Incarnation権化

General Information 総合案内

Incarnation denotes the embodiment of a deity in human form. The idea occurs frequently in mythology. 神の化身を表しますが、人間の形で結実する。アイデア神話に頻繁に発生します。 In ancient times, certain people, especially kings and priests, were often believed to be divinities.古代には、特定の人々 、特にプリーストキングスとは、神がしばしば見られている。 In Hinduism, Vishnu is believed to have taken nine incarnations, or Avatars. For Christians, the incarnation is a central dogma referring to the belief that the eternal son of God, the second person of the Trinity, became man in the person of Jesus Christ.ヒンドゥー教では、とみられているヴィシュヌは取らナインincarnations 、またはアバター。 ためのキリスト教徒は、顕現は、セントラルドグマを参照するという信念を持って、神の永遠の息子で、 2番目の人は、トリニティは、男の人になったイエスキリスト。

The incarnation was defined as a doctrine only after long struggles by early church councils.教義の化身だったとして定義された後にのみ長い闘争の早期教会協議会です。 The Council of Nicaea (325) defined the deity of Christ against Arianism; the Council of Constantinople (381) defined the full humanity of the incarnate Christ against Apollinarianism; the Council of Ephesus (431) defined the unity of Christ's person against Nestorianism; and the Council of Chalcedon (451) defined the two natures of Christ, divine and human, against Eutyches.そのニカイア公会議( 325 )で定義さアリウス主義に反対するキリストの神;のコンスタンティノポリス公会議( 381 )で定義さの権化の全人類に対するキリストapollinarianism ;エフェソスの評議会( 431 )を定義するのに反対の人キリストの団結nestorianism ;とchalcedonの評議会( 451 )の2つの性質の定義キリストは、神と人間、反対eutyches 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Reginald H Fullerレジナルドhフラー

Bibliography 文献情報
B Hebblethwaite, The Incarnation (1987); J Hick, ed., The Myth of God Incarnate (1977); J A T Robinson, The Human Face of God (1973).ヘブルスウェイトBには、化身( 1987 ) ; jヒック、エド。 、神話の神の化身( 1977 ) ; jatロビンソンは、人間の顔の神( 1973 ) 。


Incarna'tion incarna'tion

Advanced Information 高度情報

The Incarnation was that act of grace whereby Christ took our human nature into union with his Divine Person, became man.顕現していたのでは、キリストの恵みを受けて行動する人間の本性を私たちは労働組合の人が彼の神は、人間になった。 Christ is both God and man.キリストは、神と人間の両方です。 Human attributes and actions are predicated of him, and he of whom they are predicated is God.人間の属性や行動を前提に彼は、彼が誰とは、彼らは神を前提です。 A Divine Person was united to a human nature (Acts 20:28; Rom. 8:32; 1 Cor. 2:8; Heb. 2:11-14; 1 Tim. 3:16; Gal. 4:4, etc.).神の人は、人間の本性をユナイテッド( 20時28分行為; ROMのです。 8時32分; 1うわっ。 2時08 ; heb 。 2:11-14 ; 1ティム。 3時16分;ギャル。 4時04分、等。 ) 。 The union is hypostatical, i.e., is personal; the two natures are not mixed or confounded, and it is perpetual. hypostaticalの労働組合は、すなわち、個人は、この2つの性質ではないミックスや混乱、そしてそれは永久に続く。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Incarnation権化

Advanced Information 高度情報

(Lat. in and caro, stem carn, meaning "flesh"). ( lat.とカロでは、幹carn 、意味の"肉"を参照) 。 In the context of Christian theology, the act whereby the eternal Son of God, the Second Person of the Holy Trinity, without ceasing to be what he is, God the Son, took into union with himself what he before that act did not possess, a human nature, "and so (He) was and continues to be God and man in two distinct natures and one person, forever" (Westminister Shorter Catechism, Q. 21).キリスト教神学のコンテキストでは、法では、神の永遠の息子で、 2番目の人は、ホーリートリニティー、彼はどのように休みなくして、神の息子、自分自身がどのようにして彼の前に労働組合法しなかった保有して、人間の本性には、 "そして、 (彼は)続けていたとされる2つの別個の神との男と一人の人間の性質は、永遠に" (公教要理westminister短く、問い21 ) 。 Scripture support for this doctrine is replete, e.g., John 1:14; Rom.この学説は、啓典のサポートを充実、例えば、ジョン1 : 14 ; ROMのです。 1:3; 8:3; Gal. 1 : 03 ;午前8時03分;ギャル。 4:4; Phil. 4 : 04 ;フィル。 2:7 - 8; 1 Tim. 2時07分-8 ; 1ティム。 3:16; 1 John 4:2; 2 John 7 (cf. also Eph. 2:15; Col. 1:21 - 22; 1 Pet. 3:18; 4:1). 3 : 16 ;ヨハネの手紙4 : 02 ; 2ジョン7 ( cf.もeph 。 2時15 ;大佐1時21 -2 2; 1ペットです。 3時1 8分、 4時0 1分) 。

The Nature of the Incarnation自然の権化

Like many other theological terms, this term can be misleading.他の多くの神学のような用語は、この用語は誤解を招くことができます。 It might suggest that the eternal Logos by the act of incarnation was confined to the human body of Jesus of Nazareth.永遠のロゴを示唆してのことかもしれないさの権化の行為は、人間の体内に閉じ込められたナザレのイエスです。 The implication of such a construction of the result of the incarnation is that God the Son, kenotically "emptying" himself, divested himself of his attribute of being always and everywhere immediately present in his universe.その意味でこのような結果を建設して、神の化身の息子は、 kenotically "排出"自分自身は、彼自身の属性divestedれていると、いつもどこでもすぐに彼の宇宙に存在する。 But to hold such a view is tantamount to contending that he who enfleshed himself as Jesus of Nazareth, while doubtless more than man, is not quite God.しかし、このようなビューを開くことに等しいと戦うことは、彼自身としてナザレのイエスenfleshed人は、恐らく以上の中の男は、かなりの神ではない。 Divine attributes are not, however, characteristics separate and distinct from God's essence that he can set aside when he desires.神の属性ではない、しかし、別の特性と本質的に異なるのだということから、神の時に彼の欲望を蓄える。

To the contrary, it is precisely the sum total of God's attributes that constitutes the essence of his deity and expresses his divine glory.それとは反対に、それがまさに神の合計の属性を定義することの本質を構成する彼の神と神の栄光を表現しています。 Jesus, during the days of his flesh, claimed omnipresence for himself in Matt.イエスキリストは、自分の肉体日間の期間中、自分自身のために遍在マットと主張した。 18:20 and 28:20. 18:20 、 28:20 。 Recognizing this, the Council of Chalcedon (A D 451), whose creedal labors produced the Christological definition that fixed the boundaries for all future discussion, declared that Jesus Christ possessed "two natures without confusion, without change, without division, without separation, the distinctiveness of the natures being by no means removed because of the union, but the properties of each nature being preserved" (emphasis added; cf. also Calvin, Inst. 2.13.4; Heidelberg Catechism, Q. 48).この認識は、評議会chalcedon (広告451 )は、労働者の信条christologicalプロデューサの定義の境界線を固定して将来のすべての議論は、イエスキリストの保有を宣言して" 2つの性質の混乱なしには、変更することなく、分裂せず、分離せずには、弁別性質のものではないが取り除かれ、労働組合のせいではなく、それぞれの自然のプロパティを保持され" (強調追加されました; cf 。カルビンにも、研究所2.13.4 ;ハイデルベルク教要理、問い48 ) 。 The doctrine, thus clarified, means that in the incarnation the divine Logos, while in the body of Jesus and personally united to it, is also beyond the bounds of the human nature he assumed.この学説は、このように明らかに、その神の化身を意味し、ロゴ、ボディの中には、個人的にイエスとユナイテッドに入れても、その範囲を超えても人間の本性と仮定されます。

It is very important, in light of what has just been said, to underscore that in the incarnation the divine Logos did not take into union with himself a human person; otherwise, he would have been two persons, two egos, with two centers of self consciousness.非常に重要なことは、どのように照らしてきたばかりされている、と強調して、神の化身の労働組合のロゴを取らなかったことで自分自身の人間;そうでなければ、彼は2人が、 2つのegos 、 2拠点を中心にして自己意識。

The Scriptures will not tolerate such a view.聖書はこのような見解を容認することはありません。 Never does Jesus Christ, when referring to himself, say "we" or "us" or "our"; he always uses "I" or "me" or "my."決してイエスキリストは、自分自身を指すときには、言う"我々 "または"我々 "または"当社" ;彼はいつも使って"私"または"私"または"私のです。 " What the divine Logos, who was already and eternally a person, did do, through the operation of the Holy Spirit, was to take into union with himself a human nature with the result that Jesus Christ was one person with a divine nature (i.e., a complex of divine attributes) and a human nature (i.e., a complex of human attributes).神は何のロゴ、そして永遠の人たちはすでに、でしたか、聖霊の運営を通じて、労働組合とは、自分自身を考慮に入れると、人間の本性は、イエスキリストの結果を1つの神の性質を持っている人(すなわち、複雑な属性の神)と人間の本性(すなわち、人間の複雑な属性) 。 This is not to say that the human nature of Christ is impersonal; "the human nature of Christ was not for a moment impersonal. The Logos assumed that nature into personal subsistence with Himself. The human nature has its personal existence in the person of the Logos. It is in - personal rather than impersonal" (L. Berkhof).これは人間の本性わけではないが、キリストは、非人称; "キリストの人間の本性ではない人間味のない一瞬。ロゴスと仮定して、自然に自分自身の個人的生存している。 、人間の本性には、その人の個人的な存在で、ロゴス。それは、 -というより個人的な非人称" ( l .b erkhof) 。 John Murray writes: "The Son of God did not become personal by incarnation. He became incarnate but there was no suspension of his divine self identity."ジョンマレー書き込み: "神の御子をしなかった個人の権化となる。化身しかし彼は彼の神の懸濁液はなかった自己アイデンティティ"と述べた。

The Effecting Means of the Incarnationその効果的な手段の権化

The means, according to Scripture, whereby the incarnation came about is the virginal conception (a more accurate description than virgin birth) of the Son of God by the Holy Spirit in the womb of Mary (Isa. 7:14; Matt. 1:16, 18, 20, 23, 25; Luke 1:27, 34 - 35; 2:5; 3:23; Gal. 4:4).その手段によると、啓典で、来たの権化については、処女懐胎(より正確に説明するよりも処女懐胎)神の御子は、聖霊によっては、子宮のメアリー( isa. 7時14分;マットです。 1 : 16 、 18 、 20 、 23 、 25 ;ルーク1時27分、 34 -3 5;午前2時0 5分、 3時2 3分;ギャル。 4時0 4分) 。 Due to the interpenetration of the persons within the Godhead (cf. John 14:20; 17:21 - 23; Heb. 9:14), the Holy Spirit, by means of the virginal conception, insured the divine personality of the God - man without creating at the same time a new human personality.人のためには、相互貫入内の神性( cf.ヨハネ14:20 ;午前17時21 -2 3; h eb。 9時1 4分)は、聖霊により、処女懐胎は、神の被保険者の人格は、神-それと同時に男を作成することなく、新しい人間の人格です。 As Berkhof says: "If Christ had been generated by man, He would have been a human person, included in the covenant of works, and as such would have shared the common guilt of mankind. But now that His subject, His ego, His person, is not out of Adam, He is not in the covenant of works and is free from the guilt of sin. And being free from the guilt of sin, His human nature could also be kept free, both before and after His birth, from the pollution of sin." berkhofとして書かれています: "もしキリストによって生成された男が、彼は、人間の人が、約束の作品が含まれ、および共有などが、人類共通の罪悪感にさいなまれる。しかし、今は自分の件名は、自分のエゴは、彼の人は、アダムではないから、彼の作品ではないとの約束は無料罪の罪悪感からです。そして、罪悪感から解放され、罪は、彼の人間の本性に維持される可能性も無料で、両方の前と後の彼の誕生は、公害の罪から"と述べた。

Scriptural Representations of the Incarnate Person聖書の表明は、人の化身

Because Jesus Christ is the God - man (one person who took human nature into union with his divine nature in the one divine person), the Scriptures can predicate of his person whatever can be predicated of either nature.イエスキリストは、神のために-男(一人は彼の神と人間の本性を労働組合の1つは、神の性質の人)は、聖書の人が彼の述語のどちらかの性質を前提どんなことができます。 In fact, can be predicated of either nature.実際には、次のどちらかの性質を前提です。 In fact, the person of Christ may be designated in terms of one nature while what is predicated of him so designated is true by virtue of his union with the other nature (cf. Westminister Confession, VIII, vii).実際には、キリストのかもしれない人の条件の1つに指定され自然の中に何が彼のための前提に指定されたの美徳は、彼の真の労働組合で、他の性質( cf. westminister告白、 VIIIや第VII ) 。 In other words:言い換えると:

R L Reymond rlレーモン
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
L Berkhof, Systematic Theology; C Hodge, Systematic Theology, II; J Murray, Collected Writings, II; B B Warfield, The Person and Work of Christ.信用berkhof 、体系的神学; cホッジ、体系的神学は、 2世; jマレーは、収集した記述は、 2世; bbウォーフィールドは、その人とキリストの仕事です。


The Incarnationの権化

Catholic Information カトリック情報

I. The Fact of the Incarnation i.その事実の権化

(1) The Divine Person of Jesus Christ ( 1 ) 、イエスキリストの神聖な人

A. Old Testament Proofs a.旧約聖書の証拠

B. New Testament Proofs新約聖書Bの証拠

C. Witness of Tradition c.証人の伝統

(2) The Human Nature of Jesus Christ ( 2 )イエスキリストの人間の本性

(3) The Hypostatic Union ( 3 )労働組合の沈下

A. The Witness of the Scriptures A.付録証人の聖書

B. Witness of Tradition Bの証人の伝統

II. Ⅱ 。 The Nature of the Incarnation自然の権化

(1) Nestorianism ( 1 ) nestorianism

(2) Monophysitism ( 2 )キリスト単

(3) Monothelitism ( 3 )キリスト単

(4) Catholicism ( 4 )カトリシズム

III. Ⅲ 。 Effects of the Incarnation効果の権化

(1) On Christ Himself ( 1 )自分自身をキリスト

A. On the Body of Christ a.は、キリストの体

B. On the Human Soul of Christ Bには、人間の魂のキリスト

C. On the God-Man c.は、神の男

(2) The Adoration of the Humanity of Christ ( 2 )は、人類のキリストの礼拝

(3) Other Effects of the Incarnation ( 3 )その他の権化の影響

The Incarnation is the mystery and the dogma of the Word made Flesh.謎の権化とは、その言葉の前に肉のドグマです。 ln this technical sense the word incarnation was adopted, during the twelfth century, from the Norman-French, which in turn had taken the word over from the Latin incarnatio. ln意味で、この技術が採用さの権化という言葉は、 12世紀中には、ノルマンフランス語からは順番にも取ってからやり直すという言葉incarnatioラテン語です。 The Latin Fathers, from the fourth century, make common use of the word; so Saints Jerome, Ambrose, Hilary, etc. The Latin incarnatio (in: caro, flesh) corresponds to the Greek sarkosis, or ensarkosis, which words depend on John (i, 14) kai ho Logos sarx egeneto, "And the Word was made flesh".ラテンの祖先は、第4世紀からは、その言葉をよく使う;だから聖人のジェローム、アンブローズ、ヒラリー等のラテンincarnatio (中:カロ、肉)は、ギリシャのsarkosisに対応して、またはensarkosis 、どの言葉にかかっているジョン(私は、 14 )カイsarx egenetoホロゴス"との言葉は前に肉"です。 These two terms were in use by the Greek Fathers from the time of St. Irenæus--i.e.これらの2つの条件で使用された時には、ギリシャの祖先から聖irenæus -すなわち according to Harnack, A. D. 181-189 (cf. lren., "Adv. Haer." III, l9, n. i.; Migne, VII, 939).ハルナックによると、広告一八一〜一八九( cf. lren 。 、 "前売haer 。 " 3世、 l9 、選択;ミーニュは、第VII 、 939 ) 。 The verb sarkousthai, to be made flesh, occurs in the creed of the Council of Nicaea (cf. Denzinger, "Enchiridion", n. 86). sarkousthaiの動詞は、肉を前に、発生する場合は、その信条ニカイア公会議( cf.デンツィンガー、 " enchiridion " 、 n. 86 ) 。 In the language of Holy Writ, flesh means, by synecdoche, human nature or man (cf. Luke 3:6; Romans 3:20).聖書の言語では、肉の手段は、代喩によって、人間の本性や男( cf.ルーク3 : 06 ;ローマ人への手紙3:20 ) 。 Francisco Suárez deems the choice of the word incarnation to have been very apt.フランシスコスアレスの選択と判断したのは、非常に適切な言葉を顕現してきた。 Man is called flesh to emphasize the weaker part of his nature.肉と呼ばれる男は、弱い部分を強調するために彼の性格だ。 When the Word is said to have been incarnate, to have been made Flesh, the Divine goodness is better expressed whereby God "emptied Himself . . . and was found in outward bearing (schemati) like a man" (Phil. ii, 7); He took upon Himself not only the nature of man, a nature capable of suffering and sickness and death, He became like a man in all save only sin (cf. Francisco Suárez, "De Incarnatione", Praef. n. 5).その際に単語の化身といわれてきたが、肉が行われましたが、神の善良さが良いのでは、神を表明し"自分自身に空に。 。 。と外側に発見された軸受( schemati )のような一人の男" ( phil. 2世、 7 ) ;彼は被ら男の性質だけでなく、自然や病気や死の苦しみをする能力が、彼は一人の男のように、すべての罪のみを保存する( cf.フランシスコスアレスは、 "デincarnatione " 、 praef 。 n. 5 ) 。 The Fathers now and then use the word henanthropesis, the act of becoming man, to which correspond the terms inhumanatio, used by some Latin Fathers, and "Menschwerdung", current in German.そして今、父親のhenanthropesisという言葉を使うと、男になる行為は、利用規約に対応してinhumanatio 、ラテン語で使用されるいくつかの祖先、および" menschwerdung "は、現在のドイツ語です。 The mystery of the Incarnation is expressed in Scripture by other terms: epilepsis, the act of taking on a nature (Hebrews 2:16): epiphaneia, appearance (2 Timothy 1:10); phanerosis hen sarki, manifestation in the flesh (1 Timothy 3:16); somatos katartismos, the fitting of a body, what some Latin Fathers call incorporatio (Hebrews 10:5); kenosis, the act of emptying one's self (Phil., ii, 7).謎の権化では、啓典を表明し、他の条件: epilepsis 、その行為の性質上で服用(ヘブル人への手紙2時16分) : epiphaneia 、外観( 2ティモシー1時10分) ;顕出sarkiめんどりは、症状は、肉( 1ティモシー3時16分) ; somatos katartismos 、試着の体は、どのようないくつかのコールラテン祖先incorporatio (ヘブル人への手紙10 : 05 ) ;神性放棄は、自己の行為の排出( phil. 、 2世、 7 ) 。 In this article, we shall treat of the fact, nature and effects of the Incarnation.本稿では、治療には、われは、実際には、自然との権化の影響です。

I. THE FACT OF THE INCARNATION i.その事実の権化

The Incarnation implies three facts: (1) The Divine Person of Jesus Christ; (2) The Human Nature of Jesus Christ; (3) The Hypostatic Union of the Human with the Divine Nature in the Divine Person of Jesus Christ.お察しの権化の3つの事実: ( 1 ) 、イエスキリストの神聖な人、 ( 2 )イエスキリストの人間の本性は、 ( 3 )労働組合の沈下して、人間の本質は、神のイエスキリストの神聖な人です。

(1) THE DIVINE PERSON OF JESUS CHRIST ( 1 ) 、イエスキリストの神聖な人

We presuppose the historicity, of Jesus Christ -- i.e. that He was a real person of history (cf. JESUS CHRIST); the Messiahship of Jesus; the historical worth and authenticity of the Gospels and Acts; the Divine ambassadorship of Jesus Christ established thereby; the establishment of an infallible and never failing teaching body to have and to keep the deposit of revealed truth entrusted to it by the Divine ambassador, Jesus Christ; the handing down of all this deposit by tradition and of part thereof by Holy Writ; the canon and inspiration of the Sacred Scriptures--all these questions will be found treated in their proper places.仮定の史実我々は、イエスキリスト-すなわちその彼は、実在の人物の履歴( c f.イエスキリスト) ;のm essiahshipイエス;の歴史的な価値があると信ぴょう性や行為g ospels;大使の資格の神がイエスキリストの確立;の設立を絶対に正しいとは決して体を教えることに失敗しておくための預金は、真実を明らかにすることによって、神の大使に委託して、イエスキリスト;のハンディダウンされたすべての伝統と、この預金の一部を聖なる令状;のキヤノンとインスピレーションは、神聖な聖書-これらすべての質問には、適切に処理される場所が見つかりました。 Moreover, we assume that the Divine nature and Divine personality are one and inseparable (see TRINITY).また、我々と仮定して、神と神の性質は、 1つの人格と切っても切れない(トリニティを参照してください) 。 The aim of this article is to prove that the historical person, Jesus Christ, is really and truly God, --i.e.この記事の目的は、歴史的な人物であることを証明するには、イエスキリストは、神は、本当に本当に、 -すなわち has the nature of God, and is a Divine person.神の性質は、人とは、神です。 The Divinity of Jesus Christ is established by the Old Testament, by the New Testament and by tradition.イエスキリストの神性が確立される旧約聖書は、新約聖書とされる伝統のです。

A. Old Testament Proofs a.旧約聖書の証拠

The Old Testament proofs of the Divinity of Jesus presuppose its testimony to Him as the Christ, the Messias (see MESSIAS).旧約聖書の証拠は、イエスの神性仮定して彼の証言として、キリストは、 messias ( messiasを参照してください) 。 Assuming then, that Jesus is the Christ, the Messias promised in the Old Testament, from the terms of the promise it is certain that the One promised is God, is a Divine Person in the strictest sense of the word, the second Person of the Holy Trinity, the Son of the Father, One in nature with the Father and the Holy Spirit.と仮定し、それは、イエスキリストは、旧約聖書のmessias約束で、それからの約束の条件の1つを約束したのは確かだが、神は、神の人は、その言葉の意味では、厳格で、 2番目の人は、ホーリートリニティー、息子は、父親は、自然界にして1つの父と聖霊です。 Our argument is cumulative.我々の引数は、累積的です。 The texts from the Old Testament have weight by themselves; taken together with their fulfilment in the New Testament, and with the testimony of Jesus and His apostles and His Church, they make up a cumulative argument in favour of the Divinity of Jesus Christ that is overwhelming in its force.旧約聖書のテキストからは、自らの体重;ひっくるめて彼らの達成は、新約聖書には、イエスと証言して、彼と彼の使徒教会は、彼らの累積的な議論を作成するのを支持しては、イエスキリストの神性その圧倒的な力です。 The Old Testament proofs we draw from the Psalms, the Sapiential Books and the Prophets.旧約聖書詩篇証拠から、我々を描く、知恵の書と預言者です。

(a) TESTIMONY OF THE PSALMS (の)証言は、詩篇

Psalm 2:7.詩編2時07分。 "The Lord hath said to me: Thou art my son, this day have I begotten thee." "かれらによると、主に私:なた私の息子は、この日は私ひとり子なた。 " Here Jahweh, i.e., God of Israel, speaks to the promised Messias.ヤハヴェここでは、すなわち、イスラエルの神、喋るmessias約束しています。 So St. Paul interprets the text (Hebrews 1:5) while proving the Divinity of Jesus from the Psalms.だから聖パウロ解釈のテキスト(ヘブル人への手紙1時05分)の中から、イエスの神性を証明するの詩篇を授けた。 The objection is raised that St. Paul is here not interpreting but only accommodating Scripture.異議を提起したのは、聖パウロは、ここで人の言いなりになるしかない啓典の解釈です。 He applies the very same words of Psalm 2:7 to the priesthood (Hebrews 5:5) and to the resurrection (Acts 13:33) of Jesus; but only in a figurative sense did the Father beget the Messias in the priesthood and resurrection of Jesus; hence only in a figurative sense did He beget Jesus as His Son.彼は、非常に適用するのと同じ言葉を聖職に就く詩編2時07分(ヘブル人への手紙5時05分)とは、イエスキリストの復活(行為13 : 33 ) ;だけでは、比喩的な意味では、聖職者の父とmessias来たすの復活イエス;したがってだけで比喩的な意味で彼は息子としてイエス来たす。 We answer that St. Paul speaks figuratively and accommodates Scripture in the matter of the priesthood and resurrection but not in the matter of the eternal generation of Jesus.聖パウロの回答して我々が喋る比喩的には啓典とは、聖職に就くと復活の問題ではなく、問題は、永遠の世代のイエスです。 The entire context of this chapter shows there is a question of real sonship and real Divinity of Jesus.本章では全体の文脈の中には、本当の問題は本物の息子であるイエスの神性。 In the same verse, St. Paul applies to Christ the words of Jahweh to David, the type of Christ: "I will be to him a father, and he shall be to me a son".同じ詩では、キリストの聖パウロの言葉が適用されるのデビッドヤハヴェには、キリストの種類: "私は彼に、父は、私には、彼の息子" 。 (2 Samuel 7:14) In the following verse, Christ is spoken of as the first-born of the Father, and as the object of the adoration of the angels; but only God is adored: "Thy throne, O God, is forever and ever. . . Thy God, O God, hath anointed thee" (Ps. xliv, 7, 8). ( 2サミュエル7時14分)は、以下の詩は、キリストが話されるのは、生まれとしての最初の父、そして、オブジェクトとしては、あこがれの天使;だけは、神を崇拝: "なたの王座は、あぁ、神は、は、永遠に。 。 。なたの神、あぁ、神は、かれらを聖なるなた" ( ps. 44 、 7 、 8 ) 。 St. Paul refers these words to Christ as to the Son of God (Hebrews 1:9).これらの単語を指します聖パウロとしてキリストを神の御子(ヘブル人への手紙1時09分) 。 We follow the Massoretic reading, "Thy God, O God".我々に従ってmassoretic読んで、 "あなたの神、あぁ、神"です。 The Septuagint and New Testament reading, ho theos, ho theos sou, "O God, Thy God", is capable of the same interpretation.新約聖書のセプトゥアギンタや読書、 theosホー、ホーtheosごくわずかのは、 "おお、神よ、なたの神"と、同じ解釈が可能だ。 Hence, the Christ is here called God twice; and his throne, or reign, is said to have been from eternity.したがって、ここでは、キリストは神と呼ばれる2回;と彼の玉座、または治世は、永遠といわれてきたからだ。 Ps.しまう。 cix, 1: "The Lord said to my Lord (Heb., Jahweh said to my Adonai): Sit thou at my right hand". cix 、 1 : "によると、主がわたしの主( heb. 、私の上帝によるとヤハヴェ) :あなたは私の右手に座る" 。 Christ cites this text to prove that He is Adonai (a Hebrew term used only for Deity), seated at the right hand of Jahweh, who is invariably the great God of Israel (Matthew 22:44).キリストを引き合いに出して、このテキストを証明して彼は上帝(神のためにのみ使用される用語をヘブライ語) 、装着は、右手のヤハヴェは、常に誰が、イスラエルの偉大な神(マタイ22時44分) 。 In the same psalm, Jahweh says to Christ: "Before the day-star, I begat thee".は、同じ詩編、ヤハヴェによれば、キリスト: "星の前の日に、私begetの過去なた" 。 Hence Christ is the begotten of God; was begotten before the world was, and sits at the right hand of the heavenly Father.したがって、キリストは、神のひとり子;ひとり子の前には、世界は、その右手に置かれると、天国の父です。 Other Messianic psalms might be cited to show the clear testimony of these inspired poems to the Divinity of the promised Messias.他の救世主かもしれない詩篇を示す明確な証言を引用して、これらの詩にインスピレーションを得た、と約束したの神性messias 。

(b) TESTIMONY OF THE SAPIENTIAL BOOKS ( b )には、知恵の書証言

So clearly do these Sapiential Books describe uncreated Wisdom as a Divine Person distinct from the First Person, that rationalists have resort to a subterfuge and claim that the doctrine of uncreated Wisdom was taken over by the authors of these books from the Neo-Platonic philosophy of the Alexandrian school.だからこれらの知恵の書籍を明確に説明することとして、神の知恵まだ創造されていない人が、最初からはっきりした人は、リゾート地にすることがrationalists言い逃れまだ創造されていないと主張して、教義の知恵を引き継いでは、これらの書籍の著者から、ネオプラトン哲学学校のアレクサンドリア。 It is to be noted that in the pre-sapiential books of the Old Testament, the uncreated Logos, or hrema, is the active and creative principle of Jahweh (see Psalm 32:4; 32:6; 118:89; 102:20; Isaiah 40:8; 55:11).それは、事前に注意しては、旧約聖書の知恵の書は、ロゴまだ創造されていない、またはhrema 、積極的かつ創造的原理は、ヤハヴェ(詩編32:4を参照してください; 32:6 ; 118:89 ; 102:20 ;イザヤ書40:8 ; 55:11 ) 。 Later the logos became sophia, the uncreated Word became uncreated Wisdom.ソフィアになった後、このロゴは、まだ創造されていないため、まだ創造されていない単語の知恵です。 To Wisdom were attributed all the works of creation and Divine Providence (see Job 28:12: Proverbs 8 and 9; Sirach 1:1; 24:5-12; Wisdom 6:21; 9:9).知恵のすべての作品に起因していたの創造と神の摂理( 28:12ジョブを参照してください:箴言8と9 ;シラク1:1 ; 24:5-12 ;知恵6時21分、 9時09分) 。 In Wis., ix, 1, 2, we have a remarkable instance of the attribution of God's activity to both the Logos and Wisdom. wis.では、 9世、 1 、 2 、我々は、注目に値するのインスタンスが、神の活動に帰属ロゴと知恵の両方です。 This identification of the pre-Mosaic Logos with the Sapiential Wisdom and the Johannine Logos (see LOGOS) is proof that the rationalistic subterfuge is not effective.この身分証明書は、事前にモザイクのロゴの知恵と知恵の使徒ヨハネのロゴス(ロゴス参照してください)は、合理主義の言い逃れではないという証拠を効果的です。 The Sapiential Wisdom and the Johannine Logos are not an Alexandrian development of the PIatonic idea, but are a Hebraistic development of the pre-Mosaic uncreated and creating Logos or Word.ロゴスの使徒ヨハネの知恵と知恵のあるアレクサンドリアの開発ではないのpiatonic考えですが、開発は、ヘブライ風には、事前にモザイクやロゴの作成や、まだ創造されていない単語です。

Now for the Sapiential proofs: In Ecclus., xxiv, 7, Wisdom is described as uncreated, the "first born of the Most High before all creatures", "from the beginning and before the World was I made" (ibid., 14).今は、知恵の証拠: ecclus 。 、 xxiv 、 7 、知恵はまだ創造されていないとして記述は、 "最初に生まれたすべての生き物の前に、最も高い" 、 "世界の初めから、前には、私は" ( ibid. 、 14 ) 。 So universal was the identification of Wisdom with the Christ, that even the Arians concurred with the Fathers therein; and strove to prove by the word ektise, made or created, of verse 14, that incarnate Wisdom was created.だから普遍的には、身分証明書の知恵を持って、キリストは、その祖先でさえ、そこでarians concurred ;とektise striveの過去形を立証される単語、または作成前には、 14の詩は、その化身の知恵が作成されました。 The Fathers did not make answer that the word Wisdom was not to be understood of the Christ, but explained that the word ektise had here to be interpreted in keeping with other passages of Holy Writ and not according to its usual meaning,--that of the Septuagint version of Genesis 1:1.回答していないことを、父親の知恵ではないという言葉を理解されるべきでは、キリストは、その言葉ektise説明していたが、ここを他の通路に沿って解釈されるのではなく聖書によると、いつもの意味を、 -それセプトゥアギンタのバージョンの創世記の1:1です。 We do not know the original Hebrew or Aramaic word; it may have been the same word that occurs in Prov.我々は分からない、元のヘブライ語やアラム語の単語;ことがありますが、同じ単語が発生する場合が地方です。 viii, 22: "The Lord possessed me (Hebrew gat me by generation; see Genesis 4:1) in the beginning of His ways, before He made anything from the beginning, I was set up from eternity." VIIIや22 : "私の主を保有(ヘブライ語銃で武装した私の世代;創世記を参照してください4時01分)の初めに自分のやり方では、初めから何も前に彼のおかげで、私は永遠にセットアップするからです。 " Wisdom speaking of itself in the Book of Ecclesiasticus cannot contradict what Wisdom says of itself in Proverbs and elsewhere.知恵といえばこの本自体が矛盾することはできないの集会の書によれば、それ自体では何の知恵や他の箴言。 Hence the Fathers were quite right in explaining ektise not to mean made or created in any strict sense of the terms (see St. Athanasius, "Sermo ii contra Arianos", n. 44; Migne, P. G., XXVI, 239).したがって、その祖先が非常に分かりやすく説明できる権利を意味していないektiseまたは作成前には、厳密な意味で、いかなる条件(聖アタナシウスを参照して、 " arianosコントラsermo 2世" 、 n. 44 ;ミーニュは、パプアニューギニア、 26 、 239 ) 。 The Book of Wisdom, also, speaks clearly of Wisdom as "the worker of all things . . . a certain pure emanation of the glory of the almighty God . . . the brightness of eternal light, and the unspotted mirror of God's majesty, and the image of his goodness."この本の知恵は、また、はっきりと喋るの知恵として、 "労働者のすべてのものです。 。 。 、特定の純粋な放射能の全能の神の栄光のです。 。 。永遠の光の明るさは、気づかれていないと、神の威厳ミラー、および彼の善良さのイメージです。 " (Wisdom 7:21-26) St. Paul paraphrases this beautiful passage and refers it to Jesus Christ (Hebrews 1:3). (知恵7:21-26 )と聖パウロparaphrasesこの美しい通過することを指しますイエスキリスト(ヘブル人への手紙1時03分) 。 It is clear, then, from the text-study of the books themselves, from the interpretation of these books by St. Paul, and especially, from the admitted interpretation of the Fathers and the liturgical uses of the Church, that the personified wisdom of the Sapiential Books is the uncreated Wisdom, the incarnate Logos of St. John, the Word hypostatically united with human nature, Jesus Christ, the Son of the Eternal Father.明確にすることが、その後、テキストの研究から、書籍自体には、聖パウロの解釈によっては、これらの書籍は、その中でも特に、認めてからは、父の解釈とは、教会の典礼では、それの権化のような人の知恵知恵の書は、まだ創造されていないの知恵は、ロゴの化身の聖ヨハネは、人間の本性という言葉hypostaticallyユナイテッドでは、イエスキリストは、永遠の息子の父親です。 The Sapiential Books prove that Jesus was really and truly God.知恵の書であることを証明するのは、本当に本当に神様イエスです。

(c) TESTIMONY OF THE PROPHETIC BOOKS ( C参照)の証言は、書籍の予言

The prophets clearly state that the Messias is God.預言者は神messias明記しています。 Isaias says: "God Himself will come and will save you" (xxxv, 4); "Make ready the way of Jahweh" (xl, 3); "Lo Adonai Jahweh will come with strength" (xl, 10). isaias書かれています: "神ご自身が、保存する場合は、 " ( 35 、 4 ) ; "の道のために準備ができてヤハヴェ" ( XLサイズ、 3 ) ; " lo上帝ヤハヴェの強さが付いてくる" ( 40 、 10 ) 。 That Jahweh here is Jesus Christ is clear from the use of the passage by St. Mark (i 3).ヤハヴェしてからここには、イエスキリストがクリアされた通路の使用は、サンマルコ(私3 ) 。 The great prophet of Israel gives the Christ a special and a new Divine name "His name will be called Emmanuel" (Isaiah 7:14).イスラエルの偉大な預言者により、新たな神とキリストの特別な名前"自分の名前がコールされるエマニュエル" (イザヤ書7時14分) 。 This new Divine name St. Matthew refers to as fulfilled in Jesus, and interprets to mean the Divinity of Jesus.この新しい神の名前として果たさマタイは、イエスを指して、イエスの神性を意味すると解釈しています。 "They shall call his name Emmanuel, which, being interpreted, is God with us." "かれらは自分の名前を呼ぶエマニュエル、これは、解釈され、私たちは神に。 " (Matthew 1:23) Also in ix, 6, Isaias calls the Messias God: "A child is born to us . . . his name shall be called Wonderful, Counsellor, God the Strong One, the Father of the world to come, the Prince of Peace." (マタイ1時23分)にも、 9 、 6 、 isaias呼び出しmessias神: "子供が生まれるとしています。 。 。彼の名前が呼ばれる素晴らしいものは、カウンセラーは、 1つの強い神は、父親の世界に来るのは、平和の王子"と述べた。 Catholics explain that the very same child is called God the Strong One (ix, 6) and Emmanuel (vii, 14); the conception of the child is prophesied in the latter verse, the birth of the very same child is prophesied in the former verse.カトリック教徒で、全く同じ説明して子供が強いと呼ばれる1つの神( 9 、 6 ) 、エマニュエル( 7 、 14 ) ;という概念は、子供が予言詩で、後者は、子供の誕生は、全く同じで、旧予言詩です。 The name Emmanuel (God with us) explains the name that we translate "God the Strong One."エマニュエルの名前(神が私たち)の名前を説明して翻訳する"神の1つに強い"と述べた。 It is uncritical and prejudiced on the part of the rationalists to go outside of lsaias and to seek in Ezechiel (xxxii, 21) the meaning "mightiest among heroes" for a word that everywhere else in Isaias is the name of "God the Strong One" (see Isaiah 10:21).いいかげんなことは、片寄った上の部分のrationalistsの外に行くとlsaiasでezechielを求める( 32 、 21 )の意味"との間で英雄mightyの最上級"のために他のどの場所にある単語をisaiasの名前は"神の1つに強い" (イザヤ書10:21参照してください) 。 Theodotion translates literally theos ischyros; the Septuagint has "messenger".文字通りtheodotion変換theos ischyros ;セプトゥアギンタには、 "メッセンジャー" 。 Our interpretation is that commonly received by Catholics and by Protestants of the stamp of Delitzsch ("Messianic Prophecies", p. 145).私たちは、広く解釈によって受信されたカトリックとプロテスタントの切手のデリッチ( "救世主予言" 、 p. 145 ) 。 Isaias also calls the Messias the "sprout of Jahweh" (iv, 2), i.e. that which has sprung from Jahweh as the same in nature with Him. isaiasも、通話のmessias "もやしのヤハヴェ" ( ⅳ 、 2 ) 、すなわちしてきたのと同じようにひび割れたヤハヴェ性質からしていた。 The Messias is "God our King" (Isaiah 52:7), "the Saviour sent by our God" (Isaiah 52:10, where the word for Saviour is the abstract form of the word for Jesus); "Jahweh the God of Israel" (Isaiah 52:12): "He that hath made thee, Jahweh of the hosts His name" (Isaiah 54:5)". messiasは、 "私たちの神の王" (イザヤ書52:7 ) 、 "私たちの神によって送られるの救い主" (イザヤ書52:10 、どこにその言葉を救い主という言葉は、抽象的な形のためにイエス) ; "の神ヤハヴェイスラエル" (イザヤ書52:12 ) : "彼がかれらを前に、なたは、自分の名前をヤハヴェのホスト" (イザヤ書54:5 ) " 。

The other prophets are as clear as Isaias, though not so detailed, in their foretelling of the Godship of the Messias.他の預言者は、火を見るより明らかisaias 、詳しいわけではありませんので、ご主人様は、彼らのforetellingのmessias 。 To Jeremias, He is "Jahweh our Just One" (xxiii, 6; also xxxiii, 16).イェレミアスには、彼は"私たちだけで1つのヤハヴェ" ( 23 、 6 ;も33 、 16 ) 。 Micheas speaks of the twofold coming of the Child, His birth in time at Bethlehem and His procession in eternity from the Father (v, 2).喋るmicheas来るのは、二重の児童は、出生の時に彼と彼の行列の中から永遠にベツレヘムの父( 5 、 2 ) 。 The Messianic value of this text is proved by its interpretation in Matthew (ii, 6).このテキストは、救世主的な価値が立証されたその解釈マシュー( ⅱ 、 6 ) 。 Zacharias makes Jahweh to speak of the Messias as "my Companion"; but a companion is on an equal footing with Jahweh (xiii, 7).ヤハヴェを話すツァハリアスによりmessiasとしては、 "私の仲間" ;ではなく、対等な立場では、コンパニオンヤハヴェ( 13 、 7 ) 。 Malachias says: "Behold I send my angel, and he shall prepare the way before my face, and presently the Lord, whom you seek, and the angel of the testament, whom you desire, shall come to his temple" (iii, 1). malachias書かれています: "私の天使を送る見よ私は、彼とは、私の顔の前に準備する方法、および現在の主よ、あなたを求める人は、遺言と、天使のように、誰に欲望は、彼の寺に来るもの" ( ⅲ 、 1 ) 。 The messenger spoken of here is certainly St. John the Baptist.ここで話されるのは、確かに使徒の聖ヨハネバプテストです。 The words of Malachias are interpreted of the Precursor by Our Lord Himself (Matthew 11:10). malachiasの言葉は、解釈によっては、私たちの主ご自身前駆体(マタイ11:10 ) 。 But the Baptist prepared the way before the face of Jesus Christ.しかし、バプテスト派の道を準備する前に、イエスキリストの顔だ。 Hence the Christ was the spokesman of the words of Malachias.それ故、同スポークスマンは、キリストの言葉malachias 。 But the words of Malachias are uttered by Jahweh the great God of Israel.しかし、 malachiasの言葉を口には、偉大な神によってイスラエルのヤハヴェ。 Hence the Christ or Messias and Jahweh are one and the same Divine Person.それ故、キリストは、 1つまたはmessiasとヤハヴェ神の人と同じです。 The argument is rendered even more forcible by the fact that not only is the speaker, Jahweh the God of hosts, here one and the same with the Messias before Whose face the Baptist went: but the prophecy of the Lord's coming to the Temple applies to the Messias a name that is ever reserved for Jahweh alone.引数がレンダもっと強制されたという事実には、スピーカーだけでなく、ホストヤハヴェの神は、ここに1つのと同じで、顔の前にmessias行ったバプテスト:しかし、主の予言は、同寺に来て適用されます。 messiasすることは、これまでの名前だけのために予約さヤハヴェ。 That name occurs seven times (Exodus 23:17; 34:23; Isaiah 1:24; 3:1; 10:16 and 33; 19:4) outside of Malachias, and is clear in its reference to the God of Israel.そのような名前が発生した7回( 23時17エクソダス; 34:23 ;イザヤ書1 : 24 ;午前3時01分; 10:16と33 ;午前19時04分) malachiasの外には、その基準をクリアするとは、イスラエルの神です。 The last of the prophets of Israel gives clear testimony that the Messias is the very God of Israel Himself.最後には、イスラエルの預言者の証言を明らかにして、非常に神はイスラエルのmessias自分自身です。 This argument from the prophets in favour of the Divinity of the Messias is most convincing if received in the light of Christian revelation, in which light we present it.この引数の預言者からは、神の恵みの中でも最も説得力のmessias届いた場合は、キリスト教のヨハネの黙示録の光は、我々が光のプレゼントだ。 The cumulative force of the argument is well worked out in "Christ in Type and Prophecy", by Maas.引数は、累積的な力が働いている"キリストの種類と予言"と、マース。

B. New Testament Proofs新約聖書Bの証拠

We shall give the witness of the Four Evangelists and of St. Paul.わたしたちは、 4つの証人を与えるとの聖パウロの伝道者です。 The argument from the New Testament has a cumulative weight that is overwhelming in its effectiveness, once the inspiration of the New Testament and the Divine ambassadorship of Jesus are proved (see INSPIRATION; CHRISTIANITY).新約聖書からの引数の累積的な体重には、その効果が圧倒的には、一度、新約聖書のインスピレーションと、イエスは神の大使の資格証明(インスピレーションを参照してください;キリスト教) 。 The process of the Catholic apologetic and dogmatic upbuilding is logical and never-failing.その過程で、カトリックと申し訳なさそうな独断的な論理とは、尽きることのないupbuilding 。 The Catholic theologian first establishes the teaching body to which Christ gave His deposit of revealed truth, to have and to keep and to hand down that deposit without error or failure.最初のカトリック神学を確立し、キリストの教えを与えた彼の遺体預金の真実を明らかにしておくと、その金を手にすることなくエラーまたは失敗した。 This teaching body gives us the Bible; and gives us the dogma of the Divinity of Christ in the unwritten and the written Word of God, i.e. in tradition and Scripture.これは私たちの体の聖書の教えとは私たちの教義は、キリストの神性の不文律と書かれた神の言葉、すなわち、伝統と啓典。 When contrasted with the Protestant position upon "the Bible, the whole Bible and nothing but the Bible"--no, not even anything to tell us what is the Bible and what is not the Bible--the Catholic position upon the Christ-established, never-failing, never-erring teaching body is impregnable.対照的に、プロテスタントの際に位置する"聖書は、全体の聖書や聖書に過ぎない" -いや、私たちは何を伝えるものでもないが、聖書とは何のバイブルではない-キリストのカトリックの立場の上に確立は、尽きることのない、体には絶対に教える人の道を踏み外した難攻不落のです。 The weakness of the Protestant position is evidenced in the matter of this very question of the Divinity of Jesus Christ.その弱点は、プロテスタントの立場は明らかで、この問題は、非常に疑問イエスキリストの神性です。 The Bible is the one and only rule of faith of Unitarians, who deny the Divinity of Jesus; of Modernistic Protestants, who make out His Divinity to be an evolution of His inner consciousness; of all other Protestants, be their thoughts of Christ whatsoever they may.聖書は、信仰のルールの1つのみとunitarians 、イエスの神性を否定する人;の現代的なプロテスタントは、自分たちの教理を作成するには自分の内面の意識の進化;他のすべてのプロテスタントは、かれらが自分の考えをキリストのもの5月です。 The strength of the Catholic position will be clear to any one who has followed the trend of Modernism outside the Church and the suppression thereof within the pale.その強さは、カトリック教徒の立場を明確にされるのいずれか1つの傾向が続いてきたモダニズムの抑制とそれ以外の教会内の青白い。

WITNESS OF THE EVANGELISTS証人の伝道者

We here assume the Gospels to be authentic, historical documents given to us by the Church as the inspired Word of God.我々はここで想定されるgospels本物のは、私たちに与えられた歴史的な資料として、触発される教会神のみことばです。 We waive the question of the dependence of Matthew upon the Logia, the origin of Mark from "Q", the literary or other dependence of Luke upon Mark; all these questions are treated in their proper places and do not belong here in the process of Catholic apologetic and dogmatic theology.依存性の問題は、我々の権利を放棄してlogionの複数のマシュー、マークの起源からの" q "は、文学やその他の依存性のルークにマーク;質問には、これらすべての適切な治療を受けていない場所およびその過程で、ここに属する独断的なカトリック神学と申し訳なさそうだ。 We here argue from the Four Gospels as from the inspired Word of God.我々としてここで論じるgospelsからの4つの神の言葉から着想を得た。 The witness of the Gospels to the Divinity of Christ is varied in kind.その証人は、キリストの神性をgospelsでは、さまざまな種類です。 Jesus is the Divine Messiasイエスは、神のmessias

The Evangelists, as we have seen, refer to the prophecies of the Divinity of the Messias as fulfilled in Jesus (see Matthew 1:23; 2:6; Mark 1:2; Luke 7:27).その伝道者は、我々が見られるとして、神の予言を参照してmessiasとして果たさでは、イエス(マタイ参照してください1時23分、 2時06分;マーク1 : 02 ;ルーク7時27分) 。

Jesus is the Son of Godイエスは神の御子

According to the testimony of the Evangelists, Jesus Himself bore witness to His Divine Sonship.伝道者の証言によると、イエスは神の息子である彼自身の口径を目撃している。 As Divine Ambassador He can not have borne false witness.彼は神の大使として偽証が負担することはできません。

Firstly, He asked the disciples, at Caesarea Philippi, "Whom do men say that the Son of man is?"まず第一に、彼は尋ねたの弟子で、 caesareaフィリッピは、 "誰かと言うと、男性は、男の息子ですか? " (Matthew 16:13). (マタイ16 : 13 ) 。 This name Son of man was commonly used by the Saviour in regard to Himself; it bore testimony to His human nature and oneness with us.この男は息子の名前でよく使われて自分自身の救い主と関連し、それを彼の証言を退屈させる人間の本性と一体感を持っています。 The disciples made answer that others said He was one of the prophets.答える前にして他の弟子によると彼は、預言者の1つだ。 Christ pressed them.キリスト押さしてください。 "But whom do you say that I am? "(ibid., 15). "しかし、私は誰かと言うことですか? " ( ibid. 、 15 ) 。 Peter, as spokesman, replied: "Thou art Christ, the Son of the living God" (ibid., 16).ピーターは、広報担当者は、こう答えた: "なたキリストは、神の息子オブザリビング" ( ibid. 、 16 ) 。 Jesus was satisfied with this answer; it set Him above all the prophets who were the adopted sons of God; it made Him the natural Son of God.イエスはこの答えに満足して;ギフトセットすることは、上記のすべての預言者たちは、神の息子の採択;それは彼の息子である自然の神です。 The adopted Divine sonship of all the prophets Peter had no need of special revelation to know.神の息子であることが採択のすべての預言者のピーターはなかったの特別な啓示を知っている必要があります。 This natural Divine Sonship was made known to the leader of the Apostles only by a special revelation.この自然の神の息子であることは前に知られているだけで、使徒のリーダーは、特別啓示です。 "Flesh and blood hath not revealed it to thee, but my Father who is in heaven" (ibid., 17). "生身の人間を明らかにすることをかれらは、なたが、私の父は、天国の人" ( ibid. 、 17 ) 。 Jesus clearly assumes this important title in the specially revealed and altogether new sense.イエス様をはっきりと仮定し、この重要なタイトルを完全には、特別に新たな意味を明らかにしています。 He admits that He is the Son of God in the real sense of the word.彼は、彼の息子であることを認め、神は、真の意味での言葉だ。

Secondly, we find that He allowed others to give Him this title and to show by the act of real adoration that they meant real Sonship.第二に、彼は我々を見つけることを許可してやるこの他に表示されるタイトルと本物の礼拝行為本物の息子であることを意味しています。 The possessed fell down and adored Him, and the unclean spirits cried out: "Thou art the Son of God" (Mark 3:12).彼の保有は転んで尊敬されており、汚れた霊は叫んだアウト: "なた神の御子" (マーク3時12分) 。 After the stilling of the storm at sea, His disciples adored Him and said: "Indeed thou art the Son of God "(Matthew 14:33).シュティリング嵐の後の海は、彼と彼の弟子尊敬されている: "本当になたは神の御子" (マタイ14 : 33 ) 。 Nor did He suggest that they erred in that they gave Him the homage due to God alone.彼らerred示唆しても彼には彼の尊敬して神のためにだけです。 The centurion on Calvary (Matthew 27:54; Mark 15:39), the Evangelist St. Mark (i, 1), the hypothetical testimony of Satan (Matthew 4:3) and of the enemies of Christ (Matthew 27:40) all go to show that Jesus was called and esteemed the Son of God.その上カルバリー百人隊長(マタイ27:54 ;マーク15時39分) 、聖マルコの福音伝道(私は、 1 )は、仮想的な証言サタン(マタイ4:3 )とは、キリストの敵(マタイ27:40 )すべてのことを証明して行くと尊敬と呼ばれるイエスが神の御子です。 Jesus Himself clearly assumed the title.自分自身のタイトルを明確にイエスと仮定します。 He constantly spoke of God as "My Father" (Matthew 7:21; 10:32; 11:27; 15:13; 16:17, etc.).彼は神のスポークとして常に"私の父" (マタイ7 : 21 ; 10:32 ; 11:27 ;午後3時13分、 16時17分、等) 。

Thirdly, the witness of Jesus to His Divine Sonship is clear enough in the Synoptics, as we see from the foregoing argument and shall see by the exegesis of other texts; but is perhaps even more evident in John.第三に、イエスの証人神の息子であることを彼は十分にクリアsynoptics 、参照してから、我々としては、前述の引数およびその他のテキストを参照してください評釈される;しかしジョンは、おそらくもっと顕著に表れています。 Jesus indirectly but clearly assumes the title when He says: "Do you say of him whom the Father hath sanctified and sent into the world: Thou blasphemest, because I said, I am the Son of God? . . . the Father is in me and I in the Father."イエスキリストがはっきりと仮定してタイトルのときに間接的と彼は言います: "あなたの言う彼の父誰に送られると、かれらを清められた世界: blasphemestなたは、私は言ったので、私は神の御子ですか。 。 。私の父は、と私の父です。 " (John 10:36, 38) An even clearer witness is given in the narrative of the cure of the blind man in Jerusalem. (ヨハネ10:36 、 38 )偶数の鮮明な証人では、与えられた物語は、エルサレムを治すの盲人。 Jesus said: "Dost thou believe in the Son of God?"イエス様によると: "ドーストなたは神の御子を信じるか? " He answered, and said: "Who is he, Lord, that I may believe in him? And Jesus said to him: Thou hast both seen him; and it is he that talketh with thee. And he said: I believe, Lord. And falling down, he adored him."彼は答えた、と言った: "誰が彼は、主に、それによって彼の存在を信じるか?とイエスは言った:なたの両方を見た;そしてそれは彼にして、なたtalketh 。と彼は言った:私信じ、主です。と落ちて、彼は尊敬されていた。 " (John 9:35-38) Here as elsewhere, the act of adoration is allowed, and the implicit assent is in this wise given to the assertion of the Divine Sonship of Jesus. (ヨハネ9:35-38 )他の場所としてここには、礼拝の行為は許され、暗黙の同意を与えられたのは賢明で、この主張は、神の息子であるイエスです。

Fourthly, likewise to His enemies, Jesus made undoubted profession of His Divine Sonship in the real and not the figurative sense of the word; and the Jews understood Him to say that He was really God.第四には、同様にして彼の敵は、紛れもないイエスは神の息子である彼の職業は、本物と比喩的な意味ではなく、その言葉;とユダヤ人の言うことを理解して彼が本当に神です。 His way of speaking had been somewhat esoteric.彼の話し方がやや難解な。 He spoke often in parables.彼はしばしば、例です。 He willed then, as He wills now, that faith be "the evidence of things that appear not" (Hebrews 11:1).それから彼は望みなら、今すぐに彼の意志は、その信仰に"と表示されることの証拠がない" (ヘブル人への手紙11時01分) 。 The Jews tried to catch Him, to make Him speak openly.ユダヤ人をキャッチしようとした彼は、彼を公然と語る。 They met Him in the portico of Solomon and said: "How long dost thou hold our souls in suspense? If thou be the Christ, tell us plainly" (John 10:24).彼らに会ったのは、玄関のソロモンと言った: "我々の魂にどのくらい時間がホールドドーストなたサスペンスですか?もしあなたが、キリストは、はっきり聞かせください" (ヨハネ10:24 ) 。 The answer of Jesus is typical.典型的な答えはイエスだ。 He puts them off for a while; and in the end tells them the tremendous truth: "I and the Father are one" (John 10:30).彼はしばらくの間オフ配置して、そして最後には、かれらの驚異的な真実を伝える: "私の父とは、 1つ" (ヨハネ10:30 ) 。 They take up stones to kill Him.かれらを殺すために石を取りなさい。 He asks why.なぜ彼を要求した。 He makes them admit that they have understood Him aright.彼は彼のことを認めることが正しく理解しています。 They answer: "For a good work we stone thee not, but for blasphemy; and because that thou, being a man makest thyself God" (ibid., 33).彼ら答: "我々のためにいい仕事をなたには石ではなく、神への冒とく;なたとしているため、一人の男が自分自身の神makest " ( ibid. 、 33 ) 。 These same enemies had clear statement of the claim of Jesus on the last night that He spent on earth.これらの敵は同じクレームは、イエスの声明をクリアして地球上で最後の夜を過ごした。 Twice He appeared before the Sanhedrim, the highest authority of the enslaved Jewish nation. 2回サンヘドリンの前に現れた彼は、ユダヤ教の最高権威の国家enslaved 。 The first times the high priest, Caiphas, stood up and demanded: "I adjure thee by the living God, that thou tell us if thou be the Christ the Son of God" (Matthew 26:63).第1回の大祭司、 caiphas 、立ち上がって要求: "私は神の生活を命じるなた、なた聞かせくださいもしあなたが神の御子のキリスト" (マタイ26:63 ) 。 Jesus had before held His peace.イエスは彼の前に開かれた平和です。 Now His mission calls for a reply.今すぐに返事を求める彼の使命です。 "Thou hast said it" (ibid., 64). "なたによると" ( ibid. 、 64 ) 。 The answer was likely--in Semitic fashion--a repetition of the question with a tone of affirmation rather than of interrogation.その答えは可能-ユダヤファッション-質問の繰り返しのような口調ではなく、肯定の尋問。 St. Matthew reports that answer in a way that might leave some doubt in our minds, had we not St. Mark's report of the very same answer.マタイによる報告によると、回答方法で、いくつかの疑問を残すことが私たちの心は、我々が、サンマルコの報告書は、全く同じ答えです。 According to St. Mark, Jesus replies simply and clearly: "I am" (Mark 14:62).聖マルコによると、イエスキリストとを明確にするだけの返信: "私は" (マーク14:62 ) 。 The context of St. Matthew clears up the difficulty as to the meaning of the reply of Jesus.マタイの文脈の中にはクリアすることの困難さの意味としては、イエスの返事をした。 The Jews understood Him to make Himself the equal of God.彼は、ユダヤ人を理解しておくように、神に等しい。 They probably laughed and jeered at His claim. jeered彼らは、おそらく彼の主張と笑った。 He went on: 'Nevertheless I say to you, hereafter you shall see the Son of man sitting on the right hand of the power of God, and coming in the clouds of heaven" (Matthew 26:64). Caiphas rent his garments and accused Jesus of blasphemy. All joined in condemning Him to death for the blasphemy whereof they accused Him. They clearly understood Him to make claim to be the real Son of God; and He allowed them so to understand Him, and to put Him to death for this understanding and rejection of His claim. It were to blind one's self to evident truth to deny the force of this testimony in favour of the thesis that Jesus made claim to be the real Son of God. The second appearance of Jesus before the Sanhedrim was like to the first; a second time He was asked to say clearly: "Art thou then the Son of God?" He made reply: "You say that I am." They understood Him to lay claim to Divinity. "What need we any further testimony?彼は: 'にもかかわらず私の話を聞きなさい、来世を参照してくださいあなたの息子は、右手の上に座っている男に神の力、そして、雲が来るのは、天国" (マタイ26:64 ) 。 caiphas彼の衣装を借りるとイエスは神への冒とくと非難した。すべての合流で彼を非難する彼らの死は、彼を告訴whereof冒とくだ。彼らの主張をはっきりと理解される彼の実の息子である神;そして彼は彼を理解できるように、と彼に死を入れる拒絶反応のために、この彼の主張を理解しています。それは自分の自己を盲目の真実を明らかにして力を否定する証言を支持し、この論文のことだと主張する前に、イエスは神の実の息子である。 2番目の前に、イエスキリストの外観サンヘドリンのように、最初は、 2回目の質問に彼ははっきりと言う: "なた次に神の御子ですか? "彼は前に返信: "私はそんなこと言うのです。 "彼らの教理を主張する彼を理解しています。 "何が必要これ以上私たちの証言ですか? for we ourselves have heard it from his own mouth" (Luke 22:70, 71). This twofold witness is especially important, in that it is made before the great Sanhedrim, and in that it is the cause of the sentence of death. Before Pilate, the Jews put forward a mere pretext at first. "We have found this man perverting our nation, and forbidding to give tribute to Cæsar, and saying that he is Christ the king" (Luke 23:2). What was the result? Pilate found no cause of death in Him! The Jews seek another pretext. "He stirreth up the people .それを聞いて、私たち自身が彼自身の口から" (ルカ22:70 、 71 ) 。この二重の目撃者は、特に重要なのは、その前にすることは非常にサンヘドリン、およびそれが原因で、死の宣告を受けています。 pilate前には、ユダヤ人を提唱する最初は単なる口実だ"我々は我々のネーションが見つかりましたpervertingこの男は、怖いと敬意を表してcæsarを与える、と言って、彼は、キリストの王" (ルーク23 : 02 ) 。どのようなものでした結果ですか? pilateの死因は見つかっていないんですよ、ユダヤ人を求める別の口実だ"とする人々 stirreth 。 . . from Galilee to this place" (ibid., 5). This pretext fails. Pilate refers the case of sedition to Herod. Herod finds the charge of sedition not worth his serious consideration. Over and again the Jews come to the front with a new subterfuge. Over and again Pilate finds no cause in Him. At last the Jews give their real cause against Jesus. In that they said He made Himself a king and stirred up sedition and refused tribute to Caesar, they strove to make it out that he violated Roman law. Their real cause of complaint was not that Jesus violated Roman law; but that they branded Him as a violator of the Jewish law. How? "We have a law; and according to that law he ought to die, because he made himself the Son of God (John 19:7).ガリラヤをこの場所から" ( ibid. 、 5 )です。この口実は失敗します。 pilateの例を指しますヘロデ扇動している。ヘロデ扇動罪で見つかると何の価値もない彼のまじめな考察です。ユダヤ人以上と再び注目されるようにして、新しいフロント言い逃れ。超えると再びpilate原因なしに彼を見つけた。とうとう自分の本当の原因は、ユダヤ人に対するイエスを与える。かれらによると彼は自分自身のことを拒否した王とかくはんすると賛辞を扇動カエサルは、かれらstriveの過去形にすることを彼はアウトローマの法律に違反しています。彼らの真の原因の苦情は、ローマの法律に違反していないが、イエス;しかし、彼にしてブランドとしては、ユダヤ教の法律違反です。どうですか? "我々は、法律;として法律によると、彼は死ぬ方がいいですよ、なぜなら、彼神の前に自分の息子(ヨハネ19時07分) 。 The charge was most serious; it caused even the Roman governor "to fear the more."料金は、最も深刻な;それが原因でさえ、ローマ知事"を恐れるほどです。 " What law is here referred to?ここで紹介してどのような法律は? There can be no doubt.疑いの余地はない。 It is the dread law of Leviticus: "He that blasphemeth the name of the Lord, dying let him die: all the multitude shall stone him, whether he be a native or a stranger. He that blasphemeth the name of the Lord dying let him die" (Leviticus 24:17).怖がることは、法のレビ記: "彼の名前をして、主のblasphemeth 、死にかけている死ぬせなさい:すべての群衆は石彼は、彼がいるかどうか、見知らぬ人に自生する植物です。 blasphemeth彼の名前をして、主の臨終を許してくれた。ダイ" (レビ記24:17 ) 。 By virtue of this law, the Jews were often on the very point of stoning Jesus; by virtue of this law, they often took Him to task for blasphemy whensoever He made Himself the Son of God; by virtue of this same law, they now call for His death.この法律によって美徳は、ユダヤ人が非常に多い点は、イエスキリストの投石;美徳この法律によって、彼らはたびたび彼には彼のおかげで自分自身のタスクを冒とくwheneverの強調神の御子;美徳は、この同じ法律によって、彼らを今彼の死を求める。 It is simply out of the question that these Jews had any intention of accusing Jesus of the assumption of that adopted sonship of God which every Jew had by blood and every prophet had had by special free gift of God's grace.それは単に、これらの質問のうち、ユダヤ人を非難するような意図はなかったイエスの息子であることを前提にして採択されたのは、神がすべてのユダヤ人の血があったとされたすべての預言者、神の恵みの贈り物として、特別無料です。

Fifthly, we may only give a summary of the other uses of thee title Son of God in regard to Jesus. fifthly 、我々の概要を与える場合にのみ、他の用途には、なたのタイトルについては、イエスが神の息子である。 The angel Gabriel proclaims to Mary that her son will "be called the Son of the most High" (Luke 1:32); "the Son of God" (Luke 1:35); St. John speaks of Him as "the only begotten of the Father" (John 1:14); at the Baptism of Jesus and at His Transfiguration, a voice from heaven cries: "This is my beloved son" (Matthew 3:17; Mark 1:11; Luke 3:22; Matthew 17:3); St. John gives it as his very set purpose, in his Gospel, "that you may believe that Jesus is the Christ, the Son of God" (John 20:31).天使ガブリエルメアリーproclaimsをして、彼女の息子は、 "息子と呼ばれる最も高い" (ルカ1時32分) ; "神の御子" (ルカ1時35分) ;聖ヨハネ喋るのギフトとして"のみひとり子の父" (ヨハネ1時14分) ;は、イエスキリストの洗礼と彼の変貌は、天の声の叫び: "これは私の最愛の息子" (マタイ3 : 17 ;マーク1 : 11 ;ルーク3時22分;マシュー17時03分) ;聖ヨハネ彼には非常に設定する目的としては、彼の福音書で、 "していると思われるかもしれませんが、イエスキリストは、神の御子" (ヨハネ20時31分) 。

Sixthly, in the testimony of John, Jesus identifies Himself absolutely with the Divine Father. sixthly 、ヨハネの証言で、イエスキリストの天主絶対に自分自身を識別します。 According to John, Jesus says: "he that seeth me seeth the Father" (ibid., xiv, 9).ジョンによると、イエスキリストによれば: " seeth彼が私の父seeth " ( ibid. 、 14 、 9 )です。 St. Athanasius links this clear testimony to the other witness of John "I and the Father are one" (ibid., x, 30); and thereby establishes the consubstantiality of the Father and the Son.聖アタナシウスこのリンクをクリアして、他の目撃者の証言ジョン"私の父とは、 1つ" ( ibid. 、 × 、 30 ) ;もってconsubstantialityを確立し、父と息子です。 St. John Chrysostom interprets the text in the same sense.聖ヨハネクリュソストモスのテキストは、同じ意味で解釈しています。 A last proof from John is in the words that bring his first Epistle to a close: "We know that the Son of God is come: and He hath given us understanding that we may know the true God, and may be in his true Son. This is the true God and life eternal" (1 John 5:20).最後の言葉を証明してから、ジョンは、彼の最初の信徒への緊密もたらす: "神の息子であることが分かっているが来る:かれ与えられたと理解して我々が知っている私たちの真の神、そして彼の本当の息子かもしれない。これは、真の神と永遠の生命" ( 1ヨハネ5時20分) 。 No one denies that "the Son of God" who is come is Jesus Christ.誰も否定して"神の御子"イエスキリストは、誰が来ています。 This Son of God is the "true Son" of "the true God"; in fact, this true son of the True God, i.e. Jesus, is the true God and is life eternal.この神の息子であるのは、 "真の息子"の"真の神様" ;実際、この本当の息子の真の神、すなわちイエスは、神が、真の人生とは永遠だ。 Such is the exegesis of this text given by all the Fathers that have interpreted it (see Corluy, "Spicilegium Dogmatico-Biblicum", ed. Gandavi, 1884, II, 48).このテキストは、そのような評釈のすべての祖先が与えられたと解釈することがある( corluyを参照して、 " spicilegium dogmatico - biblicum " 、エド。 gandavi 、 1884 、 2世、 48 ) 。 All the Fathers that have either interpreted or cited this text, refer outos to Jesus, and interpret "Jesus is the true God and life eternal."すべての祖先が、このどちらかの解釈や引用テキストは、イエスキリストを参照してoutos 、と解釈する"とイエス様は、人生の真の永遠の神です。 " The objection is raised that the phrase "true God" (ho alethisnos theos) always refers, in John, to the Father.異議を提起して、そのフレーズは、 "真の神様" (ホalethisnos theos )を指し、常に、ジョンは、父親に。 Yes, the phrase is consecrated to the Father, and is here used precisely on that account, to show that the Father who is, in this very verse, first called "the true God", is one with the Son Who is second called "the true God" in the very same verse.はい、そのフレーズは、父聖体拝領をし、そのアカウントには、ここで使われて正確には、ということを示すの父親は、非常に、この詩は、最初に呼ばれ、 "真の神"とは、 1つでは、 2番目の息子と呼ばれる人が"真の神"とは、とても同じ詩です。 This interpretation is carried out by the grammatical analysis of the phrase; the pronoun this (outos) refers of necessity to the noun near by, i.e. His true Son Jesus Christ.この解釈は、文法的な分析を行っているというフレーズ;の代名詞、この( outos )の必要性を指し、名詞の近くで、すなわち自分の本当の息子イエスキリストです。 Moreover, the Father is never called "life eternal" by John; whereas the term is often given by him to the Son (John 11:25; 14:6: 1 John 1:2; 5:11-12).しかも、その父と呼ばれることは決してありません"永遠の生命"は、ジョン;いますが、彼に与えられた任期は往々にして、息子(ヨハネ11:25 ;午前14時06分: 1ジョン1 : 02 ; 5:11-12 ) 。 These citations prove beyond a doubt that the Evangelists bear witness to the real and natural Divine Sonship of Jesus Christ.これらの引用は、疑問の余地なく証明を超えて伝道者の証言を本物と自然の神の息子であるイエスキリストです。

Outside the Catholic Church, it is today the mode to try to explain away all these uses of the phrase Son of God, as if, forsooth, they meant not the Divine Sonship of Jesus, but presumably His sonship by adoption--a sonship due either to His belonging to the Jewish race or derived from His Messiahship.カトリック教会の外で、それは今日のモードを使用してみてください、これらすべてを説明するのは、神の息子のフレーズは、まるで、本当に、かれらの神の息子であるイエスを意味しないが、おそらく彼の息子であることを養子縁組-息子であるため、彼のどちらかに属しているが、ユダヤ人の人種や彼のmessiahshipから派生した。 Against both explanations stand our arguments; against the latter explanation stands the fact that nowhere in the Old Testament is the term Son of God given as a name peculiar to the Messias.私たちの反対の両方の引数の説明に立つ;に対して、後者の説明はどこにもスタンドという事実には、旧約聖書の言葉として与えられた神の息子の名前を独特のmessias 。 The advanced Protestants of this twentieth century are not satisfied with this latter and wornout attempt to explain away the assumed title Son of God.この20世紀の先進プロテスタントは、この後者に満足していないと仮定wornoutのタイトルを説明しようとする神の息子である。 To them it means only that Jesus was a Jew (a fact that is now denied by Paul Haupt).イエス様をしていたことを意味することだけがユダヤ人(の事実を否定したポールは今ハウプト) 。 We now have to face the strange anomaly of ministers of Christianity who deny that Jesus was Christ.現在は、不思議な顔をして異常の閣僚イエスキリスト教の人はキリストを否定しています。 Formerly it was considered bold in the Unitarian to call himself a Christian and to deny the Divinity of Jesus; now "ministers of the Gospel" are found to deny that Jesus is the Christ, the Messias (see articles in the Hibbert Journal for 1909, by Reverend Mr. Roberts, also the articles collected under the title "Jesus or Christ?" Boston, 19m).以前考えられていたが、大胆なユニテリアンをコールすると自分自身を否定するのは、キリスト教のイエスの神性;今すぐ"閣僚の福音書"が見つかったことを否定するのは、イエスキリストは、 messias ( 1909 、牧師されたロバーツ氏は、また、記事のタイトルの下に集められた"イエスキリストか? "ボストン、十九メートル) 。 Within the pale of the Church, too, there were not wanting some who followed the trend of Modernism to such an extent as to admit that in certain passages, the term "Son of God" in its application to Jesus, presumably meant only adopted sonship of God.教会内では、青白い、あまりにも、いくつかの人が欲しがっていないモダニズムに続いて、このような傾向の範囲内で特定の通路を認めたとして、その用語を"神の子"イエスは、アプリケーションには、おそらく息子であることを意味のみを採択神です。 Against these writers was issued the condemnation of the proposition: "In all the texts of the Gospels, the name Son of God is merely the equivalent of the name Messias, and does not in any wise mean that Christ is the true and natural Son of God" (see decree "Lamentabili", S. Off., 3-4 July, 1907, proposition xxxii).これらの作家に対する非難は、発行済みの命題: "すべての教科書は、 gospels 、神の息子の名前は単に名前messiasと同等の操作は、どのようにもしていないということで、真のキリストは、自然の息子神" (令を参照してください" lamentabili " 、米オフにします。 、 7月3-4 、 1907 、命題32 ) 。 This decree does not affirm even implicitly that every use of the name "Son of God" in the Gospels means true and natural Sonship of God.この法令はないと断言しても暗黙の名前を使用するごとに"神の子"は、真の意味での自然gospels神の息子である。 Catholic theologians generally defend the proposition whenever, in the Gospels, the name "Son of God" is used in the singular number, absolutely and without any additional explanation, as a proper name of Jesus, it invariably means true and natural Divine Sonship of Jesus Christ (see Billot, "De Verbo Incarnato," 1904, p. 529).通常のカトリック神学命題を擁護するたびに、 gospelsでは、名前を"神の子"は、単数の番号が使用され、追加の説明もなく絶対とは、イエスキリストの名前として適切には、本当の意味で自然なこと常に神の息子であるイエスキリスト( billotを参照して、 "デverbo incarnato 、 " 1904 、 p. 529 ) 。 Corluy, a very careful student of the original texts and of the versions of the Bible, declared that, whenever the title Son of God is given to Jesus in the New Testament, this title has the inspired meaning of natural Divine Sonship; Jesus is by this title said to have the same nature and substance as the Heavenly Father (see "Spicilegium", II, p. 42). corluy 、学生は、非常に慎重に、元の文章とは、聖書のバージョンでは、と宣言され、そのたびにタイトルが与えられた神の子イエスキリストは、新約聖書には、このタイトルの意味は、自然の神の息子であるインスピレーション;イエスは、このタイトルによると、同じ性質を持つ物質として、天国の父と( "を参照してspicilegium "は、 2世、 p. 42 ) 。

Jesus is Godイエスは神

St. John affirms in plain words that Jesus is God.聖ヨハネ肯定して分かりやすい言葉で、イエスは神です。 The set purpose of the aged disciple was to teach the Divinity of Jesus in the Gospel, Epistles, and Apocalypse that he has left us; he was aroused to action against the first heretics that bruised the Church.このセットの目的は、高齢者の弟子は、イエスの神性を教えるのは、福音書、書簡、そして私たちの黙示録を彼には左;彼は興奮して行動を起こすことの最初の異端の教会で傷ついた。 "They went out from us, but they were not of us. For if they had been of us, they would no doubt have remained with us" (1 John 2:19). "彼らに出掛けたから私たちは、しかし、彼らは私たちのいない。いた彼らは私たちの場合、彼らは、我々が残って間違いない" ( 1ヨハネ2時19分) 。 They did not confess Jesus Christ with that confession which they had obligation to make (1 John 4:3).イエスキリストを告白していないことを告白する義務が彼らは( 1ヨハネ4:3 ) 。 John's Gospel gives us the clearest confession of the Divinity of Jesus.ヨハネの福音書は私たちの明確な告白は、イエスの神性。 We may translate from the original text: "In the beginning was the Word, and the Word was in relation to God and the Word was God" (John i, 1).オリジナルのテキストを翻訳することがありますから: "という言葉は、初めには、これと関連し、この言葉は、神と神の言葉は" (ジョン私は、 1 ) 。 The words ho theos (with the article) mean, in Johannine Greek, the Father.その言葉ホーtheos (記事)を意味するのか、ギリシャ語で使徒ヨハネは、父です。 The expression pros ton theon reminds one forcibly of Aristotle's to pros ti einai.テオントンという表現を連想させる1つの利点は強制的にはアリストテレスの長所einai ti 。 This Aristotelian way of expressing relation found its like in the Platonic, Neo-Platonic, and Alexandrian philosophy; and it was the influence of this Alexandrian philosophy in Ephesus and elsewhere that John set himself to combat.この関係を表現する方法が見つかりましたアリストテレスは、プラトンのように、ネオプラトニックな、とアレクサンドリア哲学;そしてそれは、このアレクサンドリアの哲学に影響を与えるとは別の場所にあるジョンエペソ戦闘に身をセットします。 It was, then, quite natural that John adopted some of the phraseology of his enemies, and by the expression ho logos en pros ton theon gave forth the mystery of the relation of Father with Son: "the Word stood in relation to the Father", i.e., even in the beginning.それは、その後、ごく自然な言い方をしていくつかのジョン採択彼の敵、と表現されるホートンテオン与えたロゴスen長所来たり、謎の父と息子の関係: "という言葉に立っていた父と関連して"は、すなわち、初めにも。 At any rate the clause theos en ho logos means "the Word was God".いずれにせよ、約款theos enホロゴス手段"という言葉は、神"です。 This meaning is driven home, in the irresistible logic of St. John, by the following verse: "All things were made by him."このホームページはやる気満々な意味で、非常に魅力的な論理の聖ヨハネは、次の詩によって: "すべてのものが作られるんですよ" The Word, then, is the Creator of all things and is true God.その言葉は、その後、凡てのものの創造とは、神は真実です。 Who is the Word!誰がその言葉! It was made flesh and dwelt with us in the flesh (verse 14); and of this Word John the Baptist bore witness (verse 15).それは前に住んで私たちは、肉や肉(詩14 ) ;そしてこの単語のジョンザバプティスト口径証人(詩15 ) 。 But certainly it was Jesus, according to John the Evangelist, Who dwelt with us in the flesh and to Whom the Baptist bore witness.しかし、確かにそれは、イエスは、ヨハネの福音伝道によると、人の住んでは、私たちの誰バプテスト肉や口径を証人です。 Of Jesus the Baptist says: "This is he, of whom I said: After me there cometh a man, who is preferred before me: because he was before me" (verse 30).イエスキリストのバプテスト書かれています: "これは彼は、人と私は言った:一人の男が到来した後私には、私たちの前には、プリファード:なぜなら、彼は私の前に" (詩30 ) 。 This testimony and other passages of St. John's Gospel are so clear that the modern rationalist takes refuge from their forcefulness in the assertion that the entire Gospel is a mystic contemplation and no fact-narrative at all (see JOHN, GOSPEL OF SAINT).この証言や他の通路の聖ヨハネの福音書はとても近代的合理主義者に避難所をクリアしてからの彼らの主張は、説得力の強さは、神秘的な福音書全体の事実-物語で熟考していないすべての(参照してくださいジョンは、福音書の聖人) 。 Catholics may not hold this opinion denying the historicity of John.カトリック教徒の意見を否定することはできませんが、この史実を開くジョン。 The Holy Office, in the Decree "Lamentabili", condemned the following proposition: "The narrations of John are not properly speaking history but a mystic contemplation of the Gospel: the discourses contained in his Gospel are theological meditations on the mystery of salvation and are destitute of historical truth."神聖事務所は、政令で" lamentabili "は、死刑囚、次の命題: "ジョンのナレーションではないのではなく、歴史を正確に言えば、神秘的な熟考ゴスペル:ゴスペルのディスコースに含まれては、彼の神学上の謎meditations救いとは極貧の歴史的な真実ではない。 " (See prop. xvi.) (小道具を参照してください。 16世です。 )

(b) WITNESS OF ST. ( b )に証人聖です。 PAULポール

It is not the set purpose of St. Paul, outside of the Epistle to the Hebrews, to prove the Divinity of Jesus Christ.を設定することが目的ではなく、聖パウロは、外部からの信徒へのヘブル人への手紙は、イエスキリストの神性を証明しています。 The great Apostle takes this fundamental principle of Christianity for granted.この偉大な使徒がキリスト教の根本原理を与えています。 Yet so clear is the witness of Paul to this fact of Christ's Divinity, that the Rationalists and rationalistic Lutherans of Germany have strived to get away from the forcefulness of the witness of the Apostle by rejecting his form of Christianity as not conformable to the Christianity of Jesus.だが今は、目撃者のポールをクリアしてこのような事実は、キリストの神性、 rationalistsとは、ドイツの合理主義lutherans努力を取得するが、説得力の強さから離れては、目撃者は、自分のフォームを却下する使徒としてキリスト教、キリスト教にしていないの言いなりになるイエスです。 Hence they cry: "Los von Paulus, zurück zu Christus"; that is, "Away from Paul, back to Christ" (see J¨licher, Paulus und Christus", ed. Mohr, 1909). We assume the historicity of the Epistles of Paul; to a Catholic, the Christianity of St. Paul is one and the same with the Christianity of Christ. (See SAINT PAUL). To the Romans, Paul writes: "God sending his own Son, in the likeness of sinful flesh and of sin" (viii, 3). His Own Son (ton heautou) the Father sends, not a Son by adoption. The angels are by adoption the children of God; they participate in the Father's nature by the free gifts He has bestowed upon them. Not so the Own Son of the Father. As we have seen, He is more the offspring of the Father than are the angels. How more? In this that He is adored as the Father is adored; the angels are not adored. Such is Paul's argument in the first chapter of the Epistle to the Hebrews. Therefore, in St. Paul's theology, the Father's Own Son, Whom the angels adore, Who was begotten in the today of eternity, Who was sent by the Father, clearly existed before His appearance in the Flesh, and is, in point of fact, the great "I am who am",--the Jahweh Who spoke to Moses on Horeb. This identification of the Christ with Jahweh would seem to be indicated, when St. Paul speaks of Christ as ho on epi panton theos, "who is over all things, God blessed for ever" (Romans 9:5). This interpretation and punctuation are sanctioned by all the Fathers that have used the text; all refer to Christ the words "He who is God over all". Petavius (De Trin., 11, 9, n. 2) cites fifteen, among whom are Irenaeus, Tertullian, Cyprian, Athanasius, Gregory of Nyssa, Ambrose, Augustine, and Hilary. The Peshitta has the same translation as we have given. Alford, Trench, Westcott and Hort, and most Protestants are at one with us in this interpretation.したがって彼らの叫び声: "ロスフォンパウルス、 zurück zuクリストゥス" ;それは、 "ポールから離れて、キリストに戻る" ( j ¨参照してくださいlicher 、パウルスウントクリストゥス" 、エド。モーア、 1909 ) 。史実は、我々の想定書簡のポール;するカトリックは、キリスト教の聖パウロは、自分と同じで、キリスト教、キリストです。 (セントポールを参照してください) 。をローマには、ポールの書き込み: "神を送って、自分の息子は、似ているのは、罪深い罪の肉や" ( 8 、 3 ) 。 、自分の息子の父親(トンheautou )の送信は、息子を養子縁組ではありません。 、天使たちには、養子縁組された子供たちは、神;参加して彼らの父親の性質によって彼には、無料の贈り物かれら授けられた。ありませんので、自分の息子の父親です。として我々は見て、彼は、父親よりもより多くの子孫には、天使たち。どうすればもっと?として尊敬され、このことは、彼の父は尊敬されて;天使たちではない尊敬されています。このようなポールの引数は、第1章では、ヘブル人への手紙の信徒へのです。従って、聖パウロの神学では、自分の息子の父親は、誰の天使崇敬氏は、今日のひとり子は、永遠には、送信されていた父は、彼の姿を明確にする前に人間の肉の存在、とは、実際は、この偉大な"私は誰時" 、 -ヤハヴェ人のスポークをしてホレブモーゼス。この身分証明書は、キリストに示されるようにしてはヤハヴェは、ときとしてキリストの聖パウロ喋るpanton theosエピホして、 "すべての人がやり直すことは、神の祝福は永遠に" (ローマ人への手紙9時05分)です。この解釈や句読点は、すべての祖先の認可を受けることが使われて、テキスト;すべてのキリストの言葉を参照して"彼はすべての人が神を超える" 。ペタヴィウス(デtrin 。 、 11 、 9 、 n. 2 ) 15引き合いに出して、その中には誰irenaeus 、 tertullian 、シプリアン、アタナシウス、グレゴリーのnyssa 、アンブローズ、アウグスティヌス、とヒラリー。 peshittaは同じ訳として、私たちは与えられた。オールフォードは、トレンチ、ウェストコットとホルトは、ほとんどのプロテスタントと私たちは、この1つの解釈しています。

This identification of the Christ with Jahweh is clearer in the First Epistle to the Corinthians.この身分証明書は、キリストを明確にしては、第1ヤハヴェの信徒へのコリンチャンスです。 Christ is said to have been Jahweh of the Exodus.ヤハヴェといわれてきたキリストには、エクソダス。 "And all drank the same spiritual drink; (and they drank of the spiritual rock that followed them, and the rock was Christ)" (x, 4). "とすべて同じ霊的な飲み物を飲んだり、 (かれらの精神的なロックを飲んだ後、かれらは、岩とはキリスト) "が( x 、 4 ) 。 It was Christ Whom some of the Israelites "tempted, and (they) perished by the serpents" (x, 10); it was Christ against Whom "some of them murmured, and were destroyed by the destroyer" (x, 11).それはいくつかのキリスト者イスラエル人"の誘惑、そして(かれら) serpents亡くなりましたされる"と( X 、 10 ) ;それは、キリスト者に対する"いくつかのつぶやき、そして駆逐艦が破壊される"と( X 、 11 ) 。 St. Paul takes over the Septuagint translation of Jahweh ho kyrios, and makes this title distinctive of Jesus.聖パウロの翻訳を引き継ぎますセプトゥアギンタkyriosヤハヴェホは、独特のタイトルとは、このイエスです。 The Colossians are threatened with the deception of philosophy (ii, 8).コロサイ人への手紙は、脅迫して、哲学の欺瞞( ⅱ 、 8 ) 。 St. Paul reminds them that they should think according to Christ; "for in him dwelleth the fulness of the Godhead (pleroma tes theotetos) corporeally" (ii, 9); nor should they go so low as give to angels, that they see not, the adoration that is due only to Christ (ii, 18, 19).聖パウロしなければならないと思うことを連想させるかれらによると、キリスト; "のために彼のdwelleth fulnessの神性( pleromaテス川theotetos )肉体的に" ( ⅱ 、 9 ) ;も低いとしては、彼らに行くように天使たちに与え、かれらを参照してくださいが、それは、礼拝のためにキリストのみ( ⅱ 、 18 、 19 ) 。 "For in Him were all things created in heaven and on earth, visible and invisible, whether thrones or dominations or principalities or powers; all things were created by Him and for Him" (eis auton). "彼のために作成されたすべてのものは、天国と地球上で、有形無形のは、偉大なるかどうかや君主やdominationsパワーズ;作成されたすべてのことを彼と彼の" ( eis auton ) 。 He is the cause and the end of all things, even of the angels whom the Colossians are so misguided as to prefer to Him (i, 16).彼は、最後にすべての物事の原因とは、誰もが、天使たちにはとても見当違いのように、コロサイ人への手紙を好む彼(私は、 16 ) 。 The cultured Macedonians of Philippi are taught that in "the name of Jesus every knee should bow, of those that are in heaven, on earth, and under the earth; and that every tongue should confess that the Lord Jesus Christ is in the glory of God the Father" (ii, 10, 11).フィリッピmacedoniansの培養には、教えたことは、 "イエスキリストの名前は、すべてのひざのお辞儀をして、それらのことは、天国には、地球上で、そして地球の下;と告白すべきことは、全ての舌は、主イエスキリストの栄光神の父" ( ⅱ 、 10 、 11 ) 。 This is the very same genuflexion and confession that the Romans are bidden to make to the Lord and the Jews to Jahweh (see Romans 14:6; Isaiah 14:24).これは、非常に同じ叩頭と告白して招かれたのは、ローマ人への手紙の主を作らなければならないと、ユダヤ人をヤハヴェ(ローマ人への手紙を参照してください14 : 06 ;イザヤ書14時24分) 。 The testimony of St. Paul could be given at much greater length.聖パウロの証言には大きな可能性が与えられたの長さです。 These texts are only the chief among many others that bear Paul's witness to the Divinity of Jesus Christ.これらのテキストは、他の多くの間だけのチーフポールクマの目撃者にしてイエスキリストの神性です。

C. Witness of Tradition c.証人の伝統

The two main sources wherefrom we draw our information as to tradition, or the unwritten Word of God, are the Fathers of the Church and the general councils.この2つの主要な情報源としてwherefrom我々が我々の伝統を引く、あるいは神のみことばの不文律は、父親の教会とは、協議会の全般です。

(a) THE FATHERS OF THE CHURCH ( a )その父の教会

The Fathers are practically unanimous in explicitly teaching the Divinity of Jesus Christ.父親は、明示的に教えることで、事実上の満場一致でイエスキリストの神性です。 The testimony of many has been given in our exegesis of the dogmatic texts that prove the Christ to be God.多くの証言をされて、私たちの評釈で与えられたことを証明するのは、独断的な文章に、キリストの神です。 It would take over-much space to cite the Fathers adequately.それは多くのスペースを引き継ぐ-を例に挙げると、父親の十分です。 We shall confine ourselves to those of the Apostolic and apologetic ages.わたしたちは自分自身を閉じ込めると申し訳なさそうな年齢の人の使徒です。 By joining these testimonies to those of the Evangelists and St. Paul, we can see clearly that the Holy Office was right in condemning these propositions of Modernism: "The Divinity of Christ is not proven by the Gospels but is a dogma that the Christian conscience has evolved from the notion of a Messiah. It may be taken for granted that the Christ Whom history shows us is much inferior to the Christ Who is the object of Faith" (see prop. xxvii and xxix of Decree "Lamentabili").これらの証言をした参加者は、聖パウロの伝道者とは、見ることができる権利を明確にして、聖なる事務所では、これらの命題のモダニズムを非難: "キリストの神性ではないと証明されることgospelsしかし、キリスト教の教義は、良心進化の概念からは、救世主です。当たり前のことかもしれないが、私たちは、キリスト者の歴史を示し、ずっと下には、オブジェクトのキリスト者の信仰" (小道具を参照してください。 27と29の政令" lamentabili "を参照) 。

The Fathers Themselves自身の祖先

St. Clement of Rome (A. D. 93-95, according to Harnack), in his first epistle to the Corinthians, xvi, 2, speaks of "The Lord Jesus Christ, the Sceptre of the Might of God" (Funk, "Patres Apostolici", T¨bingen ed., 1901, p. 118), and describes, by quoting Is., iii, 1-12, the humiliation that was foretold and came to pass in the self-immolation of Jesus.ローマの聖クレメント(九十三〜九十五広告によると、ハルナック)は、彼の最初の信徒へのコリンチャンスで、 16世、 2 、喋るの"主イエスキリストは、神のセプターのかもしれない" (ファンク、 " patres apostolici "と、エドビンゲントン¨ 。 、 1901 、 p. 118 ) 、と説明し、さは、言葉を引用しています。 、 3世、 1-12は、屈辱を通過して来たが、前から予報は、自己犠牲のイエスです。 As the writings of the Apostolic Fathers are very scant, and not at all apologetic but rather devotional and exhortive, we should not look in them for that clear and plain defence of the Divinity of Christ which is evidenced in the writings of the apologists and later Fathers.父親の記述は、使徒としては非常に乏しい、と申し訳なさそうなわけではなく、すべての祈りとexhortive 、我々は彼らを見てはいけないことは、はっきりと国防平野キリストの神性が明らかに記述の擁護およびそれ以降父親です。

The witness of St. Ignatius of Antioch (A. D. 110-117, according to Harnack) is almost that of the apologetic age, in whose spirit he seems to have written to the Ephesians.聖イグナティウスの証人のアンティオキア( 110から117広告によると、ハルナック)は、申し訳なさそうなことは、ほとんどの年齢は、その精神を持つ彼は、エペソ人に書き込まれます。 It may well be that at Ephesus the very same heresies were now doing havoc which about ten years before or, according to Harnack's chronology, at the very same time, St. John had written his Gospel to undo.エペソかもしれないことは、全く同じことを今heresiesが約10年前の惨事をもたらすことや、ハルナックの年表によると、同じ時間で、非常には、彼の聖ヨハネによる福音書を元に戻すことが書いている。 If this be so, we understand the bold confession of the Divinity of Jesus Christ which this grand confessor of the Faith brings into his greetings, at the beginning of his letter to the Ephesians.もしこのように、我々理解して大胆な告白は、イエスキリストの神性をもたらす、この壮大な信仰を告白する人は、彼の挨拶は、冒頭の彼の手紙をエペソ人です。 "Ignatius . . . . to the Church . . . which is at Ephesus . . . . in the will of the Father and of Jesus Christ Our God (tou theou hemon)." "イグナティウス。 。 。 。 。教会に。 。 。これは、エフェソス。 。 。 。 。では、イエスキリストは、父と私たちの神(タウtheouエモン) 。 " He says: "The Physician in One, of the Flesh and of the Spirit, begotten and not begotten, who was God in Flesh (en sarki genomenos theos) . . . Jesus Christ Our Lord" (c. vii; Funk, I, 218).と彼は言います: " 1つの内科医で、その精神と肉体のは、ひとり子ひとり子ではなく、人は神の肉の( ja sarki genomenos theos ) 。 。 。わたしたちの主イエスキリスト" ( c.第VII ;ファンク、私は、 218 ) 。 "For Our God Jesus Christ was borne in the womb by Mary" (c. xviii, 2; Funk, I, 226). "私たちの神のためには、イエスキリストによって運ば胎内のメアリー" ( c. 18 、 2 ;ファンク、私は、 226 ) 。 To the Romans he writes: "For Our God Jesus Christ, abiding in the Father, is manifest even the more" (c. iii, 3; Funk, 1, 256).彼は、ローマ人への手紙を書く: "私たちの神イエスキリストのために、いつまでも変わらないで、父親は、マニフェストでも、こちらは" ( c. 3世、 3 ;ファンク、 1 、 256 ) 。

The witness of the Letter of Barnabas: "Lo, again, Jesus is not the Son of man but the Son of God, made manifest in form in the Flesh. And since men were going to say that the Christ was the Son of David, David himself, fearing and understanding the malice of the wicked, made prophecy: The Lord said to my Lord . . . . . Lo, how David calls Him the Lord and not son" (c. xiii; Funk, I, 77). barnabasの証人の手紙: "本当に繰り返しますが、イエスマンの息子ではないしかし、神の御子は、前に人間の肉の形で顕在。以来、男たちは、キリストを言おうとしていた息子であるデビッドは、デビッド自身は、悪意を恐れるのは、邪悪な理解して、前に予言:よると、主にわたしの主です。 。 。 。 。 。本当に主をどのようにしていないデビッドコール彼の息子" ( c. 13 ;ファンク、私は、 77 ) 。 In the apologetic age, Saint Justin Martyr (Harnack. A. D. 150) wrote: "Since the Word is the first-born of God, He is also God" (Apol. I, n. 63; P. G., VI, 423).申し訳なさそうな年齢では、ジャスティン殉教者聖( harnack.広告150 )さんは書きました: "以来の最初の言葉は神の生まれで、彼は神にも" (私apol. 、 n. 63 ;パプアニューギニアでvi 、 423 ) 。 It is evident from the context that Justin means Jesus Christ by the Word; he had just said that Jesus was the Word before He became Man, and used to appear in the form of fire or of some other incorporeal image.文脈からして明らかにすることはイエスキリストを意味する単語のジャスティン;彼はその言葉だけによると、イエスは彼になった男の前に、使用して表示されるいくつかの形で火災やその他の無形イメージです。 St. Irenæus proves that Jesus Christ is rightly called the one and only God and Lord, in that all things are said to have been made by Him (see "Adv. Haer.", III, viii, n. 3; P. G., VII, 868; bk. IV, 10, 14, 36).聖イエスキリストは、当然irenæus証明して、神のみぞと呼ばれ、 1つの主は、すべてのものにしているといわれてきたが彼に作られる(詳細については、 "前売haer 。 " 、 3世、 VIIIやn. 3 ;パプアニューギニアは、第VII 、 868 ; bk 。 4 、 10 、 14 、 36 ) 。 Deutero-Clement (Harnack, A. D. 166; Sanday, A. D. 150) insists: "Brethren, we should think of Jesus Christ as of God Himself, as of the Judge of the living and the dead" (see Funk, I, 184).第2のクレメント(ハルナック、広告166 ;サンデーは、広告150 )主張: "兄弟は、イエスキリストしなければならないと思うの神として自分自身としては、裁判官オブザリビングデッドと、 " (ファンクを参照してください、私は、 184 ) 。 St. Clement of Alexandria (Sanday, A. D. 190) speaks of Christ as "true God without any controversy, the equal of the Lord of the whole universe, since He is the Son and the Word is in God" (Cohortatio ad Gentes, c. x; P. G., VIII, 227).アレクサンドリアの聖クレメント(サンデーは、広告190 )が喋るとしてキリストの"真の神論争なしでは、平等の全体ロードオブザユニバース、以来彼は、息子とは、神の言葉" ( cohortatio gensの複数の広告は、 c 。 x ;パプアニューギニア、 VIIIや227 ) 。

Pagan Writers異教の作家

To the witness of these Fathers of the Apostolic and apologetic age, we add a few witnesses from the contemporary pagan writers.目撃者には、これらの使徒と申し訳なさそうな年齢の祖先は、我々は数人の証人を追加異教の現代作家からです。 Pliny (A. D. 107) wrote to Trajan that the Christians were wont before the light of day to meet and to sing praises "to Christ as to God" (Epist., x, 97). pliny ( 107広告)を書きましたトラヤヌスwont前には、キリスト教徒が白日の下に会うと賛辞を歌う"を、キリストを神として" ( epist. 、 × 、 97 ) 。 The Emperor Hadrian (A. D. 117) wrote to Servianus that many Egyptians had become Christians, and that converts to Christianity were "forced to adore Christ", since He was their God (see Saturninus, c. vii).天皇ハドリアヌスservianus (広告117 )を書きましたが、多くのエジプト人キリスト教徒になる、としていたキリスト教に変換して"強制的に崇拝するキリスト"は、以来彼は自分の神(参照してくださいサツルニヌス千佳子7 ) 。 Lucian scoffs at the Christians because they had been persuaded by Christ "to throw over the gods of the Greeks and to adore Him fastened to a cross" (De Morte Peregrini, 13).ルシアンscoffsキリスト教徒は、キリストのために彼らを説得していた"を投げると、ギリシアの神々を崇拝する彼にしっかりと固定して下さい" (デmorte peregrini 、 13 ) 。 Here also may be mentioned the well-known graffito that caricatures the worship of the Crucified as God.ここでもよく知られて言及したのかもしれない風刺漫画落書きして、神として崇拝は、十字架につけられています。 This important contribution to archaeology was found, in 1857, on a wall of the Paedagogium, an inner part of the Domus Gelotiana of the Palatine, and is now in the Kircher Museum, Rome.この重要な貢献をするの考古遺物が見つかった、 1857 、壁のpaedagogium上で、その内側の部分は、口蓋gelotianaドムス、そしてキルヒャー博物館では今、ローマです。 After the murder of Caligula (A. D. 41) this inner part of the Domus Gelotiana became a training-school for court pages, called the Paedagogium (see Lanciani, "Ruins and Excavations of Ancient Rome", ed. Boston, 1897, p. 186).殺人事件の後、このカリギュラ(広告41 )ドムスgelotiana入れ子になった部分は、学校での訓練のために裁判所のページには、呼ばpaedagogium ( lancianiを参照して、 "古代ローマの遺跡を発掘調査" 、エド。ボストン、 1897 、 p. 186 ) 。 This fact and the language of the graffito lead one to surmise that the page who mocked at the religion of one of his fellows has so become an important witness to the Christian adoration of Jesus as God in the first or, at the very latest, the second century.このような事実を1つの言語では、落書きをリードして、ページの憶測嘲笑は、宗教者の彼の仲間の1つは、重要な証人となるように、イエスキリスト教の礼拝の神としての最初のか、非常には、最新のは、 2番目の世紀です。 The graffito represents the Christ on a cross and mockingly gives Him an ass's head; a page is rudely scratched kneeling and with hands outstretched in the attitude of prayer; the inscription is "Alexamenos worships his God" (Alexamenos sebetai ton theon).落書きを表し、キリストの十字架上で、彼のロバの頭をからかって;するページには、ぶしつけに傷が付いて両手をひざまづいて、祈りの姿勢;の碑文は、 "彼の神を崇拝alexamenos " ( alexamenos sebetaiトンテオン) 。 In the second century, too, Celsus arraigns the Christians precisely on this account that they think God was made man (see Origen, "Contra Celsum", IV, 14; P. G., XI, 1043). 2番目の世紀には、あまりにも、キリスト教徒セルサスarraignsしていると考えて、このアカウントを正確には前に、神男(原産地を参照して、 "コントラcelsum " 、 4世、 14 ;パプアニューギニア、 xi 、 1043 ) 。 Aristides wrote to the Emperor Antonius Pius (A.D. 138-161) what seems to have been an apology for the Faith of Christ: "He Himself is called the Son of God; and they teach of Him that He as God came down from heaven and took and put on Flesh of a Hebrew virgin" (see "Theol. Quartalschrift", Tübingen, 1892, p. 535).正義の人アリステイデス書きましたが、天皇アントニウスピウス(広告百三十八から百六十一)も思えるが、謝罪のためにキリストの信仰: "と呼ばれる彼自身は神の御子;彼のことを教えると彼は彼らの神として天から来たとダウン肉をつけるとは、ヘブライ語の処女" ( "を参照してtheol 。 quartalschrift " 、 tübingen 、 1892 、 p. 535 ) 。

(b) WITNESS OF THE COUNCILS ( b )には、協議会の証人

The first general council of the Church was called to define the Divinity of Jesus Christ and to condemn Arius and his error (see ARIUS).最初の総務会は、教会と呼ばれたイエスキリストの神性を定義するとエラーが発生すると彼を非難するアリウス(アリウスを参照してください) 。 Previous to this time, heretics had denied this great and fundamental dogma of the Faith; but the Fathers had been equal to the task of refuting the error and of stemming the tide of heresy.前にこの時期には、この偉大な異端と否定したが、根本的な教義を信仰;しかし、父親の仕事をしていたに等しいと反論し、エラーの潮の異端のステミングです。 Now the tide of heresy was so strong as to have need of the authority of the universal Church to withstand it.今の潮の異端としては非常に強力な権限を持つ必要がありますが、普遍的教会に耐えることです。 In his "Thalia", Arius taught that the Word was not eternal (en pote ote ouk en) nor generated of the Father, but made out of nothing (ex ouk onton hehonen ho logos); and though it was before the world was, yet it was a thing made, a created thing (poiema or ktisis).彼の"タリア"と、その言葉ではないことを教えアリウス永遠の( ja pote ote ouk ja )からも生成さは、父が、何もできている(例ouk onton hehonenホロゴス) ;ていたにもかかわらず、世界の前には、しかしそれは前のもので、作成したもの( poiemaまたはktisis ) 。 Against this bold heresy, the Council of Nicaea (325) defined the dogma of the Divinity: of Christ in the clearest terms: "We believe . . . in one Lord Jesus Christ, the Son of God, the Only-begotten, generated of the Father (hennethenta ek tou patros monogene), that is, of the substance of the Father, God of God, Light of Light, True God of True God, begotten not made, the same in nature with the Father (homoousion to patri) by Whom all things were made" (see Denzinger, 54).この大胆な異端に対しては、ニカイア公会議( 325 )で定義さのドグマの神性:キリストは、明確な言葉: "我々と信じています。 。 。 1つの主イエスキリストは、神の御子は、生まれただけで、生成の父親(タウhennethenta ek patros monogene ) 、つまり、その物質は、父は、神の神、光の光、真の神の真の神は、ひとり子は前には、自然界と同じで、父親( homoousionをパトリ)誰されたすべてのものがあった" (デンツィンガーを参照してください、 54 ) 。

(2) THE HUMAN NATURE OF JESUS CHRIST ( 2 )イエスキリストの人間の本性

The Gnostics taught that matter was of its very nature evil, somewhat as the present-day Christian Scientists teach that it is an "error of mortal mind"; hence Christ as God could not have had a material body, and His body was only apparent. gnostics教えたのは、その件については、非常に邪悪な性質は、ややとして、今日の科学者たちに教えることは、キリスト教の"致命的なエラーの心" ;したがって、キリストの神として体内物質があったことができなかった、と彼の遺体は見掛けだけ。 These heretics, called doketae included Basilides, Marcion, the Manichæans, and others.これらの異端と呼ばれるdoketae含まれてbasilides 、 marcion 、 manichæans 、および他のです。 Valentinus and others admitted that Jesus had a body, but a something heavenly and ethereal; hence Jesus was not born of Mary, but His airy body passed through her virgin body.バレンティヌスと認めている他のボディは、イエスキリストではなく、何か天国とエセリアル;したがって、イエスのメアリー生まれではないが、彼の体を通過した彼女のバージン風通しの良い体です。 The Apollinarists admitted that Jesus had an ordinary body, but denied Him a human soul; the Divine nature took the place of the rational mind. apollinarists認めているのは、普通のボディイエスは、しかし、彼は人間の魂を否定;その場所は、神の性質は、合理的な考え方だ。 Against all these various forms of the heresy that denies Christ is true Man stand countless and clearest testimonies of the written and unwritten Word of God.さまざまな形で、これらすべてに反対して否定し、キリストが真の異端スタンド数えきれないほどの男との書面による明確な証言や不文律の神のみことばです。 The title that is characteristic of Jesus in the New Testament is Son of Man; it occurs some eighty times in the Gospels; it was His Own accustomed title for Himself.のタイトルでは、イエスは、新約聖書の特徴は、男の息子;それが発生したいくつかの80倍のgospels ;それは、自分自身のために慣れタイトルです。 The phrase is Aramaic, and would seem to be an idiomatic way of saying "man".アラム語のフレーズは、とみられるが、慣用の言い方は"男"だ。 The life and death and resurrection of Christ would all be a lie were He not a man, and our Faith would be vain.生と死とは、キリストの復活がすべてではありませんが、彼はうそをつくの男が、そして私たちの信仰はむなしい。 (1 Corinthians 15:14). ( 1コリンチャンス15時14分) 。 "For there is one God, and one mediator of God and men, the man Christ Jesus" (1 Timothy 2:5). "神のためには1つ、および1つの神と人間の調停者は、イエスキリストの男" ( 1ティモシー2時05分) 。 Why, Christ even enumerates the parts of His Body.なぜ、キリストでさえ自分の体の部分を列挙しています。 "See my hands and feet, that it is I myself; handle and see: for a spirit hath not flesh and bones, as you see me to have" (Luke 24:39). "私の手と足を参照して、それが私自身;ハンドルを参照してください:かれらのためには肉と骨の精神は、私を見て分かるように" (ルカ24:39 ) 。 St. Augustine says, in this matter: "If the Body of Christ was a fancy, then Christ erred; and if Christ erred, then He is not the Truth. But Christ is the Truth; hence His Body was not a fancy' (QQ. lxxxiii, q. 14; P. L., XL, 14). In regard to the human soul of Christ, the Scripture is equally clear. Only a human soul could have been sad and troubled. Christ says: "My soul is sorrowful even unto death" (Matthew 26:38). "Now is my soul troubled" (John 12:27). His obedience to the heavenly Father and to Mary and Joseph supposes a human soul (John 4:34; 5:30; 6:38; Luke 22:42). Finally Jesus was really born of Mary (Matthew 1:16), made of a woman (Galatians 4:4), after the angel had promised that He should be conceived of Mary (Luke 1:31); this woman is called the mother of Jesus (Matthew 1:18; 2:11; Luke 1:43; John 2:3); Christ is said to be really the seed of Abraham (Galatians 3:16), the son of David (Matthew 1:1), made of the seed of David according to the flesh (Romans 1:3), and the fruit of the loins of David (Acts 2:30). So clear is the testimony of Scripture to the perfect human nature of Jesus Christ, that the Fathers held it as a general principle that whatsoever the Word had not assumed was not healed, i.e., did not receive the effects of the Incarnation.聖オーガスティン氏は、この件に関する: "キリストの体の場合は、想像力が、その後、キリストerred ;とキリストerred場合は、それから彼は、真実ではない。しかし、キリストは、真理;したがって彼の遺体がファンシーではありません' ( qq 。 83 、問い14 ; pl 、 XLサイズは、 14 ) 。これと関連し、人間の魂は、キリストは、この啓典は、同様にはっきりしている。のみ、人間の魂の問題を抱えた可能性があるとされ悲しいです。キリスト書かれています: "私の魂は悲嘆に暮れているにも死に至る" (マタイ26:38 ) 。 "今は私の魂の問題を抱えた" (ヨハネ12:27 ) 。彼の服従を天の父とし、人間の魂のマリアとヨセフsupposes (ジョン4時34分; 5:30 ; 6 : 38 ;ルーク22時42分) 。最後に、イエスは本当に生まれのメアリー(マタイ1時16分) 、前の女性(ガラテヤ人への手紙4時04分) 、天使の後を約束していた彼の考えメアリーしなければならない(ルカ1 : 31 ) ;この女性は、イエスの母と呼ばれる(マタイ1時18分、 2時11分;ルーク1 : 43 ;ジョン2時03分) ;キリストが実際によると、アブラハムの子孫(ガラテヤ人への手紙3時16分)は、息子のデビッド(マタイ1:1 ) 、前には、種子の肉によると、デビッド(ローマ人への手紙1時03分) 、およびその果実は、 loinsのデビッド(行為2:30 )ですので、クリアするには、啓典の証言イエスキリストの完璧な人間の本性は、祖先が行われたことは、原則として、その言葉がないと仮定してのものではない治癒、すなわち、なかったの権化の影響を受ける。

(3) THE HYPOSTATIC UNION OF THE DIVINE NATURE AND THE HUMAN NATURE OF JESUS IN THE DIVINE PERSON OF JESUS CHRIST ( 3 )労働組合の沈下は、自然と人間の本性の神は、イエスキリストイエスキリストの神聖な人

Here we consider this union as a fact; the nature of the union will be later taken up.ここで我々労働組合として、この事実を考慮する;される労働組合の性質は、後で取り上げる。 Now it is our purpose to prove that the Divine nature was really and truly united with the human nature of Jesus, i.e., that one and the same Person, Jesus Christ, was God and man.今それを証明するのが我々の目的は、神の性質とは本当に人間の本性を真にユナイテッドイエスは、すなわち、自分と同じ人が、イエスキリストは、神と人間だった。 We speak here of no moral union, no union in a figurative sense of the word; but a union that is physical, a union of two substances or natures so as to make One Person, a union which means that God is Man and Man is God in the Person of Jesus Christ.ここで我々に話すのモラルのない労働組合は、労働組合のない比喩的な意味では、単語;しかし、労働組合は、物理的には、 2つの労働組合を作る物質あるいは一人の人間としての性質のために、労働組合つまりそれは、神が男と男は、神は、イエスキリストの人物です。

A. The Witness of Holy Writ A.付録証人の聖書

St. John says: "The Word was made flesh" (i, 14), that is, He Who was God in the Beginning (i, 2), and by Whom all things were created (i. 3), became Man.聖ヨハネ書かれています: "という言葉は前に肉" (私は、 14 ) 、つまり、彼は神の始まりだった(私は、 2 ) 、そして誰によって作成されたすべてのもの( i. 3 ) 、男になった。 According to the testimony of St. Paul, the very same Person, Jesus Christ, "being in the form of God [en morphe Theou hyparxon] . . . emptied himself, taking the form of a servant [morphen doulou labon]" (Phil., ii, 6, 7).証言によると、聖パウロは、非常に同じ人物は、イエスキリストは、 "神の形で[ en morphe theou hyparxon ] 。 。 。空自身は、使用人の形で服用[ morphen doulou labon ] " (フィル。 、 2 、 6 、 7 ) 。 It is always one and the same Person, Jesus Christ, Who is said to be God and Man, or is given predicates that denote Divine and human nature.それは、常に自分と同じ人は、イエスキリストは、神と人の男がいるとされる、または述語は、与えられた神と人間の本性を表しています。 The author of life (God) is said to have been killed by the Jews (Acts 3:15); but He could not have been killed were He not Man.その作者は、人生の(神)によると、ユダヤ人が殺害されてさ( 3時15行為) ;しかし、彼が殺害されていたことができなかった彼は男だ。

B. Witness of Tradition Bの証人の伝統

The early forms of the creed all make profession of faith, not in one Jesus Who is the Son of God and in another Jesus Who is Man and was crucified, but "in one Lord Jesus Christ, the Only-begotten Son of God, Who became Man for us and was crucified".すべての形態の早期の信条な信仰告白には、 1つのない人は、神の御子イエスとは別の男とは、イエスキリストが十字架につけ人が、 " 1つの主イエスキリストは、神のみ生まれた息子さん私たち人間のためになったとは、十字架につけられ" 。 The forms vary, but the substance of each creed invariably attributes to one and the same Jesus Christ the predicates of the Godhead and of man (see Denzinger, "Enchiridion").その形態によって異なりますが、この物質の各属性を1つの信条と常に同じ述語は、イエスキリストの神性との男(デンツィンガーを参照して、 " enchiridion "を参照) 。 Franzelin (thesis xvii) calls special attention to the fact that, long before the heresy of Nestorius, according to Epiphanius (Ancorat., II, 123, in PG, XLII, 234), it was the custom of the Oriental Church to propose to catechumens a creed that was very much more detailed than that proposed to the faithful; and in this creed the catechumens said: "We believe . . . in one Lord Jesus Christ, the Son of God, begotten of God the Father . . . that is, of the substance of the Father . . . in Him Who for us men and for our salvation came down and was made Flesh, that is, was perfectly begotten of Mary ever Virgin by the Holy Spirit; Who became Man, that is, took perfect human nature, soul and body and mind and all whatsoever is human save only sin, without the seed of man; not in another man, but unto himself did He form Flesh into one holy unity [eis mian hagian henoteta]; not as He breathed and spoke and wrought in the prophets, but He became Man perfectly; for the Word was made Flesh, not in that It underwent a change nor in that It exchanged Its Divinity for humanity, but in that It united Its Flesh unto Its one holy totality and Divinity [eis mian . . . heautou hagian teleioteta te kai theoteta].' franzelin (論文17 )という事実に特別の注意を呼び出し、異端の前に長いnestoriusによると、聖エピファニオス( ancorat. 、 2世、 123 、パプアニューギニアでは、 42 、 234 ) 、それは、東洋の教会では、カスタムを提案して信条にしては非常にcatechumensするよりもはるかに詳細な提案をして、忠実な;とcatechumensによると、この信条: "我々と信じています。 。 。 1つの主イエスキリストは、神の御子は、神のひとり子の父親。 。 。ことは、その物質の父親です。 。 。私たちは彼のために男の人のために我々の救いとは前にダウンして来たの肉、それは、完全に生まれたのは、聖霊によって聖母マリアまで;なった男たちは、それは、完璧な人間の本性は、体と心と魂とすべてのものは人間の罪のみを保存し、種なしの男;はなく、別の男が、彼は、かれ自身の肉を1つのフォームに神聖な結束[ eis mian hagian henoteta ] ;ないとして彼は息をスポークとは、精巧に作られた預言者は、しかし、彼は完璧になった男;用の肉という単語は前には、変化を受けていないことを交換することでもその神性フォーヒューマニティではなく、それを1つのユナイテッドかれの肉神聖と神性皆既食[ eis mian 。 。 。 heautou hagian teleioteta teカイtheoteta ] 。 ' "The one holy totality", Franzelin considers, means personality, a person being an individual and complete subject of rational acts. This creed of the catechumens gives even the Divinity of the totality, ie the fact that the individual Person of Jesus is a Divine and not a human Person. Of this intricate question we shall speak later on. "聖なる全体の1つ" 、 franzelinを考慮し、人格という意味で、個々人が合理的かつ完全な服従の行為です。 catechumens与えても、この信条は、全体の神性、すなわち、個々の人という事実を、イエスは、神人間ではない。われは、この複雑な質問をして後で話す。

The witness of tradition to the fact of the union of the two natures in the one Person of Jesus is clear not only from the symbols or creeds in use before the condemnation of Nestorius, but also from the words of the ante-Nicaean Fathers.目撃者は、その事実は、労働組合の伝統には、 2つの性質は、イエスは、一人の人間だけでなく、より明確にする前に、使用中のシンボルや信条nestorius非難は、言葉だけでなくからの出走馬の祖先nicaean 。 We have already given the classic quotations from St. Ignatius the Martyr, St. Clement of Rome, St. Justin the Martyr, in all of which are attributed to the one Person, Jesus Christ, the actions or attributes of God and of Man.我々はすでに与えられたの古典からの引用の殉教者聖イグナティウスは、ローマの聖クレメントは、殉教者聖ジャスティンは、そのどれもが原因で、一人の人間には、イエスキリストは、神との行動や属性の男です。 Melito, Bishop of Sardis (about 176), says: "Since the same (Christ) was at the same time God and perfect Man, He made His two natures evident to us; His Divine nature by the miracles which He wrought during the three years after His baptism; His human nature by those thirtv years that He first lived, during which the lowliness of the Flesh covered over and hid away all signs of the Divinity, though He was at one and the same time true and everlasting God" (Frag. vii in PG, V, 1221). melito 、司教のサルディス(約176 ) 、書かれています: "以来、同じ(キリスト)は、これと同時に、神と完璧な男で、彼は私たちの2つの性質を明らか;彼の神の性質によって、奇跡の3つの中で彼は鍛鉄年後に彼の洗礼;彼の人間の本性をして彼の最初の年に住んthirtv者は、その期間中には、肉lowliness以上の距離を隠し続けるとは、神のすべての兆候が、彼は本当の自分と同じ時間と永遠の神" (フラグです。第VIIパプアニューギニアでは、 v 、 1221 ) 。 St. Irenæus, toward the close of the second century, argues: "If one person suffered and another Person remained incapable of suffering; if one person was born and another Person came down upon him that was born and thereafter left him, not one person but two are proven . . . whereas the Apostle knew one only Who was born and Who suffered" ("Adv. Haer.", III, xvi, n, 9, in PG, VII, 928).聖irenæus 、 2番目の世紀の終わりが近づくにつれ、主張: "もし苦しんで、もう一人の人が残って無能な苦しみ;場合は、生まれたときからもう一人一人の人間がダウンして彼が生まれた時とその後彼の左ではなく、一人の人間しかし、二人は実証済み。 。 。いますが、 1つだけの使徒たちは、生まれたときから知っていた人の被害" ( "前売haer 。 " 、 3世、 16世は、なし、 9 、パプアニューギニアでは、第VII 、 928 ) 。 Tertullian bears firm witness: "Was not God really crucified? Did He not realiy die as He really was crucified?"ベアーズtertullian会社側の証人: "本当に十字架につけられ、神ではないのか。かれは彼は本当にはりつけrealiyとして死ぬか? " ("De Carne Christi", c. v, in PL, II, 760). ( "デカルネクリスティ"千佳子v 、 pl 、 2世、 760 ) 。

II. Ⅱ 。 THE NATURE OF THE INCARNATION自然の権化

We have treated the fact of the Incarnation, that is, the fact of the Divine nature of Jesus, the fact of the human nature of Jesus, the fact of the union of these two natures in Jesus.我々は、実際に扱われるの権化、つまり、その事実は、イエスの神性、その事実は、人間の本性イエスは、その事実は、労働組合は、これら2つの性質が、イエスです。 We now take up the crucial question of the nature of this fact, the manner of this tremendous miracle, the way of uniting the Divine with the human nature in one and the same Person.今重要な問題を取り上げるのは、このような事実の性質は、この驚異的な奇跡の方法で、神の道のために団結して1つの人間の本性と同じ人物です。 Arius had denied the fact of this union.アリウスこの事実を否定していた労働組合です。 No other heresy rent and tore the body of the Church to any very great extent in the matter of this fact after the condemnation of Arius in the Council of Nicaea (325).家賃やその他の異端なし死体が傷つくのは、教会の範囲内にある非常に大きな問題は、このような事実は、後の非難アリウスニカイア公会議( 325 ) 。 Soon a new heresy arose in the explanation of the fact of the union of the two natures in Christ.すぐに立ち上がった新しい異端の説明の後、実際には、 2つの労働組合の性質は、キリストです。 Nicaea had, indeed, defined the fact of the union; it had not explicitly defined the nature of that fact; it had not said whether that union was moral or physical.ニカイアは、実際のところ、実際には、労働組合の定義;明示的に定義するとは思っても、その事実の性質;ていたかどうかによるとしていない労働組合は、道徳的または物理的です。 The council had implicitly defined the union of the two natures in one hypostasis, a union called physical in opposition to the mere juxtaposition or joining of the two natures called a moral union.評議会は、労働組合の暗黙の定義は、 1つの下位2つの性質は、物理的に反対して、労働組合と呼ばれるのは、単なる並置または参加する2つの道徳的な性質の労働組合と呼ばれる。 Nicaea had professed a belief in "One Lord Jesus Christ . . . true God of true God . . . Who took Flesh, became Man and suffered".ニカイアが公言する信念は、 "主イエスキリストの1つです。 。 。真の神の真の神。 。 。握った肉は、男と経験になった" 。 This belief was in one Person Who was at the same time God and Man, that is, had at the same time Divine and human nature.この人物は、 1つの信念は、それと同時に、神と人間、それは、神がそれと同時に、人間の本性だ。 Such teaching was an implicit definition of all that was later on denied by Nestorius.このような暗黙の定義を教えていたすべてのことを否定された後nestorius 。 We shall find the great Athanasius, for fifty years the determined foe of the heresiarch, interpreting Nicaea's decree in just this sense; and Athanasius must have known the sense meant by Nicaea, in which he was the antagonist of the heretic Arius.われは、偉大なアタナシウス見つけ、 50年は異端の指導者は、敵の決定は、法令の解釈の中だけで、この感覚ニカイア;とアタナシウスしなければ意味が知られているという意味でニカイア、拮抗薬では、彼は、異端アリウス。

(1) NESTORIANISM ( 1 ) nestorianism

In spite of the efforts of Athanasius, Nestorius, who had been elected Patriarch of Constantinople (428), found a loophole to avoid the definition of Nicaea.アタナシウスの努力にもかかわらず、 nestorius 、家父長に選出されていたのコンスタンティノープル( 428 ) 、抜け穴を見つけたニカイアを避けるために定義します。 Nestorius called the union of the two natures a mysterious and an inseparable joining (symapheian), but would admit no unity (enosin) in the strict sense of the word to be the result of this joining (see "Serm.", ii, n. 4; xii, n. 2, in P. L., XLVIII). nestoriusと呼ばれる2つの労働組合の性質とは切っても切れない神秘的に参加する( symapheian )が、団結していないと認める( enosin )は、厳密な意味では、この結果に入社( "を参照してserm 。 " 、 2世、なし。 4 ; 12世、 n. 2 、 pl 、 48 ) 。 The union of the two natures is not physical (physike) but moral, a mere juxtaposition in state of being (schetike); the Word indwells in Jesus like as God indwells in the just (loc. cit.); the indwelling of the Word in Jesus is, however, more excellent than the indwelling of God in the just man by grace, for that the indwelling of the Word purposes the Redemption of all mankind and the most perfect manifestation of the Divine activity (Serm. vii, n. 24); as a consequence, Mary is the Mother of Christ (Christotokos), not the Mother of God (Theotokos).組合側は、 2つの物理的な性質ではない( physike )しかし、道徳的、単なる並置されている状態( schetike ) ; indwellsでイエスキリストの言葉のように、神としては、ちょうどindwells ( loc. cit 。 ) ;その言葉の留置で、イエスは、しかし、こちらよりも優れた留置された男だけでは、神の恵みは、その言葉を留置して、目的のために、全人類の償還や、最も完璧な症状は、神の活動(第VII serm. 、 n. 24 ) ;帰結として、メアリーは、キリストの母親( christotokos )ではなく、神の母( theotokos ) 。 As is usual in these Oriental heresies, the metaphysical refinement of Nestorius was faulty, and led him into a practical denial of the mystery that he had set himself to explain.通常では、これらの東洋heresiesとしては、洗練された形而上nestoriusが故障して、実用的な拒否することがきっかけで、彼はその謎を設定して自分自身を説明する。 During the discussion that Nestorius aroused, he strove to explain that his indwelling (enoikesis) theory was quite enough to keep him within the demands of Nicaea; he insisted that "the Man Jesus should be co-adored with the Divine union and almighty God [ton te theia symapheia to pantokratori theo symproskynoumenon anthropon] "(Serm., vii, n. 35); he forcibly denied that Christ was two persons, but proclaimed Him as one person (prosopon) made up of two substances. nestorius中に興奮して議論して、彼は、彼の留置striveの過去形を説明する理論( enoikesis )内ではかなりの要求を十分に保つ彼のニカイア;と主張したことが"イエスマンしなければならない共同組合と神を崇拝して全能の神[テオpantokratori te theia symapheiaトンをsymproskynoumenon anthropon ] " ( serm. 、第VII 、 n. 35 ) ;彼はキリストを否定して強制的には2人が、一人の人間として彼を宣言( prosopon )の2つの物質から成る。 The oneness of the Person was however only moral, and not at all physical.しかし、一体性のある人は、道徳的なだけではなく、すべての物理です。 Despite whatsoever Nestorius said as a pretext to save himself from the brand of heresy, he continually and explicitly denied the hypostatic union (enosin kath hypostasin, kata physin, kat ousian), that union of physical entities and of substances which the Church defends in Jesus; he affirmed a juxtaposition in authority, dignity, energy, relation, and state of being (synapheia kat authentian, axian, energeian, anaphoran, schesin); and he maintained that the Fathers of Nicaea had nowhere said that God was born of the Virgin Mary (Sermo, v, nn. 5 and 6).にもかかわらず、如何によるとnestorius保存を口実にするから、自分自身のブランドの異端、彼は絶えず、明示的に否定して沈下連合( enosin kath hypostasin 、 kata physin 、カットousian )は、労働組合のことで、物質の物理的なエンティティとは、イエスキリスト教会を守る;彼は断言する権限を並置では、尊厳、エネルギー、関係、および状態れている( synapheiaカットauthentian 、 axian 、 energeian 、 anaphoran 、 schesin ) ;と彼ニカイア維持していた父親のどこによると、神が生まれたの処女メアリー( sermo 、 v 、 nn 。 5と6 ) 。

Nestorius in this distortion of the sense of Nicaea clearly went against the tradition of the Church.このnestoriusニカイア歪み感を明確には、反対の伝統の教会に行った。 Before he had denied the hypostatic union of the two natures in Jesus, that union had been taught by the greatest Fathers of their time.彼は否定して沈下する前に、 2つの労働組合の性質は、イエスは、その教えを乞うていた労働組合の最大の祖先が彼らの時間です。 St. Hippolytus (about 230) taught: "the Flesh [sarx] apart from the Logos had no hypostasis [oude . . . hypostanai edynato, was unable to act as principle of rational activity], for that its hypostasis was in the Word" ("Contra Noet.", n. 15, in P. G., X, 823).聖ヒッポリュトス(約230 )を教えた: "とは別に、肉[ sarx ]下位のロゴがなかった[ oude 。 。 。 hypostanai edynato 、原則として行動することができませんでした。合理的な活動]は、その下位をしていたという言葉" ( " noetコントラ"と述べた。 、 n. 15 、パプアニューギニア、 × 、 823 ) 。 St. Epiphanius (about 365): "The Logos united body, mind, and soul into one totality and spiritual hypostasis" ("Haer.", xx, n. 4, in P. G., XLI, 277).聖聖エピファニオス(約365 ) : "のロゴユナイテッド身体、精神、そして全体を1つの魂と精神的な実体" ( " haer 。 " 、 XXのは、 n. 4 、パプアニューギニアでは、 41 、 277 ) 。 "The Logos made the Flesh to subsist in the hypostasis of the Logos [eis heauton hypostesanta ten sarka]" ("Haer.", cxxvii, n. 29, in P. G., XLII, 684). "のロゴを前にして生計を立てるの肉は、下位のロゴ[ eis heauton hypostesanta 10 sarka ] " ( " haer 。 " 、 cxxvii 、 n. 29 、 p. Gを、 42 、 684 ) 。 St. Athanasius (about 350): "They err who say that it is one person who is the Son that suffered, and another person who did not suffer ... ; the Flesh became God's own by nature [kata physin], not that it became consubstantial with the Divinity of the Logos as if coeternal therewith, but that it became God's own Flesh by its very nature [kata physin]."聖アタナシウス(約350 ) : " err人の言うことを彼らは、自分の息子が苦しんでいる人は、別の人物に苦しむしなかった... ;の肉は神の恵みの自然[ kata physin ]は、それほどこれは同本質とは、神のロゴとして永遠に共存してそれをもっている場合は、しかし、それは神の恵みの肉まさにその性質上[ kata physin ] 。 " In this entire discourse ("Contra Apollinarium", I, 12, in P. G., XXVI, 1113), St. Athanasius directly attacks the specious pretexts of the Arians and the arguments that Nestorius later took up, and defends the union of two physical natures in Christ [kata physin], as apposed to the mere juxtaposition or joining of the same natures [kata physin].全体で、この談話( 12 1113 )は、聖アタナシウスの直接攻撃には、もっともらしい口実ariansとそれ以降の引数nestorius取り上げたことは、労働組合との2つの物理的な性質を守るキリスト[ kata physin ]は、単なる並置としてapposedまたは参加して、同じ性質の[ kata physin ] 。 St. Cyril of Alexandria (about 415) makes use of this formula oftener even than the other Fathers; he calls Christ "the Word of the Father united in nature with the Flesh [ton ek theou Patros Logon kata physin henothenta sarki] ("De Recta Fide", n. 8, in P. G., LXXVI, 1210). For other and very numerous citations, see Petavius (111, 4). The Fathers always explain that this physical union of the two natures does not mean the intermingling of the natures, nor any such union as would imply a change in God, but only such union as was necessary to explain the fact that one Divine Person had human nature as His own true nature together with His Divine nature.アレクサンドリアの聖シリル(約415 )を使って、この方式に比べても、他の祖先oftener ;彼通話キリスト"という言葉は、自然と人間の肉の父ユナイテッド[トンek theou patrosログオンkata physin henothenta sarki ] ( "デrectumの複数fide " 、 n. 8 、パプアニューギニア、 76 、 1210 ) 。ために、非常に多くの引用の他、ペタヴィウスを参照してください( 111 、 4 ) 。いつも説明して、父親の労働組合は、この2つの物理的な性質という意味ではありませんが、 intermingling性質のものも、そのような意味での変化は、労働組合としての神は、このような労働組合としてだけだったという事実を説明する必要がある1つの神のような人は、自分の本性人間の本性と一緒に彼の神の性質です。

The Council of Ephesus (431) condemned the heresy of Nestorius, and defined that Mary was mother in the flesh of God's Word made Flesh (can. i).エフェソスの評議会( 431 )死刑囚の異端のnestorius 、メアリーは、母親と定義して神の言葉に人間の肉の前に肉( can.よい) 。 It anathematized all who deny that the Word of God the Father was united with the Flesh in one hypostasis (kath hypostasin); all who deny that there is only one Christ with Flesh that is His own; all who deny that the same Christ is God at the same time and man (can. ii).アナテマすべての人のことを否定することは、神のみことばの父親の肉を1つの下位ユナイテッド( kath hypostasin ) ;すべての人のことを否定して、キリストの肉が1つしかないことは、自らが、すべての人は神を否定して、同じキリストそれと同時に、男( can. ⅱ ) 。 In the remaining ten canons drawn up by St. Cyril of Alexandria, the anathema is aimed directly at Nestorius.で、残りの10人の規範が立案したアレクサンドリアの聖シリルは、直接nestorius忌み嫌われるのが目的だ。 "If in the one Christ anyone divides the substances, after they have been once united, and joins them together merely by a juxtaposition [mone symapton autas synapheia] of honour or of authority or of power and not rather by a union into a physical unity [synode te kath henosin physiken], let him be accursed" (can. iii). "もし誰かを分けるのは、 1つのキリストの物質は、かれらが一度ユナイテッド後には、かれらと一緒に参加するだけで並置[ mone symapton autas synapheia ]の名誉や権威や権力によってではなく、むしろ労働組合への物理的な団結[ synode te kath henosin physiken ]は、ほっておけ呪われる" ( can. ⅲ ) 。 These twelve canons condemn plecemeal the various subterfuges of Nestorius.これらの規範を非難plecemeal 12 subterfugesの様々なnestorius 。 St. Cyril saw heresy lurking in phrases that seemed innocent enough to the unsuspecting.聖シリル異端潜んでいるのを見たフレーズを十分に無実の疑いを持たないように見えた。 Even the co-adoration theory is condemned as an attempt to separate the Divine from the human nature in Jesus by giving to each a separate hypostasis (see Denzinger, "Enchiridion", ed. 1908, nn. 113-26).理論でさえ、共同で礼拝を分離する試みとしては、死刑囚の神から人間の本性を与えることによって、イエスキリストを個別に各下位(デンツィンガーを参照して、 " enchiridion " 、エド。 1908 、 nn 。一一三から二六) 。

(2) MONOPHYSITISM ( 2 )キリスト単

The condemnation of the heresy of Nestorius saved for the Church the dogma of the Incarnation, "the great mystery of godliness" (1 Timothy 3:16), but lost to her a portion of her children, who, though dwindled down to insignificant numbers, still remain apart from her care. nestoriusの非難を保存するためには、異端の教会の教義の権化、 "偉大な神を敬うの謎" ( 1ティモシー3時16分)が、失われた部分を彼女には彼女の子供たちは、人が、だんだん減って無意味な数字は、今も残って彼女のケアから離れている。 The union of the two natures in one Person was saved.組合側は、 2つの性質では、一人の人間に保存されます。 The battle for the dogma was not yet won.ドグマのための戦いは、まだウォン。 Nestorius had postulated two persons in Jesus Christ.仮定nestoriusいた2人はイエスキリストです。 A new heresy soon began.近いうちに新しい異端が始まった。 It postulated only one Person in Jesus, and that the Divine Person.たった一人で、イエスと仮定し、その人の神です。 It went farther.遠くに行っちゃった。 It went too far.それが行き過ぎる。 The new heresy defended only one nature, as well as one Person in Jesus. 1つだけ、新しい異端弁護自然だけでなく、一人の人間で、イエスです。 The leader of this heresy was Eutyches.このeutyches異端の指導者だった。 His followers were called Monophysites. monophysitesと呼ばれる彼の信者がいる。 They varied in their ways of explanation.彼らは、さまざまな方法を説明します。 Some thought the two natures were intermingled into one.いくつか考えたが、 2つの性質を1つに加わる。 Others are said to have worked out some sort of a conversion of the human into the Divine.他にも働いているといわれて、ある種の変換は、人間の神に。 All were condemned by the Council of Chalcedon (451).すべてが非難されるのchalcedon評議会( 451 ) 。 This Fourth General Council of the Church defined that Jesus Christ remained, after the Incarnation, "perfect in Divinity and perfect in humanity . . . consubstantial with the Father according to His Divinity, consubstantial with us according to His humanity . . . one and the same Christ, the Son, the Lord, the Only begotten, to be acknowledged in two natures not intermingled, not changed, not divisible, not separable" (see Denzinger, n. 148).この総務会は、 4番目に定義して、イエスキリスト教会では依然、後の権化、 "完璧で、人類の神性と完璧。 。 。同本質を神性によれば、彼の父は、私たちによると、同本質と彼の人間性。 。 。 1つで、同じキリストは、息子は、主に、ひとり子だけでは、 2つの性質を認めていない内には、変更しないではなく、可分、可分ていない" (デンツィンガーを参照してください、 n. 148 ) 。 By this condemnation of error and definition of truth, the dogma of the Incarnation was once again saved to the Church.このエラーが発生したとの非難の真理の定義は、その教義の権化が再び教会に保存されます。 Once again a large portion of the faithful of the Oriental Church were lost to their mother.再びの大部分を忠実には、東洋の教会では、母親を失った。 Monophysitism resulted in the national Churches of Syria, Egypt, and Armenia.その結果、全国の教会のキリスト単シリア、エジプト、およびアルメニア。 These national Churches are still heretic, although there have in later times been formed Catholic rites called the Catholic Syriac, Coptic, and Armenian rites.これらの国家はまだ異端教会は、あるにもかかわらず、後の時代に形成され、カトリックのカトリックの儀式と呼ばれるシリア語、コプト語、およびアルメニアの儀式です。 The Catholic rites, as the Catholic Chaldaic rite, are less numerous than the heretic rites.カトリックの儀式は、 chaldaicカトリックの儀式としては、より多くの異端の儀式は少ない。

(3) MONOTHELITISM ( 3 )キリスト単

One would suppose that there was no more room for heresy in the explanation of the mystery of the nature of the Incarnation.仮定の1つは、より多くの余地がなかった異端の説明は、自然の神秘の権化。 There is always room for heresy in the matter of explanation of a mystery, if one does not hear the infallible teaching body to whom and to whom alone Christ entrusted His mysteries to have and to keep and to teach them till ihe end of time.そこは常に異端の余地を説明するのは、謎の問題は、聞いていない場合、 1つのボディに絶対確実な指導者を誰一人とキリスト委託しておくと彼の謎を持つことを教えるとihe終了するまでの時間です。 Three patriarchs of the Oriental Church gave rise, so far as we know, to the new heresy. 3つの教会では、東洋patriarchs与えた台頭は、これまで知っている我々としては、異端に新しい。 These three heresiarchs were Sergius, the Patriarch of Constantinople, Cyrus, the Patriarch of Alexandria, and Athanasius, the Patriarch of Antioch.これら3つのheresiarchsがセルギウスは、コンスタンティノープル総主教は、キュロス、アレクサンドリアの総主教、およびアタナシウスは、アンティオキア総主教のです。 St. Sophronius, the Patriarch of Jerusalem, remained true and delated his fellow patriarchs to Pope Honorius.聖ソフロニオス、エルサレムの総主教は、依然として真の仲間とdelated patriarchsに法王ホノリウス。 His successor in the see of Peter, St. Martin, bravely condemned the error of the three Oriental patriarchs, who admitted the decrees of Nicaea, Ephesus, and Chalcedon; defended the union of two natures in one Divine Person; but denied that this Divine Person had two wills.彼の後任にはピーターを参照して、聖マルティンは、勇敢に非難したのは、 3つのエラーが発生オリエンタルpatriarchs 、人を認め、令のニカイア、エフェソス、およびchalcedon ;擁護の2つの労働組合の1つの神の性質の人;しかし、この神を否定して2つの意志がある人です。 Their principle was expressed by the words, en thelema kai mia energeia, by which they would seem to have meant one will and one activity, i.e. only one principle of action and of suffering in Jesus Christ and that one principle Divine.自分の言葉で表現される原理は、 en thelemaカイミアenergeia 、彼らはどのように見えるという意味を持つとは、 1つ1つの活動、すなわち1つだけの行動原理とは、イエスキリストの苦しみを原則として神の1つです。 These heretics were called Monothelites.これらの異端と呼ばれたmonothelites 。 Their error was condemned by the Sixth General Council (the Third Council of Constantinople, 680).自分のエラーが非難される第6回総評議会(第3コンスタンティノポリス公会議、 680 ) 。 It defined that in Christ there were two natural wills and two natural activities, the Divine and the human, and that the human will was not at all contrary to the Divine, but rather perfectly subject thereto (Denzinger, n. 291).それは、キリストに定義して2つの自然の意志があったと2つの自然な活動は、神と人間の、としていたわけでは、すべての人間は神に反して、そこではなく、完全に服従(デンツィンガー、 n. 291 ) 。 The Emperor Constans sent St. Martin into exile in Chersonesus.コンスタンスに送られる天皇聖マルティンchersonesus亡命中です。 We have trace of only one body of Monothelites.我々は1つしか体の痕跡monothelites 。 The Maronites, about the monastery of John Maron, were converted from Monothelism in the time of the Crusades and have been true to the faith ever since.そのmaronites 、ジョンについては、修道院のmaron 、 monothelismから変換された時間では、十字軍としてきた真の信仰以来です。 The other Monothelites seem to have been absorbed in Monophysitism, or in the schism of the Byzantine Church later one他のmonothelitesキリスト単に夢中になってきたように、あるいは、分裂後の1つは、ギリシャ正教会

The error of Monothelism is clear from the Scripture as well as from tradition.は、エラーのmonothelism典から明確なだけでなく、伝統からです。 Christ did acts of adoration (John 4:22), humility (Matthew 11:29), reverence (Hebrews 5:7).礼拝行為には、キリスト(ヨハネ4時22分) 、謙虚(マタイ11:29 ) 、畏敬の念(ヘブル人への手紙5時07分) 。 These acts are those of a human will.これらの行為は、それらの人間がいる。 The Monothelites denied that there was a human will in Christ. monothelites否定して、人間には、キリストがあった。 Jesus prayed: "Father, if Thou wilt, remove this chalice from me: but yet not my will, but thine be done," (Luke 22:42).イエス祈った: "父よ、なた場合は、この聖杯を私から削除:しかし、私はまだないが、ザインが完了したら、 " (ルーク22 : 42 ) 。 Here there is question of two wills, the Father's and Christ's.ここでの問題は2つの意志が、父のとは、キリストのだ。 The will of Christ was subject to the will of the Father.対象となるのは、キリストは、父の意志だ。 "As the Father hath given me commandment, so do I" (John 14:31). "私に与えられた掟としてかれらの父は、今すればよい" (ヨハネ14時31分) 。 He became obedient even unto death (Phil., ii, 8).彼は死に至るまで従順( phil. 、 2世、 8 ) 。 The Divine will in Jesus could not have been subject to the will of the Father, with which will it was really identified.神は、イエスキリストができませんでしたが、父の対象となるのは、それは実際に発見される。

(4) THE CATHOLIC FAITH ( 4 )カトリックの信仰

Thus far we have that which is of Faith in this matter of the nature of the Incarnation.これまで我々は信じているものは、この件に関しては、自然の権化。 The human and Divine natures are united in one Divine Person so as to remain that exactly which they are, namely, Divine and human natures with distinct and perfect activities of their own.人間と神の性質は、米国人が1つの神のように正確にとどまることになっている、すなわち、神と人間の性質をはっきりと完璧には、独自の活動です。 Theologians go farther in their attempts to give some account of the mystery of the Incarnation, so as, at least, to show that there is therein no contradiction, nothing that right reason may not safely adhere to.神学者は、遠くに行くのアカウントは、いくつかの試みを与える謎の権化は、今では、少なくとも、そこにはないことを証明して矛盾や、何もして右に固執する理由を安全にすることはできません。 This union of the two natures in one Person has been for centuries called a hypostatic union, that is, a union in the Divine Hypostasis.この2つの性質の1つの労働組合は、何世紀にもわたってきた人と呼ばれる沈下労働組合、それは、神の下位には、労働組合です。 What is an hypostasis?下位は何ですか? The definition of Boethius is classic: rationalis naturae individua substantia (P. L., LXIV, 1343), a complete whole whose nature is rational. boethiusはクラシックの定義:自然rationalis individua substantia ( PL法、 64 、 1343 )は、その性質は、完全な全体の合理的です。 This book is a complete whole; its nature is not rational; it is not an hypostasis.この本は、完全な全体;その性質ではない合理的な;下位ことではない。 An hypostasis is a complete rational individual.完全には、合理的な個々の下位。 St. Thomas defines hypostasis as substantia cum ultimo complemento (III:2:3, ad 2um), a substance in its entirety.セントトマス実体として定義substantia付きで先月complemento ( ⅲ : 2時03分、広告2um )は、そっくりそのまま物質です。 Hypostasis superadds to the notion of rational substance this idea of entirety; nor does the idea of rational nature include this notion of entirety.下位概念の合理性物質をsuperaddsこのアイデアの全体;も合理的な性質を含めるという発想は、この全体の概念です。 Human nature is the principle of human activities; but only an hypostasis, a person, can exercise these activities.人間の本性は、人間の活動の原則;しかし、下位だけで、人は、これらの活動を行使できる。 The Schoolmen discuss the question whether the hypostasis has anything more of reality than human nature. schoolmanの複数の問題を話し合うのは、何かもっと下位かどうかよりも、現実の人間の本性だ。 To understand the discussion, one must needs be versed in scholastic Philosophy.議論を理解して、自分のニーズに精通する必要がありますがスコラ哲学。 Be the case as it may in the matter of human nature that is not united with the Divine, the human nature that is hypostatically united with the Divine, that is, the human nature that the Divine Hypostasis or Person assumes to Itself, has certainly more of reality united to it than the human nature of Christ would have were it not hypostatically united in the Word.事件としてれることがありますが、人間の本性の問題ではないことを、神のユナイテッドは、人間の本性は、神のhypostaticallyユナイテッドでは、それは、人間の本性は、神の本質や人間そのものを想定して、より多くのは確かそれよりも、現実のユナイテッドには、キリストの人間の本性がでていないという言葉hypostaticallyユナイテッド。 The Divine Logos identified with Divine nature (Hypostatic Union) means then that the Divine Hypostasis (or Person, or Word, or Logos) appropriates to Itself human nature, and takes in every respect the place of the human person.神のロゴを発見して、神の性質(沈下労働組合)を意味して、それから神の下位(または人物、またはワード、またはロゴ) appropriates自体に人間の本性には、あらゆる点で、その場所の人間です。 In this way, the human nature of Christ, though not a human person, loses nothing of the perfection of the perfect man; for the Divine Person supplies the place of the human.この方法では、キリストの人間の本性は、人間ではありませんかかわらず、完成度を失わせてしまうのは、何もない完璧な男;神の人のための物資の代わりに、人間のです。

It is to be remembered that, when the Word took Flesh, there was no change in the Word; all the change was in the Flesh.れることを思い出したのは、その言葉は肉ときは、その言葉の変化はなかった;すべての変更は、肉です。 At the moment of conception, in the womb of the Blessed Mother, through the forcefulness of God's activity, not only was the human soul of Christ created but the Word assumed the man that was conceived.受胎の瞬間には、母親の胎内の祝福は、神の活動を通じて、力強さだけでなく、人間の魂は、キリストの言葉を作成したが、想定していた男は考えています。 When God created the world, the world was changed, that is.神を作成した際に、世界では、世界では、変更された。 it passed from the state of nonentity to the state of existence; and there was no change in the Logos or Creative Word of God the Father.取るに足りないことを通過してからの状態で存在する状態;と変化がないのロゴや創造神のみことばの父です。 Nor was there change in that Logos when it began to terminate the human nature.ロゴを変更することがあったのでもそれを始めたときに人間の本性を終了しています。 A new relation ensued, to be sure; but this new relation implied in the Logos no new reality, no real change; all new reality, all real change, was in the human nature.新たな関係が起こりました、していることを確認;しかし、この新しいロゴマークは、黙示の関係の新たな現実にない、本当の変化なし;すべての新しい現実には、すべて本当の変化は、人間の本性は、 。 Anyone who wishes to go into this very intricate question of the manner of the Hypostatic Union of the two natures in the one Divine Personality, may with great profit read St. Thomas (III:4:2); Scotus (in III, Dist. i); (De Incarnatione, Disp. II, sec. 3); Gregory, of Valentia (in III, D. i, q. 4).願いに入る人は誰でも、この問題は非常に複雑な方法では、沈下の労働組合の1つ、 2つの性質は、神の人格は、 5月に大きな利益を読むセントトマス( ⅲ : 4時02分) ; scotus ( 3世、 distのです。私) ; (デincarnatione 、 disp 。 2世は、秒です。 3 ) ;グレゴリー、ヴァレンティア( 3世、 d.私は、問い4 ) 。 Any modern text book on theology will give various opinions in regard to the way of the union of the Person assuming with the nature assumed任意のテキストブック近代神学上では様々な意見を与える方法については、その人と仮定して、労働組合の性質を仮定

III. Ⅲ 。 EFFECTS OF THE INCARNATION効果の権化

(1) ON CHRIST HIMSELF ( 1 )自分自身をキリスト

A. On the Body of Christ a.は、キリストの体

Did union with the Divine nature do away, with all bodily inperfections?労働組合とは、神の性質は去っても、すべての身体inperfectionsですか? The Monophysites were split up into two parties by this question.の2つに分かれていた政党monophysitesこの質問された。 Catholics hold that, before the Resurrection, the Body of Christ was subject to all the bodily weaknesses to which human nature unassumed is universally subject; such are hunger, thirst, pain, death.カトリック教徒ホールドして、復活の前には、キリストの体には、対象となるすべての肉体的な弱点には、普遍的に人間の本性unassumed件名;などは、飢え、喉の渇き、痛みは、死のです。 Christ hungered (Matthew 4:2), thirsted (John 19:28), was fatigued (John 4:6), suffered pain and death.キリストhungered (マタイ4時02分) 、 thirsted (ヨハネ19時28分) 、疲れきっていた(ヨハネ4時06分) 、痛みと死苦しんでいます。 "We have not a high priest, who cannot have compassion on our infirmities: but one tempted in all things like as we are, without sin" (Hebrews 4:15). "我々は、大祭司は、私たちの思いやりの気持ちを持つことができない人の弱さ:しかし、すべてのもののように1つの誘惑として我々は、罪なし" (ヘブル人への手紙4時15分) 。 "For in that, wherein he himself hath suffered and been tempted, he is able to succour them also that are tempted" (Hebrews 2:18). "そのためには、そこには彼自身がかれらを受けたと誘惑され、彼は救助できるようにしては、かれらも誘惑" (ヘブル人への手紙2時18分) 。 All these bodily weaknesses were not miraculously brought about by Jesus; they were the natural results of the human nature He assumed.奇跡的には、これらすべての身体的な弱点にイエスキリストによってもたらされる;かれらは、自然の結果は、人間の本性と仮定されます。 To be sure, they might have been impeded and were freely willed by Christ.ていることを確認して、かれら阻害された可能性があるとされたキリストの自由意志です。 They were part of the free oblation that began with the moment of the Incarnation.かれらは、団体名を無料で奉納の権化の瞬間から始まった。 "Wherefore when he cometh into the world, he saith: Sacrifice and oblation thou wouldest not; but a body thou hast fitted to me" (Hebrews 10:5). "何のために、世界が到来したとき、彼は言う: wouldestなたを犠牲にしないと奉納;しかし、体なたに適している私に" (ヘブル人への手紙10時05分) 。 The Fathers deny that Christ assumed sickness.キリストを否定すると仮定して、父親の病気です。 There is no mention in Scripture of any sickness of Jesus.啓典の言及はないが、イエスどんな病気です。 Sickness is not a weakness that is a necessary belonging of human nature.病気ではないことは、必要な脱力の人間の本性に属しています。 It is true that pretty much all mankind suffers sickness.それは事実だがかなり酔い全人類の苦痛を被っています。 It is not true that any specific sickness is suffered by all mankind.それが真実ではない場合、特定の病気で苦しんでは、全人類のです。 Not all men must needs have measles.麻疹のニーズがないすべての男性にする必要があります。 No one definite sickness universally belongs to human nature; hence no one definite sickness was assumed by Christ.誰も明確な普遍的に属します酔い人間の本性;したがって1つの明確な病気がないと仮定されたキリストです。 St. Athanasius gives the reason that it were unbecoming that He should heal others who was Himself not healed (P. G., XX, 133).聖アタナシウスの理由により、不似合いなことをしていた彼は、他の人は、自分自身に治る治癒しない(パプアニューギニア、 XX社は、 133 ) 。 Weaknesses due to old age are common to mankind.老後のために弱点が人類共通しています。 Had Christ lived to an old age, He would have suffered such weaknesses just as He suffered the weaknesses that are common to infancy.キリストに住んでいたが、古い時代、彼は、このような弱点と同じように苦しんで苦しんで、彼の弱点乳児期で共通しています。 Death from old age would have come to Jesus, had He not been violently put to death (see St. Augustine, "De Peccat.", II, 29; P. L., XLIV, 180).老後の死からイエスが来て、彼は死刑を激しくされていない(聖アウグスティヌスを参照して、 "デpeccat 。 " 、 2世は、 29 ; pl 、 44 、 180 ) 。 The reasonableness of these bodily imperfections in Christ is clear from the fact that He assumed human nature so as to satisfy for that nature's sin.これらの身体障害者の合理性をより明確にイエスキリストが人間の本性と仮定しているということを納得させるようにして自然の罪です。 Now,to satisfy forthe sin of another is to accept the penalty of that sin.今は、別の罪を満たすfortheのペナルティを受け入れることは罪だ。 Hence it was fitting that Christ should take upon himself all those penalties of the sin of Adam that are common to man and becoming.したがってそれは、キリスト試着してみるべきでしょう被ら罰則は、これらすべての罪で共通して男のアダムとなっています。 or at least not unbecoming to the Hypostatic Union.あるいは少なくとも労働組合は不似合いな沈下している。 (See Summa Theologica III:14 for other reasons.) As Christ did not take sickness upon Himself, so other imperfections, such as deformities, which are not common to mankind, were not His. ( theologica IIIの総合的研究論文を参照してください: 14 、他の原因が考えられます。 )キリストしなかったとして被ら酔いを取るので、他の不完全性などの奇形では、人類に共通していないが、彼はなかった。 St. Clement of Alexandria (III Paedagogus, c. 1), Tertullian (De Carne Christi, c. ix), and a few others taught that Christ was deformed.アレクサンドリアの聖クレメント( ⅲ paedagogus千佳子1 ) 、 tertullian (デカルネクリスティ千佳子9 ) 、および他のいくつかは、キリストの教えに変形している。 They misinterpreted the words of Isaias: "There is no beauty in him, nor comeliness; and we have seen him, and there was no sightliness" etc. (liii, 2).彼らの言葉を誤解isaias : "彼の美しさがないし、また容姿の良さ、そして我々は彼を見て、 sightlinessはなかった"等( 53 、 2 ) 。 The words refer only to the suffering Christ.その言葉だけを参照して、キリストの苦しみです。 Theologians now are unanimous in the view that Christ was noble in bearing and beautiful in form, such as a perfect man should be; for Christ was, by virtue of His incarnation, a perfect man (see Stentrup, "Christologia", theses lx, lxi).神学今では、との見方を満場一致で、キリストは、高貴な形で、美しい軸受など、完璧な男しなければならない;ためにキリストが、彼の化身の美徳は、完璧な男( stentrupを参照して、 " christologia "は、論文60 、 61 ) 。

B. On the Human Soul of Christ Bには、人間の魂のキリスト

(a) IN THE WILL (する)のは、

Sinlessness sinlessness

The effect of the Incarnation on the human will of Christ was to leave it free in all things save only sin.その効果は、人間は、キリストの顕現していたことを残すのみ罪に無料ですべてのものを保存します。 It was absolutely impossible that any stain of sin should soil the soul of Christ.それは絶対に不可能なことは、いかなる罪の染み土壌キリストの魂です。 Neither sinful act of the will nor sinful habit of the soul were in keeping with the Hypostatic Union.どちらも罪深い罪深い行為は、習慣的には、魂を維持していた労働組合の沈下。 The fact that Christ never sinned is an article of faith (see Council, Ephes., can. x, in Denzinger, 122, wherein the sinlessness of Christ is implicit in the definition that he did not offer Himself for Himself, but for us).キリストという事実には、記事の信仰を決してsinned (参照してください評議会は、 ephes 。 、可能です。 x 、デンツィンガー、 122 、そこには、キリストのsinlessness暗黙の定義を提供して彼は自分自身のためではなく、私たち) 。 This fact of Christ's sinlessness is evident from the Scripture.このような事実が明らかにキリストのsinlessness典からです。 "There is no sin in Him" (1 John 3:5). "そこに彼の罪ではない" ( 1ヨハネ3時05分) 。 Him, who knew no sin, he hath made sin for us" i.e. a victim for sin (2 Corinthians 5:21). The impossibility of a sinful act by Christ is taught by all theologians, but variously explained. G¨nther defended an impossibility consequent solely upon the Divine provision that He would not sin (Vorschule, II, 441). This is no impossibility at all. Christ is God. It is absolutely impossible, antecedent to the Divine prevision, that God should allow His flesh to sin. If God allowed His flesh to sin, He might sin, that is, He might turn away from Himself; and it is absolutely impossible that God should turn from Himself, be untrue to His Divine attributes. The Scotists teach that this impossibility to sin, antecedent to God's revision, is not due to the Hypostatic Union, but is like to the impossibility of the beatified to sin, and is due to a special Divine Providence (see Scotus, in III, d. xiii, Q. i). St. Thomas (III:15:1) and all Thomists, Francisco Suárez (d. xxxiii, 2), Vasquez (d. xi, c. iii), de Lugo (d. xxvi, 1, n. 4), and all theologians of the Society of Jesus teach the now almost universally admitted explanation that the absolute impossibility of a sinful act on the part of Christ was due to the hypostatic union of His human nature with the Divine.彼は、罪のない人を知っていた、彼はかれらを罪のために私たちは"被害者のために罪すなわち、 ( 2コリンチャンス5時21分) 。罪深い行為では不可能なことは、キリストの教えでは、すべての神学者が、いろいろ説明するg ¨ nther擁護する必従もっぱら規定上不可能なことを彼は神の罪のない( vorschule 、 2世、 441 ) 。この不可能なことはすべてではない。キリストは神です。絶対に不可能なことは、神の予知先行して、その神は彼の肉体を許可すべき罪。もし神可自分の罪の肉を、彼は罪かもしれない、それは、彼は自分自身かもしれないから遠ざかれ;とすることは絶対に不可能なことから、神は自分自身の電源は、真実ではないにして彼の神の属性です。 scotistsを教えることは不可能なことを、この罪は、先行して、神の改正は、沈下のため、組合ではないが、不可能なことのように、罪をbeatified 、とは、神の摂理のために特別( scotusを参照して、 3世、 d. 13世は、問いよい) 。セントトマス( ⅲ : 15時01分)で、全thomists 、フランシスコスアレス( d. 33 、 2 ) 、バスケス( d. xi千佳子ⅲ )は、デルーゴ( d. 26 、 1 、 n. 4 ) 、およびすべての神学者は、社会の普遍的にイエスキリストを教える今ほぼ絶対に不可能なことを認めて説明をして罪深い行為をしていたため、キリスト団体連合沈下して、神の彼の人間の本性だ。

Libertyリバティ

The will of Christ remained free after the Incarnation.キリストの後には、無料のままの形になっています。 This is an article of faith.これは、信仰の記事です。 The Scripture is most clear on this point.この啓典は、この点を最も明確にしています。 "When he had tasted, he would not drink" (Matthew 27:34). "彼味わったとき、彼は飲んでいない" (マタイ27:34 ) 。 "I will; be thou made clean" (Matthew 8:3). "わたしは、なたの前にきれいな" (マタイ8時03分) 。 The liberty of Christ was such that He merited.キリストの自由の女神のように彼は報われた。 "He humbled himself, becoming obedient unto death, even to the death of the cross. For which cause God also hath exalted him" (Phil., ii, 8). "と彼自身humbled 、素直な死になっても、十字架の死を招く。かれらのためにも、神の原因高貴なギフト" ( phil. 、 2世、 8 ) 。 "Who having joy set before him, endured the cross" (Hebrews 12:2). "人に喜びを設定する前に彼には、十字架に耐える" (ヘブル人への手紙12時02分) 。 That Christ was free in the matter of death, is the teaching of all Catholics; else He did not merit nor satisfy for us by His death.して、キリストの死の問題は、無料で、教えることは、すべてのカトリック教徒;他のメリットもない、彼はそれを彼の死によって私たちを満足させるためだ。 Just how to reconcile this liberty of Christ with the impossibility of His committing sin has ever been a crux for theologians.ただ、この自由をどのようにキリストの和解不可能なことで、今までの彼の罪をコミットするための最も重要な神学者にされています。 Some seventeen explanations are given (see Summa Theologica III:47:3, ad 3; Molina, "Concordia", d. liii, membr. 4).いくつかの説明には、与えられた17 ( theologica IIIの総合的研究論文を参照してください: 47:3 、広告3 ;モリーナは、 "コンコルディア" 、 d. 53 、 membr 。 4 ) 。

(b) IN THE INTELLECT ( b )には、知性

The effects of the Hypostatic Union upon the knowledge of Christ will be treated in a SPECIAL ARTICLE.沈下の影響は、労働組合の上の知識を特別に扱われることは、キリストの記事です。

(c) SANCTITY OF CHRISTキリストの神聖( C参照)

The Humanity of Christ was holy by a twofold sanctity: the grace of union and sanctifying grace.人類は、キリストの神聖される二重の神聖:グレースの労働組合とのグレースsanctifying 。 The grace of union, i.e. the Substantial and Hypostatic Union of the two natures in the Divine Word, is called the substantial sanctity of Christ.労働組合の恩恵は、労働組合の沈下、すなわち、実質的に2つの性質とは、神の言葉は、キリストの神聖さは、実質的と呼ばれます。 St. Augustine says: "Tunc ergo sanctificavit se in se, hoc est hominem se in Verbo se, quia unus est Christus, Verbum et homo, sanctificans hominem in Verbo" (When the Word was made Flesh then, indeed, He sanctified Himself in Himself, that is, Himself as Man in Himself as Word; for that Christ is One Person, both Word and Man, and renders His human nature holy in the holiness of the Divine nature) (In Johan. tract. 108, n. 5, in P. L., XXXV, 1916).聖アウグスティヌスによれば: "世が世トゥンクエルゴsanctificavit 、アドホックest verbo世人世には、クリストゥスquia unus est 、 et verbumホモ、 sanctificans人でverbo " (ときにその言葉は前に肉次に、実際のところ、彼は自分自身の神聖化自分自身、それは、自分自身が自分自身の男としての言葉として、一人の人間のためにキリストが、両方の単語と男は、人間の本性と彼の神聖なレンダリングのホーリネスでは、神の性質) (ヨハン。路。 108 、 n. 5 、 pl 、 35 、 1916 ) 。 Besides this substantial sanctity of the grace of Hypostatic Union, there was in the soul of Christ, the accidental sanctity called sanctifying grace.それを除けば、実質的尊厳沈下労働組合の恩恵は、キリストの魂があったのは、偶然と呼ばれる神聖sanctifyingグレース。 This is the teaching of St. Augustine, St. Athanasius, St. John Chrysostom, St. Cyril of Alexandria, and of the Fathers generally.これは、教師の聖アウグスティヌスは、聖アタナシウス、聖ヨハネクリュソストモス、アレクサンドリアの聖シリルは、通常とは、父のです。 The Word was "full of grace" (John 1:14), and "of his fullness we all have received, and grace for grace" (John 1:16).その言葉は、 "フルオブグレース" (ヨハネ1時14分) 、そして"私たちは皆、彼の充満を受けた、とグレースはグレース" (ヨハネ1時16分) 。 The Word were not full of grace, if any grace were wanting in Him which would be a perfection fitting to His human nature.優雅さに満ちていなかったという言葉は、彼に欠けている場合は猶予されたができれば、彼の人間の本性を完ぺきに当てはめています。 All theologians teach that sanctifying grace is a perfection fitting the humanity of Christ.グレースsanctifyingすべての神学を教えることは、人類のキリストのフィッティング完ぺきです。 The mystical body of Christ is the Church, whereof Christ is the Head (Romans 12:4; 1 Corinthians 12:11; Ephesians 1:20; 4:4; Colossians 1:18, 2:10).キリストの体は、神秘的な教会は、イエスキリストが頭whereof (ローマ人への手紙12 : 04 ; 1コリンチャンス12:11 ;エペソ1時20分、 4時04分;コロサイ人への手紙1時18分、 2時10分) 。 It is especially in this sense that we say the grace of the Head flows through the channels of the sacraments of the Church--through the veins of the body of Christ.このことは特に意識して我々の頭の恵みと言うのチャンネルを通じてフローは、教会の秘跡-静脈を通じて、キリストの体です。 Theologians commonly teach that from the very beginning of His existence, He received the fullness of sanctifying grace and other supernatural gifts (except faith, hope, and the moral virtue of penance); nor did He ever increase in these gifts or this sanctifying grace.非常によく神学を教えることから始まり、彼の存在は、彼の充実を受け取ったsanctifyingやその他の超自然の恵みの贈り物(信仰を除いて、希望は、道徳的な美徳とざんげ) ;しなかった彼はこれまでの増加やsanctifyingこれらの恵みの贈り物です。 For so to increase would be to become more pleasing to the Divine Majesty; and this were impossible in Christ.これを向上させるためになる可能性がますます楽しませて神の威厳;不可能で、これは、キリストです。 Hence St. Luke meant (ii, 52) that Christ showed more and more day after day the effects of grace in His outward bearing.したがって聖ルカという意味( 2世、 52 )によると、キリスト増えて来る日も来る日グレースは彼の外側への影響を軸受です。

(d) LIKES AND DISLIKES (民主党)得手不得手

The Hypostatic Union did not deprive the Human Soul of Christ of its human likes and dislikes.労働組合の沈下しなかったキリストの人間の魂を奪うのは、人間の得手不得手です。 The affections of a man, the emotions of a man were His in so far as they were becoming to the grace of union, in so far as they were not out of order.一人の男の愛情は、彼の感情のような男で今までに寄付されたようで、彼らは労働組合の恩恵になって、今までに寄付されていたのは常軌を逸している。 St. Augustine well argues: "Human affections were not out of place in Him in Whom there was really and truly a human body and a human soul" (De Civ. Dei, XIV, ix, 3).聖アウグスティヌス井戸主張: "人間の愛情が場違いな存在ではない彼は本当に本当に誰があったとする人間の体内にある人間の魂" (デciv 。デイは、 14世、 9世、 3 ) 。 We find that he was subject to anger against the blindness of heart of sinners (Mark 3:5); to fear (Mark 14:33); to sadness (Matthew 26:37): to the sensible affections of hope, of desire, and of joy.我々の怒りを検索対象としていたのに対して、目をつぶって罪人の心臓部(マーク3時05分) ;を恐れる(マーク14時33分) ;を悲しみ(マタイ26:37 ) :賢明な愛情の希望には、欲望は、と喜びの声。 These likes and dislikes were under the complete will-control of Christ.これらの好き嫌いが完全にコントロール下にキリストのだ。 The fomes peccati, the kindling-wood of sin--that is, those likes and dislikes that are not under full and absolute control of right reason and strong will-power--could not, as a matter of course, have been in Christ. fomes peccatiのは、たき-木材の罪-それは、それらの得手不得手されていないとの下で絶対的な支配権を完全に正当な理由と強い意志の力-ことができなかったとして、当然のことながら、キリストをしてきた。 He could not have been tempted by such likes and dislikes to sin.誘惑してきたことができなかった彼はこのような罪を得手不得手です。 To have taken upon Himself this penalty of sin would not have been in keeping with the absolute and substantial holiness which is implied by the grace of union in the Logos.違約金を取ら被らこの罪はないが、絶対に合わせて、実質的ホーリネスの恵みによっては黙示の労働組合は、ロゴス。

C. On the God-Man (Deus-Homo, theanthropos c.は、神の男(デウス-ホモ、 theanthropos

One of the most important effects of the union of the Divine nature and human nature in One Person is a mutual interchange of attributes, Divine and human, between God and man, the Communicatio Idiomatum.最も重要な効果を1つの労働組合は、神の自然と人間の本性には、一人の人間の相互交流の属性は、神と人間は、神と人間の間には、 communicatio idiomatum 。 The God-Man is one Person, and to Him in the concrete may be applied the predicates that refer to the Divinity as well as those that refer to the Humanity of Christ.男は、一人の人間の神には、彼とは、具体的にも適用することが神の述語を参照してのものだけでなく、キリストの人間性を参照してください。 We may say God is man, was born, died, was buried.神は我々が何と言おうと男は、生まれた、亡くなった、埋没だった。 These predicates refer to the Person Whose nature is human, as well as Divine; to the Person Who is man, as well as God.これらの述語を参照している人は、人間の性質だけでなく、神;している人は、男性だけでなく、神です。 We do not mean to say that God, as God, was born; but God, Who is man, was born.我々が言いたいことはありません神は、神としては、生まれた;しかし神は、男の人は、生まれた。 We may not predicate the abstract Divinity of the abstract humanity, nor the abstract Divinity of the concrete man, nor vice versa; nor the concrete God of the abstract humanity, nor vice versa.我々は、抽象的な述語は、抽象的な人類の神性、神は、抽象的にも具体的な男で、その逆の場合も;も、具体的な神は、抽象的な人間性、またその逆だ。 We predicate the concrete of the concrete: Jesus is God; Jesus is man; the God-Man was sad; the Man-God was killed.我々は、具体的な具体的な述語:イエスは神;イエスは、男;の神-男は悲しい;その男-神が殺された。 Some ways of speaking should not be used, not that they may not be rightly explained, but that they may easily be misunderstood in an heretical sense.いくつかの点で言えば使うべきではないが、正しくないことを説明することはできませんが、それは、彼らが異端の感覚で簡単に誤解されています。

(2) THE ADORATION OF THE HUMANITY OF CHRIST ( 2 )は、人類のキリストの礼拝

The human nature of Christ, united hypostatically with the Divine nature, is adored with the same worship as the Divine nature (see ADORATION).キリストの人間の本性は、神の性質をhypostaticallyユナイテッドは、尊敬されては、神として崇拝して、同じ性質(礼拝を参照してください) 。 We adore the Word when we adore Christ the Man; but the Word is God.我々の言葉を崇拝するときに我々は、キリストを崇拝する男;しかし、その言葉は神だ。 The human nature of Christ is not at all the reason of our adoration of Him; that reason is only the Divine nature.キリストの人間の本性ではない、すべての理由で、彼に私たちの礼拝;その理由は、神の性質だけです。 The entire term of our adoration is the Incarnate Word; the motive of the adoration is the Divinity of the Incarnate Word.全体の任期は、私たちのあこがれの化身ワード;の動機は、礼拝は、神の化身の単語です。 The partial term of our adoration may be the human nature of Christ: the motive of the adoration is the same as the motive of the adoration that reaches the entire term.私たちのあこがれの任期の部分かもしれないが、キリストの人間の本性:あこがれの動機は、動機は同じところには、礼拝全体の用語です。 Hence, the act of adoration of the Word Incarnate is the same absolute act of adoration that reaches the human nature.したがって、その行為の化身という言葉を敬愛の絶対的な行為は、同じ人間の本性に達した崇拝しています。 The Person of Christ is Iadored with the cult called latria.その人はキリスト教団と呼ばれるラトリアiadoredしている。 But the cult that is due to a person is due in like manner to the whole nature of that Person and to all its parts.しかし、カルト教団の人のためには、それが原因で、全体の性質のような形をして、その人とすべてのパーツです。 Hence, since the human nature is the real and true nature of Christ, that human nature and all its parts are the object of the cult called latria, i.e., adoration.したがって、以来、本物の人間の本性は、キリストの本質とは、人間の本性には、オブジェクトとそのすべてのパーツは、教団ラトリアと呼ばれる、すなわち、あこがれています。 We shall not here enter into the question of the adoration of the Sacred Heart of Jesus.ここに入るものではない我々の質問には、礼拝は、イエスの聖心。 (For the Adoration of the Cross, CROSS AND CRUCIFIX, THE, subtitle II.) (礼拝のために十字架には、十字架と十字架は、 、サブタイトル2世です。 )

(3) OTHER EFFECTS OF THE INCARNATION ( 3 )その他の権化の影響

The effects of the incarnation on the Blessed Mother and us, will be found treated under the respective special subjects.その化身の効果を祝福して私たちの母親とは、それぞれの下処理される特別な科目が見つかりました。 (See GRACE; JUSTIFICATION; IMMACULATE CONCEPTION; THE BLESSED VIRGIN MARY.) (参照してくださいグレース;正当;イマキュレットコンセプション;の聖母マリアです。 )

Publication information Written by Walter Drum.ウォルタードラムによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Mary Ann Grelinger.メリーアンgrelinger転写される。 The Catholic Encyclopedia, Volume VII.カトリック百科事典、第VIIボリュームです。 Published 1910.日付1910 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1910.公認は、 10年6月1日。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

Fathers of the Church: ST.父親の教会:セントです。 IRENAEUS, Adversus Haer.; ST. irenaeus 、 adversus haer 。 ;セントです。 ATHANASIUS, De Incarnatione Verbi; IDEM, Contra Arianos; ST.アタナシウスは、デincarnatione verbi ;同文献は、コントラarianos ;セントです。 AMBROSE, De Incarnatione; ST.アンブローズ、デincarnatione ;セントです。 GREGORY OF NYSSA, Antirrheticus adversus Apollinarium; IDEM, Tractatus ad Theophilum contra Apollinarium; the writings of ST.グレゴリーのnyssa 、 antirrheticus adversus apollinarium ;同文献は、 tractatus広告theophilumコントラapollinarium ;聖の記述です。 GREGORY NAZIANZEN, ST.グレゴリーnazianzen 、セントです。 CYRIL OF ALEXANDRIA, and others who attacked the Arians, Nestorians, Monophysites, and Monothelites.シリルアレクサンドリアのは、他の人の攻撃を受けると、 arians 、 nestorians 、 monophysites 、およびmonothelites 。 Scholastics: ST. scholastics :セントです。 THOMAS, Summa Theologica, III, QQ.トーマスは、総合的研究論文theologica 、 3世、 qq 。 1-59; ST. 1〜59 ;セントです。 BONAVENTURE, Brevil., IV; IDEM, in III Sent.; BELLARMINE, De Christo Capite Tolius Ecclesia, Controversiae., 1619; SUAREZ, De Incarnatione, DE LUGO, De Incarnatione, III; PETAVIUS, De incarn. bonaventure 、 brevil 。 、 4世;同著者は、 3世に送信されます。 ;ベラルミーノ、デクリストcapite tolius ecclesia 、 controversiae 。 、 1619 ;スアレス、デincarnatione 、デルーゴ、デincarnatione 、 3世;ペタヴィウス、デincarn 。 Verbi: Theologia Dogmatica, IV. verbi : theologia dogmatica 、 4世です。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです