を尊重し、絶対的な終末論はときどきエンドオブザワールドは、多くのことを排除しフォールズの範囲内での共通の用語です。 This restriction is unwarranted by biblical usage: the Hebrew be'aharit hayyamim (LXX en tais eschatais hemerais, "in the last days") may denote the end of the present order or even, more generally, "hereafter."聖書の不当な使用状況によっては、この制限: be'aharit hayyamim 、ヘブライ語( 70 en tais eschatais hemerais 、 "最後の日" )の5月の終わりに表したり、現在の注文にも、もっと一般的には、 "来世。 "

The biblical concept of time is not cyclical (in which case eschatology could refer only to the completion of a cycle) or purely linear (in which case eschatology could refer only to the terminal point of the line); it envisions rather a recurring pattern in which divine judgment and redemption interact until this pattern attains its definitive manifestation.聖書の中の時間の概念ではないの循環(終末論が参照される場合にのみ完成するサイクル)または純粋に線形(終末論が参照される場合にのみ、ターミナルポイントは、その行の) ;むしろ、定期的なパターンを想定して神の裁きとの相互作用が償還されるまで、このパターンattains決定的な症状です。 Eschatology may therefore denote the consummation of God's purpose whether it coincides with the end of the world (or of history) or not, whether the consummation is totally final or marks a stage in the unfolding pattern of his purpose.終末論の終焉を示す可能性したがって、神の目的かどうかを同じくして、世界の終わりに(あるいは歴史)となかろうと、成就するかどうかは全くの最終段階では、マルクで、自分の目的のパターンを展開します。

Individual Eschatology in the OT終末論は、個々のot

A shadowy existence after death is contemplated in much of the OT.謎に包まれた存在する予定では、死後の多くは、 ot 。 Jesus indeed showed that immortality was implicit in men and women's relation to God: the God of the fathers "is not God of the dead, but of the living; for all live to him" (Luke 20:38).イエス様によると、実際には、暗黙的に男性と女性の不滅の神と関連して:神は、父の"神オブザデッドではないが、オブザリビング;のために生きる彼のすべて" (ルーク20 : 38 ) 。 But this implication was not generally appreciated in OT times.しかし、この意味ではない一般的に高く評価さot倍です。 Perhaps in reaction against Canaanite cults of the dead, the OT lays little emphasis on the afterlife.たぶん、カナンcultsオブザデッドに対する反応は、そのほとんどが上向きot来世に重点を置いています。 Sheol is an underworld where the dead dwell together as shades; their former status and character are of little account there. sheolは、死者の住む場所として共に暗黒街の色合い;彼らのほとんどは、元の状態とアカウントのあるキャラクターです。 The praises of Yahweh, which engaged so much of a pious Israelite's activity on earth, remained unsung in Sheol, which was popularly thought to be outside Yahweh's jurisdiction (Ps. 88:10 - 12; Isa. 38:18).ヤハウェの賛辞は、これに従事そんなに信心深いイスラエルの活動は、地球上で、引き続きsheol歌われていないが、これは、広く考えられているの管轄外にヤハウェ( ps. 88:10 -1 2;のI SA。 3 8:18) 。 Occasionally a more hopeful note is struck.たまには、より希望に満ちたメモ直撃。

According to Pss.によると、 pss 。 73 and 139 one who walks with God in life cannot be deprived of his presence in death: "If I make my bed in Sheol, thou art there!" 73と139人の四球で1つの神が彼の人生を奪われることはできませんプレゼンス死: "もし私が私のベッドでsheol 、なたあるよ! " (Ps. 139:8). ( ps. 139:8 ) 。 While Job and his friends generally discount the possibility of life after death (Job 14:10 - 12) and do not suppose that the comforts of a future existence can compensate for the sufferings of the present, Job asserts, in a moment of triumphant faith, that if not in this life then after death he will see God rise up to vindicate him (Job 19:25 - 27).仕事をしながら彼の友人通常割引後の人生の可能性を消滅(仕事14:10 -1 2)と思っているものではありませんが、将来的なホテルの快適さを補償するために存在することは、現在の苦しみは、仕事の主張は、信仰している時に意気揚々とは、その後の生活していない場合は、この後の彼の死は彼の潔白を証明して立ち上がる神を参照してください(ジョブ19時25 -2 7) 。

The hope of national resurrection finds earlier expression than that of individual resurrection.国家の復活の希望を見つけることが以前よりも個々の表現に復活します。 In Ezekiel's vision of the valley of dry bones, where the divine breath breathes new life into corpses, a national resurrection is in view: "These bones are the whole house of Israel" (Ezek. 37:11).エゼキエルのビジョンでは、渓谷の乾いた骨は、どこに新しい生命を吹き込む神の息を吸い込んだ死体は、全国の復活は、図: "これらの骨はイスラエルの全家" ( ezek. 37:11 ) 。 National resurrection may also be promised in Isa.全国のISA復活することも約束しています。 26:19: "Thy dead shall live, their bodies shall rise." 26:19 : "死んでは、ライブなたは、自分の体には、上昇する"と述べた。 Individual resurrection first becomes explicit in Dan.明示的に個々の復活の第1段になる。 12:2. 12時02分です。

The persecution of martyrs under Antiochus Epiphanes gave a powerful impetus to the resurrection hope.殉教者の迫害下で、強力な推進力を与えたアンティオコスepiphanes復活を期待しています。 Henceforth belief in the future resurrection of at least the righteous dead became part of orthodox Judaism, except among the Sadducees, who claimed to champion the oldtime religion against Pharisaic innovations.この時点で、将来の復活の信仰の正義の死者少なくとも正統派ユダヤ教になった部分を除いて、 sadduceesのうち、人の主張に反対するpharisaicチャンピオンの革新的な宗教oldtime 。 With this new emphasis goes a sharper distinction between the posthumous fortunes of the righteous and the wicked, in Paradise and Gehenna respectively.この新しい強調してシャープな違いがあるの死後、邪悪な運命は、正義とは、天国と地獄だった。

World Eschatology in the OT世界の終末論ot

The day of Yahweh in early Israel was the day when Yahweh would publicly vindicate himself and his people.その日の初めにイスラエルではヤハウェヤハウェときは、その日の自分自身と彼の人々を公然と正当性を立証する。 It was possibly associated with an autumnal festival which Yahweh's kingship was celebrated.関連付けられている可能性があることが秋の祭典を祝いましたヤハウェの王だった。 If the "enthronement psalms" (Pss. 93; 95 - 100) provide evidence for this festival, his kingship was commemorated in his work of creation, his seasonal gifts of fertility and harvest, his dealings of mercy and judgment with Israel and other nations.もし"即位詩篇" ( pss. 93 ; 95 -1 00)の証拠を提供するために、このお祭りは、彼の王は彼の作品の設立記念では、彼の不妊治療や収穫の季節の贈り物は、彼の取引の慈悲と判断して、イスラエルと他の国々 。 His sovereignty in these spheres would be fully manifested at his coming to "judge the world in righteousness" (Pss. 96:13; 98:9).彼の主権を完全に明らかにされるこれらの分野では、彼が来た"と判断し、世界の正義" ( pss. 96:13 ; 98:9 ) 。

In the earliest significant mention of this "day of the Lord" (Amos 5:18 - 20) the Israelites are rebuked for desiring it so eagerly because it will bring not light and joy (as they hope) but darkness and mourning.最古の言及は、この重要な"と、主の日" (アモス5時18 -2 0)は、イスラエル人を希求することを叱責させるため躍起になっていないので、光と喜び(彼らの希望として)しかし、暗闇の中で哀悼の意を表す。 Since Yahweh is utterly righteous, his intervention to vindicate his cause must involve his judgment on unrighteousness wherever it appears, especially among his own people, who had exceptional opportunities of knowing his will.ヤハウェは、全く正しい以来、彼の介入の正当性を立証する彼の原因を判断する必要があります彼の邪悪な場所にかかわることが表示されたら、自分の人々の間で特に、彼を知っていたのは、異例の機会です。

Psalmists and prophets recognized that, while Yahweh's kingship was exercised in many ways, the reality which they saw fell short of what they knew to be the ideal.預言者psalmistsと認識して、中には王政ヤハウェの行使は多くの点で、彼らの現実を知っていた彼らは何を見たのはショートには理想的です。 Even in Israel Yahweh's sovereignty was inadequately acknowledged.イスラエルでさえ不十分なヤハウェの主権を認めていた。 But one day the tension between ideal and reality would be resolved; on the day of Yahweh his kingship would be universally acknowledged, and the earth would be filled with "the knowledge of the Lord" (Isa. 11:9; Hab. 2:14).しかし、ある日の理想と現実の間の緊張を解決するだろう;当日彼の王政ヤハウェ広く認められるだろう、とは、地球に満ちている"その知識は、主に" ( isa. 11 : 09 ;北陸朝日放送。 2 : 14 ) 。 His effective recognition as "king over all the earth" is portrayed in terms of a theophany in Zech.彼の効果的な認識として"キング地球上のすべての"の中で描かれ、神の顕現の条件でツェッヒ。 14:3 - 9. 14時03分-9 。

The decline of the Davidic monarchy emphasized the contrast between what was and what ought to be. davidic君主制の衰退は、コントラストを強調していたとの間にどのようなものでなければならない。 That monarchy represented the divine kingship on earth, but its capacity to do so worthily was impaired by political disruption, social injustice, and foreign oppression.君主制を代表して、地球上で神の王は、しかし、その能力が損なわれることは、政治的な混乱を立派には、社会的な不公平には、圧制と外国人です。 As the fortunes of David's house sank ever lower, however, there emerged with increasing clarity the figure of a coming Davidic king in whom the promises made to David would be fulfilled and the vanished glories of earlier times would be restored and surpassed (Isa. 9:6 - 7; 11:1 - 10; 32:1 - 8; Mic. 5:2 - 4; Amos 9:11 - 12; Jer. 23:5 - 6; 33:14 - 22).デビッドの家の財産として沈没まで低く、しかし、そこに登場して増えて明快davidic図の到来を前に王は誰の約束が果たされると、今は亡きデイビッドは、栄光の復元となる以前の倍を上回った( isa. 9 : 6 -7 ;午前1 1時0 1- 10 ;3 2 :1-8 ;情通です。 5時0 2分-4 ;アモス9時11 - 1 2; je r。 2 3時0 5分- 6 ;3 3 :1 4 - 22)。

This hope of a Davidic Messiah, Yahweh's permanent vicegerent, dominates much subsequent Jewish eschatology.この希望は、救世主davidic 、ヤハウェの常任代理人は、その後の多くのユダヤ人の終末論が優位を占めています。 In some portrayals of the new age, however, the Davidic ruler is overshadowed by the priesthood, as in Ezekiel's new commonwealth (Ezek. 46:1 - 10) and later in the Dead Sea Scrolls, where the Davidic Messiah is subordinate to the chief priest, who will be head of state in the coming age.新しい時代には、いくつかの描写は、しかし、その影が聖職davidic定規は、エゼキエルの新機能として、連邦( ezek. 46:1 -1 0)およびそれ以降は、死海文書は、どこのd avidic救世主には、部下のチーフ司祭は、誰が国家元首なので、これからの時代です。

Another form of eschatological hope appears in Daniel.別の形で表示されてダニエル終末論を期待します。 No king reigns in Jerusalem, but the Most High still rules the kingdom of men and successive world emperors attain power by his will and hold it so long as he permits.エルサレム王に君臨していないものの、依然として最も高いルールの王国は、男性と世界歴代天皇を達成した彼の意志と力を保持する限り、彼はこれを許可することです。 The epoch of pagan dominion is limited; on its ruins the God of heaven will set up an indestructible kingdom.ドミニオンは限られて異教の時代;上の遺跡は、天の神の王国をセットアップするに不滅です。 In Dan.ダン中です。 7:13 this eternal and universal dominion is given at the end time to "one like a son of man," who is associated, if not identified, with "the saints of the Most High" (Dan. 7:18, 22, 27).この永遠普遍ドミニオンは、午前7時13分、与えられた時間の終わりに"自分の息子のような男で、 "誰が協賛、同定されていない場合は、 "聖人の最も高い" ( dan. 7時18分、 22 、 27 ) 。

NT Eschatology NTの終末論

OT eschatology is forward looking, its dominant notes being hope and promise.前向きot終末論は、その支配的な注意事項が希望と約束した。 These notes are present in the NT, but here the dominant note is fulfillment, fulfillment in Jesus, who by his passion and resurrection has begotten his people anew to a living hope (1 Pet. 1:3), because he has "abolished death and brough life and immortality to light through the gospel" (2 Tim. 1:10).これらのノートは、 NTの存在が、ここで注目すべきなのは、支配的な充足感、達成感で、イエスは、人によって生まれた彼は、彼の情熱と復活を生きた人々の希望をあらためて( 1ペットです。 1時03分) 、なぜなら、彼は"死刑廃止ブラフと不滅の人生を光が通過すると福音書" ( 2ティム。 1時10分) 。

Jesus' Galilean preaching, summarized in Mark 1:15 ("The time is fulfilled, and the kingdom of God is at hand; repent, and believe in the gospel"), declares the fulfillemnt of Daniel's vision: "The time came when the saints received the kingdom" (Dan. 7:22).イエスの説教ガリレイは、要約でマーク午前1時15分( "時間が果たされるのは、神の王国とは、手の届く所;悔い改め、福音を信じる" )は、宣言のfulfillemntのダニエルのビジョン: "来たときには時間聖人の王国を受け取った" ( dan. 7時22分) 。 In one sense the kingdom was already present in Jesus' ministry: "If it is by the finger of God that I cast out demons, then the kingdom of God has come upon you" (Luke 11:20; cf. Matt. 12:28).その意味で1つの王国はすでに存在してイエスの部: "の場合は、神が私の指悪魔アウトキャスト、次に来る時には、あなたが神の国" (ルカ11:20 ; cf 。マットです。 12 : 28 ) 。 But in another sense it was yet future.しかし、別の意味でそれはまだ将来のです。 Jesus taught his disciples to pray, "Thy kingdom come" (Luke 11:2).イエスの教え、弟子を祈って、 "なたの王国来る" (ルカによる福音書11 : 02 ) 。 In this sense it would come "with power" (Mark 9:1), an event variously associated with the resurrection of the Son of man or with his advent "with great power and glory" (Mark 13:26).この意味することになる"と力" (マーク9時01分)は、さまざまなイベントに関連付けられて男の復活や、彼の息子の出現"として偉大な力と栄光" (マーク13時26分) 。

The expression "the Son of man" figures prominently in Jesus' teaching about the kingdom of God, especially after Peter's confession at Caesarea Philippi (Mark 8:29).という表現を"男の息子"の数字が目立つイエスの指導者が神の国については、特にピーターの告白をした後でcaesareaフィリッピ(マーク8時29分) 。 It echoes Daniel's "one like a son of man" (Dan. 7:13).それダニエルのこだま"の1つの息子のような男" ( dan. 7時13分) 。 In Jesus' teaching he himself is the Son of man.でイエスの教えは、彼自身の男の息子である。 But while he speaks occasionally, in Daniel's terms, of the Son of man as "coming with the clouds of heaven" (Mark 14:62), he more often speaks of the Son of man as destined to suffer, in language reminiscent of the servant of Yahweh in Isa.だが、彼が喋る時折、ダニエルの用語では、男の息子としては、 "いっしょに来て、天の雲" (マーク14:62 )は、彼の息子をより頻繁に喋るの運命に苦しむ男としては、その言語を彷彿させるヤハウェの使用人をISA 。 52:13 - 53:12. 52:13 -5 3:12。 This protrayal of the Son of man in terms of the servant is quite distinctive, in that Jesus undertook to fulfill personally what was written of both.この男の息子protrayalの面では非常に独特の使用人は、その個人的にイエスキリストを果たす引き受けたの両方が書かれたものです。 As Daniel's "one like a son of man" receives dominion from the Ancient of Days, so Jesus receives it from his Father.ダニエルとしての"自分の息子のような男"ドミニオンから、古代の日数を受け取るため、彼の父親からイエスを受け取ることです。 As Daniel's "saints of the Most High" receive dominion, so Jesus shares his dominion with his followers, the "little flock" (Luke 12:32; 22:29 - 30).ダニエルとしての"聖人の最も高い"ドミニオンを受けるので、イエスキリストとその部下ドミニオン株彼は、 "小さな群れ" (ルカ12:32 ;午前22時29 -3 0) 。 But its fullness must await the suffering of the Son of man (Luke 17:25).しかし、その苦しみを待つ必要があります膨満の男の息子(ルーク17 : 25 ) 。

Sometimes Jesus uses "life" or "eternal life" (the life of the age to come) as a synonym for "the kingdom of God"; to enter the kingdom is to enter into life.イエスではときどき"生命"や"永遠の命" (生命の年齢に来る)と同義に"神の王国" ;を入力して王国に入ることが人生だ。 This links the kingdom with the new age, when the righteous are brought back from death to enjoy resurrection life.このリンクは、新しい時代の王国は、持ち帰ったときには、正しい者の死から復活の生活を楽しんでいます。

In the apostolic teaching this eternal life may be enjoyed here and now, although its full flowering awaits a future consummation.この永遠の命を教えることは、使徒楽しんだかもしれないと今ここには、完全に開花したにもかかわらず、今後の終焉を待っています。 The death and resurrection of Christ have introduced a new phase of the kingdom, in which those who believe in him share his risen life already, even while they live on earth in mortal body.キリストの死と復活の新たな局面を導入し、王国は、信仰する者たちでは、すでに彼の人生を共有する彼の上昇は、地球上で生きている間にも、致命的なボディです。 There is an indeterminate interval between Christ's resurrection and parousia, and during this interval the age to come overlaps the present age.インターバルの間には、キリストの復活と不定parousia 、この間隔の間の年齢と重なって、現在の年齢に来ています。 Christians live spiritually in "this age" while they live temporally in "this age"; through the indwelling Spirit of God they enjoy the resurrection life of "that age" in anticipation.精神的に生きるキリスト教徒は、 "この時代に"時間的に住んでいる間は、 "この年齢" ;留置を通じて、彼らの精神神の復活の人生を楽しむ"という時代"を見越している。

This outlook has been called "realized eschatology."呼ばれてきたこの展望"終末論実現しています。 " But the realized eschatology of the NT does not exclude an eschatological consummation to come.しかし、終末論を実現していないNTの終末論の終焉を除外することになるだろう。

Realized Eschatology実現終末論

If the eschaton, the "last thing" which is the proper object of eschatological hope, came in the ministry, passion, and triumph of Jesus, then it cannot be the absolute end of time, for time has gone on since then. eschaton場合には、 "最後のもの"これは、適切なオブジェクトの終末論の望みは、同省が入って、情熱、そしてイエスの勝利、そしてそれは絶対的な終わりにすることはできません時間は、時間が抜けてしまったためにはそれ以来だ。 In the NT the "last thing" is more properly the "last one," the eschatos (cf. Rev. 1:7; 2:8; 22:13). NTのは、 "最後のもの"の方が適切なの"最後の1つは、 " eschatos ( cf.牧師1時07分、 2時08分、 22時13分) 。 Jesus is himself his people's hope, the Amen to all God's promises.イエスは彼自身の人々の希望は、すべて神の約束にアーメン。

According to Albert Schweitzer's "consistent eschatology," Jesus, believing himself to be Israel's Messiah, found that the consummation did not come when he expected it (cf. Matt. 10:23) and embraced death in order that his parousia as the Son of man might be forcibly brought to pass.によると、アルベルトシュバイツァーの"一貫終末論は、 "イエスキリストは、自分自身を信じ、イスラエルの救世主には、見ても、その成就しなかったときには彼が期待して来( cf.マットです。 10:23 )と抱き合い、彼のために死の息子としてparousia男もたらした強制的に渡すかもしれない。 Since the wheel of history would not respond to his hand and turn round to complete its last revolution, he threw himself on it and was broken by it, only to dominate history more decisively by his failure than he could have done by attaining his misconceived ambition.以来、歴史の歯車に対応する手はないと振り向くその最後の革命を完了し、彼は自分自身を投げたが割れていたこととされたことは、歴史を支配するだけで自分の失敗よりももっと決定的に行われる可能性があると誤解さ彼の野望を達成。 His message, Schweitzer held, was thoroughly eschatological in the sense exemplified by the crudest contemporary apocalypticism.彼のメッセージは、シュバイツァーで開かれた、という意味では、終末論を徹底的に例示された現代crudest黙示信仰される。 His ethical teaching was designed for the interim between the beginning of his ministry and his manifestation in glory.彼の倫理教育用に設計された彼の最初の中間部との間では彼の栄光の現れだ。 Later, when his death was seen to have destroyed the eschatological conditions instead of bringing them in, the proclamation of the kingdom was replaced by the teaching of the church.その後、彼の死が見られたときには、終末論の条件を破棄する代わりに持参して、王国の宣言は、教えることは、教会に置き換えられています。

Schewitzer's interpretation of Jesus's message was largely a reaction against the liberal nineteenth century interpretation, but it was equally one sided and distorted in its selection from the gospel data. schewitzerイエスキリストのメッセージの解釈に対する反応が大きく、 19世紀のリベラルな解釈が、それは、ゆがんだ平等には、 1つの両面からの福音書データを選択します。

Later Rudolf Otto and C H Dodd propounded a form of realized eschatology.後でチャンネルドッドルドルフオットーと終末論提唱する形で実現しています。 Dodd interpreted Jesus' parables in terms of the challenge to decision which confronted his hearers in his announcement that the kingdom of God had arrived.ドッド解釈イエスの例の点で、聞き手の挑戦に直面して彼の決定を発表していた者が神の国に到着した。 Dodd viewed the kingdom as coming in Jesus' life, death, and resurrection; to proclaim these events in their proper perspective was to proclaim the good news of the kingdom of God.ドッド閲覧王国として足を運んでイエスの命、死、そして復活;を宣言する彼らの適切な視点では、これらのイベントを宣言するのは、神の国の良いニュースだ。 Jesus' future coming did not, at first, come into the picture.イエスの将来の来ていない、最初は、重要になってくる。 His redeeming work constituted the decisive or eschatological manifestation of the power of God operating for the world's salvation; the later concentration on a further "last thing" in the future betokened a relapse into Jewish apocalypticism, which relegated to a merely "preliminary" role those elements of the gospel which were distinctive of Jesus' message.自分の欠点を補う作業を構成したり、決定的な終末論の現れ営業のために神の力を、世界の救世;濃度上で、それ以降のさらなる"最後のもの"は、将来の再発をbetokenedユダヤ教の黙示信仰は、単に降格する"予備的な"それらの役割を果たす独特の要素がイエスの福音のメッセージです。

(As time went on, Dodd made more room for a future consummation: what came to earth with Christ's incarnation was finally decisive for the meaning and purpose of human existence, so that, at the ultimate winding up of history, humankind will encounter God in Christ.) (時間がたつにつれ、として、より多くの余地をドッド前に、将来的成就:地球は何をして来たキリストの化身がついに決定的な目的のために人間の存在意義と、それには、究極の巻までの歴史は、人類が神に遭遇キリストです。 )

Joachim Jeremias, who acknowledges indebtedness to Dodd, found that Jesus' parables express an eschatology "in process of realization"; they proclaim that the hour of fulfillment has struck and compel hearers to make up their minds about Jesus' person and mission.ヨアヒムイェレミアス、債務者に認めドッド、判明イエスの例を表明する終末論"を実現する過程" ;彼らの履行を宣言して時間を強制的には耳をかすを直撃し、彼らの心の穴埋めについてはイエスの人との使命です。

Dodd's pupil, J A T Robinson, interprets Christ's parousia not as a literal event of the future but as a symbolical or mythological presentation of what happens whenever Christ comes in love and power, displaying the signs of his presence and the marks of his cross.ドッドの瞳は、 jatロビンソンは、キリストのparousia解釈していないリテラルとしては、将来の事象や神話の象徴としてのプレゼンテーションしかし、何が起きるか入ってくるたびに、キリストの愛とパワーは、彼の存在の兆候を表示すると、自分の十字架マークです。 Judgment day is a dramatic picture of every day.審判の日は、毎日の劇的な絵です。 Robinson denies that Jesus used language implying his return to earth from heaven.ロビンソンイエスを否認して使用される言語を示唆した彼の天から地球に帰還する。 His sayings which have been so understood express the twin themes of vindication and visitation, notably his reply to the high priest's question at his trial (Mark 14:62), where the added phrase "from now on" (Luke 22:69) or "hereafter" (Matt. 26:64) is taken to be an authentic part of the reply.彼のことわざに理解を表明されてきたので、双子のテーマや面接の汚名をすすぐことは、特に彼の大祭司の質問に返信して、自分の裁判( 14:62マーク)は、どこに追加されましたフレーズ"今から" (ルカ22:69 )または"来世" ( matt. 26:64 )は、撮影される部分には本格的に返信します。 The Son of man, condemned by earthly judges, will be vindicated in the divine law court; his consequent visitation of his people in judgment and redemption will take place "from now on" as surely as his vindication.男の息子は、この世に非難される裁判官は、神の法には、裁判所vindicated ;彼必従面会の人々が彼の判断と償還が行わ"今から"確かに、彼の弁護をした。

Instead of realized eschatology, Robinson (following Georges Florovsky) speaks of an "inaugurated eschatology", an eschatology inaugurated by Jesus' death and resurrection, which released and initiated a new phase of the kingdom in which "hereafter" God's redeeming purpose would achieve its fulfillment.終末論の代わりに実現し、ロビンソン(以下ジョルジュflorovsky )を喋る"発足終末論"は、終末論発足したイエスの死と復活、これ発売を開始するとの新たな局面での王国"来世"神の欠点を補う目的を達成するために、充足感です。 To Jesus' ministry before his passion Robinson applies the term "proleptic eschatology" because in that ministry the signs of the age to come were visible in anticipation.イエスキリストを'部の任期を適用する前に彼の情熱ロビンソン" proleptic終末論"としているためで、同省の兆しが見えるの年齢に来ると予測しています。

Conclusion結論

Jesus' use of OT language was creative and cannot be confined to the meaning which that language had in its original context.イエス' ot言語を使用することはできませんが、創造的に限定されることの意味をどの言語では、オリジナルのコンテキストです。 He probably did point forward to his personal coming to earth, not only to manifest his glory but to share that glory with his people, raised from the dead by his quickening shout.おそらく彼は彼の個人的なポイントの前方に地球に来て、栄光を表明するだけでなく、しかし彼の栄光の人々と共有して、死んでから提起された彼のシャウトかきたてられる。 When the consummation to which his people look forward is described as their "hope of glory," it is their participation in Jesus' resurrection glory that is in view; that hope is kept bright within them by his indwelling presence (Col. 1:27) and sealed by the Spirit (Eph. 1:13 - 14, 18 - 21).そのとき彼の終焉をどのように記述彼らは、人々を心待ちに"希望の栄光は、 "彼らに参加することがイエスの復活の栄光表示されている;その希望は明るい内に保管して留置された彼のプレゼンス(大佐1時27分)と密閉されたスピリット( eph. 1時13 -1 4、 1 8- 21 )。

There is a tension between the "already" and the "not yet" of the Christian hope, but each is essential to the other.の間の緊張感がある"と、すでに"と"まだ"は、キリスト教の希望ではなく、他のそれぞれが欠かせない。 In the language of the seer of Patmos, the Lamb that was slain has by his death won the decisive victory (Rev. 5:5), but its final outworking, in reward and judgment, lies in the future (Rev. 22:12).授業中の言語にして凡てを見透さのpatmos 、ラムしていた彼の死によって殺害されたが、決定的な勝利ウォン(牧師5時05分) 、しかし、その最終的な完遂、報酬と判断し、嘘は、将来( 22時12牧師) 。 The fact that we now "see Jesus crowned with glory and honor" is guarantee enough that God "has put all things under his feet" (Heb. 2:8 - 9).という事実を我々今すぐ確認する"を参照してください名誉と栄光に包まれ、イエス"とは、神を保証するに十分なこと"は、彼の足の下に置くすべてのもの" ( heb. 2時08分-9 ) 。 His people already share his risen life, and those who reject him are "condemned already" (John 3:18).彼の上昇を共有する人々は既に彼の人生は、人々を拒否すると彼は"死刑囚は既に" (ジョン3時18分) 。 For the Fourth Evangelist, the judgment of the world coincided with the passion of the incarnate Word (John 12:31); yet a future resurrection to judgment is contemplated as well as a resurrection to life (John 5:29).エバンジェリストは、 4番目は、世界の判断は、一致して情熱の化身の言葉(ヨハネ12:31 ) ;まだ判断は、将来的に復活する予定だけでなく、人生の復活を(ジョン5時29分) 。

Some much canvassed questions, such as the chronological relation of the parousia to the great distress of Mark 13:19, to the manifestation of the man of lawlessness of 2 Thess.いくつかの質問をはるかcanvassedなど、関係のparousia編年体多大な苦痛をマークして13時19分、その男が現れ、無法状態の2 thess 。 2:3 - 8, or to the millennial reign of Rev. 20, are marginal to the main course of NT eschatological teaching, belonging rather to the detailed exegesis of the passages concerned. 2時03分-8 、または1 000年間の治世の牧師を2 0日には、メインコースの限界N Tの終末論を教えることは、むしろ所属して詳細な評釈の通路心配です。 The eschatological outlook of the NT is well summed up in the words: "Christ Jesus our hope" (1 Tim. 1:1).終末論NTは、アウトルックの言葉を要約すると、井戸: "私たちの希望イエスキリスト" ( 1ティム。 1:1 ) 。

F F Bruce FFのブルース
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
G R Beasley - Murray, Jesus and the Future and The Coming of God; R H Charles, A Critical History of the Doctrine of a Future Life; O Cullmann, Christ and Time; C H Dodd, The Parables of the Kingdom, The Apostolic Preaching and Its Developments, and The Coming of Christ; J E Fison, The Christian Hope; T F Glasson, The Second Advent; J Jeremias, The Parables of Jesus; W G Kummel, Promise and Fulfilment; G E Ladd, The Presence of the Future; R Otto, The Kingdom of God and the Son of Man; H Ridderbos, The Coming of the Kingdom; J A T Robinson, In the End, God. gr beasley -マレーは、イエスキリストと神の将来と来る; r hチャールズは、重大な歴史の教義の将来の生活; oクルマンは、キリストと時間;チャンネルドッドは、例の王国は、ローマ教皇の説教とその開発や、今後のキリスト;済fisonは、キリスト教の希望; TF審議グラッソン、 2番目の出現; jイェレミアス、イエスの例; wgキュンメルは、約束を達成; GEのラッドは、将来の存在;研究オットーは、神の王国と男の息子; h ridderbos 、王国の到来; jatロビンソンは、結局、神です。 . . and Jesus and His Coming; A Schweitzer, The Quest of the Historical Jesus; E F Sutcliffe, The OT and the Future Life; G Vos, The Pauline Eschatology.そしてイエスと彼の今後;するシュバイツァーは、イエスキリストの歴史的探求;サトクリフエフでは、将来の生活やot ;グラムウォスは、ポーリーン終末論です。


Realized Eschatology実現終末論

Advanced Information 高度情報

This concept should be contrasted with futurist or thoroughgoing eschatology, in which the teaching of Jesus about the kingdom of God is viewed as significantly influenced by Jewish apocalyptic.対照的に、この概念をしなければならないか徹底的な未来終末論は、教えることで、イエスが神の国については、ユダヤ人と見なされて絶望的に大きく左右される。 While continental scholarship has focused on the latter, the Anglo-American tradition has often urged that the futurist aspects of the kingdom be reduced to a bare minimum.コンチネンタル奨学金を集中している間には、後者は、多くの場合には、英米の伝統的側面を求めたが、王国の未来を最低限に縮小しています。 Some have dismissed this apocatyptic note as an early Christian accretion, but many NT scholars have viewed the apocalyptic language as symbolic of a profound theological reality.いくつかあるとして却下この初期キリスト教降着apocatypticメモが、多くの学者が閲覧NTの終末論的言語としての神学的現実を象徴的に深い。 Instead, they argue, Jesus viewed his ministry as inaugurating the kingdom: that is, this eschatological reality was realized within Christ's own ministry.その代わりに、彼ら議論は、自分の省として閲覧イエスinaugurating王国:それは、現実には、この終末論を実現する独自の省キリストです。

C. H. Dodd is often identified with realized eschatology because of his epoch-making challenge to the apocalytic interpreters of Jesus.ドッドチャンネル終末論は往々に発見して実現のために、彼の画期的な挑戦をapocalytic通訳イエスです。 Dodd's chief contribution was published in 1935 (The Parables of the Kingdom), in which he examined various texts that spoke of the kingdom as already present.ドッドの日付は1935年の最高の貢献(例の王国)は、様々なテキストをやっているん検討してスポークの王国として既に存在します。 This does not mean that Jesus merely pointed to the sovereignty of God in human history and labeled this the kingdom, but rather that Jesus viewed the kingdom as arriving in an unparalleled, decisive way.これだけではないということを指摘し、イエスの人類の歴史における神の主権とラベルの付いたこの王国は、イエスキリストではなく、むしろその王国として閲覧する上でまたとない到着し、決定的な方法です。 The eschatological power of God had come into effective operation within his present life and was released through his death.終末論は、神の力を内での効果的な運用に入ると彼の現在の生活を通して彼の死がリリースされます。 Hence in Luke 11:20 we learn that Jesus himself is revealing this new power: "If it is by the finger of God that I cast out demons, then the kingdom of God has come upon you."従って、我々ルカ11:20イエス様を学ぶことは、自分自身を隠して、この新しいパワー: "の場合は、神が私の指悪魔アウトキャスト、そしてあなたが神の国が来ている。 " Luke 17:20ff.ルカ17:20 FFのです。 is similar in that Jesus seems to deny the observable signs of apocalyptic: "for behold, the kingdom of God is in the midst of you."似ているようだが、イエスを否定することは絶望的に観測可能なの兆し: "を見よ、神は、王国の真っただ中にいるんだ" Dodd particularly stressed the parables of growth (the weeds among wheat, the mustard seed, the sower; see esp. Matt. 13), which find their meaning in a this-wordly event of decisive importance.特に強調したの成長例ドッド(小麦の雑草の間では、ガイシは、種をまく人;特に参照してください。マットです。 13 )は、その意味を見つけるのは、このイベントのwordly決定的に重要である。

To be sure, this alters the entire scheme of futurist eschatology wherein the kingdom ushers in the end.ていることを確認して、これを変更すると、全体のスキームの未来王国ushersそこには、終末論終わりです。 "The eschaton has moved from the future to the present, from the sphere of expectation into that of realized experience" (Parables of the Kingdom, p. 50). "将来のeschatonが移動してから、現在は、球の期待感からの実現を経験して" (例の王国、 p. 50 ) 。 For Dodd, this must become a fixed point in interpretation because it is these teachings of Jesus that are explicit and unequivocal.ドッドためには、この解釈が必要になるので、固定小数点では、これらのことは、イエスキリストの教えときっぱりと明示した。 "It represents the ministry of Jesus as 'realized eschatology'; as the impact upon this world of the 'powers of the world to come' in a series of events, unprecedented and unrepeatable, now in actual progress" (ibid., p. 51). "イエスのことを表して省として'実現終末論' ;として、この世界に影響を与えては、 '世界の強国に来るのは、一連のイベントは、前例のない、またとない、今すぐに実際の進捗状況" ( ibid. 、 p. 51 ) 。 Thus when Jesus says, "Blessed are the eyes which see what you see" (Luke 10:23), he is referring to his messianic acts which in themselves are ushering in the eschatological kingdom of God.こうしてとき、イエスは、 "祝福は、目に見えているものを参照してください" (ルカ10:23 ) 、彼は彼の救世主を参照する行為自体はusheringこれでは、終末論者が神の国です。 "It is no longer imminent; it is here" (ibid., p. 49). "それは、もはや差し迫った;それはここに" ( ibid. 、 p. 49 ) 。

It must be said at once that realized eschatology has suffered many criticisms.それによるとしなければならないことをまとめて実現した終末論には多くの批判を受けた。 Scholars have quickly pointed out that Dodd was less than fair in his exegesis of many futurist texts (e.g., Mark 9:1; 13:1ff.; 14:25).ドッドの学者がすぐには満たないということを指摘して公正で、多くの未来評釈テキスト(例えば、マーク9時01分、 13時01分FFのです。 ; 14:25 ) 。 Still, in a later response to his critics (The Coming of Christ, 1951) Dodd accepted the futurist sayings but reinterpreted them as predictions of a transcendent age.それでも、彼の批判的な反応をして、後から(キリストの到来に伴い、 1951年)を受け入れたドッドことわざしかし、未来の予測として解釈して年齢を超越した。 Norman Perrin for one has successfully shown how Judaism employed no such transcendent concept of the kingdom and that Dodd again has misrepresented the text by applying a foreign Greek category to Jesus' Hebrew teaching.ノーマンペランのため正常に表示する方法の1つは、ユダヤ教の概念を採用していないような超越王国として再びドッドが誤って伝えギリシャ語のテキストを適用することによって、外国人のカテゴリにイエスのヘブライ語教えてください。

Most interpreters have argued for a synthesis of realized and futurist components in eschatology.ほとんどの通訳の合成が実現すると主張したため、終末論未来のコンポーネントです。 Dodd convincingly demonstrated that Jesus' appearance brought to bear on history an eschatological crisis in the present; however, we would add that history still awaits its consummation in the future, when the kingdom will come in apocalyptic power.ドッド実証して納得のいくようにイエスの外観をもたらした歴史を負担する上で、現在の危機を終末論;しかし、我々はまだ心待ちに追加することで、検索履歴の終焉は、将来的には、王国が来るときには絶望的なパワーだ。

G M Burge遺伝子組み換えburge
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
G. E. Ladd, Crucial Questions About the Kingdom of God; W. G. Kummel, Promise and Fulfillment; G. Lundstrom, The Kingdom of God in the Teaching of Jesus; N. Perrin, The Kingdom of God in the Teaching of Jesus; R. Schnackenburg, God's Rule and Kingdom.ラッドGEのは、非常に重要な質問については、神の王国; wgキュンメルは、約束を履行; lundstrom Gを、神の王国は、イエスの教え; n.ペランは、指導者が神の国は、イエス; schnackenburg共和党は、神の王国を統治しています。


Eschatology終末論

Catholic Information カトリック情報

That branch of systematic theology which deals with the doctrines of the last things (ta eschata).その枝を扱った体系的神学の教説の最後のもの( ta eschata ) 。 The Greek title is of comparatively recent introduction, but in modern usage it has largely supplanted its Latin equivalent De Novissimis.ギリシャ語のタイトルは、比較的最近の導入ではなく、現代のラテン語の使用に相当することが大きくsupplantedデnovissimis 。 As the numerous doctrinal subjects belonging to this section of theology will be treated ex professo under their several proper titles, it is proposed in this article merely to take such a view of the whole field as will serve to indicate the place of eschatology in the general framework of religion, explain its subject-matter and the outlines of its content in the various religions of mankind, and illustrate by comparison the superiority of Christian eschatological teaching.教義上の科目として、数多くの神学に属しているこのセクションでは、元professoに扱われるいくつかの適切なタイトルの下にある、それは単に提案してこの記事を取るようなフィールド全体を見渡すとなる場所を示すのは、終末論全般宗教の枠組みのは、その主題を説明すると、その内容の概要は、人類のさまざまな宗教との比較優位性を説明されたキリスト教の終末論の授業です。

As a preliminary indication of the subject-matter, a distinction may be made between the eschatology of the individual and that of the race and the universe at large.予備的な指標としては、主題は、終末論の間の区別がなされるかもしれないとして、個々のレースとは、宇宙空間での大規模な。 The former, setting out from the doctrine of personal immortality, or at least of survival in some form after death, seeks to ascertain the fate or condition, temporary or eternal, of individual souls, and how far the issues of the future depend on the present life.前者は、個人的な設定をする不滅の教義から、あるいは何らかの形で、少なくとも死後の生存率は、運命を確かめるかの条件を追求して、仮設または永遠のは、個々の魂は、この問題について、どの程度までの将来の夢に依存して、現在の生活です。 The latter deals with events like the resurrection and the general judgment, in which, according to Christian Revelation, all men will participate, and with the signs and portents in the moral and physical order that are to precede and accompany those events.後者のように扱っているイベントの復活と判断総長は、これは、キリスト教のヨハネの黙示録によると、すべての人が参加する、として印印とは、道徳的かつ肉体的に注文が先行して、これらのイベントに同行した。 Both aspects -- the individual and the universal -- belong to the adequate concept of eschatology; but it is only in Christian teaching that both receive due and proportionate recognition.両方の側面-とは、個々の普遍的-に所属して、そこそこの終末論の概念;しかし、それだけでは、キリスト教の教えを受ける原因と比例の両方を認識しています。 Jewish eschatology only attained its completion in the teaching of Christ and the Apostles; while in ethnic religion eschatology seldom rose above the individual view, and even then was often so vague, and so little bound up with any adequate notion of Divine justice and of moral retribu- tion, that it barely deserves to be ranked as religious teaching.ユダヤ教の終末論のみ完成達成したのは、キリストの教えと使徒;中ではめったにない終末論民族宗教上で、個々のバラのビューで、その後もしばしばだったので漠然とした、とだからどんな小さな束縛するのに十分な概念や道徳的な神の裁きretribu - tionでは、それに値するかろうじて宗教的な教えとしてランク付けされる。

I. ETHNIC ESCHATOLOGIES i.エスニックeschatologies

Uncivilized societies未開社会

Even among uncivilized cultures the universality of religious beliefs, including belief in some kind of existence after death, is very generally admitted by modern anthropologists.未開の文化の中でも、宗教的信念の普遍性など、いくつかの種類の存在を信じること死の後には、現代の人類学者では非常に一般的に認めている。 Some exceptions, it is true, have been claimed to exist; but on closer scrutiny the evidence for this claim has broken down in so many cases that we are justified in presuming against any exception.いくつかの例外を除いて、それが事実であれば、存在すると主張してきた;しかし、その証拠を精査して、この緊密なクレームが壊れているので、我々は多くの場合、正当化してpresumingに対するいかなる例外ではない。 Among the uncivilized the truth and purity of eschatological beliefs vary, as a rule, with the purity of the idea of God and of the moral standards that prevail.純度のうち、未開の真実とは違う終末論の信念は、原則として、そのアイデアの純度を神とは、道徳的な基準にして勝つ。 Some savages seem to limit existence after death to the good (with extinction for the wicked), as the Nicaraguas, or to men of rank, as the Tongas; while the Greenlanders, New Guinea negroes, and others seem to hold the possibility of a second death, in the other world or on the way to it.野蛮人の存在を制限するいくつかのように見えるの死後に良い(を絶滅の危機には、邪悪な) 、 nicaraguasとしては、男性のランク付けたりして、 tongasとして; greenlanders中には、黒人ニューギニア、および他の可能性を保持するように見える2番目の死は、世界の他の道をそれたりしています。 The next world itself is variously located -- on the earth, in the skies, in the sun or moon -- but most commonly under the earth; while the life led there is conceived either as a dull and shadowy and more or less impotent existence, or as an active continuation in a higher or idealized form of the pursuits and pleasures of earthly life.次の世界そのものが多岐に位置する-地球上には、有頂天になっては、太陽や月-しかし、地球の下で最もよく;ながらの生活を中心として、どちらかの考えが鈍いと謎に包まれた無力な存在と多かれ少なかれ、または継続するように積極的に高い理想的なフォームや趣味とは、この世の生活の楽しみです。 In most savage religions there is no very high or definite doctrine of moral retribution after death; but it is only in the case of a few of the most degraded cultures, whose condition is admittedly the result of degeneration, that the notion of retribution is claimed to be altogether wanting.ほとんどの野蛮人の宗教がないか明確な教義が非常に高い道徳的報復死後;しかし、それだけでは、いくつかの例を、最も劣化の文化は、確かにその条件は、変性の結果、報復の概念は主張して完全に欠けています。 Sometimes mere physical prowess, as bravery or skill in the hunt or in war, takes the place of a strictly ethical standard; but, on the other hand, some savage religions contain unexpectedly clear and elevated ideas of many primary moral duties.ときには単なる肉体的に優れた能力、あるいはスキルとして勇敢では、狩りや戦争には、その場所には、厳格な倫理基準;しかし、その一方で、未開人の宗教を含むいくつかのアイデアが予期せずクリアすると、多くの主要な道徳的義務高架です。

Civilized Cultures文化文明

Coming to the higher or civilized societies, we shall glance briefly at the eschatology of the Babylonian and Assyrian, Egyptian, Indian, Persian, and Greek religions.文明社会に来て、高いか、わたしたちは簡潔な目つきとは、終末論のバビロニアアッシリア、エジプト、インド、ペルシャ語、ギリシャ語の宗教です。 Confucianism can hardly be said to have an eschatology, except the very indefinite belief involved in the worship of ancestors, whose happiness was held to depend on the conduct of their living descendants.儒教のは難しいとされる終末論を持って、信念を除いて、非常に不定の祖先崇拝関与して、その幸福に依存してその行為が行われた彼らの生活の子孫です。 Islamic eschatology contains nothing distinctive except the glorification of barbaric sensuality.イスラムの終末論が含まれ、何もない独特の賛美野蛮な官能性を除いている。

(a) Babylonian and Assyrian (する)とアッシリアバビロニア

In the ancient Babylonian religion (with which the Assyrian is substantially identical) eschatology never attained, in the historical period, any high degree of development.宗教は、古代バビロニア(アッシリアでは、実質的には同じ)の達成は決して終末論は、歴史的な期間では、任意の高度に発達しています。 Retribution is confined almost, if not quite, entirely to the present life, virtue being rewarded by the Divine bestowal of strength, prosperity, long life, numerous offspring, and the like, and wickedness punished by contrary temporal calamities.閉じ込められた報復はほぼしない場合、非常には、現在の生活を全面的には、神の美徳を授与され報われるの強度は、繁栄は、長い人生、数多くの子孫などが、逆に時間的な災害や邪悪で処罰された。 Yet the existence of an hereafter is believed in. A kind of semi-material ghost, or shade, or double (ekimmu), survives the death of the body, and when the body is buried (or, less commonly, cremated) the ghost descends to the underworld to join the company of the departed.だが来世の存在すると考えられてある種のセミ材料インチゴースト、または日陰、または二重( ekimmu )は、体の残存の死、そしてときには、体の埋設(または、それほど多くは、火葬)のゴースト暗黒街を下って、その会社に入社を出発しています。 In the "Lay of Ishtar" this underworld, to which she descended in search of her deceased lover and of the "waters of life", is described in gloomy colours; and the same is true of the other descriptions we possess.は、 "レイのイシュタール"この暗黒街のは、彼女には彼女の子孫で検索すると、故人の恋人"生命の海"は、暗い色が説明され;と同じことが言えるのは、我々の他の記述を有する。 It is the "pit", the "land of no return", the "house of darkness", the "place where dust is their bread, and their food is mud"; and it is infested with demons, who, at least in Ishtar's case, are empowered to inflict various chastisements for sins committed in the upper world.それは、 "ピット"は、 "土地の復帰ない"とすると、 "闇の中の家"は、 "場所は、彼らのダストパン、そして彼らの食べ物は泥" ;と悪魔はびこっていることが、人は、少なくともイシュタルの場合は、権限を与えるには様々なchastisements上段の世界で犯した罪のためだ。

Though Ishtar's case is held by some to be typical in this respect, there is otherwise no clear indication of a doctrine of moral penalties for the wicked, and no promise of rewards for the good.イシュタルかかわらず保有していくつかのケースが典型的にこの点で、それ以外にはないの道徳的な教義を明確に示しているのでは、邪悪な罰則は、報酬を約束していないと良いです。 Good and bad are involved in a common dismal fate.良い面と悪い面が関与して、共通の陰気な運命なんだ。 The location of the region of the dead is a subject of controversy among Assyriologists, while the suggestion of a brighter hope in the form of a resurrection (or rather of a return to earth) from the dead, which some would infer from the belief in the "waters of life" and from references to Marduk, or Merodach, as "one who brings the dead to life", is an extremely doubtful conjecture.その地域の場所は、件名オブザデッドassyriologists間の論争は、その提案の中に明るい希望の形で復活(というよりは、地球に帰還する)からは再び死者の信念から、いくつかの推測では、 "生命の海"と言及をマルドゥクから、またはmerodachは、 "一人の死者を甦らせもたらす"と、推測は極めて疑わしい。 On the whole there is nothing hopeful or satisfying in the eschatology of this ancient religion.全体的に見ると希望に満ちたや満足感は何もないのは、この古代の宗教の終末論です。

(b) Egyptian ( b )にエジプト

On the other hand, in the Egyptian religion, which for antiquity competes with the Babylonian, we meet with a highly developed and comparatively elevated eschatology.その一方で、エジプトの宗教で、これは古代バビロニアと競合して、私たちを満たして高度先進国と比較して、高架終末論です。 Leaving aside such difficult questions as the relative priority and influence of different, and even conflicting, elements in the Egyptian religion, it will suffice for the present purpose to refer to what is most prominent in Egyptian eschatology taken at its highest and best.このような難しい問題をひとまず置いといて、相対的優先課題として、さまざまな影響を及ぼすとは、相反するとさえ、エジプトの宗教の要素が、それは十分な目的のために存在を参照するために何が最も顕著に取らエジプト終末論の高値とベストです。 In the first place, then, life in its fullness, unending life with 0siris, the sun-god, who journeys daily through the underworld, even identification with the god, with the right to be called by his name, is what the pious Egyptian looked forward to as the ultimate goal after death.まず第一に、次には、人生の膨満、果てしのない生活をして0siris 、太陽の神は、暗黒街の人の旅を通じて、日常でも、神を同定して、その権利をして、彼の名前が呼ばれ、エジプトは、何の宗教にかこつけた究極の目標として、楽しみにし後に死亡した。 The departed are habitually called the "living"; the coffin is the "chest of the living", and the tomb the "lord of life".出発は、日常的に呼ばれ、 "リビング" ;棺のは、 "胸部オブザリビング"で、墓の"ロードオブライフ" 。 It is not merely the disembodied spirit, the soul as we understand it, that continues to live, but the soul with certain bodily organs and functions suited to the conditions of the new life.それだけではないの亡霊は、我々の魂を理解することは、生き続けているが、しかし、魂が、特定の臓器や身体の機能に適しているのは、新しい人生の条件です。 In the elaborate anthropology which underlies Egyptian eschatology, and which we find it hard to understand, several constituents of the human person are distinguished, the most important of which is the Ka, a kind of semi-material double; and to the justified who pass the judgment after death the use of these several constituents, separated by death is restored.エジプトは、精巧な終末論者の人類学、そして私たちが理解しにくい、いくつかの成分は、人間の著名人には、最も重要なのは、 ka 、ある種の材料セミダブル;と正当化して合格した死刑判決を使用した後、これらのいくつかの成分は、死が回復区切られています。 This judgment which each undergoes is described in detail in chapter 125 of the Book of the Dead.この判断には、各章の中で詳細に説明は、その本オブザデッド125 。 The examination covers a great variety of personal, social, and religious duties and observances; the deceased must be able to deny his guilt in regard to forty-two great categories of sins, and his heart (the symbol of conscience and morality) must stand the test of being weighed in the balance against the image of Maat, goddess of truth or justice.審査対象の多種多様な個人的、社会的、宗教的な任務と慣例;故人を否定できるようにしなければならない彼の罪悪感に関連して42の罪偉大なカテゴリ、および彼の心(良心と道徳性の象徴である)する必要がありますスタンド重されているテストで、バランスのmaatに対するイメージは、真実や正義の女神です。 But the new life that begins after a favourable judgment is not at first any better or more spiritual than life on earth.しかし、新たな人生を開始した後、最初に有利な判決ではない任意または複数の精神的なより良い地球上の生命です。 The justified is still a wayfarer with a long and difficult journey to accomplish before he reaches bliss and security in the fertile fields of Aalu. wayfarer正当化するのはまだ難しいが、長い旅を達成する前に、彼は至福に達すると安全保障の分野においては、肥沃なaalu 。 On this journey he is exposed to a variety of disasters, for the avoidance of which he depends on the use of his revivified powers and on the knowledge he has gained in life of the directions and magical charms recorded in the Book of the Dead, and also, and perhaps most of all, on the aids provided by surviving friends on earth.彼は、この旅して、さまざまな災害にさらされ、これを避けるため、彼に依存して使用して自分の知識やrevivified権限を得た彼は、人生の不思議な魅力に記録されて経路やブックオブザデッド、とまた、すべてのほとんどは、たぶん、エイズは、地球上で提供される友人を生き延びた。 It is they who secure the preservation of his corpse that he may return and use it, who provide an indestructible tomb as a home or shelter for his Ka, who supply food and drink for his sustenance, offer up prayers and sacrifices for his benefit, and aid his memory by inscribing on the walls of the tomb, or writing on rolls of papyrus enclosed in the wrappings of the mummy, chapters from the Book of the Dead.それは彼らが自分の死体を確実に保存するには首相が復帰し、使用することは、不滅の人の墓として提供するために彼の自宅や避難所ka 、人の食べ物と飲み物を供給するために彼の扶養は、祈りと犠牲を提供するために彼のメリットは、そして彼の記憶を助ける内接して壁には、墓、または書面では、ロールのパピルスwrappings同封のミイラは、ブックオブザデッド支部からです。 It does not, indeed, appear that the dead were ever supposed to reach a state in which they were independent of these earthly aids.されない場合は、実際には、表示されるまでは、死んでいたはずの状態に達するためにかれらはこの世でエイズこれらの独立です。 At any rate they were always considered free to revisit the earthly tomb, and in making the journey to and fro the blessed had the power of transforming themselves at will into various animal-shapes.いずれにせよ彼らは常に、この世の墓を再訪する考えを自由には、旅をしたり来たりしている恵まれていたのでは、電源に変換して様々な動物の形をした。 It was this belief which, at the degenerate stage at which he encountered it, Herodotus mistook for the doctrine of the transmigration of souls.それは、この信念が、それがどの段階では、縮退に遭遇したことは、ヘロドトス間違えたためには、輪廻の教義です。 It should be added that the identification of the blessed with Osiris ("Osiris N. N." is a usual form of inscription) did not, at least in the earlier and higher stage of Egyptian religion, imply pantheistic absorption in the deity or the loss of individual personality.それは、身分証明書が追加されるはずのオシリスに恵まれている( "オシリスnn "は、通常の形式の碑文)は、少なくとも、それ以前の段階とエジプトの高い宗教、汎神論の吸収を意味するかは、神の個々の損失性格です。 Regarding the fate of those who fail in the judgment after death, or succumb in the second probation, Egyptian eschatology is less definite in its teaching.失敗する人たちの運命については、死刑判決後、あるいは2番目の保護観察下に負けるは、エジプトの終末論は、あまり明確で、教えることです。 "Second death" and other expressions applied to them might seem to suggest annihilation; but it is sufficiently clear from the evidence as a whole that continued existence in a condition of darkness and misery was believed to be their portion. "第2の死"として適用される他の表現を提示するように見えるかもしれない消滅;しかし、それは十分な証拠をより明確にして全体としては、存続の条件と不幸の闇の部分が見られている。 And as there were degrees in the happiness of the blessed, so also in the punishment of the lost (Book of the Dead, tr. Budge, London, 1901).とは、幸福度があったとして、祝福さは、今も失われるのは、懲罰(ブックオブザデッド、 tr 。動こうとは、ロンドン、 1901 ) 。

(c) Indian ( C参照)インド

In the Vedic, the earliest historical form of the Indian religion, eschatological belief is simpler and purer than in the Brahministic and Buddhistic forms that succeeded it. vedicでは、最古の歴史的な形で、インドの宗教は、終末論の信念は、よりシンプルでpurer buddhisticフォームbrahministicとすることに成功しています。 Individual immortality is clearly taught.個々の教えは、明らかに不滅です。 There is a kingdom of the dead under the rule of Yama, with distinct realms for the good and the wicked.王国オブザデッドには、山の支配下には、はっきりして良いとは、邪悪なレルムです。 The good dwell in a realm of light and share in the feasts of the gods; the wicked are banished to a place of "nethermost darkness".住むのに良いと共有する光の領域では、神々の宴;追放するには、邪悪な場所"一番下の闇の中"だ。 Already, however, in the later Vedas, where these beliefs and developed expression, retribution begins to be ruled more by ceremonial observances than by strictly moral tests.既に、しかし、それ以降は、 vedas 、どこにこれらの信念や表現の開発、報復を開始すると儀礼的慣習に支配されたよりももっと厳格な道徳的なテストをした。 On the other hand, there is no trace as yet of the dreary doctrine of transmigration, but critics profess to discover the germs of later pantheism.その半面、トレースがない退屈な学説としては、まだ移住が、批評家の細菌を発見すると公言して後で汎神論。

In Brahminism retribution gains in prominence and severity, but becomes hopelessly involved in transmigration, and is made more and more dependent either on sacrificial observances or on theosophical knowledge.バラモン教の報復で上昇して隆起や重大度が、どうしようも関与して移住になる、とは、ますます多くの犠牲的な慣例上またはどちらかに依存して神智知識です。 Though after death there are numerous heavens and hells for the reward and punishment of every degree of merit and demerit, these are not final states, but only so many preludes to further rebirths in higher or lower forms.死の数が多いかかわらず後には、天とヘルス賞罰度のすべてのメリットとデメリットは、これらの最終的な状態ではないが、これだけ多くの前奏曲をさらに高いまたは低いフォームでrebirths 。 Pantheistic absorption in Brahma, the world- soul and only reality, with the consequent extinction of individual personalities - this is the only final solution of the problem of existence, the only salvation to which man may ultimately look forward.梵天汎神論吸収さは、現実の世界の魂としか、必従絶滅して個々のパーソナリティ-これは、最終的な解決策にのみ存在し、問題は、これだけの男が最終的に救いを心よりお待ちしています。 But it is a salvation which only a few may hope to reach after the present life, the few who have acquired a perfect knowledge of Brahma.しかし、それはほんの数救世に達する可能性を期待して、現在の生活をした後、数人が、完璧な知識を獲得した梵天です。 The bulk of men who cannot rise to this high philosophic wisdom may succeed, by means of sacrificial observances, in gaining a temporary heaven, but they are destined to further births and deaths.男たちの大部分が上昇することはできませんが、この成功する可能性の高い哲学の知恵は、いけにえの慣例によっては、天国で、一時的に獲得し、かれらは、出生と死亡のさらなる運命にある。

Buddhist eschatology still further develops and modifies the philosophical side of the Brahministic doctrine of salvation, and culminates in what is, strictly speaking, the negation of eschatology and of all theology -- a religion without a God, and a lofty moral code without hope of reward or fear of punishment hereafter.仏教の終末論を開発し、さらなるまだ修正brahministic学説は、哲学的な側面を救い、 culminatesには、何とは、厳密に言えば、すべての否定の終末論や神学-宗教神なしでは、と期待するの高尚な道徳的なコードなし来世の懲罰を恐れる報酬や。 Existence itself, or at least individual existence, is the primary evil; and the craving for existence, with the many forms of desire it begets, is the source of all the misery in which life is inextricably involved.存在自体には、個々の存在あるいは少なくとも、悪は、プライマリ;存在への渇望と、それをいろいろな形での欲望begets 、すべてのソースは、惨めな生活では、密接な関係です。 Salvation, or the state of Nirvana, is to be attained by the utter extinction of every kind of desire, and this is possible by knowledge -- not the knowledge of God or the soul, as in Brahminism, but the purely philosophical knowledge of the real truth of things.救いは、ニルヴァーナの状態や、達成されるのは、全くの絶滅されるあらゆる種類の欲望は、これが可能とされた知識-神の知識がないか、魂は、バラモン教のようにではなく、純粋に哲学的な知識の本当の真実のことができる。 For all who do not reach this state of philosophic enlightenment or who fail to live up to its requirements -- that is to say for the vast bulk of mankind -- there is nothing in prospect save a dreary cycle of deaths and rebirths with intercalated heavens and hells; and in Buddhism this doctrine takes on a still more dread and inexorable character than pre-Buddhistic Brahminism.すべての人のために、この状態ではありません達する悟りや哲学者の要件に沿えるように失敗する-ことを言うためには、人類の広大なバルク-埋蔵量を保存するには何もない退屈なサイクルの介在による死亡して天とr e birthsとヘルス;仏教とは、この教義上ではまだ詳細を怖がると事前にbuddhisticバラモン教よりも容赦のないキャラクターです。 (See BUDDHISM) (仏教を参照してください)

(d) Persian (民主党)ペルシャ

In the ancient Persian religion (Zoroastrianism, Mazdaism, Parseeism) we meet with what is perhaps, in its better elements, the highest type of ethnic eschatology.古代ペルシアの宗教(ゾロアスター教、 mazdaism 、 parseeism )我々に会うことは、おそらく、その良い要素は、民族教育の最高終末論です。 But as we know it in the Parsee literature, it contains elements that were probably borrowed from other religions; and as some of this literature is certainly post-Christian, the possibility of Jewish and even Christian ideas having influenced the later eschatological developments is not to be lost sight of.しかし、私たちが知ってパーシーは、文学、要素が含まれていたことから、おそらく他の宗教の借り物;そして、この文学としては、確かにいくつかの投稿-キリスト教、ユダヤ教の可能性を考え、さらにはキリスト教の終末論の発展に影響を受けたのではないから後で失われる光景です。 The radical defect of the Persian religion was its dualistic conception of deity.その過激な欠陥は、ペルシャの宗教の神は、その二元的な概念です。 The physical and moral world is the theatre of a perpetual conflict between Ahura Mazda (Ormuzd), the good, and Angra-Mainyu (Ahriman), the evil, principle, co-creators of the universe and of man.世界の物理的および道徳的には、劇場の間の葛藤の飽くなきアフラマズダ( ormuzd )は、良い、とアングラ- mainyu ( ahriman )は、悪は、原則として、共同で、宇宙と人間のクリエイターです。 Yet the evil principle is not eternal ex parte post; he will finally be vanquished and exterminated.だが、悪の原理ではない永遠の一方的ポスト;彼は、最後に打ち負かされると根絶です。 A pure monotheistic Providence promises at times to replace dualism, but never quite succeeds -- the latest effort in this direction being the belief in Zvran Akarana, or Boundless Time as the supreme deity above both Ahriman and Ormuzd.プロビデンス、純粋な一神教二元論の約束を取り付ける時は、非常に成功したことはない-最新の努力で、この方向でz vrana karanaという信念に基づいている、あるいは無限の時間を最高神として、上記の両方a hrimanとo rmuzd。 Morality has its sanction not merely in future retribution, but in the present assurance that every good and pious deed is a victory for the cause of Ahura Mazda; but the call to the individual to be active in this cause, though vigorous and definite enough, is never quite free from ritual and ceremonial conditions, and as time goes on becomes more and more complicated by these observances, especially by the laws of purity.道徳性だけでなく、将来の制裁には、報復ではなく、現在のすべての保証をして良いとは、敬けんな行為という大義の勝利アフラマズダ;しかし、コールして、個々の原因に積極的にこれが、活発化して明確に十分な、儀式ではないから、かなり自由な儀式の条件となる時がたつにつれてますます複雑化してこれらの慣例では、特にその法律の純粋されます。 Certain elements are holy (fire, earth, water), certain others unholy or impure (dead bodies, the breath, and all that leaves the body, etc.); and to defile oneself or the holy elements by contact with the impure is one of the deadliest sins.特定の要素は神聖(火、土、水) 、または特定の他の不道徳な不純な(遺体は、息をし、体を残してすべてのこと、等) ;と神聖を汚すあるいは自分自身で接触している不純な要素の一つ最悪の罪です。 Consequently corpses could not be buried or cremated, and were accordingly exposed on platforms erected for the purpose, so that birds of prey might devour them.したがって遺体埋葬や火葬できませんでしたし、それに応じて露出していたことを目的張らプラットフォームは、食い入るように見るかもしれないので、猛禽類してください。 When the soul leaves the body it has to cross the bridge of Chinvat (or Kinvad), the bridge of the Gatherer, or Accountant.魂が肉体を離れると、橋を渡ることがchinvat (またはkinvad )は、橋のギャザラ、または会計士です。 For three days good and evil spirits contend for the possession of the soul, after which the reckoning is taken and the just men is rejoiced by the apparition, in the form of a fair maiden, of his good deeds, words, and thoughts, and passes over safely to a paradise of bliss, while the wicked man is confronted by a hideous apparition of his evil deeds, and is dragged down to hell. 3日間の霊善と悪と戦うために所持魂は、後には、清算がとられると見て歓喜の幻影だけでは、男性は、公正な乙女の形で、彼の善行は、言葉では、と考えて、無事に通過する以上の至福の楽園のに対し、邪悪な男は、忌まわしい幻影を見せつけられる彼の邪悪な行為は、地獄とは、ドラッグダウンしています。 If the judgment is neutral the soul is reserved in an intermediate state (so at least in the Pahlavi books) till the decision at the last day.その判断は、中立的な場合は、予約の魂は、中間の状態(少なくとも今の書籍は、パーレビ国王)の決定は、最終日までです。 The developed conception of the last days, as it appears in the later literature, has certain remarkable affinities with Jewish Messianic and millennial expectations.開発構想の最後の日には、文学のように表示され、それ以降は、特定の注目すべきは、ユダヤ教の救世主と千年affinities期待しています。 A time during which Ahriman will gain the ascendancy is to be followed by two millennial periods, in each of which a great prophet will appear to herald the coming of Soshyant (or Sosioch), the Conqueror and Judge who will raise the dead to life. ahriman中には一度に得るに次いで2つの優勢は1000年間のピリオドでは、それぞれに次のものが表示され、偉大な預言者の到来を告げるsoshyant (またはsosioch )は、誰が判断するの征服者と死者を生き返らせる。 The resurrection will occupy fifty-seven years and will be followed by the general judgement, the separation of the good from the wicked, and the passing of both through a purgatorial fire gentle for the just, terrible for sinners, but leading to the restoration of all.復活は、 57年を占拠し続けて、総合判断されると、邪悪な者からの分離が良い、との両方のパスを介して優しい煉獄火災のためだけで、恐ろしい罪を犯したためには、しかし、リードを復元すべてのです。 Next will follow the final combat between the good and the evil spirits, in which the latter will perish, all except Ahriman and the serpent Azhi, whose destruction is reserved to Ahura Mazda and Scraosha, the priest-god.次のページに従っていいとの間で最終的な戦闘の悪霊、後者は消滅するが、蛇を除くすべてahrimanとazhi 、その破壊は予約をscraoshaアフラマズダとは、神の司祭- 。 And last of all hell itself will be purged, and the earth renewed by purifying fire.そして最後にはすべて削除される地獄そのもの、そして地球の浄化火災リニューアルされた。

(e) Greek ( E )のギリシャ語

Greek eschatology as reflected in the Homeric poems remains at a low level.ギリシャのホメロスの詩に反映される終末論として、依然低い水準。 It is only very vaguely retributive and is altogether cheerless in its outlook.それは非常に漠然としか報復とは、完全に陰気な見通しだ。 Life on earth, for all its shortcomings, is the highest good for men, and death the worst of evils.地球上の生命で、すべての欠点は、男性にとっては、最高の良い、と死、最悪の害悪です。 Yet death is not extinction.まだ絶滅の死ではない。 The psyche survives - not the purely spiritual soul of later Greek and Christian thought, but an attenuated, semi-material ghost, or shade, or image, of the earthly man; and the life of this shade in the underworld is a dull, impoverished, almost functionless existence.その心理を切り抜ける-後ではなく、純粋に精神的な魂のギリシャとキリスト教の思想ではなく、弱毒、セミ材料ゴースト、または日陰、または画像は、この世の男;との生活には、この退屈な暗黒街の日陰では、貧困にあえぐは、ほとんど機能の存在です。 Nor is there any distinction of fates either by way of happiness or of misery in Hades.どんな違いがあるのも、運命の女神の方法のいずれかによって幸福またはハデスの惨めされます。 The judicial office of Minos is illusory and has nothing to do with earthly conduct; and there is only one allusion to the Furies suggestive of their activity among the dead (Iliad XIX, 258-60).司法ミノスは、架空の事務所とは何の関係もこの世を行う;ていて、 1つだけ言及して、彼らの活動を暗示furies死者( 19イリアッド、 258から60まで) 。 Tartarus, the lower hell, is reserved for a few special rebels against the gods, and the Elysian Fields for a few special favourites chosen by divine caprice.タルタロスは、地獄の下には、いくつかの特別な反乱軍のために予約さは、神々に反対し、そのためのいくつかの特別なお気に入りエリュシオンフィールドで選ばれた神の気まぐれだ。

In later Greek thought touching the future life there are notable advances beyond the Homeric state, but it is doubtful whether the average popular faith ever reached a much higher level.ギリシャの思想に触れ、その後の人生の将来には、ホメロスの状態を超えて顕著な進歩が、それかどうかは疑わしい人気の信仰をこれまでの平均をはるかに高いレベルに達しています。 Among early philosophers Anaxagoras contributes to the notion of a purely spiritual soul; but a more directly religious contribution is made by the Eleusinian and Orphic mysteries, to the influence of which in brightening and moralizing the hope of a future life we have the concurrent witness of philosophers, poets, and historians.アナクサゴラスの哲学者の間で早期に貢献して純粋に精神的な魂の概念;宗教ではなく、もっと直接的な貢献が作ったものはorphic謎eleusinianと、その影響力を鮮明にし、将来の希望や人生の教訓的な我々は、目撃者の同時哲学者、詩人、歴史学者。 In the Eleusinian mysteries there seems to have been no definite doctrinal teaching - merely the promise or assurance for the initiated of the fullness of life hereafter.謎があるようだ。 eleusinian明確な教義上の指導をしていない-あるいは単に保証のための約束を開始来世の人生の充実です。 With the Orphic, on the other hand, the divine origin and pre- existence of the soul, for which the body is but a temporary prison, and the doctrine of a retributive transmigration are more or less closely associated. orphicして、その一方で、神の起源とその魂の存在を事前には、体のために刑務所には、一時的にでも、との学説の応報移住するには多かれ少なかれ密接に関連する。 It is hard to see how far the common belief of the people was influenced by these mysteries, but in poetical and philosophical literature their influence is unmistakable.遠くを見ることは難しいという共通の信念は、どのように人々に影響されていたこれらの謎ではなく、彼らの影響力は、詩的かつ哲学文学紛れもない。 This is seen especially in Pindar among the poets, and in Plato among the philosophers.これは特に見られるピンダルのうち、詩人、哲学者との間でプラトン。 Pindar has a definite promise of a future life of bliss for the good or the initiated, and not merely for a few, but for all.ピンダルには、確かな未来を約束する至福の人生のために良いか、開始、およびいくつかのためだけではない、しかし、すべてのです。 Even for the wicked who descend to Hades there is hope; having, purged their wickedness they obtain rebirth on earth, and if, during three successive existences, they prove themselves worthy of the boon, they will finally attain to happiness in the Isles of the Blest.邪悪な者のためにも、ハデスには希望を下る;ことは、彼らの邪悪削除地球上で彼らの再生を取得している場合では、 3年連続で存在中には、彼ら自身を証明するに値するの恩恵は、かれらは最終的に達成するには、島々の幸福blessの過去過去分詞です。 Though Plato's teaching is vitiated by the doctrine of pre-existence, metempsychosis, and other serious errors it represents the highest achievement of pagan philosophic speculation on the subject of the future life.かかわらず、プラトンの教義を教えることは、低質の存在を事前には、輪廻転生、およびその他の重大なエラーが発生することを表して異教の哲学最高の成果は、投機の対象は、将来の生活です。 The divine dignity, spirituality, and essential immortality of the soul being established, the issues of the future for every soul are made clearly dependent on its moral conduct in the present life in the body.その神の尊厳、霊性、霊魂の不滅と本質的に確立されると、この問題については、将来のためには、各人のモラルを行う前に明確に依存して、現在の生活の中で体です。 There is a divine judgment after death, a heaven, a hell, and an intermediate state for penance and purification; and rewards and punishments are graduated according to the merits and demerits of each.神の裁きがある死の後に、天国で、地獄には、中間状態とするための苦行と精製;や報酬と罰則は、卒業によると、それぞれの功罪。 The incurably wicked are condemned to everlasting punishment in Tartarus; the less wicked or indifferent go also to Tartarus or to the Acherusian Lake, but only for a time; those eminent for goodness go to a happy home, the highest reward of all being for those who have purified themselves by philosophy.永遠の救い難い邪悪な刑罰では死刑囚にタルタロス;の少ないタルタロスよこしまなまたは無関心を行ったりしてもacherusian湖は、一度だけのため、これらの著名な幸せな家庭を見に行くための善良さは、最も高い報酬のすべての人のために精製された哲学者自身です。

From the foregoing sketch we are able to judge both of the merits and defects of ethnic systems of eschatology.前述のスケッチから、我々は両方のメリットを判断できるように、システムの欠陥の終末論民族です。 Their merits are perhaps enhanced when they are presented, as above, in isolation from the other features of the religions to which they belonged.自分の長所は、強化されたときは、たぶん提示は、上記のように、他の機能から孤立し、彼らの宗教に属しています。 Yet their defects are obvious enough; and even those of them that were best and most promising turned out, historically, to be failures.自分の欠点は、まだ十分に明白な;としていたものでも最高で、最も有望と判明した、歴史的には、失敗される。 The precious elements of eschatological truth contained in the Egyptian religion were associated with error and superstition, and were unable to save the religion from sinking to the state of utter degeneration in which it is found at the approach of the Christian Era.終末論の真実の貴重な要素に含まれていたエジプトの宗教や迷信に関連付けられてエラーが発生し、宗教を保存することができませんでした沈没してから全く変性状態で発見することは、キリスト教の時代が近づく。 Similarly, the still richer and more profound eschatologies of the Persian religion, vitiated by dualism and other corrupting influences, failed to realize the promise it contained, and has survived only as a ruin in modern Parseeism.同様に、より豊かで、まだ深いeschatologiesペルシアの宗教、低質二元論およびその他の破損の影響によっては、それに含まれるの約束の実現に失敗し、破滅して生き残ったとしては、近代parseeismのみです。 Plato's speculative teaching failed to influence in any notable degree the popular religion of the Greco-Roman world; it failed to convert even the philosophical few; and in the hands of those who did profess to adopt it, Platonism, uncorrected by Christianity ran to seed in Pantheism and other forms of error.プラトンの投機的な影響力を教えることに失敗し、人気度、いかなる宗教特筆すべきは、ギリシャローマの世界;変換することに失敗しても、いくつかの哲学;との手に委ねられている人を採用すると公言したことは、プラトン哲学は、キリスト教の裸眼で走って種子汎神論や他の形態のエラーが発生しています。

II. Ⅱ 。 OLD-TESTAMENT ESCHATOLOGY旧新約聖書終末論

Without going into details either by way of exposition or of criticism, it will be sufficient to point out how Old Testament eschatology compares with ethnic systems, and how notwithstanding its deficiencies in point of clearness and completeness, it was not an unworthy preparation for the fullness of Christian Revelation.詳細なしに入って行くのか、万博のいずれかの方法で批判されたことになりますので、十分に旧約聖書の終末論を指摘して比較してどのようにエスニックシステムでは、どのようにもかかわらず、その明晰な不備点や完全性、それのための準備ではありませんでした。値しない膨満キリスト教のヨハネの黙示録のです。

(1) Old Testament eschatology, even in its earliest and most imperfect form, shares in the distinctive character which belongs to Old Testament religion generally. ( 1 )旧約聖書の終末論でも、その最古で、最も不完全な形で、株は、独特のキャラクターを通常の宗教旧約聖書に属します。 In the first place, as a negative distinction, we note the entire absence of certain erroneous ideas and tendencies that have a large place in ethnic religions.まず第一に、否定的な違いとしては、我々の不在をメモして特定の誤ったアイデアや全体の傾向がある場所に大規模な民族宗教です。 There is no pantheism or dualism no doctrine of pre-existence (Wisdom 8:17-20 does not necessarily imply this doctrine, as has sometimes been contended) or of metempsychosis; nor is there any trace, as might have been expected, of Egyptian ideas or practices.汎神論がないか事前に存在する二元論の教義なし(知恵8:17-20この教義を意味するわけではない、としては、ときどきされcontended )または、輪廻転生;も任意の痕跡があるのは、期待していたとおり、エジプトアイデアや慣行です。 In the next place, on the positive side, the Old Testament stands apart from ethnic religions in its doctrine of God and of man in relation to God.は、次の場所には、肯定的な面では、旧約聖書のスタンドから離れて民族宗教の教義は、神と神の男と関連している。 Its doctrine of God is pure and uncompromising monotheism; the universe is ruled by the wisdom, Justice, and omnipotence of the one, true God.その教義は、神と妥協のない純粋な一神教;支配されるのは、宇宙の英知、正義、そして全能の1つは、真の神です。 And man is created by God in His own image and likeness, and destined to relations of friendship and fellowship with Him.そして人間は神によって作成さは、自分自身のイメージと似ている、との友好関係と運命に彼と交わりを持つ。 Here we have revealed in clear and definite terms the basal doctrines which are at the root of eschatological truth, and which, once they had taken hold of the life of a people, were bound, even without new additions to the revelation, to safeguard the purity of an inadequate eschatology and to lead in time to richer and higher developments.ここで我々は明らかに明確な条件をクリアしている教説の基底終末論の根底にある真実を、そしてそれは、一度も取って彼らの生活をする人々のホールドは、バインドされた、新機能が追加さでもなく、ヨハネの黙示録は、セーフガードの純度の不十分な終末論や時間をリードして発展して豊かで高い。 Such additions and developments occur in Old Testament teaching; but before noticing them it is well to call attention to the two chief defects, or limitations, which attach to the earlier eschatology and continue, by their persistence in popular belief, to hinder more or less the correct understanding and acceptance by the Jewish people as a whole of the highest eschatological utterances of their own inspired teachers.このような追加機能や発展旧約聖書の教えに起こる;しかし、かれらの前に気付かれないように十分注意するよう呼び掛けることは、 2つの主な欠陥、または制限が、これ以前の終末論を添付して続行して、彼らの粘り強さで人気の信念は、多かれ少なかれを妨げる正しい理解と受諾されたユダヤ人の終末論全体としては、最高の教師の発言には、独自の着想を得た。

(2) The first of these defects is the silence of the earlier and of some of the later books on the subject of moral retribution after death, or at least the extreme vagueness of such passages in these books as might be understood to refer to this subject. ( 2 )これらの欠陥は、最初の沈黙の後にあるいくつかの以前とは、対象書籍の道徳的な報復の死の後、あるいは少なくとも、このような極端なあいまいな文章を理解できるように、これらの書籍を参照するために、この件名です。 Death is not extinction; but Sheol, the underworld of the dead, in early Hebrew thought is not very different from the Babylonian Aralu or the Homeric Hades, except that Jahve is God even there.絶滅の死ではない; sheolしかし、地下オブザデッドは、ヘブライ語で早期非常に異なる思想ではないから、バビロニアホメロスaraluまたはハデスを除けば、神はjahveさえある。 It is a dreary abode in which all that is prized in life, including friendly intercourse with God, comes to an end without any definite promise of renewal.退屈な住まいで、それはそれは見事な人生のすべてを含む神と友好関係にある、となると明確な約束を終わらせず更新。 Dishonour incurred in life or in death, clings to a man in Sheol, like the honour he may have won by a virtuous life on earth; but otherwise conditions in Sheol are not represented as retributive, except in the vaguest way.人生の中で死を被った不渡りまたは、 sheol固執して一人の男が、彼の名誉のような高潔される可能性がある地球上の生命ウォン;しかし、それ以外の条件ではないとして表さsheol報復を除いて、道のvaguest 。 Not that a more definite retribution or the hope of renewal to a life of blessedness is formally denied and excluded; it simply fails to find utterance in earlier Old Testament records.報復か、もっとはっきりしていないの更新を期待するのは、正式に否定的な至福の人生と除外;発話を見つけることに失敗しただけで、以前の旧約聖書の記録です。 Religion is pre-eminently an affair of this life, and retribution works out here on earth.宗教には、事前に完ぺきな不倫のこの人生は、地球上で、ここに報復する作品です。 This idea which to us seems so strange, must, to be fairly appreciated, be taken in conjunction with the national as opposed to the individual viewpoint [see under (3) of this section]; and allowance must also be made for its pedagogic value for a people like the early Hebrews.このような考えは、私たちにとってとても奇妙な、しなければ、かなり高く評価される、だまされる併用して、国家とは対照的に、個々の視点[参照してください( 3 )は、この項の下] ;や手当をしなければならないためにも、教育的な価値ヘブル人への手紙のような人々のための初期です。 Christ himself explains why Moses permitted divorce ("by reason of the hardness of your heart", Matthew 19:8); revelation and legislation had to be tempered to the capacity of a singularly practical and unimaginative people, who were more effectively confirmed in the worship and service of God by a vivid sense of His retributive providence here on earth than they would have been but a higher and fuller doctrine of future immortality with its postponement of moral rewards.離婚の理由を説明し許可モーゼスキリスト自身( "を理由には、あなたの心の硬さ"と、マタイ19時08分) ;ヨハネの黙示録には、立法の能力を鍛え、非常に現実的な想像力に乏しい人々と、より効果的に確認された人は、神を崇拝するとされるサービスの鮮やかな感覚よりも彼の応報の摂理地球上でここではなく、彼らがより高いとされ、将来の教義フラーの延期は、道徳的な報酬不滅です。 Nor must we exaggerate the insufficiency of this early point of view.誇張しなければ、我々もこの機能不全の早期の視点です。 It gave a deep religious value and significance to every event of the present life, and raised morality above the narrow, utilitarian standpoint.それは、宗教的な価値や意義深いイベントには、現在のすべての生命は、道徳の上に引き上げた狭いとは、功利主義的な観点です。 Not worldly prosperity as such was the ideal of the pious Israelite, but prosperity bestowed by God as the gracious reward of fidelity in keeping His Commandments.世俗的な繁栄は、このようには、理想的信心深いイスラエルが、神の繁栄を授けたの忠実度の報酬として、優雅で、その戒めを維持します。 Yet, when all has been said, the inadequacy of this belief for the satisfaction of individual aspirations must be admitted; and this inadequacy was bound to prove itself sooner or later in experience.しかし、すべててきたときによると、この信念の不備を満足させるための個々の願望を認めしなければならない;そして、このことを証明自体に不備が遅かれ早かれバウンドでの経験だ。 Even the substitution of the national for the individual standpoint could not indefinitely hinder this result.さらに、国家のための代替的な観点で、個々の無期限の妨げとなることができなかったこの結果です。

(3) The tendency to sink the individual in the nation and to treat the latter as the religious unit was one of the most marked characteristics of Hebrew faith. ( 3 )の傾向を流し、個々の治療には、国や宗教的な単位として、後者は、最も顕著な特徴の1つのヘブライ語の信仰です。 And this helped very much to support and prolong the other limitation just noticed, according to which retribution was looked for in this life. Deferred and disappointed personal hopes could be solaced by the thought of their present or future realization in the nation. It was only when the national calamities, culminating in the exile, had shattered for a time the people's hope of a glorious theocratic kingdom that the eschatology of the individual became prominent; and with the restoration there was a tendency to revert to the national point of view. It was only when the national calamities, culminating in the exile, had shattered for a time the people's hope of a glorious theocratic kingdom that the eschatology of the individual became prominent; and with the restoration there was a tendency to revert to the national point of view. It is true of the 0.T. as a whole that the eschatology of the people overshadows that of the individual, though it is true at the same time that, in and through the former, the latter advances to a clear and definite assurance of a personal resurrection from the dead, at least for the children of Israel who are to share, if found worthy, in the glories of the Messianic Age. as a whole that the eschatology of the people overshadows that of the individual, though it is true at the same time that, in and through the former, the latter advances to a clear and definite assurance of a personal resurrection from the dead, at least for the children of Israel who are to share, if found worthy, in the glories of the Messianic Age.

It is beyond the scope of this article to attempt to trace the growth or describe the several phases of this national eschatology, which centres in the hope of the establishment of a theocratic and Messianic kingdom on earth (see MESSIAS). However spiritually this idea may be found expressed in Old Testament prophecies, as we read them now in the light of their progressive fulfillment in the New Testament Dispensation, the Jewish people as a whole clung to a material and political interpretation of the kingdom, coupling their own domination as a people with the triumph of God and the worldwide establishment of His rule. However spiritually this idea may be found expressed in Old Testament prophecies, as we read them now in the light of their progressive fulfillment in the New Testament Dispensation, the Jewish people as a whole clung to a material and political interpretation of the kingdom, coupling their own domination as a people with the triumph of God and the worldwide establishment of His rule. There is much, indeed, to account for this in the obscurity of the prophecies themselves. The Messias as a distinct person is not always mentioned in connexion with the inauguration of the kingdom, which leaves room for the expectation of a theophany of Jahve in the character of judge and ruler. But even when the person and place of the Messias are distinctly foreshadowed, the fusion together in prophecy of what we have learned to distinguish as His first and His second coming tends to give to the whole picture of the Messianic kingdom an eschatological character that belongs in reality only to its final stage. But even when the person and place of the Messias are distinctly foreshadowed, the fusion together in prophecy of what we have learned to distinguish as His first and His second coming tends to give to the whole picture of the Messianic kingdom an eschatological character that belongs in reality only to its final stage. It is thus the resurrection of the dead in Isaias, xxvi, 19, and Daniel, xii, 2, is introduced; and many of the descriptions foretelling "the day of the Lord", the judgment on Jews and Gentiles, the renovation of the earth and other phenomena that usher in that day while applicable in a limited sense to contemporary events and to the inauguration of the Christian Era, are much more appropriately understood of the end of the world. It is thus the resurrection of the dead in Isaias, xxvi, 19, and Daniel, xii, 2, is introduced; and many of the descriptions foretelling "the day of the Lord", the judgment on Jews and Gentiles, the renovation of the earth and other phenomena that usher in that day while applicable in a limited sense to contemporary events and to the inauguration of the Christian Era, are much more appropriately understood of the end of the world. It is not, therefore, surprising that the religious hopes of the Jewish nation should have be come so predominantly eschatological, and that the popular imagination, foreshortening the perspective of Divine Revelation, should have learned to look for the establishment on earth of the glorious Kingdom of God, which Christians are assured will be realized only in heaven at the close of the present dispensation. It is not, therefore, surprising that the religious hopes of the Jewish nation should have be come so predominantly eschatological, and that the popular imagination, foreshortening the perspective of Divine Revelation, should have learned to look for the establishment on earth of the glorious Kingdom of God, which Christians are assured will be realized only in heaven at the close of the present dispensation.

(4) Passing from these general observations which seem necessary for the true understanding of Old Testament eschatology, a brief reference will be made to the passages which exhibit the growth of a higher and fuller doctrine of immortality. ( 4 )これらの一般的な観測を渡すように見えるから、真の理解のために必要な旧約聖書の終末論は、簡単な文章を参考にされる前には、高い成長率を示すとフラーの教義不滅です。 The recognition of individual as opposed to mere corporate responsibility and retribution may be reckoned, at least remotely, as a gain to eschatology, even when retribution is confined chiefly to this life; and this principle is repeatedly recognized in the earliest books.個々の認識とは対照的に、単なる企業の責任と報復侮れない可能性は、少なくともリモートでは、利得を終末論としては、主に閉じ込められた場合でも、この報復は人生;と認識され、このような原則は最古の書籍を繰り返しています。 (See Genesis 18:25; Exodus 32:33; Numbers 16:22; Deuteronomy 7:10; 24:16; 2 Kings 24:17; 2 Kings 14:6; Isaiah 3:10 sq.; 33:15 sqq.; Jeremiah 12:1 sq.; 17:5-10; 32:18 sq.; Ezekiel 14:12-20; 18:4, 18 sqq.; Psalms, passim; Proverbs 2:21 sq.; 10:2; 11:19, 31; etc.) It is recognized also in the very terms of the problem dealt with in the Book of Job. ( 18時25創世記を参照してください;エクソダス32:33 ;番号16 : 22 ;申命記7 : 10 ; 24:16 ; 24:17キングス2 ; 2キングス14 : 06 ;イザヤ書3時10 sq 。 ; 33:15 sqq 。 ;ジェレマイア12時01 sq 。 ; 17:5-10 ; 32:18 sq 。 ;エゼキエル14:12-20 ;午後6時04分、 18 sqq 。 ;詩篇は、ここかしこ;箴言2時21 sq 。 ;午前10時02分; 11:19 、 31 ;など)を認識することは、非常に条件でもこの問題を扱っては、書籍の仕事だ。

But, coming to higher things, we find in the Psalms and in Job the clear expression of a hope or assurance for the just of a life of blessedness after death.しかし、上位に来ることは、我々の仕事を見つけるのは、詩篇と明確な表現では、希望や生活を保証するために、わずかな至福の死後のです。 Here is voiced, under Divine inspiration, the innate craving of the righteous soul for everlasting fellowship with God, the protest of a strong and vivid faith against the popular conception of Sheol.ここでは、声は、神の霊感の下では、生得的な正義への渇望は、神と交わりを持つ永遠の魂のために、そして生き生きとした信仰の強い抗議の反対概念sheol人気です。 Omitting doubtful passages, it is enough to refer to Psalms xv (A.V. xvi), xvi (A.V. xvii), xlviii (A.V. xlix ), and lxxii (A.V. lxxiii).疑わしい省略通路、それは十分に詩篇15を参照して(動静16世) 、 16世(動静17 ) 、 48 (動静49 ) 、および72 (動静73 ) 。 Of these it is not impossible to explain the first two as prayers for deliverance from some imminent danger of death, but the assurance they express is too absolute and universal to admit this interpretation as the most natural.これらのことは不可能だとしての最初の2つの祈りを説明するためにいくつかの差し迫った危険から救出死は、しかし、彼らエクスプレスはあまりにも絶対的な保証を認めると、この普遍的な解釈が最も自然だ。 And this assurance becomes still more definite in the other two psalms, by reason of the contrast which death is asserted to introduce between the fates of the just and the impious.まだもっと明確になると、この保証は、他の2つの詩篇は、死の理由がアサートさ、コントラストを導入するだけでは、運命の女神との間の不敬。 The same faith emerges in the Book of Job, first as a hope somewhat questionably expressed, and then as an assured conviction.本の中では、同じ信仰の現れの仕事は、まずややquestionablyとして期待を表明して、それから信念として安心です。 Despairing of vindication in this life and rebelling against the thought that righteousness should remain finally unrewarded, the sufferer seeks consolation in the hope of a renewal of God's friendship beyond the grave: "O that thou wouldest hide me in Sheol, that thou wouldest keep me secret, until thy wrath be past, that thou wouldest appoint me a set time, and remember me. If a man die, shall he live again? All the days of my warfare would I wait, till my release should come" (xiv, 13 sq.).絶望的な生活との汚名をすすぐことで、この考えに反対してrebelling正義はついに報われないまま、患者の希望を求めて慰めの更新は、神の友情あの世: "おお、なたwouldest隠すsheol私は、私にしておくなたwouldest秘密は、過去れるまで、なたの怒りは、私にセットしてなたを任命wouldest時間、および次回から入力を省略します。場合死ぬ一人の男、彼は再び生きるか?日間のすべての戦争は、私待って私は、私のリリースまで来るばならない" ( 14 、 13 sq 。 ) 。 In xvii, 18 - xvii, 9, the expression of this hope is more absolute; and in xix, 23-27, it takes the form of a definite certainty that he will see God, his Redeemer: "But I know that my Redeemer liveth and that he shall stand up at the last upon the earth [dust]; and after this my skin has been destroyed, yet from [al. without] my flesh shall I see God, whom I shall see for myself and my eyes shall behold, and not another" (25 - 27). 、 17 、 18 -1 7、 9 、希望の方が、この表現の絶対的な;と、 1 9、 2 3から27まで、かかるという形で明確な確信して神を参照してください彼は、彼の救い主: "しかし、私は承知して身請け生きるとして彼の最後のものの上に立って地球[ほこり] ;とした後、この私の肌に破壊され、まだから[アル。せず]私の肉を参照してくださいわたしの神は、私は、私の目から見るとは、自分自身を参照してください見よ、そしてもう一つは" ( 25 -2 7) 。 In his risen body he will see God, according to the Vulgate (LXX) reading: "and in the last day I shall rise out of the earth. And I shall be clothed again with my skill, and in my flesh I shall see my God" (25 - 26).彼は、彼の体を参照して上昇し、神によると、流布本( 70 )読書: "と最後の日わたしは、地球から上昇した。 、わたしは自分のスキルにして再び服を着て、私の肉体と私は私を参照してください神" ( 25 -2 6) 。

The doctrine of the resurrection finds definite expression in the Prophets; and in Isaiah 26:19: "thy dead shall live, my dead bodies shall rise again. Awake and sing, ye that dwell in the dust" etc.; and Daniel 12:2: "and many of those that sleep in the dust of the earth shall awake: some unto everlasting life, and others to everlasting shame and contempt" etc., it is clearly a personal resurrection that is taught -- in Isaias a resurrection of righteous Israelites; in Daniel, of both the righteous and the wicked.復活の教義は、明確な表現は、預言者を見つける; 26:19イザヤ書とは: "あなたの死者は生き、私の遺体は再び上昇した。歌って目を覚ますと、なたがたもそこに住むのほこり"等;とダニエル12 : 2 : "として睡眠中の人々の多くは、地球のほこりで目が覚めるもの:いくつかの来世かれは、他の人が、永遠の恥と侮辱"など、明らかにこれは、個人的なことは教えたの復活-を復活さi saias正義のイスラエル人;でダニエルは、両方の正義と邪悪な。 The judgment, which in Daniel is connected with the resurrection, is also personal; and the same is true of the judgment of the living (Jews and Gentiles) which in various forms the prophecies connect with the "day of the Lord".の判断で、これは復活に接続しているダニエルは、個人的にも;と同じことが言えるの判断オブザリビング(ユダヤ人とgentiles )を予言して接続してさまざまな形で、 "主の日"です。 Some of the Psalms (e.g. 48) seem to imply a judgment of individuals, good and bad, after death; and the certainty of a future judgment of "every work, whether it be good or evil", is the final solution of the moral enigmas of earthly life offered by Ecclesiastes (xii, 13-14; cf. iii, 17).いくつかの詩篇(例: 48 )を意味するように個人の判断は、善と悪、死後;や将来の確実性を判断する"すべての仕事は、それがいいか悪いかどうか"と、最終的な解決策は、道徳的なこの世での生命に提供されてenigmasの伝道の書( 12世、 13-14 ; cf 。 3世、 17 ) 。 Coming to the later (deuterocanonical) books of the 0.に来て、後で(第二正典)書籍は、 0です。 T. we have clear evidence in II Mach. t.我々は明確な証拠はマッハ2世です。 of Jewish faith not only in the resurrection of the body (vii, 9-14), but in the efficacy of prayers and sacrifices for the dead who have died in godliness (xi, 43 sqq.).ユダヤ教の信仰の復活だけでなく、体の中の( 7世は、 9月14日)ではなく、その効果の死者のための祈りと犠牲者が死亡し、神を敬うこと( xi 、 43 sqq 。 ) 。 And in the second and first centuries B.C., in the Jewish apocryphal literature, new eschatological developments appear, chiefly in the direction of a more definite doctrine of retribution after death.とは、紀元前2世紀にもわたって、最初は、ユダヤ人の作り話で、文学、新たな発展に表示される終末論は、主にその方向性をより明確な教義の報復後に死亡した。 The word Sheol is still most commonly understood of the general abode of the departed awaiting the resurrection, this abode having different divisions for the reward of the righteous and the punishment of the wicked; in reference to the latter, Sheol is sometimes simply equivalent to hell. sheolという言葉は、まだ一般的な住まいは、最もよく理解し、出発待ちの復活は、この部門のすみかが異なるため、報酬は、正義とは、邪悪な刑罰;を参考に、後者は、地獄に相当するだけではときどきsheol 。 Gehenna is the name usually applied to the final place of punishment of the wicked after the last judgment, or even immediately after death; while paradise is often used to designate the intermediate abode of the souls of the just and heaven their home of final blessedness.地獄の名前は、最終的な場所に適用されるのは通常の邪悪な刑罰の最後の判断をした後、あるいは直後に死亡;パラダイスがよく使われている間に指定の中間の住まいとは、魂だけでは、自分のホームページの最終的な至福の天国だ。 Christ's use of these terms shows that the Jews of His day were sufficiently familiar with their New Testament meanings.キリストのこれらの用語の使用を示している彼の一日は、ユダヤ人が新約聖書の意味を十分に精通している。

III. Ⅲ 。 CATHOLIC ESCHATOLOGYカトリックの終末論

In this article there is no critical discussion of New Testament eschatology nor any attempt to trace the historical developments of Catholic teaching from Scriptural and traditional data; only a brief conspectus is given of the developed Catholic system.この記事ではないが重要な議論のいかなる試みも新約聖書終末論の発展の歴史をたどるために、伝統的なカトリックの教えを聖書からのデータ;だけの簡単な概観が与えられたのカトリック系を開発した。 For critical and historical details and for the refutation of opposing views the reader is referred to the special articles dealing with the various doctrines.歴史的に重要と反論のための詳細や、読者の意見に反対する特別な記事が言及して、様々な教説の対処です。 The eschatological summary which speaks of the "four last things" (death, judgment, heaven, and hell) is popular rather than scientific.終末論の概略を喋るのは、 " 4つの最後のもの" (死、審判、天国と地獄の)科学的というよりは、人気です。 For systematic treatment it is best to distinguish between (A) individual and (B) universal and cosmic eschatology, including under (A):系統的な治療のために最善を区別することは(ある)および( b )個々の普遍的なものであり宇宙の終末論などの下に(する) :

death; the particular judgment; heaven, or eternal happiness; purgatory, or the intermediate state; hell, or eternal punishment;死;特定の判断;天国、または永遠の幸福;煉獄、あるいはその中間の状態;地獄、または永遠の懲罰;

and under (B):と( b )に下:

the approach of the end of the world; the resurrection of the body; the general judgment; and the final consummation of all things.このアプローチは、エンドオブザワールド;の復活体;の総合判断;と、最後の仕上げのすべてのものです。

The superiority of Catholic eschatology consists in the fact that, without professing to answer every question that idle curiosity may suggest, it gives a clear, consistent, satisfying statement of all that need at present be known, or can profitably be understood, regarding the eternal issues of life and death for each of us personally, and the final consummation of the cosmos of which we are a part.カトリックの終末論の優越性という事実を構成し、すべての質問に答えることなくprofessingをして遊んでいる可能性を示唆好奇心は、それを明確には、整合性は、声明のすべてを満足させることが必要現時点で知られる、または有利に理解されるべきでは、永遠について生と死の問題のために私たちひとりひとり個人的には、最終的な成就とは、コスモスが含まれている団体です。

(A) Individual Eschatology (は)個々の終末論

Death

Death, which consists in the separation of soul and body, is presented under many aspects in Catholic teaching, but chiefly死は、どの構成は、魂と体の分離は、多くの側面では、カトリックの教えの下に提示さが、主に

as being actually and historically, in the present order of supernatural Providence, the consequence and penalty of Adam's sin (Genesis 2:17; Romans 5:12, etc.);実際にされると歴史的には、超自然の摂理の順序で、現在、その結果、アダムの罪と罰(創世記2 : 17 ;ローマ人への手紙5時12分、等) ;

as being the end of man's period of probation, the event which decides his eternal destiny (2 Corinthians 5:10; John 9:4; Luke 12:40; 16:19 sqq.; etc.), though it does not exclude an intermediate state of purification for the imperfect who die in God's grace; and男としての最後の見習い期間は、彼の永遠の運命を決めるのイベント( 2コリンチャンス5時10分;ジョン9時04分;ルーク12:40 ;午前16時19 sqq 。 ;等)は、除外することはない中間浄化は、不完全な状態で死ぬ人、神の恵み;と

as being universal, though as to its absolute universality (for those living at the end of the world) there is some room for doubt because of I Thess., iv, 14 sqq.; I Cor., xv, 51; II Tim., iv, 1.ユニバーサルとしては、絶対的な普遍性をクリックしても(それらの生活のため、世界の終わりに)そこは私のためにいくつかの疑いの余地をthess 。 、 4世は、 14 sqq 。 ;私うわっ。 、 15 、 51 ;ティム2世です。は、 4世は、 1 。

Particular Judgment部分審判

That a particular judgment of each soul takes place at death is implied in many passages of the New Testament (Luke 16:22 sqq.; 23:43; Acts 1:25; etc.), and in the teaching of the Council of Florence (Denzinger, Enchiridion, no. 588) regarding the speedy entry of each soul into heaven, purgatory, or hell.それぞれの魂を判断して、特定の場所では、多くの死は黙示の通路新約聖書(ルカによる福音書16時22 sqq 。 ;午前23時43分;行為1 : 25 ;等) 、および、評議会の指導フィレンツェ(デンツィンガー、 enchiridion 、いいえ。 588 )について、それぞれの魂を天にスピーディエントリは、煉獄、または地獄。

Heaven天国

Heaven is the abode of the blessed, where (after the resurrection with glorified bodies) they enjoy, in the company of Christ and the angels, the immediate vision of God face to face, being supernaturally elevated by the light of glory so as to be capable of such a vision.天国には、祝福のすみかは、どこに(後に復活して見せかけの遺体)を楽しむ彼らは、その会社では、キリストと天使たちは、神のビジョンは、当面の直面している、という神業の高架される光の栄光のためにこのようなビジョンをする能力がある。 There are infinite degrees of glory corresponding to degrees of merit, but all are unspeakably happy in the eternal possession of God.そこには無限の栄光度程度のメリットに対応するが、すべての人は幸せには、想像を絶する神の永遠の所持。 Only the perfectly pure and holy can enter heaven; but for those who have attained that state, either at death or after a course of purification in purgatory, entry into heaven is not deferred, as has sometimes been erroneously held, till after the General Judgment.神聖なことのみを入力すると、完全に純粋な天;しかし達成して状態を持っている人は、どちらかのコースで死亡または精製した後に煉獄、天国への参入ではない繰延、誤って行われたとしてもときどきされ、一般的な判断が終わるまで。

Purgatory煉獄

Purgatory is the intermediate state of unknown duration in which those who die imperfect, but not in unrepented mortal sin, undergo a course of penal purification, to qualify for admission into heaven.煉獄の中間体の状態は不明不完全な期間で死ぬ人は、悔い改められていない大罪ではなく、刑法の浄化を受ける過程で、入学資格を得るために天国です。 They share in the communion of saints and are benefited by our prayers and good works (see DEAD, PRAYERS FOR THE).聖体拝領を共有するのは、彼らとは、聖人の恩恵を受けて我々の祈りと善行(死者を参照して、礼拝のために) 。 The denial of purgatory by the Reformers introduced a dismal blank in their eschatology and, after the manner of extremes, has led to extreme reactions.煉獄の拒否した改革派は、終末論を導入すると陰気な空白が、それ以降は、極端な方法では、極端な反応が激化しています。

Hell地獄

Hell, in Catholic teaching, designates the place or state of men (and angels) who, because of sin, are excluded forever from the Beatific Vision.地獄には、カトリックの教えでは、指定の場所または州の男性(と天使)たちは、罪のために、永遠の至福直観は除外されます。 In this wide sense it applies to the state of those who die with only original sin on their souls (Council of Florence, Denzinger, no. 588), although this is not a state of misery or of subjective punishment of any kind, but merely implies the objective privation of supernatural bliss, which is compatible with a condition of perfect natural happiness.広い意味で適用されることで、この状態で死亡している人は自分の魂だけ原罪(評議会フィレンツェ、デンツィンガー、いいえ。 588 ) 、にもかかわらず、この惨めな状態ではないのか、あらゆる種類の主観的な処罰が、単に至福の超自然性は、客観的不自由、これは完璧な自然条件に対応して幸せです。 But in the narrower sense in which the name is ordinarily used, hell is the state of those who are punished eternally for unrepented personal mortal sin.しかし、狭い意味で、名前は普通に使われて、地獄には、永遠に罰せられる状態にある人たちは個人的な大罪悔い改められていないためだ。 Beyond affirming the existence of such a state, with varying degrees of punishment corresponding to degrees of guilt and its eternal or unending duration, Catholic doctrine does not go.肯定の存在を超えて、このような状態では、さまざまな程度の処罰して対応するとその度に罪悪感や果てしのない永遠の期間、カトリック教義を行っていない。 It is a terrible and mysterious truth, but it is clearly and emphatically taught by Christ and the Apostles.それはひどいと神秘的な真実が、それをはっきりとは、キリストと使徒強調して教えられた。 Rationalists may deny the eternity of hell in spite of the authority of Christ, and professing Christians, who are unwilling to admit it, may try to explain away Christ's words; but it remains as the Divinely revealed solution of the problem of moral evil.地獄の可能性を否定するrationalists永遠のキリストの権威にもかかわらず、 professingキリスト教徒とは、誰も意に沿わぬことを認める、と説明してみてください去る5月、キリストの言葉;しかし、それは神の啓示として、その問題の解決策の道徳的な悪だ。 (See HELL.) Rival solutions have been sought for in some form of the theory of restitution or, less commonly, in the theory of annihilation or conditional immortality. (地獄を参照してください。 )ライバルの解決策を求めてきたが、何らかの形での返還や理論は、それほど多くは、消滅したり、条件付きの不滅の理論です。 The restitutionist view, which in its Origenist form was condemned at the Council of Constantinople in 543, and later at the Fifth General Council (see APOCATASTASIS), is the cardinal dogma of modern Universalism, and is favoured more or less by liberal Protestants and Anglicans.そのrestitutionist形式で表示するには、死刑囚origenistフォームには543のコンスタンティノポリス公会議で、 5回目以降は、総務会(アポカタスタシスを参照してください) 、枢機卿は、近代的な教義のユニバーサリズムは、多かれ少なかれさとは、ある特別なリベラルなプロテスタントとanglicans 。 Based on an exaggerated optimism for which present experience offers no guarantee, this view assumes the all-conquering efficacy of the ministry of grace in a life of probation after death, and looks forward to the ultimate conversion of all sinners and the voluntary disappearance of moral evil from the universe.大げさな楽観論に基づいて提供していない経験を保証するために存在する場合、このビューを仮定して効果を制覇してすべての恵みを受けて同省は、生活保護観察した後の死は、究極のを楽しみにしやコンバージョンのすべての罪人との自発的なモラルの消失邪悪な宇宙からです。 Annihilationists, on the other hand, failing to find either in reason or Revelation any grounds for such optimism, and considering immortality itself to be a grace and not the natural attribute of the soul, believe that the finally impenitent will be annihilated or cease to exist -- that God will thus ultimately be compelled to confess the failure of His purpose and power. annihilationists 、その一方で、どちらかが失敗した理由を見つけるためにこのような楽観論の根拠や任意の啓示は、それ自体で検討される不滅の自然の恵みとは、魂の属性には、最後に改心されると信じてannihilatedまたは存在することをやめる-その神は最終的には、このように告白を強要されるのは、自分の目的や電源の故障。

(B) Universal and Cosmic Eschatology ( b )に普遍的なものであり宇宙の終末論

The Approach of the End of the Worldこのアプローチは、エンドオブザワールド

Notwithstanding Christ's express refusal to specify the time of the end (Mark 13:32; Acts 1:6 sq.), it was a common belief among early Christians that the end of the world was near.にもかかわらず、キリストの拒否を表明する時間を指定して、最後に(マーク13:32 ;行為sq 。 1時06分) 、これは初期のキリスト教徒の間で、共通の信念が、世界の終わりは近い。 This seemed to have some support in certain sayings of Christ in reference to the destruction of Jerusalem, which are set down in the Gospels side by side with prophecies relating to the end (Matthew 24; Luke 21), and in certain passages of the Apostolic writings, which might, not unnaturally, have been so understood (but see 2 Thessalonians 2:2 sqq., where St. Paul corrects this impression).このように、特定のことわざがいくつかあるキリストの支援に関連し、エルサレムの破壊、これは、セットダウンの予言と並んでgospels末までに関連して(マタイ24 ;ルーク21 ) 、および特定の通路の使徒記述は、これかもしれないではなく、不自然には、理解してきたので( 2時02 sqq thessaloniansしかし2を参照してください。 、どこを修正この聖パウロの印象) 。 On the other hand, Christ had clearly stated that the Gospel was to be preached to all nations before the end (Matthew 24:14), and St. Paul looked forward to the ultimate conversion of the Jewish people as a remote event to be preceded by the conversion of the Gentiles (Romans 11:25 sqq.).その一方で、キリストの福音をしていたが明記されるすべての国が終わる前に説教(マタイ24:14 ) 、および聖パウロ楽しみにし、究極のコンバージョンとしては、ユダヤ人の人々が先行して、リモートのイベント変換されるのgentiles (ローマ人への手紙11:25 sqq 。 ) 。 Various others are spoken of as preceding or ushering in the end, as a great apostasy (2 Thessalonians 2:3 sqq.), or falling away from faith or charity (Luke 18:8; 17:26; Matthew 24:12), the reign of Antichrist, and great social calamities and terrifying physical convulsions.他には前述のような様々な話されたり、最後にusheringとして、偉大な背教( 2 thessalonians 2時03 sqq 。 ) 、または落下や慈善団体の信仰から離れて(ルーク18時08分、 17時26分;マタイ24:12 )反キリストの支配、および物理的なけいれん大きな社会的災害と恐ろしい。 Yet the end will come unexpectedly and take the living by surprise.だが、予想外の終わりが来ると驚きを取る生計を立てています。

The Resurrection of the Body復活の体

The visible coming (parousia) of Christ in power and glory will be the signal for the rising of the dead (see RESURRECTION).今後、目に見える( parousia )権力と栄光キリストされるため、信号の立ち上がりオブザデッド(復活を参照してください) 。 It is Catholic teaching that all the dead who are to be judged will rise, the wicked as well as the Just, and that they will rise with the bodies they had in this life.それはカトリックの教えは、すべての人が死んでは、上昇すると判断されると、邪悪なだけでなく、ただ、かれらは上昇するとしていたが、この人生の遺体。 But nothing is defined as to what is required to constitute this identity of the risen and transformed with the present body.しかし、何もないの定義は、何が必要ですが、このアイデンティティを構成すると、上昇して、現在の形質転換体。 Though not formally defined, it is sufficiently certain that there is to be only one general resurrection, simultaneous for the good and the bad.正式に定義するわけではありませんが、それは十分に特定されることは1つだけ復活総長は、善と悪を同時です。 (See MILLENNIUM.) Regarding the qualities of the risen bodies in the case of the just we have St. Paul's description in 1 Corinthians 15 (cf. Matthew 13:43; Philippians 3:21) as a basis for theological speculation; but in the case of the damned we can only affirm that their bodies will be incorruptible. (ミレニアムを参照してください。 )上昇の資質について、例の遺体は、我々は聖パウロの説明だけで1コリンチャンス15 ( cf.マタイ13 : 43 ;ピリピ人への手紙3時21分)神学の根拠として投機;しかし、のろわれた例は断言することができるということだけの遺体が清廉潔白です。

The General Judgment一般的な判断

Regarding the general judgment there is nothing of importance to be added here to the graphic description of the event by Christ Himself, who is to be Judge (Matthew 25, etc.).全般についての判断は何もない、ここを泳いだの重要性を説明し、イベントのグラフィックで、キリスト自身は、誰が判断される(マタイ25など) 。 (See JUDGMENT, GENERAL.) (参照してください判断は、全般です。 )

The Consummation of All Thingsすべての物事の終焉

There is mention also of the physical universe sharing in the general consummation (2 Peter 3:13; Romans 8:19 sqq.; Revelation 21:1 sqq.).そこにも言及したのは、物理的な宇宙の総仕上げの共有( 2ピーター3 : 13 ;ローマ人への手紙8時19 sqq 。 ;ヨハネの黙示録21時01 sqq 。 ) 。 The present heaven and earth will be destroyed, and a new heaven and earth take their place.天と地の存在が破棄されることは、天と地と、新しい自分の場所を取る。 But what, precisely, this process will involve, or what purpose the renovated world will serve is not revealed.しかし、どのような、正確には、このプロセスにかかわる、あるいはどのような目的ではないが、世界的に改装を明らかにした。 It may possibly be part of the glorious Kingdom of Christ of which "there shall be no end".団体名ことかもしれないが、キリストの栄光の王国"には終わりがない" 。 Christ's militant reign is to cease with the accomplishment of His office as Judge (1 Corinthians 15:24 sqq.), but as King of the elect whom He has saved He will reign with them in glory forever.過激派は、キリストの治世を達成して自分の事務所を中止するよう判事( 1コリンチャンス15時24 sqq 。 )は、誰でも彼にはキングオブザ選出保存して彼の栄光は永遠に君臨しています。

Publication information Written by P.J. Toner. pjトナー書かれた文献の情報です。 Transcribed by Michael C. Tinkler.マイケルc. tinkler転写された。 The Catholic Encyclopedia, Volume V. Published 1909.カトリック百科事典は、ボリュームの対日付1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, May 1, 1909.公認は、 09年5月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


Eschatology終末論

Jewish Viewpoint Information ユダヤ教の視点情報

The Day of the Lord.この日の主です。

Gen. xlix.大将49 。 1; comp. 1 ;伴奏。 Gen. R. xcviii., "the Messianic end" ; Isa.大将共和党98 。 、 "最後の救世主" ;のISAです。 ii. Ⅱ 。 1; also "the end," Dent. 1 ;も"の最後に、 "デント。 xxxii. 32 。 20; Ps. 20 ;しまう。 lxxiii. 73 。 17; Ben Sira vii. 17 ;ベンシーラ川第VII 。 36, xxviii. 36 、 28 。 6; comp. 6 ;伴奏。 "Didache," xvi. "新約聖書は、 " 16世です。 3): The doctrine of the "last things." 3 ) :この学説は、 "最後のものです。 " Jewish eschatology deals primarily and principally with the final destiny of the Jewish nation and the world in general, and only secondarily with the future of the individual; the main concern of Hebrew legislator, prophet, and apocalyptic writer being Israel as the people of God and the victory of His truth and justice on earth.ユダヤ教の終末論を中心に、主に最終的な契約は、ユダヤ民族の運命と、世界全体には、副次的にのみとして、個々の将来;ヘブライ語議員の主な関心事は、預言者、そして終末論的な作家として、イスラエルの人々が神と彼の勝利を真実と正義の地球上で。 The eschatological view, that is, the expectation of the greater things to come in the future, underlies the whole construction of the history of both Israel and mankind in the Bible.その終末論ビューで、それが、その期待は大きいものに来るのは、将来的には、全体の建設underlies両方イスラエルと人類の歴史は、聖書です。 The patriarchal history teems with such prophecies (Gen. xii. 3, 16; xv. 14; xviii. 18; xxii. 18; xxvi. 4); the Mosaic legislation has more or less explicitly in view the relation of Israel to the nations and the final victory of the former (Ex. xix.. 5; Lev. xxvi. 45; Num. xxiii. 10, xxiv. 17-24; Deut. iv. 6; vii. 6 et seq. ; xxviii. 1, 10; xxx. 3 et seq. ; xxxii. 43; xxxiii. 29). teems予言してこのような歴史の家父長( 12世大将。 3 、 16 ; 15 。 14 ; 18 。 18 ; 22 。 18 ;二十六。 4 ) ;のモザイク立法で明示的には、多かれ少なかれ、イスラエルとの関係を表示する国そして、最後の勝利は、元(例: 19 .. 5 ;レフです。 26 。 45 ; NUM件。 23 。 10 、 xxiv 。 17〜24 ; deut 。 4世です。 6 ;第VII 。 6以下参照。 ;二十八です。 1 、 10 ; xxx 。 3以下参照。 ; 32 。 43 ; 33 。 29 ) 。 But it was chiefly the Prophets who dwelt with great emphasis upon the Day of the Lord as the future Day of Judgment.しかし、それは主の預言者たちを非常に重要視して住んでは、主にその日の審判の日として、将来のです。 Originally spoken of as the day when Yhwh as the God of heaven visits the earth with all His terrible powers of devastation (comp. Gen. xix. 24; Ex. ix. 23, xi. 4, xii. 12; Josh. x. 11), the term was employed by the Prophets in an eschatological sense and invested with a double character: on the one hand, as the time of the manifestation of God's punitive powers of justice directed against all that provokes His wrath, and, on the other hand, as the time of the vindication and salvation of the righteous.もともととして話される日が来るのyhwh天の神として訪問して、地球のすべての権限を彼の恐ろしい荒廃( comp.大将19 。 24 ;例です。 9 。 23 、 xi 。 4 、 12世です。 12 ;ジョシュ。 Xで11 )は、その用語が採用されると預言者は、終末論を投資して、二重の意味での文字:は、片手では、この時期としては、神の懲罰的な権限の現れのすべてに反対して正義の有向provokes彼の怒り、そして、上の他方、この時期としては、汚名をすすぐことは、正しいと救世。 In the popular mind the Day of the Lord brought disaster only to the enemies of Israel; to His people it brought victory.この日は、主の御心の人気がもたらした災害イスラエルの敵であるだけに、人々が彼の勝利をもたらしたことだ。 But this is contradicted by the prophet Amos (iii. 2, v. 20).しかし、これは矛盾した預言者アモス( iii. 2 、対20 ) 。 For Isaiah, likewise, the Day of the Lord brings terror and ruin to Judah and Israel (Isa. ii. 12, x. 3, xxii. 5; comp. Micah i. 3) as well as to other nations (Isa. xiv. 25, xxiv.-xxv.).イザヤ書は、同様に、この日は、恐怖と破滅をもたらす主ユダとイスラエル( isa. Ⅱ 。 12 、 Xの3 、 22 。 5 ;伴奏。ミカi. 3 )他の国々と同様に( 14 isa. 。 25 、 xxiv. - 25 。 ) 。 In the same measure, however, as Israel suffers defeat at the hand of the great world-powers, the Day of the Lord in the prophetic conception becomes a day of wrath for the heathen world and of triumph for Israel.同じ尺度では、しかし、イスラエルによる苦痛を被っては、偉大な敗北は、世界的に権限を手には、その日の主の予言が、一日の概念は、異教世界の怒りとイスラエルの勝利のために。 In Zeph. zeph中です。 i-iii.私- Ⅲ 。 it is a universal day of doom for all idolaters, including the inhabitants of Judea, but it ends with the glory of the remnant of Israel, while the assembled heathen powers are annihilated (iii. 8-12).これは、すべての多神教徒の普遍的運命の日は、ユダヤの住民を含むが、それが終わると、イスラエルの栄光の遺物は、異教徒間の組み立てがannihilatedパワーズ( iii. 8-12 ) 。 This feature of the final destruction, before the city of Jerusalem, of the heathen world-empires becomes prominent and typical in all later prophecies (Ezek. xxxviii., the defeat of Gog and Magog; Isa. xiii. 6-9, Babel's fall; Zech. xii. 2 et seq., xiv. 1 et seq.; Hag. i. 6; Joel iv. [iii.] 2 et seq.; Isa. lxvi. 15 et seq.), the Day of the Lord being said to come as "a fire which refines the silver" (Mal. iii. 2 et seq., 9; comp. Isa. xxxiii. 14 et seq.).この機能は、最終的な破壊を前に、エルサレム市内のは、帝国が、世界的に著名な異教徒とそれ以降のすべての典型的な予言( 38 ezek. 。 、敗北gogとメーゴグ;のISAです。 13 。 6-9 、バベルの秋;ツェッヒ。 12世です。 2以下参照。 、 14 。 1以下参照。 ;鬼ばば。私6 ;ジョエル4世です。 [ Ⅲ 。 ] 2以下参照。 ;のISAです。 66 。 15以下参照。 )は、この日の主に来るといわれているとして" refines火災で、シルバー" ( mal. Ⅲ 。 2以下参照。 、 9 ;伴奏。のISAです。 33 。 14以下参照ください。 ) 。 Especially strong is the contrast between the fate which awaits the heathen and the salvation promised Israel in Isa.特に強いコントラストは、異教徒間の運命を心待ちには、イスラエルとの約束をISA救いです。 xxxiv.-xxxv., whereas other prophecies accentuate rather the final conversion of the heathen nations to the belief in the Lord (Isa. ii. 1 et seq., xlix. lxvi. 6-21, Zech. viii. 21 et seq., xiv. 16 et seq.). xxxiv. - 35 。が、他の予言際立たむしろ、最後のコンバージョンは、異教徒の国々の信念には、主に( isa. Ⅱ 。 1以下参照。 、 49 。 66 。 6月21日、ツェッヒ。 viii 。 21以下参照。 、 14 。 16以下参照ください。 ) 。

Resurrection of the Dead.死者のよみがえりです。

In addition to this conception of the Day of the Lord, the Prophets developed the hope of an ideal Messianic future through the reign of a son of the house of David-the golden age of paradisiacal bliss, of which the traditions of all the ancient nations spoke (see Dillmann's commentary to Gen. ii-iii., p. 46).この構想に加えて、その日の主は、預言者の希望の開発を通じて、将来の理想的な治世の救世主の息子の家のデビッド-天国の至福の黄金時代、そのうちの古代の伝統のすべての国スポーク(ディルマンの解説を参照してください大将2世- Ⅲ 。 、 p. 46 ) 。 It would come in the form of a world of perfect peace and harmony among all creatures, the angelic state of man before his sin (Isa. xi. 1-10, lxv. 17-25: "new heavens and a new earth").それが来るという形で、世界の平和と完璧な調和の中のすべての生き物は、男の前に自分の罪の状態エンジェリック( xi isa. 。 1-10 、 65 。一七〜二五: "新しい天と新しい大地" ) 。 It was only a step further to predict the visitation of all the kingdoms of the earth, to be followed by the swallowing up of death forever and a resurrection of the dead in Israel, so that all the people of the Lord might witness the glorious salvation (Isa. xxiv. 21-xxv. 8, xxvi. 19).それはさらに一歩だけの面会を予測するのは、地球のすべての国、嚥下されるまで続きます永遠の死と復活オブザデッドイスラエルでは、すべての人々のように、主の栄光を目の当たりにするかもしれない救世( isa. xxiv 。 21 - 25 。 8 、 26 。 19 ) 。 The hope of resurrection had been expressed by Ezekiel only with reference to the Jewish nation as such (Ezek. xxxvii.).復活の希望を表明していただけでエゼキエル書を参照して、ユダヤ人国家としてのこのような( 37 ezek. 。 ) 。 Under Persian influence, however, the doctrine of resurrection underwent a change, and was made part of the Day of Judgment; hence in Dan.ペルシアの影響力の下には、しかし、その教義の変化を受けて復活し、この日は前の部分の判断;したがって、ダンです。 xii. 12世です。 2 the resurrection is extended to both the wicked and the righteous: the latter "shall awake to everlasting life," the former "to shame and everlasting horror" (A. V. "contempt"). 2の復活は、邪悪な拡張を両方と正義:後者の"来世では、目が覚めると、 "元"を恥と永遠のホラー" (動静"侮辱"といいます。 )

The Formation of an Eschatological System.終末論の形成するシステムです。

It is certainly incorrect to speak of an eschatological system of the Bible, in which there is no trace of an established belief in the future life.取り立てて言うほどのことは、確かに間違っては、聖書の終末論システムは、トレースではないが、将来の生活を確立した信念です。 Both Ben Sira and Tobit still adhere to the ancient view of Sheol as the land of the shades (see Sheol).ベンシーラ川の両方に固執するとトビト書まだ古代の見解として、土地の色合いsheol ( sheolを参照してください) 。 It was the future destiny of the nation which concerned the Prophets and the people; and the hope voiced by prophet, psalmist, and liturgical poet was simply that the Lord as the Only One will establish His kingdom over the whole earth (Ex. xv. 18; Micah ii. 13, iv. 7; Obad. 21; Zech. xiv. 9; Isa. xxiv. 23; Ps. xciii. 1, xcvi. 10, xcvii. 1, xcix. 1).それは、国の将来の運命と、人々が懸念して預言者;との期待を表明した預言者は、賛美歌、そして、主の典礼詩人としては、単にその1つだけが彼の王国を確立する地球全体(例: 15 。 18 ;ミカⅡ 。 13 、 4世です。 7 ; obad 。 21 ;ツェッヒ。 14 。 9 ;のISA 。 xxiv 。 23 ;しまう。 93 。 1 、 96 。 10 、 97 。 1 、九十九。 1 )です。 This implied not only the reunion of the twelve tribes (Ezek. xxxvii. 16 et seq.; Zeph. iii. 20), but the conversion of the heathen surviving the divine day of wrath as well as the downfall of the heathen powers (Zeph. iii. 8-9; Zech. xiv. 9-19; Isa. lvi. 6, lxiii. 1-6; Ps. ii. 8-12).これだけでなく、黙示の再会は、 12部族( 37 ezek. 。 16以下参照。 ; zeph 。 Ⅲ 。 20 )は、しかし、コンバージョンは、異教徒を生き延びただけでなく、神の怒りの日の没落は、異教徒パワーズ( zeph 。 Ⅲ 。 8-9 ;ツェッヒ。 14 。 9月19日;のISAです。 56 。 6 、 63 。 1-6 ;しまう。 Ⅱ 。 8-12 ) 。 It seems that, because of the tribulation which the house of Zerubbabel had to undergo-not, as Dalman ("Die Worte Jesu," p. 243) thinks, "because the Messiah was not an essential part of the national hope"-the expectation of a Messiah from the house of David was kept in the background, and the prophet Elijah, as the forerunner of the great Day of the Lord who would reassemble all the tribes of Israel, was placed in the foreground (Ecclus. [Sirach] xlviii. 10; I Mace. xiv. 41).ているようだ、どの家のための試練を受けるのはzerubbabel -ない、としてダルマン( "死ぬworte主イエスは、 " p. 243 )だと思って、 "救世主ではなかったので、不可欠な部分である国民の希望"に、救世主の期待から、その家のデビッドは、その背景に保管しており、預言者エリヤは、先駆者としての偉大な一日には、誰が主に組み立て、イスラエルのすべての部族は、前景に置かれていた( ecclus. [シラク] 48 。 10 ;私メイス。 14 。 41 ) 。 See Elijah.エリヤを参照してください。

The "Kingdom of God." "神の国"と述べた。

It is difficult to say how far the Sadducees or the ruling house of Zadok shared in the Messianic hope of the people (see Sadducees).これまでのところ、どのように言うのは難しいが、与党の家ゼイドックsadduceesまたは共有の人々の希望は、救世主( sadduceesを参照してください) 。 It was the class of the Ḥasidim and their successors, the Essenes, who made a special study of the prophetical writings in order to learn the future destiny of Israel and mankind (Dan. ix. 2; Josephus, "B. J." ii. 8, §§ 6, 12; idem, "Ant." xiii. 5, § 9, where the term εἱμαρμένη is to be taken eschatologically).それは、クラスのḥasidimとその後継者は、エッセネ派は、特別な人の前に、机上の勉強の記述を学ぶためには、イスラエルと人類の未来の運命( dan. 9世です。 2 ;ヨセフスは、 " j. Bの" 2世。 8 、 § § 6 、 12 ;同著者は、 "アリ"と述べた。 13 。 5 、 § 9 、どこの任期はεἱμαρμένη eschatologicallyを取られる) 。 While announcing the coming events in visions and apocalyptic writings concealed from the multitude (see Apocalyptic Literature), they based their calculations upon unfulfilled prophecies such as Jeremiah's seventy years (Jer. xxv. 11, xxix. 10), and accordingly tried to fix "the end of days" (Dan. ix. 25 et seg.; Enoch, lxxxix. 59).イベントの中で、今後のビジョンを発表すると終末論的記述を隠してから、群衆(終末論的文学を参照してください) 、自分の計算をもとに満たされていない彼らのような予言エレミアの70年( 25 jer. 。 11 、 29 。 10 ) 、およびそれに応じて修正しようとした"この『エンドオブデイズ』 " ( 9世dan. 。 25 et人種差別主義。 ;イノック、 89 。 59 ) 。 The Talmud reproachingly calls these men, who frequently brought disappointment and wo upon the people, "mahshebe ḳeẓim" (calculators of the [Messianic] ends: Sanh. 97b; comp. 92b, 99a; Ket. 111a; Shab. 138b; 'Eduy. ii. 9-10; for the expression , see Dan. xii. 4, 13; Assumptio Mosis, i. 18, xii. 4; II Esd. iii. 14; Syriac Apoc. Baruch, xxvii. 15; Matt. xiii. 39, xxiv. 3).タルムードとがめるように、これらの男性の通話は、頻繁に人の人々にもたらした失望とウーは、 " mahshebe ḳeẓim " (電卓の[救世主]エンド: sanh 。 97b ;伴奏。 92b 、 99a ;ケット。 111 ; shab 。 138b ; ' eduy 。 Ⅱ 。 9-10 ;ための表現によれば、ダンを参照してください。 12世です。 4 、 13 ; assumptio mosis勇18 、 12世です。 4 ;静電気による2世です。 Ⅲ 。 14 ;シリア語apoc 。バルークは、二十七。 15 ;マットです。 13世。 39 、 xxiv 。 3 ) 。 It can not be denied, however, that these Ḥasidean or apocalyptic writers took a sublime view of the entire history of the world in dividing it into great worldepochs counted either after empires or millenniums, and in seeing its consummation in the establishment of "the kingdom of the Lord," called also, in order to avoid the use of the Sacred Name, ("the kingdom of heaven").ということは否定できない、しかし、これらの作家は絶望的ḥasideanまたは全体の崇高なビューに分割することで、世界の歴史に偉大なworldepochs数え帝国のどちらかまたはmillenniums後は、その終焉とは見ての設立で"王国は、主に、 "と呼ばれるにも、その使用を避けるためには、神聖な名前は、 ( "天国の王国"を参照) 。 This prophetic goal of human history at once lent to all struggle and suffering of the people of God a higher meaning and purpose, and from this point of view new comfort was offered to the saints in their trials.この予言的な目標を貸して人類の歴史を一度にすべての闘争とは、神の人々の苦しみを高くする意義と目的は、この観点から、新たな快適さを提供していたが、彼らの聖人の裁判です。 This is the idea underlying the contrast between the "kingdoms of the powers of the earth" and "the kingdom of God" which is to be delivered over at the end of time to the saints, the people of Israel (Dan. ii. 44; vii. 14, 27).これは、コントラストの間のアイデアの根底に"志の列強の地球"と"神の王国"が配信される時間以上の末、聖人には、イスラエルの人々 ( dan. Ⅱ 。 44 ;第VII 。 14 、 27 ) 。 It is, however, utterly erroneous to assert, as do Schürer ("Geschichte," ii. 504 et seq.) and Bousset (" Religion des Judenthums," pp. 202 et seq.), that this kingdom of God meant a political triumph of the Jewish people and the annihilation of all other nations.それは、しかし、全く誤った主張して、 schürerとして行う( " geschichte 、 " Ⅱ 。 504以下参照。 )とbousset ( "宗教デjudenthums 、 " pp 。 202以下参照。 )は、これが神の国に政治的な意図トリンプは、ユダヤ教の人たちや、他のすべての国々の消滅。 As may be learned from Tobit xiii.トビト書として13世から学んだかもしれない。 11 et seq., xiv. 11以下参照。 、 14 。 6, quoted by Schürer (l.c. ii. 507), and from the ancient New-Year's liturgy (see also 'Alenu), "the conversion of all creatures to become one single band to do, God's will" is the foremost object of Israel's Messianic hope; only the removal of "the kingdom of violence" must precede the establishment of God's kingdom. 6 、引用されるschürer ( lcをⅡ 。 507 ) 、および新しい年から、古代の典礼(も参照してください' alenu )は、 "すべての生き物のコンバージョンになることの1つ1つのバンドには、神の意志"は、イスラエルの第一の目的救世主希望;のみを除去する"暴力の王国"の設立に先行しなければ、神の王国です。 This hope for the coming of the kingdom of God is expressed also in the Ḳaddish (comp. Lord's Prayer) and in the eleventh benediction of the "Shemoneh 'Esreh," whereas the destruction of the kingdom of wickedness first found expression in the added (nineteenth) benediction (afterward directed chiefly against obnoxious informers and heretics; see Liturgy), and was in the Hellenistic propaganda literature, the Sibyllines (iii. 47, 767 et al.), emphasized especially with a view to the conversion of the heathen.このため、今後は、希望者が神の国にも表明したのはḳaddish ( comp.主の祈り)とは、 11祝祷は、 " shemoneh ' esreh 、 "王国の破壊が、邪悪な表情で、最初に見つかった追加されました(その後有向19 )祝祷(主に反対すると嫌なinformers異端;典礼を参照してください) 、およびhellenisticプロパガンダでは、文学、 sibyllines ( iii. 47 、 767らです。 )は、特に強調して表示するには、異教徒への変換のです。

World-Epochs.世界的に画期的な出来事です。

In contrasting the future kingdom of God with the kingdom of the heathen powers of the world the apocalyptic writers were undoubtedly influenced by Parsism, which saw the world divided between Ahuramazda and Angro-mainyush, who battle with each other until finally the latter, at the end of the fourth period of the twelve world-millenniums, is defeated by the former after a great crisis in which the bad principle seems to win the upper hand (see Plutarch, "On Isis and Osiris," ch. 47; Bundahis, xxxiv. 1; "Bahman Yasht," i. 5, ii. 22 et seq. ; "S. B. E." v. 149, 193 et seq. ; Stade, "Ueber den Einfluss, des Parsismus auf das Judenthum," 1898, pp. 145 et seq.).将来は対照的に、神の王国は、異教徒の王国世界の強国に左右されるのは間違いないparsism終末論作家が、これを見たahuramazdaとの間で分裂し、世界angro - mainyush 、最後まで誰が互いに戦い、後者には、第4期の終わりの12の世界- millenniums 、大敗したが、大きな危機後の元で、不良原則ように勝つために勝って(プルタルコスを参照して、 "オシリスとイシスは、 "チャンネルです。 47 ; bundahis 、 34 。 1 ; " bahman yasht 、 " i. 5 、 Ⅱ 。 22以下参照。 ; " sbe "対149 、 193以下参照。 ;シュターデ、 " ueberデンeinfluss 、デparsismus auf das judenthum 、 " 1898 、 pp 。 145以下参照ください。 ) 。 The idea of four world-empires succeeding one another and represented by the four metals (Dan. ii., vii.), which also has its parallel in Parsism ("Bahman Yasht," i. 3), and in Hindu, Greek, and Roman traditions ("Laws of Manes," i. 71 et seq. ; Hesiod, "Works and Days," pp. 109 et seq. ; Ovid, "Metamorphoses," i. 89), seems to rest upon an ancient tradition which goes back to Babylonia (see Gunkel's commentary on Genesis, 1902, p. 241).そのアイデアの1つ別の4つの世界的な成功と表される帝国の4つの非鉄金属( dan. Ⅱ 。 、第VII 。 )であり、また中には、並列parsism ( " bahman yasht 、 " i. 3 )は、ヒンドゥー教とは、ギリシャ語、伝統とローマ( "法律のマーネス、 " i. 71以下参照。 ; hesiod 、 "作品や日間、 " pp 。 109以下参照。 ;オービット、 "変態は、 " i. 89 ) 、安静時には、古代の伝統これまでさかのぼりますバビロニア(グンケルの解説を参照してください創世記、 1902 、 p. 241 ) 。 Gunkel finds in the twelve millenniums of Persian belief an astronomical world-year with four seasons, and sees the four Babylonian world-epochs reproduced in the four successive periods of Adam, Noah, Abraham, and Moses.グンケルmillenniums見つかったのは、 12年の世界ペルシアの信念で、天文四季、そして世界的に見て、 4つの画期的な出来事バビロニア再現されている期間を4つの連続するアダム、ノア、イブラーヒーム、ムーサーとします。 The four periods occur again in Enoch, lxxxix.イノック再び起こるの4つのピリオドでは、 89 。 et seq.以下参照。 (see Kautzsch, "Pseudepigraphen," p. 294) and Rev. vi. (参照してくださいカウチ、 " pseudepigraphen 、 " p. 294 )と牧師viのです。 1; also in Zech. 1 ;もツェッヒ。 ii. Ⅱ 。 1 (A. V. i. 18), vi.1; and Dan. 1 (動静i. 18 ) 、 vi.1 ;とダン。 viii. viii 。 22; and the four undivided animals in the vision of Abraham (Gen. xv. 9) were by the early haggadists (Johanan b. Zakkai, in Gen. R. xliv.; Apoc. Abraham, xv., xxviii.) referred to the four world-empires in an eschatological sense. 22 ;や動物の4つの分裂していないのは、アブラハムビジョン( 15大将。 9 )がされたの早期haggadists ( johanan Bのzakkai 、共和党が44大将。 ; apoc 。アブラハムは、 15 。 、 28 。 )言及して世界的には、 4つの帝国の終末論の意味です。

A World-Week.世界的に1週間です。

The Perso-Babylonian world-year of twelve millenniums, however, was transformed in Jewish eschatology into a world-week of seven millenniums corresponding with the week of Creation, the verse "A thousand years in thy sight are but as yesterday" (Ps. xc. 5 [A. V. 4]) having suggested the idea that the present world of toil ("'olam ha-zeh") is to be followed by a Sabbatical millennium, "the world to come" ("'olam ha-ba'": Tamid vii. 4; R. H. 31a; Sanh. 97a; Ab. R. N. i., ed. Schechter, p. 5; Enoch, xxiii. 1; II Esdras vii. 30, 43; Testament of Abraham, A. xix., B. vii.; Vita Adæ et Evæ, 42; Rev. xx. 1; II Peter iii. 8; Epistle of Barnabas, xv.; Irenæus, v. 28, 3). perso -バビロニア世界の12年のmillenniums 、しかし、形質転換は、世界的にはユダヤ教の終末論を週7週millenniumsの創出に対応して、その詩" 1000年に、なたのような光景は、しかし、昨日" ( ps. 90 。 5 [動静4 ] )という考えを提案したが、現在の世界の労苦( " ' olamハ- zeh " )が続きます。サバティカルミレニアムは、 "世界中の人々に来る" ( " ' olamハ-打率' " :第VII tamid 。 4 ; rh 31a ; sanh 。 97a ; ABのです。ラドン娘i. 、エド。シェクター、 p. 5 ;イノックは、 23です。 1 ; 2世エスドラス書第VII 。 30 、 43 ;新約聖書のアブラハムは、 a. 19 。は、 Bの第VII 。 ;ヴィータadæ et evæ 、 42 ;牧師のXXです。 1 ;ピーター2世3世です。 8 ;信徒のbarnabas 、 15 。 ; irenæus 、対28 、 3 ) 。 Of these the six millenniums were again divided, as in Parsism, into three periods: the first 2,000 years devoid of the Law; the next 2,000 years under the rule of the Law; and the last 2,000 years preparing amid struggles and through catastrophes for the rule of the Messiah (Sanh. 97a; 'Ab. Zarah 9a; Midr. Teh. xc. 17); the Messianic era is said to begin 4,291 years after Creation (comp. the 5,500 years after Creation, after the lapse of which the Messiah is expected, in Vita Adæ et Evæ, 42; also Assumptio Mosis, x. 12).これらの6つのmillenniumsが再び分かれ、 parsismとしては、 3つのピリオドに:最初の2000 2000 2000年の災害を介しての準備中との闘争ルールの救世主( sanh. 97a ; ' ABのです。 zarah 9a ; midr 。 。 90 。 17 ) ;時代には救世主によると、 4291年に開始した後の創造( comp.設立した後、 5500年、後の経過救世主が予想さは、ヴィータadæ et evæ 、 42 ;もassumptio mosis 、 Xの12 ) 。 On a probably similar calculation, which placed the destruction of the Second Temple at 3828 (Sanh. l.c.), rests also the division of the world into twelve epochs of 400 years, nine and a half of which epochs had passed at the time of the destruction of the Temple (II Esdras xiv. 11; comp. vii. 28).おそらく似たような計算上で、 2番目の破壊が置かれた寺で、 3828 ( sanh.のLC )は、同部門にも置き、世界400の画期的な出来事を12年間で、 9つの画期的な出来事との半分を渡された時には、同寺の破壊( ⅱエスドラス書14 。 11 ;伴奏。第VII 。 28 ) 。 Twelve periods occur also in the Syriac Apocalypse of Baruch (xxvii., liii.) and the Apocalypse of Abraham (xxix.); the ten millenniums of Enoch xxi. 12ピリオドでは、シリア語でも起こるの黙示録バルーク( xxvii. 、 53 。 )とアブラハムの黙示録( xxix. ) ;の10 millenniumsのイノック21 。 6, however, appear to be identical with the ten weeks in ch. 6 、しかし、同じように見えるが、数週間で10チャンネルです。 xciii., that is, 10 x 700 years. 93 。 、それは、 10 × 700年です。 As a matter of course, Biblical chronology was always so construed as to bring the six millenniums into accord with the Messianic expectations of the time; only by special favor would the mystery of the end, known only to God, be revealed to His saints (Dan. xii. 9; II Esd. iv. 37, xi. 44; Syriac Apoc. Baruch, liv. 1, lxxxi. 4; Matt. xxiv. 36; Pes. 54b).コースの問題として、聖書の解釈として年表をもたらすので、いつもは、 6 millenniums救世主の期待に合意して、時間;だけでは、特別な恩恵の最後の謎は、神のみに知られては、明らかにして彼の聖人(ダン。 12世です。 9 ;静電気による2世です。 4 。 37 、 xi 。 44 ;シリア語apoc 。バルーク、リヴ。 1 、 81 。 4 ;マットです。 xxiv 。 36 ;ペス。 54b ) 。 The end was believed to be brought about by the merit of a certain number of saints or martyrs (Enoch, xlvii. 4; II Esd. iv. 36; Rev. vii. 4), or by the completion of the number of human souls sent from their heavenly abode to the earth, the number of created souls being fixed (Syriac Apoc. Baruch, xxiii. 4; 'Ab. Zarah 5a; Yeb. 63b).末までには見られているメリットがもたらされるのか、特定の数の聖人殉教(イノック、 47 。 4 ;静電気による2世です。 4 。 36 ;牧師第VII 。 4 ) 、または完成された人間の魂の数天国から送信されて、地球のすみかには、魂の数が作成され固定(シリア語apoc 。バルーク、 23 。 4 ; ' ABのです。 zarah 5a ; yeb 。 63b ) 。 Finally, it was taught that "he who announces the Messianic time based on calculation forfeits his own share in the future" (R. Jose, in Derek Ereẓ R. xi.) and that "the advent of the Messiah is dependent upon general repentance brought about by the prophet Elijah" (Sanh. 97b; Pirḳe R. El. xliii.; Assumptio Mosis, i. 18).最後に、教えられたことだった"と彼の人の発表の救世主に基づいて計算時間シェアは、将来、自分の罰金遊び" (共和党ホセは、デレクereẓ共和党xi 。 )として"救世主の出現は、全般に依存し後悔預言者エリヤによってもたらされる" ( sanh. 97b ; pirḳe共和党エル。 43 。 ; assumptio mosis勇18 ) 。

Travail of the Messianic Time.辛苦の救世主時間です。

There prevails a singular harmony among the apocalyptic writings and traditions, especially regarding the successive stages of the eschatological drama.そこに抜群のハーモニーが広がると伝統のうち、終末論的記述は、特に終末論については、歴代のドラマの段階です。 The first of these is the "travail" of the Messianic time (; literally, "the suffering of the Messiah"; comp. Pesiḳ. R. 21, 34; Shab. 118a; Pes. 118a; Sanh. 98b; Mek., Beshallaḥ, Wayassa', 4, 5; or , Matt. xxiv. 8; Mark xiii. 9, taken from Hosea xiii. 13).これらは、最初の"苦労"は、救世主の時間( ;文字通り、 "苦しみの救世主" ;伴奏。 pesiḳ 。共和党21 、 34 ; shab 。 118a ;ペス。 118a ; sanh 。 98b ; mek 。 、 beshallaḥ 、 wayassa ' 、 4 、 5 ;たり、マットです。 xxiv 。 8 ;マーク13世です。 9 、 13世から取らホセア書です。 13 ) 。 The idea that the great redemption shall be preceded by great distress, darkness, and moral decline seems to be based on such prophetic passages as Hosea xiii.という考えを先行される偉大な償還は、多大な苦痛は、暗闇の中、モラルの低下と思われるホセア書に基づいてこのような予言通路として13世です。 13 et seq.; Joel ii. 13以下参照。 ;ジョエルⅡ 。 10 et seq.; Micah vii. 10以下参照。 ;ミカ第VII 。 1-6; Zech. 1-6 ;ツェッヒ。 xiv. 14 。 6 et seq.; Dan. 6以下参照。 ;ダンです。 xii. 12世です。 1. 1 。 The view itself, however, is not that of the Prophets, whose outlook is altogether optimistic and eudemonistic (Isa. xi. 1-9, lxv. 17-25), but more in accordance with the older non-Jewish belief in a constant decline of the world, from the golden and silver to the brass and iron age, until it ends in a final cataclysm or conflagration, contemplated alike by old Teuton and Greek legend.ビュー自体は、しかし、その預言者ではないこと、との楽観的見通しは全くeudemonistic ( xi isa. 。 1-9 、 65 。十七から二十五)が、高齢に基づき、より多くの非ユダヤ人の信念で、定数衰退は、世界では、黄金から鉄や銀や真ちゅう製の年齢には、それが終了するまでに最終的な大洪水や大火では、予定された古いteutonとギリシャの伝説に似ています。 It was particularly owing to Persian influence that the contrast between this world, in which evil, death, and sin prevail, and the future world, "which is altogether good" (Tamid l.c.), was so strongly emphasized, and the view prevailed that the transition from the one to the other could be brought about only through a great crisis, the signs of decay of a dying world and the birth-throes of a new one to be ushered into existence.それは特にコントラストによりペルシアの間で、この世界に影響を与えることは、悪で、死、罪を説得し、そして未来の世界では、 "これは完全に良い" ( tamidのLC ) 、があまりにも強く強調した、との見解が優勢移行してから、もう1つの可能性がある大きな危機をもたらしたを通じてのみ、崩壊の兆しが死にかけている世界の真っただ中にあるとの誕生- usheredを新たに1つ存在します。 Persian eschatology had no difficulty in utilizing old mythological and cosmological material from Babylonia in picturing the distress and disorder of the last days of the world (Bundahis, xxx. 18 et seq.; Plutarch, l.c. 47; Bahman, l.c. ii. 23 et seq., iii. 60); Jewish eschatology had to borrow the same elsewhere or give Biblical terms and passages a new meaning so as to make all terrestrial and celestial powers appear as participants in the final catastrophe.終末論困難ではない、ペルシャ神話や宇宙材料を活用した昔のバビロニアで描いてから、障害の苦悩とは、世界の最後の日( bundahisに、 XXX 。 18以下参照。 ;プルタルコス、 lcを47 ; bahman 、 lcをⅡ 。 23以下参照。 、 Ⅲ 。 60 ) ;ユダヤ教の終末論は別の場所を借りたり、同じ条件を与えると聖書に出て通路を作るように新たな意味を地上のすべての天体の権限と最終的な破局の参加者として表示されます。 This world, owing to the sin of the first man (II Esd. iv. 30), or through the fall of the angels (Enoch, vi.-xi.), has been laden with curses and is under the sway of the power of evil, and the end will accordingly be a combat of God with these powers of evil either in the heavens above or on earth (Isa. xxiv. 21 et seq., xxv. 7, xxvii. 1; Dan. vii. 11, viii. 9; Book of Jubilees, xxiii. 29; Test. Patr., Asher, 7, Dan. 5; Assumptio Mosis, x. 1; Psalms of Solomon, ii. 25 et seq.; and see Gunkel, "Schöpfung und Chaos," pp. 171-398).この世界では、罪のせいでは、最初の男( ⅱれたESD 。 4 。 30 ) 、またはこれを介して、秋には、天使(イノック、 vi.-xi. )は、呪いを積んでいるとされては、権力支配を受けて悪の、そして最後には、それに応じて、これらの神の戦闘で、悪の力または上記のいずれかで地球上で、天( isa. xxiv 。 21以下参照。 、 25 。 7 、 27 。 1 ;ダンです。第VII 。 11 、 viii 。 9 ;本jubilees 、 23 。 29 ;テストを実行します。 patr 。 、洗浄器、 7 、ダン。 5 ; assumptio mosis 、 Xの1 ;詩篇ソロモンは、 2世です。 25以下参照。 ;とグンケルを参照して、 " schöpfungウントカオスは、 " pp 。百七十一から三百九十八まで) 。 The whole world, then, appears as in a state of rebellion before its downfall.全世界では、次に、表示された状態での反乱の前に没落した。 A description of these Messianic woes is given in the Book of Jubilees, xx.説明は、これらの本の中では救世主的な苦境が与えられたのjubilees 、 XXのです。 11-25; Sibyllines, ii. 11月25日; sibyllines 、 Ⅱ 。 154 et seq., iii. 154以下参照。 、 Ⅲ 。 796 et seq.; Enoch, xcix. 796以下参照。 ;イノック、九十九。 4 et seq., c. 4以下参照。千佳子 1 et seq.; II Esd. 1以下参照。 ;静電気による2世です。 v.-vi.; Syriac Apoc. v.-vi. ;シリア語apocです。 Baruch xxv.-xxvii., xlviii.バルークxxv. - 27 。 、 48 。 31 et seq., lxx.; Matt. 31以下参照。 、 70 。 ;マットです。 xxiv. xxiv 。 6-29; Rev. vi.-ix.; Soṭah ix. 6月29日;牧師vi.-ix. ; soṭah 9世です。 15; Derek Ereẓ Zuṭa x.; Sanh. 15 ;デレクereẓ Xのzuṭa ; sanh 。 96b-97a. 96b - 97a 。 "A third part of all the world's woes will come in the generation of the Messiah" (Midr. Teh. Ps. ii. 9). "第三世界のすべての部分の災難が来るの世代の救世主" ( midr.のです。しまう。 Ⅱ 。 9 ) 。 In all these passages evil portents are predicted, such as visions of swords, of blood, and of warfare in the sky (Sibyllines, iii. 795; comp. Luke xxi. 21; Josephus, "B. J.", vi. 5, § 3), disorder in the whole celestial system (Enoch,lxxx. 4-7; II Esd. v. 4; comp. Amos viii. 9; Joel ii. 10), in the produce of the earth (Enoch, lxxx. 2; Book of Jubilees, xxiii. 18; II Esd. vi. 22; Sibyllines, iii. 539), and in human progeny (Book of Jubilees, xxiii. 25; Sibyllines, ii. 154 et seq.; II Esd. v. 8, vi. 21).印では、これらすべての悪の通路と予測、刀剣類などのビジョンは、血液、との戦インザスカイ( sibyllines 、 Ⅲ 。 795 ;伴奏。ルカによる福音書21 。 21 ;ヨセフスは、 " Bのj. " 、 viのです。 5は、 § 3 ) 、障害は、システム全体の天体(イノック、 80 。 4-7 ;静電気による2世です。対4 ;伴奏。アモスviii 。 9 ;ジョエルⅡ 。 10 )は、生産するのは、地球(イノック、 80 。 2 ;本jubilees 、 23 。 18 ;静電気による2世です。 viのです。 22 ; sibyllines 、 Ⅲ 。 539 ) 、そして、人間の子孫(本jubilees 、 23 。 25 ; sibyllines 、 Ⅱ 。 154以下参照。 ;静電気による2世です。対8 、 viのです。 21 ) 。 Birds and beasts, trees, stones, and wells will cease to act in harmony with nature (II Esd. v. 6-8, vi. 24).鳥や獣、木、石、とウェルズは、自然と調和して行動することをやめる( ⅱれたESD 。対6-8は、 viのです。 24 ) 。

Particularly prominent among the plagues of the time, of which Baruch xxviii.伝染病のうち、特に顕著な時に、そのうち28バルーク。 2-3 counts twelve, will be "the sword, famine, earthquake, and fire"; according to Book of Jubilees, xxiii.カウント2-3 12 、される"剣、飢饉、地震、火災や" ; jubileesの本によると、 23 。 13, "illness and pain, frost and fever, famine and death, sword and captivity"; but greater than the terror and havoc caused by the elements will be the moral corruptionand perversion, the wickedness and unchastity anticipated in prophetic visions, and the power of evil spirits (Syriac Apoc. Baruch, l.c. and lxx. 2-8; Book of Jubilees, xxiii. 13-19). 13日、 "病気や痛み、霜や発熱、飢饉と死、剣と捕らわれている" ;しかし、それ以上に恐怖と混乱を引き起こす原因とされる要素は、道徳的な倒錯corruptionand 、不貞の邪悪と予言的なビジョンを予想して、電源の悪霊(シリア語apoc 。バルークは、 70のLCとします。 2-8 ; jubileesの本は、 23です。十三〜十九) 。 This view of the prevalence of the spirit of evil and seduction to sin in the last days received special emphasis in the Ḥasidean schools; hence the striking resemblance between the tannaitic and the apocalyptic picture of the time preceding the Messianic advent: "In the last days false prophets [pseudo-Messiahs] and corrupters will increase and sheep be turned into wolves, love into hatred; lawlessness [see Belial] will prevail, causing men to hate, persecute, and deliver up each other; and Satan, 'the world-deceiver' (see Antichrist), will in the guise of the Son of God perform miracles, and as ruler of the earth commit unheard-of crimes" ("Didache," xvi. 3 et seq.; Sibyllines, ii. 165 et seq., iii. 63; Matt. xxiv. 5-12; II Tim. iii. 1 et seq.).このビューは、有病率の悪の精神と誘惑を受け取った罪での最後の日に特別な重点ḥasidean学校;したがって、そのtannaiticとの間に著しい類似点の絵は、絶望的に先行する救世主の出現時間: "の最後の日偽預言[疑似messiahs ] corruptersが増えると変わるオオカミとヒツジには、愛を憎悪;無法[徒を参照してください]が広まり、男性の原因となることを憎んでは、迫害、そしてお互いに明け渡す;や悪魔、 ' 、世界的に欺く' (反キリストを参照してください) 、息子を装っては、神の奇跡を行う、そして地球の支配者として前代未聞の犯罪を犯す" ( "新約聖書は、 " 16世です。 3以下参照。 ; sibyllines 、 Ⅱ 。 165以下参照。 、 Ⅲ 。 63 ;マットです。 xxiv 。 5月12日;ティム2世です。 Ⅲ 。 1以下参照ください。 ) 。 The rabbinic description is similar: "The footsteps of the Messiah [, taken from Ps. lxxxix. 52; comp. the term , "the last days of the rule of Esau"="Edom-Rome"; II Esd. vi. 8-10; comp. Gen. R. lxiii.; Yalḳut and Midrash ha-Gadol, ed. Schechter, on Gen. xxv. 26; Pirḳe R. El. xxxii.] are seen in the turning of the schoolhouse into a brothel, the desolation of Galilee and Gaulanitis, the going about of the scribes and saints as despised beggars, the insolence and lawlessness of the people, the disrespect of the younger generation toward the older, and the turning of the rulers to heresy" (Soṭah ix. 15; Derek Ereẓ Zuṭa x.; Sanh. 97b; Cant. R. ii. 13; Ket. 112b; in these passages amoraim of the second and third centuries are often credited with the views of tannaim of the first; comp. also Shab. 118a with Mek., Beshallaḥ, l.c.).ラビは、似たような説明: "の足跡の救世主[ 、から取らしまう。 89 。 52 ;伴奏。という用語は、 "ラストデイズオブザルールのエサウ" = "エドム-ローマ" ;静電気による2世です。 viのです。 8 -10 ;伴奏。大将共和党63 。 ; yalḳutとミドラーシュハ- gadol 、エド。シェクター、大将弐拾伍している。 26 ; pirḳe共和党エル。 32 。 ]ターニングが見られるのは、校舎を売春宿には、荒廃gaulanitisのガリラヤとは、行くscribesについては、こじきと軽蔑聖人としては、無法状態の人々の横柄な態度とは、若い世代に向かって無礼の古い、そしてターニングの支配者を異端" ( 9世soṭah 。 15 ;デレクereẓ Xのzuṭa ; sanh 。 97b ;隠語。共和党Ⅱ 。 13 ;ケット。 112b ; amoraimこれらの通路世紀にもわたって、 2番目と3番目の意見は、しばしば入金して、最初のタンナーイーム;伴奏。もshab 。 118aとmek 。 、 beshallaḥ 、セントルシア) 。 Simon ben Yoḥai (comp. Derek Ereẓ Zuṭa x. with Sanh. l.c.) counts seven periods of tribulation preceding the advent of the son of David.サイモンベンyoḥai ( comp. ereẓ zuṭa Xのデレクsanhしている。 lcを)試練カウント直前の7つのピリオドでは、息子のデビッドの到来です。 The Abraham Apocalypse (xxx.) mentions ten plagues as being prepared for the heathen of the time: (1) distress; (2) conflagration; (3) pestilence among beasts; (4) famine; (5) earthquakes and wars; (6) hail and frost; (7) wild beasts; (8) pestilence and death among men; (9) destruction and flight (comp. Isa. xxvi. 20; Zech. xiv. 5); and (10) noises and rumblings (comp. in the sixth period of Simon b. Yoḥai; comp. Test. Patr., Levi, 17, where also seven periods precede the kingdom of God).アブラハムの黙示録( xxx. )言及十の災害のために準備され、異教徒の時間: ( 1 )遭難;大火( 2 ) 、 ( 3 )の間で疫病獣;飢饉( 4 ) 、 ( 5 )地震や戦争; ( 6 )雹や霜;野生動物たち( 7 ) 、 ( 8 )疫病と死の間で男性;破壊や飛行( 9 ) ( comp.のISAです。 26 。 20 ;ツェッヒ。 14 。 5 ) ;と( 10 )の騒音やrumblings ( comp.サイモンBには、第6期yoḥai ;伴奏。テストを実行します。 patr 。 、レビ、 17 、どこでも、神の王国の前に7つのピリオド) 。

The War of Gog and Magog.その戦争のgogとメーゴグ。

An important part in the eschatological drama is assigned to Israel's final combat with the combined forces of the heathen nations under the leadership of Gog and Magog, barbarian tribes of the North (Ezek. xxxviii-xxxix.; see Gog and Magog).ドラマの重要な部分では、終末論は、最終的に割り当てられてイスラエルの連合軍の戦闘では、異教徒の国とメーゴグgogのリーダーシップのもとに、北朝鮮の野蛮な部族( 38 - 39 ezek. 。 ; gogとメーゴグを参照してください) 。 Assembled for a fierce attack upon Israel in the mountains near Jerusalem, they will suffer a terrible and crushing defeat, and Israel's land will thenceforth forever remain the seat of God's kingdom.激しい攻撃を組み立てには、イスラエルエルサレムの近くの山中では、彼らは苦しむひどいと惨敗し、その時以来、イスラエルの土地は永遠に残るのは、神の王国の席です。 Whether originally identical or identified only afterward by Biblical interpretation with the battle in the valley of Jehoshaphat (Joel iv. [A.V.iii.] 12; comp. Zech. xiv. 2 and Isa. xxv. 6, where the great warfare against heathen armies is spoken of), the warfare against Gog and Magog formed the indispensable prelude to the Messianic era in every apocalyptic vision (Sibyllines, iii. 319 et seq., 512 et seq., 632 et seq.; v. 101; Rev. xx. 8; Enoch, lvi. 5 et seq., where the place of Gog and Magog is taken by the Parthians and Medes; II Esd. xiii. 5, "a multitude of men without number from the four winds of the earth"; Syriac Apoc. Baruch, LXX. 7-10; Targ. Yer. to Num. xi. 26, xxiv. 17, Ex. xl. 11, Deut. xxxii. 39, and Isa. xxxiii. 25; comp. Num. xxiv. 7 [Septuagint, Γὼγ for "Agag"]; see Eldad and Medad).もともと同じかどうかを識別聖書の解釈だけで、その後の戦いでは、渓谷のjehoshaphat (ジョエル4世です。 [ aviii 。 ] 12 ;伴奏。ツェッヒ。 14 。 2及びISA 。 25 。 6 、異教徒の軍隊はどこの偉大な戦争に反対話されるのは)は、戦争に反対しgogメーゴグ結成して、救世主の時代に不可欠な前奏曲ごとに終末論的ビジョン( sibyllines 、 Ⅲ 。 319以下参照。 、 512以下参照。 、 632以下参照。 ;対101 ;牧師のXX 。 8 ;イノック、 56 。 5以下参照。 、どこの場所で撮影されたgogとメーゴグparthiansとメデス人;静電気による2世です。 13 。 5 、 "数多くの男たちが、地球からの4つの風" ;シリア語apoc 。バルーク、 70 。 7-10 ;ターグ。 yer 。 NUM件している。 xi 。 26 、 xxiv 。 17 、元。 XLサイズです。 11 、 deut 。 32 。 39 、及びISA 。 33 。 25 ;伴奏。 NUM件です。 xxiv 。 7 [セプトゥアギンタ、 γὼγための"アガグ" ] ;のEldadとmedadを参照してください) 。

R. Eliezer (Mek., Beshallaḥ, l.c.) mentions the Gog and Magog war together with the Messianic woes and the Last Judgment as the three modes of divine chastisement preceding the millennium.共和党エリエゼル( mek. 、 beshallaḥ 、セントルシア)に記載してメーゴグgogと戦争の救世主と一緒に苦悩し、最後の3つのモードとして、神の判断に先行するミレニアムせっかん。 R. Akiba assigns both to the Gog and Magog war and to the Last Judgment a duration of twelve months ('Eduy. ii. 10); Lev.共和党の両方を割り当てますアキバメーゴグgogと戦争との最後の判断をする期間は12カ月( ' eduy 。 Ⅱ 。 10 ) ;レフです。 R. xix.共和党19 。 has seven years instead, in accordance with Ezek. 7年間は、その代わりに、 ezekに基づいています。 xxxix. 39 。 9; Ps. 9 ;しまう。 ii. Ⅱ 。 1-9 is referred to the war of Gog and Magog ('Ab. Zarah 3b; Ber. 7b; Pesiḥ. ix. 79a; Tan., Noah, ed. Buber, 24; Midr. Teh. Ps. ii.).戦争には言及して1-9とgogメーゴグ( ' ABのです。 zarah 3b ; ber 。 7b ; pesiḥ 。 9 。 79a ;タン。 、ノア、エド。ブーバー、 24 ; midr 。のです。しまう。 2世です。 ) 。

The destruction of Gog and Magog's army implies not, as falsely stated by Weber ("Altsynagogale Theologie," 1880, p. 369), followed by Bousset ("Religion des Judenthums," p. 222), the extermination of the Gentile world at the close of the Messianic reign, but the annihilation of the heathen powers who oppose the kingdom of God and the establishing of the Messianic reign (see Enoch, lvi.-lvii., according to which the tribes of Israel are gathered and brought to the Holy Land after the destruction of the heathen hosts; Sifre, Deut. 343; and Targ. Yer. to Num. xi. 26). gogメーゴグの破壊や軍隊を意味しない、と偽って記載されたウェーバー( " altsynagogale theologie 、 " 1880年、 p. 369 )で、次いでbousset ( "宗教デjudenthums 、 " p. 222 )は、世界での根絶のジェンティーレ救世主の治世を閉じるのではなく、異教徒の消滅に反対する勢力が神の国の人とは、救世主の治世の確立(イノックを参照して、 lvi. - 57 。 、これによると、イスラエルの部族をもたらしたが集まったと聖地の破壊した後、異教徒のホスト;シフレー、 deut 。 343 ;とターグ。 yer 。 NUM件している。 xi 。 26 ) 。

The Gentiles who submit to the Law are expected to survive (Syriac Apoc. Baruch, lxxii. 4; Apoc. Abraham, xxxi.); and those nations that did not subjugate Israel will be admitted by the Messiah into the kingdom of God (Pesiḥ. R. 1, after Isa. lxvi. 23).同法のgentiles者に提出することが予想さ生き残る(シリア語apoc 。バルーク、 72 。 4 ; apoc 。アブラハムは、 31です。 ) ;およびそれらの国々を支配下にしていないが、イスラエルを認め、救世主が神の国に( pesiḥ 。共和党1 、後のISAです。 66 。 23 ) 。 The Messiah is called "Hadrach" (Zech. ix. 1), as the one who leads the heathen world to repentance (), though he is tender to Israel and harsh toward the Gentiles (: Cant. R. vii. 5).救世主と呼ばれるのは" hadrach " ( 9世zech. 。 1 ) 、異教徒として、 1つの世界をリードしても、後悔する人( )は、入札には彼は、イスラエルと向かって厳しいgentiles ( :隠語。共和党第VII 。 5 ) 。 The loyalty of the latter will be severely tested ('Ab. Zarah 2b et seq.), while during the established reign of the Messiah the probation time of the heathen will have passed over (Yeb. 24b).後者の忠誠心の重大されるテスト( ' ABのです。 zarah 2以下参照。 )は、設立間治世中には、救世主の執行猶予時間以上が過ぎたが、異教徒( yeb. 24b ) 。 "A third part of the heathen world alone will survive" (Sibyllines, iii. 544 et seq., v. 103, after Zech. xiii. 8; in Tan., Shofeṭim, ed. Buber, 10, this third part is referred to Israel, which alone, as the descendants of the three patriarchs, will escape the fire of Gehenna). "異教徒の世界で3番目の部分だけが生き残る" ( sibyllines 、 Ⅲ 。 544以下参照。 、対103 、後ツェッヒ。 13 。 8 ;で日焼けした。 、 shofeṭim 、エド。ブーバー、 10 、この3番目の部分は言及イスラエルには、これだけでも、その子孫としては、 3つのpatriarchs 、地獄の火の中には、エスケープ) 。 According to Syriac Apoc. apocによると、シリア語です。 Baruch, xl.バルーク、 XLサイズです。 1, 2, it is the leader of the Gog and Magog hosts who will alone survive, to be brought bound before the Messiah on Mount Zion and judged and slain. 1 、 2 、それは、指導者の一人で誰がホストメーゴグgogと生き残るためには、束縛される前に、救世主もたらしたザイオンマウントして殺害されたと判断しています。 According to II Esd.静電放電による損傷によると、 2世です。 xiii. 13 。 9 et seq., fire will issue forth from the mouth of the Messiah and consume the whole army. 9以下参照。 、口の中から火が流れ出すの救世主と、全軍を消費します。 This indicates an identification of Gog and Magog with "the wicked one" of Isa.これは、身分証明書のメーゴグgogとして"邪悪な1つ"のISAです。 xi. xi 。 4, interpreted as the personification of wickedness, Angro - mainyush (see Armilus). 4 、悪の化身として解釈し、 angro -m ainyush( a rmilusを参照してください) 。 In Midrash Wayosha' (Jellinek, "B. H." i. 56) Gog is the leader of the seventy-two nations of the world, minus one (Israel), and makes war against the Most High; he is smitten down by God.ミドラーシュwayoshaで' (イェリネックは、 "バーレーン" i. 56 ) gogは、 72カ国の指導者は、世界では、 1つのマイナス(イスラエル)は、戦争に反対して、最も高い;彼は神シュミッテンダウンされた。 Armilus rises as the last enemy of God and Israel.最後の敵としてarmilus上昇とイスラエルの神です。

Gathering of the Exiles.亡命者の集まりです。

The great event preparatory to the reign of the Messiah is the gathering of the exiles, "ḳibbuẓgaliyyot."偉大なイベントを準備して治世の救世主は、集会の亡命者は、 " ḳibbuẓgaliyyot 。 " This hope, voiced in Deut.この希望は、声でdeut 。 xxx. xxx 。 3; Isa. 3 ;のISAです。 xi. xi 。 12; Micah iv. 12 ;ミカ4世です。 6, vii. 6 、 7 。 11; Ezek. 11 ; ezek 。 xxxix. 39 。 27; Zech. 27 ;ツェッヒ。 xi. xi 。 10-12 and Isa. 10-12とのISAです。 xxxv. 35 。 8, is made especially impressive by the description in Isa. 8日は、前の説明の中で特に印象的なのISAです。 xxvii. 27 。 13 of the return of all the strayed ones from Assyria and Egypt, and by the announcement that "the Gentiles themselves shall carry Israel's sons and daughters on their arms to Jerusalem with presents for the Lord" (Isa. xlix. 22, lx. 4-9, lxvi. 20). 13日の戻りのすべてのものからstrayedアッシリア、エジプト、と発表されたが、 " gentiles自身は、イスラエルの息子や娘を持って自分の腕に男性向けで、主のエルサレム" ( 49 isa. 。 22 、 60 。 4 -9 、 66 。 20 ) 。 It was accordingly dwelt upon as a miraculous act in the synagogal liturgy and song (Shemoneh 'Esreh; Meg. 17a; Cant. xi. 1, xvii. 31), as well as in apocalyptic visions (Apoc. Abraham, xxxi.; II Esd. xiii. 13; Matt. xxiv. 31).それに応じていたとして、奇跡的な行為に住んでsynagogal典礼と宋( shemoneh ' esreh ;メグです。 17a ;隠語。 xi 。 1 、 17 。 31 )だけでなく、終末論的なビジョン( apoc.アブラハムは、 31です。 ; 2世静電気による。 13 。 13 ;マットです。 xxiv 。 31 ) 。 God shall bring them back from the East and the West (Baruch, iv. 37, v. 5 et seq.; Ecclus. [Sirach] xxxvi. 13; Tobit xiii. 13); Elijah shall gather them and the Messiah summon them together (Ecclus. [Sirach] xlviii. 10; Sibyllines, ii. 171-187; Cant. xvii. 26; Targ. Yer. to Ex. vi. 18, xl. 9-10, Num. xxiv. 7, Deut. xxx. 4, Jer. xxxiii. 13).神は、かれらの後ろから東と西(バルークは、 4世です。 37 、対5以下参照。 ; ecclus 。 [シラク] 36 。 13 ;トビト書13世です。 13 ) ;エリヤは、かれらを集めると、召喚して一緒に救世主( ecclus. [シラク] 48 。 10 ; sibyllines 、 Ⅱ 。一七一から一八七まで;隠語。 17 。 26 ;ターグ。 yer 。を例です。 viのです。 18 、 XLサイズです。 9-10 、 NUM件です。 xxiv 。 7 、 deut 。 xxx 。 4 、 jer 。 33 。 13 ) 。 In wagons carried by the winds the exiles shall be borne along with a mighty noise (Enoch, lvii. 1 et seq.; Zeb. 116a; Cant. R. and Haggadat Shir ha-Shirim to Cant. iv. 16; Midr. Teh. to Ps. lxxxvii. 6), and a pillar of light shall lead them (Philo, "De Execrationibus," 8-9).風で運ばれる貨車は、亡命者が負担するとともに強大なノイズ(イノックは、 57です。 1以下参照。 ; zeb 。 116a ;隠語。 haggadat shir共和党とハ- shirimを隠語。 4 。 16 ; midr 。 。はPSです。 87 。 6 ) 、およびそれらの柱のライトは、鉛(フィロは、 "デexecrationibus 、 " 8-9 ) 。 The Lost Ten Tribes shall be miraculously brought back across the mighty waters of the River Euphrates (II Esd. xiii. 39-47; Syriac Apoc. Baruch, lxxvii.; Sanh. x. 13; Tan., Miḳḳez and Shelaḥ, i. 203, iii. 79, ed. Buber, after Isa. xi. 15; see Arzareth; Sambation; Ten Tribes).失われた10部族は、奇跡的に帰される無敵の横断ユーフラテス川の水域( ⅱれたESD 。 13 。三九〜四七;シリア語apoc 。バルーク、 77 。 ; sanh 。 Xの13 ;タン。 、 miḳḳezとshelaḥ勇203 、 Ⅲ 。 79 、エド。ブーバーは、後のISA 。 xi 。 15 ;参照してくださいarzareth ; sambation ;の10部族) 。

The Days of the Messiah.この日は、救世主です。

The central place in the eschatological system is, as a matter of course, occupied by the advent of the messiah.中央場所には、終末論システムは、コースの問題としては、救世主の出現によって占有されています。 Nevertheless the days of the Messiah ("yemot ha-Mashiaḥ"), the time when the prophetic predictions regarding the reign of the descendant of David find their fulfilment, do not form the end of the world's history, but are merely the necessary preparatory stage to the kingdom of God ("malkut shamayim"), which, when once established, will last forever (Dan. vii. 27; Sibyllines, iii. 47 et seq., 767 et seq.; Mek., Beshallaḥ, 'Amaleḳ, end).にもかかわらず、この日の救世主( " yemotハ- mashiaḥ " )は、その時その時の予測に関する予言治世の子孫であるデビッド見つける彼らの達成は、フォームの終わりにしないで、世界の歴史ではなく、必要な準備段階には単に神の王国( " malkut shamayim " ) 、これは、設立時に一度、永遠には、最後の(第VII dan. 。 27 ; sibyllines 、 Ⅲ 。 47以下参照。 、 767以下参照。 ; mek 。 、 beshallaḥ 、 ' amaleḳ 、端) 。 The Messiah is merely "the chosen one" (Enoch, xlv. 3, xlix. 2, li. 3 et seq.); he causes the people to seek the Lord (Hosea iii. 5; Isa. xi. 9; Zech. xii. 8; Ezek. xxxiv. 24, xxxvii. 24 et seq.), and, as "the Son of God," causes the nations to worship Him (Enoch, cv. 2; II Esd. viii. 28 et seq., xiii. 32-52, xiv. 9, after Ps. ii. 7, lxxxix. 27 et seq.).救世主は単に"一つの選択" (イノック、 45 。 3 、 49 。 2 、李です。 3以下参照。 ) ;彼は、主の原因を求める人々 (ホセア書Ⅲ 。 5 ;のISA 。 xi 。 9 ;ツェッヒ。 12世です。 8 ; ezek 。 34 。 24 、 37 。 24以下参照。 ) 、および、 "神の御子は、 "原因の国に仕えなさい(イノック、 cv 。 2 ;静電気による2世です。 viii 。 28以下参照。は、 13世です。三十二〜五十二、 14 。 9 、後しまう。 Ⅱ 。 7 、 89 。 27以下参照ください。 ) 。 The time of his kingdom is therefore limited according to some to three generations (Mek., l.c., after Ex. xvii. 16, ); according to others, to 40 or 70, to 365 or 400 years, or to 1,000, 2,000, 4,000, or 7,000 years (Sanh. 99a, 97b; Pesiḥ. R. 1, end; Midr. Teh. xc. 17); the number 400, however, based upon a combination of Gen. xv.したがって、限られた時間の彼によると、いくつかの王国には、三世代( mek. 、セントルシア、後の例です。 17 。 16日) ;他によると、 40または70 、または400から365年、あるいは1000 、 2000 、 4000 、または7000年( sanh. 99a 、 97b ; pesiḥ 。共和党1 、エンド; midr 。 。 90 。 17 ) ;数400 、しかし、 15大将の組み合わせに基づいています。 13 and Ps. 13およびPS 。 xc. 90 。 15 (see Pesiḥ. R. 1), is supported by II Esd. 15 ( pesiḥを参照してください。共和党1 )は、静電気による2世はサポートされています。 vii.第VII 。 28 et seq., where it is positively stated that after his 400 years' reign the Messiah will die to rise again, after the lapse of a week, with the rest of the righteous in the world's regeneration. 28以下参照。が、ここは、彼の後には、積極的に記載して400年の治世の救世主が死亡して再び上昇、 1週間経過後には、正義の残りの部分で、世界の再生です。 It is probably to emphasize his human character that the Messiah is frequently called the "Son of Man" (Dan. viii. 13; Enoch, xlvi. 2 et seq., xlviii. 2, lxii. 7; See Man, Son of).それはおそらく彼の人間のキャラクターを強調するためには、頻繁にして、救世主と呼ばれる"男の息子" ( viii dan. 。 13 ;イノック、 46 。 2以下参照。 、 48 。 2 、 62 。 7 ;参照してください男で、息子である) 。 For it is in order to fulfil the designs of God for Israel and the whole race of man that he is to appear as the triumphant warrior-king to subjugate the nations (Sibyllines, iii. 653-655), to lead in the war against Gog and Magog (II Esd. xiii. 32; Targ. Yer. to Num. xxiv. 17, 20), to annihilate all the powers of wickedness and idolatry, cleanse the Holy Land and city from all heathen elements, build the new house of the Lord "pure and holy," and become the Redeemer of Israel (Syriac Apoc. Baruch, xxxix. 7 et seq., lxxii. 2; Cant. xvii. 21-30; Targ. Yer. to Gen. xlix. 11, Ex. xl. 9, Num. xi. 16, Isa. x. 27; comp. Philo, "De Præmiis et Pœnis," with reference to Num. xxiv. 7): "he is to redeem the entire creation by chastising the evil-doers and making the nations from all the ends of the world see the glory of God" (II Esd. xiii. 26-38; Cant. xvii. 31).を達成することは、デザインのためには、イスラエルと神のためにレース全体の男には彼が、勝ち誇ったように表示される戦士の国の国王を意のままに操る( sibyllines 、 Ⅲ 。六百五十三から六百五十五まで)は、戦争をリードしてgogとメーゴグ( ⅱれたESD 。 13 。 32 ;ターグ。 yer 。 NUM件している。 xxiv 。 17 、 20 ) 、邪悪を全滅させると偶像崇拝のすべての権限は、市街地から清めの聖地と異教徒の要素をすべて、新しい家を構築するは、主に"聖なる純粋で、 "イスラエルの救い主となる(シリア語apoc 。バルーク、 39 。 7以下参照。 、 72 。 2 ;隠語。 17 。二一から三〇まで;ターグ。 yer 。を大将49 。 11は、元です。 XLサイズです。 9 、 NUM件です。 xi 。 16日のISA 。 Xの27 ;伴奏。フィロは、 "デpræmiis et pœnis 、 " NUM件を参照してください。 xxiv 。 7 ) : "彼は全体を創造されたプロモーションコードをchastising悪を行う者、および製造のすべての国々から、世界の両端の神の栄光を参照してください" ( ⅱれたESD 。 13 。二十六から三十八;隠語。 17 。 31 ) 。 "Free from sin, from desire for wealth or power, a pure, wise, and holy king imbued with the spirit of God, he will lead all to righteousness and holiness (Cant. xvii. 32-43; Sibyllines, iii. 49, v. 414 et seq.; Test. Patr., Levi, 18; Midr. Teh. lxxii. 12; Targ. Yer. to Gen. xlix. 12, and Isa. xi. 2, xli. 1). "罪を犯していない、または電源金銭欲からは、純粋な、賢明な、そして聖なる神の御霊キング染み込んで、彼はすべてを正義と鉛ホーリネス( 17 cant. 。三十二〜四十三; sibyllines 、 Ⅲ 。 49 、対414以下参照。 ;テストを実行します。 patr 。 、レビ、 18 ; midr 。 。 72 。 12 ;ターグ。 yer 。を大将49 。 12 、及びISA 。 xi 。 2 、 41 。 1 )です。

Time of Universal Peace.世界平和の時間です。

The Messianic time, accordingly, means first of all the cessation of all subjection of Israel by other powers (, Ber. 34b; Sanh. 91b), while the kingdoms and nations will bring tributes to the Messiah (Pes. 118b; Gen. R. lxxviii.; Tan., Yelamdenu, Shofeṭim; Sibyllines, iii. 350, iv. 145, all based upon Ps. lxxii. 10 and lxviii. 32); furthermore, it will be a time of conversion of the heathen world to monotheism (Tobit xiv. 6; Sibyllines, iii. 616, 624, 716 et seq.; Enoch, xlviii. 4 et seq.; 'Ab. Zarah 24a, after Zeph. iii. 9), though the Holy Land itself will not be inhabited by strangers (Cant. xvii. 28; Sibyllines, v. 264; Book of Jubilees, 1. 5).時間の救世主、したがいまして、まず第一に、手段の停止をイスラエルに征服された他のすべての権限( 、 ber 。 34b ; sanh 。 91b )は、国と国の間には、オマージュ作品をもたらす救世主( pes. 118b ;大将研究。 78 。 ;タン。 、 yelamdenu 、 shofeṭim ; sibyllines 、 Ⅲ 。 350 、 4世です。 145 、すべてに基づいてしまう。 72 。 10と68 。 32 ) ;また、変換されるのは時間の世界に一神教異教徒( 14トビト書。 6 ; sibyllines 、 Ⅲ 。 616 、 624 、 716以下参照。 ;イノック、 48 。 4以下参照。 ; ' ABのです。 zarah 24a 、後zeph 。 Ⅲ 。 9 ) 、かかわらず、聖地自体されません見知らぬ人が住んでいる( 17 cant. 。 28 ; sibyllines 、対264 ;本jubilees 、 1 。 5 ) 。 Both earth and man will be blessed with wondrous fertility and vigor (Enoch, x. 17-19, "They will live until they have a thousand children"; Sibyllines, iii. 620 et seq., 743; Syriac Apoc. Baruch, xxix. 5; comp. Papias' description of the millennium given as coming directly from Jesus, in Irenæus, "Adversus Hæreses," v. 33, 3-4; Ket. 111b; Shab. 30b, "The earth will produce new fruits daily, women will bear children daily, and the land will yield loaves of bread and garments of silk," all with reference to Ps. lxxii. 16; Deut. xxxii. 1; Gen. xlix. 11; comp. Targ. Yer.).地球の両方に恵まれているとされる男性不妊と驚くほどの活力(イノック、一七〜一九Xのは、 "彼らはライブがあるまでは、万人の子供たち" ; sibyllines 、 Ⅲ 。 620以下参照。 、 743 ;シリア語apoc 。バルークは、二十九。 5 ;伴奏。 papias 'の説明を与えられたとして、ミレニアム来るイエス様から直接、 irenæus 、 " adversus hæreses 、 "対33 、 3-4 ;ケット。 111b ; shab 。 30b 、 "地球は、新たな果実を生産する日刊紙は、子供を産む女性は、毎日、その土地では、収率loafの複数のパンや絹の衣装は、 "すべてはPS参照してください。 72 。 16 ; deut 。 32 。 1 ;大将49 。 11 ;伴奏。ターグ。 yer 。 ) 。 The days of the youth of the earth will be renewed; people will again reach the age of 1,000 years (Book of Jubilees, xxx. 27; comp. Isa. lxv. 20); the birth of children will be free from pain (Syriac Apoc. Baruch, lxxiii. 60, after Isa. xiii. 8; Philo, "De Præmiis et Pœnis," 15 et seq.); there will no longer be strife and illness, plague or trouble, but peace, health, and joy (Enoch, x. 16-22; Sibyllines, iii. 371; Syriac Apoc. Baruch, lxxiii. 1-5).この日は、リニューアルされる青少年の大地;の人々は、再び1000年の年齢に達する(本jubileesに、 XXX 。 27 ;伴奏。のISAです。 65 。 20 ) ;生まれの子供たちの痛みから解放される(シリア語apoc 。バルーク、 73 。 60 、後のISAです。 13 。 8 ;フィロは、 "デpræmiis et pœnis 、 " 15以下参照。 ) ;そこには、もはや争いや病気は、ペストやトラブルが、平和、健康、そして喜び(イノックは、 Xの16から22まで; sibyllines 、 Ⅲ 。 371 ;シリア語apoc 。バルーク、 73 。 1-5 ) 。 All physical ailments and defects will be healed (Gen. R. xcv.; Pesiḥ. R. 42 [ed. Friedmann, p. 177, note]; Midr. Teh. cxlvi. 8; Eccl. R. i. 9, after Isa. xxxv. 6; comp. Matt. xi. 5).物理的な病気とされるすべての欠陥を治した(大将共和党95 。 ; pesiḥ 。共和党42 [エド。フリードマン、 p. 177 、メモ] ; midr 。のです。 cxlvi 。 8 ; eccl 。共和党i. 9 、後にのISAです。 35 。 6 ;伴奏。マットです。 xi 。 5 ) 。 A spiritual regeneration will also take place, and Israel's sons and daughters will prophesy (Num. R. xv., after Joel iii. 1 [A. V. ii. 28], a passage which contradicts the statement of Bousset, l.c. p. 229).精神的な再生にも行われるが、イスラエルの息子や娘とは、予言( 15 num.共和党。 、ジョエル後Ⅲ 。 1 [動静Ⅱ 。 28 ]は、矛盾する声明を通過bousset 、 lcp 229 ) 。

Renewal of the Time of Moses.更新時には、モーゼス。

The Messiah will furthermore win the heathen by the spirit of wisdom and righteousness which rests upon him (Sibyllines, iii. 780; Test. Patr., Levi, 18; Judah, 24; Targ. Yer. to Gen. xlix. 12 and Isa. xli. 1).異教徒の救世主に勝つのは、さらに知恵と正義の精神を置きに彼( sibyllines 、 Ⅲ 。 780 ;テストを実行します。 patr 。 、レビ、 18 ;ユダは、 24 ;ターグ。 yer 。を大将49 。 12及びISA 。 41 。 1 )です。 He will teach the nations the Noachian laws of humanity and make all men disciples of the Lord (Midr. Teh. xxi.). noachian彼はその国の法律を教えると、人類のすべての男性には、主の弟子( midr.のです。 21 。 ) 。 The wonders of the time of Moses will be repeated on a larger scale in the time of the Messiah (Mek., Beshallaḥ, Shirah, 8, after Micah vii. 15; comp. Hosea ii. 17; Targ.; Tan., Bo, ed. Buber, 6).その時ムーサーの驚異的な反復される時に、大きな規模では、救世主( mek. 、 beshallaḥ 、 shirah 、第8項、第VII後ミカ。 15 ;伴奏。ホセア書Ⅱ 。 17 ;ターグ。 ;タン。 、ボー、エド。ブーバー、 6 ) 。 What Moses, the first redeemer, did is typical of what the Messiah as the last redeemer will do (Eccl. R. i. 9).何ムーサーは、最初の身請けは、典型的なものでしたが、救世主としての最後の身請けは(共和党eccl. i. 9 ) 。 The redemption will be in the same month of Nisan and in the same night (Mek., Bo, 14); the same pillar of cloud will lead Israel (Philo, "De Execrationibus," 8; Targ. Yer. to Isa. xxxv. 10): the same plagues will be sent upon Israel's foes (Tan., Wa'era, ed. Buber, 15; Bo, 6, 19; Midr. Wayosha'; Jellinek, "B. H." i. 45); the redeemer will ride on an ass (Zech. ix. 9; comp. Ex. iv. 20); manna will again be sent down from heaven (Ps. lxxii. 16; comp. Ps. lxxviii. 24; Syriac Apoc. Baruch, xxix. 8); and water rise from beneath by miraculous power (Joel iv. [A. V. iii.] 18; comp. Ps. lxxviii. 15 et seq.; Eccl. R. i. 9).償還されるのは、同じ月のニッサンとは、同じ夜( mek. 、ボー、 14 ) ;と同じ雲の柱がイスラエル鉛(フィロは、 "デexecrationibus 、 " 8 ;ターグ。 yer 。からのISA 。 35 。 10 ) :同様の災害時に送信されるイスラエルの反対者( tan. 、 wa'era 、エド。ブーバー、 15 ;ボー、 6 、 19 ; midr 。 wayosha ' ;イェリネックは、 "バーレーン" i. 45 ) ;の救い主ロバに乗って( 9世zech. 。 9 ;伴奏。例です。 4 。 20 ) ;マンナには、再び天から下された( ps. 72 。 16 ;伴奏。しまう。 78 。 24 ;シリア語apoc 。バルークは、二十九。 8 ) ;と水を上昇さの下から奇跡的なパワー(ジョエル4世です。 [動静Ⅲ 。 ] 18 ;伴奏。しまう。 78 。 15以下参照。 ; eccl 。共和党i. 9 ) 。 Like Moses, the Messiah will disappear for 90 or 45 days after his appearance (Pesiḥ. R. 15; Pesiḥ. v. 49b, after Hosea v. 15).モーゼのように、救世主は、 90または45日後に姿を消すために彼の外観( pesiḥ.共和党15 ; pesiḥ 。対49b 、後ホセア書対15 ) 。 The same number of people will be redeemed (Sanh. 111a) and the Song of Moses be replaced by another song (Mek., Beshallaḥ, Shirah, 1; Rev. xv. 3).同じ数の人々が換金される( sanh. 111 )と、別の歌の歌に置換されるモーゼス( mek. 、 beshallaḥ 、 shirah 、 1 ;牧師15 。 3 ) 。 But, like Moses, the Messiah will die (II Esd. l.c.); the opinion that the Messiah will not taste death (Midr. Teh. lxxii. 17) seems to be of later origin, and will be discussed in connection with the account of the Messiah from the tribe of Joseph or Ephraim (see below).しかし、モーゼのように、救世主が死ぬ( ⅱれたESD 。セントルシア) ;救世主はないという意見を死の味( midr.のです。 72 。 17 )の後の起源と思われる、とされるアカウントに関連して議論され救世主からは、部族のジョセフまたはエフライム(以下参照) 。

The Cosmic Characters of the Messianic Time.宇宙の救世主の登場人物の時間です。

Jewish theology always insisted on drawing a sharp line between the Messianic days and the final days of God's sole kingdom.ユダヤ教神学を主張して、常に鋭い線描画救世主日間の間に、最後の日と神の王国の底です。 Hence the characteristic baraita counting ten world-rulers, beginning with God before Creation, then naming, Nimrod, Joseph, Solomon, Ahab, Nebuchadnezzar, Cyrus, Alexander the Great, the Messiah, and ending with God last as He was the first (Pirḳe R. El. xi.; Meg. 11a is incomplete).したがって、その特性バーライター世界的な支配者10人を数え、始まる前に、神の創造、それからネーミングは、ニムロッド、ジョセフ、ソロモン諸島、 ahab 、ネブカドネザル、キュロスは、アレキサンダー大王は、救世主、そして最後の結末として、彼は神の最初の( pirḳe共和党エル。 xi 。 ;メグです。 11aは不完全) 。 There are, however, in the personality of the Messiah supernatural elements adopted from the Persian Soshians ("Savior") which lent to the whole Messianic age a specifically cosmic character.が、しかし、その性格は、超自然的な要素を採択救世主soshiansから、ペルシャ( "救い主" )を貸して、具体的には全宇宙の年齢救世主キャラクターです。 An offspring of Zoroaster, born miraculously by a virgin of a seed hidden in a lake for thousands of years, Soshians is, together with a number of associates, six, or seven, or thirty, to bring about the resurrection, slay Angro-mainyush and his hosts of demons, judge the risen dead, giving each his due reward, and finally renew the whole world (Bundahis, xxx.; Windischmann, "Zoroastrische Studien," 1863, pp. 231 et seq.; Böcklen, "Die Verwandtschaft der Jüdischchristlichen mit der Parsischen Eschatologie," 1902, pp. 91 et seq.).ゾロアスターの子孫が、奇跡的に生まれによって隠されてバージンの種子を数千年には、湖、 soshiansのは、数多くの仲間とともに、 6 、または7つ、または30歳、復活をもたらすのは、殺しangro - mainyush悪魔とその軍勢は、裁判官の上昇死んでは、それぞれ自分の当然の報酬を与える、そして最後に、全世界の更新( bundahisに、 XXX 。 ;ウィンディッシュマン、 " zoroastrische studien 、 " 1863 、 pp 。 231以下参照。 ; böcklen 、 "死ぬverwandtschaftデアデアjüdischchristlichen MITのparsischen eschatologie 、 " 1902 、 pp 。 91以下参照ください。 ) 。 Similarly, the Messiah is a being existing from before Creation (Gen. R. i.; Pesiḥ. R. 33; Pirḳe R. El. iii.; Pes. 54a, based on Ps. lxxii. 17), and kept hidden for thousands of years (Enoch, xlvi. 2 et seq., xlviii. 6, lxii. 7; II Esd. xii. 32, xiii, 26; Syriac Apoc. Baruch, xxix.; Midr. Teh. xxi.; Targ. to Micah iv. 8).同様に、既存の救世主には、以前からの創造(大将共和党i. ; pesiḥ 。共和党33 ; pirḳe共和党エル。 Ⅲ 。 ;ペス。 54a 、基づいてしまう。 72 。 17 ) 、および保管を隠し何千年(イノック、 46 。 2以下参照。 、 48 。 6 、 62 。 7 ;静電気による2世です。 12世です。 32 、 13 、 26 ;シリア語apoc 。バルーク、 29 。 ; midr 。 。 21 。 ;ターグ。にミカ4世です。 8 ) 。 He comes "from a strange seed" (: Gen. R. xxiii., with reference to Gen. iv. 25; Gen. R. li., with reference to Gen. xix. 34; Gen. R. lxxxv.; Tan., Wayesheb, ed. Buber, 13, with reference to Gen. xxxviii. 29; comp. Matt. i. 3); or from the North (, which may also mean "concealment": Lev. R. ix.; Num. R. xiii., after Isa. xli. 25; comp. John vii. 27).彼は来る"と奇妙な種子から" ( :大将共和党23 。 、大将静脈を参照してください。 25 ;大将共和党李。 、大将19を参照してください。 34 ;大将共和党85 。 ;タン。 、 wayesheb 、エド。ブーバー、 13 、 38大将を参照してください。 29 ;伴奏。マット。私3 ) ;または北から(させる恐れがあるという意味でも"隠ぺい" :レフです。共和党9世です。 ; NUM件。共和党13世です。 、後のISAです。 41 。 25 ;伴奏です。ジョン7 。 27 ) 。

The Messiah's immortal companions reappear with him (II Esd. xiii. 52, xiv. 9; comp. vi. 26).救世主の不滅の届くと彼の仲間( ⅱれたESD 。 13 。 52 、 14 。 9 ;伴奏。 viのです。 26 ) 。 Derek Ereẓ Zuṭa i.デレクereẓ zuṭa i. mentions nine immortals (see Kohler, in "J. Q. R." v. 407-419, and comp. the transposed [hidden] righteous ones in Mandäan lore; Brand, "Die Mandäische Religion," 1889, p. 38). 9人の会員言及(ケーラーを参照して、 " jqr "対四〇七〜四一九、および伴奏。の転置[隠し]で正しいものmandäan伝承;ブランドは、 "死ぬmandäische宗教は、 " 1889 、 p. 38 ) 。 They are probably identical with "the righteous who raise the dead in the Messianic time" (Pes. 68a).彼らは、おそらく同じで、 "正義の人が死んでいるの救世主時間を引き上げる" ( pes. 68a ) 。 Prominent among the companions of the Messiah are: (1) Elijah the prophet (see Elijah in Rabbinical Literature), who is expected as high priest to anoint the Messiah (Justin, "Dialogus cum Tryphone," viii., xlix.; comp. Targ. to Ex. xl. 10; John i. 21); to bring about Israel's repentance (Pirḳe R. El. xliii.) and reunion (Targ. Yer. to Deut. xxx. 4; Sibyllines, v. 187 et seq.), and finally the resurrection of the dead (Yer. Shab. i. 5-3c; Sheḳ. iii. 47c; Agadat Shir ha-Shirim, ed. Schechter, to Cant. vii. 14); he will also bring to light again the hidden vessels of Moses' time (Mek., Beshauah, Wayassa', 5; Syriac Apoc. Baruch, vi. 8; comp., however, Num. R. xviii.: "the Messiah will disclose these"); (2) Moses, who will reappear with Elijah (Deut. R. iii.; Targ. Yer. to Ex. xii. 42; comp. Ex. R. xviii. and Luke ix. 30); (3) Jeremiah (II Macc. xv. 14; Matt. xvi. 14); (4) Isaiah (II Esd. ii. 18); (5) Baruch (Syriac Apoc. Baruch, vi. 8, xiii. 3, xxv. 1, xlvi. 2); (6) Ezra (II Esd. xiv. 9); (7) Enoch (Enoch, xc. 31; Evangelium Nicodemi, xxv.), and others (Luke ix. 8; comp. also Septuagint to Job, end).救世主の仲間の間では、著名な以下の通りです: ( 1 )エリヤ預言者(エリヤ、ラビ文学を参照してください)は、誰が予想を塗るの救世主として大祭司(ジャスティンは、 " dialogus付きでtryphone 、 " viii 。 、 49 。 ;伴奏。ターグ。を例です。 XLサイズです。 10 ;ジョンi. 21 ) ;イスラエルの後悔をもたらす(共和党エルpirḳe 。 43 。 )との再会( targ. yer 。 deutしている。 xxx 。 4 ; sibyllines 、対187以下参照。 ) 、そして最後に、復活オブザデッド( yer. shab 。私5 -摂氏3 ; sheḳ 。 Ⅲ 。 47c ; agadat shirハ- shirim 、エド。シェクター、カントしている。第VII 。 14 ) ;彼にももたらす再び光に隠された船舶のモーゼの時間( mek. 、 beshauah 、 wayassa ' 、 5 ;シリア語apoc 。バルーク、 viのです。 8 ;伴奏。しかし、 NUM件です。共和党18 。 : "救世主は、これらの開示" ) ; ( 2 )ムーサーは、誰が届くとしてエリヤ(共和党deut. Ⅲ 。 ;ターグ。 yer 。を例です。 12世です。 42 ;伴奏。例です。共和党18 。とルーク9 。 30 ) ;ジェレマイア( 3 ) ( ⅱ macc 。 15 。 14 ;マットです。 16 。 14 ) ;イザヤ書( 4 ) ( ⅱれたESD 。 Ⅱ 。 18 ) ; ( 5 )バルーク(シリア語apoc 。バルーク、 viのです。 8 、 13世です。 3 、 25 。 1 、 46 。 2 ) ;エズラ( 6 ) ( ⅱれたESD 。 14 。 9 ) 、 ( 7 )イノック(イノック、 90 。 31 ; evangelium nicodemi 、 25 。 ) 、およびその他(ルーク9 。 8 ;伴奏。セプトゥアギンタを仕事でも、最後に) 。 The "four smiths" in the vision of Zech. " 4つのスミス"のビジョンツェッヒ。 ii. Ⅱ 。 3 (i. 20, R. V.) were referred by the Rabbis to the four chiefs, or associates, of the Messianic time; Elijah and the Messiah, Melchizedek and the "Anointed for the War" (Messiah ben Joseph: Pesiḥ. v. 51a; comp. Suk. 55b). 3 ( i. 20 、右心室)のラビを参照された4つの首長、またはアソシエイツは、時間の救世主;エリヤの救世主とは、メルキゼデクと"聖なる戦争のために" (救世主ベンヨセフ: pesiḥ 。 51a対;伴奏。スーク。 55b ) 。 The "seven shepherds and the eight princes" (Micah v. 4 [A. V. 5]) are taken to be: Adam, Seth, Methuselah (Enoch was stricken from the list of the saints in post-Christian times), Abraham, Jacob, and Moses, with David in the middle, forming the set of "shepherds"; Jesse, Saul, Samuel (?), Amos (?), Hezekiah, Zedekiah, Elijah, and the Messiah, forming the set of "princes" (Suk. 52b). "羊飼いと七八王子" (ミカ対4 [動静5 ] )が取らされる:アダム、セス、メトセラ(イノックのリストから襲われた後、キリスト教の聖人倍) 、エイブラハム、ジェイコブは、そしてムーサーは、デビッドの真ん中には、成形のセット"羊飼い" ;ジェシーは、ソールは、サミュエル( ? ) 、アモス( ? ) 、ヒゼキヤ、ゼデカイア、エリヤは、救世主とは、成形のセットの"王子" (スーク。 52b ) 。 These, fifteen in number, correspond to the fifteen men and women in the company of the Persian Soshians.これらは、数15で、 15に対応して、男性と女性で、同社は、ペルシャsoshians 。 The Coptic Elias Apocalypse (xxxvii., translated by Steindorf), speaks of sixty companions of the Messiah (see Bousset, l.c. p. 221).エリアス黙示録のコプト語( xxxvii. 、翻訳されたsteindorf )は、 60歳の仲間たちが喋るの救世主( boussetを参照して、 lcp 221 ) 。

The Messiah of the Tribe of Joseph.救世主は、部族のジョセフ。

The origin and character of the Messiah of the tribe of Joseph, or Ephraim, are rather obscure.文字の起源とは、救世主の部族のジョセフ、またはエフライムは、無名のはそこそこです。 It seems that the assumed superhuman character of the Messiah appeared to be in conflict with the tradition that spoke of his death, and therefore the figure of a Messiah who would come from the tribe of Joseph, or Ephraim, instead of from Judah, and who would willingly undergo suffering for his nation and fall as victim in the Gog and Magog war, was createdby the haggadists (see Pesik. R. 37; comp. 34.).超人的なキャラクターのようだと仮定することは、救世主に出演されるとの紛争にして、伝統のスポーク彼の死は、図の救世主としたがって、誰が来るから、部族のジョセフ、またはエフライム、よりユダの代わりに、そして誰自分の国のために喜んで苦しみを受けると秋とメーゴグgogとしては、戦争の犠牲者は、そのhaggadistsはcreatedby ( pesikを参照してください。共和党37 ;伴奏。 34 。 ) 。 To him was referred the passage, "They shall look unto him whom they have pierced and mourn for him" (Zech. xii. 10, Hebr.; Suk. 52a), as well as the fifty-third chapter of Isaiah (see Justin, "Dialogus cum Tryphone," lxviii. and xc.; comp. Sanh. 98b, "the Messiah's name is 'The Leper' ['ḥiwwara'; comp. Isa. liii. 4]; the passage quoted in Martini, "Pugio Fidei," p. 417, cited by Gfrörer [l.c. 267] and others, is scarcely genuine; see Eppstein, "Bereshit Rabbati," 1888, p. 26). The older haggadah referred also "the wild ox" who with his horns will "push the people to the ends of the earth" (Deut. xxxiii. 17, Hebr.) to the Ephraimite Messiah (Gen. R. lxxv.; comp. Num. R. xiv.). The Messiah from the tribe of Ephraim falls in the battle with Gog and Magog, whereas the Messiah from the house of David kills the superhuman hostile leader (Angro-mainyush) with the breath of his mouth; then he is universally recognized as king (Suk. 52a; comp. Targ. Yer. to Ex. xl. 9, 11; Targ. to Isa. xi. 4, Cant. iv. 5; Sefer Zerubbabel, in Jellinek, "B. H." ii. 56, where he is introduced with the name of Nehemiah b. Ḥushiel; comp. l.c. 60 et seq., iii. 80 et seq.).彼は、通路を参照して、 "かれらはかれに見える彼らにピアスをして彼を追悼するために" ( 12世zech. 。 10 、 hebr 。 ;スーク。 52a )は、 50歳と同様に、イザヤ書第23章(ジャスティン参照してくださいは、 " dialogus付きでtryphone 、 " 68 。と90 。 ;伴奏。 sanh 。 98b 、 "救世主の名前が'のハンセン病患者' [ ' ḥiwwara ' ;伴奏。のISAです。 53 。 4 ] ;引用符で通過マティーニは、 " pugio信仰のは、 " p. 417 、引き合いに出されると他gfrörer [ lcを267 ]は、正規のは、ほとんど; eppsteinを参照して、 " bereshit rabbati 、 " 1888 、 p. 26 ) 。 haggadah高齢にも言及"野生の雄牛"誰が彼の角笛は、 "押して、地球の両端の人々に" ( 33 deut. 。 17 、 hebr 。 )エフライム族の救世主に(大将共和党75 。 ;伴奏。 NUM件です。共和党14です。 ) 。部族からの救世主エフライムgogとの闘いでは、滝メーゴグ、救世主が、その家のデビッド無死亡から、超人的な敵対的指導者( angro - mainyush )彼の口から息をして、それから彼は王として自他ともに許す( suk. 52a ;伴奏。ターグ。 yer 。を例です。 XLサイズです。 9 、 11 ;ターグ。からのISA 。 xi 。 4 、カント。 4 。 5 ; sefer zerubbabel 、イェリネックは、 "バーレーン" Ⅱ 。 56 、彼がどこに導入してBの名前ニーアマイア。 ḥushiel ;伴奏。 lcを60以下参照。 、 Ⅲ 。 80以下参照ください。 ) 。

"Great will be the suffering the Messiah of the tribe of Ephraim has to undergo for seven years at the hand of the nations, who lay iron beams upon him to crush him so that his cries reach heaven; but he willingly submits for the sake of his people, not only those living, but also the dead, for all those who died since Adam; and God places the four beasts of the heavenly throne-chariot at his disposal to bring about the great work of resurrection and regeneration against all the celestial antagonists" (Pesiḥ. R. 36). "偉大されるのは、救世主の苦しみのエフライム部族を受けるためには、 7年間では、国の手では、誰が彼を押しつぶすレイビームス鉄のように彼を天国に達する彼の叫び声;しかし、彼のために喜んで提出彼の人々は、これらの生活だけでなく、死んだ人だけでなく、すべての人々が死亡したアダム以来;と神獣の4つの場所では、天の玉座-戦車で彼の処分については、偉大な仕事を復活させると反対のすべての天体の再生拮抗薬" ( pesiḥ.共和党36 ) 。 The Patriarchs will rise from their graves in Nisan and pay homage to his greatness as the suffering Messiah, and when the nations (104 kingdoms) put him in shackles in the prison-house and make sport of him, as is described in Ps.自分の墓の中から立ち上がるpatriarchsニッサンは、彼の偉大さに敬意を表する救世主としての苦しみ、そしてときには国( 104国)には、彼は刑務所の足かせとからかう彼の家と同じように、説明されしまう。 xxii. 22 。 8-16, God will address him with the words "Ephraim, My dear son, child of My comfort, I have great compassion on thee" (Jer. xxxi. 20, Hebr.), assuring him that "with the breath of his mouth he shall slay the wicked one" (Isa. xi. 4); and He will surround him with a sevenfold canopy of precious stones, place streams of wine, honey, milk, and balsam at his feet, fan him with all the fragrant breezes of paradise, and then tell the saints that admire and pity him that he has not gone through half the suffering imposed upon him from the world's beginning (Pesiḥ. R. 37). 8月16日、神は彼の住所では、 "エフライムは、私のかわいい息子は、自分の子供の快適度、私は非常に同情して、なた" ( 31 jer. 。 20 、 hebr 。 )は、確実に彼は、 "自分の息をして彼の口からは、邪悪な殺しの1つ" ( xi isa. 。 4 ) ;と彼は、彼を囲むキャノピーの7倍貴石、場所ストリームのワイン、はちみつ、牛乳、彼の足とバルサムでは、すべてのファンが彼の香り楽園のそよ風が、その後、聖人の教えに感心して、彼に同情していない彼には今までの半分の苦しみを課せられた、世界の初めから彼( pesiḥ.共和党37 ) 。 The haggadists, however, did not always clearly discriminate between the Ephraimite Messiah, who falls a victim, and the son of David, who is glorified as victor and receives the tributes of the nations (Midr. Teh. xviii. 5, where the former is meant as being the one "insulted" according to Ps. lxxxix. 51 [A. V. 52]; comp. Targ. Yer. to Num. xi. 26, and Midr. Teh. lxxxvii. 6, where the two Messiahs are mentioned together).そのhaggadistsしかし、常に明確にしなかったエフライム族の間を隔てる救世主は、滝人の犠牲者は、息子であるデビッドとは、誰が見せかけのオマージュ作品としては、ビクターと受け取る国( midr.のです。 18 。 5 、どこに、旧意味としては、 1つの"侮辱"によれはPSです。 89 。 51 [動静52 ] ;伴奏。ターグ。 yer 。 NUM件している。 xi 。 26 、およびmidr 。 。 87 。 6 、どこに言及するには2つのmessiahs ) 。 According to Tan.によると、日焼けした。 Yelamdenu, Shofeṭim (end), the nations will first bring tributes to the Messiah; then, seized by a spirit of confusion ("ruaḥ tezazit"), they will rebel and make war against him; but he will burn them with the breath of his mouth and none but Israel will remain (that is, on the battle-field: this is misunderstood by Weber, l.c.; comp. II Esd. xiii. 9). yelamdenu 、 shofeṭim (終)は、この国は、最初のオマージュ作品をもたらす救世主;その後、押収された精神錯乱( " ruaḥ tezazit " )は、かれらは反政府勢力との戦いを彼;しかし、彼は火傷をして、息のしかし、イスラエルは、彼の口とはなしのまま(つまり、上のバトルフィールド:これは誤解されるウェーバー、セントルシア;伴奏。静電気による2世です。 13 。 9 ) 。

In the later apocalyptic literature the Ephraimite Messiah is introduced by the name of Nehemiah ben Ḥushiel, and the victorious Messiah as Menahem ben 'Ammi El ("Comforter, son of the people of God": Jellinek, "B. H." ii. 56, 60 et al.).絶望的な文学賞は、それ以降のエフライム族の救世主の名前が紹介されḥushielニーアマイアベンは、ベンと勝利の救世主としてmenahem ' ammiエル( "掛けぶとんは、人々が神の息子" :イェリネックは、 "バーレーン" Ⅱ 。 56 、 60らです。 ) 。 It appears that the eschatologists were anxious to discriminate between the fourth heathen power personified in Edom (Rome) the wicked, over whom the Ephraimite Messiah alone is destined to carry victory (Pesiḥ. R. 12; Gen. R. lxxiii.; B. B. 123b), and the Gog and Magog army, over which the son of David was to triumph while the son of Ephraim fell (see Otot ha-Mashiaḥ, Jellinek, l.c.).表示されることを心配していたeschatologists異教徒の4番目の間を隔てる力の象徴で、邪悪なエドム(ローマ)は、誰のエフライム族の救世主やり直す運命を運ぶだけでは勝利( pesiḥ.共和党12 ;大将共和党73 。 ; bb 123b ) 、およびgogメーゴグ陸軍とは、これ以上の息子デイビッドは、息子のエフライムに落ちながら勝利(ハ- ototを参照してくださいmashiaḥ 、イェリネック、セントルシア) 。 While the fall of the wicked kingdom (Rome) was taken to be the beginning of the rise of the kingdom of God (Pesiḥ. v. 51a), the belief was that between the fall of the empire of Edom = Rome and the defeat of the Gog and Magog army there would be a long interval (see Pesiḥ. xxii. 148a; comp. Pesiḥ. R. 37 [ed. Friedmann, 163b, note]).秋の間、邪悪な王国(ローマ)が取らされるの最初の上昇は、神の王国( pesiḥ.対51a )は、信念との間では、秋には、帝国のエドム=ローマとの敗北陸軍のgogメーゴグあるだろうと、長い間隔( pesiḥを参照してください。 22 。 148a ;伴奏。 pesiḥ 。共和党37 [エド。フリードマン、 163b 、メモ] ) 。

According to R. Eliezer of Modin (Mek., Beshallaḥ, Wayassa', 4 [ed. Weiss, p. 58b, note]), the Messiah is simply to restore the reign of the Davidic dynasty ("malkut bet Dawid"; comp. Maimonides, Commentary to Sanh. xi.: "The Messiah, the son of David, will die, and his son and grandson will follow him"; on the other hand, Baḥya ben Joseph in his commentary to Gen. xi. 11 says: "The Messiah will not die"); also "the Aaronitic priesthood and Levitic service."エリエゼルによると、共和党のmodin ( mek. 、 beshallaḥ 、 wayassa ' 、 4 [エド。ワイス、 p. 58b 、メモ] )は、救世主を復元するのは、単にdavidic王朝の治世( " malkut賭けdawid " ;伴奏。 maimonides 、 sanh解説しています。 xi 。 : "救世主は、デイビッドの息子、ダイは、彼の息子や孫に従う" ;その一方で、彼の解説をbaḥyaベンヨセフ大将xi 。 11によれば: "救世主死ぬことはありません" ) ;も"とaaronitic聖職leviticサービスです。 "

The New Jerusalem.新エルサレムです。

The apocalyptic writers and many rabbis who took a less sober view of the Messianic future expected a new Jerusalem built of sapphire, gold, and precious stones, with gates, walls, and towers of wondrous size and splendor (Tobit xiii. 15, xiv. 4; Rev. xxi. 9-21; Sibyllines, iii. 657 et seq., v. 250 et seq., 420 et seq.; B. B. 75a; Pes. 50a; Pesiḥ. xx. 143a; Pesiḥ. R. 32; Midr. Teh. lxxxvii.; in accordance with Isa. liv. 11 et seq., lx. 10; Hag. ii. 7; Zech. ii. 8).ラビの黙示録的な作家や多くの人は、あまりまじめな将来の見通しを考慮して新エルサレム救世主内蔵のサファイア、金、貴石と、ゲイツ会長は、壁には、驚くほどの大きさと素晴らしさとタワー( 13トビト書。 15 、 14 。 4 ;牧師21 。 9月21日; sibyllines 、 Ⅲ 。 657以下参照。 、対250以下参照。 、 420以下参照。 ; bb 75a ;ペス。 50a ; pesiḥ 。 XXのです。 143a ; pesiḥ 。共和党32 ; midr 。 。 87 。 ;のISAに基づいています。リヴ。 11以下参照。 、 60 。 10 ;鬼ばば。 Ⅱ 。 7 ;ツェッヒ。 Ⅱ 。 8 ) 。 The "new" or "upper Jerusalem" (; Ta'an 5a; Ḥag. 12b; Test. Patr., Dan. 5; Rev. xxi. 2, 10; Gal. iv. 26; Heb. xii. 22) seen in visions by Adam, Abraham, and Moses (Syriac Apoc. Baruch, iv. 2-6) will in the days of the Messiah appear in all its splendor (II Esd. vii. 26, x. 50 et seq.; Syriac Apoc. Baruch, xxxii. 4); it will be reared upon the top of all the mountains of the earth piled one upon the other (Pesiḥ. xxi. 144b, after Isa. ii. 2). "新規"または"アッパーエルサレム" ( ; ta'an 5a ; ḥag 。 12b ;テストを実行します。 patr 。 、ダン。 5 ;牧師21 。 2 、 10 ;ギャル。 4 。 26 ; heb 。 12世です。 22 )見たアダムビジョンでは、イブラーヒーム、ムーサー、 (シリア語apoc 。バルークは、 4世です。 2-6 )は、数日間では、その素晴らしさをすべて救世主に表示されます( ⅱれたESD 。第VII 。 26 、 Xの50以下参照。 ;シリア語apoc 。バルーク、 32 。 4 ) ;飼育されることのすべての山の上部には、地球上の他の1つの山( 21 pesiḥ. 。 144b 、後のISA 。 Ⅱ 。 2 ) 。

This expectation of course includes a "heavenly temple," "miḳdash shel ma'alah" (Enoch, xc. 29 et seq.; comp. Ḥag. l.c.; Pes. 54, after Jer. xvii. 12).もちろん、この期待が含まれて"天国の寺" 、 " miḳdashシェルma'alah " (イノック、 90 。 29以下参照。 ;伴奏。 ḥag 。セントルシア;ペス。 54 、後jer 。 17 。 12 ) 。 The more sober view is that the Messiah will replace the polluted temple with a pure and holy one (Enoch, liii. 6, xc. 28, xci. 13; Sibyllines, iii. 77b; Psalms of Solomon xvii. 30; comp. Lev. R. ix.: "Coming from the North, the Messiah will erect the temple in the South").もっとまじめなビューの救世主に取って代わるのは、汚染の寺院の1つで、純粋なと聖(イノック、 53 。 6 、 90 。 28 、 91 。 13 ; sibyllines 、 Ⅲ 。 77b ;ソロモンの詩篇17 。 30 ;伴奏。レフ。共和党9世です。 : "今後、北朝鮮からは、同寺の救世主には、南部を逆立てて"を参照) 。 The sacred vessels of the Tabernacle of Moses' time, hidden ever since, are expected to reappear (II Macc. ii. 4-8; Syriac Apoc. Baruch, vi. 7-10; Tosef., Soṭah, xiii. 1; apocryphical Masseket Kelim; Yoma 52b; Tan., Wayeḥi, ed. Buber, 3; comp. Josephus, "Ant." xviii. 4, § 1).船舶の聖なる幕屋のモーゼの時間は、隠されて以来、再び現れることが予想さ( ⅱ macc 。 Ⅱ 。 4-8 ;シリア語apoc 。バルーク、 viのです。 7-10 ; tosef 。 、 soṭah 、 13世です。 1 ; apocryphicalキリムmasseket ; yoma 52b ;タン。 、 wayeḥi 、エド。ブーバー、 3 ;伴奏。ヨセフスは、 "アリ"と述べた。 18 。 4 、 § 1 ) 。 There will be no sin any more, for "the Lord will shake the land of Israel andcleanse it from all impurity" (Pirḳe R. El. xxxiv. 21, after Job xxxviii. 13).これ以上の罪の余地はないとは、 "主はイスラエルの土地を揺るがすことから全ての不純物andcleanse " (共和党エルpirḳe 。 34 。 21 、 38仕事をした後です。 13 ) 。 The Messianic time will be without merit ["zekut"] and without guilt ["ḥobah"] (Shab. 151b).救世主されることなく、時間のメリット[ " zekut " ]と罪悪感なし[ " ḥobah " ] ( shab. 151b ) 。 Yet "only the select ones will be allowed to go up to the new Jerusalem" (B. B. 75b).まだ"のみを選択して行くことができるようになるまでには新エルサレム" ( bb 75b ) 。

A. New Law. a.新しい法律です。

Whereas the Babylonian schools took it for granted that the Mosaic law, and particularly the sacrificial and priestly laws, will be fully observed in the Messianic time (Yoma 5b et al.), the view that a new Law of God will be proclaimed by the Messiah is occasionally expressed (Eccl. R. ii. 1; Lev. R. xiii., according to Jer. xxxi. 32)-"the thirty commandments" which comprise the Law of humanity (Gen. R. xcviii.).バビロニアいますが、学校はそれを当たり前のことモザイク法、そして特に聖職者のいけにえの法律とは、完全に観測されるの救世主時間( yoma 5bらです。 )は、新しい法律との見方をされると宣言される神救世主は、時折表明(共和党eccl. 2世です。 1 ;レフです。共和党13世です。によると、 jer 。 31 。 32 ) -"の3 0戒め"を構成し、人類の法則( 9 8大将共和党です。 ) 。 "Ye will receive a new Law from the Elect One of the righteous" (Targ. to Isa. xii. 3). "なたがたは、新しい法律を受け取るの1つから選出畏れる" ( targ.からのISA 。 12世です。 3 ) 。 The Holy One will expound the new Law to be given by the Messiah (Yalḳ. ii. 296, to Isa. xxvi.); according to Pes. 1つは、聖なる詳しく説明は、新しい法律によって与えられ、救世主( yalḳ. Ⅱ 。 296 、とのISAです。 26 。 ) ;によると、ペス。 xii. 12世です。 107a, He will only infuse new ideas ("ḥiddush debarim"); or the Messiah will take upon himself the kingdom of the Law and make many zealous followers thereof (Targ. to Isa. ix. 5 et seq., and Iiii. 11-12). 107a 、彼は新しいアイディアを注ぎ込むだけ( " ḥiddush debarim " ) ;たり、救世主が被ら王国は、多くの熱心な信者のために法律およびmake ( targ.からのISAです。 9 。 5以下参照。 、およびiiii 。 11 -12 ) 。 "There will be a new covenant which shall not be broken" (Sifra, Beḥuḳḳotai, ii., after Jer. xxxi. 32). "新しい契約が行われるものではないのが壊れている" ( sifra 、 beḥuḳḳotai 、 Ⅱ 。 、後jer 。 31 。 32 ) 。 The dietary and purity laws will no longer be in force (Lev. R. xxii.; Midr. Teh. cxlvii., ed. Buber, note; R. Joseph said: "All ceremonial laws will be abrogated in the future" [Nid. 61b]; this, however, refers to the time of the Resurrection).純度の食事や法律で強制的には、もはや( 22 lev.共和党。 ; midr 。のです。 cxlvii 。 、エド。ブーバー、メモ;ジョセフ氏は共和党: "すべての儀式は、将来廃止される法律" [ nid 。 61b ] ;これは、しかし、復活の時を指しているため) 。

Resurrection formed part of the Messianic hope (Isa. xxiv. 19; Dan. xii. 2).救世主の復活を期待形成の部分( isa. xxiv 。 19 ;ダン。 12世です。 2 ) 。 Martyrs for the Law were specially expected to share in the future glory of Israel (II Macc. vii. 6, 9, 23; Book of Jubilees, xxiii. 30), the term for having a share in the future life being "to inherit the land" (Ḳid. i. 10).殉教者のための特別法が予想されるイスラエルのシェアは、将来の栄光( ⅱ macc 。第VII 。 6 、 9 、 23 ;本jubilees 、 23 。 30 )は、その用語を共有することで、将来の生活に"を受け継ぐその土地" ( ḳid. i. 10 ) 。 The Resurrection was therefore believed to take place solely in the Holy Land (Pesiḥ. R. 1; the "land of the living" in Ps. cxvi. 9 means "the land where the dead live again").したがって、復活が行われるとみられるだけに、聖地( pesiḥ.共和党1 ;の"ランドオブザリビング"でしまう。 cxvi 。 9手段"その土地に住んで死んで再び"を参照) 。 Jerusalem alone is the city whose dead will blossom forth as the grass, for those buried elsewhere will be compelled to creep through holes in the ground to the Holy Land (Ket. 3b; Pesiḥ. R. l.c.).エルサレム市内だけでは死んだ者として来たり、草の開花は、それらの別の場所に埋葬されるクリープせざるを介して、地面に穴を聖地( ket. 3b ; pesiḥ 。共和党のLC ) 。 From this point of view the Resurrection is accorded only to Israel (Gen. R. xiii.).この観点からは、これだけに、イスラエルの復活(大将共和党13世です。 ) 。 The great trumpet blown to gather the tribes of Israel (Isa. xxvii. 13) will also rouse the dead (Ber. 15b; Targ. Yer. to Ex. xx. 15; II Esd. iv. 23 et seq.; I Cor. xv. 52; I Thess. iv. 16).偉大なトランペット吹きのイスラエルの部族を集めることができた( 27 isa. 。 13 )は、死んでも奮起( ber. 15b ;ターグ。 yer 。を例です。 XXのです。 15 ;静電気による2世です。 4 。 23以下参照。 ;私うわっ! 。 15 。 52 ;私thess 。 4 。 16 ) 。

The Last Judgment precedes the Resurrection.最後の判断の前に復活した。 Judged by the Messiah, the nations with their guardian angels and stars shall be cast into Gehenna.救世主判断されるのは、自分の国では、星ガーディアンエンジェルスと地獄に投げ込まれる。 According to Rabbi Eleazar of Modi'im, in answer to the protests of the princes of the seventy-two nations, God will say, "Let each nation go through the fire together with its guardian deity," when Israel alone will be saved (Cant. R. ii. 1). eleazarのmodi'imラビによると、抗議に答えて、王子は、 72カ国、神は言う、 "それぞれの国せ、火を経るとともにその地蔵は、 "イスラエルだけでは救われるとき(カント。共和党Ⅱ 。 1 )です。 This gave rise to the idea adopted by Christianity, that the Messiah would pass through Hades (Test. Patr., Benjamin, 9; Yalḳ., Isa. 359; see Eppstein, "Bereshit Rabbati," 1888, p. 31).このアイデアは上昇して採択されたキリスト教は、救世主が通過してハデス( test. patr 。 、ベンジャミン、 9 ; yalḳ 。 、のISA 。 359 ; eppsteinを参照して、 " bereshit rabbati 、 " 1888 、 p. 31 ) 。 The end of the judgment of the heathen is the establishment of the kingdom of God (Mek., Beshallaḥ, 'Amaleḳ).最後には、異教徒の判断は、神の王国の確立( mek. 、 beshallaḥ 、 ' amaleḳ ) 。 The Messiah will cast Satan into Gehenna, and death and sorrow flee forever (Pesiḥ. R. 36; see also Antichrist; Armilus; Belial).救世主は、悪魔を地獄にキャストし、永遠の死と悲しみから逃げる( pesiḥ.共和党36 ;も参照してください反キリスト; armilus ;徒) 。

In later times the belief in a universal Resurrection became general.後で倍では、普遍的な信念の復活総長になった。 "All men as they are born and die are to rise again," says Eliezer ben Ḳappar (Abotiv.). "すべての人間は生まれながらにして死ぬとしては、再び上昇に述べています。 "エリエゼルベンḳappar ( abotiv. ) 。 The Resurrection will occur at the close of the Messianic era (Enoch, xcviii. 10).復活の終了時に発生するのは時代の救世主(イノック、 98 。 10 ) 。 Death will befall the Messiah after his four hundred years' reign, and all mankind and the world will lapse into primeval silence for seven days, after which the renewed earth will give forth its dead and God will judge the world and assign the evil-doers to the pit of hell and the righteous to paradise, which is on the opposite side (II Esd. vii. 26-36).覆った彼の死は400年後の救世主'君臨し、世界の全人類とは、原始陥る沈黙を7日間、リニューアル後の地球は、神が来たりすると、死者の世界と判断し、悪を行う者を割り当てるピットを畏れる者を天国と地獄、これは上の反対側( ⅱれたESD 。第VII 。二十六〜三十六) 。 All evildoers meet with everlasting punishment.永遠の懲罰を受けるすべての掟に背く者と会談する予定だ。 It was a matter of dispute between the Shammaite R. Eliezer and the Hillelite R. Joshua whether the righteous among the heathen had a share in the future world or not (Tosef., Sanh. xiii. 2), the dispute hinging on the verse "the wicked shall return to Sheol, and all the Gentiles that forget God" (Ps. ix. 18 [A. V. 17], Hebr.).それは問題である共和党shammaiteエリエゼルとの間の紛争のジョシュアhillelite共和党異教徒のうち、正しいかどうかは、今後の世界を共有するかどうかは、 ( tosef. 、 sanh 。 13世です。 2 ) 、ヒンジングして紛争の詩"邪悪なものに戻るsheol 、およびすべてのことを忘れてgentiles神" ( ps. 9 。 18 [動静17 ] 、 hebr 。 ) 。 The doctrine "All Israelites have a share in the world to come" (Sanh. xi. 1) is based upon Isa.そのドクトリン"を共有するすべてのイスラエル人が、世界に来る" ( xi sanh. 。 1 )のISAに基づいています。 Ix. 9 。 21: "Thy people, all of them righteous, shall inherit the land" (Hebr.). 21 : "なたの人々は、それらのすべての正義は、その土地を受け継ぐもの" ( hebr. ) 。 At first resurrection was regarded as a miraculous boon granted only to the righteous (Test. Patr., Simeon, 6; Luke xiv. 14), but afterward it was considered to be universal in application and connected with the Last Judgment (Slavonic Enoch, lxvi. 5; comp. second blessing of the "Shemoneh 'Esreh").最初は、奇跡の復活と見なされていただけに与えられる恩恵畏れる( test. patr 。 、シメオン、 6 ;ルーク14 。 14 )が、その後普遍的と見なされていたが最後に接続しているアプリケーションとの判断(スラヴォニックイノック、 66 。 5 ;伴奏。祝福の2番目の" shemoneh ' esreh "を参照) 。 Whether the process of the formation of the body at the Resurrection is the same as at birth is a matter of dispute between the Hillelites and Shammaites (Gen. R. xiv.; Lev. R. xiv.).どうか、体の形成過程では、復活のと同じ結果には、出生時hillelitesとの間の紛争の問題shammaites (大将共和党14 。 ;レフです。共和党14です。 ) 。 For the state of the soul during the death of the body see Immortality and Soul.国家のための死は、体の中に魂の不滅と魂を参照してください。

Regeneration of the World.再生の世界です。

Owing to the gradual evolution of eschatological conceptions, the Rabbis used the terms, "'olam ha-ba" (the world to come), "le-'atid la-bo" (in the coming time), and "yemot ha-Mashiaḥ" (the Messianic days) promiscuously or often without clear distinction (see Geiger, "Lesestücke aus der Mischnah," p. 41; idem, "Jüd. Zeit." iii. 159, iv. 124).緩やかな進化のせいで、終末論の概念には、利用規約のラビ使われ、 " ' olamハ-打率" (この世界に来る) 、 "ル-ラ- 'atidボー" (が来る時間) 、および" yemotハ- mashiaḥ " (救世主日) promiscuouslyまたはしばしば明確な区別なし(ガイガーを参照して、 "デアlesestücke aus mischnah 、 " p. 41 ;同著者は、 " jüd 。ツァイト。 " Ⅲ 。 159 、 4世です。 124 ) 。 Thus, for instance, the question is discussed whether there will be death for the Gentiles "in the coming time" or not (Gen. R. xxvi.).したがって、たとえば、あるかどうかという問題が議論されるために死gentiles "向こう数時間"となかろうと(二十六大将共和党です。 ) 。 R. Eleazar of Modi'im, of the second century (Mek., Beshallaḥ, Wayassa', ed. Weiss, p. 59, note) distinguishes between the Messianic time("malkut bet Dawid"), the "'olam ha-ba" (the future world), which is that of the souls, and the time of the Resurrection, which he calls "'olam ḥadash" (the new world, or world of regeneration). modi'im共和党eleazarのは、第2世紀( mek. 、 beshallaḥ 、 wayassa ' 、エド。ワイス、 p. 59 、注)の間の救世主と区別する時間( " malkut賭けdawid " )は、 " ' olamハ-打率" (未来の世界) 、これは、魂をしており、復活の時、彼は電話で" ' olam ḥadash " (新世界、あるいは世界の再生) 。 This term, used also in the "Ḳaddish" prayer "Le-Ḥadata 'Alma" (The Renewal of the World), is found in Matt.この用語は、使用されても、 " ḳaddish "祈り"ル- ḥadata 'アルマ" (世界の更新) 、マットが見つかった。 xix. 19 。 28 under the Greek name παλινγένεσις: "In the regeneration when the Son of Man shall sit on the throne of his glory" and judge the world in common with the twelve Apostles (for the last words see the twelve judges for the twelve tribes of Israel in Testament of Abraham, A. 13, and compare the seventy elders around the seat of God in heaven in Lev. R. xi.) 28日、ギリシャの名の下にπαλινγένεσις : "は、再生時には、男の息子である彼の栄光の玉座に座る"と判断し、世界に共通して12使徒(最後の言葉は、 12を参照してください裁判官は、イスラエルの12部族新約聖書のアブラハムは、 a. 13日、 70歳年上の人と比較して座席の周りでは、天国の神レフです。共和党xi 。 )

Concerning this regeneration of the world Pirḳe R. El.これは、世界の再生に関するpirḳe共和党エル。 i. says, with reference to Isa.によれば、のISAを参照してください。 xxxiv. 34 。 4, li. 4 、李です。 6, lxv. 6 、 65 。 17; Hosea vi. 17 ;ホセア書viのです。 2: "Heaven and earth, as well as Israel, shall be renewed; the former shall be folded together like a book or a garment and then unfolded,and Israel, after having tasted death, shall rise again on the third day." 2 : "天と地だけでなく、イスラエルで行われるものとしてリニューアル;折り畳んだ一緒には、元のように書籍や衣服、それから伸ばした、とイスラエルは、死を味わうことの後、再び上昇して3日目ものです。 " "All the beauty of the world which vanished owing to Adam's sin, will be restored in the time of the Messiah, the descendant of Perez [Gen. R. xii.]-the fertility of the earth, the wondrous size of man [Sifra, Beḥuḳḳotai, 1-2], the splendor of sun and moon" (Isa. xxx. 26; Targ. to II Sam. xxiii. 4; comp. Apoc. Mosis, 36). "世界のすべての美しさが消えたアダムの罪により、復元されるのは、時間の救世主は、その子孫であるペレス[大将共和党12世です。 ]には、地球の不妊治療は、驚くほどの大きさの男[ sifra 、 beḥuḳḳotai 、 1-2 ]は、太陽と月の素晴らしさ" ( xxx isa. 。 26 ;ターグ。をサム2世です。 23 。 4 ;伴奏。 apoc 。 mosis 、 36 ) 。 Ten things shall be renewed (according to Ex. R. xv.; comp. Tan., Wayiggash, ed. Buber, 9): The sun and moon shall regain their splendor, the former endowed with healing powers (Mal. iii. 20 [A. V. iv. 2]); the fountains of Jerusalem shall flow, and the trees grow (Ezek. xlvii. 12); desolate cities like Sodom shall rise from their ruins (Ezek. xvi. 55); Jerusalem, rebuilt of precious stones, shall shine like the sun (Isa. liv. 11 et seq.); peace shall reign among the beasts (Isa. xi. 7); and between them and Israel (Hosea ii. 20 [A. V. 18]); weeping and death shall cease (Isa. 1xv. 19, xxv. 8-10); joy only shall reign (Isa. xxxv. 10); the "yeẓer ha-ra'" (evil desire) shall be slain by God (Suk. 52a).物事には、新たに10人(によると、元。共和党15 。 ;伴奏。タン。 、 wayiggash 、エド。ブーバー、 9 ) :太陽と月は、その素晴らしさを取り戻す、癒しの力を元に恵まれている( mal. Ⅲ 。 20 [ a.対4世です。 2 ] ) ;の泉は、エルサレムの流れを、そして、木々の成長( 47 ezek. 。 12 ) ;荒涼たる都市の廃墟から立ち上がるようなものソドム( 16 ezek. 。 55 ) ;エルサレム、再構築貴石のは、太陽のように輝くもの(リヴisa. 。 11以下参照。 ) ;平和の治世中には、獣( xi isa. 。 7 ) ;と、それらの間で、イスラエル(ホセア書2世です。 20 [動静18 ] ) ;泣きながら中止と死は、 ( isa. 1xv 。 19 、 25 。 8-10 ) ;喜びだけは、治世( 35 isa. 。 10 ) ;の"ハ-ラーyeẓer ' " (邪悪な欲望)が殺害されたもので、神(スーク。 52a ) 。 This regeneration of the world is to be brought about by a world-conflagration ("mabbul shel esh" = "a floor of fire" = ἐκπύρωσις: Sibyllines, iii. 542, 689; iv. 174; ii. 296; Hippolytus, "Refutatio Omnium Hæresium," ix. 30).この世界での再生がもたらされるには、世界的に大火( "エッmabbulシェル" = "火床" = ἐκπύρωσις : sibyllines 、 Ⅲ 。 542 、 689 ;静脈です。 174 ; Ⅱ 。 296 ;ヒッポリュトスは、 " refutatioごたhæresium 、 " 9 。 30 ) 。 This view, borrowed from the Stoics, is based upon Isa.このビューで、 stoicsから借りた、のISAに基づいています。 xxxiv. 34 。 4 (comp. Bousset, "Der Antichrist," p. 159). 4 ( comp. bousset 、 "デア反キリストは、 " p. 159 ) 。 In this world-conflagration Belial himself will be consumed (Sibyllines, iii. 73; compare the burning up of the primeval serpent Gohithar in Bundahis, xxx. 31).この世界的に消費される自身大火徒( sibyllines 、 Ⅲ 。 73 ;比較して燃焼させるの原始gohitharヘビbundahisに、 XXX 。 31 ) 。 Thus the fire of Gehenna which consumes the wicked angels and the stars (Enoch, xc. 24 et seq., et al.) was turned into a cosmic force bringing about the world's renewal.このように、地獄の火の中には邪悪な天使と消費の星(イノック、 90 。 24以下参照。 、らです。 )は、宇宙の力に変えられて、世界の再生をもたらす。

The Last Judgment.最後の判断だ。

The Messianic kingdom, being at best of mere earthly splendor, could not form the end, and so the Great Judgment was placed at its close and following the Resurrection.王国の救世主は、せいぜい、単なるこの世の素晴らしされ、最後に形ができなかった、との判断が大きいので、その近くに置かれると次の復活です。 Those that would not accept the belief in bodily resurrection probably dwelt with greater emphasis on the judgment of the souls after death (see Abraham, Testament of; Philo; Sadducees; Wisdom, Book of).それらを受け入れることはないという信念に住んで、おそらく肉体的復活を重視して判断しては、死後の魂(アブラハムを参照して、新約聖書の;フィロ; sadducees ;知恵は、書籍の)です。 Jewish eschatology combined the Resurrection with the Last Judgment: "God summons the soul from heaven and couples it again on earth with the body to bring man to judgment" (Sanh. 91b, after Ps. l. 4).ユダヤ教の終末論の最後の判断を併用しての復活: "神の魂を天から召喚してみてください地球上で、夫婦と男の体を持って判断する" ( sanh. 91b 、後しまう。 l. 4 ) 。 In the tenth week, that is, the seventh millennium, in the seventh part, that is, after the Messianic reign, there will be the great eternal judgment, to be followed by a new heaven with the celestial powers in sevenfold splendor (Enoch, xci. 15; comp. lxxxiv. 4, xciv. 9, xcviii. 10, civ. 5).第10週で、つまり、ミレニアムの7番、 7番目の部分で、それは、後の救世主治世は、永遠には、偉大な判断は、天国に続いて、新しい権限で7倍にして天体の素晴らしさ(イノック、 91 。 15 ;伴奏。 84 。 4 、 94 。 9 、 98 。 10 、 civ 。 5 ) 。 On "the day of the Great Judgment" angels and men alike will be judged, and the books opened in which the deeds of men are recorded (lxxxi. 4, lxxxix. 70 et seq., xc. 20, ciii. 3 et seq., civ. 1, cviii. 3) for life or for death; books in which all sins are written down, and the treasures of righteousness for the righteous, will be opened on that day (Syriac Apoc. Baruch, xxiv. 1). "その日は、偉大な判断力"と判断される天使と人間を問わず、本を開くと、男性では、記録さディーズ( lxxxi. 4 、 89 。 70以下参照。 、 90 。 20 、 ciii 。 3以下参照。 、 civ 。 1 、 cviii 。 3 )のために生きるか死ぬ;書籍は、すべての罪が書かれた銘柄が下げ、宝物と正義のための正義は、その日にオープンされる(シリア語apoc 。バルーク、 xxiv 。 1 ) 。 "All the secret thoughts of men will then be brought to light." "すべての人々の考えは、その後の秘密白日の下にさらされる"と述べた。 "Not long-suffering and mercy, but rigid justice, will prevail in this Last Judgment"; Gehenna and Paradise will appear opposite each other for the one or the other to enter (II Esd. vii. 33 et seq.). "長い間苦しんできたと慈悲ないが、厳格な正義は、この最後の判断が広まり" ;地獄と天国が表示されるため、お互いに向かい、他の1つまたはを入力する( ⅱれたESD 。第VII 。 33以下参照ください。 ) 。

This end will come "through no one but God alone" (ib. vi. 6).この終わりが来る"を通じて誰でも神の一人" ( ib. viのです。 6 ) 。 "No longer will time be granted for repentance, or for prayer and intercession by saints and prophets, but the Only One will give decision according to His One Law, whether for life or for everlasting destruction" (Syriac Apoc. Baruch, lxxxv. 9-12). "もはや時間が与えられるためには、悔い改め、あるいは仲裁のための祈りとされた聖徒と預言者ではなく、 1つだけは、 1つの法律によれば、彼の決定を与える、または永遠の生命を破壊するかどうか" (シリア語apoc 。バルーク、 85 。 9 -12 ) 。 The righteous ones will be recorded in the Book of Life (Book of Jubilees, xxx. 22, xxxvi. 10; Abot ii. 1; "Shepherd of Hermas," i. 32; Luke x. 20; Rev. iii. 5, xiii. 8, xx. 15).正しいものに記録されるのは、ブックオブライフ(書籍のjubileesに、 XXX 。 22 、 36 。 10 ; abot Ⅱ 。 1 ; "羊飼いのhermas 、 " i. 32 ;ルークXの20 ;牧師Ⅲ 。 5 、 13 。 8 、 XXのです。 15 ) 。 The righteous deeds and the sins will be weighed against each other in the scales of justice (Pesiḥ. R. 20; Ḳid. 40b).罪の善行とされるのは、お互いに対する体重のうろこの正義( pesiḥ.共和党20 ; ḳid 。 40b ) 。 According to the Testament of Abraham (A. xiii.), there are two angels, one on either side: one writes down the merits, the other the demerits, while Doḳiel, the archangel, weighs the two kinds against each other in a balance; and another, Pyroel ("angel of fire"), tries the works of men by fire, whether they are consumed or not; then the just souls are carried among the saved ones; those found unjust, among those who will meet their punishment.によると、新約聖書のアブラハム( a. 13世です。 )は、そこには2つの天使たちには、両側に1つ: 1つ下の書き込みのメリットは、他の短所は、 doḳiel中には、大天使は、 2種類の重さのバランスがお互いに反対;そしてもう一つは、 pyroel ( "エンジェルオブファイヤー" ) 、火災しようとした男たちの作品を、彼らは消費するかどうかは、その後の魂は運ばれるだけで保存したもののうち、 ;それらの不当な発見は、人々の間では、彼らの処罰を満たす。 Those whose merits and demerits are equal remain in a middle state, and the intercession of meritorious men such as Abraham saves them and brings them into paradise (Testament of Abraham, A. xiv.).だがその功罪半ばには平等な状態のままでは、男たちとの仲裁のようなアブラハムの勲功をもたらすとしてセーブしてパラダイス(新約聖書のアブラハムは、 a. 14 。 ) 。 According to the sterner doctrine of the Shammaites, these souls must undergo a process of purgation by fire; "they enter Gehenna, swing themselves up again, and are healed."スターナーによると、ドクトリンのshammaites 、これらの魂を浄化する過程を受ける必要があります火災; "地獄を入力して、再度アップスイング自体は、治癒したとは。 " This view, based upon Zech.このビューで、ツェッヒに基づいています。 xiii. 13 。 9, seems to be something like the Christian purgatory. 9 、と思われるように、キリスト教の煉獄。 According to the Hillelites, "He who is plenteous in mercy inclines the scale of justice toward mercy"-a view which shows (against Gunkel, "Der Prophet Ezra," 1900, p. 15) that Judaism believed in divine mercy independently of the Pauline faith (Tosef., Sanh. xiii. 3). hillelitesによると、 "彼は、慈悲深い人規模の正義に向かって斜め慈悲"とする見解を示す- (グンケルに対しては、 "デルの預言者エズラは、 " 1900年、 p. 15 )とユダヤ教の神の慈悲を信じて独立したポーリーン信仰( tosef. 、 sanh 。 13 。 3 ) 。 As recorder of the deeds of men in the heavenly books, "Enoch, the scribe of righteousness," is mentioned in Testament of Abraham, xi.; Lev.レコーダーとしては、男性は、天上の書籍を行い、 "イノックは、筆記体の正義"は、新約聖書のアブラハムに言及、 xi 。 ;レフです。 R. xiv.共和党14 。 has Elijah and the Messiah as heavenly recorders, a survival of the national Jewish eschatology.エリヤとは、救世主として天上レコーダーは、ユダヤ教の終末論は、国家の生存。

Gehenna.地獄です。

There is no Scriptural basis for the belief in retribution for the soul after death; this was supplied by the Babylonians and Persians, and received a Jewish coloring from the word "Gehinnom" (the valley of Hinnom), made detestable by the fires of the Moloch sacrifices of Manasseh (II Kings xxiii. 10).聖書の根拠がないという信念に基づいて死後の魂のために報復; babyloniansこれは、供給されるとペルシア人は、ユダヤ人との色付けを受け取ったという単語から" gehinnom " (谷hinnom )は、憎むべきされる前には、火災マナセの犠牲moloch ( ⅱキングス23 。 10 ) 。 According to 'Er.によると、 ' er 。 19a, the smoke from subterranean fires came up through the earth in this place; "there are cast the spirits of sinners and blasphemers and of those who work wickedness and pervert the words of the Prophets" (Enoch, cviii. 6). 19aは、地下の火災の煙から地球を思い付いたのは、この場所を通して; "罪人の霊をキャストには、不信心者の仕事と邪悪とは、預言者の言葉を悪用する" (イノック、 cviii 。 6 ) 。 Gehinnom has a double purpose, annihilation (Enoch, xciv. 1 et seq.) and eternal pain (II Esd. vii. 36 et seq.). gehinnomには、二重の目的は、消滅(イノックは、 94です。 1以下参照。 )と永遠の痛み( ⅱれたESD 。第VII 。 36以下参照ください。 ) 。 Gehinnom has seven names: "Sheol," "Abbadon," "Pit of Corruption," "Horrible Pit," "Mire of Clay," "Shadow of Death," and "Nether Parts of the Earth" (Jonah ii. 3; Ps. lxxxviii. 12 [A.V. 11], xvi. 10, xl. 3 [A.V. 2], cvii. 14; Ezek. xxvi. 20). gehinnomは7名: " sheol 、 " " abbadon " 、 "ピットの腐敗" 、 "身の毛もよだつピット" 、 "泥沼の粘土は、 " "死の影の下、 "と"地球の下の部分に" (ヨナⅡ 。 3 ;しまう。 88 。 12 [動静11 ]は、 16世です。 10 、 XLサイズです。 3 [動静2 ] 、 ) CVII 。 14 ; ezek 。 26 。 20 ) 。 It is also called "Tophet" (Isa. xxx. 33).それはとも呼ばれる"トペテ" ( xxx isa. 。 33 ) 。 It has seven departments, one beneath the other (Soṭah 10b).それには7つの部門には、 1つ下のその他( soṭah 10b ) 。 There are seven kinds of pains (II Esd. vii. 81 et seq.).そこには7種類の痛み( ⅱれたESD 。第VII 。 81以下参照ください。 ) 。 According to rabbinical tradition, thieves are condemned to fill an unfillable tank; the impure sink into a quagmire; thosethat sinned with the tongue are suspended thereby; some are suspended by the feet, hair, or eyelids; others eat hot coals and sand; others are devoured by worms, or placed alternately in snow and fire.ラビの伝統によると、窃盗犯は、死刑囚を埋めるunfillableタンク;の泥沼に沈む不純; thosethat sinned舌が停止しても、中断されたいくつかの足が、髪やまぶた;他で食べるホット石炭や砂;他devouredによっては、ワーム、または雪と火の中に交互に配置されます。 On Sabbath they are respited (see Dumah).かれらは猶予さ安息日( dumahを参照してください) 。 These conceptions, ascribed chiefly to Joshua ben Levi, have their parallel in the apocalyptic literature appropriated by the Christian Church (see Gehenna).これらの概念は、主に生得ジョシュアベンレヴィは、彼らの並列は、絶望的な文学賞が充当されるキリスト教教会(地獄を参照してください) 。 The punishment of the wicked endures twelve months, according to R. Akiba; the generation of the Flood will in time be released (Gen. R. xxviii.), but the punishment of those who have led others into heresy or dealt treacherously against the Law will never cease (Tosef., Sanh. xiii. 5).懲罰は、邪悪なendures 12カ月によると、共和党アキバ;の世代では、洪水時に発売( 28大将共和党です。 )が、懲罰を持っている人は他のLEDを裏切り、異端や反対取り扱った法律には変わりない( tosef. 、 sanh 。 13 。 5 ) 。

Gan 'Eden.甘'エデン。

The Garden of Eden is called the "Garden of Righteousness" (Enoch, xxxii. 3), being no longer an earthly paradise (ib. lx. 8, lxi. 12, lxx. 3).エデンの園の名前は"庭の正義" (イノック、 32 。 3 )は、あるが、もはやこの世の楽園( ib. 60 。 8 、 61 。 12 、 70 。 3 ) 。 It is above the earth, and its inhabitants are "clothed with garments of light and eternal life, and eat of the tree of life" (ib. lviii. 3) in the company of the Lord and His anointed.それは、地球上に、その住民たちは"光の衣装を着て永遠の命、そして食べるのは、ツリーオブライフ" ( ib. 58 。 3 )で、同社は、主と彼の聖なる。 In Slavonic Enoch its place is in the third heaven; its four streams pour out honey and milk, oil and wine (compare Sibyllines, ii. 318).イノックスラヴォニックその中で、第3位は天国;その4つのストリームをつぐハチミツや牛乳、油やワイン(比較sibyllines 、 Ⅱ 。 318 ) 。 It is prepared for the "righteous who suffer innocently, who do works of benevolence and walk without blame before God."のために準備することは、 "正義の無邪気に苦しむ人は、誰かと歩くことなく作品のせいにする前に、神の慈愛"と述べた。 It has been created since the beginning of the world, and will appear suddenly at the Judgment Day in all its glory (II Esd. vi.; comp. Pes. 54a).それが作成されて以来、世界の先頭には、突然の判断が表示されると、すべての栄光の日( ⅱれたESD 。 viのです。 ;伴奏。ペス。 54a ) 。 The righteous dwell in those heights where they enjoy the sight of the heavenly "ḥayyot" that carry God's throne (Syriac Apoc. Baruch, li. 11).ハイツ畏れる者はどこに住んで彼らは、天上の光景を楽しむ" ḥayyot "神の玉座を運ぶ(シリア語apoc 。バルーク、李です。 11 ) 。 As the wicked have a sevenfold pain the righteous have a sevenfold joy (II Esd. vii. 88 et seq.).邪悪な痛みがあるとして、 7倍の7倍の喜びがある正義( ⅱれたESD 。第VII 。 88以下参照ください。 ) 。 There are seven divisions for the righteous, which shine like the sun (Judges v. 31; comp. Matt. xiii. 43), the moon (Ps. lxxxix. 37), the firmament (Dan. xii. 3), lightnings, torches (Nahum ii. 5 [A. V. 4]), and lilies (Ps. xlv. 1, Hebr.).正義のために、 7つの部門には、太陽のように磨き(裁判官対31 ;伴奏。マットです。 13 。 43 )は、ザムーン( ps. 89 。 37 )は、大空( 12世dan. 。 3 ) 、 lightnings 、たいまつ(ナホムⅡ 。 5 [動静4 ] ) 、およびユリ( 45 ps. 。 1 、 hebr 。 ) 。 Each of these divisions is placed differently before the face of God.これらの各部門は、神の顔の前に置か異なっています。 Each of the righteous will have a mansion, and God will walk with them and lead them in a dance (Yer. Meg. ii. 73b).正しい者は、それぞれの邸宅がある、として歩くと、神がリードしてダンス( yer.メグです。 Ⅱ 。 73b ) 。 See Eden, Garden of.エデンを参照して、庭のです。

The Banquet.そのパーティです。

According to Ascensio Isaiæ, viii. ascensio isaiæによると、 viii 。 26, ix. 26日、 9世です。 18, xi. 18日、 xi 。 40, the righteous on the arrival of the Messiah receive in the seventh heaven garments of light as well as crowns and thrones. 40は、正義の救世主到着して、幸福の絶頂を受け取るだけでなく、光の衣装や偉大なるクラウンです。 No small part in the future bliss is played by the eating of the heavenly bread or manna (Sibyllines, Proœmium, 87; Ḥag. 12b; Tan., Beshallaḥ, ed. Buber, p. 21; comp. "the mysterious food," II Esd. ix. 19), the ambrosial milk and honey (Sibyllines, ii. 318, iii. 746), and, according to R. Joshua b.少なからぬ部分は、将来の幸福なプレーでは、天上のパンを食べたり、マンナ( sibyllines 、 proœmium 、 87 ; ḥag 。 12b ;タン。 、 beshallaḥ 、エド。ブーバー、 p. 21 ;伴奏です"の神秘的な食べ物は、 "静電気による2世です。 9 。 19 )は、非常に美味な牛乳とはちみつ( sibyllines 、 Ⅱ 。 318 、 Ⅲ 。 746 ) 、および、 Bのジョシュアによると、共和党 Levi, "the wine prepared from the beginning of the world" (Ber. 34b; comp. Matt. xxvi. 29).レヴィは、 "このワインは、世界の初めから準備した" ( ber. 34b ;伴奏。マットです。 26 。 29 ) 。 The very name for the highest bliss of the future is "the banquet" (Abot iii. 16), which is the same as "sitting at the table of the Messiah" (Rev. xix. 9; Luke xiii. 28-29, xxii. 30, et al.).非常に名前を至福の将来の夢は最高"のパーティ" ( abot Ⅲ 。 16 )は、これと同じです"と、テーブルに座って、救世主" (牧師19 。 9 ;ルーク13世です。二十八〜二十九、 22 。 30 、らです。 ) 。 It is called in rabbinical literature "se'uddat ha-liwyatan" (the banquet of the leviathan), that is to say, in accordance with Job xl.ラビ文学と呼ばれることは、 " se'uddatハ- liwyatan " (このパーティは、リバイアサン) 、これは、つまり、仕事のXLサイズに基づいています。 30 (A. V. xli. 6) the "ha-barim, or pious ones, shall hold their meal over it" (see Leviathan). 30 ( 41動静。 6 ) 、 "ハ- barim 、または信心深いものは、自分の食事をやり直すことは、ホールド" (リバイアサンを参照してください) 。 It seems that the Persian ox, "hadhayos," whose marrow imparts immortality to the eater (Bundahis, xxx. 25), gave rise to the idea of the behemoth and leviathan meal which is dwelt on in Enoch, lx.ペルシャ牛のように、 " hadhayos 、 "不滅の骨髄を好んで食べる人imparts ( bundahisに、 XXX 。 25 )は、そのアイデアを与えたの上昇は、巨大なものであると力説さで食事リヴァイアサンイノック、 60 。 7 et seq.; Syriac Apoc. 7以下参照。 ;シリア語apocです。 Baruch, xxix.バルーク、 29 。 4; II Esd. 4 ;静電気による2世です。 vi. viのです。 52; Targ. 52 ;ターグ。 Yer. yer 。 to Num.をNUM件です。 xi. xi 。 26, Ps. 26日、しまう。 civ. civ 。 26; B. B. 74b; Tan., Beshallaḥ, at end. 26 ; bb 74b ;タン。 、 beshallaḥ 、月末です。

But while this eudemonistic view is the popular one, based upon Isa.しかし、この中には、人気のある1つのビューeudemonistic 、のISAに基づいています。 lxv. 65 。 13 and Ps. 13およびPS 。 xxiii. 23 。 5 (Num. R. xxi.), there is also the higher and more spiritual view taught by Rab: "In the world to come there is neither eating, drinking, nor procreation, neither barter nor envy, neither hatred nor strife; but the righteous sit with their crowns on their heads and enjoy the splendor of the Shekinah; for it is said: 'And they saw God and did eat and drink'; that is, their seeing God was meat and drink to them" (Ber. 17a). 5 ( 21 num.共和党です。 ) 、そこでも、もっと精神的なビュー高いと教えられたページRab : "は、世界に来るにはどちらも食べ、飲み、また産み出すことは、どちらのバーター羨望も、どちらも憎しみも闘争;しかし、正義の上に座って、自分の頭と自分のクラウンの素晴らしさを楽しむのshekinah ;をしていると言わ: 'と彼らとは、神を見た飲み食い' ;それは、神は彼らの肉と飲み物を見て" ( ber. 17a ) 。 More characteristic still is the view of Rab's Palestinian contemporary R. Johanan: All the bliss for the future promised by the Prophets refers only to the Messianic time, whereas in regard to that which is in store for the righteous in the world to come it is said: "No eye hath seen it beside thee, O God" (Isa. lxiv. 3 [A. V. 4]; Ber. 34b; comp., however, Ex. R. xlv., at end, according to which God showed to Moses all the treasures in store for the doers of benevolent works).こちらの特徴は、ビューのページRabまだ現代のパレスチナ人の共和党johanan :至福のすべての将来のために約束された預言者のみを参照救世主時間が、これと関連していることで、世界の正義のために店に来ることはによると: "いや、なたの目の横にかれらを見て、あぁ、神" ( 64 isa. 。 3 [動静4 ] ; ber 。 34b ;伴奏。しかし、元。共和党45 。 、月末によると、どの神を見せてモーゼのすべての宝物の好意的な行いの者のために店の作品) 。 The New Testament sentence, "Many shall be last [there] that are first [here], and first [there] that are last [here]" (Matt. xix. 30, Greek), finds its explanation in the saying of a son of R. Joshua b.新約聖書の文章は、 "多くのものにして最後の[ある]は、最初[ここ] 、そして最後には最初の[そこ] [ここ] " ( 19 matt. 。 30日、ギリシャ語)は、その説明を見つけたと言っては、 Bの息子であるジョシュア共和党 Levi: "A contrary order of things I have seen in the world beyond: the high in station are low there, the lowly are placed on high" (Ber. 50a).レヴィ: "の順序を逆に私が見たものは、世界を超えて:駅の高さは低いが、この卑しい配置しては高い" ( ber. 50a ) 。

Only in the esoteric Essene circles whence the apocalyptic literature emanated were attempted all the elaborate descriptions of paradise that found their way into the Midrash Konen, the Ma'aseh Gan 'Eden, and similar midrashim of the geonic time given in Jellinek's "B. H."難解なだけで、絶望的でwhence essene文学界のすべての精巧な記述を放っていたの楽園を試みたが、道を見いだし、 konenミドラーシュは、甘ma'aseh 'エデン、および同様のmidrashimイェリネックgeonicで与えられた時間の"バーレーン" ii. Ⅱ 。 28, 52 et seq.; iii. 28日、 52以下参照。 ; Ⅲ 。 131, 191 et seq.; but these descriptions can be traced through early Christian back to Jewish sources (see "J. Q. R." vii. 595). 131 、 191以下参照。 ;しかし、これらの記述がトレースバックを介して初期キリスト教ユダヤ教のソース( "を参照してjqr "第VII 。 595 ) 。 Mystics like Naḥmanides in his "Sha'ar ha-Gemul" adopted these views; Maimonides and his school rejected them.神秘主義者のように彼のnaḥmanides " sha'arハ- gemul "これらの意見を採択; maimonidesと彼の学校を拒否してください。 The whole eschatological system of retribution through paradise and hell never assumed in Judaism the character of a dogmatic belief, and Talmudic Judaism boldly transferred the scene of the heavenly judgment from the hereafter to the annual Day of Judgment at the beginning of the year (R. H. 16b; see New-Year).終末論システム全体を通して天国と地獄の報復では決して仮定のキャラクターは、独断的な信念ユダヤ教、ユダヤ教と大胆に移管talmudicそのシーンは、天国の判断から、来世審判の日に毎年恒例の冒頭オブザイヤー( rh 16b ;新しい年を参照してください) 。 For Samaritan eschatology see Samaritans.サマリア人のサマリア終末論を参照してください。 The account above deals only with the early stages of the Jewish eschatological views, roughly speaking, down to the end of the Talmudic period.上記の取引だけで、アカウントの初期の段階では、ユダヤ教の終末論の見解は、大ざっぱに言えば、終わりに至るまでの期間talmudic 。 For later development and present-day views see Immortality; Judgment, Day of; Messiah; Resurrection.後で開発や今日の意見を参照してください不滅;判断は、 1日の;救世主;復活。

Kaufmann Kohlerカウフマンコーラー
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ百科事典は、 1901年から1906年の間に出版されます。

Bibliography: 参考文献:
Schürer, Gesch. schürer 、 gesch 。 3d ed., ii.三次元エド。 、 Ⅱ 。 496-556, where an extensive literature is given; Bousset, Die Religion des Judenthums im Neutestamentlichen Zeitalter, pp. 496〜556 、どこに、広範な文学賞が与えられた; bousset 、死ぬjudenthums宗教デイムneutestamentlichen zeitalter 、 pp 。 199-273, 473-483, Berlin, 1903; Charles, A Critical History of the Doctrine of a Future Life in Israel, in Judaism, and in Christianity, London, 1899; E. Böcklen, Die Verwandtschaft der Jüdisch-Christlichen mit der Parsischen Eschatologie, Göttingen, 1902; Hastings, Dict.百九十九〜二百七十三、四七三から四八三、ベルリン、 1903 ;チャールズは、重大な歴史の将来の生活の中で、イスラエルの教義は、ユダヤ教、キリスト教とは、ロンドン、 1899 ; e. böcklen 、死ぬjüdisch - christlichen MITのverwandtschaftデアデアparsischen eschatologie 、 göttingen 、 1902 ;ヘイスティングス、辞書です。 Bible; Cheyne and Black, Encyc.聖書;チェーンストークスと黒、 encyc 。 Bibl.; Hamburger, R. B. T. s.v. bibl 。 ;ハンバーガー、 rbt sv Auferstehung, Wiederbelebung der Todten, Messianische Zeit, Paradies Zukunftsmahl; Weber, System der Altsynagogalen Palestinischen Theologie, pp. auferstehung 、 wiederbelebungデアtodten 、 messianischeツァイト、 paradies zukunftsmahl ;ウェーバーは、システムデアaltsynagogalen palestinischen theologie 、 pp 。 322-386, Leipsic, 1880 (to be consulted with caution); Drummond, Jewish Messiah, London, 1877; P. Volz, Jüdische Eschatologie von Daniel bis Akiba, Leipsic, 1903.K. 322〜386 、リプシック、 1880年(相談して注意される) ;ドルモンドは、ユダヤ教の救世主、ロンドン、 1877 ; p. volz 、ダニエルビスアキバjüdische eschatologieフォン、リプシック、 1903.k.

Also, see:また、参照してください:
Second Coming of Christ キリストの再臨
Dispensation, Dispensationalism 天啓、天啓的史観
Views of the Millennium 意見は、そのミレニアム
Last Judgement 最終判断
Rapture, Tribulation ラプチャー、試練
Tribulation, Great Tribulation 試練は、大きな試練


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです