Graceグレース

General Information 総合案内

Grace, a central concept in Christian theology, refers to God's granting Salvation not in reward for the moral worth of the human but as a free and undeserved gift of love. This concept stands opposed, therefore, to any notion that salvation can be earned by human effort apart from God's help.グレースは、キリスト教神学の中心概念では、参照して、神の救いを付与していないため、報酬は、人間の道徳的価値があるとして、無料で、不当しかし愛の贈り物です。このコンセプトに立って反対し、したがって、どんな考えをして稼いだことができますによる救済人間の努力は別に、神の助けです。

The Old Testament contains important themes related to God's undeserved love for his people, Israel.旧約聖書には、重要なテーマに関連する不当な神の愛のために彼の人々は、イスラエルです。 The chief architect of the early Christian church's theology of grace, however, was Saint Paul; charis, the Greek word for "grace," is infrequent in the non Pauline writings of the New Testament.チーフアーキテクトは、初期キリスト教の教会の神学の恵みを受けて、しかし、セントポールだった;ハーリスは、ギリシャ語で"グレースは、 "たまには、新約聖書の記述以外のポーリーン。 For Paul, grace means the free gift of salvation by which God liberates humans from Sin and frees them from death "through the redemption which is in Christ Jesus" (Romans 3:24). Paul deliberately sets grace in contrast to all human efforts to achieve favor with God.ポールは、恵みの贈り物として、救済手段の自由な人間から解放される神の罪と死から解放して"償還を通じて、これは、イエスキリスト" (ローマ人への手紙3時24分) 。 グレースポールとは対照的に、故意に設定してすべての人間の努力神の恩恵を達成しています。

In the subsequent development of the theology of grace, two conflicting views have predominated. The first, characteristic of medieval Christianity and continued in much Roman Catholic theology, has treated grace as a divine power that enters a person and, in cooperation with the person's own will, transforms him or her into one who loves God and is loved by God. This grace is transmitted especially, perhaps exclusively, through the church's Sacraments (the "means of grace"); and it allows some room for human merit because the one who receives grace must also cooperate with it in the process of transformation.で、その後の開発には、神学の恵みを受けて、 2つの相反する見解がpredominated 。 、最初は、キリスト教の中世の特徴や継続的に多くのローマカトリック神学は、神の力として扱われることの恵みを入力する人や、人と協力して、独自のが、彼または彼女の変換を1つの神を愛するとは、神に愛されています。グレースは、この伝送特に、おそらく排他的には、教会の秘跡を通して(以下"恵みの手段" ) ;とすることにより、人間のためにいくつかの部屋には、 1つのメリット誰にも協力してそれを受信する必要があります猶予の過程に変換します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The second view, often a reaction against the first, is particularly associated with the Protestant Reformation and Protestant theology. 2番目のビューで、多くの場合、最初の反応に対して、関連付けられているが、特に、プロテスタントの改革とプロテスタントの神学です。 In contrast to the ideas that the sacraments transmit grace and that one must cooperate with grace, Protestant theologians have insisted that grace is given where God wills and is not conditional on a person's receptivity. Thus the sacraments are signs of grace, but do not impart it, and salvation depends entirely on God, not at all on human will - a theme close to the idea of Presestination.とは対照的に、アイデアを発信して秘跡の恵みと協力しなければならないとして1つの猶予は、 プロテスタントの神学者の猶予があると主張して与えられた神の意志とはどこではない人の受容性を条件付きです。従って、秘跡の恵みを受けている兆しがない伝えるそれは、全面的に依存して神の救いとは、人間には全くそんなことはありません-という考えをテーマに近いp resestination。 This grace, controlled only by God, is not a power that transforms a person; it is a love that receives a person directly into God's favor.この恵みは、神の支配によってのみ、変換することではないパワー人;それは人を愛することを受信すると、神の恩恵を直接です。

These two views are not totally incompatible.これらの2つのビューは完全に互換性がない。 Both seek to understand the forms of God's unmerited love for people and their undeserved gift of salvation.両方の形態の模索を理解して、神の愛のために人々と自分の身に余る不当な贈り物の救いだ。

William S Babcockウィリアム秒バブコック

Bibliography 文献情報
A C Clifford, Atonement and Justification (1990); P Fransen, Divine Grace and Man (1962); C Journet, The Meaning of Grace (1960); D Liederbach, The Theology of Grace and the American Mind (1983); J Moffatt, Grace in the New Testament (1932); P Watson, The Concept of Grace (1959); W T Whitley, ed., The Doctrine of Grace (1932).交流クリフォードは、償いと正当化( 1990 ) ; fransen p 、神の恵みと男( 1962 ) ; cジュルネ、グレースの意味( 1960 ) ; d liederbach 、神学の恵みとは、アメリカの心( 1983 ) ; jモファット、グレースは、新約聖書( 1932年) ; pワトソンは、その概念のグレース( 1959 ) ;重量ホイットリー、エド。 、その教義のグレース( 1932 ) 。


Graceグレース

Advanced Information 高度情報

Like many other familiar terms the word "grace" has a variety of connotations and nuances, which need not be listed here.心安くして、他の多くの言葉のように"グレース"は、さまざまな意味合いやニュアンスは、ここに記載する必要はありません。 For the purposes of this article its meaning is that of undeserved blessing freely bestowed on man by God, a concept which is at the heart not only of Christian theology but also of all genuinely Christian experience.この記事を目的としたことを意味するのは不当な男で、神の祝福を授けた自由は、これは、心臓の概念だけでなく、キリスト教神学だけでなく真にキリスト教のすべての経験です。 In discussing the subject of grace an important distinction must be maintained between common (general, universal) grace and special (saving, regenerating) grace, if the relationship between divine grace and the human situation is to be rightly understood.グレースは、重要な議論の主題との間の区別を維持しなければならない共通の(一般的な、普遍的)猶予や特別(保存、再生)グレースは、もし神の恵みとの関係は、人間の状況を正しく理解しています。

Common Grace共通グレース

Common grace is so called because it is common to all mankind.グレースは、いわゆる共通なぜならこれは全人類に共通しています。 Its benefits are experienced by the whole human race without discrimination between one person and another.その利点は、全人類が経験して差別せずに、もう一人の人間の間です。 The order of creation reflects the mind and the care of the Creator who sustains what he has made.創造の順序を反映して心のケアとは、彼がどのようなクリエーターの人の支えです。 The eternal Son, through whom all things were made, "upholds the universe by his word of power" (Heb. 1:2 - 3; John 1:1 - 4).永遠の息子は、すべてのものがあった誰を通じて、 "自分の言葉で宇宙のupholdsパワー" ( heb. 1時02分-3 ;ヨハネ1 :1- 4) 。 God's gracious provision for his creatures is seen in the sequence of the seasons, of seedtime and harvest.神の恵み深い彼の生き物が見られる引当金の四季の循環、種をまく時期や収穫のです。 Thus Jesus reminded his hearers that God "makes his sun rise on the evil and on the good, and sends rain on the just and on the unjust" (Matt. 5:45).従ってその神は、イエスを思い浮かべた聞き手"太陽の上昇により彼は、悪として良い、として送信するだけでは、雨の不当な" ( matt. 5:45 ) 。 The Creator's sustaining care for his creation is what is meant when we speak of divine providence.賛助のクリエーターの創造は、彼の世話をするときに我々は何を話すのは、神の摂理を意味します。

Another aspect of common grace is evident in the divine government or control of human society.共通のもう一つの側面は、明らかに神の恵みが、人間社会の政府や制御します。 It is true that human society is in a state of sinful fallenness.人間社会のことは事実だがfallenness状態で罪深い。 Were it not for the restraining hand of God, indeed, our world would long since have degenerated into a self destructive chaos of iniquity, in which social order and community life would have been an impossibility.それは神の手を抑制していないため、実際のところ、我々の世界には、とっくの昔に自己破壊的な混乱が変性の巣は、社会秩序と社会の中で生活を送っていたのに不可能なことだ。 That a measure of domestic, political, and international harmony is enjoyed by the generality of mankind is due to the overruling goodness of God.国内で測ることは、政治的、および国際的な調和が享受されるのは、人類の普遍性のために、神の善良overruling 。

Paul actually teaches that civil government with its authorities is ordained by God and that to resist these authorities is to resist the ordinance of God.ポール実際に教えることは、市民の政府当局によって定められた神とは、これらの当局者に抵抗することは、神の条例に抵抗する。 He even calls secular rulers and magistrates ministers of God, since their proper concern is the maintenance of order and decency in society.彼は世俗の支配者との電話でさえ治安判事閣僚神は、彼らの適切なので、懸念されるのは、社会秩序の維持や礼儀作法のです。 Insofar as they bear the sword for the punishment of wrongdoers in the interests of justice and peace, theirs is a God - given authority.クマの知る限り、かれらの懲罰の剣を不義を行う者の利益の正義と平和、かれらは、神-与えられた権限だ。 And, significantly, the state of which the apostle was proud to be a citizen was the pagan and at times persecuting state of imperial Rome, at the hands of whose rulers he would be put to death.とは、大幅には、同州の使徒の一人の市民が誇りに思いますが、時々 、異教の迫害ローマ皇帝の状態で、支配者の手になる彼の死を入れる。 (See Rom. 13:1ff.) ( ROMを参照してください。 FFの13時01分です。 )

It is due, further, to common grace than man retains within himself a consciousness of the difference between right and wrong, truth and falsehood, justice and injustice, and the awareness that he is answerable or accountable not merely to his fellowmen but also and ultimately to God, his Maker.それが原因、さらには、共通の恵みを保持内で自分自身よりも男性の意識の違いは、善悪、真実と虚偽は、正義と不正義、との意識を高めることに対して、彼は彼の責任だけではないfellowmanの複数形だけでなく、最終的に神は、彼のメーカーです。 Man, in short, has a conscience and is endowed with the dignity of existing as a responsible being.男は、要するに、良心には、恵まれているとは、既存の尊厳としての責任をつくり上げた。 He is duty bound lovingly to obey God and to serve his fellows.彼は神に従う義務に縛ら愛情を込めて彼の仲間に奉仕しています。 The conscience is the focus within each person, as a being formed in the image of God, not only of self respect and of respect for others but of respect for God.その内の一人一人が良心の焦点は、イメージとして形成され、神は、自分だけでなく、他の尊重を尊重し、しかし、神に敬意を表するためです。

To common grace, then, we must thankfully attribute God's continuing care for his creation, as he provides for the needs of his creatures, restrains human society from becoming altogether intolerable and ungovernable, and makes it possible for mankind, though fallen, to live together in a generally orderly and cooperative manner, to show mutual forbearance, and to cultivate together the scientific, cultural, and economic pursuits of civilization.共通の恵みには、その後、我々は神に感謝して属性を継続的ケアのための彼の創造は、彼のニーズを提供するために彼の生き物は、人間社会の抑制になるから始末に負えない完全に耐えられないとは、人類のためにすることが可能と、倒れたかかわらず、同棲して整然かつ協調的な方法では、通常は、相互の寛容を示し、一緒に栽培できるとの科学的、文化的、および経済的には文明の趣味です。

Special Grace特別猶予

Special grace is the grace by which God redeems, sanctifies, and glorifies his people.特別の計らいでは、神の恵みによってどのredeems 、 sanctifies 、彼の人々と美化です。 Unlike common grace, which is universally given, special grace is bestowed only on those whom God elects to eternal life through faith in his Son, our Savior Jesus Christ.共通の恵みとは違って、これは普遍的に与えられた、特別の計らいでは、それらの上にのみ授けた神への信仰を通じて永遠の命を選出する息子は、私たちの救い主イエスキリストです。 It is to this special grace that the whole of the Christian's salvation is owed: "All this is from God, who through Christ reconciled us to himself," Paul writes of the believer's re - creation in Christ (2 Cor. 5:18).それは、この特別な恵みは、キリスト教の救いは、全体の〜が支払うべき: "これは神から与えられたすべての人仲直りキリストを通して私たちに自分自身は、 "ポールの書き込みは、信者の再-キリストの創造( 2うわっ。 5時1 8分) 。 God's regenerating grace is dynamic.神の恵みは、動的な再生します。 It not only saves but also transforms and revitalizes those whose lives were previously broken and meaningless.変換だけでなく、それを保存するだけでなく、これらの活性化や無意味な生活が以前に壊れています。 This is graphically illustrated by the experience of Saul the persecutor who was dramatically changed into Paul the apostle, so that he was able to testify: "By the grace of God I am what I am, and his grace toward me was not in vain. On the contrary, I worked harder than any of them (the other apostles), though it was not I, but the grace of God which is with me" (1 Cor. 15:10).これは経験されたグラフィカルイラストレイティッドソールの迫害者たちは、使徒パウロ劇的に変わるので、彼ができるように証言: "私は神の恵みによってどのような私は、私と彼の恵みに向かっても無駄ではなかった。とは逆に、かれらの誰よりも強く働いた(他の使徒)は、よいことではないが、これは神の恩寵てくれる" ( 1うわっ。 15:10 ) 。

All is thus ascribed to the grace of God, not merely the Christian's conversion but also the whole course of his ministry and pilgrimage.すべては神の恩寵をこのように生得的ではなく、単に、キリスト教の変換だけでなく、彼の全省や巡礼コースです。 For the sake of convenience, the theme of special grace will now be developed under a number of customary theological heads or aspects, as prevenient, efficacious, irresistible, and sufficient.利便性のために、特別の計らいでは、今のテーマの下で開発される数多くの首長や慣習的神学的側面は、予防的な、効き目は、非常に魅力的な、そして十分です。

Prevenient grace is grace which comes first. グレースはグレース見越しての最初についてくる。 It precedes all human decision and endeavor.すべての人間の意思決定の前に努力することとします。 Grace always means that it is God who takes the initiative and implies the priority of God's action on behalf of needy sinners.それは、神の恵みを意味し、常に人のイニシアチブとは、神の行動の優先度を示すように代わって罪人の腹をすかした。 That is the whole point of grace: it does not start with us, it starts with God; it is not earned or merited by us, it is freely and lovingly given to us who have no resources or deservings of our own.その点は、全体のグレース:スタートではない私たちは、神が始まる;獲得していないことが報われるか私たちは、自由と愛情を込めて与えられたことは、私たちの誰もない独自の資源やdeservings 。 "In this is love," John declares, "not that we loved God but that he loved us and sent his Son to be the expiation for our sins"; consequently, "we love, because he first loved us" (1 John 4:10, 19). "これは愛では、 "ジョンを宣言し、 "しかし、神に愛されていないことを愛していると私たちは息子に送信されるため、我々の罪の償い" ;したがって、 "私たちの愛は、愛されるために彼は私たちの最初の" ( 1ヨハネ4 : 10 、 19 ) 。

God, in fact, showed his prior love for us by graciously providing this redemption precisely when we had no love for him: "God shows his love for us," says Paul, "in that while we were yet sinners Christ died for us," so that "while we were enemies we were reconciled to God by the death of his Son" (Rom. 5:8, 10; cf. 2 Cor. 8:9).神は、実際、私たちの愛を見せて彼の事前の優雅さを正確に提供する際に、この償還がなかった我々の彼への愛: "私たちの神の愛を示している"とポールは、 "私たちはまだ罪人にしている間にキリストが死んで私たちは、 "今は、 "私たちは、敵ながら和解して、神によって私たちは、息子の死" ( rom. 5時08分、 10 ; cf 。 2うわっ。 8時09分) 。 God took action, moreover, when we were helpless (Rom. 5:6), without any ability to help ourselves or to make any contribution toward our salvation.神はアクションは、また、私たちは無力なとき( rom. 5時06分) 、助けなしに自分自身の能力や貢献に向けて私たちのことを言うのは救いだ。 The sinner's state is one of spiritual death, that is to say, of total inability, and his only hope is the miracle of new birth from above (John 3:3).罪人の状態は、精神的な死の1つは、これは、つまり、別の合計ができないこと、そして彼の唯一の希望は、奇跡の上からの新たな誕生(ジョン3時03分) 。 That is why the apostle reminds the Ephesian believers that salvation came to them when they were "dead" in sins, from which there follows only one conclusion, namely, that it is by grace that they were saved.使徒を連想させるというわけでは、信者たちを救いに来たephesianしていたときに"死んで"罪は、以下のとおりですそこから1つだけで結論は、すなわち、それは、グレースは、彼らが保存されます。

Both now and for all eternity the Christian will be indebted to "the immeasurable riches" of God's grace displayed in his kindness toward us in Christ Jesus; for, Paul insists, "by grace you have been saved through faith, and this is not your own doing, it is the gift of God, not because of works, lest any man should boast" (Eph. 2:5 - 9).今と永遠の両方のためのすべての債務をキリスト教に"計り知れないほどの富"は、神の恵みに表示されて私たちは彼の優しさに向かって、イエスキリスト;ためには、ポール主張は、 "あなたが保存されるグレース信仰を介して、これではないとして自分のやっていること、それは神の贈り物ではなく、作品のためには、男は自慢しないようにする" ( eph. 2時05分-9 ) 。 But for the prevenience, or priority, of divine grace, all would be lost.しかし、先行、あるいは優先順位は、神の恵みが、すべて失われるだろう。

Efficacious grace is grace which effects the purpose for which it is given. グレースあらたかな効果は、その目的のための猶予を与えられたことはこれだ。 It is efficacious simply because it is God's grace.なぜならこれは単にあらたかなことは、神の恵みです。 What is involved here is the doctrine of God: what God purposes and performs cannot fail or come to nothing; otherwise he is not God.ここでは、何がかかわって神の教義:神の目的とは何かを実行することはできませんが失敗した場合に何もない、そうでなければ彼は神ではない。 The indefectibility of redeeming grace is seen not only in the turning of sinners from darkness to light but also in the bringing of them to the consummation of eternal glory.グレースindefectibilityの欠点を補うのが見られるだけでなく、罪人のターニングの闇の中から光をもたらすだけでなく、かれらの中に永遠の栄光の終焉。 "All that the Father gives to me will come to me," Jesus declared; "and him who comes to me I will not cast out; and this is the will of him who sent me, that I should lose nothing of all that he has given me, but raise it up at the last day" (John 6:37, 39; cf. 17:2, 6, 9, 12, 24). "すべてのことを私に与え、父親が来て私には、 "イエスキリストを宣言; "と彼に私たちが、私はそれをアウトキャスト;ており、これが彼の意志を送ってきた人は、すべてのことが何もない私は彼を失う私は与えられたが、それまでは、最後の日を引き上げる" (ジョン6時37分、 39 ; cf 。 17時02分、 6 、 9 、 12 、 24 ) 。 There is no power in all the universe that can undo or frustrate the work of God's special grace: "My sheep hear my voice, and I know them, and they follow me," says the Good Shepherd; "and I give them eternal life, and they shall never perish, and no one shall snatch them out of my hand" (John 10:27 - 28).そこではない、宇宙、すべての電源を元に戻すことができるのかを廃案に働く神の特別な恵み: "私の声を聞いて私の羊を、私は知っているし、彼らに従いなさいと述べています。 "グッドシェファード; "と永遠の命を与えてよいは、かれらは決して消滅すると、だれもかれらのうちは、私の手スナッチ" (ヨハネ10:27 -2 8) 。

All, as we have seen, from beginning to end, is owed to the grace of Almighty God (2 Cor. 5:18, 21).すべては、私たちが見たとしては、最初から最後まで、恵みには〜が支払うべき全能の神( 2うわっ。 5時18分、 21 ) 。 The whole of our redemption is already achieved and sealed in Christ: "For those whom (God) foreknew he also predestined to be conformed to the image of his Son; and those whom he predestined he also called; and those whom he called he also justified; and those whom he justified he also glorified" (Rom. 8: 29 - 30).私たちは、すでに全体の償還を達成したと密閉キリスト: "をforeknew者(神)に適合してpredestined彼はまた、画像の息子;と呼ばれる彼はまた、これらの心に適うpredestined ;と呼ばれる彼はまた、これらの心に適う正当;と正当彼はまた、見せかけの心に適う者" ( rom. 8 : 29 -3 0) 。 That the grace of God in Christ Jesus is efficacious, that it achieves now and for evermore the redemption it was designed to achieve, should be a source of the utmost confidence, strength, and security to the Christian.神の恩寵では、イエスキリストが効き目は、それを実現することで、永久に償還を達成するために設計された、最大限の努力しなければならないが、自信の源は、強さ、およびセキュリティをキリスト教です。 The fact that "God's firm foundation stands, bearing this seal: 'The Lord knows those who are his'" (2 Tim. 2:19) should fill him with unshakable assurance.という事実を"神の確固たる基盤スタンドは、このシール軸受: '知っている人たちは、主の彼' " ( 2ティム。 2時19分)で彼を埋める揺るぎない保証すべきだ。 Since the grace of redemption is the grace of God, he may be absolutely certain "that he who began a good work in you will bring it to completion at the day of Jesus Christ" (Phil. 1:6).以来、償還猶予のは、神の恩寵、彼は絶対にあるかもしれない"と彼はいい仕事をする人で始めたことを完成させることは、イエスキリストの日" ( phil. 1時06分) 。 God's special grace is never in vain (1 Cor. 15:10).神の恵みは決して無駄な特別( 1うわっ。 15:10 ) 。

Irresistible grace is grace which cannot be rejected.グレースでは、 非常に魅力的な猶予を拒否することはできません。 The conception of the irresistibility of special grace is closely bound up with what has been said above concerning the efficacious nature of that grace.その概念は、密接に縛らirresistibilityの特別の計らいでは、アップされてきたことによるとして上記の性質に関することあらたかな恵み。 As the work of God always achieves the effect toward which it is directed, so also it cannot be resisted or thrust aside.神の仕事として、常にその実現に向けて効果を指示することは、今も抵抗したりすることはできません。推力さておき。 No doubt it is true that most persons blindly struggle against the redemptive grace of God at first, just as Saul of Tarsus fought against the goads of his conscience (Acts 26:14); subsequently, however, he understood that God had not only called him through his grace but had set him apart before he was born (Gal. 1:15), indeed that those who are Christ's were chosen in him before the foundation of the world (Eph. 1:4).間違いないことは確かだが、ほとんどの人々の闘いを盲目的に神の贖いの恵み最初は、ソールのと同じように戦ったタルススのgoads彼の良心(行為26:14 ) ;その後、しかし、彼は理解していただけでなく、神と呼ばれるしかし、彼を通して彼のグレース離れていた彼の前に彼が生まれたセット( gal. 1時15分)は、実際にその人たちは、キリストが選ばれたのは彼の前には、世界基金( eph. 1時04分) 。

As creation was irresistibly effected through the all powerful word and will of God, so also the new creation in Christ is irresistibly effected through that same all powerful word and will.たまらなく影響としては、創造を通じて、すべての強力な単語とは、神は、キリストのためにも、新しい創造には、たまらなく影響を介してすべての強力な単語とは同じです。 The Creator God is one and the same with the Redeemer God.神の創造と同じでは、 1つの神の救い主です。 This in effect is what Paul is affirming when he writes: "It is the God who said, 'Let light shine out of darkness' (that is, at creation; Gen. 1:3 - 5), who has shone in our hearts to give the light of the knowledge of the glory of God in the face of Jesus Christ (that is, in the new creation)" (2 Cor. 4:6).これでは、肯定的効果は、どのようなときに書き込みますポール: "それは、神の人によると、 'せ闇の中の光磨きのうち' (それは、創造;大将1時03分-5 ) 、誰が私たちの心の中に輝いていた光の知識を与えるためには、神の栄光は、イエスキリストの顔(つまり、新しい創造) " ( 2うわっ。 4時06分) 。 The regenerating work of God in the believing heart, precisely again because it is God's work, can no more be resisted than it can come to nothing.再生作業は、神の信者の心は、再び正確には神の仕事なので、こちらに抵抗がないことよりも来て何でもない。

Sufficient grace is grace that is adequate for the saving of the believer here and now and hereafter to all eternity. 十分な猶予は猶予して保存するのに適しているが、ここで、今と来世を信じている人すべてのエタニティ。 As with the other aspects of special grace, its sufficiency flows from the infinite power and goodness of God.側面と同様に、他の特別の計らいで、その充足の流れから、神の無限のパワーと善良だ。 Those who draw near to him through Christ he saves "fully and completely" (Heb. 7:25, Phillips).彼に近い人々を描くキリストを通して彼セーブ"完全かつ完全に" ( heb. 7時25分、フィリップス) 。 The cross is the only place of forgiveness and reconciliation, and it is fully so; for the blood of Jesus shed there for us cleanses from all sin and from all unrighteousness (1 John 1:7, 9), and he is the propitiation not for our sins only but also "for the sins of the whole world" (1 John 2:2).十字架に置くだけでは、寛容と和解、そしてそれは完全にだから;は、イエスキリストの血cleanses上屋そこから我々のすべての罪のために、すべての不義から( 1ヨハネ1時07分、 9 ) 、そして彼は、なだめていない私たちの罪のためのみならず、 "罪のために、全世界の" ( 1ヨハネ2時02分) 。 Moreover, as we face the trials and afflictions of this present life the Lord's grace continues to be unfailingly sufficient for us (2 Cor. 12:9).また、我々の試練に直面すると、現世の生活の諸問題の主の恵み続けている私たちのために十分な底なし( 2うわっ。 12時09分) 。 He has promised, "I will never fail you nor forsake you."彼は約束は、 "私は絶対に失敗することも捨てるんだよ" "Hence," as the author of the Letter to the Hebrews points out, "we can confidently say, 'The Lord is my helper, I will not be afraid; what can man do to me?'" (Heb. 13:5 - 6; Ps. 118:6). "したがって、 "として、作者は、へブル人への手紙を指摘するように、 "我々は自信たっぷりに言うことは、 'の主は、私のヘルパーは、私はそれを恐れる;男は私に何ができるのか。 ' " ( heb. 13時05分-6 ;しまう。 1 18:6) 。

The fact that many who hear the call of the gospel fail to respond to it with repentance and faith, and continue in their unbelief, does not imply that there is any insufficiency in Christ's atoning sacrifice of himself on the cross.という事実を多くの人の耳には、ゴスペルのコールに応答することに失敗しても、後悔すると信仰は、彼らの不信仰して続行し、意味があることはありません不全では、いかなる犠牲atoningキリストの十字架上の自分自身です。 The fault rests entirely with them, and they are condemned because of their own unbelief (John 3:18. It is inappropriate to speak of divine grace in terms of quantity, as though it were sufficient only for those whom God justifies, or as though for its sufficiency to exceed these limits would mean a wastage of grace and to that extent an invalidation of Christ's self - offering. God's grace is boundless. How could it be anything else, seeing it is the grace of our Lord Jesus Christ, God himself incarnate? That is why it is all - sufficient. No matter how much we draw from it, the river of divine grace is always full of water (Ps. 65:9). Quantitative notions of God's saving grace make the universal offer of the gospel unreal for those who reject it and leave them rejecting something that is not even there for them to reject.それらの欠点を完全に置き、死刑囚のために、彼らは、自分の不信仰(ヨハネ3時18分です。不適切なことを話すのは、神の恵み量の点では、これらのことが神のために十分な正当化のみ、またはまるで充足するために、これらの制限を超えることを意味するの恵みと損耗の範囲を無効にしてキリストの自己-を提供しています。神の恵みは限りない。どうしてそれ以外のことには、見ては、わたしたちの主イエスキリストの恵みは、自分自身の神化身ですか?それはなぜそれがすべて-十分です。どんなに多くの我々から引き出すことは、神の恵みの川の水は、常にフル( p s.6 5:9) 。定量的な概念は、神の恵みを保存せずには、普遍的提供非現実的福音を拒否する人のために置きっぱなしにして、何かを拒否されていないためでもあることを拒否しています。

And this in turn leaves no ground for their condemnation as unbelievers (John 3:18 again).そして、この中の電源としての葉のない非難を地面には、不信心者(ジョン再び3時18分) 。 More biblical is the distinction that has been propounded between the sufficiency and the efficiency (or efficaciousness) of special grace (though it would be foolish to imagine that this dissolves the mystery of God's gracious dealings with his creatures), according to which this grace is sufficient for all but efficient (or efficacious) only for those whom God justifies by faith.こちらは、聖書の区別提唱されてきたとの間の充足の効率化(またはefficaciousness )の特別の計らいで(愚かなことだろうと想像して、この謎の溶解、神の恵み深いかかわりがある彼の生き物)によると、このグレースは、しかし、十分なすべての効率的な(またはあらたかな)神のみを正当化するためにこれらの信仰です。

It is important always to remember that the operation of God's grace is a deep mystery that is far beyond our limited human comprehension.重要なことは、いつもの操作を覚えておくことは、神の恵み深い謎には、私たちの限られた人間の理解をはるかに超えています。 God does not treat men as though they were puppets with no mind or will of their own.男性の治療に神はない彼らはまるで操り人形ではないのか、自分の心です。 Our human dignity as responsible persons under God is never violated or despised.責任者としての私たちの神の下に人間の尊厳に違反したり軽蔑されることはない。 How could it be, since this dignity is itself given by God?どうしてそれが、これ以降は、それ自体で与えられた神の尊厳ですか? By Christ's command the gospel of divine grace is freely proclaimed throughout the whole world (Acts 1:8; Matt. 28:19).このコマンドによって、キリストの福音書を通して神の恵みは、全世界の自由を宣言( 1時08行為;マットです。 28:19 ) 。 Those who turn away from it do so of their own choice and stand self condemned as lovers of darkness rather than light (John 3:19, 36).それから背き去る者のためには、独自の選択を行うと非難される恋人たちのセルフスタンドではなく闇の中の光( 3時19分ジョン、 36 ) 。 Those who thankfully receive it do so in full personal responsibility (John 1:12; 3:16), but then they give all the praise to God because their whole redemption is, in some wonderful way, due entirely to the grace of God and not at all to themselves.幸いな人たちでいっぱいそう受け取ることを個人的な責任(ジョン1 : 12 ;午前3時16分)が、その後かれらのすべての称賛を与えるために、神は彼らの全体の償還は、いくつかの素晴らしい方法では、完全に神の恩寵により、全然痛くないしている。

Confronted with this marvelous but mysterious reality, we can do no more than exclaim, with Paul: "O the depth of the riches and wisdom and knowledge of God! How unsearchable are his judgments and how inscrutable his ways! For from him and through him and to him are all things. To him be glory for ever. Amen" (Rom. 11:33, 36).しかし、この驚異的な神秘的な現実に直面して、我々以上に大声で言うことはない、とポール: "おおの深さは、富と知恵と知識の神よ!捜し出せないは彼の判断をどのように、どのような方法で不可解な彼!を介してから、彼と彼のそして彼には、すべてのものです。彼には永遠の栄光。アーメン" ( rom. 11:33 、 36 ) 。

P E Hughes体育ヒューズ
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
C R Smith, The Biblical Doctrine of Grace; J Moffatt, Grace in the NT; N P Williams, The Grace of God; H H Esser, N I D N T T, II; H Conzelmann and W Zimmerli, T D N T,IX; E Jauncey, The Doctrine of Grace; T F Torrance, The Doctrine of Grace in the Apostolic Fathers. crスミス氏は、聖書の教義の恵み; jモファット、グレースではNT ;ネパールウィリアムズは、神の恩寵; hhエセール、 nidntt 、 2世; hコンツェルマンとWツィンマリ、 tdnt 、 9 ; e jauncey 、その教義の恵みを受けて; TF審議トーランス、その教義は、使徒の祖先の恵みを受けています。


Means of Graceグレース手段

Advanced Information 高度情報

"Means of Grace" is an expression not used in Scripture, but employed (1) to denote those institutions ordained by God to be the ordinary channels of grace to the souls of men. "恵みの手段"は、表現の啓典で使用されていないが、 ( 1 )就業者機関が制定されたことを表し、神の恵みを受けられるのチャンネルを普通の人々の魂。 These are the Word, Sacraments, and Prayer.これらの言葉は、秘跡、そして祈りをささげる。 (2.) But in popular language the expression is used in a wider sense to denote those exercises in which we engage for the purpose of obtaining spiritual blessing; as hearing the gospel, reading the Word, meditation, self-examination, Christian conversation, etc. ( 2 )しかし、平易な言葉では表現は、より広い意味で使われることを表し、ここでは、これらの演習を行うことを目的と霊的な祝福を取得;として公聴会の福音書は、その言葉を読んで、瞑想は、自己検査では、キリスト教の会話には、等

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Means of Graceグレース手段

Advanced Information 高度情報

The means of grace, or media through which grace may be received, are various.グレースの手段、またはメディアを通じてどの猶予を受けたかもしれないが様々です。 The primary means of grace is that of Holy Scripture, from which our whole knowledge of the Christian faith is derived and the chief purpose of which is to communicate to us the saving grace of the gospel of Jesus Christ (2 Tim. 3:15; John 20:31).グレースは、プライマリの手段の教典ことは、私たちの中から、全体の知識とキリスト教の信仰が派生して、最高意思疎通の目的は、私たちにとって、これは取りえがイエスキリストの福音( 2ティム。 3 : 15 ;ジョン20 : 31 ) 。 Preaching, which is the proclamation of the dynamic truth of the gospel, is, as the teaching and practice of Christ himself and his apostles show, a means of grace of the utmost importance (Luke 24:47; Acts 1:8; Rom. 1:16; 10:11 - 15; 1 Cor. 1:17 - 18, 23).説教は、これは、動的な宣言は、福音の真理は、キリストの練習として、教師や自分自身と彼の使徒番組では、極めて重要な手段の恵み(ルカ24:47 ;行為1 : 08 ; ROMのです。 1 : 16 ; 10:11 -1 5; 1うわっ。 1時1 7- 18 、2 3 )。 Similarly, personal witness and evangelism are means for bringing the grace of the gospel to others.同様に、個人的な証人と福音主義の恩恵をもたらすためには手段を他の福音です。

If the above are essentially means of saving grace, there are also means of continuing or strengthening grace.もし、上記の手段の取りえは、本質的には、継続的な手段もあるグレースまたは強化します。 The exposition of Holy Scripture for the instruction and edification of Christian believers is one such means, as also is the private study of the Bible.万博の教典は、キリスト教信者の教化命令とはこのような手段の1つとしては、民間の研究も聖書です。 Another is prayer, in which the Christian communes with God, experiences his presence, and opens himself to his purpose and his power.もう一つは、祈りは、キリスト教の神communesして、自分の存在を経験し、自分自身を開いて、自分の目的と彼の力だ。 Another is fellowship with other Christians in worship and witness.もう一つは、キリスト教徒の礼拝と交わりを持つ他の証人だ。 And yet another is participation in the sacrament of the breaking of bread which Christ instituted and commanded his followers to observe (Acts 2:42).そしてもう一つは、聖餐式に参加するのは、パンをキリストの設立を破るとその部下に命じ観察(行為の午前2時42分) 。

It is of particular importance that the means of grace should be rightly received, and to be rightly received they must be received with faith and gratitude; otherwise, instead of being means of grace they become means of condemnation.これは特に重要なのは、正しく受信しなければならないという意味の恵みを受けて、正しく受け取ったとされる彼らの信仰と感謝しなければならないと受け取った;そうでなければ、かれらの代わりになるの恵みを受けているという意味の非難を意味する。 Thus the purpose of Christ's coming was not to judge but to save the world.このようにする目的ではないと判断し、キリストが来るのが、世界を救う。 The person, however, who in unbelief rejects Christ and his teaching is not saved but judged by Christ (John 12:47 - 48).その人は、しかし、不信仰を拒否した者は、キリストと彼の教えではないと判断された保存しかし、キリスト(ヨハネ12:47 -4 8) 。 The gospel must not only be heard; it must also be believed (John 5:24; I John 5:13; Rom. 10:9 - 14).福音を聞いただけにするべきではありません;考えられている必要もあります(ジョン5 : 24 ;私のジョン5 : 13 ; ROMのです。 10時09 -1 4) 。

Similarly, the sacrament of the breaking of bread (known also as the Lord's Supper, Holy Communion, or the Eucharist) was instituted by Christ as a means of grace, and it is indeed such to all who thankfully receive it with faith in the Savior who died for sinners on the cross.同様に、聖餐式のパンの破れ(としても知られ、主の夕食は、聖体拝領、またはその聖体)によって設立されたキリストの恵みの一つの手段として、そしてそれは確かにそのようなことをすべての人に感謝して信仰を受け取るの救世主罪人のために十字架上で亡くなった。 Such persons truly eat Christ's flesh and drink his blood (John 6:35, 52 - 58).キリストのような人肉を食べると飲み物を真に自分の血液(ジョン6時35分、 52 -5 8) 。 But those who receive in an unworthy manner are "guilty of profaning the body and blood of the Lord," and to them the sacrament becomes a means of condemnation, so that, in receiving it, they eat and drink judgment upon themselves (1 Cor. 11:27 - 29).しかし、受信者にあるまじき態度では、 "体のprofaning有罪とは、血液中の主は、 "かれらの聖餐式になるとの非難を意味するので、それを受けて、かれらの判断に食べたり飲んだりして( 1うわっ! 。 11:27 -2 9) 。 Accordingly, it is erroneous to imagine that this sacrament, or for that matter, baptism, or the hearing of the gospel, or attendance at church, is automatically a means of grace to any who partake of it, without regard to their disposition of faith or unbelief, as though the mere reception sufficed to guarantee the imparting of grace.したがいまして、それは誤ったこの聖餐式を想像して、あるいはそのことについては、バプテスマ、あるいは、ゴスペルの聴聞会で、あるいは教会の礼拝出席者は、恵みの一つの手段には、自動的に参加するすべての人のことは、彼らの気質の信仰を気にせずにまたは不信仰は、まるで、単なるレセプションsufficed impartingの恵みを保証する。

That is why Paul speaks of the ministers of the gospel as being, in their witness and in their suffering, those who spread the fragrance of the knowledge of Christ, fragrance, however, which to those who are perishing through unbelief is "fragrance from death to death," while to those who are being saved through faith it is "fragrance from life to life" (2 Cor. 2:14 - 16).ポールが喋るというわけでは、閣僚の福音書としては、彼らの苦しみの証人とは、人々の知識の普及は、キリストの香りは、香料、しかし、これを介してたまらない人たちは不信仰は、 "死からフレグランス死には、 "人の中に保存されていることは信仰を通じて"人生をより人生の香り" ( 2うわっ。 2時14 -1 6) 。

P E Hughes体育ヒューズ
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)


Graceグレース

Advanced Information 高度情報

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Sanctifying Graceグレースsanctifying

Catholic Information カトリック情報

Grace (gratia, Charis), in general, is a supernatural gift of God to intellectual creatures (men, angels) for their eternal salvation, whether the latter be furthered and attained through salutary acts or a state of holiness.グレース(グレーシア、ハーリス)は、一般的に、神の贈り物には、超自然的知的な生き物(男性は、天使)は、永遠の救いは、進展を達成するかどうか、後者に有益な行為を通じてまたはホーリネス状態です。 Eternal salvation itself consists in heavenly bliss resulting from the intuitive knowledge of the Triune God, who to the one not endowed with grace "inhabiteth light inaccessible" (1 Timothy 6:16).永遠の救い自体から生じる構成で、直感的な知識を無上の幸福は、三位一体の神は、恵まれていない人を猶予する"光の手の届かないinhabiteth " ( 1ティモシー6時16分) 。 Christian grace is a fundamental idea of the Christian religion, the pillar on which, by a special ordination of God, the majestic edifice of Christianity rests in its entirety.グレースは、キリスト教の基本的な考えは、キリスト教の宗教、柱の上には、特別聖職叙任される神は、キリスト教の荘厳なエディフィス置きそっくりそのままです。 Among the three fundamental ideas -- sin, redemption, and grace -- grace plays the part of the means, indispensable and Divinely ordained, to effect the redemption from sin through Christ and to lead men to their eternal destiny in heaven.のうち、 3つの基本的な考え方-罪、償還、および猶予-グレースを演じるの手段は、必要不可欠と定められた神は、キリストを通して罪より効果の償還をリードする男たちと彼らの永遠の運命は、天国にいる。

Before the Council of Trent, the Schoolmen seldom used the term gratia actualis, preferring auxilium speciale, motio divina, and similar designations; nor did they formally distinguish actual grace from sanctifying grace.トレント評議会の前には、めったに使われる用語グレーシアactualis schoolmanの複数形は、お好み専門auxilium 、 motio divina 、および同様の指定;しなかった彼らから正式に区別する実際のグレースグレースsanctifying 。 But, in consequence of modern controversies regarding grace, it has become usual and necessary in theology to draw a sharper distinction between the transient help to act (actual grace) and the permanent state of grace (sanctifying grace).しかし、近代的帰結として、グレース論争に関しては、それが必要になるといつもよりシャープで神学を描画する手助けを区別して行動する過渡(実際の支払猶予)との永続的なステートオブグレース(グレースsanctifying ) 。 For this reason we adopt this distinction as our principle of division in our exposition of the Catholic doctrine.このような理由から、この区別を採用する我々の原則として課では、我々の博覧会カトリック教義です。 In this article, we shall treat only of sanctifying grace.本稿では、我々のもののみを扱うsanctifyingグレース。 (See also ACTUAL GRACE.) (実際の猶予も参照してください。 )

Santifying graceグレースsantifying

Since the end and aim of all efficacious grace is directed to the production of sanctifying grace where it does not already exist, or to retain and increase it where it is already present, its excellence, dignity, and importance become immediately apparent; for holiness and the sonship of God depend solely upon the possession of sanctifying grace, wherefore it is frequently called simply grace without any qualifying word to accompany it as, for instance, in the phrases "to live in grace" or "to fall from grace".すべて終了して以来、あらたかな目的は、指示されるの生産グレースグレースsanctifyingすでに存在する場所がない、あるいはそれを維持するとどこに増加させることは、すでに存在する場合、その優秀さは、尊厳は、重要になるとすぐに分かる;ための神聖と神の息子であるだけに依存するの所持sanctifyingグレースは、何のために頻繁に呼ばれることは単に言葉の猶予もなく予選に同行することとしては、例えば、そのフレーズ"を優雅に住んでいる"または"を失脚" 。

All pertinent questions group themselves around three points of view from which the subject may be considered:適切な質問を自分の周りのすべてのグループの3つのポイントからの眺めを対象と見なされるかもしれません:

I. The preparation for sanctifying grace, or the process of justification. i. sanctifyingグレースの準備のため、あるいは正当化のプロセスです。

II. Ⅱ 。 The nature of sanctifying grace.自然の恵みsanctifying 。

III. Ⅲ 。 The characteristics of sanctifying grace.グレースsanctifyingの特徴です。

I. JUSTIFICATION: THE PREPARATION FOR SANCTIFYING GRACE i.正当化:準備のための猶予sanctifying

(For an exhaustive treatment of justification, see the article JUSTIFICATION). (治療のための正当性を徹底的には、その記事の正当性を参照してください) 。 The word justification (justificatio, from justum facere) derives its name from justice (justitia), by which is not merely meant the cardinal virtue in the sense of a contant purpose to respect the rights of others (suum cuique), nor is the term taken in the concept of all those virtues which go to make up the moral law, but connotes, especially, the whole inner relation of man to God as to his supernatural end.という言葉を正当化( justificatio 、より公正facere )その名前から派生した正義( justitia )は、単に意図されたことではありませんが美徳であるという意味で、基本的な目的は、 contant他人の権利を尊重して( suum cuique ) 、またその用語は、撮影のコンセプトは、すべての人々の美徳を穴埋めする道徳律に行くが、 connotes 、特に、全体としての人間関係を入れ子に彼の超自然の神として終わりです。 Every adult soul stained either with original sin or with actual mortal sin (children are of course excepted) must, in order to arrive at the state of justification, pass through a short or long process of justification, which may be likened to the gradual development of the child in its mother's womb.すべての成人の魂のどちらかに染色して原罪または実際の大罪(もちろん、子供たちは除く)をしなければ、同州に到着するためには、正当性、通過する過程では長短いずれの正当性は、どのようなものであるかもしれないが徐々に発展その子供は、母親の胎内。 This development attains its fullness in the birth of the child, accompanied by the anguish and suffering with which this birth is invariably attended; our rebirth in God is likewise preceded by great spiritual sufferings of fear and contrition.この開発の膨満attainsでは、子供の誕生は、苦悩と苦痛を伴うのは、この誕生は、常に出席して、私たちの神の再生には、同様に先行して恐怖や悔恨の偉大な精神的苦痛です。

In the process of justification we must distinguish two periods: first, the preparatory acts or dispositions (faith, fear, hope, etc.); then the last, decisive moment of the transformation of the sinner from the state of sin to that of justification or sanctifying grace, which may be called the active justification (actus justificationis) with this the real process comes to an end, and the state of habitual holiness and sonship of God begins.正当化の過程で2つのピリオドを区別しなければならない:第一に、その準備行為または売却(信仰、恐怖、希望、等) ;それから最後には、決定的な瞬間には、同州からの変換は、罪人の罪を正当化して、またはsanctifyingグレースは、積極的な正当性と呼ばれている場合があります( actus justificationis )で、このプロセスの実が終わりを迎えたと常習的ホーリネスの状態と神の息子であることが始まります。 Touching both of these periods there has existed, and still exists, in part, a great conflict of opinion between Catholicism and Protestantism.これらの両方に触れピリオドが存在し、依然として存在する場合は、部分的に、偉大なカトリックとプロテスタントの間で意見の対立です。

This conflict may be reduced to four differences of teaching.この紛争の可能性に縮小して4つの違いを教えてください。 By a justifying faith the Church understands qualitatively the theoretical faith in the truths of Revelation, and demands over and above this faith other acts of preparation for justification.教会の信仰を正当化される理論を理解し、質的には、真理の啓示を信仰し、上記の要求を超えると、この信仰のための準備その他の行為を正当化した。 Protestantism, on the other hand, reduces the process of justification to merely a fiduciary faith; and maintains that this faith, exclusive even of good works, is all-sufficient for justification, laying great stress upon the scriptural statement sola fides justificat.プロテスタントは、その一方で、そのプロセスの正当性を軽減するだけで、受託者の信仰;そしてこの信仰を維持して、排他的でも良い作品は、正当な理由は、すべてのために十分な、大きなストレスを敷設する声明は、聖書を立証する物件justificat solusの女性です。 The Church teaches that justification consists of an actual obliteration of sin and an interior sanctification.その教会には実際に教えることの正当性閉塞罪の構成や内部の清浄化する。 Protestantism, on the other hand, makes of the forgiveness of sin merely a concealment of it, so to speak; and of the sanctification a forensic declaration of justification, or an external imputation of the justice of Christ.プロテスタントは、その一方で、罪の赦しには、それだけで、隠ぺいのは、いわば;や法医学の清浄化宣言を正当化する、または外部の正義キリスト帰属します。 In the presentation of the process of justification, we will everywhere note this fourfold confessional conflict.その過程では、プレゼンテーションの正当性、我々はこの4倍告白紛争の至る所に注意。

A. The Fiduciary Faith of the Protestants A.付録受託者の信仰は、プロテスタント

The Council of Trent (Sess. VI, cap. vi, and can. xii) decrees that not the fiduciary faith, but a real mental act of faith, consisting of a firm belief in all revealed truths makes up the faith of justification and the "beginning, foundation, and source" (loc. cit., cap. viii) of justification.トレントの評議会( sess. viのは、キャップです。 viの、そしてことです。 12世)令信仰していない、受託者は、精神的な行為ではなく、真の信仰は、すべての構成を明らかにすると固く信じている真理を構成しているとの信仰の正当性"初めには、財団、およびソース" ( loc. cit 。 、キャップです。 8 )を正当化した。 What did the Reformers with Luther understand by fiduciary faith?ルターの宗教改革とは何の受託者の信仰を理解したか? They understood thereby not the first or fundamental deposition or preparation for the (active) justification, but merely the spiritual grasp (instrumentum) with which we seize and lay hold of the external justice of Christ and with it, as with a mantle of grace, cover our sins (which still continue to exist interiorly) in the infallible, certain belief (fiducia) that God, for the sake of Christ, will no longer hold our sin against us.かれらが理解していないか、最初の根本的な沈着または正当化のための準備(アクティブ)は、精神的な把握ではなく、私たちが拿捕( instrumentum )とレイホールドして、外部キリストの正義とは、これと同様に、マントルの恵みを受けて、私たちの罪をカバー(内面的には依然として継続して存在)は、絶対確実な、特定の信念( fiducia )その神は、キリストのために、私たちの罪に対しては、もはや私たちを開く。 Hereby the seat of justifying faith is transferred from the intellect to the will; and faith itself, in as far as it still abides in the intellect, is converted into a certain belief in one's own justification.ここには、座席の信仰を正当化して転送することから、知性が;や信仰自体は、まだこれを遵守する限りでは、知性は、変換されるが、特定の自分自身の信念を正当化しています。 The main question is: "Is this conception Biblical?"メインの質問には: "この概念は、聖書の中のですか? " Murray (De gratia, disp. x, n. 18, Dublin, 1877) states in his statistics that the word fides (pistis) occurs eighty times in the Epistle to the Romans and in the synoptic Gospels, and in only six of these can it be construed to mean fiducia.マレー(デグレーシア、 disp 。 x 、 n. 18 、ダブリン、 1877 )国の統計では、彼の言葉を立証する物件が発生した80回( pistis )は、ローマの信徒への総観とは、 gospels 、 6人だけではこれらのことfiducia解釈されることを意味しています。 But neither here nor anywhere else does it ever mean the conviction of, or belief in, one's own justification, or the Lutheran fiduciary faith.しかし、ここにもどこか他の場所にもされないことを意味する、これまでの信念、あるいは信念で、自分自身の正当性、または受託者のルター派信仰です。 Even in the leading text (Romans 4:5) the justifying faith of St. Paul is identical with the mental act of faith or belief in Divine truth; for Abraham was justified not by faith in his own justification, but by faith in the truth of the Divine promise that he would be the "father of many nations" (cf. Romans 4:9 sqq.).さらには、メインのテキスト(ローマ人への手紙4時05分)の聖パウロの信仰を正当化して精神的な行為は、同じ信仰や信念は神の真理;アブラハムは正当化しないために、自分の正当性を信じているが、真実を信じている神の約束をして、彼は、 "多くの国の父" ( cf.ローマ人への手紙4時09 sqq 。 ) 。 In strict accord with this is the Pauline teaching that the faith of justification, which we must profess "with heart and mouth", is identical with the mental act of faith in the Resurrection of Christ, the central dogma of Christianity (Romans 10:9 sq.) and that the minimum expressly necessary for justification is contained in the two dogmas: the existence of God, and the doctrine of eternal reward (Hebrews 11:6).これは、厳密に合致するポーリーンの信仰を正当化して教えることは、公言しなければならない"と口にして心臓"とは、同じでは、精神的な信念に基づく行為は、キリストの復活は、キリスト教のセントラルドグマ(ローマ人への手紙10時09分sq 。 )であり、そのために必要な最低限の明示的正当性が含まれて2つの教義:神の存在を、そしてその教義の永遠の報酬(ヘブル人への手紙11時06分) 。

The Redeemer Himself made belief in the teaching of the gospel a necessary condition for salvation, when he solemnly commanded the Apostles to preach the Gospel to the whole world (Mark 16:15).その前に自分自身の信念は、救い主の福音を教えるために必要な条件を救い、彼は厳粛に命じられた際に、使徒を、全世界に福音を説く(マーク16:15 ) 。 St. John the Evangelist declares his Gospel has been written for the purpose of exciting belief in the Divine Sonship of Christ, and links to this faith the possession of eternal life (John 20:31).聖ヨハネの福音伝道福音を宣言してきた自分の目的のために書かれたエキサイティングな信念は、キリストの神の息子であること、そして、この信仰にリンクして、永遠の命を所持(ジョン20 : 31 ) 。 Such was the mind of the Chritian Church from the beginning.このような心のchritian教会は、初めからです。 To say nothing of the testimony of the Fathers (cf. Bellarmine, De justific., I, 9), Saint Fulgentius, a disciple of St. Augustine, in his precious booklet, "De vera fide ad Petrum", does not understand by true faith a fiduciary faith, but the firm belief in all the truths contained in the Apostles' Creed, and he calls this faith the "Foundation of all good things", and the "Beginning of human salvation" (loc. cit., Prolog.).と言って、父親の証言は、何もない( cf.ベラルミーノ、デjustific 。 、私は、 9 ) 、サンフルゲンチウス、弟子の聖アウグスティヌスは、彼の貴重な小冊子は、 "デヴェラ広告petrum fide "は、理解していない真の信仰を受託者の信仰は、しかし、確固たる信念に含まれるすべての真理は使徒信条、と彼は、この信仰を呼び出し、 "財団のすべての良いもの"とし、 "人間の救いの始まり" ( loc. cit 。 、プロローグ。 ) 。 The practice of the Church in the earliest ages, as shown by the ancient custom, going back to Apostolic times, of giving the catechumens (katechoumenoi from katechein, viva voce instruere) a verbal instruction in the articles of faith and of directing them, shortly before baptism, to make a public recitation of the Apostles' Creed, strengthens this view.教会での練習は、最も早い年齢に示すように、カスタムされた古代、ローマ教皇の時代に逆戻りして、その与えるcatechumens ( katechoumenoiからkatechein 、口頭試問instruere )の記事では、口頭で命令を演出して信仰とは、まもなく洗礼前には、公共の朗読を作るの使徒信条は、このビューを強化します。 After this they were called not fiduciales but fideles, in contra-distinction to infidels and haeretici (from aireisthai, to select, to proceed eclectically) who rejected Revelation as a whole or in part.かれらはこの後に呼ばれていないfiducialesしかしfideles 、異端者とを区別しコントラ- haeretici ( aireisthaiから、を選択し、続行する折衷的に)啓示として拒否された人の全体または部分的です。 In answer to the theological question: How many truths of faith must one expressly (fide explicita) believe under command (necessitate praecepti)?質問に答えて、神学:どのように多くの信仰の真理の1つに明示する必要があります( fide explicita )の下でコマンドを信じる(余儀なくさpraecepti ) ? theologians say that an ordinary Catholic must expressly know and believe the most important dogmas and the truths of the moral law, for instance, the Apostles' Creed, the Decalogue, the six precepts of the Church, the Seven Sacraments, the Our Father.と言うと、普通のカトリック神学者に明示する必要があります知っていると信じて、最も重要な教義の真理とは、道徳的な法では、たとえば、使徒信条、十戒は、 6つの教会の教えは、 7つの秘跡は、私たちの父です。 Greater things are, of course, expected from the educated, especially from catechists, confessors, preachers wherefore upon these the study of theology rests as an obligation.大きいものは、もちろん、予想より、教育を受けて、特にcatechistsから、 confessors 、説教師にこれらの研究は何のためにある神学としての義務だ。 If the question be put: In how many truths as a means (necessitate medii) must one believe to be saved?という質問に置く場合:どのようにする手段として多くの真理( mediusの余儀なくさ)を信じて1つに保存する必要がありますか? many catechists answer Six things: God's existence; an eternal reward; the Trinity; the Incarnation; the immortality of the soul; the necessity of Grace.多くの物事6 catechists答:神の存在;する永遠の報酬;のトリニティ;の権化;霊魂の不滅;の必要性を猶予。 But according to St. Paul (Hebrews 11:6) we can only be certain of the necessity of the first two dogmas, while the belief in the Trinity and the Incarnation could not of course be exacted from ante-Christian Judaism or from Paganism.しかしによると、聖パウロ(ヘブル人への手紙11 : 06 )我々は、その必要性は確実にだけは、最初の2つの教義のは、トリニティとの間の信念の権化exactedできませんでしたが、もちろん出走馬からキリスト教やユダヤ教ペイガニズムからです。 Then, too, belief in the Trinity may be implicitly included in the dogma of God's existence, and belief in the Incarnation in the dogma of the Divine providence, just as the immortality of the soul is implicitly included in the dogma of an eternal reward.その後、あまりにも、信念は、暗黙のうちに含まれるかもしれない三位一体のドグマ神が存在する、との信念の権化では、神の摂理の教義と同様に、霊魂の不滅は、暗黙のうちに含まれてドグマは、永遠の報酬です。 However, there arises for any one baptized in the name of the Holy Trinity, and entering thus the Church of Christ, the necessity of making an act of explicit faith (fides explicita).ただし、いずれか1つが発生するためにバプテスマを受けホーリートリニティーの名の下に、このように、キリスト教会と入力し、その必要性の明示的な信仰を製造する行為(立証する物件explicita ) 。 This necessity (necessitas medii) arises per accidens, and is suspended only by a Divine dispention in cases of extreme necessity, where such an act of faith is either physically or morally impossible, as in the case of pagans or those dying in a state of unconsciousness.このあたりの必要性が生じた( necessitas mediusの) accidens 、執行猶予とは、神のみdispentionされる必要性が極端な例は、どこにそのような信念に基づく行為や道徳的には、物理的に不可能なのどちらか、または多神教徒例としては、これらの瀕死の状態で無意識です。 For further matter on this point see Pohle, "Lehrbuch der Dogmatik", 4th ed., II, 488 sqq.この点について詳しい事を参照してくださいpohle 、 " lehrbuchデアdogmatik " 、 4位エド。 、 2世、 488 sqq 。 (Paderborn, 1909). (パーダーボルン、 1909 ) 。

B. The "Sola Fides" Doctrine of the Protestants Bには" solusの女性を立証する物件"とプロテスタントの教義

The Council of Trent (Sess. VI, can. ix) decrees that over and above the faith which formally dwells in the intellect, other acts of predisposition, arising from the will, such as fear, hope, love, contrition, and good resolution (loc. cit., cap. vi), are necessary for the reception of the grace of justification.トレントの評議会( sess. viのことです。 9 )令を超えると信仰の上には、これを正式に棲む知性は、その他の行為の素因、生じるのは、恐怖心などは、希望、愛は、悔恨、そして優れた分解能( loc. cit 。 、キャップです。 vi )のは、そのために必要なレセプションには、恵みの正当性です。 This definition was made by the council as against the second fundamental error of Protestantism, namely that "faith alone justifies" (sola fides justificat).この定義は前に反対される2番目の審議会としての基本的なエラーが発生プロテスタント、すなわち、 "一人の信仰を正当化" ( solusの女性を立証する物件justificat ) 。 Martin Luther stands as the originator of the doctrine of justification by faith alone, for he hoped that in this way he might be able to calm his own conscience, which was in a state of great perturbation, and consequently he took refuge behind the assertion that the necessity of good works over and above mere faith was altogether a pharisaical supposition.マーティンルーサースタンドの生みの親として、その教義の他力本願だけでも、この方法ではと期待して彼を落ち着かせることができるかもしれない、自分の良心には、偉大された状態で摂動し、したがって彼の背後に避難したという主張良い作品の必要性を超えるとは完全にはパリサイ人の信仰上の単なる推測にすぎない。 Manifestly this did not bring him the peace and comfort for which he had hoped, and at least it brought no conviction to his mind; for many times, in a spirit of honesty and sheer good nature, he applauded good works, but recognized them only as necessary concomitants, not as efficient dispositions, for justification.これは明らかにしなかった彼の平和と快適さをもたらすために彼が望んでは、少なくともそれもたらしたないと確信して彼の心;ために何度も、誠実さや薄手の精神の下で善良な性質、彼は良い作品に拍手が、かれらにのみ認めconcomitants 、必要に応じて、効率的な処分としては、正当な理由のためだ。 This was also the tenor of Calvin's interpretation (Institute, III, 11, 19).これはまた、テノールのカルビンの解釈(研究所は、 3世、 11 、 19 ) 。 Luther was surprised to find himself by his unprecedented doctrine in direct contradiction to the Bible, therefore he rejected the Epistle of St. James as "one of straw" and into the text of St. Paul to the Romans (3:28) he boldly inserted the word alone.ルーサー驚いた彼の未曾有の教義によって自分自身を見つけるの直接的な矛盾を聖書は、そのため彼は、信徒のセントジェームズとして拒否された"わらの1つ"とし、テキストの聖パウロのローマ人への手紙( 3時28分)彼は大胆にという言葉を挿入するだけです。 This falsification of the Bible was certainly not done in the spirit of the Apostle's teaching, for nowhere does St. Paul teach that faith alone (without charity) will bring justification, even though we should accept as also Pauline the text given in a different context, that supernatural faith alone justifies but the fruitless works of the Jewish Law do not.この聖書の改ざんが行なわれていないのは確かに使徒の精神を教えることは、どこに信仰を教えるだけでは聖パウロ(慈善なし)は、正当性をもたらすにもかかわらず、我々は受け入れるとしても、テキストポーリーン与えられたとは異なる文脈は、超自然的な信仰だけを正当化してでも、実りのない作品は、ユダヤ教の法律はありません。

In this statement St. Paul emphasizes the fact that grace is purely gratuitous; that no merely natural good works can merit grace; but he does not state that no other acts in their nature and purport predisposing are necessary for justification over and above the requisite faith.この声明は聖パウロという事実を強調するグレースは、純粋に無償;良い作品がないことのメリット単に自然の恵み;しかし、彼はない状態にしていないその他の行為は、自然との趣旨の正当化するために必要な素因には、上記の要件の信仰。 Any other construction of the above passage would be violent and incorrect.その他の建設、上記の通路となる暴力が間違っている。 If Luther's interpretation were allowed to stand, then St. Paul would come into direct contradiction not only with St. James (ii, 24 sqq.), but also with himself; for, except St. John, the favourite Apostle, he is the most outspoken of all Apostles in proclaiming the necessity and excellence of charity over faith in the matter of justification (cf. 1 Corinthians 13:1 sqq.).もしルーサーの解釈が許されるように立って、それから聖パウロは、生まれてくるだけでなく、直接的な矛盾してセントジェームズ( ⅱ 、 24 sqq 。 )は、彼自身だけでなく;ためには、聖ヨハネを除いては、お気に入りの伝道者は、彼は、最も辛口のすべての使徒が、その必要性と卓越性を宣言する慈善団体への信仰の正当性の問題である( cf. 1コリンチャンス13時01 sqq 。 ) 。 Whenever faith justifies it is not faith alone, but faith made operative and replenished by charity (cf. Galatians 5:6, "fides, quae per caritatem operatur").いつの信仰の信仰を正当化することだけではないが、信仰と手術前に補充された慈善( cf.ガラテヤ人への手紙5時06分、 "立証する物件は、 quae caritatem operatur当たり"といいます。 ) In the painest language the Apostle St. James says this: "ex operibus justificatur homo, et non ex fide tantum" (James 2:2); and here, by works, he does not understand the pagan good works to which St. Paul refers in the Epistle to the Romans, or the works done in fulfilment of the Jewish Law, but the-works of salvation made possible by the operation of supernatural grace, which was recognized by St. Augustine (lib. LXXXIII, Q. lxxvi n. 2). painest言語では、セントジェームズによれば、この使徒: "元operibus justificaturホモ、 et tantum以外の元fide " (ジェームズ2時02分) ;とここでは、作品によって、彼は理解していないの異教の良い作品を聖パウロ指しますが、ローマ人への手紙の信徒への、あるいはその作品は、ユダヤ教の履行として行わ法では、しかし、救いの作品の前の動作を可能にした超自然の恵みは、認識されていた聖アウグスティヌス( 83 lib. 、問い76なし。 2 ) 。 In conformity with this interpretation and with this only is the tenor of the Scriptural doctrine, namely, that over and above faith other acts are necessary for justification, such as fear (Ecclus., i, 28), and hope (Romans 8:24), charity (Luke 7:47), penance with contrition (Luke 13:3; Acts 2:38; 3:19), almsgiving (Dan., iv, 24; Tob., xii, 9).これに準拠して解釈して、これだけは、聖書の教義のテノール、すなわち、それ以上は、上記の信仰のために必要なその他の行為を正当化など、恐怖( ecclus. 、私は、 28日) 、および希望(ローマ人への手紙8時24分) 、チャリティ(ルーク7時47分) 、苦行に痛恨(ルーク13 : 03 ;行為2 : 38 ;午前3時19分) 、施し( dan. 、 4世、 24 ;的買付け。 、 12世は、 9 ) 。 Without charity and the works of charity faith is dead.慈善事業や慈善なしの信仰は死んでいる。 Faith receives life only from and through charity (James 2:2).信仰生活からのみ受信や慈善団体を通じて(ジェームズ2時02分) 。 Only to dead faith (fides informis) is the doctrine applied: "Faith alone does not justify".死者のみを信仰教理(立証する物件informis )は、適用: "信仰を正当化するだけではありません" 。 On the other hand, faith informed by charity (fides formata) has the power of justification.その一方で、信仰を知らされるチャリティ(立証する物件formata )は、電源を正当化した。 St. Augustine (De Trinit., XV, 18) expresses it pithily thus: "Sine caritate quippe fides potest quidem esse, sed non et prodesse."聖アウグスティヌス(デtrinit 。 、 15 、 18 )という言葉で表現することpithilyしたがって: "正弦caritate quippe実在を立証する物件potest quidem 、 sedで非et prodesse 。 " Hence we see that from the very beginning the Church has taught that not only faith but that a sincere conversion of heart effected by charity and contrition is also requisite for justification--witness the regular method of administering baptism and the discipline of penance in the early Church.従って我々を参照してから、非常に始まり、教会の信仰にはそれを教えてくれるだけでなく、心臓の影響を変換するために誠意を慈善事業とは痛恨のためにも必要な正当性-証人洗礼を投与し、通常の方法と規律の贖罪の初めに教会です。

The Council of Trent (Sess. VI, cap. viii) has, in the light of Revelation, assigned to faith the only correct status in the process of justification, inasmuch as the council, by declaring it to be the "beginning, the foundation, and the root", has placed faith at the very front in the whole process.トレントの評議会( sess. viのは、キャップです。 8 )は、ヨハネの黙示録に照らして、適切なステータスにのみに割り当てられて信仰の正当化の過程において、 〜だけれども、評議会は、宣言されたことになる"と始まり、同財団、およびルート"と、信仰では、非常に前面に配置し、全体のプロセスです。 Faith is the beginning of salvation, because no one can be converted to God unless he recognize Him as his supernatural end and aim, just as a mariner without an objective and without a compass wanders aimlessly over the sea at the mercy of wind and wave.救いは、信仰の始まりは、 1つのことに変換されていないため、神を認識しない限り、彼と彼の最後の目的としての彼の超自然的と同様に、客観的にマリナーなくブラブラとコンパスをさまよい歩くことなく、海の上に風と波のなすがままです。 Faith is not only the initiatory act of justification, but the foundation as well, because upon it all the other predisposing acts rest securely, not in geometric regularity or inert as the stones of a building rest upon a foundation, but organically and imbued with life as the branches and blossoms spring from a root or stem.信仰の始動だけではない正当な行為が、同財団でも、他のすべてのことのためにしっかりと残り素因行為ではなく、規則性や幾何学的に不活性として残り、石の建物の基礎にするが、有機生命と染み込んで春の花としての枝や根や茎からです。 Thus there is preserved to faith in the Catholic system its fundamental and co-ordinating significance in the matter of justification.こうして保存してあるが、カトリック系の信仰の根本的な意義があるとの共同ordinatingの正当性の問題である。 A masterly, psychological description of the whole process of justification, which even Ad.手際は、心理的な説明は、全体のプロセスの正当性、これまでの広告です。 Harnack styles "a magnificent work of art", will be found in the famous cap.ハルナックスタイル"と、壮大な芸術作品"は、有名なキャップが見つかった。 vi, "Disponuntur" (Denzinger, n. 798). viのは、 " disponuntur " (デンツィンガー、 n. 798 ) 。 According to this the process of justification follows a regular order of progression in four stages: from faith to fear, from fear to hope, from hope to incipient charity, from incipient charity to contrition with purpose of amendment.これによると、通常のプロセスを正当化するために以下の4つの段階での進行:恐怖心から信仰して、恐怖心から希望して、初期の慈善事業を期待してから、初期からチャリティを目的に痛恨の改正案です。 If the contrition be perfect (contritio caritate perfecta), then active justification results, that is, the soul is immediately placed in the state of grace even before the reception of the sacrament of baptism or penance, though not without the desire for the sacrament (votum sacramenti).痛恨れる場合は完璧( contritio caritate連勝単式) 、それから積極的な正当化の結果、つまり、その魂は、ただちに猶予の状態に置かれる前にもかかわらず、受付や贖罪の聖礼典の洗礼は、欲望のためではないことなく、聖餐式( votum sacramenti ) 。 If, on the other hand, the contrition be only an imperfect one (attritio), then the sanctifying grace can only be imparted by the actual reception of the sacrament (cf. Trent, Sess. VI, cc. iv and xiv).もし、その一方で、 1つの不完全なだけに、痛恨( attritio ) 、それからグレースsanctifying付与されたことによってのみ、実際のレセプションは、聖餐式( cf.トレント、 sess 。 viのは、受理官庁です。 4世と14世) 。 The Council of Trent had no intention, however, of making the sequence of the various stages in the process of justification, given above, inflexible; nor of making any one of the stages indispensable.トレントの評議会の意図はない、しかし、その配列の製造過程で、様々な段階の正当性は、与えられた上に、融通の利かない;作りも欠かせないのいずれか1つの段階だ。 Since a real conversion is inconceivable without faith and contrition, we naturally place faith at the beginning and contrition at the end of the process.以来、実際のコンバージョンとは信じられないことなく痛恨の信仰は、私たちの信仰の冒頭に置くと自然に痛恨の末尾のプロセスです。 In exceptional cases, however, for example in sudden conversions, it is quite possible for the sinner to overlap the intervening stages between faith and charity, in which case fear, hope, and contrition are virtually included in charity.例外的に、しかし、たとえば、コンバージョン突然、それはかなりの可能性のため、重複している罪人の介入を段階的信念との間の慈善団体は、そのような場合の恐怖、希望、そして悔恨は、事実上、慈善事業に含まれています。

The "justification by faith alone" theory was by Luther styled the article of the standing and falling church (articulus stantis et cadentis ecclesiae), and by his followers was regarded as the material principle of Protestantism, just as the sufficiency of the Bible without tradition was considered its formal principle. "他力本願だけ"の理論は、その記事のスタイルをルーサーに立って、落下教会( ecclesiaの複数articulus stantis et cadentis ) 、およびその部下を材料と見なされていたプロテスタントの原理は、聖書と同じように、十分な伝統なし正式には、その原理とみなされます。 Both of these principles are un-Biblical and are not accepted anywhere today in their original severity, save only in the very small circle of orthodox Lutherans.これらの原則は、国連の両方とは認められない-聖書の中のどこにでも今日は、オリジナルの重大度は、保存するだけで、非常に小さなサークルの正統lutherans 。

The Lutheran Church of Scandinavia has, according to the Swedish theologian Krogh-Tonningh, experienced a silent reformation which in the lapse of the several centuries has gradually brought it back to the Catholic view of justification, which view alone can be supported by Revelation and Christian experience (cf. Dorner, "Geschichte der protestantischen Theologie", 361 sqq., Munich, 1867; Möhler, "Symbolik", 16, Mainz, 1890; "Realencyk. fur prot. Theol.", s.v. "Rechtfertigung").スカンジナビアは、ルーテル教会は、神学者によると、スウェーデンのクローグ- tonningh 、無言の改革を経験するのは、いくつかの経過世紀にもわたって徐々にもたらしたことは、カトリックのビューに戻る名分は、どのビューでサポートされるだけで、キリスト教のヨハネの黙示録経験( cf.ドルナー、 " geschichteデアprotestantischen theologie " 、 361 sqq 。 、ミュンヘン、 1867 ; möhler 、 " symbolik " 、 16 、マインツ、 1890 ; " realencyk 。毛皮prot 。 theol 。 " 、 sv " rechtfertigung "を参照) 。

C. The Protestant Theory of Non-Imputation c. 、プロテスタントの理論非インピュテーション

Embarrassed by the fatal notion that original sin wrought in man an utter destruction extending even to the annihilation of all moral freedom of election, and that it continues its existence even in the just man as sin in the shade of an ineradicable concupiscence, Martin Luther and Calvin taught very logically that a sinner is justified by fiduciary faith, in such a way, however, that sin is not absolutely removed or wiped out, but merely covered up or not held against the sinner.戸惑いを原罪の致命的な考えを全く破壊する精巧に作られた男の延長でも消滅してすべての道徳の自由選挙では、その存在が続くこととは、ただでさえ男としての根深い罪強欲の陰では、マーティンルーサーとカルヴィン教えた罪人は非常に論理的に正当化されることを受託者の信仰は、そのような方法で、しかし、その罪ではない絶対に削除された、または消滅してしまうが、単に距離アップとなかろうと反対している罪人で開かれた。 According to the teaching of the Catholic Church, however, in active justification an actual and real forgiveness of sins takes place so that the sin is really removed from the soul, not only original sin by baptism but also mortal sin by the sacrament of penance (Trent, Sess. V, can. v; Sess. VI, cap. xiv; Sess. XIV, cap. ii).によると、カトリック教会の教えは、しかし、実際には積極的な正当性と現実の罪の許しが行われるので、その罪は本当に魂から取り外した、原罪だけでなく、大罪されるだけでなく、洗礼聖餐式の贖罪(トレント、 sess 。 v 、可能です。 v ; sess 。 viのは、キャップです。 14 ; sess 。 14 、キャップです。 ⅱ ) 。 This view is entirely consonant with the teaching of Holy Scripture, for the Biblical expressions: "blotting out" as applied to sin (Psalm 1:3; Isaiah 43:25; 44:22; Acts 3:19), "exhausting" (Hebrews 9:28), "taking away" [2 Samuel 12:13; 1 Chronicles 21:8; Mich., vii, 18; Ps.このビューを表示するには、完全に教える子音の教典は、聖書の中の表現のために: "ブロッティングアウト"として適用される罪(詩篇1 : 03 ;イザヤ書43:25 ; 44:22 ;行為3時19分) 、 "体力を消耗する" (ヘブル人への手紙9時28分) 、 "取り上げる" [ 2サミュエル12:13 ; 1クロニクル21 : 08 ;ミシガン州第VII 、 18 ;しまう。 x (Heb.), 15; cii, 12], cannot be reconciled with the idea of a mere covering up of sin which is supposed to continue its existence in a covert manner. × ( heb. ) 、 15 ; cii 、 12 ] 、というアイデアを持って仲直りすることはできませんが、単なる罪を隠ぺいして、その存在を続行するには、隠密な方法です。 Other Biblical expressions are just as irreconcilable with this Lutheran idea, for instance, the expression of "cleansing" and "washing away" the mire of sin (Psalm 1:4, 9; Isaiah 1:18; Ezekiel 36:25; 1 Corinthians 6:11; Revelation 1:5), that of coming "from death to life" (Col. ii., 13; 1 John 3:14); the removal from darkness to light (Ephesians 5:9).聖書の他の表現では、このルター派と相いれないと同じように考え、例えば、表現の"浄化"と"洗濯する"との泥沼の罪(詩篇1時04分、 9 ;イザヤ書1 : 18 ;エゼキエル36:25 ; 1コリンチャンス6時11分;ヨハネの黙示録1時05分) 、それが来る"としてからの人生の死" (大佐Ⅱ 。 、 13 ; 1ジョン3時14分) ;から暗闇の中を光の除去(エペソ5時09分) 。 Especially these latter expressions are significant, because they characterize the justification as a movement from one thing to another which is directly contrary or opposed to the thing from which the movement is made.特に後者の表現では、これらの重要なので、彼らの動きを特徴付けるとして正当化してからもう一つ一つのことが直接または逆のことに反対してから、運動が行われる。 The opposites, black and white, night and day, darkness and light, life and death, have this peculiarity, that the presence of one means the extinction of its opposite.は、正反対の、黒と白のは、夜と昼、光と闇、生と死は、この特異性は、自分の存在を意味して絶滅の向かいです。 Just as the sun dispels all darkness, so does the advent of justifying grace drive away sin, which ceases from that on to have an existence at least in the ethical order of things, though in the knowledge of God it may have a shadowy kind of existence as something which once was, but has ceased to be. dispelsすべての闇の中、太陽と同じように、これは正当化猶予の到来が走り去るの罪は、これを停止してから、少なくとも存在になるには、倫理的な順序で物事が、それは、神の知識がある可能性がある種の謎に包まれた何かを一度として存在だったが、中止される。 It becomes intelligible, therefore, that in him who is justified, though concupiscence remain, there is "no condemnation" (Romans 8:50); and why, according to James (i, 14 sqq.), concupiscence as such is really no sin; and it is apparent that St. Paul (Romans 7:17) is speaking only figuratively when he calls concupiscence sin, because it springs from sin and brings sin in its train.理解することが、したがって、誰が彼を正当化して、強欲のままでは"ダメな非難" (ローマ人への手紙8時50分) ;とその理由は、ジェームズによると、 (私は、 14 sqq 。 )は、このようには本当にない強欲罪;とすることは明白である聖パウロ(ローマ人への手紙7時17分)は、比喩的に言えばときのみ通話強欲罪は、罪をもたらすので、スプリングスからは、電車の罪です。 Where in the Bible the expressions "covering up" and "not imputing" sin occur, as for instance in Ps.聖書の中のどこに表現"を隠ぺいして"と" imputingない"罪の発生は、例えばでしまう。 xxxi, 1 sq., they must be interpreted in accordance with the Divine perfections, for it is repugnant that God should declare any one free from sin to whom sin is still actually cleaving. 31 、 1 sq 。 、それに基づいて解釈しなければならない、神の完成度は、神のためにすべきことを宣言することが気に食わないのいずれか1つを無料で誰より罪の罪は、まだ実際に切断します。 It is one of God's attributes always to substantiate His declarations; if He covers sin and does not impute it, this can only be effected by an utter extinction or blotting out of the sin.それは、神の属性の1つの裏付けを常に彼の宣言;もし彼罪をカバーしていません転嫁することは、このことによってのみ影響される全く罪のうち、絶滅またはブロッティング。 Tradition also has always taught this view of the forgiveness of sins.このビューを表示するにも、常に伝統を教えたの罪の赦し。 (See Denifle, "Die abendländischen Schriftausleger bis Luther uber justitia Dei and justificatio", Mainz, 1905) ( 1905 )

D. The Protestant Theory of Imputation d. 、プロテスタント帰属理論

Calvin rested his theory with the negative moment, holding that justification ends with the mere forgiveness of sin, in the sense of not imputing the sin; but other Reformers (Luther and Melanchthon) demanded a positive moment as well, concerning the nature of which there was a very pronounced disagreement.カルヴィン静養して自分の理論の否定的な瞬間には、正当な理由が終わると、単なる保有して罪の赦し、罪の意識のないimputing ;しかし、他の改革派(ルターとメランヒトン)を要求する肯定的な瞬間にも、問題の本質がある意見の相違は、非常に顕著です。 At the time of Osiander (d. 1552) there were from fourteen to twenty opinions on the matter, each differing from every other; but they had this in common that they all denied the interior holiness and the inherent justification of the Catholic idea of the process.当時( 1552 )があったオジアンダー14から20その件についての意見は、それぞれ異なるからおき;しかし、彼らはこのすべてに共通して否定してインテリアホーリネスとは、カトリック教徒の固有の正当化のアイデアプロセスです。 Among the adherents of the Augsburg Confession the following view was rather generally accepted: The person to be justified seizes by means of the fiduciary faith the exterior justice of Christ, and therewith covers his sins; this exterior justice is imputed to him as if it were his own, and he stands before God as having an outward justification, but in his inner self he remains the same sinner as of old.アウクスブルク信仰告白の支持者の間で、以下のビューは、むしろ一般に認められた: seizesによって正当化される人物は、受託者の信仰を意味するキリストの正義の外装、そしてそれをもって彼の罪をカバーし、この正義の外装は彼に帰属まるで彼自身、そして彼は神の前に立って外側に正当化することではなく、自分の内なる自己としての彼の昔の罪人はこれまでと同じです。 This exterior, forensic declaration of justification was received with great acclaim by the frenzied, fanatical masses of that time, and was given wide and vociferous expression in the cry: "Justitia Christi extra nos".この外装は、法医学の宣言は、正当性が非常に好評を博したことを受けて激高して、その時点での狂信的な大衆には、サーバーと声高に叫ばれるとは、与えられた表現は、叫び声: "余分なjustitiaクリスティnos " 。

The Catholic idea maintains that the formal cause of justification does not consist in an exterior imputation of the justice of Christ, but in a real, interior sanctification effected by grace, which abounds in the soul and makes it permanently holy before God (cf. Trent, Sess. VI, cap. vii; can. xi).カトリックのアイデアの正当性を保持して、正式な原因ではない、外部から成るキリストのそしりは、正義ではなく、真の、インテリア神聖化されたグレース影響は、どのabounds魂は、聖なる神の前で永久とすること( cf.トレント、 sess 。 viのは、キャップです。第VII ;ことです。 xi ) 。 Although the sinner is justified by the justice of Christ, inasmuch as the Redeemer has merited for him the grace of justification (causa meritoria), nevertheless he is formally justified and made holy by his own personal justice and holiness (causa formalis), just as a philosopher by his own inherent learning becomes a scholar, not, however, by any exterior imputation of the wisdom of God (Trent, Sess. VI, can. x).にもかかわらず、罪人は、キリストの正義を正当化されるのは、救い主が報われた〜だけれども、彼の恩恵を正当化(死因meritoria ) 、にもかかわらず、彼は正式に正当化される前に、自分の個人的な正義と神聖神聖(死因formalis )と同様に、内在する哲学者で、自分の学習になる学者ではなく、しかし、いかなる外部インピュテーションによっては、神の知恵(トレント、 sess 。 viのことです。 x ) 。 To this idea of inherent holiness which theologians call sanctifying grace are we safely conducted by the words of Holy Writ.このアイデアの固有の神聖さを呼ぶ神学sanctifyingグレースは、我々の安全に実施された聖書の言葉です。

To prove this we may remark that the word justificare (Gr. dikaioun) in the Bible may have a fourfold meaning:この可能性を証明する発言をして我々の言葉justificare ( gr. dikaioun )は、聖書の4倍を意味する可能性がある:

The forensic declaration of justice by a tribunal or court (cf. Isaiah 5:23; Proverbs 17:15).正義の法医学宣言された法廷または裁判所( cf.イザヤ書5 : 23 ;箴言17:15 ) 。

The interior growth in holiness (Revelation 22:11).ホーリネスの内部成長率(ヨハネの黙示録22時11分) 。

As a substantive, justificatio, the external law (Psalm 108:8, and elsewhere).実体としては、 justificatioは、外部の法律(詩篇108:8 、および他の場所) 。

The inner, immanent sanctification of the sinner.内部は、神聖の内在している罪人です。

Only this last meaning can be intended where there is mention of passing to a new life (Ephesians 2:5; Colossians 2:13; 1 John 3:14); renovation in spirit (Ephesians 4:23 sq.); supernatural likeness to God (Romans 8:29; 2 Corinthians 3:18; 2 Peter 1:4) a new creation (2 Corinthians 5:17; Galatians 6:15); rebirth in God (John 3:5; Titus 3:5; James 1:18), etc., all of which designations not only imply a setting aside of sin, but express as well a permanent state of holiness.この最後のできるだけの意味に言及した意図はどこには、新しい人生を渡す( 2時05エペソ人;コロサイ人への手紙2 : 13 ; 1ジョン3時14分) ;改築中の精神(エペソ4時23 sq 。 ) ;超自然に似ている神(ローマ人への手紙8時29分、 3時18分コリンチャンス2 ; 2ピーター1時04分)新しい創造( 2コリンチャンス5時17分;ガラテヤ人への手紙6時15分) ;再生で神(ジョン3 : 05 ;タイタス3 : 05 ;ジェームス1時18分)等では、すべての設定を指定するだけでなく、別の罪を意味するが、恒久的な状態にある井戸エクスプレスとして神聖です。 All of these terms express not an aid to action, but rather a form of being; and this appears also from the fact that the grace of justification is described as being "poured forth in our hearts" (Romans 5:5); as "the spirit of adoption of sons" of God (Romans 8:15); as the "spirit, born of the spirit" (John 3:6); making us "conformable to the image of the Son" (Romans 8:28); as a participation in the Divine nature (2 Peter 1:4); the abiding seed in us (1 John 3:9), and so on.これらのすべての条件を表明していない行動を援助するのではなく、フォームれている;と表示されたら、この事実からも正当化の恩恵は、といわれている"私たちの心を注ぎ来たりする" (ローマ人への手紙5時05分) ;として"養子縁組の息子の精神"の神(ローマ人への手紙8時15分) ;として、 "スピリットは、生まれの精神" (ジョン3時06分) ;製造私たち"のイメージには、息子の言いなりになる" (ローマ人への手紙8時28分) ;としての参加は、神の性質( 2ピーター1時04分) ;種子が私たちの変わらぬ( 1ヨハネ3時09分) 、といったようになっています。 As regards the tradition of the Church, even Harnack admits that St. Augustine faithfully reproduces the teaching of St. Paul.教会の伝統の中に関しては、ハルナックもが認めるところによれ聖アウグスティヌス聖パウロの教えを忠実に再現しています。 Hence the Council of Trent need not go back to St. Paul, but only to St. Augustine, for the purpose of demonstrating that the Protestant theory of imputation is at once against St. Paul and St. Augustine.したがって、その評議会に戻る必要はないトレント聖パウロは、聖アウグスティヌスだけには、目的のために帰属理論を示すことで、プロテスタントは、一度に反対する聖パウロと聖アウグスティヌス。

Moreover, this theory must be rejected as not being in accordance with reason.しかも、この理論ではないとして却下しなければならない理由に基づいている。 For in a man who is at once sinful and just, half holy and half unholy, we cannot possibly recognize a masterpiece of God's omnipotence, but only a wretched caricature, the deformity of which is exaggerated all the more by the violent introduction of the justice of Christ.一人の男のためには、一度だけで罪深いとは、あきれるほどの半分の半分神聖とは、我々の傑作を認識することができない可能性が、神の全能のは、悲惨な風刺漫画だけに、これは誇張されたすべての変形によって、より多くの暴力、正義の導入キリストです。 The logical consequences which follow from this system, and which have been deduced by the Reformers themselves, are indeed appalling to Catholics.論理的帰結に従ってから、このシステムは、推定されるとされてきた改革派自身は、カトリック教徒は実際に驚くばかりだ。 It would follow that, since the justice of Christ is always and ever the same, every person justified, from the ordinary everyday person to the Blessed Virgin, the Mother of God, would possess precisely the same justification and would have, in degree and kind, the same holiness and justice.それに従うことは、キリストの正義て以来、これまでには、いつもと同じですが、すべての人に正当には、普通の人が日常的には聖母マリアは、神の母は、正確には、同じ正当性を有するとは、中度や種類は、同じホーリネスと正義のです。 This deduction was expressly made by Luther.この控除は、明示的ルーサー作られる。 Can any man of sound mind accept it?男の健全な心を受け入れることどんなことですか? If this be so, then the justification of children by baptism is impossible, for, not having come to the age of reason, they cannot have the fiduciary faith wherewith they must seize the justice of Christ to cover up their original sin.もしこのように、当時の子供たちの正当性を洗礼が不可能であるため、その時代に来ていないということの理由は、彼らの信仰することはできませんが、受託者がるの正義を差し押さえる必要がありますキリストの原罪をカバーする。 Very logically, therefore, the Anabaptists, Mennonites, and Baptists reject the validity of infant baptism.非常に論理的には、したがって、 anabaptists 、 mennonites 、その妥当性とキリスト教バプテスト幼児洗礼を拒否した。 It would likewise follow that the justification acquired by faith alone could be forfeited only by infidelity, a most awful consequence which Luther (De Wette, II, 37) clothed in the following words, though he could hardly have meant them seriously: "Pecca fortiter et crede fortius et nihil nocebunt centum homicidia et mille stupra."同様にしても正当化することに従うだけの信仰に買収される可能性がある不倫没収のみで、最も恐ろしい結果をルーサー(デwette 、 2世、 37 )の服を着て、次の言葉は、ある意味では彼はほとんど可能性を真剣にかれら: " pecca fortiter全くnocebunt強くet etクレーデミルstupra et homicidiaケントゥム語です。 " Luckily this inexorable logic falls powerless against the decency and good morals of the Lutherans of our time, and is, therefore, harmless now, though it was not so at the time of the Peasants' War in the Reformation.幸いにも、この滝無慈悲なロジックを無力化に反対の良識と良いlutherans道徳の時間を、とは、したがって、無害な今、それはそんなにいる時点で、農民'戦争では、改革です。

The Council of Trent (Sess. VI, cap. vii) defined that the inherent justice is not only the formal cause of justification, but as well the only formal cause (unica formalis causa); this was done as against the heretical teaching of the Reformer Bucer (d. 1551), who held that the inherent justice must be supplemented by the imputed justice of Christ.トレントの評議会( sess. viのは、キャップです。 7 )で定義して、正式に内在するだけではない正義の正当化の原因が、正式な原因だけでも(ウニカformalis死因) ;この授業が行われたとして、反対の異端改質ブツァー( d. 1551年)は、正義の人に内在して行われる必要があります。補完されるキリストの正義帰属します。 A further object of this decree was to check the Catholic theologian Albert Pighius and others, who seemed to doubt that the inner justice could be ample for justification without being supplemented by another favour of God (favor Dei externus) (cf. Pallavacini, Hist. Conc. Trident., VIII, 11, 12).さらなる目的は、この判決をチェックしていたアルバートpighiusや他のカトリック神学者は、人を疑うように見えたかもしれないが、内なる正義のための十分な補充によって正当化されることなく他の神の恵み(賛成) ( cf.デイ外pallavacini 、シーッ。 conc 。トライデント。 、 VIIIや11 、 12 ) 。 This decree was well-founded, for the nature and operation of justification are determined by the infusion of sanctifying grace.この判決は、十分な根拠には、自然と操作のための名分が決定されるの注入sanctifyingグレース。 In other words without the aid of other factors, sanctifying grace in itself possesses the power to effect the destruction of sin and the interior sanctification of the soul to be justified.言い換えれば、他の要因の援助なしには、それ自体sanctifyingグレース効果の破壊力を持って罪のインテリアとの魂の清浄化を正当化される。 For since sin and grace are diametrically opposed to each other, the mere advent of grace is sufficient to drive sin away; and thus grace, in its positive operations, immediately brings about holiness, kinship of God, and a renovation of spirit, etc. From this it follows that in the present process of justification, the remission of sin, both original and mortal, is linked to the infusion of sanctifying grace as a conditio sine qua non, and therefore a remission of sin without a simultaneous interior sanctification is theologically impossible.というのも、罪とは正反対の恵みをお互いには、恵みの出現は、単なるドライブに十分な罪を去る;こうしてグレースは、その積極的な活動では、すぐにもたらすホーリネスについては、神の親族は、革新の精神とする、などこのことから、以下のとおりですが、現在のプロセスの正当性は、罪の赦し、臨終の両方の原本とは、注入sanctifyingにリンクしては、グレースconditio心須条件として、それゆえに、罪の赦しなしには、同時インテリア清浄theologically不可能です。 As to the interesting controversy whether the incompatibility of grace and sin rests on merely moral, or physical, or metaphysical contrariety, refer to Pohle ("Lehrbuch der Dogmatik", II 511 sqq., Paderborn, 1909); Scheeben ("Die Myst. des Christentums", 543 sqq., Freiburg, 1898).面白いかどうかを議論として不和合性の恵みと道徳的な罪にかかっているだけで、または物理的、あるいは形而上学的矛盾、 pohleを参照して( " lehrbuchデアdogmatik " 、 2世511 sqq 。 、パーダーボルン、 1909 ) ;シェーベン( "死ぬミストです。デchristentums " 、 543 sqq 。 、フライブルク、 1898 ) 。

II. Ⅱ 。 THE NATURE OF SANCTIFYING GRACE自然の恵みsanctifying

The real nature of sanctifying grace is, by reason of its direct invisibility, veiled in mystery, so that we can learn its nature better by a study of its formal operations in the soul than by a study of the grace itself. sanctifying本物の自然の恵みは、その理由を直接目に見えない、謎のベールに包まれたが、その自然を学ぶことができるので、より良い勉強されるのは、魂のより正式運用される研究自体は、グレースです。 Indissolubly linked to the nature of this grace and to its formal operations are other manifestations of grace which are referable not to any intrinsic necessity but to the goodness of God; accordingly three questions present themselves for consideration: indissolublyにリンクして自然の恵みとは、この操作を行うことは、正式の恵みを受けて他の症状を呈しているせいにしないように任意の固有の必要性しかし、神の善良さ;それに応じて3つの質問を提示して考察:

(a) The inner nature of sanctifying grace. ( a )その内側の自然の恵みのsanctifying 。

(b) Its formal operations. ( b )に、正式な業務です。

(c) Its supernatural retinue. ( C参照) 、超自然の従者。

A. The Inner Nature A.付録自然インナー

1. 1 。 As we have seen that sanctifying grace designates a grace producing a permanent condition, it follows that it must not be confounded with a particular actual grace nor with a series of actual graces, as some ante-Tridentine theologians seem to have held.グレースsanctifyingで見たことがあるとして我々の恵みを生産する恒常的な条件を指定すると、以下のとおりです混乱してはならないことを特定しても、実際のグレースシリーズの実際の美神、 tridentine神学者としていくつかのように出走馬が開かれた。 This view is confirmed by the fact that the grace imparted to children in baptism does not differ essentially from the sanctifying grace imparted to adults, an opinion which was not considered as altogether certain under Pope Innocent III (1201), was regarded as having a high degree of probability by Pope Clement V (1311), and was defined as certain by the Council of Trent (Sess. V, can. iii-v).このビューが確認されたという事実を子どもたちに洗礼の恵みを与えていないから、本質的に異なるsanctifying大人の猶予を与え、世論を完全に特定されたとはみなさインノケンティウス3世( 1201 )の下では、と見なされていたことが高い度の確率でクレメンスv ( 1311 ) 、および特定されたとして定義されたトレントの評議会( sess. v 、可能です。 3 - 5 ) 。 Baptized infants cannot be justified by the use of actual grace, but only by a grace which effects or produces a certain condition in the recipient.バプテスマを受けても正当化できない乳幼児の使用される実際の支払猶予、猶予されるだけの効果や、特定の条件で、受信者を生成します。 Is this grace of condition or state, as Peter Lombard (Sent., I, dist. xvii, 18) held, identical with the Holy Spirit, whom we may call the permanent, uncreated grace (gratia increata)?または猶予の条件は、この状態では、ピーターとしてロンバード( sent. 、私は、 distのです。 17 、 18 )で開かれた、同じで、聖霊は、私たちが誰の永続的なコールは、まだ創造されていないグレース(グレーシアincreata ) ? It is quite impossible.それはかなり無理があるぞ。 For the person of the Holy Ghost cannot be poured out into our hearts (Romans 5:5), nor does it cleave to the soul as inherent justice (Trent, sess. VI, can. xi), nor can it be increased by good works (loc. cit., can. xxiv), and all this is apart from the fact that the justifying grace in Holy Writ is expressly termed a "gift [or grace] of the Holy Ghost" (Acts 2:38; 10:45), and as the abiding seed of God (1 John 3:9).聖霊の人のためにすることはできません私たちの心を注ぎ出す(ローマ人への手紙5時05分) 、またされないことに突き進むように内在する正義の魂(トレント、 sess 。 viのことです。 xi )は、それに比べても良いこと作品( loc. cit 。 、可能です。 xxiv )とは別にこれは、すべての事実を正当化猶予では、明示的に聖書"の贈り物[やグレース]は、聖霊" (行為2時38分、 10 : 45 )は、神の種子と変わらぬとして、 ( 1ヨハネ3時09分) 。 From this it follows that the grace must be as distinct from the Holy Ghost as the gift from the giver and the seed from the sower; consequently the Holy Spirit is our holiness, not by the holiness by which He Himself is holy, but by that holiness by which He makes us holy.グレースは、以下のとおりですから、このことをはっきりしなければならないから、聖霊からの贈り物として、寄贈者とその種子から種をまく人;したがって、聖霊は、私たちのホーリネス、ホーリネスされるのではなく、彼自身は、神聖な、しかし、その彼は私たちの神聖神聖される。 He is not, therefore, the causa formalis, but merely the causa efficiens, of our holiness.彼ではない、したがって、 formalis死因は、単にその死因efficiensしかし、我々の神聖です。

Moreover, sanctifying grace as an active reality, and not a merely external relation, must be philosophically either substance or accident.また、積極的な現実としてsanctifyingグレースは、外部の関係だけではなく、しなければならない物質や事故のどちらか達観している。 Now, it is certainty not a substance which exists by itself, or apart from the soul, therefore it is a physical accident inhering in the soul, so that the soul becomes the subject in which grace inheres; but such an accident is in metaphysics called quality (qualitas, poiotes) therefore sanctifying grace may be philosophically termed a "permanent, supernatural quality of the soul", or, as the Roman Catechism (P. II, cap. ii, de bap., n. 50) says "divina qualitas in anima inhaerens".さて、それは確実に存在する物質を単独ではない、あるいはその魂は別に、したがってこれは、物理的な事故に含まれるの魂は、魂になるので、恵みの件名でinheres ;しかし、このような事故が起きたのは、形而上学と呼ばれる品質(潜在、 poiotes ) sanctifyingグレースしたがって哲学的な表現かもしれないが"恒久的な、超自然の質の魂" 、または、ローマ公教要理ら( p. 2世は、キャップです。 2世は、デbap 。 、 n. 50 )によれば" divina潜在でinhaerensアニマ" 。

2. 2 。 Sanctifying grace cannot be termed a habit (habitus) with the same precision as it is called a quality.グレースsanctifying表現する習慣をつけることはできません(体質)と同じ精度の品質と呼ばれるようにします。 Metaphysicians enumerate four kinds of quality: 4種類の品質を列挙metaphysicians :

habit and disposition;習慣や気質;

power and want of power;電源ケーブルと電源したい;

passion and passible quality, for example, to blush, pale with wrath; passible品質の情熱とは、例えば、赤面して、青白いと怒り;

form and figure (cf. Aristotle, Categ. VI).フォームおよび図( cf.アリストテレスは、 categ 。 vi )のです。

Manifestly sanctifying grace must be placed in the first of these four classes, namely habit or disposition; but as dispositions are fleeting things, and habit has a permanency theologians agree that sanctifying grace is undoubtedly a habit, hence the name: Habitual Grace (gratia habitualis).グレースsanctifying明らかに配置する必要がありますが、最初の4つのクラス、すなわち習慣や気質;しかし、売却は、つかの間のものとしては、永続的な神学者や習慣には、グレースsanctifyingに同意するものとする習慣を身には間違いなく、したがって、その名前:常習者グレース(グレーシア習慣) 。 Habitus is subdivided into habitus entitativus and habitus operativus.体型は体型entitativusや体型に分割operativus 。 A habitus entitativus is a quality or condition added to a substance by which condition or quality the substance is found permanently good or bad, for instance: sickness or health, beauty, deformity, etc. Habitus operativus is a disposition to produce certain operations or acts, for instance, moderation or extravagance; this habitus is called either virtue or vice just as the soul is inclined thereby to a moral good or to a moral evil.ハビトゥスentitativusする条件は、品質や条件に追加される物質やその物質の品質が良いか悪いか見つかりました永久には、例えば:病気や健康、美容、変形等ハビトゥスoperativus気質は、特定の操作や行為を生み出す例えば、中庸や浪費;この体型は、どちらかと呼ばれる美徳または副ちょうどその魂は、道徳的に傾斜が道徳的に良いか悪いです。 Now, since sanctifying grace does not of itself impart any such readiness, celerity, or facility in action, we must consider it primarily as a habitus entitativus, not as a habitus operativus.さて、 sanctifyingグレースはありませんので、当該即応性を与えることはそれ自体が、敏速には、アクションや施設で、我々として考慮する必要がありますが、主にentitativus体型ではなく、ハビトゥスとしてoperativus 。 Therefore, since the popular concept of habitus, which usually designates a readiness, does not accurately express the idea of sanctifying grace, another term is employed, i.e. a quality after the manner of a habit (qualitas per modum habitus), and this term is applied with Bellarmine (De grat. et lib. arbit., I, iii).したがって、ハビトゥスて以来、人気の概念は、通常、指定する準備が整って、正確に表現するという発想はありませんsanctifyingグレースは、別の任期は、就業者、すなわち、品質の後の態度の癖(ハビトゥスmodum潜在あたり) 、そしてこの用語は、応用してベラルミーノ(デ偉大です。 et libです。 arbit 。 、私は、 ⅲ ) 。 Grace, however, preserves an inner relation to a supernatural activity, because it does not impart to the soul the act but rather the disposition to perform supernatural and meritorious acts therefore grace is remotely and mediately a disposition to act (habitus remote operativus).グレースは、しかし、入れ子の関係を保持する、超自然的活性れていないため、その魂を伝えるという行為ではなく、むしろ、超自然的な気質と称賛に値する行為を実行するための猶予処分には、リモートとmediatelyする行為(ハビトゥスリモートoperativus ) 。 On account of this and other metaphysical subtleties the Council of Trent has refrained from applying the term habitus to sanctifying grace.して、このアカウントおよびその他の微妙な形而上トレントは、評議会の体型を控えるsanctifyingの猶予期間を適用しています。

In the order of nature a distinction is made between natural and acquired habits (habitus innatus, and habitus acquisitus), to distinguish between natural instincts, such, for instance, as are common to the brute creation, and acquired habits such as we develop by practice, for instance skill in playing a musical instrument etc. But grace is supernatural, and cannot, therefore, be classed either as a natural or an acquired habit; it can only be received, accordingly, by infusion from above, therefore it is a supernatural infused habit (habitus infusus).は、自然の秩序自然との間に差異は後天的習慣(ハビトゥスinnatus 、およびハビトゥス獲得)は、自然を区別する本能は、このような、例えば、共通して、獣類としては、我々のような習慣や後天開発された実際には、例えば、楽器演奏スキルでは、超自然の恵み等だが、およびすることはできませんので、どちらかに分類するとして、自然や後天性習慣;それを受け取ったことによってのみ、それに応じて、上から注入された、したがってこれは、超自然的注入癖(ハビトゥスinfusus ) 。

3. 3 。 If theologians could succeed in establishing the identity sometimes maintained between the nature of grace and charity, a great step forward would be taken in the examination of the nature of grace, for we are more familiar with the infused virtue of charity than with the hidden mysterious nature of sanctifying grace.もし神学のアイデンティティの確立に成功する可能性を維持し時には自然の恵みとの間の慈善事業は、大きな一歩となる撮影では、自然の恵みを受けて、審査は、我々はより多くの慈善事業に精通して美徳の注入に比べて、隠された謎自然の恵みsanctifying 。 For the identity of grace and charity some of the older theologians have contended--Peter Lombard, Scotus, Bellarmine, Lessius, and others--declaring that, according to the Bible and the teaching of the Fathers, the process of justification may be at times attributable to sanctifying grace and at other times to the virtue of charity.慈善事業のためのアイデンティティの恵みと神学者がいくつかの古いcontended -ピーターロンバード、 s cotus、ベラルミーノ、レッシウス、およびその他-と宣言して、聖書の教えによると、父親は、その過程での正当性かもしれないグレースsanctifying倍に起因するとし、他の回チャリティーの美徳だ。 Similar effects demand a similar cause; therefore there exists, in this view, merely a virtual distinction between the two, inasmuch as one and the same reality appears under one aspect as grace, and under another as charity.同様の効果を要求する同様の原因;したがって存在は、この画面では、単に2つの仮想の区別は、自分と同じ〜だけれども現実の下に表示される1つの側面としてのグレースは、もう一つの下で慈善事業とします。 This similarity is confirmed by the further fact that the life or death of the soul is occasioned respectively by the presence in, or absence from, the soul of charity.さらに、この相似性が確認されたという事実は、生きるか死ぬかの魂の存在によって、それぞれoccasioned 、または不在から、その魂のチャリティーです。 Nevertheless, all these arguments may tend to establish a similarity, but do not prove a case of identity.にもかかわらず、これらすべての引数の類似性を確立する傾向があるかもしれませんが、例はありません身元を証明する。 Probably the correct view is that which sees a real distinction between grace and charity, and this view is held by most theologians, including St. Thomas Aquinas and Francisco Suárez.おそらく、正しい表示を見るのは、本当の恵みと慈善事業の区別は、この見解とは、ほとんどの神学者が保有して、トマスアクィナスと聖フランシスコスアレスを含めています。 Many passages in Scripture and patrology and in the enactments of synods confirm this view.教父学と啓典と多くの通路では、この見解を確認enactmentsのsynods 。 Often, indeed, grace and charity are placed side by side, which could not be done without a pleonasm if they were identical.多くの場合、実際のところ、慈善団体には恵みと並んで配置させずに実行することができなかった場合に冗語法彼らは同じものです。 Lastly, sanctifying grace is a habitus entitativus, and theological charity a habitus operativus: the former, namely sanctifying grace, being a habitus entitativus, informs and transforms the substance of the soul; the latter, namely charity, being a habitus operativus, supernaturally informs and influences the will (cf. Ripalda, "De ente sup.", disp. cxxiii; Billuart, "De gratia", disp. iv, 4).最後に、グレースは、 sanctifyingハビトゥスentitativus 、慈善事業や神学をハビトゥスoperativus :元、すなわちsanctifyingグレースは、 entitativus体型が、その物質の変換を知らせると魂;後者、すなわち慈善、 operativusハビトゥスが、神業のよう通知そして影響を及ぼすのは、 ( cf. ripalda 、 "デente国会議長。 " 、 disp 。 cxxiii ; billuart 、 "デグレーシア" 、 disp 。 4世、 4 ) 。

4. 4 。 The climax of the presentation of the nature of sanctifying grace is found in its character as a participation in the Divine nature, which in a measure indicates its specific difference.クライマックスのプレゼンテーションは、自然の恵みが見つかりましたsanctifyingのキャラクターとしての参加は、神の性質で、これは、特定の差を測るものを示します。 To this undeniable fact of the supernatural participation in the Divine nature is our attention directed not only by the express words of Holy Writ: ut efficiamini divinae consortes naturae (2 Peter 1:4), but also by the Biblical concept of "the issue and birth from God", since the begotten must receive of the nature of the progenitor, though in this case it only holds in an accidental and analogical sense.この事実を否定できないが、超自然の参加は、自然の神が私たちの注目監督の言葉を口にされるだけでなく、神聖な令状: efficiamini divinae consortesしかし自然( 2ピーター1時04分)は、聖書の中の概念だけでなく、 "この問題と神の誕生から"と、以来、ひとり子を受けなければならないのは、前駆細胞の性質が、このような場合にのみ保有することと類推偶発的感覚です。 Since this same idea has been found in the writings of the Fathers, and is incorporated in the liturgy of the Mass, to dispute or reject it would be nothing short of temerity.以来、このアイデアが発見されたのと同じ記述には、父のは、法人の典礼とは、質量は、紛争または拒否することが何もないの向こう見ず短い。 It is difficult to excogitate a manner (modus) in which this participation of the Divine nature is effected. excogitateすることは難しいとはどのような方法(手口)は、神の性質は、この影響の参加です。 Two extremes must be avoided, so that the truth will be found.二つの極端な回避しなければならないので、真実を発見される。

An exaggerated theory was taught by certain mystics and quietists, a theory not free from pantheiotic taint.誇張された説は、特定の神秘主義者と教えられたquietists 、自由がないから、理論pantheiotic汚点。 In this view the soul is formally changed into God, an altogether untenable and impossible hypothesis, since concupiscence remains even after justification, and the presence of concupiscence is, of course, absolutely repugnant to the Divine nature.このビューで、変更を正式には、神の魂は、完全に不可能な仮説を支持できないと、強欲遺跡以来正当化した後でさえ、その存在を強欲とは、もちろん、神の性質を全く気に食わない。

Another theory, held by the Scotists, teaches that the participation is merely of a moral-juridical nature, and not in the least a physical participation.別の説には、開かれたscotists 、教えることへの参加は、道徳的には単に法律上の性質は、全然そんなことないと物理的に参加する。 But since sanctifying grace is a physical accident in the soul, one cannot help referring such participation in the Divine nature to a physical and interior assimilation with God, by virtue of which we are permitted to share those goods of the Divine order to which God alone by His own nature can lay claim.しかし、グレースsanctifying以来事故は、物理的には、魂は、 1つのヘルプを参照することはできません神の参加は、このような物理的な性質やインテリアに同化して、神は、私たちはこれを美徳を許可してこれらのグッズは、神を共有するためには一人の神自然のことで、自分の主張だ。 In any event the "participatio divinae naturae" is not in any sense to be considered a deification, but only a making of the soul "like unto God".いずれにしても、 "自然participatio divinae "ではないと見なされるいかなる意味においても神格化して、製造だけでは、魂"のような神"です。 To the difficult question: Of which special attribute of God does this participation partake?質問をするのは難しい:神の属性に特別参加するが、これに参加ですか? Theologians can answer only by conjectures.神学者に答えるだけで推測できる。 Manifestly only the communicable attributes can at all be considered in the matter, wherefore Gonet (Clyp. thomist., IV, ii, x) was clearly wrong when he said that the attribute of participation was the aseitas, absolutely the most incommunicable of all the Divine attributes.伝染属性を明らかにできるだけで、すべての問題と見なされるのは、何のためにgonet ( clyp. thomist 。 、 4世、 2世、 × )が明らかに間違って彼によると、このときは、その属性の参加aseitas 、絶対に伝えることのできない、ほとんどすべての神の属性です。 Ripalda (loc. cit., disp. xx; sect. 14) is probably nearer the truth when he suggests Divine sanctity as the attribute, for the very idea of sanctifying grace brings the sanctity of God into the foreground. ripalda ( loc. cit 。 、 disp 。のXX ;教派。 14 )は、おそらく、真実に近い神の神聖さを提案したとき、属性としては、非常に考えsanctifyingのための神聖さをもたらす神の恵みを前景。

The theory of Francisco Suárez (De grat., VII, i, xxx), which is also favoured by Scripture and the Fathers, is perhaps the most plausible.その理論のフランシスコスアレス(デ偉大です。 、第VII 、私は、 xxx )を、これは、父親でもある特別な啓典とされた、もっともらしいは、おそらく最も大変です。 In this theory sanctifying grace imparts to the soul a participation in the Divine spirituality, which no rational creature can by its own unaided powers penetrate or comprehend.この理論をsanctifyingグレースimparts魂の参加は、神の霊が、これは、独自の合理的な生き物は人の手を借りないで浸透するかを理解する大国です。 It is, therefore, the office of grace to impart to the soul, in a supernatural way, that degree of spirituality which is absolutely necessary to give us an idea of God and His spirit, either here below in the shadows of earthly existence, or there above in the unveiled splendour of Heaven.それは、したがって、オフィスの猶予を与えるの魂には、超自然的方法で、その度に霊性が絶対に必要なアイデアを提供してくれるの神と神の精神は、以下のいずれかをここでは、この世の影の存在、あるいはそこに上で発表させました天国です。 If we were asked to condense all that we have thus far been considering into a definition, we would formulate the following: Sanctifying grace is "a quality strictly supernatural, inherent in the soul as a habitus, by which we are made to participate in the divine nature".もし私たちはすべての要請を凝縮して我々は、これまで検討して定義され、我々は、以下の策定: sanctifyingグレースは、 "品質を厳密には超自然的、魂が本来持っている体質として、我々はこれに参加する前に、自然の神"です。

B. Formal Operations Bの正式運用

Sanctifying Grace has its formal operations, which are fundamentally nothing else than the formal cause considered in its various moments. sanctifyingグレースには、正式な業務は、これよりも正式には、ほかの何よりも根本的には、様々な瞬間を引き起こすと考えています。 These operations are made known by Revelation; therefore to children and to the faithful can the splendour of grace best be presented by a vivid description of its operations.これらの操作は、前に知られてヨハネの黙示録;そのために子供たちとの豪華さと優雅さを忠実に提示された最良の活動を生き生きと説明した。

These are: sanctity, beauty, friendship, and sonship of God.これらは:神聖さ、美しさ、友情、そして神の息子である。

1. 1 。 Sanctity神聖

The sanctity of the soul, as its first formal operation, is contained in the idea itself of sanctifying grace, inasmuch as the infusion of it makes the subject holy and inaugurates the state or condition of sanctity.魂の尊厳は、初の正式な動作としては、そのアイデア自体に含まれるのは、グレースsanctifying 、 〜だけれどもに注入することにより、対象の状態やinaugurates神聖と尊厳の状態です。 So far it is, as to its nature, a physical adornment of the soul; it is also a moral form of sanctification, which of itself makes baptized children just and holy in the sight of God.今までに寄付することは、自然をクリックして、物理的な装飾品の魂;ことは、道徳的な形での清浄化にも、これにより、バプテスマを受けて、自身の子供たちだけで、その光景を見て、神の聖なる。 This first operation is thrown into relief by the fact that the "new man", created injustice and holiness (Ephesians 4:24), was preceded by the "old man" of sin, and that grace changed the sinner into a saint (Trent, Sess. VI, cap. vii: ex injusto fit justus).この最初の操作は救済されたという事実に投げ込まれる"新しい男"は、不正に作成およびホーリネス(エペソ人4:24 )は、先行された"おやじ"の罪、およびその恵みを変更して罪人を聖人(トレント、 sess 。 viのは、キャップです。第VII :元injustoフィットユストゥス) 。 The two moments of actual justification, namely the remission of sin and the sanctification, are at the same time moments of habitual justification, and become the formal operations of grace.実際には2つの瞬間の正当性、すなわち、罪の赦しを清浄化と、それと同時に瞬間には、常習的な正当性は、正式な業務となるの恵みを受けています。 The mere infusion of the grace effects at once the remission of original and mortal sin, and inaugurates the condition or state of holiness.単なる注入の効果を一度には、恵みの大罪寛解の原本とし、その条件やinauguratesホーリネスの状態です。 (See Pohle, Lehrb. der Dogm., 527 sq.) (参照してくださいpohle 、 lehrb 。デアdogm 。 、 527 sq 。 )

2. 2 。 Beauty美しさ

Although the beauty of the soul is not mentioned by the teaching office of the Church as one of the operations of grace, nevertheless the Roman Catechism refers to it (P. II, cap. ii, de bap., n. 50).魂の美しさにもかかわらず、教えることではないに記載された事務所の業務の一つとして、教会の恵みを受けて、それにもかかわらず、ローマ公教要理を指しますら( p. 2世は、キャップです。 2世は、デbap 。 、 n. 50 ) 。 If it be permissible to understand by the spouse in the Canticle of Canticles a symbol of the soul decked in grace, then all the passages touching the ravishing beauty of the spouse may find a fitting application to the soul.を理解するならば許容される配偶者の雅歌は、賛美歌の魂の象徴で飾られた猶予は、その後のすべての文章の美しさに触れて、うっとりする可能性の配偶者の魂を発見するアプリケーションを当てはめています。 Hence it is that the Fathers express the supernatural beauty of a soul in grace by the most splendid comparisons and figures of speech, for instance: "a divine picture" (Ambrose); "a golden statue" (Chrysostom); "a streaming light" (Basil), etc. Assuming that, apart from the material beauty expressed in the fine arts, there exists a purely spiritual beauty, we can safely state that grace as the participation in the Divine nature, calls forth in the soul a physical reflection of the uncreated beauty of God, which is not to be compared with the soul's natural likeness to God.したがって、父親のことを表明することは、超自然の美しさ、魂の猶予期間を比較すると、最も素晴らしい人物の演説で、例えば: "神の絵" (アンブローズ) ; "黄金の像" (クリュソストモス) ; "をストリーミング光" (バジル)などと仮定して、離れの素材の美しさを表明し、美術、純粋に精神的な美しさが存在することができる状態にして無事に参加は、神の恵みとしての性質は、物理的な魂のコールに示されてリフレクションまだ創造されていないのは、神の美しされるべきではない、と比較して、魂の自然を神の似ている。 We can attain to a more intimate idea of the Divine likeness in the soul adorned with grace, if we refer the picture not merely to the absolute Divine nature, as the prototype of all beauty, but more especially to the Trinity whose glorious nature is so charmingly mirrored in the soul by the Divine adoption and the inhabitation of the Holy Ghost (cf. H. Krug, De pulchritudine divina, Freiburg, 1902).を達成することができるというアイデアは、より親密な肖像は、神の恵みの魂で飾られ、もし我々の画像を参照して、絶対的な神の性質だけではない、として、プロトタイプのすべての美しさ、というよりも、特にその栄光の性質には非常にトリニティミラーリングされた魅力的で、神の魂との養子縁組の居住聖霊( cf. h.クリュッグ、デpulchritudine divina 、フライブルク、 1902 ) 。

3. 3 。 Friendship友情

The friendship of God is consequently, one of the most excellent of the effects of grace; Aristotle denied the possibility of such a friendship by reason of the great disparity between God and man.神の友情は、その結果、 1つの効果が最も優れグレース;アリストテレスの可能性を否定した理由は、このような友情を神と人間の間に大きな格差。 As a matter of fact man is, inasmuch as he is God's creature, His servant, and by reason of sin (original and mortal) he is God's enemy.実を言うと男は、神の生き物〜だけれども彼は、彼の使用人は、罪の理由とされた(オリジナルと人間)彼は神の敵だ。 This relation of service and enmity is transformed by sanctifying grace into one of friendship (Trent, Sess. VI, cap. vii: ex inimico amicus).この恨みとは関係のサービスを1つに変換さsanctifying友情のグレース(トレント、 sess 。 viのは、キャップです。第VII :元inimico法廷助言者) 。 According to the Scriptural concept (Wisdom 7:14; John 15:15) this friendship resembles a mystical matrimonial union between the soul and its Divine spouse (Matthew 9:15; Revelation 19:7).聖書によると、コンセプト( 7時14知恵;ヨハネ15時15分)に似て、この神秘的な友情の労働組合の間の婚姻神の魂とその配偶者(マタイ9 : 15 ;ヨハネの黙示録19時07分) 。 Friendship consists in the mutual love and esteem of two persons based upon an exchange of service or good office (Aristot., "Eth. Nicom.", VIII sq.).は、相互の友情とは、二人の愛と尊敬に基づいて、為替の良いサービスやオフィス( aristot. 、 " eth 。 nicom 。 " 、 viii sq 。 ) 。 True friendship resting only on virtue (amicitia honesta) demands undeniably a love of benevolence, which seeks only the happiness and well-being of the friend, whereas the friendly exchange of benefits rests upon a utilitarian basis (amicitia utilis) or one of pleasure (amicitia delectabilis), which presupposes a selfish love; still the benevolent love of friendship must be mutual, because an unrequited love becomes merely one of silent admiration, which is not friendship by any means.安静時にのみ真の友情の美徳( amicitia honesta )の要求を愛する博愛紛れも、これだけの幸福を求めて幸福には、友人とは、友好交流のメリットがある功利主義的基礎に置き( amicitia utilis )または1つの快楽( amicitia delectabilis ) 、これを前提に、利己的な愛;まだ、慈悲深い愛の相互の友情をしなければならないので、単に1つの片思いがサイレント感心し、石にかじりついても友情ではない。 But the strong bond of union lies undeniably in the fact of a mutual benefit, by reason of which friend regards friend as his other self (alter ego).しかし、労働組合の強いきずながあるという事実は、紛れも共済では、これを理由としての彼の友達の友達に関して他の自己(分身)です。 Finally, between friends an equality of position or station is demanded, and where this does not exit an elevation of the inferior's status (amicitia excellentie), as, for example, in the case of a friendship between a king and noble subject.最後に、友人たちの間で平等の地位を要求したりステーションでは、これがないとどこに終了する高度の下のステータス( amicitia excellentie ) 、としては、例えば、次の例で高貴な王との友情をテーマです。 It is easy to perceive that all these conditions are fulfilled in the friendship between God and man effected by grace.簡単に理解することは、これらすべての条件が果たされることは、神と人間の間に友情を猶予された影響です。 For, just as God regards the just man with the pure love of benevolence, He likewise prepares him by the infusion of theological charity for the reception of a correspondingly pure and unselfish affection.で、ちょうど同じように、神に関しては、純粋な愛の慈愛を持つ男は、彼同様に注入された彼の神学的準備のための慈善事業のレセプションは、それに対応純粋な愛情と無欲だ。 Again, although man's knowledge of the love of God is very limited, while God's knowledge of love in man is perfect, this conjecture is sufficient--indeed in human friendships it alone is possible--to form the basis of a friendly relation.繰り返しますが、人間の知識にもかかわらず、神の愛は非常に限られ、知識、神の愛の中で完璧な男は、この推測は、十分な-実際にはそれだけで人間の友情は可能-との友好関係の基礎を形成する。 The exchange of gifts consists, on the part of God, in the bestowal of supernatural benefits, on the part of man, in the promotion of God's glory, and partly in the performance of works of fraternal charity.プレゼント交換で構成には、神の部分は、超自然の恩恵の授与は、団体名は、男は、神の栄光の推進、およびパフォーマンスの部分は、慈善事業の共済です。 There is, indeed, in the first instance, a vast difference in the respective positions of God and man; but by the infusion of grace man receives a patent of nobility, and thus a friendship of excellency (amicitia excellentiae) is established between God and the just.が、実際のところ、第一審では、膨大な数の違いは、それぞれの立場を、神と人間;しかし、注入された男の恵みを受けて家紋を受信すると、このようにするとの友情閣下( amicitia excellentiae )は、神との間に確立さそのわずかです。 (See Schiffini, "De gratia divina", 305 sqq., Freiburg, 1901.) (参照してくださいschiffini 、 "デグレーシアdivina " 、 305 sqq 。 、フライブルク、 1901 。 )

4. 4 。 Sonship息子であること

In the Divine filiation of the soul the formal workings of sanctifying grace reach their culminating point; by it man is entitled to a share in the paternal inheritance, which consists in the beatific vision.親子関係の魂は、神の恵みsanctifying正式な働きが最高潮に達する点に達する;された男はそれを受ける権利がある父方のシェアは、相続、これは、至福直観で構成されます。 This excellence of grace is not only mentioned countless times in Holy Writ (Romans 8:15 sq.; 1 John 3:1 sq., etc.), but is included in the Scriptural idea of a re-birth in God (cf. John 1:12 sq.; 3:5; Titus 3:5; James 1:18, etc.).この卓越の恵みだけではない、幾度となく言及聖書(ローマ人への手紙8時15 sq 。 ; 1ジョン3時01 sq 。 、等)が、含まれては、という考えは、聖書は神の再誕生( cf.ジョン1時12 sq 。 ;午前3時05分;タイタス3 : 05 ;ジェームズ1時18分、等) 。 Since the re-birth in God is not effected by a substantial issuance from the substance of God, as in the case of the Son of God or Logos (Christus), but is merely an analogical or accidental coming forth from God, our sonship of God is only of an adoptive kind, as we find it expressed in Scripture (Romans 8:15; Galatians 4:5).再誕生して以来、神ではないの発行にかなりの影響によって、神からの物質は、例としては、神の御子、またはロゴ(クリストゥス)が、今後は単なるまたは偶発的類推から来たり、神は、私たちの息子であること神は、養子種類のみ、我々として表現されることを見つける啓典(ローマ人への手紙8時15分;ガラテヤ人への手紙4時05分) 。 This adoption was defined by St. Thomas (III:23:1): personae extraneae in filium et heredem gratuita assumptio.この養子縁組は、定義されてセントトマス( ⅲ : 23時01分) : personaのextraneaeでassumptio filium et heredem gratuita 。 To the nature of this adoption there are four requisites;この性質を養子縁組には、 4つの必需品;

the original unrelatedness of the adopted person;オリジナルの採択unrelatedness人;

fatherly love on the part of the adopting parent for the person adopted;父性愛の部分を採用してその人の親を採択;

the absolute gratuity of the choice to sonship and heirship;絶対賜金の息子であることと、その選択肢を相続権;

the consent of the adopted child to the act of adoption.採択の同意を得て、子供を養子縁組する行為。

Applying these conditions to the adoption of man by God, we find that God's adoption exceeds man's in every point, for the sinner is not merely a stranger to God but is as one who has cast off His friendship and become an enemy.これらの条件を適用して採択された神男は、神の養子縁組を超えていることを確認男のあらゆる点では、罪人ではないだけでは、見知らぬ人に神の1つとしてきたが、彼の友情を脱ぎ捨てると敵になる。 In the case of human adoption the mutual love is presumed as existing, in the case of God's adoption the love of God effects the requisite deposition in the soul to be adopted.養子縁組の例は、人間相互の愛は既存の推定としては、例は、神の愛、神の養子縁組の効果は、魂に必要な沈着で採択される。 The great and unfathomable love of God at once bestows the adoption and the consequent heirship to the kingdom of heaven, and the value of this inheritance is not diminished by the number of coheirs, as in the case of worldly inheritance.不可思議な偉大な神の愛との養子縁組をまとめてbestowsと相続権を必従天国、そしてこの相続ではないの価値を低下さcoheirs数は、現世の例としては、相続。

God does not impose His favours upon any one, therefore a consent is expected from adult adopted sons of God (Trent, Sess. VI, cap. vii, per voluntariam susceptionem gratiae et donorum).彼は神の恩恵を課す時のいずれか1つは、そのための同意が予想より成人を採択する神の息子(トレント、 sess 。 viのは、キャップです。 7世は、毎voluntariam susceptionem gratiae et donorum ) 。 It is quite in keeping with the excellence of the heavenly Father that He should supply for His children during the pilgrimage a fitting sustenance which will sustain the dignity of their position, and be to them a pledge of resurrection and eternal life; and this is the Bread of the Holy Eucharist (see EUCHARIST).それはかなりの優秀さに合わせて天の父は、自分の子供たちのために供給して彼は、巡礼中にふさわしい威厳を扶養するのが彼らのポジションを維持し、かれらには永遠の命と復活の約束を取り付けて、これは、パンの聖体(聖体を参照してください) 。

The Supernatural Retinueその超自然の従者

This expression is derived from the Roman Catechism (P. II., c. i, n. 51), which teaches: "Huic (gratiae sanctificanti) additur nobilissimus omnium virtutum comitatus".この表現の由来は、ローマの公教要理ら( p. Ⅱ 。千佳子私は、 n. 51 ) 、これを教える: " huic ( gratiae sanctificanti ) additur nobilissimusごたvirtutum comitatus " 。 As the concomitants of sanctifying grace, these infused virtues are not formal operations, but gifts really distinct from this grace, connected nevertheless with it by a physical, or rather a moral, indissoluble link--relationship.グレースconcomitantsのsanctifyingとしては、これらの長所を注入正式な業務ではないが、より明確な贈り物本当にこのグレースは、物理的に接続されるにもかかわらず、それは、道徳的というか、堅いリンク-関係です。 Therefore the Council of Vienne (1311) speaks of informans gratia et virtutes, and the Council of Trent, in a more general way, of gratia et dona.したがって、評議会のビエンヌ( 1311 )が喋るinformansグレーシアet virtutes 、トレントとの協議会は、より一般的な手法では、ドナのグレーシアet 。 The three theological virtues, the moral virtues, the seven gifts of the Holy Ghost, and the personal indwelling of the Holy Spirit in the soul are all considered. 3つの神学的美徳は、道徳的な美徳は、 7つの贈り物は、聖霊は、個人的な留置とは、聖霊は、すべての魂とみなされます。 The Council of Trent (Sess. VI, c. vii) teaches that the theological virtues of faith, hope, and charity are in the process of justification infused into the soul as supernatural habits.トレントの評議会( viのsess.千佳子7世)の神学的美徳を教えて信仰して、希望、そして慈善団体には正当化の過程において超自然的習慣として魂を注入した。 Concerning the time of infusion, it is an article of faith (Sess. VI, can. xi) that the virtue of charity is infused immediately with sanctifying grace, so that throughout the whole term of existence sanctifying grace and charity are found as inseparable companions.その時の注入に関しては、それは信仰の記事( sess. viのことです。 xi )は、チャリティーの美徳は、すぐに注入してsanctifyingグレースので、全体を通してsanctifying猶予期間の存在と不可分の慈善団体が見つかったとして仲間。 Concerning the habitus of faith and hope, Francisco Suárez is of the opinion (as against St. Thomas and St. Bonaventure) that, assuming a favourable disposition in the recipient, they are infused earlier in the process of justification.ハビトゥスに関する信仰と希望は、その意見は、フランシスコスアレス(セントトマスとして反対すると聖bonaventure )して、良好な気質と仮定して、受信者が、かれらはそれ以前の過程で注入さ名分。 Universally known is the expression of St. Paul (1 Corinthians 13:13), "And now there remain faith, hope, and charity, these three: but the greatest of these is charity."広く知られては、表現の聖パウロ( 1コリンチャンス13時13分) 、 "今までにも残ると信仰、希望、そして慈善団体は、これらの3つ:しかし、これらは、最大の慈善団体です。 " Since, here, faith and hope are placed on a par with charity, but charity is considered as diffused in the soul (Romans 5:5), conveying thus the idea of an infused habit, it will be seen that the doctrine of the Church so consonant with the teaching of the Fathers is also supported by Scripture.以来、ここでは、信仰と希望を配置してパーでは、慈善団体が、チャリティの魂が拡散したと考えられる(ローマ人への手紙5時05分)は、その考えを伝えるための習慣を身に注入することになりますので、見たことがあるのは、教会の教義子音を教えるためには、父の啓典でもサポートされています。 The theological virtues have God directly as their formal object, but the moral virtues are directed in their exercise to created things in their moral relations.神の神学的美徳が直接彼らの正式なオブジェクトとしてではなく、道徳的な美徳は、彼らの運動を指示して作成したものでは、道徳的な関係です。 All the special moral virtues can be reduced to the four cardinal virtues: prudence (prudentia), justice (justitia), fortitude (fortitudo), temperance (temperantia).すべての特別な道徳的美徳を減らすことができると美徳の4つの枢機卿:プルーデンス( prudentia ) 、正義( justitia ) 、不屈の精神( fortitudo ) 、禁酒( temperantia ) 。 The Church favours the opinion that along with grace and charity the four cardinal virtues (and, according to many theologians, their subsidiary virtues also) are communicated to the souls of the just as supernatural habitus, whose office it is to give to the intellect and the will, in their moral relations with created things, a supernatural direction and inclination.教会の恩恵という意見を4つの慈善団体とともに枢機卿恵みと美徳(とは、多くの神学者によると、また、子会社の美徳)は、伝達するのと同じように超自然的ハビトゥスの魂は、その事務所に知性を与えることは、のは、彼らの道徳的な関係を作成したものでは、超自然的方向へと傾斜する。 By reason of the opposition of the Scotists this view enjoys only a degree of probability, which, however, is supported by passages in Scripture (Proverbs 8:7; Ezekiel 11:19; 2 Peter 1:3 sqq.) as well as the teaching of the Fathers (Augustine, Gregory the Great, and others).反対の理由は、この見解を楽しんでのみscotists度の確率で、これは、しかし、通路ではサポートされて啓典(箴言8時07分;エゼキエル11:19 ; 2ピーター1時03 sqq 。 )だけでなく、教えることには、父の(アウグスティヌスは、偉大なグレゴリー、その他) 。 Some theologians add to the infusion of the theological and moral virtues also that of the seven gifts of the Holy Ghost, though this view cannot be called anything more than a mere opinion.注入を追加するにはいくつかの神学者の神学的道徳的美徳としても、 7つの贈り物は、聖霊が、このビューを超えることはできないものと呼ばれる、単なる意見です。 There are difficulties in the way of the acceptance of this opinion which cannot be here discussed.困難の道のためには、この意見を受け入れることをここで議論することはできません。

The article of faith goes only to this extent, that Christ as man possessed the seven gifts (cf. Isaiah 11:1 sqq.; 61:1; Luke 4:18).その記事だけに、この程度の信仰が、キリストのように、 7つの贈り物をつかれた( cf.イザヤ書11時01 sqq 。 ; 61:1 ;ルーク4時18分) 。 Remembering, however, that St. Paul (Romans 8:9 sqq.) considers Christ, as man, the mystical head of mankind, and the August exemplar of our own justification, we may possibly assume that God gives in the process of justification also the seven gifts of the Holy Ghost.思い出すのは、しかし、その聖パウロ(ローマ人への手紙8時09 sqq 。 )キリストを考慮し、男としては、神秘的な人類の頭は、我々の手本と、 8月の自身の正当性、我々は神の可能性と仮定しても正当化の過程において聖霊は、 7つの贈り物です。

The crowning point of justification is found in the personal indwelling of the Holy Spirit.頂点の正当性が見つかったのは、個人的な留置は、聖霊です。 It is the perfection and the supreme adornment of the justified soul.それは、最高の完成度とは、正当な魂を飾ることです。 Adequately considered, the personal indwelling of the Holy Spirit consists of a twofold grace, the created accidental grace (gratia creata accidentalis) and the uncreated substantial grace (gratia increata substantialis).十分に考慮して、個人の留置は、聖霊の構成要素は、二重のグレースは、偶発的に作成グレース(グレーシアcreata accidentalis )まだ創造されていないと、実質的グレース(グレーシアincreata substantialis ) 。 The former is the basis and the indispensable assumption for the latter; for where God Himself erects His throne, there must be found a fitting and becoming adornment.前者は、仮定のために不可欠な基盤と後者; erects彼の王座をどこに神自身は、あってはならないとなってフィッティングを飾ることを発見した。 The indwelling of the Holy Spirit in the soul must not be confounded with God's presence in all created things, by virtue of the Divine attribute of Omnipresence.留置は、聖霊の魂は、混乱してはいけませんし、神の存在をすべて作成したものでは、美徳では、神の遍在の属性です。 The personal indwelling of the Holy Ghost in the soul rests so securely upon the teaching of Holy Writ and of the Fathers that to deny it would constitute a grave error.個人の留置の魂は、聖霊の置きだから聖書の教えの上にしっかりとそれを否定することは、父の墓を構成するとエラーが発生します。 In fact, St. Paul (Romans 5:5) says: "The charity of God is poured forth in our hearts, by the Holy Ghost, who is given to us".事実、聖パウロ(ローマ人への手紙5時05分)によれば: "神の慈善団体に示されては、私たちの心を注ぎ、聖霊によって、誰が私たちに与えられた" 。 In this passage the Apostle distinguishes clearly between the accidental grace of theological charity and the Person of the Giver.この通路の使徒の間の区別を明確に偶発的神学の恵みと、人の物を与える慈善団体です。 From this it follows that the Holy Spirit has been given to us, and dwells within us (Romans 8:11), so that we really become temples of the Holy Ghost (1 Corinthians 3:16 sq.; 6:19).このことから以下の通り、聖霊が与えられたことを我々は、我々との棲む内(ローマ人への手紙8時11分) 、ですから、私たちは、実際に寺院になる聖霊( 1コリンチャンス3時16 sq 。 ;午前6時19分) 。 Among all the Fathers of the Church (excepting, perhaps, St. Augustine) it is the Greeks who are more especially noteworthy for their rapturous uttertances touching the infusion of the Holy Ghost.すべての祖先の間では、教会(除く、たぶん、聖アウグスティヌス)は、ギリシア人は、特に注目すべきは、より多くの熱狂的なuttertances注入は、聖霊に触れている。 Note the expressions: "The replenishing of the soul with balsamic odours", "a glow permeating the soul", "a gilding and refining of the soul".メモの表現: "魂の補給には、バルサミコodours " 、 "魂の輝きに充満する" 、 "魂の精錬、めっきや" 。 Against the Pneumatomachians they strive to prove the real Divinity of the Holy Spirit from His indwelling, maintaining that only God can establish Himself in the soul; surely no creature can inhabit any other creatures. pneumatomachians彼らに対する真の神性を証明しようと努力するのは彼の留置から聖霊は、神のみを維持することは、自分自身の魂を確立すること;確かな生き物が生息していない他の生き物です。 But clear and undeniable as the fact of the indwelling is, equally difficult and perplexing is it in degree to explain the method and manner (modus) of this indwelling.しかし、その事実をはっきりと否定できないとして、留置のは、難しいと同等の学位を困惑させるには、それを説明する方法と、この方法(暫定)の留置。

Theologians offer two explanations.神学の2つの説明を提供します。 The greater number hold that the indweling must not be considered a substantial information, nor a hypostatic union, but that it really means an indwelling of the Trinity (John 14:23), but is more specifically appropriated to the Holy Ghost by reason of His notional character as the Hypostatic Holiness and Personal Love.数多くの保留して、実質的に考慮するべきではありませんindweling情報については、労働組合も沈下が、それは、それが本当に意味する留置トリニティ(ヨハネ14時23分)が、処分済みには、より具体的な理由は聖霊によって彼の架空のキャラクターとして、個人的な愛と沈下ホーリネスです。

Another small group of theologians (Petavius, Scheeben, Hurter, etc.), basing their opinion upon the teaching of the Fathers, especially the Greek, distinguish between the inhabitatio totius Trinitatis, and the inhabitatio Spiritus Sancti, and decide that this latter must be regarded as a union (unio, enosis) pertaining to the Holy Ghost alone, from which the other two Persons are excluded.別の小グループの神学者(ペタヴィウス、シェーベン、保護するもの等)は、自分の意見を根拠に、父親の教えの上、特に、ギリシャ語、 inhabitatio totius trinitatis区別する、とinhabitatio酒精sancti 、この後者しなければならないと判断した労働組合と見なされる( unio 、同盟)に係る聖霊の一人で、他の2人からは除外されます。 It would be difficult, if not impossible to reconcile this theory, in spite of its deep mystical significance, with the recognized principles of the doctrine of the Trinity, namely the law of appropriation and Divine mission.それは難しい、不可能な場合は、この理論を仲直りさにもかかわらず、その意義深い神秘的で、その教義の原則を認め、トリニティ、すなわち、歳出の法則と神の使命です。 Hence this theory is almost universally rejected (see Franzelin, "De Deo trino", thes. xliii-xlviii, Rome, 1881).したがって、この理論は、ほぼ普遍的に拒否された(参照してくださいfranzelin 、 "デdeoトリノ"は、 thesという。 43 - 48 、ローマ、 1881 ) 。

III. Ⅲ 。 THE CHARACTERISTICS OF SANCTIFYING GRACEグレースの特性sanctifying

The Protestant conception of justification boasts of three characteristics: absolute certainty (certitudo), complete uniformity in all the justified (aequalitas), unforfeitableness (inamissibilitas).プロテスタントの正当性の概念を誇る3つの特徴:絶対に確実な( certitudo )は、すべての正当性を完全に均一( aequalitas ) 、 unforfeitableness ( inamissibilitas ) 。 According to the teaching of the Church, sanctifying grace has the opposite characteristics: uncertainty (incertitudo), inequality (inaequalitas), and amissibility (amissibilitas).によると、教員は、教会、 sanctifyingグレースは、その逆の特性:不確実性( incertitudo ) 、不等式( inaequalitas ) 、およびamissibility ( amissibilitas ) 。

A. Uncertainty a.不確実性

The heretical doctrine of the Reformers, that man by a fiduciary faith knows with absolute certainty that he is justified, received the attention of the Council of Trent (Sess. VI, cap. ix), in one entire chapter (De inani fiducia haereticorum), three canons (loc. cit., can. xiii-xv) condemning the necessity, the alleged power, and the function of fiduciary faith.異端の教義には、改革派は、受託者の信仰を知っているあの男によって彼は正当化して絶対に確実なことは、注目を受け取ったのは、評議会のトレント( sess. viのは、キャップです。 9世)は、全体で1つの章(デinani fiducia haereticorum )は、 3つの規範( loc. cit 。 、可能です。 13 - 15 )を非難し、その必要性は、疑惑のパワーは、この関数の受託者と信仰です。 The object of the Church in defining the dogma was not to shatter the trust in God (certitudo spei) in the matter of personal salvation, but to repel the misleading assumptions of an unwarranted certainty of salvation (certitudo fidei).このオブジェクトを定義するのは、教会の教義ではない神への信頼を打ち砕く( certitudo spei )は、個人的な救いの問題ではなく、誤解を招くように撃退する不当な確実性の仮定の救世(信仰のcertitudo ) 。 In doing this the Church is altogether obedient to the instruction of Holy Writ, for, since Scripture declares that we must work out our salvation "with fear and trembling" (Phil., ii, 12), it is impossible to regard our individual salvation as something fixed antd certain.この教会にしているのは、完全に従順に聖書の命令は、 、啓典を宣言して以来仕事をしなければならない我々の救いアウト"怖くて震えながら" ( phil. 、 2世、 12 )は、それは不可能であることを我々の個々の救済について固定antdとして何か特定します。 Why did St. Paul (1 Corinthians 9:27) chastise his body if not afraid lest, having preached to others, he might himself "become a castaway"?なぜ聖パウロ( 1コリンチャンス9時27分)ひどくしかるしないように自分の体を恐れない場合には、他人が説教して、彼は自分自身かもしれない"となって漂流"とは? He says expressly (1 Corinthians 4:4): "For I am not conscious to myself of any thing, yet am I not hereby justified; but he that judgeth me, is the Lord."と彼は言います明示( 1コリンチャンス4時04分) : "わたしは自分がどんなことを意識していない、まだ私はここには正当な;しかし、彼が私に裁判は、主です。 " Tradition also rejects the Lutheran idea of certainty of justification.ルター派の伝統にも拒否の正当性の確信があるという考えだ。 Pope Gregory the Great (lib. VII, ep. xxv) was asked by a pious lady of the court, named Gregoria, to say what was the state of her soul.グレゴリウス大( lib. 7世は、欧州。弐拾伍)は、信心深い女性の依頼を受けた裁判所は、 gregoria名前は、何と言っていた彼女の魂の状態です。 He replied that she was putting to him a difficult and useless question, which he could not answer, because God had not vouchsafed to him any revelation concerning the state of her soul, and only after her death could she have any certain knowledge as to the forgiveness of her sins.と彼は答えたが、彼女は彼のパットを無用に難しい問題と、これに答えることができなかった彼は、彼のために神はないvouchsafed啓示に関するいかなる状態は彼女の魂は、彼女の死とした後にのみ可能性がある特定の知識として彼女を彼女の罪を赦しています。 No one can be absolutely certain of his or her salvation unless--as to Magdalen, to the man with the palsy, or to the penitent thief--a special revelation be given (Trent, Sess. VI, can. xvi).誰にも確実に絶対にしない限り、彼または彼女の救済-をモードリンとしては、その男が麻痺して、後悔したりして泥棒-特別な啓示が与えられる(トレント、s e ss。v iのことです。1 6 )。 Nor can a theological certainty, any more than an absolute certainty of belief, be claimed regarding the matter of salvation, for the spirit of the Gospel is strongly opposed to anything like an unwarranted certainty of salvation.神学的確実性もあることは、絶対に確実ないかなる以上の信念は、この問題についての主張に救いは、福音の精神は、何かのように強く反対して不当な救いの確信がある。 Therefore the rather hostile attitude to the Gospel spirit advanced by Ambrosius Catherinus (d. 1553), in his little work: "De certitudine gratiae", received such general opposition from other theologians.したがって、むしろ敵対的な態度をされた高度な精神ambrosius福音catherinus ( d. 1553 )は、彼の小さな仕事: "デcertitudine gratiae "は、このような一般からの反対を受けた他の神学者です。 Since no metaphysical certainty can be cherished in the matter of justification in any particular case, we must content ourselves with a moral certainty, which, of course, is but warranted in the case of baptized children, and which, in the case of adults diminishes more or less, just as all the conditions of, salvation are complied with--not an easy matter to determine.形而上ないので確実で、大切な問題であることができます、いかなる名分の特定の場合は、自分自身でコンテンツをしなければならない道徳的確信、これは、もちろん、例は、しかし、バプテスマを受け、子供たちの正当化、およびそれは、大人の例diminishes多かれ少なかれ、すべての条件が同じように、救いを満たすことでは-ない、簡単な問題を決定する。 Nevertheless any excessive anxiety and disturbance may be allayed (Romans 8:16, 38 sq.) by the subjective conviction that we are probably in the state of grace.あらゆる障害にもかかわらず、過度の不安かもしれないallayed (ローマ人への手紙8時16分、 38 sq 。 )による主観的な信念に基づいて我々は、おそらく、同州の恵みを受けています。

B. Inequality Bの不等式

If man, as the Protestant theory of justification teaches, is justified by faith alone, by the external justice of Christ, or God, the conclusion which Martin Luther (Sermo de nat. Maria) drew must follow, namely that "we are all equal to Mary the Mother of God and just as holy as she".もし男で、プロテスタントの理論としての正当性を教え、信仰は正当化されるだけでは、外付けされたキリストの正義、あるいは神は、その結論のマーティンルーサー( sermoデナッ。マリア)ドリューに従う必要があります、すなわち、 "我々はすべて等しいをメアリーと同じように、神の母として神聖な彼女"です。 But if on the other hand, according to the teaching of the Church, we are justifed by the justice and merits of Christ in such fashion that this becomes formally our own justice and holiness, then there must result an inequality of grace in individuals, and for two reasons: first, because according to the generosity of God or the receptive condition of the soul an unequal amount of grace is infused; then, also, because the grace originally received can be increased by the performance of good works (Trent, Sess. VI, cap. vii, can. xxiv).しかしもしその一方で、教会の教えによると、我々は、正義とjustifedされたキリストのメリットは、このようなファッションになることを正式に我々自身の正義とホーリネス、それから結果の不平等が存在しなければ、個人の支払猶予、およびための2つの理由:第一に、寛大によると、神のためか、受容する条件は、不平等な量の魂が注入さグレース;それから、また、当初の猶予を受け取ったことができますので、その性能の良い作品増加した(トレント、 sess 。 viのは、キャップです。 7世は、次のです。 xxiv ) 。 This possibility of increase in grace by good works, whence would follow its inequality in individuals, find its warrant in those Scriptural texts in which an increase of grace is either expressed or implied (Proverbs 4:18; Sirach 18:22; 2 Corinthians 9:10; Ephesians 4:7; 2 Peter 3:18; Revelation 22:11).この猶予期間を増加させる可能性が良い作品は、個人でwhenceは、下記の不等式では、これらの聖書のテキストを見つけるの令状では、どちらかの増加を表明または黙示グレース(箴言4時18分、 18時22分シラク; 2コリンチャンス9 : 10 ;エペソ4時07分; 2ピーター3 : 18 ;ヨハネの黙示録22時11分) 。 Tradition had occasion, as early as the close of the fourth century, to defend the old Faith of the Church against the heretic Jovinian, who strove to introduce into the Church the Stoic doctrine of the equality of all virtue and all vice.伝統行事は、早ければ第4世紀の終わり、古い信仰を守るためには、教会に対する異端jovinian 、誰striveの過去形を導入するには、教会の禁欲的な教義のすべての平等を美徳とすべての副。 St. Jerome (Con. Jovin., II, xxiii) was the chief defender of orthodoxy in this instance.聖ジェローム( con. jovin 。 、 2世、 23 )は、主任弁護人の正統性はこのインスタンスです。 The Church never recognized any other teaching than that laid down by St. Augustine (Tract. in Jo., vi, 8): "Ipsi sancti in ecclesia sunt alii aliis sanctiores, alii aliis meliores."教会の教えは決して他よりも認識して敷設された聖アウグスティヌス(チョtract.中です。 、 viのは、 8 ) : " ipsi sanctiores aliis alii sunt sanctiでecclesia 、 meliores aliis alii 。 "

Indeed, this view should commend itself to every thinking man.確かに、このビューを表示するごとに好印象を与える必要な思考の男です。

The increase of grace is by theologians justly called a second justification (justificatio secunda), as distinct from the first justification (justificatio prima), which is coupled with a remission of sin; for, though there be in the second justification no transit from sin to grace, there is an advance from grace to a more perfect sharing therein.グレースは、神学者の増加によって、公正と呼ばれる2番目の正当化( justificatio secunda )は、正当な理由として、最初からはっきり( justificatioプリマ) 、これは、罪の赦しを結合して;ためには、正当な理由があって2番目には、罪のないからトランジットグレースには、事前には、そこからの恵みを共有していて、もっと完璧です。 If inquiry be made as to the mode of this increase, it can only be explained by the philosophical maxim: "Qualities are susceptible of increase and decrease"; for instance, light and heat by the varying degree of intensity increase or diminish.もし照会される前に、このモードを増加させることで説明されることによってのみ哲学的格言: "多感な資質の増減は、 " ;例えば、光と熱によってさまざまな程度の強度の増加または減少する。 The question is not a theological but a philosophical one to decide whether the increase be effected by an addition of grade to grade (additio gradus ad gradum), as most theologians believe; or whether it be by a deeper and firmer taking of root in the soul (major radicatio in subjecto), as many Thomists claim.神学的ではないという問題ではなく、 1つの哲学に影響されるかどうかを判断するの増加に加えて、等級等級(グラドゥスアドパルナッスムadditio広告gradum )は、ほとんどの神学者として信じ;またはより深いとされるかどうかのルートは、堅調に服用魂(メジャーradicatioでsubjecto )は、できるだけ多くのクレームthomists 。 This question has a special connection with that concerning the multiplication of the habitual act.この質問には、特別なことに関連して、常習的行為に関する乗算。 But the last question that arises has decidedly a theological phase, namely, can the infusion of sanctifying grace be increased infinitely?しかし、最後の質問は明らかにして発生する神学的段階、すなわち、グレースsanctifyingに注入することができる無限の増加ですか? Or is there a limit, a point at which it must be arrested?限界があるのか、それをしなければならない点で逮捕されたか? To maintain that the increase can go on to infinity, i.e. that man by successive advances in holiness can finally enter into the possession of an infinite endowment involves a manifest contradiction, for such a grade is as impossible as an infinite temperature in physics.を維持して行くことで無限に増加させる、すなわちあの男の進歩によって逐次ホーリネス最後に入ることを所有するには、明らかな矛盾する無限の養老保険は、このようなグレードのためには、無限の温度で物理学として不可能です。

Theoretically, therefore, we can consider only an increase without any real limit (in indefinitum).理論的には、したがって、我々増加することを考慮するしかなく本当の限度額( indefinitum ) 。 Practically however, two ideals of unattained and unattainable holiness have been determined, which nevertheless, are finite.しかし、事実上、未到の2つの理念を実現不可能と判断されホーリネスが、これにもかかわらず、は有限です。 The one is the inconceivably great holiness of the human soul of Christ, the other the fullness of grace which dwelt in the soul of the Virgin Mary.その1つは、思いも寄らぬホーリネスは、偉大な人間の魂のキリストの恵みを受けて、他の充実を力説し、聖母マリアの魂です。

C. Amissibility c. amissibility

In consonance with his doctrine of justification by faith alone, Luther made the loss or forfeiture of justification depend solely upon infidelity, while Calvin maintained that the predestined could not possibly lose their justification; as to those not predestined, he said, God merely aroused in them a deceitful show of faith and justification.共鳴して彼の教義の他力本願だけでも、ルーサー前の損失または没収不倫の正当性に依存するだけでは、カルビン維持している間、自分の正当性を失う可能性ができなかったpredestined ; predestinedない者として、彼は、神だけで興奮してかれらのためにうそをつくと信仰の正当性を示す。 On account of the grave moral dangers which lurked in the assertion that outside of unbelief there can be no serious sin destructive of Divine grace in the soul, the Council of Trent was obliged to condemn (Sess. VI, can. xxiii, xxvii) both these views.アカウントは、重大な道徳上の危険性を主張lurkedの外には、不信仰の深刻な罪を破壊することもできていないのは、神の恵みの魂は、評議会が義務付けられて非難トレント( sess. viのことです。 23 、 27 )の両方これらの見解だ。 The lax principles of "evangelical liberty", the favourite catchword of the budding Reformation, were simply repudiated (Trent Sess. VI, can. xix-xxi).締まりの原則は"福音自由の女神"は、お気に入りの宣伝文句には、新進の改革は、単に否認したが(トレントsess 。 viのことです。 19 - 21 ) 。 But the synod (Sess. VI cap. xi) added that not venial but only mortal sin involved the loss of grace.しかし、会議( sess. viのキャップです。 xi )を追加することは許されるだけの損失の恵みの大罪かかわっている。 In this declaration there was a perfect accord with Scripture and Tradition.この宣言があった啓典と伝統を完璧に合致する。 Even in the Old Testament the prophet Ezechiel (Ezekiel 18:24) says of the godless: "All his justices which he hath done, shall not be remembered: in the prevarication, by which he hath prevaricated, and in his sin, which he hath committed, in them he shall die."旧約聖書の預言者でさえezechiel (エゼキエル18時24分)によれば、神を恐れぬ: "すべて彼の裁判官が行わかれは、思い出したれるものではない:言い逃れで、これによってかれprevaricated 、そして彼の罪では、彼はコミットかれらは、かれら彼は死ぬものです。 " Not in vain does St. Paul (1 Corinthians 10:12) warn the just: "Wherefore he that thinketh himself to stand, let him take heed lest he fall"; and state uncompromisingly: "The unjust shall not possess the kingdom of God...neither fornicators, nor idolaters, nor adulterers.... nor covetouss, nor drunkards...shall possess the kingdom of God" (1 Corinthians 6:9 sq.).無駄ではない聖パウロの警告( 1コリンチャンス10:12 )だけ: "何のために彼は自分自身をthinkethに立つことは、彼は落下しないように留意させなさい" ;と妥協することなく状態: "不当なものではないの保有者が神の国... fornicatorsどちらも、多神教徒も、またadulterers .... covetoussも、また酔っぱらい...ものを有する者が神の国" ( 1コリンチャンス6時09 sq 。 ) 。 Hence it is not by infidelity alone that the Kingdom of Heaven will be lost.したがってそれだけではない不倫をして天国は失われます。 Tradition shows that the discipline of confessors in the early Church proclaims the belief that grace and justification are lost by mortal sin.伝統の規律を示しているのは、初期の教会confessors proclaimsという信念を持って正当性が失われるとグレース大罪。 The principle of justification by faith alone is unknown to the Fathers.他力本願の原則を、父親の一人が不明です。 The fact that mortal sin takes the soul out of the state of grace is due to the very nature of mortal sin.という事実には、魂の大罪のうち、国家のためには非常に自然の恵みの大罪。 Mortal sin is an absolute turning away from God, the supernatural end of the soul, and is an absolute turning to creatures; therefore, habitual mortal sin cannot exist with habitual grace any more than fire and water can co-exist in the same subject.ターニング大罪は、絶対的な神から離れては、超自然の最後の魂、そしてターニングには、絶対的な生き物;したがって、常習的な大罪を常習的に存在することはできませんグレース以上の任意の火と水と共存することは、同じ件名です。 But as venial sin does not constitute such an open rupture with God, and does not destroy the friendship of God, therefore venial sin does not expel sanctifying grace from the soul.しかし、このような小罪ではありません開いて破裂して、神と神の友情を破壊していないため、小罪はないから除名sanctifyingグレース魂。 Hence, St. Augustine says (De spir. et lit., xxviii, 48): "Non impediunt a vita Aeterna justum quaedam peccata venialia, sine quibus haec vita non ducitur."それ故に、聖アウグスティヌスによれば(デスピール。 et点灯しています。 、 28 、 48 ) : "不公正impediuntするaeternaヴィータquaedam peccata venialia 、正弦quibus haecヴィータ以外ducitur 。 " But does venial sin, without extinguishing grace, nevertheless diminish it, just as good works give an increase of grace?小罪わけでは、グレース消火せず、減少させることにもかかわらず、同様に増加の猶予を与える良い作品ですか? Denys the Carthusian (d. 1471) was of the opinion that it does, though St. Thomas rejects it (II-II:24:10). denysのカルトゥジオ修道会( d. 1471 )が、その意見には、それを拒否かかわらずセントトマス( ⅱ - 2 : 24:10 ) 。 A gradual decrease of grace would only be possible on the supposition that either a definite number of venial sins amounted to a mortal sin, or that the supply of grace might be diminished, grade by grade, down to ultimate extinction.グレースは、徐々に減少する可能性がわずかにあると仮定してどちらかの明確な数の罪を許される額は、大罪、または猶予かもしれないが、供給の減少は、グレードによって等級は、究極の絶滅ダウンしています。 The first hypothesis is contrary to the nature of venial sin; the second leads to the heretical view that grace may be lost without the commission of mortal sin.最初の仮説は、小罪の性質に反して、 2番目の異端的見解をリードしてグレースが失われることなく、委員会の大罪。 Nevertheless, venial sins have an indirect influence on the state of grace, for they make a relapse into mortal sin easy (cf. Ecclus., xix, 1).にもかかわらず、間接的な影響力を持ってして罪を許されるのステートオブグレースは、彼らのために再発する大罪を簡単に( cf. ecclus 。 、 19 、 1 ) 。 Does the loss of sanctifying grace bring with it the forfeiture of the supernatural retinue of infused virtues?グレースsanctifyingの損失をもたらすが、それは没収して、超自然的美徳の従者の注入ですか? Since the theological virtue of charity, though not identical, nevertheless is inseparably connected with grace, it is clear that both must stand or fall together, hence the expressions "to fall from grace" and "to lose charity" are equivalent.以来、神学的美徳の慈善団体は、同じわけではありませんが、密接につながっては、グレースにもかかわらず、それはその両方をクリアする必要がありますスタンドまたは共倒れになる、したがって、その表現"を失脚"と"慈善事業を失う"とは等価です。 It is an article of faith (Trent, Sess. VI, can. xxviii, cap. xv) that theological faith may survive the Commission of mortal sin, and can be extinguished only by its diametrical opposite, namely, infidelity.それは信仰の記事(トレント、 sess 。 viのことです。 28 、キャップです。 15 )神学的信仰して、委員会の大罪生き残る可能性は、鎮火することができますだけで、正反対の、すなわち、不倫。 It may be regarded as a matter of Church teaching that theological hope also survives mortal sin, unless this hope should be utterly killed by its extreme opposite, namely despair, though probably it is not destroyed by it second opposite, presumption.問題と見なされるかもしれないが、教会の教えにも期待して神学大罪残存しない限り、この期待しなければならない全くその対極に殺される、すなわち絶望するが、それによって破壊されることは、おそらく2番目の向かい、推定した。 With regard to the moral virtues, the seven gifts and the indwelling of the Holy Ghost, which invariably accompany grace and charity, it is clear that when mortal sin enters into the soul they cease to exist (cf. Francisco Suárez, "De gratia", IX, 3 sqq.).道徳的な美徳と関連して、 7つの贈り物と留置の聖霊は、恵みと慈善常に同行は、はっきりしたことは大罪に入ったときに彼らの魂の存在することをやめる( cf.フランシスコスアレスは、 "恩恵"は、 9世、 3 sqq 。 ) 。 As to the fruits of sanctifying grace, see MERIT.果物の恵みをsanctifyingとしては、メリットを参照してください。

Publication information Written by J. Pohle. j. pohle書かれた文献の情報です。 Transcribed by Scott Anthony Hibbs & Wendy Lorraine Hoffman.転写されたスコットアンソニーヒッブス&ウェンディホフマンロレーヌ。 The Catholic Encyclopedia, Volume VI.カトリック百科事典、 viのボリュームです。 Published 1909.日付1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, September 1, 1909.公認は、 09年9月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


"Saying Grace" "と言ってグレース"

Additional Information 追加情報

(Editor's Note: We received the following essay, which we think includes some worthwhile insights.) (編集者注:以下のエッセイを受け取った我々は、価値のあるものと考えられるいくつかの洞察が含まれています。 )

And when he had thus spoken, he took bread, and gave thanks to God in presence of them all: and when he had broken it, he began to eat. Acts 27:35 そしてこのように話されていたときに、彼はパン、とは、神のおかげで、かれらのすべての存在:その時彼は壊れて、彼を食べ始めた。 行為27:35


Don't Ask the Blessing, Offer One祝福しないよう要請する、申し出る

In your mind's eye I want you to picture Jesus at the Feeding of the Five Thousand.あなたの心の中に私はあなたの目の絵は、イエスキリストは、摂食5000 。 Hungry multitudes cover the hillside.空腹の丘の中腹に数多くのカバーです。 Jesus takes the little boy's lunch, lifts it up, and says the familiar prayer: "Bless this food to the nourishing and strengthening of our bodies. Amen."イエスは、小さな男の子のお弁当、リフトアップすること、そして身近によれば、この祈り: "この食品を祝福ナリッシングと私たちの遺体を強化します。アーメン"と述べた。 I'm here to tell you that it just didn't happen like that.私はここを教えて起こるようなことをしていないだけです。 No way!そんなわけないでしょ!

Since when did we begin to bless our food, anyway?我々はいつ開始して以来私たちの祝福食品は、とにかくか? Frankly, our food's been blessed to the point that most of us -- how shall I say this -- are "overnourished."率直に言って、私たちの祝福された食べ物のことを、私たちのほとんどのポイント-どのようには、こんなことを言って-は、 " o v ernourished。"

You find two words in the New Testament used in connection with praying before meals. 2つの単語を見つけることは、新約聖書に関連して使用する前に食事を祈っています。

Offering Praise称賛

Here's what really happened at the Feeding of the Five Thousand.ここでは、実際には何が起こったの摂食5000 。 "Taking the five loaves and the two fish and looking up to heaven, he gave thanks and broke the loaves" (Mark 6:41). "の5つのloafの複数服用しており、両魚やルックアップを天に向かって、彼はそのおかげで破ったloafの複数形" (マーク6時41分) 。 The Greek word for "gave thanks" (NIV) or "blessed" (KJV) is "eulogeo," from which we get our English word "eulogy."は、ギリシャ語で"ありがとう与えた" (記されてあります)または"祝福" ( kjv )は、 " eulogeo 、 "どのような結果に私たちの英語の単語から"と賛辞を述べています。 " It means "speak well of, praise, extol."ことを意味する"と褒めて、褒めて、賞揚する"と述べた。 The word commonly translates the Hebrew word, "barak," "to bless."という言葉をよくヘブライ語に翻訳し、 "バラク、 " "を祝福する"と述べた。 But it wasn't the food Jesus was "speaking well of" or "blessing," it was his Father.しかし、それは、食品イエスは、 "よく言えば、 "または"祝福は、 " それは彼の父親です。

Every faithful Jew would offer this blessing before partaking of bread: "Blessed are you, Lord our God, King of the world, who has caused bread to come forth out of the earth."すべての忠実なユダヤ人の参加者を前にはパンを提供し、この祝福: "祝福は、あなたは、私たちの神の主は、世界の王は、誰が来たりする原因とパンのうち、地球に来ています。 " Before partaking of wine, the blessing was said this way: "Blessed are you, Lord our God, King of the world, who has created the fruit of the vine."ワインの参加者の前には、祝福によると、この方法は: "祝福は、あなたは、私たちの神の主は、世界の王は、誰が作成した、果実のつる"と述べた。 The first word, "eulogeo," reminds us to eulogize or praise God before we eat.最初の単語は、 " eulogeo 、 "思い起こさせる神の前に我々に賛辞を呈する褒めて食べたりします。

Offering Thanks提供のおかげで

The second praying-before-meals word is the Greek word "eucharisteo," from which we get our English word "Eucharist," often used as the name of Holy Communion.食事の前に2番目の祈りの言葉は、ギリシャ語の単語" eucharisteo 、 "私たちの英語の単語からどのような結果に"聖体は、 "よく使われるのは、その名前の聖体拝領。 "Eucharisteo" means, "be thankful, offer thanks," and was used at the Last Supper. " eucharisteo "手段"に感謝し、オファーのおかげで、 "最後の晩餐とは、使用されています。

"While they were eating, Jesus took bread, gave thanks (eulogeo) and broke it, and gave it to his disciples, saying, 'Take and eat; this is my body.' "を食べていた間に、イエスはパンを与えたのおかげで( eulogeo )を破ったことは、彼の弟子とそれを与えた、と言って、 'を取ると食べる;これは私の体です。 ' Then he took the cup, gave thanks (eucharisteo) and offered it to them, saying, 'Drink from it, all of you' " (Matthew 26:26-27, NIV). その後、彼はカップ、与えたおかげで( eucharisteo )とそれらを提供すること、と言って、 'から水を飲むことは、すべてのお' " (マタイ26:26-27 、記されてあります) 。

What Jesus was doing at this Passover meal was offering to his Father the traditional blessings when bread and wine were eaten.イエスはどのようなことで、このペサハの食事を提供していたときに、父親の伝統的なパンとワインの幸運な出来事が食べている。 It was common for Jews to offer a blessing for each food served during a meal.それはユダヤ人のための共通の祝福を提供するために、各食事中に食べ物を配布します。

The Bless Me Club私の祝福クラブ

So how did we Christians end up blessing the food instead of God? Tradition? だから私たちキリスト教徒がどのようにして終わるのではなく、神の祝福の食べ物ですか?伝統ですか? Habit?習慣ですか? Some of the confusion may have come from a mistranslation of the passage I just quoted.いくつかの混乱する可能性があるから来る誤訳は、ただの通過を引用した。 In the King James Version, Matthew 26:26 reads: "And as they were eating, Jesus took bread, and blessed it, and brake it, and gave it to the disciples, and said, 'Take, eat; this is my body.'キングジェームズバージョンでは、マタイ26:26読み取ります: "とされていたのを食べて、イエスはパン、そしてそれを祝福し、ブレーキには、弟子と、それを与えた、と氏は、 'を取る、食べる;これは私の体です。 ' " Notice how the tiny word "it" was added after the word "blessed"? "小さな言葉をどのように注意"それ"という単語が追加されました後に"祝福"とは? The word "it" isn't part of the Greek text -- that's why it's in italics in the King James Version.という言葉を"それ"は、ギリシャのテキスト部分ではない-それはなぜそれはイタリック体では、キングジェームズバージョンです。 But "bless it" implies something far different than "bless God."しかし、 "お大事に"何かを意味するよりもはるかに異なる"神の祝福だ" That addition of one little word may have twisted the way we pray before meals into something Jesus didn't intend at all.小さなことに加えて、 1つの単語の可能性があることを祈ってツイスト食事の前の道に何かするつもりはなかったすべてイエスです。

Not that there's anything wrong in asking a blessing from God.何か悪いことをしないのがあることから神の祝福を求めています。 There's not.そこではありません。 Jesus taught us to pray, "Give us this day our daily bread" -- but only after praise: "Our Father, which art in heaven, hallowed be thy name. Thy kingdom come, thy will be done...."イエス様が教えてくれたんを祈って、 "私たちのこの日に私たちの日々の糧を与える" -しかし、後にのみ称賛: "私たちの父は、天にまします、神聖になたの名前です。なたの王国来る、なたが行われる. ..." No, asking favors from God isn't wrong, but it shouldn't be the primary part of our prayers, or we become like greedy little children: "Gimme this! Gimme that!".いいえ、神からの恩恵を求め間違いではありませんが、それはならない我々の祈りの主要部分、あるいは私たちのように貪欲になる小さな子供たち: "このねだる!ねだること! "です。 Those prayers are essentially selfish rather than self-giving.これらの祈りは、本質的に利己的というより自己与えています。 They don't fulfill either the First Commandment, to love God with all our heart, or the Second, to love our neighbor as ourselves.彼らの最初の命令のいずれかを履行しないで、私たちの心に愛の神がすべて、または2番目は、私たちの隣人としての自分自身を愛しています。

How Should We Pray?我々はどうすれば祈る?

The Apostle Paul put it in this perspective.使徒パウロは、この観点で言えば。 "Do not be anxious about anything, but in everything, by prayer and petition, with thanksgiving, present your requests to God" (Philippians 4:6). "何も心配していないが、しかし、すべては、祈りと嘆願書では、感謝祭は、神の要求を提示して" (ピリピ人への手紙4時06分) 。 Notice the phrase "with thanksgiving" tucked in there with "present your requests to God." It's essential to keep prayer God-centered rather than self-centered. It's also the key to praying with real faith.句に注意して"と感謝祭"が隠れてそこに"神の要求を提示している。 " 神に祈りを維持することの本質的な中心というより自己中心的だ。ための鍵となることにも本当の信仰を祈っています。

So when you pray, remember that your food doesn't deserve a blessing nearly so much as God who gave it. You can bless like Jesus did, "Blessed are you, Lord our God, King of the world, who has caused bread to come forth out of the earth." だから祈るときには、食べ物がないことを思い出して下さい近くに値するほどで、神の祝福を与えたことです。祝福することができますように、イエスは、 "祝福は、あなたは、私たちの神の主は、世界の王は、誰がパンを引き起こした地球の外に罷り出る。 " Or offer a simple prayer of thanks to God for the food.または単純な感謝の祈りを提供するために、神の食べ物です。 Next time, don't "ask the blessing," but offer one to your Father.次回は、ない"と尋ねるの祝福は、 "しかし、あなたのお父さんを提供する。

Dr. Ralph F. Wilson f.ラルフウィルソン博士

(We chose to highlight certain phrases of Dr. Wilson) (我々の特定のフレーズをハイライト表示し、選択したウィルソン博士)


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです