Eucharist聖体

(This presentation primarily discusses general perspectives on the Eucharist. At the end of this presentation are links to Protestant, Catholic and Jewish persectives. At the end of this presentation is a presentation of the Orthodox perspective.) (このプレゼンテーションを中心に議論して総合的な視点聖体。末尾にリンクして、このプレゼンテーションは、プロテスタント、カトリックとユダヤ教のpersectives 。末には、このプレゼンテーションは、プレゼンテーションのオーソドックスな視点です。 )

General Information 総合案内

Since early Christian times, the word Eucharist, from the Greek eucharistia ("thanksgiving"), has been used to describe the Sacrament that Jesus Christ instituted at the Last Supper.初期キリスト教時代以来、聖体という言葉は、ギリシャ語からeucharistia ( "感謝祭" )は、聖餐式を記述するために使用されたことは、イエスキリストの最後の晩餐設立。

Four accounts of the origin of the Eucharist are given in the New Testament (Matt. 26:26 - 29, Mark 14:22 - 25, Luke 22:15 - 20, and 1 Cor. 11:23 - 26). 4つの口座の聖体の起源は、新約聖書では、与えられた( matt. 26:26 -2 9、マーク1 4時2 2- 25 、ルカ22 :15-2 0、および1うわっ。 11 : 23-26 )。 There are minor variations, but all accounts agree that on the night before his crucifixion, Christ met with his disciples for a Last Supper. After solemn ritual acts he spoke of the bread as his body and the wine as his blood of the new Covenant.マイナーバリエーションには、しかし、すべてのアカウントに同意するものとして彼のはりつけの前の夜には、キリストの弟子に会って、最後の晩餐。 厳粛な儀式的な行為をした後、彼は、彼の体としてのパンとワインとしては、彼の新しい契約の血。

In the earliest written account, that of Saint Paul to the Corinthians, and in Luke, it is recorded that the disciples were instructed to continue the rite in remembrance of their Lord's death.書かれた最古のアカウントでは、コリンチャンスにして、セントポール、ルークとは、それが記録されたよう指示して弟子の儀式を続けるのは主君の死を記憶に留めている。 The celebration of the Eucharist was accordingly regarded as an essential part of worship in the early church and has remained a central observance of the Christian church ever since. It is variously described as the Lord's Supper, Holy Communion, and the Mass. Christians of all traditions, with very few exceptions, regard the observance of the sacrament as a binding obligation.したがって、聖体は、お祝いの不可欠な部分であると見なされて崇拝の初めには、中央の教会とは、キリスト教の教会以来遵守します。 多岐として記述することは、主の夕食は、聖体拝領し、すべてのキリスト教徒のミサ伝統は、非常に少数の例外を除いて、その遵守に関しては、聖礼典の義務として、結合します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Interpretations of the meaning of the Eucharist vary.聖体の意味の解釈により異なります。 Some Christian writers of the 2d century held that the Eucharist consists of two realities, an earthly and a heavenly.二次元作家は、いくつかのキリスト教の聖体世紀に行われたことは、 2つの現実には、この世と天国です。 In the Middle Ages, the doctrine of transubstantiation was developed; it has remained the official doctrine of the Roman Catholic church.中世では、その教義の変質が開発;ことが、関係者は依然、ローマカトリック教会の教義です。 According to this position, the substance, or inner reality, of the bread and wine are changed into the substance of the body and blood of Christ, but the accidents, or external qualities known through the senses (color, weight, taste), remain unchanged.このポジションによると、この物質は、内面の現実や、パンやワインは、その物質が変更には、キリストの体と血が、その事故は、外部の資質や感覚を通じて知ら(色、重量、味)は、依然として変わらず。

Other interpretations of the Eucharist were emphasized at the time of the Reformation.その他の解釈の聖体いる時点では、改革を強調した。 Protestant positions range from the Lutheran view of consubstantiation, which holds that Christ is present along with the unchanged reality of the bread and wine, to the symbolic interpretation of the Eucharist as a simple memorial of Christ's death.ルター派プロテスタントの立場からの眺め範囲共在説は、キリストが存在することを保持するとともに、変わらず現実には、パンやワインは、その象徴的な解釈を聖体としては、キリストの死を追悼単純です。

Despite differences of interpretation and variations in the manner and frequency of the rite, Christ's command, "Do this in remembrance of me," has been obeyed by Christians of every tradition throughout the centuries.にもかかわらず、解釈の違いやパターンの態度とは、周波数の儀式は、キリストのコマンドは、 "これが私の記憶では、 "言われたとおりにしてきた伝統の中のすべてのキリスト教徒世紀にもわたっている。 Thus the Eucharist has remained a central and universal expression of Christian devotion.したがって、聖体は、依然として、中央とキリスト教の普遍的な献身の表現です。

Charles W Ransonチャールズワットranson

Bibliography 文献情報
W R Crockett, Eucharist (1989); G D Kilpatrick, The Eucharist in Bible and Liturgy (1984); J M Powers, Eucharistic Theology (1967). wrケット、聖体( 1989 ) ; GDのキルパトリックは、聖書や典礼で聖体( 1984 ) ;ジャマイカパワーズ、 eucharistic神学( 1967 ) 。


Editor's Notesエディタの注意事項

There are some differences between the celebration of the Eucharist in various Churches.祝賀会の違いがいくつかありますが、様々な教会の聖体。 For more extensive discussion, including Advanced Information articles, please see either the (Protestant-oriented) Last Supper presentation or the (Catholic-oriented) Mass presentation, linked below.より広範な議論のため、詳細な情報を含む記事は、次のいずれかを参照してください(プロテスタント志向)やプレゼンテーションの最後の晩餐(カトリック志向)質量プレゼンテーションは、リンクをご覧ください。 A discussion of the Orthodox perspective is included below.オーソドックスな視点での議論が含まれては、以下のとおりです。

It is generally accepted by Christian scholars that the last meal of Jesus was a (Jewish) Seder meal which is part of the Passover celebration. BELIEVE includes a presentation on the Seder which includes the specific foods and procedures involved, along with the Jewish (historic) reasons for them.一般的に受け入れられることは、キリスト教の学者たちは、イエスキリストの最後の食事は、食事のセダー(ユダヤ人)が、ペサハ祝賀部分です。 信じるが含まれてプレゼンテーションして 、特定の食品が含まれてセーデルや手続きにかかわるとともに、ユダヤ教(歴史的な)上の理由を持っています。 References to Christian adaptations of the Seder are also included.参考文献には、キリスト教の翻案セーデルも含まれています。


The subject is an example of probably around 30 different important Christian subjects where individuals can apply their own preconceptions and assumptions to arrive at their own conclusions.件名には、さまざまな重要な例では、おそらく、およそ30人がキリスト教の科目で、自分の先入観を適用すると仮定して、独自の結論に到着する。 Catholics choose to believe that the bread "actually turns bloody" in the process of eating it, although they agree that there are NO outward signs of it. There is no possible way to argue against such a claim! If you had a dream or a nightmare last night, no one has any possible way of arguing that you did not, because it was a personal experience that cannot be confirmed or disputed by anyone else. So, if Catholics are right about the "becoming bloody" viewpoint, no critic could ever "prove" them wrong but also, they could never "prove" that they are right.カトリック教徒のパンを選ぶということを信じる"と、実際の電源が流血"の過程を食べることは、彼らに同意するものと外側の兆候がないことです。 そこではない可能性を主張するようなやり方に反対の論陣を張る!ていた場合は、夢や昨夜の悪夢は、誰がどんな方法の可能性を主張していないので、それは個人的な経験をして確認することはできませんかほかの誰にも係争中ですので、もし権利については、カトリック教徒は、 "流血になる"との観点は、評論家の可能性なしこれまで"を証明する"として間違っても、彼らは決して可能性"を証明する"とされている権利です。

Luther, and Calvin, and others, each felt that this was an illogical conclusion, and, more specifically, that the Bible does not clearly support the "bloody" interpretation. Some Protestants came to conclude that the bread was "merely symbolic" of the Lord, while others (following Luther) felt it really became the Lord, but in a non-bloody way.ルーサー、およびカルビン、および他のは、それぞれの感じたことは、この不合理な結論を出す、とは、具体的には、聖書にはないことを明確に支持する"血なまぐさい"と解釈した。 いくつかのプロテスタントを締結して来たパンは、 "単に象徴"とは、主に、他の(次のルーサー)は、主に実際に感じたことではなく、流血以外の方法です。

No one can either "prove" or "disprove" any of these viewpoints either. いいえのいずれか1つのこと"を証明する"または"反証"のいずれかの視点のどちらかだ。

It is a subject on which there can never be agreement! Each group has applied their own preconceptions and assumptions and decided on a specific conclusion/interpretation. Since the Bible does not include sufficient details to tell that one or another is more correct, they each should be considered "equally correct" (personal opinion), and therefore totally valid FOR THAT GROUP. これは、件名での合意が絶対にあるよ!各グループでは、自分の先入観を適用することを決めたと仮定して、特定の結論/解釈です。 聖書には含まれていないので、十分な詳細を伝えることの方が正しいことの1つまたは別のは、彼らの各考慮しなければならない"と同様に正しい" (個人的意見) 、およびそのグループしたがって完全に有効です。 Therefore, we see no cause or basis to criticize Catholics for their conclusion regarding Transubstantiation.従って、我々を批判する根拠はないと見るの原因やカトリック教徒については、結論を代用。 But we also see no cause or basis to criticize Zwingli et al for a purely symbolic understanding.しかし、我々も参照していないかの原因を批判する根拠ツウィングリらは、純粋に象徴的な理解だ。

Our Church feels that such arguments are pretty much irrelevant. What REALLY is important is how the Eucharist is perceived by and affects the specific person that partakes in it. If a person simply eats it, as a mundane piece of bread, it has no merit, in ANY Church!私たちの教会は感じているような引数はかなり低い。 実際には何が重要なのは、聖体がどのように知覚される、特定の人に影響を及ぼすことpartakesしてください。場合、単に人が食べることは、日常的な作品としてのパン、メリットがないことは、任意の教会! However, if the person's heart is deeply affected by the Rite (the REAL desire of the Lord), then it is valid, no matter what the opinions on interpretation might be.しかし、もしその人の心に深く影響を受けるのは、儀式(本当の願いは、主) 、そしてそれは有効ですが、どんな意見を解釈かもしれない。

We have a rather different thought to offer up on the subject!我々はどちらかというと違う考えを提供して服従する! Modern science has proven that there are an unbelievable number of atoms in even a small amount of any liquid or solid (Avogadro's number).近代科学がそのことを証明している人は、原子の数でさえ信じられないほど少量の液体や固体いかなる(アボガドロ数) 。 If there is a cup of coffee on your desk, or a glass of pop, or a Ritz cracker, or a candy bar, there are something like 100,000,000,000,000,000,000,000 atoms in it.一杯のコーヒーがあればあなたの机の上、または一杯のポップは、リッツやクラッカーやキャンディーバーでは、 100000000000000000000000原子のようにしてください。 When Jesus Lived, He breathed!イエスに住んとき、彼は息! Every breath He exhaled had water vapor in it and carbon dioxide, atoms and molecules that HAD BEEN PART OF HIS BODY.彼はすべての息が吐き出される水蒸気と二酸化炭素を交換することで、原子や分子していた自分の体の一部です。 A number of years back, I studied this subject carefully.数年前に、この問題を慎重に勉強しちゃった。 The winds of the world distribute such air, including those molecules, all around the world, within a couple years.風を配布するなど、世界の空気は、それらの分子を含め、全世界で、 2,3年です。 As a wheat plant is growing in Kansas, it takes in carbon dioxide and water vapor from the air, which then become part of that plant!小麦の栽培植物としては、カンザス州では、かかるが、二酸化炭素や水蒸気からの空気は、その後の植物の一部になること! The point here is that some of those molecules had actually been part of the Body of Jesus 2000 years earlier!ここでのポイントは、これらの分子が実際にあったいくつかの団体は、 2000年以前のボディイエス! I did the math on this, and was amazed!私は、数学では、とは驚いた! Every mouthful of that coffee certainly contains around a MILLION atoms that had once physically been part of the Body of Jesus!確かに含まれるすべてのコーヒーを口の周りには100万回原子物理的にされていた部分は、イエスキリストのボディ! Similar for crackers or candy bars!クラッカーやキャンディーバーでもほぼ同じです!

This is really an entirely different subject, but it certainly is an established fact.本当にこれは、全く別の件名が、それは、既成の事実は確かだ。 I see it as sort of affecting such arguments regarding the Nature of the Eucharist.私の見るところに影響を及ぼすような種類の引数としての性質についての聖体。 If someone wanted to think that the million atoms that ACTUALLY had been part of the Body of Jesus were "bloody", I cannot really argue against that, because some/most of those atoms certainly had been His blood and His flesh.もし誰かと思うと、 100万原子指名手配していた、実際のイエスキリストの体の部分は、 "流血"と、私は本当に反対の論陣を張ることは、いくつかの理由/原子確かにいた人のほとんどは、彼の血液や彼の体を引き裂いた。 However, if a different person would choose to look at that coffee as more "symbolic", well that is also sort of true!しかし、もし、別の人がコーヒーを選ぶようにしてこちらを見て"象徴的な"と、井戸でもある種の真実!

This is brought up to try to show that "arguments" on "human important perceptions" are probably not really very important.これは育つことを証明してみてください"引数"を"人間の重要な認識"とは恐らく非常に重要ではない。 Also, that you might look at EVERY piece of bread, and meat, and vegetable, and every glass of any liquid, in a new light!また、その場合は、すべての作品を見て、パン、肉、野菜、そしていかなるごとにコップ1杯の液体は、新たな光を! With the proper mind-set, I believe, one could see that EVERY bite of food and every sip of liquid is arguably "of Christ" in a VERY direct way!適切な心境では、と信じ、かむごとに1つの可能性を参照してすべての食品や液体をすするのは、間違いなく"キリスト"は、非常に直接的な方法! Instead of just sucking down a Pepsi, look at it for a moment, and contemplate these facts.ペプシしゃぶりダウンするだけではなく、それを見てしばらくすると、これらの事実を直視する。 I have a VERY large number of "religious experiences" in this way!私には非常に多くの"宗教的体験"をこのように!

Some Christians might get upset over the molecule discussion above.キリスト教徒は怒るかもしれないが、いくつかの分子の上に議論した。 NO, it is NOT meant as any replacement for Faith perceptions of the Eucharist!いいえ、それを置き換えるものではないという意味として信仰をくつがえすことは、いかなる聖体! It is NOT to imply that Faith perceptions are incorrect or incomplete.信仰ではないことを意味して認識が間違っているか不完全です。 Just the reverse!ちょうどその逆! Our small Church encourages all Members to spend a few seconds contemplating the wafer or bread about to be taken in the Eucharist Rite, in order to realize, in ADDITION to the Faith importance as described by their Church, the ACTUAL FACT that they are looking at and about to ingest ACTUAL PHYSICAL PARTS of the Body of Jesus!私たちの小さな教会のすべてのメンバーを奨励し、数秒で過ごすcontemplatingについては、ウエハーやパン、聖体の儀式に服用し、実現するためには、信仰の重要性に加えて、彼らの教会で記述されるとして、かれらは、実際の事実を見て約を摂取すると実際の物理的なパーツオブザボディイエス! Personally, I often get a shiver, in realizing just how intimately Jesus is to me in that Rite!個人的には、私がよく震える取得は、どのように実現するだけでは、イエスキリストを密接にして私の儀式! We hope that is also true among the Congregation!我々が期待して集まった人々の間でも本当!


Consubstantiation共在説

Possibly a solid Clarification! 明確化する可能性固体!

General Information 総合案内

Dear Editor:親愛なるエディタ:

I was browsing your article concerning the various views of the Lord's Supper, or Eucharist.私はあなたの記事を閲覧に関する様々な見方をして主の晩餐、または聖体。 You noted that none of the Lutheran pastors who have spoken with you could cite anything, beyond modern articles, asserting that the Lutheran position is not "consubstantiation."あなたなし注意してルター派の牧師たちの可能性を挙げることが話されて何か、現代の記事を超えて、ルター派の立場ではない主張し、 "共在説"と述べた。 Allow me, first, to present a source from the time of the Reformation and, second, to add some clarification.私にできるようには、まず、時間を提示することで、ソースからの改革とは、第二に、いくつかの明確化を追加する。

Nicolaus Selneccer(1530-1592), one of the authors/orchastrators of the Formula of Concord writes, "Although our churches use the old expressions 'in the bread', 'with the bread,' or 'under the bread' ... they do not teach an inclusio, consubstantiatio, or delitescentia. The meaning is rather that Christ, 'when giving the bread, gives us simultaneously His body to eat...'" Vom hl.ニコラウスselneccer ( 1530年から1592年)は、 1つの作者/ orchastrators呼応のフォーミュラの書き込みは、 "私たちの教会にもかかわらず、古い表現を使うのは、パンを' 、 'で、パン、 'または'の下でパン' ...彼らはありませんinclusio教えるのは、 consubstantiatio 、またはdelitescentia 。キリストを意味しては、まあまあ、 ' 、パンを与えるとき、同時に彼の体を食べるのは私たち...'" vom hl 。 Abendmahl des Herrn etc. (1591) Bl E 2. abendmahlデbl herrn等( 1591 ) 2 。

The reason Lutheran pastors get upset over the attribution of the term "consubstantaion" to our theology is two-fold.ルター派の牧師怒る理由は、任期帰属する" consubstantaion "私たちの神学には、 2つあります。

First, you may find in early Luther (the Luther of whom he himself writes, in his introduction to his Latin writings, was still a "raving papist.") that he preferred "consubstantiation," as argued by Peter d'Ailly's "Questiones on Peter Lombard."まず、初めに気付くかもしれません。ルーサー(自分自身の心に適うルーサーの書き込みは、彼のラテン語で彼の記述をはじめ、今では"絶世のカトリック教徒です。 " )というプリファード"共在説"を主張したピーターd' ailly's " questionesピーターロンバードしている。 " Luther preferred d'Ailly's view, however, largely for philosophical reasons.ルーサープリファードd' ailly'sビューで、しかし、大部分の哲学的な理由のためだ。 It required only a single miracle whereas transubstantiation, as it had been pushed from Aquinas to Duns Scotus required a second miracle: the annihilation of the substance of the bread.それは1つだけの奇跡が必須代用として押さされていたことからアクィナスドゥンススコトゥスを必要とする2番目の奇跡:この物質は、消滅のパンです。 Though, at the time, Luther only argues that it is "better philosophy" and would be preferred only if transubstantiation hadn't already been declared by the Church.しかし、当時、ルーサーのみを主張することは"よりよい哲学"となる推奨されていない場合にのみ変質宣言していた教会です。 So, the first reason why Lutherans reject the idea of consubstantiation is that the term itself is wrapped up in the same philosophical categories as transubstantiation and is, therefore, rejected on those grounds.だから、最初の理由だという考えを拒絶するlutherans共在説は、この用語自体は、哲学的没頭していて、同じカテゴリーとして代用されており、したがって、これらの理由で拒否しています。 The Lutheran objection to transubstantation wasn't so much that they excluded the bread/wine, but that the theory had dogmatized Aristotle which, in turn, speaks where Scripture has remained silent.ルター派transubstantationの反対を除外していたほどではないのパン/ワインが、その理論がどのdogmatizedアリストテレスは、電源、啓典は、どこに沈黙が喋る。 It forces theology in a way typical of Scholasticism: it sets up a principle (principium/Oberbegriff) as the "first thing," under which all our theology must be made to fit.これは典型的な方法で、軍の神学スコラ学:セットアップすることを原則(原則/ oberbegriff )として、 "第一印象は、 "我々の神学の下でのすべての前にフィットするようにしなければならない。 The Lord can't be forced into our principium, therefore, where the Lord has not declared the "how," we are best never to dogmatize our theories about how it may have been possible.主に私たちの原則を強制することはできませんので、主にどこではないと宣言し、 "どのようには、 "我々は我々の理論についての最良の方法は決してそれを独断的に主張する可能性がある可能性がされています。 Notice these words from the Smalcald Articles, III, 6 "We care nothing about the sophistical subtlety by which they teach that bread and wine leave or lose their own natural substance, and that there remains only the appearance and colour of bread, and not true bread..."これらの単語からの通知smalcald記事は、 3世は、 6 "我々 sophisticalケアについては、何もない繊細さを教えることが彼らを失うパンとワインを残すか、自分の天然物質は、遺跡があることと、外観や色のパンのみ、および当てはまるわけではないパン... " The criticism, here, isn't merely the conclusion (that bread is no longer) but the philosophical method, or "sophistical subtelty" which attempts to expalin the how.その批判は、ここでは、単にその結論ではない(これはもはやパン)だが、哲学的方法、または" sophistical subtelty "をどのように説明を試みます。 Lutherans were quite willing to allow for transubstantation, or even consubstantation, so long as the Church would not make a dogma of such. lutheransがとても喜んtransubstantationを可能にするため、あるいはconsubstantation 、そんなに長くはないとして、教会のような教義を作る。 The reason, in the Babylonian Captivity, Luther cites transubstantiation as one of the "three walls" having obscured the Gospel of the Sacrament is not that they have gotten rid of bread, but they have dogmatized a theory that can't be scripturally substantiated.その理由は、バビロン捕囚で、ルーサー変質の一つとして引き合いに出して、 " 3つの壁"が隠さの聖餐式の福音書ではないことを出して、パンを取り除くことが、彼らは、理論dogmatized裏付けscripturallyことはできません。 Thus, the reason we reject consubstantiation is for the very same reason we reject transubstantiation.従って、我々を拒否する理由は、非常に共在説は、我々と同じ理由で拒否代用。 Instead, we prefer to speak of the "Sacramental Union," or the "unio sacramentailis."その代わりに、我々に話すのを好む"聖礼典の労働組合は、 "または" unio sacramentailis 。 " The unio sacramentalis is the Lutheran counterpart to Roman transubstantiation, and Late Medieval consubstantiation, with which is it often mistakingly confounded.ルター派は、相手国のunio sacramentalisローマの代用には、中世後期共在説とは、これはmistakingly混乱することもしばしばです。 Like consubstantiation, unio sacramentalis presupposes the bread and body, wine and blood, exist together.共在説のように、その前提unio sacramentalisパンと体は、血液中のワインとは、共にある存在です。 Bread and wine are not destroyed or "transubstantiated."パンとワインではない破壊または" transubstantiated 。 " The difference, however, is that no theory is built up about the coexistence of two substances, reflecting the accidents of one to the exclusion of the other.その違いは、しかし、理論がないのは、内蔵する2つの物質の共存については、事故を反映して、他の1つを排除しています。

Second, we prefer not to be call "consubstantiationists," because the differentiation implied by the use of the term suggests that our primary "difference" in our confession of the Sacrament, against Rome, is that of bickering over the presence of bread and wine.第二に、我々に電話を希望しない" consubstantiationists 、 "黙示分化されるので、その用語の使用を示唆して私たちの原発"の違い"私たちの告白は、聖餐式は、対ローマ、言い争いは、それ以上の存在をパンとワイン。 This isn't the matter, at all.この問題ではない、すべてのです。 While we do believe Rome is wrong to dogmatize a philosophical theory (transubstantiation) our real "beef" with the Roman doctrine of the Eucharist is the *sacrifice* of the mass.私たちは信じている間に独断的に主張するのは間違っローマ哲学理論(変質)我々の本当の"牛肉"で、ローマの教義の聖体は、 * *は、大量の犠牲です。 Hence, as Luther says in the Babylonian captivity, they have turned what is truly Gospel (beneficium) into law (sacrificium).それ故に、バビロン捕囚としては、ルターによれば、彼らは何が真に出身ゴスペル( beneficium )を法律( sacrificium ) 。 That is, they have turned something that is primarilly God's gracious, Gospel-deliviering action *for us* into an action we offer to God in order to appease the wrath of the Father.つまり、彼らは神の電源が入っprimarilly優雅なものは、私たちの福音- delivieringアクション* *するための行動をご用意して、神の怒りを鎮めるためには、父親です。

Ryan T. Foutsライアンt. fouts


Communion聖体拝領

Orthodox Church Information正教会の情報

Preparation for Holy Communion聖体拝領の準備

Every Sunday is a special day, it is the Lord's Day.毎週日曜日には、特別な日には、それは主の日です。 It is the day when we gather as a family to worship and celebrate Christ's presence among us in the Holy Eucharist.それは我々を収集する際にその日の家族としてのキリストの存在を祝う礼拝とは、私たちの間で聖体。 It is when the Church as the people of God, the Body of Christ, is truly realized, and we become sacramentally what God intended us to be: united to Him in faith and love, and through Him, to one another.それはときとして、人々は神の教会、キリストの体には、真に実現は、神の意図は何sacramentallyになると我々が我々 :ユナイテッド彼には信仰と愛、そして彼を介して、別の1つだ。 It is in love and faith and worship that we are truly members of the Church.それは、私たちの愛と信仰と崇拝しては、真に教会の会員となっています。

From this standpoint, one can more clearly see that a local parish lives up to its true task and is a most genuine expression of the Church when its activity and its life center on the heart of the matter, true membership, expressed in faith, love and worship.このような観点から、 1つのことをより明確にして地元の教区の命を参照して、真の最大の課題とは、ほとんどの場合、正規表現は、教会の活動とその生活センターには、問題の核心は、本当の会員は、信仰を表明したが、愛と仕えています。 This is the ideal which each Parish and each Orthodox Christian holds before him.これは、理想的には、各教区と彼の前に、各正統派キリスト教を保持します。

One very important way of striving toward this ideal is preparation for partaking of Holy Communion, the purpose for which the Divine Liturgy is celebrated.非常に重要な手段の1つに向かって努力し、このための理想的な参加者は、準備中の聖体拝領は、その目的のためには、神の典礼を祝いました。 In our churches everywhere this Sacrament as well as the Sacrament of Holy Confession or Penance, are always touchstones of personal and parish renewal.私たちの至る所で、この教会の聖礼典聖餐式だけでなく、神聖な告白や贖罪は、個人や教区は常に更新touchstones 。

Orthodox Christians receive Holy Communion no less than four (4) times a year; Christmas, Easter, the Feast of the Holy Apostles (June 29), and the Feast of the Failing Asleep of the Theotokos (August 15).正統派キリスト教徒の聖体拝領を受ける未満のない一年の4倍( 4 ) ;クリスマス、イースターは、神聖な祝宴の使徒( 6月29日) 、眠っていると、宴会の失敗は、 theotokos ( 8月15日) 。 In every Divine Liturgy, however, the faithful are expected to approach and receive the Lord.すべて神の典礼は、しかし、忠実なアプローチが予想されると、主を受け取る。 Christian Orthodox should approach the Holy Chalice and receive the precious Body and Blood of Christ as often as possible following proper preparation, not just three or four times a year (See in. 6:53-58, Mt. 26:26-28, 1 Cor. 11:17-34).キリスト教正統派のアプローチは、聖なる聖杯を受け取ると、貴重な体とキリストの血をなるべく頻繁に以下の適切な準備だけでなく、年に3,4回(インチ6:53-58を参照して、山です。 26:26-28 、 1うわっ。 11:17-34 ) 。

What of the preparation for Holy Communion?聖体拝領の準備のためには何ですか? The best preparation is itself spiritual and has to do with our inner self, our soul and its disposition.最善の準備をしなければならないことは、それ自体が我々の精神的な内なる自己、我々の魂とその性質です。 Thinking that we are to take Communion is obviously the most important part, accompanied by a sincere effort to examine our life, its goals, values, aspirations, and characteristics.聖体拝領を取ると考えることは、明らかに私たちは最も重要な部分は、誠実な努力に付き添われて、私たちの生活を調べ、その目標は、価値観、願望、および特性です。 Where am I going?これから僕はどこに行くの? What are my values and priorities?優先順位はどのような価値観とは? What do I hold most dear?次に何をすれば最も親愛なるホールドですか? These are some of the questions one should ponder.これらはいくつかの質問に1つの熟考すべきです。 How tremendous if parents would discuss some of the questions with their children!驚異的な方法について議論する場合には、いくつかの質問に親が子どもと一緒!

Secondly, heartfelt prayer is an essential pre-requisite to preparing for Holy Communion.第二に、心からの祈りは、事前に必要不可欠な聖体拝領を準備しています。 Nothing prepares the soul for receiving Christ as much as sincere prayer, asking God for His forgiveness and thanking Him for all the many blessings and gifts He bestows upon us.キリストの魂を受信するための準備を何も同じくらい心からの祈りは、神を求めて彼に感謝するために彼のすべての罪を赦し、多くの祝福とbestows彼はわたしたちの贈り物です。 This is most effective when accompanied by a firm resolve to live a renewed Christian life.これは最も効果的なときに付き添われて確固たる決意を新たに住むクリスチャン生活を送っています。 Finally, there is fasting - meaningless without points one and two above.最後に、空腹時には-上記の二つの意味がなく、 1つのポイントです。 Fasting is both a means of self-discipline and a tangible reminder that one is indeed to receive Christ in Holy Communion.断食は、両方の自己鍛錬の一つの手段とする有形リマインダを受信することの1つは、実際には、キリスト聖体拝領。 As regards to specifics, a two or three day fast from meat and dairy products, fish (shell fish can be eaten), and alcoholic beverages, should precede the receiving of Holy Communion, provided that one also abstains from other pleasures and entertainment, concentrating on prayer and religious and Scripture reading.具体的に関連して、 2 〜 3日間の断食をするから肉や乳製品、魚(魚を食べられるのシェル) 、およびアルコール飲料は、先行すべき受理の聖体拝領、 abstainsから他にも提供して1つの快楽や娯楽、集中啓典の祈りや宗教や読書している。 The most appropriate way of preparation is to fast on Wednesday, the day Judas betrayed Christ, and Friday, the day of our Lord's crucifixion, prior to the Sunday Eucharist.最も適切な方法では、高速の準備20日には、キリストを裏切ったユダの日、そして金曜日は、その日の私たちの主のはりつけ、聖体を前に、日曜日です。

Orthodoxy insists on a strict fast before Communion, and nothing can be eaten or drunk after the previous midnight.速くする前に、厳密な正統性を主張して聖体拝領し、何も食べられるか、前の夜12時以降に酔っている。 In cases of sickness or genuine necessity, a Father Confessor can grant dispensations from this communion fast.酔いまたは正規の必要性を例には、助成金を分配する聴罪司祭は、この聖体拝領高速です。 The night before receiving Holy Communion one should read the Communion prayers, retire early, avoiding social engagements.前の晩には、 1つの受信聖体拝領聖体拝領の祈り読んで、早期引退は、社会的な約束を避けています。 Before going to church, children ask their parents for forgiveness, and parents, likewise, ask forgiveness of their children.教会に行く前に、子供たちを赦し、両親と尋ねると、両親は、同様に、自分たちの子供の許しを求めています。 Whether preparing to receive Holy Communion or not, we should not eat or drink anything prior to attending the Divine Liturgy.聖体拝領を受ける準備を進めているかどうかは、すべきではない、食べたり飲んだりする前に、神の典礼に出席。 The Divine Liturgy is our invitation to partake of the Lord's banquet and we are to receive the Holy Gift, in other words, Holy Communion, or the "antidoron", which means, "instead of the Gift".典礼の神が私たちの招待状は、主のパーティに参加すると我々は、神聖な贈り物を受け取ることは、言い換えれば、聖体拝領、または、 " antidoron " 、つまり、 "プレゼントの代わりに、 " 。

Prayers Before Receiving Holy Communion (page 73 of the Holy Cross Liturgical Hymnal)聖体拝領を受ける前の祈り( 73ページの聖十字架賛美歌典礼)

"I believe and confess, Lord, that You are truly the Christ, the Son of the living God, who came into the world to save sinners, of whom I am the first. I also believe that this is truly Your pure Body and that this is truly Your precious Blood. Therefore, I pray to You, have mercy upon me, and forgive my transgressions, voluntary and involuntary, in word and deed, known and unknown. And make me worthy without condemnation to partake of Your pure Mysteries for the forgiveness of sins and for life eternal. Amen. "と思うと告白は、主よ、本当にあなたは、キリストが、神の息子オブザリビングは、人の世界に入ってきた罪人を救う、私は、最初は誰だ。私も本当にしていると思われるこれは純粋な肉体としてこれは真にお客様の貴重な血液です。従って、私に祈りをささげることは、私には慈悲、そして私を許すtransgressions 、自発的な不随意とは、言葉と行動では、既知および未知のです。とさせてくれるものを食べるの非難に値することなく、お客様のために純粋な謎罪の赦しと永遠の生命のためだ。アーメン。

How shall I, who am unworthy, enter into the splendor of Your saints?どうしてわたしは、誰に値しない時は、お客様の聖人の素晴らしさに入るのですか? If I dare to enter into the bridal chamber, my clothing will accuse me, since it is not a wedding garment; and being bound up, I shall be cast out by the angels.もしやってみろブライダル室に入ることは、私の服は、私を非難、結婚式の礼服ではありませんので;とらわれずにすると、わたしは、天使たちにキャストアウトされた。 In Your love, Lord, cleanse my soul and save me.あなたの愛は、主よ、私の魂を浄化する私にして保存します。 Loving Master, Lord Jesus Christ, my God, let not these holy Gifts be to my condemnation because of my unworthiness, but for the cleansing and sanctification of soul and body and the pledge of the future life and kingdom.愛する主人は、主イエスキリストは、私の神は、これらの神聖な贈り物をしないようにして私のために非難をunworthiness私が、魂を浄化し、体内の清浄化とは、将来の生活や王国を誓う。 It is good for me to cling to God and to place in Him the hope of my salvation.良いことは、神のためにしがみつく私には彼の希望の場所として私の救いだ。

Receive me today, Son of God, as a partaker of Your mystical Supper.受け取る私今日では、神の息子として、神秘的な夕食のお相伴。 I will not reveal Your mystery to Your adversaries.謎を明らかにして、私はそれを敵にしています。 Nor will I give You a kiss as did Judas.私は皆さんにもキスとしては、ユダでした。 But as the thief I confess to You: Lord, remember me in Your kingdom."しかし、その泥棒は私にあなたを告白:主よ、私はあなたの王国を覚えています。 "

Thanksgiving Following Holy Communion (page 155 of the Holy Cross Liturgical Hymnal)感謝祭の次の聖体拝領( 155ページでは、聖十字架賛美歌典礼)

Glory to you, our God, glory to you.栄光をあなたは、私たちの神は、栄光になります。

Glory to you, our God, glory to you.栄光をあなたは、私たちの神は、栄光になります。

Glory to you, our God, glory to you.栄光をあなたは、私たちの神は、栄光になります。

ANONYMOUS匿名

Lord Jesus Christ, our God, let Your sacred Body be unto me for eternal life and Your precious Blood for forgiveness of sins.主イエスキリストは、私たちの神は、神聖なあなたのために永遠の生命体とわたしがあなたの罪の許しのための貴重な血液です。 Let this Eucharist be unto me for joy, health and gladness.この聖体せ喜びのためにわたしは、健康や喜びです。 And in Your awesome Second Coming make me, a sinner, worthy to stand at the right hand of Your glory; through the intercessions of Your pure Mother and of all Your Saints.お客様の再臨すごいとさせてくれるもので、罪人は、立派に立つのは、あなたの右手の栄光; intercessionsを通じて、お客様の純粋な母親とのすべてのお客様の聖人。 Amen.アーメン。

SAINT BASIL聖バシリウス

I thank You, Christ and Master our God, King of the ages and Creator of all things, for all the good gifts You have given me, and especially for the participation in Your pure and life-giving mysteries.ありがとう私は、キリストと私たちの神のマスターは、年齢やキングオブザ凡てのものの創造は、すべての良い贈り物を与えてくれて、特に参加のための純粋さと生命の神秘している。 I, therefore, pray to You, good and loving Lord: keep me under Your protection and under the shadow of Your wings.私は、そのため、あなたのための祈りには、良好で、愛する主:お客様の保護の下におくと私の影の下でお客様の翼。 Grant that to my last breath I may with a pure conscience partake worthily of Your gifts for the forgiveness of sins and for eternal life.私の最後の息を付与してよいかもしれませんが、純粋な良心を立派に参加してプレゼント用の罪の赦しと永遠の命のためだ。 For You are the bread of life, the source of holiness, the giver of all good things, and to You we give glory, with the Father and the Holy Spirit, now and forever and to the ages of ages.生活のためにあなたが、パンは、ソースのホーリネスは、寄贈者のすべての良いことは、あなたと私たちに栄光を与える、との父と聖霊は、今と永遠歳の年齢層としています。 Amen.アーメン。

ANONYMOUS匿名

I thank You, Lord my God, that You have not rejected me, a sinner, but have made me worthy to partake of Your holy mysteries.ありがとう私は、私の神主よ、私に拒否されたことをお持ちでない方は、罪人が、立派に参加することに、私はあなたの神聖な謎だ。 I thank You that You have permitted me, although I am unworthy, to receive Your pure and heavenly gifts.あなたが私を許可していただきありがとうございます私は、私は値しないにもかかわらず、天の贈り物を受け取ることとして純粋だ。 O loving Master, who died and rose for our sake, and grnted to us these awesome and life-gigin mysteries for the well-being and sanctification of our souls and bodies, let these gifts be for healing of my own soul and body, the averting of every evil, the illumination of the eyes of my heart, the peace of my spiritual powers, a faith unashamed, a love unfeigned, the fulfilling of wisdom, the observing of Your commandments, the receiving of Your diving grace, and the inheritance of Your kingdom. o愛する主人は、私たちのために亡くなったとバラのために、そして、私たちにとってこれらのgrntedすごいと生命の神秘をgiginウェルビーイングと清浄化と私たちの魂の遺体は、このような贈り物にせのために自分自身の魂と体を癒し、回避のすべての悪のは、私の心の目には照明が、私の精神的な平和勢力は、あからさまな信仰は、偽りのない愛と、知恵の充実、お客様の戒めの観測は、ダイビングのお恵みを受けており、相続お客様の王国です。 Preserved by them in Your holiness, may I always be mindful of Your grace and no longer live for myself, but for You, our Master and Benefactor.ホーリネスをして保存して、私はいつも可能性に留意して生きるための恵みと、もはや自分自身ではなく、あなたは、私たちのマスタとの恩人です。 May I pass from this life in the hope of eternal life, and attain to the everlasting rest, where the voices of Your Saints who feast are unceasing, and their joy, beholding the ineffable beauty of Your countenance, is unending. 5月私の人生は、このパスからの永遠の命を期待し、永遠の休息を達成して、あなたの聖徒たちの声はどこ祝宴には絶え間ない、と彼らの喜びは、筆舌に尽くし難い美しさbeholding 、お客様の顔が後を絶たない。 For You, Christ our God, are the true joy and the inexpresable gladness of those who love You, and all creation praises You forever.あなたは、私たちの神、キリストは、喜びとは、真の愛の人たちの喜びinexpresableあなたは、あなたとすべての創造永遠に褒める。 Amen.アーメン。


Also, see:また、参照してください:
(Protestant-oriented) Last Supper 最後の晩餐(プロテスタント志向)
(Catholic oriented) Mass (カトリック指向)質量
Sacraments 秘跡
(Jewish) Seder (ユダヤ人)セーデル

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです