Imminence切迫

General Information 総合案内

After he came into contact with a group headed by Henry Drummond which was devoted to eschatological speculations, Edward Irving began to preach the imminence of the Second Coming of Christ. His writings on Christ, in which he deemed the human nature of Christ as sinful, led to his excommunication (1830) and his expulsion from the ministry (1833).後に接触して、グループに入ってきた彼が率いるヘンリードラモンド推測された終末論をテーマにした、 エドワードアービングに説教を始めたのは、キリストの再来切迫した。彼の記述して、キリストは、彼と思われるが、人間の本性を罪深いキリストとしては、彼のリードを破門( 1830 )と彼の除名省( 1833 ) 。

In 1832 he joined with others in forming the Catholic Apostolic church. 1832入社で、他のローマ教皇のカトリック教会の形成。 The members, known for a while as Irvingites, believed that the Second Coming was near and tried to restore the biblical organization of the church in preparation for Christ's return.メンバーは、 irvingitesとして知られてしばらくの間、信じられている2番目の近くに来るとは、聖書の中の組織を復元しようとは、キリスト教会への帰還に備えている。 The movement was somewhat influential in Britain until 1900; it then spread to Europe and the United States.この運動は、 1900年まで英国の有力やや;その後ヨーロッパやアメリカに広がっている。 Membership in the church is about 50,000 at the present time, with over half of the members in Germany.会員は、教会には約50000現時点では、会員の半分以上がドイツへの留学。

In 1870, at the age of 18, Charles Taze Russell, first president of the Watch Tower Bible and Tract Society of Pennsylvania (Jehovah's Witnesses) began a systematic study of the Bible with a small group of associates. Becoming convinced of the imminence of Christ's millennial reign, he began to preach and spread his teachings, and in 1879 he founded the Watch Tower journal. 1870年、 18歳の時には、チャールズテーザー銃を発射するラッセルは、まず社長の時計塔聖書協会とペンシルベニア州路(エホバの証人の)系統的な研究を始めたのは、小さなグループのバイブルアソシエイツ。 なることを確信し、キリストの切迫1000年間の治世、彼は彼の教えを説くと広がり、 1879彼とは、時計塔ジャーナル設立。 Notable among Russell's writings is a 6 volume collection, Millennial Dawn (1886 - 1904).ラッセルの記述のうち特筆すべきは、 6巻のコレクションは、 1000年間の夜明け( 1886 -1 904) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Bibliography 文献情報
P E Shaw, The Catholic Apostolic Church (1946).体育ショーは、カトリック教会の使徒( 1946 ) 。


Imminence切迫

Advanced Information 高度情報

Imminence is the doctrine that Christ can return at any moment and that no predicted event must intervene before that return. This view is held primarily by those who believe the church will be raptured before the seven year tribulation (also known as the seventieth week of Daniel). 切迫して、キリスト教説は、いつ何時復帰できると予想していないイベントを返す前に介入する必要があります。このビューは、信仰する者たちを中心に開かれた教会には、 7年前に試練raptured ( 70分の1としても知られ、 1週間のダニエル) 。 It is the view typically held by dispensational premillennialism.これは、通常のビューdispensational前千年王国説が保有しています。

Traditionally, most pretribulation rapturists have considered the imminence of Christ's return to be one of the strongest evidences that the rapture will occur before, rather than after, the tribulation.伝統的に、ほとんどの切迫pretribulation rapturistsあるとみなされるキリストへの帰還を1つの強力な証拠が起こる前にして大喜びではなく、後には、試練だ。 The argument runs like this: The NT presents Christ's return as a comforting hope (John 14; 1 Thess. 4:17 - 18; Titus 2:13; James 5:7 - 8).このように、引数失点: NTの男性の励みとして、キリストの復帰を期待(ヨハネ14 ; 1 thess 。 4時17 -1 8;タイタス2時1 3;ジェームズ5時0 7分- 8) 。 Believers wait for Christ (1 Thess. 1:10) and are exhorted to watch and be sober (5:6); consequently, it is a purifying hope (1 John 3:1 - 3; cf. Rom. 13:11 - 12; 1 Pet. 4:7).信仰する者よ、キリストを待つ( 1 thess 。 1時10分)とは、しらふにexhortedを見ると(午前5時06分) ;したがって、浄化を期待することは、 ( 1ヨハネ3時01分-3 ; c f。 R OMのです。 1 3時1 1分- 12 ; 1ペットです。 4時07分) 。 If the hope is a blessed and comforting hope, no events of predicted trial and tribulation are expected to occur before Christ returns for the church.希望する場合には、祝福と期待励み、裁判なしのイベントの予測と試練を返すが予想されるため、キリスト教会の前に起こる。 Otherwise, believers would dread the approach of Christ's return because of the preceding events to be endured.そうでなければ、信者たちは、キリストの復帰が近づいてくるのを怖がるのは、前のイベントのために耐えています。

If Christ's return is the basis for exhortation to godly living, that return must be expected at any moment; events thought to be some distance away because of predicted intervening events do not serve well to promote purity and readiness.キリストの返り場合は、信心深い生活の基礎を勧告して、予想して復帰しなければならないのともしびだ;イベントを離れているためと考えられるいくつかのイベントの予測に介入しないとサーブの純度を推進する準備が整っている。 Finally, believers are exhorted to live in watchfulness and expectation of Christ's return, not of intervening events.最後に、信者たちが住んでいるexhorted油断のないことを期待しキリストの復帰とは、イベントに介入しないのです。 According to pretribulationists, all these considerations imply that the event believers await is imminent, and a rapture that comes after a seven year tribulation cannot be imminent. pretribulationistsによると、これらすべての意味を考慮して、イベントを待つ信者が迫って、大喜びして来ると、 7年後に迫って苦悩することはできません。 Therefore the rapture must be pretribulational.したがって、ラプチャーpretribulationalしなければならない。

Posttribulation rapturists reply by insisting that the passages in question only imply the believer's attitude of expectancy, but do not imply imminence. posttribulation rapturists返信した文章で質問されたと主張し、信者の態度を示すだけの期待は、切迫意味ではありません。 They also argue that the NT clearly implies certain necessary intervening events in the early church before Christ's return, such as time to carry out the Great Commission (Matt. 28:18 - 20; Acts 1:8) or the assurance to Peter he would reach old age (John 21:18 - 19; 2 Pet. 1:14).と主張しても、 NTの介入を明確に示すように必要な特定のイベントは、初期のキリスト教会の前に戻り、時間を実施するなど、大きな委員会( matt. 28:18 -2 0;行為1時0 8分)または、ピーターの保証を話しました老後に達する(ジョン21 : 18 -1 9; 2ペットです。 1時1 4分) 。 Thus, for the NT church the exhortations to watch could not have implied imminence.したがって、教会のためにはNT exhortations黙示を見ることができなかったが切迫した。 Why, then, should they now?なぜ、その後、彼らは、今すぐですか?

The doctrine of imminence has been most characteristic of pretribulation rapturists.教義の切迫してきたpretribulation rapturists最も特徴です。 However, some who hold to a midseventieth week rapture accept at least a limited imminence by maintaining that the beginning of the seventieth week cannot be known.しかし、いくつかの保留をする人を受け入れるmidseventieth少なくとも週に歓喜を維持することによって、限られた切迫七十分の一の最初の週に知られることはできません。 Also, those who either understand the tribulation or seventieth week to be already fulfilled or who spiritualize it can hold to the imminence of Christ's return.また、どちらかの人々に理解して1週間70分の1試練や既に果たされるのか、だれが切迫して行うことができますspiritualizeキリストの戻りです。 A few posttribulational premillennialists accept the imminence of Christ's return on this basis.いくつかの切迫posttribulational premillennialistsキリストを受け入れるのは、この基準を返す。 Amillennialists are hesitant dogmatically to espouse a strict imminence doctrine, but they do not subscribe to a seven year period necessarily occurring before Christ's return. dogmaticallyためらっamillennialistsは切迫して厳格な教義を支持するが、それらを購読していない期間が7年前に必然的に発生するキリストの戻りです。 Though amillennialists are uncomfortable describing Christ's coming as strictly imminent, they do think it may be described as impending and as something the believer should always be ready and watchful for. amillennialistsかかわらず、キリストは、居心地が悪いの記述を厳格に迫って来ると、かれらは思います間近に迫ったといわれるかもしれないが、信者としては、常に何かと油断のための準備ができています。

S N Gundry snガンドレー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
R H Gundry, The Church and the Tribulation; G E Ladd, The Blessed Hope; J F Walvoord, The Blessed Hope and the Tribulation and The Rapture Question. rhガンドレー、教会や試練; GEのLaddは、祝福の希望; jf walvoord 、試練の祝福と歓喜の希望との質問です。

Also, see:また、参照してください:
Adventism 再臨説
Millenarianism 千年王国

London (Westminster) Confession ロンドン(ウェストミンスター)の告白
Augsburg Confession アウクスブルク信仰告白
Thirty-Nine Articles 39の記事

Second Coming of Christ キリストの再臨
Eschatology 終末論
Dispensation, Dispensationalism 天啓、天啓的史観
Last Judgement 最終判断
Rapture, Tribulation ラプチャー、試練
Tribulation, Great Tribulation 試練は、大きな試練

Also, an entirely different concept is:また、全く別の概念は:
Divine Immanence 神の内在


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです