Spiritual Gifts精神的な贈り物

Advanced Information 高度情報

Spiritual Gifts are Gifts of God enabling the Christian to perform his (sometimes specialized) service.精神的な贈り物は神の贈り物を有効にしてキリスト教を実行する(時には専門)サービスです。 There are several words in the NT used for spiritual gifts.には、いくつかの単語が使われて、 NTの精神的な贈り物です。 Dorea and doma are so used but are rare (Eph. 4:8; Acts 11:17).ドームは、今でも使われてdoreaとは珍しい( eph. 4時08分;行為11:17 ) 。 Pneumatikos and charisma are frequently found, with charisma being the most common. pneumatikosとカリスマ性が頻繁に発見さは、カリスマ性が最も共通しています。

The term charisma ("spiritual gift"), except for 1 Pet.カリスマ性の任期( "精神的なギフト" )を除き、原則として1ペットです。 4:10, is used only by Paul. 4:10 、ポールのみが使用されています。 Charisma signifies redemption or salvation as the gift of God's grace (Rom. 5:15; 6:23) and a gift enabling the Christian to perform his service in the church (1 Cor. 7:7), as well as defining a special gift enabling a Christian to perform a particular ministry in the church (e.g., 12:28ff.).カリスマ性を意味するの償還や救世神の恵みの贈り物として、 ( rom. 5時15分、 6時23分)の贈り物を有効にすると、彼のサービスを実行するキリスト教の教会( 1うわっ。 7時07分)は、特別な定義するだけでなく、キリスト教の贈り物を有効にする省を実行するには、特定の教会(例えば、 FFの12:28です。 ) 。

Paul offers instruction on spiritual gifts in Rom.ポールオファーROMに命令して、精神的な贈り物です。 12:6 - 8; 1 Cor. 12時06分-8 ; 1うわっ。 12:4 - 11, 28 - 30; Eph. 12時04 -1 1、 2 8- 30 ;e p h。 4:7 - 12. 4時07 -1 2。 Spiritual gifts were unusual manifestations of God's grace (charis) under normal and abnormal forms.異常な精神的な症状を呈していたの贈り物神のお恵み(ハーリス)フォームの下に正常と異常です。 Not every spiritual gift affected the moral life of the one who exercised it, but its purpose was always the edification of believers.必ずしもすべての道徳的精神的な影響を受けるの贈り物は、一人の人生を行使することが、その目的は、いつもの信者の教化。 The exercise of a spiritual gift implied service in the church.その運動の精神的なギフトは、教会の黙示サービスです。 This practical approach is never lost sight of in the NT, these spiritual gifts often being divided into miraculous and nonmiraculous; but since some are synonymous with specific duties, they should be classified according to their significance for preaching the word, on the one hand, and exercising practical ministries, on the other.この光景を実用的なアプローチは決して無駄ではNTは、これらの奇跡的な霊的な贈り物に分かれているとしばしばnonmiraculous ;しかし、いくつかの具体的な任務と同義では、かれらによると、彼らの意義と分類しなければならないために説教の言葉には、片手では、実用的な省庁との行使には、他のです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

The Gifts of the Spiritその精神の贈り物
There are five gifts of the Spirit贈り物には、 5つの精神

Working of Miracles (1 Cor. 12:10, 28 - 29)作業中の奇跡( 1うわっ。 12:10 、 28 -2 9)

"Miracles" is the rendering of dynameis (powers). "奇跡"は、レンダリングのdynameis (パワーズ) 。 In Acts dynameis refers to the casting out of evil spirits and the healing of bodily ailments (8:6 - 7, 13; 19:11 - 12). dynameis行為を指しているため、アウトキャストの悪霊や身体の病気の治癒( 8時06分-7 、 1 3、 1 9: 1 1- 12 )。 This may explain "working of powers," but this gift is not synonymous with "gifts of healing."この可能性を説明する"ワーキングの列強は、 "しかし、このプレゼントと同義ではない"との癒しの贈り物です。 " Probably the former was much more spectacular than the latter, and may have signified raising the dead (Acts 9:36ff.; 20:9ff.).おそらく前者は後者よりもはるかに見応えは、意味の引き上げの可能性があると死んで( FFの行為9時36分。 ; FFの20時09分です。 ) 。 Paul himself exercised this gift of working of powers, and it was for him proof of his apostleship (2 Cor. 12:12), and authenticated both the good news he preached and his right to proclaim it (Rom. 15:18ff.).この作業の贈り物として、ポール自身の権力を行使し、それは彼の使徒の職向けギフトプルーフ( 2うわっ。 12:12 ) 、および認証の両方に朗報彼と彼の右に説教することを宣言する( FFのrom. 15時18分です。 ) 。

Gifts of Healing (1 Cor. 12:9, 28, 30)贈り物の治癒( 1うわっ。 12 : 09 、 28 、 30 )

As already suggested, gifts of healing resembled "working of miracles" (powers).既に提案として、癒しのプレゼントに似て"作業中の奇跡" (パワーズ) 。 Witness the ministry of our Lord (Matt. 4:23 - 24), of the Twelve (Matt. 10:1), and of the Seventy (Luke 10:8 - 9).証人部の主( matt. 4時23 -2 4)は、その1 2( m att.1 0時0 1分) 、そして、 7 0( 1 0時0 8分ルーク- 9) 。 Gifts of healing were also prominent in the church after Pentecost (Acts 5:15 - 16; cf. also James 5:14 - 15).贈り物の治癒した後も教会には、著名なペンテコステ(行為5時15 -1 6; c f。ジェームズも5時1 4- 15 )。 "Gifts" (plural) indicates the great variety of both the sicknesses healed and the means used in the healings. "贈り物" (複数)の両方を示します多種多様なsicknesses治したと治癒の意味で使用されています。 The person who exercised the gift, and the patient who was healed, had one essential in common, faith in God.行使した人物の贈り物は、患者が治癒したとは、本質的な共通点の1つは、神への信仰です。

The writings of the church fathers prove that "the gifts of healings" were exercised in the church centuries after the apostolic period.この記述は、教会の祖先であることを証明する"という治癒の贈り物"を行使された後、ローマ教皇の期間、教会の世紀にもわたっている。 Since then, this gift has appeared intermittently in the church.それ以来、断続的には、この教会のプレゼントが登場した。 For long gifts of healing have been in abeyance, but today there are recognized branches of the church which believe that they are beginning to reappear.贈り物のための癒しの長い保留になってきたが、今日では、教会の枝に認識されていると信じ始めているが再度表示されます。 Unfortunately the manner in which some act who claim to have received the gift has brought it into disrepute.残念なことに、いくつかの方法で行動する人の贈り物を受け取ったと主張してそれを不評をもたらしました。 The kind of ailments that were healed in the NT period, the nature and place of faith, the significance of suffering in God's economy, the importance of the subconscious and the nature of its influence upon the body, the relations between gifts of healings and medical science (a doctor was numbered among Paul's traveling companions!), these have not received the attention they require today.この種の病気が治癒したことで、 NTの時代には、自然と信仰の場所には、苦しみの意義は、神の経済は、潜在意識の重要性と、自然の体に影響を及ぼす、との関係を医学的に治癒の贈り物サイエンス(医者には、番号のうちの旅の仲間のポール! )は、これらの受信されていないことに注意が必要だ。 Gifts of healings are a permanent gift of the Spirit to the church but are properly exercised only by men of the Spirit, and of humility and faith.贈り物の治癒には、永続的な贈り物の精神が正しく行使してでも、教会の男性は、精神だけでは、との謙虚さと信念だ。

The Gift of Helpers (1 Cor. 12:28)ヘルパーの贈り物( 1うわっ。 12:28 )

What spiritual gift was signified by "helper" may be gathered from Acts 20:35, where Paul exhorts the Ephesians elders to labor "to help the weak" and constantly to remember the Lord's own words, "It is more blessed to give than to receive."どのような意味では精神的な贈り物"ヘルパー"な行為かもしれないから集まった20時35分、ポールはどこexhorts 、エペソ人労働年長者を"弱者を助ける"と絶えず主の自身の言葉を覚えておくことは、 "それはこちらに祝福を与えるよりもを受ける"と述べた。 Paul supports this exhortation from his own example.ポールをサポートし、自分の例から、この勧告した。 The early church seems to have had a special concern for the needy among her members, and those who helped the indigent were considered to have been endowed by the Spirit for this ministry.初期の教会のように特別な関心があったために、彼女のメンバーの中に困窮し、困窮した人たちの助けが付与されると考えられてきたため、この部の精神です。 It is not impossible that the office of elder originated in the gift of government or rule.不可能ではないことは、事務所の長老の発祥は政府やルールの贈り物です。 By the same token, the office or duty of deacon may have originated in this gift of helpers.トークンと同じでは、事務所や義務ディーコン発祥の可能性があるが、このヘルパーの贈り物です。 The deacon was one who ministered to the needy (Acts 6:1 - 6). ministeredディーコンには、一人の貧者(行為の午前6時01分-6 ) 。

The Gift of Governments or Administration (1 Cor.12:28; Rom.12:8)自治体や行政の贈り物( 1 cor.12 : 28 ; rom.12 : 8 )

The church's organization was still fluid.その教会の組織はまだ流体です。 Official offices had not been established, nor were duly appointed officials yet ruling the churches.事務所の関係者に設立されていないが、正式に任命された職員もまだ与党の教会です。 It was necessary, therefore, that certain members should receive and exercise the gift of ruling or governing the local assembly of believers.それは必要に応じて、したがって、特定のメンバーを行使すべきという贈り物を受け取ると与党や地方議会の信者を支配した。 This gift would take the form of sound advice and wise judgment in directing church affairs.このプレゼントは、健全な形をとるのアドバイスや教会の賢明な判断で演出担当。

Gradually, of course, this gift of guiding and ruling in church affairs would come to be identified so closely with certain individuals that they would begin to assume responsibilities of a quasipermanent nature.徐々には、もちろん、この教会での贈り物と与党指導部は、これと密接に発見されるようになると、特定の個人を開始すると仮定しても責任は、自然quasipermanent 。 They would become recognized officials in the church, fulfilling well defined duties in the administration of the Christian community.かれらは、教会関係者になると認識さ、充実した井戸の職務定義は、キリスト教社会の投与。 At the beginning, however, it was acknowledged that some Christians had received the gift of ruling and had liberty to exercise it.冒頭には、しかし、それはいくつかのキリスト教徒がいたことを認めたという贈り物を受け取ったとの判決を行使することは自由です。 In addition to administration, practical matters in the conduct of public worship would require wisdom and foresight, and here again those who had recognizably received the gift of ruling would be expected to legislate.管理に加えて、実用的な事柄を行うのは、国民の英知と先見の明が必要に仕え、そしてここで再び、贈り物を受け取った人たちはすぐ分かるの判決が予想される法律を制定する。

The Gift of Faith (1 Cor. 12:9)信仰の贈り物( 1うわっ。 12時09分)

The gift of faith should probably be included among the gifts closely related to the practical life and development of the church.信仰は、おそらく、贈り物のうち、贈答品に含まれる実用的な生活と密接に関連して、教会の発展のです。 These spiritual gifts would naturally strengthen the believers in their faith, and convince the unbelievers of the authenticity of the church's message.これらの精神的な贈り物は、当然、信者は、信仰を強化し、不信心者が本物であることを納得させるの教会のメッセージです。 The Spirit's gift of faith could effect mighty things (Matt. 17:19 - 20), and keep believers steadfast in persecution.精霊信仰の贈り物の偉大なものが効果( matt. 17時19 -2 0) 、そして不動の信者が迫害を維持します。 These five spiritual gifts, then, had special reference to the practical aspects of the church's life, the physical well being of believers, and orderliness of their worship and conduct.これら5つの精神的な贈り物は、その後、特別な照会していたが、教会での生活に実用的な面では、物理的な健康の信者たち、そして彼らの礼拝と秩序を行う。

The remainder of the gifts of the Spirit concern the ministry of the word of God.贈り物の残りの部分は、精神懸念部の神のみことばです。 To that extent, they were more important than the foregoing; but the latter were, nevertheless, spiritual gifts.その程度までは、かれらは、前述よりももっと重要な;しかし、後者は、にもかかわらず、精神的な贈り物です。 In origin and nature they were the result of special endowments of the Spirit.かれらは、自然の起源とその結果の精神の特別な天分のです。

Apostleship使徒の身分

Concerning the gifts especially meaningful for the preaching of the word, Paul gives pride of place to the grace of apostleship: "God hath set some in the church, first apostles" (1 Cor. 12:28).贈答品に関する説教は、特にその言葉の意味が、ポールの猶予を与え、プライドの使徒の職位: "神かれらは、いくつかの教会のセットは、最初の使徒" ( 1うわっ。 12:28 ) 。 The designation "apostle" began to be applied to NT personalities other than the Twelve, especially to Paul.指定"の伝道者"に適用されるNTのパーソナリティを始めた以外の12 、特にポールです。 So highly did he value the gift of apostleship which the Holy Spirit had conferred upon him that on occasion he was at pains to prove its validity (cf. I Cor. 9:1ff.; Gal. 1:12).だから彼は非常に価値の贈り物として、使徒の職を与えられた時、聖霊が彼のことを機会に苦心して彼はその妥当性を証明する( cf.私うわっ。 FFの午前9時01分。 ;ギャル。 1時12分) 。 The apostles conceived that they had received this spiritual gift to enable them to fulfill the ministry of the word of God; nothing, therefore, should be allowed to prevent their fulfilling that all important function (Acts 6:2).考えていたの使徒を受け取った贈り物を有効にして、この精神を果たす同省は、神のみことば;何もない、したがって、許されるべきだとのを防ぐために、すべての重要な機能を充実した(行為の午前6時02分) 。

We also gather from Paul that the gift of apostleship was to be exercised principally among unbelievers (1 Cor. 1:17), while other spiritual gifts were more closely related to the needs of believers.我々も収集してからの贈り物パウロ使徒の職は、不信心者の間で主に行使される( 1うわっ。 1時17分)は、他の精神的な贈答品がより多くの信者たちのニーズに密接な関係がある。 Paul's apostleship was to be fulfilled among Gentiles; Peter's ministry of the word was to be exercised among Jews (Gal. 2:7 - 8).使徒の職が果たされるのは、ポールの間をgentiles ;ピーターの部が行使されるという言葉は、ユダヤ人の間で( gal. 2時07分-8 ) 。 Obviously the Spirit's gift of apostleship was not confined to a strictly limited group of men whose gift of apostleship made them ipso facto special units of a divine grace or authority.精霊の贈り物は明らかではないが閉じ込められた使徒の職を厳しく制限するグループの男たちはかれらの使徒の職の贈り物として、事実上の特別ユニットは、神の恵みや権威です。

Their function was doubtless conceived to be the most important so far as the ministry of the word was concerned, but we shall see presently that theirs was only one of a number of such spiritual gifts.関数は、確かに自分の考えとして今までに寄付される最も重要な省の関係者の言葉は、しかし、我々は、かれらは、 1つだけを参照して現在のような数多くの精神的な贈り物です。 The church was built upon prophets as well as apostles (Eph. 2:20), the first ministering in the word to the church, the latter preaching the word to non Christians.その教会は、預言者だけでなく、ビルドアップ使徒( eph. 2時20分)は、最初の単語をministering教会では、後者の説教に単語を非キリスト教徒です。 Since, then, the gift of apostleship was spiritual, so also was the authority of the apostles.以来、その後は、使徒の職は、精神的な贈り物は、今でも、使徒の権威だった。 It remained the prerogative of the Holy Spirit and never became official in the sense that one could communicate it to others of his own volition.それは依然、大権は、聖霊と公式になったという意味では決して1つのことを他の意思疎通が、自分の意志です。 The authority exercised by the apostles was exercised democratically, not autocratically (Acts 15:6, 22).使徒の権限行使が行使された民主的ではなく、独裁者のように(行為15 : 06 、 22 ) 。 They were careful to include the elders and brethren when substantiating the validity of the directives they were issuing to the church.かれらは慎重に、年長者を含めると同胞の正当性のディレクティブsubstantiating時かれらは、教会の発行しています。 Even when Paul was asked to legislate for the churches he had founded, his authority was not his apostleship but a word from the Lord (1 Cor. 7:10).ポール際にも認める法律を制定するよう頼まれた彼は教会を創設し、彼の権威ではないから、彼の言葉ではなく、主の使徒の職( 1うわっ。 7時10分) 。

Prophets預言者

Prophets stand next in importance to apostles in Paul's enumeration of the spiritual gifts (1 Cor. 12:2ff.).預言者の横に立って、使徒パウロの重要性を列挙して、精神的な贈り物( 1うわっ。 FFの12時02分です。 ) 。 The gift of prophecy has already been differentiated from the grace of apostleship on the ground of the sphere in which each was exercised.予言の才能は、すでにグレースの使徒の職から分化して地面には、各分野では、行使しています。 In a sense Moses' desire (Num. 11:29) had been realized in the experience of the church as a whole (Acts 2:17 - 18; 19:6; 1 Cor. 11:4 - 5), but some individuals seem to have been specially endowed with this grace (Acts 11:28; 15:32; 21:9 - 10).ある意味モーゼの欲望( num. 11:29 )を実現していた経験は、全体としては、教会(行為2 : 17 -1 8、 1 9: 0 6; 1うわっ。 1 1時0 4分- 5)が、いくつかの個人特別に恵まれているようだが、このグレース(行為11:28 ;午後3時32分、 21時09 -1 0) 。 These prophets in the NT church seem often to have been itinerant preachers.これらの預言者はしばしば、 NTのように見える教会の説教師を遍歴てきた。 Moving from church to church, they built up believers in the faith by teaching the word.教会から教会に移動し、かれらは、信者たちの信仰によって組み立てられたという言葉を教えてください。 Their ministry would probably be characterized by spontaneity and power, since it seems to have included speaking by revelation (1 Cor. 14:6, 26, 30 - 31).彼らがきっと省電力を特徴とする自発性と、それが含まれて話すように啓示された( 1うわっ。 14 : 06 、 26 、 30 -3 1) 。 In these passages, however, the prophet's utterances were clearly understood compared with the utterances in tongues.これらの文章は、しかし、預言者の発言は発言を明確に理解し、舌と比較している。

On occasion God would make his will known through the prophet (Acts 13:1ff.), or a future event would be foretold (Acts 11:28; 21:10 - 11); but the prophet's special gift was the edification, exhortation, consolation, and instruction of the local churches (1 Cor. 14).さすれば彼は神の機会を通じて、既知の預言者( 13時01分FFの行為です。 ) 、または将来の事象なる前から予報(行為11:28 ; 21:10 -1 1) ;しかし、預言者の特別な贈り物は、教化、勧告は、慰めは、地元の教会とは、命令( 1うわっ。 14 ) 。 In the subapostolic period the prophet could still take precedence over the local minister, but the day was not far off when this gift of prophecy passed to the local ministers who preached the word to edify the members of the Christian fellowship. subapostolic期間は、預言者優先の地方がまだ大臣は、しかし、この日はそう遠くないの贈り物地元の閣僚の予言者に渡された単語を説教edifyクリスチャンフェローシップの会員となっています。

The nature of this gift of prophecy was such that the danger of false prophets must always have been present.この贈り物の性質を予言していたような偽預言者の危険性が常に存在する必要があります。 The Spirit, therefore, communicated a gift that enabled some among those who listened to the prophets to recognize the truth or falsity of their utterances.の精神で、従って、贈り物に伝達することを聴いた人たちの間で有効になっていくつかの預言者または虚偽の事実を認識して発言した。 This was not natural insight or shrewd judgment but a supernatural gift.この抜け目のないではない自然な洞察力や判断力ではなく、超自然の贈り物です。 Paul describes this spiritual gift as a "discerning of the spirits."この精神的なギフトとして記述ポール"目利きのスピリッツです。 " The fact that the prophet spoke by revelation made the appearance of false prophets almost inevitable; while, therefore, Paul urged his converts not to despise prophesyings, they were, nevertheless, to prove all things (1 Thess. 5:20 - 21).スポークされたという事実を、預言者ヨハネの黙示録の外観を前に偽預言者のほぼ避けられない;中には、したがって、彼のポールに変換しないように促した軽蔑prophesyings 、かれらは、にもかかわらず、すべてのことを証明する( 1 thess 。 5時20 -2 1) 。

The Gift of Discernment of Spirits見識のスピリッツの贈り物

Believers had to be able to discriminate between the false and the true spirits, when an itinerant prophet claimed to be inspired to speak by revelation (1 Cor. 14:29).信者たちにできるようには虚偽と真実の間を隔てるの霊は、預言者と主張されるときに遍歴を話す触発されたヨハネの黙示録( 1うわっ。 14時29分) 。

The Gift of Teaching教員の贈り物

Clearly related to, but carefully distinguished from, the gift of prophecy is the gift of teaching (1 Cor. 12:28 - 29; Rom. 12:7).はっきりと関連して、慎重に区別さしかし、予言の才能は、贈り物の教え( 1うわっ。 12:28 -2 9; R OMのです。 1 2時0 7分) 。 The prophet was a preacher of the word; the teacher explained what the prophet proclaimed, reduced it to statements of doctrine, and applied it to the situation in which the church lived and witnessed.説教師は、預言者の言葉;その教師は何の説明預言宣言、ステートメントの教義を減額すること、そして、それを適用状況や目撃された教会に住んでいます。 The teacher would offer systematic instruction (2 Tim. 2:2) to the local churches.その教師は、体系的な教育を提供する( 2ティム。 2時02分)に、地元の教会です。 In Eph. eph中です。 4:11 Paul adds the idea of pastor to that of teacher, because no one is able to communicate effectively (teach) without loving those who are being instructed (pastor).そのアイデアを追加ポール4時11分にすることや、教師の牧師は、誰のために効果的に意思疎通ができる(教える)を愛する人たちに指示されている(牧師) 。 Likewise, to be an effective pastor, one must also be a teacher.同様に、効果的な牧師には、 1つの教師をする必要があります。

The Gift of Exhortation (Rom. 12:8)ギフトのげき文( rom. 12時08分)

The possessor of the gift of exhortation would fulfill a ministry closely allied with that of the Christian prophet and teacher.贈り物の所有者は、同省の勧告を果たすと密接に関連して、キリスト教の預言者と教師している。 The difference between them would be found in the more personal approach of the former.それらの違いが見られるのは、元より多くの個人的なアプローチです。 If his exhortations were to succeed, they would have to be given in the persuasive power of love, understanding, and sympathy.もし彼が成功するexhortations 、彼らが説得力を与えられるのは、愛、理解し、同情しています。 His aim would be to win Christians to a higher way of life and to a deeper self dedication to Christ.自分の目標になる可能性が高いと勝つキリスト教徒の生き方や自己をささげるためにキリストを深めています。 The Spirit, therefore, who bestowed the gift of exhortation would with the gift communicate spiritual persuasiveness and winsomeness.の精神で、したがって、勧告の贈り物を授けた者が説得して精神的な意思疎通と愛きょうの贈り物です。

The Gift of Speaking the Word of Wisdom (1 Cor. 12:8)贈り物に言えば、その言葉の知恵( 1うわっ。 12時08分)

An important part of the Spirit's endowment so far as the Christian community was concerned was wisdom.の精神の重要な一部分として、キリスト教社会養老今までに寄付されたの知恵が心配です。 This gift would communicate ability to receive and explain "the deep things of God."この贈り物を受け取ることは、コミュニケーション能力と説明し、 "神の深いものです。 " In God's dealings with men much is mysterious, and the ordinary Christian is often in need of a word that will throw light upon his situation; and the person fitted by the Spirit to fulfill this ministry is through the Spirit given the word of wisdom.男性の多くは、神との取引には、神秘的な、そして普通のクリスチャンは、単語の必要性は往々にしては、光の上に自分の置かれた状況を投げる;装着されると、人の精神を満たす省は、この精神を介して、その言葉の知恵を与えています。 Because of the strong sense of revelation or insight implied in the phrase, perhaps this gift was akin to a revelational utterance by the Christian prophet.ヨハネの黙示録感が強いため、または黙示的洞察力のフレーズは、おそらくこれは、同種の贈り物をするrevelational発話されたキリスト教の預言者です。

The Gift of Speaking the Word of Knowledge (1 Cor. 12:8)贈り物に言えば、その言葉の知識( 1うわっ。 12時08分)

Speaking the word of knowledge suggests a word spoken only after long and careful consideration.その言葉を話す言葉の知識を提示することlongかつ慎重に検討した後にのみ話されています。 This would be a word that the Christian teacher would ordinarily speak.これができれば、キリスト教の先生は、普通の言葉で話すこと。 Of course, this mental activity would not be entirely unaided; a point being reached when the Spirit would give knowledge, understanding, insight, that might be described as intuition.もちろん、この精神活動を完全ではない人の手を借りない;ポイントに到達したときに、その精神を実現すれば、知識、理解、洞察力、直感として説明することかもしれない。 But since Paul points out that both the word of wisdom and the word of knowledge are given through or according to the Spirit, the emphasis is on the reception of the word, not on its interpretation.しかし、ポールと指摘して以来の両方が含まれる単語の知識と知恵が与えられるかによると、精神を介して、レセプションの重点は、その言葉は、その解釈していない。

The Gift of Tonguesその語学の才能

Yet another spiritual gift is mentioned by Paul.もう一つは、精神的な贈り物に記載されたポールです。 The Spirit gives "kinds of tongues" (1 Cor. 12:10, 28).の精神を与える"の種類の舌" ( 1うわっ。 12:10 、 28 ) 。 The nature of this gift is explained in 1 Cor.自然の贈り物は、この1うわっ!説明しています。 14. 14 。 (1) The tongue in which the person spoke was unintelligible, and therefore unedifying to the Christian assembly (vss. 2 - 4); (2) the tongue (glossa) was not a foreign language (vss.10 - 12); (3) The tongue speaker addressed himself to God to whom he probably offered prayer and praise (vss. 14 - 17); (4) The tongue edified the speaker (vs. 4); (5) The tongue speaker lost the control of intellectual faculties (vss. 14 - 15), the tongue being probably a disjointed, highly pitched, ecstatic series of ejaculations, similar to the tongues spoken in times of spiritual awakening experienced intermittently by the church. ( 1 )舌で、人の話は理解できない、それゆえに、キリスト教の許し難いアセンブリ( vss. 2 -4 ) 、 ( 2 )の舌(舌)ではない外国語( v ss.10- 12 ); ( 3 )自分自身を神に宛て舌のスピーカーを提供し、おそらく心に適う祈りと称賛( vss. 14 -1 7) 、 ( 4 )は、スピーカーの舌e dified(対4 ) 、 ( 5 )舌のコントロールを失ってしまったの知的スピーカー学部( vss. 14 -1 5)は、舌が、たぶんとりとめのない、非常に正々堂々は、熱狂的なe jaculationsシリーズは、舌と同様に、時代の精神の目覚め話されて断続的で、教会の経験を積んだ。

The Gift of Interpretation of Tongues (1 Cor. 12:10, 30)舌の解釈の贈り物( 1うわっ。 12:10 、 30 )

A necessary corollary to speaking in tongues was the interpretation of tongues.舌に言えば必然の結果では、舌の解釈です。 The tongue speaker might also exercise the gift of interpreting, but usually others exercised it (vss. 26 - 28; 12:10); though Paul's advice in 1 Cor.舌のスピーカーを行使する可能性もあるという贈り物通訳、たいてい他人を行使すること( vss. 26 -2 8; 1 2:10) ;かかわらずポールの助言で1うわっ。 14:13 is interesting. 14時13分は興味深いものです。 This would imply giving meaning to unmeaningful ecstatic ejaculations as an art critic interprets a play, a symphony, or a canvas to the uninitiated; though the tongue interpreter did not depend on natural knowledge.このような意味を与えることを意味する意味のないejaculationsエクスタティック美術評論家として解釈するプレーは、交響曲やキャンバスをuninitiated ;かかわらず、舌の通訳自然の知識に依存していない。

The Evangelistそのエバンジェリスト

Another gift to the church is the evangelist.もう一つの贈り物には、福音伝道教会です。 Timothy is called an evangelist in 2 Tim.ティモシーは、エバンジェリストと呼ばれる2ティム。 4:5, as is Philip, one of the seven, in Acts 21:8. 4時05分、フィリップとしては、 1つは、 7人は、 21時08分行為です。 The task of preaching the gospel, although theoretically everyone's responsibility, is entrusted specifically to certain individuals by the Holy Spirit.福音の説教の課題は、理論的に誰の責任にもかかわらず、特定の個人には、具体的に委託される聖霊です。 They are to exercise their ministry in the full realization that the power comes from God, making faddish and manipulative techniques not only unnecessary but wrong.彼らは彼らの運動部には、完全な実現をしてから来て、神の力、製造技術だけでなく、不必要なfaddishと整体しかし、間違っている。 When such are present, it is a clear indication that the Spirit is absent.このようなときには、存在する場合、それを明確に示しているが、精神は不在です。 Converts from the evangelist's ministry are to be funneled into the church where they are to be built up by those exercising the other gifts.エバンジェリストの省から変換されるfunneledには、教会のどこに組み立てられた彼らはそれらの行使によって、他の贈り物です。

Service (Gr., diakonia)サービス( gr. 、 diakonia )

Service is called a gift in Rom.と呼ばれるサービスは、 ROMをプレゼントします。 12:7. 12時07分です。 This term is used in a number of ways in the NT, from a generalized idea of ministry (2 Cor. 5:18, where Paul's preaching is called a ministry of reconciliation) to a specific office or task (1 Tim. 1:12).この用語が使用されては、いくつかの方法がありますが、 NTのは、全身からアイデアの部( 2うわっ。 5時18分、ポールの説教はどこ部の和解と呼ばれる)やオフィスでは、特定のタスク( 1ティム。 1時12分) 。 It is difficult to know exactly how Paul means it here.どのようにすることは難しいのポールを意味することを正確に知っているよ。 It is perhaps a generalized gift of power to anyone exercising a specific function in the church.それはたぶん、誰にも全身の力を行使するの贈り物として、具体的な機能は、教会です。

Contributing貢献

Paul speaks of contributing as a gift (Rom. 12:8).ポールが喋るの贈り物として貢献( rom. 12時08分) 。 All are to give to the needs of the church, its ministry, and the poor, but a special gift enables some to make joyous sacrifice in this area.すべてを与えるには、教会のニーズに合わせて、その部は、貧しい人々と、しかし、いくつかの特別な贈り物を有効にするこのエリアの犠牲に喜ばしい。 Paul adds that this gift should be exercised "without grudging" or "in liberality."ポールを追加して、このプレゼントを行使しなければならない"とせずにおざなりな"または"気前のよさ"と述べた。

Acts of Mercy (Rom. 12:8)慈悲行為( rom. 12時08分)

Merciful acts are to be performed with cheerfulness under the guidance of the Spirit.慈悲深き行為が実行されると、精神の指導の下に上機嫌だ。 It might be wondered why such a noble act would require charismatic endowment, but the circumstances of the time explain it.なぜこのようなことではないかもしれない崇高な行為カリスマ的才能が必要だが、その時の状況を説明しています。 To render aid was dangerous.エイドは、危険を描画します。 Such identification with other Christians in need branded one as a Christian as well, opening up the possibility of persecution for oneself.このような身分証明書が必要なキリスト教徒は、他のブランドの一つとして、キリスト教でも、開放するために自分自身の可能性を迫害した。

Giving Aid (Rom. 12:8)援助を与える( rom. 12時08分)

Giving aid, also mentioned as a gift, is to be exercised with zeal.援助を与えることは、贈り物としても言及、熱意を行使している。 It is possible that this gift is another form of administrative gift.このプレゼントすることが可能とは別の形で行政の贈り物です。 If so, this is not new.もしそうなら、この新しいものではない。 If not, it more closely parallels acts of mercy.そうでない場合は、それより密接類似行為の慈悲です。

Conclusion結論

In instructing Christians on the exercise of these gifts, Paul is concerned to stress their practical nature.キリスト教徒では、運動を指導し、これらの贈り物は、ポールは、自分のストレスを心配して実用的な性質です。 The Spirit bestows his charismata for the edification of the church, the formation of Christian character, and the service of the community.彼の精神bestows charismata啓発のための教会、キリスト教の性格の形成、および本サービスのコミュニティです。 The reception of a spiritual gift, therefore, brought serious responsibility, since it was essentially an opportunity for selfgiving in sacrificial service for others.レセプションは、精神的なギフトは、したがって、重大な責任をもたらした、それ以来する機会をselfgivingでは、本質的に他人のためにいけにえのサービスです。

The more spectacular gifts (tongues, healings, miracles) necessitated some degree of order that would prevent their indiscriminate use (1 Cor. 14:40).より多くの壮観な贈り物(舌、治癒、奇跡)を必要とするためにある程度のことは自分の無分別な使用を防止する( 1うわっ。 14:40 ) 。 The spirits of the prophets must be subjected to the prophets (vs. 32).預言者の霊を対象にしなければならない預言者(対32 ) 。 Paul clearly insists that spectacular gifts were inferior to those that instructed believers in faith and morals and evangelized non Christians.ポール壮観な贈り物をはっきりと主張していたものより劣っているの指示で信者の信仰と道徳性と非キリスト教徒evangelized 。 Tongue speaking was not forbidden (vs. 39), but intelligent exposition of the word, instruction in faith and morals, and preaching the gospel were infinitely superior.舌に言えば禁断ではない(対39 )は、しかし、その言葉のインテリジェント博覧会は、信仰と道徳の命令では、福音とは比べものにならないほど優れて説教。 The criteria used to judge the relative values of spiritual gifts were doctrinal (1 Cor. 12:3), moral (1 Cor. 13), and practical (1 Cor. 14).判断の基準を使用していたの相対的価値観の教義上の精神的な贈り物( 1うわっ。 12時03分) 、道徳( 1うわっ。 13 ) 、および実用的な( 1うわっ。 14 ) 。

The problem was where to strike the balance.この問題は、そのバランスをどこにストライク。 The greatest peril lay in overemphasizing the gifts, which tended to exalt the offices that grew out of them.最大の危難の贈り物overemphasizingレイで、これを称賛する傾向に事務所をして成長しています。 That led inevitably to institutional ecclesiasticism and the inevitable corresponding loss of the church's awareness of the Spirit's presence and experience of the Spirit's power.機関投資家を中心にして必然的に避けられない教会主義と教会の対応の意識喪失の精神の存在は、精霊の力と経験です。

J G S S Thomson and W A Elwellトムソンと神奈川県jgssエルウェル
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
L Morris, Spirit of the Living God; H W. Robinson, The Christian Experience of the Holy Spirit; J R W Stott, The Baptism and Fullness of the Holy Spirit; C Williams, The Descent of the Dove; M Griffiths, Grace - Gifts; K Stendahl, Paul Among Jews and Gentiles; J R Williams, The Gift of the Holy Spirit Today; A A Hoekema, Tongues and Spirit Baptism; F D Bruner, A Theology of the Holy Spirit; E E Ellis, Prophecy and Hermeneutics.信用モリス、スピリットオブザリビング神; hウィリアムロビンソンは、キリスト教の聖霊経験; jrwストットは、バプテスマと聖霊充満; cウィリアムズは、その子孫の鳩; mにグリフィスは、グレース-プレゼント; k stendahl 、ユダヤ人との間でポールgentiles ; JRのウィリアムズは、今日、聖霊の贈り物; hoekemaああ、舌や精神洗礼;子fdブルーナーは、聖霊の神学;李エリス、予言と解釈学です。


Spiritual Gifts精神的な贈り物

Advanced Information 高度情報

Spiritual Gifts (Gr. charismata), are gifts supernaturally bestowed on the early Christians, each having his own proper gift or gifts for the edification of the body of Christ.精神的な贈り物( gr. charismata ) 、神業のように贈り物を授けたの初期のキリスト教徒は、それぞれが、自分のために適切なプレゼントや贈り物は、キリストの体の教化。 These were the result of the extraordinary operation of the Spirit, as on the day of Pentecost.これらの結果は、臨時の運営の精神は、聖霊降臨日の当日。 They were the gifts of speaking with tongues, casting out devils, healing, etc. (Mark 16:17, 18), usually communicated by the medium of the laying on of the hands of the apostles (Acts 8:17; 19:6; 1 Tim. 4:14).かれらは、贈り物をして舌に言えば、悪魔アウトキャスト、治癒等(マーク16時17分、 18 ) 、通常の媒体に伝達されるのは、手に敷設して、使徒(行為の午前8時17分、 19時06分; 1ティム。 4時14分) 。 These charismata were enjoyed only for a time.これらcharismataのためだけの時間が楽しかったです。 They could not continue always in the Church.彼らは、常に教会を続けることができなかった。 They were suited to its infancy and to the necessities of those times.かれらは、乳児期に適しているとし、それらの時代の必需品です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです