God

General Information 総合案内

In Western culture, which for the last 2,000 years has been dominated by the Judeo Christian tradition, the word God generally refers to one supreme holy being, the divine unity of ultimate reality and of ultimate goodness.西洋文化で、これを最後に、 2000年に支配されてきたユダヤキリスト教の伝統では、 1つの単語を指します通常最高聖なる神が、神の団結の現実との究極の究極の善良されます。 God, so conceived, is believed to have created the entire universe, to rule over it, and to bring it to its fulfillment.神は、今考えであると考えられて作成して全宇宙を支配すること、およびその充足させることにした。

In the Old Testament, God was called YHWH , pronounced Yahweh by most scholars; the exact pronunciation of the name was lost because it was rarely enunciated.旧約聖書では、神と呼ばyhwh 、ヤハウェと発音されたほとんどの学者;の正確な発音の名前が失われることがほとんどないため、 enunciated 。 In its place was read Adonai ("Lord"). The written combination of the tetragrammaton YHWH with the vowels of Adonai was traditionally rendered as Jehovah in English Bibles. Although the meaning of YHWH is disputed, it is frequently translated as "He who is" and probably designates YHWH as creator.その所には、読んで上帝( "主よ"といいます。 ) を組み合わせて、テトラグラマトンの書面によるyhwhの母音エホバの上帝は、伝統的には英語聖書としてレンダリングされます。 yhwhの意味は、係争中にもかかわらず、と訳されることが多い"と彼は誰"と、おそらくクリエーターとして指定yhwh 。 In Islam, Allah stands for a similar notion.イスラムは、アッラーは、似たような概念です。

Thus, as a functioning word, God in the first instance refers to the central and sole object of religious commitment - and so to the center of Worship, Prayer, and religious Meditation.したがって、言葉として機能し、神の最初のインスタンスオブジェクトを指しているため、宗教的なコミットメントの底の中央と-といったように、中心部に仕え、祈り、そして宗教的な瞑想。 Secondarily, God has been the object of religious and philosophical reflection, the supreme object of Theology and of most forms of speculative metaphysics.副次的には、宗教上の神とされ、オブジェクトの反射哲学は、最高のオブジェクトのほとんどの形態の投機的な神学や形而上学。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
God is a puzzling and elusive notion, by no means easy to define.とらえどころのない神は、難解な概念とは、簡単に定義するものではない。 As the supreme being, the creator and ruler of all, God transcends all creaturely limits, distinctions, and characteristics.至高の存在として、すべての支配者の創造とは、神の限界を超えたすべてのcreaturely 、区別、および特性です。 If something is definable only by its distinctions from other things, its limits, and its special characteristics, how is it possible to define the source of all things, which is not limited, distinguished, or peculiar?何かが定義された場合にのみ、他のものから区別は、その限界、およびその特別な特性は、どのように定義することができるようには、ソースのすべてのものは、限られたことではありませんが、著名な、または特異な? God is in neither time nor space; he / she / it transcends all substances and causes; is neither dependent on nor an effect of other things.神は、どちらも時間も空間;彼/彼女/それを超えたすべての原因となる物質;はどちらの効果に依存して、他のものもある。 Thus, he cannot be spoken of simply as a being among other beings lest he be conceived as a mere creature and thus not God.こうして、彼のことはできません話され間単に他の生き物としての彼にしないように、単なる生き物として考えていないとこうして神です。 For these reasons, the concept of God inevitably tends toward that of the transcendent absolute of much speculative philosophy: impersonal, unrelated, independent, change - less, eternal.これらの理由は、必然的になりがちに向かって、神という概念を超越して絶対的なのは、多くの投機的な哲学:物的、無関係、独立、変更-少なく、永遠です。 In some theologies, the concept moves into even more distant realms of abstraction.いくつかのtheologies 、もっと遠いという概念レルムの動きを抽象化した。 God can only be described negatively, as the negation of all that is experienced here and now, for example, as nontemporal, nonphysical, and unchanging.神を否定的に説明することによってのみ、すべての否定としての経験を積んだことは、今ここでは、たとえば、 nontemporalとしては、非物質的、および不変です。

In Jewish and Christian belief, however, God is also in some way personal, righteous, or moral, concerned with people and their lives and therefore closely related to and active within the world and the course of history.ユダヤ人とキリスト教の信仰は、しかし、神は、何らかの形で個人的にも、正しい者、あるいは道徳的な、自分たちの生活に関係する人々と密接な関係があると、その内の積極的な世界との歴史の流れだ。 The reflective problems in this concept of God, the subject of debates throughout Western history, therefore, have a dual source: God, whatever he may be, is unlike ordinary things that can be described, and the notion of God includes certain dialectical tensions or paradoxes (absolute - relative, impersonal - personal, eternal - temporal, changeless - changing) that defy ordinary powers of speech and of definition.反射の問題は、この神の概念は、西洋史全体討論会の主題は、したがって、あるデュアルソース:神は、どのような彼かもしれないが、物事は、普通とは違って説明することができる、との概念に含まれる特定の弁証法的緊張や神逆説(絶対-相対的、物的-個人は、永遠-時間は、不変-を変更)の普通の大国の意向を無視して演説を定義しています。 In approaching the divine, religiously or philosophically, one first of all encounters mystery and, with that, special forms or rules of speech - a characteristic as old as religion itself.神に近づいてくるのは、良心的か達観しては、まず第一に、 1つの謎に遭遇したと、しては、特別なフォームやルールの演説-昔のように特徴として宗教そのものです。

Variations in the Concept of Godバリエーションは、神の概念

Ideas of god vary widely from religion to religion and from culture to culture.神のばらつきが大きいからアイデアを宗教と宗教文化からです。

Many Gods多くの神々

In those cultures that conceive of human life as totally supported and threatened by (and thus subordinate to) strange and uncontrollable natural and social powers, all such powers and forces - in animals, totems, rivers, trees, mountains, kings and queens, tribes, ancestors, holy men and women - participate in and manifest holy power.それらの文化で、人間としての生活を想像すると完全にサポートされて脅かされて奇妙な(そしてこのように従属して)手に負えない自然と社会的勢力とは、このようなすべての権限と勢力-動物では、柱、川、木、山、王と女王は、部族、先祖は、男性と女性の神聖-マニフェストに参加すると神聖な力です。 Here the divine is undifferentiated; it is universally present in important objects and persons.ここで、神は、未分化;普遍的に存在することが重要だと人々のオブジェクトです。

In other ancient cultures that conceive of the person as unique and differentiated from natural and social forces and recognize the role of personal power in politics, these varied natural and cultural forces are personified or symbolized by gods and goddesses who control, work through, and manifest themselves in these powers.古代の文化にして、他の人として思い付くから分化したユニークかつ社会的勢力と自然との個人的な力を認識し、政治的な役割は、これらの多彩な自然や文化に象徴される軍は、神々の化身や人の制御は、作業を通じて、およびマニフェストこれらの権限そのものです。 For example, Ares was the Greek god of thunder and of war; Aphrodite, the goddess of love and beauty; and Apollo, the god of light and order.たとえば、アレスは、ギリシャの神雷との戦争;アフロディーテは、愛と美の女神;とアポロは、神の光と注文した。 The worship of many gods, known as Polytheism, characterized the religions of most of the ancient world.多くの神々を崇拝するのは、多神教として知られ、その特徴のほとんどは、古代の宗教の世界です。 In every case, a deepening sense of unifying order in reality was accompanied by a drive toward a unity of these plural forces, toward Monotheism.すべてのケースでは、統合するために現実感を深化に付き添われていたこれらの複数のドライブに向けて結束力は、一神教に向かっている。

Impersonal World Order非人間的な世界秩序

In many advanced civilizations, the divine appears, not as a person, but as order or harmony; it is thus impersonal, universal, and omnipresent.多くの先進文明は、神が表示されたら、人間としては、しかし、秩序や調和;ことは、このように非人格的、普遍的、遍在する。 Clear examples of this view are the Tao of Taoism and the notion of the Logos in Stoicism.明確な例としては、このビューを表示すると、道教タオのロゴは禁欲の概念です。 Both are ultimately an impersonal and unifying principle of the world.両方とも最終的に統合するとの原則非人称の世界です。 Other forms of this view appear in the hymns to Indra in Hinduism and in the worship of Ahura Mazda, the god of light, in Zoroastrianism.このビューに表示される他の形態のインドラはヒンドゥー教の賛美歌を崇拝するのは、アフラマズダとは、神の光は、ゾロアスター教です。 In each of these religions, there is a dualistic principle: an impersonal order, harmony, or light represents the divine; but disorder, chaos, or matter represents the rest of reality.これらの各宗教では、二元的な原理がある:物的秩序、調和、あるいは神の光を表します;しかし、無秩序、混沌、あるいは現実の問題の残りの部分を表しています。 In modern philosophy and theology, the process thought of Alfred North Whitehead also emphasizes the divine as order, against an opposing principle of reality, creativity.現代哲学と神学、アルフレッドノースホワイトヘッドのプロセスを考えても、神として強調するために、現実に対する反対の原則は、創造性です。

Undifferentiated Unity未分化の結束

Some religions conceive of the divine as the undifferentiated unity of all, a unity in and beyond all manifestations, powers, and persons.いくつかの宗教の神として思い付くのすべての未分化団結し、すべての症状を超えて団結し、権限、および人です。 The ultimate becomes not only the whole of reality as its unity and ground, but it is so far beyond finite reality that it becomes relatively unintelligible and relatively unreal.究極の現実になるだけでなく、全体としての団結と地面が、それは非常に現実をはるかに超えて有限送ったら、比較的不明朗と比較的非現実的だ。 In these cases, of course, the divine is thoroughly beyond ordinary speech and even beyond positive analogies, for language deals with the determinate and the finite.これらのケースでは、もちろん、普通のスピーチを超えて、神は、さらに徹底的に肯定的な類似性を超えて、言語を扱っているとの判断が下され、有限です。 The clearest expression of this transcendence of all being and all thought is found in Mahayana Buddhism, which describes the ultimate principle in negative assertions and names it a Nothingness, or Voidness.この明確な表現超越のすべての思想が発見され、すべての大乗仏教は、究極の原理を説明して否定的な主張をしており、名前がなくなること、またはvoidness 。

In this notion of the divine the originating religious categories of power, person, and order are infinitely transcended as characteristics essentially related to finitude and therefore antithetical to the divine.この概念は、神の力を元の宗教的なカテゴリーは、ある人は、壁を越えたと秩序が無限に関連する本質的な特徴として、したがって有限の神の対極にある。 Correspondingly, the religious practices of meditation and the religious hope of ultimate release also transcend relations to nature, tribe, society, the course of history, and even all religious praxis and symbols.それに対応は、宗教的な慣行の冥想の究極の希望と宗教の関係を超越する自然のリリースでも、部族では、社会では、コースの歴史、習慣や宗教上のすべてのシンボルとも。 Such religions regard the Western notion of God, with its implication of personal being and its emphasis on the life of the self in this world, as an extremely inappropriate and even insulting way of regarding their own ultimate principle.そのような点で、西欧の宗教の神の概念は、その意味での個人的な生活に重点を置いていると、自分がこの世界では、侮辱として、さらには、非常に不適切な方法については、自分の究極の原理です。

Paradoxes of the Biblical Conceptコンセプトは、聖書の逆説

The paradoxes or dialectical tensions characteristic of the Western understanding of God are derived from the Bible.弁証法的緊張の逆説あるいは神の特性を理解し、西側には、聖書から派生した。 In the Old Testament, God transcends all the limited and special forces and powers of the human experience.旧約聖書では、すべての神を超えたと特殊部隊との権限の限られた人間の経験です。 On the other hand, his central characteristic, or mode of self manifestation, is his concern for and relation to history.その一方で、彼の中心的特徴は、自己またはモードの症状は、との懸念は、彼の歴史と関連しています。 Although he manifests his power in nature, the main arena for divine activity is the sequence of historical events related to the calling, the establishment, and the protection of his chosen people.にもかかわらず彼は自分の力で自然Manifestsを、神の活動のメインアリーナでは、歴史的なイベントシーケンスの呼び出しに関連して、設立され、彼の選ばれた人々の保護です。 In this activity, moreover, God reveals himself as moral or righteous, the source of the moral law, and is quick to punish those, even his chosen ones, who defy this law.この活動で、しかも、自分自身として明らかに神や正義の道徳的、道徳的な法源を、迅速に処罰とは、自分の選んだものでも、この法律の人の意向を無視した。 He is, however, also a God of mercy, patience, faithfulness, and Grace.彼は、しかし、神の慈悲にも、忍耐強く、忠実、そしてグレース。 This God of history, Covenant, judgment, and promised redemption is assumed to be, and often clearly affirmed to be, the ruler of all events.この神の歴史は、約束は、判断は、償還が想定されると約束した、とはっきり断言して頻繁には、すべてのイベントの定規です。

These aspects of the notion of God reappear, with some modification, in the New Testament.これらの側面を再現するという考えは、神には、いくつかの修正は、新約聖書です。 There the one God is also concerned with history, judgment, and redemption, but his central manifestation is Jesus Christ, through whom God's will for mankind is revealed, his judgments are made known, and his power to save is effected.神の1つでもある歴史を心配して、判断し、償還、しかし、彼は、イエスキリストの中心的症状は、神の意志を明らかに人類にとっては、彼の判断は、前に知られては、と彼は、影響力を保存します。 The New Testament writers generally use the word God to designate the God of the Old Testament.新約聖書の神という言葉を使う通常の作家には、旧約聖書の神を指定します。 Christ is understood as the fulfillment of the Messianic promise and as the Son, or Logos.キリストは、救世主として理解の履行を約束するとの息子として、またはロゴです。 His relation to God the Father and the Holy Spirit led to the development of the Christian doctrine of the Trinity.彼の父親との関係を、神の聖霊の開発を主導して、キリスト教の教義の三位一体。 Both Jewish and Christian theology therefore display a dialectical tension between God's transcendence over nature and history as creator and ruler, and his personal, moral participation in history for the sake of humankind.ユダヤ人とキリスト教神学の両方を表示するための間の弁証法的緊張を超越する神の創造と支配者としての自然や歴史、そして彼の個人的、道徳的に参加するために人類の歴史だ。

Philosophic Approaches哲学的なアプローチ

As the symbolic center of Western Christendom down to the Enlightenment, and as the fundamental concept in its understanding of nature, society, and human existence, God was the object of endless philosophical and theological speculation.西欧キリスト教世界の中心としての象徴的な悟りに至るまで、基本的なコンセプトとしては、自然を理解し、社会では、人間の存在とは、神には、オブジェクトの無限の哲学と神学の憶測です。 During the long period in which Western culture understood itself and the world largely through the framework of Greco Roman philosophy (c. 200 - 1400), the notion of God was shaped with the help first of Platonic and then of Aristotelian categories.長い期間中にはそれ自体が西洋文化を理解し、世界の枠組みを通じておおむねグレコローマン哲学( c. 200 -1 400) 、神という概念は、最初のプラトニックな形での援助をし、次に、アリストテレスのカテゴリーがあります。 Because of Greek philosophy's bias toward transcendent, changeless, eternal realms of being, this religious tradition greatly emphasized the absolute nature of God: God was understood as pure act, utterly independent, changeless, nontemporal, and unrelated.ギリシャ哲学のためのバイアス超越に向かって、不変、永遠のレルムれている場合、この宗教的伝統を大いに強調して絶対的な神の性質:神は、純粋な行為として理解は、完全に独立し、不変、 nontemporal 、と無関係です。 The active, related, personal aspects of God manifested themselves chiefly in piety and through numerous angelic and saintly representatives.アクティブ、関連は、個人的な側面を明らかにして主に忠義神と天使と聖人のような数多くの代表者を介しています。

During the Reformation, which emphasized the primacy of Scripture, the personal, purposive, active side of the biblical God again achieved prominence, and the philosophical side receded: God's judgments and his mercy toward humans were considered his central attributes.改革期間中は、啓典に対する優位性を強調し、個人は、目的は、聖書の神を再びアクティブ側の隆起を達成し、哲学的な側面を後退:神の判断と慈悲が、人間に向かっていた彼の中央の属性とみなされます。 The transcendent and eternal aspect of this personal God was expressed in the eternal mystery and changelessness of his all determining will, especially the electing and providential will, rather than in the mystery and changelessness of the divine being.永遠の超越的な側面と、これは個人的な神の永遠の謎と表現される彼の変化のすべての決定は、特に、摂理の選出とは、というよりは、変化の謎とは、神の存在だ。

The subsequent divergence of modern thought from Greco Roman traditions led to the introduction of new philosophical options emphasizing change, process, and relatedness.その後の近代的思考から発散グレコローマンの伝統を主導して導入する新しい哲学を変更するオプションを強調し、プロセス、および同系。 They give expression to a new dynamic and immanent interpretation of God and can be found in systems such as Process Philosophy.彼らを与える新たなダイナミックな表現と内在する神との解釈ができるようなシステムのプロセス哲学が見つかりました。 While recognizing and affirming in some sense God's absoluteness, eternity, and invulnerability, many modern theologians emphasize his participation in the passing of time, active relatedness to events, and consequent changeableness; they argue that such a view is closer to the biblical notion than is the older Greek view.中にはいくつかの意味を認識し、神の肯定absoluteness 、永遠、そしてinvulnerability 、多くの近代的神学者の参加を強調した時のたつのは、積極的に同系のイベント、および必従changeableness ;彼らと主張してこのような見解は、聖書の概念をより身近には、古いギリシャ語を表示します。

Knowability of God神のknowability

Throughout history certain returning questions have been answered in different theological and philosophical terms.リピート特定の歴史を通して、さまざまな質問に答えてきた神学的かつ哲学用語です。 Perhaps the most debated question has been whether God is to be known by reason, by faith, or by experience.おそらく最も議論されて質問されるかどうかは神で知られる理由は、信仰によって、または経験した。 Each solution has had powerful and persuasive adherents.各ソリューションは強力な支持者を説得した。 Those who argue that God can be known by reason offer one version or another of the classical proofs of God's existence: the cosmological proof from the existence of the world; the teleological proof from the order of the finite world; the ontological proof from the implications of the very concept of God as a perfect and necessary being; and the moral proof from the implications of moral experience.神の人々と主張して提供することで知られる理由の1つのバージョンでは、古典的または別の神が存在する証拠:宇宙論より証拠の存在は、世界;の目的論より証拠のためには、有限世界;の存在論より証拠の意味合い神の概念は、非常に必要とされ完璧;と道徳的な証拠から、道徳的な意味合いの経験です。 They argue that any theology intellectually respectable enough to speak to modern, intelligent men and women must be grounded in rational philosophy.彼らと主張してどんな話を十分に立派な神学知的モダンで、男性と女性のインテリジェントしなければならない合理的な哲学を土台にしています。

Those who believe God can be known only by faith tend to be skeptical of such philosophical proofs and possess a perhaps more transcendent image of God.神を信じる人々に知られることによってのみ信仰される傾向にあるような哲学的証拠に懐疑的であるとのイメージを持つ神の超越おそらくこちらです。 For them, the God of rational theology, proved and tailored by thinking processes, is merely the creature of humanity's own wayward wisdom.かれらは、神の合理的な神学は、立証されたと思考プロセスに合わせて、その生き物は単に自分のわがままな人類の英知。 God himself must speak to humankind if he is to be known rightly, or even at all, and therefore faith, as a response to divine Revelation, is the only path to a true knowledge of God.自分自身の神に話をしなければ人類は、もし彼に知られて当然、またはすべてでさえも、それゆえに信仰は、神の啓示の反応としては、パスをするだけでは真の知識神です。 Finally, there are those who assert that God can be known neither by reason nor by faith but only by direct experience.最後に、と主張する人々がいることで知られる神を信仰しかし、どちらの理由でも直接経験することによってのみです。

Reality of God神の実在

The secular climate of today's world has led to a reconsideration of the old issue of the reality of God, which has been denied by many humanistic liberals and by most modern Marxists.世俗の気候のため、今日の世界では、古い問題を再考神の現実は、否定してきたとされる多くの人道主義的リベラルmarxists最も近代的です。 The appearance of the so called death - of - God theologies in the 1960s introduced the issue into the Jewish and the Christian religious traditions themselves where it has been the subject of considerable debate.外観は、いわゆる死-の-神t h eologies問題では1 9 60年代に導入して、ユダヤ人とキリスト教の宗教的伝統そのものがどこに相当な議論の主題とされています。 Although most theologians have not followed the lead of the "God is dead" school, there is little question that today no theology can proceed, either by reason, faith, or experience, without raising and in some measure answering this primary query about the reality of God.続いているものの、大半はしていない、鉛の神学者の"神は死んだ"学校は、今日ないということに疑問の余地はほとんどない神学に進むことは、どちらかの理由で、信仰、または経験は、いくつかの措置を引き上げることなく答えると、このクエリについては、現実にプライマリ神です。 Is the notion of God, which correlates so closely with the self understanding of humankind, merely a projection of humanity's self consciousness onto an unresponding cosmos?神という概念は、これと密接に関連して、人類の自己理解は、人類の単なる自己意識を投影するコスモスできないか? Many solutions have been proposed to this question, but the answer ultimately rests on faith.多くのソリューションを提案してきたこの質問には、信仰にかかっているが、最終的に答えています。

Langdon Gilkeyラングドンgilkey

Bibliography 文献情報
P A Angeles, Problem of God: A Short Introduction (1974); J Bowker, The Sense of God (1977) and The Religious Imagination and the Sense of God (1978); J D Collins, God in Modern Philosophy (1959); B J Cooke, The God of Space and Time (1972); Dewart, Leslie, The Future of Belief (1968); H Dumery, The Problem of God in Philosophy of Religion (1964); A J Freddoso, ed., The Existence and Nature of God (1984); L Gilkey, Maker of Heaven and Earth (1959); J H Hick, ed., Existence of God (1964); G D Kaufman, God the Problem (1972) and The Theological Imagination (1981); J C Murray, The Problem of God: Yesterday and Today (1964); I Raez, The Unknown God (1970); M S Smith, Early History of God (1990); K Ward, The Concept of God (1975). paアンヘレスは、神の問題:簡単な紹介( 1974 ) ; jバウカーは、センスオブゴッド( 1977年)や、宗教的な想像力とセンスオブゴッド( 1978 ) ; jdコリンズは、現代哲学の神( 1959 ) ;ベナンクックは、空間と時間の神( 1972 ) ; dewart 、レスリーは、将来の信念( 1968年) ; dumery hは、この問題は、神の宗教哲学( 1964年) ; aj freddoso 、エド。 、神の存在と性質( 1984 ) ;信用gilkey 、天と地のメーカー( 1959 ) ;道路公団ヒック、エド。 、神の存在( 1964 ) ; GDのカウフマンは、神の問題と神学的想像力( 1972 ) ( 1981 ) ; jcマレーは、神の問題:昨日と今日( 1964年) ; raez私は、未知の神( 1970 ) ; msスミスは、神の早期の歴史( 1990 ) ; k病棟は、神の概念( 1975 ) 。


God

Advanced Information - I 高度情報-私

(A.S. and Dutch God; Dan. Gud; Ger. Gott), the name of the Divine Being. (神として、オランダ語;ダン。 gud ; ger 。ゴット)は、神の名前がいる。 It is the rendering (1) of the Hebrew 'El, from a word meaning to be strong; (2) of 'Eloah, plural 'Elohim.それは、 ( 1 )は、ヘブライ語のレンダリング'エルは、単語の意味が強いから、 ( 2 )の' eloah 、複数' elohim 。 The singular form, Eloah, is used only in poetry.単数形は、 eloah 、詩のみが使用されています。 The plural form is more commonly used in all parts of the Bible, The Hebrew word Jehovah (q.v.), the only other word generally employed to denote the Supreme Being, is uniformly rendered in the Authorized Version by "Lord," printed in small capitals.複数形の方がよく使われるのは、聖書のすべての部分は、ヘブライ語の単語エホバ( qv )は、他の単語のみを表し、最高通常雇われ、レンダ一様では、認可されたバージョン"の主は、 "小さな首都で印刷。 The existence of God is taken for granted in the Bible.神が存在するのは当たり前のバイブルです。 There is nowhere any argument to prove it.いずれかの引数がどこにそれを立証しています。 He who disbelieves this truth is spoken of as one devoid of understanding (Ps. 14:1).彼は人が話さdisbelievesの一つとして、この真理の理解を欠いている( ps. 14時01分) 。

The arguments generally adduced by theologians in proof of the being of God are:,通常の引数adducedされ神学者は、神の証明には: 、

  1. The a priori argument, which is the testimony afforded by reason.先験的な議論が、これはその証言をした理由を与えています。
  2. The a posteriori argument, by which we proceed logically from the facts of experience to causes.事後の引数は、論理的に続行されるから、我々の経験を原因となる事実です。

These arguments are,これらの引数は、

Conscience and human history testify that "verily there is a God that judgeth in the earth."人類の歴史の良心と証言して"本当にそこには、裁判で、地球の神です。 " The attributes of God are set forth in order by Moses in Ex.神の属性には規定されてムーサーに命令された例です。 34:6,7. 34:6,7 。 (see also Deut. 6:4; 10:17; Num. 16:22; Ex. 15:11; 33:19; Isa. 44:6; Hab. 3:6; Ps. 102:26; Job 34:12.) They are also systematically classified in Rev. 5:12 and 7:12. ( deutも参照してください。 6時04分; 10:17 ; NUM件。 16 : 22 ;例です。 15 : 11 ; 33:19 ;のISA 。 44:6 ;北陸朝日放送。 3時06分;しまう。 102:26 ;仕事34 : 12 。 )彼らはまた、 5時12分、 7時12分牧師を系統的に分類される。 God's attributes are spoken of by some as absolute, i.e., such as belong to his essence as Jehovah, Jah, etc.; and relative, i.e., such as are ascribed to him with relation to his creatures.神の話されるのでは、いくつかの属性としての絶対的な、すなわち、彼のようなエッセンスとしてエホバに所属して、 jah等;と相対的、すなわち、生得的には彼のように彼の生き物と関連している。 Others distinguish them into communicable, i.e., those which can be imparted in degree to his creatures: goodness, holiness, wisdom, etc.; and incommunicable, which cannot be so imparted: independence, immutability, immensity, and eternity.伝染他人を区別して、すなわち、これらの学位を付与することができます彼の生き物:善良、ホーリネス、知恵等;と伝えることのできない、どのように付与することはできません:独立、 immutability 、広がり、そして永遠です。 They are by some also divided into natural attributes, eternity, immensity, etc.; and moral, holiness, goodness, etc.かれらは自然の属性によっていくつかに分かれても、永遠には、莫大等;や道徳、ホーリネス、善良等

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Attributes of God神の属性

Advanced Information - II 高度情報-2世

God is an invisible, personal, and living Spirit, distinguished from all other spirits by several kinds of attributes: metaphysically God is self-existent, eternal, and unchanging; intellectually God is omniscient, faithful, and wise; ethically God is just, merciful, and loving; emotionally God detests evil, is long-suffering, and is compassionate; existentially God is free, authentic, and omnipotent; relationally God is transcendent in being immanent universally in providential activity, and immanent with his people in redemptive activity.神は、目に見えない、個人、および生活の精神は、他のすべての霊と区別されたいくつかの種類の属性:自己metaphysically神は存在しない、永遠、そして変わらぬ;知的神は全知、忠実な、と賢明な;倫理的にはただの神は、慈悲深い、そして愛情のこもった; detests神の悪感情的には、長い間苦しんできたが、思いやりとは、神の実存的には無料で、本物の、そして全能;関係的には、超越にしている神の摂理の活動に普遍的に内在し、人々は彼の贖いの活動を内在しています。

The essence of anything, simply put, equals its being (substance) plus its attributes.何かの本質は、簡単に言えば、そのいるに等しい(物質)の属性をプラスした。 Since Kant's skepticism of knowing anything in itself or in its essence, many philosophers and theologians have limited their general ways of speaking to the phenomena of Jewish or Christian religious experience.カント以来の懐疑的な見方を知ったり、何よりもその本質自体は、多くの哲学者や神学者が限られては、全体的な方法を話している現象は、ユダヤ人やキリスト教徒の宗教的な体験をした。 Abandoning categories of essence, substance, and attribute, they have thought exclusively in terms of Person-to-person encounters, mighty acts of God, divine functions, or divine processes in history.カテゴリの放棄エッセンス、物質、および属性には、彼らは排他的思想の点で人と人の出会いは、神の偉大な行為は、神の関数、または神の歴史の中のプロセスです。 God is indeed active in all these and other ways, but is not silent.確かに積極的には、これらすべての神やその他の方法で、これは黙っていた。 Inscripturated revelation discloses some truth about God's essence in itself. inscripturatedについては、神の啓示の本質を明らかにいくつかの真実を含んでいる。 Conceptual truth reveals not only what God does, but who God is.概念的なものだけでなく、真実を明らかに神は、しかし、神は人です。

Biblical revelation teaches the reality not only of physical entities, but also of spiritual beings: angels, demons, Satan, and the triune God.聖書のヨハネの黙示録の現実を教えるだけでなく、物理的なエンティティのではなく、精神的な生き物:天使は、悪魔は、悪魔との三位一体の神です。 The Bible also reveals information concerning attributes or characteristics of both material and spiritual realities.聖書や属性に関する情報も明らかに物質的および精神的な現実の両方の特性です。 In speaking of the attributes of an entity, we refer to essential qualtities that belong to or inhere in it.で、エンティティの属性といえば、我々を参照して必要不可欠なqualtities付与されていることや、それに所属しています。 The being or substance is what stands under and unities the varied and multiple attributes in one unified entity.その下に立っているか、どのような物質は、変化に富んだunitiesとは、複数の属性を1つのエンティティの統一。 The attributes are essential to distinguish the divine Spirit from all other spirits.この属性は、神の本質的な精神を区別する他のすべてのスピリッツからです。 The divine Spirit is necessary to unite all the attributes in one being.神の霊の団結が必要なすべての属性を1つれています。 The attributes of God, then, are essential characteristics of the divine being.神の属性は、その後、本質的な特徴は、神の存在だ。 Without these qualities God would not be what he is, God.これらの資質なしでは何の神ではない彼は、神です。

Some have imagined that by defining the essence of God human thinkers confine God to their concepts.いくつか想像して、神の本質を定義することによって人間の思想家監禁して、神の概念です。 That reasoning, however, confuses words conveying concepts with their referents.推論して、しかし、混乱して自分の言葉で伝えるの概念referents 。 Does a definition of water limit the power of Niagara Falls?極限の定義は、電源のナイアガラの滝の水ですか? The word "God" has been used in so many diverse ways that it is incumbent upon a writer or speaker to indicate which of those uses is in mind.という言葉を"神"とされて使用されることは非常に多くの多様な方法で、作家やスピーカーに課せられたことを示すには、それらの使用を念頭に置いている。

God Is an Invisible, Personal, Living, and Active Spirit神は、目に見えない、個人、リビング、およびアクティブな精神

Jesus explained to the Samaritian woman why she should worship God in spirit and in truth.イエス様は説明してsamaritian女性ではなぜ彼女は、神を崇拝する精神とは真理です。 God is spirit (John 4:24).神はスピリット(ヨハネ4:24 ) 。 The noun pneuma occurs first in the sentence for emphasis.名詞霊が発生するのは、最初の判決を強調した。 Although some theologies consider "spirit" an attribute, grammatically in Jesus' statement it is a substantive. theologiesもののいくつかを検討する"スピリット"の属性は、文法的にはイエスの声明これは、実質的です。 In the pre-Kantian, first century world of the biblical authors, spirits were not dismissed with an a priori, skeptical assumption.カント哲学は、事前には、第一世紀の世界は、聖書の著者、スピリッツではなかった先験的解任は、懐疑的な仮定します。

As spirit, God is invisible.精神としては、神様が見えない。 No one has ever seen God or ever will (1 Tim. 6:16).神を見たことがないし、これまでの1つは、 ( 1ティム。 6時16分) 。 A spirit does not have flesh and bones (Luke 24:39).精神がない肉と骨(ルカ24:39 ) 。

As spirit, furthermore, God is personal.精神として、また、神は、個人的です。 Although some thinkers use "spirit" to designate impersonal principles or an impersonal absolute, in the biblical context the divine Spirit has personal capacities of intelligence, emotion, and volition.いくつかの思想家を使用するにもかかわらず"スピリット"を指定するか、人間味のない人間味のない絶対的な原則は、聖書の文脈の中に神の霊能力は、個人的な情報は、感情、そして意志です。 It is important to deny of the personal in God any vestiges of the physical and moral evil associated with fallen human persons.重要なことは、神の存在を否定するのは、個人的な任意の名残の物理的および道徳的な人間の邪悪な者に関連付けられて倒れた。

In transcending the physical aspects of human personhood God thus trancends the physical aspects of both maleness and femaleness.人間の身体的な側面での人間性を超越神trancendsしたがって、物理的側面の両方の男性らしさと女性である。 However, since both male and female are created in God's image, we may think of both as like God in their distinctively nonphysical, personal male and female qualities.しかし、男性と女性の両方が作成されましたので、神のイメージで、我々のように思っているかもしれないが、神は彼らの独特の両方として非物質的、個人的な男性と女性の資質です。 In this context the Bible's use of masculine personal pronouns for God conveys primarily the connotation of God's vital personal qualities and secondarily any distinctive functional responsibilities males may have.この文脈において、聖書の個人的な使用の男性の代名詞主なニュアンスを伝えるために、神の神の重要な個人的な資質や副次的に男性の可能性があるいかなる責任独特の機能です。

Christ's unique emphasis upon God as Father in the Lord's Prayer and elsewhere becomes meaningless if God is not indeed personal.キリストのユニークな父親としての神を強調するのが主の祈りやその他の個人的は無意味もし本当に神ではない。 Similarly, the great doctrines of mercy, grace, forgiveness, imputation, and justification can only be meaningful if God is genuinely personal.同様に、偉大な教説の慈悲、恵み、赦し、補完し、正当化できる場合にのみ、神は、真に有意義な個人的です。 God must be able to hear the sinner's cry for salvation, be moved by it, decide and act to recover the lost.神できるようにしなければならないの叫び声を聞いて、罪人を救い、それを動かされるが、決定と行動を回復する失われます。 In fact, God is superpersonal, tripersonal.実際、 superpersonal神は、三位です。 The classical doctrine of the Trinity coherently synthesizes the Bible's teaching about God.古典的教義は、聖書の教えトリニティコヒーレント合成については、神です。 To place the name of God upon a baptismal candidate is to place upon the candidate the name of the Father and the Son and the Holy Spirit (Matt. 28:19).神の名を置く時に洗礼を置く候補者は、候補者の名前の上には、父と息子と聖霊( matt. 28:19 ) 。

The unity of the one divine essence and being emphasized in the NT concept of a personal spirit implies simplicity or indivisibility.神の本質は、 1つの団結と強調しているNTのコンセプトに基づき、個人の精神のシンプルさや割り切れないことを意味します。 Neither the Trinitarian personal distinctions nor the multiple attributes divide the essential unity of the divine being.三位一体説を信奉する立場ではない個人的な区別も、複数の属性を分けるのは、神の本質的な団結している。 And that essential, ontological oneness is not torn apart by the incarnation or even the death of Jesus.欠かせないとして、一体感ではない存在論の権化引きちぎられるかさえ、イエスキリストの死。 Relationally or functionally (but not essentially) Jesus on the cross was separated from the Father who imputed to him the guilt and punishment of our sin.関係的または機能(しかし、本質的に)から分離されたイエスキリストの十字架上の父親の罪悪感を彼に帰属して私たちの罪と罰。

In view of the indivisibility of the divine Spirit, how than are the attributes related to the divine being?割り切れないことを考慮して、神の霊は、どのように関連して、属性よりも神がいるか? The divine attributes are not mere names for human use with no referent in the divine Spirit (nominalism).神の属性ではない、単なる人間の名前を使用するための指示なしでは、神の霊(唯名論) 。 Nor are the attributes separate from each other within the divine being so that they could conflict with each other (realism).さらに言うならば、お互いに別々の属性内の神と競合しているので、彼らがお互いに(リアリズム) 。 The attributes all equally qualify the entirety of the divine being and each other (a modified realism).全体の属性をすべて平等に資格を与えるのは、神の存在とお互いに(リアリズムを更新) 。 Preserving the divine simplicity or indivisibility, God's love is always holy love, and God's holiness is always loving holiness.神のシンプルさを保持するか割り切れないことは、神の愛は常に神聖な愛は、神の神聖とは、常に愛情のこもったホーリネスです。 Hence it is futile to argue for the superiority of one divine attribute over another.だからそれは無駄な優越性を主張するために、 1つ以上の属性別の神です。 Every attribute is essential; one cannot be more essential than another in a simple, nonextended being.すべての属性が不可欠;よりも1つ別のより本質的なことはできませんが、単純な、 nonextendedれています。

God as spirit, furthermore, is living and active.精霊神として、また、リビングとは、アクティブです。 In contrast to the passive ultimates of Greek philosophies the God of the Bible actively creates, sustains, covenants with his people, preserves Israel and the Messiah's line of descent, calls prophet after prophet, send his Son into the world, provides the atoning sacrifice to satisfy his own righteousness, raises Christ from the dead, builds the church, and judges all justly.受動的とは対照的に、ギリシャの哲学ultimatesの聖書の神を積極的に作成し、支え、約束して彼の人々は、イスラエルとの保持のセリフの救世主の子孫は、通話後に預言者預言者は、自分の息子を送るの世界では、犠牲を提供してatoning自分の正義を満足させる、死んでから、キリストの引き上げは、ビルドの教会、そしてすべての裁判官公正です。 Far from a passive entity like a warm house, the God of the Bible is an active architect, builder, freedom fighter, advocate of the poor and oppressed, just judge, empathetic counselor suffering servant, and triumphant deliverer.受動的なエンティティとは程遠いような暖かい家は、聖書の神様は、積極的な建築家、ビルダー、自由の戦士は、貧しい人々や抑圧の提唱者は、裁判官だけで、親身になってくれるカウンセラーの使用人の苦しみは、救世主と意気揚々だ。

As an invisible, personal, living spirit, God is no mere passive object of human investigation.目に見えないとしては、個人的、精神生活は、単なる受動オブジェクトの神ではない人間の捜査です。 Such writers as Pascal, Kierkegaard, Barth, and Brunner have helpfully reminded Christians that knowing God is like studying soils.このような作家としてのパスカル、キルケゴール、バルト、ブルンナーがhelpfullyやキリスト教徒を連想させるような神は全知土壌勉強しています。 However, these writers go too far in claiming that God is merely a revealing subject in ineffable personal encounters and that no objective, propositional truth can be known of God.しかし、これらの作家が行き過ぎると主張して行くための単なる啓発神に服従していないことを客観的言いようのない個人的な出会いは、神の命題の真実が知られています。 Members of a creative artist's family may know him not only with passionate, personal subjectivity, but also objectively through examination of his works, careful reading of his writings, and assessment of his resume.創造的なアーティストのメンバーの家族のことを知っているだけでなく、彼の情熱的で、個人の主観的、客観的にも彼の作品の審査を通じて、注意深く読んで、彼の記述は、彼を再開するとの評価だ。 Similarly God may be known not only in passionate subjective commitment, but also by thought about his creative works (general revelation), his inspired Scripture (part of special revelation), and theological resumes of his nature and activity.同様に知られていないかもしれない神の主観的なコミットメント情熱だけで、考えただけでなく彼の創作物(一般啓示)は、彼の着想を得た啓典(ヨハネの黙示録特別団体名) 、そして彼の自然や神学活動を再開した。 Knowledge of God involves both objective, conceptual validity and subjective, personal fellowship.神の知識の両方を用いる客観的、概念的な妥当性と主観的、個人的な交わりです。

We have considered the meaning of asserting that God is spirit: the divine being is one, invisible, personal, and thus capable of thinking, feeling, and willing, a living and active being.我々は主張の意味を考慮して、神は、精神: 1つの神では、目に見えない、個人は、このようにする能力があると考えて、感じて、喜んで、リビングやアクティブれています。 There are, however, many spirits.が、しかし、多くのスピリッツ。 The subsequent discussion of the divine attributes is necessary to distinguish the divine Spirit from other spirit-beings.その後のディスカッションは、神の属性は、神の霊を区別する必要がある他の精神-生き物です。

While considering the meaning of each attribute it is well to be aware of the relation of the attributes to the being of God.の意味を考慮しながら、各属性されることはよく承知して関係しているのは、神の属性です。 In the Scriptures the divine attributes are not above God, beside God, or beneath God; they are predicted of God.聖書は、神の属性は、上記ではない神は、神のそばに、あるいは神の下;彼らは神の予測です。 God is holy; God is love.神は、聖なる;神は愛です。 These characteristics do not simply describe what God does, they define what God is.これらの特徴を記述するだけではありませんがどのような神は、神は彼らを定義するものです。 To claim that recipients of revelation can know the attributes of God but not the being of God leaves the attributes un-unified and belonging to nothing.ヨハネの黙示録の受信者のことを知っていると主張し、神の属性ではなく、神の葉の属性をオフにしユニファイに属していると何でもない。 The Scriptures do not endorse worship of an unknown God but make God known.聖書を支持しない未知の神を崇拝する神が知られています。 The attributes are inseparable from the being of God, and the divine spirit does not relate or act apart from the essential divine characteristics.この属性は切っても切れないから、神が、神の精神とは別に関係ありませんが、本質的な行為や神の特性です。 In knowing the attributes, then, we know God as he has revealed himself to be in himself.知っての属性では、その後、私たちの神として知っている彼は自分自身のことが分かりました。

This is not to say that through revelation we can know God fully as God knows himself.これではないと言うことを知ることができる神の啓示を通して完全に神として自分自身を知っています。 But it is to deny that all our knowledge of God is equivocal, something totally other than we understand by scripturally revealed concepts of holy love.しかし、それは我々のすべての知識を否定することは、あいまいな神は、私たち以外の何か完全に理解さscripturally神聖な愛の概念を明らかにした。 Much of our knowledge of God's attributes is analogical or figurative, where Scripture uses figures of speech.私たちの知識の多くは、神の属性を類推や比喩は、どこに啓典を使って数字のスピーチ。 Even then, however, the point illustrated can be stated in nonfigurative language.その時でさえ、しかし、その点イラストレイティッド非具象できる言語に記載されています。 So all our understanding of God is not exclusively analogical.だから我々の理解をすべて排他的類推神ではない。 The revealed, nonfigurative knowledge has at least one point of meaning the same for God's thought and revelationally informed human thought.この啓示は、非具象的な知識には、少なくとも1つのポイントと同じ意味のために、神の思想と人間の思考revelationallyインフォームドコンセントです。 Some knowledge of God, then, is called univocal, because when we assert that God is holy love, we assert what the Bible (which originated, not with the will of man, but God) asserts.神のいくつかの知識は、その後、一義が呼ばれ、神のために我々は、神聖な愛を主張して、我々は何を主張聖書(発祥のではなく、人間の意志ではなく、神)を主張した。 We may be far from fully comprehending divine holiness and divine love, but insofar as our assertions about God coherently convey relevant conceptually revealed meanings they are true of God and conform in part to God's understanding.我々は完全には程遠いcomprehending神と神の愛のホーリネスが、我々の知る限り、神についての主張を伝えるコヒーレント概念的に明らかに関連性の高い彼らは本当の意味での部分を神と神の理解に適合します。

The divine attributes have been differently classified to help in relating and remembering them.その神の属性を分類してきたが違うと思い出しに関するヘルプしてください。 Each classification has its strengths and weaknesses.分類には、それぞれの長所と短所です。 We may distinguish those attributes that are absolute and immanent (Strong), incommunicable or communicable (Berkhof), metaphysical or moral (Gill), absolute, relative, and moral (Wiley), or personal and consitutional (Chafer).我々はこれらの属性を区別することが絶対と内在(強い) 、または伝えることのできない伝染( berkhof ) 、または道徳形而上(ギル)は、絶対的、相対的、道徳的な(ワイリー) 、または個人や憲法(コガネムシ) 。 Advantages and disadvantages of these groupings can be seen in those respective theologies.これらのメリットとデメリットは、これらの各グループtheologies見たことができます。 It is perhaps clearer and more meaningful to distinguish God's characteristics metaphysically, intellectually, ethically, emotionally, existentially, and relationally.たぶんそれは明確に区別して、神の特性をもっと有意義なmetaphysically 、知的には、倫理的、情緒的には、実存的、および関係的です。

Metaphysically, God Is Self-existent, Eternal, and Unchanging metaphysically 、神は存在しない自己は、永遠の、そして不変

Other spirits are invisible, personal, one, living, and active.他の霊が見えない、個人は、 1つは、リビング、およびアクティブです。 How does the divine spirit differ?神の霊はどのように違うのですか? Significant differences appear in several respects, but we first focus upon the metaphysically distinctive characteristics of God.表示されるいくつかの点で大きな違いが、我々はまず最初に、フォーカスmetaphysically神の際立った特徴です。

First, God is self-existent第一に、神は存在しない自己

All other spirits are created and so have a beginning.スピリッツが作成され、他のすべての始まりがあるようだ。 They owe their existence to another.彼らの存在を借りているもう一つです。 God does not depend upon the world or anyone in it for his existence.神の世界ではありませんかに依存することを誰もが彼の存在です。 The world depends on God for its existence.そのために、神の存在を世界に依存しています。 Contrary to those theologians who say we cannot know anything about God in himself, Jesus revealed that God has life in himself (John 5:26).逆にそれらの神学者について何か知っていると言うことはできませんが自分自身の神は、イエスキリストによると、神が自分自身の生活(ジョン5時26分) 。 The ground of God's being is not in others, for there is nothing more ultimate than himself.地面には、神のではないが、他人のためには何もない自分自身よりももっと究極です。 God is uncaused, the one who always is (Exod. 3:14). uncaused神は、その1つは、常に人( exod. 3時14分) 。 To ask who caused God is to ask a self-contradictory question in terms of Jesus' view of God.神を求める人の原因を求めるのは、自己矛盾疑問点でイエスの神の見解だ。 Another term conveying the concept of God's self-existence is "aseity."別の神の言葉を伝えるという概念は、自己の存在を"自存性"と述べた。 It comes from the Latin a, meaning from, and se, meaning oneself.それから来て、ラテン語では、という意味から、世は、自分自身を意味する。 God is underived, necessary, nondependent existence.神が導き出されたのでは、必要に応じて、 nondependent存在です。 Understanding that God is noncontingent helps to understand how God is unlimited by anything, or infinite, free, self-determined, and not determined by anything other than himself contrary to his own sovereign purposes. noncontingent理解する手助けをして、神はどのように理解された神は無限のもの、または無限は、無料で、自己決定は、決定されるものではなく自分自身以外の目的に反して、自分の主権を有する。

God is eternal and omnipresent (ubiquitous)とは、神の永遠の遍在(ユビキタス)

God's life is from within himself, not anything that had a beginning in the space-time world.自分自身の人生には神内からは、何もしないことは、初めには、時空の世界です。 God has no beginning, period of growth, old age, or end.初めに神はない、成長期、老齢、またはエンドです。 The Lord is enthroned as King forever (Ps. 29:10).永遠の主は、王としてのenthroned ( ps. 29:10 ) 。 This God is our God forever and forever (Ps. 48:14).この神は私たちの神の永遠と永遠( ps. 48:14 ) 。 Although God is not limited by space or time, or the succession of events in time, he created the world with space and time.神ではないにもかかわらず限られたスペースや時間、あるいは時間の連続イベントで、彼は、世界を空間と時間を作成します。 God sustains the changing realm of succeeding events and is conscious of every movement in history.神の領域の変化に支え後続イベントとは、すべての運動の歴史を意識しています。 The observable, changing world is not unimportant or unreal (maya in Hinduism) to the omnipresent Lord of all.観測可能な、取るに足りないものに変更または非現実世界ではない(マヤはヒンドゥー教)のすべての主遍在している。 No tribe, nation, city, family, or personal life is valueless, however brief or apparently insignificant.いいえ部族は、国、市町村、ご家族、または個人的な人生の価値は、しかし、どうやら簡単な微々たるものだ。 God's eternal nature is not totally other than time or totally removed from everything in time and space.神の永遠の自然以外の時間または完全ではないから完全に取り除か内のすべての時間と空間です。 The space-time world is not foreign or unknown to God.時空の外国人や未知の世界に神はない。 History is the product of God's eternally wise planning, creative purpose, providential preservation, and common grace.歴史は、神の永遠の製品の賢明な計画は、創造的な目的は、摂理の保存、および共通の恵みです。 God fills space and time with his presence, sustains it, and gives it purpose and value.神の空間と時間を一杯にして彼の存在は、支えて、それを目的と価値を与えています。 The omnipresent and ubiquitous One is Lord of time and history, not vice versa.遍在するユビキタスとは、 1つの時間と歴史の主は、その逆ではない。 God does not negate time but fulfills it.しかし、神の時間を達成することを否定しない。 In it his purposes are accomplished.彼の目的は達成しています。

In Christianity, then, eternity is not an abstract timelessness, but the eternal is a characteristic of the living God who is present at all times and in all places, creating and sustaining the space-time world and accomplishing his redemptive purposes in the fullness of time.キリスト教では、その後、永遠ではない抽象的timelessness 、しかし、永遠の神は、人の生活の特徴が存在すると、すべての場所ですべての回、賛助を作成し、世界との時空を成し遂げることは、彼の贖いの目的のために充満時間です。

God is unchanging in nature, desire, and purpose神は不変の自然、欲望、および目的

To say that God is immutable is not to contradict the previous truth that God is living and active.と言うことではない神は不変の真理に矛盾して、前の生活とは、神をアクティブにします。 It is to say that all the uses of divine power and vitality are consistent with his attributes such as wisdom, justice, and love.それを言うことは、すべての用途は、神の力や活力を一貫して彼の属性のような知恵、正義、そして愛です。 God's acts are never merely arbitrary, although some may be for reasons wholly within himself rather than conditioned upon human response.神の行為は決して単なる任意が、いくつかの理由のためかもしれないというより自分自身を完全に人間の反応条件です。 Underlying each judgement of the wicked and each pardon of the repentant is his changeless purpose concerning sin and conversion.根底には、それぞれの判断や各恩赦は、邪悪な後悔は、彼の不変の目的やコンバージョンに関する罪です。 Unlike the Stoic's concept of divine immutability, God is not indifferent to human activity and need.平然とした神の概念とは異なり、 immutability 、神が人間の活動に無関心ではないとする必要があります。 Rather, we can always count upon God's concern for human righteousness.むしろ、我々はいつでも神への懸念をカウントする人間の正義です。

God changelessly answers prayer in accord with his desires and purposes of holy love.神に祈りをささげるchangelessly回答と合致する目的のために自分の欲望の神聖な愛です。 Hence, although speaking in terms of human experience God is sometimes said in Scripture to repent, it is in fact the unrepentant who have changed and become repentant or the faithful who have become unfaithful.それ故に、にもかかわらず面で言えば、神は、人間の経験によると、啓典を悔い改める時には、それは実際には後悔悔悟の念が誰になるかが変わったと忠実な人が浮気をしています。

God is the same, though everything else in creation becomes old like a garment (Ps. 102:25-27).神は、同じが、他のすべての創造になるような古い服( ps. 102:25-27 ) 。 Jesus shared that same unchanging nature (Heb. 1:10-12) and vividly exhibited it consistently throughout his active ministry in a variety of situations.変わらぬ自然を共有して同じイエス( heb. 1:10-12 )と鮮やかに展示することを通して一貫して多種多様な状況でアクティブな部です。

The immutability of God's character means that God never loses his own integrity or lets others down. immutabilityのは、神の文字を意味し、神は決して自分を見失ってしまうの整合性や他ではダウンしています。 With God is no variableness or shadow of turning (James 1:17). variablenessたりして、神の影の転換ではない(ジェームズ1時17分) 。 God's unshakable nature and word provide the strongest ground of faith and bring strong consolation (Heb. 6: 17-18).揺るぎない自然と神の言葉を提供する最強の地盤の強い信念と慰めをもたらす( heb. 6 : 17から18まで) 。 God is not a man that he should lie (Num. 23:19) or repent (I Sam. 15:29).一人の男の神ではない彼はうそをつくこと(私num. 23時19分)または悔悟(サム。 15時29分) 。 The counsel of the Lord stands forever (Ps. 33:11).永遠の弁護人は、主のスタンド( ps. 33:11 ) 。 Though heaven and earth pass away, God's words will not fail (Matt. 5:18; 24:35).天と地逝くかかわらず、神の言葉で失敗することはありません( matt. 5時18分; 24:35 ) 。

Intellectually, God Is Omniscient, Faithful, and Wise知的には、神は全知、忠実な、と賢明な

God differs from other spirits not only in being but also in knowledge.他の神の霊と異なっているだけではなく、知識だけでなくています。 God's intellectual capabilities are unlimited, and God uses them fully and perfectly.神の知的能力は無制限、そして完全に神と完璧に使用しています。

God is Omniscient神は全知

God knows all things (I John 3:20).全能の神知っている(私ヨハネ3:20 ) 。 Jesus has this attribute of deity also, for Peter says, "Lord, you know all things; you know that I love you" (John 21:17).イエスは、この属性の神でも、ピーターは、 "主よ、すべてのことを知っている;のを知って愛してる" (ヨハネ21時17分) 。 God knows all inward thoughts and outward acts of humanity (Ps. 139).神のみぞ知るすべての内側と外側に思い、人類の行為( ps. 139 ) 。 Nothing in all creation is hidden from God's sight.何もないから、すべての創造神の光景が隠されています。 Everything is uncovered and laid bare before the one to whom we must give account (Heb. 4:13).何もかもが発覚し、誰あらわにして我々の前に、 1つのアカウントを与える必要があります( heb. 4時13分) 。 Isaiah distinguished the Lord of all from idols by the Lord's ability to predict the future (Isa. 44:7-8, 25-28).イザヤ書の主を区別されるすべての偶像からの主の将来を予測する能力( isa. 44:7-8 、 25から28 ) 。 Clearly the Lord's knowledge of the future was communicable in human concepts and words.主の知識を明確にし、将来は人間の概念や言葉に伝染しています。 In the context Isaiah made predictions concerning Jerusalem, Judah, Cyrus, and the temple.イザヤ書は、前の予測に関する文脈エルサレム、ユダ、キュロス、と同寺。 These concepts were inspired in the original language and are translatable in the languages of the world.これらの概念が、インスピレーションで、元の言語とは、世界の言語に翻訳します。

How can God know the end from the beginning?どうすれば、神の始めから終わり知っているか? In a way greater than illustrated in a person's knowledge of a memorized psalm, Augustine suggested.以上の方法で、人の知識を図解入りで、暗記詩編、アウグスティヌス推奨します。 Before quoting Psalm 23 we have it all in mind.詩編の言葉を引用する前にすべてのことを念頭に置いて我々は23です。 Then we quote the first half of it and we know the part that is past and the part that remains to be quoted.それから私たちの最初の半分を引用してから、我々が知っている団体は、過去の遺跡とされる部分を引用しています。 God knows the whole of history at once, simultaneously because not limited by time and succession, but God also knows what part of history is past today and what is future, for time is not unreal or umimportant to God (Confessions XI, 31).神のみぞ知る、歴史全体を一度には、時間と同時に制限されるわけではないので継承は、何でも知っている部分も、神は、過去の歴史今日とは何です将来的には、非現実的ではありませんかumimportantのための時間を神(自白xi 、 31 ) 。

The belief that God knows everything--past, present, and future, is of little significance, however, if God's knowledge is removed from human knowledge by an infinite, qualitative distinction.神を信じているということは、何でも知ってる-過去、現在、そして将来的には、ほとんどの意義は、しかし、もし神の知識は人間の知識から削除された無限は、質的な違いです。 The frequent claim that God's knowledge is totally other than ours implies that God's truth may be contradictory of our truth.頻繁に主張して、神の知識以外には全く私たちの神の真理を意味して私たちの真実矛盾するかもしれない。 That is, what may be true for us is false for God or what is false for us may be true for God.つまり、私たちは何のためかもしれんが、神のため虚偽または虚偽のため私たちは何が神のために真のかもしれない。 Defenders of this position argue that because God is omniscient, God does not think discursively line upon line, or use distinct concepts connected by the verb "to be" in logical propositions.守備位置と主張しているため、この神は全知に、神はないと考えて漫然行線は、明確なコンセプトに接続したり、使用される動詞"とされる"論理的な命題です。 This view of divine transcendence provided an effective corrective in the hands of Barth and Bultmann against the continuity modernism alleged between the highest human thought and God's thought.このビューを提供するのに効果的な是正超越神の手に委ねられバルトとブルトマン連続モダニズム疑惑に対する人間の思考との間で最も高い神の考えだ。 And that influence finds additional support from the Eastern mystics who deny any validity to conceptual thinking in reference to the eternal.検出に影響を与えるとして東の神秘主義者からの追加支援の妥当性を否定する概念的な思考に関連し、永遠です。 Relativists from many fields also deny that any human assertions, including the Bible's, are capable of expressing the truth concerning God. relativistsより多くのフィールドでもすべての人間の主張を否定して、聖書を含めて、表現する能力があるのは、神に関する真実です。

From a biblical perspective, however, the human mind has been created in the divine image to think God's thoughts after him, or to receive through both general and special revelation truth from God.聖書の観点からは、しかし、人間の心の中に神のイメージが作成され、神の思いを考える彼の後、または両方を受け取る全般を通して、神からの特別な啓示の真理です。 Although the fall has affected the human mind, this has not been eradicated.影響を受けたものの、秋には、人間の精神は、この根絶されていない。 The new birth involves the Holy Spirit's renewal of the person in knowledge after the image of the Creator (Col. 3:10).出生時には、新しい聖霊の知識を更新した後で、その人のイメージの創造(大佐3時10分) 。 Contextually, the knowledge possible to the regenerate includes the present position and nature of the exalted Christ (Col. 1:15-20) and knowledge of God's will (Col. 1:9).コンテンツは、その知識を改心させる可能性が含まれて、現在の位置や自然の高貴なキリスト(大佐1:15-20 )と知識の神の意志(大佐1時09分) 。 With this knowledge Christians can avoid being deceived by mere fine-sounding arguments (Col. 2:4).この知識をしているキリスト教徒にだまされることを避ける単なる微細な音を出すの引数(大佐2時04分) 。 They are to strengthen the faith they were taught in concepts and words (Col. 2:7).かれらは信仰を強化し、概念や言葉を教えられていた(陸軍大佐2時07分) 。 And the content of the word of Christ can inform their teaching and worship (Col. 3:16).そして、その言葉の内容を知らせることがキリストの教えと礼拝堂(大佐3時16分) 。

In these and many other ways the Scriptures presuppose an informative revelation from God, verbally inspired and Spirit illumined, to minds created and renewed in the divine image for the reception of this divine truth.これらの仮定すると、他の多くの有益な方法で、聖書は神からの啓示は、口頭および精神illuminedインスピレーションは、心を新たに作成され、神のイメージは、この神の真理を受信します。 Insofar as we have grasped the contextual meaning given by the original writers of Scripture, our scripturally based assertions that God is spirit, God is holy, or God is love are true.知る限り、我々は文脈をつかんで、元の意味を与えられた啓典作家は、神が私たちの精神scripturallyベース主張して、聖なる神は、あるいは神の愛は本当です。 They are true for God as he is in himself.彼らは本当の自分自身のために彼は神のようです。 They are true for the faith and life of Christians and churches.彼らは真の信仰と生活のためにキリスト教徒や教会です。

The propositional truth that the Bible conveys in indicative sentences that affirm, deny, contend, maintain, assume, and infer is fully true for God and for mankind.この命題は、聖書の真理を伝えることを表して断言する文章は、嘘と言うのは、論争は、維持する、と仮定し、真の推測が完全に神と人類のためだ。 Of course God's omniscience is not limited to the distinctions between subjects and predicates, logical sequence, exegetical research, or discursive reasoning.もちろん、神の全知ではない科目との間の区別に限定さ述語は、論理的な順序では、研究exegetical 、またはとりとめの論法だ。 But God knows the difference between a subject and a predicate, relates to logical sequence as much as to temporal sequence, encourages exegetical research and revelationally based discursive reasoning.しかし、神のみぞ知るの違いは、主語と述語は、論理的な順序で同じくらいの関連性を時系列には、研究奨励exegeticalとりとめの推論をベースとrevelationally 。 Although God's mind is unlimited and knows everything, it is not totally different in every respect from human minds made in his image.神の心は無制限にもかかわらず、何でも知ってるとは、全く別のことではないから、すべての人間の心を尊重する前に彼のイメージです。 As omniscient then, God's judgments are formed in the awareness of all the relevant data.次に博識としては、神の判断が形成されるすべての関連データの意識を高める。 God knows everything that bears upon the truth concerning any person or event.ベアーズにすべてのことを知っている神の真理やイベントに関するいかなる人物です。 Our judgements are true insofar as they conform to God's by being coherent or faithful to all the relevant evidence.我々の判断は、真の知る限り彼らコヒーレントに準拠しているかによって、神の忠実なすべての関連性を示す証拠だ。

God is Faithful and True神は、真の忠実な

Because God is faithful and true (Rev. 19:11), his judgements (Rev. 19:2) and his words in human language are faithful and true (Rev. 21:5; 22:6).神は、真の忠実なので( 19時11牧師)は、自分の判断( 19時02牧師)と彼の言葉に忠実では、真の人間の言語(牧師21時05分、 22時06分) 。 There is no lack of fidelity in God's person, thought, or promise.フィデリティの欠如ではない神の人は、思想、または約束した。 God is not hypocritical and inconsistent.偽善的な神ではないと矛盾する。

We may hold unsweringly to our hope because he who promised is faithful (Heb. 10:23), He is faithful to forgive our sins (1 John 1:9), sanctify believers until the return of Christ (1 Thess. 5:23-24), strengthen and protect from the evil one (II Thess. 3:3), and not let us be tempted beyond what we can bear (1 Cor. 10:13).我々は我々の期待をホールドunsweringlyなぜなら、彼は、約束に忠実な人( heb. 10:23 )で、彼は私たちの罪を許すことに忠実( 1ヨハネ1時09分)は、認可されるまでの返還キリスト信者( 1 thess 。 5時23分-24 )は、 1つの強化や悪から守る( ⅱ thess 。 3時03分) 、誘惑を越えてみようとはどのようなことができるクマ( 1うわっ。 10:13 ) 。 Even if we are faithless, he remains faithful, for he cannot disown himself (II Tim. 2:13).たとえ我々は不貞、彼は忠実な遺跡は、彼は自分自身を見捨てすることはできません( ⅱティムです。 2時13分) 。

Not one word of all the good promises God gave through Moses failed (1 Kings 8:56). 1つの単語は、神のすべての約束を与えた良いを通じてムーサーに失敗しました( 1キングス8時56分) 。 Isaiah praises the name of God, for in perfect faithfulness God did marvelous things planned long ago (Isa. 25:1).イザヤ書神の名を高く評価し、神のために忠実に完璧な計画はずっと前には驚異的なもの( isa. 25:1 ) 。 Passages like these convey a basic divine integrity in both life and thought.これらの通路のような基本的な神の誠実さを伝えるためには両方の生命と考えています。 No contrast can be drawn between what God is in himself and what God is in relation to those who trust him.対照的に描かないことで自分自身との間にどのような神はどのような人たちと関連して、神は彼を信じています。 God does not contradict his promises in his works or in other teaching by dialectic, paradox, or mere complementarity.矛盾していないが、神の約束された彼の作品や、他の教員弁証法、パラドックス、あるいは単なる相補性です。 God knows everything, and nothing can come up that was not already taken into account before God revealed his purposes.神を知っているという感じで、何をやっても出てくることは考慮されていない場合、神の前で自分の目的を明らかにした。

Because God is faithful and consistent, we ought to be faithful and consistent.神は忠実で一貫性のため、我々に忠実でなければならないと一貫です。 Jesus said, "Simply let your Yes be Yes and your No, No" (Matt. 5:37).イエスは、 "単にあなたがはいはいとしていや、いや" ( matt. 5時37分) 。 Paul exhibited this logical authenticity in his teaching about God.ポール展示この論理真偽については、神が彼の教えです。 As surely as God is faithful, he said, our message to you is not Yes and No (II Cor. 1:18).神としては、確かに忠実に、彼は、私たちのメッセージを送信していないそうではない( ⅱうわっ。 1時18分) 。 Those who imagine that talk about God in human language must affirm and deny the same thing at the same time and in the same respect (in dialectic or paradox) have a different view of the relation between the divine mind and the godly person's mind than did Paul.人の話を想像して、神が人間の言語と断言する必要があります同じことを否定するのと同じで、同じ時間を尊重する(あるいは弁証法パラドックス)が、別の関係を考慮して、神の信仰心の厚い人の心と心よりでしたポールです。 Because God is faithful, we must be faithful in our message about him.神は忠実なので、我々は我々のメッセージを忠実にしなければならないところだ。 Since God cannot deny himself, we ought not to deny ourselves in speaking to God.神に自分自身を否定することはできないので、私たちは自分自身を否定しないようにすべきだと言えば、神です。

Knowing the connection between personal and conceptual faithfulness in God we know that the idea that faithful persons ought not to contradict themselves did not originate with Aristotle.個人との間の接続を知って、概念的な神の忠実に忠実なことが分かっているという考えを人に矛盾しないようにすべきだとしていないアリストテレスに由来する。 He may have formulated the law of non-contradiction in a way that has been quoted ever since, but the ultimate source of the challenge to human fidelity in person and word is rooted in God himself.彼は、法の可能性がある非処方矛盾するような方法で引用されて以来、しかし、究極の源は、人間の忠実度挑戦して、人と神の言葉は自分自身に根差している。 The universal demand for intellectual honesty reflects in the human heart the ultimate integrity of the Creator's heart.普遍的需要を反映し、知的誠実で、人間の心の究極の整合性の心臓のクリエーターです。

God is not only omniscient and consistent in person and word, but also perfectly wise神は全知と整合性のある人だけでなく、言葉ではなく、完全に賢明な

In addition to knowing all the relevant data on any subject, God selects ends with discernment and acts in harmony with his purposes of holy love.全知に加えて、関連するすべてのデータを任意の件名は、神の見識を選択して終了すると自分の目的のための行為と調和して神聖な愛です。 We may not always be able to see that events in our lives work together for a wise purpose, but we know that God chooses from among all the possible alternatives the best ends and means for achieving them.我々を見ることができるとは限らないかもしれませんが、私たちの暮らしのイベント賢明な目的のために協力するが、神を選択することが分かっているすべての可能な代替案の中から最良の目的と手段を達成しています。 God not only chooses the right ends but also for the right reasons, the good of his creatures and thus his glory.両端を選ぶだけでなく、神の右には、右上の理由だけでなく、彼の生き物との良好こうして彼の栄光です。

Although we may not fully understand divine wisdom, we have good reason to trust it.神の可能性を完全に理解していないにもかかわらず我々の知恵は、我々はそれを信用する十分な理由です。 After writing on the great gift of the righteousness that comes from God, Paul exclaims, "To the only wise God be glory forever through Jesus Christ! Amen."書き込み後には、偉大な贈り物をしてから来て、神の正義、ポールexclaims 、 "賢明なだけに、イエスキリストを通して、神に栄光を永遠に!アーメン"と述べた。 (Rom. 16:27). ( rom. 16時27分) 。 He had earlier alluded to the incomprehensible depth of the riches of the wisdom and knowledge of God (Rom. 11:33).彼は以前には理解し難いの深さをほのめかしたの富は、神の知恵と知識( rom. 11:33 ) 。

The interrelation of the attributes is already evident as the divine omniscience is aware not only of what is but also of what ought to be (morally); divine faithfulness and consistency involve moral integrity and no hypocrisy; and wisdom makes decisions for action toward certain ends and means in terms of the highest values.その相互関係は、属性としては、すでに明らかに神は全知に気付いていないだけでなく、どのようなものでなければならない(道徳的に) ;神の忠実性と道徳的な整合性と整合性を侵すない偽善;と英知特定の両端に向かって行動するための意思決定との点で最も高い値を意味します。 It is not so strange then when we read that the fear of the Lord is the beginning of knowledge (Prov. 1:7).奇妙なことではないので次に読むときには、私たちの主は、初めには、恐怖の知識( prov. 1時07分) 。

Ethically, God Is Holy, Righteous, and Loving倫理的には、聖なる神は、正義、そして愛情のこもった

God is distinct from and transcendent to all his creatures, not only metaphysically and epistemologically, but also morally.神は、よりはっきりと彼のすべての生き物超越して、 metaphysicallyしかないと認識論的、道徳的にも。 God is morally spotless in character and action, upright, pure, and untainted with evil desires, motives, thought, words, or acts.神は、道徳的に非の打ちどころのない性格と行動では、垂直には、純粋な、そして邪悪な欲望に染まったでは、動機、思考、単語、または行為です。

God is Holy神は聖なる

God is holy, and as such is the source and standard of what is right.聖なる神は、このようには、標準のソースとは何が正しいのです。 God is free from all evil, loves all truth and goodness.神はすべての悪から無料で、すべての真実と善良さが大好きです。 He values purity and detests impurity and inauthenticity.彼は価値観やinauthenticity純度や不純物detests 。 God cannot approve of any evil, has no pleasure in evil (Ps. 5:4), and cannot tolerate evil (Hab. 1:13).あらゆる悪を承認することはできませんが、神は、邪悪な喜びではない( ps. 5時04分) 、そして悪を容認することはできません( hab. 1時13分) 。 God abhors evil and cannot encourage sin in any way (James 1:13-14).神abhors悪とはどのような方法で罪を奨励することはできません(ジェームス1:13-14 ) 。 Christians do not stand in awe of the holy as an abstraction, but of the Holy One (Isa. 40:25).キリスト教徒はありませんが、聖なる畏怖の念を起こすとして抽象化ではなく、 1つの神聖( isa. 40:25 ) 。 The Holy One is not merely an object of emotional fascination, but of intellectual hearing and volitional obedience.聖のオブジェクトを1つだけではない感情的に魅せられたが、聴覚や知的随意服従させる。

Holiness is not solely the product of God's will, but a changeless characteristic of his eternal nature.ホーリネスではないだけに、神の意志の産物ではなく、彼の永遠不変の自然の特徴です。 The question Plato asked therefore needs to be reworded to apply to the Christian God: "Is the good good because God wills it? Or does God will it because it is good?"したがって、質問を求めたプラトンrewordedを適用する必要がありますが、キリスト教の神: "神の意志が良いので良いですか?またはそれは神のためには、それはいいですか? " The question relates not to God's will or to some principle of goodness above God, but to God's essence.という質問に関連していないかを神の意志の上にいくつかの原則善神ではなく、神の本質です。 The good, the just, the pure, the holy is holy, not by reason of an arbitrary act of the divine will, nor of a principle independent of God, but because it is an outflow of his nature.グッドは、ちょうど、その純粋な、聖なる、聖なるは、任意の理由ではなく、神の行為であるが、神の独立の原則もあるが、彼のために流出することは自然だ。 God always wills in accord with his nature consistenly.神はいつも自分の意志で合意して自然consistenly 。 He wills the good because he is good.なぜなら、彼は彼の意志の良い良好です。 And because God is holy, he consistently hates sin and is repulsed by all evil without respect of persons.そして神は神聖なので、彼が嫌いな罪とは、常にすべての悪の嫌悪感を抱くことなく、人を尊重する。 The Holy Spirit is called holy not only because as a member of the divine Trinity he shares the holiness of the divine nature, but because the Spirit's distinctive function is to produce holy love in God's redeemed people.聖霊は、聖と呼ばれるだけでなく、神のため、トリニティのメンバーとしての彼の株は、神の性質ホーリネスが、精神のため、独特の関数は、神聖な愛を作り出す人々が神の換金。 We are to seek to be morally spotless in character and action, upright, and righteous like the God we worship.我々は道徳的に模索される非の打ちどころのない性格と行動では、垂直には、我々と正義の神を崇拝するようにします。

God is Just or Righteous神は、正しい者だけか

God's justice or righteousness is revealed in his moral law expressing his moral nature and in his judgment, granting to all, in matters of merit, exactly what they deserve.正義は神の正義や道徳の法則を明らかに表明した彼と彼の道徳的な性質の判断は、すべて付与して、メリットの点では、まさに彼らに値する。 His judgment is not arbitrary or capricious, but principled and without respect of persons.気まぐれな任意の文字列や自分の判断ではないが、道義を尊重することなく、人とします。 OT writers frequently protest the injustice experienced by the poor, widows, orphans, strangers, and the godly. ot作家頻繁に不正に抗議する貧しい人々が経験して、寡婦、孤児、見知らぬ人、そして神々しい。 God, in contrast, has pity on the poor and needy (Ps. 72:12-14).神は、対照的に、生活困窮者には同情して( ps. 72:12-14 ) 。 He answers, delivers, revives, acquits, and grants them the justice that is their due.彼の答えは、配信、復活、 acquits 、およびそれらの助成金は、自分の正義のために。 In righteousness God delivers the needy from injustice and persecution.神の正義と不正義の迫害から困窮してお届けします。 Eventually God will create a new heaven and a new earth in which righteousness will dwell (Isa. 65:17).結局、神が天を新しく作成すると、新しい地球に住むのは、正義( isa. 65:17 ) 。

God's wrath is revealed as sinners suppress his truth and hold it down in unrighteousness (Rom. 1:18-32), both Jews and Gentiles (Rom. 2:1-3:20).神の怒りを抑える罪人としては、彼の真実を明らかにすることとする邪悪ホールド( rom. 1:18-32 )で、いずれもユダヤ人とgentiles ( rom. 2:1-3:20 ) 。 In the gospel a righteousness from God is revealed, a righteousness that is by faith from first to last (Rom. 1:17; 3:21).神からの福音書では、明らかに正義は、正義を信仰しては、最初から最後まで( rom. 1時17分、 3時21分) 。 Believers are justified freely by God's grace that came by Jesus Christ, who provided the sacrifice of atonement (Rom. 3:24).信者たちは、神の恵みによって正当化して自由にイエスキリストがやって来て、犠牲者の償いの提供( rom. 3時24分) 。 Hence like Abraham, those who are fully persuaded that God can do what he has promised (Rom. 4:21) find their faith credited to them for righteousness (Rom. 4:3, 24).したがってアブラハムのように、ある人たちは十分に説得して彼は神の約束にできることは何( rom. 4時21分)にして入金を見つけるために彼らの信仰義( rom. 4:3 、 24 ) 。 God in his justice graciously provides for the just status of believers in Christ.神は彼の正義のために提供するだけで優雅には、キリスト信者のステータス。 Righteousness in God is not unrelated to mercy, grace, and love.正義とは無関係ではない神の慈悲は、グレース、そして愛です。

In mercy God withholds or modifies deserved judgment, and in grace God freely gives undeserved benefits to whom he chooses.神の慈悲に値するwithholdsたり直しの判断は、神の恵みとは不当な恩恵を与え心に適う自由に選択します。 All of these moral characteristics flow from God's great love.道徳的な特性は、これらすべての神の偉大な愛から流れています。 In contrast to his transcendent self-existence is his gracious self-giving, agape love.彼とは対照的には彼の存在を超越自己優雅な自己犠牲は、愛をぽかんとしている。 He who lives forever as holy, high, and lofty also lives with him who is contrite and lowly in spirit (Isa. 57:15).彼は永遠に住む聖なるとしては、高い、と高尚な生活をしても誰が彼の精神を深く悔いと卑しい( isa. 57:15 ) 。

It is not that God is lacking something in himself (Acts 17:25), but that God desires to give of himself for the well-being of those loved, in spite of the fact that they are unlovely and undeserving.それは何かが欠けていないことは、自分自身の神( 17時25行為)が、それは神の欲望を与えるために、自分自身を愛しウェルビーイング者は、その事実にもかかわらず、彼らは愛らしくない値しない。 God not only loves but is in himself love (1 John 4:8).しかし神は、自分自身が大好きなだけでなく、愛( 1ヨハネ4時08分) 。

His love is like that of a husband toward his wife, a father toward his son, and a mother toward her unweaned baby.彼の愛はそんなことは、夫は妻に向かって、彼の息子が父親に向かって、赤ちゃん離乳していないと、彼女の母親に向かっている。 In love God chose Israel (Deut. 7:7) and predestined believeing members of the church to be adopted as sons through Jesus Christ (Eph. 1:4-5).神の愛を選んだのは、イスラエルとpredestined believeing ( deut. 7時07分)のメンバーは教会に養子に迎えられる人の息子をイエスキリストを通して( eph. 1:4-5 ) 。 God so loved the world that he gave his one and only Son, that whoever believes in him shall not perish but have eternal life (John 3:16).神に愛されるよう、世界で、彼は彼の息子の1つのみとは、誰が彼の信条として消滅するしかし、永遠の命を持てるものではない(ジョン3時16分) 。

Love cares for the aged, the oppressed, the poor, the orphans, and others in need.高齢者のための愛の苦労は、抑圧された者は、貧しい人々は、孤児、および他に必要です。 The loving God of the Bible is not unmoved by people with real needs (or impassible).聖書のではないの神を愛する心を動かされる真のニーズを持つ人々 (または平気) 。 The God of Abraham, Isaac, Jacob, Job, Jeremiah, Jesus, Judas, Peter, and Paul suffered, indeed was long-suffering.アブラハムの神、イスハーク、ヤアコーブ、仕事、ジェレマイアは、イエスキリストは、ユダは、ピーター、ポール苦しんで、実際には、長い間苦しんできた。 In empathy God enters through imagination into the feelings of his creatures.神に入るに感情移入を通じて彼の気持ちを想像する生き物です。 Beyond that, God incarnate entered through participation into our temptations and sufferings.を超えることは、私たちの神の化身入力誘惑や苦しみを介しての参加です。 As H. W. Robinson has said, "The only way in which moral evil can enter into the consciousness of the morally good is as suffering." hwとしては、ロビンソン氏は、 "道徳的な悪でしかないことは、意識に入るには、道徳的に良いの苦しみです。 " In all Israel's afflictions God was afflicted (Isa. 63:9).神はイスラエルの諸問題のすべての被災( isa. 63:9 ) 。 What meaning can there be, Robinson asks, in a love that is not costly to the lover?どのような意味があることには、ロビンソン要求は、愛ではないが、恋人に高価ですか? The God of the Bible is far from apathetic in regard to the vast suffering of people in the world.聖書の神様にはほど遠い冷淡に関連して、広大な世界の人々の苦しみです。 In love God sent his Son to die that ultimately suffering might be done away and righteousness restored throughout the earth as the waters cover the seas.神の愛は息子を送信して最終的に苦しんで死ぬかもしれない復元なくなると正義、地球全体をカバーする海の海域。

Since love involves commitment for the well-being of others, a responsible commitment, a faithful commitment, it is not classed as primarily emotional.以来愛のためにはコミットメントが他人の幸福には、責任あるコミットメント、コミットメントを忠実には、主に感情として分類することではない。 Love is settled purpose of will involving the whole person in seeking the well-being of others.愛しているのは全体の事件解決の目的は、人が他人の幸福を求めています。

Emotionally, God Detests Evil, Is Long-suffering, Compassionate感情的には、邪悪な神detests 、長い間苦しんできたが、情け深い

A.H. Strong says God is devoid of passion and caprice.あぁ強い情熱を欠いによれば、神は気まぐれだ。 Indeed God is devoid of caprice, injustice, or emotions out of control.確かに神は気まぐれを欠いて、不公平、または感情をコントロールする。 We have earlier sought to negate any passions unworthy of God.私たちは以前から求められて神を否定するに値しない熱中している。 Strong rightly adds, there is in God no selfish anger.強い正しく追加さではないが、利己的な神の怒りだ。 However, God is personal and ethical, and both senses call for healthy emotions or passions.しかし、個人的かつ倫理的な神は、両方の感覚や健全な感情や情熱を呼び掛ける。 One who delights in justice, righteousness, and holiness for the well-being of his creatures can only be repulsed by the injustice, unrighteousness, and corruption that destroys their bodies, minds, and spirits.正義の人の喜びの一つで、正義、そして幸福のための神聖な生き物の彼の嫌悪感を抱くことによってのみ、不正、不義、不正腐敗を破壊すると、自分の体、心、そしてスピリッツ。 Hence the Bible frequently speaks of God's righteous indignation at evil.それ故、聖書に頻繁に喋るのは邪悪な神の義憤。 Righteous indignation is anger aroused, not by being overcome by emotions selfishly but by injustice and all the works of fallen "flesh."興奮して怒り義憤は、感情の身勝手さを克服されていないが、不正のすべての作品が落ちたと"肉"と述べた。 God detests evil.邪悪な神detests 。

Jesus and the Scriptures in general speak more often of God's wrath at injustices such as persistent mistreatment of the poor and needy than of love and heaven.一般的に話すと、聖書はイエスキリストをより頻繁には、神の怒り史などでは、生活困窮者の持続的な虐待よりも、愛と天国です。 Although the Lord is slow to anger, he will in no way leave the guilty unpunished, but will pour out his fury upon them (Nah. 1:3).にもかかわらず、怒りの主は、ゆっくりと、彼は罪を犯した処罰を受けていないままにしておくことはありませんが、かれらの上に注ぐ彼フューリー( nah. 1時03分) 。 None can withstand his indignation, which is poured out like fire and shatters rocks before him (Nah. 1:6).彼の憤りはなし耐えることは、粉々に注ぎ出すと岩のように彼の前に火( nah. 1時06分) 。 Apart from understanding God's wrath against evil, it is impossible to understand the extent of divine love in the incarnation, the extent of Christ's suffering on the cross, the propitiatory nature of his sacrifice, the prophetic Scriptures speaking of the great day of God's wrath, the great tribulation, or the book of Revelation.神の怒りを理解別に悪に対しては、それは不可能であることを理解する程度で、神の愛の権化は、この程度の苦しみは、キリストの十字架は、彼の機嫌取りの性質を犠牲には、聖書の予言といえば、偉大な日の神の怒りは、その大きな試練、またはその本のヨハネの黙示録です。

God is patient and long-suffering.神は患者と長い間苦しんできた。 Properly jealous for the well-being of the objects of his love, God is angry at injustice done to them but suffers without losing heart.嫉妬のために適切にウェルビーイングのオブジェクトの彼の愛は、神様が怒ることをして不正を損なわずしかし、心臓の苦痛を被っています。 Long-suffering with evildoers God, without condoning their sin, graciously provides them with undeserved temporal and spiritual benefits.長い間苦しんできたが、神の掟に背く者は、自分の罪condoningせずには、優雅に提供して不当な時間的、精神的な利点があります。 God promised the land to Abraham, but the iniquity of the Amorites was not yet full (Gen. 15:16).神の約束の土地をアブラハムは、しかし、不法行為は、まだ完全ではないamorites (大将15時16分) 。 After over four hundred years of long-suffering restraint God in the fullness of time allowed the armies of Israel to bring just judgment upon the Amorites' wickedness.後400年以上の長い間苦しんできた拘束時満ちて神のおかげで、イスラエルの軍隊をもたらすだけで判断するのamorites '邪悪。 Later Israel worshipped the golden calf and deserved divine judgment like other idolators.ふくらはぎの後にイスラエルの黄金崇拝神の裁きを受けて当然のような他のidolators 。 But God revealed himself at the second giving of the law as "the Lord, the Lord, a God merciful and gracious, slow to anger, and abounding in steadfast love and faithfulness" (Exod. 34:6).しかし、神の啓示を与えて、自分自身で2番目の法則として、 "主よ、主、慈悲深き神と優雅で、ゆっくりと怒り、そしてたくさんの変わらぬ愛と忠誠心" ( exod. 34:6 ) 。 The Psalmist could write, "But Thou, O Lord, art a God merciful and gracious, slow to anger and abounding in steadfast love and faithfulness" (Ps. 86:15).賛美歌を書くのも、 "しかし、あなたは、主よ、慈悲深き神と優雅なアートでは、ゆっくりとたくさんの怒りと変わらぬ愛と忠誠心" ( ps. 86:15 ) 。 However, the day of God's grace has an end.しかし、その日の終わりには、神の恵みです。 Eventually, without respect of persons, God's just judgment fell upon Israel for its pervasive evils.最終的に、人を尊重することなく、神の判断だけで、普及させるために、イスラエルの弊害に落ちた。 God's long-suffering is a remarkable virtue, but it does not exclude or contradict God's justice.長い間苦しんできたが、神の美徳は注目に値するが、それと矛盾がないか、神の正義を除外します。

Although theologians in the Thomistic tradition have taught the impassibility of God, the Scriptures do not hesitate to call God compassionate. thomistic神学は、伝統あるにもかかわらず、 impassibility神の教えは、聖書は神の思いやりにはご遠慮なくお電話ください。 Because of his great love we are not consumed, for his compassions never fail (Lam. 3:22).我々は彼の偉大な愛のためにはコンシューマ、彼は決して失敗compassions ( lam. 3時22分) 。 Even after Israel's captivity God will again have compassion on her (Mic. 7:19).神はイスラエルの後にも再び監禁して彼女の思いやりの気持ちを持つ( mic. 7時19分) 。 The God of the Bible is not an apathetic God, but one who deeply cares when the sparrow falls.聖書の神様ではない冷淡神は、誰でもそのときの苦労に深くスズメの滝です。 Jesus beautifully displayed this divine-human compassion for the hungry (Matt. 15:32), the blind (Matt. 20:34), the sorrowing (Luke 7:13).イエス美しく表示されるため、この神と人間の思いやりの空腹( matt. 15時32分)は、目の不自由な( matt. 20時34分)は、悲しみ(ルーク7時13分) 。 And Jesus taught the importance of compassion in the account of the good Samaritan (Luke 10:33) and that of the father's concern for his lost son (Luke 15:20).思いやりの大切さを教え、イエスキリストは、アカウントの良きサマリア人(ルカ10:33 )と父のことを心配することは、彼の失われた息子(ルカ15:20 ) 。

The incarnate Christ felt what humans feel in all respects but did not yield to the temptations involved.キリストの化身フェルトすべての点でどのような人間を感じることができなかったの誘惑に屈するかかわっている。 As God in literal human experience, Jesus wept with those who wept and rejoiced with those who rejoiced.神は人間の経験リテラルとしては、イエスキリストと泣きながら泣きながら人々を見て歓喜して人々を見て歓喜している。 He remembered the joyful glory he had with the Father before the foundation of the world (John 17:5, 13).うれしそうな彼の栄光の記憶に残っていた父親の前にして、世界基金( 17時05分ジョン、 13 ) 。 The divine-human author of our salvation, however, was made perfect or complete through suffering in this life (Heb. 2:10).私たちの神の救いと人間の作者は、しかし、または完全には前に完璧な生活を介してこの苦しみ( heb. 2時10分) 。 Because he himself suffered, he can help those who suffer and are tempted (Heb. 2:18).なぜなら、彼自身苦しんで、彼は人の助けを受けることとは、誘惑( heb. 2時18分) 。 The God revealed in Jesus Christ is no apathetic, uninvolved, impersonal first cause.イエスキリストは神の啓示ではない冷淡では、巻き込まれない、非人称の最初の原因です。 The Father who Jesus disclosed is deeply moved by everything that hurts his children.イエスキリストの父親に公開されたすべてのことは感慨無量自分の子供たちが痛いです。

Existentially, God Is Free, Authentic, and Omnipotent.実存的には、神様が無料で、本物の、そして全能のです。 The modern concerns for freedom, authenticity, fulfilment should not be limited to mankind.自由のために、現代の懸念は、信ぴょう性は、達成すべき人類に限定されません。 Biblical writers seem even more concerned that God be understood to be free, authentic, and fulfilled.聖書の作家はもっと理解されるべきで、神を懸念して自由になることは、本物の、そして果たされています。

God is Free神は無料

From all eternity God is not conditioned by anything other than himself contrary to his purposes.永遠の神ではないからすべての条件を自分自身以外のものが自分の目的に反している。 Good things, as we have seen, are purposed with divine pleasure and enduement.良いことは、我々が見られるとして、目的とは、神の喜びとenduement 。 Evil things are permitted with divine displeasure.邪悪なことは、神の不快感を許可しています。 But God is self-determined, either way.しかし、神は自己決定は、どちらかの方法です。 Self-determination is that concept of freedom which emphasizes that personal thought, feeling, and volition are not determined by external factors but by one's self.自決権の概念は、個人の思想の自由を強調して、感じて、外的要因によって決定さ意志ではないが、自分のセルフです。

God is not free to approve sin, to be unloving, to be unwise, to ignore the hard facts of reality, to be unfaithful to what is or ought to be, to be uncompassionate or unmerciful.神の罪を承認するには自由がない、愛情がないには、愚かには、ハードな事実の現実を無視して、浮気をされるはずだとは何ですか、または残酷な冷酷される。 God cannot deny himself.神に自分自身を否定することはできません。 God is free to be himself, his personal, eternal, living, intellectual, ethical, emotional, volitional self.神は自由に自分自身は、彼の個人的な、永遠には、リビング、知的、倫理的、情緒的、自己意志です。

God is authentic, authentically himself本物の神は、確かに自分自身

The God who in Christ so unalterably opposed hyprocrisy is himself no hypocrite.だから、キリスト者は、神hyprocrisy一貫して反対していないのは自分自身の偽善者だ。 We have emphasized his intellectual integrity or faithfulness above.我々は彼の知的誠実さや貞節上記強調した。 Here we emphasize his integrity ethically, emotionally, and existentially.ここで彼の誠実さを強調する倫理的、情緒的、そして実存的です。 God is self-conscious, knows who he is and what his purposes are (1 Cor. 2:11).自意識過剰の神は、知っている人と彼は自分の目的のためにはどのような( 1うわっ。 2時11分) 。 He has a keen sense of identity, meaning, and purpose.彼には鋭い感覚のアイデンティティを意味し、目的です。

God knows that he is the ultimate being, that there are in reality none to compare with him.彼は、究極の神を知っている、それが現実には彼なしに比較している。 In calling upon people to turn from idols, therefore, God in no way is asking something of us not in accord with reality.電源からの呼び出し時には人々の偶像は、したがって、神に何かを要求することはありませんが、私たちの現実に合致していない。 In steadfastly opposing idolatry he seeks to protect people from ultimate concerns destined to disillusion and disappoint.彼は偶像崇拝を断固として反対する人々を守るためシーク運命に幻滅させるとの懸念から究極の失望。 God desires our worship for our sakes, that we not succumb eventually to despair as one after another of our finite gods lets us down.私たちの神を崇拝するために我々の欲望sakes 、最終的に負けることに絶望していない別の一つとして私たちの後では私たちの神々有限ダウンしています。

In the next place, God is omnipotent (Mark 14:36; Luke 1:37).は、次の場所には、全能の神は( 14時36分マーク;ルーク1時37分) 。 God is able to do whatever he wills in the way in which he wills it.彼は神の意志ができるようには、どのような方法では彼の意志だ。 God does not choose to do anything contrary to his nature of wisdom and holy love.神には何も選択していない自然の英知とは逆に彼の神聖な愛です。 God cannot deny himself, and God does not choose to do everything by his own immediate agency without intermediate angelic and human agents.神に自分自身を否定することはできませんが、神はない、自分で選択するために全力を尽くすことなく即時エージェント中間天使と人間の代理店です。 Although God determines some things to come to pass unconditionally (Isa. 14:24-27), most events in history are planned conditionally, through the obedience of people or their permitted disobedience to divine precepts (II Chr. 7:14; Luke 7:30; Rom. 1:24).いくつかの決定にもかかわらず、神に来ることを無条件に合格( isa. 14:24-27 )は、史上最多のイベントも計画を条件付きで、服従させる人もの人々を通じて、またはその指示に従わないことを許され神の戒律( ⅱ chr 。 7時14分;ルーク7 : 30 ; ROMのです。 1時24分) 。 In any case, God's eternal purposes for history are not frustrated, but fulfilled in the way he chose to accomplish them (Eph. 1:11).いずれにせよ、神の永遠の目的のために挫折の歴史ではないが、彼は果たさの道を選んだことを成し遂げる( eph. 1時11分) 。

God has not only the strength to effect all his purposes in the way in which he purposes them, but also the authority in the entire realm of his kingdom to do what he will.神がすべての効果だけでなく、その強さには、自分の目的のためにはどのようにして彼の目的は、権限だけでなく、全体の領域は、どのような彼は、彼の王国を行う。 God is not a subject of another's dominion, but is King or Lord of all.神ではない別のドミニオンの件名が、すべての王や主です。 By virtue of all his other attributes, his wisdom, justice, and love, for example, God is fit for the ruling of all that he created and sustains.彼の他の属性をすべての美徳は、彼の知恵、正義、愛とは、例えば、与党のに適している神はすべてのことを創られたと支えています。 God is a wise, holy, and gracious sovereign.神様は、賢明な、神聖な、そして優雅な主権を有する。 As just, the power of God itself cannot punish sinners more than they deserve.としてだけで、それ自体に神の力を超えることはできません罪人の処罰に値する。 To whom much is given, of him much shall be required; to whom little is given, of him little shall be required.担当者の多くが指定され、彼の多くのものが必要;リトルに誰が指定され、彼の小さなものが必要です。 But in the bestowing of undeserved benefits and gifts God is free to dispense them as he pleases (Ps. 135:6).しかし、不当bestowingのメリットとは、神の贈り物としての彼は好きなことを自由に免ずる( ps. 135:6 ) 。 Having permitted sin, God is great enough to limit its furious passions and to overrule it for greater good, as at Calvary (Acts 4:24-28).罪を許され、神はその偉大な激怒を制限するに十分な発言を封じることに熱中していると、より良い、として、カルバリー(行為4:24-28 ) 。 God can defeat the nations and demonic hosts that rage against him.神と悪魔のようなホスト国が敗北して、彼に対する怒り。 No one can exist independent of divine sovereignty.誰にも神の主権の独立した存在です。 The attempt to go one's own way independent of God is sinful insolence on the part of creatures who in him live and move and have their being.この試みに行って自分の流儀では、神から独立して横柄罪深い生き物たちは彼の部分に移動して生きているとします。 Only a fool could say that there is no God, when God sustains the breath the atheist uses to deny divine dominion over him.ばかにも言えることだけではない神は、神の時に息を支え、無神論者では、神の支配を否定していた。

Relationally, God Is Transcendent in Being, Immanent Universally in Providential Activity, and Immanent with His People in Redemptive Activity関係的には、神様が超越され、摂理の活動に普遍的に内在する、内在して、人々は彼の贖いの活動

As transcendent, God is uniquely other than everything in creation.超越としては、神以外のすべてでは、ユニークな創造です。 God's distinctness from the being of the world has been implied in previous discussions of God's attributes metaphysically, intellectually, ethically, emotionally, and existentially.神の世界ではよく知られているから、前の議論を暗示されて、神の属性を定義するmetaphysically 、知的には、倫理的、情緒的、そして実存的です。 God is "hidden" relationally because so great in all these other ways.神は"隠された"と関係的には、これらすべての偉大なため、他の方法があります。 God's being is eternal, the world's temporal.神の永遠には、世界の時間です。 God's knowledge is total, human knowledge incomplete.知識は、神の合計は、人間の知識不完全です。 God's character is holy, humanity's character fallen and sinful.聖なる神のキャラクターは、人間の性格や罪深い倒れた。 God's desires are consistently against evil yet long-suffering and compassionate; human desires fluctuate inconsistently and often intermingle evil with the good.神の欲望は長い間苦しんできた一貫していないと悪に対する思いやり;しかし、 GFDLには頻繁に変動する人間の欲望と悪と混ざり良いです。 God's energy is untiring and inexhaustible; the world's energy is subject to depletion through entropy.無尽蔵のエネルギーとは、神のたゆまぬ;件名には、世界のエネルギーのエントロピー枯渇を介しています。 Hence God is over and above persons in the world in all these respects.したがって、神が終わると、世界の人々の上には、これらすべてを尊重します。

The incomparable divine transcendence involves a radical dualism between God and the world that ought not be blurred by a resurgent monism and pantheism.超越するには根本的には、無類の神と神の世界の間に二元論ことをするべきではぼやけていないとされる一元論汎神論よみがえった。 Although made like God and in the divine image, mankind is not (like Christ) begotten of God or an emanation from God of the same divine nature.にもかかわらず、前のように、神と神のイメージは、人類ではない(キリストのような)神のひとり子の神からの放射能や自然の神と同じです。 The ultimate goal of salvation is not reabsorption into the being of God but unbroken fellowship with God.救世の究極の目標ではないしかし、神の再吸収され、神と交わりを持つ連綿と続く。 The unity Christians seek is not a metaphysical unity with God but a relational unity, a oneness of mind, desire, and will.キリスト教徒の団結を求める形而上学的ではない団結して結束するリレーショナルしかし神は、心の一体性、欲望、とは別です。 To seek to be as God in a biblical perspective is not deeper spirituality but rebellious idolatry or blasphemy.を求めるように、神は、聖書の深いスピリチュアリティしかし、反抗的な視点ではない偶像崇拝や神への冒とくだ。 Christians may respect nature as a divine creation but not worship nature as divine.キリスト教徒として、神の創造性を尊重する可能性はないとして自然神を崇拝する。 Christians may respect the founders of the world's religions but cannot bow to any guru as the divine manifest in human form.キリスト教徒は、創業者の可能性を尊重することができないため、世界の宗教の教祖に屈するいかなる形で、人間として、神のマニフェストです。 Only Jesus Christ is from above; all others are from below (John 8:23).イエスキリストは、上からのみ;からは、他のすべては以下のとおり(ジョン8時23分) 。 Because God is separate from the world, Christians cannot bow to any earthly power as God, whether that power be economic, political, religious, scientific, educational, or cultural.神は、別の理由から、世界では、キリスト教徒はこの世のすべての権力に屈することはできないとして、神は、パワーにするかどうかを経済的、政治的、宗教的、科学的、教育的、または文化的です。 The inestimable benefit of bowing to a transcendent Lord of all is that it frees one from every finite, fallen tyranny.おじぎをするメリットは計り知れない超越主は、それがすべてを解放するごとに1つの有限からは、圧政に倒れた。

A biblical theist not only believes that the one, living God is separate from the world, as against pantheism and panentheism, but also that God is continuously active throughout the world providentially, in contrast to deism.有神論と考えているだけでなく、聖書の中の1つは、別々の生活から、神は世界では、万有内在として反対汎神論とは、神が継続して積極的なだけでなく、世界中providentially 、自然神とは対照的だ。 God is not so exalted that he cannot know, love, or relate to natural law in the world of everyday experience.高貴な神ではないのだということを知らないので、愛、あるいは自然の法則に関連する日常の世界での経験だ。 A study of divine providence as taught in Scripture shows that God sustains, guides, and governs all that he created.神の摂理としての研究によると、神の教えに啓典を支え、ガイド、および規制のすべてを創られた。 The nature psalms reflect upon God's activity in relation to every aspect of the earth, the atmosphere, vegetation, and animal (e.g., Ps. 104).反省の性質詩篇神の活動に関連して、地球のあらゆる側面には、大気、植物、動物(例えば、しまう。 104 ) 。 God also preserves and governs human history, judging corrupt societies and blessing the just and the unjust with temporal benefits like the sunshine, rain, food and drink.人類の歴史も神の保持と規制は、社会の腐敗と判断すると、不当な祝福して、時間的なメリットだけで、太陽のように、雨、食べ物と飲み物です。 Through God's universal providential activity the cosmos holds together and his wise purposes of common grace are achieved.神の摂理の活動を通じて、ユニバーサルコスモスを保持すると彼の賢明な目的のためには共通の猶予を達成した。

But God is immanent in the lives of his people who repent of their sin and live by faith to accomplish the goals of his redemptive grace.しかし、神は彼の人生に内在する人々が自分の罪を悔い改める信仰によって生きる彼の目標を達成するの贖いの恵みです。 "For this is what the high and lofty One says, he who lives forever, whose name is holy; I live in a high and holy place, but also with him who is contrite and lowly in spirit, to revive the spirit of the lowly and to revive the heart of the contrite" (Isa. 57:15). "これは何のための1つの高いとそびえ立つよれば、彼は人の命を永遠には、名前が神聖な;私が高いとの神聖な場所に住んでいるが、誰も彼の精神は、深く悔いて、卑しいでは、その精神を復活さ卑しいそして復活の心臓部を深く悔いて" ( isa. 57:15 ) 。 Just as persons may be present to one another in varying degrees, God may be present to the unjust in one sense and to the just in a richer way.人と同じように1つのプレゼントになるかもしれない別のさまざまな度合いでは、神の存在かもしれないが、理にかなっていないとして1つの感覚だけでは、豊かな方法です。 A person may simply be present as another rider on a bus, or much more significantly as a godly mother who has prayed daily for you all of your life. 5月中に存在するだけで人としてのバスの上で別のライダー、あるいはもっと大幅に信心深い母としての日々のために祈ってきたあなたの人生のすべてのことです。 God is graciously present in forgiving love with the converted, who by faith have been propitiated, reconciled, and redeemed by Christ's precious blood.神の愛は、寛容に存在して優雅に変換して、誰がpropitiated信仰によって、仲直りし、キリストの貴重な血液によって換金されます。 They become his people, he becomes their God.となると彼の人々は、彼が自分の神です。 God dwells in them as his holy place or temple.彼は神の棲む聖地としてまたはそれらの寺院です。 The relational oneness of thoughts, desires, and purposes grows through the years.リレーショナル一体性の考え、欲望、および目的のために、年間を通じて成長する。 That unity is shared by other members of Christ's body who are gifted to build each other up to become progressively more like the God they worship, not metaphysically, but intellectually, ethically, emotionally, and existentially.団結し共有されることは、キリストの体の他のメンバーたちはお互いに天賦の才能を構築するようになって次第に彼らの神を崇拝するのではなく、 metaphysically 、知的しかし、倫理的、情緒的、そして実存的です。

Summary概要

In summary, God is a living, personal Spirit worthy of whole-soul adoration and trust (because of his many perfect attributes), separate from the world, and yet continously active in the world.要約すると、神様は、リビング、全体の魂の価値があると個人崇拝の精神と信頼を(自分のために多くの完璧な属性)は、別の世界から、世界で活躍しているにもかかわらず継続しています。

Unlimited by space, God nevertheless created and sustains the cosmos, scientific laws, geographical and political boundaries.無限の空間では、作成され、神の支えにもかかわらず、コスモスは、科学的な法律は、地理的および政治的な境界線です。

Beyond time, God nevertheless actively relates to time, to each human life, home, city, nation, and to human history in general.時間を超えて、積極的に関係して時間にもかかわらず、神は、人間の生命をそれぞれ、家庭、市町村、国、そして人類の歴史を全般です。

Transcendent to discursive knowledge and conceptual truth, God nevertheless intelligently relates to propositional thought and verbal communication, objective validity, logical consistency, factual reliability, coherence and clarity, as well as subjective authenticity and existential integrity.とりとめの概念的な知識や真理を超越して、神は賢明にもかかわらず口頭でのコミュニケーションとの関連性が考え命題は、客観的妥当性、論理的整合性は、事実関係の信頼性、コヒーレンスと明快には、主観的なだけでなく、本物との整合性実存です。

Unlimited by a body, God is nevertheless providentially related to physical power in nature and society, industrially, agriculturally, socially, and politically.無制限されるボディは、神様がprovidentially関連して物理的な力にもかかわらず、自然や社会では、工業、農業、社会的、かつ政治的です。 God knows and judges human stewardship in the use of all the earth's energy resources.神を知っている人間の責務と裁判官は、地球上のすべての使用エネルギー資源です。

God transcends every attempt to achieve justice in the world, but righteously relates to every good endeavor of his creatures personally, economically, socially, academically, religiously, and politically.神を超えたあらゆる正義を実現するための試みは、世界では、良好な努力が正当にかかわるすべての生き物を個人的には、経済的、社会的、学問的、宗教的、かつ政治的です。

Although free from unworthy and uncontrolled emotions, God is caringly related to the poor, the unfortunate, the lonely, the sorrowing, the sick, the victims of prejudice, injustice, anxiety, and despair.にもかかわらず野放しの感情から自由に値しないとは、神は、貧しい人々 caringlyに関連しては、不幸なことに、孤独は、悲しみは、病気は、偏見の犠牲者には、不公平、不安、そして絶望。

Beyond all the apparent meaninglessness and purposelessness of human existence, God personally gives significance to the most insignificant life.見掛け上のすべてのpurposelessness意味のなさを超えて人間の存在とは、神を個人的にはほとんど無意味な人生の意味を与えています。

G R Lewis grルイス
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
H. Bavinck, The Doctrine of God; D. Bloesch, Essentials of Evangelical Theology; J. M. Boice, The Sovereign God; E. Brunner, The Christian Doctrine of God; J. O. Buswell, Jr., A Systematic Theology of the Christian Religion; L. S. Chafer, Systematic Theology; S. Charnock, The Existence and Attributes of God; C. F. H. Henry, God, Revelation and Authority, 4 vols.; J. Lawson, Comprehensive Handbook of Christian Doctrine; G. R. Lewis, "Categories in Collision?" h. bavinck 、神の教義; d. bloesch 、必需品の福音派の神学; boiceジャマイカは、神の主権; e.ブルンナーは、キリスト教の教義の神;チョbuswell 、ジュニアは、キリスト教の宗教の神学を体系;のLSコガネムシは、体系的神学;米チャーノックは、神の存在と属性; cfhヘンリーは、神は、ヨハネの黙示録と権限は、 4 vols 。 ; j.ローソンは、キリスト教の教義を包括的ハンドブック; grルイス氏は、 "カテゴリに衝突? " in Perspectives on Evangelical Theology, ed.福音派の神学的な視点では、エドです。 K. Kantzer and S. Gundry; G. R. Lewis, Decide for Yourself: A Theological Workbook and Testing Christianity's Truth Claims; J. I. Packer, Knowing God; W. W. Stevens, Doctrines of the Christian Religion; A. H. Strong, Systematic Theology; H. Thielicke, The Evangelical Faith, 2 vols.; O. C. Thomas, Introduction to Theology; A. W. Tozer, Knowledge of the Holy; H. O. Wiley, Christian Theology, I. k. kantzerと米ガンドレー; Gを共和党ルイス氏は、自分で決める:ワークブックとテストをキリスト教神学の真理を主張;智パッカーは、神を知っ;見てなかったスティーヴンス、教説は、キリスト教の宗教;あぁ強い、体系的神学; h.ティーリケは、福音信仰は、 2 vols 。 ;のocトーマスは、はじめに神学;アウトーザー、知識は、神聖な;ホワイリーは、キリスト教神学勇


Doctrine of God神の教義

Advanced Information - III 高度情報-3世

The most fundamental teaching of the Bible and Christian theology is that God exists and is ultimately in control of the universe.最も基本的な教えは、聖書とキリスト教神学のは、神が存在するとは、宇宙の最終的なコントロールをしています。 This is the foundation on which all Christian theologizing is built.これは、財団では、すべてのクリスチャンtheologizing内蔵。

The Biblical Concept of God聖書の神の概念

Existence存在

Questions concerning the reality of God are not discussed in the Scriptures; his existence is everywhere assumed.現実に関する質問については、聖書は神ではありません;彼の存在は、どこでも仮定されます。 The opening passage which reveals God as Creator and Sovereign of heaven and earth sets the pattern for the remainder of the Bible in which God is viewed as foundational for a view of life and the world.開会の通路としての神を明らかに天と地の創造と主権を設定するためのパターンは聖書の残りの部分では、神と見なされるため、根本的な人生観や世界です。 The biblical question is therefore not does God exist, but who is God?したがって、問題は、聖書の神は存在しないが、誰が神様ですか?

The Scriptures do recognize the existence of a professed atheism.聖書の存在を公言したこと罪深さを認識した。 But such atheism is considered primarily a moral rather than an intellectual problem.しかし、このような無神論は、道徳的な考えではなく、主に知的な問題です。 The fool who denies God (Ps. 14:1) does so not from philosophical reasons (which are, in any case, incapable of disproving the absolute except by affirming such), but from the practical supposition that he can live without considering God (Ps. 10:4).神を否定するのばか者( ps. 14時01分)から哲学的な理由がないので(これは、いずれにせよ、無能さを肯定disprovingを除いて、このような絶対的な) 、しかし、現実的な仮定してから、彼は生きることを考慮せずに、神(しまう。 10時04分) 。 The Scriptures also recognize the possibility of a willful and therfore culpable "suppressing" of the knowledge of God (Rom. 1:18).また、聖書を認識する可能性もあるとtherfore故意過失"抑制"は、知識の神( rom. 1時18分) 。

Knowledge of God神の知識

According to the Scriptures, God is known only through his self-revelation.聖書によれば、神は彼の自己啓示を介してのみ知られています。 Apart from his initiative in disclosing himself God could not be known by man.彼の構想から離れて自分自身で開示された神男ができなかったことで知られています。 Human attempts to reason to God by various means, including the so-called proofs of God, while they can provide evidence for the need fo a god, do not yet attain to the knowledge of the true God (cf. I Cor. 1:21 a).人間の理性を神にしようとした様々な手段を含め、いわゆる神の証拠で、そのために必要な証拠を提供することができるために、神は、まだ達成していないが、真の知識神(うわっ! cf.私です。 1 : 21ある) 。 Limited to the realm of creation, whether external nature or human subjective experience, man is incapable of reasoning to a valid knowledge of the transcendent Creator.創造の領域に限定して、外部の自然や人間の主観的な経験をするかどうかは、男は、無能な推理を超越して、有効な知識を創造します。 God alone knows himself and discloses himself to whom he wills by his spirit (I Cor. 2:10-11).神を知っているだけで自分自身の意志を明らかにした彼自身の精神を心に適う(私うわっ。 2:10-11 ) 。 As the subject of his revelation God at the same time makes himself the object of human knowledge so that man can know him truly.神の啓示の主題として、それと同時に自分自身のオブジェクトを人間の知識を知っているので、彼を真に男です。

God has also revealed something of himself in his creation and preservation of the universe (Rom. 1:20), and to the extent that human reason yields a concept of a god it is undoubtedly related to this general or natural revelation.神は彼自身も明らかに何かが、宇宙の創造や保全( rom. 1時20分) 、そして人間の理性の限りでは、利回りの概念を確実にすることはこれと関連して、神や自然全般啓示です。 But the entrance of sin and its alienating effect blinds man from truly seeing God through this means (Rom. 1:18; Eph. 4:18).しかし、入り口の罪とその効果を疎外ブラインド男から見て本当にこの手段を通して神( rom. 1 : 18 ; eph 。 4時18分) 。 Moreover, the Bible indicates that even prior to the fall man's knowledge of God was derived not solely from the creation surrounding him, but from a direct personal communication with God.また、聖書に先立っていることを示します秋にも、神は、人間の知識の創造から派生しただけに、彼を取り巻いていないが、神からの直接の個人的なコミュニケーションをします。

While God communicates himself to man through a variety of means, including actions and words, human knowledge is fundamentally a conceptual matter and therefore the Word is the primary means of God's revelation.自分自身を神と通信中の男、さまざまな手段を通じて、行動や言葉を含めて、人間の知識の概念的な問題とは根本的には、プライマリしたがって、単語の意味の神の啓示です。 Even his actions are not left as mute works but are accompanied by the interpretive Word to give their true meaning.左側ではないとしても、彼の行動は、口の利けない作品でも解釈が添付されて彼らの言葉の真の意味を与えています。 The revelation of God climaxed in the person of Jesus Christ, who was not simply the bearer of the revelatory Word of God as were all who spoke God's Word prior to his coming, but the personal divine Word.その人は、神の啓示climaxedイエスキリストは、単に、無記名の人ではない神の言葉としては、天啓のすべての人が神の言葉は彼の前に来るが、個人的な神の言葉だ。 In him "all the fullness of deity" dwelt in bodily form (Col. 2:9).彼は"すべての膨満の神"に住んで身体の形(大佐2時09分) 。 Thus in his work as Creator and Redeemer and through his words, God makes himself known to man.こうして、彼の作品として制作者や救い主と彼の言葉を通して、自分自身を神に知られている男だ。

The revelation of God does not totally exhaust his being and activity.神の啓示はない、彼の存在と活動を完全に排出します。 He remains the incomprehensible one that man cannot totally fathom, both in his essence and ways (Job 36:26; Isa. 40:13, 28; cf. Deut. 29:29).彼は引き続き完全には理解し難いことはできません尋あの男の1つは、両方の方法で、彼のエッセンス(仕事36:26 ;のISA 。 40:13 、 28 ; cf 。 deut 。 29:29 ) 。 Finitude cannot comprehend infinity, nor can human thought patterns, which are associated with the created environment, completely grasp the transcendent realm of God.有限性を理解することはできませんインフィニティたり、人間の思考パターンは、関連付けられているが、作成した環境では、神の領域を完全に把握する超越です。

On the basis of this limitation of human reason modern rationalism has at times argued for the unknowability of God.この制限に基づいて、人間の理性近代的合理主義主張のためには時々神のunknowability 。 Man's knowledge is said to be limited to the world of human experience, thus excluding the knowledge of a transcedent God.男の知識は、世界に限定されると述べたが、人間の経験から、このような知識を除いたtranscedent神です。 Such an equation of the incomprehensibility of God with unknowability is valid only on the premise that man's knowledge of God is derived through human reason.このような神の方程式の不可解でのみ有効ですunknowabilityは男の知識を前提派生を通して、神は人間の理性です。 But the incomprehensible God of the Scriptures is the God who reaches out to man with the revelation of himself.しかし、神は、聖書は理解できない人に達するとアウトには、神の啓示を持つ男は自分自身だ。 The knowledge thus derived, although limited according to his good pleasure, is nevertheless a true knowledge of his being and work.したがって、派生知識は、限られたにもかかわらず良い快楽によれば、彼は、真の知識があるにもかかわらず、彼が仕事です。

In giving us a knowledge of himself God gives his Word a finite form compatible with human creatureliness.自分自身の知識を与えてくれる彼の言葉を神に与え、人間のcreatureliness有限フォームに対応しています。 Despite this necessary accommodation to the limitations of human understanding, the revealed knowledge of God is nevertheless an authentic knowledge of God.にもかかわらず、これに必要な宿泊施設を理解し、人間の限界を、神の啓示の知識は、神にもかかわらず、本物の知識です。 Theories which use the difference between God and man to deny the possibility of a genuine communication of true knowledge do not do justice to at least two biblical facts: (1) the truth that God created man in his own image, which certainly includes a likeness sufficient for communication; (2) the omnipotence of God, which implies that he can make a creature to whom he can truthfully reveal himself if he so wills.理論を使って、神と人間との違いは、正規のコミュニケーションの可能性を否定するのはそんなことはしない正義の真の知識を少なくとも2つの聖書の事実: ( 1 )真実を作成して、神の男は、自分自身のイメージは、確かに似ているが含まれて十分なコミュニケーションのため、 ( 2 ) 、全能の神は、生き物を意味するのだということを心に適うだからもし彼は正直に自分自身の意志を明らかにした。 To be sure, there remains a hiddenness in relation to the total comprehension of God.ていることを確認して、そこ依然としてhiddenness理解と関連して、神の合計です。 But God himself does not remain hidden, for he has given true though partial knowledge of himself through self-revelation understandable to man.しかし、自分自身の神隠されていないまま、与えられたために彼は本当の自分自身も部分的な知識を理解を通じて自己ヨハネの黙示録の男です。

The nature of our knowledge of God has been the subject of much discussion in Christian theology.私たちの神の性質に関する知識に服従され、多くの議論がキリスト教神学のです。 Some have emphasized the negative character of our knowledge, e.g., God is infinite, nontemporal, incorporeal.いくつかの否定的なキャラクターを強調して私たちの知識は、例えば、神は無限、 nontemporal 、無体です。 Others, notably Aquinas, have advocated an analogical knowledge that is similar to God's knowledge and yet dissimilar because of his infinite greatness.他、特にアクィナス、類推的な知識を提唱することは、神の知識と似ている似ていないため、まだ彼の偉大さ無限です。 Suffice it to say that even the negative (such as infinite) conveys a positive concept of greatness, and, while the position of analogy may be used to acknowledge a distinction in depth and breadth of understanding, there is finally a sense in which man's knowledge of divine things is the same as God's.あえて言うなら否定的なことでさえ、 (例えば無限)肯定的な概念を伝えるの偉大さ、そして、そのポジションの中に使われる可能性を認める類推する深さと幅の違いを理解し、そこはある意味で最後の男の知識神のものは神のと同じです。 For if man does not know God's meaning, he does not know the true meaning.男がない場合には、神の意味を知っている、彼の真の意味を知ることはありません。 Interestingly, the Scriptures view the problem of a true knowledge of God as moral rather than noetic.面白いことに、この問題は、ビュー、聖書は神の真の知識としての道徳的というより理性に由来する。

Definition of God神の定義

From the biblical viewpoint it is generally agreed that it is impossible to give a strict definition of the idea of God.聖書の観点から、通常で合意することが不可能なことは、厳密な定義を与えるという発想は、神です。 Defining, which means limiting, involves the inclusion of the object within a certain class or known universal and the indication of its distinguishing features from other objects in that same class.定義で、つまり制限は、そのオブジェクト内に取り入れているのは、特定のクラスまたは既知の普遍的なものであり、その特徴的な機能を示唆してから、同じクラスの他のオブジェクトです。 Since the biblical God is unique and incomparable (Isa. 40:25), there is no universal abstract category of the divine.聖書に出て以来、ユニークで比類のない神は( isa. 40:25 )は、普遍的抽象的なカテゴリがないの神です。 Studies in comparative religions reveal that "god" is, in fact, conceived in the most different ways.比較宗教学を明らかにして"神"は、実際には、さまざまな方法で、最も考えています。 Attempts to provide a general definition that encompasses all concepts of the divine, such as Anselm's "that than which nothing greater is conceivable," or "the supreme Being," do not convey much of the specific characteristics of the God of Scripture.一般的な定義を提供するための試みのすべてを包含する神の概念など、アンセルムの"それよりも大きいのは、何も考えられる" 、または"最高には、 "そんなに多くは、特定の特徴を伝えるの神の啓典。 Instead of a general definition of God, therefore, the Bible presents descriptions of God as he has revealed himself.一般的な定義ではなく、神のは、このため、女性の説明については、聖書の神としての彼は、自分自身を明らかにした。 These are conveyed through express statements as well as through the many names by which God identifies himself.これらは急行ステートメントを介して伝送さだけでなく、これを通じて、多くの神の名によって自分自身を識別します。 Fundamental to the nature of God, according to the biblical description, are the truths that he is personal, spiritual, and holy.神の性質を根本的には、聖書の中の説明によると、彼は個人的なことは、真理は、精神的、および神聖です。

God Is Personal神は、個人的な

Over against any abstract neutral metaphysical concept, the God of Scripture is first and foremost a personal being.抽象的な概念に対して中立的な形而上以上は、神の啓典は、真っ先に個人的な存在だ。 He reveals himself by names, especially the great personal name Yahweh (cf. Exod. 3:13-15; 6:3; Isa. 42:8).自分自身の名前を明らかにした彼は、特に大きな個人名ヤハウェ( cf. exod 。 3:13-15 ;午前6時03分;のISA 。 42:8 ) 。 He knows and wills self-consciously in accord with our concept of personality (I Cor. 2:10-11; Eph. 1:11).彼はよく知っていて遺言自意識過剰で合意して私たちの人格の概念(私うわっ。 2:10-11 ; eph 。 1時11分) 。 The centrality of God's personality is seen in the fact that while he is the Creator and Preserver of all nature, he is encountered in Scripture not primarily as the God of nature, as in pagan religions, but rather as the God of history, controlling and directing the affairs of man.神の人格の中心に見られるという事実には、彼はその中のすべての創造と自然の禁猟区で、彼は、啓典を見つけていないとして、主に自然の神のように、異教の宗教ではなく、神の歴史としては、制御と男の演出を担当した。 The central place of the covenant by which he links himself in a personal relationship to men is further indication of the scriptural emphasis on the personal nature of God.約束された場所の中央には、彼は自分自身の個人的な関係のリンクを示唆する男性が、聖書をさらに重視して個人的な性質の神です。 Nowhere is the personhood of God more evident than in his biblical description as Father.神は、人間性のどこよりももっと明らかに聖書の中で彼の父親としての説明です。 Jesus constantly spoke of God as "my Father," "your Father," and "the heavenly Father."イエスキリストのスポーク絶えず神として"私の父" 、 "あなたのお父さんは、 "や"天国の父"と述べた。 Beyond the unique Trinitarian relationship of the divine Son with the Father, which certainly involves personal traits, the fatherhood of God speaks of him as the source and sustainer of his creatures who personally cares for them (Matt. 5:45; 6: 26-32) and the one to whom man can turn in believing trust.このユニークな関係を超えては、三位一体説を信奉して神の息子の父親は、確かに個人的な特徴は、彼の父である神が喋るの支持者としてのソースコードと個人的に彼の生き物たちの苦労をして( matt. 5:45 ; 6 : 26 - 32 )と、 1つの電源を誰が信じて信頼できる男だ。

The personhood of God has been called into question on the basis of our use of the word "person" with respect to human beings.神の人間性に疑問を呈してきた我々に基づいてその言葉を使用する"人"の人間を尊重しています。 Human personhood involves limitation that allows relationship with another person or the world.人間の限界は人間関係を築くことができるか、別の世界の人です。 To be a person means to be an individual among individuals.手段とされる人物の中で、個々の個人です。 All of this cautions us against an erroneous anthropomorphizing of God.この警告に反対する我々のすべての神の誤ったanthropomorphizing 。 Biblically it is more proper to see the personhood of God as having priority over that of man and therefore to understand human personhood theomorphously, i.e., a finite replica of the infinite divine person.それはこちらを参照して適切なbiblicallyの人間として、神が人間よりも優先して人間の人間性を理解し、したがってtheomorphously 、すなわち、神の無限の有限その人のレプリカです。 Despite the final incomprehensibility of God's suprahuman personhood, the Scriptures portray him as a real person who gives himself in reciprocal relationship to us as a genuine Thou.不可解にもかかわらず、最終的な神のsuprahuman人間は、聖書は、実在の人物として彼を描く人の相互関係を与え、私たち自身として、正規なた。

The biblical concept of the personhood of God refutes all abstract philosophical ideas of God as merely First Cause or Prime Mover as well as all naturalistic and pantheistic concepts.聖書の概念は、人間の神の抽象的な哲学的な考えrefutesすべて神の第一の原因としてまたは単に原動力と汎神論だけでなく、すべての写実的な概念です。 Modern equations of God with immanent personal relations (e.g., love) are also rejected.現代の方程式に内在する神の個人的な関係(例えば、愛)も拒否された。

God Is Spiritual神は霊的

The Scriptures preclude the reduction of the personhood of God to a human level by the description of God as spirit (John 4:24).聖書は、人間性への還元を妨ぐ神の人間のレベルを神として説明される精霊(ヨハネ4:24 ) 。 As the word "spirit" has the basic idea of power and activity, the spiritual nature of God refers to the infinite superiority of his nature over all created life.その言葉として"スピリット"は、その基本的な考えや活動のパワーは、神の性質を指しているため精神的に優位に立って彼の性格上無限の人生のすべてを作成します。 The weakness of the forces of this world, including men and beasts which are but flesh, are contrasted to God who is spirit (cf. Isa. 31:3; 40:6-7).軍の弱点は、この世界では、男性を含めているが、獣の肉は、対照的には、誰が神の霊( cf.のISA 。 31:3 ; 40:6-7 ) 。

As spirit, God is the living God.精神としては、神様が現人神です。 He is the possessor of an infinite life in himself (Ps. 36:9; John 5:26).彼は、自分自身の生活の無限の所有( ps. 36:9 ;ジョン5時26分) 。 Matter is activated by spirit, but God is pure spirit.精神活性化される事が、しかし、神は、純粋な精神です。 He is fully life.彼は完全に人生です。 As such he is the source of all other life (Job 33:4; Ps. 104:30).このように彼は、他のすべての生命の源(仕事33:4 ;しまう。 104:30 ) 。 The spiritual nature also prohibits any limitations of God derived from a materialistic conception.すべての制限が禁じられても、精神的な性質に由来する神の唯物論的概念です。 For this reason images of God are prohibited (Exod. 20:4; Deut. 4:12, 15-18).この理由では禁止されて神のイメージ( exod. 20 : 04 ; deut 。 4時12分、 15-18 ) 。 He cannot be restricted to any particular place or in any sense be brought under man's control as a physical object.彼はどんなことができない特定の場所に限定されたり、いかなる意味での男のコントロール下に置かれるように物理的なオブジェクトです。 He is the invisible transcedent living power from whom all derive existence (Acts 17:28).彼は誰の目に見えないtranscedent生活のすべての権力から派生する存在(行為17 : 28 ) 。

God Is Holy神は聖なる

One of the most fundamental features of God's being is expressed by the word "holy."最も基本的な機能の1つには、神の言葉を表明した"神聖"と述べた。 He is the incomparable God, "the Holy One" (Isa. 40:25, cf. Hab. 3:3).彼は、比類のない神は、 " 1つの神聖な" ( isa. 40:25 、 cf 。北陸朝日放送。 3時03分) 。 The word "holy," which in both Hebrew and Greek has the root meaning of separateness, is used predominantly in Scripture for a separateness from sin.という言葉を"聖なる、 "これはヘブライ語とギリシャ語の両方のルートの意味は、分離は、主に啓典が使用されてからの罪のために分離します。 But this is only a secondary meaning derived from the primary application to God's separateness from all creation, i.e., his transcendence.しかし、これはほんの一次二次的な意味から派生したすべてのアプリケーションから分離して、神の創造、すなわち、彼の超越。 "He is exalted above all the peoples." "彼はすべての人々の上に高貴な"と述べた。 Therefore, "holy is he" (Ps. 99:2-3).したがって、 "彼は、神聖な" ( ps. 99:2-3 ) 。 He is "the high and exalted One... whose name is Holy," and he lives "on a high and holy place" (Isa. 57:15).彼は、 "高いとは、神聖な高貴な名前の1つ... "と彼は命"として高いの聖地" ( isa. 57:15 ) 。 In his holiness God is the transcendent Deity.彼の神は、超越神ホーリネスです。

The transcendence of God expresses the truth that God in himself is infinitely exalted above all creation.神の超越して、神が自分自身を表現し、真実は、上記のすべての創出高貴無限です。 The concept of revelation presupposes a transcendent God who must unveil himself to be known.という概念を超越神の啓示を前提にして自分たちの除幕式で知られる必要があります。 Transcendence is further seen in God's position as Creator and Sovereign Lord of the universe.超越は神としての地位をさらに見られる今上とは、宇宙の創造者です。 As the former he distinguishes himself from all creation (Rom. 1:25), and in his sovereignty he evidences his transcendent supremacy.元彼は自分自身からの区別として、すべての創造( rom. 1時25分)は、彼と彼の主権を超越した証拠を彼の覇権を握る。

The transcendence of God is frequently expressed biblically in terms of time and space.神の超越biblically面では、頻繁に表明した時間と空間です。 He exists before all creation (Ps. 90:2), and neither the earth nor the highest heavens can contain him (I Kings 8:27).彼の前に存在するすべての創出( ps. 90:2 ) 、そして地球のどちらも彼の最高天を含めることができます(私キングス8時27分) 。 A certain anthropomorphic sense must be recognized in such expressions lest God's transcendence be conceived in terms of our time and space, as though he lives in a time and space like ours only beyond that of creation.擬人化しなければならない、特定の意味で認識されるような表現をしないように考えられた神の超越我々の時間と空間の点では、まるで彼は、時間と空間に住んでいるだけのように私たちの創造を超えています。 On the other hand, it is biblically incorrect to conceive of God in his transcendence as existing in a realm of timeless nowhereness outside of creation.その一方で、それは間違ってbiblically神は彼の想像を超越するように、既存の領域の外に永遠nowhereness創出します。 In a manner that exceeds our finite understanding God exists in his own infinite realm as transcendent Lord over all creaturely time and space.有限な態度は、私たちの理解を超えて神が存在することは、自分自身の無限領域として主超越creaturelyすべての時間と空間を超える。

God's transcendent holiness is biblically balanced with the teaching of his immanence, which signifies that he is wholly present in his being and power in every part and moment of the created universe.神の超越の神聖さは、バランスの取れたbiblically内在して彼の教えは、彼は完全に存在することを意味するが、彼の力では、作成したすべての団体や宇宙の瞬間だ。 He is "over all and through all and in all" (Eph. 4:6).彼は"すべてを超えると、すべてのすべてを通じて" ( eph. 4時06分) 。 Not only does everything exist in him (Acts 17:28), but there is no place where his presence is absent (Ps. 139:1-10).彼はすべてに存在するだけでなく、 (行為17 : 28 ) 、しかし彼の存在感がない場所では、不在( ps. 139:1-10 ) 。 His immanence is seen especially in relation to man.彼の内在が見られると関連して、特に男性です。 The Holy One who lives in a high and holy place also dwells with the "contrite and lowly of spirit" (Isa. 57:15).一人の神聖な神聖な場所に住んでいるが高いとしても棲む"の精神を深く悔いと卑しい" ( isa. 57:15 ) 。 This dual dimension of God is seen clearly in the description "the Holy One of Israel" as well as in the name Yahweh, which describes both his transcendent power and his personal presence with and for his people.神は、この二重の次元での説明を明確に見られる"と、聖なるイスラエルの1つ"の名ヤハウェだけでなく、彼の並外れたパワーの両方を記述して彼と彼の個人的な人々の存在です。

The biblical teaching of both God's transcendence and immanence counters the human tendency throughout history to emphasize one or the other.聖書の教えは、神の超越と内在の両方のカウンタの歴史を通して、人間の傾向を強調するために、 1つまたは他のです。 A one-sided transcendence is seen in the Greek philosophers' concept of the ultimate ground of being as well as the later deists of the seventeenth and eighteenth centuries.片側超越するのは、ギリシャの哲学者たちに見られる'の概念の究極の地面れているだけでなく、それ以降は、 17および18世紀にもわたってdeists 。 The various forms of pantheism throughout history give evidence of the opposite emphasis on immanence.東西古今を問わず、様々な形態の汎神論の証拠を与えると反対の内在重点を置いています。 The attractiveness of these exaggerations to sinful man is in the fact that in both man no longer stands before God in any practical sense as a responsible creature.これらの魅力をexaggerations罪深い人間は、両方の男という事実に、神の前に立って、もはやいかなる意味で実用的な生き物としての責任です。

The Trinityそのトリニティ

Crucial to the biblical doctrine of God is his Trinitarian nature.聖書の中の重要な教義には、彼の三位一体説を信奉する神の性質です。 Although the term "trinity" is not a biblical word as such, Christian theology has used it to designate the threefold manifestation of the one God as Father, Son, and Holy Spirit.にもかかわらず、任期"トリニティ"ではないとして、このような聖書の言葉は、キリスト教神学には、使用されることを指定する三重の症状としては、 1つの神の父親は、息子と聖霊です。 The formulated doctrine of the Trinity asserts the truth that God is one in being or essence who exists eternally in three distinct coequal "persons."教義の三位一体の定式化を主張して真実を1つにしている神は永遠に存在するかは本質的に3つの別個の同等の人の"人"と述べた。 While the term "person" in relation to the Trinity does not signify the limited individuality of human persons, it does affirm the I-thou of personal relationship, particularly of love, within the triune Godhead.任期中に"人"と関連して、限定的意味はない個性トリニティ人間の人は、これは、私に断言するあなたの個人的な関係、特に愛のは、三位一体の神内です。

The doctrine of the Trinity flows from the self-revelation of God in biblical salvation history.三位一体の教義の流れから、神の啓示で自己救済聖書の歴史があります。 As the one God successively reveals himself in his saving action in the Son and the Holy Spirit, each is recognized as God himself in personal manifestation.神の一つとして、相次いで明らかに貯蓄行動は、彼自身の息子と聖霊は、それぞれの神は自分自身の個人的な症状として認識されます。 It is thus in the fullness of NT revelation that the doctrine of the Trinity is seen most clearly.それは、このように充満してNTの教義は、ヨハネの黙示録トリニティが最もはっきりと見られる。 God is one (Gal. 3:20; James 2:19), but the Son (John 1:1; 14:9; Col. 2:9) and the Spirit (Acts 5:3-4; I Cor. 3:16) are also fully God.神は一つ( gal. 3:20 ;ジェームズ2時19分)が、息子(ヨハネ1:1 ;午前14時09分;大佐2時09分)と御霊(行為5:3-4 ;私うわっています。 3 : 16 )も完全に神です。 Yet they are distinct from the Father and each other.彼らはまだはっきりとお互いの父親からです。 The Father sends the Son and the Spirit, while the Son also sends the Spirit (Gal. 4:4; John 15:26).父と息子の精神を送信し、送信中にも息子の精神( gal. 4時04分;ヨハネ15:26 ) 。 This unified equality and yet distinctness is seen in the triadic references to the three persons.この統一平等と見られるのは、よく知られていないが、三人の三人組のリファレンスです。 Christian baptism is in the name of the Father, Son, and Holy Spirit (Matt. 28:19).キリスト教の洗礼は、父の名の下、息子と聖霊( matt. 28:19 ) 。 Likewise, all three are joined in the Pauline benediction in a different order suggesting the total equality of persons (II Cor. 13:14; cf. Eph. 4:4-6; I Pet. 1:2).同様に、すべての参加は、ポーリーン三アール祝祷を示唆するために、別の人の平等の合計( ⅱうわっ。 13 : 14 ; cf 。 eph 。 4:4-6 ;私のペットです。 1時02分) 。 Although the Trinity finds its clearest evidence in the NT, suggestions of a fullness of plurality are already found in the OT revelation of God.にもかかわらず、その明確な証拠を見つけたトリニティは、 NTでは、提案は、すでに多数の充実は、 ot神の啓示が見つかりました。 The plural form of the name of God (Elohim) as well as the use of plural pronouns (Gen. 1:26; 11:7) and verbs (Gen. 11:7; 35:7) point in this direction.複数形で、神の名( elohim )を使用するだけでなく、複数の代名詞(大将1時26分、 11時07分)と動詞( 11時07分大将; 35:7 )の時点で、この方向です。 So also do the identity of the angel of the Lord as God (Exod. 3:2-6; Judg. 13:21-22) and the hypostatization of the Word (Ps. 33:6; 107:20) and Spirit (Gen. 1:2; Isa. 63:10).今でも、アイデンティティは、主の御使として神( exod. 3:2-6 ; judg 。 13:21-22 )と、その言葉の実体化( ps. 33:6 ; 107:20 )とスピリット(大将1 : 02 ;のISA 。 63:10 ) 。 The Word is not simply communication about God nor is the Spirit divine power.その言葉だけではないコミュニケーションについては、神にも精神は、神の力です。 They are rather the acting God himself.むしろ彼らは自分自身の演技の神です。

As the product of the self-revelation of God, the Trinitarian formulation is not intended to exhaust his incomprehensible nature.製品としては、自己神の啓示は、三位一体説を信奉する排気定式化ではない彼の意図を理解できない性質です。 Objections to the doctrine come from a rationalism that insists on dissolving this mystery into human understanding, i.e., by thinking of the oneness and threeness in mathematical terms and human personality.異議申し立てをする合理主義から来るの教義を主張して解散して、この謎を理解する人間は、すなわち、一体性を考えると、人間の人格とthreeness数学用語です。 Attempts have been made to draw analogies of the Trinity from nature and the constitution of man.類似性を描く試みが行われましたが、憲法のトリニティから自然と男は言った。 The most notable of these is Augustine's trinity of lover, the object of love, and the love which binds the two together.最も注目すべきは、これらの三位一体アウグスティヌスの愛好家は、そのオブジェクトの愛、そして二人の愛を一緒にバインドします。 While this argues strongly for a plurality within God if he is eternally a God of love apart from creation, it along with all other suggestions from the creaturely realm proves finally inadequate to explain the divine being.この中には、多元性を強く主張すれば、神の愛は永遠に、神の創造は別に、それに沿って提案してから、他のすべての領域を立証creaturelyついに神が不十分なことを説明する。

The doctrine of the Trinity developed out of the church's desire to safeguard the biblical truths of the God who is the transcendent Lord over all history and yet who gives himself in person to act within history.三位一体の教義は、教会のうち、先進の願望を守る聖書の真理は、神の人は、主を超越していない歴史上のすべての人に施しをする者は、自分自身の歴史内で行動する。 The natural human tendencies toward either a nonhistorical divine transcendence or the absorption of the divine into the historical process are checked by the orthodox concept of the Trinity.人間の自然の傾向に向かって超越神のどちらかまたは非歴史は、神への吸収がチェックされ、歴史的な過程の正統な概念は、トリニティ。 The first is the ultimate error of the primary distortions of the Trinity.最初の部分は、究極の誤差は、メインの歪曲は、トリニティ。 Subordinationism, which made Christ less than God, and adoptionism, which understood Christ only as a human endowed with God's Spirit for a time, both denied that God truly entered history to confront man in person. subordinationism 、神の前に、キリスト未満には、養子論とは、キリストのみを理解する人間として、神の霊に恵まれているため、時間は、両方の歴史を否定して神を真に立ち向かう男の人に入っています。 Modalism or Sabellianism makes the persons of Christ and the Holy Spirit to be only historical roles or modifications of the one God.サベリウス主義者やmodalismにより、キリストと聖霊または修正されるだけの歴史的な役割の1つの神です。 This error likewise tends to separate man from God; he is encountered not directly as he is in person, but as a role player who remains hidden behind a mask.このエラーが発生する傾向が同様に別の男から神;彼は、彼が見つけていないとして直接の人が、選手としての役割を果たすマスク遺跡の背後に隠れている。

The Trinitarian doctrine is thus central to the salvation kerygma of Scripture, according to which the transcendent God acts personally in history to redeem and share himself with his creatures.三位一体説を信奉する教義の中央には、こうして救世kerygmaの啓典によると、これは個人的な行為の歴史の中に神を超越して共有を償還して自分自身の生き物です。 Origen rightly drew the conclusion that the believer "will not attain salvation if the Trinity is not complete."ドリューという結論に正しく原産地の信奉者"と救いを得ることはありませんトリニティではない場合は完了です。 "

The Doctrine in History歴史上の教義

The history of Christian thought reveals persistent problems concerning the nature of God and his relation to the world.キリスト教の歴史を明らかに持続的な思考の性質に関する問題と関連して、神と神の世界です。 These involve the related issues of transcendence/immanence, personal/nonpersonal perspectives, and the knowability of God.これらの関連の問題を巻き込む超越/内在、個人/大衆的な視点は、神とのknowability 。 The earliest Christian theologians, who attempted to interpret the Christian faith in terms of Greek philosophical categories, tended toward an emphasis on the abstract transcendence of God.最も早いキリスト教神学者の解釈を試みたが、キリスト教信仰の点でギリシャ哲学のカテゴリは、抽象的な傾向に向かって超越する神に重点を置いています。 He was the timeless, changeless Absolute who was the final and adequate cause of the universe.彼は、永遠で、絶対不変の人と十分な原因は、最後の宇宙です。 Little could be predicted of him, and his attributes were defined primarily in the negative.彼の予測可能性がほとんどない、と彼は、主に定義された属性を除外します。 He was the uncaused (possessing aseity), absolutely simple, infinite, immutable, omnipotent Being, unlimited by time (eternal) and space (omnipresent).彼は、 uncaused (所持自存性) 、絶対に単純な、無限、不変、全能では、無制限された時間と空間(永遠に) (遍在する) 。

Although Augustine's view was more balanced with a view of the personal immanent, condescending God in the revelation of Christ, this philosophical understanding of God dominated until the Reformation, reaching its climax in Thomas Aquinas and the medieval scholastics.アウグスティヌスの見解だったにもかかわらず、よりバランスの取れた見方をして、個人の内在的な、恩着せがましい神は、キリストの啓示は、この神の支配の哲学を理解するまで、改革は、最高潮に達すると、中世にトマスアクィナスscholastics 。 Aquinas held that philosophical human reason could attain to the knowledge of the existence of God.人間の理性アクィナス行われた可能性を達成することを哲学的な知識が神の存在だ。 His stress, however, was on the transcendence of God and how little he could be known.彼のストレスは、しかし、神の超越していた小さな彼はどのように可能性があると知られています。

With an emphasis on biblical rather than philosophical categories, the Reformers brought more recognition of the immanence of God within human history but maintained a strong emphasis on his transcendence, as evidenced in the definition of the Westminister Confession of Faith.聖書の中にあるというより、哲学のカテゴリを重視して、より多くの改革派の認識もたらした神の内、人類の歴史の内在しかし、彼の超越を維持し、強い重点を置いて、その定義にも明らかなように、信仰告白westminister 。

Reaction to the traditional Protestant and Catholic understanding of God with its stress on the transcendence of God came with the rise of liberal theology in the eighteenth and nineteenth centuries.カトリックとプロテスタントの伝統的な反応を理解して、神のストレスを超越して神に付属してリベラルな神学の台頭は、 18と19世紀にもわたっている。 The combination of new philosophies (e.g., Kant, Hegel) making the mind of man supreme for true knowledge, scientific advances that seemed to substantiate human abilities, and a new historical perspective that tended to relativize all tradition, including the Scriptures, led to a new understanding of ultimate reality.新しい哲学の組み合わせは、 (例えば、カント、ヘーゲル)の製造のための最高の男の心の真の知識は、科学の進歩が人間の能力を立証するように、新たな歴史観としてすべての伝統を相対化する傾向を含め、聖書は、リードする究極の新たな現実を理解しています。 Because, as Kant argued, human reason could no longer establish the existence of a transcendent God, God became increasingly identified with the ideals of human experience.なぜなら、カントは、人間の理性を確立する可能性はもはや超越の存在を神は、神は次第に人間の経験の理念を識別しています。 Talk of religious dependency (Schleiermacher) or ethical values (Kant, Ritschl) became talk of God.トークの宗教的な依存関係(シュライエルマッハー)や倫理的価値観(カント、リッチュル)神の話になった。 There was an almost exclusive emphasis on the immanence of God, with a tendency to see an essential kinship between the human and divine spirit.そこは、ほぼ独占的に重点を置いて、神の内在、本質的な傾向を見るために神の親族との間で、人間の精神です。

World events including two world wars and the rise of totalitarian regimes brought the collapse of old liberalism with its immanentistic understanding of God and the reassertion of divine transcendence.二度の世界大戦を含む世界の出来事と全体主義の台頭古い自由主義政権の崩壊をもたらしたimmanentistic理解して、神と神の超越reassertion 。 Led by Karl Barth, theology sought to return not to the earlier philosophical concepts of God but to the categories of the Judeo-Christian Scriptures.カール率いるバルト、神学に復帰しないように求められ、それ以前の哲学的な概念ではなく、神のユダヤキリスト教の聖書のカテゴリです。 Based upon a radical separation between eternity and time, the transcendence of God was exaggerated to the point that a direct revelation of God in human history was denied.永遠に基づいて、過激派の分離と時間の間には、神の超越していた点を誇張して、直接神の啓示は、人類の歴史を否定しています。 According to this neoorthodox theology God did not speak directly in Scripture.これによると、神の神学neoorthodoxしなかった啓典で直接話す。 As a result of this denial of a direct cognitive communication, with the consequent skepticism of any knowledge of God in himself, the accent on transcendence was gradually lost.この結果として、認知拒否の直接的な通信は、懐疑的な見方をして任意の帰結神に自分自身の知識は、徐々に失われるのは、アクセントを超越している。 The religious experience of man, usually interpreted according to existential philosophy, became increasingly viewed as the key to theological knowledge.男の宗教的な体験は、通常、実存哲学解釈によると、ますますなった神学的な知識と見なされるための鍵となる。 God was understood primarily as the meaning he holds for the "existential experiences" of man.神は、主としての意味を理解し保持するために、彼は"実存体験"の男だ。

This movement can be traced from Barth, whose theology maintained a strong divine transcendence, to Bultmann, who, while not denying God's transcendence, nevertheless focused almost entirely on God in the human existential experience, and finally to Tillich, who denied entirely the traditional God "out there" in favor of an immanent God as the "ground" of all being.この動きを追跡できるからバルト、神学者の強い神の超越を維持し、ブルトマンには、人は、神の超越を否定していない間には、ほぼ全面的に集束さにもかかわらず、神は、人間の実存の経験、そして最後にティリヒ、人を完全に否定し、従来の神"アウトある"に賛成する内在的な神としての"地盤"のすべてのれています。 Thus the transcendence of God has been lost in much of contemporary thought which seeks to do theology in the existential philosophical framework.このように、神の超越の大半が失われたことを求める現代思想は、実存哲学的神学を行うフレームワークです。 Divine transcendence is simply equated with the hidden self-transcendence of human existence.神の超越同等のは、単に自己超越して、人間の存在を隠しています。

Other contemporary theologians seek to reconstruct theology in terms of the modern scientific evolutionary understanding of the universe.現代神学を求める神学を再構築する他の点で、近代科学の宇宙の進化の理解です。 Such process theology, based on the philosophy of A. N. Whitehead, sees the fundamental nature of all reality as process or becoming rather than being or unchanging substance.このようなプロセス神学は、ホワイトヘッドの哲学に基づいて、すべての現実を見ての基本的な性質としてまたはプロセスまたはなっているというより不変の物質です。 Although there is an abstract eternal dimension of God which provides the potential for the process, he also is understood to encompass all changing entities in his own life and therefore to be in the process of change himself.にもかかわらず、抽象的には神の永遠の次元の潜在的可能性を提供する過程で、彼はまた、理解を取り囲んでは、すべてのエンティティは、自分自身の生活の変化やそのために自分自身が変化の過程にある。 As the universe is dynamic and changing, actualizing its potentialities, so also is God.ユニバースとしては、動的に変化すると、その実現可能性は、今でも、神です。

The wide variety of contemporary formulations of God that tend to define God in ways in which he is no longer the personal Creator and sovereign Lord of human history are the direct result of denying a knowledge of God through his cognitive self-revelation in the Scriptures and the sinful human propensity to autonomy.現代の多種多様な処方が神の神にする方法を定義する傾向にあることで、彼は、もはや個人のクリエーターや今上の直接的な結果は、人類の歴史を否定する彼の知識を通して神の啓示は、聖書の自己認知と罪深い人間の性向の自治です。

R L Saucy生意気rl

Bibliography 文献情報
K. Barth, Church Dogmatics, II/1 and 2; H. Bavinck, The Doctrine of God; E. Brunner, The Christian Doctrine of God; J. S. Candlish, The Christian Doctrine of God; W. Eichrodt, Theology of the OT,I; C. F. H. Henry, God, Revelation and Authority, II; C. Hodge, Systematic Theology, I; Kleinknecht, Quell, Stauffer, Kuhn, TDNT, III, 65-123; G. L. Prestige, God in Patristic Thought; H. Thielicke, The Evangelical Faith, II; O. Weber, Foundations of Dogmatics, I. k.バルトは、教会の教義学は、 2 / 1と2 ; h. bavinck 、神の教義; e.ブルンナーは、キリスト教の教義の神;れたJSキャンドリッシュは、キリスト教の教義の神;ウィリアムアイヒロート、神学は、 ot 、私; cfhヘンリーは、神は、ヨハネの黙示録と権威は、 2世; c.ホッジ、体系的神学、私;クラインクネヒト、鎮めるためには、シュタウファー、クーン、 tdnt 、 3世、六五〜一二三; gl威信を、神にpatristic思想; h.ティーリケ、信仰の福音派は、 2世; Oをウェーバーは、教義学の基礎勇


.

Names of God神の名

The Divine Names as Vehicles of Revelation車両としての神の名の啓示

Advanced Information - IV 高度情報-4世

Efforts to find the origins and significance of the Hebrew divine names in other ancient Near Eastern cultures have yielded generally disappointing results.その意義を見つける努力を起源とする神の名は、ヘブライ語で他の古代オリエント文化が通常不本意な結果に屈した。 One of the major reasons for this is that the ancient Hebrew theology invested these names with a uniqueness that renders investigation outside the narratives of the OT incapable of exploring fully their historical and religious significance.この主な理由の1つは、古代ヘブライ語の神学を投資して、これらの名前を一意の外で捜査してレンダリングot無能の体験談は、彼らの歴史や宗教的な意義を十分に探索します。

Basic to ancient Hebrew religion is the concept of divine revelation.基本的には、古代ヘブライ語の宗教の概念託宣。 While God is conceived of as revealing his attributes and will in a number of ways in the OT, one of the most theologically significant modes of the divine self-disclosure is the revelation inherent in the names of God.啓発として考えの中に神は自分の属性とは、いくつかの方法では、 ot 、 theologically 、最も重要な1つのモードでは、神の自己開示には、固有の名前を神の啓示です。

This aspect of divine revelation is established in the words of Exod.この側面託宣exodの言葉が確立されます。 6:3, "I appeared to Abraham, to Isaac and to Jacob, as God Almighty, but by my name the Lord [Yahweh] I did not make myself known to them." 6時03分、 "私はエイブラハム出演して、アイザックとジェイコブには、全能の神として、私の名前だったのですが、私の主[ヤハウェ]知られていないことを自分自身にしてください。 " According to classical literary criticism, the verse teaches that the name Yahweh was unknown to the patriarchs.古典文芸批評によると、この詩を教えることは、未知の名前をヤハウェpatriarchs 。 Thus, an ideological conflict exists between the Priestly author and the earlier Yahwist, who frequently put the name Yahweh on the lips of the patriarchs.したがって、イデオロギー的な対立が存在する聖職者の間では、前のyahwist作者とは、人の名前を頻繁にして唇には、ヤハウェpatriarchs 。

However, the words "by my name Yahweh I did not make myself known to them" have a somewhat hollow ring if the name Yahweh is understood only as an appellative.しかし、その言葉に"私の名前をヤハウェ私知られていないことを自分自身にして"がある場合、やや中空リング名ヤハウェが普通名詞としてしか理解しています。 The reason for this is that Moses asks in Exod.その理由は、要求してムーサーexod 。 3:13, "What is his name?" 3時13分、 "彼の名前は何ですか? " (mah-semo). (アミューズメント施設向けsemo ) 。 M. Buber has demonstrated that the syntax of this question does not connote an inquiry as to the name of God but an inquiry into the character revealed by the name. m.ブーバーが実証してこの質問はないの構文として引き合いを暗示する神の名を調査するしかし、キャラクターの名前を明らかにした。 He says, "Where the word 'what' is associated with the word 'name' the question asked is what finds expression in or lies concealed behind that name" (The Revelation and the Covenant, p. 48).彼によれば、 "どこの言葉'何'という言葉は、関連付けられている'名前'は、どのような質問が見つけた表現の背後に隠されている、またはそのような名前の嘘" (ヨハネの黙示録との約束は、 p. 48 ) 。 J. Motyer also concludes, "In every case where ma is used with a personal association it suggests enquiry into sort or quality or character, whereas mi expects an answer instacing individuals, or, as in the case of rhetorical questions, calling attention to some external feature" (The Revelation of the Divine Name, 19). j. motyerも結論は、 "すべてのケースでは、使用する場合は、個人的なマ協会照会を並べ替えたりすることを提案品質やキャラクターが、個人の美instacing答えを期待する、または、修辞的な例としては、質問には、いくつかの注意を呼び出す外部機能" (ヨハネの黙示録は、神の名は、 19 ) 。

Exod. exod 。 14:4 also supports the view that the name Yahweh embodies aspects of God's character. 14時04分の表示にも対応して、神の名ヤハウェ側面を具現キャラクターです。 It says, "and the Egyptians will know that I am Yahweh."それによれば、 "エジプト人が知っていることと、私はヤハウェ。 " It is hardly likely that the intent of this assertion is that they would learn only the name of the Hebrew God.意図することは予想しにくいが、この主張では、彼らの名前は、ヘブライ語を学ぶ神のみです。

In the light of these observations, the use of the concepts of the name of God in the early narratives of the book of Exodus is far broader than simply the name by which the Hebrew God was known.これらの観察に照らして、概念の使用は、神の名の初めには、出エジプト記の体験談は、単によりもはるかに広範で、ヘブライ語で神の名が知られています。 It has a strong element of divine self-disclosure within it.それは神の要素が強い自己開示が格納されています。

The corpus of divine names compounded with el and a descriptive adjunct also support this concept.コーパスを配合して、神の名を記述エルと詞もこのコンセプトをサポートしています。 The very fact that the adjunctive element is descriptive is an indication of its value as a source of theological content.補助の要素は非常にわかりやすいという事実を示しているのは、その価値を源として神学的なコンテンツです。

Typical of this type of name is el rot ("God who sees"; Gen. 16:13) and el olam ("God eternal"; Gen. 21:33).このタイプの典型的な名前はエル腐れ( "神の人の目" ;大将16時13分) 、エルolam ( "永遠の神" ;大将21時33分) 。 These el names sometimes emerge from a specific historical situation that illuminates their significance.これらのエルの名前をemerge時には、特定の歴史的状況からしてその意義を明らかにした。

The Meaning of the Divine Names神の名の意味は、

Yahweh, Jehovah (LORD)ヤハウェ、エホバ(主)

Efforts to determine the meaning of the tetragrammaton (YHWH) through historical investigation have been rendered difficult by the paucity of informative data relative to the various forms of the name ya in historical sources outside the OT.努力の意味を判別するのテトラグラマトン( yhwh )を介してきた歴史的な捜査に難しいレンダされる相対的に不足の有益なデータをさまざまな形での歴史的な外部の情報源の名前で、 otヤー。 For this reason the investigation has generally followed philological lines.通常、このような理由のため、捜査が続いて言語学の行です。 G. R. Driver suggested that the form ya was originally an ejaculatory cry, "shouted in moments of excitement or ecstasy," that was "prologued to ya(h)wa(h), ya(h)wa(h)y, or the like." grドライバを示唆して、フォームには、もともとは射精泣くヤー"と叫んだ瞬間の興奮やエクスタシーでは、 "それは、 "ヤー( h )にワシントンをprologued ( h )には、ヤー( h )に神奈川県( h )にy 、またはそのような"と述べた。 He suggested further that the name Yahweh arose from the consonance of an extended form of ya with the "imperfect tense of a defective verb."彼の名前を提示してさらなるヤハウェから立ち上がった協和ヤーの形で、拡張して、 "不完全な動詞の時制の欠陥です。 " Thus, he saw the origin of the name in a popular etymology and asserted that its original form was forgotten (ZAW 46:24).従って、彼の名前の由来を見たのは、人気の語源と主張して、オリジナルのフォームは忘れてしまった( zaw 46:24 ) 。

Mowinckel proposed the theory that the tetragrammaton should be understood as consisting of the ejaculatory element and the third person pronoun hu,' meaning "O He!"その理論を提唱してmowinckelテトラグラマトンとして理解しなければならないの構成要素と、 3人称代名詞射精胡、 'を意味する"おお、彼! "

Another approach to the problem is to understand the tetragrammaton as a form of paronomasia.もう一つのやり方を理解するには、問題の一形態としてのテトラグラマトン地口。 This view takes account of the broad representation of the name ya in extrabiblical cultures of the second millennium B.C.このビューを表示するには、アカウント名ヤーでは、幅広い表現extrabiblical文化の2番目の千年紀 The name Yahweh is thus understood as a quadriliteral form, and the relationship of the name of haya ("to be") in Exod.こうしてヤハウェの名前は4文字から成る形態として理解する、との関係は、名前のアヤ( "に" )でexod 。 3:14-15 is not intended to be one of etymology but paronomasia. 3:14-15されることを意図ではないしかし、地口語源の1つです。

The most common view is that the name is a form of a triliteral verb, hwy.最も共通のビューのは、名前は動詞の一形態であり、 3字から成る、 hwy 。 It is generally regarded as a 3 p.と見なされることは通常3 p. Qal stem imperfect or a 3 p.不完全または3 p. qal幹 imperfect verb in a causative stem.幹使役動詞は、不完全です。 Another suggestion is that it is a causative participle with a y preformative that should be translated "Sustainer, Maintainer, Establisher."もう一つの提案は、それとは、アイ接頭分詞使役して翻訳しなければならない"と支持者、管理者、 establisher 。 "

With regard to the view that the tetragrammaton is an elongated form of an ejaculatory cry, it may be pointed out that Semitic proper names tend to shorten; they are not normally prolonged.と関連して表示してあるテトラグラマトンは、細長い形の射精泣く、ユダヤ指摘しているかもしれないが固有名詞を短縮する傾向にある;彼らは、通常は長期にわたる。 The theory that the name is paronomastic is attractive, but when appeal is made to the occurrences of forms of ya or yw in ancient cultures, several problems arise.という説をparonomasticのは、魅力的な名前は、しかし、そのときにアピールがなされたりywヤーの形態の出現、古代の文化は、いくつかの問題がおきています。 It is difficult to explain how the original form could have lengthened into the familiar quadriliteral structure.どのように説明するのは難しい、元の形に長くなる可能性がある、なじみの4文字から成る構造です。 Mowinckel's suggestion is attractive, but speculative. mowinckelの提案は、魅力的ではなく、投機です。 It is also difficult to understand how the name Yahweh could have such strong connotations of uniqueness in the OT if it is a form of a divine name that found representation in various cultures in the second millennium B.C.またどのように理解することは難しい可能性があるヤハウェの名前などは、独自性の強い暗示otの場合は、神の名の一形態であり、様々な文化を表現して見つけたの第2千年紀

The derivation of the tetragrammaton from a verbal root is also beset with certain difficulties.テトラグラマトンから導出するのは、口頭でのルートでもあるの困難を抱えている。 The root hwy on which the tetragrammaton would be based in this view is unattested in West Semitic languages before the time of Moses, and the form of the name is not consonant with the rules that govern the formation of lamed he verbs as we know them. hwyテトラグラマトンのルートでは、この見解に拠点を置くだろうが、西セム語の言語で証明されない時間のモーゼの前には、フォームの名前や子音ではないことを規定して、ルールの形成ラーメド彼は知っている我々として動詞してください。

It is evident that the problem is a difficult one.それは明らかにして1つの問題は難しい。 It is best to conclude that the use of etymology to determine the theological content of the name Yahweh is tenuous.を締結することが最良の語源を使用してコンテンツを判別するの神学ヤハウェの名前は希薄です。 If one is to understand the theological significance of the divine name, it can be only be determining the theological content with which the name was invested in Hebrew religion.神学を理解している場合は、 1つの神の名の意義は、それだけで判別することができます神学的に満足して投資していたヘブライ語の名前を教えています。

Jah, Yah jah 、 yah

This shorter form of Yahweh occurs twice in Exodus (15:2 and 17:15).この短い形式のエクソダスヤハウェが発生した2回( 15時02分、 17時15分) 。 The former passage is echoed in Isa.通路には、元のISAこだました。 12:2 and Ps. PSと12時02分です。 118:14. 118:14 。 It also occurs numerous times in the formula haleluya ("praise yah").多数回発生しても、フォーミュラhaleluya ( "称賛yah "を参照) 。 Its use in early and late poetic passages and its formulaic function in the Hallel psalms suggest that this form of Yahweh is a poetic stylistic device.朝早くから夜遅くまで、詩的な文章で使用するとその機能は、定形hallel詩篇示唆して、このフォームのヤハウェは、詩的な文体のデバイスです。

The compounding of yah with Yahweh in Isa.ヤハウェの配合の中でのISA yah 。 12:2 (yah yhwh) indicates a separate function for the form yah, but at the same time an identification of the form with Yahweh. 12時02分( yah yhwh )の形で示すために、別の関数yah 、しかしそれと同時に、身分証明書の形でヤハウェ。

Yahweh Seba'ot ("Lord of Hosts")ヤハウェseba'ot ( "天帝" )

The translation "He creates the heavenly hosts" has been suggested for this appellative.翻訳文"を作成し、彼は天国のホスト"と命名され、このために提案した。 It is based on the assumption that Yahweh functions as a verbal form in a causative stem.それはヤハウェという前提に基づいて動詞として機能する形で使役幹です。 This conclusion is rendered difficult by the fact that the formula occurs in the expanded form yhwh elohe sebaot ("Yahweh God of hosts"), which attributes the function of a proper name to Yahweh.この結論がレンダ困難さが発生するという事実を公式には、拡張形式のyhwh elohe sebaot ( "ヤハウェ天帝" )は、どの属性の機能の適切な名前をヤハウェ。 The word seba'ot means "armies" or "hosts."その単語の意味seba'ot "軍隊"または"ホスト"と述べた。 It is best to understand Yahweh as a proper name in association with the word "armies."ヤハウェを理解していただくのが最良の適切な名前として、その言葉に関連して"軍隊"と述べた。

Elohim elohim

The root of Elohim is El (el). elohimのルートには、エル(エル) 。 The form elohim is a plural form commonly understood as a plural of majesty.複数形elohimのフォームには、複数の威厳をよく理解しています。 While the word occurs in Canaanite ('l) and Akkadian (ilu[m]), its etymology is uncertain.単語の間に発生する場合がカナン( ' l )のとアッカド( ilu紹介[ m ] ) 、その語源は不透明だ。 In the OT the word is always construed in the singular when it denotes the true God. otという言葉では、常に解釈することを表すときは、単数の真の神です。 In the Pentateuch the name elohim connotes a general concept of God; that is, it portrays God as the transcendent being, the creator of the universe.五名は、一般的な概念の神elohim connotes ;すなわち、それは神として描かれ、超越は、宇宙の生みの親だ。 It does not connote the more personal and palpable concepts inherent in the name Yahweh.より多くの個人的な暗示することはないとは、固有の名前をヤハウェ明白な概念です。 It can also be used to apply to false gods as well as to judges and kings.これを適用することも可能に偽りの神々に使われるだけでなく、裁判官やキングスにします。

Elエル

El has the same general range of meaning as Elohim.エルには、同じような意味elohim全般の範囲です。 It is apparently the root on which the plural form has been constructed.どうやらこれは、ルート上の複数形で建設されています。 It differs in usage from Elohim only in its use in theophoric names and to serve to contrast the human and the divine. elohim違いから使用することで、神の名をいただいただけでその名前を使用すると、人間のと対照的に奉仕して、神のです。 Sometimes it is combined with yah to become Elyah.時には併用することはyah elyahになる。

El Elyon ("God Most High")エルelyon ( "神の最も高い" )

The word 'elyon, an adjective meaning "high," is derived from the root 'lh ("to go up" or "ascend").その言葉' elyon 、形容詞を意味する"高"とは、ルートから派生した' lh ( "に行くまで"または"昇る"といいます。 ) It is used to describe the height of objects (II Kings 15:35; 18:17; Ezek. 41:7) as well as the prominence of persons (Ps. 89:27) and the prominence of Israel as a nation (Deut. 26:19; 28:1).それが使用され、高さの物体を記述する( 15時35分2世国王;午前18時17分; ezek 。 41:7 )だけでなく、卓立の人( ps. 89:27 )と、イスラエルの国家として名を馳せて( deut 。 26:19 ; 28:1 ) 。 When used of God it connotes the concept of "highest."神の際に使用されることconnotes "をコンセプトに最高です。 "

The name El Elyon occurs only in Gen. 14: 18-22 and Ps.エルelyonが発生したという名前だけで大将14 :十八から二十二までおよびPS 。 78:35, although God is known by the shorter title Elyon in a significant number of passages. 78:35 、短いにもかかわらず、神は知られては、かなりの数のタイトルelyon通路です。

There is a superlative connotation in the word 'elyon.最上級の意味合いがある単語' elyon 。 In each case in which the adjective occurs it denotes that which is highest or uppermost.それぞれのケースが発生したことを表す形容詞で、これは最高や最上している。 In Deut. deut中です。 26:19 and 28:1 the superlative idea is apparent in the fact that Israel is to be exalted above the nations.最上級のアイデアは、 26:19と28:1という事実を明らかにイスラエルでは、上記の国の高貴される。 The use of the word in I Kings 9:8 and II Chr.単語の使用は、午前9時08分、私の王2世chr 。 7:21 may not seem to reflect a superlative idea, but there is, as C. F. Keil suggests, an allusion to Deut. 5月7時21分、最上級のアイデアを反映していないように見えるが、そこは、 cf keilとして暗示するように、 deutに言及しています。 26:19 and 28:1, where the superlative idea exists. 26:19 、 28:1 、最上級のアイデアはどこに存在しています。 The superlative is also evident in the use of the word in Ps.最上級でも、明らかにその言葉を使ってしまう。 97:9, where it connotes Yahweh's supremacy over the other gods. 97:9が、ここは、 connotesヤハウェの優位を、他の神々です。

El Shaddaiエルshaddai

The etymology of sadday is obscure.その語源は、無名のsadday 。 It has been connected with the Akkadian sadu ("mountain") by some.アッカドに接続していることがサドゥー( "山" )をいくつか。 Others have suggested a connection with the word "breast," and still others have seen a connection with the verb sadad ("to devastate").他のユーザーが接続してその言葉を提案する"と胸には、 "他人に見られるとまだ接続して動詞sadad ( "を荒廃させる"といいます。 ) The theological significance of the name, if it can be understood fully, must be derived from a study of the various contexts in which the name occurs.その名の神学的意義について、完全に理解されるのであれば、勉強しなければならないから派生する様々な文脈では、名前が発生します。

The name Shaddai frequently appears apart from El as a divine title.頻繁に表示される名前をshaddaiエルとして、神のタイトルから離れている。

El-Eloe-Yisraelエル- eloe -イスラエル

This appellation occurs only in Gen. 33:20 as the name of the altar that marked the place of Jacob's encounter with God.この名称が発生しただけでは、その名前の大将33:20祭壇には、その場所のマークジェイコブの神に遭遇している。 It denotes the unique significance of El as the God of Jacob.このユニークな意義を表すこととして、神のジェイコブエル。

Adonai上帝

The root 'dn occurs in Ugaritic with the meanings "lord and father."ルート' DNを意味してウガリットが発生する"と父親の主です。 " If the word originally connoted "father," it is not difficult to understand how the connotation "lord" developed from that.単語の場合、もともとconnoted "父親は、 "それはどのようなニュアンスを理解するのが難しくありませんが"主"を開発してからです。 The basic meaning of the word in the OT is "lord."基本otは、その言葉の意味は、 "主よ。 "

Critical to the understanding of the meaning of the word is the suffix ay.重要な影響を及ぼすという言葉の意味を理解するのは、アイのサフィックスです。 It is commonly suggested that the ending is the first person possessive suffix on a plural form of 'adon ("my lord").と示唆して終了することがよくある人は、最初の所有格上で複数形の接尾辞' adon ( "わたしの主"を参照) 。 This is plausible for the form adonay, but the heightened form adonay, which also appears in the Massoretic text, is more difficult to explain, unless it represents an effort on the part of the Massoretes "to mark the word as sacred by a small external sign."これは、フォームadonayもっともらしいが、フォームadonay高まり、これにも表示されますmassoreticテキストは、より困難に説明するが、それを表していない限り努力してその部分massoretes "という単語をマークしたとして神聖な小型外付けサインです。 "

Attention has been drawn to the Ugaritic ending -ai, which is used in that language "as a reinforcement of a basic word," However, it is doubtful that this explanation should be applied in all cases.ウガリット注目されて描かれたエンディング-アナログ入力して、その言語が使用されて"の強化として、基本的な単語は、 "しかし、このような説明をすることは疑わしいすべてのケースに適用しなければならない。 The plural construction of the name is evident when the word occurs in the construct as it does in the appellation "Lord of lords" ('adone ha adonim) in Deut.複数の建設は、その言葉が発生したときの名前は明らかに構築することが、名称として"ロードオブローズ" ( ' adoneハadonim ) deut 。 10:17. 10:17 。 And the translation "my Lord" seems to be required in such vocative addresses as "my Lord Yahweh, what will you give me?"翻訳と"わたしの主"が必要と思われるような呼アドレスとして"わたしの主ヤハウェは、どのような手を貸してくれませんか? " (Gen. 15:2; see also Exod. 4:10). ( 15時02分大将; exodも参照してください。 4:10 ) 。

It appears, then, that it is best to understand the word as a plural of majesty with a first person suffixual ending that was altered by the Massoretes to mark the sacred character of the name.それが表示され、次に、その単語を理解していただくのが最良の複数形としての威厳を改変された最初の人物suffixualエンディングmassoretesにマークされる聖なる文字の名前です。

Other Divine Names他の神の名

The name Baali occurs only once, in Hos.たった一度の名前が発生baali 、 hosです。 2:16 (AV; "My Baal," RSV) in a play on words. 2時16分(動静; "私のバール"と記されてあります)は、言葉遊びです。 The word means "my husband," as does isi, the word with which it is paired.その言葉は、 "私の夫は、 " isiとしては、その言葉にそれがペア。

Ancient of Days is an appellation applied to God in Dan. 古代の日は、神が適用されるダン名称です。 7. 7 。 It occurs with other depictions of great age (vs. 9) to create the impression of noble venerability.偉大なことが発生して他の年齢的な〜の描写(対9 )を作成し、尊敬すべき高貴な印象を与える。

Abba is an alternate Aramaic term for "father." アバは、異なる言葉アラム語で"父"と述べた。 It is the word that Jesus used to address God in Mark 14:36.イエスキリストの御言葉が使われることは、神をマークしてアドレスを14時36分です。 Paul pairs the word with the Greek word for "father" in Rom.ポールのペアでは、ギリシャ語の単語を"父"は、 ROMです。 8:15 and Gal. 8時15分、ギャル。 4:6. 4時06分。

The 'alep that terminates the form 'abba' functions as both a demonstrative and a vocative particle in Aramaic. 'アレップして終了するという形'アバ'指示として機能すると、両方の粒子がアラム語呼び掛けています。 In the time of Jesus the word connoted both the emphatic concept, "the father," and the more intimate "my father, our father."イエスキリストの言葉は、時間の概念を強調してconnotedの両方で、 "父は、 "と、より親密な"私の父は、私たちの父です。 "

While the word was the common form of address for children, there is much evidence that in the time of Jesus the practice was not limited only to children.単語の間には子供たちのための共通の形式のアドレスは、そこには多くの証拠に基づいて、練習の時にイエスキリストの子供ではないだけに限られています。 The childish character of the word ("daddy") thus receded, and 'abba' acquired the warm, familiar ring which we may feel in such an expression as "dear father."その言葉の幼稚な文字( "パパ" )こうして後退し、 'アバ'後天性の暖かい、おなじみの指輪を我々はこのような表現としての可能性を感じる"親愛なる父"と述べた。

The Theological Significance of the Divine Names神の名の神学的意義について、

Yahwehヤハウェ

The parallel structure in Exod. exod構造では、パラレル。 3:14-15 supports the association of the name Yahweh with the concept of being or existence.同協会の名前をサポートし3:14-15ヤハウェれている概念や存在しています。 It says, "I AM has sent me to you" (vs. 14; "The LORD has sent me to you" (vs. 15). The name "I AM" is based on the clause "I AM WHO I AM" found in 3:14 which, on the basis of the etymology implied here, suggests that Yahweh is the 3.p. form of the verb 'ehyeh (I am).それによれば、 "私はあなたが送ってくれた" (対14 ; "を送ってきたのは、あなたの主" (対15 ) 。の名前を"私"は、条項に基づいて、 "私は私"見つかった3時14分には、黙示の語源に基づいて、ここでは、フォームを示唆して3.p.ヤハウェの動詞は、 ' ehyeh (私が) 。

The clause 'ehyeh'aser 'ehyeh has been translated in several ways, "I am that I am" (AV), "I am who I am" (RSV, NIV), and "I will be what I will be" (RSV margin).この条項' ehyeh'aser ' ehyehに翻訳され、いくつかの方法で、 "私は私がして" (動静)は、 "私は私" (記されてあります、記されてあります) 、および"私は、私はどのようになる" (余白に記されてあります) 。 Recently the translation "I am (the) One who is" has been suggested.最近の翻訳"私は(その)一人は、 "提案されています。 The latter translation has much in its favor grammatically and fits the context well.後者の翻訳や文法的には、はるかに有利な文脈よく合う。

The main concern of the context is to demonstrate that a continuity exists in the divine activity from the time of the patriarchs to the events recorded in Exod.の主な関心事は、コンテキストは、連続性が存在することを証明し、神の活動をしてからの時間は、 patriarchs exodに記録されたイベントです。 3. 3 。 The Lord is referred to as the God of the fathers (vss. 13, 15, 16).その主は、神と呼ばれることには、父の( vss. 13 、 15 、 16 ) 。 The God who made the gracious promises regarding Abraham's offspring is the God who is and who continues to be.愛想の良い人の前に、神の約束については、アブラハムの子孫たちは、神と続けている人がいます。 The affirmation of vs. 17 is but a reaffirmation of the promise made to Abraham.しかし、肯定することは、対17の約束を再確認するアブラハム。 The name Yahweh may thus affirm the continuing activity of God on behalf of his people in fealty to his promise.断言するが、このように名前をヤハウェ神に代わって活動を継続する人々が彼の忠誠の誓いを約束した。

Jesus' application of the words "I am" to himself in John 8:58 not only denoted his preexistence but associated him with Yahweh.イエスの言葉には、アプリケーションの"私"を自分自身でしかないのジョン示さ8時58分、彼と彼の関連先在しかしヤハウェ。 Jesus was the fulfillment of the promise given to Abraham, the fulfillment of which Abraham anticipated (John 8:56).イエス様は、満足感を与えられたアブラハムの約束は、アブラハムの充足感が予想(ジョン8時56分) 。

In the Pentateuch, Yahweh denotes that aspect of God's character that is personal rather than transcendent.五では、神ヤハウェの性格的な側面を表すことは、個人というより超越している。 It occurs in contexts in which the covenantal and redemptive aspects of God predominate.これが発生するとcovenantalコンテキストで、神の贖いの面で優位に立つ。 Cassuto says, "The name YHWH is employed when God is presented to us in His personal character and in direct relationship to people or nature; and 'Elohim, when the Deity is alluded to as a Transcendental Being who exists completely outside and above the physical universe" (The Documentary Hypothesis, p. 31).カッスートによれば、 " yhwhは、就業者の名前を提示する際に、神は私たちを自分の個人的なキャラクターとは直接の因果関係を、人々や自然、そして' elohim 、ときには神のような存在を示唆している人の存在を完全に超越として、上記の外部との物理的なユニバース" (ドキュメンタリー仮説、 p. 31 ) 。 This precise distinction does not always obtain outside the Pentateuch, but Yahweh never loses its distinct function as the designation of the God of Israel.この区別は必ずしも正確な外の五書を入手、しかし決してヤハウェが途切れたの名称は、別個の機能としては、イスラエルの神です。

The name Yahweh Sabaoth appears for the first time in Israel's history in connection with the cult center at Shiloh (1 Sam. 1:3).ヤハウェ万軍の名前が表示されるのは初めてで、イスラエルの歴史に関連して、教団センターでシロ( 1サムです。 1時03分) 。 It is there that the tent of meeting was set up when the land of Canaan had been subdued by the Israelites (Josh. 18:1).それがあるのは、テントをセットアップする際には、会議室のカナンの地で、イスラエル人いたしぶい( josh. 18時01分) 。 The name apparently had its origin in the period of the conquest or the postconquest period.その起源は、名前を明らかにしたり、その期間の征服postconquest期間です。 It does not occur in the Pentateuch.それは、五書は発生しません。

It is possible that the name was attributed to Yahweh as a result of the dramatic appearance to Joshua of an angelic being called the "commander of the host of Yahweh" at the commencement of the conquest (Josh. 5:13-15).名前をしていたことが可能に起因する結果としてヤハウェの劇的な外観には、天使のジョシュアと呼ばれ、 "ホストの司令官ヤハウェ"は、卒業式の征服( josh. 5:13-15 ) 。 The name would thus depict the vast power at Yahweh's disposal in the angelic hosts.その名は、このように描くの広大なパワーでヤハウェの処分は、天使のホストです。

The association of this name with the ark of the covenant in I Sam.同協会はこの名前にして約ひつサムよい。 4:4 is significant in that Yahweh is enthroned above the angelic figures known as the cherubim (II Sam. 6:2).ヤハウェ有意では、午前4時04分には、天使のような人物として知られてenthroned上記のケルビム( ⅱサム。 6時02分) 。 Because the name was associated with the ark of the covenant, David addressed the people in that name when the ark was recovered from the Philistines (II Sam. 6:18).名前は、関連付けられているので、約ひつ、デビッド宛のとき、人々はそのような名前の箱舟から回収されたphilistines ( ⅱサム。 6時18分) 。 The name is often associated with the military activities of Israel (I Sam. 15:2-3; II Sam. 5:10).その名は往々に関連付けられているイスラエルの軍事活動を(私サム。 15:2-3 ;サム2世です。 5時10分) 。

The almighty power of Yahweh displayed in this name is manifested in the sphere of history (Pss. 46:6-7; 59:5).ヤハウェの全能の力の名前は明らかに表示され、この分野での履歴( pss. 46:6-7 ; 59:5 ) 。 His power may be displayed in the life of the individual (Ps. 69:6) as well as the nation (Ps. 80:7).彼の人生は、電源が表示される場合は、個々の( ps. 69:6 )だけでなく、全国( ps. 80:7 ) 。 Sometimes he is simply referred to as "the Almighty."ときどき彼と呼ばれるのは、単に"オールマイティ"と述べた。

The military connotation of the name was not lost, even in the eighth century, for Isaiah appeals to that name to depict the hosts of heaven that accompany Yahweh in his intervention in history (Isa. 13:4).軍事的なニュアンスが失われるという名前ではない、八世紀でも、イザヤ書のために控訴してホスト名を描くために、天の介入して彼の歴史の中で同行ヤハウェ( isa. 13時04分) 。

Elohim elohim

This is the more general name for God.これは、より一般的な神の名前です。 In the Pentateuch, when used as a proper name, it most commonly denotes the more transcendental aspects of God's character.五では、適切な名前として使用されるときに、それより多くの超越的側面を最もよく表す神のキャラクターです。 When God is presented in relation to his creation and to the peoples of the earth in the Pentateuch, the name Elohim is the name most often used.提示する際に関連して、神は自分の創造と、地球の人々には、五、 elohimの名前は、名前を最も頻繁に使用されています。 It is for this reason that Elohim occurs consistently in the creation account of Gen. 1:1-2:42 and in the genealogies of Genesis.それはこのような理由のために、継続的に発生してelohimアカウントの作成とは、大将genealogiesの創世記1:1-2:42 。 Where the context takes on a moral tone, as in Gen. 2:4bff., the name Yahweh is used.道徳的な文脈上でどこまで調子は、午前2時04分bff大将のようにします。 、ヤハウェの名が使用されています。

Throughout Genesis and the early chapters of Exodus elohim is used most often as a proper name.創世記との早期の支部を通じてエクソダスelohimとしては、適切な名前を最も頻繁に使用されています。 After Exod. exod後です。 3 the name begins to occur with increasing frequency as an appellative, that is, "the God of," or "your God." 3名を開始すると、ますます頻繁に起こる普通名詞として、それは、 "神様は、 "または"あなたの神です。 " This function is by far the most frequent mode of reference to God in the book of Deuteronomy.この関数は、これまでで最も頻繁にモードのリファレンスを本の中では神の申命記です。 When used in this fashion the name denotes God as the supreme deity of a person or people.ファッション際に使用されている神の名を表す最高の神として人々の人間や。 Thus, in the frequent expression, "Yahweh your God," Yahweh functions as a proper name, while "God" functions as the denominative of deity.したがって、頻繁な表情で、 "あなたの神ヤハウェは、 "ヤハウェの関数として、適切な名前で、 "神"と名付けるのは神のような存在として機能しています。

The appellative elohim connotes all that God is. elohim connotes命名して、神がすべてです。 As God he is sovereign, and that sovereignty extends beyond Israel into the arena of the nations (Deut. 2:30, 33; 3:22; Isa. 52:10).彼は神としての主権は、主権を拡張するとしてアリーナを越えて、イスラエルの国( deut. 2:30 、 33 ;午前3時22分;のISA 。 52:10 ) 。 As God to his people he is loving and merciful (Deut. 1:31; 2:7; 23:5; Isa. 41:10, 13, 17; 49:5; Jer. 3:23).彼は神のように彼を愛する人々にして慈悲深く( deut. 1時31分、 2時07分、 23時05分;のISA 。 41:10 、 13 、 17 ; 49:5 ; jer 。 3時23分) 。 He establishes standards of obedience (Deut. 4:2; Jer. 11:3) and sovereignly punishes disobedience (Deut. 23:21).彼の基準を定めて服従させる( deut. 4時02分; jer 。 11時03分)の反抗と処罰sovereignly ( deut. 23時21分) 。 As God, there is no one like him (Isa. 44:7; 45:5-21).神としては、 1つは彼が好きではない( isa. 44:7 ; 45:5-21 ) 。

The same connotations obtain in the use of the shorter form el.同じ意味合いを得る形での使用は、短いエル。 He is the God who sees (el ro i; Gen. 16:13) and he is el the God of Israel (Gen. 33:20).彼は、神の人の目(エル路私;大将16時13分)と彼はイスラエルの神のエル(大将33:20 ) 。

As El Elyon, God is described in his exaltation over all things.エルelyonとしては、神様が説明されて高揚するすべてのものです。 There are two definitive passages for this name.この通路には2つの決定的な名前です。 In Ps.でしまう。 83:18 Yahweh is described as "Most High over the earth," and Isa. 83:18ヤハウェを記述すると"地球上で最も高い"とのISAです。 14:14 states, "I will ascend above the heights of the clouds, I will make myself like the Most High." 14 : 14の州は、 "私はハイツの上に登るのは、雲が、私は自分のように、最も高くなっています。 "

However, in the majority of cases the attributes of this name are indistinguishable from other usages of El or Elohim.しかし、大多数の場合は、この名前の属性の使用に関する情報は、他と区別できないのかelohimエル。 He fixed the boundaries of the nations (Deut. 32:8).彼はその国の境界を固定( deut. 32:8 ) 。 He effects changes in the creation (Ps. 18:13).彼の創出効果の変化( ps. 18時13分) 。 El Shaddai occurs most frequently in the Book of Job, where it functions as a general name for the deity.エルshaddaiの本の中では最も頻繁に発生仕事が、ここは、関数の名前を神のような存在として、全般です。 As El Shaddai, God disciplines (Job 5:17); he is to be feared (Job 6:14); he is just (Job 8:3); he hears prayer (Job 8:5); and he creates (Job 33:4).エルshaddaiとしては、神の規律(職務5時17分) ;彼が懸念される( 6時14分ジョブ) ;彼はただの(仕事8時03分) ;彼の祈りを聞く( 8時05分ジョブ) ;と彼を作成する(ジョブ33:4 ) 。

This name occurs six times in the patriarchal narratives.この名前は、家父長が発生した6回の体験談だ。 In most of those instances it is associated with the promise given by God to the patriarchs.それらのほとんどのインスタンスに関連付けられたことは、神から与えられた約束patriarchs 。 Yet the name is often paired with Yahweh in the poetic material, and thus shares the personal warmth of that name.しかしヤハウェの名前は往々には、詩的な材料とペアを組んで、このように株式の個人的な温かさとその名前になりました。 He is known for his steadfast love (Ps. 21:7) and his protection (Ps. 91:9-10).彼は彼の変わらぬ愛で知られる( ps. 21時07分)と彼の保護( ps. 91:9-10 ) 。

The root of Adonai means "lord" and, in its secular usage, always refers to a superior in the OT.上帝のルートを意味する"主よ"と、その永年の使用では、常に上位にotを指します。 The word retains the sense of "lord" when applied to God.その言葉の意味を保持"主よ"神の際に適用されます。 The present pointing of the word in the Massoretic text is late; early manuscripts were written without vowel pointing.その言葉を指し、現在のテキストは、後半には、 massoretic ;母音なしに書かれた初期の原稿を指しています。

In Ps.でしまう。 110:1 the word is pointed in the singular, as it usually is when it applies to humans rather than God.その言葉は、 110:1の特異点は、それが適用されるときには、通常は神ではなく人間だ。 Yet Jesus used this verse to argue for his deity.だが、この詩を議論するために使われてイエス彼の神です。 The pointing is Massoretic, and no distinction would be made in the consonantal texts.ポインティングmassoreticのは、差別が行われていないと、子音のテキストです。 Since the word denotes a superior, the word must refer to one who is superior to David and who bears the messianic roles of king and priest (vs. 4).以来、優越感を表す言葉は、 1つの単語を参照する必要がありますデビッド優れていると誰が誰ベアーズの救世主の役割王と司祭(対4 ) 。

The name Abba connotes the fatherhood of God.アバの名前connotes神の父権。 This is affirmed by the accompanying translation ho pater ("father") which occurs in each usage of the name in the NT (Mark 14:36; Rom. 8:15; Gal. 4:6).これは添付されている翻訳されたホアファームドペイター( "父" )が発生する場合は、それぞれの用途ではNTの名前( 14時36分マーク; ROMのです。 8時15分;ギャル。 4時06分) 。

The use of this name as Jesus' mode of address to God in Mark 14:36 is a unique expression of Jesus' relationship to the Father.この名前を使用するとしてイエスの神モードのアドレスを14時36分には、ユニークな表情のマークイエスの関係を父親です。 Jeremias says, "He spoke to God like a child to its father, simply, inwardly, confidently. Jesus' use of abba in addressing God reveals the heart of his relationship with God" (The Prayers of Jesus, p. 62).イェレミアスによれば、 "彼は子供のように、神の父は、単に、内心は、自信を持っています。イエスのアバの使用は神のアドレッシングの関係を明らかに彼の心臓の神様" (イエスキリストの祈りが、 p. 62 ) 。

The same relationship is sustained by the believer with God.同じ関係は、信者を神に支えられている。 It is only because of the believer's relationship with God, established by the Holy Spirit, that he can address God with this name that depicts a relationship of warmth and filial love.それは信奉者のみのため、神との関係を、聖霊によって設立された、ということで、このアドレスに神の名前を描いてきた関係の温かさと愛の雑種です。

In a sense the relationship designated by this name is the fulfillment of the ancient promise given to Abraham's offspring that the Lord will be their God, and they his people (Exod. 6:7; Lev. 26:12; Jer. 24:7; 30:22).ある意味で、この名が指定されるとの関係は、古代の充足感を与えられたアブラハムの子孫を約束することは彼らの神、主は、かれらとその民( exod. 6時07分;レフです。 26:12 ; jer 。 24:7 ; 30:22 ) 。

T E McComiskey te mccomiskey
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
W.F.ワリスフツナ諸島 Albright, From Stone Age to Christianity; W. Eichrodt, Theology of the OT,I, 178ff.; L. Koehler, OT Theology; J. Schneider et al., NIDNTT, II, 66ff.; G. Oehler, Theology of the OT; M. Reisel, The Mysterious Name of Y.H.W.H.; H.H. Rowley, The Faith of Israel; H. Schultz, OT Theology, II, 116ff.; T. Vriezen, An Outline of OT Theology; H. Kleinknecht et al., TDNT, III, 65ff.オルブライト長官は、石器時代からキリスト教;ウィリアムアイヒロート、神学は、 ot 、私は、 178ff 。 ; l.ケーラー氏は、神学ot ; j.シュナイダーら。 、 nidntt 、 2世、 66ff 。 ; Gをオーラー、神学は、 ot ; m. reiselは、神秘的な名前をyhwh ; hhローリーは、イスラエルの信仰; h.シュルツ、 ot神学は、 2世、 116ff 。 ; t. vriezen 、神学のあらましot ; h.クラインクネヒトら。 、 tdntは、 3世、 65ff 。


Also, see:また、参照してください:
Arguments for the Existence of God 引数は、神の存在
Also, see:また、参照してください:
Jesus イエス
Christ キリスト
Bible 聖書
Christianity キリスト教

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです