Jesus Christイエスキリスト

General / Advanced Information 全般/高度情報

Jesus, or Jeshua ben Joseph, as he was known to his contemporaries, was a Jew who appeared as a prophet, a teacher, and a sage in Palestine about AD 30.イエス様、またはjeshuaベンヨセフは、彼の契約として知られている彼は、出演者としては、ユダヤ人の預言者、教師、および広告については、パレスチナセイジ30 。 His followers believed him to be the Messiah of Israel, the one in whom God had acted definitively for the salvation of his people (hence, the title Christ, a Greek rendition of the Hebrew Meshiah, meaning "anointed one").彼の信者が彼を信じ、イスラエルの救世主は、断定的に行動するために、神が彼の人々の救世(したがって、キリストのタイトルは、ギリシャ語、ヘブライ語meshiah演奏は、意味の"聖なるの1つ"といいます。 ) This belief took distinctive form when, after the execution of Jesus by the Romans (acting on the recommendation of the Jewish authorities), he reportedly presented himself alive to some of his followers.独特のフォームのときは、この信念は、イエスキリストの処刑された後、ローマ人への手紙(ユダヤ人の演技は、当局の勧告) 、彼は自分自身を提示していくつかの支持者たちが生きているのだ。

The Resurrection of Jesus became a fundamental tenet of the religion that would soon be called Christianity.イエスキリストの復活になったのは、根本的な教義の宗教キリスト教と呼ばれることが間もなくです。 According to Christian belief, Jesus was God made man (he was called both "Son of God" and "Son of Man" and identified as the second person of the Trinity); his life and his death by crucifixion are understood to have restored the relationship between God and humankind - which had been broken by the latter's sinfulness (Atonement; Original Sin); and his resurrection (the event celebrated by Easter) affirms God's total sovereignty over his creation and offers humankind the hope of Salvation.キリスト教の信仰によると、 イエスは、神の前に男(両方と呼ばれる彼は"神の子"と"男の息子"と2番目の人物として識別さのトリニティ) ;彼の人生と彼の死を理解して復元されたのは、はりつけ神と人間の関係-壊れたされていた、後者の罪深さ(償い;原罪) ;と彼の復活(イースターイベントを祝いました)肯定神の創造の合計主権彼の希望と人類の救済を提供します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
These core beliefs about Jesus are summed up in the words of the Nicene Creed: "I believe in one Lord Jesus Christ, the only - begotten Son of God, Begotten of his Father before all worlds, God of God, Light of Light, Very God of very God, Begotten, not made, Being of one substance with the Father, By whom all things were made: Who for us men, and for our salvation came down from heaven, And was incarnate by the Holy Ghost of the Virgin Mary, And was made man, And was crucified also for us under Pontius Pilate. He suffered and was buried, And the third day he rose again according to the Scriptures, And Ascended into heaven, And sitteth on the right hand of the Father. And he shall come again with glory to judge both the quick and the dead: Whose kingdom shall have no end."これらのコアの信念については、イエスキリストの言葉を要約するには、ニカイア信条: "私の主イエスキリストを信じるの1つは、わずか-神のひとり子の息子は、父親の前に全世界に生まれたのは、神の神、光の光は、非常に神の非常に神は、ひとり子ではなく、前には、 1つの物質をしているが、父は、すべてのものを誰があった:男の人のために我々は、我々の救いとは天から来たダウン、化身とされたのは、聖母マリアに聖霊は、男とは前には、我々のもとでも、はりつけpontius pilate 。苦しんでいた彼は埋没し、 3日目によると、彼は再び上昇聖書は、天国へと昇って、そして、右手のsittethの父です。と彼は、栄光に判断して戻って来る生者と死者の両方:その王国は終わりがない"と述べた。

The Historical Jesusイエスキリストの歴史

The Christ - myth school of the early 20th century held that Jesus never lived but was invented as a peg on which to hang the myth of a dying and rising God. Yet the evidence for the historical existence of Jesus is good.そのキリスト-神話の学校については、 2 0世紀初頭に住んで行われたことは決してしかし、イエスキリストが発明をどのようにハングアップするペグの神話の神で死にかけていると上昇しています。しかし、イエスキリストの存在を示す証拠は、歴史的なのが良い。

Non - Christian Sources非-キリスト教の源

Among Roman historians, Tacitus (Annals 15.44) records that the Christian movement began with Jesus, who was sentenced to death by Pontius Pilate.ローマの歴史家の間では、タキトゥス( annals 15.44 )を記録して、イエスキリスト教の運動が始まったとは、死刑判決を受けたpontius pilateされた。 Suetonius (Claudius 25.4) refers to the expulsion of the Jews from Rome because of a riot instigated by one "Chrestus" in AD c.スエトニウス(クラウディウス25.4 )を指しますローマからユダヤ人を追放しようとするため、 1つの暴動instigatedされた" chrestus "で広告c. 48, and this is usually taken to be a confused reference to the Christians and their founder. 48 、そしてこれは、通常のリファレンスを取らされる混乱のキリスト教徒とその創始者です。 Pliny the Younger (Epistles 10.96), writing to Emperor Trajan, says that the early Christians sang a hymn to Christ as God.若いpliny ( 10.96書簡) 、トラヤヌス帝の書き込みが、初期のキリスト教徒によると、賛美歌を歌い、キリストとしての神。 Most of the Jewish evidence is late and anti Christian propaganda, but an early reference in the Babylonian Talmud says that Jeshu ha - Nocri was a false prophet who was hanged on the eve of the Passover for sorcery and false teaching.後半のほとんどは、ユダヤ教の証拠とは、反キリスト教のプロパガンダではなく、早期のリファレンスjeshuバビロニアタルムードによれば、ハ-n ocri預言者が絞首刑には、虚偽の前夜と虚偽のペサハ妖術を教えています。 The evidence from the historian Josephus is problematical.その証拠から、史家ヨセフスは厄介です。 He recounts (Antiquities 20.9.1) the martyrdom of James, "the brother of Jesus called the Christ," in AD 62.彼の再集計( 20.9.1骨董品)の殉教のジェームズは、 "イエスキリストの弟と呼ばれる、キリストは、 "広告62 。

Another passage in the Antiquities (18.3.3) gives an extended account of Jesus and his career, but some features of it are clearly Christian interpolations.別の通路は、骨董品( 18.3.3 )の拡張により、イエスと彼のキャリアのアカウントが、いくつかの機能を明確にすることは、キリスト教のinterpolations 。 Whether this passage has an authentic nucleus is debated.この通路には、本物かどうかは、議論の核だ。 Thus the Roman sources show a vague awareness that Jesus was a historical figure as well as the object of a cult; the reliable Jewish sources tell us that he was a Jewish teacher who was put to death for sorcery and false prophecy and that he had a brother named James.こうしてローマイエスキリストのソースを表示することは、歴史的な漠然とした意識を高めるだけでなく、オブジェクト図は、教団;の信頼していたユダヤ人の消息筋によれば、我々はユダヤ人の教師の死を入れるために妖術を予言していたとする虚偽ジェームズの弟の名前です。 The Jewish evidence is especially valuable because of the hostility between Jews and Christians at the time: it would have been easy for the Jewish side to question the existence of Jesus, but this they never did.ユダヤ人のために、貴重な証拠は、特にユダヤ人とキリスト教徒の間の敵意時間: てきたことは、ユダヤ人の側には、簡単な質問にイエスキリストが存在するが、これは決して彼らでした。

The Gospelsそのgospels

The Gospels According to Matthew, Mark, Luke, and John, the first four books of the New Testament of the Bible, are the principal sources for the life of Jesus. gospelsによると、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネは、最初の4つの書籍は、新約聖書の聖書は、校長は、イエスキリストの生涯のソースです。 These works are primarily testimonies to the faith of the early Christian community, however, and have to be used critically as evidence for the historical Jesus.これらの作品は、主に証言には、初期キリスト教の信仰共同体は、しかし、批判的に使われるとしなければならないために、歴史的な証拠として、イエスです。 The methods include source, form, and redaction criticism.含まれている手法のソースは、フォーム、および改訂批判した。 Source criticism studies the literary relationships between the Gospels, and the generally accepted view is that Mark was written prior to and was used by Matthew and Luke, and that Matthew and Luke also had another source in common, unknown to Mark, which consisted mostly of sayings of Jesus.ソースタイプの文芸批評gospelsの間の関係は、一般に受け入れられてビューとマークが書かれたのは、以前に使用されてマシューとルークとは、マシューとルークとしていた別のソースにも共通点は、未知のを記念し、これが大半を占める構成イエスのことわざです。

Some would add two other primary sources, the material peculiar to Matthew and that peculiar to Luke.いくつかの他の主要な2つのソースを追加すると、その材料に特有のルークに特有のマシューとしています。 There is a growing consensus that the fourth Gospel, despite a heavy overlay of Johannine theology in the arrangement of the episodes and in the discourses, also enshrines useful historical information and authentic sayings of Jesus.コンセンサスの高まりがあること、第4福音書は、使徒ヨハネの神学にもかかわらず、重いオーバーレイの取り決めでは、エピソードとは、国については、歴史的にも有益な情報と本物のことわざenshrinesイエスです。 Form criticism investigates the history of the oral traditions behind the written Gospels and their sources, whereas redaction criticism isolates and studies the theology of the editorial work of the evangelists.フォームの批判の歴史は、口頭による調査の伝統とその背後にgospels書かれたソースが、改訂分離株との批判の社説を研究して神学伝道者の仕事です。

These methods provide criteria to sift through the redaction and tradition and reconstruct the message and the mission of the historical Jesus.これらのメソッドを提供して取捨選択する基準の改訂と伝統を再構築すると、メッセージや歴史的な使命は、イエスだ。 The criteria of authenticity are dissimilarity both to contemporary Judaism and to the teachings of the post Easter church; coherence; multiple attestation; and linguistic and environmental factors.信ぴょう性の基準との相違点の両方を現代のユダヤ教の教えを教会の復活祭の後;コヒーレンス;複数の証明;と言語学的要因と環境要因です。 The criterion of dissimilarity establishes a primary nucleus of material unique to Jesus.原発性の基準の相違を確立するユニークな核物質をイエスです。 The criterion of coherence adds other materials consistent with this nucleus.他の資料の基準のコヒーレンス一貫して、この追加の核だ。 Multiple attestation - material attested by more than one primary source or in more than one of the forms of oral tradition established by form criticism - provides evidence for the primitivity of the Jesus tradition.複数の証明-材料証明された2つ以上の一次情報源の1つまたは複数の形態の確立されたフォーム口碑批判-証拠を提供するためには、イエスキリストの伝統pr imitivity。 Palestinian cultural background and Aramaic speech forms provide an additional test.パレスチナ人の文化的背景やアラム語スピーチのフォームを提供する追加のテストを実行します。

The Life of Jesusイエスキリストの生涯

Application of the critical methods described above reveals that the gospel tradition apparently started originally with Jesus' baptism by John the Baptist (Matt. 3:13 - 17; Mark 1:9 - 11; Luke 3:21 - 22; John 1:29 - 34).アプリケーションは、上記の方法が明らかになる重要な福音を始めた当初の伝統を明らかにしてイエスのバプテスマのヨハネによるバプテスト( matt. 3時13 -1 7;マーク午前1時0 9分- 11 ;ルーク3: 2 1 -2 2;ジョン1時2 9分-3 4) 。 The stories concerning the birth of Jesus were probably later additions.イエスキリストの誕生についての物語が、おそらく後で追加します。 These stories - the annunciations to Mary and Joseph, their journey to Bethlehem for the Roman census, and Jesus' birth there (Luke 2:1 - 7); the visits of the shepherds (Luke 2:8 - 20) and the three Magi from the East (Matt. 2:1 - 12); and the flight of the family to Egypt to escape the massacre of young boys that had been ordered by King Herod (Matt. 2:13 - 23) - may be characterized conveniently, if loosely, as "Christological midrash," expressions of Christological faith cast into narrative form.これらの事例-a nnunciationsマリアとヨセフには、彼らの旅をするために、ローマの国勢調査ベツレヘム、そしてイエスの誕生ある(ルーク2 :1- 7) ;の訪問数では、羊飼い(ルーク2: 0 8 -2 0)と、 3つのマギ東から( matt. 2:1 -1 2) ;やご家族の飛行は、エジプトを脱出して、大虐殺の順に表示されていた少年ヘロデ王( m att.2時1 3- 23 )-かもしれない便利な特徴は、ゆるく場合は、 " christologicalミドラーシュは、 "信仰の表現のchristologicalフォームに投げ込まれる物語です。

If there are any factual elements in them, these will be found among the items on which Matthew and Luke agree: the names of Mary, Joseph, and Jesus; the dating of Jesus' birth toward the end of the reign of Herod the Great (d. 4 BC); and, less certainly, the Bethlehem location of the birth.事実があれば、それらの要素では、これらのうち、第一発見されるマシューとルークで同意:メアリーの名前は、ヨセフ、そしてイエス;のデートのイエスの誕生の治世の終わりごろには、偉大なヘロデ( d. 4紀元前) ;と、確かに少なく、ベツレヘムの場所に誕生します。 Some would add the conception of Jesus between the first and second stages of the marriage rites between Mary and Joseph; Christians interpreted this in terms of a conception through the Holy Spirit.いくつかの間には、イエスの受胎追加して第1および第2段階の間には、マリアとヨセフの結婚の儀式;キリスト教徒と解釈する点で、この構想を通じて、聖霊です。

Following his baptism by John the Baptist, Jesus embarked on a ministry of possibly three years duration, primarily in Galilee (he had grown up in the Galilean town of Nazareth).洗礼者ヨハネの洗礼された彼の次は、イエスキリストを始めた可能性がある部の3年間の期間は、主にガリラヤ(彼は、ガリレイの町で育ったナザレ) 。 The Gospels record his choosing of 12 disciples, and he preached both to them and to the population at large, often attracting great crowds (as when he delivered the Sermon on the Mount, Matt. 4:25 - 7:29; cf. Luke 6:17 - 49). 12人の弟子を選ぶgospels彼の記録は、どちらにして、彼と説教して大規模な人口では、頻繁に誘致偉大な群集(配達時に彼の山上の垂訓、マットです。 4:25 -7 : 2 9; c f。ルーク6時17 -4 9) 。 He proclaimed the kingdom of God - the inbreaking of God's final saving act through his own word and work (Mark 1:14; Matt. 12:28).彼は神の王国を宣言-i nbreakingのは、神の最終的な保存法や仕事を通して、自分の言葉(マーク1 : 1 4;マットです。 1 2:28) 。 He confronted his contemporaries with the challenge of this inbreaking reign of God in his parables of the kingdom (Mark 4).彼の挑戦に直面して彼は、この契約inbreaking治世彼の例では、神の王国(マーク4 ) 。 He laid down God's radical demand of obedience (Matt. 5:21 - 48).彼は神の敷設需要の急進的な服従( matt. 5時21 -4 8) 。

In prayer Jesus addressed God uniquely as "Abba" (the intimate address of the child to his earthly father in the family), not "my" or "our" Father as in Judaism, and he invited his disciples in the Lord's Prayer to share the privilege of addressing God thus (Luke 11:2).神に祈り、イエス宛先としてユニークリー"アバ" (親密なアドレスを自分の子供の父親は、この世の家族)ではなく、 "私"または"当社"とはユダヤ教の父として、そして彼の弟子に招待主の祈りを共有するこのように、神の特権のアドレッシング(ルーク11 : 02 ) 。 He ate with the outcasts, such as tax collectors and prostitutes, and interpreted his conduct as the activity of God, seeking and saving the lost (as in the parables of the lost sheep, the lost coin, and the prodigal son, Luke 15).彼はのけ者に食べたのは、税などのコレクターや売春婦は、彼の解釈を行うと、神の活動としては、探索し、保存して失われた(この例のように、失われた羊、失われたコインは、道楽息子とは、ルカによる福音書15 ) 。 He performed exorcisms and healings as signs of the inbreaking of God's final reign, in triumph over the powers of evil (Matt. 11:4 - 6; 12:28).彼行わexorcismsと治癒の兆候としては、神の最終的なinbreakingの治世は、その悪の力に克つ( matt. 11時04分-6 ; 1 2:28) 。

Finally, Jesus went up to Jerusalem at the time of the Passover to deliver his challenge of imminent judgment and salvation at the heart and center of his people's life.最後に、イエスをエルサレムに行った時には、彼の挑戦を届けるペサハ差し迫った判断とは、心の救いと彼の人々の生活の中心です。 One of the actions attributed to him there was the expulsion of the money changers from the Temple (Matt. 21:12 - 17; Mark 11:15 - 19; Luke 19:45 - 46).彼の行動の1つに起因するものがあったから追放しようと同寺の両替( matt. 21時12 -1 7;マーク1 1:15- 19 ;ルーク19 :4 5 -4 6) 。 Earlier, Jesus had incurred the hostility of the Pharisees, who attacked him for breaking the Law and whom he denounced for their formalistic precepts and self righteousness (Matt. 23:13 - 36; Luke 18:9 - 14).これに先立って、イエスは、敵意を被ったphariseesのは、彼の人の攻撃を受ける法律を破ったと非難したために彼らの心に適うセルフ形式的戒律と正義( matt. 23時13 -3 6;ルーク1 8: 0 9- 14 )。 In Jerusalem his opponents were the other principal Jewish religious party, the Sadducees, who included the priestly authorities of the Temple.エルサレム彼の反対派が、他の主要なユダヤ教の宗教政党は、 sadducees 、聖職者の当局者は、寺に含まれています。 Aided by one of the disciples, Judas Iscariot, the authorities arrested Jesus in the Garden of Gethsemane.支援された1つの弟子、イスカリオテユダは、当局に逮捕されたのは、イエスキリストのゲッセマネの庭です。 He was examined by the Sanhedrin and handed over to the Roman governor, Pontius Pilate, who sentenced him to crucifixion.彼はサンヘドリン検討されると、ローマの知事に委ねられる、 pontius pilate 、彼をはりつけの刑を宣告した者です。

At a time of considerable political unrest in Palestine and high messianic expectations among certain Jewish groups (for example, the revolutionary Zealots), Jesus and his following undoubtedly appeared to represent some political threat.政情不安でいる時に、かなりの救世主と高い期待をパレスチナでのユダヤ人の間で特定のグループ(たとえば、革命zealots )は、イエスキリストと彼の次のいくつかの政治的な脅威を表すのは間違いないが登場します。 The passion narratives of the Gospels contain major theological motifs.情熱の体験談を含む、主要な神学gospelsモチーフです。 First Jesus' sufferings and death are presented as the fulfillment of God's will announced in the Old Testament writings.最初のイエスの苦しみと死は、神の充足感として提示さは、旧約聖書の記述を発表しました。 Second, the accounts of the Last Supper, a farewell meal held before Jesus' arrest, proclaim the atoning significance of Jesus' death in the words over the bread and wine.第二に、そのアカウントは、最後の晩餐、お別れの食事の前に行われたイエスの逮捕には、宣言の意義atoningイエスの死は、言葉以上のパンとワインです。 Third, great emphasis is placed on the statement that Jesus died as Messiah or king.第三に、非常に重要視して置かれた声明には、イエスキリストが死亡したことや王としての救世主です。 Fourth, some of the events described contain theological symbolism, for example, the rending of the Temple veil.第四に、いくつかのイベントを説明する神学的象徴性が含まれ、例えば、同寺のベール、胸が張り裂けるようです。

.

Jesus' Self Understandingイエスの自己理解

Since titles of majesty were used only by the post - Easter church to proclaim Jesus, these titles cannot, by the criterion of dissimilarity, be used as firm evidence for the self understanding of Jesus during his earthly ministry. That self understanding has to be inferred indirectly from his words and works. 陛下が使用されて以来のタイトルだけで、後に-復活を宣言するイエスキリスト教会は、これらの書籍のことはできない、基準の相違によって、確固たる証拠として使われるために、自らの理解を自分の中にイエス省この世の人の自己理解が推測される彼の言葉や作品から間接的です。 In all of them Jesus confronts his contemporaries with a great sense of authority (Mark 2:27; 11:27 - 33).かれらの中のすべての契約で彼の偉大なイエスconfronts感局(マーク2 : 27 ; 11:27 -3 3) 。 This quality in Jesus evoked messianic hopes in his followers and messianic fears in his enemies.この品質で、イエスは彼の希望を呼び覚ました救世主メシア不安で、敵を信奉しています。 The hopes of his friends were shattered by the arrest and crucifixion of Jesus but restored and reinforced by the Easter event, faith in his resurrection on the third day following death and entombment.彼の友人たちは、希望を打ち砕かれたと逮捕されたイエスキリストの磔刑の補強が復元されるとイースターイベントでは、彼の復活の信仰では、 3日目以下の死と埋葬。

During his earthly life Jesus was addressed as rabbi and was regarded as a prophet.彼の人生の中にイエスキリストがこの世宛先としてラビと預言者と見なされていた。 Some of his words, too, place him in the category of sage.いくつかの彼の言葉は、あまりにも、彼には、カテゴリのセイジの場所です。 A title of respect for a rabbi would be "my Lord."ラビのタイトルに敬意を表するためになる"わたしの主です。 " Already before Easter his followers, impressed by his authority, would mean something more than usual when they addressed him as "my Lord."イースター前に、すでに彼の信者は、権威に感銘を受けた彼は、いつも以上に意味のあるものには、ときとして彼に宛て"わたしの主です。 " Jesus apparently refused to be called Messiah because of its political associations (Mark 8:27 - 30; Matt. 26:64, correcting Mark 14:62). Yet the inscription on the cross, "The King of the Jews," provides irrefutable evidence that he was crucified as a messianic pretender (Mark 15:26).どうやらイエス様を拒否して救世主と呼ばれる理由は、その政治団体(マーク8時27 -3 0;マットです。 2 6:64、訂正印1 4:62) 。だが、碑文十字架上で、 "ユダヤ人の王"を提供することが不可能な十字架につけられていたという証拠は救世主としての詐称(マーク15:26 ) 。

Although it is possible that Jesus' family claimed to be of Davidic descent, it is unlikely that the title "Son of David" was ascribed to him or accepted by him during his earthly ministry.可能性があるにもかかわらずそれはイエスの家族の主張をdavidic下り坂には、思いも寄らないことは、タイトルに"息子のデビッド"生得的には彼や彼のこの世の中に彼を受け入れられる部です。 "Son of God," in former times a title of the Hebrew kings (Psa. 2:7), was first adopted in the post Easter church as an equivalent of Messiah and had no metaphysical connotations (Rom. 1:4). "神の子は、 "旧時代の王のタイトルは、ヘブライ語( psa. 2時07分)は、最初に採択された後には、教会の復活祭と同等の救世主として形而上学的な意味合いではない( rom. 1時04分) 。 Jesus was conscious of a unique filial relationship with God, but it is uncertain whether the Father / Son language (Mark 18:32; Matt. 11:25 - 27 par.; John passim) goes back to Jesus himself.イエス様は、ユニークな雑種の関係を意識している神が、それはどうか不確かな父親/息子の言語( 18時32分マーク;マットです。 11:25 -2 7パー。 ;ジョンここかしこ)イエス自身にまでさかのぼります。

Most problematical of all is the title "Son of Man."ほとんどの問題は、すべてのタイトルを"男の息子である"と述べた。 This is the only title used repeatedly by Jesus as a self designation, and there is no clear evidence that it was used as a title of majesty by the post Easter church.これは、タイトルだけを繰り返し使用されるとして、自己の指定されたイエスキリストは、明確な証拠はないとして使われていた陛下のタイトルとして投稿された教会の復活祭。 Hence it is held by many to be authentic, since it passes the criterion of dissimilarity.そのために多くのことが行われた本物のは、それ以来の基準の相違を通過した。 Those who regard it as unauthentic see in it the post Easter church's identification of Jesus with the "Son of Man" either of Dan.人のことを考慮して、投稿を参照してください本物でないイースターイエスキリスト教会の身分証明書のように、 "男の息子"のいずれかのダンです。 7:13 or - if the title really existed there before Jesus - in Jewish apocalyptic tradition.午前7時13分または-実際に存在した場合、タイトルの前にあるイエス-ユダヤ教の終末論的伝統の中です。 One possible view, based on the distinction Jesus makes between himself and the coming "Son of Man" (Luke 12: 8 - 12; Mark 8:38), is that he invoked this figure to underline the finality of his own word and work - this finality would be vindicated by the "Son of Man" at the end. 1つの可能なビューで、イエスキリストを区別に基づいて、自分自身との間で、今後"男の息子" (ルカによる福音書12 : 8 -1 2;マーク8時3 8分)は、この図に呼び出されたのは、彼は自分の言葉に下線を決定的と仕事-この決定的v indicatedされるだろう"と息子の男"の終わりです。

In that case the post Easter church was able to identify Jesus with that "Son of Man" because the Easter event was the vindication of his word and work.その場合は、後にイースターイエスキリスト教会とを識別することができた"と息子の男"の汚名をすすぐため、イースターイベントは、彼の言葉や仕事です。 The post Easter church then formed further "Son of Man" sayings, some speaking in highly apocalyptic terms of his return in the Second Coming (for example, Mark 14:62); others expressing the authority exercised during the earthly ministry (for example, Mark 2:10, 28); and still others expressing his impending suffering and certainty of vindication (Mark 8:31; 9:31; 10:33).教会の復活祭の後に結成それからさらに"男の息子"ことわざは、いくつかの点で言えば、彼の復帰は絶望的な高度の再臨(たとえば、マーク14:62 ) ;他の表現の中に、この世の権限を行使部(たとえば、マーク2時10分、 28 ) ;とまだ他の苦しみを表明したとの確信が間近に迫った弁護(マーク8時31分、 9時31分; 10:33 ) 。

Christology christology

Although it is true that there was a basic difference between Jesus' message of the kingdom and the post Easter church's message of him as the saving act of God, all of Jesus' words and work imply a Christology.にもかかわらずそれがあったのは事実だが、基本的な違いはイエスのメッセージの王国や教会の復活祭の後、彼のメッセージを保存するとして、神の行為は、すべてのイエスの言葉や仕事を意味するchristology 。 Thus the critical quest for the historical Jesus yields a sufficient basis for the message of the post Easter church and is therefore necessary to legitimate it.したがって、重要な歴史的な探求のために十分な根拠は、イエスキリストのメッセージの利回りは、復活祭の後に合法的な教会とは、そのために必要なことです。

Message of the Post Easter Churchイースター教会のメッセージの投稿

The Christology of the earliest Palestinian Christian community apparently had two focuses.最古のは、パレスチナ人のキリスト教社会christologyどうやら2つの中心にいた。 It looked backward to the earthly life of Jesus as prophet and servant of God and forward to his final return as Messiah (Acts 3:21).後方を見て、イエスのこの世での生命の預言者と神のしもべとして、前方に救世主としての彼の確定申告( 3時21行為) 。 Meanwhile Jesus was thought of as waiting inactively in heaven, to which he was believed to have ascended after the resurrection (Acts 1:9).一方イエスキリストの思想としては、天国で待って非表示では、と考えられていたが、復活が即位した後(行為の午前1時09分) 。

Soon their experience of the Holy Spirit, whose descent is recorded in Acts 2, led the early Christians to think in terms of a two stage Christology: the first stage was the earthly ministry and the second stage his active ruling in heaven.聖霊は、彼らの経験をすぐには、行為者の子孫は、 2に記録され、初期のキリスト教徒を主導したことを考える点で、 2つのステージchristology :最初の段階では、この世の部と第二段階で、天国で彼の積極的な判決だ。 This two stage Christology, in which Jesus is exalted as Messiah, Lord, and Son of God (Acts 2:36; Rom. 1:4), is often called adoptionist.この2つのステージchristology 、イエス様は、高貴で救世主としては、主よ、神と息子( 2時36行為; ROMのです。 1時04分) 、養子論信奉者は往々に呼ばれています。 It is not the Adoptionism of later heresy, however, for it thinks in terms of function rather than being.養子論ではないが、後で異端、しかし、それよりも機能面で考えている。 At his exaltation to heaven Jesus began to function as he had not previously.イエスは彼の高揚を天に向かって始めたとしての機能が以前に彼がいない。 Another primitive Christological affirmation associates the birth of Jesus with his Davidic descent, thus qualifying him for the messianic office at his exaltation (for example, Rom. 1:3).別の原始christologicalアソシエイツ肯定して彼のイエスキリストの誕生davidic降下、こうして彼は、救世主事務所予選で彼の高揚(たとえば、 ROMのです。 1時03分) 。 This introduced the birth of Jesus as a Christologically significant moment.これを導入したとして、イエスキリストの誕生の瞬間christologically重要です。

As Christianity spread to the Greek speaking world between AD 35 and 50, further Christological perspectives were developed.ギリシャ語で言えば、キリスト教世界に広がっている広告の35と50の間には、さらなるchristological視点が開発された。 The sending - of - the - Son pattern was one of them.送信-- -息子は、1つのパターンにしてください。 This pattern is threefold: (1) God sent (2) his Son (3) in order to .このパターンは、三重: ( 1 )神に送られる( 2 ) 、 ( 3 ) 、息子のために。 . . (with a statement of the saving purpose - for example, Galatians 4:4 - 5). (声明では、貯蓄の目的-たとえば、ガラテヤ人への手紙4時0 4分- 5) 。 The birth narratives of Matthew and Luke combine the Davidic descent with the sending - of - the - Son Christology.マシューとルークの誕生の体験談を組み合わせるdavidic降下して送信する-の- -息子c hr istology。 Another major development of this period is the identification of Jesus as the incarnation of the heavenly wisdom of Jewish speculation (Prov. 8:22 - 31; Sir. 24:1 - 12; Wisd. 7:24 - 30).もう一つの主要な開発には、この期間の権化として、イエスキリストの同定、天上の知恵ユダヤ人の憶測( prov. 8時22 -3 1;卿。 2 4:1- 12 ;w i sdです。7時2 4 -3 0) 。

Hence a three stage Christology emerges: the preexistent wisdom or Logos (Word), who was the agent of creation and of general revela - tion and also of the special revelation of Israel, becomes incarnate in the life and death of Jesus of Nazareth, and then in the resurrection and exaltation returns to heaven (Php. 2:6 - 11; Col. 1:15 - 20; Heb. 1:1 - 3; John 1:1 - 14).したがって3つのステージに現れchristology :元からの知恵やロゴ(ワード)は、代理店を設立していたとの全般revela -競合他社との特別な啓示は、イスラエルのも、生と死の化身になるのナザレのイエス、とその後の復活と高揚して天を返す( php. 2時06 -1 1;大佐1 :15- 20 ;h e b。1 : 1-3 ;ヨハネ1:1 -14 )。 With this three stage Christology there is a shift from purely functional interpretation to the question of the being or person of Jesus.この3つのステージでは、シフトchristologyそこから純粋に機能的な解釈しているかの質問にイエスの人です。 Thus the later phases of the New Testament lay the ground for the Christological controversies of the Patristic Age.後の段階では、このように横たわって地面には、新約聖書の論争christological年齢patristic 。

Christological Controversies of the Patristic Age christological論争は、年齢patristic

The rise of Gnosticism as a Christian deviation began in the 2d century and led to the development of Docetism, the view that the humanity of Jesus was apparent rather than real.キリスト教グノーシス主義の台頭としては、二次元偏差世紀が始まったとキリスト仮の開発を主導して、人類は、イエスキリストとの見解を明らかにというよりは本物だ。 Catholic Christianity insisted on his true humanity - hence the statement in the Apostles' Creed, "conceived by the Holy Ghost, born of the Virgin Mary."彼の真の人間性を主張してキリスト教のカトリック-したがって、その声明は、使徒信条は、 "聖霊の考えでは、聖母マリアが生まれています。 "

In the 3d and 4th centuries there were some who continued to question the full humanity of Jesus and others who questioned his full deity.三次元とは、いくつかの人の続きがあった4世紀にもわたって、全人類の質問にイエスキリストを他の人と彼の完全な神のような存在に疑問です。 When Arius denied that the preexistent Son, or Word, was fully God, the Council of Nicea (325) formulated a creed (the Nicene Creed) containing the phrases "of one substance with the Father" and "was made man."アリウス否定して息子の元からあるとき、またはワードは、完全に神は、評議会の策定するnicea ( 325 )信条(ニカイア信条)を含むフレーズ"の1つの物質の父"と"男は前です。 " Next, Apollinarius, anxious to assert the Son's deity, taught that the Logos replaced the human spirit in the earthly Jesus (Apollinarianism).次に、 apollinarius 、神の息子の不安を主張し、教えたことは、人間の精神のロゴは、この世に置き換えイエス( apollinarianism ) 。 This teaching was condemned at the Council of Constantinople (381).この授業は、死刑囚は、コンスタンティノポリス公会議( 381 ) 。 Next, the theologians of the school of Antioch were so anxious to maintain the reality of Jesus' humanity that they seemed to compromise his deity.次に、その学校のアンティオキアの神学者が不安を維持するための現実をイエスの人類のように妥協して彼の神です。 Thus Theodore of Mopsuestia and his pupil Nestorius (Nestorianism) separated the deity from the humanity almost to the point of denying the unity of his person.こうしてモプスエスティアのテオドロスと彼の弟子nestorius ( nestorianism )神からの分離、人類のほとんどのポイントを否定して彼の人が団結しています。

To preserve this unity the Council of Ephesus (431) affirmed that Mary was the "God - bearer" (Theotokos, later popularly rendered as "Mother of God").この評議会の結束を維持するのエフェソス( 431 )メアリーは断言し、 "神-無記名" ( t heotokos、後で広くとしてレンダリングさ"の母神"を参照) 。 Eutyches from the Alexandrian school then claimed that the two natures of Christ were, at the incarnation, fused into one.それから学校からeutychesアレクサンドリアと主張していた2つのキリストの性質は、その化身、ヒューズを1つです。 This view was ruled out at the Council of Chalcedon (451), which insisted that Christ was one person in two natures (divine and human) "without confusion, without change, without division and without separation."このビューは、評議会は、排除chalcedon ( 451 )で、一人の人間と主張していた2つの性質キリスト(神と人間) "の混乱なしには、変更することなく、無課と分離せず"と述べた。

Modern Christologies generally start "from below" rather than "from above," finding Jesus first to be truly human, and then discovering his divinity in and through his humanity: "God was in Christ, reconciling the world to himself" (2 Cor. 5:19).近代christologies通常スタート"の下から"というより"上からは、 "イエス様を最初に見つけるのが真の人間は、自分の神性を発見すると、それから彼の人間性を通じて: "神は、キリストは、世界中の人々に自分自身の和解" ( 2うわっ。 5時19分) 。

Reginald H Fullerレジナルドhフラー

Bibliography 文献情報
R Augstein, Jesus Son of Man (1977); G Aulen, Jesus in Contemporary Historical Research (1976); C K Barrett, Jesus and the Gospel Tradition (1967); G Bornkamm, Jesus of Nazareth (1960); R Bultmann, Jesus and the Word (1954); and Jesus Christ and Mythology (1958); Congar, Yves, Jesus Christ (1966); C M Connick, Jesus: The Man, the Mission, and the Message (1974); H Conzelmann, Jesus (1973); P Fredericksen, From Jesus to Christ (1988); R H Fuller, The Foundations of New Testament Christology (1965); E J Goodspeed, A Life of Jesus (1950); M Grant, Jesus: An Historian's Review of the Gospels (1977);研究augstein 、イエスマンの息子( 1977 ) ; aulenグラムは、イエスキリストが現代の歴史的研究( 1976 ) ; ckにバレットは、イエスキリストの福音と伝統( 1967年) ;グラムbornkamm 、ナザレのイエス( 1960 ) ;研究ブルトマンは、イエスキリストとその言葉( 1954年) ;とイエスキリストと神話( 1958年) ;コンガール、イヴは、イエスキリスト( 1966年) ; cmのコニックは、イエス:その男は、今回のミッションは、とのメッセージ( 1974年) ; hコンツェルマン、イエス( 1973 ) ; fredericksen p 、からして、イエスキリスト( 1988 ) ; rhフラーは、新約聖書の基盤christology ( 1965 ) ; ejグッドは、イエスキリストの生涯( 1950年) ; mにグラントは、イエスキリスト:史家の見直しをするgospels ( 1977 ) ;

F Hahn, The Titles of Jesus in Christology (1969); A T Hanson, Grace and Truth (1975); M Hengel, The Son of God (1976); J Hick, ed., The Myth of God Incarnate (1976); J Jeremias, The Parables of Jesus (1971); W Kasper, Jesus the Christ (1976); L E Keck, A Future for the Historical Jesus (1971); H C Kee, Jesus in History (1977) and What Can We Know about Jesus (1990); J Klausner, Jesus of Nazareth, His Life, Times and Teaching (1925); J L Mays, ed., Interpreting the Gospels (1981); W Pannenberg, Jesus: God and Man (1977); fハーンは、イエスキリストのタイトルでchristology ( 1969 ) ;でハンソンは、恵みと真理( 1975 ) ; mにヘンゲルは、神の御子( 1976 ) ; jヒック、エド。 、神話の神の化身( 1976 ) ; jイェレミアス、イエスの例( 1971 ) ;ワットカスパーは、イエスキリストのキリスト( 1976 ) ;ルケックは、将来のために、歴史的なイエス( 1971 ) ;リンクKeeのは、歴史上のイエス( 1977 )やイエスキリストについて知っている私たちに何ができる( 1990 ) ; jクラウスナー、ナザレのイエスは、彼の人生は、時間と教育( 1925年) ; jlメイズ、エド。 、通訳のgospels ( 1981 ) ;ワットパネンベルクは、イエスキリスト:神と人間( 1977 ) ;

J Pelikan, Jesus Through the Centuries (1987); P Perkins, Jesus as Teacher (1990); J M Robinson, The New Quest of the Historical Jesus (1959); J A T Robinson, The Human Face of God (1973); F Schleiermache, Life of Jesus (1974); P Schoonenberg, The Christ (1971); A Schweitzer, The Quest of the Historical Jesus (1910) and The Mystery of the Kingdom of God (1985); G Vermes, Jesus and the Jew: A Historian's Reading of the Gospels (1974); A N Wilder, Eschatology and Ethics in the Teaching of Jesus (1950). jペリカンは、イエスキリストを通して世紀にもわたって( 1987 ) ; pパーキンスは、教師としてのイエス( 1990 ) ;ジャマイカロビンソンは、新しいクエストは、歴史的なイエス( 1959 ) ; jatロビンソンは、人間の顔の神( 1973 ) ; schleiermache fは、イエスキリストの生涯( 1974 ) ; schoonenberg pは、キリスト( 1971 ) ;するシュバイツァーは、イエスキリストの歴史的探求( 1910年)と、神の王国の謎( 1985 ) ;グラムベルメシュ、イエスとユダヤ人:史家の読書のgospels ( 1974 ) ;するワイルダーは、終末論と倫理を教えることは、イエス( 1950 ) 。


Je'sus je'sus

Advanced Information 高度情報

Jesus is the proper, as Christ is the official, name of our Lord.イエス様は、適切に、同関係者は、キリストは、わたしたちの主の名前です。 To distinguish him from others so called, he is spoken of as "Jesus of Nazareth" (John 18:7), and "Jesus the son of Joseph" (John 6:42).他人を区別するいわゆる彼からは、彼の言葉が話され、 "ナザレのイエス" (ヨハネ18時07分) 、そして"イエスキリストの息子であるジョセフ" (ジョン6時42分) 。 This is the Greek form of the Hebrew name Joshua, which was originally Hoshea (Num. 13:8, 16), but changed by Moses into Jehoshua (Num. 13:16; 1 Chr. 7:27), or Joshua.これは、ギリシャ語、ヘブライ語の名前ジョシュア形で、これはもともとhoshea ( num. 13時08分、 16 )が、ムーサーに変更さjehoshua ( num. 13 : 16 ; 1 chr 。 7時27分) 、またはジョシュア。 After the Exile it assumed the form Jeshua, whence the Greek form Jesus.仮定のフォームに亡命後、 jeshuaそれは、イエスキリストでwhenceは、ギリシャのフォームです。 It was given to our Lord to denote the object of his mission, to save (Matt. 1:21).それはわたしたちの主に与えられた自分の使命を表し、オブジェクトを保存する( matt. 1時21分) 。

The life of Jesus on earth may be divided into two great periods, (1) that of his private life, till he was about thirty years of age; and (2) that of his public life, which lasted about three years.地球上で、イエスキリストの生涯の2つに分けられるかもしれない偉大な期間は、 ( 1 )自分の私生活をして、彼は約30年までの年齢;および( 2 )国民の生活をして、彼は、約3年間続いた。

In the "fulness of time" he was born at Bethlehem, in the reign of the emperor Augustus, of Mary, who was betrothed to Joseph, a carpenter (Matt. 1:1; Luke 3:23; comp. John 7:42).は、 "時間がfulness "彼が生まれたベツレヘムでは、天皇の治世のオーガスタス、メアリーは、婚約していたヨセフは、大工( matt. 1:1 ;ルーク3 : 23 ;伴奏です。ジョン7時42分) 。 His birth was announced to the shepherds (Luke 2:8-20).彼の誕生が発表して羊飼い(ルカ2:8-20 ) 。 Wise men from the east came to Bethlehem to see him who was born "King of the Jews," bringing gifts with them (Matt. 2:1-12).賢者の東から来た人に会うことができなかったが生まれたベツレヘム"キングオブザユダヤ人は、 "プレゼントを持参して( matt. 2:1-12 ) 。 Herod's cruel jealousy led to Joseph's flight into Egypt with Mary and the infant Jesus, where they tarried till the death of this king (Matt. 2:13-23), when they returned and settled in Nazareth, in Lower Galilee (2:23; comp. Luke 4:16; John 1:46, etc.).ヘロデの残酷な嫉妬心を主導してエジプトへの逃避のジョセフマリアとイエスの幼児は、どこに滞在するまで、この王の死( matt. 2:13-23 ) 、ナザレ定着したときに返されると、ガリラヤを下げる( 2時23分;伴奏。ルーク4 : 16 ;ジョン1時46分、等) 。 At the age of twelve years he went up to Jerusalem to the Passover with his parents.歳の時に彼は12年までにエルサレムをして、彼の両親ペサハ。 There, in the temple, "in the midst of the doctors," all that heard him were "astonished at his understanding and answers" (Luke 2:41, etc.).そこで、同寺では、 "医師の真っただ中で、 "すべてのことを聞いていた"と驚いて、自分の理解と回答" (ルカ2時41分、等) 。 Eighteen years pass, of which we have no record beyond this, that he returned to Nazareth and "increased in wisdom and stature, and in favour with God and man" (Luke 2:52). 18年間パスは、我々がないのが、この記録を超えて、ナザレとして彼に戻った"知恵と身長増加して、神と人間とは賛成して" (ルカ2時52分) 。

He entered on his public ministry when he was about thirty years of age. It is generally reckoned to have extended to about three years. 彼は彼の公共省に入ったとき、彼は約30歳。無視することは通常の約3年間に延長している。

Each of these years had peculiar features of its own. これらの各年間では、独自に特有の機能です。

  1. The first year may be called the year of obscurity, both because the records of it which we possess are very scanty, and because he seems during it to have been only slowly emerging into public notice.最初の1年間の年と呼ばれるかもしれない無名のは、両方のための我々の記録を保有することは非常に乏しいため、そして、彼はそれを中に徐々に浮上してきた国民の通告のみです。 It was spent for the most part in Judea.それは、ユダヤの大部分を費やしています。

  2. The second year was the year of public favour, during which the country had become thoroughly aware of him; his activity was incessant, and his fame rang through the length and breadth of the land. 2年目の今年は、国民の恩恵は、その国の中で徹底的に気付いていた彼になる;彼の活動は、絶え間ない、そして彼の名声が鳴ったを通じてその土地の隅から隅まで。 It was almost wholly passed in Galilee.それは、ガリラヤほぼ完全に渡されます。

  3. The third was the year of opposition, when the public favour ebbed away. 3番目は、 1年間の野党は、国民の恩恵ebbed去るときです。 His enemies multiplied and assailed him with more and more pertinacity, and at last he fell a victim to their hatred.彼と彼の敵の攻撃を掛けて、ますます多くの根気強さ、そしてとうとう彼は彼らの憎しみを被害者に落ちた。 The first six months of this final year were passed in Galilee, and the last six in other parts of the land.この最初の6カ月間のガリラヤの最終学年が可決され、最後の6つの中の他の部分の土地です。


(from Stalker's Life of Jesus Christ, p. 45). (イエスキリストの生涯からストーカー、 p. 45 ) 。

The only reliable sources of information regarding the life of Christ on earth are the Gospels, which present in historical detail the words and the work of Christ in so many different aspects.唯一の信頼できる情報源については、地球上の生命のgospelsキリストは、歴史的な細部に存在するキリストの言葉とその仕事には実にさまざまな側面です。 (See the presentation on Christ.) (プレゼンテーションをして、キリストを参照してください。 )

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Other Biblical People Named Je'sus聖書の中の他の人々の名前je'sus

Advanced Information 高度情報

(1.) Joshua, the son of Nun (Acts 7:45; Heb. 4:8; R.V., "Joshua"). ( 1 。 )ジョシュア、尼僧の息子( 7時45行為; heb 。 4時08分;右室は、 "ジョシュア"を参照) 。 (2.) A Jewish Christian surnamed Justus (Col. 4:11). ( 2 ) 。 surnamedユストゥスキリスト教ユダヤ教(陸軍大佐4時11分) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Jesus Christイエスキリスト

Advanced Information 高度情報

The expression is a combination of a name, "Jesus" (of Nazareth), and the title "Messiah" (Hebrew) or "Christ" (Greek), which means "anointed."この式は、名前を組み合わせて、 "イエス" (ナザレ) 、および、タイトル"救世主" (ヘブライ語)または"キリスト" (ギリシャ語)で、つまり"聖なる"と述べた。 In Acts 5:42, where we read of "preaching Jesus the Christ," this combination of the name and the title is still apparent. 5時42分の行為を、我々はどこ読んで、 "イエスはキリストの説教は、 "この組み合わせは、タイトル名とは、まだ明らかにしています。 As time progressed, however, the title became so closely associated with the name that the combination soon was transformed from the confession, Jesus (who is) the Christ, to a confessional name, Jesus Christ.時間進んだとしては、しかし、このタイトルが密接に関連付けられているので、すぐには、その組み合わせの名前に変換してから、告白は、イエスキリスト(誰が) 、告白して、名前は、イエスキリストです。 The appropriateness of this title for Jesus was such that even Jewish Christian writers quickly referred to Jesus Christ rather than Jesus the Christ (Cf. Matt. 1:1; Rom. 1:7; Heb. 13:8; James 1:1; I Pet. 1:1).このタイトルのための妥当性は、このようなことでさえ、イエスキリスト教ユダヤ人作家迅速に言及し、イエスキリストではなく、イエスキリスト( cf.マットです。 1:1 ; ROMのです。 1 : 07 ; heb 。 13 : 08 ;ジェームズ1:1 ;私のペットです。 1:1 ) 。

Sources of Information情報源

The sources for our knowledge of Jesus Christ can be divided into two main groups: non-Christian and Christian.私たちの知識のソースのイエスキリストの2つの主要なグループに分けられることができます:非キリスト教とキリスト教です。

Non-Christian Sources非キリスト教の源

These sources can be divided again into two groups: pagan and Jewish.これらのソースには2つのグループに分かれて再び:異教とユダヤ人です。 Both are limited in their value.これらの値の両方が限られている。 There are essentially only three pagan sources of importance: Pliny (Epistles x.96); Tacitus (Annals xv.44); and Suetonius (Lives xxv.4).異教のソースには、本質的に重要な3つのみ: pliny (書簡x.96 ) ;タキトゥス( annals xv.44 ) ;とスエトニウス(生活xxv.4 ) 。 All these date from the second decade of the second century.これらすべての日付から2番目の10年間で2番目の世紀です。 The main Jewish sources are Josephus (Antiquities xviii.3.3 and xx.9.1) and the Talmud.ソースには、メインのユダヤ人ヨセフス( xviii.3.3や骨董品xx.9.1 )とタルムード。 The non-Christian sources provide meager information about Jesus, but they do establish the fact that he truly lived, that he gathered disciples, performed healings, and that he was condemned to death by Pontius Pilate.非わずかな情報については、イエスキリスト教のソースを提供し、それらを確立するという事実を彼は本当に住んで、彼の弟子集め、治癒行われる、としていたpontius pilate非難されて死亡した。

Christian Sourcesキリスト教の源

The nonbiblical Christian sources consist for the most part of the apocryphal gospels (A.D. 150-350) and the "agrapha" ("unwritten sayings" of Jesus, i.e., supposedly authentic sayings of Jesus not found in the canonical Gospels).キリスト教の関係者で構成さnonbiblicalの大部分は、作り話gospels (広告一五〇から三五〇 )と"アグラファ" ( "不文律のことわざ"イエス、すなわち、建前上は本物のことわざは、イエスキリストが見つかりませんカノニカルgospels ) 。 Their value is quite dubious in that what is not utterly fantastic (cf. Infancy Gospel of Thomas) or heretical (cf. Gospel of Truth) is at best only possible and not provable (cf. Gospel of Thomas 31, 47).これらの値はかなり怪しげなものではないことは全くファンタスティック( cf.乳児期トマスによる福音書)または異端( cf.福音の真理)は、せいぜいのみ可能と証明しない( cf.トーマスによる福音書31 、 47 ) 。

The biblical materials can be divided into the Gospels and Acts through Revelation.聖書の中の資料に分けられるが、その行為を通じて、ヨハネの黙示録gospels 。 The information we can learn from Acts through Revelation is essentially as follows: Jesus was born a Jew (Gal. 4:4) and was a descendant of David (Rom. 1:3); he was gentle (II Cor. 10:1), righteous (I Pet. 3:18), sinless (II Cor. 5:21), humble (Phil. 2:6), and was tempted (Heb. 2:18; 4:15); he instituted the Lord's Supper (I Cor. 11:23-26), was transfigured (II Pet. 1:17-18), was betrayed (I Cor. 11:23), was crucified (I Cor. 1:23), rose from the dead (I Cor. 15:3ff), and ascended to heaven (Eph. 4:8).その情報から学ぶこともできる啓示は、本質的な行為を通じて、以下の通り:イエスキリストが生まれたのは、ユダヤ人( gal. 4時04分)の子孫であるとデビッド( rom. 1時03分) ;彼は優しい( ⅱうわっ。 10時01分)は、正しい(私のペットです。 3時18分) 、 sinless ( ⅱうわっ。 5時21分) 、謙虚( phil. 2時06分)とは、誘惑( heb. 2時18分、 4時15分) ;彼は、主の設立夕食(私うわっ。 11:23-26 ) 、はtransfigured ( ⅱペットです。 1:17-18 )は、裏切られた(私うわっ。 11:23 ) 、はりつけ(うわっ私です。 1時23分) 、バラから死者(私うわっ。 FFの15時03分) 、天国へと昇っ( eph. 4時08分) 。 Certain specific sayings of Jesus are known (cf. I Cor. 7:10; 9:14; Acts 20:35), and possible allusions to his sayings are also found (e.g., Rom. 12:14, 17; 13:7, 8-10; 14:10).イエスキリストは、特定の既知のことわざ( cf.私うわっています。 7時10分、 9時14分、 20時35行為) 、そして彼の可能性をallusionsことわざにも見つかりました(例えば、 ROMのです。 12:14 、 17 ;午前13時07分、 8-10 ; 14:10 ) 。

The major sources for our knowledge of Jesus are the canonical Gospels.そのために我々の主要な源は、イエスキリストの知識カノニカルgospels 。 These Gospels are divided generally into two groups: the Synoptic Gospels (the "look-alike" Gospels of Matthew, Mark, and Luke) and John. gospelsは、これらの2つのグループに分かれて通常: gospels共観福音書(以下、 "そっくりさん"のマシューgospels 、マーク、ルーク)とジョン。 The former are generally understood to "look alike" due to their having a literary relationship.前者は概して理解して"ペアルック"のために自分の文学的な関係を持つ。 The most common explanation of this literary relationship is that Mark wrote first and that Matthew and Luke used Mark and another source, now lost, which contained mostly teachings of Jesus (called "Q") and that they used other materials as well ("M"= the materials found only in Matthew; "L" = the materials found only in Luke).最も一般的な説明をして、このマークは、文芸関係を最初に書いたとして使用されてマシューとルークマークや他の情報源は、今失われ、これに含まれる主イエスキリストの教え(と呼ばれるの" q " )として他の材料としてよく使われる( " mに" =だけで、素材が見つかりましたマシュー;で" l " =ルークだけで、素材が見つかりました) 。

Jesus of Nazarethナザレのイエス

In Matthew and Luke we find accounts of the birth of Jesus.マシューとルークは我々のアカウントを見つけるのは、イエスキリストの誕生です。 Both accounts point out that Jesus was born of a virgin by the name of Mary in the city of Bethlehem (Matt. 1:18-2:12; Luke 1:26-2:7; attempts to find allusions to the virgin birth in Gal. 4:4 and John 8:41 are quite forced).両方のアカウントと指摘しているが、イエスキリストが生まれた処女マリアの名前では、シティオブベツレヘム( matt. 1:18-2:12 ;ルーク1:26-2:7 ;を試みますallusionsを見つけるには処女懐胎ギャル。 4時04分、 8時41分にはかなり強制ジョン) 。 Attempts to explain these accounts as parallels to Greek myths stumble on the lack of any really substantial parallels in Greek literature and above all by the Jewish nature of these accounts.これらのアカウントの類似点を説明する試みとしてギリシャ神話につまずくいかなる本当に欠如して実質的に類似したギリシャの文学やユダヤ教の性質上のすべてのこれらのアカウントです。

The ministry of Jesus began with his baptism by John (Mark 1:1-15; Acts 1:21-22; 10:37) and his temptation by Satan.イエス部の洗礼を始めた彼は、ジョン(マーク1:1-15 ;行為1:21-22 ; 10:37 )と彼の悪魔の誘惑された。 His ministry involved the selection of twelve disciples (Mark 3:13-19), which symbolized the regathering of the twelve tribes of Israel; the preaching of the need of repentance (Mark 1:15) and the arrival of the kingdom of God in his ministry (Luke 11:20); the offer of salvation to the outcasts of society (Mark 2:15-17; Luke 15; 19:10); the healing of the sick and demon-possessed (which are referred to in the Jewish Talmud); and his glorious return to consummate the kingdom.彼の12の省の選定にかかわって弟子(マーク3:13-19 ) 、これを象徴するのは、 12部族のイスラエルregathering ;説法のは、後悔する必要があります(マーク午前1時15分)とは、神の国に到着彼の省(ルカ11:20 ) ;の救済を提供するのは社会ののけ者(マーク2:15-17 ;ルーク15 ;午前19時10分) ;の癒しの病人や悪霊-保有(これは、参照されて、ユダヤ教のタルムード) ;と彼の栄光の王国に戻るこの上ない。

The turning point in Jesus' ministry came at Caesarea Philippi when, after being confessed as the Christ by Peter, he acknowledged the correctness of this confession and proceeded to tell the disciples of his forthcoming death (Mark 8:27-31; Matt. 16:13-21).イエスキリストの転機' caesareaフィリッピ省来たときには、キリストの後に告白されたとして、ピーターは、彼の正当性を認め、この告白と彼の弟子に教えて進み来るべき死(マーク8:27-31 ;マットです。 16 :13 - 21 ) 。 Advancing toward Jerusalem, Jesus cleansed the temple and in so doing judged the religion of Israel (note Mark's placement of the account between 11:12-14 and 11: 20-21 as well as the contents of the following two chapters).エルサレムに向かって進み、イエス清め、寺と判断さそうすることで、イスラエルの宗教(注マークの位置を11:12-14と11日間のアカウント:二十から二十一までだけでなく、その内容は、以下の2つの章) 。 On the night in which he was betrayed he instituted the ordinance of the Lord's Supper, which refers to the new covenant sealed by his sacrificial blood and the victorious regathering in the kingdom of God (Mark 14:25; Matt. 26:29; Luke 22:18; I Cor. 11:26). 27日の夜に裏切られた彼は彼の主の導入の条例の夕食、これを指しているため密閉された彼の新しい契約のいけにえの血とは、神の国戦勝regathering (マーク14:25 ;マットです。 26:29 ;ルーク22 : 18 ;私うわっ。 11:26 ) 。 Thereupon he was arrested in the Garden of Gethsemane, tried before the Sanhedrin, Herod Antipas, and finally Pontius Pilate, who condemned him to death on political charges for claiming to be the Messiah (Mark 15:26; John 19:19).そこで彼は逮捕されたが、庭のゲッセマネ、しようとする前に、サンヘドリン、ヘロデアンティパス、 pontius pilateそして最後には、人の死を非難して彼に政治的な料金は、救世主と主張される(マーク15:26 ;ヨハネ19時19分) 。 On the eve of the sabbath Jesus was crucified for the sins of the world (Mark 10:45) outside the city of Jerusalem (John 19:20) at a place called Golgotha (Mark 15:22) between two thieves who may have been revolutionaries (Matt. 27:38).安息日の前夜、イエスキリストが十字架につけられ、世界の様々な罪のため(マーク10:45 )エルサレム市内外(ジョン19 : 20 )と呼ばれる場所でゴルゴタ(マーク15時22分)の間に2人組の泥棒れた可能性がある人革命家( matt. 27:38 ) 。

He gave up his life before the sabbath came, so that there was no need to hasten his death by crurifragium, i.e., the breaking of his legs (John 19:31-34).彼は自分の人生をあきらめた安息日の前に来たので、急ぐ必要はない、彼の死によってcrurifragiumには、すなわち、自分の脚の破壊(ヨハネ19:31-34 ) 。 He was buried in the tomb of Joseph of Arimathea (Mark 15:43; John 19:38) on the eve of the sabbath.彼はヨセフの墓の中に埋めてarimathea (マーク15時43分、 19時38分ジョン) 、安息日の前夜。 On the first day of the week, which was the third day (Friday to 6 P.M. = day 1; Friday 6 P.M. to Saturday 6 P.M. = day 2; Saturday 6 P.M. to Sunday A.M. = day 3), he rose from the dead, the empty tomb was discovered, and he appeared to his followers (Mark 16; Matt. 28; Luke 24; John 20-21).週の最初の日にして、これは、 3日目(金曜日に1日午後6時= 1 ;金曜日土曜日午後6時から1日午後6時= 2 ;土曜日日曜日午後6時から3時= 1日) 、彼の死からローズは、空の墓が発見され、彼に出演して彼の信者(マーク16 ;マットです。 28 ;ルーク24 ;ジョン20から21 ) 。 He abode forty days with the disciples and then ascended into heaven (Acts 1:1-11).彼の住まいで、 40日間に天に昇って、それから弟子(行為1:1-11 ) 。

So ended the three-year ministry (John 2:13; 5:1; 6:4; 13:1) of Jesus of Nazareth.だから終わったの3カ年省(ジョン2時13分、 5時01分、 6時04分、 13時01分)のナザレのイエスです。

The Christ of Faith信仰のキリスト

The unique self-understanding of Jesus can be ascertained by two means: the implicit Christology revealed by his actions and words, and the explicit Christology revealed by the titles he chose to describe himself.このユニークな自己の理解を確認することができますイエスの2つの意味: christology暗黙の彼の行動や言葉を明らかにした、と明らかに明示されるタイトルchristology彼を選んだ自分自身を表す。

Implicit Christology暗黙のchristology

Jesus during his ministry clearly acted as one who possessed a unique authority.彼の中にはっきりとイエス部の人の行動の一つとして、固有の権限を保有しています。 He assumed for himself the prerogative of cleansing the temple (Mark 11:27-33), of bringing the outcasts into the kingdom of God (Luke 15), and of having divine authority to forgive sins (Mark 2:5-7; Luke 7:48-49).彼は自分自身のために大権を想定クレンジング寺(マーク11:27-33 ) 、のけ者に持ってくるように、神の王国(ルーク15 )は、神の権威を持つと罪を許す(マーク2:5-7 ;ルーク7:48-49 ) 。

Jesus also spoke as one who possessed authority greater than the OT (Matt. 5:31-32, 38-39), than Abraham (John 8:53), Jacob (John 4:12), and the temple (Matt. 12:6).イエスキリストの一つとして誰もスポーク以上の権限を保有ot ( matt. 5:31-32 、三十八から三十九まで)は、よりアブラハム(ヨハネ8時53分) 、ジェイコブ(ジョン4時12分) 、および同寺( matt. 12 : 6 ) 。 He claimed to be Lord of the Sabbath (Mark 2:28).と主張されるロードオブザ安息日(マーク2時28分) 。 He even claimed that the destiny of all people depended on how they responded to him (Matt. 10:32-33; 11:6; Mark 8: 34-38).彼は主張しても、すべての人々の運命を彼に依存してどのように回答( matt. 10:32-33 ;午前11時06分;マーク8 :三十四から三十八) 。

Explicit Christology明示的なchristology

Along with the implicit Christology of his behavior Jesus also made certain Christological claims by means of the various titles he used for himself.暗黙のchristologyとともに、イエスは彼の行動の前に特定のchristological請求されたという意味でも、様々なタイトルが彼自身に使用される。 He referred to himself as the Messiah or Christ (Mark 8:27-30; 14:61-62), and his formal sentence of death on political grounds (note the superscription on the cross) only makes sense on the basis of Jesus' having acknowledged that he was the Messiah.彼は自分自身に言及したり、救世主キリスト(印8:27-30 ; 14:61-62 ) 、そして彼の死の宣告を正式に政治的な理由で(注十字架上の表題)のみに基づいて理にかなってイエス'救世主察知していたのです。 He referred to himself also as the Son of God (Mark 12:1-9; Matt. 11:25-27), and a passage such as Mark 13:32 in which he clearly distinguished between himself and others must be authentic, for no one in the church would have created a saying such as this in which the Son of God claims to be ignorant as to the time of the end.彼は自分自身にも言及し、神の息子として(マーク12:1-9 ;マットです。 11:25-27 ) 、および、通路のようなマークで13:32の間に彼は自分自身と他の区別を明確にしなければならない本物のは、教会では、誰が作成したと言って、このような神の御子が主張されるように無知な時間の終わりです。 Jesus' favorite self-designation, due to its concealing as well as revealing nature, was the title Son of man.イエスのお気に入りの自己指定しているために露出するだけでなく、その性質を隠して、男の息子は、タイトルです。 Jesus in using this title clearly had in mind the Son of man of Dan.イエスは、このタイトルを明確に使用していた男を念頭に置いての息子のダンです。 7:13, as is evident from Mark 8:38; 13:26; 14:62; Matt.午前7時13分、マークとしては明らかから8時38分、 13時26分; 14:62 ;マットです。 10:23; 19:28; 25:31. 10:23 ;午前19時28分; 25:31です。 Therefore, rather than being a title which stresses humility, it is clear that this title reveals the divine authority Jesus possesses as the Son of man to judge the world and his sense of having come from the Father (cf. here also Mark 2:17; 10:45; Matt. 5:17; 10:34).したがって、タイトルを強調するよりも謙虚され、それは明らかに、このタイトルをクリアして、神の息子としての権威を持ってイエスマンに判断すると、世界から来る彼のセンスを持つ父親( cf.ここにもマーク2時17分; 10:45 ;マットです。 5時17分; 10:34 ) 。 Many attempts have been made to deny the authenticity of some or all of the Son of man sayings, but such attempts founder on the fact that this title is found in all the Gospel strata (Mark, Q, M, L, and John) and satisfies perfectly the "criterion of dissimilarity," which states that if a saying or title like this could not have arisen out of Judaism or out of the early church, it must be authentic.多くの試みが行われましたが本物であることを否定するのは、いくつかまたはすべてのことわざ男の息子であるが、そのような試みは、財団は、このタイトルの事実が判明した地層中のすべての福音書(マークは、問は、 mには、信用、そしてジョン)と完全に満たす、 "基準の相違は、 "どの国と言ったりしている場合、このようなタイトルを出すことができなかったが生じたり、ユダヤ教の教会のうち、初めには、本物しなければならないことです。 The denial of the authenticity of this title is therefore based not so much on exegetical issues as upon rationalistic presuppositions which a priori deny that Jesus of Nazareth could have spoken of himself in this way.信ぴょう性は否定は、このタイトルは、そのための問題をベースとしてexegeticalほどではないにしてどのpresuppositions先験的な合理主義を否定する可能性があることナザレのイエスは自分自身をこのように話されています。

THE NT Christology

Within the NT numerous claims are made concerning Jesus Christ.請求の範囲内では、前にはNTに関する数多くのイエスキリストです。 Through his resurrection Jesus has been exalted and given lordship over all creation (Col. 1:16-17; Phil. 2:9-11; I Cor. 15:27).イエスキリストの復活を通して彼の支配権を与えられたとされて高貴なすべての創出(大佐1:16-17 ;フィル。 2:9-11 ;私うわっ。 15:27 ) 。 The use of the title "Lord" for Jesus quickly resulted in the association of the person and work of Jesus with the Lord of the OT, i.e., Yahweh.タイトルの使用は、 "主"をイエスキリストは、すぐに結果、同協会の人と仕事をして、主イエスは、 ot 、すなわち、ヤハウェ。 (Cf. Rom. 10:9-13 with Joel 2:32; II Thess. 1:7-10, I Cor. 5:5 with Isa. 2:10-19; II Thess. 1:12 with Isa. 66:5; I Cor. 16:22 and Rev. 22:20; Phil 2:11.) His preexistence is referred to (II Cor. 8:9; Phil. 2:6; Col. 1:15-16); he is referred to as creator (Col. 1:16); he is said to possess the "form" of God (Phil. 2:6) and be the "image" of God (Col. 1:15; cf. also II Cor. 4:4). ( cf. ROMのです。ジョエル2時32分に10:9-13 ; thess 2世です。 1:7-10 、私うわっ。 5時05分のISAしている。 2:10-19 ; thess 2世です。 1時12分のISAしている。 66 : 5 ;私うわっ。 16時22分、 22時20分牧師;フィル2時11分です。 )彼は、言及を先在( ⅱうわっ。 8時09分;フィル。 2時06 ;大佐1:15-16 ) ;彼はクリエーターと呼ばれる(大佐1時16分) ;を持つによると、彼は"形"の神( phil. 2時06分)とは、 "画像"の神(大佐1 : 15 ; cf 。もうわっ2世です。 4時04分) 。 He is even referred to explicitly in a number of places as "God" (Rom. 9:5; II Thess. 1:12; Titus 2:13; Heb. 1:5-8; I John 5:20; John 1:1; 20:28; although the exegesis of some of these passages is debated, it is clear that some of them clearly refer to Jesus as "God").彼は言及しても明示的には、いくつかの場所としての"神" ( rom. 9時05分; thess 2世です。 1 : 12 ;タイタス2時13 ; heb 。 1:5-8 ;私のジョン5 : 20 ;ジョン1 : 1 ;午前20時28分;評釈のにもかかわらず、これらの文章は、いくつかの議論は、いくつかのことは明らかだとして明確にイエスキリストを参照して"神"を参照) 。

The Quest for the Historical Jesusイエスは、歴史的な探求

The beginning of the quest for the historical Jesus can be dated to 1774-78 when the poet Lessing published posthumously the lecture notes of Hermann Samuel Reimarus.初めには、イエスキリストの歴史的な探求のために1774年から1778年の日付できるとき、詩人の死後、講義ノートレッシング日付のヘルマンサミュエルライマールス。 These notes challenged the traditional portrait of Jesus found in the NT and the church.これらの注意事項障害者の伝統的な肖像画のNTとは、イエスキリストの教会が見つかりました。 For Reimarus, Jesus never made any messianic claim, never instituted any sacraments, never predicted his death nor rose from the dead.ライマールスためには、一度も救世主イエスキリストの主張は、決して導入した任意の秘跡は、決して彼の死の予測から、死んでもバラです。 The story of Jesus was in fact a deliberate imposture of the disciples.イエスキリストの物語が、実際には、意図的な詐欺行為の弟子です。 In so portraying Jesus, Reimarus raised the question, "What was Jesus of Nazareth really like?" And so the quest to find the "real" Jesus arose.だから、イエスキリストを描いた、ライマールス引き上げたという質問に、 "何がナザレのイエスが本当に好きですか? "との探求を見つけるためには"本物の"イエス様が起こりました。 During the earliest part of the nineteenth century the dominating method of research in the quest was rationalism, and attempts were made to explain "rationally" the life of Christ (cf. K. H. Venturini's A Non-Supernatural History of the Great Prophet of Nazareth).中には、 19世紀の最初の部分を支配法の研究では、合理主義の追求、との試みを説明する前には"合理的"キリストの生涯( cf. k. h.ベントゥリーニの非超自然の歴史の偉大な預言者ナザレ) 。

A major turning point came when D. F. Strauss's The Life of Christ was published in 1835, for Strauss in pointing out the futility of the rationalistic approach argued that the miraculous in the Gospels was to be understood as nonhistorical "myths."大きな転機が来たときに、キリストの生涯dfシュトラウスの日付は1835年には、シュトラウスのためには、合理主義を指摘し、無益なアプローチgospelsと主張していたが、奇跡的には、非歴史として理解されるべき"神話"と述べた。 This new approach was in turn succeeded by the liberal interpretation of the life of Jesus, which minimized and neglected the miraculous dimension of the Gospels and viewed it as "husk" which had to be eliminated in order to concentrate on the teachings of Jesus.この新しいアプローチは、リベラルな解釈を順番に成功したのは、イエスキリストの人生は、奇跡的な次元を最小化すると、無視されたと見ることgospelsとしては、 "殻"が排除されるためにはイエスキリストの教えに専念する。 Not surprisingly, this approach found in the teachings of Jesus such liberal doctrines as the fatherhood of God, the brotherhood of man, and the infinite value of the human soul.当然のことながら、このアプローチはイエスキリストの教えに見られるような神の父権リベラル教説としては、同胞団の男、そして、人間の魂の無限の値です。

The "death" of the quest came about for several reasons. "死"については、いくつかの理由により探求来た。 For one, it became apparent, through the work of Albert Schweitzer, that the liberal Jesus never existed but was simply a creation of liberal wishfulness. 1つは、これは明らかに、アルベルトシュバイツァーの仕事を通して、イエスキリストは、リベラルな存在だったが、決して単なるリベラルの創出wishfulness 。 Another factor that helped end the quest was the realization that the Gospels were not simple objective biographies which could easily be mined for historical information.探求して助けを終わらせるもう一つの要因は、 gospels実現していなかったことができるシンプルな客観的伝記歴史的な情報を簡単に採掘されます。 This was the result of the work of William Wrede and the form critics.これは、その仕事の結果の形や評論家のウィリアムレーデ。 Still another reason for the death of the quest was the realization that the object of faith for the church throughout the centuries had never been the historical Jesus of theological liberalism but the Christ of faith, i.e., the supernatural Christ proclaimed in the Scriptures.まだもう一つの理由は、死の探求して、オブジェクトの実現のために、教会の信仰を通して世紀にもわたって行ったことがないとされ、歴史的なイエスキリストの神学しかし、信仰の自由主義、すなわち、超自然的で、聖書は、キリストを宣言した。 Martin kahler was especially influential in this regard.カーラーマーティンは、特にこの点で有力だ。

During the period between the two World Wars, the quest lay dormant for the most part due to disinterest and doubt as to its possibility.期間中に二度の世界大戦の間では、休止状態のレイの探求のために無関心の大部分とその可能性を疑うようです。 In 1953 a new quest arose at the instigation of Ernst Kasemann. 1953年に新たな探求の扇動エルンストケーゼマンが起こりました。 Kasemann feared that the discontinuity in both theory and practice between the Jesus of history and the Christ of faith was very much like the early docetic heresy, which denied the humanity of the Son of God.ケーゼマンの両方ではないかと危ぶんで不連続理論と実践の間のイエスキリストの信仰の歴史と非常に似ていたの早期docetic異端、これを否定して人類の神の御子です。 As a result he argued that it was necessary to establish a continuity between the historical Jesus and the Christ of faith.結果として、彼は主張して継続性を確立することが必要だとの間の歴史的なイエスキリストの信仰です。 Furthermore he pointed out that the present historical skepticism about the historical Jesus was unwarranted because some historical data were available and undeniable.しかも彼は、現在の歴史的な懐疑的な見方を指摘している歴史的なイエスは、不当な理由については、いくつかの歴史的なデータが利用可能と否定できない。 The results of this new quest have been somewhat disappointing, and the enthusiasm that greeted it can be said, for the most part, to have disappeared.その結果、この新しいクエストが物足りない、との熱意を迎えすることが可能によると、大半については、を持つ姿を消した。 New tools have been honed during this period, however, which can assist in this historical task.新しいツールが鍛え上げたこの期間中は、しかし、この歴史的なタスクを支援することができます。

The major problem that faces any attempt to arrive at the "historical Jesus" involves the definition of the term "historical."主要な問題に直面するいかなる試みに到着して、 "歴史のイエス"という用語の定義は、 "歴史的"と述べた。 In critical circles the term is generally understood as "the product of the historical-critical method."臨界界では一般用語として理解し"この製品は、歴史的に重要なメソッドです。 " This method for many assumes a closed continuum of time and space in which divine intervention, i.e., the miraculous, cannot intrude.このメソッドを前提とするために多くの時間と空間の閉鎖連続で神の介入は、すなわち、その奇跡的には、侵入することはできません。 Such a definition will, of course, always have a problem seeking to find continuity between the supernatural Christ and the Jesus of history, who by such a definition cannot be supernatural.このような定義は、もちろん、常に問題があるの継続を求めるを見つけると、イエスキリストの超自然の間の歴史は、人によってそのような超自然の定義することはできません。

If "historical" means nonsupernatural, there can never be a real continuity between the Jesus of historical research and the Christ of faith.もし"歴史的な"という意味nonsupernatural 、そこには絶対に本当の連続性の間のイエスキリストの歴史的な研究とその信仰です。 It is becoming clear, therefore, that this definition of "historical" must be challenged, and even in Germany spokesmen are arising who speak of the need for the historical-critical method to assume an openness to transcendence, i.e., openness to the possibility of the miraculous.それは明確になって、したがって、この定義をして"歴史的な"挑戦しなければならない、と誰もが口に起因するドイツのスポークスマンは、歴史的に重要な必要性を仮定法を超越する開放して、すなわち、その可能性を積極的に受け入れるその奇跡的です。 Only in this way can there ever be hope of establishing a continuity between the Jesus of historical research and the Christ of faith.このようにできるだけの希望があるまでの間の連続性を確立する歴史的な研究とは、イエスキリストの信仰です。

R H Stein rhシュタイン
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
F. F. Bruce, Jesus and Christian Origins Outside the NT; D. Guthrie, A Shorter Life of Christ; E. F. Harrison, A Short Life of Christ; J. G. Machen, The Virgin Birth of Christ; G. E. Ladd, I Believe in the Resurrection of Jesus; T. W. Manson, The Teaching of Jesus; J. Jeremias, The Parables of Jesus and The Problem of the Historical Jesus; R. H. Stein, The Method and Message of Jesus' Teachings and An Introduction to the Parables of Jesus; I. H. Marshall, The Origins of NT Christology and I Believe in the Historical Jesus; R. N. Longenecker, The Christology of Early Jewish Christianity; A. Schweitzer, The Quest of the Historical Jesus; M. Kahler, The So-Called Historical Jesus and the Historic, Biblical Christ; H. Anderson, Jesus and Christian Origins; R. H. Stein, "The 'Criteria' for Authenticity," in Gospel Perspectives, I; D. E. Aune, Jesus and the Synoptic Gospels. FFのブルースは、イエスキリスト教の起源と外ではNT ; d.ガスリーは、キリストの生涯を短く;エフハリソンさんは、短い人生のキリスト; jgマッケンは、キリストの処女懐胎; GEのラッドは、イエスキリストの復活を信じている私; twマンソンは、イエスキリストの教え; j.イェレミアス、イエスと、例の問題は、歴史的なイエス; rhシュタインは、そのメソッドやメッセージのイエスの教えとイエスの例を紹介する; ihマーシャルは、その起源NTのchristologyと私は、歴史的なイエスキリストを信じる;ロングネカーラドン娘は、ユダヤ教、キリスト教の初期のchristology ; a.シュバイツァーは、イエスキリストの歴史的探求; m.カーラーは、イエスキリストとしている、いわゆる歴史的、歴史的、聖書のキリスト; h.アンダーソン氏は、イエスキリストとキリスト教の起源; rhシュタインは、 " '基準'の真偽は、 "福音的な視点で、私;デaune 、イエス様との共観福音書gospels 。


Jesus of Nazarethナザレのイエス

Jewish Viewpoint Information ユダヤ教の視点情報

-In History:インの歴史:

Founder of Christianity; born at Nazareth about 2 B.C.キリスト教の創始者;ナザレ生まれで約2紀元前 (according to Luke iii. 23); executed at Jerusalem 14th of Nisan, 3789 (March or April, 29 C.E.). (ルカによる福音書によると、 Ⅲ 。 23 ) ;処刑は14日、エルサレムのニッサンは、 3789年( 3月か4月には、 29 ce ) 。 His life, though indirectly of so critical a character, had very little direct influence on the course of Jewish history or thought.彼の人生が、間接的に批判的な性格のため、直接の影響力は非常に小さいのは、ユダヤ教の歴史や思想のコースです。 In contemporary Jewish literature his career is referred to only in the (interpolated) passage of Josephus, "Ant."ユダヤ教の現代文学を紹介して、彼の経歴だけでは、 (補間)の通過ヨセフスは、 "アリ"と述べた。 xviii. 18 。 3, § 3, while the references in the Talmud are for the most part as legendary as those in the apocryphal gospels, though in an opposite direction (see Jesus in Jewish Legend). 3 、 § 3は、リファレンスの中には、タルムードの大部分としては、伝説的な作り話としては、これらのgospels 、逆の方向にかかわらず、 (イエスはユダヤ教の伝説を参照してください) 。 Under these circumstances it is not necessary in this place to do more than to give a sketch of the main historical events in the public career of Jesus, with an attempt to ascertain his personal relations to contemporary Judaism; for the theological superstructure based upon his life and death, and certain mythological conceptions associated with them, see Jew.このような状況の下にする必要はありませんが、この場所を超えるを与えることをスケッチする歴史的なイベントの主イエスは、公共職業で、彼の個人的な関係を確認する試みを現代のユダヤ教;神学上部構造に基づいて、彼の人生死とは、特定の神話と関連付けられている概念は、ユダヤ人を参照してください。 Encyc. encyc 。 iv. 4 。 50a, s.v. 50a 、 sv Christianity.キリスト教です。

Sources of Life.生命の源です。

In the New Testament there are four "Gospels" professing to deal with the life of Jesus independently; but it is now almost universally agreed that the first three of these, known by the names of "Matthew," "Mark," and "Luke," are interdependent, corresponding to the various forms of contemporary Baraitot, while the fourth, the Gospel of John, is what the Germans call a "Tendenz-Roman," practically a work of religious imagination intended to modify opinion in a certain direction.新約聖書では、 4つの" gospels " professingイエスキリストの生涯を独自に対処する;しかし、普遍的に合意することは、今やほとんどは、これらの最初の3つは、その名を知られる"マシューは、 " "マークは、 "と"ルカによる福音書"とは相互に依存し、さまざまな形で現代に対応してbaraitotで、 4番目は、ヨハネによる福音書は、ドイツ人は、何をコールする" tendenz -ローマは、 "実質的に宗教的な想像力が働くの意図は、ある特定の方向に意見を変更します。 The supernatural claims made on behalf of Jesus are based almost exclusively on statements of the fourth Gospel.超自然的主張を前に、イエスキリストに代わって発言はほぼ全面的には、ベースの第4福音です。 Of the first three or synoptic Gospels the consensus of contemporary opinion regards that of Mark as the earliest and as being the main source of the historic statements of the other two.共観福音書は、最初の3つまたはgospels時論についてコンセンサスをマークしているとして、最古との主な情報源としては、歴史的な発言は、他の2つです。 This Gospel will, therefore, be used in the following account almost exclusively, references to chapter and verse, when the name of the Gospel is not given, being to this source.この福音書は、したがって、次のアカウントに使用されるほぼ独占的には、リファレンスを事細かには、そのときの名前を与えられた福音書ではない、このソースしている。 Beside the original of the Gospel of Mark, there was another source used in common by both Matthew and Luke, namely the "logia," or detached sayings, of Matthew and Luke; and besides these two documents the apocryphal "Gospel According to the Hebrews" has preserved, in the opinion of the critics, a few statements of Jesus which often throw vivid light upon his motives and opinions.そばには、元のマークの福音書は、他の情報源があったの両方で使用されて共通のマシューとルーク、すなわち、 " logionの複数形は、 "ことわざや一戸建て、マシューとルークは、これら2つの文書に加えて、作り話の"福音書によると、ヘブル人への手紙"は、保存、批評家の意見では、いくつかのステートメントで、しばしばイエスの鮮やかな光の上に投げる彼の動機やご意見です。 Much industry and ingenuity have been devoted by A. Resch to the collection of extracanonical statements of Jesus, known as "agrapha" (Leipsic, 1889).多くの業界や創意工夫が献身的に収集されたa.レッシュextracanonicalイエスステートメントとして知られる"アグラファ" (リプシック、 1889 ) 。

The earliest of all these sources, the original of Mark's Gospel, contains references which show that it was written shortly before or soon after the destruction of Jerusalem in the year 70; in other words, forty years after the death of Jesus.最古のは、これらすべてのソースは、オリジナルのマークの福音書は、リファレンスが含まれていたことを示す書面または直前直後の70年には、エルサレムの破壊;言い換えれば、イエスキリストの死の後40年。 Like the other Gospels, it was originally written in Greek, whereas the sayings of Jesus were uttered in Aramaic.のように、他のgospels 、それは、もともとギリシャ語で書かれていますが、イエスのことわざがアラム語を口にした。 It is therefore impossible to lay much stress upon the perfect accuracy of the records of events and statements written down forty years after they occurred or were made, and then in a language other than that in which such statements were originally uttered (even the Lord's Prayer was retained in variant versions; comp. Matt. vi. 10-13; Luke xi. 2-4); yet it is upon this slender basis that some of the most stupendous claims have been raised.したがってそれは不可能なくらいのストレスを削減する完璧な精度のステートメントで書かれた記録は、イベントやダウンが発生した40年後に彼らがあったか、そしてその中以外の言語ではもともとこのような声明を口(さえ、主の祈り留保されたバージョンの変種;伴奏。マットです。 viのです。 10月13日;ルークxi 。 2-4 ) ;まだほっそりしたことは、この基準にしていくつかの最も驚くべき主張が提起された。 For the processes by which the traditions as to the life of Jesus were converted into proofs of his super-natural character, see Jew.伝統のためのプロセスをどのように変換されたイエスキリストの生涯の証拠彼の超自然のキャラクターは、ユダヤ人を参照してください。 Encyc. encyc 。 iv. 4 。 51-52, s.v.五一から五二まで、 sv

Christianity.キリスト教です。 Many incidents were actually invented (especially in Matthew) "in order that there might be fulfilled" in him prophecies relating to aMessiah of a character quite other than that of which Jesus either claimed or was represented by his disciples to be.実際に発明された多くの事件(特にマシュー) "するために果たされることがあるかもしれない"と予言していたamessiah関連して、他のキャラクターに比べてかなりの主張のどちらかまたはイエスは彼の弟子に表される。 Yet the supernatural in the life of Jesus according to the Gospels is restricted to the smallest dimensions, consisting mainly of incidents and characteristics intended to support these prophecies and the dogmatic positions of Christianity.しかし、超自然的で、イエスキリストの生涯gospelsによると、制限される最小の寸法は、主として構成をサポートする目的の事件とこれらの特性を予言とキリスト教の独断的なポジションです。 This applies especially to the story of the virgin-birth, a legend which is common to almost all folk-heroes as indicating their superiority to the rest of their people (see E. S. Hartland, "Legend of Perseus," vol. i.).この適用は、特にその話をバージン-生まれで、ほぼすべての伝説が共通して彼らの民俗-英雄としての優位性を示し、残りの人々 ( es参照してくださいハートランドは、 "伝説のペルセウスは、 " vol 。私) 。 Combined with this is the inconsistent claim of Davidic descent through Joseph, two discrepant pedigrees being given (Matt. i., Luke iii.).これは矛盾した主張の併用のジョセフdavidic降下を通じて、与えられた2つの矛盾がpedigrees ( matt. i. 、ルークⅢ 。 ) 。 Perhaps the most remarkable thing about the life of Jesus as presented in the Gospels is the utter silence about its earlier phases.おそらく最も注目すべきものとして提示については、イエスキリストの生涯のgospelsについては、全くの沈黙の初期の段階です。 He was one of a rather large family, having four brothers, Jacob, Jose, Simon, Judah, besides sisters.彼はどちらかというと大家族の1つで、 4人の兄弟は、ジェイコブ、ホセ、シモン、ユダは、ほかの姉妹。 It is known that he earned his living by his father's trade, that of a carpenter; according to Justin Martyr, plows and yokes made by Jesus were still in existence at his (Justin's) time, about the year 120 ("Dial. cum Tryph." § 88).彼を獲得することが知られている彼の父親の貿易生計を立てて、それは、大工;ジャスティン殉教者によると、 yokes作ったplowsとイエスは彼がまだ生きている(ジャスティンの)時間は、年間約120人( "をダイヤルします。 tryph付きで"と述べた。 § 88 ) 。 It is doubtful whether he received any definite intellectual training, the great system of Jewish education not being carried into effect till after the destruction of Jerusalem (see Education).彼を受け取ったかどうかは疑わしいいかなる明確な知的訓練を経て、ユダヤ人の偉大な教育システムが行われていないの破壊した後に発効するまでエルサレム(教育を参照してください) 。 It is probable, however, that he could read; he was certainly acquainted, either by reading or by oral instruction, with much of the Old Testament; and his mode of argumentation often resembles that of the contemporary rabbis, implying that he had frequented their society.概ことは、しかし、その彼が読み;彼は確かに知り合い、読書のいずれか、または口頭による命令で、多くは、旧約聖書;モードと彼の論証は、現代のラビよく似して、彼らの出入りを示唆していた社会です。 In defending his infringement of the Sabbath he seems to have confused Abiathar with Ahimelech (ii. 25; comp. I Sam. xxi. 1), if this is not merely a copyist's blunder.著作権侵害では、彼の弁護を持つ彼は安息日abiathar混乱してahimelech ( ii. 25 ;伴奏。私サム。 21 。 1 ) 、もしこれが単なる筆耕の失態です。 It would appear from his interviews with the scribe (xii. 29-31; comp. Luke x. 27) and with the rich young man (x. 19) that he was acquainted with the Didache in its Jewish form, accepting its teachings as summing up the whole of Jewish doctrine.彼のインタビューが表示されることから、筆記( xii. 29-31 ;伴奏。ルークXの27 )として豊かな若い男( Xの19 )と面識がある彼は、新約聖書の中のユダヤ人のフォームで、その教義として受け入れるユダヤ教の教義を要約すると、全体のです。 Only a single incident of his early days is recorded: his behavior about the time of his bar miẓwah (or confirmation) in the Temple (Luke ii. 41-52).事件は1つだけを記録した彼の初期の頃は:自分の行動については、彼のバータイムmiẓwah (または確認)は、寺(ルークⅡ 。四一〜五二) 。 It is strange that so masterful a character showed no signs of its exceptional qualities before the turning-point of Jesus' career.それは奇妙なことに巧みなので、キャラクターの兆候を示していない例外的資質のターニングポイントは、イエスの前に'キャリアです。

Influence of John the Baptist.ジョンザバプティストの影響です。

The crisis in Jesus' life came with John the Baptist's preaching of repentance and of the nearness of the kingdom of God.イエスの危機'人生に付属してジョンザバプティストの説教の悔い改めとは、神の王国の近いことです。 At first Jesus refused to submit to baptism by John.最初はイエスキリストの洗礼されたジョンの提出を拒否しています。 According to a well-authenticated tradition of the "Gospel According to the Hebrews," he asked wherein he had sinned that it was necessary for him to be baptized by John.認証の伝統によると、井戸の"福音書によると、ヘブル人への手紙は、 "彼がそこに彼は尋ねたsinnedために必要なことは彼には、ジョンによって、バプテスマを受けています。 Nevertheless the sight of the marked influence exercised by the latter evidently made a profound impression on the character of Jesus: he probably then experienced for the first time the power of a great personality upon crowds of people.にもかかわらず、その光景を見て、明らかに後者の著しい影響力を行使される前に深い印象を与えるキャラクターイエス:それから彼は、おそらく初めての経験のため、電源は、偉大な懐に群集の人々だ。

It is at this moment of his life that Christian legend places what is known as the temptation, information concerning which, from the very nature of the case, could have been communicated only by Jesus himself.それは今この瞬間に彼の人生のことは、キリスト教の伝説の場所として知られ、どのような誘惑には、これに関する情報は、その事件の性質から、非常には、イエスキリストによってのみ可能性がある自分自身に伝達されています。 In the "Gospel According to the Hebrews" account this is given in the form: "My mother, the Holy Spirit, took me just now by one of my hairs and carried me up to the great Mount Tabor" (which was in the neighborhood of his home).は、 "福音書によると、ヘブル人への手紙"の形で与えられたアカウントこれは: "私の母は、聖霊は、私がちょうど今の私の毛を1つにしてくれて、非常に運ばマウント小太鼓" (これは、家の近所の彼のホームページ) 。 As Jerome remarks (on Isa. xl. 9), the form of this saying implies a Hebrew (or rather Aramaic) original ("Ruḥa Ḳaddisha"); and for this reason, among others, the saying may be regarded as a genuine one.ジェロームとしての発言(上のISA 。 XLサイズです。 9 ) 、本の形を意味すると言ってヘブライ語(またはむしろアラム語)元( " ruḥa ḳaddisha " ) ;そしてこの理由から、他の間では、と言って正規の1つであると見なされるかもしれない。 It is significant as implying two things: (1) the belief of Jesus in a special divine origin of his spirit, and (2) a tendency to ecstatic abstraction.二つのことを示唆することが重要: ( 1 ) 、イエスは特別な神の信仰の起源は彼の精神、および( 2 )の抽象化する傾向を聞いて大喜び。 This tendency is found in other great leaders of men, like Socrates, Mohammed, and Napoleon, being accompanied in their cases by hallucinations; auditory in the first case (the "demon" of Socrates), and visual in the last two (Mohammed's dove and Napoleon's star).この傾向は、他の偉大な指導者を見つけた男性は、ソクラテスのように、モハメッドは、ナポレオンと、同行しているケースで幻覚;聴覚の最初の症例(以下"悪魔"のソクラテス) 、および視覚的で、最後の2つ(モハメッドの鳩そしてナポレオンのスター) 。 These periods of ecstasy would tend to confirm in Oriental minds the impression that the subject of them was inspired (comp. the original meaning of "nabi"; see Prophet), and would add to the attractive force of a magnetic personality.これらのエクスタシーピリオドでは、東洋の心を確認する傾向があるという印象を主題としていたインスピレーション( comp.の本来の意味は"ナビ" ;預言者を参照してください) 、および追加するには魅力的な力のある魅力的な人柄。

In Jesus' family and among his neighbors the effect seems to have been different.でイエスの家族や近所の人たちの間で彼の効果が違うようです。 His own people regarded him even as being out of his mind (iii. 21), and they do not appear to have been associated with him or with the Christian movement until after his death.彼でさえも、自分の人々と見なすことが彼の心のうち( iii. 21 ) 、としていないように見えるが、キリスト教と関連付けられている彼や彼の死の後までの動きです。 Jesus himself seems to have been greatly incensed at this (comp. vi. 4), refusing to recognize any special relationship even to his mother (iii. 33; comp. John ii. 4), and declaring that spiritual relationship exceeded a natural one (iii. 35).イエスのように自分自身が大幅に激怒現時点( comp. viのです。 4 )は、任意の特別な関係を拒否しても認識して、母親( iii. 33 ;伴奏です。ジョン2世です。 4 ) 、そして自然と宣言して1つの精神的な関係を超えて( iii. 35 ) 。 He felt perforce driven out into public activity; and the feverish excitement of the succeeding epoch-making ten months implies a tension of spirit which must have confirmed the impression of inspiration.必然的に追い出さを感じた公的活動;と興奮熱病の成功を意味する画期的な10カ月間の精神の緊張を確認する必要があります霊感の印象です。 On the whole subject see O. Holtzman, "War Jesus Ekstatiker?"全体的に見るとホルツマンOを参照してください件名は、 "戦争ekstatikerイエスですか? " (Leipsic, 1902), who agrees that there must have been abnormal mental processes involved in the utterances and behavior of Jesus. (リプシック、 1902 )は、誰があることに同意する必要がありますが、異常な精神的なプロセスに関与するイエスの発言や行動です。

His Belief in Demonology.悪魔が自分の信念だ。

Instead, however, of remaining in the wilderness like John, or like the Essenes, with whose tendencies his own show some affinity, he returned to his native district and sought out those whom he wished to influence.その代わりに、しかし、残りの荒野の中にはジョンのような、あるいはエッセネ派のように、彼自身がその傾向を示すいくつかの親和性、彼は彼の復帰を求めてネイティブの地区とそれらの影響力を取り入れたいと心に適う。 Incidentally he developed a remarkable power of healing; one sick of a fever (i. 29-34), a leper (i. 40-45), a paralytic (ii. 1-12), and an epileptic (ix. 15-29) being severally cured by him.ちなみに彼は驚くべき治癒力を開発する;の1つは、病気の発熱( i. 29から34 )は、ハンセン病患者( i. 40-45 ) 、麻痺( ii. 1-12 ) 、およびてんかん( ix. 15 - 29 )個別治癒されていた。 But his activity in this regard was devoted especially to "casting out demons," i.e., according to the folkmedicine of the time, healing nervous and mental diseases.しかし、彼の献身的な活動は、特にこの点を"悪魔アウトキャストは、 "すなわち、 folkmedicineによると、その時は、癒しや精神神経疾患です。 It would appear that Jesus shared in the current belief of the Jews in the noumenal existence of demons or evil spirits; and most of his miraculous cures consisted in casting them out, which he did with "the finger of God" (Luke xi. 20), or with "the Spirit of God" (Matt. xii. 28).それが表示されますが、現在の信念を共有して、イエスは、ユダヤ人の存在は、本体の鬼や悪霊;および構成のほとんどは彼の奇跡的な治療法で鋳造して、これで、彼はそれを"神の指" (ルークxi 。 20 ) 、または、 "神の御霊" ( 12世matt. 。 28 ) 。 It would seem also that he regarded diseases like fever to be due to the existence of demons (Luke iv. 39).どうやらのようにも熱をして彼のような病気と見なすことが原因と悪魔の存在(ルーク4世です。 39 ) 。 One of the chief functions transmitted to his disciples was the "power over unclean spirits, to cast them out" (Matt. x. 1), and his superiority to his followers was shown by his casting out demons which they had failed to expel (ix. 14-29).主な機能の1つに送信されるのは、弟子の"パワーオーバー汚れた霊は、それらをアウトキャスト" ( matt. Xの1 )は、彼と彼の優越性を示す信者がキャスティングされた彼のうちに失敗していた悪魔を除名( 9 。一四から二九) 。 As regards the miracle in which Jesus cast out a demon or several demons whose name was "Legion" into some Gadarene swine (v. 1-21), it has recently been ingeniously suggested by T. Reinach that the name "Legion" given to the spirits was due to the popular confusion between the Tenth Legion (the sole Roman garrison of Palestine between the years 70 and 135) and the wild boar which appeared as the insignia on its standard ("R. E. J." xlvii. 177).これに関しては、イエスキリストの奇跡悪魔アウトキャストまたはいくつかの悪魔の名前は、 "在郷軍人会"をいくつかガダラの豚(対1月21日)は、巧妙に提案したことが、最近の名前t.ライナハして"在郷軍人会"を与えられたスピリッツのためには、人気の高い10番目の間に混乱を在郷軍人会(ローマの駐屯地の底のパレスチナとの間の70年間で135 )と、イノシシに掲載されたとして、記章は、標準( " rej " 47 。 177 ) 。 From this it would seem that the legend arose, at any rate in its present form, after the destruction of Jerusalem, at which time alone the confusion between the title "legion" and the insignia could have occurred.このように見えることからこの伝説が生じたことは、いずれにせよ、現在の形で、エルサレムの破壊の後、一人で、混乱の間にはその時点でのタイトル"軍団"との記章が発生した可能性がある。 For a full account of the subject see F. C. Conybeare in "J. Q. R."アカウントを完全には、ファイバチャネルを参照してくださいコニビア件名に" jqr " viii. viii 。 587-588, and compare Demonology. 587から588まで、悪魔と比較します。 It is difficult to estimate what amount of truth exists in the accounts of these cures, recorded about forty years after their occurrence; but doubtless the mental excitement due to the influence of Jesus was often efficacious in at least partial or temporary cures of mental illnesses.どのような金額を見積もることは困難で、真実のアカウントが存在するこれらの治療法は、約40年後に発症を記録;でも確かに、精神的興奮に影響を与えるために、イエスは、多くの場合には、少なくとも部分的または一時的な効き目の精神疾患の治療法だ。 This would tend to confirm the impression, both among those who witnessed the cures and among his disciples, of his possession of supernatural powers.これを確認する傾向があるという印象は、両方の治療法や目撃者たちの間で、弟子の間では、彼の所持神通力。 He himself occasionally deprecated the exaggeration to which such cures naturally led.たまには彼自身が推奨されていませんが、このような治療法を誇張することは当然のLEDです。 Thus in the case of Jairus' daughter (v. 35-43) he expressly declared: "She is not dead, but sleepeth" (39).これは、例jairus '娘(対三五から四三)で明示的に宣言彼: "彼女は死んではないが、 sleepeth " ( 39 ) 。

Notwithstanding this, her resuscitation was regarded as a miracle.これにもかかわらず、彼女の蘇生は奇跡と見なされています。 In essentials Jesus' teaching was that of John the Baptist, and it laid emphasis on two points: (1) repentance, and (2) the near approach of the kingdom of God.本質的にイエスのことを教えていたジョンザバプティスト、および2つの点を重視してレイアウト: ( 1 )悔い改め、および( 2 )のアプローチは、神の国に近い。 One other point is noted by Christian theologians as part of his essential teaching, namely, insistence upon the fatherhood of God.その他記載された1つのポイントは、キリスト教神学者としての彼の本質的な部分を教えることは、すなわち、神の父権主張しています。 This is such a commonplace in the Jewish liturgy and in Jewish thought that it is scarcely necessary to point out its essentially Jewish character (see Father).これはこのような平凡では、ユダヤ教の典礼とユダヤ人のことを考える必要があると指摘するのは、本質的にほとんどユダヤ人のキャラクター(父親を参照してください) 。 As regards repentance, its specifically Jewish note has been recently emphasized by C. G. Montefiore ("J. Q. R." Jan., 1904), who points out that Christianity lays less stress upon this side of religious life than Judaism; so that in this direction Jesus was certainly more Jewish than Christian.後悔に関しては、最近、特に強調されたユダヤ人に注意されてモンテフィオーリコンゴ( 1904 )は、誰が上向きに少ないと指摘してキリスト教の宗教的な人生の側面を強調するよりも、このユダヤ教;ので、イエスは、確かにこの方向キリスト教よりもより多くのユダヤ人です。

As regards the notion of the "kingdom of heaven," the title itself ("malkut shamayim") is specifically Jewish; and the content of the concept is equally so (see Kingdom of God).その概念に関しては、 "天国"のタイトル自体( " malkut shamayim " )は、特にユダヤ人;と同様に、コンテンツの概念は、だから(神の王国を参照してください) 。 Jesus seems to have shared in the belief of his contemporaries that some world-catastrophe was at hand in which this kingdom would be reinstated on the ruins of a fallen world (ix. 1; comp. xiii. 35-37 and Matt. x. 23).イエスキリストのような信念を持つこととなると共有して世界的な大惨事は、いくつかの手の届く所には、再度この王国の遺跡が世界に落ちた( ix. 1 ;伴奏。 13 。三五〜三七とマットです。 Xで23 ) 。

Jewish Characteristics.ユダヤ教の特徴です。

Almost at the beginning of his evangelical career Jesus differentiated himself from John the Baptist in two directions: (1) comparative neglect of the Mosaic or rabbinic law; and (2) personal attitude toward infractions of it.福音派のほとんどは、彼のキャリアの始まりイエスキリストの洗礼者ヨハネから分化した自分自身の2つの方向: ( 1 )比較法を無視するのモザイクやラビ;および( 2 )の違反行為の個人的な態度を取ることです。 In many ways his attitude was specifically Jewish, even in directions which are usually regarded as signs of Judaic narrowness.彼の態度は、多くの点で、特にユダヤ人は、たとえ作り方には、通常の兆しユダヤ狭さと見なされています。 Jesus appears to have preached regularly in the synagogue, which would not have been possible if his doctrines had been recognized as being essentially different from the current Pharisaic beliefs.定期的には説教で、イエスが表示されたら、シナゴーグではない可能性がある場合に彼の教説されていたとして認識され、現在のpharisaic信念から、本質的に異なる。 In his preaching he adopted the popular method of "mashal," or Parable, of which about thirty-one examples are instanced in the synoptic Gospels, forming indeed the larger portion of his recorded teachings.彼は彼の説法で人気の高い方法を採用した" mashal 、 "や比喩、そのうちの約31例では、総観instanced gospels 、本当に大きな部分を形成する彼の教えを記録しています。 It is obvious that such a method is liable to misunderstanding; and it is difficult in all cases to reconcile the various views that seem to underlie the parables.そのようなことは明らかだ誤解メソッドは、責任を負わないものとすることは困難で、すべてのケースに和解して、様々な見方が根底にあるように見えるの例です。 One of these parables deserves special mention here, as it has obviously been changed, for dogmatic reasons, so as to have an anti-Jewish application.これらの例の1つ特筆に値するここでは、それは明らかに変わったとしては、独断的な理由のために、となるように反ユダヤ主義があるアプリケーションです。 There is little doubt that J. Halevy is right ("R. E. J." iv. 249-255) in suggesting that in the parable of the good Samaritan (Luke x. 17-37) the original contrast was between the priest, the Levite, and the ordinary Israelite-representing the three great classes into which Jews then and now were and are divided. j.アレビ疑いの余地はほとんどないことが正しい( " rej " 4世です。二四九〜二五五)ということを示唆するには、良きサマリア人の寓話(ルークXの十七から三十七まで)は、元のコントラストの間の司祭は、レビ、およびイスラエルの通常のクラスを表す3つの偉大された当時と現在のユダヤ人とは分かれている。 The point of the parable is against the sacerdotal class, whose members indeed brought about the death of Jesus.その点は、比喩には反対の聖職クラスは、そのメンバーの実際のイエスキリストの死をもたらした。 Later, "Israelite" or "Jew" was changed into "Samaritan," which introduces an element of inconsistency, since no Samaritan would have been found on the road between Jericho and Jerusalem (ib. 30).それ以降は、 "イスラエル"や"ユダヤ人"と変更された"サマリア"とは矛盾する要素を紹介し、以降は、サマリア人が発見されていない道路の間には、エリコとエルサレム( ib. 30 ) 。

While the aim of Jesus was to redeem those who had strayed from the beaten path of morality, he yet restricted his attention and that of his followers to the lost sons of Israel (vii. 24).中には、イエスキリストを目指していた人たちを償還strayed踏みならした道の道徳から、彼は自分の関心と限定していないの支持者たちがイスラエル人の息子を失った( vii. 24 ) 。 He particularly forbade his disciples to seek heathens and Samaritans (x. 5), and for the same reason at first refused to heal the Syrophenician woman (vii. 24).彼は特に、弟子を求める禁じたheathensとサマリア人( Xの5 ) 、および最初のを拒否したために、同じ理由で女性を癒すためのsyrophenician ( vii. 24 ) 。 His choice of twelve apostles had distinct reference to the tribes of Israel (iii. 13-16).彼の選択は別個の12使徒のリファレンスをイスラエルの部族( iii. 13から16まで) 。 He regarded dogs and swine as unholy (Matt. vii. 6).彼は犬や豚と見なすとしてあきれるほどの(第VII matt. 。 6 ) 。 His special prayer is merely a shortened form of the third, fifth, sixth, ninth, and fifteenth of the Eighteen Benedictions (see Lord's Prayer).彼の特別な祈りをささげるための単なる短縮形で3番目、 5番、 6番、 9番、 18と15のbenedictions (主の祈りを参照してください) 。 Jesus wore the Ẓiẓit (Matt. ix. 20); he went out of his way to pay the Temple tax of two drachmas (ib. xvii. 24-27); and his disciples offered sacrifice (ib. v. 23-24).イエスキリストを身に着けて、 ẓiẓit ( matt. 9 。 20 ) ;彼は彼のやり方に出掛けた税を支払うために2つの寺drachmaの複数形( ib. 17 。 24〜27 ) ;と彼の弟子を犠牲に提供( ib.対23から24まで) 。 In the Sermon on the Mount he expressly declared that he had come not to destroy the Law, but to fulfil it (ib. v. 17, quoted in Shab. 116b), and that not a jot or tittle of the Law should ever pass away (ib. v. 18; comp. Luke xvi. 17).彼は、山上の垂訓明示的に宣言して彼が来たのは、法を破壊するが、それを達成( ib.対17 、引用符でshab 。 116b )は、ほんの少しも〜ないとして同法は、これまでに合格去る( ib.対18 ;伴奏。ルカによる福音書16 。 17 ) 。 It would even appear that later tradition regarded him as scrupulous in keeping the whole Law (comp. John viii. 46).それは彼の考えにも表示されますがそれ以降の伝統を維持するための全体としての実直法( comp.ジョンviii 。 46 ) 。

Attitude Toward the Law.同法に対する姿勢です。

Yet in several particulars Jesus declined to follow the directions of the Law, at least as it was interpreted by the Rabbis.イエスはまだいくつかの顛末を拒否して、次の指示には、法では、少なくとも、律法学者として解釈されていた。 Where John's followers fasted, he refused to do so (ii. 18).どこ絶食ジョンの信者は、彼を拒否して( ii. 18 ) 。 He permitted his followers to gather corn on the Sabbath (ii. 23-28), and himself healed on that day (iii. 1-6), though the stricter rabbis allowed only the saving of life to excuse the slightest curtailment of the Sabbath rest (Shab. xxii. 6).彼は彼の信者を集めるトウモロコシを許可して安息日( ii. 23から28まで) 、そして自分自身に治癒したその日( iii. 1-6 ) 、ラビかかわらず、厳しい生活を節約できるだけの言い訳には少しも縮小安息日残り( 22 shab. 。 6 ) 。 In minor points, such as the ablution after meals (vii. 2), he showed a freedom from traditional custom which implied a break with the stricter rule of the more rigorous adherents of the Law at that time.マイナーポイントで、清めの水のような食事をした後( vii. 2 ) 、そのとき彼は伝統的な慣習から自由で、より厳しい規則を破る黙示的には、より厳格な法の支持者は、その時点でいます。 His attitude toward the Law is perhaps best expressed in an incident which, though recorded in only one manuscript of the Gospel of Luke (vi. 4, in the Codex Bezæ), bears internal signs of genuineness.同法に対する彼の態度を表明する最善の事件は、おそらくこれが、 1つしか記録され、ルカによる福音書の写本( vi. 4 、コーデックスでbezæ )は、内部の兆しベアーズ真性です。 He is there reported to have met a man laboring onthe Sabbath-day-a sin deserving of death by stoning, according to the Mosaic law.彼はそこで働いて一人の男に会ったと報じられてonthe -安息日の投石による死刑に値するの罪を犯すことは、法律によると、モザイクです。 Jesus said to the man: "Man, if thou knowest what thou doest, blessed art thou; but if thou knowest not, accursed art thou, and a transgressor of the Law."イエスによると、男性: "男は、何もしなたknowestなたdoest 、祝福なた; knowestしかし、もしあなたは、呪われた『なたは、罪人は、法の趣旨とする"と述べた。 According to this, the Law should be obeyed unless a higher principle intervenes.これによると、同法に従ったしなければならない場合を除き、原則的介入高い。

While claiming not to infringe or curtail the Law, Jesus directed his followers to pay more attention to the intention and motive with which any act was done than to the deed itself.または縮小すると主張しながら、法に抵触しないように、その部下に指示して、イエスにもっと注意を払うの意図や動機をこれ以上の行為が行われた行為自体をした。 This was by no means a novelty in Jewish religious development: the Prophets and Rabbis had continuously and consistently insisted upon the inner motive with which pious deeds should be performed, as the well-known passages in Isa.これは目新しいものではないが、ユダヤ教の宗教的な開発:ラビ預言者とは、内面的かつ継続的な動機一貫して主張して敬けんな行為を実行しなければならないように、通路をISAよく知られています。 i. and Micah vi.ミカとviのです。 sufficiently indicate.十分に示している。 Jesus contended that the application of this principle was practically equivalent to a revolution in spiritual life; and he laid stress upon the contrast between the old Law and the new one, especially in his Sermon on the Mount.イエス様がこのような原則だが、事実上のアプリケーションに相当する革命精神生活;と彼の間のレイアウトのコントラストを強調すると、新しい1つの古い法律は、特に彼の山上の垂訓です。 In making these pretensions he was following a tendency which at the period of his career was especially marked in the Hasidæans and Essenes, though they associated it with views as to external purity and seclusion from the world, which differentiated them from Jesus.彼は、こういうpretensionsには、以下の期間とする傾向が特に顕著で、彼の経歴とhasidæansエッセネ派は、かれらの意見が外部に関連して、純度の世界に引きこもってからは、イエスキリストが分化してからです。 He does not appear, however, to have contended that the new spirit would involve any particular change in the application of the Law.彼が表示されず、しかし、新たな精神を持つのだが、アプリケーションの変更を伴う特定の法律です。 He appears to have suggested that marriages should be made permanent, and that divorce should not be allowed (x. 2-12).彼の結婚が表示されますが行われなければならないと示唆して永続的な、として離婚を認めてはならない( Xの2-12 ) 。 In the Talmud it is even asserted that he threatened to change the old law of primogeniture into one by which sons and daughters should inherit alike (Shab. 116a); but there is no evidence for this utterance in Christian sources.タルムードは、それは彼に脅威を変更すると主張しても、古い法律の長子相続を1つにされる息子や娘が受け継ぐ似( shab. 116a ) ;しかし、証拠がないため、この発言はキリスト教の源です。 Apart from these points, no change in the Law was indicated by Jesus; indeed, he insisted that the Jewish multitude whom he addressed should do what the Scribes and Pharisees commanded, even though they should not act as the Scribes acted (Matt. xxiii. 3).これらの点から離れては、同法には何の変化も示されてイエス;実際、彼は、ユダヤ人の群衆心に適うと主張して対処しなければならないとは何のscribes pharisees命じられたにもかかわらず、彼らはいけないscribesとして動作するように行動( 23 matt. 。 3 ) 。 Jesus, however, does not appear to have taken into account the fact that the Halakah was at this period just becoming crystallized, and that much variation existed as to its definite form; the disputes of the Bet Hillel and Bet Shammai were occurring about the time of his maturity.イエスは、しかし、には表示されないという事実を考慮に入れ、この期間だけではhalakahなって結晶化し、多くのバリエーションが存在するように、明確な形で、紛争が起きていたshammai賭ける賭けヒレルや時間については、彼の成熟度です。

It is, however, exaggerated to regard these variations from current practises as exceptionally abnormal at the beginning of the first century.それは、しかし、これらの点のパターンを誇張してから非常に異常な電流practisesとしての最初の世紀の初め。 The existence of a whole class of 'Am ha-Areẓ, whom Jesus may be taken to represent, shows that the rigor of the Law had not yet spread throughout the people.全体のクラスが存在する'ハ- areẓ時は、誰取らイエスキリストを表すのかもしれない、この法律の厳しさを表していないが、国民全体に広がる。 It is stated (iii. 7) that, owing to the opposition aroused by his action on the Sabbath, Jesus was obliged to flee into heathen parts with some of his followers, including two or three women who had attached themselves to his circle.それは記載して( iii. 7 )は、興奮したせいで彼の行動に反対して安息日は、イエスが義務付けられてから逃げるようにしていくつかの支持者たちが異教徒の部品など、 2つまたは3つの女性たちは彼のサークルを添付しています。 This does not seem at all probable, and is indeed contradicted by the Gospel accounts, which describe him, even after his seeming break with the rigid requirements of the traditional law, as lodging and feasting with the Pharisees (Luke xiv.), the very class that would have objected to his behavior.概れていないようで、このすべては、福音とは、確かに矛盾したアカウントでは、これを説明する彼は、彼の見せかけのブレーク後も硬直して、従来の法律の要件は、宿泊施設として祝宴pharisees (ルカによる福音書14 。 )は、非常にクラスの彼の行動に反対したことがある。

Tone of Authority.トーンの権威です。

Nothing in all this insistence upon the spirit of the Law rather than upon the halakic development of it was necessarily or essentially anti-Jewish; but the tone adopted in recommending these variations was altogether novel in Jewish experience.何もない、すべてこの法の精神を強調する時ではなく、それは必ずしもhalakicの開発や、本質的に反ユダヤ主義;しかし、これらのパターンを推薦口調で採択されたユダヤ人の経験を完全に小説です。 The Prophets spoke with confidence in the truth of their message, but expressly on the ground that they were declaring the word of the Lord.預言者の話が真実だと自信を持って自分のメッセージが、明示して地面には、彼らが、主の言葉を宣言しています。 Jesus adopted equal confidence; but he emphasized his own authority apart from any vicarious or deputed power from on high.イエスキリストの信頼を採択等しい;しかし、彼自身の権威を強調したいかなる代償離れたりしてから電源をdeputed高くなっています。 Yet in doing so he did not-at any rate publicly-ever lay claim to any authority as attaching to his position as Messiah.そうすることではまだない-いずれにせよ、彼はそれを公然と主張することはいかなる権威としての救世主としての自分の立場を添付しています。 Indeed, the sole evidence in later times of any such claim seems to be based upon the statement of Peter, and was intimately connected with the personal demand of that apostle to be the head of the organization established by or in the name of Jesus.確かに、後で倍の唯一の証拠では、当該クレームと思われる声明に基づいて、ピーターは、密接に関係していたとの個人的な需要の使徒にして、組織の頭に確立されたのか、イエスキリストの名前です。 It is expressly stated (Matt. xvi. 20) that the disciples were admonished not to make public the claim, if it ever was made.明示的に記載することは( 16世matt. 。 20 )は、弟子が警告を公表しないように要求する場合、これまでは前です。 Peter's own pretensions to succession in the leadership appear to be based upon a half-humorous paronomasia made by Jesus, which finds a parallel in rabbinic literature (Matt. xvi. 18; comp. Yalḳ., Num. 766).ピーターpretensionsを継承し、独自のリーダーシップに基づいて表示される前に、半分のユーモラスな地口によって、イエスは、これを見つけると平行にラビ文学( 16 matt. 。 18 ;伴奏。 yalḳ 。 、 NUM件です。 766 ) 。

Indeed, the most striking characteristics of the utterances of Jesus, regarded as a personality, were the tone of authority adopted by him and the claim that spiritual peace and salvation were to be found in the mere acceptance of his leadership.実際、最も顕著な特徴は、イエスの発言は、人格と見なされる、トーンが、彼の権限で採択されたと主張していた精神的な平和と救いを見つけたのは、単なる彼のリーダーシップを受諾した。 Passages like: "Take my yoke upon you . . . and ye shall find rest unto your souls" (Matt. xi. 29); "whosoever shall lose his life for my sake . . . shall save it" (viii. 35); "Inasmuch as ye have done it unto one of the least of these my brethren, ye have done it unto me" (Matt. xxv. 40), indicate an assumption of power which is certainly unique in Jewish history, and indeed accounts for much of modern Jewish antipathy to Jesus, so far as it exists.通路のように: "私のくびきを取ることにした。 。 。となたがたは、かれして残りの魂を見つける" ( xi matt. 。 29 ) ; "誰でも自分のためには、彼の人生を失う。 。 。ものを保存すること" ( viii. 35 ) ; " 〜だけれどもなたがたがかれてしまったことは、 1つ以上のこれらの私の兄弟、なたがたはわたししてしまった" ( 25 matt. 。 40 )は、電源を示す仮定では、確かにユニークなユダヤ人の歴史、そして実際のアカウントを現代のユダヤ人の多くは反感をイエスは、これまでのところそれとして存在しています。 On the other hand, there is little in any of these utterances to show that they were meant by the speaker to apply to anything more than personal relations with him; and it might well be that in his experience he found that spiritual relief was often afforded by simple human trust in his good-will and power of direction.その一方で、これらのいずれかの余地はほとんどない、ということを示す発言を意味していたものを適用するには、スピーカーの個人的な関係を超える彼;とのかもしれないが、彼の精神的な救済を経験して彼はしばしば与え見つかりました単純な人間を信頼していいのは自分の方向性とパワー。

This, however, raises the question whether Jesus regarded himself as in any sense a Messiah or spiritual ruler; and there is singularly little evidence in the synoptic Gospels to carry out this claim.これは、しかし、イエスキリストと見なすのか、という疑問を提起いかなる意味においても、救世主としての自分自身や精神的な定規;ていて、非常に小さな証拠は、この主張を遂行する総観gospels 。 These assert only that the claim was made to some of the disciples, and then under a distinct pledge of secrecy.これらの主張は前だけを主張して、いくつかの弟子、それから下の秘密を守ることを約束する別個のです。 In the public utterances of Jesus there is absolutely no trace of the claim (except possibly in the use of the expression "Son of Man").イエスは、公言したことは全くトレースのクレーム(多分を除いては、という表現を使う"人の子"を参照) 。 Yet it would almost appear that in one sense of the word Jesus regarded himself as fulfilling some of the prophecies which were taken among contemporary Jews as applying to the Messiah.だがそれが表示されることがほぼ1つの単語の意味では、イエスキリストと見なすことは、自分自身として充実したいくつかの予言された現代のユダヤ人の間で撮影して、救世主として適用する。 It is doubtful whether it was later tradition or his own statements that identified him with the servant of Yhwh represented in Isa.それは後でかどうかは疑わしいの伝統や彼自身のステートメントを識別して、彼の使用人のISA yhwhで表されます。 liii.; but there appears to be no evidence of any Jewish conception of a Messiah suffering through and for his people, though there possibly was a conception of one suffering together with his people (see Messiah). 53 。 ;しかしどんな証拠がないと思われるユダヤ教の概念の救世主とは彼の人々の苦しみを通して、概念があって、 1つの可能性があると一緒に彼の人々の苦しみ(救世主を参照してください) 。 Jesus himself never used the term "Messiah."イエス自身の言葉を使ったことがない"救世主"と述べた。 He chose for specific title "Son of Man," which may possibly have been connectedin his mind with the reference in Dan.彼は、特定のタイトルを選んだ"男の息子は、 "可能性がありますが、参考にして彼の心connectedinダンです。 vii.第VII 。 13, but which, according to modern theologians, means simply man in general. 13日、しかし、これは、現代の神学者によると、男は全般を意味するだけだ。 In his own mind, too, this may have had some reference to his repudiation by his family.自分の心の中でも、この可能性がある彼はいくつかのリファレンスを拒絶された彼の家族です。 In other words, Jesus regarded himself as typically human, and claimed authority and regard in that aspect.言い換えれば、典型的な人間としての自分自身と見なすことイエスは、権威と主張したことと関連しアスペクト。 He certainly disclaimed any application to himself of the ordinary conception of the Messiah, the Davidic descent of whom he argues against (xii. 35-57) entirely in the Talmudic manner.彼は確かに任意のアプリケーションを放棄して、普通の概念は、自分自身の救世主は、下り坂の心に適う主張に反対davidic ( xii.三十五〜五十七) talmudicな方法で完全には、 。

No New Organization, Contemplated.いいえ新組織は、予定です。

It is difficult to decide the question whether Jesus contemplated a permanent organization to carry out his ideals.それを決めるのは難しいのか、という疑問イエス予定する常設機構を遂行する彼の理念です。 The whole tendency of his work was against the very idea of organization.彼の作品の全体的な傾向は、非常に反対する組織という考えだ。 His practical acceptance of the Law would seem to imply an absence of any rival mode of life; and his evident belief in an almost immediate reconstruction of the whole social and religious order would tend to prevent any formal arrangements for a new religious organization.彼の実用的な受け入れを意味するように、法律がどのライバル不在の生活様式;と彼の信念は、ほとんど明らかに当面の復興や宗教社会全体の傾向を阻止するためにはどんな新たな宗教団体の正式な準備をする。 The opposition between his followers and the "world," or settled and organized conditions of society, would also seem to imply that those who were to work in his spirit could not make another "world" of their own with the same tendency to conventionality and spiritual red tape.野党の間に彼を信奉し、 "世界では、 "組織の条件や社会の定着と、ほのめかすようにもして仕事をしていた人たちは彼の精神を作ることができなかった別の"世界"には、独自のと同じ傾向を慣例と精神的な赤いテープです。 On the whole, it may be said that he did not make general plans, but dealt with each spiritual problem as it arose.全体的に見ると、かもしれないが、彼はそれによると、総合計画ではありませんが、それぞれの精神的な問題として対処することが起こりました。 "It would almost seem as if he had no consciousness of a mission of any definite sort, so content had he been to let things merely happen" (E. P. Gould, "St. Mark," p. lxxv.): that is certainly how his career strikes an outside observer. "これは、ほとんど意識がないように見えるが、もし彼の使命は、いかなる明確な並べ替え、彼はされていたのでコンテンツだけで起こるようなこと" (欧州グールドは、 "サンマルコは、 " p. 75 。 ) :どのようにしては、確かに彼のキャリアスト社外オブザーバー。 He was content to let the influence of his own character work upon the persons immediately surrounding him, and that they should transmit this influence silently and without organization; working by way of leaven, as his parable puts it (Matt. xiii.).コンテンツを提供させてから、彼は、自分のキャラクターの動作に影響を与える人にはすぐに彼を取り巻いて、送信しなければならないとし、この組織に影響を与えることなく黙々と;作業によって徐々に変化する方法は、比喩としての彼曰く( matt. 13世です。 ) 。 His chief work and that of his disciples consisted in the conscious attempt at "saving souls."彼の主な仕事として構成さは、彼の弟子という意図的な試みで"節約魂"と述べた。 Jesus was justified in thinking that this new departure would tend to bring dissension rather than peace into families, dividing sons and parents (ib. x. 53).イエスが正当と考えることで、この新しい出発をする傾向が平和をもたらす家庭内の不和ではなく、息子や両親に分割( ib. Xの53 ) 。

On the character which, whether designedly or otherwise, produced such momentous influence on the world's history, it is unnecessary in this place to dilate.上のキャラクターが、 designedlyかどうかそうでなければ、このような重大な影響を及ぼす生産、世界の歴史は、不必要なことは、この場所を拡張させる。 The reverential admiration of the greater part of the civilized world has for a millennium and a half been directed toward the very human and sympathetic figure of the Galilean Jew as presented in the Gospels.称賛の念には、文明世界の大部分は、半分は、ミレニアムと指示され、非常に人間に向かって、交感神経系ユダヤ人としての図は、ガリレオの提示gospels 。 For historic purposes, however, it is important to note that this aspect of him was shown only to his immediate circle.歴史的な目的のためには、しかし、重要なことはこのような点に注意して彼には彼の即時サークルにのみ表示されます。 In almost all of his public utterances he was harsh, severe, and distinctly unjust in his attitude toward the ruling and well-to-do classes.公言したことは、ほぼすべての彼の過酷な彼は、重度のは、彼の態度を取ると明らかに不当な判決と金回りがいいクラスです。 After reading his diatribes against the Pharisees, the Scribes, and the rich, it is scarcely to be wondered at that these were concerned in helping to silence him.読んだ後で、彼に対する痛烈なpharisees 、 scribes 、富裕層とは、不思議に思ったことはほとんどないには、これらの懸念が沈黙の手助けをしていた。 It must also be remembered that in his public utterances he rarely replied directly to any important question of principle, but evaded queries by counter-queries.それは彼のことを覚えている必要もあります。公言したことに直接答えた彼はめったに任意の重要な原則の問題ではなくevadedされたクエリのクエリのカウンター。 In considering his public career, to which attention must now be turned, these two qualities of his character have to be taken into account.彼のキャリアを考える国民は、今すぐに電源を注目しなければ、これらの2つの資質が彼の性格を考慮に入れています。

During the ten months which elapsed between the ripening of the corn about June of the year 28 and his death in March or April of the following year Jesus appears to have wandered about the north-west shore of Lake Gennesaret, making excursions from time to time into the adjacent heathen territories, and devoting himself and his disciples to the spread of John the Baptist's message of the nearness of the kingdom of heaven and of the need of repentance in order to enter it.期間中の10カ月の間の熟成を経過していたトウモロコシについては、 28年6月には、彼の死と、 3月か4月には、次の1年間については、イエスキリストが表示されたらをさまよって湖の北西岸gennesaret 、小旅行をいつでも作成異教徒の地域に隣接し、彼の弟子に専念するとのまん延ジョンザバプティストのメッセージは、近いことは、天国とは、後悔するために必要な入力してください。 The details of these wanderings are very obscure, and need not be discussed here (see Briggs, "New Light on the Life of Jesus," New York, 1904).これらの詳細については、非常に分かりにくいwanderings 、ここで議論される必要はないと(ブリッグスを参照して、 "イエスキリストの生涯に新たな光を、 "ニューヨーク、 1904 ) 。

The antinomianism of Jesus became more evident to the rulers of the people; and many of the more religious classes avoided contact with him.イエスの律法主義に明らかになったの支配者は、より多くの人々 ;や宗教の授業の多くは、より多くの接触を避けていた。 He had from the beginning laid stress upon the difficulty of associating sanctity with riches; and in this he adopted the quasi-socialistic views of the later Psalms, Ps.彼は初めからレイアウト上の難しさを強調して富を関連付ける神聖;と、この彼は準社会主義的見解を採択した後には、詩篇、しまう。 ix., x., xxii., xxv., xxxv., xl., lxix., cix. 9 。 、 Xで、 22 。 、 25 。 、 35 。 、 XLサイズです。 、 69 。 、 cix 。 (comp. I. Loeb, "La Littérature des Pauvres dans la Bible," Paris, 1894). ( comp. i.ローブは、 "ラlittératureデラpauvres dans聖書は、 "パリ、 1894年) 。 He insisted to the fullest extent on the view implied in those Psalms and in various utterances of the Prophets, that poverty and piety, riches and antisocial greed, were practically synonymous (comp. the form of the beatitudes given in Luke vi. 20, 24-26).彼の主張を最大限黙示を表示して、これらの様々な発言は、詩篇や預言者では、貧困と忠義にして、反社会的富と欲は、実質的には同義( comp.の形で与えられたのbeatitudesルークviのです。 20 、 24 -26 ) 。 The parable of Lazarus and Dives and the interview with the rich young man show a distinct and one-sided tendency in this direction similar to that of the later Ebionites; though, on the other hand, Jesus was willing to lodge with Zaechæus, a rich publican (Luke xix. 2, 5).この比喩のラザロとジーブとのインタビューで、金持ちの若い男を示す傾向がはっきりと片側に似ているが、この後の方向ebionites ;はいえ、その一方で、イエスキリストを喜んでいたzaechæusロッジでは、豊富な居酒屋の主人(ルーク19 。 2 、 5 ) 。 In the form of the interview with the rich young man given in the "Gospel According to the Hebrews," sympathy seems to be restricted to the poor of the Holy Land: "Behold, many of thy brethren, sons of Abraham, are clothed but in dung, and die for hunger, while thy house is full of many goods, and there goeth not forth aught from it unto them."という形でのインタビューで、金持ちの若い男は、与えられた"福音書によると、ヘブル人への手紙は、 "同情を制限されると思われるが、貧しい人々の聖地: "見よ、なたの同胞の多くは、息子のアブラハムは、しかしは、服を着た糞では、飢えのために死ぬとは、家の中が一杯になたの多くの商品、そしてそこからgoの三人称単数いやしくもことかれらに来たりしない"と述べた。

Jesus in Jerusalem.エルサレムイエスです。

As the Passover of the year 29 approached, Jesus determined to carry out the injunction of the Law which made it incumbent to eat the sacrificial lamb at Jerusalem.ペサハオブザイヤーとして、 29日に近づいて、イエスキリストの決定を行う前に差し止め命令は、法の趣旨に現職を食べることで、エルサレムのいけにえの子羊。 In the later tradition attempts were made to convey the impression that Jesus was aware of the fate that awaited him at Jerusalem: but in the earliest forms (ix. 32, x. 32) it is recognized that the disciples did not understand the vague hints, if they were at all given; and there is little to show that his visit to Jerusalem was a case of sublime suicide.伝統の試みがあったが、後の印象では、イエスキリストを伝えることを認識していた彼の運命が待たれていたエルサレム:しかし、最古のフォーム( ix. 32 、 Xの32 )ことが認められて弟子と理解していなかったの漠然とした暗示は、もし彼らが、すべての与えられた;と彼の余地はほとんどないということを示す例は、エルサレムを訪問して崇高な自殺。 At the last moment at Gethsemane he made an attempt to avoid arrest ("Rise up, let us go," xiv. 42).彼は最後の瞬間を前にする試みを避けるためにゲッセマネ逮捕( "立ち上がる、行ってみよう、 " 14 。 42 ) 。 Jerusalem at this time appears to have been in a very unsettled state.エルサレム現時点では表示されてきたが、非常に不安定な状態にしています。 An attempted revolution seems to have broken out under one Jesus bar Abbas, who had been captured and was in prison at the time (xv. 7).革命を試みたが抜けるように、イエスバーの下にあるアッバス氏は、刑務所に入っていたとは、キャプチャした時間( xv. 7 ) 。 It appears to have been the practise of Pontius Pilate to come up to Jerusalem each year at Passover for the purpose of checking any revolt that might break out at that period recalling the redemption of Israel.が表示されたら、それを練習してきたのpontius pilateに来るまでには毎年エルサレムでペサハいかなる目的のために反乱を壊すかもしれないチェックアウトにして償還期間を振り返り、イスラエルのです。 It is indicative of the temper of the people that during the first half of the first century several risings occurred against the Romans: against Varus, 4 B.C.; under Judas against the Census, 6 C.E.; by the Samaritans against Pilate in 38; and by Theudas against Fadusin 45-all indicating the continuously unsettled condition of the people under Roman rule.それは、人々の気質を示すことは、上半期中には、いくつかの蜂起が発生した最初の世紀の対ローマ人への手紙:ウァルスに対しては、紀元前4 ;下ユダの国勢調査に反対、 6 ce ; pilateに反対されるサマリア38 ;とされたtheudas反対を示す連続fadusin 45 -すべての人々の不安定な条件の下でローマのルールです。

In the Temple.同寺で。

As far as can be judged, his reception was as much a surprise to Jesus as it was to his followers and to the leaders of the people.できると判断される限り、彼のレセプションには驚きと同じくらいだったとしてイエスキリストを信奉していたが、彼の指導者の一人です。 His reputation as a miracle-worker had preceded him; and when the little cavalcade of some twenty persons which formed his escort approached the Fountain Gate of Jerusalem he was greeted by many of the visitors to the city as if he were the long-hoped-for deliverer from bondage.奇跡の労働者としての彼の名声は彼の前に、そしてときにはいくつかの小さなオンパレード彼の護衛20人を結成泉門エルサレムに近づいていた多くの来場者を迎えられ、市として、もし自分が長期的に期待-束縛からのための救世主です。 This would appear to have been on the first day of the week and on the 10th of Nisan, when, according to the Law, it was necessary that the paschal lamb should be purchased.このように表示されますが、初日の10日の週のニッサンとは、ときには、同法によると、それは必要なこと過ぎ越しの小羊を購入しなければならない。 It is therefore probable that the entry into Jerusalem was for this purpose.したがってそれはエルサレムへの流入を予想していた、この目的のためです。 In making the purchase of the lamb a dispute appears to have arisen between Jesus' followers and the money-changers who arranged for such purchases; and the latter were, at any rate for that day, driven from the Temple precincts.子羊を購入しているのは、イエスキリストの間に生じた紛争が表示さを持つ'を信奉し、お金のためにこのような仕入手配チェンジャー人;と、後者が、いずれにせよ、その日は、お寺の境内から駆動します。 It would appear from Talmudic references that this action had no lasting effect, if any, for Simon ben Gamaliel found much the same state of affairs much later (Ker. i. 7) and effected some reforms (see Derenbourg in "Histoire de la Palestine," p. 527). talmudicが表示されることから、この操作を参照して永続的効果がない場合は、サイモンベンガマリエルはほぼ同じ状況が見つかりましたかなり後( ker. i. 7 )といくつかの改革の影響(ドランブールを参照してください" histoireデラパレスチナ、 " p. 527 ) 。 The act drew public attention to Jesus, who during the next few days was asked to define his position toward the conflicting parties in Jerusalem.国民の注目を集めたイエスの行為は、人の中に、今後数日間は、自分の位置を定義するよう頼ま相反する政党、エルサレムに向かっている。 It seemed especially to attack the emoluments of the priestly class, which accordingly asked him to declare by what authority he had interfered with the sacrosanct arrangements of the Temple.特にそれを攻撃するように見えたのは、聖職者のemolumentsクラスは、それに応じて尋ねたを宣言したのは何の権威に干渉していた同寺の極めて神聖な取り決めです。 In a somewhat enigmatic reply he placed his own claims on a level with those of John the Baptist-in other words, he based them on popular support.これとはやや不可解な返事を主張して彼は、自分のレベルに配置してそれらのジョンザバプティスト-言い換えれば、彼の人気をベースにしてサポートしています。 Other searching questions put to him by the Sadducces and the Scribes received somewhat more definite answers.他の質問を検索して彼を入れると、 scribes sadduccesややもっとはっきりした答えを受け取った。 On the former asking what evidence for immortality he derived from the Old Testament, he quoted Ex.何のための証拠を要求して不滅の元彼は、旧約聖書から派生した、彼引用元です。 iii. Ⅲ 。 6, and deduced from it that as God is God of the living, Abraham, Isaac, and Jacob must have been living after their death-a deduction quite in the spirit of Talmudic Asmakta (comp. Sanh. 90b). 6 、と推定してからそれは、神としてオブザリビング神、イブラーヒーム、イスハーク、ヤアコーブとしなければ生きてきた彼らの死を控除した後の精神でかなりtalmudic asmakta ( comp. sanh 。 90b ) 。

The Test of the Tribute.テストのトリビュートです。

To a scribe asking him (in the spirit of Hillel) to what single commandment the whole Law could be reduced, he quoted the doctrine of the Didache, which gives the two chief commandments as the Shema' (Deut. vi. 4) and "Thou shalt love thy neighbor as thyself" (Lev. xviii. 19), thus declaring the essential solidarity of his own views with those of the Old Testament and of current Judaism, But the most crucial test was put to him by certain of the adherents of Herod, who asked him whether it was lawful to pay tribute to Cæsar.筆記者を求めて彼(ヒレルの精神)を1つの命令全体にどのような法律が削減できた、彼は、新約聖書の学説を引用し、これにより、 2つの戒めとして、チーフshema ' ( deut. viのです。 4 )や"なたはあなたの隣人としての自分自身の愛" ( 18 lev. 。 19 )は、このように宣言するのに欠かせないと連帯して、自分の意見は、旧約聖書とそれらの現在のユダヤ教は、しかし、最も重要なテストでは彼には、特定の支持者ヘロデのは、誰に誘われていたかどうかを合法的に貢ぎ物をcæsar 。 Here again he scarcely answered directly, but, asking for a denarius of tribute, deduced from the image and superscription thereon the conclusion that it ought to be returned unto Cæsar (Matt. xxii. 21).ここで再び彼は答えたほとんど直接ではなく、デナリウスのトリビュートを要求して、その上に推定さからのイメージと表題でなければならないという結論に返されることcæsarかれ( 22 matt. 。 21 ) 。 A very probable tradition, retained in Tatian's "Diatessaron," declares that the colloquy with Peter recorded in Matt.非常に概伝統は、留保さtatianの" diatessaron 、 "ピーター宣言して、会話をマットに記録されています。 xvii. 17 。 24-26 occurred on this occasion.この機会に24-26が発生しています。 Neither the original answer nor his further defense of it was satisfactory to the Zealots, who were anxious for an uprising against the Romans.どちらも、元の答えも、それは彼のさらなる防衛zealots満足して、心配していたため、ローマ人への手紙に反対する暴動です。 He had made it clear that he had no sympathy with the nationalistic aspirations of the common people, though they had welcomed him under the impression that he was about to realize their hopes.彼は前にはなかったことを明確にして彼に同情して、一般の人々の民族主義的な願望には、かれらの下で彼を歓迎した印象では、彼は自分の希望を実現についてです。 It is only this incident which accounts historically for the contrast between the acclamations of Palm Sunday and the repudiation on the succeeding Friday.それは今回の事件だけが歴史的には、コントラストの間の口座のacclamationsパームサンデーと否認して金曜日に成功した。

This change of popular sentiment cleared the way for action by the priestly class, which had been offended in both pride and pocket by Jesus' action in clearing the purlieus of the Temple.この人気のセンチメントの変化への道をクリアされたアクションクラスの聖職者は、気を悪くされていたポケットの両方に誇りとされたイエスのアクションでは、寺purlieusクリアしています。 They may have also genuinely feared a rising under Jesus, having in view the manner in which he had been welcomed on the previous Sunday, though this was possibly brought forward merely as a pretext.彼らも真に恐れが上昇する可能性があるイエスキリストのもとでは、この方法で表示することで彼を歓迎して、前の日曜日だったが、これは単に繰越としての可能性を口実にした。 It would appear that they determined to seize him before the Feast of the Passover, when the danger of an outbreak would be at its greatest height and when it would be impossible for them to hold a court (Yom-Ṭob v. 2).それを手に入れると決意して表示されることは、彼の前にごちそうペサハは、危険性が勃発するときには、最大の高さとなることが不可能なときにそれらを保持するために、裁判所(ヨーム- ṭob対2 ) 。

The Last Supper.最後の晩餐。

According to the synoptic Gospels, it would appear that on the Thursday evening of the last week of his life Jesus with his disciples entered Jerusalem in order to eat the Passover meal with them in the sacred city; if so, the wafer and the wine of the mass or the communion service then instituted by him as a memorial would be the unleavened bread and the unfermented wine of the Seder service (see Bickell, "Messe und Pascha," Leipsic, 1872). gospels共観福音書によると、次のように表示されることは、先週木曜日の夜には、彼の人生のイエスエルサレムを入力して、弟子のために食事をつけて食べるのペサハは、聖なる都市;もしそうなら、このワインは、ウエハーと次に、質量やサービスの聖体拝領によって設立された慰霊碑が、彼としては未発酵種なしパンとワインのセダーサービス( bickellを参照して、 "メッセウントpascha 、 "リプシック、 1872 ) 。 On the other hand, the Gospel of John, the author of which appears to have had access to some trustworthy traditions about the last days, represents the priests as hurrying on the trial in order to avoid taking action on the festival-which would, according to this, have begun on Friday evening-though this view may have been influenced by the desire to make the death of Jesus symbolize the sacrifice of the paschal lamb.その半面、ヨハネの福音書は、これが表示されたら、作者がアクセスできるようにいくつかの信頼性を持つ伝統の最後の日については、急いで表しますプリーストとしては、裁判を避けるための措置を講じて、お祭りには、よれこれは、金曜の夜が出てきたのもこの見解に影響されている可能性があるという欲望を象徴するイエスの死の過ぎ越しの小羊を犠牲にしています。 Chwolson ("Das Letzte Passahmal Christi," St. Petersburg, 1893) has ingeniously suggested that the priests were guided by the older Halakah, according to which the law of the Passover was regarded as superior to that of the Sabbath, so that the lamb could be sacrificed even on Friday night; whereas Jesus and his disciples would seem to have adopted the more rigorous view of the Pharisees by which the paschal lamb ought to be sacrificed on the eve of the 14th of Nisan when the 15th coincided with the Sabbath (see Bacher in "J. Q. R." v. 683-686). chwolson ( 1893 )は、巧妙に導かれると示唆していたが、古いhalakahプリーストは、同法によると、これは、ペサハ優れていると見なされていたことは、安息日は、子羊のように金曜日の夜にも犠牲かもしれない;がイエスと彼の弟子を持つように見えるが、より厳格なビューで採択されるのは、 pharisees過ぎ越しの小羊の前夜に犠牲になるはずだが、 14日の第15回ニッサンとき一致し、安息日( bacherを参照してください" jqr "対683から686まで) 。

It would seem that by this time Jesus had become aware of the intention of the high priests to do him harm; for after the Seder ceremony he secreted himself in the Garden of Gethsemane outside the city walls, where, however, his hiding-place was betrayed by one of his immediate followers, Judas, a man of Kerioth (see Judas Iscariot).どうやらのようになることを知っていたこの時期に、イエスの意図は、彼に危害を行う高いプリースト;ためセダー式典後、彼は自分自身の庭の分泌ゲッセマネ市の城壁の外側は、どこに、しかし、彼の隠れ場所は、即時信者の1つに裏切られた彼は、ユダは、一人の男のkerioth (イスカリオテユダを参照してください) 。 On what grounds Jesus was arrested is not quite clear.イエスはどのような理由で非常に明確ではないが逮捕された。 Even if he had claimed to be the Messiah, he would have committed no crime according to Jewish law.彼は主張している場合でも、救世主が、彼は、ユダヤ教の法律によると、犯罪に関与していない。 It appears that he was taken first to the house of the high priest, probably Anan's, which was without the walls, and where in a hurried consultation the only evidence against him was apparently an assertion that he could overthrow the Temple and replace it with one made without hands-in other words, with aspiritual kingdom.が表示されたら撮影していたことを最初にその家は、大祭司は、阿南市のおそらく、これは、壁なしで、急いで、どこに相談していただけに不利な証拠を明らかにする主張を覆すことができたと置き換えることが1つの寺手を前にせずに言い換えれば、精神とは無縁な王国をしています。 This, according to Holtzmann ("Leben Jesu," p. 327), was equivalent to a claim to the Messiahship.これによると、ホルツマン( "文化主イエスは、 " p. 327 ) 、権を主張するには、同等のmessiahship 。 Jesus is reported to have distinctly made this claim in answer to a direct question by the high priest; but the synoptic Gospels vary on this point, xiv.イエスは、はっきりと伝えられて返事をする前に、この主張に直接質問される大祭司; gospels総観によって異なりますが、この点については、 14です。 62 making the claim, and Matt. 62請求の範囲の製造、およびマットです。 xxvi. 26 。 64 and Luke xxii.ルーク64と22です。 69 representing an evasion, which was more in accord with the usual practise of Jesus when questioned by opponents. 69を表す脱税は、こちらで合意されたが、いつもの練習の時にイエスキリストの反対尋問される。 The rending of his clothes by the high priest seems rather to imply that the charge was one of "gidduf" or blasphemy (Sanh. vii. 10, 11).彼の服で、胸が張り裂けるようだというから、大祭司の料金は、 1つのことを意味する" gidduf "または冒とく(第VII sanh. 。 10 、 11 ) 。

There could be no question of anything corresponding to a trial taking place on this occasion before the Sanhedrin.何か問題があるかもしれないない起きて裁判に対応する前に、この機会にサンヘドリン。 Whatever inquest was made must have occurred during the Thursday night and outside Jerusalem (for on entering the city a prisoner would have had to be given up to the Roman garrison), and can not have been held before a quorum of the seventy-one members of the Sanhedrin.どんな審問中には前にする必要がありますが発生した24日夜、エルサレムの外(街中に入射するための囚人をあきらめていたが、ローマに駐屯地)とすることはできません前にも行われて定足数が、 71会員サンヘドリンのです。 It is more probable that the twenty-three members of the priestly section of the latter, who had most reason to be offended with Jesus' action in cleansing the Temple, met informally after he had been seized, and elicited sufficient to justify them in their own opinion in delivering him over to the Romans as likely to cause trouble by his claims or pretensions to the Messiahship, which, of course, would be regarded by them as rebellion against Rome.それは予想してより多くの会員と聖職者の23セクションでは、後者は、ほとんどの人は気分を害したとされる理由イエスの浄化作用の寺では、非公式に会った後に押収されていたし、十分に引き出された自分を正当化して彼以上に自分の意見をローマに配信されるように彼の主張やpretensionsトラブルの原因をmessiahship 、これは、もちろん、それらが評価されたローマの反抗として。 Nothing corresponding to a Jewish trial took place, though it was by the action of the priests that Jesus was sent before Pontius Pilate (see Crucifixion).何も対応するユダヤ人の裁判が行われたが、それはプリーストが作用することによって、その前にイエスキリストが送られてpontius pilate (はりつけを参照してください) 。 The Gospels speak in the plural of the high priests who condemned him-a seeming contradiction to Jewish law which might throw doubt upon their historic character. gospelsの複数形で話すのは、彼を非難する人高いプリースト見せかけユダヤ教の法律に矛盾し、歴史的な性格に疑問を投げるかもしれない。 Two, however, are mentioned, Joseph Caiaphas and Annas (Hanan), his father-in-law. 2人は、しかし、も触れたように、ジョセフカイアファとannas (ハナン)は、彼の義理の父です。 Hanan had been deposed from the high-priesthood by Valerius Gratus, but he clearly retained authority and some prerogatives of the high priest, as most of those who succeeded him were relatives of his; and he may well have intervened in a matter touching so nearly the power of the priests.ハナンていた聖職高さから退陣ウァレリウスgratus 、しかし、彼はいくつかの権限や特権を明確に留保の大祭司は、彼のように成功した人たちのほとんどが彼の親戚;と彼の問題に介入した可能性もあるので近くに触れる電源のプリースト。 According to the Talmud, Hanan's bazaars were on the Mount of Olives, and probably therefore also his house; this would thus have become the appropriate place for the trial by the Sanhedrin, which indeed just about this time had moved its place of session thither (see Sanhedrin).タルムードによると、ハナンのバザーのオリーブマウントしていたし、そのためにも、おそらく彼の家;これはつまり、適切な場所になるためには、裁判によってサンヘドリン、これについては本当にこの時期だけの場所に移転したのはセッションthither (サンヘドリンを参照してください) 。

The Crucifixion.そのはりつけています。

In handing over their prisoner to the procurator, Pontius Pilate, the Jewish officials refused to enter the pretorium as being ground forbidden to Jews.囚人を引き渡し、彼らの代理人、 pontius pilateは、ユダヤ人の職員を拒否して地面を入力しているpretoriumとして禁じられているユダヤ人です。 They thereby at any rate showed their confidence in the condemnation of Jesus by the Roman power.いずれにせよ彼らが自分に自信を見せて非難されるローマの電源イエスです。 Before Pilate the sole charge could be attempted rebellion against the emperor. pilate前単独電荷天皇の反抗を試みた可能性がある。 In some way, it would appear, the claim to be king of the Jews (or possibly of a kingdom of heaven) was made before him by Jesus himself, as is shown by the inscription nailed up in derision on the cross.何らかの方法で、次のように表示され、請求されるのは、ユダヤ人の王(または可能性がある天国)は前に彼の目の前で、イエス自身は、碑文が表示されるまでに得たい、十字架上で物笑いの種だ。 To Pilate the problem presented was somewhat similar to that which would present itself to an Indian official of to-day before whom a Mohammedan should be accused of claiming to be the Mahdi. pilateの問題を提示されたものと同様にやや存在自体には、インドの関係者は、誰を翌日に控えた- mohammedanしなければならないと主張して非難されるのマハディ。 If overt acts in a disturbed district had accompanied the claim, the official could scarcely avoid passing sentence of condemnation; and Pilate took the same course.あからさまな行為に動揺している場合は、同行のクレーム地区は、ほとんどの関係者が文章の非難を避けるために渡す; pilateとは、同じコースです。 But he seems to have hesitated: while condemning Jesus, he gave him a chance of life.しかし、彼がためらったよう:イエスを非難しながら、彼は人生のチャンスを与えた。 It appears to have been the practise to grant to the Jewish populace the privilege of pardoning a prisoner on public holidays; and Pontius Pilate held out to the rabble surrounding the pretorium (for most responsible heads of families must have been at this time engaged in searching for leaven in their own homes) a choice between Jesus and the other Jesus (bar Abbas), who also had been accused of rebellion.が表示されたら、それを練習してきたユダヤ人の民衆を付与する特権を赦免している囚人の祝日;とpontius pilateアウトして開かれた民衆を取り巻くpretorium (ご家族のための最も責任ヘッドしなければこの時期に従事してきた探索徐々に変化し、自分の家庭用)で、他の選択肢との間で、イエスキリスト(バーアッバス)は、反逆罪に問われた人もいた。 The mob had naturally more sympathy for the avowed rebel than for the person who had recommended the payment of tribute.群衆は当然の反逆者を自認する人よりもより多くの共感を得るための担当者の方は、お支払いのトリビュートを推奨します。 It chose Barabbas; and Jesus was left to undergo the Roman punishment of Crucifixion in company with two malefactors.それを選んだバラバ;とイエスは、ローマの罰を受けると左の2つの会社をはりつけにmalefactors 。 He refused with some not overkindly words (Luke xxiii. 28-31) the deadening drink of frankincense, myrrh, and vinegar which the ladies of Jerusalem were accustomed to offer to condemned criminals in order that they might pass away in an unconscious state (Sanh. 43a).彼は拒否していないoverkindlyいくつかの単語( 23ルーク。二八から三一まで)の防音装置を飲むのフランキンセンス、ミルラ、エルサレムと酢には慣れている女性を提供するために、犯罪者を非難して帰らぬ人となるかもしれないが、意識不明の状態( sanh 。 43Aの)です。 Whatever had been Jesus' anticipations, he bore the terrible tortures, due to the strain and cramping of the internal organs, with equanimity till almost the last, when he uttered the despairing and pathetic cry "Eloi, Eloi, lama sabachthani?"何がイエスの期待は、彼は退屈な人のひどい拷問を受けて、歪みとは、内臓のけいれんは、ほとんどの最後まで平静には、絶望的なときに彼の口と哀れな叫び声"エロイ民族、エロイ民族、ラマsabachthani ? " (the Aramaic form of Ps. xxii. 1, "My God, my God, why hast thou forsaken me?"), which showed that even his resolute spirit had been daunted by the ordeal. (フォームのpsでは、アラム語です。 22 。 1 、 "私の神、私の神、どうしてなたは見捨てられたのですか? " )は、彼の毅然とスピリットを見せていたこともひるむ試練です。 This last utterance was in all its implications itself a disproof of the exaggerated claims made for him after his death by his disciples.この最後の発言は、それ自体が意味するすべての反証を前に彼の主張は、誇張された後に彼の死によって、弟子です。 The very form of his punishment would disprove those claims in Jewish eyes.彼は非常に形の懲罰では、ユダヤ人の目を反証これらの主張だ。 No Messiah that Jews could recognize could suffer such a death; for "He that is hanged is accursed of God" (Deut. xxi. 23), "an insult to God" (Targum, Rashi).ユダヤ人の可能性を認識していない可能性救世主に苦しむような死;ため"と彼は、呪われたことは、神の絞首刑" ( 21 deut. 。 23 )は、 "神を侮辱する行為" (ターガム、 rashi ) 。 How far in his own mind Jesus substituted another conception of the Messiah, and how far he regarded himself as fulfilling that ideal, still remain among the most obscure of historical problems (see Messiah).どの程度までは、自分自身の心の救世主イエスの受胎置換もう一つは、彼がどこまでと見なすことが充実した理想的な自分自身としては、まだほとんど無名のままのうち、歴史的な問題点(救世主を参照してください) 。

Bibliography: Of the enormous literature relating to Jesus it is unnecessary to refer in this place to more than a few of the more recent works, which give in most cases references to their predecessors.参考文献:イエスは、莫大な文学に係る不必要なことは、この場所を参照するには、こちらを超える数の最近の作品は、ほとんどの場合、参照を与える彼らの前任者です。 On the sources the best work, at any rate in English, still remains E. A. Abbott's Gospels in Encyc.最高の仕事上の関係者は、いずれにせよ、英語、アボットのgospelsでは依然としてea encyc 。 Brit.イギリスです。 On the parallels with rabbinic sources:ラビの関係を例にしてソース:

Lightfoot, Horœ Talmudieœ; (best ed., Oxford, 1854); A. Wünsche, Neue Beiträge zur Erlduterung der Evangelien aus Talmud und Midrasch, Göttingen, 1878; G. H. Dalman, The Words of Jesus, Edinburgh, 1901.ライトフット、 horœ talmudieœ ; (最良のエド。 、オックスフォード、 1854 ) ; a. wünsche 、ノイエbeiträgeツアerlduterungタルムードウントデアevangelien aus midrasch 、 göttingen 、 1878 ;ガーナダルマンは、イエスキリストの言葉が、エジンバラ、 1901 。 On the life of Jesus the best and most critical recent work is that of O. Holtzmann, Leben Jesu, Leipsic, 1901 (Eng. transl. London, 1904).イエスキリストの生涯最高の仕事で、最も重要なのは、最近のOをホルツマン、文化主イエスは、リプシック、 1901 ( eng. transl 。ロンドン、 1904 ) 。 W. Sanday, in Hastings, Dict.ウィリアムサンデーは、ヘイスティングス、辞書です。 Bible, s.v., presents a moderate and candid estimate of the various aspects of the life from the orthodox Christian standpoint, and gives a critical bibliography to each section.聖書は、 sv 、男性の推定値は、穏健派と率直な生活のさまざまな側面の正統派キリスト教的な観点から、重要な参考文献と明記して、各セクションをご覧ください。 A similar critical view, with a fuller account of the literature attached to each section, is given by Zöckler in Herzog-Hauck, Real-Encyc.似たような批判的なビューで、フラーのアカウントでは、文学に接続された各セクションでは、与えられたzöcklerでは、ヘルツォーク-ハウクは、実encyc 。 s.v. sv With regard to the relation of the Law to Jesus, the Christian view is expressed by: Bousset, Jesu Predigt in Ihrem Gegensatz zum Judentum, Göttingen, 1892; G. H. Dalman, Christianity and Judaism, London, 1901.関係と関連して、イエスは、法の趣旨には、キリスト教の見解が表明された: bousset 、主イエスはpredigt ihrem gegensatzツムjudentum 、 göttingen 、 1892 ;ガーナダルマンは、キリスト教、ユダヤ教、ロンドン、 1901 。 Of Jewish writers on Jesus may be mentioned: G. Solomon, The Jesus of History, London, 1880; H. Weinstock, Jesus the Jew, New York, 1902; J. Jacobs, As Others Saw Him, London, 1895.ユダヤ人の作家の可能性に言及してイエス: Gをソロモンは、イエスキリストの歴史を、ロンドン、 1880 ; h.ウェーンストック、イエスキリストはユダヤ人、ニューヨーク、 1902 ; j.ジェイコブス、他のことして彼には、ロンドンでは、 1895年です。

See also Polemics.J. polemics.jも参照してください。

-In Theology:イン神学:

Because the Gospels, while containing valuable material, are all written in a polemical spirit and for the purpose of substantiating the claim of the Messianic and superhuman character of Jesus, it is difficult to present an impartial story of his life. gospelsので、貴重な資料が含まれながら、論争がすべて書かれてある目的のために精神とsubstantiatingのクレームは、イエスの救世主と超人的なキャラクターは、公平を提出することは困難である彼の人生の物語です。 Nor is the composite picture ofJesus drawn from the synoptic Gospels, such as is presented by modern Christian writers and in which the miraculous is reduced to the minimum, an approximation to the real Jesus.またofjesus描かれた絵は、コンポジットgospels共観福音書から、キリスト教などが提示された近代的で、奇跡的には、作家や減額を最小には、本物のイエス近似している。 The Jesus of history was equally as remote from Paulinian antinomianism as from the antagonism to his own kinsmen which has been ascribed to him; the Pharisees having had no cause to hate and persecute him, nor had they given any cause for being hated by him even if their views differed from his (see New Testament).歴史は、イエスキリストの律法主義として等しくpaulinianとしてリモートから対立してから、自分の近親生得的にしてきた彼;のpharisees原因を憎むことはなかったと彼を迫害したり、指定した任意の原因は彼らのためにも彼を嫌っているもし彼の意見の異なる(新約聖書を参照してください) 。

It was not as the teacher of new religious principles nor as a new lawgiver, but as a wonder-worker, that Jesus won fame and influence among the simple inhabitants of Galilee in his lifetime; and it was due only to his frequent apparitions after his death to these Galilean followers that the belief in his resurrection and in his Messianic and divine character was accepted and spread.それではないとしても、先生の新しい宗教的な原則として新たな立法者が、労働者として、不思議には、その名声と影響力イエスウォンのうち、単純に彼の生涯の住人ガリラヤ;そしてそれは彼のためだけに彼の後に頻繁にapparitionsこれらのガリレイの死を信奉して自分の信念で、彼の復活の救世主と神のキャラクターが受け入れられたと広がった。 The thaumaturgic and eschatological views of the times must be fully considered, and the legendary lives of saints such as Onias, Ḥanina ben Dosa, Phinehas ben Jair, and Simeon ben Yoḥai in the Talmud, as well as the apocalyptic and other writings of the Essenes, must be compared before a true estimate of Jesus can be formed.終末論の魔術師との意見を十分に考慮しなければならない時代とは、伝説の聖人のような生活をonias 、 ḥaninaベンdosa 、ベンフィニアスジェイル、シメオンベンとは、タルムードyoḥaiだけでなく、その終末論的およびその他の記述は、エッセネ派は、以前に比べて、真の見積もりをしなければならないことができますイエス結成。

However, a great historic movement of the character and importance of Christianity can not have arisen without a great personality to call it into existence and to give it shape and direction.しかし、歴史的に大きな動きは、キャラクターとキリスト教の重要性が生じたことができない性格を呼び出すことなく大きな存在とそれを形や方向性を与えることです。 Jesus of Nazareth had a mission from God (see Maimonides, "Yad," Melakim, xi. 4, and the other passages quoted in Jew. Encyc. iv. 56 et seq., s.v. Christianity); and he must have had the spiritual power and fitness to be chosen for it.ナザレのイエスは神から与えられた使命( maimonidesを参照して、 " yad 、 " melakim 、 xi 。 4 、ユダヤ人と、他の文章を引用しています。 encyc 。 4 。 56以下参照。 、キリスト教sv ) ;とする必要がありますが、彼は精神的なパワーとフィットネスをすることに選ばれる。 The very legends surrounding his life and his death furnish proofs of the greatness of his character, and of the depth of the impression which it left upon the people among whom he moved.彼の人生は非常に伝説と彼の死を取り巻く証拠を提供するのは、彼の偉大さの文字、との印象を与えるの深さは、それが人々の間で心に適う左に移動します。

Legends Concerning His Birth.伝説に関する彼の誕生です。

Some legends, however, are artificial rather than the natural product of popular fancy.いくつかの伝説は、しかし、人工的には自然の産物ではなく、人気のあるファンシーです。 To this category belong those concerning Jesus' birthplace.このカテゴリに属する者に関するイエスの発祥の地です。 The fact that Nazareth was his native town-where as the oldest son he followed his father's trade of carpenter (Mark i. 9, vi. 3; comp. Matt. xiii. 55; John vii. 41)-seemed to be in conflict with the claim to the Messiahship, which, according to Micah v. 1 (A. V. 2) (comp. John vii. 42; Yer. Ber. ii. 5a; Lam. R. i. 15), called for Beth-lehem of Judah as the place of his origin; hence, the two different legends, one in Luke i.という事実には、彼の故郷の町ナザレの長男として、彼はどこに続いて、父親の貿易のカーペンター(マークi. 9 、 viのです。 3 ;伴奏。マットです。 13 。 55 ;ジョン7 。 41 )のように見えたが、紛争messiahshipクレームをして、これによると、 1対ミカ( 2 ) ( comp.ジョン動静第VII 。 42 ; yer 。 ber 。 Ⅱ 。 5a ;ラム。共和党i. 15 ) 、ベスと呼ばれるためにはlehemユダの代わりとして、彼の起源;したがって、異なる2つの伝説は、 1つのルークi. 26, ii. 26 、 Ⅱ 。 4, and the other in Matt. 4 、および他のマットです。 ii. Ⅱ 。 1-22, where the parallel to Moses (comp. Ex. iv. 19) is characteristic. 1月22日は、どこに平行にモーゼス( comp.例です。 4 。 19 )が特徴的です。 In support of the Messianic claim, also, the two different genealogies were compiled: the one, in Matt.救世主の主張を支持し、また、コンパイルされた2つの異なったgenealogies :その1つは、マットです。 i. 1-16, tracing Joseph's pedigree through forty-two generations back to Abraham, with a singular emphasis upon sinners and heathen ancestresses of the house of David (comp. Gen. R. xxiii., li., lxxxv.; Ruth R. iv. 7; Naz. 23b; Hor. 10b; Meg. 14b); the other, in Luke iii. 1-16 、ヨセフの血統追跡を通じて42代に戻るアブラハムは、単数を強調してancestresses異教徒の罪人とは、ハウスオブデビッド( comp.大将共和党23 。 、李。 、 85 。 ;ルース共和党4世。 7 ; naz 。 23b ;水平。 10b ;メグです。 14b ) ;そのほか、ルークⅢ 。 23-38, tracing it back to Adam as "the son of God" in order to include also the non-Abrahamic world. 23〜38 、アダムトレーシングに戻ることを"神の御子"のために、非abrahamic世界にも含まれています。 Incompatible with these genealogies, and of pagan origin (see Boeklen, "Die Verwandtschaft der Jüdisch-Christlichen mit der Parsichen Eschatologie," 1902, pp. 91-94; Holtzmann, "Hand-Commentar zum Neuen Testament," 1889, p. 32; Soltau, in "Vierteljahrschrift für Bibelkunde," 1903, pp. 36-40), is the story representing Jesus as the son of the Virgin Mary and of the Holy Ghost (taken as masculine, Matt. i. 20-23; Luke i. 27-35).これらのgenealogies互換性がない、との異教の起源( boeklenを参照して、 "死ぬverwandtschaftデアデアjüdisch - christlichen MITのparsichen eschatologie 、 " 1902 、 pp 。 91〜94 ;ホルツマン、 "手commentarツムneuen遺言は、 " 1889 、 p. 32 ;ゾルタウ、 " vierteljahrschrift最近登録bibelkunde 、 " 1903 、 pp 。 36から40まで)は、その物語は、イエスキリストを表すの息子として、聖母マリアとは、聖霊(男性取らとしては、マット。私二〇から二三まで;ルークi.二七から三五まで) 。 So also the story of the angels and shepherds hailing the babe in the manger (Luke ii. 8-20) betrays the influence of the Mithra legend (Cumont, "Die Mysterien des Mithra," 1903, pp. 97, 147; "Zeitschrift für die Neutestamentliche Wissenschaft," 1902, p. 190), whereas the legend concerning the prophecy of the two Essene saints, Simeon and Anna, and the bar miẓwah story (Luke ii. 22-39, 40-50) have a decidedly Jewish character.天使たちの物語が、今でも、羊飼いのベーブは、 hailingマンガー(ルークⅡ 。 8月20日)の影響で、 betrays mithra伝説(キュモンは、 "死ぬmysterienデmithra 、 " 1903 、 pp 。 97 、 147 ; " zeitschrift最近登録さで死ぬneutestamentliche wissenschaft 、 " 1902 、 p. 190 )が、伝説の2つの予言に関するessene聖人、シメオンとアンナ、そしてバーmiẓwah物語(ルークⅡ 。二十二から三十九まで、四十から五十まで)は、きっぱりとユダヤ人キャラクターです。

From the "Gospel According to the Hebrews" (Jerome, commentary on Matt. iii. 13, 16), it seems that Jesus was induced by his mother and brothers to go to John to be baptized in order to obtain the forgiveness of his sins; his vision, too, is there described differently (comp. Justin, "Dial. cum Tryph." lxxxviii., ciii.; Usener, "Religionsgeschichtliche Untersuchungen," 1889, pp. 1, 47; and Holy Spirit).から、 "福音書によると、ヘブル人への手紙" (ジェローム、マット解説しています。 Ⅲ 。 13 、 16 ) 、それによって誘発されるように、イエスは、母親と兄弟のジョンにバプテスマを受けに行くを得るために、自分の罪を赦し;彼のビジョンは、あまりにも、そこに記述が違う( comp.ジャスティンは、 "ダイヤルです。 tryph付きの動いた"と述べた。 88 。 、 ciii 。 ;ウーゼナー、 " religionsgeschichtliche untersuchungen 、 " 1889 、 pp 。 1 、 47 ;と聖霊) 。 Genuinely Jewish also is the legend which depicts Jesus as spending forty days with God among the holy "ḥayyot" (not "wild beasts," as rendered in Mark i. 13) without eating and drinking (comp. Ex. xxxiv. 28; Deut. ix. 9); and his encounter with Satan is similar to the one which Moses had in heaven (Pesiḳ. R. xx., based upon Ps. lxviii. 19; comp. Zoroaster's encounter with Ahriman [Zend Avesta, Vend., Fargard, xix. 1-9]) and to Buddha's with Mara (Köppen, "Die Religion des Buddha," 1857, i. 88, and R. Seydel, "Das Evangelium von Jesu," 1882, p. 156).本場では、ユダヤ教の伝説を描いても、イエスの神として支出して40日間のうち、神聖な" ḥayyot " (いない"野生動物たちは、 "マークとしてレンダリングさi. 13 )食べたり飲んだりすることなく( comp.例です。 34 。 28 ; deut 9 。 9 ) ;と彼は、悪魔に遭遇して1つに類似していたが、天国モーゼス(共和党のXX pesiḳ. 。 、基づいてしまう。 68 。 19 ;伴奏。 ahrimanゾロアスターの遭遇して[ Zendのアベスタ、行商する。 、 fargard 、 19 。 1-9 ] )と釈迦にしてマラ( köppen 、 "死ぬデ仏陀の宗教は、 " 1857勇88 、ザイデルと共和党は、 " das evangeliumフォン主イエスは、 " 1882年、 p. 156 ) 。

As Healer and Wonder-Worker.と不思議-労働者としてのヒーラーです。

When, after John's imprisonment, Jesus took up the work of his master, preaching repentance in view of the approach of the kingdom of God (Mark i. 14; Luke i. 79; comp. Matt. iii. 2, iv. 16-17), he chose as his field of operations the land around the beautiful lake of Gennesaret, with Capernaum as center, rather than the wilderness; and he had as followers Peter, Andrew, John, and others, his former companions (John i. 35-51; comp. Matt. iv. 18; Mark i. 16 with Luke v. 1).ときには、ジョンの懲役刑の後、イエスキリストを取り上げたのは主人の仕事は、説教を考慮しても、後悔するアプローチは、神の王国(マークi. 14 ;ルークi. 79 ;伴奏。マットです。 Ⅲ 。 2 、 4世です。 16 - 17 ) 、彼は自分の選んだ分野の活動として、美しい湖の周りの土地gennesaret 、カペナウムとしてセンターではなく、荒野;と彼は、ピーター信者としては、アンドリュー、ジョンは、他人とは、彼の元仲間(ジョンi.三十五〜五十一;伴奏。マットです。 4 。 18 ;マークしてルークi. 16対1 ) 。 His chief activity consisted in healing those possessed with unclean spirits who gathered at the synagogues at the close of the Sabbath (Mark i. 32-34; Luke iv. 40).彼の主な活動で構成さ癒し保有してそれらの汚れた霊に集まった人は、近くのユダヤ教の安息日(マークi. 32から34まで;ルーク4世です。 40 ) 。 Wherever he came in his wanderings through Galilee and Syria the people followed him (Matt. iv. 23-24; xii. 15; xiv. 14, 34; xv. 30; xix. 1; Mark iii. 10; Luke vi. 17-19), bringing to him the sick, the demoniacs, epileptics, lunatics, and paralytics to be cured; and he drove out the unclean spirits, "rebuking" them (Matt. xvii. 18; Luke iv. 35, 39, 41; ix. 42; comp. "ga'ar" in Zech. iii. 2; Isa. 1. 2; Ps. lxviii. 31 [A. V. 30]) with some magic "word" (Matt. viii. 8, 16; comp. "milla," Shab. 81b; Eccl. R. i. 8), even as he "rebuked" the wind and told the sea to stand still (Mark iv. 35 and parallels).彼はどこから来た彼のwanderingsガリラヤやシリアの人々は彼( matt. 4世です。二三から二四; 12世です。 15 ; 14 。 14 、 34 、 15 。 30 ; 19 。 1 ;マークIIIのです。 10 ;ルークviのです。 17 -19 )は、持参して彼の病気は、 demoniacs 、 epileptics 、狂人、治るとされるparalytics ;と彼は車を運転して、汚れた霊は、 " rebuking "かれら( 17 matt. 。 18 ;ルーク4世です。 35 、 39 、 41 ; 9 。 42 ;伴奏です。 " ga'ar "ツェッヒ。 Ⅲ 。 2 ;のISAです。 1 。 2 ;しまう。 68 。 31 [動静30 ] )いくつかのマジック"ワード" ( viii matt. 。 8 、 16 ;伴奏です。 " milla 、 " shab 。 81b ; eccl 。共和党i. 8 ) 、彼でさえも"と叱責を受ける"と言ったの風海をじっと立っている(マーク4世です。 35と類似) 。 At times he cured the sufferers by the mere touch of his hand (Mark i. 25; Matt. viii. 8, ix. 18-25), or by powers emanating from him through the fringes of his garment (ib. ix. 20, xiv. 36), orby the use of spittle put upon the affected organ, accompanying the operation with a whisper (Mark vii. 32, viii. 23; John ix. 1-11; comp. Sanh. 101a; Yer. Shab. xiv. 14d: Loḥesh and Roḳ).その時彼は治癒される患者の手に触れる単なる(マークi. 25 ;マットです。 viii 。 8 、 9世です。 18-25 ) 、または列強から外れてからやって来る彼を通して彼の服( ib. 9 。 20 、 14 。 36 )は、軌道を持つ唾の使用時に、影響を受けた臓器は、添付の操作をしてささやくような声で(第VIIマークです。 32 、 viii 。 23 ;ジョン9 。 1-11 ;伴奏。 sanh 。 101a ; yer 。 shab 。 14 。 14d : loḥeshとroḳ ) 。 By the same exorcismal power he drove a whole legion of evil spirits, 2,000 in number, out of a maniac living in a cemetery (Josephus, "B. J." vii. 6, § 3; Sanh. 65b) and made them enter a herd of swine to be drowned in the adjacent lake (Luke viii. 26-39 and parallels; comp. Ta'an. 21b; Ḳid. 49b; B. Ḳ. vii. 7).彼は車を運転される電力と同じexorcismal全体の悪霊軍団は、 2000年の数字は、マニアックに住んでいるうちに、墓地(ヨセフスは、 "ベナン"第VII 。 6 、 § 3 ; sanh 。 65b )と入力する前にそれらの群れ豚には、隣接する沈水湖(ルークviii 。 26から39と緯線;伴奏。 ta'an 。 21b ; ḳid 。 49b ; ḳ Bのです。第VII 。 7 ) 。 It was exactly this Essenic practise which gained for him the name of prophet (Matt. xxi. 11, 46; Luke vii. 16, 39; xxiv. 19; John iv. 19). essenicに練習していたが、まさにこのために彼の名前を得た預言者( 21 matt. 。 11 、 46 ;ルカによる福音書第VII 。 16 、 39 ; xxiv 。 19 ;ジョン4世です。 19 ) 。 In fact, by these supernatural powers of his he himself believed that Satan and his hosts would be subdued and the kingdom of God would be brought about (Luke ix. 2, x. 18, xi. 20); and these powers he is said to have imparted to his disciples to be exercised only in connection with the preaching of the kingdom of God (Matt. ix. 35-x. 6; Mark vi. 7; Luke ix. 1-2).実際に、これらの神通力によって彼は彼自身の考えられてしぶい悪魔とその軍勢となるだろうが神の国をもたらした(ルーク9 。 2 、 Xの18日、 xi 。 20 ) ;およびこれらによると彼はパワーズを付与して、弟子が行使されるだけに関連して、説教者が神の国( 9世matt. 。 35 - xとなります。 6 ;マークviのです。 7 ;ルーク9 。 1-2 ) 。 They are to him the chief proof of his Messiahship (Matt. xi. 2-19; Luke vii. 21-22).彼らは彼には彼の最高の証拠messiahship ( xi matt. 。 2月19日;ルカによる福音書第VII 。二一から二二) 。 It was as the healer of physical pain that Jesus regarded himself "sent to the lost sheep of the house of Israel"; and in the same spirit he sent forth his disciples to perform cures everywhere, yet always excluding the heathen from such benefits (Matt. x. 6-8, xv. 22-28).それはヒーラーとして、自分自身の肉体的な苦痛を評価してイエス"に送信されるイスラエルの失われた羊の家" ;と同じ精神で、弟子を遣わした彼はどこでも行う治療法は、まだそのようなメリットから異教徒を除いて、常に(マット。 Xで6-8 、 15 。二十二から二十八) 。 Other miracles ascribed to Jesus, such as the feeding of the 5,000 and the 4,000 (Mark vi. 30-46, viii. 1-9, and parallels), have probably been suggested by the miracles of Moses, and the raising of the dead (Luke vii. 11-17, viii. 40-56; John xi. 1-46) by those of Elijah.他の奇跡生得的にイエスキリストのように、摂食は、 5000および4000 ( viのマークです。三十から四十六、 viii 。 1-9 、および類似点)は、提案されたのは、多分モーゼの奇跡、との引き上げオブザデッド(ルカによる福音書第VII 。 11月17日、 viii 。四十から五十六;ジョンxi 。一から四六)によってそれらのエリヤです。

As Helper of the Poor and Forsaken.ヘルパーとしては、貧しい人々や見捨てられた。

While the Essenes in general were not only healers and wonder-workers but also doers of works of charity, there was aroused in Jesus, owing to his constant contact with suffering humanity, a deep compassion for the ailing and the forsaken (Matt. xiv. 14, xv. 32).全般の中ではなかったエッセネ派と不思議-労働者のみならず、 healers行いの者の慈善行為は、イエスキリストがあった興奮では、定数接触して彼のせいで苦しんでいる人々に、深い同情心を病んでいると、見捨てられた( 14 matt. 。 14 、 15 。 32 ) 。 With this there came to him the consciousness of his mission to bring good tidings to the poor (Luke iv. 16-30, vii. 22) and to break down the barrier which Pharisaism had erected between the Pharisees as the better class of society and the 'Am ha-Areẓ, the publicans and fallen ones (Matt. ix. 10-13, xi. 19, and parallels; Luke vii. 36-50).そこに来た彼には、この意識を持って任務に吉報を伝え貧しい人々 (ルカ4世です。十六から三十、第VII 。 22 )との障壁を打破するには偽善の間に張らphariseesとして、より良い社会のクラスとその'ハ- areẓ時は、倒れたものとpublicans ( matt. 9 。 10月13日、 xi 。 19 、および類似点;ルカによる福音書第VII 。 36〜50 ) 。 This was a great departure from Essenism, which, in order to attain a higher degree of pharisaic sanctity, kept its adherents entirely apart from the world, in order that they might not be contaminated by it.これは偉大なessenism出発してから、これは、上位を達成するためには神聖pharisaic度は、別に保管し、世界を完全に支持するためには、汚染されたかもしれないということだ。 Jesus, on the contrary, sought the society of sinners and fallen ones, saying, "They that are whole need not a physician, but they that are sick. I came not to call the righteous, but sinners to repentance" (Luke v. 31-32; comp. parallels).イエスは、むしろ、その社会の罪人と求められて倒れたもの、と述べ、 "彼らには、医師全体の必要はありませんが、それらにはうんざりだ。来たコールしないように、正しい者が、罪人を悔い改め" (ルーク対31から32まで;伴奏。類似) 。 No wonder that, when performing his miracles, he was believed to be in league with Satan or Beelzebub, the spirit of uncleanness, rather than to be filled with the Holy Spirit (Mark iii. 22 and parallels).不思議ではない、彼の奇跡を行う際に、彼は悪魔と思われる、またはベルゼブブリーグでは、 uncleannessの精神ではなく、聖霊に満たされていた(マークIIIのです。 22と類似) 。 This anti-Essenic principle, once announced, emboldened him to allow the very women he had cured to accompany him and his disciples-in sharp contrast to all tradition (Luke viii. 1-3); and they repaid his regard with profound adoration, and subsequently were prominent at the grave and in the resurrection legend.この反essenic原則は、一度に発表、 emboldened彼に認められて非常に女性に同行していた彼と彼の弟子治る-際立って対照的にはすべての伝統(ルークviii 。 1-3 ) ;と彼らの深い愛情を返済彼に関しては、そしてその後は、墓が目立つとは、伝説の復活です。

Another departure from pharisaic as well as Essenic practise was his permission to his disciples to eat with unwashed hands. pharisaicだけでなく、別のessenic出発してから練習には、彼の弟子を許可して手を洗わずに食事をした。 When rebuked he declared: "Whatsoever from without entereth into the man can not defile him, but that which proceedeth out of the man [evil speech], that defileth the man" (Mark vii. 15 and parallels)-a principle which scarcely implied the Paulinian abrogation of the dietary laws, but was probably intended to convey the idea that "the profane can not defile the word of God" (Ber. 22a).彼を叱責する際に宣言: "のものから、男に入ることなく彼を冒とくすることはできませんが、その男のうち、どのproceedeth [悪のスピーチ]は、その男がdefileth " (第VIIマークです。 15と類似点)には原則的にほとんど黙示paulinianの食事法の廃止ではなく、おそらく意図していたという思想を伝える"との不敬神のみことば汚すことはできません" ( ber. 22a ) 。

In another direction, also, Jesus in his practises as a physician was led to oppose the rigorists of his day.別の方向へ、また、イエスは彼が主導practises医師としての彼の一日rigoristsに反対しています。 The old Hasidæan Sabbath laws were extremely severe, as may be seen from the last chapter of the Book of Jubilees; to these the Shammaites adhered, prohibiting healing on Sabbath.古いhasidæan安息日の法律は非常に厳しい、と見られるかもしれないから、最後の章では、書籍のjubilees ; shammaites付着してこれらのは、治癒して安息日を禁止します。 But there were also the Hillelites, who accepted liberal maxims, such as "Where a life is at stake the Sabbath law must give way" and "The Sabbath is handed over to you, not you to the Sabbath" (Mek., Ki Tissa).しかし、 hillelitesがあったにも、リベラル派の人の受け入れ格言など、 "どこで命が危うい道を譲る必要があります安息日の法則"と"安息日に委ねられることは、あなたには安息日" ( mek. 、箕tissa ) 。 Jesus, following these latter, performed cures on the Sabbath (Mark ii. 27, iii. 1-16, and parallels; Luke xiii. 10-21, xiv. 1-8); but that the Pharisees should on this account have planned his destruction, as the Gospels record, is absurd.イエス様は、以下のこれらの後者は、実行して治療法安息日(マークⅡ 。 27 、 Ⅲ 。 1-16 、および類似点;ルーク13 。 10月21日、 14 。 1-8 ) ; phariseesばならないが、このアカウントでは、計画彼の破壊、 gospels記録としては不条理だ。 In fact, the compilers misunderstood the phrase "The son of man is lord of the Sabbath"-as if this abrogation of the Sabbath were the privilege of the Messiah-as well as the story of the plucking of grain by the disciples, which Luke (vi. 1) alone has preserved more correctly.実際には、コンパイラのフレーズを誤解されて"人の子は安息日の主は、 "このような場合には、特権廃止は、安息日の救世主-だけでなく、その物語は、摘採された弟子の穀物は、ルーク( vi. 1 )一人にはこちらが正しく保存されます。 It was not on the Sabbath, but on the first day of the second Passover week (called δετεροπρώτη from the Biblical expression "the morrow of the Sabbath," Lev. xxiii. 11-14), when no new corn was allowed to be eaten before some had been offered on the altar, that the disciples of Jesus passed through the field and plucked the new corn, called "ḥadash" in rabbinical literature.安息日は、それは、しかし、初日の第2週にペサハ( δετεροπρώτηと呼ばれる聖書の表現から、 "明日の安息日は、 "レフです。 23 。 11月14日) 、新たなトウモロコシが認められていないときに食べて前にいくつか提示していた祭壇は、イエスキリストの弟子を通過して、新しいフィールドに摘まれたトウモロコシと呼ばれる" ḥadash "ラビ文学です。 In defending their action Jesus correctly referred to David, who ate of the holy bread because he was hungry (I Sam. xxi. 5-7)-an argument which would not at all apply to the Sabbath.イエス様が正しく行動に言及して弁護デビッドさんは、神聖なパンを食べた空腹のために彼は(私サム。 21 。 5-7 ) -引数ではないが、安息日のすべてに適用されます。

Man of the People; Not a Reformer.男の人々 ;改質装置ではありません。

Jesus spoke with the power of the Haggadists-compare, e.g., "the men of little faith" (Soṭah 48b); "the eye that lusts, the hand that sins must be cut off" (Nid. 13b); "no divorce except for fornication" (Giṭ. 90b); "purity like that of a child" (Yoma 22a)-and not like the men of the Halakah (Luke iv. 32; comp. Matt. vii. 29, "not like the scribes").イエスキリストの力を利用してスポークhaggadists -比較は、例えば、 "男たちの信仰のリトル" ( soṭah 48b ) ; "私欲に眼のことは、罪に手を切断しなければならない" ( nid. 13b ) ; "いいえ離婚を除いて密通のため" ( giṭ. 90b ) ; "純度の子供たちのように" ( yoma 22a )にしていないような、男性のhalakah (ルーク4世です。 32 ;伴奏。マットです。第VII 。 29日、 "そのようなscribesない" ) 。 He often opposed the legalism of the Halakists (Matt. xxiii. 9; Mark vii. 6-23), but he affirmed in forcible and unmistakable language the immutability of the Law (Matt. v. 17-19).法治反対して、彼はしばしばhalakists ( 23 matt. 。 9 ;マーク第VII 。 6月23日) 、しかし、彼独特の言語や強制アファームドでは、法律のimmutability ( matt.対一七〜一九) 。 The Sermon on the Mount, if this was ever delivered by him, was never intended to supplant the law of Moses, though the compiler of the Gospel of Matthew seeks to create that impression.その山上の垂訓は、これまで配信された場合には、彼の本は、取って代わることがないことを意図してこの法律のムーサーが、コンパイラは、マタイによる福音書を作成することを求めての印象だ。 Nor does any of the apostles or of the epistles refer to the new code promulgated by Jesus.わけのいずれかの使徒書簡や、新しいコードを参照して公布されたイエスです。 As a matter of fact the entire New Testament teaching is based upon the Jewish Didache (see Seeberg, "Katechismus der Urchristenheit," 1903, pp. 1-44).全体の問題として事実に基づいて、新約聖書は、ユダヤ教の新約聖書の教え(を参照してくださいゼーベルク、 " katechismusデアurchristenheit 、 " 1903 、 pp 。一から四四) 。

The Kingdom of God.神の王国。

Only in order to be prepared for the kingdom of God, which he expected to come in the immediatefuture and during the lifetime of his hearers (Matt. xvi. 28, xxiv. 42-44, xxv. 13), Jesus laid down especial rules of conduct for his disciples, demanding of them a higher righteousness and purity and a greater mutual love than the Pharisees practised (Matt. v. 20, xviii. 4-5).のみのために準備されるために、神の王国は、彼のimmediatefuture来ると予想される中、聞き手の寿命( 16 matt. 。 28 、 xxiv 。 42-44 、 25 。 13 )は、イエス敷設無二のルール彼の弟子たちの行動のために、かれらの要求する高い純度と正義と愛よりも大きな相互pharisees実践( matt.対20 、 18 。 4-5 ) 。 It was the Essenic spirit which dictated a life of voluntary poverty, of abstinence from marriage and domestic life, and of asceticism (Matt. xix. 12, 21-24, 29), as well as that principle of non-resistance to evil which the Talmud finds commendable in "the lovers of God" who "take insult and resent not" and shall in the life to come "shine like the sun" (Shab. 88b). essenicそれは、自発的精神を貧困な生活をする命令は、結婚と家庭生活の禁欲から、との修徳( 19 matt. 。 12 、二十一から二十四まで、 29 )だけでなく、非抵抗性の原則にして悪さタルムードを見つけるのは称賛に値する"恋人たちの神"の人"と不快感を抱くない侮辱を取る"として来るものは、人生の"太陽のように輝く" ( shab. 88b ) 。 The kingdom of God of which Jesus spoke had a decidedly political character, and all the apocalyptic writers so regard it.これは、イエスが神の国発言は、明らかに政治的なキャラクター、そして終末論作家のためのすべての関連することです。 The Messiah with the twelve judges of the twelve tribes was expected to rule over the land (Matt. xvi. 27, xix. 28); the Judgment Day was to have its tortures of Gehenna for the wicked, and its banquet in Paradise for the righteous, to precede the Messianic time (Matt. viii. 11-12, xviii. 8-9; Luke xiii. 28-29, xiv. 15-24); the earth itself was to produce plenty of grapes and other fruit of marvelous size for the benefit of the righteous, according to Jesus' own statement to John (Papias, in Irenæus, "Adversus Hæreses," v. 33-34). 12裁判官の救世主と期待された12部族支配の土地( 16 matt. 。 27 、 19 。 28 ) ;日は、判断力を持つために、邪悪な拷問の地獄は、天国とそのパーティでは、正しい者は、時間を前に救世主( viii matt. 。 11-12 、 18 。 8-9 ;ルーク13世です。 28から29まで、 14 。 15-24 ) ;自体は、地球や他のブドウを生産するフルーツたっぷりのマーベラスの利益のために、正義のサイズによると、イエスのジョン自身の声明を発表( papias 、 irenæus 、 " adversus hæreses 、 "対三三から三四) 。

Often Jesus spoke of the "secrets" of the kingdom of God in allegories and enigmas (not "parables"; see Matt. xiii. 1-52; comp. ii. 35), "dark sayings hidden from the foundation of the world (Ps. lxxviii. 2; John xvi. 25, 29), because they referred to the kingdom of Satan (Matt. xiii. 39)-that is, Rome-whose end was nigh. Of course such "secrets" were afterward turned into spiritual mysteries, too deep even for the disciples to comprehend, while simple words announcing the immediate nearness of the end were changed into phrases such as "The kingdom of God is within you" (Luke xvii. 21, for "among you"). On the other hand, the rabbinical phrase "the yoke of God's kingdom which liberates from the yoke of the kingdom of the worldly power" (Ab. iii. 5) is spoken of as "my yoke" and declared to be "easy" (Matt. xi. 29); for the allegory of the tares and the wheat (Matt. xiii.) used for the heathen and the Jews in the Judgment Day, comp. Midr. Teh. to Ps. ii. 12.スポークは、しばしばイエス"秘密"は、神の王国でallegoriesとenigmas (いない"例" ;マットを参照してください。 13 。一〜五二;伴奏。 Ⅱ 。 35 )は、 "ダークことわざは、世界基金からの隠れた(しまう。 78 。 2 ;ヨハネ16世です。 25 、 29 ) 、王国のために言及してサタン( 13 matt. 。 39 ) -それは、ローマの端には近付いている。もちろん、このような"秘密"がその後に電源が入っ精神的な謎は、あまりにも深く理解するためには弟子には、シンプルな言葉の発表は、当面の間は、終わりが近いことなどのフレーズに変更する"神の王国内の場合は、 " (ルカによる福音書17 。 21 、 "なたがたの間に"を参照) 。その半面、フレーズのラビ"神の王国のくびきのくびきから解放さは、世俗権力の王国" ( ab. Ⅲ 。 5 )話されるのは、 "私のくびき"と宣言して"簡単に" (マットです。 xi 。 29 ) ;のための小麦とアレゴリーのtares ( matt. 13世です。 )異教徒のために使用すると、ユダヤ人は、審判の日には、伴奏。 midr 。 。はPSです。 Ⅱ 。 12 。

Occasionally political strife, as a means of bringing about the catastrophe, is approved by Jesus (Luke xii. 51-53, xxii. 36; comp. verses 49-50).時折政争の一つの手段として大惨事をもたらすのは、イエスキリストが承認される(ルーク12世です。 51〜53 、 22 。 36 ;伴奏。 49から50印) 。

His Death.彼の死。

Like all the Essenes of his time (Tosef., Men. xiii. 21-23), Jesus was a sworn enemy of the house of the high priest Hanan.すべてのエッセネ派のように自分の時間( tosef. 、男性です。 13 。二一〜二三)は、イエスキリストは不倶戴天の敵は、大祭司の家のハナン。 His indignation at seeing the Temple hill turned into a poultry-and cattle-market for the benefit of the arrogant hierarchy (Mark xi. 15-18) fired him into action against these "bazaars of the Hananites" (Derenbourg, "Histoire de la Palestine," p. 466), which he called with Jeremiah (vii. 1) "a den of thieves"; he seized the tables of the money-changers and drove their owners out of the Temple.神殿の丘を見て、彼の怒りに変えられて家禽や家畜市場の階層の利益のために、傲慢( xiマークです。 15-18 )に対してこれらを実行に移す彼の首に"バザーのhananites " (ドランブール、 " histoireデラパレスチナ、 " p. 466 )で、彼と呼ばれるジェレマイア( vii. 1 ) "盗賊の巣窟" ;彼は、テーブルには、お金を押収-チェンジャーや寺院のうち、飼い主の車を運転しています。 Whether he had then actually claimed for himself the title of Messiah in order to be empowered to act thus, or whether he allowed the band of his followers to call him thus, it is certain that he laid no claim to the Messiahship before his entrance into Jerusalem (see Jew. Encyc. iv. 51, s.v. Christianity; Son of Man).それから彼は実際に請求するかどうか、自分で自分のためには、タイトルの救世主に行動する権限を持っしたがって、あるいは許可するかどうかのバンドの支持者たちが彼に電話してみたので、レイアウトないことは確実だと主張し、彼は彼の入り口の前にmessiahshipエルサレム(ユダヤ人を参照してください。 encyc 。 4 。 51 、キリスト教sv ;男の息子である) 。 According to the more authentic older records (Mark viii. 31, x. 33, xi. 18, xiv. 43, and parallels), he was seized by the high priests and the Sanhedrin, and was delivered over to the Roman authorities for execution.こちらの記録によると、本物の古い(マークVIII 。 31 、 Xの33 、 xi 。 18 、 14 。 43 、および類似点)は、彼が押収されたとのサンヘドリンプリースト高い、と当局は、ローマに配達するために実行。 The high priests feared the Roman prefect (John xviii. 14); but the people clung to Jesus (Matt. xxvi. 5; Luke xix. 48, xxi. 38, xxiii. 27), and lamented over his death (Luke xxiii. 48).ローマの高いプリースト恐れた知事(ジョン18 。 14 ) ;しかし、イエスキリストにしがみつく人々 ( 26 matt. 。 5 ;ルーク19 。 48 、 21 。 38 、 23 。 27 ) 、そして彼の死を悲しんだ(ルカによる福音書23 。 48 ) 。 Later "the Pharisees" were added to the list of the persecutors of Jesus (Matt. xxii. 15; Mark xii. 13; John xviii. 3; and elsewhere), and the guilt of shedding his blood was laid upon the Jews, while the bloodthirsty tyrant Pontius Pilate was represented as having asserted Jesus' innocence (Matt. xxvii. 24; John xviii. 28-xix. 16).後で" pharisees "のリストに追加されたイエスキリストの迫害者( 22 matt. 。 15 ;マーク12世です。 13 ;ジョン18 。 3 ;や他の場所) 、そして彼の血を流すことに罪悪感にさいなまれるレイアウトには、ユダヤ人が、血に飢えた暴君として表されることがアサートpontius pilateイエスの無罪( 27 matt. 。 24 ;ジョン18 。 28 - 19 。 16 ) 。 The term "heathen" or "Romans" was changed into "sinners" or "men" (Mark ix. 31, xiv. 41, and parallels), and the charge of rebellion against Rome with the implied instigation to refuse the tribute (Luke xxiii. 2) was put into the mouth of the Jewish authorities, whereas Jesus is represented as having declared: "My kingdom is not of this world" (John xviii. 36) and "Render to Cæsar the things that are Cæsar's" (Mark xii. 13-17 and parallels).という言葉を"異教徒"または"ローマ人への手紙"が変わる"罪人"または"男性" (マーク9 。 31 、 14 。 41 、および類似点) 、ローマに対する反逆罪と黙示の扇動を拒否して、トリビュート(ルーク23 。 2 )は、口の中に入れては、ユダヤ教の当局者が、イエスキリストが表されることを宣言: "私はこの世界の王国ではない" (ヨハネ18 。 36 )と"を描画することがcæsarのcæsar " (マーク12世です。十三から十七と緯線) 。

The Resurrection.復活です。

The story of the resurrection of Jesus is the natural consequence of the belief of his followers in his miraculous powers as the subduer of Satan.その物語は、イエスキリストの復活は、当然の帰結という信念の支持者たちが彼の奇跡的な大国の支配者として、悪魔です。 Indeed, it is stated that it was not he alone who arose from the grave, but that many saints arose with him (Matt. xxvii. 52) just as many saints in Jewish folk-lore overcame death (Shab. 55b; Mas. Derek Ereẓ, i.); and resurrection is the proof of the working of the Holy Spirit (Soṭah xv. 15; Cant. R., Introduction, 9; see Resurrection).確かに、それは彼に記載することではないから、一人の人の墓が生じたが、それが彼に多くの聖人が起こりました( 27 matt. 。 52 )と同様に多くのユダヤ教の聖人の死を乗り越えて伝承民俗- ( shab. 55b ;マス。デレクereẓ勇) ;と復活の証拠は、聖霊の働き( 15 soṭah 。 15 ;隠語。共和党は、はじめに、 9 ;復活を参照してください) 。 The disciples and the women who had been his constant companions when he was alive beheld him in their entranced state as partaking of their meals and heard him address to them instruction and argumentation (Matt. xxviii. 9, 18-20; Luke xxiv. 27-49; John xx. 15-xxi. 23).女性の弟子とされていたとき、彼は彼の仲間定数beholdの過去過去分詞彼には、うっとりして生きている状態の参加者としての自分の食事をして、彼の声を聞いアドレス命令と論証( 28 matt. 。 9 、 18-20 ;ルークxxiv 。 27 -49 ;ジョンXXのです。 15 - 21 。 23 ) 。 Many apparitions of Jesus after his death were in the course of time related as having taken place during his lifetime.多くのapparitionsイエスは彼の死の後は、時間の経過に関連としての彼の生涯の中で行われています。 Thus the strange stories of his walking at night as a spirit upon a lake (Matt. xiv. 24-36; Luke ix. 28-36; and parallels), of his transfiguration and conversation with Moses and Elijah (Matt. xvii. 1-13), and others became current in those credulous times when all the Apostles had their visions and direct communications from their master, whom they beheld as "the Son of Man in the clouds" waiting for "his return with myriads of angels" to take possession of this earth.したがって、彼のウォーキング夜の奇妙な話として、精神時には、湖( 14 matt. 。二十四〜三十六;ルーク9 。 28から36まで;と緯線)は、彼の変貌と会話をしてムーサーとエリヤ( 17 matt. 。 1 -13 ) 、他になったとだまされやすい時現在、これらのすべての使徒たちが彼らのビジョンとマスターから直接通信は、彼らbeholdの過去過去分詞として"男の息子は、雲が"待って"彼の復帰して無数の天使"をこの地球の所持を取る。 And so it came about that, consciously or unconsciously, the crystallized thought of generations of Essenes and entire chapters taken from their apocalyptic literature (Matt. xxiv.-xxv.) were put into the mouth of Jesus, the acme and the highest type of Essenism.そして約して来たので、意識的または無意識には、結晶化したエッセネ派の世代の思想と全体の章から取ら彼らの終末論的文学( matt. xxiv. - 25 。 )口の中に入れていたが、イエスは、最も高いの種類やアクメessenism 。

It was not the living but the departed Jesus that created the Church with Peter as the rock (Matt. xvi, 18); while, according to the Jewish Haggadah, Abraham was made the rock upon which God built His kingdom (Yalḳ., Num. 766).しかし、それは、生活して作られたイエスキリスト教会を出発し、ピーターとしての岩( matt. 16世、 18 ) ;ながら、 haggadahによると、ユダヤ人は、アブラハムは、神の前に、岩の上で自分の王国を内蔵( yalḳ. 、 NUM件。 766 ) 。 See Lord's Prayer; Lord's Supper.主の祈りを参照してください;主の夕食。 Bibliography: Grätz, Gesch.参考文献: grätz 、 gesch 。 4th ed., iii. 4位エド。 、 Ⅲ 。 281-314; F. Nork, Rabbinische Quellen Neu-Testamentlicher Stellen, Leipsic, 1839; August Wünsche, Neue Beiträge zur Erläuterung der Evangelien aus Talmud und Midrasch, Gättingen, 1872.K.二八一から三一四まで; f. nork 、ノイrabbinische quellen - testamentlicher stellen 、リプシック、 1839 ; wünsche 8月には、ノイエbeiträgeツアerläuterungタルムードウントデアevangelien aus midrasch 、 gättingen 、 1872.k.

-In Jewish Legend:ユダヤ教の伝説:

The Jewish legends in regard to Jesus are found in three sources, each independent of the others-(1) in New Testament apocrypha and Christian polemical works, (2) in the Talmud and the Midrash, and (3) in the life of Jesus ("Toledot Yeshu'") that originated in the Middle Ages.イエスキリストはユダヤ教の伝説に関連して3つのソースが発見さは、それぞれ独立して他- ( 1 )で、キリスト教の新約聖書外典論争作品は、 ( 2 )は、タルムードとミドラーシュ、および( 3 )は、イエスキリストの生涯( " toledot yeshu ' " )の発祥は中世している。 It is the tendency of all these sources to be-little the person of Jesus by ascribing to him illegitimate birth, magic, and a shameful death.それは、これらのソースされる傾向にほとんどすべての人が彼に非嫡出ascribingイエスの誕生によって、マジックは、恥ずべき死とする。 In view of their general character they are called indiscriminately legends.を考えて無差別には、全体的なキャラクターと呼ばれる彼らは伝説だ。 Some of the statements, as that referring to magic, are found among pagan writers and Christian heretics; and as the Ebionites, or Judæo-Christians, who for a long time lived together with the Jews, are also classed as heretics, conclusions may be drawn from this as to the origin of these legends.いくつかのステートメントは、魔法のように言及し、異教の作家との間では、キリスト教の異端が見つかりました;とebionitesとして、またはjudæo -キリスト教徒は、誰と一緒に住んで、長い間、ユダヤ人は、異端として分類にも、結論を出すかもしれないこのように描かれたからこれらの伝説の起源です。

It ought also to be added that many of the legends have a theological background.それをするべきでも泳いだことの多くは、伝説の神学的背景がある。 For polemical purposes, it was necessary for the Jews to insist on the illegitimacy of Jesus as against the Davidic descent claimed by the Christian Church.論争のための目的で、そのために必要なことは、ユダヤ人の不当性を主張し、イエスの子孫としてdavidicに対する領有権を主張し、キリスト教の教会です。 Magic may have been ascribed him over against the miracles recorded in the Gospels; and the degrading fate both on earth and hereafter of which the legends speak may be simply directed against the ideas of the assumption and the resurrection of Jesus.彼を超える可能性があるマジック生得的に反対され、記録され奇跡gospels ;と、地球上で分解運命と来世の両方を指示するだけの伝説の話かもしれないという想定の下に反対のアイデアと、イエスキリストの復活です。 The Jewish legends relating to Jesus appear less inimical in character when compared with the parallel passages which are found in pagan authors and Christian sources, more especially as such legends are fixed and frequently occurring themes of folk-lore; and imaginations must have been especially excited by the historical importance which the figure of Jesus came to have for the Jews.イエスキリストはユダヤ教の伝説に関連するときに表示される文字に比べて少ないが、敵意のある文章が見つかったパラレル異教とキリスト教のソースの作者は、より多くの伝説が、特にこのように頻繁に発生する固定やテーマの民俗-伝承;と想像する必要がありますが、特に励起これによって、図は、歴史的な重要性を持つために来たイエスは、ユダヤ人です。

The earliest authenticated passage ascribing illegitimate birth to Jesus is that in Yeb.非嫡出ascribing最古認証の通路では、イエスキリストの誕生をyeb 。 iv. 4 。 3. 3 。 The mysterious phrase ("that man") cited in this passage as occurring in a family register which R. Simeon ben Azza is said to have found seems to indicate that it refers to Jesus (see Derenbourg in "R. E. J." i. 293), and here occur also the two expressions so often applied to Jesus in later literature- (= "that anonymous one," the name of Jesus being avoided) and (="bastard"; for which in later times was used).この神秘的なフレーズ( "あの男" )を引用してこの通路で発生するとして戸籍によると共和党は、シメオンベンazzaを見つけたことを示すようにイエスキリストを指します(ドランブールを参照してください" rej " i. 293 ) 、そしてここで頻繁に起こるようにも2つの表現に適用され、後の文学-イエス( = "匿名の1つに、 "イエスキリストの名前を避けている)と( = "バスタード" ;ために使われていたが、後で倍) 。 Such a family register may have been preserved at Jerusalem in the Judæo-Christian community.そのような可能性がある戸籍エルサレムでは、保存されjudæo -キリスト教社会です。

Birth of Jesus.イエスキリストの誕生です。

The Jews, who are represented as inimical to Jesus in the canonical Gospels also, took him to be legitimate and born in an entirely natural manner.ユダヤ人たちは、イエスキリストに反しているとして表されるカノニカルgospelsまた、合法的には彼とは、完全に自然な形で生まれています。 A contrary statement as to their attitude is expressed for the first time in the "Acts of Pilate" ("Gospel of Nicodemus," ed. Thilo, in "Codex Apoc. Novi Testamenti," i. 526, Leipsic, 1832; comp. Origen, "Contra Celsum," i. 28).声明に反して、彼らのような態度を表明したのは初めてでは、 " pilate行為" ( "ニコデモ福音書は、 "エド。に対するThilo 、 "コーデックスapoc 。ノビtestamenti 、 " i. 526 、リプシック、 1832 ;伴奏。原産地は、 "コントラcelsum 、 " i. 28 ) 。 Celsus makes the same statement in another passage, where he refers even to a written source (ἀναγέγραπται), adding that the seducer was a soldier by the name of Panthera (l.c. i. 32).セルサス別の通過により、同じ声明で、彼はどこにも書かれたソースを指します( ἀναγέγραπται ) 、色魔追加していた兵士の名前で猫科( lci 32 ) 。 The name "Panthera" occurs here for the first time; two centuries later it occurs in Epiphanius ("Hæres." lxxviii. 7), who ascribes the surname "Panther" to Jacob, an ancestor of Jesus; and John of Damascus ("De Orthod. Fide." iv., § 15) includes the names "Panther" and "Barpanther" in the genealogy of Mary.名前を"猫科"が発生したのは初めてここでは、それが発生した後には2つの世紀にもわたって聖エピファニオス( " hæres 。 " 78 。 7 )は、人の姓ascribes "パンサー"とジェイコブは、イエスの祖先;とジョンのダマスカス( "デorthod 。 fide "と述べた。 4 。 、 § 15 )の名前が含まれて"パンサー"と" barpanther "の系譜は、メアリーです。 It is certain, in any case, that the rabbinical sources also regard Jesus as the "son of Pandera" (), although it is noteworthy that he is called also "Ben Sṭada" () (Shab. 104b; Sanh. 67a).それは特定のは、いずれにせよ、その点でもイエス様のラビのソースとして、 "息子pandera " ( ) 、これは注目に値すると呼ばれる彼はまた"ベンsṭada " ( 104b ) ( shab. ; sanh 。 67a ) 。

It appears from this passage that, aside from Pandera and Sṭada, the couple Pappus b.それが表示されたら、この通過してから、別にpanderaとsṭada 、冠毛Bのカップル Judah and Miriam the hairdresser were taken to be the parents of Jesus.ユダとミリアムの美容院が撮影されるの両親イエスです。 Pappus has nothing to do with the story of Jesus, and was only connected with it because his wife happened to be called "Miriam" (= "Mary"), and was known to be an adulteress.冠毛は何の関係もイエスキリストの物語は、接続のみとしていたことが起こったため、彼の妻と呼ばれる"ミリアム" ( = " mary "という)とは知られているが、姦婦。 The one statement in which all these confused legends agree is that relating to the birth of Jesus. 1つのステートメントでは、これらすべての混乱に関連して伝説に同意するのは、イエスキリストの誕生です。 Although this is ascribed only to the Jews, even in Celsus, the Jews need not necessarily be regarded as its authors, for it is possible that it originated among heretics inimical to Jesus, as the Ophites and Cainites, of whom Origen says "they uttered such hateful accusations against Jesus as Celsus himself did" ("Contra Celsum," iii. 13).これは生得的には、ユダヤ人だけでも、ケルススでは、ユダヤ人と見なされる必要は必ずしもその作者は、それをすることが可能発祥の異端反しているうちに、イエスは、 ophitesとcainitesとしては、原産地の人によれば"彼らを口イエスとしても非難するような憎らしいセルサス自身でした" ( "コントラcelsum 、 " Ⅲ 。 13 ) 。 It is probable, furthermore, that the accusation of illegitimacy was not originally considered so serious; it was ascribed to the most prominent personages, and is a standing motive in folk-lore (Krauss, "Leben Jesu," p. 214).概ことは、また、非嫡出告発して、非常に深刻ではないと考え当初;それは生得的で、最も顕著な人々に、そして動機では、常任民俗-伝承(クラウスは、 "文化主イエスは、 " p. 214 ) 。

The incident of Jesus concerning the dispute with the Scribes was copied by the rabbinical sources (Kallah 18b [ed. Venice, 1528, fol. 41c]; comp. N. Coronel, "Comment. Quinque," p. 3b, Vienna, 1864, and "Batte Midrashot," ed. Wertheimer, iii. 23, Jerusalem, 1895).この事件に関する論争してイエスscribesコピーされたソースのラビ( kallah 18b [エド。ベネチア、 1528 、 fol 。 41c ] ;伴奏。 n.コロネル"とコメントした。五つから成る、 " p. 3b 、ウィーン、 1864 、および" batte midrashot 、 "エド。ウェルトハイマー、 Ⅲ 。 23日、エルサレム、 1895 ) 。 All the "Toledot" editions contain a similar story of a dispute which Jesus carried on with the Scribes, who, on the ground of that dispute, declared him to be a bastard.すべての" toledot "エディションを含む紛争には、似たような話をして運ばscribesイエスは、人は、地面には、その紛争は、彼に宣言されるバスタード。 Analogous to this story are numerous tales of predictions by precocious boys.この物語に類似しては、予測された数多くの早熟な少年たちの物語です。

Sojourn in Egypt.エジプトに滞在中だ。

The sojourn of Jesus in Egypt is an essential part of the story of his youth.イエスキリストの逗留の不可欠な部分であるエジプトでは、彼の青春物語です。 According to the Gospels he was in that country in his early infancy, but Celsus says that he was in service there and learned magic; hence he was there in early manhood. gospelsによると、彼は自分の国では乳児期早期にして、しかしセルサスサービスによれば、彼はそこで学んだマジック;したがって彼がそこには初期の男らしされます。 This assumption may serve to throw more light on the obscure history of Jesus than the account found in the Gospels.この仮定サーブを投げる可能性に光をより多くの無名の歴史は、イエスキリストよりも、アカウントのgospels見つかりました。 The Talmud also says that Jesus was in Egypt in early manhood.タルムードによれば、イエスがエジプトでも初めに男らしされます。 R. Joshua b.ジョシュアBの共和党 Peraḥyah is said to have fled with his pupil Jesus to Alexandria in order to escape the persecutions of the Jewish king Yannai (103-76 B.C.); on their return Jesus made a remark on the not faultless beauty of their hostess, whereupon R. Joshua excommunicated him; and when Jesus approached him again and was not received he set up a brick for his god, and led all Israel into apostasy (Sanh. 107b; Soṭah 47a; Yer. Ḥag. 77d). peraḥyahは逃げたが、彼の弟子によると、イエスをアレキサンドリアの迫害を逃れるためには、ユダヤ人の王yannai (紀元前一〇三〜七六) ;復帰して彼らの発言をしていないイエスは、彼らのホステス完全無欠の美しさは、共和党するとジョシュア彼excommunicated ;と彼に近づいているときに、イエスではないと受け取った彼は彼のためにセットアップするれんが造りの神は、イスラエルとのすべてのLEDを背教( sanh. 107b ; soṭah 47a ; yer 。 ḥag 。 77d ) 。 This account is supplemented by the statement, made on the assumption that Ben Sṭada is identical with Ben Pandera, that Ben Sṭada brought magic from Egypt (Shab. 104b).このアカウントは補充された声明で、前には同じと仮定してsṭadaベンベンpanderaでは、エジプトからマジックをもたらしたsṭadaベン( shab. 104b ) 。 The story that Joshua b. Bの話をするのが、ジョシュア Peraḥyah, a contemporary of Simeon b. peraḥyah 、現代のBのシメオン Sheṭaḥ, was the teacher of Jesus, is not clearly stated in the various "Toledot"; it is saidmerely that Jesus was named after this brother of his mother. sheṭaḥ 、イエスは、その教師は、明確ではないが、様々な" toledot " ; saidmerelyことは、このことにちなんでは、イエスキリストの弟の母親です。 The assumption that Joshua b.と仮定してBのジョシュア Peraḥyah was the uncle of Jesus is confirmed by Ḳirḳisani, who wrote about 937 a history of Jewish sects (ed. Harkavy, § 1, St. Petersburg, 1894; comp. "J. Q. R." vii. 687). peraḥyahおじさんは、イエスが確認されたḳirḳisani 、約937人の書いたユダヤ教の宗派の歴史(編harkavy 、 § 1 、サンクトペテルブルク、 1894 ;伴奏です。 " jqr "第VII 。 687 ) 。 The references to Yannai, Salome Alexandra, and Joshua b. yannaiのリファレンスには、サロメアレクサンドラ、およびBのジョシュア Peraḥyah indicate that according to the Jewish legends the advent of Jesus took place just one century before the actual historical date; and some medieval apologists for Judaism, as Naḥmanides and Salman Ẓebi, based on this fact their assertion that the "Yeshu'" mentioned in the Talmud was not identical with Jesus; this, however, is merely a subterfuge. peraḥyahによりますとユダヤ人の伝説によると、イエスキリストの到来が1世紀前に行われただけで、実際の歴史的な日付、およびいくつかの中世のユダヤ教擁護のため、サルマンẓebiとしてnaḥmanidesとは、このような事実に基づいて自分の主張をして" yeshu ' "に記載さタルムードではないのと同じで、イエス;これは、しかし、単なる言い逃れが。

Jesus as Magician.魔術師としてのイエスです。

According to Celsus (in Origen, "Contra Celsum," i. 28) and to the Talmud (Shab. 104b), Jesus learned magic in Egypt and performed his miracles by means of it; the latter work, in addition, states that he cut the magic formulas into his skin.によると、ケルスス(原産地では、 "コントラcelsum 、 " i. 28 )とは、タルムード( shab. 104b )は、イエスキリストを学んだ彼の奇跡マジックエジプトで行われるとのことを意味;後者の仕事は、また、彼の州彼の皮膚は、特殊な数式を切っています。 It does not mention, however, the nature of his magic performances (Tosef., Shab. xi. 4; Yer. Shab. 13d); but as it states that the disciples of Jesus healed the sick "in the name of Jesus Pandera" (Yer. Shab. 14d; 'Ab. Zarah 27b; Eccl. R. i. 8) it may be assumed that its author held the miracles of Jesus also to have been miraculous cures.言及することはない、しかし、彼のマジック公演の性質( tosef. 、 shab 。 xi 。 4 ; yer 。 shab 。 13d ) ;しかし、イエスキリストの弟子に述べられて、病気の治癒"の名の下panderaイエス" ( yer. shab 。 14d ; ' ABのです。 zarah 27b ; eccl 。共和党i. 8 )作者のかもしれないが行われたと仮定しても、イエスキリストの奇跡を奇跡的な治療法がされています。 Different in nature is the witchcraft attributed to Jesus in the "Toledot."性質別では、魔術に起因するもので、イエスキリスト" toledot 。 " When Jesus was expelled from the circle of scholars, he is said to have returned secretly from Galilee to Jerusalem, where he inserted a parchment containing the "declared name of God" ("Shem ha-Meforash"), which was guarded in the Temple, into his skin, carried it away, and then, taking it out of his skin, he performed his miracles by its means.サークルから退学処分を受けた際には、イエスキリストの学者たちは、彼が密かによると返さを持つエルサレムからガリラヤには、どこに挿入する羊皮紙を含む彼の"神の名前を宣言した" ( " shemハ- meforash " )は、同寺で守られていたは、自分の肌には、去る運ばこと、そして、自分の肌に八つ当たりするのは、彼は彼の奇跡を行うの手段です。 This magic formula then had to be recovered from him, and Judah the Gardener (a personage of the "Toledot" corresponding to Judas Iscariot) offered to do it; he and Jesus then engaged in an aerial battle (borrowed from the legend of Simon Magus), in which Judah remained victor and Jesus fled.この魔法の公式それから彼からは回復していた、とユダの庭師(その人は、 " toledot "に対応するユダイスカリオテ)の提供を行うこと;従事して、それから彼はイエスと空中戦(サイモン占星術師の伝説から借りた)は、ビクターのユダとイエスは依然逃走しました。

The accusation of magic is frequently brought against Jesus.魔法の告発に対しては、頻繁にもたらしたイエスです。 Jerome mentions it, quoting the Jews: "Magum vocant et Judæi Dominum meum" ("Ep. lv., ad Ascellam," i. 196, ed. Vallarsi); Marcus, of the sect of the Valentinians, was, according to Jerome, a native of Egypt, and was accused of being, like Jesus, a magician (Hilgenfeld, "Ketzergesch." p. 370, Leipsic, 1884).ジェローム言及することは、ユダヤ人の言葉を引用: " magum vocant et judæi dominum財産" ( "欧州。左心室。 、広告ascellam 、 " i. 196 、エド。 vallarsi ) ;マーカスは、その宗派のvalentiniansだったによると、ジェロームは、エジプト原産の植物は、非難されているとは、イエスキリストのように、手品師(ヒルゲンフェルト、 " ketzergesch 。 " p. 370 、リプシック、 1884 ) 。 There were even Christian heretics who looked upon the founder of their religion as a magician (Fabricius, in "Codex Apocr. Novi Testamenti," iii. 396), and public opinion at Rome accused all Christians of magic (W. M. Ramsay, "The Church in the Roman Empire Before A.D. 170," pp. 236, 392, London, 1897).異端者でもあった見下ろしていましたキリスト教の創始者として、自分たちの宗教の魔術師(ファブリツィウス、 "コーデックスapocr 。ノビtestamenti 、 " Ⅲ 。 396 ) 、およびすべてのキリスト教徒と非難世論はローマのマジック(ラムゼイWMには、 "教会ローマ帝国の前には、 170の広告は、 " pp 。 236 、 392 、ロンドン、 1897 ) 。 The Apostles were regarded in the same light ("Acta Petri et Andreæ," ed. Bonnet, § 8).が、使徒と見なすことは、同じ光( " andreæ et actaペトリは、 "エド。ボンネット、 § 8 ) 。 Neither this accusation nor that concerning the birth of Jesus is found in the canonical Gospels, but it occurs in the apocryphal accounts; e.g., "Gesta Pilati," ii.どちらも、この告発しても問題は、イエスキリストの誕生は、カノニカルgospelsが見つかりましたが、それが発生したアカウントの作り話;例えば、 " gesta pilati 、 " Ⅱ 。 1; "Acta Pilati," version B, ii. 1 ; " acta pilati 、 "バージョンBには、 2世です。 3, iii. 3 、 Ⅲ 。 1; ib. 1 ; ib 。 i. 1 (μαγεΊαι; comp. γόης ἐστιν = "he is a magician"); ib. 1 ( μαγείαι ;伴奏。 γόης ἐστιν = "彼は魔術師" ) ; ib 。 in ed.でエド。 Tischendorf, 2d ed., p.ティッシェンドルフ、二次元エド。 、 p. 216, "maleficus est"; ib. 216は、 " maleficus est " ; ib 。 p. 338 ("Zeit. für die Neutest. Wissenschaft," 1901, iii. 94), with which comp "veneficus" = "poisoner" ("Evang. Infantiæ Arab." ed. Thilo, § 36). 338 ( "ツァイト。 neutest最近登録さで死ぬ。 wissenschaft 、 " 1901年、 Ⅲ 。 94 )は、どの伴奏して" veneficus " = "毒殺" ( " evang 。 infantiæアラブのです。 "エド。に対するThilo 、 § 36 ) 。 Somewhat different is the accusation that Jesus imposed upon the people and led them astray (comp. Bischoff, "Ein Jüdisch. Deutsches Leben Jesu," p. 20, Leipsic, 1895: , often also , and in the Greek texts πλανός, λαοπλανός; comp. πλανᾷ τὸν ὅχλον = "he deceives the people"; John vii. 12).イエス様は、少し違う課せられた告発してかれらを迷わせ、国民とのLED ( comp.ビショフは、 " ein jüdisch 。ドイツ文化主イエスは、 " p. 20 、リプシック、 1895 :は、多くの場合でも、テキストとは、ギリシャ語πλανός 、 λαοπλανός ;伴奏。 πλανᾷ τὸν ὅχλον = "彼は人を欺いたの人々 " ;ジョン7 。 12 ) 。 As Balaam the magician and, according to the derivation of his name, "destroyer of the people," was from both of these points of view a good prototype of Jesus, the latter was also called "Balaam."手品師として埋め草とは、彼の名前の由来によると、 "駆逐艦の人々は、 "これらのポイントは、両方からのプロトタイプを表示するには、イエス良い、とも呼ばれ、後者は"埋め草"と述べた。

The Disciples of Jesus.イエスキリストの弟子です。

Celsus (i. 62) says there were ten or eleven apostles.セルサス( i. 62 )によると10または11の使徒があった。 A passage of the Talmud (Sanh. 43a) ascribes five disciples to Jesus: "Matthai" (Matthew), "Nakai" (Luke), "Nezer" (Nazarene, a general designation for Christian in antiquity), "Boni" (probably the Nicodemus mentioned by John), and "Thoda" (Thaddæus).タルムードを通過( sanh. 43Aの) 5人の弟子にイエスascribes : " matthai " (マシュー)は、 "中井" (ルカ) 、 " nezer " (ナザレは、キリスト教の一般的名称で、古代) 、 "ボニ族" (たぶんそのニコデモ言及されたジョン) 、および" thoda " ( thaddæus ) 。 The following are mentioned in the "Toledot" (Huldricus, p. 35): "Simeon" (Peter), "Matthia" (Matthew), "Elikum" (Luke), "Mordecai" (Mark), "Thoda" (Thaddæus), and "Johannos" (John)-that is, the four evangelists plus Peter and Thaddæus.以下は、すでにこの" toledot " ( huldricus 、 p. 35 ) : "シメオン" (ピーター) 、 " matthia " (マシュー) 、 " elikum " (ルカ) 、 "モルデカイ" (マーク) 、 " thoda " ( thaddæus ) 、および" johannos " (ジョン) -それは、 4つの伝道者、ピーターとthaddæusプラスです。 Paul is mentioned in another connection, and (p. 48) Judas "the betrayer": it is to be noted that the last-named does not occur at all in Talmudic legends.ポールは言及を別の接続、およびら( p. 48 )ユダ"裏切り者" :それは、最後に-という名前に注意して起こるすべてではありませんtalmudic伝説です。 The Twelve Apostles are mentioned in other versions of the "Toledot" (ed. Wagenseil, p. 19; ed. Bischoff, p. 21), while still other versions frequently mention a following of 300, 310, 320, 330 men. 12使徒の言及は、他のバージョンの" toledot " (編ワーゲンザイル、 p. 19 ;エド。ビショフ、 p. 21 )は、他のバージョンで頻繁に言及しながら、次の300 、 310 、 320 、 330の男性です。 It is especially striking that all these disciples are described as eminently wise and learned, while according to Celsus (i. 63, ii. 46) the disciples of Jesus were common men, toll-keepers and seamen, an assumption that agrees to some extent with the canonical Gospels.それは、特に目を見張るように記述して、これらすべてが完ぺきな弟子を学んだ賢明とは、中によると、ケルスス( i. 63 、 Ⅱ 。 46 )イエスキリストの弟子の共通の男たちが、通行料-キーパーと船員は、ある程度想定して同意してカノニカルgospelsしている。

The Doctrines of Jesus.イエスの教説です。

In all the editions of the "Toledot" the doctrine of Jesus is summed up in the statements that he was the son of God, born of a virgin mother, a descendant of David and the promised Messiah; this he proved from passages of Scripture, in the rabbinic-Talmudic manner.すべてのエディションでは、 " toledot "の教義は、イエスの発言を要約すると、彼は神の御子は、ヴァージン生まれの母は、救世主の子孫であるデビッドとの約束;この通路から彼の啓典を実証、ラビ- talmudicな態度でいる。 In connection with these statements he is also represented as engaging in disputations with Jewish scholars.これらの記述に関連して彼はまた論争に従事して表されるユダヤ人学者だ。 The only specifically Christian doctrine mentioned by the Talmud is (Shab. 116a, b) that the law of Moses has been annulled and the Gospels put in its place-the well-known Christian doctrine of the abrogation of the Law; the saying of Jesus, "I have not come to take away the law of Moses, but to add to it," is also cited (ib.).キリスト教の教義を具体的に記載されただけでは、タルムード( shab. 116a 、 Bに)して同法の無效とされてムーサーgospels置く場所は、よく知られたキリスト教の教義には、同法の廃止;はイエスと言っては、 "私が来ないの法則を取り上げるムーサーよ、でもそれを追加するには、 "引用でも( ib. ) 。 In the "Toledot" the doctrine of abrogation is put into the mouth of Peter, and the latter, secretly intending to separate the Christians from the community in the interest of the Jews, promulgates the following tenets: Jesus suffered the pain and punishment of death in order to redeem from hell those that believe in him (comp. I Cor. xv. 26, 55); believers shall not hurt the Jews (comp. Acts iii. 26); one who deserves to be accompanied one mile only shall be accompanied two miles; both cheeks shall be offered if one cheek has been struck (comp. Matt. v. 39-41); instead of the Sabbath, Sunday shall be kept holy; Easter shall be celebrated instead of the Passover, Pentecost instead of the Feast of Weeks, etc.; circumcision is abrogated, and the dietary laws annulled.は、 " toledot "の原則廃止、口の中に入れられるのは、ピーター、そして、後者は、密かに意図してから、別のキリスト教徒は、ユダヤ人の利益のためのコミュニティでは、以下の教義promulgates :イエスの死と罰の痛みに苦しんで地獄から身請けするためにはこれらのことを信じて彼( comp.私うわっています。 15 。 26 、 55 ) ;信仰する者よ、ユダヤ人を傷つけるものではない( comp.行為Ⅲ 。 26 ) ;一人同伴されるに値するものにしか一マイル同行2マイル;両頬には、 1つのほおに提供されている場合直撃( comp.マットです。三十九から四十一まで対) ;の代わりに、安息日は、日曜日に保たれ、聖なるもの;イースター祝われるものではなく、ペサハ、聖霊降臨祭の代わりに宴の週間等;割礼が廃止され、食事法虚しく。 All these doctrinesare merely external, while the essential points of the teachings of Jesus are hardly alluded to.これらすべての外部doctrinesare単に、その中の重要な点についてはほとんどイエスキリストの教えをほのめかした。

Jesus performed all his miracles by means of magic, as stated above.イエスキリストの奇跡によって行われるすべての彼のマジックは、上記のとおりです。 These miracles are not specified in the Talmud, but they are in the "Tole-dot"; they are partly such as are mentioned in the Gospels, as the healing of the halt, blind, and leprous, and are somewhat different in nature, though based on the Gospels, as the story of Jesus walking on the sea on a heavy millstone ("Toledot"-ed. Wagenseil, p. 14; ed. Huldricus, p. 43; ed. Bischoff, p. 25; MS. Adler, in Krauss, "Leben Jesu," p. 119; comp. Matt. xiv. 25, xviii. 6).これらの奇跡は、タルムード指定されていないが、彼らは、 "トールドット" ;ている部分は、すでにこのようなgospels 、癒しの停止としては、目の不自由な、そしてハンセン病のは、自然とは少し違うが、かかわらずgospelsに基づいて、イエスキリストの物語が、海の上を歩いている重い石臼( " toledot " -エド。ワーゲンザイル、 p. 14 ;エド。 huldricus 、 p. 43 ;エド。ビショフ、 p. 25 ; ms 。アドラー、クラウスは、 "文化主イエスは、 " p. 119 ;伴奏。マットです。 14 。 25 、 18 。 6 ) 。 Other miracles are derived from apocryphal accounts, as the story that Jesus fashioned birds from clay or marble and put life into them; this occurs also in the "Gospel of Thomas," in "Evang. Infantiæ Arab."うその口座から派生した他の奇跡は、イエスキリストの話をするのが粘土や大理石風の鳥からとして活気づける;これが発生したのも"トマスによる福音書は、 "中" evang 。 infantiæアラブのです。 " § 36 (Thilo, ib. i. 111), and in the Koran. § 36 (に対するThilo 、 ib 。私111 ) 、そしてコーラン。 These legends are much amplified in the later "Toledot," although the substance remains the same.これらの伝説の方がはるかに増幅さは、後で" toledot 、 "この物質はこれまでと同じです。

Trial and Death of Jesus.イエスの裁判と死。

The Talmudic account of the manner of executing a person guilty of leading the people astray (Sanh. 67a) would be of signal historical importance if it were certain that it referred to Jesus.アカウントのtalmudicを実行する方法は、罪を犯した人の人々がリードして道に迷って( sanh. 67a )は、信号が特定の歴史的に重要なことをすれば、イエス言及しています。 The proceeding against one who incites others to deny the religion of their fathers consists in convicting him of his guilt by means of concealed witnesses, as follows: The accused is placed in an inner room with a light, so that witnesses unknown to him and watching him from an outer room can see and hear him clearly. 1つの論文に対して誘発他の人の宗教を否定するのは、自分の父親で構成さconvicting彼の罪悪感を隠し手段の目撃者は、以下のとおり:被告は、奥の部屋に置かれて軽いので、未知のことを彼と見て目撃者部屋の外から彼のことを聞くと彼を明確に参照してください。 Then a companion says to him: "Tell me again what you told me in confidence [in regard to renouncing our religion]."それから彼によれば、コンパニオン: "何を教えてくれと言われ、自信を再び[関連して我々の宗教を放棄] 。 " If he does so, the other replies: "How could we leave our God in heaven and serve idols?"だからもし彼が、他の返信: "我々はどのように私たちの神は、天国とサーブを残す偶像ですか? " If he recants now, it is well; but if he says, "It is our duty and we must do it," then the witnesses outside take him into court and he is stoned.もし彼recantsさて、それは井戸;しかし、もし彼によれば、 "これは私たちの義務であり、それをしなければならない我々は、 "当時の目撃者に法廷外に連れて行きましたと彼は酒に酔っている。 "Thus they did with Ben Sṭada at Lydda, who was hanged on the eve of the Passover." "こうして彼らは、 lyddaベンsṭadaでは、誰が絞首刑には、前夜のペサハ"と述べた。 This passage refers to Jesus only if he is regarded as identical with Ben Sṭada; this can hardly be assumed in view of the reference to Lydda.この通路を指します彼は見なされている場合にのみ、イエスと同一ベンsṭada ;このことを考慮して想定されるほとんどのリファレンスをlydda 。 The frequently repeated statement that Jesus was condemned for inciting to apostasy () is based on Sanh.頻繁に繰り返されるの声明を煽動して、イエスは、死刑囚のためには、背教( ) sanhに基づいています。 43a; there is added the entirely improbable statement that forty days before the condemnation of Jesus a herald called upon any one who could say anything in his favor to come forward and testify, but that no one appeared. 43Aの;あるが、完全にありそうにないステートメントを追加して40日後に控えて、イエスを非難ヘラルドお呼びがかかる可能性のいずれか1つを言わない人は彼に有利な証言を名乗り出るとは、誰にでも登場しています。

The proceeding is related very differently in the "Toledot"; although the several editions of the same differ in detail they agree in substance.関連の論文は非常に異なっては、 " toledot " ;ものの、いくつかのエディションの違いを詳細に彼らと同じ実質的に合意した。 The following account is found in a rather old edition (see Krauss, l.c. pp. 43 et seq.).次のアカウントでは、どちらかというと古い版が見つかりました(参照してくださいクラウス、 lcをpp 。 43以下参照ください。 ) 。 The scholars of Israel took Jesus into the synagogue of Tiberias and bound him to a pillar; when his followers came to liberate him, a battle occurred in which the Jewish party was worsted and his disciples took him to Antiochia.イスラエルの学者たちは、イエスキリストをティベリアスシナゴーグの柱とする彼を束縛;来たときに彼の信者を解放彼は、戦闘が発生するが、ユダヤ人のパーティーが梳毛アンティオキアで、弟子にかかった。 On the eve of Passover he entered Jerusalem riding on an ass (comp. Matt. xxi. 4-17), disguised-according to several editions-so that his former disciple Judas had to betray him in order to secure his seizure.ペサハの前夜に入った彼はロバに乗ってエルサレム( comp.マットです。 21 。 4月17日)は、偽装によると、いくつかのエディションにいたので、彼の元弟子ユダを裏切る彼には彼の発作を確保するためです。 He was executed on the eve of the Passover festival, which was also the eve of the Sabbath.彼は、処刑さペサハ祭の前夜、これはまた、安息日の前夜。 The executioners were not able to hang him upon a tree, for he had conjured all trees, by means of the name of God, not to receive him, and therefore they all broke; he was finally received by a large cabbagestalk (comp. Targ. Sheni to Esth. vii. 9). executionersハングすることができないのが彼のツリーには、すべての樹木をconjured彼は、神の名を意味するのではなく、ギフトを受け取ることは、彼らは皆、したがって破った;彼は、最後に受信された大規模なcabbagestalk ( comp.ターグ。 sheniをesth 。第VII 。 9 ) 。 He was buried on the same day, in conformity with the Law, and the apostates, his disciples, wept at his tomb.彼は埋没して同じ日には、同法に準拠しており、背教者は、彼の弟子たちは、泣きながら、自分の墓。

According to the "Toledot" his disciples sought for his body in the tomb, but being unable to find it they used the incident as proof before Queen Helena that he who had been slain had ascended into heaven.によると、 " toledot "自分の体のため、弟子の墓を求めたが、それを見つけることのできない彼らの証拠として使用される前に、事件の女王ヘレナ殺害されたとされていた彼は天国に昇っていた。 It then appeared that a man-sometimes called "Judas the Gardener" (Judas Iscariot), sometimes, indefinitely, the "master of the garden"-had taken the body out of the grave, used it as a dam to keep the water out of his garden, and had flooded the tomb.その後、一人の男が現れた-ときどきと呼ばれる"ユダの庭師" (ユダイスカリオテ) 、ときどきは、無期限には、 "ご主人様の庭"にも取って体のうちの墓には、使用されることを維持するとして、ダムの水を抜く自分の庭、そして墓に殺到していた。 Then there was joy again in Israel; the body was taken before the queen at Jerusalem, and the Christians were shamed.それから再びイスラエルに喜びがあった;撮影する前に、女王の遺体はエルサレムでは、キリスト教徒とは辱め。 Three points deserve notice in this account: (1) The fact that the body was stolen.このアカウント内の3つのポイントに値する注意: ( 1 )体が盗まれたという事実だ。 According to Matt.マットによると。 xxvii. 27 。 64, the Pharisees asked Pilate to guard the tomb so that the disciples might not steal the body and say that Jesus had ascended into heaven; but when the report was nevertheless circulated that Jesus had ascended, the Pharisees bribed the soldiers to say that the body had been stolen by the disciples (Matt. xxviii. 13). 64 、ガードのphariseesを求めたpilate弟子の墓のように体を盗むかもしれないと言うことは、イエスが天に昇って;しかし、流通時にもかかわらず、報告書は、イエスキリストが即位して、兵士たちは、買収と言ってpharisees体盗まれていたの弟子( 28 matt. 。 13 ) 。 The "Gospel of Nikodemus," § 13 (Thilo, ib. i. 616), adds that the Jews still persisted in this statement. " nikodemus福音書は、 " § 13 (に対するThilo 、 ib 。私616 ) 、ユダヤ人を追加して、この声明はまだ固執した。 A similar story is known to Justin ("Dial. cum Tryph." § 108; comp. § 17) and Eusebius ("Hist. Eccl." ch. iv. 18), while in the pseudo-Clementine "Recognitiones" (i., § 42) this assertion is ascribed to "others" (probably the Jews).似たような話が知られているジャスティン( "をダイヤルします。 tryph付きの動いた。 " § 108 ;伴奏。 § 17 )とユーセビアス( "シーッ。 eccl 。 "チャンネルです。 4 。 18 )は、在任中の疑似クレメンタイン" recognitiones " (私。 、 § 42 )は、この主張は、生得的に"その他" (おそらくユダヤ人) 。 (2) The statement of the theft of the body and the statement of the gardener who was afraid that the multitude of disciples might destroy his lettuce-beds were both known to Tertullian ("De Spectaculis," § 30). ( 2 )の声明には、体の窃盗や庭師の声明には、多数の人が怖かったが、彼の弟子を破壊する可能性の両方が知られているレタスのベッドtertullian ( "デspectaculis 、 " § 30 ) 。 (3) The insult offered to the body in the streets of Jerusalem is alluded to in the Koran (see below). ( 3 )の提供を侮辱しては、体の中の通りは、エルサレムには、コーランをほのめかした(以下参照) 。

The Resurrection.復活です。

It is clear, therefore, that the Jewish legends deny the resurrection of Jesus; the halakic assertion that Balaam (i.e., the prototype of Jesus) had no part in the future life must also be especially noted (Sanh. x. 2).明確にすることが、したがって、ユダヤ教の伝説を否定することは、イエスキリストの復活;の主張halakic埋め草(すなわち、イエスのプロトタイプ)ではない部分でも、将来の生活には特に注意する必要があります( sanh. Xの2 ) 。 It is further said: "The pupils of the recreant Balaam inherit hell" (Abot v. 19).それはさらなるによると: "この生徒は、地獄を受け継ぐひきょう埋め草" ( abot対19 ) 。 Jesus is accordingly, in the following curious Talmudic legend, thought to sojourn in hell.イエスは、それに応じて、 talmudic伝説には、次の好奇心は、地獄の思想に逗留しています。 A certain Onḳelos b. Bの特定onḳelos Ḳaloniḳos, son of Titus' sister, desired to embrace Judaism, and called up from hell by magic first Titus, then Balaam, and finally Jesus, who are here taken together as the worst enemies of Judaism. ḳaloniḳos 、タイタスの息子'妹は、ユダヤ教の希望を受け入れるのは、地獄からアップされたマジックと呼ばれる最初のタイタス、それから埋め草、そして最後に、イエスは、人として現在地ひっくるめて、最悪の敵であるユダヤ教。 He asked Jesus: "Who is esteemed in that world?"彼は尋ねたイエス: "誰が尊敬して世界では? " Jesus said: "Israel."イエス様によると: "イスラエルのです。 " "Shall one join them?" "加入して1つのものですか? " Jesus said to him: "Further their well-being; do nothing to their detriment; whoever touches them touches even the apple of His eye."イエスは言った: "彼らのさらなるウェルビーイング;何もできなかったことを自分の損害;誰にも触れて、アップル社が彼の目に触れている。 " Onḳelos then asked the nature of his punishment, and was told that it was the degrading fate of those who mock the wise (Giṭ. 56b-57a). onḳelosそれから彼の処罰を要請したの性質、およびそれに言われる人々の運命は、分解して英明でられる模擬( giṭ. 56b - 57a ) 。 This most revolting passage was applied in the Middle Ages to another Jesus (e.g., by R. Jeḥiel, in the Paris disputation; "Wikkuaḥ," p. 4, Thorn, 1873).この中で最も不快な中世の通路に適用されたイエスキリストを別の(例えば、共和党jeḥielによっては、パリでの論争; " wikkuaḥ 、 " p. 4 、とげ、 1873 ) 。 A parallel to the story is found in the statement of the "Toledot" that when Judas found he could not touch Jesus in any way in the aerial battle, he defiled him.平行して話をすることが判明したのは、声明は、 " toledot "ユダが見つかったときに触れることができなかった彼はイエスキリストの空中戦で、いかなる意味においても、彼は彼defiled 。 This feature naturally especially angered Christians (see Wagenseil, "Tela Ignea Satanæ," p. 77).この機能は、特に自然を怒らせたキリスト教徒(ワーゲンザイルを参照して、 "テラignea satanæ 、 " p. 77 ) 。 According to a passage in the Zohar (Steinschneider, "Polemische Litteratur," p. 362) the same degrading fate is meted out to both Jesus and Mohammed.によると、通路は、 zohar (シュタインシュナイダー、 " polemische litteratur 、 " p. 362 )と同じ運命を分解とは、イエスキリストの両方を割り当てられるモハメド。

Legends regarding Jesus are found in Mohammedan folk-lore.イエスキリストに関する伝説-伝承民俗mohammedanが見つかった。 Although the innocence of Mary is most emphatically asserted, there are such striking parallels to Jewish legends that this material must certainly have been taken from Judaism into the Koran.にもかかわらず、メアリーが最も強調して無罪を主張し、ユダヤ人にはそのような伝説著しい類似して、この物質を確実にする必要がありますがとられたユダヤ教をコーランからです。 In that work, also, it is stated that Jesus formed birds out of clay and endowed them with life (sura iii. 43); both the Koran and Jalal al-Din (in Maracci, "Refutatio Alcorani," fol. 114b, Patavii, 1698) refer to the peculiar clothing worn by the disciples of Jesus; and in Ibn Said (Maracci, l.c. fol. 113b) is found the statement that the body of Jesus was dragged with ropes through the streets.仕事をして、また、それはイエスの結成に記載して粘土や鳥のうちに命を与えて(ふくらはぎⅢ 。 43 ) ;両方コーランとジャラルアルディン( maracci 、 " refutatio alcorani 、 " fol 。 114b 、 patavii 、 1698 )を参照して特有の衣料削られてイエスの弟子;としているイブン( maracci 、 lcをfol 。 113b )の遺体が見つかったのは、イエスキリストの声明では、ロープを介して引きずら通りです。

Karaites and Samaritans. karaitesとサマリア人です。

The cardinal point in the Jewish legends concerns the birth of Jesus.伝説の枢機卿の懸念点は、ユダヤ教のイエスキリストの誕生です。 This question is discussed by both the Samaritans ("Chronique Samaritaine," ed. Neubauer, p. 18, Paris, 1873) and the Karaites, as may be seen in a recently published passage from the work of the Karaite Judah Hadassi ("J. Q. R." viii. 440).この質問には、サマリア人の両方に議論される( "慢性進行性samaritaine 、 "エド。 Neubauerさんは、 p. 18日、パリ、 1873 )とkaraites 、見られるかもしれないが、最近の作品の一節日付のカライ派ユダhadassi ( " jqr " viii 。 440 ) 。 Other essential points are that Jesus performed his miracles by conjuring with the name of God (ib. viii. 436), and the legend appended to the "Toledot" editions regarding the finding of the cross (ib. viii. 438).その他の重要な点については、彼の奇跡を実行して、イエスが神の名手品( ib. viii 。 436 ) 、および追加されるの伝説" toledot "所見については、クロスエディション( ib. viii 。 438 ) 。 The Karaites, however, had their own "Toledot."そのkaraites 、しかし、自分が" toledot 。 " Meswi al'Akkbari, the founder of a Karaite sect, engaged in similar polemics against the Christian doctrines ("R. E. J." xxxiv. 182). meswi al'akkbari 、カライ派の宗派の創立者で、従事して、キリスト教の教説に対して似たような論争術( " rej " 34 。 182 ) 。

Antichrist Legends.反キリスト伝説です。

The Jewish legends referring to Jesus can not be regarded as originally purely Jewish, because the Christian Antichrist legends also make use of them.イエスキリストはユダヤ教の伝説を参照することはできませんもともと純粋なユダヤ人と見なされるため、キリスト教の反キリスト伝説にも活用してください。 The Antichrist is born of a wandering virgin, the latter being, according to one version, a Danitic, hence Jewish, woman, while the father belongs to the Latin race (corresponding to the Roman soldier Panthera).反キリストが生まれるのは、さまよえる領バージン、後者には、 1つのバージョンによると、 danitic 、したがってユダヤ人は、女性は、父に属している間は、ラテン語のレース(ローマの兵士に対応して猫科) 。 Similar details are found in the Armilus legend (Bousset, "Der Antichrist," p. 99, Göttingen, 1895; Krauss, "Das Leben Jesu," p. 216). armilus詳細は、同様の伝説が見つかった( bousset 、 "デア反キリストは、 " p. 99 、 göttingen 、 1895 ;クラウスは、 "文化das主イエスは、 " p. 216 ) 。

Joseph Jacobs, Kaufmann Kohler, Richard Gottheil, Samuel Kraussジョセフジェイコブス、カウフマンコーラー、リチャードgottheil 、サミュエルクラウス
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ百科事典は、 1901年から1906年の間に出版されます。

Bibliography: 参考文献:
Mehlführer, Jesus in Talmude, Altorf, 1699; Andr. mehlführer 、 talmudeイエスは、 altorf 、 1699年; andr 。 Conr. conr 。 Werner, Jesus in Talmude, Stade, 1738; D'Herbelot, Bibliothèque, Orientale, ii.ヴェルナーは、イエスキリストがtalmude 、シュターデ、 1738 ; d'エルブロ、ビブリオテーク、 orientale 、 Ⅱ 。 349; Wagenseil, Tela Ignea Satanœ, Altorf, 1681 (where the Confutatio of the Toledot is separately paged); Eisenmenger, Entdecktes Judenthum, i. 349 ;ワーゲンザイル、テラignea satanœ 、 altorf 、 1681 (ここでは、別々に呼び出してconfutatioのtoledot ) ;アイゼンメンゲル症候群、 entdecktes judenthum勇 105, 133, 249, passim; Von der Alm, Die Urtheile, Heidnischer und Jüdischer Schriftsteller über Jesus, Leipsic, 1864; Hoffmann, Das Leben Jesu nach den Apokryphen, ib. 105 、 133 、 249 、各所;フォンデアアリフラーム、死ぬurtheile 、イエスキリストの催し物スポンサheidnischerウントjüdischer schriftsteller 、リプシック、 1864 ;ホフマンは、主イエスnach das文化デンapokryphen 、 ib 。 1851; G. Rosch, Jesusmythen, in Theologische Studien und Kritiken, 1873, pp. 1851 ; rosch Gを、 jesusmythen 、 theologische studienウントkritiken 、 1873 、 pp 。 77-115; Jüdische Sagen über das Leben Jesu, by Conard, in Neue Kirchliche Zeitschrift, pp.七七から一一五; jüdische sagen das文化の催し物スポンサ主イエスは、 conardによっては、ノイエkirchliche zeitschrift 、 pp 。 164-176, Erlangen and Leipsic, 1901; Baring-Gould, Lost and Hostile Gospels, 1875; Laible, Jesus Christus im Talmud (with Appendix-Die Talmudischen Texte, by G. Dalman), Berlin, 1891 (has been transl. into English); Krauss, Das Leben Jesu nach Jüdischen Quellen, Berlin, 1902; R. Travers Herford, Christianity in Talmud and Midrash, pp.百六十四から百七十六まで、エルランゲンとリプシック、 1901 ;ベアリング-グールドは、失われたと敵対gospels 、 1875 ; laible 、イエスクリストゥスイムタルムード(付録にして死ぬtalmudischen texte 、 Gをダルマン) 、ベルリン、 1891 ( translされています。へ英語) ;クラウスは、主イエスdas文化quellen nach jüdischen 、ベルリン、 1902 ;トラバーズヘルフォルト共和党は、キリスト教のタルムードとミドラーシュ、 pp 。 1-96, London, 1903.G.一から九十六まで、ロンドン、 1903.g. S. Kr.米kr 。


Son of Man男の息子

Jewish Viewpoint Information ユダヤ教の視点情報

In Contrast to Deity.神とは対照的だ。

The rendering for the Hebrew "ben adam," applied to mankind in general, as opposed to and distinct from non-human relationship; expressing also the larger, unlimited implications of humanity as differentiated from limited (e.g., national) forms and aspects of human life.レンダリングは、ヘブライ語の"アダムベンは、 "人類に適用される一般的に、よりはっきりとは対照的に、非人間関係;表現にも、大規模、無制限の意味合いから分化したとして、人類の限定(例えば、国立)の形態と人間的側面人生です。 Thus, contrasted with the "sons of God" ("bene Elohim") are the "daughters of man" ("benot ha-adam"), women taken by the former, non-human or super-human, beings as wives (Gen. vi. 2 et seq.).従って、対照的に、 "神の息子たち" ( "ベネelohim " )は、 "娘の男" ( " benotハ-アダム" )は、撮影された女性の元、非人間や超人間は、生き物としての妻( viの大将。 2以下参照ください。 ) 。 As expressing difference from God, the term occurs in the blessing of Balaam: "God is not a man, that he should lie; neither the son of man, that he should repent" (Num. xxiii. 19).神から与えられた表現の違いとしては、祝福の言葉が発生したのは、埋め草: "一人の男の神ではない、と彼はうそをつく;どちらも男の息子は、悔悟してかればならない" ( 23 num. 。 19 ) 。 Similarly, David appealing to Saul puts Yhwh over and against the children of men (I Sam. xxvi. 19).同様に、デビッドソール魅力を超えるとyhwh Answersは、子供たちに対して、男性(私サム。 26 。 19 ) 。 The punishment of God, also, is contrasted with that of the "children of men," the former being much more severe, as appears from the promise solemnly given to David (II Sam. vii. 14).神の懲罰を、また、対照的には、 "子どもたちの男性は、 "元がはるかに重度のは、与えられたとして厳粛に約束してから表示されるのデビッド( ⅱサム。第VII 。 14 ) 。 God alone knows the heart of the "children of man" (II Chron. vi. 29 et seq.).神の心を知っているだけでは、 "子どもの男" ( ⅱ chron 。 viのです。 29以下参照ください。 ) 。 In the prayer in which this thought is expressed, "man" is used in distinction to the "people of Israel"; indeed, "children of men" appears to mark a contrast to "children of Israel" in the Song of Moses (Deut. xxxii. 8, R. V.).祈りの中では、このような考えを表明し、 "男"とは区別して使用され、 "イスラエルの人々 " ;実際には、 "子どもたちの男"のマークが表示されますが、対照的に"イスラエルの子孫"は、歌のモーゼス( deut 。 32 。 8 、右心室) 。

"Son of man" is a common term in the Psalms, used to accentuate the difference between God and human beings. "男の息子"とは、共通項は、詩篇は、神に使われるとの違いを際立た人間です。 As in Ps.としてでしまう。 viii. viii 。 4 (A. V. 5), the phrase implies "mortality," "impotence," "transientness,"as against the omnipotence and eternality of God. 4 (動静5 ) 、そのフレーズを意味する"死亡" 、 "インポテンス" 、 " transientness 、 "として反対の全能の神とeternality 。 Yhwh looks down from His throne in heaven upon the "children," or "sons," of "man" (Ps. xi. 4, xxxiii. 13).ダウンyhwh外見上は、天国から彼の玉座"子供たちは、 "または"息子は、 "の"男" ( ps. xi 。 4 、 33 。 13 ) 。 The faithful fail among them (Ps. xii. 2 [A. V. 1]); the seed of Yhwh's enemies will not abide among the "children of men" (Ps. xxi. 10).このうち、忠実な失敗( ps. 12世です。 2 [動静1 ] ) ;の種子のyhwhの敵の中に永遠に住むではない"と子供たちの男たち" ( ps. 21 。 10 ) 。 "Children of men" is thus equivalent to "mankind" (Ps. xxxvi. 8 [A. V. 7], lxvi. 5). "子供たちの男性"は、このように相当する"人類" ( ps. 36 。 8 [動静7 ]は、 66です。 5 ) 。

"Sons of men," or "children of men," designates also the slanderers and evil-doers in contrast to the righteous, that is, Israel (Ps. lvii. 5 [A. V. 4], lviii. 2 [A. V. 1]). "息子の男たちは、 "または"連れの男たちは、 "指定slanderersも、悪を行う者とは対照的に、正義、それは、イスラエル( 57 ps. 。 5 [動静4 ] 、 58 。 2 [動静1 ] ) 。 It occurs most frequently, however, as a synonym for "mankind," "the human race" (Ps. xc. 3, cvii. 8, cxv. 16, cxlv. 12); it has this sense also in the passage in which wisdom is said to delight with the "sons of men" (Prov. viii. 31).最も頻繁に発生することは、しかし、同義語としては"人類" 、 "人類" ( ps. 90 。 3 、 ) CVII 。 8日) CXV 。 16 、 cxlv 。 12 ) ;それは、この意味では、通路でも知恵は喜びによると、 "男性の息子" ( viii prov. 。 31 ) 。 Job(xvi. 21) employs the expression in the passionate plea for his rights while he is contending against God and against his neighbors.仕事( xvi. 21 )従業員の表情は、熱烈な訴えながら自分の権利のために戦う彼は神に対する彼の近所の人たちと反対する。 But Bildad insists that the "son of man," who is a mere worm, can not be justified with God (Job xxv. 4-6).しかしbildadと主張して、 "男の息子は、 "誰が、単なるワームは、神を正当化することはできません( 25仕事です。 4-6 ) 。 In the same spirit the prophet (Isa. li. 12) censures Israel for being afraid of "the son of man which shall be made as grass" when Yhwh is their Comforter; but in Isa.預言者の精神と同じ(李isa. 。 12 ) censuresイスラエルを恐れている"人の子の前にどのようには、草"は、そのときにyhwh掛けぶとん;しかしのISAです。 lvi. 56 。 2-3 the Sabbath is extolled as making the "son of man" (i.e., any man, regardless of birth) blessed; indeed, God has His eyes "open upon all the ways of the sons of men: to give every one according to his ways" (Jer. xxxii. 19). 2-3のことを褒めたたえた安息日は、 "息子の男" (すなわち、すべての人に関係なく、出生時)の祝福;実際には、神が彼の目"を開くには、息子たちのすべての方法で、男性: 1つごとによれを与える自分のやり方を" ( 32 jer. 。 19 ) 。 The meaning of the term as employed in these passages admits of no doubt; it connotes in most cases the mortality of man, his dependence upon God, while in only a few it serves to differentiate the rest of the human race from Israel.その単語の意味として採用され、これらの通路と認めて間違いない;ことconnotesほとんどの場合、男性の死亡率は、彼の神に依存するが、それはほんの数サーブを区別するために、残りの人類イスラエルからです。

In Ezekiel, Daniel, and Enoch.エゼキエル書で、ダニエルは、とイノック。

In Ezekiel the term occurs in Yhwh's communications as the prevailing form of address to the prophet (ii. 1; iii. 1, 4, 10, 17; iv. 1 et al.; in all about 90 times).エゼキエルyhwhの任期中での通信が発生する形態として、現行のアドレスを預言者( ii. 1 ; Ⅲ 。 1 、 4 、 10 、 17 ;静脈です。 1ら。 ;すべての約90倍) 。 It has been held that it conveyed the special idea that a wide chasm stood between God, the speaker, and the prophet so addressed, but that it implied at the same time that Ezekiel was considered to be the ideal man.開かれたことを伝えてきたという考えを特別広い裂け目の間に立っていた神と、スピーカーは、預言者とその対処ので、黙示しかし、それはそれと同時にエゼキエルと見なされることには理想的な男だ。 This view must be abandoned as unwarranted.このビューを放棄しなければならないとして公認されていない。 The term "ben adam" is merely a cumbersome but solemn and formal substitute for the personal pronoun, such substitution being due, perhaps, to the influence of Assyro-Babylonian usage (see Delitzsch, "Wörterbuch," s.v. "Amelu"; comp. "zir amiluti" in the Babylonian myth concerning Adapa).という言葉を"ベンアダム"とは、単に面倒でも正式な代替品を厳粛人称代名詞とは、このような置換のためには、たぶん、その影響力を利用assyro -バビロニア(デリッチを参照して、 " wörterbuch 、 " sv " amelu " ;伴奏。 " zir amiluti "に関する神話は、バビロニアアルリム) 。 Similarly in Aramaic, "son of man" is the usual designation for "man," and occurs in the inscriptions in Syriac, Mandaic, Talmudic, and other dialects (see Nathanael Schmidt in Cheyne and Black, "Encyc. Bibl." iv. 4707-4708).アラム語と同様に、 "息子の男"は、通常の名称を"男は、 "碑文では、シリア語が発生すると、 mandaic 、 talmudic 、およびその他の方言(チェーンストークスと黒を参照してくださいナサニエルシュミットは、 " encyc 。 bibl 。 "静脈です。 4707年から4708年) 。 In Dan.ダン中です。 vii.第VII 。 13, the passage in which it occurs in Biblical Aramaic, it certainly connotes a "human being." 13日、通路で、旧約聖書のアラム語が発生することは、確かにconnotes "人間です。 " Many see a Messianic significance in this verse, but in all probability the reference is to an angel with a human appearance, perhaps Michael.多くの意味で、この詩を参照して、救世主ではなく、すべての確率のリファレンスは、天使と人間の外観は、おそらくマイケルです。

"Son of man" is found in the Book of Enoch, but never in the original discourses. "息子の男"は、本の中では、イノックが見つかりましたが、決してで、元のディスコースです。 It occurs, however, in the Noachian interpolations (lx. 10, lxxi. 14), in which it has clearly no other meaning than "man," if, indeed, Charles' explanation ("Book of Enoch," p. 16), that the interpolator misused the term, as he does all other technical terms, is untenable.これが発生すると、しかし、そのnoachian interpolations ( lx. 10 、 71 。 14 )は、明確ではないことを意味するよりも他の"男は、 "もし、実際には、チャールズ'説明( "ブックオブイノック、 " p. 16 )は、補間悪用して、任期は、彼は他のすべての技術的な条件としては受け入れ難い。 In that part of the Book of Enoch known as the "Similitudes" it is met with in the technical sense of a supernatural Messiah and judge of the world (xlvi. 2, xlviii. 2, lxx. 27); universal dominion and preexistence are predicated of him (xlviii. 2, lxvii. 6).その本の中のその部分イノックとして知られる"同類"と会ったことは、技術的な意味での超自然的と判断し、世界の救世主( xlvi. 2 、 48 。 2 、 70 。 27 ) ;ユニバーサルドミニオンとは、先在彼の前提( xlviii. 2 、 67 。 6 ) 。 He sits on God's throne (xlv. 3, li. 3), which is His own throne.彼は神の玉座に座って( xlv. 3 、李です。 3 ) 、これは、自分の王座。 Though Charles does not admit it, these passages betray Christian redaction and emendation.チャールズはないことを認めるかかわらず、これらの改訂とキリスト教の通路を裏切るemendation 。 Among Jews the term "son of man" was not used as the specific title of the Messiah.ユダヤ人の任期の間で"男の息子"ではないとして使用される特定のタイトルの救世主です。 The New Testament expression ὅ ὑιὸς τοῦ ἀνθρόπου is a translation of the Aramaic "bar nasha," and as such could have been understood only as the substitute for a personal pronoun, or as emphasizing the human qualities of those to whom it is applied.新約聖書の表現ὅ ὑιὸς τοῦ ἀνθρόπουのアラム語の翻訳は、 " nashaバーで、 "そのような可能性としては、理解されたとしか人称代名詞として代用する、あるいは人間としての資質を強調し、それらのことを誰が適用されます。 That the term does not appear in any of the epistles ascribed to Paul is significant.という言葉が表示されないのいずれかのポールの書簡生得的には重要です。 Psalm viii.詩編viii 。 5-7 is quoted in Ḥeb. 5-7は、引用符でḥeb 。 ii. Ⅱ 。 6 as referring to Jesus, but outside the Gospels, Acts vii. 6を参照して、イエスは、外のgospelsしかし、第VII行為です。 56 is the only verse in the New Testament in which the title is employed; and here it may be a free translation of the Aramaic for "a man," or it may have been adopted from Luke xxii. 56は、詩は、新約聖書のみで、タイトルは雇わ;かもしれないが、ここでは、無料の翻訳アラム語で"一人の男" 、または可能性があることからルーク22で採択されています。 69. 69 。

In the New Testament.新約聖書のだ。

In the Gospels the title occurs eighty-one times. gospelsは、 81回のタイトルが発生します。 Most of the recent writers (among them being II. Lietzmann) have come to the conclusion that Jesus, speaking Aramaic, could never have designated himself as the "son of man" in a Messianic, mystic sense, because the Aramaic term never implied this meaning.最近の作家のほとんどは、 (かれらの間で2世です。リーツマン)だという結論に達するが、イエスは、アラム語に言えば、可能性としては決して自分自身が指定した"と息子の男"は、救世主は、神秘的な意味で、任期は決して黙示このため、アラム語という意味です。 Greek translators coined the phrase, which then led, under the influence of Dan.ギリシャ語の翻訳者が創り出したフレーズは、当時のLEDは、ダンの影響下にある。 vii.第VII 。 13 and the Logos gospel, to the theological construction of the title which is basic to the Christology of the Church. 13のロゴやゴスペル、神学的には、タイトルの建設が基本的には、教会のchristology 。 To this construction reference is made in Abbahu's controversial saying in Ta'an.この建設に言及がなされabbahuの中でta'anと言って物議を醸す。 65b. 65b 。 Indeed, examination of many of thepassages shows that in the mouth of Jesus the term was an equivalent for the personal pronoun "I."実際、多くの検査thepassages示しているのは、イエスという言葉を口には、同等の人称代名詞"よ"

Emil G. Hirsch Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.エミールハーシュGをユダヤ百科事典は、 1901年から1906年の間に出版されます。


Also, see:また、参照してください:
Christ キリスト
God
Bible 聖書
Christianity キリスト教
The Arising of Jesus イエスが生じる


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです