Holy Spirit, Holy Ghost, Paraclete, Comforter聖霊は、聖霊は、聖霊は、掛けぶとん

General Information 総合案内

In Christian theology, the Holy Spirit, or Holy Ghost, is the third person of the Trinity, distinct from but coequal with God the Father and God the Son. The Holy Spirit is sometimes described as the creative, healing, renewing presence of God. Theologians point to a gradual development of the doctrine in Scripture. キリスト教神学は、聖霊、または聖霊は、 3番目の人は、トリニティは、はっきりしてからでも同等の神と神の息子の父親です。ときどきいわれ、聖霊は、 創造的、癒し、神の存在を更新した。神学をポイントして、徐々にその教義を啓典の開発です。 In the Old Testament, the Spirit was at work in the creation of the world (Gen. 1) and in prophecy (Isa. 61:1).旧約聖書では、職場での精神は、世界の創造(大将1 )と予言( isa. 61:1 ) 。 In the New Testament, the Spirit was present in the life and works of Jesus Christ (Mark 1:12) and continues to be present as the Paraclete (advocate) in the Christian community (John 14:26).新約聖書では、現在の精神は、イエスキリストの生涯と作品(マーク午前1時12分)と続けているが、現在としては、キリスト教の聖霊(唱道者)コミュニティ(ジョン14 : 26 ) 。 The early church saw the descent of the Holy Spirit on the apostles at Pentecost as the outpouring of divine gifts of holiness, love, prophecy, healing, and speaking in Tongues.初期の教会で見たのは、聖霊降下使徒では、聖霊降臨日の贈り物として、ほとばしるホーリネス神は、愛、予言、治癒、舌と話す。 The doctrine of the Holy Spirit was formulated at the Council of Constantinople in 381.この学説は、聖霊が考案さコンスタンティノポリス公会議では、 381 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Langdon Gilkeyラングドンgilkey


Holy Ghost聖霊

Advanced Information 高度情報

The third Person of the adorable Trinity. 3番目の人は、かわいらしいトリニティ。

His personality is proved彼の人柄が証明
  1. from the fact that the attributes of personality, as intelligence and volition, are ascribed to him (John 14:17, 26; 15:26; 1 Cor. 2:10, 11; 12:11). He reproves, helps, glorifies, intercedes (John 16:7-13; Rom. 8:26).という事実からの属性の性格は、知性と意志としては、生得的には、彼(ジョン14 : 17 、 26 ; 15:26 ; 1うわっ。 2時10分、 11 ; 12:11 ) 。 reproves彼は、手助け、美化、 intercedes (ジョン16:7-13 ; ROMのです。 8時26分) 。
  2. He executes the offices peculiar only to a person.彼のオフィスを実行するだけに特異な人物だ。 The very nature of these offices involves personal distinction (Luke 12:12; Acts 5:32; 15:28; 16:6; 28:25; 1 Cor. 2:13; Heb. 2:4; 3:7; 2 Pet. 1:21).これらの事務所には、非常に個人的な性質の違い(ルーク12:12 ;行為5時32分、 15時28分、 16時06分; 28:25 ; 1うわっ。 2時13 ; heb 。 2時04分、 3時07分; 2ペットです。 1時21分) 。

His divinity is established彼の神性が確立

  1. from the fact that the names of God are ascribed to him (Ex. 17:7; Ps. 95:7; comp. Heb. 3:7-11); andという事実から、神は、生得的に彼の名前(例: 17時07分;しまう。 95:7 ;伴奏。 heb 。 3:7-11 ) ;と
  2. that divine attributes are also ascribed to him, omnipresence (Ps. 139:7; Eph. 2:17, 18; 1 Cor. 12:13); omniscience (1 Cor. 2:10, 11); omnipotence (Luke 1:35; Rom. 8:11); eternity (Heb. 9:4).その神の属性が生得的にも彼は、遍在( ps. 139:7 ; eph 。 2時17分、 18 ; 1うわっ。 12:13 ) ;全知( 1うわっ。 2時10分、 11 ) ;全能(ルーク1 : 35 ; ROMのです。 8時11分) ;エタニティ( heb. 9時04分) 。
  3. Creation is ascribed to him (Gen. 1:2; Job 26:13; Ps. 104:30), and the working of miracles (Matt. 12:28; 1 Cor. 12:9-11).生得的には、彼の創造(大将1 : 02 ;仕事26:13 ;しまう。 104:30 ) 、および、 作業中の奇跡 ( matt. 12:28 ; 1うわっ。 12:9-11 ) 。
  4. Worship is required and ascribed to him (Isa. 6:3; Acts 28:25; Rom. 9:1; Rev. 1:4; Matt. 28:19).生得的には必須と彼を崇拝( isa. 6時03分;行為28:25 ; ROMのです。 9時01分;牧師1 : 04 ;マットです。 28:19 ) 。


(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Holy Spirit聖霊

Advanced Information 高度情報

In the NT, the third person of the Trinity; in the OT, God's power. NTのでは、 3番目の人は、トリニティ; otには、神の力です。

The Old Testament旧約聖書

In the OT the spirit of the Lord (ruah yhwh; LXX, to pneuma kyriou) is generally an expression for God's power, the extension of himself whereby he carries out many of his mighty deeds (e.g., 1 Kings 8:12; Judg. 14:6ff; 1 Sam. 11:6). otの精神で、主( ruah yhwh ; 70 、霊をkyriou )は、通常の表現のために、神の力は、自分自身では、拡張子の多くは行っている彼は彼の偉大な行為(例えば、 1王8 : 12 ; judg 。 FFの14時06分; 1サム。 11時06分) 。 As such, "spirit" sometimes finds expression in ways similar to other modes of God's activity, such as "the hand of God" (Ps. 19:1; 102:25); "the word of God" (Ps. 33:6; 147:15, 18); and the "wisdom of God" (Exod. 28:3; 1 Kings 3:28; Job 32:8).このように、 "スピリット"を表現する方法を見つける時には他のモードと同様に、神の活動など、 "神の手" ( ps. 19 : 01 ; 102:25 ) ; "神のみことば" ( ps. 33 : 6 ; 147:15 、 18 ) ;と"神の知恵" ( exod. 28:3 ; 1キングス3 : 28 ;仕事32:8 ) 。 The origins of the word "spirit" in both Hebrew (ruah) and Greek (pneuma) are similar, stemming from associations with "breath" and "wind," which were connected by ancient cultures to unseen spiritual force, hence "spirit" (cf. John 3:8, note the association with air in English; e.g., "pneumatic," "respiration," etc.). The AV uses the term "Holy Ghost" for "Holy Spirit" based on an obsolete usage of the word "ghost" (from Middle English and Anglo-Saxon, originally meaning "breath," "spirit", cf. the German Geist).その言葉の起源"スピリット"の両方でヘブライ語やギリシャ語( ruah ) (霊)は、似たような、組合ステミングしてから"息"と"風は、 "接続されていた古代の文化を目に見えない精神的な力は、そのために"スピリット" ( cf 。ジョン3時08分、同協会に注意して空気中の英語;例えば、 "空気" 、 "呼吸"など) 。 任期の動静では、 "聖霊"を"聖霊"時代遅れの使用量に基づいて、ワード"ゴースト" (真ん中から英語とアングロサクソンは、もともとの意味"息" 、 "スピリット" 、 cf 。 、ドイツのガイスト) 。 Thus it is understandable that God's creative word (Gen. 1:3ff.) is closely akin to God's creative breath (Gen. 2:7).このように、神の創造していることは理解ワード(大将FFの午前1時03分です。 )は、神の創造に酷似して息(大将2時07分) 。 Both ideas are identified elsewhere with God's spirit. As an agent in creation, God's spirit is the life principle of both men and animals (Job 33:4; Gen. 6:17; 7:15).アイデアは、他の場所の両方を識別して、神の精神です。 代理人として作成し、神の霊は、人間と動物の両方の生命の原理 (仕事33:4 ;大将6時17分、 7時15分) 。

The primary function of the spirit of God in the OT is as the spirit of prophecy. God's spirit is the motivating force in the inspiration of the prophets, that power which moved sometimes to ecstasy but always to the revelation of God's message, expressed by the prophets with "thus saith the Lord." 主な機能は、神の御霊otには、予言の精神です。神の霊は、霊感の原動力は、預言者は、その時々に電源を移動して、エクスタシーが、いつも神の啓示のメッセージは、表明される預言者は"このように、主は言う。 " Prophets are sometimes referred to as "men of God" (1 Sam. 2:27; 1 Kings 12:22; etc.); in Hos.預言者と呼ばれることは、いくつかの"神の男" ( 1サム。 2時27 ; 1キングス12:22 ;等) ;でhosです。 9:7 they are "men of the Spirit."かれらは午前9時07分"男性の精神です。 " The general implication in the OT is that the prophets were inspired by the spirit of God (Num. 11:17; 1 Sam. 16:15; Mic. 3:8; Ezek. 2:2; etc.).全般的含意は、 otに触発されたのは、預言者の精神神( num. 11:17 ; 1サム。 16:15 ;情通です。 3時08分; ezek 。 2時02 ;等) 。

The phrase "Holy Spirit" appears in two contexts in the OT, but is qualified both times as God's holy Spirit (Ps. 51:11; Isa. 63:10-11, 14), such that it is clear that God himself is the referent, not the Holy Spirit which is encountered in the NT.フレーズ"聖霊"と表示されてot 2つのコンテキストでは、認定資格の両方が倍しかし、神の御霊( ps. 51:11 ;のISA 。 63:10-11 、 14 )は、このようなことが明確には、自分自身の神の指示ではなく、聖霊が見つけ、 NTのです。 The OT does not contain an idea of a semi-independent divine entity, the Holy Spirit. Rather, we find special expressions of God's activity with and through men. otアイデアが含まれていないのは、神の半独立エンティティは、聖霊ではなく、我々の特別な表現を見つけるのが、活動を通して、神の男性です。 God's spirit is holy in the same way his word and his name are holy; they are all forms of his revelation and, as such, are set in antithesis to all things human or material. The OT, especially the prophets, anticipates a time when God, who is holy (or "other than/separate from" men; cf. Hos. 11:9) will pour out his spirit on men (Joel 2:28ff.; Isa. 11:1ff.; Ezek. 36:14ff.). who will themselves become holy. The Messiah/ Servant of God will be the one upon whom the spirit rests (Isa. 11:1ff.; 42:1ff.; 63:1ff.), and will inaugurate the time of salvation (Ezek. 36:14ff.; cf. Jer. 31:31ff.).聖なる神の霊は、彼の言葉と同じように、彼の名前は神聖な;彼らは、あらゆる形態の彼の啓示とは、このように、アンチテーゼを設定するにはすべてのものを人間や材料です。 、 ot 、特に預言者は、予想する時に神は、誰が聖(または"以外/別に"男性; cf 。 hos 。 11時09分)は、彼の精神を吐露する男性 ( FFのジョエル2時28分。 ;のISA 。 FFの11時01分です。 ; ezek 。 36:14 FFの。 ) 。 誰が自分になる聖なる。救世主/神のしもべの1つになるだろう人の精神を置き( 11時01分FFのisa. 。 ; 42:1 FFのです。 ; 63:1 FFのです。 ) 、落成式とは、時間の救世( 36:14 FFのezek. 。 ; cf 。 jer 。 31:31 FFのです。 ) 。

Intertestamental Judaismユダヤ教旧約新約間

Within intertestamental Judaism several significant developments shaped the idea of "Holy Spirit" as it was understood in NT times.旧約新約間のユダヤ教内のいくつかの重要な発展の形のアイデア"聖霊"として理解していたNTの倍です。 After the OT prophets had proclaimed the coming of the Spirit in the messianic age of salvation, Judaism had developed the idea that the spirit of prophecy had ceased within Israel with the last of the biblical prophets (Syriac Bar. 85:3; 1 Macc. 4:46; 14:41; etc.; cf. Ps. 74:9). ot宣言の後、預言者が来るのは、救世主の精神年齢の救いは、そのアイデアを開発していたユダヤ教の精神を予言していたイスラエルの最後のやんだ内では、聖書の預言者(シリア語バーです。 85:3 ; 1 macc 。 4時46分、 14時41分;等; cf 。しまう。 74:9 ) 。 Consequently, there arose from time to time a hope of the dawning of the new age, especially within the apocalyptic movement, which generally pointed to a supposed messiah and/or prophetic reawakening of some kind (cf. Acts 5:34ff.).したがって、そこに希望が生じたのは、時々は、新しい時代の夜明け、特に終末論的運動内で、これを一般的に指摘するはず救世主および/または何らかの予言の再覚醒( cf.行為FFの午前5時34分です。 ) 。 The Qumran community is illustrative of this, since it understood itself to be involved in the fulfillment of Israel's messianic hope as the "preparers of the way of the Lord" (Isa. 40:3; cf. 1QS 8. 14-16).クムランコミュニティは、この説明は、自分自身を理解して以来の充足感に巻き込まれるのを期待イスラエルの救世主として、 "主の道のためのpreparers " ( isa. 40:3 ; cf 。 1qs 8 。 14-16 ) 。 The Qumran literature also shows increased identification of the spirit of prophecy with "God's Holy Spirit" (1QS 8. 16; Zadokite Documents II. 12).クムラン文学でも、身分証明書の増加を示し、精神予言して"神の御霊" ( 1qs 8 。 16 ;ザドクの子孫文書Ⅱ 。 12 ) 。 The phrase, "the Holy Spirit," occasionally occurs in Judaism (IV Ezra 14:22; Ascension of Isa. 5:14; etc.), but, as in the rabbis, it generally meant "God's spirit of prophecy."このフレーズは、 "聖霊は、 "時折発生する場合がユダヤ教( ⅳエズラ14 : 22 ;アセンションのをISA 。 5時14分;等)は、しかし、そのようにラビは、通常意味する"神のお告げの精神です。 " Thus, the messaianic expectation of Judaism, which included the eschatological outpouring of God's spirit (e.g., 1 Enoch 49:3, citing Isa. 11:2; cf. Sybilline Oracle III, 582, based on Joel 2:28ff.), was bound up with the conviction that the Spirit had ceased in Israel with the last of the prophets; the Holy Spirit was understood as God's spirit of prophecy, which would be given again in the new age to a purified Israel in conjunction with the advent of a messiah.したがって、ユダヤ教のmessaianic期待し、これに含まれ、神の終末論ほとばしるスピリット(例えば、 1イノック49:3 、理由のISA 。 11 : 02 ; cf 。 sybillineオラクル3世は、 582に基づいて、 FFのジョエル2時28分です。 )だった束縛すると確信していたの精神やんだでは、イスラエルとの最後の預言者;として理解聖霊は、神のお告げの精神には、再び与えられる新しい時代を精製するとともに、イスラエルの到来する救世主です。

The concept of the Holy Spirit was broadened through the Wisdom Literature, especially in the personification of wisdom as that idea came into contact with the idea of Spirit. 聖霊の概念が広がったの知恵を通じて、文学、特に擬人化してアイデアとしての知恵を持って入ってきたの精神接触しているという考えだ。 As early as Prov.早ければ地方です。 8:22ff. FFの午前8時22分です。 and Job 28:25ff.そして28:25 FFの仕事です。 wisdom is presented as a more or less independent aspect of God's power (here as agent in creation), and wisdom is credited with functions and characteristics that are attributed to the Holy Spirit in the NT.知恵は多かれ少なかれ独立として提示側面に神の力(ここでは代理店として設立)は、入金と知恵は、関数や特性に起因することが、聖霊は、 NTのです。 Wisdom proceeded from the mouth of God and covered the earth as a mist at creation (Sir. 24:3); she is the breath of the power of God (Wisd. Solomon 7:25); and by means of his wisdom God formed man (Wisd. Sol. 9:2).神の知恵と進み、口からの距離は地球のミストとして設立( sir. 24:3 ) ;彼女は、神の力の息( wisd.ソロモン7時25分) ;そして彼の英知によって神の結成男(ゾルwisd. 。 9時02分) 。 The Lord poured out wisdom upon all his works, and she dwells with all flesh (Sir. 1:9-10).主に注ぎ出す知恵のすべて彼の作品は、生きとし生けるもので、彼女の棲む( sir. 1:9-10 ) 。 Moreover, wisdom is full of spirit, and indeed is identified with the Spirit (Wisd. Sol. 7:22; 9:1; cf. 1:5).しかも、知恵がいっぱいの精神、そして実際には識別され、精神(ゾルwisd. 。 7時22分、 9時01分; cf 。 1時05分) 。 Thus the Jews of NT times were familiar with the background of these ideas as they are variously expressed in the NT, ideas which use these background concepts but move beyond them to some unexpected conclusions.こうして、ユダヤ人のNTの時代背景に精通していたとして、これらのアイデアを表明している種々のNTでは、このような背景のアイデアを使用していくつかの概念が意外な結論を越えて移動する。 Indeed, Jesus taught that his messiahship and the corresponding outpouring of the Spirit were firmly rooted in OT understanding (Luke 4:18ff., citing Isa. 61:1-2), and, similar to intertestamental Judaism, understood the messianic Spirit of the Lord to be the Holy Spirit (Matt. 12:32), the spirit which had foretold through the prophets that the coming Messiah would inaugurate the age of salvation with the pouring out of the Spirit on all flesh.確かに、イエスの教えられたことと、それに対応するmessiahshipほとばしる彼の精神はしっかりと理解に根差したot (ルークFFの午前4時18分。 、理由のISA 。 61:1-2 ) 、および、ユダヤ教旧約新約間と同様に、 救世主の精神を理解して、主に、聖霊( matt. 12:32 ) 、御霊が来る前から予報して預言者を通じて、救世主が救いの年齢の落成式をして土砂降りのうち、精神上の生きとし生けるものです。 Jesus developed the idea of the Holy Spirit as a personality (e.g., John 15:26; 16:7ff.), specifically as God working in the church. イエスキリストは、聖霊のアイデアを開発した人格として、 (例えば、ヨハネ15:26 ; FFの16時07分です。 )は、具体的に、神の教会で働いています。

The New Testament新約聖書

The NT teaching of the Holy Spirit is rooted in the idea of both the spirit of God as the manifestation of God's power and the spirit of prophecy. Jesus, and the church after him, brought these ideas together in predicating them of the Holy Spirit, God's eschatological gift to man. When Mary is "overshadowed" by the power of the Most High, a phrase standing in parallel construction to "the Holy Spirit" (Luke 1:35; cf. 9:35), we find echoes of the OT idea of God's spirit in the divine cloud which "overshadowed" the tabernacle so that the tent was filled with the glory of the Lord (Exod. 40:35; Isa. 63:11ff. identifies God's presence in this instance as "God's Holy Spirit").教えるのはNTの聖霊は、そのアイデアの両方に根差した神の御霊の現れとして、神の精神力と予言した。 イエスは、教会の後、彼は、これらのアイデアをもたらしたので一緒に叙述して、聖霊は、終末論神の贈り物に男です。際メアリーは、 "影"の力によって、最も高く、建設、フレーズを並列に立っている"聖霊" (ルカ1 : 35 ; cf 。 9時35分)は、我々を見つけるのこだまotという発想は、神の霊が神の雲"影"の幕屋に満ちていたので、テントの主の栄光( exod. 40:35 ;のISA 。 63:11 FFのです。このインスタンスを識別し、神の存在を"神の聖なる精神"を参照) 。 Luke records Jesus' power to cast out demons "by the finger of God," an OT phrase for God's power (Luke 11:20; Exod. 8:19; Ps. 8:3).ルークレコードイエスの電源を追い出す鬼"神の指では、 "神の力をot句(ルカ11:20 ; exod 。 8時19分;しまう。 8時03分) 。 This power is identified as the "Spirit of God" (Matt. 12:28), i.e., the Holy Spirit (Matt. 12:32). At Jesus' baptism the spirit came upon him (Mark 1:10; "the spirit of God," Matt. 3:16 "the Holy Spirit," Luke 3:21), and he received God's confirmation of his divine sonship and messianic mission (Matt. 3:13ff., par.).電源としては、この発見に"スピリットオブゴッド" ( matt. 12:28 ) 、すなわち、聖霊( matt. 12:32 ) 。 、イエスのバプテスマの精神に出くわしました彼 (マーク1 : 10 ; "の精神神は、 "マットです。 3時16分"聖霊は、 "ルーク3時21分) 、 そして彼は神の確認を受け取ったと彼の息子である神の救世主ミッション ( FFのmatt. 3時13分。 、パーです。 ) 。 Jesus went up from the Jordan full of the Holy Spirit (Luke 4:1), and after the temptation began his ministry "in the power of the Spirit" (Luke 4:14).イエスキリストが上がったからヨルダンに満ち、聖霊(ルーク4時01分) 、そして彼の部が始まった後の誘惑"の精神力は、 " (ルーク4時14分) 。 Taking up the message of John the Baptist, Jesus proclaimed the coming of the kingdom of God (Matt. 4:17; cf. 3:1), a coming marked by the presence of the Holy Spirit (Matt. 12:28ff., par.) as the sign of the messianic age of salvation (Luke 4:18ff.; Acts 10:38; etc.).服用するメッセージのジョンザバプティストは、イエスキリストの到来を宣言し、神の王国( matt. 4時17分; cf 。 3時01分) 、マークされる存在に来る聖霊( 12:28 FFのmatt. 。 、パーです。 )兆候としては、時代の救世主救世(ルークFFの午前4時18分。 ;行為10:38 ;等) 。

From the beginning of Jesus' ministry he identified himself with both the victorious messiah king and the suffering servant figures of OT prophecy (Isa. 42:1ff.; cf. Mark 10:45), ideas which Judaism had kept separate.イエスの先頭から'省彼は自分自身で識別して、勝利の救世主王の両方の苦しみや数字の使用人ot予言( 42:1 FFのisa. 。 ; cf 。マーク10:45 )は、ユダヤ教のアイデアを個別に保管した。 Jesus further defined the role of God's Messiah as proclaiming God's favor, God's salvation, in the new age, a message stressed far beyond that of "judgment of the nations," which the Jews had come to expect.イエスキリストのさらなる定義神の救世主としての役割を宣言神の恩恵は、神の救いは、新しい時代には、はるかに超えて、メッセージを強調して、 "国の判断は、 "これは、ユダヤ人が来たのを期待しています。 At the synagogue in Nazareth (Luke 4:16ff.) when Jesus identified himself with the Messiah promised in Isa.ナザレでは、シナゴーグ(ルークFFの午前4時16分です。 )自分自身を発見する際、救世主イエスキリストのISA約束しています。 61:1-2a he stopped short of reading the "words of judgment" of Isa. 61:1 - 2Aの1号機を読んで、彼は至らなかった"との言葉を判断"のISAです。 61:2b (even though Isa. 61:2c, "comfort to those who mourn," is part of Jesus' teaching at Matt. 5:4). 61:2 Bに(たとえのISA 。 61:2カップ、 "快適さを嘆き悲しむ人たちは、 "団体名は、イエスの授業でマットです。 5時04分) 。 This emphasis is made again when John the Baptist asks whether Jesus is indeed the one who was to come (Luke 7:18-23).この際に重要視され再びジョンの前にイエスキリストが実際にたずねますバプテスト派の1つに来ていた(ルカによる福音書7:18-23 ) 。 Indeed, even though John the Baptist proclaimed Jesus to be the one who would "baptize in the Holy Spirit and in fire" as aspects of the new age (salvation and judgment, respectively, Luke 3:15ff; note the clear judgment connections of "baptism with fire" in 3:17), Jesus' own focus was on the positive, salvific aspect of the new age as represented in the baptism with the Holy Spirit (Acts 1:5; 11:16).確かに、ジョンザバプティスト宣言にもかかわらず、一人はイエス様に"洗礼は、聖霊と火"としての側面を、新しい時代の(審判の救いとは、それぞれ、 3時15分FFのルーク;メモして接続を明確に判断"火の洗礼を" 3時17分) 、 イエスの自身は、肯定的な焦点は、新しい時代の救済としての側面を表現して、聖霊の洗礼 ( 1時05行為; 11:16 ) 。

Jesus understood the Holy Spirit as a personality. This comes out especially in John's Gospel, where the Spirit is called the "Paraclete," i.e., the Comforter (Counselor, Advocate). Jesus himself was the first Counselor (Paraclete, John 14:16), and he will send the disciples another Counselor after he is gone, i.e., the Spirit of truth, the Holy Spirit (14:26; 15:26; 16:5). The Holy Spirit will dwell in the believers (John 7:38; cf. 14:17), and will guide the disciples into all truth (16:13), teaching them "all things" and bringing them "to rememberance of all that [Jesus] said" to them (14:26). イエスキリスト聖霊としての性格を理解しています。このヨハネの福音書を中心に出てくる、と呼ばれる場所の精神は、 "聖霊は、 "すなわち、掛けぶとん(カウンセラーは、提唱者) 。 イエスキリストは、自分自身の最初のカウンセラー(聖霊は、ヨハネ14時16分) 、そして彼の弟子は、別のカウンセラーを送信した後彼は消えてしまうことは、すなわち、真理の御霊、聖霊 ( 14時26分; 15:26 ;午前16時05分) 。 聖霊は、信者に住む (ジョン7 : 38 ; cf 。 14時17分) 、 およびすべての真理には、ガイドの弟子 ( 16時13分)は、教えること"すべてのもの"と持参して"すべてのことを記憶していないと述べた[イエス] "をかれら( 14時26分) 。 The Holy Spirit will testify about Jesus, as the disciples must also testify (John 15:26-27).聖霊は、イエスキリストについて証言するように、弟子にも証言する必要があります(ヨハネ15:26-27 ) 。

In Acts 2:14ff. FFの行為で午前2時14分。 Peter interpreted the Pentecost phenomena as the fulfillment of Joel's prophecy of the outpouring of the spirit upon all flesh in the messianic age (Joel 2:28ff.).聖霊降臨現象として解釈して、ピーターの充足感がほとばしるジョエルの予言の精神に生きとし生けるものは、救世主の年齢( FFのジョエル2時28分です。 ) 。 The outpouring of the spirit upon all flesh was accomplished for the benefit of Jew and Gentile alike (Acts 10:45; 11:15ff.), and individual converts had access to this gift of the age of salvation through repentance and baptism into the name of Jesus Christ (Acts 2:38).ほとばしるの生きとし生けるものの精神にはユダヤ人の利益のために成し遂げられたと似ジェンティーレ(行為10:45 ; 11:15 FFのです。 ) 、および個々の変換がアクセスできるように、この時代の救いの贈り物悔い改めと洗礼を介しての名前イエスキリストの (行為2時38分) 。 This, according to Peter, put the converts in contact with the promise of Joel's prophecy, the gift of the Holy Spirit; "for to you is the promise..., for all whom the Lord our God will call" (Acts 2:39; Joel 2:32).これによると、ピーターは、変換すると連絡を入れる約束ジョエルの予言は、聖霊の贈り物; "のためには、お約束...は、私たちの神、主のためにすべての人が呼ぶ" (行為2 : 39 ;ジョエル2時32分) 。 The apostles and others carried out their ministries "full of the Holy Spirit" (4:31; 6:5; 7:54; etc.), and the Holy Spirit, identified in Acts 16:7 as the Spirit of Jesus, directed the mission of the fledgling church (Acts 9:31; 13:2; 15:28; 16:6-7).彼らの実施や他の省庁の使徒"聖霊に満ちて" ( 4時31分、 6時05分、 7時54分;等) 、および、聖霊は、 16時07分に発見さ行為としての精神イエスは、有向着任したばかりの教会の使命は、 (行為9時31分、 13時02分、 15時28分; 16:6-7 ) 。 The salvific aspects of the new age practiced by Jesus, notably healing and exorcism, were carried out by the early church through the power of the Holy Spirit.新時代の側面を救済されたイエスキリストの練習は、特に癒しと悪魔払いは、初めにも実施される教会で、聖霊の力を介しています。 Visions and prophecies occurred within the young church (Acts 9:10; 10:3; 10:ff.; 11:27-28; 13:1; 15:32) in keeping with the Acts 2 citation of Joel 2:28ff.ビジョンと若い教会内の予言が発生した( 9時10行為;午前10時03分; 10 : FFのです。 ; 11:27-28 ;午後1時01分、 15時32分)に合わせて、 2サイテーション行為のジョエルFFの2時28分。 The experience of the early church confirmed that the messianic age had indeed come.その経験は、初期の教会の年齢を確認したが、実際に来る救世主です。

Paul taught that the Holy Spirit, poured out in the new age, is the creator of new life in the believer and that unifying force by which God in Christ is "building together" the Christians into the body of Christ (Rom. 5:5; II Cor. 5:17; Eph. 2:22; cf. I Cor. 6:19). Romans 8 shows that Paul identified the spirit, the spirit of God, and the spirit of Christ with the Holy Spirit (cf. the spirit of Christ as the spirit of prophecy in I Pet. 1:10ff.), and that these terms are generally interchangeable.聖霊ポール教えたことは、新しい時代に注ぎ出すのは、新しい人生の生みの求心力の信奉者とされることは、神がキリストの"共同ビル"のキリスト教徒をキリストの体( rom. 5時05分; 2世うわっ。 5時17分; eph 。 2時22 ; cf 。私うわっ。 6時19分) 。 ローマ人への手紙8の精神を示しているポール発見は、神の御霊は、キリストの精神として聖霊 ( cf.キリストの精神の精神を予言として、私のペットです。 FFの午前1時10分です。 ) 、および、これらの利用規約は通常、交換可能です。 If anyone does not have the spirit of Christ, he does not belong to Christ (Rom. 8:9); but those who are led by the spirit of God are sons of God (Rom. 8:14).もし誰かキリストの精神を持っていない、彼は、キリストに属していない( rom. 8時09分) ;率いる人たちは、神の精神は、神の息子( rom. 8時14分) 。 We all have our access to the Father through one spirit (Eph.2:18), and there is one body and one spirit (Eph. 4:4).我々は我々のすべてのアクセスを1つの精神を通して父( eph.2 : 18 ) 、および1つのボディには、 1つの精神( eph. 4時04分) 。 We were all baptized by one spirit into one body, and we were all given the one spirit to drink (I Cor.12:13).私たちはすべての魂を1つ1つのボディによってバプテスマを受け、そして私たちは、自分の精神を与えられたすべての飲み物(私cor.12 : 13 ) 。 The believer receives the spirit of adoption or "sonship" (Rom. 8:15), indeed, the spirit of God's own Son (Gal. 4:6), by whom we cry, "Abba, Father," that intimate address of filial relationship to God pioneered by Jesus, the unique Son of God (Mark 14:36).信者の精神を受け取ると、養子縁組や"息子である" ( rom. 8時15分)は、確かに、神の御霊が自分の息子( gal. 4時06分)は、我々の叫び声誰によって、 "アバ、父"として親密なアドレス雑種の関係を、神が先鞭をつけたイエスは、このユニークな神の息子( 14時36マーク) 。

The believers are being built together into a dwelling place of God in the spirit (Eph. 4:22).一緒に内蔵されている信者たちを神の霊が宿る場所( eph. 4時22分) 。 To each one was apportioned grace according to the measure of the gift of Christ (Eph. 4:7; cf. Rom. 12:3), and Christ has given different ones to be prophets, apostles, evangelists, pastors, and teachers (Eph. 4:11) for the edification of the body. Similarly, the Spirit gives different kinds of spiritual gifts for different kinds of service (I Cor. 12:4-5;7), all for the common good. The way of love is to be followed in all things; indeed, the fruit of the spirit is love, joy, peace, etc. (Gal. 5:22ff.).一人一人に割り振られた優雅さを測るのによると、キリストの贈り物( eph. 4時07分; cf 。 ROMのです。 12時03分)は、与えられたとは別のものをキリストの預言者、使徒、伝道者、牧師、教師( eph 。 4時11分)のための体の教化。 同様に、さまざまな種類の精神の精神を与えるためにさまざまな種類のサービスをプレゼント(私うわっ。 12:4-5 ; 7 )は、すべての共通の利益のためだ。の道の愛はすべてのものに従う;実際には、果実の精神は、愛、喜び、平和等( gal. FFの午前5時22分です。 ) 。 All of this is because God has initiated the new covenant (Jer. 31:31ff.; Ezek. 36:14ff.;26) in the hearts of men by means of his eschatological spirit (II Cor. 3:6ff.).これは、神がすべての新しい契約開始( 31:31 FFのjer. 。 ; ezek 。 36:14 FFのです。 ; 26 )は、彼の心の中の男性を意味する終末論の精神( ⅱうわっ。 FFの3時06分です。 ) 。 In this new age the spirit is the earnest of our inheritance (II Cor. 1:22; 5:5; Eph. 1:14), a "firstfruits," the seal of God (II Cor. 1:22; Eph. 1:13; 4:30).この新しい時代の精神は、私たちの真剣な相続( ⅱうわっ。 1 : 22 ;午前5時05分; eph 。 1時14分) 、 "初穂は、 "封神( ⅱうわっ。 1 : 22 ; eph 。 1 : 13 ; 4:30 ) 。 These phrases point out the "already vs. the not yet" tension of the new age: the new age has dawned, and the eschatological spirit has been poured out, yet all of creation awaits the final consummation.これらのフレーズを指摘する"としていない、すでに"新時代の緊張:新しい時代には分かり始め、そして終末論の精神を注ぎアウトされては、まだすべての被造物を待って、最後の仕上げです。 Even though the spirit bears witness with our spirit that we are sons of God (Rom. 8:16) and we truly have the firstfruits of the spirit (Rom. 8:23), we await the adoption as sons (8:23) at the final consummation. Until that time Christians have the Comforter, the Spirit who intercedes on behalf of the saints according to the will of the Father (Rom. 8:27).クマを目撃して心にもかかわらず、我々は我々の魂が神の息子( rom. 8時16分)と初穂のは、我々の精神を真に( rom. 8時23分)は、我々として養子縁組を待つ人の息子( 8時23分)で、最後の仕上げです。 掛けぶとんまで、その時点では、キリスト教徒は、人の精神を代表してintercedes聖人の意志によると、父親 ( rom. 8時27分) 。

Patristic and Medieval Theology patristicと中世の神学

In the patristic period we encounter little that moves beyond the biblical ideas of the Holy Spirit.リトルpatristic期間は、我々に遭遇して、聖書の中の動きを超えて、聖霊のアイデアです。 The apostolic fathers reflect the NT idea that the spirit is operative in the church, inspiring prophecy and otherwise working within individuals (Barnabas 12:2; Ignatius, Phil . 7:1).ローマ教皇の祖先は、 NTのアイデアを反映して、教会の精神には、手術で、それ以外の作業を奮起させる予言と個人( 12時02 barnabas ;イグナティウス、フィル。 7時01分) 。 Itinerant Christian prophets are dealt with as a present reality in the Didache, but as time passes, such charismata are treated as theoretical.遍歴は、キリスト教の預言者として扱っては、新約聖書の現実に存在するが、時間が経つと、このような理論的charismataとして扱われています。 The view that the spirit of OT prophecy is one and the same Holy Spirit that inspired the apostles is periodically encountered (Justin, Dialogues 1-7; 51; 82; 87; etc.; Irenaeus, Against Heresies II, 6.4; III, 21.3-4), and the apostles emerge as the "Spirit-bearers" (pneumatophoroi), a designation given to the OT prophets (Hos. 9:7, LXX). otの精神との見解を1つの予言とは、同じ聖霊が、使徒は、定期的に発生したインスピレーション(ジャスティンは、対話1-7 、 51 、 82 、 87 ;等; irenaeus 、反対heresies 2世は、 6.4 ; IIIのは、 21.3 -4 ) 、使徒として浮上すると、 "精神-担ぎ" ( pneumatophoroi )は、預言者の指定は与えられot ( hos. 9時07分、 70 ) 。 The Holy Spirit is credited with empowering the church, even with inspiring certain noncanonical writings, as late as the fourth century.聖霊は、教会のempowering入金して、特定の非標準記述を触発したにもかかわらず、第4世紀遅ければ。

Even though the "trinitarian" formula of Matt. にもかかわらず、 "三位一体説を信奉する"と公式のマットです。 28:19 is found in the apostolic fathers, the word "trinity" is first applied to the Godhead by Theophilus of Antioch (To Autolycus 2:15). 28:19見つかったのは、ローマ教皇の祖先は、その単語の"トリニティ"は、最初に適用される神性テオフィロスのアンティオキア ( 2時15分にアウトリュコス) 。 Tertullian clearly taught the divinity of the Holy Spirit, an idea that was later to occupy the church in discussion for a thousand years. tertullian神性を明確に教えたのは、聖霊は、アイデアを占拠された後、 1000年の教会での議論のためです。 Tertullian wrestled with the problem of the tension between the authority of the Spirit in the church versus apostolic tradition and Scripture as received revelation. He espoused montanism for a time, a system which placed primary importance on the current inspiration of the Spirit in the body. The church, however, rejected montanism in favor of the objective authority of apostolic tradition as reflected in Scripture, and montanism eventually died out. The church's stand against the montanist heresy was largely responsible for the demise of Christian prophecy and other charismata. The Muratorian Canon (lines 75ff.) states that the number of prophets is settled, and even the Apostolic Tradition of Hippolytus, which elevates charismatic leadership above ecclesiastical structure, restricts the term "prophet" entirely to the canonical prophets.この問題に取り組んでtertullianの間の緊張の権威の精神は、教会の伝統と啓典と使徒ヨハネの黙示録として受け取った。 モンタヌス彼共有するための時間は、システムの重要性を第一に配置して、現在のインスピレーションは、体内の精神です。その教会は、しかし、拒否されたモンタヌス、客観的に有利なローマ教皇の権威としての伝統を反映して啓典、そして最終的に死亡したモンタヌスアウトです。 立つ教会の異端モンタヌス主義に対する責任を負うのは、おおむねキリスト教の崩壊やその他の予言charismata 。 muratorianキヤノン(行75ff 。 )諸国は、預言者の数が定着し、ローマ教皇の伝統でさえ、ヒッポリュトスは、カリスマ的な指導力をelevates教会の構造上、任期を制限する"預言者"を完全にカノニカル預言者です。 In the late fourth century John Chrysostom could speak of the spiritual gifts as belonging to an age in the past. 4世紀後半には、ヨハネクリュソストモス精神的な贈答品としての可能性について話すのは、過去の時代に属している。

In the period immediately prior to Nicaea the church was preoccupied with the famous "Christological controversies" and paid scant attention to a doctrine of the Holy Spirit. The Nicene Creed confesses faith in the Holy Spirit, but without any development of the idea of the Spirit's divinity or essential relationship to the Father and the Son. This question became a major issue within the church in the late fourth century and following, and the Council of Constantinople added to the words of the Nicene Creed, describing the Holy Spirit as "the Lord and Giver of Life, proceeding from the Father, to be worshiped and glorified together with the Father and the Son." A controversy developed around the source of the Spirit, specifically concerning whether he ought not also be confessed as "proceeding from the Son." Following Augustine's teaching, the phrase filioque ("and the Son") was added by the Western church to the above creed at the Council of Toledo in 589.期間は、直前に気を取られたニカイア教会では有名な" christological論争"と有料のほとんど目を向けないで、聖霊の教義。 信仰告白のニカイア信条は、聖霊が、そのアイデアの発展なしには、精神の神性たりして、必要不可欠な父と息子の関係です。この問題については、教会内で大きな問題になった後半には、以下の4番目の世紀とし、 コンスタンティノポリス公会議の言葉を追加して、ニカイア信条は、聖霊として記述する"との主寄贈者の生活とは、論文の父から、と見せかけworshipedされるとともに、父と息子だ"と論争の周りのソース開発の精神には、具体的にも問題がないかどうかを告白君主として"論文の息子からです。 " 次の授業アウグスティヌスは、フレーズfilioque ( "との息子" )が追加される西洋の教会に、上記の信条では、評議会のトレド589 。 The Eastern church rejected the filioque doctrine, and the creed constituted confessional grounds for the split between East and West which had already taken place in practice.東方教会の教義を拒否し、 filioque 、および構成の信条告白のための根拠を分割、東西間での練習はすでに行われています。

Although other aspects of the Spirit were occasionally discussed, the procession of the Spirit continued to occupy theologians in the West.にもかかわらず、他の精神的側面について議論がたまには、行列の神学者の精神を継続的には、西側を占める。 Anselm of Canterbury brought the debate into the era of scholasticism and, although reason as proof of doctrine was unevenly received, filioque remained the standard of the church.アンセルムのカンタベリーの論議をもたらした時代のスコラ学とは、教義にもかかわらず理由が不均等に受け取った証拠としては、引き続き、標準のは、教会のfilioque 。 Peter Lombard argued from Scripture for filioque, and the fourth Lateran Council again espoused Trinitarianism and filioque. Although Aquinas rejected reason as a means to know the distinctions of the Divine Persons, he affirmed that the spirit proceeds from the special relationship that exists between the Father and the Son.ピーターロンバード啓典を主張filioqueから、 再度審議会第4ラテラン三位一体説と共有filioque 。アクィナスにもかかわらず拒否された理由の一つの手段としては、神の区別を知っている人は、彼の精神を肯定してから、特別な関係を維持して収益の父の間に存在するそして、息子がいます。 Such discussions as this continued into the fifteenth century, when the Council of Florence again attempted to unite the Western and Eastern churches.そのような議論を続けたとして、この15世紀には、評議会のときに再びフィレンツェの団結を試みたが、西側と東側の教会です。 The filioque idea was reaffirmed and, although a cosmetic change of wording was made in an attempt to satisfy the Eastern church, the Greek Orthodox Church rejected the substance of the creed. The position of the Roman Catholic Church has remained essentially unchanged, and the rift between East and West over this issue remains to the present.そのアイデアはfilioqueを再確認し、化粧品にもかかわらず、変更の文言は前には、東方教会の試みを満たすためには、ギリシャ正教会の物質の信条を拒否しています。 ローマカトリック教会の立場は依然として、本質的に変わっていない、との亀裂東と西の間で、この問題を、現在の遺跡です。

The Reformation刷新

Although other aspects of the Spirit's work were of importance in medieval theology, including sanctification and illumination, it was not until the Reformation that the work of the Spirit in the church was truly rediscovered.にもかかわらず他の仕事の精神面では、中世の神学の重要性を、 清浄化や照明を含め、これまでの改革ではない仕事をしていたの精神は、真に教会を再発見した。 This was due at least in part to the rejection of Rome's dogma of church tradition as the gurantor of correct Scripture interpretation and formation of true doctrine.このため、少なくとも部分的には、拒絶反応をローマの教会の教義の伝統として、正しい啓典gurantorの解釈と真の教義を形成します。 This reaction led to a Reformation stress on the idea of sola Scriptura and the work of the Spirit in salvation independent of the Catholic Church's "unbroken succession back to Christ."この反応を主導するという考えを強調しているの改革scriptura solusの女性と仕事の救世の精神で独立してカトリック教会の"切れ目のないキリストの継承に戻る"と述べた。 While Luther rejected "enthusiasm" (the subjective claim of direct guidance by the Spirit independent of Scripture or church structure, he stressed Spirit over structure, and understood the Spirit to be at work through the Word (the gospel), primarily in preaching, and in the sacraments, and therefore in salvation.ルーサー拒否しながら"熱意" (主観的なクレームの直接指導された啓典や教会から独立の精神構造は、彼の精神を強調する構造体、そして精神を理解してその言葉には仕事を通じて(福音)は、主に説教し、秘跡で、それゆえに救いだ。

The Spirit works in salvation by influencing the soul to reliance, by faith, on Christ.の精神に影響された作品は、魂を救いの信頼は、信仰によって、キリストにしています。 Faith is itself a mystical gift of God whereby the believers mit Gott ein Kuche werden (become kneaded into one cake with God). Without the grace and work of the Spirit man is incapable of making himself acceptable to God or of having saving faith (cf. The Bondage of the Will, 1525).信仰の神秘的な贈り物には、それ自体では、信者MITのゴットkuche werden ein (ケーキを1つにして神になる練り) 。 なく、作業の恵みとは、無能な人間の精神を神に受け入れられるのか、自分自身の信念を持つ節約 ( cf 。ボンデージのは、 1525 ) 。 This is accomplished by the Holy Spirit through the Word of God. Salvation is thus a gift bestowed by the grace of God, and Luther implies that the Word (the Gospel) as preached is primarily the efficacious Word of God after the Spirit works upon the heart of the hearer.これが達成される聖霊を通して神のみことばです。 救済は、このように贈り物を授けた神の恵みによって、そしてその言葉を意味してルーサー(福音)は、主に説教した後、神のみことばの精神あらたかな作品の上聞き手の心臓部です。 For Luther, the Word is the main sacrament, for faith and the Holy Spirit are conveyed through the preaching and the teaching of the gospel (Rom. 10:17); baptism and the Lord's Supper are signs of the "sacrament of the Word," in that they proclaim the Word of God. Luther favored the preached Word over the written Word, but did not hold the two to be mutually exclusive. To be Christian the preaching of the church had to be faithful to the Scripture; but to be faithful to Scripture, the church had to preach.ルーサーは、その言葉は、メイン聖餐式は、信仰と聖霊のためには、授業を介して伝送さ説法とは、ゴスペル( rom. 10:17 ) ;バプテスマと主の印を夕食には、 "聖餐式の言葉は、 "神のみことばを宣言しています。 ルーサー好まの説教の言葉で書かれた言葉は、この2つを行うことができなかったが相互に排他的です。説教されるのは、キリスト教の教会に忠実には、啓典;しかしされる啓典を忠実には、教会の説教していた。

The Word, primarily the incarnate Logos, is God's channel for the Spirit. Man brings the Word of the Scripture to the ear, but God infuses his Spirit into the heart; the word of Scripture thus becomes the Word of God (Lectures on Psalms; Epistle to the Romans). No one can rightly understand the Word of Scripture without the working of the Spirit; where the Word is, the Spirit inevitably follows. The Spirit does not operate independent of the Word.その言葉は、主の化身のロゴは、チャネルのためには神の精神です。 男をもたらすという言葉を耳には、啓典が、彼の精神を神infuses心臓;という言葉になるための啓典神のみことば(詩篇講義して;ローマの信徒への)です。 誰もがその言葉を正しく理解することなく、作業の啓典の精神;どこにその言葉は、その精神を必然的に以下の通りです。独立の精神が正しく動作しない場合は、単語です。 Luther resisted the enthusiasts' sharp distinction between inward and outward Word.ルーサー抵抗の愛好家の内側と外側をはっきり区別する言葉です。 On the other hand, he rejected the Roman Catholic idea that the Spirit is identified with church office and that the sacraments are effective in and of themselves (ex opere operato).その一方で、彼のアイデアを拒否して、ローマカトリック教会の精神は、オフィス用として識別して効果があるとは、自分自身の秘跡(例opere operato ) 。 Thus the Spirit makes Christ present in the sacraments and in Scripture; only when the Spirit makes Christ present in the word is it Gods own living Word.こうして、キリストの精神に存在すると、啓典の秘跡;ときにのみ存在し、キリストの精神により、自分の生活の言葉は神の言葉ことです。 Otherwise the Scripture is letter, a law, it merely describes, it is only history.そうでなければ、聖書は、手紙で、法では、それだけで記述し、それは歴史のみです。 But as preaching, the Word is gospel (as opposed to law); the Spirit makes it so.しかし、説教は、その言葉は、福音書(法とは対照的に) ;の精神がそんなにです。 The Spirit is not bound to the Word; he exists in God's eternal glory, away from the Word and our world.の精神ではないという言葉に縛ら;彼は永遠に存在する神の栄光は、その言葉と、我々の世界から離れている。 But as revealing Spirit he does not come without the Word.しかし、彼の精神を明かすことはないという言葉をせずに来ています。

Melanchthon followed Luther with few exceptions.ルーサーメランヒトンほとんど例外なく続いています。 Although allowing more room for man's response to the gospel than did Luther, he still stressed the primary work of the Spirit in salvation.男のためのより多くの部屋にもかかわらず応答できるように福音をルーサーよりは、まだ彼の精神を強調したのが主な仕事救いです。 Melanchthon showed more flexibility than Luther in the issue of the real presence in the Lord's Supper (cf. the Wittenberg Concord), but was in basic agreement with Luther as seen in the Augsburg Confession and its Apology. Zwingli departed from Luther and Melanchthon over the work of the Spirit in the sacraments, denying the necessity of baptism and asserting the largely commemorative significance of the Lord's Supper. The radical Reformers, too, were at odds with Luther and Melanchthon, and taught the priority of immediate revelation over Scripture.ルーサーよりももっと柔軟性を見せてメランヒトンは、本当の問題は、主の夕食のプレゼンス( cf.のヴィッテンベルク呼応) 、ルーサーだったが、基本的な合意に見られるようアウクスブルク信仰告白と謝罪した。 ツウィングリルターとメランヒトンを出発する仕事の秘跡の精神で、バプテスマの必要性を否定できないと主張し、主の意義を大きく記念の夕食。 、急進的な改革論者でも、ルターとメランヒトン対立していた、と教えたの優先度を超える即時revelation典です。 Lutherans and Catholics alike were condemned by the Schwarmer (fanatics) for their dependence upon the letter of Scripture instead of making the Bible subject to tests of religious experience. lutheransと非難されるが、カトリック信者を問わずschwarmer (狂信者)のために、彼らの依存性典の手紙を作成する代わりに、テストの対象となる聖書の宗教的な体験をした。

Calvin taught that the Spirit works in regeneration to illumine the mind to receive the benefits of Christ and seals them in the heart. By the Spirit the heart of a man is opened to the penetrating power of the Word and sacraments. カルヴィンの精神を教えられた作品で再生して心を明るくして、キリストの恩恵を受けるとしてアザラシの中心です。御霊によっては、一人の男の中心部にオープンした新しい言葉の力と洞察力の秘跡です。 Calvin went beyond Luther in asserting that not only is the preached Word the agent of the Spirit, but the Bible is in its essence the Word of God (Genevan Catechism). The Spirit works in the reading of Scripture as well as in the preaching of the Word, and the Word, preached or read, is efficacious through the work of the Holy Spirit. The divine origin of Scripture is certified by the witness of the Spirit; the Scripture is the Word of God given by the Spirit's guidance through limited human speech.カルヴィン超えたルーサー主張していないだけでは、単語のエージェントの説教の精神が、聖書には、本質的には神のみことば(ジュネーヴ教要理) 。 御霊の作品を読んで、啓典の説教されるだけでなく、その言葉は、その言葉とは、読んで説教か、効き目はを通じて、聖霊の働きです。啓典の神の起源は、認定されたの証人の精神;典は、神のみことばで与えられた限られた人間の精神の指導を通じてスピーチです。 Thus the exegete must inquire after God's intention in giving Scripture for us (e.g., in the modern application of the OT; Institutes 2.8.8).このように、神の意志を後に問い合わせる必要がありますexegeteに啓典を与えて私たち(例えば、現代のアプリケーションは、 ot ;機関2.8.8 ) 。

The highest proof of Scripture derives from the fact that God in person speaks in it, i.e., in the secret testimony of the Spirit (Inst. 1.7.4).啓典の最高の証拠から派生したという事実を、神は、人間が喋ることは、すなわち、その秘密の証言では、スピリット( inst. 1.7.4 ) 。 We feel the testimony of the Spirit engraved like a seal on our hearts with the result that it seals the cleansing and sacrifice of Christ.我々の精神を感じるの証言をして私たちの心に刻まれたシールのようにしてその結果を犠牲にすることとキリストのアザラシのクレンジングです。 The Holy Spirit is the bond by which Christ unites us to himself (Inst. 3.1.1).聖霊は、私たちに結合されるキリストunites自分自身( inst. 3.1.1 ) 。 Although Calvin rejected rational proofs as a basis for authenticating Scripture, interconfessional battles later caused the rigidifying of Reformed thought, and a tradition of scholastic proofs was developed to overcome the subjectivism of Calvin's authentication theory (cf. the Canons of Dort).合理的な証拠にもかかわらず拒否されたカルヴィン認証基盤としての役割を啓典、 interconfessional戦闘の後に生じたrigidifying改心した思想と、伝統校の学力を克服するために開発されたのカルビンの認証主観的理論( cf.の規範のドルト) 。

A seventeenth century reaction to strict Calvinism arose in Holland among the followers of James Arminius. Arminius rejected strict predestination, allowing for man's freedom to reject God's offer of grace. 17世紀にオランダでは立ち上がっカルビン主義の厳格な反応を示すのうち、信者のジェームズarminius 。 arminius厳格な宿命を拒否は、人間の自由を認めるための申し出を拒否し、神の恵みを受けています。 The Arminian position was denounced by the Synod of Dort, but had great influence in England.アルミニウス説の立場は、非難されるのドルト教会会議が、英国では大きな影響を与える。 John Wesley grew up in early eighteenth century England within this climate of Arminianism, and through him Methodism was given its distinctive Arminian character. For Wesley, God acts in cooperation with, but not in violation of, free human response in the matter of saving faith.ジョンウェズリー育った18世紀初めにイングランド内で、この気候のアルミニウス説は、 メソジスト教会は、与えられたを通して彼の独特のキャラクターアルミニウス説です。ためのウェズリーは、神の行為と協力して、違反していないが、応答は、人間の自由の問題貯蓄信仰。 God does not merely dispense upon man justifying grace, nor does man simply acquire such grace by believing.調剤するだけではない神の恵みの男を正当化し、またそのような優雅さを身に付けるだけでは男と信じています。 There is rather a unified process of God's giving and man's receiving. The Holy Spirit convicts of sin and also bears witness of justification.そこはむしろ統一の過程や、神の男の受理を与える。 convicts 、聖霊の罪でもクマの目撃者の正当性です。 Thereafter the Holy Spirit continues to work in man in sanctification, such that the believer feels in his heart the mighty workings of the Spirit of God. God continually "breathes" upon man's soul, and the soul "breathes unto God", a fellowship of spiritual respiration by which the life of God in the soul is sustained. Sanctification, the renewal of man in the image of God, in righteousness and true holiness, is effected by the Spirit through faith. It includes being saved from sin and being perfected in love. Works are necessary to a continuance of faith, and "entire santification," perfection, is the goal of every believer. その後、聖霊仕事を続けている男は神聖では、このような感じでは、彼の心信者の偉大な神の御霊の働きです。絶えず神"を吸い込んだ"時の男の魂と魂"を吸い込んだ神"と、フェローシップの霊的呼吸されるのは、神の魂は、人生の持続的です。 清浄化は、男は、画像の更新神は、正義と真のホーリネスでは、信仰を通じて心が影響される。罪から救われることが含まれているとされ完成愛です。 作品は、信仰を継続する必要がある、と"全体santification 、 "完ぺきには、目標は、すべての信奉者だ。

The Modern Period現代の期間

While seventeenth century radical Puritanism produced the Quakers with their emphasis on subjective experience of the Holy Spirit (the Inner Light of George Fox), such that Scripture is only a secondary source of knowledge for faith and practice (Robert Barclay Apology), eighteenth century Methodism expressed a more balanced approach to the work of the Spirit. 17世紀中に作らラジカルピューリタニズム重点を置いて、自分の主観的な経験をしてクエーカー教の聖霊(内なる光のジョージフォックス)は、そのようなことは、啓典の知識だけで、二次ソースの信仰と実践 (ロバートバークレイ謝罪)は、 18世紀のメソジスト教会バランスのとれたアプローチを表明し、より多くの仕事の精神です。 The focus of later Methodism on the work of the Spirit after conversion as an experience of divine grace has found development in the modern Holiness Movement, represented by churches in the Christian Holiness Association.メソジスト教会の焦点は、仕事の後の精神を経験した後のコンバージョンとしては、神の恵みが見つかりましたホーリネス運動の発展は、現代は、キリスト教で表されるホーリネス教会協会。

Another development that can be traced to Methodism's stress on sanctification is the twentieth century reawakening of Pentecostalism. Stemming from earlier emphases upon "second experience," Pentecostalism has placed great importance upon the "baptism of the Holy Spirit," which is seen as the completion of a two-stage process of salvation. Since the inception of this modern movement at the turn of the century, speaking in tongues has been proclaimed as the main sign of Spirit baptism, although other "gifts of the Spirit", notably healing, are also emphasized. 別の開発にメソジスト教会でたどることができるのストレスは、 20世紀の神聖化して再復興のpentecostalism 。ステミングemphasisの複数から以前に" 2番目の経験は、 "非常に重要なpentecostalismが置かれた時、 "洗礼は、聖霊は、 "これは見られて完成は、 2段階のプロセスの救いだ。 以来、この近代的運動の発端は、世紀の変わり目には、舌で話すのが主な徴候として宣言されたので、精神バプテスマのは、他にもかかわらず"の精神の贈り物"は、特に治癒がまた強調しています。 From its fundamentalist/biblicist beginning the Pentecostal movement has grown into what is loosely called the charismatic movement, which now touches all of Protestantism and has made inroads into Roman Catholicism.その原理主義者から/聖書学者のペンテコステ派の運動の先頭に成長し、カリスマ的な運動と呼ばれるものは、大まかには、今すぐに触れる前にはすべてのプロテスタントとカトリック教会に進出する。 This movement generally proclaims a distinct experience of "Spirit baptism" and, as a rule, focuses on speaking in tongues as the manifestation of that experience.通常、この運動の経験がはっきりとproclaims "スピリット洗礼"とは、原則として、舌に焦点を当てて言えば、そのような体験として現れています。

One of the most significant twentieth century developments in understanding the Holy Spirit was made in the teaching of Karl Barth. 1つは、 20世紀の最も重要な進展を理解し、聖霊は前には、授業のカールバルト。 Barth was a Reformed theologian who was largely responsible for the introduction of neoorthodoxy, the so-called dialectical or crisis theology.バルト神学者たちは、改革の導入が大きくneoorthodoxy責任を負う、いわゆる弁証法的あるいは危機神学。 Barth and others broke with classical liberalism in the first decades of the twentieth century, denying liberalism's theology of pious religious selfconsciousness, its man-centeredness (Schleiermacher; Ritschl; Feuerbach).バルトや他の古典的自由主義を破ったのは、 20世紀の最初の数十年間、自由主義を否定するの敬虔な宗教の神学selfconsciousness 、その人間本位(シュライエルマッハー;リッチュル;フォイエルバッハ) 。 Barth emphasized the "infinite qualitative distinction" between man and God, and prophetically proclaimed God's nein to all of man's attempt at self-righteousness.バルト強調して"無限の質的な差異"神の男との間には、神のneinと予言的に宣言したすべての人間の独善的な試みだ。 Barth's Letter to the Romans sounded this note of man's "crisis", the acknowledgement that what man knows of God, God has himself revelaed.バルトローマ人への手紙をこのメモに思えたの男の"危機"は、どのように確認して知っている男の神様は、神が自分自身revelaed 。 Barth developed his idea of God's self-revelation in terms of the doctrine of the Word of God (Church Dogmatics I/1 and I/2).彼のアイデアの開発バルト神の啓示自己の教義面では、神の言葉(教会の教義学のI / 1およびI / 2 ) 。 First and most importantly, Jesus is the incarnate Logos, the Word of God.最初で、最も重要なのは、イエスキリストの化身のロゴは、神のみことばです。 The Word of God is subsequently found in the preaching of the gospel, and "among the words of Scripture" (cf. Luther's doctrine of Spirit and Word).神のみことばが見つかりましたが、その後の福音を説教し、 "啓典の中の言葉" ( cf.ルーサーの教義の精神や言葉) 。 The Word of God is God himself in Holy Scripture.神のみことばは、自分自身で教典の神です。 Scripture is holy and the Word of God, because by the Holy Spirit it became and will become to the church a witness to divine revelation.啓典とは、聖なる神のみことばは、聖霊のためになることになったと、教会の証人を託宣。 This witness is not identical to the revelation; it is not itself revelation, but the witness to it. Faith in Jesus as the Christ, specifically in Jesus' resurrection, is effected through the work of the Holy Spirit. The subjective "in Spirit" is the counterpart to the objective "in Christ".これと同じではないの証人ヨハネの黙示録;ヨハネの黙示録そのものではないものの、それを目撃しています。 信仰は、イエスキリストとして、具体的にイエスの復活は、影響は、聖霊の働きを介しています。 、主観的な"スピリット"相手には、客観的な"キリスト" 。 God's grace is manifested both in the objective revelation of God in Christ and man's subjective appropriation of this revelation through the Spirit.神の恵みが明らかに神の啓示の両方を客観的には、キリストと、この男の主観的な歳出予算のヨハネの黙示録の精神を介しています。 According to Scripture, God's revelation occurs in our enlightenment by the Holy Spirit to a knowledge of God's Word.啓典によると、神の啓示が発生したが、聖霊によって私たちの悟りの知識を、神の言葉だ。 The outpouring of the Spirit is God's revelation.ほとばしるの精神は、神の啓示だ。 In this reality we are free to be God's children and to know, love, and praise him in his revelation.我々はこのような現実を自由にされると、神の子供たちを知っていると恋愛、そして彼が啓示を称賛した。 The Spirit as subjective reality of God's revelation makes possible and real the existence of Christianity in the world.主観的現実としての精神神の啓示を可能とキリスト教の存在をリアルの世界です。 For, Barth observes, "where the Spirit of the Lord is, there is freedom" (II Cor. 3:17); God in his freedom discloses himself to man and so makes man free for him (Evangelical Theology, pp. 53ff.).ために、バルトを遵守し、 "どこの精神の主は、自由には" ( ⅱうわっています。 3時17分) ;神は彼自身の自由を明らかにするために男と男は無料ギフト(福音主義神学、 pp 。 53ff 。 ) 。

Concluding Observations結びの観測

This sketch shows some of the diversity in the development of Christian thinking about the Holy Spirit. It is ironic that God's eschatological gift to man has so often been a point of contention and division among Christians. いくつかの多様性を示し、このスケッチは、キリスト教的思考の発展については、聖霊です。それは皮肉なことに男は、神の終末論の贈り物はそれほど頻繁に分割され、争点とキリスト教徒の間です。 Since the road ahead appears no less difficult than the way we have come, we would do well to be humbly mindful of God's sovereignty and of our weakness.表示されて以来、前方の道路に劣らず困難な方法で我々が来るよりも、 我々は謙虚に留意すれば良いのに、神の主権と我々の弱点です。

Because God in Christ has initiated the messianic age with its outpouring of the Spirit, man's relationship to God has been forever changed.神は、キリストのためには、救世主開始年齢は、ほとばしるの精神は、神の男との関係を永遠に変更されています。 No longer can the law be used as a means of exclusion and oppression of the disenfranchised: Jesus has preached the messianic gospel of release to the captive, sight to the blind, and good news to the poor; the new law of life has been written on the hearts of men.もはやこの法律に使われることの一つの手段として、排除や抑圧disenfranchised :救世主イエスキリストの福音は説教のリリースを捕虜には、目の不自由な光景には、貧しい人々への朗報と;人生の新しい法律に書かされて男たちの心をしています。 Thus we must abhor any new legalism which uses the Scripture to exclude and oppress, this is to turn the good news of Christ into "the letter that kills."このようにしなければならない任意の新しい法治憎悪を抑圧では、啓典を除外すると、これは良いニュースを無効にしてキリスト"の手紙を殺す"と述べた。 We must, rather, recognize the "God-breathed" character of Scripture, and the "Spirit that makes alive."我々は、むしろ、認識して"神の息"の文字典、そして、 "スピリットを生きていること"と述べた。 Only so will the Scripture be profitable. Conversely, the Spirit cannot be claimed as the mark of an elite, as that which distinguishes and divides. The gospel of Jesus Christ includes the message that the Holy Spirit has been poured out on all flesh.だからこの啓典には、収益性のみです。 逆に、その精神を主張することはできませんマークは、エリートとしては、どのように区別すると分けています。イエスキリストの福音のメッセージが含まれてきたが、聖霊を注ぎ出す生きとし生けるものです。 All abuses of Scripture and the Spirit must hear God's message: "The promise is to those who are near, and to those who are afar off, as many as the Lord our God will call."すべての乱用啓典と御霊の神のメッセージを聞く必要があります: "その約束は近くにある人たちは、はるかかなたにある人たちは、私たちの神、主の数が多いほど、コールされます。 "

T S Caulley ts caulley
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
C. K. Barrett, The Holy Spirit and the Gospel Tradition; F. D. Bruner, A Theology of the Holy Spirit; J.D.G.バレットckには、聖霊と福音の伝統;子fdブルーナーは、聖霊の神学; jdg Dunn, Baptism in the Holy Spirit and Jesus and the Spirit; M. Green, I Believe in the Holy Spirit; H. Gunkel, The Influence of the Holy Spirit; G. S. Hendry, The Holy Spirit: Growth of a Biblical Tradition; C. F. D. Moule, The Holy Spirit; P.D.ダンは、聖霊とイエスのバプテスマと御霊; m.グリーンは、私を信じて、聖霊; h.グンケル、その影響力は、聖霊; gsヘンドリー、聖霊:成長率は、聖書の伝統;立方フィートマウルは、聖霊;プロデューサー M. Ramsey, Holy Spirit; E. Schweizer, The Holy Spirit; H. B. Swete, The Holy Spirit in the Ancient Church and The Holy Spirit in the New Testament; H. Watkins-Jones, The Holy Spirit from Arminius to Wesley. m.ラムジー、聖霊; e.シュバイツァーは、聖霊;のhbスウィート、聖霊は、古代教会と、聖霊は、新約聖書; h.ワトキンズ-ジョーンズは、聖霊をarminiusウェスリーからです。


Ad'vocate ad'vocate

Advanced Information 高度情報

Advocate, (Gr. parakletos), one who pleads another's cause, who helps another by defending or comforting him.提唱者は、 ( gr. parakletos )は、別の原因の1つpleads人は、別の人の助けや励みに彼を擁護した。 It is a name given by Christ three times to the Holy Ghost (John 14:16; 15:26; 16:7, where the Greek word is rendered "Comforter," q.v.).キリストの名を与えられたことは、聖霊の3倍に(ジョン14 : 16 ; 15:26 ;午後4時07分、場所は、ギリシャの単語がレンダさ"の掛けぶとん、 " qv ) 。 It is applied to Christ in 1 John 2:1, where the same Greek word is rendered "Advocate," the rendering which it should have in all the places where it occurs.適用されることは、 1ヨハネ2:1キリストは、ギリシャ語で、同じ単語がレンダ"の提唱者は、 "どのようにするべきで、レンダリングのすべての場所ではそれが発生します。 Tertullus "the orator" (Acts 24:1) was a Roman advocate whom the Jews employed to accuse Paul before Felix. tertullus "雄弁家" (行為24:1 )は、ローマ人のユダヤ人の採用を提唱してポールを非難する前にフェリックス。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Com'forter com'forter

Advanced Information 高度情報

Comforter, the designation of the Holy Ghost (John 14:16, 26; 15:26; 16:7; R.V. marg., "or Advocate, or Helper; Gr. paracletos").掛け布団は、聖霊の指定(ジョン14 : 16 、 26 ; 15:26 ;午前16時07分;右心室マーガリン。 、 "または提唱者、またはヘルパー; gr 。 paracletos "を参照) 。 The same Greek word thus rendered is translated "Advocate" in 1 John 2:1 as applicable to Christ.こうしてレンダリングは、同じギリシャ語の単語翻訳"を提唱する"として、 1ヨハネ2:1キリストに適用される。 It means properly "one who is summoned to the side of another" to help him in a court of justice by defending him, "one who is summoned to plead a cause."適切なことを意味する"誰が召喚して1つの別の側面に"彼を助ける正義を守るのために裁判所で彼は、 "誰が1つの原因を召喚して嘆願する"と述べた。 "Advocate" is the proper rendering of the word in every case where it occurs. "を提唱する"とは、単語ごとに適切なレンダリングのケースが発生することです。 It is worthy of notice that although Paul nowhere uses the word paracletos, he yet presents the idea it embodies when he speaks of the "intercession" both of Christ and the Spirit (Rom. 8:27, 34).それは価値があると注意して使用して単語のどこにもかかわらずポールparacletos 、彼はまだ考えて具現男性が喋るときは、 "仲裁"の両方のキリストと御霊( rom. 8時27分、 34 ) 。


Spirit, Breathスピリットは、息

Advanced Information 高度情報

Ruah: "breath; air; strength; wind; breeze; spirit; courage; temper; Spirit." ruah : "息;空気;強度;風;そよ風;精神;勇気;気性;精神です。 " This noun has cognates in Ugaritic, Aramaic, and Arabic.この名詞には、ウガリットcognates 、アラム語、アラビア語です。 The word occurs about 378 times and in all periods of biblical Hebrew.その言葉が発生すると、すべての期間の約378倍の聖書のヘブライ語です。

First, this word means "breath," air for breathing, air that is being breathed.第一に、この言葉の意味する"と息が、 "空気呼吸のため、息の空気となっている。 This meaning is especially evident in Jer.このjerの意味は、特に顕著に表れています。 14:6: "And the wild asses did stand in the high places, they snuffed up the wind like dragons...." 14時06分: "とは、野生のロバはスタンドの高い場所で、彼らは風のようにアップsnuffedドラゴンズ...." When one's "breath" returns, he is revived: "...When he [Samson] had drunk [the water], his spirit [literally, "breath"] came again, and he revived..."ときに自分の"息"を返す、彼は復活: " ...酔っていたときに[サムソン] [水]は、彼の精神[文字通り、 "息" ]が再び、そして復活へ... " (Judg. 15:19). ( judg. 15時19分) 。 Astonishment may take away one's "breath": "And when the queen of Sheba had seen all Solomon's wisdom, and the house that he had built, And the meat of his table,... there was no more spirit in her [she was overwhelmed and breathless]" (1 Kings 10:4-5).驚きの1つの可能性を奪う"と息を" : "で見たときに、すべてのシーバの女王ソロモンの知恵、そしてその家を建てていたし、彼の肉の表で、より多くの精神ではない...彼女[彼女は圧倒と息を切らした] " ( 1キングス10:4-5 ) 。 Ruah may also represent speaking, or the breath of one's mouth: "By the word of the Lord were the heavens made; and all the host of them by the breath of his mouth" (Ps. 33:6; cf. Exod. 15:8; Job 4:9; 19:17). ruah可能性も表して言えば、あるいは、自分の口から息: "とされる単語の前に、主は、天;とされるすべてのホストが息をして彼の口から" ( ps. 33:6 ; cf 。 exod 。 15 : 8 ;仕事4時09分、 19時17分) 。

Second, this word can be used with emphasis on the invisible, intangible, fleeting quality of "air": "O remember that my life is wind: mine eyes shall no more see good" (Job 7:7).第二に、この言葉を使用することに重点を置いて目に見えない、無形、つかの間の質の"空気" : "おお思い出すことは、私の人生風:鉱山目は、こちらを参照していいない" (仕事を午前7時07分) 。 There may be a suggestion of purposelessness, uselessness, or even vanity (emptiness) when ruah is used with this significance: "And the prophets shall become wind, and the word is not in them ..." purposelessness提案があるかもしれませんが、無用、あるいは虚栄心(虚しさ)で使用されるときには、この意義ruah : "と預言者は、風になる、との言葉ではないにしています... " (Jer. 5:13). ( jer. 5時13分) 。 "Windy words" are really "empty words" (Job 16:3), just as "windy knowledge" is "empty knowledge" (Job 15:2; cf. Eccl. 1:14, 17, "meaningless striving"). "風の言葉"は、本当に"空の言葉" ( 16時03分ジョブ)と同様に、 "風の知識"は、 "空の知識" ( 15時02分の仕事; cf 。 eccl 。 1時14分、 17 、 "無意味な努力"を参照) 。 In Prov.地方でいます。 11:29 ruah means "nothing": "He that troubleth his own house shall inherit the wind...." 11:29 ruah手段"何もない" : "彼は、自分の家のものを継承してtroubleth風...." This nuance is especially prominent in Eccl.このecclニュアンスが特に顕著である。 5:15-16: "And he came forth of his mother's womb, naked shall he return to go as he came, and shall take nothing of his labor, which he may carry away in his hand. And this also is a sore evil, that in all points as he came, so shall he go: and what profit hath he that hath labored for the wind?" 5:15-16 : "と彼は、彼の母親の胎内来たり、裸では、彼を返すように行って来て、何も彼の労働とると、これを手に彼は5月に運び出す。とは、これまた悪のただれは、すべてのポイントを参考にして彼がやって来て、今は彼に行く:どのような利益としてかれは、かれらのために風こじつけのですか? "

Third, ruah can mean "wind."第三に、 ruahことを意味する"風です。 " In Gen. 3:8 it seems to mean the gentle, refreshing evening breeze so well known in the Near East: "And they heard the voice of the Lord God walking in the garden in the cool [literally, "breeze"] of the day...." 3時08分大将を意味するように、優しく、さわやかなそよ風ので夕方には、よく知られて近東: "と彼らの声を聞いたの神、主の庭には、ウォーキングは、涼しい[文字通り、 "そよ風" ]は、日...." It can mean a strong, constant wind: "... And the Lord brought an east wind upon the land all that day, and all that night ..."強いことを意味する、恒常的に風: " ...と東の風をもたらした主にその土地のすべてのあの日、あの夜と全ての... " (Exod. 10:13). ( exod. 10:13 ) 。 It can also signify an extremely strong wind: "And the Lord turned a mighty strong west wind ..."ことを意味することも、非常に強い風: "と、無敵の強い西風の主電源が入っています... " (Exod. 10:19). ( exod. 10:19 ) 。 In Jer. jer中です。 4:11 the word appears to represent a gale or tornado (cf. Hos. 8:7). 4時11分を表す単語が表示されたら、強風や竜巻( cf. hos 。 8時07分) 。 God is the Creator (Amos 4:13) and sovereign Controller of the winds (Gen. 8:1; Num. 11:31; Jer. 10:13).神は、主権クリエーター(アモス4時13分)とコントローラの風(大将8時01分; NUM件です。 11:31 ; jer 。 10:13 ) 。

Fourth, the wind represents direction.第四に、風の方向性を表しています。 In Jer. jer中です。 49:36 the four winds represent the four ends of the earth, which in turn represent every quarter: "And upon Elam will I bring the four winds [peoples from every quarter of the earth] from the four quarters of heaven, and will scatter them toward all those winds; and there shall be no nation whither the outcasts of Elam shall not come." 49:36の4つの風を表す4つの最果ては、四半期ごとに順番に表す: "とするイーラムは、私の4つの風をもたらす[毎四半期には、地球の人々から]四分の四天国から、とは、散乱これらすべての風をかれらに向かって、そしてそこには、どこの国ではないののけ者イーラム来るものではない"と述べた。 Akkadian attests the same phrase with the same meaning, and this phrase begins to appear in Hebrew at a time when contact with Akkadian-speaking peoples was frequent.アッカドattests同じ意味で、同じフレーズ、そしてこのフレーズを開始すると表示されているときに接触してヘブライ語を話す人々が頻繁にアッカドです。

Fifth, ruah frequently represents the element of life in a man, his natural "spirit": "And all flesh died that moved upon the earth,... All in whose nostrils was the breath of life ..." 5番目は、人生の要素を表しますruah頻繁に一人の男が、彼の自然に" spirit " : "生きとし生けるものが死亡したとして地球上を移動、 ...鼻の穴すべてでは、息の人生... " (Gen. 7:21-22). (大将7:21-22 ) 。 In these verses the animals have a "spirit" (cf. Ps. 104:29).これらの動物の印がある"スピリット" ( cf.しまう。 104:29 ) 。 On the other hand, in Prov.その半面、地方です。 16:2 the word appears to mean more than just the element of life; it seems to mean "soul": "All the ways of a man are clean in his own eyes; but the Lord weigheth the spirits [NASB, "motives"]." 16時02分を意味する単語が表示されたら、要素というだけの生活;ことを意味するように"魂" : "全てのクリーンな方法では、一人の男のは、自分自身の目;しかし、主の霊weigheth [ nasb 、 "動機" ] 。 " Thus, Isaiah can put nepes, "soul," and ruah in synonymous parallelism: "With my soul have I desired thee in the night; yea, with my spirit within me will I seek thee early ..."したがって、イザヤ書nepes入れることは、 "魂"と同義ruahは平行: "私の魂があるんだけど、夜の希望なんじ;いや、私は、私が私の心内で、なたを求める早期... " (26:9). ( 26:9 ) 。 It is the "spirit" of a man that returns to God (Eccl. 12:7).それは、 "スピリット"のような男にして返す神( eccl. 12時07分) 。

Sixth, ruah is often used of a man's mind-set, disposition, or "temper": "Blessed is the man unto whom the Lord imputeth not inqiuity, and in whose spirit there is no guile" (Ps. 32:2). 6番目は、一人の男がよく使われてruahの心境は、処分、または"かんしゃく" : "祝福の主は、誰かれimputethない男inqiuity 、その精神がないと、 guileを" ( ps. 32:2 ) 。 In Ezek. ezek中です。 13:3 the word is used of one's mind or thinking: "Woe unto the foolish prophets, that follow their own spirits, and have seen nothing" (cf. Prov. 29:11). 13時03分という言葉が使用され、自分の心や思考: "愚かな預言者の悲痛かれは、自分の精神に従うことは、何もないと見られる" ( cf.地方29:11 ) 。 Ruah can represent particular dispositions, as it does in Josh. ruah特定の売却を表すことは、これは、ジョシュ。 2:11: "And as soon as we had heard these things, our hearts did melt, neither did there remain any more courage in any man, because of you ..." 2時11分: "とできるだけ早く私たちはこれらのことを聞いて、私たちの心を溶かすは、これ以上の勇気もないままそこではどんな男で、あなたのために… " (cf. Josh. 5:1; Job 15:13). ( cf.ジョシュ。 5時01分、 15時13分ジョブ) 。 Another disposition represented by this word is "temper": "If the spirit [temper] of the ruler rise up against thee, leave not thy place ..."この言葉は、別の気質に代表される"かんしゃく" : "もし精神[気性]の定規に対して立ち上がるなた、なたのない場所に残す... " (Eccl. 10:4). ( eccl. 10時04分) 。 David prayed that God would "restore unto me the joy of thy salvation; and uphold me with thy free Spirit" (Ps. 51:12).神に祈ったことは、デビッド"わたしの喜びを復元なたの救世;となたの自由な精神をもって、わたしを守る" ( ps. 51:12 ) 。 In this verse "joy of salvation" and "free Spirit" are parallel and, therefore, synonymous terms.この詩"救いの喜び"と"自由な精神の持ち主"は、パラレルポートとは、したがって、同義語だと思う。 Therefore, "spirit" refers to one's inner disposition, just as "joy" refers to an inner emotion.したがって、 "スピリット"を参照して自分の内面の気質と同様に、 "喜び"の内面的な感情を指しています。

Seventh, the Bible often speaks of God's "Spirit," the third person of the Trinity. This is the use of the word in its first biblical occurrence: "And the earth was without form, and void; and darkness was upon the face of the deep. And the Spirit of God moved upon the face of the waters" (Gen. 1:2). 7番目は、しばしば聖書の神が喋る"スピリット"の3番目の人は、トリニティ。これは、その言葉の使用を聖書の中で、最初の発症: "とはせずに、地球フォーム、およびボイド;と闇の中に直面していた深いです。と御霊の神の顔の上に移動水域" (大将1時02分) 。 Isa.のISAです。 63:10-11 and Ps. 63:10-11およびPS 。 51:12 specifically speak of the "holy or free Spirit." 51:12具体的に話すの"聖なるまたは自由な精神の持ち主だ。 "

Eighth, the non-material beings (angels) in heaven are sometimes called "spirits": "And there came forth a spirit, and stood before the Lord, and said, I will persuade him" (1 Kings 22:21; cf. 1 Sam. 16:14). 8番目は、非物質の存在(天使)と呼ばれる、天国では、いくつかの"スピリッツ" : "来来たりすると、そこの精神、そして、主の前に立っていた、と氏は、私が彼を説得する" ( 1王22 : 21 ; cf 。 1サム。 16時14分) 。

Ninth, the "spirit" may also be used of that which enables a man to do a particular job or that which represents the essence of a quality of man: "And Joshua the son of Nun was full of the spirit of wisdom; for Moses had laid his hands upon him ..." 9回は、 "スピリット"に使われる可能性も一人の男のものを有効または特定のジョブを行うことで品質の本質を表すの男: "とジョシュアの息子の精神に満ちていた尼僧の知恵;ためモーゼス彼には彼の手レイアウト... " (Deut. 34:9). ( deut. 34:9 ) 。 Elisha asked Elijah for a double portion of his "spirit" (2 Kings 2:9) and received it.エリヤエリシャ求めた彼のために、二重の部分に"スピリット" ( 2キングス2時09分)と受け取っています。


Holy Ghost聖霊

Catholic Information カトリック情報

I. SYNOPSIS OF THE DOGMA i.梗概のドグマ

The doctrine of the Catholic Church concerning the Holy Ghost forms an integral part of her teaching on the mystery of the Holy Trinity, of which St. Augustine (De Trin., I, iii, 5), speaking with diffidence, says: "In no other subject is the danger of erring so great, or the progress so difficult, or the fruit of a careful study so appreciable".カトリック教会の教義については、聖霊のフォームに不可欠なのは、彼女の教えは、ミステリーホーリートリニティー、そのうち聖アウグスティヌス(デtrin 。 、私は、 3世、 5 )は、遠慮がちに言えば、書かれています: "その他の危険性のない人の道を踏み外した件名は偉大なので、今の進捗状況や困難、またはその果実を慎重に検討のためにかなりの" 。 The essential points of the dogma may be resumed in the following propositions:ドグマの重要な点については、再開される可能性は、以下の命題:

The Holy Ghost is the Third Person of the Blessed Trinity.聖霊は、 3番目の人の祝福トリニティ。

Though really distinct, as a Person, from the Father and the Son, He is consubstantial with Them; being God like Them, He possesses with Them one and the same Divine Essence or Nature.本当にはっきりかかわらず、人間として、父親と息子からは、彼は同本質をつけて;れ、神のようにして、彼は自分が保有してそれらの本質や自然の神と同じです。

He proceeds, not by way of generation, but by way of spiration, from the Father and the Son together, as from a single principle.彼の収益は、世代を通っていないが、道のspirationによっては、父親と息子から一緒には、原則として、 1つのからだ。

Such is the belief the Catholic faith demands.このような要求には、信念のカトリック信仰です。

II. Ⅱ 。 CHIEF ERRORSミスチーフ

All the theories and all the Christian sects that have contradicted or impugned, in any way, the dogma of the Trinity, have, as a logical consequence, threatened likewise the faith in the Holy Ghost.すべての理論とキリスト教の宗派のすべての矛盾があるかimpugned 、いかなる方法で、その教義は、トリニティ、が、論理的帰結として、脅迫の信仰は、聖霊同様です。 Among these, history mentions the following:このうち、以下に記載して履歴:

In the second and third centuries, the dynamic or modalistic Monarchians (certain Ebionites, it is said, Theodotus of Byzantium, Paul of Samosata, Praxeas, Noëtus, Sabellius, and the Patripassians generally) held that the same Divine Person, according to His different operations or manifestations, is in turn called the Father, the Son, and the Holy Ghost; so they recognized a purely nominal Trinity.は、第2 、第3世紀にもわたって、動的またはmodalistic monarchians ( ebionitesある、と述べたことは、 theodotusのビュザンティオン、サモサタのパウロス、 praxeas 、 noëtus 、サベリウス、および通常のpatripassians )で開かれたが、同じ神の人によると、彼の異なるオペレーションまたは症状を呈して、電源と呼ばれるが、父親は、息子と聖霊;ので純粋に名目トリニティ認めています。

In the fourth century and later, the Arians and their numerous heretical offspring: Anomans or Eunomians, Semi-Arians, Acacians, etc., while admitting the triple personality, denied the consubstantiality.第4世紀以降では、数多くの異端ariansとその子孫: anomansまたはeunomians 、セミarians 、 acaciansなどは、認めながら、三重人格、 consubstantiality否定しています。 Arianism had been preceded by the Subordination theory of some ante-Nicene writers, who affirmed a difference and a gradation between the Divine Persons other than those that arise from their relations in point of origin.アリウス主義の従属理論先行していたいくつかの出走馬ニカイア作家は、人との差を徐々に断言する神以外の者の間に生じるもので原点から彼らの関係です。

In the sixteenth century, the Socinians explicitly rejected, in the name of reason, along with all the mysteries of Christianity, the doctrine of Three Persons in One God. 16世紀には、明示的に拒否されたsocinians 、理性の名の下、すべての謎と共にキリスト教は、その教義の3人で1つの神です。

Mention may also be made of the teachings of Johannes Philoponus (sixth century), Roscellinus, Gilbert de la Porrée, Joachim of Flora (eleventh and twelfth centuries), and, in modern times, Günther, who, by denying or obscuring the doctrine of the numerical unity of the Divine Nature, it reality set up a triple deity.その前に言及したことも教えヨハネスphiloponus ( 6世紀) 、 roscellinus 、ギルバートデラporrée 、ヨアヒムのフローラ( 11と12世紀にもわたって) 、そして、現代では、ギュンター氏は、あいまいさを否定するかの学説結束の数値は、神の性質は、神のトリプルセットアップすること現実です。

In addition to these systems and these writers, who came in conflict with the true doctrine about the Holy Ghost only indirectly and as a logical result of previous errors, there were others who attacked the truth directly:これらのシステムに加えて、これらの作家は、競合して帰って来た聖霊の真の教義については、間接的にのみや論理の結果として、前のエラーは、他の人には、真実を直接攻撃を受ける:

Towards the middle of the fourth century, Macedonius, Bishop of Constantinople, and, after him a number of Semi-Arians, while apparently admitting the Divinity of the Word, denied that of the Holy Ghost.第4世紀半ばに向かって、 macedonius 、コンスタンティノープル大主教、そして、彼の後に、いくつかのセミarians 、どうやら認めながら、神の言葉は、聖霊の否定しています。 They placed Him among the spirits, inferior ministers of God, but higher than the angels.かれらの中に置かれた彼の霊は、神の閣僚の下ではなく、天使たちよりも高い。 They were, under the name of Pneumatomachians, condemned by the Council of Constantinople, in 381 (Mansi, III, col. 560).かれらは、 pneumatomachiansの名の下に、コンスタンティノポリス公会議に非難されるのは、 381 ( mansi 、 3世、 col 。 560 ) 。 Since the days of Photius, the schismatic Greeks maintain that the Holy Ghost, true God like the Father and the Son, proceeds from the former alone. photius日以来、ギリシアの分離を維持して聖霊は、神の本当の父親と息子のように、元からの収入だけです。

III. Ⅲ 。 THE THIRD PERSON OF THE BLESSED TRINITY 3番目の人の祝福トリニティ

This heading implies two truths:この2つの見出しが示す真理:

The Holy Ghost is a Person really distinct as such from the Father and the Son;聖霊は、人が本当にこのようにはっきりと父親から息子;

He is God and consubstantial with the Father and the Son.彼は神と同本質では、父と息子がいます。

The first statement is directly opposed to Monarchianism and to Socinianism; the second to Subordinationism, to the different forms of Arianism, and to Macedonianism in particular.最初のモナルキア主義に反対するとの声明には、直接socinianism ; subordinationism 2番目には、さまざまな形態のアリウス主義には、特にmacedonianismとしています。 The same arguments drawn from Scripture and Tradition may be used generally to prove either assertion.同じ引数で描かれた啓典と伝統から通常に使われる可能性のどちらかの主張を立証する。 We will, therefore, bring forward the proofs of the two truths together, but first call particular attention to some passages that demonstrate more explicitly the distinction of personality.我々は、したがって、その証拠を前倒しにする2つの真理が、ファーストコールには特に注意を払うことを示すいくつかの通路の区別を明示的人格こちらです。

A. Scripture a.典

In the New Testament the word spirit and, perhaps, even the expression spirit of God signify at times the soul or man himself, inasmuch as he is under the influence of God and aspires to things above; more frequently, especially in St. Paul, they signify God acting in man; but they are used, besides, to designate not only a working of God in general, but a Divine Person, Who is neither the Father nor the Son, Who is named together with the Father, or the Son, or with Both, without the context allowing them to be identified.その言葉は、新約聖書の精神とは、たぶん、神の霊を意味する表現でさえ、時々自分自身の魂や男は、 〜だけれども彼は神の影響下にあるものの上に、 aspires ;もっと頻繁に、特に聖パウロは、彼らの演技は、神を意味する男;使用されていますが、それらは、それに加えて、作業を指定するだけでなく、神の全般ではなく、神の人は、誰がどちらの父親も、息子さんの名前が父親と一緒に、またはその息子、または両方では、文脈なしに識別できるようにします。 A few instances are given here.ここでいくつかのインスタンスが与えられた。 We read in John, xiv, 16, 17: "And I will ask the Father, and he shall give you another Paraclete, that he may abide with, you for ever. The spirit of truth, whom the world cannot receive"; and in John, xv, 26: "But when the Paraclete cometh, whom I will send you from the Father, the Spirit of truth, who proceedeth from the Father, he shall give testimony of me."我々読んでジョン、 14 、 16 、 17 : "と、私は父を求める、と彼は、別の聖霊を与えることは、彼は5月に従うことで、あなたは永遠です。真実の精神は、世界の誰受け取ることはできません" ;とジョン、 15 、 26 : "しかし、聖霊が来るときに、私は父からお送りする、真実の精神は、誰よりproceedeth父親は、彼が私のものと証言する。 " St. Peter addresses his first epistle, i, 1-2, "to the strangers dispersed . . . elect, according to the foreknowledge of God the Father, unto the sanctification of the Spirit, unto obedience and sprinkling of the blood of Jesus Christ".彼の最初の信徒聖ペテロのアドレスを、私は、 1-2は、 "見知らぬ人に分散している。 。 。当選者は、神の先見によると、父親は、かれの清浄化の精神は、かれの服従とは、血液中の散水イエスキリスト" 。 The Spirit of consolation and of truth is also clearly distinguished in John 16:7, 13-15, from the Son, from Whom He receives all He is to teach the Apostles, and from the Father, who has nothing that the Son also does not possess.敗者の精神の真実とは明確に区別さでも16時07分ジョン、 13-15 、息子からは、心に適うから受け取るすべての使徒を教える彼は、父親からとは、誰もが息子のことは何もない保有しない。 Both send Him, but He is not separated from Them, for the Father and the Son come with Him when He descends into our souls (John 14:23).両方を送ってもらったが、彼ではないから分離して、息子は、父親と下って来るときは彼にして我々の魂(ジョン14 : 23 ) 。

Many other texts declare quite as clearly that the Holy Ghost is a Person, a Person distinct from the Father and the Son, and yet One God with Them.他の多くの教科書として非常に明確に宣言することは、聖霊の人は、別個の人から父と息子は、まだ1つの神としている。 In several places St. Paul speaks of Him as if speaking of God.聖パウロのいくつかの場所で彼が喋るように言えば、神です。 In Acts 28:25, he says to the Jews: "Well did the Holy Ghost speak to our fathers by Isaias the prophet"; now the prophecy contained in the next two verses is taken from Isaias 6:9-10, where it is put in the mouth of the "King the Lord of hosts". 28:25行為では、と彼は言いますが、ユダヤ人: "よく話をするが、聖霊によって私たちの祖先が、預言isaias " ;今の予言に含まれては、次の2つの印から取らisaias 6:9-10は、どこにあるか口の中に入れるには、 "王の天帝" 。 In other places he uses the words God and Holy Ghost as plainly synonymous.他の場所では、彼は神の言葉と聖霊としてはっきりと同義です。 Thus he writes, I Corinthians 3:16: "Know you not, that you are the temple of God, and that the Spirit of God dwelleth in you?"こうして彼の書き込みは、コリント人への手紙3時16分: "知っていることは、神があなたには同寺は、神の精神とそのdwellethはあなたですか? " and in 6:19: "Or know you not, that your members are the temple of the Holy Ghost, who is in you . . . ?"そして6時19分: "あなたは知っているか、それにして会員には、聖霊の宮は、誰がしてるよ。 。 。 ? " St. Peter asserts the same identity when he thus remonstrates with Ananias (Acts 5:3-4): "Why hath Satan tempted thy heart, that thou shouldst lie to the Holy Ghost . . . ? Thou hast not lied to men, but to God."聖ペテロのアイデンティティをしたときと同じ主張してこうしてremonstratesアナニアス(行為5:3-4 ) : "悪魔の誘惑なたの心はなぜかれらは、なたにうそをつくと聖霊のshallの二人称単数。 。 。 ?なたの男性にうそついていないが、神です。 " The sacred writers attribute to the Holy Ghost all the works characteristic of Divine power.作家の神聖な属性を聖霊の神の力のすべての作品の特徴です。 It is in His name, as in the name of the Father and of the Son, that baptism is to be given (Matthew 28:19).それは、彼の名前は、その名のように、父と息子は、その洗礼には、与えられた(マタイ28:19 ) 。 It is by His operation that the greatest of Divine mysteries, the Incarnation of the Word, is accomplished (Matthew 1:18, 20; Luke 1:35).それは彼の手術をして、神の最大の謎は、その言葉の権化が成し遂げられた(マタイ1時18分、 20 ;ルーク1時35分) 。 It is also in His name and by His power that sins are forgiven and souls sanctified: "Receive ye the Holy Ghost. Whose sins you shall forgive, they are forgiven them" (John 20:22-23); "But you are washed, but you are sanctified, but you are justified in the name of our Lord Jesus Christ, and the Spirit of our God" (1 Corinthians 6:11); "The charity of God is poured forth in our hearts, by the Holy Ghost, who is given to us" (Romans 5:5).それはまた、自分の力で自分の名前とその罪が許されたと魂を神聖化: "なたがたは、聖霊を受ける。なたがたの罪を赦され、かれらはかれらに許された" (ヨハネ20:22-23 ) ; "でもあなたは洗ったで、あなたは神聖化で、あなたは私たちの正当化の名の下の主イエスキリストは、私たちの神との精神" ( 1コリンチャンス6時11分) ; "の慈善団体に示され、神が私たちの心を注ぎ、聖霊によっては、誰が私たちに与えられた" (ローマ人への手紙5時05分) 。 He is essentially the Spirit of truth (John 14:16-17; 15:26), Whose office it is to strengthen faith (Acts 6:5), to bestow wisdom (Acts 6:3), to give testimony of Christ, that is to say, to confirm His teaching inwardly (John 15:26), and to teach the Apostles the full meaning of it (John 14:26; 16:13).彼の精神は、基本的には、真理(ジョン14:16-17 ; 15:26 )は、その事務所の信仰を強化することが(行為の午前6時05分) 、知恵を授ける(行為の午前6時03分)は、キリストを証言するのは、これは、つまり、彼の教えを確認する内心(ヨハネ15:26 ) 、およびその使徒を教えることの意味を完全に(ヨハネ14時26分、 16時13分) 。 With these Apostles He will abide for ever (John 14:16).彼は、これらの使徒は永遠に従う(ヨハネ14時16分) 。 Having descended on them at Pentecost, He will guide them in their work (Acts 8:29), for He will inspire the new prophets (Acts 11:28; 13:9), as He inspired the Prophets of the Old Law (Acts 7:51).かれらは聖霊降臨の子孫にして、彼は自分の仕事をしてガイド(行為の午前8時29分) 、鼓舞するために彼は、新しい預言者(行為11:28 ;午前13時09分)は、預言者としての彼の着想を得たの古い法律(行為午前7時51分) 。 He is the source of graces and gifts (1 Corinthians 12:3-11); He, in particular, grants the gift of tongues (Acts 2:4; 10:44-47).彼は、ソースやプレゼントの美神( 1コリント書12:3-11 ) ;彼は、特に、補助金の異言の賜物( 2時04行為; 10:44-47 ) 。 And as he dwells in our bodies sanctifies them (1 Corinthians 3:16; 6:19),so will and them he raise them again, one day, from the dead (Romans 8:11).そして彼は私たちの遺体の棲むsanctifiesかれら( 1コリンチャンス3時16分、 6時19分) 、だからかれらは再び引き上げるとして彼は、ある日、死んでから(ローマ人への手紙8時11分) 。 But he operates especially in the soul, giving it a new life (Romans 8:9 sq.), being the pledge that God has given us that we are his children (Romans 8:14-16; 2 Corinthians 1:22; 5:5; Galatians 4:6).しかし、彼の魂を中心に運営し、新しい人生を与えること(ローマ人への手紙8時09 sq 。 ) 、誓約している、神が私たちに与えられた我々は彼の子供たち(ローマ人への手紙8:14-16 ; 2コリンチャンス1 : 22 ; 5 : 5 ;ガラテヤ人への手紙4時06分) 。 He is the Spirit of God, and at the same time the Spirit of Christ (Romans 8:9); because He is in God, He knows the deepest mysteries of God (1 Corinthians 2:10-11), and He possesses all knowledge.彼は神の御霊は、それと同時にキリストの御霊(ローマ人への手紙8時09分) ;なぜなら、彼は、神の存在を、彼は神の謎を知っているの最深( 1コリンチャンス2:10-11 ) 、そして彼のすべての保有知識です。 St. Paul ends his Second Epistle to the Corinthians (13:13) with this formula of benediction, which might be called a blessing of the Trinity: "The grace of our Lord Jesus Christ, and the charity of God, and the communication of the Holy Ghost be with you all."聖パウロの信徒への2度目の両端コリンチャンス( 13時13分)で、この式の祝祷、祝福と呼ばれるかもしれないが、トリニティ: "わたしたちの主イエスキリストの恵み、神の慈善事業とし、コミュニケーションのすべてをあなたに聖霊のです。 " -- Cf. -c f。 Tixeront, "Hist. des dogmes", Paris, 1905, I, 80, 89, 90,100,101. tixeront 、 "シーッ。 dogmesデ" 、パリ、 1905年、私は、 80 、 89 、 90100101 。

B. Tradition Bの伝統

While corroborating and explaining the testimony of Scripture, Tradition brings more clearly before us the various stages of the evolution of this doctrine.補強と説明している間、啓典の証言は、我々の伝統をもたらすより明確にする前に、様々な段階では、この学説の進化です。 As early as the first century, St. Clement of Rome gives us important teaching about the Holy Ghost.早ければ第1世紀に、ローマの聖クレメントは私たちの重要な教示については、聖霊です。 His "Epistle to the Corinthians" not only tells us that the Spirit inspired and guided the holy writers (viii, 1; xlv, 2); that He is the voice of Jesus Christ speaking to us in the Old Testament (xxii, 1 sq.); but it contains further, two very explicit statements about the Trinity.彼"の信徒へのコリンチャンス"の精神を教えてくれるだけでなく、インスピレーションを得たと導き、聖なる作家( 8 、 1 ;拾伍、 2 ) ;その彼は、イエスキリストの声に言えば、私たちは、旧約聖書( 22 、 1平方。 ) ;しかし、それをさらに含んでは、 2つの非常に明確なステートメントについては、トリニティ。 In c.はC xlvi, 6 (Funk, "Patres apostolici", 2nd ed., I,158), we read that "we have only one God, one Christ, one only Spirit of grace within us, one same vocation in Christ". 46 、 6 (ファンク、 " patres apostolici " 、第2エド。 、私は、 158 )は、我々を読んだことが、 "我々は1つしか神は、キリストの1つは、 1つだけの猶予内に私たちの精神は、 1つの職業で、キリストと同じ" 。 In lviii, 2 (Funk, ibid., 172), the author makes this solemn affirmation; zo gar ho theos, kai zo ho kyrios Iesous Christos kai to pneuma to hagion, he te pistis kai he elpis ton eklekton, oti . 58で、 2 (ファンク、同じです。 、 172 ) 、その作者が、この厳かな肯定;ホセメルセガーtheosホー、ホーkyrios iesousクリストスカイカイにはホセメルセの霊をhagion 、彼は彼elpis te pistisカイトンeklekton 、 oti 。 . . which we may compare with the formula so frequently met with in the Old Testament: zo kyrios.私たちが5月と比較して頻繁に会って、今のフォーミュラ旧約聖書:ホセメルセkyrios 。 From this it follows that, in Clement's view, kyrios was equally applicable to ho theos (the Father), ho kyrios Iesous Christos, and to pneuma to hagion; and that we have three witnesses of equal authority, whose Trinity, moreover, is the foundation of Christian faith and hope.このことから以下のとおりですが、クレマンの見解では、 kyriosが平等に適用されるホtheos (父) 、ホクリストスkyrios iesous 、として霊をhagion ;であり、我々は3つの目撃者の平等な権限を、そのトリニティ、さらには、キリスト教信仰の基礎と希望します。

The same doctrine is declared, in the second and third centuries, by the lips of the martyrs, and is found in the writings of the Fathers.同じドクトリンを宣言し、 2番目と3番目世紀にもわたって、唇には、殉教者される、との記述は、父親が見つかりました。 St. Polycarp (d. 155), in his torments, thus professed his faith in the Three Adorable Persons ("Martyrium sancti Polycarpi" in Funk op. cit., I, 330): "Lord God Almighty, Father of Thy blessed and well beloved Son, Jesus Christ . . . in everything I praise Thee, I bless Thee, I glorify Thee by the eternal and celestial pontiff Jesus Christ, Thy well beloved Son, by whom, to Thee, with Him and with the Holy Ghost, glory now and for ever!"聖polycarp ( d. 155 ) 、 torments 、彼は、このように自分の信仰を公言した人は、 3つの愛らしい( " martyrium sancti polycarpi "ファンクopです。 cit 。 、私は、 330 ) : "神の全能の主は、なたの父と祝福井戸の最愛の息子、イエスキリスト。 。 。何事にも私を称賛なたは、私を祝福なたには、私の永遠の美化や天体なた司教イエスキリストは、なたの井戸の最愛の息子は、人によっては、なたには、彼として聖霊は、今の栄光とは永遠に! "

St. Epipodius spoke more distinctly still (Ruinart, "Acta mart.", Verona edition, p. 65): "I confess that Christ is God with the Father and the Holy Ghost, and it is fitting that I should give back my soul to Him Who is my Creator and my Redeemer."もっとはっきりまだepipodiusスポーク聖( ruinart 、 " actaマート"と述べた。 、ヴェローナモードでは、 p. 65 ) : "私は神に告白して、キリストと聖霊の父、そしてそれは私が背中を試着して私の魂彼には私のクリエーターたちと私の救い主です。 "

Among the apologists, Athenagoras mentions the Holy Ghost along with, and on the same plane as, the Father and the Son.擁護の中には、聖霊の言及アテナゴラスと共に、飛行機と同じように、父と息子がいます。 "Who would not be astonished", says he (Legat. pro christian., n. 10, in P.G., VI, col. 909), "to hear us called atheists, us who confess God the Father, God the Son and the Holy Ghost, and hold them one in power and distinct in order [. . . ten en te henosei dynamin, kai ten en te taxei diairesin]?" "びっくりした人ではない" 、と語って(キリスト教プロlegat. 。 、 n. 10 、パプアニューギニア、 viのは、 col 。 909 ) "と呼ばれる無神論を聞いて私たちは、私たちの父神の告白は、神の息子と、聖霊は、ホールドして1つの電源ケーブルと区別するために、 [ 。 。 。 10 en te henoseiダイナミン、カイ10 en te taxei diairesin ]ですか? "

Theophilus of Antioch, who sometimes gives to the Holy Ghost, as to the Son, the name of Wisdom (sophia), mentions besides (Ad Autol., lib. I, n. 7, and II, n. 18, in P.G., VI, col. 1035, 1081) the three terms theos, logos, sophia and, being the first to apply the characteristic word that was afterwards adopted, says expressly (ibid., II, 15) that they form a trinity (trias).テオフィロスのアンティオキア、時には人を与え、聖霊は、息子のように、その名の英知(ソフィア)は、ほかに言及(広告autol 。 、 libです。私は、 n. 7 、そして2世、 n. 18 、パプアニューギニアでは、 viのは、 col 。 1035 、 1081 )の3つの条件theos 、ロゴ、ソフィアとは、最初に適用され、その後で採択された単語の特性は、明示的によれば( ibid. 、 2世、 15 )を形成することトリニティ(用Trias ) 。 Irenæus looks upon the Holy Ghost as eternal (Adv. Hær., V, xii, n. 2, in P.G., VII, 1153), existing in God ante omnem constitutionem, and produced by him at the beginning of His ways (ibid., IV, xx, 3).外見上irenæusとして永遠の聖霊( adv. hær 。 、 v 、 12世、 n. 2 、パプアニューギニアでは、第VII 、 1153 )は、既存のomnem constitutionemアンティー神は、彼の冒頭に産生されると彼の方法があります( ibid.は、 4世は、 XXを、 3 ) 。 Considered with regard to the Father, the Holy Ghost is his wisdom (IV, xx, 3); the Son and He are the "two hands" by which God created man (IV, præf., n. 4; IV, xx, 20; V, vi, 1).父とみなさと関連して、聖霊のは、彼の知恵( ⅳ 、 XXを、 3 ) ;の息子と彼は、 " 2つの手"で作成されたが、神男( ⅳ 、 præf 。 、 n. 4 ;静脈、 XX社は、 20 ; v 、 viのは、 1 ) 。 Considered with regard to the Church, the same Spirit is truth, grace, a pledge of immortality, a principle of union with God; intimately united to the Church, He gives the sacraments their efficacy and virtue (III, xvii, 2, xxiv, 1; IV, xxxiii, 7; V, viii, 1).教会とみなさと関連して、同じ精神には、真実は、グレースは、不滅の約束を取り付けて、労働組合の原則とする神;密接ユナイテッド教会には、彼は自分の効果を与えると美徳の秘跡( ⅲ 、 17 、 2 、 xxiv 、 1 ;静脈内、 33 、 7 ; v 、 VIIIや1 ) 。

St. Hippolytus, though he does not speak at all clearly of the Holy Ghost regarded as a distinct person, supposes him, however, to be God, as well as the Father and the Son (Contra Noët., viii, xii, in P.G., X, 816, 820).聖ヒッポリュトス、かかわらず、彼はすべてを明確にしないで話すのはっきりした人物であると見なされる聖霊は、 supposes彼は、しかし、神されるだけでなく、父と息子(コントラnoët 。 、 VIIIや12世は、パプアニューギニア、 × 、 816 、 820 ) 。 Tertullian is one of the writers of this age whose tendency to Subordinationism is most apparent, and that in spite of his being the author of the definitive formula: "Three persons, one substance". tertullianは一つの時代の作家が、この傾向を最も明白subordinationismは、彼としているにもかかわらず、作者は、決定的な数式: " 3人は、 1つの物質"です。 And yet his teaching on the Holy Ghost is in every way remarkable.それでも彼の教えは、聖霊は、あらゆる意味では注目に値する。 He seems to have been the first among the Fathers to affirm His Divinity in a clear and absolutely precise manner.彼は父親が、最初のうち、彼の神性を断言すると絶対に正確な態度を明確にしています。 In his work "Adversus Praxean" lie dwells at length on the greatness of the Paraclete.彼の作品は" adversus praxean "うそをつくの棲むしまいには、聖霊の偉大されます。 The Holy Ghost, he says, is God (c. xiii in P.L., II, 193); of the substance of the Father (iii, iv in P.L., II, 181-2); one and the same God with the Father and the Son (ii in P.L., II, 180); proceeding from the Father through the Son (iv, viii in P.L., II, 182, 187); teaching all truth (ii in P.L., II, 179).聖霊は、彼によれば、神は( c. pl 13世は、 2世、 193 ) ;は、物質の父親( 3世、 4世、 pl 、 2世、百八十一〜二) ;一つとして父と同じ神息子( pl 2世では、 2世、 180 ) ;手続きを通じて、父親から息子( ⅳ 、 viii 、 pl 、 2世、 182 、 187 ) ;教えるすべての真実( ⅱ plで、 2世、 179 ) 。 St. Gregory Thaumaturgus, or at least the Ekthesis tes pisteos, which is commonly attributed to him, and which dates from the period 260-270, gives us this remarkable passage (P.G., X, 933 sqq.): "One is God, Father of the living Word, of the subsisting Wisdom. . . . One the Lord, one of one, God of God, invisible of invisible. . .One the Holy Ghost, having His subsistence from God. . . . Perfect Trinity, which in eternity, glory, and power, is neither divided, nor separated. . . . Unchanging and immutable Trinity."聖グレゴリー奇跡を行う、または少なくともekthesisテス川pisteos 、これは彼によくみられる、との日程からの期間二六〇 〜二七〇 、わたしたちに、この驚くべき通路(パプアニューギニア、 × 、 933 sqq 。 ) : "神の1つは、ワードオブザリビング父は、知恵の自給。 。 。 。 。 1つの主は、 1つ1つは、神の神は、目に見えないが見えない。 。 。 1つの聖霊は、神が彼の生存から。 。 。 。 。パーフェクトトリニティは、永遠では、栄光、および電源は、どちらも分裂は、また区切り。 。 。 。 。変わらぬとトリニティ不変です。 "

In 304, the martyr St. Vincent said (Ruinart, op. cit., 325): "I confess the Lord Jesus Christ, Son of the Father most High, one of one; I recognize Him as one God with the Father and the Holy Ghost." 304で、セントビンセント氏は、殉教者( ruinart 、 opです。 cit 。 、 325 ) : "私は、主イエスキリストを告白、息子は、父親で最も高く、 1つ1つ;私の神の一つとして認識して、彼の父親と聖霊のです。 "

But we must come down towards the year 360 to find the doctrine on the Holy Ghost explained both fully and clearly.しかし、我々が必要に向かって降りてくるのを見つけ、 360年の教義は、聖霊の両方を完全かつ明確に説明しています。 It is St. Athanasius who does so in his "Letters to Serapion" (P.G., XXVI, col. 525 sq.).聖アタナシウスすることがあるので、誰が彼の"手紙をセラピオーン" (以上観覧可、 26 、 col 。 525 sq 。 ) 。 He had been informed that certain Christians held that the Third Person of the Blessed Trinity was a creature.インフォームドコンセントされていたことと、特定のキリスト教徒で開かれた第3人の祝福トリニティは、生き物です。 To refute them he questions the Scriptures, and they furnish him with arguments as solid as they are numerous.彼の質問に反論して、聖書は、彼を引数として提出して固体として彼らは無数のです。 They tell him, in particular, that the Holy Ghost is united to the Son by relations just like those existing between the Son and the Father; that He is sent by the Son; that He is His mouth-piece and glorifies Him; that, unlike creatures, He has not been made out of nothing, but comes forth from God; that He performs a sanctifying work among men, of which no creature is capable; that in possessing Him we possess God; that the Father created everything by Him; that, in fine, He is immutable, has the attributes of immensity, oneness, and has a right to all the appellations that are used to express the dignity of the Son.教えてくれる彼らは、特に、聖霊のは、ユナイテッドにして、既存の息子によってそれらの間の関係と同じように、父と息子;によって送られることは、彼の息子;口にして彼は、彼の作品と彼を美化;ことは、生き物とは違って、彼は何もされていない前に出すのではなく、神から湧いた; sanctifying作業を実行して彼の男性の間で、そのうちの生き物はない有能な;所持して、彼に私たちの神を持つ;すべてを作成して、彼の父;して、罰金は、彼は不変、無限の属性には、一体性、および権利をすべての呼称には、使用されている息子の尊厳を表明した。 Most of these conclusions he supports by means of Scriptural texts, a few from amongst which are given above.これらのほとんどは彼をサポートするという手段によって結論聖書のテキストは、与えている間に、数の上からです。 But the writer lays special stress on what is read in Matthew 28:19.しかし、その作家が上向きにして特別なストレスマタイ28:19何が読まれている。 "The Lord", he writes (Ad Serap., III, n. 6, in P.G., XXVI, 633 sq.), "founded the Faith of the Church on the Trinity, when He said to His Apostles: 'Going therefore, teach ye all nations; baptizing them in the name of the Father, and of the Son, and of the Holy Ghost.' "主よ"と、彼の書き込み(広告serap 。 、 3世、 n. 6 、パプアニューギニアでは、二十六、 633 sq 。 ) "を設立して、教会の信仰のトリニティ、と言ったとき、彼の使徒: '行くしたがって、なたがたはすべての国を教える;命名して、父の名の下、そしてその息子、そして、聖霊のです。 ' If the Holy Ghost were a creature, Christ would not have associated Him with the Father; He would have avoided making a heterogeneous Trinity, composed of unlike elements. What did God stand in need of? Did He need to join to Himself a being of different nature? . . . No, the Trinity is not composed of the Creator and the creature."生き物の場合、聖霊が、キリスト関連はないが、彼の父親;彼は、不均質なトリニティを避けたが、構成要素とは違っている。神のスタンドは何が必要なのですか?彼を自分自身に加入する必要がありますが、さまざまな性質ですか。 。 。 。いいえ、この三位一体ではないの創造とその生き物で構成されます。 "

A little later, St. Basil, Didymus of Alexandria, St. Epiphanius, St. Gregory of Nazianzus, St. Ambrose, and St. Gregory of Nyssa took up the same thesis ex professo, supporting it for the most part with the same proofs.少し後には、聖バジル、 didymusアレクサンドリアのは、聖聖エピファニオス、聖ナジアンゾスの聖グレゴリオスは、聖アンブローズ、および聖グレゴリーnyssa取り上げたの例と同じprofesso論文は、それを支えるために、ほとんどの部分は、同じ証拠。 All these writings had prepared the way for the Council of Constantinople which, in 381, condemned the Pneumatomachians and solemnly proclaimed the true doctrine.これらの記述はすべての準備のための道コンスタンティノポリス公会議では、 381 、死刑囚のpneumatomachiansとの真の教義を厳粛に宣言します。 This teaching forms part of the Creed of Constantinople, as it is called, where the symbol refers to the Holy Ghost, "Who is also our Lord and Who gives life; Who proceeds from the Father, Who is adored and glorified together with the Father and the Son; Who spoke by the prophets".教えることは、このフォーム部分のコンスタンティノープル信条として呼ばれることは、どこに聖霊のシンボルを指しているため、 "誰が誰にも私たちの生活を主と;者の父親からの収入は、崇拝者は、父親と一緒に見せかけそして息子;スポークでは、預言者" 。 Was this creed, with these particular words, approved by the council of 381?この信条は、このような特定の言葉では、評議会で承認さ381 ? Formerly that was the common opinion, and even in recent times it has been held by authorities like Hefele, Hergenröther, and Funk; other historians, amongst whom are Harnack and Duchesne, are of the contrary opinion; but all agree in admitting that the creed of which we are speaking was received and approved by the Council of Chalcedon, in 451, and that, at least from that time, it became the official formula of Catholic orthodoxy.以前には、共通の意見では、最近の回とでも当局が保有してきたようなヘーフェレ、 hergenröther 、およびファンク;他の歴史家は、誰の中にはデュシェーヌハルナックとは、反対意見には、 ;しかし、すべてのことに同意し、信条を認める我々は言っていたのを受けて承認されるとchalcedon評議会は、 451 、として、少なくともその時点から、これは、公式のカトリック正教フォーミュラです。

IV. 4 。 PROCESSION OF THE HOLY GHOST行列の聖霊

We need not dwell at length on the precise meaning of the Procession in God.我々は、長さ住まう必要はないの厳密な意味で、神の行列。 (See TRINITY.) It will suffice here to remark that by this word we mean the relation of origin that exists between one Divine Person and another, or between one and the two others as its principle of origin. (トリニティを参照してください。 )それは十分な発言して、ここを我々の意味で、この言葉の起源と関連して、 1つの神の人との間に存在する別の、あるいは他の二人の間に1つの原則としてその起源です。 The Son proceeds from the Father; the Holy Ghost proceeds from the Father and the Son.父親は息子の収入から;聖霊の収入から、父と息子です。 The latter truth will be specially treated here.後者の真実がここに特別に扱われる。

A

That the Holy Ghost proceeds from the Father has always been admitted by all Christians; the truth is expressly stated in John, xv, 26.聖霊は、父はいつもより収益を認め、すべてのキリスト教徒;真実は、明示的に記載ジョン、 15 、 26 。 But the Greeks, after Photius, deny that He proceeds from the Son.しかし、ギリシア、 photius後には、収益を否定してから、彼の息子がいます。 And yet such is manifestly the teaching of Holy Scripture and the Fathers.にもかかわらず、このような人に教えることは明白で、父親の教典。

(1) In the New Testament ( 1 )は、新約聖書

(a) The Holy Ghost is called the Spirit of Christ (Romans 8:9), the Spirit of the Son (Galatians 4:6), the Spirit of Jesus (Acts 16:7). ( a )その聖霊は、キリストの精神と呼ばれる(ローマ人への手紙8時09分)は、息子の精神(ガラテヤ人への手紙4時06分)は、イエスキリストの精神(行為16 : 07 ) 。 These terms imply a relation of the Spirit to the Son, which can only be a relation of origin.これらの利用規約の精神を意味するが、息子の関係は、これと関連があることによってのみ起源です。 This conclusion is so much the more indisputable as all admit the similar argument to explain why the Holy Ghost is called the Spirit of the Father.この結論としては、そんなにより多くの議論の余地を認めるのと同様のすべての引数には、聖霊の理由を説明するの精神の父と呼ばれる。 Thus St. Augustine argues (In Joan., tr. xcix, 6, 7 in P.L., XXXV, 1888): "You hear the Lord himself declare: 'It is not you that speak, but the Spirit of your Father that speaketh in you'. Likewise you hear the Apostle declare: 'God hath sent the Spirit of His Son into your hearts. Could there then be two spirits, one the spirit of the Father, the other the spirit of the Son? Certainly not. Just as there is only one Father, just as there is only one Lord or one Son, so there is only one Spirit, Who is, consequently, the Spirit of both. . . Why then should you refuse to believe that He proceeds also from the Son, since He is also the Spirit of the Son? If He did not proceed from Him, Jesus, when He appeared to His disciples after His Resurrection, would not have breathed on them, saying: 'Receive ye the Holy Ghost'. What, indeed, does this breathing signify, but that the Spirit proceeds also from Him?"こうして聖アウグスティヌス主張(ジョアン。 、 tr 。九十九、 6 、 7 、 pl 、 35 、 1888 ) : "を聞いて、主ご自身を宣言: 'ではないことを話すことが、あなたのお父さんの精神にしてspeakethあなた' 。同様に宣言することを聞くの使徒: '神かれらの精神を送信してください息子の心です。スピリッツ2つの可能性があるし、 1つの精神の父親は、息子の精神で、他のですか?確かにない。と同じように父が1つしかない場合と同様、または1つの主が1つしかない息子は、精神が1つしかないので、誰が、その結果、両方の精神。 。 。なぜ次にすべきことを信じようとしないことから、彼の息子でも収益、以来彼はまた、息子の精神ですか?続行する場合はなかったから、彼は、イエスキリストは、彼の弟子に現れたとき彼は彼の復活の後、息もしていない、と言って: '受信なたがたは、聖霊' 。どのような、確かに、呼吸を意味するが、これが、それよりも彼の精神の収益ですか? " St. Athanasius had argued in exactly the same way (De Trinit. et Spir. S., n. 19, in P.G., XXVI, 1212), and concluded: "We say that the Son of God is also the source of the Spirit."聖アタナシウス主張にまったく同じ方法では(デtrinit 。 etスピール。米、 n. 19日、パプアニューギニアでは、二十六、 1212 ) 、との結論: "我々は言っても、神の息子の精神の源"と述べた。

(b) The Holy Ghost receives from the Son, according to John 16:13-15: "When he, the Spirit of truth, is come he will teach you all truth. For he shall not speak of himself; but what things soever he shall hear, he shall speak; and the things that are to come, he shall shew you. He shall glorify me; because he shall receive of mine, and shall shew it to you. All things whatsoever the Father hath, are mine. Therefore I said, that he shall receive of mine, and shew it to you." ( b )に聖霊の受信から、息子によると、ジョン16:13-15 : "彼は、真実の精神は、彼が来ることは、すべての真実を教えてください。ためのものではない彼は自分自身について話す;しかし、どのようなものでも彼は、聞いて、彼は話す;ものにして来ると、彼はあなた供えています。彼は私を美化;なぜなら、彼の鉱山を受けるものとは、それをあなたに供えています。全能のもの、かれらの父は、鉱山のです。ですので、私によると、それは、彼の鉱山を受信し、それをあなたに供えています。 " Now, one Divine Person can receive from another only by Procession, being related to that other as to a principle.さて、神の1つだけで、他の人の行列を受けることができる、ということに関連して、原則として他のです。 What the Paraclete will receive from the Son is immanent knowledge, which He will afterwards manifest exteriorly.聖霊を受けることでしょうから、何の内在的な知識の息子は、外面的には彼はその後マニフェストです。 But this immanent knowledge is the very essence of the Holy Ghost.しかし、これは、非常に内在的な知識の本質聖霊のです。 The latter, therefore, has His origin in the Son, the Holy Ghost proceeds from the Son.後者は、そのため、彼の起源は、息子には、聖霊の収入から、息子がいます。 "He shall not speak of Himself", says St. Augustine (In Joan., tr. xcix, 4, in P.L., XXXV, 1887), "because He is not from Himself, but He shall tell you all He shall have heard. He shall hear from him from whom He proceeds. In His case, to hear is to know, and to know is to be. He derives His knowledge from Him from Whom He derives His essence." "彼は自分自身について話すものではない"によると、聖アウグスティヌス(ジョアン。 、 tr 。九十九、 4 、 pl 、 35 、 1887 ) 、 "なぜなら、彼自身からではないが、彼は、彼のすべてを有するものと聞いて教えて。彼は、彼から聞いて心に適う収入からです。彼の場合は、を聞くのを知っている、とされるのを知っています。彼は彼の知識から派生した彼から派生した彼の心に適うエッセンスです。 " St. Cyril of Alexandria remarks that the words: "He shall receive of mine" signify "the nature" which the Holy Ghost has from the Son, as the Son has His from the Father (De Trinit., dialog. vi, in P.G., LXXV, 1011).アレクサンドリアの聖シリル発言された単語: "彼の鉱山を受けるもの"を意味する"自然"には、聖霊の息子からは、彼の息子が父親から(デtrinit 。 、ダイアログです。 viは、パプアニューギニア、 75 、 1011 ) 。 Besides, Jesus gives this reason of His assertion: "He shall receive of mine": "All things whatsoever the Father hath, are mine Now, since the Father has with regard to the Holy Ghost the relation we term Active Spiration, the Son has it also; and in the Holy Ghost there exists, consequently, with regard to both, Passive Spiration or Procession.それに加えて、このような理由により、イエスは彼の主張: "彼は、鉱山を受け取る" : "すべてのものであれ、かれらの父は、今は、鉱山、と関連して以来、父は、聖霊の任期アクティブspiration私たちの関係は、息子にはまた;と聖霊の存在で、その結果、両方と関連して、受動spirationまたは行列です。

(2) The same truth has been constantly held by the Fathers ( 2 )と同じ真理を絶えずされて開かれた祖先

This fact is undisputed as far as the Western Fathers are concerned; but the Greeks deny it in the case of the Easterns.このような事実は、議論の余地のない限り、西側の祖先が懸念;しかし、ギリシア人は、それを否定するのeasterns例です。 We will cite, therefore, a few witnesses from among the latter.引き合いに出す我々は、したがって、後者の中から、数人の証人だ。 The testimony of St. Athanasius has been quoted above, to the effect that "the Son is the source of the Spirit", and the statement of Cyril of Alexandria that the Holy Ghost has His "nature" from the Son.聖アタナシウスの証言を引用されて上には、その効果には、 "息子は、ソースの精神" 、との声明をしてアレキサンドリアのシリルの聖霊は、彼の"ネイチャー"から、息子がいます。 The latter saint further asserts (Thesaur., assert. xxxiv in P.G., LXXV, 585); "When the Holy Ghost comes into our hearts, He makes us like to God, because He proceeds from the Father and the Son"; and again (Epist., xvii, Ad Nestorium, De excommunicatione in P.G., LXXVII, 117): "The Holy Ghost is not unconnected with the Son, for He is called the Spirit of Truth, and Christ is the Truth; so He proceeds from Him as well as from God the Father."後者の主張をさらに聖( thesaur. 、断言する。 34 、パプアニューギニア、 75 、 585 ) ; "聖霊のときに私たちの心に入ってくると、彼は私たちを神のようなので、彼の父親と息子の収益から" ;そして再び( epist. 、 17 、広告nestorium 、デexcommunicationeで観覧可、 77 、 117 ) : "聖霊のではないが、筋の通らない息子は、彼の精神は、真実と呼ばれる、とキリストは、真理;だから彼は彼からの収益父親だけでなく、神から与えられた"と述べた。 St. Basil (De Spirit. S., xviii, in P.G., XXXII, 147) wishes us not to depart from the traditional order in mentioning the Three Divine Persons, because "as the Son is to the Father, so is the Spirit to the Son, in accordance with the ancient order of the names in the formula of baptism".聖バジル(デスピリット。米、 18 、以上観覧可、 32 、 147 )私たちの願いを逸脱しないようにするため、従来の3つの神の名をあげるため、 "息子は、父親として、今は、その精神を息子は、古代の注文に応じて、公式の洗礼名は、 " 。 St. Epiphanius writes (Ancor., viii, in P. G., XLIII, 29, 30) that the Paraclete "is not to be considered as unconnected with the Father and the Son, for He is with Them one in substance and divinity", and states that "He is from the Father and the Son"; a little further, he adds (op. cit., xi, in P.G., XLIII, 35): "No one knows the Spirit, besides the Father, except the Son, from Whom He proceeds and of Whom He receives."聖聖エピファニオス書き込みます( ancor. 、 VIIIや、パプアニューギニア、 43 、 29 、 30 )聖霊は、 "接続されていないと見なされるべきではない、父と息子が、彼は、かれらのために1つの物質と神性" 、および州は、 "彼は父親と息子から" ;少しさらに、彼を追加します( op. cit 。 、 xi 、パプアニューギニア、 43 、 35 ) : "誰にも分からないの精神には、上述の父親は、息子を除いて、心に適うから収益を受け取ると心に適うのです。 " Lastly, a council held at Seleucia in 410 proclaims its faith "in the Holy Living Spirit, the Holy Living Paraclete, Who proceeds from the Father and the Son" (Lamy, "Concilium Seleuciæ", Louvain, 1868).最後に、セレウキアで開かれた理事会で、 410 proclaimsその信仰"の精神は、神聖な生活は、聖霊の神聖な生活は、誰からの収益の父と息子" (ラミーは、 " concilium seleuciæ " 、ルヴァン、 1868 ) 。

However, when we compare the Latin writers, as a body, with the Eastern writers, we notice a difference in language: while the former almost unanimously affirm that the Holy Ghost proceeds from the Father and from the Son, the latter generally say that He proceeds from the Father through the Son.しかし、我々を比較するときに、ラテンの作家、体としては、東部の作家で、私たちには、言語の違いに気付く:元ほぼ満場一致で断言している間、聖霊の収入から、父親と息子からは、通常、後者の彼は言っ父から息子を通じて収益です。 In reality the thought expressed by both Greeks and Latins is one and the same, only the manner of expressing it is slightly different: the Greek formula ek tou patros dia tou ouiou expresses directly the order according to which the Father and the Son are the principle of the Holy Ghost, and implies their equality as principle; the Latin formula expresses directly this equality, and implies the order.現実には両方の考えを表明したギリシア人とは、 1つのlatinsと同じですが、それを表現するしか方法が若干異なります: patros径は、ギリシャのフォーミュラekタウタウouiouによると、これを表現するために、直接、息子は、父親との原則聖霊は、彼らの平等を原則とお察し;ラテン語フォーミュラという言葉で表現し、これを直接平等、とお察しの順だった。 As the Son Himself proceeds from the Father, it is from the Father that He receives, with everything else, the virtue that makes Him the principle of the Holy Ghost.自分自身の息子として、父親からの収入は、それは彼を受信してから、父は、他のすべては、彼の原則を美徳と聖霊のです。 Thus, the Father alone is principium absque principio, aitia anarchos prokatarktike, and, comparatively, the Son is an intermediate principle.このように、一人の父親は、原則principio absque 、 aitia anarchos prokatarktike 、および、比較的、息子は、中間原則です。 The distinct use of the two prepositions, ek (from) and dia (through), implies nothing else.この2つの別個の前置詞の使用は、 ek (から)と径(を通して)は、ほかの何よりもお察しします。 In the thirteenth and fourteenth centuries, the Greek theologians Blemmidus, Beccus, Calecas, and Bessarion called attention to this, explaining that the two particles have the same signification, but that from is better suited to the First Person, Who is the source of the others, and through to the Second Person, Who comes from the Father.は、 13および14世紀にもわたって、神学者は、ギリシャのblemmidus 、 beccus 、 calecas 、およびこれに注意をベッサリオンと呼ばれる、と説明することの意義の2つの粒子が同じであるが、それよりは、最初の人に適して、誰が、ソースは、他、および2番目の人物を介して、人の父から来ています。 Long before their time St. Basil had written (De Spir. S., viii, 21, in P.G., XXXII, 106): "The expression di ou expresses acknowledgment of the primordial principle [ tes prokatarktikes aitias]"; and St. Chrysostom (Hom. v in Joan., n. 2, in P.G., LIX, 56): "If it be said through Him, it is said solely in order that no one may imagine that the Son is not generated": It may be added that the terminology used by the Eastern and Western writers, respectively, to express the idea is far from being invariable.彼らの前に長い時間が書かれた聖バジル(デスピール。米、 VIIIや21日、パプアニューギニアでは、 32 、 106 ) : "という表現は、確認応答を表現ディou始原原理[テス川prokatarktikes aitias ] " ;と聖クリュソストモス( hom. V INでジョアン。 、 n. 2 、パプアニューギニア、 59 、 56 ) : "もしそれによると彼を介して、それだけでは注文によると1つの可能性がないことを想像して生成した息子ではない" :かもしれないで使用される用語を追加して、東と西の作家は、それぞれ、その考えを表明するにはほど遠いが不変です。 Just as Cyril, Epiphanius, and other Greeks affirm the Procession ex utroque, so several Latin writers did not consider they were departing from the teaching of their Church in expressing themselves like the Greeks.シリルと同じように、聖エピファニオス、およびその他のギリシア断言する元行列utroqueので、いくつかのラテン作家考慮しなかったから逸脱する彼らは彼らの教会の教えで、ギリシアのように表現しています。 Thus Tertullian (Contra Prax., iv, in P.L., II, 182): "Spiritum non aliunde puto quam a Patre per Filium"; and St. Hilary (De Trinit., lib., XII, n. 57, in P.L., X, 472), addressing himself to the Father, protests that he wishes to adore, with Him and the Son "Thy Holy Spirit, Who comes from Thee through thy only Son".こうしてtertullian (コントラprax 。 、 4世、 pl 、 2世、 182 ) : " spiritum以外aliunde puto quamするあたりfilium patre " ;と聖ヒラリー(デtrinit 。 、 libです。 、 12世は、 57 n. 、 pl 、 x 、 472 )は、自分自身をアドレッシングの父は、彼の願いを崇敬する抗議運動をして、彼の息子と"なたの聖霊は、なたのみを介して人から来て、なたの息子" 。 And yet the same writer had said, a little higher (op. cit., lib. II, 29, in P.L., X, 69), "that we must confess the Holy Ghost coming from the Father and the Son", a clear proof that the two formulæ were regarded as substantially equivalent.にもかかわらず、同じ作家の言ったことは、少し高い( op. cit 。 、 libです。 2世は、 29日、 pl 、 × 、 69 ) 、 "告白しなければならないことから来る聖霊の父と息子"と、明確なformulæ証明していた2つの実質的同等と見なされています。

B Bに

Proceeding both from the Father and the Son, the Holy Ghost, nevertheless, proceeds from Them as from a single principle.論文の両方から、父と息子、聖霊のは、にもかかわらず、彼らからの収入として、 1つの原則からです。 This truth is, at the very least insinuated in the passage of John, xvi, 15 (cited above), where Christ establishes a necessary connection between His own sharing in all the Father has and the Procession of the Holy Ghost.この真理は、少なくともの通過を除きますジョン、 16 、 15 (前掲)は、どこにキリストの間の接続を確立する必要が、自分の父親には、すべての共有とは、聖霊の行列。 Hence it follows, indeed, that the Holy Ghost proceeds from the two other Persons, not in so far as They are distinct, but inasmuch as Their Divine perfection is numerically one.従ってそれ以下の通り、確かに、聖霊は、 2つの他の人からの収入ではなく、かれらは、これまでのところはっきりしたとして、彼らの神〜だけれどもしかし、 1つの数値は完ぺきだ。 Besides, such is the explicit teaching of ecclesiastical tradition, which is concisely put by St. Augustine (De Trin., lib. V, c. xiv, in P.L., XLII, 921): "As the Father and the Son are only one God and, relatively to the creature, only one Creator and one Lord, so, relatively to the Holy Ghost, They are only one principle."それに加えて、このような教会の伝統には、明示的な指導が、これは簡潔にされた聖アウグスティヌス(デtrin 。 、 libです。 v千佳子14 、 pl 、 42 、 921 ) : "として、父親と息子が1つだけ神とは、比較的生き物には、 1つ1つのみと創造主よ、だから、相対的に聖霊のは、彼らは原則1つのみです。 " This doctrine was defined in the following words by the Second Ecumenical Council of Lyons [Denzinger, "Enchiridion" (1908), n.この学説は、次の言葉で定義された2番目のエキュメニカル協議会ライオンズ[デンツィンガー、 " enchiridion " ( 1908 ) 、 n. 460]: "We confess that the Holy Ghost proceeds eternally from the Father and the Son, not as from two principles, but as from one principle, not by two spirations, but by one single spiration." 460 ] : "我々に告白して聖霊の収入から永遠に父と息子ではなく、 2つの原則からとしてではなく、 1つの原則から、 spirationsではなく、 2つが、 1つ1つのspirationされた"と述べた。 The teaching was again laid down by the Council of Florence (ibid., n. 691), and by Eugene IV in his Bull "Cantate Domino" (ibid., n. 703 sq.).その教えは再び敷設される評議会フィレンツェ( ibid. 、 n. 691 ) 、彼の雄牛とされたユージン4世" cantateドミノ" ( ibid. 、 703 n. sq 。 ) 。

C c

It is likewise an article of faith that the Holy Ghost does not proceed, like the Second Person of the Trinity, by way of generation.それは信仰して同様の記事はありません聖霊続行するには、 2番目の人は、トリニティのように、世代を通っている。 Not only is the Second Person alone called Son in the Scriptures, not only is He alone said to be begotten, but He is also called the only Son of God; the ancient symbol that bears the name of Saint Athanasius states expressly that "the Holy Ghost comes from the Father and from the Son not made not created, not generated, but proceeding".人は一人しかいないと呼ばれる2番目の息子で、聖書は、彼一人だけが生まれたと言われるが、彼は神の子とも呼ばれるだけ;象徴して古代の聖アタナシウス州ベアーズの名前を明示して、 "聖なるゴーストから来ていないの父と息子の前に作成されていないからではなく、生成したが、論文" 。 As we are utterly incapable of otherwise fixing the meaning of the mysterious mode affecting this relation of origin, we apply to it the name spiration, the signification of which is principally negative and by way of contrast, in the sense that it affirms a Procession peculiar to the Holy Ghost and exclusive of filiation.我々はそうでないとしてすっかり定着できないモードに影響を与えることの意味は、この神秘的な関係の起源は、我々の名前をspirationに適用することは、これは主として、否定的な意味での方法と対照的に、という意味で肯定することに特有の行列聖霊には、排他的な親子関係です。 But though we distinguish absolutely and essentially between generation and spiration, it is a very delicate and difficult task to say what the difference is.しかし、本質的には我々との間に絶対区別spiration世代とは、微妙なことは、非常に困難な課題との違いは何と言っている。 St. Thomas (I, Q. xxvii), following St. Augustine (Do Trin., XV, xxvii), finds the explanation and, as it the were, the epitome, of the doctrine in principle that, in God, the Son proceeds through the Intellect and the Holy Ghost through the Will.セントトマス(私は、問い27 )は、以下の聖アウグスティヌス( trin行う。 、 15 、 27 ) 、見つかったの説明や、それには、その縮図は、原則として、その教義は、神は、息子収益を通じて、知性とは、聖霊を通してです。 The Son is, in the language of Scripture, the image of the Invisible God, His Word, His uncreated wisdom.息子は、その言語の啓典では、目に見えない神の画像は、彼の言葉は、彼の知恵まだ創造されていない。 God contemplates Himself and knows Himself from all eternity, and, knowing Himself, He forms within Himself a substantial idea of Himself, and this substantial thought is His Word.知っているから自分自身と神のすべてのcontemplates永遠、そして、自分自身を知って、彼は自分自身のフォーム内で、実質的な考えの自分自身は、この実質的思考とは、彼の言葉だ。 Now every act of knowledge is accomplished by the production in the intellect of a representation of the object known; from this head, then the process offers a certain analogy with generation, which is the production by a living being of a being partaking of the same nature; and the analogy is only so much the more striking when there is question of this act of Divine knowledge, the eternal term of which is a substantial being, consubstantial within the knowing subject.今の知識は、すべての行為が達成した生産は、知性のある表現は、オブジェクトの既知;この頭部から、それから類推して、特定の世代のプロセスを提供し、これは、生産され、参加者の生活があるのと同じ自然;と似ているのは、より多くの著しいときにのみそんなに問題は、この行為には神の知識は、永遠の任期これは、実質的には、同本質を知って服従。 As to the Holy Ghost, according to the common doctrine of theologians, He proceeds through the will.聖霊のように、共通の教義の神学者によると、彼の意志を通じて収益です。 The Holy Spirit, as His name indicates, is Holy in virtue of His origin, His spiration; He comes therefore from a holy principle; now holiness resides in the will, as wisdom is in the intellect.聖霊は、彼の名前が示すように、彼の起源は、神聖で美徳は、彼のspiration ;したがって彼は来るから神聖な原則;ホーリネス常駐して、今は、知恵としては、知性です。 That is also the reason why He is so often called par excellence, in the writings of the Fathers, Love and Charity.それが理由でもよく呼ばれる彼は飛び抜けて優秀なので、その記述には、父のは、愛と慈善。 The Father and the Son love one another from all eternity, with a perfect ineffable love; the term of this infinite fruitful mutual love is Their Spirit Who is co-eternal and con-substantial with Them.父と息子の永遠の愛をすべて1つの別からは、言いようのない完璧な愛;という用語は、この無限の愛は、自分の精神を相互に実りの多い人は永遠と共同コン-実質している。 Only, the Holy Ghost is not indebted to the manner of His Procession precisely for this perfect resemblance to His principle, in other words for His consubstantiality; for to will or love an object does not formally imply the production of its immanent image in the soul that loves, but rather a tendency, a movement of the will towards the thing loved, to be united to it and enjoy it.のみ、聖霊のではないの債務を正確には、この方法で自分の行列に似ている彼の完璧な原理は、彼のために言い換えるconsubstantiality ;ためには、オブジェクトや愛の意味がないの生産を正式には、魂の内在的なイメージ大好きなことではなく、傾向は、動きのあるものに向かっては、愛され、そしてそれを楽しむことで団結している。 So, making every allowance for the feebleness of our intellects in knowing, and the unsuitability of our words for expressing the mysteries of the Divine life, if we can grasp how the word generation, freed from all the imperfections of the material order may be applied by analogy to the Procession of the Word, so we may see that the term can in no way befittingly applied to the Procession of the Holy Ghost.だから、あらゆる知識の手当のために我々の弱さを知っており、我々の言葉で表現する不適任の生命の神秘の神は、もし私たちの世代という言葉をどのように把握することは、すべての不完全さから解放するためにも適用することが、材料行列を類推して、その言葉は、今我々が任期を参照してどうしようもないことbefittingly行列が適用されることを聖霊のです。

V. FILIOQUE対filioque

Having treated of the part taken by the Son in the Procession of the Holy Ghost, we come next to consider the introduction of the expression Filioque into the Creed of Constantinople.撮影された部分が扱われるのは、行列の息子は、聖霊は、我々の隣に来るの導入を検討するという表現を信条のfilioqueコンスタンティノープル。 The author of the addition is unknown, but the first trace of it is found in Spain.その作者は不明で、加えて、最初の痕跡が見つかったことはスペインです。 The Filioque was successively introduced into the Symbol of the Council of Toledo in 447, then, in pursuance of an order of another synod held in the same place (589), it was inserted in the Niceno-Constantinopolitan Creed. filioque相次いで導入されたのは、評議会のシンボル447トレドでは、その後、別の遂行のために、同じ場所で開かれた会議( 589 ) 、それはniceno - constantinopolitan信条に挿入される。 Admitted likewise into the Symbol Quicumque, it began to appear in France in the eighth century.同様に、シンボルquicumqueを認め、それを始めたフランスでは、 8世紀に表示されます。 It was chanted in 767, in Charlemagne's chapel at Gentilly, where it was heard by ambassadors from Constantine Copronymnus.それはchanted 、 767 、シャルルマーニュのチャペルでgentillyでは、それはどこから聞いた大使コンスタンティノスcopronymnusされた。 The Greeks were astonished and protested, explanations were given by the Latins, and many discussions followed.ギリシア人たちは驚いたと抗議は、指定されたlatins説明があった、と多くの議論を続けています。 The Archbishop of Aquileia, Paulinus, defended the addition at the Council of Friuli, in 796.大司教は、 aquileia 、パウリヌスは、弁護には、評議会のフリウリに加えて、 796 。 It was afterwards accepted by a council held at Aachen, in 809. afterwards利用されることがアーヘンで開かれた理事会は、 809 。 However, as it proved a stumbling-block to the Greeks Pope Leo III disapproved of it; and, though he entirely agreed with the Franks on the question of the doctrine, he advised them to omit the new word.しかし、それを証明するようにブロックにつまずきながら、ギリシアレオIIIの不承認のこと;とは、完全に合意し、フランクスかかわらず、彼は、質問には、学説は、彼に助言を省略して、新しい単語です。 He himself caused two large silver tablets, on which the creed with the disputed expression omitted was engraved to be erected in St. Peter's.大規模な銀の2つの錠剤を引き起こした彼自身は、信条にして係争中では省略された表現の中に刻まれた聖ペテロの建立される。 His advice was unheeded by the Franks; and, as the conduct and schism of Photius seemed to justify the Westerns in paying no more regard to the feelings of the Greeks, the addition of the words was accepted by the Roman Church under Benedict VIII (cf. Funk, "Kirchengeschichte", Paderborn, 1902, p. 243).彼のアドバイスを向けられないのはフランクス;そして、その行為を正当化すると分裂の西部劇のように見えたがphotius払ってこれ以上の感情を考慮して、ギリシア人は、ほかの言葉は、ローマ教会の下に受け入れられるベネディクトviii ( cf 。ファンク、 " kirchengeschichte " 、パーダーボルン、 1902 、 p. 243 ) 。

The Greeks have always blamed the Latins for making the addition.ギリシア人は、常に非難したlatinsを作るのに加えている。 They considered that, quite apart from the question of doctrine involved by the expression, the insertion was made in violation of a decree of the Council of Ephesus, forbidding anyone "to produce, write, or compose a confession of faith other than the one defined by the Fathers of Nicæa".彼ら考慮して、かなりの問題は別として表現される教義にかかわる、挿入は前には、法令に違反するエペソ評議会は、誰でも怖い"を作り出す、書き込み、または他の信仰告白を構成する1つ以上の定義父親のnicæaされる"とした。 Such a reason will not bear examination.クマのような理由で審査されません。 Supposing the truth of the dogma (established above), it is inadmissible that the Church could or would have deprived herself of the right to mention it in the symbol.仮定の真実性のドグマ(上記の設立) 、それは許容できないことや、教会の可能性が言及する権利を奪われることは、自分自身のシンボルです。 If the opinion be adhered to, and it has strong arguments to support it, which considers that the developments of the Creed in what concerns the Holy Ghost were approved by the Council of Constantinople (381), at once it might be laid down that the bishops at Ephesus (431) certainly did not think of condemning or blaming those of Constantinople.意見が付着している場合は、強力な引数をサポートしていることが、これの動向を考慮して、聖霊の信条には、何の心配コンスタンティノポリス公会議で承認された( 381 )は、一度に敷設することかもしれないが、司教をエフェソス( 431 )確かに非難しなかったのかと思う人のせいにコンスタンティノープル。 But, from the fact that the disputed expression was authorized by the Council of Chalcedon, in 451, we conclude that the prohibition of the Council of Ephesus was never understood, and ought not to be understood, in an absolute sense.しかし、係争中という事実から委任されていた評議会表現chalcedon 、 451で、我々の禁止との結論を下すことがないことを理解しエペソ評議会は、しないようにすべきだと理解されるべきでは、絶対的な意味で。 It may be considered either as a doctrinal, or as a merely disciplinary pronouncement.どちらかと見なされるかもしれないとして、教義上、あるいは単に懲戒として宣言します。 In the first case it would exclude any addition or modification opposed to, or at variance with, the deposit of Revelation; and such seems to be its historic import, for it was proposed and accepted by the Fathers to oppose a formula tainted with Nestorianism.最初のケースでは、除外することに反対して任意の修正に加えたり、争ったりして、預金のヨハネの黙示録;など、歴史的にインポートすると思われる、と提案していたため、父親に受け入れられるに反対するnestorianism公式に染まっている。 In the second case considered as a disciplinary measure, it can bind only those who are not the depositaries of the supreme power in the Church.見なされ、第二の事件で、懲戒措置は、バインドすることができますdepositariesだけではない人たちは、教会の最高権力のです。 The latter, as it is their duty to teach the revealed truth and to preserve it from error, possess, by Divine authority, the power and right to draw up and propose to the faithful such confessions of faith as circumstances may demand.後者は、彼らの義務を教えることは、真実を明らかにして保存するとエラーが発生することから、保有、神の権威によっては、権力と権利を忠実に策定すると提案してそのような状況の可能性としての信仰告白を要求した。 This right is as unconfinable as it is inalienable.この権利は制限されることのないようにすることは不可分のです。

VI. viのです。 GIFTS OF THE HOLY GHOST聖霊の贈り物

This title and the theory connected with it, like the theory of the fruits of the Holy Ghost and that of the sins against the Holy Ghost, imply what theologians call appropriation.本のタイトルとその理論に接続しており、その理論は、果物のように、聖霊に対する罪としては、聖霊のは、何を意味する神学コール充当。 By this term is meant attributing especially to one Divine Person perfections and exterior works which seem to us more clearly or more immediately to be connected with Him, when we consider His personal characteristics, but which in reality are common to the Three Persons.この用語は、特に意味を関連付けるように神の人が1つの作品の完成度と外装以上のように私たちより明確に接続してすぐに彼は、彼の個人的な特性を考慮するときに我々が、これが現実には、 3人に共通しています。 It is in this sense that we attribute to the Father the perfection of omnipotence, with its most striking manifestations, e.g.それは、この意味では我々の属性を完成全能の父で、その最も顕著な症状を呈しては、例えば、 the Creation, because He is the principle of the two other Persons; to the Son we attribute wisdom and the works of wisdom, because He proceeds from the Father by the Intellect; to the Holy Ghost we attribute the operations of grace and the sanctification of souls, and in particular spiritual gifts and fruits, because He proceeds from the Father and the Son as Their mutual love and is called in Holy Writ the goodness and the charity of God.の創造、なぜなら、彼は他の人の2つの原則;属性を私たちの息子の作品との知恵と知恵、なぜなら、彼の父親からの収入で知性;を聖霊の我々のオペレーションの属性と、清浄化の猶予魂は、特に精神的な贈答品や果物とは、収益からなぜなら、彼の父親と息子として、彼らの相互の愛と呼ばれて聖書の神の善良さと慈善。

The gifts of the Holy Ghost are of two kinds: the first are specially intended for the sanctification of the person who receives them; the second, more properly called charismata, are extraordinary favours granted for the help of another, favours, too, which do not sanctify by themselves, and may even be separated from sanctifying grace.このプレゼントは、 2種類の聖霊は:最初は神聖化のための特別な意図を受信している人;第二は、より適切と呼ばれるcharismata 、臨時の恩恵が与えられるためのもう一つの助けを借りて、恩恵は、あまりにも、これは認可されたことはなく、グレースsanctifyingから分離されることもあります。 Those of the first class are accounted seven in number, as enumerated by Isaias (11:2-3), where the prophet sees and describes them in the Messias.これらは、ファーストクラスでは、 7つの数の割合は、列挙されたとしてisaias ( 11:2-3 )は、どこの預言者を見ると、 messias説明しています。 They are the gifts of wisdom, understanding, counsel, fortitude, knowledge, piety (godliness), and fear of the Lord.彼らは、贈り物の知恵を持って、理解し、弁護人は、不屈の精神、知識、忠義(神を敬うこと) 、そして恐怖の主です。

The gift of wisdom, by detaching us from the world, makes us relish and love only the things of heaven.知恵の贈り物は、私たちからdetachingされた世界では、私たちが享受するだけのものと愛の天国だ。

The gift of understanding helps us to grasp the truths of religion as far as is necessary.私たちの理解を助けるという贈り物を把握する限り宗教の真理が必要です。

The gift of counsel springs from supernatural prudence, and enables us to see and choose correctly what will help most to the glory of God and our own salvation.超自然からの贈り物のプルーデンス検スプリングス、そして私たちを見て、正しい選択を有効にどのように役立つのほとんどを神の栄光と私たち自身の救いだ。

By the gift of fortitude we receive courage to overcome the obstacles and difficulties that arise in the practice of our religious duties.不屈の精神によって、我々の贈り物を受け取るのを妨げる障害を克服する勇気が困難になって生じるとは、我々の宗教的義務を実践します。 The gift of knowledge points out to us the path to follow and the dangers to avoid in order to reach heaven.贈り物の知識が指摘するように、私たちの道をたどると、危険を避けるために達するためには天国です。

The gift of piety, by inspiring us with a tender and filial confidence in God, makes us joyfully embrace all that pertains to His service.忠義の贈り物は、私たちを奮起させる自信があるとする神の子の入札とは、私たちを嬉しそうに彼に関連するすべてのサービスを受け入れる。

Lastly, the gift of fear fills us with a sovereign respect for God, and makes us dread, above all things, to offend Him.最後に、私たちの贈り物を一杯にして恐怖の主権を尊重するために、神は、私たちを怖がるとは、上記のすべてのものは、彼の気分を害さないようにします。

As to the inner nature of these gifts, theologians consider them to be supernatural and permanent qualities, which make us attentive to the voice of God, which render us susceptible to the workings of actual grace, which make us love the things of God, and, consequently, render us more obedient and docile to the inspirations of the Holy Ghost.インナーとしての性質をこれらのプレゼントは、超自然的神学を考慮して、恒久的な資質が、これを私たちは神の声に耳を傾けるには、私たちが影響を受けやすいの働きを描画する実際の恵みは、物事を行う私たちの神の愛、そして、その結果、より多くのレンダリングに従順で、おとなしい私たちは、聖霊にうまい思い付きです。

But how do they differ from the virtues?しかし、彼らと異なるの美徳はどうすれば? Some writers think they are not really distinct from them, that they are the virtues inasmuch as the latter are free gifts of God, and that they are identified essentially with grace, charity, and the virtues.いくつかの作家ではないと思っているなら本当にはっきりしてから、その美徳〜だけれども彼らは、無料で、後者は神の贈り物は、本質的に識別されており、グレースは、慈善事業、およびその美徳だ。 That opinion has the particular merit of avoiding a multiplication of the entities infused into the soul.その意見を回避するには、特定のメリットは、エンティティの乗算の魂を注入した。 Other writers look upon the gifts as perfections of a higher order than the virtues; the latter, they say, dispose us to follow the impulse and guidance of reason; the former are functionally intended to render the will obedient and docile to the inspirations of the Holy Ghost.ほかの作家の顔の上の贈答品としての完成度をより高次の美徳;後者は、かれらは、私たちを処分の理由と指導に従い、インパルス;前者は、機能的意図を描画するのは、従順で、おとなしいには、うまい思い付き聖霊です。 For the former opinion, see Bellevüe, "L'uvre du Saint-Esprit" (Paris, 1902), 99 sq.; and for the latter, see St. Thomas, I-II, Q. lxviii, a.前者の意見を参照してください。 bellevüe 、 " l' uvreエスプリデュサン" (パリ、 1902 ) 、 99 sq 。 ;とは、後者は、セントトマスを参照してください、私の2世は、 68問い、 a. 1, and Froget, "De l'habitation du Saint-Esprit dans les âmes justes" (Paris, 1900), 378 sq. 1 、およびfroget 、 "サンデ-エスプリdans l'住まいデュレâmes justes " (パリ、 1900年) 、 378 sq 。

The gifts of the second class, or charismata, are known to us partly from St. Paul, and partly from the history of the primitive Church, in the bosom of which God plentifully bestowed them.プレゼントは、 2番目のクラス、またはcharismata 、私たちには知られている部分から聖パウロ、および部分からの歴史は、原始教会は、神の懐を授けたplentifullyしてください。 Of these "manifestations of the Spirit", "all these things [that] one and the same Spirit worketh, dividing to every one according as he will", the Apostle speaks to us, particularly in I Corinthians 12:6-11; I Corinthians 12:28-31; and Romans 12:6-8.これらの"精神症状は、 " 、 "これらすべてのもの[こと]と同じ精神worketh 1つは、 1つごとに分割するによると彼は"とは、私たちの使徒を喋る、特にコリント人への手紙12:6-11 ;よいコリンチャンス12:28-31 ;とローマ人への手紙12:6-8 。

In the first of these three passages we find nine charismata mentioned: the gift of speaking with wisdom, the gift of speaking with knowledge, faith, the grace of healing, the gift of miracles, the gift of prophecy, the gift of discerning spirits, the gift of tongues, the gift of interpreting speeches.これらの3つの文章は、我々の最初の言及を見つけるナインcharismata :知恵の贈り物をして言えば、知識の贈り物をして言えば、信仰は、癒しの恵みは、贈り物の奇跡、予言の才能は、贈り物の目利きの霊は、異言の賜物は、スピーチの通訳の贈り物です。 To this list we must at least add, as being found in the other two passages indicated, the gift of government, the gift of helps, and perhaps what Paul calls distributio and misericordia.少なくともこのリストに追加しなければならない、として発見され、他の2つの通路を示し、政府の贈り物は、ギフトのに役立つ、とポールコールおそらく何distributioと同情。 However, exegetes are not all agreed as to the number of the charismata, or the nature of each one of them; long ago, St. Chrysostom and St. Augustine had pointed out the obscurity of the question.しかし、すべてのexegetes合意ではないとして、 charismataの数を、それぞれ1つまたはそれらの性質;遠い昔、聖アウグスティヌス聖クリュソストモスと指摘していたのは、無名の質問です。 Adhering to the most probable views on the subject, we may at once classify the charismata and explain the meaning of most of them as follows.最も確からしい見解を守って、件名には、我々の可能性を一度に分類するとの意味を説明するcharismataそれらのほとんどは以下のとおりです。 They form four natural groups:自然な形で4つのグループにかれら:

Two charismata which regard the teaching of Divine things: sermo sapientiæ, sermo scientiæ, the former relating to the exposition of the higher mysteries, the latter to the body of Christian truths. charismataどの点で、 2つのことを教えることの神: sermo sapientiæ 、 sermo scientiæ 、万博に関連して、元の高い謎は、キリスト教のボディに、後者の真理です。

Three charismata that lend support to this teaching: fides, gratia sanitatum, operatio virtutum.この3つの教育支援を貸すことcharismata :立証する物件は、グレーシアsanitatum 、 operatio virtutum 。 The faith here spoken of is faith in the sense used by Matthew 17:19: that which works wonders; so it is, as it were, a condition and a part of the two gifts mentioned with it.ここで話されるのは、信仰を信じているという意味で使用されるマシュー17時19分:それは奇跡をもたらす;いるので、それは、言ってみれば、その部分の条件とすることの2つの贈り物言及しています。

Four charismata that served to edify, exhort, and encourage the faithful, and to confound the unbelievers: prophetia, discretio spirituum, genera linguarum, interpretatio sermonum. edify 4 charismataして提供できるようにし、熱心に勧める、と忠実を奨励する、とを混同するの不信心者: prophetia 、 discretio spirituum 、属linguarum 、解説的類似sermonum 。 These four seem to fall logically into two groups; for prophecy, which is essentially inspired pronouncement on different religious subjects, the declaration of the future being only of secondary import, finds its complement and, as it were, its check in the gift of discerning spirits; and what, as a rule, would be the use of glossololia -- the gift of speaking with tongues -- if the gift of interpreting them were wanting?これら4つの論理的に2つのグループに落ちるように見える;を予言、これは本質的に異なる宗教的なインスピレーションを宣告科目は、将来的に宣言セカンダリのみの輸入は、その補数を見つけるとは、言ってみれば、そのチェックは、贈り物の目利きスピリッツ;とは何は、原則として、使用glossololiaだろう-と言えば、舌の贈り物-プレゼントは解釈している場合は欠けていたのか。

Lastly there remain the charismata that seem to have as object the administration of temporal affairs, amid works of charity: gubernationes, opitulationes, distributiones.最後に残るのcharismataそこにあると思われるオブジェクトの管理俗事としては、作品の中で慈善: gubernationes 、 opitulationes 、 distributiones 。 Judging by the context, these gifts, though conferred and useful for the direction and comfort of one's neighbour, were in no way necessarily found in all ecclesiastical superiors.文脈から判断すると、これらの贈り物が、与えられたと有益な方向性と快適さのために自分の隣人は、必ずしもないが、すべての教会の上司が見つかりました。

The charismata, being extraordinary favours and not requisite for the sanctification of the individual, were not bestowed indiscriminately on all Christians.そのcharismata 、臨時の恩恵が必須ではなく、個々の清浄化のため、無差別には、すべてのキリスト教徒授けた。 However, in the Apostolic Age, they were comparatively common, especially in the communities of Jerusalem, Rome, and Corinth.しかし、ローマ教皇の年齢では、かれらは比較的よく、特にコミュニティエルサレム、ローマ、コリント。 The reason of this is apparent: in the infant Churches the charismata were extremely useful, and even morally necessary, to strengthen the faith of believers, to confound the infidels, to make them reflect, and to counterbalance the false miracles with which they sometimes prevailed.これは明白な理由: charismataれたのは、非常に便利な幼児の教会は、道徳的に、さらに必要に応じて、信者の信仰を強化し、不信心者を混同するのは、それらを反映し、これを相殺すると、それらが時折奇跡虚偽優勢。 St. Paul was careful (I Corinthians 12, 13, 14) to restrict authoritatively the use of these charismata within the ends for which they were bestowed, and thus insist upon their subordination to the power of the hierarchy.聖パウロは慎重に(コリント人への手紙12 、 13 、 14 )の使用を制限するため、これらの権威charismata内の両端を授けた彼らは、自分に固執するとこのように従属して、電源の階層です。 Cf. cf 。 Batiffol, "L'Eglise naissante et le catholicisme" (Paris, 1909), 36. batiffol 、 "レグリーズnaissante etルcatholicisme " (パリ、 1909 ) 、 36 。 (See CHARISMATA.) ( charismataを参照してください。 )

VII.第VII 。 FRUITS OF THE HOLY GHOST果物の聖霊

Some writers extend this term to all the supernatural virtues, or rather to the acts of all these virtues, inasmuch as they are the results of the mysterious workings of the Holy Ghost in our souls by means of His grace.この期間を延長するいくつかの作家のすべての超自然的美徳、あるいはむしろ、これらすべての行為に美徳は、 〜だけれども彼らは、神秘的な結果は、聖霊の働きによって私たちの魂は彼の恵みの手段です。 But, with St. Thomas, I-II, Q. lxx, a.しかし、セントトマスして、私の2世は、 70問い、 a. 2, the word is ordinarily restricted to mean only those supernatural works that are done joyfully and with peace of soul. 2 、その言葉の意味のみに制限され、通常は、これらの超自然的として動作することが平和の魂を嬉しそうに行われます。 This is the sense in which most authorities apply the term to the list mentioned by St. Paul (Galatians 5:22-23): "But the fruit of the Spirit is, charity, joy, peace, patience, benignity, goodness, longanimity, mildness, faith, modesty, continency, chastity."これは、ほとんどの当局者に適用する意味で、リストに記載された用語を聖パウロ(ガラテヤ人への手紙5:22-23 ) : "しかし、果実の精神は、慈善事業は、喜び、平和、忍耐、親切な行為は、善良、 longanimity 、温厚、信仰、慎み深さ、 continency 、貞操"と述べた。 Moreover, there is no doubt that this list of twelve -- three of the twelve are omitted in several Greek and Latin manuscripts -- is not to be taken in a strictly limited sense, but, according to the rules of Scriptural language, as capable of being extended to include all acts of a similar character.また、疑いの余地はないが、このリストには12 -3つの省略1 2アールギリシャ語とラテン語でいくつかの原稿-取られるべきではない、厳しく制限する意味では、しかし、聖書の言語の規則によると、有能な拡張されているすべての行為を含める同じような性格です。 That is why the Angelic Doctor says: "Every virtuous act which man performs with pleasure is a fruit."それはなぜ医師によると、天使: "すべての高潔な行為をする男は、快楽の果実を実行している。 " The fruits of the Holy Ghost are not habits, permanent qualities, but acts.果物は、聖霊の習慣ではない、恒久的な資質ではなく行為です。 They cannot, therefore, be confounded with the virtues and the gifts, from which they are distinguished as the effect is from its cause, or the stream from its source.することができないため、混乱が美徳とプレゼントして、より効果として区別されていることからその原因は、そのソースまたはストリームからです。 The charity, patience, mildness, etc., of which the Apostle speaks in this passage, are not then the virtues themselves, but rather their acts or operations; for, however perfect the virtues may be, they cannot be considered as the ultimate effects of grace, being themselves intended, inasmuch as they are active principles, to produce something else, ie their acts.この慈善団体は、忍耐、温和など、そのうちの使徒が喋るこの通路は、当時の美徳そのものではないのではなく自分の行為や操作;ためには、しかし、完璧な美徳かもしれないが、彼らと見なされることはできないとして、究極の効果の恵みを受けている、という意図して、積極的な原則〜だけれども彼らは、何か他を生産する、すなわち自分の行為です。 Further, in order that these acts may fully justify their metaphorical name of fruits, they must belong to that class which are performed with ease and pleasure; in other words, the difficulty involved in performing them must disappear in presence of the delight and satisfaction resulting from the good accomplished.さらに、完全にするために、これらの行為を正当化する可能性が隠喩果物の名前は、そのクラスに所属している必要があるが、喜びを容易に行う;言い換えれば、それらの実行に関与することの困難さが存在しなければ消えるの喜びと満足の結果いいから、成し遂げています。

VIII. viii 。 SINS AGAINST THE HOLY GHOST聖霊に対する罪

The sin or blasphemy against the Holy Ghost is mentioned in Matthew 12:22-32; Mark 3:22-30; Luke 12:10 (cf. 11:14-23); and Christ everywhere declares that it shall not be pardoned.冒とくの罪に反対または聖霊が記載さマシュー12:22-32 ;マーク3:22-30 ;ルカ12:10 ( cf. 11:14-23 ) ;とキリストの至る所に恩赦に浴するものではないことを宣言しています。 In what does it consist?にはどのような構成ですか? If we examine all the passages alluded to, there can be little doubt as to the reply.もし我々のすべての通路をほのめかした検討して、疑いの余地はほとんどないとして返信している。

Let us take, for instance, the account given by St. Matthew which is more complete than that of the other Synoptics.とってみましょう、例えば、マタイのアカウントを与えられたが、他に比べてより完全なsynoptics 。 There had been brought to Christ "one possessed with a devil, blind and dumb: and he healed him, so that he spoke and saw".キリストをもたらしたがあった"悪魔に取りつかれたように、盲唖:治癒彼と彼は、それを見た彼は、 "です。 While the crowd is wondering, and asking: "Is not this the Son of David?", the Pharisees, yielding to their wonted jealousy, and shutting their eyes to the light of evidence, say: "This man casteth not out devils but by Beelzebub the prince of the devils."群衆の中にいる間は不思議と求めて: "ではない、このデビッドの息子ですか? "と、 pharisees 、慣れたしっとして降伏し、彼らの目を閉じ証拠に照らして、言う: "この男だったのですが、悪魔castethアウトしない王子は、悪魔ベルゼブブ"と述べた。 Jesus then proves to them this absurdity, and, consequently, the malice of their explanation; He shows them that it is by "the Spirit of God" that He casts out devils, and then He concludes: "therefore I say to you: Ever sin and blasphemy shall be forgiven men, but the blasphemy of the Spirit shall not be forgiven. And whosoever shall speak a word against the Son of man, it shall be forgiven him: but he that shall speak against the Holy Ghost, it shall not he forgiven him, neither in this world, nor in the world to come."それからイエスキリストを証明して、この不条理、そして、その結果、彼らの説明を悪意;彼はそれらが表示されることは"神の精神"と彼は悪魔にキャストして、それから彼の結論: "だから私の話を聞きなさい:これまで男性冒とく罪とは許されるが、その精神を冒とく許されるものではない。とは、誰でも反対の言葉を話す男の息子は、彼のことは許される:しかし、彼に話すことは、聖霊の反対、それものではない彼は許された彼は、この世界でもないし、また、世界に来ています。 "

So, to sin against the Holy Ghost is to confound Him with the spirit of evil, it is to deny, from pure malice, the Divine character of works manifestly Divine.だから、聖霊を汚す罪を混同しては、彼を悪の精神は、それを否定するのは、純粋な悪意から、神の神のキャラクターの作品が明らかにした。 This is the sense in which St. Mark also defines the sin question; for, after reciting the words of the Master: "But he that shall blaspheme against the Holy Ghost shall never have forgiveness", he adds at once: "Because they said: He hath an unclean spirit."これは、聖マルコの感覚で定義しても罪の問題;ためには、その言葉を暗唱した後、マスター: "しかし、彼が聖霊を冒とくするものは、決して許して"と、彼は一度に追加します: "かれらは言ったので:かれは不浄の精神です。 " With this sin of pure downright malice, Jesus contrasts the sin "against the Son of man", that is the sin committed against Himself as man, the wrong done to His humanity in judging Him by His humble and lowly appearance.実に、この純粋な悪意の罪は、イエスキリストのコントラスト罪"に反対の息子の男"は、それが人間としての自分自身に対して犯された罪は、間違ったことをして彼の人間性を判断する際に彼と彼の腰の低い謙虚な外観だ。 This fault, unlike the former, might he excused as the result of man's ignorance and misunderstanding.この断層は、以前とは違って、彼は中座かもしれないが、結果として男性の無知と誤解だ。

But the Fathers of the Church, commenting on the Gospel texts we are treating of, did not confine themselves to the meaning given above.しかし、父親の教会では、テキストのコメントは、我々は治療の福音書は、自身を限定しなかった上の意味を与えています。 Whether it be that they wished to group together all objectively analogous cases, or whether they hesitated and wavered when confronted with this point of doctrine, which St. Augustine declares (Serm. ii de verbis Domini, c. v) one of the most difficult in Scripture, they have proposed different interpretations or explanations.それにしてほしいと思うかどうかを客観的に類似の事件のすべてをグループ化する、またはwavered際に直面するかどうかと躊躇してこの時点での教義は、聖アウグスティヌスを宣言( 2世デserm.の言葉でドミニ千佳子5 )の1つで最も難しい啓典では、彼らは異なった解釈や説明を提案しています。 St. Thomas, whom we may safely follow, gives a very good summary of opinions in II-II, Q. xiv.セントトマス、我々が無事に従う者は、意見の概要を与え、非常に良好で2世- IIのは、問い14 。 He says that blasphemy against the Holy Ghost was and may be explained in three ways.彼によれば、聖霊に対する冒涜は、 3つの方法が説明されています。

Sometimes, and in its most literal signification, it has been taken to mean the uttering of an insult against the Divine Spirit, applying the appellation either to the Holy Ghost or to all three Divine persons.ときどき、とは、ほとんどのリテラルの意義は、それが行われたの偽造証書使用の罪を意味し、神の霊に対する侮辱は、どちらかの名称を適用したり、すべての聖霊の3つの神の名です。 This was the sin of the Pharisees, who spoke at first against "the Son of Man", criticizing the works and human ways of Jesus, accusing Him of loving good cheer and wine, of associating with the publicans, and who, later on, with undoubted bad faith, traduced His Divine works, the miracles which He wrought by virtue of His own Divinity.これは、罪のpharisees 、スポークは最初に反対者"の息子の男"は、人間の動作や方法を批判して、イエスは、彼の愛情のこもった非難をふりまくやワイン、 publicansの会合で、誰と、その後、紛れもない不誠実で、神のtraduced彼の作品は、彼によってもたらされた奇跡の美徳が、自分の神性。

On the other hand, St. Augustine frequently explains blasphemy against the Holy Ghost to be final impenitence, perseverance till death in mortal sin.その半面、聖アウグスティヌス聖霊に対する冒涜頻繁に説明される最終的な頑迷は、忍耐の死までの大罪。 This impenitence is against the Holy Ghost, in the sense that it frustrates and is absolutely opposed to the remission of sins, and this remission is appropriated to the Holy Ghost, the mutual love of the Father and the Son.この頑迷は、聖霊の反対という意味で、それは絶対に反対してfrustratesと罪の赦し、およびこれに充当寛解は、聖霊のは、相互の愛は、父と息子です。 In this view, Jesus, in Matthew 12 and Mark 3 did not really accuse the Pharisees of blaspheming the Holy Ghost, He only warned them against the danger they were in of doing so.この画面では、イエスキリストは、マタイ12と3マークを非難しなかったphariseesのblaspheming本当に聖霊のは、彼に対してのみそれらの危険性を警告していたが、そうです。

Finally, several Fathers, and after them, many scholastic theologians, apply the expression to all sins directly opposed to that quality which is, by appropriation, the characteristic quality of the Third Divine Person.最後に、いくつかの祖先が、かれらの後に、多くの修学神学者は、すべての罪を適用して表現することに反対して品質を直接には、歳出予算によって、神の人が3番目の品質特性です。 Charity and goodness are especially attributed to the Holy Ghost, as power is to the Father and wisdom to the Son.慈善事業や善良さに起因するものは、特に聖霊のは、電源が知恵をして、父と息子がいます。 Just, then, as they termed sins against the Father those that resulted from frailty, and sins against the Son those that sprang from ignorance, so the sins against the Holy Ghost are those that are committed from downright malice, either by despising or rejecting the inspirations and impulses which, having been stirred in man's soul by the Holy Ghost, would turn him away or deliver him from evil.ただ、その後、彼らの父親に対する罪呼ばれるこれらの結果からそのもろさ、およびそれらのことに対する罪の息子から跳び無知なので、聖霊のは、それらに対する罪にコミットしてからは、実に悪意は、どちらかを拒否したり、 despisingうまい思い付きや、インパルスが、続けてきた男の魂にかくはんされる聖霊は、彼には、電源からの距離や悪届けるギフトです。

It is easy to see how this wide explanation suits all the circumstances of the case where Christ addresses the words to the Pharisees.それは、このサーバーを簡単に説明する方法を参照してくださいスーツケースは、すべての事情キリストの言葉をphariseesアドレスです。 These sins are commonly reckoned six: despair, presumption, impenitence or a fixed determination not to repent, obstinacy, resisting the known truth, and envy of another's spiritual welfare.これら6つの罪でよく無視:絶望、ずうずうしさは、頑迷たりしないように、固定の決意を悔い改める、頑固さは、反発して真実を知られては、もう一つの羨望の的と精神的な福祉です。

The sins against the Holy Ghost are said to be unpardonable, but the meaning of this assertion will vary very much according to which of the three explanations given above is accepted.聖霊は、罪に対する許し難いと言われるが、その意味はサイトによって異なりますが、この主張によると、これは、非常に与えられた上記の3つの説明は受け入れています。 As to final impenitence it is absolute; and this is easily understood, for even God cannot pardon where there is no repentance, and the moment of death is the fatal instant after which no mortal sin is remitted.最終的なことは絶対後悔しないように、これは容易に理解できるとは、神のためにも赦免することはできませんどこに後悔はない、との死の瞬間には、致命的なインスタント送金後にはない大罪。 It was because St. Augustine considered Christ's words to imply absolute unpardonableness that he held the sin against the Holy Ghost to be solely final impenitence.聖アウグスティヌスと考えていたので、キリストの言葉を意味して彼は絶対unpardonableness聖霊を汚す罪で開かれた、自身の最終的な頑迷される。 In the other two explanations, according to St. Thomas, the sin against the Holy Ghost is remissable -- not absolutely and always, but inasmuch as (considered in itself) it has not the claims and extenuating circumstance, inclining towards a pardon, that might be alleged in the case of sins of weakness and ignorance.で、他の2つの説明によると、聖トマスは、聖霊を汚す罪はremissable -絶対にしないで、いつもは、しかし〜だけれども(みなさ自体)はしていないとの主張を酌量すべき事情は、恩赦傾に向かっていく、それ疑惑の例かもしれないが、罪の弱さと無知。 He who, from pure and deliberate malice, refuses to recognize the manifest work of God, or rejects the necessary means of salvation, acts exactly like a sick man who not only refuses all medicine and all food, but who does all in his power to increase his illness, and whose malady becomes incurable, due to his own action.彼の人は、故意の悪意から純粋で、仕事を拒否して神のマニフェストを認識する、または拒否するのに必要な手段を救い、病人のように正確な行為者だけでなく、すべての薬を拒否するとすべての食べ物だけでなく、誰が彼のすべての電源を彼の病気を増加させる、との不治の病気が、彼自身のために行動します。 It is true, that in either case, God could, by a miracle, overcome the evil; He could, by His omnipotent intervention, either nuillify the natural causes of bodily death, or radically change the will of the stubborn sinner; but such intervention is not in accordance with His ordinary providence; and if he allows the secondary causes to act, if He offers the free human will of ordinary but sufficient grace, who shall seek cause of complaint?それが事実であれば、そのいずれの場合も、神様が、奇跡によって、悪を克服する;彼が、彼の全能の介入によっては、どちらかnuillify身体の自然死の原因は、根本的に変更したりしている罪人は、頑固な;しかし、このような介入普通ではない彼の摂理に基づいて、もし彼は、セカンドの原因に行動できるように、無料で提供してもし彼が普通の人間には、十分な猶予は、苦情の原因を求める人のものですか? In a word, the irremissableness of the sins against the Holy Ghost is exclusively on the part of the sinner, on account of the sinner's act.一言で言えば、反対するのirremissablenessの罪を全面的には、聖霊は、罪人の部分は、アカウントには、罪人の行動している。

Publication information Written by J. Forget. j.書かれた文献情報を忘れている。 Transcribed by WS French, Jr..転写されたフランス語、ジュニアです。 The Catholic Encyclopedia, Volume VII.カトリック百科事典、第VIIボリュームです。 Published 1910.日付1910 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1910.公認は、 10年6月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

On the dogma see: ST.ドグマを参照してください:セントです。 THOMAS, Summa Theol., I, Q. xxxvi-xliii; FRANZELIN, De Deo Trino (Rome, 1881); C. PESCH, Pælectiones dogmaticæ, II (Freiburg im Br., 1895) POHLE, Lehrbuch der Dogmatik, I (Paderborn, 1902); TANQUEREY, Synop.トーマスは、総合的研究論文theol 。 、私は、問い36 - 43 ; franzelin 、デdeoトリノ(ローマ、 1881 ) ; c.ペッシュ、 pælectiones dogmaticæ 、 2世(フライブルクイムbr 。 、 1895 ) pohle 、 lehrbuchデアdogmatik 、私(パーダーボルン、 1902 ) ; tanquerey 、地上実況気象通報式です。 Theol. theol 。 dogm. dogm 。 spec., I, II (Rome, 1907-8).仕様です。 、私は、 2世(ローマ、 1907〜8 ) 。 Concerning the Scriptural arguments for the dogma: WINSTANLEY, Spirit in the New Testament (Cambridge, 1908); LEMONNYER, Epîtres de S. Paul, I (Paris, 1905).聖書に関する議論のためのドグマ:ウィンスタンリー、スピリットは、新約聖書(ケンブリッジ、 1908 ) ; lemonnyer 、米epîtresデポールは、私(パリ、 1905 ) 。 Concerning tradition: PETAVIUS, De Deo Trino in his Dogmata theologica; SCHWANE, Dogmengeschichte, I (Freiburg im Br., 1892); DE REGNON, Etudes théologiques sur la Sainte Trinité (Paris, 1892); TIXERONT, Hist.関する伝統:ペタヴィウス、デdeoトリノ彼dogmata theologica ; schwane 、 dogmengeschichte 、私(フライブルクイムbr 。 、 1892 ) ;デregnon 、 etudes théologiquesシュールラサントtrinité (パリ、 1892 ) ; tixeront 、シーッ。 Des dogmes, I (Paris, 1905); TURMEL, Hist.デdogmes 、私(パリ、 1905 ) ; turmel 、シーッ。 de la théol.デラthéol 。 positive (Paris, 1904).正(パリ、 1904年) 。


Holy Spirit聖霊

Jewish Viewpoint Information ユダヤ教の視点情報

Biblical View of the Spirit.聖書の精神を考慮している。

The most noticeable difference between sentient beings and dead things, between the living and the dead, is in the breath.生き物の最も顕著な違いは感じることができるものと死んでは、生活者と死者の間には、息が。 Whatever lives breathes; whatever is dead does not breathe.どのような生活を吸い込んだ;どんな息は死んではありません。 Aquila, by strangling some camels and then asking Hadrian to set them on their legs again, proved to the emperor that the world is based on "spirit" (Yer. Ḥag. 41, 77a).アクイラは、絞殺されたいくつかのラクダハドリアヌスを設定し、次にそれらを求めて再び自分の脚は、天皇を証明することに基づいて、世界は"スピリット" ( yer. ḥag 。 41 、 77a ) 。 In most languages breath and spirit are designated by the same term.精霊はほとんどの言語で息が指定されると、同じ用語です。 The life-giving breath can not be of earthly origin, for nothing is found whence it may be taken.息の生命を与えることはできませんがこの世の起源は、何もないことが判明したためでwhence取られることがあります。 It is derived from the supernatural world, from God.超自然的世界に由来することは、神から与えられた。 God blew the breath of life into Adam (Gen. ii. 7).神の約束破ったのは、息を吹き込むアダム(大将2世です。 7 ) 。 "The Spirit of God hath made me, and the breath of the Almighty hath given me life" (Job xxxiii. 4; comp. ib. xxvii. 3). "神の御霊に、私はかれらは、かれらとの息の全能の私に与えられた人生" ( 33仕事です。 4 ;伴奏。 ib 。 27 。 3 ) 。 God "giveth breath unto the people upon it [the earth], and spirit to them that walk therein" (Isa. xlii. 5).神"の人々に与えて、かれ息[地球] 、およびそれらの精神をしてそこを歩く" ( 42 isa. 。 5 ) 。 "In whose hand is the soul of every living thing, and the breath of all mankind" (Job xii. 10). "その手では、魂のすべての生き物、および全人類の息" ( 12世の仕事です。 10 ) 。 Through His spirit all living things are created; and when He withdraws it they perish (ib. xxxiv. 14; Ps. civ. 29, 30).生きとし生けるものを通して彼の精神が作成されましたので、それを担当したときに消滅する( ib. 34 。 14 ;しまう。 civ 。 29 、 30 ) 。 He is therefore the God of the spirits of all flesh (Num. xvi. 22, xxvii. 16).したがって、彼は神の霊をすべての肉( 16 num. 。 22 、 27 。 16 ) 。 The breath of animals also is derived from Him (Gen. vi. 17; Ps. civ. 30 [A. V. 29]; Eccl. iii. 19-21; Isa. xlii. 5).息の動物由来でもある彼(大将viのです。 17 ;しまう。 civ 。 30 [動静29 ] ; eccl 。 Ⅲ 。 19-21 ;のISAです。 42 。 5 ) 。 The heavenly' bodies likewise are living beings, who have received their spirit from God (Job xxvi. 13; Ps. xxxiii. 6).天国の遺体はリビング生き物同様に、彼らの精神を受け取った人は神から与えられた(二十六の仕事です。 13 ;しまう。 33 。 6 ) 。 God's spirit hovered over the form of lifeless matter, thereby making the Creation possible; and it still causes the most tremendous changes (Gen. i. 2; Isa. xxxii. 15).神の霊という形で死んでいる問題で推移し、製造の創造が可能;原因の大半が、今でも非常に大きな変化(大将i. 2 ;のISAです。 32 。 15 ) 。

Hence all creatures live only through the spirit given by God.したがって、すべての生き物の暮らしを介してのみ与えられた神の精神です。 In a more restricted sense, however, the spirit of God is not identical with this life-giving spirit.もっと限定した意味では、しかし、神の精神と同じではないが、この精神に生命を与える。 He pours out His own spirit upon all whom He has chosen to execute His will and behests, and this spirit imbues them with higher reason and powers, making them capable of heroic speech and action (Gen. xli. 38; Ex. xxxi. 3; Num. xxiv. 2; Judges iii. 10; II Sam. xxiii. 2).彼は彼自身の精神が降り注ぐするすべての人に選ばれた彼は、自分の意志とbehestsを実行し、この精神を高くしてimbuesパワーズ理由とは、かれらの英雄的な演説をする能力があるとアクション( 41大将。 38 ;例です。 31 。 3 ; NUM件です。 xxiv 。 2 ;裁判官Ⅲ 。 10 ;サム2世です。 23 。 2 ) 。 This special spirit of God rests upon man (Isa. xi. 2, xlii. 1); it surrounds him like a garment (Judges vi. 34; II Chron. xxiv. 20); it falls upon him and holds him like a hand (Ezek. xi. 5, xxxvii. 1).この特別の精神に置き、神男( xi isa. 。 2 、 42 。 1 ) ;それを囲むように彼の服(裁判官viのです。 34 ; 2世chron 。 xxiv 。 20 ) ;て滝のように彼と彼の手を握っ( xi ezek. 。 5 、 37 。 1 )です。 It may also be taken away from the chosen one and transferred to some one else (Num. xi. 17).また連れ去られるかもしれないから選ばれた1つ1つの他のいくつかの転勤になると( xi num. 。 17 ) 。 It may enter into man and speak with his voice (II Sam. xxiii. 2; Ezek. ii. 2; comp. Jer. x. 14). 5月に入るとそれを持って話す彼の声の男( ⅱサム。 23 。 2 ; ezek 。 Ⅱ 。 2 ;伴奏。 jer 。 Xの14 ) 。 The prophet sees and hears by means of the spirit (Num. xxiv. 2; I Sam. x. 6; II Sam. xxiii. 2; Isa. xlii. 1; Zech. vii. 12).見るもの聞くもので、預言者の精神の手段( num. xxiv 。 2 ;私サム。 Xの6 ;サム2世です。 23 。 2 ;のISAです。 42 。 1 ;ツェッヒ。第VII 。 12 ) 。 The Messianic passage in Joel ii.ジョエル2世の救世主に通過した。 28-29, to which special significance was subsequently attached, is characteristic of the view regarding the nature of the spirit: "And it shall come to pass afterward, that I will pour out my Spirit upon all flesh; and your sons and your daughters shall prophesy, your old men shall dream dreams, your young men shall see visions: And also upon the servants and upon the handmaids in those days will I pour out my Spirit."二八〜二九、その後には特別な意味を添付して、その見解については、特徴的な性質の精神: "とそれに合格後に来るものは、私の精神を注ぐことに、私は生きとし生けるもの;あなたとあなたの息子や娘予言は、昔の人は、あなたの夢を見ると、お客様の若い男たちは、ビジョンを参照してください:使用人としてもその時は私handmaidsその当時は私の精神を吐露する。 "

The Divine Spirit.精霊の神です。

What the Bible calls "Spirit of Yhwh" and "Spirit of Elohim" is called in the Talmud and Midrash "Holy Spirit" ("Ruaḥ ha-Ḳodesh." never "Ruaḥ Ḳedoshah," as Hilgenfeld says, in "Ketzergesch." p. 237).聖書には何コール" yhwhの精神"と" elohimの精神"と呼ばれてミドラーシュタルムード"聖霊" ( " ruaḥハ- ḳodesh 。 " never "をruaḥ ḳedoshah 、 "としてヒルゲンフェルトによれば、 " ketzergesch 。 "真上。 237 ) 。 Although the expression "Holy Spirit" occurs in Ps.にもかかわらず、表現の"聖霊"が発生しまう。 li.李です。 11 (LXX. πνεῦμα τὸ ἅγιον) and in Isa. 11 ( lxx. πνεῦμα τὸ ἅγιον )とのISAです。 lxiii. 63 。 10, 11, it had not yet the definite meaning which was attached to it in rabbinical literature: in the latter it is equivalent to theexpression "Spirit of the Lord," which was avoided on account of the disinclination to the use of the Tetragrammaton (see, for example, Targ. to Isa. xl. 13). 10 、 11 、それはまだその意味を明確にすることで添付されたラビ文学:で、後者に相当することがtheexpression "の精神の主は、 "これは回避してアカウントを使用するのを嫌がって、テトラグラマトン(を参照して、例えば、ターグ。からのISA 。 XLサイズです。 13 ) 。 It is probably owing to this fact that the Shekinah is often referred to instead of the Holy Spirit.せいにすることは、おそらくこのような事実は往々にしてshekinah 、聖霊の代わりに言及しています。 It is said of the former, as of the Holy Spirit, that it rests upon a person.それによると、元は、聖霊のは、あることをする人だ。 The difference between the two in such cases has not yet been determined.この2つの違いはこのような場合はまだ決まっていません。 It is certain that the New Testament has πνεῦμα ἅγιον in those passages, also, where the Hebrew and Aramaic had "Shekinah"; for in Greek there is no equivalent to the latter, unless it be δόξα (="gleam of light"), by which "ziw ha-shekinah" may be rendered.それは確かだが、新約聖書には、これらの通路πνεῦμα ἅγιον 、また、どこにアラム語、ヘブライ語とは" shekinah " ;はギリシャ語ではない、後者に相当する場合を除き、 δόξαイットビー( = "いちるの光" ) 、これによって" ziwハ- shekinah "レンダかもしれない。 Because of the identification of the Holy Spirit with the Shekinah, πνεῦμα ἅγιον is much more frequently mentioned in the New Testament than is "Ruaḥ ha-Ḳodesh" in rabbinical literature.身分証明のためには、聖霊のshekinah 、 πνεῦμα ἅγιονがはるかに頻出では、新約聖書よりも" ruaḥハ- ḳodesh "ラビ文学です。

Nature of the Holy Spirit.聖霊の性質です。

Although the Holy Spirit is often named instead of God (e.g., in Sifre, Deut. 31 [ed. Friedmann, p. 72]), yet it was conceived as being something distinct.にもかかわらず、聖霊は往々にではなく、神の名前(例えば、シフレー、 deut 。 31 [エド。フリードマン、 p. 72 ] )は、まだはっきりしたことは何かが考えられる。 The Spirit was among the ten things that were created on the first day (Ḥag. 12a, b).スピリットは、作成されたもののうち、 10人は、最初の1日( ḥag. 12a 、 b )と等価。 Though the nature of the Holy Spirit is really nowhere described, the name indicates that it was conceived as a kind of wind that became manifest through noise and light.かかわらず、聖霊の本質は本当にどこに記述は、その名前が示すようなことが考えられることになったマニフェスト風騒音や光を介しています。 As early as Ezek.早ければezek 。 iii. Ⅲ 。 12 it is stated, "the spirit took me up, and I heard behind me a voice of a great rushing," the expression "behind me" characterizing the unusual nature of the noise. 12に記載することは、 "私の精神は、私の後ろから声が聞こえたとの大きな殺到、 "という表現を"私の後ろで"異例の性質の騒音の特徴です。 The Shekinah made a noise before Samson like a bell (Soṭah 9b, below).サムソンshekinah前に作ったの鈴のようなノイズ( soṭah 9bは、以下のとおり) 。 When the Holy Spirit was resting upon him, his hair gave forth a sound like a bell, which could be heard from afar.聖霊は、安静時に彼は、彼の髪のような音を与えた鈴来たり、遠方から聞いたのかもしれない。 It imbued him with such strength that he could uproot two mountains and rub them together like pebbles, and could cover leagues at one step (ib. 17b; Lev. R. viii. 2).このような強さが染み込んで彼を根絶することができたような2つの山と一緒に小石をこすって、カバーリーグでも1つのステップ( ib. 17b ;レフです。共和党viii 。 2 ) 。 Similarly Acts ii.同様の行為Ⅱ 。 2 reads: "And suddenly there came a sound from heaven as of a rushing mighty wind, and it filled all the house where they were sitting" (it must be noted that this happened at Pentecost, i.e., the Feast of Revelation). 2読み取ります: "と、突然そこに来たとしては、天から音が強風に殺到し、それをすべて満たされた彼らは、家のどこに座って" (留意しなければいけないこんなことが起こったのは聖霊降臨、すなわち、ヨハネの黙示録の祝宴の)です。 Although the accompanying lights are not expressly mentioned, the frequently recurring phrase "he beheld ["heẓiẓ"] in the Holy Spirit" shows that he upon whom the spirit rested saw a light.明示的ではないにもかかわらず、添付のライト触れたように、そのフレーズを頻繁に再発する"と彼beholdの過去過去分詞[ " heẓiẓ " ]は、聖霊"によると、彼は誰の精神に光をのこぎりで静養した。 The Holy Spirit gleamed in the court of Shem, of Samuel, and of King Solomon (Gen. R. lxxxv. 12).聖霊は、裁判所のshem gleamed 、サミュエル、そしてソロモン王( 85大将共和党。 12 ) 。 It "glimmered" in Tamar (Gen. xxxviii. 18), in the sons of Jacob (Gen. xlii. 11), and in Moses (Ex. ii. 12), i.e., it settled upon the persons in question (see Gen. R. lxxxv. 9, xci. 7; Lev. R. xxxii. 4, "niẓoẓah" and "heẓiẓ"; comp. also Lev. R. viii. 2, "hitḥil le-gashgesh").それ" glimmered "タマル(大将38 。 18 ) 、ジェイコブは、息子( 42大将。 11 ) 、そしてムーサー(例: 2世です。 12 ) 、すなわち、問題解決の上で人(ゲンを参照してください。共和党85 。 9 、 91 。 7 ;レフです。共和党32 。 4 、 " niẓoẓah "と" heẓiẓ " ;伴奏。もレフです。共和党viii 。 2 、 " hitḥilル- gashgesh "を参照) 。 From the day that Joseph was sold the Holy Spirit left Jacob, who saw and heard only indistinctly (Gen. R. xci. 6).その日から販売されていたが、聖霊の左ジョゼフジェイコブは、人を見たと聞いただけぼやけ(大将共和党91 。 6 ) 。

The Holy Spirit, being of heavenly origin, is composed, like everything that comes from heaven, of light and fire.聖霊は、天国の起源には、構成は、すべてのことのように天から来て、火の光とした。 When it rested upon Phinehas his face burned like a torch (Lev. R. xxi., end).フィニアス静養するときのように彼の顔にやけどを負ったトーチ( 21 lev.共和党。 、端) 。 When the Temple was destroyed and Israel went into exile, the Holy Spirit returned to heaven; this is indicated in Eccl.同寺は、イスラエルを破壊する際に入った亡命者は、聖霊に戻って天国; ecclこれが示されています。 xii. 12世です。 7: "the spirit shall return unto God" (Eccl. R. xii. 7). 7 : "神の精神を返す" ( 12世eccl.共和党です。 7 ) 。 The spirit talks sometimes with a masculine and sometimes with a feminine voice (Eccl. vii. 29 [A. V. 28]); i.e., as the word "ruaḥ" is both masculine and feminine, the Holy Spirit was conceived as being sometimes a man and sometimes a woman.ときどきの精神で協議し、ときには女らしい男らしい声(第VII eccl. 。 29 [動静28 ] ) ;すなわち、その言葉として" ruaḥ "は、両方の男性と女性らしい、聖霊時には一人の男がいると考えられるときどきある女性です。

In the Form of a Dove.鳩の形で。

The four Gospels agree in saying that when Jesus was baptized the Holy Spirit in the shape of a dove came down from the opening heaven and rested upon him. 4つのイエスgospels同意すると言っていたときに、バプテスマを受け、聖霊の形をした鳩開会天から下って来た時、彼に休息した。 The phraseology of the passages, especially in Luke, shows that this description was not meant symbolically, as Conybeare ("Expositor," iv., ix. 455) assumes, following Alexandrian views (comp. Matt. iii. 16; Mark i. 10; Luke iii. 22; John iv. 33; and Hastings, "Dict. Bible," ii. 406a).通路の言い方が、特にルークは、この説明によると、象徴的意味ではない、としてコニビア( "エクスポジター、 " 4 。 、 9世です。 455 )と仮定し、以下の見解アレクサンドリア( comp.マットです。 Ⅲ 。 16 ;マークi. 10 ;ルークⅢ 。 22 ;ジョン4世です。 33 ;とヘイスティングスは、 "辞書です。聖書は、 " Ⅱ 。 406a ) 。 This idea of a dove-like form is found in Jewish literature also.このアイデアは、鳩のようなフォームでは、ユダヤ教の文献にも見られる。 The phrase in Cant.というフレーズで隠語。 ii. Ⅱ 。 12, "the voice of the dove" (A. V. "turtle"), is translated in the Targum "the voice of the Holy Spirit." 12日、 "鳩の声" (動静"カメ" )は、翻訳ではターガム"聖霊の声です。 " The passage in Gen. i.通過中の大将i. 2, "And the Spirit of God moved upon the face of the waters," is interpreted by Ben Zoma (c. 100) to mean, "As a dove that hovers above her brood without touching it" (Ḥag. 15a). 2 、 "神の御霊に移動すると、顔の海域は、 "ベンは解釈さzoma ( c. 100 )を意味し、 "として、上記の鳩が彼女のやからhoversに触れることなく" ( ḥag. 15a ) 。 As the corresponding passage in the Palestinian Talmud (Ḥag. 77b, above) mentions the eagle instead of the dove, the latter is perhaps not named here with reference to the Holy Spirit.通路の対応としては、パレスチナのタルムード( ḥag. 77bは、上記)の代わりに、鳩に記載してイーグル、後者は、おそらくここに名前のない聖霊を参照してください。 A teacher of the Law heard in a ruin a kind of voice ("bat ḳol") that complained like a dove: "Wo to the children, because of whose sins I have destroyed my house" (Ber. 3a, below).先生は、法の趣旨を聞いたような声で台無しにする( "バットḳol " )のようにして不満を鳩: "ウーして、子供たちは、その罪のために私が私の家を破壊" ( ber. 3A面、以下のとおり) 。 Evidently God Himself, or rather the Holy Spirit, is here referred to as cooing like a dove (comp. Abbot, "From Letter to Spirit," pp. 106-135).どうやら自分自身の神は、聖霊というか、ここではハト派と呼ばれるようにcooing ( comp.アボットは、 "スピリットからの手紙を、 " pp 。一〇六〜一三五) 。 See Dove.鳩を参照してください。

Dissemination of the Holy Spirit.聖霊の普及です。

The Holy Spirit dwells only among a worthy generation, and the frequency of its manifestations is proportionate to the worthiness.聖霊の棲む世代の間でのみ価値がある、との周波数の症状を呈して値打ちが比例しています。 There was no manifestation of it in the time of the Second Temple (Yoma 21b), while there were many during the time of Elijah (Tosef., Soṭah, xii. 5).症状のないことがあった時には、 2番目の寺( yoma 21b ) 、中には多くの時間の中にエリヤ( tosef. 、 soṭah 、 12世です。 5 ) 。 According to Job xxviii.仕事によると、二十八です。 25, the Holy Spirit rested upon the Prophets in varying degrees, some prophesying to the extent of one book only, and others filling two books (Lev. R. xv. 2). 25日、静養した時、聖霊は、預言多かれ少なかれ、いくつかの範囲を1冊の本をprophesyingのみで、他の2冊の本充填( 15 lev.共和党です。 2 ) 。 Nor did it rest upon them continually, but only for a time.かれらの残りを継続しなかったことは、一度だけです。 The stages of development, the highest of which is the Holy Spirit, are as follows: zeal, integrity, purity, holiness, humility, fear of sin, the Holy Spirit.開発の段階では、最も高いのは、聖霊は、は以下のとおりです:熱意、誠実さ、純粋さ、ホーリネス、謙虚に、罪の恐怖は、聖霊です。 The Holy Spirit conducts Elijah, who brings the dead to life (Yer. Shab. 3c, above, and parallel passage).聖霊エリヤ行って、人の死者をもたらす人生( yer. shab 。摂氏3度、上記は、通路と平行) 。 The pious act through the Holy Spirit (Tan., Wayeḥi, 14); whoever teaches the Torah in public partakes of the Holy Spirit (Cant. R. i. 9, end; comp. Lev. R. xxxv. 7).敬けんな行為を通じて、聖霊( tan. 、 wayeḥi 、 14 ) ;誰である公共の律法を教え、聖霊(共和党cant. i. 9 、エンド;伴奏。レフです。共和党35 。 7 ) 。 When Phinehas sinned the Holy Spirit departed from him (Lev. R. xxxvii. 4; comp. Gen. R. xix. 6; Pesiḳ. 9a).フィニアスsinnedとき、聖霊を出発して(共和党37 lev. 。 4 ;伴奏。大将共和党19 。 6 ; pesiḳ 。 9a ) 。

In Biblical times the Holy Spirit was widely disseminated, resting on those who, according to the Bible, displayed a propitious activity; thus it rested on Eber and, according to Josh.聖霊は、聖書の時代に広く知れ渡るよう、休憩して人々によると、聖書には、表示され、幸先の良い活動;こうしてeberとして静養することによると、ジョシュ。 ii. Ⅱ 。 16, even on Rahab (Seder 'Olam, 1; Sifre, Deut. 22). 16日にもrahab (セーデル' olam 、 1 ;シフレー、 deut 。 22 ) 。 It was necessary to reiterate frequently that Solomon wrote his three books, Proverbs, Canticles, and Ecclesiastes, under the inspiration of the Holy Spirit (Cant. R. i. 6-10), because there was a continual opposition not only to the wise king personally, but also to his writings.頻繁に必要なことをあらためて表明することが彼の書いた3冊の本ソロモン、箴言、雅歌、伝道の書とは、インスピレーションの下では、聖霊(共和党cant. i. 6月10日)は、継続的に反対する理由があったにして英明でられるだけでなく、キング個人的には、彼の記述するだけでなくています。 A teacher of the Law says that probably for this reason the Holy Spirit rested upon Solomon in his old age only (ib. i. 10, end).先生は、法の趣旨によれば、おそらくこのような理由のために、聖霊ソロモン彼の老後の静養のみ( ib. i. 10日終了) 。

Holy Spirit and Prophecy.聖霊と予言した。

The visible results of the activity of the Holy Spirit, according to the Jewish conception, are the books of the Bible, all of which have been composed under its inspiration.その活動は、目に見える結果は、聖霊によると、ユダヤ人の概念は、聖書には、書籍のは、すべての構成されてきたのもと、インスピレーションです。 All the Prophets spoke "in the Holy Spirit"; and the most characteristic sign of the presence of the Holy Spirit is the gift of prophecy, in the sense that the person upon whom it rests beholds the past and the future.スポークのすべての預言者"は、聖霊" ;と、最も特徴的徴候は、聖霊の存在を予言の才能という意味で、その人が誰なの過去と未来の置きbeholds 。 With the death of the last three prophets, Haggai, Zechariah, and Malachi, the Holy Spirit ceased to manifest itself in Israel; but the Bat Ḳol was still available.で、最後の3つの預言者の死は、ハガイ、ゼカリヤ、マラキ書は、聖霊のマニフェスト自体にはやんだイスラエル; ḳolしかし、バットは、まだ利用可能です。 "A bat ḳol announced twice at assemblies of the scribes: 'There is a man who is worthy to have the Holy Spirit rest upon him.' "の2倍にすると発表したバットḳolアセンブリは、 scribes : 'には一人の男が立派な休息時には、聖霊ギフトです。 ' On one of these occasions all eyes turned to Hillel; on the other, to Samuel the Lesser" (Tosef., Soṭah, xiii. 2-4, and parallels).これらの機会の1つ目の電源をすべてヒレル;して、他のは、サミュエルにはLesser " ( tosef. 、 soṭah 、 13世です。 2-4 、および類似点) 。 Although the Holy Spirit was not continually present, and did not rest for any length of time upon any individual, yet there were cases in which it appeared and made knowledge of the past and of the future possible (ib.; also with reference to Akiba, Lev. R. xxi. 8; to Gamaliel II., ib. xxxvii. 3, and Tosef., Pes. i. 27; to Meïr, Lev. R. ix. 9; etc.).聖霊ではないものの、継続的に存在し、任意のなかった残りの時間の長さには、どのような個人は、まだ登場したケースもあったが、前の知識や過去とは、将来の可能性( ib. ;も参考にしてアキバ、レフ。共和党21 。 8 ;ガマリエル2世している。 、 ib 。 37 。 3 、およびtosef 。 、ペス。私27 ;をmeïr 、レフ。共和党9世です。 9 ;等) 。

The Holy Spirit rested not only on the children of Israel who crossed the Red Sea (Tosef., Soṭah, vi. 2), but, toward the end of the time of the Second Temple, occasionally on ordinary mortals; for "if they are not prophets, they are at least the sons of prophets" (Tosef., Pes. iv. 2).聖霊静養して、イスラエルの子孫だけでなく、人を越え、紅海( tosef. 、 soṭah 、 viのです。 2 ) 、しかし、時間の終わりごろには、 2番目の寺には、たまには普通の人間;は"もし彼らは預言者は、少なくとも彼らは、預言者の息子" ( tosef. 、ペス。 4世です。 2 ) 。 The Holy Spirit is at times identified with the spirit of prophecy (comp. Seder 'Olam, 1, beginning; Targ. Yer. to Gen. xli. 38, xliii. 14; II Kings ix. 26; Isa. xxxii. 15. xl. 13, xliv. 3; Cant. R. i. 2).聖霊は、その時々の精神を発見して予言( comp.セーデル' olam 、 1日の始まり;ターグ。 yer 。拾壱を大将です。 38 、 43 。 14 ; 2世国王9世です。 26 ;のISAです。 32 。 15 。 XLサイズです。 13 、 44 。 3 ;隠語。共和党i. 2 ) 。 Sifre 170 (to Deut. xviii. 18) remarks: "'I will put My words into his mouth,' means 'I put them into his mouth, but I do not speak with him face to face'; know, therefore, that henceforth the Holy Spirit is put into the mouths of the Prophets."シフレー170 ( deutしている。 18 。 18 )備考: " '私は私の言葉を口には、 'は'私がそれらを口に持っていったけど、彼と話をしないで顔を合わせること' ;知っている、したがって、その今後、聖霊は、預言者の口に入れている。 " The "knowledge of God" is the Holy Spirit (Cant. R. i. 9). "知識の神"とは、聖霊(共和党cant. i. 9 ) 。 The division of the country by lot among the several tribes was likewise effected by means of the Holy Spirit (Sifre, Num. 132, p. 49a).その結果、当部門の多くの国のうち、いくつかの部族では、同様の手段により、聖霊(シフレー、 NUM件です。 132 、 p. 49a ) 。 On "inspiration" see Jew.して"インスピレーション"ユダヤ人を参照してください。 Encyc. encyc 。 iii. Ⅲ 。 147, s.v. 147 、 sv Bible Canon, § 9; especially Meg.聖書キヤノン、 § 9 ;特にメグです。 7a; and Inspiration. 7aの;とインスピレーション。 It may simply be noted here that in rabbinical literature single passages are often considered as direct utterances of the Holy Spirit (Sifre, Num. 86; Tosef., Soṭah, ix. 2; Sifre, Deut. 355, p. 148a, six times; Gen. R. lxxviii. 8, lxxxiv. 12; Lev. R. iv. 1 [the expression "and the Holy Spirit cries" occurs five times], xiv. 2, xxvii. 2; Num. R. xv. 21; xvii. 2, end; Deut. R. xi., end).ここに記載している可能性があることが1つの通路ラビ文学は、しばしば見なされて直接的な発言は、聖霊(シフレー、 NUM件。 86 ; tosef 。 、 soṭah 、 9世です。 2 ;シフレー、 deut 。 355 、 p. 148a 、 6回;大将共和党78 。 8 、 84 。 12 ;レフです。共和党4世です。 1 [という表現を"と、聖霊の叫び"が発生した5回] 、 14 。 2 、 27 。 2 ; NUM件です。共和党15 。 21 ; 17 。 2 、エンド; deut 。共和党xi 。 、端) 。

Gentiles and the Holy Spirit.聖霊とgentiles 。

The opposite of the Holy Spirit is the unclean spirit ("ruaḥ ṭum'ah"; lit. "spirit of uncleanliness").その逆は、聖霊は、不浄の精神( " ruaḥ ṭum'ah " ;点灯しています。 "不潔の精神"を参照) 。 The Holy Spirit rests on the person who seeks the Shekinah (God), while the unclean spirit rests upon him who seeks uncleanness (Sifre, Deut. 173, and parallel passage).聖霊にかかっている人のシークshekinah (神)は、不浄の精神を置きながら、彼の人のシーク時uncleanness (シフレー、 deut 。 173 、およびパラレル通路) 。 Hence arises the contrast, as in the New Testament between πνεῦμα ἅγιον and πνεῦμα ἀκάθαρτον.したがって、コントラストが発生するように、新約聖書との間にπνεῦμα ἅγιον πνεῦμα ἀκάθαρτον 。 On the basis of II Kings iii. 2世3世王に基づいています。 13, the statement is made, probably as a polemic against the founder of Christianity, that the Holy Spirit rests only upon a happy soul (Yer. Suk. 55a, and elsewhere). 13日の声明には、おそらく反対の論客として、キリスト教の創始者、聖霊は、幸せな時にのみ置き魂( yer.スーク。 55a 、および他の場所) 。 Among the pagans Balaam, from being a mere interpreter of dreams, rose to be a magician and then a possessor of the Holy Spirit (Num. R. xx. 7).多神教徒の中に埋め草は、単なる通訳の夢から、バラには、所有者のマジシャン、それから聖霊( num.共和党のXXです。 7 ) 。 But the Holy Spirit did not appear to him except at night, all pagan prophets being in possession of their gift only then (ib. xx. 12).しかし、聖霊には表示されませんでした彼は夜を除いて、すべての異教の預言者が所持しているだけギフトそれから( ib. XXのです。 12 ) 。 The Balaam section was written in order to show why the Holy Spirit was taken from the heathen-i.e., because Balaam desired to destroy a whole people without cause (ib. xx. 1).その埋め草のセクションを表示するために書かれていたのはなぜ聖霊は、異教徒から取ら-すなわち、全体を破壊するために埋め草を希望する人々を引き起こすことなく( ib. XXのです。 1 )です。 A very ancient source (Sifre, Deut. 175) explains, on the basis of Deut.非常に古代のソース(シフレー、 deut 。 175 )を説明し、 deutに基づいています。 xviii. 18 。 15, that in the Holy Land the gift of prophecy is not granted to the heathen or in the interest of the heathen, nor is it given outside of Palestine even to Jews. 15日には、聖なる予言の才能ではない土地を与えたり、異教徒の異教徒の利益のため、またパレスチナの外には、それまでに与えられたユダヤ人です。 In the Messianic time, however, the Holy Spirit will, according to Joel ii.救世主は、時間は、しかし、聖霊は、ジョエルによると、 2世です。 28, 29, be poured out upon all Israel; i.e., all the people will be prophets (Num. R. xv., end). 28日、 29日、イスラエルには、皆を注ぎ出す;すなわち、すべての人々が預言者( 15 num.共和党。 、端) 。 According to the remarkable statement of Tanna debe Eliyahu, ed.注目に値するの声明によると、タンナdebe eliyahu 、エド。 Friedmann, the Holy Spirit will be poured out equally upon Jews and pagans, both men and women, freemen and slaves.フリードマンは、聖霊が均等に注ぎ出すユダヤ人と多神教徒は、男性と女性の両方を、 freemanの複数形や奴隷です。

In the New Testament.新約聖書のだ。

The doctrine that after the advent of the Messiah the Holy Spirit will be poured out upon all mankind explains the fact that in the New Testament such great importance is assigned to the Holy Spirit.その教義を受けた後に、聖霊降臨節の救世主注ぎアウトされるという事実を説明して全人類の新約聖書は、このような非常に重要なのは、聖霊に割り当てられています。 The phrase τὸ πνεῦμα τὸ ἅγιον occurs from eighty to ninety times (Swete, in Hastings, "Dict. Bible," ii. 404); while the phrase τὸ πνεῦμα τοῦ δεοῦ is comparatively rare, it occurs several times.というフレーズが発生τὸ πνεῦμα τὸ ἅγιον八〇 〜九〇倍(スウィート、ヘイスティングスは、 "辞書です。聖書は、 " Ⅱ 。 404 ) ; τὸ πνεῦμα τοῦ δεοῦ中のフレーズは比較的まれな、それを数回発生します。 In Acts i. i.行為で 5, 8 it is said, as in the midrash quoted above, that in the Messianic time the Holy Spirit will be poured out upon every one, and in Acts ii. 5 、 8によるとそれは、上記のように引用符でミドラーシュは、その時、聖霊の救世主注ぎアウトになるごとに1つ、そして2世行為です。 16 et seq. 16以下参照。 Peter states that Joel's prophecy regarding the Holy Spirit has been fulfilled.ジョエルピーター条は、聖霊についての予言を成就されています。 "While Peter yet spake these words, the Holy Ghost fell on all them which heard the word. And they of the circumcision which believed were astonished, as many as came with Peter, because that on the Gentiles also was poured out the gift of the Holy Ghost. For they heard them speak with tongues, and magnify God" (ib. x. 44-46). "ピーターはまだspeakの過去ながらこれらの言葉は、かれらのすべての聖霊の下落してその言葉を聞いている。かれらは驚いては、割礼を信じ、ピーターに付属して数が多いほど、 gentilesもしているため、これは、贈り物を注ぎ出す聖霊。ために彼らと話を聞いたことの舌は、神と拡大する" ( ib. Xの44から46 ) 。 Luke also says (Luke xi. 13) that God gives the Holy Spirit to those that ask Him.ルークとも書いて(ルークxi 。 13 )その神は、聖霊を与えるよう要請するものです。 The phrase "joy of the Holy Ghost" (I Thess. i. 6) also recalls the Midrash sentence quoted above referring to the contrast between the clean and the unclean spirit (Mark iii. 30).フレーズ"聖霊の喜びのために" (私thess 。私6 )もリコールのミドラーシュ上記引用文を参照すると、きれいなコントラストとの間に不浄の精神(マークIIIのです。 30 ) 。 The inspiration of the Biblical writers is acknowledged in the same way as in rabbinical literature (Matt. xxii. 43; Mark xii. 36; II Peter i. 21).聖書の中の作家のインスピレーションが認められたのと同じように、ラビ文学( 22 matt. 。 43 ;マーク12世です。 36 ;ペテロの第二i. 21 ) 。 Hence the conception of the Holy Spirit is derived from one and the same source.したがって、その概念は、聖霊とは、同じ1つのソースから派生した。 But as the New Testament writers look upon the Messiah, who is actually identified with the Holy Spirit, as having arrived, their view assumes a form fundamentally different from that of the Jewish view in certain respects; i.e., as regards: (1) the conception and birth of the Messiah through the Holy Spirit (Matt. i. 18 et seq.; Luke i. 35; John iii. 5-8); (2) the speaking in different tongues ("glossolalia"; Acts ii. et passim): (3) the materialistic view of the Holy Spirit, evidenced in the idea that it may be communicated by means of the breath (e.g., John xx. 22); and (4) the strongly developed view of the personality of the Holy Spirit (comp., for example, Matt. xii. 32; Acts v. 3; I Cor. iii. 16; Eph. ii. 22; I Peter ii. 5; Gospel to the Hebrews, quoted inHastings, "Dict. Bible," ii. 406, foot, et passim).しかし、新約聖書の作家として見る時、救世主は、実際に誰が識別され、聖霊は、到着したように、彼らの見解を前提とする形では、ユダヤ教の根本的に異なることから、特定のビューを尊重;すなわち、に関して: ( 1 )構想とは、救世主の誕生を通じて、聖霊(以下参照matt. i. 18 。 ;ルークi. 35 ;ジョンⅢ 。 5-8 ) 、 ( 2 )に言えば、別の舌( "異言のたま" ;行為Ⅱ 。 etここかしこ) : ( 3 )の唯物論的見解は、聖霊、という考えを明らかにした伝達の手段かもしれないが、息(例えば、ジョンXXのです。 22 ) ;と( 4 )の性格を強く考慮して開発した、聖霊( comp. 、例えば、マットです。 12世です。 32 ;行為対3 ;私うわっ。 Ⅲ 。 16 ; eph 。 Ⅱ 。 22 ;私ピーターⅡ 。 5 ;ゴスペルヘブル人への手紙には、引用符でinhastings 、 "辞書です。聖書は、 " Ⅱ 。 406 、足、 etここかしこ) 。 In consequence of these fundamental differences many points of the Christian conception of the Holy Spirit have remained obscure, at least to the uninitiated.結果として、これらの根本的な違いは、多くの点では、キリスト教の聖霊受胎があいまいなまま、少なくともuninitiatedしている。

In the Apocrypha.の外典。

It is noteworthy that the Holy Spirit is less frequently referred to in the Apocrypha and by the Hellenistic Jewish writers; and this circumstance leads to the conclusion that the conception of the Holy Spirit was not prominent in the intellectual life of the Jewish people, especially in the Diaspora.注目されることは、聖霊は、それほど頻繁に参照されて、外典とされるユダヤ人作家hellenistic ;そしてこのような状況につながるという結論には、聖霊の概念ではないの著名な知的生命は、ユダヤ人の人々 、とりわけそのディアスペラ。 In I Macc. maccでよい。 iv. 4 。 45, xiv. 45 、 14 。 41 prophecy is referred to as something long since passed. 41予言と呼ばれることは、何かとっくの昔に渡されます。 Wisdom ix. 9世の知恵です。 17 refers to the Holy Spirit which God sends down from heaven, whereby His behests are recognized. 17聖霊を指しているために天から神を送信することで彼のbehestsが認識されません。 The discipline of the Holy Spirit preserves from deceit (ib. i. 5; comp. ib. vii. 21-26).聖霊の規律を保持より欺瞞( ib. i. 5 ;伴奏。 ib 。第VII 。二一〜二六) 。 It is said in the Psalms of Solomon, xvii.それによると、詩篇のソロモンは、 17です。 42, in reference to the Messiah, the son of David: "he is mighty in the Holy Spirit"; and in Susanna, 45, that "God raised up the Holy Spirit of a youth, whose name was Daniel." 42 、救世主を引き合いに出すのは、息子のデイビッド: "彼は偉大で、聖霊" ;とスザンナ、 45 、その"神甦る聖霊の青年時代には、名前はダニエルです。 " Josephus ("Contra Ap." i. 8) expresses the same view in regard to prophetic inspiration that is found in rabbinical literatur (comp. Jew. Encyc. iii. 147b, s.v. Bible Canon; Josephus, "Ant." iv. 6, § 5; vi. 8, § 2; also Sifre, Deut. 305; Ber. 31b, above; Gen. R. lxx. 8, lxxv. 5; Lev. R. vi.; Deut. R. vi.-the Holy Spirit defending Israel before God; Eccl. R. vii. 23; Pirḳe R. El. xxxvii., beginning).ヨセフス( "コントラAPのです。 " i. 8 )と同じ見解を表明することに関連してインスピレーションが見つかった予言ラビ文学( comp.ユダヤ人です。 encyc 。 Ⅲ 。 147b 、キヤノン聖書sv ;ヨセフスは、 "アリです" 4 。 6 、 § 5 ; viのです。 8 、 § 2 ;もシフレー、 deut 。 305 ; ber 。 31b 、上記;大将共和党70 。 8 、 75 。 5 ;レフです。共和党viのです。 ; deut 。 .- viの共和党聖霊は、神の前で、イスラエルを守る; eccl 。共和党第VII 。 23 ; pirḳe共和党エル。 37 。 、初め) 。 See also Hosanna; Inspiration; Ordination; Tabernacles, Feast of.も参照してくださいホサナ;インスピレーション;聖職叙任; tabernacles 、祝宴のです。

Joseph Jacobs, Ludwig Blauジョセフジェイコブス、ルートヴィヒblau
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ百科事典は、 1901年から1906年の間に出版されます。

Bibliography: 参考文献:
F. Weber, Jüdische Theologie, 2d ed., pp. f.ウェーバー、 jüdische theologie 、二次元エド。 、 pp 。 80 et seq., 190 et seq., and Index, s.v. 80以下参照。 、 190以下参照。 、およびindexでは、 sv Geist, Leipsic, 1897; Herzog-Hauck, Real-Encyc.ガイスト、リプシック、 1897 ;ヘルツォーク-ハウクは、実encyc 。 3d ed., vi.三次元エド。 、 viのです。 444-450 (with full bibliography); Hastings, Dict.四百四十四〜四百五十(文献情報を完全に) ;ヘイスティングス、辞書です。 Bible, iii.聖書には、 Ⅲ 。 402-411; Bacher, Ag.四百二から四百十一まで; bacher 、 AGのです。 Tan.日焼けした。 passim; idem, Ag.ここかしこ;同文献は、 AGのです。 Pal.パルです。 Amor.アモール。 passim; E. A. Abbot, From Letter to Spirit, ch.ここかしこ; eaアボットは、スピリットからの手紙には、チャンネルです。 vii.第VII 。 et passim, London, 1903; E. Sokolowsky, Die Begriffe Geist und Leben bei Paulus, Göttingen, 1903; H. Weinel, Die Wirkungen des Geistes und der Geister (his quotations [pp. 81, 131, 164, 190] from Christian writers are interesting from a Jewish point of view).J. et各所には、ロンドンで、 1903 ; e. sokolowsky 、死ぬbegriffeガイストウント文化beiパウルス、 göttingen 、 1903 ; h.ワイネルは、死ぬwirkungenデgeistesウントデアgeister (彼の引用語句[ pp 。 81 、 131 、 164 、 190 ]からキリスト教ライターは、ユダヤ人の視点から面白い) 。 j. L. B.ポンド


Also, see:また、参照してください:
Spiritual Gifts 精神的な贈り物

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです