Infralapsarianism, Sublapsarianism定論、 sublapsarianism

Advanced Information 高度情報

(Lat. for "after the fall," sometimes designated "sublapsarianism"). ( lat.用"の崩壊後、 "ときどき指定" sublapsarianism "を参照) 。 A part of the doctrine of predestination, specifically that which relates to the decrees of election and reprobation.その教義の宿命の部分は、具体的にどの令の総選挙と関連して非難した。 The issues involved are God's eternal decrees and man's will, how can the one be affirmed without denying the other.この問題にかかわっては、神様の永遠の男の令とは、その1つにはどうすれば肯定否定することなく、他のです。 If one argues for God's predetermination of mankind's fate, this tends to deny mankind's free will and threatens to make God responsible for sin.もし神のための1つの主張先決人類の運命は、この傾向を否定するのは、人類の自由を脅かす罪を神に責任を負う。

On the other hand, if one argues for the freedom of mankind's will, thus making man responsible for sin, this can threaten the sovereignty and power of God since his decrees then are contingent upon mankind's decisions.その半面、もし1つの主張は、人類の自由のために、罪のために責任を負う男は、これは主権と神の力を脅かす令それから彼は、不測の時以来人類の判断を下した。 The argument / dilemma is not new.引数/ジレンマ新しいものではない。 Pelagius and Augustine argued over the issue with the Synod of Orange, 529, which sided with Augustine.アウグスティヌスpelagiusと主張して、この問題をめぐって会議のオレンジ色、 529 、これを両面アウグスティヌス。 In the Middle Ages, Duns Scotus and William of Ockham questioned Augustine's position.中世では、ドゥンススコトゥスやウィリアムオッカムアウグスティヌスの立場を事情聴取した。 Luther and Erasmus argued the issue in Freedom of the Will and Bondage of the Will.ルターとエラスムスの自由を主張したのは、この問題に対処するのは、ボンデージ。 Melanchthon got involved and was accused by Flacius of synergism, and by the end of the sixteenth century the position of Arminius stirred the controversy among the Reformed, who attempted to resolve the issue at the Synod of Dort.メランヒトンがかかわっていたと非難されたとの相乗効果フラキウスし、年末までに16世紀の位置arminiusかくはんの論争のうち、改良されて、この問題を解決しようと者は、会議のドルト。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
What is the order of the eternal decrees of God?何のためには、神の永遠の令ですか? Infralapsarians argue for this order:この注文の論陣を張るinfralapsarians :

The key to the order of the decrees is that God decreed election to salvation after the fall, not before; hence the name of the view "infralapsarianism."そのための鍵となるのは、神のためには、令に定められた選挙後の秋の救済ではなく、前;したがって、その名前のビュー"定論"と述べた。 The supralapsarian view would offer an order in which the decree for election and reprobation occurs before the creation.堕罪前予定説は、ビューの順番を提供するための選挙と非難令が発生する前に設立した。 Those on both sides of the issue cite weighty arguments for their positions, quote Scripture as a foundation, and comb through Augustine, Calvin, and others for support.両側には、これらの重大な問題を引き合いに出すために自分のポジションの引数は、聖書を引用する財団としては、アウグスティヌスとくしを通して、カルビン、および他のためにサポートしています。 Generally most Reformed assemblies have refused to make either infra - or supralapsarianism normative, although the tendency has been to favor the former without condemning those who hold to the latter.通常、ほとんどの議会が改革を拒否して行うインフラのどちらか-あるいはs upralapsarianism規範は、有利な傾向が見られるものの、その前にしっかりつかまっている人たちを非難することなく、後者です。

R V Schnucker右心室schnucker
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)


Infralapsarians infralapsarians

Catholic Information カトリック情報

(Latin, infra lapsum, after the fall). (ラテン語、インフラlapsum 、後の秋) 。

The name given to a party of Dutch Calvinists in the seventeenth century, who sought to mitigate the rigour of Calvin's doctrine concerning absolute predestination.党の名前を指定するのは、 17世紀オランダのcalvinists 、誰rigourの緩和を求めてカルヴィンの教義に関する絶対的な宿命だ。 As already explained (see CALVINISM), the system evolved by Calvin is essentially supralapsarian.既述のように(カルビン主義を参照してください) 、このシステムは、基本的に進化さ堕罪前予定説カルヴィン。 The fundamental principle once admitted, that all events in this world proceed from the eternal decrees of God, it seems impossible to avoid the conclusion that the fall of man was not merely foreseen and permitted, as the Catholic doctrine teaches, but postivitely decreed, as a necessary means to the Divine end in creating Man, the manifestation of God's power in condemning, as well as of His mercy in saving, souls. 1回の基本的な原則を認め、すべてのイベントで、この世界に進むことから、神の永遠の令は、それを避けるためには不可能だという結論に、秋の男は予見だけではないと認め、カトリック教義として教えるのではなくpostivitely定め、最後に、必要な手段を作成中の神男は、神の力の現れで非難するだけでなく、彼の慈悲に保存、魂。 It was this corollary of Calvinism, viz., that God created some men for the express purpose of showing His power through their eternal damnation, that brought on the troubles associated with the name of Arminius (see ARMINIANISM).それは当然の結果、このカルビン主義、 viz 。 、男性のためのいくつか作成して、神の目的を示し、彼の表現力を介して永遠の苦しみ、悩み関連付けられていることをもたらしたの名前arminius (アルミニウス説を参照してください) 。 In their controversies with opponents, within and without the pale of Calvinism, the Infralapsarians had the advantage of being able to use, or abuse, for the purpose of argument, the texts of Scripture and the Fathers which establish the dogma of original sin.反対派は、論争して、青白いのカルビン主義の内とせず、 infralapsariansいたのを利用できる強みがある、または虐待は、引数の目的のためには、テキストの啓典と、父親の原罪の教義を確立する。 But since, to remain Calvinists at all, they were obliged to retain, even if they did not insist upon, the principle that God's decrees can in no wise be influenced or conditioned by anything outside of Himself, the difference between them and the more outspoken Supralapsarians seem to have consisted simply in a divergent phrasing of the same mystery.しかし、すべてのcalvinistsにとどまることは、彼らが保持する義務を負う場合でも、かれらに固執するしなかった、という原則を、神の政令ではない賢明な条件に影響されたものや自分自身の外に、かれらとの違いは、もっと積極的に発言するsupralapsarians構成を持つように見えるだけで表現するのと同じミステリー発散。 To the sould which is foreordained to eternal misery without any prevision of its personal demerits, it matters little whether the decree of condemnation date from all eternity or -- foreordainedをしてもこれは永遠の不幸は、個人的な短所予知なしには、法令のかどうかはあまり大した日付から非難をすべて永遠または-

"Five thousand years 'fore its creation, " 5000年の船首の創出、

Through Adam's cause.アダムの原因を介しています。

Publication information Written by James F. Loughlin.ジェームズf. loughlin書かれた文献の情報です。 Transcribed by Tom Burgoyne.トムバーゴイン転写される。 In memory of Father Baker, founder of Our Lady of Victory Homes The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.記憶の中の父ベーカーは、勝利の聖母マリアの創始者世帯のカトリック百科事典は、ボリュームviii 。 Published 1910.日付1910 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認は、 10年10月1日です。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


Also, see:また、参照してください:
Supralapsarianism supralapsarianism
Sanctification 神聖
Justification 正当化
Conversion 変換
Confession 告白
Salvation 救済
Various Attitudes on Salvation 様々な考え方をして救世
Arminianism アルミニウス主義
Amyraldianism amyraldianism

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです