Jehovahエホバ

General Information 総合案内

Jehovah is another name given to God or YAHWEH .エホバには、別の名前を与えられた神またはヤハウェ

Many religious scholars believe that the word Jehovah was originally created in ancient times from a combining of YHWH (the original name for God) and the vowels from Adonai (a variant form of ancient reference to God as "the Father").多くの宗教学者の言葉を信じることは、もともとエホバの組み合わせで作成した古代からのyhwh (神のために、元の名前)と母音から上帝( variantのフォームを参考に古代の神として"父"といいます。 ) This "Yahowahi" would apparently be pronounced like the modern name Jehovah.この" yahowahi "は、現代の名前を明らかにエホバのように発音される。 Please see our entry on the Names of God .我々のエントリを参照してください神の名前です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Jeho'vah jeho'vah

Advanced Information 高度情報

Jehovah is the special and significant name (not merely an appellative title such as Lord) by which God revealed himself to the ancient Hebrews (Ex. 6:2, 3).エホバは、特別かつ重要な名前(普通名詞だけでなく、タイトルなどの主)神の啓示によって自分自身をどの古代のヘブル人への手紙(例: 6時02分、 3 ) 。 This name, the Tetragrammaton of the Greeks, was held by the later Jews to be so sacred that it was never pronounced except by the high priest on the great Day of Atonement, when he entered into the most holy place.この名前は、ギリシアテトラグラマトンのは、ユダヤ人が行われたとされるので、後の神聖なことをしたことがないことを除いて、大祭司と発音して偉大な贖罪の日は、入力されたときに、最も神聖な場所です。 Whenever this name occurred in the sacred books they pronounced it, as they still do, "Adonai" (i.e., Lord), thus using another word in its stead.が発生したときにこの名前を発音することは、神聖な書籍彼らは、依然として彼らは、 "上帝" (すなわち、主)は、このように使用して、その代わりに別の単語です。 The Massorets gave to it the vowel-points appropriate to this word. massoretsを与えたことは、この言葉を母音に適切なポイントです。 This Jewish practice was founded on a false interpretation of Lev.このユダヤ教の上での練習が設立さレフ誤った解釈だ。 24:16. 24:16 。 The meaning of the word appears from Ex.その言葉の意味が表示されたら元からです。 3:14 to be "the unchanging, eternal, self-existent God," the "I am that I am," a convenant-keeping God. 3時14分に"と変わらぬ、永遠のは、自己神の存在は、 " "私はして私は、 "神を維持するconvenant 。 (Comp. Mal. 3:6; Hos. 12: 5; Rev. 1:4, 8.) ( comp.マルです。 3時06分; hos 。 12 : 5 ;牧師1時04分、 8 。 )

The Hebrew name "Jehovah" is generally translated in the Authorized Version (and the Revised Version has not departed from this rule) by the word LORD printed in small capitals, to distinguish it from the rendering of the Hebrew Adonai and the Greek Kurios, which are also rendered Lord, but printed in the usual type. The Hebrew word is translated "Jehovah" only in Ex. ヘブライ語の名前は"エホバ"と翻訳さは通常の欽定訳聖書(改訂版ではないと、このルールを出発という言葉を主に印刷された小さな首都、レンダリングを区別することから、ギリシャ語、ヘブライ語、 kurios上帝とは、レンダリングにも主よ、でも印刷され、通常のタイプです。ワードは、ヘブライ語に翻訳さ"エホバ"のみ例です。 6:3; Ps. 6時03分;しまう。 83:18; Isa. 83:18 ;のISAです。 12:2; 26:4, and in the compound names mentioned below. 12 : 02 ; 26:4 、および化合物名の記載は、以下のとおりです。 It is worthy of notice that this name is never used in the LXX., the Samaritan Pentateuch, the Apocrypha, or in the New Testament.それは価値があるのでは使用できないことに注意して、この名前は70 。 、サマリア五書は、外典、あるいは、新約聖書です。 It is found, however, on the "Moabite stone" (q.v.), and consequently it must have been in the days of Mesba so commonly pronounced by the Hebrews as to be familiar to their heathen neighbours.それが見つからなければ、しかし、上の"モアブ人石" ( qv ) 、およびその結果必要がありますが、数日間のmesbaのでよくヘブル人への手紙と発音されるようにして異教徒の近所の人に慣れています。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Jehovah (Yahweh)エホバ(ヤハウェ)

Catholic Information カトリック情報

The proper name of God in the Old Testament; hence the Jews called it the name by excellence, the great name, the only name, the glorious and terrible name, the hidden and mysterious name, the name of the substance, the proper name, and most frequently shem hammephorash, i.e. the explicit or the separated name, though the precise meaning of this last expression is a matter of discussion (cf. Buxtorf, "Lexicon", Basle, 1639, col. 2432 sqq.).適切な名前は、旧約聖書の神;したがって、その優秀されたユダヤ人の名前を呼ばれることは、偉大な名前は、名前だけで、その栄光と悲惨な名前は、隠された謎の名前と、その物質の名前は、正式名称は、最も頻繁にshem hammephorashとは、すなわち、明示または区切られた名前は、厳密な意味かかわらず、この最後の表現は、問題の議論が( cf.ブクストルフ、 "辞書" 、バーゼル、 1639 、 col 。 2432 sqq 。 ) 。

Jehovah occurs more frequently than any other Divine name.エホバが発生するよりももっと頻繁に、他の神の名です。 The Concordances of Furst ("Vet. Test. Concordantiae", Leipzig, 1840) and Mandelkern ("Vet. Test. Concordantiae", Leipzig, 1896) do not exactly agree as to the number of its occurrences; but in round numbers it is found in the Old Testament 6000 times, either alone or in conjunction with another Divine name.そのconcordancesのフュルスト( "獣医です。テストを実行します。 concordantiae " 、ライプツィヒ、 1840 )およびマンデルケルン( "獣医です。テストを実行します。 concordantiae " 、ライプツィヒ、 1896 )に同意しないように正確にその数の事例;しかし、それは概数で旧約聖書で見つかった6000回、単独あるいは併用して、別の神の名です。 The Septuagint and the Vulgate render the name generally by "Lord" (Kyrios, Dominus), a translation of Adonai - usually substituted for Jehovah in reading.ウルガタ聖書のセプトゥアギンタと通常のレンダリングの名前を"主よ" ( kyrios 、主)は、翻訳上帝-通常、エホバの置換を読んでいます。

I. PRONUNCIATION OF JEHOVAHエホバの発音i.

The Fathers and the Rabbinic writers agree in representing Jehovah as an ineffable name.ラビの作家と、父親の同意がエホバを表す名前として筆舌に尽くし難い。 As to the Fathers, we only need draw attention to the following expressions: onoma arreton, aphraston, alekton, aphthegkton, anekphoneton, aporreton kai hrethenai me dynamenon, mystikon.父親のように、我々に注目を集める必要があるだけです、次の表現: onoma arreton 、 aphraston 、 alekton 、 aphthegkton 、 anekphoneton 、 aporretonカイhrethenai私dynamenon 、 mystikon 。 Leusden could not induce a certain Jew, in spite of his poverty, to pronounce the real name of God, though he held out the most alluring promises. leusden特定のユダヤ人を誘発することができなかったにもかかわらず、彼の貧困は、神の本当の名前を発音するのが、彼の最も魅惑的で開かれた約束する。 The Jew's compliance with Leusden's wishes would not indeed have been of any real advantage to the latter; for the modern Jews are as uncertain of the real pronunciation of the Sacred name as their Christian contemporaries. leusden 、ユダヤ人の願いの順守を実際にはないが、後者の任意の真の優位性を;としては、現代のユダヤ人は、本物の発音が不確かな名前として、キリスト教の聖なるなる。 According to a Rabbinic tradition the real pronunciation of Jehovah ceased to be used at the time of Simeon the Just, who was, according to Maimonides, a contemporary of Alexander the Great.ラビの伝統によれば、エホバの実際の発音にやんだシメオン使われている時点で、ちょうど氏は、 maimonidesによると、現代のアレキサンダー大王。 At any rate, it appears that the name was no longer pronounced after the destruction of the Temple.いずれにせよ、それは、名前が表示されたら、もはや発音された後、同寺の破壊です。 The Mishna refers to our question more than once: Berachoth, ix, 5, allows the use of the Divine name by way of salutation; in Sanhedrin, x, 1, Abba Shaul refuses any share in the future world to those who pronounce it as it is written; according to Thamid, vii, 2, the priests in the Temple (or perhaps in Jerusalem) might employ the true Divine name, while the priests in the country (outside Jerusalem) had to be contented with the name Adonai; according to Maimonides ("More Neb.", i, 61, and "Yad chasaka", xiv, 10) the true Divine name was used only by the priests in the sanctuary who imparted the blessing, and by the high-priest on the Day of Atonement. mishnaを指し、私たちの質問に2回以上: berachoth 、 9世、 5 、神の名前の使用を許可された方法でのあいさつ;でサンヘドリン、 × 、 1 、アバshaul拒否は、将来の世界を共有するすべての人のように発音するそれは書かれた; thamidによると、第VII 、 2 、プリーストで、同寺(あるいはエルサレム)の真の神の名を採用するかもしれないが、その国のプリースト(エルサレムの外)に満足していたという名前上帝;よるをmaimonides ( "こちらneb. "と、私は、 61番、そして" yad chasaka " 、 14 、 10 ) 、真の神の名前が使われただけでは、聖域の人の付与、プリーストの祝福、とされる高司祭当日償いです。 Phil ["De mut. nom.", n.フィル[ "ドムート。 nom "と述べた。 、 n. 2 (ed. Marg., i, 580); "Vita Mos.", iii, 25 (ii, 166)] seems to maintain that even on these occasions the priests had to speak in a low voice. 2 (編マーガリン。 、私は、 580 ) ; "ヴィータモス。 " 、 3世は、 25日( ⅱ 、 166 ) ]を維持するようにしても、これらの機会をプリーストは低い声で話す。 Thus far we have followed the post-Christian Jewish tradition concerning the attitude of the Jews before Simeon the Just.これまで我々は後に続いて、キリスト教、ユダヤ教の伝統的な態度に関するシメオンの前には、ユダヤ人だけだ。

As to the earlier tradition, Josephus (Antiq., II, xii, 4) declares that he is not allowed to treat of the Divine name; in another place (Antiq., XII, v, 5) he says that the Samaritans erected on Mt. Garizim an anonymon ieron.以前のように、伝統、ヨセフス( antiq. 、 2世、 12世、 4 )宣言して彼を治療することはできませんが、神の名を別の場所( antiq. 、 12世、 v 、 5 )によると、彼はサマリアを建立山です。 garizimするanonymon ieron 。 This extreme veneration for the Divine name must have generally prevailed at the time when the Septuagint version was made, for the translators always substitute Kyrios (Lord) for Jehovah.この極端な尊敬の念神の名を説得する必要があります通常、実行の時には前のバージョンのセプトゥアギンタは、翻訳者のために、常にエホバ代用kyrios (主に) 。 Ecclesiasticus 23:10, appears to prohibit only a wanton use of the Divine name, though it cannot be denied that Jehovah is not employed as frequently in the more recent canonical books of the Old Testament as in the older books. 23:10集会の書は、表示される理不尽な使用を禁止するだけでは、神の名が、それを否定することはできませんエホバではないとして雇われることで、さらに多く最近頻繁には、旧約聖書正典としては、古い書籍です。

It would be hard to determine at what time this reverence for the Divine name originated among the Hebrews.を判別することが難しいためには何時に、この畏敬の念ヘブル人への手紙の中に神の名の起源です。 Rabbinic writers derive the prohibition of pronouncing the Tetragrammaton, as the name of Jehovah is called, from Leviticus 24:16: "And he that blasphemeth the name of the Lord, dying let him die".ラビの作家の発音派生禁止テトラグラマトン、エホバの名前が呼ばれると、レビ記24:16から: "としてblasphemeth彼の名前は、主よ、死ぬ死ぬせなさい" 。 The Hebrew participle noqedh, here rendered "blasphemeth", is translated honomazon in the Septuagint, and appears to have the meaning "to determine", "to denote" (by means of its proper vowels) in Genesis 30:28; Numbers 1:17; Isaiah 62:2. noqedh分詞、ヘブライ語、ここでレンダ" blasphemeth " 、セプトゥアギンタでは、翻訳honomazon 、との意味を持つが表示されたら"を決定する" 、 "を表し" (その適切な手段によって母音)で創世記30:28 ;番号1 : 17 ;イザヤ書62:2 。 Still, the context of Leviticus 24:16 (cf. verses 11 and 15), favours the meaning "to blaspheme".それでも、その文脈のレビ記24:16 ( cf.印11および15 )は、その恩恵を意味する"を冒とくする"とした。 Rabbinic exegetes derive the prohibition also from Exodus 3:15; but this argument cannot stand the test of the laws of sober hermeneutics (cf. Drusius, "Tetragrammaton", 8-10, in "Critici Sacri", Amsterdam, 1698, I, p. ii, col. 339-42; "De nomine divino", ibid., 512-16; Drach, "Harmonic entre l'Eglise et la Synagogue", I, Paris, 1844, pp. 350-53, and Note 30, pp. 512-16).ラビexegetesから派生禁止エクソダス3時15分にも;しかし、この議論の試練に耐えることができないのは、まじめな法律解釈学( 8-10 1698 、私は、 p. 2世、 col 。 339〜42 ; "デ者社会復帰divino " 、上に同じです。 、五一二〜一六;ドラッハ、 "高調波エントレレグリーズetラシナゴーグ"と、私は、パリ、 1844 、 pp 。三五〇から五三まで、およびメモ30 、 pp 。 512から16まで) 。

What has been said explains the so-called qeri perpetuum, according to which the consonants of Jehovah are always accompanied in the Hebrew text by the vowels of Adonai except in the cases in which Adonai stands in apposition to Jehovah: in these cases the vowels of Elohim are substituted.によるとされてきたことを説明している、いわゆるqeri永久によると、エホバの子音のは、ヘブライ語のテキストは、常に同行される場合を除き、母音の上帝上帝スタンドで同格にエホバ:この場合、母音のelohimに置換されます。 The use of a simple shewa in the first syllable of Jehovah, instead of the compound shewa in the corresponding syllable of Adonai and Elohim, is required by the rules of Hebrew grammar governing the use of shewa.を使用すると簡単なshewaエホバの最初の音節のは、その化合物の代わりに、対応するshewa音節のelohim上帝とは、ヘブライ語のルールが必要とされる文法を使用shewa統治。 Hence the question: What are the true vowels of the word Jehovah?したがって、その質問:どのような母音は、その言葉の真のエホバか?

It has been maintained by some recent scholars that the word Jehovah dates only from the year 1520 (cf. Hastings, "Dictionary of the Bible", II, 1899, p. 199: Gesenius-Buhl, "Handwörterbuch", 13th ed., 1899, p. 311).維持されてきた最近の学者は、いくつかの単語のみエホバの日付から1520年( cf.ヘイスティングスは、 "聖書辞典" 、 2 、 1899 、 p. 199 :ゲゼニウス-ブール細工は、 " handwörterbuch "は、 13日のエド。 、 1899 、 p. 311 ) 。 Drusius (loc. cit., 344) represents Peter Galatinus as the inventor of the word Jehovah, and Fagius as it propagator in the world of scholars and commentators. drusius ( loc. cit 。 、 344 )を表しますピーターgalatinusエホバという言葉の発明者として、そしてそれプロパゲータfagiusとしては、世界の学者や評論です。 But the writers of the sixteenth century, Catholic and Protestant (e.g. Cajetan and Théodore de Bèze), are perfectly familiar with the word.しかし、 16世紀の作家、カトリックとプロテスタント(例えばcajetanとthéodoreデbèze )は、その言葉には完璧に精通している。 Galatinus himself ("Areana cathol. veritatis", I, Bari, 1516, a, p. 77) represents the form as known and received in his time. galatinus自分自身( " areana cathol 。 veritatis "と、私は、バリ、 1516 、 、 、 p. 77 )を表すと受け取ったという形で自分の時間として知られています。 Besides, Drusius (loc. cit., 351) discovered it in Porchetus, a theologian of the fourteenth century.それに加えて、 drusius ( loc. cit 。 、 351 )でporchetus発見することは、 14世紀の神学者です。 Finally, the word is found even in the "Pugio fidei" of Raymund Martin, a work written about 1270 (ed. Paris, 1651, pt. III, dist. ii, cap. iii, p. 448, and Note, p. 745).最後に、その単語が見つかるまでは、 "信仰のpugio "のレイマンドマーティンは、仕事で書かれた約1270 (編パリでは、 1651年、点3世、 distのです。 2世は、キャップです。 3世、 p. 448 、およびメモ、 p. 745 ) 。 Probably the introduction of the name Jehovah antedates even R. Martin.おそらくエホバの導入の名前さえ共和党マーティンantedates 。

No wonder then that this form has been regarded as the true pronunciation of the Divine name by such scholars as Michaelis ("Supplementa ad lexica hebraica", I, 1792, p. 524), Drach (loc. cit., I, 469-98), Stier (Lehrgebäude der hebr. Sprache, 327), and others.次に、このフォームにしても不思議と見なされてきたが、真の神の名前を発音するような学者としてマイカリス( " supplementa広告hebraica辞書"と、私、 1792 、 p. 524 ) 、ドラシュ( loc. cit 。 、私、 469 - 98 ) 、シュティア( lehrgebäudeデアhebr 。 sprache 、 327 ) 、および他のです。

Jehovah is composed of the abbreviated forms of the imperfect, the participle, and the perfect of the Hebrew verb "to be" (ye=yehi; ho=howeh; wa=hawah).エホバの構成は、不完全な形態の簡略は、分詞は、完璧とは、ヘブライ語動詞"とされる" (なたがた= yehi ;ホ= howeh ;ワシントン= hawah ) 。 According to this explanation, the meaning of Jehovah would be "he who will be, is, and has been".この説明によると、エホバの意味だろう"と彼は、誰が、は、とされている" 。 But such a word-formation has no analogy in the Hebrew language.しかし、そのような言葉を類推-形成されていませんが、ヘブライ語の言語です。

The abbreviated form Jeho supposes the full form Jehovah.の短縮形jeho supposesエホバの完全な形だ。 But the form Jehovah cannot account for the abbreviations Jahu and Jah, while the abbreviation Jeho may be derived from another word.しかし、エホバのフォームには、アカウントにすることはできませんjahuとjah略語は、略語jeho中から派生した別の単語かもしれない。

The Divine name is said to be paraphrased in Apocalypse 1:4, and 4:8, by the expression ho on kai ho en kai ho erchomenos, in which ho erchomenos is regard as equivalent to ho eromenos, "the one that will be"; but it really means "the coming one", so that after the coming of the Lord, Apocalypse 11:17, retains only ho on kai ho en.と言われるのは、神の名でparaphrased黙示録1時04分、 4時08分、カイによって表現してホーホーホーenカイerchomenos 、 erchomenosでは、ホーホーeromenosに相当する点としては、 " 1つになる" ;しかし、それが本当に意味する"と、今後の1つ"と、後に来るようには、主には、黙示録11:17 、保持してカイホーホーenのみです。

the comparison of Jehovah with the Latin Jupiter, Jovis.エホバの比較はラテン語で、木星、 jovis 。 But it wholly neglects the fuller forms of the Latin names Diespiter, Diovis.しかし、フラーの形態のneglects 100名のラテンdiespiter 、 diovis 。 Any connection of Jehovah with the Egyptian Divine name consisting of the seven Greek vowels has been rejected by Hengstenberg (Beitrage zur Einleiung ins Alte Testament, II, 204 sqq.) and Tholuck (Vermischte Schriften, I, 349 sqq.).任意の接続は、エジプトの神の名をエホバの7人で構成されて拒否されるギリシャの母音ヘングステンベルク(テスタメントアルテbeitrageツアeinleiungアドインは、 2世、 204 sqq 。 )とトールク( vermischte schriften 、私は、 349 sqq 。 ) 。

To take up the ancient writers:古代の作家を取り上げる:

Diodorus Siculus writes Jao (I, 94); Irenaeus ("Adv. Haer.", II, xxxv, 3, in P. G., VII, col. 840), Jaoth; the Valentinian heretics (Irenaeus, "Adv. Haer.", I, iv, 1, in P.G., VII, col. 481), Jao; Clement of Alexandria ("Strom.", V, 6, in P.G., IX, col. 60), Jaou; Origen ("in Joh.", II, 1, in P.G., XIV, col. 105), Jao; Porphyry (Eusebius, "Praep. evang", I, ix, in P.G., XXI, col. 72), Jeuo; Epiphanius ("Adv. Haer.", I, iii, 40, in P.G., XLI, col. 685), Ja or Jabe; Pseudo-Jerome ("Breviarium in Pss.", in P.L., XXVI, 828), Jaho; the Samaritans (Theodoret, in "Ex. quaest.", xv, in P.G., LXXX, col. 244), Jabe; James of Edessa (cf. Lamy, "La science catholique", 1891, p. 196), Jehjeh; Jerome ("Ep. xxv ad Marcell.", in P. L., XXII, col. 429) speaks of certain ignorant Greek writers who transcribed the Hebrew Divine name II I II I.シケリアのディオドロス書き込みますjao (私は、 94 ) ; irenaeus ( "前売haer 。 " 、 2 、 35 、 3 、パプアニューギニアでは、第VII 、 col 。 840 ) 、 jaoth ;異端のウァレンティニアヌス( irenaeus 、 "前売haer 。 "私は、 4世、 1 、パプアニューギニアでは、第VII 、 col 。 481 ) 、 jao ;クレマンアレクサンドリア( "ストレム。 " 、 v 、 6 、パプアニューギニアでは、 9世、 col 。 60 ) 、 jaou ;原産地( " joh "と述べた。は、 2世、 1 、パプアニューギニアでは、 14 、 col 。 105 ) 、 jao ;斑岩(ユーセビアス、 " praep 。 evang "と、私は、 9世は、パプアニューギニア、 21 、 col 。 72 ) 、 jeuo ;聖エピファニオス( "前売haer 。 "と、私は、 3世、 40 、パプアニューギニアでは、拾壱、 col 。 685 )にコピーしたりjabe ;疑似ジェローム( " breviariumでpssだ" 、 pl 、 26 、 828 ) 、 jaho ;のサマリア( theodoret 、 "元。 quaest 。 " 、 15 、パプアニューギニア、 80 、 col 。 244 ) 、 jabe ;ジェームズのエデッサ( cf.ラミーは、 "ラ科学カトリック" 、 1891 、 p. 196 ) 、 jehjeh ;ジェローム( "欧州。弐拾伍広告marcellです" 、 pl 、 22 、 col 。 429 ) 、特定の無知が喋るギリシャ語、ヘブライ語転写神の名の作家たち2世2世私i.

The judicious reader will perceive that the Samaritan pronunciation Jabe probably approaches the real sound of the Divine name closest; the other early writers transmit only abbreviations or corruptions of the sacred name.感知して、賢明な読者は、おそらくjabeサマリア人のアプローチの実際の発音は、神の名に最も近い音で、他の略語にのみ送信または不正の早期作家の神聖な名前です。 Inserting the vowels of Jabe into the original Hebrew consonant text, we obtain the form Jahveh (Yahweh), which has been generally accepted by modern scholars as the true pronunciation of the Divine name. jabeを挿入して、元のヘブライ語の母音子音のテキストは、我々の形で入手jahveh (ヤハウェ)は、一般的に受け入れられてきた現代の学者としての真の発音は、神の名を指定します。 It is not merely closely connected with the pronunciation of the ancient synagogue by means of the Samaritan tradition, but it also allows the legitimate derivation of all the abbreviations of the sacred name in the Old Testament.それだけではないの発音と密接につながっているという意味では、古代ユダヤ教会堂サマリア人の伝統が、それを使用すると、合法的な導出にも、すべての略語では、旧約聖書の神聖な名前です。

II. Ⅱ 。 MEANING OF THE DIVINE NAME神の名の意味

Jahveh (Yahweh) is one of the archaic Hebrew nouns, such as Jacob, Joseph, Israel, etc. (cf. Ewald, "Lehrbuch der hebr. Sprache", 7th ed., 1863, p. 664), derived from the third person imperfect in such a way as to attribute to a person or a thing the action of the quality expressed by the verb after the manner of a verbal adjective or a participle. jahveh (ヤハウェ)は、ヘブライ語の1つの古風な名詞など、ジェイコブ、ジョセフ、イスラエル等( cf.エワルド、 " lehrbuchデアhebr 。 sprache "は、 7日のエド。 、 1863 、 p. 664 ) 、 3番目に由来不完全な人を属性としてそのような方法を考えたりする人の行動は、品質の態度を表明した後、口頭で動詞形容詞または分詞。 Furst has collected most of these nouns, and calls the form forma participialis imperfectiva.これらのほとんどは名詞フュルストが収集し、通話方式のフォームparticipialis imperfectiva 。 As the Divine name is an imperfect form of the archaic Hebrew verb "to be", Jahveh means "He Who is", Whose characteristic note consists in being, or The Being simply.神の名前としては、不完全な形で、古風なヘブライ語動詞"とされる"と、 jahveh手段"と彼は誰"は、その特性メモで構成され、あるいは、単にれています。 Here we are confronted with the question, whether Jahveh is the imperfect hiphil or the imperfect qal.ここで我々はこの問題に直面して、 jahvehするかどうかは、不完全hiphilまたは不完全qal 。 Calmet and Le Clere believe that the Divine name is a hiphil form; hence it signifies, according to Schrader (Die Keilinschriften und das Alte Testament, 2nd ed., p. 25), He Who brings into existence, the Creator; and according to Lagarde (Psalterium Hieronymi, 153), He Who causes to arrive, Who realizes His promises, the God of Providence.カルメルclereと信じるとは、神の名hiphilフォーム;したがってことを意味するによると、シュレイダー(ダイkeilinschriftenウントdasアルテ遺言は、 2日にエド。 、 p. 25 )は、彼の存在をもたらす人は、クリエーター;とによると、ラガルド(葉胃hieronymi 、 153 ) 、彼の原因に到着する人は、自分の約束を実現たちは、神の摂理だ。 But this opinion is not in keeping with Exodus 3:14, nor is there any trace in Hebrew of a hiphil form of the verb meaning "to be"; moreover, this hiphil form is supplied in the cognate languages by the pi'el form, except in Syriac where the hiphil is rare and of late occurrence.しかし、この意見ではないエクソダス3時14分に合わせて、また何かhiphilトレースする形で、ヘブライ語の意味の動詞"とされる" ;しかも、このhiphilフォームが供給される言語は、同族pi'elフォームを除いて、どこでhiphilシリア語の後半に現れるのは珍しいこととします。

On the other hand, Jehveh may be an imperfect qal from a grammatical point of view, and the traditional exegesis of Exodus 3:6-16, seems to necessitate the form Jahveh.その半面、不完全jehvehするかもしれないqal文法的な観点からすると、従来の評釈のエクソダス3:6-16は、このフォームを余儀なくさjahvehようです。 Moses asks God: "If they should say to me: What is his [God's] name? What shall I say to them?"ムーサーの神を要求: "もし私にしなければならないと言う:何が彼[神の]名前ですか?どのようなものを言ってよいですか? " In reply, God returns three times to the determination of His name.返信には、神の3倍を返す彼の名前を決意しています。

First, He uses the first person imperfect of the Hebrew verb "to be"; here the Vulgate, the Septuagint, Aquila, Theodotion, and the Arabic version suppose that God uses the imperfect qal; only the Targums of Jonathan and of Jerusalem imply the imperfect hiphil.第一に、彼は不完全では、最初の人物は、ヘブライ語動詞"とされる" ;ここの流布本は、セプトゥアギンタ、アクイラ、 theodotion 、神とのアラビア語のバージョンでは、不完全な仮定qal ; targumsのみのジョナサンとエルサレムの意味hiphil不完全です。 Hence we have the renderings: "I am who am" (Vulgate), "I am who is" (Septuagint), "I shall be {who] shall be" (Aquila, Theodotion), "the Eternal who does not cease" (Ar.); only the above-mentioned Targums see any reference to the creation of the world.従って我々は、 renderings : "私は時の人" (流布本) 、 "私たちは、 " (セプトゥアギンタ)は、 "わたしたちが( ]には" (アクイラ、 theodotion )は、 "永遠の人の中止はない" ( ar. ) ;のみtargums上述の任意のリファレンスを参照して、世界の創造です。

The second time, God uses again the first person imperfect of the Hebrew verb "to be"; here the Syriac, the Samaritan, the Persian versions, and the Targums of Onkelos and Jerusalem retain the Hebrew, so that one cannot tell whether they regard the imperfect as a qal or a hiphil form; the Arabic version omits the whole clause; but the Septuagint, the Vulgate, and the Targum of Jonathan suppose here the imperfect qal: "He Who Is, hath sent me to you" instead of "I Am, hath sent me to you: (Vulgate); "ho on sent me to you" (Septuagint); "I am who am, and who shall be, hath sent me to you" (Targ. Jon.). 2回目は、再び最初の神では、ヘブライ語動詞の不完全な人"とされる" ;ここで、シリア語、サマリア人は、ペルシア語のバージョンでは、とのtargumsオンケロスとエルサレムヘブライ語を保持するように、 1つのことができないかどうかについて話すqalとして、または不完全な形でhiphil ;全体のアラビア語バージョンを省略条項;しかし、セプトゥアギンタは、ウルガタ聖書は、ここにいると、不完全ターガムのジョナサンqal : "彼は誰が、かれらに送ってくれたあなた"の代わりに"私は、かれらに送ってくれたあなた: (流布本) ; "を送ってくれたことにホ" (セプトゥアギンタ) ; "私たちは、誰とでは、かれらを送ってくれたこと" (ジョンtarg. 。 ) 。

Finally, the third time, God uses the third person of the imperfect, or the form of the sacred name itself; here the Samaritan version and the Targum of Onkelos retain the Hebrew form; the Septuagint, the Vulgate, and the Syriac version render "Lord", though, according to the analogy of the former two passages, they should have translated, "He Is, the God of your fathers, . . . hath sent me to you"; the Arabic version substitutes "God".最後に、 3回目は、神は、不完全では、 3番目の人、またはそれ自体の形で、神聖な名前;ここではサマリア人のバージョンを引き止めておくと、ヘブライ語オンケロスターガムのフォーム;のセプトゥアギンタは、流布本は、レンダリングやシリア語バージョン"主に"ただし、元の類推によると、 2つの文章は、翻訳しなければならないが、 "彼は、あなたの神の祖先は、 。 。 。かれらに送ってくれたこと" ;のアラビア語バージョンを置換する"神"です。 Classical exegesis, therefore, regards Jahveh as the imperfect qal of the Hebrew verb "to be".古典評釈、したがって、不完全qalとしてjahvehに関しては、ヘブライ語動詞"とされる"とした。 Here another question presents itself: Is the being predicated of God in His name, the metaphysical being denoting nothing but existence itself, or is it an historical being, a passing manifestation of God in time?ここでもう一つ質問が訪れれ:前提には、神が彼の名前は、形而上のしるしに過ぎないの存在自体が、あるいはそれには歴史的には、神の現れで通過する時ですか?

Most Protestant writers regard the being implied in the name Jahveh as an historical one, though some do not wholly exclude such metaphysical ideas as God's independence, absolute constancy, and fidelity to His promises, and immutability in His plans (cf. Driver, "Hebrew Tenses", 1892, p. 17).ほとんどの点で、プロテスタントの作家の名前が黙示jahvehとして歴史的な1つが、完全に排除しないようないくつかのアイデアとして形而上神の独立は、絶対的な恒常性、そして彼の約束を忠実には、彼の計画とimmutability ( cf.ドライバは、 "ヘブライ語時制" 、 1892 、 p. 17 ) 。 The following are the reasons alleged for the historical meaning of the "being" implied in the Divine name:その理由は次のとおりです疑惑のための歴史的な意味の"いる"とは、神の黙示名:

The metaphysical sense of being was too abstruse a concept for the primitive times.形而上にいるような感覚にはあまりにも難解な概念は、原始倍です。 Still, some of the Egyptian speculations of the early times are almost as abstruse; besides, it was not necessary that the Jews of the time of Moses should fully understand the meaning implied in God's name.それでも、いくつかのエジプトの憶測としては、初めにはほぼ倍難解;それに加えて、必要なことではないことは、ユダヤ人のモーゼス時間黙示の意味を完全に理解するには、神の名を指定します。 The scientific development of its sense might be left to the future Christian theologians.その意味で、科学的な発展の可能性が残ってトゥザフューチャーキリスト教神学。 The Hebrew verb hayah means rather "to become" than "to be" permanently.むしろ、ヘブライ語動詞hayah手段"になること"よりも"とされる"永久。 But good authorities deny that the Hebrew verb denotes being in motion rather than being in a permanent condition.しかし、当局は否定していいのヘブライ語動詞を表すというよりは、モーションには、永続的な条件を指定します。 It is true that the participle would have expressed a permanent state more clearly; but then, the participle of the verb hayah is found only in Exodus 9:3, and few proper names in Hebrew are derived from the participle.分詞ことは事実だが、より明確に表明し、恒久的な状態;しかしその後、分詞は、動詞のhayahことが判明しただけでエクソダス9時03分、いくつかの固有名詞とは、ヘブライ語に由来分詞。

The imperfect mainly expresses the action of one who enters anew on the scene.主に、不完全な表現して1つのアクションシーンは、あらためて人に入る。 But this is not always the case; the Hebrew imperfect is a true aorist, prescinding from time and, therefore, best adapted for general principles (Driver, p. 38).しかし、これは必ずしもその事件;不完全は、真のアオリスト、ヘブライ語、 prescindingより時間とは、したがって、最良の適応のための一般原則(ドライバ、 p. 38 ) 。

"I am who am" appears to refer to "I will be with thee" of verse 12; both texts seems to be alluded to in Hosea 1:9, "I will not be yours". "私は時の人"と表示されたらを参照するには"わたしは、なたにして"の詩12 ;両方のテキストと思われるホセア書をほのめかした1時09分には、 "私はあなたにはない" 。 But if this be true, "I am who am" must be considered as an ellipse: "I am who am with you", or "I am who am faithful to my promises".しかし、もしこれが事実なら、 "私は時の人"と見なされて楕円をしなければならない: "私はあなたたちには" 、または"私は私の約束に忠実な人の時" 。 This is harsh enough; but it becomes quite inadmissible in the clause, "I am who am, hath sent me".これは過酷な十分な;しかし、それはかなりの証拠条項は、 "私たちは、かれらを送ってきた" 。

Since then the Hebrew imperfect is admittedly not to be considered as a future, and since the nature of the language does not force us to see in it the expression of transition or of becoming, and since, moreover, early tradition is quite fixed and the absolute character of the verb hayah has induced even the most ardent patrons of its historical sense to admit in the texts a description of God's nature, the rules of hermeneutics urge us to take the expressions in Exodus 3:13-15, for what they are worth.それ以来、ヘブライ語は、確かに不完全と見なされないように、将来的には、その言語の性質と以来、私たちの力がないことを確認したり、表現の遷移になる、と以来、また、初期の伝統とはかなり固定絶対的なキャラクターが引き起こされるhayah動詞の熱烈な後援者でさえ、ほとんどの歴史的な意味での説明のテキストを認めることは、神の性質は、我々のルールの解釈学を促す表現を取るのエクソダス3:13-15で、彼らは何のため価値がある。 Jahveh is He Who Is, i.e., His nature is best characterized by Being, if indeed it must be designated by a personal proper name distinct from the term God (Revue biblique, 1893, p. 338). jahvehかれこそは、すなわち、彼の性格を特徴とするのが良いでしょうが、もし本当に個人的なことで指定される必要がありますから、適切な名前を別個の任期神(レベニューbiblique 、 1893 、 p. 338 ) 。 The scholastic theories as to the depth of meaning latent in Yahveh (Yahweh) rest, therefore, on a solid foundation.理論としての学力の深さを潜在的な意味での残りyahveh (ヤハウェ)は、したがって、上での確固とした基盤です。 Finite beings are defined by their essence: God can be defined only by being, pure and simple, nothing less and nothing more; not be abstract being common to everything, and characteristic of nothing in particular, but by concrete being, absolute being, the ocean of all substantial being, independent of any cause, incapable of change, exceeding all duration, because He is infinite: "Alpha and Omega, the beginning and the end, . . . who is, and who was, and who is to come, the Almighty" (Revelation 1:8).有限生き物が定義されて彼らのエッセンス:神を定義することができますいるだけでは、純粋かつ単純には、何もない、何もないより少ない;れません抽象的に共通しているという感じで、特に何も特徴であるが、具体的には、絶対的には、実質的にすべての海には、独立系の任意の原因は、変更の余地がない、すべての期間を超えて、なぜなら、彼は無限: "アルファとオメガは、終わりの始まりとは、 。 。 。誰が、誰が、誰がして来るは、オールマイティ" (ヨハネの黙示録1時08分) 。 Cf. cf 。 St. Thomas, I, qu.セントトマス、私は、区です。 xiii, a. 13世は、 a. 14; Franzelin, "De Deo Uno" (3rd ed., 1883, thesis XXIII, pp. 279-86. 14 ; franzelin 、 "デdeoウノ" (第3エド。 、 1883 、論文23 、 pp 。二百七十九から八十六まで。

III. Ⅲ 。 ORIGIN OF THE NAME JAHVEH (YAHWEH)その名前の由来jahveh (ヤハウェ)

The opinion that the name Jahveh was adopted by the Jews from the Chanaanites, has been defended by von Bohlen (Genesis, 1835, p. civ), Von der Alm (Theol. Briefe, I, 1862, pp. 524-27), Colenso (The Pentateuch, V, 1865, pp. 269-84), Goldziher (Der Mythus bei den Hebräern, 1867, p. 327), but has been rejected by Kuenen ("De Godsdienst van Israel", I, Haarlem, 1869, pp. 379-401) and Baudissin (Studien, I, pp. 213-18).という意見をjahvehの名前で採択されたユダヤ人chanaanitesからは、弁護をされてフォンボーレン(創世記は、 1835年、 p. civ ) 、フォンデアアリフラーム( theol. briefe 、私は、 1862 、 pp 。五二四から二七)は、コレンソ(五、 v 、 1865 、 pp 。 269から84まで) 、 goldziher (デアmythus bei hebräernデン、 1867 、 p. 327 ) 、しかしキューネンされて拒否される( "ヴァンドgodsdienstイスラエル"と、私は、ハールレム、 1869 、 pp 。三七九〜四〇一)とbaudissin ( studien 、私は、 pp 。二百十三から十八まで) 。 It is antecedently improbable that Jahveh, the irreconcilable enemy of the Chanaanites, should be originally a Chanaanite god. antecedentlyすることはありそうにないことjahveh 、和解できない敵のchanaanites 、 chanaanite神のもとにしなければならない。 It has been said by Vatke (Die Religion des Alten Test., 1835, p. 672) and J.G.それによるとしてきたファトケ(ダイ宗教デアルテンテストを実行します。 、 1835年、 p. 672 )とjg Müller (Die Semiten in ihrem Verhältniss zu Chamiten und Japhetiten, 1872, p. 163) that the name Jahveh is of Indo-European origin.ミュラー( semitenで死ぬverhältniss zu ihrem chamitenウントjaphetiten 、 1872 、 p. 163 )は、その名前のjahveh印欧語起源です。 But the transition of the Sanscrit root, div-the Latin Jupiter-Jovis (Diovis), the Greek Zeus-Dios, the Indo-European Dyaus into the Hebrew form Jahveh has never been satisfactorily explained.しかし、梵語ルートへの移行は、木星のラテンの部- - jovis ( diovis )は、ギリシャ語ゼウス-ディオスは、ヘブライ語を印欧語dyausフォームjahvehは証明されて納得のいく説明している。 Hitzig's contention (Vorlesungen über bibl. Theol., p. 38) that the Indo-Europeans furnished at least the idea contained in the name Jahveh, even if they did not originate the name itself, is without any value.ヒッツィヒのコンテンション( vorlesungen催し物スポンサbibl 。 theol 。 、 p. 38 )は、インドヨーロッパ家具、少なくともそのアイデアの名前に含まれてjahveh 、たとえ彼らの名前に由来しなかった自体は、任意の値はなし。

The theory that Jahveh is of Egyptian origin may have a certain amount of a priori probability, as Moses was educated in Egypt.という説をjahvehエジプト起源の可能性があるが、一定の先験的な確率は、ムーサーはエジプトで教育を受けています。 Still, the proofs are not convincing:それでも、説得力の証拠ではない:

Röth (Die Aegypt. und die Zoroastr. Glaubenslehre, 1846, p. 175) derives the Hebrew name from the ancient moon-god Ih or Ioh. röth (ダイaegypt 。ウント死ぬzoroastr 。 glaubenslehre 、 1846 、 p. 175 ) 、ヘブライ語の名前から派生した古代神ムーン- ihまたはioh 。 But there is no connection between the Hebrew Jahveh and the moon (cf. Pierret, "Vocabul. Hiérogl.", 1875, p. 44).しかし、ヘブライ語の間の接続がないとjahvehザムーン( cf.ピエレ、 " vocabul 。 hiérogl 。 " 、 1875 、 p. 44 ) 。

Plutarch (De Iside, 9) tells us that a statue of Athene (Neith) in Sais bore the inscription: "I am all that has been, is, and will be".プルタルコス(デiside 、 9 )の像を教えてくれることでサイスアテーナー( neith )口径の碑文: "私はすべてされてきたが、とされる"とした。 But Tholuck (op. cit., 1867, pp. 189-205) shows that the meaning of this inscription is wholly different from that of the name Jahveh.しかしトールク( op. cit 。 、 1867 、 pp 。一八九から二〇五まで)によると、この碑文の意味は全く違うことは、名前jahveh 。

The patrons of the Egyptian origin of the sacred name appeal to the common Egyptian formula, Nuk pu nuk but though its literal signification is "I am I", its real meaning is "It is I who" (cf. Le Page Renouf, "Hibbert Lectures for 1879", p. 244).その起源は、エジプトの後援者の名前をアピールして共通の神聖なエジプト式は、リテラルnuk PUのnukしかし、その意義はかかわらず"私は私"は、その本当の意味は、 "それは私たち" ( cf.ルページリヌーフ、 "ヒバート講座を1879 " 、 p. 244 ) 。

As to the theory that Jahveh has a Chaldean or an Accadian origin, its foundation is not very solid: jahvehようにという説を起源には、カルデアaccadianまたは、その非常に強固な基盤ではない:

Jahveh is said to be a merely artificial form introduced to put meaning into the name of the national god (Delitzsch, "Wo lag das Paradies", 1881, pp. 158-64); the common and popular name of God is said to have been Yahu or Yah, the letter I being the essential Divine element in the name. jahvehがあるとされる形で導入を入れるだけで人工の名前の意味を、国家の神(デリッチ、 "ウーdas paradiesラグ" 、 1881 、 pp 。 158から64 ) ;の共通の神といわれ、人気のある名前を持つyah yahuされたり、手紙を私には必要不可欠の要素には、神の名を指定します。 The contention, if true, does not prove the Chaldean or Accadian origin of the Hebrew Divine name; besides the form Yah is rare and exclusively poetic; Yahu never appears in the Bible, while the ordinary full form of the Divine name is found even in the inscription of Mesa (line 18) dating from the ninth century B.C.コンテンション、 trueの場合は、その証明がないかaccadianカルデア神の名の起源は、ヘブライ語;上述の詩的かつ独占的には珍しい形yah ; yahu決してバイブルと表示されていますが、普通の神の名前は、完全な形で見つかったさえその碑文のメサ( 18行)紀元前9世紀の出会い系から Yahu and Yah were known outside Israel; the forms enter into the composition of foreign proper names; besides, the variation of the name of a certain King of Hammath shows that Ilu is equivalent to Yau, and that Yau is the name of a god (Schrader, "Bibl. Bl.", II, p. 42, 56; Sargon, "Cylinder", xxv; Keil, "Fastes", I. 33).外に知られていたイスラエルとyahu yah ;のフォームに入力し、外国人の組成固有名詞;それに加えて、その変化は、特定の名前を示しているiluはhammathキングオブyauに相当する、としてyauは神の名前は、 (シュレイダー、 " bibl 。 bl 。 " 、 2世、 p. 42 、 56 ;サルゴンは、 "シリンダー"は、 25 ; keil 、 " fastes "勇33 ) 。 But foreign proper names containing Yah or Yahu are extremely rare and doubtful, and may be explained without admitting gods in foreign nations, bearing the sacred name.しかし、外国人を含む固有名詞は極めて珍しいとyahu yahまたは疑わしい、と説明したかもしれないが外国人の国の神々を認めることなく、軸受の神聖な名前です。 Again, the Babylonian pantheon is fairly well known at present, but the god Yau does not appear in it.繰り返しますが、パンテオンのバビロニアはかなりよく知られて現時点では、しかし、神yau表示されることはありません。

Among the pre-Semitic Babylonians, I is a synonym of Ilu, the supreme god; now I with the Assyrian nominative ending added becomes Yau (cf. Delitzsch, "Lesestücke", 3rd ed., 1885, p. 42, Syllab. A, col. I, 13-16).ユダヤbabyloniansのうち、事前には、私は、類義語のilu 、最高神;今エンディングを追加して、アッシリア主格になるyau ( cf.デリッチは、 " lesestücke "は、 3日にエド。 、 1885 、 p. 42 、 syllab 。 、 col 。私は、 13〜16 ) 。 Hommel (Altisrael. Ueberlieferung, 1897, pp. 144, 225) feels sure that he has discovered this Chaldean god Yau.ホンメル( altisrael. ueberlieferung 、 1897 、 pp 。 144 、 225 )の気持ちを確認して彼は、この発見yauカルデアの神です。 It is the god who is represented ideographically (ilu) A-a, but ordinarily pronounced Malik, though the expression should be read Ai or Ia (Ya).それは、神の人が表さideographically ( ilu )ああ、でも普通に発音マリクは、アナログ入力かかわらず、読んで表現しなければならないか、アイオワ州(ヤー) 。 The patriarchal family employed this name, and Moses borrowed and transformed it.この名前の家父長家族の就業者は、借りたとムーサーと形質転換することです。 But Lagrange points out that the Jews did not believe that they offered their children to Jahveh, when they sacrificed them to Malik (Religion semitique, 1905, pp. 100 sqq.).しかし、ユダヤ人ラグランジュていないと指摘していると思われる、子どもたちに提供jahveh彼らは、かれらを犠牲にしてマリク(宗教semitique 、 1905 、 pp 。 100 sqq 。 ) 。 Jeremiah 32:35, and Zephaniah 1:5, distinguish between Malik and the Hebrew God.エレミア32:35 、およびゼパニヤ1時05分、神のヘブライ語と区別するマリク。

Cheyne (Traditions and Beliefs of Ancient Israel, 1907, pp. 63 sqq.) connects the origin of Jahveh with his Yerahme'el theory; but even the most advanced critics regard Cheyne's theory as a discredit to modern criticism.チェーンストークス(古代イスラエルの伝統や信念、 1907 、 pp 。 63 sqq 。 ) jahvehに接続して自分の起源説yerahme'el ;でもチェーンストークスの点で最も先進的批評家としての理論の近代化への批判を落とす。 Other singular opinions as to the origin of the sacred name may be safely omitted.その他の意見として単数の起源には、神聖な名前を安全に省略されるかもしれません。 The view that Jahveh is of Hebrew origin is the most satisfactory. jahvehという見方には、ヘブライ語起源は、最も満足のいくものです。 Arguing from Exodus 6:2-8, such commentators as Nicholas of Lyra, Tostatus, Cajetan, Bonfrère, etc., maintain that the name was revealed for the first time to Moses on Mount Horeb.口論から出エジプト記6:2-8は、このような解説者としてリールのニコラウスは、 tostatus 、 cajetan 、 bonfrère等は、その名前を維持することを初めて明らかにしては、ムーサーをマウントホレブ。 God declares in this vision that he "appeared to Abraham . . . by the name of God Almighty; and my name Adonai [Jahveh] I did not shew them".このビジョンを宣言して彼の神"が登場するアブラハム。 。 。全能の神の名によって;と私の名前上帝[ jahveh ]私供えしていない" 。 But the phrase "to appear by a name" does not necessarily imply the first revelation of that name; it rather signifies the explanation of the name, or a manner of acting conformable to the meaning of the name (cf. Robion in "la Science cathol.", 1888, pp. 618-24; Delattre, ibid., 1892, pp. 673-87; van Kasteren, ibid., 1894, pp. 296-315; Robert in "Revue biblique", 1894, pp. 161-81).しかし、フレーズ"に表示される名前"の最初の啓示は、必ずしもそのような名前の意味;な説明をすることを意味するというが、名前、または類似した形での演技には、名前の意味( cf. robionで"ラサイエンスcatholです" 、 1888 、 pp 。 618から24まで;ドラットル、同じです。 、 1892 、 pp 。 673から87 ;ヴァンkasteren 、同じです。 、 1894 、 pp 。二百九十六〜三百十五;ロバートは、 "レベニューbiblique " 、 1894 、 pp 。 161から81 ) 。 On Mt. Horeb God told Moses that He had not acted with the Patriarchs as the God of the Covenant, Jahveh, but as God Almighty.山している。ホレブモーゼス氏は、神が彼行動していなかったとして、神の約束patriarchs 、 jahveh 、しかし、全能の神です。

Perhaps it is preferable to say that the sacred name, though perhaps in a somewhat modified form, had been in use in the patriarchal family before the time of Moses.たぶんそれが望ましいと言って、聖なる名前が、たぶんこれとはやや修正された形で、使用していた時間の前には、ご家族の家父長モーゼス。 On Mt. Horeb God revealed and explained the accurate form of His name, Jahveh.山している。ホレブ神の啓示と説明して正確な形で、彼の名前は、 jahveh 。

The sacred name occurs in Genesis about 156 times; this frequent occurrence can hardly be a mere prolepsis.創世記の神聖な名前が発生する約156倍;この頻繁に起こることがほとんどで、単なる予弁。 Genesis 4:26, states that Enos "began to call upon the name of the Lord [Jahveh]", or as the Hebrew text suggests, "began to call himself after the name of Jahveh".創世記4時26分、イーノス条は"コールが始まった時に主の名を、 [ jahveh ] "は、ヘブライ語のテキストとして、または暗示するように、 "自分自身を始めた後の名前を呼ぶjahveh " 。

Jochabed, the mother of Moses, has in her name an abbreviated form Jo (Yo) of Jahveh. jochabed 、ムーサーの母は、彼女の名前は、短縮形でチョ(葉)のjahveh 。 The pre-Mosaic existence of the Divine name among the Hebrews accounts for this fact more easily than the supposition that the Divine element was introduced after the revelation of the name.事前にその存在をモザイクヘブル人への手紙の中に、神の名のアカウントをより簡単にこのような事実と仮定して、より多くの要素が導入後、神の啓示の名前です。

Among the 163 proper names which bear an element of the sacred name in their composition, 48 have yeho or yo at the beginning, and 115 have yahu or yah and the end, while the form Jahveh never occurs in any such composition. 163名のうち、適切に対応する要素は、神聖なクマの名前は、組成は、 48 〜 yehoや葉の冒頭、および115またはyahu yahと終わりが、その中でどのような形でjahveh組成は決して発生しません。 Perhaps it might be assumed that these shortened forms yeho, yo, yahu, yah, represent the Divine name as it existed among the Israelites before the full name Jahveh was revealed on Mt. Horeb.たぶんそれかもしれないと仮定してこれらの短縮形yeho 、よー、 yahu 、 yah 、それを代表する存在としての神の名のうち、イスラエル人の氏名の前に明らかにしていた山jahveh 。ホレブ。 On the other hand, Driver (Studia biblica, I, 5) has shown that these short forms are the regular abbreviations of the full name.その一方で、運転手( studia biblica 、私は、 5 )によると、これらのショートフォームは、通常の略語の正式名称です。 At any rate, while it is not certain that God revealed His sacred name to Moses for the first time, He surely revealed on Mt. Horeb that Jahveh is His incommunicable name, and explained its meaning.いずれにせよ、特定の間ではないことを明らかにして彼の聖なる神の名前をモーゼスでは初めて、彼は確かに山を明らかにしています。 jahvehホレブことは、彼の名前を伝えることのできない、との意味を説明しています。

Publication information Written by A.J. aj書かれた文献情報 Maas.マース。 Transcribed by Thomas M. Barrett.転写されたトーマスm.バレット。 Dedicated to Mary Kathryn French Barrett The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.ひたむきにメアリーキャスリンバレットのカトリック百科事典フランス語、ボリュームviii 。 Published 1910.日付1910 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認は、 10年10月1日です。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

Besides the works referred to in the text, the reader may consult: RELAND, Deeds Excreitationum (Utrecht, 1707); SCHRADER in SCHENKEL'S Bibel Lexicon, s.作品に加えて、テキストを参照され、 5月の読者相談: reland 、ディーズexcreitationum (ユトレヒト、 1707 ) ;シュレイダーシェンケルのbibel辞書では、米 v. Jahve; PHAT, Dict.対jahve ;いかした、辞書です。 de la Bible, s.v.デラ聖書は、 sv Jehovah; ROBERTSON SMITH in Brit.エホバ;ロバートソンスミスはイギリスです。 and Foreign Evan.エヴァンと外国人です。 Review (January, 1876), gives a summary of recent discussion of the subject; OEHLER, Real-Encyclopadie, S.V.見直し( 1月、 1876 )は、最近の議論の概要を与え、件名;オーラー、実encyclopadie 、 sv Jehova. jehova 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです