Last Judgment, Day of the Lord, General Judgment最終判断は、その日の主は、一般的な判断

General Information 総合案内

The concept of a final judgment on humankind at the end of history is found in Judaism and Christianity, Islam, and Zoroastrianism.というコンセプトに基づき、人類の最終的な判断を下すことが判明した末に、ユダヤ教、キリスト教の歴史、イスラム教、ゾロアスター教です。 It holds an important place in Judaic tradition, in which God's judgment is regarded as operative both within history and at its end.それを保持する重要な場所にユダヤ人の伝統は、神の判断では、両方の内と見なされて手術の歴史とは、エンドです。 The consummation of history is called the Day of the Lord, which is a day of judgment upon all who are unfaithful to God.歴史の終焉と呼ばれるのは、その日の主は、審判の日には、すべての人は神に浮気をしています。

Christian Eschatology owes much to this Hebrew tradition.キリスト教の終末論をずっとこのヘブライ語の伝統を払うべきです。 The New Testament freely employs the language and imagery of Jewish Apocalyptic Literature.新約聖書の言語や画像を自由に採用し、ユダヤ教の黙示録的な文学賞です。 It affirms the expectation that (in the language of the historic creeds) Christ "will come again with glory to judge both the quick and the dead."期待して肯定(言語では、歴史的な信条)キリスト"が来て再び栄光を判断して、生者と死者の両方です。 " Many different interpretations of the meaning of this affirmation have been offered and, in particular, of the symbolic language employed in the New Testament to describe the indescribable.さまざまな解釈の意味を提供してきたこのアファメーションとは、特に、象徴的な言語で採用され、新約聖書を表す言葉では言い表せない。 But there is little doubt that the apostolic writers believed in the Second Coming of Christ and the Great Judgment Day as a manifestation of Christ's eternal victory.しかし、疑いの余地はほとんどないと考えられ、ローマ教皇の作家で、キリストの再臨の偉大な判断力と、 1日の症状として、キリストの永遠の勝利だ。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Charles W. Ransonチャールズウィリアムranson


Final Judgment最終的な判断

Advanced Information 高度情報

Final Judgment is the sentence that will be passed on our actions at the last day (Matt. 25; Rom. 14:10, 11; 2 Cor. 5: 10; 2 Thess. 1:7-10).判決は、最終的な判断をされることを通過して我々の行動は、最終日( matt. 25 ; ROMのです。 14:10 、 11 ; 2うわっ。 5 : 10 ; 2 thess 。 1:7-10 ) 。 The judge is Jesus Christ, as mediator.裁判官は、イエスキリストは、調停者として。 All judgment is committed to him (Acts 17:31; John 5:22, 27; Rev. 1:7).すべての判断は、彼にコミットして(行為17 : 31 ;ジョン5時22分、 27 ;牧師1時07分) 。 "It pertains to him as mediator to complete and publicly manifest the salvation of his people and the overthrow of his enemies, together with the glorious righteousness of his work in both respects." "調停者としての彼に関連することを公然とマニフェストの救いに完成しており、彼の人たちや、彼の敵を打倒するとともに、彼の栄光の両方で動作する点で正しい"と述べた。 The persons to be judged are, (1) the whole race of Adam without a single exception (Matt. 25:31-46; 1 Cor. 15:51, 52; Rev. 20:11-15); and (2) the fallen angels (2 Pet. 2:4; Jude 6).人を判断されるのは、 ( 1 )全体のレースの1つの例外なくアダム( matt. 25:31-46 ; 1うわっ。 15時51分、 52 ;牧師20:11-15 ) ;および( 2 )落ちた天使( 2ペットです。 2時04 ;ジュード6 ) 。

The rule of judgment is the standard of God's law as revealed to men, the heathen by the law as written on their hearts (Luke 12:47, 48; Rom. 2:12-16); the Jew who "sinned in the law shall be judged by the law" (Rom. 2:12); the Christian enjoying the light of revelation, by the will of God as made known to him (Matt. 11:20-24; John 3:19).この規則は、標準の判断は、神の律法を明らかにして男性は、異教徒のように書いてこの法律によって、かれらの心(ルカ12:47 、 48 ; ROMのです。 2:12-16 ) ;のユダヤ人の人"の法則sinned同法で判断されるもの" ( rom. 2時12分) ;の明かりを楽しみながら、キリスト教の啓示は、神の意志によってとして知られている彼の前に( matt. 11:20-24 ;ジョン3時19分) 。 Then the secrets of all hearts will be brought to light (1 Cor. 4:5; Luke 8:17; 12:2, 3) to vindicate the justice of the sentence pronounced.次に、すべての心の秘密が白日の下にさらされる( 1うわっ。 4時05分;ルーク8時17分、 12時02分、 3 )正義の判決の正当性を立証して発音します。 The time of the judgment will be after the resurrection (Heb. 9:27; Acts 17: 31).その時は、復活の後に判断される( heb. 9時27分;行為17 : 31 ) 。 As the Scriptures represent the final judgment "as certain [Eccl. 11:9], universal [2 Cor. 5:10], righteous [Rom. 2:5], decisive [1 Cor. 15:52], and eternal as to its consequences [Heb. 6:2], let us be concerned for the welfare of our immortal interests, flee to the refuge set before us, improve our precious time, depend on the merits of the Redeemer, and adhere to the dictates of the divine word, that we may be found of him in peace."最終的な判断として、聖書を表す"として特定の[ eccl 。 11時09分]は、ユニバーサル[ 2うわっ。 5時10分] 、正義[ ROMのです。 2時05分]は、決定的[ 1うわっ。 15時52分] 、そして永遠にその結果を[ heb 。 6時02分]は、私達を我々の幸福のために不滅の関係者の利益は、我々の前に捨てて逃げるように避難セットは、私たちの貴重な時間を向上させる、そのメリットは、救い主にかかっている、とのおもむくままに固執する神の言葉は、彼が我々の平和の中で見つかるかも知れません。 "

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Last Judgment最終判断

Advanced Information 高度情報

Judgment at history's end is the climax of a process by which God holds nations and persons accountable to him as Creator and Lord.歴史の終わりの判断をするのは、クライマックスを保持するプロセスによって、神の国と責任者としての彼の創作を主とした。

The OT centers ultimate judgment in the day of Yahweh (or the day), when the Lord rids his world of every evil: haughtiness (Isa. 2:12-17), idolatry (Isa. 2:18-20), compromise with paganism (Zeph. 1:8), violence, fraud (Zeph. 1:9), complacency (Zeph. 1:12), and all that brands people as sinners (Isa. 13:9).最終的な判断は、センターのotヤハウェの日(またはその日) 、ときに自分の世界のすべての悪の主rids : haughtiness ( isa. 2:12-17 ) 、偶像崇拝( isa. 2:18-20 ) 、妥協してペイガニズム( zeph. 1時08分) 、暴力、詐欺( zeph. 1時09分) 、無頓着( zeph. 1時12分) 、およびすべての人々にブランドとして罪人( isa. 13時09分) 。 Both the nations (Amos 1:2; Joel 3:2) and Israel (Amos 9:1-4; Mal. 3:2-5) are targets of judgment, which the OT sees as purification of God's people and world so that his creative and covenantal purposes are fulfilled: "The earth shall be full of the knowledge of the Lord as the waters cover the sea" (Isa. 11:9).両方の国(アモス1 : 02 ;ジョエル3:2 ) 、イスラエル(アモス9:1-4 ;マルです。 3:2-5 )は、審判の対象とは、どのように見てot浄化の神のように世界の人々と創造的で、自分の目的のためには果たさcovenantal : "地球の知識をフルには、主に海の海域をカバーする" ( isa. 11時09分) 。

The intertestamental period focuses on the punishment, usually by disaster, of God's enemies, human and supernatural (Eth. Enoch 10:6; 105:3-4).旧約新約間の時代に焦点を当てて、その処罰は、通常の災害によって、神の敵は、人間や超自然( 10時06イノックeth. ; 105:3-4 ) 。 Where such judgment did not take place in history, where the wicked flourished and the righteous suffered (cf. Pss. 37; 73), divine justice was questioned.どこにそのような判断をしなかった歴史の中で行われる、どこに盛んと正義の邪悪な被害( cf. pss 。 37 ; 73 )は、神の裁きは疑問だ。 The problem was solved with the view that judgment was not limited to history but could occur after death (Ps. Sol. 3:1ff.; Eth. Enoch) when God or the Son of man would execute judgment in the last day (II Esd. 7; Eth. Enoch).この問題が解決するとの見解を判断していた歴史に限定されない可能性が消滅した後に起こる( ps.ゾル。 FFの3時01分。 ; eth 。イノック)の時に、神の息子の男が実行するかの判断は、最終日( ⅱれたESD 。 7 ; eth 。イノック) 。

The NT builds on OT and intertestamental teaching, expanding it in light of Christ's incarnation. ot NTの上に構築された、と教えて旧約新約間は、拡大することに照らして、キリストの化身。 In the Synoptics, Jesus announces himself as the eschatological judge (Mark 15:62) and calls attention to the day of judgment (Matt. 10:15; 11:22, 24; 12:36, 41-42; 23:33), describing it as a final separation of the evildoers from the righteous (Matt. 13:41-43, 47-50). synopticsでは、イエスキリストの終末論として自分自身で判断を発表( 15:62マーク)に注意を呼びかけや審判の日( matt. 10:15 、 11:22 、 24 ; 12:36 、四一〜四二;午前23時33分)は、最終的な分離を記述することとしては、正義の掟に背く者から( matt. 13:41-43 、 47から50 ) 。 Jesus' parables indicate that his purpose is not to frame an eschatological timetable but so to teach the fact of judgment that his hearers face their present decisions for or against the kingdom with utter seriousness.イエスの例ではないが、自分の目的によりますと、終末論フレーム時間割しかしその事実を教えるため聞き手の顔を判断して、現在の意思決定に賛成か反対か、全くの王国深刻です。 In the longest judgment parable Jesus' point is that the ultimate outcome will be determined by whether the nations receive or reject his "brethren" who come to them with the gospel message (Matt. 25:31-46).最長の判決は、比喩イエスのポイントは、その究極の結果に基づいて決定されるかどうかは、自分の国を受信または拒否する"同胞"だれが出てきたの福音メッセージ( matt. 25:31-46 ) 。

John's Gospel underscores the tie between present human decisions and future divine judgment: believers do not go through judgment but have already crossed from death to life (5:24); the disobedient will not see life but are already under wrath (3:36).ヨハネの福音書のネクタイアンダースコア人間の意思決定と将来の間に存在する神の裁き:信者はありませんが、既に判断を経る交差してからの人生の死( 5時24分) ;の言うことをきかないことはありませんしかし、人生は、すでに下の怒りを参照してください( 3時36分) 。 Final judgment, committed by the Father to the Son (5:26-27), will follow the resurrection of both the evil and the good (5:28-29), sealing the decree that human faith or disobedience has already determined.最終的な判断は、父と息子にコミットされる( 5:26-27 ) 、復活の両方に従って、悪との良好( 5:28-29 )は、人間の信仰や封止の命令に従わなかったことは、すでに決めています。

Paul amplifies these themes: judgment is connected with Christ's coming and the resurrection of the dead (I Cor. 15:22-25); Christ is judge (II Tim. 4:1); Christians share in the judging (I Cor. 6:2-3); judgment is fair (Rom. 2:11), universal (Rom. 2:6), thorough (Rom. 2:16); through justification, judgment is robbed of terror for believers, whose sins have been judged on the cross (Rom. 3:21-26; 8:1, 31-34); believers' judgment consists of rewards for good works (Rom. 14:10; II Cor. 5:10) manifested when the purging fires clear away all dross (I Cor. 3:13-15); final judgment of unbelievers, exclusion from God's presence, is a recurrent theme, much of it stated in OT language (I Thess. 5:3; II Thess. 1:9; Phil. 1:28; 3:19; Rom. 6:21); divine judgment is both present and future reality (Rom. 1:18-32).ポール増幅これらのテーマ:判断が接続して来ると、キリストの復活オブザデッド(私うわっ。 15:22-25 ) ;キリストは、判事( ⅱティムです。 4時01分) ;キリスト教徒の判断を共有する(私うわっ。 6 :2 - 3 ) ;判断は、公正( rom. 2時11分) 、ユニバーサル( rom. 2時06分)は、徹底した( rom. 2時16分) ;を通じて正当性は、強盗に入られたのは、テロとの判断を信仰する者よ、その罪が十字架上の判断( rom. 3:21-26 ;午前8時01分、 31から34 ) ;信者'の判断で構成さ良い作品への報酬( rom. 14:10 ; 2世うわっ。 5時10分)明らかに火災時のパージすべての垢を取り除く(私うわっ。 3:13-15 ) ;最終的な判断は不信心者は、神の存在から除外する、再発をテーマには、多くの言語に記載されot (私thess 。 5時03分; thess 2世です。 1 : 9 ;フィル。 1時28分、 3時19分; ROMのです。 6時21分) ;神の裁きは、現在と未来の両方の現実( rom. 1:18-32 ) 。

Jude and II Peter use some of the Bible's fiercest language to depict the fate of the wicked teachers (incipient Gnostics?) who misled the faithful by mocking their hope of a second coming and encouraging licentious living because they did not fear a final judgment (II Pet. 3:3-7; Jude 3-4).ジュードとペテロの第二の聖書を使用するいくつかの言語で最強の運命を描くためには、邪悪な教師(初期gnostics ? )に忠実な人をあざけるような間違った方向に導いたのは、自分の希望と励ましの再臨勝手気ままな生活を恐れていないため、最終的な判断( 2世ペットです。 3:3-7 ;ジュード3-4 ) 。 These letters see the final judgment as the ultimate act in a historical pattern (II Pet. 2:4-10; Jude 5-7), an act that should prompt righteous living by its cosmic power to destroy even the very heavens (II Pet. 3:11-13).これらの文字を参照して、究極の最終的な判断としては、歴史的な行動パターン( ⅱペットです。 2:4-10 ;ジュード5-7 )で、正義のプロンプトで生計を立てて行動することは、宇宙を破壊する力を天にも、非常に( ⅱペット。 3:11-13 ) 。

Revelation pictures a tribulation poured out on the earth as a judgment just before the final judgment (seven trumpets, 8-11; seven bowls, 16).ヨハネの黙示録の画像を試練として地球上に注ぎ出す直前に最終的な判断を下す( 7トランペット、 8-11 ;七丼、 16 ) 。 As the first step in the final judgment the evil leaders whose blasphemous activities sparked the tribulation are captured in battle by the triumphant Christ and consigned to the lake of fire (19:20-21).最初のステップとしては、最終的な判断を冒とく的な活動のきっかけ悪の指導者たちの試練は、意気揚々と捕獲されるキリストとの戦いに委託して火の湖( 19:20-21 ) 。 Next Satan, the ultimate source of evil, is seized and bound for the duration of the millennium (20:1-3).次の悪魔は、悪の究極の源は、押収したとは、束縛のための期間は、ミレニアム( 20:1-3 ) 。 His release results in further deception of the nations, a clear sign that God's final judgment is deserved, even after a thousand years of Christ's perfect rule the nations persist in their sin.彼のリリース検索結果では、国のさらなる欺瞞、サインを明確にして、神の最終的な判断は、当然、キリストの後にも1000年の完璧なルールに固執して、自分の国の罪です。 The throne and the books symbolize a careful, accurate process based on well-kept records (20:11-15).王位を象徴すると、書籍を慎重には、正確なプロセスに基づいて手入れの行き届いた記録( 20:11-15 ) 。 The scene is cosmic in scope: earth and sky flee to be replaced by a new heaven and earth (20:11; 21:1); the damage to creation done by human sin is reversed, as the OT prophets foresaw (Isa. 11:6-9; 65:17-25) and Paul depicted (Rom. 8:22-23).そのシーンは、宇宙でのスコープ:空へ逃亡する地球に置換されると、新しい天と地( 20時11分、 21時01分) ;の創出に損傷を与えることによって人間の罪は逆に、預言者として、 ot予想( isa. 11 :6 - 9 ; 65:17-25 )とポールに描かれて( rom. 8:22-23 ) 。

The theological implications of the biblical teaching are that final judgment is (1) the ultimate triumph of God's will and the consummate display of his glory in history, the sign that all he intended has been accomplished; (2) the cosmic declaration that God is just, all affronts to his glory are punished and all recognition of it is rewarded; (3) the climax of Christ's ministry, as the Apostles' Creed affirms; (4) the reminder that human and cosmic history move toward a goal, measured by the purposes of God; (5) the absolute seal of human accountability, all believers are held responsible for their works, all unbelievers for their rebellion; (6) the most serious motive for Christian mission, in the face of such judgment the world's only hope is Christ's salvation (Acts 4:12).旧約聖書の神学的意味合いを教えることは、最終的な判断をしては、 ( 1 )の究極の勝利は、神の意志といっぱしのディスプレイでの彼の栄光の歴史は、すべて彼のサインを意図して達成され、 ( 2 )の宇宙宣言して、神は、ただ、彼の栄光のすべての侮辱を受けたときには罰せられるとの認識をすべて報われることは、 ( 3 )のクライマックス部のキリストのように、使徒信条肯定; ( 4 ) 、人間と宇宙の歴史を思い出させるのを目標に向かう、測定されるその目的のために、神;シール( 5 ) 、絶対的な人間の責任は、すべての責任を負う信者は、作品、彼らのすべての不信心な者のための反乱; ( 6 )最も深刻な動機をキリスト教の使命は、そのような判断に直面し、世界ののみ希望は、キリストの救世(行為の午前4時12分) 。

Belief in the last judgment was uniformly endorsed in the early creeds and the Reformation confessions.信念の最後の判断は一様では、早期承認改革信条と自白した。 Except where the various ancient and modern forms of universalism have held sway, Christians have accepted the fact of final judgment, though its form and timing have been strongly debated.どこを除いて、様々な形態の古代と近代的で開かれたユニバーサリズムスウェイが、キリスト教徒の最終的な判断を受け入れたという事実が、その形やタイミングが強く議論されています。

D A Hubbardダハバード
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
D. G. Bloesch, Essentials of Evangelical Theology, II, 211-34; A. A. Hoekema, The Bible and the Future; G. E. Ladd, A Theology of the NT; J. P. Martin, The Last Judgment; W. Schneider, NIDNTT, II, 361-67. bloesch DigitalGlobe対象は、福音主義神学の必需品は、 2世、二一一から三四まで; hoekemaああ、聖書や将来; GEのラッド、神学はNT ; jpマーティンは、最後の判断;ウィリアムシュナイダー、 nidntt 、 2世、三百六十一から六十七まで。


Last Judgment, General Judgment最終判断は、一般的な判断

Catholic Information カトリック情報

(Judicium Universale, Last Judgment). ( judicium universale 、最後の審判) 。

I. EXISTENCE OF THE GENERAL JUDGMENT i.存在全般判断

1

Few truths are more often or more clearly proclaimed in Scripture than that of the general judgment.以上より頻繁には、いくつかの真理の啓典を明確に宣言したのに比べて、総判断した。 To it the prophets of the Old Testament refer when they speak of the "Day of the Lord" (Joel 2:31; Ezekiel 13:5; Isaiah 2:12), in which the nations will be summoned to judgment.それには、旧約聖書の預言者を参照話すときには、 "主の日" (ジョエル2時31分、 13時05分エゼキエル;イザヤ書2時12分)は、その国で召喚して判断される。 In the New Testament the second Parusia, or coming of Christ as Judge of the world, is an oft-repeated doctrine.新約聖書の2番目のparusia 、または今後は、裁判官としてキリストの世界では、学説は、何度も繰り返された。 The Saviour Himself not only foretells the event but graphically portrays its circumstances (Matthew 24:27 sqq.; 25:31 sqq.).自分自身の救い主foretellsだけでなく、イベントの状況がグラフィカルに描く(マタイ24:27 sqq 。 ; 25:31 sqq 。 ) 。 The Apostles give a most prominent place to this doctrine in their preaching (Acts 10:42; 17:31) and writings (Romans 2:5-16; 14:10; 1 Corinthians 4:5; 2 Corinthians 5:10; 2 Timothy 4:1; 2 Thessalonians 1:5; James 5:7).その使徒を与える最も顕著な場所には、この教義説法(行為10:42 ;午前17時31分)と記述(ローマ人への手紙2:5-16 ; 14:10 ; 1コリンチャンス4時05分; 2コリンチャンス5時10分; 2ティモシー4時01分; 2 thessalonians 1 : 05 ;ジェームズ5時07分) 。 Besides the name Parusia (parousia), or Advent (1 Corinthians 15:23; 2 Thessalonians 2:19), the Second Coming is also called Epiphany, epiphaneia, or Appearance (2 Thessalonians 2:8; 1 Timothy 6:14; 2 Timothy 4:1; Titus 2:13), and Apocalypse (apokalypsis), or Revelation (2 Thessalonians 2:7; 1 Peter 4:13).上述の名前parusia ( parousia ) 、または降臨節( 1コリンチャンス15 : 23 ; 2 thessalonians 2時19分)で、 2番目は、今後とも呼ばエピファニー、 epiphaneia 、または外観( 2 thessalonians 2時08 ; 1ティモシー6時14分; 2ティモシー4時01分;タイタス2時13分) 、および黙示録( apokalypsis ) 、または啓示( 2 thessalonians 2時07 ; 1ピーター4時13分) 。 The time of the Second Coming is spoken of as "that Day" (2 Timothy 4:8), "the day of the Lord" (1 Thessalonians 5:2), "the day of Christ" (Philemon 1:6), "the day of the Son of Man" (Luke 17:30), "the last day" (John 6:39-40).再臨の時に話されるのは、 "あの日" ( 2ティモシー4時08分) 、 "主の日" ( 1 thessalonians 5時02分) 、 "キリストの日" (ピレモン1時06分) 、 "その日は、男の息子" (ルカ17:30 ) 、 "最後の日" (ヨハネ6:39-40 ) 。

2

The belief in the general judgment has prevailed at all times and in all places within the Church.その信念は、一般的な判断が優勢と、すべての場所ですべての回内の教会です。 It is contained as an article of faith in all the ancient creeds: "He ascended into heaven. From thence He shall come to judge the living and the dead" (Apostles' Creed).それは信仰の中に含まれるすべての記事として、古代の信条: "彼は天に昇っている。彼はそこから来るものと判断し、リビングデッド" (使徒信条) 。 He shall come again with glory to judge both the living and the dead" (Nicene Creed). "From thence he shall come to judge the living and the dead, at whose coming all men must rise with their bodies and are to render an account of their deeds" (Athanasian Creed). Relying on the authority of Papias, several Fathers of the first four centuries advanced the theory of a thousand years' terrestrial reign of Christ with the saints to precede the end of the World (see article on MILLENNIUM). Though this idea is interwoven with the eschatological teachings of those writers, it in no way detracted from their belief in a universal world-judgment. Patristic testimony to this dogma is clear and unanimous.彼は、栄光に判断して戻って来ると、両方のリビングデッド" (ニカイア信条) 。 "彼は、そこから来てから判断すると、リビングデッドは、今後のすべての男性に上昇する必要がありますが、彼らの身体とは、アカウントを描画する彼らの行い" (アタナシウス信条) 。 papiasの権威をあてには、いくつかの祖先の最初の4つの先進世紀にもわたって、 1000年の理論'陸生治世キリストの聖人を先行して、世界の終わりに(上の記事を参照してくださいミレニアム) 。かかわらず、このアイデアは、終末論の教えを織り交ぜるそれらの作家は、それを自分の信念からdetractedまさか世界的に普遍的に判断する。 patristic証言をクリアすると、このドグマは全会一致。

3

The Roman Catechism thus explains why, besides the particular judgment of each individual, a general one should also be passed on the assembled world: "The first reason is founded on the circumstances that most augment the rewards or aggravate the punishments of the dead. Those who depart this life sometimes leave behind them children who imitate the conduct of their parents, descendants, followers; and others who adhere to and advocate the example, the language, the conduct of those on whom they depend, and whose example they follow; and as the good or bad influence or example, affecting as it does the conduct of many, is to terminate only with this world; justice demands that, in order to form a proper estimate of the good or bad actions of all, a general judgment should take place. . . . Finally, it was important to prove, that in prosperity and adversity, which are sometimes the promiscuous lot of the good and of the bad, everything is ordered by an all-wise, all-just, and all-ruling Providence: it was therefore necessary not only that rewards and punishments should await us in the next life but that they should be awarded by a public and general judgment."こうしてローマ公教要理理由を説明し、個々の判断に加えて、特定のは、全般的にも1つの世界を通過して組み立て: "を設立して最初の理由は、状況を悪化させることや、ほとんどの報酬を増大させる処分オブザデッド。者この人の人生時に出発して子供たちを残す親のまねを行う際は、子孫は、信者;や他の人に固執すると提唱者の例では、その言語では、これらの行為に依存して彼らは、彼らとその例に従って;と良いか悪いかのように影響を与えるかの例では、その影響を与えずに行うことが多く、これだけでは世界を打ち切る;正義を要求して、適切な見積もりを形成するためには良いか悪いかは、すべての行動は、全般的な判断すべき場所を取る。 。 。 。 。最後に、重要なことを証明することは、その繁栄と逆境で、これは、いくつかの乱交とは、たくさんの良い悪いは、何もかもが指示されるすべての面では、すべての-ただ、およびすべて-判決プロヴィデンス:それはそのために必要なだけでなく、報酬として処分を待つ必要が私たちの生活は、次のことをしなければならない公共及び全般的な判断を受賞した"と述べた。

II. Ⅱ 。 SIGNS THAT ARE TO PRECEDE THE GENERAL JUDGMENT兆候を先行しては、総判断

The Scriptures mention certain events which are to take place before the final judgment.聖書に言及して特定のイベントが行われる前に最終的な判断だ。 These predictions were not intended to serve as indications of the exact time of the judgment, for that day and hour are known only to the Father, and will come when least expected.これらの予測を意図していなかったとしては、正確な時刻と、指示の判断は、その日のために、 1時間には、父親だけに知られては、以上が来ると予想される。 They were meant to foreshadow the last judgment and to keep the end of the world present to the minds of Christians, without, however, exciting useless curiosity and vain fears.彼らが意図しての最後の前兆と判断しておくと、この世の終わりのキリスト教徒の心のプレゼントになるが、これには、しかし、エキサイティングな好奇心と虚栄心の不安を無用です。 Theologians usually enumerate the following nine events as signs of the last judgment:通常は、以下の9つのイベントを列挙する神学者としての最後の判断の兆し:

1. 1 。 General Preaching of the Christian Religion説教は、キリスト教の宗教全般

Concerning this sign the Saviour says: "And this gospel of the kingdom, shall be preached in the whole world, for a testimony to all nations, and then shall the consummation come" (Matthew 24:14).救い主によれば、この問題の徴候: "と、この福音書の王国で行われるものとして、全世界の説教では、すべての国のために証言し、次に来るものの終焉" (マタイ24:14 ) 。 This sign was understood by Chrysostom and Theophilus as referring to the destruction of Jerusalem, but, according to the majority of interpreters, Christ is here speaking of the end of the world.この兆候としては理解されテオフィロスクリュソストモスとエルサレムの破壊を指すのではなく、大多数の通訳によると、ここでいえば、キリストは、この世の終わりだ。

2. 2 。 Conversion of the Jewsコンバージョンのユダヤ人

According to the interpretation of the Fathers, the conversion of the Jews towards the end of the world is foretold by St. Paul in the Epistle to the Romans (11:25-26): "For I would not have you ignorant, brethren, of this mystery, . . . that blindness in part has happened in Israel, until the fullness of the Gentiles should come in. And so all Israel should be saved as it is written: There shall come out of Sion, he that shall deliver, and shall turn away ungodliness from Jacob".解釈によると、父親は、ユダヤ人への変換の終わり頃には、前から予報で、世界の信徒への聖パウロは、ローマ人への手紙( 11:25-26 ) : "私は無知なことはない、兄弟は、この謎は、 。 。 。団体が起きてきたことで、イスラエルの失明、詰まったようになるまでは、すべてのgentilesばならないので来るとイスラエルインチとして保存しなければならないことが書か:シオンそこから出てくるものは、彼は、配達して、邪悪さから背き去るとは、ジェイコブ" 。

3. 3 。 Return of Enoch and Elijahイノック返還とエリヤ

The belief that these two men, who have never tasted death, are reserved for the last times to be precursors of the Second Advent was practically unanimous among the Fathers, which belief they base on several texts of Scripture.という信念を持ってこれらの二人の男は、死を味わったことがない人は、予約のためには、昨年の第2回の前駆細胞が出現していた父親のうち、実質的に満場一致では、かれらが信仰していくつかのテキストベースの啓典。 (Concerning Elijah see Malachi 4:5-6; Sirach 48:10; Matthew 17:11; concerning Enoch see Sirach 44:16) (参照してくださいエリヤに関するマラキ4:5-6 ;シラク48:10 ;マタイ17:11 ;に関するイノック44:16シラク参照してください)

4. 4 。 A Great Apostasy大背教

As to this event St. Paul admonishes the Thessalonians (2 Thessalonians 2:3) that they must not be terrified, as if the day of the Lord were at hand, for there must first come a revolt (he apostasia).The Fathers and interpreters understand by this revolt a great reduction in the number of the faithful through the abandonment of the Christian religion by many nations.聖パウロadmonishesとしては、このイベントをthessalonians ( 2 thessalonians 2時03分)のことを怖がってはいけませんかのように、この日は、主が手の届く所は、最初に来るために存在しなければ反乱(彼apostasia ) 。 、父親とこの偉大さを理解する通訳反乱の忠実な数の減少は、キリスト教の宗教を通じて、放棄された多くの国だ。 Some commentators cite as confirmatory of this belief the words of Christ: "But yet the Son of man, when he cometh, shall he find, think you, faith on earth?"コメンテーターとしていくつかの確証を引き合いに出すのは、この信念キリストの言葉: "しかし、まだその男の息子は、彼が来るときは、彼を見つけるもの、と思うなら、地球上の信仰ですか? " (Luke 18:8). (ルーク18 : 08 ) 。

5. 5 。 The Reign of Antichrist反キリストの治世

In the passage above mentioned (2 Thessalonians 2:3 sqq.) St. Paul indicates as another sign of the day of the Lord, the revelation of the man of sin, the son of perdition.通路は、上記の( 2 thessalonians 2時03 sqq 。 )聖パウロを示すもう一つの兆候としては、その日の主は、ヨハネの黙示録の罪は、男は、破滅の息子です。 "The man of sin" here described is generally identified with the Antichrist, who, says St. John (1 John 2:18), is to come in the last days. "その男の罪"は、通常識別され、ここで説明する反キリストは、人によると、聖ヨハネ(ヨハネ2時18分)に来るのは、最後の日です。 Although much obscurity and difference of opinion prevails on this subject, it is generally admitted from the foregoing and other texts that before the Second Coming there will arise a powerful adversary of Christ, who will seduce the nations by his wonders, and persecute the Church.にもかかわらず多くの無名の人とこの問題について意見の相違が広がることは認めてから、前述の通常のテキストやその他の2番目の前に来ることは、そこに発生する強力な敵対キリストは、誰が彼の誘惑の国の不思議さ、そしてその教会を迫害した。

6. 6 。 Extraordinary Perturbations of Nature自然の臨時摂動

The Scriptures clearly indicate that the judgment will be preceded by unwonted and terrifying disturbances of the physical universe (Matthew 24:29; Luke 21:25-26).聖書によりますと、明確に判断されると恐ろしい不慣れな先行して、物理的な障害ユニバース(マタイ24:29 ;ルカによる福音書21:25-26 ) 。 The wars, pestilences, famines, and earthquakes foretold in Matthew 24:6 sq., are also understood by some writers as among the calamities of the last times.この戦争は、 pestilences 、飢饉は、前から予報や地震でマシュー24:6 sq 。 、作家としてもいくつかを理解させるの災害のうち、最後の回です。

7. 7 。 The Universal Conflagration万国共通の大火

In the Apostolic writings we are told that the end of the world will be brought about through a general conflagration, which, however, will not annihilate the present creation, but will change its form and appearance (2 Peter 3:10-13; cf. 1 Thessalonians 5:2; Apocalypse 3:3, and 16:15).ローマ教皇の記述は、我々は、世界の終わりに言ったことは、全般的大火を通じてもたらされる、これは、しかし、現在の創出を全滅させることはありませんが、その形や外観を変更する( 2ピーター3:10-13 ; cf 。 1 thessalonians 5時02分;黙示録3時03分、および16:15 ) 。 Natural science shows the possibility of such a catastrophe being produced in the ordinary course of events, but theologians generally tend to believe that its origin will be entirely miraculous.自然科学のような大惨事の可能性を示しているイベントの普通の過程で作られるが、通常、神学傾向になると信じてその起源を完全に奇跡的です。

8. 8 。 The Trumpet of Resurrection復活のトランペット

Several texts in the New Testament make mention of a voice or trumpet which will awaken the dead to resurrection (1 Corinthians 15:52; 1 Thessalonians 4:15; John 5:28).いくつかのテキストは、新約聖書に言及する声やトランペットが、死者を目覚めさせる復活( 1コリンチャンス15 : 52 ; 1 thessalonians 4時15分;ジョン5時28分) 。 According to St. Thomas (Supplement 86:2) there is reference in these passages either to the voice or to the apparition of Christ, which will cause the resurrection of the dead.によると、セントトマス(サプリメント86:2 )にはこれらの通路のどちらかを参考にして、音声またはキリストの幻影、これが原因の死者のよみがえりです。

9. 9 。 "The Sign of the Son of Man Appearing in the Heavens." "のサインが表示されて男は、天の息子である"と述べた。

In Matthew 24:30, this is indicated as the sign immediately preceding the appearance of Christ to judge the world.マタイ24:30で、これは記号として示さ直前の外観をキリストの世界を判断する。 By this sign the Fathers of the Church generally understand the appearance in the sky of the Cross on which the Saviour died or else of a wonderful cross of light.この署名された父親は、教会の外観は、一般的に理解して空の救い主、十字架上で死亡したり、他の素晴らしいクロスの光です。

III. Ⅲ 。 CIRCUMSTANCES ACCOMPANYING THE GENERAL JUDGMENT添付の全般状況判断

1. 1 。 Time時間

As was stated above, the signs that are to precede the judgment give no accurate indication of the time when it will occur (Mark 13:32).前述したように、その兆候を先行しては、審判の時間に正確な指示を与えていないことが起こるとき(マーク13:32 ) 。 When the Disciples asked the Saviour: "Lord, wilt thou at this time restore again the kingdom to Israel?"救世主イエスキリストの弟子が尋ねた時: "主よ、なたは現時点では萎凋病の復元を再びイスラエル王国ですか? " He answered: "It is not for you to know the times or moments, which the Father hath put in his own power" (Acts 1:6-7).彼は答えた: "あなたのためではないことを知っているかの瞬間タイムズは、かれらの父は、自分自身の力を入れる" (行為1:6-7 ) 。 The uncertainty of the day of judgment is continually urged by Christ and the Apostles as an incentive to vigilance.審判の日には、不確実性が継続的に迫られて、キリストの使徒とする意欲があるとして警戒。 The day of the Lord will come "as a thief" (Matthew 24:42-43), like lightning suddenly appearing (Matthew 24:27), like a snare (Luke 21:34), as the Deluge (Matthew 24:37).その日が来るの主"として、泥棒" (マタイ24:42-43 )は、突然、雷のように表示される(マタイ24:27 ) 、わなにかけるようにする(ルーク21 : 34 )のように、洪水(マタイ24:37 ) 。

2. 2 。 Place of the Judgment場所は、審判

All the texts in which mention is made of the Parusia, or Second Coming, seem to imply clearly enough that the general judgment will take place on the earth.すべてのテキストに言及したのは、前にparusia 、または再臨は、このように一般的な意味を明確にして十分な判断は、地球上で行われる。 Some commentators infer from 1 Thessalonians 4:16, that the judgment will be held in the air, the newly risen being carried into the clouds to meet Christ; according to others the prophecy of Joel (3:1 sq.) places the last judgment in the Valley of Josaphat.いくつかの解説から推測する1 thessalonians 4時16分、判断が行われることを空中には、新たに運び込まれる雲の上昇を満たしているキリスト;予言によると、他の場所でのジョエル( 3時01 sq 。 )の最後の判断ヨザファトの谷の中です。

3. 3 。 The Coming of the Judge裁判官の到来

That this judgment is ascribed to Christ, not only as God, but also as Man, is expressly declared in Scripture; for although the power of judging is common to all the Persons of the Trinity, yet it is specially attributed to the Son, because to Him also in a special manner is ascribed wisdom.これは、生得的に判断して、キリストは、神としてだけでなく、人間としてだけでなく、明示的に宣言では、啓典;ためには判断力にもかかわらず、すべての人に共通して、トリニティは、まだそれは、息子に特別に起因するため、彼には特別な方法では、生得的にも知恵です。 But that as Man He will judge the world is confirmed by Christ Himself (John 5:26-27).しかし彼は男として判断して、世界は、キリスト自身によって確定される(ヨハネ5:26-27 ) 。 At the Second Coming Christ will appear in the heavens, seated on a cloud and surrounded by the angelic hosts (Matthew 16:27; 24:30; 25:31).キリストの再臨が表示されますが、天は、雲の上に座って、天使に囲まれて、ホスト(マタイ16 : 27 ; 24:30 ; 25:31 ) 。 The angels will minister to the Judge by bringing all before Him (Matthew 24:31).天使たちは、大臣の判断を持参して彼の前にすべての(マタイ24:31 ) 。 The elect will aid Christ in a judicial capacity (1 Corinthians 6:2).エイドでは、キリストの次期司法の容量( 1コリンチャンス6時02分) 。 The lives of the just will in themselves be a condemnation of the wicked (Matthew 21:41), whose punishment they will publicly approve.の生活の中だけでは、自らの邪悪な非難がある(マタイ21時41分) 、その懲罰をかれらは公然と認める。 But the Apostles will be judges of the world in a sense yet more exact, for the promise that they shall sit upon twelve thrones judging the twelve tribes of Israel (Matthew 19:28) seems to imply a real participation in judicial authority.しかし、裁判官は、世界の使徒は、まだこちらの正確な意味では、かれらはその約束をして座って判断するの偉大なる12時12部族のイスラエル(マタイ19 : 28 )のように、本当の意味で司法当局の参加です。 According to a very probable opinion, this prerogative is extended to all who have faithfully fulfilled the counsels of the Gospel (Matthew 19:27-28).推定によると、非常に意見によれば、この特権は、すべての人の延長にあるの忠告を忠実に果たさの福音(マタイ19:27-28 ) 。 Nothing certain is known as to the manner in which this delegated authority will be exercised.何もないとして知られて特定の方法でこれを委任される権限を行使しています。 St. Thomas conjectures that the greater saints will make known the sentence of Christ to others (Supplement 88:2).セントトマス推測させることが知られて、大聖人の宣告を受けて、キリストを他の(サプリメント88:2 ) 。

4. 4 。 Those to be Judgedそれらを判断される

All men, both good and bad, according to the Athanasian Creed, will appear in the judgment to give an account of their deeds.すべての男性には、善と悪の両方によると、アタナシウス信条は、が表示されますが、彼らの判断を行い、アカウントを与えています。 As to children that have personally done neither good nor evil, the baptized must be distinguished from the unbaptized.子供を持つように個人的に行わ良くも悪は、バプテスマを受け、洗礼を受けていないと区別しなければならない。 The former appear in the judgment, not to be judged, but only to hold the glory of Christ (Supplement 80:5), while the latter, ranked with the wicked, although not judged, will be enabled to realize the justice of their eternal loss (Suarez).その判断を元に表示される、と判断されないように、しかし、キリストの栄光のみを開く(サプリメント80:5 ) 、後者は、邪悪なランク付けして、審査ではないが、正義を実現するには有効になって彼らの永遠損失(スアレス) 。 The angels and the demons will not be judged directly, since their eternal destiny has already been fixed; yet, because they have exercised a certain influence over the fortunes of men, the sentence pronounced on the latter will have a corresponding effect on them also (Supplement 89:8).悪魔と天使たちに直接はないと判断されるため、彼らの永遠の運命は、すでに固定;ていないので、彼らが影響力を行使し、特定の人々の運命は、その文章の発音に対応し、後者は、かれらにも影響を及ぼす(サプリメント89:8 ) 。

5. 5 。 Object of the Judgmentオブジェクトの判断

The judgment will embrace all works, good or bad, forgiven as well as forgiven sins, every idle word (Matthew 12:36), every secret thought (1 Corinthians 4:5).抱擁の判断は、すべての作品は、良いか悪いかは、許されただけでなく、罪を赦さ、単語ごとにアイドル(マタイ12:36 ) 、すべての秘密の思想( 1コリンチャンス4時05分) 。 With the exception of Peter Lombard, theologians teach that even the secret sins of the just will be made manifest, in order that judgment may be made complete and that the justice and mercy of God may be glorified.ロンバードピーターを除いて、神学を教えることは、ただでさえ、秘密の罪をマニフェストされる前に、その判断をするためになされるかもしれないが完了すると、神の正義と慈悲の見せかけのかもしれない。 This will not pain or embarrass the saints, but add to their glory, just as the repentance of St. Peter and St. Mary Magdalen is to these saints a source of joy and honour.これは、聖人の痛みを感じたり、恥ずかしい思いをさせるが、彼らの栄光を追加して、同じように、後悔のは、聖ペテロと聖マリアマグダレンこれらの聖人にすることで、ソースの喜びと名誉です。

6. 6 。 Form of the Judgmentフォームの判断

The procedure of the judgment is described in Matthew 25:31-46, and in the Apocalypse 20:12.その手順を説明され、判決は、マシュー25:31-46 、黙示録とは、午前20時12分です。 Commentators see in those passages allegorical descriptions intended to convey in a vivid manner the fact that in the last judgment the conduct and deserts of each individual will be made plain not only to his own conscience but to the knowledge of the assembled world.解説者の説明を参照して、これらの通路寓話の意図を伝えるという事実には、生き生きとした態度で、最後の行為と判断される前に、個々の砂漠平野だけでなく、自分の良心をしてでも世界の知識を組み立てています。 It is probable that no words will be spoken in the judgment, but that in one instant, through a Divine illumination, each creature will thoroughly understand his own moral condition and that of every fellow creature (Romans 2:15).概していないことが話されている言葉で判断されるが、それは1つの瞬間は、神の照明を介して、それぞれの生き物を徹底的に理解し、自分の道徳的な条件とし、すべての仲間の生き物(ローマ人への手紙2時15分) 。 Many believe, however, that the words of the sentence: "Come, ye blessed", etc. and "Depart from me", etc. will be really addressed by Christ to the multitude of the saved and the lost.多く信じて、しかし、その言葉のセンテンス: "わーい、なたがたを祝福"等を使用し、 "私からの出発"等で修正されるされるキリストを実際には保存され、多くの失われた。

IV. 4 。 RESULTS OF THE GENERAL JUDGMENT結果は、総合判断

With the fulfilment of the sentence pronounced in the last judgment the relations and the dealings of the Creator with the creature find their culmination, are explained and justified.達成して、その文章の最後の発音との取引関係を判断し、彼らの創造して生き物を見つける南中、とは、正当な説明です。 The Divine purpose being accomplished, the human race will, as a consequence, attain its final destiny.神の目的は達成され、人類は、その結果、最終的な運命を達成しています。 The reign of Christ over mankind will be the sequel of the General Judgment.キリストの上に君臨する人類の続編では、全般に判断します。

Publication information Written by J.A. ja書かれた文献情報 McHugh.マッキュー。 Transcribed by Donald J. Boon.ドナルドブーン転写された。 The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.カトリック百科事典は、ボリュームviii 。 Published 1910.日付1910 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認は、 10年10月1日です。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク

Also, see:また、参照してください:
Divine Judgment 神の裁き
Second Coming of Christ キリストの再臨
Eschatology 終末論
Dispensation, Dispensationalism 天啓、天啓的史観
Views of the Millennium 意見は、そのミレニアム
Rapture, Tribulation ラプチャー、試練
Tribulation, Great Tribulation 試練は、大きな試練


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです