Faith信仰

General Information 総合案内

Faith is in general the persuasion of the mind that a certain statement is true (Phil. 1:27; 2 Thess. 2:13).一般的には、信仰心の説得して、特定のステートメントが真( phil. 1 : 27 ; 2 thess 。 2時13分) 。 Its primary idea is trust.その主なアイデアは信頼だ。 A thing is true, and therefore worthy of trust.本当のことは、それゆえに価値があると信じています。 It admits of many degrees up to full assurance of faith, in accordance with the evidence on which it rests.度を認めて、多くのことを完全に保証する信仰は、証拠に基づき、それ置きしている。 Faith is the result of teaching (Rom. 10:14-17).教えることは、信仰の結果( rom. 10:14-17 ) 。 Knowledge is an essential element in all faith, and is sometimes spoken of as an equivalent to faith (John 10:38; 1 John 2:3).知識は、すべての信仰の本質的な要素では、とはときどき話されるのと同等として信仰(ヨハネ10:38 ; 1ジョン2時03分) 。 Yet the two are distinguished in this respect, that faith includes in it assent, which is an act of the will in addition to the act of the understanding Assent to the truth is of the essence of faith, and the ultimate ground on which our assent to any revealed truth rests is the veracity of God.しかし、二人は著名なこの点で、信仰の対象に含めることに同意すること、つまり、その行為は、その行為に加えて、真実の理解に同意するのは、信仰の本質、そして私たちの究極の地面に同意してすべての真実を明らかにして置き、信ぴょう性は、神です。

Historical faith is the apprehension of and assent to certain statements which are regarded as mere facts of history.歴史的な信仰の逮捕とは、特定の発言に同意するのは、単なる歴史的事実と見なされています。 Temporary faith is that state of mind which is awakened in men (e.g., Felix) by the exhibition of the truth and by the influence of religious sympathy, or by what is sometimes styled the common operation of the Holy Spirit.仮設のは、信仰心の状態が目覚める男性(例えば、フェリックス)された今回の展示会は、宗教的な影響を真実と同情されるか、またはどのようなスタイルの共通の操作はときどき、聖霊です。 Saving faith is so called because it has eternal life inseparably connected with it.貯蓄信仰は、いわゆるので、それは永遠の命を密接につながっています。 It cannot be better defined than in the words of the Assembly's Shorter Catechism: "Faith in Jesus Christ is a saving grace, whereby we receive and rest upon him alone for salvation, as he is offered to us in the gospel."より良い定義することはできませんが、短い言葉では、アセンブリの公教要理: "信仰は、イエスキリストが取りえで、残りを受領し、我々だけのために彼を救い、彼は、私たちにとっては、福音を提供しています。 " The object of saving faith is the whole revealed Word of God.このオブジェクトの貯蓄信仰は神のみことば全体を明らかにした。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Faith accepts and believes it as the very truth most sure.信仰を受け入れるとは考えて、非常に真理として最も確実です。 But the special act of faith which unites to Christ has as its object the person and the work of the Lord Jesus Christ (John 7:38; Acts 16:31).しかし、特別法の信仰をunitesキリストがどのような人と、そのオブジェクトの作業は、主イエスキリスト(ジョン7 : 38 ;行為を16時31分) 。 This is the specific act of faith by which a sinner is justified before God (Rom. 3:22, 25; Gal. 2:16; Phil. 3:9; John 3:16-36; Acts 10:43; 16:31).これは信仰によって、特定の行為を正当化する罪人は、神の前( rom. 3時22分、 25 ;ギャル。 2時16 ;フィル。 3時09分;ジョン3:16-36 ;行為10:43 ; 16 : 31 ) 。 In this act of faith the believer appropriates and rests on Christ alone as Mediator in all his offices.この行為は、信者の信仰にかかっているとキリストappropriates調停者としてだけで、すべて彼の事務所です。 This assent to or belief in the truth received upon the divine testimony has always associated with it a deep sense of sin, a distinct view of Christ, a consenting will, and a loving heart, together with a reliance on, a trusting in, or resting in Christ.この信念に同意するかは、神の真実の証言を受け取った時は常に関連付けられていることに深い罪の意識は、はっきりとキリストのビューで、同意は、愛する心と、一緒に依存して、信じて疑わないで、あるいは安静時に、キリストです。 It is that state of mind in which a poor sinner, conscious of his sin, flees from his guilty self to Christ his Saviour, and rolls over the burden of all his sins on him.それは、貧しい人々の心の状態罪人は、自分の罪を意識し、自分の罪を犯したから自己fleesキリストを救い主彼は、ロールオーバーと彼の罪をすべて負担していた。 It consists chiefly, not in the assent given to the testimony of God in his Word, but in embracing with fiducial reliance and trust the one and only Saviour whom God reveals.それは主に、同意を与えられていないのは、神の証言で彼の言葉ではなく、信頼性と信頼を包含して、 1つの基準と明らかに神のみ救い主です。 This trust and reliance is of the essence of faith.これは、信頼と信頼性の信仰の真髄です。

By faith the believer directly and immediately appropriates Christ as his own.信仰によって、キリスト信者として直接appropriatesとすぐに彼自身です。 Faith in its direct act makes Christ ours.信仰は、キリストの直接行動を考えましょう。 It is not a work which God graciously accepts instead of perfect obedience, but is only the hand by which we take hold of the person and work of our Redeemer as the only ground of our salvation.仕事ではないことを、神の代わりに完璧な服従を快く受け入れるが、これは我々だけの手によってその人と仕事を手に私たちの救い主として、私たちの救世地上のみです。 Saving faith is a moral act, as it proceeds from a renewed will, and a renewed will is necessary to believing assent to the truth of God (1 Cor. 2:14; 2 Cor. 4:4).貯蓄信仰は、道徳的な行為は、それからの収益としては、リニューアルし、新たに同意する必要があると信じ、神の真理( 1うわっ。 2時14 ; 2うわっ。 4時04分) 。 Faith, therefore, has its seat in the moral part of our nature fully as much as in the intellectual.信仰は、したがって、座席には、道徳的な部分は、私たちの自然を完全に同じくらいの知的です。 The mind must first be enlightened by divine teaching (John 6:44; Acts 13:48; 2 Cor. 4:6; Eph. 1:17, 18) before it can discern the things of the Spirit.心には、まず神の教えで悟りを開いた(ジョン6 : 44 ;行為13 : 48 ; 2うわっ。 4時06分; eph 。 1時17分、 18 )の前に識別することができますが、物事の精神です。

Faith is necessary to our salvation (Mark 16:16), not because there is any merit in it, but simply because it is the sinner's taking the place assigned him by God, his falling in with what God is doing.私たちの信仰が必要と救世(マーク16時16分)ではなく、どんなメリットがあるためだが、それだけでは、罪人のために服用された神の場所に割り当てられて彼は、彼の落下して、神がやっているものです。 The warrant or ground of faith is the divine testimony, not the reasonableness of what God says, but the simple fact that he says it.令状や地上の信仰は、神の証言は、合理性のないものによれば、神は、しかし、単純な事実だと語っています。 Faith rests immediately on, "Thus saith the Lord."信仰を置き、すぐには、 "このように、主は言う。 " But in order to this faith the veracity, sincerity, and truth of God must be owned and appreciated, together with his unchangeableness.しかし、このためには信仰の信ぴょう、誠実さ、そして神の真理を所有しなければならないと感謝し、一緒に彼の不変性です。 God's word encourages and emboldens the sinner personally to transact with Christ as God's gift, to close with him, embrace him, give himself to Christ, and take Christ as his.神の言葉を奨励emboldensの罪人とは個人的に取引して、神の贈り物として、キリストは、彼を閉じるには、抱擁彼は、自分自身を与えるキリストは、キリストとして、彼を取る。

That word comes with power, for it is the word of God who has revealed himself in his works, and especially in the cross.その単語の電源に付属して、それは神のみことばを誰が彼の作品の中の自分を明らかにし、特にクロス。 God is to be believed for his word's sake, but also for his name's sake.神は彼の言葉を信じされるのために、彼の名前のためにも。 Faith in Christ secures for the believer freedom from condemnation, or justification before God; a participation in the life that is in Christ, the divine life (John 14:19; Rom. 6:4-10; Eph. 4:15,16, etc.); "peace with God" (Rom. 5:1); and sanctification (Acts 26:18; Gal. 5:6; Acts 15:9).キリストを信じているから非難を自由に固定用の信奉者は、神の前または正当;での参加は、人生の中では、キリストは、神の生命(ジョン14 : 19 ; ROMのです。 6:4-10 ; eph 。 4:15,16等) ; "平和と神" ( rom. 5時01分) ;と清浄化(行為26:18 ;ギャル。 5時06分、 15時09行為) 。 All who thus believe in Christ will certainly be saved (John 6:37, 40; 10:27, 28; Rom. 8:1).こうして、キリストを信じるすべての人は確実に保存される(ジョン6時37分、 40 ; 10:27 、 28 ; ROMのです。 8時01分) 。 The faith=the gospel (Acts 6:7; Rom. 1: 5; Gal. 1:23; 1 Tim. 3:9; Jude 3).福音信仰= ( 6時07行為; ROMのです。 1 : 5 ;ギャル。 1 : 23 ; 1ティム。 3時09分;ジュード3 ) 。


Christian Faithキリスト教の信仰

(Editor's Comments) (編集者のコメント)

To a Christian believer, the articles of this presentation probably will make sense, but a non-believer might have great difficulty comprehending the concept of Christian Faith.キリスト教信者には、おそらくこのプレゼンテーションは、その記事の意味ではなく、非信者comprehending困り抜く可能性があるという概念をキリスト教の信仰です。 For this purpose, we chose to interject an analogy here.この目的のため、我々の類推interjectここを選んだ。

Imagine that a very nice stranger came to your town, and that he asked you to do something that would be very difficult for you.想像して、非常にすてきな見知らぬ町に来たお客様、そしてあなたに何かして彼は尋ねたことは非常に難しいことです。 He asks you to collect ALL the money and assets you have ever accumulated in your life, including car title, house title and all the rest, and to flush it all down a toilet!彼のすべての資金を集める求められた場合、あなたが今までに蓄積された資産をあなたの人生には、車のタイトルを含め、すべてのタイトルと、残りの家は、それをフラッシュすると、すべてのダウントイレ! Everything!すべて! But why would you even consider doing that?しかし、どうしてそんなことも検討していると思うか? Because this nice man says that once you do that, the future will bring enormous financial prosperity to you, beyond your wildest imagination!というのも、これによると、ニースの男性が完了したら、将来的に莫大な財政的に繁栄をもたらすことは、あなたの想像を超えて!

(You might note that this analogy resembles all of the huge Lottery programs that many States now operate, but in a more extreme sense.) You certainly want to listen to this nice man, because he keeps talking about unimaginable wealth and prosperity! (場合によってはこの類似性に注意して巨額の宝くじに似ているすべてのプログラムを運営して今の多くの州ではなく、もっと極端な感覚です。 )確かにしたい場合、このすてきな男に耳を傾けるため、彼は想像を絶する富と繁栄を続けて話してよ! But why can't you just flush "a little" down the toilet?しかし、なぜあなただけをフラッシュすることはできない"と、ちょっと"落ちてしまいましたか? He tells you that will not work, and that you would have to flush absolutely everything that you own of material value in order for this to work.あなたと彼は言うが、それが何の仕事をし、絶対にフラッシュするものがある場合にはすべての所有者であることを材料に値をこの作業のために注文した。

Can you imagine the dilemma you would be contemplating?あなたのジレンマを想像できますcontemplatingだろうか? If this nice man can be trusted to be telling the truth, then you are absolutely guaranteed of unimaginable wealth.信頼されている場合、このすてきな男が、真実を伝えるには、絶対に保証している富の想像を絶する。 But what if it doesn't work, or if he is lying to you?しかし、どのような仕事を完了していない場合、あるいは彼はうそをついている場合がありますか? In that case, everything you have ever worked for is gone forever, and you are now destitute.その場合は、すべてのために働いたことがある人は永久に、そしてあなたが今極貧です。 No "shades of gray" are available here, your choice is very simply "black or white", yes or no.いいえ"グレーの色合い"が利用可能ここでは、お客様の選択肢は非常に単純に"白か黒か"は、はいまたはいいえ。

So, how do you wind up resolving this situation?だから、あなたはどうすればこの状況を解決する羽目になるか? You think and think, and you try to figure out this nice man.と考えると思いますし、この場合やさしかったてみてください。 You have absolutely no evidence whatever that what he says is actually true!あなたがどのような証拠が全くないと彼は言いますが実際にどのような真の! But the reward is so attractive that it is very hard to ignore.しかし、報酬は非常に魅力的なことを無視してしまうことは非常に難しい。 At some point, you will have to decide whether you really, really believe what he is saying or not, without any way to confirm your choice.は、ある時点で、あなたに大きく影響を与えるかどうかを決める本当に、本当に信じて彼が言ってなかろうとは、どのような方法を選択して確認してください。

You can easily see that many people would choose to consider him a liar or a scoundrel or simply a misinformed nice man, and thereby pass on that opportunity.簡単に確認することができますが、多くの人が彼をうそつきを選択するかを検討したりするだけでは誤解に基づいた悪党すてきな男で、もってその機会を生かして合格しています。 However, there would also be some people who would accept the offer, for any of a number of personal reasons.しかし、そこにもいくつかの提案を受け入れるという人々は、いずれかのために数多くの個人的な理由です。 There are some people who are extremely trusting, and they would agree very quickly.いくつかありますが、非常に信頼を寄せている人々は、彼らが同意すると非常に早くています。 There are others who are more cautious or skeptical, and would only agree after studying the man for a while, watching for any errors or inconsistencies, and eventually concluding that they did not see any.他には懐疑的な人はもっと慎重たり、勉強とは、男性のみに同意した後しばらくの間は、いかなるエラーや矛盾を見て、そして最終的締結していないと表示されています。 There are yet others who might be skeptical people, but who have recently experienced horrendous hardship and have already "lost everything" and so feel that they have little to lose.他の人にはまだ懐疑的な人々かもしれないが、恐ろしい経験を積んだ人がこのほど、苦難とはすでに"すべてを失った"と感じることがほとんどないので失うものです。 After all, if all you have in the world is a nickel, flushing that nickel down a toilet might not be unusually stressful.結局のところ、もしあなたがすべての世界では、ニッケル、ニッケルフラッシングダウンして、トイレ異常にストレスのたまるかもしれない。

This analogy is meant to show the main aspects of Faith.この似ているのは、メインの側面を意図して信仰を示す。 A person has already established something that is felt to be of (great) value, a personality and a way of living.ある人は、すでに確立されるものを感じたのは、 (大)の値は、人格や生き方。 Then along comes Christianity, which expects the person to voluntarily dismiss many of the central thoughts and behaviors which have been built up, and for what?次に来るキリスト教に沿って、これを見込んでその人の多くは、自主的に却下されてきた中心的な考えや行動が蓄積されていく、とは何ですか? For the "absolute promise" of future happiness and prosperity that cannot be imagined!は、 "絶対的な約束"して、将来の幸福と繁栄を想像することはできません! And the "program" is such that it cannot be done "part way"; it is presented as an all or nothing choice.そして、 "プログラム"は、このようなことを実行することはできません"の部分の方法" ;として提示することは、のるかそるかの選択です。 When each person evaluates this opportunity, the reactions and responses are many and varied.この機会に一人一人を評価するときに、その反応との回答が多く、変化に富んだ。 There are some who are trusting and who immediately accept.いくつかありますが、すぐに受け入れる人たちと信じて疑わない。 There are others who are very "practical" and who insist on "solid evidence" before agreeing, and since such absolute proof is not available, they are unwilling to make a commitment, and maybe they never will.そこには他の人には非常に"実用的"と主張する人"確かな証拠"に同意する前に、このような絶対的な証拠が利用できないので、彼らは不本意なコミットメントを行う、と彼らは決してかもしれないが。 In between, there are countless people who are attracted to the possibility of Everlasting Life and Happiness in Heaven, but who are (rightfully, in the modern world) skeptical of such amazing offers.間には、そこには数えきれないほどの可能性に注目している人々の永遠の生命と幸福を天国には、誰でもが、 (当然、現代の世界で)このような驚くべきオファーに懐疑的である。 They want to learn everything they can about what is claimed by Christianity and about this "Jesus" around Whom it all depends.彼らのすべてを学びたいことができるものについては、キリスト教の領有権を主張し、これについては"イエス"の周りのすべての人に依存することです。

But no matter how much studying they will do, no one will ever find absolute proof that the claims (which are therefore called beliefs) of Christianity are actually true.しかし、いくら勉強していない彼らは、誰も絶対的な証拠を見つけることは、これまでの主張(これは、そのための信念と呼ばれる)は、実際にキリスト教の真実です。 So, however an individual arrives at that point, a "leap of Faith" is eventually necessary, if the person is to make the "total commitment" that is necessary.このため、個々の届くしかしこの時点で、 "信仰の飛躍"は、最終的に必要な、もしその人を作るのは、 "トータルコミットメント"ことが必要だ。

It is reasonable to think of it this way: the Lord offers each person a sort of "contract".合理的なことを考えることは、この方法:主に提供し、一人一人がある種の"契約"です。 On His side, He offers entrance to Heaven and eternal Happiness.彼の側にして、彼は天国への入り口と永遠の幸福を提供しています。 On the person's side, the contract requirements are relatively simple but absolutely required, that of a total commitment to the Lord God as the One and Only god, and of a consistent belief and behavior from that moment on.上の人の側には、その契約は比較的単純だが絶対に必要な要件は、合計のコミットメントをして、主の神と神のみぞの1つとしては、信念と行動との整合性から、その瞬間にしています。 This "contract" is referred to as Salvation.この"契約"と呼ばれることが救いだ。 The person does NOT receive a written copy of it!その人はありません書面の写しを受け取ること! It is entirely on Faith that a person must continue to believe that the Salvation contract is in effect, since the actual proof will not be available until after physical death.それは、完全にして信仰していると思われる人物を続行する必要があります救世契約が有効な場合、証明されませんので、実際の物理的な死の後に利用可能になるまでです。

The scholarly articles in this presentation tend to imply that Faith is a rather cold and impersonal subject.学術記事で、このプレゼンテーションを意味する傾向があることは、どちらかというと寒さや非人間的な信仰の対象です。 In order for Christian Faith to develop and exist, we believe that it MUST be extremely personal and even emotional.キリスト教信仰を開発するために、存在する、と私たちは信じてさえしなければならないと非常に個人的な感情です。 That being the case, then dictionary definitions or ANY mere words can never fully describe it, and this analogy and these words are meant to try to express that intangible aspect of Faith.そういう訳では、その後の辞書の定義または任意の単なる言葉では決して十分に説明すること、そして、これらの言葉は、この類似性を表現することを意図してみてください無形の信仰的な側面です。

An additional point might be made, which represents a sort of hedging around Faith!追加点かもしれないが、ある種のヘッジの周りを表す信仰! Blaise Pascal is recognized as one of the greatest minds of history.ブレーズパスカルの一つとして認識される最大の心の歴史があります。 He proposed some comments that are now referred to as Pascal's wager.彼のコメントは今ではいくつかの提案と呼ばれるパスカルの賭けだ。 It was his (analytical) argument for believing in God.それは、彼の引数(分析)の神を信じています。 He first observed that the beliefs of Christianity are either true or they are not.彼の最初の観測は、キリスト教の信仰は、真のどちらかまたはそうではありません。 If they are true, and one "wagers" that they are true, then Eternal Bliss is gained.もし彼らが真ならば、と1つの"賭け"ことが真ならば、次には、永遠の至福を得た。 If those beliefs are wrong or false, and death is final, what has the bettor lost?間違っている場合は、それらの信念またはfalse 、そして最終的な死は、どのような賭けをするには、失われたか? On the other hand, if the person wagers against God's existence and turns out to be wrong, the result is Eternal Damnation.その半面、賭けに反対する人がいる場合は、神の存在を判明されると間違っている場合、その結果は、永遠の苦しみだ。 Pascal felt that this argument avoided the need for Faith in deciding to believe in God and Christianity!パスカル感じたことを避け、この議論の必要性を信頼して決めるとキリスト教の神を信じるよ!


Faith信仰

Advanced Information 高度情報

Faith is the noun corresponding to the verb "believe," for which the Hebrew is heemin, the hiphil form of aman, and the Greek (LXX and NT) pisteuo.信仰の動詞は、名詞に対応する"と信じ、 "どれをのためのheeminヘブライ語は、このフォームのhiphilアマン、とは、ギリシャの( 70 、およびNT ) pisteuo 。 The latter is a key word in the NT, being the term regularly used to denote the many sided religious relationship into which the gospel calls men and women, that of trust in God through Christ.後者は、キーワードは、 NTのは、その用語を定期的に使用されていることを表し、多くの宗教関係の両面から男性と女性を呼び出し、ゴスペル、キリストを通して、神の存在を信頼しています。 The complexity of this idea is reflected in the variety of constructions used with the verb (a hoti clause, or accusative and infinitive, expressing truth believed; en and epi with the dative, denoting restful reliance on that to which, or him to whom, credit is given; eis and, occasionally, epi with the accusative, the most common, characteristic, and original NT usage, scarcely present in the LXX and not at all in classical Greek, conveying the thought of a move - ment of trust going out to, and laying hold of, the object of its confidence).このアイデアは、複雑さを反映し、さまざまな建設して使用される動詞( hoti条項、または対格不定詞とは、真実を表現すると信じて; enと与格エピして、静かなしるしを当てにされて、誰か彼には、クレジットは、与えられた; eisと、時折、対格エピして、最も一般的、特徴は、オリジナルのNTの使用状況とは、ほとんど存在して、 70古典ギリシア語が全く行われていないと、その考えを伝える動き-0 00付き合っているとの信頼には、ホールドの敷設とは、オブジェクトの自信) 。 The Hebrew noun corresponding to aman (emuna, rendered pistis in the LXX), regularly denotes faithfulness in the sense of trustworthiness, and pistis occasionally bears this sense in the NT (Rom. 3:3, of God; Matt. 23:23; Gal. 5:22; Titus 2:10, of man).ヘブライ語に対応する名詞のアマン( emuna 、レンダリングのpistis 70 )は、定期的に信頼感を表すにおける誠実さ、そして時折ベアーズpistisこの意味ではNT ( rom. 3時03分、神;マットです。 23 : 23 ;ギャル。 5時22分;タイタス2時10分、男性) 。

The word emuna normally refers to the faithfulness of God, and only in Hab. その言葉を指しているため、通常emuna神の忠実性、そして北陸朝日放送のみです。 2:4 is it used to signify man's religious response to God. There, however, the contrast in the context between the temper of the righteous and the proud self sufficiency of the Chaldeans seems to demand for it a broader sense than "faithfulness" alone, the sense, namely, of self renouncing, trustful reliance upon God, the attitude of heart of which faithfulness in life is the natural expression. 2時04分には、使用されることを意味する宗教的な反応を男の神です。そこは、しかし、コントラストのコンテキストでは、正しい者との間の気性の自給を誇りに思うようにchaldeans需要は、広い意味ではそれよりも"忠実"と一人では、その意味では、すなわち、自己放棄、信頼他力本願神は、忠実な態度を人生の中心部には、自然な表情だ。 This is certainly the sense in which the apostolic writers quote the text (Rom. 1:17; Gal. 3:11; Heb. 10:38), and the sense which pistis, like pisteuo, regularly carries in the NT, where both words are used virtually as technical terms (John preferring the verb, Paul the noun) to express the complex thought of unqualified acceptance of, and exclusive dependence on, the mediation of the Son as alone securing the mercy of the Father.この感覚は、確かに、作家で、ローマ教皇の本文を引用する( rom. 1 : 17 ;ギャル。 3時11分; heb 。 10:38 ) 、およびその意味でどのpistis 、 pisteuoのように、定期的に運ぶにはNTのは、どこの両方技術的な用語として使われる言葉は、事実上(ジョン動詞を好むのは、ポールの名詞)で表現するための複雑な思考の無条件の受け入れ、かつ排他的な依存しては、調停の一人息子として父親のなすがままに固定します。

Both normally bear this whole weight of meaning, whether their grammatical object is God, Christ, the gospel, a truth, a promise, or is not expressed at all.クマは通常、この両方の意味を全体の重量は、文法的に正しいかどうかをそのオブジェクトは、神は、キリストは、福音書は、真実は、あることを約束した、またはすべてではない表明しています。 Both signify commitment as following from conviction, even in contexts where faith is defined in terms of the latter only (e.g., compare Heb. 11:1 with the rest of the chapter).以下の両方の意味コミットメントとして有罪判決からでも、どこで信仰のコンテキストで定義され、後者の条件でのみ(例えば、比較heb 。 11時01分で、残りの章) 。 The nature of faith, according to the NT, is to live by the truth it receives; faith, resting on God's promise, gives thanks for God's grace by working for God's glory.信仰の性質によると、 NTのは、それが真理に住んで受け取ります; 信仰は、神の約束を休止して、神の恵みを与えてくれてありがとう、神の栄光のために働いています。

Some occasional contractions of this broad idea should be noticed:いくつかの不定期のこの部分の収縮しなければならないという考え気づい:

  1. James, alone of NT writers, uses both noun and verb to denote bare intellectual assent to truth (James 2:14 - 26).ジェームズは、 NTの作家の一人で、両方を使って名詞や動詞に同意することを表しむき出しの知的真理(ジェームズ2時14 -2 6) 。 But here he is explicitly mimicking the usage of those whom he seeks to correct, Jewish converts, who may well have inherited their notion of faith from contemporary Jewish sources, and there is no reason to suppose that this usage was normal or natural to him (his reference to faith in 5:15, e.g., clearly carries a fuller meaning).しかし、ここでは明示的に彼の物まねを追求して利用者の心に適う正しいことは、ユダヤ教の変換は、自分の考えを人の可能性もあるから継承した現代のユダヤ教の信仰のソースから、理由がないと仮定して、この用途には、通常の自然やギフト(彼のリファレンスを信頼して5時15分、例えば、フラーの意味を明確に運ぶ) 。 In any case the point he makes, namely, that a merely intellectual "faith," such as the demons have, is inadequate, is wholly in line with the rest of the NT.いずれにしろ、この点彼は、すなわち、それは単に知的"信仰は、 "悪魔のようなのは、不十分なのは、完全に沿っては、残りのNTのです。 For example, when James says, "Faith without works is dead" (2:26), he is saying the same as Paul, who says in essence, "Faith without works is not faith at all, but its opposite" (cf. Gal. 5:6; 1 Tim. 5:8).たとえば、ジェームズ氏は、 "信仰なしでは死んで動作する" ( 2時26分) 、ポールと同じと言って彼は、本質的に人によれば、 "信仰の信仰なしですべての作品ではないが、その逆の" ( cf.ギャル。 5時06分; 1ティム。 5時08分) 。

  2. Occasionally, by a natural transition, "the faith" denotes the body of truths believed (e.g., Jude 3; Rom. 1:5; Gal. 1:23; 1 Tim. 4:1, 6).たまには、自然の遷移によっては、 "信仰"を表すと考えられて体の真理(例えば、ジュード3 ; ROMのです。 1 : 05 ;ギャル。 1 : 23 ; 1ティム。 4時01分、 6 ) 。 This became standard usage in the second century.標準的な利用のために、この2番目の世紀になった。

  3. From Christ himself derives a narrower use of "faith" for an exercise of trust which works miracles (Matt. 17:20 - 21; 1 Cor. 12:9; 13:2), or prompts the workings of miracles (Matt. 9: 28 - 29; 15:28; Acts 14:9). Saving faith is not always accompanied by "miracle - faith," however (1 Cor. 12:9); nor vice versa (cf. Matt. 7:22 - 23). キリスト自身から派生した狭い範囲の使用"信仰"のための運動の信頼をどの作品奇跡 ( matt. 17:20 -2 1; 1うわっ。 1 2時0 9分、 1 3時0 2分) 、またはプロンプトの働きの奇跡( m att.9 : 28 -2 9;午後3時2 8分、 1 4時0 9行為) 。貯蓄信仰が伴うとは限らない"奇跡-信仰は、 "しかし(1うわっ。1 2時0 9分) ;またその逆の場合(c f .マットです。7時2 2分- 23 ) 。

General Conception一般的な概念

Three points must be noted for the circumscribing of the biblical idea of faith: 3つのポイントを指摘しなければならないという考えは、聖書の中の信仰の外接:

Faith in God Involves Right Belief about God神への信仰は神の権利についての信念

The word "faith" in ordinary speech covers both credence of propositions ("beliefs") and confidence in persons or things.という言葉を"信仰"普通のスピーチで信憑性の両方をカバーする命題( "信念" )と自信がある人やものです。 In the latter case some belief about the object trusted is the logical and psychological presupposition of the act of trust itself, for trust in a thing reflects a positive expectation about its behavior, and rational expectation is impossible if the thing's capacities for behavior are wholly unknown. Throughout the Bible trust in God is made to rest on belief of what he has revealed concerning his character and purposes.後者の場合は、いくつかの信念については、オブジェクトの信頼は、論理的及び心理的な前提は、信託行為自体は、信頼のために積極的に反映することを期待した行動については、合理的期待とは不可能なことの場合には、完全に未知の能力を挙動。 を通して、聖書の神を信じる信仰にかかっているのは、前に彼には何に関する彼の性格や目的を明らかにした。 In the NT, where faith in God is defined as trust in Christ, the acknowledgment of Jesus as the expected Messiah and the incarnate Son of God is regarded as basic to it. で、 NTのは、神への信仰の定義はどこに信頼して、キリストは、イエスキリストの確認応答の救世主としての期待とは、神の化身の息子であることを基本と見なされています。

The writers allow that faith in some form can exist where as yet information about Jesus is incomplete (Acts 19:1ff.), but not where his divine identity and Christhood are consciously deniedその作家の信仰を許可して何らかの形でどこにも存在していない情報については、イエスとしては不完全( 19時01分FFの行為です。 )は、どこにでも彼は神とキリストであることは、意識的アイデンティティを否定

1 John 2:22 - 23; 2 John 7 - 9); all that is possible then is idolatry (1 John 5:21), the worship of a manmade unreality. 1ジョン2時22 -2 3; 2ジョン7 - 9) ;すべてのことが可能その後は、偶像崇拝(1ヨハネ5時2 1分)は、人工の虚構を崇拝する。 The frequency with which the epistles depict faith as knowing, believing, and obeying "the truth" (Titus 1:1; 2 Thess. 2:13; 1 Pet. 1:22, etc.) show that their authors regarded orthodoxy as faith's fundamental ingredient (cf. Gal. 1:8 - 9).頻度を描くの書簡として信仰を知って、信じ、そして従う"真実" (タイタス1:1 ; 2 thess 。 2時13 ; 1ペットです。 1時22分、等)によると、その作者としての信仰の正統性と見なす根本的な食材( cf.ギャル。 1時08分-9 ) 。

Faith Rests on Divine Testimony神の信仰の証言にかかっている

Beliefs, as such, are convictions held on grounds, not of self evidence, but of testimony. Whether particular beliefs should be treated as known certainties or doubtful opinions will depend on the worth of the testimony on which they are based.信念は、このようには、根拠が行われた有罪判決は、自己の証拠はないが、証言した。 信念かどうかを特定しなければならないとして扱わ意見は、既知の確信にかかっているのか疑わしい相当の証言をもとになっている。 The Bible views faith's convictions as certainties and equates them with knowledge (1 John 3:2; 5:18 - 20, etc.), not because they spring from supposedly self authenticating mystical experience, but because they rest on the testimony of a God who "cannot lie" (Titus 1:2) and is therefore utterly trustworthy. The testimony of Christ to heavenly things (John 3:11, 31 - 32), and of the prophets and apostles to Christ (Acts 10:39 - 43), is the testimony of God himself (1 John 5:9ff.); this God - inspired witness is God's own witness (cf. 1 Cor. 2:10 - 13; 1 Thess. 2:13), in such a sense that to receive it is to certify that God is true (John 3:33), and to reject it is to make God a liar (1 John 5:10). 聖書の見解としての信念信仰の確信と同一視して知識( 1ヨハネ3:2 ;午前5時18分-2 0等) 、といわれていないので、春から自己認証神秘的な体験ではなく、かれらの証言は、神にかかっている人"とうそをつくことはできない" (タイタス1時02分)とは全くしたがって安心です。天上のものをキリストの証言(ジョン3時11分、 31 -3 2)は、預言者とは、キリストと使徒を(行為1 0:39- 43 )は、神の証言は、自分自身( 1ジョンFFの午前5時09分です。 ) ; この神-インスピレーション証人は、神の恵みの証人( c f.1うわっ。 2時1 0- 13 ;1 t h ess。2時1 3分)は、このような感覚ことを受け取ることを証明することは、神は真実(ジョン3時33分) 、そしてを拒否することは、神を作るうそつき( 1ヨハネ5時10分) 。

Christian faith rests on the recognition of apostolic and biblical testimony as God's own testimony to his Son. キリスト教の信仰にかかっているとの認識を聖書の証言を使徒として神の恵みの息子の証言をした。

Faith Is a Supernatural Divine Gift超自然的な信仰は、神の贈り物

Sin and Satan have so blinded fallen men (Eph. 4:18; 2 Cor. 4:4) that they cannot discern dominical and apostolic witness to be God's word, nor "see" and comprehend the realities of which it speaks (John 3:3; 1 Cor. 2:14), nor "come" in selfrenouncing trust to Christ (John 6:44, 65), till the Holy Spirit has enlightened them (cf. 2 Cor. 4:6).目が見えなくなるので罪と悪魔が倒れた男性( eph. 4時18分; 2うわっ。 4時04分)を識別することができないことを目撃される主イエスキリストと使徒神の言葉は、また"を参照してください"との現実を理解することが喋る(ジョン3 : 3 ; 1うわっ。 2時14分) 、また"来る"と信頼をselfrenouncingキリスト(ジョン6 : 44 、 65 ) 、聖霊が賢明まで、かれら( cf. 2うわっ。 4時06分) 。 Only the recipients of this divine "teaching," "drawing," and "anointing" come to Christ and abide in him (John 6:44 - 45; 1 John 2:20, 27). God is thus the author of all saving faith Eph.宛先は、この神のみを"教える" 、 "デッサン"と" anointing "来て、キリストに従うと、彼(ジョン6 : 44 -4 5; 1ジョン2時2 0分、 2 7) 。神はこうして、作者のすべての節約eph信仰です。 2:8; Phil. 2 : 08 ;フィル。 1:29). 1時29分) 。

Biblical Presentation聖書の中のプレゼンテーション

Throughout Scripture, God's people live by faith; but the idea of faith develops as God's revelation of grace and truth, on which faith rests, enlarges.典を通して、神の信仰によって生きる人々 ;しかし、信仰のアイデアを開発し、神の啓示としての恵みと真理は、信仰の上に置き、拡大します。 The OT variously defines faith as resting, trusting, and hoping in the Lord, cleaving to him, waiting for him, making him our shield and tower, taking refuge in him, etc. Psalmists and prophets, speaking in individual and national terms respectively, present faith as unwavering trust in God to save his servants from their foes and fulfill his declared purpose of blessing them. otさまざまな信仰として定義し、安静時は、信じて疑わない、と願って、主の中には、彼を切断して、彼を待って、彼に私たちの盾とタワーでは、服用していた避難所等psalmistsと預言者は、全国的に言えば、個々のそれぞれと、揺るぎない存在としての神を信じる信仰を保存しもからの反対者と彼らの目的を果たす彼の祝福を宣言してください。 Isaiah, particularly, denounces reliance on human aid as inconsistent with such trust (Isa. 30:1 - 18, etc.).イザヤ書は、特に、人間の援助を当てにするとして非難矛盾してこのような信託( isa. 30:1 -1 8等) 。 The NT regards the self despairing hope, world renouncing obedience, and heroic tenacity by which OT believers manifested their faith as a pattern which Christians must reproduce (Rom. 4:11 - 25; Heb. 10:39 - 12:2).自己に関しては、 NTの絶望的な希望は、世界の服従を放棄し、英雄的な粘り強されるot信者の信仰を明らかにキリスト教徒としてのパターンを再現する必要があります( rom. 4時11 -2 5; h eb。 1 0:39- 12 :0 2 )。 Continuity is avowed here, but also novelty; for faith, receiving God's new utterance in the words and deeds of Christ (Heb. 1:1 - 2), has become a knowledge of present salvation.連続性を自認する人はここでは、目新しいだけでなく、信仰のために、新たな発言を受けて、神のキリストの言動( heb. 1:1 -2 )は、現在の救世の知識となっています。

Faith, so regarded, says Paul, first "came" with Christ (Gal. 3:23 - 25).信仰は、だからと見なすことは、ポールによれば、最初に"来た"としてキリスト( gal. 3時23 -2 5) 。 The Gospels show Christ demanding trust in himself as bearing the messianic salvation. John is fullest on this, emphasizing (1) that faith ("believing on," "coming to," and "receiving" Christ) involves acknowledging Jesus, not merely as a God - sent teacher and miracle worker (this is insufficient, John 2:23 - 24), but as God incarnate (John 20:28), whose atoning death is the sole means of salvation (John 3:14 - 15; 6:51 - 58); (2) that faith in Christ secures present enjoyment of "eternal life" in fellowship with God (John 5:24; 17:3). The epistles echo this, and present faith in various further relationships.キリストgospelsショーを要求し、信頼して自分自身の救世主として救世軸受です。 ジョンは、最大限の上には、信仰を強調して( 1 ) ( "信じて" 、 "来て、 "や"受信"キリスト)イエスは認め、としてだけでなく神-先生と奇跡の人に送信(これでは不十分、ジョン2時2 3- 24 )ではなく、神の化身(ヨハネ20時2 8分) 、その死は、単独の手段at oning救世(ジョン3: 1 4 -1 5; 6 : 51 -5 8) 、 ( 2 )キリストを信じていることの楽しさを安全確実に存在する"永遠の命"は、神と交わりを持つ(ヨハネ5時2 4分、 1 7時0 3分) 。エコーは、この書簡は、さらに様々な人間関係や信頼してプレゼントします。 Paul shows that faith in Christ is the only way to a right relationship with God, which human works cannot gain (see Romans and Galatians); Hebrews and 1 Peter present faith as the dynamic of hope and endurance under persecution.ポールは、キリストの信念を示しているだけに、権利関係を築く方法で、神は、人間の動作を得ることはできません(ローマ人への手紙やガラテヤ人への手紙を参照してください) ;ヘブル人への手紙1ペテロとの動的な存在としての信仰の下で迫害の希望と持久力。

History of Discussion議論の歴史

The church grasped from the first that assent to apostolic testimony is the fundamental element in Christian faith; hence the concern of both sides in the Gnostic controversy to show that their tenets were genuinely apostolic.教会の賛同を把握してからの最初のローマ教皇の証言では、キリスト教信仰の根本的な要素;それ故、双方の懸念を示すことは、彼らの教義グノーシス主義論争が真に使徒です。

During the patristic period, however, the idea of faith was so narrowed that this assent came to be regarded as the whole of it. patristic期間中には、しかし、そのアイデアを信仰していたので、この同意を細めに来た全体のことと見なされています。 Four factors together caused this: (1) the insistence of the anti Gnostic fathers, particularly Tertullian, that the faithful are those who believe "the faith" as stated in the "rule of faith" (regula fidei), i.e., the Creed; (2) the intellectualism of Clement and Origen, to whom pistis (assent on authority) was just an inferior substitute for, and stepping stone to, gnosis (demonstrative knowledge) of spiritual things; (3) the assimilation of biblical morality to Stoic moralism, an ethic not of grateful dependence but of resolute selfreliance; (4) the clothing of the biblical doctrine of communion with God in Neoplatonic dress, which made it appear as a mystical ascent to the supersensible achieved by aspiring love, having no link with the ordinary exercise of faith at all.この4つの要因によって引き起こさ一緒: ( 1 )反グノーシス主義の主張は、祖先が、特にtertullian 、忠実には、信仰する者たちは、 "信仰"に記載され"ルールの信仰" (信仰の規制)は、すなわち、その信条; ( 2 )の知性の原産地クレマンとは、誰にpistis (賛同して権威)は、ただの粗悪な代用品として、足掛かりとなると、霊知(論証的知識)の精神的なもの、 ( 3 )の同化の聖書の道徳性を禁欲的な説教は、依存性に重きを置いていないのが、毅然と感謝selfreliance ; ( 4 ) 、衣料品は、聖書の教義の神との接触neoplatonicドレスでは、どのように表示される前にそれを達成して超感覚的神秘的な上り坂を志望愛は、リンクをクリックして無芸通常の運動はすべての信仰です。

Also, since the doctrine of justification was not understood, the soteriological significance of faith was misconceived, and faith (understood as orthodox) was regarded simply as the passport to baptism (remitting all past sins) and to a lifelong probation in the church (giving the baptized opportunity to make themselves worthy of glory by their good works).また、教義の正当ではないから、理解し、その意義をsoteriological信仰を誤解された、と信仰(正統派として理解さ)と見なすことは、単にパスポートを洗礼として(過去の罪をすべて送金)とは、教会に生涯をかけて保護観察(与えるチャンスを作るのバプテスマを受けて、その栄光に値する善行) 。

The scholastics refined this view.このビューの洗練されたscholastics 。 They reproduced the equation of faith with credence, distinguishing between fides informis ("unformed" faith, bare orthodoxy) and fides caritate formata (credence "formed" into a working principle by the supernatural addition to it of the distinct grace of love).彼らの信仰を再現して信憑性の方程式は、区別を立証する物件informis ( "形成されていない"との信念は、むき出しの正統性)と立証する物件caritate formata (信憑性"結成"の原則によって作業をすることに加えて、超自然の恵みは、別個の愛) 。 Both sorts of faith, they held, are meritorious works, though the quality of merit attaching to the first is merely congruent (rendering divine reward fit, though not obligatory), and only the second gains condign merit (making divine reward due as a matter of justice).両方の種類の信仰は、かれらで開かれた、立派な作品には、添付の質のメリットを、最初は単に合同(フィットレンダリング神の報酬は、お定まりわけではありませんが) 、そして2番目の利益のみを当然受けるべきメリット(製造のための報酬として、神の問題正義) 。 Roman Catholicism still formally identifies faith with credence, and has added a further refinement by distinguishing between "explict" faith (belief which knows its object) and "implicit" faith (uncomprehending assent to whatever it may be that the church holds).ローマカトリック教を信じる信仰を識別まだ正式には、 さらに洗練されたは区別を追加する" explict "信仰(その信念を知っているオブジェクト)と"暗黙の"信仰(理解していないことに同意するかもしれないが何であれ、教会の保持) 。 Only the latter (which is evidently no more than a vote of confidence in the teaching church and may be held with complete ignorance of Christianity) is thought to be required of laymen for salvation. But a mere docile disposition of this sort is poles apart from the biblical concept of saving faith. 後者のみ(これが見受けられない以上の信任投票が行われるかもしれないと教会の教えをキリスト教の完全な無知)が、素人のために必要と考えられる救いだが、単なる従順な性格は正反対であるから、この並べ替え聖書の中の信仰の概念を節約しています。

The Reformers restored biblical perspectives by insisting that faith is more than orthodoxy, not fides merely, but fiducia, personal trust and confidence in God's mercy through Christ; that it is not a meritorious work, one facet of human righteousness, but rather an appropriating instrument, an empty hand outstretched to receive the free gift of God's righteousness in Christ; that faith is God - given, and is itself the animating principle from which love and good works spontaneously spring; and that communion with God means, not an exotic rapture of mystical ecstasy, but just faith's everyday commerce with the Savior. Confessional Protestantism has always maintained these positions. In Arminianism there resides a tendency to depict faith as the human work upon which the pardon of sin is suspended, as, in fact, man's contribution to his own salvation. 聖書の中の改革派的な視点に復元されたと主張して信仰は、以上の正統性ではなく、単に立証する物件は、 fiduciaしかし、個人的な信頼と自信がキリストを通して神の慈悲;ことは称賛に値する仕事ではありません、 1つの面人間の正義ではなく、配分計器は、空の手を広げて、景品を受け取るのは、神の正義、キリスト; ことは、神の信仰-与えられた、との原則は、それ自体のa nimatingより良い作品に愛と春の自然;であり、神との接触という意味ではなく、異国情緒の歓喜神秘的なエクスタシーが、日常の商取引だけで、信仰の救世主です。 告解プロテスタントは常にこれらのポジションを維持しています。アルミニウス説が常駐する傾向があるとして信仰を描くために、人間の仕事の上では、罪の恩赦を停止、として、実際には、男の貢献をする彼自身の救いだ。 This would be in effect a Protestant revival of the doctrine of human merit.これで効果が復活するプロテスタントの教義を人間のメリットだ。

Liberalism radically psychologized faith, reducing it to a sense of contented harmony with the Infinite through Christ (Schleiermacher), or a fixed resolve to follow Christ's teaching (Ritschl), or both together.自由主義の根本的な信仰psychologized 、満足感を削減することを無限に調和して、キリストを通して(シュライエルマッハー) 、または、固定の決意をキリストの教えに従う(リッチュル) 、またはその両方を一緒にした。 Liberal influence is reflected in the now widespread supposition that "faith," understood as an optimistic confidence in the friendliness of the universe, divorced from any specific creedal tenets, is a distinctively religious state of mind.リベラル派の影響力は広範な仮定して今すぐに反映される"との信念は、 "楽観的に理解する自信があるとして、宇宙の友情は、離婚した場合、特定の信条の教義からは、宗教的な精神状態では、独特だ。 Neo orthodox and existentialist theologians, reacting against this psychologism, stress the supernatural origin and character of faith.ネオ正統派と実存神学者は、この心理主義に対する反応は、ストレスの超自然的な信仰の起源と性格。 They describe it as an active commitment of mind and will, man's repeated "yes" to the repeated summons to decision issued by God's word in Christ; but the elusiveness of their account of the content of that word makes it hard sometimes to see what the believer is thought to say "yes" to.彼らを説明することに積極的にコミットメントとしての精神とは、男の繰り返される"はい"を繰り返して召喚状を発行した決定を神の言葉で、キリスト;しかし、自分のアカウントには、うまく逃げることが、その単語の内容を確認することが何のハードときどき信者は、思想と言って"はい"としています。

Clearly, each theologian's view of the nature and saving significance of faith will depend on the views he holds of the Scriptures, and of God, man, and of their mutual relations. はっきりとは、それぞれの神学者の見解は、自然と信仰の意義については、節約にかかっているとの見解を保持し、聖書は、神と、男は、彼らとの相互関係です。

J I Packerチパッカー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
E D Burton, Galatians; B B Warfield in H D B and Biblical and Theological Studies; G H Box in H D C G; J G Machen, What is Faith?エドバートン、ガラテヤ人への手紙; bbウォーフィールドhdbと名付けられるとは旧約聖書や神学研究;ガーナボックスhdcg ; jgマッケンとは、どのような信仰ですか? B Citron, New Birth; systematic theologies of C Hodge (III) and L Berkhof (IV, viii); D M Baillie, Faith in God; G CBerkouwer, Faith and Justification; J Hick, Faith and Knowledge; O Becker and O Michel, N I D N T T, II; A Weiser, T D N T, VI; D M Emmet, Philosophy and Faith.シトロンBには、新たな出生; theologies体系は、 Cホッジ( ⅲ )とl berkhof ( ⅳ 、 8 ) ; baillie機DMは、神への信仰;グラムcberkouwer 、信仰と正当化; jヒック、信仰と知識; oベッカーとOミシェルは、 nidntt 、 2世;するウィーザー、 tdntでvi ;機DMエメットは、哲学や信仰です。


Faith信仰

Catholic Information カトリック情報

I. THE MEANING OF THE WORDその言葉の意味をi.

(Pistis, fides). ( pistis 、立証する物件) 。 In the Old Testament, the Hebrew means essentially steadfastness, cf.旧約聖書では、本質的にしっかりしているという意味のヘブライ語、 cf 。 Exod., xvii, 12, where it is used to describe the strengthening of Moses' hands; hence it comes to mean faithfulness, whether of God towards man (Deuteronomy 32:4) or of man towards God (Ps. cxviii, 30). exod 。 、 17 、 12 、どこにあるかを説明するの強化に使用されてモーゼの手;したがって貞節を意味することになるとは、神のかどうかに向かっ男(申命記32:4 )や神への男( ps. cxviii 、 30 ) 。 As signifying man's attitude towards God it means trustfulness or fiducia.意味として男の態度を取ることを意味する神や信頼fiducia 。 It would, however, be illogical to conclude that the word cannot, and does not, mean belief or faith in the Old Testament for it is clear that we cannot put trust in a person's promises without previously assenting to or believing in that person's claim to such confidence.それは、しかし、非論理的にその言葉を締結することはできませんが、していない、という意味の信念や信仰は、旧約聖書を明確にすることが我々の信頼を置くことができない人の約束はせずに、以前assentingを信じるのか、その人の主張をこのような自信。 Hence even if it could be proved that the Hebrew does not in itself contain the notion of belief, it must necessarily presuppose it.したがって可能性があることを証明している場合でも、ヘブライ語ではないという概念自体に含まれる信念は、必ずしも仮定することが必要だ。 But that the word does itself contain the notion of belief is clear from the use of the radical, which in the causative conjugation, or Hiph'il, means "to believe", e.g.しかし、その言葉が含まれるという概念自体は明確な信念からの使用は、急進的で、これは、使役抱合、またはhiph'il 、という意味"を信じる"とは、例えば、 Gen., xv, 6, and Deut., i, 32, in which latter passage the two meanings -- viz.大将は、 15 、 6 、およびdeut 。 、私は、 32は、後者の通路で、二つの意味-v iz。 of believing and of trusting -- are combined.の信者とは信じて疑わない-は、組み合わせる。 That the noun itself often means faith or belief, is clear from Hab., ii, 4, where the context demands it.名詞そのものを意味してしばしば信仰や信念は、北陸朝日放送がより明確にした。 、 2世、 4 、どこのコンテキスト要求することです。 The witness of the Septuagint is decisive; they render the verb by pisteuo, and the noun by pistis; and here again the two factors, faith and trust, are connoted by the same term.目撃者は、セプトゥアギンタは、決定的な;彼らのレンダリングさpisteuo動詞は、名詞とさpistis ;そしてここで再び2つの要因には、信仰と信頼は、同じ期間ではconnoted 。 But that even in classical Greek pisteuo was used to signify believe, is clear from Euripides (Helene, 710), logois d'emoisi pisteuson tade, and that pistis could mean "belief" is shown by the same dramatist's theon d'ouketi pistis arage (Medea, 414; cf. Hipp., 1007).古典ギリシア語でもそれを表す記号が使われたと思われるpisteuo 、より明確には、エウリピデス(エレーヌ、 710 ) 、 logois d' emoisi pisteuson tade 、および可能性を意味してpistis "信念"が表示されるのと同じ劇作家テオンd' ouketi pistis arage (ミディア、 414 ; cf 。ヒップ。 、 1007 ) 。 In the New Testament the meanings "to believe" and "belief", for pisteon and pistis, come to the fore; in Christ's speech, pistis frequently means "trust", but also "belief" (cf. Matthew 8:10).その意味で、新約聖書"を信じる"と"信念" 、 pistisをpisteonとは、世に出た;キリストの演説で、 pistis頻繁には、 "信頼"ではなく、 "信念" ( cf.マタイ8時10分) 。 In Acts it is used objectively of the tenets of the Christians, but is often to be rendered "belief" (cf. xvii, 31; xx, 21; xxvi, 8).行為を客観的に使われることは、キリスト教の教義のが、レンダリングには往々にして"信念" ( cf. 17 、 31 ; XX社は、 21 ;二十六、 8 ) 。 In Romans, xiv, 23, it has the meaning of "conscience" -- "all that is not of faith is sin" -- but the Apostle repeatedly uses it in the sense of "belief" (cf. Romans 4 and Galatians 3).ローマ人への手紙で、 14 、 23 、それは意味の"良心" -"すべてのことは、信仰の罪ではない" -しかし、使徒を繰り返し使っているという意味の"信念"( c f .4ローマ人への手紙やガラテヤ人への手紙3 ) 。 How necessary it is to point this out will be evident to all who are familiar with modern theological literature; thus, when a writer in the "Hibbert Journal", Oct., 1907, says, "From one end of the Scripture to the other, faith is trust and only trust", it is hard to see how he would explain 1 Cor.この点をどのようにすることが必要とされるすべての人を知っていると明らかにして神学近代文学;したがって、作家は、 "ヒバートジャーナル"は、 10月、 1907 、によれば、 "この啓典の片方の端からして、他のは、信仰だけは、信頼と信頼"と、それは彼がどのように説明しにくい1うわっ!参照してください。 xiii, 13, and Heb., xi, 1. 13 、 13 、およびheb 。 、 xi 、 1 。 The truth is that many theological writers of the present day are given to very loose thinking, and in nothing is this so evident as in their treatment of faith.真実は、多くの神学的作家の一日には、現在の非常に緩やかな思考を与えられた、とでは何もないので、このように明らかに彼らの信仰の治療です。 In the article just referred to we read: "Trust in God is faith, faith is belief, belief may mean creed, but creed is not equivalent to trust in God."その記事の中で言及して我々を読むだけ: "神を信じる信仰は、信仰は、信念、信条信念という意味かもしれませんが、信条と等価ではない神を信じる"と述べた。 A similar vagueness was especially noticeable in the "Do we believe?"似たようなあいまいさが特に顕著で、 "我々を信じることですか? " controversy- one correspondent says- "We unbelievers, if we have lost faith, cling more closely to hope and -- the greatest of these -- charity" ("Do we believe?", p. 180, ed. W. L. Courtney, 1905).論争の1つの特派員によれば- "我々不信心者は、もし我々の信仰が失われた、しがみつくより密接に希望と-これらの最大-チャリティ"( "私たちを信じるか? " 、 p . 18 0、エド。w lコートニー、1 9 05 ) 。 Non-Catholic writers have repudiated all idea of faith as an intellectual assent, and consequently they fail to realize that faith must necessarily result in a body of dogmatic beliefs.非カトリック作家としての信仰があるという考えを否認したすべての知的賛同し、結果的に失敗すると実感して彼らの信仰の結果は、必ずしも必要があります体の独断的な信念です。 "How and by what influence", asks Harnack, "was the living faith transformed into the creed to be believed, the surrender to Christ into a philosophical Christology?" "どのようにどのような影響を及ぼすとされた"と、要求ハルナックは、 "信仰は、生活の信条に変身させられると信じて、キリストを哲学的に降伏するchristologyですか? " (quoted in Hibbert Journal, loc. cit.). (引用符でヒバートジャーナルは、場所です。 cit 。 ) 。

II. Ⅱ 。 FAITH MAY BE CONSIDERED BOTH OBJECTIVELY AND SUBJECTIVELY信仰と見なされる可能性の両方を客観的かつ主観的に

Objectively, it stands for the sum of truths revealed by God in Scripture and tradition and which the Church (see FAITH, RULE OF) presents to us in a brief form in her creeds, subjectively, faith stands for the habit or virtue by which we assent to those truths.客観的には、真理の和の状勢では、神の啓示された啓典とは、教会の伝統とは(信仰を参照して、ルールの)男性には、簡単な形で私たちは彼女の信条は、主観的には、習慣や信仰のために我々の美徳されるそれらの真理に同意する。 It is with this subjective aspect of faith that we are here primarily concerned.このことは主観的な側面を信仰して、主に我々はここに該当します。 Before we proceed to analyze the term faith, certain preliminary notions must be made clear.前に進むために我々の信仰を分析するという用語は、特定の予備的な概念を明確にしなければならない。

(a) The twofold order of knowledge. ( a )その2倍の知識を注文した。 -- "The Catholic Church", says the Vatican Council, III, iv, "has always held that there is a twofold order of knowledge, and that these two orders are distinguished from one another not only in their principle but in their object; in one we know by natural reason, in the other by Divine faith; the object of the one is truth attainable by natural reason, the object of the other is mysteries hidden in God, but which we have to believe and which can only be known to us by Divine revelation." -"カトリック教会"は、評議会によると、バチカン市国は、 3世、 4世は、 "開かれたが、いつもの順序があることには二重の知識、およびこれらの2つの注文してからは、著名なだけでなく、別の1つの原則は、しかし、彼らのオブジェクト;私たちの自然を知っている理由の1つで、他の神の信仰によって、このオブジェクトは、 1つの理由は、自然の真理を達成可能で、謎の物体が隠されて、他の神が、我々はこれを信じることで知られてのみとすることができます託宣によって、私たちです。 "

(b) Now intellectual knowledge may be defined in a general way as the union between the intellect and an intelligible object. ( b )に今すぐ知的な知識かもしれないが一般的な方法として定義され、労働組合との間の知性を理解できるオブジェクトです。 But a truth is intelligible to us only in so far as it is evident to us, and evidence is of different kinds; hence, according to the varying character of the evidence, we shall have varying kinds of knowledge.しかし、真実は、私たちだけで理解することが明らかにこれまでのところ我々としては、証拠とは、異なる種類;したがって、さまざまなキャラクターによると、その証拠を、我々さまざまな種類の知識を有するものとします。 Thus a truth may be self-evident -- e.g.したがって、自明の真理かもしれない-例えば、 the whole is greater than its part -- in which case we are said to have intuitive knowledge of it; or the truth may not be self-evident, but deducible from premises in which it is contained -- such knowledge is termed reasoned knowledge; or again a truth may be neither self-evident nor deducible from premises in which it is contained, yet the intellect may be obliged to assent to it because It would else have to reject some other universally accepted truth; lastly, the intellect may be induced to assent to a truth for none of the foregoing reasons, but solely because, though not evident in itself, this truth rests on grave authority -- for example, we accept the statement that the sun is 90,000,000 miles distant from the earth because competent, veracious authorities vouch for the fact.その部分は、全体を上回る-我々はそのような場合によると、直感的な知識を持つこと;たり、自明の真理されないかもしれませんが、それは推論できるから敷地内に含まれる-そのような知識が理路整然と呼ばれる知識;あるいはまた、どちらも自明の真理かもしれないから推論できる敷地内にも含まれることは、まだその知性に同意する義務があるかもしれないので、それを拒否しては、他のいくつかの他の普遍的真理を受け入れた;最後に、知性によって引き起こされるかもしれない真実なしに同意するためには、前述の理由から、しかしだけの理由で、それ自体で明らかになるわけではありませんが、この真理にかかっている重大な権限-たとえば、我々の声明を受け入れることは、太陽から地球から遠い9 0000000マイル管轄は、正直当局はその事実を保証する。 This last kind of knowledge is termed faith, and is clearly necessary in daily life.このような知識は、任期の最後の信仰は、日常生活の中で必要なことは明らかだ。 If the authority upon which we base our assent is human and therefore fallible, we have human and fallible faith; if the authority is Divine, we have Divine and infallible faith.もし我々の権威ベース上では、私たちの同意を当てにならない人間と従って、我々は人間の信仰と当てにならない;場合には、神の権威を、私たちは神の信仰を絶対に正しいとします。 If to this be added the medium by which the Divine authority for certain statements is put before us, viz.この場合に泳いだの媒体によって、神の権威のために特定のステートメントは、我々の前に置く、 viz 。 the Catholic Church, we have Divine-Catholic Faith (see FAITH, RULE OF).カトリック教会は、我々は神-カトリックの信仰(信仰を参照して、ルールの)です。

(c) Again, evidence, whatever its source, may be of various degrees and so cause greater or less firmness of adhesion on the part of the mind which assents to a truth. ( C参照)繰り返しますが、証拠は、何のソースは、様々度かもしれないので、以下の硬さの原因の大部分は、接着assentsする心が真実ではない。 Thus arguments or authorities for and against a truth may be either wanting or evenly balanced, in this case the intellect does not give in its adherence to the truth, but remains in a state of doubt or absolute suspension of judgment; or the arguments on one side may predominate; though not to the exclusion of those on the other side; in this case we have not complete adhesion of the intellect to the truth in question but only opinion.こうして引数または当局と反対のどちらかに欠けたりするかもしれない真実を均等にバランスの取れた、このような場合、その知性わけではありませんが、真実に忠実であることが、疑いの状態にとどまっているかの判断を絶対的な懸濁液;たりして、 1つの引数優位に立つ側のかもしれません;わけではありませんがそれらを排除して、他の側面;完了していないこの場合、我々は、知性を接着し、真実の意見質問だけです。 Lastly, the arguments or authorities brought forward may be so convincing that the mind gives its unqualified assent to the statement proposed and has no fear whatever lest it should not be true; this state of mind is termed certitude, and is the perfection of knowledge.最後に、当局は、引数または繰越かもしれないので、無条件の説得力を与えることに同意する考えを提案したとの声明がないことを恐れてはならないしないようにどのような真;呼ばれるこの精神状態は確実とは、知識の完成です。 Divine faith, then, is that form of knowledge which is derived from Divine authority, and which consequently begets absolute certitude in the mind of the recipient神の信仰は、その後、フォームの知識は、これは神の権威に由来し、絶対的な確信をbegetsその結果、受信者の心の中にある

(d) That such Divine faith is necessary, follows from the fact of Divine revelation. ( d )にこのような神の信仰は、必要に応じて、以下のとおりですから、実際の託宣。 For revelation means that the Supreme Truth has spoken to man and revealed to him truths which are not in themselves evident to the human mind.ヨハネの黙示録のための最高の真実が話されるということを明らかにして男と彼自身の真理ではないが、人間の心を明らかにした。 We must, then, either reject revelation altogether, or accept it by faith; that is, we must submit our intellect to truths which we cannot understand, but which come to us on Divine authority.しなければならない、それから、ヨハネの黙示録を完全に拒否するのどちらか、あるいはそれを受け入れる信仰;それは、私たちの知性を提出しなければならない真理を理解することはできませんが、私たちは神の権威に来ている。

(e) We shall arrive at a better understanding of the habit or virtue of faith if we have previously analysed an act of faith; and this analysis will be facilitated by examining an act of ocular vision and an act of reasoned knowledge.われは、 ( E )の到着をもっとよく理解する習慣や信仰の美徳を分析する場合、以前の行為我々は信仰;促進されると、この分析する行為の眼の視力を検査することによって、知識を理路整然とする行為だ。 In ocular vision we distinguish three things: the eye, or visual faculty the coloured object, and the light which serves as the medium between the eye and the object.我々は3つのものを区別するに眼の視力:眼は、視覚的な学部やオブジェクトの色、そして光を媒体として、サーブとの間の目のオブジェクトです。 It is usual to term colour the formal object (objectum formale quod) of vision, since it is that which precisely and alone makes a thing the object of vision, the individual object seen may be termed the material object, e.g.それはいつもの色の正式なオブジェクトを任期(対物formale quod )のビジョン、それが正確なものとすることにより、オブジェクトだけのビジョンは、個々のオブジェクトの名前が付いたの材料見られるかもしれないオブジェクトは、例えば、 this apple, that man, etc. Similarly, the light which serves as the medium between the eye and the object is termed the formal reason (objectum formale quo) of our actual vision.このリンゴは、あの男等同様に、その光が目の間の媒体としての役割と呼ばれるオブジェクトは、正式な理由(対物そこformale )実際の我々のビジョンだ。 In the same way, when we analyze an act of intellectual assent to any given truth, we must distinguish the intellectual faculty which elicits the act the intelligible object towards which the intellect is directed, and the evidence whether intrinsic to that object or extrinsic to it, which moves us to assent to it.同じ方法では、我々を分析する際に同意するいかなる行為知的与えられた真理は、我々の知的能力を区別する必要がありますが、理解できるオブジェクトへ誘導するという行為は、知性を指示し、そのオブジェクトに内在するかどうかの証拠にすることや外因は、私たちの動きをすることに同意する。 None of these factors can be omitted, each cooperates in bringing about the act, whether of ocular vision or of intellectual assent.いずれも省略することができますこれらの要因は、それぞれの協調をもたらす行為は、眼視するかどうか、あるいは知的同意します。

(f) Hence, for an act of faith we shall need a faculty capable of eliciting the act, an object commensurate with that faculty, and evidence -- not intrinsic but extrinsic to that object -- which shall serve as the link between faculty and object. ( f )にそれ故に、わたしたちは信仰のために必要とする行為を誘発する行為をする能力がある学部では、オブジェクト比例して学部では、との証拠-しかし、外因性を内在していないオブジェクト-これは、教職員との間のリンクを務めるオブジェクトです。 We will commence our analysis with the object:-我々は我々の分析を開始してオブジェクト: -

III. Ⅲ 。 ANALYSIS OF THE OBJECT OR TERM IN AN ACT OF DIVINE FAITH解析は、オブジェクトや用語は、神の信仰の行為

(a) For a truth to be the object of an act of Divine faith, it must be itself Divine, and this not merely as coming from God, but as being itself concerned with God. (する)ために、オブジェクトの真実の神の信仰する行為は、それ自体の神しなければならないし、これだけではないとして、神から来るが、それ自体として心配している神です。 Just as in ocular vision the formal object must necessarily be something coloured, so in Divine faith the formal object must be something Divine -- in theological language, the objectum formale quod of Divine faith is the First Truth in Being, Prima Veritas in essendo -- we could not make an act of Divine faith in the existence of India.眼のビジョンと同様に、正式なオブジェクトをしなければ必然的に何か色のは、神の信仰のために何かしなければならないオブジェクトの正式な神-神学的言語では、神の信仰の対物f ormaleq uod真実では、最初に、ベリタスでプリマe ssendo- -我々の行為を行うことができなかった神の存在を信じているインドだ。

(b) Again, the evidence upon which we assent to this Divine truth must also be itself Divine, and there must be as close a relation between that truth and the evidence upon which it comes to us as there is between the coloured object and the light; the former is a necessary condition for the exercise of our visual faculty, the latter is the cause of our actual vision. ( b )に再度、その証拠に、この私たちが神の真理に同意する必要があります自体にも神のは、あってはならないとの間に緊密な関係にある真実とは証拠上でのこととなると我々としては、色の物体との間に光;前者は、私たちの運動に必要な条件は、視覚的な学部、後者は、実際に我々のビジョンを引き起こす。 But no one but God can reveal God; in other words, God is His own evidence.しかし、神がないことを明らかに神の1つ;言い換えれば、神は自分の証拠です。 Hence, just as the formal object of Divine faith is the First Truth Itself, so the evidence of that First Truth is the First Truth declaring Itself.したがって、正式なオブジェクトと同じように、神の信仰の真理そのものが初めてなので、最初の真実の証拠を宣言したのは初めて真実そのものです。 To use scholastic language once more, the objectum formale quod, or the motive, or the evidence, of Divine faith is the Prima Veritas in dicendo.かつてより多くの言語を使用する修学は、対物formale quod 、またはその動機、あるいはその証拠は、神の信仰では、ベリタスプリマdicendo 。

(c) There is a controversy whether the same truth can be an object both of faith and of knowledge. ( C参照)があるかどうかを議論することができますオブジェクトと同じ真実の信仰と知識の両方です。 In other words, can we believe a thing both because we are told it on good authority and because we ourselves perceive it to be true?言い換えれば、我々は両方のためのものと思われることを我々は良い権威と言ったので、私たち自身にそれを感知するって本当ですか? St. Thomas, Scotus, and others hold that once a thing is seen to be true, the adhesion of the mind is in no wise strengthened by the authority of one who states that it is so, but the majority of theologians maintain, with De Lugo, that there may be a knowledge which does not entirely satisfy the mind, and that authority may then find a place, to complete its satisfaction.セントトマス、 scotus 、および他のホールドして一度に見られることは本当のは、接着の心は賢明ではありませんの権限を強化することは1つの国の人のようだが、神学者の過半数を維持し、デルーゴは、知識があることではない可能性があります心を完全に満たすために、その権威や場所を見つけるかもしれませんそれから、その満足度を完了しています。 -- We may note here the absurd expression Credo quia impossibile, which has provoked many sneers. -私たちがここにメモを得ないことで、不合理な表現クレドq uia、これまで多くの挑発s neers。 It is not an axiom of the Scholastics, as was stated in the "Revue de Metaphysique et de Morale" (March, 1896, p. 169), and as was suggested more than once in the "Do we believe?"公理のことではないscholastics 、記載されたとして、 "レベニューデmetaphysique etデ士気" ( 3月、 1896 、 p. 169 ) 、および提案としては、 2回以上は、 "我々を信じることですか? " correspondence.文通。 The expression is due to Tertullian, whose exact words are: "Natus est Dei Filius; non pudet, quia pudendum est: et mortuus est Dei Filius; prorsus credibile est, quia ineptum est; et sepultus, resurrexit; certum est, quia impossibile" (De Carne Christi, cap. v). tertullianの表現のためには、その正確な言葉は: "デイnatus est filius ; pudet以外は、外陰部quia Est駅: et mortuus est filiusデイ; prorsus credibile est 、 quia est ineptum ; et sepultus 、 resurrexit ; certum est 、 quia得ないこと" (デカルネクリスティ、キャップです。 5 ) 。 This treatise dates from Tertullian's Montanist days, when he was carried away by his love of paradox.この論文モンタヌス主義日間の日程tertullianから、浮かれるされたとき、彼は、彼の愛のパラドックス。 At the same time it is clear that the writer only aims at bringing out the wisdom of God manifested in the humiliation of the Cross; he is perhaps paraphrasing St. Paul's words in 1 Corinthians 1:25.それと同時に、それは作家のみをクリアして持参することを目的とする神の知恵は、明らかに屈辱の十字架; paraphrasing彼はおそらく聖パウロの言葉1時25分に1コリンチャンスです。

(d) Let us now take some concrete act of faith, e.g. (民主党)を今してみましょういくつかの具体的な行動を取るの信仰は、例えば、 "I believe in the Most Holy Trinity." "私を信じて、最もホーリートリニティー。 " This mystery is the material or individual object upon which we are now exercising our faith, the formal object is its character as being a Divine truth, and this truth is clearly inevident as far as we are concerned; it in no way appeals to our intellect, on the contrary it rather repels it.この謎は、材料や個々のオブジェクトの上で我々は今や我々の信仰の行使は、そのキャラクターとして正式なオブジェクトは、神の真理は、この真理とは、明らかにわれわれが懸念する限りinevident ;ことがないように私たちの訴えに知性は、むしろそれとは逆にrepelsことです。 And yet we assent to it by faith, consequently upon evidence which is extrinsic and not intrinsic to the truth we are accepting.それでも我々の信仰に同意することによって、結果的に証拠が内在していない外因と私たちは、真実を受け入れています。 But there can be no evidence commensurate with such a mystery save the Divine testimony itself, and this constitutes the motive for our assent to the mystery, and is, in scholastic language, the objectum formale quo of our assent.しかし、あり得ないようなミステリー証拠比例して、神の証言自体を保存し、これを構成するために、私たちの動機は謎に同意する、とは、修学の言語で、そこから私たちの同意の対物formale 。 If then, we are asked why we believe with Divine faith any Divine truth, the only adequate answer must be because God has revealed it.もしその後、我々は我々理由を問われた任意の神を信じる信仰して神の真理は、神のみのためには適切な答えを明らかにしなければならないことです。

(e) We may point out in this connexion the falsity of the prevalent notion that faith is blind. ( E )の我々の可能性を指摘する虚偽のは、このconnexion流行しているという考えは、目の不自由な信仰です。 "We believe", says the Vatican Council (III, iii), "that revelation is true, not indeed because the intrinsic truth of the mysteries is clearly seen by the natural light of reason, but because of the authority of God Who reveals them, for He can neither deceive nor be deceived." "我々を信じる"と、評議会によると、バチカン市国( 3世、 3世)は、 "ヨハネの黙示録は、本当のことではなく、実際には、固有の真理は、はっきりと見られる謎の理由で、自然の光が、誰のために、神の権威を明らかにしては、どちらのために彼をだますこともだまされる"と述べた。 Thus, to return to the act of faith which we make in the Holy Trinity, we may formulate it in syllogistic fashion thus: Whatever God reveals is true but God has revealed the mystery of the Holy Trinity therefore this mystery is true.このように、信仰に戻るには、どのように行動するのは、三位一体のは、我々がそれを策定するためのファッション三段論法:どんな神は真実が明らかに神の謎が明らかにホーリートリニティーしたがって、この謎は本当です。 The major premise is indubitable and intrinsically evident to reason; the minor premise is also true because it is declared to us by the infallible Church (cf. FAITH, RULE OF), and also because, as the Vatican Council says, "in addition to the internal assistance of His Holy Spirit, it has pleased God to give us certain external proofs of His revelation, viz. certain Divine facts, especially miracles and prophecies, for since these latter clearly manifest God's omnipotence and infinite knowledge, they afford most certain proofs of His revelation and are suited to the capacity of all."その大前提とは、本質的に間違いのない理由を明らかにして;の小前提はまた、私たちにとって本当の理由を宣言したことは絶対に正しい教会( cf.信仰は、規則) 、そしてためにも、評議会によると、バチカンとしては、 "に加えて彼の援助を受けて、内部聖霊、それは神に満足して特定の外部の証拠を提供してくれる彼のヨハネの黙示録、 viz 。特定の神の事実は、奇跡と予言特に、後者のためにこれらを明確にマニフェスト以来、神の全能と無限の知識は、かれらのほとんど余裕ある証拠ヨハネの黙示録に適しているとは、彼の能力は、すべてのです。 " Hence St. Thomas says: "A man would not believe unless he saw the things he had to believe, either by the evidence of miracles or of something similar" (II-II:1:4, ad 1).したがってセントトマス書かれています: "一人の男がない限りはないと信じていた彼を見たものを信じ、奇跡の証拠されるかのどちらかが何か似たような" ( ⅱ - Ⅱ : 1時04分、広告の1 ) 。 The saint is here speaking of the motives of credibility.サンはといえば、ここでの信頼性の動機です。

IV. 4 。 MOTIVES OF CREDIBILITY動機の信憑性

(a) When we say that a certain statement is incredible we often mean merely that it is extraordinary, but it should be borne in mind that this is a misuse of language, for the credibility or incredibility of a statement has nothing to do with its intrinsic probability or improbability; it depends solely upon the credentials of the authority who makes the statement. (する)ときに、特定の声明を我々は信じられないと言うことを意味するに過ぎないことを我々は、臨時しばしば、それが負担しなければならないことを念頭に置いて、この言語は、誤用、信じられないことをするための信頼性や声明には何の関係も内在する確率またはimprobability ;のみに依存することの証明書の権威者の方の声明。 Thus the credibility of the statement that a secret alliance has been entered into between England and America depends solely upon the authoritative position and the veracity of our informant.したがって、この声明の信憑性は、秘密の同盟が入力されてイングランドとアメリカの間に、権威に依存するだけの信ぴょう性を私たちの立場とインフォーマントです。 If he be a clerk in a government office it is possible that he may have picked up some genuine information, but if our informant be the Prime Minister of England, his statement has the highest degree of credibility because his credentials are of the highest.もし彼には、政府の事務所で店員ている可能性がある彼は真の情報を抽出する可能性があるが、我々の場合、首相のイングランドインフォーマントには、彼の発言の信頼度が最も高いのために自分の認証情報は、最高です。 When we speak of the motives of credibility of revealed truth we mean the evidence that the things asserted are revealed truths.我々の動機を話すときには、真実を明らかに信憑性を意味するという証拠は我々の主張は、物事の真理を明らかにした。 In other words, the credibility of the statements made is correlative with and proportionate to the credentials of the authority who makes them.言い換えると、その前には声明の信ぴょう性と相関して比例して、証明書の権威者の方にしてください。 Now the credentials of God are indubitable, for the very idea of God involves that of omniscience and of the Supreme Truth.今のは間違いのない神の資格は、神のためには非常に考えて全知では、最高の真理です。 Hence, what God says is supremely credible, though not necessarily supremely intelligible for us.したがって、どのようによれば、神はずば抜けて信憑性は、我々も理解できるとは限らないずば抜けている。 Here, however, the real question is not as to the credentials of God or the credibility of what He says, but as to the credibility of the statement that God has spoken.ここでは、しかし、本当の問題ではないとしての資格を神や信頼性を何と彼は言いますが、この声明の信憑性としては、神が話されている。 In other words who or what is the authority for this statement, and what credentials does this authority show?言い換えれば何人かは、この声明の権威は、どのような資格や権限を示すが、これですか? What are the motives of credibility of the statement that God has revealed this or that?動機はどんなものが、声明の信憑性を明らかにして神がこのたりして?

(b) These motives of credibility may be briefly stated as follows: in the Old Testament considered not as an inspired book, but merely as a book having historical value, we find detailed the marvellous dealings of God with a particular nation to whom He repeatedly reveals Himself; we read of miracles wrought in their favour and as proofs of the truth of the revelation He makes; we find the most sublime teaching and the repeated announcement of God's desire to save the world from sin and its consequences. ( b )にこれらの動機を簡潔に記載の信頼性を以下のとおりかもしれません:旧約聖書にインスピレーションを得たとして考えられていない書籍は、書籍のことではなく、歴史的な価値として、我々の見事な取引の詳細を見つけると、特定の国を神の心に適う繰り返し自分自身によると、我々は彼らの恩恵を読む鍛鉄奇跡の証拠として、真理とは、ヨハネの黙示録彼は、我々の最も崇高な指導を見つけると、神の願望を繰り返しアナウンスから世界を救うために罪とその帰結です。 And more than all we find throughout the pages of this book a series of hints, now obscure, now clear, of some wondrous person who is to come as the world's saviour; we find it asserted at one time that he is man, at others that he is God Himself.そして私たちを見つける以上のすべてのページに、この本を通じて、一連のヒントが、今無名のは、今すぐ明確で、いくつかの素晴らしいに来る人は、世界の救い主として、私たちは自分の時間を見つけることを主張して彼は男で、他人神は彼が自分自身です。 When we turn to the New Testament we find that it records the birth, life, and death of One Who, while clearly man, also claimed to be God, and Who proved the truth of His claim by His whole life, miracles, teachings, and death, and finally by His triumphant resurrection.我々に救いを求める際に、新約聖書の誕生我々の記録を見つけることは、人生の、そして一人の死が、はっきりと男は、神を公言されても、彼の主張が真実であることを証明された彼の全人生は、奇跡は、教えには、と死、そして最後に彼の意気揚々と復活した。 We find, moreover, that He founded a Church which should, so He said, continue to the end of time, which should serve as the repository of His teaching, and should be the means of applying to all men the fruits of the redemption He had wrought.我々を見つける、また、教会を設立して彼は、そこで彼によると、継続して時間の終わりには、これは、リポジトリを務める彼の教えは、その手段を適用しなければならないとし、すべての男性には、償還彼果物鍛鉄いた。 When we come to the subsequent history of this Church we find it speedily spreading everywhere, and this in spite of its humble origin, its unworldly teaching, and the cruel persecution which it meets at the hands of the rulers of this world.そのとき、この教会の歴史を、その後のスピーディー広がってどこでも見つけること我々は、これにもかかわらず、その謙虚な起源は、その天上界の指導、そして、それを満たして残酷な迫害の手で、この世界の支配者です。 And as the centuries pass we find this Church battling against heresies schisms, and the sins of her own people-nay, of her own rulers -- and yet continuing ever the same, promulgating ever the same doctrine, and putting before men the same mysteries of the life, death and resurrection of the world's Saviour, Who had, so she taught, gone before to prepare a home for those who while on earth should have believed in Him and fought the good fight.そして我々として渡す世紀にもわたって、この教会を見つける争っheresies schisms反対し、彼女自身の罪の人々 -いや、彼女自身の支配-にもかかわらず、これまで続けて同じですが、これまでと同じドクトリンp romulgating、パットの前に男性と同じ謎その人生は、死と復活、世界の救い主、誰が、教えたので、彼女は、以前の人のためにホームページを用意する必要が地球上で考えられている間、彼の善戦と戦った。 But if the history of the Church since New-Testament times thus wonderfully confirms the New Testament itself, and if the New Testament so marvellously completes the Old Testament, these books must really contain what they claim to contain, viz.しかしもしその教会の歴史-新約聖書時代以来の新しいすばらしくこうして新約聖書自体を確認している場合で、新約聖書旧約聖書が完了するので不思議には、これらの書籍を含む必要があります本当に彼らの主張には何が含まれ、 viz 。 Divine revelation.託宣。 And more than all, that Person Whose life and death were so minutely foretold in the Old Testament, and Whose story, as told in the New Testament, so perfectly corresponds with its prophetic delineation in the Old Testament, must be what He claimed to be, viz.すべてを超えると、その人物の生と死はあまりにも前から予報は、旧約聖書の1分おき、およびその物語は、新約聖書として語られるので、完全に対応してその描写は、旧約聖書の予言は、何と主張される必要があります。 、 viz 。 the Son of God.神の御子です。 His work, therefore, must be Divine.彼の作品は、したがって、神しなければならない。 The Church which He founded must also be Divine and the repository and guardian of His teaching.彼は教会を設立する必要がありますし、リポジトリにも神の教えと彼の後見人です。 Indeed, we can truly say that for every truth of Christianity which we believe Christ Himself is our testimony, and we believe in Him because the Divinity He claimed rests upon the concurrent testimony of His miracles, His prophecies His personal character, the nature of His doctrine, the marvellous propagation of His teaching in spite of its running counter to flesh and blood, the united testimony of thousands of martyrs, the stories of countless saints who for His sake have led heroic lives, the history of the Church herself since the Crucifixion, and, perhaps more remarkable than any, the history of the papacy from St. Peter to Pius X.実際、我々が言うことを真にキリスト教のすべての真実を我々自身が我々の証言を信じるキリストは、彼を信じているため、我々は神にあると主張した彼の奇跡の同時証言は、彼の個人的な予言彼のキャラクターは、彼の性質教義は、見事な伝搬にもかかわらず、彼の教えを実行してカウンターを生身の人間は、何千人もの殉教者ユナイテッドの証言は、この記事のために自分のためには無数の聖徒たちの命のLED英雄は、彼女自身の歴史は、教会以来、はりつけ、そして、おそらく誰よりももっと注目すべきは、聖ペテロの歴史をよりローマ教皇のピウスXの

(c) These testimonies are unanimous; they all point in one direction, they are of every age, they are clear and simple, and are within the grasp of the humblest intelligence. ( C参照)これらの証言は、満場一致;彼らのすべての点で1つの方向性は、かれらは、すべての年齢、彼らは単純明快で、内の把握とは、知能humblest 。 And, as the Vatican Council has said, "the Church herself, is, by her marvellous propagation, her wondrous sanctity, her inexhaustible fruitfulness in good works, her Catholic unity, and her enduring stability, a great and perpetual motive of credibility and an irrefragable witness to her Divine commission" (Const. Dei Filius) .とは、審議会としては、バチカンによると、 "自分の教会では、彼女の見事な伝搬さは、彼女の素晴らしい尊厳は、彼女の無尽蔵の多作で良い作品は、彼女のカトリック団結して、彼女の永続的な安定性、信頼性に大きな動機とすると永久彼女の神の委員会の証人を否定し得ない" ( const.デイfilius ) 。 "The Apostles", says St. Augustine, "saw the Head and believed in the Body; we see the Body let us believe in the Head" [Sermo ccxliii, 8 (al. cxliii), de temp., P.L., V 1143]. "使徒"は、聖オーガスティン氏は、 "のこぎりで頭や体を信じて、私たちの体を参照してみようと考えて頭の中で" [ sermo ccxliii 、 8 ( ) 。 1143 ] 。 Every believer will echo the words of Richard of St. Victor, "Lord, if we are in error, by Thine own self we have been deceived- for these things have been confirmed by such signs and wonders in our midst as could only have been done by Thee!"すべての言葉を信じる人は、エコーサンヴィクトルのリシャールは、 "主よ、私たちは、エラーの場合は、自分で自分のために私たちはだまされたことが確認されましたこれらの奇跡によって私たちの中にそのようなことしかできなかったとしてもなたに行われる! " (de Trinitate, 1, cap. ii). (デtrinitate 、 1 、キャップです。 ⅱ ) 。

(d) But much misunderstanding exists regarding the meaning and office of the motives of credibility.しかし、多くの誤解が存在する(民主党)やオフィスの意味については、信頼性の動機です。 In the first place, they afford us definite and certain knowledge of Divine revelation; but this knowledge precedes faith; it is not the final motive for our assent to the truths of faith- as St. Thomas says, "Faith has the character of a virtue, not because of the things it believes, for faith is of things that appear not, but because it adheres to the testimony of one in whom truth is infallibly found" (De Veritate, xiv, 8); this knowledge of revealed truth which precedes faith can only beget human faith it is not even the cause of Divine faith (cf. Francisco Suárez, be Fide disp. iii, 12), but is rather to be considered a remote disposition to it.まず第一に、私たちにはっきりと特定の知識を買う余裕託宣;しかし、この知識を前に信仰;最終的な動機ではないことに同意するために、私たちの信仰の真理としてセントトマスによれば、 "信仰には、キャラクターの美徳だが、それは考えていないことを理由には、信仰のために表示されることはないが、しかし、それを遵守しているため、 1つの証言は真実では、いつも誰が見つかりません" (デveritate 、 14 、 8 ) ;この真理の知識を明らかに人間の信仰を生じさせるだけの信仰を前に置くことではないことにも原因が神の信仰( cf.フランシスコスアレス、 disp fideれる。 3世、 12 )が、むしろ、リモートの気質を考えられるようになることだ。 We must insist upon this because in the minds of many faith is regarded as a more or less necessary consequence of a careful study of the motives of credibility, a view which the Vatican Council condemns expressly: "If anyone says that the assent of Christian faith is not free, but that it necessarily follows from the arguments which human reason can furnish in its favour; or if anyone says that God's grace is only necessary for that living faith which worketh through charity, let him be anathema" (Sess. IV).これに固執する必要がありますので、我々の心の中で、多くの信仰があると見なされて多かれ少なかれ影響を慎重に検討する必要が動機の信憑性は、どのビューを明示的に非難バチカン公会議: "と言う人がいたら、キリスト教の信仰に同意無料ではないが、それ以下のとおりですから、必ずしもそれが人間の理性の引数を提供することでその恩恵;かと言う人がいたら、神の恵みは、そのために必要なだけの信仰生活をworketh慈善団体を通じて、ほっておけに忌み嫌われる" ( sess. ⅳ ) 。 Nor can the motives of credibility make the mysteries of faith clear in themselves, for, as St. Thomas says, "the arguments which induce us to believe, e.g. miracles, do not prove the faith itself, but only the truthfulness of him who declares it to us, and consequently they do not beget knowledge of faith's mysteries, but only faith" (in Sent., III, xxiv, Q. i, art. 2, sol. 2, ad 4).信頼性を作ることができるのも、神秘的な動機を明確に自らの信仰を、セントトマスとしては、 "我々の議論を誘発すると思われるが、例えば、奇跡は、自らの信仰を証明していないが、彼だけの人の誠実さを宣言それを私たちは、かれらとそのための知識はありません信仰の謎を生じさせるだけの信仰" (送信されます。 、 3世、 xxiv 、問い私は、アートです。 2 、ゾル。 2 、広告の4 ) 。 On the other hand, we must not minimize the real probative force of the motives of credibility within their true sphere- "Reason declares that from the very outset the Gospel teaching was rendered conspicuous by signs and wonders which gave, as it were, definite proof of a definite truth" (Leo XIII, Æterni Patris).その一方で、我々の本当の証明力を最小限に抑えることはできませんが、彼らの真の動機球内の信憑性- "の理由を宣言してから最初の福音を教えることは、非常に目立つレンダされた奇跡を与えたのは、言ってみれば、確かな証拠確かな真実が" (レオ13世は、 æterni patris ) 。

(e) The Church has twice condemned the view that faith ultimately rests on an accumulation of probabilities. ( E )の2回、教会の死刑囚は最終的にかかっているとの見方を信仰する確率を蓄積しています。 Thus the proposition, "The assent of supernatural faith . . is consistent with merely probable knowledge of revelation" was condemned by Innocent XI in 1679 (cf. Denzinger, Enchiridion, 10th ed., no. 1171); and the Syllabus Lamentabili sane (July, 1907) condemns the proposition (XXV) that "the assent of faith rests ultimately on an accumulation of probabilities."従ってその命題は、 "超自然的な信仰の賛同。 。概の知識だけでは、一貫してヨハネの黙示録"は、 1679年に非難される無実xi ( cf.デンツィンガー、 enchiridion 、 10日にエド。 、いいえ。 1171 ) ;やシラバスlamentabiliサネ( 7月、 1907 )を非難して命題( 25 )は"信仰を置き、最終的に同意の上での蓄積確率です。 " But since the great name of Newman has been dragged into the controversy regarding this last proposition, we may point out that, in the Grammar of Assent (chap. x, sect. 2), Newman refers solely to the proof of faith afforded by the motives of credibility, and he rightly concludes that, since these are not demonstrative, this line of proof may be termed "an accumulation of probabilities".しかし、偉大な名前ニューマン引きずり込まれてきた論争については、この最後の命題は、我々と指摘している可能性は、文法の同意( chap. x 、宗派です。 2 ) 、ニューマンを指しますだけの証拠を与え信仰される動機の信憑性は、当然の結論として彼は、以後これらの指示ではない、このセリフの証拠呼ばれるかもしれない"とする確率の蓄積" 。 But it would be absurd to say that Newman therefore based the final assent of faith on this accumulation- as a matter of fact he is not here making an analysis of an act of faith, but only of the grounds for faith; the question of authority does not come into his argument (cf. McNabb, Oxford Conferences on Faith, pp. 121-122).不条理が、できればニューマンだからと言って、最終的な同意のもと蓄積-信仰上の問題として、この事実を彼はここではない、信仰の行動を分析するだけの根拠を信仰;という問題の権威生まれてくる彼の議論はありません( cf. mcnabb 、オックスフォード会議をうのみには、 pp 。 121〜122 ) 。

V. ANALYSIS OF THE ACT OF FAITH FROM THE SUBJECTIVE STANDPOINT対分析して主観的な観点からの信念に基づく行為

(a) The light of faith. ( a )その光の信仰です。 -- An angel understands truths which are beyond man's comprehension; if then a man were called upon to assent to a truth beyond the ken of the human intellect, but within the grasp of the angelic intellect, he would require for the time being something more than his natural light of reason, he would require what we may call "the angelic light". -天使の真理を理解している男の理解を超えて;もし次に呼ばれた一人の男の真実に同意する時には、人間の知性を超えて、ケンが、天使の知性を把握するのは、彼が何かを要するため、当分こちら彼よりも自然光の理由は、彼が何を必要と呼ぶことがあります"天使の光" 。 If, now, the same man were called upon to assent to a truth beyond the grasp of both men and angels, he would clearly need a still higher light, and this light we term "the light of faith" -- a light, because it enables him to assent to those supernatural truths, and the light of faith because it does not so illumine those truths as to make them no longer obscure, for faith must ever be "the substance of things to be hoped for, the evidence of things that appear not" (Hebrews 11:1).もし、今、同じ男と呼ばれた時を越えて真実に同意する男と天使の両方を把握するのは、彼がまだ高い光を明確にする必要がありますし、このライトが我々的な"信仰の光" -軽いので、彼に同意することによりこれらの超自然的真理は、信仰と照らし合わせて明るくしていないのでこのようにしてこれらの真理として、もはや無名は、これまでには信仰する必要があります"その物質のことを望んでいたことですが、物事の証拠していないに表示される" (ヘブル人への手紙11時01分) 。 Hence St. Thomas (De Veritate, xiv, 9, ad 2) says: "Although the Divinely infused light of faith is more powerful than the natural light of reason, nevertheless in our present state we only imperfectly participate in it; and hence it comes to pass that it does not beget in us real vision of those things which it is meant to teach us; such vision belongs to our eternal home, where we shall perfectly participate in that light, where, in fine, in God's light we shall see light' (Ps. xxxv, 10)."したがってセントトマス(デveritate 、 14 、 9 、広告の2 )によれば: "光注入さにもかかわらず、神の信仰は、より強力な理由よりも、自然の光が、我々の現在の状態にもかかわらず、我々だけ不完全に参加すること、およびそのために来るに合格していないことが私たち本当のビジョンを来たすものそれらの意味を教えることは私たち;このような私たちの永遠のホームページに属しますビジョンは、わたしたちはどこに参加して光を完全には、どこには、罰金、わたしたちは神の光光を参照してください' ( ps. 35 、 10 ) 。 "

(b) The necessity of such light is evident from what has been said, for faith is essentially an act of assent, and just as assent to a series of deductive or inductive reasonings, or to intuition of first principles, would be impossible without the light of reason, so, too assent to a supernatural truth would be inconceivable without a supernatural strengthening of the natural light "Quid est enim fides nisi credere quod non vides?" ( b )に、その必要性は、このような光は明らかによるとされてきたことから、信仰のために行動するのは、基本的に同意し、同意するシリーズと同様の理由づけ演繹的または帰納的、または最初の原則を直観のは、不可能になることなく、光の理由で、これは、あまりにも同意するだろう超自然的真理を想像することなく、自然の光が超自然の強化"ひとかみest quod enim保証を立証する物件以外の仮videsですか? " (i.e. what is faith but belief in that which thou seest not?) asks St. Augustine; but he also says: "Faith has its eyes by which it in some sort sees that to be true which it does not yet see- and by which, too, it most surely sees that it does not see what it believes" [Ep. (つまり、どのような信念では、信仰がないことを見るでろうなた? )要求聖アウグスティヌス;しかし、彼にも書かれています: "信仰によって目には、いくつかの並べ替えをすることでそれを見ることが真実ではないとさを参照してください-それは、あまりにも、確かにそれは見ていないことがほとんど何であるかを確認することは考えて" [欧州。 ad Consent., ep.広告に同意します。 、欧州。 cxx 8 (al. ccxxii), P.L., II, 456]. cxxの8 ( al. ccxxii ) 、 pl 、 2世、 456 ] 。

(c) Again, it is evident that this "light of faith" is a supernatural gift and is not the necessary outcome of assent to the motives of credibility. ( C参照)繰り返しますが、このことは明らかだ"信仰の光"は、超自然の贈り物ではないとの結果に同意するのに必要な信頼性の動機です。 No amount of study will win it, no intellectual conviction as to the credibility of revealed religion nor even of the claims of the Church to be our infallible guide in matters of faith, will produce this light in a man's mind.勉強が勝つことのない金額は、知的ないとして有罪判決の信憑性を明らかにしても宗教にも、我々の主張には、教会の信仰の絶対確実な事柄ガイドでは、この光が作り出す一人の男の心の中です。 It is the free gift of God.それは、神の景品です。 Hence the Vatican Council (III, iii;) teaches that "faith is a supernatural virtue by which we with the inspiration and assistance of God's grace, believe those things to be true which He has revealed".それ故、バチカン公会議( 3世、 3世; )を教えては、 "信仰の神学的徳によっては、我々の支援をして、神の恵みとインスピレーションは、そのようなことは本当だと信じて彼には明らかに" 。 The same decree goes on to say that "although the assent of faith is in no sense blind, yet no one can assent to the Gospel teaching in the way necessary for salvation without the illumination of the Holy Spirit, Who bestows on all a sweetness in believing and consenting to the truth".令が起こっているのと同じことを言う"信仰の同意にもかかわらず、目の不自由な意味ではありませんが、まだ誰にも福音を教えることに同意するために必要な救済の道なしでは、聖霊の照明は、すべての人の上に甘さbestows同意して、真実と信じる" 。 Thus, neither as regards the truth believed nor as regards the motives for believing, nor as regards the subjective principle by which we believe -- viz.したがって、どちらに関しても、真実と信じに関しては信者の動機についても、これに関しては主観的な原理によって私たち信じる-v iz。 the infused light -- can faith be considered blind.光の注入-信仰と見なされることブラインドです。

(d) The place of the will in an act of faith. (民主党)は、その場所には、信仰する行為。 -- So far we have seen that faith is an act of the intellect assenting to a truth which is beyond its grasp, e.g. -これまでのところ我々は、信仰を見たことがあるa ssenting行為は、知性を超えて、これは真理を把握する、例えば the mystery of the Holy Trinity.謎のホーリートリニティー。 But to many it will seem almost as futile to ask the intellect to assent to a proposition which is not intrinsically evident as it would be to ask the eye to see a sound.しかし、ほぼ同じように多くは、無益なことを聞くことに同意する知性を本質的に明らかにされていないとして提案することになる可能性がある音を聞くに目を参照してください。 It is clear, however, that the intellect can be moved by the will either to study or not to study a certain truth, though if the truth be a self-evident one -- e.g., that the whole is greater than its part -- the will cannot affect the intellect's adhesion to it, it can, however, move it to think of something else, and thus distract it from the contemplation of that particular truth.明確にすることが、しかし、その知性に動かすことができるのはどちらかを勉強したり、特定の真実を勉強しないが、真実がある場合は自明の一つ-例えば、全体よりも高い場合は、その部分-知性には影響を与えることはできないの接着してあるので、これは、しかし、何か他のことを考え移動すること、およびそのための注意をそらすことを熟考してから、特定の真理です。 If, now, the will moves the intellect to consider some debatable point-e.g.もし、今のところ、その動きは、議論の余地がいくつかの点を考慮する知性-例: the Copernican and Ptolemaic theories of the relationship between the sun and the earth -- it is clear that the intellect can only assent to one of these views in proportion as it is convinced that the particular view is true.プトレマイオス、コペルニクスの理論とは、太陽と地球の間の関係-それは、知性をクリアして1つしかこれらの見解に同意するように比例することは確信して、特定のビューは本当です。 But neither view has, as far as we can know, more than probable truth, hence of itself the intellect can only give in its partial adherence to one of these views, it must always be precluded from absolute assent by the possibility that the other view may be right.しかし、どちらのビューには、我々が知っている限りは、予想以上の真実、したがって、それ自体が、知性を与えることでその部分のみを順守してこれらのビューの1つは、絶対に同意しなければ、常に排除される可能性があるから、他のビューが正しいかもしれない。 The fact that men hold much more tenaciously to one of these than the arguments warrant can only be due to some extrinsic consideration, e.g.男性という事実をはるかに粘り強くホールドして、これらよりも1つの引数を保証することによってのみ外因性のためにいくつかの考察は、例えば、 that it is absurd not to hold what the vast majority of men hold.不条理を保持することはない、圧倒的大多数の人々は何を開く。 And here it should be noted that, as St. Thomas says repeatedly, the intellect only assents to a statement for one of two reasons: either because that statement is immediately or mediately evident in itself -- e.g.ここで注意しなければならないこととして、繰り返しとしてセントトマスによれば、知性のためにのみassentsする声明を2つの理由の1つ:どちらかまたはmediatelyいるため、これを直ちに声明は、それ自体で明らかになる-例えば、 a first principle or a conclusion from premises -- or because the will moves it to do so.あるいは、最初から結論を敷地内の原則-あるいはそれを移動するためにそうしています。 Extrinsic evidence of course comes into play when intrinsic evidence is wanting, but though it would be absurd, without weighty evidence in its support, to assent to a truth which we do not grasp, yet no amount of such evidence can make us assent, it could only show that the statement in question was credible, our ultimate actual assent could only be due to the intrinsic evidence which the statement itself offered, or, failing that, due to the will.もちろん、外的な証拠を再生する際に入ってくるとは、本質的な証拠を望むが、不合理なことが、有力な証拠なしには、サポートは、これに同意する真理を把握することはありません、そのような証拠はまだない金額に同意できるように我々は、それ声明でしかできなかったことを示す必要が信憑性の問題は、我々の究極の実際の同意のみで可能性のために、そのステートメント自体に内在する証拠を提供する、あるいは、失敗して、そのためには。 Hence it is that St. Thomas repeatedly defines the act of faith as the assent of the intellect determined by the will (De Veritate, xiv, 1; II-II, Q. ii, a. 1, ad 3; 2, c.; ibid., iv, 1, c., and ad 2).だからそれは定義して行動することを繰り返しセントトマス信仰としての知性の同意が決定される(デveritate 、 14 、 1 ; - IIの2世、 2世問い、 a. 1 、広告3 ; 2千佳子;同じです。 、 4世は、 1千佳子、および広告2 ) 。 The reason, then, why men cling to certain beliefs more tenaciously than the arguments in their favour would warrant, is to be sought in the will rather than in the intellect.その理由は、当時は、なぜ特定の信念にしがみつく男性よりももっと粘り強く彼らの恩恵では、令状の引数は、求めたのは、されるというよりは、知性です。 Authorities are to be found on both sides, the intrinsic evidence is not convincing, but something is to be gained by assenting to one view rather than the other, and this appeals to the will, which therefore determines the intellect to assent to the view which promises the most.当局が発見されたの両側には、説得力の本質的な証拠はないが、何かを得られる場合によっては、 1つのビューをassentingというより、他のは、この控訴するとは、これに同意する知性を決定するためのビューを約束のほとんどです。 Similarly, in Divine faith the credentials of the authority which tells us that God has made certain revelations are strong, but they are always extrinsic to the proposition, "God has revealed this or that", and consequently they cannot compel our assent; they merely show us that this statement is credible.同様に、神の信仰では、権限の認証情報を教えてくれることは、神の前に特定の印が強いが、彼らは、常に外因性の命題は、 "神の啓示が、このたりして"とし、結果的に私たちの同意を強要することはできません;彼ら単にこの声明の信ぴょう性を見せている。 When, then, we ask whether we are to give in our free assent to any particular statement or not, we feel that in the first place we cannot do so unless there be strong extrinsic evidence in its favour, for to believe a thing merely because we wished to do so would be absurd.ときには、その後、我々は我々依頼するかどうかは私たちの自由を与えるいかなる特定の声明に同意するかどうかは、我々の第1位と感じることができないような証拠がない限りそこには、外因性の強い味方、信じるもののために過ぎないため、我々がばかげたことを希望しています。 Secondly, the proposition itself does not compel our assent, since it is not intrinsically evident, but there remains the fact that only on condition of our assent to it shall we have what the human soul naturally yearns for, viz., the possession of God, Who is, as both reason and authority declare, our ultimate end; "He that believeth and is baptized, shall be saved", and "Without faith it is impossible to please God."第二に、私たちの同意を強要しない命題自体は、本質的に明らかではありませんので、遺跡があるという事実を我々だけに同意することを条件に、わたしたちがどのような人間の魂のためには当然yearns 、 viz 。 、神の所持は、誰が、両方の理由としての権威を宣言すると、我々の究極の目的; "と彼は、バプテスマを受けて信仰して、保存されるもの"とし、 "信仰することなしには不可能であることを神にしてください。 " St. Thomas expresses this by saying: "The disposition of a believer is that of one who accepts another's word for some statement, because it seems fitting or useful to do so. In the same way we believe Divine revelation because the reward of eternal life is promised us for so doing. It is the will which is moved by the prospect of this reward to assent to what is said, even though the intellect is not moved by something which it understands. Hence St. Augustine says (Tract. xxvi in Joannem, 2): Cetera potest homo nolens, credere nonnisi volens' [i.e. other things a man can do against his will but to believe he must will]" (De Ver., xiv, 1).と言って、この言葉で表現しセントトマス: "の処分は、信者たちを受け入れるのは、 1つの単語のためのいくつかの別の声明には、それにふさわしいように役立つかをそうしています。私たちは同じように信じて託宣の永遠の命に報いるため、私たちはそうすることが約束されます。それは動かされるのは、これは、この報奨金の埋蔵量をどのように同意するといわれ、知性ではないにもかかわらず、それを動かされる何かを理解しています。従って聖アウグスティヌスによれば( 26 tract.でjoannem 、 2 ) :セテラpotestホモnolens 、保証nonnisi volens ' [すなわち他の物事に対する彼は、一人の男ができることを信じて彼にする必要があります] " (デバージョン7.3.1.2 、 14 、 1 ) 。

(e) But just as the intellect needed a new and special light in order to assent to the supernatural truths of faith, so also the will needs a special grace from God in order that it may tend to that supernatural good which is eternal life.しかし、 ( E )の知性と同じように、必要に応じて新たに同意するためには特別な光の超自然的な信仰の真理は、今も必要なのは、特別なことをするために、神の恵みから5月超自然的傾向にあることは、永遠の命が良いです。 The light of faith, then, illumines the understanding, though the truth still remains obscure, since it is beyond the intellect's grasp; but supernatural grace moves the will, which, having now a supernatural good put before it, moves the intellect to assent to what it does not understand.光の信仰は、その後、 illuminesの理解が、真実は依然として不透明な、それが、知性への理解を超えて;しかし、超自然の恵みの動きは、これは、良いことを今、超自然の前に置くことは、この動きに賛同して知性どのようなことを理解していない。 Hence it is that faith is described as "bringing into captivity every understanding unto the obedience of Christ" (2 Corinthians 10:5).したがってそれは信仰を記述すると"かれの理解を持参するごとに捕らわれているキリストの服従させる" ( 2コリンチャンス10時05分) 。

VI. viのです。 DEFINITION OF FAITH信仰の定義

The foregoing analyses will enable us to define an act of Divine supernatural faith as "the act of the intellect assenting to a Divine truth owing to the movement of the will, which is itself moved by the grace of God" (St. Thomas, II-II, Q. iv, a. 2).ただし、前述の分析は、私たちを定義する有効な行為として神の超自然的な信仰"という行為は、神の真理を知性assentingせいでは、この運動には、これは神の恵みによって自体の移転" (セントトマス、 2世- 2世、 4世問い、 a. 2 ) 。 And just as the light of faith is a gift supernaturally bestowed upon the understanding, so also this Divine grace moving the will is, as its name implies, an equally supernatural and an absolutely gratuitous gift.と同じように、光の贈り物は、神業のような信仰の理解を授けられたので、これも引っ越しの意志は、神の恵みは、その名前が示すように、超自然的とは絶対に、同様に無償の贈り物です。 Neither gift is due to previous study neither of them can be acquired by human efforts, but "Ask and ye shall receive."どちらのプレゼントは、前回の調査のためにもかれらの人間の努力に買収されたことができますが、 "なたがたは、依頼を受ける"と述べた。

From all that has been said two most important corollaries follow:によるとされてきたからすべての最も重要な2つのcorollaries従う:

That temptations against faith are natural and inevitable and are in no sense contrary to faith, "since", says St. Thomas, "the assent of the intellect in faith is due to the will, and since the object to which the intellect thus assents is not its own proper object -- for that is actual vision of an intelligible object -- it follows that the intellect's attitude towards that object is not one of tranquillity, on the contrary it thinks and inquires about those things it believes, all the while that it assents to them unhesitatingly; for as far as it itself is concerned the intellect is not satisfied" (De Ver., xiv, 1).誘惑に反対して信仰は、自然との意味ではありませんが避けられないとの信念に反して、 "以来"によると、聖トマスは、 "同意の知性では、信仰のためには、オブジェクトを指定して以来、こうして知性assents独自のオブジェクトを適切ではない-と、そのオブジェクトは、実際のビジョンを理解する-それは、以下のとおりです知性の態度を取ることの1つのオブジェクトではない静けさのは、それとは逆に、そういうことについて照会することだと思って、信じて、すべての間それをかれらassentsためらわず;ために限り、それ自体は心配はない知性満足" (デバージョン7.3.1.2 、 14 、 1 ) 。

(b) It also follows from the above that an act of supernatural faith is meritorious, since it proceeds from the will moved by Divine grace or charity, and thus has all the essential constituents of a meritorious act (cf. II-II, Q. ii, a. 9). ( b )にも、上記のことから以下の通り、超自然的な信仰の行為は称賛に値する、それからの収益を動かされるのは、神の恵みや慈善団体、およびそのためには必要不可欠な成分は、すべての称賛に値する行為( cf. 2世- IIのは、問。 2世は、 a. 9 ) 。 This enables us to understand St. James's words when he says, "The devils also believe and tremble" (ii, 19) .これにより、私たちの言葉を理解するときセントジェームズと彼は言います。 "と、悪魔たちも信じて震える" ( 2世、 19 ) 。 "It is not willingly that they assent", says St. Thomas, "but they are compelled thereto by the evidence of those signs which prove that what believers assent to is true, though even those proofs do not make the truths of faith so evident as to afford what is termed vision of them" (De Ver., xiv 9, ad 4); nor is their faith Divine, but merely philosophical and natural. "喜んことに同意することではない"と、セントトマスによれば、 "しかし、彼らはそのことを強要されるこれらの兆候を証明する証拠は何信者に同意することが事実であれば、それらの証拠にもかかわらず、真理の信仰はどうしようもないので明らかにビジョンと呼ばれるものを買う余裕がかれらの" (ドのバージョン7.3.1.2は、 14 9 、広告4 ) ;また神は彼らの信仰は、哲学的ではなく、自然です。 Some may fancy the foregoing analyses superfluous, and may think that they savour too much of Scholasticism.前述のいくつかの可能性の分析ファンシー余計な、と思っているかもしれないというのスコラ学の風味は多すぎる。 But if anyone will be at the pains to compare the teaching of the Fathers, of the Scholastics, and of the divines of the Anglican Church in the seventeenth and eighteenth centuries, with that of the non-Catholic theologians of today, he will find that the Scholastics merely put into shape what the Fathers taught, and that the great English divines owe their solidity and genuine worth to their vast patristic knowledge and their strictly logical training.しかし、誰にもされる場合には、痛みを比較するには、父の教えは、そのscholastics 、とは、聖公会の神学者は、 17および18世紀にもわたって、非カトリック神学には、今日、彼は見つけることscholasticsだけで、どのような形を入れて、父親の教えは、偉大な英語神学借りているとし、彼らの真の価値があるとして広大な堅さpatristic厳密に論理的な知識や彼らの訓練です。

Let anyone who doubts this statement compare Bishop Butler's Analogy of Religion, chaps.人は誰でも、この声明に疑念せバトラー司教の類推比較宗教、革ズボン。 v, vi, with the paper on "Faith" contributed to Lux Mundi. v 、 viのは、紙の上で、 "信仰" mundiの複数ルクスに貢献しています。 The writer of this latter paper tells us that "faith is an elemental energy of the soul", "a tentative probation", that "its primary note will be trust", and finally that "in response to the demand for definition, it can only reiterate: "Faith is faith.その作家は、この後者の論文を教えてくれる"との信念は、元素のエネルギーの魂" 、 "仮執行猶予"は、その"信頼される、その主なメモ" 、そして最後には、 "需要に対応して定義することができますのみをあらためて表明: "信仰は、信仰です。 Believing is just believing'". Nowhere is there any analysis of terms, nowhere any distinction between the relative parts played by the intellect and the will; and we feel that those who read the paper must have risen from its perusal with the feeling that they had been wandering through -- we use the writer's own expression -- "a juggling maze of words."信者は信者だけ' " 。どこの解析条件はありますか、どこにどんな違いが演奏される部品の相対的知性とは、我々と思われる人たちの論文を読む必要が上昇したことから、彼らの気持ちを熟読してさまよえるを介していた-我々の作家自身の表現を使用して- "迷路のようにジャグリングの言葉だ。 "

VII.第VII 。 THE: HABIT OF FAITH AND THE LIFE OF FAITHその:生活習慣や信仰の信仰

(a) We have defined the act of faith as the assent of the intellect to a truth which is beyond its comprehension, but which it accepts under the influence of the will moved by grace and from the analysis we are now in a position to define the virtue of faith as a supernatural habit by which we firmly believe those things to be true which God has revealed. (は)私たちは信仰する行為の定義として、同意の知性を超えて、これは真実を理解するが、それを受け入れるの影響下にあるのは、グレースを動かされるとの分析から、我々は今の位置を定義する超自然的な信仰としての美徳の習慣をしっかりと考えて、そういうことを我々が神の真実が明らかにされる。 Now every virtue is the perfection of some faculty, but faith results from the combined action of two faculties, viz., the intellect which elicits the act, and the will which moves the intellect to do so; consequently, the perfection of faith will depend upon the perfection with which each of these faculties performs its allotted task; the intellect must assent unhesitatingly, the will must promptly and readily move it to do so.今やあらゆる美徳は、いくつかの学部の完成が、信仰の複合作用の結果から、 2つの学部、 viz 。 、知性を誘導する行為、およびその動きは、知性をどのよう;その結果、信仰の完成次第完ぺきにして、これらの各学部に割り当てられたタスクを実行し;の知性をためらわずに同意しなければ、迅速かつ容易に移動するのは、それをしなければそうしています。

(b) The unhesitating assent of the intellect cannot be due to intellectual conviction of the reasonableness of faith, whether we regard the grounds on which it rests or the actual truths we believe, for "faith is the evidence of things that appear not"; it must, then, be referred to the fact that these truths come to us on Divine infallible testimony. ( b )には、知性、はきはき同意することはできません知的信念のためには、合理性の信仰は、我々と見なすかどうかを根拠にして置きそれを信じるか、実際の真理我々は、 "信仰が表示されることを示す証拠はない" ;それしなければ、次に、これらの事実に言及して来て私たちは神の真理絶対確実な証言をした。 And though faith is so essentially of "the unseen" it may be that the peculiar function of the light of faith, which we have seen to be so necessary, is in some sort to afford us, not indeed vision, but an instinctive appreciation of the truths which are declared to be revealed.信仰とは、本質的には、今の"目に見えない"ことかもしれないが、特有の機能で、光の信仰は、我々はどのように見て必要に応じて、いくつかの並べ替えをする余裕は私たちではなく、実際のビジョンではなく、感謝の本能その真理が明らかに宣言されています。 St. Thomas seems to hint at this when he says: "As by other virtuous habits a man sees what accords with those habits, so by the habit of faith a man's mind is inclined to assent to those things which belong to the true faith and not to other things" (II-II:4:4, ad 3).セントトマスをほのめかすように、このときと彼は言います: "一人の男として見て、他のどのような高潔な習慣を身に合意してそれらの習慣を身には、信仰する習慣があるので、一人の男の心は傾いている人に同意するものとに所属して、真の信仰他のことをしないように" ( ⅱ - 2 : 4時04分、広告3 ) 。 In every act of faith this unhesitating assent of the intellect is due to the motion of the will as its efficient cause, and the same must be said of the theological virtue of faith when we consider it as a habit or as a moral virtue, for, as St. Thomas insists (I-II, Q. lvi, ), there is no virtue, properly so called, in the intellect except in so far as it is subject to the will.はきはきしたすべての信念に基づく行為で、この同意の知性は、運動のためには、効率的な原因として、そして同じによるとしなければならないときには、信仰の神学的美徳を検討することとして、我々としての習慣や道徳的な美徳は、は、セントトマスとして主張する(私の2世は、 56問い、 ) 、美徳がない、いわゆる正しく、知性を除いては、これまでのところとしては、それは、対象となる。 Thus the habitual promptitude of the will in moving the intellect to assent to the truths of faith is not only the efficient cause of the intellect's assent, but is precisely what gives to this assent its virtuous, and consequently meritorious, character.したがって、常習的な敏速に動くのは、知性を信仰の真理に同意するだけではない、効率的な原因は、知性の同意が、この同意は、まさしくその高潔を与え、その結果勲功とは、キャラクターです。 Lastly, this promptitude of the will can only come from its unswerving tendency to the Supreme Good.最後に、この即応できるだけから来るのは、その傾向を揺るぎない最高良いです。 And at the risk of repetition we must again draw attention to the distinction between faith as a purely intellectual habit, which as such is dry and barren, and faith resident, indeed, in the intellect, but motived by charity or love of God, Who is our beginning, our ultimate end, and our supernatural reward.とは、リスクを反復しなければならないの区別再び関心を呼び起こそうとする純粋な知的な習慣としての信仰は、どのようには、不毛の乾燥や、住民との信仰は、確かに、知性が、しかし、神の愛や慈善motivedによって、人初めには、我々は、我々の究極の目的は、我々の超自然的報酬とします。 "Every true motion of the will", says St. Augustine, "proceeds from true love" (de Civ. Dei, XIV, ix), and, as he elsewhere beautifully expresses it, "Quid est ergo credere in Eum? Credendo amare, credendo diligere, credendo in Eum ire, et Ejus membris incorporari. Ipsa est ergo fides quam de nobis Deus exigit- et non invenit quod exigat, nisi donaverit quod invenerit." "あらゆる真の運動の意志"は、聖オーガスティン氏は、 "真の愛からの収入" (デciv 。デイ、 14 、 9 ) 、そして、彼は他の場所として見事に表現して、 " 1ポンドest eumエルゴ保証では? credendoアマーレ、 credendo diligere 、 credendoに憤激eum 、 et ejus membris incorporari 。エルゴを立証する物件ipsa est nobis quamデデウスexigitエ以外の発明によるquod exigat 、仮donaverit quod invenerit 。 " (Tract. xxix in Joannem, 6. -- "What, then, is to believe in God? -- It is to love Him by believing, to go to Him by believing, and to be incorporated in His members. This, then, is the faith which God demands of us; and He finds not what He may demand except where He has given what He may find.") This then is what is meant by "living" faith, or as theologians term it, fides formata, viz., "informed" by charity, or love of God. ( 29 tract.でjoannem 、 6 。 -"それでは、神を信じるか? -それは彼の愛を信じて、彼を信じて行く、と彼のメンバーに組み込まれる。これは、次には、信仰を神は、私たちの要求;と彼は、自分がどのような需要が与えられたものを除いて、そこで彼は彼を見つけるかもしれません。 " )は、この次に何を意味する"リビング"信仰や神学者としての任期は、立証する物件formata 、 viz 。 、 "インフォームドコンセント"を施し、あるいは神の愛です。 If we regard faith precisely as an assent elicited by the intellect, then this bare faith is the same habit numerically as when the informing principle of charity is added to it, but it has not the true character of a moral virtue and is not a source of merit.もし我々の信仰に関して正確に引き出されたとして同意された知性、そしてこの癖むき出しの信仰は、同じ数値を通知するとき、原則としては、慈善事業に追加することが、それは真実ではないキャラクターは、道徳的な美徳とすることで、ソースではないのメリットです。 If, then, charity be dead -- if, in other words, a man be in mortal sin and so without the habitual sanctifying grace of God which alone gives to his will that due tendency to God as his supernatural end which is requisite for supernatural and meritorious acts -- it is evident that there is no longer in the will that power by which it can, from supernatural motives, move the intellect to assent to supernatural truths.もし、その後、慈善事業に死んだ-場合には、言い換えれば、一人の男が、今では、常習的な大罪s anctifying神の恵みを与えるだけでは、そのために彼の傾向を終わりには、超自然の神としての彼のために必要なスーパーナチュラルと称賛に値する行為-があることを明らかにすることは、もはや権力によっては、それができることは、超自然的な動機から、知性を移動する超自然の真理に同意する。 The intellectual and Divinely infused habit of faith remains, however, and when charity returns this habit acquires anew the character of "living" and meritorious faith.知的な習慣を身に注入さと神の信仰遺跡は、しかし、この習慣を返すと慈善事業を買収する際、新たにキャラクターの"リビング"と称賛に値する信仰です。

(c) Again, faith being a virtue, it follows that a man's promptitude in believing will make him love the truths he believes, and he will therefore study them, not indeed in the spirit of doubting inquiry, but in order the better to grasp them as far as human reason will allow. ( C参照)繰り返しますが、信仰の美徳が、それ以下の通りに即応して一人の男の愛を信じて彼には、真理と彼は考えて、そのため彼はそれらの研究ではなく、実際の精神を疑うのお問い合わせは、しかしを把握するために、より良いかれらの理由により、人間の限りです。 Such inquiry will be meritorious and will render his faith more robust, because, at the same time that he is brought face to face with the intellectual difficulties which are involved, he will necessarily exercise his faith and repeatedly "bring his intellect into submission".お問い合わせは称賛に値するとは、このような彼の信仰のより堅牢なレンダリング、なぜなら、それと同時に彼がもたらしたことで、知的な困難に直面してかかわっている、彼は自分の信念と必ずしも運動を繰り返し"彼の知性を提出させる" 。 Thus St. Augustine says, "What can be the reward of faith, what can its very name mean if you wish to see now what you believe? You ought not to see in order to believe, you ought to believe in order to see; you ought to believe so long as you do not see, lest when you do see you may be put to the blush" (Sermo, xxxviii, 2, P.L., V, 236).こうして聖オーガスティン氏は、 "何ができるの信仰の報酬は、どのようなことをご希望の場合、非常に意味の名前を見ていると考えられる今は何ですか?あなたを見ていないはずだと思われるためには、あなたのためにあるべき姿だと信じて参照してください;あなたあるべき姿だと信じている限り表示されない場合は、しないようにするときにはを参照してくださいを入れる赤面される場合があります" ( sermo 、 38 、 2 、 pl 、 v 、 236 ) 。 And it is in this sense we must understand his oft-repeated words: "Crede ut intelligas" (Believe that you may understand).この意味で、それは我々何度も繰り返された彼の言葉を理解する必要があります: "クレーデしかしintelligas " (と信じて理解することがあります) 。 Thus, commenting on the Septuagint version of Isaias vii 9 which reads: "nisi credideritis non intelligetis", he says: "Proficit ergo noster intellectus ad intelligenda quae credat, et fides proficit ad credenda quae intelligat; et eadem ipsa ut magis magisque intelligantur, in ipso intellectu proficit mens. Sed hoc non fit propriis tanquam naturalibus viribus sed Deo donante atque adjuvante" (Enarr. in Ps. cxviii, Sermo xviii, 3, "Our intellect therefore is of use to understand whatever things it believes, and faith is of use to believe whatever it understands; and in order that these same things may be more and more understood, the thinking faculty [mens] is of use in the intellect. But this is not brought about as by our own natural powers but by the gift and the aid of God." Cf. Sermo xliii, 3, in Is., vii, 9; P.L., V, 255).したがって、コメントは、セプトゥアギンタのバージョン9を読み取りますisaias第VII : "仮credideritis以外intelligetis " 、と彼は言います: " proficitエルゴnoster intellectus広告intelligenda quae credat 、 et proficit広告を立証する物件credenda quae intelligat ; magis et eadem ipsa magisque intelliganturしかし、メンズでイプソintellectu proficit 。セッドアドホック以外tanquamフィットpropriis naturalibus viribus deo donante atque adjuvanteセッド" ( enarr.でしまう。 cxviii 、 sermo 18 、 3 、 "従って我々の知性はどのようなものを理解し、それを使用すると信じて、信仰とは何を信じて使用することを理解し;と同じようなことをするために、これらの理解が増えて、思考力[メンズ]は、使用中の知性のです。しかし、これではないとしてもたらされるしかし、私たち自身の自然の力によって贈り物や神の助けを借りている。 " cf 。 sermo 43は、 3日には、 。 、 7 、 9 ; pl 、 v 、 255 ) 。

(d) Further, the habit of faith may be stronger in one person than in another, "whether because of the greater certitude and firmness in the faith which one has more than another, or because of his greater promptitude in assenting, or because of his greater devotion to the truths of faith, or because of his greater confidence" (II-II:5:4). (民主党)さらに、信仰癖が強いかもしれないが、別の一人の人間よりも、 "大きいかどうかのため、信仰の確信と断固とした態度では、 1つ以上の別、または自分のために敏速にassenting大きい、またはのために彼の信仰の真理を大きく献身、あるいは自分のためにもっと自信" ( ⅱ - 2 : 5時04分) 。

(e) We are sometimes asked whether we are really certain of the things we believe, and we rightly answer in the affirmative; but strictly speaking, certitude can be looked at from two standpoints: if we look at its cause, we have in faith the highest form of certitude, for its cause is the Essential Truth; but if we look at the certitude which arises from the extent to which the intellect grasps a truth, then in faith we have not such perfect certitude as we have of demonstrable truths, since the truths believed are beyond the intellect's comprehension (II-II, Q. iv, 8; de Ver., xiv, and i, ad 7). ( E )のときどき私たちは本当にあるのかどうかを我々は我々のことを信じて、そして我々肯定的回答を正しく;しかし、厳密に言えば、確信できる2つの観点から見ると:もし我々を見てその原因を、我々は、信仰最高の形で確信は、その原因は、本質的な真理;しかし、もし我々が見て確信が発生してから、どの程度の知性grasps 、真実、そして我々の信仰を確信していないとして我々はこのような完璧な真理の実証は、信じられて以来、真理は、知性の理解を超えて( ⅱ - 2世、 4世問い、 8 ;デバージョン7.3.1.2は、 14世は、と私は、広告の7 ) 。

VIII. viii 。 THE GENESIS OF FAITH IN THE INDIVIDUAL SOUL創世記の中で、個々の信仰の魂

(a) Many receive their faith in their infancy, to others it comes later in life, and its genesis is often misunderstood. (は)自分の信仰を受け取る緒についたの多くは、後年になって他のこととなると、ジェネシスは往々に誤解されています。 Without encroaching upon the article REVELATION, we may describe the genesis of faith in the adult mind somewhat as follows: Man being endowed with reason, reasonable investigation must precede faith; now we can prove by reason the existence of God, the immortality of the soul, and the origin and destiny of man; but from these facts there follows the necessity of religion, and true religion must be the true worship of the true God not according to our ideas, but according to what He Himself has revealed.侵入することなく、記事の啓示は、我々の信仰の可能性を説明するのは、大人の心の創世記いくぶん以下のとおり:男に恵まれている理由は、合理的な捜査に先行する必要があります信仰;今我々は神の存在を証明された理由は、霊魂の不滅、およびその起源と運命の男;しかし、そこからこのような事実は、その必要性は以下のとおりです宗教、真の宗教をしなければならないとの真の真の神を崇拝するのは我々の考えによると、しかし、彼は自分自身によると、どのようなことが分かりました。 But can God reveal Himself to us?しかし、我々は神に身を明かすか? And, granting that He can, where is this revelation to be found?とは、付与できるということは、この啓示はどこにも見つからないですか? The Bible is said to contain it; does investigation confirm the Bible's claim?聖書には含まれていること;は捜査の主張を確認してバイブルですか? We will take but one point: the Old Testament looks forward, as we have already seen, to One Who is to come and Who is God; the New Testament shows us One Who claimed to be the fulfilment of the prophecies and to be God; this claim He confirmed by His life, death, and resurrection by His teaching, miracles, and prophecies.しかし、我々は1つの点を取る:旧約聖書を楽しみ、我々がすでに見たとしては、 1つの人には誰に来るとは、神;新約聖書私たち一人の主張を示し、達成されるとされる神の予言;彼はこの主張によって確定される彼の人生、死、そして彼の復活を教えることは、奇跡、と予言した。 He further claimed to have founded a Church which should enshrine His revelation and should be the infallible guide for all who wished to carry out His will and save their souls.彼はさらなる主張を持つ教会を設立する彼は、ヨハネの黙示録enshrine絶対に正しいとしなければならない、すべての人のためのガイドを希望して実施すると彼は自分の魂を保存しています。 Which of the numerous existing Churches is His?これは、既存の多くの教会が彼のですか? It must have certain definite characteristics or notes.はっきりした特徴があることや注意する必要があります。 It must be One Holy, Catholic, and Apostolic, it must claim infallible teaching power.聖なるしなければならないことの1つは、カトリック、使徒とは、絶対確実な指導力を主張することが必要です。 None but the Holy, Roman, Catholic, and Apostolic Church can claim these characteristics, and her history is an irrefragable proof of her Divine mission.しかし、聖なるなし、ローマは、カトリック教徒は、これらの特性を請求できると使徒教会は、彼女の歴史とは、神の使命は彼女の動かし難い証拠だ。 If, then, she be the true Church, her teaching must be infallible and must be accepted.もし、その後、彼女は、真の教会には、絶対に正しいと彼女の教示しなければならない。利用しなければならない。

(b) Now what is the state of the inquirer who has come thus far? ( b )には、今どのような状態の人が来てインクワイアラーは、これまでのところですか? He has proceeded by pure reason, and, if on the grounds stated he makes his submission to the authority of the Catholic Church and believes her doctrines, he has only human, reasonable, fallible, faith.彼は、純粋理性を進み、そして、もし根拠に記載して提出して、彼は彼の権威、カトリック教会の教説とは考えて彼女は、彼には人間だけは、合理的な、誤りを犯し、信仰です。 Later on he may see reason to question the various steps in his line of argument, he may hesitate at some truth taught by the Church, and he may withdraw the assent he has given to her teaching authority.その後彼は様々な可能性を疑問視する理由を参照してください彼のセリフの議論の段階で、彼はいくつかの真実を教えられたことをためらうの教会で、彼と彼の同意を撤回する可能性は、彼女の指導権限を与えられています。 In other words, he has not Divine faith at all.言い換えれば、彼は、すべて神の信仰です。 For Divine faith is supernatural both in the principle which elicits the acts and in the objects or truths upon which it falls.神の信仰のためには、原則的には、超自然の両方を誘導する行為とは、オブジェクトまたはそれに滝の真理です。 The principle which elicits assent to a truth which is beyond the grasp of the human mind must be that same mind illumined by a light superior to the light of reason, viz.誘導するという原則には同意するが真実を越えて、人間の心をつかむのと同じ心illuminedしなければならないことによって、光の上に光の理由で、 viz 。 the light of faith, and since, even with this light of faith, the intellect remains human, and the truth to be believed remains still obscure, the final assent of the intellect must come from the will assisted by Divine grace, as seen above.光の信仰、そして以来、この光の信仰をしても、人間の知性は、真実とされるまだ無名の遺跡と考えられ、最終的に同意する必要がありますから来るの知性は、神の恵みの援助を受けて、上記のようです。 But both this Divine light and this Divine grace are pure gifts of God, and are consequently only bestowed at His good pleasure.しかし、神の光との両方を、この本は、純粋な神の恵み神の贈り物は、彼とは、良い結果だけで喜びを授けた。 It is here that the heroism of faith comes in; our reason will lead us to the door of faith but there it leaves us; and God asks of us that earnest wish to believe for the sake of the reward -- "I am thy reward exceeding great" -- which will allow us to repress the misgivings of the intellect and say, "I believe, Lord, help Thou my unbelief."それはここでは、信仰の英雄的行為には、我々の理由は、私たちを導くのドアが私たちの信仰の葉があること、そして私たちの神の要求切なる願いを信じることのためには、報奨金-"私はあなたの報奨金を超える偉大な" -私たちを抑圧することを許可するのは、知性と言う不安は、 "私は信じて、主よ、なたは私の不信仰役立つ"と述べた。 As St. Augustine expresses it, "Ubi defecit ratio, ibi est fidei aedificatio" (Sermo ccxlvii, P.L., V, 1157 -- "Where reason fails there faith builds up").聖アウグスティヌスとして表現して、 " ubi defecit比率は、信仰のaedificatioイビest " ( sermo ccxlvii 、 pl 、 v 、 1157 -"どこそこの信仰が失敗した理由をビルドする"を参照) 。

(c) When this act of submission has been made, the light of faith floods the soul and is even reflected back upon those very motives which had to be so laboriously studied in our search after the truth; and even those preliminary truths which precede all investigation e.g. ( C参照)この行為の際に提出されて前には、信仰の光の洪水の魂とは、これらの背面にも反映されるので非常に苦労していたの動機で勉強した後、私たちの真実の検索、およびそれらの予備的な真理を先行さえすべて例えば捜査 the very existence of God, become now the object of our faith.神の存在そのものは、私たちの信仰の対象になる今です。

IX. 9 。 FAITH IN RELATION TO WORKS信仰に関連して動作する

(a) Faith and no works may be described as the Lutheran view. (する)信仰のない作品かもしれないといわれてルター派を表示します。 "Esto peccator, pecca fortiter sed fortius fide" was the heresiarch's axiom, and the Diet of Worms, in 1527, condemned the doctrine that good works are not necessary for salvation. " esto peccator 、 sedで強くpecca fortiter fide "は、異端の指導者の公理は、国会でのワームとは、 1527年には、死刑囚の教義では良い作品には救いのためには必要ない。

(b) Works and no faith may be described as the modern view, for the modern world strives to make the worship of humanity take the place of the worship of the Deity (Do we believe? as issued by the Rationalist Press, 1904, ch. x: "Creed and Conduct" and ch. xv: "Rationalism and Morality". Cf. also Christianity and Rationalism on Trial, published by the same press, 1904). ( b )に信仰のない作品といわれるかもしれない現代のビューで、現代の世界のために仕え、人類の努力を行う場所を取るのは、神を崇拝するのは(我々を信じることですか?として発行されたの合理主義を押して、 1904 、チャンネル。 x : "信条と行為"とチャンネルです。 15 : "合理主義と道徳" 。 cf 。キリスト教と合理主義で公判中でも、同じ出版社の記者、 1904 ) 。

(c) Faith shown by works has ever been the doctrine of the Catholic Church and is explicitly taught by St. James, ii, 17: "Faith, if it have not works, is dead." ( C参照)信仰に表示された作品は今までには、カトリック教会の教義とは明示的に教えられたセントジェームズは、 2世は、 17日: "信仰は、動作していない場合には死んでいた。 " The Council of Trent (Sess. VI, canons xix, xx, xxiv, and xxvi) condemned the various aspects of the Lutheran doctrine, and from what has been said above on the necessity of charity for "living" faith, it will be evident that faith does not exclude, but demands, good works, for charity or love of God is not real unless it induces us to keep the Commandments; "He that keepeth his word, in him in very deed the charity of God is perfected" (1 John 2:5).トレントの評議会( sess. viのは、 19の規範は、 XXを、 xxiv 、および26 )の死刑囚のルター派の教義のさまざまな側面には、上記と述べたとされてきたことから、その必要性のための慈善事業を"リビング"の信仰は、明らかにされる信仰を除外することはありませんが、要求には、良い作品は、神の愛や慈善事業のためには本物ではないことを誘発しない限り、私たちに十戒を守る; "としてkeepeth彼の言葉は、彼の慈善行為は非常には、神の完成" ( 1ジョン2時05分) 。 St. Augustine sums up the whole question by saying "Laudo fructum boni operis, sed in fide agnosco radicem" -- i.e. "I praise the fruit of good works, but their root I discern in faith" (Enarr. in Ps. xxxi, P.L., IV, 259).聖アウグスティヌス金額全体の最大の問題と言って" laudo fructumボニ族operis 、 sedではagnosco radicem fide " -すなわち"私は、果物の良い作品を称賛するが、彼らの信仰を識別するルートよい" ( e narr.でしまう。 3 1、 pl 、 4 、 259 ) 。

X. LOSS OF FAITH Xの信仰の喪失

From what has been said touching the absolutely supernatural character of the gift of faith, it is easy to understand what is meant by the loss of faith.によるとされてきたことに触れてから、絶対に超自然的性格は、信仰の贈り物は、何かを理解することは容易では、信仰の喪失を意味します。 God's gift is simply withdrawn.撤回するのは、単に神の贈り物だ。 And this withdrawal must needs be punitive, "Non enim deseret opus suum, si ab opere suo non deseratur" (St. Augustine, Enarr. in Ps. cxlv -- "He will not desert His own work, if He be not deserted by His own work").そして、このニーズに撤退しなければ罰則は、 "オプスsuumディザレットenim以外は、市以外のABのopere索deseratur " (聖アウグスティヌス、 enarr 。でしまう。 cxlv -"彼は、自分の仕事はない砂漠は、もし彼には捨てられる自分の仕事"を参照) 。 And when the light of faith is withdrawn, there inevitably follows a darkening of the mind regarding even the very motives of credibility which before seemed so convincing.そしてそのときには、信仰の光の撤回は、以下のとおりですが、必然的には、心を暗く動機についてすら、非常に信頼性が以前のように見えたので納得です。 This may perhaps explain why those who have had the misfortune to apostatize from the faith are often the most virulent in their attacks upon the grounds of faith; "Vae homini illi", says St. Augustine, "nisi et ipsius fidem Dominus protegat", i.e. "Woe be to a man unless the Lord safeguard his faith" (Enarr. in Ps. cxx, 2, P.L., IV, 1614).たぶん、この理由を説明することは、不幸を持っている人はapostatizeからの信仰は、しばしば、彼らの攻撃で最も病原性の強い信仰上の理由; " vae homini illi " 、聖オーガスティン氏は、 "主は仮fidem et ipsius protegat "は、つまり、 "不幸なことかを一人の男が彼の信仰がない限り、主のセーフガード" ( enarr.でしまう。 cxxの、 2 、 pl 、 4世は、 1614年) 。

XI. xi 。 FAITH IS REASONABLE信仰は、合理的な

(a) If we are to believe present-day Rationalists and Agnostics, faith, as we define it, is unreasonable. (する)と思われる場合に我々は今日のrationalistsとagnostics 、信仰は、我々として定義すること、のは無理だ。 An Agnostic declines to accept it because he considers that the things proposed for his acceptance are preposterous, and because he regards the motives assigned for our belief as wholly inadequate.不可知論者は低下するため、彼はそれを受け入れることを考慮して、彼の提案を受け入れることは非常識なため、そして、彼の動機について、我々の信念のために割り当てられたとして全くもって不十分です。 "Present me with a reasonable faith based on reliable evidence, and I will joyfully embrace it. Until that time I have no choice but to remain an Agnostic" (Medicus in the Do we Believe? Controversy, p. 214). "現在の合理的な信仰をもって、わたしを信頼できる証拠に基づいて、嬉しそうになると私はそれを受け入れる。その時までにとどまるしかない私にはさっぱり分からない" (メディクスは、私たちを信じるか?論争は、 p. 214 ) 。 Similarly, Francis Newman says: "Paul was satisfied with a kind of evidence for the resurrection of Jesus which fell exceedingly short of the demands of modern logic, it is absurd in us to believe, barely because they believed" (Phases of Faith, p. 186).同様に、ニューマン氏によればフランシス: "ポールは、ある種の証拠に満足しては、イエスキリストの復活が非常に不足して下落した近代的ロジックの要求には、ばかげたことは、私たちを信じて、やっとてくれると信じているため" (信仰の段階においては、 p 。 186 ) 。 Yet the supernatural truths of faith, however they may transcend our reason, cannot be opposed to it, for truth cannot be opposed to truth, and the same Deity Who bestowed on us the light of reason by which we assent to first principles is Himself the cause of those principles, which are but a reflection of His own Divine truth.しかし、超自然的な信仰の真理は、我々の理性を超越するかもしれないしかし、それに反対することはできませんが、真実を真実に反対することはできないと、同じ神の光を授けた上の理由によって、我々が我々の最初の原則に同意するのは自分自身のこれらの原則を引き起こす、これは彼自身ではなく、神の真実を反映しています。 When He chooses to manifest to us further truths concerning Himself, the fact that these latter are beyond the grasp of the natural light which He has bestowed upon us will not prove them to be contrary to our reason.マニフェストを選択したときに、私たち自身に関するさらなる真理は、これらの事実を把握し、後者は自然光の向こうに授けられた彼は、私たちは私たちの証明を理由に反しているとしています。 Even so pronounced a rationalist as Sir Oliver Lodge says: "I maintain that it is hopelessly unscientific to imagine it possible that man is the highest intelligent existence" (Hibbert Journal, July, 1906, p. 727).合理主義者でもあるので発音サーオリバーロッジとして書かれています: "私はどうしようも非科学的に維持することは想像している可能性が最も高い男は、知的な存在" (ヒバートジャーナルは、 7月、 1906 、 p. 727 ) 。

Agnostics, again, take refuge in the unknowableness of truths beyond reason, but their argument is fallacious, for surely knowledge has its degrees. agnostics 、再度、避難するのは、真理を超えunknowableness理由であっても、その引数は、虚偽のは、確かな知識のためには、度です。 I may not fully comprehend a truth in all its bearings, but I can know a great deal about it; I may not have demonstrative knowledge of it, but that is no reason why I should reject that knowledge which comes from faith.完全に理解することはできません私の真実をあらゆる面から、でも私が知っていることについては大変;私の知識を指示することがないかもしれませんが、それを拒否する理由はないことは、なぜ私の信仰の知識についてくるからだ。 To listen to many Agnostics one would imagine that appeal to authority as a criterion was unscientific, though perhaps nowhere is authority appealed to so unscientifically as by modern scientists and modern critics. agnosticsを聞くには多くの魅力の1つは、想像してみては、非科学的基準としての権威が、おそらくどこunscientificallyとしては、これを不服として権威近代現代の科学者や評論家です。 But, as St. Augustine says, "If God's providence govern human affairs we must not despair or doubt but that He hath ordained some certain authority, upon which staying ourselves as upon a certain ground or step, we may be lifted up to God" (De utilitate credendi); and it is in the same spirit that he says: "Ego vero Evangelio non crederem, nisi me Catholicae Ecclesiae commoveret auctoritas" (Contra Ep. Fund., V, 6 -- "I would not believe the Gospel if the authority of the Catholic Church did not oblige me to believe").しかし、聖オーガスティン氏は、 "もし我々人間諸事支配する神の摂理絶望してはならないかという疑問がかれらを定められたいくつかの特定の権限を、その上で自分自身に滞在して、特定の地盤やステップとして、私たちを神に持ち上げられかもしれない" (デutilitate credendi ) ;そしてそれは彼の言うことは、同じ精神: "自我crederemベロevangelio以外は、私catholicae ecclesiaの複数仮commoveret権威" (欧州コントラ。ファンド。 、 v 、 6 -"福音を信じるつもりはないもしカトリック教会の権威を義務付けていない私を信じて"を参照) 。

(b) Naturalism, which is only another name for Materialism, rejects faith because there is no place for it in the naturalistic scheme; yet the condemnation of this false philosophy by St. Paul and by the author of the Book of Wisdom is emphatic (cf. Romans 1:18-23; Wisdom 13:1-19). ( b )に自然主義、唯物論のためには、別の名前だけは、信仰を拒否したため場所がないのでそれは、写実的なスキーム;だが、この偽の哲学非難されたとされる聖パウロの知恵を持ってこの本の著者は、断固とした( cf 。ローマ人への手紙1:18-23 ;知恵13:1-19 ) 。 Materialists fail to see in nature what the greatest minds have always discovered in it, viz., "ratio cujusdam artis; scilicet divinae, indita rebus, qua ipsae res moventur ad finem determinatum" -- "the manifestation of a Divine plan whereby all things are directed towards their appointed end" (St. Thomas, Lect. xiv, in II Phys.).失敗した場合にどのような性質を参照してくださいmaterialistsでの最大の発見は、常に心の中には、 viz 。 、 "比cujusdamアーティス; divinaeすなわち、 indita rebus 、 ipsae解像度moventur最後determinatum 〜としてみた" -"神の計画では、症状のあるすべてのもの最後には、監督の選任に向かって" (セントトマス、 lect 。 14世、 2世phys 。 ) 。 Similarly, the vagaries of Humanism blind men to the fact of man's essentially finite character and hence preclude all idea of faith in the infinite and the supernatural (cf. "Naturalism and Humanism" in Hibbert Journal, Oct., 1907).同様に、目の不自由な人の気まぐれにその事実ヒューマニズムの男のキャラクターと、基本的に有限妨ぐしたがって、すべてのアイデアは無限と信じているスーパーナチュラル( cf. "自然主義とヒューマニズム"ヒバートジャーナルでは、 10月、 1907 ) 。

XII. 12世です。 FAITH IS NECESSARY信仰が必要

"He that believeth and is baptized", said Christ, "shall be saved, but he that believeth not shall be condemned" (Mark 16:16); and St. Paul sums up this solemn declaration by saying: "Without faith it is impossible to please God" (Hebrews 11:6). "彼とは、バプテスマを受けて信仰して"と、キリストによると、 "保存されるものが、彼を信じていないと非難されるもの" (マーク16時16分) ;と聖パウロの金額を厳粛に宣言すると言って、この: "それは信仰なし神に不可能にしてください" (ヘブル人への手紙11時06分) 。 The absolute necessity of faith is evident from the following considerations: God is our beginning and our end and has supreme dominion over us, we owe Him, consequently, due service which we express by the term religion.信仰の絶対的な必要性は明らかから、以下のことを考慮:私たちの神が私たちの最初と最後に、私たちは最高の支配は、我々借りている彼は、この場合、結果的に我々のサービスのための宗教用語を表明した。 Now true religion is the true Now true religion is the true worship of the true God.真の宗教は、今現在の真の真の真の宗教は、真の神を崇拝するのです。 But it is not for man to fashion a worship according to his own ideals; none but God can declare to us in what true worship consists, and this declaration constitutes the body of revealed truths, whether natural or supernatural.ためのものではない男のファッションを崇拝して、自分の理想によると;なしを宣言することが、私たちの神を崇拝するには、何の真の構成は、この宣言を構成して体の真理を明らかには、自然や超自然的かどうかだ。 To these, if we would attain the end for which we came into the world, we are bound to give the assent of faith.これらは、もし我々がこれを達成するための最後の世界に入ってきた我々は、我々は信仰の束縛を与えることに同意します。 It is clear, moreover, that no one can profess indifference in a matter of such vital importance.それは明確で、しかも、公言して誰にも無関心でこのような極めて重要な問題である。 During the Reformation period no such indifference was professed by those who quitted the fold; for them it was not a question of faith or unfaith, so much as of the medium by which the true faith was to be known and put into practice.改革期間中に公言していない人たちは、このような無関心のひだquitted ;質問をしていたのではありませんかunfaith信仰ので、その中でどのくらいの人に知られるとは、真の信仰を実践しています。 The attitude of many outside the Church is now one of absolute indifference, faith is regarded as an emotion, as a peculiarly subjective disposition which is regulated by no known psychological laws.その態度は、教会の外では現在、多くの絶対的な無関心の1つは、信仰があると見なされて感情を込めて、妙に主観的な気質として、これは法律で規制される心理的に知られていない。 Thus Taine speaks of faith as "une source vive qui s'est formee au plus profond de l'ame, sous la poussee et la chaleur des instincts immanents" -- "a living fountain which has come into existence in the lowest depths of the soul under the impulse and the warmth of the immanent instincts".こうしてテーヌとして信仰が喋る"万歳uneソースのQui s'est formeeオープラスprofondデl'雨、スーpoussee etラシャルールデラimmanents本能" -"生きた噴水が存在するようになるのは、最低のどん底に魂の下で、内在する衝動や本能のぬくもり" 。 Indifferentism in all its phases was condemned by Pius IX in the Syllabus Quanta cura: in Prop. XV, "Any man is free to embrace and profess whatever form of religion his reason approves of"; XVI, "Men can find the way of salvation and can attain to eternal salvation in any form of religious worship"; XVII "We can at least have good hopes of the eternal salvation of all those who have never been in the true Church of Christ"; XVIII, "Protestantism is only another form of the same true Christian religion, and men can be as pleasing to God in it as in the Catholic Church."宗教的無関心では、非難されるすべての段階では、シラバスピウス9世クアンタクーラ: prop. 15で、 "すべての人間は自由にどのような形態の宗教を受け入れると言明した承認の理由" ; 16世は、 "男たちの救いの道を見つけること永遠の救いを達成することで、いかなる形の宗教的な崇拝" ; 17 "少なくとも我々が良いことを願って、永遠の救いのすべての経験がない人たちの真のキリスト教会" ; 18は、 "プロテスタントは、別の形でのみキリスト教の宗教の真のと同じ、と男性のことを神に喜ばれるようにすることで、カトリック教会のようだ。 "

XIII. 13 。 THE OBJECTIVE UNITY AND IMMUTABILITY OF FAITH客観的団結と信仰のimmutability

Christ's prayer for the unity of His Church the highest form of unity conceivable, "that they all may be one as thou, Father, in me, and I in Thee" (John 17:21), has been brought into effect by the unifying force of a bond of a faith such as that which we have analysed.キリストの教会の祈りのために団結し、最高の形で自分の考え団結し、 "すべてのことかもしれないなたの1つとしては、父は、私には、と私は、なた" (ヨハネ17時21分) 、持って来られたの統合に発効される信仰の力は、ボンドのようなものを私たちは分析しています。 All Christians have been taught to be "careful to keep the unity of the spirit in the bond of peace, one body and one spirit, as you are called in one hope of your calling; one Lord, one faith, one baptism, one God and Father of all" (Ephesians 4:3-6).すべてのキリスト教徒に教えてきた"と注意しておくための団結の精神は、平和のきずなは、 1つ1つの肉体と精神には、あなたはあなたの希望と呼ばれる1つの呼び出し;主の1つは、 1つの信仰は、洗礼の1つは、 1つの神そしてすべての父" (エペソ4:3-6 ) 。 The objective unity of the Catholic Church becomes readily intelligible when we reflect upon the nature of the bond of union which faith offers us.その目的は、カトリック教会の結束が容易に理解できるときに我々の性質を反映して、債券の労働組合が私たちの信仰提供しています。 For our faith comes to us from the one unchanging Church, "the pillar and ground of truth", and our assent to it comes as a light in our minds and a motive power in our wills from the one unchanging God Who can neither deceive nor be deceived.私たちの信仰のために来るから、 1つの変わらぬ私たちの教会は、 "真理の柱と地面" 、と私たちに同意することとなるとして、私たちの心の光を動力とする私たちの意志から、 1つの不変の神もない人をだますこともだまされる。 Hence, for all who possess it, this faith constitutes an absolute and unchanging bond of union.したがって、すべての人のために保有することは、この絶対的な信仰を構成する債券の労働組合と変わらぬ。 The teachings of this faith develop, of course, with the needs of the ages, but the faith itself remains unchanged.この信仰の発展の教えは、もちろん、この年齢層のニーズにして、しかし、信仰自体には変わりがない。 Modern views are entirely destructive of such unity of belief because their root principle is the supremacy of the individual judgment.このような近代的見解は、完全に破壊的なルートの団結の原則は、自分の信念の覇権を握るためには、個々の判断だ。 Certain writers do indeed endeavour to overcome the resulting conflict of views by upholding the supremacy of universal human reason as a criterion of truth; thus Mr. Campbell writes: "One cannot really begin to appreciate the value of united Christian testimony until one is able to stand apart from it, so to speak, and ask whether it rings true to the reason and moral sense" (The New Theology, p. 178; cf. Cardinal Newman, "Palmer on Faith and Unity" in Essays Critical and Historical, vol. 1, also, Thomas Harper, S.J., Peace Through the Truth, London, 1866, 1st Series.)特定の作家を克服する努力は確かにその結果生じる紛争の覇権を握るの見解を支持する判断基準としての人間の普遍的な理由の真実;こうして書き込みますキャンベル氏: "の1つを開始することはできません本当に感謝ユナイテッドの価値の1つは、キリスト教の証言できるようになるまで超然としてから、いわば、指輪かどうかと尋ねると道徳的な意味で真の理由を" (この新しい神学、 p. 178 ; cf 。ニューマン枢機卿は、 "信仰と団結してパーマー"と歴史的に重要なエッセイ、 vol 。 1 、また、トーマスハーパー、スバールバルヤンマイエン島は、平和の真理を介して、ロンドン、 1866 、第1シリーズです。 )

Publication information Written by Hugh T. Pope.ヒューt.法王によって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Gerard Haffner.ジェラールハフナー転写される。 The Catholic Encyclopedia, Volume V. Published 1909.カトリック百科事典は、ボリュームの対日付1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, May 1, 1909.公認は、 09年5月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

I. Patristic. i. patristic 。 -- The Fathers in general have never attempted any analysis of faith, and most patristic treatises De fide consist of expositions of the true doctrine to be held. -一般的には一度もないの祖先の信仰を分析しようとする場合は、ほとんどの論文デf idep atristic博覧構成の真の教義に開催されるのだ。 But the reader will have already noticed the precise teaching of ST.しかし、読者はすでに気づいて、正確な教示聖です。 AUGUSTINE on the nature of faith.アウグスティヌスは、信仰の本質です。 Besides the gems of thought which are scattered throughout his works, we may refer to his two treatises De Utilitate Credendi and De Fide Rerum quae non videntur, in P.L., VI, VII.宝石のほかに、彼の作品を通して考えている少数のは、我々が彼の2つの論文を参照してデutilitate credendiとデfide rerum quae videntur以外は、 pl 、 viのは、第VII 。

II. Ⅱ 。 Scholastics. scholastics 。 -- The minute analysis of faith was worked out by the theologians of the thirteenth century and onwards they followed mainly the lines laid down by St. Augustine. -その信念は働いた分の分析によって、神学者のうち、 1 3世紀以降の行を中心に続いて敷設された聖アウグスティヌス。 ST.セントです。 THOMAS, Summa, II-II, QQ.トーマスは、総合的研究論文は、 2世の2世、 qq 。 i-vii; Quaest.私の第VII ; quaest 。 Disp., Q. xiv; HOLCOT, De actibus fidei et intellectus et de libertate Voluntatis (Paris, 1512); SUAREZ De fide, spe, et charitate, in Opera, ed. disp 。 、問い14 ; holcot 、デactibus信仰のlibertate et intellectus etデvoluntatis (パリ、 1512 ) ;スアレスデfide 、半導体製造装置、 et charitate 、オペラ、エド。 VIVES (Paris, 1878), XII; DE LUGO, De virtute fidei divinae (Venice, 1718); JOANNES A S. THOMA, Comment.ビベス(パリ、 1878 ) 、 12世;デルーゴ、デvirtute信仰のdivinae (ベニス、 1718年) ;ヨハネス、米トーマ、コメントです。 on the Summa especially on the De Fide, in Opera, ed.総合的研究論文では、特にデfide 、オペラ、エド。 VIVES (Paris, 1886), VII; CAJETAN, De Fide et Operibus (1532), especially his Commentary on the Summa, II-II, QQ i-vii.ビベス(パリ、 1886 ) 、第VII ; cajetan 、デfide et operibus ( 1532 ) 、特に彼の解説は、総合的研究論文は、 2世- IIのは、私の第VII qq 。

III. Ⅲ 。 Modern Writers.現代作家です。 -- The decrees of the Vatican Council, a handy edition by McNabb (London, 1907); cf. -この政令は、バチカン公会議で、ハンディをm cnabbエディション(ロンドン、 1 907) ; c f。 also Coll.またコルです。 Lacencis, VIII; PIUS X, Syllabus Lamentabili Sane (1907); id., Encyclical, Pascendi Gregis (1907); ZIGLIARA, Propaedeutica ad Sacram Theologiam (5th ed., Rome, 1906), 1, xvi, xvii; NEWMAN, Grammar of Assent, Essay on Development, and especially The Ventures of Faith in Vol. lacencis 、 viii ;ピウスx 、シラバスlamentabiliサネ( 1907 ) ; IDです。は、回勅、 pascendi gregis ( 1907 ) ; zigliara 、 propaedeutica広告sacram theologiam ( 5回エド。 、ローマ、 1906年) 、 1 、 16 、 17 ;ニューマン、文法の同意は、開発論述して、信仰の中で、特にベンチャーズvol 。 IV of his Sermons, and Peace in Believing and Faith without Demonstration, VI; WEISS, Apologie du Christianisme, Fr. 4世の彼の説教は、信仰と平和と信じることなくデモでvi ;ワイス、 apologieデュchristianisme 、 fr 。 tr., V, conf. tr 。 、 v 、 confをします。 iv, La Foi, and VI, conf. 4世、ラfoi 、およびviのは、 confをします。 xxi, La Vie de la Foi; BAINVEL, La Foi et l'acte de Foi (Paris, 1898); ULLATHORNE, The Groundwork of the Christian Virtues, ch. 21 、ラ競うデラfoi ; bainvel 、デラfoi foi et l'アクテ半島(パリ、 1898 ) ;アラソーン、その土台は、キリスト教の美徳は、チャンネルです。 xiv, The Humility of Faith; HEDLEY, The Light of Life (1889),ii; BOWDEN, The Assent of Faith, taken mainly from KLEUTGEN, Theologie der Vorzeit, IV, and serving as an introductory chapter to the tr. 14世は、信仰の謙虚さ;ヘドリーは、生命の光( 1889 ) 、 2世; bowden 、信仰の同意は、主から取らクロイトゲン、 theologieデアvorzeit 、 4世、そして入門編として配信してtr 。 of HETTINGER, Revealed Religion (1895); MCNABB, Oxford Conferences on Faith (London, 1905); Implicit Faith, in The Month for April, 1869; Reality of the Sin of Unbelief, ibid., October, 1881; The Conceivable Dangers of Unbelief in Dublin Review Jan., 1902; HARENT in VACANT AND MANGENOT, Dictionnaire de th&eaccute;ologie catholique, s.のhettinger 、啓示宗教( 1895 ) ; mcnabb 、信仰してオックスフォード会議(ロンドン、 1905 ) ;盲信は、 4月には、 1カ月のため、 1869 ;現実には、罪の不信仰は、上に同じ、 10月、 1881 ;の危険性を考え1月のダブリン不信仰の見直し、 1902 ; harentで空席とmangenot 、カトリックologie辞典デ&eaccute;日、米 v. Croyance.対croyance 。

IV. 4 。 Against Rationalist, Positivist, and Humanist Views.合理主義者に対しては、実証主義、およびヒューマニスト景色です。 -- NEWMAN, The Introduction of Rationalistic Principles into Revealed Religion, in Tracts for the Times (1835), republished in Essays Historical and Critical as Essay ii; St. Paul on Rationalism in The Month for Oct., 1877; WARD, The Clothes of Religion, a Reply to Popular Positivism (1886); The Agnosticism of Faith in Dublin Review, July, 1903. -ニューマン氏は、導入の合理主義の原則を明らかに宗教、路では、タイムズ( 1 835年) 、再構築は、重要な歴史的なエッセイエッセイ2世として;聖パウロ合理主義では1 0月の1カ月は、 1 877;病棟は、服宗教、返信して人気を実証( 1886 ) ;信仰の不可知論ダブリンの見直しは、 7月、 1903 。

V. The motives of faith and its relation to reason and science.対信仰の動機との関係を理由と科学。 -- MANNING, The Grounds of Faith (1852, and often since); Faith and Reason in Dublin Review, July, 1889; AVELING, Faith and Science in Westminster Lectures (London, 1906); GARDEIL, La cr&eaccute;dibilit&eaccute; et l'apolog&eaccute;tique (PARIS, 1908); IDEM in VACANT AND MANGENOT, Dictionnaire de th&eaccute;ologie catholique, s.v. -マニングは、信仰の根拠( 1 852、およびしばしば以来) ;信仰との理由でダブリンの見直しは、 7月には、 1 889; a veling、信仰と科学の講義でウェストミンスター(ロンドン、 1 906) ; g ardeil、ラc r& eaccute;e t信用& eaccute;d ibilit ' apolog &eaccute; tique ( 1908 ) ; mangenot同文献で空席とは、カトリック辞典デ回&eaccute; ologie 、 sv Cr&eaccute;dibilite. cr &eaccute; dibilite 。

VI. viのです。 Non-Catholic writers.非カトリック作家です。 -- Lux Mundi, i, Faith (1Oth ed. 1890); BALFOUR Foundations of Belief (2nd ed., 1890); COLERIDGE, Essay on Faith (1838), in Aids to Reflection; MALLOCK, Religion as a Credible Doctrine (1903), xii. -ルクスm undiの複数形は、私は、信仰( 1 othエド。 1 890年) ;バルフォー信念の基礎(第2エド。 、 1 890) ;コールリッジ、エッセイをうのみに( 1 838年)は、エイズを反射;マロックは、宗教の教義としての信憑性( 1 903 ) 、 12世です。 VII.第VII 。 Rationalistic Works.合理主義作品です。 -- The Do We Believe correspondence, held in the Daily Telegraph, has been published in the form of selections (1905) under the title, A Record of a Great Correspondence in the Daily Telegraph, with Introduction by COURTNEY. -私たちは信じて文通は、デイリーテレグラフは、開かれた、という形では公開されて選択して( 1 905年)のタイトルの下には、通信記録については、大きなデイリーテレグラフは、コートニーに導入された。 Similar selections by the Rationalist Press (1904); SANTAYANA, The Life of Reason (3 vols., London, 1905-6); Faith and Belief in Hibbert Journal, Oct. 1907.似たような合理主義を押して選択された( 1904年) ;サンタヤナは、人生の理由( 3 vols 。 、ロンドン、一九〇五から六まで) ;信仰や信念ヒバートジャーナルは、 1907年10月。 Cf. cf 。 also LODGE, ibid., for Jan., 1908, and July, 1906.ロッジでも、同じです。は、 1月、 1908 、および7月、 1906 。


Also, see:また、参照してください:
The Arising of Jesus イエスが生じる

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです