Inerrancy and Infallibility of the Bible間違いのないこととは、聖書の無謬性

Editor's Note エディタのメモ

Inerrancy regarding the Bible is rather different than what a lot of people think it is!聖書には間違いのないことについては何よりもむしろ、たくさんの人々違うと思っているよ! Skeptics can easily show many differences in wording between different (English translations of) Bibles.懐疑的な言葉遣いが簡単に番組の間に多くの違いが異なる(英語の翻訳)聖書です。 They also seem to know a list of Verses in the (modern English language) Bible that seem to contradict otherwise known details or even itself.彼らも知っているように見えるのリストには、印を(現代英語)聖書に矛盾するようにしてそれ以外の詳細やさえ知られている。 Therefore, they claim that Inerrancy is not true of the Bible.したがって、彼らの主張は、聖書の間違いのない真実ではない。

If the actual subject at hand was the modern English-language Bible, they might be right.もし実際には、手の届く所に服従近代英語の聖書は、彼ら正しいかもしれない。 But scholars never really claim that ANY modern Bible is absolutely inerrant.しかし、実際には決して主張して任意の学者は絶対に間違いのない現代のバイブル。 They claim that the Original Manuscripts were!かれらが主張して、元の原稿! If it is accepted that God Inspired the writing of the Books of the Bible, then to claim otherwise would imply that either He made or permitted mistakes in the Bible or that He is nowhere near as all-knowing as we believe He is.利用している場合は、神の啓示は、聖書のある書籍の執筆、それからそれ以外の主張をしても意味または許可のいずれかの間違いで、彼は聖書には彼がどこか近くにして全知として我々として彼は信じています。 So, the claim of Inerrancy in the Bible is only made regarding the Original Manuscripts.だから、その主張は間違いのないことに関しては、聖書の前には、元の原稿のみです。 As far as anyone knows, all of those Original Manuscripts have long since disintegrated, and only Scribe-made copies of any of them still exist, so the claim of Inerrancy regarding the Original Manuscripts is probably beyond any possible proof.誰でも知っている限り、それらのすべての元の原稿が長い崩壊以来、メイドと筆記のみのコピーしてもまだ存在するので、間違いのないことについてのクレームが、元の原稿は、おそらくすべての可能性の証明を超えています。

In any event, skeptics and critics might be correct regarding some minor errors about details in modern English Bibles, but their criticism is claimed to not apply to the Original Manuscripts.いずれにしても、正しいことについては懐疑的と批判するかもしれないいくつかのマイナーなエラーの詳細については、近代英語聖書は、しかし、彼らの主張を批判には、元の原稿には適用されます。


Inerrancy and Infallibility of the Bible間違いのないこととは、聖書の無謬性

Advanced Information 高度情報

The question of authority is central for any theology.この質問のためにいかなる権威は、中央神学です。 Since Protestant theology has located authority in the Bible, the nature of biblical authority has been a fundamental concern. The Reformation passed to its heirs the belief that ultimate authority rests not in reason or a pope, but in an inspired Scripture. Thus, within conservative Protestantism the question of inerrancy has been much debated.権威に位置して以来、プロテスタントは、聖書神学は、聖書の権威の性質を根本的に懸念されています。 刷新の相続人に渡されるという信念を持っていない理由や最終的な権限を置き、法王が、啓典を啓示した。従って、内の保守派プロテスタントの多くの問題は間違いのないことで議論されています。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The two words most often used to express the nature of scriptural authority are "inerrant" and "infallible." Though these two terms are, on etymological grounds, approximately synonymous, they are used differently. 最も頻繁に使用される2つの単語の本質を表現する聖書の権威は、 "間違いのない"と"絶対に正しい"と述べた。かかわらずこれらの2つの用語は、語源上の根拠にして、約同義語、かれらは異なった使われています。 In Roman Catholic theology "inerrant" is applied to the Bible, "infallible" to the church, particularly the teaching function of pope and magisterium.ローマカトリック神学で"間違いのない"が適用されることを聖書は、 "絶対に正しい"とし、教会は、特に、教育機能の法王とmagisterium 。 Since Protestants reject the infallibility of both the pope and the church, the word has been used increasingly of the Scriptures.プロテスタントの両方の無謬性を拒否して以来、法王と教会は、その言葉が使用されては、ますます聖書です。 More recently "infallible" has been championed by those who hold to what B B Warfield called limited inspiration but what today is better called limited inerrancy.最近になって"絶対に正しい"と支持してきた人たちにどのようなホールドと呼ばれる限定bbウォーフィールドインスピレーションは何をすれば良いと呼ばれる今日は限られた間違いのないことだ。 They limit the Bible's inerrancy to matters of faith and practice, particularly soteriological issues. Stephen T Davis reflects this tendency when he gives a stipulative definition for infallibility: the Bible makes no false or misleading statements about matters of faith and practice. In this article the two terms shall be used as virtually synonymous. 彼らの間違いのないことを制限する聖書の信仰と実践の問題、特に問題soteriological 。スティーブントンデービスときにこの傾向を反映するための無謬性stipulative定義: 聖書にない事項について虚偽または誤解を招く発言の信仰と実践です。本稿では事実上2つの同義語として使われるものです。

Definition of Inerrancy間違いのないことの定義

Inerrancy is the view that when all the facts become known, they will demonstrate that the Bible in its original autographs and correctly interpreted is entirely true and never false in all it affirms, whether that relates to doctrine or ethics or to the social, physical, or life sciences. 間違いのないことは、すべての事実を見ることになるときに知られて、かれらは聖書を発揮することで、オリジナルのサインを正しく解釈とは、完全に本当のことをすべて肯定し、決して虚偽では、教義や倫理観にかかわるかどうかを、社会的、物理的、または生命科学です。

A number of points in this definition deserve discussion. Inerrancy is not presently demonstrable. Human knowledge is limited in two ways.この定義は、いくつかの点で議論に値する。 実証現在間違いのないことではない。人間の知識の2つの方法が限られている。 First, because of our finitude and sinfulness, human beings misinterpret the data that exist. For instance, wrong conclusions can be drawn from inscriptions or texts.第一に、私たちの有限性と罪深さのために、 人間を誤解して、データが存在します。例えば、間違った結論を出すことができます碑文またはテキストの中から選ばれた。 Second, we do not possess all the data that bear on the Bible. Some of that data may be lost forever, or they may be awaiting discovery by archaeologists.第二に、 我々のすべてのデータを保有していないクマのバイブルです。いくつかのデータが失われることを永久に、あるいは彼らを待って検出された考古学者かもしれない。 By claiming that inerrancy will be shown to be true after all the facts are known, one recognizes this. The defender of inerrancy argues only that there will be no conflict in the end.間違いのないことを主張して真の後に表示されるすべての事実が知られ、この1つを認識しています。 、間違いのない守備の余地はないと主張して対立だけで終わりです。

Further, inerrancy applies equally to all parts of the Bible as originally written. This means that no present manuscript or copy of Scripture, no matter how accurate, can be called inerrant. さらに、間違いのないことのすべての部分にも同様に適用もともと聖書として書かれた。これは、現在の原稿やコピーのない啓典は、どんなに正確には、間違いのないことができます呼ばれています。

This definition also relates inerrancy to hermeneutics.この定義にもかかわる間違いのないことを論理的解釈だ。 Hermeneutics is the science of biblical interpretation.科学の解釈学は、聖書の解釈です。 It is necessary to interpret a text properly, to know its correct meaning, before asserting that what a text says is false.テキストを解釈することが必要に適切には、正しいことの意味を知っているのは、前に主張してどのようなテキストによれば、偽です。 Moreover, a key hermeneutical principle taught by the Reformers is the analogy of faith, which demands that apparent contradictions be harmonized if possible. If a passage appears to permit two interpretations, one of which conflicts with another passage and one of which does not, the latter must be adopted.また、キーを教えたhermeneutical原則類推されるのは、改革派の信仰は、明白な矛盾を要求することが可能であれば調和。 場合、二つの解釈の通過を許可されたら、別の1つが競合して成立していないとの1つは、後者を採択しなければならない。

Probably the most important aspect of this definition is its definition of inerrancy in terms of truth and falsity rather than in terms of error.おそらく最も重要な側面に、この定義は、その用語の定義は間違いのないことではなく、真実と虚偽の点でエラーが発生しました。 It has been far more common to define inerrancy as "without error," but a number of reasons argue for relating inerrancy to truth and falsity.それに共通して定義されてはるかに間違いのないこととして"エラーなしで、 "しかし、いくつかの理由に関する議論は間違いのないことを真実と偽りの言葉だ。 To use "error" is to negate a negative idea.を使用する"エラー"は、否定的な考えを打ち消す。

Truth, moreover, is a property of sentences, not words.真実は、また、財産の文章は、言葉にしない。 Certain problems are commonly associated with views related to "error."関連付けられている見解は、よくある問題に関連し"エラーが発生しました。 " Finally, "error" has been defined by some in the contemporary debate in such a way that almost every book ever written will qualify as inerrant.最後に、 "エラー"が定義されて論議されたいくつかのは、現代のような方法では、ほぼすべての書籍としての資格を得るまでに書かれた間違いのないです。 Error, they say, is willful deception; since the Bible never willfully deceives its readers, it is inerrant.エラーは、かれらは、故意にごまかしが;以来、聖書は決して故意に人を欺いたの読者には、それは間違いのないです。 This would mean that almost all other books are also inerrant, since few authors intentionally deceive their readers.これは他のすべての書籍を意味しても、ほとんど間違いのない、作者の意図を欺いて以来の読者数です。

Some have suggested that the Bible itself might help in settling the meaning of error.いくつかあるかもしれないと示唆して、聖書そのものの意味を解決する助けにエラーが発生しました。 At first this appears to be a good suggestion, but there are reasons to reject it.最初は、この提案に良いと思われるが、そこには、上の理由で拒否することです。 First, "inerrancy" and "error" are theological rather than biblical terms.第一に、 "間違いのない"と"エラー"というよりは、旧約聖書神学用語です。 This means that the Bible applies neither word to itself.これは、聖書の言葉にも適用されますそのものです。 This does not mean that it is inappropriate to use these words of the Bible.このことは不適切なわけではないこれらの言葉は、聖書を使用します。 Another theological term is "trinity."別の神学的用語は"トリニティ"と述べた。 It is, however, more difficult to define such words.それは、しかし、そのような言葉を定義をより難しくする。 Second, a study of the Hebrew and Greek words for error may be classified into three groups: cases of error where intentionality cannot be involved (e.g., Job 6:24; 19:4), cases of error where intentionality may or may not be involved (e.g., 2 Sam. 6:7), and cases where intentionality must be involved (e.g., Judg. 16:10 - 12).第二に、ギリシャ語、ヘブライ語と語の勉強のための3つのグループに分類されるかもしれないエラー:エラーが発生例はどこ意図していることにかかわることはできません(例えば、仕事を6時24分、 19時04分)は、エラーが発生例はどこか意図しているかもしれませんされないかもしれません関与(例えば、 2サムです。 6時07分) 、そして意図しているケースが関与する必要があります(例えば、 judg 。 16:10 -1 2) 。 Error, then, has nothing to do with intentionality.エラーが発生、その後、意図していることは何の関係もしています。

Admittedly, precision of statement and measurement will not be up to modern standards, but as long as what is said is true, inerrancy is not in doubt.確かに、精密測定されないとの声明を現代の基準ではなく限り、何が真実とは、間違いのないことに疑いはない。

Finally, the definition states that inerrancy covers all areas of knowledge.最後に、その国の定義して間違いのない知識のすべての分野をカバーしています。 Inerrancy is not limited to matters of soteriological or ethical concern.間違いのない事柄に限定されないのは、倫理的な懸念やsoteriological 。 It should be clear that biblical affirmations about faith and ethics are based upon God's action in history.それをクリアしなければならないことaffirmations聖書の信仰と倫理については、神の行動履歴に基づいています。 No neat dichotomy can be made between the theological and factual.こぎれいな意見の相違ないが行われるとの間の神学的事実だ。

Arguments for Inerrancy引数は間違いのないこと

The primary arguments for inerrancy are biblical, historical, and epistemological in nature. 聖書の中の第一引数は間違いのないことは、歴史的、との認識論的性質です。

The Biblical Argumentこの聖書の引数

At the heart of the belief in an inerrant, infallible Bible is the testimony of Scripture itself.その信念の中心部には、間違いのない、絶対確実な証言は、聖書の聖典そのものです。 There is some disagreement as to whether Scripture teaches this doctrine explicitly or implicitly. The consensus today is that inerrancy is taught implicitly.いくつかの意見の相違があるかどうかについては、この説を明示的または暗黙の啓典を教えてください。 コンセンサス今日は、暗黙的に教えられたことは間違いのないことだ。

First, the Bible teaches its own inspiration, and this requires inerrancy. 第一に、聖書の教え、独自のインスピレーション、およびこれには間違いのないことだ。 The Scriptures are the breath of God (2 Tim. 3:16), which guarantees they are without error.聖書は、神の息( 2ティム。 3時16分)で、彼らは保証なしでエラーが発生しました。

Second, in Deut. 2番目は、 deut 。 13:1 - 5 and 18:20 - 22 Israel is given criteria for distinguishing God's message and messenger from false prophecies and prophets. 13時01分-5および1 8:20- 22イスラエルは、神のメッセージを区別するために与えられた基準と使徒や預言者から偽予言した。 One mark of a divine message is total and absolute truthfulness. A valid parallel can be made between the prophet and the Bible. 1つのマークとは、神のメッセージは、絶対的な誠実さの合計です。前には、有効な並列できるとの間では聖書の預言者です。 The prophet's word was usually oral, although it might be recorded and included in a book; the writers of Scripture communicated God's word in written form.預言者の言葉は、通常、経口、とはいえ、そうかもしれないと含まれて本を記録し、その作家の啓典神の言葉で書かれた形で伝えられています。 Both were instruments of divine communication, and in both cases the human element was an essential ingredient.楽器の神のコミュニケーションの両方が、どちらの場合で、人間の要素とは、本質的な食材です。

Third, the Bible teaches its own authority, and this requires inerrancy. 第三に、聖書の教え、独自の権限、およびこれには間違いのないことだ。 The two most commonly cited passages are Matt.通路には2つのマット最もよく引き合いに出されます。 5:17 - 20 and John 10: 34 - 35. 5時17 -2 0、ジョン1 0: 3 4- 35 。 Both record the words of Jesus.イエスキリストの言葉の両方を記録しています。 In the former Jesus said that heaven and earth will pass away before the smallest detail of the law fails to be fulfilled.元は、天と地によると、イエスキリストがこの世を去る前に、最小の詳細は、法の趣旨が果たされるに失敗しています。 The law's authority rests on the fact that every minute detail will be fulfilled.同法の権威にかかっているという事実を詳細には、毎分が果たされる。 In John 10:34 - 35 Jesus says that Scripture cannot be broken and so is absolutely binding.ジョン10:34 -3 5イエスによると、啓典とすることはできませんので壊れては、絶対に結合します。 While it is true that both passages emphasize the Bible's authority, this authority can only be justified by or grounded in inerrancy.中に両方の通路を強調することは確かだが、聖書の権威は、この権威を正当化されることによってのみや間違いのないことを土台にしています。 Something that contains errors cannot be absolutely authoritative.何かのエラーが含まれることはできません絶対に権威ある。

Fourth, Scripture uses Scripture in a way that supports its inerrancy.第四に、啓典啓典を使用するような方法で、間違いのないことをサポートしています。 At times an entire argument rests on a single word (e.g., John 10:34 - 35 and "God" in Ps. 82:6), the tense of a verb (e.g., the present tense in Matt. 22:32), and the difference between a singular and a plural noun (e.g., "seed" in Gal. 3:16). If the Bible's inerrancy does not extend to every detail, these arguments lose their force. The use of any word may be a matter of whim and may even be an error.全体の議論にかかっている時、 1つの単語(例えば、ヨハネ10:34 -3 5と"神"でしまう。 8 2:6)は、動詞の時制(例えば、時制で、現在のマットです。 2 2時3 2分) 、との違いは、単数と複数名詞(例えば、 "種子"ギャル。 3時16分) 。 聖書の場合は間違いのないことはない細部まで延長して、これらの引数彼らの力を失う。 、任意の単語を使用する可能性がある物質気まぐれれることもありますが、エラーです。 It might be objected that the NT does not always cite OT texts with precision, that as a matter of fact precision is the exception rather than the rule. NTのかもしれないことに反対していないことを引き合いに出すot文章を正確にはいつも、その事実の精度の問題としては、例外ではなく、ルールです。 This is a fair response, and an adequate answer requires more space than is available here. A careful study of the way in which the OT is used in the NT, however, demonstrates that the NT writers quoted the OT not cavalierly but quite carefully.これは、公正な反応は、多くのスペースを必要とするよりも適切な答えはここから入手できます。 方法を慎重に検討した結果では使用されてot 、 NTのは、しかし、 NTの作家の引用を示していないのotごう慢でもかなり慎重です。

Finally, inerrancy follows from what the Bible says about God's character. Repeatedly, the Scriptures teach that God cannot lie (Num. 23:19; 1 Sam. 15:29; Titus 1:2; Heb. 6:18).最後には、 以下のとおりですから間違いのないものについては、聖書によれば、神のキャラクターです。繰り返し、その神は、聖書を教えるうそをつくことはできません( num. 23 : 19 ; 1サム。 15 : 29 ;タイタス1 : 02 ; heb 。 6時18分) 。 If, then, the Bible is from God and his character is behind it, it must be inerrant and infallible.もし、その後、聖書は、神と神のキャラクターが背後からあるので、これをしなければならないと間違いのない絶対確実な。

The Historical Argument歴史的な議論

A second argument for biblical inerrancy is that this has been the view of the church throughout its history.聖書の中で2番目の引数は間違いのないことは、この見方をされて、その歴史を通して、教会のです。 One must remember that if inerrancy was part of the corpus of orthodox doctrine, then in many discussions it was assumed rather than defended.間違いのないことを覚えている場合は、 1つの団体は、正統派の教義のコーパスは、その時点でそれは想定よりも多くの議論を擁護した。 Further, the term "inerrancy" may be a more modern way of expressing the belief in the English language.さらに、この用語を"間違いのない"可能性があるという信念を表現する方法よりモダンで、英語の言語です。 Nevertheless, in each period of the church's history one can cite clear examples of those who affirm inerrancy.にもかかわらず、各期間では、教会の歴史の1つの明確な例を挙げること間違いのないことを断言する人たちです。

In the early church Augustine writes, "I have learned to yield this respect and honour only to the canonical books of Scripture: of these alone do I most firmly believe that the authors were completely free from error."オーガスティン教会の初期の書き込みは、 "私はこれを尊重することを学んだと名誉のみを収率を正典の啓典:一人で、これらのほとんどをしっかりやっていると思われるが、作者から完全に自由エラーが発生しました。 "

The two great Reformers, Luther and Calvin, bear testimony to biblical infallibility. 2つの偉大な改革派は、ルターとカルヴァンは、聖書の無謬性を証言する。 Luther says, "But everyone, indeed, knows that at times they (the fathers) have erred as men will; therefore I am ready to trust them only when they prove their opinions from Scripture, which has never erred." While Calvin does not use the phrase "without error," there can be little question that he embraced inerrancy.ルーサー氏は、 "しかし、誰もが、実際に、その時々に知っている(父親)は、男性としてはerred ; 従って私はそれらを信頼する準備ができて自分の意見を証明するときにのみ典から、これは決してerred 。 "中にはないカルビン句を使用して"エラーが発生せずに、 "ということに疑問の余地はほとんどない間違いのない彼を受け入れています。 Of the writers of the Gospels he comments, "The Spirit of God . . . appears purposely to have regulated their style in such a manner, that they all wrote one and the same history, with the most perfect agreement, but in different ways." gospels作家は、彼のコメントは、 "神の御霊。 。 。故意に表示される自分のスタイルを持つこのような形で規制さは、すべての書いたことと同じ歴史の1つで、最も完璧な合意ではなく、さまざまな方法があります。 "

In modern times one could cite the works of Princeton theologians Archibald Alexander, Charles Hodge, A A Hodge, and B B Warfield as modern formulators and defenders of the full inerrancy and infallibility of Scripture.現代では1つの作品を引き合いに出す可能性プリンストン神学アーチボルドアレクサンダー、チャールズホッジ、ホッジああ、および近代formulators bbウォーフィールドとしては、完全に間違いのないことと、守備陣の無謬性典です。

The biblical and historical arguments are clearly more important than the two that follow. Should they be shown to be false, inerrancy would suffer a mortal blow. 聖書の中で、歴史的な引数は、 2つよりももっと重要なことを明確に従ってください。偽りであることを示すには、彼らは、間違いのないことは致命的な打撃を被る。

The Epistemological Argument引数の認識論

Because epistemologies differ, this argument has been formulated in at least two very different ways. epistemologiesが異なるため、この引数には、少なくとも2つの定式化されて非常に様々な方法があります。 For some, knowledge claims must, to be justified, be indubitable or incorrigible. It is not enough that a belief is true and is believed on good grounds.いくつかのためには、知識を主張しなければ、正当化される、または疑う余地に負えない。 それだけでは不十分であることが真の信念として良い理由と考えられています。 It must be beyond doubt and question. For such an epistemology inerrancy is essential. 疑う余地なく質問をしなければならないこととします。ためにそのような認識論間違いのないことが不可欠です。 Inerrancy guarantees the incorrigibility of every statement of Scripture.間違いのないことを保証します。 incorrigibilityのすべてのステートメントの啓典。 Therefore, the contents of Scripture can be objects of knowledge.したがって、オブジェクトの内容を啓典の知識ことができます。

Epistemologies that do not require such a high standard of certitude result in this argument for inerrancy: If the Bible is not inerrant, then any claim it makes may be false. epistemologiesを必要としないような高水準の結果、この議論は間違いのない確実:聖書ではない間違いのない場合は、次にどんなことを主張するかもしれない偽です。 This means not that all claims are false, but that some might be.これにより、すべての主張は虚偽ないが、そのいくつかのかもしれない。 But so much of the Bible is beyond direct verification.しかし、聖書には、それほどの直接的な検証を超えています。 Thus, only its inerrancy assures the knower that his or her claim is justified.したがって、その間違いのないことを保証して全知でのみ彼または彼女の主張は正当化しています。

The Slippery Slope Argument滑りやすい斜面の引数

Finally, some see inerrancy as so fundamental that those who give it up will soon surrender other central Christian doctrines. A denial of inerrancy starts one down a slope that is slippery and ends in even greater error.最後に、いくつかの基本的なことを参照して間違いのないように人々は、すぐにそれをあきらめるべき中央キリスト教の教説の他に降伏した。 始まります間違いのないことを拒否することで滑り降りたエンドでは、さらに大きな滑りやすいとエラーが発生します。

Objections to Inerrancy間違いのないことに異議を

The arguments for inerrancy have not gone unchallenged.間違いのない議論をしていないのも押されもせぬ行った。 In what follows, responses by those who object to each argument will be given and answers will be offered.以下では、回答した人の各オブジェクトを引数に指定されるとの回答が提供されます。

The Slippery Slope Argument滑りやすい斜面の引数

This argument is both the least important and most disliked by those who do not hold to inerrancy.この引数は最も重要なの両方で、最も嫌われるホールドしていない人たちの間違いのないことだ。 What kind of relationship exists between the doctrine of inerrancy and other central Christian doctrines, they ask, that the denial of all inerrancy will of necessity lead to a denial of other doctrines?の間にどのような関係が存在するのは間違いのないことや他の中央キリスト教の教義教説は、かれらが要請すれば、すべて拒否して間違いのないことの必要性は、他の教説を否定につながるか? Is it a logical relationship?それは論理的な関係ですか? Is it a causal or psychological relationship?それは、心理的な因果関係は? On close examination, none of these seems to be the case.精密検査では、上記のいずれのケースと思われる。 Many people who do not affirm inerrancy are quite clearly orthodox on other matters of doctrine.間違いのない多くの人々には非常に明確にしないと断言して他の事柄の正統教義です。

What has been said to this point is true.この点によるとされてきたことは事実だ。 It should be noted, however, that numerous cases do support the slippery slope argument.注意しなければならないことは、しかし、多くの場合には滑りやすい斜面の引数をサポートしています。 For many individuals and institutions the surrender of their commitment to inerrancy has been a first step to greater error.降伏するために多くの個人や機関のコミットメントを間違いのない彼らの最初の一歩を大きくされてエラーが発生しました。

The Epistemological Argument引数の認識論

The epistemological argument has been characterized by some as an example of overbelief. A single error in the Bible should not lead one to conclude that it contains no truth. If one finds one's spouse wrong on some matter, one would be wrong to conclude that one's spouse can never be trusted on any matter.議論されて、認識論を特徴とするいくつかの例としてoverbelief 。 聖書には、 1つのエラーではないとの結論を下すことをリードする真実が含まれていません。もし自分の配偶者を見つけるの1つを間違っていくつかの問題は、 1つは自分の間違いを締結して配偶者には絶対に信頼して任意の問題です。

This objection, however, overlooks two very important matters. First, while it is true that one error in Scripture would not justify the conclusion that everything in it is false, it would call everything in Scripture into question. We could not be sure that everything in it is true.この異議申し立ては、しかし、 2つの非常に重要な事柄見渡せる。 第一に、 1つの中にエラーが発生することは事実だが啓典はない、という結論にすべてを正当化することは虚偽で、次のように呼び出し内のすべての啓典に疑問を呈している。我々ができなかったことを確認して全部これでは本当です。 Since the theological is based on the historical and since the historical is open to error, how can one be sure that the theological is true?神学を基にして以来、歴史とは、オープンして以来、歴史的なエラーは、どうすれば1つのことを確認して神学的には本当ですか? There is no direct means for verification.を検証するための直接的な手段はない。 Second, while the case of the errant spouse is true as far as it goes, it does not account for all the issues involved in inerrancy.第二に、例の遍歴の間に真の配偶者は今のところは、それがないのアカウントですべての問題に関与して間違いのないことだ。 One's spouse does not claim to be inerrant; the Bible does.自分の配偶者ではないという主張を間違いのない;聖書にしている。 One's spouse is not omniscient and omnipotent; the God of the Bible is.自分の配偶者ではない全知全能;聖書には神様です。 God knows everything, and he can communicate with man.すべて神のみぞ知る、と彼は男と通信する。

The Historical Argument歴史的な議論

Those who reject inerrancy argue that this doctrine is an innovation, primarily of the Princeton theologians in the nineteenth century.間違いのない人々を拒否すると主張して、この学説は、技術革新は、主に19世紀には、プリンストン大学の神学者です。 Throughout the centuries the church believed in the Bible's authority but not its total inerrancy.世紀にもわたって、教会を通して、聖書の権威を信じて、合計間違いのないことはできません。 The doctrine of inerrancy grew out of an apologetic need. Classical liberalism and its growing commitment to an increasingly radical biblical criticism made the orthodox view of Scripture vulnerable. Therefore, the Princeton theologians devised the doctrine of total inerrancy to stem the rising tide of liberalism.教義の成長率のうち、申し訳なさそうな間違いのないことが必要です。 古典的自由主義の高まりとそのコミットメントを批判する前に、ますます過激な聖書の正統的な見解の啓典に対して脆弱です。従って、プリンストン神学の教義の合計考案間違いのない自由主義の台頭を阻止しています。 This represented a departure from the views of their predecessors in the orthodox tradition.この表現を出発してからは、前任者の見解の正統派の伝統だ。

Calvin, for example, speaks of God "accommodating" himself to man in the communication of his revelation.カルビンは、たとえば、神が喋る"世話好き"男は、自分自身のコミュニケーションを自分の啓示です。 Calvin also says that the Bible's teaching does not need to be harmonized with science, and that anyone who wishes to prove to the unbeliever that the Bible is God's Word is foolish.カルヴィンによると、聖書の教えにもする必要はありませんが調和を科学、そしてその願いを証明する人は誰でも、不信心者には、聖書は神の言葉は愚かだ。

These objections to the historical argument do not do justice to the evidence. They fail to reckon with the host of clear affirmations of inerrancy by Christian theologians throughout the church's history, only a few of which were given above. これらの歴史的な議論に異議を正義を示す証拠はそんなことはしない。かれらは、ホストの失敗を数えるの間違いのないことを明確にaffirmations教会の歴史を通してキリスト教神学者は、指定されたのはほんの数上記です。

Moreover, the treatment of figures like Calvin is unfair.また、カルビンのような数字の治療にはフェアではない。 While Calvin talks about accommodation, he does not mean accommodation to human error.カルヴィン宿泊施設間の協議について、彼は宿泊施設にヒューマンエラーという意味ではありません。 He means that God condescended to speak in language that finite human beings could understand.彼は神を意味して有限condescendedには、言語を話す人間が理解しています。 In one place he says that God spoke only baby talk.彼によれば、 1か所でしか話さないベイビートークの神です。 He never implies that what God said is in error.彼は決して神を意味しているが、どのようなエラーが発生しました。 On matters of science and proof, the same sort of thing is true.問題は、科学と証明して、同じような質問は本当です。 Calvin nowhere says that the Scriptures cannot be harmonized with science or that they cannot be proven to be the Word of God.カルヴィンどこによると、聖書の調和をすることはできませんたりして科学を証明することはできませんが、神のみことばです。 He felt rather that such an exercise is futile in itself because of man's sin.むしろそのような運動を感じたことは、それ自体無益な男の罪のためです。 Hence, he relied on the testimony of the Holy Spirit to the unbeliever.したがって、彼の証言に頼って、聖霊を信じない。 The problem is in man, not in the Scriptures or the evidence for their origin.男の中の問題は、聖書や、証拠がないためにその起源です。 The theologians of the church may have been wrong in their belief, but they did believe in an inerrant Bible.教会の神学者は、自分の信念は間違っているかもしれないが、間違いのない彼らは、聖書を信じている。

The Biblical Argumentこの聖書の引数

A common objection to the biblical argument is that the Bible nowhere teaches its own inerrancy.聖書の中の共通の反対を議論するのは、聖書のどこ独自間違いのないことを教えてください。 The point seems to be a subtle one.その1つの微妙な点と思われる。 Those who make this point mean that the Bible nowhere says "all Scripture is inerrant" in the way that it teaches "all Scripture is given by inspiration of God" (11 Tim. 3:16). While it is true that no verse says explicitly that Scripture is inerrant, biblical inerrancy is implied by or follows from a number of things the Bible does teach explicitly.この時点で作る人たちを意味してどこ聖書によれば"すべての啓典は、間違いのない"ことを教える方法は、 "聖書は、すべて神の霊感を与えられた" ( 11ティムです。 3時16分) 。 ながら詩はないことは確かだが啓典を明示的には間違いのないこと、あるいは聖書の間違いのないことを暗示するものでは、以下のとおりですから、いくつかの点では、聖書には明示的に教える。

Another objection is that inerrancy is unfalsifiable.もう一つのは、間違いのないことに異論はunfalsifiable 。 Either the standard for error is so high that nothing can qualify (e.g., even contradictions have difficulty in qualifying), or the falsity or truth of scriptural statements cannot be demonstrated until all the facts are known.どちらかのためには、標準エラーがこれほど高い資格を得ることが何もない(例えば、矛盾が困難でさえ予選) 、または虚偽または聖書の真理発言することはできませんすべての事実が明らかになるまでを示しています。 The doctrine of inerrancy is not, however, unfalsifiable in principle; it is unfalsifiable only at present. Not everything that bears on the truth and falsity of the Bible is yet available. How then is it possible to affirm so strongly the doctrine of inerrancy now?この学説は間違いのないことではない、しかし、原則としてunfalsifiable ; unfalsifiableすることが現時点でのみです。 ベアーズすべてのことをしていないのは、聖書は、真実と虚偽まだ利用可能です。断言することを可能にする方法については、その後の教義の間違いのないように強く今? Should one be more cautious or even suspend judgment? 1つはもっと慎重にすべきかの判断も停止するか? The inerrantist wants to be true to what he or she thinks the Bible teaches. inerrantistになりたいとは、彼または彼女は真実を何だと思って聖書を教えています。 And as independent data have become available (e.g., from archaeology), they have shown the Bible to be trustworthy. データとして独立て利用できるようになる(例えば、より考古学)は、かれらが聖書に示される安心です。

Another criticism is that inerrancy fails to recognize sufficiently the human element in the writing of Scripture. The Bible teaches that it is a product of human as well as divine authorship. もう一つの批判が失敗したのは、間違いのないことを十分に認識し、人間の要素には、啓典を書くのです。聖書の教えすることは、人間だけでなく、神の製品の原作者です。 This objection, though, underestimates the divine element.この異議申し立てでは、神の要素のunderestimates 。 The Bible is a divine - human book.聖書は、神-人間の本です。 To de-emphasize either side of its authorship is a mistake.デ-強調して、原作者の両側には、大きな間違いだ。 Furthermore, this criticism misunderstands man, implying that humanity requires error.さらに、この批判misunderstands男は、人類の必要を示唆してエラーが発生しました。 This is false. The spokesmen of God were human, but inspiration kept them from error.これはfalseです。 スポークスマンは、神が人間ではなくインスピレーション保管してからエラーが発生しました。

The objection has been raised that if one uses the methods of biblical criticism, one must accept its conclusions.異議を提起されている場合、 1つの方法では、聖書の批判には、 1つの結論を受け入れる必要があります。 But why?だが私たちはなぜですか? One need accept only the methods that are valid and the conclusions that are true. 1つのメソッドのみを受け入れることが必要との結論を出すことが有効なのは本当です。

Finally, it has been objected that since the original autographs no longer exist and since the doctrine applies only to them, inerrancy is meaningless.最後に、これに反対してきたので、元のサインもはや存在しないとの原則にのみ適用して以来、間違いのないことは無意味です。 The identification of inerrancy with the original autographs is a neat hedge against disproof. Whenever an "error" is pointed out, the inerrantist can say that it must not have existed in the original autographs.間違いのないことで、元の身分証明書のサインに対する防衛策は、きちんとした反証。 たびに"エラー"が指摘するように、そのinerrantistしなければならないことはないと言ってもよい存在して、元のサイン入りです。

Limiting inerrancy to the original autographs could be such a hedge, but it need not be.間違いのないことを、元のサインを制限する可能性があるような生け垣が、それにする必要はありません。 This qualification of inerrancy grows out of the recognition that errors crop up in the transmission of any text.これは間違いのないことが生えるの認定資格のうち、最大の収穫は、エラーを認識して任意のテキストを送信します。 There is, however, a great difference between a text that is initially inerrant and one that is not. The former, through textual criticism, can be restored to a state very near the inerrant original; the latter leaves far more doubt as to what was really said.が、しかし、大きな違いは、 1つのテキストには、当初は間違いのないことではない。 前者は、テキストの批判を介して、復元することができます間違いのない状態に非常に近いオリジナル;後者の葉をはるかに疑問として何が本当に氏は言う。

It might be argued that the doctrine of inerrant originals directs attention away from the authority of our present texts. Perhaps inerrantists sometimes fail to emphasize the authority of our present texts and versions as they should. Is the remedy, however, to undercut the base for their authority?それかもしれないと主張して注目の教義の間違いのないよう指示原本の権威から離れて現在の私たちのテキストです。 恐らくinerrantists時には失敗の権威を強調するために、私たちの現在のバージョンのテキストとしてしなければならないですが、救済策は、しかし、その基盤を弱める彼らの権威ですか? To deny the authority of the original is to undermine the authority of the Bible the Christian has today.オリジナルの権威を否定するのは、聖書の権威を損なうものは、今日のクリスチャンです。

P D Feinberg PDのフェインバーグ
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
For inerrancy 間違いのないことを
D A Carson and J D Woodbridge, eds., Scripture and Truth; N L Geisler, ed., Inerrancy; J W Montgomery, ed., God's Inerrant Word: An International Symposium on the Trustworthiness of Scripture; B B Warfield, The Inspiration and Authority of the Bible; J D Woodbridge, Biblical Authority: A Critique of the Rogers / McKim Proposal.ダカーソンとjdウッドブリッジは、 EDS社。 、啓典と真実; nlガイスラー、エド。 、間違いのないこと; jwモンゴメリは、エド。 、間違いのない神の言葉:する国際シンポジウムの信頼性を啓典; bbウォーフィールドは、聖書の霊感と権威; jdウッドブリッジは、聖書の権威:批評のロジャース/マッキム提案します。

Against inerrancy 間違いのないことに反対
D M Beegle, Scripture, Tradition and Infallibility; S A Davis, The Debate About the Bible; J Rogers, ed., Biblical Authority; J Rogers and D McKim, The Interpretation and Authority of the Bible. beegle機DMは、啓典は、伝統と無謬性;のSAデイビス氏は、聖書に関する議論; jロジャース、エド。 、聖書の権威; jロジャーズとDマッキム、聖書の解釈と権威のです。


Also, see:また、参照してください:
Infallibility 無謬性

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです