Divine Immanence神の内在

Advanced Information 高度情報

In philosophy and theology, divine immanence refers to the omnipresence of God in the universe.哲学と神学は、神の内在を指しているため、宇宙における神の遍在。 The theory in its extreme form is Pantheism, in which God and the world are virtually identical. Proponents of Monotheism, however, have tempered the concept of immanence by positing the parallel doctrine of divine Transcendence. Thus, in Judaism and Christianity, God is considered omnipresent and active in human affairs as creator, sustainer, judge, and redeemer, but is also considered elevated above and distinguished from the universe.その理論は、極端なフォームでは、汎神論は、神との世界では、ほぼ同じです。 一神教の支持者は、しかし、その概念を内在して鍛えpositingパラレル超越神の教義のです。従って、ユダヤ教、キリスト教では、神様が考えそして人間諸事を積極的に遍在するクリエーターとしては、支持者、裁判官、そして救い主が、上記とは区別さも考慮宇宙の高架です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Immanence内在

Advanced Information 高度情報

Immanence is a conception in philosophy and theology that the intelligent and creative force or being that governs the universe pervades the natural world.内在的概念では、哲学と神学とは、知的創造力を規制している宇宙や自然界pervades 。 Immanence is a fundamental doctrine of pantheism and can be contrasted with transcendence, which conceives of the intelligent and creative force as existing outside the natural world. In pantheistic systems of thought, for example, all material objects in the universe are pervaded with the infinite divine presence.内在のは、根本的な教義を超越汎神論とは対照的に、これは、知的で創造的な力、理解は、既存の外としての自然の世界です。 汎神論システム思考では、たとえば、オブジェクトのすべての材料は、無限の宇宙では、神のpervadedプレゼンス。

In Judeo-Christian religions, however, God both participates in the universe, that is, is present and active in the natural world; and at the same time, transcends, that is, figuratively, rises above, the universe he created.ユダヤキリスト教の宗教では、しかし、神の両方に参加して、宇宙では、積極的には、自然界に存在し、そしてそれと同時に、超えた、つまり、比喩的には、上記の上昇は、宇宙を創られた。


Immanence内在

Advanced Catholic Information 高度なカトリック教徒の情報

(Lat. in manere , to remain in) ( lat. でmanere 、にとどまる)

Immanence is the quality of any action which begins and ends within the agent.内在の質のいかなる行動には、開始時刻と終了時刻内の代理店です。 Thus, vital action, as well in the physiological as in the intellectual and moral order, is called immanent, because it proceeds from that spontaneity which is essential to the living subject and has for its term the unfolding of the subject's constituent energies.したがって、重要なアクション、さらには、生理的には、知的、道徳的秩序は、内在すると呼ばので、自発性をしてからの収入は、生活に欠かせないとは、その用語の件名は、件名の成分エネルギーアンフォールディング。 It is initiated and is consummated in the interior of the same being, which may be considered as a closed system. consummatedを開始することは、インテリアとは、同じで、閉鎖される可能性がありますシステムとして考えています。 But is this system so shut in as to be self-sufficient and incapable of receiving anything from without?しかし、今は、このシステムを停止されるように自立しているから、何もせずに受信できないか? -- or can it enrich itself by taking up elements which its environment offers and which are at times even necessary, as nourishment is to the immanent activity of the body? -あるいはそれは、自分自身を豊かにする際に、その環境の要素を提供している時でさえ必要に応じて、栄養分を摂取としては、内在的な活動をして体のですか? This is the problem which the philosophies of immanence propose and attempt to solve, not only in respect to man considered as a particular being, but also in respect to the universe considered as a whole.これは、哲学の問題が内在して解決しようと提案し、尊重していないだけで、特定の男と見なされ、尊重するだけでなく、宇宙全体として考えています。 It is, indeed, with reference to this latter aspect that the controversy arose in ancient times.これは、実際のところ、この後者の側面を基準にして古代の論争が起こりました。

HISTORICAL SKETCH史的概観

The doctrine of immanence came into existence simultaneously with philosophical speculation.その教義の存在を同時に内在して哲学的思索に入ってきた。 This was inevitable, since man first conceived all things after his own likeness.これは避けられないものは、すべてのことを考えて以来初めての男の後、自分の似顔絵です。 He regarded the universe, then, as a living thing, endowed with immanent activity, and working for the full unfolding of its being.彼は、宇宙と見なすことは、その後、生き物として、内在的な活動に恵まれているし、完全な展開のために働いているのだ。 Under the veil of poetic fictions, we find this view among the Hindus, and again among the sages of Greece.詩的な小説の美名の下に、我々の間で、このビューを見つけるヒンズー教徒は、ギリシャとの再度のうち、 sages 。 The latter hold a somewhat confused Hylozoism: as they see it, the cosmos results from the evolution of a single principle (water, air, fire, unity), which develops like an animal organism.後者のホールドはやや混乱活論:として彼らを見ることは、コスモスの進化の結果から、 1つの原則(水質、大気、火、団結)は、動物のような生物を開発しています。 But Socrates, coming back to the study "of things human", refuses to look upon himself as merely part and parcel of the Great All.しかし、ソクラテスは、この研究に戻ってきつつある"人間のもの"と、拒否して被らとして見るだけでは、偉大なすべての本質的な部分です。 He asserts his independence and declares himself distinct from the universe; and thus he shifts the pivotal problem of philosophy.彼は彼の独立を主張、宇宙からはっきりと自分自身を宣言;こうして彼の哲学交代で、極めて重要な問題だ。 What he professes is, indeed, the immanence of the subject, but that immanence he does not conceive as absolute, for he recognizes the fact that man is subject to external influences.彼は何professesのは、確かに、その内在の件名が、その内在としての絶対的な構想は思っていない、という事実を認識するために彼の男は、件名を外部に影響を及ぼす。 Thenceforward, these two conceptions of immanence are to alternate in ascendancy and decline.その時以来、これら2つの概念を内在して異なるが優勢と減少しています。 After Socrates, Plato, and Aristotle, absolute immanence regains its sway through Zeno of Cittium, who gives it its clearest expression.後にソクラテスは、プラトン、アリストテレスは、その絶対的な影響を与えるの内在regainsゼノンのcittiumを通して、その明確な表現を与えている。 In turn it falls back before the preaching of Christianity, which sets forth clearly the personality of man and the distinction between God and the world.逆戻りする前に電源を入れ、キリスト教の説教は、その人格の送付を明確に区別し、神と人間との世界です。 The Alexandrians, in the wake of Philo, impart a new lustre to the doctrine of absolute immanence; but St. Augustine, borrowing from Plotinus the Stoic notion of "seminal principles", contends for relative immanence which in the Middle Ages triumphs with St. Thomas.そのalexandrians 、フィロの発生を受けて、新たな光沢を与えるの教義の絶対的な内在;しかし、聖アウグスティヌスは、借入plotinusの禁欲的な概念から"精の原則"は、相対的主張のためには、中世の内在して聖な功績トーマス。 With the Renaissance comes a renewal of life for the theory of absolute immanence.ルネサンス来るの更新して生活するために絶対的な理論の内在です。 In the seventeenth and eighteenth centuries, on the contrary, Descartes and Kant maintain the transcendency of God, though recognizing the relative immanence of man.は、 17および18世紀にもわたって、逆に、デカルトやカント超越神を維持するが、相対的認識の内在の男です。 But their disciples exaggerate this latter fact and thus fall into subjective monism: the ego is shut up in its absolute immanence; it posits the non-ego.後者の弟子が、この事実を誇張するために陥る主観的一元論:たてこもるの自我は、その絶対的内在; posits 、それ以外のエゴ。 After Fichte, Schelling, and Hegel, the same path is taken by Cousin, Vacherot, Bergson, and many others.後フィヒテ、シェリング、ヘーゲルと、同じパスが取られるのいとこは、バシュロ、ベルクソンや他の多くのです。 The principle of absolute immanence becomes a dogma which they seek to impose upon contemporary philosophy.絶対的内在性の原則がドグマになって彼らに現代哲学を課すことを求める。 It confronts revealed religion, and appears as one of the sources of modernism, which it thus brings into close proximity with liberal Protestantism.宗教confronts明らかにすること、およびソースが表示されたら、モダニズムの1つとして、それをもたらすためにリベラルなプロテスタント近接しています。 The notion of immanence is at the present day one of the centres around which the battle is being fought between the Catholic religion and monism.内在するという考えは、 1つは、現今では、センターの周りでは、カトリック教徒の間の戦いれている宗教と一元論戦った。

Before passing on to larger development, we note that;大規模な開発の上を通過する前に、私たちに注意して;

(1) under its various aspects, the conception of immanence is the interpretation and extension of a fact observed in the living subject; ( 1 )のもと、さまざまな面では、その概念の内在的解釈とは、実際に観測された拡張子は、リビングに服従する;

(2) in every age it takes on two parallel and opposite forms, which the Encyclical "Pascendi gregis" defines in an eminently philosophical way, as follows: "Etenim hoc quærimus; an ejusmodi 'immanentia' Deum ab homine distinguat necne? Si distinguit, quid tum a catholica doctrina differt aut doctrinam de revelatione cur rejicit? Si non distinguit, pantheismum habemus. Atqui immanentia haec modernistarum vult atque admittit omne conscientiæ phenomenon ab homine, ut homo est, proficisci" (For, we ask, does this "immanence" make God and man distinct or not? If it does, then in what does it differ from the Catholic doctrine? or why does it reject what is taught in regard to revelation? If it does not make God and man distinct, it is Pantheism. But this immanence of the Modernists would claim that every phenomenon of consciousness proceeds from man as man). ( 2 )すべての年齢の向かいにかかると平行して2つのフォームは、この回勅" pascendi gregis "完ぺきな哲学を定義する方法は、以下のとおり: " etenimアドホックquærimus ;するejusmodi ' immanentia ' deum ABのhomine distinguat necne ?市distinguitは、 1ポンドをポンと鳴らすcatholica doctrina differt aut doctrinamデrevelatione最新版rejicit ?市以外distinguit 、 pantheismum habemus 。 atqui immanentia atque haec modernistarum vult admittit omne conscientiæ ABの現象homine 、ホモestしかし、 proficisci " (ために、我々は、この"内在"神と人間を区別なかろうか?場合は、その時点ではどのような点で異なりますカトリック教義のか、あるいはそれを拒否するのはなぜどのような教えでは、ヨハネの黙示録関連してですか?表示されない場合は、神と人間を区別、それは汎神論。しかし、これは、内在modernistsと主張してすべての男からの収益の意識の現象として男) 。

DIVISION

From this general consideration of the subject the following division arises.この全般的な考察の対象から、次の課が発生します。

A. The doctrine of immanence, A.付録の教義の内在、

(1) absolute, ( 1 )絶対、

(2) relative. ( 2 )相対的です。

And, as this doctrine has of late years given birth to a new method in apologetics, we shall next consider:そして、この教義としては、近年の出生時に与えられた弁証に、新しいメソッドでも、わたしたちは次の検討:

B. The employment of the method of immanence, Bに内在して雇用する方法は、

(1) absolute, ( 1 )絶対、

(2) relative. ( 2 )相対的です。

A. The Doctrine of Immanence A.付録の教義の内在

(1) Absolute Immanence ( 1 )絶対的内在

(a) Its Historical Evolutionその歴史的な進化(する)

At its outset the doctrine of immanence, properly so called, was concerned with solving the problem of the world's origin and organization: the universe was the resultant of an absolutely necessary, immanent evolution of one only principle.冒頭で、その教義の内在は、いわゆる適切には、問題の解決を心配していたが、世界の起源と組織:宇宙の合力は、絶対に必要なのは、進化の内在的な原則の1つのみです。 The Stoics, who gave it its first exact formula, virtually revived the pre-Socratic cosmogonies.そのstoics 、それは、初めての人の正確な数式は、ソクラテス以前の事実上の復活cosmogonies 。 But they shut up in matter first the "Demiurgic Word", in which Plato saw the efficient cause of the cosmos; and, then, the transcendently lovable and desirable "Supreme Intelligence", postulated by Aristotle as the final cause of universal activity.だがかれらの問題を最初にたてこもる" demiurgicワード"は、プラトンのこで、効率的な原因は、コスモス;と、その後、並外れてかわいいと望ましい"最高の知性"は、想定されたアリストテレスの最終的な原因として、普遍的活動です。 There existed, then, but one principle under a seeming duality; it was corporeal, though it expressed itself sometimes in terms of passivity, when it was called matter, and sometimes in terms of activity, when it was called force, or cause.その存在は、その後、しかし、 1つの原則の下で見せかけの二重性;それは肉体が、それ自体を表明時には受動性の点では、問題と呼ばれたときには、活動の点で、そしてときどき、呼び出されたときには強制的、または原因です。 It was the technic fire presiding over the genesis of the world; it was the Divine seminal principle from which all things were born (pyr technikon, Logos spermatikos).それは、技術火災大統領は、世界の創世記;それは、精神の全能の原理から生まれた(火technikon 、ロゴspermatikos ) 。 This principle, which is the first to move, is also the first to be moved, since nothing is outside of it; all beings find in it their origin and their end, they are but successive moments in its evolution, they are born and they die through its perpetual becoming.この原則は、これは、最初に移動するか、また、最初に動かさなければならないのは、外のことは何もないので、すべての生き物を見つけることが起源とその終わりでは、彼らはその進化の瞬間しかし、逐次、彼らは、生まれながらにして死ぬを通じて、永久になる。 The fiery spirit seems to move the chaotic mass as the soul moves the body, and this is why it is called the "soul of the world".燃え立つような精神のように動かすには、カオス的質量移動体としての魂は、なぜそれが呼ばれており、これが、 "魂の世界" 。 Human souls are but sparks from it, or rather its phenomena, which vanish at death and are re-absorbed into the bosom of nature.しかし、スパークス、そこから人間の魂は、その現象というか、これで消える死とは、再自然の懐に吸収される。 This is Hylozoism carried to its ultimate expression.これはその究極の表現活論に運ばれた。

The Greek and Roman Stoics changed nothing in this conception.何もないとは、ギリシャローマstoicsこの構想が変更されました。 Philo alone, before Christianity, attempted to transform it.フィロだけでは、キリスト教の前には、変換しようとしています。 Pursuing the syncretic method which he brought into repute in the School of Alexandria, he undertook to harmonize Moses, Plato, and Zeno.融合法を追求し、彼は、学校の評判に持ち込まアレキサンドリア、彼はムーサー引き受けたを調和させるため、プラトン、およびゼノン。 Thus he was led into a sort of inverted Stoicism, setting up at the origin of all things no longer a corporeal seminal principle, but a spiritual God, perfect, anterior to matter, from whom everything is derived by a process of outflow and downflow continued without limit.こうして彼は禁欲を中心にある種の倒立は、すべての原点を設定することは、もはや肉体精原理は、神ではなく、精神的、完璧な、前に問題は、誰から導出される過程で、すべてが流出し続けて下降限度額なし。 Proclus, Porphyry, Jamblicus, and Plotinus adopted this emanationist Pantheism, which formed the basis of their neo-Platonism. proclus 、斑岩、 jamblicus 、そしてこのemanationist汎神論plotinus採択は、彼らの基礎を成すネオプラトン哲学です。 From Egypt the Alexandrian ideas spread over the West through two channels.エジプトのアレクサンドリアからのアイデアを西側に広がる2つのチャネルを介しています。 First, in the fourth century, they entered Spain with a certain Mark, who had lived at Memphis; in Spain they developed by amalgamating with Manichæism under the influence of Priscillian, and after the German conquest of Spain they passed into Gaul.まず、第4世紀には、かれらを入力して、特定のマークスペイン、メンフィスに住んでいた; amalgamatingスペインで開発された彼らの影響下にあるpriscillianをmanichæism 、そして彼らのスペイン征服した後、ドイツのゴールを通過しています。 In the latter country, moreover, they were propagated by the Latin translations of Boethius.後者の国で、また、かれらはラテン語の翻訳boethius伝播される。 Later on, we find traces of them in Scotus Eriugena (ninth century), then in Abelard (twelfth century), Amaury of Bêne, and David of Dinant (twelfth and thirteenth centuries), and especially in the celebrated Meister Eckhart (fourteenth century).その後、我々はそれらの痕跡を見つけるscotusエリウゲナ( 9世紀) 、その後、アベラード( 12世紀) 、 amauryのbêne 、そしてデビッドのディナン(第12と13世紀にもわたって) 、そして特に祝いましたマイスターエックハルト( 14世紀) 。 Soon after this the Renaissance restores the ancient doctrines to honourable consideration, and the philosophy of immanence reappears in the commentaries of Pomponatius on Aristotle and those of Marsilio Ficino on Plotinus.この後すぐに元に戻すのルネサンス名誉ある古代の教説を考察し、その理念を内在して再度表示さpomponatiusアリストテレスの論評で、それらの上plotinusフィチーノmarsilio 。 Giordano Bruno saw in God the monad of monads, who by an inward necessity produces a material creation which is inseparable from Himself.ジョルダーノブルーノ神のモナドのmonadsのこぎりでは、人を生成する材料を創出する必要性を内側には、自分自身から切っても切れない。 Vanini made God immanent in the forces of nature, while, according to Jacob Böhme, God acquires reality only through the evolution of the world.神の前でバニーニ内在する自然の力を、中によると、ジェイコブベーメは、神の買収を通じてのみ現実の世界の進化の過程です。 By an unbroken tradition, then, the doctrine of immanence comes down to modern times.連綿と続く伝統で、その後、その教義のとばりが降りるの内在してモダンタイムズ。 The Cartesian revolution seems even to favour its development.デカルト革命の恩恵をそのようにも開発中です。 Exaggerating the distinction between soul and body, the former of which moves the latter by means of the pineal gland, the mechanical theories prepared the way for Malebranche's occasionalism: God alone acts; "there is but one true cause, because there is but one true God."誇張の魂と体の違いは、前者が後者の動きによって、松果体は、機械的な理論への道を用意マルブランシュの偶因論:神の行為だけで、 "しかし、 1つの真の原因は、そこにはただ1つの真実神です。 " Spinoza, too, admits only one cause.スピノザでも、 1つだけの原因と認めている。 A disciple of Descartes in the geometrical rigour of his deductive processes, but still more a disciple of the rabbis and of Giordano Bruno in the spirit of his system, he sets up his natura naturans unfolding its attributes by an immanent progression.デカルトは、幾何学的に弟子のrigour彼の演繹的プロセスが、それでもこちらでは、律法学者や弟子のジョルダーノブルーノは、彼の精神のシステムを、彼は彼のnatura naturansアンフォールディングセットアップされたその属性の進行を内在する。 This is all but the revival of Alexandrian thought.しかし、これはすべてのアレクサンドリアの復活は思いました。

True Cartesianism, however, was not favourable to theories of this sort, for it is based on personal evidence, and it distinguishes sharply between the world and its transcendent cause.真cartesianismしかし、良好ではないが、この種の理論は、これは個人的な証拠に基づいて、大幅に区別して、世界との間にその原因を超越した。 With its vivid realization of the importance and independence of the individual, it follows, rather, the Socratic tradition.その実現の重要性を鮮明にして、個々の独立性は、それ以下のとおりです、というと、ソクラテスの伝統だ。 That insight, defined and purified by Christianity, had all along served as a barrier against the encroachment of the doctrine of absolute immanence.その洞察力は、キリスト教の定義および精製される、すべて沿いを務めていたが、侵害に対する障壁の教義の絶対的内在。 It could not but derive fresh strength from the philosophy of Cogito, ergo sum, and it was indeed strengthened even to excess.しかし、新鮮な力を得ることができなかったことから、哲学のコギト、エルゴ和が、それは確かに過剰にも強化されます。 Jealous of its own immanence, which it had learned to know better than ever, the human mind overshot its first intention and turned the doctrine of absolute immanence to its own profit.嫉妬して、独自の内在は、それを知っていたよりも学んだことは、人間の精神のオーバーランは、最初の意図と電源が内在して、独自の教義の絶対的な利益だ。 At first it sought only to solve the problem of knowledge, while keeping entirely clear of empiricism.最初はその問題を解決することを求めただけの知識、経験主義を残しながら、完全に消去します。 In the Kantian epoch it still claimed for itself only a relative immanence, for it believed in the existence of a transcendent Creator and admitted the existence of noumena, unknowable, to be sure, but with which we maintain relations.エポックは、カントの主張をすること自体まだほんの相対的内在は、それを超越の存在を信じてクリエーターとnoumenonの複数の存在を認め、不可知、確かに、しかし、私たちが関係を維持しています。 Soon the temptation becomes stronger; having hitherto pretended to impose its own laws on knowable reality, thought now credits itself with the power of creating that reality.すぐに誘惑にさらに強まる;ふりを課すことに至るまで、独自の法律を知り現実には、思考力を今すぐクーポンを作成すること自体が現実です。 For Fichte, in fact, the ego not only posits knowledge, it also posits the non-ego.フィヒテのため、実際には、自我posits知識だけでなく、それ以外にも、自我posits 。 It is the pre-eminent form of the Absolute (Schelling).それは、高名な形で、事前に絶対(シェリング) 。 No longer is it the Substance that, as natura naturans, produces the world by a process of derivation and degradation without limit; it is an obscure germ, which in its ceaseless becoming, rises to the point of becoming man, and at that point becomes conscious of itself.この物質は、もはやそれは、 natura naturansとしては、世界の生産過程で導出されると分解せずに限界;それは、無名の胚で、これは、不断になる、男になるポイント上昇して、その時点となるそれ自体を意識しています。 The absolute becomes Hegel's "idea", Schopenhauer's "will", Hartmann's "unconscious", Renan's "time joined to the onward tendency" (le Temps joint à la tendance au progrès), Taine's "eternal axiom", Nietzsche's "superman", Bergson's "conscience".ヘーゲルの絶対なる"と考え" 、ショーペンハウアーの"さ" 、ハルトマンの"無意識の"は、ルナンの"時間オンワード傾向に参加して" (ル時progrès共同アラカルト看護オー) 、テーヌの"永遠の公理"は、ニーチェの"スーパーマン"は、ベルクソンの"良心" 。 Under all the forms of evolutionistic monism, lies the doctrine of absolute immanence.一元論の下でのすべての形態の進化論は、嘘の教義の絶対的内在。

Considering the religious tendencies of our age, it was inevitable that this doctrine should have its corresponding effect in theology.私たちの時代の宗教的な傾向を考慮し、それは避けられないはずその対応して、この教義神学効果です。 The monism which it preaches, setting aside the idea of separateness between God and the world, also removes entirely the distinction between the natural order and the supernatural.説教の一元論それは、分離取りたくなくなるという考えを神との間に、世界は、完全に削除するのも区別するために、自然と超自然的です。 It denies anything transcendent in the supernatural, which, according to this theory, is only a conception springing from an irresistible need of the soul, or "the ceaseless palpitation of the soul panting for the infinite" (Buisson).超越することを否定するもので、超自然的、これは、この理論によれば、サスペンションは、より魅力的な概念だけでは、魂が必要、または"魂は、動悸、息切れのため不断の無限" (ビュイソン) 。 The supernatural is but the product of our interior evolution; it is of immanent origin, for "it is in the heart of mankind that the Divine resides".しかし、超自然は、私たちのインテリア製品の進化;それは、内在的な起源は、 "これは人類の中心部には、神が存在する"とした。 "I am a man, and nothing Divine is foreign to me" (Buisson). "私は一人の男は、外国人と私には何もない神" (ビュイソン) 。 Such is the origin of religion in this view.このような宗教の起源は、このビューを表示する。 And herein we recognize the thesis of liberal Protestantism as well as that of the Modernists.そしてここで我々の論文を認識するだけでなく、リベラルなプロテスタントのmodernistsしている。

(b) The actual content of the doctrine of Absolute Immanence ( b )に、実際のコンテンツの教義の絶対的な内在

As it is nowadays presented, the doctrine of absolute immanence is the resultant of the two great currents of contemporary thought.として提示することは今日では、この学説は、絶対的な内在合力は、二つの大きな潮流の現代思想です。 Kant, reducing everything to the individual consciousness, and declaring all metaphysical investigation to be illusory, locks the human soul in its own immanence and condemns it thenceforth to agnosticism in regard to transcendent realities.カントは、すべてを減らすことで、個々の意識には、すべての形而上学と宣言される架空の捜査は、人間の魂をロックして、独自の内在と非難することはその時以来の現実を超越不可知論と関連しています。 The Positivist movement reaches the same terminus.実証主義運動の末端に達すると同じです。 Through mistrust of that reason which Kant had exalted to such a degree, Comte rejects as worthless every conclusion that goes beyond the range of experience.カントの不信感を介していたことを理由にこのような高貴度、コントごとに結論を出すことを拒否したとしての価値もないが、経験の範囲を超えています。 Thus the two systems, setting out from opposite exaggerations, arrive at one and the same theory of the unknowable: nothing is left us now but to fall back upon ourselves and contemplate the phenomena which emerge from the depths of our own ego.このように2つのシステムでは、反対側から設定するexaggerations 、一つに到着すると、同じ理論は、不可知:今でも私たちは何もない左側に戻って沈思黙考すると、自分自身の奥深くから現れる現象を私たち自身のエゴだ。 We have no other means of information, and it is from this inner source that all knowledge, all faith, and all rules of conduct flow out by the immanent evolution of our life, or rather of the Divine which thus manifests itself through us.我々の情報を他の手段ではない、とすることは、すべてのソースからこのインナーの知識は、すべての信仰は、すべてのルールを行うとされる内在的な進化の流れから、私たちの生活は、神というよりは、私たちがこうして行為自体を介しています。 This initial position determines the solutions which the doctrine of immanence furnishes for the problems concerning God and Man.このソリューションは、最初の位置を決定するための原則の内在furnishes神と人間の問題です。

(i) God ( ⅰ )神

The problems of the Divine life and action are among the foremost to interest the partisans of absolute immanence.人生とは、神の問題行動は、利子のうち、第一に絶対的な支持者の内在しています。 They talk incessantly of Trinity, Incarnation, and Redemption, but only, as they claim, to do away with the mysteries and to see in these theological terms merely the symbols that express the evolution of the first principle.彼らのトークひっきりなしにトリニティ、権化、および償還ではなく、彼らの主張としては、この謎を廃止すると神学を参照して、これらの記号で構成される用語だけでは、第一原理の進化の過程を表明した。 Philo's Trinity, like that of neo-Platonism, was an attempt to describe this evolution, and the moderns have only resuscitated the Alexandrian allegory.フィロのトリニティは、ネオプラトン哲学のように、この進化を説明する試みは、モダーンズしかないとアレゴリー蘇生のアレクサンドリア。 The great being, the great fetish, and the great medium (Comte), the evolving idea, the evolved idea, and their relation (Hegel), unity, variety and their relation (Cousin) -- all these, in the thought of their originators, are but so many revivals of the Oriental myths.偉大で、偉大なフェチ、そして偉大な媒体(コンテ)は、進化のアイデアは、進化のアイデア、およびそれらの関係(ヘーゲル) 、団結、バラエティーとその関係(いとこ) -これらすべては、自分の考えoriginators 、しかし、非常に多くのは、東洋の神話revivals 。 But conscience now demands the abolition of all such symbols.しかし、今の良心の廃止を要求してこのようなすべてのシンボルです。 "The religious soul is in fact forever interpreting and transforming the traditional dogmas" (Sabatier), because the progress of the absolute reveals to us new meanings as it makes us more fully conscious of the Divinity that is immanent in us. "実際には宗教的な魂は永遠の伝統的な教義の解釈や形質転換" (サバティエ)は、進行中のため、我々は絶対に新しい意味を明らかにすることを我々としては、より完全に神性を意識して、私たちが内在する。 Through this progress the incarnation of God in humanity goes on without ceasing, and the Christian mystery (they make the blasphemous assertion) has no other meaning.これを通して、神が人類の進歩の権化なしにしゃべるが起こっている、とキリスト教の謎(かれらの冒とく的な主張を行う)他の意味がない。 There can be no further question of a redemption; nor could there have been an original fall, since in this view, disobedient Adam would have been God Himself.さらなる疑問の余地はないの償還;可能性もあるが、オリジナルの秋、以来、このビューで、反抗的なアダムが、神は自分自身だ。 At most the pessimists admit that the Supreme will, or the unconscious, which blundered into the production of the world, will recognize its blunder as it rises to consciousness in individuals, and will repair that blunder by annihilating the universe.悲観論者を認めることで、最高のほとんどは、無意識のか、これは、世界の生産をblundered 、失態としては、そのことを認識して意識の上昇で個人は、消滅したとは、宇宙の失態を修理している。 In that hour of cosmic suicide, according to Hartmann, the Great Crucified will have come down from his cross.自殺して宇宙での時間は、ハルトマンによると、十字架につけられ、偉大な彼の十字架が降りてくるからだ。 Thus is Christian terminology incessantly subjected to new interpretations.これは、キリスト教の用語絶え間なく新しい解釈を受ける。 "We still speak of the Trinity . . ., of the Divinity of Christ, but with a meaning more or less different from that of our forefathers". "我々は、まだ話すトリニティ。 。 。 、キリストの神性、という意味ですが、多かれ少なかれ私たちの祖先が違う" 。 Buisson, in his "La Religion, la Morale et la Science", thus explains the influence of the doctrine of immanence upon the interpretation of dogmas in liberal Protestantism.ビュイソン、彼の"ラ宗教、ラ士気etラサイエンス"は、このように説明し、影響力の教義上の解釈の教義に内在リベラルなプロテスタント。

(ii) The World, Life, and the Soul ( ⅱ )の世界では、命と魂

To explain the origin of the world, the evolution of the Divine principle is put forward.世界の起源を説明するのは、進化の原理は、神の前に置く。 This hypothesis would also account for the organization of the cosmos.この仮説は、その組織のためにもアカウントのコスモス。 Hence the universal order is considered as the outcome of the action of blind energies, and no longer as the realization of a plan conceived and executed by a providence.したがって、その普遍的とみなさ注文は、アクションの結果として、目の不自由なエネルギーは、もはやとして、計画の実現の摂理で実行されたと考えています。 From the physico-chemical forces life issues; the absolute slumbers in the plant, begins to dream in the animal, and at last awakens to full consciousness in man.物理化学的勢力からの人生の問題で、同工場の絶対眠って、夢の中の動物を開始すると、そしてとうとう完全に意識の中の男を起こしています。 Between the stages of this progress there is no breach of continuity; it is one and the same principle which clothes itself in more and more perfect forms, yet never withdraws from any of them.この段階での進捗状況の間に違反がない連続;それは1つの原則と同じ服自体が増えて完璧なフォームでは、まだないからいずれかを担当しています。 Evolutionism and transformism, therefore, are but parts of that vast system of absolute immanence in which all beings enfold one another, and none is distinct from the universal substance.進化論と生物変移、従って、広大なシステムは、しかし、絶対的な部分を内在しては、すべての生き物の1つ別のくるむ、およびnoneは、普遍的に異なる物質です。 Consequently, there is no longer any abyss between matter and the human soul; the alleged spirituality of the soul is a fable, its personality an illusion, its individual immortality an error.この場合、結果的には、もはやいかなる物質との間に、人間の魂の深淵;疑惑の寓話は、霊の魂は、その人柄と錯覚さは、個々の不滅のエラーが発生する。

(iii) Dogma and Moral ( ⅲ )と道徳的な教義

When the Absolute reaches its highest form in the human soul, it acquires self-consciousness.絶対に達したとき、最高の形で、人間の魂は、それを買収自意識過剰です。 This means that the soul discovers the action of the Divine principle, which is immanent in it as constituting its essential nature.これは、神の魂を検出し、アクションは、原則として、これは内在してその本質的な性質として構成します。 But the perception of this relation with the Divine -- or, rather, of this "withinness" of the Divine -- is what we are to call Revelation itself (Loisy).しかし、これと関連して、神の知覚-あるいは、むしろ、この" w ithinness"は、神-は、我々はどのようなヨハネの黙示録自体をコール(ロワジ)。 At first confused, perceptible only as a vague religious feeling, it develops by means of religious experience (James), it becomes clearer through reflexion, and asserts itself in the conceptions of the religious consciousness.最初は混乱し、漠然とした宗教的な感情としてのみ知覚は、宗教的な体験をすることによって開発(ジェームズ) 、送ったらを通じて明確に反射し、主張自体は、宗教的な概念を意識しています。 These conceptions formulate dogmas -- "admirable creations of human thought" (Buisson) -- or rather of the Divine principle immanent in human thought.これらの概念を策定する教義-"立派な人間の思考の創造" (ビュイソン) -というよりは、人間の思考に内在する神の原理です。 But the expression of dogmas is always inadequate, for it marks but one moment in the religious development; it is a vesture which the progress of Christian faith and especially of Christian life will soon cast off.しかし、表情は、いつも不十分な教義は、それを1つの瞬間には、宗教的なマルクしかし開発;これは、キリスト教の進捗状況を覆うもので、特にキリスト教の信仰生活をまもなく脱ぎ捨てる。 In a word all religion wells up from the depths of the sub-conscious (Myers, Prince) by vital immanence; hence the "religious immanence" and the more or less agnostic "symbolism" with which the Encyclical "Pascendi gregis" reproaches the Modernists.ワードは、すべての宗教の深井戸からのアップを意識し、サブ(マイヤーズ、プリンス)の内在された生命;それ故、 "宗教の内在"とは多かれ少なかれ不可知論者"の象徴的な意義"との回勅" pascendi gregis "と非難しmodernists 。

The human soul, creator of dogmas, is also the creator of moral precepts, and that by an absolutely autonomous act.人間の魂は、クリエーターの教義は、道徳的な教訓でもあるの生みのは、絶対に自律行動されるとしています。 Its will is the living and sovereign law, for in it is definitively expressed the will of the God immanent in us.その法律は、ソブリンは、リビングとは、力を限定的に発現することが、私たちは、神の内在しています。 The Divine flame, which warms the atmosphere of our life, will enevitably cause those hidden germs of morality to develop which the absolute has implanted.火炎の神は、私たちの生活の雰囲気をwarms 、それらの原因が隠されてenevitably病原菌を開発するのが、絶対的な道徳観が植え付けられた。 Hence, there can be no longer any question of effort, of virtue, or of responsibility; these words have lost their meaning, since there is neither original sin nor actual and freely willed transgression.したがって、質問することもでき、もはやいかなる努力は、美徳、あるいは責任;これらの言葉の意味を失ったが、そこからは、どちらも実際の原罪罪と自由意志です。 There is no longer any blameworthy concupiscence; all our instincts are impregnated with Divinity, all our desires are just, good, and holy.強欲には、もはやいかなる非難に値する;含浸しては、すべて私たちの本能神性は、すべて私たちの願いはただ、良い、と聖。 To follow the impulse of passion, to rehabilitate the flesh (Saint-Simon, Leroux, Fourrier), which is one form under which the Divinity manifests itself (Heine), this is duty.インパルスの情熱に従って、その肉を更生させる(サンシモン、ルルー、 fourrier )は、下のフォームのうちの1つの行為自体に神性(ハイネ)は、これは義務だ。 In this way, indeed, we cooperate in the redemption which is being accomplished day by day, and which will be consummated when the absolute shall have completed its incarnation in humanity.この方法で、実際のところ、我々に協力して償還日ごとに達成されている、とされるconsummatedが完了したときには絶対的なもので人類の権化。 The part which moral science has to play consists in discovering the laws which govern this evolution, so that man in his conduct may conform to them (Berthelot) and thus ensure the collective happiness of humanity; social utility is to be hence-forward the principle of all morality; solidarity (Bourgeois), which procures it, is the most scientific form of immanent morality, and of this man is, in the universe, the beginning and the end.科学が、道徳的な部分を構成してプレーを支配し、この進化の法則を発見、男を行うかもしれませんので、それらに準拠して(ベルトロー)こうして、人類の幸福を確保するための集団;社会的効用は、そのために転送されるという原則すべての道徳;連帯(ブルジョア)で、温めて、科学的な形では、最も内在的な道徳性、そして、この男は、宇宙空間では、との終わりの始まりだ。

(2) Relative Immanence ( 2 )相対的内在

(a) Its Historical Evolutionその歴史的な進化(する)

Since the day when Socrates, abandoning the useless cosmogonic hypotheses of his predecessors, brought philosophy back to the study of the human soul, whose limits and whose independence he defined -- since that time the doctrine of relative immanence has held its ground in conflict with the doctrine of absolute immanence.その日以来ソクラテスときには、無用の放棄、彼の前任cosmogonic仮説は、背面もたらした哲学の研究は、人間の魂には、彼の独立性の限界とその定義-その時以来の教義の相対的内在は、地上で行われたとの紛争にその教義の絶対的内在。 Relative immanence recognizes the existence of a transcendant God, but it also recognizes, and with remarkable precision, the immanence of Psychical life.相対的内在超越神の存在を認識し、それにも認識して、顕著な精度では、生活の内在の精神です。 It is upon the evidence of this fact, indeed, that the admirable pedagogical method, known as maieutic, is founded.それはこのような事実上の証拠は、確かに、それは立派な教育方法では、助産術として知られ、創業は。 Socrates thoroughly understood that knowledge does not enter our minds ready made from without; that it is a vital function, and therefore immanent.ソクラテスの知識を徹底的に理解していない私たちの心の準備ができてから作られることなく入力;することは、極めて重要な機能を、それゆえに内在する。 He understood that a cognition is not really ours until we have accepted it, lived it, and in some sort made it over for ourselves.彼は本当に理解していないことを我々は、認知されるまで我々は利用することは、生きて、そしてそれ以上前にいくつかのために自分自身をソートします。 This certainly attributes to the life of thought a real immanence, not, however, an absolute immanence; for the soul of the disciple remains open to the master's influence.これは確かに属性を内在人生の真の思想ではなく、しかし、絶対的内在;弟子の魂のためには、マスターの影響力を開いています。

Again we find this conception of relative immanence in Plato.再び我々の相対的概念を見つけるこのプラトン内在しています。 He transports it, in a rather confused manner, into the cosmological order.彼はトランスポートには、どちらかというと混乱した態度で、宇宙を注文した。 He thinks, in fact, that, if there are things great and good and beautiful, they are such through a certain participation in the ideas of greatness, goodness, and beauty.彼の考えで、事実上、それは、偉大な存在する場合は、良好で、美しいものは、かれらは、特定の参加を通じて、このようなアイデアの偉大さ、善良さ、そして美しさです。 But this participation does not result from an emanation, an outflowing from the Divinity into finite beings; it is only a reflection of the ideas, a resemblance, which the reasonable being is in duty bound to perfect, as far as possible, by his own energy.しかし、この結果から、放射能に参加しないと、神からの流出を有限生き物;ことだけがアイデアを反映したもの、と類似点は、これには、合理的な束縛を完璧に義務は、できるだけ遠いところには、彼自身によるエネルギーです。 With Aristotle this notion of an immanent energy in individuals acquires a new definiteness.アリストテレスが、この概念は、個人の内在的なエネルギーの新たな定性を買収した。 The very exaggeration with which he refuses to admit in God any efficient causality, as something unworthy of His beatitude, leads him to place at the heart of finite being the principle of the action which it puts forth with a view to that which is supremely lovable and desirable.彼は非常に誇張することで、これを拒否し、神の存在を認める任意の効率的な因果関係は、何かに値しないとしての彼の至福は、彼をリードしている場所には、心臓の有限性の原則来たりして、アクションを配置することを視野に入れていることずば抜けて憎めないと望ましいです。 Now, according to him, these principles are individualized; their development is limited; their orientation determined to a definite aim; and they act upon one another.今、彼によると、これらの原則は、個別;彼らの開発は限られて;彼らの決意を明確な方向を目指して、かれらに従って行動する別の1つだ。 It is, therefore, a doctrine of relative immanence which he maintains.それは、したがって、彼の教義の相対的内在さを維持します。 After him the Stoics, reviving the physics of Heraclitus, came back to a system of absolute immanence with their theory of germinal capacities. stoicsした後、彼は、物理学の再生ヘラクレイトスは、絶対に戻ってきたというシステムを内在して自分の理論の生殖能力です。 The Alexandrian Fathers borrowed this term from them, taking out of it, however, its pantheistic sense, when they set themselves to search in the writings of the pagans for "the sparks of the light of the Word" (St. Justin), and, in human souls, for the innate capacities which render the knowledge of God so easy and so natural.この用語は、かれらから借りたアレクサンドリアの祖先は、服用することは、しかし、その汎神論の意味では、かれら自身の設定の記述を検索するためには、多神教徒"とスパークスは、その言葉の光" (聖ジャスティン) 、およびは、人間の魂は、生来の能力を描画するための知識があるので、神や自然のように簡単です。 St. Augustine, in his turn defines these capacities as "the active and passive potentialities from which flow all the natural effects of beings", and this theory he employs to demonstrate the real, but relative, immanence of our intellectual and moral life.聖アウグスティヌスは、彼のこのような能力の電源として定義"の流れをより積極的かつ受動的潜在的可能性のすべての生き物の自然の影響"とし、この理論を実証する従業員の実際の彼は、しかし、相対的、知的、道徳的な私たちの生活の内在です。 Our natural desire to know and our spontaneous sympathies do not germinate in us unless their seeds are in our soul.私たちの自然な願望を知っていると私たちの自発的同情しないで自分の種子が発芽しない限り、我々は我々の魂です。 These are the first principles of reason, the universal precepts of the moral consciousness.これらの理由は、最初の原則は、普遍的な教えは、道徳的な意識です。 St. Thomas calls them "habitus principiorum", "seminalia virtutum" "dispositiones naturales", "inchoationes naturales".セントトマス電話して"ハビトゥスprincipiorum " 、 " seminalia virtutum " " dispositiones天然" 、 "天然inchoationes " 。 He sees in them the beginnings of all our physiological, intellectual, and moral progress, and, following the course of their development, he carries to the highest degree of precision the concept of relative immanence.彼はすべての始まりにして私たちの生理的、知的、道徳的な進捗状況と、そして、彼らの次の開発の過程で、彼は、最高度の精度を運ぶという概念を相対的内在。 The Thomist tradition -- continuing after him the struggle against empiricism and positivism on the one side and, on the other, against rationalism carried to the extreme of monism -- has always defended the same position.伝統のthomist -継続した後、彼の経験主義との闘いを実証して片側には、他のは、合理主義に反対して、極端に運ばの一元論-は、いつもと同じ立場を擁護した。 It recognizes the fact of immanence, but rejects every exaggeration on either side.内在することを認識して事実が、すべて拒否して両側に誇張している。

(b) Actual Content of the Doctrine of Relative Immanence ( b )に実際のコンテンツの教義の相対的内在

This doctrine rests upon that innermost experience which reveals to man his individuality, that is to say his inward unity, his distinctness from his environment, and which makes him conscious of his personality, that is to say, of his essential independence with respect to the beings with which he is in relation.この教義をして心の奥にある男の経験が彼の個性を明らかにして、それは彼の内側への団結と言って、彼のよく知られてから自分の環境では、このせいで彼と彼の性格を意識し、これは、つまり、彼の本質的な独立性を尊重して彼はこれに関連して生き物です。 It, moreover, avoids all imputation of monism, and the manner in which it conceives of immanence harmonizes excellently with Catholic teaching.それは、また、すべてのそしりを避けて一元論、およびその方法で見事に調和して、理解は、カトリックの教えを内在。 "An ejusmodi immanentia Deum ab homine distinguat, necne? Si distinguit, quid tum a catholica doctrina differt?" " ejusmodi immanentia deum ABのhomine distinguat 、 necne ? distinguit市は、 1ポンドをポンと鳴らすcatholica doctrina differtですか? " (Encycl. "Pascendi"). ( encycl. " pascendi "を参照) 。

(i) God ( ⅰ )神

God, then, transcends the world which He has created, and in which He manifests His power.神は、その後、世界のどの超えた彼は、作成されると、彼のパワーとは彼Manifestsをします。 We know His works; through them we can demonstrate His existence and find out many of His attributes.我々知っている彼の作品;を介して自分の存在を示すことができるとの多くは自分の属性を調べる。 But the mysteries of His inner life escape us; Trinity, Incarnation, Redemption are known to us only by revelation, to which revelation the immanence of our rational and moral life presents no obstacle whatever.しかし、彼の内面の生命の神秘を免れる私たち;トリニティ、権化、償還は、ヨハネの黙示録知られている私たちだけでは、ヨハネの黙示録を合理的かつ道義的に私たちの生活の内在男性どんな障害物なし。

(ii) The World, Life, and the Soul ( ⅱ )の世界では、命と魂

The organization of the world is governed by Divine Providence, whose ordering action can be conceived in diverse ways, whether we suppose successive interventions for the formation of various beings, or whether, following St. Augustine, we prefer to maintain that God created all things at the same time -- "Deus simul omnia creavit" (De Genesi ad lit.).その組織は、世界は神の摂理に支配されて、その発注考え行動できる様々な形で、歴代の介入いるかどうかを私たちは、さまざまな生き物の形成、あるいはするかどうかは、次の聖アウグスティヌスは、私たちを維持することを好む全能の神作成それと同時に-"愛はすべてサイマルc reavitデウス" (デG enesiに広告を点灯しています。 ) 。 In the latter case we should invoke the hypothesis of germinal capacities, according to which hypothesis God must have deposited in nature energies of a determinate sort -- "Mundus gravidus est causis nascentium" (ibid.) -- the evolution of which at favourable junctures of time would organize the universe.後者の場合は、仮説を発動しなければならないの生殖能力は、仮説によると、神が堆積する必要がありますが、自然エネルギーの確定並べ替え-" g raviduse stm undusc ausisn ascentium" ( i bid.) -の進化の過程で、良好なj u nctures宇宙の時間を整理します。 This organization would be due to an immanent development, indeed, but one proceeding under external influences.この組織の内在的な発展のためには、実際のところ、しかし、 1つの外部の影響下に進む。 Thus did plants, animals, and men appear in succession, though there could be no question of attributing to them a common nature; on the contrary, the doctrine of relative immanence draws a sharp line of demarcation between the various substances, and particularly between matter and soul; it is extremely careful to maintain the independence of the human person.これは植物、動物、そして男性の継承に表示されますが、問題はないがあるかもしれないし、共通の性質を関連付ける;とは逆に、その教義の相対的内在鋭い境界線を描画する様々な物質の間では、との間で特に問題と魂;ことが非常に気を付けて人間の独立を維持する。 Not only does this doctrine, joining issue with sensualism, demonstrate that the mind is a living energy, which, far from letting itself be absorbed by influences from without, forms its necessary and universal principles by its own action under the pressure of experience -- not only this, but it also safeguards the autonomy of human reason against that encroachment of the Divine which the ontologists maintained.この学説だけでなく、好色に参加して問題は、その精神を発揮することは、生活のエネルギー、これは、それ自体に吸収されるには程遠いの影響からの通知なしには、フォームに必要かつ普遍的な原理によって、独自の行動への圧力の下での経験-これだけでなく、それにもセーフガードの理由で反対して、人間の自律性の侵害には、神のontologists維持しています。

(iii) Dogma and Moral ( ⅲ )と道徳的な教義

The human soul, then, enjoys an immanence and an autonomy which are relative indeed but real, and which Divine Revelation itself respects.人間の魂は、その後、楽しんで、自律性を内在している本当の相対しかし実際は、それ自体を尊重するとの託宣。 Supernatural truth is, in fact, offered to an intelligence in full possession of its resources, and the reasonable assent which we give to revealed dogmas is by no means "a bondage" or "a limitation of the rights of thought".超自然的真実は、実際には、完全な情報を提供し、リソースを所有し、合理的な同意を与えることを明らかに教義は決して"ボンデージ"または"思想の権利を制限する"とした。 To oppose Revelation with "a preliminary and comprehensive demurrer" ("une fin de non-recevoir préliminaire et globale" -- Le Roy) in the name of the principle of immanence, is to misinterpret that principle, which, rightly understood, involves no such exigencies (see below, "The Method of Immanence").ヨハネの黙示録に反対して"予備的かつ包括的妨訴抗弁" ( "非recevoir uneフィンデpréliminaire et globale " -ルロア)の名の下の内在性の原則は、原理は、間違って解釈して、これは、正しく理解し、関係ないこのような緊急事態(以下参照は、 "法の内在"を参照) 。 Nor does the fact of relative immanence stand in the way of progress in the understanding of dogmas "in eodem sensu eademque sententia" (Conc. Vatic., sess. III).また、実際には、相対的内在スタンドの道の教義の理解の進展" eodem意味でeademque sententia " ( conc.予言者です。 、 sess 。 ⅲ ) 。 The human soul, then, receives the Divine verities as the disciple receives his master's teaching; it does not create those verities.人間の魂は、その後、神の真理として受け取ると、主人の指導の弟子を受け取る;これらの真理を作成することはありません。 Neither does it create principles of moral conduct.どちらも実施されないことに道徳的な原則を作成しています。 The natural law is certainly not foreign to it, being graven upon the very foundation of man's constitution.自然の法則は、確かに外国人がいないことは、非常に基礎の上に刻まれた男の憲法です。 It lives in the heart of man.男の中心部に住んでいることだ。 This law is immanent to the human person, which consequently enjoys a certain autonomy.この法律は、人間の内在的な人物には、その結果、特定の自律性を楽しんでいます。 No doubt it recognizes its relation to a transcendent legislator, but none the less true is it that no prescription coming from another authority would be accepted by the conscience if it was in opposition to the primordial law, the requirements of which are only extended and clearly defined by positive laws.間違いないことを認識し、その関係を超越議員は、しかし、いずれも、それほど真実ではないことから来る別の権威処方せん受け入れられるだろう良心に反対している場合、それは原始法では、この要件を明確にしているだけ延長肯定的な法律で定義されています。 In this sense the human will preserves its autonomy when, in obeying a Divine law, it acts with a fundamentally inviolable liberty.この意味では、人間の自律性を保持したときには、神の法に従う、それを根本的に不可侵の自由な行為だ。 This liberty, however, may be aided by natural and supernatural helps.この自由の女神は、しかし、自然や超自然的支援される可能性も役に立つ。 Conscious of its weakness, it seeks and obtains the assistance of grace, but grace does not absorb nature; it only adds to nature, and in no way infringes upon our essential immanence.その弱点を意識し、それを取得しようとし、援助の恵みを受けて、しかし、自然の恵みを吸収しない;のみを追加することを自然、そして私たちの本質的に侵害することはありません内在。

B. Employment of the Method of Immanence Bの雇用は、法の内在

The notion of immanence occupies so large a place in contemporary philosophy that many make an axiom of it.内在するという考えは、場所を占有するために大規模な現代哲学の公理を行うことが多い。 It is held to be a directing principle of thought and Le Roy makes bold to write that "to have acquired a clear consciousness of the principle of immanence is the essential result of modern philosophy" (Dogme et Critique, 9).開催されることは原則的に演出する大胆な思想やレロイを書くこと"を明確に意識して手に入れたの内在性の原則は、本質的な結果現代哲学" ( dogme et批評、 9 ) 。 Now it is in the name of this principle that "a preliminary and comprehensive demurrer" (ibid.) is presented in bar of all Revelation, for in the light of it "a dogma has the appearance of a subjection to bondage, a limitation of the rights of thought, a menace of intellectual tyranny" (ibid.).今では、この原則の名の下に"予備的かつ包括的妨訴抗弁" ( ibid. )は、ヨハネの黙示録のすべてのバーで提示し、それに照らして"の外観上の教義には、支配されることに隷属する、という制約の権利の思想は、知的な暴政の脅威" ( ibid. ) 。 And this creates a religious situation with which apologetics is deeply concerned, and with good reason.そして、この弁証を作成するには、宗教的な状況を深く憂慮して、十分な理由としています。 All the efforts of this science will be vain, all its arguments inconclusive, if it cannot, first of all, compel minds imbued with the prejudice of absolute immanence to take under consideration the problem of the transcendent.この科学のすべての努力を無駄には、すべての引数達しない、できない場合は、まず第一に、心に染み込んで屈服させるのは絶対的な偏見の内在的考察を取るの下での問題は、超越です。 Without this precaution, antinomy is inevitable: on the one hand, it is claimed, the mind cannot receive a heterogeneous truth; on the other, revealed religion proposes to us truths which go beyond the range of any finite intelligence.この予防措置なしには、矛盾は避けられない:片手では、と主張することは、心の不均質な真理を受け取ることはできません;して、他のは、明らかに私たちの宗教を提案して真理を任意の範囲を越えて行く有限知能。 To solve this difficulty we have recourse to the method of immanence.我々はこの困難を解決する方法の償還請求権の内在しています。 But this method has been understood in two different ways which lead to diametrically opposite results.しかし、この方法を理解されて、二つの異なった方法で正反対の結果につながる。

(1) Method Based on the Idea of Absolute Immanence ( 1 )法に基づいて、絶対的なアイデアが内在

This is the positivist and subjectivist method.これは、実証主義や主観論メソッドです。 It consists in accepting off-hand the postulate of an absolute immanence of the rational and moral life.オフに手を受け入れることで、構成の公準は、合理的かつ内在する絶対的な道徳的な生活です。 It is therefore obliged to lower revealed truth to the level of scientific truths which the mind attains solely by its own energy.したがってそれは真実を明らかにする義務が低いレベルの科学的真理を心attainsだけで、独自のエネルギーです。 Thus, some, like Lechartier, have proposed to modify dogmatic formulæ and "dissolve the symbols" of them in order to harmonize both with the aspirations of the soul which thinks them.このように、いくつかのようにlechartier 、 formulæが独断的な提案を変更すると"解散のシンボル"かれらのためには両方の調和して、魂の願望だと思っています。 By this means "the higher realities, which religious myths have for so many centuries striven to express, will be found identical with those which positive science has just established".この意味で、 "現実に高く、これは宗教的な神話を表現するための非常に多くの努力世紀にもわたって、発見されるものと同じだけ肯定的な科学が確立した"とした。 Revealed truth will then appear as coming from us; it will present itself as the reflexion of our soul, which changes its formulæ according as it can or cannot find itself in them.真実を明らかに我々は、次に表示されてから来る;それ自体としては、現在の私たちの魂の反射は、どのように変更したことによるformulæまたはそれ自体がかれらを見つけることができません。 In this way there will no longer be any antinomy, since human reason will be the principle of dogmas.この方法では、もはやそこにいかなる矛盾は、人間の理性以来教義されるという原則です。 Others following Loisy, hope to find in themselves, through a psychological analysis, the expression of revelation.他以下ロワジは、自らの希望を見つけるには、心理的な分析を通して、ヨハネの黙示録の表現です。 This would be the outcome of an immanent progress, "the consciousness which man has acquired of his relations with God".これは、調査結果を内在的な進捗状況は、 "彼の意識を獲得した男は、神の関係" 。 Revelation is realized in man, but it is "the work of God in him, with him, and by him".ヨハネの黙示録に男が実現するが、それは、 "神は彼の作品は、彼と、彼とされた" 。 Thus the difficulty arising out of the opposition between the natural order and the supernatural would disappear -- but at the price of a return to the doctrine of absolute immanence.こうして生起することの困難さは、野党との間で、自然界の秩序は、超自然的に消滅する-しかし、価格は、絶対的な内在戻るには、ドクトリンのです。 It seems, too, that Laberthonnière, though in spite of his principles, ends by accepting this very same doctrine which he had undertaken to combat, when he writes that "since our action is at once ours and God's, we must find in it the supernatural element which enters into its constitution".それは、あまりにも、それlaberthonnièreが、彼の原則にもかかわらず、この非常に終わると同じ教義を受け入れていたと闘う着手して、彼の書き込み時には、 "我々の行動は、まとめて以来、私たちの神のは、我々はそれを見つける必要がありますが超自然的要素が入った場合、憲法"です。 According to this view, psychological analysis will discover the Divine element immanent in our action, the inward God "more present to us than we ourselves".この見解によると、心理的な分析は、神の要素を発見する私たちの行動に内在する、神の内側に"私たちよりも、私たち自身をより多く存在する"とした。 Now this "living God of conscience" can be discerned only through an intuition which we get by a sort of moral and dynamic ontologism.今のところ、この"神の良心の生活"を介してのみの違いを直感することができます私たちが入手したある種の道徳的かつダイナミックなontologism 。 But how will this presence of the Divine manifest itself in us?しかし、これにはどうすればマニフェストの存在自体が私たちの神ですか? By the true and imperative demand of our nature which calls for the supernatural.真の需要と命令されるのは、我々の超自然的性質を呼び出しています。 -- Such is the abuse of the method of immanence which the Encyclical "Pascendi gregis" points out and deplores: "And here again we have reason for grievous complaint, because among Catholics there are to be found men who, while repudiating the doctrine of immanence as a doctrine, make use of it nevertheless for apologetic purposes, and do this so recklessly that they seem to admit in human nature a genuine exigency properly so called in regard to the supernatural order." -これは、虐待の方法の方法で、回勅の内在" p ascendig regis"と指摘してd eplores: "我々は、ここで再び痛ましい申し立ての理由は、カトリック教徒の中から発見される男性たちには、その教義の中r epudiating内在教義としては、それを利用するためにもかかわらず申し訳なさそうな目的のために、向こう見ずなこととは、このように人間の本性を認めているように見えますが、いわゆる正規の危急の際に考慮して適切に超自然的秩序。 " With still tess reserve, those whom the Encyclical calls inteqralistœ boast of showing the unbeliever the supernatural germ which has been transmitted to humanity from the consciousness of Christ, and hidden in the heart of every man.テスまだ準備して、通話者の回勅inteqralistœ自慢の不信心者に表示されて、超自然的に送信される人間の胚から、キリストの意識、そしてすべての人の心が隠されている。 This is the thought of Sabatier and of Buisson, theologians of the liberal Protestant school -- "I am a man, and nothing Divine is foreign to me" (Buisson).これは、と考えたのビュイソンサバティエは、リベラル派のプロテスタントの神学学校-"私は一人の男は、外国人と私には何もない神" (ビュイソン) 。

(2) Method Based on the Idea of Relative Immanence ( 2 )法に基づいて、アイデアの相対的内在

There is another application of the method of immanence much more reserved than the one just described since it keeps within the natural order and confines itself to stating a philosophic problem, viz.: Is man sufficient for himself?そこは、別のアプリケーションでは、予約の方法よりもはるかに内在し続けているので内に記述するだけで、自然に自分自身を制限するために明記すると哲学の問題、 viz 。 :男は、自分自身で十分ですか? or is he aware of his insufficiency in such a way as to realize his need of some help from without?または不全では、彼は彼のこのような認識を実現する手段としての彼の助けを必要とせずに、いくつかのですか? Here we are not at all concerned -- as the Encyclical "Pascendi gregis" reproaches the Modernists -- "with inducing the unbeliever to make trial of the Catholic religion"; we are concerned only with;ここで我々はすべての関係者ではない-として、回勅" p ascendig regis"と非難しm odernists- "不信心者を誘導するのは、カトリック教徒の宗教裁判を行う";我々が懸念してのみ;

(1) compelling a man who analyzes his own being to break through the circle within which, supposedly, the doctrine of immanence confines him, and which makes him reject a priori, as out of the question, the whole argument of objective apologetics; and then ( 1 )説得力を分析し、自分一人の男が、サークル内でこれを打破するには、たぶん、彼の教義の内在閉じ込め、そこは彼を拒否すると先験的な、論外として、全体の議論の客観的弁証;とそれから

(2) with bringing him to recognize in his soul "a capacity and fitness for the supernatural order which Catholic apologists, using the proper reservations, have demonstrated" (Encycl. "Pascendi gregis"). ( 2 )持参して彼には彼の魂を認識する"超自然的能力とフィットネスのためのカトリック擁護するために、適切な予約を使用して、ある実証" ( encycl. " pascendi gregis "を参照) 。

In other words, this method has in itself nothing that calls for condemnation.言い換えれば、この方法自体には何もないことで非難を求める。 It consists, says Maurice Blondel, its inventor, "in equating within our own consciousness, what we seem to think, to wish, and to do with what we really do, wish and think, in such a way that in the fictitious negations, or the ends artificially desired, those profound affirmations and irrepressible needs which they imply shall still be found" (Lettre sur les exigences).それは、モーリスblondelによれば、その発明者は、 "我々自身の意識の内で同一視は、どのように考えて我々は、希望には、何としている我々がやって、希望と考え、このようなやり方では、架空のnegations 、人工または希望の両端は、これらのニーズを抑え切れない深いaffirmationsと彼らは、まだ意味が見つかりません" (レexigences lettreスル) 。 This method endeavours to prove that man cannot shut himself up in himself, as in a little world which suffices unto itself.このメソッドであることを証明する努力をする男は自分自身を閉じることができない、世界を危険なものとしては、ちょっとかれそのものです。 To prove this, it takes an inventory of our immanent resources; it brings to light, on the one hand, our irresistible aspirations towards the infinitely True, Good, and Beautiful, and, on the other hand, the insufficiency of our means to attain these ends.これを証明する、インベントリにかかる私たちの内在的な資源;ことに光をもたらすには、片手では、私たちの真の非常に魅力的な願望に向かって無限には、良いし、美しく、そして、その一方で、我々の手段を達成するの機能不全これらが終了します。 This comparison shows that our nature, left to itself, is not in a state of equilibrium; that, to achieve its destiny, it needs a help which is essentially beyond it -- a transcendent help.この比較によると、我々の性質は、左から自体には、平衡状態ではありません;ことは、その運命を達成するため、これは本質的に助けを必要とすることを越えて-助けを超越した。 Thus, "a method of immanence developed in its integrity becomes exclusive of a doctrine of immanence".したがって、 "内在する方法が開発されたとの整合性の原則の内在する排他的"だ。 In fact, the internal analysis which it prescribes brings the human soul to recognize itself as relative to a transcendent being, thereby setting before us the problem of God.実際には、内部解析prescribesをもたらすことを認識そのものとして、人間の魂を超越して相対的には、それを設定する前に私たちの神の問題です。 Nothing more is needed to make it evident that the "preliminary and comprehensive demurrer", which it sought to set up against Revelation in the name of the principle of immanence, is an unwarranted and arrogant exaggeration.何もないよりは、必要に応じて明らかにすることは、 "予備的かつ包括的妨訴抗弁"と、これをセットアップすることを求めたの名の下に反対ヨハネの黙示録の内在性の原則は、傲慢とは、不当な誇張している。 The psychologic examination of conscience which is just now being made, far from ruling out the traditional apologetic, rather appeals to it, opens the way for it, and demonstrates its necessity.心理学的検査の良心がたった今れている、伝統的な申し訳なさそうには程遠い判決を出すのは、むしろ控訴して、それへの道を開き、その必要性を示しています。

To this preliminary clearing of the ground the method adds a subjective preparation which shall dispose the individual for the act of faith by exciting in him the desire to enter into relations with the transcendent God.この予選をクリアして、地上のメソッドを追加するには主観的な準備を処分するために、個々の信念に基づく行為によって、彼のエキサイティングな欲望を超越して、神の関係に入る。 And the result of this preparation will be not only intellectual and theoretical, but also moral and practical.この結果を準備中とされるだけでなく、知的、理論的、道徳的かつ実用的なだけでなくています。 Arousing in him a more vivid consciousness of his weakness and his need of help, the method will impel a man to acts of humility which inspire prayer and attract grace.彼の官能的で、より鮮明な意識を自分の弱さと彼の助けを必要とは、その方法は、一人の男を押し進める行為を誘致する謙虚さと優雅さを抱か祈りです。

Such is the twofold service which the method based on the idea of relative immanence can render.二重のサービスは、どのような方法に基づいて、そのアイデアの相対的内在レンダリングできる。 Within these limits, it is rigorous.これらの制限内では、それは厳しい。 But could it not go farther, and open to us a view of the nature of this transcendent being whose existence it compels us to recognize?しかし、遠くに行く可能性がない、との見方を開いて、私たちはこの性質を超越している私たちの存在を認識することcompels ? Might it not, for example, bring the unbeliever to hear and heed "the appeal of preventive or sanctifying grace" which would then express itself in psychologic facts discernible by observation and philosophical analysis (Cardinal Dechamps)?ことではなかったのかもしれない、たとえば、持ってきて不信心者を聞くと耳を傾ける"の魅力や予防sanctifyingグレース"で、その次にエクスプレス自体には、心理的に観測された事実を認め、哲学的分析(カーディナルdechamps ) ? Would it not enable us to experience God, or at least "to find in our action the supernatural element which is said to enter into His Constitution" (Père Laberthonnière)?それを体験していない私たちは神を有効に、または少なくとも"私たちの行動を見つけるのは、超自然的要素によると彼の憲法に入る" ( père laberthonnière ) ? Would it not, finally, justify us in affirming with certainty that the object of our "irrepressible aspirations" is a "supernatural Unnamed" (Blondel), an object which is "beyond and above the natural order" (Ligeard)?それとは、最後に、私たちは肯定を正当化してオブジェクトを確実に私たちの"願望を抑え切れない"は、 "超自然的無名" ( blondel ) 、これは、オブジェクト"を超えて、上記の自然順" ( ligeard ) ?

At this point the method of immanence stirs the delicate problem of the relation between nature and the supernatural; but it is doubtful whether the method can solve this problem by its immanent analysis.この時点で、法の内在かき混ぜるの微妙な問題を自然との関係について、超自然的;でもできるかどうかは疑わしいの方法でこの問題を解決するの内在的な分析だ。 All the attempts referred to above when they lead to anything, seem to do so only at the price of confounding the notion of the transcendent with that of the preternatural, or even of the supernatural -- or, again, at the price of confounding the Divine co-operation and Divine grace.上記のすべての試みにつながるときに何か、そう見えるだけでは、価格の交絡という概念を超越して、超自然的、あるいは、超自然的-あるいは、再度、その価格は、交絡神と神の恵みの共同作戦だ。 In a word, if the psychologic analysis of the tendencies of human nature ends in "showing, without recourse to what Revelation gives us, that man desires infinitely more than the natural order can give him" (Ligeard), it does not follow that we can say with any certainty that this "desired increase" is a supernatural Unnamed.一言で言えば、心理的に分析している場合は、人間の自然の傾向で終わる"と表示、遡求して、わたしたちにどのような啓示は、あの男の欲望を超える無限の自然の秩序を飲ませて" ( ligeard )は、それに従っていないこと確実に言えることで、この任意の"希望の増加"は、超自然的無名。 As a matter of fact,実際問題としては、

(1) the natural order far exceeds in vastness the object of my analysis; ( 1 )自然の秩序をはるかに超えて、オブジェクトの広大私の解析;

(2) between my nature and the supernatural there is the preternatural; ( 2 )自然と私の間には、超自然的、超自然的;

(3) the aids to which my nature aspires, and which God gives me, are not necessarily of the supernatural order. ( 3 )私の自然をエイズaspires 、そして神が私には、超自然的には、必ずしもそのためです。

Besides, even if a supernatural action does in fact manifest itself under these religious aspirations, immanent analysis, apprehending only psychological phenomena, cannot detect it.それに加えて、超自然的作用場合でも、実際にはこれらの宗教的願望マニフェスト自体の下で、内在的な分析は、心理的な現象のみapprehending 、それを検出することはできません。 But the question is still under consideration; it is not for us to solve the mystery of the transcendent in a definitive manner and from the point of view of the method of immanence.しかし、問題は、まだ検討中;ことではないの謎を解決するために私たちは、最終的な態度を超越するという観点から言えば、法の内在です。

Publication information Written by E. Thamiry. e. thamiry書かれた文献の情報です。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラスj.ポッター転写された。 Dedicated to the Sacred Heart of Jesus Christ The Catholic Encyclopedia, Volume VII.ひたむきに、イエスキリストの聖心カトリック百科事典、第VIIボリュームです。 Published 1910.日付1910 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1910.公認は、 10年6月1日。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

MYERS, Human Personality and its Survival of Bodily Death (London, 1903); PRINCE, Dissociation of Personality (New York, 1906); JAMES, Varieties of Religious Experience (New York, 1902); THAMIRY, De rationibus seminalibus et Immanentia (Lille, 1905); SABATIER, Esquisse d'une philosophie de la religion .マイヤーズは、人間の身体的性格とその死の生存(ロンドン、 1903 ) ;王子は、人格解離(ニューヨーク、 1906 ) ;ジェームズは、宗教的な種類の経験(ニューヨーク、 1902 ) ; thamiry 、デrationibus seminalibus et immanentia (リール、 1905 ) ;サバティエ、エスキースd' uneデラ宗教哲学です。 . . (Paris, 1898); BUISSON, La Religion, la Morale et la Science (Paris, 1904); LOISY, Autour d'un petit livre (Paris, 1904); LABERTHONNIÈRE, Essais de philosophie religieuse (Paris, 1904); LE ROY, Dogme et critique (Paris, 1907); MAISONNEUVE in VACANT, Dict. (パリ、 1898 ) ;ビュイソン、宗教ラ、ラ士気etラサイエンス(パリ、 1904 ) ;ロイシー、 autour d'国連プティリーヴル(パリ、 1904 ) ; laberthonnière 、 essaisデ哲学修道女(パリ、 1904 ) ;レロイ、 dogme et批評(パリ、 1907 ) ;メゾヌーブが空いて、辞書です。 de théologie catholique, s.デthéologieカトリック、米 v. Apologétique; BERTHELOT, La science et la morale (Revue de Paris, 1 February, 1895); BOURGEOIS, Solidarité (Paris, 1903); SAINT AUGUSTINE, De Genesi ad litteram in P. L., XLVII; de Trinitate in P. L., XLII; BLONDEL, Lettre sur les exigences de la pensée contemporaine en matière d'apologétique (Saint-Dizier, 1896); DECHAMPS, Entretien (Mechlin, 1860); LIGEARD, La théologie catholique et la transcendance du surnaturel (Paris, 1908); THAMIRY, Les deux aspects de l'immanence et le problème religieux (Paris, 1908); MICHELET, Dieu et l'agnosticisme contemporain (Paris, 1909); ILLINWORTH, Divine Immanence (London, 1898).対apologétique ;ベルトロー、科学etララ士気(レベニュードパリは、 1895年2月1日) ;ブルジョア、 solidarité (パリ、 1903 ) ;セントオーガスティン、デpl Genesiに文字どおりには、 47 ;デpl trinitateでは、 42 ; blondel 、 lettreスルデラレexigences pensée contemporaine en matière d' apologétique (サンディジエ、 1896 ) ; dechamps 、 entretien (メクリン、 1860 ) ; ligeard 、ララ超越デュet théologieカトリックsurnaturel (パリ、 1908 ) ; thamiry 、側面デレドゥルproblème et l'内在religieux (パリ、 1908 ) ;ミシュレ、 dieu et l' agnosticisme contemporain (パリ、 1909 ) ; illinworth 、神の内在(ロンドン、 1898 ) 。


Also, an entirely different concept is:また、全く別の概念は:
Imminence 切迫

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです